« クリップで 留めたいアート 消えちゃった | トップページ | くりケーキ »

2015年1月 4日 (日)

ネーミングは難しい

Img_2966


Img_2965


Img_2964


平成27年春の北陸新幹線糸魚川駅開業に合わせ、新幹線駅舎の1階に
ジオパークと鉄道をテーマとする糸魚川市ならではの資源を活用した施設を
オープンします。

 この施設は、糸魚川の山と海がもたらす幸、そこで育まれる食や
文化・歴史、東西の境となる特異な文化など、
糸魚川ジオパークに関する様々な情報を紹介するとともに、

新幹線待合所には、かつて大糸線で活躍していたキハ52形気動車や
ジオラマ鉄道模型などを設置し、お子様はもちろんのこと、様々な年代の方々が
鉄道を通じて交流できる場となっています。

 そこで、市では、観光客や地域住民の皆さまに長く愛され親しみを感じて
いただけるような施設の愛称を募集します。
 市民の皆さまをはじめ、多くの方からのご応募をお待ちしています。

*

つうことでね。応募したとですよ。
実際に採用されたのが、こちら

糸魚川ジオステーション ジオパル

選考理由
◇「糸魚川ジオステーション」は、「ジオパーク」「ジオラマ」の「ジオ」と、
駅の「ステーション」を組み合わせたもので、地名も含まれており、
所在情報と施設のコンセプトが伝わりやすく、わかりやすい。

◇「ジオパル」は、「ジオパーク」の「ジオ」と、
英語で友達・仲間を意味する「パル」を結合した造語で、
ジオパークやジオラマの輪が、友達・仲間に大きく広がっていく、
その中心施設というイメージが施設の設置目的に合致する。


そして、私が応募したものが


1. ひすいーと

翡翠+糸魚川「ひすい」+「いといがわ」、
後半「すいーと」は、呼びやすさもあります。

Sweetには色々な意味があります。
「甘い・香りのよい」→地元銘酒の普及を願って。
「新鮮・爽やかな」→ジオパーク糸魚川の自然、空気の綺麗な印象。

「気持ちのよい・快い・楽しい」
→糸魚川駅を訪れた全ての人々がこのような気持ちになれる場所。

「感じのよい、好感のもてる」
→親切で優しく、穏やかなおもてなしでお客様を迎え入れる。
以上の意味を込めました。

*

2. ひすいっと

翡翠+糸魚川「ひすい」+「いといがわ」より。
後半「すいっと」は、呼びやすさもあります。

海から近い場所、町中からでも山からでも
「すいっと」行ける場所という意味と
気軽に集う、人々の温もりが咲く場所になれば良いという願い
を込めました。

*

3. ひすーいと

翡翠+糸魚川「ひすい」+「いといがわ」より。
「すーい」という伸びやかな感覚より、和みの場所になって欲しい
という願い。

海から近い駅なので、海→水→「すい」 または 
海→泳ぐ→「すい(む)」 の音を入れました。

*

4. ちかっと

海・山・町、どこからでも近く、行きやすい駅
どこかへ出かける時にも通過する場所であるとともに
大海原に光る灯台のように、人々の帰る場所になれば良いと願って。
(市外に出た若者も取り戻し、活性化になれば最高です)

*

5. じおっこ

ジオパーク・ジオラマの「じお」 
ジオのある駅に集う子で「じおっこ」

子供だけの意味ではなく ジオパーク(大地の公園)の駅に降り立つ
全ての人々の意味を込めました。

*

スイート
**sweet/swít/[形](~・er, ~・est)

1 甘い(⇔sour, bitter);甘味の;〈ワインなどが〉甘口の(⇔dry)
This milk tastes sweet.このミルクは甘い味がする.

2 〈水・バター・ミルクが〉腐っていない, 悪臭のない,
〈水・バターが〉塩気のない, 塩を加えていない(⇔brackish);
〈空気が〉新鮮な, さわやかな

sweet butter((米))無塩バターsweet mountain water新鮮な山の水
(▼freshのほうがふつう)the sweet country airさわやかないなかの空気
This milk is still sweet.このミルクはまだだいじょうぶです.

3 〈声・音が〉美音の, 耳に快い, 音楽的な
a sweet refrain耳に快いリフレイン
the sweet tones of a flute快いフルートの調べ.

4 芳香のある, 香りのよい
the sweet smell of success成功の甘いかおり
a sweet deal((米))うまい取引.

5 気持ちのよい, 快い, 楽しい
a sweet sight [poem]美しい景色[詩].

6 ((略式・女性語))かわいらしい, すてきな;いとしい(dear);
魅力的な(attractive)a sweet babyかわいい赤ん坊

my sweet Johnいとしいジョン
You look sweet in your white dress.白いドレスが似合ってすてきよ.

7 ((女性語))〈性質・作法が〉感じのよい, 好感の持てる;
〈人・行動が〉親切な, 優しい, 穏やかな

That's very sweet of you.どうもご親切に
It was very sweet of you to come.よくいらっしゃいました.

8 ((米略式))取り扱いが容易な, 簡単に扱える, 腕のいい, じょうずな
a sweet set of wheels扱いやすい車.
9 感傷的な;うんざりさせる;非現実的な.

10 〈土壌が〉酸性でない, 作物に適する;
《化学》腐食性[酸性]物質のない,
〈ガソリンなどが〉硫化物を含んでいない.

11 〈ジャズなどが〉スイートな:もとのメロディーに忠実に演奏される.

(as) sweet as a nut((英略式))非常に気楽な[に];有利な[に];
朝飯前の, 楽な.

go one's own sweet way/please one's own sweet self
自分の思いどおりにする.

in one's own sweet way好き勝手に;でたらめに.

keep a person sweet((略式))(後々のために)〈人の〉機嫌をとる.

sweet and twenty20歳の美人
.sweet on a person((古風))〈人に〉夢中で, 恋して.

━━[副]甘く, 快く, 優しく, 親切に(sweetly).
━━[名]
1 [U]甘味, 甘さ;芳香;快い音;甘い物;よい香り[音]のするもの.

2
(1) ((~s))((英))キャンデー, 砂糖菓子, ボンボン(((米))candy)
(▼ただしa sweet shop菓子屋);((米))
砂糖がたくさんはいったパイ・ケーキ・キャンデーなど;
((米略式))サツマイモ.

(2) ((英))(プリン・タルトなどの)甘いデザート
(((米))dessert).3 ((~s))((形式))楽しいもの;
楽しみ, 喜びthe sweets of victory勝利の喜び.

4 いとしい人, 愛する人, 恋人;((my ~))
((古風))((呼びかけ))ねえ, あなた, おまえ.

5 ((米俗))同性愛の男.
6 ((詩))(女性の)胸.

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

詩の発表場所あります
自慢の絵・写真を披露したい方にもおすすめ!

ワタクシすずこが編集している手作り詩誌
ポエムサークル「みゅう」

仲間になり購読いただくと
ボツなしで冊子掲載 & CDトーク → 全国郵送★
見本誌もあります。読みたい方も連絡くださいね。

以下に本誌の写真・詳細を紹介していますので
クリックして御覧くださいませませ~☆

ミュウ 223.224号 完成♪ 

すずこのリンクはこちらから

~いつかの すずザレ~ 藤鈴呼の戯言
過去作も織り交ぜてUPしていきます☆

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

■ 国語と英単語と実用後とことわざ小辞典 ■


この 金が無いって 承知している時に

すぐ必要に無いだろう 小辞典を 4冊も 買い込んで

いつでも 分からなくなれば 隣のあの人が デスクの引き出しから出す

小さいけれど 有能な 優脳な 脳ミソを 手に入れたくて

別に漢字が書けなくっても 僕が 死んで しまう事は無いし

例え 手紙で 誤字を出しても あの人は 流し読みする事 知っているのに

くだらない常識ばかり かき集める 彼女に 驚嘆した日から

彼女の口癖 乗り移ってる 「解らない事は すぐ辞書で 調べなさい。」

それが雑学の 机辺ですと 早速 頁を 開いて見ても

一口サイズの 小物の中身 僕の求めた 玩具は無いね

そういう事も 有るだろう 「コモンセンスが 足りません」 でも 僕は良いや。

「さも有りなむ。」 と 笑いながら、 「おおきに」 と言わずに 「いとをかし。」

お菓子は グリコのポッキーが 出発前から 車の中で

足元優先にセットした 暖房のセイで 溶け切っているだろう チョコレートも

袋ごと あの人に 預けて来たけど 試験勉強の途中では

すぐに取り出せられるなら 嬉しい贈り物に 成った筈なのに

残り物の ラッピング済みで 御免ね 季節は既に ホワイトデーなのに

ホワイトデーって 白い日なんだね 僕のココロは 何時でも白いよ

炎の様に揺れながら 実は結構 焦って居るんだ

やるべき事が多過ぎるにと 減り続けるだけの 諭吉の紙切れに

四枚有った筈なのに 三日経ったら 三枚消えた。

チャックの中の 小銭も入れても そろそろ おいとま するしか無いか・・・?

*

■ 歯 槽 膿 漏 ■


昨夜の時の流れは・・・そう・・・ 思った以上に 時が長くて

広瀬香美の BEST盤 ひたすら聴いた 3回クール目

涙が流れそうになり 慌ててシートを倒しながら

未だ 睡眠を 摂ってないねと 熟睡モードに なる事 怖れた

今夜は完璧 アポ無しだから 予告 通りに 昼過ぎの目覚め

ちゃんと一度は 向かったよ アナタと離れ 雪の町へと

やっぱり地元に 居ないのね 吹雪と告げる ママンの声に

心の中で 謝って きっと今月 また お金を借りてしまうけれど

先月分も 返してないよね あの日 貴女が 見せた涙を

思い起こして 丁度 貴女を 描く あたしは FAXの前で

送信ボタンの押し方が 案外 難度の 問題の様で

教えて呉れる いつもの貴女が 今は遠くに 離れて居るから

たまに望郷したい日は いつもの生活 越えるのもいいね

当たり前の 日常からは なかなか 出ない 感謝の台詞

受話器 越しなら 言えるだろう 潤い足りぬ 視線の様に

目薬 冴えて 走り出すだろう 一滴 垂らし 止まれずに 生る

引きずる痛みは 筋肉痛 腰痛 肩痛 歯痛は無いね?

久方振りの歯医者さん そろそろ アポ入れ 開始しようか

まとまった思考 生み出す為に 又 痛んでは 思考が詰まる

歯槽膿漏 繰り返したら 入れ歯 生活 突入するから

米粒 欲し Denny’sで メキシカンドリア 食べられなくなってしまう。

*

■ 超 激 爆 過 激 越 水 亀 蛙 軍 団 秘 話 ■


「そこでアタシのことを ニラみつけてる クソババアが 居たのよぉ――っ!!」

あたしは思わず 身体をビクつかせたままで 大爆笑に 埋もれるか

もしくは ジィ~っと 彼女の座っている方角を 凝視する 処でした。

そう・・・ 「あなたも 充分 ババアだよxxx」 しかも・・・ クソ付きのね。

こう言うのを 井戸端を離れた 蛙たちの 大団欒と 呼ぶのかしら。

あっちにも、 こっちにも、 そっちにも、 どっちにも、 カエル軍団。

ゲコゲコと 水溜りを求め 彷徨い歩いて居れば 未だ可愛気も

感じられると 言うもの。

カエル達は 幾つかの分かれたテーブルに 幾軍団かで 分かれて座っていて

それぞれの 水不足解消問題に関する論議に必死で

口を開いても あたしの身体の中には 其の水滴の欠片は 入っては来ずに。

七、八、カエルが 2軍団、 2人ガエルが 左脇。

2人ガエルの片割れが 水を流しに 席を立つと

残りガエルは 大人しくなる 「アナタ 私みたいに1人きりに成れるの?」

暇を 持て余しそな カエル 伝票 掴んで レジへと急ぐ。

「ふぅん こうやって おごる光景も 何だか ありきたりのよで 面白いわね。」

しばらく経過し 戻って来たカエル 「えっと・・・ここの支払いは?」

「もう 良いのよ、 大丈夫だから。」 「ああ・・・そう? 悪いわね。」

全然 悪意の欠片も ミトコンドリア程も 見えぬカエル そうだね君は

海中の生命体じゃない。 両生類だから 水が無けりゃあ 死ぬんだろ。

そう言うアタシも カエルの様に 水を求めて 生るのだけれど。

*

■ 孤独狼に成り損ねた一匹蛙の其の後連想 ■


赤のスカーフ 幼稚園時代 忘れ得ぬよな 小さな鞄も 赤い色。

ロング黒スカート から伸びた足首だけ何となくだけど 細く見える。

なのに 上半身は何故か水色 其の色彩感覚 理解に苦しむ。

コーディネートという言葉を知らないにしても トイレにゃ鏡が 置いて有ったろう。

全身 映る 縦立鏡が。 出発後じゃあ それも意味 無いか。

おまけに 足元 黒のスニーカー 良い齢なんだから どうにかしてくれ。

ヒールまでとは行かずとも せめてパンプス系のが有るだろう 見るに耐えない。

それでも周囲の人間達より一番若めに 見えてしまって 目が行ってしまう。

各々の銭袋から小さなコイン取り出して 払い続ける 彼女達。

ズダ袋 如きを 床スレスレに 浮かせ手にする ババアも視界に入る。

スモックを着て 黄色い帽子を被って居たならば 許せただろうか。

何故か紙袋まで持っていて そうか荷物多いには 僕と同じだけれど

僕ならば きっとこうするね 全てが入る 大きな鞄の色は黒で 肩にかけてる。

いつも 大き過ぎると言われ からかわれては来たけれど 大は小を兼ねるろつて言うだろう。

万屋バッグで充分なんだ. ブランドものは香水と もらいもののTシャツぐらいで、

コンビニには ホワイトデーグッズが散らばる. 端正に 並べ立てられた日を過ぎて

安物売りのカゴの中で バラバラになるあたりに 僕と君とは 再会するのだろうか

それとも まとまった休日が取れる 皐月晴れの頃になって、 梅雨の切れ間の雲が

見える曇空の朝に、 暑さにくたばる七夕の夜に、 愁いを感じる秋の日に、

ぐるり回って 今の季節に、 やっぱり冷たい 氷柱を 見ながら。

*

■ 昨夜CALLが鳴り響いたのは大体この位の刻でしたね。 ■


オートバックスが国道沿いに有って 汚くなってしまった ハンドルカバーを

フサフサの毛並みの 産まれ立ての子猫を 思い出す様に 求めたけれど

気持ちが急(せ)いて居たのか 時間の余裕は たっぷりだったのに

たまたま閉店前だったのに 寄る事が 出来なかった。

一度目 通った時には 右車線の大好きな いつもの癖で

左側の 流れる様な 四角い箱の中に 僕の おもちゃ箱を

入れるスピードを逸した. 入れ込むスペースも 多分 存在しなかった様で。

だから代わりに あの標識の位置を 視覚に叩き込ませる事にした。

やっぱり時間は たっぷりと余ってしまって 居たのだけれど。

次来る時の為に 一番の近道を 知っておきたかったんだ。

僕がいつも 良かれと思って行動すると 物事は逆回転に 動いてしまうから

今夜 君から最後の、 二人の最期を告白する台詞が

此の耳の中に 入り込まない様に 鍵をかけておくね。

完全に ロックしてしまったなら 君が僕を 呼んで呉れる音に

気付けなくなってしまうから―――. もしも、 君が、 いつもの様に

変わり映えせずに 僕を 呼んで呉れたならば―――、 の お話だけれど。

右爪の 親指の先が 伸びて来たから つまむ様に持つ ボールペンの色は

赤信号になりかけの黄色で 「こっちじゃ黄色は 注意しろ、 じゃ 無いからね。」

「おら赤になっちまうぞ!! 進め――!!ってか。」 やっぱり 僕は 笑ってる。

世の中に オービスと警察が 存在しなかったならば

僕は とっくに 死んでしまってるだろうからね。

*

■ もしかしてこの時間帯と云ふ事は よもや****に夢中なのですか・・・? ■


Wednesday に 賭けてみたい様な 気持ち。

「 平日は 今は 君の相手 してあげられない 」 言葉通りに

やっぱり 今日も 遅かった  今夜の表情は きっと 最厄 だけど

クマを創って 疲れ果てたままの  もしかしたら ラストイメージに

それだけは 絶えられないのと 笑顔を向ける 準備の中で

セットされてる BGMは やっぱり二人の 思い出の曲。

現在進行形の中でも いつかの 別れの 瞬間でさえも

きっと 優しく 包み込んで呉れるのは 今の二人には これしか無いだろ。

お互い別の ラブソングで 互いの存在 思い出して居ても

二人で 口ずさめるならば ドライビングは やっぱり。

回し者では 無いけれど 渋滞の中 窓全開で 口ずさむ。

エロエロの歌詞ならば ほんの少しだけ 分からぬような声で。

また 良い感じに 流れ出したら 丁度良いかな 流れる。

1年前に 君を想った H Place そろそろかかる。

寒い花見を 想う サクラは もう 唄い上げ ここまで 来たから

僕は 二人で 絶叫を 越える未来を 品定めしながら。

*

なんか つまんないんだ

むなしいんだ

いつもの生活

何かが 変わるのかな

あなたの中で

何かは 変われるのかな

あたしの外がわに

くっついていくのかな

はりついているのかな

とんでっちゃうのかな

*

なんだか つまんない日だねって ぼくが 言ったの。

それなら 楽しい日に 変えてあげるよって

きみが 云ったの。

*

置き去りなんじゃない? 僕の事。

だって つまんないんだもの。

ねむれないんだもの。

*

だって このまんまじゃ 全然意味の無い事だって

よっく 分かってるよ。

それでも どうしようも ないんだもの。

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°
人気ブログランキングへ
↑ポチッとな~☆↑


|

« クリップで 留めたいアート 消えちゃった | トップページ | くりケーキ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ネーミングは難しい:

« クリップで 留めたいアート 消えちゃった | トップページ | くりケーキ »