« 黒姫山は冠雪中 | トップページ | 鳥取砂丘で号泣すずこ »

2015年2月18日 (水)

LOVE 越後姫

Img_3682


Img_3737


Img_3738

写真のタルト
と思ったら いちごのパイ、でした★ 

フェルエッグのスイーツは
フェイスブックでチェキ★

えちごひめ、と言う名の苺が 
あるらしいんですよ

友人にも
「美味しいから食べてみて! 今が最高だよ!」と言われ

苺コーナーをウロつくんですが、
中々出会えなくってねぇ~

旬を逃すナ、勿体無いゾ! の声が
脳内リフレイン中

この いちごパイ、
桜シフォンケーキと一緒に購入して
舌鼓を打ったのでしタ☆

そしてそして、ラスクは 
先日のジオパルオープン日

駅の外で
テント販売していたので ゲットん♪

これね、ななななんとっ! 
「つかみ取り」なんですよ(笑)

ビニール手袋を着けて 
ガシャッ ・・・と掴むんだけど

ラスクってほど カッチリしていなくって
どちらかと言うと サクサクッとした
パイの感触なのね

で、ズルズルと滑り落ちるの巻(爆)
でも楽しかった!_( ̄▽ ̄)ノ彡!

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

ランチタイムですねぇ


最近 お弁当 作ってないなあ・・・
毎日 寝て曜日に突入したから
 
凍っている
「弁当用 一口サイズの アレコレ」を
日々 すこ~しずつ 消化せん!

と 鼻息荒く挑んだのは 何時の事だったか・・・
気付けば 旦那も

「俺に餌を与えないで下さい。(特に炭水化物)」
状態に突入してから 

”節制している”という理由で
お弁当 持たせてないもんなぁ~。

学生時代は 作って「もらう」側、だった訳だ。
あ゛~っ、あの楽な時代アゲイン!(切望)

今となってみれば、お弁当も貴重だったなぁ~
と思うけれども

もしかしたら実家に行って 頼めば 
もう一度 食べられるかもしれないし(笑)

そう思うと 二度と体験できない「給食」ってのは 
貴重ですねぇ~♪

小学校の時は 目の前にパン屋さんがあったなあ
給食の定番(?)コッペパンではなくて 

ミスタードーナツのコーヒーロールみたいな形している
パンだったの、、、って
表現がマニアックすぎるわね!?(爆) 

元FL(ミスドのフレッシュレディー→販売スタッフの総称)
だったので ごめんなさいね?(笑)

え゛? 別の表現しろって? 

えーっとね、アンモナイトみたいな・・・
ごめん、これじゃ おいしそうじゃないわ(爆) 

ええっと、うずまきみたいになってたの♪ 
そういうパンでした。(説明終了)

黒糖パンとかもありました。

でね、午前中に良い香りが漂ってくるけん、
授業に集中どころじゃなかったって言うね(笑)

中学の頃は 目の前が田圃だったけん
定期テストの点数悪さを 
蛙の鳴き声の所為にして帰る
素直な学生だったでしょう?

高校の頃は テストを目前にすると
要らぬパワーが湧いて来て

ノート相手にペンダコを連作したり・・と書くと
めっちゃ勉強してそうだけど、

書いてるの戯言だかんね!

若しくは テスト前にボーリング
身体を動かして ハッスル、ハッスル!

そんな日々でしたねぇ~(遠い目)
あの頃は 腱鞘炎とは無縁な 平和な日々じゃった。

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

詩の発表場所あります
~紙を彩る自由空間~

短歌・俳句・小説・日記・フリートーク、文字の他に
絵・写真を披露したい方にもおすすめ!

ワタクシすずこが編集している手作り詩誌
ポエムサークル「みゅう」

仲間になり購読いただくと
ボツなしで冊子掲載 & CDトーク → 全国郵送★

見本誌もあります。読みたい方も連絡くださいね。
読者オンリーもOK

以下に本誌の写真・詳細を紹介していますので
クリックして御覧くださいませませ~☆

ミュウ 225.226号 完成♪ 

藤鈴呼ボイス・ハンドメイド・ブログ一覧

藤鈴呼の戯言 ~すずザレ~ 
過去作も織り交ぜて更新中☆

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

手で 押さなければ

動き 出せない 赤信号


誰かに 怒られて

誰かに けなされて


そうでないと 歩き出せない

あたしに 似てる


蒼い ヒカリは ガスバーナー

着火点まで 鎮めてあげる


次の 灯りが 見える道まで

行灯 照らして 

月を 見上げて

★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

卒業の曲が

こんなに 巷に 溢れてる

流れるのは あたしの涙

あの日の 灯火 消えないで居て

『 絶対に 忘れない 』 誓い挙げたセリフは

脆くも 絶縁の熟語と あいまった


其れでも 合い間って 逢い待った

愛 待って居て  哀 持ったから

★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

こんな 紙切れに

あたしの 何が 映せるだろうと


筆書きされた 自分の名前

存在が 含められて居たから

納得も 出来たかな


無機質な 世界の奥で

水晶時計 ばかり 眺めて


チクタクと 時を 刻む

分身が 唯だ 唯だ 怖くて


今 電池を 壊したところ

★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

サッカーをしてる 子供達

今では みぃんな 年下の


当時は 少年に 見えた

何よりも 男に 感じた


白いボール 広い校庭

追い掛ける姿は もう それだけで


格好 良いねと 勘違いした

後姿を 見詰めて 生きてた

★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

歯医者に行って 初めて

カード型の 保険証を 呈示しました


本当は こんな小さな プラバンは

遣わぬ方が 良いのでしょうけれども


治療して欲しかった 左側の奥歯は

今も 未だ 痛むまま


知覚過敏に 成りつつ有る

前歯の 下の部分を

何かの薬で 埋められた


こないだも 久々に 訪れたから

同じ 方法を 取ったのだけれども


ボクが 観て 欲しかったのは

こんな コトじゃあ 無いんだ


其処から ボクの

静かな戦いが 始まった


サクっと ムカつく

プライベート タイムは

今も 続いてるんだから

★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

プリクラを 取ったのは マッハでした

そう云えば ボーリングなんて

久しく して 居ないのと


本当に ボーリングして しまいたいのは

柔らかな 大地に還れぬ

此の ココロ

★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

おまけが有ると

人の 心は 愉しく成ります


報酬が 無いと

働かないのと 一緒なんです


本当に 好きな コトならば

たった 一人でも 楽しめますか?


そんな 難題を

今も この部屋で

一人っきりで

抱えたまんま

★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

あの日から

おまけの人生なんだと 豪語した


やはり 信じるものでは 無いと

裏切られたって 瞬間には

思い込ませて


自分の方が 悪かったのか

許せる範囲が 狭まったのか


今も 未だ 悩み続ける

★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

大きな チョコレートパフェは

グラスと 同じ長さの 

付属品


長い バナナや メロンが

上に 乗っかって 居る


そんな 小さな モンじゃあ 無いんだ

生クリームでも無く

バニラ アイスが

もう 沢山 沢山 乗っかって居て

とても 幸せな デザート気分に

成れるんだよ


今の 僕も 

そうなれたなら いいのにな

★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

絶叫したく成って

握ったのは

ハンドルでは無くて

ギターの 弦でした


久々に

思いつくまま カキコして

出来上がったのは

ムカツク ソング


しかも

一時間で

二曲も

★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★
人気ブログランキングへ
↑ポチッとな~☆↑



|

« 黒姫山は冠雪中 | トップページ | 鳥取砂丘で号泣すずこ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: LOVE 越後姫:

« 黒姫山は冠雪中 | トップページ | 鳥取砂丘で号泣すずこ »