« 2017年2月 | トップページ | 2017年4月 »

2017年3月

2017年3月29日 (水)

猫とり菜花

4img_9560


4img_9769


4img_9810

木の周りで追いかけっこする猫

二匹いましたが 上手く撮らえられず
捕らえられたら可哀相なので
遠くから眺めているのが自然の状態

きっと其れが一番なりて
可愛らしさだけを 胸の内に吸い込んで
元気を分けて貰うのです


未だ春に成り切らぬ畑
枯草の合間に沢山の鳥がおりまして

さながら
雪鎌倉おしくらまんじゅうの如し

何て名かは不明

鳥語でも解れば
判明するのカナ


菜の花は
リズミカルにしたかったので

「なのはな」ではなく「なばな」と読ませ
「ネコ・トリ・ナバナ」のタイトルにしました

三井アウトレットパークですネ

パスタに絡めるのは ほんの一部ですが
一面の花畑は正に圧巻です

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

ハテナクギ


正式名称が分かりませんが
柱に捻じ込むタイプの
クエスチョンマークの形をした釘の事です


最近 洗濯が乾くまで 時間がかかる
と 母がぼやいた時の話です

実家では 
長らく洗濯物干しを使用せず

居間奥の和室にある柱部分に
ヒモを張って干していたのですが

柱のクギが抜けそうなので
最近では 
風呂場の乾燥機を使用しているそうです

アパートなんかの換気扇ではなく
乾燥機能の付いた風呂場で

自宅の外壁側から 専用液体を
半年に一度 補充して使用するタイプです

一人分の洗濯物だと少ないので
三日分くらい溜めて洗濯し、干しており

通常 一日あれば乾くらしいのですが
液体が枯渇して来たらしく
乾くまで三日程かかる、と。

補充口に 外から
脚立で上って 入れる必要があるのだが

今は 朝の気温がマイナスで 霜柱があり
土も凸凹なので
一人では作業しづらい様子

私「帰省日にやるよ」
母「着替えてしまっていて服も汚れるし大丈夫」


ここから洗濯機の話になりました
実家は二層式洗濯機を使用していますので


私「頻繁に洗濯すれば良いのでは、
でも二層式で手間が掛かるかあ、全自動にしたら?」

と提案したところ

洗濯機置場のある裏口が狭く入らない、
叔父が遺したドラム式洗濯機も入らなかった、

当時は父の胴着もあり一度に洗濯できず、
普段の洗濯と合わせて三回必要だった、

全自動にしようとして調べたが
アパートサイズしかなかった

と言われました

私「今なら一人用だし 洗濯機が小さくても良いのでは」
母「アパートサイズだとバスタオル1枚洗うと一杯になる」

私「今はタオルケットとか洗ってるの?」
母「干す場所もないし洗えない」

私「毎日 洗濯すれば干すのも楽では」
母「具合悪い日もある、洗濯する暇がない時もある」

私「冷たい水に何度も手を入れての洗濯は
 指も痛いだろうし、全自動は楽だよ」

母「小さなサイズでも扉から入らない」

私「庭窓から入れたら」

母「戸棚が邪魔になり台所との隙間が開かない、
洗濯置き場の手前にも戸棚がある」

私「洗濯ヒモのクギを柱に入れ直す&乾燥液体補充で
シルバー派遣に頼むとか」

母「出張料で何千円になると思うし それだけで呼ぶのは無駄、
一人で出来なくなったら考える」

私「私がやっている室内干しラックにしたら」
母「下が畳で凹むので無理」

私「かまぼこ板を置いたりすれば良いのでは」
母「最初は良いけど それでも凹むと思う、場所もない」

裏口から入らないものとして

洗濯機だけではなく
冷蔵庫も大きいのは入らないこと、

昔の建売サイズの戸口が小さいことの
説明あり

私「建売サイズ、近所も皆 同じだよね」

母「みんな建て替えている、
我が家みたいに継ぐ人がいない人は
我慢して使っているのでは」

床が揺れることの心配もある、
ピアノの下、居間ストーブの前など何か所かあるが

次の代がいないので
リフォームするまではないと思っている、と。

他に 

「全自動はハンカチなど しわくちゃになるのが嫌」

「二年前は目の手術もあり
室内の片付けどころではなかったし、

去年は外フェンスや庭の小屋など
自宅外側のリフォームをした、

室内の片付けをするためには 
例えば本棚をキレイにするには

先ず今入っている本を全て出して
整理しなければならない、

全て出すのは場所が必要なので
時間がかかる」

そんな電話をした翌日
母は一人で脚立に登り 液体補充をしたそうな

柱の釘は帰宅日に夫に手伝って貰い 完了
洗濯物干し一つで 大騒ぎだったのでした

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

~紙を彩る自由空間~

ポエムサークル「みゅう」

詩・川柳・小説・絵・写真などを掲載した
手作り詩誌 郵送活動中☆

お手紙・フリートークなどは
「おしゃべりすずこ」CDで紹介も♪

見本誌もあります
読みたい方は連絡ください

ミュウ237・238号 完成♪

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°
人気ブログランキングへ
↑ポチッとな~☆↑


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月28日 (火)

嗚呼 神通橋

17_1


17_2

藤鈴呼の手作り栞
17.嗚呼 神通橋

モバオク! で落札された本と一緒に
旅立ちました☆

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

天使の梯子/藤鈴呼

ピリリとした辛さは
眠気を忘れさせてくれますが

喉に潤いが足りぬと 痛めて しまいます
それら全てを空気と 炒めて 

お熱い饂飩に絡めたら

七味唐辛子のような美味しさを 
感じられるでしょうか☆

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

母は完璧主義者


電話での会話

母「当日 自宅に来たら皆にも聞いて、まず日程確認をしたい」
私「え? 確認っていったい何の」

母「何時にどこに食べに行くかとか
 お寺の後の食事場所とか、、、時間がないので」

私「食事は お腹が空き次第だし その都度で良いのでは」

母「それでも大体 決めておいた方が動きやすいでしょ」
私「はあ そうですか」

私「食事場所は幾つかネット検索していきます」

母「そういうところは行かないから調べてくれると助かる、
お寺の後は ファミレスが良いんじゃないかと思っていた」

と、
仮予約をしてくれていたらしい母


--いざ 当日--

矢張り 場所は大きく変更となりまして
仮予約をキャンセルすることに


♪お店に電話♪

母「あ、本日11時から15時の間に伺うと申していた者ですが」

一堂「予約時間ながっ!!」

全員で突っ込んだのであった

適宜、ってのが出来ないようで
予定を立てるのが得意の様子

一つ一つ封筒に入ったお札を渡され

「自宅から駅までのタクシー代は
 ここから出して お釣りを入れてね」

といった具合

皆が寝静まる部屋の中で
カサカサ、カサカサ・・・と音がして

何奴!? と思ったら
封筒の中から レシートを出す音だったのでしタ♪

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

~紙を彩る自由空間~

ポエムサークル「みゅう」

詩・川柳・小説・絵・写真などを掲載した
手作り詩誌 郵送活動中☆

お手紙・フリートークなどは
「おしゃべりすずこ」CDで紹介も♪

見本誌もあります
読みたい方は連絡ください

ミュウ237・238号 完成♪

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°
人気ブログランキングへ
↑ポチッとな~☆↑



| | コメント (0) | トラックバック (0)

すったもんだ

4img_8385


4img_8386

先日パスタを作った時 
明太子を生のまま絡めようか迷ったけれど

軽く塩故障味
(そっちの漢字なの!?)
バター風味だったんで

湯がいた菜の花と炒めて
下味にしちゃえ♪ と 

決行した挙句 
結構(韻)な味にはなったけれども

ちょっとスープが足りなかったよーっ! 

何なら「お手本パスタ」に
エビが入っていたのに、入れ忘れたよーっ! 


夫に話をしていた時のこと

夫「そもそも明太子は炒めちゃアカンやろ」
私「んだんだ」

夫「スープが欲しいなら
 ゆで汁の有効活用をすれば良いんだ」

私「入れたも~ん! だけん・・・」

夫「あ、あの時だって そうだ」

と言う「あの時」のパスタ
「この時」はですねえ

先ずは 滑子ありき、だったんですよ
大粒なめこ汁にしよう!

と思ったまんま
忘れていたので 

今日こそ使おう!
と 思いましてね

冷蔵庫にあったキャベツも炒めて
和風の味付けにしたんですよ

で いつもよりも多大に入れましたる
ゆで汁(3杯)

ところが 盛り付けて 食べる段
何だか 乾燥しているんですけどっ!?

夫「・・・・汁が、無い」
私「・・・・知るか~っ」

と 韻を踏んでいる場合では 
断じて無い!

(タイトルに戻る)

「すったもんだ」
汁をね

吸ったもんだ
パスタがね(倒置法)

心の中は すったもんだ
っていう、ね

見た目が足りないな~
と 「振りかけた色々」が

吸ったもんだ

鰹節・海苔・大葉
・・・そりゃあ 吸うわっ!

いえ、吸いません(断煙)

以前は 喫煙街道驀進中でしたので
「すいません」と謝る日々でした

なんて事を書きかけたまま
盛岡に飛びました

喫煙甚だしく生きた父の三回忌のため
法要・墓参りを終え実家に寄り 

さて移動をば、という段
机上のリモコンを誰も触っていないのに

いつの間にか消えていたテレビが
再度パチリと自己主張を始めたモンだから
一同大騒ぎ

嗚呼、バタバタしていて 
そのまま行く処じゃったわあ

きちんと挨拶してから行かないと、ネッ!

♪チーン♪

叔父の時は車のドアが
バタン! と閉まったんだった~
と思い出す私

信じるも八卦
信じぬも脚気(違)

盛岡は雪模様ではありませんでしたが
途中の車窓から久々に白一面の田圃を眺め
懐かしくなったのでしタ☆

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

ボクの妻と結婚してください。 読了★
に頂いたコメントの返信より

テレビドラマは観ていないです。
小説版で初めて内容を知りました。

内村光良さんで思い出したのは
少し前のテレビ番組で
鉄棒で回る大車輪に挑戦する企画。

懸命に取り組む姿が印象的でした。
ドラマでも そんな姿を見られたのかも知れませんね。

今回の文庫本では裏表紙に内村さんの後書きが
一部抜粋掲載されていました

バラエティーのイメージが強いですが
こうして文章のみで眺めると
又 違う部分を想像します

見た目からは分からぬ人の内部
料理も然りかな

自爆一句

美味しそう 食べてカサカサ パスタかな

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

~紙を彩る自由空間~

ポエムサークル「みゅう」

詩・川柳・小説・絵・写真などを掲載した
手作り詩誌 郵送活動中☆

お手紙・フリートークなどは
「おしゃべりすずこ」CDで紹介も♪

見本誌もあります
読みたい方は連絡ください

ミュウ237・238号 完成♪

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°
人気ブログランキングへ
↑ポチッとな~☆↑



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月25日 (土)

お手本は こちら♪

4_2


4_3


4

ファミレスが好き

今頃ですが、この時のタイトル
「ファミレスが好き」

うん、間違っては いないのだけれど
もっと 端的な表現をすると

「ドリンクバー&読書の時間が好き」
なんですなー

あら、端的じゃあ なくなっちゃったワ
(こんなんばっかやーん!)

「列車の中で
車窓の景色に気を惹かれながらの読書も好き」

なんですけど、ネッ☆

上記ブログで紹介した写真のは 
ジョナサンのポテト

最近 リンゴとサクランポのジュース 
なるものが

ドリンクバーに登場して
嬉しい今日この頃♪

先日 私が作った 
めんたい菜の花パスタ写真も
ありましたが

本当は こんな風に 作りたかったんだーっ!
という見本が こちら♪

菜花とエビのタラコクリームスパゲッティ
BY サイゼリヤ

サイゼリ「ア」では ないんですよねー
(間違えていたヒト)

期間限定だったので
何度か食べたのですが

その時によって 見た目に変化が訪れるのも
オツですな☆

人の表情も然りかな
出来る限り 良き目を携えて
歩んで行きたいものです

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

~紙を彩る自由空間~

ポエムサークル「みゅう」

詩・川柳・小説・絵・写真などを掲載した
手作り詩誌 郵送活動中☆

お手紙・フリートークなどは
「おしゃべりすずこ」CDで紹介も♪

見本誌もあります
読みたい方は連絡ください

ミュウ237・238号 完成♪

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°
人気ブログランキングへ
↑ポチッとな~☆↑



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月24日 (金)

ファミレスが好き

4img_9864


4img_9871


4img_9872

人は思い出にのみ嫉妬する 読了
に貢献してくれたポテトちゃん

お休みの日には ドリンクバーを片手に
こんな感じで読書をする事もあります

この本は薄手でしたので
ブックカバーが活きました

「ペラペラずい」と持ち運ぶ度に
折れてしまいそうに なるべ?

それは なるべ く 避けたいのよ~ん
今回のブックカバーは 冬の立山連峰

を彷彿とさせるような
カレンダー写真より☆

立山じゃあ ないんか~い!(謎)

ポテトが冷たいと
哀しくなります

先日 ドリアが冷たくって
思わず 店員さんを呼び止めたくなりましたが

留めました
自分を。

さもありなむ~
もんまんたい!?

モーニングメニューだと
ドリンクセットで幾つか種類を選べます

パンにハムやチーズを挟んだセットが
お気に入りですが

少し前から メニュー変更になって
パンが1枚から 3/4枚くらいに

小さくなり(涙)
ポテト3切が追加になりました(嬉)

これぞ 悲喜こもごも(違)

こもごも もごもご 
こごみカナ

(・・・はっ?)


うどのきんぴら
コゴミの天婦羅と即興戯言を紹介していました
懐かしいなあ

ヤフー掲示板でメッセンジャーしながら
ザレりつつ みゅう掲載していたネ☆

この春はコゴミを未だ食べていませんが
夕食に菜の花パスタを作りました~♪

うっひょ~☆
別のお店メニューをヒントにしまして、ネッ

二人分、と思って用意した
菜の花1束と明太子2房

(・・って表現は 合っているのだろうか)

少し量が多い気もしたけれど
明太子を炒めてしまったら 目減りするねーっ!

もっとスープ風に したかったー!!
と 黙々と食べる私

と言うのも
夫は飲み会だって言うのでね

必死こいて 食べましたよ
(んな 大袈裟な!)

ほんなら 帰宅した夫
「今日 飲み会なかった」 って

そんなら半分 
残しておくんやったーっ!

そして 矢張り私は
生の明太子パスタが 好きダーっ!!

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

~紙を彩る自由空間~

ポエムサークル「みゅう」

詩・川柳・小説・絵・写真などを掲載した
手作り詩誌 郵送活動中☆

お手紙・フリートークなどは
「おしゃべりすずこ」CDで紹介も♪

見本誌もあります
読みたい方は連絡ください

ミュウ237・238号 完成♪

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°
人気ブログランキングへ
↑ポチッとな~☆↑


| | コメント (0) | トラックバック (0)

人は思い出にのみ嫉妬する 読了

4img_20170322_0001


4img_20170322_0002

著者は辻仁成さん

永遠には勝てない!?

時の壁と言う名の呪縛と
若さ故の誤解を愛おしくも感じつつ
狂おしく苦しくも在る小説でした

薄手の文庫本を
ずっしりと包む内容に
惹き込まれます

時に 歯噛みしたくなるような
瞬間も得ました

擦れ違う情感、
衣擦れと音が響く空気の層が折り込まれたカーテンが

窓際でそっと
揺れているかのような感覚

二十年ほど前 友人に借りて読んだ本を
思い出しました

*

『冷静と情熱のあいだ』

この小説は、
月刊誌にまず江国香織がストーリーを書き、
次の刊行時に辻仁成が続きのストーリーを掲載するという、
交互連載の形をとりながら書き上げられていった

(掲載誌は、1997年から1998年まで『月刊カドカワ』、
1998年から1999年まで『feature』)。

同じ時系列に起こる出来事を、
江國はあおいの目線で、
辻は阿形順正(あがたじゅんせい)の目線で描いている。

小説は連載が完結すると、
江國のパートは赤い装幀で「Rosso(ロッソ)」、
辻のパートは青い装幀で「Blu(ブリュ)」というネーミングが冠され、
別々の単行本としてセット発売された。
この小説は、当時50万部を超えるベストセラーとなった。

*

私が読んだのは
江国さんバージョンでした

いや、二冊 借りたのだろうか
ハードカバーだった記憶があります

交換小説の発想って興味深い
そう思い ネット連載をした
合作小説もありました
(未完成ですが)

なんて内容を打ち込んでいたら
マイミクさんからメッセージが☆

私の返歌ならぬ変句(!?)の方は
以下のものです

*

華咲きて
パリリ天婦羅
コゴミの眼
安らぎを経て
笑顔 生み出す

*

コゴミの群生地を
間近で見たことはありませんが

摘んだ直後の柔らかさも 
また愛し

大好きな天婦羅にすると
「私、キレイでしょう?」

とでも言うかの如く
笑顔の花も咲くことです

伝えられるならば
「どんな姿でも キレイだよ」

と 
はにかんで 見るでしょうか

*

即興戯言です☆交換川柳チックに。
詩誌「みゅう」では メンバーの皆さんと
こんな風に言葉遊びもしていますヨ

・・・っと 「おしゃべりすずこ」を
漸く録音したので
そろそろインデックス作りを
しなければっっ♪

239号・240号 セット発行のCDです
メンバーの皆様 暫し お待ち下され~☆

手元に 過去号あります
読んでみたい方は
お声かけ下さいネ!

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

~紙を彩る自由空間~

ポエムサークル「みゅう」

詩・川柳・小説・絵・写真などを掲載した
手作り詩誌 郵送活動中☆

お手紙・フリートークなどは
「おしゃべりすずこ」CDで紹介も♪

見本誌もあります
読みたい方は連絡ください

ミュウ237・238号 完成♪

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°
人気ブログランキングへ
↑ポチッとな~☆↑


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月23日 (木)

ボクの妻と結婚してください。 読了★

4img_20170320_0001


4img_20170320_0002

『ボクの妻と結婚してください。』

↓ネタばれ注意です↓

映画になった、織田裕二さん主演、ということだけ
知っていたけれど、

まずもってタイトルから興味深かったです 
最後の「ドッキリ大成功!」の台詞までの 
大どんでん返し結末は

予想できたような気がしながらも
ドキドキしながら読みました! 

ちょっと方向性は
ズレていたかも知れないけれども

必死で夢を追いかける姿が印象的な
一冊でしタ☆

自分の余命が残り少ないと分かった瞬間に
先ずは家族の事を考える

これは 普通のようで 中々できない
かもしれない

死ぬまでに あれもしたい これもしたい
それは 当人の欲望が第一に来る場合です

「残された妻のために結婚相手を探そう」
この発想が豊かで奇抜とも思えます

読み終えて思い出したのが
金子 哲雄さん

ホンマでっか!?TV で おなじみでした

著書
「僕の死に方 エンディングダイアリー500日」

が実家にあるそうなので
その内に読む機会が ありそうです

双方に共通するのは
最期の時間、を自分でプロデュースする遺志

人々への記憶も強くなるのだな
と感じます

人生「これで完璧!」と納得してしまえば
生きる意味がなくなってしまいそうですから

ある程度 やりたい事を持ち続ける事が
活きるモチベーションに繋がる気はしますが

やり残し過ぎても後悔ばかりで
死んでも死に切れぬ! になりそうで

とりあえず今は 
今やりたい事を少しずつ こなそう
そんな毎日です

年齢と共に 健康と共に
色々と心境の変化は あるのでしょうね

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

~紙を彩る自由空間~

ポエムサークル「みゅう」

詩・川柳・小説・絵・写真などを掲載した
手作り詩誌 郵送活動中☆

お手紙・フリートークなどは
「おしゃべりすずこ」CDで紹介も♪

見本誌もあります
読みたい方は連絡ください

ミュウ237・238号 完成♪

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°
人気ブログランキングへ
↑ポチッとな~☆↑


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月21日 (火)

We Are X

Img_9821


Img_9822


PSYCHEDELIC VIOLENCE
CRIME OF VISUAL SHOCK

このフレーズが懐かしい皆さん
映画館へ行ったでしょうか

一行目と二行目の間に
IS もしくは WITH が
入っていたような淡い感覚がありますが
調べても 出て来るのは上記ばかりなので

私の記憶違いなのでしょう・・・

*

『We Are X』(ウィーアーエックス)

2016年にイギリスで製作されたドキュメンタリー映画 。
日本のヘヴィメタルバンドであるX JAPAN及び
そのドラマーでピアニストでリーダーのYOSHIKIに関する
ドキュメンタリーとなっている。

*

最近 宣伝をしているのは
知っていましたが

積極的に行こう!という迄には
テンションが 上がっていなかった私に

夫「観に行くぞ」

ほお。。。!

チケットと一緒に受け取ったのは
オリジナルマスク

外観が黒い袋だった為
受け取った瞬間

夫「これ、絶対 中身は黒だぞ!」

ほお・・・!

その場で確認する夫
確かに黒でした

帰宅して調べてみると
オリジナルグッズのプレゼントは
時期によって他にもあるようで

このマスクの場合は
四種類あるらしい

そして もう一つを確認すると
白でした

私「これ、、、アレじゃない?
カップルで来た場合

必ず 違う色になるように
重ね方も 工夫してるんじゃあ・・?」

夫「そうだなあ」

はてさて 真実は如何に!?
さてさて ネタバレ注意ですヨ↓

映画の内容がドキュメンタリーである
というのは知っていました

開始早々ランダムに出現する写真たちに
目を奪われます

瞬き厳禁! 状態で
当時より反射神経が鈍っている私には
若干キツかったカモ!?

ナレーションはYOSHIKI
英語でした

世界を意識している感覚で
BGMも日本語の歌詞部分は
少なかったです

誰か
「よっちゃ~ん!」って叫んだり

コスプレ衣装で映画観戦したり
ヘッドヴァン感染したり しないかなあ?

と思っていましたが そんなこともなく
終始静かな観劇でした

皆さん お行儀が良いのね
ライブ時代もそうだったけれど

いや、椅子に乗っている姿を見た事も
あったっけ

なんて楽しい回想もしながら
眺めるスクリーン

私「観て良かったよ、ありがとう」

夫「そんなにファンじゃなかったけれど
曲は知っていた俺でも来るものがあった
これはファンは たまらんだろうなあ」

ええ、そのファンが 
横でニヤケています

盛岡でのFILM GIGを 思い出しました
勿論 ライブ音源には叶いませんが

自然と頭や足が揺れて行くのを
留めるのに必死でした

駅前で真っ裸で着替えていたX FREAKS
今頃 どうしているのカナ・・

年越はドームで! が
合言葉のようだった時代

数十人での気合入れ~からの~
ライブ後に明治神宮へ初詣

妙な恰好してゾロゾロ歩く怪しい集団に
警官「ああ、エックスファンね」

誰もが知る 迸る迄の情熱が
其処には在りました

YOSHIKIが お墓参りをするシーンも
幾つかありました

お母さまのインタビュー音源で知る
幼少時のYOSHIKIに関する衝撃告白

実家のお墓参りの際
目の前のファンへサインしている姿

肩、いや二の腕付近でしょうか
注射を打たれた時の痛そうな表情

若い頃の写真、音源
沢山の刺激と知らない曲がありました

津田直士
さんのインタビューもありました

当時は ロッキング・オン等の雑誌上で
楽曲やメンバーについての
熱いメッセージを認めていた方です

ファン同士の交流も
「ペンフレンド募集」の時代でした

PASSIONに始まり
PASSIONで締める

素敵なステージ
人生は まだまだ続きますネ☆

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

~紙を彩る自由空間~

ポエムサークル「みゅう」

詩・川柳・小説・絵・写真などを掲載した
手作り詩誌 郵送活動中☆

お手紙・フリートークなどは
「おしゃべりすずこ」CDで紹介も♪

見本誌もあります
読みたい方は連絡ください

ミュウ237・238号 完成♪

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°
人気ブログランキングへ
↑ポチッとな~☆↑


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月20日 (月)

ジゴロ 読了

4img_20170318_0001


4img_20170318_0002

時頃過ぎて
字語呂合わせの
ジゴロかな

*

伊集院静さんの本を初めて読んだのは
数年前だったかも知れません

今回はブックオフで衝動買いした
「ジゴロ」を読破しました

クリスマス(聖夜)に生まれた
「十七歳の彼」が主人公の話です

いや、その母親
「ローズ」も主人公だし

「父親を語る幾人もの男性達」も
然りなのかなあ

ジゴロ、と聞くと
「ろくてもない奴」ってな印象を持ちます

今で言う
「ヒモ」的 感覚かなあ

だけど 
この本の中で描かれる「ジゴロ」は

何となく
「可愛気のある守るべき存在」
めいているんですね

「渋谷の吾郎」を
「ブヤのゴロー」と
ルビ振って

肩で風を切って歩いて行く姿が 
恰好良く 描かれている

ザ・漢気! を 感じられました

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

~紙を彩る自由空間~

ポエムサークル「みゅう」

詩・川柳・小説・絵・写真などを掲載した
手作り詩誌 郵送活動中☆

お手紙・フリートークなどは
「おしゃべりすずこ」CDで紹介も♪

見本誌もあります
読みたい方は連絡ください

ミュウ237・238号 完成♪

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°
人気ブログランキングへ
↑ポチッとな~☆↑



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月19日 (日)

完杯ならぬ・・・

4img_9318


4img_9512


4img_9513

越乃寒梅
ならぬ

越乃寒中梅

「こしのかんばい」ならぬ
「こしのかんちゅうばい」

と読むのかは知りませんが
勘違いを生む!

と思いながら ネーミングに惹かれて購入しました
冷やが合う、と書いてありましたから、ネッ

随分前の写真だよなあ~ と 眺めていたら
雛祭りでした

はっは~♪
最近 飲んでないとか
どの口が 物申したので ありませふか~♪

潰す程に愛おしい
のイチゴは1パック

この夜は夫が出張で不在だったのでね
早い時間から こんなことをしておりました~

ミニプリッツも面白い味が色々ありまして
酔いツマミ、もとひ
良いツマミです

普段は夫が嫌がるからしない
バター炒めで何か作りたい!
と思いましてね

エリンギさんのバター炒め~からの~
この辺りのマイブーム パスタ! と思いまして
カルボナーラが完成しましたとサ

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

酔いどれの
液体感で
発つ記憶

*

アレルギー性鼻炎と花粉症は似て非なるもの
らしいですが

酒は余り良くないらしいので
最近は控えています

酔っぱらうと記憶喪失気味になること
請け合いですが

そんな状態でも鼻水が垂れて来て
思い出す「花粉症」の存在

嗚呼 哀れかな

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

~紙を彩る自由空間~

ポエムサークル「みゅう」

詩・川柳・小説・絵・写真などを掲載した
手作り詩誌 郵送活動中☆

お手紙・フリートークなどは
「おしゃべりすずこ」CDで紹介も♪

見本誌もあります
読みたい方は連絡ください

ミュウ237・238号 完成♪

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°
人気ブログランキングへ
↑ポチッとな~☆↑



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月18日 (土)

潰す程に愛おしい

4img_9315


4img_9316


4img_9317

そんなタイトルから 何を連想するか

一つの言葉の生み出し方から おやすみまで
心の健康を科学する「ライオン」・・・(違)


潰す相手は人間じゃあ ありません
復讐の話なんて以ての外

とか 書いておりますが 

「奪い愛・冬」を 
仲良くニヤニヤしながら眺めていた
壮年夫婦ですが、何か♪

夫が大爆笑する瞬間は
脚本に対して、でした

何時の時代だ! 有り得ない!
との突っ込みをしつつ
楽しそうに 眺めていた

そんな姿を眺めながら
私もニヤリ

何だろう 誰かの楽しんでいる姿で
自分も心が浮き足立っちゃう、なんて事
あります

バイオリズムって
移動するんだなあ~

スズン・ズン♪(ベース)

言葉は現実を連れてきますから
同じセリフでも、できる限りは

楽しいオチをつけてあげたい
常々そう思っています


潰す、何を?
イチゴ

イチゴのように 凸凹したスプーン
切っ先はウサギの耳の如しかな

実家には常備されていて
幼い頃 潰した苺と牛乳を混ぜて食べるのが
定番でした

コンデンスミルクなんて
不必要だった頃

喫煙する前は
酸っぱいものも
平気だったんだあ

いつの間にか
兵器ばりに
この唇が梅干しと化する状態に。

禁煙後
最近になって 漸く
味覚も戻りつつありますけれども

未だに 夫が平気で食べている
例えばトマトソース系の酸っぱさに
私が反応する事も 多いんですよね

そんな夫が 時折 呟きます
「トマトラーメンが食べたい」

新宿や町田のお店で
以前 美味しい味に巡り合ったので
今回の神奈川生活の内に
再来したいらしいが

ハテ どの店だっけ・・・?

太陽のトマト何とか・・・
って ネーミングは 覚えています

さて、ホワイトデーも過ぎ
昨日は 春彼岸入り 

スーパーでも おはぎ、ぼたもち を
見かける事が 多いです

そろそろ 桜餅が なくなる時期
そうすると
うぐいす餅 かしわ餅に 移行していく

とは 母談ですが
私は やはり 道明寺よりも 桜餅派 
なので
昨日 我慢できずに 購入しました

品川で飲み会だった夫が帰宅した時
結構な ヘロヘロ具合でして

最近 良く飲むらしい
レモンやグレープフルーツチューハイ
を 数杯 崇拝した挙句

「やっぱり締めのラーメンは 重要だよな!」
と言うので

湯を入れながら
机上に桜餅を置いたれば

「俺は道明寺が好きだ」と言いつつ
完食(いや、間食? いや、感触!)

肉うどんをすすった後で パソコンをしながら
何かを探している

うん・・・? と 思っていたら

夫「あれ? 俺、桜餅、食べたっけ・・?」
私「え゛ーーっ! 今さっき 食べたやん!」
夫「酔っちょるけん、覚えてないわあ」

ううっ お酒って 恐ろしい!
だけん 最近 飲んでないから 愛おしいっ♪

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

~紙を彩る自由空間~

ポエムサークル「みゅう」

詩・川柳・小説・絵・写真などを掲載した
手作り詩誌 郵送活動中☆

お手紙・フリートークなどは
「おしゃべりすずこ」CDで紹介も♪

見本誌もあります
読みたい方は連絡ください

ミュウ237・238号 完成♪

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°
人気ブログランキングへ
↑ポチッとな~☆↑



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月16日 (木)

壁影葉

4img_9200


4img_9198


4img_9197

富士山写真大賞展を観に

河口湖美術館
へ行きました

先ずは外観をば、と
駐車場から回り込んで行くと

おお 河口湖! と 感動します
そして 時間帯によっては 美術館の壁に
木々の影が映り込むも いとをかし
このような瞬間が 大好きなんだあ

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

湿布と日光の話


以前テレビ番組で見ました

市販のものは大丈夫なことも多いが
整骨院などで処方される湿布を使用後 
成分が皮膚に残っている状態で日光に当たると
大変なことになる場合がある、とのこと

番組ではアウトドア大好き男性が
二度と太陽の下で肌を出せなくなった
と紹介していました

湿布貼付した以外の部分も神経過敏になり 
常に衣服で隠す必要がある
一度 過敏症になると二度と太陽に当たれない、
海に入れないくらいになったりもする


光線過敏症(湿布かぶれ)

「モーラステープ」などの湿布薬。
整形外科などでよく処方される湿布薬で、
とてもよく効くのですが

実は恐ろしい副作用があるので、
使用時使用後に注意が必要です。

湿布の使用から1か月以上経過した後に
患部にかぶれが起こる場合があります。

これは湿布に含まれるケトプロフェンという成分に
光線過敏症を引き起こす作用があるからです。


【光線過敏症とは】

光線過敏症とは日光アレルギーとも呼ばれ、
日光によって引き起こされる免疫反応のシステムです。

健康な人では問題のない日光の量で、
皮膚が赤くなる、ぶつぶつができる、
腫れて水膨れができる、かゆみが生じるなど、
何らかの症状を伴うのが特徴です。

*

この番組を見た直後
腱炎の為に湿布常備していた頃だったので
成分を確認したりしました

同じ箇所に貼付し続けると
湿布負けしたりも ありますね

アレルギーは人それぞれですが
昨今は花粉症でしょうか

耳鼻科で診察して貰い さあ終わるかという段
先生が「ハックション!」

思わず「先生もお大事に」なんて言葉が
口をついて出ました

患者である我等が 下界から持ち込んだ花粉が
悪さしているのだとしたら 申し訳ない事ですネ
。。。//δ⌒▽⌒//

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

~紙を彩る自由空間~

ポエムサークル「みゅう」

詩・川柳・小説・絵・写真などを掲載した
手作り詩誌 郵送活動中☆

お手紙・フリートークなどは
「おしゃべりすずこ」CDで紹介も♪

見本誌もあります
読みたい方は連絡ください

ミュウ237・238号 完成♪

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°
人気ブログランキングへ
↑ポチッとな~☆↑


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月15日 (水)

初めてのイチゴ狩り

4img_0595


4img_0602


4img_0606

いつか行ってみたいけれど
参加費は お高いし
交通費も 掛かるし

なんつって 二の足を踏んでおりました
いちご狩りに 初挑戦

山梨で苺を食べられるとは
意外でした

ブドウとかナシのイメージが
大きかったので、ね

神奈川県内でも 苺狩りは
出来るようですね

何となく 苺カラーで
統一したかったので

赤や桃色に身を包み
ニヤニヤしながら苺を食む私

正式な食べ方は
ヘタを取り 三角の底辺の方から食べると
美味しく甘い先の部分を残せるのですが

食べている内に
一番甘い部分から
食べてみたくも なるものです

嗚呼 幸せ

この時は 帰りに 河口湖経由で
ダヤンミュージアムへも行きました

ダヤンの等身大(?)オブジェと
似たような恰好をしてみたり

河口湖を背景に
ピンボケショットになってみたり。

富士山は雲に隠れていました
それが残念だったなあ

行きの高速車窓から
一瞬だけ 美しく見えるのですが

何分 ハンドルを握っているのでね
ゆっくり撮影する暇も
無いのであった

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

たった一年
されど一年

札幌在住時代に お世話になった
アート・マーケット様へ

転勤が決定し
慌てて送ったメールが 以下のものです

何しろ 辞令が下りてから
新天地での初出勤まで 二週間程
毎回 ドタバタするのに加えて
引っ越し先も決めなければ行けなかったのですが

ここは
以前 一度 住んでいた地ですからね
そういう意味では ほんの少し 勝手が分かって
ありがたかったなあ と 思い返しています

*

こんにちは。藤鈴呼です。
いつもアートコーナーニュースをお送りいただき
本当にありがとうございます。

札幌初心者の私にとって、
手作り作品を愛する皆様の情熱と

地元愛あふれる心、
旬の空気感を得られることが多く
毎回楽しみにしておりました。

さて、私事ではありますが、
この度 引越をすることになりました。
こんなに早いとは残念ですが、致し方ありません・・・
かくなる上は、また舞い戻って来られることを
夢見ております。

思えば丸一年、住んでおりませんでした。
丁度 春に父を亡くし、
忌明けまで地元の岩手におりましたので
正味7カ月半ほどでしょうか。

「傷心」を癒す、いえ、それ以上に
アートマーケットの準備で
「焦心」しておりました。

自宅近くのゴルマでの熱気は最高でした!
また是非・・・! と思っております。

本来であれば、
お二人のいらっしゃる日にちを確認した上で
直接ご挨拶に出向くのが筋ではありますが
(ここから言い訳いたします)

夫の勤務地が横浜になるというのに 
千葉の宿舎を指定され

往復4時間は人生の無駄(?)と判断し、
急遽 借宿探しの旅に赴いたのが
先週の土曜日、

申込はしましたが 本契約書類
未だ届いていない状態です

元々 全国空気砲の転勤族ですので、
辞令が出たのも遅く
3月18日でした

その後、父の春彼岸で
岩手に舞い戻ってからの旅探しで
あたふたとしております
(痩せないのは何故でしょう・・・)

出発直前にして 
「ご挨拶に伺わん!」 という
強い気持ちはあるのですが 

組み立ててもいない段ボール箱による
無言の圧力を感じます。

アートコーナーでの出店希望として
去年 書類を提出しております。

その時点で 一年後になる程 希望者がいらっしゃる、
と伺いました。

そのままであれば 恐らく 今年の夏あたりに 
お鉢が回ってくるのかと
楽しみにしておりましただけに残念です。

以下に申込時の氏名、住所を添付いたします。

次に札幌在住できます時には 
またお伺いいたしますので
どうぞよろしくお願い申し上げます。

親切に対応していただき、
当にありがとうございました。


                  藤鈴呼

*

未だに 皆様の活動されている様子が分かるようなメールを
届けていただき、ありがたい限りです

次に舞い戻れる機会はあるカナ~★

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

~紙を彩る自由空間~

ポエムサークル「みゅう」

詩・川柳・小説・絵・写真などを掲載した
手作り詩誌 郵送活動中☆

お手紙・フリートークなどは
「おしゃべりすずこ」CDで紹介も♪

見本誌もあります
読みたい方は連絡ください

ミュウ237・238号 完成♪

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°
人気ブログランキングへ
↑ポチッとな~☆↑


| | コメント (0) | トラックバック (0)

ホニャイトデー

4img_9679


4img_9678


4img_9675

バレンタインデーのアンサーデー

バレンタインデーで
チョコレートの贈物を受けた男性が

“お返し”の意を込め、
3月14日のホワイトデーは
キャンデーを贈る日として

飴菓子業界の全国組織である
全国飴菓子工業協同組合の

1978年(昭和53年)の
名古屋に於ける総会で

飴菓子業界の総意として決議採択されて
全飴協ホワイトデー委員会が組織されたのです。

そして2年間の準備期間を経て
1980年(昭和55年)3月14日に

第一回ホワイトデーが
世に生まれ出たのです。

*

・・・先ず「全国飴菓子工業協同組合」という
ネーミングに吃驚

で、私、勘違いしてました
「ホワイトデーはクッキーを貰う日」
だと思っていたわ

ほら、売り場にはさ
クッキーの割合が 多いじゃあ ないですか

んでもって アタクシ
クッキー 大好きじゃあ ないですかあ♪

え゛、聞いてない?
そうですか

「ホワイト」と言えば「雪」、そして「スキー」!
と 興奮する季節なのですが

今年はねえ 結局
一度しか 行ってないんですよねえ
(オロロン)

本当ならば 週末に行く予定をしていまして
金曜日、いそいそと スキー道具を玄関に並べ

・・・日曜に 片付けました(爆)
ただの筋トレみたいな感じになっちゃったわー

で、スキー靴の収納場所が
寝室の奥にあるんですけれども

普段は 
今回リニューアルした スーツケースや

夫のコートが掛けてあり 
隠れている 収納スペース

久々に荷物を避けて 
上段を見やる

嗚呼 電池ボックスの上に 
扇風機が引っかかっていて

若干 邪魔やなあ~ と思いながら 
下段を見やる

スキー靴を取り出して
スーツケースや コートを
元通りに戻して置きました

そして 取り出したスキー靴を
戻す段

ガサガサと荷物を
元通りにした私

収納スペースが 
スーツケースとコートで隠された瞬間
寝室に来た夫

夫「お前~ 見つけやがったな~あ♪」
私「・・・・うん? ・・・・っ!!」

瞬時に 何事かを理解した私
確かめるべく コートを避けたれば~

上段の隙間に
冗談の様に
(韻を踏みたかっただけ)

桃色の紙袋が 
鎮座まします御姫様~ってな♪

私「あ♪ やっぱり♪」
夫「もう 見付かったから 今やるわ」

私「いや、矢張り 当日でしょ~♪」

と 言いながらも 一日は我慢し
結局 キスマイ番組内で
手作りホワイトデーコーナーを眺めている内に

旦那が ダダダッ! と 寝室に走り
手持ちして来たのであった

しかし、私もさ
目の前の 電池ボックスや 扇風機は
確りと眺めて 位置も変えているのに

何故 両者に挟まれましたる
こんなにも目立つ
桃色の袋を 見逃すかなあ~

と 自分でも可笑しくなったのじゃった
わはは

にゃんこ様が沢山のチョコレートに
嬉しくなった

フライング ホニャントデー
なのでしタッ☆

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

ルカさんのブログ

ホワイトデーに 甘いお菓子を貰いまくって
食べるのに必死!

と言う内容に
私が残したコメントより

*

外国では子供の誕生日プレゼントに
おもちゃ屋さんが一役買うそうです

お店の中には 
自分専用のボックスがあり

誕生日を迎える子供は 
欲しいものを書いたカードを
自分のボックスに入れておくんだそうです

プレゼントを贈る子供は おもちゃ屋に行き
誕生日の子のボックスにあるカードの中から
贈り物を一つ選び 購入し、ボックスに入れる

そうすれば 
元々 自分で欲しいと思っていたものを
もらえるってぇな寸法です

これにヒントを得ました
バレンタインのチョコレートを配る時に 

トランプのババ抜きみたいに
自分の欲しいものを書いたカードを翳して

チョコレートを渡した人に
どれか好きなカードを
一枚とってもらえば良いのでは、と。

その中には
「当たり! お返しは要りません」
ってのが あったりなんかしてネッ

そんなアイディア
いかがでしょうか♪

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

~紙を彩る自由空間~

ポエムサークル「みゅう」

詩・川柳・小説・絵・写真などを掲載した
手作り詩誌 郵送活動中☆

お手紙・フリートークなどは
「おしゃべりすずこ」CDで紹介も♪

見本誌もあります
読みたい方は連絡ください

ミュウ237・238号 完成♪

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°
人気ブログランキングへ
↑ポチッとな~☆↑



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月13日 (月)

ゴージャス☆うわお

4img_8038


4img_9600


4img_9601

パソコンの起動画面で
王女になったかの錯覚を抱ける
一瞬がある

嗚呼 此処は
藤鈴呼王国なんだなあ~
(何のこっちゃ)

毎度 毎度 ニンマリしそうになるのは
メーカー名の FUJITSU 

この文字が出てくるたんびに
次に出てくる
 
FUJISUZUKO を
連想してしまう

逆も また 然り
恣意的ニンマリは 留まる事を 知らない

先日 レガ子のメーターに反応した夫
まあ 何時も 語呂合わせ的キリ番で

停止出来ずにスルーしてしまった! と
嘆くのが 常なんですね

Ex:あ゛あ゛~っ
 12345キロを 見逃した~っ!

Ex:お前、、、俺の見ていない処で 
 77777キロを 堪能しやがったな~っ!

そんな夫が 自宅駐車場に留めた瞬間
ニヤケづいた

夫「フフフフフ」
私(ゾクッ)「・・・どしたん?)

夫「メーターを見よ」
私「ふーん、、、末広がりやなっ♪」

夫「俺は! 絶対に!!
 88888の瞬間を!!!」

(ここで 盛大な溜息)

夫「とか何とか言ってっと
 その瞬間は お前が そうとは気付かず
 走っちょんのやろうなぁ・・・」

語尾の余韻が哀しくて
思わず大爆笑(非道妻)

わはは
!_( ̄▽ ̄)ノ彡!

パソコンの王宮・・・
いや 迷宮画面ですが

後ろにある透明ケースの山が 
映り込んでいます

今回 引っ越し後に揃えた
ケースの山

正に 末広がりチックな様相を
呈しておーる

だが 有事の際には
全て飛び出して来そうで
少し 怖い

毎回 寝室の枕位置には
気を遣います

以前は 北枕かどうか、が
第一の懸念事項でしたけれども

最近では
衣装ケースや本棚の向きによって

頭に直撃を避けるように、
これが 第一の案件ですね

迷宮・・・で 思い出すのは
昔懐かしいファミコンソフト

迷宮組曲

何や可愛らしいキャラクターが
ちょこまか動いていたような
ゲームだったなあ~(遠い目)

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

ウィニー・ザ・プー
アラン・アレクサンダー・ミルン/著、阿川佐和子/訳

この本は みゅうメンバー「ロト」の元に
「本の旅」をしている最中です♪


感想が遅くなりました★

まず プーさんの成り立ちを
全く知らなかったので

「へえボタン100連発」の気分でした☆

そして 実在するモデルのぬいぐるみを
ウィキペディアで眺めながら 

親子の愛情へ
想いを馳せたのでしタ!

元々の石井さん訳と 違うのかどうかは
分からないけれども 

今回読んだ中で
一番 好きなフレーズが
「バカなくまちん」

この呼び方をされたら 
何だか ニンマリしてしまいそう♪

そして はちみつを舐めたくなる一冊☆
!_( ̄▽ ̄)ノ彡!

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

~紙を彩る自由空間~

ポエムサークル「みゅう」

詩・川柳・小説・絵・写真などを掲載した
手作り詩誌 郵送活動中☆

お手紙・フリートークなどは
「おしゃべりすずこ」CDで紹介も♪

見本誌もあります
読みたい方は連絡ください

ミュウ237・238号 完成♪

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°
人気ブログランキングへ
↑ポチッとな~☆↑



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月12日 (日)

初めての裾上げ

4img_8283


4img_8284


4img_8285

今まで 裾上げをしたことは 
ありませんでした

理由: 既製品の場合、
丁度良い長さのパンツを買うから

そうすると 今度は 
探す場所が 変わって来るんですねえ

女性コーナーのスキニーだなんて 
太腿が 全く入らない

太腿が 丁度良いサイズとなると 
女性コーナーには 存在しない

故に ワタクシメのパンツは 
メンズの割合が 多いのであります

が、何か

更に 夫は 自分用の裾上げを
私に託さない

理由:お前に頼むと
とんでもないことに なりそうだから

頼んでもないのに 凄い予感だな!
今回 その予感が大当たりだったと

証明されたよ! ピカーン
(それ、照明!)

さて そんなワタクシメにも
裾上げの試練が やって参りました

仕事用のパンツをね
裾上げしろと 仰る

ええ、頑張りましたとも!
説明書も 貸与されましたので、ネッ!

言われた通りに・・・

パンツを折り返して 裾のサイズを決めて
裾上げテープを・・・

いや、違う!

まず「パンツ全体を引っ繰り返して」から
作業は始まるのだ!

危ない危ない
くわばら、くわばら。

前述の作業後 裾上げテープを
切って・濡らして・イザ アイロン♪

あらっ? 何で こうなった!?
くっついてないじゃあないの?!

パンツの裾先ギリギリに
テープを合わせた為

全く くっついてない事が
判明

考えりゃあ 分かるよなあ と
一人 大爆笑

その頃 シャワー上がりの夫が
やって来ましたので

おずおずと 聞いてみました

私「あの~う、裾上げの方法をば
 伝授いただきたく~う」

夫「・・・はっ!?
  何で こうなった!?」

私「な~んででしょーう ねぇ~♪
  わはははっ」

かくて 
二枚舌の如く 張り巡らされた
我がパンツの裾が

直ぐに 剥がれん事を 祈るのみ

しかも テープが足りず 
一部 パカパカずいし・・・

(書いてある通りに やったのに・・・)

と 良く眺めてみたら
裾とテープの位置、微妙にズレてるわ!

老眼か・・・
(其処っ!?)

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

虫達の饗宴


北陸の庭園時代は 草むしりをする傍で
ブーンブーンと スズメバチ、も
珍しく ありませんでしたが

去年は 蜂さんに会うことも
少なかったような気がします

だけん 
一度 スズメバチは見たなあ

民家の扉に 普通に出てくるのだから 
東京も捨てたもんじゃないよね 
なんて思いながら 

蜂ジェットの威力が
妙に懐かしくなったりしてね

薬も スプレーの威力も
過信しちゃあ イケナイんだろうけれども 

弱っている蜂たんに
「これでもかー!」と吐き続ける
スプレー音に

危険とは言えども
「ごめんね蜂さん」の気持ちが
募ったのでしタ♪

幸いにして ムカデくんに
刺されたことは ないのだけれども

結構な痛みが 続きそうだし
先日ブログを読んでいた時
ウルシ被害の話が出ていて 調べたら 

山歩きをしていると ウルシの茎や赤い葉に 
結構な確率で 出会うようで 

軽く かすった程度でも
痒みに魘されそうなので 
ゾッとしたのでした

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

~紙を彩る自由空間~

ポエムサークル「みゅう」

詩・川柳・小説・絵・写真などを掲載した
手作り詩誌 郵送活動中☆

お手紙・フリートークなどは
「おしゃべりすずこ」CDで紹介も♪

見本誌もあります
読みたい方は連絡ください

ミュウ237・238号 完成♪

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°
人気ブログランキングへ
↑ポチッとな~☆↑


| | コメント (0) | トラックバック (0)

苺の欠片

4img_8206


4img_8207


4img_8208

写真は「アレ」と呼んでいる
「プラバン」

別名は「虹の欠片」
詩誌「みゅう」メンバーの「えぐぜっち」命名

メンバーカード・受賞者・人気投票メンバーに
贈られます

239号は苺バージョン☆
欠片に織り込まれた三文字の意味は

みゅう240号で紹介しています♪

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

みゅうメンバーの皆様へ


現在みゅう240号の発送準備中です

239号がバレンタイン発行でしたので
今号はホワイトデー発行にしました★

おしゃべりすずこは未録音ですので
別途完成次第ご連絡いたします!


●掲載メンバー

吉田優子/絹子さん/スケッチ/ペポパンプ/
麻斗維/花水仙/ 星亭エグゼ/あおば/
jiiji_oyaji/宮也千夜/白鳥ちえり/
砂名/白井京月/ハンスの恋人/ロト/
メガネをかけた座頭市/紫夜朔羅/青葉茂/
菊爺/みずのさら/愛香&沙羅/ときお/
藤鈴呼/

購読お待ちしています


●以下の皆様へ発送準備中です

「余」の金額は発送後の計算です。
間違いがないか確認くださいませ。

麻斗維(244号まで先払済)

星亭エグゼ(241号まで先払済+余20)  

あおば(246号まで先払済+余360)

Jiiji_oyaji(247号まで先払済+余180)

宮也千夜(240号まで先払済+余360)

白鳥ちえり(240号まで先払済)

白井京月(241号まで先払済)  
 
上下凛太(241号まで先払済+余100)

ハンスの恋人(244号まで先払済+余8)

ロト(240号まで先払済)


●その他

まっつん(後払580お願いします)


●本の旅

みゅう同封予定☆番号記載の上
「本日中に返信」くださいませ~★


番号・タイトル・著者・定価・本の旅人(贈り主)・初版
の順番です

①晴れた日は図書館へ行こう 緑川聖司
580 砂名より * 2013.7.5

②ウィニー・ザ・プー A・A・ミルン 訳 阿川佐和子
460 砂名より * 2016.7.1

③殺人犯はそこにいる 清水潔
750 母より * 2016.6.1

④BARレモンハート コミック 四季を愛でる名酒の物語・編 古谷三敏
463 母より * 2015.3.10

⑤ドールズ 高橋克彦
560 108円ブックオフ購入 * 1997.8.25

⑥ぶたぶたの花束  矢崎存美
620 母より * 2016.10.15

⑦猫は忘れない 東直己
760 108円ブックオフ購入 * 2012.11.15

⑧つるかめ助産院 小川糸
524 108円ブックオフ購入 * 2012.6.30

⑨大翔製菓広報宣伝部 おい!山田 安藤祐介
640 母より * 2015.2.13

⑩運び屋 一之瀬英二の事件簿 水沢秋生
593 母より * 2014.12.15


本の内容を知りたい方は以下もどうぞ♪


①晴れた日は図書館へ行こう 緑川聖司


本と図書館が大好きな女の子が図書館で出会う様々な人々との交流や、
図書館でおきるちょっとした事件をミステリアスタッチに描いた連作短編。
第一回長編児童文学賞佳作受賞作品。
初版発行: 2003年10月
著者: 緑川聖司


②ウィニー・ザ・プー A・A・ミルン 訳 阿川佐和子

『クマのプーさん』(英: Winnie-the-Pooh)は、
1926年に発表されたA・A・ミルンの児童小説である。

擬人化されたクマのぬいぐるみである「プー」と、
森の仲間たちとの日常を10のエピソードによって描いている。

A.A.ミルンはこの作品を
自身の息子クリストファー・ロビン・ミルンが持っていた
テディ・ベアから着想している。

本作品とそのキャラクターは発表当時から
ひろく人気を集めており、
多数の言語に翻訳されいまなお世界中で読まれている。

1960年代からはディズニーによって
一連のアニメーション作品が作られ、
作品の知名度に大きく貢献した。


③殺人犯はそこにいる 清水潔

5人の少女が姿を消した。
群馬と栃木の県境、半径10キロという狭いエリアで。

同一犯による連続事件ではないのか?
なぜ「足利事件」だけが“解決済み”なのか?

執念の取材は前代未聞の「冤罪事件」と野放しの「真犯人」、
そして司法の闇を炙り出す―。

新潮ドキュメント賞、日本推理作家協会賞受賞。
日本中に衝撃を与え、「調査報道のバイブル」と絶賛された
事件ノンフィクション。


④BARレモンハート コミック 四季を愛でる名酒の物語・編 古谷三敏


酒コミックの決定版「BARレモン・ハート」がお得な新書サイズで登場!!
第37話から第54話まで収録。

世界の銘酒には秘められたエピソードが……
薀蓄学の大家・古谷三敏が解きほぐす人と酒との物語。


⑤ドールズ 高橋克彦

季節外れの大雪に見舞われた盛岡で、
夜間、7歳の少女がひき逃げに遭った。

はねられたのは、喫茶店「ドールズ」の経営者である
月岡真司の娘・怜。

彼女は言葉を失い、一方で“人形”に異様な関心を示しだす。
喫煙をはじめとする怜の信じがたい奇矯な行動。

さらに医学の常識をこえた不可解な症状が彼女の肉体を襲う。
少女の心の闇に何がひそんでいるのか。


⑥ぶたぶたの花束  矢崎存美


ピンクのぶたのぬいぐるみなのに、
動き、喋り、働くおじさん「山崎ぶたぶた」。

今回も、疲れた人、悩んでいる人、ツライ目にあってる人など、
さまざまな人の前に現れて、癒やしていきます。

人気シリーズ「ぶたぶた」最新作は、
花をテーマに描いた5作を収録する短篇集。


⑦猫は忘れない 東直己

知り合いのスナックママ、ミーナから、
旅行中の飼い猫の世話を頼まれた“俺”は、

餌やりに訪れたマンションで
変わり果てた姿となった彼女を発見する。

行きがかりから猫のナナを引き取り、
犯人捜しを始めた“俺”は、

彼女の過去を遡るうちに意外な人物と遭遇、
事件は予想外の方向へと進展する…

猫との暮らしにとまどいながらも、
“俺”はミーナの仇を取るためにススキノの街を走り抜ける。
“ススキノ探偵”シリーズ第12作。


⑧つるかめ助産院 小川糸

夫が姿を消して傷心のまりあは、
一人訪れた南の島で助産院長の鶴田亀子と出会い、
予想外の妊娠を告げられる。

家族の愛を知らずに育った彼女は
新しい命を身ごもったことに戸惑うが、

助産院で働くベトナム人のパクチー嬢や産婆のエミリー、
旅人のサミーや妊婦の艶子さんなど、

島の個性豊かな仲間と美しい海に囲まれ、
少しずつ孤独だった過去と向き合うようになり―。
命の誕生と再生の物語。


⑨大翔製菓広報宣伝部 おい!山田 安藤祐介


菓子メーカーの広報宣伝部に異動した山田助は、
突然上司から「ゆるキャラ」に任命される。

同僚の水嶋と新商品のプロモーションに乗り出すも、
他部署から冷やかな視線が。売れ行きもぱっとしない。

それでも懸命にフルスイングを続けるうちに、
あるアイデアが浮かぶ!
笑いの中に働くことのリアルが光る痛快作。


⑩運び屋 一之瀬英二の事件簿 水沢秋生

奇妙な届け物を抱え東奔西走!
運び屋のミステリアスな日常。

一之瀬英二は「アフターサービスを大切に」をモットーに
ナマモノ以外なら何でも配達する運び屋だ。

ワケありジュエリーケースを某宅のダイニングに、
銃とロケットランチャーを港に、
マカダミアナッツチョコレートを三人の男たちに―。

謎多き依頼人、届け先で待ち受ける思いがけないドラマ、
孤独な四十男・一之瀬のつぶやきを
ユーモアに満ちた筆致で描く連作ミステリー。

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

~紙を彩る自由空間~

ポエムサークル「みゅう」

詩・川柳・小説・絵・写真などを掲載した
手作り詩誌 郵送活動中☆

お手紙・フリートークなどは
「おしゃべりすずこ」CDで紹介も♪

見本誌もあります
読みたい方は連絡ください

ミュウ237・238号 完成♪

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°
人気ブログランキングへ
↑ポチッとな~☆↑



| | コメント (0) | トラックバック (0)

春は桃色

4img_9568


4img_9569


4img_9570

梅、もしかしたら
寒緋桜 (かんひざくら)

寒桜

この季節 桃色の花びらが増えて来て
春を感じます

一方で 週間天気予報では
最低気温の氷点下表示も見えた相模原

まだまだ緩急甚だしい季節
これぞ三寒四温かな

夫の通勤時 ハンドルを握っていると
斜めに伸びた枝に 桜らしき花びらが見えます

ずっと 気になっていたんです
これは 桜か否か、と。

最近 梅ばかり見ていたし
桜には 未だ 早かろうもん

これは 梅系に違いない!
そんな勝手な判断をして数日経過した頃

儂黒香
で眺めた 

梅「らしき」枝々軍団の近くにある
ショッピングモールへ行き、吃驚

嗚呼 これは桜じゃあ ないですか!
紛うことなき勿れ(・・・は!?)

枝に付いたプレート文字を
きちんと覚えておりませぬが

カンザクラ の上に 何かしらの二文字が
あったような 淡い記憶が。

数日後 「あの桜をば もう一度!」 と
いそいそと 出掛けました処

既に葉桜 始まって~ら♪
嗚呼 黄桜も 呑みたいな♪(未体験)

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

秋も桜も

芸術は爆発だ! の 言葉から受ける印象と 
太陽の塔の万博イメージが濃い 岡本太郎さんですが 

神奈川の出身だったんだと知り 
今は少し身近な思いがしています

他にも色々な作品たちの倉庫写真を眺めていると 
非凡な才能を感じますが 

街角や公園を良く眺めてみれば 
色々とモニュメントって あるんですよね~♪

電線の上で鳴くカラスや
各々の創造物を眺めながらニヤついている

怪しい秋の女ですが、何か??
~( ̄▽ ̄~)(~ ̄▽ ̄)~

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

五線譜のような電線に 


ポカポカとした陽気に
(実際は夕方だったけれども) 

小さな雲

(あれが所謂「鰯雲」とかいう代物なのだろうか、と
一瞬ながらに思った)

が連なっていて 

嗚呼 どんな音が響くのだろうと
眺めていたけれども 

手元のデジ・カメ子ちゃんを
構えること叶わぬ
運転中だったので

ハンドルと思い出を
握り締めながら
アクセルを踏むのでしタ♪

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

~紙を彩る自由空間~

ポエムサークル「みゅう」

詩・川柳・小説・絵・写真などを掲載した
手作り詩誌 郵送活動中☆

お手紙・フリートークなどは
「おしゃべりすずこ」CDで紹介も♪

見本誌もあります
読みたい方は連絡ください

ミュウ237・238号 完成♪

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°
人気ブログランキングへ
↑ポチッとな~☆↑



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月11日 (土)

Hamlets/ ハムレッツ ver.4.0

4img_9627


4img_9629


4img_9624

初日の舞台を観に行きました
小学生が帰宅する頃に出発し

小田急線で新宿へ
山手線で池袋へ

西武池袋線で江古田駅へ
駅前のマックで軽い夕食

*

真四角い フィレオフィッシュは 気取らずに
 正確無比の 未来を描く


*

なんて言葉を紡ぎたくなったのは

永遠のみゅうメンバー吉田優子 遺歌集
「ヨコハマ・横浜」

の世界に触れて
帰宅したからでしょうか

会場アンケートに書いた言葉は以下のものです
一部、漢字間違いがありました
Σ( ̄□ ̄)!

*

優子さんの言葉が数回ずつ
皆さんの唇を借りて紡がれて伝わっていくことで
また新たな息吹を得ていくようで感動しました。

3Dプロジェクションマッピングのような光と影で
哀愁と希望への道を示しているかのようでした。

音の強弱、スピードの緩急で 
より分かり易く思えました。
最初のハムレット解説も有り難かったです。

ホームページで会場を
上野と間違えそうになりました。

丹下様ブログ拝見しました。
リンクがあれば より分かり易かったかなあ
と思いました。

*

19時半の開演でしたので 
30分ほど前に会場入りしました

場所は江古田駅前のビル
「ストアハウス江古田スタジオ」です

最初

ストアハウス江古田スタジオ(5F)
の 画面一番下にある「アクセス」をクリックし
「うん? 亀戸?」いや、違うよな・・・

次に「サイトURL」
で「ストアハウスのHP」を開き、
「うん? 上野?」 と 迷いました

「江古田スタジオ」へのアクセス
は こちらです♪

私のように 関東に明るくない&方向音痴、
更に パソコンに遊ばれていると 

このようになりまする
。。。//δ⌒▽⌒//

江古田駅 南口から出ると マックが目に入ります
その左側にあるビルです

一階には「三崎港」があります
お寿司販売店のようですね

その左側のお店「BeBe」との間に小道があります
ここを進んで

「三崎港」のあるビルの左側へ回り込むと
入口の階段があります

四階が受付、五階が会場ですヨ♪
エレベーターはないようでした

2016年の銀座公演時に
みゅうメンバー「あおば」が観劇をされた際

写真と録音の確認を取ったと聞きましたので
お伺いしました

前回より規模も大きく デジカメは音が出るので不可
録音は良いですよ、との回答でした

番号札をいただき 先着順に五階へ移動します
奥から詰めて座って下さいと案内がありました

正確に数えた訳ではありませんが
階段状にセッティングされたパイプ椅子が

最後尾から3段ほど
横に10列ちょっと、ありました

残り2段は 板階段のままで
最前列には座布団がおかれていたようでした

ザッと見渡しました
開演時には満席だったのではないかと思います

山手線が遅れ気味だったとのことで
遅れる観客がいらっしゃるかも、

とのアナウンスがありましたので
嗚呼 観客の方なのだなあ~

と タカをくくっていたところ
登場したのが 丹下さんでした

開演前の薄明りで パンフレットを読み終え
「街 もりおか」を読みふけっていた私

大慌てで
ICレコーダーをセットします

その間にも 丹下一さんの挨拶は進み
先ずはハムレットの物語解説です

ふむふむ そんな話でしたか、と
聞き入っていると 

突然 赤いコートの女性が
台詞を放ちます

確か 優子句を一等先に読み上げた
橋本識帆さんです

銀座公演の音源を聞いた時以上に
言葉の一つ一つが浮き上がる感覚で
嬉しくなりました

私の一番好きな
「カラメルを」から始まる句

ラストの「ありませんよう」

この「よう」の余韻を伝える表現に
感銘を受けました

前回も感じましたが

区切る箇所、スピードが違うだけで
こんなににも感覚は変わるものか、と

改めて受けた衝撃とともに 
堪能したのでした

同じ一句が 3人の方の唇から
朗々と放たれた瞬間にも 感動しました

優子のお母さまである 絹子さんの
手編みモヘアカーディガンを着て
心身ともに温まっていたのですが

心の中で 優子、凄いよ・・と語りかけた瞬間
ゾクゾクしたのでした

次から次に湧き上がる
得も言われぬ高揚感に包まれたまま
物語は進行します

映像は ヒグマ春夫さん
開演前にも 舞台演出されていました

この時には 最初
竹、笹の葉を連想しましたが

ちいと眺め続ける内に 
不思議な影の揺らめきから

水の流れのようにも 空気の振動のようにも
感じました

建物のグレース(筋交い)チックな部分にも
映像が映り込んでいて
それはもう 圧巻でした

登場人物は全部で5人

骨壺を連想させる白い箱を胸元に
葬列のように静々と舞台へ現れます

舞台背後の壁に吊るされた衣文掛けが
不気味に揺れています

一人 また 一人
黒いコートを 着せたハンガーが
人型のようにも思えます

この白い箱の上に立ってみたりしながらの
パフォーマンス

井村昴さん、茅根利安さんによる
ロープを使った「昔の遊び」

八の字を描くのは 
無限大の標でもありましょうか

井村さんは 一番お元気に
動き回るので 心配になる程です

何が・・・って 
私自身が 筋肉痛でしたので

(白い箱の上に しゃがみ続けて 大丈夫かしら・・・)
(側転とジャンプの連続・・・す、すごいっ!)

オフィーリア役の原内真理さんの台詞で
一番 琴線に触れた音

「ああ・・・」
言葉では表現しきれない 抑揚です

丹下さん、茅根さんの 
地底から響き渡るような 迫力のある低音にも 
胸を打たれました

丹下さんが登場し 開口一番に語った
「今日という一日の意味合い」や

橋本さんの 方言を交えた 
被災地での語り口も 印象的でした

花の名が
繰り返し呟かれる場面

嗚呼 これが首飾りの意味か、と分かった瞬間
哀しみの上に 花開く思いが伝わります

北陸の庭園勤務時代に 初めて出会った
「シラン」の言葉も 響きます

朝焼けにも 夕暮れにも 痛みにも似た
大好きな紫の色合いを 脳裏に浮かべました

花の名が繋がるシーンは
二度あります

一人ずつ 白い箱の上に「何か」を置き
そこから音が流れ続けるのです

輪唱のように
上から音が降ってくる感覚

ここで 思いました

ああ 私は「ガラケー族」だから
この演出をするならば

客席と「スマホ」を
交互に見やりながら

音の鳴らない「我が相棒」を哀しげに見詰めて
客席に問うような視線を放つ、

これを 交互に繰り返しながら
「お手上げポーズ」を するかもなあ

なんて妄想が浮かんで
仕方ありませんでした

「文明の利器」をふんだんに利用した
新しい試みだなあ と 感じました

映像担当は ヒグマさんのようでしたが
物語が進む内に 疑問が一つ

あれ・・・? どの お芝居の最中にも
橋本さんの手には「アレ」が存在する

指も心なしか
動いているかのようにも 思える・・・!?

井村さんの顔が ドアップになる
危機迫るシーンの前後で

(もしかして橋本さんが映像演出している!?)
と 感じた場面があり 気もそぞろ。

その後で (いや、映像ではなく 音の方か!?)
と思いながら 

演じ手の表情にも意識を向けながら
頭の中だけが忙しく回転していくようでした

そして! 回転と言えば!!
私の大好きな!!!

♪全自動洗濯機♪
いや~ 参りました~

何がって
笑いを堪えるのに。

前回から このシーンが
私のツボなんですよね・・・

優子にも繋がる台詞が
密かに織り込まれているのだなっ!?

と気付いてからは
抑えられないニヤニヤ模様~♪

このシーンでは 
ミラーボールを彷彿とさせる演出で

深緑の色合いから
幸せの象徴 翡翠玉の描く世界観や

私の故郷 岩手にある 龍泉洞の
深いエメラルドグリーン

そして 父の運転で訪れた 玉川温泉付近の
美しい川辺の色合いを 思い出しました

父が倒れたのは
「2年前の 明日」、雪かき中の脳出血

命日は 未だ先ですが

そうか あの年は
「今日」も「明日」も 岩手は大雪だったな、


そんな思いも去来しつつ。

「全自動洗濯機は クルクル回る!」

もう 丹下さん 最高です!

言葉が描かれていると思われる紙が
譜面台に挟まれているのでしょう

舞台中央に運ばれた
譜面台を眺めていると

まるで 丹下さんが 
オーケストラのマエストロのようにも
思えてくる

不思議な錯覚

嗚呼 
シリアスなセリフから繋がる筈の・・っ!

♪でってれれれ て~れ~♪

・・・BGMを適切に表現する術を
ワタクシメは存じ上げませぬ・・・

ヨヨヨ
(嘘泣き)

同じセリフのシーンが 二度出てくるシーンは
他にもありました

コモンセンス ナンセンス の ワタクシメには
有り難い演出でした

染み入る程に入って行くストーリーかな

(いい加減 原作を知れ!
 との お叱りが聞こえ・・なひ)

*

哀愁を 虚空へ放つ フィラメント

*

なんて言葉が 浮かびました

客席前方の上空に吊るされた電球に映る
映像美からでした

開演前は 所謂通常電球色で
柔らかな黄色の光が放たれています

劇に入る直前には 少しずつ暗転し
光が消えます

青白い光が鋭く移された電球が
物悲しさを助長していくようでもあり

遠く届かぬ星の光へと
想いを託したくなるようにも感じます

光と言えば
あるシーンでは 

橋本さんの表情だけが
ぽおと浮かび上がりました

その瞬間 子供会時代の肝試しを
思い出しました

顔の下から青白い光で照らすと
人は恐ろしくなるのですね

当時 私は腰までの長い髪
この格好をしたところ

上級生の男子が 
本気で のけぞっていたなあ~
ふふふ

「うわっ おまっ・・・ 誰だ!?
・・・あ゛あ゛、、すずこか!」

みーたーいーなー

全体的には 
シリアスな空気感が広がっていました

縄遊びの場面で 
少し笑いが起こりましたが

空気の振動も聞こえそうな瞬間も
多かったように 思います

公演後
初日の乾杯があったようで
ご挨拶しようか迷ったのですが

出発前から咽の調子が悪く
公演中も パープルショットを手放せず

未だ会社だった夫の夕食も気になり
電車に飛び乗り

飴玉を転がし続けて 
何とか帰宅しました

ほんの少し 声が出るように思えて
直前の勤務で 調子に乗ったようです

悶々なんだモーンだい!
モーマンタイといーい鯛!に願いを。

優子とは同い年
急逝を知らせる絹子さんからの白い封筒が

アパートのポストを擦り抜けて
床にポトンと落ちていたことに気付き

拾い上げた瞬間の筆跡の違いに
寒気を禁じ得なかった あの一瞬を

昨日のことのように
リアルに思い出せます

生まれた月も一緒なんですよね
そして 優子が旅立った その日は
私の両親の 結婚記念日

そして今は 父も空の上
何だか 不思議な繋がり・・・?
とも感じられそうな。

公演は 本日、明日と続きます
興味のある方は 是非どうぞ♪

ハムレッツ開演案内

銀座のイベント音源 感想

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

~紙を彩る自由空間~

ポエムサークル「みゅう」

詩・川柳・小説・絵・写真などを掲載した
手作り詩誌 郵送活動中☆

お手紙・フリートークなどは
「おしゃべりすずこ」CDで紹介も♪

見本誌もあります
読みたい方は連絡ください

ミュウ237・238号 完成♪

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°
人気ブログランキングへ
↑ポチッとな~☆↑


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月10日 (金)

白い空気

4img_8394


4mg_8395


I4mg_8396

今朝のように寒い日は
外仕事が随分しんどいと思います
白い空気が漂ってくるような気がしました

*

上記は即興ゴルコンダに投稿した
いつかのコメントです

最近 車のフロントガラスが
縦に白く凍る日があります

華が咲く感覚とは また違って
細く 鋭い存在を 感じます

少し前に 港の見える丘公園から見た
飛行機雲

すーっと一筋 上空に向けて放たれる
光の一本道のようにも思えます

来週も朝の最低気温が
マイナスの日がありそうな相模原

日中はかろうじて二桁台の気温のようで
肌寒いですね

な~んて 岩手時代の私に
ブン殴られそうな発言を、する

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

ここ数カ月・・・に なるのかしら
自宅の置き本の一つ
「坂の上の雲」司馬遼太郎を読んでいます

母からの「本の旅」です

大河ドラマも見ていなかった上に
読み進めてみても 一向に進まないのは 

巻数があるのと
歴史に疎いからです

その中に
「正岡子規が結核で死ぬ話」
が出て来ます

たまたま母との電話で
結核の話になったのですが

この「正岡子規」が思い出せず
本の裏表紙を見て思い出すという為体

母は言います

「昔は結核に感染すると
免疫力のない人は罹患するため 

患者は 僻地にある
サナトリウムという隔離病院へ送られたものだ、
今はあるのかなあ」

*

サナトリウム

かつては結核治療用の施設を指したが、
その治癒率が高まった以降は

精神疾患や認知症、脳卒中の後遺症など
他の病気を含めたものとなっている。

結核治療のため、
日当たりや空気など環境の良い高原や
海浜に建てられることが多い。

Sanatoriumという言葉は従来からあった
Sanitarium(保養所)と結核治療施設を区別するため、

「健康」を意味するラテン語のsanitasの部分を
科学的な治療に、手当の意味を付け加えていることを
強調するため、「治る」という意味の動詞sano
に置き換えることで作られた造語である。

日本での最初のサナトリウムは明治20年(1887年)、
鎌倉由比ヶ浜に建てられた結核療養所「海浜院」、
最大規模のものは茅ヶ崎の南湖院とされる。

*

話の中で ウロ覚えだったのが
もう一つありました


その日 霙のような状態の雪かきをして大変だった
と 母が言った時に 思い出したのが

「宮沢賢治の永訣の朝、あめゆきとてきてけんじゃ」

一瞬、宮沢賢治か石川啄木か高村光太郎か
迷うの巻

妹がいる人だよなー トシは誰の妹だっけ?
と 調べたら、あら「とし子」って書いてあるわ~。

おかしいな、と ウィキりましたら やはり
トシのようですね

何故 高村光太郎が浮かんだかって
千恵子抄が浮かんだのでね、迷ったのでーしーたー

嗚呼 記憶が剥がれかけてゆくー

母による啄木解説

「啄木は早くに家族をつくり妻子がいたが金がなく
北海道に行ったり知人に金の無心をし、返せなかったりした」

石川啄木

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

~紙を彩る自由空間~

ポエムサークル「みゅう」

詩・川柳・小説・絵・写真などを掲載した
手作り詩誌 郵送活動中☆

お手紙・フリートークなどは
「おしゃべりすずこ」CDで紹介も♪

見本誌もあります
読みたい方は連絡ください

ミュウ237・238号 完成♪

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°
人気ブログランキングへ
↑ポチッとな~☆↑


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月 8日 (水)

ハムレッツ開演案内

4img_9522


4img_9566


4img_9567


永遠のみゅうメンバー「吉田優子」
の母上 絹子さんからメールがあり

今週「Hamlets/ ハムレッツ ver.4.0」が
開演となる事を知りました

遺歌集「ヨコハマ・横浜」がテキストとなっています
興味のある方は 是非どうぞ♪

*

Hamlets/ ハムレッツ ver.4.0

3月10日(金)19:30 開演
3月11日(土)15:00 開演
3月12日(日)15:00 開演

会場:ストアハウス江古田スタジオ5階

テキスト:Wシェイクスピア「ハムレット」(訳:江戸馨)
吉田優子歌集「ヨコハマ横浜」ほか

構成演出:丹下 一
出演:井村昂(少年王者舘)・茅根利安(仙台・ココロノキンセンアワー)・
原内真理・橋本識帆・丹下 一

映像:ヒグマ春夫
照明:早川誠司
音楽:柴野さつき

料金:3000円
予約問い合わせ:tama_plus_project@ybb.ne.jp

茅根 利安さん

Tama+ project

泡 盛 日 記
演劇人(役者・演出家)丹下一の日記です。

ストアハウス江古田スタジオ(5F)

住 所 〒176-0005 東京都練馬区旭丘1-76-8 第五東京ビル5F
最寄り駅 西武池袋線「江古田」南口徒歩1分

*

私は 今回の観劇、難しいかも知れません

以前「みゅう」でも紹介した 
みゅうメンバー「あおば」による
観劇感想を思い出しています。

丹下さんの詠む 優子句の端々が 
脳裏に浮かんできました。

案内いただくことで 迷惑になるのでは、と
お気遣いくださったようです

なんだか私の方こそ 
先日の山の手公演の観劇では

優子の眠るランドマークを臨む場所に
近付きましたのに

素通りしてしまったかのような気がして
恐縮しております

江古田という地名を
聞いたことはあったのですが
詳しい場所に馴染みがなくて 

どのあたりだろう?
と いろいろ検索しています。

案内には優子歌集のことも紹介されていて
私も嬉しくなりました!

私にも 紹介することは出来る!
と思いましたので
まとめてみました♪

丹下さんの泡盛日記ホームページからは
ハムレットのリンクが見つけられず

あら 案内がないのは残念だなあ
と感じながら
いろいろと眺めているうちに

茅根さんのフェイスブックを見つけました

そのあとで
江古田スタジオのページを見ているうちに

付近を散策しているかのような
気分になりました。

上野駅からも近いのですね、
こちらの方がわかりやすいかな、と
田舎者のたわごとです(笑)

写真つきで道案内もあるようですので
はじめての方も散歩がてら行きやすいのではないかな、
と思いましたヨ

・・・と、ここまで書いて 
「何だかおかしいな」、と思いましたら
私が見つけたのは

上野ストアハウスまで道のり
の方でした・・・!

その後で こちらを発見しました

ストアハウス 江古田スタジオ

〒176-0005 東京都練馬区旭丘1-76-8 第5東京ビル4F&5F
電話:03-5830-3944/FAX:03-5830-3945
info@storehouse.ne.jp

本来の会場は こちらです

私のように早とちり検索すると
間違えてしまい危険ですネ

丹下さんのページでは
公演準備の人数が足りずに大変な様子も
伝わってきました。

今回はスタジオ5階というので 
そちらのホームページを見てみました

貸出案内もメインとなっているようで
舞台での練習も中々大変なのだなあということが
伝わりました

メインのイベント案内では告知がないようですね。
三月に入り、震災の記憶も広がる時期ですね。

今朝の相模原は気温が低かったです。
車内温度は三度ほどで

昨夜ワイパーを使用したことも
関係しているのか

フロントガラスの下 三分の一ほどが
縦の氷で模様のようになっていました。

盛岡では雪予報とも聞きました。
啓蟄が過ぎましたが 
まだまだ肌寒い朝もありますね。

一方では 
桜の花もみられるようになってきたことに
驚いています

卒業式シーズンの関東は そうだったなあ
と思い出しながら
楽しめる季節に想いを馳せています。

昨日も 最新の絹子さん手作りベストで
心身ともに 温まりました♪

中に着る色合いで
全く違うイメージになるので

これまでのベストやカーディガンも合わせて
色々と楽しめます。

ここで一句

嗚呼なすび 黄色く揺れる すずこカナ

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

~紙を彩る自由空間~

ポエムサークル「みゅう」

詩・川柳・小説・絵・写真などを掲載した
手作り詩誌 郵送活動中☆

お手紙・フリートークなどは
「おしゃべりすずこ」CDで紹介も♪

見本誌もあります
読みたい方は連絡ください

ミュウ237・238号 完成♪

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

モバオク!から
中古本 出品中★

連絡・質問 こちらからどうぞ♪
 「メール送信」クリック (すずこパソコンに届きます)

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°
人気ブログランキングへ
↑ポチッとな~☆↑


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月 7日 (火)

いちごババロア

I4mg_9303


I4mg_9301


I4mg_9306

紅茶さくらんぼ
で外観が素敵だと書きましたが 
お店の名前を書き忘れました

マンマパスタ

壁に地図が描かれていたりして 
一瞬「汚れてる!? いや、違うゾ!」と
ニヤニヤしちゃったりしてネ

夫が反応したのが
「いちごババロア」

デザートワゴンで
1カット200YEN

セットドリンク250YEN
合計450YENです

デザート1カット、
だけではなく

大きな白皿に フルーツや 
遊び心満載のデコレーションが施され

見た目も非常にお洒落で 
嬉しさも美味しさも倍増します

矢張り私は
イタリアンが好きです

そして甘い物には目がないので
舌で味わうのでありんす

夫「ババロアの定義って?」
私「以前も その話したなあ」

私が「ババロア」のフレーズで思い出すのは
ヤクルトのジョア「オレンジ味」限定

と思っていたら その上を行く猛者が現れました!
そう、ハウスの「フルーチェ」だ!

フルーチェはムース?ババロア?
ベストアンサーに選ばれた回答

どちらでもありません。
強いて言うなら、
「ゲル化剤の量の少ない柔らかい牛乳とフルーツのゼリー」
ですかね。

フルーチェのとろみはペクチンという果物から取れる
ゲル化剤(ゼラチンなどのように液体を固める作用のある食品)
と牛乳が結びついて起きる化学反応に因るものです。

*

ババロア

「バヴァロワ」はフランス語で
「バイエルンの」を意味する形容詞で、

ドイツのバイエルン王国(バヴァリア)の貴族のために
フランス人のシェフが考案した物とも、

1815年にアントナン・カレームが
バヴァリア地方にあった温かい飲み物を元に
考案したとも言われる。

チーズは入っていないが、
当時はフロマージュ・ババロアと呼ばれた。

また、作るにあたって
カスタードクリーム(クレーム・アングレーズ)
を用いるのも特徴である。

類似したものにムースがあるが、
これは泡立てた卵白や果汁を
自然に固めたものであり、
ゼラチンを用いるババロアとは異なる。

概してムースの方がふんわりと軽い食感があり、
これに対しババロアは、
使用される卵黄や乳製品の風味が
直接に伝わる食感をもつ。

また別の素材との組み合わせ例が多いムースとは別に、
ババロアは概ね単独で味わうものである。

日本でも普及し、
苺やバナナなどの果物、抹茶、紅茶などを混ぜて
調理されることがある。

家庭用には「ババロアの素」などと称する、
ある程度の材料を混ぜて粉末状に加工しておき、

簡単な手順でババロアを作れる商品も
広く販売されている。

作り方

ゼラチンを水でふやかしておき、湯煎しながら
卵黄と砂糖を泡立て器で泡立てる。

鍋に牛乳を入れ、火にかけゼラチンを入れて溶かし、
泡立てた卵黄と砂糖に加え、

泡立てた生クリームと卵白を混ぜ、
型に流しいれて冷やし固める。

型から抜くときには型を熱湯などで加熱したり、
隙間から空気を入れるなどするときれいに取れる。

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

ガラケー族の二人言


私:

最近ニュースで見たけれど
今は「写メ」という言葉が死語、

そもそもメールはラインだし、
写真はインスタでUPする時代だ」


母:

今の人たちは ライン既読無視等で
自殺したり 仲間外れにされたりする
生きにくい時代だ、

私自身は転校生だったので
興味本位で 皆が寄って来てくれた、

出来る事(スポーツ、絵など)で活躍し
人気者になった頃には 次の学校へ行った、

ママ友のような 近所付き合いは
互いの家族の悪口が多く、

今まで仲良く会話していた後で 
いなくなった人の悪口が出るような会話が嫌いで
自ら刺さっていかなかった、

PTAも たまたまやらずに
過ごすことが出来た、

今はゴミ置き場で会話するが
腰が痛いだの身体の話で 

昔のような毒気が抜けた人も多いので
気が楽だ

*

人生80年と鑑みれば
不惑を超えたワタクシメは
既に折り返し地点を過ぎています

振り返る人生
何時 どのように 辿るのかは
分かりませんが

楽しい事を 沢山 思い描きながら
嗚呼 楽しく活きたなあ と
心底 感じながら 逝きたいものです

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

~紙を彩る自由空間~

ポエムサークル「みゅう」

詩・川柳・小説・絵・写真などを掲載した
手作り詩誌 郵送活動中☆

お手紙・フリートークなどは
「おしゃべりすずこ」CDで紹介も♪

見本誌もあります
読みたい方は連絡ください

ミュウ237・238号 完成♪

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

モバオク!から
中古本 出品中★

連絡・質問 こちらからどうぞ♪
 「メール送信」クリック (すずこパソコンに届きます)

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°
人気ブログランキングへ
↑ポチッとな~☆↑


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月 6日 (月)

紅茶さくらんぼ

4img_9307


4img_9308


4img_9309

昨夜の入浴剤が
パッションフルーツだったからか

紅茶の中身を覗いたら 
まるでサクランボみたいだ♪

そんな妄想が 
ぷかり浮かんだ啓蟄後

もう 春なんですねえ

あ 立春は とうの昔に 
過ぎてましたけど、ネッ

幻想的なお店の外観が好きです
昼間とは全く違う姿

ライトアップされるとね
人も綺麗に映るものです!?

この時は パスタを食べた後に
デザートを頼んだんですが

ミントの葉をあしらった
デザート皿が 出て来ました

その葉っぱをね 紅茶の中に入れて
ミントティー♪ うふ

夫が嫌いなミント
私は大好きだ~っ!

丁度 砂糖から泡がぷくぷく飛び出して
その上に ミントの葉が乗っかった瞬間

サクランボのやふに
見えたのじゃった

幾つかの砂糖が入った
陶器(だったかしら)の器

砂糖の色合いが 二種類あって
白と黒・・・というか 薄茶?

ザラメのような色合い
三温糖みたいな、サ

これが 好きなんですよね~っ
普段はストレートかレモンかミルク

要するに
砂糖は入れないんだけど

たま~に 入れたくな~る

だけん、我が一族は糖尿の気もあるので
気を付けなければいけません

最近 甘い物の誘惑が、ね
桜餅 苺 焼きプリン うふふ~♪

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

キャンディーだったかも知れない


ネットサーフィンをしていると
ついついコメントしたくなることも多い私ですが

普段は我慢しています
深夜の事も 多いので、ネッ

私はパソコンユーザーなので
大丈夫ですが

人によっては
自分のブログにコメントがあると

携帯に通知される場合も
あるみたいですね

それが深夜だったら
矢鱈迷惑極まりない行為だろう、と

そんな事まで考えていたら
コメントの内容まで気にし始める

例えば 
嬉しい楽しい内容を書いた日が

その人にとっては 哀しい一日で
誰かの命日かも知れない

其処迄 鑑みると
一切合切 打ち込みが
出来なくなってしまうので

まあ 適宜 なんですけど

その実 
深夜なんで 

自分も眠たいから
ただ マウスいじっているダケって言う、ネっ

そんな中でも 日々 元気を貰っているのが
ルカさんのブログなんです

少し前に質問コメントをしたところ

回答をいただきました★

何だろうね、この嬉しさ

*

じゃりン子チエ
最近になって知りました

そして 飛び飛びで
漫画本を読みました

何故なら 
いただき本であり
巻数が飛んでおり

揃える迄の情熱はなかったから、
であります

というわけで

ありがとうございます♪
これでスッキリ夜も眠れます!

と 
言いたいところなのですが

じゃりン子チエの
「赤い玉が2つ付いたヘアゴム」
の部分で

あ゛あ゛あ゛あ゛~っ!
となりました

昔、このタイプの髪飾りコーナーで
言いえて妙なネーミングに出会いました

何かしらの名称が付いて
販売されていた気がするのですが

その名前が 思い出せず

悶々としております
ムムムムムムム 無(記憶)

ヘアゴム ではない。

ポンポンでもないし
キュートでもないし

何やホレ可愛らしいような
そんなネーミングだったような

淡い記憶が。

しかし記憶なんて
アテになりますまひ。

ヨヨヨヨヨ(嘘泣き)

*

色々と検索してみたら
キャンディー系の名前だったかな?

と 淡い記憶が物申しますけれども
定かでは ありますまひ

キャンディーポップ
・・・楽しそうよのう♪

キュービィロップ
・・・懐かしい飴よのう(違)

キャンディドロップ
・・・この辺りかのう(悩)

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

~紙を彩る自由空間~

ポエムサークル「みゅう」

詩・川柳・小説・絵・写真などを掲載した
手作り詩誌 郵送活動中☆

お手紙・フリートークなどは
「おしゃべりすずこ」CDで紹介も♪

見本誌もあります
読みたい方は連絡ください

ミュウ237・238号 完成♪

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

モバオク!から
中古本 出品中★

連絡・質問 こちらからどうぞ♪
 「メール送信」クリック (すずこパソコンに届きます)

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°
人気ブログランキングへ
↑ポチッとな~☆↑


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月 5日 (日)

ぶたぶたの花束

4mg_20170117_0005


4img_20170117_0006

ぶたぶたシリーズリスト

ただ今「モバオク!」で
「ぶたぶたの花束」2冊目を出品中です♪

「ぶたたん」と「かめたん」が
マイブームになった頃

母が このシリーズ本を発見し、
次々と贈ってくれるようになりました

今回の「ぶたぶたの花束」は
母が間違えて 二回ゲットしてくれたのですね~♪

クリスマスの頃
「ぶたぶたの最新刊が出たから贈るね~」
と 一冊目

今年に入って 同じセリフで
同じ本が 贈られて来た(笑)

正月の大分帰省で
丁度 読み終えたばかりでしたので
流石の私も 記憶にありましてん

そんな訳で 興味のある方は
モバオク!から どうぞ♪


連絡・質問 こちらからどうぞ♪
 「メール送信」クリック (すずこパソコンに届きます)

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

現在 上記リストの本は 
全てゲットしており

読み込んでいないのは 
「居酒屋ぶたぶた」と「ドクターぶたぶた」の
2冊だけとなっております♪

そして 他の本は「本の旅」として
各地に飛んで行ったのでしたブーン

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

「てにをは」の違いだった!


猫耳ハンバーグ
で、一つの疑問に辿り着きました

*

【注意】
「柳の下にいつも泥鰌がいない」というのは誤り。

とあるので、この表現は間違いなのでしょうが

「柳の下にいつも泥鰌はいない」
によると

【意味】
柳の下にいつも泥鰌はいないとは、
一度うまくいったからといって、いつも同じように
うまくいくわけではないということ。

と、同じ内容が書いてある

間違いなの~?
間違いじゃないの~?

*

と自分で書いた内容を 見直して 気付きました

〇 柳の下にいつも泥鰌「は」いない
× 柳の下にいつも泥鰌「が」いない

と 言う事に
倒置法で自ら引っ繰り返りそうにな~る~
パタっ…il||li_| ̄|○il||li(りろっ)

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

~紙を彩る自由空間~

ポエムサークル「みゅう」

詩・川柳・小説・絵・写真などを掲載した
手作り詩誌 郵送活動中☆

お手紙・フリートークなどは
「おしゃべりすずこ」CDで紹介も♪

見本誌もあります
読みたい方は連絡ください

ミュウ237・238号 完成♪

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°
人気ブログランキングへ
↑ポチッとな~☆↑



| | コメント (0) | トラックバック (0)

猫耳ハンバーグ

I4mg_9169


4img_9168


4img_9175

ダヤンが鎮座ましますお店の隣
河口湖のレストラン

「オルソンさんのいちご」でいただいた
和牛で自家製デミグラスソース

とても美味しく 
思わず放ったセリフ

私「今まで食べたハンバーグの中で
一番美味しいかもしれない♪」

夫「うーん、、、いろいろなハンバーグがあるから
一番と言うと・・・でも 美味しいのは確か!」

店内の照明も
ソフトクリームを彷彿とさせて
素敵でした

他のお客様の頭上だったので
デジ・カメ子ちゃんを向けることを
躊躇いました

*

わちふぃーるど(Wachifield)

池田あきこが創作する
ファンタジー小説や絵本の舞台である
架空の国の名称。

革工房・キャラクター商品を
企画・製造・販売する企業、わちふぃーるど。

池田あきこが1976年に設立。1986年に法人化。

池田あきこのキャラクターを扱う雑貨専門店の名
1984年、自由が丘に第1号店を開業した。

そもそもの由来は革工房の名であり、
架空の国・雑貨専門店の名は
そこから派生したものである。

*

ダヤン

この世界を舞台とするお話の中心キャラクター
(主人公)であり、
グッズでも中心の存在として描かれている。

ヨールカの雪の魔法によって
アルスからやって来た猫。

何を考えているか分からない、
不思議な金色の瞳は様々な者を惹きつける。

性格は猫らしく気まぐれ・気ままで
時にそっけないこともあるが、優しい好人物でもある。

思いやりのある純粋な心を持っており、
どんなに冷たく凍てついた心も溶かしてしまう。
街では一番の人気者。

*

とのことで、恥ずかしながら これらの名称を
今回 初めて知りましたが
各地でショップ展開されてもいるようです

今回のお店にも 絵本はたくさんあったのですが
購入は ポストカードに留めました

何処かで再会できたら 絵本、小説を
じっくり読んでみたいなあ~

・・・と思ったまま ハリーポッターシリーズにも
全く触れてないなあ と 思い出すのであった

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

泥鰌は読めない


母との会話では 
私の知らぬ言葉がポンポン飛び出るので
勉強になることが多い

ある日の電話で「柳の下のどじょう」
と言われ わからんず
電話後に母からメールが届きました

*

先程は、どーも〓

「柳の下のどじょう」 とは…

一度、柳の下でどじょうを捕まえたからといって、
いつも柳の下にどじょうが居るとは限らない…の意

から、一度幸運に巡り会ったからといって、
いつも出会えるとは限らない…という事です

ビギナーズ・ラックに舞い上がるな〓
ですな〓


因みに、どじょうは、泥鰌と書きますぞい〓

お邪魔ぁ〓
(^-^)/~~

*

柳の下の泥鰌

【読み】
やなぎのしたのどじょう

【意味】
柳の下の泥鰌とは、一度うまくいったからといって、
いつもうまくいくものではないというたとえ。

【注釈】
一度柳の木の下でどじょうを捕まえたからといって、
いつも柳の木の下にどじょうがいるとは限らないことから、

たまたま幸運なことがあったからといって、
いつも同じようにそれを得られるわけではないということ。

【注意】
「柳の下にいつも泥鰌がいない」というのは誤り。

【類義】

いつも柳の下に泥鰌は居らぬ/株を守りて兎を待つ/
来るたびに買い餅/朔日毎に餅は食えぬ/
二匹目の泥鰌を狙う/柳の下にいつも泥鰌はいない

【対義】

一度あることは二度ある/二度あることは三度ある

【英語】

There are no birds of this year in last year's nests.
(去年の巣に今年の鳥はいない)

A fox is not taken twice in the same snare.
(狐は二度と同じ罠にはかからない)

【用例】

「万馬券を当てたからといって、
また万馬券が当たると思って買い続けるのは危険だよ。
柳の下の泥鰌というものだ」

*

ここで 頭の中に大きなクエスチョンマークが浮かびました

*

【注意】
「柳の下にいつも泥鰌がいない」というのは誤り。

*

とあるので、この表現は間違いなのでしょうが

*

柳の下にいつも泥鰌はいない
によると

*

【意味】
柳の下にいつも泥鰌はいないとは、
一度うまくいったからといって、いつも同じように
うまくいくわけではないということ。

*

と、同じ内容が書いてある

間違いなの~?
間違いじゃないの~?

(?_?)
悩める人

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

~紙を彩る自由空間~

ポエムサークル「みゅう」

詩・川柳・小説・絵・写真などを掲載した
手作り詩誌 郵送活動中☆

お手紙・フリートークなどは
「おしゃべりすずこ」CDで紹介も♪

見本誌もあります
読みたい方は連絡ください

ミュウ237・238号 完成♪

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

モバオク!から
中古本 出品中★

連絡・質問 こちらからどうぞ♪
 「メール送信」クリック (すずこパソコンに届きます)

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°
人気ブログランキングへ
↑ポチッとな~☆↑


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月 3日 (金)

謎の錠剤に慄く

4img_8266


4img_8267


4img_8275

ある夜 母と電話中に
思わず 叫びそうに なりました

最近は Bluetoothなる
便利グッズがありまして

ガラケーのワタクシメでも イヤホン状態で
「ながら通話」が可能なので御座居〼が

その時は 
調理をしていました

ほうれんそうを刻み 鍋に入れたあと 
何かがコロン♪

まな板に イエローカプセルが 残っている
「なんじゃコラーッ!?」

スーパーで普通に購入したものです 
花束みたいに透明ラッピングされた アレね 

「謎だわあー!」 と 大盛り上がり

出荷か販売の過程で
作業している誰かのポケットから出た
私物なのか

何かの悪薬なのか 
個人的な恨みで紛れ込ませたものか

妄想は続く

カプセルを眺めてみても
商品名や番号もない

もしや 自分で作るカプセル系で
中身はダイエット薬なものか、
謎は深まる

そして 
既に 煮込まれた鍋の中に

「実は二錠あったけど 
一錠は鍋に入っちゃったの、うふ♪」

なんて事がないように祈りながらの 闇鍋が、
今夜、始まる。
くくくく。

んだば まず。

と、一応 妹にもメール報告をしたし
何かあったら 原因究明してくれるだろう(違)

そ・し・て♪

帰宅した夫に向かって 饒舌に報告

「あのなー、そんでなー、ホレ」
と 机上の錠剤を差す私

夫「あ、それ、俺のや~♪」
私「ぬわに~~ぃい!?」

何と
マルチビタミンサプリだったのでしタ!

嗚呼 つまらない(違)

冷蔵庫の前に ほうれん草を
立てて置いていたのですが

夫「先日 錠剤を零したけど
見つからなかったんだよねー」

・・・あっそ(δ ̄_ ̄")

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

今回のタイトルに使われた 
「おののく」

さて、どちらの漢字を使おうかなあ~
と 検索してみました

*

おのの・く〔をののく〕【▽戦く/▽慄く】 の意味

恐ろしさ・寒さ・興奮などのために、
からだや手足が震える。わななく。
「恐怖に―・く」「期待に―・く」

*

ここで、思い出した

*

おのののか
芸名は憧れの菜々緒のように
同じ字が並ぶように『ののか』とし、
『おの』は事務所の人に付けられた。

*

「おのろけたおのののかにおののいた」
→書きたかったダケ

早口言葉にチャレンジしてみよう♪

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

晴れた日は図書館へ行こう 読了

の影響で
図書館に想いを馳せています

個人的に図書館利用したのって
何時だろう・・・

何時でも振り返れば本がある
からなあ~

私が各地でフリマ出店している最中
夫は図書館で時間潰しをしている事が多い

最近は母も図書館に目覚めた様子
ずっと 行きたい願望はあったのだが
漸く実現したようで 何より♪

最近の図書館では 
学習室スペースもあるようだし

学生さんも静かに安眠して(違)
もとひ「安心して」利用できますよ、ネッ

昨日は制服姿で花束を手にした女子学生や
胸元に桜の造花らしきものを入れた男子学生を眺めて

嗚呼 若いってダケで光り輝いているのに
この上 花とは何事だ!? 

と思ったら
卒業式シーズンらしいですネ☆
おめでとうございます

そして 都立高校の合格発表もある、
とのことで
良い緊張感で夜も良く眠れますまひ

私の場合は
「花」ならぬ「鼻」アレルギーと

目の痒み「始動」
これは教育的「指導」が必要ですゾっと♪

ブヒッ と言えば ぶたぶたサン
矢崎在美さんのシリーズ本で御座居〼

現在 「モバオク!」 で出品中の中古本に
質問がありました

「この本は最新刊か否か」
という内容でした

これは、即答が難しい!
更新した瞬間に

次の本が「発刊」ともなれば
「発汗」甚だしい事態に云々(違)

矢崎電脳海牛ブログ
によると

「ぶたぶたの花束」は「シリーズ24作」
2016年10月15日の初版本です。

ちなみに、最新刊は『居酒屋ぶたぶた』で
「シリーズ第25作」(光文社文庫)のようですヨ。

・・・と回答した後で

現在212冊陳列して順番待ちをしている
我が本棚を

くるり♪
と引っ繰り返す事は出来ないので
見回して

ぶたぶたシリーズ本を探してみました
この本と「ドクターぶたぶた」が

未読状態で
鎮座ましましていらっしゃる

あ~ら~
手持ち本も きちんと把握していないという為体
( ̄o ̄")δ

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

~紙を彩る自由空間~

ポエムサークル「みゅう」

詩・川柳・小説・絵・写真などを掲載した
手作り詩誌 郵送活動中☆

お手紙・フリートークなどは
「おしゃべりすずこ」CDで紹介も♪

見本誌もあります
読みたい方は連絡ください

ミュウ237・238号 完成♪

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

モバオク!から
中古本 出品中★

連絡・質問 こちらからどうぞ♪
 「メール送信」クリック (すずこパソコンに届きます)

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°
人気ブログランキングへ
↑ポチッとな~☆↑



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月 2日 (木)

晴れた日は図書館へ行こう 読了

I4mg_20170301_0001


4img_20170302_0001

緑川聖司さんの著書です
みゅうメンバー「さな」からの「本の旅」

読みやすい一冊でしタ★

「嗚呼 読書がしたくなるな」と思いながら
「いやいや、今 読んでるじゃん!」


自分で突っ込んでみたりしてネッ

謎の「お父さん探し」の伏線に気付きながら 
答え合わせをしていくような感覚で
読み進めました

好きなフレーズが

『言葉はわたしたちの、』から
『言葉の鍵であけるだろう。』の部分でした

嗚呼 良いなあ、今 私は 正に
その「鍵」を手にしているのかあ、と。

番外編
「雨の日も図書館へ行こう」は 

途中まで主人公を勘違いして
読み進めていたので

「やられた~!」
という感じでした

本も人生も 
振り返りながら 進んで行けるのが
良いですネ

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

モバオク!から
中古本 出品中★

連絡・質問 こちらからどうぞ♪
 「メール送信」クリック (すずこパソコンに届きます)

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

お菓子選びに本気で悩む


最近の私は スーパーで 
苺コーナーと桜餅コーナーを
スルー出来ず

買おうか我慢しようか
一瞬悩んだ「フリ」をするという為体

今月は実家に戻る予定なんです
と言うのも 父の三回忌法要を早めにしようと
思うちょるんです

実家に戻ると言いましても
諸事情により
実家に泊まる事は出来ませんので
親族で宿を手配しました

そうしましたら母に
「お菓子を準備したいけど何が良いか」
と聞かれました

「何でも食べるよー」と 伝えたのですが、
「具体的に教えてくれ」と。

何故に? と思いましたら
「無駄になったら 一人では食べきれないので」
ですって♪

まあ~ お菓子ちゃんを我慢するだなんて
イーケーズー(違) そんな母が良く行くのが
ケーイーズー(でんき)

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

~紙を彩る自由空間~

ポエムサークル「みゅう」

詩・川柳・小説・絵・写真などを掲載した
手作り詩誌 郵送活動中☆

お手紙・フリートークなどは
「おしゃべりすずこ」CDで紹介も♪

見本誌もあります
読みたい方は連絡ください

ミュウ237・238号 完成♪

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

人気ブログランキングへ
↑ポチッとな~☆↑


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月 1日 (水)

看板猫ダヤン

I4mg_9179


4img_9177


4img_9157

河口湖 木の花美術館

ダヤンミュージアムで出会った
看板猫ダヤン

いや 
看板猫ダニャー

どちらの語尾も 似合いそうな

一見 かつて私が半年のみ同居していた
猫の「みゅう」にも 似ているような

そんな猫ちゃんです

「みゅう」とは詩誌名でもあります
平成5年3月1日に創刊号が出ました

本日「みゅう」のバースデー♪
「みゅう」ちゃん24歳 お年頃★ うふっ

私が飼っていた「みゅう」は雄猫でした
農場では「よしお」と命名されいたらしく

どちらで呼んでも反応するという
面白さが ありました

アメリカンショートヘアとの雑種でね
とっても可愛らしいんですよ

生後半年位で譲り受けたのですが
トイレトレーニングも終了していたので
助かりました

さて、このダヤンミュージアムの看板猫ちゃん
お名前も性別も 分からぬままでしたが

こうして レジスターの前に鎮座ましまして
じぃっとしたまま 殆ど動かない
とってもお利口ちゃんなのでしタ♪

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

正体はブタたん?

こちらで 半信半疑だった正体が
判明しました~

*

コロコロ太ったブタのオルソンさん

オルソンさんって、いったい何者? 
気になるところだよね。

彼は「わちふぃーるど」にある、タシルの街の名士。
お金持ちで太っている、農場の経営者。

タシルで売られている野菜類のほとんどが
この農場で収穫されたもの。

ハロウィーン用の立派なカボチャが作らる。

*

矢張り ブタたん だったのですねっ♪

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

~紙を彩る自由空間~

ポエムサークル「みゅう」

詩・川柳・小説・絵・写真などを掲載した
手作り詩誌 郵送活動中☆

お手紙・フリートークなどは
「おしゃべりすずこ」CDで紹介も♪

見本誌もあります
読みたい方は連絡ください

ミュウ237・238号 完成♪

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°
人気ブログランキングへ
↑ポチッとな~☆↑


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年2月 | トップページ | 2017年4月 »