« 桃色のアイツ | トップページ | 神秘の白鳥 »

2015年2月13日 (金)

切り身の目玉

Img_3418


Img_3419


Img_3420


写真 いつかの すずごはん
開いている切り身はアジだろうか

何かしらの雑炊めいたものの中味は
最早 分からない
そんなに遠くない過去の筈なのになぁ~

そして アボカドのサラダは好きですよ
出来ればワサビドレッシングだと
最高ですよね~

切り身と言う表現で 真っ先に思い出すのは
シャケの切り身だ

鮭とシャケについて
読んで ふむふむ、と唸りました。

*

「今夜何にする?」
「シャケの切り身!」は間違いなんですね
\(◎o◎)/!

今度から こうします
「今夜何にする?」
「シャケ は 切り身」

・・・は? って 言われそうだな
!_( ̄▽ ̄)ノ彡!

祖父母が毎年 小樽からアラマキ送ってくれたのが
懐かしいです

玄関先に吊るされたのを眺めて育った筈なのに
どうしても クセが抜けません

切り身を見ると 目玉探してしまう
~( ̄▽ ̄~)(~ ̄▽ ̄)~

*

少し補足しましょうか。
切り身を皿に乗せた姿を想像して下さい

皮がくっついていて 手前に身がある状況で
どちらかが尻尾、どちらかが頭に見えるんです

だから 横向きになった 小さな魚を
連想してしまうんですが

あれ? 横顔なのに、目玉が無い! 
と なるわけです

実際はMRI画像のように 
胴体を輪切りにした部分が切り身でしょうから

目玉が見える筈は ないんですがねぇ~
って 輪切りで合っちょん?

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

節分の日


我が実家では
昔っから落花生を撒いていた

祖父母を引き取る為に 
庭の一部を潰して増築した部屋があり

畳いっぱいに散らばる落花生を見て育った
いや、自分等で 投げた豆だけど。

元々、殻を剝いて食べるものだから 
落花生だと 安心して食べられるよね

大豆を撒く地域がある、と知ったのは
大分 大人になってからだったような 気がする

今年の節分当日
鬼は自宅で豆まき人は外に。

ええ、私は部屋で恵方巻きを食べてまして
旦那は飲み会だったんですねぇ~

失礼なっ! 誰が鬼じゃいっ!

手作り恵方巻きが良いですね。
アボカドも入っていたりしたら、最高。

私はスーパーで買う、と端折ってしまったからか 
大好きなサーモンが入っている筈なのに 食べてみたら

分量としては ササカマが多くて 
あちゃーっ! でした。

糸魚川ってね、私の大好きなジャンキー店は
殆どない。(マック・ケンタ・ミスドの類)

だけん、スーパーは沢山あるんだよね
その日は 久々に自宅近くのスーパーへ行った

袋詰めをして振り返ったら 
向こうで誰かが 手を振っている

・・・ん? と思ったら 元職場の
スタッフ仲間である彼女でした

じゃあ またね~♪ なんつって
背を向けた時に思った

彼女、ダウンを着ていたんだけど 色がサーモン
何とも美味しそうな色合いだった♪

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

詩の発表場所あります
絵・写真を披露したい方にもおすすめ!

ワタクシすずこが編集している手作り詩誌
ポエムサークル「みゅう」

仲間になり購読いただくと
ボツなしで冊子掲載 & CDトーク → 全国郵送★
見本誌もあります。読みたい方も連絡くださいね。

以下に本誌の写真・詳細を紹介していますので
クリックして御覧くださいませませ~☆

ミュウ 225.226号 完成♪ 

藤鈴呼ボイス・ハンドメイド・ブログ一覧

藤鈴呼の戯言 ~すずザレ~ 
過去作も織り交ぜて更新中☆

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

何時も 自分のHPを 開く度に
軽快な音が 響いて居た

まるで 僕を あざけ笑うが如くに

ランタイムエラーが発生しました
デバック しますか?

デパートは 最近 行って無いし
バックは イッコ 持ってるヨ

そんな 戯言を 心の中で
だけど 知ったんだ

今日 教わった方法で
画面のツールから 適当にクリックしてみたら。。。

今 再起動したらね?
あの 忌まわしい音が 
無くなって 居たんだヨ

それで僕は
嬉しくって

うれしくって。

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★

一瞬 僕は
悪戯なんじゃ無いかと
思ってしまって

何時だって 他人を
信じられない 癖

そのクセ
裏切られたんだって
わめいてた 
あの 瞬間たち

何もかにもが 懐かしく 思えるのだから
未だ
君と 僕とは
大丈夫だよね?

問い掛けるのは 何時だって
自分自身で

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★

本当は 君なんじゃ無いかって 気もした
だけど 
臆病だった 僕は

確かめるのが 
怖くて

怖くって。

それで 文字化けされた送信者を
其のままの状態に しながらも
すこし スクロールさせた 僕のマウスが
君に似た 名前を 表示させた

やっぱり 君だった
確信したのは
残り少なかった 僕の友人達の中で
復活した アドレスの中から
検索した 
その 瞬間で

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★

僕は 迷ってた
駅前の 駐車場は
一時間 300 YEN.

少し 離れた
既に 解約した
元の会社の近くの駐車場ならば
コイン ふたあっつ。

そして 後者を 選んだよ
少し セツナク なっちゃった。

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★

こんな風にね
ひからびて 行くのかなって

扉を開ける 瞬間に
少し 辛そうな あの人が 言ったよ。

「次に逢うトキまでに
 就職が 決まって居れば いいね。」 って。

僕は 思わず
「 だって 何ヶ月 決まらないと思って。。!」

。。。と 口にした後で
ハッ とした。

あのヒトも きっと
辛いんじゃ 無いだろうかって サ。

だから 思い直して
笑顔を作りながら
言い直したんだよ

「そうですネ。」 って。

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★

きっと 今日はね
言われるんじゃ無いかと 思ってたんだ

「やつれましたね。」
って。

何時だって
僕が やせ始めた時代(ころ)には
誰も 気付きや しないから。

そして 大分 時間(トキ)が経過した後で
何時も 言われるんだ。

「やせましたよね?」 って。
今日の 様にね。

「五キロくらい・・ですか?」
「ビンゴ~♪」

だなんて おちゃらけながら
僕は 必死で 抱えてるんだよ

此の 人生模様の 
綺麗と 信じたい 花びらを

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★

僕の作成するコトバや
ストーリーの中身には

ノンフィクも 沢山 有るよ
そして 夢も
     希望も

なんて ありきたりだけれど。

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★

今日 白みそを 購入しなきゃ!
と 思い起こして

良く 解らなかったね
あの頃

赤ミソ と 白ミソ の
違いが

ミソには 変わり 無いだろう?
なんて

豪語していた あの頃
隣に居た あのヒトは

今 何を してるのだろうか


結局 購入したのは
そのスーパー独自の
おすすめの ミソ

故意に ミソつける事件とか
恋に ミソが 付いたとか

色々 有る 人生だから
かなり 楽しめるでしょうよ

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★

さっきの パスタは 薄味でした
後から 言い訳を 付けるとすれば

こう 考えられるでしょう?

「明日は 面接だから
 ガーリックが 残らないように。。。」

全ての 言い訳は
こういう コトだったのかも
知れないよね

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★

僕の 味付けは 何時だって
何かが 足りない

そして 何か 特別な 
コトを している

それを 
チャレンジャーと 呼ぶのか

無謀だと 笑うのか

この辺が 問題だったりする


例えば 先日の
手作り マヨネーズ

卵の黄身だけじゃ
白身が 勿体無い気がして

加えたら 泡だった。。。
とか

今日の トマト・ガーリック・パスタ
ニンニクは 粉だけど
バジルは 購入して

やっぱり 瓶詰めよりも
美味しいと 知った

TVで 子供達が
作って 居たんだよ

アレは トマトの もぎ取りの
番組の中。。。

一つ 違うコトに 気付いたんだ。。
ゆで卵を加えたのは 
正解として。。

そう。。。
オリーブ・オイルは
「温めてから」
入れるんだった。。。って コトにね

気付いたんだよ
満腹に なってから。。。サ

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★
人気ブログランキングへ
↑ポチッとな~☆↑


|

« 桃色のアイツ | トップページ | 神秘の白鳥 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 切り身の目玉:

« 桃色のアイツ | トップページ | 神秘の白鳥 »