« パープルフラッグ | トップページ | ディップじゃがりこ »

2019年5月20日 (月)

にんまりと

4img_6517

4img_6518

4img_6989


写真: 藤鈴呼の手作りカゴ(すずかご)

ニンマリと 横向くウサギ 無垢な瞳で

現在100番目のカゴが完成した処です♪
82番目までは お嫁入していますので
日曜日のフリマでは 17個+α?の登場予定★

ブース番号は「65」です♪

5月26日(日) 藤鈴呼 出店予定★ ※疲れたら撤収します(爆)

大阪 万博記念公園 EXP お祭り広場リサイクルフェア

★関西最大級★ ~手荷物600ブース~

開催時間 9:30~17:00

入場料 大人(中学生以上)350円、小学生100円

※別途、万博自然文化園入園料が必要です。
→「大人(高校生以上)250円・小中学生70円」

フリマ会場の「お祭り広場」は「太陽の塔」の裏側です☆

※フリマ会場から見ると「太陽の塔」の裏側が見えます
塔の左奥には「観覧車」が見えます
会場には銀色の箱型モニュメントがあります


↓ 簡単地図 ↓

-----------------------

← 日 本 庭 園 →

★お祭り広場★

□太陽の塔□

 「中央口」

==中国自動車道==

      〇観覧車〇
-----------------------

園内マップ


「手作りブース」の場所は入口の右!


|----------|
|               |
|  お祭り広場      |
|               |
|        ★手作り★|
|--入口------|


ブース65
すずこブースは65です♪ お待ちしております♪

全600ブース!の中から探してネ☆彡

すずこ作品は全て手作りです♪ 

・詩誌(添付CDあり)、しおり、ポストカード
・ストラップ、ブレスレッド、リング 素材はビーズ、天然石など
・紙バンドのカゴ

神奈川時代のフリマ画像は以下をクリックしてご覧ください★

ビナウォーク10回目

連絡・質問 こちらからどうぞ♪
 「Email Me」クリック (すずこパソコンに届きます)

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

ハムレッツ Ver.6 2019.3.11公演 感想


永遠のみゅうメンバー「吉田優子」
母上「絹子さん」から届いたDVDを 早速 拝見しました。

今年も 全体的な雰囲気は 
私が会場に伺った時と 似た世界観のようにも思えましたが

細かい電飾や明るさの頻度、最初から違う部分も垣間見えて
又 あの時とは違うものとして 楽しめました。

前座のトークや 連続の側転も 元気一杯で
最初のハムレッツ解説とパフォーマンスが 交互に繰り広げられながら

バケツを被っての本格的な物語が始まるところも
ほぉ・・・となりました。

女性登場が下手から白いドレスで出て来るのが 印象的でした。
バケツを有効活用した舞台ですね。

その中で 優子さんの句が さりげなくも きちんと朗読されていて
引き込まれるかのようでした。

前回は平日に大きな画面(テレビのDVDデッキ)で拝見しました。
今回は 休日に見始めたので パソコン画面で見ています。

向こう側の部屋で 夫がテレビを見ており「音が聞こえない」と言うので
少し音量を 抑え気味にしているので 

画像は大きく 音は控えめに だけど 目の前で物語が
繰り広げられる感覚です。

オフィーリアが 中央に座っている場面
丹下さんは周囲を歩きながらの演技、

床色の 紫と桃色が綺麗で
周囲の人影が輪になっている演出も 素敵だと思いました。

撮影の角度で 観客の頭がずっと見えているのも
リアルでした。

茅根さんが 改めて 下手から登場するシーンでは
前座での「東京を軽くディスる会話」が脳裏をかすめ
少し くすっとしてしまいそうでした。

途中の 独り言ではなく 一人唱になっているような部分から
背景の色合いが 変化していき

映像と パントマイムチックなシーンに繋がる部分の 
場面展開は

どこか 思い出や歴史に浸りながら 
考え事をしているかのようにも 思えました。

失礼ながら、一見 からだが堅そうにも 見えてしまうのですが
柔らかい! ですネ。

今回も スマホが登場するんですね。
タクシーを呼ぶような場面もあり 

舞台設定の時代と ハムレッツの時代が
上手に 融合しているようです。

お酒を呑んでいるシーン、
笑点で センスを箸に見立てて うどんをすするシーンを思い出し
くすっとしました。
「あれれれれー?」の部分も好きです。

女性の名前なんかを 後ろ側から連呼するシーンは アドリブかな?
観客と 後ろのオフィーリアの笑いが相俟って 良い雰囲気です。

一変して 震災の体験談になりました。
ここで 現実に引き戻されるようです。

その先に繋がる朗読と句が 改めて 胸に染み入るようでした。
効果的に 句が組み込まれていくような 気がします。

うみほおづき、海頬月、ウミホオヅキ
色々な言葉が 脳裏に浮かびます。 

ゆっくりと 一つ一つの言葉に合うような パフォーマンスで
言葉が より魅力的に 映ります。

横断歩道、の言葉では 昨今 多く見かける
哀しいニュースを 思い出します。

戻らないものが あまりにも多すぎて
息が詰まる瞬間でした。

「みなとみらい」の言葉の次に 全自動洗濯機のシーン!
待っていました。また笑ってしまいました。

「うみほおずき」
「ず」 こちらのほうが しっくりとくるような・・。

二度目の言葉と 床色のブルー 
女性の歌声も 透き通った感覚で 好きです。

「カラメルを・・」大好きな言葉です。
映像の 微妙な光加減が とても似合う気がしました。
不思議な感覚でした。

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

~紙を彩る自由空間~

ポエムサークル「みゅう」

詩・川柳・小説・絵・写真などを掲載した
手作り詩誌 郵送活動中☆

お手紙・フリートークなどは
「おしゃべりすずこ」CDで紹介も♪

見本誌もあります
読みたい方は連絡ください

ミュウ 253・254号 完成♪

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°
人気ブログランキングへ
↑ポチッとな~☆↑



|

« パープルフラッグ | トップページ | ディップじゃがりこ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« パープルフラッグ | トップページ | ディップじゃがりこ »