« とりどしだから・・・ | トップページ | 初めての月見そば »

2017年1月13日 (金)

五年靴下

41_61


41_62


41_63

靴下の膨らみ方で心を灯す
中身はザラザラとした砂時計

零れ落ちて行く良識と両親と良心に掛けて
床の間に飾られた文字を眺めている

底には何と描かれているのか
作り手の名前など知らない筈なのに
何故だか懐かしいような気がしてならない

全くの別人格
昔の手書き文字を見つめて
確かに私の心で或る筈なのに

その想いが重すぎて
何処に捨てたら良いのか
判断がつかなかった

ワイヤーに吊るされた網目
形は動物

ウサギなのか猫なのか熊なのか
見る者によって変わる物

命が吹き込まれた瞳が
くるりくるりと動く様に見えるのは
風の所為

ネクタイをはめて
生首は出さないで

締め付けられる襟元から
解放してあげて

マスクをした
目元だけが光っている

表情を読むための口角も
広角なのか鋭角なのかは解らないけれど

眉毛の位置だけは 決まっている

額の下側
鼻の上側でしょう

普通はそうでしょう
きっと そうなのでしょう

足先が徐々に冷たくなった
私は冷え性とは無縁だった

仏の道はサンドイッチ
杖と坊主とツチノコに挟まれてピンチ

もがいている
モズクのようなぬめりけを浴びながら
モグラのように土の中で
温たまりかけている

何が欠けているのかと
考えてみよう

其処には 懐かしい イルミネーション
クリスマスは 終わった筈なのに
ジングルベルの曲が流れ始める

耳を澄ます
もう 何も聞こえない筈の陸橋の上

キーン
耳をつんざくような
何かが響く

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

戯言ノートの貼付作業を怠って数年
印刷した用紙はシュレッダー処理をし

完成したノートは
デジタル保存に移行しつつある昨今

今回の写真は
ラスト3ページ

ノート37より抜粋
手書きの時代ですね

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

~紙を彩る自由空間~

郵送詩誌 活動中☆
ネットのみならず、作品を形にしたい方 必見です☆

詩・短歌・俳句・川柳・小説・日記・フリートーク、
文字の他に 絵・写真を披露したい方にもおすすめ!

ワタクシすずこが編集している手作り詩誌
ポエムサークル「みゅう」

仲間になり購読いただくと
ボツなしで冊子掲載 & CDトーク → 全国発送★

見本誌もあります。読みたい方も連絡くださいね。
読者オンリーもOK

以下に最新号の写真・詳細を紹介していますので
クリックして御覧くださいませませ~☆

ミュウ237・238号 完成♪

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°
人気ブログランキングへ
↑ポチッとな~☆↑


|

« とりどしだから・・・ | トップページ | 初めての月見そば »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/186862/69233014

この記事へのトラックバック一覧です: 五年靴下:

« とりどしだから・・・ | トップページ | 初めての月見そば »