« 愛嬌娘 | トップページ | ヴェニスの商人 »

2015年2月 7日 (土)

長財布が好き

Img_3526


Img_3527


Img_3528

お正月に長財布を買いました
で、満足して 中身を増やす努力もせずに
外側だけ 眺めております

現在使用中なのは黒い方
随分と色合いが違うけれど 

今回はこの蝶のような(?)花柄に惹かれ
即ゲットん

「そろそろ新しい財布を準備せんと」
と思い始めてから決定するまで
中々廻り会えないもんなんですよね~

黒財布を買った時には横のマチ部分のブルーに
惹かれたのでした

何処で幾らの財布を買うのか、って
拘りが全く無いんですよね、私。

ブランドに全く疎いので それはナンセンス
其処だけは徹底している。金額的にも(笑)

デパートの財布売り場で
一つずつ展示している物にするのか

ショッピングモール内の店舗、
雑貨屋なんかで探すのか

イオン・ヨーカドーなんかの
安売りワゴンセールでも良いのか

私、ワゴンセールが多いなあ~
そうすると旦那が渋い顔をする

アナタ良い年して
千円ちょっとの財布はないよ

中身も溜めたいと思ったらね
外側にも ちょっと気を遣わないと、
などと言う

旦那は良い物を長く使うタイプ
私は安物買いの銭失いタイプで
真逆なんですよね

まあ 私さ、元来「雑」に仕上がっておりますので
例えば贅沢品を手にしたところで

「良かろうモン、長かろうモン」とは
そうは問屋が大根卸なんですわよねー

何度 言われたことか
「お前は粗雑だ。何でも直ぐ壊す」、と。
そう言われて 育ちましたからねー

長財布が好きな理由はね
札を折り曲げずに済むのも大きいですけれど

一番の理由は
支払の時にあるんです

内部の写真を見ていただくと
未だ使用してないので ベージュの緩衝剤が
入っていますので、これで説明しますね

まず右側の緩衝剤には千円・五千円札
左側に レシート、商品券の類

一万円札は パッと見えない部分
一番左側に ねじ込みます(笑)

私ね、昔の営業癖も相まって
普段から札がやたらと多い

結構何時でも両替可能なんじゃないかって位に。
だけん そこに万札が見えるのって
何かイヤ、なんですよね

カードはカードコーナーに収納
免許証・保険証は 表側の名前が見えないように
逆さまに入れる癖があります

その他は ちゃんと上を向いて
整列してもらいます

と言っても 元々カードって嫌いだけん
何ちゃらカードが勢揃い! なんてことはなく
JAF会員証とか 診察券ね(笑)

ジッパー内には、じゃら銭・・・
って呼ぶのは可笑しいんですよね

小銭は 500円・100円コーナーと
50円・10円・5円・1円コーナーに分けます

で、支払時には 一番左側の財布「蓋」部分を抑えて
レジ向こうの人間に 財布の中身が見えないように支払う

喩え コンビニなんかで後ろに人がいようとも
蓋のあることで ある程度 中身露出は抑えられます

そんな秘密主義になるほど
入ってねえけどよ(笑)

べろ~ん♪って財布おっびろげるのが
昔っから嫌いなんだわ

三つ折り財布は 持ち歩きに便利かも知れないけれど
札を出す時とか 他人からも色々 見えるよね

あれがイヤなんですわ

ここで一句
ひた隠し 財布中身と ブラトップ

・・・ん? 何か違う??
~( ̄▽ ̄~)(~ ̄▽ ̄)~

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

詩の発表場所あります
絵・写真を披露したい方にもおすすめ!

ワタクシすずこが編集している手作り詩誌
ポエムサークル「みゅう」

仲間になり購読いただくと
ボツなしで冊子掲載 & CDトーク → 全国郵送★
見本誌もあります。読みたい方も連絡くださいね。

以下に本誌の写真・詳細を紹介していますので
クリックして御覧くださいませませ~☆

ミュウ 223.224号 完成♪ 

藤鈴呼ボイス・ハンドメイド・ブログ一覧

藤鈴呼の戯言 ~すずザレ~ 
過去作も織り交ぜて更新中☆

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

「 そんなん なんも 
  得 しない じゃん (-。-;) 」

「 得は しないよ
  自業自得の 意味 分かってる? 」

ば××× 
バカに された 気が する×××

先日 布団を 取られた 為に
寒い 思いを した と 言う アタシに

彼は

「 それは アタシが 布団を 蹴飛ばした から
  自業自得 なんだよ 」

と 応えた 後の 会話だ

アタシは 自業自得 の 
「得」 を 使って 言ったのだが

彼は 本気で
" アタシが 自業自得の 意味を
  曲解して 居る "
と 思った らしい×××

此れが ホントの 自業 自得 !?

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

リアル ・ ワールド ・ ライブ
と 書いて 有るのを 見て

リアル ・ ワール ・ ドライブ
って 何だろう?

と 一瞬 思っちまったっ \(◎o◎)/! 

「・」 で 区切られて
無かった から さぁ~
~( ̄▽ ̄~)(~ ̄▽ ̄)~

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

FMラジオの ゲストに
二人組の 男性 ユニットが 出た

名前は 聞いた ケド
上手く 聞き 取れない
知らぬ名 だった。。。//δ⌒▽⌒//

どうやら アルバム 「 フィルムノート 」
やらを 発売する らしい

パーソナリティ―は 赤坂泰彦で
「 ディア ・ フレンズ 」 と 言う コーナーだ

紹介 がてらに
彼は 名言を 残した

「 フィルム だけに 
  焼き増し するのは 皆さんです 」

瞬間 本人達は

「 おお~!_( ̄▽ ̄)ノ彡! ヒュー♪ 」

と 盛り上がって 居た

アタシは

「 君達が 思い 付くべき
  キャッチ コピー じゃ~ん? 」

と 心の 中で 突っ込んだ

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

子供が 出来て 初めて
女と して 一人前だ
と 言う 話を 良く 聞く

では
子供の 居ない 女性は
皆 半人前 なのか !?

思わず 毒付きたく 成る
瞬間で 有る

結婚だって そうだ
この場合は 
男性が 言われる対象と 成る コトが
多いだろう

独身 男性が
上司に 結婚の 報告をすると

「 此れで お前も ようやく 一人前だな! 」

なんて 肩を 叩かれる

お祝い と 言う 名目で
飲み会なんかが 開かれ

酔っ払った 上司は
「 女なんてぇ モンは なぁ~ 」
と 愚痴を 交えながら

大して 役に 立たぬ 体験談を 語り
主役の 未来の 新郎は
作り 笑いを 浮かべながら お酌を する

そんな 光景を 思い 浮かべると
ヘドが 出そうに 成る

そして 呂律の 回ら 無く 成った 上司は
未婚の 男性の 欠点を
無理矢理 見付けて
こう 言うので 有る

「 お前も 嫁さん ぐらい 貰わんで どうするんだ
  だから お前は 何時まで 経っても
               云々 かんぬん××× 」

全く 余計な お世話 極まり無い 台詞で 有る

以前の 上司には
良く こう 言われて 居た

結婚なんて したく 無い
子供なんて 持っての外だ

と 言う アタシに

「 結婚なんか しなくったって 良い
  どうせ 男なんて ロクな モンじゃ 無いんだから

  結婚は しなくて 良い ケド
  子供は 作った 方が 良い 」 と ・・・ 

う~ん×××

又 ある 彼女は
こんな コトを 話して 居た

「 子供が 居る コトで
  子供 目線 と 大人 目線 の 
  両方を 楽しめる

  自分 自身も
  もう 一度 
  子供 時代を 繰り 返してる 感覚で
  何か 得した 気分 」

さも 有りなむ×××

別の 彼女は
子供が 出来る 前に 
こう 言って 居た

「 結婚 する 前はさ
  親なんかに 散々 セッツカレて

  結婚 したら したで 
  今度は 義母に
  
 " 子供は 未だかぁ 未だか " って
  会う 度に 言われて
  もう ノイローゼだよ

   どうしたって 言われるのよ
  次から 次へと ね

  人の 顔 見る 度に
  それしか 言うコト 無いの? って
  キレそうに 成っちゃう モン ね 」

その人が 納得する 生き方 には
他人は 文句を 言うべきじゃ 無い と 思う

助言 が 苦痛 に 成る
と 考えられぬ 台詞は 最悪だ

此れで 良かった なんて 生き方は
人に 寄って 違う

別の 生き方を
同時進行 するのは 不可能だから

一度きりの 貴重な 人生 と 言えよう

まぁ でも
他人に 自分の 考えを 押し付ける コトで
自らの 幸福感を 得られる 人種も
居るのが 事実×××

普段は 愚痴ばかりの 癖に
「 だから 私の 方が 幸せよ 」
と 言わんばかりの 台詞には 閉口する

世間で 言われる
勝ち組 負け組 なんて 言葉も ナンセンスだ

結婚 出来ぬ の コンプレックス が
言わせるのだろうか

結婚 出来ない と しない は 違う

結婚した 女性は
勝った とは 思わ無い だろうに・・・ 

独身女性に 対して
勝った なんて 思う 結婚なら
しない 方が 良い    と 思う

メリット デメリット が 混在する 人生
今 アナタは 幸せ ですか・・・ ?

今 読んで 居る 本の 中で
こんな風な 台詞が 有った

「 死ぬ時に 自分の 人生は 幸せだった
  って 言う 人は 多いが

  そう言う 人間は
  本当に 幸せだった とは 思え無い

  本当に 幸せな 人間は
  軽々しく 幸せを 口に したり しないし
  する 必要も 無いからだ 」

アタシは 幸せ と 口に して
感じながら 生活したい 派だ

例え 
自分に 言い 聞かせて
思い 込ませる 台詞で 有ったって
良いじゃ 無いか

だから アタシは
今 幸せ です

★,。・: :・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

アタシを 作り 出したのは
父と 母で 有る

そして

自分の 周りの 人間や 環境
更には
自らの 意識   ポリシーが
自分を 形成させる 全ての 要因だ
と 信じて 疑わ無かった

だが 順を 追って 考えると
先祖の 存在は 不可欠だ
と 最近 強く 思う 様に 成った

生きて居た 祖父母 迄しか
顔は 知らないけれど

先祖の 何処かの 歯車が 狂って 居たら
アタシは 存在して 居ない 訳で・・・ 

なので 正月には

「 ご先祖様 ありがとう ございます 」
と 心を 込めて 祈って 来たんだ

お墓参りや 
神社で 手を 合わせる 時は
無心が 良い とも 言う

「 守って 下さい 」 と 祈るのは
先祖の 負担に 成るのだ と

其れでも
思って しまう 瞬間は
有るんだけど ね

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

丁度 読んでる 本の 中で
純愛を 推奨する 男 と 少年
の 二人が 出て来る シーンに
差し掛かって 居る

「 超伝導 ナイト クラブ 」 
と 呼ばれる 飲み屋の 常連は

彼等に 協力すべきか 否か
迷って 居る

純愛 って 
大人に 成る 前の 
恋愛の イメージだけど

大人だって
純愛は 有るんだよね
きっと

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

クリスマス には ケーキ だなんて
食べ物の イメージ ばかり 追いかけて

買ったのは コンビニ ケーキ (笑)

七面鳥は 出た ことが 無い
我が家 だった

彼女は 毎年 
堪能してた みたいで

話を 聞いたら
少し 羨ましく 成っちゃった ♪

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

パソコンで 絵を 描くのって
案外 むつかしいんだ

パソコンじゃあ
絵文字は 見れないんだ

だから
携帯でも 
顔文字を 使う 頻度が 高いんだ

ようやっと
絵文字や 番号に
互換性が 出て来た みたいだ けれども

どれか 一つに 統一して 欲しいのは
フロッピーもだ

以前
父が 手持ちの フロッピーを
持って 来たの だが

アタシの パソコン では
データ 呼び出しが
出来無かったのだ

あとは
ゲーム 好きな 人 ならば

一つの 親機で
世の中 全ての ソフトを
使える 様に して 欲しい
と 思う だろうな・・・ 

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

笑えるのが 良いかな 絵本 なら

子供用の 童話 って
何かしら
教え 諭す モノが
多い 気が するよ

例えば 狼少年の 話は
嘘を 吐くと 罰が 当たる
と 言う モノ

昔 読んだ
ハラペコ あおむし の 
細長い 絵本には 驚いた

所謂
絵が 浮き出る タイプの モノでね

当時 幼稚園生だった アタシは
初めての 浮き出る 絵本 との 出会いで
楽しく 成れた

それから 此れは
小学校の 国語の 教科書だ ケド

スイミー って 
魚の 話が 有った

小さな 魚達が 固まって
大きな 魚の 形を 作る

一匹 ダケ 
赤色の 魚が 居て
その 魚は 目に 成る

そうして 
自分達より 遥かに 大きな 魚を
撃退する 話

此れは 
仲間が 集まれば
怖い モノも 
怖く 無くなる 可能性 を 教えてる

道徳の 時間の
教科書内の 話も 好きだった なぁ~

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

不条理だ
つまらない

負の 感情に 
包まれた 時には

周りの 談笑 にも
付いて 行けない

故に
孤独を 纏う
戦士の 面持ち

だが 待て

戦場は 洗い 流され
木々が 生え
平和な 大地だ

良く 見ろ

己の 敵は
心の 中に
巣喰って 生る×××

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°
人気ブログランキングへ
↑ポチッとな~☆↑



|

« 愛嬌娘 | トップページ | ヴェニスの商人 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 長財布が好き:

« 愛嬌娘 | トップページ | ヴェニスの商人 »