« なんと素敵なポエケット | トップページ | リメイク・サイズ・シューズ »

2016年7月 3日 (日)

ブルーサルビア

4img_3135


I4mg_3138


I4mg_3147

今日は神奈川でも35度超えの地域があったようで
暑うございます(現在進行形)

少しばかり
色ばかりでは ありますけれども
涼を得らん! との セレクトをば★

個人的には真紫の紫陽花が大好物ですが
涼し気な色合いと言われれば
やはり青系ですな

そして、一瞬「ラベンダー!?」と思いそうだったのが
この ブルーサルビア
ここ 北海道じゃ なかったわ(笑) と
ひとりごちたのでしタ

実家の紫陽花も 殆どの花色が青化した様子
以前は赤系も多かったみたいなのですが
数年経過すると 全て青系に 変わって行くらしい

花びらの色変化については
土壌が酸性だと青色、アルカリ性だと赤色との説も
ありますが
違うという声も あるそうですね

枯れる直前には 花びらが黄緑化していくのよねー
なんて 「夏休みの観察日記」ばりの台詞に
くすっとしてみたりしてね

真白の紫陽花も たまに見かけます
私的には貴重な一瞬なので 目を瞠るものがあーる

薔薇も大好きなんですが
花瓶に活けると すぐ くたぁと項垂れる事が多い

枝先を火で焙り、シゲキックスして差し上げないと
気合いの入らない花びらちゃんらしいですネ

実家では 枝を土にグサッと差して
何本か 根付いているんです

次の春が来たら また 新しい黄色系の薔薇が
出現するカナ? と 今から楽しみな日々

花は笑顔と涼を連れてくるの だーーーっ!
(トリック風)

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

この夏は 猛暑だ 酷暑だ
そんな予想ばかりが 脳内を駆け巡り
アドレナリンと妙な汗が 一挙に噴出し
どこぞの噴水よりも 激しさを増す日々

だけど
最初の目測が 気合いを連れて来る事って
あります

こんなんだよーっ て 提示されたのが
鼻持ちならない現実だったならば
鼻を塞いで 臭いと格闘する準備をするけれど

最初っから 美しい花だと騙されておいて
嗅いだ瞬間に めっちゃキッツイ酸性雨だったら

雨に打たれたまま 傘に穴を開けて
めちゃめちゃにもして しまいそうで。

そういう意味では 
「暑いよー! しんどいよーっ!」 って
脅されていて

蓋を開けてみたら 「
え゛、言う程でもない」 って

涼しい顔して 
タオルを手折る(松潤か!)
そんな夏を切望中

私は お子ちゃまなのでね
クソ暑い時と 空腹だと 
ストレス・マックスになる女なんです

本心でないにせよ、
お互いに気持ちの余裕がなくなっていくと

悪しき感情がぶつかり合ったり、
その感情が自分に向かって走ってしまうことって
あると思います。

同じ状況でないから分かり合えない 
というのは
究極の真実なのかも知れませんが、
そう言ってしまえば立つ瀬がない。

苦しむ相手を目の前にして
何も出来ないと悔やみながらも

感情の伝達が上手く行かないことで
「察してちゃんじゃあるまいし」
と毒づいてしまいそうな瞬間を
どう消化していけるかっていうのは
集団生活の大切なルールだと感じます

小さなコミュニティーだと 特にね
言動が 妙な方向に転がることが ある
同化した 幾つもの感情の行方は
実に 混沌と している

けれど
無駄に言い合う程
人生は 長くないんじゃないかって
最近 そんなことを 多く感じるんです

必要なことは とことん語り尽くすのが
ベストだと思いますけれど
方角は 間違えちゃあ いけないんですよね

言いたいことを どれだけ伝えられるか
遜色なく そして 誤解のないように
言葉にして 気持ちを乗せて。

伝える方法を 誤ってしまえば
其処から亀裂が入ることだって あるだろうし。

短気と自棄を起こして叫んだ後で
口を塞ぐ姿まで見えそうで切なくなった瞬間
どうしたら良いんだろうって 悩む

そこまでが 妄想ならば 巻き返しは効くだろう
だけど 人間
夢の中にだけは生きて行けないんですよね

やり切れないけど逃げ切れない時の、
だけど逃げ場を作らないと過ごしていけない
生活というものの全てに
完敗せずに 乾杯しなければ ならないですね

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

ひもじい状態が続くと
苛立ちを露わにする
悪い癖がある私は

喩え夫が
空腹に辿り着いていなくとも

自らが欲すれば
フライパンを振るのです

昨夜 突如
「嗚呼 団子が食べたいなぁ」
久々に そう思いました

漉し餡のヤツ、ね。 
コッテコテの♪

泥団子を如何に「ヒビ入らず」の
美しく完成させるか

これには技も然りですが
素材も影響しそうですネ

砂団子ってのは
余り聞かないけれども

公園の砂場で
山にトンネル開通させるイメージから行くと
作成可能なのでしょう

幼い頃の公園では
ブランコから飛び降りるのが
一番好きでした

向かい合い座りながら揺れる 
南瓜馬車風味のアレも良いですね

座る子の背に 別の子がよじ登り
足で漕ぐと 非常に揺れて

このまま一回転したら 
どうなってしまうんだろう
などと 

恐ろしい妄想に
身も心も震えたものでした(遠い目)

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

~紙を彩る自由空間~

郵送詩誌 活動中☆
ネットのみならず、作品を形にしたい方 必見です☆

詩・短歌・俳句・川柳・小説・日記・フリートーク、
文字の他に 絵・写真を披露したい方にもおすすめ!

ワタクシすずこが編集している手作り詩誌
ポエムサークル「みゅう」

仲間になり購読いただくと
ボツなしで冊子掲載 & CDトーク → 全国発送★

見本誌もあります。読みたい方も連絡くださいね。
読者オンリーもOK

以下に最新号の写真・詳細を紹介していますので
クリックして御覧くださいませませ~☆

みゅう 233・234号 完成♪
 
★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

7/10 なんと素敵なポエケットで お会いしましょう♪

ブースは「E1」の「みゅう」です★

第20回 TOKYO ポエケット

日時:2016年7月10日(日)午前10時から午後4時半(出展者は9時半集合)
場所:両国 江戸東京博物館1階会議室
ゲスト:カニエ・ナハ、川島むー
入場料:無料(出展料2000円)

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

モバオク!
中古本・CD・DVD 出品中★

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°
人気ブログランキングへ
↑ポチッとな~☆↑



|

« なんと素敵なポエケット | トップページ | リメイク・サイズ・シューズ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ブルーサルビア:

« なんと素敵なポエケット | トップページ | リメイク・サイズ・シューズ »