« アマゾンのフシギ | トップページ | 虹みりおん »

2018年12月12日 (水)

桃色くらべ

4img_1565


4img_1439


4img_1448

所謂 普通モードに合わせると
こんな感じになります @手編みベスト

以前に頂いたのが 濃い桃色
今夏が 淡い桃色です

同じように ハンガーにかけてみたら
淡い桃色の方が スリムちゃん♪

おっかしいなぁ~ 通常ならば
濃い色の方が 引き締まるのに、ネッ♪

一緒にいただいた タオルハンカチは
夫が使用しています☆

贈られて来た時に ちょこんと乗っている
毛糸の細さに 驚愕!

色合いも 違います
長い時間と愛情をあけて ベストになったのだなぁ・・・
と じんわりと しました

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

愛し濃いしや桃色に


今回 いただいたのは 
淡い色合いの ベスト

一つ 似たようなベストが 
手元にありました

あの頃は 富山時代で
高岡市のカフェで 
リーディングをした時に
初めて着たのでした

この桃色よりは 
少し濃く 

上下左右が
一回り 小さなベストです

今の私は 一回りどころか 
大きく「育ち」ましたので

この ふんわり感とともに 
色合いに 癒されています

そうね 前向きに 
癒され続けますとも!!

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

桃色ショック


毎日のように ドリップ珈琲を淹れて
最初はブラックで味わい

次はミルクを入れて 本格的に飲む
そんな癖が あります

ブラック珈琲を味わう時は
ほんの一口で良いので

小さな手作り陶器カップを
使用します

次にミルクを入れる時は 本気飲みなので
デカマグカップに 淹れる訳です

まぁ 同じカップでも 良いのですけれど
気分ですかね~

料理も 器や会話が違うと
味わいに差がある気が しますものね♪

ブラック珈琲や 一口だけ風呂上りに
ジンジャエールを飲んだりするのに

大活躍していた 桃色カップが
今朝 割れてしまいましたー(号泣)

お気に入りだったので
哀しみ一入

我が家には 布巾が ありませんで
台所に備え付けの 天井吊るしラックに

キッチンペーパーを敷いて その上に
洗った食器を伏せ 自動乾燥しています

昨夜 ラックの端っこに カップを伏せて
その手前に 炊飯ジャーを伏せたんです

今朝になり 寝ぼけ頭で
食べ終えた りんごヨーグルトを入れていた器を

洗い、伏せようとして
(炊飯ジャーが ジャマだな・・)と

除けた瞬間
「ガシャーン!」

後ろ側にいたカップを
すっかり忘れていたんですねぇ・・・

やっちまっただ
(┬__┬)

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

優しいチクチク

まず初めに 享年を間違えて表記しましたので
お詫びいたします。

優子が旅立ったのは25歳の時ですので
享年ですと26ですね。失礼いたしました。

優子、 も 
優しい も
同じ漢字が 使われていますねぇ

今でこそ パソコンですが
当時 ワープロを カチャカチャ打ち込んで

いつ消えるとも分からない 
感熱紙リボンプリンターをしていた頃の
オリジナル短編小説の主人公は
優 です

読み方は「ゆう」
性別は「女性」
そんな事を 思い出しました

未だに 長文の癖が抜けない 私には
優子のような秀句を 紡ぐ事も 理解することも
出来ないまま なのですが

分からないなりにも 素晴らしい事が感じられる
その表現に ハッとする瞬間も 増えています

再掲載の楽しさは
そんな処にも ありますね

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

ぱふ


この上下の改行に 
幾つの空気が入るだろう

空気圧のように 膨張しながらも
空気砲のように 押し出されながらも
吸い込む息と同化して行くんだろうな

ぱふ、と震えた溜息を吐き出した後に
ぱふ、を乗せた肌が寒風を吸い込んで

完封
それで完成
なのかな

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

リアル


昔は 引いていました
自分の年齢が 分からなくなる人達のこと。

フリでしょ!? って 思っていたけれど
結構 本気で起こり得る 現象であり
怒り(というか、呆れ)得る 事態でもある

ゆゆしき と おもえば
きんぱくかん は うすれるかな

綺麗な
金箔を乗せて
愛でてみたりも して

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

三文字の筆名


呼びやすさがあるので
敬称ナシでイケる 限界地、かも 知れません
響き的にも呼びやすいので♪

おしゃべりすずこを始めた頃は
色々と笑えることがありました

筆名を 読み間違えていたり
「性別を勘違いしていたよ」 
っていうトークを読みながら
思わずニヤッと してみたり、ね

誰ですか!? 
「今でも 噛み噛みトークだろ!」 とか
「英語の読めなさ加減で 笑える」 と 思った人はっ!?

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

け、なのけ?


若気の至り、と言う言葉を聞くと 瞬時に思い出します
馬鹿毛の至り、という造語を。

くだらない事をしでかす
(今で言う処のバカッターとかカナ)

若者の所業に向かって
両親が呟く台詞です

毛、は、気、だったかも 知れないんですけどね
なんて書いていると

炭酸水の「 」が無くなった、
に入る 一文字が

「け」なのか「き」なのか議論も 
思い出します

ええ、私は「け」派ですが、何か?

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

抜毛策


記憶は 黙っていても 
抜け落ちて 行きますよね

抜けると言えば
毛。

夫は 日々 
枕元の毛を チェックするのが お決まりなのですが

私が ヘアカットをした 翌日、
夫「お前、沢山 抜けちょん! 枕に沢山あったで~」 


凄く 楽しそうでした・・(微妙な気分)

人の記憶ではなく 機械ならば 安泰か
と思ったら そうでもありません

メールのやり取りも 然り
パソコンも変えているし 
全ては 残っていない

残っていないとしても 
読み返す暇も無いくらいに

年を重ねるごとに
毎日が 手一杯で 

一年は 
あっという間なんだな

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

~紙を彩る自由空間~

ポエムサークル「みゅう」

詩・川柳・小説・絵・写真などを掲載した
手作り詩誌 郵送活動中☆

お手紙・フリートークなどは
「おしゃべりすずこ」CDで紹介も♪

見本誌もあります
読みたい方は連絡ください

ミュウ 251・252号 完成♪

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

モバオク!から
中古本・栞・手作品など出品中★

藤鈴呼の腕輪サイズ

連絡・質問 こちらからどうぞ♪
 「Email Me」クリック (すずこパソコンに届きます)

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°
人気ブログランキングへ
↑ポチッとな~☆↑



|

« アマゾンのフシギ | トップページ | 虹みりおん »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 桃色くらべ:

« アマゾンのフシギ | トップページ | 虹みりおん »