« いやんだメェ~っ♪ | トップページ | 黒蝶粋 »

2015年2月 1日 (日)

車輪は何処迄続くのか

Img_3276


Img_3275


Img_3274


痛み 哀しみ 揺らぎを留めて
クルクルと回る

周りを見渡せば
唯だの喧騒

カラカラと響く 笑い話
謙遜したり 相槌を打ったり
余念が無い

邪念が無いとは
どういう事実なのか

動きを止めた車輪が
エスカレーターの入り口で
静かに 佇んで居る

居住まいを正して
居住空間を見渡して
何が変わったかな

空気感
嫌悪感

吐き気と共に吐き出した空気も
吹き出した笑いを乗せた空気も

月の下では皆同じ
ツキを重ねて進む道

尽きたのは歯車
此処には 足音が響く

足跡はイラナイ
硝子の向こう側が
少しでも 透明に 視える角度で
微笑んで イタイから

足元のマットには
全体を見渡す灯火

スポットライトを浴びたふう
一陣の風も 忘れたかのような

屋内だから
ビニールハウスみたいに

生育している 可愛らしい苺が
外側から 見えるだけなの

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

正月に博多だったかなぁ? 
で撮影した 車輪

ビルの中に 車輪が在るよ! と 狂喜乱舞 は
しなかったけれど。

エスカレーターに惹かれる事は
結構あります

硝子風味の椅子に 惹かれた
あれは みなとみらい駅だったっけかな

クリスタルドラムとか 大好きですね
打音が どう違うのか

専ら 聞いていたのはYOSHIKIドラミング
タムタムが ちょっとウッディ―に聞こえた

え゛、スネアはクリスタルな音でしょう?
メタリックでも良いけど

それに比べたら やはり こんな表現が
丁度良いんではないかと 思うちょりますが
いかがでっしゃろ♪

エレベータも 良くガン見してしまいます
クリスタルタイプのものね

上下への動線も 透明に描かれて居たら 最高
人が乗ってない瞬間に 撮影出来たら 大成功

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

詩の発表場所あります
絵・写真を披露したい方にもおすすめ!

ワタクシすずこが編集している手作り詩誌
ポエムサークル「みゅう」

仲間になり購読いただくと
ボツなしで冊子掲載 & CDトーク → 全国郵送★
見本誌もあります。読みたい方も連絡くださいね。

以下に本誌の写真・詳細を紹介していますので
クリックして御覧くださいませませ~☆

ミュウ 223.224号 完成♪ 

藤鈴呼ボイス・ハンドメイド・ブログ一覧

藤鈴呼の戯言 ~すずザレ~ 
過去作も織り交ぜて更新中☆

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

昨日 久々に 
社長に 言われて しまった セリフ

最初
上手く 聞き取れ 無くって

何と 無く
タバコ って 
聞こえた 気が するなぁ×××
って 思いながら 

聞き返したら ドンピシャで

思わず
高笑いの
空笑いを 投げ 掛けつ

応えて みた

いや・・・ 
一進 一退を 繰り返し
結局 元に 戻って しまいました×××


★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

因みに
ちょっと 興味 津々で
軽く 咥えて

カッコ 付けたかった ダケです

最初は 
そんな モード だったから

本気で 止めようと 思えば
直ぐに・・・ だなんて
杞憂に 終わった・・・ 

って 使い方 ギャクだし×××

ヤニまみれの 日々は 
ギャグでは 終われ 無いし・・・ 

禁煙の 文字に 追われるし××× 
(*_*) 
 ↑
骸骨をも 表現したい 処×××

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

オルゴールの 音に 
憧れて 居た

どんな からくり なんだろう と
不思議だった ある日

駅ビルの 中で
透明な 箱の 
オルゴールを 見付けた

中身の 見えるのが
とても 嬉しくて

暇さえ 有れば 
眺めて 暮らした

そのうちに 図工の 時間に
自分で 作る コトが 出来た けれど

既に 出来上がって居る 
音の 出る 部分は 電池式で

箱を 開けると
鳴り出す 仕組み だったから

余り 開かなく
成って しまった

今では
ギターの絵を 懸命に 掘り込んで
ムラの有る ラッカー塗りを 施した 箱ごと
捨てて しまったんだ・・・ 

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

星を 見上げると
かつて 傍に 居た 
人達の コトを 
思い 出す

天国と 言われる 場所に
一番 近いんじゃあ 無いか って

山の 頂上から
晴れた 空を 
眺めたりも した

ポカリと 浮かぶ
白い 雲を 見上げながら

ポカンとした 気持ちに
浸ったり なんか して

其れは 決して
空虚感や 寂寥感 
ダケでは 無く

懐かしい 思い出や
優しい 言葉も
同時に 連れて 来る モノ だろうから

いや
僕が 

其うで 有る と 
信じたい から

どうか 君の
次の 世代へ

間違わずに
伝えて 欲しいと
切望 するんだ

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

ボツ無し って
有る 意味

恐ろしい 大量 原稿 を
生み出す モノです ネ・・・ 

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

ホント
たぁ~っくさん お世話に 成っただよ!
数えて みようか なぁ・・・ 

表紙とかは
誰の 作品 だったか
整理して 無いん ザマス×××

ついでに
ミュウ原稿 本体は
今回の 引越前から 整理 してて

90号 以前の モノは
既に シュレッダー しとるんで

今頃 ハムスターの
家の 中かも ?!

・・・ って
ゴミに 紛れて 捨てとるから
其れは 無いかな (*_*)

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

優しさは
描く 人間の バロメーター かな

因みに モノクロの モノは
ペンらしいし

カラフル なのは
色鉛筆っぽい カナ×××

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

裏表紙も 中身も 皆 素敵なんですよ☆
だから 全部 UPしたいんだけれど
一回に 3つまでしか UPできないから
みゅう 30Pあるから 10コになっちゃうーー 笑

でも 先日 ちこっと プリンタしながら
サクっと パシャリ☆ した ブツが 有るので
そのうち UPして いきたいかなっ♪

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

手品みたいです。。。
緑のライト 癒されます。

どうやって 撮影したんだろう
なんて 深夜の呟き。。

カミングアウト

昔 近所の男の子のうちに 遊びに行って
(今だから 男の子 か 当時 高校生 (笑))

自転車パンクしたら
俺が 直してやるよ の 台詞。

目の前で直す姿に 惚れ惚れし
じゃっ♪

手を振って帰ろうと 乗り込んで
ほとんど すぐに タイヤのゴムが
外れてしまいましたとサ。

やっぱ 素人だったのねん。

直したこと あるし やるよ
なんて 言葉を 信じて 任せたものの。。。

その 気持ちが 嬉しかったんだねぇ。
でもって タイヤが 外れて 
中の金具が 見え隠れした 瞬間は
思わず 後ろを 振り返って
その彼が 自宅に 入って居るかどうか
確認しちゃったぁ。

・・・だって 可哀想だし 気まずいじゃない?
ついでに真夏で とても暑くて
ワタシは 直してる彼を あおいであげてて
もう一回 チャレンジするだなんて
もう勘弁だったのよーー

ならば このまま 押して帰るよーーー って。

そんなこと 思い出しました。

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

仕事が 有るのは 有難い コトだでさ×××
まぁ 休みは 単純に 嬉しい モノだがね

仕事が 生き甲斐 って 豪語する 場合
本気で 胸張って 言えるならば
それは 最高な コトだと 思うんだ

何故ならば
人間の 一日の 時間を 三等分して 考える 場合

一つが 睡眠で
一つが プライベート ・ タイムで
残りは 仕事なんじゃ 無いかって 思うから サ

まぁ サービス残業だとか 言う言葉が 有るし
眠る 時間も 人それぞれ だろう けれども・・・ 

要するに 人生の 三分の一を
楽しめるか 苦しむのか って言う ハナシだよね
なんつったら 過言かも 知れ無いんだ ケド

じゃあ 学生時代迄の 時間はは
人生に 入らないのか
なんて 突っ込みは
この際 受け付け かねますので 悪しからず×××

で 前述の
仕事が 生き甲斐 の 台詞だけれども

本気に 有らず 負け惜しみ的 感情だったり
強がりに 過ぎ無かったり
他に 趣味を 見付けられぬ ダケ だったり
帰宅したく無い 言い訳だったり する場合は

聞いてて
淋しさと 侘びしさと 切なさと 悲しさと
孤独感が 漂う 訳で―

趣味を 仕事にして
趣味を 失って しまった なんて
可哀想な 人生を 送るの ダケは 
避けたいんだよね

趣味は 仕事にしたら
純粋な 趣味じゃあ 無くなって しまうだろうし

例え 楽しめて 居ても
ビジネスとして 受け止める 場合
どうしたって 金銭の やり取りは 発生する 訳で

そうすれば どうしたって 
作りたい モノより 販促 感情に 流されるんだろうし
楽しんでるって 気持ちを
何処かで 自分に 思い込ませる 状況は
必ず 生まれるんだと 思うんだ

勿論 中には
本当の 意味で 成功してる 人間も 居る訳だから
アタシの 言葉も
何処かで 趣味を 仕事に出来ない
言い訳だったり 嫉妬感をも 
否め無い 訳 なんだ ケド ね×××

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°
人気ブログランキングへ
↑ポチッとな~☆↑



|

« いやんだメェ~っ♪ | トップページ | 黒蝶粋 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 車輪は何処迄続くのか:

« いやんだメェ~っ♪ | トップページ | 黒蝶粋 »