« 2015年11月 | トップページ | 2016年1月 »

2015年12月

2015年12月25日 (金)

のろまでおっけい

Img_0580


Img_0579


Img_0578

スピード落として安全運転
のんびりカメたんの姿が とっても可愛らしくって
思わずパシャリ☆

急がば回れって言葉もありますからね
冬道は特に注意です
これ撮影した時は 夏でしたけど。

この時期は特に 
屋内駐車場を選んでしまう事も多い

一通や出口の矢印表示が交錯していたり
駐車スペースに辿り着くまで入り組んでいると

停める場所を見つけるのに四苦八苦して
挙句 何度も行脚する羽目に陥ったりもする

で、逆走してくるオヤンズとかいるからね~
ちゃんと表示を見て! と ヒヤッとします

スーパーの駐車場で 今日 思った事がある
買い物袋を抱えて 向こう側からヨタヨタと歩いて来る人が
たまたま複数名 いたんですよね
その姿を見ていたら あるゲームを思い出したんです

TYPE OR DEAD
昔 かなり遊んだタイピングゲームです 

ゲーセンに行く機会がある度に 機械の前に座り込んで
両替機に通いながら 小銭投入しまくったなあ~(遠い目)

パソコンでもプレイ可能だった気がしますが
今は どうなんだろう?

デスクトップパソコンのキーボードみたいなものと
ディスプレイのような画面がありましてね

画面に表示される文字を間違えずに打ち込むと
目の前のゾンビが一人一人消えていく、そんな内容

そのね、フラフラしながら 近付いて来るゾンビに見えて
仕方なかった(笑)

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

~紙を彩る自由空間~

郵送詩誌 活動中☆
ネットのみならず、作品を形にしたい方 必見です☆

詩・短歌・俳句・川柳・小説・日記・フリートーク、
文字の他に 絵・写真を披露したい方にもおすすめ!

ワタクシすずこが編集している手作り詩誌
ポエムサークル「みゅう」

仲間になり購読いただくと
ボツなしで冊子掲載 & CDトーク → 全国発送★

見本誌もあります。読みたい方も連絡くださいね。
読者オンリーもOK

以下に最新号の写真・詳細を紹介していますので
クリックして御覧くださいませませ~☆

みゅう229号・230号・CD

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

藤鈴呼の戯言 ~すずザレ~ 
過去作も織り交ぜて更新中☆

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

久々に アイツが やって来た 

君と 黒尽くめで 訪れてからと 言うもの 

こんなに 近い 場所なのに 

すっかり 疎遠に 成っちゃって 

久々の たこやきは 

とても 温かな 味がした 

そして アイツは 多目的棚 

付き合わされる 平日 深夜 (笑) 

御蔭で 完成   感謝の アラレ 

ひな祭り迄  まだまだなのよ

★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

さぁ 行こう って 気合を入れて 

唯だ 水の中 泳ごうとする 

目の前に 無い 浮き輪を 探し 

僕は 重いと  閉口 してた 

ホントの 理由は  苦しい為 で 

水を飲んだら  沈んでしまう 

砂漠じゃ水筒 ありがたかれど 

今は 水など 要らないもの と

★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

幾つもの 素敵な宝石が 

硝子の奥で 微笑んで居る 

手を伸ばしたら 届きそうだが 

贈る相手も 居ないのと 

涙を浮かべ 見上げたら 

占い師とも 目が合った 

運命なんて 知らないものと 

通り過ぎてく 街角の夜

★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

シュレッダーを 購入したんだ 

諭吉 一枚 無理くり 出して 

全てを 埃に 替えたの サ 

此れは 誇り と 言い含めて サ 

自分の心を 鬼にして 

幾つかの愛 散り散りに 

今は 哀さと 孤独を感じ 

されど オトコは 要らないモノ と 

何時もの夜を 過ごして生きる

★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

一番 大切なものは 自分だと 

そんな ナルシストだけは 

今も 変わらずに 

誰かを 信じるのが 面倒だから と 

自分を 傷付けぬ方向に 

精神を 彷徨させて 

彷彿とさせた 芳香も 

「 風邪ぎみなの 」 と 鼻を つまんだ 

目の前の花 鮮やかなのに 

華は 何時でも 艶 (あで) やかなのに

★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

忘れたい コトが 有ります 

こんなに 可愛がって 来たのに 

枯れてしまった 

過ぎし日の パキラった 



嗚呼 これは バースデーに 

リーダーが 呉れた 

モノだったんだす 



これで もう 

部屋に 緑は 

無くなって しまいました 



みんな 亡くなって しまいました 

僕は 泣くなって 言いたいんです 



今の 僕に そして キミにも 

全ての 哀しい人達へ

★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

嗚呼 

僕は イマ 諦めました 

其れでも 何だか 面倒で 

デカイ バッグを 押し入れの上の 

その 又 奥から 引きずり 出す 



其の為に 足場となる 小さなハシゴを 

たった 数センチの 場所迄 

取りに行くコト すら 

出来ないで 居るんです 



更に こんな 不自然な 格好で 

タイピングを 続けながら 

再度 眠るコト すら 

不可能な 夜なので 有ります・・・

★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

もしも あの人が 

僕よりも 鮮やかな 

僕の 姿 を 

脳裏に 描いて 居るのなら 

裏腹に 

僕は 

奈落の底へ 陥るコト が 

出来るのでしょう 




もしも 

もう 二度と 

思い出したくも 無い 

僕の 姿で 有るならば 

もうちょっと 這い上がるコト も  

可能なのでしょう 



要するに 

一筋縄には ゆかぬ 心の 動揺を 

童謡に 変えて ハミングしてみたい 

気分なので 有ります

★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

有線の とっても 哀しい 音楽 を 聴きながら 

今は もう 涙する 夜だって 無いけれど 

大家族スペシャルだとか 

恋愛ドラマよりも 

涙もろい世界に 成ってしまったのは 

年の功かな なんて 言ったなら 

きっと あの人は 

私よりも 若い癖に! と 

僕を 笑って 呉れるよね

★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★
人気ブログランキングへ
↑ポチッとな~☆↑


おくしょん

Img_6111


Img_6173


Img_6185

億ション ○しょん はっくしょん
奥まった地域に住んでいると 大きな道に出るまでの
てっかてかずい感じが すんばらしい昨今
皆様いかがお過ごしですか

なーんつっても47年振り(でしたか?)の暖冬につき
最近は殆どの日に、降雪は見られなかったんですけれども、ネッ

ただ、日差しが降り注がない部分は ツルツルでんがな~
歩く度に 妙なバランス感覚が必要なこともあってか

腰痛を訴え続けていた夫の喜びそうなコメントも
頂戴しました~☆感謝☆

曰く、39度の風呂に30分が良いらしい。

我家では 一番風呂が
「ぐうたら妻」と決まっておりまして。
そう、私ってば 熱湯派、なんですよね

まあ・・・でも、最近は熱湯っぷりも 形を潜めて
設定温度も控えめの42度になっておりまする

あと一歩?!

その後、冬靴の内側皮!? が足の甲に当たり
痛めてしまった夫は ヨチヨチ状態で歩いていた

我等 移動はレガ子の割合が大きいのでね
外飲みって数か月に一度程度なんですがね

まあ クリスマスだし、ってんで 
調子こいて 電車で駆け付けた訳ですよ

そしたら帰り道があるもんね
もう 酔っ払ったし 足はツライし、の夫が
一つの提案をした

タクろう!

おお、\(◎o◎)/!

いつも
「あと1分で値段が上がるんや!」と残時間を計算し
駐車場まで 何ならダッシュする夫の発言とは思えまひ!?

そうか、そんなにツライのか
(┬__┬)

で、徐に乗り込んで 運転手サンに建物名を告げたら
通じなかった

夫「流石にアパート名を言ってもさ・・・」とあきれ顔
あ、嗚呼・・・そうですよねー

夫は大きな道に面する店舗を例に出して
見事に説明しちょりましたよ、ご立派っ!

え゛? 当たり前?
そーですか(棒)

大家さんも有名な方なのかな? と勝手に思って
言ってみたんですけどー 億ションだったら通じたのかなー
ふっ

そんな機会は永遠に訪れまひ

♪まわる ま~わる め~りご~ら~ん♪

嗚呼 この表現だと「めり」を御覧? に なってまふ
メリって何だろう、犬かなあ? メリケンサック?(違)

いや、今 丁度 そんなシーンなんですよ
下妻物語を読んでるのっ♪ 

ヤンキーちゃんとロリータちゃん
イチゴと桃子の物語でんがなーっ!_( ̄▽ ̄)ノ彡!

そんな観覧車 これは 薄野(すすきの)ですネッ
夜景の工事中、一瞬 窓を破壊しそうに見えた(爆)

夫「水道管か何かの工事じゃね゛?」
真意は定かでは ありませぬ~

この時期、枯れた紫陽花が何とも切ない

握りしめた瞬間 かしゃっ 乾いた音とともに
千切れてしまいそうで・・・ね

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

少額ならぬ・・・!


夫は奨学金でした。これは返済しました~!
妹も奨学金でした。返済まだしているのかな?

いずれ この制度のおかげで生活が出来たので
ありがたや~ですね!

私は奨学金なんて必要ありませんでした! 
大学ってどんなとこ?~( ̄▽ ̄~)(~ ̄▽ ̄)~

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

~紙を彩る自由空間~

郵送詩誌 活動中☆
ネットのみならず、作品を形にしたい方 必見です☆

詩・短歌・俳句・川柳・小説・日記・フリートーク、
文字の他に 絵・写真を披露したい方にもおすすめ!

ワタクシすずこが編集している手作り詩誌
ポエムサークル「みゅう」

仲間になり購読いただくと
ボツなしで冊子掲載 & CDトーク → 全国発送★

見本誌もあります。読みたい方も連絡くださいね。
読者オンリーもOK

以下に最新号の写真・詳細を紹介していますので
クリックして御覧くださいませませ~☆

みゅう229号・230号・CD

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

藤鈴呼の戯言 ~すずザレ~ 
過去作も織り交ぜて更新中☆

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

自分としては 行きたい気持ちが 勝っていて 
よんどころない事情で キャンセルだ と 伝えたのに 

相手の反応が 今イチだと
自分の方が 愕然とするコトって 有る。

そうか、別に 私一人が欠けても 
そんなに問題じゃ ないのね? と 

拗ねたい気分に なってしまう 私は
幼稚なのだろうか

喩え 相手が そう思ってないにしても 
多忙で 連絡が すぐつかなかったにしても 

相手の事情も 鑑みる
余裕が 無くなった時点で
気持ちって 自分優先になって しまうんだよね

ところで、よんどころない と
打ち込もうとした 瞬間に 

あれ? その表現って 間違っていないのかな?
と 不安になって 調べてみた 

やんごとなき、と言うのも 浮かんだんだけど、
こちらは 色んな意味が 有るみたいで、面白い。

以下 ググdictionaryより。

*よんどころない 【▽拠ん所無い】

そうする以外にどうしようもない。やむをえない。
なんともしかたがない。

*やんごとない 【▽止ん事無い】

(1)身分などが高い。高貴だ。
(2)そのままにしてはおかれない。よんどころない。
(3)尊ぶべきである。重んずべきである。
(4)並々でない。最高だ。

マーフィーじゃないけど 自分が欲しい瞬間に
レスが 遅かったり するんだよね。

レス来なかったら 寝ようかな♪ って
最後の 送受信クリックする時に限って
大量受信とか、ね。

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

速記には暗黙の暗号が有るらしい
国会で速記してる人が居るが
幾つか流派も有るらしく 
衆議院と参議院では違うらしく
暗号も違うらしい

ちょっと手書き風には行かないけれど
似たような感じで表現してみる

( )
さて これは何を表現しているでしょうか

次はこちら。

正解は・・・
上は 拍手
下は 小さなマル なので 困る・・・
連想ゲームのようだ。

会議中の速記は5~10分で交替するそう。
集中力も持たないんだとか。

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

昨日は都内で29度を記録したところも有るとか
今日は午前の時点で10度ほど
三時のおやつタイムには8度ほどに成るとか

一番 気温の高い時間帯に
逆に 低温になるだなんて ねぇ

この時期ってのは 日本の真ん中で
寒暖が横綱級の勢いで 鬩ぎ合いをしてるそう
(ほぇ せめぎ って こう書くのか。。。)

高気圧の風ってのは 時計回りだそうで
近付いて来ると 気温上昇のイメージが有るが
やって来る方角で違うそうな

今日みたいに 北から高気圧がやって来ると
時計周りの風は 冷たい風になるので
午後に気温が下がる現象に繋がるそうで。

大抵は 日本より南からやって来るので
気温が上がっていたんだねぇ~。

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

すみれ違い
住処違い
菫の色は
見る度違い
勘違いかと
瞳こすれば
見間違い

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

友の背を見送り際の長さかな

*

改札を抜けてホームへ向かう後姿を眺めながら
皆が感嘆の溜息交じりに思った事実。

足の長さを愛でつつ、
互いの人生の長さを願いつつ。

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

風の滑り台

あなたの言葉に
素直に 感動した

この前
嗚呼 違った

この前って提議は
凄く 適当だねぇ

昨日だった 気がするよ
車の中で 彼が 言ったんだ

上手に笑う って
最初に 言い始めたのは
誰なんだろうねぇ~

普通 笑う に
上手に なんて
つけないよねぇ~
詩や 歌詞でも 
ない限り・・・

最初に こんな表現したのは
最近のアーティストか
誰かなのかねぇ~

多分 FMラジオから
曲が 流れていたから
そんな歌詞を
耳にしたんだろうな と 思い
こんな風に 応えた

(普通 の 定義について
 突っ込みたい気持ちを
 やや抑えに したまま )

あ~ 確かに そうかもね~
--- 小説とかでも
こんな表現は ありそうだから
最近って訳では ないかもね?

嗚呼・・・ 確かに。

駅前に 到着する頃
彼は そんな風に
納得して いたよ

同時に 思い出して
引き合いに出した 表現が
汗をかいた グラス って 表現。

これ、私的には
福山さんの曲で 
汗をかいた ミルクティーの表現が
真っ先に 浮かぶんだけどネ

その人が 最初に聞いたのが
誰の曲だったのか 
どこかで目にしたものか
その場所によって
印象って 固まるんだよね

私も大好きな 曲
雪の華 って 表現
彼女の歌は 最高で
ヒットした 当時
カラオケで 歌いまくって いたよ

今は サーバーも なくなって しまったけど
ガイアックスで 簡単HPを作成していた頃
日記 掲示板 足跡 などのメニュー名を
自分で自由に変えられたのだけど
その中の一つを
雪の華 に していたんだねぇ~

もともとは 冬に
台所の窓が 凍り付いた様子が
花みたいに 思えて
雪の華 って 思い付いたので
最高の言葉だって 自負してたんだ

でも 昔っから あったものか
誰の目耳にも触れる曲名となったのを
知った時には
あ~ って 思ったよ

そんな 思い込みも 有るよね
自分独自の表現だ って
思い込んでいる場合だって
有るんだろうね

空の 滑り台を 駆け抜ける風は・・・
此処から 言葉を 繋ごうとして
ハッとした

嗚呼 もう こうして
自分の言葉に 変換しちゃってる

元々は 風の 滑り台 なのにね。
でも 思い付いた まま
描く 世界に
戯言精神が 隠されている?!

空の 滑り台を 駆け抜ける風は
男の子 だろうか
女の子 だろうか

現金な 笑い声が 響く
隣の窓越しに

幸せな 妄想を 描きながら
頬の 緩む 瞬間

喧嘩している様な 声だって
良いんだ

其処に 会話が 存在すること
それが 証

感情の起伏が
滑り台の ようだったって
エスカレーターみたいだったって

振り子みたいにね
やじろべえ みたいだね

必ず 戻って 来るんだねぇ~

最近 夜になると
突風が 気になって
寝付きが 悪い

何処からか 飛んできた 
スリッパと サンダルの 
愛の子みたいな  履物が
助手席側のタイヤ横に
転がっていた朝を
思い出した

もう一つ 
何が きっかけの会話か
忘れたけれど
滑り台 の フレーズで
思い出したよ

デートするカップルに似合うのは
ブランコの イメージ
滑り台も たまに出て来るけど
実際 公園で 目にしたら
違和感を 覚えそうだなって
そんな内容

でも やっぱり
場所は 関係ないんだって
知ってるけれど。

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°
人気ブログランキングへ
↑ポチッとな~☆↑


2015年12月24日 (木)

チェリーブロッサム

Img_6199


Img_6200


Img_6201


リキュールベースのカクテルです。

カクテル名のチェリー・ブロッサム(Cherry Blossom)というのは、
「桜の花」という意味であり、
サクラの花をイメージして作られたカクテルだと言われている。

作り方
チェリー・ブランデー、ブランデー、レモン・ジュース、
オレンジ・キュラソー、グレナディン・シロップをシェークして、
カクテル・グラス(容量75〜90ml程度)に注げば完成である。

イタリアン&ダイニング   Pasta De` NorD 
札幌生パスタ専門店パスタドノール 

屋外は冬
体内は春 そんなモードで お送りしておりまする~☆

手元に持っているのんが このカクテルでね
首からブラ下げているのは 一目惚れした飾り物

我が家のサンタさんは 漱石サンでした~
BY アウトレットでお得が二倍、二倍♪♪ 
なんつってね

金属アレルギーなんでね 
普段 こういったものは付けないのですが、

たまには チャレンジしたくも な~る
こんな風に タートルネックだと 
直接触れずに済みますからネッ

昨日 着ていた 絹子さん手編み
モヘア カーディガン風が
このアイテムと似たような色合いでね

黄緑のんは多分アクリルか何かと思うんですけれども
若干 歪チックな形が最高でね~☆

でも 写真を撮りそこねたんで
全然 色合いの違うバージョンです

夫ったら 「はい ポーズ!」も何もなく 
デジ・カメ子ちゃんを構えた瞬間に
既に撮影は終了していた

で、「もう一回!」と言ったけど 同様やった
だけん 今の機械って すんばらしいわ~
ブレてないんだもの~

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

~紙を彩る自由空間~

郵送詩誌 活動中☆
ネットのみならず、作品を形にしたい方 必見です☆

詩・短歌・俳句・川柳・小説・日記・フリートーク、
文字の他に 絵・写真を披露したい方にもおすすめ!

ワタクシすずこが編集している手作り詩誌
ポエムサークル「みゅう」

仲間になり購読いただくと
ボツなしで冊子掲載 & CDトーク → 全国発送★

見本誌もあります。読みたい方も連絡くださいね。
読者オンリーもOK

以下に最新号の写真・詳細を紹介していますので
クリックして御覧くださいませませ~☆

みゅう229号・230号・CD

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

藤鈴呼の戯言 ~すずザレ~ 
過去作も織り交ぜて更新中☆

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

今日 を 終わりに 出来なくって
真夜中まで 起きている

ドラキュラ ライフが 続けば
何時からが 「始まり」 なのか
分からなく なってる

道の 途中で
案内板を 眺めて
迷う みたいに。

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

アナタが 失ったのは
未来の 自分の 姿ですか
今の 笑顔ですか
心の 鉄仮面ですか

ポーカーフェイスが クールすぎて
美しさを 誤解 している

能面のような
のっぺらぼうの、ような。

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

試験中に 迷ったら
鉛筆を 転がせば 良い

それが 地理の 試験ならば
とりあえず
チリを 指差して
笑えば 良い

その 瞬間に
問答無用で
落第に なりそうなのが

僕は 怖くって。

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

新しい世界を 見上げる
其処には 大きな 空が有る

宙船
あの曲から
彼は 唄い方が 変わったよね

流れる曲の 声が
彼か どうかが 分からずに
これ誰?って 質問した時

あなたは そう 言ったよね

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

ミニチュア ガーデンでは
いかさまの 空が
微笑んでる

嘘の 楽園で
まどろんでた 時代には
偽りの 哀しか
無かったのでしょう

囲いを 取っ払って
壁を 蹴飛ばして
前へ 横へ
進出 するんだ

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

くるくる と 楽しそうに踊る 円卓は
和 の 象徴
輪 の 証明

僕等は みんな 仲良しですよ
無言の 忠告

運ばれた 料理を
キレイに 取り分ける

スプーンと フォークの 合体作が
失敗作の クローンに 思えて
仕方ない

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

洋楽 邦楽って 区分けの意味で 
洋楽のDVD と いいたくて
「ようもの」って言ったら

今は辞めた 若い男性社員に
「 すずこさん・・・それ、
    アダルトって 意味ですよ 」
なんて 突っ込まれたってコトは
内緒ネ ξ・。-☆

で、そうなんだぁ~。って帰宅して
数日してから
彼に 暴露したら ドン引きされて

それから又 数日後 
性懲りもなく 女性のお客様相手に
「ようも・・」 まで言いかけて 

ヤベッて思って 言い直したコトも 
脳味噌の奥に しまっておいてネ
Σ( ̄□ ̄)!

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

みゅうメンバーの つよちゃんから
みゅう委託販売の 提案があった。

会社設立する案が 有るとか。
すごいじゃない!!

実際に 模擬HPを見ると 壮大!
私まで わくわくしてくる。

今まで 委託した経験がなく
システムとかが 良く分からない私
。。。//δ⌒▽⌒//

普通は 委託販売だと
私が 委託者へ ミュウ販売を頼んで
委託者へ手数料を払う、ってイメージがある。

これだと 赤字加速してしまうっってことで
今まで実行したことがない
(┬__┬)

以前に 詳細を 計算してみたときが
あったけど
計算する度に 赤字覚悟なので
最近は 余り しないように しようかと
(┬__┬)

プリンタが壊れて 新しくしたからのぅ・・・。
インク代が Σ( ̄□ ̄)!

まぁ でも 好きでやってるから 
良いのだ。


因みに最初の提案に有ったのは
七掛、ということで

100円の七掛なら
100×0.7=70円なので

みゅう1冊(CDなし)
500円と80円切手なので
580円。

いつも2冊とCDセットだけど
とりあえず
1冊で計算してみるとして。。

580×0.7=406円
残り174円

つよちゃんメールでは
「三割こっちもち」ってあるから。。

174円は つよちゃんが払うってこと(?)
ということは

私が つよちゃんに406円払えば
みゅう作って販売しますよ、ってことかな(?)

*

逆に 三割が手数料だとすると
私が製本したミュウを 
つよちゃんがフリマ等で販売して

売り上げは
406円が 私
174円が つよちゃんへ
ということかな(??)

なんて算数が出来ない癖に
無理矢理 計算しつつも

上記の2パターン 考えられるのだが
つよちゃんもちっていう意味合いは
どうなるのか---(悩)

販売だけ委託なのか
製本も委託するのかによっても違うよね。

私が製本したみゅうを つよちゃんに渡して
つよちゃんが ネットやフリマで販売してくれる
という感じなのかなぁ。。

今までは 私が出れないフリマに
みゅうメンバーが
私の変わりに 委託販売してくれたことはあった。
まぁ委託といっても 手数料云々はなかったんだ。

まずは
私が 完成したミュウを何冊か 送る。
この時点で ミュウ代金は貰ってしまうのね。

だから
フリマで販売して 売れた分は 
その方のものになる。

そんなことは何度かあったけど
私のスタンスとしては

編集 (原稿から製本まで)は 自分でしたい。
というのは第一ね。

今までミュウの中でも 
手伝い申し出てくれた方がいたけど
お断りしてるので。

私が作る手作りじゃないと
「みゅう」にならないので♪

委託製本だと
原稿完成してから 皆に郵送するまで

間接的になる分 
余計 時間が かかるでしょう?

出来るだけ 完成したら 直ぐ届けたいし
それを 自力でやってこそ、、と 思っててね♪

ただ 前述のとおり、
私が参加できない フリマに関しては
ミュウのメンバーに 頼ったこともある、
ということかな~。

自分の戯言に関しても
どこかに頼んで 自費出版とか 委託出版とか
今まで 本気で考えたことって なくって。

というよりも 日々の戯言を
数年分 整理しきれてなくって
ノートも 230冊くらいで 止まってるので
まずは 貼り付けしないと ならないのだ
~( ̄▽ ̄~)(~ ̄▽ ̄)~

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

■購読価格 内訳考察

個人でカラープリンタして郵送だと
経費も馬鹿にならず(┬__┬)。

2枚の紙を のりで 貼り合せて
手作り製本郵送なので

例えば みゅう2冊+CD1枚の郵送として
キリ良い数字で考えてみると

紙代  1枚1円×30ページで  30円
     2冊分で 60円

郵送みゅう 1冊分で 180円
        2冊CDセットで 290円

問題はプリンタで
カタログには 写真L版サイズのインク代
1枚 20円、と。

みゅうは カラーで 写真や絵も多く
大きさは ノートサイズのB5ですから
写真並べると 4枚入るのかな?

これだと 
1枚あたり 80円じゃんっ\(◎o◎)/!

1枚あたりのプリンタ代は 
結構かかってるんじゃ ないかなーと。

昔は コンビニで コピーしてて、1枚 10円
カラーだと 1枚80円に 
はねあがった記憶があるな、と
思い出した。

現在 独立インクで 
6色分のインクを 購入して
インクがなくなったら 交換しながらの作業。

1枚あたりの単価って むつかしいけどね。
コンビニだと 1枚幾ら、だけど 個人だと
インクがなくなったら 交換、なので。

しかも インクが1本ならば
枚数を 数えていれば 計算できるけど

中途半端に 残っている状態から
プリンタ開始するし
インクも 6色だから わけわかんないよね。

プリンタ 1枚10円としても×30ページで  300円
     2冊分で 600円

前述のとおり、多分 10円では
コピーできないと 思うけど・・。

原稿用の紙や 切り貼り用も 
結構 かけてるな。

写真も 一度プリンタしてから 
切り貼りしてみたり。

他に 当たり前だけど 事務用品も必要。
製本グッズ、製本テープや ステープラ
筆記用具。

あとはCD。
ザクっと考えてみたところでも 
赤字覚悟なので
余り 深く 考えないように してたり (笑

そんな訳で まとめてみると。。。

みゅう1冊あたり、とすると

紙代  1枚1円×30ページで  30円

郵送みゅう 1冊分で 180円

プリンタ 1枚10円(ではコピーできないけど)
としても×30ページで  300円

封筒 1枚5円として

ここまでで 30+180+300+5=515

実際2冊のCD添付だと 
1枚100円とすると 615円・・・
(┬__┬)

他 製本テープは 1箱 600円くらいかな?
のりも 1本 100円で

あ、ホッチキスやら ペンやら
アレ(会員証、人気投票用のプラバン)なんかも
諸費用だね。

インクは 6000円だけど
毎回 必ず なくなるからなぁ。。

原稿も 一度プリンタしてから 切り貼りして、
それを コピーするから
その分も 倍かかってる訳だね。

うん。 計算すると 哀しくなるから
止めてみよう♪

*

ま、そんな感じで、
ずーっと前に upした内容をもとに
算出してみたのだーがー。

とりあえず キリ良い数字だから、
実際 セールなんかで
上手く 安く購 入できた時は
また 変わってくるけれども、

何とも
赤い文字が 見え隠れするでしょ
。。。//δ⌒▽⌒//

つよちゃんからの返信メール内容を
読み 再考。

みゅうを1冊つよちゃんに送る

つよちゃんが書店に置いてくれる

売れたら私がみゅう代をもらう

ということみたいだけど、
以下に改めて質問をば。

1.売れなかったら置きっぱなしで1冊あたり580円は
 私の負担になってしまう?

2.売れた場合の私がもらえる金額は幾ら?

。。損しない、って書いてあるから
580円私がもらえるってことかな、と考えたけど

それだと つよちゃんの利益がないから 
委託する意味
(つよちゃんのメリット) ないしね。。

とりあえず、
委託→手数料かかる→原価割れ加速なので
厳しいなー、と思う。(┬__┬)

みゅう価格を上げないといけなくなると
皆にも申し訳ないなー、と思う。

そんなこと考えてる。
今まで委託してなかった理由ですね♪

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

再び つよちゃんよりメールあり。
紹介冊子製作 ・ CD配信 ・ メール便で郵送
についての アイディアをもらう。

私的には 紹介冊子というよりも、
毎回 問い合わせ いただいた時点での
最新号の みゅうを
「紹介冊子」のつもりで 郵送してる。

冊子ではないけど 案内書はある。
興味ある方へは 案内書を郵送してる♪

ミニみゅうとして 
ページ数を抑えて 作成する案も
確かに 良いのだけど、
作品を 選ぶのが 難しいね。

ミュウは ボツなし。
ボツなしの 意味合いは 

どの作品も 捨てる気がない
皆が 一生懸命に紡いだ 
言葉達(こども) だからね。

そんな気持ちで 作っているから
その中から 「特別に」 選ぶのは 
ちょっと できないかな・・・。

CDについて
私の考え方が 古いんだろうけど
ネット配信って 何か 嫌で。。。//δ⌒▽⌒//

インデックスつけて 
みゅうには トーク内容も 載せてるじゃない?
あれで 1セットって感覚かな♪

メール便は、確かに安い。
実は---

今まで 16年、
皆から 切手 いただいてきたので
まだ沢山 余ってる Σ( ̄□ ̄)!

今のところは 自力で がんばってみようかな、
って 思ってる。

趣味だし 好きでやってるから、
いかに制作費を安くして 利益を出そうかって
考えてないから
今のスタイルで 出来てるんだと思う。

委託にして 自分で がんばらなくなったら
利益云々って 考えなきゃならなくなるだろうし
そういうのは 嫌なんだ。

やっぱり 自分で心こめて 筆書きして郵送して・・・
とか
そんな気持ち。

いつか。。 これは 私の夢だけど
そんな風にしても 
とても 追いつかないくらい
みゅうの仲間が 増えたときには
お願いしたく なるのかも 知れない。

自分でも、委託って 
新しい開拓地だな、とは思うのだけど

現時点で 「じゃあ お願い !!」 って
すぐに 踏み出せない私が 
確かに ここに居る。

弱いのか 保守的なのか チキンなのか
Σ( ̄□ ̄)!

全然 興味ない訳ではなく 
踏み出せないところが 大きいので

何かしらの モチベーションが
上がった暁には
頼みたいのだー♪

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°
人気ブログランキングへ
↑ポチッとな~☆↑


ねこあしのきみ

2img_6129


4img_6131


2img_6127

くるりんと
かわいらしく
まとまっている
ねこあしの きみは
ぼくを どこへ
つれてって くれる?

ちょっと 興冷めしてしまうのは
銀行の灯りだったりするけれど
都会であれば ある程に
色々なネオン煌めく町並みに
なって行くのね

場所は札幌大通公園

この ネコ足に惚れ込み
思わず近寄って 拡大フレーム、インっ♪
後ろの青背景が見えているのは
より美しく思えたりするけれど

暗闇に 全体像が 淡く光っている様は
何だか・・・インベーダーゲームの様だ
(ナーーーゼーーーそーーのーーー もーそー)

もそもそと歩く
さくさくと踏む雪
なんて降っていないんですよネ!!

縦長の温度計が 判別できますかね?
虹色ラインが零度
その上に 四つのメモリが赤くなってますので
この時の気温は 四度でございます~

今夜の札幌 朝から陽射しが眩しかったあるね
今も ホワイトクリスマスなんて遠い夢の話ですわ~ 

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

~紙を彩る自由空間~

郵送詩誌 活動中☆
ネットのみならず、作品を形にしたい方 必見です☆

詩・短歌・俳句・川柳・小説・日記・フリートーク、
文字の他に 絵・写真を披露したい方にもおすすめ!

ワタクシすずこが編集している手作り詩誌
ポエムサークル「みゅう」

仲間になり購読いただくと
ボツなしで冊子掲載 & CDトーク → 全国発送★

見本誌もあります。読みたい方も連絡くださいね。
読者オンリーもOK

以下に最新号の写真・詳細を紹介していますので
クリックして御覧くださいませませ~☆

みゅう229号・230号・CD

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

藤鈴呼の戯言 ~すずザレ~ 
過去作も織り交ぜて更新中☆

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

予定を 立てた
あと この位で
完成 するだろうと

相手の 有る 問題は
話が 進まずに

嗚呼 予定と 違ったじゃあ 無いか と
困惑する
溜息 吐く

だから 或る日から
アタシは
予定を 立てるのが
大っ嫌いに 成って しまった

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

殺風景だけど
整理させた 部屋に
憧れた 時期が 有る

何も 出来ないけれど
綺麗な 指に
羨ましい と
感じた コトも

だけど
僕は やっぱり
物が 沢山 有る
便利な 部屋が 好きだし

綺麗じゃあ 無くっても
良く 動く
此の 指を
愛して 居るんだ

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

君に 初めて貰った プレゼント
今でも 其の 驚きと 喜びと 感動を
昨日の コトの様に
思い 起こせる

枕の 下に 違和感を 感じたんだ
小さな キーホルダーは
携帯から 外れてしまって
車の 下に 隠れて しまったけれど

小さな メモ帳に
いつも ありがとう
そんな 言葉が 書いて 有り

とても とても
笑顔に 成れた 日の 愛しさだけは
絶対に 忘れたくは ない

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

二日間の 徹夜で
走り続けて 居た 頃

二日間の 絶食で
身体が 軽く 成ったと 感じた

全てが 勘違いで
自らの 首を 絞めるって 事実

今ならば 冷静に成って
考えられる 筈なのに

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

父から 母へ
仕事中に
電話が 掛かって 来たそうだ

雪掻きは 帰ってから 父が するから
母は 何も しなくて 良いよって

母は 安心 したのだけれど
新聞が 届いて
玄関を 開けようとして
扉が 重かったそうだ

ゆっくりと 何とか開けて
外を 覗いて見ると
まるで 砂丘の如く
雪が 波状に スロープしてたそうだ

仕方無く 外に 出ると
駐車場も 酷い 状態で
雪の 砂丘が 完成されて 居たそうな

必死で 雪掻きを して居ると
隣の 奥様が 出て来て

まぁ~ 雪掻きですかぁ?
奥さんの処 とても 綺麗ね~ぇ。
美しいわ~ぁ

なんて言いながら コートを羽織り
しゃなり しゃなり と
外出して 行った そうな

母は 半分
キレそうに 成った そうな・・・ (-。-;)

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

ネットの 世界だと
初対面 って 言葉は
違うのかなぁ

だって 直接は
対面 して 居ないよねぇ

だけど 心の奥で
対面したり 対峙したり
時には 退治したり

中々と 電波に塗れて
忙しい コトよ のぅ・・・

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

爽やかな 朝の 挨拶は
眠たい 心が 活性化する
一つの お薬だ

毎朝 言い合う 
たった 一言の おはよう にも
色んな イントネーションや
心の 隅を 表す 色合いが 存在して

慣れれば その 一言で
相手の 気分も 体調も
解ってしまう モノなのだろう

先日 出勤した 彼女と
おはよう の 挨拶を した 直後に

おっ 今日は 爽やかだね♪
と 感じたままを 告げたらば
彼女は ひどく 喜んで居た

他人に 余り その台詞を
言われないから
とても 嬉しかったんだそうな・・・

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

アパートの 駐車場の 横側に
別の アパートが 有る

其処の 住人は おばさんで
感じの 良い 人だ

以前 私に
もしかして 学校の 先生ですか?
なんて 言ったりした 人だ

雪掻きを しながら
大変ですねぇ と
声を 掛けて 呉れたり

朝に 出逢うと
おはようございます の 挨拶は
欠かさない

その話を 知らなかった頃
彼が おばさんに 言ったそうな

自分のアパートの周りの 雪を
私達の 駐車場に
投げ込んで 居るところを
彼が 見掛けたのだと 言う

あの・・・ ここに 雪を
投げ込まないで 貰えますか?

キレた 彼は 
そう 言ったのだと

何だか 私は
会う度に  笑顔で 接して居たので
それは 少し マズイかなぁ
なんて 思ったが
言ってしまったモノは 仕方無いので
次に 会った時にも
以前 通りに 挨拶を した

彼が 私の部屋に 入るのを
おばさんも 見てたと 言うから
何か 嫌味でも 言われるかとも
思って 居たのだけれど
おばさんの 対応も
以前と 変わらず 普通だったので
それが 嬉しかった

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

キチンとしたコトは 大変 良いコト

チキンとしたヤツは 大変 悪いヒト

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

ドンピシャで 当てられて 恥ずかしい ココロ

ドン引きに 成られて 気まずい ダジャレ

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°
人気ブログランキングへ
↑ポチッとな~☆↑


やなぎがすき

Img_4675


Img_4674


Img_4673

平仮名の羅列は誤解を生みますね
柳 が 好き というタイトルなんですが

切る場所を間違えると
「やな」ギガ好き になる

え゛? 「やな」サンって誰? 
みたいに なる

え゛? ならない?
そうですか

高架橋には 「SASSON」と文字がありますが
雨の日は 手前の滴が浮き上がるの~♪

札樽道(さっそんどう、SASSON EXPWY)

小「樽」から「札」幌までの高速道路ですが
どうしても漢字だと「さつたる」と読みたくなるんダ!

柳の木は好きですね
モミの木はツリーになるけれど
柳でも良いんじゃね?
え゛? 駄目?

何かさ、どうしてもイベントに使うんであけば
クリスマスよりは 七夕チックですよね
私は そう思う

だって 柳の木に靴下ぷら~ん♪ って下げてよ?
取ろうとした子供が手を伸ばした瞬間に

ザザーーーッ! って強風に流されるの
プレゼントごと 靴下が頬を叩くのっ!

キャーーーーッ! そんなん悲劇だわーっ
場合によっては 吹雪かも知れない

一方 七夕ならば 良いよね
短冊に書いた願い事 強風に・・・

以下 故意的に 略しますが
本日は 恋的に 潤う人達も 多いことでせふ☆

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

~紙を彩る自由空間~

郵送詩誌 活動中☆
ネットのみならず、作品を形にしたい方 必見です☆

詩・短歌・俳句・川柳・小説・日記・フリートーク、
文字の他に 絵・写真を披露したい方にもおすすめ!

ワタクシすずこが編集している手作り詩誌
ポエムサークル「みゅう」

仲間になり購読いただくと
ボツなしで冊子掲載 & CDトーク → 全国発送★

見本誌もあります。読みたい方も連絡くださいね。
読者オンリーもOK

以下に最新号の写真・詳細を紹介していますので
クリックして御覧くださいませませ~☆

みゅう229号・230号・CD

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

藤鈴呼の戯言 ~すずザレ~ 
過去作も織り交ぜて更新中☆

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

ハヤシライスの 正式名称は
ビーフ・スットロガノフ
ママンに 教わったんだ
小麦粉を スプーンで 一口分だけ
フライパンで 炒ると
香ばしい 彩りも増え
良い 味に 仕上がるのだと

オムライスなら デミグラス・ソース
何処からか 高級感が 広がるね
そして
チキン・ライスは あの曲の 流行に乗せられ
何処か お子様ライスを 思い起こした
旗を 持ち帰るのが 定番だったね

冷凍の ベジタリアン・ミックス
(そんな 名前では 無かった風な・・・)
コーン 人参 グリーンピースなんかが
コロコロと 入ってる 彩り豊かなものを
バターで 米粒と 炒めた
あの子の 特製オムライスが 美味だった

あの子は グリーンピースが 嫌いだったから
わざわざ 一つずつ 丁寧に 除けながら
其れでも お客様 の 僕の為に
彩りを 欠かさずに
作って 呉れたんだっけ

其れを あの子の 可愛い 子供と
あの子の 愛しい 旦那様と 囲んで
ちょっと 邪魔かな? なんて
省みるのは 帰り道に 取って置いた 僕が
笑顔で 救って 食べるの図

とても 幸せな シーンに
参加 出来た 幸せと ともに・・・

★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

幾つかの 笑顔と 元気を 貰った
其の 有り難い と 思える
温かな 感情が
ずっと 続きます ように

幾つかの 嬉しかった 言の葉が
幾つもの 安らぎに
代わりますように



優しさが 溢れ出すのは こんな時
諦めかけてた 想い
消さなくて 良かったんだな って
思い 知らされた 瞬間に
微かに 息付く 安堵感



晴れ晴れとした 気分に 成れた
キミの 笑顔を 受け取った ボクも
ホッ として 安心したのか
グゥッて お腹が 鳴っちゃった!_( ̄▽ ̄)ノ彡

それで おもむろに 人指し指 立てて
『しぃ~っ』 て お腹に 問い掛けてみた

★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

イメージって やっぱり 大切だと 思う。
初めて 会う人が
第一印象で 理解されて しまう みたいに。

其れが 曲解だよ なんて 言い訳は
知り合え無ければ 話せない ものだから。

そして 二人の 人間が 離れる 要因は
近付かなければ 起こり得ないと 言う事も・・・

★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

目立つ 印象は
心に 残るね

例えば あの 建物は
黄色だって
決め付けて 居た

君に 言われて
改めて
記憶を 甦らせて みた

嗚呼 もしかしたら
店名も 代わり
今は 白いのかも
知れないんだって


だけど 白も
立派な 色なんだって

何度だって
言い直すのだけれど

★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

君が 眺めてた テレビ番組
僕は 眺めずに
すっかり 眠気 モード

本当は 儚い メランコリー
自分で チューハイを 買い込んだのは
本当に 久方振り だったんだ

早く 桜を 堪能したくって
サントリーの ダブル搾り
購入してみたよ

パッケージには 桜&チェリー

嗚呼 だけど
やっぱり 桜の要素は
少ないんだね

チェリーの 香りばかりが 広がって
僕は 思い出したんだ
其の 花の 英語名を・・・


 『 チェリー・ブラッサムズ 』

★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

アロマオイルは この部屋に 無いんだ
当たり前だよね
お風呂で 遣うものが
部屋の中に 有る訳が 無い

・・・そう言う事では 無くて・・・

小さな バスクリンは 桜と ラベンダー
石鹸くらいの 大きさで
昔 ママンと ホーマックで 購入したんだっけかな
忘れちゃったけど
一個 40円だったのを 10個くらい
買って貰った事だけ 憶えてる

そんな風にね
人は 
感謝の心を 忘れないの

だけど 
しがらみも 忘れられないの

そして
いじめられた方は
いじめた方の事
何時までも 覚えて居て

久々に 会ったりすると
いじめた方は 忘れ去って 居るのに
いじめられた方は
一発で 解ってしまう ものなんだよね--

★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★
人気ブログランキングへ
↑ポチッとな~☆↑


ちゃるめら

2011122319520000


2011122419030000


2011122419110000

このフレーズから思い描くのは 笛の音
本日はイブですから 近いのは 鈴の音

写真のシンプルラーメンは チャルメラです
何故 そう解るかと言うと 画像保存時の名前として
メモしてあったから(笑)

父は突然ラーメンを所望することも多かったので
実家には何時でもチャルメラがありました

今でこそ色々な味バージョンが出ていますけどね
当時は一種類だったような気もする

味噌だとか塩だとかが出て来た時に
驚いたような 淡い記憶も甦る

私は 端折り過ぎて デカ千切り海苔のみですが
母は何時でも 沢山の野菜を刻んで合わせていた

もやし 人参 キャベツ 豚肉 ピーマン
冷蔵庫にあるだけの野菜と 卵に しな竹

この「しな竹」ね、
私ずっと「しなたけ」と読んでいたけれど
調べてみたら「しなちく」と読むのね!?

これも 知った時は 
大層 驚いたものだったよのう~(遠い目)

そして、「メンマ」と呼ぶんだ! ってね
いつも袋に書いてあるのが「しな竹」だったんですよ

晩年は まるちゃん正麺なんかも
気に入って食べていた様子

今回の写真は 携帯ショットです

日時を確認したところ
2011年の昨夜 食べたらしい

夫との会話で
もし独身だったらクリスマスに外食するか否か
そんな内容が出たんですよね

帰りしな 車窓の食事処を色々と眺めながら
好き勝手な想像していました

焼肉、回転寿司には家族が多いかも?
ラーメン屋にはカップルは少ないかも?
なんて風に。

イブの夜 カップルで行くなら・・・

我等二人のイメージとしては
イタリアンなんです

ただ、回転寿司の年もあったよね!
と言ったら、奴さん すっかり忘れてやがる♪

という写真が 残り二枚ですね
メモによると

こぼれイクラ
やりイカ塩あぶり by きときと寿司 らしいです

富山時代に えらく感動したのが
記憶に新しいのですが

この時に行った店は 何度か通った挙句
我等の心に 残念な記憶を
上塗りしてくれた場所です

最初は美味しいなあ、と通っていましたが
ある時から 職人サンの代わりに
若いバイトくんらしき方々が
主に握ってくれるように なりましてね

やっぱり味が 全然 違うんだあ~、って
驚いたのんが 懐かしい思い出です

三貫 選ぶとするならば
サーモン ハマチ 中トロ かなあ

夫「俺は焼鮭が良い。刺し身は生臭い気がする」
な~る~ そうとも言える、のか!?

昔は光り物も大好きだったんですよ
シメサバ サンマ アジ (括り合っちょん?)

押し寿司は終ぞ食べぬままだったなあ
富山時代は沢山機会があったのにねえ

寿司の光り物はタダでは食べられませんが
イルミネーションならば見られますよネッ

嗚呼 でも 朝から花より団子な発言で
気分的に盛り上がるので あった

素敵なイルミネーションと
黒子化したワタクシメの写真を公開しましたが
コメントをいただきました~ ありがとう☆

で、思わず吹き出しながら 
こんなレスポンスをしました

*

書き方が悪くて申し訳ないですーっ!
写真を撮影したのが夫なんで
写っているのは私なーのーだー
~( ̄▽ ̄~)(~ ̄▽ ̄)~

*

そう、「夫が鮮明に写っていない」
という内容だったんです~
ふふ。

確かに偉そうなポージングしていたし!?
一回り成長したことだけは鮮明に解るでせふ
。。。//δ⌒▽⌒//

眼鏡にオプションで
パソコン用のブルーレンズをつけているので、
その光が また怪しさを増長させているような・・・

折角 眼鏡の中に 青い瞳のように見えているのに 
ちと大きさと位置が微妙で勿体無い! と 
芸人のようなことを考えております

ミュンヘン・クリスマス市

ということで
辺りは一風変わった街のような雰囲気も醸し出しており

寒色系ライトの涼やかさからは鈴の音を連想し
暖色系ヤカタの温もりからは美しさを得ました

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

~紙を彩る自由空間~

郵送詩誌 活動中☆
ネットのみならず、作品を形にしたい方 必見です☆

詩・短歌・俳句・川柳・小説・日記・フリートーク、
文字の他に 絵・写真を披露したい方にもおすすめ!

ワタクシすずこが編集している手作り詩誌
ポエムサークル「みゅう」

仲間になり購読いただくと
ボツなしで冊子掲載 & CDトーク → 全国発送★

見本誌もあります。読みたい方も連絡くださいね。
読者オンリーもOK

以下に最新号の写真・詳細を紹介していますので
クリックして御覧くださいませませ~☆

みゅう229号・230号・CD

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

藤鈴呼の戯言 ~すずザレ~ 
過去作も織り交ぜて更新中☆

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

関東は 高気圧から 低気圧に かわった みたいで
前線 こえたのかなぁ 

曇って いるし 風は 強いし 
雨 降りそうな 気が するんだけれど 

折り畳み傘を もって 
ちょっくら セブンイレブンと 郵便局に 
行って 来ようかと 思うちょります。 

筆ぐるめの 操作方法 マニュアルを
手作り作成 したので 母に メール便で 送るのと、
年賀状を 購入しようかなぁ と。

*

出掛けに アタフタとして しまった。

タイトル

「 すず バアサン、 
 玄関から 中々 外に 出れない」 

の巻♪ ( 長っ ! ! ) 。

扉を 開けて、 鍵を 賭けて・・・ いや 違う、
賭けて どうすんだ!! 

KEY ロックして♪ジャ ジャ ジャ ジャ~ン♪

・・・寒過ぎる オチは 良いから 
早く 前へ 進め!

と 言う 読者の声が 聞こえるので
先に 進む ことにする・・・

ブーツの ジッパー ( で 良いの? ) を
ジャッと 上に あげて、 
自転車に 乗ろうと・・・

鍵を 見たら、 
何故か 自転車の 鍵ではなく 
シャチハタ印だった Σ( ̄□ ̄)! 

朝から 宅急便と 速達が 届き 
二度も 使ったから
間違えたんだ!?_( ̄0 ̄)ノ彡?!。

何時も 家の鍵 と 自転車の鍵、 
もしくは 家の鍵 と 車の鍵、 と いう様に

鍵を 2つ 持って 出掛けるのが 
癖に なってるけど、

まさか
「 何でも良いから 2つ
 手持ちすれば 良いやん? 」

なんて 
自爆モードを かますなんて 
思わなんだ…( ̄□ ̄;) 

一度 部屋に 戻り 
再び 玄関を 閉め・・・

( あっ\(◎o◎)/!
  傘 忘れた (┬__┬)。 )

てんで 再度 部屋に 戻り 
又 靴を 履き  玄関 閉め・・・

あっ\(◎o◎)/! 
携帯 忘れた Σ( ̄□ ̄)! 

流石に 三度目は
「 大丈夫か?! ワタシ・・・ 」

いや、二度目から 思ってたけど 
本気で 自分が 怖くなった
(-┬-___-┬-)。

ようやく 外に 出たら 
曇りだと 思ってたが 

何だか 良い日差しに なって きてない? 
コンビニ・郵便局を 経由して
駅前の 線路を 越え・・・
勿論 昼食の 寿司 購入 ( ̄ー ̄) 

どうやら 数日後には
餃子の王将と 寿司屋の間に
結構 大きめの書店が オープンするらしい。
今から ワクワクだなぁ (*⌒▽⌒*)

帰宅する 頃には 汗だくで 
部屋に 入った 瞬間  窓 全開で 
空気の 入れ替え♪

まぁ 一つダケ 難点が あると すれば 
嫌がらせみたいに 風は 強いので

カーテンが ヒラヒラずい・・・
まるで 誰かが 居る やふな。。

まぁ まだ 明るい 時間だから
怖くないケドね~( ̄▽ ̄~)(~ ̄▽ ̄)~

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

ごきげんよう話


ザブングルの 2人が 出てた。
変顔の彼は 常識が無い と 相方が 暴露してた。
二人の知人の葬式に 行った時の こと。

仕事後に 駆け付けることに なった 二人は
黒スーツを 持って来て
葬儀場の 近くの トイレで 着替えた。

相方が 彼を 見て 絶句。
何と 上は 普通の スーツなのに
下は 派手な パンツ。
パーティー用の イメージだった。

流石に
其れじゃ ヤバイだろう と 言うことになり
丁度 商店街の 近くに 居たので
彼は 新調することに。

相方は 先に 葬儀場へ行き、 
1階で 焼香を 済ませ、
2階で 寿司を 食べて居た。

暫く経つと 1階が 何気に 騒がしい。
降りて見ると 
彼が 到着して 居たのだが 

何と
黒の パンツではなく
スパッツを 履いて居た らしい
Σ( ̄□ ̄)!

上は スーツ、
下は スパッツ。

彼の 言い訳と しては

「 とりあえず 急いでいたし 
  黒なら良いかな、と 思いながら

  スーツを 探したけれど 無かった。
  スパッツを 買った 後、

  さっきの キラキラの方が、
  スパッツの パッツンパッツンよりも
  マシかなぁ?

  と 迷ったけど
  結局 スパッツにした。 」 と。

「 それだけなら まだ 許せる(?)んですけど 」
と、相方は 続ける。

葬儀経験が 余り 無かったらしい 彼。
取り合えず 焼香を 済ませたのだが
何処に 戻れば良いか 分からなくなったらしく、

有ろうことか
一番 近い 親族の席に 座ったのだ とか
Σ( ̄□ ̄)!

相方は 言う。

「 そんな場所に 座ってたら 
  親族も "アイツ誰や?" と 思いながらも

  場所が 場所だけに 
  注意も出来ない 雰囲気だし、

  さっさと 2階に来て 
  寿司とか 食べれば 良いのに・・ 」

結局 彼は 親族席に 座り続け 
葬儀へ 来てくださった方々へ 一礼して

最後まで 見届けたのだ とか
…( ̄□ ̄;)

*

土田晃之さんの話。

幼い頃から お世話になっていた 
おもちゃ屋が あった。

少年に なった 彼は 
閉店セールを していることを 知り、

仲間達と
最後に 何かを 買おう 
と 駆け付けた。

さして 欲しいと 思う程の
商品は 無かったけれど、

これが 最後や! と 言う 思いで
商品を 購入した。

閉店セールが 終了してみると 
何と その店は

「 おもちゃ屋 ふくちゃん 」 から
「 ホビーの ふくちゃん 」 に

名前を 変えて 営業して居た
Σ( ̄□ ̄)!

最近 その地へ 立ち寄ったら、
「 本当に 」 店が 無くなっていた、
と いう話。


もう 一つ。

彼は 自分のコトを 
おばかちゃんだ と 言う。

世間では 博識の イメージが
強いようだけれども、 と 言いながら、
暴露を 始めた。

まず、英語が 苦手で、
36歳になった 今でも 

自分の 名前を 
ローマ字で 書けないのだ、 と。

土田少年が 通う 高校は
ヤンキーが 多かったらしい。

高校の 英語の授業が
「 This is a pen. 」 から 始まったのだ。

普通は 中学で習う 英語だが、
分からない生徒が 多い と いうことで

「 もう一度 最初から 
 英語を 復習しましょう 」

と 言う カリキュラムだったらしい。
そんな 最初の授業で 皆 

「 よーし! これからは 俺、
  まじめに 英語を 頑張るぞ!」

と 気合 充分 だったらしい。

「 This is a pen. 」
「 これは、ペンです 」
楽勝!_( ̄▽ ̄)ノ彡!

彼は 言う。

「 ところが 「Is this a pen?」 になると 
 途端に ダメなんですよ ねぇ。。。

  え? 何で Isが 前に 来んの?
  わっかんねぇー って。

  だから 「This is a pen.」 で 
        止まってるんですよ。 」

ここで 小堺さんが 突っ込む。

「 じゃあ 付加疑問文
 (・・・で 良いよね? アタシも ダメだ (爆) )
 とか、もう ダメなんじゃない?
  Is this a pen,isn’t it? とかさ。 」

彼は 「 え? 何言ってんすか? 
         全然 わかんない 」  モード。

でも 彼は 素晴らしい 家電芸人だ。
ブルーレイって何? の 質問に
矢継ぎ早に 答えて居た。

**ギガが どうだ、 とか、 英語を フル活用して
マシンガントークで 説明を 終えた 彼に 

小堺さん
「 凄いじゃない! 全部、英語じゃない! 」

「 ええ。 カタカナだと 
どんどん 入って 来るんです。
 
これが 英語になると 
  途端に ダメなんですよねぇ・・・

  名前も ツチダって 
   ローマ字で書くと 難しいでしょ? 」

周りの ゲストも 

「 名前を ローマ字で書くなら
            TSU・・・ 」 とか言うが

「 いや、 ティー エス とか 言われると
   もうダメ!! 」 と 匙を 投げた 彼。

他に 歴史も 苦手らしく、

「 昭和の前が 何なのかが 分からない。
 明治なのか 大正なのか 
      江戸と・・・何の間? 」 モード。

得意な 分野も 勿論 あるよう。

「 でも 地理は ハンパないっすよ! 
  何なら どの 授業でも 
   地図帳を開いてた くらいですから、
  国旗・首都・河川・山なんか・・
              スゴイっすよ! 」

ここらで エンディングロールが 流れ始める。
小堺さんとの トークが 続く

「 じゃあ 日本で 一番 高いのは? 」

一瞬 目を 見張って
「 えっ? 富士山じゃ ないんですか?? 」

「 正解! 」
「 げっ。。。 なめられた モンだぜ・・ 」

「 じゃ、日本で 一番 長い河の 長さは? 」
応えられない 彼に 質問を 変え 

「 長い 河は?」
それでも 咄嗟に 応えられないまま 
番組は エンディングを 迎えましたとサ

ごきげんよう♪

いやぁ 癒される 番組に 乾杯 
((8-(o'▽')o□☆□o('▽'o)-8))

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

Subject: げーのー人を見た〓話し〓

朝に届いた メールタイトル ⇒ 「げーのー人」
の部分を 読みマツガイ…

その1 「げーのヒト」

( 時間帯が 朝だけに 酔い潰れて
  醜態を さらすヒトを 見かけたのかな )

その2 「げーのヒトリ」

( 昨夜ゲイバー に行き  その中の 一人と
  云々な 話かな )

なんて妄想をしてしまったのでした
。。。//δ⌒▽⌒//

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

打ちまつがえた・・・。

出張先の彼から メールが届いた

> 着いた
> 実家に帰ろうかな(笑)

*

この文面を 間に受けて
帰れるんなら帰りな♪ と打とうとして・・・

> おお!! 変えれるんなら帰り名よ♪
 (変換が何処か可笑しい・・・)
> 父さん母さん喜ぶと思うよ
> (*⌒▽⌒*)

と打ってしまった。。。//δ⌒▽⌒//
勿論 無理な話だと 一蹴されまつた( ̄o ̄")δ

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°
人気ブログランキングへ
↑ポチッとな~☆↑


2015年12月23日 (水)

これ、駄目なヤツだ

4img_6123


4img_6128


4img_6132

タイトルは、写真を撮影した瞬間に
夫が放った台詞

夜景モードに設定してみたけれども
私の姿が亡霊と化している状態のことを指す
一言です

場所は札幌大通公園
クリスマスイルミネーションが主体で
わたくしめは闇に葬られる寸前の装い

みゅうメンバーちえり手作りのマフラーだけが
可愛らしい存在感を呈しておーる☆

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

~紙を彩る自由空間~

郵送詩誌 活動中☆
ネットのみならず、作品を形にしたい方 必見です☆

詩・短歌・俳句・川柳・小説・日記・フリートーク、
文字の他に 絵・写真を披露したい方にもおすすめ!

ワタクシすずこが編集している手作り詩誌
ポエムサークル「みゅう」

仲間になり購読いただくと
ボツなしで冊子掲載 & CDトーク → 全国発送★

見本誌もあります。読みたい方も連絡くださいね。
読者オンリーもOK

以下に最新号の写真・詳細を紹介していますので
クリックして御覧くださいませませ~☆

みゅう229号・230号・CD

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

藤鈴呼の戯言 ~すずザレ~ 
過去作も織り交ぜて更新中☆

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°


   今日 キミと チゲ鍋をする 楽しみだ

〓 だけど 知る 意味は 《 なべ 鍋 》 だって 事実(コト) 〓

   繰り返す 言は 可愛さ 増す 模様

〓 カライなら 頼む ワサビは 止めて呉れ 〓


   キムチでも 何でも来いと 身構える


〓  後味が 残る刹那も 気にしない 〓


   予定 無き 週末だしな カンケ~ 無い

〓 ラーメン と ギョウザ 最近 食べて 無い

     何時か 埋もれる テンイツ 幻想   〓

   水 ギョ~ザ 予告 通りに 成ったカナ?

     昨夜の キミの 一家 団欒

〓 しばらくの 間 メールも して居ない

     誘い メールに 慌てての レス  〓


   新聞の 一面 飾る 川柳の

     ブームに 我も 乗って みたいと


★。・::・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★

どうやら 今日は 節分 らしい。

このところ  めっきり 

パソコン 夢遊病から 回避されてる

僕の 生活。

月曜だから ポットの 湯も

すっかり 冷め切って しまってるのは

百も 承知の 助左エ門。

平日ならば、 前日の、

未だ 生ぬるい ・ の ・ 直前の ・

湯 っぽい モードの 液体に、

無理矢理 コナを 押し込めて、

飲み砕くのも 可能だってサ。

そんな理由で 何時もより

ちょいと 足先 延ばしてサ、

近くの ローソン 其の中で

ホット コ~ナ~ 眺めてヨ?

ホンキで 選び 抜いたのは

《 お初に お目に 掛かり マス 》

レモンと ハニ~の ネイミング

午後ティ~ 魅かれ 買ったのサ

ドキドキしながら 飲んだらば

何だか とても ゴムっぽい 味 ×××

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★

何だか とても  温たい アナタに

今は 少し  埋もれました。

情熱ならば 此の辺が

恐らく 丁度 良いでしょう。

乱打するよな 思い出も

乱雑してく アルバムの奥

そっと 留めて 置きましょう。

めくるめくなら ひたすらに

想い 叶えて 見せましょう。

ぬるま湯の 奥 アナタ 任せに

熱い毛布に 覆われた

夢を 観るなら 一言の

フラスト レイション 唱えます。

未だ 郡には 成り逝かぬ 雪 

チラチラ 見える 世界は 妖艶

水平ポンプに 揺られ ながらに

前進してく バスに 乗る

目的地など 無くっても

ハンドル 回すは 運転手

手動 アクセル 踏み込んで

勝手に 行き先 告げて 呉れます。

望まざるなら 手の鳴る 方へ ーーーーーー

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★

キミは ほんの少しの

ハンモックの 妖精

温かな 太陽の光を

静かに 届けて 呉れるんだよね

だから 泣き笑いしながら

空を 見詰めるコトは 止めよう

ママンが 言ってた。

イチバン つらいハズの BABAも

涙を 隠した モノクロの 布の奥

たった 一言で 零れ出してしまった

僕の 涙

まだまだ お子ちゃま だったんだね

「 違うんだよ 」

総ての 愛情が

愛おしく 感ぜられて

しまった ダケ なんだ――

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★

あなたとの 思い出が 沢山 積もり過ぎて

息が 詰まり そうです。

でも 本当に 命を 亡くしてしまった

アナタへ 寄せて

こんな 言葉ばかり 紡ぐのは

とても 良く無いコトだと 思うから

少しずつでも 前向きに

生きて 行けたならと 思うのです

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★

医者にも 治せない 病気が有る

誰にも 止められぬ 寿命が 存在 するんだね

おじいちゃんは 精一杯 生きたよって

誰もが 褒めて 呉れたって

彼は 二度とは 戻らない

だけれども 思い出ばかりに 涙するんじゃなくて

前向きに 歩もうって

思い出ハナシが

笑いハナシに 成る日まで

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★

今日は イタリアン・ピザ味の BIG ヌードルを

初めて 食して みました。

午前中に 外出出来る 用事が出来て

折角 朝イチの ローソンでは

購入を 我慢して 居たのに

やっぱり 頭の中から 離れなくって

お陰で おにぎりと ヌードルで

僕は お腹 イッパイ いっぱい に 成ってしまって

午後の おやつに 埋もれないで 済んだのさ

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★

あなたに 何を 伝えて良いのか 解らなくて

たった 一人きりの 弔辞の 

ラストを 染めた 其の言葉

「 いっぱい いっぱい

     ありがとう ございました。 」

それが あたしの 

     せい いっぱい だったんです――

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★

駐車場で 縦列駐車を するみたいに

上手く 感情が 

四角の 枠の中に

はまって 呉れたなら 良いのにと

思います

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★

肉体を 離れた 姿でも

其れが 

生前の アナタ

そのものでは 無くっても

あの 揺れた 白いカーテンが

あの 風が

アナタの 証 だったのならと

一瞬 思いました

そして 思い返しました

例え それが アナタで有っても

墓参りが 葬儀が

冷たい アナタの指を

あたたかい 自らの 両手で

包み込んだ あたしの

エゴで 有った みたいに

やっぱり 後悔しないコトが

イチバン 重要なんだって

思い 知らされたんです。。。

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★
人気ブログランキングへ
↑ポチッとな~☆↑


今夜は眠れない

Img_3852


Img_3853


著者は 宮部みゆきサン
ブックオフ衝動買いシリーズより☆

読み終えて暫く経つと
内容をすっかり忘れとる私

本の裏面ストーリーを眺めて
「んだんだ」と言う有様

表紙画の色合いが好きですね
パステルチックな風合いと サクッとしたイラストが
私好みです

未だ手元に在りみやすんで 
欲しい方には差し上げま~す♪

みゅう購読の方に限り 
送料無料で添付しますよん☆

明々後日には旅立ちますので
発送は来年になります~(多分)

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

富良野では 氷点下21.5度だったという 今朝
ダイヤモンドダストや 霧氷が 観られたそうな

休日はじっくり眠る我等
夫は数日前から痛みに耐えている

腰、尻にかけての部分が 
妙に痛むらしくってねぇ

忘年会から帰宅した時は平気だったのに
眠って起きたら痛み始めた、ってんで

若干 寝違えた系か!? と思っちょりましたら
昨夜になって

夫「甲が痛い!」
私『何処の甲や?』

夫「甲って言ったら足しか無いやろが!」
私『手の甲も在るやろが!』

という状況も加味されましてね~(遠い目)

先日マゴノテでゴイゴイ押していたから
悪化したんじゃあ あるめいか~?

と思うちょりましたら 
今朝になってワタクシメは
背中を「ひっつがえた」らしいですわー 

嗚呼イタイ、イタイ
という中年夫婦で ございます~。

一度 お手洗いに行って 
再度 布団に潜り込んだ時

夫「何か・・・感触が 野良猫やな」
私『はっ!?』

夫「こう・・・もそもそ言うところが でっかい野良猫チックやわあ」
私(デッカイ、が 余計やわ!)

夫「自由・・気ままで・・・好き勝手に・・のらのらしてて」
私(のらのらって何ですのん?)

夫「あーっ!!」
私(・・・・?)

夫「今年 猫カフェ 行かんかったやんけーっ!」
私(そもそも何処に在るか 知らんやんけーっ!)

夫「仕方無い・・この猫で 我慢するか・・・」
私『ニャーーーっ!!(化け猫風)』

かくなる上は
「お前 野良やからな!」と

「粗大ゴミの日」に
捨てられない様にせんと! 

と 気を引き締める
年末なので あった

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

~紙を彩る自由空間~

郵送詩誌 活動中☆
ネットのみならず、作品を形にしたい方 必見です☆

詩・短歌・俳句・川柳・小説・日記・フリートーク、
文字の他に 絵・写真を披露したい方にもおすすめ!

ワタクシすずこが編集している手作り詩誌
ポエムサークル「みゅう」

仲間になり購読いただくと
ボツなしで冊子掲載 & CDトーク → 全国発送★

見本誌もあります。読みたい方も連絡くださいね。
読者オンリーもOK

以下に最新号の写真・詳細を紹介していますので
クリックして御覧くださいませませ~☆

みゅう229号・230号・CD

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

藤鈴呼の戯言 ~すずザレ~ 
過去作も織り交ぜて更新中☆

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°




午前中
ギャグの 様な 状況に
見舞われ タ!

会議室に お茶を 
運んだ 時の コト

事務所の 入口に 来た 
お客様は 3名

会社の 人が 一人 だったので
お茶を 4つ 運んだ

会議室を 開けると
会社の 人が 
一人 増えて 居た

” まぁ そう言う コトも 有ろうか ” 

再び 一つ 運んだ

再度 会議室を 開けると
もう一人 増えてるでは ないかっ
~( ̄▽ ̄~)(~ ̄▽ ̄)~

あ・・・ 新手の 嫌がらせか!?

思わず 吹き出しそうに 成りながらも
三度目の 正直で
再度 運び 終了~!_( ̄▽ ̄)ノ彡!

耐え切れず 
事務所の 彼女に 
告げ口 しながら××× ( * _ * )

もし これで
運んだ 時に 
居なく 成ってたり したら

本当に 吹き出して しまった だろうな・・・ 

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

カ ビ


昼休みの 給湯室
副乳の ハナシを して居た

彼女の 姉に 
副乳が 有る と 言う

別の 彼女が
興味 津々で

場所や 色  大きさ を
質問 してた

脇に 有る 場合が
多い らしい

私も 実際に 見た コトは 無いが
昔 人間は
沢山 乳首が 有った らしく
名残と して 
ポツン と 残って 居る 人が
居る らしい

中には
世界 びっくり 人間で
沢山 ついてた 人も 
居た らしいが・・・ 

実は 彼 曰く
彼の お姉さんにも 有る
と 聞いた コトが 有るので

今度 温泉に 行く 時に
見せて 下さい・・・ 

とは
流石に 言え無いよ なぁ
。。。//δ⌒▽⌒//

そんな 話の 後で
副乳の 姉を 持つ と 言う 彼女が
素敵な カミング アウトを し始めた

小学生の 頃 
授業中に 座って 居るのが 
辛かったのだ と 言う

聞けば
お尻の 骨が 当たって 痛んだのだ
とか×××

曰く

「 きっと アタシは 尻尾が 有るんだ 」 
だ そうで・・・ 

笑いながら 聞いて 居たが
別の 彼女の 台詞を 聞いて
アタシは 驚愕 ( * _ * ) !

何でも 人間 誰しも 
尻尾の 名残で
お尻の 骨が 少し 出てるんだ とか!?

「 そんなん 今迄 
  意識 したコト 無かった よぉ~

  しかし 
  尻尾の 名残が 人より 有るから 
  痛むのは 仕方 無い
  
  って 自分を 納得させる 小学生 ってのも
  随分 コアだよ な××× 」

と 思って 居ると
彼女が もう 一つの 秘話を
語って 呉れた

ある日 母に 向かって
神妙な 面持ちで
こう 告げた そうな

「 お母さん アタシ・・・ 
  ケツに カビ 生えてる××× 」

聞いた 母は あっさり

「 そりゃ アンタ モウコハン だよ 」

と 
あっさり 応えた そうな
!_( ̄▽ ̄)ノ彡!

此処で 大爆笑 しながらも
其の 感性に 乾杯
( ^ ^ ) / ▽ ☆ ▽ \ ( ^ ^ )

そして 完敗 の 瞬間×××

モウコハン が 今イチ 分からない アタシは
大きさを 聞いた

別の 彼女 曰く

「 小さい 頃は 誰でも
  お尻に 青い 部分が 有って
  成長すると 消えてく アレだよ 」

うん・・・ 
ソレは 知ってる ケド

実際に 見た 記憶が
無いんだよ なぁ・・・ 

その 彼女は 幼稚園 時代
男女 関係 無く
皆 裸で プールに 入ってた らしいが

アタシは 取り立てて
自分の お尻を 眺めずに
幼少 時代を 過ごしたし

他人のも 然りだし
云々×××

因みに カビ発言 の 彼女は
未だに 母親に 
からかわれる コトが 有るそうな

「 あの時 アンタ
  カビ 生えたと 思って ハハハ××× 」

いやぁ 豪勢な 家庭ですな
~( ̄▽ ̄~)(~ ̄▽ ̄)~

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

広大な 山に 描かれた 模様
雪 と 言う 名の クレパスで
山 と 言う 大きな キャンパスに
素敵な 絵画が 描かれる 季節

日々の 七変化は 美しく 
見る者 全てを 魅了する

そんな 季節の 始まりに
感動の 心   忘れたく 無い

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

今朝は 寒かった ですね
パーソナリティーは 告げる

何故だか 
暖かい 気が して
暖気も 少しで 出発 した ケド

未だ 雪も 降って 無いし
窓硝子も 透明 なのに

わざわざ 暖気する 辺り
相当 僕は 
寒がり なんだろう かー

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

目の前で 可愛く揺れる 細い棒

  雨の最中に モノクロの虹



オデッセイの 
リア ・ ウィンドウを 行き来 する
可愛らしい ワイパー

ウィンドウの 中央 部分を
丸く 掻いて 居るの だが

ワイパーは 短く 
当たらぬ 部分が 多い

恐らく スモークでも 
貼り付けて 居るの だろう

もしかしたら
角度で 真っ黒に 見えたが
純正 なのかも 知れない

その後で 前に 成った ステップワゴンも
同じ位の 暗さ だったが
人影 程度は 分かったから×××

車内が 見えぬ 黒色だ
ワイパーで 掻いた 部分が
ツートン ・ カラーに 成って 居る

模様 みたいに 成った 姿が
まるで 虹みたいに 見えたんだ

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

高いカナ? 写真現像 イチマンエン



まだ 取りに 行って
無いんだ ケド ね・・・ 

前回も 多かったから
店で
「 随分 沢山 ですね 」 
なんて 言われたんだよ な

まぁ あちこちに 焼き増しを 渡そうとして
デジカメ 撮影したモノ 全て
現像 するからだ っちゅうの×××

フツ~ チョイス するよな・・・ 
なんて 思い ながらも

ネット注文 する トキ
思わず ”全て選択” を 
クリック しちゃったんだよ ねぇ×××

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

送ったと
連絡すんの
忘れてた


待ちますよ
面倒かけて
すまないね

仕事中
ブブル携帯
驚いた(*_*)

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°
人気ブログランキングへ
↑ポチッとな~☆↑



光のアーチ

Img_5295


Img_5288


Img_5279

何時も地下鉄待ちをしていて 
思うことがある

サツエキ(札幌駅)なんかじゃ 多くの人が乗り降りするので
先ずは降りる人を見送ってから 自らが乗り込むことになる

これ、常識

一つの扉の両側に待ち人が並び
扉から降りてきた人は 両側の人に見守られながら
その合間を進んで行く
そんな光景が良く見られます

っつうか 私が その「見守る」人間の 
一人なんですけどね

そんな時 必ず思う
嗚呼 卒業式か壮行会みたいだなぁ

ほら、皆で手を挙げてアーチを作る アレですよ
列車待ちの人の場合 アーチは作らないですけれど
まるで そんな雰囲気を 醸し出している訳です

その実、心の中は
(とっとと降りろや! ゴルァ!)
かも 知れませんけれど、ネッ

写真は アーチを連想する クリスマスイルミネーション
in サツエキくんだり で ございます~☆

ショップ入口 駅構内 そこかしこに ツリーは散在していますが
見上げると 綺麗なアーチを発見できる! 客は散財☆ ですよ。

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

例えば あなたが 
誰かに自分の紹介をしてもらう時

「この方は いい意味で 八方美人」
と書いてあったら

幻滅しますか? 
喜びますか? 
それとも・・・?

そう考えさせられたブログがあり、
コメントしました

*

言葉って難しいですよね

八方美人って言葉は 自分自身のことを言う場合
「私、八方美人なところがあってさ~ あはは~」
なんて会話にするならば問題ありませんが

相手に対して使う場合は気を付けないと
気分を害されることもあるのでしょうね

恐らく、その紹介してくれた方は
「誰にでも分け隔てなく接することが出来る素敵な人」
という感じで

「いい意味の八方美人」と表現したのかな?
とは思いますが・・・

*

自分は相手を褒めているつもり
貶してはいないつもり 
普通の会話のつもりであっても

知らぬ内に傷付けていたり 
怒りを買ったり
恨まれたりすることも あると思うんです

言われた相手の「人となり」を理解していれば
誤解は少なくて済むかも知れませんが
全くないとも言えない

このように活字の場合 
表情が見えませんからね

直接の言葉とは また違った意味合いが見えることも
多いのでしょうね

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

一つ前のブログ写真で マウス光を紹介しました
コメントあざあっす☆

・ホログラムや人魂にしたら怖いかも

それは本気の
お化け屋敷になりそうですね\(◎o◎)/!

いやー、マウスの裏は赤のイメージが強かったのんと、
普段 引っくり返しませんからね。
まあ 引っくり返したの、私なんですけど(爆)

掃除しちょったら 
ぽーん! と 落ちてしまったんで 
すっと手を差し伸べて拾ったまでの お話なのでしタ♪


・マウス光のプロジェクションマッピング

言い得て妙!_( ̄▽ ̄)ノ彡! 
時節柄 丁度良い色合い!?

*

フリーズした瞬間に 一つ 思い描いたのが
ブルーライト

いや、ブルーライトなんでしょうけど
ほら、あの、真っ暗いパブの中でブルーライト焚いてると
ジントニックが淡く光る アレですよ

白や青の光、この時期は多く見かけますけれども
感触としては ミント風味ですよね(共感覚か!) 何せ
寒色ですから!_( ̄▽ ̄)ノ彡!

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

~紙を彩る自由空間~

郵送詩誌 活動中☆
ネットのみならず、作品を形にしたい方 必見です☆

詩・短歌・俳句・川柳・小説・日記・フリートーク、
文字の他に 絵・写真を披露したい方にもおすすめ!

ワタクシすずこが編集している手作り詩誌
ポエムサークル「みゅう」

仲間になり購読いただくと
ボツなしで冊子掲載 & CDトーク → 全国発送★

見本誌もあります。読みたい方も連絡くださいね。
読者オンリーもOK

以下に最新号の写真・詳細を紹介していますので
クリックして御覧くださいませませ~☆

みゅう229号・230号・CD

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

藤鈴呼の戯言 ~すずザレ~ 
過去作も織り交ぜて更新中☆

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

色んな瞬間の タバコの 箱が
ギアの 隣の
透明な ビニール袋の 中で
キッツそうに 寄り添って 居るよ

キミと 付き合い始める ちょっと 前から
タバコの 種類が 変わったんだっけ

それから 無理矢理に
禁煙に トライなんて するから サ

箱が コロコロ
変わりっぱなしなの サ

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

何時もより 小声で 挨拶を した 朝
駐車場に 人の 姿が 見えて
こちらに来る 気配が した

あの人 下の 人だったら 良いなぁ
と 思いながら 階段を 覗くと
彼が 昇って来る 処だった

あちゃあ~  ドンピシャ だよぉ・・・
と 感じながら
彼が 昇って 来るのを 待った

何も 悪い コトなど して 居ないのに
角部屋の 壁に 隠れる様に して・・・

下りようと して
彼の 姿を 確認した 瞬間

一度 目が 合った 彼は
おやっ? と 言う 表情を した

そのままの 表情で
階段を 昇り終えた 彼は
ボクと 出くわした

おはよう ございます
ボクが 呟くと

ボクよりも
明るく 大きく ハッキリとした 声で
同じ 台詞を 返して 呉れた

会社の 独身寮 って
解り 易くて
恥ずかしいんだって ばぁっ\(◎o◎)/!

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

最近は キミに 喰わされっぱなしだ
先ず 朝イチで
「 今日は 休みだ 」 と 知らされた
一昨日に 始まって

昨日は
学校から 帰って来た キミが
「 来週は 出張だ 」 と 明かした

私の 知人から来た メールで
食事の 誘いが 有ったので
彼に 話して 居た時の 事だ

そして 夜には
もう 一つ
予定 変更を 知らされたんだっけ・・・

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

ようやっと 区切りが 付いた キミ
久々に カラオケで 
歌い まくった 連休 終日

夜に 成り  スーパーで
冷凍食品を 含めた 買物をし

そのまま 帰宅して
キミの お手製 お好み焼きを 食べる 予定が
ヤマトの 冷麺に 代わった

お疲れさん会だ と 
カルビ 鶏肉 ハラミ と 温麺を 堪能した

キミの 冷麺より 量も 多く
辛く 勿論 熱かった

小腹を 満たそう と
茶碗 一杯の ご飯も オーダーし
キミの 家に 向かった

明日の スーツを 取りに 来たのだ
冷凍食品の 未来が
いささか 気に 成る
月曜の 夜なので 有る×××

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

地震が 有った なんて
全く 気付かなかった

メール チェックを して居て
地震が 有った みたいだけれど 大丈夫?

そんな 言葉を 見て
始めて 知ったんだ

その頃
ギター 弾き語りに 夢中だった ボクは
小さな 揺れにも 気付かぬ 程
自らの 身体を 揺らして
エキサイティングして 居たのだろうねぃ×××

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

ケータイを ピコピコしながら
中々 キミが 出て 来ないなぁ と
部屋の方を 見上げた 瞬間
明かりが パチンと 消えました

あっ タイミングが 良かったね
そんな 風には 
何時も 行かない ボクだ けれども

顔に 出難い キミの
疲れたよ とか 苛立ちを
即座に 汲み取って 生きたいんだよ 本当に

だけど 実際は
直ぐに 表情に 出易くって
解り 易い ボクが

逆に キミに 
気を 遣わせて しまう
毎日なんだっけ ねぇ×××

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

料理を 毎日 作るのは
骨の 折れる 作業です

そんな 表現を してるから
益々 嫌に 成るのだ と 
お思いですか?

違うんです

趣味 と 表記したい 事象が
余りにも 沢山 有り過ぎて

枠内に
入り 切らないんですよー

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

試験が 終わったら 何が 食べたい?
と 尋ねたら
カレーが 良いな って キミ

其れは
鍋に 突っ込む ダケ だから
楽に 済んで 助かるわぁ~ って ボク

だけど ちゃあんと
フライパンで 炒めてから 鍋に 入れたし
サラダも 作成 したんだよぉ~


  『 当たり前?! 』

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

カレーの 残りを 温め直して
パンを 焼いて
サラダを 追加 しようと してた 朝のこと

起きぬけに キミに
今日は ご飯 作ってね って お願いしたら
承知して 呉れました

未だ 試験の 疲れも 抜けて 無いだろうし
温め直す ダケだからなぁ と 
自分で しようと 思いながら 居たら

起きた キミが
残りの 準備を して 呉れた

カラオケに 行き 
買い出しをした 材料で

翌日の 夜には
お好み焼きを 作って 呉れた

とても 嬉し かったんだ
最近 悲鳴を 上げがち だったから

食べたいなら 自分で 作るのが
身体にも 経済的にも 
一番 良いって 思いながらも

包丁を 持つ 手が
イヤイヤを 繰り返して 居た 様で

此れで 又
少し 一休みさせて 貰ったから

フライパンを 持つ 手も
踊り出しそうだ ヨ♪ だなんて
現金 過ぎるかなぁ・・・

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

おしゃべりすずこ 第七弾を 録音した
出来上がった 今回の みゅうを
発送した 夜の コトだった

連休 ラストの 日
たまたま 上の人が 居ないコトに 気付き

此れは 録音の チャンスだ!
と はりきったの だが

カラオケに 行こうか の 一言に
負けて しまった

随分 久方振りの 様な 気がして
BGMに 遣う 予定で
唄いながら 録音 してたのに

ヒート ・ アップ して
声に 力が 入り過ぎたよネ って
後で 笑った

一度 CDを 焼く作業に 失敗し
不機嫌だった ボクも

二度目の 大成功を 治めた 後では
妙に 上機嫌だった

頃合 悪く 
失敗を 取り戻そうと

もう一度 焼く作業を したくて
パタパタ してた トキに

キミが
パソコンの ネット ・ オークションの
時間 ギリギリだから
少し パソコンを 貸して と 言った

うん良いよ なんて 言って
座椅子を 離れて
ブツブツ と 呟きながら
布団を 直して 居ると

キミは 早々に 落札を して
パソコンから 離れた

その後で 無事に 完成した
CDの 聞き直しが 出来る と
ボクが ニコニコ だった トキ

とうとう キミが
ぼそり と 呟いたんだ

嗚呼 ゲンキンな ヒトだ・・・ って ネ


   『 現 金 女 』

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°
人気ブログランキングへ
↑ポチッとな~☆↑


で、出た~っ!!

Img_6074


Img_6075


Img_6076

と思った瞬間を パシャリ☆
時刻は夜21時過ぎ

夫から「帰るから迎えにこーる」があったんで
電気を消したら こんなんですよ

ギャーーーーーッッ!!

とは 叫ばないんですよね

人間、一人ぼっちの時って
案外 冷静です 
写真撮影しとるし(笑)

え゛? って フリーズした

結果、写真を良く眺めると
分かるんですけどね

♪倒れるダケで腹筋ワンダーコーン♪ が、あるな? とか(違)
背中を当てて背骨を伸ばそう円柱棒が、あるな? とかサ。

じゃなくって

良く見てください

四隅 壁際の上から 
怪しい光が注いでいるようにも思えますが

これ、床近くの低机上パソコンマウスを
引っくり返した処から出ている

マウス光ですからね、まうすのひかり。
ねずみ光、ねずみ講だよ! 母さんっっ!!

うん、寧ろ、そっちの方が バビるわ。

先日、これは自宅で夫もいる時なんですが
真夜中の丑三つ時を半刻も過ぎた辺りで
突然 ドドーン! と 音楽が鳴り始めましてね

私の大切な ラジ・カセ子ちゃんから
有線が流れ始めたんだよ、ママンっ!

電源が勝手に入って 流れ始めた

ギャーーーッ!! とは叫ばない(再び)

いや、そもそも有線機械の電源 入ってないのにさ
ラジカセの電源も入ってないのによ?

銀色ラックの一番上には電話機
二段目に有線&ラジカセ
机上空間にパソコンで、私 作業中

誰もいない空間で 突如 鳴り響く能天気な音楽
幾ら私が能天気だからったったって・・・ねぇ?

なーーーぜーーーー(怪)

長くなりましたが、「タイトルに戻る」
で、出た~っ!! 「音が」出ましたがな~♪
⊆|∵|⊇

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

~紙を彩る自由空間~

郵送詩誌 活動中☆
ネットのみならず、作品を形にしたい方 必見です☆

詩・短歌・俳句・川柳・小説・日記・フリートーク、
文字の他に 絵・写真を披露したい方にもおすすめ!

ワタクシすずこが編集している手作り詩誌
ポエムサークル「みゅう」

仲間になり購読いただくと
ボツなしで冊子掲載 & CDトーク → 全国発送★

見本誌もあります。読みたい方も連絡くださいね。
読者オンリーもOK

以下に最新号の写真・詳細を紹介していますので
クリックして御覧くださいませませ~☆

みゅう229号・230号・CD

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

藤鈴呼の戯言 ~すずザレ~ 
過去作も織り交ぜて更新中☆

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

貴方の言葉に 引き戻される夜 / 

今まで 凄い更新を重ねて来て / 

大好きなSONGを聞きながら / 

少し 低姿勢な 彼女の歌声に / 

満たされたままで / 

貴方の溜息に似た 言葉を聞いた / 

それは 愛に 溢れて居て / 

明日 新しい出会いを 期待しなければ ならないのかと 感じたり / 

その気持ちが 気体と化していたり / 

液体となって 水溜りに映ってみたり / 

鏡の中の自分の笑顔に 移ってみたり。。 の 繰り返し /

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:

アイツと 心理ゲームを 重ねて居た頃

自分が死んだら 本気で悲しんで呉れますか? の 項目で

覚めた表情で 「いいえ」 を クリックする姿を

少し 悲しい気分で 見詰めて居た

あの頃 愛して居たと 感じていた 気持ちに

そして あの人とは 喧嘩を したっけ

いつまでも 悩んでいる 彼を

困らせた あたしなのでした。。。

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:

南の地方の 人達にとっては

夏 暑いのは 当たり前なんだね

今の雪に 驚く姿を

私達が 平気で 笑っている風に

だから 夏は 嫌いです

透けるのを 気にしながら 歩くのも

疲れますし・・・?

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:

僕のチャカは まだ 射抜けて居る?

君の心と言う名の 的を

真っ直ぐに 見詰めて居る?

君に 尋ねたって

回答なんて

得られないんだよねぇ。。。

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:

僕 独りでは 無いと

あの人が 何度も 言い聞かせて呉れたみたいに

君も 心配を 重ねて 居たんだね・・・

だから きっと あの方も

白いベッドの上で 

元気に 笑って 居られるんだって

信じる事が 出来た あの夜へ

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:

久々の 目薬を 差した。

ちょっと 角膜異常を 起こして居た頃の 薬で

黄色い 液体だから

この 薄ピンクの パジャマが

汚く 染まって しまわないかって

それだけが 心配で

ティッシュを 片手に


すこし すっぱい 臭いが したね

まさか 悪くは なってないんじゃないの? って

薬にも 賞味期限が 存在するんだって

知って居るけれど

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:

眼科にも 行かなければ ならない

あの人は 忘れているのか 諦めて 居るのか

もう アタシに 「病院に行け」 って

しつこく メールをしてくれる事は なくなっているけれど

余計 気になってしまう。。。って

だって 自分の 「大切な おめめ」 じゃない?

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:

見えなくなっちまったら ホント 困るんだよねぇ・・・

あたしの頭脳は 後 どれくらい 動くの? って

自問自答 するように

この 愚かな 戯言は

永劫では無いの? って

少し 悲しく なるように

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:

やっぱり 消費者の事を 本気で 考えて呉れる

サービスでなければ イカンなって 思うんだよね

例えば カードを 紛失した場合の フリーダイヤルで

こっちが ケータイからだって解ったならば

二つの会社の片方は

わざわざ 掛け直して呉れたから

その差が 歴然としていて

感心したんだって あの人は 言っていたよ!

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:

あたしが 今日 案内を 受けた時

担当の女は とっても ハッキリ 「しない」 女(クソアマ) で

ったく 本当に ぺらぺら マニュアルを 

めくってんじゃねーよ! とか 思いつつ

最後に 言われた台詞って

「ご自分で 確かめて もらえます?」

「は?!」 (一体 何処にだよ?)

って 最初から 電話番号 案内してから

モノ云えっ!

しかも 「このマニュアル 古いんで。。。」 って

言い訳しながら 案内すんなーーーーーー(激怒)

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:

貴方は もしかして わざとかな? / 

また 絵文字が わからないメールが 届いた / 

あたしは パソコンから レスして / 

貴方は ケータイの絵文字で レスして / 

あたしは どんな絵文字なのかが 解らない / 

だけど それが 真っ赤な絵文字で 埋め尽くされてるんだって / 

今は 信じて 居よう / 

そして 誰か 他の人間と 馬鹿騒ぎでもして / 

イライラを 吹き飛ばそう / 

一つ 問題は カラオケが 存在しない事 (笑) /

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:
人気ブログランキングへ
↑ポチッとな~☆↑


カブの味噌汁たべたくて

Img_6042


Img_6041


Img_6040

この時期は忘年会がありますから
飲む機会も増えますよね!

写真は 夫が帰らんず、の夜に
モーレツに食べたくなり作った
蕪の味噌汁でがんす(岩手弁)

まあ 私のこってすから
サーモンも見え隠れ しちょりますがね?
(バッチシ見えとるわ!)

炒め物はねぇ、、、 毎日 お隣さん経由(?)で
換気扇から飛んでくる「かまり」に鼻をヒクつかせ

ガーリック臭に晒された 我が
とうとう我慢できずに 作成したモノ

生姜にんにく バナメイ海老&白菜の
あんかけ炒めに ござります~♪

まあ 私は 参加すべき忘年会なんぞ 
ありませんけど、何か??
~( ̄▽ ̄~)(~ ̄▽ ̄)~

どっちかってぇと
眺める方だんべぇか?

最近 一緒に働いていた仲間だとか
一度もシフトがリンクせんかった幻の女性だとか
誰も居ないのに鳴る呼び鈴だとか(違)

・・・話がズレましたが
パート先でね 立て続けに人が減ったモンですからね

来年からは ちと勤務日数も増えそうな中
初の夜勤務も経験しました

ええーっと、夜のメニューなんぞ
何一つ 頭に入っとりやせんぞ??

寧ろ 胃袋の方が 詳しいんでないかい??(真実)
ええ、食べてますからネ♪

で、大きな盆を両手に抱えて
飲んだくれた皆様方が差し出して下さる
皿やグラスや何やかんやを乗せながら

私『手がぷるっぷるしていて すみませんっ!』

男性1「え゛ー どれどれ」→腕にぎにぎ
男性2「触らないでくださいよー」
男性3「別の店でやってくださーい」

なんつって、楽しいの何のって!(若干違)
いや、楽しいのは本当なんですけどね

昼間も勤務日が変更になったりして
社長「すずこサン、水曜と木曜バグレますか?」

え゛? バックレますか?(激しく違)

これ、「交換できますか?」みたいな意味だな、とは
解るんだけど、本能がこの言葉を拒否する(謎)

何かね、耳慣れないんですよねー
何処かしら、「バグル」って耳で聞くと

パソコンなんかの機械的な何かがエラーを起こす
風なイメージを思い浮かべてしまうのは 私だけ??
⊆|∵|⊇

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

~紙を彩る自由空間~

郵送詩誌 活動中☆
ネットのみならず、作品を形にしたい方 必見です☆

詩・短歌・俳句・川柳・小説・日記・フリートーク、
文字の他に 絵・写真を披露したい方にもおすすめ!

ワタクシすずこが編集している手作り詩誌
ポエムサークル「みゅう」

仲間になり購読いただくと
ボツなしで冊子掲載 & CDトーク → 全国発送★

見本誌もあります。読みたい方も連絡くださいね。
読者オンリーもOK

以下に最新号の写真・詳細を紹介していますので
クリックして御覧くださいませませ~☆

みゅう229号・230号・CD

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

藤鈴呼の戯言 ~すずザレ~ 
過去作も織り交ぜて更新中☆

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

〓 首 都 高 〓 


昨日 眺めた 日本一の タワーに架かる 素敵な夕暮れを

アナタにも 見せたかった

燃える様な 紅色した

吸い込まれそうな 空の向こうに

アナタは 月を 眺めて居たんだね

日本一の 山に着く頃

夕波は 黒に代わって

見えない山を 今日も捜した

切り裂かれた風な 尾根に広がる 山々も

少しだけ 寂しそうに 映りました

河面を 鏡代わりに 仕立て上げなくて

良かったのかも 知れません

きっと涙で 曇っていたから

隠したキモチ迄 瞳に 現れてしまったら

失うつもりの 星の滴が

月の合間から 出現して しまったでしょう

流れの中の 石コロに

落とした文句も 拾ってしまって いたでしょうから  〓

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:

どうやら この町の この季節の 夕暮れは

針の ぴいんと 張る角度に 訪れるらしい

そんなコトを 二度目に感ずる

昨日と逆の 帰り道

あたしが言った 感情も

逆撫でしても 良かったんだよ?

嬉し 楽しい フリをして

そうさせまいと 粘ってたかな

ここ三ヵ月 ずっとそうだね

君のホンキの かおを見れない

何時でも フィルターかかった様に

二人 イビツな かおをしている

キミは つれない 反応ばかり

ボクは 溜めてく 不安ばかりを

こんなままでは イケナイね

キミのトコへも もう 行けないね

も一度 会えない 帰り道

時間の過ぎてく 凄い渋滞

もっと近きゃあ 良かったと

思ってみても 始まらないけど・・・

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:

雪は降る


   しあわせになれ

     幸も降れ  


〓 すず 心の一句  〓


★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:

怒マークで

期待外れと

君は言い
 

       (^_^;


★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:

久々の


パックコーヒー


雪印♪


甘め イチバン


値段 二の次!?


★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:

追い掛けぬ

ツラすぎるから

もう二度とxxx


★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:

〓 失くしてから 一番大切なモノに気付くと 良く言うじゃ無い? の 私の台詞に

   そう感じたコトが有るの? って 笑いながら貴方が 問い掛けて来た

   あたしはなんにも 言えなかったんだ・・・ホンネで・・・なんにも・・・        〓

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:

〓 ミッシェル 〓

僕が笑って居られたのは

もしかしたら 君のお陰なのかも知れない

心から 笑えなくなってから ようやっと気付いたって

もう 遅いんだね

悲しすぎて どうにもならないよ

笑顔を 作ろうと すればする程

僕の表情は やけに 取り繕った時間と共に 流されてゆく様で

一度は 出来るかな? なんて思って

笑う練習も してみたんだ

そこには 妙に 辛気臭い顔をした 老婆が居てね

鏡の向こう側から イビツな笑みを 僕に向けて 生るんだよね

もう 見たくなくて 瞳を閉じたって

ソイツは 夢の中迄 追っ掛けて来るんだ

イルカと 楽しく泳ぐ僕を 嘲り微笑う 顔を残して   〓

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:

〓 い ち ご 〓


なんだかさみしくて

いちご牛乳を 買いました

昨日の夜は 自作自演の

コーヒー牛乳に 埋もれました

身体が とっても イタイです

ココロは かなり 貧しくて

財布の 中身は 減ってゆきます

瞼も どうやら 閉じそうな日の

天気は やっぱり 曇り空

ピーカンよりは 良い気がしてる

暑くて 溶ける コトは ヤだから

ハンドル 握る 握力 疲れて

それなのに 

走りたい 衝動だけに かき回される

一体 ドコへ 向かえと言うの?

もう あの人は 待ってないのに

何を 求めて 彷徨うの?

前の 車は 立派だね

あたしの 愛車が オモチャに 見えるよ

だのに オモチャは

あたしを 楽しませては 呉れないんだね・・・ 〓

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:

時に咲く花びらが 闇の合間に泣いている

今日は 〓ゆきんこ〓 ないんだね

あの かわいらしさが 好きだったのに

小さく くるんと まるまった

寄り添う姿も 見たかったのにネ!

残念だけど 仕方無いよネ

今は高いの 〓かすみ草〓

も一度 冬が 巡ったら

きっと再び 出会えるだろうネ

河原に浮かぶ 〓ねこやなぎ〓

キミとも しばらく 御無沙汰している

今ごろ ゆっくり 休んでいるかな

次の季節を 焦がれながらに

眠りの中で 幸せな夢

描きながらに 笑っているかな

僕が 苦しめられた夜

あの日の悪夢に 惑わされずに

どうか ゆっくり 休んでおくれ

次の春には 笑える様に・・・  〓

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:
人気ブログランキングへ
↑ポチッとな~☆↑


2015年12月22日 (火)

なんきんカラフル

Img_5624


Img_5623


Img_5622

お出汁で味を閉じ込めて
鍋に南京 
少し軟禁
軽く踊るのは自由
照れて染まるのは得意
そのようにして
炒め上がった

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

一つ前の写真解説で嘘ぶっこきました
怪しい指先が写り込んでいるのんは
サツエキ南口の真正面ではありません

この写真 左側に見えるのは 
確かエスタの建物だから
何処かで食事していて 
窓越しの風景を激写した時のものですね

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

あ、そうだ
「ん」の付くもの
一つ
野菜室に 眠っちょった
レンコンの輪切り
出立前に
何とか しなくっちゃ!?

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

~紙を彩る自由空間~

郵送詩誌 活動中☆
ネットのみならず、作品を形にしたい方 必見です☆

詩・短歌・俳句・川柳・小説・日記・フリートーク、
文字の他に 絵・写真を披露したい方にもおすすめ!

ワタクシすずこが編集している手作り詩誌
ポエムサークル「みゅう」

仲間になり購読いただくと
ボツなしで冊子掲載 & CDトーク → 全国発送★

見本誌もあります。読みたい方も連絡くださいね。
読者オンリーもOK

以下に最新号の写真・詳細を紹介していますので
クリックして御覧くださいませませ~☆

みゅう229号・230号・CD

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

藤鈴呼の戯言 ~すずザレ~ 
過去作も織り交ぜて更新中☆

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

唯だ 我慢を 重ねるだけでは
精神は 歪んで しまうから

少しずつ 言葉にして
上手く 伝えようと するけれど

どうやら 何時だって
タイミングが 図れなくて

双方共
嫌な 気分を 重ねた 夜

弱い 心
怠惰な 日々に 寄せて

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

日本人の 良い処
感情を 表に 上手く 表せない

悪い 部分とも 言える
上手く 表せないと
上手く 伝わらないから

お中元や お歳暮や 年賀状
何かの折に
普段 付き合いの無い 人間との
交流は 広まる

私は 何故だか
この 風習が 嫌で
年賀状を 止めて しまった

だけど やっぱり
季節が 一つ 廻る 瞬間に

こうして たった 一言でも
挨拶を されると

とても とても
嬉しい ものだね・・・

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

納会って 言葉
何故だか 私の中では
夏の イメージが 
広がって しまう

夏は 基本的に 嫌いなんだ
一番 嫌いなのは
春と云う 季節だった

誰もが 倖せそうに 歩いてる
唯だ 其れだけで
歪み切った
天邪鬼の アタシは
背を 向けたがってた

変な プライドと
妙な 感情が
不思議 と 言う 一言を
連れて 来た

その 反応が
又 面白くて

だけど 思った
今は 春が 大好きだと

こうして アナタと 二人
出逢った 季節を
踏み締めながら
歩けるのだから・・・

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

桜 と云う 言葉の付いた 曲の中で
どれが 一番 好きですか?

そう 問われて 考えた

以前ならば ジャンヌの 桜 だったろう
だけど あれは 悲しい 曲だ

今ならば コブクロの さくら かな
タイトルが 平仮名だったかも
思い出せないけれど

二人で ハモれるし
何よりも 最後の  
さくら と
咲く LOVE の 掛詞に

完敗 したから
乾杯 したいから


  『 SAKURA 』

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

いつも ボクを 見守って 呉れて 居る
ボクが 疲れて
更新 出来ないで 居ても
君が 居るから
少し 安心してる
そして 甘えてる

いつも 有難う
それは ボクの 台詞なんだよ

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

水溜りに 映る 表情は 少し 歪んでた
水面の 揺れ具合が 美しいのだと 勘違い

フラフラと 漂う心が 本物なのだと信じ
新しい 生活など 要らないのだと 豪語した

扉を 開く 勇気を 持たず
心を 放つ 相手を 持たず

あの頃 只管に 嘆き続けた 僕が
今 手に 入れようと しているモノ

その 魂が キラキラと 輝いて 行く
何処までも 何時までも

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

キャッチボール では 無くて
打ちっぱなしの ゴルフのような 台詞

会話には 成らぬ
不埒な 相槌に ほだされて

其れで 満足 出来なかったから
ヒートアップした 次の 言葉が 出る

そのままで 怒り 続けたら
白い 焔に成ってしまうに 違い無いのに

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

0 か 100 か
YES か NO か

狭間の 存在せぬ 世界で
生き延びる 事は 出来ない

中途半端とは 違うんだ
自由とも 違う

そんな 言い訳ばかりが
心を 変えた

臨めば 1% が 直ぐにでも
100% に 辿り着けるのだと

どうしても 信じ られなくて

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

休みボケ するくらい
のたり くらりと 暮らしたい

其れは 誰しも 同じ

だけれども 働かなければ
お金が 入らなくて
お金が 入らないと
食べれなくて

何よりも
ひもじい 思いをするのは
嫌だからって

こうして 生きて 居るんだね

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

マンガ喫茶の時代から ネット喫茶の時代に 移行する時間帯

ロング・ドライビングの刹那 疲れを癒す 場所が有る

其処には ソファーが有り まどろみが 存在し

腰掛けたまま 居座る空間は 自由と 名付けられた

癒されるのは 一体 どちら側 なのだろう

癒して呉れと 懇願する 刹那

空は 未だ 青く

地球を 緑と 表現したい 気持ちが 広がって 行く--

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°
人気ブログランキングへ
↑ポチッとな~☆↑


スノードーム

Img_4379


Img_4380


Img_4378


写真は札幌の夜景
に なりきらん淡い光の束も いとをかし

ちょっと中央の高いビルが見えているものは
サツエキ(札幌駅)南口を真正面から見据えたところ
右側の高いビルがJRタワーです

クリスマスイルミネーション

道往けば 光鳴る也 昇り龍
法隆寺で締める一句を思い浮かべながら☆

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

洞熊学校を卒業した三人/宮沢賢治

・ごろつきのかぶとむし
この表現が離れないんですよね
何だか「ぐふふ・・・っ!」と 吹き出してしまいそうな程に。

・あぁかいてながのくぅも、
幾つかの表現で出て来ますが脳内で旋律が浮かび リフレイン中♪

・四人よったりは足のさきからだんだん腐れてべとべとになり
この表現も 心に残りました

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

今日は冬至


私はパソコンユーザーです
アクセスする度に 密かな楽しみがあります

グーグルのトップページを開くと
毎回、その日に因んだ色々な画像が出て来るんですね

本日は スノードームでした
これね、こう呼ぶんだって知ったのは
大分大人になってからなんですけれども
衝撃でした

言い得て妙! とも 感心したものでした
(上から目線かよっ!)

似たような品物で思い浮かぶのは
オルゴール 
砂の入った文鎮
水の中でアイテムが動く砂時計みたいなもの
(名前失念)

どれも束の間の安らぎを与えてくれます。

夕方ニュースを眺めていたら
「冬至」の日には
「運盛り」で縁起を担ぐ為
「ん」のつくものを食べる習わしがあるとか?

なんきん
みかん
だいこん

ですって!

ちなみに昨夜の母夕食は

ピザとたこ焼きとみそ汁とリンゴ
だったらしいよ?(笑) と告げたら

夫「すげぇ組み合わせだなっ!」

ご尤も!

その後、徐(おもむろって読むんだって!知ってた?)
に掃除機を取り出したから 

何ぞ零したんかや? 
と思うちょりましたらばね?

シッカロールを絨毯に「故意に」巻いて
吸い取りやがりましてね??

彼、汗対策で
ワッキーにシッカロールの日々なんですよ

いや、襟の皮脂汚れ予防って言ったっけっかな?
洗濯をする私のことを慮ってくれる夫な訳です♪

兎に角、化粧パフパフならぬ
シッカロール パタパタが得意なんです

ネット購入が常でしてね?

ある時 頼んだものが
「何時ものんと違うヤツ」

ネーミングを見て

「缶の柄が何時ものんと違うけど
 よもや空ではあるまひ?」

と思ったかどうかは 定かではないけれども 

そのまま注文したところ
「何時ものんと違うヤツ」が
届いたんですよ

ほんなら いつもと違う含有物の缶を
「誤購入」したらしくて。
これが本当の「ご購入~」なんつって。

「同じ名前なのに入っている成分が違うなんてね!」
と言いながら 

ただ捨てるのも忍びない…、と
 使い道を検索したら

「絨毯に巻いて綺麗にする」
みたいなのがあった、と。

「げー 止めてくれー!」を
柔らかな表現で伝えていたんですが

まさかイキナリの粉攻撃
♪こな~ゆき~♪ 嗚呼(┬__┬)

翌日 掃除機にまとわりつく
怪しい粉だらけの光景と

無駄に甘ったるい空気に
辟易しておりますー(棒)

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

みゅうメンバーの告知を二つ

・自意識過剰包装~上下凛太の詩
りんたのブログで~す☆

・個人誌「a calm」vol.3
深町秋乃さん、梁川梨里さん、麻生有里さん、
三名の作品が掲載されているフリーペーパー
とのこと

欲しい方は  ゆりのツイッター
または私まで連絡くださいネ☆

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

~紙を彩る自由空間~

郵送詩誌 活動中☆
ネットのみならず、作品を形にしたい方 必見です☆

詩・短歌・俳句・川柳・小説・日記・フリートーク、
文字の他に 絵・写真を披露したい方にもおすすめ!

ワタクシすずこが編集している手作り詩誌
ポエムサークル「みゅう」

仲間になり購読いただくと
ボツなしで冊子掲載 & CDトーク → 全国発送★

見本誌もあります。読みたい方も連絡くださいね。
読者オンリーもOK

以下に最新号の写真・詳細を紹介していますので
クリックして御覧くださいませませ~☆

みゅう229号・230号・CD

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

藤鈴呼の戯言 ~すずザレ~ 
過去作も織り交ぜて更新中☆

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

あ!

いや!

やめて!

そんなの!

いやだよぉ!

とんでもない!

はっきりしてよ!

何が言いたいのよ!

だって仕方無いのよ!

経済力だって無いしね!

結婚なんて先の話だしね!

確かに切なくはなるけれど!

事情ってものも有るんだから!

せめて親が反対しなければさあ!

なんとかなったかも知れないのよ!

だけどこうなったら仕方無いじゃん!

こうするより他はなかったのよ解って!

まだ耳も持たない貴方に何を語ったって!

返事をする口すらも出来上がってないかも!

理解するための頭も作られないうちに逝くのね!

殺人者だって私を叱ってくれる手も小さいだろう!

何故どうしてって涙ぐむ目だって開いていないのに!

一体どうしてこんな結果になってしまったんだろうね!

私達が悪いのか周りの人間の忠告がまずかったのかしら!

どっちにしてもとにかく今はどうにもならないって事だけ!

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:

この国しか知らなかったけれど

あの緑に 抱かれていたら

自分の悩みなんて 小さな事実(こと)だって

感じられたのに。

いつからか 私は

あの頃の感動を 忘れてしまって

また いつものように

引きこもっている

これじゃあ いけないよね

もう一度 あの 三つに彩られた青い海を 眺めたならば

あの時と 同じような気分に

なれるとでも 言うのでしょうか。

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:

ポーズを取る寸前に

自分の 一番良く見える角度を狙って

画面に 微笑みかける。

最近 プリクラは 撮って いないのだけれど

出来れば あの人と 一緒に

一枚 撮って みたかったね・・・

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:

渦巻きのサザエ貝の中身には

海のシアワセが 詰まってる

渦巻きのパンの中身には

チョコレートがたぁっくさん 入っていて

人は それを 「コロネ」 と 呼ぶ。

ふかふかの できたてのコロネが大好きで

いつも 食べて いたよ。

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:

アーモンドチップ入りの唐揚げには

カルシウムが たぁっくさん 入っているらしい。

がんばれ! ベア―ズのために

母親達と しんごママが

丹精こめて 創り上げた つなおにぎり

私にも 分けて 欲しかったな。

結果は 惨敗だったけれど

また 頑張れるよね ベア―ズ!!

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:

ゆっくり 休むんだよ!

そう言って 途切れた 電話

あなたの 夢の中に

今 わたしは

入り込めて 行けるのでしょうか?

何故か 申し訳ない気持ちになったのは

大人になった 証拠でしょうか?

社会人の生活が 長くなれば長くなるほど

何かしら 色々 余計な事を 考えてしまうのは・・・

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:

what is love

こんな 言葉が 好きになってしまって

あの人も HPに 使っていた

みんなの バイブルらしい この言葉

ボクは この曲は

ボクのために 作られた曲なんじゃないかと

錯覚してしまった

それほどに

今でも 意味の解らない

what is love

人を 愛するのか

貴方を 哀するしか 無いのか

今でも ボクは

解らずに 生(い)る

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:

人の想いは

激しかったり 薄かったり

濃く映ったり 儚く見えたり

長く続いたり すぐに消えたり

あからさまに冷たくなったり

してゆく

その想いを解らないで つかめない時

知ろうとして自虐する時

知った後で 溺れる瞬間

考えるのも億劫な瞬間

全ては時流に任せて

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:

今日の君

眠ってしまい

僕 一人

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:
人気ブログランキングへ
↑ポチッとな~☆↑


2015年12月18日 (金)

歌舞伎鬼林檎

Img_5651


Img_5650


Img_5649

何となく名前を付けるならコレだろう!
と思い付いてのタイトルですので

歌舞伎とは全く関係の無い記事で在る事を
始めにお詫びしておきまする~っ☆

で、写真の三枚は 通称「アレ」と呼んでいる
「虹の欠片」です☆ 素材は「プラ版」

今回はですね、クリスマスバージョン
(無理矢理にでも そう呼ばせて貰おうっ!)

一見して直ぐ分かりますが
皆 色合いを変えておりまする

ただ、ちと 
えげつない仰々しさに染まりくる切なさよ
という完成度ですねー

手書きのんが下書きなのですが
この 赤い部分から連想したのが

歌舞伎のような
林檎のような
鬼の形相のような
曖昧な印象(タイトル)です

因みに 受賞者の皆さんの名前の部分
背景色があります
これが 立体的に塗った部分

名前は表面に描き
背景色は引っくり返して塗りました

ただ、ちょっと いつも以上に
分かり難くて哀しい。

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

今回、久々に

ルカさんのブログ
にコメントを残してみたんです

写真を眺めていたら 
その美しさにヤラレちゃいましてね~。
ほんと 凄いわ、彼女のセンスに乾杯です☆

*

プラバン、たまに透明カード代わりに作ってみますが
こんな綺麗に出来るんですネ☆ 

クレヨンやマニキュアのアイディア、凄く楽しそう~♪
ヨダレ出ます(ナゼ)

私はルカさんみたいに
器用に時間かけられない性格なので(爆)

ラメでキラキラずいやつにしたいけんども
どうやったら そうなるんだべ?

で、100均でたまたま見かけた キラキラのり仕様で使用
(思い切り間違った選択は洗濯してしまいたい・・・)

ほんなら、「のり」ですからね
一日くらい放置してから カッピカピになったところで
「そろそろ良いべか?」とレンチンしたら
(私はトースターにアルミホイル敷く派です)

・・・さえばりょうになっちまいました(違)
ええと、ですね、分かり易く表現すると

もこもこずい感じになって 
メリメリ剥がれてきた。。と。
(チーン)

完成してから のりぬりぬりの方法だと 
案外と綺麗です
ただ ちょっとメタメタずいですけれども。

ほんで、次に試したのは 同じく100均用の絵具
水性用のんは 何だかマッドで透明感が欲しくなります

そして ガラス用絵具も 同様 
筆なんかで試してみましたが どうも上手くいきません

あと蛍光ペンは 
アルミホイルに色を吸い取られた老人モード
になります(涙)

で、一つ学習したんです。
教えてもらったんですけど、片面に背景色を塗り
逆面引っくり返して文字を描くと
その部分だけ 浮き上がって見えます。

いつも文字を片面に書いて
引っくり返して 蛍光ペン(まだ使うか!)で 

斜めに文字上を塗って レンチンすると 
何だか立体感が出ます☆

それにしても お花のアイディア凄い・・・!
紙バンドのバッグチャームで 
こんな感じのを作っている人はいたけど 
プラバンで バタフライも出来るなんてっっっ

レンチン後、いつも
表紙がギザギザずい辞書二冊で挟み込み
平らに伸ばすのですが、
ギザぽてと みたいになります♪

完成したランプがブログになる日が
待ち遠しいです~☆

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

蜘蛛となめくじと狸 宮沢賢治

頁を開いたまま 少しずつ日を跨いで読んだなまねこ。

*

「そうじゃ。みんな往生じゃ。
山猫大明神やまねこだいみょうじんさまのおぼしめしどおりじゃ。
な。なまねこ。なまねこ。」
 兎も一緒いっしょに念猫ねんねこをとなえはじめました。

*

この部分を読んで思い出したのが

ゆりかごの唄(歌)

日本の童謡・唱歌/ねんねこ ねんねこ ねんねこよ

おじいちゃんもおばあちゃんも聴いてねむった子守歌
大人が聴いても心安らぐ名曲「ゆりかごの唄」は、
1921年に『小学女生』上で発表された日本の童謡・唱歌。

ゆったりと優しい時間が流れる中で、
安らかに眠る我が子を愛しげに見つめる母親の姿が
目に浮かぶようだ。

作曲は、「夕焼け小焼け」、「緑のそよ風」、「どこかで春が」
などで知られる草川信(1893~1948)。

作詞は、「この道」、「からたちの花」などで有名な
北原白秋(1885-1942)。

♪ゆりかごの歌を かなりやがうたうよ
ねんねこ ねんねこ ねんねこよ♪

寝んねするんだ我が子よ
の略なのでせふか☆

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

~紙を彩る自由空間~

郵送詩誌 活動中☆
ネットのみならず、作品を形にしたい方 必見です☆

詩・短歌・俳句・川柳・小説・日記・フリートーク、
文字の他に 絵・写真を披露したい方にもおすすめ!

ワタクシすずこが編集している手作り詩誌
ポエムサークル「みゅう」

仲間になり購読いただくと
ボツなしで冊子掲載 & CDトーク → 全国発送★

見本誌もあります。読みたい方も連絡くださいね。
読者オンリーもOK

以下に最新号の写真・詳細を紹介していますので
クリックして御覧くださいませませ~☆

みゅう229号・230号・CD

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

藤鈴呼の戯言 ~すずザレ~ 
過去作も織り交ぜて更新中☆

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

  宝  物


帰宅して カーテンを 閉めようと
寝室を チラリと 見た

ベッドの下に  
何かが 有る コトに 気付いた

近付いて 覗き込んだ
小さな 四角い 物体だ

触っては 居ない けれども
何と 無く
指輪でも 入って 居る様な 雰囲気が
漂って 居る

もしかして キミが
セット アップ したのだろうか

つい この間
晴れた 休日に

布団を 干した ついでに
ベッドの 下も 
掃除 したんだっけ

あの時は 無かったから
その後に 置かれて 居たのかな

ベッドの 下を 
掃除機で 吸い取りたかったのは ボク

前日に たまたま 覗いたら
引越して 未だ 日も 浅いのに
綿ぼこりが 沢山 沢山 落ちて 居るのが
目に 付いた

でも 普通の人の 倍くらい
布団を 重ねた ベッド だから

先ずは
この 布団を どかして
重たい マットを 避けないと
掃除には 取り掛かれない と 思ったんだ

それで キミに

「 ちょっと マット 動かすのを
  手伝って 呉れないか 」 って

お願いを した

キミは

「 フローリング だから
  こっちの方が 絶対に 早いよ 」 って

柄の 付いた ワイパーを 取り出した

マジックリンを 床に 掛けて
一度 拭き

二度目は 空拭きを して 呉れたね

その間 ずっと
ボクは ベッドの 上で

一生懸命 柄を 動かす キミの 姿を
上から 見て居た

掃除を して呉れる 姿に 
感謝 しながら
頼もしい と 感じながら・・・

だから あの 後で
キミは
置いたん だろうね

ドラマティックな 演出で
何時も 早く 眠る ボクが

夢を 観て しまう その前に

布団に 潜り込んだ キミが
そっと 箱を 差し出す 姿が 
目に 浮かぶよ

だけど

以前 キミは 言って 居たよね

「 現実主義だから
  アクセサリーなんかは 二人で 選びたいね 」 

って

「 だから 勝手には 用意 しないよ 」 

って。

そうしてみると
あの 箱の 中身は
一体 何だろう

キミは 絶対に 見つからないと 思って
隠した つもり だったの かな

それとも

「 見つけたよ! 」 って

ボクが 言い出すのを 
待って 居るのかな

ベッドルームの 周りには
キミの 荷物が 置いて 有るし

本気で 隠すの ならば
その方が 効率的だと 思うんだけどな

今夜 ボクは 見つけたけれど
何時から 此処に 置いて 有るのかな

もしかして 昨夜 キミは
渡して 呉れようと したのかな

だけど 昨夜は 
眠る 直前に

風呂場の 水滴を 拭く タオルを
洗濯機で 洗うか に ついて
言い合いに 成ったよね

風呂場には 換気扇が 付いて居る

何時も ボクは 帰宅して
直ぐに シャワーを 浴びる

それからが プライベート タイム なんだ

キミは ボクと 真逆で

眠る 直前に シャワーを 浴びる

だから
換気扇を 回して 乾かし 始めるのは
午前様に 成るんだ

ボクも こまめに
換気扇の スイッチを
入れる 様には して居る けれども

換気扇の 時間は
最大で 90分 みたい だから

朝までに 水滴が 
渇き切る コトは 無いんだ

連続の 位置に メモリを 合わせても
何時の 間にか 止まって しまって 居るんだ

朝に 水滴を サクッ と 拭くと
カビが 出にくいし

何時迄も 気分良く 風呂に 入れる と 言うのは
ママンに 教えられたんだ

実家の 風呂場は
毎朝の ママンの こまめな 努力で

改装から 三年 経過した 今でも
ピッカピカだ

先日 ママンは そのコトを
得意げに
幾度も 幾度も 話して 呉れた

その後で 早速 ボクも
実践して 居る 訳で 有る

さて

以前から 彼とは 
意見の 相違が 有る

それは 
バスタオルの 扱い方に ついて だ

私は
一度 使用した バスタオルは
必ず 洗う

ところが 彼は 
二日くらいなら 干しておいて 使える
と 言う

洗って 綺麗に成った タオル なんだから
綺麗だろう
と 言うのだ

だから 
毎回 必ず 洗う コトは 無いだろう と

でも
前日に お尻を拭いた 箇所で
翌日 顔を 拭くかも 知れないから 嫌だ
と 言うのが 私だ

他の 顔用の 小さな タオルも
私は 毎回 洗濯機に 入れる

幼い 頃から
其れが 当たり前 だった

彼は タオルを 持つのが 癖だが
座椅子や ベッドに
前日と 同じ タオルが
そのまま 残ってたり する

私に とっては 有り得ない 光景だ

そもそも 今まで 一人分だった 洗濯物が
倍に 増えてからと 言うもの

毎日 洗濯を しなければ 追い付かなく なり

元々 家事嫌いの 私が
家事分担の 件で 不満を 漏らした 時に
出た 話題だ

彼は 風呂上がりでも バスタオルは 使わず
普通の タオルを 使う

私 ダケが バスタオルを 愛用 して居て
洗濯物としての 笠も 増えるので

それならば 二日に 一度 洗う様に しては どうか
と 言う 
彼からの 提案 だったのだ

そして 昨夜は  前述の
風呂場を 朝に 拭く タオル の 
処理の 話を した

彼は 言う

風呂場を 拭いたら 
其れは 雑巾 なんだから
その辺に 掛けて 置けば 良い

私は 思う

朝の 忙しい 時間帯に
いちいち タオルを 洗って 干すよりも
洗濯 した方が 楽だし 良い

彼は 言う

幾ら 最初で 水滴ダケ とは 言っても
雑菌も 有るのだし
着た服と 一緒に 洗濯したら
洗濯機の 中に ばい菌が はびこってしまう

私は 思う

雑巾 と 言っても
彼の バスタオル理論から 行けば
そんなに 汚く 無いのでは 無いか

例えば
外で 子供が 泥を 付けて来た 服も
洗濯機で 洗うのだし

雑巾だって
ずっと 掛けて置く ダケでは 
汚くて 触りたくも なくなる

毎回 洗えば 綺麗に 成るし
渇いた 状態で 拭ける

干す 場所も 
風呂の 中だと 乾かないだろうし
逆に 不潔な 気もする

云々 かんぬん・・・

かくて 私は
風呂場に 干し始めて みては 居るのだがー

そんな こんなで
不機嫌 モードの まま
先に 寝入って しまったから

キミは 宝物を 出す気が 失せて しまったのかな

とても 気に成る 小さな 小箱は
今も ベッドの 下の 暗がりの 中

寒そうに 横たわって 居るんだよー





- 後 日 談 -



その 「宝物」 の 招待が 判明したのは 
数日後の こと。

何と 彼の 時計ケースに 入って居た
型崩れを 防ぐ為の 
四角い スポンジ だったのでしたー 

~( ̄▽ ̄~)(~ ̄▽ ̄)~


★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°


今朝は 寒かったので 
パンツ スーツに した

晴れて 居るのに 
家の 中が 寒く 感じた

以前より 広いから だろうか

夏を 迎える 前から
冬の 寒々とした 様子が 
思い やられる

彼は 休みだが
会社の イベントに 出掛ける 予定 らしい

ゴミ捨ての 日だが
休みの 彼は 
少し のんびり 出社する らしいので
私が 捨てる コトに した

玄関を 出ると
スーツを着た 男性が 歩いて 来た

ゴミ捨てが 終わって
今から 出勤 なのだろう

近所の人に 違い 無いので
何時もの様に 
大声で 元気に 挨拶を して みた

勿論 「お早うございます」 と
返して 呉れた

私も ゴミ捨てを 終えて
車に 乗り込んだ

車内の ゴミ袋を セットして 居ると
先程の 男性が
先刻とは 逆側から 歩いて 来た

一旦 家に 戻り
歩いて 出勤 するのかなぁ などと
ぼんやりと 考えて 居ると

何と
私と 同じ 駐車場に 来て
車に 乗り込んだ!

駐車場は 
家と ゴミ捨て場の 中間に 有る

・・・嗚呼 近所も 近所

この人 もしかして
向かいの 旦那様 だった かしら・・・

奥さんの 方は 
眼鏡 かけてても 解る ケド

確か 旦那様も 
眼鏡 だった 様な・・・

そう 言えば 
未だ お子さんの 名前も
知らなかったんだ なぁ・・・ アタシ×××

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°



  あ  か 



空が 明るかった
寝ようと したけれど

ふと

窓の 鍵を 掛けて 居るか
気に 成ったので

カーテンを 開けたから
気付いたのだ

唯だ 明るかった ダケでは 無い
空の 色は 赤かった

何処かで 火事でも
有ったの だろうか

思わず キミを 呼んだ

寝室の 窓から 外を 見た
キミの 声が 聞こえた

ボクは 入れ違いに
畳の 部屋へ 行き

窓の 鍵を 
チェックしようと して居た

「 ホントに 赤いよ! 」
「 そうでしょう? 」

言いながら
畳の部屋の カーテンを
開けて 気付いた

二つの部屋の 窓は 
同じ 方向に 付いて 居るのだが

寝室からは 見えなかった モノが
畳の 部屋からは 見えた

オレンジの 光だ

嗚呼 それで 空が
明るかったのかー

赤かったのは 不思議だが
取り敢えず 理由が 解ったので

キミに 向かって 叫んだ

「 見て! コレだよ! 」

言いながら 
内側の 窓枠を 動かそうと したら
何と 外れて しまった

こちらに来た キミが
光を 確認した 頃だ

不機嫌に

「 あー 外れちゃったよ 」 
と 言う ボク

「 何で 外すんだよ・・・ 」
溜息 混じりに キミ

勿論 好んで 外す訳は 無いが
反論する気を 抑えた

数回 ガタガタさせて
入った と 思うが 
動かそうと すると 再度 外れた

「 もう・・・ コレ
  元々 外れてんじゃ ないの? 」

思わず 独り言

一度 手伝って 呉れようとした 彼が
窓の 左側に 来て呉れた 時に

入った! と 言ったので
彼は 台所で 一服中だ

二度目の
「外れた」 の 台詞を 聞きながらー

四苦八苦して
ようやく はめ込む コトに 成功し

クローゼット部屋の 窓も 確認しよう と
居間を すり抜け
後ろ手に 扉を 閉めた

何時もより 大きな
空気 抵抗を 感じた

直後 思ったより
大きな 音が 鳴る

「 バタン! 」

その音と 重なって
彼の 叫び声が 響いた

恐らく 「 バタンと 閉めない! 」
と 言う様な 台詞 だったのだろうが
聞き取れなかった

半分 不機嫌さ 故
半分 不可抗力 だったが

戻って来て

「 あ~ びっくりした!
  激しい 音 したねえ 」

と 言う 
心の 余裕も 持てず
仏頂面の まま
寝室に 移動した

初めに 寝室に 移動した 時点で
既に 午前様だった

時計は 見なかったが
眠らなければ ならない と
言う コトは 解った

彼は 中々 来なかった

扉の 向こうから
微かな テレビ音 ダケが
聞こえて 居た

大分 経って
ようやく 彼が 寝室に 来た

何時もは 先に 眠って しまい
何時 彼が 寝室に 来たかも 解らないのに

随分と 眠れなかった なぁ・・・

昨夜の 最後の 記憶で 有る

窓に 対する 
八つ当たりの 怒りの 炎を

彼に ぶつけずに
済んで 良かった

赤の 焔は 
姿を 見せぬまま

眠ろうと する 
私の 心の 奥底で

しつこく 燻って 生たけれど

朝に 成れば
必ず 

鎮火 して 呉れるから

未だ 私は
紅い 月を 
見上げる コトも 少ない

鮮やかな 太陽の 
朱色を 求めて 
生きて 居られるんだ

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°
人気ブログランキングへ
↑ポチッとな~☆↑


2015年12月15日 (火)

なめこ汁が食べたくて

Img_5907


Img_5905


Img_5908


メタメタのメタファー
スッコロガッタ ストロベリー

ショートケーキの甘い香りが
絡み付いては 離れない

眺めてみたい 
フロストシュガーの上で
空回りする 
分子の震え片

大きなドーナツ皿に乗せて
更に苺を添えれば
世界で唯一の
恋衣に変わる

こひごほり、はかなき、ゆめ

梅の香りが ほんのりと
浮いて 離れて カラカラと

恋氷 儚き夢

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

朝はリンゴを食べて 珈琲を飲み
帰宅してから15時に写真の食事

夫は出張で帰宅しないと聞いていたので
簡単に済ませちゃお~っ♪

と サーモンたっぷりパックを買い込んで
ハタと気付く

あ゛、なめこと豆腐が残ってだじゃーっ!
長ネギも入れて 味噌汁にしたい気分が高揚し
実践へと至る

朝食と昼食の間はブランチ、昼食と夕食の間は?
で色々と検索してみました~☆

ブランチ(brunch)

とは、朝食と昼食を兼ね備えた食事のことである。
英語のbreakfast(朝食)とlunch(昼食)を合成したかばん語である。
しばしば、朝食と昼食の両方に取って代わられる食事とされる。

アフタヌーン・ティー(Afternoon tea)

はイギリス発祥の喫茶習慣。
アフタヌーン・ティーは食事に準ずる、
または食事を兼ねた喫茶習慣である。

ロー・ティー(Low tea)とも呼ばれ、
客間や居間など低いテーブルのある空間で提供された。

現代では、ホテルやレストランで提供される形式も含め、
アフタヌーン・ティーと呼ぶ。

紅茶のほかに、キュウリのサンドイッチなどの軽食や、
スコーン、ケーキ類といった菓子が供される。

皿に盛った軽食・菓子が2~3段重ねの
ティースタンド(トレイの一種)に載せられる。

かばん語(かばんご)

あるいは混成語(こんせいご)とは、
複数の語のそれぞれの一部を組み合わせて作られた語である。

語の一部ではなく全部を組み合わせたものは合成語である。
その語源からポートマントーとも。

日本語、殊に大和言葉においては、
正規の語法として用いられることは少ない。

かなり古くから用いられた例として
「やぶく」(「やぶる」と「さく」から)、
「とらまえる」(「とらえる」と「つかまえる」から)
などがあるが、
これらは誤って二つの単語が混同されたものとして
扱われることが多い。

現代人が比較的目にしやすいかばん語は
商品名に用いられているものであり
「熱さまシート」(熱さまし+シート)、
「ネスプレッソ」(ネスレ+エスプレッソ)などがこれにあたる。
昆虫の「コロギス」も混成語である。

三字の漢語については、
「青少年」(「青年」と「少年」から)、
「国公立」(「国立」と「公立」)のような例が散見されるが、
漢字の表意的性格により、
個々の字義から意味が明らかであるため、
辞書に載らない暫定的な造語であることが少なくない。

尚、世界的に有名になった怪獣
"ゴジラ"も又"ゴリラ"と"鯨"から作られたかばん語であり、
これを筆頭にSF・特撮・アニメ作品の中には
好例が多数散見される。

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

~紙を彩る自由空間~

郵送詩誌 活動中☆
ネットのみならず、作品を形にしたい方 必見です☆

詩・短歌・俳句・川柳・小説・日記・フリートーク、
文字の他に 絵・写真を披露したい方にもおすすめ!

ワタクシすずこが編集している手作り詩誌
ポエムサークル「みゅう」

仲間になり購読いただくと
ボツなしで冊子掲載 & CDトーク → 全国発送★

見本誌もあります。読みたい方も連絡くださいね。
読者オンリーもOK

以下に最新号の写真・詳細を紹介していますので
クリックして御覧くださいませませ~☆

みゅう229号・230号・CD

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

藤鈴呼の戯言 ~すずザレ~ 
過去作も織り交ぜて更新中☆

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

レモン 後日談

散々

「 コーヒーに レモンなんて 
 邪道やで (-ヘ-メ) (`ヘ´メ) 」

的 発言 (?) を 

繰り返した 様な 
気が するんですが・・・

*

旅立ちの前に
サヨナラの プレゼントを 貰ってから
半年以上に 成る

ようやっと 陽の目を 見ること 叶った
サイフォン機

サイフォン器?
サイフォンのみ??

前の職場の 女性陣から 貰ったのを
いよいよ 使ってみようって 思った

今まで ドリップコーヒーは
職場でも 使って居たし
自宅でも アイス・コーヒー用に 作ってた

サイフォンは ちょいと 面倒らしい
そんな イメージだけを 持って居た

実家に サイフォンが 有る
戸棚の中に 大切そうに 隠されて 居る

・・・硝子張りだから 隠す 言うても
丸見えでんがな Σ( ̄□ ̄)!・・・

要するに 戸棚のコヤシに
成ってる訳だな。。。

ドリップの原理は ▽に見えるケド 
実は 台形の コーヒーフィルターを 
豆と湯が 通り抜ける

サイフォンの場合は 真空に成る?? とか
聞いた様な

まぁ 難しいコトは 考えまひ
とにかく 必要な モノは・・・何だ?

豆だ! そして アルコールランプだーかーらー
禁煙してから 使ってない ライター・・・

少し 取って置いて 良かったー!! 
by おだゆうじの ものまねさん風

引越し前に とっくに 賞味期限の 過ぎて居る コトに
うすうす どころか 完全に 気付いて 居たけど

持って来た ドリップ用の 豆は 有る
これは 消臭用に 大活躍 して居る

ある日は 冷蔵庫の 中で
ある日は 電源の 入って 居ない 
彼が昔 一人暮らしの頃 使用して居た
小さな 冷蔵庫 と 言う名の グラス保存 戸棚 の 中で

ある夏は 「 香り(かまり) 立つ 」
生ゴミ 箱 の 奥で

彼等は 粒々と ブツブツと 
潜んで 居たのだ

とにかく ドラッグ・ストアだ !!
夜に 初めて サイフォン器具を 取り出して 水洗いして
うずうず しながら 朝を迎えた

今日は 宅急便が 届く日だから・・・
届いたら 出掛けよう !!

朝 ゆっくり 遅寝してる 時には
午前中の ピンポンが 最高に ムカツク 癖して
こんな時は 「 早く 来んか~い! 」と
髭男爵に 成る
((8-(o'▽')o□☆□o('▽'o)-8))

因みに 此の日 待って 居たのは
結婚した 友人へ贈る 3D クリスタル

ラブジェネ でしたか、
リンゴの 形したのを 良く 目に したけれど
あんな カンジで 

オリジナルの メッセージや 名前が
入れられる ツワモノ

しか~も! 回転しながら 
虹色に 輝くっちゅうや ないかーい
♪(〃゜▽゜)ノ□☆□ヽ(゜▽゜*)♪.

アタシが 欲しいわ。。。//δ⌒▽⌒//

午後になり 黒猫さんが 
ニコニコ にゃあにゃあ やって来て

ようやく 一息 ついたので 
チャリンコで GO♪

「憧れの」 ドラッグ・ストアにて ウロチョロ。
ええい! 聞いた方 早いわ! 

「 あの・・・ サイフォン用の・・・
  飲料用 アルコール?? 」

男性店員
「 ・・・ 燃料用 アルコール ですね 」

嗚呼、 そうとも 呼ぶか Σ( ̄□ ̄)!

帰宅して 優雅な 午後を
堪能 しましたと サ
~( ̄▽ ̄~)(~ ̄▽ ̄)~

*

ここまで 引っ張って おいて 
堪 能 し た    の 一言で
済ませるんかーい
(≧∇≦)/□☆□\(≧∇≦ )

いやいや、言いたかった 話に 
戻れなく 成って 来たから
軌道 修正

前日の 夜にね、
母から 貰っていた コーヒーの本を 
熟読 しとってん。

そしたら 色んな 飲み方が 有って
何と レモンとの コンビネーションも 
幾つか 乗っててんっ\(◎o◎)/!

驚きやないかーい♪(〃゜▽゜)ノ□☆□ヽ(゜▽゜*)♪.
きっと あの時 ケンタの 男子は
アタシの コーヒーに レモンを 入れながら

「 この女(ヒト) ツウやな 」 と 思った
訳 ないやないかーい((8-(o'▽')o□☆□o('▽'o)-8))

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

僕らの音楽 に 
福山雅治 と 堤真一 が 出た
容疑者 X コンビ だ

何気 無くも ほのぼのと 眺めてた
アーチストとしての 彼は 
昔っから 勿論 格好 良かった だろう

私は 詳しく 無いけれど 
桜坂は 歌える

彼が 福山 SONG を 何曲か 歌うし
昔の曲だけど 聞いたことの あるのも 
幾つか 有る

でも 此れは 知らなかった
と 言う ステキ ソング に
射抜かれた 夜

Good night これに ヤラレた
そして 想 の ラスト 
SOU の 部分 にも ヤラレた

何だろうか 最近の 声質に 
うっとりして しまってる 私なのか

風呂上りで ぽかぽかした 心が 
余計に まどろんだのか

いや 単純に 
彼が ステキ なんだよね って
ファンの人なら 当たり前に 
そう 言うよね♪

正確に 言えば 
覚えて なかった ダケで 

どこかで この バラード 
聴いたことも 有るような

でも 歌詞が 目の前に 
文字として 見れて

視覚として 聴覚として 
両方で 楽しめて

何だろう 歌の 後での トークで 
彼が 言ってたけれど
この場合の 彼は 福山さんね

プライベートな 歌詞で 有れば 有るほど 
人の 心を 射抜く ものかも 知れない

そんなこと 喋っていて 
妙に 納得 したんだよね・・・

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

ミラーサイトは
同じ言葉が
コピーされている
ホームページの ことだと 言う

ソーセージは
時に
双子のコトを 差すけれど

DNA配列は
すっかり一緒じゃ 無いんだろう?

指紋だって そうだよね

僕は 僕の気持ちが
この 透明なフィルムの奥に
隠されては 居ないかって
何度も 眺めて 見たけれど

最近 瞳が 霞むんだ

段々と
時を 重ねて 来たからかな

透明な シートも
何枚か 重ねたら
薄い ままでは 生られなくって

目の前の 景色も 心も
素直に 映し出すコト
叶わなく 成るのかな・・・

「 鏡 」

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

大粒の ブルーベリー
酸っぱいけれど 口に 含んだ

そのまんま

噛み砕くのが 勿体 無いと
舌先で 転がして 居る

そのうちに 

ふにゃふにゃに 成った
ブルーベリー

もう一度 冷凍しても
元には 戻らないでしょう

だって 
アタシの唾液が 付いている

そのままの キレイな 形では
もう 生られないのでしょう

本当は 
アナタの 求めたのは
もっと 小粒の 可愛い ベリー

アタシが 大好きな
アロエ・ヨーグルトを 常備して 居たら

大きい プレーン・ヨーグルトの方が
安いし 多いし 
そっちにしなよ

因みに 
冷凍の ブルーベリーを 買って 来てね
混ぜて 食べるんだ
昔 良く やってたんだよ

なんて 
懐かしそうに 微笑むから

あらそう? 
なんて 冷凍コーナーで 吟味して
買って 来たのは 良いけれど

アナタの希望よりも 
随分と 大粒に なっちゃった みたいで

朝の 時間の 無い時に
ツブツブを スプンで 
ブツブツ ツブスには

ブツブツ 寝言も
思い出して しまいそうだから

アナタは 結局
冷凍庫で 沢山の 彼女達を
眠らせて あげて 居るのね

王子様は 一体 何時 
起こして くれるのかしら・・・?

『 麗しの Belly 』

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

ミキシング と 聞くと
放送委員会の 時代を 
思い 出すのだ けれど

アタシは パーソナリティー 
とは 呼べないけれど

日々 好き勝手な コトを 喋りながら
オープニング トークで 

必ず 「ところで」 と 言うのが 癖なんだ って
仲間に 突っ込まれながら

リクエストが 有るのに
何で 何時も エックスしか 流さないんだ って
バンドしている 先輩の 男子に ガナラレ ながら

ソレでも それなりに 楽しかったよね 高校時代
誰にでも 口癖は 存在 するんだ

何かの 心理ゲームを 眺めて 居た時
「普通は」 が 口癖の 人は
妙に 責任感が 強い みたいな コトが 有って

そう言えば ニュースなんかを 見て
彼が 何時も 口にする 言葉だ なぁ

確かに 正義感が 強くって 刺される タイプ
かも 知れないから

強(あなが)ち 心理テストも 
無碍には 出来ないなぁ なんて
思ったんだっけ

*

彼等は とても ステキだと 思った

歌詞の 華麗さに
動きながら 踊る 俊敏さに
全体的な メッセージや 若さに
感嘆して 眺めてた

一発屋って言葉が 有るけれど
これから 羽ばたくであろう あなた達には
本当に 頑張って 欲しいんだ って
心から 祈ったんだ

でも 私が 大好きだと 思った 曲は
幾つか 有るけれど

段々と こうも 思う様に なって来た
もしかして ちょっと 声が 出てないのでは?

そんな コトを 冷静に 思う 自分が
ちょっと イヤだったけれど

確実に 自分も 老いて 行くんだ って

好きなら 好きだ って
唯だ 其れダケで 突っ走って

大好きな あの人を けなされたからって
掃除時間に ホウキ 振り回して
大喧嘩する様な 若さも

もう 無いんじゃ ないかって・・・

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°
人気ブログランキングへ
↑ポチッとな~☆↑


2015年12月14日 (月)

ももえみ

Img_5901


Img_5902


Img_5903

さくり、と音がして
りんご、が割れると

天使の輪っかが現れた
とても綺麗だけれど四等分

ごめんね 今から君を
食べなければ ならないのだ

何時かの黄味を思い出し笑いは
何処か気味が悪いよってキミ

器にヒビが入っていることは知ってる
其れは日々の証ですよと言うように

キラリと光る包丁と
白いまな板にも負けぬくらいの
太陽光線

可愛らしい少女だ
りんごちゃん
多分 そんな名前をつけるんだ

もものような粒々が 
恥じらいの笑みを齎す

もっちもち肌にも 負けない
フォークが来るまでは

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

~紙を彩る自由空間~

郵送詩誌 活動中☆
ネットのみならず、作品を形にしたい方 必見です☆

詩・短歌・俳句・川柳・小説・日記・フリートーク、
文字の他に 絵・写真を披露したい方にもおすすめ!

ワタクシすずこが編集している手作り詩誌
ポエムサークル「みゅう」

仲間になり購読いただくと
ボツなしで冊子掲載 & CDトーク → 全国発送★

見本誌もあります。読みたい方も連絡くださいね。
読者オンリーもOK

以下に最新号の写真・詳細を紹介していますので
クリックして御覧くださいませませ~☆

みゅう229号・230号・CD

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

藤鈴呼の戯言 ~すずザレ~ 
過去作も織り交ぜて更新中☆

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

新聞の合間に 挟まっている広告を
毎朝 外す作業

それだけじゃあ ツマンナイから
取ってやった。

新しい 新幹線の 時刻表 (藁)

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★

何時も 新聞 スクラップをして
少し ヒマを 見つけては
メモ帳に 書く。

せっかく 作成した
再生紙を利用した 「手作りメモ帳」 も
付箋には 負けてしまって
誰も 遣っちゃ 呉れないし (。-_-。)

だから 自分で メモして
持ち帰るのよ

色んな情報を 最新で
メル友に 送信して みたりして。

それで 自分の 雑学皇女度が
上昇すれば 此れ 幸ひxxx

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★

「クリスマスのプレゼントは何が欲しい?」
そうね。。。圧力鍋?(藁)

これ、バースデーに欲しいものって言われて
かつて言ったら 引いた。。。周囲の皆。。。笑

「今年のベスト・ワースト 3は?」

ベスト3つも要らないね。

何より、生きていられるのがイチバンの幸せ。
毎日 食べるモノがあって、
例え一日100円のサラダで購入の可否を ホンキで悩もうとも
やっぱり眠りたいトキにBEDで安眠出来る。
これだけで、今年イチバンの幸せだと
自らに 思い込ませて 生きてる。


ワースト3


悪い気分に浸れば、どんな状況であっても
人間 欲望は尽きぬ 生き物。
だから、前を見ないとイケナイね。
こんな時代だから 尚更。。。

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★

上手いモノには 色々と 有るね。

料理も 然りだけれど、
コトバも そう。

騙される 瞬間は、
恨まれる相手には
成りたく無いと 切望するもの。

其れでも 
いたしかたない状況を
掻い潜って 見るのは、
未来の 自分。

下界から 地獄を 見下ろす沙汰は
何 次第?

所謂 金だと 言うならば 
堕ちるよりも 天国に 
上り詰めるんだろう。

此れが 逆説の 世界ならば
尚更ね。

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★

鱗の中に 巣食う泪が 

海に 流されて 
霧に 紛れて 消える 刻。 

月明かりの 灯火 
揺らめく蝋燭に 照らされた 
本性。 

骸骨の 波、
佇む 視界。 

痛みも消え 流された苦しみに 
満たされる 月。 

紅に 煌く 
影。 

べべを着る。 
ちゃんちゃんこを着る。 

真っ赤な唇に 消える、 
道連れの 悲しみを 乗せたままで。。。 

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★

誰もが 共感するような
クリスマス ・ ソングが 流れてる。

個人的な 思い出じゃ 無く、
万人に 当て嵌(ハマ)りそな 表現を 

必死で 探して 要るのだろう、だなんて 
考えてしまう アタシは、

純粋に 其の曲を 
楽しめて居ないのかも 知れない? 

そして 
自らの過去を 反芻してみたり 

半数以上 経過した人生を 
懐かしがって みたりする。

出来れば 札束の 上に居る 
ユキチさんみたく 

過半数 以上 
生きられる時間が 残って居れば 
最高なのだけれど。 

そんな言葉を あの人の代わりに、
あの日の 向日へ――

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★

沸かしたての 湯の様に 
ホカホカしてる から 『ワカシ』。

小ちゃい ブリっ子 
ハマチちゃん ☆ 

合間に 挟まる 
イナダ君、

ワカシの 兄君
ハマチの おと~と ☆ 

大きくなったら 
藁 さっさ ☆ 

掻き集めたら 
ワラサ君 ☆ 

そぉして 大人の
ブリに なる~~~ ♪

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★

わからん M(。-_-。)M 
って ゆぅかぁ~~! 

あちき 
わっきゃんなぁいって 
かんぢ~~ぃ! 

おぢさぁん 
あちきに わかるやふに 
せつめぃして くんなきゃぁ 
やだぁ~~! 

つうかぁ~~。。。。

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★ 

誰かの意見に 全く左右されないと言えば
嘘に 成って しまうよね。

だけど、他人の意見を 全く聞かないって
言ってるワケじゃぁ 無いんだ。

あくまでも、相手の意見を 尊重・・・
は しないまでも

『一応』 聞いといて
反抗 するって ハナシ(笑)

嗚呼、アンタの言うコトは 聞いたけど
あたしゃ~ こう 思うんだよ?

そんな風に ニンゲンばかりならば
耳と 頭脳を フル活用する輩 ばかりならば

犯罪なんて 
起こらぬだろうにxxx

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★

小さなヤツだと キミが言う

卑下するコトが 好きなのか

謙虚なココロと 言うべきか

熟語は 沢山 知ってるし

表現方法 イッパイ 有るし

言い方 次第で 相手の機嫌

損ねるコトも 知ってるよ

その 期限だけ 計り兼ねたら

人間関係 最悪に成るxxx

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★
人気ブログランキングへ
↑ポチッとな~☆↑


青い風船

Img_9699


Img_9705


Img_9706

ある夏の一日
初めての 野球観戦
私は音痴なんですよ
だけん、分からないことも多くってね
歓喜の瞬間を 撮影していました

場所は札幌ドーム
ここも ライブの場所、というようなイメージが強いのは
若かりし頃
エックスのライブ情報を眺めていたからでしょう

実際に来て見ると
銀色の円盤みたいな印象で
お天気だったことも相まって
心地良くなりました

中に入ると人工芝、で良いんですよね
一面の緑と土と群集
風船に空気を入れて待機している時は
内容が分からないなりにも
胸が高まりました

飛ばす瞬間が
一番 楽しいね

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

~紙を彩る自由空間~

郵送詩誌 活動中☆
ネットのみならず、作品を形にしたい方 必見です☆

詩・短歌・俳句・川柳・小説・日記・フリートーク、
文字の他に 絵・写真を披露したい方にもおすすめ!

ワタクシすずこが編集している手作り詩誌
ポエムサークル「みゅう」

仲間になり購読いただくと
ボツなしで冊子掲載 & CDトーク → 全国発送★

見本誌もあります。読みたい方も連絡くださいね。
読者オンリーもOK

以下に最新号の写真・詳細を紹介していますので
クリックして御覧くださいませませ~☆

みゅう229号・230号・CD

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

藤鈴呼の戯言 ~すずザレ~ 
過去作も織り交ぜて更新中☆

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

さぼり癖が ついてしまうと

元に 戻すの 嗚呼 むつかしい

生活レベルと 一緒なんだね

★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

誰か 愛する 人間が居ないと 生きられない

キミは 言ったね

一人になるのは 寂しいし

かと言って 関係を 続けるのも どうかと

何かが 違うんだ

そう 思いながらも ずるずると 

生活を 続けて 居られるのは

もう 其れだけでも 強さだよ

そう 今の ボクに とってはね

★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

足が キレイと 言えば ありさちゃんも そうだよね

鏡のアリスなんて 物語も 有ったけれど

どんなんだか すっかり忘れて しまったよ

今 二度目で 読み返している 文庫本は

尾崎 豊 の 「 真実の愛 」 だったかな? タイトル・・・

何か しょっぱなの 一行が すんごく好きで

短編もの なんだけれど

その一行から広がる ストーリーに 埋もれたくて

昼休みに 読み始めようとして

結局 ケータイで 自分の戯言 作成し始めて しまったりして(笑)



短編だけど 微妙に続く ストーリーってば

まるで 誰かの 人生みたいだし

最後の方まで 読んでたんだけど

何時の間にやら 車の隙間に 挟まってしまってる間に

別の本ばっか 読み進めてたりして

半年以上 ほったらかして しまえば

ストーリーって 忘れちゃうんだよね・・・



★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★


プリンタが 新しくなってから 

未だ インクリボンは 替えて 居ないのだけれども

今日 「 初めての おつかい 」 を したのでし ┌┤・0・├┘ 



と いうのも 新しい 社員への 

シャチハタが 出来上がったのを

取りに 行ったのだけれども。



もともと 文房具屋は 大好きだし

勤務中で 無かったならば

店内を 行脚して しまって いただろうけれども



結局 パソコンインクが 有るかどうか

一瞬 聞こうと 思ったら

店員が 親切にも カタログ出し始めて

「 ちらっと 聞いて帰ろう計画 」 が

「 さぼってんなよ こら! 」 モードへと

移行しそうな 暗雲が 垂れ込めて来たので

「 又 来ます! 」 と 

早々に 撤退 したのでし。



嗚呼 御免なさい。。。 笑


★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★


近くの ホーマックは

10月 下旬に

リニューアル ・ オープン するらしいし

どうも 新しい インクリボンは

その辺で 売ってなくて

よもや 取り寄せ? なんて

危惧して おーる。


ついでに ミュウ編集用のB5用紙も

「 何時もの 」 連打戯言 プリンタしてるうちに

底をつきそうだし



何とかせねば 有るまい。。。 笑


★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★


人は大きく変わってくんだ

良い方向にならば

おめでとうと 言いましょう

例え その結果で

自らが

少しばかり 哀しい気分を 味わっても

「 それを 偽善者と 言うんだよ 」

あの日 あなたに 言われた 台詞

今でも 思い 起こして しまう

起きられないのは 枕もと

ずっと 安眠 していたい

そんな 空想 描いた みたいに


★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★


幼い頃 とてもキレイだった少女が

必ずしも 美人になるとは 限らない

表情は 過去を 顕著に

映し出す 鏡で有るから

それが 光って いたとして

宇宙よりも キレイでしたか

赤い月より 強いのですか

青い地球が 今 見えますか――


★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★
人気ブログランキングへ
↑ポチッとな~☆↑


青空

Img_5897


Img_5900


Img_5893

今朝の札幌は
気持ちの良い空気と
彩り豊かな景色が
広がっています

SAW グラデーション
一瞬で変わり行くから
貴重な雲

同じ時刻に撮影しても
こんなに違う
カーテン越しの白い光

直接 見詰められぬ 太陽だから
角度 微調整

雲の隙間に
寝そべる仏像を思う
涅槃

言葉が生まれて
落ちて
点いて
瞬き
消えるまでの間

少しでも
美しく
浮遊して

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

~紙を彩る自由空間~

郵送詩誌 活動中☆
ネットのみならず、作品を形にしたい方 必見です☆

詩・短歌・俳句・川柳・小説・日記・フリートーク、
文字の他に 絵・写真を披露したい方にもおすすめ!

ワタクシすずこが編集している手作り詩誌
ポエムサークル「みゅう」

仲間になり購読いただくと
ボツなしで冊子掲載 & CDトーク → 全国発送★

見本誌もあります。読みたい方も連絡くださいね。
読者オンリーもOK

以下に最新号の写真・詳細を紹介していますので
クリックして御覧くださいませませ~☆

ミュウ 229.230号 完成♪ 
http://fujisuzuko.cocolog-nifty.com/blog/2015/12/229230-cfe8.html

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

藤鈴呼の戯言 ~すずザレ~ 
過去作も織り交ぜて更新中☆

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

慌ただしい 日々を 過ぎて
ホッ と 一息 日曜日

ヒビの 修復

言い合いよりも
何故か 柔らか 太陽 光

雪は 降る降る
白い 粒々

黄色の 虫が 
闊歩する

我が物 顔で
前進 して居る


 『 グレーダー 』

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

人気の有る 彼女は
美人では 無いのだと 思う

表情が 良ければ
アラは 隠せるのだと 思う

薄着に 成れば
体系は
隠せ 無いんだと 思う

部品的に 言えば
アンバランスな 方が 
気に 成るから

思わず 目に入る 場合も
有るだろう

奇抜な アイディアは 何時だって
初めは 受け入れ 難い モノだし

不安な アイテム ほど
愛しく 感じられる 寸法 なんだよ


   『 ア ラ 』 

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

ようやく 華が 咲いたよ
そう 言って
微笑める 瞬間 ダケを
連想して 生る

或る日は 太陽が 眩し 過ぎて
水やりも 忘れて しまうだろう

雨模様の 夜には
カーテンを 閉め切って

折角の 綺麗な 星空も
見逃して しまうのだろう

其れで
雪の 朝に 喜び 勇んで
スコップ 片手に

外に 飛び出したり
して みるんだ

その頃には もう
花びらも 
凍って しまって
居るのだ けれど。。。

でも
聞いた 事が 有るよ

時間の 問題 なんだ

金魚だって
一度 止まった筈の 心臓を
再び 動かせる程の
冷水 なんだからね

清められたと 思えれば
其れで 良いんじゃ 無いのかなぁ。。。


  『 花 』 

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

段々 慣れて 来たんだ
此の 状況に

流される 情報には
嘘 偏見が 多過ぎる からね

何でも 自ら 確かめて
何かを 感じる 必然性は

否め 無いんじゃ
無いか ってー


  『 疑 惑 』

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

ケーキを 思い 浮かべて 欲しい

生クリームが 周りを 囲み
スポンジの 横側で
波状に 成り 
垂れそうな 光景を 。

ケーキの 上には
クリスマス ならば
小さな サンタが
乗っかって 居るかも 知れないが

走って 居るのは 車で
姿は 見え無い

チョコで コーティング された
マーブル模様の 路面

苺の 代わりに 
赤い 看板

クリームは 雪
スポンジは
国道の 側面だ


『 窓から見える 風景 』


~ 国道より 下の地点の
   何時もの 昼休み より ~

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

おもちゃの様な 日々が 続いて居る
スイッチは 有るのだけれど

からくり時計のように
上手く 動いては 呉れ無い 蛍光灯

直そうにも 熱は 募るし
潤滑油なら 彼が 持ってる

自分じゃあ どうしようも 無いんだ

ベッドと 机に 片足ずつ かけて
騙し 騙し
日暮しの 生活を するより 他には

きっと 蜩も
そんな 面持ちだったに
違い 無いよね


  『 蜩 』  ー ひぐらし ー

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

会いたい 過ぎる 程
生活感の 漂う 関係

いずれ 空気と 成るならば
息苦しいのは
勘弁 願いたい

世の 夫婦は
契り 合ってた 筈なのに

離れる 方が
不安が 募る ならば

結ばれる 以上の 
異常な パワーを

注ぎ込む 必要も
有りませんで しょうに

其の 力が 有るならば
開腹 し合って

モヤモヤ 全て 吐き出して
回復 出来ぬ モノなのでしょうかー


  『 離 婚 』 

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

何時も 近くに 
誰かが 居る 生活と 離れて
一人暮らしを 始めた 頃

開放感に 包まれて
仕方 無かった

恋人が 出来て 別れた 跡
虚しさと 孤独感に
包まれたり したけれど

次第に 慣れてく
自分が 居た

再びを 期待もせずに
過ごして居た 自分が

一生 続くのか と 思われた 頃が
懐かしい 今

手放したくは 無い 存在を 得た事を
有り難く 感じて 居る

そんな 自分に 驚いたのは
他の 誰でも 無く

自分 自身で 有ったのだ と

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

駐車場の 停車位置を 交換して 貰った

建物に 対して 斜めに 停めると
後ろの車が 出られなく 成るので

部屋と 平行に 停めて 居る

積もった 雪が 有るので
直ぐ 横に では 無いのが 有り難い

二階の部屋の 窓下迄も 伸びた 氷柱から
滴る 水滴や 
固まりの 音に 怯えて 居る

恐らく 車上に 直接 落ちて 来たならば
穴が 開くだろう

だけど 轍に ハマり易い
ジグザグ運転を 続ける 日々からは
解放 されたんだ

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

最近の 昼休みには 勉強を 欠かさない
折角 購入 したのだし と
テキスト ブックと 睨めっこ

常連の店の テーブルで
眺めて 居たら

先日 声を 掛けられた

「 何時も 勉強 頑張って ますね 」

其れ迄も 読書は して居たから
何時も 本は 持って 居たのだが

横から チラリと 見えたの だろうか
それとも 私が
むつかしい 表情をして 居たの だろうか

いずれにしても 
嬉しく 成って しまった 単純な 僕は

益々 気合を 入れるので 有った。。。

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°
人気ブログランキングへ
↑ポチッとな~☆↑


ニッカウヰスキー

Img_0738


Img_0740


Img_0742


もう 本当に ウヰスキーを飲めるようなお店には
数年 行ってない!

と 豪語してしまっても
過言では ないんじゃ なかろうか

余市でしたか
マッサンというネーミングぐらいしか 知らず

朝のドラマを見る習性は備わっていないので
あまちゃんすら 取りまとめ編で 初めて眺めたという
体たらく
そんな私ですが

熊の置物にだけは
親近感を。

薄野の看板 これが好きなんです
少し歩くと 茶色の建物があり
ホテルなんかな?

そして 大きなモニターも発見する
ちょっと思い出したのが アルタ前

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

~紙を彩る自由空間~

郵送詩誌 活動中☆
ネットのみならず、作品を形にしたい方 必見です☆

詩・短歌・俳句・川柳・小説・日記・フリートーク、
文字の他に 絵・写真を披露したい方にもおすすめ!

ワタクシすずこが編集している手作り詩誌
ポエムサークル「みゅう」

仲間になり購読いただくと
ボツなしで冊子掲載 & CDトーク → 全国発送★

見本誌もあります。読みたい方も連絡くださいね。
読者オンリーもOK

以下に最新号の写真・詳細を紹介していますので
クリックして御覧くださいませませ~☆

みゅう229号・230号・CD

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

藤鈴呼の戯言 ~すずザレ~ 
過去作も織り交ぜて更新中☆

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

切り替え スイッチ
慌てて 探す

あれ?
何処 だったっけ な?

シナプス が イカレ 過ぎて
見付から 無い ヨ

貼り 詰めた
ネジが

苦しい って 
叫んでる

ワイヤーで 吊られた 姿
ぶ恰好で 笑え 無い

肌に 突き 刺されば
きっと

緑色の 血を 
流すんだろう

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

重たい 曇
そう 思えたのは

空が 余りに
青かった から

群青 スカイ

ボクは
天空の イルカ

何処迄も 泳ぐ
魅惑の 旅

やっぱり
終わりが 無くたって

同じ 処を 浮遊 するのは
ツマラナイ

海 だって
永遠だ けれど

空には 未だ 見ぬ 
ロマンが 有る モノ ☆

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

押し 上げた 
筈の 気分が

徐々に 下降 されて
行く 様に

空も 加工を 続けてく

同じ様な 色合いに 
見えても

実は
全く 違う 存在

塵を 構成する 原子は
細か 過ぎて 見えない

心の 角度も
歪みを 重ねてく・・・ 

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°
人気ブログランキングへ
↑ポチッとな~☆↑



モミの木

Img_3274


Img_3284


Img_3273

時節柄 クリスマスカラーに彩られたモミの木は
この時期 主役となっている場所も多いのでしょうネ

写真は八月後半の木
これは モミの木チックに見えたけれども
詳しくないので 正式名称は分かりませぬ~っ!

フェンスの向こう側に留まっているヘリコプター
珍しい! と パシャリ

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

~紙を彩る自由空間~

郵送詩誌 活動中☆
ネットのみならず、作品を形にしたい方 必見です☆

詩・短歌・俳句・川柳・小説・日記・フリートーク、
文字の他に 絵・写真を披露したい方にもおすすめ!

ワタクシすずこが編集している手作り詩誌
ポエムサークル「みゅう」

仲間になり購読いただくと
ボツなしで冊子掲載 & CDトーク → 全国発送★

見本誌もあります。読みたい方も連絡くださいね。
読者オンリーもOK

以下に最新号の写真・詳細を紹介していますので
クリックして御覧くださいませませ~☆

みゅう229号・230号・CD

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

藤鈴呼の戯言 ~すずザレ~ 
過去作も織り交ぜて更新中☆

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

静かな 痛みが 伝わって 来る
感動する 映画を 眺めている 途中

音も なく 存在感を 誇示する
一滴の 涙のような 色 ・ 香り

音として 乗せれば
必ず 素敵な ハミングとして
耳に 響く 訳では なく

証として 書き込めば
誰もが 当たり前の 様に
視線の 先に 映すこと 叶わず

嗚呼 何故だか 切な気に 歪む夜は
鈴虫の 輪唱よりも 
情緒が有って 仕方無い

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

本日の プールは 
午後に なってから ゆっくり お支度

本当は 午前から 出陣して
帰宅してから 洗濯を 一気に やろう!
と 予定して居たが

結局 いいとも 昼ドラまで 堪能してから
行く気になった・・・

放置していた 洗濯物を
夕方 帰宅後に 洗濯機で ガラガラ 回したので
未だ 乾いて 居ない 状態・・・

プールの 成果
今回は ラッキー7を 意識して 
25メートル 7往復。

毎時間 10分の 休憩時間が 有るのだが
今回は 休憩前に 2往復しか 出来ず
休憩時間に 突入してしまった

休憩前 泳ぎ足りない 程度だった からか
休憩明け 何となく ゆっくり
背泳ぎも 混ぜてみたら
それほど 苦に成らず 泳げた
前回よりは 少し 上達してるかな・・・

息が 少し 苦しいけど
手で 水を掻く 回数を
息継ぎ前に 右・左 の 両手 1回ずつ よりも
右・左・右・左 と 両手で 2回ずつ してから 
息継ぎを すると
泳ぐ スピードが アップする 気がした

でも 案外 息継ぎまでの 時間が 長くなり
半分くらいで 疲れて

後は 背泳ぎで ゼイゼイ 言いながら
壁まで 必死に 辿り着く・・・の図
なんだけど・・・

帰宅途中 近くのドラッグストアで
ジュースを しこたま 購入し

重たい 自転車のカゴで
如何に バランスを 取りながら
チャリンコの スピードを アップさせるか・・・

なんてことを しながら 
ようやく 家に着く

と 思ったら
隣の奥さんが 自転車の 前カゴに
坊やを 乗せて 
一足先に アパートの 敷地内へ。

軽く 挨拶をしたら 奥さんが 言う
「 ゴロゴロ 鳴って ますねぇ・・・ 」

慌てて 
「 一雨 来そうですネ♪ 」 なんて 返すも

実は 雷の音になど
気付いて なかったって オチ付き。

そうかー 雷かー
でも 洗濯せんとなー

と ガラガラ 回しながら シャワータイム。

外に干そうか 迷ったけど
空も暗くなって来たし

かろうじて 雨は降って来なかったけれど
止めておいた

前述の 会話で 蝉の話題も。
「 テレビで 今夏は 特に暑いと言ってるけど
 例年より やはり 暑いのか 」 
と 質問したら

「 確かに 暑いけど 今年は 余り
  蝉の声が 聞こえないですね 」 と。

先刻 プール行脚の 途中で
散々 蝉の声に 癒され(?)て

上を見ると オシッコ ひっかけられそうなので
サンバイザーを 深々と被り
避難モードだった アタシ。

「 あ、でも 公園の方では 鳴いてますよー 」

なんて 切り返した。
会話的に KYだったかしら・・・。

夕方のニュースを 見てたら
北京にて 北京ダッグを 堪能する 舞の海
と スタジオの 安藤キャスター 
の シーン

舞の海が 中華街を 行脚してたら
蝉や タツノオトシゴ なんかが 並んでる
Σ( ̄□ ̄)!

すげぇ・・・ これ 普通に 食べるんだねぇ・・・
セミなら ここで 煩い程 鳴いてるよー。

足りなかったら 何時でも 持ってっ亭
~( ̄▽ ̄~)(~ ̄▽ ̄)~

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・° 

何時もと 同じ
優しい 蒼色に
包まれた 筈の
深い 長い 広い スカイ

現時点での 主人公は
どうやら キミでは
ない みたいだ

何故って
キミよりも 遥か 手前で
キラキラと 輝く
稲妻が 

艶めいて
悩ましげに
微笑 称えて
其処に 生るから---

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

何だか 朝から 気合入れて 布団干したり 掃除したり
ラジバンダリxxx
・・・って 何時ものことですケド・・・

あー新聞読んでー プール行くかぁ? 
なんて思ってたら

急激に吐き気というか 胃もたれというか 何というか
具合悪ぃ・・・って状態になってしまいまして。

電話で 会話してて 復活したようで・・・
まぁ。。電話 切ってから もう一度 
仮眠とりましたけど(爆)

一念発起して (大袈裟な!!)
マックまでサイクリングしました♪ (・・・は?)

最近 レッドホットチキン (名前適当) の CM してて
脳裏で リフレイン しまくってて。

これは 一度 食べないと おさまるまい!! と。

で、ジメジメと 家の中で 寝てるから 
具合 悪い気に なるんだ!!
病は 気からだ !!   それ、行くぞ !!

・・・で 初の道を 行脚したら 坂が 急だの 何だのって。。。
疲れました。。。 でも チキン 食べたので 満足です (単純)

他にも 
布団まで 干してから 仮眠してる 間に
雨降った みたいで、

起きて 雷鳴ってるから ヤバイ !! って
とりこもうと したら 
既に 布団とか 道が 濡れてるし (-。-;)

イラっ としながら とりこんで 
新聞 読むのに 暗いから 
カーテンしめて 電気 つけて

次の 仮眠モードに なったら 
何か カーテンの 向こうが 
明るいんですわ。。。

もーう あったまきたーーーーーーー。
って日も ありますよね。

はは。 (殻笑い)

で、そんな 陰鬱な 殻を ぶっ飛ばすのは チキンしか 無い !!
・・・って 発想は どうかと 思いますケド、自分でも。

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

最近、余りの暑さに 寝れない日々が 続いてるんですが
体感温度を 下げる 敷布団 (ゼリー入り みたいな?)
が 有るらしくって。

先日 ヨーカドーで 実物を 触ってみたら 
確かに 冷えてる 気が するような。

買おうか 迷ってたけど 
どうやら 洗えない みたいなので 止めました。

不衛生よりは 暑い 方が・・・
( いや、やっぱ どっちも イヤ-----っっ !!! )

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

こっちは FM横浜 とか FMふじ とか 流れてるんで
出かけるときは ドライブがてら 聞くんですが

何か 自分が 年とったな、って 感じますね。
きゃぴきゃぴしてる 女の子の トークに
「 あほじゃん ? 」 って
本気で 思う 瞬間 とかに (笑

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

ぽにょ は みて おりませんの
カンフーパンダ チケットは とりにがしましたの

まぁ とらえてから にがすよりも
とらえてない わけだから

あきらめも はやい わけですかに。
~( ̄▽ ̄~)(~ ̄▽ ̄)~

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

オリンピックの テレビ画面は キラキラ していて
不景気なんて 感じさせぬ 雰囲気。

孔子の 格好を した 
若い 男性陣が 

物々しい 音と 共に 
舞を 披露 してる。

活版印刷の 漢字が 浮き 上がり 
大きな 箒 みたいな 筆を 持った 男達の
ちょんまげ姿を 目に 焼き付ける。

彼が 言う

「 これって 東洋チックじゃ ない?
  外国の 人が 見たら 
  どう 思うん だろう ねぇ。

  日本は 未だ 近い 感覚が 有ると
  思うんだけど。 」

ふむ、 さも 有りなむ。


完成した 画集や 
為替が 届いたので 
前回の ミュウを 送る 為に 

近くの セブンイレブン前の ポストまで 
サイクリング しただけでは 物足りず 
そのまま プールへ。

今日は 末広がりの お目出度い イメージ、
しかも オリンピックの 開会式 だから 

前回 7往復で 終わったけれど 
今回は 8往復は しよう と 

泳いでいる 内に
初の 10往復を 達成。

250メートル 泳派した って 計算 かぁ。
良くぞ 頑張った!

なんて
自分を 自分で 褒めて 見る。

出発前には 玄関先で 
とっても 可愛い 守宮さん を 発見。

イモリさん では なくて
ヤモリさん で 良いと 思うのだ けれど

この 猛暑日、
プールの 水温でさえ 31度 だったから 
干乾びて しまわない だろうか、

一瞬 
ヤモリさん ならば・・・ と 

玄関の 中に 招き 入れたい 気持ちを
必死で 抑えて 
サドルに またがった  私 なのでした。

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

かっこいい姿に 見とれた夜
黒く 焼けた 肌

やっぱり 自然ビームが 一等 良い

世の中には
日焼けマシーン なんて ものも

流行して 
終わりを 迎えたの カナ?

とにかく

努力の汗 人玉一粒の 
結晶なんだ

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

お盆時期に
長野 善光寺や 東山魁夷の 美術館を 堪能し 

軽井沢を ドライブする
二泊三日の 旅に 出かけて きましたよ、と。

いや、彼が 8/12に 長野出張 だったので
「ついでに」 ついて いったのさ。

東山さん と 言えば
昔 母が 私の 部屋に
つけてくれた タペストリー

最近 吉永さゆりCMで 出てる 緑と 白馬の 絵 
あれだったかしら ? かいい画 だったの かしら ?
と 今更 気になって みたり する (笑)

東山かい「り」 だと 直前まで 信じてた
私です (爆)

*

先日は 横浜赤レンガ倉庫にて 
五大路子(大和田伸也さんが旦那様)さんの 一人芝居
「横浜ローザ」というものを 堪能して  きましたよ。
芝居は 初だったけど 感動したな。

これは ミュウの 吉田優子さんの母 絹子さんが 
五大さんと 親しいみたいで
毎年 見に行ってるらしく、

今回 私も 誘いを受けたので 彼に 言ったら
彼も 興味 もったようで 3人で 見てきたのさ。 
記念写真も パチリ。

優子の 遺作の 絵と 俳句を パネルにして 
会場に 飾って くれてた みたいで 
その前でも パチリ。

公演は三日間で 今日が 最終日、
旦那の 大和田さんも 来ていて 終わった 後は
五大さんも 大和田さんも デジカメ 持った 人たちに
引っ張りだこ みたいでしたわ。

*

こないだ むしょうに とうがらしマックが
食べたくて 仕方なくて。 

クソ暑い中 チャリンコで 道に直接でないで
マックのあるほうから 出ようとして トンネル抜けたら 
超 坂道で クタクタ メタメタ と 溶けそうだったわ。

-------------道-----------
   ↑マック
   ↑
    ←とんねる←
           ↑
           道           ↑
        家


道 直進すれば 坂も急ではなかったみたいだが
どっちにしても あそこらへんは チャリじゃ 泣けてくるわね。

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

長野 軽井沢を
少し 行脚する お盆休みでした

なんて書くと
普段 忙しく 働いて居て
ようやく 休めたって 感覚が
広がるけれど

まぁ 仕事は 家事なので
日々 休んでるも 同然

なんて 書くと
主婦は 仕事と 呼べないのか 論議

発展して しまう

夕方の 再放送 ドラマで
久し振りに
鬼嫁日記を 見る機会に 恵まれた

今は のだめカンタービレを
再放送 してるんだけどね

のだめ は 見たことなかったし
元は 漫画なんだよねぇ・・・?
これも 良く 解らなかったんだけど

上野樹里さんだっけ?
こないだまでの DVドラマ

( 既に タイトル 出て 来ない・・・
  そうとう ヤバイぞ こりゃxxx )
を 見てから 気になってて

この のだめの キャラを 演じてるのが
妙に ツボで
眺めて しまうんだなぁ。。。

そんな のんびりな 午後
電車に 揺られる 窓越しの 風景と
きっと おんなじ だったカナ・・・

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°
人気ブログランキングへ
↑ポチッとな~☆↑


かぼちゃおばけ

Img_4731


Img_4799


Img_4809

何故 今頃になって はろうぃ~~~ん♪ な写真なのかは
謎ですが

ちょっと フォルダ行脚していて 目に入ったから
久々に顔晒しの 夜

タイムリーに現在の写真は 真っ赤っ赤に違いないから
不可ですー

只今 黒霧島 白湯割 三杯目(カナ?)
何時もは「呑むよ~!」 と 予告するのだが

今夜は 夫が風呂中に そそくさと 注いだから
気付かれていないに違いない!?

まあ 寝る時 きっと 暴露(バレ)る けんど。

サツエキでね、
綺麗なツリーを見かけましてん

「あーっ 一緒に撮ってぇ~っ☆」 と言ったら
嫌ぁな顔 されましてね

「お上りサンじゃ あるまいし そういうの 止めてくれ」
って。(┬__┬)

良いじゃないのよーっ!!
と思ったけれども。

なモンで、唯一 トリックアートと共に 撮影したのんが
10月末のお話 あ、17日でした。

後は 若ぶって裏ピースかましてんのは 
三月末

父を元気付けたくって 
ラミネート加工用に撮影したものですね

そして 背景が青カーテンのんが 
糸魚川アパート時代のもの

これは3月31日
産まれるのが この日か エイプリルフールかで
人生が変わる人も多かろうもん、の 記念日(?)ですなっ

ウインクしてみたんだけど
気持ち悪いテイストになっちまいましたーん
⊆|∵|⊇

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

~紙を彩る自由空間~

郵送詩誌 活動中☆
ネットのみならず、作品を形にしたい方 必見です☆

詩・短歌・俳句・川柳・小説・日記・フリートーク、
文字の他に 絵・写真を披露したい方にもおすすめ!

ワタクシすずこが編集している手作り詩誌
ポエムサークル「みゅう」

仲間になり購読いただくと
ボツなしで冊子掲載 & CDトーク → 全国発送★

見本誌もあります。読みたい方も連絡くださいね。
読者オンリーもOK

以下に最新号の写真・詳細を紹介していますので
クリックして御覧くださいませませ~☆

みゅう229号・230号・CD

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

藤鈴呼の戯言 ~すずザレ~ 
過去作も織り交ぜて更新中☆

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

今日の 

” 涙が出る程 笑いたかった 話 ” 。




爆笑 したくって 堪えたんだけれども・・・



「 あの人って どんな 人ですか? 」



そんな 質問を されたならば

普通は





「 うーん・・・ 眼鏡を かけててね? 」 とか

「 背が 高くて 云々・・・ 」 とか



そういう 感じで 説明するのは

ありきたりだと 思うんでつけどね?




何と 「 あの人 」 に 当たる 人物は

何時も 舌を 舐めるのが

癖だった みたいなんだぁ~




でね?

「 あの・~ ぺろぺろ した 人! 」 って説明を

したらしいんだよ┌┤・0・├┘ 




聴いた本人は

「 はぁ? 」 って モンじゃない?⊆|∵|⊇




だが、 実際に 会った 後で

「 ホント 、 ぺろぺろした 人だったヨ! 」 と

感想を 述べた そうな。。。!_( ̄▽ ̄)ノ彡バンバン!

★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

画家に 成るなら

絵筆は 不可欠?




いいや 違うよ

エンピツで イイ




言葉 紡ぎに

知識は 不可欠?




いいや 何でも

言葉に 成るのよ




だから 涙が 止まらぬよりも

涙が 出ない その 原因が




眼科に 行くには

不可欠 なのさっ?

★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

知らないと 秘密の 存在 告げるのは


意味が無いのよ 秘密で 無くなる

★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

幼稚園児に 秘密を告げて

どれだけ 黙って 居られるか

そんな 実験を していたよ





三人 寄れば 何とやら

少しの 時間は 耐えられた




だけど やっぱり 駄目だねぇ

結局 ばらして しまったよ




秘密は 秘密を 知ってると

誰かに 話せば スッキリ するね




自分ばかりが 知ってても

優越感に 浸れないのと

そんな テレビを 見詰めつつ




僕には 秘密は 有ったかな?

こんな オープン マシーンで

指の 紡ぎに 任せたら

秘密も 何にも 無くなっちゃうよ~

★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

心を 輝かせようと

努力 するのでは 無く




自然体でも 

香が 満ちる

そんな 心臓 持ちたいと




心臓からをの 記憶だけ

移植の 相手に 伝わると

そんな テレビを 眺めつつ

必死で 自己に 語り掛け




何を 残すか 必死で 探し

何を 語るか 考えて 行く

★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

引っ掛かる 存在は

ゴム飛びの 途中



此れが 全てだと

人の 心は 見えぬから




此れが 幸せと

あたしの 心は 告げるから

★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

一心不乱に 生きてきて

腐乱死体で 浮かぶのは

どうも 解せない 思うから

水辺の 浮き輪を 抱き寄せながら

★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

平和です 幸せです 

何も 有りません




最近は こんなだな

あたしも 周りも

幸せなのよ

,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

一人毎が 増えると

何か 孤独に 成ってしまう 瞬間が 有る




誰かが 側に 居て

何か 語り掛けて 呉れても

突っ込んで 呉れても

突っ込みなど 無くても




どっちでも いいや~

なんて トキにも

出現する

ひとりごと

★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

気付けば 鼻歌 歌ってる

其れが 職場 なら

馬鹿に されてた あの日々が

今は とっても 懐かしくって

★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★
人気ブログランキングへ
↑ポチッとな~☆↑


混ぜこぜアベコベ

Img_5877


Img_5878


Img_5879

以前 富良野で衝動買いした
パスタソース

トマト味が好きなんですよね
私もですけど 
夫の方が トマトLOVEらしひ

で、台所ラック内で
丁重に保管申し上げておりみやんしたが

この度 満を持して 
日の目を見るコトに♪

ただ、写真のように ソースだけかけると
何か 寂しいんですよね

米茄子、半分オニオン、豚バラ が
庫内で「呼内?」って眠っちょりましたんで
早速 採用!

これまた以前 サツエキくんだりで 衝動買いした
ペペロンチーノの素 が 残っちょりましたんでね

味付けに 
ちと貢献して いただきました

今週の土日は 珍しく 自宅三昧
一歩も外に出なかったんだよママン!

つうことで 食卓も 
残り物三昧ですよ

土日様に、と 食材を買い込むと 外食になり
殆ど買っていないと 自宅になるという体たらく

マーフィー、そんな日常は 
モーマンタイだよ、ネッ☆

この炒め物をですね、
徐にパスタ上にぶっかけたら

夫が 嫌~ぁな表情(かお)をした

アレッ? 気付かなかった?
皿の底に在るのん、トマトソースをレンチンした 
残りだヨ?

コンソメ 塩 の 味付けも 施したけれども
こうして「乗せる」体で 制作しているんですよ すずこ亭

その言葉 虚しく
細い麺は 啜られて行く

美味しかったんだからっ!
ほ、ホントだよっ!?
~( ̄▽ ̄~)(~ ̄▽ ̄)~

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

~紙を彩る自由空間~

郵送詩誌 活動中☆
ネットのみならず、作品を形にしたい方 必見です☆

詩・短歌・俳句・川柳・小説・日記・フリートーク、
文字の他に 絵・写真を披露したい方にもおすすめ!

ワタクシすずこが編集している手作り詩誌
ポエムサークル「みゅう」

仲間になり購読いただくと
ボツなしで冊子掲載 & CDトーク → 全国発送★

見本誌もあります。読みたい方も連絡くださいね。
読者オンリーもOK

以下に最新号の写真・詳細を紹介していますので
クリックして御覧くださいませませ~☆

みゅう229号・230号・CD

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

藤鈴呼の戯言 ~すずザレ~ 
過去作も織り交ぜて更新中☆

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

GWですが 帰省しようかと 思うちょります。
彼の休み予定が 正確に 決定して いないのだけれど

とりあえず ホテルは おさえとこうか と 思って
予約しました。

5/2 - 5/5 の 4連泊で。

5/1 休み とれれば そこで ドライブしようかな、と。
最終日 5/6は 帰省しようかな、と。

友人の子供を まだ 見てないので 
連絡とって みにいこうかな、と 思ってるよ。

あとは 二人で カラオケにも 行くかも

( わざわざ 盛岡で カラオケしなくっても 
  良いだろうって? 
  いや、盛岡で 使いきれなかった ポイントが
  溜まって いましてね (笑)           )


今日 ETCフィーバーに 乗っかって 
遅ればせながら イエローハットに 行ったが

当然のこと GWまでに ETCなんて とんでもないっ 
車載機なんて ありませんよ

とのこと。

まぁ 週末 1000円の 対策も 
向こう 2年間 限定みたいだし
今回は ゆるりと 普通料金 支払い しますよ。 
ふっ。

*

即日発行か
シャサイキあるか
値段

を 尋ねた

結論

GWには間に合わないでしょう
とのこと


カードは 自分で クレジットカードを 作って
カード裏面の 番号に 自分で 電話して

ETCカードを 作りたい と 言うと
手続きして くれる筈

1~3ヶ月 かかるのでは?
とのこと

車載機は 在庫なし
入荷時期 未定

本体   1~15000円 かかる、
工賃      5250円
セットアップ  2625円

本体は 二種類ある

一体型 
  → 取付位置が 決まってる
  → ダッシュボード上か フロント硝子

アンテナ分離型 
  → 取付場所は 自分で選べる


今後  助成金が 受けられるように なるが
先着 150台だから?
助成金 受けられる 保証はない

みたいな話も してた

変な話 車載機 なくても
とりあえず カード つくって 
一般レーンで 手渡し 決済すれば

理論上は ETC扱いなので
安く なるのでは?
と 言ってた

*

折角 お出掛けしたので
コートダジュールにて フリータイム6H♪
ソロ活動は 越して来てから 無かったからなぁ
久々に 絶叫したんで や~んすっ♪

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

両親に メール質問をした。

*

桜、無事に 咲いたみたいで。
そうそう、 気になってたんだけれど

今あるのは しだれ桜じゃない?
昔あった 背の高い桜は もともと あったんだっけ?

家って 建売のを 購入したんだよ ねぇ。
一緒に ついてきたのが 背の高い 桜でしたっけ?

でもって 
私も 桜は 小さい頃から 良く みていたんだけれど
種類なんて 全然 興味なかったんだけど

最近ね ソメイヨシノが 標準木だ って
知りましてね?(爆
あの 背の高い桜は ソメイヨシノ だったの?

梅とか 柿も あったよ ねぇ
あれは どこから もってきたんだったの?

いずれにしても 背の高い桜も 梅も 柿も
建て増し したときに 根付かなくって 
ダメになっちゃったんだっけ?

ふと 考えていた ところだったのよ。

なので 無事に 咲いたとの 知らせ 
嬉しく 読みましたよ。

*

すずめは 見ていると 
とっても 可愛いんだけど ねぇ。

近くに 境川 って あるんだよね。 
私の 家から 妹の家の 方角に続く 
結構 おおきめの 川沿いは

川の 両側に
サイクリング できるような 
細い 小道が 二つ あるんだけどね?

そこを 妹に CD とどけに いくときや 
町田駅あたりまで サイクリング するときに
通ったり するけど 

すずめが いきなり 飛び立ったり するよ。
東京だけど この辺りは 
まだ すずちゅんが いて 嬉しいなぁ なんて
アタシは 今のところ のほほーんと 思うちょります。

関東の 桜は
確かに 長持ち したのかも 知れないけれど

個人的には もう少し 長く みたかったなぁ
と 思ったな。

たまたま ウォーキングして 
写真 とった日が すくなくって

もう 一度 晴れたら いこう 
と 数日してから 行ったら 

既に 葉桜に なりかかってて
クソッ てな もんでしたわ。

*

あ 夢庵の 話だけど 
私の 書き方、誤解 させたね。

初めから 「短期ok」 と 
いわれてた わけでは ないんだよね。

週 2.3日 1日4h から ok 
と いうことでは あったけど

長期か 短期か と いう意味での 
期間の話 は なかったの よぉ。

ま、またまた 活動 してますので 
上手くいったら 報告しまうす。

*

風呂の カビは 
こまめに カビキラー してます。

主に 「宅の 主人がー♪」 うふ。
窓は 常に 開けております。 
上に 小窓があり 網戸もあるので 
何時も 全開。

寝具は 季節ごとには 
特に 変えて おりませぬ。 
布団の量を かえる くらいかな。

掃除機で 空気を 吸い取るタイプの 
布団カバーに 入れたり 出したり するけど

一番上の 重たい かけ布団が 
1枚に なるか 2枚かの 差ですな。

あとは こまめに シーツ タオルケット 
洗うように 心がけつつ

布団干しは けっこう してるけど 
最近 花粉や 黄砂だから

晴れたからと いって 
「 布団 干したよ♪ 」 と ルンルンの 私に 
彼は 良い反応 しない (笑

*

落語も 最近 流行しているらしいね。

噺 あたしは これを
薪 たきぎ と 読んでしまった

これだけで 自爆モードで 笑える。
うーん 歴史も 落語も 
食わず嫌いは いけませんね 
と 思っているんだけどね。

そう 、 思っているんだけど(笑

*

あなたが 色々と 書いてくれた
本の 内容、

おもしろい話を 見て、
ふむふむ。

一番 あたしが 
笑った 一行は

次はもう少しおもしろくない本を読もうと思います。

ここでしたとさ。
うーん。 その時に よって 
人の ツボって 違うと 思うけど 

今回は この一行で
爆笑!_( ̄▽ ̄)ノ彡!

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

自分のコトを
客観的に
表現する
むつかしさ

自分は こうや!
そう 
豪語する 場合

結構な 割合で
正反対の 事実を
発見するのです

故に
いい加減と 豪語する
あなたの
律儀さを
垣間見た 気が しました

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

相合傘の 中で
私の心は ドキドキ モード
何だか アナタに
守られている 感じが するから
嬉しいの

思いっきり 腕を 伸ばして
アナタも 濡れないように って
差し出した 傘を

自然に アナタが 手に取って
私の上にも 翳してくれてる

歩幅は 違うけど
あえて 一緒に
歩み始めた 二人

行き先が 違うと
お互い 雨に 濡れちゃうから
どうか 一緒に
歩いて行ってね

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

対岸の火事 止めようと思って
先ずは 目の前の 川を
遣おうと 思った

手っ取り早かったから
そんな 言い訳は
後で 笑い話に すれば良い

ポンプ車が 来ないから
バケツで 少しずつ 水を汲んで
火と対峙した

遣っても 遣っても
水は 無くならない
そうだ この源泉は 海なんだ
薄れ行く 記憶の隅に 映る
幻想

眩暈がして ふらついた身体を
グイッと引っ張る 大きな手

そうだ 僕は
一人じゃ 無かったんだ

改めて 気付いた僕は
バケツの水を
これまで以上に
一生懸命に かけた

火は 勢いを 増すけれど
一人ずつ 仲間が増えて
少しずつ バケツリレーが 
出来るのならば

何時か 消すことも
可能なのかも 知れない
そう 思って居る

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

心に 留まる
良し悪しごと
由無し事
よしなしごと・・・?
四方山話

みぃんな 集めて
あなたに あげる
白くて 長い 耳で
ゆっくりと
聞いて ちょうだいな

牛が 反芻するように
一言 一言
何度も 飲み込んでいくよ
噛み砕いて 説明したら
きっと 伝わるかな・・・

だから
寂しいなんて 泣かないで
月夜に そっと
消えて しまわないで--

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

父から返信が来た

*

帰るのを楽しみにしてますよ!

我家の桜は未だつぼみですよ
今あるのは枝垂桜(シダレザクラ)ですが
昔あったのは山桜だったと思いますよ

梅ノ木は今正に満開ですよ・・・2本とも・・・

柿の木は増築の時に移植して死んでしまいました・・・
もともとは紫波の実家からもらってきたものですよ!
石割桜も咲き始めたところですが・・・

それではまたね   

*

母からも返信が来た

*

桜は開花宣言が出ただけで、まだこれからよん。
とは言っても、今「東銀」に行ったら、学園前の並木が
ちらほら咲きかけてました。

「東銀」のTV「AQUOS」で、大阪造幣局の八重桜が満開なのを
見てきました。
画面が大きくて見ごたえバッチリ!

我が家の桜は、元祖は家付きの山桜です。
だから野性味が強くて毛虫満載。
枯れかけて、とうとう切られたのでした。

今の桜は、そのあと買ってきた しだれ桜です。
買ってきた時は大人の背丈ほどで、細かったんですよ。

梅や柿は、たしか紫波から頂いたのだと記憶しています。
梅は2本あって、1本が今満開ですよ。

途中でいじめたから枝も花も実もいじけてますが、梅は健在です。
柿は・・・どーだったかなぁ? 秋までに確かめまーす(笑)

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°
人気ブログランキングへ
↑ポチッとな~☆↑


くるみパン

Img_5876


Img_5875


Img_5871

カリカリが溜まらない

最近フランスパン系を久々に買い込んで
凍らかしていました

昨日は残り物の鱈鍋雑炊になったのでね
本日のランチは何時もの土日モードでドン!

久々に胡瓜をスライスしました

キャベツ、今回は買い込んだ分がなくなったので
夜に自宅お好み焼きを所望しとった夫に応えられんず
(┬__┬)

卵は久々なるスクランブル模様

と言うのんも、この食む、いや、ハム、生ハムなんですが
ちと日を跨いだのでね軽くフライパンで炙ってみますた

塩分が強いけんね、
卵は「まんま」使用でっしゃろ☆

さっき風呂上りに夫に言われたんですよ

テレビを見とったら 
岩手県民の脳卒中死亡率がピカ一だ

とか言うじゃあないですか

寒い地域では漬物や辛いものなど摂取する割合も
高いだろうもん

気を付けねばなりませんね
気は点けねばなりますまひ。

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

物故者、という響き、
何度か耳にしているのですが 
どうも慣れないのです。 

何故にそう呼ぶのだろう、
嗚呼 人ではなく 物になってしまったのだろうか 
なんて 切なさと ともに。 

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

~紙を彩る自由空間~

郵送詩誌 活動中☆
ネットのみならず、作品を形にしたい方 必見です☆

詩・短歌・俳句・川柳・小説・日記・フリートーク、
文字の他に 絵・写真を披露したい方にもおすすめ!

ワタクシすずこが編集している手作り詩誌
ポエムサークル「みゅう」

仲間になり購読いただくと
ボツなしで冊子掲載 & CDトーク → 全国発送★

見本誌もあります。読みたい方も連絡くださいね。
読者オンリーもOK

以下に最新号の写真・詳細を紹介していますので
クリックして御覧くださいませませ~☆

みゅう229号・230号・CD

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

藤鈴呼の戯言 ~すずザレ~ 
過去作も織り交ぜて更新中☆

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

インターネット と 言う 媒体は 
時に 便利で 非常に 厄介だ。

ボクは 二人の美女に 挟まれて居た。
右側に 座る 彼女からは フローラルな 香りが する。

今朝 急いで回した 洗濯機の 中へ 
ぶっこんだ 洗剤と 似てる

なんて 
口が 裂けたら 言えや しない。

クルクルと 巻かれた 
しなやかな クロワッサン風の 髪型も ステキだ。

( 何て 言う 髪形 なのだろう? 
  ボクは ファッションには 疎いから
  良く 分からないの だが・・・ )

ロング スカート、
これは 所謂 シワ加工の 生地 なのだろう。

アイロンがけの 手間が 省けて うらやましいな
なんて コトを 思う。

ボクは 日々 Yシャツに アイロンを あてている。
ちょっと 格好 つけたくって 
髪に アイロンを あてた 時期も あったっけ。

なんて 自分の 妄想から 
過去 回想 モード。

これだから 
独身男性 なんて 寂しい って からかわれるんだ。

クールビズに なったら 
スーツで 隠す コトも 出来ないし

パリッパリの シャツに したいから 
手間は 惜しまない。

パリッパリの 春巻きも 好きだ。。。。
また 妄想して しまった。。。

左側の 彼女は ボーイッシュな イメージだ。
髪に クロワッサンは つけてない。

ツンツン しそうな ほどの ショート ヘア。
夏に 近付いて 来たし 涼しげだが 

これ以上 暑く なったら
もっと 短く するのかな? 

それは ちょっと・・・
なんて 彼女の 勝手 だよな。

リーマンの 楽しみ と 言えば 合コン
と 豪語して しまっては 

世の 男性陣に 
怒られて しまうかも 知れないが

足しげく 通って しまうのは 
ボクだけ だろうか・・・?

クロワッサンの 彼女 アキは 
アパレル業界に 勤めている。

ボクとは 頻繁に 遊んで居た。
仲良しグループの 中の 一人 と 言って 
過言では 無い。

恋心は・・・? 

問い掛けた ことは 無い。 
自分の 心にも、アキにも。

卒業して 
互いに 連絡を 取らなくなって いった。

アキと 再会 したのは 
数有る 合コンの うちの 一つ、
イタリアン風の 店で だった。

最初は 気付かなかった。 
アキは 整形して 居たのだ。

少し ポッチャリ型だった アキは 
すっかり スリムに なっていた。

その エステサロンで 働いて 居るのが タケだ。

ボクと タケは 
気の合う 親友 と 言った ところだろう。

女みたいに 
友達 とか 親友 とか 
口に 出した ことは 無いけれど。

男女間の 友情が 有ると したら・・・
きっと 親友だ。

アキは タケの 客では 無かったが
店に 通い詰めてる 中で 
数回 ハナシを することが あったと 言う。

何でも 当初 ちょっとした トラブルが あった らしく 
アキは 来る度 文句を 言って居た らしい。

が タケは 直接 関わっていた 訳では 無いので 
直接 文句を 言われた コトは 無かった。

件の彼女等に 囲まれて、いや 覆われて・・・?
二人とも 存在感が 有るし オーラを 放ってるので
圧迫感は 否めない

ボクは 大きく 深呼吸を 重ねた。
どうやら 本題モードに 突入したらしい

カラン と 音を出す グラス内の 氷と ハモるように
ガラリ と 世界を変える程の 空気が 流れた

二人は 酒が 回って居たのか
今まで 避けて来た 膿の様なものが 飛び出したのか

最初は 仲良く 喋って居た 筈なのに
気付けば 論破しまくりの 大弁論大会 宜しく状態と
化して しまっていた

少し 空気が緩んだ挙句
今度は ボクを挟んで 味方につけようと し合う 二人。

ボクの 相槌一つで 一喜一憂してる
本当は ボクの意見なんて 然程 重要視 されてないコト
良く 解ってる

最後には 肩を抱き合い 笑いながら
夜の闇に 溶けて行った 二人

帰り際 呟いた 一言を 忘れない

ごめんね 何か アナタを ダシにした みたいで・・・
でも ありがとう。 おかげで スッキリした 気分に なれたわ。

ボクは いったい 何だったんだろう
でも ダシにされた気は しない

二人の作り出す 味噌汁の 出汁には
きっと 叶わないと 思うから。

ボクは カタカタと キーボードを 叩く
この世界には あらゆるものが 埋まって居る

生身の 彼女等の 心 そのものだって
もしかしたら 埋まって 居るかも 知れない

勿論 最高のダシの 出し方だって。

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

何時も 突っ込まれる
イントネーション 可笑しい と

そうかな?
アタシにしてみれば 正当なんだケド

語尾上がりのコトバは
元気 みなぎっている

昨日の夜から 今夜にかけて
汗が 流れ落ちてる

こないだ惣菜 買った
フライを 食べ過ぎて 凭れた胃

今日 油 最小限にしたつもり
手作りコロッケ 美味しかった

美味しいって もっと
感激の笑顔 見れると 思ってた

どうやら アナタ
食欲が 無いみたいだ・・・・

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

庭仕事の 楽しみ
少しずつ 綺麗に 成って行く様子を
眺めるコト

少しずつ 大きく 成って行く 野菜
育てる コト

時間が 掛かるから
直ぐに 実感 出来ないけれど

笑顔の 未来の 自分の 姿を
連想する
其れが 楽しみ なのでしょう

さながら アタシは
庭が 無いから
紙を 育てる

真っ白の 画面を
文字で 埋め尽くして行く みたいに

真っ白の 紙を
皆の 作品で 一杯に して行くんだ

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

このあいだ あの娘達と 酌み交わした お酒
二人だと 余り 減らない グラス

笑える お喋りと 美味しい お料理に
喉を通る 液体の 量も 増える

フィズだとか ソーダ割りだとか 言う 私達に
彼女等は 「 可愛いねぇ 」 と 言う

向かい側で ロック 酒 の オンパレード
何時の間に こんな 飲兵衛に 成ったのか

昔は アタシの方が 飲める口だと
信じて 止まなかったのにねぇ・・・ 妹よ

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

三日目までは 若いと 信じて 居たんだ
その後で お婆さんだと 実感する 筋肉痛

泳いだんだもん 全身 筋肉痛よ
そう 覚悟していた プール後 三日目

想像と 正反対に 元気な 身体
アララ どうしちゃったの? 若く なったの??

三日間 苦しんで 居たんだ
どうにも こうにも やる気が 起きなくて

暑さも 酷くなって 来たし
夕食 作って 途端に 具合が 悪くなってから

もう 三日目
午前中は 寝てしまって 使い物に 成らない

流石に ヤバイよねぇ 
思い返して 起き出した

夕方なのに シャワーを浴びて 洗濯 回し
布団を 干して お買い物

世間に 逆行してる風が 
妙に 心地 良くって

そうだ ここは とても 風が 強いのね
だから 2、3時間でも 乾くのよ きっと。

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

IKEA 楽しそうな 家具が 沢山 並んでる 場所
未だ 行ってないけれど イケア 行ってみたい 処

食器棚が 突然 壊れた
イケアに 行け と 言われてる みたい

蝶番の 部品
普通は くっついているのに 途中で プッツリ

細い 針金が 飛び出して居て キケン
右側が 壊れたから 左側だけ 開いてる

右側の 食器 取り出すトキ 不便
ガラスの部分が 割れないか 不安

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

パソコンや ケータイが
唯だの 箱で 有ったなら
買い換えるのは 簡単

例えば 恋人からの 
忘れ得ぬ メールが
閉じ込められて居る ケータイ

例えば 面倒な
ダウンロードを
幾度も 繰り返した パソコン

だからこそ 人は
買い替えも 渋るのです

そう言えば 不思議なCMが
有りました

エコだって 言いながら
まだ使えるのに 買い換えろ と
推奨するのです

私と 彼と 顔を 見合わせて
クエスチョンマークを 重ねました

使えるのに 何故?
それは エコに なるの?

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

最近 故郷と言う 二文字が
しっくりと 心に 馴染んで 来る

離れた 途端に
大きな 地震とか 事件とか

懐かしい筈の 我が家こそ
画面には 入らなかったものの

眺めて 嬉しいとは 言えぬ 状況に
少し 閉口しつつ 懐かしむ 望郷

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

体力作りも 兼ねて
サイクリングを しようと
勇んで 自転車を 買った

国道は 何処にでも 有るけれど
今までは 自転車で 通るコトも 無かったし
こんなに 粉塵が 多いとは 思わなかった

車に 乗って居るトキ
窓を 開ければ
粉塵を 感じるのだろうけれども
今までは 気付かなかったんだ

こんなに 埃っぽいんだって
知らなかった

道を 一本 外れて しまえば
何て 空気が 綺麗なんだろう と
感じられるから

やっぱり 国道は
目に見える 空気の 色も 違うんだって

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

君が 現れるのは
太陽が 見える トキだけ

夜の 間は
暗闇に 紛れて しまう 
影法師

可愛い 女の子も
色とりどりの 花も
影に 隠れれば 真っ黒

どんなに 美しくっても
どんなに 色に 溢れていても
消されてしまう 切なさに

目を 閉じて
無かったことに してみようとする

無かったことに ならない理由
それは 香り

太陽の 暑さから 逃れて
ビル風に 吹かれて
コンクリートの 香りが
感じられるように なって来た

照り返しが 熱くて
何も 感じられなかった昼間から
一挙に 離れた
夜を 感じた

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°
人気ブログランキングへ
↑ポチッとな~☆↑


パセオ西口ツリー

Img_5273


Img_5278


Img_5280

場所、合っているかいな?(爆)

あの、アレですよ、サツエキ(札幌駅)西口の
あの、ホレ、ヨドバシカメラ前 

道路挟んで向かい側の扉
サンマルクとヨドバシの真向いってこってす

入るとレストラン街が
すぐあってさ

そこのね ツリーがね
扉から入って駅に向かうと
少しずつ大きくなって行くんですよ

何だか こういうの好きだなあ~☆

撮影日は11月18日
これは「私が気付いた初日記念」のショットです

ちょっとずつ小さくなっていく様を
上手く撮影せん! と

その後 デジ・カメ子ちゃんを向けることも
していないけれど
今度 違う角度から 撮影してみようかなあ~

と 思いながらもね

通り過ぎる時には 
扉の外から冷風が駆け抜けるモンだし

逆に建物内に入った瞬間には
「嗚呼 今日のランチ 何にしよっかなぁ~?」って

棚から牡丹餅 もとひ 
花より団子 状態なもんですから、ネッ!

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

先週 札幌初の夫婦カラオケ in ラウンドワン
をしまして そのラインナップで ございます~♪

夫が歌った曲

1 福山雅治 HELLO
3 尾崎豊 僕が僕であるために
5 日本ブレイク工業 社歌 萬Z
7 アンジュルム 大器晩成 
9 ユニコーン FINALLY
11 BOØWY CLOUDY HEART
13 TM NETWORK BEYOND THE TIME
15 福山雅治 It's only love
17 氷室京介 STAY
19 コブクロ 轍
21 T-BOLAN じれったい愛
23 斉藤和義 やさしくなりたい

私が歌った曲

2 西野カナ トリセツ
4 バンプオブチキン 花の名
6 中島美嘉 花束 途中まで
8 スーパーフライ 輝く月のように
10 スーパーフライ 黒い雫
12 海の声 浦島太郎(桐谷健太)
14 秦基博 ひまわりの約束
16 松任谷由美 恋人がサンタクロース
18 コブクロ 蕾
20 X BLUE BLOOD
22 X VANISHING LOVE

で、我々 初めての出会いは
L.A.ですからね

アレ? そんな名前じゃなかったかな?
ホレ、あの、運動公園の向かい側にあるさぁ

ビリヤードとかゲーセンとか入っとった建物
今はもうないんですけどねー

そのL.A.(仮)のカラオケでは
一人カラオケも良くしていたんだけれど
六時間とか平気でしていたからねー

二人でも良く行ったけれど
オールナイトが平気な時代じゃった
(遠い目)

それが これが 二時間ちょいで
喉ぜいぜい ですよ
あーあ、加齢による諦めですわ~

「体力の限界っ!」

千代の富士の名台詞を
彷彿とさせる叫びに身を任せる
中年夫婦なのであった

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

次のステージ/藤鈴呼

小さい筈なのに何故か目立つ存在には憧れます

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

1モルの理想を省く

こぽこぽと零れる
滴の中のジョーク
細い目玉の奥に映る
水溜りの嘘欠片結晶

枝先に丸まる
ぼんぼりのような
柔らかい灯りが良いかな

それとも
キラキラに瞬く星にも
負けない位のランプを
自作して眺めてみようかな
アロマスティック焚いたりして
炊く必要なんてないんだよ
米粒の美しさ 知ってる
ちょっとアレを垂らすと
艶が出るんだ人間とおんなじ

面倒なジョーカーを惹け
気球が本当に飛ぶのかどうか
確かめながら進む
栞を挟まぬ読書など言語道断
きちんと時間を守って
待ち合わせには
遅れませんように
それがデートの鉄則です

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

~紙を彩る自由空間~

郵送詩誌 活動中☆
ネットのみならず、作品を形にしたい方 必見です☆

詩・短歌・俳句・川柳・小説・日記・フリートーク、
文字の他に 絵・写真を披露したい方にもおすすめ!

ワタクシすずこが編集している手作り詩誌
ポエムサークル「みゅう」

仲間になり購読いただくと
ボツなしで冊子掲載 & CDトーク → 全国発送★

見本誌もあります。読みたい方も連絡くださいね。
読者オンリーもOK

以下に最新号の写真・詳細を紹介していますので
クリックして御覧くださいませませ~☆

みゅう229号・230号・CD

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

藤鈴呼の戯言 ~すずザレ~ 
過去作も織り交ぜて更新中☆

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

母と いうものは
何時までも
偉大な 存在 なのでしょう

少なくとも
今の 私に とっては。

だから
少しでも 追いつきたいと 願う

女性で 有るから
少しでも 近づけると 信じる

そんな 瞬間は
同じ 血の 温かさを
感じるのです

私自身は 良い意味での
マザコンだと 思っております

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

私の 両親は 健在です。

何時か 見送る日が
きっと 来るのでしょう

来て 欲しいと
思うのは
先立つのが
不幸だと
思うから

来て 欲しく 無い
気持ちは
当たり前の ことですが・・・

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

同居の 親族で
亡くなったのは
母方の 祖父が 初めてで
もう 3年ほどに なります
祖母は 弱っては おりますが
一人で 買い物にも 行きます

だから 本当の 意味で
あなたの 悲しみを
感じることは 出来ないのでしょうし
気の利いた 言葉も
見付からぬ ままに
こうして 何時ものように
連打するくらいしか 出来なくて
申し訳ないと 思いながら

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

私も 悲しいことが 有った時
二種類 有ったなぁと
振り返って 居ます。

書かずには 居られなくて
こうして 連打していた 瞬間
そして
書く気力も ままならなくて
白い 画面ばかり
ぼんやり 眺めて居た 瞬間

この 二種類が
有りました

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

たまたま 一昨日
ゆっくりと 母と 話す機会が
有りました。

今後の 人生について
色々と 語って 居ました。

年末控除の 時期ですから
税金の 話題も 出たりしました。

祖母の 遺族年金の 話や
今でも 住民税を 払っている
祖母の 分の 金額の 話。

扶養控除が 廃止されて
国としては
女性も 一人の 人間として
(夫の 付属品と 言う訳では 無くて)
扱う 時代に 成ったのだと。

だから 女性も
何が 有っても
一人で 生きられる 力を 得る事が
不可欠で 有ること。

パートや アルバイトでは 無く
二年間とか 学校に 通うなりして

職が 探し易い 状況を 作るために
資格を 取得する 方法も 有るとか

そんな話を していました。

結婚とは 何か
主婦とは 何か
召使では 無いのだ

そんな 話も 出ました。

年金も 望めない 世の中だから
消費税も 上がるでしょうし
せちがらいのは 加速するのだと

ちょっと いろんな事を 考えていた
この 週末でした

今度 村上龍さんの
13歳の ハローワークでも
実家に 有ったら
借りて
無かったら 買って
読んで みようかと
思って おります。

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

読んで 痛い 気持ちに 成りました。
前述の 通り
痛みは 直接的な ものでは
無いのでしょうが
何かに 希望を 持ちたいと
祈る 気持ちが
凄く 伝わって 来たのです。

人生 ケセラセラ的な
感情だけでは
甘いのですよね

何とか なるさ を
何とか するさ に
変える 強さも
精神力も
培って 生き抜かなければ
ならないのだと

何だか 痛感 させられました。

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

私の母との 会話よりですが
危機管理って 必要なのだと、
何が 有っても
シュミレーション内であれば
・・・流行語でも
ホリエモンの
想定内という言葉が 上がりましたが・・・
色々と 考えるのは タダですし
考えている 範囲内の事ばかりが
人生では 有りませんけどね

それでも 
たとえば こうなったら

考えるだけでも
問題が 発生した時の 対応は
変わって 来る
ものなのでしょうね

今の私には
えらそうに 言えた
せりふでは
ありません。。。

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

さて ここで 彼が 起きました。
今 夢を見て
私が 出てきたよ
と 言いながら
夢の内容を
語り始めました。
忘れないうちに
ここに 書いてみたいと 思います。

夢の内容

彼と 彼の母と 私の三人で
温泉に 行った

彼と私は 一階の部屋
彼の母は 二階の部屋に 一人で居た

彼は 一人で 温泉に 入って
気持ちよくなって 部屋に 戻った

夢の中で うとうと として
夢の中で 夢を見た

その夢の中でも 温泉に 入って居て
頭を 洗って 居た

頭が 泡で ぶくぶく状態だった彼は
夢の中の 夢の中で 目覚めた

目覚めた 筈なのに
頭は まだ 泡で ぶくぶくだった

何故だろうと 思いながら
頭を 洗わなければ 成らないので
もう一度 温泉に 入ることにした

温泉に 入ると
何故か 何時も 持ち歩いて居る
ポーターの 茶色いバッグを
手に 持って
バッグと 一緒に 入浴していた

しかも 水は
緑の バスクリン色で
バッグも 緑色に 染まってしまって居た

ありゃー ヤバイ と 思った彼は
バッグを 洗う事にした

隣の 水風呂で ジャブジャブと 洗った
何故か 中の ビニールの筆入れの中身まで
緑色に 染まって居た

ペンなどを 落とさないように
緑色の 液体を こぼそうとするが
うまく 出ない

やっと 出たと思って
上がろうとすると
着替えが無く
裸で有る事に 気づいた

どうやら 部屋から
裸で 温泉まで
歩いて 来たらしい

下の方にも 露天風呂が有るので
行こうかと 思ったのに
裸では 出られない

でも 仕方ないので
そのまま 廊下を 歩いて居ると
地元の人達と すれ違った

向こうから 人が やって来た
何と タモリで
上半身は 裸で
下は ズボンを 履いて居た

自分は 裸で 
やべぇ
と 思った瞬間
いつの間にか 手に タオルを
持っている事に 気づいたので
あわてて 前だけを 隠して
タモリと すれ違った

廊下の先に 下へと続く
細い 階段が 有った
神社の 階段の様な 雰囲気だった
 
降りて行くと
階段の 先は
何と 海だった

ああー 海だあ と
思った彼は
目の前で 海水浴をしている
人達を 眺めた

右側には
山が 聳え立って 居た

ああー 山だあー
と 思って居ると

其処で ラジオが 流れて居る事に
気づいた

パーソナリティーが
誰かの 投稿を 読んで居た

投稿の 内容は こうだ

私は 山の 景色が
大好きですが
長年 此処に 住んで居ると
周りの なだらかな 景色も
美しいと 感じる様に 成りました

そうなんだー と 思いながら
露天風呂に 入り終えた 彼は
又 階段を 昇り
私は ドコー? と
部屋に 入った

だから 私は
最初と 最後の 二回しか
出て来なかったよ
だそうで。。。

彼が 起きる 直前に
ケータイが 鳴り
一年ほど振りの
地元の 元彼からの 着信で有ることに
気づいたので
とりあえず ブッチして みたり

色んな感情が 混ぜこぜの
そんな 夜です。。。

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

玄関の ドアを 開けると
何かが 置いて 有る様な
違和感を 感じた

部屋の 窓から 眺めた 時には
雪は 積もって 無かったし

大雪に 抵抗されてる筈も
無いのだから

可笑しいな と 思いながらも
取り敢えず 開けて 見ると

茶色い 大きな 紙袋が
目に 入った

中に 大きな 長靴が
入って 居た

どうやら 彼が
外に 置いて 居たものらしい

同じ様な 長靴が
随分と 長い 間

誰の ものかも 分からぬ ままに
私の 玄関の 前に
何時も 転がって居て
気分が 悪かったのだが

とうとう 先日 
捨てた 矢先の 出来事だったので

本当 一瞬
焦って しまったんだ・・・

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

フェチと 見ると
何だか
アブノーマルな 感覚が
否め無い

言葉の 前には
躯の 一部が 付く 
イメージだ

他に 使用される コトは
有るのだろうか

コレクター ならば
前に 付くのは
切手など 物の イメージだから

逆に オタッキー度が
高まるんだよー

どちらにしても 執着度は
高いのでしょう・・・ ねぇ×××

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°
人気ブログランキングへ
↑ポチッとな~☆↑


2015年12月13日 (日)

天子

Img_5140


Img_5139


Img_5138

甘い香りの立ち込める街
煌めくシャンデリアは屋内の宝物
鈍色の銅像は雨に濡れるのが商いとばかりに
動かぬ瞳を空へと称える

刻まれたツマが 紅を帯びた唇を称え
何かを告げている
サビの効いたジョーク 目頭から流れるは
涙か透明な雨か

斜め下を向く野次るし型のスカート
指差し確認ばかりで前に勧めぬシグナル

窓から覗き見をする黒い猫
壁にぶら下がるモスキート
聴こえない コウモリ傘に当たる 雪粒

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

再放送みたいなのですが、テレビを眺めていたら
流れて来ました~☆

2012年10月17日
吉田栄作主演!北海道発プレミアムドラマ「神様の赤ん坊」制作!

プレミアムドラマ「神様の赤ん坊」
試されるのは、信じるこころ――。

クリスマス・イブの函館で、
一人の捨てられた赤ん坊をめぐって二組の男女に起きた、
小さな奇跡の物語をお届けします。

【 作 】 橋口幸絵
【出 演】 吉田栄作、南沢奈央、渡辺大知、奥貫 薫 ほか

【ストーリー】
函館市電の運転手・岩館修一(吉田栄作)は、
妻・瑞恵(奥貫薫)と二人暮らし。

結婚して20年近くたつ二人の間には“子供をめぐる過去”があるが、
そのことには触れないまま長い間2人だけの生活を送ってきた。

一方、函館のとある産院では、21歳の大学生・渡辺早智(南沢奈央)が
産まれたばかりの赤ん坊を抱いて途方に暮れていた。

父親であるミュージシャン志望の大学生・島崎拓海(渡辺大知)が
出産費用を工面してくると言って別れたまま、
子供が産まれても戻ってこないのだ。

クリスマス・イブの夜。
意を決した早智は赤ん坊を抱いて病院を飛び出す。

偶然飛び乗った函館市電の運転手は修一だった。
終点で下車した早智を見届け、車内の点検をする修一。
そこで発見したのは、残された一人の赤ん坊だった。。

赤ん坊を捨てた母親を探す中で、
夫婦の心と封印してきた過去が動きだす――。

【収録予定】 10月22日~11月上旬 
函館市、札幌市、小樽市ほか北海道内でオールロケ

【スタッフ】 制作統括:大西健太郎(NHK札幌放送局) 
演出:陸田元一(NHK札幌放送局)

*

昔 祖父母が小樽在住時代に家族で眺めた
函館山からの夜景や

路面電車、函館レンガ倉庫付近の
クリスマスの雰囲気も堪能できて
何よりでした~☆

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

~紙を彩る自由空間~

郵送詩誌 活動中☆
ネットのみならず、作品を形にしたい方 必見です☆

詩・短歌・俳句・川柳・小説・日記・フリートーク、
文字の他に 絵・写真を披露したい方にもおすすめ!

ワタクシすずこが編集している手作り詩誌
ポエムサークル「みゅう」

仲間になり購読いただくと
ボツなしで冊子掲載 & CDトーク → 全国発送★

見本誌もあります。読みたい方も連絡くださいね。
読者オンリーもOK

以下に最新号の写真・詳細を紹介していますので
クリックして御覧くださいませませ~☆

みゅう229号・230号・CD

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

藤鈴呼の戯言 ~すずザレ~ 
過去作も織り交ぜて更新中☆

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

しめサバは 好きですか?

雨模様の 金曜日
夕方になって パソコンに
一通の メールが 届く

父からだ
おじいちゃんの 妹さんが
亡くなった らしい

火葬と 葬儀が 月曜日なので
日曜の夜に 出発して
兄弟3人で 駆け付けるのだ と。

何処のインターで 降りるのか
と 尋ねたら
何だ こないだ アタシが
行ったばかりの 鹿沼じゃぁ 
無いですか~

返信メールを 打ち込んで居る内に
時刻は 17時過ぎ
もう 会社には 居ないかも 知れないな
と 自宅に 電話を 掛けた

手元に 地図は 有るだろうが
インターネットだと 最新の 地図が 手に入り
便利なのでは?
と 伝える為だ

母との会話で
降りる手前のインターが 分かれば
大丈夫かも? と言われたので
早速 プリントアウトして
FAXすることにした

老眼も 否めないだろうし
同乗者が 見るんだろうし
夜に 出発するらしいし・・・

地図を拡大し 番号を張り
インター パーキングエリア サービスエリア
ジャンクションでの注意点を 記載
地図だけだと 見難いかな? と
エクセルで 再度 入力し
そろそろ 終わらんとす、 の タイミングで
宅電 コール

勿論 ナンバー ディスプレイ
言わずもがな 実家ナンバー

開口一番の 父
・・・で 何が? 地図が どうしたって?

ちょっと 苛立って居る様に 感じるのは
何時ものコトだねぇ

俺に向かって 指図すんな! って雰囲気
アリアリだねぇ

こういう トゲトゲしい物言いは
どうにか成らんモンかねぇ

常に 自分中心の ▽目玉が
リアルに 浮かんで 仕方無い

結局 要らないってんで
FAXは しないコトにした

多分 帰宅して直ぐの 時間帯だし
兄弟達と 連絡するのに 
電話を 使うだろうし・・・。

FAX付き電話だから
要らないって言ってんのに
拡大地図3枚と 一覧表 数枚が
じゃかじゃかFAXされてきたら
キレるだろうしね

折角 作ったので
間に合うか 不明だが
メール便で 送ることに した

近くのヤマトまで行かんと 
車を 走らせる
生憎の 雨
到着すると 受付の彼女が
申し訳なさそうに 言う

もう 今日の受付 終了したんですよ

嗚呼 ジーザス
受付時間は 19時までだと 知る
何だ ほんの 25分前じゃん

電話を 切ってから
送ろうか どうしようか 迷いつつ
一覧表の ラストスパートを
チンタラ作成したのが いけなかった

あそこで 奮起して 本気でしてたら
余裕で 間に合ってたのに。

ヤマト営業所の手前の 交差点で
逆方向に向かう メール便と書いたバンを
チラ見した 瞬間に
嫌な予感は したんだけど
マーフィー、人生って
そんなモンだよね

取り合えず 送ったけど
出発日の 配送となるから
間に合わないだろうねぇ・・・。

一度 行ったコト 有るらしいし
インターからの地図も 有るみたいだし
高速の変更も無いから
必要ない 地図 & 一覧表 だが
まぁふぃ- まぁ 良いだろう・・・?

彼は 退職者送別旅行で 一泊の夜
朝 出掛けに
のどぬ~る が 欲しい と 言われてた
前夜から 喉痛を 訴えて居た 彼

最近じゃあ 風邪の引き始めの 症状が
必ず 喉痛だと 分かって来たので 心配で
ドラッグストアで 購入しようか 迷ったが

明日 帰宅する時 駅まで 迎えに行くし
その 帰り道に 購入しよう♪ と思う

今日だって 曇・雨 の 予報が
晴天ランラン♪ だったし
きっと 明日も 晴れさ★

翌朝 携帯の目覚ましで 起床した 瞬間
嫌な 音

マ~フィ~ 大好きだよ
此れって 雨じゃん?

あ~ 予報が 長引いた ダケだったのネ
Σ( ̄□ ̄)!

何か 風も強い中
大量に溜まった プラ・ペットボトルの袋と
傘を 両手に ゴミ置き場へ GO

8袋も 有るんでつけど Σ( ̄□ ̄)!
だって 先週は スキーで 居なかったし・・・
その前は 寝てたし Zzz・・・

プラ・ペットボトルを
土曜日だけの 特権にするの
止めて欲しいのよねぇ ( ̄o ̄")δ

フン ( ̄へ ̄♯) と ヘソを 曲げながらも
洗濯をし 室内干し
テレビを眺めて居ると
片岡鶴太郎さんと ぐっさんが
何やら サバと にらめっ子 してる

目の前の サバを 眺めながら
絵を描いて居る 様子
垂らし込み・・・ だったかなぁ・・・
何か 名前が 違う様な気もするが

薄墨の筆と 水で 一度 輪郭をぼかしてから
濃い墨の筆で 少しずつ 垂らして
ぼかしながら 描いて行く 方法らしい

絵ハガキみたいに 文字も 描いてる
鯖の色は 保護色らしい

背中側は 青色なので
上から見たら 海と同化して 
鳥から身を 守れる

お腹側は 透明なので
下から見たら 見えなくて
大きな魚から 守られる

それなのに 鯖は 食べられる
~( ̄▽ ̄~)(~ ̄▽ ̄)~

って 内容の 言葉だった
説明した 鶴太郎さんも 其れを見て
爆笑してた !_( ̄▽ ̄)ノ彡!

二人は 銀座の みちばろくさぶろうさんの店に行き
持ち込んだ鯖を しめサバにして 食べてた

小さい頃から 寿司は 贅沢品だった
近くの寿司屋へ 注文する日は
特別な 日

寿司桶に入った 並盛りには
必ず サバが 入ってた
ヒカリモノ と 呼ばれるのだと 知った

生エビより 蒸しエビが 好きだったし
並だと かっぱ巻ではなく かんぴょうだったし
何より サバが 並にしか 入ってないことで
何時も 並を オーダーした アタシ

普通の サバと 違う
押し寿司・・・だっけ? 
あれは又 味わいが 違うのかな?
 
大好きまでは 行かないけど 
多分 今でも サバは 食べられるから
平気だと 思うけど
あの 四角い感じの寿司は
余り 口にしたこと 無い気が する

サバは 好きですか---?

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

杉にも 色んな 種類が 有るんだね
ブラウン管の 向こう
沖縄で 癒される 女性

この地では 花粉症は 無縁だ
と 言う

杉は 有れど 観賞用で
花粉は 存在しないのだ と。

沖縄って 時間が ゆっくり流れてる
と 言いながら
ステキな 笑顔 振りまいてるけれど

ふと 思う
外から 行くから そう思うので 有って
沖縄で 育った人間が
他の地へ 行った 瞬間に
時の流れが 早い と 
感じる訳じゃぁ 無いじゃあん って。

当たり前 だけど ね

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

落陽 

陽が 落ちる
文字通りの 意味だ

地球の 裏側でも
落陽と 呼ぶ

同じ 光では
無いのですね

同じ 命が
二つと 無い みたいに

今 ここで 落ちる 夕陽は
わたくしが 地球を 踏みしめて
ここに 立って 居るから
そう 呼べるもの

そのとき 向こう側では
朝陽の 訪れを 待ち侘びる
瞳が 有るのでしょう

拠点の 置きよう
主観か 客観か
見よう見真似の スパイラル
人生とは
如何様にでも
変化 するもの

変化 できるのは
生きて いるから

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

ホワイトデーに ミュウの ちやっち から
ステキな 贈り物が 届いた

夜になって ポストを見に行ったら
ステキな紙袋が 入ってた

大分に 帰省する時に
必ず 思い出す ちやっち。

今年は みゅう史上 初で
皆さんに バレンタイン チョコレート
一口だけど ラッピングして 送ったけど

以前 バレンタインに ちやっちから
美味しいチョコを もらったことも あったな★
と 思い出した。

開けて見たら 可愛らしい ラッピング♪
中身は 二つ

一つ目は マシュマロ♪
添付の 桃色レターも ステキ★
桜と さくらんぼが 描かれて居て
春モード 満開♪
 
ちやっち は コーヒー味が 好きらしい
そのメッセージを 見ながら パクリ♪
ん~ 美味 (●⌒∇⌒●)

二種類が 2つずつ 入ってる。
ちゃんと 彼と 分け合える様に
気遣って 呉れたんだネ (≧▽≦)ゞ
こんな 細やかな 心遣いにも 感謝!

もう一つは アーモンド チョコ。
外側がカラフルで 楽しめる。
黄・青・・ 薄い色だから 嫌味もない。
お洒落で 控えめな外見に 恋しちゃいそう♪

沢山の 優しさと 真心の お礼に
ちやっちに あげよう! と 思って
ビーズを 作ってたら

夜の 10時に 開始したのに
終わって 寝ようとして 時計 みたら
朝の 4時だった!

作ったのは 柴犬ちゃん。
昔 ちやっちが 飼っていたそうで
犬小屋の隣に 梅の木が 有ることで
春手前になると 思い出すんだとか。

以前にも ワンコ ポエムを 見ていたから
知って 居たけれど
今回 桃色レターとは 別の
ちやっち が 大好きな
スヌーピーの 便箋レターに
このことが 改めて 書いてあったのを読み
作ろう! と テンションが 急上昇したのだ。

柴犬が 完成し 
パソコンの前で 半分 眠かけしている(?)
彼に 見せた

反応は 上場
前に 猫を作った時は
どう考えても 見えない! と
言われたけど 
今回は イケルぞ ( ̄ー ̄)

首の辺りに 首輪みたいに 金具をつけ
ストラップに して 再度 披露

「・・・ これ もったいないから
 立たせた方が 良いんじゃないの? 」

そーぅかぁ~( ̄▽ ̄~)(~ ̄▽ ̄)~
ってんで ストラップは 別に 作成★

手元のビーズを 組み合わせ
文字通りの オリジナルだ

ハート型のビーズを 4つ 合わせたら
クローバーの形に 成るよな♪
ずっと やってみたかったので 
レシピないけど 実行してみた

・・・・が Σ( ̄□ ̄)!
何だか バランスが 悪いぞ・・・ ってんで
急遽 5枚にして 花びらに 変えた
色合いも 桜風味で 満足♪

柴犬も バランス崩すと 立てないし
花びらも 浮き上がるけど
丁度 良い角度で フリーズさせて
二度と 動かさなければ・・・ 
成功だ( ̄o ̄")δ 


バタンQ ・・・ 起きたら 9時半を 過ぎてて
天気が 良かったので 慌てて 洗濯。

昨日は 雨だったけど
今朝は 天気が 良いから
外に 干せて 気分が 良い。

昨夜 ちやっちの 紙袋と 一緒に届いた 
みゅうの カラスからの 手紙♪

バレンタイン用の イラストも 入ってて
来年に 使用するのは 待てないので
その前に 掲載しよう ( ̄ー ̄) 

と 目論見つつ
同封の案内を 見る

金曜日まで 浜松町で
森のブーメラン展が あるらしい

27名の アーティストが
間伐材の ブーメランに 
絵を描いて 展示 するらしい。
カラスも 参加している らしいので
見に 行こうかな♪

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

メールをした 相手からの 返信
どの位の 時間なら 
気にせず 待てますか--

まぁ 内容にも 寄るのでしょうが
ビーズを 作成しつつ 

メール チェックや 返信で 
一休みした 昨夜。

深夜も 過ぎ 
返信の 気力も 失せ 眠り

パソコンを 見たら 
メールが 届いてた。

時刻は 今朝。

メールした 相手からの 返信が 来ないので
気になってる 、 とのこと。

相手も 常に 携帯を 見ている訳じゃあ 
ないと 思うし

メールしたのは 深夜でしょう?
今日だって まだ 午前中だし、

相手が メール 見ていたとしても

疲れていて メールできない日も あると 思うし、
寝ているかも 知れないし、

もしかしたら 
出掛けて 忙しいのかも 知れないし。

あまり 気にしすぎないほうが・・・
と 返信。

私にとっては メールって
自分の 時間の あるときに 読んで、
自分が メールしたいな って 思うまで 
返信 しないもの。

だから 良いんだよ。

すぐに 返信しなきゃ いけないんだったら、
追いかけられて しまうから 
依存症に なっちゃう。

パソコンは 出来るだけ チェック するけど
メールを読んでも 疲れてたら 返信 しないし、

ほったらかして 何日も 経つことも あるし、
読むだけで 返信しない ことだって ある。

必ず 返信しなきゃ ならない って
ものではない と 思ってる。

それは メールだけじゃ ない。

インターネットでも 何か 書いてくれた人に
必ず 全員に 返事してる 訳じゃない、

ミュウの みんなから届いた 手紙や ハガキに
必ず 返事してる 訳じゃない、

それを 全て したら 
それだけで 一日 おわってしまう だろうし、

みゅう発行するのに 
半年くらい かかっちゃうかも (笑)

メールは 自分の 好きなときに 書いて
返事は 気長に 待つ、
気楽に 楽しむのが 一番だと 思う♪

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

椅子が 低くても
腰が 痛くなる、

確かに そうだね。

腰が 痛い って
初めて 感じた時の 刹那さ
今も 覚えてる

何時も 誰かが 腰痛を 訴えて居て
耳に することは 多かったけれど

ま・・・ まさか これが 
噂の 腰痛ですか?!
なんて 

愕然とした 記憶も 薄れそうなほど
付き合いは 長くなった様な 気は するけど

未だ ギックリさんには 告白されて 居ないし
腰痛さんも 気まぐれ猫のような 存在だから
追い詰められては 居ないのだけれど・・・ね

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

ホワイトデー

彼は 一泊旅行から 帰宅
退職者送別会で 
ロマンスカーに乗り 箱根付近へ 行ってたのだ

ヘアカットもし 心身共に スッキリとした姿
昼過ぎなので 台所で 食事の準備をする私

背後で お土産! の 声
チラ見すると 二つほど 包み紙が 見えた

わぁい♪ ありがと! と 言いながら
料理(?) 続行

私は 昨夜の残り ご飯・味噌汁 が 
一口分 残ってたので それを、

彼は パンが良いと 言ったので
トーストに 2枚 突っ込み

目玉焼き アボガドサラダで
簡単に 済ませそうと していると

あ! ご飯なら 今これ 使えるヨ♪
自分で ガサガサと 取り出した 彼

見ると お土産は ぱりっぱりの のり
そして 佃煮の のり

のり尽くしじゃ~( ̄▽ ̄~)(~ ̄▽ ̄)~

以前 良く行ってた 回転寿司屋で
選ぶ 味噌汁は 必ず のり汁 だった

大好きなので 味噌汁に 
細ネギと ともに ぶっこむ
佃煮も 堪能 ( ̄ー ̄)

今日は ホワイトデーだけど 
忘れてるのかも 知れないなぁ・・・

なんて 思いながら 食器を洗い
トイレから 戻って来ると

机上に 違和感っ\(◎o◎)/!

ミュウ編集途上の 原稿上に
青い玉みたいな 物体が Σ( ̄□ ̄)!

おおおおお~~~~!!
何だか 分かんないけど

これ ホワイトデー用の 
プレゼントやん♪

と 即座に察知しつつも 
目の前で フリーズ★

正面に 回り 対面したら
可愛いで ぶぅ♪ 

あー♪ ブゥだ! ぶぅだ!!
最初の マイ・ブームだ ぶう!

そりゃ 最近 カメさんも 好きだが
ぶぅも ステキなんだ ぶー (≧▽≦)ゞ

青ぶぅ を ひとしきり 眺め
寂しそうだなぁ・・・ と 思う

ねぇ・・・ この子・・・ 
一人ぼっちなの?

彼は 
さーぁ 一人ぼっちか・・・ね~ぇ

なんて 
微妙な イントネーション

視線を 泳がすと

パソコン机の 上に有る 
大きなガムケースの 上に

赤ぶぅ が 居た!_( ̄▽ ̄)ノ彡!

きゃっはは (*⌒▽⌒*)
良かったぁ♪ これで 仲良く並べるネ。

と、直後に
今度は スキャナの上に 

何と 子供達がっ\(◎o◎)/!

きゃうわぁ!_( ̄▽ ̄)ノ彡!
笑い声 上昇 (●⌒∇⌒●)

以前 マイブームに成り立ての頃
彼が連れて来た ぶぅちゃんと 一緒に

今日 家族になった ぶぅ達も
パソコン前に 座らせた

少し クール・ダウンして
カチャカチャ・・・

パソコンを いじって 
少しの時間が経過

彼の声が 響く

ねぇ・・ その-- 
下に有る お菓子 取って。

パソコンの下に センベイや クッキーを
置いているので それかと思って

下を見たら

ぎょえわぁやーっ\(◎o◎)/!
本日 最高潮の 絶叫!_( ̄▽ ̄)ノ彡!

大きな 箱が♪
ロイズって 書いてる。

ロイズのチョコって 
有名だよねぇ・・

中身は
ポテトチップスを チョコで コーティングしてる
お菓子だった ( ̄ー ̄)

うーん ステキな サプライズに 感動!
何と 前回の 札幌出張で 購入してたらしい。

こんな 大きな箱 持ち帰った筈だったのに
私は 気付かずに 居たのだった
。。。//δ⌒▽⌒//

しあわせだなーぁ♪ ぱくぱく
( ぷくぷく 超えるブー (δ ̄_ ̄") )

美味しいなーぁ♪ ぱくぱく
( もう 戻れないブー Σ( ̄□ ̄)! )

その後 彼からも見える場所にして欲しいブー!
との要望に お答えして

ぶぅファミリーは パソコン前から
骨董品 「テレビデオ19インチ (?) 」 上に
お引越し したのでしたぁ ⊆|∵|⊇

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°
人気ブログランキングへ
↑ポチッとな~☆↑


見上げたら・・・

Img_5149


Img_5142


Img_5141

白い犬
何処迄走る
珍道中

尾を振り
手を置き
従順に

巻き返す
空気が流動して
対流を起こす

対岸の毬
跳ねる
楽しげに

愛おしく見詰める
瞳の先に
リード
すするヌードル
つかむ箸

端っこには行かぬ
君は何時でも
僕の中心地

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

チカチカと瞬く 小さな灯りに包まれたるは
先程の記事で紹介した 豆腐蛍光灯(違)

こっちの方が 放射状の文様が 見え易いカナ!?
看板はですねぇ サツエキ(札幌駅) 北口付近です

何かの工事をしているようで 可愛らしい柄だったんで
助手席からパシャリ☆

丁度 歩道と看板の合間を歩く人波が切れた瞬間
「おっしゃーっ!」 の 雄叫びと、共に(笑)

そう言うんの、良く在ります
「ちょ・・・どいてくれりる?!」 と

楽しそうに喋くり倒している女性陣に
恨めし気な三白眼を向ける雌が居たら 

きっと私ですよ
~( ̄▽ ̄~)(~ ̄▽ ̄)~

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

~紙を彩る自由空間~

郵送詩誌 活動中☆
ネットのみならず、作品を形にしたい方 必見です☆

詩・短歌・俳句・川柳・小説・日記・フリートーク、
文字の他に 絵・写真を披露したい方にもおすすめ!

ワタクシすずこが編集している手作り詩誌
ポエムサークル「みゅう」

仲間になり購読いただくと
ボツなしで冊子掲載 & CDトーク → 全国発送★

見本誌もあります。読みたい方も連絡くださいね。
読者オンリーもOK

以下に最新号の写真・詳細を紹介していますので
クリックして御覧くださいませませ~☆

みゅう229号・230号・CD

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

藤鈴呼の戯言 ~すずザレ~ 
過去作も織り交ぜて更新中☆

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

「 お疲れ様でしたぁ~ ! 」

明るく言いながら 何時もの喫煙室で 一服。

バス時刻ギリギリになって 思い切りダッシュ。

目の前を 先刻 別れた同僚二人が 歩む影。

何時も一緒の方角の彼女も

今日は 着物の着付けの予定で 別々。

真っ直ぐに歩く彼女等の背中に 心の中で別れを告げ

バスに乗り込んだならば 彼女が焦って 乗り込んで来た。

「 具合悪いって 先生に言って キャンセルしたんです。 」

明日から 遊びに行く予定が有るから

身体を休めるらしい台詞に 少し 笑い合って。

「 走って来たから 汗臭く無いですか? 」

『 いや、アタシのタバコ臭さに比べたら・・ 』

ホント その通りだよ いつも 済まない。。。m(。-_-。)m

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★

子供の頃の ガラクタ

大人に成れば 捨てるのだと 思ってた

別れた恋人との ショットと同じで

今だに 持ち歩いてしまう

石コロと おなじ

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★

恋が 肉ジャガと言うのならば

愛は 煮っ転がし なのかな?

炒めすぎたら イケナイし

甘すぎたなら サツマイモ

別の次元に 飛んで行った二人は

二度と 同じ お鍋の中には

戻れないのだから

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★

「だいたいにして 鉄の塊が飛ぶだなんて 
  どう考えたって 可笑しいじゃないか!」 

憤慨した父は どうしても 
飛行機に乗ろうとしなかった。 

勿論 僕の運転する 車の助手席にも 
本当は 乗りたくなんかなかったに 違い無い。 

免許 取り立ての僕を 指導する為に 
無理矢理 乗り込んだ彼は 
本気で 胃を 痛めた。

余りにも 無謀な運転に 
昔の自分の姿でも 見たのだろう。

事故るコト で 親子の絆 を
確認したって 
仕方無いじゃ 無いかぁ!

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★

まばたきをしたよ
少し空が 明るくなった

違うんだよね
硝子の玉が 入ってるの
あたしの おめめ。

少し 透明でね?
でも ごみごみ してるのよ

都会の 喧騒みたい?
騒音公害じゃないかって

あたしのこと
怒らないでね

あなたに 伝わるように
これでも いっしょうけんめいに
一緒 件名に

努力するから

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★

どりょく って 言葉は 嫌いだけど
報酬も 受けたくは ない

施しは 受けないって
クリスチャンが 居たね

教会は
外から眺めるものだと 思ってた

りんごん りんごんって
林檎の種類だって

本気で 信じて 居たんだよ


だから 今日は おめでとう
なんだか 支離滅裂だけど

あなたの 結婚生活が
上手く 巡りますように・・・

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★

突き刺した ナイフの様にね?
刺さっているの
胸の 真中に

奥っかわが すこぉし
きりきり キリキリって
痛むんだよ

あたしの 一言が
沢山の 言葉になって
紙に したためられたの

髪が 伸びるまで
あなたに
見詰めて もらいたかったな

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★

ゆういぎな じかん
むきりょくな じんせい

どちらも むだには したくないね

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★

駆け回る犬は
白い 模様を してました

模様なんて ホントは
見えなかったけれど

そこに まぁるい 輪っかだとか
チェックの柄が

隠されていたような 気がして。

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★

爽やかな 香水だから グリーン色。

何処まで 歩けば あなたに会える

グリーン・マイルを もう一度

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★
人気ブログランキングへ
↑ポチッとな~☆↑


見下ろせば・・・

Img_5146


Img_5147


Img_5148

逡巡の途中で
俊敏に動く

床に埋め込まれし
雪十字

遠征したら
必ずや 出会える

円みを帯びた
指に触れれば

何故だか
温かい

挟んだ煙草が
哀しげにくゆる

えくりゅ
巣に還るのだと
見上げれば
新たな灯り

嗚呼 此処にも
美しい 放射線が
描かれている

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

サツエキ(札幌駅)くんだりに出没する週末は
地下鉄ではなく レガ子で移動します

停めるのは 
大抵 大丸地下駐車場

最近は そうなのですが
たま~に、 初期の頃に戻り エスタへ。

初期って 何時やね~ん!?
本格活動し始めて 未だ 数か月の癖にっ!

って声ごと 雪に埋めて下さい
・・・降ってないケド☆

エスタの駐車場から ビックカメラ方面へと向かうと
地面に雪の結晶が出現します

丁度 サテン(はっ? 喫茶店と仰いっ!)
の角っこね

向かい側には 
スーツなんかのお直しもしてくれる店があり

夫は何かを依頼していたなー
(何かってナニっ!)

夫「ちょっと 待ってて」
私『はーいっ♪』

ってんで 
目の前のベンチに座って ぽぉとしながら
パシャリ☆

豆腐4切れカットしたんざますの♪
みたいな写真の中央にも 
結晶マーク 見えてますか?

これ、天井の蛍光灯でんがな
~( ̄▽ ̄~)(~ ̄▽ ̄)~

嗚呼 思い出してしまったっ
私 豆腐の均一カットも 練習しなくちゃだわっ!

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

どうやら終了しているようですヨ
(┬__┬)

と涙マークを出せないくらい
知らなくて、ごめんなさい
(┬__┬)

と泣きマーク

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

札幌に来てから
夕方のテレビ番組 
「みんなのニュース」を眺めて

あ、千堂あきほさんだ!
と驚愕したΣ( ̄□ ̄)!

トレンディードラマを見ていた頃のイメージそのままに
ソバージュ、では なかった。

そう思った瞬間
私の爆発頭を思い出した

専門学校の入学式写真がね
ヤバイくらいの爆発モード

ちきちきずい髪型を所望していた頃もあったし
ちかちかずい目玉にしていた頃もあったような

ワッフルヘアーとか呼んでいた気がする
ワッフルは 食べるものですよっ!?

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

ランチタイムはソロ活動ばかりな気がします

ハンバーグ or ステーキ
嗚呼 悩ましい 「ステキ」な逡巡 (はいはい・・・)

型崩れしない 目玉焼と
肩パットが懐かしい お年頃
~( ̄▽ ̄~)(~ ̄▽ ̄)~

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

~紙を彩る自由空間~

郵送詩誌 活動中☆
ネットのみならず、作品を形にしたい方 必見です☆

詩・短歌・俳句・川柳・小説・日記・フリートーク、
文字の他に 絵・写真を披露したい方にもおすすめ!

ワタクシすずこが編集している手作り詩誌
ポエムサークル「みゅう」

仲間になり購読いただくと
ボツなしで冊子掲載 & CDトーク → 全国発送★

見本誌もあります。読みたい方も連絡くださいね。
読者オンリーもOK

以下に最新号の写真・詳細を紹介していますので
クリックして御覧くださいませませ~☆

みゅう229号・230号・CD

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

藤鈴呼の戯言 ~すずザレ~ 
過去作も織り交ぜて更新中☆

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

「管理会社」 様

「建物名」○○号室のテラスの除草作業について
(センタリング)

前略

初秋の候、
貴社ますますご盛栄のこととお喜び申し上げます。
日頃は大変お世話になっております。

さて、このたびこうして書面にて
ご連絡いたしましたのは、

先日行っていただいた敷地内の除草作業について、
一言申し上げたいと思ったからでございます。

さる*月*日土曜日、
私がリビングでテレビを見ていたとき、

サッシュ越しにふと外を見ると、
見知らぬ男性の後頭部が見えました。

不審者だと思い、急いでテレビの音量を小さくし、
身を隠しました。

警察に通報しようかとも思いましたが、
とりあえず、身を潜めて様子をうかがうことにしました。

しばらくすると物音も聞こえなくなったので、
テラスを見てみると草が刈られており、
そこで初めて除草作業をしていた男性だったと分かり、
ひと安心しました。

 と同時に、絶句しました。

青々と生い茂っていた植物たちが、
雑草とともにすっかりと取り除かれていたのです。

私はもちろん、妻もこのテラスの雰囲気を
とても気に入っていただけに、大変落胆しております。

雑草だけならまだしも、幹の太さが5センチ以上は
あろうかという木々まで、
根元から無残に切られています。

 実は、このテラスの植物たちには、
とても大切な役割がいくつかありました。

 ひとつは、「安らぎの鑑賞空間」としての役割です。
アパートのテラスとしては珍しく、緑が映えていたことが、
この物件をお借りした理由のひとつでした。

妻もこの空間を非常に気に入っておりましただけに、
帰宅後にテラスを見るや、涙するほどの
ショックの受け様でした。

このように、ごっそりと植物たちの命を奪ってしまう神経が、
私には理解できかねます。

すこし大げさかもしれませんが、学校の花壇を
勝手に荒らすのと同じではないでしょうか。

 また、「防犯」の役割もありました。
フェンスだけでは、窓がすべて丸見えですが、
腰の高さまであった植物が
目隠しの役割を果たしてくれていました。

もちろん、すべてを隠していたわけではありませんが、
そこに「植物の壁」があることで、
緩衝帯、すなわちバリヤーが設けられていたようで、
心理的に非常に大きな効果を発揮しておりました。

私たちは一階に住んでいますから、
道路から容易に侵入される状況になり、
これからの生活において、深夜はもちろんのこと、
昼間一人で室内にいる妻のことを思うと、
不安で仕方がありません。

 また、お隣との境界にあった木も切り取られ、
それにより、お互いのテラスを
自由に行き来できるようになってしまい、
洗濯物を干す際などは、道路からもお隣からも丸見えです。
これでは、プライバシーも到底確保できません。

 さらに、「日射遮蔽効果」もありました。
今年の夏は、例年にも増して日差しが強かったのですが、
植物たちのおかげで、それが多少緩和されておりました。

しかし、これが無くなったことで、
おそらく土間コンクリート表面における太陽光の反射が強まり、
その結果、居室内の温度が若干上がることが予想されます。
これでは、近年日常生活で浸透してきている「エコ」に
逆行する形になるでしょう。

 その他、雨や風を遮る効果もあったため、
おそらく今後は
洗濯物の干し方にも注意が必要になってくるでしょう。

なお、今回の除草作業の開始にあたり、作業員から
まったくお話がありませんでした。

普通であれば、「今から除草作業を開始します」と
一言言うのが常識というものではないでしょうか。

また、テラスに置いておりました布団干しにいたっては、
元の位置に戻されておらず、折り畳んだ状態で
放置されておりましたことも誠に遺憾であります。

 今回、御社が業者に対してどのような指示をされたのかは
存じ上げませんが、
結果的には非常に残念なことになりました。

 *月に入居して以来、雑草を刈り取ってくださったのを
拝見したこともあり、
余分な雑草を綺麗にして下さって大変感謝しておりました。

ですが、今回の件につきましては、
添付の写真にもありますように、
観葉植物として「大きく育った木」と呼べるものまで伐採し、
全て丸裸にするというものでした。

 確かに、管理者の意向として伐採することも有るのかと
存じますが、私のように、庭木を含めて気に入って
住んでいる場合も多いと思います。

また、現在の借主は私であり、テラスの利用の仕方に関して
意見を申し上げる権利も有しているのではないかと
思うのです。

 そこで、今後の対応について、以下の事柄について、
ご検討をお願い申し上げます。

一.お隣のテラスとの境界に、低木を植える、もしくは、
その代わりとなる柵を設置する。

一.道路境界のフェンス部分に目隠しとなる植物を植え直す。

 これらにつきまして、御社でご検討いただき、
御話をお伺いできるのであれば、こちらから御社に直接
お伺いするのは、やぶさかではございません。
 
 以上、こちらの勝手な言い分ばかりを書かせて
いただきましたが、当方としては、御社に抗議するとか、
喧嘩を売るとか、そういうつもりは毛頭なく、
とにかく、「緑豊かな空間を失ったことの無念さ、残念さ」と、
「今後の生活における防犯上の不安」を
お伝えしたかったまででございます。

 ご検討のほど、何卒よろしくお願い申し上げます。

草々


平成*年*月*日 (右寄せ)
「住   所」 (右寄せ)
「名   前」 (右寄せ)
「電話番号」 (右寄せ)

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

写真付きで 投函したのが 火曜日
先方に 到着したと 推測されるのが 水曜日
かくて 幕は切って 落とされた。
そう 庭木の如くに・・・ なんて 書いてくと
また 涙が出そうになるから 話を進めるけど
電話が鳴ったのは 土曜日の夕方だった。

最初 私が出た。 彼に対応して貰った。
電話が終わってから 聞いた内容は こうだ。

管理会社は 知らなかったのだ と。
どうやら 大家さんが 直接 指示していたらしい と。

害虫等の理由らしい と。
私達の意向は やんわりと 大家さんに 伝えてくれたらしい。

故に 新しい木々の 実る日は 来ない。
お隣との 境界に 何か物を置く等は 私達で考えて 
やるのは 構わない との 回答。

かくて 現在 丸裸の土を 寂しく眺める日々は 続いてる。
けど 新しい 葉も 少しだけ 出て来てる。

一番 気に入ってた 南国チックな・・・ 
ヤシの木みたいなモノ

これは 幹が 太すぎたのか 
枝のみ伐採で 済んでいたのだが

一週間ほど 経過したら 
何と 「えへ♪ こんちわ♪」 って
手を広げる様に 葉が出て来たのだ (*⌒▽⌒*)

植物って 凄いな・・・
他の 居なくなった 葉の分まで 頑張って・・・
遊び歩いてて アナタ達を 守ってあげられなくって
本当に ごめんね (。-_-。)

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

ここ一週間くらいになるでしょうか 
何だか咳き込むなぁ 風邪かなぁ と思いながら 

風邪薬を飲んでみたり 飲まなかったりしながら 
ズルズルと 気分の悪い日々が 続いてました。

二人で かわりばんこに 咳を うつして 
また ぶり返して なんて状態でした。

少し 良くなった気が したので 
今日は 久し振りに 部屋の中で フラフープ。 

そろそろ ミュウにも 取り掛からないと 
と 思った矢先の 体調不良で・・・。

おしゃべりCDの録音も まだしてないし 
本体のミュウも 2冊 発行するのに 
1冊目のまだ 前半部分までしか 
編集が進んでいないから 
まだまだ 見通しは 立たない感じです。

それなのに もう 九月が終わってしまいそうで 
ちょっと 焦らなくては ならないかなぁ 

でも 焦って なりなりの作品は 作りたくないしなぁ 
なんて葛藤しながら 

咳をして・・ 頭も回って、
フラフープ回して♪

今朝は地震で 慌ててテレビをつけました。
また岩手か?! と ドキドキしていたけれど 
どうやら違ったみたい。安心。

で そのまま グデッと眠ってしまって 
午後に ようやく 起き。。

何だか 今日は お客さんの 多い日でした。 
新聞の 営業の人が 半年毎の 契約更新で 
また 契約して下さい と やって来たので
OKしたら 

トイレットペーパーと ハンドソープと オイルを
置いて行って くれたので ラッキー☆ 

そのあとは ピンポンが 鳴ったので 
とりあえず 受話器越しに 応対すると 

何やら 宗教関連の 冊子を 読んで欲しい
と言うので ポストに 入れて下さい と 言う。

もう一人の お客様は 宅急便が 来る予定。
彼の両親から 大分のカボスが 届く予定。

明日、スーパーへ行って 
早速 秋刀魚を 購入して 

大根おろしの上から カボス汁をかけて 
いただかなくっちゃ♪ と 
今から楽しみにしています。

金曜日、朝、何時もの様に
彼は 自転車で 駅まで 行って
出勤したのだけれど 

夜になり 雨だったので
帰りは 私が 車で 迎えに 行った。

曰く、 彼の 自転車は
金曜から ずっと
自転車置き場に お泊り して いるの。

だから 明日は 
駅まで 送って 行くのダ☆ 

その 帰り道に 
スーパーで 秋刀魚~ と 思う 矢先、

物凄い 雨音が 聞こえる
今の 状況・・・

台風13号は 過ぎ去った 筈なのに 
次の 積乱雲が
ウンウン 唸りながら
やって 来たのだろうか。。

ホント 招かざる客 ってな モンですな。

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

ミュウ会員 川十青空より 久々のメール有り。
おしゃべりCDで 使用してる カラオケBGMについて
どうやって 録音してるのか? と 質問されるの巻。

ええとね、録音は 水野沙羅からは 
カセットテープで送られてくるよ。

昔は カラオケBOXの カウンターで
カセットテープを 購入して 
自分で 録音できる部屋が あったりしたけど 

今は CDのタイプに なってるのか 
録音できる 部屋は あるのか ないのか 
ちょっと あたしも よくわからないけれど・・・。

もしかしたら 小さい 電池式とかの ラジカセを
隠し持って 録音してるのかも しれないね。

私の場合はね、パソコンの USBだっけ? に 
つなげることができる 録音機がありまして。

これ かなり 昔に 彼が 買ったもの らしくって 
今 ミュウの CD録音するときも これで録音して
パソコンにうつしてから CDに 焼いてるんだけどね。

ちなみに 私のは 
サンヨーの ICR-B90RMとかって 本体に書いてあるが 
今は 同じものは もう ないだろうな。。。 

量販店いって 録音できるもの って 言えば
売ってるかもね。

でも 当時で 3万くらいした って 言ってたから 
結構 たかいかも・・・。

昔、 この機械と 彼に 会う前は (笑) 
私は デンコードーで 購入した カセット録音機 
3000円くらいで 購入 したんだけど。。。
これに アナログ録音 して いたけどね。

これだと CDにすること できないからね 
不便よね。
カセット自体 もう なくなっていくだろうしね。。。

これも 当時の値段だけど、、、
10年くらい 前かも (笑

録音機は カセットが 入るくらいの 小さなもので 
小型ラジオ みたいな イメージか ねぇ。。。

BOXでの 録音にしても 
録音機を 手に入れるに しても 
うまく 見つかると 良いね !!

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°
人気ブログランキングへ
↑ポチッとな~☆↑


テレビ塔の下で

Img_5724


Img_5725


Img_5726

先週の土曜日
12月に入ったし 

街はクリスマス・イルミネーションに
溢れているらしい☆

綺麗な町並みを探しに出掛けようドライブを
決行!
結構な美しさにニヤニヤが止まらない

雨雪で濡れるアスファルト
ファインダー越しに映る昼間の空は 
もう 眠たげだ

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

雪の華で思い出すのは居酒屋だ
というコメントをいただき

色々な連想が出来る言葉に
万歳三唱をしている夜

きっと 雪の華のような 
フローズンカクテルなんかがあるような居酒屋。。。
を妄想中☆ 

するってえと ステキでっしゃろ
♪(⌒∇⌒)ノ""

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

ぽち袋

確実に 自分の財布は 涙を流すのに 
柄選びが楽しいのは 何故だろう・・・

その心だけは 忘れずに 生きていくのだ!!!
と言いながら 

「お年玉くれませんかー」 と 
両手を伸ばす (ドコ)

ピン札を準備するのが お決まりです
自分が貰って嬉しかったからね

あの 匂い・・・♪ (うっとり)
ええ、ニオヒフェチですが、何か??
~( ̄▽ ̄~)(~ ̄▽ ̄)~

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

~紙を彩る自由空間~

郵送詩誌 活動中☆
ネットのみならず、作品を形にしたい方 必見です☆

詩・短歌・俳句・川柳・小説・日記・フリートーク、
文字の他に 絵・写真を披露したい方にもおすすめ!

ワタクシすずこが編集している手作り詩誌
ポエムサークル「みゅう」

仲間になり購読いただくと
ボツなしで冊子掲載 & CDトーク → 全国発送★

見本誌もあります。読みたい方も連絡くださいね。
読者オンリーもOK

以下に最新号の写真・詳細を紹介していますので
クリックして御覧くださいませませ~☆

みゅう229号・230号・CD

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

藤鈴呼の戯言 ~すずザレ~ 
過去作も織り交ぜて更新中☆

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

チョコレート  準備 して 無い  どうしよう



月が 代わり
いよいよ バレンタインデー 
と 言う 名の イベント 迄 
二週間を 切った

月初の 銀行 振込に 行く 途中の 車内で
彼女に 聞いて みた

「 チョコレート  準備 しました? 」

台詞を 言い 終える 寸前に

「 ハッ! 」

乾いた 笑いが 返って 来た
どうやら 未だ らしい

彼女は 言う

「 一緒に 過ごすの
  何度目に 成るのか なあ~

 何か 年々 準備 するのが
 遅く 成って 居る 気が するよ  」

さも 有りなむ×××

彼には こう 言われた

「 最近 甘い モノ
  食べ 過ぎてる 気が するから
  チョコレートは 少しで 良いよ 」

そうか・・・ 

去年は 奮発 して
ゴディバの チョコレートを
買ったんだっけ なあ・・・ 

彼は チョコレート系の 
ショート ケーキ でも 良い
と 言うけれど
どうしようか ねえ×××

毎度 スキーに 行く 時 には
携帯 灰皿 みたいに
小さな 小銭入れを 
持ち 歩いて 居た 彼

「 新しいの バレンタインに 買おうか? 」

提案 したけれど

直後に 台詞を
付け 加えた

「 でも・・・ 
  自分の 気に入った モノが
 良いんだろうし ねぇ? 」

「 うん! 
  お金 ダケ 呉れれば 良いよ! 」

だなんて
現金な 回答を した 彼は

とっとと おニューの 小銭入れを
自分で 購入し

「 ジャラ銭 」 を 詰め
ご満悦な 様子

さて 欲しい モノは
他に 無かったか なあ?

と 考えたら

「 あるよ 」 

by ドラマ HERO

お・・・ 思い出したずら!

最近の 彼ブームに 成ってる
アレ に しよう!

確か ネットで 販売 されてる
ぬいぐるみが 有る とか
言ってた モン な~

と 閃いたのは
UGA パンダ!_( ̄▽ ̄)ノ彡!

テレビで CMも してたが
カラオケ UGA の 
キャラクター パンダで

♪ ウガッ  ウガ  ウガ
   カラオケ ウガッ ♪ と

軽やかな 歌声を
奏でる 一品

以前  彼が
インターネットで 見付けて
たいそう 喜んで 居たので
プレゼント しよう と 決定 した

金の マイクを 持った
限定 バージョン を セレクト し

普段は 嫌いだから しない
ネット ショッピングを した

ビーズに 目覚めて から
ネット 購入は してた けれど

基本的 には 
嫌い なんだな ( - _ - ;

彼は オークションを
何度か してる みたいだ ケド×××

バレンタインデー には
好きな 人に 
チョコレート を プレゼントする 習慣が

何時の 間にか
定着 して 居るが

最近 では
色んな 言葉を 耳に する

友チョコ ってのも
流行 してるのか なあ

自分用に 買う 女性も
年々 増えてる らしい けど・・・

先日 ラジオで
「 ミーチョコ 」 と 言う 言葉を 使った
ショート ストーリー を 聞いた

アイ ・ マイ ・ ミー の
me チョコ らしい

内容は これだ
1 → 2 → 3 ♪

サラリーマンが 自分用に
チョコを 買った らしい

奥さんに

「 アナタ  幾つ チョコ 貰ったの? 」

聞かれた 時に 出して

「 俺も まだまだ モテる 」 

演技 する 為に・・・ 

店から 出て来た 彼は
コートの 襟を 立てて
コソコソ と 歩いてる

可愛い 袋を 下げてる 処を
部下が 見掛ける

「 見て! 部長!
  あれ ミー チョコ じゃない? 」

小話の オチは
ナレーター の 台詞

「 でも 結局
  無造作に ポケットに 突っ込んだ
  レシートを
  奥さんに 見つかるのよ! きっと! 」

ですって!_( ̄▽ ̄)ノ彡!

そんな 訳で ( ←と 繋ぐ 脈絡は 無いが )

アタクシは
モロゾフの 2100円 チョコレート

→  箱に 可愛い 数種類の チョコが
   散りばめられてるの

カラオケ UGA の 
キャラクター ぬいぐるみ パンダ を 
プレゼント しましたぁ
~( ̄▽ ̄~)(~ ̄▽ ̄)~

当日は 夜から 出発して
一泊の 出張が 決まってた 彼

最終の 新幹線で 旅立つ 前に
駅 地下の 回転 寿司で
バレンタイン ディナー に しよう! と 
計画 して 居た

( バレンタイン ディナー と リキ入れるのに
  回転寿司 カ?! ってな ツッコミは
  全く 聞こえません。。。//δ⌒▽⌒// )

帰宅 してから
チョコレートを 渡す 時間は 無いだろう

我が家の バレンタインは
前日 に 設定 した

そんな 13日の 夜
夕食を 終えて
座椅子で 寝転んで 居る 彼に
言った

「 バレンタインデー を 
  今日 やりたい 人お~♪ 」

『 おおっ!_( ̄▽ ̄)ノ彡!
  チョコレート!  食べる♪ 』

掴みは 上々・・・ って
アタシャ 芸人 かひ。。。//δ⌒▽⌒//

「 明日は 忙しい だろう から ね ♪ 」

おもむろに 取り出したるは
赤い 小さめの 箱

「 わぁ~い o(^-^)o   チョコレート♪
  食べよう ぜぇ~ o(^o^)o 」

箱を 開ける 彼
ワクワク o(^^)o

彼は 未だ 見ぬ チョコレート への 期待に
アタシは 別の 意味で
ワクワク o(^-^)o

だってね  その 中身は×××

「 あぁ~っ\(◎o◎)/!  」

箱を 開けた 彼が
中身を 見て 叫んだ

そりゃあ  そうで しょう ( ̄ー ̄)

彼が 手に したのは
UGA パンダ ミニ ぬいぐるみ

ちゃ~んと

♪ ウガッ  ウガ ウガ ♪ と
歌って 呉れる!_( ̄▽ ̄)ノ彡!

彼は ぬいぐるみを 押して
歌に 合わせて ノリノリ だ 
( ̄ー ̄)

「 これ  どうしたの?
 何処で 見付けたの?! 」

笑顔で 質問 攻撃

『 へへ~ぇ ( ̄ー ̄)  』

実は 渡す 前に
焦った 事件(?) が 有った

ネット ショッピング なので
宅配で 郵送 だったの だが

バレンタイン前の 3連休 前日
夜中に パソコンを クリック して
注文 して居た 私

希望 時間帯 を 夕方に 設定し

( 多分 連休 明けの
  平日に 届く だろう ) と

タカを くくって 居たが

現実と 予測とは
恐ろしい 程に 
紙一重の 関係で 有る

あれは・・・ ( 遠い目 )
確か・・・ 

スキーから 帰宅した 日 
だった ろうか

風呂で ホカホカ モードの
ハイ テンションに 成り

居間に 入って 見ると
机上に 
小さめの 箱が 二つ

直後に
” 宅配が 来たんだ !! ” 

理解 した アタシ

何気なく モードで 
送り状 を 見ると

片方は アタシ 宛

「 UGA パンダ 2体 」 なんて
ちゃっかり しっかり
書いて 有るっ\(◎o◎)/! 

あぁ~  もうっ!
そんな 親切 
余計な お世話だ よう (-。-;)

世の中の

” サンタに 成りたい 症候群 ”

の パパ達が
コソコソ 準備した 代物を

こんな 形で 明記 したら
子供達の 夢を 奪っちゃう
(。-_-。)

内心 超 高速 気味に 焦り ながらも
落ち 着いた フリを して
話し 掛けて 見る

「 あっ  荷物 届いたん だぁ~♪ 」

「 ああ 俺のと 二つ 一緒に 来たよ。
  ― ビーズ でしょ? 」

しめしめ ( ̄ー ̄)

ん? 
でも 送り状 
ちゃんと 見なかったの か!?

彼の 荷物は
車内 清掃用 の ミニ 掃除機 らしい

一抹の 不安を 覚えつつも
そそくさ と 
箱を 自分の エリアに 運ぶ

そんな こんなで 
当日 を 迎え

彼が 箱を 開ける 瞬間 が 
訪れたので 有った

勿論 宅配 された ままの
味気 無い 
ミニ 段ボール じゃあ 無い

ギリギリ 前日に
ダイソー (!!) に 駆け 込んで

「 それらしい 」 
可愛い 箱 を 
セレクト したのだ

それに しても 
100均 って。。。//δ⌒▽⌒//

いやいや!!
問題は 値段 では 無く
中身 です よ ( ̄ー ̄)

ちゃんと 開ける 前に
念を 押しといた

「 この箱  使い 回すから
  綺麗に 開けて ネ ♪ 」

そう・・・ 

いずれ 実家に 持って 行って
母に ” カモ ビーズ ” を 
渡す 為に・・・ 

そんな こんなで
チョコレートが 食べれる! 
と 思った 彼は

UGA パンダと 
ハミング して 居た

( 未だ 未だ 
  此れ ダケ じゃあ 
  無いんだ な~あ・・・ )

一通り 満足 した 
彼の 様子を 眺めて
私も 満足し

次の 工程へ

今度は
本物の チョコレートの 出番だ

今回は モロゾフの
箱入り 2100円 バージョン だ

カラフルな トリュフや
色んな 種類や 形の チョコが

箱の 中に
散りばめられて 居る

紙袋を 見た 時点で
” モロゾフ ” と ネタバレ だが
まぁ 良いだろう

今度こそ 
本物の チョコレートに 
有り付けた 彼は

身も 心も 
癒された 様子

勿論 アタシも
一緒に 食べた

一気 には 食べれぬ 量 なので
今日の 毒味は 終了~♪ と ばかりに
座椅子に 転がる 彼

しばし 放置し
話し 掛けた

「 回れ~え  左っ♪ 」

「 ・・・ ん? 」

彼は 何の コトだか
とんと 解らぬ 様子

そりゃ そうだよ なぁ

普通は 「 回れ 右! 」 だし

仰向けで 座椅子に 
転がって 居る トキに

同じ 台詞を 言われたら
アタシも

( はぁっ?! ) と 
思う だろう

だが 
負けちゃ イケナイっ!

( 何にだよ?。。。//δ⌒▽⌒// )

ゴールは 直ぐ―
左 だよぅ ダーリン (。-_-。) 

「 ・・・ だ~か~ら~ぁっ♪
  左だよ   ひ・だ・り・っ♪ 」 

ひょい と 左を 見た 彼

嗚呼 ようやく 気付いた ヨ×××

こんなに デッカイ ハートが
キラキラ してんのに・・・ ☆ミ

中味は 先程の 倍 以上 有る
パンダ ちゃん♪

ミニ パンダの 方は 
ミニ だけに
胴体を 押すと 歌い 出す

同じ 要領で
デカ パンダ の 
胴体を 押して
耳を 押し 付ける 彼

( ふっふっふ・・・ 
  違う よ~ん ( ̄ー ̄)

  左腕の 付け根 あ・た・り・っ♪

  “ ここを 押してネ♪ ” って
  書いて 有る じゃ~ん )

と 思い ながら 見守る アタシャ
性格 悪い?!

ようやく 音の出る 場所を 発見した 彼
ハッハッハ ( 何故か 圧勝モード )

あれから そろそろ 一ヶ月・・・
ホワイトデーが 近付いた頃に
この 戯言を 編集しているのも どうかと 思うが
。。。//δ⌒▽⌒//

ケータイで チマチマ 作成している 内に
一ヶ月なんて あっちゅー間やいっっ

ってんで しばらく ハートケースの中で
長い眠りに 付いていた パンダちゃん

思い出したのか
彼が 久々に 取り出した 様子

二体 有るから 交互に 押しながら
「 輪唱~~ ♪ 」 と
喜んで居る・・・

はは。。。 おめでたいわ・・・ (私が カイ?!)

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

ボタン雪は 考えました

「 僕は 何で “ボタン雪” って 
  呼ばれて るん だろう?

  本物の ボタン みたいに 硬く ないし
  穴なんて 開いて 居ないよ 」

隣に 居た
ぼた餅 が 言いました

『 キミは 未だ 良いよ
  僕なんて
 ぼたっ  と した 風貌 だからね

 甘ったるいし
 夏なんて 特に  かったるいんだ

 暑苦しいのに
 自分の 内側からの 甘さが 加わって
 もう 散々さ  』

「 ボタン だって
  格好から 来てるん だろう?

  粉雪ちゃん みたいに
  サラッ と 可憐に 成りたい モンだよ 」

『 さて  そろそろ 戻ろうかね  』
「 そうするかね 」

ボタン雪は アスファルトに 溶け
ぼた餅は 軒先の 皿の 上へ

その上を
ボタン雪の 代わりに
粉雪が 覆い 尽くした


    冬 の 一 日 

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°
人気ブログランキングへ
↑ポチッとな~☆↑


甘辛醤油

Img_5869


Img_5870


Img_5872

甘くて辛いとは これ如何に!?
なんて言葉の後には「以下」に写真をば~♪

と 紹介したいところなんですが
既に胃袋引出収納済なので 取出不可でゴザル

というのんが グリコプリッツ 
甘辛醤油たれ「謹製」と書いちょります

真夜中に中々なくならない
黒霧島の白湯割と共に頂く

何と(心にとっては)幸せで
何と(身体にとっては)不幸せなことだろうか。

キャベツの切り方の前に
横置きの まな板に対して 

体勢を 斜め45度 左に傾け
拳一つ分 流し台から引いた位置について よーい・・・

と思ったら 気付きました

私 紙に文字を書く時も 
紙を斜めに置く癖がある

まな板も 然り
(根性が歪んでるのねっ!?)

でも 恙なく わたくしモードで 
再現してみましたっ

さてさて 段々と キャベツの千切りに 
近付いて来ているだろうか☆

プリッツは2パック入っていて
以前1パックは食派しとったんです

夫に残していた1パック
要らない、とのことで
徐に笑顔と一緒に取り出して・・・ぱくり。

その後で 焼酎を注いだモンだから
あら? ツマミがないわ? ってんで

せんべいファミリーパックなんぞを
取り出して 見せたところ

夫「・・・最近、食生活、乱れてるよ」
私『・・・うん・・・(反省)』

そっと袋を閉じたのですけれども・・・

あのう・・・
口には出せないんですがーーぁ、

夫・・
レンコンチップス食べながらの発言でした
~( ̄▽ ̄~)(~ ̄▽ ̄)~

そんなこんなをしながら
いただいたコメント返しをしています

只今 夜の三時・・・
あっ♪ おやつの時間っ♪(違)

マツコさん!? で紹介したお店ですが
マハトマパンチ で紹介されていたらしいんです

ん? それは 何ぞや? と
グーグル先生に 聞いてみました

おぅ・・・もう終わっている番組名だったんですのう
~( ̄▽ ̄~)(~ ̄▽ ̄)~

本格的に住み始めたんが 今年の6月下旬なんで
まだまだ勉強不足。。。//δ⌒▽⌒//

そうか、スープは辛くて たっぷりんこ♪ なんね~
次回・・・じゅるっ♪

(空腹な真夜中に、食べ物は危険な話題
→既にポッキー食べながら。)

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

マグは大事

昔はプレゼントするのに 手っ取り早く(失礼なっ!) 
マグを選ぶ割合も高かったですネ~ 
例えば 友人の誕生日とか。

じゃなくって、
マグの大きさって大事です。

これがね でーん! としちょると 

「何か良く分からんけど得した気分♪」
→リピーターに繋がるんですよ
(すずこ談)

ところがどっこいしょっ! 
シミッタレタ けちり方をされると
客(キャク)の脚(キャク)だって
鈍りまんがな( - _ - メ ;) 

どっちが得か
よーく考えて~♪ と 思いながら 
店を後にするのでしタ☆

*

写真のマグは普通サイズ。

入っているのは 夫作成の 
生姜紅茶ミルクティ~♪

彼曰く
「ミルクパンで煮出したのはロイヤルミルクティーだっ!」

ハチミツも入れて 甘く仕上げてくれました☆ 
感謝っ☆

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

~紙を彩る自由空間~

郵送詩誌 活動中☆
ネットのみならず、作品を形にしたい方 必見です☆

詩・短歌・俳句・川柳・小説・日記・フリートーク、
文字の他に 絵・写真を披露したい方にもおすすめ!

ワタクシすずこが編集している手作り詩誌
ポエムサークル「みゅう」

仲間になり購読いただくと
ボツなしで冊子掲載 & CDトーク → 全国発送★

見本誌もあります。読みたい方も連絡くださいね。
読者オンリーもOK

以下に最新号の写真・詳細を紹介していますので
クリックして御覧くださいませませ~☆

みゅう229号・230号・CD

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

藤鈴呼の戯言 ~すずザレ~ 
過去作も織り交ぜて更新中☆

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

こんなに 覚醒してしまうのは

あの日から 始まった ヴァンパイア

血なんて 欲しく 無いけれど

掌に 一筋の 傷

あの日 罰点印のままで

僕等は 劣等性だった

あの 透明な ガラスケースに

総てを 仕舞いこんだ

そのつもり だったのに

★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

昔は ずっと 貫徹してたのに

そんな 思い出ハナシをしながら

茶碗を 洗ってる


キミは ようやく 母になる

今度の レントゲン 写真では

モノクロの 赤子が

少し 大きくなっていれば イイね


若かった頃は。。。

なんて 語る 

キミの方が

僕より 大人だけれど

本来は 

若いんだから

★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

二日 寝て

二日 起きて。。。


そんな 生活が

存在する らしいよ?


僕には 無縁 だけどね なんて

言えないじゃない?


昨夜 眠りに 陥る瞬間を

どうやら 

見逃してしまった みたいなんだ


そう 今

この瞬間みたいに

★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

今日の 路面は カキ氷

ガタガタ 揺れる バスを待つ

こんなに揺れちゃあ 読書も出来ず

言い訳しながら 仮眠とる

こないだみたく 乗り過ごし

延々 歩く のは御免

そう思いつつ 宵闇に

映る月すら 見逃して

★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

ほんの 五分も 変わらない

あのバスに 乗っていたら

今 凍えている 足先は

ヒーターで 温まって 居たろうに


少し 後悔 しながらも

こないだ 言ったじゃないか

自分で 豪語した

「 後悔は したくない 」 の セリフ

ちょっと 状況が 違うカナ?

      上京した キミに

      情況なんて したくないんだよ

★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

豹柄の 耳あて

「 耳掻き 」 じゃあ 無いんだよ


そして ファ~ だって

ハンドル・カヴァーだって

最近の お気に入り


傘も 豹にしたし

こうなったら

豹柄の 表 でも

作成したら 良いだろうか

★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

何故 このトビラを

ノックしたかが 解らない


ふと 目に留まる言葉が

誰しも 有るのでしょう


其れで 思い起こす

語源も 知らぬままに


あの人の 歌声を

★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

有線が 聞きたくなる 瞬間

「 今夜は 眠れない 」 の 合図

眠りたくない EYES

凍りつく アイス

★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

見詰められたら 透明に 成れるのに

水溜りの中で

逆側の 己を 見詰めて

「 鏡は 如何ですか・・・・ 」

★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

何か 考える度に

口数が 少なくなったね


あの日から

沈黙を 友とした


行方知れずの ドライブで

閉口した僕に


「 つまらないの? 」 

って


ソノ セリフガ ツマラナイノヨxxx

★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★
人気ブログランキングへ
↑ポチッとな~☆↑


マツコロイドをマタヅとも・・・

Img_5123


Img_5119


Img_5126

待たずでしょ!? ってツッコミは
要りません(笑)

ある冬の日、帰宅した夫が
若干興奮して言った

「今日さ、昼に時計台の近くでロケやっててさ!」
何でも マツコロイドさんが来た後だったらしい

直接 見かけた訳ではないのだけれど 
スタッフさんが後片付けしているような雰囲気の処に
出くわした! んですと。

夕方のニュースで その理由が判明した

「冬こそ!ようこそ!札幌」キャンペーン 

なるほど! それで マツコロイドさんが
来札してるのネ☆

って、盛岡の場合 
来盛と表現していたような気がするけど
札幌の場合、来札で合っちょりますかいな?

ライサツと読むんですかいな?
ちょっとカイサツみたいな表現ですわいネ☆

と思いながら、「あ、あすこにもマツコさんいたわヨっ!」
と思い出したのが 写真の場所ですヨっ!

玉林酒家 (ギョクリンシュカ)

今、検索して初めて読み方を知りました。
「おうりん」だと思うちょりましたが
そもそも王じゃなかったわ! 失礼しました~。

美味しい中華料理に舌鼓を打ちつつ店内を見渡すと
これでもか! の紅オンパレードに

思わずHIDEちゃんのギターソロが聴こえて来そうな
錯覚も!?

って辺りで目に入りましたる この お二人パネルに
目が♪釘付け~っ♪ どう見ても マツコさ~ん♪
とパシャリ☆

心身ともに温かな気持ちになったあるよ
~( ̄▽ ̄~)(~ ̄▽ ̄)~

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

~紙を彩る自由空間~

郵送詩誌 活動中☆
ネットのみならず、作品を形にしたい方 必見です☆

詩・短歌・俳句・川柳・小説・日記・フリートーク、
文字の他に 絵・写真を披露したい方にもおすすめ!

ワタクシすずこが編集している手作り詩誌
ポエムサークル「みゅう」

仲間になり購読いただくと
ボツなしで冊子掲載 & CDトーク → 全国発送★

見本誌もあります。読みたい方も連絡くださいね。
読者オンリーもOK

以下に最新号の写真・詳細を紹介していますので
クリックして御覧くださいませませ~☆

みゅう229号・230号・CD

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

藤鈴呼の戯言 ~すずザレ~ 
過去作も織り交ぜて更新中☆

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

本日は 末広がりの日~~。
みゅうは 貼り付け途中だけれど 
とりあえずメールしてから 取り掛かろう
なんつってると 真夜中になりそうだ。。。爆
とりあえず びっくりした。
かえって窓 あけようと おもったら
窓は しまってたけど
かぎが あいてた。
しかも 三箇所。。
おたがい きをつけよう と 彼にメル。
そう 彼は本日 出張なのでつ。
今頃は 温泉で 
湯当たりしてるに違いない(おいおい)

さて 昨夜のごはんの残りを 
冷蔵庫に入れた記憶がないのだけれど
帰ったら 冷蔵庫にあった。
彼が いれてくれたのかな
朝のゴミ捨てと あわせて 
「ありがとー。」 と 伝えてみた。


窓あけてると 電気つけたくても 虫くるし 
見えるから まだ つけてない。
外からみたら パソコンだけ 
煌々と きらめいてる部屋なんだろうな(笑

今日ね、営業の人の お母さんが 
農作業してて 倒れたらしい。
脱水症状もあり 検査したら脳梗塞だとのこと。
怖いね。
明日は 彼は外歩きらしいから
水分補給しながら歩いて欲しいところだよ。。。

何気に風が入ってくるから 
まだ 窓をあけてる
そろそろ暗がりになったら あきらめて 
電気つけるために しめることにするよ。。。

何と 最高気温 35.2度だったらしい。。。
こわ。。
明日は 31度の予定だったよ。

どっかのゴルフ場では 池ポチャしたのとろうとしたのか
池というより沼の苔ドロドロに吸い込まれて
女性が亡くなったそうな。。

歯が痛い。何か黒くなっているから そこかなぁ。
でも前回は 黒くなってるだけだって いわれたけど
あれから時間たってるからな。。。

納豆やばいかもだけど 
あとは 昨日のサラダで夕食かな。。。。
と 思ったら。。。
夕食は ごはんチンして 
納豆あると思ったらなかったので

絹ごし豆腐に 
ワケギ なめ竹 めんつゆかけて いただきやした。

なめ竹が 最初あかなくて
蓋から隙間にスプーンいれて 
すこし コキコキってして
ようやく開いた。。。
あー 汗かいたっ

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

本日は 白球の日だと 昼休みに彼女が 言って居た。
昨日は 葉っぱの日で 明日は 鳩の日かぁ~。
ラジオでは サッカー云々の話題で 持ち切りだけれど
スポーツ音痴なアタシは え? 何か 試合? 程度だxxx

パソコン部屋に移動したテレビが 又 太り始めた。
普通 時刻表示は 画面左上に 出ていたのだが
全体が真っ黒の画面で 横一直線に 一センチ程度に
画面が 出て居る

横棒ダケが チラチラ色が 変わって居て
時刻がチラ見できそうで 画面も 文字も 
真ん中に 集まってしまってる。
バッグの中で 忘れられた 饅頭みたいに 凝縮されてる。
このクソ暑いのに ギシギシ詰まりやがって。。。

今 10センチくらいに 一瞬 広がったが
直ぐに 元通り。
これなら 有線 聞いてた方が マシだなぁ。。。

夕方にラジオから流れてた 曲は 愛してる というタイトルで
ふうみどう と言う人(達?) らしい。
丁度 営業の人が 「これ誰のだっけな・・・」 と言いながら
ラジオの近くに来て 聞いて居た

別れのナンバーっぽい曲だったけれど
アタシの イチオシ 別れ風 ラブソングは
やっぱり ユニコーンの FINALLY かな。
その後で ゲド戦記の テーマソングが 流れた
手嶌葵さんという 女性ボーカリストだ

この ゲド戦記の ゲドって どう書くの? と 尋ねたら
どうやら カタカナだったらしい。
彼女に 観に行くのか と 聞かれたが
私は これが 映画だって言うコトも 最近 知ったし
ジブリのだよ なんて 言われても
声質から そんな感じが するなぁ 程度で
映画音痴でも 有るので 本体の方には 興味が 無い。

テルーの唄 と言う曲らしいが
ゲド戦記に出てくる テルーと言うのが 居るらしいが
主人公は テルーでは 無いんだよねー と
説明を受けながら チンプンカンプン

彼女は この曲を 持って居るらしく
貸そうか と 言われたが 有線で 掛かってると思うし
・・・ と 言いながら 画面の見えない テレビ
「聞いて」 るんだケドxxx

この曲は 彼女のボイスのみで 構成されていて
とても 不思議な声質だし 歌詞も 歌い方も 大好きだと 思った。
そのうち ギターコード 調べて 弾き語りしたい処。。
ネットで 検索すると パソコン見ながら 弾けるんだケド
著作権の問題だろう プリンタが出来ないのが 不便だ。
裏技も有るんだろうケド アタシは パソコン音痴なので 
良く 分からないし。。。

帰宅すると メールが 二通 届いて居た。
妹は 漫画家を 目指して居るらしく
昔っから 絵は上手かったのだが 今回 初挑戦で
出品するとのこと。

漫画 と 一口に 言っても
絵が 好き ストーリーが 好き 漫画家のファン など
好まれる理由は 幾つか 有ると 思う。
新人賞を取っても 次作以降 パッと しなければ
継続は むつかしい世界だ。

アーチストでも 小説家でも そうだと思う。
でも どんなストーリーなのか 絵なのか とても気に成る。
出来上がったら コピーを送ってくれるかも なので
心待ちに しながら。。。

そして 先日 プロパンガス料金が 高い! と 嘆いた処
詳しい説明メールも 届いて居た
以下に 割愛して 載せたいと思う。

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

プロパンガスの値段が高い訳は?
簡単に説明しましょう・・・!

都市ガスの場合は ・・・経済産業局長の認可制度になっており・・・

①製造原価に適正な利潤を確保するだけのものしか認められない事になっており 
・・・ 勝手に単価改定をする事ができません

②お客様にガスをお使い頂くための 『工事費』 は認可単価で積算されたものを 
・・・ 値引きせずに頂く事になっております

③消費機器(ガスコンロ・給湯器・暖房器具・・・等等)も
適正な価格で販売しなければなりません 
・・・ 無償で・いわゆるサービスする事ができません

④その他保安上の縛りが沢山あります!

一方、プロパンガスは・・・?

①ガス料金は・販売業者の判断で自由に設定できます 
・・・ つまり、仕入れが高くなればその分いつでも転嫁できるのです

②『工事費・消費機器』についても・・・無償とすることができます 
・・・ つまり、アパート・マンションを建築する大家さん・建て主は 
・・・ イニシャルコストが安いほうがいいので
・工事費はただで
・器具もただで貰ったほうがいいのです

③しかし、プロパンの販売業者も『経費を回収』しなければならないから 
・・・ ガス料金に上乗せするのです 
・・・ 大家さんはその仕組みが分っているのですが・ガス料金を支払うのは『店子』なので 
・・・ 自分は少しでも安い所に頼むことになるのです

④一番馬鹿を見るのは・・・入居者なのです!?

⑤消費量にもよりますが・・・プロパンは都市ガスの 1,3~1,6倍の料金です 
・・・ 従って、工事費を払っても・3年~5年でペイします 
・・・ 後は、ずっと単価の安い都市ガスを使えるのですが?

*全国的にプロパン業者にも『無償配管工事』を止めさせる様に・
行政指導がありますがなかなか守られないのが現状なのでありますヨ!?

*そういうことなのでアキラメテクダサイナ~~!

以上  

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

・・・いや、 諦めたら 財布が泣くでーー。

ここで 読みながら 私のスカスカ頭が 嘆いた。
イニシャルコスト??
調べてみると 初期費用って ところらしい。
ランニングコストが その後の継続費用らしいケドxxx

本日 彼は 出張帰り 今頃 飲んで居るに 違い無い。

さて 帰宅すると 部屋の下に 紺白ストライプ Tシャツが
落ちてた。

多分 上の階かな? 見上げると 洗濯物が 干して有る。
だけど 引越し当初 挨拶しようと思って
明らかに 電気付いて 音してる処に 行っても
ピンポンに 反応しなかったし。。。

もしかして 出ない主義の人かも 知れない と
三度 通って 諦めたのを 思い出しながら
取り敢えず シャワー浴びて 付箋紙を 取り出した
「 落ちて居たので 置いておきます。 」 と
一応 出なかったトキの為に 書いて 袋も 用意して
いざ 出陣!

見ると 既に 洗濯物は 無くなって居た。。。
見上げると キレイに 洗濯物は 消えて居た・・・

あ、 そう・・・。 この努力(?) 無碍に する訳ね・・・
( だから そんなコト 相手は 知らないっちゅうの・・・ )

ちゅっどぉ~ん。。。

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

左側の 歯が 痛む日が 続いて居る。。
痛み止め 
数年前に 歯医者で貰ったのは 有るんだけれど。。。

今日 予約を 取ろうとしたら 混んで居て 
金曜日に 成った。
昼休みに 彼女に 愚痴った。
日本の歯医者って-- って 
外国の歯医者に行ったコトなんて無いけどさー
「取り敢えず痛み取る」体勢で 
通わせるから 気に食わない。。 と。

私の歯は 噛み合わせが 悪い。
上下の歯が カチカチと くっつかない。
多分 矯正しないと 治らないんだけど
あの 銀色の器具を 付けるのも 億劫で 放置して居た。
左で噛む 癖が 有るらしく 
銀歯を 詰めて居るのは 左ダケだ。
下は 奥歯から 殆ど ヤラレてるし
右側は 平気なのにね。。。

歯の痛みって 本当に 我慢 出来ないと 思う。
今回は 頭痛や 肩凝りに迄は 発展して無いが
キシリトールガムを 噛むと シクシクいう。
昨日は ご飯でも 痛かった。
多分 下の歯だと 思うけれど 以前 歯医者で
下だ と 強調したら 上だったコトも 有った。。。

痛くて 眠れなく 成る前に
そう 思って 予約の電話を 入れた
ずっと前 知り合いが居た 関係で
割安だった 歯医者サンは
結局 一回の料金は 安いのだけれど
通う回数が 多くて 歯医者を 変えた

最初 変えた歯医者で 金曜日の 予約を取り
その後で 以前 通ってた 歯医者に 電話したら
金曜より後しか 空いて無いと 言われたので
結局 最初のアポが 有効と 成りそうなんだ

黒く穴みたいに見えても エナメル質が 取れたダケで
虫歯では無いと 以前 言われた箇所が
やっぱり 気に成る。。。
詰め物をして 歯を残して有る 部分は
隙間から 食べ物が 詰まって
嫌な臭いがする トキも有り 気に成る。。。
どれ位 気に成るか 痛いかって
伝えるのに 四苦八苦するのが 毎回の 歯医者なんだな

昼は ローソンの とろろそば を 食べた。
つるつるっと 美味しいんだケド 静かな事務所で
ずるじゅるっ♪ と 一人で 音の鳴る アチキxxx
朝に 出張先の彼から 「珍しく朝飯食べた」 と メールが来て
思わず 朝に 高菜おにぎりを 購入して 食べた。
少し 腹減りの方が 寝なくて 済むんだケド。。
(午前中から 寝る気か?!) 

昨日は 彼女が 休みだったので 事務所で 食べた。
今日も 彼女が 半休だったので 事務所で 食べた。
昨日は とろろそばで 足りなくて 斜め向かいのパン屋に走り
四枚切の食パン ピザ味を 買って 食べた。。。
今日は 取り敢えず おにぎり朝に食べたし。。。と 思って
何とか 凌いで見た。

夕方 何故か コーンスープを 無性に 飲みたく成った。
ミルキーで スープバーを 頼んで チキンか ドリアも 良いなぁ
と そそられた。 彼は出張後 飲み会なので 自炊しなくて 良い。
(自分ダケの為には 意地でも 作らない気ですかぁ~?)
帰社後 外に出て 暑かったので やっぱり スーパーで
買い物をしようと思った
ミルクも コーヒーも 切れてるし。。。 ついでに パック寿司 で
今夜の夕食は 完了♪

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

ペアルックは 狙って買うモノだから
楽しい雰囲気が 広がるモノだけれども
想像しない人が 自分と同じ服着てて
町で バッタリ! なんて
ちょっと ビックリ するよね

でも ペアルックは 傍目に見たら
ちょっと 痛いかも・・・
色違い程度でも まぁ 良く 恥ずかしく無いな
なんて 思われがちなのかな

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

家には網戸が無い
実家の風呂場の窓は 断熱二重窓で
外側から見ると 一枚なんだケド
実は 二重構造と言う 優れモノ
風呂場で 何時も湿気が有るから
暫く気付かなかったらしいが
結露した湯気で 一定の模様が出来て
数日 同じ形をして居たから
何かの拍子で 亀裂が入って
其処に 水滴が 入り込んだと 気付き
ママンは 修理以来を したそうな・・・

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

ご飯を ずっと 保温して置くと 電気代は 掛かるのでしょう。
しかも 黄色くなって ニオイも出るから 美味しく無いよね。
毎回 食べ切りサイズで 炊くように 心掛けては 居るんだケド
本当は 冷凍して チンが 良いのかも 知れないね。
電気って こまめに スイッチ 付けたり 消したりすると
ずっと 付けっぱなしよりも 電気代が 掛かるって
聞いたコトが 有るよ。
電気つけるトキの 消費電力が 一瞬で 結構 かかるんだとか。。

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°
人気ブログランキングへ
↑ポチッとな~☆↑


窓枠の藍

Img_4620


Img_4619


Img_4618

ウォッシュアウトされた空の隙間に零れる光が柔らかいなどと
勝手に決め付ける瞳に

墨色の木々が優しく下ろす枝の切っ先は意外と鋭く
三白眼よりも我を慄かせた

鬼瓦のような雲の濃淡でクツベラを思い出す
ベリー違うんだよ ワイルドなライオン頭のアイツが迫って来る

キャ助っ人を頼んでも逃げ切れぬマンホールから
両手を差し出す少女

オレンジと空の境目から昇る白かった月
買ったばかりなのにボロボロのジーンズ

手摺り代わりに吊革に掴まれば全ての揺れから身を守れると
本気で信じている

黒檀のアイツ
白檀のアイス
香ばしいストロベリーティー
飲み干せば 此処は楽園

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

~紙を彩る自由空間~

郵送詩誌 活動中☆
ネットのみならず、作品を形にしたい方 必見です☆

詩・短歌・俳句・川柳・小説・日記・フリートーク、
文字の他に 絵・写真を披露したい方にもおすすめ!

ワタクシすずこが編集している手作り詩誌
ポエムサークル「みゅう」

仲間になり購読いただくと
ボツなしで冊子掲載 & CDトーク → 全国発送★

見本誌もあります。読みたい方も連絡くださいね。
読者オンリーもOK

以下に最新号の写真・詳細を紹介していますので
クリックして御覧くださいませませ~☆

みゅう229号・230号・CD

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

藤鈴呼の戯言 ~すずザレ~ 
過去作も織り交ぜて更新中☆

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

木枯らしに 掠われそうな 肢体
北風は キライと
碧い 海の 前で
佇んで 居る

飛沫の 美しい
白い 涙に

嫌なコト 全て
洗い流して 欲しいと
望むけれど

願いは 岩肌に 阻まれて
苦しくて
上手く 息が
出来なかった

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

歩道橋の 上に 
黒い 人影

シャッター・チャンスを 
狙ってる

ケータイ・ピコパコしてる 
違反者を
捉らえ様と 必死なのか

はたまた

僕の 後ろ手に有る 山並みが 
綺麗なのか

振り向け無い 運転中の 僕には
とんと 解らなかった

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

信号 待ちで 何気 無く
バック・ミラーを 眺めると

ふてぶてしい 面持ちの 男性が
仏頂面をして こちらを 見やって居た

いや 彼に してみれば
当たり前の 表情だったのかも 知れない

睡眠不足で 少し 疲れて居た
ダケなのかも 知れない

とにかく
僕と 同じく
首を 上げる 癖が 有った様で

上から 見下されて居る 気がして
しまったんだ

きっと 普段 僕も
そんな 感覚を
他人に 与えて しまって居るのだろうと
ハッ と したコト

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

冬物の ロング・コートを 探し 始めて
数年 経つ

厚手で 重く 
足首までの 流さで
ファーの 付いた タイプは
どうやら 時代 遅れ らしく

カシミヤで 軽い 素材だけれど
昔より 防寒度は 高く 成って 居るのだ

売りたい 店員に 説明されたり して居る

確かに 温かいのだろう

試着も して みたけれど
やっぱり 私は 其れじゃあ イヤだ

突っ撥ねてるんだ

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

みんな 勝手な コトばかり 
言ってるよ

自分に 不利な 状況に 
陥れば 
其れ程に

苦悩は 続く ばかりで

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

三越に 赴いたのは 数年 振りだ
今の コートを 購入した時に
母と 来て 以来だ

既に 五年 以上は 経過して 居る

未だ 薄手のコートを 羽織って居るが
雪が 降れば 活躍する 彼女の 
ファーは 豹柄だ

私の 好きな
重たくて 足首まで 伸びた 
フワフワ生地― だった

幾度か クリーニングに 出し
冬中 着古した 御蔭で

今では ギスギス感も 否めない

今は 長い と 言っても
膝下辺りまでが 殆どで

近くの 店には
私の 言う 処の
ロング・コートは
置いて 居ないのだ

其れでも
店員は にこやかな笑顔を 振り撒いて

「 丁度 入荷した ばかりで 
   お買い得ですよ 」  などと 言う

今日は 中年の 男性と 女性の 
二人がかりで 
説明モードに 雪崩込んだ

一応 試着は してみた ものの
やはり 流さが 足りなくて 
断念した

勿論 まがい フェンディ・バッグを
肩から ブラ下げて 居た 為

とっとと 退散したい 思いも
強かった コトは 否めない

何気無く 買った 安物バッグは
会社用として 使用して 居るのだ

勿論 ブランド 超 ド音痴の 私に
此れと 似た柄の 
フェンディ と 言う バッグが
存在する 事実を 知る術は
無かったのだ

そもそも 最初から 知って 居たならば
偽物を 何故 購入 しただろうか(反語)

と 言う訳で
出来れば 処分して しまいたい
と 言う 気持ちも 否めないが

バッグは 
大きくて 物が 入れば 構わない
と 言う 信念の 元

少しばかりの 羞恥心は 
かなぐり捨てる 勢いで
日々 ブラ下げて 歩いて居るので 有る

だが やはり
繁華街や 
ちょっと 名の知れた店内を 歩く 時には
他人の目が 否応無しに
気に掛かって しまい

出来るダケ 他人の目を 避ける様に
バッグを 前や 横に 移動させながら
歩いてしまう 私は 
小心者で 有る

流石 安物だけ 有って
日々 使い 古して 行くうちに

既に 手に持つ 紐の 部分が
ケバケバしい 形相を 
呈して しまって 居る

元来 他人の 視線や 思惑は
気にしないのが ポリシーでは 有るのだが

いかんせん
偽物 と 言う 響きに
弱く成って しまったのは 事実だ

つつがなく 最速スピードで
断りの 文句を 告げ
店外に 出た 私は
ひとまず 愛人(WC)の 元へと 向かった

ダイエーに 入ったのも 久々で 有る
そもそも 大通りは
昔の 職場からは 近いのだが

最近では
車で 素通りするコトも
無くなって しまった

今の 職場と 自宅からは
反対方向 なのだ

要するに 
用が 無いので 有る

店内は 閉店 売り尽くしの
セール中だった

そう言えば
此処は 潰れるんだったな 

何時ぞやの 新聞を 思い出しながら
心の中で 呟いて みる

ロング・コートへの 期待は
非常に 薄かったが

とりあえず 今日は
近くの デパート付近で
会食を して来る と 言う 彼と
待ち合わせをして 居るので

ひやかし半分で
久々の 店内を
覗いて見る コトに した

会食では 弁当が 出るらしいのだが
我慢して 残して
明日の 弁当に するから
今夜は 二人で 外食しよう
と 言うコトに 成ったので 有る

一日おいて 食べる 弁当は
味も 落ちる だろうに

日々 料理を 作るのが
本当は 好きでは無い 私に 対す
彼の 優しさで 有る

若しくは
彼が 弁当を 食べるなら
私 一人きりならば

外食か コンビニか
デリバリー ピザか 
たこ焼きに 成るで 有ろう コトを 思い

彼が 示して呉れた 提案なのだ

私自身も 仕事から 帰って
夕食を 作り 終えて
弁当 作成までと 成ると

正直
自炊が 当たり前の 生活では 
無かった 為に
しんどいのだ

其れでも
気力・体力が 残されて 居る 内は
平気 なのだが

お天気屋の 私の 気分は
一瞬で 上下し
直ぐに 顕著に 表情に 現れ
嵐の夜の 波の うねりよりも 
激しく 揺れる為

彼は 自分で
夕食を 作って 呉れたり

こうして 私に
お休みを 与えて 呉れたり するのだ

嗚呼 本当に 有り難いなあ
と 思うと 同時に

世の 主婦達は 素晴らしいなあ
と 感慨に 更けった 後で

私も 精進せねば なるまいなぁ
こんな コトでは
健康にも イカンしなぁ


何時だって 最後は
反省モードに 入るので 有る



さて 
閉店セールの 婦人服 売り場を
歩いて居た 私は

やはり コートは 無いなぁ
と 撃沈したので 有るが

フロア全体に 並べ立てられた
衣類を 眺めて 居るうちに

安さに 惹かれて
セーターを 衝動買いして しまった

中には 半額の 商品も 有り
丁度 冬物が 欲しいなぁ
とも 感じて 居たので

手で 持てるダケ 掴んで
レジに 向かった

合計 五着は
買い過ぎ だろうか
とも 思ったが。。。

価格は 安いのだが
置き場所の 心配を したので 有る

其れでも 結局
彼の ワイシャツ 四着まで
買い込んで しまった

勿論 
財布は 軽く
荷物は 重く 成って しまった

だが 
久々の 散財に
少し 増えた 衣類に

大満足 な 夜
なので 有る×××

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

レイホウ さぁん♪

彼女に 其う 呼ばれたのも
頷けると 思った

朝は 寝癖直し ウォーターの
スプレーを 振りかけて
車に 乗り込む

だから 髪は 乾かぬ状態で
少し ピタッと 張り付いたまま
しなっと している

バック・ミラーを 眺めて
思うのだ

嗚呼 確かに
似て 居るかも 知れないなぁ と

彼女は 昔
いいともの レギュラーだった らしいのだが

私も 何と無く
顔が 浮かぶ 程度だ

ショートカットの
目鼻立ちの くっきりとした ヒトだ

赤い 口紅の イメージも 有る

私は 勿論 
彼女みたいに 美しい 訳では 無いが

顔立ちは 濃いのだろう

覚えられ易いのだな と 実感したのは
以前の 職場の エレベーター内での
会話で 有った

年上の 女性が
乗り込んで 来た

二人切り だったのだが
彼女が 突然 
振り向き際に
私に 話し 掛けて来た

あのぅ
以前 ミスドに
いらっしゃいませんでしたか?

確かに
学生最後の 二年間
アルバイトをして 居たので
はい と 答えたのだが

其の 時点で
数年 経過して 居たので 有る

恐らく
当時の 常連さん だったので あろう

髪型も 服装も 全然 違うのに
入れ代わりの 激しい アルバイトの 中で
私を 覚えて居て 呉れたのだ

その 話を
同僚に 報告がてらに

悪いコトは 出来ないよねぇ
などと 言いながら
笑い合った 記憶が 有る

蓮坊さん
ー こう書く 気が したのだが ー

彼女より 私は 
頬が 丸い

輪郭が 丸いのは
昔からだ

顎の ラインが スッとした 女性に
憧れた 時期も 有った

そう言えば 以前
毎日 挨拶して居た
駐車場の おっちゃん達も

私のコトを 当時の上司に
こう 言って 居たのだと 言う

あの 顔の 丸い 元気な子

だから
何に 似てるか と 問われれば
こう 応えざるを 得ないのだろう


  『 栗きんとん 』

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

黒い 靴下は 私の バイブル
と ばかりに
履き潰して居た 日々は ブルウ

ひび割れた 十字架を
必死で 握り 締めてた 時代

長い スカート  細い 足首
そんな生活 憧れて居た

赤い 着物は 年に 一度の
晴れ舞台だと 楽しんで 生た

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

以下は お腹を 満たしてから
読んで 下さいー

空腹時に 読むと
辛い 内容に
設定して 有ります 故ー

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

昨夜は 大通りで 外食を した
母が 若い 時代から 栄えて居た
と 言う 
和食 中心の 老舗だ

写真付きの メニューを見て
最近 天ぷらを
食べて 無かった コトを
思い出した

美味しそう だったので
早速 オーダー した

天丼と そばセットの 定食だ
ちくわが 無かったのが
少し 残念だったが

ひじきも マカロニサラダも 入って
900円 だったので

ボリュームの 割には
安いなぁ と 感じた

すっかり 満腹に 成り 帰宅し
会食で 彼が 食べずに 残して来た 弁当を

翌日の 昼の 弁当に すると 言うので
一応 弁当箱に 入れ替えた方が 良いだろう

と 開けて 見ると。。。

沢山の 天ぷらの入った
弁当でしたと サ!_( ̄▽ ̄)ノ彡!

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°
人気ブログランキングへ
↑ポチッとな~☆↑


2015年12月12日 (土)

雪の華

78002


Img_5863


Img_5864

このフレーズで最初に思い描くのは 
実家の台所

写真の光景です
本当に、この言葉が似合うでしょう?

次に浮かぶ音は 中島美嘉さんの曲
カラオケで歌うこともあります☆
最近は店でも耳にしますネ。

そして先日 伊藤たかみサンの本を
読破しました

完全なるジャケ買い、
表紙に惹かれ、タイトルに魅かれ。

そんな形が見えるとするならば
私のんは どんなんだろう と
想いを馳せる瞬間なのでしタ

先程のニュースでは 
夕方の札幌2.9度だかと言ってたなあ

先日も 会話の中で
この時期にしては 最近の気温は 温かいのだ
と聞きました

暖冬なんかや?
するってえと 雪の華の出没頻度も少ないのかな
それは 少し 寂しいような気がするネ

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

~紙を彩る自由空間~

郵送詩誌 活動中☆
ネットのみならず、作品を形にしたい方 必見です☆

詩・短歌・俳句・川柳・小説・日記・フリートーク、
文字の他に 絵・写真を披露したい方にもおすすめ!

ワタクシすずこが編集している手作り詩誌
ポエムサークル「みゅう」

仲間になり購読いただくと
ボツなしで冊子掲載 & CDトーク → 全国発送★

見本誌もあります。読みたい方も連絡くださいね。
読者オンリーもOK

以下に最新号の写真・詳細を紹介していますので
クリックして御覧くださいませませ~☆

みゅう229号・230号・CD

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

藤鈴呼の戯言 ~すずザレ~ 
過去作も織り交ぜて更新中☆

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

幼い頃 信じた 
純粋な 心

サンタを 待って
靴下を ぶら下げる

その 靴下を
使って しまえば
毛玉が 出来る

昔は
毛玉取り機なんて
重宝な 玩具は 無かった

指で 毟り取ると
靴下が 傷付いたり した

穴の 開いた 靴下でも
構わない

サンタが 呉れる
プレゼントは

きっと 穴より
大きいから

少しの 穴なら
大丈夫

毛玉だって 取れば 良い
綻びだって 繋げば 良い

ほら 何時もの 様に
紙と ペン 片手に
描いた 世界を 思い出せ

玩具は 変わっても
携帯に 代わっても
君の 心は 代わりはしない

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

さて ワタクシは 明日で 御用 納め 、
そして 明後日から 里帰りで 3日まで。

4日から 仕事 始め スケジュールです。
その間 パソコン みられないのが 残念
。。。//δ⌒▽⌒//

さっきまで 
甥っ子に 渡すための ポチ袋

前に 買ったの 
何処に おいたか 

本気で 忘れて
本気で 大捜索して
本気で ムカついて

まだ 彼 
帰宅 してなくて 一人っきりなのに

声に だして 
「 まったく もう!! 」 とか 
いっちゃってる ヤバさだよ
~( ̄▽ ̄~)(~ ̄▽ ̄)~

ポチ袋って 呼び方 
知らなかった 訳じゃあ ないけれども

自分が 貰ってた 時は
袋には いつも 
おとし玉 って 書かれて いたので

ちょいと 
犬の ポチを 連想して しまう 
アタクシなので 有りんしたー。

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

休日の 昼
窓外に 赤い バイクが 見えた

チャイムが 鳴り
郵便物が 届いた

てっきり
2日前に 
不在通知が 入ってたので

其の 郵便か と 思ったが
差出人 が 違う

連絡して 居ない 私も
悪かったが

一緒に 届けて 呉れても
良さそうなのに

担当 配達員が
違うの だろうか

普段は
不在 通知が 数回 入り

通知の 色が
変化 して 行くが

今回は
連絡 する 迄
局内で 放置 なのだろうか

と 考えながら
郵便局に 電話した

郵便物は 局で 保管 して居る
24時間 受け取り 可能 なので
夜に 郵便局に 出向いた

窓口には 中年 女性が 居た
その 後ろ には
腰が 曲がった 男性が
並んで 居た

私は 三番目だ

話を 聞いて 居ると
最初の 女性は

どうやら 
年賀状を 掻き損じて
葉書の 交換に 来た様だ

窓口の 女性は 
若くて
笑顔の 応対を して居た

中年女性の 言い方が 悪かったのか
窓口の 女性は
局の 中と 窓口を
何度も 行ったり 来たり しながら
中年女性や 私達を 待たせて 居た

最初は
葉書と 切手に 分けて
交換する 話を していた 様子

その後で
全て 葉書で 交換する 話で
まとまった 気配

大分 待たせた 後で
奥から 出て来た 窓口嬢

満面の 笑みを 称えて
言った 台詞が こちら  

→1→2→3♪

( テレビ番組風に 
  ワン ・ ツー ・ スリィ ♪ と 
  お読み 下さい××× )

「 あのっ・・・ 
  ハガキと 切手 
   どちらでしたっけ? 」

お~ま~え~・・・ 

客女性の 代わりに
二つ 後ろから

「 ハガキだ! ボケ!
  ちゃんと 聞いとらんかい!

  チャッチャと やらんかい!
  待たせ過ぎ なんだよ! 」

と 
思わず 叫びそうに 成った・・・ 

唇を 閉じたままで 生られたのは
笑顔が 有ったから かも 知れない

そして
本当に キレてた のは
同僚の 歳上女に 対して だったからだ

今日び
コンビニや スーパーでは

客が 混み合えば
閉じて居た レジを 開放して
客の 流れを スムーズに するのが
当たり前だ

以前  窓口に 来た時は
後ろで 作業 して居た 職員 総出で
応対 して居た

24時間用の 窓口は 
狭いから ワタワタ するが

其れでも
待たされる よりは マシだ

笑顔の 窓口嬢が
何か 聞いて居る 様だったし

先輩 なのだろう 
と 予想したが

此の職員は
窓口の 向こうに 
チラチラ 見えは する ものの

並んでる 私達に 
気付いて 居る 筈 なのに

一向に 笑顔嬢を
助けよう とは しなかった

途中で 待ち兼ねた 彼が
車から 降りて やって来た

その時点で
最初の 客を 合わせて
5人が 並んで 居た

「 どうしたの?
  もう 10分は 経ってるよ? 」

静かな 局内で
小声で 彼に 説明を する私は
かなり 仏頂面だ

「 思わず 傘を
  シャッターに ブツケたく 成ったよ! 」

なんて ゼスチャーを 交えて
苛立ちを 凌いだ

後ろの 二人が 居なかったら
一言 物申したかったが
我慢して 局を 出た

私の 番に 成った時
窓口の すぐ 奥に 
先輩女が 居た

何やら
不在通知 らしきものを
並べて 居る 様に 見えた

なぁ  姉さんよ
その 仕事は
急を 要する モノ なんかい?

取り敢えず
私達が 掃けてからでも
充分 間に合うんで ないの?

アナタの 仕事じゃ 無いから
窓口が 混んでも
「 そんなの 関係 ねぇ! 」 なんかい?

気遣いと  気配りと  思いやり
三つとも 足り無いんで ないか ねぇ・・・ 

その奥には 男性も 見えるし
皆さん 総出で 対応したら
良いんで ないの?

嘆かわしいよ  ホントに・・・ 

帰りの 車内での 会話

「 遅いから  心配して
  中に 来たんでしょう? 」

「 銀行強盗かと 思った (笑)
  どうしようかと シミュレーション してたよ~ 」

「 ホントに そうだったら どうしてたん? 」

「 ・・・ 逃げてた┌| ∵|┘  」 

    ・
    ・
    ・

逃げてたんか~い ε=┏(; ̄▽ ̄)┛

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

御用 納めの 2日前
彼女に 聞かれた

「 今年 一年を
  漢字 一文字で 言うなら? 」

彼女は 「乱」 だ そうだ
色んな意味で 乱れた 年だった 、 と。

質問を された日は
「 考えとく 」 と 言った 私

翌日  彼女に 聞かれた 時には
質問された コトを
すっかり 忘れて 居たが
咄嗟に 応えた

「 そうだねぇ~・・・ 
  細かい 事に イラッ と来たりした
  年だった 気が するから
  「細」 か ねぇ~ 」

「 長いからっ! 」 

駄目出しを されて

改めて
脳内 メーターを フル回転 させた

一休 ランプが 点滅した 後の
結果は こちら →1→2→3→♪

「 安 」

去年は 正月から 沖縄旅行 したり
スキー セットで 散財 したり
式の 費用が 有ったが

其れに 比べれば
遠出も せず
デカイ 出費も 無く
色んな コトが 安く 済んだ

と 言う 意味合いと

父が ポリープ 摘出 したが
良性で 無事で 安心した コトや
二人も 安泰

の 意味合いを 掛けた 一文字だ
と 言ったら

「 すごい! 完璧だ! 」
と 言われ
満足!_( ̄▽ ̄)ノ彡!

彼の 回答も
是非 聞きたい と 言われて 居たが

御用 納め 前日の 彼は
真夜中 近く 迄 残業っ\(◎o◎)/! 

流石に 閃かない だろう
と 聞かぬ まま 
御用 納め 当日を 迎えた

今日 彼女に 伝えないと
新年に 成って しまうので

朝に 彼に メールをして 出勤

昼に 届いた 回答が
こちら→1→2→3→♪

んー 悩ましい、、、
こういうの こだわりたい 人なので

あーたと だいたい 同じだが
一年間 平穏、幸福に 過ごせたので

「 寧 」 で どうでしょう?

うん ( ̄ー ̄)
良いんで ないのお~( ̄▽ ̄~)(~ ̄▽ ̄)~

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

重たい 鉄の 塊が
空を 飛ぶ 訳が 無い

飛行機に 憧れた
時代の 言い訳

四角い 箱が
地面を 走る

重たい 箱を 支えるのは
四つの 輪

そこに
どんな 和が
描かれるのでしょう

愛 夢 自由 平和
ありきたりの 感情を
踏み付けて 行く

アスファルトが
重い と 泣いた

空から 舞い降りた 雨が
全てを 癒した

もう 泣かんで いいよ って
あなたは 希望を 乗せた
船なんだ って。

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

お返事が 遅く なりました
なぁに ちょっと
暖かい 場所で
温たまって 居たんで やんす

戻って 来たら 大雪で
雪かきが 待って 居ると 覚悟して
タクシーを 降りました ところ

綺麗に アスファルトが
見えて おりました

恐らく 同じ 棟の 方々が
掻いて 呉れたのでしょう

ああ 有り難い
遅い 時間帯 だったので
ピンポンをして 御礼も 出来ぬまま

窓から 零れる 明かり 見上げて
感謝の 心を 重ねて おりました

車の上は 綿飴の よう
濡れて 重い 結晶の 固まりを
少しずつ よいしょ と 掛け声 かけながら
のかしました

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

タイトルなんて なくっても
言葉は 素敵です

言葉なんか なくっても
心で 描いて 居ます

心なんて 見えなくっても
瞳で 見つめて 生きて 行きます

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

以前 ミュウに ネット投稿作品を
沢山 載せて おりました

今は 購読会員を 優先に
掲載する スタイルに 代えて居ます

人気投票で 誰かが コメント してくれても
それを 伝える 術が ないのと
投票された 会員に 送られる
虹の 欠片を 郵送する 術が ない
そんな 理由からです

没ナシな モノで
この15年程の 間に
未掲載の 作品達が
段ボールばりに 溜まって おります
。。。//δ⌒▽⌒//

出来るだけ 多く それらを 載せて
行きたいなぁ~ と いう ところなんですよ。

今は パソコン カラー プリンタ 30P
これを 2冊 同時発行で
おしゃべり CDを プレゼントして居ます。

気が向いたら 参加くださいまし★

そうそう、原則は 郵送投稿 だったりも
するんですね。。。//δ⌒▽⌒//

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

今年は ようやく
テレビを 眺めながら
年越しを するコトが 出来た

去年は ノロ風味に グロッキーで
布団の中だったから
何時 年明けだったのかも
朧気な 雰囲気だったもんなぁ・・・

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

芸人ブレイクしてから
どれだけの 時が 経ったろう

人を 笑わせるのは
案外 むつかしい

誰かの 真似を したり
コケ落としたりするのは
個人的に キライ なんだな

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°
人気ブログランキングへ
↑ポチッとな~☆↑



かちょーっ!

Img_5827


Img_5861


Img_5862

課長ーーっ! の話では ありません(笑)
あちょーっ! あ、それは しょーりんじだわ

化調 それは 化学調味料の略でんがなー
本日は和食チックにブランチしてみましたが

今度は普通にグリルで焼いた 
ロシア産のシャケ

私『これ3切れで800YENだってサ』
夫「たかっ!」(キレ気味。キミ、切れぎみ)

やっぱり?

夫「おおっ 卵焼きや!」
私『しょうゆ かけると 良いよ♪』

と 最初っから予防線を張っちょりますた
そんならね かちょーチックに感じたらしく

夫「これ、既製品やろ? 化調風味や」
私『つ・・・く・・・ったのーーーぉ』

ううっ 最初っから 醤油かけるんやったーっ
かけずに そのままパクついていたーっ

ぎゃーーーっ
ってな事でね、次回また 頑張りますよ(イツ)

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

本の旅2冊を読破しました~っ


住んでみた、わかった! イスラーム世界
目からウロコのドバイ暮らし6年間

松原直美


ラマダーン(断食月)のことも
テレビで紹介されていたのをチラッと眺めて
「私には無理だ!(食欲)」と思っていたくらいで
全く知識がなかったので 
読んでいる全てが新鮮に感じられる一冊でした

ドバイのイメージも
「何だかゴージャスな建物に溢れる地域」

という
アバウトなものでしたが 

日本語を学習しながら
普通に生活をする学生さんの視点で描かれる部分も
多かったので 

読んで行く内に 彼等の中に入り込んで行くような
錯覚も!?

一番驚いたのは
男女が目すら合わせない、と言うか
出会うキッカケから疎外される世界があるんだ、
ということ。

決められた結婚相手と暮らすことを
何の疑いもなく当たり前に受け入れる風潮、

でも 周囲が全員そうだったら染まるんだろうなあ、
とも感じました。

暑い地域だけあって
完全防備の格好は辛いのかと思いきや、

筒状のスカートだったりすると
意外と風通りが良かったりするのですね、
目からウロコでした。

個人が手持ちしている物を
「素敵だね」と褒めたところ、

「それなら差し上げます」となり、
いつの間にか いただき物が増えたという件では
笑いました。

簡単に褒め言葉も口に出来ない、
遠慮しなければならない感じなのね!?

日に何度も行われる礼拝も、
初めて眺める側としては
独特な雰囲気だったのかも知れませんね。

食いしん坊の私は、夜通し開催されるパーティーが
羨ましいなあと思ったけれども、

次々 口に運ぶ一方で、
肌も出さない筒状の格好をして優雅に暮らしていたら 

あっという間に横幅だけが増えて だらけてしまいそう?! 
なんて妄想も したのでしタ☆

*

季刊誌 東京荒野

本格的な印刷で手触りも良い一冊でした。
普段みゅうの紙質に慣れていたので
猶更そう思ったのかな~。

表紙、特に 裏表紙を暫くの間 眺めていて
連想したのが地元のテレビ番組でした。

番組中、トークしている後ろ側に
クリアボードが立てられていて、
絵を色々と描いていくんですよね。

番組終盤に向けて
壮大な背景が完成する仕組みになっているんです。

特に私の中で
白いペンで描くイメージが強かったので、
そう感じたようです。

何だか勢いがあるなあと思いながら開いていくと、
沢山の演者さんが隠れていて、

これはエッセイなのか作り話なのかと
考えながら読むのも興味深かったです。

イラストの得意な方も多かったですね。
「ちょっとテスト用紙の裏に落書きしてみたの♪」
っていうように 
チャチャッと描けそうなのも才能ですよねー。

会話形式で番号が振ってあるものは 
最初、読み順に気付かずに
ストーリーが飲み込めず、

あれ?
となってから読み直しました。

これは二号目のようですが、
創刊号から続く後編になっているものは、
前編がどんなものだったかと想像しながら読みました。

宿泊先で箱入りの謎の猫を預かる羽目になりそうな話の
続きが面白そうだなあ~♪

ところどころにリアルな写真も沢山あって
現実と想像と詩と、色々なテイストがありました☆

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

世間用語では天邪鬼扱いをされる策でも
気力を上げる柵になるなら万々歳
そんな夜のお供はバンバンジー?

なんて どんなんだっけ? 
ってレベルですが、何か??
~( ̄▽ ̄~)(~ ̄▽ ̄)~

夕方 ポストに走る
いや 歩く
長い階段を 下るのは平気
問題は 上り坂

気分が良いのは後者だけれども
疲れるのも そんな坂道

泥道を わざと歩くのは何故
公園で お喋りをする父子
会釈をする私に 微妙な節
赤いポストだけが 目立つ道の端

中央を歩けぬ車道
揺れるライト

途中で 写真撮影しようかと 思っていたら
あっと言う間に 闇の訪れ

紫外線が気に成るからと
ファンデーション 塗り塗りしたけれど

何なら カーテン越しの昼間の方が
必要やったんと ちゃうん? 

なんて問いが
建物の隙間から漏れる煙から聴こえる

貼り湿布ならば 菓子論がセット
いや それは 満腹論
カシロン それは 注射の隠語

先生は もう 御空の上だけど
何時だって 言われた台詞
「カシロンとシップね」

それで 全ての病が治るならば バンバンジー
もとひ 万々歳なのですが

張り氷の隙間を埋めた水溜りが主張して
今度は俺の出番だぞと夜空を写す

中央に揺れるのは窓越しの光
人影が動く 何をしているのか気に成る?

朝焼けに感動をした
揺れる雲にも気づかずに

唯だ 視線ダケ ゆっくりとずらして
気付かぬ振り子のシャッターぽん

玉子豆腐のような空
角に頭をぶつけないようにと
じっくり歩く 師走の道のり

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

~紙を彩る自由空間~

郵送詩誌 活動中☆
ネットのみならず、作品を形にしたい方 必見です☆

詩・短歌・俳句・川柳・小説・日記・フリートーク、
文字の他に 絵・写真を披露したい方にもおすすめ!

ワタクシすずこが編集している手作り詩誌
ポエムサークル「みゅう」

仲間になり購読いただくと
ボツなしで冊子掲載 & CDトーク → 全国発送★

見本誌もあります。読みたい方も連絡くださいね。
読者オンリーもOK

以下に最新号の写真・詳細を紹介していますので
クリックして御覧くださいませませ~☆

みゅう229号・230号・CD

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

藤鈴呼の戯言 ~すずザレ~ 
過去作も織り交ぜて更新中☆

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

ありがとう も さよなら も ごめんなさい も

使いように よっては

とっても すてきな 台詞なの

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★

貴方は 気付くのが 遅すぎる

鈍感なのか 策略なのか

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★

あたしは 船の上に 居る

あなたが ヨットの 帆を掴み

あたしの心を ぐわん と 揺らす

だけど 心は 離れない

あたしは 誰よりも 強いから

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★

自分が 出来なかったことを

他人に 委ねるのでは 無くて

たった 一言 願いを言って

何時か 叶えて みたいと 思うの

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★

いい子にだって いくらだって なれた

馴れ過ぎた この世界は

一言のパワーを 埋もれさせた

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★

やっぱり ・ だって

言い訳ならば

いくらだって 吐けたよね

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★

ほうき で

今までの 総ての嘘を

洗い流せたなら

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★

あなたが トゲと 言うのなら

あたしは 葉っぱに 成り下がり

静かに 蕾と KISSを して

真っ逆さま に 地面に 堕ちる

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★

マリオネットの 憂鬱は

糸が なかなか 途切れないこと

意図が なかなか つかめないこと

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★

アンドロイドの 魂は

鉄の 玩具に 満たされて

チャカでも ぶっ放たせは しないね

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★
人気ブログランキングへ
↑ポチッとな~☆↑


途中までは良かった

Img_5856


Img_5859


Img_5860

今回のテーマソング
♪私には~ で~き~な~い~♪

チャチャチャ~ん!
BY すずこオーケストラ
因みにすずこの干支はトラ

つうことでですねっ!
ひっっっっさびさに作ってみましたよたまごやき
はいどん!引きー でーすーよーねー(棒)

『おっと、てーへんだ、忘れもの♪』
と、机上のデジカメを取りに行ったりして
脱線したのが敗因だな!?(違)

いやー、言い訳するとですねー
朝も早よからチャレンジしたモンで
アタクシ寝ぼけてましてん♪ うふっ

(え゛? 二回も風呂に入った後の癖に!?)

何かさ、味もビミョーだし
最近 オリーブオイルだし

ダシ塩系 OR 甘い系
どっちかにしろって感じなんですけどね

色々と 調味料 ぶっこんじまったら
ゴージャスになるかな!? って思ったら
真逆だった

うん
気付いていたけど
何となく 入れたった♪

だし しお にゅうぎゅう もーぉ! 
もとひ ぎゅうにゅう

ここいらで 止めておけば
美味しいプレーンオムレツ風味に なった筈
(味はね、味はっ!)

何を血迷ったか
砂糖 酒まで 投入してしまって
しかも 三温糖!_( ̄▽ ̄)ノ彡!

まあ いいや
夫は 寝ぼけ眼で 食べるんだろうし
その時は 醤油かけてしまおう♪

で、完成した一柵(刺身かっ!)状態の中央がですね
オムレツの踊り子みたいになっちまいましてん

ほら、デミソースかける前に
ドレスみたいに美しく開くアレですよ
そんな感じやないん?

断面も何だかなー 均一じゃないしなー
すっっっごく 時間かけて作ったんですよ
(当人比)

何かが パラパラと剥がれていくかのような・・・
そうかっ! 身から出た錆だなっ!?
~( ̄▽ ̄~)(~ ̄▽ ̄)~

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

【替え歌】原曲:とびら開けて アナと雪の女王 - YouTube

わあ凄い
アナ雪は見たことないんですが

テーマソングは
何度かテレビで見聞きしたことがありんす

で、次々と別バージョンの替え歌が
出て来るのネ

これ、収まりがつかなくなりそうなので
(寧ろ、贅肉はベルト内に収まって欲しい)

タイピングに戻って参りました~っ!
(腹の上のポニョも戻って「参り」ました~っ!)

夫(徐に) 「おかえりっ♪」
 ぷにょっ(と ツマム)

私『・・・・ 待ち侘びてないわっ!』

夫「かっ。。(吹き出しながら)
 お父さんっ! 今、私は哀しみを乗り越え、
半年振りに 戻って参りました~っ!」

私『ぶふふっ。。。』 
(眠れないから止めてくれる?)

つぅか、そんなんじゃ 父も
遅々として浮かばれないわ
~( ̄▽ ̄~)(~ ̄▽ ̄)~

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

契りも日々傷人せぬよう
努めなければなりませぬ

男女関係のみならず 人と人との心粋、
活かしたままで過ごせるようにね

互いにそう思う関係ばかりならば 
トラブルも減るでしょうに、ねぇ・・・

精進料理の店が
実家近くにあった気がするんだけれども
いつの間にやら潰れてしまったようで

ラーメン屋に早変わりしていたりして、ね
やはり珍しいものは集客が難しいのかなあ

卵焼き、本当に久しく作ってないんですよねー
と書いていたら作りたくなってきちゃったなー

私『それ、卵3つダケですか?』

社長「いや、味付けしてますよ。」
(小声で)「卵ダケって・・・」

私『いや、あんまり綺麗だからっ!』

ほら、砂糖とかサ 入れたりするとサ
焦げ目が付いたりしちゃったりするじゃない?

本当に 綺麗だったのよね
薄黄色一色で、見惚れる位の美人サン♪

なモンで、そんじょそこらの回転寿司屋出汁巻卵より
綺麗だったわ!

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

~紙を彩る自由空間~

郵送詩誌 活動中☆
ネットのみならず、作品を形にしたい方 必見です☆

詩・短歌・俳句・川柳・小説・日記・フリートーク、
文字の他に 絵・写真を披露したい方にもおすすめ!

ワタクシすずこが編集している手作り詩誌
ポエムサークル「みゅう」

仲間になり購読いただくと
ボツなしで冊子掲載 & CDトーク → 全国発送★

見本誌もあります。読みたい方も連絡くださいね。
読者オンリーもOK

以下に最新号の写真・詳細を紹介していますので
クリックして御覧くださいませませ~☆

みゅう229号・230号・CD

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

藤鈴呼の戯言 ~すずザレ~ 
過去作も織り交ぜて更新中☆

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

ピカイチ! の 文字を ブラ 下げて
デコイチ は 走る

実際には 知らない
デコピンを して 遊んでた アタシ達

アレは 見る 以上に
痛みが 駆け 抜けるんだ

だから 何時も
与える 側の 人間は
受け取る 側の 気持ちも
知らねば 成るまひ

何時も
同じ 位置に 佇んで 居るのは

♪ この木 何の木 
ぐらいだ

其れに しても
日々 
踏切 との 時間 勝負だ

今回は 貨物 だった

あの デカイ 
コンテナ の 中に 有る 荷物は
何パーセントを 占めるん だろう

信号が 無くって 気楽だ なぁ~

そんな 妄想が 途切れて からも
未だ 踏切は
足を 降ろした まま だったんだ

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

ハムスターは クルクル 回る
何が そんなに 楽しいん だい?

眺める 主人は 無責任だ

お前が 俺を
こんな チンケな 箱に 
引きずり 込んだんだ

ドブ川に でも 離して 呉れれば
天敵 との 遭遇に 
脅え ながら 走る 
スリルも 有るって モンだ

何に しても 運動 不足で
身体が 鈍るん だよっ!

なぁんて
言いたいの かも 知れない ねぇ~
彼は。


  「 グレ ハムスター 」

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

まろどの
~( ̄▽ ̄~)(~ ̄▽ ̄)~

久々で おじゃる
~( ̄▽ ̄~)(~ ̄▽ ̄)~

すずの プリンタは
壊れたで おじゃる
~( ̄▽ ̄~)(~ ̄▽ ̄)~

プリンは 雪印 の 
とろける プリン が 
好きだった で おじゃる
~( ̄▽ ̄~)(~ ̄▽ ̄)~

かつて
店頭から 消えた 時代は
まろの 姿が 消えた 時 みたく
寂しかったで おじゃる
(。-_-。) 

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

ミックス ・ ベジタブル は 
大変 便利だ

彼は 
グリン ・ ピース が 
苦手だ

豆は 普通に 食べるし
納豆も 好き なのに

コーンも 好きで
コーン ・ スープは 大好き・・・ 
なのは 私もだ

ソラ豆 の イメージ って
居酒屋の お通し だ

チャージ料 は 
今イチ 理解 出来ない ケド

呑みに なんか
殆ど 出ない から
カンケ~ 無い

さっき
コーン ・ スープを 
たらふく 飲んで 来た

何時もの ミルキー だ

ペコちゃん 事件の テレビを
見てた トキ
彼が 言った

ミルキー を 勘違い して
行かなく 成る 人が 
出そうじゃ 無い?

う~ん×××

此処で ステーキ 食べた コト
有るっけ?

彼の 発言に

何か 
ミンチ 再生肉 と 連想 されるし
余り 気が 進まない なぁ
と 思いながら

ステーキ 食べるの?
と 聞くと
首を 横に 振る

結局
チキン ・ グリル を 選んでた

アタシは
余り 空腹 では 無かった ので
サックリ ドリア でも?
と 思って 居たの だが

店内を 漂う
香ばしい 肉汁の 臭いに そそられて
チキン系 を チョイス した

揚げてから ピリ甘辛 あんかけ風
に した モノ だった
~( ̄▽ ̄~)(~ ̄▽ ̄)~

そもそも 月末の 棚卸で
普段より 少し 遅く 成った 
帰社 時刻

彼は 出張 から 帰る 日

駅まで 迎えに 行くか
彼が チャリで 帰るか
を 問う メールを して 居た

ご飯は セットして 居なかった

丁度 スーパーで
食材を 買い 込んで 見た ものの

何だか ダルイ 水曜日

作るの 面倒だ なぁ
と 思う 矢先に

未だ 作って 無いなら
外食 する? 
との 言葉に 
甘えて もうた!_( ̄▽ ̄)ノ彡!

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

太鼓の 音は
腹に 響く

空腹時 には
自分の 身体が

太鼓 みたいな
音を 出す

牛丼屋の 
宣伝 みたいだ

何時も 
午前 11時半を 回る 辺りに

ラジオ から
こんな セリフが 流れるんだ

私の 腹時計が
お昼を お知らせ します!

その 直後に
グゥ~。。。 って
腹時計の 音が 響くの サ

僕は 
同調 しない 様に って

唯だ 其れ ダケで
精一杯 なんだ
~( ̄▽ ̄~)(~ ̄▽ ̄)~

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

土曜日に スキー スクールを 初体感し
日曜日の 昼食は 回転 寿司
月曜日 には プリンタが 壊れた

内部 部品の 調整 が 
必要 らしい (。-_-。) 

さて プリンタが 
最後の 力を 振り 絞って 居た頃
母から 電話が 有った

四日前の 夕刊
未だ 捨てて 無い? と 言われ
新聞 入れの 段ボールを 探す

どうやら 八幡平の 樹氷 DVD を 
個人 作成 した 男性が
実費 配布 する らしい
と 言う 記事だ

連絡先が メール アドレス のみ
紹介 されて 居た

母は メールを 返信 出来るの だが
新しい アドレスを
登録 する コトが 出来無い
と 嘆いて 居た

先日も 実家に 行き
前沢牛の 大根 醤油 焼き
を 堪能 した 後で

簡易 パソコン 教室 を 
して 来た 処だ

発端は 
ウイルス バスター の 更新 時期 を
迎えた コト だった

私は ノートン を 使用 して 居る

前回 更新 した 時は
インターネット上で 更新キーを 取得し
ローソンの 機械で 振込を した

母は ネットも 殆ど 開いた コトが 無いし
キー と 言っても
身近 なのは 
家の 鍵の 方 だろう

ネット 接続 して
万が一 間違えたら と 思うと 不安だし
一度 来て 見て 呉れない?
と 言われて 居たのだ

ケーズデンキの 人を 呼んで 頼もうか
と 迷って 居たので

其れなら 一度 行くよ
と 快諾 したのだ

ノートンの 場合は
キーを 取得し 入力 すると
更新日の 翌日から
一年間 有効に 成る

ところが バスターの 方は
更新 入力 した 時 から
更新 と 成って しまう らしいのだ

更新 時期 迄は 
未だ 一ヶ月 有るので

此れでは 損だ

そんな 訳で 此の 日は 
ネット 更新 を 断念 し

郵送 される 振込 用紙を 待って から
再度 挑む コト に したので 有る×××

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

午後の ラジオ ショッピング で
NASA が 開発 した と 言う
防寒 毛布 だか を 
宣伝 してた 時が 有った

耐熱性に 優れて 居て
保温 効果 抜群 だから

此れが 有れば 冬の 夜 でも
ポカポカだ と 言う

何かで 
夜通し 並ぶ 時 とかにも 便利だ
とか―

でも
ライブ チケット を 取る 為に 
並ぶ 時代は 過ぎたし

深夜 作業 する 機会も
無い だろう し・・・ 

と 思い ながら
聞き 流して 居た

今 一番 寒い と 感じる のは
スキーの リフト上 だ 

ゴンドラ なら 良いが
夕方に 成ると 
北風は 冷たい

更に 転ぶ 回数が 増えたり
汗が 冷えると
震えて しまうの だ (。-_-。) 

でも 楽しさに 勝てずに
帰宅 せずに 挑むの だぁ
~( ̄▽ ̄~)(~ ̄▽ ̄)~

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

散る花びら 一枚 一枚は とても軽くって
ともすれば 風に 浚われ 舞い落ちる

舞い落ちた 花びらは 大地と 同化し
新たな 命を 創るべく 種を 守る

次の 花びらは 見た目は 同じでも
未来を 映す 鏡と 成るんだね

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

忘れた 筈の 花弁 
ひらり ふわり

頭の上で 開花する
幾つでも 何度でも

思いがけない 桜 前線
我の 心は 恋 全線

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

名言 幾つも 聞いて来た
其の 一言で 恋に 落ちたのは
アナタの 言の葉 だった からこそ

陥った と 振り返った 時
美しい 香りが 過ぎるのでしょう
メロディーに 彩りを 添えて

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°人気ブログランキングへ
↑ポチッとな~☆↑



ぶぅ垂れたら

Img_4901


Img_4845


Img_4902

ブゥたれたボクのアタマに
落ちる粉雪
あれは10月後半の お話

あくまでも アレは アラレだから
初雪では ナイのです、
と ボクは言って

電話する度に 
「早く初雪 見たいわぁ☆」 って
豪語するモンだから 
キミが 訂正をする

「降ったやん!
 世の中 全て 白くなったやん!」

その台詞ごと 飲み込みそうな屋根は
中央部分が開閉して 

もやっとボールが
幾つも幾つも
吸い込まれて行きそうだから 
息を止める

根っこは大切 
その先から 
通常より赤い
人参みたいな不思議野菜が
飛び出している

土の僅かにかかった様子も 
いとをかし

私が好きなのんは 
お菓子だけどネぇ~ 

通り過ぎ行く道すがら 
誰にともなく呟けば

へぇボタンを連打する
妄想音が響く

葉先は細かい 
チキチキずいコスモスを
彷彿とさせるような雰囲気

硝子に反射した
全ての陽光を
閉じ込めてしまった建物が

無機質さと
無反応な人間模様を
全て 飲み込んでいく

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

~紙を彩る自由空間~

郵送詩誌 活動中☆
ネットのみならず、作品を形にしたい方 必見です☆

詩・短歌・俳句・川柳・小説・日記・フリートーク、
文字の他に 絵・写真を披露したい方にもおすすめ!

ワタクシすずこが編集している手作り詩誌
ポエムサークル「みゅう」

仲間になり購読いただくと
ボツなしで冊子掲載 & CDトーク → 全国発送★

見本誌もあります。読みたい方も連絡くださいね。
読者オンリーもOK

以下に最新号の写真・詳細を紹介していますので
クリックして御覧くださいませませ~☆

みゅう229号・230号・CD

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

藤鈴呼の戯言 ~すずザレ~ 
過去作も織り交ぜて更新中☆

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

大好きな 筈の場面で 思い出す
   鬼門の言葉 過去の残骸 



封筒に 割り印をした 時の事
宛名記名も 完了し
裏 三箇所に 押印すれば 完成なのだが
どうしても 上手く 行かず
三枚も 無駄にして しまった・・・

其の日の 鬼門が 印鑑だったのは
言う迄も 無いxxx

★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

ゴワゴワで ゼブラ模様も 古く成り
   マーブルと化す ハンドル・カバー



最近 ふわふわの お気に入り バージョンが
余り 販売されて 無くて 哀しい。

ゴムを 伸ばして 取り付ける タイプ なのだが
売れて 居るのは
ハンドル型に 固定された
固い 素材の モノらしい。

冬物 コートも
好きな ロングは 流行では 無いらしく
ハーフ・コート ばっか 見掛けるし

そんな 私は
売れない 商品を 切実に 追い求めてる
熟れ無い 果実に 他 成らない!?

嗚呼 無情xxx

★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

〓  トコトコと 足音響く 夜明け前
       グウグウと鳴る 腹の虫かな 〓

永久(とこしえ)に 飛ばんとするは 白鳥の
   天使 思わす  白の 羽根先

〓 悠々と  仲間 引き連れ  楽し気に
     引き攣れるのは  寒さにて 頬 〓

寒いのよ 最高気温 11度!?
  信じられ無い 信じたく無い

〓 真冬日の 方が気負いを してる分
     寒さ身に染み 過ぎぬ感覚 〓

見上げれば 曇天の空 儚くて
  散った陰追う 懐かしさ追う

★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

細かな雨の中 当ても無く 彷徨い続けた。
人は 僕を 無鉄砲と 呼ぶだろうか

弾丸は 詰め込んだ
チャカを 手にして 身構える

思い コートが 胸に 熱い
更に 冷たく成って 行くのは 此の 心の 方なのだろう。

無慈悲な 感情と
誰かは 嘆く だろうか

一匹狼の如く 今まで 生き永らえて 来た。
排水口を 流れる
灰色の 滴と
同化 して居た――

   『 無 鉄 砲 』

★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

最近 食べて 無いんだ
つるっ つるっ とした 感触が
胸に 木霊する

去来するのは 白鳥の羽根
あんな風に 長い距離
離れなかったら 食べ辛いよね

   『 う ど ん 』

★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

もう 風邪は 治ったの?
何だか 病人扱いされて しまってるなぁ

会社でも 治ったら カラオケ 行きましょうね~ なんて
釣り餌は マイクなのだけども
絡んだ痰は 離れぬままに

何故か 吐き気で目覚めた 週末の朝
そして 吐き気は続き
珍しく 昼食は
最近 とん汁と おにぎりと 一品おかずを チョイスするのに
おかずまで 腹に 入れたく無くて

でも 間食は するんだよね
せんべい バリボリ 五月蝿いったらっ!


 『 何故か 職場での せんべいの味は 格別 』

★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

代行を 自ら遣った 記憶は 無い
最近は タクって 現場に 駆け付ける

頻度的には 皆より低い 飲み会に
今日は 近場まで
きっと 歩いて行く事に 成るんだろう

一人は 教職が 採用されて
僻地からの 勤務に 成るらしい

やはり 最初から 市街地なんて
甘い 考え だったよね

前日に 風邪声で ママンと 噂話する
もしかして 上手く 時間が 合えば
送って行って 貰えるかもね?

そう パパンが 呑んで なければね――

★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

教会 結婚式
そんな イメージが 膨らむ
パイプ・オルガン

素晴らしい 響きは 
昔から 天皇家に 伝わる
楽器が ヒントに 成った そうな

其の 名前も
忘れて しまったけどね――

★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

運送屋さんが 朝 九時過ぎに
何時も 段ボールを
沢山 抱えて やって来る

その日は 出勤して
未だ 寒いので
コート姿のまま 茶碗洗いをしてると
給湯室の前に ガタンと 音がして
運送屋さんが 見えた

すずこサンは コーラスは 好きかい?
嗚呼 名前 覚えて 呉れてたんだー
そつか 毎日 印鑑 付いてるしなぁ・・・
そんな事を 思いながらも

いいえ 興味 無いですけど どうしてですか?
いやあ もし 好きだったならば
チケット 貰ったから あげようと 思ってね?

好きな方に 差し上げた方が
歓ばれると 思いますよ――

コーラスかぁ・・・
あたしも カラオケ 行きたいなぁ・・・

久々に ギター 握ったんだケド
折角 作成した 左手の 各指の マメ達も
すっかり 無く成ってしまう位
触って 無かったんだなぁ と
思い 知らされる

少し 弦が 痛いなぁ・・・
あっ そっか 錆びてるんだ!


   『 言 い 訳 』

★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★
人気ブログランキングへ
↑ポチッとな~☆↑


海老だし味噌ラーメン

Img_5792


Img_5625


Img_5659

味の時計台というラーメン屋があります
札幌に来てから ちょくちょく行っておりまする♪

チェーン店なのでね、あちらこちらで見かけます
そう言えば・・・と 思い出すチェーン店が
8番ラーメン

北陸地方 在住時に 時折見かけていて
いつか行こう! と思ったまんま 終ぞ叶えず
移動して来ちゃいました~

地元で良く見かけたのは くるまやラーメン
これ、他地方で初めて見掛けた時は
無性に嬉しかったなあ

何だろう
世の中 繋がってんねんなっ! って言う
妙な実感と言うかね

それが 時を経ると

「何処に行ってもチェーン店ばかりで
町並みも代わり映えしないもんやのう~」 の

若干 諦めにも似た 溜息交じりの一言にも
代わるんですけどね!?

何処に行っても存在する(とは言えないが)
ショッピングモール 大型店

家電はあそこ ホームセンターはあすこ
コンビニもアレ なんて風に
新しさが ない!

と思うちょりましたんで 新鮮でしたわっ
セイコーマート(ハート)

でも 数度しか利用してなくて
ごめんね、ごめんね~っ♪

おでん、これは で~こん、「入ってますヨっ♪」
米の研ぎ汁で下茹でしちょります
卵も白湯ですが 下茹でしますた

あとは いつかの夕食
サバはね アシがハヤクテ 存在感 抜群なんですわ

帰宅した夫が 開口一番で
「おっ 魚やな!?」 とか 食材を当てるのんは
もう 当たり前のように なっちょりますが

翌日まで 主張せんでも 良いや~ん♪ と
三角コーナーから撤去して ぐるぐる巻きにされとる
袋ン中の残り皮に ブゥ垂れたくも なるモンだ
真夏でなくて え゛がっだじゃ~っ!

あー、 そうだ、 重曹とか入れて袋もんずらを縛ると
臭いが軽減されたり しますよね
クエン酸と合わせて 炭酸風呂にも したモンだ(遠い目)

糸魚川在住時代はですね、
クエン酸は頻繁に大活躍してました
ヤカン洗浄で、ね

最近 しとらんなー 
そうだ 買ってないわっ!

やっぱり あの地は 石灰が豊富なダケあって
すぐにポット内が白くムニャムニャ・・・Zzz...(違)

机上には ウスターソースが並んじょりますが
これは 夫 建ての希望により実現した調味料じゃ
(んな大袈裟な!)

何でも 夫の実家では 自宅お好み焼きには
ウスターソースが かかっていたそうな♪

我家は ホットプレートが なかったモンでね
自宅お好み焼き&たこ焼きを覚えたんは 
夫と出会ってからですが♪

夫「最近ウスターソースかけてないよなぁ・・・」
と 譫言のように繰り返すので(?) 購入しますた

汁には 焼き豆腐や紅生姜風の練り物、でーこん が
入っとるような。淡い記憶とともに お送りしておりまする~

こんな風なんが ザ・和食、で 夫の好物らしい。
納豆もね 身体に良いですからねっ!

旅館の朝食を彷彿とさせる 和食メニューのイメージ
人に依って 違うんでしょうけれども

あって欲しいもの、と言うか アリガチな食材って
何でしょうね?

焼海苔 納豆 梅干し 焼き魚 卵焼き お浸し
そんな感じかなあ~

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

~紙を彩る自由空間~

郵送詩誌 活動中☆
ネットのみならず、作品を形にしたい方 必見です☆

詩・短歌・俳句・川柳・小説・日記・フリートーク、
文字の他に 絵・写真を披露したい方にもおすすめ!

ワタクシすずこが編集している手作り詩誌
ポエムサークル「みゅう」

仲間になり購読いただくと
ボツなしで冊子掲載 & CDトーク → 全国発送★

見本誌もあります。読みたい方も連絡くださいね。
読者オンリーもOK

以下に最新号の写真・詳細を紹介していますので
クリックして御覧くださいませませ~☆

みゅう229号・230号・CD

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

藤鈴呼の戯言 ~すずザレ~ 
過去作も織り交ぜて更新中☆

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

もし 君が 帰宅した 僕の部屋の前で 小さく 丸まって

いや 立ちながら タバコを 咥えていたり

そんなコトは もう 二度と 無いんだね

有れば おめでとうを 思い切り 伝えられるのに

だから ここで おめでとう

ずっと ここで おめでとう

★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

君が あんまり 水色 水色って 騒ぐから

爽やかな 雰囲気を 求めたくて

空を 見上げた



だけれど 今日は 生憎 曇天

曇り ガラスの 台所

見えない 景色が 丁度 良い

透明色した 此の 心には



ブラウスも 青系統で キメて みたんだ

いや 決まってなんか 居ないケド

此の 人世 も 

失くした 恋路も



毎朝 チャリンコに乗った 中年の 女性

あれは 近所の おばちゃん なのかな

引っ越ししたのか 知らないけれど

実家と 反対 方向からの

チャリの 曝走 ボクになど

気付く 余裕も 無いんだよねぇ



スッキリ したいから 

蒼を 選んだ 筈なのに

ヒーター つけて モクって まえば

爽快 モォドも 薄れ 行く モノ

★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

寝場所を 捜した

居場所の 見付からぬ 其の 替わりに

壊れた 腕 時計

昨日 新しいのを 購入したから

今日からは 色を 変えた

時間を 刻み 続けてる



父の日の 為に 購入されて 行くのと 思ったものでしょうか

時計コーナーには



「 お父さん ありがとう 」 の 文言が

いや 正確に 言うと 「 自分の為に 」 



購入して 開けようと 眺めたら

しつこく 其此にも 書いて有って

買う時にも 知って 居たけど

改めて 思う



「 パパン ごめんネ 」 (笑)



いやあ 出発 時刻が 五分 違うダケで

到着 時間 は 数倍も 遅く 成るよね

そんなの 熟知 済み なんだろう?

何時もの 朝の 出勤 モードに

★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

帰り道ー とは 言っても

未だ 社内だが

「 お先に 失礼しま~す♪ 」 と 

女性陣に 声を 掛けながら

入口の ドアに 向かって行くと

後ろの 畑から 

社長が 歩いて 来てたっ (◎。◎)/!

はたけ は ハタケ でも

ホラ 良く 言うだろう (-。-?)

営業 ばたけ って サ (謎)



それでね?

「 エクセル 分かるだろう? ちょっと 五分くらい イイ?

  予定は あ・・ 無いだろう (-。-?) 」 みたく

問い掛けられてねぃ (笑)



まぁ 半ば 強制的に (!?) 

エクセル君と 向き合う宿命を 背負った 訳だよぉ ボクはーーー



でも イヤじゃ 無かったし

何より 解決 したので 万々歳 だったのでしっ♪

★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

ついにっ! 念願の?

久々の ラーメン屋に 突入して 嬉しかった 先日♪


えびダシ しょ~ゆ 細麺 に たぁ~ぷり と ニンニク・・

だけでは 飽きたらず


赤き 辛き 物体 の 輪切りも つつがなく ぶっ込む の 巻♪


程々の 量加減 だった為

思わず 食 直後 に 


「 あの、 ミソ ・ ラーメン を 一つ♪ 」 って 言おうものか

半分 本気で 悩んだよ (笑)


しかも フツ~ に 、 

まるで 今 入って来て 座りました みたいな 顔して

オーダーしたトキの 店員の 表情を

是非とも 盗み見たかった 処だが あえて 断念 m//-_-//m


少し テンイツを 彷彿と させるのは

ニンニクの セイだろな と 感じながら

舌鼓を 打ったのでし ☆ミ

★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★
人気ブログランキングへ
↑ポチッとな~☆↑


チクワぶう♪

Img_5830


Img_5831


Img_5833

土日のブランチは 大抵パン食と決まっている
我家なんですけれども
今現在 鱈鍋が大量に残っちょん!!

昨夜の焼鮭&キャベツの千切り 略してキャベ千ならぬ
きゃべ百ならば キャベジンが必要か!? 、

に加えましたる汁物を知る物はワタクシでありますので 
ここで紹介いたしまする~っ☆

具材はですね、先日のおでんで入れるのを 
すーーーっっっかりかりかりかり カリッカリッ と 
サクサクと忘れてしまいました ちくわぶ。

人参 ごんぼほり(違) 牛蒡 
でーこん(大根)は入れなかったんだった、

ネギ、鱈(本日の主役は君だっ!) 玉ねぎ 

ジャガイモ(未だ在るのよねー 段ボールじゃが芋。
そろそろ発芽の憂き目で本気でヤバイわっ??)

野菜が発芽したんを自宅栽培しているような写真も
たまに更新している方がいますが

私は一体 何を育てようかなぁ~♪ 
なーんて心待ちにしなくっても 

とっくに 腹の上のぽにょは
育ち盛りなんですけど、何かっ??
~( ̄▽ ̄~)(~ ̄▽ ̄)~

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

~紙を彩る自由空間~

郵送詩誌 活動中☆
ネットのみならず、作品を形にしたい方 必見です☆

詩・短歌・俳句・川柳・小説・日記・フリートーク、
文字の他に 絵・写真を披露したい方にもおすすめ!

ワタクシすずこが編集している手作り詩誌
ポエムサークル「みゅう」

仲間になり購読いただくと
ボツなしで冊子掲載 & CDトーク → 全国発送★

見本誌もあります。読みたい方も連絡くださいね。
読者オンリーもOK

以下に最新号の写真・詳細を紹介していますので
クリックして御覧くださいませませ~☆

みゅう229号・230号・CD

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

藤鈴呼の戯言 ~すずザレ~ 
過去作も織り交ぜて更新中☆

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

いつも元気な時の私しか 見ていなかった あなたは

私が 落ち込むと いつも

不思議そうな顔  していたね

そんな あなただから きっと

夜毎 目に涙を 溜めまくっている私の姿なんて

想像も つかないんだろう

どんな 励ましの言葉より 貴方の言葉が

誰かの 慰めの言葉より  貴方の笑顔が

どんな 励ましの言葉より 貴方の仕草が

温かかった

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:

とても忙しい生活の中 過ごす貴方だから

凡人の私とは 釣り合わないね

相性だって 合わないんだね

だけど お盆と お正月には

私達 いつだって 会えるんだよ

ゴールデンウィークに 遊べなかった分

もっともっと 楽しもうよ

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:

心を開いてみれば あの頃の記憶 甦って来る

あの時は 無口でも 確かに 伝わった 感触

最近 失われかけていた 冷たい 沈黙

今 もっと 親しくなれたのなら

これからの 道のりのために

私達 もっと 歩いて行けそうな 気がする

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:

おこがましい態度を 取る位ならば

愚かな私を あざけり笑って

見下される方が ずっと まし

高飛車なままで 私を 見下していなよ

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:

闇の中を かき分け 走ったけれども

君の姿は 見つからない

すすきが 僕の 邪魔をする

見えないんだよ 君の姿が

いつまで経っても 見付からない

秋になれば すすきは 少し 重た気に

実を付けて 大きくなるけれど

その分 背丈も ちょっと高くなるから

やっぱり 見えないんだねぇ

僕は すすきを 凝視する

よく見てみると 1枚 1枚

葉の ひとひら 形が 違うけど

君達は全て 仲間なんだね。

その中に たった一人 僕が

取り残されて 居るんだね・・・

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:

手が痛いと

クリームを買って来て

べったりと つけて

こすってみたけれど

はれ上がって

イボが出て来て

肌が切れて

血が出て来て

もう どうしようもない処へ

貴方が やって来た。

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:

あの光の方角へ進んで行けば

君に 会えるんだよ

標識は 信じちゃ いけないんだよ

それは 迷って しまうんだからさ

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:

昔は

煙が 嫌いでした。

あなたが

タバコを吸う度

世の中には

なんで こんなに有害な物体が あるのだろうと

神様を 恨んだほどです

そして

子供が 生まれました

あなたの下で

プカプカと 毎日

灰色の潮に溺れる

子供達が。

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:

ぼやけて前が良く見えないのだから

いっそ 目を 閉じてしまおう

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:

一週間も 私は 取り残されて

一人ぼっち。

迎えが 来ないのだから

目の前に ゴールは見えるのに

走っては 行けない

そこに いくらゴールがあっても

手をつないで 一緒に走って呉れる

あなたが 居ないのだから

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:
人気ブログランキングへ
↑ポチッとな~☆↑


これがこうしてこうなった

Img_5828


Img_5829


Img_5832

写真は押し売りされた(?) 
シャケでございます~♪

サケが焼かれて食べられた
!_( ̄▽ ̄)ノ彡!

賞味期限は? の問いに 
冷蔵庫で三日! と即答されたが

切身三匹を眺めてみると 
二日目にして若干黒いヨ~っ!

しかも 中途半端な数なので 
早速 一匹 食することに、する

飲み会だった夫は 
思ったより早めに帰宅したので

よもや もう一匹 焼く羽目に!? 
とも思ったが

気付いたら 
「俺、超 久々~♪」 と 感動しながら

魚介系のスープに舌鼓を打っちょったわあ 
※カップラ

きゃべつぅ、は、
既に切り刻んであったヤツねん

若干 水に晒すのが面倒で ちょっちゅね~ 
カサカサずい感じもしたんだけどね~

シャケが意外と甘み全開で 
マヨ&りゅうきゅうのタレに浸した
キャベツとの組み合わせが
絶品ですた☆

グリルじゃなくて ごめんね、ごめんね~♪
BY オリーブオイル

何かですね 昨日は 初挑戦しそびれたんですが

社長「すずこサン、卵焼きは得意ですか?」

との問いに 若干フリーズしながら

『さ・・・いきん、つ・・くってな・いです・・ヨ?』
と 弱気発言したら

「じゃ、いいや。」
と あっさり しゅ~う りょ~う♪

駄目や! 何でもかんでもチャレンジや!
(いや、食べる身にもなって~ぇ!)

とも思ったんですけど、ね、咄嗟の時って 人間
真実が露呈する訳ですよ。 ふむふむ。

自宅フライパンって 
長方形チックなんだけれども

お店のんは さらに倍! 
竹下景子さんに3000点!(違)

なモンですからね、
横長卵焼が完成する感じなんですよ

私(じーーーーーっっっ!)
社長 くるん、くるん♪ (美しい色合い)

嗚呼、どうしようっ!
私の毎日の日課 キャベ千チャレンジに加えて
玉子焼きも追加されるのか!? (次号へ続く)

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

~紙を彩る自由空間~

郵送詩誌 活動中☆
ネットのみならず、作品を形にしたい方 必見です☆

詩・短歌・俳句・川柳・小説・日記・フリートーク、
文字の他に 絵・写真を披露したい方にもおすすめ!

ワタクシすずこが編集している手作り詩誌
ポエムサークル「みゅう」

仲間になり購読いただくと
ボツなしで冊子掲載 & CDトーク → 全国発送★

見本誌もあります。読みたい方も連絡くださいね。
読者オンリーもOK

以下に最新号の写真・詳細を紹介していますので
クリックして御覧くださいませませ~☆

みゅう229号・230号・CD

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

藤鈴呼の戯言 ~すずザレ~ 
過去作も織り交ぜて更新中☆

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

山の如く 溜まりまくった

” やるべき事 ” 唯だ 其れダケを

忘れてしまいたくって 僕は

本物の 山を 眺めて居たんだ

*************************************

仕事が有るのは 有り難い事です

さっきも 聞き耳を立てた訳では 有りませんが

たまたま 隣り合わせになった

風呂の後の ドライヤーの音とともに

聞こえて来たのは

就職面接の 会話でした

携帯の相手は 

多分 彼女の 友達か何かで

彼と 一緒に面接すれば

寮が一緒に なるかも知れないと

話をしてました。

僕と 同じ状況なんだな。。

” ちょっと 待てよ・・? ”

僕は 居ないじゃないか!!

一緒に受験する 相手も

それから 送っている 履歴書の先も!

このままじゃ どーすんだっ! (謎)

************************************

道が閉鎖されても 歩けば通れるように

部屋を 凍結させても

言葉だけは 紡いで 生きたい

何時でも そう 思ってる

そんな 僕と 信じてる

***************************************

国民保険に加入してから

未だ 一度も 使用してないね

そろそろ 本格的に

退職金が下りる 予定なんだけれど

何に 遣おうかなぁ。。。


やっぱり 年払の 生命保険料?(爆)

************************************* 

猫は 葉を 纏って居るかな

苗は 春に 芽を出すのかな

何時になったら 咲くんだろう

愛しい 愛しい 恋の お花は

*************************************

故意に 掻き乱された 記憶の隅で

墨に 覆われた 醜い あたしが 一匹

床に 這いつくばった 虫にも 成れず

無視される事に 未だ 慣れずに

***************************************

記念出版を してみたいかな

言葉だけの 僕の世界に

画像が 加わって

そのうちに 音も 咥えて 見たいんだ

指を 咥えて 居た日々を

再現する如くに

**************************************

君の 指摘は 至極 最も。

本当に 発表したか

君が 信じなければ

僕は 否定されても

文句は 言わないけれど


だって過去には 戻れない

あの日の 僕等を

君の 瞳に 映す事なんて

不可能 なんだから


それでもって あれは。。。

冬休みだったかも 知れないな


by 今は 永遠の春休み(?)の僕

*************************************

鳥の声を 一緒に録音 したかった

素敵な 丘が 有った

本当は 旅人の岬が 良かったけれど

あそこには トイレが 無かったから。。。


カセットを 聞いて居たら

僕の声に 紛れて

車の 通り過ぎる 排気音だとか

廃棄したかった 過去だとか

素敵な 口笛が

錯綜して居たんだよ


by 弾き語りに寄せて

*************************************

絹の 道 

人は 其れを

シルク ・ ロード と 

呼ぶのです

あたしは 意味も 場所も

解りませんでしたが


何時か 辿り 着けるのならば

愛しの 人と

踏みしめて 見たいものです


出来れば 其れが

貴方で 

有りますように


今夜も 祈るのです

ひたすらに

ひたすらに

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°
人気ブログランキングへ
↑ポチッとな~☆↑


2015年12月11日 (金)

シャケ三昧

Img_5809


Img_5810


Img_5815


この日のランチは サーモン漬け丼

天然居酒屋ふうり

日替わり定食もあり
15時まで珈琲飲み放題なのが嬉しいお店☆

メニューの他に机上に乗っていた文言が

「漁に出られなかったので
提供できない鮮魚があるカモ
ごめんね ごめんね~♪」 って内容でした

私が頼んだのんは 漬け、なので
大丈夫だったのカナ?

シャケは 何処でも泳いでる~ん
ルンルン♪ (謎)

器の中で輪になって踊りそうな漬けシャケを眺めて
嬉しくなりましタ☆

もう少し 肉厚だったら もっとサイコーっ!
と思いました(欲)

サラダに カボチャのマッシュも入っていて
感動したずら( ̄ー ̄)

この日の夕食は キャベツの百切りと
サーモンの刺身♪

どんだけシャケ三枚 もとひ、三昧やねーん
!_( ̄▽ ̄)ノ彡!

最近ね、キャベチの上に乗せる ベーコンチップが
お気に入りなんですヨっ

マヨネーズだけじゃあ 飽きるけんね!
でも 練習は したいし、ネッ!

ソースかけたり ドレッシングにしたりで
結構 味が変化するんでーすーよーねーっ!

って話をしながら 
本日 ランチをしとったんですが

その後、最寄駅から自宅まで歩く時に
母に電話をかけたんですよ

ワイヤレス
(ブルートゥース→憂鬱な春日君ではありません。)

なモンで、
耳に綺麗にハマっとるのが見えないと見えて

結構な確率で ガン見される

え゛? 私、一人で笑って喋っとる
怪しいメス扱いなん?

正解っ! はらたいらさんに三万点!
とか 言わないの~♪

ほんなら 母に言われたんですよ

「14時半頃 着信があって
出たら 応答がなくて 

ガヤガヤしている向こう側で
微かな すずこの声が聞こえた。

"マヨネーズ云々" って感じだったから
嗚呼、間違い電話だな? って思って 切ったよー」

え゛え゛え゛~っっっ!!!
「また」ですかいなΣ( ̄□ ̄)!

マヨネーズ、は キャベツについての会話だったよ
うん、確かに 云々って喋っとったわ~

だけん、もう既に食べながらの会話だったし
携帯はポケットに入れたままだったのにー

何処でスイッチ入ってしまったの かーしーらー(謎)

少し前にもね 朝、電車に乗った瞬間に
母から「着信アリ」 キャーーッ!!(違)

こんな時間に 何かあったん!? と思い
小声で応答した

私『もしもし?』
母「どうしたの?」
私『何が?』

この応対でね、母は
「嗚呼、間違いね」って思ったそうなんだけど

お互いに「何か有ったんちゃうん!?」って
バビって出ているっちゅうね・・・

そんで、サーモンですけどね
スーパーの鮮魚コーナーに 時折 男性がいて
声掛け販売しとるんですよ

昨日は腰痛が酷くて 抵抗勢力がうっすい状態で
「でも 夫がジンギスカーン!でつけた油を取るべく
スーツをクリーニングに出さな!」
って 必死で行脚しとりましてね

帰り道に シャケでも買って帰るべいかー
(未だ足りないの!?)

ってんで スタスタ歩いていたんですよ
ほんなら 声掛けに とっつかまりましてねー

何時もは 煩わしいから 見向きもせずに
壁際のパック入り切身のみ 購入する私

この日は 抵抗力が失せていたのでね
一体 どんな魚を売っているんかな~? って

ぽーっと 一瞬 見てしまったら
トっ掴まってしまった訳だ。

嗚呼 めんどくせえ・・・と 思いながらも
説明を聞いていた

男「2つ買ってくれたら安くするよ!」
一袋にぶ厚いシャケが3キレ×2つ=6キレ

私『そんなに要らない』

男「ホッケ、サバ、あと何が好き?」

私(無言)  

でも 差し出された
爪楊枝 一口鯖は 口に運ぶ(笑)

会話しながら 「800円」の値札つけて
私の籠に勝手に入る シャケ1袋

はぁっ!? 何時 誰が買うって言ったのよ~?
凄いねー カゴに押入れしちゃうんだー

ドラえも~んっ!(違)

結局 2袋で1500YENと のたもうていたシャケは
1袋800YENで お買い上げとなりました~

だけどね、
今回は シャケ買いたかったから 良いけど

こういう売り方は大嫌いだから
二度と買わないわ。

産地はシールに書いてあったけど
商品としての説明は 一切ナシで

賞味期限も聞かなければ分からない
(まあ 大体 分かるけどよ)

ただ 「安くするよ!」 の言葉と
無理矢理カゴに投入する やり方は
いただけませんわー (-_- )ノ⌒

まあ いただきますけど ねっ
シャケ 好きだし♪ 

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

~紙を彩る自由空間~

郵送詩誌 活動中☆
ネットのみならず、作品を形にしたい方 必見です☆

詩・短歌・俳句・川柳・小説・日記・フリートーク、
文字の他に 絵・写真を披露したい方にもおすすめ!

ワタクシすずこが編集している手作り詩誌
ポエムサークル「みゅう」

仲間になり購読いただくと
ボツなしで冊子掲載 & CDトーク → 全国発送★

見本誌もあります。読みたい方も連絡くださいね。
読者オンリーもOK

以下に最新号の写真・詳細を紹介していますので
クリックして御覧くださいませませ~☆

みゅう229号・230号・CD

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

藤鈴呼の戯言 ~すずザレ~ 
過去作も織り交ぜて更新中☆

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

室内は やはり 涼しいのだと
実感するのは こんな 瞬間

炎天下では 車内クーラーも
満足 行くモノに 有らず

こうして 風向きを 変えて 見ても
もはや 太陽光線には
敵わないの ですな×××


★,。・::・°☆。


ようやく 講義が 終わったけれど
渋滞してるのは 駐車場 らしい

なんちゅう 置き方 してんねんっ!
出れんねんっ!

なんて 
キミからの メール

少し 焦りと 苛立ちに
苛まれてる キミの コト

どうか 無事に 
此処まで 辿り 着けます 様に

それにしても
道頓堀の 前で 待つ ボクに
ピッタリの セリフやねぇ

さて お好み焼き か もんじゃ焼き
どっちを オーダー しようかなぁ×××


★,。・::・°☆。


車用の 消臭力を 購入しました
昔っから スカッシュが 好きで
車内は 統一して 居るんです

香水ならば 
日々 気分を変えて
鼻が 馬鹿に 成り 付け過ぎるのを 
防いで 居るのだけれど

カー・コロンにも 
好みが 有るのでしょう

たまに 他人の 車で
むせ返る様な 甘い香りを 
吸って しまうと

未だ 走り出しても 居ないのに
既に 酔って しまうのですよ×××


★,。・::・°☆。


家庭菜園の ビニールハウスが 見えた
恐らく 個人用 だろう と 思うが
其れにしては 多いかな

三つ 有るから
業務用にしては 少ないし
微妙に 中途半端 なんだな

普通の 住宅地の 合間に 挟まれて
トマトも ぐったり 暑そう なんだよ


★,。・::・°☆。


彼女が 弁当から 
つまみ 出したのは ブロッコリー

此れ うちの庭で 採れた モノなの

少し 嬉しそうに
微妙みながら 呟いた

昔は そんな コトも
珍しく 無かった 筈だね

建物が 少なかった 時代は
皆 自給自足 生活 だったのだから・・・


★,。・::・°☆。

心頭滅却かぁ・・・
火が 涼しく 感じられるのは
幻覚の セイでしょう・・・

気力ダケでは
世の中
どうしようも 無いコトも
否めなかったり・・・

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

電光掲示板の温度は 33度
アスファルトからの 照り付けで
一番 暑い 地点は
一体 地面から
何センチ位 なのだろうか

車に 乗って
温風の様な クーラーの 風を 感じ
お好み焼きと もんじゃ焼きと
足りなくて シーザーサラダも 頼んだのに
Sサイズの お好み焼きを
もう一つ プラスして
完食した

最近 サラダを 作るトキ
クルトンを 入れるのに
ハマって 居るのだけれども
これが 小袋でも 100YEN と
結構 高めだ

今日 シーザーサラダに
コーンフレークが トッピングされてるのを 見て
あっ! と 思った

これなら 安く あがるぞ。。。
フフフフフ。。。。

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

帰宅して 蛍光灯のヒモを 引っ張ると
電気が 付く 代わりに
ヒモが 切れて しまいました

クーラー つけっぱで 出かけたのに
ますます 暑い 部屋の中で
キレル 気力も 持てぬ ままに

仕方が 無いから
蛍光灯の中の 蟲くんたちを
玄関の外で ほろい
白かったはずの 蛍光灯の 外内側を
キッチンペーパーを ぬらして
風呂場で キレイに して みました

汗だくで 果てて しまいました・・・

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

珍しく アゲハチョウを 見つけました
ぼうぼうの 草むらの様な 駐車場から
玄関に 入ろうと 思うと
その 草の 中から
黒と 黄色の 蝶が
飛び出したんです

思わず 叫んで しまいました
アッ! アゲハチョウ ダヨ!

ちょっと フラフラと 飛び立った 蝶も
きっと 暑かったのでしょうか---

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°
人気ブログランキングへ
↑ポチッとな~☆↑



蜜焔

Img_5748


Img_5747


Img_5749

中心部に向かうと
美しい光が みぃっつ

甘い蜜柑のようだ
蜂蜜のようだ

三つの焔は
輝きを忘れない
瞬きを知らない
シグナルにも負けない

行き過ぎる
息すぎる
粋すぎる夢の跡

みつまめ
あんみつまめ
あんみつのゆめ

どれかに必ず降ってくる
柔らかな光を

今でも
探している

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

どん詰まりがサツエキ(札幌駅)
という道路を走行中
シャッターを切りました

パシャ☆
両側に白い木々が揺れているのは
走りながら 捉えられなかった 町並み

奥には 道庁が ある筈
歪んでしまっているから
確証は 持てないけれど
その写真で在る筈なのダ☆

ガス灯を彷彿とさせるかのような
こんな灯りが 大好きなんです

中央に小さく微笑む
時の砂を眺めていると

アリスの世界へ迷い込んだかのような
錯覚も 憶えます

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

~紙を彩る自由空間~

郵送詩誌 活動中☆
ネットのみならず、作品を形にしたい方 必見です☆

詩・短歌・俳句・川柳・小説・日記・フリートーク、
文字の他に 絵・写真を披露したい方にもおすすめ!

ワタクシすずこが編集している手作り詩誌
ポエムサークル「みゅう」

仲間になり購読いただくと
ボツなしで冊子掲載 & CDトーク → 全国発送★

見本誌もあります。読みたい方も連絡くださいね。
読者オンリーもOK

以下に最新号の写真・詳細を紹介していますので
クリックして御覧くださいませませ~☆

みゅう229号・230号・CD

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

藤鈴呼の戯言 ~すずザレ~ 
過去作も織り交ぜて更新中☆

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

空間の情景に

あたしの焔が 見えたの

青いランプが チカチカ光ると

とっても 嫌ぁな 気分に成るのね

「どうして?」 って・・・?

それは 広告 メールだからxxx (-_-)゛

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:

船の上で語り合った真実が

歪む瞬間までに 僕は 海の上に堕ちよう

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:

羽ばたけなかった鳥ならば

いっそ 羽根なんて 要らなかったのかも 知れないね

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:

今 、 生まれたての赤子に 戻られるならば

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:

薄紅の空を 見付けたんだ

山際を 思わず見詰めて しまったんだよ


       - 夕焼け幻想 -

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:

いつもの癖が なかなか抜けなくて

何も無い棚の上を

うろちょろ と 動き回って居る

そこには 小さな 蟻しか居ないし

小さな 洞穴は 太陽に 閉ざされた


一つの煙を欲しながら 空を見上げた あの碑には

幾つもの思い出が 刻まれて

沢山の 思い入れは 切り裂かれた風景画に成る


其此に 灯火を 点けたくて

又 煙草に 手が伸びて しまうね

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:

先日まで 外に出るのが面倒で

いつも タイガースモーカー <蛇 超越 version なのに

ひたすら 我慢 我慢 だったのにゃ  (-_-)゛

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:

父の平手は 痛かった

俺は 過去を 思い出しながら

情景と言う名の風に 吹かれてく

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:

震えた アタシを

ただ そっと 

抱き締めて呉れるだけで

良かったのに

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:

老いは 必ず訪れる訳じゃない

若いから 進行が 早いんだ

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:人気ブログランキングへ
↑ポチッとな~☆↑



石狩味噌らーめん

Img_5820


Img_5822


Img_5824


本日は雨&曇天模様の札幌
ちと寒かったのんと 夜は鱈鍋の予定だったので
ランチはラーメンにしてみますた☆

ランチメニューが若干変わって
定食が ザンギ&ショーガの2種類
ラーメンは 辛ミソOR普通ミソの2種類

この時期は社長のお父様が釣ったという
ウトロ産の宋八カレイ煮付け定食のある時も♪
本日は ありませんでした~。

*

銀の蔵
http://www.hotpepper.jp/strJ001110391/

サツエキ・ニシグチ・トホ・イップン☆
クーポンもあるヨ☆

※一分以上かかるじゃないかよコノヤロー的コメントは
一切スルーいたしまする♪

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

今日は朝から ミュウ製本をしちょりました~
昨夜、腰痛で眠れなかったんでね

ちと ぼーっ と したままでしたが
痛み止めが未だ残っておりまするので、ね

アンメルツヨコヨコは公共の迷惑ですが
痛みには代えられないのだ~ の ダブル使いでドン!

風呂も二回 入ったしね~
入浴剤が沢山あるんでね 薬用のんをチョイス☆

今回 みゅう発送の時にも 気まぐれ入浴剤が
入っておりまする♪

寒い時期ですんでね、
楽しいバスタイムになりますようにと
心を込めて 同封しますた☆

ぷよつま宛の みゅう最新号を投函し 
テクテクと歩く 

帰宅したら前号の2冊セットも
予約いただきました~ あざあっす☆

来週に向けて準備をしつつ、
ブログ更新しとります。。。//δ⌒▽⌒//

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

~紙を彩る自由空間~

郵送詩誌 活動中☆
ネットのみならず、作品を形にしたい方 必見です☆

詩・短歌・俳句・川柳・小説・日記・フリートーク、
文字の他に 絵・写真を披露したい方にもおすすめ!

ワタクシすずこが編集している手作り詩誌
ポエムサークル「みゅう」

仲間になり購読いただくと
ボツなしで冊子掲載 & CDトーク → 全国発送★

見本誌もあります。読みたい方も連絡くださいね。
読者オンリーもOK

以下に最新号の写真・詳細を紹介していますので
クリックして御覧くださいませませ~☆

みゅう229号・230号・CD

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

藤鈴呼の戯言 ~すずザレ~ 
過去作も織り交ぜて更新中☆

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

ねぇ 私は
一体 誰を 待って 生くのですか
誰の 吐息が 欲しいのですか
そもそも 欲して 生きて 居ますかー

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

ねえ
アナタの 大好きな
水曜日だよ

こんな 師走の 始まりが
今年の ラストを 告げる 月だね

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

時間は 何時だって
均等に 流れて居る 筈なのに

何故だか 速度を 早めて行く様
秋の 終わりと
冬の 訪れ

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

知人から 久々に メールが届いた。
何時もは 夕方以降に オケ誘いの メルなのに
一体 どうしたんだろう

よもや 大事件 勃発か!?
なあんて 思ったら
たった 一言 こんな セリフが

『 携帯 復活しました! 』

っつか
其の 既成事実すら
知らなんだ (*_*)

多分 壊れたか
通話料 未払いで
止められてたか なのだろうけれども

どうか 安心して 呉れたまえ
間違っ「たら」 
あたしから コンタクト するコトなんて
有るから サ

なんて セリフは
勿論 レス出来ず じまいなんですけど・・・
ねぇxxx

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

こうして たまたま 煙の先に 有る
綺麗なモノに 息を 
吹きかけて しまうと

自分が とても 
悪い事を して居る様な気に 成ってしまう。

其れでも
止められ 無いんだよ
煙草はねxxx



アナタは
赤い 薔薇が 好きだった

綺麗な モノには
必ず トゲが 存在するのよ って
笑いながら 言う アタシに
ニヤリとした 表情を 浮かべながら
ゆっくりと 頭を 小突いた

其の スローモーション ばかりを
何時までも 追い求めて 生きたよ

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

ブルーの クリスマス・ツリーが
アルタ前に 飾られて 居るのだと 知りました

出掛けて行って 眺めて 観たいのだけれど
ちょっと 距離が 遠過ぎる

冬の道を 歩くのは 疲れるし
そもそも 着替えるのも 億劫で
あんなに オケりたかったけれど
我慢したんだ

だから 今日も
この ヒーターの前で
打ち込み作業に 専念してる 朝なんです

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

胸の 内に 有る
幾つもの 思い出たち

ねぇ 久し振りだね
そんな 一言が

年を 明ければ
総て

温かい おめでとうの 言葉に
代わる 瞬間

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

小さい頃は 雪が 大好きだった
アノラックを 着込んで
スキー靴みたいな 滑り止めのついたもの
嗚呼 何て 呼んでたっけかな
スノトレだったかな
とにかく ザクザクと 氷を 壊しながらの
通学だったね

今も 雪は 大好きなんだ
こないだ 山まで ドライブに行ったって話を
彼女が 話してて
初雪 未だですかねぇ・・・
思わず 呟いて しまった モンだから
もう 雪 降りましたよ! って
当たり前の 突っ込みを
されて しまったりなんか してね?

ラジオでも 初観雪の アナウンスを 聞いて居たし
とっくに 雪は 降ったんだって 知って 居たのだけれども
その 前日
朝に 雪が チラついて居た事実に 気付かぬまんま
午後に 出掛けた 休日だったから
とても 大事なモノを 見逃して しまった 気がして
ちょっと 悔しかったんだ

そんな訳で 僕の 初雪は 未だなんですよ
なんて 言い直して しまったんだ
嗚呼 早く
初雪 見られないかなぁ・・・

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

空気が リン と 張り詰めて
時間が シン と 静まると
心も カン と 寂しく 成るね

そんな 心たちを
少しだけ 宥めながらの 夜

大好きな カラオケも
大好きな ドライブも
大好きな あなたも

今は もう
遠いのだけれど

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★
人気ブログランキングへ
↑ポチッとな~☆↑



突撃

Img_5816


Img_5817


Img_5818

割れた欠片の中に
真実を探す

シンジツ
その意味も
良く分からない ままなのに

ままよ、ママ
魔女とは違うのよ

ヒラヒラのスカートをまとったまま
纏を手にヒラヒラと揺らす

その旗からはハラハラの声がして
チラチラと雪が舞う中

何かを探していた 
小学生の集団が

大きな手氷を かき集めた上に
笑顔を 浮かべる

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

ココナッツオイル、
最近 流行りのアレですよね~☆ と書きながら、
一度も試したことがなく、

CMを見かけるために
「ゆうげつ」って名前は覚えたけど
味は未体験~じゅるっ♪ と 
ヨダレを垂らしておーる
~( ̄▽ ̄~)(~ ̄▽ ̄)~

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

~紙を彩る自由空間~

郵送詩誌 活動中☆
ネットのみならず、作品を形にしたい方 必見です☆

詩・短歌・俳句・川柳・小説・日記・フリートーク、
文字の他に 絵・写真を披露したい方にもおすすめ!

ワタクシすずこが編集している手作り詩誌
ポエムサークル「みゅう」

仲間になり購読いただくと
ボツなしで冊子掲載 & CDトーク → 全国発送★

見本誌もあります。読みたい方も連絡くださいね。
読者オンリーもOK

以下に最新号の写真・詳細を紹介していますので
クリックして御覧くださいませませ~☆

みゅう229号・230号・CD

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

藤鈴呼の戯言 ~すずザレ~ 
過去作も織り交ぜて更新中☆

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

砂漠の中で 牙を剥き
只管 太陽を 向く瞳

伸ばした 掌は
挟む モノを 探してた

此処は 海じゃ 無い
藻も 野も 無い癖に

も・の を 探してた


  『 サソリ 』

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

真っ直ぐ 見詰めたら
光が見えた トンネル

だけど ボクは
横にしか 進めない


  『 カ ニ 』

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

浅瀬の中 ゆっくりと 泳ぐ
小川の せせらぎ 綺麗だと
感動した あの 悪魔が
ボクを 掴み取ろうと して居る


   『 ザリガニ 』

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

海 焔 蕾
青いうちは 輝けない
空の如く 揺れたいのに

海 焔 蕾
宝石の 煌きを
映す様に 瞬きながら

海 焔 蕾
咲き誇る 姿を
眺めて欲しいと 願うんだ

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

君が 昼間の 海よりも
夕暮れや 朝焼けが
好きと 言うのなら

ボクは 蒼を 忘れよう
朱い 焔を 見詰めて 生きよう

蕾の様だった 想いが
はち切れて しまう 程に


  『 海・焔・蕾 』

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

誰も居ない 此の場所が 何時だって 当たり前で
握る ハンドルが 指し示す 方角に
素晴らしい 看板が 佇む事を 願いながらも
何処か 怖くて 恐ろしくて 怯えては
信号の色が 代わる順番も 熟知して居て
大好きな 紫色が 存在せぬ事を
本気で 身に 浸み込ませる事が
出来ない ままだったんだ


   『 紫の シグナル 』

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

昔は 感動しなかった 向日葵の笑み
何時からか 背筋を 伸ばしたいと 願った
屋根を 越す程 伸び栄える 茎の 長さに
下から 見上げる自分が 悔しくて
思わず シャッターを 切ったんだ


    『 向 日 葵 』

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

何かを 信じる気持ちは 大切なのでしょう
読経しても あの人は 見えないし
度胸つけても あの人の前で 出せないし

其れでも 何かを 信じたいと言う
唯だ 其れだけの 気持ちを 奮い立たせて
そういう気持ちに 成れた自分を
愛しく 思う

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

時の奥に 鏤(ちりば)めた想い
重たくて ともすれば
千切れそうに 成ってしまう

それでも 何かしらの 出来事が
ボクを 襲うから
生きて居る 限り

そして ボクは
生きる事を
選んだのだから


   『 心の稜線 』

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

私にとっては 活動的にさせてくれる人
会話で 心を 敏感に 察知したい人
そして 魅力的に 映る アナタ

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°
人気ブログランキングへ
↑ポチッとな~☆↑


天馬

Img_5754


Img_5755


Img_5756

空翔ける馬の親子を見つけた
と 喜んでいたら
信号待ちで 漸く見た 貴方が
「猫やろ」 と 呟いたから
暫し 悩んでしまった

風が強いのだろう
行方知れずの歯型が
少しずつ 散らばる様が
やけに刹那くて 目を閉じた

オレンジの光が
美しいまでに
明日への橋を 閉ざすようで

唇から 零れそうな
粉雪を 探す
揺れては 溶け
堕ちては 惑う
フロント硝子の隙間から
瞳が 浅く踊った

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

~紙を彩る自由空間~

郵送詩誌 活動中☆
ネットのみならず、作品を形にしたい方 必見です☆

詩・短歌・俳句・川柳・小説・日記・フリートーク、
文字の他に 絵・写真を披露したい方にもおすすめ!

ワタクシすずこが編集している手作り詩誌
ポエムサークル「みゅう」

仲間になり購読いただくと
ボツなしで冊子掲載 & CDトーク → 全国発送★

見本誌もあります。読みたい方も連絡くださいね。
読者オンリーもOK

以下に最新号の写真・詳細を紹介していますので
クリックして御覧くださいませませ~☆

みゅう229号・230号・CD

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

藤鈴呼の戯言 ~すずザレ~ 
過去作も織り交ぜて更新中☆

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

小さな 小さな ほしに 生まれて

小さな 小さな この あたしが

小さな 小さな 存在の

あの人に 恋を したの・・・

*

行方不明のままで アナタに 抱(いだ)かれて

アナタの腕は 細く か細く 

そして 冷たく

この わたくしの心も

糸のように 

細く 長く 引き寄せられて ゆくようで。

仮想現実のままで あなたに。

仮想現実のままの わたしが。

*

心の痛みを知る刹那

全てが 崩れ去ってもゆく

あの日の 純情も

あの日の 怠惰な 気分も 

すべて。

*

さびしすぎたから

アナタの 隣に 座っていることで

自らの存在を

確認していた 助手席の車窓からの風景

とても かなしくて

もっと かなしくなって

私は

今まで見せたことのない

とびっきりの笑顔で

わらった。

*

今日は 少しだけ

アナタの相手をしても良いかなと

自制することも忘れて

触れ合っていく 服ごしの温もりに

耐え切れず

KISSを 求めたこと

あの人になんて 言えやしなくて。

*

疑っている ばかりでした。

あなたを

信じられなくて。

少しだけ

信じてもOKかなと思った日には

アナタと あの人の 姿

目の前を 通り過ぎてゆく

まるで 他人のように。

*

出逢うべき 予感がした。

私の 第六感

いつまで 続くんだろう。

*

これほどまでに 悲しいことは ないよって

笑い話に する アイツ。

「それは 嘘でしょ?」って

突っ込んで 一緒に 笑ってあげられなくて

ごめんね。

*

●●● たそがれ ●●●


たそがれいろだから

黄色いときめきに 包まれていくんだって

思っていた

あの 夕焼けだったなんて

あの スジ雲さえも 追いつけないほどの

苦しみだったなんてね。。。

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°
人気ブログランキングへ
↑ポチッとな~☆↑


黒猫と白猫

Img_5814


Img_5813


Img_5357

罫線アリのんは靴下にゃんこですネ
こうして眺めると
にゃんとも可愛らしいカップルの様で
愛おしさが増しますのう♪

横長のんは罫線がありませんので
こういうのんを送り状に使用します

お菓子の賞味期限 説明シリーズは
アップルパイ、と書いてあるペンの色が
実はゴールド! 伝わるかなあ~☆

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

千切り講座、大感謝です~☆
写真もあって分かり易い!

確かに 私が参考にした方の切り方を見ていたら
キャベツを分けてカットしていましたね~

端折るからイケナイんだな??
~( ̄▽ ̄~)(~ ̄▽ ̄)~

葉物部分は
一番細かく切ることが可能ですが
(それでも百切りラベル)

芯に近い部分はどうしても 
ジャジャっとアバウトになり
じゃじゃじゃ~、と溜息交じりに相成りんす。

いつか千切りレベルを目指すの
ダーーーッ!(なかまゆきえ風)

それまでは千切り口座に
沢山の千切れキャベツを貯金チョキン♪とな~。

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

素材に気を使った商品は
流石に値段にも高級感が溢れているような気がします。

祖父母の言葉で思い出すのは

「若い頃より量 食べられなくなったから、
良いものを少しだけ食べているんだよ」

というものです。

その理論で行くと 我等中年夫婦は 
もう少し量を我慢して
スリム化を図るべきではあるまひか? と 

目の前の甘さを我慢出来ずに
ヨダレを啜りながら 呟くのでありました~。

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

~紙を彩る自由空間~

郵送詩誌 活動中☆
ネットのみならず、作品を形にしたい方 必見です☆

詩・短歌・俳句・川柳・小説・日記・フリートーク、
文字の他に 絵・写真を披露したい方にもおすすめ!

ワタクシすずこが編集している手作り詩誌
ポエムサークル「みゅう」

仲間になり購読いただくと
ボツなしで冊子掲載 & CDトーク → 全国発送★

見本誌もあります。読みたい方も連絡くださいね。
読者オンリーもOK

以下に最新号の写真・詳細を紹介していますので
クリックして御覧くださいませませ~☆

みゅう229号・230号・CD

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

藤鈴呼の戯言 ~すずザレ~ 
過去作も織り交ぜて更新中☆

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

やっぱり 暑いから

クーラーを つけてしまう




朝の 喉の 渇きがイヤで

手元に 残している 水も 氷も

朝には ぬるくなって しまってる




会社では 茶のペットボトルに

落としたコーヒーを 冷やしたものを入れてる




ママンは 首から タオルが 手放せない

此処は 部屋の中は

クーラーが 有るから 平気だ

あたしは ママンよりも

とっても 若いんだっけ・・・




そう 思ったら

少しだけ 気が 軽く なったんだ





★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★





難しい 質問に

戯言で 答えようとすると

自分でも

何 言ってんのか

何 言いたいのか

解らなくなる 瞬間が 有る




其れでも 止められないのは

この指が 紡ぐスピード

脳味噌の 限界まで

張り切り蟲は 久々に

動き続けて 行くのです





★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★





変なのか 変で 無いのか

どちらかと 問われれば

その 気持ち自体が 最近 無い

そんな 応え ばっかし




沢山の 恋愛モードの 歌詞に

幾つもの メロディーを 重ねた

詩集も 作った

過去の 気持ちだったかな

今では




誰かに 逢いたいな

じゃあ 逢おうか




その 相手が

見つけられないんだよね





★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★





毎日 会話をしてて

実際に 目の前に 居ない 相手




バーチャルで 繰り広げられる

個々の 考え方に




頷いたり

首を 傾げたり




そうして 実際に 会える 瞬間を

心待ちに したり




チューブの曲で

メンソールみたいな 恋をしようって

歌詞が 流れて




それって どないやん! だなんて

突っ込みたくもなって しまったけれども

気分爽快な

心底 ストレスの無い 状態ならば

そんな 一言も

生まれなかった 事でしょうから





★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★





恋を しているような 君も

恋を してないような 僕にも




どちらにも 恨みは 無いけれど

恨み言も 無いけれど




どこか 

懐かしんでいる風で

羨ましくなっている横で

恨めしいなって 思ってしまったり




進んで居るのが 自分なのか

失って しまったんだと

恋するチカラが 無くなったと

そう 思うのが イヤで




卒業した

そんな言葉を 遣いたがるのは

唯だの

言い訳なのかも 知れない





★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★






大切な 人だから

失って しまってから

泣くことは 

決定付けられている




そう 今の僕の

気持ちの中では




少しでも その気持ちが

遠のくように

時間が 少しでも

伸びますように





本来の 意味で

活きて いなければ

仕方が 無いのだけれど




何時だって そう 願って居ます

だから 今の 精一杯で

笑ったり

不機嫌な 顔したりしても




伝えたい 言葉が

どんな 言葉で有っても




あなたの 表情が

少し 曇りがちでも

互いの 会話が

少し 疲れ気味でも




足を 運ぶ事

少しずつ 多くしている




実家への距離は

たったの 五分 なのですから――





★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

人気ブログランキングへ
↑ポチッとな~☆↑


冬のくちどけ

Img_5361


Img_5811


Img_5812

ポッキーの周りにココア風味の
「や~らかい温もり」が合わさった

恋気 もとひ
小粋なヤツで ございます~☆

写真は7枚目なんだけどね
賞味期限と説明を書いて 

コブクロ もとひ
小袋に入れて オリジナルお菓子パックにして
贈ります♪

みゅう先払いの方へは
ぼつぼつ最新号が届いている頃合い♪

第二弾の購読予約分も発送済☆
(じぃじ、さな、ざとちゃん)

そして 本日は ロトの分も準備中
楽しみに お待ちくださいまし~☆

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

今朝の札幌は
マイナス2℃の予報だったけれど、

朝の時点では「しばれる感覚」は全くナシで
余裕ぶっこいた薄手のマフラーにしました☆ 

以前にカトリーヌからいただいた
柔らかいもの。

最近は 皆からのマフラーが
首元を変わりばんこに温めてくれるのが
有り難いかな。

クリスマスシーズンらしい ちえりマフラーは
淡い紫や桃色のぼんぼり風味で気に入っているし、

先日 絹子さんからも 少し色味のある
存在感のあるマフラーをいただいたし、

大分の姉ちゃんから昔もらったのは
黄色タータンチェック風味の
元気が出る感じのもの、

そして最近人気(?)の
輪っかタイプの(ストール?)も
雪色・・・と、楽しい日々。

足元はね 流石に滑るから
糸魚川時代に庭園勤務用に購入した

短い長靴や ブーツ風味のものが
大活躍しちょります。

新しいのを買おうかとも 悩むのだけれども、
恐らく来年の今頃は 違う地域なんだろうなあ、
と思うとね。

昔 小樽に住んでいた祖父母は
「岩手に戻ったら ロクな冬物が売ってない!」 
位の雰囲気だったので、

「今の内に 買っておくべし!」の願望も
チラホラあり~の、

サツエキ(札幌駅)くんだりを 歩くたんびに
ショッピングをした「気」になったまま
通り過ぎるのでした~☆

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

「ビタミンC」というフレーズは
目耳にし易くて

詳しい訳ではないので
分からないですが

何となく 
「柑橘系のジュース 飲んどけば イイヤ~っ」
的な~♪(適当かよっ!)

という状態なのですが、
普段「ビタミンD」というものは 全く意識しません(爆)

ただ、日光浴の大切さは 
折に触れて感じますね。

体内リズムが作られるのも
ワタクシの糧になる 陽射しがあるからこそ! と、

日に日に太陽サンには 大感謝☆
なのです。

母は「くる病」で足がO脚なんですね。

祖父は転勤族で 母が生まれた当時
親戚に間借りしていたらしいのですが 

祖母も気を使ったのか 
毎日 外に出て 母をあやせる状態ではなかった様だ、
と聞きました。

昨今は 紫外線を気にすることも 多いですけれども、
室内だけの生活も ビタミンD不足になるから 
いけませんよね。

ただ 眩しいと感じるのは
カーテン越しの朝日

丁度 パソコン画面を 横殴りにするので 
ついつい 目とカーテンの隙間を 細めてしまうのです

温室じゃあないですけれども ちょっとした時間帯
陽射しの下になるスペースで 読書するのが 好きです

丸い椅子に 仲良く腰掛ける 他人同士が
何処かしら温かな 朝の瞬間
ほんの 数分なんですけれど、ネっ☆

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

朝陽の大切さを説いて
納得した筈の我が精神は
焼酎によって乱され

夜半過ぎに就寝し
出張中の貴方を起こす為
素面の内に保存済の言葉を
朝イチでメールする頃には
世の中が明るくなり始めて

されど車のライトは神神しい程
世の中は雪とくぐもった空気に
押し込められるような、否

昨夜は降っていないのだ!
やはり朝陽は素晴らしいのだ!
ならば何故カーテンを開けぬのだ!
未だファンデーションを塗らぬからだ!

今日はゴミの日だゾ! 早くせんかの声がする
そろそろ朝食にしま専科

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

~紙を彩る自由空間~

郵送詩誌 活動中☆
ネットのみならず、作品を形にしたい方 必見です☆

詩・短歌・俳句・川柳・小説・日記・フリートーク、
文字の他に 絵・写真を披露したい方にもおすすめ!

ワタクシすずこが編集している手作り詩誌
ポエムサークル「みゅう」

仲間になり購読いただくと
ボツなしで冊子掲載 & CDトーク → 全国発送★

見本誌もあります。読みたい方も連絡くださいね。
読者オンリーもOK

以下に最新号の写真・詳細を紹介していますので
クリックして御覧くださいませませ~☆

みゅう229号・230号・CD

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°
人気ブログランキングへ
↑ポチッとな~☆↑


2015年12月10日 (木)

はらドーナッツ

Img_5721


Img_5719


Img_5751

写真は全て もっちもちシリーズで 
まとめた つ・も・り♪

大きなピザは 
スーパーのパン屋で衝動買いする△切の
冷たいのんに慣れてしまうと
感動も一入

(いや、最近は 衝動買いも してなかったので
久々すぎて 涙ちょちょ切れましたがなーっ!) 

具材は夫が大好きマルゲリータ
(大抵 オーダーはコレ!と決まっておーる)

テーブルに乗せられたのは 
我が家のランチ

これは もっちもちなのはパン・・・よりも 
目玉焼きかしらん?

相変わらずキャベ千になりきらない 
ベーコンと同じ厚さのキャベツの百切り斬り~っ!

フランスパン系シリーズは夫が喜びます。
カットされているのだと私も喜びます

(切る手間が省けるからっ!_( ̄▽ ̄)ノ彡!)

そして、ティーポットと一緒に
お盆に乗せられているのが
はらドーナッツ♪

メインメニュー

・はらドーナッツ
オカラと豆乳をタップリ使用したヘルシードーナッツ。
素朴な味わい。でも、モッチリと自己主張。
乳・小麦・卵・大豆

・丹波黒豆きなこ
丹波産の香り豊かな黒豆がきな粉に・・・
大豆の王様。味もぴか一です。
乳・小麦・卵・大豆

・ベリークリスマス
甘酸っぱいラズベリーにピスタチオがアクセント。
クリスマスカラーの限定ドーナッツ。
乳・小麦・卵・大豆


はらドーナッツ

私たちは、食品作りの基本である
「美味しく、安心して食べていただける」 という
シンプルなコンセプトが目標です。
防腐剤や保存料は一切使用いたしておりません。

たどりついたのは、
子供の頃にお母さんが手作りしてくれたような、
懐かしい素朴な味わいのドーナツでした。

はらドーナッツは、スタッフが心をこめて
1つ1つ毎日丁寧に手作りしております。

神戸の老舗豆腐店、「原とうふ店」の豆乳とオカラを使用。

昭和43年より神戸湊川で営業を続ける老舗
「原とうふ店」。

私たちが目指したドーナッツつくりには、
昔ながらの製法で作られる豆乳とオカラが必要でした。

原とうふ店は輸入大豆を一切使わず、
北海道産「大粒鶴の子大豆」
高知・室戸「海洋深層水」
赤穂産「天然にがり」 などの国産の良質な素材を使って、
質・味わいのよい豆腐を作り続けています。

《北海道エリア》 としては唯一
パセオ札幌店があるらしいですよ~♪

・・・と、すっかり回し者みたいになっとりますが(笑)
廻るのはドーナッツよねん(はあと)

以前から 何度か
通り過ぎる度に こんな会話が繰り広げられていた

夫「これ、食べたことある?」
私『いや、、、まだ。 我慢しちょん』

夫「気に成るんだよな~」
私『じゃあ 次 来よう!』

と言うのもね、大抵 夕食後だったり 
夕食前だったりするモンだから

寄り道しないで メインの食事にGO~! とか
今宵は もう 満腹なり・・・(涙) 
という状態だったのよねん

ですがっ! 満を持してっ!
そのチャンスが やって き~た~♪

店内には 原とうふ店のおかみさん写真も
飾ってあったりして
本当にアットホームな雰囲気

先ずもって ドーナツ一つ一つが美味しいのね!
一度 温めてから 運んでくれた 

お店の名前でもある
はらドーナッツ、

これが一番人気というだけあって
とても美味しかった~。

ベリー系が大好きな私は 
やはり惹かれてしまった

ベリークリスマス、
これはトッピング部分が溶けないように
冷たいまま出て来ました

ゆっくり食べていると味わいが変化します☆

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

中央ばかりが浮き上がる不思議について
考えてみる

綺麗な肌に建設された吹き出物ならば
全く嬉しくは無い存在だけれど

無かったことには出来ない位の朱い点が
証となって刻まれれば
もう逃げようもあるまい、と。

ドーナツ型が最初から歪んでいたと鑑みれば 
どうだろう

それならば 可能か

はたまた 同心円状に外側だけを食べ尽くす
鼠の仕業か!

ソフトクリームを食べて行くと 
何れコーンに辿り着くのだが

狐に化かされた如く 
コーンの中に
アイスが隠れているとは限らない
愛すべきスイーツの悲劇なのであった

リンクは切れても
リングは切れぬと出した
ラブレター

舞い戻る切なさの
網アミ状の切手シートが
哀しく揺れる

*

じゃんりぃ、じゅんいぇん、どうしているかなあ
あの頃は 掲示板そのものが新鮮でしたネ

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

大型ショッピングモール、コンビニ、
世の中はどんどん便利になっていて

何かあるや、と 何でもあるや、の 
安心感と戦々恐々の狭間で

綱渡りする
売り子の涙が見えるような瞬間は 
クリスマス商戦

何処までノルマを課されるものか、
嵩が増えて嬉しいのは
札束の他に何と問えば

誰かの落としたメダルコインだと
少女は鳴き笑う

イオン化と言うと
綺麗な空気と桃色の雰囲気の
両方が浮かぶものだし

Agと見れば
銀イオンと制汗剤が
同時に浮かぶものだし

傷パワーパッドのバンドエイドは
買おうかどうか迷った挙句に

880Yen、YES! 末広がり! 
怪我の功名! とばかりに

擦り傷なんて二度と作らないぜ ベイビー! に 
一票を投じて

売場に背を向けると
陽が暮れる寸前

大勢の人間が集まる場所、
それがショッピングモール

需要と供給の溢れる世界、
仕入と販売も半端ないのですから

プライベートブランドなんてものが
幅を効かすのでしょうが

どうしても
手にしたくなくなってしまう気持ちは
一体何なんだろう

老舗メーカー、潰れそうな洋品店、
潰れてしまった八百屋の先の夢を見る

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

10ポンドのボーリング玉は
今も昔も重さは変わりないのですが

指を入れる部分は
サイズが色々とあるのですね
今回は MとLがありました

隣のレーンでは 若いカップルが
10ゲーム程はやっていたのか

女性も140位を余裕で叩き出していて 
そのパワーに首ったけ

間違って10ポンドのLを持ち上げた瞬間に 
穴が広すぎて驚き
我の鼻穴も大きくなってしまったのでした

夫「あっ! こんなところに ボーリングの弾が~♪」

私の鼻穴と口は 
投げる為に存在するんじゃなぁ~い!!

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

~紙を彩る自由空間~

郵送詩誌 活動中☆
ネットのみならず、作品を形にしたい方 必見です☆

詩・短歌・俳句・川柳・小説・日記・フリートーク、
文字の他に 絵・写真を披露したい方にもおすすめ!

ワタクシすずこが編集している手作り詩誌
ポエムサークル「みゅう」

仲間になり購読いただくと
ボツなしで冊子掲載 & CDトーク → 全国発送★

見本誌もあります。読みたい方も連絡くださいね。
読者オンリーもOK

以下に最新号の写真・詳細を紹介していますので
クリックして御覧くださいませませ~☆

みゅう229号・230号・CD

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°
人気ブログランキングへ
↑ポチッとな~☆↑



2015年12月 9日 (水)

Img_5801


Img_5802


早い
陽射しから
逃げるように
開けたカーテンを
ゆっくりと 閉める

心を占めるのは
布団の温もり
愛おしさ
枕の柔らかさ

雪光が
全ての景色を
浮き上がらせる
此処が
瞬き始める

景色全てが
ファッションショー
どう動いても
美しい日々
ヒビ要らず

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

写真は 先日の雪粒&空を一枚に収めたくて
余計な物を省いて撮影してみました☆

本当に余計な存在など 
世の中 ないのだろうけれども。

今年は霜柱というものを見てないなあと
思い出しました!

ビッシリと並ぶ姿は
シャクシャクとしたかき氷を
彷彿とさせるんですよね~

と またもや食い気で
始まっておりまする(笑)

今日はですねぇ、腰痛が酷くて 
温めた方が良かろうもん♪ と

朝から風呂に入り、布団で温め 
大人しくしておりました~

お蔭で何だか妙な夢ばかり
見ていたような・・・

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

スイーツ、と一言で表現しても
色々な種類がありますが
本当に油っこいものは多いですものね!

先日、電話中に名言が飛び出しました
「美味しい物は身体に悪いのよ!」
さも有りなむ・・・

今は 甘いものを思い出す
「スイーツ」という言葉ですが

昔は果物しか
思い浮かばなかったんだよなぁ・・・

今時期は 故郷岩手の林檎があるので
腸にも優しいか!?

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

好きな写真です。
窓硝子のんは リアルなんだけれども 
これ全てがポスターと言われれば
納得してしまいそうな彩りに溢れていて、

にゃんとも透明感のある瞳のんは
浮き上がる円みを帯びた形が
愛おしすぎます。

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°


暮れようとする
影の気配を
感じることは
素敵だ

そう信じて
歩んで行く
昨日は氷だった
今日は雪だった

誰かが作る道筋
公園を斜め切り
私が得意なのは
ザク切りだけれど
刃先は零れまひ

拙い一本道が
未来だと信じて
踏みしめた雪が
溶ける
揺れる


暮れ
掛かる
空に
笑った

顔を出した
土が
柔らかかった

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

~紙を彩る自由空間~

郵送詩誌 活動中☆
ネットのみならず、作品を形にしたい方 必見です☆

詩・短歌・俳句・川柳・小説・日記・フリートーク、
文字の他に 絵・写真を披露したい方にもおすすめ!

ワタクシすずこが編集している手作り詩誌
ポエムサークル「みゅう」

仲間になり購読いただくと
ボツなしで冊子掲載 & CDトーク → 全国発送★

見本誌もあります。読みたい方も連絡くださいね。
読者オンリーもOK

以下に最新号の写真・詳細を紹介していますので
クリックして御覧くださいませませ~☆

みゅう229号・230号・CD

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°
人気ブログランキングへ
↑ポチッとな~☆↑


2015年12月 8日 (火)

セブンドーナツ

Img_5618


Img_5619


Img_5617

写真の二枚は
コンビニで購入したドーナツでございます~☆

ず~~~っと 眺める機会がある度に
超~~気に成っていたんだけれども
めっっっっちゃ 我慢しとったんですよね~

この度
満を持しての購入!(んな大袈裟な)

チョコオールドファッションは 横から眺めると
凹凸の激しいことが分かります
ミスドに慣れていますからねぇ
この形は不思議な感覚です

感触は まあ 似たような気もするけれども
できたてサクサクの ミスド オールドファッションが
妙に懐かしく感じられる瞬間でした

そして 濃厚ショコラドーナツは チョコチップが乗って居て
見た目は可愛らしい仕様です 食感は柔らかいムチムチ模様

三枚目は何時かの昼ご飯 この日は残り物三昧の和食チック
最近 梅干し熱が再燃しちょります 炊き込みはマツタケ

まったけサンは 香りが良いらしいですが 食べ慣れない私
まっつんからは 昨夜メールが届きましたよ~ん

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

ここ最近 夜だと
車の温度計はマイナス二度くらいかな

気温的には もう少し高いんだと思う
日中は雪溶けも進むから 

白いベランダになったり ならなかったり ラジバンダリで
景色全てがファッションショー状態だわ☆

今年からね マットレスを変えたのんと 初の羽毛布団にしたので 
温かいのだが

マットレスが柔らかいので 腰痛が中々治らんことなっとります
(┬__┬)

嗚呼 それは 色々と酷使しているせいもあるけれども
仕事では大きな机を動かすのを 皆がやってくれると
涙がちょちょ切れる程助かるし

昨夜は重い水を入れたスーパーの袋を 夫が持ってくれたんで
寒い中、涙の代わりに 鼻水がダダ漏れしただよー!?

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

~紙を彩る自由空間~

郵送詩誌 活動中☆
ネットのみならず、作品を形にしたい方 必見です☆

詩・短歌・俳句・川柳・小説・日記・フリートーク、
文字の他に 絵・写真を披露したい方にもおすすめ!

ワタクシすずこが編集している手作り詩誌
ポエムサークル「みゅう」

仲間になり購読いただくと
ボツなしで冊子掲載 & CDトーク → 全国発送★

見本誌もあります。読みたい方も連絡くださいね。
読者オンリーもOK

以下に最新号の写真・詳細を紹介していますので
クリックして御覧くださいませませ~☆

みゅう229号・230号・CD

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

藤鈴呼の戯言 ~すずザレ~ 
過去作も織り交ぜて更新中☆

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

風邪よりも 頭痛よりも
シャワーを 浴びたら フラフラして
ちょっと ヤバイなって 思ったけど
食事を してないからだ

原因が 判明して居れば
安心出来る 物事が
世の中には 溢れてる

其れが 言い訳だったならば
何て 哀しい事

前向きな 言い訳ならば
なんぼも マシなのでしょうけれども

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

何時もの休日は
眠ってしまうと
時間を 無駄にした感覚で
少し 哀しい

その間隔は
起きなければ 成らないのに
ぼおーっとしている
朝に 等しい

考える前に
残された時間を
如何に 有意義に 過ごすのか
大切だと 思うよ

そして 今回は
腱鞘炎の為
明日からの 仕事の為に
あたしにしては 大分
足りない タイピング

だけど ストレスが
溜まらぬようにと
騙しながらの
戯言紡ぎ

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

皐月 緑の激しく 咲き乱れる月
そんな時代に 私達は
一つの 決断を 下したよね
あの時から 時が 流れて
記念日も あやふやだけれど

もう1度 逢いたい

そう 思えるのは
あの人だけなんです

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

病気のシーンが 流れると
何時でも 貴方を 思い出します

身体は 大切なんだって
最近は 身に 積まされる 毎日で

年末 家族と 食事をした時
此れは 身体に 良いからって

正月の 黒豆も
キライだからと 食べなかった 数年前を
払拭するような アタシの台詞に
笑った あの人達

珍しく 飲み会に 出席した時も
健康談義を していたら
もう 俺等 そんな年に 成ったんだなって
零されて しまったりしてね

検査ばかりの ホスピタル
今年は 余り 行くことの
有りませんように

そして 住むことも
有りませんようにと

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

こんな風にして
あたしのモードを 上げてくれる

人ごみの中に 居れば
一人が良いと 思うのに

一人じゃ 無いんだ
ふと そんな 有り難さが
胸を 掠める 瞬間

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

あたしの 心は
何グラムでしょう

どんな 気持ちが 前向きで
どんな 言葉が
他人を 傷つけるのかも

良く 解らないけれど
これからも 重さが 
増えて行けば 良いのにと 思う

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

正月 三が日
正確には 三箇日
参賀日が 正しいのかな
届いたメールを 読みながら
慌てて 辞書で 確認作業

嗚呼 わざと 戯言では
漢字を 間違えることも 有るんだよって
先日 パパンに 云っては みたものの
本当に 間違ってる場合も
否めないのですよ・・・

日本語が 乱れているのは
若い人達だけでは 無いらしい

嗚呼 若い人 に 失礼な?!
そして 自己が
もう 若くないのだと 確認xxx

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

たった 此れダケの タイピングなのに
そう 云ったならば
随分 大量なのにねぇ・・・
そんな 言葉も
戻って 来そうな

ともあれ 腱鞘炎は
遣わぬのが 一番なのだけれども
今まで 将来の 老いを 考えつつも
( もう 既に なんて 言葉は 
  思い切って 払拭 祈願 )

大事なのは 目だと
コンタクトと 眼鏡を 併用して居たり
( これは 本当は 目にとって 良くないんだけどねぇ・・
  そう 煙草の銘柄を コロコロ 代えると 同様に・・
  つーか 吸ってる時点で 大問題 斬りっっ! )

手が イカレるなんて
本気で イカレて 作業不能になる 休日など
今まで 無かった モンだから

わざと 眠って 時を 過ごすなんて
今まで 無かった ものだから

軽く ショッキングな 正月模様・・・

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

投稿詩コーナーが 荒らされて しまってね
じゅんいぇんHPに 作って貰った 処なんだけど
だから リンク貼るの 止めましたね

出逢い系サイトも 良いけれど
場所を 選んで 欲しいんだよね・・・
タイトルに ちゃんと 投稿詩って
書いてるでしょうに・・・

でも 削除せずに 二つ目の投稿が 反映されると
後は 芋づる式に 増加の一途を辿り・・・

もう 削除する気も 失せたのでした

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

肩が とっても ツライんですよ
どうやら 寝違えて しまったみたいでね

左肩が キシキシ
腰も キシキシ

マッサージで ぱらっぱぁ~~★
あたしの どたまは
こうなって ませんかねぇ・・・

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★
人気ブログランキングへ
↑ポチッとな~☆↑


2015年12月 7日 (月)

かう

Img_3350


Img_3449


Img_3556

今回のタイトルは「COW」と「買う」の掛詞。
黄色の牛サンは 以前サツエキ展示されていました。

アーティストさんの作品で そのネーミングは
フルーツ&ベジタブル ホッカイドー

本日の夕ご飯は牛肉野菜カレーでございます~。
すっごく久々に国産のんを買いましてね

じゃがいも、玉ねぎ までは あるあるネタですが
※この場合のネタは食材の意味ですよ~

後は珍野菜、いや、チンゲンサイ♪ エリンギも
突っ込んでしまいますた☆

ルゥは 全粒粉&ホテルカリーのダブル使いで
どんな味になりますやら・・・

「買う」の方はね、今となっては懐かしいスーパー
ダイエー、の看板&レシートでございます~。

今春 札幌に来た頃、未だダイエーが在る! と
ドビックリしたさえ懐かしい。

秋にね 全てイオンに生まれ変わりましたねー。

外観はオレンジからピンクになったわいね。
最近 小樽ベーグルがなくなって 哀しいあるね

大元が変化すると逆らえない悲劇の一端ですが
私の胃袋にとっちゃあ一端ならぬ中心人物でしたので
悲しみも一入ですよと塩ぱっぱ

この場合は大元なのか大本なのかと迷うオオモト
なんて打ち込んでいる間に蛙コールが入ったりして

そろそろキャベツの百切りを開始せなアカンかしらん
何時になったら千切りになるのかは甚だ謎だ

今日はね右親指のツメが割れとるんですわ
昨日ね四年振りくらいにボーリングしたんですわ

ほんなら酷い結果でしたわー
3ゲームしたんですけどね

81  102  86 
嗚呼 嘆かわしい・・・

夫は 89  135  101
嗚呼 何と低レベルな争いよ・・・

ガーターばかりだし スペアは取れないし
32投球で ストライクは たったの2回

スペアは9回、そんなラッキーな次の投球で
全てを無駄にするガーターでガタガタですよ

その途中にね 球内に違和感を得まして
取り出したるは血塗れの指。。。嗚呼やっちまった~

で、受付で爪切りを借りたんですが
借りる人も多いのか 直ぐ出て来ましたわ~

変な処が痛いですよね
腰は勿論のこと 太腿の裏だとか 手も痛い
物理的に指も痛いけれども。

親指に横巻き&縦巻きした絆創膏の端が
肌色の猫耳みたいな状態になっていて
指人形が出来そうだわ??

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

みゅう到着の報告メールが届いている今日この頃
今日は きょうちゃんからもメールが届きました~
以下、返信した内容から。

*

今回のミュウは きょうちゃんのコメント後に
気合を入れて取りかかったと表現しても
過言ではないような気もします。

いや、勿論 投稿作品の印刷などは
随時 行っているのですけれど、ネ。

編集にも波があって、やる気になると早いのだけれど、
途中で腱鞘炎が勃発したり
ブログ熱に再度襲われたり、

フリーマーケットの準備にかまけてしまったり
他に手紙の返信をしてみたり、なんて風に 
あっという間に時間が過ぎ去って行くような。

今回の きょうちゃんからのメールは
長いきょうちゃん人生の一部分を
独白してもらったような感覚で読みました。

みゅう掲載OKということなので、
いずれ紹介できたら良いかなあと思っていますヨ☆

ブログも知らないみゅうメンバーの皆さんには 
きょうちゃんのことが良く伝わると思うので。

私は以前 ブログを印刷したもの、
ブログ自身を教えてもらっているので、
きょうちゃんのことが ほんの少しでしょうけれども
伝わるツールはあるけれども、
他の皆さんは それがない方が多いでしょうから・・・。

私だけ教えてもらっている あのブログでは 
一度 更新がストップしたり 再会したり、
と きょうちゃんの状況に応じて
ブログも代わっていっているんだなあ、と、
そういう「波」も きっとありますよね。

今回のメール内容も、以前に読んだものを思い出しながら 
ああ そういうことがあったんだな、と
改めて思いながら読みました。

今の状況を受け入れるのって きっと難しいですよね。
自由やお金が増えて行くのは楽しいものだけれども、
逆になっていくのは辛いですものね。。。

きょうちゃんにとっては 客観的に言葉とする場所が 
一つ 気持ちを落ち着かせられる存在として必要なんだろうな、と、
ブログを読んでいると そう思います。

主観だけではなく 
客観的に説明するのが得意なんだろうな、とも思います。

なんということだ、これはね、
手書きの作品を色々と送ってもらっていた時期ですよね。
掲載が遅延ばかりなので 投稿したことも忘れられてしまう程
時間が経ってしまって
申し訳ないです~!

そう言えば、アメブロの背景、私も きょうちゃんと同じ 
夜空に月が浮かんでいるのを使用していますよー。 
あれ、リンクが紫色だし文字は白だし、
何だか落ち着くなーって思ってネ。

言葉は紡ぎたい時になったら頑張らなくても出て来るのかな? 
うーん、私自身も波があるけれども、
発表の場を出来るだけ絶やさないように、
でも無理しすぎないように編集を楽しみながら 
これからのミュウを 
きょうちゃんに届けられたら良いなあと思ってます。

きょうちゃんも インフルエンザの猛威には負けませんように♪

*

ネタばれにならないような内容にしたつもりですが
次回のミュウを楽しみにしてもらえたら嬉しいです~♪

来年、いつ頃の発行になるかは謎です(爆)

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

味玉がないと 
つい頼んでしまう気持ちがあります
昨夜はラーメンでした♪

なのに、こちらのブログ写真を覗いてしまって
ああ ラーメン食べたいなあ~ と

お昼も新潟ラーメン・・・カップラですけれど
~( ̄▽ ̄~)(~ ̄▽ ̄)~

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

~紙を彩る自由空間~

郵送詩誌 活動中☆
ネットのみならず、作品を形にしたい方 必見です☆

詩・短歌・俳句・川柳・小説・日記・フリートーク、
文字の他に 絵・写真を披露したい方にもおすすめ!

ワタクシすずこが編集している手作り詩誌
ポエムサークル「みゅう」

仲間になり購読いただくと
ボツなしで冊子掲載 & CDトーク → 全国発送★

見本誌もあります。読みたい方も連絡くださいね。
読者オンリーもOK

以下に最新号の写真・詳細を紹介していますので
クリックして御覧くださいませませ~☆

みゅう229号・230号・CD

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°
人気ブログランキングへ
↑ポチッとな~☆↑


今朝の雪粒

Img_5797


Img_5798


Img_5799

裏返していると 秋には落ち葉が溜まり
時にカメムシが潰れていたりした
ベランダ用のサンダル

黒なんで白い雪粒が分かり易いカナ?
一面に積もった粒が 可愛らしいです
今は横殴りの陽射しに阻まれ
パソコン画面が反射しているよーっ!

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

イイネ!をいただいた方のところで
可愛らしい名前のわんちゃんを発見したので
コメントを残しました。

リリちゃん、可愛らしい名前ですネ☆
パンダちゃんの場合は 
リンリン って いたと思うんだけど

敬称の「ちゃん」みたいな感じで 
同じフレーズを繰り返すんでしたっけ?
カンカン ランラン みたいな。

その定義でいくと、「り」が名前になっちゃうん!? 
なんてことを
考えてしまう日曜日なのでした~♪

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

千歳空港にも Lavi(綴り合ってるカナ?)という 
スープカリー屋サンが入っていますが

以前 エゾシカカレーをオーダーし、
「本日はもう売り切れです」と言われるやり取りを
三度ほど経験してまして。

思ったのは、
時期が違ったのカナ? って。

結構前ですけど ニュースで 
小学生がエゾシカ体験云々~って話題が出たのは 
秋から冬にかけての頃だったような・・・

するってぇと、今頃は もしかして 
食べられちゃったりしちゃったりするのカナ♪ じゅるっ♪

と 妄想を膨らませている。。。

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

オフィスは2010あたりで 一挙に変わったなあ、という
イメージがあり、私のパソコンはそこで止まっています。

夫のんは2013みたいですが、
そんなに大きく変わってないかも、会社でもそれを使っている、
とのことでした。

やはり2003から2013になると うらしまたろう状態の
変化かもしれませんね。

それにしても随分と仕様が変わってしまったのには
驚きを飛び越えて 苛立ちを覚えます。

今まで覚えたのは何だったんだ! と物言わぬ画面に向かって
雄叫びをあげるしか能の無い哀しさです。 

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

昔から 切手選びは楽しみでしたが、
青色の封筒に 季節関係なく
菖蒲の切手を貼ったりもしていました。

最近でも 季節外れは 変わらないようで、
途中までは クリスマスモードで固めた先日も、
気付いてみれば 春の花も チラ・ホララ・・ 

色合いを合わせる必要は 余りなくなりました、
と言うのも 文通ばかりしていた時代は
カラフル封筒も多かったのですが、

最近は郵送することと言えば、母宛の段ボールや
ミュウ発送の茶色封筒が多いので、
背景はシンプルなんですよネ。
なので、切手が何色でもある程度構わないという。。。

少し前まではメール便があって、
これは安価で便利でしたけれども、
また違った良さがありますね。

やはり手書きの温もり、と思うと手紙一枚の重さを
改めて感じます。
こうしてタイプする文字は訂正、送信も簡単ですし
綺麗で迅速!保管も然り、

されど・・・時間をかける「時間」と
心を失くさない生き方が最高なのでしょうネ。

切手マニアの皆様には勿体無い!
と言われるような図柄が
在るのかないのか良く分からないですけれども、

物は使ってこそ活かされるモノ、
いや、使わずにはいられないという庶民感覚ですが、

保管しておくのも また 
楽しいものなのでしょうネ☆

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

最近ではスンドゥブという名前に
色濃く反応するようになってきてしまいました。

今日びスーパーでも スンドゥブの素が売っていますし、
何なら辛味さえ入れれば、普通に鍋を作って生卵を入れて
自分で作れるんですけれども♪

石焼ビビンバのように、どうしても自宅では出せない
香ばしさもありますけれど、ネっ。

みゅう次号は来年になるでしょう、
例年通り、皆様からの賀状が届けば紹介しつつ、に
なるのかなあ、

もしかしたら今年は余り届かないのかも知れないな、
とも思いますが・・・

ざとちゃんへはお便りでの郵送になるので
直接まだ感想文を送付していないのです。

外を見たら真っ白で ズンズン降り積もっております。
封筒が準備できる頃にはホワイトアウトしそうだなぁ、
既に徒歩数分の建物が全く見えない状態になっております。。。

普通のメモ帳は背景が白いですから、
隅のイラスト以外は使い放題、
意外とカラフル塗り絵状態にする人もいるのカモ!?

メモ帳も便箋もその気になれば
ワードやエクセル作成できそうだなあ、と思いながらも
既製品に頼ってしまう体たらく

と書いている内に すっかりベランダの雪は融けている
嗚呼 太陽光の凄さよ ありがたや~ ありがたや~♪

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

~紙を彩る自由空間~

郵送詩誌 活動中☆
ネットのみならず、作品を形にしたい方 必見です☆

詩・短歌・俳句・川柳・小説・日記・フリートーク、
文字の他に 絵・写真を披露したい方にもおすすめ!

ワタクシすずこが編集している手作り詩誌
ポエムサークル「みゅう」

仲間になり購読いただくと
ボツなしで冊子掲載 & CDトーク → 全国発送★

見本誌もあります。読みたい方も連絡くださいね。
読者オンリーもOK

以下に最新号の写真・詳細を紹介していますので
クリックして御覧くださいませませ~☆

みゅう229号・230号・CD

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°
人気ブログランキングへ
↑ポチッとな~☆↑


2015年12月 6日 (日)

古今切手柄

Img_5538


Img_3398


Img_5677

母が選んだ23種類のメモパットを
紹介した時のコメントで
銘柄指定予約がありました~♪

記憶力に自信はないけれども
みゅう発送時まで忘れないように、と

脳内「メモ」
!_( ̄▽ ̄)ノ彡!

写真の手書きは私の直筆
筆ペンなので罫線が在ると 

必ず食み出すと言う
体たらく

これはね、文字を沢山 
書いている方ですね

一行空けとか デカ文字とか 
良くやるから(笑)

こんな風に 母へ贈った中から
1枚のメモパットを見本にして 
選んでくれたんです

「購入したヨ♪ 色々なキャラクターがあった!」
と電話していた時

母にはマイメロの略し方が 通じなかったので
以下のように 説明したのでした☆

『マイメロディーって言うのは
キティーちゃんが 
ウサギみたいな着ぐるみしているイメージ
頭にリボンつけたキャラクターだよ』

母のところには
大量なる便箋&封筒セット、一筆箋があり、

その殆どは 100均での衝動買いだそうで、
それもアリだなあ、と。

今日び、切手まで細かく凝っていた時代を
懐かしく思い起こすのですが、

端数が追加されるようになって
80円切手は2円追加しないとイケナイので、
季節感のないまま送ることも しばしば。

書簡だと「そのまま出せるイメージ」が抜けなくて
2円切手を追加することを 良く忘れがちです。

*

画面上で眺める色は
何となく 統一されたような気分にも なりますけれども

視覚として考えると
同じ見え方とは限らないのですから
不思議ですよね

人間は 慣れることも得意なようで、
プリンターも 昔は
エプソン色ばかり気に入っていたのに
最近では キャノン色にも 慣れている。

最近では みゅう編集時に

「あ、この色で描くと 印刷した時は
 ちょっと薄くなるから~」

と考えながら作業する癖も ついてしまいました。

皆様への 一言用に、
薄い桃色の筆ペンを 使用しています。

その理由は 本誌に使用すると
コピー時に 文字が薄すぎて 
判別不能状態に 陥るから。

白い紙に手書きして そのまま送る文字も
薄いくらいなので・・・。

こういう色は 薄墨だと思って 
いっそ 背景がブラックの用紙、
厚紙なんかに描くポスターなどでは

いかんなく 能力を
発揮してくれそうなんだけれどなぁ・・・

目の話を思い出すと
白内障も 緑内障も 自然に進行していくので

気付いた時には遅い、と言うことが 
多そうですものね。

慣れるから 
苦しい状況でも 生き延びられる、

いや、生き延びるために 我慢する習性、
修正する技術も
脳味噌に 住み着いているのかしらん、

なんて考えると
切なさも相まって 冬の涙と 相成ります。

色の基準の決め方は 興味深いですね。
時間もそうですけれど、何処かで線引きしないと、

各々の感性に 頼って 迷って 決まらないままに
時が経るものですものね。
紙の企画も AB2種類ありますしネ!

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

古今東西ならぬ 
古今切手柄で

新鮮な感覚と 回顧な哀愁に 
埋もれてみるの巻♪

普段は写真のように 沢山の切手を添付して
発送することも多いのです

使わなくなった祖父、叔父の切手コレクションを
母から貰ったり

永遠の みゅうメンバー吉田優子のお母様
絹子さんより 以前いただいたのもありました

シール状になっているのはね
紙袋に貼りやすいです

切手が沢山ある右側に
靴下にゃんこメモパットの端っこが見えてますが
これは送付状 代わりになったもの☆


普通切手一覧

1円普通切手
前島密

・・・前島 密(まえじま ひそか、

天保6年1月7日(1835年2月4日) -
大正8年(1919年)4月27日)は、

日本の官僚、政治家。
号は「鴻爪(こうそう)」。

日本の近代郵便制度の創設者の一人で
1円切手の肖像で知られる。
「郵便」や「切手」、「葉書」という名称を定めた。

*

見慣れた切手ですが、
凄い方だったのですネ!

一瞬

「伊藤博文じゃあないし。。。
あ、それは 誕生日が同じってダケだった~!」って言うね。

私、そう言えば、
国分太一さんが結婚した時に知ったんですが、

性別は違えど 誕生日の年月日が
全て一緒なんですよねぇ~。


2円普通切手 エゾユキウサギ

・・・夫の干支でもあり、
雪兎のイメージもあり、

可愛らしくもあり、寂しくもあり、
の親近感に加えて、
蝦夷ですからね、もう最高ですよ☆


3円普通切手  シマリス
・・・一度 飼っているリスを
見たことがあるんですけれども、
かっわいいの♪ 
直接 見たのは その一度かなあ


5円普通切手  ニホンザル
・・・今は 温泉に出没する猿も一杯?!
なんでしょうけれども、

今、私の手元にある柄は 
青背景に白鳥。

白鳥と言うと 故郷の岩手で 
自由研究をした時のことを
思い出しますね。

盛岡こども科学館の近くの河辺で 
パンの耳を餌にして 永年お世話をされた 
三太郎おじいさんに インタビューして

友人と二人の共同自由研究として 
小学校六年生の頃、模造紙六枚にまとめたことが 
懐かしく 思い出されます。


10円普通切手  トキ
・・・と言えば新潟! 

糸魚川在住時代に 朱鷺の住む処へ行き
見学出来たのが 嬉しい経験でした♪


20円普通切手  ニホンジカ
・・・札幌でも出会えるかなぁ♪ 

いつだったか どこだったかの
スキー場ゴンドラから眺めた
野生のんは鹿だったと思う

30円普通切手  キタキツネ
・・・これはね、道道走行中に出会いましたね。

やせ細っていて道路を 
普通にテコテコ歩いて近づいて来た
瞳の鋭い狐でした


50円普通切手  ニホンカモシカ
・・・ノースサファリで見たのんは
角が意外と確りしていたかんね! 

牛もそうだけれども
突かれないように注意でんがな~っ 
憑かれないように、は狐ですからねっ!?


52円普通切手  ソメイヨシノ
・・・今の季節は 花びらを愛でる前に
香りで楽しむ方が 手っ取り早い!?

82円普通切手  ウメ・・・
今の季節は・・・以下同文で、
京都土産に購入した香水があります♪ 

夏になると熱中症対策で 梅のど飴が出るけれども、
これ 結構 好きでねぇ、

夏の思い出を引き摺って、
スーパーで探している日々


92円普通切手  スミレ
・・・紫のものは好きですよ☆ 
可憐で美しく咲きたい人生かな


100円普通切手  サクラソウ
・・・名前からして儚い印象ですが
少女の連想も持つ花。


120円普通切手  フジ
・・・個人的に超親近感でーすーよーねー♪


140円普通切手  ヤマブキ
・・・庭園勤務時代には愛でていましたね~♪ 
八重の花がゴージャスなんだわあ


205円普通切手
屋久島国立公園
(縄文杉)

280円普通切手
吉野熊野国立公園
(那智の滝)

310円普通切手
利尻礼文サロベツ国立公園
(利尻島)

500円普通切手
十和田八幡平国立公園
(奥入瀬渓流)

1000円普通切手
富士図

弔事用52円普通切手
花文様

慶事用52円普通切手
扇面に梅文様

慶事用82円普通切手
扇面に竹文様

慶事用92円普通切手
扇面に松文様

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

最後はコメントも
なくなっていきましたが(笑)

あ、今年は 年賀欠礼葉書で 
弔事用の花文様切手を
使用しました

何故だか 不思議なのは 
この 銀色っぽい花文様部分が
光っているかのようにも 感じられるのよね

全体がモノクロだから 
余計に目立っているのか!?
それとも光の涙だったろうか

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

本が沢山見える写真
街 もりおか は 毎月のように
母から贈られる冊子ですね

中央の付箋紙がついた花辞典は
何と昭和52年のものでした
叔父がね購入したので今となれば形見です

祖父母が小樽に来た頃 
興味を持って手に入れた本のようですね

左側は漫画らしい
サクサクと読めるそうなので その内 読んで
本の旅かな~☆

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

~紙を彩る自由空間~

郵送詩誌 活動中☆
ネットのみならず、作品を形にしたい方 必見です☆

詩・短歌・俳句・川柳・小説・日記・フリートーク、
文字の他に 絵・写真を披露したい方にもおすすめ!

ワタクシすずこが編集している手作り詩誌
ポエムサークル「みゅう」

仲間になり購読いただくと
ボツなしで冊子掲載 & CDトーク → 全国発送★

見本誌もあります。読みたい方も連絡くださいね。
読者オンリーもOK

以下に最新号の写真・詳細を紹介していますので
クリックして御覧くださいませませ~☆

みゅう229号・230号・CD

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°
人気ブログランキングへ
↑ポチッとな~☆↑


2015年12月 5日 (土)

淡々と坦々

Img_5674


Img_5672


Img_5673

ごま坦々スンドゥブ & 梨ジュース♪
BY 東京純豆腐 札幌パセオ店

ナムル&杏仁豆腐もセットになっているのネ☆
外は雪の舞う寒さでしたが 熱々あるね~

前回はメニューにあった通り 
素直に実践した

スンドゥブ内の生卵を
素早くかき混ぜ

ナムルを乗せたご飯茶碗の上に
スープをかけて

ぐちゃぐちゃと混ぜて いただく

・・・あ、 ぐちゃぐちゃ混ぜて。。。
って表現は

何だか
美味しそうに見えないかも知れませんが
これ めっちゃ美味しいですからね!

ただ、
スープを入れる量を考えないと

ご飯が直ぐに ふやけちゃって
シルシル風味が なくなって 
ちょい寂しい

今回は スンドゥブ鍋の方に 
ご飯を投入しました

でも こびりついている茶碗内の米を
一粒残らず こすぎとる ためにね

少し スープを入れて 
掬いましたケド♪

前回は 小食を気取り(?) 
ご飯少な目にしましたが
今回は 普通モードで♪

梨ジュースが おすすめ! 
と書いてあるダケあって

辛味で満たされた舌を 
癒してくれましタ☆

実を磨り潰してあるような感じでね
グラスの底が 
ちょっとザラっとした存在感なの♪

元々 秋産まれだからか 
分かりませんが

昔っから 果物の中では 
梨が大好き! なモンで

感激も一入だったのでした~
!_( ̄▽ ̄)ノ彡!

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

みゅうメンバー「ざとちゃん」の記事が
新聞掲載されました~☆

記事コピーは問題あるでしょうから、
次回の「おしゃべりすずこ」CDで
トークしようかな? 

なんて妄想しつつ
感想をば☆ 

*

太陽の似合う沖縄で
日本の文化に触れながら暮らす
お二人の創り出すお料理は 
きっと絶品なのでしょうネ!

カムイ外伝、アニメなのですね。
忍者、くノ一、と想像すると 同時に
脳裏に浮かぶのが田舎の道場。

何も技のない素人である主人公が
「道場破りだ~!」と血気盛んに挑んで、

道場主にコテンパにやっつけられ、
「恐れ入りました~ 是非 弟子にしてください!」

そこから試練が始まる・・・! 
なんてストーリーでした。 

本編とは何ら関係が無いでしょうが、
このような妄想も楽しいものです。

アニメのみならず実写版もあるのカナ? 
そんな画像を見かけましたので・・・。 

そう言えば、以前 夫の甥っ子は
「なると」という漫画に
一時期 夢中でした。

私は現在は特にありませんが、幼い頃は 
キャンディ、キャンディ、花の子ルンルン、
などを眺めていたような記憶があります。

遠く離れる家族が出会う機会は
中々ないものですが 

お互い元気で暮らしていればこそ、
再会できるというもの、

笑顔が一つ増える度に
幸せも一つ増えることでしょう。

言葉より心、伝えようとする気持ちって
大事ですよね。

会話として成り立っていても
通じ合えないような

寂しい関係は
哀しいですもの。

音楽で通じ合う気持ちも
あると思います。

「さくら、さくら」・・・
ボンジョビを思い出しました。

曲の始まりが「さくら、さくら」の
サビのフレーズ音になっている曲が
あるのです。

この曲は
春を連想するとともに
琴の音も聞こえる気がするんですよね。

実家には琴があります。
母が学生時代 少し弾いていたようです。

琴やギターなど弦楽器は
音を弾く度に
指が痛むんですよね。

ツメやピックで
綺麗に且つ涼しげな表情で
奏でる必要があるのだな、
と 感じます。

結婚7年目の初対面、
ラッキーセブンですネ☆ 

そして来年へ向かって
8年目ということは末広がり! 

何て素敵なんでしょう
!_( ̄▽ ̄)ノ彡! 

これからも家族皆様で仲良く楽しく、
レストランでは美味しく♪ 

そんな日々でありますように
♪(⌒∇⌒)ノ””

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

景色や看板を眺めた時
ついつい反応してパシャリ☆の瞬間と 
間に合わない瞬間が
混在します

これからの季節は 
綺麗な光りの点滅模様も
見えない恐れがあるので

吹雪いてしまったら 
道案内の前車を見失わないように
運転しなければ!
と思うちょります。

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

一番初めに
焙じ茶ソフトを食べたのは

大分帰省時、
ショッピングモール内の一角でした。

歩き疲れて土産も重く、
ぐったり座ったベンチで

目の前には自販機、
呆けたような表情で眺めながら

舌先では冷たいアイスを
味わいながら・・・

ん? 焙じ茶? 
まるで チョコソフトみたいな味! 

と 思う後から 
舌の先に香る
ほのかな存在感・・・

そんな印象だったんですヨ☆

今回の
♪明治エッセルスーパーカップ♪は
意外と甘いです。

焙じ茶の粉と混ぜる量にも
依るのでしょうけれども、

久々にアイスを食べたからか、
喉に甘さが残り、
水が欲しくなりました。

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

透明の正式名称は
無彩色透明・・

無採色、、、なるほど。
あ、違いますね。

彩りが無い色、なのですね。
彩りを採れぬ色・・・

ヴーん、表現方法
考えてしまいます。

最近パソコン画面上で
少しずつ変化する色彩を眺める
実験のようなものがありました

全て黄色に見えるけど
一つだけ違う、

そのパネルを探す
ゲームのような。

嗚呼 でも 
哀しきかな、

私達が眺めている赤が 
あなたの見詰める赤が 

世界の赤と同化していると
証明する術は ないのですよね。
照明にも依る・・・

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

~紙を彩る自由空間~

郵送詩誌 活動中☆
ネットのみならず、作品を形にしたい方 必見です☆

詩・短歌・俳句・川柳・小説・日記・フリートーク、
文字の他に 絵・写真を披露したい方にもおすすめ!

ワタクシすずこが編集している手作り詩誌
ポエムサークル「みゅう」

仲間になり購読いただくと
ボツなしで冊子掲載 & CDトーク → 全国発送★

見本誌もあります。読みたい方も連絡くださいね。
読者オンリーもOK

以下に最新号の写真・詳細を紹介していますので
クリックして御覧くださいませませ~☆

みゅう229号・230号・CD

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°
人気ブログランキングへ
↑ポチッとな~☆↑


らぶめもぱっと

Img_5679


Img_5680


Img_5681

私が何らかの言葉を紡ぎ始めたのは
小学校2年生の頃だった

当時 国語の授業で「詩」の時間があり
小説とは違う世界を知り 感動したのだ

創作だったり 事実と感動だったり
色々な感情や物事を織り交ぜながら紡ぐ

これが 本当に楽しい日々
そして 長期休みには 必ず在る
「自由研究」で
「詩集制作」をした

当時、切り絵に夢中だった母にも
手伝って貰い

表紙は二重構造、
下地は三色 本体は黒

詩集タイトル
「しぜん」の文字に切り抜いて
裏側の三色で 文字を表現した

使用したのは
近所の文具屋で準備した手作り本セット

かなり本格的なものでね
各ページもカラフル

この辺りから 私のカラ―好きが 始まったろうか
板書は必ず カラーボールペンだったし

参考書で使う「蛍光」ペンも 
カラフルにする「傾向」があった

そして 母は「大量買い」の素質十分だった
「勉強ノート買って来て」と頼めば

翌日 階段にノートが積んであった・・・が
その数 70冊!

私『ちょ・・・2~3冊で良いんだよ?』

母「ああ、安かったから♪
 どうせ これから 沢山使うでしょう?」

と言った感じ
勿論 授業用ノートでもあるけれど

「詩のノート」が欲しかったのよね。ワタシ。
なもんで、

現在 貼り付けを すっかり怠っている
「戯言ノート」ですが 

栄えある一冊目のタイトルは
「勉強ノート」ですからね~。

そんな母からの贈り物が届いた
今回はね 依頼しました

サツエキくんだりで
ロフトや雑貨屋サンを行脚して

チラ見した程度だけど 
見付けられなかったのが

写真のメモパッド 
ハガキサイズですね

便箋でもなく 一筆箋でもなく 
四角い付箋紙でもない

このサイズのキャラクターが
背景になっていたりするタイプが
使いやすくって 好きなんです

もう かなり前から使っていて
みゅう発送時に一言書いてみたり

何か贈り物をする際、紙袋発送をする時には
送付状として大活躍もするという優れモノ♪

要するに メモ帳と同じ構造なので
切り離すのも簡単だし 可愛らしいんです

以前 母に贈った一言メモを参考にして
幾店舗かで 探してくれた

結果、昔から懇意にしている地元の文房具屋サンでは
一冊も置いてなかった

雑貨も置いてある 衣料品店「シャンブル」で数冊ゲット
「しまむら」と隣り合わせになっているお店ね

そして書店でも数冊ゲットしてくれたらしい
母が大好きなディズニーの「ベイマックス」なる柄も
あったと 電話で聞いた

届いた段ボールには 色々と入っていて
先ずは 一つの袋を開けてみた

メモパットが10冊 入っていた
嗚呼、母の事だから そのくらい沢山 入れてくれるとは
思っていたけれども これで暫く 自由に使えるなぁ~
嬉しいよ ありがとう

と思って 別の袋を取り出して見ると
其処に残っていたのは!
底に残っていたのは!! 

もう2袋じゃあ ないですか~
なモンでね、写真のように 総勢23匹のメモパットちゃんが
我家に仲間入りしたのでしたっ♪

蛍光灯の光で 見えにくいですが
色々なキャラクターが ありますねーっ

今 流行りのものが 沢山 置いてあるみたいです
しかも クリスマスシーズン! ってコトで
通常より多く 置いてあったのだ、とか。

種類別ではなく キャラクターごとに 棚が分かれていたので
探すのも大変だった様子ですが
「可愛らしくて楽しかったヨ♪」 と。

母「ただ、子供を連れて行った お母さんは
 大変だろうねぇ・・・
"あれも欲しい、これも欲しい!"って なるよね

私『そうだねぇ、
  "この棚 全部ください!" 状態だよね!』

うん。そんなのも夢ですが
置く場所 考えろ~! 私(笑)

当時 私が購入した 今も使用中のんは
靴下にゃんこ でしたが これは もう無かった、と。

どんなキャラクターが
使われていたのかと言うと・・・

すみっコぐらし
ベイマックス
ドナルドダック

リラックマ
ロペ

クマのプーさん
スヌーピー
ペコちゃん

ポムポムプリン
キティーちゃん
マイメロディー


うーん すんばらしい キャラクター模様♪

母「あ、ミルキーもある♪ って思ってねー」

ふふ。
母の中ではペコちゃんの名称が出て来ないのねーっ

単純な メモ帳タイプで
片隅に小さなイラストがあり あとは真っ白タイプ
のものは 一冊だけで

他は カラフルな背景、罫線の有無も色々
1冊100枚前後で 
4種類程度に分かれた柄が入っているので
使う度に楽しめる構造です♪

みゅう発送時には 大活躍しますので
お楽しみに~♪

最新号も恙なく 
お手元に届く頃ですが

今回の一言は 
ちょっと手作りチックになっておりますので

それと合わせて 
お楽しみくださいませ~♪

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

~紙を彩る自由空間~

郵送詩誌 活動中☆
ネットのみならず、作品を形にしたい方 必見です☆

詩・短歌・俳句・川柳・小説・日記・フリートーク、
文字の他に 絵・写真を披露したい方にもおすすめ!

ワタクシすずこが編集している手作り詩誌
ポエムサークル「みゅう」

仲間になり購読いただくと
ボツなしで冊子掲載 & CDトーク → 全国発送★

見本誌もあります。読みたい方も連絡くださいね。
読者オンリーもOK

以下に最新号の写真・詳細を紹介していますので
クリックして御覧くださいませませ~☆

みゅう229号・230号・CD

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°
人気ブログランキングへ
↑ポチッとな~☆↑


2015年12月 4日 (金)

青葉交差点

Img_4976


Img_4955


Img_4954

地名、店名になりやすい言葉って
ありますね

この「青葉」ってのも 
たまに見かけます

みゅうメンバーあおばを思い出して
パシャリ☆

あれだな みゅう って言葉も 
たまに見かけますね

福島だったかな ららぽーと みゅう って
昔 見かけた気がするのんと 

動物病院も あった気がする
あれは岩手の矢巾町だったかなあ

今回の交差点は 千歳ですね
アウトレットや駅に行く途中でした

先ずは先頭の 1を撮影してみるも
何だかクッキリしないので
次に訪れた 4にしたけれども
数字的には もう少し・・・

と 買い物帰りに 夕方 見付けました
末広がりの 8で満足!_( ̄▽ ̄)ノ彡!

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

残り三秒


屈んだ電柱に染みる
青を探す

灯りが満たされ 三日月は揺れ
窓越に笑顔が零れ始めても
薄氷は割れぬ角度で保たれていて

刃毀れを起こす包丁の切っ先だけが
鋭角に睨みを効かす 麻薬の葉脈を

赤色に魅せて下さい 残り三秒の恐怖
熊笹の上に乗せた御結び 二つの結晶

貴方と私と見知らぬ人は 他人様の上に
掌に泳ぐ金魚は冬湖で溺れて行くのよ

点滅を繰り返す信号だけが
斜めに歪んだ

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

~紙を彩る自由空間~

郵送詩誌 活動中☆
ネットのみならず、作品を形にしたい方 必見です☆

詩・短歌・俳句・川柳・小説・日記・フリートーク、
文字の他に 絵・写真を披露したい方にもおすすめ!

ワタクシすずこが編集している手作り詩誌
ポエムサークル「みゅう」

仲間になり購読いただくと
ボツなしで冊子掲載 & CDトーク → 全国発送★

見本誌もあります。読みたい方も連絡くださいね。
読者オンリーもOK

以下に最新号の写真・詳細を紹介していますので
クリックして御覧くださいませませ~☆

みゅう229号・230号・CD

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

藤鈴呼の戯言 ~すずザレ~ 
過去作も織り交ぜて更新中☆

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

苺のような・・

甘い 甘い KISS

ストロベリーミルクが

私は 好きだったの。

いつも あの 紙パックの中身が 気になって

お母さんに おねだりを したわ。

彼が 呉れたKISSは

あの 甘い 甘い 

とろけるような香りに 似ていたのよ・・・

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:

ちゃんと 恋をしてるねって

キミに言われて

褒められたような

けなされたような

不思議な 錯覚。

それは 彼に

素直な気持ちで

電話できなかったから?

それとも 眠たげな 彼を

起こしてまで

電話をして しまったから・・・?

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:

ファーストキスの味を想像しながら

大好きな あの人に

唇を 奪われるの なんて

夢見ていた頃があったね。

マシュマロのように フワフワした唇が

そっと 触れ合う瞬間なんかを想像していた乙女心が

無残にも かき消されてしまったのは

キミが あんなこと 言ったからなんだ

「ファーストキスが レモンの味だとか そんなのは 嘘だね。

 だって 納豆くさかったんだもん(笑)」

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:

● 栗ジャム一句 ●


く: くるおしい

り: 律儀なキミの唇で

じ: 時代の隙間

や: やがて

む: 無限へ――――――――――

*

キミと 話が したかったから

いきなりに キミが

ボクの目の前から 消え失せるはずはないと信じて

語りかけた そんな夢

イマ ようやく

扉が 開いたよ・・・

*

まじで 楽しい

みんなで わらいあって

僕達は

夜中の三時をまわったころ

お菓子を 食べそこなって しまったのだけれど

この 空腹感よりも 先に

笑いが 込み上げて きたんだよ。

*

言葉の時空を越えて

こんな明け方に

声を上げて爆笑する君の姿が

見えるような気がするよ。

僕等も 今から 追っかけるから

三人で 大笑い しようよ♪

*

子供の頃の優しさを 失くしてしまったと 君が嘆く

そうだね あの 紅葉のお手手は

今では 大きく 広がって いるんだろう・・・?

*

キミの心も ボクの心も

みんなの心も ここで代弁 代弁

少しくらい 違っていたって ご愛嬌

だって こんなにも楽しい夜は

そうそう

味わえそうにも ないもの・・・

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°
人気ブログランキングへ
↑ポチッとな~☆↑



ほうじ茶アイスを手作りしてみた

Img_5628


Img_5629


Img_5633

焙茶愛す夫が 
食べたい食べたい言うもんやから

サツエキくんだりで 
パフェ食べたり 
ソフトクリーム食べたり 
シェイク飲んだりするんだけれども 

いかんせん 高~い! 
ってなコトで 

検索してみたら クックパットで
紹介している方がいらしたので
参考にして やってみました♪

写真のようにね

「おーいお茶」の
ほうじ茶 粉バージョンと

♪明治エッセル スーパーカップ♪
を ゲットしてだな、混ぜるダケ

か~んた~ん(*⌒▽⌒*)
私でも 出来たわっ

サラサラと零れ落ちる粉は
まるで シナモンか何かにも見える

机上に出した瞬間 夫が言ったとサ
「これ、黄粉?」

ちゃいまんがな~(-▽-;)

「お前、何処で買って来たん?」
『手作りやもん♪』

「そんなこと言って わざわざ器に移し替えたんか!」
『そんなセコイことせんわっ!』

ってね。
美味でございます~♪

新たなバニラアイスを幾種類か購入したので
後日 色々と 試してみる つ・も・りっ☆

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

さく果/藤鈴呼

結婚式で黒いドレスを着た花嫁さんを初めて見て
感動したことを思い出しました。

「あなた色に染めてください」の白無垢の印象は
根強いですが

「白も立派な色」と鑑みれば
「白は白!他色に非ず!」の主張も出来るでしょうから、

本当の意味で
「染められる」可能色は
「透明」なのかなあ、

そもそも透明とは「色」なのだろうか? 
と 妄想は尽きない

そんな風に脳味噌にも
色を付けてあげる日々♪

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

サイフォンは、とても御洒落ですよネ☆

最初はドリップコーヒーに目覚め 購入し
次に試したのがサイフォンでしたが

エタノールが気化するのんと
(蓋閉じてるけどサ)

粉漉しフィルターを
常時水に浸けての管理が必要なのと

何よりもサイフォン用のデカンタって 
小さいから
中身が少ししか入らないのんとが相まって

気付けば
インスタントに舞い戻っておりました~

~からの~、
きょんきょんCMなんかに感化されて

簡単ドリップ方式に 
落ち着いている 現在

ようやっと 何とな~く 

粉の違いが分かる?
香りにも以前より反応する? って感覚かなあ

缶コーヒーは
ジョージアロング缶が程よく甘かった時代が
好きでしたが 

その後は今イチかなぁ~

寒い時は買ったりするけど 
チビ缶は直ぐなくなるし

唯一 美味しいなぁと思ったのは 
デミダス珈琲

でも量が足りない・・・って 
どんだけ飲むねんっ!

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

すずこサン、旦那さんと 仲良いですよね~
と 良く言われる
夫も 良く言われるそうな

仲が良くても悪くても
一緒に暮らすので在れば

出来る限り お互いに
気分良く 過ごしたいなぁ、が信条のまま
良い具合に続いている気がしています

仲とは関係なく 徹底的に合わないのは
バスタオル派 か タオル派 か

ついでに
私は一度使用したら 必ず洗う派

あとはねー 温度感覚が合わないのよね
部屋や車の調節が 困るったらありゃしない(笑)

運転中は 私がハンドル握っていて 眠くなったら
否応なしに窓開けて換気しますよ

そりゃ 勿論
ドライバーに合わせて貰わないと、ネッ

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

みゅう先払いの皆様へ 

夕方に発送手配をしましたので
明日の受付になる?かもしれませんが 
楽しみに待っていて下さいねーっ。

私自身も 編集後 じっくり読み返す前に 
先ずは発送! で 

出来るだけ早く お届けしたい気持ちを
優先させましたので♪

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

ゴムは万能
何でもシャットアウトするかと思いきや、

トイレ掃除のゴム手袋は 二重にしないとネ、
と言うことで 成程~と思うのでした。

アナフィラキシーショックを起こす
要因の一つでもあると知り、

侮れない素材なのだな、と
気を引き締めながら 眺めております。

自宅では ゴムで注意する、の
第一位は 輪ゴム。

これはね、印鑑を綺麗に掃除する時には
大活躍するのですけれども、

髪を結うゴムと間違えると
大変なことになりますヨ・・・

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

暑い仕事は
体力的にキツイのが真夏、

今回は真夏過ぎから初めているから 
その過酷さは未知数、

そして気力だけは何時でも熱く、
厚顔無恥にはならぬやふに
勤めたいものです☆

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

~紙を彩る自由空間~

郵送詩誌 活動中☆
ネットのみならず、作品を形にしたい方 必見です☆

詩・短歌・俳句・川柳・小説・日記・フリートーク、
文字の他に 絵・写真を披露したい方にもおすすめ!

ワタクシすずこが編集している手作り詩誌
ポエムサークル「みゅう」

仲間になり購読いただくと
ボツなしで冊子掲載 & CDトーク → 全国発送★

見本誌もあります。読みたい方も連絡くださいね。
読者オンリーもOK

以下に最新号の写真・詳細を紹介していますので
クリックして御覧くださいませませ~☆

みゅう229号・230号・CD

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°
人気ブログランキングへ
↑ポチッとな~☆↑



2015年12月 3日 (木)

ミュウ 229.230号 完成♪ 

Img_5654


詳細は以下の通りです。

●掲載・録音メンバー
吉田優子・吉田絹子/スケッチ/ペポパンプ/
麻斗維/星亭エグゼ/花水仙/あおば/jiiji_oyaji/
宮也千夜/まっつん/白井京月/上下凛太/ハンスの恋人/
ロト/水野沙羅/時生/愛香/T&A/メガネをかけた座頭市/山本哲/
耀一朗/有里乃/とうてつ/砂名/鴉/雪だるま/
藤鈴呼/

以上の方、作品掲載やCD録音しました☆
購読まってます☆ 


■発行日■ 2015.12.1 TUE

1冊CDナシ  500小為替+80切手 各1枚
2冊+CD    1000小為替、切手2枚

口座振込可

<受賞者・人気投票者>  
アレ(虹の欠片)進呈

優秀賞(巻頭詩権)
憂愁賞(裏表紙権)
カラスの勝手で賞(表紙権)
気に入ったで賞(フリーページ権)
ミュウ賞(ラスト・ポエム権)

*権利使用と明記し投稿ください

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

229号
<受賞者・人気投票者>  アレ(虹の欠片)進呈

●表紙  藤鈴呼
●裏表紙 白井京月
●巻頭詩 ハンスの恋人
●ラストポエム まっつん
 
●優秀賞(巻頭詩権) あおば 3P そこをなんとか

●憂愁賞(裏表紙権) 水野沙羅 5P 残念ながら…

●カラスの勝手で賞(表紙権)麻斗維 3P <お題:定点観測>

●気に入ったで賞(フリーページ権)ハンスの恋人 16P 十年以上の友人関係

●MEW賞(ラスト・ポエム権) 上下凛太 17P みなさんの頭の中


230号
<受賞者・人気投票者>  アレ(虹の欠片)進呈

●表紙  麻斗維
●裏表紙 ハンスの恋人
●巻頭詩 麻斗維/若杉禎宏
●ラストポエム 藤鈴呼
 
●優秀賞(巻頭詩権) まっつん 20P 雨音

●憂愁賞(裏表紙権) まっつん 9P 別れ

●カラスの勝手で賞(表紙権) ハンスの恋人 13P つかのまの幸せ

●気に入ったで賞(フリーページ権) あおば 22P リサイクル

●MEW賞(ラスト・ポエム権) 白井京月 8P なんということだ

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

おしゃべりすずこ62弾 CD

2015.11.19 THU REC
ミュウ229・230VER.

フリートーク

まっつん
Jiiji_oyaji
星亭エグゼ
あおば
有里乃
ハンスの恋人
上下凛太
麻斗維

砂名

ポエケット音源 その4 2014.7.6

BGM 
藤鈴呼カラオケ音源 2015.11.13

柴咲コウ/かたちあるもの
絢香/にじいろ
家入レオ/君がくれた夏
中島美嘉/花束
ドリカム/ア・イ・シ・テ・ルのサイン
聖飢魔Ⅱ/蝋人形の館
宇多田ヒカル/Flavor of Life
一青窈/ハナミズキ 
GLAY/HAPPINESS 
鬼束ちひろ/流星群 
鬼束ちひろ/月光 

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

■発行■ 藤鈴呼 FUJISUZUKO

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

ミュウについて


創刊:平成5年3月1日
会員随時大募集中

B5(ノートサイズ) 30P
カラーコピー詩誌

手作り編集の郵送誌
パソコンカラー印刷し
2枚の紙を 貼り合せ
1枚にして製本。

価格は1冊あたり 
500円小為替+80円切手、各1枚
口座振込可能

2冊ずつ発行、2冊同時購読の方へ
「おしゃべりすずこCD」プレゼント

私が選ぶ受賞者5名と
会員からの人気投票者には
虹の欠片(プラバンカード)か
手作りポストカードをプレゼント☆

会員になる方法

1.私へ「会員希望」と書いてメッセージを送る
2.簡単なアンケートに答える
3.会員登録完了 ξ・。-☆

ミュウについての詳細を知りたい方も
メッセージください。

参加も脱退も自由。
好きな号だけの参加も可♪

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

以下、発送情報です 

●2冊先払多謝★ 括弧内は繰越分です。
麻斗維(233余20)
花水仙(232余544)
星亭エグゼ(231)
あおば(240余280)
Jiiji_oyaji(238+余430)
宮也千夜(230余40)
奥津強(230余400)
まっつん(232余200)
白井京月(234+余68)
上下凛太(241余140)
ハンスの恋人(236)
伊織(234余200)

●上記以外で繰越のある方
白鳥ちえり(余16)
砂名(余4)
ぷよつま(余674)
ロト(余16)
ひなたん(3冊分)

2冊以上購読でCD添付します。

*バックナンバーは
 最新号から遡り10号分まで受け付けます。

*誌代支払時、欲しい号を記載くだるよう
 お願いします。

*購読者優先で 作品掲載しています。
 皆の購読で成り立って居ます。

自身の投稿作品が 掲載された号は
やはり手元に届けたいと言う気持ちも有ります。

投稿だけで 購読しない場合 
人気投票コメントが有っても 著者本人に届かないと言う
ジレンマも有りますし購読メンバーの作品を出来るだけ沢山
掲載したいと言う思いからです。

購読が難しい時期の掲載見送り等、自由に対応しますので
よろしくお願いします。

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°
人気ブログランキングへ
↑ポチッとな~☆↑


ブレイクばかり

Img_5635


Img_5636


Img_5637


写真は 最近ハマっている自宅珈琲
カヘすず~こ、で、ございま~す♪

以前、母から
「珈琲の美味しい淹れ方」というような

ハウツー本を
貰った気がするんだが

その当時は インスタントばっかりで
自分で淹れる習慣がなく

チラッと眺めた挙句に その本は
本の旅へ

ほんなら こうやって ハマっちゃうんだもんね~♪
っとに私ったら 天邪鬼っ(違)

そんなモンですよねぇ、マーヒー?
あたしが好きなのはねぇ、コーヒー!

そんな感じで マーフィーもビックリ(?)
カフェ・すずこ で ございます~☆

先日 適当にネットサーフしたところによると
泡がね 均等に残ると 淹れ方 大成功!

みたいな感じのことを 書いちょった気がしますが
記憶が定かでは ありませ~ん

で、ネタバレ(表紙暴露)になりますが
みゅう最新号は 恙なく糊付け完了まで
漕ぎ着けました~

オールは何処!?
みゅうオールっ 聞いてっ!

ちょっと分かり難いけど 写真の一番上
号数の書いてある紙下部分が 若干 黒い

こんな風に 黒インク漏れするように
なってきやがりっちゃいましてん(┬__┬)

嗚呼 ブレイクしている場合じゃないわ?
プリンターがブレイク必要としているわっ??

最早 ブレイクの途中にブログ更新しているのか
みゅうの途中にブレイクしているのか 分からない

いや、前者で在ることは
コンロの火を見たら 明らかなんだわ~い
~( ̄▽ ̄~)(~ ̄▽ ̄)~

※ 編集後記の発行日は
 師走初日を示しておりますが

諸事情(!)により 遅延しておりますこと
重ねてお詫び申し上げます

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

カチューシャと眼鏡の順番


カチューシャを先に着けて
眼鏡をすると

何らかの拍子に

カチューシャが動いた時に
眼鏡も動き

ギャグみたいな顔面になるでしょ?

先に眼鏡をすると 
カチューシャで眼鏡を
耳裏に押し込む形になり

耳裏が凹み、痛みが走り、
すずこも凹み

耐え切れずに

カチューシャをズラしたついでに
眼鏡も動き

アホみたいな表情になるでしょ?

何れにせよ
「ムーーーリーーー」

以上!_( ̄▽ ̄)ノ彡!

*

Q.着ける順番を正確に並べなさい

A.

1.眼鏡
2.カチューシャ
3.ムーリー(キリッ!)

*

なモンでね、
仕事用に購入した100均カチューシャは
お蔵入りってな状態ですわ(冷風)

現在 少々 伸びて参りまして
ようやっと バレッタもどきで
ひっつめられる位に なりましてん

一瞬ね、バンダナチックじゃないけれども
カチューシャでオールバックにして
後ろ髪も ひとまとめで らっくち~ん♪

これなら 髪の毛も落ちずに 良かろうもん♪
と 思ったのですが
その姿を見た夫に瞬殺されまして、断念

あのひと
帽子で髪の毛を全て隠すのも嫌うんですよね
私は結構 さっぱりして 好きなんですけれど☆

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

トロトロに溶けて嬉しいのは
じゃがいもスープ 

(え゛? 段ボールのジャガ芋、未だ在んの!?)

釜石製鉄所を思い出しました
小学校の修学旅行は 岩手県一周でして
製鉄の場面を眺めることが 可能でした

赤い輪が幾重にも連なるベルトコンベアーに
畏敬の念を覚えました

コンロやストーブの焔は 
近くに寄っただけでも
温かいで済みますが

鉄となると
熱さも一入ですものね

父は若い頃 
東京に出た時期があったそうです

熱い現場で 
凄い量の牛乳と塩を渡されて 
一気飲みをして作業する

それでも体重は
減る一方だったとか

私は発熱体質
今日び、エコの時代

ヒートテックになろうもん♪ 
と 思ったら

夫「ちょ・・っと あっち・・・行って・・・」

うん・・熱すぎて・・・ごめんっ!

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

スナフキンのこと 
実は良く分かってないなあって
思いました

勝手なイメージでは 
自由人 放浪の使者
合っているのかしらん

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

顕微鏡 
何でも拡大してくれる便利グッズ

覗いた景色は全て美しいと 
錯覚するのね

デジカメで 大きくしすぎると ぼやける視界
これも美しいけど 
裸眼で見つめる世界も 大事よのう~☆

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

向こう見ずに色々な事を出来るのは
若さなのでしょうか

若気の至り、の言葉をもじって 
無自覚で奔放過ぎる姿を眺めて

馬鹿気の至り、なんて
揶揄するようになっては 

もう若くはないのだな、と
実感している今日この頃です

その気力で以て支えられる部分は
計り知れないものでしょうけれど

折角のパワーですから
正しく使って欲しいなぁと思う事柄も。

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

車のタイヤにチェーンを着けて走るのが
当たり前だった時代
(今でも在るようですが)

アスファルトを削ると問題になった
銀色のピンもありました

先日 靴屋で

「今ドキ 靴裏に ツメのついた 滑り止め靴は
 殆どないよ」

との 夫の言葉に 
ハッとして 探して見るも 

嗚呼・・・確かに・・・
ないわーっ!

最近のゴム性能は
素晴らしいのですね。

タイヤも ゴムに護られて 雪道を走りますが
過信せず 迷惑かけぬ ドライビングを 
しなければっ!

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

ステラおばさん の
紅茶クッキー、ココナツ味も好きです~♪
サクッとした食感も。

札幌に来てから
スーパーで見かけるようになりました。

期間限定の札幌在住
(転勤族の妻)の身なので

今の内に 愉しんでおこうと
思うちょります~。

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

~紙を彩る自由空間~

郵送詩誌 活動中☆
ネットのみならず、作品を形にしたい方 必見です☆

詩・短歌・俳句・川柳・小説・日記・フリートーク、
文字の他に 絵・写真を披露したい方にもおすすめ!

ワタクシすずこが編集している手作り詩誌
ポエムサークル「みゅう」

仲間になり購読いただくと
ボツなしで冊子掲載 & CDトーク → 全国発送★

見本誌もあります。読みたい方も連絡くださいね。
読者オンリーもOK

以下に最新号の写真・詳細を紹介していますので
クリックして御覧くださいませませ~☆

みゅう227号・228号・CD

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°
人気ブログランキングへ
↑ポチッとな~☆↑


ピリ辛☆

Img_5627


Img_5626


Img_5507

写真は 石狩味噌ラーメン
By 銀の蔵

サツエキ・ニシグチ・トホ・イップン☆
クーポンもあるヨ☆

※一分以上かかるじゃないかよコノヤロー的コメントは
一切スルーいたしまする♪

普通味と 辛味噌味(中辛程度)があり
今回は後者にしました☆

豚骨と野菜のダブルスープが決め手の
まろやかな味わい

の、筈なんだけれど
開口一番 「辛っ!」

・・・あ、この読み方、二種類を掛けてネ!?
からい、あんど、つらい、で、ヨロシコ☆

多分ね、私、朝食抜いていましたのでね
食物コーティングのなく
喉がイガイガずいところに

唐辛子部分のスープを
一口目 フンダンに吸っちまったんだと思う

食べ始めの時に
ラーメンより先に 何口もスープを飲む癖も
ありますのでネ♪

食べ進めて行くと まろやか風味と相まって
喉も落ち着いて来ました☆

「味は どうですか?」
の言葉に 思わず 「からっ!」 が先に
出てしまったサ~

何でも 私の前に このラーメンを食べた女性に
辛さが足りないから もう少し欲しいと言われたようで

私も辛いのは結構 好きなんだけど
最近 辛味に対して 免疫が薄れていたからな~

辛味を入れる前の 普通味を喩えた方が仰るには
「ポテトチップスのバターしょうゆ味♪」

いや、醤油じゃないんですよ? 味噌なんです。
でも 不思議な味わいのスープ あ~んど 
鮭チャーシューのせラーメンなのでしタ☆

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

下の名前


以前 営業していた時にね
保険屋だったんですけどね

FC取りって業務が あったんですよ
フランチャイズじゃあ ないですよ?(笑)

あれ、何だっけ、略している大本の言葉が
幾ら首を捻っても 出て来ないんですけどーっ!

あ゛、そうか
捻る場所、間違ってるのか(違)

中身の無い頭を 幾ら振って見ても
カラカラと音がせず 空で在るダケ~(爆)

ええと、意味合いとしてはですね
顧客情報をゲットする、という業務です

まあ お客様の氏名、生年月日が分からないと
正確な設計書を作成できませんのですよ

その為に あのツールがあるんですよねー
今は どうか知らんけど 

バイオリズム 生まれた日の占い なんかで
皆様の気を惹き、情報をゲットするんですな(遠い目)

私が勤務していた時代はね
今みたいに 皆がパソコン貸与されて
----なんてコトは 無く

「なんとかが当たるキャンペーン!」
みたいな紙を

輪転機で只管コピーして
(勿論コピー代は実費)

昼休みに お客様の机上に飴ちゃんと共に
ばら撒き (私は薔薇の方が好きだ。)

時折 紙飛行機になる紙達を眺め
唇を半開きにし

文句を言う代わりに
笑顔を貼り付けていた 毎日

・・・いや、そんな微妙な笑顔じゃなかった
「今日は沿岸までドライブだぞ キャッホーイ♪」

なんつって 
差し入れ用の 福田パン がっつきながら

大音量で エックス流して
ドライブしていたんだった

盛岡からね 久慈、宮古まで
週一 通ったりもした

これね、地図を見て貰うと 分かるんですけれども
高速は 北に向かって伸びているんですよ

沿岸方面は東ですんでね
そのルートだと 三角形になる

いや、どの道 三角形のルートなんですが
高速を使おうが 若干 鋭角の下道を走ろうが
到着時刻って そんなに変わらないんですよねー

それでも行きは 高速を使ったりもしたけれども
帰りは のんびり下道を走って----

この時期は ブラックアイスバーンで
目に遭った 10キロしか出せなんだ

そんな訳ないけど 超 徐行
ホワイトアウトもあった

前車の垢、、、もとひ、赤テールランプが
何と心強かった事か!!

じゃなくって、名前の話です
そのFC活動 (何処まで戻るん!?) の際に
御客様の名前をゲットしましてね

次に歩いていて あ゛っ! となる
机に座っていてくれれば 
自作の座席マニュアルを見られるから
名前が分かるんですが

私 営業していた癖して
人の名前を覚えるの「も」 苦手だったんでね

あ゛ーっ ええーっと、鈴木・・・サン
下の名前が 出て来ないんですよ

そんな時に 役立つアイテムが 開発された時は
本当に 嬉しかったなあ~

当時 パソコンではなかったんですけれども
小さな携帯端末で ゲームや占いが出来るものがあり

御客様の名前を打ち込むと
何らかの面白情報(?)が 出る仕組みになっていた

で、興味を持っていただいた時に 言う訳です
例えば 鈴木さんの場合はね

『ええっと お名前は~?』

御客様が「鈴木です」って仰った直後に
『あ、お名前の漢字、どうでしたっけ?』

これで見事に 氏名ともゲットですよ☆
って言うね(笑)

先日、仕事中に
この時のことを 一瞬で思い出した

と言うのも 
この日 私は 営業をしましてん♪

社長「あ、すずこサン、前に言ってた
 チオビタ買って来ましたんで!」

キターーーッ!! 

ってんで 現場事務所にね
差し入れついでに 新しいパンフ配りとね

「是非お越しくださいませ~♪」
の営業ですがな~

帰店してから 内容を報告していると

社長「そう言えば、名刺を作ろうと思ったんですけど
下の名前が分からなくてー」

その場で メモにしながら
件の話を 思い出していた

でも 本当は 突っ込みたかったよねー

タイムカードにも書いてありますよーっ♪
何なら 履歴書 出しましたよーっ☆

ってツッコミは 帰宅後 夫に話した際に
代わりにしてもらいましたが

アレよね、「名刺作るから 営業しろよっ!」っちゅう
意思確認でーすーよーねーっ
~( ̄▽ ̄~)(~ ̄▽ ̄)~

ええ、頑張りますともっ!_( ̄▽ ̄)ノ彡!

社長「あと 近くに工事現場とか なかったかなぁ~」
なんて仰る

ズダダダダッ! 
って 作業中の殿方を

ガン見する
怪しい女がいたら 

其れは私かも知れませんよ!?

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

~紙を彩る自由空間~

郵送詩誌 活動中☆
ネットのみならず、作品を形にしたい方 必見です☆

詩・短歌・俳句・川柳・小説・日記・フリートーク、
文字の他に 絵・写真を披露したい方にもおすすめ!

ワタクシすずこが編集している手作り詩誌
ポエムサークル「みゅう」

仲間になり購読いただくと
ボツなしで冊子掲載 & CDトーク → 全国発送★

見本誌もあります。読みたい方も連絡くださいね。
読者オンリーもOK

以下に最新号の写真・詳細を紹介していますので
クリックして御覧くださいませませ~☆

みゅう227号・228号・CD

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°
人気ブログランキングへ
↑ポチッとな~☆↑


2015年12月 2日 (水)

雪の結晶

Img_5616


Img_5615

贈られた首飾り
当時 同僚だった彼女の手作り

嬉しさを表現するのに
「空から雪の結晶が降って来た」
みたいな表現をしたことを
昨日のことのように鮮明に覚えている

自分の中で 忘られぬフレーズを抱きしめながら歩けば
蹴っ躓くことも あるまひ?

サンタの呟きは 未だ 聴こえない
時が早ければ
はしゃぎすぎた汗を 直撃するかのような 粉雪

ねぇ 結晶を 色濃く映すのは 何色かなあ?
やっぱり 黒?

語りかけた方角で
氷がパチンと 割れた

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

人も心も自然が一番

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

好きに自由に活きる素敵さには憧れます
紡ぐ心を言の葉に投影し 静かに流す
受け流されても 見落とされぬ一音に
真実が詰まっていて いるのカモ

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

型付かず 廻る時の音 片付かず

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

帰り道 
はしゃいでいる小学生達を見かけた

田に貼る氷を
如何に大きく切り取ろうかと

必死になって 四人掛かりで
掬い上げた瞬間

八本の足元を隠すほどの直径の氷が
アスファルトに打ち上げられた

一際響く歓声 
完成されたシーン 
感性の坩堝

その全てが眩しくて 
言い忘れたツッコミ

そうか そうか 
楽しいか 珍しいか

オバサンの母親が小さな頃はね 
そんな光景が 当たり前のように 
あったそうな

スケートリンク代わりに 
滑っていたんだってよ

オバサンは それよりも 
君たちの ランドセルカラーの方が
珍しくって 
目を奪われて しまうんだよ って

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

~紙を彩る自由空間~

郵送詩誌 活動中☆
ネットのみならず、作品を形にしたい方 必見です☆

詩・短歌・俳句・川柳・小説・日記・フリートーク、
文字の他に 絵・写真を披露したい方にもおすすめ!

ワタクシすずこが編集している手作り詩誌
ポエムサークル「みゅう」

仲間になり購読いただくと
ボツなしで冊子掲載 & CDトーク → 全国発送★

見本誌もあります。読みたい方も連絡くださいね。
読者オンリーもOK

以下に最新号の写真・詳細を紹介していますので
クリックして御覧くださいませませ~☆

みゅう227号・228号・CD

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°
人気ブログランキングへ
↑ポチッとな~☆↑


2015年12月 1日 (火)

火花 読了

Img_5620


Img_5621

芸人の男が綴る 
芸人の男の話

興味深い一冊でしたが 
内容は全く知らぬまま
読み進めました

拍子の朱いマント風の姿は
タイトルの火花を
彷彿としているのかも知れないし

胸に燻る思いそのものかも? 
と感じました

パァッと弾ける人生を 
花火に擬えるならば

火花と言うのは 
どれほどの大きさを
呈しているのだろうか

淡々と綴られる
日々と闇と心模様に

尊敬の念が
引っ掛かったまま

宙ぶらりんの現状からの脱却時に
揺れ動くのは

自らの決断か 後悔か 
希望への光か----

著者の姿をテレビで眺めているだけに
所々で重ねてしまいそうになり
苦笑した場面もありました

何処からがリアルなのか
想像するのも楽しくなったような。

人間としての公開ラブレター?
後悔にはなるまひ、と信じる強さと
繋がりを求める世界観

続編も描けそうな・・・?

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

空を見上げる度に
嫌な気持ちになってしまっては 
いたたまれないでしょうから 

誰もが焦がれる色に
なるのだろうか 

空も大地も
雲も海も
山も木々も
葉も花も・・・

と 考えると 
とても カラフル♪

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

やはり首都圏でトリを飾るのでは!? 
なんて思う黒猫ツアーですが、

丁度 撤収の時間帯めがけて 
もう一度 見らんとす! 

ところが ショッピングしている内に 
すっかりかりかり 忘れてしまって 
カリカリカリカリ 怒ることは 勿れども 
哭かれてしまっては 前に 進まぬと 

大名行列は 早くも
出発してしまった 後なのでした~♪  

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

歩くことも 着ることも トレーニングになってくると 
苦笑してしまいますね。 

プールも 一度も行かぬ内に 
冬になってしまったことだと 

楽しみなのか 身体のためなのか 
後者の需要が 重みを増して 
体重と同じ緯度で 微笑むのかしらん♪

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

~紙を彩る自由空間~

郵送詩誌 活動中☆
ネットのみならず、作品を形にしたい方 必見です☆

詩・短歌・俳句・川柳・小説・日記・フリートーク、
文字の他に 絵・写真を披露したい方にもおすすめ!

ワタクシすずこが編集している手作り詩誌
ポエムサークル「みゅう」

仲間になり購読いただくと
ボツなしで冊子掲載 & CDトーク → 全国発送★

見本誌もあります。読みたい方も連絡くださいね。
読者オンリーもOK

以下に最新号の写真・詳細を紹介していますので
クリックして御覧くださいませませ~☆

みゅう227号・228号・CD

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°
人気ブログランキングへ
↑ポチッとな~☆↑


巨大クロネコ見参♪

Img_5572


Img_5566


Img_5563

新宿、高松、横浜、仙台、名古屋、札幌、次回は大阪に登場!

全国10か所を行脚中、
札幌は土日のお越し(笑)でしたニャー♪ 
by クロネコヤマト

最近 使ってないけど 
嬉々として行ってきました~。

整理券はゲットできなかったので 
黒猫の裏側に回り込んで 
一緒に撮影してもらったのニャー☆

君に逢う為に、わざわざクリスマス風味の
雪の結晶ネックレスを着けて行くと言う
気合の入れようでした♪

このコート、
以前 横浜で購入したのだけれども、

最近は裾の長いコートが
マイブームではなくなってしまい、

お蔵入り寸前? 
久々に着てみたら、何とも重いこと! 

やっぱり ダウンって軽いのね~
と言いながら 腰痛ダウン(涙)

この黒猫、真顔だと ちょっと怖い表情!? 
尻尾が やたらと長い! 

白いスタジャンを来た女性と比較すると
大きさが分かるでせふ☆ 

この女性は 猫の後ろ側から
来場者プレゼントのヤマト箱を入れる

→猫の口から箱を吐き出す
→整理券ゲットした人が受取、記念撮影☆

の流れでした。
くぅ~っ羨ましいゾッ! 

この時点で夕方の16時半過ぎ、
「もうイベント終了していたらどうしよう~」

とヒヤヒヤでしたが
会えただけでも大満足!_( ̄▽ ̄)ノ彡!

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

アラビックヤマトのりを使用すると
編集時に貼り付けた糊が

紙をぐにゃりと歪めてしまう瞬間があり
若干イラっとはするのですが

創刊号からの癖も相まって
中々スティック糊での編集に
辿り着けません

ポー作品を読むキッカケをもらったことに
改めて感謝です☆

13歳の頃 何を読んだかなぁ 
と 振り返ると

冊数は多くないのですが 
三名あげるとするならば

村上龍 新井素子 宗田理 著の
作品でしょうか

赤い月というものは 初めて見たのが
結構な大人になってからでしたので
感動も一入でした

大きな月が見える地域には
いたと思うのですけれど、ネ。

羽根柄のアクセサリーは良く見ますが
鴉の羽根本物をアイテムにした商品は
見掛けたことがありません。

今流行りのレジンやデコパージュなんかで
実現可能かも☆

私が購入した 「黒猫」には
以下の短編が入っていました

リジーア
アッシャー館の崩壊
ウィリアム・ウィルソン
群集の人
メエルシュトレエムの底へ
赤死病の仮面
黒猫
盗まれた手紙

語注 富士川義之
解説 富士川義之
鑑賞 種村孝弘
年譜 富士川義之

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

~紙を彩る自由空間~

郵送詩誌 活動中☆
ネットのみならず、作品を形にしたい方 必見です☆

詩・短歌・俳句・川柳・小説・日記・フリートーク、
文字の他に 絵・写真を披露したい方にもおすすめ!

ワタクシすずこが編集している手作り詩誌
ポエムサークル「みゅう」

仲間になり購読いただくと
ボツなしで冊子掲載 & CDトーク → 全国発送★

見本誌もあります。読みたい方も連絡くださいね。
読者オンリーもOK

以下に最新号の写真・詳細を紹介していますので
クリックして御覧くださいませませ~☆

みゅう227号・228号・CD

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°
人気ブログランキングへ
↑ポチッとな~☆↑


11月更新一覧

うまかっちゃん

 

 

10月更新一覧

 

 

風の散歩道 感想

 

 

●ガラス・アクリル・リング

http://blog.goo.ne.jp/fujisuzuko/e/7c4e8a427521df4d937988dab4cb2472

http://blog.goo.ne.jp/fujisuzuko/e/7c4e8a427521df4d937988dab4cb2472


 

 

手作り指輪

 

 

タイヤ交換

 

 

半ボーダー

 

 

乙女座の君へ

 

 

感謝に感謝

 

 

どうちょ

 

 

大鵬

 

 

三匹の腕輪

 

 

遊びに来たの

 

 

銀杏結晶

 

 

コスモス

 

 

ゴチになりま~舌♪

 

 

てったん?

 

 

 

 

秋アジサイ

 

 

絹音

 

 

カクテル☆コスモス

 

 

宮田屋

 

 

チーズがトロ~ン♪

 

 

3部作 裏表紙

http://blog.goo.ne.jp/fujisuzuko/e/88f25a7d31aefc5e4be23aa31896c2f5

 

 

ぶれいぶすとーりー

 

 

暗いねぇ

 

 

からっと

 

 

寝坊助UFO

 

 

明日は雪かな

 

 

全粒粉カレー

 

 

なつかあいしー

 

 

らでん

 

 

パステル・ブーケ

 

 

緑ドーム

 

 

石狩味噌ラーメン

 

 

気分はんぺん

 

 

炉端焼き

 

 

ランチカラオケ

 

 

家日和

 

 

陶器ブレス

 

 

ウッドビーズ

 

 

キラぶどう

 

 

ころね~ぜ

 

 

きゃらくたー

 

 

ダンピング

 

 

札幌ナンバー

 

 

仄かな光り

 

 

白ミンチ

 

 

ツボ

 

 

スンドゥブ

 

 

人気の目安

 

 

永遠に傍に

 

 

「あ」から始まる最終章

 

 

にやにやが止まらない

 

 

依り因りの寄り

 

 

エイッとな~♪

 

 

かおりん♪

 

 

朝 起きたら・・・

 

 

ちーたらちん

 

 

めんみ

 

 

納豆ONってアリ?

 

 

ななめってる

 

 

調子に乗ると・・・

 

 

にべた~あ

 

 

煙草じゃないよ御香だよ

 

 

小さな星

 

 

ニモツズドーン

 

 

サーモンデイ

 

 

フィンガースライス

 

 

コガレル

 

 

ハートチョコ

 

 

寝言

 

 

製本の頃合い

 

 

煌めく輪 感動するワ♪

 

 

私の好きなもの

空の光彩

Img_5596


Img_5600


Img_5601

写真は先日の朝焼け
空色とオレンジの組み合わせ
個人的に余り好きではない、と思っていましたが
こうして見ると 美しいですね

私史上、最北の地に住んでいる現在
北の国であるほど照明の見え方にも差が出る、
と教わり、感動も一入☆

その光の美しさを目の当たりにして
思わず パシャリ☆

ツーンとした冬の空気感もキレイですが 
物理的にも美しいと聞くと
何だか得したような気になってきます♪ 

北に行く程 光が綺麗ということは 
星の中で 一番美しいのが北極星ということにも 
なりましょうか☆ 

と 想像してみると 目印になるのも納得! 
嫉妬する☆達も そう思っている夜なのカナ、なんて。 

光の洪水、素敵なコントラスト、広がる光の波は
目を奪われますし
ゴージャス感ハンパないのでしょうが、

疲れた瞳には刺激が強すぎる夜も
あるかも知れませんね。

人がその光を求めて集まるものだから
人口密度も高くなって
息切れしそうな空気感も
否めないかもしれません。

*

ネットサーフィンをしていると
各地のクリスマスカラーを楽しめますネ

先日は ツリーを撮影した写真を発見☆
乱視の時に観るような光に
思わずコメントしました。

イルミネーションひとつひとつが
美しく膨らむ光となって
泡のようにも見えてくる
不思議なショットですネ
!_( ̄▽ ̄)ノ彡!

ロマンティックなドラマのワンシーンで
少しずつピントを外して行く
そんなイメージでした☆

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

素敵な影の写真を眺めて。

足長で敬礼しているように見える
格好良いですよ♪

コロコロなのでしょうか、
バクさんのかばんをも彷彿とさせる
持ち手の部分が大きなバッグには

夢も希望も詰め込んで
痛みは置き去りにして出かけましょう、
来週は、そうなりますようにと祈ります。

*

自分の影、最近 見詰めて いないなあ
いない いない ばぁ なんて。

丁度 話題の本「火花」を
読み進めているところなのですが

このフレーズ 出て来たなあ
そろそろ佳境です

持ち手の長さに拘りを示すのは我が夫
最近の週末は 彼のウィンドーショッピングで
出歩いています

現場から事務職になったので
ン年振りに スーツも新調

先日は ツメキリ も 購入して
ご機嫌の様子

あ、私が命名したんですけど
御洒落なネクタイピンのことです(笑)

後は 小銭入れ
角がボロボロでしたので
新たなお出迎えコインを期待して、ネッ
でも 直ぐに出て行くんだろうなぁ~♪

肩から斜め掛けする 
手持ち部分に金具が付いた
大きめのバッグを

メッセンジャーバッグ と呼ぶそうですね
先日 知りました

サツエキくんだりを行脚していたら
スヌーピーが悪巧みしているようなバッグ発見!

グラサン姿でプリントされているものが
幾店舗かで展示されていて 吹きました♪

去年も期間限定で発売され 
直ぐに売り切れましたヨ

そんな声に 思わず手に取り-----戻す(笑)
夫の探しているバッグの特徴はと言えば・・・ 

一見トートバッグ
全体的には縦幅の方が長い四角形

手持ち部分は短く
リュックのようにもアレンジ可能な手が別付出来る

色は明る過ぎず
公私混同出来る感じで♪

つーことで、中々に見つからないよね~。
さ~て、来週の すずこサンは~?
(先日 サザエさん呼ばわりされたので このトーンで☆)

1.ウィンドーショッピング(斜め後ろから眺める)
2.ボーリング練習(ン年振り)
3.二人カラオケ(久々に行きたいが・・・)

この三本予定でお送りしま~す!?

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

~紙を彩る自由空間~

郵送詩誌 活動中☆
ネットのみならず、作品を形にしたい方 必見です☆

詩・短歌・俳句・川柳・小説・日記・フリートーク、
文字の他に 絵・写真を披露したい方にもおすすめ!

ワタクシすずこが編集している手作り詩誌
ポエムサークル「みゅう」

仲間になり購読いただくと
ボツなしで冊子掲載 & CDトーク → 全国発送★

見本誌もあります。読みたい方も連絡くださいね。
読者オンリーもOK

以下に最新号の写真・詳細を紹介していますので
クリックして御覧くださいませませ~☆

みゅう227号・228号・CD

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°
人気ブログランキングへ
↑ポチッとな~☆↑


« 2015年11月 | トップページ | 2016年1月 »