« 一足お先に卒業式 | トップページ | 石狩風鍋 »

2014年12月 1日 (月)

コルクのときめき

Img_0872


Img_0823


Img_0824


温もりを下さい
体内に流れる血を感じたくて
赤ワインを空ける
表面張力の隙間から
記憶達が零れ始めて
切ない

カーテンを開けたら
レースの向こうに
やわらかな日差しが広がる
そんな連想とともに
微笑 称えた

揺れるブランコは
いつまでも一人風
仲良く伝わる 横向きの丸太を
切ってしまったら
シーソーみたいに
二人いないと 楽しめないなどと
決め付けないで

ロゼ 夕闇を迎える少し前
虚ろな気分で飲み干す味に似て
嗚呼 その為に
存在するかのような
潮騒が 遠く 浅く
揺れた

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

写真解説 ときめきの光景

晩秋の不動滝と私・・・の方に
ときめいて欲しいモンだが

旦那が色めき立つのは
滝を見つけた瞬間なんだな(笑)

あのヒト ドライブ途中に水モノ見つけっと
奇声あげっからよ☆

んでもって このヒト(私)は 
サンズイのモノを見かけっと
ニヤニヤするんや

え゛? サンズイのモノって言うのはですね、
父の表現でして
酒のコトだわっはっは。
(シラフですよって念のため)

私がときめく光景はですね、高速の柱に絡まる蔦
ツタ系が大好きなのよね 

この時期は紅葉しちょん
色付いた姿も可愛らしいっ♪ ゾクゾクするわ。

あとは海沿いの景色も良いよね
もう すっかり慣れちまって

「海までドライブするぞ~☆」
って言いたい気持ちもなくなったけど 
(昔は良く言ってた台詞)

だが 近いからと言って 
いつも見ているとも限らんところが
不思議なんだよねー(遠い目)

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

詩の発表場所あります
自慢の絵・写真を披露したい方にもおすすめ!

ワタクシすずこが編集している手作り詩誌
ポエムサークル「みゅう」

仲間になり購読いただくと
ボツなしで冊子掲載 & CDトーク → 全国郵送★
見本誌もあります。読みたい方も連絡くださいね。

以下に本誌の写真・詳細を紹介していますので
クリックして御覧くださいませませ~☆

ミュウ 223.224号 完成♪ 

すずこのリンクはこちらから

~いつかの すずザレ~ 藤鈴呼の戯言
過去作も織り交ぜてUPしていきます☆

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

一ヶ月に 一度
本社の人間達が 監査に訪れる

あの日は 午後になって
イキナリ 彼女が 言ったんだ

社長が 来るんだって
ちょっと トイレ キレイにして来てくれない?

他人を 見るならば 足元
店を 見るならば トイレ

しもじものものたちは よねんがない
きれいに ぴかぴかに みがきあげて
ほら 完成

それで 一生懸命 
デッキブラシ ゴシゴシ

男子トイレから 出た瞬間
大きな声が 響いた

おはよう!

瞬時に 
いらっしゃいませ♪ と 応えたボクだけど
あれが 社長 だったんだろうか・・・

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

パソコンの画面と 目の高さは
同じ位置に有るのが 理想だとか。

ワープロ教室に 通い始めた頃に 
そんなコトを 覚えた

キーを見ずに タイピングするコトを 
ブラインドタッチと 呼ぶのだとか

私の知らない世界の用語が
沢山 散りばめられて居て

一つ 覚える度に 
何となく 賢くなった 気がしたモンさ

自分しか知らない 言葉ばかりを 連ねるのは
意味が無いと 分かって居て

少し 上級の自分に 
成りたい 慣れたい自分を 演じて見れば

当たり前に 相手が理解してくれるとも
限らないから

鍵盤の上限は ドの音なのか ドの音なのかが
分からない

半音が 黒い理由や
シャープの隙間に 彩られた音が 分からない

コキコキ鳴る 理由が 分からない 
此れは 肩の話だ

四十肩には 未だ早いだろうと 思いながらも
始終肩に 悩まされそうな現状には
辟易してしまうから

コーヒーが 落ちる間に
少し 腕を 回して見たよ
目を回して 倒れこんでしまう 一歩 手前でね

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

朝から キレイな花びらに 癒される日々だから
何となく 早起きをして しまうのでしょうか

いえ 違います
理由は 至極 簡単で
今日は ゴミの日なのです

そんな言い訳を 思いついて居ると

テレビの向こうで 
お天気キャスターが 告げました

今日は 曇り空で 
夕方から 雨が降る場所も 有るでしょう

嗚呼 折角の 早起きが 台無しに なっちゃった 

少しだけ 不貞寝気味

でも 今 起きたばかりだから
又 布団に入る訳には いかないわ

だって 折角 干したんだもの
せめて 午前中は 
太陽と 会話させて あげましょうね

だって 今日は あなたが 帰って来るから
一週間ぶりに ふかふかの夢を 
見せて あげないと♪

窓から 外を 眺めたら 
小学生が 通学途中

行き交うのは ゴミ袋を持つ 
近所の おじさん

にこやかに笑う おばさまの 心の中は 複雑で
チリトリの中に 隠し持っているのは 闇か 正義か

ブタの 貯金箱ダケが 知っている
キョロンとした 目の奥に 
大切な 思いだけを 飼っている

視線を落とせば もう 赤くしぼんだ 
朝顔が 眠ってる

まだ 起きている 青色の花びらも 
元気なく しおれそうな刻

っと カーテンを閉めて 
明かりをつけて しまおうか
ボクは 本気で 迷っている

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

あさがおに いやされてますよぉ。
今年は お隣の庭から 遠征してきたみたいで
首を伸ばして 覗きこまなくっても 見れるのが 
ラッキーポイントなの★

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

沢山の名前を 使い分ける楽しさ
今日は どの衣装を 纏おうか
そんな 気分に 似ている

本当は 裸の自分で 居られるのが
一番だろうに
そう 思いながら 
矛盾を 感じる 瞬間が 有るね

じゃあ 裸で 歩けますか?
答えは 否

法に 触れるから とか
寒いから とか
恥ずかしいから とか
言い訳を 考えるけれど
どれも 違う 気がしてる

素のままの 自分 と 言いながら
何処か
オブラートのかかった世界を
見詰めてる

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

値札って 剥がれ難い イメージが ある
中古商品を 販売する際に 頼まれた

包んでください
良く 耳にする 言葉だ

どんな状況で 耳に するかってぇと
誰かが 告げている 状況では なく

贈り物として 買う場合に
店員さんに 言う 
自分の 声だ

今回は ゲームソフト 販売時に
お客様から 言われた

生憎 プレゼント用の 包装は 行っておらず
適当な袋が 見当たらない

唯一 有る袋は 
閉じる部分に リボンが埋め込まれていて

リボンを結んで 閉じれるタイプの
紙のような 布のような 袋だったのだが

ソフトが 大きすぎて 入らない
Σ( ̄□ ̄)!

値札シールも 剥がす必要が 有る
自分で 加工する時に やり直したりして
簡単に 剥がせること 体験してたのに

会話の中で テンパっちゃって
もしかしたらキレイに剥がせないかも 云々
と 告げた

曰く
ドライヤーあれば 大丈夫でしょ?

ど・・ ドライヤー・・ 
店内に 無いでしょ。。。//δ⌒▽⌒//

恐る恐る 剥がして
キレイに ペリっと 剥がれて
気分爽快 (*⌒▽⌒*)

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

ブラインドタッチを 覚えるのは
しょっぱなに 限る
私の場合は ワープロ教室で 実践した

今日び、わーぷろて!!!
なんて 思わないで 欲しい
当時 30万円も したんだ

おじいちゃんが 援助してくれて
買って もらえたんだ

今や 液晶タイプが 多いけど
昔のテレビみたいに 
奥行きが すんごく有るから

ワープロ用のデスクを 購入したけれど
本体を でんっ♪ と 置くと
手前に 何にも おけなくなって
しまうような(笑)

先日 パソコンで 
メール文書を タイピングしながら
彼女が 呟いた

あ~もう 今日は 色々と
打ち込むことが 多くって
KEYの場所も 何となく 覚えたけれども

もともと 見ないで打つのが 出来ないから
こう 量が多いと 疲れるんだよねぇ~。

レジ業務をしていた 私は 咄嗟に
タイピングなら得意ですから 代わりましょうか
と 提案したくなったのだが

そう言えば 腱鞘炎だった
って言う前に このパソコン 

ローマ字入力から
動かしては イケナイんだから 

私が打ち込んでも
そんなに早くは ならないってば・・・
と 自爆したまま 

喉元まで出た台詞を
引っ込めたんだ---- (┬__┬)

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

ブラインドタッチに 慣れるため
アーティスト入力をするって 上手い練習方法だよねぇ、
綴りも両方 覚えられるっていう♪
アタシの場合だけ?
うーん 洋楽に疎いからなぁ。。
ならば 邦楽は得意なの? なんて 聞かないでね♪

腱鞘炎、固定したけりゃ ギブスしろ(┬__┬)

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

看板を掲げたら
嗚呼 そうなんだって

言葉一つから
妄想が広がり

偏見が生まれる
偏見は育つ
偏見は広がる

広める口が有る
聞く耳を持つ
誰かが居る

襖の穴なんて関係ないと
ブラインド越しに
呟いたところで
意味が無いから

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°
人気ブログランキングへ
↑ポチッとな~☆↑


|

« 一足お先に卒業式 | トップページ | 石狩風鍋 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: コルクのときめき:

« 一足お先に卒業式 | トップページ | 石狩風鍋 »