« 2014年12月 | トップページ | 2015年2月 »

2015年1月

2015年1月31日 (土)

トカゲとセミ

Img_8625


Img_8626


Img_8679


Img_8680


Img_9058


Img_9059


ブックオフシリーズ 
以前に読んだ本三冊

江戸川乱歩/黒蜥蜴
吉本ばなな/とかげ
八日目の蝉/角田光代

トカゲ・・・飼いたいんですよねぇ~♪
やもたんでも良いなぁ(はぁと)
蝉は・・・いいや(笑)

草取りしてるとね、耳元でイキナリ
ブーンとか跳ねますからね

あ、それは スズメバチの話だった
もう 恐怖ですよ

蛇たんも可愛らしい♪ と
そっと尻尾に手を伸ばす癖のある私が

蜂は駄目だ
ありゃ 天敵ですわ

昔っから 香水が 好きなんだけど
つけてない時にも 寄って来やがる

もう、ヤツが寄ってこないようにするには
こっちが 酔ってしまうしか ないのか!?

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

黒猫ショットに惹かれて
メグさんのブログに コメントをした

クロさん美人さんですね★ 
瞳が麗し過ぎる…

体毛が黒いから
安心してストーブ前に陣取っているのですな… 

少々くらい焦げても 
きっと分からないに違いない・・

ううっ可愛らしい♪

*

そして メグさんからのコメント返しで吹いた
そ。。そうだったのか。。。 私はてっきり・・・
と思ったのでした

しかし、見た瞬間に思ったことが もう一つあったのでした
プーマの形に見えなくもない このクロさんだけれども

どう見ても 連想してしまうのよね
ダックスフンドを!_( ̄▽ ̄)ノ彡!

先日お邪魔したお宅には ワンチャンがいて
それはもう 可愛らしくって もふもふで あたたかくって
非常に癒されたんだけれども

自分で飼うとするならば やはり 猫が良いなぁ~
出来れば 黒猫

そしたら 毎回みゅうの表紙は 自分の猫になりそう(笑)
今 ようやっと次回の表紙を決めたところなんですけどね

猫ちゃんを紹介しているブログを ついつい見ては
「この猫ちゃん 表紙にしたい・・・」 と
心の中で 呟く日々なので あった

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

詩の発表場所あります
絵・写真を披露したい方にもおすすめ!

ワタクシすずこが編集している手作り詩誌
ポエムサークル「みゅう」

仲間になり購読いただくと
ボツなしで冊子掲載 & CDトーク → 全国郵送★
見本誌もあります。読みたい方も連絡くださいね。

以下に本誌の写真・詳細を紹介していますので
クリックして御覧くださいませませ~☆

ミュウ 223.224号 完成♪ 

藤鈴呼ボイス・ハンドメイド・ブログ一覧

藤鈴呼の戯言 ~すずザレ~ 
過去作も織り交ぜて更新中☆

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

バイト先にて

上がりの時刻になり タイムカードを押し
裏部屋(表現が恐い?)に引っ込んで

さぁ 今日の日誌を書こう! と思ったら
予備の用紙が無いので 売り場へ戻ったら

パソコンの前で 悪戦苦闘している 上司の姿
何時もは スムーズにタイプしているのに

キーボードに置く指の形が 可笑しいので
ハッと気づいた

どうやら ローマ字入力の彼女が
平仮名入力を戻せずに 文字を探している様子
キーボードを借りて直すと

「凄い! どーやるの?」

Alt と カナのキーです・・・
てか、怒らないで 下さいね?

「もしかして アンタ?!」

・・・。。。//δ⌒▽⌒//

その後、ちゃんと戻せ! ばかー!!とか
散々 言われつつ 退散 ε=┏(; ̄▽ ̄)┛

何だか朝から 買取作業も多かった~
古着をお持ちの方も 結構いらっしゃってね

もうシーズンを前のめってるから
4月から 夏物オンリーの受付なんだが

売る方からしてみれば
冬 着倒して 持ち込む・・・のケースも多く
買取不能-- も ありーの。

相変わらず アレだねぇ
売る気 ないよね? 的 状態で
持ち込む 神経が知れない

あたしゃ 神経衰弱ですよ。
(意味違--てか まんまかい。

洗ってないよねー とか 
ぐちゃぐちゃの服を見て

お客様が 綺麗なべべ着た 
お嬢様だったりすると

余計に げんなりするよね (-。-;)

聞いた話だけど 上司が対応した
ある若いカップルが 古着を持ち込んで

買い取れないと 告げた所
理由を尋ねて来たんだそうで。

洗っていただけると 良かったかも
と伝えると

彼女の方が
「なーんだ、洗濯すれば良かったんだぁ☆」

---って、…il||li_| ̄|○il||li 

まだ 彼がそう言って 彼女が
「何言ってんの!」 と たしなめるならば

明るい未来を 連想できる気が
するんだけど・・・。 

アミューズコーナーも あるんだけど
今日は UFOキャッチャーで
デカ ポテチ袋が 出たなー。

アメリカーンな大型スーパー コストコで
販売してるような デカ過ぎるヤツ。

最初 とりやすい場所に置いてたのは
のりしお味だったんだけど

コンソメを手前にしてくれ と 懇願されて
移動したり

何度もチャレンジしている内に
袋が凹んだから 空気 入れてくれ 

と言われ
ゆっさ ゆっさ デカ袋を あやしたり。

気づいたら 若い カップルが
2袋 ゲットしたみたいで

満足げに お手手つないで 去ってったわぁ。
あれ、でも いっきに食べちゃあ 駄目よぉ~

若さにかまけちゃあ ねぇ♪
--って 思い出した!!

こないだ 車で出かけた時の話。
夕食を何にしようか と ドライブ中のこと

赤信号の交差点で 向かいに
美味しそうな とんこつラーメンの店があって
嗚呼・・・ 食べたいと思ったら

「今 ラーメンでも良いなって 思っただろ?」
--うん。

「もう 最近もたれる×2って 連発する癖に
 食べたいって言うなんて
 自分の身体を 良く分かってないな、

 いや、分かってるのに 心は欲するとは
 完全なる 心身乖離状態やな 」

とか 言われまくった ( ̄o ̄")δ

そう、アタシ、世話のやける女なの。
食べたい×2 って 言っておいて
もたれた×2 って 嘆くんだから~。

まぁ 食欲が有るってことで 良しとしよ☆

そんな今夜は 初の 
菜の花 おひたし に チャレンジ。

春だから~ 
スーパーに たんまり 並んでるケド

たらぼ天ぷら も 大好きなのに
菜の花 も 見えているのに

今まで スルーし続けて来た 人生
(んな 大袈裟な)

先日 何かの拍子に 
「 俺 菜の花の食感が 大好きなんだよね 」

と 聞・い・て・し・ま・っ・た ので(笑)
買ってみたのだ。

あとは~ なめこ&とうふ&ねぎ 味噌汁 と
親子丼 で 決まりだな ( ̄ー ̄)

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

初の菜の花は 上手に ヒタッタみたいで
あたしも嬉しく 余韻に 浸ってしまった 夜

だし しょうゆ みりん
この コンビネーションって
和食じゃあ 良く 目にするけど

目耳にする って表現は
間違って ないかなぁ?

この場合は 目舌で感じる とでも
表現したい トコロなんだけど ね

何故か 煮物をする時には
だし と みりん の 配合割合が 悪いのか

滅多に 測らず 
計らずも 目分量な あたしのこと

     ↑

( 上記 二行は 斜め掛けで
 軽く 韻を 踏んだ つ・も・り♪

 ってか 斜め掛けとかって
 数学の時間 思い出すんですケドxxx )

何だか 味を 確かめた瞬間に
しぶ~い 感覚が 否めない

まぁ だし は かつお や いりこ から
とった 試しなど なく

ほんだし イコール だし なんだがね

今回は しぶ~い こともなく
菜の花も 親子丼も 味こそ 薄味チックだったが

薄味だよね? と 確認したら
そうでもないよ と フォローされ

あたしゃ 素直なんで
素直に 信じるよ 状態。

似たような 味付けに なったなぁ
親子丼は 砂糖も追加 したけどね

我が家には 砂糖を 常備 しておらず
ヨーグルトに ついてくる グラニュー糖を
パラリ ふっかけた はしょり模様

だーから イカンのよねぇ
みりん しょうゆ だけでは
照りは 出ても 本来の 甘み は
表現 しきれないだろーっ。

まぁ 炒め物が 普段 多い 生活だから
煮物を 多くしていけば 
砂糖も 欲しくなろうよ (推測)

一生懸命 作って 帰宅を待つ間に
空腹ついでに 目の前の菓子ついばんで
( おのれは 鳥かっ?! )

気づいたら 眠気が勝って
満腹スイッチ ONになってる時って あるな

逆に 覚醒しすぎて 眠れないのって
ツライよね

そういう瞬間に限って
シャキシャキ 思考 続けたり するからね

菜の花の 食感みたいに
シャキシャキッとね

あの茎の 太さに あやかって
神経も 図太く 有れば

コテッ と 夢の世界へ 誘われること
可能なのでしょうか

こてっ と言えば こてっちゃん
確か ホルモン名だけど

アタシ ホルモンは 余り好きじゃ なくって
みの とか 駄目 カルビが良いね

でも 油が多いから 「もたれるから」
ロースに移行した方が 良いに決まってる・・・

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°
 
パソコンの打ち込みは ブラインドタッチ
元々が ワープロ教室で 強制的に
覚えたのが 始まりだから 
それには 感謝 しているよ

最初は もどかしかったな
キーボードの上に 箱かぶせた状態で
見えないように なってるのね

当時 オープンしたての教室で
その箱も 何だか手作りチックで。

講師も 検定 受けながら
同時に レベルアップ 果たしてくような。

そういう姿って 触発されるんだよね
専門学校の 秘書科の担任も
自分が 東京まで行って 検定 受けてた。
生徒と一緒になって 1級目指す、とか。

良くも悪くも 志って 伝染するんだと思う
昨夜 久々に 友人とチャットしてて
そんな話もした

一人 調子の悪い彼女が居て
私が 心配だよ、って打ったら
彼女は志が強いから大丈夫
みたいな 返信が あってね

常に志を高く 持っているから
その目標まで行きたいと 強く 願うから
苦しんで しまうんじゃ ないかって 
そんな話を された 瞬間に

ハッとしたんだ

私は 現状維持の 生活が 楽しくって
目標が! って 躍起になることって
余りなく

のほほーん と 生活しているから
楽しいまま は 良いことだけど
苦しめぬのは 哀しいことなのかも 知れない
とも 考えた

でも 持論では
笑えるのが 一番
のほほん人生 万歳 に
立ち戻ってしまう気持ちも ありありでね。

一人 チャットで知り合った
年下の男の子が 居るんだけど
友人は 日々 チャットしてたみたいでね
最近は多忙で 出没しなくなってたから
昨夜は 私 会えなかったんだけど

友人が 言ってた
彼は 素直だし 
毎日 楽しくって
心が 洗われる ようだった って。

そういうのも 一つの 出会いでね
なかなか 巡り会えるものでも ないし

勿論 リアルではない 言葉の世界だから
自分の中での 勝手なイメージも
否めないとは 思うんだけども

たまには 楽しいよね
私の場合は ネットゲームも そうだけど
ハマッてしまうと すぐに
腱鞘炎に なるしね~

刺激 を 考えたら
ブラインドタッチ さまさま なんだけど
使用頻度は 違うし
片手でも 1本でも 良いよね

要は 自分が 好きなように
楽しめれば、、、さ

やっぱり そんな 思考回路みたいね。
あたし。

ブラインドタッチ 出来ない場合は
パソコンだと タイピングで イラッとするんだね

携帯は 両手で打ち込む方が 楽なのか
これは 命題

アタシは 昔は 両手チャレンジ していたけど
最近は 右手オンリー
てか ほとんど パソコンだし(笑

指令伝達の具合に よりけり?
思い出したのが シナプスって言葉で
確か 神経回路 とかいう図があって
習ったような 淡い 記憶が。

何だろう、もしかして 両手10本だと
意識が 分割されてしまうから
時間がかかる 原因にも なるのかな
とか 考えてみた

1本だと そこだけに 集中してれば 
良いって 意味で。

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

散髪って言うと 男子のイメージ
床屋 が 浮かぶからなんだよね

ヘアカット ってのが 女子のイメージ
美容院 だよね

床屋 イコール 美容室 なんだね
昔 教えてもらった

床屋と 美容院の違いは 流す時に
床屋は 下を向いて 顔剃りまで ある
美容院は 上向きで 顔は剃らない
だったっけ?

あれ、でも 下向いたら 苦しいし
耳に水 入るよねぇ(笑
何か 忘れたけど どうだったっけ(爆

耳に水が 入るのは 許せないけど
中耳炎チックになって
自分の声が ホワワーンって 響くと
イラッと するけど

プールの中で 聴こえる
かぽーん くぷーん って音は
大好きだねぇ

息を吐く 瞬間にね。 
泡が ぷくぱく響く 音がね~

泳ぐ時 口で息を吐くと 疲れるんだって。
だから 鼻から吐くと 良いそうな。

勿論 息継ぎの時は 口から。
鼻でなんて 空気 足りないからね(笑

これ 慣れるまで 大変--ってか
思わず 逆にしちゃったら だ-いも-んだ-い!!

口で吸う息を 鼻で吸おうとして
しかも未だ 
水面から 完全に顔上げてなかったら
思い切り 水 飲んじゃうもんねぇ

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

隣のレジで 四苦八苦している彼女が
話し掛けて来た

どうやら お客様が だだをこねているらしい

レンタル用のカードは 1年更新だ
入会の時は無料だが 更新料は 200YEN

カードを読み込んだ時 期限切れだと
更新しますか の メッセージが出て
案内するのだが

その方 曰く
再入会したら 更新料かからなくね?
と。

私も応戦し 再度 更新を勧めるが
ごねている

うーん 気持ちは解るんだけど ねぇ
保険屋 やってた時のこと 思い出したよ

解約して 再契約したら
外交員に ペナルティーが 有るんだよね
そのまま給与に響くのだ

この店では そんなこと ないけれど
再入会を 認めてしまったら
更新の意味が なくなるしねぇ

自分達で 対処しきれず
上司を呼び

結局 今回のみ と言う事で 
再入会の手続きをした

ごね方の表情が何だか恐くって
でも 手続きが終わる頃には 笑顔になれて
結果オーライな感じに 無理やり持っていきつつ。

何かね、相手に笑ってもらえた瞬間
勝った! じゃないけど
爽やかな気分に なれるんだよね
これが 笑顔パワー なんだねぇ

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

自宅に訪問して来る人間の
半分は 歓迎の人々
半分は 招かざる人々

前者は 郵便物や宅配物を 届けてくれる場合
後者は たった今 追い払った様な 類

所謂 営業だね
何度か来たのは
丁度 話題になったばかりの
ブラウン管を眺める際の費用、ね。

これ、最近 来るんだけど
一連の不祥事続きで 我が家は拒否している
昔は支払ってたんだがね

ネットニュースで発見して
慌てて 昼休みに メール添付したら

おらも見ただ
まさに
年貢の納めどきやのう
うまい!!

と言う 自画自賛メールが 返信されて来た(笑)
さて、納めるのか?!” 次号へ続く (謎)

本日の営業マンは 
マンション販売系だった模様

何時もは 「結構です」 と言う台詞
絶対に 使用しないんだけれども
思わず出てしまった

言葉のアヤ事件じゃないけどね
結構って言葉は 肯定 否定
両方に受け取られるからね

「必要ありません」 と言い放つ癖を
付けているんだけれど
もう一つ 突っ込んで 「理由は?」 
と 言われた

今回は 最初に 
「結構です」と 発言したので
「理由は?」 の 問いに
「必要ありませんので。」 と 返して
終了~ としたが

逐一 応対していたら
揚げ足を取られる可能性が有るものね
幾ら インターフォン越しと言えども
ああ言えば~ が 営業の鉄則

いや 「隙」 ですな。
取り付く 島 があったら 上陸可能だもの。
いやはや 営業側の気持ちも図ってしまう
自分にも
いやはや。

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

のだめ映画と 素直になれなくてドラマの影響で
じゅりちゃん と えーたくん が
番宣かたがた 出まくってる ブラウン管

昨夜は 食わず嫌い王に 二人で出演した後
ドラマが始まった

珍しく 旦那が超早い帰宅だったので
八時台に 夕食に ありつけた
録画していた パイレーツ・オブ・カリビアンを
観ると言うので 何気に眺めていた

第4夜 と 銘打って居たし
数週間前から 週末に放送して居たので
最初っから チェックしてなかった私は
チンプン カンプン

何でも デジタル初登場と 銘打ってるが
何だか ジョニーデップさん
観たこと あるんだよなぁ・・・

「これ 観たことあるかも。」 と言うと
初なんだから 有り得ないだろ、と。

「デジタル初ってことは 地デジ初ってコトで
 アナログでは やってたんじゃない?」

呆れ顔で 説明された…il||li_| ̄|○il||li 

そうか~、続編モノだから
何時かのパイレーツを観たってコトしからん♪
(能天気

その後で 食わず嫌いを当てる番組を見る
ゲスト2名が 4品ずつ食べて
嫌いなものを当てるんだけど

じゅりちゃんは ピータン
えーたくんは からすみ
どっちも食べたことないから 解らないけど
余り 美味しそうじゃあ なかったなぁ・・・。

ドラマも 宣伝時に
第1話にしては 展開が早すぎる と
じゅりちゃんが言ってた通りで

いきなりの キスシーン2つ盛り込んでたな~
ハマっている最中 隣で
「ね、今のキスシーン 要らなくね?」と
三回程 言われた時には
「う・・・ うーん。 そうねぇ~」 と
ちょっと上の空で(笑)

また 木曜の夜は 釘付けになりそうな 予感♪

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

今夜は たこ焼き
昨夜 仮眠状態になってた頃
たこ焼きが 食いたい と
空耳が~ と 思ったら 現実で
ハッとテレビ見たら
たこ焼きが ドアップやった。
そういうことね~

今朝も朝から雨だったので
駅まで送り届け
帰宅前に スーパーで 買い物

寒さに つられて
今夜のメニューは
温かいものが 良いなあ~ と 思う

衝動的に おでんを買い込み
冷蔵庫の中に残ってた食材から
そうだ かぼちゃシチューを作って
明日のブランチ 兼用にしちゃえ★
と 思い付く

茄子 パプリカ  しめじ  豆腐も
残ってるし
シャケも買ってもうた~

結局 今夜は たこ焼きと シチュー
土日 消化して
月火は 私一人だから
自炊はしょりそうな予感~。

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

普通の生活の難しさって有るね

何が普通なのか と 考えてしまうと
命題が脱線してしまいそうだけれども

普通 を 規則正しい に 変換すると
難しいだろうね

私の場合は 普通 現状維持の精神 ってのは
気持ち的にって意味合いが 
強い 気がするよ

何気ない気持ちを 大切にしたい
ありがとう ごめんなさい 
素直に相手に向かうこと

勿論 食事も外食し過ぎず
昼寝し過ぎず 夜に睡眠 ってのは
大前提で 有ると 思うのだけど
崩れる時ばっかだったり (δ ̄_ ̄") 

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

残業をつけない気持ちって あった
定時までに 仕事を 終わらせたい
そう 強く 願ったのは
事務職に 就いてからだった

営業時代は 土日も関係無かったし
お客様から鳴る 携帯に
心底 ヤラレてからだな

最初が肝心じゃあ ないけれど
定時には 帰るよオーラで
暫く 過ごしたの

そうしたら
嗚呼 この人は ベルサッサだ
周りも 認識するんだよね

絶対に 残業しない訳では無くって
棚卸しや 発注等で
残ることも あったけれども
一度も つけなかったなぁ

膀胱炎だったのもあって
トイレに行く回数が
異常に 多かったから

その分 差っ引いて-- とか
そういうコト 考えたら
キリのないことは 解ってたけどね

目に見えて 席を空けなくても
仕事効率面で言えば

午前 エンスト気味だったり?
午後 眠かけしながらだったり?

考え始めたら あり地獄的な。
だから 時間でスパッと切るのは
解り易いんだろうね

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°
人気ブログランキングへ
↑ポチッとな~☆↑


2015年1月30日 (金)

コーンLOVE

Img_6520


Img_6518


Img_6517

工事用コーンって色々ありますよね
動物バージョンが 結構 好きです

イルカ ウサギ ネコ あれ? トラ? みたいなヤツとか(笑)
キリン ゾウ あれ? そんなんたったっけ? とかね

看護師みたいな女性バージョンもあったなぁ
あとは 土地毎に違うのも 面白いと思うちょります

ここに来てから ついついカメラ向けたくなってしまうんが
新幹線W7系スコーン このフォルムが ス・テ・キ★

写真は去年の夏 ポエケットで出掛ける時のもの
関東圏で ホームの向こうに看板見つけて 思わずパシャリ☆

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

NOTE 46-5 藤鈴呼の戯言 リーディング.2014.12.25
クリックすると すずこヴォイスが流れます★

すずこのしあわせカゴ
動画では今まで御嫁入した手作りカゴを紹介しています~☆

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

詩の発表場所あります
絵・写真を披露したい方にもおすすめ!

ワタクシすずこが編集している手作り詩誌
ポエムサークル「みゅう」

仲間になり購読いただくと
ボツなしで冊子掲載 & CDトーク → 全国郵送★
見本誌もあります。読みたい方も連絡くださいね。

以下に本誌の写真・詳細を紹介していますので
クリックして御覧くださいませませ~☆

ミュウ 223.224号 完成♪ 

藤鈴呼ボイス・ハンドメイド・ブログ一覧

藤鈴呼の戯言 ~すずザレ~ 
過去作も織り交ぜて更新中☆

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

検索エンジンに
登録した コトが無い

一寸 興味を持って
検索エンジン を
検索して みたのだけれど
其れで 止めて しまった

みゅうを2冊分
25人分を 一気にプリンタしたら

買い溜めていたインクが
なくなって しまった

6色独立インクが1箱で
6000円ほど。

ネット検索も してみたんだけど
やっぱり
直接サイクリングして
購入しようかと
開いた窓を 閉じた

閉じた窓を 開けて
明日にでも 出掛けよう

今日は これから 仕事だけれど
何だか 雨模様だから
明日にでも
今日 閉じた カーテンを
もう一度 開いて。

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

色んなコトが
寄せ集まることって
良く有るよね

自分で 感じるのは
久々の知人から
一気に 連絡が 来たりすると

嗚呼 今って
ムーンパワー(?)で
そういう時期なのか?

皆 さみしい風が
吹き荒れる時期なのか?
みたいに感じたりね。

良いコトばっかり
連なって欲しいのは
もちろんなんだけど

人生 帳尻合わせって
そう考えると
それも 怖い気がしたりね(笑)

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

やっぱり 無機質な色って
パワー不足になるんだろうか
そんなこと 思った

赤と白の
サフィニア

これね

赤と白の
サファイヤって
何色やねん!!

くりーむがかった
紫かい??

と 一瞬おもって
読み直して

・・・サフラン じゃなくって
(それは 調味料??だっけ。?

サフィニアって何よぉ~っっ
て検索して

ああ 何か
パンジーみたいな
ビオラみたいな
キレイな花やねぇ~って思って

そういえば
一年くらい前まで
ビオラすら わっかんなくって

琴みたいなので
立てて弾く・・
嗚呼 名前 今
タイピングしてて 思い出した
ハープね(爆
みたいな雰囲気を
醸し出していたり
(私の脳内で。)

ってことを
思い出したりしたりして

で ここ読んだ 数日後
ほんと 偶然
キレイなサフィニアの写真を
新聞の投稿欄だかで見かけて
癒された

っていうのは
全部

な・い・しょ
だからネ
ξ・。-☆

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

ほら どうだ 
と 云わんばかりの
したり顔

どや顔とも 云うね

もし 君が
そんな風な
自信満々を 眉毛に描いて 居たならば

こんなにも
感動しなかった だろう

ちくわを楽器にする 人間が 居る
手を 膨らませて 奏でる フルート奏者も
昔っからの 芸風で
小指をくわえて 秋虫の音を 奏でるのも
いと をかし

三者三様なのだが
一体化した メロディーを
今朝 確かに 聞いたんだ

聞きなれた 故郷
見慣れた 故郷の 景色を
思い起こす 素敵な和音に
包まれていたよ

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

ねぇ 買って、買って♪
おねだりしている 少女を
優しく 見詰める 大の 大人

だいのおとなって 表現
ちょっと 可笑しくない?
小さいから 小人?

バスの運賃表を 眺める度に
違和感に 包まれたコト

巻き戻せない 時の中を
巻き返すのは 
唯一の 風だった

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

一陣の風が吹いて
記憶も 妄想も
吹っ飛ばして くれる

おかげさまで と
おかげで の
意味合いの 違い

拭い去って 欲しい 気持ちなら
風だって 大歓迎なのだけれども。

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

普通は 寒気がする 筈だった
夏の 暑い 午後

いや もう 盆過ぎだ
と いうよりも
セプテンバーだ

熱に うなされて
頭痛を 感じつも

逃げられぬ カウンター内
立ち尽くしていた

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

人間は イイ
熱が 出たら
アスピリン 飲めば イイ

鳥達は どうだ
自ら 羽ばたいて
風を 起こすコトしか
知らぬでは ないか

先日 初めて 感動した
レオの 物語を 連想する

動物達は
喋れるし
薬草だって 摘めるんだったね

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°


うごめくもの。
蟲達ばかりにあらず。

美しい 虹だって
黄昏だって
オーロラだったって。

眺めたコトが 無いから

そんな 言い訳は
効かない

夢の 狭間で
脳内 メモリー

何時までも
うごめき つづける。

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

詩人が 死んで しまうのか
読む者が 言葉を 殺して しまうのか

私には 分かりません

唯だ 一つダケ 言えるのは
紡ぐのは タダだ と
云うことです

厳密に 言えば
タイピングして おりますから

携帯で あったり
パソコンで あったり

ノートと ペンで あっても
タダでは
ありません けれども。

もう一つ 言いたいことが
ありました

紡がずには 居られない と
言うコトです。

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°
人気ブログランキングへ
↑ポチッとな~☆↑



さくらランチ

Img_3414


Img_3413


Img_3164


ランチって打ち込んだつもりなのに ちょっと手元が狂って
リンチになった瞬間 慌ててバックスペース連打してみたわ♪

※すずこは平仮名入力です

モコママのお家でカフェ
先日紹介した 御洒落なお宅、こちらです

ね? シックでシャレてるでしょう?
ルックルック♪ こんにちは!(懐)

何処かにすずこがいます~ って 
一番手前だがなっ!_( ̄▽ ̄)ノ彡!

隠しきれぬ性格が映し出されてる・・・
バサっと置かれたダウンに思わずダウン(爆)

いやぁ… だけん A型らしくない! と
言われるんだろうなぁ~(ぼそっ)

紅白ニットはですね この時 初お披露目♪
富山ファボーレで一目惚れ&衝動買いしたんだが

試着しなかったからなぁ~
入って良かった~(其処っ!?)

翡翠テーブルのある 御洒落なお店「さくら」の
ランチフォト ワンプレートがコンパクト★

かと思ったら 案外とゴージャスで
もう満腹に!

左側の器には 淡雪のようなもの(イモ系)と
ミックスベジタブル風味で 彩りも良く

箸でツマムには ちょいちょい苦労しつつ
後から フォークあるじゃ~ん、みたいなね

チューリップも久々に堪能しました~っ。
クリスマスにもチキンしなかったし。

旦那が手羽先キライなんでね。骨付も余りしない。
食べるのが面倒なんですって(-_- )ノ⌒

チキンライスの上に乗ったチーズも
グラスに入ったヨーグルト&ソースも

見た目も可愛らしいし 美味しいし♪
この他に おばんざい(何故か京風に表現)も
取り放題で 最高のランチでしたよっ♪

・・・一枚 本物の桜もあるけど(笑)
これはね イトビョー(糸魚川病院)前で撮影

試験結果を待ち侘びる学生さんも多いだろう
この季節

どうか次の春も 愉しく桜を愛でる人達が
多くありますように☆

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

詩の発表場所あります
絵・写真を披露したい方にもおすすめ!

ワタクシすずこが編集している手作り詩誌
ポエムサークル「みゅう」

仲間になり購読いただくと
ボツなしで冊子掲載 & CDトーク → 全国郵送★
見本誌もあります。読みたい方も連絡くださいね。

以下に本誌の写真・詳細を紹介していますので
クリックして御覧くださいませませ~☆

ミュウ 223.224号 完成♪ 

藤鈴呼ボイス・ハンドメイド・ブログ一覧

藤鈴呼の戯言 ~すずザレ~ 
過去作も織り交ぜて更新中☆

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

同じ 歩幅で 歩いて 行こう
そんな 台詞を 呉れた 彼

コブクロが 好きに 成ったのは
彼の 影響だ

小さな袋 では 無くて
二人の名前を 組み合わせたらしいとは
先日 知った

同じ パクリでも
こんな 台詞は

妙に 嬉しい モンなんだよ--

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

二人は きっつそうな 角度で
寄り添った まま

ホルダーの 片側で
とても 狭そう なのだ けれども
温かそうにも 見える

今の 季節に ぴったりな
青と 赤の 衣裳を まとった
雪だるまの ぬいぐるみ

ママンが プレゼントして 呉れた
お気に入りの アイテム

先日 妹宅にも
仲良く 並んで 鎮座 して居て

どこかで 見たなぁ と
ほのぼのして しまったんだよ

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

信号待ちの 車内で
思いっ切り 新聞を 広げてるのが
目に 入った

嗚呼 アナタ
とても 器用 なんです ねぇ

やはり 朝刊を 見てから 出勤しないと
気が 済まないんでしょう ねぇ×××

だけど 万が一
其のまま

前の 見えない 状況で 走行でもした 暁には
永遠に 辿り着け無い 状態に 陥り

「 大変な コトに 成りますよ・・・ 」

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

「 大変な コトに 成りますよ・・・ 」

この フレーズが
最近 お気に入りだ

テレビ番組で 健康を 害する 身体の 状態を
ドラマ仕立てで 流した 後に

声色の 女性が言う
お決まりの セリフだ

番組名は 忘れた
母が 最初に ハマって 教えられたのだ

あるあるTVも そうだケド
単純な アタシは
感化されて しまう

ならば 何故 
未だに 禁煙が 出来ないか と 言う
単純な 悩みは 
胸の 内に 仕舞って 置く

番組を 見続けて 行くと
前回
身体に 良い と 紹介された 食材が

その後 カロリーが 高い と 言われる
と 言うように
矛盾して しまう コトが 有る

いちいち 実践して しまえば
食べ物に 悩みを抱えて しまうので

やはり 適当に  覚えて
思い出した 時ダケ
気を付けたら 良いんじゃ無いか と 言うのは
言い訳だろうか・・・

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

ママンの バースデーに
ケーキを 作ろうと 思いついた

そろそろ バレンタインだし
上手く 行ったら
二つ 作って

片方は 早めの バレンタイン・ケーキで
一週間ぶりに 帰って来る 彼に
食べさせたいなぁ・・ なんて

どっちが 毒見なのか
解らないじゃあ 無いですか・・・ 

そんな訳で 前日の 夜から
伊藤家の 食卓の 簡単レシピを
実践しては みたのだけれど・・・

ホットケーキミックスと プリンの素
牛乳 卵 生クリームを 混ぜて
レンジで チンする ダケなのに
どうしても 上手く 行かなくて
出来上がりは 膨らんだ 気が したのに
すぐに ぺしゃんこ せんべいみたいに なっちゃって

グラタン皿で 実践したから
もともと 幅は 無かったのだけれど
下の方は ぐちゃぐちゃで
お世辞にも ケーキとは
呼べない 代物が 出来上がった

翌日の朝 会社で 相談したら
レンジの 余熱を しなかったコトや
分量的に 可笑しかったんじゃ 無いか 
との 助言を 受けた

軽量カップには 三種類の 刻みが 有って
良く 見ながら もう一度 再チャレンジ
翌日の 帰り道
ケーキ型の 小さいモノも 購入して
更に 頑張った

だけど 温かいうちに トッピングして
チョコレートも ホイップも
たった 五分の ドライブで
ゆるく なって ドロドロに 成って しまった・・・

第一弾の 買物では
色々と 籠に 突っ込んで
ブルーベリー ラズベリーの 果物缶だとか
トッピングの チョコチップ シナモン アーモンドだとか
締めて 8000円超は やり過ぎだとも 思い
レジの 金額を 見た 瞬間
よっぽど
あの・・・ ちょっと 戻して来ます
と 言いそうに 成ったが
まあ 良いか と こらえた

泡立て器具も 家に 無かった 気がして
食材の階で たまたま販売していた
有名な 調理師 愛用の 器具コーナーだかの
一つ 450円ちょっとする 高いモノを 買った

100均に 行けば 買えるだろう とも 思ったが
籠に 沢山の 食材を 詰め込んで
空腹も 手伝って
もう 移動する 気力は
残って 居なかったのだ

翌日の 帰り道は
ちゃんと ダイソーに 寄って
安値で 手に入れた ケーキ型と オーブンシートを抱え
鼻歌混じりに ルンルン♪ と
レンジを 眺めて 居たのだが
型から 取り出す際に
どうしても ぺしゃんこに 成って しまう

仕方が 無いので そのまま 持って行った
チョコクリームなんかも 塗ったし
イチゴは 生だったので
何となく 甘い 物体だったが
たった 一口の せんべいケーキを
食べ終わる 頃には
とっても 酷い 胸焼けに
悩まされた。。。

嗚呼・・・ ママン・・・ ごめんねぇ・・・

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

一週間ブリに 帰って来た 彼は
積もりまくった雪と 
駐車場で 格闘して居た らしい

心配に 成って
一応 電話を 掛けたのだけれども
自分の車の 前だけだから
ほんの少しで 済むから 大丈夫だよ

そんな言葉で 半分 安心し
ママンの元へ 向かったのだが
暫くしてから
やっと 雪との格闘が 終了した
と メールが届いたのは
小一時間ほど 経過した 後だった 様な・・・

とにかく 溜まった 洗濯物も 洗って
やっと 彼が 帰宅したのは
日付変更線を 超える 辺りだった

失敗していた 前日の スポンジケーキに
トッピングをして 出そうかと 悩みながら
そっと レンジを 開けて 彼に 見せると
もう 食べられない・・・ ごめんね と 言われた

その前に
お腹 空いてる? と 尋ねた時には
おにぎりを 食べたし お腹 一杯だ
なんて 言われたので 当然だがxxx

ちょっと 溜息 混じりに 聞こえた様な・・・

まぁ 良いサ。

そして 今日 ボードへと 出掛けた 彼だけど
まぁ 良いサ。

あたしは めげまい。
何としても 次の 簡単トリュフだけは
完成させて 見せるぞぉお~~~(謎)

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

小旅行の 土産を 渡したのは
約 一週間後だった

丁度 入れ違いで
彼は 長い 出張に
旅立って しまったので
やっと 帰宅した その日には
渡せなかったのだ

荷物が 沢山だったので
彼が 出発した 夜に
実家に 宅配で 届く
予定だった からだ

雪掻きで 疲れ切った 彼が
やっと 到着して 直ぐに

来て 直ぐに 悪いケド
明日 ボード 行くから・・・ ごめんね
と 言われた

今さっき 灯油を 補充した 私は
雪掻つ 長靴 
こっちに 置きっぱなしで
大変だったでしょう・・・ ごめんね
なんて 思った処だ

彼の 居ない 一週間は
羽根を 伸ばした
勿論 家事は 大っ嫌いな 私的には
一度しか 自炊を しなかったし
雪掻きに 埋もれたり
疲れで 眠った日も 有るけれど

この時期 多忙な 彼と
以前 話し合って
家事は 半分に したい と 告げては 居るのだが
中々 そうは 行かないのが 現状だ

ネックは 夕食だ
互いに 仕事を して居るので
主婦業は 半分に したいと 思うのだが
ベル・サッサの 私の方が
最近 残業や 出張の多い 彼よりも
勿論 帰宅は 早く成る

帰宅前に スーパーで 買物をして
帰宅後に 即効で シャワーしながら 洗濯機を回し
炊飯器をセットして おかずを作り
ようやく完成し 洗濯物を 干し
合間に メール・チェックを しながら居ると
彼が 帰宅する と云う日も 多い

その分 休日の 食事は
彼が 作って 呉れたり
水卸は 夜中 シャワーを浴びる 彼が して呉れたり
灯油が 切れると 補充して 呉れたり。

先月から 家計簿表を 記入し始めた
食事 洗濯 買物などに 分けて
どちらが やったかを つけて みたのだが
先月 一ヶ月の トータルでは
彼が 不在の日は 抜かしても
私 : 彼 が 3 : 1 の 割合だった

多忙な 時期だから 仕方が無いのだが
上手く 半分に 成れば 良いなぁ なんて思う
今日 この頃なので 有るxxx

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

受け取り様によっては
どの角度でも 捉えられる言葉

笑顔も 然り
嘲笑なのか 欠伸なのか
勘違い したままで

自分に 向けられた
恋心なんだと
勘違いする

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

あの頃 守衛さんに 声 掛けられても
ビルが 閉まるってのに
会話は 止められなかったよね

久々に 彼女と 会うと
何時も 其の 話に 成る

どれだけ 自分達が 未熟だったのか
話をして 楽に 成れたのか
肩の 荷が 下りても
問題が 解決するコトは 無くても

語り合うのが 楽しかった 日々を
今 こうして 懐かしんで 居る

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

後から 考えて 納得するって
良く 有る 話

解り易いのが 占いの 台詞
今日は こんなコトが 有って
後から 掻い摘んで 括り付ければ
どんな 出来事も
当たってる なんて
言えたりしてね---

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°
人気ブログランキングへ
↑ポチッとな~☆↑


グリーンパスタ

Img_3333


Img_3373


Img_3404

最近ね、自宅パスタの割合が多かったりする
(今更?)

いやね、今迄だって 
食べまくっていましたよ

主に、外で、はたまた 
作り手は 旦那だったかんね

で、何故に 麺好きで固さにもこだわる旦那を押しのけて
自ら作ることが増えたかっちゅ~と 

見付けたから。
早茹でパスタ(はぁと)

いや~ぁ、三分なんて、ウルトラマン的で好きよ♪
「そんなら仕方ないからカップラ止めようかなぁ~」って
本気で思うもん(笑)

うん。「ラ」を縦に 並べたかったダケ。
ラララ~♪ε=┏(; ̄▽ ̄)┛

あ、パソコンじゃない方、ラ、並んでませんよね
さーせんっ┌| ∵|┘

左-遷

で、最近ハマっているのが ほうれん草
彩り豊かなのは 良いですよね

長崎土産で大分の母さんが貰った
と言うウインナーを
新潟まで冷凍便で送ってもらったんだが

これ、すっごくデカイんですよ
なまらデカイ

どのくらいかってぇと、こんなブツ切りにしてんのに
半分ですからね

直径4センチ 長さ25センチくらい ある
(母さん談)ええ。

測っては おりみやせんが
そのくらい「あるでしょうっ!」

このパスタフォト、三回とも 別の日ランチなんだが
ウインナーは やはり 斜め切りする方が 良いね

全てに入っているのは ホウレンソウ

他は ウインナーだったり カマボコだったり 
ナスだったり ラジバンダリ(久々)

想い出のパスタ 早取り若芽のパスタ Kihati風
おすすめです。 食べてないけど(笑)

こちらのお店はね、生パスタがあるんですよっ!
もっちもちで良いよね~っ♪

自宅では 再現できぬ 生パスタ
もちもちの パスタで我も もっちもち
モチモチで 済めば良いのに プックプク

そんな訳で VIVA★パスタ! 

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

詩の発表場所あります
絵・写真を披露したい方にもおすすめ!

ワタクシすずこが編集している手作り詩誌
ポエムサークル「みゅう」

仲間になり購読いただくと
ボツなしで冊子掲載 & CDトーク → 全国郵送★
見本誌もあります。読みたい方も連絡くださいね。

以下に本誌の写真・詳細を紹介していますので
クリックして御覧くださいませませ~☆

ミュウ 223.224号 完成♪ 

藤鈴呼ボイス・ハンドメイド・ブログ一覧

藤鈴呼の戯言 ~すずザレ~ 
過去作も織り交ぜて更新中☆

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

少しダケ 思い返して 見る
此処が 桜色に 満たされて 居た頃の 景色を

自然に 頬が 緩み
笑顔 溢れた 幾つもの 瞬間を

一足 先に 堪能 したんだね
もう 葉桜の地域も 有ると 云う
春が 未だ 目の前に 現われて 呉れる
気配は 無くって

楽しみ なんだか 哀しいんだか
分からないんだよ

★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

久々に ガソスタの 屋内に 来て居る。
何時もは 面倒で
洗車も せずに 居るのだけれども

流石に 汚いなあ と 思って
帰り道 寄って みたんだ。

会社から 直ぐ 近いのに
一服なんて しちゃった モンだから
車内の 空気は 最悪だけれど

あの時の 様に
遠慮 するのは 止めたんだ。

だけど
隣に 座ってた 女性が
ボクが コイツを クワエた瞬間に
外に 逃げ出して 行ったから
少し 申し訳 無い様な 気持ち。

風が 自分の方角に 流れて 来るのは
きっと 空調の 責任(セイ)なんだね。

こんな 瞬間や
向かいで 雑誌を ペラペラ めくってる 彼女が
少し 体勢を 代えたりするコトを
気にする 位ならば
禁煙すれば 良いものをxxx

たった今 
其の 彼女の車が 仕上がった らしい。

黒の ボディーが
キラキラ 光ってる。

シャワーを浴びた 相棒は 心地 良さげだ。

そして 今 まさに ボクの 相棒も
心地良い 溜め息を
吐いて 居るに 違いない。

こうして 二人の 彼女が 目の前から 去り
ボク 一人に 成った 店内で

テレビの 音と 
ボクの 指の 動きが
連鎖して 行く。

窓の 外では
相棒を 吹き上げる
彼の 姿。

恐らく アルバイトかな? などと
若さ故に 勝手な見解を 広めて見る。

ボクの ワガママな ヤニの 犠牲者が
又 やって来た。

今度も 女性だ。

ガソスタに レディース・デイが 有れば
もっと 表情は 明るかったに 違い 無いのに。

そんな 彼女は
ボクと おんなじ スモーカーらしい。

嗚呼、 彼女が 来る迄
少しの 間
待てば 良かったんだ。

そうすれば
少しの 自己嫌悪を 
感じずに 済んだのかも 知れないのに。

久々に 桃の 天然水を 飲みながらの
タイプは 続く。

自販機では 百二十円の 表示だったんだ。
だけど
彼女が プリプリっと
桃色の笑顔を 称えて居たから
目に 留まって チョイスした。

他の ドリンクも 同額表示 だったのだが
何故か 彼女の 目の前にダケ
素敵な シールが 貼られてたんだ。

「お特」 か 何か 書かれた
赤に 白文字の シールの
文字までは 乱視の ボクには
今 此処からじゃ 確認不能 なのだけれども

確かめる 為 ダケに
立ち上がる 気力も 持て無い。

そう、 最近の ボクは
何時だって こんな 感じだ。

極めて 怠惰で
至極 ネガティブー だとは 
思いたくは 無いのだけれど。

そして 四本目の タバコが
机に 埋め込まれた
銀色の
少し 深めの器に 消える。

此れが 本物の シルバーだったならば
こんな 大それた コトなど 出来や しない。

そう言えば シルバーは
錆び易いんだっけ。

だけど 今の ボクは
アクセサリーとは 無縁だから
カンケ~ 無いね。

店員が 背中側を 通る。
斜め 向かいの スモーカーの 彼女とは
知人なのか
「こんにちは」 なんて 挨拶を してる。

だけど 知人より よそよそしいから
きっと 常連 止まりだな。

ボクの 妄想は 止まらない。

相棒は 内面から 綺麗に 成りたくて
懸命に 吹かれてる。

あ、 懸命なのは
吹いてる 彼の方だと 思うんだケド
この際 どっちでも 良いや。

さっき 向かいに 座ってた
柔らかな ウェーブ・ヘアの 彼女は
今頃 帰宅した 頃だろうか。

どの位 離れて 居るのかも
知らないけれど。

ボクより 年上で
落ち着いた感じの 女性だった。

やはり こういう場所で
周りを かんがみず 一服しながら
何時迄も ピコピコ 
ケータイを もてあそんで居る ボクは
精神年齢が 低い事を
自ら 証明している みたいだ。

そんな 彼女と 一言だけ 会話を 交わした
桃の 天然水の ペットボトルの 蓋が 外れて
カラン コロンと 転がり始めたんだ

おもむろに 煙を 消しながら
机を 越えて 
彼女の 座る辺りまで 歩いて行くと
直前で 拾って 呉れた

いやぁだ 気付いてあげれば 良いのに
なんて 微笑と 共に
優しい笑顔を 貰ったんだ

僕も こんな風に
生きてみたいと 思った
そんな 瞬間だったんだよ--

★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

インク購入。

パソコンが新しくなる日も近いが
とりあえず受信トレイや投稿詩を
整理してから挑む予定。

やっぱ
今のパソコンのゴミ箱からにしても
中古で売るから不安だし

データ移行も覗かれそうで嫌なので・・・

ハード外付けのMO(IO?)は
取り外して保管する予定だから
そっちに映せばよいのだけれど
大量・・・


メルアドを保存したいのだけれど
方法がわからん。。

昼はとりおにぎりみたいなやつと
ちりとまとぬーどるびっぐでした。

夕食はハム五枚を
ライ麦パン二枚で挟んで
たべまつた。

なんかのみたいなーと思いながらも
我慢してるから
タイプができているもよう・・

久々の帰り道は
軽くドライブ。

こんなんドライブって
昔は呼ばなかったはずなのにね。

久々のTUBE
もちろん自力作成のCDRにて

ラストにガクトいれてたのわすれ
それが流れる頃 

ようやっと暗くなってきて
ほのぼのとしたメランコリーとともに帰宅。

★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

何だか ぬぼっとする 感覚で
中々 テンションも
上がらなかった 午前中

昼に 届いた 二つのメールで
何と 無く
テンションを 上げたよ

一つは
出張へ 赴く途中と 思われる メールで

もう一つは
昨日の 地震雲を
写真に 治めた モノだったんだ

小さくて 良く
分からなかったけれど

地震の 三時間前の
ショットだった そうな

気を付けないとね・・・

★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

何だか 肌寒い日。
昨日の ピーカン 嘘みたい。

同じ 空を
同じ 角度から
眺めて 居るのに。

明日は 晴れると 良い。


『 天気予報は 明日も 雨 』

★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

こんな 感覚を
持ち 続けたい

何時でも 思うのに
感覚は
錆び付いた まま

動かぬ タイヤの
跡のよう

踏み付けられて
芽吹く コト 叶わぬ たんぽぽが

桜の 開花に 気推されて
出て来れば 良い

★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

曇った空を 見付ける為に
キミが
カーテンを 開けた。

午後に 成り掛けの 日差しが
ボクの 瞳に
舞い込んで来た


 『 昼 休 み 』

★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

メランコリーな 表情を 浮かべ
少し フラつきながら
低速的な 動きは 続いて
含み微笑いを 浮かべながら
休まるコトを 知らぬ 掌


  『 歯 磨 き 』

★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

時計を 見る癖が 止まらないのは
アナタが 中々 来ないから

幾度 確認しても
縮まらぬ 秒針に
業を 濁して 電話を 掛けた


 『 コール・ナンバー 117 』


※ 業を煮やすが正当でしたっけ?

★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

カラカラと 小気味の 良い音
キミが
ボクの 指の 動きに
引っ付いて 来る


『 ケータイ 付属 キーホルダー 』

★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★
人気ブログランキングへ
↑ポチッとな~☆↑



2015年1月29日 (木)

金の福袋

Img_0666


Img_0667


Img_0668

中身は何かと言いますと、
見りゃあ分かるでしょうの入浴剤!

白箱が普通、黒は「金の入浴剤」と銘打った
ゴージャスバージョンっ★キラーン★ミ

まあ こんだけ買っといて、殆ど使ってないんですわ
え゛? 冬なのに 今使わずに何時入れるん?

なんて声が聞こえて来そうですが 私が好きなんは
硫黄タイプの黒塩なんですわ。

何かの番組で 確か中谷美紀さんが話していたんだよね
周りの人達ポカーンとしてたから 書くけれども!

「ヒマラヤ岩塩ってありますよね? あの黒いタイプが
 最近大好きなんです。硫黄の香りがするんですよ~」

ってコトでね、激しく同意しますですよっ!
首の鞭打ち再開する程 
頷きながら画面に喰い入ろうかと思ったけれども

私 がっちゃんではないから 止めたわ。
昔 がんちゃんと呼ばれたことは あったなぁ~(懐)

「懐」の漢字で 何時も思い出すのはさ、
「懐メロ」

これさ、何だって
「なつめろ」なんて読むんだろうね?!

アタシ未だに
「かいめろ」って呼んじゃいますからね♪

「なつめろ」は夏のラブソングかと
思い込んでましたからねっ!

夏メロ。どう考えても これしかないだろーよ

嗚呼…でも… 「かいめろ」から浮かぶ漢字を思えば…
逆に連想するのはさ、「怪メロ」

うーん。 そんな楽曲、聞いてみたいけど例えソングが
全く思い浮かばないわっ??

話 戻すけどさ、
箱一つの中に これだけの入浴剤が入っておりまする

でね? 少しずつ 皆に バラ撒いてんの。
自分は 黒塩ナイトを堪能しまくってんの♪ うふ。

最近さ アツアツ風呂に入って 出て 入って
日に三度位 入ってるからね

正に 自宅温泉
ビバ! すずこ風呂!

で、寝てる時とか ふわっと香る硫黄臭に ニヤっとする。
旦那はそれが嫌なんだよな~、って言うけれども。

硫黄臭「ふわっ」
すずこ「にやっ」

もう この冬は ふわにや で、乗り切るのダ
~( ̄▽ ̄~)(~ ̄▽ ̄)~

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

詩の発表場所あります
絵・写真を披露したい方にもおすすめ!

ワタクシすずこが編集している手作り詩誌
ポエムサークル「みゅう」

仲間になり購読いただくと
ボツなしで冊子掲載 & CDトーク → 全国郵送★
見本誌もあります。読みたい方も連絡くださいね。

以下に本誌の写真・詳細を紹介していますので
クリックして御覧くださいませませ~☆

ミュウ 223.224号 完成♪ 

藤鈴呼ボイス・ハンドメイド・ブログ一覧

藤鈴呼の戯言 ~すずザレ~ 
過去作も織り交ぜて更新中☆

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

焦げ目の 付く程  酔っ払って

記憶の見えない *****

抱えた爆弾  闇の 向日に

あの山 越えて ひとっ飛び

的は 外れて 深海の奥

太陽さえも 届かない

月光仮面は 雲の下

鬼さん こちら 手の鳴る方へ

ハミングが揺れ 胸の奥

消えない刹那  噛み締めて 煎るーーー

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★

● ゆ き ●


キミの カケラを 

感じ取ろうと する  刹那

空から  粉雪が

未だ  昇天してない  キミからの

とっておきの  プレゼント

ボクの涙が  凍り付く 様にって

祈っていて  呉れたんだね

優しさが  零れ出て

後悔だけ  滲み出ない 様にって

ボクも  祈り  続けるよ

昨夜  心の奥で  誓った 約束

そんな  小さなコトすら

実行 出来ぬままに

灰と溶けた キミを

灰の向日に  見据える朝に ・・・

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★

□ あ さ □


ストッキングは  やはり  破れた

珍しく  スカートを  履いた 朝

くわえた タバコが

やけに  美味しくて

こんな  薬物だらけの 精神に

心底  しあわせを 

感じてしまうだなんて

オカシイね

ドクターストップの  掛かった 午後に

一発で  禁煙をした アナタに

今  少しだけ  近付きたくて

改めて  再会出来る迄の 時間ならば

確実に  重ね続けて 居るって 言うのに

気力の 問題だって

解っては 居るけれど

自らに  夜詰めの如く  したためる

思い出ならば

二度と  アナタには  届かぬ事も

熟知してるって  言うのにね ーーーーーー

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★

世の中が  何で こんなに 汚いままで

この人達は 平気なんだろうかって

心底 神経を 疑いたく成る様な  

事が 有ります。

例えば 早朝時 、 

誰も 居ない 喫煙室の

灰皿上に 盛り上がる

ヤニ 残骸 フィルターの群れを

目にした 瞬間 なんかに。

部屋の中が 汚くたって

平気だったり する 私が

公共の場を 言い訳にして

語れる 全てでは 無いのだけれど。

其れでも 昨夜は

久々に 居心地の 良く成った

自分の 領域を 見回して 、

結局  予定作業に 埋もれ 得ぬまま

夢魔に 誘われ ました けれども。

そんな 《 ヒトタチ 》 だって

愛車の ボディーと

薄く 成り掛かった 髪の毛だけは

ピカピカに 磨き 上げるんで しょうよ。

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★

● 眠 る ●


直前に 脳裏に浮かぶ 思想[モノ]はと 言えば 、

《 もっと  気の効いた  見送り方は 

       出来なかったのか 》 と 言う

反省点 ばかり。

もう 届かぬ 別れの 台詞

別 パターン を 

幾ら 考え あぐねた処で

おんなじ場所には 帰れぬ 事実[コト] も

魂が 還らぬ事も  

解って 生るのにね 。

切ない 場面[シーン] や

流れぬ 哀愁[なみだ] ばかりが

胸を 潤した あの刻 、

            酷 に 固まる 頬の 筋肉に

必死で    蘇れ    と  願った 日 。

でも 、 本当の 後悔なんて 有りません。

あたしは 何時だって

  ありがとう    を 忘れない

優しい 人間で  有れて 

居るので しょうから ・・・

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★

あの日  一体

何を 信じれば 良かった

君の瞳は 消えたまま

空を 見ない 翼 ばかりが

冷たく 遊泳を 繰り返した

憤る 鏡は パチン と 割れて

皹[ヒビ] だけを  

心の奥に  残したの 

〓  消え去る 直前の 死界が

   昨日 目の隅に 移った

   視界ならば 良かった   〓

四角に 覆われた 

部屋で 一人

今宵も 

新たな ナンバーに

埋もれる だけだなんて

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★

キミの 好きな様に 生きると 良いよ。

何時だって ボクは

キミの 側に 生るから。

そう 言いながら キミは 、

姿 ・ 形 が 

見えなく成って しまっても

永遠に ボクのコトを

見守って 呉れて 居るのだろうか。

本当に 生るのだろうか。

幻覚 なのだろうか。

気の迷いでは 無いだろうか。

ボクには 本気で キミが 要るのに 、

キミが 生るのを

全然 確認 出来なくて。

けれども 、 たった 一人の 部屋の中 、

明かりを消した 瞬間 なんかに 、

僅かに

カップと スプーンの 

触れ合う音が する様な 気が したり 、

ビクリ と したり 、

其れでも 何も 見えなかったり 、

瞳を 開けても

当然 其処には

キミの 片鱗など

一つも 見付け られなくて。

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★

□ い ち に ち □


凍て付いた 朝日が

斜めに 差し込んで来た。

オレンジ色に 輝く 

ビルの 隙間の 太陽と

真っ白に 染まった

木々の 上の 

雪の 明るさに

瞳を 奪われた。

バスを 降りたばかりの 目覚しには

丁度 良すぎる程の

前向きな 景色に

後押し された ままで

此処で 佇んで 居る。

今日も 一日が 始まる ×××

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★

● バ ス 川 柳 ●  ー 長 唄 風 ー

   マイク音  今日も 朝から 癒される

〓 バスの中 混雑だらけ ムカつけど 〓


   運転手  明るき声で 繰り返す 

〓 思わずに 笑いそに成り 堪えては 〓


   本を持つ 両手を 上に 掲げけり

〓 歪むのは 頬と 其れから 此の心 〓


   そのうちに 本気の微笑 讃えたり

〓 未だ続く    ありがとう節  おかしすぎ 〓 


   独特な イントネイション ・ ナルシズム

〓 きっと キミ 満足な耳 傾ける 〓


   見回せど 誰も 彼もが 夢の奥 

〓 目を閉じて [ 勿体 無いよ ] 思う刻 〓

   凍結の 線路 赴く 時の声 

       まるで **の **の 如き

〓 怪ぶんだ 分で 揺れるは カラダかな 〓

   脅された 手々に 吊革 壊れそう

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★
人気ブログランキングへ
↑ポチッとな~☆↑



雪の結晶

Img_3189


Img_3193


Img_3205


はらはらと 降る粉雪に ハラハラと
シャッターチャンス 見逃しはせず

チャンスのみ ギュッと握って 離さずに
ぼやけた姿 画面の向こう

ふわふわの 着ぐるみよりも 見たくれは
あたたかそうな 雪の結晶

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

写真は 大分の正月
丁度 降り始めた雪に 感動しながら
綺麗な結晶を撮影せんとす

まあ 失敗してますが、何か??
~( ̄▽ ̄~)(~ ̄▽ ̄)~

現在 軽く水玉模様の掌を
労わりながら(?)のタイピング
理由はですね、久々にコケた(爆)

いやぁ、凍ってると 思ったんだよなぁ~っ!
だけん ツルッ♪ ヒヤッ(汗)とした瞬間には
スッテンだもんなぁ~

スッテンテンには なりたくない
スッポンポンには まださむいね

母が 回覧板を渡そうとして 出先の玄関で
後頭部強打したんも
この季節だったんで 気を付けなければ!

何やら ず~っと 風邪っ引きだったんですよね、私
かれこれ半月以上になると思う

やっと病院の薬も なくなろうかという頃
ここで一句!

ウイルスは 旦那の元に 逃げてった

何て言う嫁なんだ(笑)
で、そのまま私も友人宅へ逃亡計画を立てていたら
友人が風邪を召したと言う

私も、残りの薬を併用しながら
完全回復を狙おうと挑んだ冬の朝

コケましてですよ
紅白だけど 目出度くない
そして 愛でたくもない 水玉てのひら

道路っ端だったけん 
バーン!と衝撃喰らわしたモンで
掌さん ビーン!と張ってもうて
何だか半分 感覚が無い感覚(ナニ)

これは… 今日ドライビングしなくて
正解だったのか!?

友人宅は 高速で二時間くらい かかるからのう…
と 思いながら
早く陽の昇るのを 心待ちに するのであった

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

詩の発表場所あります
絵・写真を披露したい方にもおすすめ!

ワタクシすずこが編集している手作り詩誌
ポエムサークル「みゅう」

仲間になり購読いただくと
ボツなしで冊子掲載 & CDトーク → 全国郵送★
見本誌もあります。読みたい方も連絡くださいね。

以下に本誌の写真・詳細を紹介していますので
クリックして御覧くださいませませ~☆

ミュウ 223.224号 完成♪ 

藤鈴呼ボイス・ハンドメイド・ブログ一覧

藤鈴呼の戯言 ~すずザレ~ 
過去作も織り交ぜて更新中☆

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

腰痛で 会社休んで 撃沈し

独歩不可風 病院へ行く



臥床てに 食事・入浴・ 排泄が

上手く出来ぬは 介助要かな



快適な 愛人ライフ 送るのに

不可欠なのは 水分摂取



記録要 人は忘れる 生き物で

記憶なんかは アテに成らない

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

ツールドフランス

が 何なのか 分からない アタシは

浅はかですか

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

外国 旅行に 興味は 無いんだ

国内 ダケでも
行きたい 場所が 沢山 有るのに

何故に
無駄に

金と 時間と 危険を 掛けて
って 思っちまう から サ

その前に
今 住んでる 処にも

未だ 見た コトの 無い
素敵な 風景が 沢山 有る って
気付いて しまった

わざわざ 遠くへ 行かなくても
日々の 生活に 潤いを
皹の 入らぬ 感情を
持ち 続けたら 幸せ だろうね

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

タバコ


ローソン にて

先週 カートンの キャスターが ない 日が 続いてた
あきらめて バラ 買い してた

今日 アタシが 見えたら
店長が カートン 準備して くれてた

思わず 買って しまった
はは・・・

長持ち させよ ( ̄^ ̄)y-~~ε=  ┏(; ̄▽ ̄)┛

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

ゆめ


昨夜の 夢
ママンが 自殺 ( . _ . )

最初 「 死んだよ 」 って
事実 ダケを 告げられる

パパンと 妹が 居た ような

で 後から
「 自殺だ 」 と 言われ
大声で
「 じさつぅ? 」 と 叫びながら

「 でも 何でかな 泣けない 」
とか 言ってた

そしたら 妹が

「 アナタ 気付かなかったでしょう?
  最近 おかしかった コト×××
  だから わざわざ 言うまでも ないと 思って 」

みたいな コト 言ってた

此処で
振り返る シーンが リアルに 出て来る

ママンは 話し 掛けても 何だか うわの空で
欝っぽい 表情

頼り無い 会話

此処迄の リアルな シーンを 見た 後で
納得せざるを 得ない アタシ

その後 何故か 四人くらいで
部屋の 中で 会話する シーン

一人が ストーカーっぽい 男で
「 二人で 住もう 」 と 言うのだが

アタシは 机の 周りに 居る 皆に

「 皆で 一日ずつ 一品ずつ 
  食事を 作れば 良いじゃない! 」

みたいな 発言を して 交わしてる

でも 逆上した 男が
殺人したら どうしよう とか 悩んでる

最近の 自殺 ニュースと
昨夜の 鍋を 今夜も 使えるや が
ごた混ぜに 成って 出て 来たんだな・・・

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

毎朝の 交通情報 告げる声

とても似て居る 工藤静香に



ラジオで 八時前に 流れるんだ
日本 道路 交通 情報 センター だかの
カネコさん と 言う 女性の 声なんだ ケド

毎回 「 似ちょるけんね 」 と 思いながら
聞いて 居る

日長 いちんち ラジオ 聞いてるから
パーソナリティーの 話し方を 勉強して
おしゃべり すずこ CDに
役立てたい トコロ×××

届いた コメントと 自分の コメントを
上手く 折り混ぜながら
絶妙な 間を取る パーソナリティーに 感心して

仕事の手が 止まりそうだった
昨日。。。//δ⌒▽⌒//

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

何時もの 店で 昼食を 注文した 後で
奥さんが 呟いた

「 寒い 雨 ですね・・・ 」

客は 二人
カウンターに 座る 男性と
セルフ ・ サービスの 
水汲みを せんと する アタシ

その どちらに 話し 掛けてるのか
一瞬 迷いながらも

「 寒いです 」 と 呟いた アタシ 

何だか 其の 一言が 染みて 来た
靴を 脱いで 畳に 上がる

流石に アグラは かけないので 横座り
座布団を 二枚 並べる 贅沢

思えば 昼食も 贅沢だ
弁当 作れば
エンゲル係数は 下がる だろうに・・・ 

身体を 悪くして
エンゼル係数を 上げてる 気が×××

注文 したのは 回鍋肉
以前 「 ほいこ~ろ~☆ 」 と 
元気に 叫んだ 日が
回鍋肉 デビューの 瞬間 だった

旦那サンに 「 みそ炒め 定食ね 」
と 言い返されて からは
そう言う 様に して居る

こんな日は ラーメンを すするのが
一番 身体は 温まるの だが
健康を 考えて ご飯に したんだ

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

昨夜 帰宅したら
テレビに 日本地図が 見えた

沿岸が 赤と 黄色で 
点滅 してたから

地震が 有って
津波 警報と 注意報が
発令 されたんだ
と 分かった

とても 眠くて
9時前に ベッドに 入って

其のまま 朝まで 寝て しまった

そろそろ
毎晩の 水卸しが 必要だ

引越し 当初に
説明 された ケド

すっかり 忘れて しまったから
もう一度 来て 貰わないと イケナイ

一歩 間違えると
水道菅 破裂で

時間も 手間も 金も
無駄に 掛かるからね・・・ 

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

松坂の 60億円は 凄い
と 思って 
テレビや 新聞を 見てた ケド

今イチ メジャーリーグの システムが
分からない ( 。 - _ - 。 ) 

日本の 球団を 離れる コトを 本人が 決めて
球団が 了承 したら

その選手を 欲しい チームが 名乗りを 上げて
金額が 一番 高い チームに 行かざるを 得ない

その 金額は 本人では 無く
今迄 お世話に 成った 球団に 支払われる

で 間違って 無いかなぁ・・・ 

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

最近 好きな 曲は
絢香の 三日月 だ

秋の 季節に 良く 合って 居て
切ない 気分に 成れると 感じる

ラジオの ゲストとして
トークしてる 声を 聞いたが

少し 地元の イントネーション
と 思われる 語尾を 発見し
心 温まる 感覚だった

方言が チラ聞き 出来た 瞬間は
何時も そうだ

スケートの ミキティーと
生年月日が 一緒なのは 知って 居たが

改めて 話題として 語る 声に
改めて 「 似ちょるな 」 と 思った

この 「似てる」 は 
彼に 言わせれば
「 似ちょんわ~ 」 もしくは
「 似ちょるね 」 に 成る らしい

先日 メールで
「 似ちょるけん 」 と 送信したところ

「けん」 は 「だから」 と 言う 意味だ
と 突っ込まれて しまった。。。//δ⌒▽⌒//

これからの 冬を 彩る 名曲は
中島美嘉の 「雪の華」 だろう

未だに 人気が 有る 様だ
この 題名は
曲が 出る ずっと 前から
私も 使って 居た

ホームページの メニューと
写真名に 使用 したのだが

今 見る 人には
私が 真似した と 写るのかなぁ
と 思うと 
少し 悔しい

写真は 台所の 窓を 撮影した 時に
零下の 夜に
氷が 窓に 貼り付いて

まるで 華の様に 見えたから
そう 名付けた

気に入ったので
ホームページの リンクページ・メニューにも
使用した 言葉だ

彼女の 今冬の 曲は
映画 「NANA」の テーマ ソング?

朝の ラジオで 流れた 時に
耳が 止まった

誰の 声だか 分からず 
聞いて 居たが

高音が 
相変わらず 
切ない 感じで 響いてて 良かった

サイトで 調べたら 曲名とかが 出て来た

NANA starring MIKA NAKASHIMA
一色
GLAMOROUS SKY

REILA starring YUNA ITO 
"ENDLESS STORY"

後は 
映画 「デス・ノート」 の エンディングを 飾る
レッド ・ ホット ・ チリ ・ ペッパーズ の
「スノウ」 も 良い

レッチリって 呼ばれてるって
ラジオで 知った
デスノートの エンディングの時に
小声で 彼に 呟いたら
ずっと 以前から 活躍してる グループだって
逆に 教えられて しまった。。。。。//δ⌒▽⌒//

カラオケで 歌える様に 成りたい
RED HOT CHILI PEPPERS
平原綾香の 「クリスマス・リスト」 も・・・ 

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°
人気ブログランキングへ
↑ポチッとな~☆↑


2015年1月28日 (水)

お家カフェ

Img_3415


Img_3416


Img_3417


以前から一度お邪魔してみたいなぁ~と思っていた
お宅がありました

何となく場所は聞いていたのですが
クリスマスのライトアップをしていると聞きながらも
通り過ぎること叶わず

場所が分かれば なぁんだ すぐ近くを
いつも通っていたのにネッ!って
そんなことって あります

お家カフェって言葉の響きは好きです
何だか優雅な午後のひと時
そんなイメージが広がって

喩え余裕が無くっても 溜息ではなく 一息吐ける
そんな気が するから

写真のケーキ、最初 手作り?って思ったら
「そんなぁ~ 違うよ~」なんて
爽やかな笑顔が 戻って来ましたが

こうやって果物やクリームを散らすと
御洒落スイーツに早変わり★

キウイがちょっと 酸っぱいねぇ~
なんて言いながらも

甘いホイップクリームと 見渡す限りの
モデルルームのような部屋に うっとり♪

誰もが我が家に来ると「げ。物、多っ!」と言うのが
頷けるわ(笑)

シンプルなんだけど 寂しい感じではなく
緑も沢山あって 陽射しも入って心地良い

わんちゃんもいて 癒される空間
そこに咲く笑顔の物語

思わず「おーっほっほっほ♪」って
上品に笑うセレブを演じようと思ったけれど

余りに自分自身とかけ離れ過ぎているから
演じ方が分からなかったわ??(爆)

センスの良さって 部屋の全てに反映されるんですね~
(溜息)

チラッと垣間見た収納技術も完璧で。
白を基調としたシックな色合いだから
昼間は明るさ一杯なのネ

熱帯魚の空間は ブラックライトばっちりで
夜になったら ジントニック片手に佇みたい感じ★

何時 人が来ても おもてなしの出来る空間には
本当に 憧れます

私の部屋は 常時 編集部屋ですからね(笑)
おもてなすのは 皆からの手紙や投稿くらいだわ
~( ̄▽ ̄~)(~ ̄▽ ̄)~

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

いただきモノのパン
「すずこサン、パン好きだから・・・」と言って
差し出してくれた笑顔に 私もニンマリ。
ついでにヨダレが・・・(笑)

クリーム系は ついつい食が進んでしまいますねー
ふわっふわのタイプは
あっちゅー間に なくなっちゃうんだよなーっ!

スーパーの一角にあるパンコーナーから
何時も 離れられない私

最近 バーガー系も 良く置いてあるから
この地に マックやモスがないことも
我慢できるような気になってきたわっ♪

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

紡ぐことが好きな私ですが
筆の代わりに指で
キャンバスの代わりにキーボードで
気楽に描ける戯言は

文に対しての真摯さが
足りないからなのかも知れないなあ
とも思います

何かになりたい 読んで貰いたい 有名になりたい
そんな気持ちが強くなる度に 

きっと 自分を
縛りつけてしまうだろうから

ただ単純に 紡ぐことが好きで
ただ自由に 指を動かし続けている

それが愉しいという日々だった
気がします

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

ブックオフに行くと 
ついつい買いたくなってしまうんだけれど

読んだ本のタイトルをリストアップしているので
その紙と見比べないと・・の一作業が必要(笑)

今日は カレンダーでブックカバーを作成していて
以前ブックオフで衝動買いした本たちを
チラチラ眺めながら

何となく自宅にある本のタイトルを覚えんとす
うーん、でも 直ぐに忘れてしまうんだろうなぁ~(呆)

サークル仲間同士で本の旅と称して 
贈り合いしているんですが

自分では手に取らない本が
想像以上にステキだった時の嬉しさは
一入ですね★

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

白い息、湯煙 
海の上を走る魚たちの溜息 
森林に浮かぶ蒸気

上気した肌に 
冷たく突き刺さる季節ではありますけれども
やわらかさも ありますね

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

マニュアルで 半クラッチを ぶっかした
※ぶっ壊した、って意味です 

母 練習時の体験談です

     ・・・半笑いなら 出来る

私もマニュアル取得しましたが
初めてオートマ運転した時は
左足の遊びに苦労しました

L字型 ATのギア えばってる!?

ハンドル横についているタイプのアレです
何か威張っている様に見えて
ムカついた記憶があります

私、信号待ちで震えるギアが
好きなんだよなぁ

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

安らぎを外に求めるばかりでは
物足りなさにウロウロする日々にも
なりましょう

自らが癒しの存在となれるならば
良い空気を吸収できる心で
生きられるでしょうね★

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

詩の発表場所あります
絵・写真を披露したい方にもおすすめ!

ワタクシすずこが編集している手作り詩誌
ポエムサークル「みゅう」

仲間になり購読いただくと
ボツなしで冊子掲載 & CDトーク → 全国郵送★
見本誌もあります。読みたい方も連絡くださいね。

以下に本誌の写真・詳細を紹介していますので
クリックして御覧くださいませませ~☆

ミュウ 223.224号 完成♪ 

藤鈴呼ボイス・ハンドメイド・ブログ一覧

藤鈴呼の戯言 ~すずザレ~ 
過去作も織り交ぜて更新中☆

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

この部屋に 通い 詰めてる
最近の ボク

大きな 机が 無いと
作業が 進まない 二人

キミは 自分の 勉強机で
ボクは 食事机も 兼用の コタツ机で

それぞれの 作業に
邁進する 日々

寒く 成って 来たけれど
未だ 灯油は 準備して 無いから

ヒーターを 暖房に 切り替えて
凌いで 居る

電気代が 喰う 事と
暖まる スピードの 遅いのが
難点だ

いっそ 車で 暖気ついでに
温まろうかと 思いそうだが

暖気した 処で
一度 部屋に 入ってしまえば

改めて 出掛ける 必要は 
無いんだし

そもそも 部屋着は
ふざけた恰好を して居るし

駐車場に 辿り着く 迄に
誰かに 会うのも 億劫だしと

色々 考える 以前に
最初から 車になんて
行く 気も 無いのだけれど・・・

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

水曜日

朝 準備をする 傍らで
何時もよりも
眠りに 集中しようと してる キミ

一時間 早く 起きる ボクは
なるべく キミを
起こさない 様に とは 思いながらも

電気と テレビは
点けて しまうんだ

少し 煩そうに 布団を 被り
眠そうに 唸る 姿

何時も ボクが 出発する 時刻に
ようやく 起きる そぶりを 見せる キミが

今日は 余裕で まどろんで 居る
時刻を 告げると  こう 言った

「 あれっ? 言って なかったっけ?
  今日 休み なんだよ 」

休みいぃ~?! と 思いながらも
ポーカー フェイスの ままで

「 あそ 」 と 告げると
逆に

「 あっ そ  って 其れダケかい××× 」
と 突っ込まれたが

だぁって 羨ましいんだもぉ~んっ

まぁ

「 羨ましく なんか 無いよ
  勉強しなきゃ ならないんだから 」

と 言われましたん。。。

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

朝から 健康診断を して
九時半 辺りには 終わり

血を 抜かれて
何時も 以上に
フラついて 歩いてたら

「 既に 不健康そうな 顔を して居る 」
と 突っ込まれた×××

その後で ドンキーに 寄り ブランチ☆
隣の 彼女が 皆の 分
奢って 呉れタ!_( ̄▽ ̄)ノ彡!

皆は 何時も 
朝食を 摂る らしいが

私は 日々 
昼ご飯から が 食事の 始まりなので

其れ程 ツラク 無いのか
と 思いきや

まるで 一仕事 したかの様に
空腹で×××

やはり 何時もと 異なる 
タイム ・ スケジュールだと
小腹も 唸る らしくー

思えば 昨夜は
大分 我慢して 居たもんなぁ。。。

最近 体重 計って 無かったケド
見たら 増えてるし×××

オロシバーグ ディッシュで 満腹の まま
眠気と 頭痛の 午前中

昼ご飯は 勿論 食べれないので
昼寝を したいが

「 取り立てて~ 何にも するコトの無い~
  昼休み~ 」

何時もの 給湯室で
本の 虫で有る 彼女が

窓際に もたれ
足を 組みつつ

「 読書する 時は
  本当は 寝っ転がりたいのよ ねぇ。。。 」

と 呟いた 後で
熱中モードに なだれ込んで 居る

国道を 走る 車と
携帯の 打音の響く  昼休み。。。

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

アルバムの 中
有名な 曲に 
ブチ当たる 瞬間 ダケ

音量を 最大にして
大声で 歌って 行くんだ

意気揚々と 
元気を 取り戻せます 様に って


   『 過ぎし日の アルバム 』

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

思い出の アルバム
そんな 曲も 有ったっけなあ

ふと 懐かしく
振り返る 時の 二人が

どうか 何時までも
今と 代わらずに

微笑み 会えて
生られます 様に


   『 願 い 』

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

見せかけの 笑顔ダケ
フレームの 奥に ねじ込んで

本物の 笑顔なら
溢れる位 表に 出して

出し惜しみ する位
もう 良いよ って

逆に キミに
笑われる 位。。。

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

国道を 十字に渡る 高架橋
登校途中の 子供達が
落ちて 来ないだろうか と
危惧する みたいに

ブランコを 漕ぐ時は
鎖が 切れや しないか と

逆上がりをする 瞬間は
鉄棒が 抜けや しないか と

気分の 悪い日は
二度と 戻れ無いんじゃ ないのか と

気分が 良くても
突然に 二倍の スピードで

次の 瞬間 
落ち込むのでは 無いか と

何時でも 
何かしらの 不安と 
猜疑心に 苛まれて
生きて 来た 気が するんだ

だけど キミとの コトだけは
どうか 前向きに

そう 思って 止まない
ボクの 気持ち

気持ち と 気分は 一緒だヨ
なんて

どうか ボクを
攻めないで 頂戴な

気持ちは
気を 持ち上げる為の 言葉なんだし

気分は 
気を 分散させる 為の
言葉なんだろう。。。?

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

世の中には 沢山の言葉が 存在するから
一番 的確に 効率の 良い風に
組み合わせなければ いけないんだ

接続詞が 多過ぎたなら
一体 何を 言いたいのか 解らなく 成るし

相手に 伝わる 頻度も
極端に 減少 するんだろう

ところで 今の ボクの 言葉は
上手く 伝わって 居るんだろうかー

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

舞う様に 指を リロード させて 行く
パソコンの ハナシじゃ 無いゼ

今 握ってるのは ケータイなんだ
回る様に ボクの 気持ちも

嫌な モードが 見え 隠れ して 来たら
ミキサー みたいに 撹拌 したいの サ 

そう 願っては 回して 行くよ
指が 痛い と 泣き 叫ぶ 迄ー

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

早く 着くのは 大事な コトだ
人間が 苛立つ 瞬間 ってのは
時間に 余裕の 無い 時と
相場が 決まって 居るから ネ

其れ 以外の 理由で
ストレスを 感じるんなら

一人では どうしようも無い
問題なのかも 知れ無い ネ

気分 云々って ハナシは
この際 置いて おいて さあ

昨今の ボクは
とにかく そう 思うんだよ ねぇ×××

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°
人気ブログランキングへ
↑ポチッとな~☆↑


2015年1月24日 (土)

黒猫セクシイ

Img_8845


Img_8835


Img_8844

射水の猫カフェにて撮影したショットですよ

見上げる角度で肢体をくねらせる姿が
セクシイな黒猫ちゃん

名前に月がついたような
淡い記憶がある

そして白い猫ちゃんはね ふっさふさ
この仔は私のバッグ上に乗っかって眠ってた

多分 合皮バッグだからだろうね、と呟きながら
オニューのバッグを 若干 哀しく見詰めていた

が、取り返すことは せんなんだ
だって 可愛らしいんだもん♪

バッグはね 
ハンズで購入したものなんですよ♪

去年の夏だったかね、ポエケット行った辺りに
傘と一緒に購入した

前の職場で パソコン作業するのに
行ったり来たりする必要があったのでね

受付パソコンで作業して
事務所プリンターで取り出す、みたいな時に

一一 手持ち可能な大きさの トートバッグが
欲しかったんですよね

白猫ちゃんの後ろ側 幽かに映っているのは
旦那のバッグ

これはいつぞやの大分帰省で 博多の駅ビル辺りで
見付けたんだけど

今回 同じ店を行脚していたら
バージョンUPしていた

思わず買いそうになる(回想)
まあ旦那 ペアもの嫌うんで 止めますた

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

考える時間を作ろう!と躍起になると
「考えなきゃ!」という考え、に捉われて
身動き出来なくなることってあります

何でしょうね 
読書しているんだけど周りがうるさすぎて

耳ばかりダンボになり 
同じ行を何度も繰り返し読んでいる・・・みたいな

そんなシーンが良く訪れるのは車内
旦那を迎えに行って 待つ間

ラジオの音が気になって
いつの間にやら開いた本に目を落としながら
耳だけ稼働させ・・・

あ、ラジオ消せば良いのか(笑)

一方 ちょっとした個室タイムや シャワー中 
突飛なことを思いついたりして 

「これだ!」って瞬間に限って 
メモ出来ない状況・・・

嗚呼マーフィー! と叫びたい心境になります

なんて風に 
物事を振り返る時間も必要ですよね

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

ネット行脚していて見つけた 
氷山の引っくり返ったステキな写真を思い出しました

心地良い風は
心地良い気分を継続させてくれる大切な存在と
信じたいですね

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

詩の発表場所あります
絵・写真を披露したい方にもおすすめ!

ワタクシすずこが編集している手作り詩誌
ポエムサークル「みゅう」

仲間になり購読いただくと
ボツなしで冊子掲載 & CDトーク → 全国郵送★
見本誌もあります。読みたい方も連絡くださいね。

以下に本誌の写真・詳細を紹介していますので
クリックして御覧くださいませませ~☆

ミュウ 223.224号 完成♪ 

藤鈴呼ボイス・ハンドメイド・ブログ一覧

藤鈴呼の戯言 ~すずザレ~ 
過去作も織り交ぜて更新中☆

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

CDが ワンクールしたのと 同時に

あたしの 心も COOLさを 取り戻したみたい?

そして 切れていた OFFスイッチを

もう一度 入れたならば

また 熱い ヒーターの風が

あたしの怒りを 爆発させるの?

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:

きっと 追い越せないんだねぇ

そりゃあ 

年齢的には 可能かも 知れないよ?

だけど 

手首を 殺めたって

魂は 存在してるんだって

何度も 言い聞かせるよ

貴方にも 私にも

大切な 人達 全てに。。。

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:

男の人の足のサイズって

とっても 大きいんだぁ! って

感動した 瞬間を 思い起こすよ

そうだね 指の長さだとか

あの ごっつさとかに

所謂 オトコっていうヤツを

感じる瞬間は有れど

普通 足の指って

しげしげ見詰めたりするもんじゃあ

無いじゃない? (笑)

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:

アンタ 大人に 成り切れて無いよね とか

親だから 素直に 頷くけれど

それが 親しい 友人だったならば

少し ムカつく モンなのかな?

間違い無く 今の僕ならば

八つ当たりを 重ねているん だろうけれどもxxx


でもね?

僕は 子供で 構わないんだよ?

だって 子供の 王国には

楽しい 楽しい すべり台や ブランコが

散財しているじゃあ ないか!

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:

イキナリに 訪れた 体調の変化

僕は 本気で 心配したよ

そして すぐに 安否の確認も出来ずに

僕も 頭痛に 埋もれて 居たよ

色んな 感情が 

錯綜していた 気分だった日

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:

白い雪は 好きだけれど

薄っぺらい 毛布や

注射針に 焦がれる風になっちゃあ

お仕舞いだと 思うんだ。。。

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:

3Kだかって言葉が 存在した気が するけれどxxx

よく 結婚相手を 選ぶ瞬間とか

女性が 気にするものって。。。

年収? タッパ? 家族構成? 同居?

色々 有るけれど

本当に 大切なものは たった一つなんだって

あの人は 僕に 教えて 呉れたヨ ★

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:

綺麗な女性も

いずれ 年と シワを 重ねて・・・

なんて 言ったならば

夢が 無いねって

君は 怒るでしょうか。。

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:

僕も 小指の痛い 瞬間が 有る

ヒールなんて しばらく 履いて 居ないし

だいたいにして 存在しないんだと 思うんだけれどxxx

そう 大きなツメ切りを

こないだ 必死で 探して居た

ロングドライブの 為に

弾き語りの 為に

コードを 押さえられなくなっては 困ると

ツメ切りの 小さいものは あの人に もらって

Bag に 詰め込んで 居たのだけれど

大きなツメ切りは 部屋の机の 汚い中から

やっと 発掘をして

無くなっていた ドライバーも

車の中から 今日 発見して

やっと 一息 溜息 サ ★

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:

行為を重ねても

半年で 綺麗サッパリ 失くなるヨ♪ とか

人間 一週間 食さなくても

生きられるんだよ♪ とか

笑いながらでも

もう 言わない

そう 誓ったんだ

何度も 何度も

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:
人気ブログランキングへ
↑ポチッとな~☆↑



2015年1月23日 (金)

見えない部分

Img_0804


Img_0798


Img_0800

建物を 包む笹の葉 ハート型
なんて一句を作りつつ リンクを貼る女(笑)

空の中に 白いハート型のある写真を
良くみかけますけれども

葉と空で ハート型を彩る場合も
意外と多かったりします

山茶花も 照れ屋はたまた 酔っ払い

頬が赤らむ理由には 他に
チーク インフルエンザが ありますが
どっちが良い?

どっちもイヤ?
そうですか

白い地に置かれた敷石
石の形がどんなんだろうと 連想する

全体像を色濃く捉えた写真より
ちょっと途切れていると

ファインダーの向こう側を 妄想することに
繋がりますね

漸く医者にかかりまして
もう何日経ったべえか?

ちょいと予定を入れるべく
メールのやり取りしてから一週間
ずっと ぐだぐだしていたもんな

今冬はスキーにも行ってないし。

来週はいよいよ久々に
ソロドライビングを控えてますんでね
こりゃ治さんと! とは思ってた

そんな中 別の予定も入りそうで
何故か日時が一致する不思議

電話なんかでも
久々の着信相手が重なる事が
良くあるんだが

何の導きなんでしょうねぇ~
こう… バイオリズム的な?
月のアレですか?

ムーンパワー

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

北陸生活になってから 
白い月の存在に良く気付くようになりました

雲の見えない夜に光る黄色の月は
見上げるだけで当たり前のように
視界の中に入りますけれど

明るくなってから やや曇天の空に光る
白い月を見つけると

何だか 見てはイケナイものに
気付いてしまったような

どこかに落し物をしてしまったかのような角度で
心がざわつくのです

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

で、お誘いが嬉しく にたぁ~っ と
気持ち悪い半笑いを重ねている私なのですが

両方は無理だ
むりだべ!
よもや両方ムーリーってなりそうな気配っ

こりゃアカン! ってんで 医者の元へ走る
咳が止まらなくってねぇ~(遠い目)

咳き込むと熱が上がるべ?
だけん、極力 咳き込まないように していたんですよ

気温も高く、雪ではなく雨の中
ホワイトアウトの心配は なかったけれど
マスク眼鏡女になると
一瞬で視界がホワイトアウト するけんね

良く 口にだけ マスクしている人いるけど
あれ意味ないだろ?
と 常々 思うちょります

でも しないよりマシなのかな

待合室では 全員マスク姿
何の対抗意識か知らないが
元来の天邪鬼っぷりを発揮して(?)

わ・わたしはっ! ぜ、絶対にっ! 
マスクなんかせん!

・・・と、最初は 思ってた

まあ でも 咳が出るからさ
出る時は 突然なのよね

予告してくれりゃー マスクなしだったって
外に出るとかして 対応できる可能性も秘めているのに

アイツ、サプライズ好きだから
くそーっ セキのヤツ~ぅ!

ってんで、いそいそと 受付カウンターにある
マスク箱に手を伸ばした

嗚呼 敗北感(ナーゼー)

私はこんなもの(ウイルス)なんかにゃあ 負けん!
…まあ、病院行ってる時点で ボロ負けだがなっ!

「はい、すずこサン、身長 体重 測らせて下さいねー」

これ、測ったダケだったんですけど
何の意味が あるんだろう

ベスト体重とか聞かれるならば
普段との増減具合で
 
ヤツレ度の判断にも 繋がりそうな気もするけれども
そんな質問もなく。

あれか! 日本ベスト体重登録教会(仮)に
報告するアンケートだなっ?

医者「症状は?」

私「一週間程前から風邪気味で 咳が出て酷くなってます」
 

お決まりの 聴診器当て・喉チェック

口開けて スポットライト 照らされる

当ててよね 我がウイルスは なんざんしょ


医者「咳なんだよね? 高熱は ないね?」

私「はい」
(さっき測ったら 37度ジャストだったしな)

診察 終~了~! ほんと あっちゅー間だよね
新札 の 綺麗でいられる期間と おんなじだわ

「咳が出る!」と壊れたテープレコーダーかましつつも
結局 出たのは 会計時だけでね
何故かこういう時って 止まる不思議

薬剤師「~の薬です。これはお腹がゆるくなるかもしれません」

ゆるく~なり続けているのは ベルトの穴なんですけどーっ!

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

詩の発表場所あります
絵・写真を披露したい方にもおすすめ!

ワタクシすずこが編集している手作り詩誌
ポエムサークル「みゅう」

仲間になり購読いただくと
ボツなしで冊子掲載 & CDトーク → 全国郵送★
見本誌もあります。読みたい方も連絡くださいね。

以下に本誌の写真・詳細を紹介していますので
クリックして御覧くださいませませ~☆

ミュウ 223.224号 完成♪ 

藤鈴呼ボイス・ハンドメイド・ブログ一覧

藤鈴呼の戯言 ~すずザレ~ 
過去作も織り交ぜて更新中☆

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

始めから 終わり迄 上ルートで 行き来したのは

どの位 前の事に なるだろう

君に 声を 掛けられて

無邪気に ついて ゆけた日々を

こんなにも 懐かしく 思うなんて

昔ばかりを 覗いて見ても

一度 閉ざされた 扉の

鍵の穴さえ 錆び付いて行くと言うのに

何処の 押し入れに 埋もれてしまったのか

空気椅子の様に 見えないモノなのか

神様の声も 聞こえはしないの

後悔は しないと 決めたけれど

航海に出向く 気力すら 残されなかった

あたしのココロは まるで

今の アナタと 一緒なんだね

こんなコトで 妙に 気が合い過ぎんのも なんだかね

愛してゆくのも どうだかね なんて

アナタには 確かめられなくて

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:

ワンクールした チェンジャーは

お気に入りの ラストソングだけ 残したままで

奏でられた 微笑に

何かを刻んで 逝ける程

素敵な楽曲じゃあ 無かったんだね

一回りした 時計のハリに

幾つ 願いを 込めてみても

電波は 途切れて 届かない

かき消されない 記憶と同じで

向こう岸の 深夜に光る花火を

一人 さみしく 見てた

僕の為に? と 思いたかった

バースデーの 直前の火は

鐘を待たずに 終焉迎えた

君と サヨナラコールの途中で

取り残された 感覚のまま

暗い国道 一人で 見て居た

記念日なのに 近くに来たのに

たった ヒトリで 黄昏ていた

オツでしょう? なんて 静かに告げた

受話器の 向こう側の アナタへ・・・

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:

思い浮かぶ ワンフレーズが有ります

持久力の レースに 突入している アナタとの恋を

始発地点迄 どうしても 戻してみたいのです

その為に コイビトと言う名の 枠組みが

もしも ジャマで 有るのなら

ワタシは それでも 構いませんと

今迄 何度も 自問自答して

区切りイイ台詞も 毎回 飲み込んだ 逢瀬の途中

今回 アナタに 質問したかったコトバも

伝え 足りないけれど

アナタにとっては きっと 

これ以上 無い位に うざったい会話を 預けたまま

帰路で 佇んで居ます

長い渋滞と 繰り返す ギアチェンの中

狭い角度から 前を見て

進まぬカンケイだと リンクさせながら・・・  〓

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:

貴方の ほほ笑みの 糧に なりたかった

少しだけの時間でも 

心から 笑わせて あげたかったのに

そのパワーが 私も 中途半端でしたね

私の 力不足かな

貴方は 笑顔不足なの

もしかしたなら 役不足かな

二人は 愛情不足だね

交わす会話も 足りないの

話し出したら 何だか 不満ばっかりで

しばらく経って 貴方が一言

小さな声で 呟いたのは

ワカリマシタと 他人行儀に

会えた時にも 言ったよね

車に乗り込む その瞬間に

スミマセンって 謝るよりも

楽しいセリフ 欲しかったんだよ

おめでとうの ただ 一言が

たった一つで 笑う予定を してたに

低めのモードに 切り替わってしまったんだ  〓

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:

〓 き す 〓 


最近 サヨナラのキスが無いのは

終わりにしたいと 考えて 居るからですか?

しばらく メールにも ケータイにも

応答が 有りませんでしたけれど

私からの メッセージ

貴方は どう 受け取ったのでしょう

今日 私を 振らなかったのは

バースデー だったからですか?

面倒な事が キライなのは

皆 同じなのだから

余り 問い詰め無い様に

思う気持ちは 確かに有れど

語らぬ貴方の 本心の

憶測ばかりは ツラ過ぎる

上向き加減の 此の感情

持ち合わせて生て 良いのですか?

信じさせて 呉れるモノ

なんにも耳に 入らぬ今に

貴方の答えが 欲しいんです

駄目ならダメと 告げて下さいxxx  〓

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:

コンタクト切れの 状態のまま

アナタが さみしくて 私に 会いたいと

本気で 思える刻に

出没出来る ワタシで有ったならば

少し 皮肉な笑顔で

だけど 心を 踊らせて

やっと あたしが 恋しくなったの?

なんて 言いたいのに

なかなか そんな日が 訪れぬままに

増えてゆくのは 押し付けてゆく 愛情?

二人のカンケイを 円滑にする為の 不満?

まったり流れる 貴方との時間に

大切な言葉は カケラも見えず

好きだけど・・・の 間接的な 台詞の跡には

終焉のランプが 見え隠れする

前向きにも 限界が来る

そんな時には 欲しい一言

お前が好きだの 台詞なら

何度聞いても 飽きる事は無いのに

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:

〓 タ イ ミ ン グ 〓

タイミングの 悪かったのは

渋滞と 排泄願望に 気押されて

高速に 突入した後 

眼下に お目当ての国道を 発見した瞬間

しかも アチラは ガラガラ蛇で

コチラは ジャガイモ 激込み模様

信じらんない! 憤慨し

君へ怒鳴った 台詞とおんなじ

タイミングだけは 図れない

君とのキョリも 縮まらない

どちらかと言えば 広がる一方

僕が 無口になったトキ

ホントは 聴いて 欲しかった

低めに かけてた BGMは

そんな心を 代弁していた

昨日 会うコト 諦めて

カエルコールを した後で

ずっと ひたすら リフレインした

今のココロの バイブルだった

結局 忠告も 意味なく

一夜 明かした 河の上だったね 〓

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:

〓 コ ン タ ク ト  2 〓


今度は 本物のコンタクトが 

目から 外れて しまいそうになり

慌てて パチパチと 瞬き

君は 二回 おめでとうって 言って呉れたけど

パチパチ拍手は 無かったね

そして どちらも このボクが

せがんだように 言わせたモノで

昨夜 一人で 眺めてた

花火も パチパチ 言っていた

嬉しく ないんじゃないの? って

僕だけの 記念日だから

幾つになっても お祝いなのに

超トクベツな 一日なのに

キミからの 電話 待って居たのに

僕の ソンザイを

忘れないでいて 欲しいから

少し 気にして 欲しくって

行くねの連絡 しなかったのに

やっぱ どーでも 良いのかな

楽しい表情 拝みたかったのにね  〓

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:

〓 高 速 な の に 〓


なんか 苛立ちを越えて 笑っちゃうよネ!

バスの背中にサ デカデカと 掲げて有んだよね

高速超特急バスが モロ 低速度で

あわや 立ち往生 状態なんだモンっ!

ギアだって ロー 一本で 行けちゃうよネ!

確かに此処は 高速ー ー ーとは 名ばかりの

金取り虫 ロード なんだモン

もー イヤんなっちゃうヨ!

何の為に カネ払ってっと 思ってんだあ? って

ダレの 首根っこ 捕まえりゃエエんか 分かんねーしなあ

何してんだろうって 来る時も

そりゃ 散々 思ったサね

あの人は ホンキで あたしを

待ってて 呉れてんのか?! って

これじゃあ 追い掛けてる 片思いと

変わんないじゃん? ってサ 〓

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:

〓 ま た バ ス が 来 た よ 〓


信号が無いだけ まだ マシなんだろうなって

自分を 慰めながら

目の前の 単車の 両側に

足が ブラブラしてて

ああ キミも グロッキーなんだねと

さっきの君の事 思い出して

相手してヨと 懇願したのに

この間は 別れてすぐに メールが来たのに

いくら待っても 来ないんだ

アイツには ウジウジしてんの聞いてっと

ムカツクって 言われたけど

押したら引くのも 大切なんでしょ?

ただ問題は あたしが 押しっパナで

あの人は 引きっパナなんだ

あたしが引いた つもりでも

マージンが とても 短いんだね

彼にとっては ストーカーかな

それとも 彼女と ちゃんと思って 呉れているのかな  〓

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:
人気ブログランキングへ
↑ポチッとな~☆↑



2015年1月22日 (木)

カレーの日

Img_3328


Img_3378


Img_3379


1月22日は「カレーの日」らしいんですよ

ですからね、先日 初試食したカレールーを
公開しておきますね♪

箱だけですけど。 でも 後悔はしませんよ?
航海レシピは気になりますね♪

昨夜 ナイナイの番組で 
お見合いしよう!企画の番外編をやっていた

企画の正式名称 違うような気がするけど 
まあいいか

嫁に来ないか? みたいな企画では
若い世代を取り込みたい市町村が
名乗りをあげていたと思うんですけれど

今回は 仕事募集の企画で
働き手の欲しい雇い主と チャレンジャーが
描かれていた

北海道ではサラブレッドの世話をする求人
広島だったかな?では お医者さんの求人

そして あと一つが 漁師募集の求人だった
お決まりの船酔いシーンなんかが流れていた

船が出て来た瞬間 旦那が呟いた
「俺、絶対こういうの駄目だわ」

旦那はね 基本 揺れる系が苦手
遠心力にも弱い

だけん、振り回してしまえば 
こっちのモノ♪(違)

横浜は桜木町で
♪こんな遊戯 乗る筈もないのに~♪

と思っていたらしいんですけどね
私、コスモワールドで遊んじゃって。

大観覧車のある辺りね
ほら ドラマにも良く出るような場所。

あすこに遊戯の一つとして
回転する円盤みたいなのがあったんだよね

上下左右斜めに振られながら回り続ける
旦那にとっては めっちゃ拷問マシーン(笑)

ジェットコースターとか 基本好きな私も
地面スレスレで 当たるんじゃね? と思い
ゾクッとしたのが記憶に新しい

経験は古いけれども。 
かれこれ10年ほど前の話でしたかね?

そう言えば私、船酔いの経験ないな
そもそも 余り乗ったことないんだった。

いざ漕ぎゆかん! 幻の具を求めて(謎)
船 持ってないけれども。

上手く釣れたら シーフードカレーも良いですよね
シーフードカレーって 作った事ないかも~。

ま、そんな訳で 本日は「カレーの日」ですので
シチューの写真を 貼ってみました(ナーゼー

最近 CMに操作されている私

♪ちゅーちゅーしちゅーうー 
みんな だ・い・す・き・でっちゅっ♪

ほら、あの ハート型に顆粒流し込むヤツ。
私さ、顆粒は 買わないんだわ

一度 「だま」にして 叫んだことあるもん
騙された―っ!

いや、韻を踏みたかっただけで
溶かずに入れたら そうなりますよね

片栗粉だって ちゃんと火を止めてー
失敗したら ちゃんと非を認めてーっ!

料理の器 最近は白オンリーですが
映っているのは カラフルですな

食パン用の皿は 実家から持ち込んだもので
もう何年モノ?!

ヨーロッパ風って言うのかしら、ってのは
勝手な妄想だけど

こんな風な皿が 御洒落さん♪ って
当時は思っていたのですよ

中央の二人 これだけ長い間 寄り添うと
表情もなくなってくるのよね

嗚呼 何だかリアルだわ
涙ちょちょぎれそう・・・

で、隣の深皿は ピーターラビットよね
これは いただきモノ

ワタクシ当時 ワープロを習っておりまして
これ2級合格の時かなあ? 

教室の先生から いただいたの
嬉しかったなあ

手にした瞬間ね

「い、いつか一人暮らししたら
 これに スープ入れて オシャレに飲むんだ!」

と 鼻息荒く妄想していたことも
記憶に新しい

あ、パン皿もセットで いただいたんだわ
そっちで撮影すれば 良かったわ~♪

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

詩の発表場所あります
絵・写真を披露したい方にもおすすめ!

ワタクシすずこが編集している手作り詩誌
ポエムサークル「みゅう」

仲間になり購読いただくと
ボツなしで冊子掲載 & CDトーク → 全国郵送★
見本誌もあります。読みたい方も連絡くださいね。

以下に本誌の写真・詳細を紹介していますので
クリックして御覧くださいませませ~☆

ミュウ 223.224号 完成♪ 

藤鈴呼ボイス・ハンドメイド・ブログ一覧

藤鈴呼の戯言 ~すずザレ~ 
過去作も織り交ぜて更新中☆

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

本を読んで 料理を 勉強した
と 言う 内容の 本を 読んで 居たら

急に

「 今夜は きちんとした夕食を 作らなくては 」
と言う 思いに 駆られたので
頭の中で 妄想してみた

魚が良い と 知ってから
一日おき位のペースで 食卓に 並べよう と
心に 誓った 筈なのに

実際には 殆ど 焼いて 無かったコトを
思い 出したのだ

この前の 休日には

彼が 買い置きして有った メザシを
温めて 呉れた

彼は メザシが 大好きなのだ

グリルでは 無く 
トースターで 「温めた」ので

何が 香ばしい と 感じた後で 食べてみたら
ちょっと 生臭い 気がした

其れでも 折角の メザシだし・・・ と
食べたのだが

最後の 私の ノルマの分?! は 
彼に 「どうぞ♪」 と 渡して しまった×××

結局 その夜の メニューは
魚と ご飯 では 無く そうめんに 成った

昼の メールで
「 今夜は あっさりとした 麺が 食べたい 」
と リクエスト されたのだ

夏バテに 成らない 為には
米を 食べなければ イケナイ とは 思う

思うのだが
実際に 食欲の 無い時には
食べる気が 起こらない

悪循環だなぁ~

彼は 白米ダケでは 物足りない派だ

玄米や 穀物ミックスを 入れて 居たのだが
2キロずつ 小まめに 補充するうちに
白米ダケに 成って しまった

玄米ダケを 炊飯器で 炊く 場合は
白米ダケの 水の 量だと 固く 成ってしまう

前に 失敗した時は
一日 置いた ピラフの 様だった

炊き込みご飯も たまに する
彼の 実家から 具の セットを 戴いたのだ

袋には 3合分 入って 居た
一度に 炊くのは 2合で 充分なので
1合分の 具が 残った

どうしようか と 思って 居たら
別の日に
彼が 残ってた ご飯で 
チャーハンに して呉れた

意外と イケる! と 思ったので
次回も これで 食派したい と 考えて 居る

ここ 数日
炊飯器を 使って 居ないので

今夜は 米を 炊こうかなあ×××

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

主精占い と 言うモノが 有るらしい

早速 やって 見るコトにした

ネット検索 かけたけれど
自力で 見つけ出せなかったので
諦めた

暫くして
彼が 見つけて
占った と 言うので
私も やってみた

彼の結果は 「地」 で 私が 「陽」 だった

地 の 説明文の中に

家庭を守る 女の象徴 と 言う様な 記述が有り
笑えた

どっしりと 構えて
自分からは 動こうとしない の 部分に
頷いた

彼も 私も 受身体質だと 思う

そんな 二人が 出会ったのは
珍しく 私が 
自分から メールを 出した からだった

彼は 
カラオケの サークル を 作ろうとして
掲示板を 立ち上げて 居た

掲示板に 書き込みするのは 気が 引けたので
プロフィール覧に 有った メールアドレスに
送信したのが キッカケだった

結局 掲示板の 方には 誰からも 反応が 無く
唯一 反応した 私と サシオケしたのが 始まりだった

その頃 私は
恋なんて するつもりは 無かったし
純粋に オケ友を 捜して居た

出会いとは 不思議だなあ と 
振り返って 居る

さて 主精占い だが
別サイトで 占ったら
結果が 「宝」 に 成った

サイトによって 結果が 違うのかあ~ と 
思ったので 有った×××

占いは 楽しむ程度に 好きだ
今年の 占い特集 の 雑誌を
わざわざ 買う 程では 無い

基本的に 良い結果は 鵜呑みにし
悪い部分は 無視する様に 心掛けて 居るー
つもりだが

やはり 何処かで 悪いコトが 起きると
「 あー やっぱり 占いに 有ったから××× 」
なんて 思ってしまったり する

人間 何処迄も
能天気で 楽天家で 居られたら
最高なんだけどな

こじつければ
良くも 悪くも 当て嵌まるのが 占いなのかな
と言う ところだ

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

ラジオを 聞いて居て
ムカツク 瞬間が 有る

リスナーからの メッセージの 後に
リクエスト曲を 流す コトは 
多いと 思うのだが

最後まで 聞けない コトだ

時間の 関係で 仕方無い と 言うのも
確かに 有る だろうが

パーソナリティーが
こんな 言い訳を して居た 時が 有った

「 もう少し コメントを 読みたい処では 有りますが
  此れ以上 読んでしまうと 
  曲の時間が 無くなって しまうので
  曲に 行きます 」

何だそりゃー!? だ

酷い 時には 
一番の サビに 突入して すぐに
曲が フェイド アウト したり する

毎回 許せない 一時で 有る

リクエスト曲 と 言うからには
リスナーに とっても 
思い入れの 有る曲に 違い 無い

バースデー コーナー などで
相手に 寄せる 曲だって 有る

誕生日を 迎える 人に

「 読まれるか 解らない ケド
  ラジオ 聞いてね♪ 」 と 言ったと する

ラジオで 読まれて
さて リクエスト曲です! なんて 聞いて居て

サビも ロクに 聞けなかったら
どんな 気分だろう

お祝いの 気持ちも 薄れて しまいそうだ

好きな 曲で 無くても
懐かしいなあ と 聞いてる 時が 有る 私だが

頻繁に 打ち切られると
本当に うんざりする

どうにか ならない もんかね

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

どうにか ならない もんかね

どうにも ならない もんよね

何時だって
君は どーん と 構えて

身動きもせずに 
そう 言うんだ

セチガライ 世の中とは
無縁に 見える 君だけど

専ら 活動場所は
世の中の 核 とも 思えるんだから
笑っちゃうよね

竜巻と きっと 
おんなじなんだ

周りの 風が 幾ら 強くても
目は 静かに 落ち着いて 居る

たまに 皴の寄る 眉間を
二つの 瞳で 
静かに 支えて 生るんだね


   『 眼 』

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

昨夜は すっかり 爆睡して しまった。
友人から プライドの ビデオを 録画してくれ
と 依頼され、

かろうじて 九時まで 起きていようと 思った。

彼が 座椅子で 眠って居たので
私まで 寝過ごして しまっては
約束したのに 悪い と 思ったからだ。

だが やっぱり 睡魔には 勝てず、
九時前に 彼が 起き出して
ビデオ チェックを 始めてくれたので 

安心して
其処から 朝まで 眠る。

上手く 録画 出来たか
チェックも して いない まま。



今夜の 夕食は 簡単 そのもの。

昨夜から 二人共 食欲が 無く 
昨夜は 久々に おかゆを 炊いてみた。

雑炊と おかゆと お茶漬け の
あいのこの ような 不思議な 物体が 完成した。

シャケは ほぐしてあるのを 買って来て、
なめ竹を 入れて、 梅干を 置いて、
のりを 掛けた。

帰宅した 彼は 
盛り付けしている処を 見て 言った。

「 これ・・ 何合? 」
「 二合 弱。 」
「 うそー 多いよ。 」 云々。

「 余り 要らないって 言ったじゃん。 」

その 台詞に
疲労の 私は 静かに キレた。

一生懸命 作って 居る
( あり合わせを 盛り付けてる ダケ と 云う 事実は
  この際 置いて おいて 欲しい ) 
私に 向かって
その 台詞は 無いんじゃない・・・? と 
思って しまった からだ。

平日の 夕食は 私が 作る コトが 多い。
家事分担は しているから
洗い物は 彼だし、
洗濯物を 干すのも 彼だ。

私は 料理と 前日の 洗濯物を 畳む。

やはり 家事が 嫌いなので
愚痴っぽく なって しまう。

彼は
「 俺は 県内で 三番に入る 家事をする 夫だ 」
と 云う。

確かに そうかも 知れない。

けれど
自分 一人ならば 
生活する為の 最低限は 必要なんだよねぇ・・・。

今日は 気を 取り直して
オムレツもどき を 作った。

具に 肉は 無い。

挽肉は 無く、
豚肉の 細切れは 冷凍して 有るのだが、

玉ねぎ、人参、シメジ の 
みじん切り のみを 入れた。

炭水化物は 彼が パン、
私が 昨夜の残り の 予定で 有る。

惣菜の 日が 有ったり、
外食 してたり しても 
この位 嫌だから、

世の中の 主婦を 尊敬する
私なので 有る。

だけど やっぱり
彼の 分も 作らないと、 と 思うと、

自動的に 
納豆と ご飯ダケ、
なんて 訳にも 行かないから、

自分の 健康の 為にも 良いし、
一石二鳥 なんだよね、
と 自分を 励ましながら
愚痴っぽく なりながら の 

私に とっては 家事戦争。。。なのだ。

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°
人気ブログランキングへ
↑ポチッとな~☆↑


恋愛論

Img_3367


Img_3368


Img_3369


吉行淳之介 著 
代表作に『驟雨』『砂の上の植物群』など。

作家・詩人の吉行エイスケは父。美容師の吉行あぐりは母。
女優の吉行和子、詩人の吉行理恵は妹。

文学のテーマ同様に女性関係においても
その人生は常に女性に彩られていた。
たいへん女性にもてたことで知られている

*

ということを知りませんでしたが
驟雨、で思い浮かぶのは 
みゅうメンバーの驟雨だなあ~

モテる、で思い出した
昨日 ネットでオーラ診断をしていたのね

出雲でブレスレッド選ぶ時に
生年月日から出された私のカラ―は緑だった
これは事実に基づく結果ですな

一方 昨日は質問に回答していき導き出されるもの
今回はね大好きな紫が出ましたことよ

で色々と遊んでいたんだが その中で
「あなたのモテ期は40歳です」と言うのがあった

ほーお。 モテるにも色々な意味がありまんがな
最近 時間が出来て 色々ネットサーフしながら
コメント残したりもしているからね

みゅう仲間が広がる方向だと良いなぁ♪
と思ったのでした

この機会に 御礼をば。

いつもイイネ! クリックくださる方
ありがとうございます♪

最近 ネット行脚していて気付いた
コメントできないサイトって
結構 多いですよね

基本、私は 
イイネ!するならコメントしたい派なので
極力 クリックはしないのですが

最近は イイネ!したくなる瞬間も
少しずつ 増えてきたような気もします。

特に 絵心の無い私が惹かれるのは
幻想的なイラストだったり

大好きな猫の写真だったり
心にしっくりとくる言葉だったり、ね

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

マイホームと言う響きから連想するのは 
自由に作り出せる空気感

住む人間にしか分からない癒しの空間から
招かれる仲間にまで広がる愉しい会話まで
様々だと思います

坪数を言われても どうもピーンと来ない私
毎回 引っ越す度に「今度は何平米かしらん?」
って書類眺めているから 
これなら なーんとなく想像できる(笑)

なモンで、良く話題になりがちな 坪単価の話が
目の前で始まっても 相槌しか打てん(爆)

土地と金に糸目を付けないとするならばね?
どんな部屋があったら良いかな~ と
勝手な妄想を申しますと

みゅう編集部屋… コピー機とかあったら最高(はあと) 
リビング クローゼット ベッドルーム

温泉(は?) カラオケハウス(家かよ!)
あーでも ログハウスみたいなのも良いよねー

暖炉なんかあってさー
ソファーも良いなあ

あ、机がね、現在 旦那パソコン置き 兼 食卓なので
ここ、分離させたいなー

・・・と
徐々に現実的になって行くのであった(笑)

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

詩の発表場所あります
絵・写真を披露したい方にもおすすめ!

ワタクシすずこが編集している手作り詩誌
ポエムサークル「みゅう」

仲間になり購読いただくと
ボツなしで冊子掲載 & CDトーク → 全国郵送★
見本誌もあります。読みたい方も連絡くださいね。

以下に本誌の写真・詳細を紹介していますので
クリックして御覧くださいませませ~☆

ミュウ 223.224号 完成♪ 

藤鈴呼ボイス・ハンドメイド・ブログ一覧

藤鈴呼の戯言 ~すずザレ~ 
過去作も織り交ぜて更新中☆

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

農耕関係という言葉

今日 あなたに 教わりました。

男の人は 種を撒いたならば

毎日 水をやったりして

世話をしなければ ならない

私の場合は 逆なのね

そうして 稲穂になった 男たちは

丁度良い角度で

空に 飛び立って行って しまうんだもの。

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:

浮気をしたならば 自分が辛くなるよ?

本当に そうでしょうか?

ならば ためしてみる?

あの人に 電話が 出来なかったのは

あの人を 呼びつけてしまえば

その後の 自分の行動が

手に取るように 解ってしまうから・・・

色々な事を 考えて

考えさせる俺が悪いと

貴方に 思われたままの毎日に

何か 変化が 見出せるならば

わたしは・・・

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:

胸に えぐられたような傷を 発見する度に

この傷を もっと大きくするような旅に

出掛けたいと 焦ひ 願ふ

されど それは 叶わず

きみの こころ 違わず

わたしたちは 何処まで

擦れ違って いくのでしょうか

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:

悲惨な おとぎ話を

いつまでも 抱き締めて

抱き寄せてくれる あなたの

冷たいKISSを 待ちわびながら

いつまでも 終わらない 鎮魂唄を

奏で 続けるだけ・・・

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:

今 貴方に 優しくされたならば

間違いなく 私は 落ちるだろう

そんな事を 分かっていて

私の心を 揺さぶるような 貴方のセリフ

私は 何処まで 騙される?

貴方は 何時まで 騙してくれる?

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:

男の人を 知りすぎだよ。

あの人が 言った。

裏の裏を 返すような 会話にも もう慣れて

きっと 私達は ずっと このままで

そう 友情の成立する 男女関係は

私と アイツの ように

「例え 隣りで 眠っていても 君には手を出さないよ。」って

笑って 言えるような そんな 関係を。

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:

立ちすくんだままの戸惑い

あの頃の シアワセな 戸惑い

私は 貴方が 帰って来るまで

ここで ただ 一人

終わらぬ 子守唄に 抱かれながら

涙声を 濡らしたままで

今宵の夢枕に 就きましょう。

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:

後悔しているという訳でなくて

ただ その言葉を

使ってみたかった だけのこと。

後悔だって 思っていられれば

前向きな 解決策が

生まれるんじゃないかって

思って いたかっただけで。

けれど 貴方には

拒絶されてしまったから

私は もう

笑うことを 忘れて

一人

生きて いこうと思う

ここに 笑いながら 生きることも

あそこで 笑いながら 生きることも

両方とも 許されなくなって しまったなら

私は どうなるの

そう 問い掛けようにも

貴方は 眠ってしまっていて

声すらも かけられない

そんな 状況で。

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:

後悔の 扉

わたしは それを

オルゴールと 呼びます。

しあわせの オルゴール

奏でる 楽曲は

必ずしも シアワセなものとは

限らないのだけれど。

それを ひもとく 瞬間に

あたしは

シアワセを

感じるんです

そして 奏でた 跡には

そっと フタを 閉じて

また

当たり前の 毎日の中に

自分の 全てを

委ねて 生(い)くのでしょう。

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:

今日は お洗濯物を 干すの

外が お天気だったから

布団まで パンパンっ! って 叩(はた)いて

鼻歌なんて 口づさみながら

あなたの 脱ぎ捨てた

表裏の逆になったTシャツや

しなびた靴下なんかを 伸ばす瞬間に

シアワセを 感じるのよね

あなたが 忘れていった 黒いベルト

あなたの留守を 良いことに

自分の腰に 巻いてみたわ。

「やっぱり 私の方が細い!」

それで 気分は 上々で

口笛すらも 嬉しがっているようね

この 喜びを

今すぐ あなたに 伝えたいのだけれど

あなたは どこに いるのかな・・・?

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:
人気ブログランキングへ
↑ポチッとな~☆↑


本物のヒスイ・・・?

Img_3383


Img_3384


Img_3557


最近 駅前アーケードには
翡翠と思われる玉だとか
勾玉モチーフが置かれている・・・んだけれども
こりゃ、紛い物か? はたまた?!

昨夜 旦那を迎えに行きまして
その際に 一つ前の記事で紹介した写真を撮影しまして。

最近 通りかかる度に「キレイやなぁ~」と
見とれていたんですよ

何時か撮影したいけど 夜じゃないとなー
って思っていたら

アーケードの下で 旦那が
写真の玉を撫でていた(笑)

曰く「これは本物っぽいで?」
私「ふーん」

「(勾玉を指差して)あっちは翡翠じゃないやろ!」
私「へーえ」

もうね、これしか言えないですよ
暗いしね、触ってないしね、風邪引いてるしね

あたしゃ判断できねーだよ
(δ ̄_ ̄")ノ⌒

本は以前 衝動買いした一冊
読んだ旦那が一言

「いや・・・ラクにならねーし!
寧ろ、これ読んで
 あー楽になったーっ♪って人がいたら
聞いてみたいわ。」

うん。
まあ、でもね、ラクになる本らしいですよー

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

詩の発表場所あります
絵・写真を披露したい方にもおすすめ!

ワタクシすずこが編集している手作り詩誌
ポエムサークル「みゅう」

仲間になり購読いただくと
ボツなしで冊子掲載 & CDトーク → 全国郵送★
見本誌もあります。読みたい方も連絡くださいね。

以下に本誌の写真・詳細を紹介していますので
クリックして御覧くださいませませ~☆

ミュウ 223.224号 完成♪ 

藤鈴呼ボイス・ハンドメイド・ブログ一覧

藤鈴呼の戯言 ~すずザレ~ 
過去作も織り交ぜて更新中☆

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

いつか 便宜を図って

二人の距離を 計りたいと思う

計測器は ナンセンスだし

牽引されるのも 御免こうむら返しは

痛いのだ けれど も xxx

☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★

一つの記念が 有りました。
録画をして 取って有るのだと言うから
母親の子供時代のビデオかと
一瞬 勘違いを してしまったくらい。

私たちが 小さい頃
未だ ホーム・ビデオなんて 普及して無かったのに、
( 凄いよなぁ。。。! ) 、 と
勝手な判断を 脳裏の奥で展開していたら
会話の展開による内容が
ちと 可笑しい。

眺めた ブラウン管からは
彼女の息子の 姿。

嗚呼 そうだったのか!
・・・とは 言わなかった けれど。

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★

こんなの見て 歓ぶのって
親ばっかだよね~!

本気で 言う アナタに、

” 可愛いネ☆ ” の
私の 台詞に

ホンキで 頷く アナタに

少しだけ 感じた
昨日の 嫉妬心を。

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★

付き合って居た人間の悪口は

言いたく無いし

聞きたくも 無いもの。


だから 耳を 閉ざしました

目を 瞑れなかったから

コンタクトと 二人の距離は

微妙に ズレかかったまんま。


まるで 鼻の上に ちょこん と 乗っかった

少し ひん曲がった メガネみたい

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★

愛想 無いかも 知れませんが

アナタの 苦しみに 関しては

あたしは 何も 言えません


そもそも 言う権利なんて

無いのだし


そして それ程までに

知り合っては 居なかったから

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★

まるで 恋人同士のようだね 
なんて 言いながら

少しの アナタの 台詞を
読まない フリを した。

わざとらしい 台詞は
本当の 伴侶へ 向けて
紡ぐ ものなんだから

って 責められたならば
少しは 楽なのだろうと 思う。

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★

前向きに 成れたみたいで 良かった

         と

冗談じゃ無い に 似た 嫌悪感

         が

頭の中で ごた混ぜスープと 相成って

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★

その 有名な 彼が
動物 好きなのに

撮影のために
色んなコトを していると

巷では 横行してる
噂話を 目にして。

目の当たりにする 嫌悪感は
失恋の瞬間と 少し 似てる。

耳に吹き込まれる 一言は
信頼感を 失う 唯一の コトバ。

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★

アイボン が 手元に 無かったから
仕方無く 手救いの 水の中に

目玉を 突っ込んだ。

注がれた 液体が パジャマの手首を 
濡らす。

服は 脱ぎたく無いし
シャワーは 浴びちまったから
手っ取り早く
          流しで。

久々の 運転で
スーパーにも 寄れたけど

一日 二回も 行脚する程
ユキチも 親切じゃぁ 無いらしひ (-_-)゛

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★

医師の 診断を 受けて
言う通りに しなさいって

学生時代に 何だか 似てる。

「 センセイの 言うコトバは
    総て 正しい。 」

       は

嘘だよね。 親子の関係も
手っ取り早く 生きたいものよ

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★
人気ブログランキングへ
↑ポチッとな~☆↑


彩り豊かな夜

Img_3385


Img_3386


Img_3387

昨夜の糸魚川駅前
最近 駅前アーケードも新しくなりまして

雁木通りまでライトアップされているんですね
ちょっとしたクリスマス気分

何でだろう こういう色合いを見つけると
やはりクリスマスのイメージが広がってしまう

三月中旬あたりまでライトアップが続く様子
以前より 少しゴージャス ステキかな

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

色々な表現方法を探しながら
ネットサーフィンしていると

思わぬ発見があったりして
驚くことも多いです。

いろいろ。
色・・

昔、塗り絵が好きでした
始めはクレヨンを手にしていたんだと思うが
物心ついた頃は クーピーだったのかな
色鉛筆もあったな

12からはじまって 24色にあこがれて 
果ては60色色鉛筆があったらステキだなぁ、と願った
幼少時代

色鉛筆やクーピーは固形ですから
塗り重ねることは出来ても
絵具みたいに混ぜ合わせることは 出来ません

だから 手っ取り早く 沢山の色を装備した
多色クーピーを求めたんでしょうね

最近 緑キャンペーン中です
まあ 出雲で出会ったブレスの色を
より好きになろうかな、と

ブログ画面も 飽きていたりして
ちょっと生まれ変わったサイトもあります

ついでに 
人気ブログランキングの登録カテゴリーも
若干変更してみたりしてね

昔は 真っ黒の画面に 真っ白の文字
これが私のサイトの定番だった

今は無いガイアックスのサイトなんかでは
それが普通だった

最近ね、黒画面に白文字って
何だか目がチカチカするんですよ

・・・年なのか?! と気付き ハッとする

テンプレートも色々あって
変更しようとすると楽しいですよね

私はパソコンからしかアクセスしないので
良く分からないですが

多分 携帯だと シンプルなんでしょうね
あと文字も全て 表示されないんだろうなあ~

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

もやもやの心が 
もふもふの身体にくるまれて 

ぽかぽかと温まって
スッキリすれば良いんですが 

中々そう上手くはいかないですね。

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

幼い頃 無性に憧れたのが 
アップリケ

今は 携帯や鏡をデコるのも
当たり前なのでしょうが

当時は純粋に 穴を隠す修理の為、というのも 
多かったのでしょうね

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

根や種が食材になるもの
結構あるのでしょうね。 

詳しくは分からないのですが 
ゆりの根だとか キキョウの根だとか 

花びらは 愛でるばかりが 能じゃない

そして ヒマワリの種は
ハムスターのご飯にもなりますネ★

昔 飼っていたんですけど
味見してみたら くるみ風味でした

くるみって 良いよねー
カシューナッツ炒め、とかあるけれども
先日 衝動買いした胡桃を つい
サラダに乗っけて 出してみた(笑)

くるみ餅 実家時代は良く食べていたんだが
自分でやるとなると 面倒で・・・(爆)

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

アルミホイルは
冷たいものを温かくする
魔法の存在だから

固いサツマイモも
甘みが増し 
やわらかくなるんだ

私が一番
アルミホイルを活用する瞬間は
プラバンを縮める時

トースターに入れて 
アルミホイルの上にプラバンを乗せて
チンをする

それ以外の使い方は知りません(笑)

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

先日餃子が食べたくて購入しました
(え゛、作らないの? 笑)

いつも簡単焼きするダケだったのですが、
旦那が「羽根つけようよ」と言うので
途中で焼留。

(あら、焼き留めなんて表現をすると
マイクロマクラメコードみたいだわ★

→手芸用品で
ストラップなどを作成する時に使用できるヒモ)

片栗粉で「羽根」を作成したのですが、
しょっぱなから入れずに
一度ハンパ焼きした所為か 
ちょっと もっちりした感覚に。

皮の中身がジューシーでモッチモチ ならば
嬉しいですが 

羽根はやはり
パリッとしたいですね

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

詩の発表場所あります
絵・写真を披露したい方にもおすすめ!

ワタクシすずこが編集している手作り詩誌
ポエムサークル「みゅう」

仲間になり購読いただくと
ボツなしで冊子掲載 & CDトーク → 全国郵送★
見本誌もあります。読みたい方も連絡くださいね。

以下に本誌の写真・詳細を紹介していますので
クリックして御覧くださいませませ~☆

ミュウ 223.224号 完成♪ 

藤鈴呼ボイス・ハンドメイド・ブログ一覧

藤鈴呼の戯言 ~すずザレ~ 
過去作も織り交ぜて更新中☆

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

下の階で 入荷商品 チェックを してた 彼等。
話題は どうやら 
チーズ フォンデュ が 食べたい と 言うもの。

「すずこさーん」   呼ばれて 振り返る
営業の 男のコは 言う。
「すずこさんが 連れてって くれるって!」

かくて 話題に 引き込まれた 私は 応える。

「 良いよ~
  お金 出して くれんなら 何時でも 連れてくよ~♪
  くすっ☆ 」

直後に 近くの彼女と 営業の彼に 突っ込まれる
「くそっ?!」

ちーがうよー
「くすっ☆」 って 言ったの~お!

「なぁんだ、 最近 おしとやかに なったなぁ と 思ったら
  くそっ って 言うから  がっかりだなぁ~ って
  思ったのにぃ~ 」

嗚呼 「す」と「そ」の 違いは 恐ろしひ カナ×××


   『 サ行の 悲劇 』

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

何時もの 昼休み
アタシの メニューは チャーハン

良く 「大盛り!」 って 注文するけれど
アタシは 何時だって 小盛りだ

オーダー する トキ
今度は

「 チャーハン 小盛り ! 」 って
言って みようか なあ×××

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

男が 三人 来た
奥の テーブル席に 座られると
もうすぐ 食べ終えるから
一服するのに 気を 遣うなぁ×××

それより うちの 会社の人じゃ
無いだろうなぁ×××

コップ置きの 硝子に 映る
人影を 眺めてた

直接は 見えぬ 角度だ

棚を 超えて 
トイレに 向かう人が来て 目が 合った

ニラんだつもりは 無いのだが
こちらに 来たそうな 感じの 別の 男も
こちらを チラ見した

目が 合った

ニラんだ 訳じゃ 無いけれど
彼等は おばさんの

「 この テーブル席で 良いんですか? 」 

の 言葉に 頷いた
やったっ!_( ̄▽ ̄)ノ彡!

彼等に 注ぐ 水を コップに 入れながら
おばさんが 言った

「 もう 皆さん 夏服なんですか? 」

小腹 いっぱいで 
チャーハンを 無理に ほおばってたから

「 ううん 」 と 喉声で 言うのが 精一杯だった

ホントは

「 夏服は 六月からですよー  上着 脱いでる ダケ♪ 」

って 言いたかったんだけど なぁ~

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

やっぱり 人間
自分の 非を 認めなきゃ 駄目だ

相手に ばかり 責任を 押し付けるのは
浅はかだ

言われた方が 謝ったなら
言った 方は 満足 するだろう

だけど

互いに 確認しながら 
一つの作業を する場合

どちらかだけが 悪い事は 無い
確認を 怠り 押し付けておいて

自分は 全く 悪く無い と 
豪語する 行為は 

情け無くて 
反論する気も 失せる

蓄積された 怒りは 渦と 成り
濁流に 巻き込まれ

いずれ 
激しい 竜巻を 引き起こす

どんなに 固い 岩も
どんなに 大きな 木も
薙ぎ倒す 程の 勢い なんだ

フルパワーで 加速した 情熱をも
覆う 激しさで

いずれ 我が身をも
砕くのかも 知れない

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

クマできる あんな寝たのに 何故だろう (T-T)


  《  すず 嘆きの 一句  》

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

ネスカフェだかで 不気味な飲物が
開発された らしい・・・

と 表記して しまっては
大変 失礼だろうがー

何と 炭酸入り コーヒー らしいのダっ\(◎o◎)/!

仕事中に ラジオで 聞いたのだが
試飲した パーソナリティーも

「微妙です」 との 感想を 漏らして 居たのには
笑いそうに 成って しまった

商品紹介を すべき コメントでの
素直さ と 言うか
バカ正直さ と 言うかー

逆に そんな コメントを 受けて

「 じゃあ 一体 どんな 飲物なのか 試してみよう! 」

なんて 言う 視聴者も
多いのでは 無いだろうか

既に コンビニ等で 販売されて いるらしいが
気に 留めた コトは 無かった

商品名は 忘れたが
キャッチコピーが 
こんな感じの 言葉だった

《 一度 飲んだら 病み付きに 成る 》

その後で パーソナリティーが こう 言った

「 何でも 飲んだ人の 六人に 一人は ハマる
  と 言う コトですけれども
  この 数値も 微妙では 有りますよねぇ××× 」

又   笑いコケそうに 成ってしまった 私は
是非とも 一度 試飲したいなぁ と 感じながら
微笑ましく 聞いて居たので 有った

勿論 手元の作業に 熱中して居る フリを しながら・・・

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°
人気ブログランキングへ
↑ポチッとな~☆↑


お菓子みたいな・・・

Img_6501


Img_6503


Img_6504


昨年の夏
ポエケットの為に上京した際
東京駅で撮影しました

天井だけを拡大すると
何だか お菓子のよう

周囲の人波が途切れたところで
中心までパパッと走って行き
サッと撮影(笑)

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

NOTE 46-4 藤鈴呼の戯言 リーディング.2014.12.25

BGM 有線より
(17位) キラリ / いきものがかり

動画フォト 2014.5月 マルシェ
藤鈴呼オリジナル作品たち

朝マルシェ 2014.5.25
制止画はこちらで紹介していまーす★

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

LAST GIGSシリーズ

ラストギグ、と表現を変換しながら眺めて
私が思い浮かべたのは ライブ いやライヴ、
うーん、LIVEです

内容は音とは異なるものでした
上記ブログを認めているのはメグさん

…あ、読み方について特筆させて下さい
「みとめ」、ではなくて「したため」です

本ならば著者と言う表現が合っている気がする
ブログ著者、ではないな、綴る、でも良いな

だけど「活字を認める」と言う表現が
しっくりきたんです

字がね、活きているんですよね
まるで音まで聞こえそうな程に。

一本筋の通っている人間が好きな私が
最近ちょいちょい読んでいるブログです

私自身は鼻筋でも通してみたい願望は
ありますけれど
(団子っ鼻でも良いじゃない?)

仮想現実とも称されるネットの世界で
リアルさと凄さを感じる記事に出会うと
ゾクゾクします

記事、事を記す、そうか、ただ綴るのみならず
魂が見え隠れするからなんだな

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

リズミカルに駆け抜けるのみならず
共感も出来、日常忘れがちな感情を
取り戻してくれる
ビバ!言葉! 

そんな心こそ
丁寧に感じ取りたいなって思う

読解力って大事ですよね
何かしらのフレーズを伝えた時に
曲解されてしまうと
トンチンカンなコメントを生み出しかねない

綴る力も 勿論大事
誤解を生む書き方は一大事

なんて風にね
脱線ばかりするから
中々 本意が伝わらなかったりも 
するんですけれども

そんな時には
読み手の心に 委ねてみる

理解しようとする心の有無で
結果は 如何様にでも 変化するもんだ

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

宝と言えばですねぇ、
私にとってタイムリーなワードでして、

通常モードであれば 宝船とか金
(カネではなくて金ピカの存在の方)だとかが
浮かぶ筈なんですが 

絶賛保険見直中にて
「宝」と呼ばれた時代の利率の良さ、が
一等先に浮かんでしまうのでしタ。

そして そんな利率は空の彼方に
浮かんでしまったのだ
~( ̄▽ ̄~)(~ ̄▽ ̄)~

まあ何が一番の宝かって
人によって千差万別なれど 

宝と呼べる心を持ち続けたいなあと思う
同じ宝を所有する仲間が増えれば良いなあと思う

心って言うのは価値観に繋がるんですね
同じ道を歩む上では欠かせない存在です

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

詩の発表場所あります
絵・写真を披露したい方にもおすすめ!

ワタクシすずこが編集している手作り詩誌
ポエムサークル「みゅう」

仲間になり購読いただくと
ボツなしで冊子掲載 & CDトーク → 全国郵送★
見本誌もあります。読みたい方も連絡くださいね。

以下に本誌の写真・詳細を紹介していますので
クリックして御覧くださいませませ~☆

ミュウ 223.224号 完成♪ 

藤鈴呼ボイス・ハンドメイド・ブログ一覧

藤鈴呼の戯言 ~すずザレ~ 
過去作も織り交ぜて更新中☆

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

三つ目を 探す

アイス ・ コーヒー 飲みながら


コクコク 

良い音が するよね


さらさら

そんな 感じだったんだ


真っ白の 角砂糖だったキミは

何時までも ボクの 核だったのさ

★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

転がった おむすびに

戻って来いと 幾度 告げても


坂道を 転がる スピード

非力なボクでは 止められなくて

★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

ふと スーパーの レジの向こう

サービス ・ カウンターの コーナーで

5000円札 握り締め

2カートン! と 告げた後

ハッ とした

そうか。。。 400円あれば

パンが もう二つ 買えたな。。。

★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

明日から 値上げと 知って居て

帰りの 道草さ めんどくさくて

結局 二日に まとめ買い

害が 有るのは 周りだよ

ボクは 今をも 世渡り ド下手

★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

最近は 湿布を していない

新しい人が 入ったから

ボクだって 新人だけど

日々の 茶碗の 清浄作業は

彼女に 任せて 良い事に 成ったんだ

その前は 朝の お茶入れが 終わってから

おもむろに 湿布を

手首から 両手に 

クルクルと 巻きまくってたから

隣の彼女は

さぞや 迷惑 だっただろうなぁ。。。

★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

暑いと ムレるんだよね

人は 群れるのが 好きみたいだけれど

そうだよ 骨折は 冬だって

あの コルセットは もう 沢山だ。。。

★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

彼女の ハスキー ・ ボイスは

人の心を 癒すのでしょう

唄いすぎて 声が枯れて来た頃合が

ボクに とっては 唄いドキなの♪

★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

唄いたいな

そう思って

オケ募集なんか かけてみても

誰も 集まらないね

★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

こうなったら 久々に

一人カラオケだ?!

そう 思いながらも

結局 止めて

代わりのギターも

触らぬ まんまで

★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

人生 色々なものに

賞味期限が 有るものと

此の 職業に 就いてからと言うもの

滅菌機嫌を 探す 日々

ボクは 誰かの

諸悪の根源に

なってなければ いいなって

日々 願い 続けながら・・・

★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★
人気ブログランキングへ
↑ポチッとな~☆↑


2015年1月21日 (水)

バイトするなら・・・

Img_3156


Img_3157


Img_3155


写真は正月ショット 
大分の母さんガーデンでやんす

花の名は 分からぬけれど 美しさ
 ただそればかり 瞳くぎづけ

見た瞬間 マーガレット、って名前が
一瞬 浮かんだんですけれども
ちょっと 違うような

マーガレットの色合いってば
もっと マッドな? ぬたっとした感覚だったような
淡い記憶が・・・

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°


笑うことは大切だけれど
笑った時に見えるものに
気分を左右されることって多い

テレビ画面いっぱいに 誰かの笑顔が飛び出して
口おっぴろげ~状態の場合
何時も気になるのは 舌

真っ白い舌苔なんて絶対に御免だ

かく言う私も 歯並びは良くないと思われます
矯正しなかったかんね

未熟児から始まって顎の肥大化は免れたらしく
(態度はドでかいけどな!)
どうにも歯が収まり切らないらしい

ついでに笑った時は何となく揃っている風に
勘違いさせてくれる前歯は
噛み合わない
上と下の間には 幾つもの隙間が出来る

人との会話は 噛み合うように 心掛けたい
人との空気感に 隙間風だけ吹かせては イケナイ

なんて風にね 思うんですよ(多分)


重い荷物を持ったりする時には
歯を食いしばるのが人間の癖なのでしょうね。 

ぐっと歯を食いしばると
確かに力が湧いてくるような気もしたものです。

私の場合は
眠っている時の歯ぎしりが原因で

歯医者サンで
マウスピースを処方されました。

はじめての処方から
もう10年以上は経過したかなぁ・・・

途中で虫歯になると歯の形が変化するので
マウスピースも代える必要があったりして
散在します

今は 眠る時に マウスピースなしでも 
余り歯ぎしりしなくなったよ? とは
言われますけれども・・・

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

バイト経験


専門学校時代のアルバイトは 二つ掛け持ち
ミスタードーナツと
立体駐車場の小屋の中(笑)

パートになってからは 
ドラマ(CD・DVDレンタル&
中古買取・販売・古着・古本屋・ゲームコーナー) 

庭いじり&接客&レジ&ショップの美術館、
を、しましたが

一度 携わってみたいバイト ベスト3! を考えてみた

1 ガソリンスタンド(大声出したいから。笑)
2 花屋(この季節は手が荒れそうだ~っ)
3 ウェイトレス(年齢考えろ)


本屋のバイト、してみたい気がしますが
意外と体力勝負なのかな? とか 手が荒れそう? とか
妄想しますね~

立体駐車場の小屋に住んでいた(?)頃には 
私以外の人は おっちゃんだったので

「お客さんがいない時は本読んだりしてて良いから~」
なんて言ってくれました(笑) ラッキーだったなぁ~。

それで 専門学校の卒業研究と称して 趣味を活かして 
手作り詩集制作をしていたので 

ワープロでタイピングした自らの文字を
切り貼りした写真とともに
好き勝手にレイアウトしていたと言う(笑)

クリーニング屋さんとかも 
待機時間に読書していて良いならば是非やりたい! 

って それじゃ仕事じゃないだろーってね(笑)

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

詩の発表場所あります
絵・写真を披露したい方にもおすすめ!

ワタクシすずこが編集している手作り詩誌
ポエムサークル「みゅう」

仲間になり購読いただくと
ボツなしで冊子掲載 & CDトーク → 全国郵送★
見本誌もあります。読みたい方も連絡くださいね。

以下に本誌の写真・詳細を紹介していますので
クリックして御覧くださいませませ~☆

ミュウ 223.224号 完成♪ 

藤鈴呼ボイス・ハンドメイド・ブログ一覧

藤鈴呼の戯言 ~すずザレ~ 
過去作も織り交ぜて更新中☆

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

ありきたりでは ありますが・・・
左側 縦読みで よろしこ☆

あなたを とりまく
けむりが やさしく
まして いくように
しがらみも あるが
てには しあわせを

おおきな あいに
めぐまれながら
できるかぎり
ともしびを
うけてく

いい としに
ぬりかえてね 

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

空の 一部を 開けたら
ポッカリ 穴が 見えたよ

その 向こうに
君を 乗せた 飛行機

ブーン って 
飛んでった

君の 姿が
先に 有る 証

細長い 雲が
何時迄も

消えなければ
良いのに。。。

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

虹も 花火も オーロラも
入道雲も 逃げ水も

みぃんな 消える モノだから
此れ程 迄に 慕われる

ずっと 傍ら 在る モノならば
有り難み ダケ 薄れてく

ホントは そんな 気持ちに 成らず
見詰めて 生たい 素敵な 情景

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

行ったり 来たりの 狭間で
僕は 微かに 戸惑って居た

金属製の スコップは
氷を 砕く 勢い



其れは 自らの 腕に
強い 力が 残って居る 刹那迄の お話

まるで 不和とは 正反対
雪と 氷は 同化している

本当に
どうか している

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

完全な 個体など 存在しない
其れが 人間で 有るならば

前を 観なければ
陥って しまいそうな 罠

人生に 幾つも
転がって 居るんだろう

だから 親は 子供に
完璧を 要求しちゃあ いけないよ

己が 出来なかった 夢も
無理強いしちゃ いけないんだよ


 『 不和合成 成らずにて 豪勢 』

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

フィット ならば
くっつく 感覚が
こそばゆいくらい
やわらかいのに

不一致ならば
互いに 仰け反り
直向(ひたむき)に
罵り合ったり

はたまた
酒に 溺れても
避け合った 上に
裂けて 溝に 成ったり

ちょっと なまれば
不一致も
フィットに
聞こえそうなのにね

そうだ 僕は
轍に 遣られたんだったよ

あやうく JAFを
呼ぶ処 だったんだ

自宅の 駐車場で・・・

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

足が もつれて
転びそうに 成って しまうよ

少しずつ 
掻き出した
雪なのだけれど

溝に ハマった 瞬間に
滑って しまい そうに 成る

未だ 人生には
滑り止めの チャンスが 有ると
信じながら

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

分度器じゃ 計り切れない スペクトル

物質は 割り切れぬのよ 円周率

核爆弾 spectreにて 宙を舞う

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

宝くじで 一喜一憂した 人々は 
多いのだろうが

彼女の 台詞で 開いた 口が 
塞がらなかった お正月

彼女は くじ運が 強いらしい
小さな くじなどは 
連続で 三度 
当たったり するそうだ

知人に 
宝くじ 買いなよ と
言われ続けた 彼女は 
その気に 成った そうだ

自分でも 
運が 強い気が して居たらしく

必ず 
最低でも 10万は 当たるから
食器洗浄機を 買おうとか
心に 決めて 居たらしい

5000万だと したら 
俺は 仕事やめて 絵を書く

旦那には そう 言われたけれど
辞めるには 中途半端な 金額よねぇ 
などと
本気で悩んで 居たらしい

宝くじと 縁も ゆかりも 無い 私は
発表が 大晦日だったのも 
知らなかったのだが

彼女は 旦那に

「 どうして 当たってないの ? 」
と 本気で 言い続けて

「 当たる筈 ないよ ! 」
と 慰められたのだと 言う・・・・


   『 おめでたいなぁ・・・ 』

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

其の日の 私は
小さな 出来事で
幸運を
遣い 果たしてしまった 様だった

帰宅途中の 寄り道で
スーパーで 買物を した後

何時も 渋滞して
入り 混むのが むつかしい 道にも

すんなり 突入 出来た モンだから
すっかり タカを くくって 居たんだ

駐車場に 入る 最後の 道で
可愛い 猫を 見掛けた

昔 飼って居た 
ミュウを 思い 出しながら
微笑する 余裕さへ 有った

どうやら 黒猫 みたいだな
と 感じながら

目の前を
右から 左へと 横切る姿を 眺めても

不運の 前兆だ などと
何故に 思えようか

猫は 黒の ワンボックスカーの 下に
隠れるようにして
見えなく なった

少し 残念に 感じながらも
いざ 駐車場内に 突入したー

ズボっ。。。

轍に ハマり もう 動けなく
成って しまった xxx

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°
人気ブログランキングへ
↑ポチッとな~☆↑


舌小豆

Img_3342


Img_3343


Img_3344


夏場は自転車通勤の多い旦那も
冬になると送迎付きになる場合が多い

どうも~ 運転手すずこです。

「どうも」
この台詞、良く使うんだけれども
微妙でもあり 便利でもあるなあと いつも思う

どうも ありがとう
どうも すみません

レジでお釣りをもらった時
久々に知人と擦れ違った時

色んなバリエーションで 使えそうだ
というか 使っている

微妙だな、って思うのはね
口にする度に あるシーンを
思い出してしまうから

最近 ちゃんと言う媒体も 
増えて来た気がするけれど

番組の終わりに 
「では また」 と言ったり

謝罪のシーンで 
「お詫びして訂正いたします」 と言うのを
耳にする度に抱く 違和感を。

ではまた 明日、なのか
ではまた ごきげんよう、なのか
ではまた なんて言わないよー なのか

色々と妄想してしまうのよね

お詫びして訂正いたします、の場合はね
この台詞だけじゃ 足りないのよ

「嗚呼、今から訂正するのね? はいどうぞ」
と思って聞いてると 

謝罪シーンは終了で
次の話題に映っちゃったりするじゃない?

いけないねえ~ 謝り方も知らんのか。

「お詫びして訂正いたします。正しくは~です。
申し訳ありませんでした」

ここまでで完了だろうがよ!
と 毎回もやっとする訳なんす。

そんな私は 
謝罪が最後までキッチリ終了するシーンに出くわすと
思わず拍手してしまうようになってしまった(笑)

うん、そんな自分にも モヤっとするわ。

あと私がモヤッとするのはね
一応が「いちよう」 

いちよう、は「一様」じゃねえか。
つい突っ込んでしまう瞬間です

「ダントツで一位」
ね? 重複してまんがな。の読み方が「じゅうふく」
これは「ちょうふく」だけが正しい訳じゃないけどさ。

自分流と他人流、
勿論 異なることも多いんですけどね

そんな私の表現に
「それは違うだろ!」と突っ込まれることも
多いだろうし。 

まあ お互い様なのでしょうね


今朝は(も) 道路はカッピカピに乾いていて
雪の「ゆ」の字も感じられなんだ

カーテンを開けると 陽射しが舞い込んで来て
まるで冬とは思えぬ様相を呈しておる

「大寒」過ぎて「耐寒」することもなき日々
と言いながら ダウンジャケットを着込む私

どうも咳が止まらんのよね。
あ、ここでも「どうも」が出て来た(笑)

買い物もしたかったんだけれども
とりあえずゴミ捨てもあるし とっとと帰宅するべ!
と 車を降りたら

スタッフ仲間だった女性の車が 目の前にあった
私 結構 ナンバー覚える派なんですよ

昔は お客さんの会社電話番号とか
空で言えましたからね

個人携帯番号は流石に打ち込み出来なくっても
表示された瞬間に「あ、なんとかサンだ」って具合に
当たりを付けて 殆ど違わなかった気がする

だけん ナンバーで「ハッ!」として
車体を見上げた

マスク姿で手を振っている女性
私もぼーっとしていたもんでね
にこりともせず 手をあげる
「ぷらーん」とした角度で 頬の辺りで揺らす程度(笑)

車のロックをかけたのに 光が点滅しちょん
嗚呼そうか ハザードたいたまんまやわ

ってんで またドア開けて ハザード消して
ふっと彼女を見て また手をあげて・・・

丁度そんな時に限って 
目の前で渋滞しているもんだから
彼女も去って行けなかったみたいでね

マスクしてたなぁ…
この時間に通るってコトは今日は非番なんだろうなぁ…
窓開けて会話する程の元気も(私が)なかったなぁ…

何かアレですよね
姿が消えるまで手を振るシーンってば
対お客様ならば良くあったんだけど

プライベートだと 
引き際が難しいことってないですか?(笑)

ちょっと違うけれど
たまーに再会した知人と 四方山話していて
笑顔になりすぎて 豊齢線が増える、とか
良くあるんですよ

ひいっ! 頬痛ぇよ! みたいなね
帰宅して鏡見て ぐったり感ハンパなくて
愕然とする、の図


そこで鍋ですよ!

…何て無理矢理な繋げ方だろう…
だって、この写真 選んじゃったから

だらだら風邪の場合でも
マスクひん剝いて 食べたくなる一品

…私 滅多にマスク しませんけど

その蒸気で 豊齢線も一層される
かどうかは知らんけれども

あ、でも 写真の鍋風うどんは
少し前の夕食だったんだったわ~

最近 旦那がね 熱いものを食べた時
舌を出すことが 多いんですよ

何も「てへぺろ♪」って状況ではなくってね
食べて殆どすぐ 舌上に水膨れが出来る

血豆みたいな色してましてね
昨夜はレーズンから小豆に変化した
あっという間の変身劇

忘年会での一芸にピッタリ
…今年 始まったばっかりだけど

タイトルにしておきながら
舌小豆の話は以上で終了~


土鍋がないんですよ 我が家
いつも両手鍋か 放浪鍋(違) 
ホーロー(フクロウか!)

花柄
メグさんのブログ見て 吹いた

私の白いホーロー鍋もね
花柄なんですよ

え゛~っ 花柄しかないのかよーっ
と 当時 閉口したけど

花の色合いが紫だったから
仕方なく 買ったんだった

土鍋と圧力鍋
ずっと 欲しいなぁ~と寄せている
淡い恋心

ずっと 憧れの存在で あって欲しい(謎)

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

詩の発表場所あります
絵・写真を披露したい方にもおすすめ!

ワタクシすずこが編集している手作り詩誌
ポエムサークル「みゅう」

仲間になり購読いただくと
ボツなしで冊子掲載 & CDトーク → 全国郵送★
見本誌もあります。読みたい方も連絡くださいね。

以下に本誌の写真・詳細を紹介していますので
クリックして御覧くださいませませ~☆

ミュウ 223.224号 完成♪ 

藤鈴呼ボイス・ハンドメイド・ブログ一覧

藤鈴呼の戯言 ~すずザレ~ 
過去作も織り交ぜて更新中☆

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

空を 眺める
何時もは 見守られて 居る
と 感じ がちな 空も

発想の 転換を すれば
僕等が 空を 見守って 生るのだ
とは 思え 無い だろうか

大地を 踏み締める 足は
少し ずつ 痺れてく

必ずや 疲れを 知る

そんな 時の 
救いの 存在に ダケ 有る
空じゃ 無い

逆に
" 自ら 守って 行くんだ "
そう 考えたら

どうやったって
大地より 広い 空だもの

此の 痛みは 針の 穴

地上に 立つと 
見える 空の 角度が 狭くて

上も 下も
平面は 同じだ と 
勘違い しがち だよね

でも 
僕が 痛いのは

勘違い した 大地の
ほんの 一点 だから・・・ 

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

情報 以上に 
正直な 空腹時

腹時計 とは 
良く 言った モノ

花時計 じゃあ
お腹 一杯に 成れないよ

今が 何時 だろうか
時計を 眺める から イケナイ

余計に
待ち 時間を 長く 
感じて しまう だろう

もう 素直に サ

グウの 音に 合わせて
早弁して しまおう

おてんとさまは 良きも 悪しきも
光で 照らして 呉れるから

いっその コト
グウの 音も 出ない 程に

堂々と 決行 するんだ

コソコソ するから
イケナイんだよ

暗雲が 立ち込めて
しまうんだ 

なぁ 相棒 どうだい?
ボクと 一緒に 
羽ばたいて 見るかい?

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

携帯から 時間の 有る 時に 打ち込むのが
最近の 戯言 スタイル

美容師 サン との 会話 ザレ は
数日に 渡って タイプ して 居たの だが
尻切れ トンボの まま だった ので
続きを 思い 出して みようと 思う

血の 出方に ついて だが
勢い 良く 飛び出すの では 無くて
心臓の 鼓動に 合わせて
ドクッ ドクッ と 出るのだ そうな・・・ 

イヤに リアルで 
聞いた 後で 
軽く
吐き気 にも 似た 
膿の 残る 
聞き味 だった×××

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

ビーズ アクセに ハマった 話を 
初めて した 彼女に 言われた

すずこ サン って A型 っぽく 無いよ ね~
何かに ハマった 時の 
ハマリ 具合が 凄い・・・ 

B型っ ぽい×××

うん・・・ 
アタシも そう 思うヨ。。。//δ⌒▽⌒//

血液型を 当てる 会話では
必ず と 言って 良い程

最初に B と 言われる モン なぁ・・・ 

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

仔猫を 眺めるのが 楽しみな 駐車場
去年 小さかった 子猫が 
親に 成って 居るのだろう

アメショー風の 毛並 揃いの 
可愛い 盛りだ

暑さに ヤラレがちの まま 
グタァ~ っと 階段に 寝そべる 姿は
生唾モン ですわ (*⌒▽⌒*)

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

昼間の 中華店
指定席の 座敷

入口の 方角から 聞こえた
関西弁

相手を
責めてる 様な 口調

直接は 見えない 角度だが
強気の 男性 らしい

” とにかく ちゃんと 
  確認して 連絡 してよ ”

なんて 風な 
言葉が 響く

結構な 大声
店の 奥でも 丸聞こえ

次に 彼は 
電話番号を 叫び 始めた

097―!

段々と
声が 小さく 成って 行く
!_( ̄▽ ̄)ノ彡!

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

縛られると 頑張れる トキが 有る

縛る と 言っても
泥で 縄を・・・ の
「 縄 」 自体 では 無い

( 意味合い的 には
  少し 似てる 気が 
  しないでは 無いが・・・ )

例えば 暑い日
ダルイ なぁ と 感じたと する

具合も 優れ 無い
そんな トキ

「 シバリ 」 が 有れば なぁ・・・ 
と 思うのだ

帰りたいなぁ・・・ 
でも 帰れないよ なぁ×××

今日は アフター5に
「 デート 」 が 有る モン な♪

こんな 「 シバリ 」 が 有れば
人間 単純な モノで

次第に 気分も
良く 成る と 言う モノ

唯だ がむしゃらに
下降 方向に
心を 
加工 彷徨 させる 必要は 無い

仮に 

「 仕事が 詰まってるんだよ な 、
  だから 帰れ 無い 」 

的な 考えばかりに 埋もれれば
良く成るべき モノも
悪化の 一途を 辿ると 言う モノ

そうして見ると
妄想は 大切な 作業なので 有る

例え 仕事中で 有っても・・・ ?

ところで 冒頭の
「 泥で 縄を 綯う 」 の 諺の 意味だが

以前 曲解してた と 言う 彼女と
会話して 爆笑した 記憶が 有る

彼女は
「 泥の 中で 縄を なう コト 」
と 思ってた そうだが

正確には
「 泥棒を 見つけてから 慌てて 縄を 綯う 」

事が 起きてから 慌てて 対策を 練る
と 言う 意味で 有る・・・

これは 私も 分からなくって
母に 聞いて 教わったのだが
。。。//δ⌒▽⌒//

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

やたらと ムキに 成る 
キミを 見てると

もはや
諦め や 同情 を 
通り 越して

失笑 して しまうんだ

存在感 が 嫌悪感 を
連れて 来る

深夜の 時計針 よりも
ウザイ 四方山話

とてつも無い 感情

心の 回線が
たった 今 
ショート したんだろう

情けない
嘆かわしい

人間じゃ 無い キミ

だから
話し合いの 場など
持て無い

持てたと しても
持ちたく 無いね

願い 下げだよ
冗談じゃ 無い

重た 過ぎて
落っこち ちゃう モノ

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

人はね
酷い 仕打ちを されると
最初 落ち込む モノ

やがて
怒りの 感情が 芽生え

果てに
恨み へと 
変貌 を 遂げる

だから アンタも
気を 付けた 方
良いよ って・・・ 

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

一旦 好きに 成ると
何処迄も 許せ そうな 感情
其れは 錯覚

虚偽の 笑顔と 共に 
呑み 下して 

排泄 する 迄の 
絶望 が 味覚

トコトン 墜落して
宥め られ無い 
愚痴は 暴力

キライ と 脳が 告げる 迄
ひたすらに 耐え抜く 視覚

キミは 資格 無き 亡者
四角い 世界を 
丸く 収め られぬ 愚か者

だから

刺客に 気遣い
生きて 行けば イイ×××

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°
人気ブログランキングへ
↑ポチッとな~☆↑


2015年1月20日 (火)

海ほたるクリア

3


7


8


藤鈴呼オリジナル陶器・アクリル・ブレスレッド
写真の作品たちは 既にお嫁入りしました~☆

結納金は150YENずつでちた
結婚式場は 六月の朝マルシェ♪

六月だけにね、ジューンブライドってコトで♪
年間で一番結婚式が多いのは 六月なんだろうか?
それとも・・・?


写真のブレス 詳細で~す

3 小龍(19.5センチ) 
-陶器-白・青10ミリ アクリル透明12ミリ
空に登るまでは成長していない龍のお子様

7 海ホタル(20.3センチ) 
-陶器-白・青10ミリ アクリル透明青12ミリ

関東に浮かぶ島ではなくて、読んで字の如し、
海に浮かぶ蛍のイメージ☆

8 海ほたるクリア(20.3センチ) 
-陶器-白・青10ミリ アクリル透明12ミリ

海ホタルが煌めいた瞬間 光が透明に包まれる。 
それは新鮮で神聖な夏の夜のことでしタ☆


NOTE 46-3 藤鈴呼の戯言 リーディング.2014.12.25

使用BGM 有線ヒットチャート A26チャンネルより
(16位) 鍵のない箱 / KinKi Kids

動画にも陶器ブレス紹介しています~☆
私の転記間違いがなければ 動画作品は全て在庫あり★

この陶器ビーズは意外と人気でね
アクリルより重量感あるんで ズッシリなんですよ

なモンで、ウッドビーズとも組み合わせてみたり
色々 楽しみながら仕上げたのでしタ☆

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

ササミ、旦那が大好きなんで
頻繁に登場させたいのですが、

元来の面倒臭がりが祟ってか、
中々 まな板の上に乗ってくれません(笑) 
いや、私が招く気が無いダケだ(断言)

ササミのスジを上手く取る方法、ネットで検索すると
割り箸でつまんでスッと取るだとか 
包丁でスーッと取るだとか ありますけど 

何故 私がやると 
ギスギス感ハンバないんだろう(謎)

暫く悩むことにします(爆)

ササミの梅シソ揚げ、美味しくて好きです☆
あくまでも 外で食べるんですけど、ネ♪

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

夜景ってロマンティック感を
増幅させてくれますよネ☆

大好きな夜景、と言うと 一番初めに思い出すのが 
小樽の天狗山ロープウェイからの景色

昔 祖父母が住んでいた街で、
幼い頃に初めてみた夜景で
本当に印象深いんですよね

眼下に広がる 煌びやかな世界

色彩豊かな灯りたちが 
闇を壊す訳でもなく 共に揺れるでもなく 
微妙な立ち位置で それぞれを照らしている、

そんな感覚が 好きです

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

麻婆豆腐、食べたくなりましたー♪
以前 麻婆ラーメンというのを見つけて 
物珍しさにオーダーしたことを思い出しました

麻婆丼は良くあるけど ラーメンは珍しいかな?と
頼んだのでしタ

冬はあんかけ風味が
温もりを連れて来ますネ☆

あんかけ焼きそば 皿うどんなんかも 好きです

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

詩の発表場所あります
絵・写真を披露したい方にもおすすめ!

ワタクシすずこが編集している手作り詩誌
ポエムサークル「みゅう」

仲間になり購読いただくと
ボツなしで冊子掲載 & CDトーク → 全国郵送★
見本誌もあります。読みたい方も連絡くださいね。

以下に本誌の写真・詳細を紹介していますので
クリックして御覧くださいませませ~☆

ミュウ 223.224号 完成♪ 

藤鈴呼ボイス・ハンドメイド・ブログ一覧

藤鈴呼の戯言 ~すずザレ~ 
過去作も織り交ぜて更新中☆

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

ニュースでは

夏休みを 返上して

素晴らしい ロボット工作に 取り掛かって

今日 発表会だと 言っている


その名も 焼き芋・・・ だったカナ?(謎)

とにかく 芋を 掴む ロボットだったんだよね

「 もう ずっと 徹夜で 頑張りました 」

そんな インタビュー画面 見詰めながら

思ったんだ あの日の戯言


何が 自分を 気高くして 呉れるのか

誰が 自分を 認めて 呉れるのか


何が 努力で 一生懸命なのか

どれが 底で 其処に 天使は 存在するのか


そんな コトを 考えながら

★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

不幸と 多忙と ご多幸と

友引ならば 選びたく無く


「 今日 仏滅 」 と 君 笑う

ストッキングが 伝染したのと


僕は 電線 上に立つ

烏の 羽根を 思い出してた

★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

出来る限りは 寡黙な 自分で

日々 過ごせれば

弱い 心も 

強い 抗いも

全て まぁるく 納まる モノと


信じ 続ける 魂を

君は 不埒と 呼ぶけれど

★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

余計な コトは

言わない 方が イイ


其れが 言い訳だと

自分でも 知り尽くして しまえば


口許から 嫌気が 零れる

其れなら 太陽 差し込む 光


此処が 闇でも 

屋根の 上でも


小さき 羽根を

両手に 広げて

°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

何時からか 色の付く世界に

疲れ果てた 貴女へ


少し 安らぎを 見出したかった

新しい 風呂で

日々 湯船に 浸かりながら


又 やみくもに 悩みばかり

抱えて いませんか

★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

近く 寄り過ぎれば

嫌な 面 ばかり

垣間見て しまうから


少し 離れた 場所で

切望する 位の

暗い この 場所で

★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

自分が 誉められてから

おちゃらけた 台詞を

少し 投げ掛ける


そして 自爆しながら

二人で 笑う


そんな 瞬間に

自らが 魚に成れたと 観ずるんだ


酒の 肴も 良いよねぇ

鱗の 輝き 見たいよねぇ

★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

あたしに してみれば たったの 一言

その 一言が 

沢山 沢山 連なって

いつの日からか

紡がずには 居られずに なったように


きっと 君も 

この 

バーチャルな 世界に

身を 点して 生きてるのでしょう

★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

どうせ 灯すのならば

行灯の 素敵な 焔


そして ふわふわ の 

蝋燭の 光


差し込む 朝日は 新しいけど

たまに 痛みを 感じてしまう


蛍光灯と 月蝕は

道果てた 日の

華麗な ともしび

★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

職場では 良く

笑える 会話が 聞こえて 来るんだ


僕は 肩を 揺らしながら

出来るだけ

音も 出さずに 笑ってる


声に すれば

とても 煩い 僕だから


そして 泣くトキも 然り

最近 とんと 

無いのだけれどね

★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★
人気ブログランキングへ
↑ポチッとな~☆↑


空を走る

Img_3292


Img_3293


Img_3294


繰り返される プロペラの連打
小気味よい音が響くは タイピング
キーボードの上で 鍵盤を弾く
例えば 裏返したら スケボーになる
子供の玩具は 何時だって 便利
算盤でも 剣玉でも 何でも来いだ

唯一つ 気を付けなければならないと するならば
ダルマ落としの瞬間
棒を 間違って 呑み込んでしまったら
脳天 突き抜けるからな
美しい空の色を 憧れのまま 維持したいならば
守ることだね
決して 上向きに 持たないように することだ

振り回しても 文句を言われぬ存在は
笑顔と 柔らかな空気感
感覚が全ての世界では
色合いをも左右する夕暮れのように
全てが自由だ
孤独と領域を勘違いした蔵人が
酒蔵に閉じ込められて 乾杯をする
どんなドブロクより ステキなカフェで
一息を吐く

息は黄色い
目玉の先にある赤い球が
少しずつ 歪んで行くように願う
空を駆ける雲と 同位置で
隠れん坊をしたいならば
今度 機体の内側に 潜んでみれば良い
きっと 見つからないから

そよぐ風と 追い駆けっこをしたら
何よりもステキな週末に なるよ

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

黄色い鳥の物語
http://fujisuzuko.cocolog-nifty.com/blog/2015/01/post-32fe.html

昨夜 ゆりの作品「グリーングラス」を読んだ直後に
ザレったものです。

ご本人よりコメントいただきまして、
んおっ!?ってなった。

流石、わかるのね(笑)
その触手の鮮やかさに舌を巻いているところです。

いつか ゆりのが表現していた言葉
「チューニングが合った」、って瞬間だったようです。

「嗚呼、ゆりの、こういう事なのね!」と思いながら
紡いだのでした。

同じ作品でも 読むタイミングに依って
「酔い度」は変化しますものね。

ゆりの作品を味わうか否かのタイミングで
久々に 「ぶおーん」と威力が湧いて来たので
キーボードに指を置いたら出来上がりました。

ちょっと 私が描きたかった世界観と
イメージは違うけれど まあ良いか、
と言う感覚になったのが
「黄色い小鳥」なのでしタ。

ところで、ゆりのはミュウメンバーなのですが
最近、御夫婦でgooブログデビューされましたので
ここで ご紹介!

ようさん作品はこちら

ゆりの作品はこちら

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

詩の発表場所あります
絵・写真を披露したい方にもおすすめ!

ワタクシすずこが編集している手作り詩誌
ポエムサークル「みゅう」

仲間になり購読いただくと
ボツなしで冊子掲載 & CDトーク → 全国郵送★
見本誌もあります。読みたい方も連絡くださいね。

以下に本誌の写真・詳細を紹介していますので
クリックして御覧くださいませませ~☆

ミュウ 223.224号 完成♪ 

藤鈴呼ボイス・ハンドメイド・ブログ一覧

藤鈴呼の戯言 ~すずザレ~ 
過去作も織り交ぜて更新中☆

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

キラキラ 一滴
今にも 零れ落ちそうな
大きな 瞳

たまたま 昨日の女性は
瞳パッチリさんだったけれど
大きさの 問題じゃあ 無いんだ

広告を見て 訪れた ラッセン展
昔っから 名前くらいは 知ってる・・・
程度で
絵画には 疎い私だけれど

何故だか 心惹かれる 瞬間で
眺めた 瞬間に
何時もは 新聞と一緒に
重ねて しまうのだけれど
今回は 折って 机上に 乗せた

駅 2つ分の距離を
二人で サイクリングしたのは 
初めて

もう 日曜日の 夕方
日差しも強くなく
ちょっと 寒いくらいの 雰囲気

辿り着き 絵に囲まれて 癒されていると
女性が 近寄って来て 説明を 始めた

その 本気たるや 圧巻で
もしかしたら 絵 以上?

キラキラした 瞳は
マリンアートの キラキラよりも
光って居たかも 知れない

買う気は 無かったので
少しして 席を立った 私達

彼女には 申し訳 無かったのだけれど
あの キラキラに 誘われて
説明に 聞き惚れて しまったんだ

若き日の アタシは
あんな風な瞳で
説明が 出来て居たのだろうか
ふと 思い出した

今の 私は
どのくらい くすんでしまっただろうか
ハッとした 瞬間だった

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

最近ね 気付くように なったんだ
一ヶ月で 区切れるような
簡単な 構造では無い って 知って 居る ケド

一応 女の子だから 
一ヶ月 クールで・・・ って

何か 毎回の ドラマみたいな 表現に
なっちゃってるケド

この単位で 考えてみるとね?
月の女神が 三日間と するでしょ?
でも 一週間くらいは 続くんだよね

そんで 手前 あたりから 
だるく なってくんだよ

以前は 女神到来の 期間ダケの
鈍痛のみ と 信じて 居たんだけど
どうも 違うみたいで

年を 重ねる毎に 
自分自身の 体調も 心境も
変わって 行ってる 気が してる

今は 毎日 出掛けなきゃ イケナイ 
って コトが 無いもんだから

ダルィ 気分に 任せて 眠ると
何時までも 寝れちゃうの

昨日も 夕方まで 寝てしまってね
でも 無理は しないコトに してるんだ

時節柄 ちょっくら早い 皐月病かな、なんて
お茶らけモードで 思う内に

夢現で 寝汗 かいてみたりして
いい加減 寝すぎだぞ って
自分で 喝も 入れたくなる 位になると

不思議な モンで
今度は

二倍くらいの やる気が 出てくるんだよ
躁鬱モード かーいなんて ♪言わないの~ぉ♪
♪(〃゜▽゜)ノ□☆□ヽ(゜▽゜*)♪.

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

凄く ステキな 言葉だなぁ と
思いながら 読んでたら

最後に 曲が 貼り付けてあって
何気なく 聴いてみたら 
すっかり ハマって しまった

この曲の 歌詞も ステキで
最初は 
初めて 聴くんじゃ ないかな って 思ったけど

サビの 部分で
何となく 耳が 心地良いよ♪ って 微笑んだ
アタシ このフレーズ
何となく 知ってるヨ☆ って。

ア・イ・シ・テ・ルのサインの 未来予想図
今のところ これが 最新版・・・かな

丁度 彼女の 一番 辛かった時期の
曲なんだと 思う

紅白バージョンを 
テレビで 眺めた時の コト 思い 出した

確か 前の家で
私は 夕食作りの 途中だったか
皿洗いを していたか

前は LDK だったんだけど
台所に 立つと テレビが 見えないのね

それで 手を止めて
画面に 釘付けになって 聴いてる内に
涙が 止まらなくなって しまったんだった

その後で ゆっくりと 落ち着いて
改めて カラオケで 歌った時も
こみ上げて くるものが あった

当人ではなく 
特に ファンと 豪語もしてない
私でさえ こうなのに

彼女 自身は
何て 華麗に 歌い 上げるんだろう

そう 思ったら
又 新しい涙が 流れたんだよ

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

久々に サイケ なんて 言葉を 目にしたよぉ。
エックス ライブに 通ってた 時代には。。。
嗚呼 そうか あれは 高校生だから 18歳だと しても 
そろそろ その 二倍の年齢に なるのだ ねぇ。。。
しみじみ。

で、 ライブ では
サイケデリック バイオレンス 
クライム オブ ビジュアルショック
ってのが 定番の 文句で

ウィー アー エーックス って 
雄たけびも してた なぁ。。。 ( 遠い目

そう言えば 先日 ダイゴが 
テレビで お決まりの ポーズ してたけど、

集まった 客・・・ もとい ファンとの 掛け合いで
エックスを 思い 出したのは 私だけか なぁ。

エックスの 場合は 両手を 万歳させて
掌は 向こうに向けて クロスさせるけど

ウィッシュの 場合は 胸元で 
掌は 自分に向けて クロスさせる って 違い 
なんだけどね、

最近 ♪ばんびーの♪ とかって 唄ってる 姿が
芸能ニュース コーナーで 流れたり するんだけれども

其れを 見た 彼の 一言。
「 何か これ、 メロディーが
     ♪ウォンビーロン♪ じゃね? 」

⊆|∵|⊇
おー 懐かしいねぇ バブルカム ブラザーズ♪

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

世間では 杉花粉が 過ぎ
( 韻を 踏んで みました♪ )

今度は ヒノキ花粉に 移行してるって 話らしいけど 

檜 とか 桧 とかって漢字 なんだ ねぇ。
今 変換して見て 知ったって ハナシ。

でね? ちょっと 最近 
朝っぱらから ちょこっとの間 
ティッシュの お世話に なるんだ けれども 
よもや 花粉症 デビューじゃあ あるまいなぁ。。。

まぁ 母は 温度差で くしゃみする症候群
( 正確な 名前は 忘れたが ) なのですが ねぇ。

冷蔵庫 開けて ハクション、 鼻水とかって
有るんだってね。

さながら アタシは ドラキュラ 症候群?
朝に 目覚めたくない と 
身体が 悲鳴を 上げるのかっっ ! ?

なんてことも タイプしている 途中に
ジュルッとな~♪ ・・・で、
ティッシュの 箱が 無くなりかける (爆)

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

月曜日に なったので
早速 サガミに 電話した。

バイトルドットコムの サイトにある フリーダイヤルから
プッシュ操作を 繰り返して
ようやく 店舗に 繋がったところで
二度 たてつづけに 切られる。

一度目は 間違って 切ったのか と 思い
再度 フリーダイヤルから チャレンジするも

二度目の 「今、 繋がってるな」 と 言う処で
無言のまま、
店員らしき 女性の 声が 聞こえた。

「 何か 良く わかんない。
  また、 掛かって 来るかな? 」

嗚呼 そーですか ( ̄へ ̄♯) 、 ってな ことで、
イラッと しつつも

今度は 直接 店舗の 電話番号を 調べて
電話 攻撃。

アルバイト 希望ですが
担当の **様 いらっしゃいますか 、 
と 尋ねた 処で 中年女性の 声。

「 **は 転勤に なりました 」
・・・あっそ。( - _ - メ ;)

じゃあ 『 昨 日 』 サイトに 載ってた 情報は
既に 古いのか?!、

内容を 訂正せぬまま 掲載期間を 延長 しているか
の どちらかなのね?

実は 先刻 二度程 フリーダイヤルから 掛けたけど
切られた 、 と 説明している 『 途 中 で 』

「 担当者に 変わります。 」
(-ヘ-メ)(`ヘ´メ)  何か 対応 おかしくね?

担当者らしき 男性が 出て、
こちらの 希望を 伝えると

「 あー、 昼間は もう 一杯なんですよねー 」

以上、 ものの 10分で 玉砕。 ケッ。
午後は すき家に 電話 しようかしら♪

しかし、 電話 一本でも 嫌な イメージって
植え付けられて しまうね。

だって 昨夜までは、 うどん 大好きだし 
ちょっと 高いけど 
一度 下見に 食べに 行きたいな♪
なんて 思ってた けど、

今の 対応で 既に
二度と 行きたくねぇや! って 雰囲気だもん。

ま、 二度と、 って 言うよか、
行ったこと ありませんけどね~( ̄▽ ̄~)(~ ̄▽ ̄)~

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

スタタン スタタン スタタン・タンッ♪
小気味 良い程に 響く スネア音

いいえ スカタンでは 有りません
スカンクの 後ろ手に 回ったら
スカシッぺ くらいますヨ と 牽制球

後ろに 回した手で むんずと 掴む
期待 してない 気体など
全て 掌に 収められる 訳が無い

いいえ 意外と デカイんですヨ
知ってました? 手を 広げると

丁度 顔の大きさと 
対等に なるんですって。

勿論 例外も 有りましょうとも
元来 日本人は 
短足に 出来てるんです

出来てる、なんて
一体 誰が 作ったのか って?

そぉそ アナタの
お父さんと お母さん なんですヨ

そぉそ たんそく と 入力して 
短い足 の 変換が 見つからないからって

嘆息 しないで 下さいな
返還 しないで 下さいな

そんな 空気は 入りません
ケイワイだなんて 責めないで 下さい

スカタン スタタン スカタン と
相も 変わらず 小気味宵 音の下

月夜のタンゴは 佳境に入る
女神様は 腕時計を チラリと 見やり
明日の 地平線へ 向かって行った

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

虚空に 浮かぶ 
雲は 灰色

晴天の 下ならば
どんな 笑顔も 
白く 輝く 気がして

喩え 前歯が 
黄ばんで しまって いても

気持ち だけは 
透明なまま 美しく

禁煙したって 
ヘヴィー スモーカーだった 時代のこと
こうやって 思い出して しまうんだ

浄化 されたような気に 成ったって
一瞬で 空の 色は 変わるから

本物の 雨に 打たれて
涙を 流すことに なるかも 知れない

涙じゃなくて 雨だって
言い訳にだって なるかも 知れない

とにかく 今日の 空は 青いから
このまま 暫く 佇んで 生きよう

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

ノロノロ 
トロッコに 揺られて

フラフラ
辿り着いた 鉱山

マインランド尾去沢
あすこで 初めて飲んだ

金箔入り 梅茶
こぶ茶なんて 知らなかった時代

キラキラと 浮かぶ姿で
金色堂を 思い出した

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

寝ぼけ眼で 太陽を浴びる
朝 カーテンを 開けた瞬間
目が眩む感覚を 味わうでしょう

洗濯を 終えて
さて 干そうと 思った瞬間
視界の隅に 映る 黒い 物体

瞳が 疲れて 居るんだ
一度目は そう 言い聞かせて

錯覚なんだ
二度目は そう 思い込ませた

三度目で
新たな 事実に 気付く

なぁんだ 隣の庭木に 遊びに来た
鳥じゃあ 無いか

こうして パソコンを 打っていても そう
今は 夜で 閉め切った カーテンの奥

闇に 塗れて 
哀しみの翼
広げて 鳴くのかも 知れない

室内には ブラウン管から 垂れ流される
ニュースや バラエティー音が 乱れ
あなたの 寂しい溜息は 聞こえない

まるで 其処に 無いものかのように
かき消される 悲しさに

翌日 新しい 日差しを浴びて
もう一度 訪れた 番

どうだ 大きいだろう?
コントロール 抜群だろ?

そう 言わんばかりに
ぶつかりそうな 壁際 スレスレ飛行

美しい 螺旋
流線型の ボディ
嗚呼 君と 一緒なんだね

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°
人気ブログランキングへ
↑ポチッとな~☆↑


指なし手袋、

Img_3102


Img_3106


Img_3110


懐かしい 小人たちが
掌の上で 踊る

手袋のない指先が
ちょっと 凍えている 感覚が
じんわりと 伝わる夜

ほっと温まる飲み物は
冬ならではの 癒しとなる


雪かきの後には
シュンシュンと
湯気を上げるヤカンを
覗きこんで
メガネを白くするのが
お決まりの ワン・シーン

じっとりとした粒を
幾つも連れて
白いタオルも
しっとりと濡れて

ただ ただ 埋もれた
単純作業を
ゆっくりと 振り返る

キシキシ鳴る腕
きゅうっと鳴る胃袋

ちょっと待ってね

おいしいものを・・・

疲労と風邪気味の身体には
ビタミンが良いかなあ

春先にならないと
出回らないと 勘違いしていた
苺 ひとつまみ
唇に 乗せてみる

きゅうっとすぼめた頬が
おばあさんみたいだけれど
これが 勝利の勲章

何に 勝ったの・・・?
きっと
自分自身かな

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

写真 小鹿田焼の里にて撮影


正月に里帰りしていたのですが、
義母さんはいつも外干し派。

やっぱり太陽さんさんの中で
白くはためくTシャツ~☆ なんて
洗剤のCMみたいですけれど(笑) 
より乾き易いイメージがありますね

プラス、衣類を全て引っくり返して
干すんですよねー

これは色落ちを防げるし良きかな、
と思いますが
年中室内で表干しの私からすると 

裏返しするひと手間が
よっこらせ♪ってな感じです

今回から しばれる冬やしなぁ~っ と 
端折って 洗濯機から出しながら
裏返しして 

軽くパンパン伸ばしながら
作業するようにしたら

干す時の時間短縮になりました
こういう処だけ頭が回るのよねー(笑)

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

この時期は寒さとの戦いでもありますよネ!
プール 暫く行ってない私です(笑)

先日 そろそろプール行こうかな~ と思ったら
風邪くらってしまい

それを言い訳に もう土日・・・
るるる~♪(口笛)

初めてプール通いを始めた頃は
50M息継ぎせずなんて夢のまた夢! って状態でした

たまたま 息継ぎのコツを教わりまして、
口呼吸だけではなくて 息を吐く時に
鼻から出すように心掛けること、を
実践してみました

あとは 只管 「私はマーメイド」と
心の中で呪文を唱える

喩え 他人から見たら壊れた魚だろうが 
本人は人魚よろしくやってますから
おめでたいです(笑)

ビート版は小学生のプール授業以来で
懐かしいです、
足のヒレ つけてみたいなぁ~ 

そうしたら もっとスムーズに
魚になれるかなぁ~♪

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

詩の発表場所あります
絵・写真を披露したい方にもおすすめ!

ワタクシすずこが編集している手作り詩誌
ポエムサークル「みゅう」

仲間になり購読いただくと
ボツなしで冊子掲載 & CDトーク → 全国郵送★
見本誌もあります。読みたい方も連絡くださいね。

以下に本誌の写真・詳細を紹介していますので
クリックして御覧くださいませませ~☆

ミュウ 223.224号 完成♪ 

藤鈴呼ボイス・ハンドメイド・ブログ一覧

藤鈴呼の戯言 ~すずザレ~ 
過去作も織り交ぜて更新中☆

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

冬物の 靴を
新調する 必要が 有りそうだ

久々に 履いた 靴は
余裕が 有り 過ぎるから

このままでは
雪が 中に
入って しまうよ

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

一夜 明けたら
街は アスファルト色
取り 戻してる

ゴミ棄ても 有るから と
少し 焦り気味に
暖気をしようと したけれど

珍しく 車窓も
綺麗な景色を 映してるー のは
車に 乗り込んでから の お話しで

最初に 眺める 時には
汚い車の ボディーが 目立つんだ

昨日の 道が 
泥塗れだったからねぇ なんて
思いっ切り 言い訳なのサ

車内にも 誇りが 目立つ 事だし
そろそろ 洗車 しなくっちゃ なんて

本当は 数週間前から
思い 続けて居た 事実 なんだよ

それに 雪も 無い道を 歩くんだから
履き物だって
何時もの サンダルで
良かったじゃあ 無いか

コートは ロングだから
見かけは 非道いけれど

ブカブカの 靴よか・・・ ねぇ×××

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

愛が 1番! と 
何時の 瞬間も
豪語 出来たら
倖せ なのでしょう

浮ついて
他の 気持ちに 走る 予定は
全く 無いけれど

自分 自身に
余裕の 無くなる 瞬間に

苛立ちを 隠せ無く
成る事が 有る

例えば 睡眠 不足の トキ
そして 空腹の 刹那

パソコンに 夢中に 成って
居るトキ などには

話し 掛けられても
生返事をして 居るかもな って
反省 するんだ

勿論
振り返るのは
気持ちが 落ち着いて からだから

其の 瞬間には
心が 明後日の 方角へ
浮遊した まま なのでしょうね


  『 ザ ン ゲ 』

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

昨日も 今日も 
風が 強い らしい

最低気温が 高くっても
体感温度は 下がりまくるから

外を 歩く 人は 大変だ

とても 天気の 良い
うららかな 日差しを 浴びて

ドライブがてらに 仕事が 出来るのが
羨ましいと 思う 事も 有るけれども

こんな 冬には
動かずに 済む 場所で
仕事が 出来て

本当に 有り難いな って
実感 するんだ


  『 内 勤 』

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

ミニチュア ・ ガーデン


小さな 窓から
大きな 空を
見上げてみる

枠囲みされた 景色が
世の 全てで 有ると
勘違い

少女に
世界の 広さを
知る 術は 無く

横切った 鳥の 行方を
案じて 生る ダケー

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

ミニと 聞くと
小さな イメージが 沸くでしょう

ミニ ・ スカートの 本来の 意味は
短い ですけれども

見せる 方も  見る 方も
何故か 気持ちが 大胆に 成るの
不思議だね


  『 ミ ニ 』

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

隠された 衣服が
ひょんな 拍子に
剥がれる 瞬間に

世の 男達は
そそられる らしい

流行語 大賞の
「 萌え~ 」 そのもの なのでしょう

最初から 水着の 美女が 
歩く 海辺 よりも

衣装を 着飾った 歌姫が
曲に 合わせて
脱ぎ捨てて 行く方が

大歓声が 起こるのでしょう

そう言えば
彼女は こう 言って 居たっけ

「 アタシ 海は キライ
  何故に 見知らぬ 大勢の 他人に
  下着 同然の 姿を
  披露 しなきゃ イケナイのか
  意味が 解ん無い 」

思わず 笑って しまったんだ

その 彼女は
スタイルも 顔も 綺麗なのに
って 思うだけに 尚更に


  『 隠れた 神秘 』

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

幻想を 抱き 続けた方が
倖せな 瞬間

写真の 美しさと
実在の 歯痒さを
目の当たりに した 刹那

写真 映りの 良い 私は
何時でも

自分 自身が
詐欺師なんじゃ 無いか と
思う ケド

ナルシストだから
発表する 場所が 有れば

ついつい
公表して しまうのですヨ×××

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

冬は パンツが 一番だ
北風の 吹き荒れる中

ミニスカなど 以っての外だ
制服も 衣更えを してから

パンツ ・ スーツが
圧倒的に 多い

まぁ 夏だって 殆ど
ジーンズ だった ケドね×××

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

師走の 北風が 吹き荒れる 中
悲しい 出来事が 有ったのですね。。

心 穏やかになるまで
時間も かかりましょうが
どうか ご自身の お体だけは
可愛がって 生活されて ください。

ありきたりな 言葉では ありますが
ご冥福を お祈り申し上げます。

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°
人気ブログランキングへ
↑ポチッとな~☆↑


2015年1月19日 (月)

藤鈴呼ボイス・ハンドメイド・ブログ一覧

すずこのユーチューブ

http://www.youtube.com/user/fujisuzuko

 

すずこのユーチューブ・2

https://www.youtube.com/channel/UCKjj1k2_AiIZeL8ZI3PduNQ

 

●動画● みゅう・無音・その他

http://fujisuzuko.cocolog-nifty.com/blog/2013/01/post-748a.html

 

●動画● すずこの弾き語り

http://fujisuzuko.cocolog-nifty.com/blog/2013/01/post-c3bb.html

 

●弾き語り● mp3 一覧

http://fujisuzuko.cocolog-nifty.com/blog/2013/01/mp3-2894.html

 

●動画●オリジナル曲

http://fujisuzuko.cocolog-nifty.com/blog/2013/01/post-34b4.html

 

●オリジナル曲● mp3 一覧

http://fujisuzuko.cocolog-nifty.com/blog/2013/01/mp3-bab7.html

 

●動画●すずこのカラオケ

http://fujisuzuko.cocolog-nifty.com/blog/2013/01/post-6915.html

 

●動画●すずこの朗読

http://fujisuzuko.cocolog-nifty.com/blog/2013/01/post-3f08.html

 

●リーディング● mp3 一覧

http://fujisuzuko.cocolog-nifty.com/blog/2013/01/mp3-fe1c.html

 

,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

 

オリジナル・アクリルブレスレッド

http://fujisuzuko.cocolog-nifty.com/blog/2014/12/post-6bb8.html

 

硝子ブレス在庫

http://fujisuzuko.cocolog-nifty.com/blog/2014/04/post-9225.html

 

すずオリジナル ウッドビーズ

http://fujisuzuko.cocolog-nifty.com/blog/2014/04/post-b6c3.html

 

ゆびわ在庫

http://fujisuzuko.cocolog-nifty.com/blog/2014/04/post-5834.html

 

すずリング

http://blog.goo.ne.jp/fujisuzuko/e/d314a6a5cc9317d5ea275f01a65c0ea7

 

しおり 2013.11.16

http://www.youtube.com/watch?v=6uL5mt3auJI&feature=youtu.be

 

アクリル・ガラス・ストラップ 2013.11.16

http://www.youtube.com/watch?v=46W6OJNWi64&feature=youtu.be

 

すずこのしあわせカゴ

http://blog.goo.ne.jp/fujisuzuko/e/ade54223935d13a8c87f4890a0b502f7

 

すずプレ☆アクリル・ストラップ

http://fujisuzuko.cocolog-nifty.com/blog/2013/03/post-cd98.html

 

すずプレ☆ストーン作品

http://fujisuzuko.cocolog-nifty.com/blog/2013/04/post-678f.html

 

すずプレ☆タンブル・ストラップ

http://fujisuzuko.cocolog-nifty.com/blog/2013/04/post-ad66.html

 

すずプレ☆ポストカード

http://fujisuzuko.cocolog-nifty.com/blog/2012/11/post-41e9.html

 

すずプレ☆しおり・フォトカード

http://fujisuzuko.cocolog-nifty.com/blog/2012/11/post-2509.html

 

藤鈴呼よりプレゼント☆すずプレ☆

ポエム誌みゅう・ブレスレッド・ポストカード・ストラップ

(お嫁に行き在庫切れの場合も有ります)

 

作品を眺めてみたい方は 上をクリックすると

動画で見られますヨ☆

 

さらに欲しい方は・・・

たまにフリマ出没しますので お楽しみに() 

既に お嫁に行った子も多数★

 

 2014.6.8.  あがのクルマDEバザール●

http://blog.goo.ne.jp/fujisuzuko/e/f982f21a553dfe4630371869c9415259

 

2014.6.15 朝マルシェ●

http://blog.goo.ne.jp/fujisuzuko/e/34ac5d444607440c7139948bfd1f20a2

 

郵送詩誌みゅう購読メンバーになった方には 

特別プレゼント☆

 

見本誌もありますので 

興味のある方は 連絡くださいネ☆

 

NEW MEW(みゅう公開用コミュ)

http://mixi.jp/view_community.pl?id=5504954

 

ポエムサークル・ミュウ(会員限定コミュ)

http://mixi.jp/view_community.pl?id=2061126

 

,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

 

すずこのミクシー

http://mixi.jp/show_profile.pl?id=5233031

 

すずこのココログ

http://fujisuzuko.cocolog-nifty.com/

 

すずこのgooブログ

http://blog.goo.ne.jp/fujisuzuko/

 

すずこのアメブロ

http://ameblo.jp/fujisuzuko/

 

すずこライフ(エキサイトブログ) 

http://fujisuzuko.exblog.jp/

 

すずこドア(ライブドアブログ) 

http://blog.livedoor.jp/fujisuzuko/

 

詩誌の狭間で戯言を吐く(ヤプログ)

http://yaplog.jp/fujisuzuko/

 

手作り本で交流しよう(fc2

http://fujisuzuko.blog.fc2.com/

 

猫の写真・イラストかも~ん

http://blogs.yahoo.co.jp/fujisuzuko_poet_mew

ポエムサークル「みゅう」 詩と挿絵・フォトを探して・・・

 

ポエムサークル「みゅう」仲間募集(郵送詩誌)

http://fujisuzuko.seesaa.net/

 

投稿詩誌・全国展開中

http://fujisuzuko.blogspot.jp/

 

すずこのフェイスブック

http://www.facebook.com/profile.php?id=100002943174243

 

すずこのツイッター

https://twitter.com/#!/FUJISUZUKO

 

すずこの現代詩フォーラム

http://po-m.com/forum/myframe.php?hid=8255

 

すずこのヤフー掲示板

http://messages.yahoo.co.jp/bbs?.mm=GN&action=m&board=1835014&tid=a2a5a2a7a2a5a2a7a2a5a2a7a1a1fa3a1a1nka1a18fa1a1a2a7a2a5a2a7a2a5a2a7a2a5a2a7&sid=1835014&mid=1&first=1http://textream.yahoo.co.jp/message/1835014/a2a5a2a7a2a5a2a7a2a5a2a7a1a1fa3a1a1nka1a18fa1a1a2a7a2a5a2a7a2a5a2a7a2a5a2a7

 

すずこのヤフーtextream

http://textream.yahoo.co.jp/message/1835014/a2a5a2a7a2a5a2a7a2a5a2a7a1a1fa3a1a1nka1a18fa1a1a2a7a2a5a2a7a2a5a2a7a2a5a2a7

 

すずこのグリー

http://gree.jp/21691570

 

,。・::・°☆。・::・°★,。・::・°☆。・::・°

 

●戯言●2011.67

http://fujisuzuko.cocolog-nifty.com/blog/2013/01/20116-77da.html

 

●戯言●2011.8

http://fujisuzuko.cocolog-nifty.com/blog/2013/01/20118-f97c.html

 

●戯言●2011.9

http://fujisuzuko.cocolog-nifty.com/blog/2013/01/20119-cd83.html

 

●戯言●2011.10

http://fujisuzuko.cocolog-nifty.com/blog/2013/01/201110-d725.html

 

●戯言●2011.11

http://fujisuzuko.cocolog-nifty.com/blog/2013/01/201111-8c46.html

 

●戯言●2011.12

http://fujisuzuko.cocolog-nifty.com/blog/2013/01/201112-e131.html

 

●戯言●2012.1

http://fujisuzuko.cocolog-nifty.com/blog/2013/01/20121-974d.html

 

●戯言●2012.2

http://fujisuzuko.cocolog-nifty.com/blog/2013/01/20122-a9a2.html

 

●戯言●2012.3

http://fujisuzuko.cocolog-nifty.com/blog/2013/01/20123-81ef.html

 

●戯言●2012.5

http://fujisuzuko.cocolog-nifty.com/blog/2013/01/20125-f61b.html

 

●戯言●2012.6

http://fujisuzuko.cocolog-nifty.com/blog/2013/01/20126-718e.html

 

●戯言●2012.4

http://fujisuzuko.cocolog-nifty.com/blog/2013/01/20124-37ef.html

 

●戯言●2012.7

http://fujisuzuko.cocolog-nifty.com/blog/2013/01/20127-d1f0.html

 

●戯言●2012.8

http://fujisuzuko.cocolog-nifty.com/blog/2013/01/20128-bd0e.html

 

●戯言●2012.9

http://fujisuzuko.cocolog-nifty.com/blog/2013/01/20129-de2e.html

 

●戯言●2012.10

http://fujisuzuko.cocolog-nifty.com/blog/2013/01/201210-aab9.html

 

●戯言●2012.11

http://fujisuzuko.cocolog-nifty.com/blog/2013/01/201211-a177.html

 

●戯言●2012.12

http://fujisuzuko.cocolog-nifty.com/blog/2013/01/201212-630b.html

 

●戯言●2013.1

http://fujisuzuko.cocolog-nifty.com/blog/2013/02/20131-cc0a.html

 

●戯言●2013.2

http://fujisuzuko.cocolog-nifty.com/blog/2013/04/20132-0637.html

 

●戯言●2013.3

http://fujisuzuko.cocolog-nifty.com/blog/2013/04/20133-fb0a.html

 

●戯言●2013.4

http://fujisuzuko.cocolog-nifty.com/blog/2013/06/20134-eb05.html

 

●戯言●2013.5

http://fujisuzuko.cocolog-nifty.com/blog/2013/06/20135-8836.html

 

 

,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

黄色い鳥の物語

Img_3063


Img_3062


Img_3061

弾む 揺れる 溶ける
囀りが 尾を引いて 離れぬ

何処から 何故 どのように
角度は

幾つもの疑問符が
流れる雲のように

消えた 一枚の 五線紙
方眼紙ほどは 網目が少ないから
今日は これで 良しとしよう

マイン・スイーパー
眠りを誘う時間帯には ピッタリの
ゲームが存在した筈だ

ニート ニード ハードグラス
グラフの中に 埋もれたハート

中央に 埋め込んだら良い星型が
やや 崩れ加減で 焼けたクッキー

さくり
新雪を踏んだ時の 乾いた空気を思い起こす

弾ける 飛び出す メルティー
堕天使の羽根が いやに透明で
眼を閉じた

此処に 虹色を 垂らせば
上手い具合に 升目に埋めるボールが
見付かるだろうか

朱色の弾を 見つめながら
兎の嘆きを 聞きながら
何時だって思うのは 空の事

明日の朝 色合いばかりを気にしてる
期待に反して 曇天だったって
雨足が 遠のくのなら 良いもんだ

ジョウビタキ ジョウレンノタキ セキをする
堰を切って 流れ始める 涙のように
とろり 透明な液体を
わたしに ください

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

写真 大分駅と市内の風景 2015.1月

詩の発表場所あります
自慢の絵・写真を披露したい方にもおすすめ!

ワタクシすずこが編集している手作り詩誌
ポエムサークル「みゅう」

仲間になり購読いただくと
ボツなしで冊子掲載 & CDトーク → 全国郵送★
見本誌もあります。読みたい方も連絡くださいね。

以下に本誌の写真・詳細を紹介していますので
クリックして御覧くださいませませ~☆

ミュウ 223.224号 完成♪ 

すずこのリンクはこちらから

~いつかの すずザレ~ 藤鈴呼の戯言
過去作も織り交ぜてUPしていきます☆

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

写真は 大好き

前回は バレンタインの旅
神戸で 100枚ほどの 写真を 撮りまくった

両親達に送ろうと 2枚ずつ プリンタしたら
大量に 購入した筈の 写真用紙が
1箱 なくなった
勿論 パソコンのインクも 何度も 変えた

今回は みゅうメンバーと 初対面
もう 何年も 付き合いが 有るし
ドライブ途中で 通過した 場所でも有るのに
立ち寄った ことが なくって
アポを 取って 会うことに した

スキーに行く 前日
出張の彼を 新幹線の駅で 降ろし
途中で いた天・ゆり花・姫 ファミリーと会い
夕方に 別の駅で 彼と 落ち合った

生憎の雨で いた天は 駅まで 歩いて来た
ゆり花・姫は 喫茶店まで 別行動で 行ってもらった
私の車には チャイルドシートが なかったから・・・

案内してくれた 喫茶店は とても お洒落で
ここに 居るだけで 癒される 空気

目の前には 可愛らしい 
とっても似ている 

ママ・ママの子・ママのまご
子・まま・ばぁば

どっちの表現でも 同じことだけれど
とにかく 皆 可愛らしいし 
若くって ビックリ

オムライスを 堪能したあたりで
姫は お昼寝タイムが 近付いたらしく
少し ぐずり始めた

姫をおぶる ゆり花の姿が ママさんしてて
傘を差す姿に 頼もしさを感じた

送っていけなくて 心苦しかったけど
その後は いた天と 暫く おしゃべりをしてから
駅まで 送り 別れた

とっても素敵で 貴重な 
金曜日の 午後だった

写真を 数枚 撮ったのだけれど
もう少し 沢山 撮れば 良かったなぁ 

帰宅してから 後悔。。。//δ⌒▽⌒//

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

中くらいの大きさの トマトの名前が 何だったかなぁ と
冷蔵庫を 開けた時点で 彼の声が 居間から響いた

僕も 食べる♪

・・・お主、風呂上がりの私が 冷凍庫を開けて
アイスクリームを食べんとす、を 想像しただろう・・・

プラム と 書いてある プラスチックケースを 確認し
あ、 トマト と プラムは 違うのかな
なんてことを 思いながら アイスを 取り出した

箱モノの 小さな棒アイスが 暫く 売れなくて
カップアイスばかり 補充を重ねてるから

久々に・・・と 思って 二本 取り出した

彼の目の前で フリフリ♪ するが
彼は首を横に フリフリ・・・。

仕方なく パピコを 取り出した
昔は バニラとチョコの 
二種類だった 記憶が 有るけど

これは リンゴ味・・・
不思議だし スッキリするし 美味だねぃ (≧▽≦)ゞ

*

ワンコロを 大人しくさせる方法で
友人が 「HOME!」 と 叫んでたと 書いたけど

風呂に入りながら 違和感を 払拭した

そう 「ホーム!」 ではなかった 
「ハウス!」 だよ

何だか 違うなって 思ってたんだよねぇ・・・
HOME じゃ B’z Song じゃん♪

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

何故 冬を 欲するのだろう と 
改めて 考えてみた

今は エコの 時代
いや 今に 限らず

昔っから 
資源は 大切に しなければ ならなかった

今更の様に エコ・えこ を 連発し
地球に 優しい ことをした 
と えばって 見せるけれど

その前に 
どうして そんな事態に 陥ったのか
今一度 反省する 必要が 有るだろう

そんな エコの 時代
ヒータ代が かかる 冬

夏ならば ヒーターは いらない
嗚呼 でも クーラーが 必要か

やっぱり 夏でも 冬でも 
エコって訳には いかない

じゃあ 何故 冬なんだろう

冬の方が 服を 沢山 着込むから
洗濯するのに 水もかかる

でも夏は 暑いから 水分摂取 するよねぇ
冬よりも シャワー代が かかるかも 知れないし

嗚呼 そうやって 考えれば
エコの 視点で 思えば

夏でも 冬でも 
どっちでも 良いような 気が してきたぞ
好きな 理由には ならないんだなぁ

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

パカン★ ポコン♪

いやぁね
もう少し 素敵な表現が 出来ないのかしら

ピンポン玉が あっちへ こっちへ 浮遊する様
表現しようと して みたんだけど

これじゃあ 何だか 小馬鹿に されてるみたいで
イラっとして しまうわネ。。。//δ⌒▽⌒//

卓球は 大好き
大好きだけど 得意では 無いってのは
英語と おんなじ

卓球と言う 文字から 
温泉と言う 場所を 思い起こす

昔は 温泉も 余り 好きでは 無かったけど
最近は 癒されるなぁと 感じる

日々 シャワー派だった 私だけれど
最近は 専ら お風呂で ゆったり 過ごしてる

*

ウォーキング
万歩計

健康グッズ
花粉対策グッズ

世の中で 良いと 言われてる ものに
手を 出して みたい

でも 楽な 道を 選んでしまって
サイクリングばかり している

最近じゃあ 彼を 送り届けた後で
車のままで スーパーへ 行くから

サイクリングも フラフープも
さぼりがち

花粉症には 未だ なって いないみたいだけど
予防対策として マスクをして 歩こうと

思いながらも
実行できずに いる

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°
人気ブログランキングへ
↑ポチッとな~☆↑



2015年1月18日 (日)

ヒラメとカレイの違い

Img_3370


Img_3366


Img_3365


未だに良く分からないんだけれども 
ヒラメとカレイの違いってば
目の付いている方向なんでしたっけね?

左前か 右前か 図体を見て判断する、の図
もう図々しいったらありゃしない!(ナニ)

今回、ヒラメかと思われる魚を いただき
鰈かどうか、悩む。
(カレイって こう書くのねー)
カレイはお高いんでしたっけかね?

多分
私が五枚卸にチャレンジしたのは

鮃だったんだと思うんですが
(ヒラメってこう書くのねー)

捌いている途中にデジカメ構える余裕がなくて
汁に突っ込んでしまってから撮影したヨ

こんなんなりましたー

まあ具材も色々ごちゃ混ぜになっとるけど
ひらめです。

あとはね、長崎リンガーハット製の皿うどん
旦那が ちゃんぽんも含めて大好きで
帰省時にリンガーハット行こう!と リクエスト(笑)

今回は 冷凍製品をね 
旦那の姉ちゃんが贈ってくれたの♪
こうしていただくと 有り難さも一入よねん♪

遠い地の特産品は デパートなんかに行かないと
目に入らなかったけれども
デパートがない地では どうするのか

あ、そうそう ネット販売があるじゃあないですか!
今の時代ならば すぐに思いつく。

今日び ネット販売しているモノは
全国各地で手に入ると言えども

やはりその地で食べる味には
かなわないねぇ♪

ネットスーパーと言えば、関東在住時代には
COOPの勧誘員サンが
良く玄関に登場しました(笑) 

私の場合は
何時も車でガバッと買って帰るが主流なので
スーパーではお世話になったことがありません。

近くに大型店舗が少ない地域に
住むようになってからは
ネット購入の方が手に入る物品も
増えて来ました。

自分で動ける内は良いですけれども、
山間部や高齢者が心待ちにしている宅配商店も
今後は増えて行くのでしょうね。

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

詩の発表場所あります
自慢の絵・写真を披露したい方にもおすすめ!

ワタクシすずこが編集している手作り詩誌
ポエムサークル「みゅう」

仲間になり購読いただくと
ボツなしで冊子掲載 & CDトーク → 全国郵送★
見本誌もあります。読みたい方も連絡くださいね。

以下に本誌の写真・詳細を紹介していますので
クリックして御覧くださいませませ~☆

ミュウ 223.224号 完成♪ 

すずこのリンクはこちらから

~いつかの すずザレ~ 藤鈴呼の戯言
過去作も織り交ぜてUPしていきます☆

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

霧雨の中 
パンを咥えながら 歩いてた 夕刻。 

一人きりの 帰り道の途中で、
何かの 音が 聞こえる。 

瞬時に 
白鳥の鳴き声と 気付く。 

先日は 出逢えなかった 
白い肢体。 

Vの字を 描く様に 
キレイな角度のままで 
20羽ほど 居たろうか。 

頬が 歪んで行くのが 分かる。 

雨を受けた僕の
笑顔の形をした唇は 

水滴を そ
っと 呑み込む。 

『 嗚呼、やっと、巡り合えたね。 』 

静かに 呟く 胸の内。 

甦る鼓動は 
市内の耀を宿した 明るい空へ 
包まれ逝く。 

白い輝きが 
全て見えなくなっても 

辺りを見渡して 
しばらくは 歩き出せずに。

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★

鉢巻を締めるだけで 何故だか やる気が

僕の大部分を 『占めて』 居たよね

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★

身体から 離れたネズミが

歩道橋から 急降下

バラバラに散る 火の粉を眺め

線香花火の 静けさ思う

オヤジ狩りをも 流行ったけれど

悪 ・ 酔っ払い ・ 剥奪 宣言

僕等は 花火 バラ巻いた

通りの植木に 埋め込んだ

爆竹しかけ タイヤの下で

パーン★ と 小気味の良い音 響いた

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★

少し 片目を 閉じて見る

それから キツク 目を閉じる

固く成った 僕の視界が

次に 捉える 景色は 何処に?

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★

今日は コンタクトの 調子が 可笑しい

朝、 バスの中で 本を読んでいるトキから そうだったんだ

だから 曇り硝子の外側を見やりながら

何故だか 憂鬱な気分に 苛まれそうに 成ってしまってね

まるで 視力検査の時のように

自分の手を 瞳の前に 差し出して

小さな文字が 見えるかどうかを チェック、チェック

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★ 

松竹梅 一番欲しいものは 桜の花びら

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★

ナビされた 道を歩む程 ツマラナイ モノは無い。

彼は 溜息と 共に 紫煙を くゆらせた。

「 えっ? そうかなぁ?

  要は 気の持ち様だと 思うんだけど? 」

明るく 笑いかけるのは

最後の砦だったから

前向きと言う名の 固い扉を 開きながら 告げたかったから。。。

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★

倒れたバイクを 奮い立たせるように

失敗した人生を

消しゴムで 消せたなら イイ

そう言う 友人を

詩人だと 思った。

幾つもの 戯言を 連ね続けて来た 僕よりも

ずっと 詩人してるって

本気で 感心を 憶えていた

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★

連休を利用して 冬タイヤへの 交換を しなければ 成らない。

そう パパが 受話器の向こうで 思ってる

と ママンが 受話器越しに 僕に告げた。

オートバックスよりも 先に行くのは

ママンのパパンと

パパンのパパンの

病院巡り

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★

ずっと 片目をつぶって タイピングをしてた

それでも 記憶は 固めに ならない

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★
人気ブログランキングへ
↑ポチッとな~☆↑


がんこ食す

Img_3353_9


Img_3353_8


Img_3353_7


終に完結! 頑固三連発シリーズ(笑)
前回の写真よりも鍋の中身が見えるべ?
ガンコってば小骨が沢山あるザンス(死語)

綺麗によそってくれたのも勿論、旦那。
肝が在ると見栄えするねー!
で、写真見て思い出した。結構入ってるわ、エビ。

海老って剝くのが面倒ですよねー
とか言いながら がんこぶつ切りしている旦那の横で
物々言いながら殻をカラカラ割りまして。

当初 鍋用に10匹強 そのまんま入れたんだよね
殻から出汁も在るべいな~ってなモンで。
だけん、全て剝いてしまってから 考える
どうせなら 全部入れちゃおう♪

かくて、下ゆでした海老の殻も全て剝き
一体何だったんだ7DAYS byバービー風味に
完成しましたとサ♪

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

ターミネーター4

昨夜テレビで見たんですよ
ターミネーターと言えばね?
シュワちゃんがグッジョブポーズしながら
ダウンしていくシーンだとかが
記憶に新しい私です

何時もの様に 目の前にテレビが在るにも拘わらず
更に目の前にノートパソコンを置いている旦那は
動画に夢中

片や私は「おっ! 始まった♪」ってんで
堪能していた訳です

開始5分位で無言になった私に気付いたのか
旦那がテレビをチラ見する

「何しよん?」
ターミネーター

「え? これ、見てないヤツやん。」
うん。

「面白い?」
うんっ♪

ここで 満面の笑みで即答してからね
旦那に突っ込まれた

「うん…って、未だ 始まったばっかりやんけ。」

・・・うん。
解ってたよマミィ。

ってな感じでね
更に職質(?)は続く

「ストーリー、分かっちょん?」
うーん… 何となく・・・

ここでウィキってみた
理由は、質問された名前を忘れたから(爆)

「ジョン・コナーとか誰だか分かる?」
うん、わかるよっ♪ あの女性でしょっ?

「・・・男性ですけど」
\(◎o◎)/! ってな感じで。 わはは。

そうそう、私、サラ・コナーと勘違いしてたのよね♪
はっはっは。

楽しかったわよ
~( ̄▽ ̄~)(~ ̄▽ ̄)~

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

詩の発表場所あります
自慢の絵・写真を披露したい方にもおすすめ!

ワタクシすずこが編集している手作り詩誌
ポエムサークル「みゅう」

仲間になり購読いただくと
ボツなしで冊子掲載 & CDトーク → 全国郵送★
見本誌もあります。読みたい方も連絡くださいね。

以下に本誌の写真・詳細を紹介していますので
クリックして御覧くださいませませ~☆

ミュウ 223.224号 完成♪ 

すずこのリンクはこちらから

~いつかの すずザレ~ 藤鈴呼の戯言
過去作も織り交ぜてUPしていきます☆

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

約 一週間の 楽しい時間は 
あっと言う間に 過ぎ去り

久々の 独身生活を エンジョイした ダーリンと
早く逢いたいなぁ と 思いながらの 帰宅。

帰りばな 雨に襲われて 
駅まで 迎えに 来て 貰った。

( 雨でなくっても 最初っから 
  迎えに来て貰う予定では ありましたが・・・ネ )

自宅まで ほんの数分の ドライブ。
寂しかったぁ? なんて 話しながら。

変わりなかった? と 何の気ナシに 尋ねると
彼の返答が ちょっと くぐもって居る。

「 あのねぇ・・・ 聞いて欲しい話が・・・
  とりあえず 2つ あるんだよね 」

げ Σ( ̄□ ̄)!
な・・・
何か 有ったんですかひ お客サン・・・

だって 途中 メールした 時は
こんな風に 返信メール くれたじゃん・・・

タイトル : 着いた


> 家は無事でした
>
> ただへんなポストカードがありました、、、、

*

あ、これは 一足先に 一人で帰った彼が
寂しかろうと思って(?)
私が 仕込んで置いた ブツなのじゃ。

出発前に 34歳に 成り立ての ショットを撮影し
パソコンから プリンタし
表情も 七変化させ

おかえりー やら おやすみー みたいに
言葉を添えて 家中に 隠して置いたのだ(笑)

お陰で 上のメール時には
最初の 1枚を 見つけての言葉だったらしいが
その後 こんなメールが。

*

> いろんなとこにあなたが潜んでいますね

*

ええ。 私。 ゾンビですから (何

話がエクソシストしましたので
更に エビ反りさせてから
逆ブリッジかけますけど (意味不明

私は 少し ドキリとしながらも
かろうじて こんな台詞を 吐いてみた

「 そうか。。 ならば とりあえず 2つのうち
 カウンターパンチ くらわない方から 教えてくれる?
  濃い~のは 後にしてさ。 」

いや・・・ まぁ 一つは 今 喋るけど
一つは 家に帰ってからの 方が・・ 云々

なんて モゴモゴしながら 小声の彼。
とりあえず 一つ目の話題は こうだ。

彼は ある店に 食事をしに 行った。
2つのメニューがあり 彼は 悩んだ。

豚のしょうが焼きにしようか 
鳥の煮込み(?)にしようか。
よし、こっちにしよう。

彼は 何か 考え事も していたそうだ。
注文して しばらくして 食事が 運ばれて来た。

少し 違和感を 覚えたけれど
彼は 食事を 始めた。

食べ始めたメニューは 生姜焼きだったらしい。
彼は 思った。

あれ? 俺、鳥を頼んだつもりだっけど
間違って こっちを頼んだのかな? 
まぁ どっちでも いいや。

そんな彼の目の前に 大学生アルバイトらしき店員が
ツカツカとやって来た。

運び間違えたから 交換したい 
と 言われた彼。

そっか、やっぱり 店側が間違えたのか、と納得して
交換に応じた彼。

どうやら 生姜焼きは
彼の隣のテーブルの人が 注文していたらしい。

新しい皿に交換した店員が 去り際に 言った。

「 次からは 間違えたって分かってたら 
 ちゃんと 言って下さいね。 」

彼は 「すみません」 と 謝った。

自分自身 考え事も していて 少し ボオッとしていたし
店員に注意されたし 

咄嗟に 申し訳無い と 思って 
口から出た 台詞だった。

しかし、食べながら フツフツと 
怒りが こみ上げて来る。

何か 可笑しくね?
何で 俺が 謝らなアカンねん。

そもそも 間違えたのは 店側のミスやろ?
それを 如何にも 分かってのに わざと食べやがって
みたいな 言い方 しやがって!

俺だって こんな似たメニューじゃなくて
明らかに 違うのだったら すぐ 分かってたよ

たまたま 迷っていたメニューが 2つあって
たまたま その 片方が 間違えて運ばれて来たから
俺も そうかな? って 思って 食べただけやん。

キレた彼は さっきの店員を 呼び出して
そんなことを とうとうと 語ったと言う。

周りにも 声は 聞こえていたようで
店員も 流石に 素直に 謝ったので
それ以上 どうこう言わなかったけれど
胸糞悪い 食事だった とのこと。

そりゃ ないよねー。 なんて 相槌を 打ったり
笑いながら 聞いていた アタシ。
そう その時までは。。。

そして 自宅が 近付いて来る。
夜だし 雨だし 視界が悪いのに 彼が 言う。

ちょっと あそこ、 見てみて。
言われた瞬間 寒気すら覚える 嫌な予感がした。

そして それは 現実のものと 成ったので有る。。
何が起きたかは 以下に全て 書いて有るので
読んで いただきたい。

とりあえず、事件が起こったのは 土曜日の昼と思われる。
私が 帰宅したのは 日曜日の夜。

それで 先方に文書を送ろうと決めたのも 日曜の夜。
月曜、彼は 通常通り、会社に出勤。

私は 色んな意味で ワナワナと しながらも
ちゃっちゃと 掃除・洗濯・布団干しを 済ませ
以下の文書を作成し 彼に 送信した。

ビジネス文書の形式にのっとった(つもりだ)が
ここでは 読み易くする為に 
改行等 手を加えて置くこととする。

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

平成20年9月9日 (右寄せ)

「管理会社」 殿 

「住 所」 (右寄せ)
「氏 名」 (右寄せ)

庭木伐採についてのご照会 (センタリング)


拝啓 時下ますますご発展のことと
お慶び申し上げます。

平素は格別のお引立てを賜り、
厚くお礼申し上げます。

 早速ですが、先週末の庭木伐採に至る経緯を
伺いたく存じます。

当方といたしましては、
現在の物件を賃貸するにあたり、

観賞用として、隣家との仕切りとして、
また安全面も考慮し、決断し、
お世話になっておりました。

 週末の間に、伐採の連絡なきままに、
突然、庭が丸裸になってしまい、
大変ショックを受けております。

美しい庭木を眺める日々の楽しみが奪われた気分も
大きいです。

また、普段過ごしている居間の窓と
道路の境目の役割を果たしていた庭木が
伐採されたことにより、
庭に他人が入り込み易い状態になったと思います。

昼間は私が一人で過ごしておりますし、
夜はカーテンの隙間から
部屋が見えるのではないかと思うと
安心して生活できません。

洗濯物を干す際にも、
道路を通る他人から丸見えですし、
隣の庭からも
素通り出来る状態になってしまいました。

 五月に賃貸して以来、
雑草を刈り取ってくださったのを
拝見したことはあります。

余分な雑草に関しては
綺麗にして下さって感謝しておりました。

ですが、この度の伐採は、
添付の写真にもあります様に、

観葉植物として
「大きく育った木」と呼べるものまで、
全て丸裸にするというものでした。

 確かに、管理されてる方の意向で
伐採することは有るのかと存じますが、

私の様に、庭木を含めて 
気に入って住んで居る場合は多いと思います。

現在の賃貸者は私達であり、
庭も使用する権利は有るのではないかと
思うのです。

それを、突然、全く違うものにされ、
私物で有る布団干しも
折り畳んだ状態で放置されておりましたことも
遺憾であります。

 伐採が完了してしまった今となっては、
取り戻すことは出来ないものでしょうが、
非常に残念でなりません。

珍しい葉の木に日々癒されておりましたのに、
外を眺める度に哀しい気分で一杯です。

私が育てた木ではありませんでしたが、
まるで、可愛がって育てた盆栽を
根こそぎ引っくり返された様な気持ちです。

そして何より、簡単に乗り越えられる高さの
道路沿いのフェンスのみが
丸出しになっている今の状況は、
安全ではなくなった気持ちがして
怖くてたまりませんし、
窓を開ける際も不安です。

 木は直ぐに育つものではありませんが、
出来ることならば、
改めて植栽の可能な植物を設置していたただく等の
配慮をいただければ幸いに存じます。

 取り急ぎ、伐採の経緯と今後についてのご回答を
書面にて頂きたく、お願い申し上げます。

敬具(右寄せ)

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

ま、そーゆーこと。 なんて さんまちゃんみたいに
醤油片手に出来る余裕は この時は なかったよね。

盆栽の比喩がどうだ とか 遺憾であります が
ビミョーだとか 自分でツッコム余裕も
いうよねー もとひ なかったよねー。

以上の文章を 彼に 「どうかな?」 と 送信して
ふと 気付くと 彼から 既に 文章(案)を
受信していたので 有り・・・

以下が 彼の 作成した 文章。

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

「管理会社」 様

「建物名」○○号室のテラスの除草作業について 
(センタリング)

前略

初秋の候、貴社ますますご盛栄のことと
お喜び申し上げます。
日頃は大変お世話になっております。

さて、このたびこうして
書面にてご連絡いたしましたのは、

先日行っていただいた敷地内の除草作業について、
一言申し上げたいと思ったからでございます。

さる9月6日土曜日、
私がリビングでテレビを見ていたとき、

サッシュ越しにふと外を見ると、
見知らぬ男性の後頭部が見えました。

不審者だと思い、急いでテレビの音量を小さくし、
身を隠しました。

警察に通報しようかとも思いましたが、
とりあえず、身を潜めて
様子をうかがうことにしました。

しばらくすると物音も聞こえなくなったので、
テラスを見てみると草が刈られており、

そこで初めて除草作業をしていた
男性だったと分かり、ひと安心しました。

 と同時に、絶句しました。

青々と生い茂っていた植物たちが、
雑草とともに
すっかりと取り除かれていたのです。

私はもちろん、妻もこのテラスの雰囲気を
とても気に入っていただけに、
大変落胆しております。

雑草だけならまだしも、
幹の太さが5センチ以上はあろうかという
木々まで、
根元から無残に切られています。

 このテラスの植物たちには、
とても大切な役割がありました。

 ひとつは、
「安らぎの鑑賞空間」としての役割です。

アパートのテラスとしては珍しく、緑が映えていたことが、
この物件をお借りした理由のひとつだったのです。

妻もこの空間を非常に気に入っておりましただけに、
帰宅後にテラスを見るや、涙するほどの
ショックの受け様でした。

このように、ごっそりと植物たちの命を
奪ってしまう神経が、私には理解できかねます。

すこし大げさかもしれませんが、
学校の花壇を勝手に荒らすのと
同じではないでしょうか。

 また、「防犯」の役割もありました。
フェンスだけでは、窓がすべて丸見えですが、
腰の高さまであった植物が
目隠しの役割を果たしてくれていました。

もちろん、すべてを隠していたわけでは
ありませんが、そこに「植物の壁」があることで、
緩衝帯、すなわちバリヤーが設けられていたようで、
心理的に非常に大きな効果を発揮しておりました。

私たちは一階に住んでいますから、
道路から容易に侵入される状況になり、
これからの生活、特に深夜、
不安で仕方がありません。

 また、お隣との境にあった木も切り取られ、
それにより、お互いのテラスを
自由に行き来できるようになってしまい、
これではプライバシーも確保できません。

 さらに、「日射遮蔽効果」もありました。
今年の夏は、例年にも増して
日差しが強かったのですが、

植物たちのおかげで、それが多少緩和されました。
これが無くなることで、
おそらく土間コンクリート表面における
太陽光の反射が数倍になり、

その結果、
居室内の温度が若干上がることが予想されます。

これでは、近年日常生活で浸透してきている
「エコ」に逆行する形になるでしょう。

なお、今回の除草作業の開始にあたり、
作業員からまったくお話がありませんでした。

普通であれば、
「今から除草作業を開始します」と
一言言うのが常識ではないでしょうか。

 今回、御社が業者に対して
どのような指示をされたのかは分かりませんが、
結果的には非常に残念なことになりました。

 そこで、今後の対応について、
以下の事柄について、
ご検討をお願い申し上げます。


一.お隣のテラスとの境界に、低木を植える、
もしくは、その代わりとなる柵を設置する。

一.道路境界のフェンス部分に
目隠しとなる植物を植え直す。


 これらにつきまして、ご検討いただき、
お話をお伺いできるのであれば、

こちらから御社に直接お伺いするのは、
やぶさかではございません。
 
 以上、こちらの勝手な言い分ばかりを
書かせていただきましたが、

当方としては、御社に抗議するとか、
喧嘩を売るとか、そういうつもりは毛頭なく、

とにかく、
「緑豊かな空間を失ったことの無念さ、残念さ」と、
「今後の生活における防犯上の不安」を
お伝えしたかったまででございます。

 ご検討のほど、何卒よろしくお願い申し上げます。
草々 (右寄せ)

平成20年9月8日 (右寄せ)
「住   所」 (右寄せ)
「名   前」 (右寄せ)
「電話番号」 (右寄せ)

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

あえて アタクシは 電話は 書かなかったんだねぇ。
電話一本で 形だけの謝罪とかで 終わるのが
とっても切なかったから。
文書として こちらも出すから
そちらも 文書で 回答を いただきたいなぁ
なんて この時は 思って いたんだねぇ。

まぁ やたら改行が激しくて 読み難いかも知らんが
堪忍な。。

実際は お互い 
A4用紙 1枚に収まるレイアウトやってん。

文字数は 彼の方のが 多くて 
小さな文字になってたが。

この彼の文章を読んで 
アタシは彼にメールしたね。 ↓

*

同じことしてたね(笑

メール受信に気付かず 
私の作成したのを送信してました。失礼。

さて、読みました。
非常に丁寧で物腰が柔らかく、分かり易いね。
こちら採用にしましょう。写真添付で。

または どれほどショックかということで 
それぞれ別送にする? (笑

ひとまず読みましたの報告まで。

*

そしたら彼から 返信が来たね ↓

*

いや、あなたのもなかなかいいと思った。

帰って、統合しますか。
あなたの分を「妻目線」に変えて、
二人それぞれの意見ということで
うったえるか。。。

ちょっとやりすぎ?

帰って考えましょう。

*

うーん。 この返信に しびれるーぅ
( 単純ミトコンドリア    ↑死語 )

そんなこんなで 当日のうちに
更に彼から メールキター。 ↓

*

合算しました。
仕事せーよ!

来週の飲み会場所探してて、
過去のことを思い出しました。


*


かつて、とある店(そば居酒屋)で
次のようなクーポンがありました。

「19:00以降、1000円オフ!」

私は、その店で週一回くらいの割合で
夕食をとっていました。

ええ、ひとりで。

私は酒はそれほど飲みません。

そこは、おそばがなかなかうまかったので、
毎回頼んでいましたが、

さすがに1000円以上というのは
なかなかありません。

無理してもう一品頼み、
無理やり1000円以上にしていました。

ある日、私はいつものように
1000円ちょっとの食事をし、支払いをしようとしました。

「クーポン券ご利用で・・・・15円です・・・。」

そう、1015円-1000円=15円。

さすがに、私は恥ずかしい思いをしながら、
15円を払いました。

「ちゃりーん、ちゃりーん」

でも、この
「クーポンのおいしさ」は捨てがたく

( 「そばのおいしさより」・・・うまい! )

その日以降も何度か通いました。

そして、ある日、クーポン券の内容が
変わっているのに気がつきました。


「夕方以降、1000円オフ!

(ただし、お二人様以上で御来店、
 お食事金額 合計2000円以上とする) 」

私がその店のクーポン券を変えたのだ!!

それ以来、私はその店に行っていない。。。。

以上


わろたやろ??

*

いやいや・・・庭木の話 何処に行ったんや?
なんて 突っ込んで♪

この合算作業の合間に 
こんなタイピングの出来る彼が
あたしは大好きだ ( ̄ー ̄)

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°
人気ブログランキングへ
↑ポチッとな~☆↑


がんこ煮える

Img_3353_4


Img_3353_5


Img_3353_6


一つ前の記事から続いてますよーっ。

肉切包丁と旦那を唸らせながら
無理矢理ブツ切りにされた「がんこ」が
煮える様を紹介せんとす。

え゛? 撮影ボタン押す前に、灰汁掬いしろ?
ごもっとも(笑)

此処に辿り着く迄の会話

旦那「調べてみたらねぇ、ガンコって鍋が合うんだって~」
私「ふーん」

(何かあったよなぁ~ 合う~♪とかって言う酒のCM)

旦那「鍋の材料 あるかねぇ~」
私「うーん…」

-暫しの沈黙経過-

私「キャベツ?」
旦那「・・・」

私「玉ねぎ? 人参? ほうれん草!」
旦那「・・・・・」

ってことで、購入せんとす(笑)

葱、白菜、しめじ、えのきで良い感じ♪
・・・白くて鍋の中、見えませんケドね
~( ̄▽ ̄~)(~ ̄▽ ̄)~

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

紅茶、今現在 目の前にあるのは 
旦那の淹れたルピシア産

「さくら&ベリー」と「ルイボスティー」を
自分でミックスさせたモノ、らしいです~。

少し前ハマったのは
カレルチャペックのハッビーバニラ。
甘い香りだけで癒されますネ☆

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

詩の発表場所あります
自慢の絵・写真を披露したい方にもおすすめ!

ワタクシすずこが編集している手作り詩誌
ポエムサークル「みゅう」

仲間になり購読いただくと
ボツなしで冊子掲載 & CDトーク → 全国郵送★
見本誌もあります。読みたい方も連絡くださいね。

以下に本誌の写真・詳細を紹介していますので
クリックして御覧くださいませませ~☆

ミュウ 223.224号 完成♪ 

すずこのリンクはこちらから

~いつかの すずザレ~ 藤鈴呼の戯言
過去作も織り交ぜてUPしていきます☆

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

時の流れは

想う程 長く


もう 思い出さないと

幾度 誓った コトだろう


酔い間に揺らめく 蝋燭の

焔が 更に 恨めしく


吹き消した 恋の色

駆け跳んだ 我が光


愛おしさに 揺られ

狭間の 白肌に


伸ばした魂の先

淡泊な 囁き


蠢く 闇の灯火

忘れ得ぬ ままに

★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

幾ら キミを 想っても

今更ながらに 泪しても


ありきたりな 台詞ばかり

どれも 僕には 特別だった


キーワードなんて 無くっても

あれが 闇なら 思い出す


キミなら きっと 解って呉れる

そう思っては 病まぬ涙に

★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

赤い 糸ばかり

蒼い 空ばかり


見定められず

僕は 朽ちてく


キミの 見えぬ

この 土地の 


啓蟄だけを

待ち侘びて

★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

すすきの穂

哀しそうに 揺れた


冬 真っ只中

「 未だ 咲いて 芽くの? 」


誰がために

何を成すべく


術ばかりが 見付からず

★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

白うさぎ 笑う

満ち溢れた 

透明な 涙

波に 翳して

★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

さみしいと 癒える傷

さみしいと 癒えぬ疵

★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

何時からか キミに 誤解された

クルリ 回った 左前

回れ右しか 知らぬ アナタに

★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

誰も 要らないよって

心に クギを 刺してみる


未だ 深く

もっと 差し込んで


光の隙間に

吸い寄せられた


影法師は

優雅に 溶けた


限り無い時間など

有りは しないから


夕暮れが 近付けば

消えて しまうから

★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

そう 今でも キミが

今だから キミが

僕の イチバン星

★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

自堕落な 生活ばかり

続けて来た 訳じゃ無い


ちゃんと 感じて居るよ

キミとの 思い出


そして 思い出せるよ

口に したくなる程に


朽ち果てて しまう迄に

★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★
人気ブログランキングへ
↑ポチッとな~☆↑


頑固者

Img_3353_1


Img_3353_2


Img_3353_3


ガンコって魚があるらしいんですよ

アンコウみたいだなぁ~
ヒラメかカレイみたいな気もするなぁ~
この肌触りはゲンゲだよなぁ~

色んな妄想を抱きながら ヌメヌメツルツルのガンコを
包丁でズブリ(旦那が)

いやね? 最初は私もチャレンジしたんですよ
でも途中からブン投げたった(笑)

これは先日の写真なんですが ちゃんと本日は
ワタクシ 初の ヒラメ五枚卸 しましたかんね!
(えばりん♪)

・・・まぁ、頭落として 二枚目までは良かったが
三枚目~ちょっとグダグダになってもうたが・・・

そうそう、私、魚の三枚卸が出来ない女なの。
イキナリ五枚にチャレンジしたったって…ねぇ?

がんこ、に話を戻しましょうね~
珍しい魚みたいやけん、ちょっと撮っとこ♪

と、いそいそとデジ・カメ子を手にする私
いや、珍しかろうが何だろうが何時も手にしますがね(笑)

で、パシャ・パシャ。
ニンマリ。( ̄ー ̄)

旦那「・・・まだ撮るの?」

私(軽くシカトしつつ)
「かわいいねぇ~ おぬし かわいいのぅ~」
(ご満悦)

自分に敬語かよ!、と、自己ツッコミは 事故かいな?
(もう良い?)

上記レシピを参考に、鍋にしましたよ(旦那が)
美味しくいただきますた♪るんっ♪

そうそう、胃袋から出て来たんだと思うんだが
白っぽいエビさんが登場したよー(笑)

この包丁は祖父から受け継いだもの
実家で母が使用していた肉切包丁だわ。

祖父は砥石で包丁研ぎしていたなあ
祖母と母は陶器茶碗の底に刃を斜めに当てて引く
この方法だったな

シャッシャッと 自分の方に引くんですよ
ちょっと怖いですよね
でも 格好良いんだなあ~

そんなコト 一切出来ない ワタクシは
100均の包丁研ぎですが、何か??
~( ̄▽ ̄~)(~ ̄▽ ̄)~

ガンコだと思っていたフスマのハナシ。
正月帰省していた大分宅にて

今回は新年早々 まっちろけ♪って位に
雪が降り、感動もしたんだけれども

ぽお~っと外を眺めていたら 母さんの一言

「すずこさん、ちょっと、感動してないで
 洗濯物 取り込んでっ!」

え゛~っ? あ、嗚呼・・・ みたいなね(笑)
なモンで、結構 慌て気味で取り込んだんだが

干したばっかりだったので
とりあえず洗濯ポールごと部屋の中へ。

んで、和室の天窓をちょこっと開けて
若干 斜めがけしてみたんですよ

干し直していたらね、
一瞬 洗濯物が 消えましてん。

あれっ? って思ったっけば
がしゃーーーん!

あれ? 光より早い筈の音が 遅れて来たわ?
あ、違った。 光の方が早いんだったわ。

まあ そんな訳で、穴空いたわよねー
んまー派手に襖かち破りやがりまして。

もう フリーズですよ、フリーズ。
この嫁、本家ぶっ壊しにかかってますからね(涙)

父さんは 几帳面な性格でね
昔ながらの靴下のアップリケを彷彿とさせるような
可愛らしい形に切り取った白い紙を
何とか貼り付けてくれました。(号泣)

文句 一つも言わず。
形在るものは壊れるもんだ、って 母さんもね…
嗚呼 もうすわけねえだーっ(┬__┬)

あと、あと もう少し!
襖が「がんこ」だったら 良かったわぁ・・・

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

詩の発表場所あります
自慢の絵・写真を披露したい方にもおすすめ!

ワタクシすずこが編集している手作り詩誌
ポエムサークル「みゅう」

仲間になり購読いただくと
ボツなしで冊子掲載 & CDトーク → 全国郵送★
見本誌もあります。読みたい方も連絡くださいね。

以下に本誌の写真・詳細を紹介していますので
クリックして御覧くださいませませ~☆

ミュウ 223.224号 完成♪ 

すずこのリンクはこちらから

~いつかの すずザレ~ 藤鈴呼の戯言
過去作も織り交ぜてUPしていきます☆

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

一つの 部屋が 消えて 居た
お気に入りを クリック したら 表示 されず

サイトから 辿ったら
キレイ さっぱり 削除されて 居た

更新も ままならなかった から なぁ

何時も 助けられて
かろうじて 削除を まぬがれて 居たのだ けれども

こんな 早くに 
消されて しまうとは 思わなかった・・・

が 前回 更新 してから
思いの外 日数が 経過して 居たのだろう

コツコツと 壮大な ストーリーが 打ち込まれて 居て
読むのも レスも 全然 追い付かないで 居たから

折角 沢山の
労力と 時間を 掛けて 書き込んで 呉れてたのに
非常に 申し訳 無い 思いが 広がる

もしかすると 
居場所を 狭めろ って 事かなぁ なんて
前向きに 考えて 見る

名前も 変えてた サイト だったし
今後は 統一して

残された 部屋で 過ごして 行こうと 思った


   メルティー に 哀悼

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

朝 家を 出るとき
家の 前に タクシーが 止まった

タクシーの 後部 座席で
ショートの 女性が 
指差して 指示してる 姿が 見えた

車を 発進 させるのを 待ち
降りて来た 女性を 眺めた

後ろ姿が お母さんに 似てたからだ

まさか こんな 処に 
バッグ 一つで 来る 筈も 無いのだが
何だか 気に成って しまったのだ

と 言うのも
昨夜 メールを したのだが
返信が 届いて 無いのを
思い出した からで 有る

何時もは 即レスで 返信が 来るのだが
もしかして 疲れて 居るのかな
とも 思ったの だがー

すぐ 来れる 距離では 無いし
連絡も 無しに 
イキナリ 平日の 朝に
タクシーで 登場する サプライズ など 
する 訳も 無いの だがー

降りて来た 女性を 見たら
勿論 別人 だった

家の 前に 入って行く 様だ
恐らく と 言うより 
完全に 隣の 家へ 行くの だろうが・・・

しかし 朝 早くに×××
と 思いながら
ようやく アクセルを 踏んだ



出勤して 始業時刻を 過ぎた 頃
ポケットが 震えた

感覚が 短いので
着信では 無く 
恐らく メール だろう

携帯が 唸る 音だ

こんな 時刻に 来るのは
迷惑モノで 無ければ
緊急モノか?!  
と トイレに 駆け込んだ

久々に
トイレに 行きたい 理由が 
変化した 瞬間だ

ここら返が 事務職の
悲しい 性で 有る×××(笑)

見ると お母さんからの メールだった

昨夜
「 お中元で 頂いた メロンが 美味でした♪ 」
と 報告メールを したのだ

どうやら センターで 保存されて 居たらしく
お母さんが メール受信を したのは
今朝だった らしい

私の 送信 時刻を 見て
慌てて 朝に メールを 打ち込んで 呉れたのだろう

律義だ・・・
申し訳 ないなぁ・・・ と 思いながらも
一安心 して居る 気持ちは 否め無かった

人に 寄って 
メール返信までの 時間は 違うだろう

何時も 即レス して居ると
どんなに 忙しくても 返信しないと

相手に 心配を かけるかな
と 言う 思いも 働くのかも 知れない

逆に 何時も 遅レスの 人は
本当に 何か 有っても

「 あの人は 何時も 気まぐれに 返事を 寄越すから 」
と 余り 心配 されないの だろう

勿論 特筆する 迄も 無く
メールの メリットは
気まぐれ時間で 会話が 出来る事だ とは 思う

これが 電話 ならば 
待った が 効かない からだ

直接 話せば
音として 響く 気持ちの 部分も 受け取れるし
誤解も 少なく 済むのが メリット なんだろう



そう言えば ドコモでは 
興味 深い サービスを 開始 したのだ とか

何でも 嘘 発券機を 凌ぐ 勢いで
相手の 声から 
会話してる 最中の 気持ちを
分析して 呉れるのだ とか

イタリアだかで この システムが 
犯罪 操作にも 使われて 居る らしい

登録 してから サイトに 接続し
相手に 電話を 掛けると
切ってから 気持ち分析の 結果が 
知らされる と 言う

登録料は 2000円で
サイト接続で 400円 だか 
ラジオで 流し 聞いたので 不確か だがー

気持ち の 項目数も 結構 多い らしい

この トピックスを 受けた パーソナリティーは
こう 言って 居た

お遊びで 試してみたい 気も しないでは 無いが
人の 心は 
そもそも 分析 出来る モノでは 無いし
憶測する 愉しみ と 言うのも 有るだろう  と

激しく 頷ける 内容 だった



お中元に ついて だが
基本的に 私は 
余り 好まない 風習だ
年賀状も そうだ

日本人 ならでは の 義理人情の 世界だと 思うのだが
確かに 季節ごとに 交流を 深めて
良い 関係も 有るだろう

だが 逆に 「 送れば 良い 」 と
要らない 商品が 横行 したり

「 送らなくては ならない 」 と
負担に 感じる コトも 有るだろう

今回は 結婚後 初の お中元 時期を 迎えた 訳だが
今回 送れば
毎回 送る 行事に 成る 訳で
どうするの かなぁ と 思って 居た

彼は 
普段 世話に 成って 居る 人に 送る モノだから
親に 送るのは 当然だ 
と 言い 送る コトに した

私的には 自分の 親とは 
物品を わざわざ 送らなくても
親密な 関係だ と 思って 居るし

わざわざ お中元 と して 送らなくても
普段から 感謝の 気持ちは 伝えて居る つもりだ

だが 考えて 見ると
送る ことで 
彼の ご両親と 改めて 連絡を 取り合えるのだし

彼の ご両親も
お中元などは 欠かさない派 の 考え と 聞いたので
こう 思う コトに した

お互いの 土地の 良い モノを 堪能するのを
愉しみに しよう  と

そんな 訳で
彼の 実家へ ゼリー セットを 送ったついでに 
私の 実家にも 買った

まさか お返しが 頂ける とは 
思いも 寄らなかったので 驚いたが

律義な ご両親の コトを 思えば
それは 当然なのかも 知れない

父の日 母の日 の プレゼントは 別だ
これは 躊躇 無く
当然の モノ と して 受け入れて 居た

ここら返は 私の 考え方の 
矛盾点 なのかも 知れない

彼の ご両親から
メロンと ハウス ミカンが 届いた

御礼の 電話を した後で
彼から
「 私の 実家にも カボスと ミカンを 贈った 」
と 聞いた

私の 両親は 
準備して 無い と 思ったので
慌てて 実家に 電話を 掛けた

妹の旦那の ご両親 とは
そう言う やり取りは して居ない らしい

人 それぞれ 考え方は 違うのだな と 
改めて 感じた

その後 彼の 実家宛に
私の両親から お中元を送る 手配を して貰った

春 辺りから
冷麺や お菓子を 送って 居たので
「 何を 送ろうか? 」 と 悩んだ

結局 地元の 乾麺の そうめんと 山形の 巨峰を 
別々に 発送した と 言われた

電話で 母と 会話してる 中で
「 お中元を 贈った コトを 
 事前に 先方に 知らせるか 否か 」 の 話題に 成った

母は 言う
先方でも 贈った と 言われれば
それなりに 注意 出来るし
事前に 言うのが 親切だ   と

実は 両親から 妹夫婦へ
和牛セットを 贈ったらしいのだが
クール便で 手配したのに
手違いで 普通に 運ばれた 挙げ句
妹宅の 宅配ボックスに 放置された事件が
先日 有った ばかり なのだ

肉を 贈った と 知らされて居た 妹が
運良く 2時間後に 発見した らしく
何とか 腐らずに 済んだ らしい

母は 店に クレームを つけ
同じ 肉が もう一度 送られた らしく
妹と しては
二倍の 肉を 堪能 出来て
ホクホク だった コト だろう

そういう コトも 有るから と 
母は
事前 連絡 説 を 唱える

コマーシャルでも
「 お中元 贈ったんですってよ 」 
なんて 会話をしてる 場面が 有るから 常識だ


私は その コマーシャルは 知らないが
そんな モノかなぁ と 思った

実は 何度か 彼の実家へ 贈り物を した時
今までは 告知をして 居なかったのだ

当然 無事に 到着するモノ
着いたら 電話が 来るモノ
と言う 認識が 有ったのかも 知れない

帰宅した 彼に 母との会話の内容を 伝えると
彼は 言った

確かに 万が一 届かなかったりした 場合の為には
予告するのは 必要かも 知れないが
逆に サプライズ的 考え方で 行けば
突然 贈り物が 届くのは 嬉しいのでは 無いか 
と。

ホント 人によって 色々な 考え方が 有るんだなー
と 思いながら 聞いて居た

きっと 次回の お歳暮 シーズンには
品物の 内容は 伏せて
メールで 告知 するんだろうなぁ
と 思う 私なので 有るxxx

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°
人気ブログランキングへ
↑ポチッとな~☆↑


不思議な器

Img_3334


Img_3337


Img_3338


小鹿田焼(おんたやき)

中々 読めませんよね。
大分は日田で焼かれる陶器なんです。

弟子を取らず 長男が相続する形で継承されて来たので
現在窯元は10軒のみ。

普通、器の裏には陶芸家の印が刻まれますが 
個人名ではなく全て統一しており、
「おんたやきブランド」として広げる意図があるそうな。

そんな陶器を眺めている内にね この形が目に留まりまして。
下は円柱、上は四角、と。不思議な形でしょう?

飲み口は四角の隅で確りと固定される上に
持ち手は緩やかな縁カーブ、と。美しすぎるんですね~。

で、早速 魂を入れんと♪ 
って 謙信を買いました(笑)

いや、大分帰省時にゲットしてるんで
既に 大分の酒が入っとりますがな♪

ついでに北陸まで空路はるばる旅してまんがな♪
な~んですけどねん♪現在ほろ酔い ←今ココ

っつうか、今回 私
旦那と違うタイプの風邪くらっとりましてん。

旦那は喉痛から始まっとったんだが
今頃になって 少し良くなった頃合いに
何だか喉が痛いんですケド~っ?

え゛え゛~っ、私これから
旦那の風邪くらうのか!? ビクビク。

びくびく。くびくび。(酔)
いや、時間的には(宵)

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

詩の発表場所あります
自慢の絵・写真を披露したい方にもおすすめ!

ワタクシすずこが編集している手作り詩誌
ポエムサークル「みゅう」

仲間になり購読いただくと
ボツなしで冊子掲載 & CDトーク → 全国郵送★
見本誌もあります。読みたい方も連絡くださいね。

以下に本誌の写真・詳細を紹介していますので
クリックして御覧くださいませませ~☆

ミュウ 223.224号 完成♪ 

すずこのリンクはこちらから

~いつかの すずザレ~ 藤鈴呼の戯言
過去作も織り交ぜてUPしていきます☆

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

キミの 居ない 此の部屋は
何だか 穴が 開いた 気持ち

何時もより ガラァンとして
ガランと 音が 鳴り出しそうだ

目には 見えない 音だケド
寂しさ いっぱい 詰まってる

目には 見えない 音だから
淋しさ 沢山 詰まって行くよー


『 キミの 居ない 部屋 』

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

美女と 美男子は
やはり 上手く 
行かないのだろうか

ワイドショーでは
二人の 破局の 話題で 
持ち切りだ

だいたいに して
誰が 誰と 付き合おうと 別れようと

周りの 人間達に
直接 して あげられる コトなんて
限られて 居るのに

皆様 噂話 には
暇を 持て余す コトを
知らぬ 模様だ

だから 芸能人は
大変 なんだな

別に
悪い コトを 
して居る 訳でも 無いのに

人の 目から 隠れて
コソコソ と 行動 しなくっちゃあ
いけないんだから

もう こうなったら
其の 文字の 通りに

他人の 目を 盗んで
隠して しまえたら
良いのに ねぇ×××
楽なのに ねぇ×××

なぁんて 書いて居る
僕自身 だったって

ちゃっかり しっかり
ワイドショー チェック
してたんだから

此の世は 正に
せちがらい コトよのう。。。


 『 盗まれた 瞳 』

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

隠された 視界
目隠しの タオルは 
ちょっと 薄汚れてる

だけど 平気

一旦 キミが
強く 握り締めた モノだから

もう 其れダケで
気分的には
浄化 されて 居る

きっと 大丈夫
其う
信じてるー


 『 タオル 』

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

僕と 君は
有名人でも
美男 美女でも 無くて
良かったね

別に 互いの 感覚を
けなして居る 訳じゃあ
無いんだよ

二人に とっては
お互いが
一等 素敵に 映れば
イイじゃ 無いか

そう 思ったら
誰か 他の 瞳に
見初められる コトも
無いんだし

嗚呼 二人は
安泰 だよね!?


『 他人の 瞳 』 

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

恋って 言うモンは
もっと 明るく
光り 輝く 存在じゃあ
無かったのかい?

初恋の 切なさを
思い 返して 見れば

誰だって 淡い 想いが
広がる 筈なのに

片思いが 最高の 恋路だ 
って 
豪語する 瞬間は 何時でも

其の先の 両思いの 嬉しさを
知って しまって

又 其の先の 
恋人同士 
と 言う 関係に
慣れ合っちゃって

不平 不満が
勃発するんだからね

だから 二人は
何時までも

初心を 忘れず
生きて 行こうよ

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*

ふひょひょ
ひょひょ。。。
(もう良い?)

ひゆや。。。
やばい
文字 『も』
可笑しく
なりにけり

文法なんて
知りません



カオに 出るらしい。。。
あずき 大好きな 彼女に

十勝限定 あずき ポッキイ


別の 彼女に
ブラウス くれた 御礼に あげた
コパンの ガーリック味


一口ずつ もらい

少し 表情の 復活を 図ろうか

目録んで おる

二人 きゃぴきゃぴ 分け合い
『 美味しーい 』 とか 言ってる 側で
ムツクレて いたらしく

「 すずこさんも 食べます。。。? 」

大分 はしゃいでから
声を 掛けて 呉れたので ござった。。。

この メルしてる 間に
一仕事 しろ×××

彼の メルで
復活を 図りたい ところ。。。

人の 口に 
ジッパーは つけられぬが
歩いて居た 処を
よもや 見られて いたとは。。。

ミラクルですわ
( 何がだ。。。 )

しかし。。。
あの 綺麗な 部屋を
彼に 先に 見せるには
忍びない。。。

あーあ
布団 くらい
まともに 上げて 
おくんだった。。。

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

週の 途中が 休みだと
まとめて 休みが 欲しく成る

例えば 今回は
木曜日が 祝日 だったから

金曜日に 休みを 取れば
四日 連続で 休めるから
ゆっくり 出来るのに とか

木曜日は 出勤 するから
代わりに
金曜日から 休み ならば
三連休 なのに 


考えて しまうので 有る

結局
休みでも 風邪気味だった 僕は
日長 いちんち
眠って 過ごす コトに
成ったのだ けれども。。。

そうしてみると
一日 眠り
体力の 回復を 図れた

感謝 すべき日
だったんだろう なあ。。。


『 勤労感謝の日 』 

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

駐車場から 道路に出る 瞬間
左側から 黒い 車が やって来た

奥の 団地に 
住んで 居るのだろう

子供を 乗せた 母親らしい

長い 髪で
赤い 唇の 先には
くわえ 煙草

もの凄い 光景だなあ と 感じたのは
歳を 重ねた 所以 だろうか

ヤンキー ママさん なのかな
なんて 思いが
胸を 掠める



私だって 母親に 成ったら
同じ コトを して居るのかも
知れないのだ 

心の中で かぶりを 振る

こうして 彼女の姿に ツラレて
思わず タバコを 手にしてる 様じゃあ

アタシの 禁煙 ライフも
中々 ままならないままに 
違い 無い

無論 昔っから
本気で 子供が 欲しい
と 感じたコトは 一度も 無いので

私が 母親に 成る日は 
来ないだろうが。



道路に出た 私は
最初の 信号で 右折した

前の彼女は 真っ直ぐ 進んで 行った

私は
右折した後の 信号で 左折した

要するに
平行する 二本の道路の 左側から
右側に 出たのだ

私は そのまま 右側の道路を 進み
国道方向へ 進んで居た

突如 左側から
先程の 黒い車が 出現した

どうやら 左側の 道路から
信号の無い 小路を抜けて
私の走る 右側へと
出て来たらしい

さっきまで 私が 追い掛けて 居たのだが
今度は 彼女が 後ろに ついた

バック・ミラーで 何気に 見やると
助手席の 子供は
黄色い帽子を 被って居る 様だ

次の 信号で 私は 直進し
国道方面へ 向かった

後ろの彼女も
当然 付いて来るか
若しくは 右折か と 思いきや
何と 左折を したのだ!

彼女の 軌跡を 辿ると こうなる

左側の 道から 小路を 抜けて
右側の 道に 入り 
私と 合流 



再度 左側方向に 走行 



此の道は
左側と 右側を 繋ぐ 道路だ

きっと この 道沿いの 小学校に
降ろすのだろう と 言う 
結論に 達した

勝手に
彼女の 行く先を 連想し
一人 驚いて
其の後 安堵した
朝の 車内で 有った×××

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

どうにも 苛立ちが 
止まらない 日々を
過ごして 居る

自分の 表情が
鏡を 見ずして
連想 出来て しまう

頬が 強張って 行くのが 解り
自分でも 留められぬ
不快感に 苛まれて 行く

嗚呼 駄目だ と 感じれば
其の 度に 
小さな 気分転換は 
訪れるけれど

心底 安堵感に 包まれる 時間は
少な 過ぎて

又 
新しい 朝に 埋もれ
新しい 出来事の 中で
新たな 苛立ちに
覆われて 行く

そうして 何時か
人間は 逝くのだけれども

果たして ヤツは
墓の 中まで
追い掛けて 来るのだろうか

そんな 不安 ダケ
永遠に 尽きぬ 気がする


 『 ストレスの 中で 』

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

最低気温が 氷点下 手前で
静かに 止まってる

夏に 光を帯びた オレンジは
冬の 蜜柑へと 
姿を 代える 手前

秋には ちょっと 気が 向いて
橙の 色合い 愉しんで 生る

薄色の柿が 嫉妬する
熟してなんか やらない と

未だ 固めの 身体 抱えて
枝の 先に しがみついてる

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°
人気ブログランキングへ
↑ポチッとな~☆↑


風邪くらった

Img_3364


Img_3363


Img_3327


みゅう新年号が出来上がらない内に
引越しちゃうんじゃないか、とか
薄氷くらいの確率で
思っている今日この頃(・・・は?)

メンバーのまっつんから
年貢おさめましたぜメールも届いて
嗚呼そうだ、と在庫を引っくり返す前に
不用品を引っくり返していたモンだから
机が作業出来る状態じゃねえ(爆)

ってなモンで 必死こいて段ボール処分し
(いや、移動時には又、増えるんだけどサ♪)
空き地を作ってから いざ増刷せんとす

でね? 気付いたんですよ
最近PDF処理しているからか
複合機をエプ・ソン子ちゃんからキャ・ノン子ちゃんに
浮気した所為か
何だか印刷加減が好きくねぇなあ…って。

好きくねえ。
この表現も
好きくねえ (一句)

ちょっとした実験をしてみた
いつもより 余分にインク代 かかるけれども
写真モードにして超キレイモードで印刷しちゃろ♪

ドキドキ ワクワク・・・
完成したら
同じでした
うん。 同じだったよ、ママン。

そんな訳でね?
大した感動もなく 封筒に詰めたんだけどサ、
外、強風なんだわ
必死こいて ゴミ捨て行ったけんどもさ
発送すんの ちょっと待ってね(はぁと)

以上、業務連絡でした(笑)

で、何やかんやしていたら
風邪くらいましてん。

元々 旦那が流行の最先端だったんすけんども。
で、風邪薬がね、キレて来たんですよ
なもんで、ドラッグストア行きましてん。

いつもさ、パブロン飲んでんの。私。
昔は顆粒だったんだけど
最近は錠剤が出てラッキー♪

あ、正露丸も錠剤がステキよねん。
だけん、アヤツ、一気に四錠も飲まなアカンねん!

と、思っていたんですよ
今回はね エスシー錠とかいう
ビタミンしぃ配合とか書いてんねん♪

で、箱を開けたら こんなんですよ
良く薬って上にビニール入ってるよね
錠剤が 動かないように、って配慮なんでしょうね

だけど この量はないよなぁ~…
めっちゃ騙されたような気になるわ(笑)
・・・瓶 半分に代えろよ。
と思った訳です

底上げスイーツ食べた時の虚しさを
彷彿とさせる光景でしたねー(棒)

残りの一枚はですね
確か スーパーホテルだった記憶があるけれど
貰ったんですよね

最近のアメニティーってば充実しすぎですよ
女性だってダケで色々もらえますからね
・・・使ってないんだけれども(爆)

部屋に入った時に
お掃除の「お姉さん」からのメモ一枚
ラブリィメッセージに
おばさん、キュンキュンしましたとサ。

何でも心遣いって大事なのよね。ほんとに。

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

詩の発表場所あります
自慢の絵・写真を披露したい方にもおすすめ!

ワタクシすずこが編集している手作り詩誌
ポエムサークル「みゅう」

仲間になり購読いただくと
ボツなしで冊子掲載 & CDトーク → 全国郵送★
見本誌もあります。読みたい方も連絡くださいね。

以下に本誌の写真・詳細を紹介していますので
クリックして御覧くださいませませ~☆

ミュウ 223.224号 完成♪ 

すずこのリンクはこちらから

~いつかの すずザレ~ 藤鈴呼の戯言
過去作も織り交ぜてUPしていきます☆

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

― 保 険 屋 ―


僕の昼食を  邪魔しようとする奴が居る。

気持ちは 分からないでも無いが、

休憩ルームを 入った処で  

僕に 背を向けて

仲間達に アンケートの お願いを してる為

僕は 入れない。

幸い  僕の存在に 気付く余裕が 無い様だから、

Uターンをして 戻って来た。

何時もの 喫煙室。

こだわりの、 窓際 ・ 定位置 。

否応無く 表面化した 仏頂面が 直らない。

いい加減に  しろとも 思わない。

気持ちは 分かるから。 

だけど、 契約する気は ナンセンスだし、

最初から 関わり合わない事が、

相手に対する 最大の 親切なのだと

実感して 止まない。

何度も言うが、

気持ちは 分かるから ・・・

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★

■ 殺 人 鬼 ■


~ 鳩 ~


一体  何をしたら  イイんだろう。

其れが  解らないから、

蹲った まんまで 眠る。

こんな 華金なんて、

以前は 考えらんなかったよネ? なんて、

呟く相手も  居ぬままに。

いつも  バス停で

無機質な  ガラスのドアを叩く。

其此には  何も無い。

爪が 長く 伸び過ぎて

プルタブを  上手に 開けられない。

顔色を伺いながらの  会話みたいだ。

冷風に  震える程では  無いけれど。

ブラウスが  パタパタ揺れた時、

豆を待つ  ハトの様だと思った。

人間世界じゃ  

美人だの ゲスだの  騒いで居るけれど、

食事さえ出来りゃあ  ナンでもイイやって  言う

ハトの  如きに。

楽しいのか  からかわれてんのか  判断に迷った。

彼女は  感情の 表現方法として

短文の優位性を 説いて居たけれど、

こう言う場合は 違うんじゃ無いかしら?

着替えを 終える迄に 結論を 導き出したかったが

無駄だった みたいだ。

仕方無いから 髪を梳いた。

幾数にも散らばる 黒い素麺[ソウメン]は

井戸の中に隠された 

死体のモノだったかも 知れない。

投げ捨てたナイフが 太陽の光を反射してしまえば

暴露[バレ]て しまう。

其の前に 何とかしようと思った。

考えて居るうちに  陽が暮れた。

ようやく 忘れられる。

例え  明日  逮捕されても

今日だけは  安眠できるんだから・・・


~ 地 血 ~


格子状の服は  余計な贅肉[ムダバラ]を

キツク  締め上げる。

重たい手錠が どうにかならんもんかと

見回して見たけど

此処には 何も無い。

創造も ・ 未来も 。

代わりに 、 朽ち果てた 想像と 、

半 永劫的な 絶望感に 満たされてゆく。

手首が 徐々に痺れ 、 感覚は 止まり 、

停泊する 海上の 漁船の様に、

檻の内に 泊まる 生活 。

船酔いが有っても 、 

波の流れが 解るだけ 、 猟師は  幸せだ。

だから、 潜っては イケナイ、

肉体を 鮫に引き千切られる寸前の

恐怖 ・ 精神が 狂気へ向かう途中の

胸の 痛み。

二つの板挟みに成り 息をしている様だ。

地と 血の流れの 其の 上で。

ようやく 楽に 馴れた気がして 顔を上げた。

何時だって 其の瞬間に 水を ぶっかけられる。

真冬でも無いのに 凍る程の 冷酷さを抱えて、

彼女が 微笑う。

指差してる。

止めて呉れ!

常に 叫びたかった。

此の国の言語は 通じないのだと悟った。

或いは、届かないのだ。

きっと、耳が、遠いのだろう。

其れを、確かめたいだけだった。

僕の姿が見えて居るのか、

苦しい悲鳴は聞こえて居るのか、

呼び掛けて居るのが  どちらなのか。

二つのカゲを 統合する儀式が 

必要なんだと 思った。

透明な液体が

蒼か、緑か、

見定めたいと願った。

残念な事に、

彼女は

紅の液体を  保有して生た・・・

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★

○ 愛 煙 家 の 嘆 き ○


朝はね?

心地良い風が 流れ込んで 来たんだよ?

午前中に、 急なり 雨脚が 濃く成ってね?

大きな 大きな 雷が、

ド ・ ド~ンッ! って、

ビル群の隙間に  迷い込んでたよ?

もっと ☆ピカピカ☆  が  見たかったんだけれど、

諦めたよ?

お昼に成ってね?

喫煙室に  来てみたら、

張り紙がひとつ  有ったんだ!

隣室に 煙が 入るから

窓は 開けるなって!

やっと 解ったよ!

最近  換気棚の  ひとつ増えた  理由がさ!

何だって  こ~やって、

愛煙家を  締め出すんだろうネ!

籠りきった 空気を連れて 部屋に 舞い戻ったら、

今迄よか ヤニ臭くて、

益々 嫌気が 刺すだろ?  アンタ!

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★

あの泡に 飲み込まれちゃ ダメだ。

白い波を 、 待て。

きっと 海は 青い その筈なんだから。

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★

感情と言う名の濁流が あたしを熱くする。

強く 突き動かされた あたしは

きっと 別人だから。

°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★

昔から そうだった。

何を言われても 平気だったの。

フィルターのかかった空ばかりを

ゆっくりと 眺めて居たから

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★

物事は 何時だって

思い込みの激しさで

裏表 コインは どちらにでも

転がるのでしょう

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★

優しさと言う名の罪は

実際に 心が見えなければ

解らないもの?

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★

例えば 痛みを 忘れて

最初から 知らなかった世界へ

浮遊して みたい

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★

少しずつ グラスのメモリが 下降していくのは

その分 腹の肉が 増量する 唯一の 証拠

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★
人気ブログランキングへ
↑ポチッとな~☆↑


運河の先に

Img_1072


Img_1073


Img_1074


バニラの香りのするティッシュひとつまみ
鼻先をくすぐる乙女心を思い出せば
不摂生の祟った吹き出物ひとつ見つかる
忘れてしまった風な喉の痛みから出たイガイガ
足先から離れないイボのような不具合さ

ツラツラと綴る心の四方山話
何処かの井戸に落とした戯言
紐伝いに引きずり上げれば干からびた溜息
誰にも響かぬと空を見上げていた黒猫の鼾

頬を撫でる風そよぐ春を感じたのは
黄色のシロツメクサと勘違いしたからで
其れが蒲公英と言う名前なのと知った処で
最早代わるものなど何も必要ないかのよう

音の霞から浮き上がる閃き
門構えから伸びる松の切っ先
真っ先に伸ばす指先
二度と届かぬ囁き

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

冷たいから・・・
一つ前の記事で紹介した本の裏表紙はここにあります

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

少し前に、白虎洞の写真を紹介しましたが
今回は説明プレートのみをセレクトしてみました

12月初旬に新潟の最南端 糸魚川を出発し
兵庫を散策しながら出雲までの旅でした

短気は手持ちすれど 気、には鈍感な我等は
普通に歩いたけれども
雨模様だったけん、寒かったよー

師走の空の下
喩え 晴れていようとも
それなりに空気は澄んで いたかしら♪

踏めない地、にも 色々あってね
社員旅行なんかだと
元々 行く場所が 決められているからね
神社仏閣に行けず 外側を歩く方も いたそうな

豊岡と言うとね
どうしても 一人の方が浮かぶんだよね
苗字に あるじゃない?

私にとっては 地名だって知ったのは
多分、うーん 地理選択していたし

社会の時間とかに 知っていて おかしくないくらい
有名な場所だとは 思うんだけれどね

お客様で その名前の方が いて
そちらの印象が 濃いのであった

名前は 土地により 読み方も様々で
五十嵐さん

これは 私は イガラシさん、しかないと
思い込んでいたんだけれども

いからしさん、って読む場合も
案外と多いんだってねー
そんな風にね

*

石や岩の文様然り
昔から好きで
凝視してしまう存在

最近じゃあ
根にも恋する有様で

空を見上げたり
花びらを映したり
下を向いたりと
余念が無いのね

*

産まれた赤子が成人となる位の時間が流れましたね

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

詩の発表場所あります
自慢の絵・写真を披露したい方にもおすすめ!

ワタクシすずこが編集している手作り詩誌
ポエムサークル「みゅう」

仲間になり購読いただくと
ボツなしで冊子掲載 & CDトーク → 全国郵送★
見本誌もあります。読みたい方も連絡くださいね。

以下に本誌の写真・詳細を紹介していますので
クリックして御覧くださいませませ~☆

ミュウ 223.224号 完成♪ 

すずこのリンクはこちらから

~いつかの すずザレ~ 藤鈴呼の戯言
過去作も織り交ぜてUPしていきます☆

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

昔は 絶対 の 存在 だった 先生

授業中で 無くても
机に 腰 掛けて 居た ダケ で 
立たされた モノ だった

勉学に 尻を 向けた
と 言う 罪 だ 

そして 子供も
其れが 悪い と 
認識 出来て 居た と 言う

今の 教室 では
携帯で 会話や メール する 風景が
当たり前 なのだろうか

アタシが 学生だった 頃は
ポケベル 世代で

公衆 電話に 行列
の 時代 だった

個人に 繋がる
必ず 捕まえられる 携帯 なんて
夢の 世界 だったんだ

だから 恋人達は
互いの 両親が 出ない 様に
と 願い ながら
宅電を したり してたの だろう

下駄箱に ラブレター なんかも
同級生に 見つからない 様に
でも 本人 には 
一刻も 早く 
見つけて 貰える 様に と 
祈りを 込めたりも したん だろうか

そうして 見ると
かつての 時代の 方が

より 人間 くさかった 様な 
気がして 成らない

機械 文字は キレイ だし
誤字も 無い けれども

文字の クセも 無ければ
冷たい 感覚が しそう なんだな・・・ 

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

下世話な オヤジが
制服 一つで

紳士 にも
真摯 にも 
変化 する

洋服 とは
素敵な アイテム

古代の 裸 文明の 方が
素直 だった って?

いやぁ
そんな コトは
無い ハズ なの サ

着る 服を
作り 続ける 為 にも

世界が 爆発 せぬ 様に
考え なければ なるまい のぅ・・・ 

木っ端 微塵 から 始まった
ブラック ホールに

吸い 込まれぬ
其の 為に×××

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

師弟 関係 先輩 後輩 
世の中 に 広がる
縦長 の 棒

目には 見えない 分 ダケ
心を 拘束 する アイテム

酷い 使い 方を すれば
嘆く 涙が 溢れ

出来上がった 水溜まりで
棒は 倒れる だろう

騎馬戦の 上 が 
一番 偉い 訳じゃあ 無いんだ

三人 寄れば 文殊の 知恵だよ
もんじゃ焼き を つつき ながら

三人は
作戦 会議を 開いてる

何時も 偉ぶって 居る トップを
どの 角度で 落として やろうか って
企んで 居る

陥れる 様に って 
目録んで 居るの だから―

その 時に 成って
慌てて 天を 仰いでも
もう 遅いんだ

太陽も 月も 
大地の 味方 なんだから
空は 雷雨を 降らせる だろう

やはり 完成 するのは
水溜まりだ

いやぁ 
其れ ダケ じゃ 足りない って

夜の 間に
月も ヨダレを 垂らす

さすれば 
大河が 流れ 出す

太陽は
流された 三人 ダケを
救うの だろう

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

神様や 仏壇に
手を 合わせる トキは

知らず 知らずの 内に
クリアな 気分に
成って 居るの かも 知れない

藁をも 掴みたい 危機に
陥った トキは

大切な 誰かを 思い
助けて! なんて
無意識に 祈ってたり する

自分の 気持ちを 
伝える 手段 と しては

カラオケも
一役 買うと 思う

付き合い 初めの 
カップル なんかは

歌詞を 意識 してたり 
なんか して ネ♪

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

今年は ゴディバの チョコを
プレゼント した

セットに 成ってる 商品は
ラッピングも 可愛いし

ハート型の 箱 だったり
ハート ・ ポーチの 付いた 
セットが 有ったり した

まぁ ポーチは
買った 女性が
自分で 使いたいが 故に
選ぶん だろう けれども (笑) 

と 
ラジオ でも 言ってた

アタシは 一粒 ずつ
好きな チョコを 選んで
箱に 詰めて 貰った

同じ 種類を 2個ずつ
選んで 行くと
1粒 ずつ 
アタシも 食べれる なぁ~
(●⌒∇⌒●)
と 思った からだ

実際は 当日は
会社の 女性陣に よる
手作り チョコ菓子 を 
二人 から 貰った ので

彼と 二人で 
堪能 したから

私は 満腹に 成って まひ
ゴディバは 入ら無かった

彼は チョコ好き なので
食べて 居た

翌日 彼は
自分の 分を
全て 食べ 尽くした 様だ

更に 翌日
チョコを 食べて 無い アタシに
彼・・・ 

食べても イイ?
ってんで

一番 気に 成る 
一粒 のみ 堪能 し

残りは 彼の 
手中 ならぬ 
腹中 に ~( ̄▽ ̄~)(~ ̄▽ ̄)~

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

考えて 見たら
主婦には 休みが 無い

だから

休みの 日 ぐらい
手伝い を してよ


嘆き たく も 成る

逆に 考えたら
休みの 日 にも
旦那が 家事を して 
働いたら

今度は
旦那の 休みが
無くなる

そこで 子供の 出番だ

だが
全ての 家事を 
委ねられる 年齢に
成って 居なければ
そうも 行かない

そうしてみると
家族 皆が
きちんと した 意味での 
休日を 取るの って 
むつかしいん だろう なぁ・・・ 

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

柱に 名前を 刻むと
幸せに 成れるの カナ?

観光地 でも
近所の 公園 でも

自分達の 名前を
刻んでる のを 見かける

落書きも そうだ ケド

一人が 足跡を 残せば
必ず
追随する 者が 現われるんだね

良い 方向に 成らば
幾らでも 大歓迎
なんだろう ケド×××

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

粉雪 は レミオロメン ですな
コブクロ は 桜 ですな

この 二曲は 大好き ですな

昨日 忌まわしき と 言っても
良かろう と 思う べき 音が
脳内を 怒りに 震わせた

桜の トリビュート盤 だ 

何故
未だ ヒット してる 内から

こうも 大幅に
曲調を 変化 させて

一部 ダケ パクリ ましたぜ バージョン
みたいに して 

恥ずかし気も 無く
配信 出来るのか
と 感じたのが 本音だ

わらわら と メラメラ と 
燃え 上がる 怒り を 

外に 出さぬ 様 
必死で 抑える のは
至難の 技 だった

本家 本元 を 
好むが 故に の 感情だ

逆に
中島美嘉の 歌う
尾崎の 名曲 アイ ラブ ユー は 

さも 有りなむ なんて
感じた もん なぁ

だけど 
女性シンガー が
シングル ベッド は 
無い だろう とか 

その 時に 寄って
感情は 七変化 
するので 有る・・・ 

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

思惑 塩飽 四角形
ツン と 飛散 し  又 戻る

消えたか と 思えば
堂々 巡り の 途中 だったり する

君が 楽しみに して 居た 
ドラマの 時刻が 訪れた

僕は
其れが 流れる 
箱の 中を 見詰めてた

ドラマが 終わり
君から メールが 届いた

てっきり 感想だ と 思ったんだ

ところが 
さっきまで 玉突きを して 居た
と 言う

先日 やっと
歌い 初めは した けれど
打ち 初め は 
未だ だった なぁ と 思う

最後に こう 書いて 有った

ドラマの ビデオ
上手く 撮れてる か なぁ・・・ ?

僕は ハッ と した

一時間も 
箱を 見て居た 筈 なのに

其の 周りは
アウト ・ オブ ・ 眼中 だった


赤い ランプが
点いて 居たか どうかが
解らなかった から・・・ 

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

地団太を 踏んで
足を バタつかせる 子供に 負けて

おもちゃを 買い 与える 大人は
賢いの だろうか
弱いの だろうか

お気に入りの 玩具を
手にした 子供は

勿論 喜び
笑顔に 成る だろう

だが

人間 欲求が
止まる コトは 無い

さすれば

次々と 味を 占めた 子供は
腹の 内では 
シメシメ と ほくそ 笑み ながら

こうすれば
欲しい モノが 手に 入るのだ
と 言う
腹黒い 心を 得る 訳で 有る

この 場合
大人は 弱いんじゃ 無い
甘い ダケ なのかも 知れない

父親が 娘に 従うの 図 ならば
かつて 其の 父親は
女の 涙に 
暗い 過去が 有るの かも 知れない

反対に
どんな 時でも 
厳しく 躾を 行えば

子供は
耐え 忍ぶ 心を 得る だろう

だが
諦め 易い 性格に
歪む 可能性 も 否め 無い

嗚呼 教育 って
むつかしいんだ なぁ・・・ 

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°
人気ブログランキングへ
↑ポチッとな~☆↑


2015年1月17日 (土)

冷たいから・・・

Img_8681


Img_8682


Img_9060


Img_9061


Img_9062


Img_9063


声にならぬ音を飲み込み
握りしめた手を
そっと解き 温めてくれる
一つの指先

万華鏡のように
揺れる頭

嬉しい
冷たい
でも 嬉しい
少し 悲しい

その指先に乗せる音を
弄んでみる
どの音にしたら良いのか
確かめながら弾く
弦のように揺れる月を
そっと流れる雲に
擬えてみる

首元まで引き上げた布団で
少し 苦しくなって
冷たかった左手が
すっかり温かくなって
気付いた
握りしめていない右手と
同じ温度だ

繰り返す鼓動
それは足先
プラプラと振り子のようにはいかぬ
底辺が 固定されているのだ

地に足を付けるとは
こういうことなのだろうかと
鑑みる
仄かな灯りの下で煌めく
硝子に映る影が
風を連れて来る
ひっそりとした夢を乗せて

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

ライトノベルとグスコーブドリ
一つ前の記事で紹介した本の背表紙はこちらに紹介しています

今回の写真は ばななさんシリーズ
そう言えば つぐみくらいしか読んだことなかったような…
と思い ブックオフで衝動買いしたのでした

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

詩の発表場所あります
自慢の絵・写真を披露したい方にもおすすめ!

ワタクシすずこが編集している手作り詩誌
ポエムサークル「みゅう」

仲間になり購読いただくと
ボツなしで冊子掲載 & CDトーク → 全国郵送★
見本誌もあります。読みたい方も連絡くださいね。

以下に本誌の写真・詳細を紹介していますので
クリックして御覧くださいませませ~☆

ミュウ 223.224号 完成♪ 

すずこのリンクはこちらから

~いつかの すずザレ~ 藤鈴呼の戯言
過去作も織り交ぜてUPしていきます☆

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

〓 後悔は 先に立たずと 言ったもの
       もっと譲れた 術が有ったと 〓

くよくよと 悩み続ける 夜 其れは
    ドキドキの音   枕元 揺れ

〓 心臓か 心の悲鳴 どちらかな
      考える内 夢の奥へと 〓

悪夢なら 目覚めて思い 出さぬよに
   祈って生きる 寝ぼけ眼で

〓 起き出した 瞳モウロウ 抜け出せぬ
        妄想の中  幻想の跡 〓

紐ダケは キツクしっかり 留めたケド
     金具が少し 外れて居たね

〓 良くキミは 《眼鏡違い》 と 言うけれど
      そんなアナタは 《オカド違い》 だ 〓

此の車輪  何処迄回せば 良いですか?
     目が回るのは 僕の方だよ

〓 ガッサリと 落つる車窓に 映る雪
    横目で見やり アクセルを踏む 〓

突然の 冬の雷鳴 聴きながら
    危機感を持つ 暖かな部屋

★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

一つの 欠片が 吹いた時
私は 其の欠片が
アナタだと 思った

次の 欠片は
キラキラと 眩しくて
目を 細めた

突然 アナタは 
突風と 成り
私を 襲った

耳の 奥で
唯だ
びゅん びゅん と 響く 音が

未だ
鳴り止まぬのだ


  『 春 の 風 』

★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

何もかも 解り切った 事を 言う
板書 しながらの 勉強会

チョークの 粉が 
気に成って 仕方 無い

真っ白の 雪の 様だった 色合いが
徐々に 桃色と 入り混じり
黄色の 向日葵と 溶けて
緑の 大地を 揺るがしたなら

ほおら 最後は 
蒼の 涙だ

聴いちゃ 生らんない
雨の 理由(わけ)など


  『 説 法 』

★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

涙雨の 様だ
いや
綿毛 みたいだ

幾つもの 
感想と 感慨を
呑み込みながら 
君は 舞う

飲み下しては
イケナイ

屋根に 下がる 
氷柱は 危険

浄化されてるとは
限らないのだからね


 『 春の 訪れ 』

★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

自分は 言いたい事を
巧く 伝えられない 人間です。

仕事で 電話連絡の 伝言を して居ると
特に 思います。

隣の 彼女に
何時も 救われるんです。

書体でも ザレゴトだと 伝わらないらしく
良く 曲解されますが

此れは プライベートだから
良しと してます。

何故ならば
合わない 人間は
私の カテゴリー外へと
遠去かって 行くからです。

メール ・ レスや ミュウ仲間は
少しだけ 私の ザレゴトに 慣れて 呉れてる
貴重な 存在 と 言っても
過言では 無いのでしょうね・・・


  『 領域内の 稀有な 人達 』

★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

寝過ぎたか!? 何故か躰が 痛いのさ



明日は 優しい時間に 埋もれたいなあ と 思う
水曜の 夜

水10 なんかも
気には 成って 見たものの

軽く 
届いた 手紙や メールの チェック途中で
強烈な 眠気に 襲われ

昨日は 午後 六時過ぎの パソコン・ショップで
プリンタの 調子を 看て貰う時点で 

半目 だったし
立って 居るの 辛かったんだよなあ と
思い出す。

やはり 一日 
プライベート・タイムを 
睡眠に 充てる 必要が 有るよなあ と

とっとと 水抜きをして
布団に 潜り込んだのでし★

布団が 重い 為か
関節が キシキシと
悲鳴を 上げて お~るxxx  いや、年か!?

★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

何故かしら 睡眠不足の 昨日より
   果て無く ダルイ  木曜の 朝

〓 ヒーターを つけて停まった 車内にて
       今 タイピング  出勤の 前 〓

禁煙!と 風邪の頃には 思ったが
  我慢出来ずに 『ラスト一服!』

〓 煙 揺れ  空気 最厄  臭いのに
     穏やかな感  得るは 錯覚 〓

解っては おりますけれど 止まらない
   吸った後 直ぐ  又 火を点す

★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

何かしらの 出来事に 出くわすのが
人生の 鉄則だ。

其の 事実が
困難を 極める 領域に 突入せん事を 
誰しも 願い 続けるー

否。

ならば 多発 しまくりの
新聞を 埋め尽くす
事件の 波は   一体 何だ!?

   『 人生の 鉄棒 』



ボクは 昇り 続けた
今週も 終演に 近付いて 行くけれど

どうか 此の 鉄棒ダケは
握り続けて 生られます 様に

  『 グリップ 』



何時もと 違う 町並みで
何時もと 違う 笑顔 見付けた

其の 表情に
キミが
気付け無かった ダケなのかも 知れなくて

   『 視界の 狭さ 』

★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★
人気ブログランキングへ
↑ポチッとな~☆↑


2015年1月14日 (水)

ライトノベルとグスコーブドリ

Img_8619


Img_8620


Img_8621


Img_8622


Img_8655


Img_8656


一つ前に紹介した三冊、裏表紙はこちらに紹介しています

今回はね、ライトノベル第二弾
そうそう、そんな名前だったよ、と解説を見て納得

富士見ファンタジア文庫
(ふじみファンタジアぶんこ)は1988年創刊のドラゴンマガジンと
共に創設されたライトノベルの文庫レーベル。富士見書房発行。

中高生を中心とした10代を意識して作られたレーベルで、
当初から沢山のファンタジー世界を舞台にした小説を出す。

*

宮沢賢治作品を猫ワールドにしちゃったの二冊は
実家より届いた本

これも一種独特の世界観を醸し出しています
主人公が猫になっちゃっているから原作を知っていると
微妙な違和感があるのかも
それを逆に楽しめるシーンもあるのかと。

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

詩の発表場所あります
自慢の絵・写真を披露したい方にもおすすめ!

ワタクシすずこが編集している手作り詩誌
ポエムサークル「みゅう」

仲間になり購読いただくと
ボツなしで冊子掲載 & CDトーク → 全国郵送★
見本誌もあります。読みたい方も連絡くださいね。

以下に本誌の写真・詳細を紹介していますので
クリックして御覧くださいませませ~☆

ミュウ 223.224号 完成♪ 

すずこのリンクはこちらから

~いつかの すずザレ~ 藤鈴呼の戯言
過去作も織り交ぜてUPしていきます☆

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

昨日 君に 言ったんだ 

二人で 歩めば 怖く無いのと

その 片方が 見付からず

僕は 右足だけを きつく 結んだ

褪せた 色した スニーカーだけど

歩けば まだ 道は 続きそうだよ

★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

コルク ・ ボードが 当たり前の様に

飾られる写真も無い癖に

僕に 購入して呉れと せがんでる

ちょっと 待ってよ 財布確認

其れより 何より 埃を 被るの

どうしても ガマン ならなかったんだ

今朝 ティッシュで 拭き取った

床に 落ちてた カタマリみたいに

心が 遠く 成るのだけは

今 どうしても 耐えられなくて

★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

見守るのも 判断するのも 神様では無く 人間だから

お互い 分かり合えるのと

もう 子供では 無いのだと

ひたすら 自分を 慰め続けて

あの人は 最初から こんな風に 形成されて来たのだと

周囲の 環境も知らずに 溜息ばかり 吐き続けてる

★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

タバコが 高く 成るんだなって レジで 思った

今は 5000円 一枚で 2カートン 購入 出来るけれど

子供が 100円玉を 握り締めて

自販機の前で 首を捻る姿と

自分の心が 今 リンクした

★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

更新できるのは 免許でも 資格でも無く 僕の戯れ言

そう 何時だつて そうだっただろ

上手く 弾き語れぬ 楽曲さえも 総てが

★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

もう夏なのに ヒーターのスイッチを押すだなんてって

自分自身で 溜息を 付いている

寒いのは 手足では無く ホントは オマエの 心だろ

嗚呼 神様が 言っている

だけど 紙には したためて 行く

溢れ出すのよ 何時もの 戯れ言

★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

ホテル軍団の人達は 温泉が 付いて居たみたいで

ちょっと 羨ましいかな? なんて 思ったけれど

僕等 四人の 小さな まとまりで

こんな 素敵な ログ・ハウスに 泊まれて

とっても 幸せ だったんだ

そして 新婦も 一緒だったしね

★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

眠りに おちようと 努力して

努力なんて キライだったんだって 思い出した

結局 諦めて 毛布を はぎとって

自分だけ 先に シャワーを 浴びる

結局 大きなベッドで 彼女と 一緒では無く

ソファーで 眠って 身体が 痛い

★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

もしも 自分が 

結婚式に 呼ばれて 居なかったなら とか 

この人と メールを してなかったらば とか 

あの子の 自宅に 

夕飯を ごっちに 成りに行く予定が 無かったら だとか 


本当に 自分の周りで 

自分と相手が 大切だと 思う 気持ちを 天秤に 掛けて 

其れが 吊り合う 人間って 

どれだけ 居るのだろうと 思ってみたりして 

お土産を 買おうとした 瞬間も 

先ずは 家族が 思い浮かんだり する 


今は 愛情なんて 

異性には 無い日々だから

★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

歯医者や コンタクト屋 

何でも 良いのだけれど 

衛生面が 完備されて 居るのかな? って 

疑問に 思う 瞬間が 多々 有るよ。


別に 僕は 

手を 洗っても 洗っても 気が済まない 

潔癖症な 訳では 無いのだけれども 


何だか ちょっと ニオイの キツイ 瞬間だとか 

其れが 直前の 患者の 体臭だったり 

器具の 錆びれた カオリだったり すると 

何故だか 寂れた 感覚を 

思い起して しまうんだよね

★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★
人気ブログランキングへ
↑ポチッとな~☆↑


何処かしらリアル

Img_0483_2


Img_0484


Img_2986_2


Img_2987


Img_2988


Img_2989_2


Img_2990


サスケ、プロレスは全然分からないのですが、
この名前だけが胸に刻まれた理由は
マスクばかりではありません
地元であるから。

しかも 「あの辺りに住んでいるんだな」
と知ってしまった瞬間の衝撃ったら
ありませんでした

何でしょう、全く知らない存在なのに 
箱の中の人だったのに 何処かしらリアルだ
っていう気持ちが ごた混ぜになった
不思議な気分

ドラクエ、
皆が一様に「ファミコン」を手にした時代、
ほんの少し やりましたが
マリオほどはハマらなかった

ロープレものが苦手なんだな、と
自己分析してみたりしました

作られたストーリー上を歩むのではなくて
自らストーリーを作りたい、なんて
格好の良い表現をしたいけれども

その実 日々 読んでいるのは 
誰かの描いた小説本~( ̄▽ ̄~)(~ ̄▽ ̄)~

今回の写真は 大分前に読んだ気がする
マンドレイクの館、これはね 中古本です
タイトルだけ見てネット購入したんですが
そうか、こう言う感じか~

読み始めてしょっぱなの感想です
中古本で購入する場合、互いに売り買いしていると見えて
適当に108円ブックを上から順にクリックしていると
その内に ソード・ワールド短編集 第二弾が
出て来ました(笑)

それで、何となく覚えました
富士見ファンタジア文庫、の内容を
こういう独特の世界観は何て言うんだろう
ファンタジー? いや、創作アドベンチャー?
ゲームになりそうだなストーリー(そんな区分けないか)

GPSを駆使したことは一度もありません 
未だにガラケーの私ですが

足跡を割り出される人生ではなくて、
軌跡を辿らせる人生にしてみたいなあと夢想中

例えば昔のように ポストに入った手書きの宛名で 
「あの人」と分かるような素敵さを 
忘れたくないな

「すいか」木皿泉 
10年近く前のTVドラマです、この付箋紙は母の字
ドラマを知っていると登場人物がチラついて仕方無い
そんな読み方も否めませんが
これは 知らなかったので 素直に読みました

何でだか分からないのだけれども
解説を読むと キムタクとかりな、中井貴一ドラマを
思い出してしまう
あの 魔法瓶のドラマ。

プレーンソング 保坂和志
しっとりとした空の表紙が好みです
内容はドタバタしてなかった(どんな解説じゃ)
ゆっくり流れる時間(それ表紙に書いてますから!)

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

漢字の成り立ちの話は分からないですが、
「底」は
ヤマイダレの中にウジが入っているのですから
エネルギーもハンパないのでしょうね

底知れぬエネルギーは
パワー充填しまくって外敵なんでもどんと来い!
風味に感じますが 

底が知れぬと言うことは 
足場が不安定なのかも知れない
などと
妄想を走らせる 
其処が面白さの所以ですね

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

詩の発表場所あります
自慢の絵・写真を披露したい方にもおすすめ!

ワタクシすずこが編集している手作り詩誌
ポエムサークル「みゅう」

仲間になり購読いただくと
ボツなしで冊子掲載 & CDトーク → 全国郵送★
見本誌もあります。読みたい方も連絡くださいね。

以下に本誌の写真・詳細を紹介していますので
クリックして御覧くださいませませ~☆

ミュウ 223.224号 完成♪ 

すずこのリンクはこちらから

~いつかの すずザレ~ 藤鈴呼の戯言
過去作も織り交ぜてUPしていきます☆

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

カリ カリ カリ

願いを重ねても

カリ カリ カリ

思いを 綴っても

カリ カリ カリ

嫌あな 音がする

カリ カリ カリ

煙たがらないで


シャク シャク シャク

涼し気な音の中で

シャク シャク シャク

綿菓子を 口に 運んでた

シャク シャク シャク

もう此の心は

シャク シャク シャク

未来とは ほど遠い 位置に居る.

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:

まだ誰にも 見つかっていないんだからね

逃げ出すつもりなら 今のうちだよ

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:

充血に 自らの目玉を ひんむいて スプーンで えぐってしまったのは

別に 真暗な世界に 憧れてた訳じゃなくて

ふと 思い付いた瞬間に 本当に ふと

えぐり取ってしまった だけなんだよ

別に ワザとじゃないし
 
   偶然でもないし

   必然でも なかったんだねぇ

それで ぼくの目玉は 今 ここには もう 無いんだよ

視界は 全て 真黒さ

暗黙の世界だなんて 人は良く 言うけれど

まさしく そんな感じだねって所だね

とにかく 何も 見えやしないんだから

何も 感じられなくなっちまったのかって

錯覚するほどだよ

それでさあ 光のパワーを 今更ながらに

思い出して みようとするんだけど

やっぱり ナビが居ないと 駄目だねぇ

どちらの方向から 光が導き出されるのか

皆目検討が つかないんだ

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:

思わせぶりな言動(こと) もう二度としないって誓いますから

あと少しだけ 側に居て もらえませんか?


    僕が   まちがっていたのかなぁ・・・

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:

私は あなたに 会いに行く

どこまでも  どこまでも

私は あなたを 追いかける

いつまでも  いつまでも

私は あなたに ついて行く

どこまでも  どこまでも

私は あなたを 見詰めてる

いつまでも  いつまでも

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:

これは 世界で 一通きりの 手紙です

多分 今まで あなたがもらった どの手紙よりも

そして これから あなたがもらう どんな手紙よりも

一番高い ラブレターでしょう

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:

心が込もっているんです

どうか 受け取って下さい

愛が込もっているんです

どうぞ 受けとめて下さい

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:

あんな シチュエイションってないよね

逆さまだよ 世の中

まっ逆さまだよ 全てが

みんな ツライ思いは してるけれど

今日の私は いっちゃん ツライよ

一番 みじめな 女の子なんだよ

そう 思わせといて

この一週間 側に あなたが居たこと

いつもと違う 生活 繰り返したこと

きっと 忘れないから

帰る時は 笑顔で 笑ってよ

その顔が 一番なのだから

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:

あなたが もしも “帰るな” って 引き止めていてくれたなら

もっと 側に 居れたのかも知れない

背を向けた 此の肩を   あの時の 力強い チカラで

がっしりと つかまえていて 呉れたなら

なにかが 変わっていたのかも 知れない

でも あなたは

今の 全ての現実から      目を 背けたんだね

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:

ルーレットの 暗証番号

今でも 覚えているよ

ちょうど バースデーナンバーだったね

忘れたくたって 忘れられないよ

あの頃 18だった 私も

もう 大人に なっちまったんだ

この 私という人間が 生まれた日付は

いつまで 経ったって

変わりは しないのだから

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:
人気ブログランキングへ
↑ポチッとな~☆↑


2015年1月13日 (火)

海豚の手触り

Img_4459


Img_4458


Img_4457


水族館でドルフィンタッチというイベントがあり
参加してみた

500円で参加資格を得ると 二回タッチできるというもの
感触はゴムみたいな感じでしたね

意外と野太いんだよね、表現オカシイけど。
ゴム長靴とウェットスーツ足したような感じかな~

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

凸凹コンビ/藤鈴呼

私も関東圏にいた時があったんですが
池袋まで行けるのは いつになることやら(遠い目)

今回は引っ越しがあるもので
参加可否が現時点で分からないのですが、
その内にポエケットをウロウロする年もある筈ですので

うまいこと見かけたら
「よっ♪」と肩でも叩いてやって下さいませ。
肩たたきではありません、念のため。

あ、そして、マゴノテは年中必要としています。
ゴリゴリ(四十肩)

*

自らの発光体は眩しすぎて
一瞬視界が暗くなる可能性もありますので
明るさは添えるくらいがちょうど良いのだろうか、などと
改めて考えておりまする

やわらかな空気感から柔軟な発想を取り出すべく 
今年もチマチマとタイピングしていきまする~っ。

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

詩の発表場所あります
自慢の絵・写真を披露したい方にもおすすめ!

ワタクシすずこが編集している手作り詩誌
ポエムサークル「みゅう」

仲間になり購読いただくと
ボツなしで冊子掲載 & CDトーク → 全国郵送★
見本誌もあります。読みたい方も連絡くださいね。

以下に本誌の写真・詳細を紹介していますので
クリックして御覧くださいませませ~☆

ミュウ 223.224号 完成♪ 

すずこのリンクはこちらから

~いつかの すずザレ~ 藤鈴呼の戯言
過去作も織り交ぜてUPしていきます☆

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

巷では 選挙運動が 展開されて 居るのかな?

僕は 投票権を得てから

かれこれ ラッキーセブンが 流れたけど

一度しか 投票して 無いような。。。

そういや そろそろ メーデーだねぇ

僕は 永遠の スペシャル・ディだけど

そろそろ 休職も 切羽詰って 居るみたい?

だけど 気分だけは 

もう少しだけ のほほ~んと させといて。。。

***************************************

世の中は ゴールデン・ウィーク

僕は ずっと スプリング・ディ

とっても 楽しくて

こんなに 遠くまで

ドライブして 来たよ

もう 日曜の夜から 走り続けて

何時もとは 違って

毎日 お風呂に ちゃんと 入って

だけど 車の中で 寝込んだり してて

目覚めには 必ず 咳が出たり するのに

昼間の日差しの下では

どうしても 歌わずには 居られなくなってる

ギター片手に 今夜も 一人旅

相棒は 後部座席に 残したまんまで

明日も 磨くから

弦を ゆるめないでね

**************************************

今年の休暇は もう 始まって居るのでしょぅ

連続休暇の多い会社は 良いですね

僕は ずっと 休みですけれど

国道ドライビング派の僕としては

町の渋滞を 避けたい思いで 一杯なんです

高速なんて 意味の無い

絶対に 通らないぞぉおお~~っと。(謎)

***************************************

家族連れの パパの 言葉

インタビューでは 口を合わせて

カミさんの実家に 赴くのだとか

理由は 単純。

自分の実家に行けば

自分の母親が 疲れるし

気を遣った カミさんも疲れる。

結果、自分も 疲れ果てて しまう。

だけど カミさんの実家ならば

コキ遣うのは カミさんの 母親だし

子供が居れば 孫が来たのと 

義父母は 喜び まくるだろうし

加えて カミさんは 里帰りが出来て

満足だろうし

咥えて 見てるだけで 良いんだよね

TVでも 何でもサ

そんな事を 言いながら

ママンと 笑って 居たんだよ

健康センターの 駐車場で

携帯電話 片手に。

*************************************

S.O.S

では無いと 思うんですが

定期的に 何かの音が します。

ここは ネット喫茶

壁を挟んだ パソコンの向こうで

どんな トーン信号が 交わされて居るのか

知る術も 無いんです

*************************************

僕が 言葉を 紡ぎ続けるのは

本当に 言いたい台詞を

口に出来なかった

今までの 言い訳なのかも 知れない

*************************************

こんな風に 空を飛んで

アナタを 雲の隙間に 閉じ込めたまま

知らなかった アナタとの世界を

浮遊して 見たいだなんて

***************************************

あんなに 寂しがっていた アナタなのに

今は もう 幸せなのですね

それだけで あたしは もう 十分だなんて

あたしは イイヒト じゃ 無いから

絶対に 言えないんだもの

心は 癒えないんだもの

**************************************

結婚する友人を

理由も無しに 幸せでしょうなんて

言えない


必ず 喧嘩するって 法則

マリッジ・ブルーの 言葉

あながち 否めない


やっぱり 予測 通りだった

空を越えて 届く 言葉

本当は アナタ

何を 言いたかったの。。。?


今は もう

問いただす事も 出来ないけれど

見上げた空を

白鳥が 泳いだ


綺麗だねって

そっと 呟けば

追い付けそうな 気がした

あの日の 二人

**************************************

自分が 一人きりだから

二人のカップルが

恨めしく 思える


わざと カップルを眺めて

恋人の 岬を 歩く

。。。事は 出来なかった


僕は 寒かったから

心が 寂しかったから

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°
人気ブログランキングへ
↑ポチッとな~☆↑


白虎洞

Img_4436


Img_4437


Img_4438


白虎洞
- 水平方向に伸びた柱状節理と、その断面を間近に見ることが出来る

これ、読み方「びゃっこどう」で良い筈よねえ?
うちのパソ子ったら 変換しやがらないわ??

柱状節理(ちゅうじょうせつり、英: columnar joint)は、
岩体が柱状になった節理。六角柱状のものが多いが、
五角柱状や四角柱状のものもある。
玄武岩質の岩石によく見られ、マグマの冷却面と垂直に発達する。

兵庫の玄武洞の他には東尋坊や高千穂峡も該当するらしいですよん

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

ルカさんのブログにコメントしたんですよ

突っ込んでもよろしいでしょうか♪
いえ、雪の話ではなくて。

入れたことも 入れる予定もありませんので 良くわからないのですが
多分 真っ黒だと思うんです

修正液 目に入れたらね
視界は♪

いや、どうなんだろう
痛くて 目ぇ 開けらんないから 識別不能かなあ~

黄色のスノーダンプ、はじめてみました☆

修正液と言えば(え? 話戻るの?)
昔は液体しかないと思っていましたが
最近じゃテープも良くみかけます

更に修正テープの形した「のり」もあって
はじめて使った時 面くらいました

ここで一句
間違いを直したいのにベッタベタ

*

スノーダンプってね、一番初めに聞いた時に胸に浮かんだのが
ダンプ松本さんだった

誰だかは ママダンプ、とか呼んでいたような
淡い記憶もある

ダンプ松本さんやアジャコングさん全盛期の頃かな?
まあでもお二人とも 怖いイメージよりも
バラエティー番組に出た時の「つぶらな瞳の可愛らしさ」の方が
印象的でした

今さ、「バラエティー」って言葉が 出て来なくって。
何だっけ?「カジュアル」だっけ? いや、違う…、と
一人突っ込みしてまんがな。

頭を使わないと 脳みそがカジュアル化 するらしい
くわばら、くわばら

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

詩の発表場所あります
自慢の絵・写真を披露したい方にもおすすめ!

ワタクシすずこが編集している手作り詩誌
ポエムサークル「みゅう」

仲間になり購読いただくと
ボツなしで冊子掲載 & CDトーク → 全国郵送★
見本誌もあります。読みたい方も連絡くださいね。

以下に本誌の写真・詳細を紹介していますので
クリックして御覧くださいませませ~☆

ミュウ 223.224号 完成♪ 

すずこのリンクはこちらから

~いつかの すずザレ~ 藤鈴呼の戯言
過去作も織り交ぜてUPしていきます☆

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

ようやっと 洗車をする日が 訪れた
今日は お祭り 最終日

気温も 明日は
34度にまで
上がると言う 噂×××

今日の 最高気温 予測は
30度 だった

朝イチで 
何時もの様に

前日の 茶碗洗いを して居ると
事務所から 給湯室に来た 彼女が
暑い と 零した

朝から 暑いですねぇ 
と 返すと

明日は 34度だって 知ってました!?
と 彼女

余りの 話に
「 何の ハナシですか!? 」 
と 思わず 言うと
「 ・・・盛岡の ハナシですヨ・・・ 」

其の 言い方と 表情が
非常に 可笑しくて 大爆笑!_( ̄▽ ̄)ノ彡!

体を 揺すり 
大声を 出したら

一足 先に
益々 暑さが 募りましたとサ~っ\(◎o◎)/!

そんな 午前中
社内の クーラーは フル作動

昼近くに 成って
流石に 身震いが して来た

世の中 クール・ビズ と 言うて おるのに
アタシは
カーディガンを 羽織って
プルプル ・ カタカタ 
震えており×××

昼食は 向かいの店で
チャーハンを オーダー

奥の 座敷は 2テーブル 有るのだが
片方に ドヤドヤと
着物姿の 熟女達が 訪れた

もう そろそろ 
ワタシは 食べ終えて
一服タイムを 迎えたい 処だけれども
迷惑かなぁ・・・

軽く 悩みながらも
彼女達が こぞって頼んだ 冷やし中華が
未だ 来て 無いので
おもむろに 煙草に 火を 点けた

彼女達が 座った後で
手に 手に ウチワを 持ち
涼し気に 仰いで居るのを 横目に

しまった
アタシも 会社から
ウチワを 持って 来るんだった 
と 羨みながら

デカ・バックの 中から
厚い ファイルのような モノを 
取り出して

煙は 外側に 吐いて
ウチワで 風を 起こして
追いやった

何時もは 1時 近くまで 居るのだが
早々に 戻った

夕方 
雨も 降って 無かったので
洗車を する コトに した

担当の 男性の
口車に 乗せられ

一年間 有効の
洗車 割引 チケット を 購入し

近々 訪れる
車検の 見積も お願いした

営業の 上手い 人間に
昔の 営業時代を 思い 起こして
軽く 同情して しまうのは
今だから

自分が 営業してた 頃は
同志よ なんて 面持ちで
軽く 受け流す コトが
多かった から

人間の 感情とは
不思議な モノだ

或いは
自分が 苦しい 最中

他の 営業に
乗って たまるか
と 言う

逆恨み的 嫉妬心も
有ったのかも 知れない

いずれにせよ
今 こうして

気楽に
穏やかに

日々を 過ごせるのは
倖せな コトだ

そして ボクは
相棒が ピカピカに 成るのを

今か 今かと
待ちわびて 生る

ガソスタの レジスターは
ボクからの エサが 入るのを

今か 今かと
心待ちに して居るに
違いないのだー

★,。・::・°☆。

考えて 見れば
此の位の 暑さは
当たり前だ

季節の 流れは
少しずつ ゆっくりと
短く 流れて 居る様に
感じられる

未だ 春なのに
既に 暑かったり

梅雨が 中々 訪れ無い
水無月を 越えたら
夏休み シーズンで

七月 末から
太陽は 照り出した

今頃が
海に 行くには
丁度 良い 
季節なんだろう

街では
夜空を 彩る 
花火や 祭が
盛んだ

今 思い 出したんだ

キミに 昨日
問い掛けられた コトを

土曜日 どうする? 
って

ボクに 尋ねた
真意が 解ったんだ

週末で 終わる 祭に
行こうか
どうしようか って

雑誌を 眺めながら
話して 居た コト

すっかり 忘れちゃって
居たから×××サ

★,。・::・°☆。

身体中が
暑くて 暑くて
仕方が 無い×××

と 言う程では 無いと
感じて 居た

服を 脱いで
肘が お腹に 触れた 瞬間

あっ アツイ!

感じる 迄は・・・

★,。・::・°☆。

外側の 囲いからは 見えぬ
中の 様子

例えば アタシなら
何時も 着痩せしてる って

要は 其う言う コト×××

★,。・::・°☆。

逃げた 武将は
誰かの 寝室に
転がり込みました

ガヤガヤ と 
追っ手の 迫る
声が 聞こえ

何時でも 刀を 持ち
強そうな 武将も
身震いを
隠せませんでした

しかし
本当の 震えが 訪れたのは
其の 直後でした

武将が 目にした モノ・・・

オンナの 不貞 現場 と
彼等には 観えて 居ないであろう
オンナの首に 手を 掛けたまま 寄り添う
座敷童子 の 姿

怒りに 震えた 武将に
トドメとばかりに 襲い 掛かったのは
堪え難い 腹痛 だったのです×××


  『 夏の 怪談 』

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

久々に アナタからの 言葉が 届きました
電車男を 見てた アタシは
読むことも せぬ ままに

半分 眠りそうに なりながら
布団の 中に 居ましたので
朝に 発見 したんです

やっぱり アナタの 言葉は
絶妙だなぁ と 感じました

この間 全て 消去した と 
自負して居た 
昔の 写真を

パソコンの 中に
見つけて しまいました

もしかしたら あの時
写真を 探そうとして
ファイルを クリックして 居た時に

アナタは
気付いて しまったのかも
知れませんね

アタシも あの 瞬間
あ・・・ 未だ 此処の 整理が
完璧では 無かった 
と 思ったんです

その場で 削除作業を するには
写真確認で 開く必要が 有るし

必要以上に 
アナタを 不快に させるので
後にしようと 思って 居ました

今朝 アナタからの 言葉を 読んで
また 思い 出したので
削除作業に 専念 しました


  『 昔の 面影 』

★,。・::・°☆。

解った フリしか
出来なかったの かも 知れない

アナタは やはり
怖がって 居たんだ って
ハッキリと 知って しまったから

試験は 終わったけれど
又 次の 試練が
始まって 居るんだよね

追い詰められぬ 程度に
怠惰過ぎぬ 風に

アナタの 側で
微笑って 居られたら 良いのにな
って

今は そう
思うんだよー

★,。・::・°☆。

提案が 有るんだけど
アナタが 言った

土曜日は スポーツをしに 行こうか と
計画を 立てて 居たんだ

明日 講義を控えた アナタは
少し 予習をして おきたいから
運動は 明日に しようね って

アナタの 提案に 乗っかったら
その夜 ヤツの 襲来で
腹痛が 勃発し

こうして 静かに
過ごしている 処なの

★,。・::・°☆。

午前で 講義が 終わる キミ
昨日 サクッ と 呟いた セリフを
ボクは 覚えて 居て

1時に 道頓堀で
待ち合わせ しよう

確かに キミは 言ったから

朝食を 食べず 出掛けた キミが
空腹に 耐える 姿を
連想するのが 忍びなくて

こうして 気早に 出発を して
未だ来ぬ キミの コトを
待って 居るんだ

★,。・::・°☆。

予定は 未定だから
此の 時期は
未だ 
無料コース らしいのだけれども

深夜を 過ぎてから
今日の 予習を
必死に していた キミは

よっぽど
打ちのめされた
コトでしょう

だって 折角 予習 したのに
講義の 後半で
予定外に
予習した 内容を
実践する と
告げられた らしいから×××

★,。・::・°☆。
人気ブログランキングへ
↑ポチッとな~☆↑


鳴き砂 哭かず 我 泣き濡れる

Img_1047


Img_1048


Img_1049


NOTE 46-2 藤鈴呼の戯言 リーディング.2014.12.25

BGMは有線チャンネル A26より
(14位) ひまわりの約束 / 秦 基博
(15位) Fall / 槇原敬之

写真紹介 琴引浜
この 手書き感たっぷりの文字が良いねぇ~

風雨が酷くてねー
鳴き砂 哭かず 我 泣き濡れる 状態でした


今年も詩誌みゅう発行しますよん♪
2冊セット購読の方へは おしゃべりすずこCDを添付します

動画のような感じで皆様からのお便り・メール
時には作品も読んでおりまする

興味のある方は 連絡くださいませませ~

詩の発表場所あります
自慢の絵・写真を披露したい方にもおすすめ!

ワタクシすずこが編集している手作り詩誌
ポエムサークル「みゅう」

仲間になり購読いただくと
ボツなしで冊子掲載 & CDトーク → 全国郵送★
見本誌もあります。読みたい方も連絡くださいね。

以下に本誌の写真・詳細を紹介していますので
クリックして御覧くださいませませ~☆

ミュウ 223.224号 完成♪ 

すずこのリンクはこちらから

~いつかの すずザレ~ 藤鈴呼の戯言
過去作も織り交ぜてUPしていきます☆

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

金曜日に 制服のホックが外れて
撃沈だったんですよ。

パンツスーツのね。

でもって 夕方に100均一で
ホックを 購入したのに
見当たらない。。。

さっき 車の中に 落としたのかと
探したけれど ない。。。

一緒に 購入した カゴの入った袋にも
ない。。。。

くそぅ。。
これじゃあ ソーイングセット出したのに
つかえないじゃないかーーーー

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

二番目の写真。
左側が マスター。

実は30分のステージで ボーカルが3度変わるという
荒業バンドだったのでし・・・
右側の男性が 最初に 熱唱し
次に アチキが 熱傷?!し
ラストは マスターだったのでしたー。

黄色のタオルは ラストの えいちゃんソングで
皆で 振り回して 観客を 煽った(笑)

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

日曜日の夜も暮れるねぇ。。。
巷ではワールドカップ。。って今 試合してんじゃん。

ってんで、ちょうどフライパンと格闘していた時に
日本の一点目が入るの巻。

うーん。もともと余り興味は無いんだけど
野球よりはサッカーが好きなくらいで。。。

あわよくば、サッカーよりも あたしの就職活動が
桜開いて欲しいような状況?(笑)

そんなこんなの本日の夕食はと言えば。。。
珍しく購入した ほうれん草とマイタケ(?)と豚肉 炒め♪

ごま油と 塩・コショー 鍋肌せおゆ 
の、簡単な味付けだが。。。

味噌汁も付いてんで!!(威張るなコラxxx)
具は 人参・大根。。。と 葉までヾ(・・;)ォィォィ

さっき ロシアのゴール 入ったかと思ったら
セーフだったらしい。。

そんな風に 病気も セーフになるコトを祈るよ。。
大切な友人の糧に なってあげてくれ。。。

さて、結果は どう 相成りますか。。。
勝ったら 本日バースデーの人に 「おめでとう!」(?)

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:

優しい気持ちに 成りたくて

全ての 恨みを 受けた日々

拭い去りたい 願いだけ

思い 歪めて 綴った ココロ

TVの中では ラーメンが

美味しそうに 揺れている

一日ぶりに メールも入り

少しの安心    溶けた日に。

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:

しろい

いんく を

しろい がようしに

たらしたら


なにも

みえないの

なにも


だけど

みえるの


・・・なにが?

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:

何か 見えたの 

その先に


見定めた世界

真白


雪も凍る町

もう 夏だね


哀しいの?

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:

急に吹いた風で

自分の表情を 拭う

無理難題だって 知ってるけど

確かめずには 居られぬ日


そうだね

確かな事実なんて

錯綜する 世の中じゃあ

意味も 無いもの


見定めちゃあ いけないのかも 知れない

知らない方の 倖せを

切に 切に 焦ふんだよ

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:

小麦色の肌に

何が 見えたかな

君の 眺めたかった世界は

宇宙よりも 広いんだって

心の奥でだけ

思わせて 置いてよね

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:

女神様は 言いました

貴方は 本当の十字架を

背負って 居るのです


重たいのならば 投げ捨てなさい

軽いのならば 精神を 切り裂きなさい


修行が必要 なのですよ

出来れば もう一度

廻り逢いたし maria像に 。

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:

あなたと優しい 唄を聞きたい

眺めた空を 雲と 飛びたい

あなたと切ない 哀を知りたい

出来る事なら 埋もれて居たい

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:
人気ブログランキングへ
↑ポチッとな~☆↑


2015年1月 9日 (金)

夕焼けの シャッターチャンス 貴重なり

2014120516410000


2014120516400000


2014120811230000

NOTE 46-1 藤鈴呼の戯言 リーディング.2014.12.25
動画写真は全て携帯ショットでお送りしています

写真紹介 鳥取へ向かう途中で食べた南条おろしそば
食べ終わった直後から始まって 

夕方の鳥取砂丘 出雲大社 鬼太郎ラッピング列車
BGMは有線チャンネル A26より

(12位) 雪のクリスマス / クリス・ハート
(13位) サンキュー。 / 大原櫻子

(14位) ひまわりの約束 / 秦 基博
はじまった途端に ブチッと切れているけど(笑)

今年も詩誌みゅう発行しますよん♪
2冊セット購読の方へは おしゃべりすずこCDを添付します

動画のような感じで皆様からのお便り・メール
時には作品も読んでおりまする

興味のある方は 連絡くださいませませ~

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

詩の発表場所あります
自慢の絵・写真を披露したい方にもおすすめ!

ワタクシすずこが編集している手作り詩誌
ポエムサークル「みゅう」

仲間になり購読いただくと
ボツなしで冊子掲載 & CDトーク → 全国郵送★
見本誌もあります。読みたい方も連絡くださいね。

以下に本誌の写真・詳細を紹介していますので
クリックして御覧くださいませませ~☆

ミュウ 223.224号 完成♪ 

すずこのリンクはこちらから

~いつかの すずザレ~ 藤鈴呼の戯言
過去作も織り交ぜてUPしていきます☆

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

恐らくは 新米だと思われる 女の子
( まあ・・・ 
  アタシから 見ればっちゅう 話やねんxxx
                ブツクサ 物草xxx )

が 案内して 呉れたのは
勿論 喫煙席。

「 何名様ですか? 」

そんな ありきたりの 問い掛けに
予定人数を 
しっかり チェキしては 無かったものの

「 取り合えず~ 」 などと言う 
低俗な(?) 
    ↑
いや、 コレを 口癖にしてる 人間を
只今 即刻 敵に 回したゾな もし~ィxxx 
あややxxx
            台詞は 吐かず

「 六人位の 予定なんです ケド・・・ 」 
と 告げた。

彼女は トリップでも して居るのか
其れとも
極度の 緊張の 為か
僕の 視線が
先刻の 苛立ちを 写したままで
少々(?) KITZかった モノなのか と 言う
三者拓一論を 提示するかの様な
憂いを残した 面持ちで
明後日の 方角を 見定めながら

「 こちらに成りますので ご案内 いたします 」 
と 呟いた。

其の 『コチラ』 と 言う 方角へと向けて 
差し出された先に
視線を 投げ掛けた 僕と
反対方向へ 踵を返しながら 進み出そうとする
小さな 彼女の 失態と

僕の方など チラ見ともせぬ 瞳の 行方と
宙に 浮いたまま
巧く 戻れ無く成ってしまった 指先の 殺那は 
アンバランスで

思わず 吐気を 憶えてしまう 処だった

僕も 何とか 体勢を 整え直して
目の前の 足跡を 辿り 始めた。

まるで 昨夜の映画の ワン・シーン みたいだ。
果たして アレは 夢で 有ったか?
どちらだって イイ。

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

誰かが 隣に 居ることは
この上無く 心 安らぐね

そんな事を 本気で 信じて居たボクは
当時 本気で そう 思って 居たんだ

しばらくして 一つの影が 消えて
この世は 暗闇なんじゃ無いかと
嘆きながら マリア像を 見上げたよ

彼女は 優しく 微笑んで 呉れたけれど
何だか 刹那気な 表情だけ
否めなかったんだ

指を切り 血を流し
荒れ果てた大地に 降り注ぐ
雨の 代わりに
雨の 終わりに


  『 准 土 』

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

代弁者は 何時だって 君だった
ボクの 代わりに
微笑みながらでは 無いのだけれども
その分 無表情なままで
ほら 音だけが 響いてる


 『 深夜のキーボード 』

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

鼻を噛む 音がする
ずるるって
本当に ツラそうだよね

ボクが ティッシュだったなら
逃げちゃいそうだよ・・・・・・


 『 花 粉 症 』

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

少しの変化に 気付いたと するのなら
大きな変化に 傷付いたと するのなら
それも これも 君 そのもの

その分 余裕が 有るのだと 喜んで
明日の朝 又 笑えますように


    『 代 願 者 』

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

雨が 嫌いなのだと
何時も 泪を 流して居た 君

空を 描く
七色の 輪っかが
君の 笑顔を 連れて 来たよ

ぴいちく と 泣く
さめざめと 鳴く
どんな時も
鳥は 無くさない


  『 羽 』

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

小さな 瞳
触れないでと
浅く 願った

可憐な マリア
安らぎの ブラシ
忘れた

泡立つ 小さな 
プールも
途切れた

待つよ 待つよ
何時でも キミを

舞うよ 舞うよ
何時でも ボクは


『 洗車待ち 一時間 』

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

人が 安心する為に する事は 色々 有るね
緊張を ほぐす おまじないは 有名だ
人と 言う字を 掌に書いて 飲み込むのだとか。

呑み込みたいモノを 探してた 僕は
間違って 味のしない果実を 口に 含んだ

幾ら 噛んでも 音すら しない
ねちゃねちゃとした 細かなゴムの 後味ばかりで


   『 ゴム飛びの 途中 』

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

背が高くて 重力をも 味方に付けた キミは
ゴム飛びが とても 上手だった
踏みしめる 大地 何時でも 悲鳴を 上げながら
そんなに強く ボクを 抱き締ないでって
懇願しているかの様な

     『 綾 取 り 』

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

形が変わり 指の動きに合わせ
キミの表情も 如実に変化を 遂げた瞬間
ボクは 周りの 何もかもに 
ハサミを 入れようと 思ったんだ

    『 シュレッダー 』

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

見ないでよ バラバラに成った ボクの 姿を
恥ずかしいから もう一度
パズルを 組み立て様なんて しないで

    『 波打ち際の額 』

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

人気ブログランキングへ
↑ポチッとな~☆↑


2015年1月 7日 (水)

目玉のおやじ石

Img_2860


Img_2673


Img_2674


一つ前で紹介したブレスレッドの中でね
天眼石って言うのがありまして。

まあ普段 天然石を持とうと思った記憶のない私が
思わず衝動買いした原因は この石ですな

目玉のおやじ石やっ! この一目惚れで
購入は ほぼ決まりましたからね(笑)

あとは カラー診断の緑色が入ったブレスを
選ぶダケだった訳だ。

他の二枚は 目玉のおやじ 説明パネルですな
IN 水木しげる記念館

しかし 母「岩子」には吹いたわ。
私、昔、「岩石岩子」だったかんね。仇名が。

当時はガリッガリだった訳ですよ。
でも ガリガリ君はそんな好きじゃなかったゾ?

で、今は 我利我利君にならないように
気を付けている訳だ(多分)

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

石に絵を描く


糸魚川は翡翠の産地ですからね
皆 海沿いで石探ししていたりもする

薬石に絵を描く人も いたりなんかする
立ち話で「くまモンみたいな石を親子で見つけた」
と聞いていたので観に行って来た

まあ 元職場なんですがね。
いつも 手に入れた石を飾り用に貸与してくれているのだ

「今回は正月まで、くまモンおいとくよ~」 とのコトだったので
そろそろ撤収の頃か?! 早く行かんと! と レガコを走らせた

駐車場に入った途端 その方の車があって驚き~!
何てタイムリーなんざんしょ。

「丁度 今 石を引き揚げるところだったよー!」
危ないところじゃったわい。

久々に皆の顔も眺めて お土産菓子もいっぱいもろた♪
お菓子を差し入れし、別のお菓子を手にして帰る私(笑)

「毎日 何してるの?」 質問されて… ハテ?
寝て 食べて パソコンして 寝る(笑)

うーむ。予定通りに行かない日々も常なれど
スケジュールがないってのも 問題か?

スケジュールと違う方向になってしまうと
「もはや考えた自分に意味は無かったのか?!」と
ひねくれたくも なりましょうが

ここは
「そうか、いかにして自分プランに近付けるかの課題なんだな」
なんて風に・・・

考えられたら 楽だよねぇ
~( ̄▽ ̄~)(~ ̄▽ ̄)~

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

詩の発表場所あります
自慢の絵・写真を披露したい方にもおすすめ!

ワタクシすずこが編集している手作り詩誌
ポエムサークル「みゅう」

仲間になり購読いただくと
ボツなしで冊子掲載 & CDトーク → 全国郵送★
見本誌もあります。読みたい方も連絡くださいね。

以下に本誌の写真・詳細を紹介していますので
クリックして御覧くださいませませ~☆

ミュウ 223.224号 完成♪ 

すずこのリンクはこちらから

~いつかの すずザレ~ 藤鈴呼の戯言
過去作も織り交ぜてUPしていきます☆

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

ねぇ

戻れるのですか? 二人

あの時の純情を 

本当に 取り戻せるならば

いま

その方法を

教えて下さい

愚かな

この 

わたくしに。

*

ぎこちない ままで います。

どうしても 戻られないままに

過去への扉と

自らの 想いが

リンクするたびに 

思い起こされるのは

あなたの 笑顔。

それだけで。

*

忘れかけていました。

愛おしい  微笑みを。

もう 忘れてしまっても良いような

そんな 気分さえ してきました。

それでは あの 雨の日は

一体 何だったのでしょう

土砂降りの中から 響いた あの人の

「会うのは 良いけれど これから どうすんの?」

*

何も 考えなくて 済むのならば

植物になりたいと

あの人が 言って。

水をやるしか 能の無い わたくしは

もう

あなたに

何もして あげられないのだと 悟った。

この 干からびた 大地の上で

アナタに 絡まるツタにしかなれない心が

遠い 砂漠の奥底から きらめいている憂鬱は

実は 本物で。

*

何か悩んでる? と 君に聞かれたボクは

「悩みのない人間なんて 存在(い)ませんよ」 だなんて

ありきたりな回答をしながら 唇を歪めている。

誰しも そうだろう みんな そうだ

そう思うことで 忘れ去ろうとしている

眠れない理由を。

*

もう 眠れやしないと 

諦めてしまった夜には

君の 微笑みを 思い起こしながら

夢の世界へと 誘う鬼と

友達に なろうとしている

刹那 また アレが 襲ってきては

俺の胸を かきむしる

もう どうしようもない 痛み

そして 永遠に 消えることのない。

*

ね?

大切なものばかりを

かき集めるんだよ

この世で  イチバン。

*

君だから

こんなに 愛せたんだ

自己暗示の世界だった

本当に 君でなければ いけなかった?

疑惑ばかりが 頭をかすめる。

*

そして わたしは

全てを 忘れてしまうために

眠りに 陥(つ)く。

そう君のことも

僕の存在すら 全て

忘れられたなら。

*

温もりが 欲しかった

いつでも

甘えて いたけれど

本当に 甘えられるのは

一体 いつに なるんだろう

★,。・:人気ブログランキングへ
↑ポチッとな~☆↑


:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

結婚腕輪

Img_2859


Img_2855


Img_2851


我家には指輪が存在しない
結婚腕輪の夫婦なんでね

当初はグッチさんのシルバーブレスだったんだが
金具をはめる部分が 取れ易くなって来るもんでね
最近は余りしていなかったんですよ

今回 出雲大社への旅、と言うことで
何ぞ良いものがあったらゲットしようかのう~♪
と目論んでいた

訪れたのは たまゆら水木しげるロード店
ここでね、天然石ブレスレッドをゲットした訳ですよ

会いやすい石があるようで
生年月日のカラー診断をしてもらった
 
旦那は 青(水色)  
他には 金/黄 赤(ピンク) とのことで

<四神>水晶
ブルーフローライト・ソーダライト
ブルータイガーアイ・ラピスラズリ のブレス

私は 緑  
他には オレンジ 赤(ピンク) とのことで

<四神>水晶
緑めのう・ヘマタイト・天眼石・ブルータイガーアイ
のブレスをセレクト

旦那がね「四神」にハマっちゃいまして。
しじん、って読むのね。詩人じゃないよ(笑)

店員女性 たまゆら子(仮名)さんとの会話

ゆら子「四神は東西南北、着ける方向が決まっているんですよ」

旦那「へえ~。じゃあこれが入ったヤツ。」
私「ふーん。そんなら私も そうすっか。」

旦那(青系のブレスを眺めながら)
「タイガーアイを入れて欲しいな。」

ゆら子「では中身を変えて、お作りしておきますね」

私「緑系かぁ~、ヴーーーん(悩)」
ゆら子「好きな御色は何ですか?」

私「紫っ!(キッパリ)」
ゆら子「あーじゃあ、こちらなんか~」

(黒と紫系のブレスが目の前にぷら~ん)

私の眼 ☆キラーン☆
ゆら子「あっ、本当にお好きなんですネ! 目の色が違います(笑)」

結局 私は既製品まんまで購入
旦那の入れ替え品を待ちながら 水木ロード行脚

再度来店
ゆら子「こちら完成品です。
天然石はお客様のパワーを吸い取ると疲れてしまいます。
クラスター浄化用に こちら如何ですか?」

レジ前に 水晶ミニクラック小袋が置いてある
上手く出来とるモンだ(笑)

私「どうする?」 と旦那をチラ見
旦那 無言で首を横に振る

後で旦那が言うには
「何かね、そこまで行くと宗教チックで嫌なんだよな」

ふむ。そうですかいな。
まあ私も アクリル(プラスチック)ブレスレッドばっか
制作しとるもんな

オリジナル・アクリルブレスレッド

天然石には 合う・合わない 組み合わせも難しそうだけど
アクリルならば めっちゃ好きな色だけ 着けられるものネ☆

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

昼のテレビ番組でオーラの話が出ていたのよね
人のオーラ色ってのは 三年毎に変化するんだとか?

とりあえず 生年月日から算出できるタイプで
オーラ診断をしてみた

メインオーラ 桃
サブオーラ 緑
隠れオーラ 青


桃色は友愛、優しさを表し、緑色は平和主義、平等を示しています。
その両方を持っているあなたは、非常に心根の優しい人です。

周囲からは、いざというときに頼りになる、
困っている人を放っておけない人、そんな存在だと
見られているでしょう。

また、桃色と緑が混じると青色へ変化してゆくことから、
的確な判断力も持っている人であると言えます。

青色は冷静に物事を見分ける能力を示しています。
自分と他人の立場をよく分かっている人です。


旦那は

メインオーラ 赤
サブオーラ 白
隠れオーラ 桃


赤色は情熱的な一面を表し、白色は何色にも染まれる多様性や
万能を示しています。

その両方を持っているあなたは、非常にまっすぐな性格をしており、
色々なことに関心があり、理解力もあります。

周囲からは頭がよく器用な人だと思われているでしょう。
また、赤と白が混じると桃色へ変化することから、
非常に思いやりを持った人物であると言えます。

桃色は友愛、優しさ、愛情を示すため、どんな人にも好かれ、
協調性をもってやっていくことができる人と言えます。

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

詩の発表場所あります
自慢の絵・写真を披露したい方にもおすすめ!

ワタクシすずこが編集している手作り詩誌
ポエムサークル「みゅう」

仲間になり購読いただくと
ボツなしで冊子掲載 & CDトーク → 全国郵送★
見本誌もあります。読みたい方も連絡くださいね。

以下に本誌の写真・詳細を紹介していますので
クリックして御覧くださいませませ~☆

ミュウ 223.224号 完成♪ 

すずこのリンクはこちらから

~いつかの すずザレ~ 藤鈴呼の戯言
過去作も織り交ぜてUPしていきます☆

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

東京湾系を 見てます

って 何だか 系の漢字が 違う気が・・・

まぁ 良いか(笑)

タイピングしながら 見るくらい

恋愛ドラマの ハマリ度は 落ちたか・・・

でも 電話の途中で

自分の事だけ 喋りまくって

結局 切って しまう程には

ハマっている らしい?!

★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

人間の運命が DNAから 来るという考え方が

有るらしい


双子が 違う場所で 痛みを共有したり

全く 互いの存在を 知らずとも

同じ名前の人間と 結婚していたり


だけど それだけじゃあ 無いんだ

気持ちが 大切なんだ


番組の最後は 

そう 締めくくって 居た


僕等の 希望の光を

閉ざさぬようにと

°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

週の 半ばだけれど

水曜日には 彼女が 帰って来るから

皆で オケに 行くんだ♪


最近じゃあ 弾き語りの練習で

ギターを 弾いて居たから

とりあえず 唄っては 居るのだけれども

やっぱり マイク片手じゃあ

テンションの 上がり方が 違うわいっ

★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

気が向いて サバを購入した

三枚で 380円

一食の 一つの食材としては 

ちょっと 高めだったのだけれども

肩が 上手く 上がらない ママンに

鍋ごと プレゼントしたのは

もう 八時近くになってて

とっくに 夕食も 終えてたから

明日の 夕食にでも 成れば 御の字かな。。。


そんな ママンは

何時でも 電話かけてくれたら

凍った うなぎを 解凍して

ご馳走してくれる らしいのだけれども

甘えてばかりじゃあ

ママンの肩も 悪化するからね


そういや うなぎパイ

久しく 食べて 無いなぁ。。。

浜名湖に行った 知人が

居ないからだにょ

★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

アジアン料理 タイ料理

色々 流行ってる店も 有るみたいだけれど

緑カレーが 大好きだって 彼女が居て

タイ料理の店にも 呑みに行こうだとか

会話ばかりが 先行して

結局 叶わぬままに

彼女は 会社を 辞めてしまったのでし


アジア雑貨でも 小さな近くの店でも

文房具屋サンでも

小さな 可愛い 小物達が

一杯 揃っている お店は 素敵


昔 BABAが 小樽に住んでた頃

スキー場の 坂を下りると

小さな 食器屋サンがあって

全て 手作りで

その頃 僕も 小さくって

いつか こんな店を 構えられたらなって

可愛らしい夢も

当時は 持っていた モンなんだよっ

★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

最近 果物を 食べてないなと思って

メロン スイカ 夏みかん キウイなんかが入った

今日中に お召し上がりください の 

スーパーのパックを 購入してみたけれど

全部 食べきれなくて

きっと 明日 熟しきったところを

又 開けて 食べてるんだろうな。。

★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

● 山栗も 転がる手前 うだる夏

● 気付いたら 蝉の合唱 燃える木々

● 臭い消し 生姜の役目 活きたサバ

● 良香に 鼻を擦り付け 扇子持ち

持ち歩き様の 100円だったという扇子(笑)

そして 欲しかった 長細いタイプの 財布

もう ボロボロだったので とても嬉しい・・

★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

● 星も見ず カーテンの奥 涼んでる


最近 クーラーのセイか コンタクト外した週末

メガネだったゼイか 頭痛がする・・・

有る意味 寝すぎなのかも 知れないxxx

★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

● 湯で地獄 食べて倖せ 冷そうめん


ママンは日々 汗だくの台所で 炊事してる

昨日は うちわで ずっと扇いでました

明日あたり 筋肉痛が 訪れそう・・

痛みまでの日々 追う毎に

老化を感じる 今日この頃xxx

★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

暑さのセイにして

やる気が 失われて行く


其れは 皆 同じなのだと

もっと 過酷な状態を 連想しながら


昨夜は 色んな事を 考えて

老後の 両親の 世話をするならば

あたしは どっちと 共に 居るのか

即ち どちらが 先立つのか などと

変な 事を 考えながら


いや 変な では 無くって

自分が 先立つ 親不孝だけは 避けないと


改めて そう

思わされたんだよ

★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★
人気ブログランキングへ
↑ポチッとな~☆↑


キカイワンコ

Img_3030


Img_3029


Img_3028


空港に到着し 
どの「機体」に乗るんかや? と「期待」を膨らませ
移動しながら窓を見やると

「機械」じかけの犬のような姿が目に入った
こんな「機会」中々ないぜ?

わぁ~っ。 白い犬みたい~っ 
同時に思い出した単語 バンブルビー(合ってるかしら)

トランスフォーマーみたいに立ち上がったら面白いな、と
連想したのでした

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

ピサ゜ーラ、CMだけで眺めていますが
一度も食べたことがありません。

最近ピザで一番身近なのは
スーパー内にあるパン屋コーナーだったりします(笑)

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

「習うより慣れろ」、とにかく書いてみる、
私の場合は「読むより書くよ」の姿勢を貫いてしまっていたので
自己流に拍車が掛かっている気がします(笑)

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

時を刻む度に倖せが溢れ出す 
「ハッピークロック・SACHIKO」ついに発売! 

興奮気味に告げるニュースキャスター、
この人の名も さちこだ。

誰か続きをよろしこ☆

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

道は未知だから
向こう側の細さは
先細りだと感じずに
可能性を秘めた空白だと
信じたいですね

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

アコーディオン 弾いたコトはありませんが
自分の力加減で音が変化するところが
愛おしい気がします♪
想いの強弱をも 表現できそうな楽器
そんな気がして

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

詩の発表場所あります
自慢の絵・写真を披露したい方にもおすすめ!

ワタクシすずこが編集している手作り詩誌
ポエムサークル「みゅう」

仲間になり購読いただくと
ボツなしで冊子掲載 & CDトーク → 全国郵送★
見本誌もあります。読みたい方も連絡くださいね。

以下に本誌の写真・詳細を紹介していますので
クリックして御覧くださいませませ~☆

ミュウ 223.224号 完成♪ 

すずこのリンクはこちらから

~いつかの すずザレ~ 藤鈴呼の戯言
過去作も織り交ぜてUPしていきます☆

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

あけちまいました~┌┤・0・├┘ 

当方 軽く (いえ 非道く?!)
腱鞘炎なるものを 発症しておりまして
これが 久々の タイピングで 有ります

両手が ミイラ状態で
雪が見えない日々には 
冬の気分を感じられ 丁度良いのかな?
などと のたもうて おりましたところ
ホワイト苦しむこともありませんマスの後には
欲しかった結晶も
拝む事と成り・・・

先程 つるつるの 雪道を
母親と共に 元旦のダイエー行脚と
相成りんした~⊆|∵|⊇

ポエムサークル 「ミュウ」 の方も
御蔭様で103号へと 向かっており
お喋りすずCDバージョンも 作成して居たり
素敵な(?)大晦日と三十路を越え
本年も インドア万歳 生活を
謳歌する 予定でやす~~( ̄ー ̄)

そんな訳で 次回の 103 104
同時発行が 無事に出来上がるのは
手が完治(しなかったりして(-_-#)後になりんすが
二冊購読予定の方に添付する予定では有り・・・
(手がイカレモードのままCDのみ連枚作成したら
 CDオンリーも考えてまつが・・・)

第三段となるCDとしては
リーディング・ポエム(らしき物体)や
何時もの(?)すず曲も入れ込みましたが
ミュウのフリートーク部門も読み込んでみやした。
奈木砂緩/水野沙羅/いたずら天使/吉田絹子/
麻里乃/ラブファイター/青空
以上の方のトークを一枚に録音して居たのが
大晦日から元旦にかけての作業でし⊆|∵|⊇

御蔭で紅白を拝む事も無く 眠る手前に録音チェキし
そのまま安眠~~★
さて ぼちぼち実家に赴くことと しませふ。

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

なにもしないことができないの
休日のインドア以外の
すごしかた
わすれちゃったかも

これ とても
しあわせな じじつね

こないだ おしえてもらった
素敵なお部屋に
ちょっと 素敵なカーテンが
そよいでて

突風が 吹いてしまって
総ての風を
まだ 感じることが
出来ないで いるの

だけどね
色んなこと
思い出したんだ

ああ そうか
あたし こんな風に
穏やかに 生きていきたいって

生活は めちゃくちゃで
きっと あなた自身は
気持ちのパワーを 溢れさせて
眠る 時間が なくっても
たべるものだけは へらさぬように

ね あたしも そうやって
ママンに いわれて
いきて きたからさ

だれかの 絨毯を
こんなに ふみっぱなしにしたのは
ホント ひさしぶりだったのよ

ありがとね

そして おめでとう
あたらしい ときの はじまりに

あと さんがげつだね
あたしの もくひょぅはね
100は 突破したみゅうを
いつまでも つづけることだよ

いんくぷりんた いいんだろぉなーあたしもえぷそんよ。
おこのみやき すきにょー
うまいのって いいよねー

そうしきについて
かんがえたこと おもいだしたよ

なにがあっても かけつけるのも
たしかに だいじだけどね
ふんがいしてた ばかむすめー! て
あなたのことば よんで
おもった

あたし いきてるうちに
いきてるひとに
せいいっぱい
いいたいこと いって
きもち つたえて

それが たまに
いいことも あって
わるいことも あって

それが いいね

★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

もう三が日も終わろうとしておりみやす。
戯言もせずに指を休ませた御蔭で
少しはタイプが楽になりみやしんした。
今 第3弾のお喋りCDジャケを完成させたところ。
本体みゅうは103へ突入したいところでし。

★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

指が上手く 動かなかったので
知人のHPの日記なんかを 完全読破したのは
本当に 久し振りでしたかね

戯言ノートの貼り付け作業も 困難を極め
其れでも 頂いた年賀状には
せめてレスを しようかと エクセルで文章作成してみたりして。

灯油が切れそうなので ドライブスルー郵便局に行った帰りに
寄ろうとしたら 未だ 休みでしたぁ。

ちょっと 大切に 遣わないと
明日の朝の 着替えで ブルっちまいそうな。。。

★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

まるで 嘘の ようだった
昔 昔の 自分の 言葉

こんな風にして
総てを

穏やかに 安らかに
優しく 偽りを 紡ごうと

心掛けた頃のことを
思い出したんだ

今は 自然に
こんな 紡ぎ方しか
出来なくなって しまって

其れが 素直では 無いことなのか
こんな 自分が 本当に 良いのか
一人 自問自答

★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

18通でした
元旦 三が日で 届いた
年賀状の 数

ミュウ会員からの ものや
昔の 同僚
そして 母親

結婚したのだと
写真入りの 賀状は
人と 時こそ 違えど
沢山 出回って 居るのでしょう

★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

懐かしい 平成教育委員から
同じ部首を付けて 違う漢字を作りなさいの 問題が
今 現在 進行中
珍しく 一瞬で 解ってしまった

土 文 身 道
これに一つ 部首をつける

寸でしょう
寺 対 射 導
だけど 一つ 間違ってしまって
寺の  土辺を 左側の 部首に
つけちまっただよ

月 音
部首をつけて 2字熟語
これも 一瞬で解ったよ
日をつければ
明暗

申 土
ヒントで 解った
今年 ここには 行きましたか?
そうだ シメスヘンだね
神社

★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

期待は しないと 決めた
恋も 人間関係も

向こうから やって 来る時には
心は 無効か

向日に見える 夕焼けは
鮮やかだったか

想い出せなくて

★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

足跡だけ 残すなんて
何が 楽しいのか

突然 消えるなんて
何て 哀しいのか

貴方が 繰り返し 嘆く場面を 読みながら
感染して しまった 刹那が 有りました

★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

風邪を 引いて ませんか?
これは 
元気ですか? よりも
ちょっと 嬉しい

受け取る 頻度が
後者の方が
少なかったからなのかも 知れない

そして 思い出したんだ
営業を してて
手紙を 出す時などは
冬には 必ずと言って良い位
こう 書いて 居たよなって

インフルエンザに お気を付けて

★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

初対面の相手や 話題が無い時は
天気の話題で 盛り上げようと
誰も 必死に 成るのかも 知れない

でも 必死に成って
誰かの 揚げ足取りばかり して
愚痴を マシンガントークして
噂話に 笑うよりは
全然 良いものだって
本気で 感じる日々は
未だ 有り難い事に
終わって 無いようで

★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★
人気ブログランキングへ
↑ポチッとな~☆↑


2015年1月 6日 (火)

年始から折れる

Img_3299


Img_3306


Img_3307


心折れる、は望みたくありませんが
骨が折れるのが雪かきね

空港で一週間ほど放置したレガコを発掘中
スノーブラシが こないな状態に
Σ( ̄□ ̄)!

御覧の通り、雪解けが半端なのよね~
この位 何てことないわ? って思ったんだが
雨降ってたかんね 雪も重たかった訳だわ。

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

「あけおめ」の言葉飛び跳ね良い気分

今回は年末の仕事納めが少し早めだったので
(いや、私は退職してるからよ、旦那の会社のお話なんですがね?)

12月26日で仕事納めの旦那は忘年会に雪崩込み、
真夜中に帰宅して「うげーっ 気持ちワリーッ」とか言いながら
翌朝に大分へ出発

1月3日帰宅しましたーっ! ↑ここで年越しをする

新潟の糸魚川-石川の小松空港まではレガコを走らせ
福岡-大分までは列車ソニックで移動
これが帰省時は自由席しか残ってないのね

大量の荷物と共に乗り込んで何とか行き
帰り共ソニックは無事に席をゲットでき、
空港も高速もたいした雪はなく、つつがなく走行し、

あ、でも 行きはね、糸魚川から富山に抜ける間に
車二台も目撃したわ
どんな状態だったかって言うとね

我等が高速の左側を走行しているとすると
右側にね こっち向いて停まってんの。
バンパー投げ出して。
そして人が立っていると言う

十中八九、滑って一回転してクラッシュしたんでしょうね。
既に警察車両やコーンがあったから良かったようなものの
後続車が追突していてもおかしくない状況で危険でしたね

その他に左側の停車ゾーンで車停めて
車の後ろ側に立っている男性もいたし・・・

お前は轢かれたいのか!!
思わず二人で叫んでいました

こういう時に 何故 車の「後ろ」に立てるんだろう
せめて「前」だよね

帰宅日は夕方の時点で富山に着いたので
旦那がお目当ての眼鏡をゲットしたり食事したり
本屋で立ち読みしたりしながら 
無事に帰宅しましたー☆

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

枯葉溜まりの中を走る光景を目に浮かべると、
昨年の忘れ物をも思い出せそう?

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

昔、ギタレレを通販で購入し(母が)
一時期持っていたのですが

ウクレレのようなギター という存在でしたので
弦はギターと同じでした(笑)

私もたまに歌いたくなると自宅でギター弾き語りしますが 
一向に上達しません(爆)

でも、詩誌サークルに添付する おしゃべりCDの
BGMにするという(笑)

すずこのユーチューブ

すずこのユーチューブ・2

このレベルでBGM仕様しておりまする♪ ので
詩のみならず 自らの世界を発信したい方は 
以下のみゅうサイトに 是非アクセスしてみてネ☆

新年号からのメンバーも募集中です
♪(⌒∇⌒)ノ""

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

詩の発表場所あります
自慢の絵・写真を披露したい方にもおすすめ!

ワタクシすずこが編集している手作り詩誌
ポエムサークル「みゅう」

仲間になり購読いただくと
ボツなしで冊子掲載 & CDトーク → 全国郵送★
見本誌もあります。読みたい方も連絡くださいね。

以下に本誌の写真・詳細を紹介していますので
クリックして御覧くださいませませ~☆

ミュウ 223.224号 完成♪ 

すずこのリンクはこちらから

~いつかの すずザレ~ 藤鈴呼の戯言
過去作も織り交ぜてUPしていきます☆

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

実は ボクも

後ろから 抱き締められる夢を

イマの イマまで

抱き締めて 生きてきたんだ・・・

「人間って はかない・・・」

きみは いうけれど

こうやって お互いの温もりを

感じあえている 瞬間

それだけが 全てだって

胸を張って いえたなら。

*

抱き締める・・・という行為

ただ 温かい・・・ あたたかい・・・

そう キミは 言った。

ボクの 瞳を 見詰めて

初めての KISSを

ボクに ・・・ 呉れたんだ。。

そのキスが あまりにも 柔らかくて

何時かのKISSよりも

とても長く 感じられて

未だに 忘れられずに・・・

*

初めてキミに 出会ったのは

一面の 銀世界の 中でだった。

チラチラと降る あの 柔らかな結晶を

一人だけのものに してしまいたくて

でも キミにも プレゼントしてあげたくて

ボクはただ

立ち止まって いたんだ・・・

*

KISSは 必ずしも 切ないですか?

涙ながらのKISSは

必ずしも 悲しいですか?

想いが通じた時の 口づけは

絶対に 嬉しいって豪語できるのだけれど

ボクには 解らない

何が 一番 しあわせなのか

誰が 一番 たいせつなのか

*

キミ達には 恋人が 要るから・・・

なんて

キミが 少し すねた口調で

ボクに 言ったんだ。

でもね 片思いって

とっても幸せだなって 思うんだよ。

誰かを純粋に

好きでいられる

そんな気持ち。。。

*

何だか もの悲しくなってしまって

キミの瞳を見詰めているのに

キミは 

どこか 知らない世界を 見詰めているような 感覚

まるで

鏡越しに

自分の姿を

反対に 見ているみたいだ・・・

*

みんな 幸せに なれればいいな・・・

小さな子供のような夢を

いつまでも 抱いている

キミの幸せは 何ですか?

ボクは イマ

キミに 本当に

見詰められて みたいんです

キミの瞳の中に

幼い頃の

純粋な心をもった

このボクを

映してみたい・・・

ただ

それだけなんです・・・・

*

そうか 今日は

流星群だったんだね・・・

さっきまで 雨が降っている音がしていたけれど

もう TVも消してしまって

静かになってしまった部屋の中で

タイピングの音と キミがボクを呼ぶ音ばかりが聞こえてきて

少しだけ 夜空を 眺めてみたよ

きっとキミも 今頃見詰めているのかな?

この夜空は 曇っているけれど

二人の未来は

晴れ渡っていると いいよね・・・

*

冷たい北風が吹いている

去年の今頃

ボクは 独り切り

この風に 抱かれていた

キミも居ない夜空を見上げながら

明日は晴れますように・・・

その前に

キミの笑顔を

思い出せますようにって・・・

*

詩で喰えるかどうかって?

そうだねぇ・・・

詩は 文字だから

喰えないんだよ(笑)

*

一つ一つの花が

華麗に 咲き乱れて

ボクは キミの

細く 長い髪の毛を 思い出していた

あの 白い風に吹かれながら

たなびいていた

一本一本の糸は 紅く

僕達の未来を

感じさせていた。。。

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°
人気ブログランキングへ
↑ポチッとな~☆↑


2015年1月 5日 (月)

きれいなコーヒー

Img_3045


Img_3046


Img_3047

そんなネーミングに惹かれて購入
帰省時だったんで 一休みに一役買ってくれました
いや、買ったのは私なんですが。

「じゃあ きたないコーヒーってのも あるん?」
思わず そんな妄想も抱きたくなるネーミングに
若干くすっとしながら。

美味しかったですねー♪

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

コイン一枚の切なさ

100均が当たり前のようにある今の時代には 
「安かろう悪かろう」ならぬ 「安いもん良かろうもん」 
そんなお品も多いのでしょう

初めて100円・コイン一枚の切なさを色濃く感じたのは
自販機のジュースが110円になった瞬間だった気がするよ

小さな財布を握り締めて 掌の熱が伝わる程に握りしめて 
汗だくの子供が買えないジュースの哀しさねえ

だけん 「コイン一つでくだしゃんせ♪」を
裏テーマにもしたいんだけど、まあ 現実には 
それ以上のものも 沢山あるんだけどね

100均の商品見たら 凄く感動するものと 
逆に「他店でもっと安いんちゃう?」って首を捻るものと
二種類あると思う。 

後者は商売としてしているなら当然のことなのかも知れない、
だから 趣味で楽しみたい思いも大きいのかな。

実益兼ねちゃうと どうしたって そうはいかなくなりそうだし 
自分も楽しめなくなりそうだものね

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

チェリオって可愛らしいネーミングなんだけど 
分からなくて検索したら 色とりどりの液体が出て来たヨ(笑) 

シュワルツみたいなネーミングで
最近コマーシャルしているタイプも
飲んだことがないんだよなぁ~ 

あと ウェルチだったっけかなぁ~ 
あ、オランジーノ、のコマーシャルは面白いなぁと
眺めているんだよね。

でもやはりオレンジは残飲感があるんだなあ。
そんな言葉ないか?

メロンソーダとクリームソーダの違いを質問されて
ハンドルを握りながらアクセルを踏みながら
眠気をこすりながら

何とはなしに連想したのが
バニラアイスクリーム

炭酸は目が覚めるからと言って冴えるとは限らないのが
不思議なところ

常備していると常識になっちまって慣れとは恐ろしい
なんて
眠気眼を閉じる寸前に
呟いたりもするモンだ

アイスコーヒーとカプチーノとモカとカフェモカと
色々なネーミングだけで飽和状態なのに

その上トールとかグランテ(だっけ?)とか
大きさのセレクトもしなければオーダーが出来ないなんて

スターバックスはオシャレばかりではなくて
脳味噌を使いよるのう、なんて呑気に看板を眺めながら
通り過ぎる町 

最近ではノン何とか、と砂糖抜き、ミルクナシ、まで加えて
オーダーするのが人気なのだとか?

「えーっと(メニューを指差して)コレにコレしてアレとって」

私なら そんなオーダーになりそうな予感
(それは、きっと、現実)

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

詩の発表場所あります
自慢の絵・写真を披露したい方にもおすすめ!

ワタクシすずこが編集している手作り詩誌
ポエムサークル「みゅう」

仲間になり購読いただくと
ボツなしで冊子掲載 & CDトーク → 全国郵送★
見本誌もあります。読みたい方も連絡くださいね。

以下に本誌の写真・詳細を紹介していますので
クリックして御覧くださいませませ~☆

ミュウ 223.224号 完成♪ 

すずこのリンクはこちらから

~いつかの すずザレ~ 藤鈴呼の戯言
過去作も織り交ぜてUPしていきます☆

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

悩みを 吐き出す君が

コメントなんて 要らないんだって

そう言った


其れが 本当の

真実なんだと 思う


誰かに 聞いて貰う ダケで 良いのに

其れを 良く 解らずに

適当な 相槌を 打たれるのが


何よりも キライ なのだと

★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

嘘つくのは イケナイ コトだけれど

其れで 君自身が

少しだけ

解放に 向かうならば

良いことなのかも 知れないね


本当は 嘘なんか つかずに

本音でもって 接し合える人間が

周りに 沢山 居るコトが

幸せなんだと 思うんだけどね

★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

お飾りのような 存在だから

その 苦労も 知れたもの

そう 言いながら

誰かは 

贅沢病だと 呟くけれど

自分が 同じ 立場だったら

同情される 有り難さも

感じられるのかも 知れないね

★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

勉強は しても しても

し足りないものかも 知れないね


ポップコーンも

一週間 経てば

しけって しまいそうだ


あの 弾ける 感覚

同等に

脳味噌も 弾けたならば


どんどんと 情報が

入って行くでしょうに

★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

結婚 = 召使 探し

そんな 法則を 考える輩が

きっと 多いのでしょう


言語道断

そう 思った日から

あたしの 非願望主義は

始まったかな

★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

懇情と 忍耐は キライ

嗚呼 違ったよ

根性だった

そんな 根なんて 張らずに

値踏みばかり せずに

寝 ばかりに 埋もれて居たから

★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

物事 何でも

やる気が有れば

体力の低下よりも

気力は 

上回るだろう


キライなコト

強制されれば 尚更

嫌気も 刺しまくり


蜂に 刺されるよりも

痛みは

大きいのだろうから

★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

胎児に 聞かせて 良い音が

オルゴール なんだって

先日 知ったよ


オルゴールの音色は

とっても 大好き


同時に 思い起すのは

からくり時計


楽しさが 倍増する出来事が

何よりも 大好き

★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

営業の人が 出かける時

「 どこどこに 行ってきまーす 」 と

言うのが 常の 職場にて


彼女が 聞き間違えた 実話。

営業の人が 言ったそうな。

「 けいこ と 買い物に 行ってきまーす☆ 」


え? けいこって ダレ・・・?

本気で 思ったらしひ。。。


そう、その人は 言ったんですね~

「 蛍光灯 買いに 行ってきまーす 」

★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

保母さん経験を 生かして

こんな 素敵なコトが できるんだあって

感動したのは


一枚の 紙切れを

折って ハサミで ちょんてして


☆や はぁとが 出来上がる時

★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★
人気ブログランキングへ
↑ポチッとな~☆↑


バラ色の夢

Img_3079


Img_3078


Img_3080


妄想の中の幸福は形が丸く色は薔薇色?
薔薇色と言っても色々あるよなぁと思えば
考えるのが面倒になって 

もうそのことから幸福を一つまみ
外側に放り投げてしまっているような気がするから 

じっくりと花言葉の本を開いて重ねて
押し花にした本の行方を
また思い出してみたりする

幸福に表情があるとするならば
笑っていて欲しいのだけれど、

それは爆笑ではなくて
皺が隠れるくらいの微笑であったりする印象 
だけど
嗚呼違うなって思い返してみる 

だって 
倖せを求める人間たちを眺めているのだから
微笑そのものだけじゃあ 
生きらんないんじゃあ ないかなって。

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

シェーバーが見かけよりもズッシリと重いのは
何故だろうと不思議だった 

携帯よりも小さい旅行用のシェーバーなのに
充電池の部分が妙に重いからだ 

そう信じていたけれど 
ちょっと違う気がした 

新しい主人の
少し白くなった髭を剃る瞬間の溜息 

その思いを全て 
受け留めているからなのかも 知れない・・・

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

教えるのって 難しいですよね

だから 説明が 分かり易いよって言われるのが
最大の 褒め言葉なんだと 思う

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

句読点、くとうてん、と 
耳で聞く分には普通なのですが

読点だけを目にすると 
つい「どくてん」と読んでしまいそうになり
いつも戸惑ってしまった記憶があります

文章の最後に まる、が ないだけで 
何だかモヤッとしてしまったり

句点ではなく ピリオドであった ただそれだけで
空間の色が 白か黒か ただそれだけで

大きな違いに思えて 仕方のないことって 
あります

読点で終わる文には まだ続きがあるよ、の心が
透けて見えて

何だか 終わりない人生の半ばを歩んでいるという
実感を得られるのかも知れませんね

前向きなんだけれども 
それでも ちょっと モヤッとしてしまう

その 個々の感覚が 
価値観の違い なのかも。

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

小さい頃は スノトレ が 定番でした
陸上競技場では 滑らないために 
スパイクを 履いていたから

何だか両方とも スから始まるなあ

ス べらないためには
ス からはじまるものを履けば 良いんだなあ~

なんて。

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

ランチョンマットに ストール活用 
ステキなアイディア☆

あれ、何処の国だったっけ? 
ヨーロッパの方だと思いましたが

タータンチェックの多い国・・・イギリス?では
数え切れない位 色や線の間隔に違いがあって
昔は各々の家紋になっていた、とのこと。

今日び、家紋って 余り意識しないよなー
なんて思ったりして。

父方の本家は農家なので牛舎に蔵がありまして
その上に家紋がありましたので 

幼心ながら「家紋」という存在が
記憶に「カモーン」しまし・・・すみません。

*

味は直接 楽しめない分 
ステキなショットが目白押し

メジロもピーチク騒ぎ立て 
ベランダの外で踊るような 雰囲気!?

最近 午後の丑三つ時
(そんな表現って・・・!)になると

ベランダで ピーチク 
可愛らしい声がするんですよネ

多分 すずちゅんだろうなぁ~って
カーテンを そっと開けようか 
迷ってみたりして

ここ北陸は 冬場は特に 日中も暗いコトが多くって
どうしても 灯りが欲しくなってしまうので

そんな時には 一度開けたカーテンを 
閉めてしまったりすることも
多いんですよねー

*

ドラゴンフルーツ 一体どんな味なんだろうって
想像するだけで・・・

あれ、これでしたっけ? 
確か ニオヒがキツヒとか・・・?

テレビでサバイバル生活の
特集番組を見て居て

あまちゃんとかホットロードでおなじみの 
能年ちゃんが

スターフルーツにハマっているシーンを
眺めていて

これも、一体どんな味なんだろう・・・って 
気になっているんです

ネーミングも 見たくれも 
何だか不思議なんですよね☆

*

アボカド、どうしても「ガ」と発音したくなってしまう
この「が」の発音にも 二種類あるんですよね

音がキレイに出る 「ガ」 と
ちょっと なまっている風味の(?) 「が」

私の中のイメージでは カクノゴトク
カタカナと平仮名に 分かれます(笑)

*

同系色のランチョンマットの上で
もっと真っ赤なリンゴが 鎮座している

情熱を 閉じ込めたような雰囲気
窓の外は 雪

白と赤
嗚呼 そうか もうすぐ 紅白の似合う
お正月だね

*

サラダバーを思い出す
ゆでたまごを 半分にスライスして 
ポテサラと一緒に並べると

何だか
シーザードレッシングを いっぱいかけて
幾つでも 食べてしまいそうになる

明日から 出掛けるからね
冷蔵庫に隠れた卵を 消費しようとして
六つ分 調理した

結局 二回に分けて 食べたのだけれど
お腹がゆるくなったのは
その所為かなあ

*

パイ包み焼き
チャレンジしたことが ありません

お料理に手間をかけることを惜しまずに
楽しんでみたら
こんな素敵なディナーに ありつけるのかな

ヨダレを垂らしながら
色取り取りの 食材を眺めて

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

ほたては 焼いて食べると 
ボリュームが増す気がして
空腹にはもってこい なのですが

側に飲み物がないと 何処かしら
喉につっかえそうになったりしちゃったりして・・・
と思いながらも頬張るのが常!?
やはり刺身が好きかなぁ~☆

ベビーコーン、こう呼ぶと とても可愛らしいです☆
何だか私は ヤングコーンと呼ぶことが多くて。

ヤング、とか ナウ、とか発言すると
一昔前だとか突っ込まれそうな。。笑

ベビー、年末年始の帰省で
可愛らしいベビーに遭遇する機会も増えました

名も知らぬ赤の他人なんですが、
目を逸らすことなく見つめていると

あどけない瞳がキラキラ輝いていて 
思わず吸い込まれそうになったり

ヨダレでツヤツヤしている唇が 
にこっと笑った瞬間に 

豊齢線なぞ忘れて
こちらも満面の笑みで返してみたり。

ただね、問題は、
「にこっ♪」と可愛らしくいかないことでね

ニヤッ( ̄ー ̄) って 
ニヒルになってしまうのは ナーゼー(謎)

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

詩の発表場所あります
自慢の絵・写真を披露したい方にもおすすめ!

ワタクシすずこが編集している手作り詩誌
ポエムサークル「みゅう」

仲間になり購読いただくと
ボツなしで冊子掲載 & CDトーク → 全国郵送★
見本誌もあります。読みたい方も連絡くださいね。

以下に本誌の写真・詳細を紹介していますので
クリックして御覧くださいませませ~☆

ミュウ 223.224号 完成♪ 

すずこのリンクはこちらから

~いつかの すずザレ~ 藤鈴呼の戯言
過去作も織り交ぜてUPしていきます☆

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

〓 守 〓 


貴方からの メールが 届いた

とても 嬉しかった

その時 ワタシは

自分の笑顔を信じたくて 精一杯だった

未だ 残って居ると

心を 言いくるめて 向かったシャッターは

無常な 音と 共に

降りたよね

時の扉が 開いた気がしたよ

貴方との関係にも 終わりは無いよって

もう一度 ジブンに 語りたい気分のまんまで

一日とも言われない 大切な 時間だから

一緒に 繋いで行けたなら 最高だなって !

浮き足立ってる様に 見えるかな ?

今の アタシの 顔は ?

それでもね

世界に 佇んで居なきゃ って言う

無理強いの 使命感だけ

弱く 崩れ無い様に

守って呉れてる 貴方に

私 も い つ か ・ ・ ・

°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:

〓 私 も い つ か 〓


私もいつか  貴方の心の糧に 成れたなら イイ

守られる幸せは  甘い蜜を吸って居るだけなのかも知れないし

本気で 本当に 進む道を決定したなら

世の中は 私達を  暖かく 受け入れて 呉れるのかも知れない

最初から 諦めるのも

途中から 絶望するのも 逃げ道だし

抜け道が無くても

袋小賂でも

あたしは 知ってるよ

炉端は暖かく   囲炉裏は熱いって

情熱は 消えないなら

いつか 貴方の 本当の意味での支えに

そして 私の 全面的な支えで有る 現在(イマ) を

二人で 静かに 笑い和える様に 祈るよ

可能性は ゼロには 成らないのだと

零には 戻らないから

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:

〓 ケッパろう ヨ!  おっちゃん! 〓


駐車場の オッチャンが言った

「 しがみついてな !

  来て 解っただろう ?

 今は ロクなの 無いんだから! 」

まん丸い顔で 、

まるで ダルマを 連想させる ?

なんつったら

手にした 雪カキ用 シャベルで

ハタかれる コト 請け合い !?

ともかく 笑顔だった 筈なんだ! 

僕 は 。

バック ・ オーライ の声を 聞きながら

ハンドルを 必死に切って !

    お っ ち ゃ ん !

言う通りだと 切り過ぎだヨ !

  ぶ つ か る で !

オーライしながら

往来の 人も 気にして

[ これで オーライ ♪ ] なんて

言わなかったけど

暗い顔の ニンゲンばっか 相手してると

疲れそうだし 寒そうだヨ ☆

ねぇ ?    おっちゃん !

互いに ケッパろう

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:

〓 憂 い の オ ミ ク ジ も 〓 


本当は 君に 告げたかった 言葉なんだ

[ 負けないよネ ☆ あたしたち ☆ ] って

可愛く 飾って 見たかった

久し振りの デパートで

君への 贈り物を 選ぼうとしたけど

止めたよ

金は 有るよ?  今 は

そう 思わせて 置いてネ

気持ちまで 統て

沈みたくは 無いのだから

余裕が 有れば

前向きな思考が 浮かぶんじゃ 無いかって

信じて 生たいから

大嫌いな   ★ 頑 張 る 事 ★  も

今 あたしには 必要なんだって

認めるのは 悔しいさ

情けないケド これでイイよ

君が 死ぬより マシだよ

二人が 消えるよか 幸運だよ

おみくじは 大吉が 入ってるんだし

何時か 引き合わせて 呉れるよね ・ ・ ・

          君    と   。

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:

〓 心 か ら ・ ・ ・ 〓


車の中の風景  何時もと変わりない

気分を新たにすれば  クマのサンタも  も一度 笑う

来年じゃ無い  もう 今年

[ クリスマスに 又 愛ましょう ]

心の上で クルクル回る

何て 理不尽に

声高に 嘲らないで 下さいナ☆

ケータイ置きも 壁から外れたまんま

ドライバーが 必要だって アイツは言った

君が 部屋に居て呉れた時に 出してっ切りだった

        だ か ら

今度 来る時に 流しの下から 出してもらおう

それまで 少し 不自由だケド

もっと 苦痛を 感じて生る人へ

同位置には 立てなくとも

近付けたなら 良いと思うよ

何時か 解り和えたならって

    心 か ら    信じてくよ

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:

〓 消 去 出 来 な い 光 の 奥 で 〓


段々と  ” ケンショウ焔  ”  が 揺らめいて

両手を かざすケド 月も 隠れた

君の 闇夜が 訪れる

嫌あな 足音ばかり 響いて

心を拭える道具など  箱の中には 見当たらず

いっそ 記憶を 破壊せよ  淫らな愛撫が 聞こえ出す

耳を 逸らして 眺めてた  大切なのと 彼の 背中を

くびれに 深く 切り付ける

何にも 変え難いの ” 勲 章 ”  奇麗な溝なら 一度 堕ちたい

マンホールから 見詰めてた  ネズミが 浮遊 する姿

偽りの無き ジェラシィを  抱え捨てては ツバ 吐いた

唾の帽子に 血痰を   紅の陽を 眺めたら

君の 残り火  感じられたよ   命 キラキラ 瞬いてたね

消 さ な い で ね       その    光 を

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:

〓 ぼ や き 〓


時間には 遅れずに 登場した方が 良いのだろうか

息咳切るよな 演技など  どうせ 出来ない 僕だから

嘘が キライで 生きて来た  だから 貴方を 傷付けた

もっと 優しい 言い方も  持つ 思いやりも 欠けたから

辛いコトバを 君に預けた  何も感じず 済む様に

君に キラワレちゃえばイイ  絶望 感じ 旅立つと

言い掛けながら 躊躇した  欺瞞と 君が 言ったから

だあれも 攻められない台詞  何処にも 活かせれぬ想い

纏うだけでも 貴方 メイワク? 捨てる決断 だけが 正しい?

一体 ナニが イケナイの? どうして 二度と 会えぬ などと

生きて居るのに 懸命にさ ・ ・ ・

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:

〓 近 況 で ち ゅ 〓


私と しては 百歩 譲った気分で 

別れて 友達として 

一生 同棲すら 出来ない覚悟で

愛して行こうと 

懸命に 思った 矢先に

定番の 反対コールが 響き渡り

逆らう事など

捨てる事など

出来ない気持ちを 知って居て ?

でも

貴女 ヒトリにしか 打ち明けて無い現実は

本当に 世の中から見れば

当たり前の 意見で  

解るだけに 互いに 寡黙で

レール上の 会話を重ね

二度と会わない 選択師を

選ばざるを得ない状況に 追い込まれてる

死ぬより 良いと 言い聞かせ

生きて 居れば 和えるからと

一体 何時の未来に 希望を託せば

決断は 性急に?

解らない

狂おしく 時流に気押され逝く イマを

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:

〓 し ゃ も じ 〓


君の エックス ・ ディは 明日だったね

明るい 希望に 満ち溢れて 生るかい ?

ボクは 絶滅寸前を

死に物 グルイで 引き止めて 逝る

ホント そなよな 気分だが

明るい 言葉は 忘れない

君の 姿も 覚えてる

涙に 濡れ逝く 懐も

温度も 音戸も 取れないけれど

太鼓のリズム 刻みたい

太古に戻り 再びと

運命論も 杓文字の中で

渦巻き続く 竜巻で

乱気流だけ 感じてる

気球が 堕ちるの 見たくない

空気は 有ると 信じたい

深呼吸だけ したいんだ

薄く 成り逝く 木が枯れて

花が 咲かなく 成る前に

春を 待ち侘び 踊りたいから

秋を 迎えりゃ 

飽き に 成るから ・ ・ ・

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:

最近は 動いてるのか 死んでるのか

解らない毎日なのかも 知れない

今日  食事会が 有った

美味しいとは 思えずに

最後の デザートが 出て来た

とろける様な 味に

思い起こすのは

ドラマの   ワン ・ シーン

月の滴を受けた瞳は 妖艶に 輝くだろうか

水溜まりに 映る 表情は 

何処の 真実を 照らし出す ?

結局 一人ぼっちさと

傾けた グラスの奥

悲しみの 色を堪えた   

          ち ょ こ れ い と

誰に 贈ろうか

いっそ 我が胃袋にでも 静めて 置く ?

休んでも 満たされない  カラダ

抱かれる予感の 持てぬ日が

今後 永遠に 続くのだとしたなら ・ ・ ・

    迷 惑 千 万     と

君は 言うだろうね ・ ・ ・ ?

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:
人気ブログランキングへ
↑ポチッとな~☆↑


2015年1月 4日 (日)

くりケーキ

Img_3020


Img_3014

写真の解説をしましょうか

未だ新年になりきらん記事内容は毎年のこと
UPしきらんで旅立ってしまいますからねぇ~(遠い目)

そんな訳で 二つ前の記事は クリスマスくんだりの
アラレショットでした

一つ前の写真は レンガモニュメントの中に
キハ列車が入っているんだけど 気付いたかなあ?

そして 今回の写真は クリスマススイーツだ
普段ね、モンブラン系に 余り手を伸ばさない私ですが

何故かこの栗が目に入って 離れんかった
で、ゲットん♪

あとは いつものチョコ。これはなきゃダメでしょ!
こちらの器は すっげー でっかいんで♪

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

まろん


クルクルと
何処までも
何時までも
終わらぬ螺旋階段を
永遠に 昇り続ける
そんなプレッシャーに阻まれて
そんなのはプライドが許さないと
何時の間にか叫んでた
時の間に間に
あなたが くねこねこねた
モンブラン

もんぶらんって
何処かしら
もぐらみたいな名前だから
あたし 大っ嫌いって叫んだら
途端に頬を叩かれた
トタンもビックラこいた
なんてことはなくて
ただ ただ
食べ過ぎると
飽きるのねって
それだけ

何度 観ても
語り合っても
見詰めても
言葉に詰まっても
心が詰まっても
お掃除してくれる
心が 二つ
寄り添って いればこそ

モンブラン
くり、の文字に目が入って
思わず選んだのは
まるっこい ケーキではなくて
長四角の
まるで あなたみたいに
スマートな形の 
ケーキでした

甘いかな
あまいよね
きっと

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

詩の発表場所あります
自慢の絵・写真を披露したい方にもおすすめ!

ワタクシすずこが編集している手作り詩誌
ポエムサークル「みゅう」

仲間になり購読いただくと
ボツなしで冊子掲載 & CDトーク → 全国郵送★
見本誌もあります。読みたい方も連絡くださいね。

以下に本誌の写真・詳細を紹介していますので
クリックして御覧くださいませませ~☆

ミュウ 223.224号 完成♪ 

すずこのリンクはこちらから

~いつかの すずザレ~ 藤鈴呼の戯言
過去作も織り交ぜてUPしていきます☆

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

あの日 故意に 閉ざした 心
氷河期の マンモスも ビックリ

温暖化の 現在
春に 成った 今

溶け 始めた 焔が
舞い 上がる

夏に 成る 頃 には
綺麗な 花火と 成る 筈 なんだ

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

昨夜の テレビで
女性の 下ネタ を 取り上げて 居た

勿論 えげつない 方 では 無い

子宮ガン や 痔に ついての
病気 因子を 検証する チェックをし

ゲストや 視聴者に
解り 易く 説明 ドラマを 流し

生活 環境を 改善 させる
モチベーションの 上がる アレだ

面白がって
問いに 応えて 行ったら

アタシも 素敵な
レッド ゾーン に Σ( ̄□ ̄)!

だって トイレが 愛人 なんだ もぉ~ん
。。。//δ⌒▽⌒//

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

帰宅前  渋滞 ハマリ  足 シビレ



マニュアル車   渋滞の トキ  ツライです



今度 買う  トキには 多分   オートマ車



夕御飯  何にしようか   日々 悩む



渋滞の   理由 判明  事故のセイ



橋の 下にも パトカーが 見えて
一瞬

川沿いで 随分 前に
行方不明に 成った 

男の子の 遺体が
とうとう 上がったのか
と 勘違い したが

車が 進んだら
外灯 みたいな モノに
思い切り 突っ込んで
前が グシャグシャの 車が 居た×××

交差点 まで はみだして
パトカーや
仕切りの 赤い 三角ポール 
みたいなのが 有った から

大渋滞 を 生み出した らしい・・・ 

しかし
川沿いの 下に パトカー
って コトは・・・ 

ニュース 見ないと×××

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

注射の イメージ音は
決して チクリ では 無い と 思う

皮膚を 貫く 感覚で
ジクリ だと 思う。。。//δ⌒▽⌒//

アタシは 小学校 6年位の 時
風邪で 筋肉 注射を されたが

尻と 腕と どちらが 良い?
と 聞かれ

恥ずかしさの 余り
セレクト する 箇所を
間違えた らしい・・・ 

余りの 痛さに 泣いて もうた
嫌な 思い出。。。//δ⌒▽⌒//

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

自分 ダケが 
悲しい フリを 
してた 筈 だった のに

話した 相手に
貰い 泣き を されると

少し 嬉しく 成るのは
何故だろう

苦悩は
誰かに 喋ると

其れ ダケ で
肩の 荷が 下りた 風な
気分 にも 成れるよね

病は 気から って
嘘じゃ 無いんだな・・・ 

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

人気ブログランキングへ
↑ポチッとな~☆↑


ネーミングは難しい

Img_2966


Img_2965


Img_2964


平成27年春の北陸新幹線糸魚川駅開業に合わせ、新幹線駅舎の1階に
ジオパークと鉄道をテーマとする糸魚川市ならではの資源を活用した施設を
オープンします。

 この施設は、糸魚川の山と海がもたらす幸、そこで育まれる食や
文化・歴史、東西の境となる特異な文化など、
糸魚川ジオパークに関する様々な情報を紹介するとともに、

新幹線待合所には、かつて大糸線で活躍していたキハ52形気動車や
ジオラマ鉄道模型などを設置し、お子様はもちろんのこと、様々な年代の方々が
鉄道を通じて交流できる場となっています。

 そこで、市では、観光客や地域住民の皆さまに長く愛され親しみを感じて
いただけるような施設の愛称を募集します。
 市民の皆さまをはじめ、多くの方からのご応募をお待ちしています。

*

つうことでね。応募したとですよ。
実際に採用されたのが、こちら

糸魚川ジオステーション ジオパル

選考理由
◇「糸魚川ジオステーション」は、「ジオパーク」「ジオラマ」の「ジオ」と、
駅の「ステーション」を組み合わせたもので、地名も含まれており、
所在情報と施設のコンセプトが伝わりやすく、わかりやすい。

◇「ジオパル」は、「ジオパーク」の「ジオ」と、
英語で友達・仲間を意味する「パル」を結合した造語で、
ジオパークやジオラマの輪が、友達・仲間に大きく広がっていく、
その中心施設というイメージが施設の設置目的に合致する。


そして、私が応募したものが


1. ひすいーと

翡翠+糸魚川「ひすい」+「いといがわ」、
後半「すいーと」は、呼びやすさもあります。

Sweetには色々な意味があります。
「甘い・香りのよい」→地元銘酒の普及を願って。
「新鮮・爽やかな」→ジオパーク糸魚川の自然、空気の綺麗な印象。

「気持ちのよい・快い・楽しい」
→糸魚川駅を訪れた全ての人々がこのような気持ちになれる場所。

「感じのよい、好感のもてる」
→親切で優しく、穏やかなおもてなしでお客様を迎え入れる。
以上の意味を込めました。

*

2. ひすいっと

翡翠+糸魚川「ひすい」+「いといがわ」より。
後半「すいっと」は、呼びやすさもあります。

海から近い場所、町中からでも山からでも
「すいっと」行ける場所という意味と
気軽に集う、人々の温もりが咲く場所になれば良いという願い
を込めました。

*

3. ひすーいと

翡翠+糸魚川「ひすい」+「いといがわ」より。
「すーい」という伸びやかな感覚より、和みの場所になって欲しい
という願い。

海から近い駅なので、海→水→「すい」 または 
海→泳ぐ→「すい(む)」 の音を入れました。

*

4. ちかっと

海・山・町、どこからでも近く、行きやすい駅
どこかへ出かける時にも通過する場所であるとともに
大海原に光る灯台のように、人々の帰る場所になれば良いと願って。
(市外に出た若者も取り戻し、活性化になれば最高です)

*

5. じおっこ

ジオパーク・ジオラマの「じお」 
ジオのある駅に集う子で「じおっこ」

子供だけの意味ではなく ジオパーク(大地の公園)の駅に降り立つ
全ての人々の意味を込めました。

*

スイート
**sweet/swít/[形](~・er, ~・est)

1 甘い(⇔sour, bitter);甘味の;〈ワインなどが〉甘口の(⇔dry)
This milk tastes sweet.このミルクは甘い味がする.

2 〈水・バター・ミルクが〉腐っていない, 悪臭のない,
〈水・バターが〉塩気のない, 塩を加えていない(⇔brackish);
〈空気が〉新鮮な, さわやかな

sweet butter((米))無塩バターsweet mountain water新鮮な山の水
(▼freshのほうがふつう)the sweet country airさわやかないなかの空気
This milk is still sweet.このミルクはまだだいじょうぶです.

3 〈声・音が〉美音の, 耳に快い, 音楽的な
a sweet refrain耳に快いリフレイン
the sweet tones of a flute快いフルートの調べ.

4 芳香のある, 香りのよい
the sweet smell of success成功の甘いかおり
a sweet deal((米))うまい取引.

5 気持ちのよい, 快い, 楽しい
a sweet sight [poem]美しい景色[詩].

6 ((略式・女性語))かわいらしい, すてきな;いとしい(dear);
魅力的な(attractive)a sweet babyかわいい赤ん坊

my sweet Johnいとしいジョン
You look sweet in your white dress.白いドレスが似合ってすてきよ.

7 ((女性語))〈性質・作法が〉感じのよい, 好感の持てる;
〈人・行動が〉親切な, 優しい, 穏やかな

That's very sweet of you.どうもご親切に
It was very sweet of you to come.よくいらっしゃいました.

8 ((米略式))取り扱いが容易な, 簡単に扱える, 腕のいい, じょうずな
a sweet set of wheels扱いやすい車.
9 感傷的な;うんざりさせる;非現実的な.

10 〈土壌が〉酸性でない, 作物に適する;
《化学》腐食性[酸性]物質のない,
〈ガソリンなどが〉硫化物を含んでいない.

11 〈ジャズなどが〉スイートな:もとのメロディーに忠実に演奏される.

(as) sweet as a nut((英略式))非常に気楽な[に];有利な[に];
朝飯前の, 楽な.

go one's own sweet way/please one's own sweet self
自分の思いどおりにする.

in one's own sweet way好き勝手に;でたらめに.

keep a person sweet((略式))(後々のために)〈人の〉機嫌をとる.

sweet and twenty20歳の美人
.sweet on a person((古風))〈人に〉夢中で, 恋して.

━━[副]甘く, 快く, 優しく, 親切に(sweetly).
━━[名]
1 [U]甘味, 甘さ;芳香;快い音;甘い物;よい香り[音]のするもの.

2
(1) ((~s))((英))キャンデー, 砂糖菓子, ボンボン(((米))candy)
(▼ただしa sweet shop菓子屋);((米))
砂糖がたくさんはいったパイ・ケーキ・キャンデーなど;
((米略式))サツマイモ.

(2) ((英))(プリン・タルトなどの)甘いデザート
(((米))dessert).3 ((~s))((形式))楽しいもの;
楽しみ, 喜びthe sweets of victory勝利の喜び.

4 いとしい人, 愛する人, 恋人;((my ~))
((古風))((呼びかけ))ねえ, あなた, おまえ.

5 ((米俗))同性愛の男.
6 ((詩))(女性の)胸.

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

詩の発表場所あります
自慢の絵・写真を披露したい方にもおすすめ!

ワタクシすずこが編集している手作り詩誌
ポエムサークル「みゅう」

仲間になり購読いただくと
ボツなしで冊子掲載 & CDトーク → 全国郵送★
見本誌もあります。読みたい方も連絡くださいね。

以下に本誌の写真・詳細を紹介していますので
クリックして御覧くださいませませ~☆

ミュウ 223.224号 完成♪ 

すずこのリンクはこちらから

~いつかの すずザレ~ 藤鈴呼の戯言
過去作も織り交ぜてUPしていきます☆

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

■ 国語と英単語と実用後とことわざ小辞典 ■


この 金が無いって 承知している時に

すぐ必要に無いだろう 小辞典を 4冊も 買い込んで

いつでも 分からなくなれば 隣のあの人が デスクの引き出しから出す

小さいけれど 有能な 優脳な 脳ミソを 手に入れたくて

別に漢字が書けなくっても 僕が 死んで しまう事は無いし

例え 手紙で 誤字を出しても あの人は 流し読みする事 知っているのに

くだらない常識ばかり かき集める 彼女に 驚嘆した日から

彼女の口癖 乗り移ってる 「解らない事は すぐ辞書で 調べなさい。」

それが雑学の 机辺ですと 早速 頁を 開いて見ても

一口サイズの 小物の中身 僕の求めた 玩具は無いね

そういう事も 有るだろう 「コモンセンスが 足りません」 でも 僕は良いや。

「さも有りなむ。」 と 笑いながら、 「おおきに」 と言わずに 「いとをかし。」

お菓子は グリコのポッキーが 出発前から 車の中で

足元優先にセットした 暖房のセイで 溶け切っているだろう チョコレートも

袋ごと あの人に 預けて来たけど 試験勉強の途中では

すぐに取り出せられるなら 嬉しい贈り物に 成った筈なのに

残り物の ラッピング済みで 御免ね 季節は既に ホワイトデーなのに

ホワイトデーって 白い日なんだね 僕のココロは 何時でも白いよ

炎の様に揺れながら 実は結構 焦って居るんだ

やるべき事が多過ぎるにと 減り続けるだけの 諭吉の紙切れに

四枚有った筈なのに 三日経ったら 三枚消えた。

チャックの中の 小銭も入れても そろそろ おいとま するしか無いか・・・?

*

■ 歯 槽 膿 漏 ■


昨夜の時の流れは・・・そう・・・ 思った以上に 時が長くて

広瀬香美の BEST盤 ひたすら聴いた 3回クール目

涙が流れそうになり 慌ててシートを倒しながら

未だ 睡眠を 摂ってないねと 熟睡モードに なる事 怖れた

今夜は完璧 アポ無しだから 予告 通りに 昼過ぎの目覚め

ちゃんと一度は 向かったよ アナタと離れ 雪の町へと

やっぱり地元に 居ないのね 吹雪と告げる ママンの声に

心の中で 謝って きっと今月 また お金を借りてしまうけれど

先月分も 返してないよね あの日 貴女が 見せた涙を

思い起こして 丁度 貴女を 描く あたしは FAXの前で

送信ボタンの押し方が 案外 難度の 問題の様で

教えて呉れる いつもの貴女が 今は遠くに 離れて居るから

たまに望郷したい日は いつもの生活 越えるのもいいね

当たり前の 日常からは なかなか 出ない 感謝の台詞

受話器 越しなら 言えるだろう 潤い足りぬ 視線の様に

目薬 冴えて 走り出すだろう 一滴 垂らし 止まれずに 生る

引きずる痛みは 筋肉痛 腰痛 肩痛 歯痛は無いね?

久方振りの歯医者さん そろそろ アポ入れ 開始しようか

まとまった思考 生み出す為に 又 痛んでは 思考が詰まる

歯槽膿漏 繰り返したら 入れ歯 生活 突入するから

米粒 欲し Denny’sで メキシカンドリア 食べられなくなってしまう。

*

■ 超 激 爆 過 激 越 水 亀 蛙 軍 団 秘 話 ■


「そこでアタシのことを ニラみつけてる クソババアが 居たのよぉ――っ!!」

あたしは思わず 身体をビクつかせたままで 大爆笑に 埋もれるか

もしくは ジィ~っと 彼女の座っている方角を 凝視する 処でした。

そう・・・ 「あなたも 充分 ババアだよxxx」 しかも・・・ クソ付きのね。

こう言うのを 井戸端を離れた 蛙たちの 大団欒と 呼ぶのかしら。

あっちにも、 こっちにも、 そっちにも、 どっちにも、 カエル軍団。

ゲコゲコと 水溜りを求め 彷徨い歩いて居れば 未だ可愛気も

感じられると 言うもの。

カエル達は 幾つかの分かれたテーブルに 幾軍団かで 分かれて座っていて

それぞれの 水不足解消問題に関する論議に必死で

口を開いても あたしの身体の中には 其の水滴の欠片は 入っては来ずに。

七、八、カエルが 2軍団、 2人ガエルが 左脇。

2人ガエルの片割れが 水を流しに 席を立つと

残りガエルは 大人しくなる 「アナタ 私みたいに1人きりに成れるの?」

暇を 持て余しそな カエル 伝票 掴んで レジへと急ぐ。

「ふぅん こうやって おごる光景も 何だか ありきたりのよで 面白いわね。」

しばらく経過し 戻って来たカエル 「えっと・・・ここの支払いは?」

「もう 良いのよ、 大丈夫だから。」 「ああ・・・そう? 悪いわね。」

全然 悪意の欠片も ミトコンドリア程も 見えぬカエル そうだね君は

海中の生命体じゃない。 両生類だから 水が無けりゃあ 死ぬんだろ。

そう言うアタシも カエルの様に 水を求めて 生るのだけれど。

*

■ 孤独狼に成り損ねた一匹蛙の其の後連想 ■


赤のスカーフ 幼稚園時代 忘れ得ぬよな 小さな鞄も 赤い色。

ロング黒スカート から伸びた足首だけ何となくだけど 細く見える。

なのに 上半身は何故か水色 其の色彩感覚 理解に苦しむ。

コーディネートという言葉を知らないにしても トイレにゃ鏡が 置いて有ったろう。

全身 映る 縦立鏡が。 出発後じゃあ それも意味 無いか。

おまけに 足元 黒のスニーカー 良い齢なんだから どうにかしてくれ。

ヒールまでとは行かずとも せめてパンプス系のが有るだろう 見るに耐えない。

それでも周囲の人間達より一番若めに 見えてしまって 目が行ってしまう。

各々の銭袋から小さなコイン取り出して 払い続ける 彼女達。

ズダ袋 如きを 床スレスレに 浮かせ手にする ババアも視界に入る。

スモックを着て 黄色い帽子を被って居たならば 許せただろうか。

何故か紙袋まで持っていて そうか荷物多いには 僕と同じだけれど

僕ならば きっとこうするね 全てが入る 大きな鞄の色は黒で 肩にかけてる。

いつも 大き過ぎると言われ からかわれては来たけれど 大は小を兼ねるろつて言うだろう。

万屋バッグで充分なんだ. ブランドものは香水と もらいもののTシャツぐらいで、

コンビニには ホワイトデーグッズが散らばる. 端正に 並べ立てられた日を過ぎて

安物売りのカゴの中で バラバラになるあたりに 僕と君とは 再会するのだろうか

それとも まとまった休日が取れる 皐月晴れの頃になって、 梅雨の切れ間の雲が

見える曇空の朝に、 暑さにくたばる七夕の夜に、 愁いを感じる秋の日に、

ぐるり回って 今の季節に、 やっぱり冷たい 氷柱を 見ながら。

*

■ 昨夜CALLが鳴り響いたのは大体この位の刻でしたね。 ■


オートバックスが国道沿いに有って 汚くなってしまった ハンドルカバーを

フサフサの毛並みの 産まれ立ての子猫を 思い出す様に 求めたけれど

気持ちが急(せ)いて居たのか 時間の余裕は たっぷりだったのに

たまたま閉店前だったのに 寄る事が 出来なかった。

一度目 通った時には 右車線の大好きな いつもの癖で

左側の 流れる様な 四角い箱の中に 僕の おもちゃ箱を

入れるスピードを逸した. 入れ込むスペースも 多分 存在しなかった様で。

だから代わりに あの標識の位置を 視覚に叩き込ませる事にした。

やっぱり時間は たっぷりと余ってしまって 居たのだけれど。

次来る時の為に 一番の近道を 知っておきたかったんだ。

僕がいつも 良かれと思って行動すると 物事は逆回転に 動いてしまうから

今夜 君から最後の、 二人の最期を告白する台詞が

此の耳の中に 入り込まない様に 鍵をかけておくね。

完全に ロックしてしまったなら 君が僕を 呼んで呉れる音に

気付けなくなってしまうから―――. もしも、 君が、 いつもの様に

変わり映えせずに 僕を 呼んで呉れたならば―――、 の お話だけれど。

右爪の 親指の先が 伸びて来たから つまむ様に持つ ボールペンの色は

赤信号になりかけの黄色で 「こっちじゃ黄色は 注意しろ、 じゃ 無いからね。」

「おら赤になっちまうぞ!! 進め――!!ってか。」 やっぱり 僕は 笑ってる。

世の中に オービスと警察が 存在しなかったならば

僕は とっくに 死んでしまってるだろうからね。

*

■ もしかしてこの時間帯と云ふ事は よもや****に夢中なのですか・・・? ■


Wednesday に 賭けてみたい様な 気持ち。

「 平日は 今は 君の相手 してあげられない 」 言葉通りに

やっぱり 今日も 遅かった  今夜の表情は きっと 最厄 だけど

クマを創って 疲れ果てたままの  もしかしたら ラストイメージに

それだけは 絶えられないのと 笑顔を向ける 準備の中で

セットされてる BGMは やっぱり二人の 思い出の曲。

現在進行形の中でも いつかの 別れの 瞬間でさえも

きっと 優しく 包み込んで呉れるのは 今の二人には これしか無いだろ。

お互い別の ラブソングで 互いの存在 思い出して居ても

二人で 口ずさめるならば ドライビングは やっぱり。

回し者では 無いけれど 渋滞の中 窓全開で 口ずさむ。

エロエロの歌詞ならば ほんの少しだけ 分からぬような声で。

また 良い感じに 流れ出したら 丁度良いかな 流れる。

1年前に 君を想った H Place そろそろかかる。

寒い花見を 想う サクラは もう 唄い上げ ここまで 来たから

僕は 二人で 絶叫を 越える未来を 品定めしながら。

*

なんか つまんないんだ

むなしいんだ

いつもの生活

何かが 変わるのかな

あなたの中で

何かは 変われるのかな

あたしの外がわに

くっついていくのかな

はりついているのかな

とんでっちゃうのかな

*

なんだか つまんない日だねって ぼくが 言ったの。

それなら 楽しい日に 変えてあげるよって

きみが 云ったの。

*

置き去りなんじゃない? 僕の事。

だって つまんないんだもの。

ねむれないんだもの。

*

だって このまんまじゃ 全然意味の無い事だって

よっく 分かってるよ。

それでも どうしようも ないんだもの。

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°
人気ブログランキングへ
↑ポチッとな~☆↑


クリップで 留めたいアート 消えちゃった

Img_3022


Img_3021


Img_1561


いつもの様に 父から着信アリ

メニューバーが消えた
お気に入りが消えた

なんて問題は解決したんだが

Microsoft、Officeの「クリップアート」提供を終了
と いうことで、ようするに、

今まで エクセルで出していた「クリップアート」というのは 
「マイクロソフトオフィス」という会社経由で 
インターネットからひっぱってきたイラストだったわけです。

その マイクロソフトオフィスという会社が 
採算に合わないということで、
このシステムをやめたよ、というニュースであります。

やめた日付が 12月1日とのことで 
今月から うまくイラストが出ない理由は これのようです

この先 どうやってイラストを入れていくか 
そのうち またメールしまーす

なんつって 説明をしたんだがね
エクセルで自分史を作成しちょん父は

シート1つで 既に 千ページ位に
なってるんでは なかろうか

んで、何が可笑しいのか知らんけれども
昔取った杵柄じゃなくって 
昔取った クリップアートは 印刷プレビューに出るが

新たにネットから拾ったイラストだけが
表示されないらしい

色々 試してみたんだが 時間切れ
いや、来年への 宿題ですよ

んもーーーーっ!
寝て牛になりたい お年頃

試しに 別のエクセルブック 立ち上げて
件のイラストを コピペしてもろたら
印刷できたって言うねん

こりゃーもー 印刷設定か
何かおかしいボタン 触ったでしょーっ!!

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

文芸誌「狼」24号発売
みゅうメンバーの ようさん&ゆりの 御夫婦で参加されてます
興味ある方は ぜひ☆

生きそして帰る
ゆりのとのやり取りから生まれた作品
私が 何の気ナシに(?)呟いた一言をヒントに
書き上げてくれたんです。 何か こういうのって 嬉しい☆

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

写真は アラレが降って来たから 慌てて構えてパシャリ☆
大分ズームしてるけどな。 凄いべ?

あとは いつかの小説パイプ もとひ 消雪パイプね
今冬は 小雪とは いかんともしがたい事態の様子ね

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

本当は それぞれが 輝く筈の
星空を 見上げれば 一等星が
眼に映る 確率が 大きいから
何時だって 嫉妬 されるのね

個々に 良い瞬き方を 知って
実践している 星たちの 中で
瞼の先に 睫毛を描く 方法を
編み出した 先駆者が 居るね

瞳の先に 白いパワーポイント
キラキラの マスカラホワイト
今宵 クリスマスを 彩ったら
誰よりも 幸せな 夜になれる

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

詩の発表場所あります
自慢の絵・写真を披露したい方にもおすすめ!

ワタクシすずこが編集している手作り詩誌
ポエムサークル「みゅう」

仲間になり購読いただくと
ボツなしで冊子掲載 & CDトーク → 全国郵送★
見本誌もあります。読みたい方も連絡くださいね。

以下に本誌の写真・詳細を紹介していますので
クリックして御覧くださいませませ~☆

ミュウ 223.224号 完成♪ 

すずこのリンクはこちらから

~いつかの すずザレ~ 藤鈴呼の戯言
過去作も織り交ぜてUPしていきます☆

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

すずこさんって 何時も そう だったんですか?

そんな 質問を されて

そう・・って どう ですか?

なんて 返して みる

何時も ハキハキ してるじゃ 無いですかぁ~

そっか 褒められて 居ると 思おう

何時だって 云われて 来たんだ

「 オマエ 返事ダケは イイよな! 」 って! 

┌┤・0・├┘

★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★ 

だから 叶わなかったとは 

今でも 思いたくは 無いんだよ

結果が どうなっても

祈った 時間は

心は 事実は

消えないのだと

思いたいから

例え 君の 命が

二度と 戻らぬ 刻を 知っても・・・

★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

眠ろうとして 又 立ち上がる

今夜も かすみ目は 消えない

米粒は きちんと摂取 してるからね

決して 鳥目じゃ 無いんだよ

★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

少しずつ 片目を こじ開けながら

これで 幾度目の 目薬を

投入したと 言うのだろう

綺麗な 瞳に 成れなくて

華麗な 心に 慣れなくて

馴れ過ぎた 戯れ言ばかり

だけど それも 毎日じゃあ 無い

★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

そして 今 コンタクト 外した

蛋白質 成分が

いっぱい いっぱい 溜まってた

ついでに 埃も 溜まってタxxx (。-_-。)

★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

こうして 視界を クリアに するよ

¥マークもね クリアに するよ

マイナス伝票 打ち出す 時はね

★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

僕も 出来るコトならば 旅に 出たいと

隣県の 知人からの 着信

マナーモードを 解除してた つもりだったのに

気付けば 設定モードの ままだったんだ

だから 僕は 気付けなくって

夜寝の 目覚めに 気付きたかった

°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

彼女も 旅の 途中

彼女は 旅立った

僕等は 旅を 続けてる

★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

ダンナの グチを 聞いたり

いやぁ 違うね

幸せを 感じられたと 思いたいよ

僕は 何時だって

君の料理に 癒されて 来たから

★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

そろそろ 引っ越してしまう 君へ

もう 一ヶ月も 無いけれど

出来る 限りで

語り合いたいね

★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★
人気ブログランキングへ
↑ポチッとな~☆↑


« 2014年12月 | トップページ | 2015年2月 »