« 何処かしらリアル | トップページ | 冷たいから・・・ »

2015年1月14日 (水)

ライトノベルとグスコーブドリ

Img_8619


Img_8620


Img_8621


Img_8622


Img_8655


Img_8656


一つ前に紹介した三冊、裏表紙はこちらに紹介しています

今回はね、ライトノベル第二弾
そうそう、そんな名前だったよ、と解説を見て納得

富士見ファンタジア文庫
(ふじみファンタジアぶんこ)は1988年創刊のドラゴンマガジンと
共に創設されたライトノベルの文庫レーベル。富士見書房発行。

中高生を中心とした10代を意識して作られたレーベルで、
当初から沢山のファンタジー世界を舞台にした小説を出す。

*

宮沢賢治作品を猫ワールドにしちゃったの二冊は
実家より届いた本

これも一種独特の世界観を醸し出しています
主人公が猫になっちゃっているから原作を知っていると
微妙な違和感があるのかも
それを逆に楽しめるシーンもあるのかと。

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

詩の発表場所あります
自慢の絵・写真を披露したい方にもおすすめ!

ワタクシすずこが編集している手作り詩誌
ポエムサークル「みゅう」

仲間になり購読いただくと
ボツなしで冊子掲載 & CDトーク → 全国郵送★
見本誌もあります。読みたい方も連絡くださいね。

以下に本誌の写真・詳細を紹介していますので
クリックして御覧くださいませませ~☆

ミュウ 223.224号 完成♪ 

すずこのリンクはこちらから

~いつかの すずザレ~ 藤鈴呼の戯言
過去作も織り交ぜてUPしていきます☆

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

昨日 君に 言ったんだ 

二人で 歩めば 怖く無いのと

その 片方が 見付からず

僕は 右足だけを きつく 結んだ

褪せた 色した スニーカーだけど

歩けば まだ 道は 続きそうだよ

★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

コルク ・ ボードが 当たり前の様に

飾られる写真も無い癖に

僕に 購入して呉れと せがんでる

ちょっと 待ってよ 財布確認

其れより 何より 埃を 被るの

どうしても ガマン ならなかったんだ

今朝 ティッシュで 拭き取った

床に 落ちてた カタマリみたいに

心が 遠く 成るのだけは

今 どうしても 耐えられなくて

★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

見守るのも 判断するのも 神様では無く 人間だから

お互い 分かり合えるのと

もう 子供では 無いのだと

ひたすら 自分を 慰め続けて

あの人は 最初から こんな風に 形成されて来たのだと

周囲の 環境も知らずに 溜息ばかり 吐き続けてる

★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

タバコが 高く 成るんだなって レジで 思った

今は 5000円 一枚で 2カートン 購入 出来るけれど

子供が 100円玉を 握り締めて

自販機の前で 首を捻る姿と

自分の心が 今 リンクした

★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

更新できるのは 免許でも 資格でも無く 僕の戯れ言

そう 何時だつて そうだっただろ

上手く 弾き語れぬ 楽曲さえも 総てが

★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

もう夏なのに ヒーターのスイッチを押すだなんてって

自分自身で 溜息を 付いている

寒いのは 手足では無く ホントは オマエの 心だろ

嗚呼 神様が 言っている

だけど 紙には したためて 行く

溢れ出すのよ 何時もの 戯れ言

★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

ホテル軍団の人達は 温泉が 付いて居たみたいで

ちょっと 羨ましいかな? なんて 思ったけれど

僕等 四人の 小さな まとまりで

こんな 素敵な ログ・ハウスに 泊まれて

とっても 幸せ だったんだ

そして 新婦も 一緒だったしね

★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

眠りに おちようと 努力して

努力なんて キライだったんだって 思い出した

結局 諦めて 毛布を はぎとって

自分だけ 先に シャワーを 浴びる

結局 大きなベッドで 彼女と 一緒では無く

ソファーで 眠って 身体が 痛い

★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

もしも 自分が 

結婚式に 呼ばれて 居なかったなら とか 

この人と メールを してなかったらば とか 

あの子の 自宅に 

夕飯を ごっちに 成りに行く予定が 無かったら だとか 


本当に 自分の周りで 

自分と相手が 大切だと 思う 気持ちを 天秤に 掛けて 

其れが 吊り合う 人間って 

どれだけ 居るのだろうと 思ってみたりして 

お土産を 買おうとした 瞬間も 

先ずは 家族が 思い浮かんだり する 


今は 愛情なんて 

異性には 無い日々だから

★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

歯医者や コンタクト屋 

何でも 良いのだけれど 

衛生面が 完備されて 居るのかな? って 

疑問に 思う 瞬間が 多々 有るよ。


別に 僕は 

手を 洗っても 洗っても 気が済まない 

潔癖症な 訳では 無いのだけれども 


何だか ちょっと ニオイの キツイ 瞬間だとか 

其れが 直前の 患者の 体臭だったり 

器具の 錆びれた カオリだったり すると 

何故だか 寂れた 感覚を 

思い起して しまうんだよね

★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★
人気ブログランキングへ
↑ポチッとな~☆↑


|

« 何処かしらリアル | トップページ | 冷たいから・・・ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ライトノベルとグスコーブドリ:

« 何処かしらリアル | トップページ | 冷たいから・・・ »