« 神秘の白鳥 | トップページ | 浮かぶ電柱 »

2015年2月13日 (金)

喋る家電

Img_3671


Img_1011


Img_1008_1

最近 多いみたいですよね
先日 友人宅にて
加湿器が「頑張ります!」と喋った途端に
大爆笑してしまいました。

子供達は「応援します!」と言ったりするらしい
良いなぁ そんな コミュニケーション♪

で、電器店で 同じタイプの加湿器を見つけ
旦那と二人で大爆笑
「これ! これやわ!」

ルンバがあったり 家電が喋ったり
何だか夢のような 愉しさだったわ♪

*

湿度って良く表現しますよね
表現と言うか 温度計とか 湿度計とか
確かに存在するし。

冬なんて 過失 違った 加湿の必要なことが多いから
何だか喉がカラッカラだなぁ~と思ったら
加湿器カモーン! とか思ったりする

持ってないけど

これ、日本に住んで居るからなのかな?
ふと考えた

ここが例えば砂漠で
周りが何時も換気で

そうしたら 感想としては「乾燥している」が
常じゃないですか

間違っても「完走したい」とは
思わないんじゃあないかと(何処)

ある夜 感動の実話が流れる番組を眺めていまして。
涙が止まらなくなったんですよね

その瞬間は確かに「感動」していたのですが
一粒流れ落ちた後は「微動」し続けた

それは「惰性」でしかなかった

何でしょう ドライアイなんですけどね
最近 目薬ぽたん するの 割愛してたんですよ

割と愛していたんですけどね、あの容器
いつもトイレで目薬刺す私
旦那にブーイングされまして

え゛? 当たり前ですか?
だって・・・ ねえ?

「時間は有効活用しなきゃ!」
思わず 叫びたい位ですよ!

うーん! って瞬間はさ
大抵 目を閉じていることが 多い

ドライアイだからね
必要のない時は 閉じていたい

心の窓と おんなじで(違)

だけん 目玉にポタンしたら ギュッと閉じる
まぁ… だけど、心が寂しい訳ですよ

換気扇から冬の北陸風が吹きこむと
何か考えて 気も逸らしたいじゃあ ないですか

「ここは南国なんだ!」とか 思い込ませないと
震えちまいますから

ただでさえね? 出すとこ出してる訳だから
寒いんですよ

なモンで 最近は 読書することに してるんす
だけん 目薬を打つ暇がない

これが球だったらね カッキーンって打って
逆転ホームランとか 可能なんですけれども

で、目薬を打つ頻度が減った私は
ドライアイが気になる訳だ

しかもヒーターの前でパソコン画面ガン観しちょん
かーわーくーぅ、ですよねぇ~(呟)

最近はね 「湿度が低い!」って台詞
思い付かなんだ

「乾く度 いち」 とか
「カラカラ 2」 とか
そんな感じだ

何時か天気予報も 変わるかなあ

本日の湿度は70%です とかではなくて
本日は乾度10 みたいに

そんな事 考えていたら 妄想が広がった

テレビ画面
「今のギャグは 北風70メートル!」
寒いギャグかどうかの判断ね

実際70メートルの風に晒されたら
人体はどうなってしまうんだろう

くわばら、くわばら。

街角にて
保険外交員の台詞

「お客様は先日 破談されましたので
今回の失恋保険の受取人は
 チョコレート1ダースになります」

何故チョコなんだろう

バレンタインが近いから
 個人的に 食べたくなっているんだ

それだけなんだ

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

頑丈な人達

湿度が足りなかったり
寒すぎたりと 大変ですね

私の味噌汁の味と同じだ
濃いか薄い、極端なんですよね(味見しろ)

彼女はきっと 貼るカイロでも
常備していたんでしょう

若しくは北極グマに育てられた
過去があるに 違いない!?

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

写真 みゅうメンバーからの いただきもの

11月には長野で地震がありましたが
糸魚川も揺れたんです

その時に とうてつから 地震見舞いで届いたのが
スタバのコーヒー

糸魚川にはスタバがないんですよね~
だけん上越や富山に行くと ガン見してしまう

見るだけで味わう機会は 少ないのですけど、ネ


はんちょうからは夏にも狭山茶をいただきましたが
こちらは冬バージョン
急須に入れると和の香りが広がります

先日テレビで知ったんだけれども
お茶の一番美味しい淹れ方は水出しなんだとか?

色合いは通常のお湯出しよりも薄いけれども
茶葉的には一番ステキに仕上がるのだ、と

だけれども普及してない理由は 水出しにすると
茶葉が開き切らず、長持ちしてしまうから
お茶の売り上げ的には痛いんだ、と。

何てリアルな紹介なんだ!と心惹かれて
記憶に収まりました。


砂名からは バレンタインのチョコレートが
届きました

毎年このキャラクターが入っているような、
そうそう、マトリョーシカ。で合ってるかしら♪

今回は失恋ショコラティエの再放送を見ながら
パクリ。
ん~っ! なんてタイムリーなんざんしょっ★

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

詩の発表場所あります
絵・写真を披露したい方にもおすすめ!

ワタクシすずこが編集している手作り詩誌
ポエムサークル「みゅう」

仲間になり購読いただくと
ボツなしで冊子掲載 & CDトーク → 全国郵送★
見本誌もあります。読みたい方も連絡くださいね。

以下に本誌の写真・詳細を紹介していますので
クリックして御覧くださいませませ~☆

ミュウ 225.226号 完成♪ 

藤鈴呼ボイス・ハンドメイド・ブログ一覧

藤鈴呼の戯言 ~すずザレ~ 
過去作も織り交ぜて更新中☆

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

其れが 前世の 夢だ と 
自身で 理解 出来る
キーワード って 有るんだろうか

アタシは
此れが 前世 からの メッセージだ!
って 感じた コトが 無い 気が する

きっと 過去の 時代の 夢を 
繰り返し 観る 状況に 陥ったら
其う 思うんだろう
と 感じる 

貴方の 観る 夢の メッセージは
推測しか 出来ない けれど

臨終の シーン なんて
今の 世の中 じゃあ
経験 出来ないよね

だって 経験 する 時は
次の世へ 旅立つ 瞬間 なのだから

後悔の 念が 強かったり
悲しさ ダケに 
支配 されてる 様で 無ければ

今を 大事に 生きなさい って
メッセージ なのかも ね

ありきたりだ けれど
忘れ がちな 大切な コト・・・ 

勝手な アタシの イメージ と しては
夢 と 武士 の 
二大 キーワード を 掲げ られると

どうしても 怖い系 の 連想を
して しまうん です な・・・ 

格好で 判断 しちゃ イケナイ! って
常々 意識 してる つもり では
有るんだ けど ねぇ
~( ̄▽ ̄~)(~ ̄▽ ̄)~

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

エプロン の イメージ
割烹着 と 少し 被るん だよ なぁ・・・ 
腰からの 白い タイプ だと 特に×××

普段 全く 使わない から ね
肩から バッテン に して
後ろで 紐を 蝶々 結び する タイプ って
有るじゃ 無い?

何故だか
昔 ポニー テール を して
リボン 結ぶ トキ とか

ラッピング の リボン を 
結ぶ トキを 
イメージ してた 記憶が Σ( ̄□ ̄)!

未だに
キレイな リボンに 結ぶ のが
苦手 だったり する。。。//δ⌒▽⌒//

胸元 なんか だと
片方が 長く 成って
鏡の 前で 四苦 八苦 してたり
。。。//δ⌒▽⌒//

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

走ってる トキは
ランニング ・ ハイ を 連想 する

一度 ダケ 体験 した
有れは 
小学校の 陸上 大会 だった

一応 代表の 一員 だった アタシ
あの 頃 から 中学 迄
中距離 の 選手 だった

身体が 軽かった のも 
有る かも 知れ 無い

少林寺の 道場 では
準備 運動 代わりに
壁に 逆立ちを して
腕立て を したっけ

剣道部の トキは
男の 先輩と
腕立て 100回 バトルを して
勝ったっけ

腕相撲も 得意で
第二次 成長 辺りの 男子 
数人に 勝ったっけ

腕力 と 体力 は 
自慢 だった 記憶が 有る

先日の 
会社 スキー大会 での 一コマ

昼飯を 終えての 
談笑 タイムの トキ

体力 有るよね~ と 言われ
嬉しかった!_( ̄▽ ̄)ノ彡!

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

エコヒイキ って 嫌ぁな 感覚
子供 時代 なんかは
贔屓 する 先生 や
贔屓 される 生徒の 話題が
身近 なのかな

親が 兄弟を 差別 したり
贔屓 するのも 有りかな

大抵 悪口を 言うのは
贔屓 されぬ 輩 なんだろう ケド

自分が 外側から 見てる 場合も
アレは イヤな モンだ

イジメも 傍観者は 無責任だ
と 言われる けれど

火の粉が 己に 
降り 掛からぬ 様に との 
自衛 本能 なの だろう

大衆が 勝てば
問題は 無いの だろう ね―

勿論 特異な 其等を 
排除 する 方向に 
力を 出すのだ×××

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

夫婦 喧嘩の 耐え無かった 家庭
何時もの 様に 
夫は 守れぬ 約束を する

妻は
子供に 約束 して
と 方向 転換

其れ 依頼 
夫は 煙草を 手放した そうだ

夫婦は
嘘を 吐けぬのだ

子供への 誓いが
教育 とも 成った そうだ




昨夜は 和食に した
久々に 活躍した グリルちゃん

シャケ ならば 
バターは 無いから 
マーガリンで 
フライパンで 焼く コトも 有った ケド

やはり ホッケは グリル だろう

大根卸 と ポン酢
上に 大葉を 添えた

味噌汁 には 
初の うるいを 入れて みた

豆腐と 油揚げ 人参 も イン

豆腐は 被る ケド
賞味 期限が 早い 
生 タイプ なので

半分は 冷奴に した

メンツユ に ノリ パラリ
家事 嫌いな アタシに しては
ケッパッタ と 思う 

彼の 反応が 楽しみだ なぁ~♪

無理矢理 テンションを 上げて 居た

と 言うのも
午後から 突然 
気だるく 成って しまって 居たのだ

彼女に 聞いて 知ったの だが
冬期 欝 なんて 症状も 有ると 言う

朝から 風が 激しい 日で
昼休み には 
何時もの 中華店の 彼女が

春一番 かなぁ~? なんて
こぼす 程の 突風 だった

嗚呼
冬を ロクに 堪能 出来ない 内に
もう 春 かぁ~ なんて

厳しい 寒さ には
其れは 其れで 
毒付く 癖に ネ。。。//δ⌒▽⌒//

そんな 訳で
帰りに
必死の 思いで 
金 ダケ 降ろし 帰宅

夕食が 出来た 後で
急激な ダルさに 襲われる

彼に
迎え 行く? と 
メール する 気力も 無く
ベッドへ 直行

突然の 咳・・・ 

風邪か?
でも 違う みたいだ×××

寝入る 前に
彼の 帰宅した 音

何だか 彼も 
ダルそうな 気配

食事に ついての コメントが
一つも 無く 寂しい 気分

どぉ? と 
笑顔で 話を 振る 余裕も 無く 
就寝

翌日は 少し マシ

何しろ 華金

明日は
彼の 会社の 人達と
スキーの 予定

テンションを 上げな ければ×××

でも
スーパーに 寄る 気は 無く
帰宅

メニューは オムライス・・・ 
の 予定が
チキン ライス 風味
アスパラ チキン しめじ の 具だ

味噌汁は
又もや 豆腐に ネギ 油揚げ

彼に メールを すると

チャリで 良いよ 晴れてるし
それとも そのまま 飯っちゅう 計画?
との 返信

ラストの 台詞に 
キレ気味の 感想を 持つ アタシは
今夜も 器が 小さい らしい

気を 取り 直して

ご飯は 炊いた
これから シャワー と 返信し 
夕食 準備

今日は 料理の 感想を
彼から 振って 呉れて
気分 復活 (*⌒▽⌒*)

単純 ミトコンドリア すずこは
明日の ゲレンデの 雪質へ
思いを 馳せるので 有る
。。。//δ⌒▽⌒//

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

左隣の 彼女が
電話で 話して 居た

てっきり 内線か と 思った

一階の 倉庫 から
在庫 関係 に ついて の 
内線か と 思った のだ

何やら 話し 込んでる 様子

彼女は 
外線に 出る コトは
殆ど 無いので

何だろう? と 
少し 気に 成り 出した

お茶を 補充 して
席に 戻ると

どうやら 電話が 終わった 様だ

何でも
娘さんが 怪我を した らしい

右隣の 彼女へ 
事情を 告げて 居た

私は
二人に 挟まれた 席 なのだ

直ぐ 近く なのに
小声 だった ので

詳細 までは
聞き 取れ 無かったが

左隣の 彼女の
大丈夫? と 言う 様な 台詞と
怪我 の 言葉が 聞こえた

彼女は 其のまま 早退 した

翌朝 出勤した 彼女に
何が どうしたのか と 聞いた

娘さんが 階段を 踏み 外し
転げ 落ちたのだ と 言う

保健の 先生が
駆け 寄った 時 には

うつ伏せで 
床に バタリ と 
倒れた 状態 だった らしい

幸い 捻挫で 済んだ らしいが
彼女は 言った

一応 今朝は
娘を 送って 来たん です ケド

すみませんが
今日も 三時で 早退 します・・・ 


捻挫 って どの位で
治るん ですか ねぇ~?

先生に 聞いて 来るの
忘れ ちゃって。。。//δ⌒▽⌒//

そんな 彼女は
別の 彼女に

どの位で 治り そうなの?
と 聞かれて

同じ 台詞を 告げて
笑われて 居ましたと さ
~( ̄▽ ̄~)(~ ̄▽ ̄)~

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

なんか 叫んだ なあ
目覚めた 瞬間の 感想だ

松本てつや が 夢に 出てきた
水沢 辺り 出身 の アーティストだ

ライブ 前の 打ち合わせに
一般 参加 してた 人達の 中で

私は ラジオの パーソナリティー みたいに
ハガキを 読んでた

そこへ 行く 前に
前回 打ち合わせで 居た 
女の子の 家が あり

表札とか 可愛い かんじで
可愛いなぁー と 思いながら
右を 見たら

手書きの 文字っぽい
古く なりかけた 
すず家の 表札が 有る 家が
Σ( ̄□ ̄)!

打ち合わせで 見た
別の 男 二人が ウロウロ してた

その 女の子の 家に 行く
と 思いきや

ここ すずさんの 家 なんです かぁ?
と 勝手に 入った

アタシは 家の 外に 居た
二つの 一軒家を
正面から 見てた

女の子は ショート
活発な 感じで 可愛い

慌てて 二人を 追い 
家の 中へ

居間とか 散らかってて
恥ずかしい と 思ってると

二人は 畳の 部屋に 移動して
何と ズボンを 脱いだ Σ( ̄□ ̄)!

この男は クロちゃん みたいな かんじ
Σ( ̄□ ̄)!

で   なんか 叫んだ 記憶

もう 一人は 
ロンブーの 人 みたいで
一度 目覚めたの かな?

次は さっきの ラジオ シーン

場所は 外 
河原 みたいに 広い 感じ?

放送席は 
運動会 なんかの 簡易 テント みたい

そこで 松本さんに 
こないだ こんな 目に 合った
と 告げ口

その後 アタシは マイクを 手に
大勢の 前で
二人の ことを ばらし
あやまらせ ようと したら 起きた

この夢の 前にも 一つ 見た

電車に 乗ってる みたいな シーンで
彼が 座りながら
横で ズボンを 脱いだ Σ( ̄□ ̄)!

そこで 叫んだ 記憶

なにしてんだよ! みたいな
男言葉 だった かも

向かい には 会社の女性人が
いた ような・・・

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

人よりも 沢山
仕事が 増えるのは
任されてる 証拠

巻かされてくんだ
時間と言う名の 波に

負かされたって 良いんだ
勝ちばかりじゃ
価値は 図れない

遠い 空
良く 言うけれど
空は 繋がって居る
これも 良く 言うけれど

ラジオで こんな コメントを
聞いたよ

空は 未来へも
繋がって 居るのだ と

素敵な 感覚だな
聞いてから
少し 間隔を 置いて
じっくりと 味わいたい
気分に 成れたんだ--

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

アタシは 経理を して居る
営業の 人達の 接待費を
清算 するのも 仕事の 一つだ

隣の 彼女が 清算した分は
午後の 3時に 手元に 来る

其の日の 金庫の 増減を
数えるのが 私の 仕事だ

当然 接待費の 場合は
領収書を 確認 する

今日 何時もの 様に
領収書を 確認 して 見ると--

思わず
大爆笑 しそうに 成って しまった

接待費を 清算する 前に
稟議書が 有る

営業の 人は 記入して
飲食代の 場合は
社長の 了解印を 貰ってから
清算する 決まりに 成って 居る

その 用紙には
今日の 日付
接待した 日付
接待の 理由
接待 場所

他に 当社 同伴者
参加人数 名前 等を
記入する 形式に 成って 居る

一つの 飲食代の 領収書を 眺めた
其処の お店の 名前が 書いて 有った

「 ほらふき部屋 」
!_( ̄▽ ̄)ノ彡!

何か 此れを 見た 瞬間に
清算した 営業の人と
接待した メーカーの人の
後日の 会話が
脳裏に 浮かんで しまったのダ!!


メーカーの人が 言う

あー 昨夜は お疲れ様でしたー。
ところで あの時の 話ですけれど・・・

アア? アレ?!
ありゃぁ ホラだよ

・・・はっ?!
( 事態が 呑み込めぬ メーカーの人 )

あすこぁ、 ほらふき部屋だろ?
あん時 言ったんはぁ 
全て ホラだよ 
あーっはっは。

・・・なんて 図がxxx
。。。//δ⌒▽⌒//

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

目の 隈を 誤魔化す
化粧 グッズは

確か
コンシーラー って 
呼ぶんだ と 思う

他にも
カラス 目尻を 隠す とか
色々 有る ケド

使った コトが 無い

式の トキ
初めて メイクを して 貰った ケド

マスカラが
翌日も 取り 切れぬ 程で
参った 記憶が。。。//δ⌒▽⌒//

先日
何時も 使ってた
化粧品 コーナーが

丸ごと 消えて しまった

ダイエーの 中に 有った
ソフィーナだ

ダイエー では 無くなって から
中の 店も 少なく 成り

店内は ガランと して
寂しい 感じだ

暖冬 なのに 
此処 ダケ

北風 ピューピュー 状態にっ
。。。//δ⌒▽⌒//

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

人気ブログランキングへ
↑ポチッとな~☆↑


|

« 神秘の白鳥 | トップページ | 浮かぶ電柱 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 喋る家電:

« 神秘の白鳥 | トップページ | 浮かぶ電柱 »