« あしあと | トップページ | みるふぃーゆき »

2016年2月 2日 (火)

違いの分からない女

Img_7222


Img_7223


Img_7345



最近 日替わりランチの始まった
すずこの出没率が高い お店

銀の蔵

サツエキ・ニシグチ・トホ・イップン☆
クーポンもあるヨ☆

※一分以上かかるじゃないかよコノヤロー的コメントは
一切スルーいたしまする♪

今月から水曜ランチは定休らしいです~

*

新しいメニューが色々あって
胃袋もホコホコしておりまする~♪

にんまりしながら いただいたのは
ごぼ天うどん

いやーっ! 天婦羅とか 自分で揚げないし
嬉しいっス☆嬉々☆

で、日替わりなモンで、
二週に渡って食べましてね?

一週間前に食べたのが 
少し曇り気味の写真

いや、間接照明と湯気と撮影技術の下手さ加減に依って
若干アレですけれども、

見た目以上にすっごく美味しいのっ!!
(ゼイゼイ)

まじで。

牛蒡ササガキ入りなのは解ったけれども
他には何が入っちょん? と思って 聞いてみたら

ちくわ! 面白いっ!
ただ、今は 違うみたいなんですよね

二度目に食べたのが 鮮やかな色味の写真
器から零れそうな天婦羅が美しいざんす~っ

何かさ、雪の結晶を思い出したんですよ
伝わりますかね?

牛蒡の先っちょで 
リアス式海岸みたいな複雑なラインを呈している
この揚げの美しさよ!!

雪粒も そうじゃあ ないですかー
遠目に見ると ただの粒なんだけど

望遠レンズ「越し」だとサ
そりゃあ 「腰」が引けちゃいそうな位に
感動する美しさよ!!!

そういうイメージです。 ええ。

食べながら 色々と考えてました

先週の方が 甘く濃い味わいがしたのは何故だろう
そうか、天婦羅が最初から汁インしていた割合が
多かったからカナ?

今日は出汁の風味が強くって
天婦羅は ごぼう本来の味わいを色濃く感じるなぁ~

なんて思いながら にんまりニタニタ食べてサ
そんな話をしていたら

何と、今週は
ちくわの代わりに 玉ねぎが入っていたらしい!!

あれっ? おかしいな~あ
玉ねぎならば 甘味が増えていそうなモンなのに・・・

まっ 所詮 私ごときの 味覚ですからね
と思いつつも 嗚呼・・・不覚じゃっ!

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

メニューを楽しむ


最近 一緒に働く仲間が減って
若干 寂しい思いをしている

そして 忙しくも なっている
御客様の数としては 少ない時期ではあるけれども

開店前の準備人数が足りないと
あたふたしてしまうのよね

日によって 前日の片付けから始まると
もう本当に 「ヤバイっ! もう開店やー!」 と
「回転」することになる

頭の中くるくる状態でんがなっ

そんな中でも 楽しいミッションは ありましてん
写真の文字、わたくしめの筆ペン文字でございます

通常メニューは ラミネート加工してあるのだが
たま~に その日だけメニューなんかが出ると

その時期だけ 机上に 一品紙メニューを
追加するんですよね

日替わりメニューが始まったのは 最近なのですが
この日は社長の手書きメニューが 見当たらない

あら? 
と思って聞いてみると

まだ準備していないらしい
そして、書いても良いですよ~ と言われたので

勇んで筆ペンを持ち上げた(んな大袈裟な!)
最初は 黒文字だけ書いたんですが

「もっと、かわいらしくアレンジして良いですよ」
と言われたので

ペン立てにあるだけのカラ―を使用して
後付けのハートやら波線やらを追加にて完了!

なに、もっと派手に したかったのだけれども
いかんせん 
色の種類と時間と余白がなかったのサ(言い訳)

ただ、
次の週からは 綺麗な印刷メニュー登場! てんで
これね、たった一日の命でしたわー

ランチタイム終了間際に ニヤニヤしながら食べていると
遅番の方が登場!

「え、これ誰が書いたんですか? 超上手い」
とか おだてられて 木に登るのであった
~( ̄▽ ̄~)(~ ̄▽ ̄)~

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

札幌に来てから
駅付近の地下は良く通るのですが 
温かいですね

地下歩行空間(チカホ)では イベントがあったりして
足を止めていても良さげな感じ

と言いつつも、私が以前 出店したのは 
冬と真逆の季節だったか
Σ( ̄□ ̄)!

今年は暖冬の影響が大きいのでしょうけれども 
部屋も上下左右が囲まれているので

以前のように てっぺんから来る太陽とか冷風で 
余計な寒暖差を感じずに済んでいます

嗚呼 でも 車の気温が
太陽の出る時間帯でもマイナス4度だったので
外に出ると 空気はヒンヤリしますけれども ネッ

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

~紙を彩る自由空間~

郵送詩誌 活動中☆
ネットのみならず、作品を形にしたい方 必見です☆

詩・短歌・俳句・川柳・小説・日記・フリートーク、
文字の他に 絵・写真を披露したい方にもおすすめ!

ワタクシすずこが編集している手作り詩誌
ポエムサークル「みゅう」

仲間になり購読いただくと
ボツなしで冊子掲載 & CDトーク → 全国発送★

見本誌もあります。読みたい方も連絡くださいね。
読者オンリーもOK

以下に最新号の写真・詳細を紹介していますので
クリックして御覧くださいませませ~☆

みゅう229号・230号・CD

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

モバオク!

すずこの手作り作品☆ オークションでどうぞ♪
2016年始動 「藤鈴呼」で検索!

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

藤鈴呼の戯言 ~すずザレ~ 
過去作も織り交ぜて更新中☆

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

一度 叩かれた 脳味噌の 細胞は
沢山 死骸と 成り 果てる と 言う

そもそも
全ての 細胞を 遣い 果たせる 人間が 
皆無 だからと 言って 

叩いても 才能に 大差 無い
と 言う 結論は
余りに 短絡的だ

実際 ボクシングや 剣道で 
叩かれ 過ぎれば
確実に 影響を 受けるのだし

そもそも 人の 頭は
遣い 撫で 可愛がる 為には 有れど
冒されるべき 存在に 有らず (-_-#)

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

ぬいぐるみの 中身を 知った トキ
騙された! って 思うのと
今迄 夢を 有り難う! って 感謝 するのか

どちらの 人間が
長生き 出来るかな? って 
考える 迄も 無いけれど―

サンタクロースの 場合は
苦労して 贈り物を する側の 人間も
一時 幸せな 気分に 浸れるよね

贈り物を して 
笑顔を 受け 取る

こんな 素敵な コトって 無いよ って
何時も 本気で 思えて 生きたら
平和 だろう なぁ・・・ 

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

嘘も 真実に 成るのか 否かの 議論には
終わりが 無い 気が するよ

一生 知らずに 済んだ 信ずる道 ならば
当人に とっては 
紛れも無い 真実 だろう ケド

騙す 人間が 混在する 場合
やはり 其れは 
真実 では 無いの だろう から

知らないで 信じた
其れこそが
真実 ならぬ 事実 なんだ

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

「 金が 無い 」  其の 言い訳は  大キライ



金が 無いのは 皆 一緒
程度の 差こそ あれ 
如何に やりくり するかの 
問題 なんだと 思う

とは 言え 
かつて アタシも
カラオケに 誘われて
件の 台詞を 吐いた
経験 有り×××

当時の 情け 無さ なんかが
フラッシュ バック するから
キライ ってのも 言えるん だろう なぁ・・・

そう かんが見ると
格差 社会を 是正 せねば なんて
ゼッケン 作りに 邁進 してた
彼の 休日 を
思い 出したり なんか して・・・ 

結局 メーデーの 行進は せずに
次の 花見の 準備に 
余念が 無かった らしい
彼 だったの でしたぁ
~( ̄▽ ̄~)(~ ̄▽ ̄)~

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

他人の傘   無断 拝借   重き 罪



昨日 雨模様に 入りそう だった ので
会社の 置き傘を 
持ち帰ろうと したら
誰かが 持ち去って おり 無かった×××

以前も 一度 有り
気を 付けて 
傘立て チェック してたの だが
暫く 経ち 気を 抜いたら×××

彼も 会社の 置き傘を ヤラレて
先日 新しい 傘を 購入 した

今度は 取られ 無い 様に! って
選んだ 色は 
濃い目の 紫・・・  心は ブルー (。-_-。) 

*

後日談 ならぬ 当日の 夕方
車の 中で 傘の無い 話を しながら 帰宅

玄関の 灯油の 隙間を見た 彼
「 有るじゃん 。。。 」

え゛え゛。。。//δ⌒▽⌒//

「 人の セイに して・・・・ 」

あ゛ら゛あ゛。。。//δ⌒▽⌒//

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

ゴミ箱の 影に 隠れてた ペット ボトル
くぅ の アップル ジュース

買った 覚えも 無いし
冷蔵庫 からも はみ出して 居るから
中身は 無いだろう

と 思い ながらも
持ち上げて 見た

一瞬の 期待は
残念な 気持ちへと 変化 した

花見の 残骸 だった らしい・・・ (。-_-。) 

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

ウォッシャー液 を 入れて
ワイパー を 
冬用 から 夏用 に 替えてる 彼

アタシは
久々の 柔らか布団が 恋しくて

布団や 毛布や タオルケット
そして 敷き布団を 
せっせと 車に 詰め込んだ

半透明 70リットル の ゴミ袋で 包む
合計 4つの 物体は
トランクと 後部 座席に 詰め込んだ

今から コイン ランドリー へと 行くのだ
待ち 時間に 
これ又 久々の バドミントン を しよう

キッチリ スニーカー 仕様

何て 健康的な
ゴールデン ウィーク 後半戦 の 
幕開け なんだろう!_( ̄▽ ̄)ノ彡!

もう 時刻は 
夕方に 突入 する ケド
~( ̄▽ ̄~)(~ ̄▽ ̄)~

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

思いっきりテレビだと 思うけれど
みのもんた ヴォイスが 流れてた
アタシは 何時もの様に 
トイレで 聞いて 居た

どうやら 不眠症を 脱却する 方法
みたいな 内容だった
昨夜も " 大変なコトに なりますよ TV " で
不眠や 頭痛の 特集を やって居たなぁ
などと 思い出しながら。

歳を重ねた 男女へ向けての 方法だろうが
女性は 花の香りを 嗅ぐ
男性は 眠る前に ダーツをすると
眠りが 良く 成るらしい

長い ダケでは ダメなんだ そうで
夢を 見るのは 楽しいならば 歓迎だけど
眠りの質 の 観点から すれば
招かざる客 なんだろうなぁ・・・

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

良く 眠れます様に
そんな プレッシャーで
逆に 眠れなく 成って しまうコトって
有るだろう

ストレッチ
眠る前に ベッドの上で 行ってから
安眠する
そんな 女性の姿が 目に 浮かぶけれど
女性の場合は
起きて 直ぐの 運動が
とても 良いらしい

右手と 左足を 反る様に 上げて
背筋を 伸ばす 運動を するのが
良いのだとか

逆に 男性の 場合は
眠る 前に
肩の 筋肉を 動かして
少し 暖めて あげるのが
効果的 らしい

歳を 重ねた方 様の 説明だったのだが
500ml の ペットボトルに 水を入れ
五回ずつ 前と 横に 上げたら 十分らしい

性ホルモンと 成長ホルモンの 適度な分泌が
安眠への 誘いと 成るのだ とか

運動 し過ぎると
逆に 眠れ無く なっちゃうもんねぇ・・・

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

営業の人が 会社に戻って来た時に
カラカラっと 何かが 壊れる音が する

そう 使い終わった DVDなんかを
シュレする 音だ

かつて シュレッダーが 出回る以前は
自宅で 燃やす人も 多かったのだろう

ダイオキシン問題や
焼き芋の 活躍の場が 少なく成るに連れて
シュレッダー機が 
羽根を 広げて 来たのだろうか

CD様の シュレ音は
ホント キレイな 硝子を 連想する

素敵な 風鈴に 巡り合った 瞬間の
輝きをも 連れて 来そうだ

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

買い物に 行くと
迷子に成る 二人

其々の 興味コーナーに
各々が 歩いてく

だいたい ここら辺 だろう
アテを 付けて 散策する

まるで 山登り みたいだ

そう 
地元の 山で 遭難した 夫婦が
亡くなった らしい・・・

夕方の ラジオで
速報が 流れてたっけ・・・

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

コインランドリーに 行ったら
黄色い エプロンを した
スタッフの お姉さんが
ジーンズや Tシャツを
畳んで 居た

何時も 待ち時間の 潰し方を
考えて しまって
面倒 臭いなって
放置してた 布団も

そろそろ 暖かく 成ったし
洗わないとな
と 思い 出陣 したんだ

乾燥機まで 入れて呉れると 言う
彼女の 勤務時間は
夕方の 五時で
コインランドリーに 行ったのが 四時
ギリギリ 間に合い 良かった

そう 思いながら
向かいの 県営体育館で
バドミントンを した

桜吹雪が 舞い散る中
見とれながら
風に 惑いながら
木に 乗った 羽根を
何とか 落としながら
楽しい 休日を
過ごせて 良かった

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°人気ブログランキングへ
↑ポチッとな~☆↑



« あしあと | トップページ | みるふぃーゆき »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/186862/63759522

この記事へのトラックバック一覧です: 違いの分からない女:

« あしあと | トップページ | みるふぃーゆき »