« ドーナツ型の飴っこ | トップページ | 咳が止まらんー »

2017年1月23日 (月)

時計に降り注ぐ光

4img_7393


I4mg_7390


I4mg_7395


今月初旬 帰省から戻る際に通過した
博多駅

時計を拡大してみたら
自分好みの色合いで
暫し見惚れてしまいました

駅前広場(で良いのかな)は
木々に点灯されたイルミネーションや
光のオブジェで賑やかな空間でした

枝先と時計を共に撮影してみたら
まるで 時計に向かって 光が降り注ぐ
または 時計が光を放っているかの様にも
思えました

中央に駅名と時計があるパターンは
他の駅でもありそう?

確か 盛岡駅も・・・と思ったら
時計は 文字の やや右下に配置されている

駅名が新レイアウトになる以前は
一体どうだったか 記憶は定かではありません

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

相模原で
翌朝まで積雪が残っているとは
夢には思わなんだ

だけん 
油断しちょったらしい

パソコンで遊んでいないで
五分 早く レガ子を見舞っていれば
出発も スムーズだった 筈なのに ネッ

夫に遅れる事 数時間後
ゆっくりと アクセルを踏んだら
平地なのに 雪が落ちたよ

本当は フロントガラスから落ちるのが
大正解 なんだけど

だって 我が相棒には
リアワイパーが ないからサ

後ろ側から ガンガン落ちるから
上り坂の信号待ちで

後続車に 
心の中で 頭を下げたよ

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

上記は霜月下旬の初雪時に紡ぎましたが
関東地方は またまた雪になるカモ!?

そんな予測を聞いた気がしますが

今朝は車窓を飾る氷の華も
観られませんでした

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

~紙を彩る自由空間~

郵送詩誌 活動中☆
ネットのみならず、作品を形にしたい方 必見です☆

詩・短歌・俳句・川柳・小説・日記・フリートーク、
文字の他に 絵・写真を披露したい方にもおすすめ!

ワタクシすずこが編集している手作り詩誌
ポエムサークル「みゅう」

仲間になり購読いただくと
ボツなしで冊子掲載 & CDトーク → 全国発送★

見本誌もあります。読みたい方も連絡くださいね。
読者オンリーもOK

以下に最新号の写真・詳細を紹介していますので
クリックして御覧くださいませませ~☆

ミュウ237・238号 完成♪

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°
人気ブログランキングへ
↑ポチッとな~☆↑



|

« ドーナツ型の飴っこ | トップページ | 咳が止まらんー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/186862/69344902

この記事へのトラックバック一覧です: 時計に降り注ぐ光:

« ドーナツ型の飴っこ | トップページ | 咳が止まらんー »