« どんばれキツネ 滑れる! | トップページ | イカール星人 »

2016年2月 9日 (火)

浮き輪みたいダ!

Img_8254


Img_8252


Img_8256



空気の入ったタイヤに乗り 
雪の坂道を転げ落ちる

チューブスライダー 
in 札幌つどーむ雪祭り第二会場

今日 聞いた話なんですが 
昔は真駒内方面で行われていたらしいんです

自衛隊の駐屯地といったかな。
その辺りが会場だった、と。

人が引いている後ろ姿を眺めると
タイヤの大きさは意外とありますでしょう?

拡大写真のタイヤの中部分には
発泡スチロール版らしき物体が

ぎゃーっ! 
私 この音が駄目なのよーっ!

と思ったけれども 大丈夫だったワ
音なんぞ 聴こえなかった。

黒い輪っかが見えていますけれど
この輪っかが二箇所あるんです

一つを手に持ち 
先ずは坂の頂上を目指す

足は階段を昇り 
タイヤは坂道部分を引っ張る・・・!

と思ったんだけど 
輪っかを持ち上げて登る方が
遙かに簡単でした

但し 重いけれども。
スタッフさんが「手伝いますよ~♪」と
横から手を伸ばして下さった

なんの 何の!
ナンノ みなみの 
はいからさんが通る(違)

このっくらい 
わっきゃないわいねーっ!

と思ったけれども 
折角なので 手伝ってもらうの巻♪

頂上に到着すると 穴の部分に座り
輪っか二箇所を両手で掴めと言われます

そのままスタッフさんが押してくださる
後は野となれ山となれ ひゃっほーい♪ ですな。

この 乗り込む瞬間に 思った
意外とね すっぽりとはまってしまえば
深いんですよね タイヤの穴ちゃん。

で、思い出しました

昔 海に行った時にね 浮き輪に乗って
波に身を委ねた 
あのポーズ そのまんまじゃん!

自らの意志では 
どうにもならん戦いがある

堕ちてしまえば 泡を呑むんでね
注意が必要なポーズですよ

今回の場合は 
転ぶこともなく 大丈夫でした

りゅうじゅ、も 
一度 経験してみたいのだけれども

あのスピード感 
見ているダケでも怖いのに

体感したら 叫びまくるに 
違いないだろうなあ。

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

明日こそ発送! かも知れない


今回は「ゆうメール」が使えないなあと
思っておりまする

そして二冊の厚みがあってこそ 
おしゃべりすずこCDを
サンドイッチ同封できるというもの

はてさて今回は割れぬものかと 
ちょっと心配。

いつ発送しようかと のんびり考えながら 
残り半分、
要するに1冊の編集が完成するか否かの
局面を迎えております。


きっとCDそのものは
割れないと思うんですよね。

割れるくらいの発送技術は
逆に問題アリかと。

ただ、ケース割れの可能性は
否めないなぁ、と。

これは 詩誌サンドイッチしたとて 
避けられぬのやも知れませんが・・・。 

20枚パックの
ピシッと梱包したディスクでも

格安のものは 訳アリ商品で
割れていたりしますもの・・・。

扉で言うところの蝶番部分が
思い切り割れているものを目にした瞬間

「一体 どんな手荒な真似をされたら
 こんな傷物になるのやら」

と涙が出そうにもなります。
え、大袈裟ですか、そうですね。

*

みゅう新刊は
結局1冊のみになりそうです。

完成した「おしゃべりすずこCD」と
チョコレート送付が 早ければ 明日にも・・・

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

~紙を彩る自由空間~

郵送詩誌 活動中☆
ネットのみならず、作品を形にしたい方 必見です☆

詩・短歌・俳句・川柳・小説・日記・フリートーク、
文字の他に 絵・写真を披露したい方にもおすすめ!

ワタクシすずこが編集している手作り詩誌
ポエムサークル「みゅう」

仲間になり購読いただくと
ボツなしで冊子掲載 & CDトーク → 全国発送★

見本誌もあります。読みたい方も連絡くださいね。
読者オンリーもOK

以下に最新号の写真・詳細を紹介していますので
クリックして御覧くださいませませ~☆

みゅう229号・230号・CD

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

モバオク!

すずこの手作り作品☆ オークションでどうぞ♪
2016年始動 「藤鈴呼」で検索!

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°
人気ブログランキングへ
↑ポチッとな~☆↑



|

« どんばれキツネ 滑れる! | トップページ | イカール星人 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 浮き輪みたいダ!:

« どんばれキツネ 滑れる! | トップページ | イカール星人 »