« イチイチなトキ | トップページ | 横向きテトリス »

2015年3月 9日 (月)

ジャンプ台

Img_3978


Img_3977


Img_3976


漸く念願が叶いまして 白馬八方尾根スキー場へ★

オリンピックを思い出すジャンプ台
私が思い出すのは 高所苦手症が判明した瞬間じゃ。

ジャンプ台の脇にある階段からは下の景色が筒抜けなのでね
紅葉シーズンに足が竦みゾクッとしたものでした。

糸魚川の国道八号を背に・・・要するに 日本海を背に
白馬方面まで国道148号をズンドコズンズン進むとですね

小一時間ほどで左側に白馬駅が見えて来ます
そうしたら右折すると ジャンプ台が見えて来ますよー

フロントガラス越しに撮影したので 
ごーやキューピーも 映り込んでおる
いや、一緒に写した訳なんだけれども。

前回 スキー場周辺を行脚した辺りでは
大型駐車場が見当たらなかったのですが

ネット検索してみたところ(旦那が)
ジャンプ台の下に無料駐車場がありました

かろうじて停められたのでラッキー☆
何でも 遠方からスキーやスノボを担ぐ人達に言わせると
「それがウォーミングアップにもなる」んだそうで。

イヤジャーっ! 近くがいい~っ!(地団駄)
なので 本当に良かったです~♪

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

棘の或る鐘を啄木鳥十六夜に

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

嗚呼、良いね。
文字の温もりが気持ちの上に乗っかって、
郵便屋さんのバイク(?)に乗っかって 
あの人の元へ届くんだ。
だから手紙って好きだな。

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

雲のような・・・情景が浮かびます
ひとつところに落ち着くことなく
良い具合に揺れながら流れる 人生のようですネ

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

詩の発表場所あります
~紙を彩る自由空間~

短歌・俳句・川柳・小説・日記・フリートーク、文字の他に
絵・写真を披露したい方にもおすすめ!

ワタクシすずこが編集している手作り詩誌
ポエムサークル「みゅう」

仲間になり購読いただくと
ボツなしで冊子掲載 & CDトーク → 全国郵送★

見本誌もあります。読みたい方も連絡くださいね。
読者オンリーもOK

以下に本誌の写真・詳細を紹介していますので
クリックして御覧くださいませませ~☆

ミュウ 225.226号 完成♪ 

藤鈴呼ボイス・ハンドメイド・ブログ一覧

手作り作品が欲しい方は いつかのフリマで会いましょう♪
みゅう同梱の方へはプレゼントしますよん★

「あなたの読み終えた本」と「わたしの手作り品」の交換
そんなことも出来たら 楽しいかも~。

本の旅
と称して 読み終えた本を贈っています

衝動買いの中古本も多いですが 
みゅうメンバーと「本の旅」をしていると

自分では買わない本を読む機会にも恵まれて 
愉しいです

連絡・質問 こちらからどうぞ♪
 「メール送信」クリック (すずこパソコンに届きます)

読み終えた本は 以下の通りですが
みゅう発送時には 随時 旅立ちます(笑)

*

あなたを忘れる魔法があれば/小林深雪
からだのままに/南木佳士

この闇と光/服部まゆみ
次郎と正子 娘が語る素顔の白洲家/牧山桂子

旅暮らし/森まゆみ
恋の放浪者/森瑤子

天国からのラブレター/本村洋・弥生
ひかりのあめふるしま 屋久島/田口ランディ

*

藤鈴呼の戯言 ~すずザレ~ 
過去作も織り交ぜて更新中☆

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

机の下に 隠しておいた 灰皿がね

いつの間にやら 横倒しに なっちゃってたんだ

そこから 黒い灰が 飛び散ってしまっていて

僕の肺も 飛び散りそうに なってしまって

何故か 悲しく なっちゃったんだ

だけど 掃除機なんて 五月蝿い道具

使いたくは 無くて

そのまま ティッシュで ふき取ったならば

涙が 流れそうに なったんだよ。

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:

だってね 夢の中のあの人は

とっても 優しかったんだもの。

いつの間にか 時が 順繰りに

幼い喧騒を 残したままで

逆回転してゆく 時計の針を感じながら

このままで

赤子に戻れたならと 想ったよ

微かな 幻想は

僕を また

夢の世界から

現実へと

引きずり回して しまったのだけれど。

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:

応えなんて 君の中にも 僕の中にも

見付からないよね

むつかしいよね

虚しいよね。。。

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:

風が吹いたならば

もっと 遠くまで

流されて しまったならば

きっと 楽に なれるかな。。。

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:

春 一番の ちょうちょに。

黄色の 注意信号 かざしながら

あなただけに 両腕ひろげて

素敵な 羽根 

見せて あげたいの。

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:

遠くに居たら 逢えない事を 当然と 想ってしまう?

近くだと想うから 逢えない事実に 嫉妬してしまう?

アナタの意識の中で 目覚める夜は あと どのくらい?

あなたを 想いながら 眠れぬ夜と 格闘を重ねるくらい?

夢の中まで 演じきれない あたしは したたかな女なの・・・?

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:

ほったらかしの 人生の中で

誰かに頼る 癖のついてしまった僕が

今いち 分からない言葉と共に

あなたに おねだりを 重ねる

今夜は 同じ皿の上に

二つの おまんじゅうは

乗っかっては いないのだけれど。

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:

水疱瘡になってしまったら

その泡を 一つ 一つ

ピンセットで つまんでみなさい

そうしたら 紅い血液が 流れ出して

もしも その色が 本当に 赤かったのならば

アナタは 未だ 生きられるのです、 とxxx

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:

慣れ切った恋人同志の心だけではなくて

地盤も 緩みまくってしまって

財布の紐なんて 昔から ゴムみたいだけれど

地の底からは ゴムホースから流れ出した 地の血液が

透明な 血液が また 土砂を 創り出す

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:

吸い込まれたいような

それで いて 怖いような

改めて 見上げる回数が 少なくなる度に

遠く 感じられる 空

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:
人気ブログランキングへ
↑ポチッとな~☆↑


|

« イチイチなトキ | トップページ | 横向きテトリス »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ジャンプ台:

« イチイチなトキ | トップページ | 横向きテトリス »