« 哭かない砂  | トップページ | こんにゃく »

2014年12月11日 (木)

新潟の感じ

Img_1029


Img_1030


Img_1031

今朝のラジオで
「新潟を漢字一文字で表すと」と言う話題を聞いた

事前アンケートの結果によると 
トップ3は以下の通り

 米  雪  白 
うん、大抵 似たようなイメージなんですよね 

って 違うだろっ!

私が真っ先に思い浮かぶんは「長」
なあ? これしかないだろ??

イタリアは「靴」だしさ
春夏秋冬 これなら 変化ないじゃろうが♪ 
と思うんですけどねー

糸魚川ならば どうなるかなあ、考えてみた。

「緑」 ヒスイのイメージ
「黒」 ブラック焼きそば
「黄」 海沿いなんで チャリも車も錆びるのよ(涙)

全部 色じゃん(笑)

この時期からは 消雪パイプが稼働するけん
道沿いに雪が積もると 真っ先に黄色に染まりますからね

まあ 錆びや鉄の成分は 茶色の方が近いかなあ
道も茶変色していたりして 閉口する

が 何よりも閉口するのは 
アーチ状になった消雪パイプの水じゃ

運転してて ワイパー付近まで上がってくるって 
どんなんよ!?

ちょっと ハリキリスギデスヨネー

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

レガ子とともに 小旅行

出発直後 トンネルの中で 妙な音がする
なしたん!? と 驚愕するも 
高速だけん 直ぐ停まられん

最初 運転席の上の方で 
バタバタ音が聞こえてたんだわ

ん? 鳥の羽根でも絡み付いて 
車体にバタバタ打ち付けちょん?!
と思うも さにあらず

今度は 下か? よもやパンクか?
と 戦々恐々

トンネル途中の待避所に停車するも スペースが足りず
なかなかチェックが出来ん

真横をデッカイトラックが駆け抜けて行く中 
旦那が覗きこんだ

写真の状態になっていた訳ですな
で、次のパーキングでカットしましてん

当日は 寒波到来で
大分酷い雨もありまして

ただでさえ外は五月蠅い上に 
トンネル内は騒音だべ?

そんな中で これ程の音が響くとは・・・
と 焦ったけれど 一安心

面白いのがね 音の聞こえる場所
いつも思うのは 緊急車両が通り過ぎた後
聴こえ方って変わりますよね

方向も然り。 
真逆から聴こえているように感じたりもする

あ、痛みもそうだったな。 

歯医者行った時に
「下の歯が痛むんです」と言ったら 
上だったりしたっけ(笑)

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

詩の発表場所あります
自慢の絵・写真を披露したい方にもおすすめ!

ワタクシすずこが編集している手作り詩誌
ポエムサークル「みゅう」

仲間になり購読いただくと
ボツなしで冊子掲載 & CDトーク → 全国郵送★
見本誌もあります。読みたい方も連絡くださいね。

以下に本誌の写真・詳細を紹介していますので
クリックして御覧くださいませませ~☆

ミュウ 223.224号 完成♪ 

すずこのリンクはこちらから

~いつかの すずザレ~ 藤鈴呼の戯言
過去作も織り交ぜてUPしていきます☆

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

― 悲しいこと ―


1. 固まった氷が 溶ける瞬間

    その下に住む 水溜り


2. 悪戦苦闘の ホームページ

   削除された 翌日


3. 失った メールアドレス

   復旧 不可能 (-_-)゛

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★

暑い 暑い と うだるより

台風の目に 飛ばされて しまおうか。。。?

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★

あたしも いつも カキカキに埋もれてた ニンゲンだケド

最近 新しい部屋を作成するに当たっては

オフラインで 一人 出来上がりページを 連想しては

ニヤけたり(?) つまづいたり(?) → 人生に?!(爆)

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★

華が咲いて

僕は笑って

君も少し 

はにかんだ


そよ風の 運ぶ歌

少しだけ 届けてみたい

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★

冬の訪れを 待ち遠しく感じながら

心は何時だって 真冬だよって

財布の中身を 覗き込んで みたり。

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★

嫌だねぇ あの黒い物体

ゴキブリも テカテカしてて

見たコトなんて 無いけれど

出来れば 出会いたくは 無いんだよ

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★

涼しい顔して

「少しも辛くなんて 無いよ」 だなんて

その笑顔の隙間から

又 汗が 吸い落ちるね

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★

勇気と 真実と

どちらも 選べないから

偽りの道を 選んだ日々


ときめきを 忘れて

思い出した瞳に

涙が 光った

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★

疲れた体を支えながら
君の待つ部屋へと 辿り着いた

カーテンは 閉めっぱなし
僕は 火照りっぱなし

そんなカラダを 自分の両手で 抱き締めて


今日も眠る
明後日迄は
予定が 
詰まって居るから

「珍しいね」 と
君は まるで
愚痴でも 零すかの様に


僕等の永遠は
こんな風にして
少しずつ 遠去かるけれど


君の言うところの寿命だけが
ニンゲンの イノチじゃ 無いね

もっと 楽しもうって
何時だって 思えた 筈だね

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★

人気ブログランキングへ
↑ポチッとな~☆↑


|

« 哭かない砂  | トップページ | こんにゃく »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 新潟の感じ:

« 哭かない砂  | トップページ | こんにゃく »