« 猫カフェ 初上陸 | トップページ | 悩む ルカ姉さん »

2016年2月 5日 (金)

もはや手にしか見えない

Img_7117


Img_7115


Img_7114



窓を開けると
新しい世界が
広がっている
筈だ
曇り硝子で
良くは見えぬが
想像は可能だ
ぬくぬくとした
部屋の奥で
ゾッとする
一瞬

氷手
こおりで
コオリデだ
どおりで固まる筈だ
其れが
コオリで在る
ダケではないテイジン
凍りの世界へ
誘うように
アンドロイドの管を
透き通るユビが
そこのけそこのけ
通ります

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

フロント硝子を埋める雨粒を
可愛らしいガラコ仕様にすると
思わず見惚れてしまい、

運転手にとっては
危険でもありますが

信号待ちでワイパーを止めた瞬間には 
雨粒が少しずつ寄り添い

大きな球となって
堕ちて行く様を
眺める楽しみがあります

ちょっと寂しげで 
楽しくもなる 
大好きな一瞬です

似たような光景に 
手の甲に作った
露があります

小学校の頃 教室には
昔ながらのストーブが 
ありました

銀色の煙突のついた
黒い円柱風の
ストーブです

ピカリと光る筒が
天井を這う姿は 
大蛇のようでもありました

加湿と
一酸化炭素中毒防止の為(?) 

ストーブの上には
平たく大きな金盥を置き、
湯を沸かし

しゅんしゅんと昇る湯気を 
皆で囲っておりましたが

給食で毎日出る牛乳瓶を
温める役割もありました

体育の時間が終わった後などは 
冷たい指先で
湯をちょこんとつつき、
手の甲に乗せると

丸く可愛らしい雫が 
手の甲に
一つ 乗ります

それが 幾つ 乗せられるか 
良く競争を したものです

段々と 数が増えると 
何れ滴は 全て繋がって

手の甲から床の上に 
流れてしまいますので

如何に大きな粒を乗せられるかの 
競争でもありました

氷柱の場合は 
日に日に成長しますので

少し前に紹介した
写真の氷柱も 

見上げてみれば
大分 太い姿に
なっておりましたけれども

位置が微妙に
違っておりましたので

もしかすると 
あの日の氷柱は
土と同化してしまい

新たな氷柱が作成されたのやも 
しれません

常時 監視する瞳は 
持ち合わせておりませんから

これは 
想像の成せる業ですね

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

~紙を彩る自由空間~

郵送詩誌 活動中☆
ネットのみならず、作品を形にしたい方 必見です☆

詩・短歌・俳句・川柳・小説・日記・フリートーク、
文字の他に 絵・写真を披露したい方にもおすすめ!

ワタクシすずこが編集している手作り詩誌
ポエムサークル「みゅう」

仲間になり購読いただくと
ボツなしで冊子掲載 & CDトーク → 全国発送★

見本誌もあります。読みたい方も連絡くださいね。
読者オンリーもOK

以下に最新号の写真・詳細を紹介していますので
クリックして御覧くださいませませ~☆

みゅう229号・230号・CD

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

モバオク!

すずこの手作り作品☆ オークションでどうぞ♪
2016年始動 「藤鈴呼」で検索!

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°
人気ブログランキングへ
↑ポチッとな~☆↑



« 猫カフェ 初上陸 | トップページ | 悩む ルカ姉さん »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/186862/63797150

この記事へのトラックバック一覧です: もはや手にしか見えない:

« 猫カフェ 初上陸 | トップページ | 悩む ルカ姉さん »