« 海豚の手触り | トップページ | ライトノベルとグスコーブドリ »

2015年1月14日 (水)

何処かしらリアル

Img_0483_2


Img_0484


Img_2986_2


Img_2987


Img_2988


Img_2989_2


Img_2990


サスケ、プロレスは全然分からないのですが、
この名前だけが胸に刻まれた理由は
マスクばかりではありません
地元であるから。

しかも 「あの辺りに住んでいるんだな」
と知ってしまった瞬間の衝撃ったら
ありませんでした

何でしょう、全く知らない存在なのに 
箱の中の人だったのに 何処かしらリアルだ
っていう気持ちが ごた混ぜになった
不思議な気分

ドラクエ、
皆が一様に「ファミコン」を手にした時代、
ほんの少し やりましたが
マリオほどはハマらなかった

ロープレものが苦手なんだな、と
自己分析してみたりしました

作られたストーリー上を歩むのではなくて
自らストーリーを作りたい、なんて
格好の良い表現をしたいけれども

その実 日々 読んでいるのは 
誰かの描いた小説本~( ̄▽ ̄~)(~ ̄▽ ̄)~

今回の写真は 大分前に読んだ気がする
マンドレイクの館、これはね 中古本です
タイトルだけ見てネット購入したんですが
そうか、こう言う感じか~

読み始めてしょっぱなの感想です
中古本で購入する場合、互いに売り買いしていると見えて
適当に108円ブックを上から順にクリックしていると
その内に ソード・ワールド短編集 第二弾が
出て来ました(笑)

それで、何となく覚えました
富士見ファンタジア文庫、の内容を
こういう独特の世界観は何て言うんだろう
ファンタジー? いや、創作アドベンチャー?
ゲームになりそうだなストーリー(そんな区分けないか)

GPSを駆使したことは一度もありません 
未だにガラケーの私ですが

足跡を割り出される人生ではなくて、
軌跡を辿らせる人生にしてみたいなあと夢想中

例えば昔のように ポストに入った手書きの宛名で 
「あの人」と分かるような素敵さを 
忘れたくないな

「すいか」木皿泉 
10年近く前のTVドラマです、この付箋紙は母の字
ドラマを知っていると登場人物がチラついて仕方無い
そんな読み方も否めませんが
これは 知らなかったので 素直に読みました

何でだか分からないのだけれども
解説を読むと キムタクとかりな、中井貴一ドラマを
思い出してしまう
あの 魔法瓶のドラマ。

プレーンソング 保坂和志
しっとりとした空の表紙が好みです
内容はドタバタしてなかった(どんな解説じゃ)
ゆっくり流れる時間(それ表紙に書いてますから!)

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

漢字の成り立ちの話は分からないですが、
「底」は
ヤマイダレの中にウジが入っているのですから
エネルギーもハンパないのでしょうね

底知れぬエネルギーは
パワー充填しまくって外敵なんでもどんと来い!
風味に感じますが 

底が知れぬと言うことは 
足場が不安定なのかも知れない
などと
妄想を走らせる 
其処が面白さの所以ですね

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

詩の発表場所あります
自慢の絵・写真を披露したい方にもおすすめ!

ワタクシすずこが編集している手作り詩誌
ポエムサークル「みゅう」

仲間になり購読いただくと
ボツなしで冊子掲載 & CDトーク → 全国郵送★
見本誌もあります。読みたい方も連絡くださいね。

以下に本誌の写真・詳細を紹介していますので
クリックして御覧くださいませませ~☆

ミュウ 223.224号 完成♪ 

すずこのリンクはこちらから

~いつかの すずザレ~ 藤鈴呼の戯言
過去作も織り交ぜてUPしていきます☆

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

カリ カリ カリ

願いを重ねても

カリ カリ カリ

思いを 綴っても

カリ カリ カリ

嫌あな 音がする

カリ カリ カリ

煙たがらないで


シャク シャク シャク

涼し気な音の中で

シャク シャク シャク

綿菓子を 口に 運んでた

シャク シャク シャク

もう此の心は

シャク シャク シャク

未来とは ほど遠い 位置に居る.

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:

まだ誰にも 見つかっていないんだからね

逃げ出すつもりなら 今のうちだよ

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:

充血に 自らの目玉を ひんむいて スプーンで えぐってしまったのは

別に 真暗な世界に 憧れてた訳じゃなくて

ふと 思い付いた瞬間に 本当に ふと

えぐり取ってしまった だけなんだよ

別に ワザとじゃないし
 
   偶然でもないし

   必然でも なかったんだねぇ

それで ぼくの目玉は 今 ここには もう 無いんだよ

視界は 全て 真黒さ

暗黙の世界だなんて 人は良く 言うけれど

まさしく そんな感じだねって所だね

とにかく 何も 見えやしないんだから

何も 感じられなくなっちまったのかって

錯覚するほどだよ

それでさあ 光のパワーを 今更ながらに

思い出して みようとするんだけど

やっぱり ナビが居ないと 駄目だねぇ

どちらの方向から 光が導き出されるのか

皆目検討が つかないんだ

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:

思わせぶりな言動(こと) もう二度としないって誓いますから

あと少しだけ 側に居て もらえませんか?


    僕が   まちがっていたのかなぁ・・・

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:

私は あなたに 会いに行く

どこまでも  どこまでも

私は あなたを 追いかける

いつまでも  いつまでも

私は あなたに ついて行く

どこまでも  どこまでも

私は あなたを 見詰めてる

いつまでも  いつまでも

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:

これは 世界で 一通きりの 手紙です

多分 今まで あなたがもらった どの手紙よりも

そして これから あなたがもらう どんな手紙よりも

一番高い ラブレターでしょう

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:

心が込もっているんです

どうか 受け取って下さい

愛が込もっているんです

どうぞ 受けとめて下さい

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:

あんな シチュエイションってないよね

逆さまだよ 世の中

まっ逆さまだよ 全てが

みんな ツライ思いは してるけれど

今日の私は いっちゃん ツライよ

一番 みじめな 女の子なんだよ

そう 思わせといて

この一週間 側に あなたが居たこと

いつもと違う 生活 繰り返したこと

きっと 忘れないから

帰る時は 笑顔で 笑ってよ

その顔が 一番なのだから

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:

あなたが もしも “帰るな” って 引き止めていてくれたなら

もっと 側に 居れたのかも知れない

背を向けた 此の肩を   あの時の 力強い チカラで

がっしりと つかまえていて 呉れたなら

なにかが 変わっていたのかも 知れない

でも あなたは

今の 全ての現実から      目を 背けたんだね

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:

ルーレットの 暗証番号

今でも 覚えているよ

ちょうど バースデーナンバーだったね

忘れたくたって 忘れられないよ

あの頃 18だった 私も

もう 大人に なっちまったんだ

この 私という人間が 生まれた日付は

いつまで 経ったって

変わりは しないのだから

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:
人気ブログランキングへ
↑ポチッとな~☆↑


|

« 海豚の手触り | トップページ | ライトノベルとグスコーブドリ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 何処かしらリアル:

« 海豚の手触り | トップページ | ライトノベルとグスコーブドリ »