« 浮かぶ電柱 | トップページ | ジオパル オープン »

2015年2月14日 (土)

桜シフォン

Img_3679


Img_3680


Img_3681

シフォンケーキ、
最近になるまで 余り食べてなかったのですが

旦那が気に入ったらしく、
バレンタイン用に 準備して・・・
昨日の内に 食べちゃいました(笑)

桜シリーズ

桜の塩漬けと大納言小豆が入った、
塩味の効いた上品なシフォンケーキです。

カットするときれいな桜色がのぞきます。

*

つうことなんすけど、ね?

旦那「お、何か入っちょん。何だこれ?」

私「ん? 何だかんだと言われたら~
  あれだべ? 桜の何ちゃら~」

- 包装シールを ガン見する二人 -

私「あれよ、この、ほれ、桜の・・花びらだべ?
  あ、何か書いてある、桜の蜜が何とか~」

旦那「違うわ! これ、大納言、小豆よ。」

私「ふーん」

ま、美味しきゃ何でもオッケイよっ!?
~( ̄▽ ̄~)(~ ̄▽ ̄)~

ホールごとゲットすることも 可能ですが
小カットで我慢、我慢♪

成長過程(?)の中年夫婦には 非常に危険(爆)
わてら、歯止めが効きませんのやー(棒)

まぁ、その他にも 
苺タルトを堪能しましたが、何か??
~( ̄▽ ̄~)(~ ̄▽ ̄)~

桜マフィンも目に入ったんだけど
観なかったフリをして・・・

う゛~っ! で、でも 食べたい
(じゅるっ)

つうか、スーツがキツイからって
「お前が甘いモン買ってくるから~」

なんつって
責任転嫁しないで欲しいの~お。

「俺、バレンタインはチョコいらない。
ダイエットせんとな」 とか言いながら

「このシフォンケーキ美味いっ!
バレンタインはケーキで良いわ」

とか言うからじゃないの~ ねぇ♪

既に 桜餅も堪能しましたしね 
気分は春ですよ、春!

胃袋だけは 何時だって春。
(おめでたい)

甘い菓子に埋もれて笑えるのは
とても幸せなことです

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

春出現


同じフレーズから 導き出される 
別の存在

繰り返される後悔は 悪夢として形を成し
心の奥に出現するから

"なかったこと" には 出来ないんです
"あったこと" と 認識するには 痛すぎて

心を閉ざしたくも なるけれど
外に向かう気持ちを 知ってしまった

誰よりも 自分自身が 解っている
いつかのドラマの 台詞みたいね

有名な猫のストーリー
何度も生まれ変われる不可思議

それも 
本当の心を得るまでのお話

ちいちゃく丸まって
こたつの中で あたたまる

可愛らしい姿の奥に
そんな決断が
隠されているのだと知る

コアラはユーカリがないと生きられない
タバコはライターがないと点かない
ワタシはコトバがないと活きられない

息を切らしても 進んで行くよ
甘いチョコレートを 一口かじって
前を 見つめて

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

詩の発表場所あります
絵・写真を披露したい方にもおすすめ!

ワタクシすずこが編集している手作り詩誌
ポエムサークル「みゅう」

仲間になり購読いただくと
ボツなしで冊子掲載 & CDトーク → 全国郵送★
見本誌もあります。読みたい方も連絡くださいね。

以下に本誌の写真・詳細を紹介していますので
クリックして御覧くださいませませ~☆

ミュウ 225.226号 完成♪ 

藤鈴呼ボイス・ハンドメイド・ブログ一覧

藤鈴呼の戯言 ~すずザレ~ 
過去作も織り交ぜて更新中☆

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

丁度 一日前に紡がれたメッセージを

今頃になって 読み返している

もう 良いよね

あたしの居場所は ここじゃないって

泣いて 叫んで 抱き締められた

そんなアナタには 見せられなかった私を

あの人に ずっと

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:

彼の匂いに 埋もれていたくて

布団から 出られぬ彼を

もっと いじめようとして。

せっかく眠かった夜に

アナタが あたしに イジワルをしたから

今朝 布団を剥いで 空気を入れたのは

ささやかな あたしの 仕返しなの。

でも 関係ない風で

アナタは 眠っている

いつまでも。

。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:

ふと 思った。

あなたが 死んでしまったならば

あたしは こんな風に

あたたかいだなんて

感じられなくなっちゃうんだってこと。

そうして 二度と伸びない髭を 一本一本

毛抜きを持ちながら

瞳から流れる涙で 舌はしょっぱくなってしまっても

まだ 泣き止まないように

まだ 亡き病まないように

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:

明日は楽しい お食事会が有るから・・・

こんなに全員揃う事って 滅多に無いよねxxx

でも こうやって 夜更かしをする癖は

世紀が代わったって 抜けるもんじゃあ 無い。

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:

しかし。。。 カニかぁ・・・

晦日には 寿司だったねぇ・・・

お茶漬けは すじこ入りで・・・

「これって はらこってヤツ?」

いぶかしそうな表情のままのキミが

「俺・・食べれないんだよねぇ・・・」

仰天したけど ごめんなさい

知らなかったのよ。

「それって つぶつぶが 嫌なの? 食わず嫌いってヤツじゃないの?

 キャビアは喰ったことあんの?」

何度も質問を浴びせ掛けるあたしに

キミは 首を横に振るばかりで。

あたしの方が 少ない量の筈だったのに!!

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:

楽園・・・ ボクの待ち続けていた楽園。

キミは オクターブ 上げたり 下げたり。

ボクの声が入ってしまっている

低いから マイク通りは悪いのかと思っていたのにね。

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:

また キミを 忘れられなくなってしまって

キミを 忘れてしまいたい訳ではなくて

さっきまでは 確かに 温かかったキミを

もう 今は 感じられないという事実に

埋もれるのが嫌で

何とか 淋しさを 埋めようとしている

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:

辛そうに普通のキーで歌っている君が

「高ぇ・・・」

その瞬間に ボクが リモコンで半音階上げまくっていったら

キミは 音程が 解らなくなるだろう。。。

その予測と共に ボクの指はマイクを掴む。

キミに 「この音程だよ。」って教えたい。。。

と言うよりは 単に

乱入したい だけだったりしてxxx

だって いっつもそうだよね

勝手な人間ハモリンしてるんだからっさっ♪

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:

あの人と 久々に歌った瞬間

本当は あの人が 主役だったんだけれど

ボクが 年賀状のプリンタをやってあげたから

キミは ボクの 「カラオケに行きたい」と言う欲望に

付き合って 呉れたのかな?

ダーリン、 アナタも、 きっとxxx

そして  あの人は言った

「すずこ、何かに応募してみればいいのにぃ!」

うーん それには 先ず 年がねぇxxx

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:

しかし・・・ 気に入った曲に限って・・・

と 言うよりは

全てが 気に入った曲なのかも知れないけれど

カラオケの場合・・・

最後のサビに 気合入れようとしてる瞬間に

曲が 終わっちまうだなんて。。。

一番ショッキングだったのは こないだの。。。

Say Anything・・・

あの ラストのEnglishの部分

久々で

いたく楽しみに していたのにxxx

昔は 暗記してたのにな。。。って

ちょっと 口惜しかったりして。。。

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:
人気ブログランキングへ
↑ポチッとな~☆↑



|

« 浮かぶ電柱 | トップページ | ジオパル オープン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 桜シフォン:

« 浮かぶ電柱 | トップページ | ジオパル オープン »