« お菓子みたいな・・・ | トップページ | 本物のヒスイ・・・? »

2015年1月22日 (木)

彩り豊かな夜

Img_3385


Img_3386


Img_3387

昨夜の糸魚川駅前
最近 駅前アーケードも新しくなりまして

雁木通りまでライトアップされているんですね
ちょっとしたクリスマス気分

何でだろう こういう色合いを見つけると
やはりクリスマスのイメージが広がってしまう

三月中旬あたりまでライトアップが続く様子
以前より 少しゴージャス ステキかな

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

色々な表現方法を探しながら
ネットサーフィンしていると

思わぬ発見があったりして
驚くことも多いです。

いろいろ。
色・・

昔、塗り絵が好きでした
始めはクレヨンを手にしていたんだと思うが
物心ついた頃は クーピーだったのかな
色鉛筆もあったな

12からはじまって 24色にあこがれて 
果ては60色色鉛筆があったらステキだなぁ、と願った
幼少時代

色鉛筆やクーピーは固形ですから
塗り重ねることは出来ても
絵具みたいに混ぜ合わせることは 出来ません

だから 手っ取り早く 沢山の色を装備した
多色クーピーを求めたんでしょうね

最近 緑キャンペーン中です
まあ 出雲で出会ったブレスの色を
より好きになろうかな、と

ブログ画面も 飽きていたりして
ちょっと生まれ変わったサイトもあります

ついでに 
人気ブログランキングの登録カテゴリーも
若干変更してみたりしてね

昔は 真っ黒の画面に 真っ白の文字
これが私のサイトの定番だった

今は無いガイアックスのサイトなんかでは
それが普通だった

最近ね、黒画面に白文字って
何だか目がチカチカするんですよ

・・・年なのか?! と気付き ハッとする

テンプレートも色々あって
変更しようとすると楽しいですよね

私はパソコンからしかアクセスしないので
良く分からないですが

多分 携帯だと シンプルなんでしょうね
あと文字も全て 表示されないんだろうなあ~

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

もやもやの心が 
もふもふの身体にくるまれて 

ぽかぽかと温まって
スッキリすれば良いんですが 

中々そう上手くはいかないですね。

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

幼い頃 無性に憧れたのが 
アップリケ

今は 携帯や鏡をデコるのも
当たり前なのでしょうが

当時は純粋に 穴を隠す修理の為、というのも 
多かったのでしょうね

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

根や種が食材になるもの
結構あるのでしょうね。 

詳しくは分からないのですが 
ゆりの根だとか キキョウの根だとか 

花びらは 愛でるばかりが 能じゃない

そして ヒマワリの種は
ハムスターのご飯にもなりますネ★

昔 飼っていたんですけど
味見してみたら くるみ風味でした

くるみって 良いよねー
カシューナッツ炒め、とかあるけれども
先日 衝動買いした胡桃を つい
サラダに乗っけて 出してみた(笑)

くるみ餅 実家時代は良く食べていたんだが
自分でやるとなると 面倒で・・・(爆)

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

アルミホイルは
冷たいものを温かくする
魔法の存在だから

固いサツマイモも
甘みが増し 
やわらかくなるんだ

私が一番
アルミホイルを活用する瞬間は
プラバンを縮める時

トースターに入れて 
アルミホイルの上にプラバンを乗せて
チンをする

それ以外の使い方は知りません(笑)

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

先日餃子が食べたくて購入しました
(え゛、作らないの? 笑)

いつも簡単焼きするダケだったのですが、
旦那が「羽根つけようよ」と言うので
途中で焼留。

(あら、焼き留めなんて表現をすると
マイクロマクラメコードみたいだわ★

→手芸用品で
ストラップなどを作成する時に使用できるヒモ)

片栗粉で「羽根」を作成したのですが、
しょっぱなから入れずに
一度ハンパ焼きした所為か 
ちょっと もっちりした感覚に。

皮の中身がジューシーでモッチモチ ならば
嬉しいですが 

羽根はやはり
パリッとしたいですね

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

詩の発表場所あります
絵・写真を披露したい方にもおすすめ!

ワタクシすずこが編集している手作り詩誌
ポエムサークル「みゅう」

仲間になり購読いただくと
ボツなしで冊子掲載 & CDトーク → 全国郵送★
見本誌もあります。読みたい方も連絡くださいね。

以下に本誌の写真・詳細を紹介していますので
クリックして御覧くださいませませ~☆

ミュウ 223.224号 完成♪ 

藤鈴呼ボイス・ハンドメイド・ブログ一覧

藤鈴呼の戯言 ~すずザレ~ 
過去作も織り交ぜて更新中☆

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

下の階で 入荷商品 チェックを してた 彼等。
話題は どうやら 
チーズ フォンデュ が 食べたい と 言うもの。

「すずこさーん」   呼ばれて 振り返る
営業の 男のコは 言う。
「すずこさんが 連れてって くれるって!」

かくて 話題に 引き込まれた 私は 応える。

「 良いよ~
  お金 出して くれんなら 何時でも 連れてくよ~♪
  くすっ☆ 」

直後に 近くの彼女と 営業の彼に 突っ込まれる
「くそっ?!」

ちーがうよー
「くすっ☆」 って 言ったの~お!

「なぁんだ、 最近 おしとやかに なったなぁ と 思ったら
  くそっ って 言うから  がっかりだなぁ~ って
  思ったのにぃ~ 」

嗚呼 「す」と「そ」の 違いは 恐ろしひ カナ×××


   『 サ行の 悲劇 』

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

何時もの 昼休み
アタシの メニューは チャーハン

良く 「大盛り!」 って 注文するけれど
アタシは 何時だって 小盛りだ

オーダー する トキ
今度は

「 チャーハン 小盛り ! 」 って
言って みようか なあ×××

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

男が 三人 来た
奥の テーブル席に 座られると
もうすぐ 食べ終えるから
一服するのに 気を 遣うなぁ×××

それより うちの 会社の人じゃ
無いだろうなぁ×××

コップ置きの 硝子に 映る
人影を 眺めてた

直接は 見えぬ 角度だ

棚を 超えて 
トイレに 向かう人が来て 目が 合った

ニラんだつもりは 無いのだが
こちらに 来たそうな 感じの 別の 男も
こちらを チラ見した

目が 合った

ニラんだ 訳じゃ 無いけれど
彼等は おばさんの

「 この テーブル席で 良いんですか? 」 

の 言葉に 頷いた
やったっ!_( ̄▽ ̄)ノ彡!

彼等に 注ぐ 水を コップに 入れながら
おばさんが 言った

「 もう 皆さん 夏服なんですか? 」

小腹 いっぱいで 
チャーハンを 無理に ほおばってたから

「 ううん 」 と 喉声で 言うのが 精一杯だった

ホントは

「 夏服は 六月からですよー  上着 脱いでる ダケ♪ 」

って 言いたかったんだけど なぁ~

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

やっぱり 人間
自分の 非を 認めなきゃ 駄目だ

相手に ばかり 責任を 押し付けるのは
浅はかだ

言われた方が 謝ったなら
言った 方は 満足 するだろう

だけど

互いに 確認しながら 
一つの作業を する場合

どちらかだけが 悪い事は 無い
確認を 怠り 押し付けておいて

自分は 全く 悪く無い と 
豪語する 行為は 

情け無くて 
反論する気も 失せる

蓄積された 怒りは 渦と 成り
濁流に 巻き込まれ

いずれ 
激しい 竜巻を 引き起こす

どんなに 固い 岩も
どんなに 大きな 木も
薙ぎ倒す 程の 勢い なんだ

フルパワーで 加速した 情熱をも
覆う 激しさで

いずれ 我が身をも
砕くのかも 知れない

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

クマできる あんな寝たのに 何故だろう (T-T)


  《  すず 嘆きの 一句  》

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

ネスカフェだかで 不気味な飲物が
開発された らしい・・・

と 表記して しまっては
大変 失礼だろうがー

何と 炭酸入り コーヒー らしいのダっ\(◎o◎)/!

仕事中に ラジオで 聞いたのだが
試飲した パーソナリティーも

「微妙です」 との 感想を 漏らして 居たのには
笑いそうに 成って しまった

商品紹介を すべき コメントでの
素直さ と 言うか
バカ正直さ と 言うかー

逆に そんな コメントを 受けて

「 じゃあ 一体 どんな 飲物なのか 試してみよう! 」

なんて 言う 視聴者も
多いのでは 無いだろうか

既に コンビニ等で 販売されて いるらしいが
気に 留めた コトは 無かった

商品名は 忘れたが
キャッチコピーが 
こんな感じの 言葉だった

《 一度 飲んだら 病み付きに 成る 》

その後で パーソナリティーが こう 言った

「 何でも 飲んだ人の 六人に 一人は ハマる
  と 言う コトですけれども
  この 数値も 微妙では 有りますよねぇ××× 」

又   笑いコケそうに 成ってしまった 私は
是非とも 一度 試飲したいなぁ と 感じながら
微笑ましく 聞いて居たので 有った

勿論 手元の作業に 熱中して居る フリを しながら・・・

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°
人気ブログランキングへ
↑ポチッとな~☆↑


|

« お菓子みたいな・・・ | トップページ | 本物のヒスイ・・・? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 彩り豊かな夜:

« お菓子みたいな・・・ | トップページ | 本物のヒスイ・・・? »