« 追突事故 | トップページ | ケイツイ リリカ ロキソニン »

2015年7月30日 (木)

麻酔と注射

2015072709550000


2015072711470000


2015072719140000

じおん
で既に決定していた入院をしました
事故の件で連絡をしながらでした

初日、先ずは自分のスペックを知る
身長163センチ、体重54.7キログラム

あ、増えたな
本来のベスト体重は51だったんですが

あ、ごめんなさい
それ20年位 昔の話だわ(爆)

ここ数年は57と増えておりまして
最近になり52まで落ちたところだった

のーーにーーー
ニーーーモーーー

すずこ
『昨夜9時に夕食後、下剤2錠を飲んだんですが、
今朝は未だ大きいのが出ていないんです・・・

実は昨日の昼あたりに牛乳を飲んでから
軽く下し気味だったのですけど』

なんて申告した後に

9:30 トイレ うんてぃー&お憔悴の排出

第一ミッション コンプリートだけにブリッとな~
(決してブリッ子には表現できないだろうもん)

9:45 点滴準備の針差し

すずこ『この状態になると
    何となく病人だなーって気分になりますー』

看護師「わかりますーう、
    そう仰る患者さんも多いんですヨ」

おお、分かってくれりるのか♪

当初 四人部屋の つもりだったんですが
蓋を開けてみたら 二人部屋でした。 

今宵一晩限りにするつもりの借宿
収納スペースは 快適だが 冷蔵庫が常温、

ハテ・・・?
お隣さんに聞くと テレビカード1000YENの購入で
24時間テレビ&冷蔵庫が稼働するとのこと

読書する気マンマンだったので
テレビカードを購入しなかったのだが
止む無く購入

10:20 
点滴「ビカネイト輸液500ml」

12時 血圧 127-60

麻酔が効き易くなる薬1錠を飲む 
眠くなる薬とのこと

12:45 手術の為 移動

12:18 お将帥 排出

12時半 血圧103-76

12:35 看護師バトンタッチ

看護師の白衣は 白色だが、
手術担当の看護師は 水色だった

その水色看護師さんが来て言うには 
手術中 何か好きな曲を聴けるのだと言う

看護師さん
「何の曲が良いですか?」

すずこ
『そうですね~、元気の出る曲が良いです』

「ドリカムとか?」
『嗚呼 そうですね~』

「エグザイルとか?」
『あ、嗚呼~・・・』(いや、ドリカムで・・・)

「にしのかな?」
『・・・・ ドリカムで♪』

本当はねー エックスとかジャンヌとか
言いたかったんだけど

「古いのしかないんですけどネ」
ってことで あえなく断念

いや、スーパーフライとかかかったら
歌ってしまいそうだし(笑)

ストレッチャーで手術室まで移動 
天井しか見えないって こんな感じなのねー

看護師さん「次は下ります~ ゆるやかに上がって~
      ・・・また 少し下ります」

すずこ『何だかアトラクションみたいですねー♪』

13:05~40 手術

うつ伏せになり腰に 局所麻酔、
「最初は歯医者の注射みたいに チクッとしますよ~」

ザッツ ライト 

次は 針灸をした時のような 
ズーーーンとくる不快感&鈍痛

一度 仰向けになる

お喋りをしながら時間を潰し、
麻酔が効いて来たかチェック

ウェットティッシュのようなものを
取り出す医師

「今から これで 冷たく感じるかどうか
聞いていきます。 

冷たい、と、痛い感覚は似ているので 
冷たさを感じなくなれば
痛さも感じないと言うことです」

(ふむふむ。)

先生「ここ(額)は?」
すずこ『ひんやりします』

先生「ここ(胸)は?」
すずこ『冷たいです』

先生「ここ(腹)は?」
すずこ『あー・・・、半分 冷たい(笑)』

先生「ここ(太腿)は?」
すずこ(え゛っ!? 何処!?)
『あ゛っ。。。どこか触ってます?』

先生「結構 効いてますね。」
看護師さん「薬が効き易いんでしょうね」

ストレッチャーから手術台に移動

先生「下半身が動かないから
腕の力で移動するようにしてみて下さい」

せーのっ! よいしょっ!!

看護師さん「あっ 上手ーい! 若いからですね」
すずこ『え゛ーっ 褒められたー 嬉しーっ』

次は手術台で 仰向けから うつ伏せになるミッション
看護師さん「はい、もう一度 行きますよー」

よいしょっ!!

先生・看護師さん
「おおーっ 直ぐですね、やっぱり若いと違いますねー」

すずこ『若いって言われたー♪』

看護師さん
「動かすの楽でしたー 若いから♪」

先生
「あんまり何回も。。言い過ぎ感が。」

すずこ
『ぜーんぜん大丈夫ですよーぉ♪』

・・・つうか、今 思ったんですが
この体制になってから 注射を打てば良ぐね゛? 

まあ、色々とあるんだべなー

手術台は身体が「く」の字になるように、
お尻が天井に突き出すような仕組みになっている、

事前に聞いていた

「く」の字っちゅーことはですね、
頭に血が上るんじゃないかいの?!

それだけが気に成っていたのだが、
流石 準備万端のスタッフさん、

お腹の下や額の下にタオルを入れて 
調節してくれますた★

ちょっと 思い出してしまったのは
着物の中に 思い切り タオル詰めるシーン

眠くなる薬は全く効かず、眼球爛々で
血圧&酸素濃度の出るモニターを 凝視する

看護師さん「凄い興味津々~」
すずこ『ふふ。この数値が何ですか?』と質問

その後も
右側の時計やモニターを見ながらいると

看護師さん「あんまり頭を動かし過ぎると
麻酔が切れてから 頭痛に悩む患者さんもいますよ」

すずこ『げっ・・・大人しくしてます』

先生「気持ち悪くないですかー?」
すずこ『全く平気です』

なんて言っている間に 
ブスッブスっぶすっと(失礼三連発!)
もとひ・・・ 注射三連発。

次に先生が 患部マッサージ
意識はあるし 麻酔はしているが
何となく 気持ち悪い感覚は在る

無事に終了~ 部屋に移動

二時間は水も飲めないので安静に~ 
ってことで爆睡

16時 看護師さんが来る 
点滴の血が逆流しとるので処置
水を飲む

「17:40からトイレOK」とのことで 
飲み過ぎないように調整を・・・

ん゛~っ でも何だか
お腹がゴロゴロ言ってるような~っ!

この時点で 明日の午後に退院できそうだ
と言われる

20時に抗生剤を点滴すること&夕食OK
と言われる

17:40 立ってみたら何なく通常通り♪ 
夕食もデイルームまで歩いて
皆と一緒でOKとなる

「術後初のトイレで
紙コップに全てのおしっこを入れてください」

とのことで

やたらでかいコップだったので
安心して しゃーーーっ・・・

って 
こぼれたんですけどっっっ

いや、正確には

(ん゛っ? 何だか重いゾ? 
そろそろ やばいんでないのー?)

と、そっと手に持ちかえようとして・・・

ヴぎゃーーーーっっ
(以下 故意的に省略)

まぁ、夜に一度 ガーゼも落として 
迷惑かけたしな

あの時の看護師さん すびばせん゛・・・

血圧108-78

18時 夕食

お隣ベッドの女性が
いつも一緒に食べているメンバーのところに
混ぜてもらう

みんな私よりも大変な病状の様子

会話の中で
「この病院は入れ替わりが激しいよねー
 早いと二泊三日とか」

私『すみません、私 多分 
  一泊二日で 退院です』

「え゛ーっ! それは最短だねえ!
 その点滴は 手術後なの!?」

すずこ
『はい、今日入院して手術して点滴中です』

20:14 抗生剤の点滴が追加される

「早目に落とすようにするから、
血管が腫れたりするようなら言ってくださいね。」

血が逆流した後から
早めに落とす設定をしていたようで、
点滴の上部が何だか痛かったのよね

早めに落とす=点滴時間が短くて済むのだが 
そんな欠点もあるようなのね

今からの時間、起きてるか座ってるか、
これも聞かれた

座っているなら
多少スピードを速くしても良いらしい

20:43 しっこ
21:19 点滴が落ちずに止まっている

看護師さん「夕食は全部食べました?」
私『はい。完食しました。(もっとくれーっ!)』

胃をいじっていたりする患者さんが多いのか、
残す人が多かった中で 私はぺろりと平らげていた

少し前に読んだ
エッセイを思い出した。

入院時、病院食を
毎回ペロリと平らげていたが、

旦那に
「お前、恥ずかしいから 全て食べずに
周りに合わせて 何か一品ぐらい残せ」と言われて、

それもそうだと思ってからは 
ほんの少し残すことにした、

と書いてあった

が しかーーし、私は 
そんなことでは めげなーい(?)

ひもじいと眠られませんからね、
とっととパクつきますよ、いや 当然でしょう!

看護師さん
「夕食も入っているしカロリーは足りているから
 もう点滴 必要ないかも知れない」

すずこ『キラーン★』
看護師さん「あ、でも、あと半分ですものね」

すずこ『まあ 私は どっちでも良いですよ』
看護師さん「センセイに聞いてきますネ」

かくて 点滴は・・・

21:19 に 外されたのであった! ヤターッ!!

すずこ『やったーっ これで無罪放免ですねっ』
看護師さん「良かったですネ」

20時 就寝

翌朝

朝からお喋り声が聞こえる、
みんな元気やなぁ・・・

6:22 
看護師さん「どうですか?」と 登場

げーーっ 起床時間まで 
あと8分「も」あるじゃないかーZzzz...

6:30 本格的に起床

先生「どうですか?」
すずこ『うーん、実が出ないんですよねー』

先生「ああ、便秘気味になる人が多いんですよね」

この表現で「通じて」何よりだわっ
 御「通じ」も早く 来ないかしらーん♪

患部を見て 問題ナシとの診断
痛みもないが 痛む場合は 
事故の方で処方されとるロキソニンで
カバーできるらしい

そういや お隣の患者さんも
ロキソニンの話を出しとったなあ
恐るべしロキソニン

先生「便を柔らかくする薬を多めに出しておきますからね」

通称カマ(酸化マグネシウム錠)330mg 
処方される

先生「朝昼夕1錠ずつとなってますが、
一日最大6錠まで良いので 自分で調節してください。
朝1昼2夕0とかでもOKです」

すずこ『大きさは どのくらいだったんですか?』
先生「えっと こんな感じで~」 

と 先生が
両手でおむすび握るみたいなゼスチャーをしたんだが
その大きさがありえない位だったので

すずこ『え゛え゛っ!? そんなに?!』
先生「あ、大きさは こんなに大きくないよ、このくらい」

と次に示したのは 
親指と人差し指でOKサインする位だったから 
ほっとした

瞬間 お隣さんの笑い声が聞こえてきた
いやーっ びっくらこいたー、と 
大爆笑のひと時だったのでした

8時 朝食は もりもり食べるよーっ!

看護師
「退院できますが、午前と午後 どちらが良いですか?」

私(そりゃー 一刻も早くっ!)
『午前でお願いします♪』

看護師
「回診が終わってから退院手続きになります」

と、待っていたが、
どうやら回診なしで退院らしい

会計書類を持って来てくれる間に 
着替え&荷物整理をして いざ会計

さて お幾ら万円? 4万1千円也
駐車場はタダだし~っ(患者はフリー)

さて、昨夜は入浴出来んかったけん、
帰宅して真っ先にシャワーだろうな、

と鑑みるに
ちょいと早いが ランチ場を探さんとす

近くにモスがあったが 外は暑い、
歩くと汗が出る、

しかも リリカを飲んでいるから 
その内 眠気が来るに違いない、

今 この瞬間まで 平気だったのは 
退院準備で 気を張っていたからに 他ならない、

既に若干 眠気の前兆線が
途切れ途切れに・・・ならば

病院レストランで昼食をば・・・
と 外のメニューを眺めてから入る

『ナポリタン1つ♪』

(申し訳なさそうに)
「すみません、それは昼時間だけで
今はこちらだけなんです」

机上を見ると 
メニューが少なくなっている 

んーっ ならば 
醤油ラーメンで良いや!

とオーダーしたら 
件の女性が舞い戻って来て

「あの、ナポリタンも出来るそうです。
醤油ラーメンとどちらが良いですか?」

この ほんの少しの時間で
ワタクシメの胃袋は 

ケチャップ脳から 
せおゆ党に様変わりしていたが

慌てて ケチャップの頭を
ひっ捕まえて 巻き戻す

『な・ぽ・り・た・ん・で♪』
(何か みぽりん みたいに見える?)

うめがっだじゃーっ!

壊れたレガ子で発進して
最初の信号

何かワイヤーの隙間で
白い紙 ひらひらしちょん!

慌てて降りて取り寄せてみたら 
書いてあったよね

「当院に関係のある方以外は駐車禁止です。
入院等でやむを得ず駐車されている方は、
受付窓口までお申し出ください。」

当院と関係をもちたくなかったが意外と注射針が
入る等でやむを得ずくの字になった私は
肛門入口まで御開帳だったのよ

ってな感じでですね 
無事に帰宅したのでした♪

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°
人気ブログランキングへ
↑ポチッとな~☆↑


« 追突事故 | トップページ | ケイツイ リリカ ロキソニン »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/186862/60964611

この記事へのトラックバック一覧です: 麻酔と注射:

« 追突事故 | トップページ | ケイツイ リリカ ロキソニン »