« あれよぶす | トップページ | これがホントの濡れ落ち葉 »

2014年12月 3日 (水)

まどれ~ぬ

Img_0992


Img_1005


Img_1006


FNS歌謡祭を眺めながら打ち込んでいますが
アップテンポな曲を聴いたり 甘いものを食べたりすると
自然と頬が緩みますよネ☆

緩むのは それだけにして いただきたい
決して ベルトが緩み続けるのは・・・

あ、それじゃ 変質者か(爆)
ベルトの穴は広がり続けるのよね~っ。

あ、脱線しますけどね? 
昨日 テレビを見ていた旦那が
突如 話し掛けて来ましてん。

「----だって、分かった?」
な、ナニガダヨ、聞いてねーよ

ベルトって 痴漢撃退グッズになる、と
紹介していた様子

「覚えとけよ、何かあったらベルトで殴るんぞ?」
と言われたんで、今はムーリーと思った

普段はね、ロッカー風って言うの?
金属めっちゃ入ってるベルトしてるんだけど

最近・・・寒いじゃないの~? 
だけん、端折ってるんですよね

こないだユニクロで 
裏起毛の もっこもこパンツを見つけまして

これだと ヒモがついてるけん
ベルト通しもないし つけられないのよねー♪

旦那はいつも居間の座椅子にドカッと座り
目の前のテレビを眺めているけれど

私は隣室の隅から 居間の端にあるテレビを
眺めてますからね

ちと距離があるし 
何てったって 集中力のない女なんで
いつも「ながら観」が癖でして。

パソコン打ち「ながら」とかね、
そーゆー感じで

あ、これじゃデカダン発想よねぇ~ 
それは発送してまって

集中力云々ってよりも
「時間を無駄にしたくない女」

うん、こっちの方が より格好良ぐね゛?
(勝手にして~ん♪)

今回 初試食と相成ったのが
写真のまどれ~ぬ☆ いただきものです。

私の退職日は先月末で日曜だった。
休日だったのに
わざわざ来て下さったんですよ。

前日 大分迷惑かけたと言うのに・・・
もう感涙です。

でも食べる時は にやけてしまった事を 
どうかお許しください(笑)

シールに描かれている 糸魚川ゆるキャラは
「ぬ~な」と「ジオまる」

ゆるキャラで思い出したけど 
今日「こばやっし~」とか見たゾ。

ふなっし~を若干パクリがちなネーミングですが
小林幸子さんのキャラだそうで。

ふなっし~に直撃した時の第一声が
「色が多すぎて テーマ色が決まらないのでは」
と言う台詞

インタビュアーも
「流石 見方が違いますね~」
と 言うちょりましたが 
ホントそうだよね。

仕事していても 良かれと思う目線で実行した事が
経営側から見るとツッコミ処満載だったりすることって
良くありましたもん。

あーそーゆー目線なのねー と 
遠い目で眺めていたような(笑)

まあ色々な立場で十人十色の企画力を以てしても
盛り上がらん場合もあれど、
発想の転換って大事ですよねー。

ゆるキャラ・・・私が作るなら 
「みゅう」か「すずこ」モチーフになるだろう? と
考えてみた

みゅうたん・・・うーん 可愛らしすぎ?
すずまる・・・うーん 名前勝ち(?)して
丸くなっていきそうだから止めとこう(笑)

*

アメショー風の雑種ちゃん、みゅうと名付けて
半年ほど 岩手時代に飼っていました☆ 

だからかな 何となくアメショーが一番好き。
飼うなら それが良いなぁ~と。

でも旦那はスコティッシュでしたか 
耳たれているんが好き派なんですよねぇ♪

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

カレーはハズレがないと思っていますが
中身やルーをかえると

幾通りもバリエーションがあって
奥深いなあと思います☆

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

詩の発表場所あります
自慢の絵・写真を披露したい方にもおすすめ!

ワタクシすずこが編集している手作り詩誌
ポエムサークル「みゅう」

仲間になり購読いただくと
ボツなしで冊子掲載 & CDトーク → 全国郵送★
見本誌もあります。読みたい方も連絡くださいね。

以下に本誌の写真・詳細を紹介していますので
クリックして御覧くださいませませ~☆

ミュウ 223.224号 完成♪ 

すずこのリンクはこちらから

~いつかの すずザレ~ 藤鈴呼の戯言
過去作も織り交ぜてUPしていきます☆

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

解り切っては 居たけれど

少し ボケてあげた方が 良かっただろうか

速攻で 同じ時間帯を 眠らずに起きている君へと

一つの言葉を 送りつける。

問題ならば もっと 難しく

恋愛ならば もっと 激しく

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:

ここで 明かしてしまっても良いのかな?

キミの想像に 任せるよ

その方が 楽しいんだろう?

まだまだ 機が熟してないからね。

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:

心地良い愛撫って

一体 どういうのだろう

もう 想像だに つかなくて

キミに 身を 任せている

「どうにでもして」 って

恥じらいながら

告げた日も 有ったね

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:

笑いながら 目が 死んでしまっていた日々

怒りながらも キミを 許してしまう 醜い自分も

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:

知らしめられた恐怖に身を焦がすよりも

出来る事ならば 火傷程度で 済ませたいよね

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:

失敗するから人間は

生きていられるのかも 知れない

最高の一言が 出来上がってしまえば

私の生きる術を 失ってしまう事と おんなじで。

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:

絶対と言う言葉は無いけれど

キミには 三年後と告げた

その三年の時間の経過は

思ったよりも 永いのかも知れない

永遠と言う時間の中で

キミから 与えられた事が 多すぎて

目を覆いたくなってしまう事実も

身の焦がされる程の 愛しい時間も

終焉のチャイムを 待ってゆく

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:
人気ブログランキングへ
↑ポチッとな~☆↑


|

« あれよぶす | トップページ | これがホントの濡れ落ち葉 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: まどれ~ぬ:

« あれよぶす | トップページ | これがホントの濡れ落ち葉 »