« 珈琲ゼリー如何 | トップページ | 「True Colors」堪能 »

2016年7月27日 (水)

団扇お見舞い申し上げます

I4mg_0643


I4mg_0647


I4mg_0648


I4mg_0649

暑中お見舞いが行き交う季節ですネ★

みゅうの皆様から届いた葉書を見て
今年の図柄がカニさんなんだ~! 
と 知り

涼を得た私です 
あざあっす!_( ̄▽ ̄)ノ彡!

かもめ~る は 当選番号があって
楽しみです★

なのに 私は 便箋に手書き返信状態で
あいすみません。。。//δ⌒▽⌒//

発売期間は8月26日までだそうで
意外と長いんですネ!

・・・ん? でも 何か変だと思ったら
残暑見舞いまで兼ねている葉書でした
o(+_+。)(。+_+)o そりゃそーだー

暑中見舞い・残暑見舞いを送る時期は?

暑中見舞いを送る時期 :
梅雨が明けてから立秋前まで

残暑見舞いを送る時期 :
立秋から8月いっぱいまで 
※2016年の立秋は8月7日です

「暑中見舞いをいつから出すか」
については諸説あります。

二十四節気の小暑(7月7日頃)から
立秋(8月7日頃)の前まで、という説や、

夏の土用の時期(立秋の前の約18日間。7月20日頃~)、
あるいは梅雨が明けてから、など。

*

と、あるんですけどね?
これって 地域によっては微妙な気分で出すことに
なりかねない~!

と言うのも 現時点で 
梅雨明けしていない地域も
多いじゃあ ないですか!

自分の地域は 
雨模様ぐちゃぐちゃだけど

お相手の住む地域は 
ピーカン続きだろうから

暑中見舞いを出すゾ! 
ってな 心境にナール

え゛? ならないですか?

まあ 時期的な 儀礼的な挨拶だけん
出しちょくか♪ 

ってな かる~い ノリですか?

なんて 自問自答しながら 
郵便局にも行かずに

手書きで認める楽しさばかりを 
追及しておりますが、何か??
~( ̄▽ ̄~)(~ ̄▽ ̄)~

そんな私の元に届いた 母からの団扇
メッセージカードも 飛び出し絵本になっていたり
昨今は色々と趣向を凝らした商品が多い中
涼し気な団扇とともに 言葉が届いた

図柄は露草と蛍かいな~
夜空に美しく映えて おりまするっ★

これね、封筒に入るくらいの 
ミニうちわ なんです

実用的じゃない云々・・・と書いてあるのは
そういう訳ですナ

だけん、実験してみたら
風 ちゃんと 吹いたよ~♪

・・・生ぬるかったケド
!_( ̄▽ ̄)ノ彡!

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

以下は みゅうメンバーとのメールから生まれた
川柳シリーズ☆彡

私の句を一挙紹介しまーす

その他は
次回の みゅう編集で登場する予定なので
お楽しみに~★

その頃には 季節感が なくなっている可能性も
否めなんだ
Σ( ̄□ ̄)! 編集遅延御免

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

音玉と
恋路を映す
夏月世

*

ナツヅクヨ、
と読ませて締めたい感覚カナ☆彡

現在進行形で桑田ソング
♪ヨシ子さん♪を聞きながらの
タイピングでごわす
~( ̄▽ ̄~)(~ ̄▽ ̄)~

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

華の下
どどんぱ・どんと
乱舞の夜

※花火を見上げながら
盆踊りする人達を
表現したつもり♪

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

人いきれ
提灯よりも
明るき子

※騒めきと 良い香りの煙で
視界も揺れる 夏祭りの夜

一番 明るいのは
子供たちの はしゃぐ声なのかもネ♪

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

~紙を彩る自由空間~

郵送詩誌 活動中☆
ネットのみならず、作品を形にしたい方 必見です☆

詩・短歌・俳句・川柳・小説・日記・フリートーク、
文字の他に 絵・写真を披露したい方にもおすすめ!

ワタクシすずこが編集している手作り詩誌
ポエムサークル「みゅう」

仲間になり購読いただくと
ボツなしで冊子掲載 & CDトーク → 全国発送★

見本誌もあります。読みたい方も連絡くださいね。
読者オンリーもOK

以下に最新号の写真・詳細を紹介していますので
クリックして御覧くださいませませ~☆

みゅう 233・234号 完成♪
 
★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°
人気ブログランキングへ
↑ポチッとな~☆↑


|

« 珈琲ゼリー如何 | トップページ | 「True Colors」堪能 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 団扇お見舞い申し上げます:

« 珈琲ゼリー如何 | トップページ | 「True Colors」堪能 »