« ヨシアシ | トップページ | 虹の影踏み »

2014年12月17日 (水)

薄いのが好き

Img_0088


Img_0089


Img_0090


紅茶か珈琲 好みの差って色々ありますよね。 
犬派か猫派か ショーユ顔かソース顔か・・・って 
話がズレてますね(笑) 

以前 喫煙してまして、その頃は 
コーヒー&タバコが定番だった気がします。 

ドリップコーヒーをいれてみたり 
夏はアイスコーヒーだったり。

(アイスコーヒーのことをレイコーって呼ぶと知った時は
衝撃でした!) 

紅茶は口の中に残る感じが少ない気がしますので
スッキリしたい時なんかに飲みます。

何故か私の場合 朝イチの空腹時に飲むと 
胃がキュッとなってしまって 
若干 吐き気をもよおしてしまうので 

紅茶と一緒にクッキーなんかを食べてしまったり。。。
ぷくぷく、お肉が踊ります(笑)

写真はデリバリーピザ
ピザの場合は 生地を選べますよね

昔はパン生地が好きでした。
何故か。 量が多くて満腹感を得られたから(単純)

今はクリスピ―が好きだなあ
そして やっぱり窯焼きの方がイイ!

独身時代はね、三連休なんてあろうものなら
Lサイズのピザを頼みまくって そのまま引き籠り

パズル完成させたり 読書したり パソコンしたり
いや、殆ど みゅう編集していたかも知れない(笑)

ポテト、マックではSサイズのみ販売になったようですね
アメリカ西海岸って単語がチラッと耳に入って

何事かと思ったら
労使交渉により安定供給が難しいのだ、とか?

ポテト、究極に食べたくなる瞬間があります
ハッシュドポテトとはまた違うハマリ感があるんだよなあ

オーロラソースって言うんでしたかね
ケチャップ&マヨのディップも好きだなあ~。

とどのつまり、ワタクシは
珈琲派で猫派でソース味が好き。。。あれ、食欲になってる(笑)

するってえと タイトル「薄いのが好き」ってのはアレだな
クリスピ―「生地」のことを書いたんだが「記事」的にはアレか。

感情は薄いより熱い方が良いに決まっとるし
味も濃ゆいのが好きな気がする~♪

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

詩の発表場所あります
自慢の絵・写真を披露したい方にもおすすめ!

ワタクシすずこが編集している手作り詩誌
ポエムサークル「みゅう」

仲間になり購読いただくと
ボツなしで冊子掲載 & CDトーク → 全国郵送★
見本誌もあります。読みたい方も連絡くださいね。

以下に本誌の写真・詳細を紹介していますので
クリックして御覧くださいませませ~☆

ミュウ 223.224号 完成♪ 

すずこのリンクはこちらから

~いつかの すずザレ~ 藤鈴呼の戯言
過去作も織り交ぜてUPしていきます☆

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

遺 言


何時かは書かないといけないな
そう 思ったことは 無いだろうか

●最後に 呼びたい人のリスト

・・・実際 自分は 居なくなっているので
分からない と 言えば それまでだが・・・

または 

●居なくなった今だからこそ 
   あの人に言える本音

・・・良くも 悪くも
色々な事実が 想定されるな・・・

●相続問題

・・・特に 金絡みで
人間は 如何様にでも 豹変するのだとか・・・

アナオソロシヤxxx

*

大金持ちなら 問題ないのよ?
世の中にゃ~

" 相続税が 沢山 捕られる! " って
お怒りのマダムも いるだろうが

元々 沢山 有るならば
取られたって
生活に 支障は 無いじゃない?

" 今までの 生活レベル " を
維持するか 否か の
問題かも 知れないけどね

でも 元々 少ない 現金と
例えば 持ち家が 有ったとして

相続税が 払えなくって
住処を 奪われた

そんな 話を 良く 聞く

億万長者ならば 困らないんだ
保険だって そうだろう? 

大金持ちならば 病気になったって
支払い能力が 有るんだし

お金が 無いからこそ
保険に 入るんですよ!!

・・・かつての セールストーク・・・ 

*

そう言えば 先日 テレビで
森を持つ姉妹の 番組 してたな

千葉県の 関さんの森 と 呼ばれる
大きな私有地が 有るらしくって
其処は 先祖から続く 広大な土地

一般に 一部 寄付の形で 開放してるが
数十年前から 国道を通す話があり
そのルートを巡って 紛争してるとか

母屋や 樹齢の長い大木を 残し
出来る限り 森の外側を 通すように 
要望してるらしい

まぁ この場合は 
土地と言う名の 資産が有り
これは 憶測に 過ぎないけれど
固定資産税も 高い筈なのに
土地を 寄付で 賄えてるのだから
お金には 困ってないのかも 知れない

*

億万長者ではないからこそ
自分の手元に 残るように
しなきゃ いけないんだろうな

そんな ことを 母に教わって以来
考えてた

母は言った
先が 長いからこそ 大変なのよ
今 若くて ラブラブな内だからこそ
二人で 話し合える 問題なのよ

父の実家は 農家だ
父の両親が 亡くなった後で
父は 兄弟と 遺産について
話し合ったらしい

兄弟は 数人おり
皆が 相続すれば 
農家 継続が 難しく
自宅も 売却しなければ
兄弟で 財産を 分割できないかも 知れない

と 言うことで
遺産放棄 と言う 方法を
父は 提案 したんだとか

悲喜こもごも・・・って
この場所に 相応しくない?! 

*

母の話を元に
彼に 話したところ
夫婦相互遺言を 書こうか という話に
まとまった ・・・ のが 去年ぐらいかな

何でも 私も 詳しく覚えて無かったし
普段は 意識 しないことだけど

私の記憶が 確かならば・・・
子供のいない夫婦だと

片方が 死亡した場合
配偶者 2/3
両親が 1/3

両親が既に 亡くなって居る場合
配偶者 3/4
兄弟が 1/4
           らしい。

遺言には 2種類あり
自筆の遺言 と 公正証書の遺言

自筆は 自分で書けば良いから
割と簡単だが

正式には 遺言を開封する際に
裁判所に 届出が 必要なので

文書の形式から 外れた書き方をしてると
遺言として 認められず
効力が なくなる場合も 多い

公正証書の場合は
公証人に依頼することと
証人2名の同行が 不可欠
勿論 費用も 発生する

こんな感じだったと思うけど
間違ってないかしら。。。//δ⌒▽⌒//

*

遺言ってね
余計な争いを
誘発する 場合も
有るんだろうけど

残された人達が 納得して
円満に 送り出せる システムでも
有ると 信じたいんだ

勿論 私の周りの 人達は
とっても 良い 人達だよ

争うことだって 無いって 思ってる

何だろうか
万が一の 時の
保険と 一緒なのかも 知れないな

*

何れにせよ 本格的に 考え始めたのは
去年辺りだったけれど

身に染み始めたのは
やはり 越して来てからかな

自分が先に 居なくなっても
彼は 仕事が有るから
私ほどは 困らない気が するけれど

私は 今のところ 定職に 就いてないし
年を 重ねる毎に 正社員の 就職で
自力で 生活を して行くのは
困難に なるだろうな、 と。

勿論 彼も 自分も 元気で
ある程度 貯金も 出来ている時期ならば
心配は 少ないだろうが

互いに 病を 抱えたりなんかして
出費が かさんだり
今後 税金も どんどん上がるだろうし
云々・・・。 

人生 何が 有るか 解らんしなぁ
とか 色々 考えていた矢先・・・


市町村発行の広報は
それぞれ 有ると 思うけど
こんな情報が 掲載されていた


公証人 遺言・相談等の無料相談

○月○日 午後○時~○時
会場:市民相談課
※希望者は直接会場へ
問:○○地方法務局 (電話番号)


よし!_( ̄▽ ̄)ノ彡! これだ!!
何か 本格的なこととか 聞ければ良いし
取り合えず 下書きしていって
間違いないか 見てもらお♪

決定~( ̄▽ ̄~)(~ ̄▽ ̄)~

*

当日 すずこは 朝から テキパキ(?)
家事を 済ませた

♪いそいそ♪いそいそ♪

天気は曇りがちで 午後は雨の予報が
出ていた

( 何か 軽く だっりぃな~ )

・・・Zzz・・・仮眠中・・・zzZ・・・

♪でっ♪でぇ~♪でっ♪

  ※ いいともオープニング音

( やっべぇっ\(◎o◎)/! 行かんと”! ) 

すずこは いそいそと 出掛けた

♪いそいそ♪いそいそ♪

何時もの様に チャリンコで 颯爽と
駆け抜ける すずこ
今日も 元気だ

。○ ふわ~り ○。

ん? (☆。☆)
すずこの鼻先を掠める 甘美な香り

( こりゃ 何だ?! )

ローズ風味だな・・・。
辛苦の、もとひ、深紅の薔薇やなくて
ピンク色の まろやかな香りに 似てるかも?!

でも ちょっと 違うな・・・
もしかして これが かの 有名な
キンモクセイでっかっ\(◎o◎)/!???

※ すずこは かの花の香りが 解らぬ

ん~ 今まで 感じたコト 無かったもんなー
トイレの芳香剤で 良く 有るみたいだけど
それが 本物と どれ位 似てるのかも
解らないし・・・

見ると 目の前に 大きな木。
オレンジと金色の 混ざったような
小さな花びらが くっついた花から
その香りが漂っていることを 発見!

思わず チャリを止めて
鼻一杯に ステキな空気を 取り入れて
に・ん・ま・り・( ̄ー ̄)

さて⊆|∵|⊇ ツカミはOK?!
出陣だ!_( ̄▽ ̄)ノ彡!

♪ガタン・ゴトン・パタン・ポトン♪

本を閉じる音と 傘から落ちる雫を加味

駅までは かろうじて小雨手前。
法務局の最寄り駅で降りた頃には
土砂降り ( - _ - メ ;)

手持ちの 折り畳み傘を 広げ
大股闊歩

♪傘がキノコ♪傘がキノコ♪

すずこのイライラ・レベルが
1ポイント 上がった

風が結構 強く 何度もキノコ傘と 格闘し
ようやく 法務局に 到着

♪キン・コン・カン・コン♪

とは 聞こえなかったけれど 案内嬢に尋ねる
「 市民相談課は どこですか? 」

--市民相談課は 市役所では ないですか?

ぬわに~ぃ?? (-ヘ-メ)
という気持ちを 心の引き出しに そっと仕舞い

「 相続等の無料相談会の案内を見て来たのですが 」
--それでしたら--○○へ・・・

場所を聞き その部署へ到着
一抹の不安も 引き出しに 閉まっとこう・・・。

グルリと見回すと 普通の営業中のようだし
相談会の雰囲気では無いなぁ。。。

案内に出て来てくれた女性と 似た様な やり取りを
繰り返すが 女性の表情を 見ると
ハテナマーク ポカーン。 

持って来た 広報を 手渡す

暫く待つ間 
女性は 奥の方で 別の女性と 会話後
電話を 掛けている 様子

ようやく戻って来た女性 曰く
-- あの、こちら
 お住まいの地域の役所が会場のようです・・・

\(◎o◎)/ \(◎o◎)/ \(◎o◎)/

すずこの 機嫌は 
3ポイント 悪化した ( ̄へ ̄♯)

心穏やかな女性が バツの悪そうな表情を浮かべて
言ってくれた。

-- すみませんね 折角 こちらまで
電車賃かけて お越し いただいたのに・・・

な・・・何て優しい お言葉 (。-_-。)
あ、貴女の責任(セイ)じゃ ないです (┬__┬)

*

楽しい 遠足の 前日
ワクワクして 止まらない

皆で 広げる お弁当
美味しくって 仕方ない

お喋りしながら 山登り
キャッキャッはねて 川下り

行きはよいよい 帰りは疲れ
家に着くなり バタンQ~~

帰り道は 行きと違って
楽しみも 薄れたけれど

今日 一日 
とっても ステキ だったから

満足して 
良い夢 見れる 気がするね

*

出掛けるからには 
何か 理由が 有る訳で

トンボ帰りを するなんざー 
アウト・オブ・眼中

・・・って言葉を 使用すると 
年が暴露(バレ)るって

新聞だかに 書いてた記憶が 有るが
スルーして おこう ┌| ∵|┘

楽しくも 美味しくも 無ければ
収穫も ナッシング

帰り際の 風雨
何か 行きよりも 激しくね?

すずこの 怒りは
中レベルに 上昇した (-ヘ-メ)

♪ボク・きのこ♪傘太郎♪

能天気な骨組みを 分解してやろうか
と ♪揺れる~想い~♪ を
かろうじて 抑えながら 格闘する私を
怪訝な目で見る 若者・・・。 くっそ。

相談会の時間を 眺めて
一瞬 迷ったが

駄目モトで 舞い戻って みようか!
と 決断したので

ショッピングも 何もせずに
漱石さんは 飛んで行きましたとサ。

いや、なぁに! 電車窓越の風景を 堪能する
のどかな午後旅サ♪って思えば・・・

♪イライラっ♪カリカリっ♪ライライッ♪゛

電車内で 脳内一休ランプ 全開☆ 
で 計測した処に 寄ると・・・

駅から チャリで 自宅に 戻り
再度 車で 役所まで 行ったのでは
間に合わぬやも 知れぬ

順調に 行けば 間に合いそうだが
窓越しを 楽しく 叩く
この 雨粒を 見よ!!(・・・ダレ。。。)

彼等が 我の身を 激しく 打ちつけたら
駅から 手押し自転車に なるぞ!

しかも 役所の 駐車場も
この時間帯なら 混んで 居ようゾ!

♪か~くなる上は~~ぁ♪ 
( 少し(←何時ものコト?爆) 可笑しくなってる)

自宅の 最寄り駅ではなく
役所近くで 降りて 歩くか?!

って 距離 どんだけやね~ん 
♪(〃゜▽゜)ノ□☆□ヽ(゜▽゜*)♪.

携帯で チマチマと地図検索してる内に
時間は 過ぎ---

たまたま 快速に乗れた為 
少し 時間を 稼げたので

ええい! ままよ! と チャリで役所へ 行くことを
決断し 決行。

♪チャリン・チャリ~~ン♪ギギ・・・

ブレーキの アブラ 足りんなぁ。。。
アタシも カルシウム 足りんかも 知れんがなっ!!

ようやく 役所に 到着。
粘り強い A型成分を 
唇に ベットリ 粘着させつ
相談課にて 女性に 愚痴る 

「・・・という訳で 法務局まで行き 戻って来たんですよ」

あら それは 申し訳ありません とか 言いながら
女性の説明を 聞くと

法律相談は 国の主催だから 問い合わせ先として
法務局の電話番号を 記載したのだと 言う

良く考えれば 役所の広報なんだから
役所が 会場だって言うのは

・・・冷静に 考えれば 解る筈かね・・・

相談後の 帰り際にも この女性は 謝ってくれて
今後の記載を検討する と 言ってくれたのだが

「いえ・・・勘違いするの 私だけかも 知れませんし
 かえってすみません♪」

なんて 作り笑いで 出て来た ア・タ・シ。
そう この頃には 腸が 煮えくり返って
味噌汁も 不味くなるわっ てな感じだったんだけどね。

それも これも 相談した甲斐が 無かったからで。

専門家が 数名いたらしく、それぞれ個室になっていて
番号札を渡されて 一つの部屋に 通されて
質問をする 格好だったのだが

まず 家族構成を 説明し 
相続の基本を 確認しようとしたら

--それは 税務署へ 行ってください
そもそも 何が聞きたいんですか?

( だから今から説明すんだろうが!!” )

聞きたいのは 遺言の確認だ と
手書きの書類を 差し出したら

--責任取れないから 何も言えません

言い訳としては 裁判所の確認が入ることと
公正証書であれば 対応する とのことで。

「 では 内容に関しては 基本的なことも
  一切 教えていただけないって言うことですか? 」

--申し訳ないが そうですね。 
不案内だと おっしゃるなら
甘んじて その言葉を 受け止めます

( 広報を 出しながら )

「 ここにあるように 遺言・相続等の無料相談
  と 書いてあるから 伺ったのですが、それでは逆に、
  何であれば 教えて いただけるのですか? 」

--それは、ですから、公正証書という形であれば---

・・・と、必要書類なんかが書いてあるビラを 取り出し 
証人が必要であることなどは 説明して くれた・・・

ま、要するに 私が 聞きたい 中身の問題は
答えられない オンリーの 回答だった訳ですな。

ここで思った。
何だ、専門家の営業か?! ここは。

--他の部屋の方は 教えてくれるのかも 知れませんが
  基本的に 責任 持てないから
  私は お答え 出来ないんですよ。

なんて 言われたし。
帰り道 土砂降りで 眼鏡から滴る雫で ずぶ濡れだし。

踏んだり 蹴ったり ラジバンダリ~♪ 

(-ヘ-メ) (`ヘ´メ) ( - _ - メ ;)  ( ̄へ ̄♯)

すずこの 経験値は 1ポイント 上がった
収穫は マイナス 5ポイントな 一日で 有った

夜 彼に 報告すると 
何処にも寄らずに 電車賃かけて 何してたんだ
と 呆れ顔 。。。//δ⌒▽⌒//

・・・ アナタハ ユイゴン カイテ  イマスカ ? ・・・

♪ ちゃん・ちゃん ♪

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°
人気ブログランキングへ
↑ポチッとな~☆↑


|

« ヨシアシ | トップページ | 虹の影踏み »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 薄いのが好き:

« ヨシアシ | トップページ | 虹の影踏み »