« 指なし手袋、 | トップページ | 海ほたるクリア »

2015年1月20日 (火)

空を走る

Img_3292


Img_3293


Img_3294


繰り返される プロペラの連打
小気味よい音が響くは タイピング
キーボードの上で 鍵盤を弾く
例えば 裏返したら スケボーになる
子供の玩具は 何時だって 便利
算盤でも 剣玉でも 何でも来いだ

唯一つ 気を付けなければならないと するならば
ダルマ落としの瞬間
棒を 間違って 呑み込んでしまったら
脳天 突き抜けるからな
美しい空の色を 憧れのまま 維持したいならば
守ることだね
決して 上向きに 持たないように することだ

振り回しても 文句を言われぬ存在は
笑顔と 柔らかな空気感
感覚が全ての世界では
色合いをも左右する夕暮れのように
全てが自由だ
孤独と領域を勘違いした蔵人が
酒蔵に閉じ込められて 乾杯をする
どんなドブロクより ステキなカフェで
一息を吐く

息は黄色い
目玉の先にある赤い球が
少しずつ 歪んで行くように願う
空を駆ける雲と 同位置で
隠れん坊をしたいならば
今度 機体の内側に 潜んでみれば良い
きっと 見つからないから

そよぐ風と 追い駆けっこをしたら
何よりもステキな週末に なるよ

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

黄色い鳥の物語
http://fujisuzuko.cocolog-nifty.com/blog/2015/01/post-32fe.html

昨夜 ゆりの作品「グリーングラス」を読んだ直後に
ザレったものです。

ご本人よりコメントいただきまして、
んおっ!?ってなった。

流石、わかるのね(笑)
その触手の鮮やかさに舌を巻いているところです。

いつか ゆりのが表現していた言葉
「チューニングが合った」、って瞬間だったようです。

「嗚呼、ゆりの、こういう事なのね!」と思いながら
紡いだのでした。

同じ作品でも 読むタイミングに依って
「酔い度」は変化しますものね。

ゆりの作品を味わうか否かのタイミングで
久々に 「ぶおーん」と威力が湧いて来たので
キーボードに指を置いたら出来上がりました。

ちょっと 私が描きたかった世界観と
イメージは違うけれど まあ良いか、
と言う感覚になったのが
「黄色い小鳥」なのでしタ。

ところで、ゆりのはミュウメンバーなのですが
最近、御夫婦でgooブログデビューされましたので
ここで ご紹介!

ようさん作品はこちら

ゆりの作品はこちら

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

詩の発表場所あります
絵・写真を披露したい方にもおすすめ!

ワタクシすずこが編集している手作り詩誌
ポエムサークル「みゅう」

仲間になり購読いただくと
ボツなしで冊子掲載 & CDトーク → 全国郵送★
見本誌もあります。読みたい方も連絡くださいね。

以下に本誌の写真・詳細を紹介していますので
クリックして御覧くださいませませ~☆

ミュウ 223.224号 完成♪ 

藤鈴呼ボイス・ハンドメイド・ブログ一覧

藤鈴呼の戯言 ~すずザレ~ 
過去作も織り交ぜて更新中☆

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

キラキラ 一滴
今にも 零れ落ちそうな
大きな 瞳

たまたま 昨日の女性は
瞳パッチリさんだったけれど
大きさの 問題じゃあ 無いんだ

広告を見て 訪れた ラッセン展
昔っから 名前くらいは 知ってる・・・
程度で
絵画には 疎い私だけれど

何故だか 心惹かれる 瞬間で
眺めた 瞬間に
何時もは 新聞と一緒に
重ねて しまうのだけれど
今回は 折って 机上に 乗せた

駅 2つ分の距離を
二人で サイクリングしたのは 
初めて

もう 日曜日の 夕方
日差しも強くなく
ちょっと 寒いくらいの 雰囲気

辿り着き 絵に囲まれて 癒されていると
女性が 近寄って来て 説明を 始めた

その 本気たるや 圧巻で
もしかしたら 絵 以上?

キラキラした 瞳は
マリンアートの キラキラよりも
光って居たかも 知れない

買う気は 無かったので
少しして 席を立った 私達

彼女には 申し訳 無かったのだけれど
あの キラキラに 誘われて
説明に 聞き惚れて しまったんだ

若き日の アタシは
あんな風な瞳で
説明が 出来て居たのだろうか
ふと 思い出した

今の 私は
どのくらい くすんでしまっただろうか
ハッとした 瞬間だった

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

最近ね 気付くように なったんだ
一ヶ月で 区切れるような
簡単な 構造では無い って 知って 居る ケド

一応 女の子だから 
一ヶ月 クールで・・・ って

何か 毎回の ドラマみたいな 表現に
なっちゃってるケド

この単位で 考えてみるとね?
月の女神が 三日間と するでしょ?
でも 一週間くらいは 続くんだよね

そんで 手前 あたりから 
だるく なってくんだよ

以前は 女神到来の 期間ダケの
鈍痛のみ と 信じて 居たんだけど
どうも 違うみたいで

年を 重ねる毎に 
自分自身の 体調も 心境も
変わって 行ってる 気が してる

今は 毎日 出掛けなきゃ イケナイ 
って コトが 無いもんだから

ダルィ 気分に 任せて 眠ると
何時までも 寝れちゃうの

昨日も 夕方まで 寝てしまってね
でも 無理は しないコトに してるんだ

時節柄 ちょっくら早い 皐月病かな、なんて
お茶らけモードで 思う内に

夢現で 寝汗 かいてみたりして
いい加減 寝すぎだぞ って
自分で 喝も 入れたくなる 位になると

不思議な モンで
今度は

二倍くらいの やる気が 出てくるんだよ
躁鬱モード かーいなんて ♪言わないの~ぉ♪
♪(〃゜▽゜)ノ□☆□ヽ(゜▽゜*)♪.

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

凄く ステキな 言葉だなぁ と
思いながら 読んでたら

最後に 曲が 貼り付けてあって
何気なく 聴いてみたら 
すっかり ハマって しまった

この曲の 歌詞も ステキで
最初は 
初めて 聴くんじゃ ないかな って 思ったけど

サビの 部分で
何となく 耳が 心地良いよ♪ って 微笑んだ
アタシ このフレーズ
何となく 知ってるヨ☆ って。

ア・イ・シ・テ・ルのサインの 未来予想図
今のところ これが 最新版・・・かな

丁度 彼女の 一番 辛かった時期の
曲なんだと 思う

紅白バージョンを 
テレビで 眺めた時の コト 思い 出した

確か 前の家で
私は 夕食作りの 途中だったか
皿洗いを していたか

前は LDK だったんだけど
台所に 立つと テレビが 見えないのね

それで 手を止めて
画面に 釘付けになって 聴いてる内に
涙が 止まらなくなって しまったんだった

その後で ゆっくりと 落ち着いて
改めて カラオケで 歌った時も
こみ上げて くるものが あった

当人ではなく 
特に ファンと 豪語もしてない
私でさえ こうなのに

彼女 自身は
何て 華麗に 歌い 上げるんだろう

そう 思ったら
又 新しい涙が 流れたんだよ

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

久々に サイケ なんて 言葉を 目にしたよぉ。
エックス ライブに 通ってた 時代には。。。
嗚呼 そうか あれは 高校生だから 18歳だと しても 
そろそろ その 二倍の年齢に なるのだ ねぇ。。。
しみじみ。

で、 ライブ では
サイケデリック バイオレンス 
クライム オブ ビジュアルショック
ってのが 定番の 文句で

ウィー アー エーックス って 
雄たけびも してた なぁ。。。 ( 遠い目

そう言えば 先日 ダイゴが 
テレビで お決まりの ポーズ してたけど、

集まった 客・・・ もとい ファンとの 掛け合いで
エックスを 思い 出したのは 私だけか なぁ。

エックスの 場合は 両手を 万歳させて
掌は 向こうに向けて クロスさせるけど

ウィッシュの 場合は 胸元で 
掌は 自分に向けて クロスさせる って 違い 
なんだけどね、

最近 ♪ばんびーの♪ とかって 唄ってる 姿が
芸能ニュース コーナーで 流れたり するんだけれども

其れを 見た 彼の 一言。
「 何か これ、 メロディーが
     ♪ウォンビーロン♪ じゃね? 」

⊆|∵|⊇
おー 懐かしいねぇ バブルカム ブラザーズ♪

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

世間では 杉花粉が 過ぎ
( 韻を 踏んで みました♪ )

今度は ヒノキ花粉に 移行してるって 話らしいけど 

檜 とか 桧 とかって漢字 なんだ ねぇ。
今 変換して見て 知ったって ハナシ。

でね? ちょっと 最近 
朝っぱらから ちょこっとの間 
ティッシュの お世話に なるんだ けれども 
よもや 花粉症 デビューじゃあ あるまいなぁ。。。

まぁ 母は 温度差で くしゃみする症候群
( 正確な 名前は 忘れたが ) なのですが ねぇ。

冷蔵庫 開けて ハクション、 鼻水とかって
有るんだってね。

さながら アタシは ドラキュラ 症候群?
朝に 目覚めたくない と 
身体が 悲鳴を 上げるのかっっ ! ?

なんてことも タイプしている 途中に
ジュルッとな~♪ ・・・で、
ティッシュの 箱が 無くなりかける (爆)

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

月曜日に なったので
早速 サガミに 電話した。

バイトルドットコムの サイトにある フリーダイヤルから
プッシュ操作を 繰り返して
ようやく 店舗に 繋がったところで
二度 たてつづけに 切られる。

一度目は 間違って 切ったのか と 思い
再度 フリーダイヤルから チャレンジするも

二度目の 「今、 繋がってるな」 と 言う処で
無言のまま、
店員らしき 女性の 声が 聞こえた。

「 何か 良く わかんない。
  また、 掛かって 来るかな? 」

嗚呼 そーですか ( ̄へ ̄♯) 、 ってな ことで、
イラッと しつつも

今度は 直接 店舗の 電話番号を 調べて
電話 攻撃。

アルバイト 希望ですが
担当の **様 いらっしゃいますか 、 
と 尋ねた 処で 中年女性の 声。

「 **は 転勤に なりました 」
・・・あっそ。( - _ - メ ;)

じゃあ 『 昨 日 』 サイトに 載ってた 情報は
既に 古いのか?!、

内容を 訂正せぬまま 掲載期間を 延長 しているか
の どちらかなのね?

実は 先刻 二度程 フリーダイヤルから 掛けたけど
切られた 、 と 説明している 『 途 中 で 』

「 担当者に 変わります。 」
(-ヘ-メ)(`ヘ´メ)  何か 対応 おかしくね?

担当者らしき 男性が 出て、
こちらの 希望を 伝えると

「 あー、 昼間は もう 一杯なんですよねー 」

以上、 ものの 10分で 玉砕。 ケッ。
午後は すき家に 電話 しようかしら♪

しかし、 電話 一本でも 嫌な イメージって
植え付けられて しまうね。

だって 昨夜までは、 うどん 大好きだし 
ちょっと 高いけど 
一度 下見に 食べに 行きたいな♪
なんて 思ってた けど、

今の 対応で 既に
二度と 行きたくねぇや! って 雰囲気だもん。

ま、 二度と、 って 言うよか、
行ったこと ありませんけどね~( ̄▽ ̄~)(~ ̄▽ ̄)~

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

スタタン スタタン スタタン・タンッ♪
小気味 良い程に 響く スネア音

いいえ スカタンでは 有りません
スカンクの 後ろ手に 回ったら
スカシッぺ くらいますヨ と 牽制球

後ろに 回した手で むんずと 掴む
期待 してない 気体など
全て 掌に 収められる 訳が無い

いいえ 意外と デカイんですヨ
知ってました? 手を 広げると

丁度 顔の大きさと 
対等に なるんですって。

勿論 例外も 有りましょうとも
元来 日本人は 
短足に 出来てるんです

出来てる、なんて
一体 誰が 作ったのか って?

そぉそ アナタの
お父さんと お母さん なんですヨ

そぉそ たんそく と 入力して 
短い足 の 変換が 見つからないからって

嘆息 しないで 下さいな
返還 しないで 下さいな

そんな 空気は 入りません
ケイワイだなんて 責めないで 下さい

スカタン スタタン スカタン と
相も 変わらず 小気味宵 音の下

月夜のタンゴは 佳境に入る
女神様は 腕時計を チラリと 見やり
明日の 地平線へ 向かって行った

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

虚空に 浮かぶ 
雲は 灰色

晴天の 下ならば
どんな 笑顔も 
白く 輝く 気がして

喩え 前歯が 
黄ばんで しまって いても

気持ち だけは 
透明なまま 美しく

禁煙したって 
ヘヴィー スモーカーだった 時代のこと
こうやって 思い出して しまうんだ

浄化 されたような気に 成ったって
一瞬で 空の 色は 変わるから

本物の 雨に 打たれて
涙を 流すことに なるかも 知れない

涙じゃなくて 雨だって
言い訳にだって なるかも 知れない

とにかく 今日の 空は 青いから
このまま 暫く 佇んで 生きよう

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

ノロノロ 
トロッコに 揺られて

フラフラ
辿り着いた 鉱山

マインランド尾去沢
あすこで 初めて飲んだ

金箔入り 梅茶
こぶ茶なんて 知らなかった時代

キラキラと 浮かぶ姿で
金色堂を 思い出した

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

寝ぼけ眼で 太陽を浴びる
朝 カーテンを 開けた瞬間
目が眩む感覚を 味わうでしょう

洗濯を 終えて
さて 干そうと 思った瞬間
視界の隅に 映る 黒い 物体

瞳が 疲れて 居るんだ
一度目は そう 言い聞かせて

錯覚なんだ
二度目は そう 思い込ませた

三度目で
新たな 事実に 気付く

なぁんだ 隣の庭木に 遊びに来た
鳥じゃあ 無いか

こうして パソコンを 打っていても そう
今は 夜で 閉め切った カーテンの奥

闇に 塗れて 
哀しみの翼
広げて 鳴くのかも 知れない

室内には ブラウン管から 垂れ流される
ニュースや バラエティー音が 乱れ
あなたの 寂しい溜息は 聞こえない

まるで 其処に 無いものかのように
かき消される 悲しさに

翌日 新しい 日差しを浴びて
もう一度 訪れた 番

どうだ 大きいだろう?
コントロール 抜群だろ?

そう 言わんばかりに
ぶつかりそうな 壁際 スレスレ飛行

美しい 螺旋
流線型の ボディ
嗚呼 君と 一緒なんだね

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°
人気ブログランキングへ
↑ポチッとな~☆↑


|

« 指なし手袋、 | トップページ | 海ほたるクリア »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 空を走る:

« 指なし手袋、 | トップページ | 海ほたるクリア »