« 2014年11月 | トップページ | 2015年1月 »

2014年12月

2014年12月27日 (土)

椀プレート

Img_3008


Img_3007


Img_3009


いや 変換が違いました、
ワンプレートって良いですね。

色々な食材が仲良く並んで、
邪魔をし過ぎず 互いを引き立てる、

人間同士も そんな間柄であれば
最高ですよネ。

変換間違いついでに「椀」プレートはイケるんだろうか、
と考えたけれど

深みのあるものは
並べ方に よっぽど重きを置かないと 成功しないかなぁ~

ワンつながりで わんちゃんが喜ぶプレートって
どんなんだろう・・・
ワンチャンは飼ったことありませんが・・。

写真は サントモックの ワンプレート
クリスマスイブ・ディナー

クリーム系の下には 香ばしいピラフ
生野菜 わさび菜 ラディッシュ系 豆が乗っていて
口直ししながら 食べ進める 愉しさ

デザートは お店のお姉さんのサービス☆
野菜で作ったプリン

乗っかっているのは カボチャの種風の色合いですが
ぶ・ど・う なんですって♪

どおりで「ちょっと食感がレーズンかな?」って
思った訳だよ。

こちらの食事は 何を頼んでも 満腹になるし
何よりも 彩りも種類も豊富で 大満足なのです☆

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

左右の階段に積もる雪 


昨日のと 一昨日のと 
明々後日の雪は
積もる手前で 出番待ち 

握りしめる欄干に にじり寄る 
この空気感で 

いっそ 溶けてくれないかと 
願い 込めながら

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

小さな幸せから大きな幸せに繋げていける生活を
心掛けていければ 

些細なことでも
倖せの芽を摘む作業を惜しまずに 
幸せ発見の眼も
養っていけそうですよネ☆ 

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

天国の母からのプレゼント

ステンドグラスのような様相を呈したグラス
背景が透明ではないところが余計に映える模様ですネ☆

右側の模様が 何かの生き物のように見えて仕方がありません(笑)
目玉が四つ、新種のカタツムリ?!のような妄想も止まりませ~ん。

ひこまるさん、(とお呼びしても構いませんでしょうか
不都合あれば仰ってくださいネ)の御姿も何となく雰囲気で感じながら
楽しんだ写真、

顔の部分を隠すのに皆さん四苦八苦されているようで
色々なブログを見ていると ぼやけた感じにしているもの
くっきりと円にして隠しているもの 色々ありますよね

今回は記事も華やか内容が多く、その中で耀いている皆さんの表情が
キラキラの枠組みで囲まれていて
隠れてはいるのですが 何だか 
ほわんと倖せが伝ってくるような気分でした

パワー注入・・・の下の方の写真
おどけているようにも見えますが
私達ブログ読者の皆さんへも 
パワー注入しているかのような手つきに見えますヨ♪

そして お母様の不思議で粋な計らいと信じて笑顔を生む
そんな ひこまるさんの活き生きさに 乾杯☆

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

ひゃっひゃっ♪ って 愉しい時の音だから
 素敵な笑顔も連れて来て欲しいってな気持ちにもなるね

「え、これ 百円で良いのん?」みたいな反応と 
その声のトーンと 子供の笑顔が
楽しい瞬間ひとつめ。 

どうやって ひゃくえんの中で 
最高の出来栄えの仔にしようかって 
ネーミングや色合いまでを考えるのが
二つ目。 

そうしたら 三つ目に向かって ひた走るっ♪ なんつっても 
全て全てが百円じゃあ ございませんの♪ 

やっぱり素材も だんだんコイン落としが
必要になってくるから、ネ、ありがとう

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

本の適正価格って言うのは
人それぞれ違うのかも知れないよね。

言葉の重み、この場合は
コインの重さに方に喩えてみると

切なくも「高いよなぁ」が
本音だったりするものなあ・・・

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

詩の発表場所あります
自慢の絵・写真を披露したい方にもおすすめ!

ワタクシすずこが編集している手作り詩誌
ポエムサークル「みゅう」

仲間になり購読いただくと
ボツなしで冊子掲載 & CDトーク → 全国郵送★
見本誌もあります。読みたい方も連絡くださいね。

以下に本誌の写真・詳細を紹介していますので
クリックして御覧くださいませませ~☆

ミュウ 223.224号 完成♪ 

すずこのリンクはこちらから

~いつかの すずザレ~ 藤鈴呼の戯言
過去作も織り交ぜてUPしていきます☆

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

蛍光灯 チカチカ 

ねぇ 揺れてるね 

あさって あたしの 誕生日なの 

そして 暗い 部屋の中 

チカチカ いつまでも 漂ってるよ 

外の 太陽から 

離れた場所で・・・ 

わんばんこ すずこですぅ。 

相変わらず 

只今 君の HP 見たので 

感化されまくって 

とろけるチーズ ・ ベーコン ・ ミートスパ ・ 

フライパン炒め は 美味ひ。 

が 、 腹にたまった 。 の 。

巻物なんて 壁に飾るモンじゃ 無いね。

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★

クーラーぜんかいだから 笑

テレビでねー

セサミやってるのー

くっきー くっきー♪って

あんまり歌うから

チキンラーメンつくって

えびあげのせて

只今 間食・完食してやったのサ(-_-)゛

°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★

ありがとう(●⌒∇⌒●)

て、何もメッセージが無かったけど、

多分 そうだよねぇ(笑)

てんで、 先ほど 妹からも メルが届いたので

惜しくも アナタは 二人目でしゅ(笑)

メルも レスして なかったけれど、

とりあえず 県庁は 楽しいですぅ

の 5連休は

土日と 今日から三日 の

今ごろの 盆休みで

ビックハウスで 食材 購入したり、

ホーマック 行ったり、

金 つかってんじゃん(爆)

まだ 給料は 下りないし

家賃が 怖い。

( 怖がっても 支払わないと イケマセン 笑 )

以下、 次へ 続く。。

これが

「 次 」 の メールだす(笑)

てんで、

ひとまず 今日ふくめて 三日 やすみなので

何とか ミュウ91号でも 完成させようかと、

今年は ドライブぬきで

( って 相棒(車) に 餌(ガソリン) 与えられない

  貧乳(事実) だからさ (爆死)    )

今回から パソコンで プリンタを 試みている

( コンビニ 九時間 住むのが 嫌だから = COPY 地獄(笑) )

で、 

10/19 か 20 か に

横浜の みなとみらい21 ちかくの

ナビオス横浜 いくと 思うんだ。

ミュウ会員 吉田優子の追悼で 皆 あつまるので

案内状が そろそろ 来るかと。。

集まるのは ミュウ会員ではなくて、

優子の 生前 活動していた 短歌結社の 人たちとかだから

年齢層は かなり高い(だろう)的 で、

ドライブは その時に とっておくか、

              新幹線にするか。。

でも、 車だと 5マン は かかるしな。

ネットで 調べたけど

新幹線とかでも 4マンくらいには なりそうだし、

会場とかでも 金かかるだろうし、

今、 何しろ 貧乳だからさ ( もう いいって? 笑 )

うーうー ( サイレンの音 )

あっ! 黄色い救急車が 呼びに来たから  この辺で。。

さっきも 愛人(WC)と 戯れてて

電話 でれなかったのさ(笑)

では アイスコーヒーが 出来たみたいなので (●⌒∇⌒●)

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★


眠れなくて

何処かに

アナタの欠片を

探してみた

馬鹿ね

ミツカリッコ ないのに

こんな 小さな

画面の 中に。。。

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★

何となく

誰かと会話を 重ねていたら

一人っきりでは無いと

思えるような

気がしていたの

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★

本気にならなかった方に 天罰が下る

恋愛って ねぇ

そういう ものだったっけ・・・?

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★

待って居る時に

待ち人が来たらずなんて

昔の人が

その ずっと昔から

豪語しているでしょうよ

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★

応答の無い世界

この中で 一人 叫べば

本当の 

孤独になってしまう 気がした

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★

好きだと 認めてしまうのが

怖かった日々は

あなたに ヒビを入れられた

あの 瞬間よりも

割れ目は 大きかったから

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★

狂い咲くように

見定めた花びらは

余りにも 綺麗で

二人で 見詰め合った瞳が

どれ程の 輝きを 放ってたのか

今頃になって 気付くもの

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★

眠る瞬間に 思い起こすものと言えば

あなたの 柔らかな 微笑み

わらっても わらっても 足りぬような

おもしろい 小話だって

もう 聴けないね

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★
人気ブログランキングへ
↑ポチッとな~☆↑


2014年12月26日 (金)

シャンパンの似合う夜

Img_4972


Img_4971


Img_4969

ちょっくら飲みたい
そんな夜に限って

旦那が 忘年会で
迎えに行く 必要があって

車で出動だから、と
自分を抑えていたりもする

エックスさんが キターッ!
と思ったら

大分の父さんから 着信アリ
色々と 伝言事項を メモして

明日帰るから よろしくね
なんつって 切ったら

画面には メンバーひとりっこも
映っちょらんかったって 言うね

そんなモンさ
ビデオがあるさ

そうそう、この黄色のマフラーはね
大分の姉ちゃんから 貰ったんでつの♪

何かね、私に似合うのは黄色だ
みたいなイメージが 植えつけられたのって

こうやって 黄色グッズが
身近に増えた おかげかも しれないなあ

今なら 「向日葵」に 喩えられても
嬉しいよって 笑えるのにね

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

シャンパン、暫く飲んでいないなぁ~と思いながら 
ボーッと眺めています。因みにシラフです(笑) 

ちょっと一口飲んで~ 温まりたいかなぁ~ 
そんな夜だったのですが 

たまたまテレビを眺めていたら ためしてガッテンで 
飲酒による様々な危険!? みたいな特集をしていて 

ついつい伸ばし掛けた手が
引っ込んでしまったのでありました。

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

まるんとして とても可愛らしい 
多分 ジョウビタキ!? という鳥を
見かけたことがありますが 
とても綺麗な鳴き声でした。

その時は見た感じは
もっとスリムだったような気がします。

やはり冬は毛皮を羽織る人間とおなじように
温かい羽根に
覆われるものなのでしょうか☆

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

自宅の風呂は箱型なので
胡坐を欠くような姿勢で
膝は何時でも曲がっている

両手は伸ばせるけれど 
両足を伸ばせる風呂は
限られますね

同じ箱型でも 長方形じゃないと!
あ、楕円でもオッケイよん(笑)

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

はじめて テレビやラジオを体感した時 
これはどういう仕組みなのかって
不思議だった記憶があります。

そこで立ち止まってしまったので
全く詳しくありませんが 

不思議な気持ちを有耶無耶にせず
研究する人が
将来の学者に
繋がるのでしょうネ(●⌒∇⌒●)

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

詩の発表場所あります
自慢の絵・写真を披露したい方にもおすすめ!

ワタクシすずこが編集している手作り詩誌
ポエムサークル「みゅう」

仲間になり購読いただくと
ボツなしで冊子掲載 & CDトーク → 全国郵送★
見本誌もあります。読みたい方も連絡くださいね。

以下に本誌の写真・詳細を紹介していますので
クリックして御覧くださいませませ~☆

ミュウ 223.224号 完成♪ 

すずこのリンクはこちらから

~いつかの すずザレ~ 藤鈴呼の戯言
過去作も織り交ぜてUPしていきます☆

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

たどり着きたい 場所が 有る

この前は 

睡魔と 疲労に 犯されて

侵食する事 困難だった


今は 遠き 

夢の 彼方へ

今直ぐ アクセル

ふかしたいんだよ



夕闇が 濃く成るのと 同時に

二人の 関係が

浅く 流れて しまった日々を

切なく 回想 してみても



戻れないよね 何時だって

胸の 鼓動は 一つだけ

無駄な 孤独を 噛み締めながら



出来る限り

ハイ・テンションを

持続しよう って


無理矢理にでも 沸き起こす

前向き感のみ 代わらぬままに



受話器を 握り

『 元気だった? 』


唯だ 其れダケで


きっと 満たされる

我の 想いは

代わりは しないの

★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

バカくさいって 解って居ても

ついつい 相手を してしまう

愚かばかりの 続く 会話に


何処まで シラを 切り通せるか

こうなったら 取りも乱さず

言の葉の鳥 羽ばたかせてく

★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

避けた道だと 知って

雨を 垂らそうとした 神様は

太陽さんと 友達に成り

ピカピカの アスファルトを

輝かせて 呉れました


だから 僕も

もう 涙なんて 流さないよって

ふわふわの 雲さんに

誓ったんだったっけ

★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

君の ペースに 合わせるよ

ゆっくり のろのろな 亀さんも

一歩 一歩 進んで行けば

ゴールテープは

必ず 見えて 来るものだから

★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

浅はかな 君は

どうしても 方向性を

歪められないらしい


穏やかな 僕は

其れでも 彷徨性を

見出したいらしい

★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

次に どんな台詞が 飛び出して 来るのか

予想 困難で

面白い 会話に

出逢って みたいよね

★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★
人気ブログランキングへ
↑ポチッとな~☆↑



キハさんが 限定公開 されました

Img_2914


Img_2917


Img_2919

(字余り)
公開されたのは キャンドルナイトのイベント時
12月14日でした☆

2014.11.26 キハ52-156 in 糸魚川ジオステーション ジオパル

まあ いつもは レンガモニュメントの中で
雨風を避けているのですが

この時は ちょっと外側に 出て来て
シャッターチャンスを狙えたって言うね

だけど、暗い。 暗いと見え難い。けれども
イルミネーションが綺麗。

イルミネーションが見えなくなるくらい
雪模様のクリスマスを迎えた地域も あったのでしょうか。

一度 眺めてみたいイルミネーションはと言えば 
神戸ルミナリエ。

先日のネットニュースで 「今年はもう終わった」と
見たような記憶があります。
いつか 足を運んでみたい場所です。

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

ダイソンの掃除機


深夜ネットショッピングで 思わず電話しそうになる、の
第一位です、私の中で。

だけん、良く考えてみたら、余計な物が多すぎて
部屋は狭すぎて、

もしもダイソンになったら必
要なものまで全て 吸い込んでしまいそうな気がするので

思い切り 深呼吸とともに「気の所為や!」と
欲望まで 無理に吸い込む日々 なのでしタ。

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

相手の言動によって 自分の気持ちを 再確認出来ることって
ありますよね。

そう思うと
何もしたくないなあ~ と
パソコンばかり相手にしていても 何も進展しないのかな
って時もあります。

反対に 自分の気持ちを整理したい時には
相手の会話に ひきずられないように 

ちょっと 距離を置いて考えてみたりするのも
有効かもしれませんね。

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

山頭火

懐かしいラーメンです。
岩手時代に何度か食べに行きました。

塩ラーメンの中に
ちいちゃな梅干しが入ってるんが
衝撃的だったなあ!_( ̄▽ ̄)ノ彡!

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

絵心はありませんので 言葉紡ぎに置き換えて
嘘を考えてみました。

創作という意味で考えたら
言葉の中にも嘘は含まれます。

その嘘に呑み込まれて真実を見失うことには
危機感がありますが
楽しませるための嘘ならばアリかなって。

誰かの心を抉らぬ程度のものに
限られますけれどネ☆

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

チクワに穴を開けたら 楽器の代わりになるんですよね。
実験したことはありませんが 

そんなことが出来るなんて画期的! と 
感動した覚えがあります。 

それから チクワの磯部揚げは
美味しい♪

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

手作りルウを 実践したことがありません。
今日も何となく シチューが食べたいな、そう思って 

じゃがいも 人参は冷蔵庫にあったから・・・と、
豚肉と玉ねぎを 買い物カゴに入れました。

それで ルウコーナーに行ったところ 
カレーとシチューを カゴにぶっこんでしまいまして。

気が変わっても良いように・・・だって(汗) 

ホワイトソースを手作りしたら 
グラタンやドリアも食べたくなりそう。

それから カルボナーラも
いつか手作りしてみたい味。

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

詩の発表場所あります
自慢の絵・写真を披露したい方にもおすすめ!

ワタクシすずこが編集している手作り詩誌
ポエムサークル「みゅう」

仲間になり購読いただくと
ボツなしで冊子掲載 & CDトーク → 全国郵送★
見本誌もあります。読みたい方も連絡くださいね。

以下に本誌の写真・詳細を紹介していますので
クリックして御覧くださいませませ~☆

ミュウ 223.224号 完成♪ 

すずこのリンクはこちらから

~いつかの すずザレ~ 藤鈴呼の戯言
過去作も織り交ぜてUPしていきます☆

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

吸いたい タバコが 一つ 増えた

代わりに 思い出 二つ 減らした

一つは 貴方の 心から

それと 私の 記憶から

二つに なった 思い出が

一つに なれた 愛情が

バラバラに 成り 別物に

成り果てたから 消去する

このまま 僕の カラダごと

追い出せたなら かなり ラク

そんな 戯言  吐き捨てる

掃き溜めの 奥  入れながら

惨めだねって 少し 鳴く

次の 刻には 微笑ってく

君に 悲しみ 見えぬよに

祈り 続けて 叫ぶ 声

名前ばかりが 変化する

僕の 哀だけ 変わらない

苦しみなんか 感じる 気持ち

感じぬ 様に ピエロの 噴水

水飛沫  今  雪に 代わった

君も 今頃 観てますように・・・

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:

 レイコ って 誰っ !? 

不器用な 仕種で 突き立てないで

パールの ネイルの 人差し指で

 親指姫 なら 許される ? 

僕に 二言を 与えない

一言 さえも 繋げない

矢継ぎ早だね 君の 声

問い詰めるコト 得意なの?

心の中で 問い掛けや

言い訳 すべて 噛み締める

飲み込む 迄は 行かなくて

キミは 酔い過ぎ ボクは 呑みかけ

グラスは 溶けて 透明に

東名 越しに 置いて来た

ピンクの ルージュ ・ ホワイト ドレス

君は 何時でも お洒落だね

古びた スーツ ・ 黒の 靴下

サンタは 逃げて 逝ったかな

虹を 渡った トナカイの

鈴の音 だけが 鳴り響くーーーーーーーーーー

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:

少し 煩い だろうか

思いながら 上げたり 下げたりする 音量 コントローラーに

雨も 落ちて来たから  フロントガラスは ずぶ濡れで

天使は グラスに 注がれた 氷みたい と 微笑い 逝く

搦(から) めた 胡麻は 何色と 瞳 見詰めて 問い掛ける

ゴマ擦り 上手の ウエーブを 優しく 撫でて あげながら

唇 歪め 又 笑う  君の 笑顔は 愛しくて

哀し 過ぎると 溜め息を  藍し 飾った 星空に

絡まる 糸と 素直な 純情  境界線は 何 処 等 辺 ?

千の 星座と 三角形に 問い詰めた  

天界の 雲  展開し  転回をした 解答用紙 

今の 僕には 見えなくて  月の 明かりが 影となり

隠された 愛  捜してく

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:

思い出した 一つの 輪の 名前

調和が いつも 取れなくて

逆 様 の 俺 様 は

付随された 玩具の 切れ端 ?

おもちゃ箱の 中に 隠れた 憂鬱なのですか 。

唇を かみ砕いた 血  真っ赤な 炎が 見えないの

夜と 雨に 惑れたの  朝と 月が 迷うなら

ナビは 任せて 大丈夫  とても 素敵に 写る 角度を

僕が 捜して 来てあげる  心配ないよ 戻るから

大好きな パイ 買えたなら  二人で 分けて ゆっくり 食べよう

半分個ずつ 仲良くね  一つの ストロー 使ってね

ドリンク だって 買って 来るから  大人しくして 待って おいでね

泣いて 瞳は 腫らさずに  晴れた 笑顔で 迎えてね

帰 っ て 来 た 、 ボ ク を 。

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:

〓 オ ト コ 〓


君の 台詞は 下 ゴコロ ?

やけに イ イ ヒ ト ぶる 男(ヒト) に

ロクな 人間(オトコ) は 居ないのと

何度だって 繰り返すのは

後悔なんて しないけど

黄海してく 其の 途中

高速代も カラオケも

みぃんな キミの 諭吉 もち

朝に なったね 食事でも

紳士的にも 映るだろう

俺は 仕事が 有るなんて

ギリギリになり 告白を

それでも 帰る 僕の 為

眠って 行きな ? 金は 有る

泊まれと 言うの アナタの 金で

おごられるのは 嬉しくて

慣れて ないから 疑った

可愛い 女(ヒト) に 成りたくて

甘える 女  演じられずに

アレが 無ければ 駄目なんて

益々もって 猜 疑 心

歪んでるのは   僕 の 方 。

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:

〓 空 を 彷 徨 う 女 〓


メロディアスな 楽曲を 選んだ 。

私の ビオラは 繊細だから 。

壊さない様に 見詰めて 居て 。

交わさないで 一つの 音源 。

ちゃんと コトバを 聴いて 下さい 、

メロディー ならば 飽きて ゆくから 。

鼓動の 合図  感じ ながらも

なんでも ないと 言う 風に

笑顔を アナタに 向けて いました 。

静かな 曲が スキと 言う アナタの 、

ココロ 潤す 役目だけ 、

未だ 満たされぬ  まま なんです 。

私が 唯一  出来る コト 、

貴方へ 向けて 唄う コト 、

貴方を 想い 詩う コト 、

昼の 太陽  消える 直前 、

空の 迎えに 両手を 伸ばし

鳥の 羽ばたき 見た 直後 、

私は 小 宇 宙 へと

吸 い 込 ま れ て  行きました 。

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:

〓 た ん き 〓 


貴方は 私に 短気だねって 言った けれども 、

良い考えも 有るんだヨ !

すぐに キレて しまうのは

次の トキには キレイ さっぱり

忘れてるって コト なんだ 。

ズルズル 引きずる タイプより 、

良い部分だと 思わ ないかい ?

短期の ボクだけ 見て すぐに

判断をした キミの 損気さ

心に 置いて 来たけれど 、

間違い なんて 言わない けれど 。

主観的に 見る 僕は 、

そんな 短気じゃ 無いけれど 、

強気の 命令 口調だけ

君の 神経 逆撫で して居た ?

道 案内で トロくさく 、

えっと ・ ええっと 繰り返す 、

君に 少しね 嫌気が 指して

眠気も 有って ああなった 。

会えば とっても 最高の

優し気 だけの 君だった

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:

〓 か お 〓


恐ろしく 歯切れの良い 月曜日

僕は こんな日が だあい好き (^o^)/

だけど 、 今後 訪れる 憂鬱な日を 思うと 、

ちょっち 不安が 募るの カモね (^_^;

だって 、 そうだヨ ! 必ずサ 、

ハイテンションの 、 その次は 、 

嫌ぁな 自分  やって来る ?

ほら 見ておいで 、 そろそろダ !!

ヤ ツ が クチ 開け  やって来る

ボクの 生活  乱す 其の 為

知って居るから ダイジョービ (;_;)

ボクは 笑顔を 忘れない (^o^)

何時 どんな日も 微笑うのサ (^_^)v

引き吊ってるかい? 此の笑顔 m(_ _)m

でも ダイジョウブ  生きて  居るから ☆ミ

ボクは 一生  元気 出せるヨ ♪

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:
人気ブログランキングへ
↑ポチッとな~☆↑



え~っくす

Img_2792


Img_2791


Img_2783


X FREAKSの皆様 お元気でしょうか
なんてことで、明日はMステだそうですね

振り返れば 私が エックスの存在を知ったのは
中二の頃でした

え゛? 
今も 中二病みたいな文字を 連ねてるじゃんって?

そんな呟きは華麗にスルーして カレーにぶっかけて
何なら胃袋にぶっこんでから とっとと進みますヨ☆

中距離の選手だったんですよね、私
当時は カルカッタもので。
早く 走れたんですよ、今より。

で、隣を走っていた少女が 呟いたんですねー
「最近 エックスがヤバイ」

ってな感じで 
そのままYOSHIKI様街道マッシグラ

気付けばドラムスティックを握り締めていたような
時代ですよ

嗚呼 懐かしくて 鼻の孔も膨らむわ
(はあと)

あの 鬼首でヘッドヴァンしていた仲間達は 
何処へ

年末は ドームでカウントダウンしてから
明治神宮へ
みんな凄い姿で ぞろぞろ歩いたものでした

いや、空がね、
エックスさんを思い起こすような 角度でしょ?
ちょっと 綺麗ですよね

トンビはね、最近 旦那が大好きなんですけど
このショットは ちょっと 見切れてるなー

まだまだだなあー
私は 何処へ向かっているんだろう(遠い目)

この場所は 庭園でしてね 
空を見上げたら空色ですが
地面には苔があったりも するんですよね

アラレって
あまりみたことないなあと思っていたのですが、
北陸に来てから良く眺めるようになりました。

緑の苔に落ちるアラレが
一番キレイだなあと思いました☆

ぱらり ぱらり とね
車のフロントガラスにコロコロするアラレも 
この上なく可愛いよね。

ハジケル様も いとをかし

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

ベゴニアは義母さんが大好きな花ですが、
小さな鉢に植えてある
パンジーみたいなイメージでした。

写真を眺めていたら
薔薇のようにも思えて来たのでした☆

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

北陸の海沿いなのですが
消雪パイプのおかげで
道路はそんなに雪じゃない・・・日々を
送っていたつもりが

今朝は流石に轍状態の道でした。
久々にハンドルを取られる、を
体感しています。

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

寸胴鍋

給食の準備中のような イメージ
思い出したのは 
長野で一度体験した 林檎ジュース作り。

大きな銀色の鍋で 林檎を煮込んで
ジュースにした 体験だったのでした☆

何となく 細いオタマで 中身かき混ぜていると
魔女っぽいような 妄想も 在ったりして!?

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

コロッケ好きです~。と言いながら、
今日はメンチカツを衝動買いしてしまいました。
やっぱり手作りが一番ですよね。

シチューの残りでクリームコロッケに大変身!って言うのを
一度やってみたいなあと

妄想はするのですが、
未だに決行した試しがありません。

何故か。
全て食べてしまうから!_( ̄▽ ̄)ノ彡!

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

詩の発表場所あります
自慢の絵・写真を披露したい方にもおすすめ!

ワタクシすずこが編集している手作り詩誌
ポエムサークル「みゅう」

仲間になり購読いただくと
ボツなしで冊子掲載 & CDトーク → 全国郵送★
見本誌もあります。読みたい方も連絡くださいね。

以下に本誌の写真・詳細を紹介していますので
クリックして御覧くださいませませ~☆

ミュウ 223.224号 完成♪ 

すずこのリンクはこちらから

~いつかの すずザレ~ 藤鈴呼の戯言
過去作も織り交ぜてUPしていきます☆

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

うたうたいは それが 職業

ならば 今の わたしは

仕事を し易いように

環境整備を する

「 それも 仕事 」 と

胸を張って 

    豪語 出来ますか

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★

ガチャリ と ドア が 開いた瞬間に

あのヒトが 立っていたならば

間違いなく 犯されてゆく

あたしの 精神模様を

雨だれに かけて

眺めてみました

窓の淵を

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★

触りたくは 無かった

思い出したくだって 無かったのに

どうして 愚かな程に

私は ニンゲンなんでしょうね

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★

あっと言う間に 作業を終えてしまえば

その後に

「 何をしたら良いのか 解らない 」

だから ゆっくりと 進むのでは無くて

精一杯の スピードで

初心を 忘れずに 。

でも そう 言える程

まだ あたし

この世界に 慣れ切って いないんだっけ・・・?

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★

覗いたんだね あたしの感情を

犯されたんだね あなたの罠に

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★

縄を張ってくれたならば 良かったのに

沖合いにでも 出ましょうよ

円縄漁船に乗る あなたの パートナーは

あたししか いないんだから


それで ねぇ

最高の 海賊に なってみない?

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★

今ごろ イカレポンチになっている あなた達が 恨めしくて

あたしも ”一杯だけ” と ひっかけたつもりが

酒に やられた

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★

とりあえず 午前の 新聞スクラップ作業が 完了する迄は

一服タイムは お預け状態なの


午後は 少し 多かったわね

盆入りで 人も 仕事も 少ないし


あっ

もともと そんな仕事も してなかったんだっけ

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★

どこかで聴いた 思い出ソング

沢山 たくさん 有るけれど

あなたとのウタは ひとつきり

そうなの 減りも 増えも しない

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★

あなたの欲望と

あたしの欲求を 満たす為に

生まれ落ちたのでしょう

オトコ と オンナ に。

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★
人気ブログランキングへ
↑ポチッとな~☆↑


2014年12月25日 (木)

エビチリ大好き

Img_2944


Img_2945


Img_2946

はい どうもーっ。
食いしん坊すずこが お送りいたしまする

マッスル筋肉を鍛えることとか 一切せずに
(意味も良く分からず書いてますけど)

何だろうね 皮下脂肪とか その 内臓脂肪とか
その 奥の奥を鍛えよ! みたいな文言が浮かぶのは。

アレだな、深夜のテレビショッピングの影響に違いない
早く眠れば きっと解決するだろう(違)

外は強風音が半端ないけれど
室内では ホットプレートが アツアツだったりもする
そんな日も あるよね

あれ? 換気扇 回してないのに
やたら五月蠅ぐね゛? みたいな。

お好み焼きは 旦那が大好きでねえ 
事あるごとに 選ばなきゃいけないんだよね

休日の旦那
「今夜は お好み焼きと、たこ焼き、どっちが良い?」

って
両方粉モンやんけ!! と なる。


まあ ホットプレートを使う機会と言うと 
その他には 自宅焼肉。

ここに来てから
外で焼肉したことない気がする(笑)

洗濯を干していると
ニオイがつくからアレなんだけど、

まあ 狭い部屋で モクモクしているのは
今も昔も 変わりないよねー。

代わったのは 煙の種類で
昔はヤニだったって話で(笑)

ホットプレートは
三枚セットなんだ

一つは たこ焼き用に
丸い窪みが入っているヤツ

一つは 焼肉用で 
波線になっているから

肉を焼いたりすると 油が下に落ちてくれて
ヘルシーなタイプ

残り一つは平板。
これがね、中々 出番がなくって スネてるんですよ。

うん。海ならばね 大活躍なのにね、ビート版! 
なんつって。 板だけに。(一応 書かせてくれ)


今夜は エビチリ。
もう準備は済ませたんだけど、
出来合いのタレで 端折っちゃったっ☆

辛味成分を絡ませるのに 全部入れちゃった~。
全部だと「大辛」なんだよね。

旦那は辛いの苦手なんだけど 
ま、入れてしまったもんは 仕方ないよねー(笑)
汗吹き出しながら 食べることにしよっと♪

エビチリとか 自宅で作る機会が 殆どないから、
っつうか、エビ自体、余り調理しないなあ、。。。。

と、今日 炒めていて 
ハッとしたんだよね

「あ、そうか、エビって
あったまったら赤くなるんやった」

とかっつって(笑) 
そういうことって、ある。

自分の匙加減一つでね、
風味の変わることって言うんも 多いよね。

納豆なんか、私のんは邪道だけれども 
かき回してからじゃなくて 
しょうゆ入れてから かき回すんだよね、私。

だけん 糸引くのが 少なくってさ。

たまーーーーに 気が向いて 
先にかき混ぜたりすると

「あ、納豆って こんなに糸引くんや!」
って
再発見したりしてネ!

*

写真は 上記の夜に作った エビチリ。
誰が何てったって これは え・び・ち・り・な・のっ!

あー エビ2パックも奮発したのにさあ
食べるの忘れててさぁ・・・

卵つかっているから
そんなに長くは 持たないもんねぇ・・・

そういう時って 多い
消費期限じゃあ ないんだけれど

賞味期限過ぎると ピーピーなく人が
約一名 いる。

私は 胃袋 丈夫なんだけどね
うん。 そういう問題だよね

そして シーザードレッシングは
やはり 外れナシだ!

豆乳鍋の素とは 
えらい違いだっっっ!

※筆者は(あ、この場合 打者か!?)
 豆乳鍋が苦手である

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

詩の発表場所あります
自慢の絵・写真を披露したい方にもおすすめ!

ワタクシすずこが編集している手作り詩誌
ポエムサークル「みゅう」

仲間になり購読いただくと
ボツなしで冊子掲載 & CDトーク → 全国郵送★
見本誌もあります。読みたい方も連絡くださいね。

以下に本誌の写真・詳細を紹介していますので
クリックして御覧くださいませませ~☆

ミュウ 223.224号 完成♪ 

すずこのリンクはこちらから

~いつかの すずザレ~ 藤鈴呼の戯言
過去作も織り交ぜてUPしていきます☆

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

大好きな曲   

あなたと わたしを つなぐ

唯一の 楽曲は

時と共に 変化した

ボクは キミを 抱くためだけに

今まで 唄い続けてきたような気がするよ

ボクに抱かれたキミが

あの頃の二人の関係を成敗するかの如く

また 囁きを 始める

キミは 宙の彼方で 歌う

ボクは 闇の狭間て 口ずさむ

★。・::・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°

命の炎が見えると言った彼は

たった一人 愛する彼女の幻影さえ

見届けられないままだった

彼女は 光り輝いて居たのに

彼の瞳には 映らなかったから

彼は 目を閉じた

視界を閉ざしてまま見える世界の果て

水平線に蠢く恐怖は

波に さらわれ

僕達は また あてどない旅路へと向かう

風の中を 雲の合間を抜けて

その先に 真っ赤な飛沫を 求めて

★。・::・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°

気にしない 気にしない

キミに何を言われても

ボクは 悪くない

キミからの悪口も 全て飲み込んで 生きてゆく

何を言われたって 平気

人から 恨まれてゆく生活には 慣れているから

少しだけ 悲しいのは 

彼女が居なくなってしまったこと

それで 心細い僕は

また 新しい彼女を見つけに翻弄してゆくけれど

なかなか 上手くいかない

運命の出会いなんて どうせxxx

★。・::・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°

涙の輝きを集めて 透明なビーズを作った

これは 君に 贈るために。

君は 受け止めた刹那 「それ」を 投げ捨てたから

「これ」は 天高く上ったまま 砕け散った

その 眩いばかりの輝きの欠片を浴びた僕は

地上に散りばめられた宝石の上に 寝転んで

布団をかぶったままで また 眠る

いつまでも 永遠に 眠る事なんて出来ないと 知っていながら

それでも 眠る

永久の眠りに誘われる事を 待ち望みながら

★。・::・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°

私は 水滴を 味方に つけました。

貴方が 本気で 変わりたいと 願うから

あの 熱いまでの轟きを 忘れ去ったような笑顔で

いつでも私に ときめきを 与えてくれるのです

だけど・・・水と油よりも 求め合っていて

崖の上から流されるような天敵には

どうしても勝ち目のないような気がしていました

そんな時に 貴女が現れて

この僕を 救って 呉れたんです・・・

★。・::・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°

赤いバラをかき集めて

君の年齢の本数だけ 拾い集めるために

闇夜に いばらの道を かけずり回って

そう 花屋さんで売っているような ちゃちいバラじゃあ ダメなんだ

僕と君とを包む真紅は

あの太陽よりも もっと深く

濃い色に包まれていなければ・・・

恋わずらいばかりしていた 俺達の行方を

見届けてくれるかのような 色合いでなければ・・・

★。・::・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°

太陽が上がる

僕は 君に 見詰められる為に

君を 見上げる

君の上には もっとおっきな宇宙が鎮座していて

僕は 小さな存在だと知る

地球儀を回す瞬間

僕が いつか 君を見下ろす日を 見定めてゆくように

君も きっと 僕と おんなじ

寂しいから光を発し続けているんだね

なら いいさ

僕も 君を真似て

この世界で 精一杯 生きてゆくように してゆくから・・・

★。・::・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°

私の方が 正直でした

あなたは 心のチリ  モヤを

隠し持って 居るから.


素直に 生きて下さい

素敵に 輝いて下さい.

私は 見詰めて 居るから


遥か彼方で 其の 幸せを

誰にも負けぬ  愛しさを

羨望されるが如く

私に 見せ付けて 下さい.

*

貴方が 求めて居たのは  多分 こういう事

涙だらけの 逢瀬なんて
    
      つまらないのでしょう?

*

貴方が 私を 強いと判断するなら

私は 強くなって見せる

ちゃんと 笑って 渡せたよ

今の私の  最高の 言葉を

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°
人気ブログランキングへ
↑ポチッとな~☆↑



焼酎グラスが欲しかった

Img_2872


Img_2873


Img_2874


はこぶね 玉造アートボックス
島根県 松江市まで行きまして

木本紗綾香さん
の陶芸作品に一目惚れ、ゲットん♪

黒糖梅酒
の記事で紹介した夫婦茶碗の代わりを探していたとですよ

希望イメージはね、焼酎グラス
焼酎よりも ぽん酒の方に重きを置き始めた
ヤバイ位に贅肉追加予備軍まっしぐら、なんですけどね?

焼酎・・・ いいちこは あるんだけれども
暫く 呑んでいないんだけれども

何故か 次々に遊びに来る 冷酒瓶ダケが
空になって行くという体たらく
「殻」には閉じこもりませんよっと♪

え゛? 未だシラフですよ? 当たり前でしょ?
ってコトで、このアートボックスには

手作り作家さんたちの作品が
処狭しと並んでいた訳ですな。

もう パッと見た瞬間
しまったっ! って 思ったね

嗚呼・・・ 見つけてしまったっっ! って
嬉しさと危機感(何故) 半分個、みたいな。

多分ね、出会った瞬間から
こうなる運命だったんですよ

とか
クリスマスだけに やたら赤い糸チックな説明を
加えている訳じゃなくって
最近やたらと「咥えている」訳だ。

このグラスを。
コップ? いや、違う、カップ。
何か しっくり来る表現 ないかいな

サンズイノモノをイレル器
うん。これで良いか(うっそーん)

いや、父がね、昔っから
こういう表現を 良くするんですよ

「そろそろ誕生日だね、何が欲しい?」
「サンズイのモノ、スナワチ、酒」

「父の日のプレゼントは どうする?」
「さんずいのものがあれば それで~ でへへへへ」

こんな感じですかいな。
あ、こないだは 蟹だったな。

蟹、最近 不漁なんですって?
何かニュース見てないんですけれど

電話で母から聞いたところによると

「何かねー 今まで 密漁? みたいなのが
暗黙の了解だったみたいなんだけどね?

今後は 例えば北陸で獲れた蟹も
一旦、ロシア? の漁港に持って行って

更に役所のサイン貰うか何かしてから
市場に並ぶことになるからね

鮮度も落ちるしね、ほら、輸送費とか、あるでしょ
だからね、最近カニが 少ないんだって。」

嗚呼ー どおりで 蟹が SOLD OUT な訳か。
剥き身蟹、贈りたいんだけどなあ。

・・・でね? 器の話に戻りますよ?
まずもって この色合いに 一目惚れした。

手に取ってみて その軽さに 二目惚れした。
え゛? そんな表現ない? 

別に良いじゃん。
何度 好きになったって。

減るもんじゃ ないし。
減るのは 中身の サンズイだけさ。 はっはっは。

減って欲しいのは このウェイト
ウェイトっ! ・・嗚呼、これは 待ったの方ね

待ったナシの体重メモリ右肩上がりの日々に
ヒビを入れるべく 戯言ですから悪しからず。

大きさもねぇ、結構あるのよ(はぁと)
本当はねぇ、淡い緑と この色、とかで

二つの色違いを 所望せん、と
画策していたんですけど、ね?

だから、止めようかと 思ったんだけど
留まってしまったんだよ。 足が。身体が。心が

うわーーーん。 LOVE!
そんな器っす。

釉薬のことなんか 全然 わっきゃんないけど
この軽さは 何の素材なんだろう、とか

色々と 妄想は するんだけどサ
いかんせん 知識ないから 妄想止まり。

何度 泊まっても 朝が来ても
ピカーンっ☆ って 明るく ならないのね

この方面には 明るくない
かと言って 暗い訳でもない

その位には この器のことを 好きでいたいーーん
です。 うふふ。 

この模様も めっちゃ気に入りましてん。
みゅうってサークル名にしている位なんだから

猫の方に 意識持って行っても 良さそうだったのにね(笑)
そりゃ アウト・オブ・眼中でしたん。

やっぱ、この 何て言うか もこもこの木のような
何か 癒される「気」のような

そういうコトね
で、 すっかり同じではないから

一応 私の中で 「こっち私の♪」 って 
決めてる。

ちょっと 木の一部分だけ 少し緑の方が。私の。
だけど、これ、 旦那に言ってないモンだから

いつも ぐちゃぐちゃになる
ま、いっか

使う時ったけば サンズイのおかげで
色々と ぐちゃぐちゃだもんな?!

・・・ ソフトドリンクだって 飲むもんっ!

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

ようやく受信トレイを見直していたら 
返信してないことに気付いたりして

え゜? 気付いていても
返信しなかったりするじゃんって? 
御名答~♪

ってな感じで

何だっけ 昨夜 THE MANZAI(綴り 合っちょん?)
があったとかで 

今朝のラジオ聞いていたら 
そのパロディーまがいのものが
幾つかあったけど

「人の子と鼻毛の成長は早い」とか、
思わず納得しそうになっちまったわ(笑)

空気が汚いと鼻毛の成長が早い
とか言ってた彼女もいたなぁ~とか
懐かしさに悦に入ったりしてね?

まあでも「只今 何センチ~」とか
測るようになったら
お終いだべ?

「昔のヤンキーとおばちゃんは紫の服を着てる」
とか聞きながら 

ふと見たら 
自分のことだったりしてさ(爆)

今年はタートルネックが久々に出て来ている
と聞いた気がするけれども 

私に言わせたら トックリ以外の
何物でもないべ?

っつうか 徳利なら熱燗よね~っ 
最近 日本酒が熱い!!

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

詩の発表場所あります
自慢の絵・写真を披露したい方にもおすすめ!

ワタクシすずこが編集している手作り詩誌
ポエムサークル「みゅう」

仲間になり購読いただくと
ボツなしで冊子掲載 & CDトーク → 全国郵送★
見本誌もあります。読みたい方も連絡くださいね。

以下に本誌の写真・詳細を紹介していますので
クリックして御覧くださいませませ~☆

ミュウ 223.224号 完成♪ 

すずこのリンクはこちらから

~いつかの すずザレ~ 藤鈴呼の戯言
過去作も織り交ぜてUPしていきます☆

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

アーティストで 弾き語りをしながら

有名に成ってる人が 居るけれども、

ふと思いついたのは 

ミュウを 路上販売なんて 出来ないだろうかな? とか


自作の詩集 (まがいのもの) とか 

パソコンカラーコピー の 

全然 ちゃちい バージョンだけど 


ギターの 弾き語り少年

( とか 青年 とか 老人・・・は

  余り 見ないのだけれども ) の 横で


ちょっと 茣蓙でも広げて (ゴザって!)

どうかなー? なんて 少しだけ 思ったけれども、

通りや 駅前なんかじゃ 

道路交通法 違反だよなぁ なんて 思いながら 


申請する

気力も 体力も 無い癖に! 

その前に 

そんなに 大量に プリンタする

時間も 余財も 無い癖に!   うんうん。


かくの如く 妄想族は 

編集作業もせずに 

ボヤいているので有ったxxx

★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

同じ人の 作る曲って

似通って しまう みたいに・・


例えば 某 B’● とか TM うんちゃら とか

( どっこも 「某」 の 意味が 無いんですけど。。!笑)

なんかだと

イントロ 流れた 瞬間に

分かってしまう 自分が 居たりして、


こないだ たまたま FMラジオで

TOSHIの 声だな って

一発で 分かってしまったり してねー 


あの頃は ホント 

ライブ三昧 の ヘッドヴァンばっか してたなー

なんて 思うんだよねー 


隣の席の 彼女は

今 スキマスイッチなるものに ハマってるらしく、

ポップジャムにも 出たらしいんだけれども


45分の 番組の中で

5分程度で

とっても 哀しかったんだって 言ってたなー 


他の 有名 アーチスト 軍団 の 質問コーナー が

やけに ムカついたとか 言ってたけど 

その気持ちって 分かるような。。


逆に 自分の好きな アーチストが

段々 有名に なっていくと

何だか 空しい感覚が 残ったりしてね?


まぁ 今の あたしは

ジャンヌの声 と ちひろの声 は

聞き分けられる (つもり) なんだけどね。

★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

そう言われたら 身もフタも 無いじゃない? ってな

そんな 会話の 奥底に

最近では 「 じゃあ 底じゃない 」 って言う文句が

マイ ブームとして 舞ってるんだよね

待って居るのかな 

次に 現れる 素敵な 極限を

次に 洗われる 華麗な 現実を

★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

あの人は 何処に 行ったんだろう

そうだ 逝って しまったんだねって

無理矢理に 思い込ませて

其れで あたしは 楽に 成れた?

ねぇ 今だって あの 現実

思い起せば 胸が 辛くなる

両手 握り締めても

もう 二度と

両腕で 包まれるコトは

無いんだよね――

★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

自分の告げて居る言葉が

嫌に 矛盾してるなって

思う 瞬間が 有るよ


其れを 正当化 させるために

又 次の言葉を 産み出して


まるで 嘘と

一緒なんだよね


其れでも 本物の 気持ちばかりを

反映させてた頃


あの頃の方が 幸せだったかな


後ろを 振り返りたくなる 瞬間に

僕は 思い切り かぶりを振るよ

さらさらと落ちる 僕の髪の毛

もう カットして しまったから

久々の 美容院に

置き去りにして しまったからね

★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

海賊版のCD販売で 

とっつかまった人が居るって言うけれど


それじゃあ 本物の海賊さんに 失礼だよ!

なんて

山賊にも 遭遇したこと 無いけどね


遭遇したくは 無いけどね

★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

君が 少しずつでも 出来るだけでも

前に 前に 歩み出せるようにと

祈りを込める 優しい言葉


幾つも 幾つも 想い付くのだけれど

幻想は こんなにも 浅はかで


文字にした 瞬間に

儚く 崩れ落ちて しまうんだ


それで 僕自身のモードを

這い上げる為の 言の葉は

何時だって デカダンスで

★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

懐かしくて 懐かしくて

切なくなるような 気持ち


どっかに 置き去りで

落とした道ばたが

又 コンクリートに 覆われる

空を飛ぶ蝶々に 成りたかったと

本当に 空に昇った 君の姿を


今 こうして 思い出してる

★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

何か あっつく なって来た

そりゃあ そうだよなぁ。。。

幾ら 何でも

26度 設定は 

あつ過ぎるよ・・・


もう 春なんだから サ

★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

汗を かいて かいて

ジムに 通ってる 彼女が

今日 筋肉の付いた腕を

まくり上げてた

僕は ずっと 運動不足で

嗚呼 このままじゃ イケナイと


だけど 彼女みたいに

自分を 追い詰める為に

月々の 使用料を 

払う 余裕も 無いんだよ


だって こないだ

やっと 滞納してた 家賃

支払った ところだからさ (。-_-。)

★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★
人気ブログランキングへ
↑ポチッとな~☆↑


イチゴショート

Img_3011


Img_3012


Img_3013


って名前で 店頭販売してなかったのよねぇ
ショートケーキ だった

何となく 違和感(笑)
でも 何となく 苺に惹かれて 即決♪

残り2つは これから堪能するのダ
そう、三つ買いましたケド、何か??
~( ̄▽ ̄~)(~ ̄▽ ̄)~

*

花は綺麗ですよね
桃色って 何だか乙女チックなイメージかしらん☆

一つ前の記事で書きましたが 
明星山らしき山だけ見えたシーン、その写真が こちら。

後ろ側にね、本当は 
黒姫山が 見える筈なんですよ

*

くりぼっちって言葉、最近になって知った私。
ひとりぼっち とか こうやって平仮名にすると

ちょっと 寂しさが払拭されるかのような
錯覚を おぼえる

錯「覚」を「覚」える
この表現は

よもや 馬から落馬、と同じくらい
不毛な表現なのだろうか、

暫し 悩む
芝のない季節だから

悩みも忘れて 見つめるは
ケーキの上の イチゴかな

ケーキは心がほっこりするよネ☆
あまったるさで 嫌なコトも全て

胃袋の中に 一緒に流し込んで ごっくんこ♪
そんなクリスマスが良いなあ~っ。

*

一つ前で イルミネーション風の写真が
一枚あったと 思うんですけどね、

昨夜の糸魚川駅前 ボヤケテルーゼ・バージョン
ルクルーゼみたいな シャレこいたんですけど(何処)

新幹線の駅が 来年の3月に開業するんだけど 
そっちの方角から撮影したの。

何となく イルミネーションが
クリスマスっぽかったから パシャリ☆

綺麗な光と言えば 東京駅も
イルミネーションしているみたいだよねー

紫の多い感じの色合いで 
テレビで眺めて うっとりしたよ
今は そういう楽しみ方もあるね!!

メリークリスマス☆☆

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

詩の発表場所あります
自慢の絵・写真を披露したい方にもおすすめ!

ワタクシすずこが編集している手作り詩誌
ポエムサークル「みゅう」

仲間になり購読いただくと
ボツなしで冊子掲載 & CDトーク → 全国郵送★
見本誌もあります。読みたい方も連絡くださいね。

以下に本誌の写真・詳細を紹介していますので
クリックして御覧くださいませませ~☆

ミュウ 223.224号 完成♪ 

すずこのリンクはこちらから

~いつかの すずザレ~ 藤鈴呼の戯言
過去作も織り交ぜてUPしていきます☆

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

● 透 明 ●


透明な 滴 / 壊さぬヨウニ / 

木漏れ日を / 追い掛けて / 空に 誓った / 

あの 安らぎ / 忘れたなんて 言わせない / 

動き 始めた 唇の 扉も / 

手の平に 包んでいく / 

空が あなたを 包むなら / 

闇が 必ず 明けるなら / 

夢の 始まりを 二人 / 

信じるだろう / 

抱き締めるだろう / 

抱き寄せて 離しは / しないのだからxxx//

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:

● い ま だ に ●


いまだに あなたを 名前で 呼んでしまう / 

マスターだなんて 役職で 縛りつける なんて / 

冷たい 行為 / 困難でしょう。。。? / 

貴方の 温もり / 存分に / 味わえないままに / 

一つの 記憶 / かなぐり捨てた / 

二人 / 思い出の / 

夜に / 紛れたまま /

身動きが / 出来ない //

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:

● シンガポール スリング ●


昔 あの人が / 

駆け出しの バーテンダーで / あった / 時代(ころ) / 

わたしに おしえて くれたもの /

「この カクテルの 名前」 / 

スリリングでも イイんだけどね。。。 / 

誰も 皆 / スリルを 求めるんだもの。 / 

憂鬱には 取り合えず / 一味 遠いのよって。。。 //

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:

● 敬 語 ●


中途半端な 敬語なら / 

使わぬ方が / 得策でしょう? / 

それで 私は 求めたの / 

貴方との 「イチバン良い」 / 

方法って / その 「ヤツ」 を。。。//

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:

● 関 係 ●


一番 / イイ / 関係で / 居てね。 / 

あなたとの / キョリ / 

埋めたくも / 

縮めたくも / ないのよ / 

今は。。。 //

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:

● こ の ●


この 甘い 液体に / 

ストロー ひとつ 突き刺したなら / 

こころの いたみ / 少しでも / 

甘く 歪んで / 消えるでしょうか / 

薄く 光る / 紅の 液体に / 

少し 桃色 / 染まるでしょうか / 

優しく 揺れて ときめけば / 

あの / 冷たく思えた台詞にも / 

少し 安らぎ / 灯るでしょうか。 //

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:

● こ お り ●


氷の 音 一滴 / 

凍りの 街で 聴こえます / 

忘れた 夢の 一欠片 / 

転がり落ちて 震えます / 

ある日は 真夏の 波の ように / 

ある日は 真冬の 真綿の ようで。 //

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:

● お も い ●


こんな 寒い / 冬の 夜に / 

あなたは 出て来て / 呉れるでしょうか / 

深夜の タクシー ぶっ飛ばし / 

急ぎの 足で 駆け付けて呉れる / 

優しい 足跡 たどる瞬間(トキ) / 

常に 背中を 見詰める 夢を / 

抱き締めながら おもいます / 

いつも アナタを 見詰める 癖を / 

捨て切れぬまま / おもいます //

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:

● タ メ イ キ ●


タメイキは でませんか? / 

何だか 悲しく なるような / 

やっと 楽しい 時間(とき) 訪れる / 

突然の キミからの訪問は / 

心の音を 全て奪った / 

剥奪と呼ぶ 名の下に / 

転がり落ちた りんごの実 / 

軽く 毛が生え 腐ってる / 

重い 実が揺れ 腐ってくxxx //

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:

● こ え ●


ここで 声を 上げる事もせず / 

静かに 様子 伺っている / 

嵐に 時を 阻まれた日は / 

降り落ちる 憂鬱さえも 冷たい / 

映された 「ボク」 と言う名の玩具は / 

仮面を外されて / 

泣いている / 

泣いているxxx //

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:
人気ブログランキングへ
↑ポチッとな~☆↑


黒姫さん

Img_2972


Img_2971


Img_3004


写真は先日の黒姫山
朝 旦那を送って行く途中で観えたんが

すっげー美しくって 
いっじょーっに 興奮して・・・気付く

あ゛、こういう時に限って デジ・カメ子ってば
家で留守番しちょん…il||li_| ̄|○il||liけちょん

すかさず旦那がポケットから デジ・カメ男を取り出す
シャキーンっ☆ な、ナイスだぞ お主っ☆

ってことで 旦那が撮影した写真
かと思いきや―

その後で もう一度 出動した時に
自分で撮影した写真ですが、何か??
~( ̄▽ ̄~)(~ ̄▽ ̄)~

このショットは 
山に向かって雷が落ちているかのようにも
思えるのう 

雲の雷
うん。 いずれにしても 美しいわ

今朝はね、黒姫山が 見えなかったんですよ
手前の 明星山(で合っちょん?)は
クッキリハッキリ見えたんだがのう

んで、「黒姫サンが見えない」って呟いたら
即座に その「さん」は「山」なのか敬称なのか
って 質問を 受けましてん

嗚呼 そうか
黒姫山 も サン だし
黒姫さん って呼び名でも良いし

今回は後者のつもりで 呼びかけた風味だったんだけど
思わぬ誤算に 笑っちまっただよー(単純)

ええ それは
青い空と 白い雲の 如くに。

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

詩の発表場所あります
自慢の絵・写真を披露したい方にもおすすめ!

ワタクシすずこが編集している手作り詩誌
ポエムサークル「みゅう」

仲間になり購読いただくと
ボツなしで冊子掲載 & CDトーク → 全国郵送★
見本誌もあります。読みたい方も連絡くださいね。

以下に本誌の写真・詳細を紹介していますので
クリックして御覧くださいませませ~☆

ミュウ 223.224号 完成♪ 

すずこのリンクはこちらから

~いつかの すずザレ~ 藤鈴呼の戯言
過去作も織り交ぜてUPしていきます☆

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

君には 関係無い
そう 一言 告げられると
何処か 突き放された様な 感覚が
広がるから

君に これを言っても
仕方無いよね

なんて
優しく言った フリしても

受け取る側の テンションが
低かったならば
同じことか

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

この 瞬間を 狙ってました
そう 言いながら
笑い逢える 瞬間は
例えば 年の 明ける 瞬間

丁度 良く
一ヶ月の 合間に
UP作業が 出来た僕は
とても 満足

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

こんなに 後悔しても
思いを 公開しても

アナタの 元には 届かない
そうだ あたしの
ポリシーに 反するね

何かに 戸惑いながら 
行き続ける事

素敵な 思い出を
常に 抱き留める事

其れは 其れとして
大切な 気持ちだけれど

オルゴールの蓋を
カパリと 開けるように

ぎこちない仕草で
過去の扉を 開ければ

何時だって
素敵な楽曲ばかりとは 
限らない

オルゴールの 鉄だって
たまに 錆びついて しまうから

曲が
止まりそうにも なってしまう

だから
前を 向いてって

自分に
言い聞かせて
歩むんだね

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

側にさえ 居れば
アナタの 気持ちが
総て
解るのだと
信じてたけど

離れた方が
あたし自身の 気持ちは
広がったみたい

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

どうしても
アナタを
忘れられぬ 夜には

似たような 星空に
思い 込めながら
考える

何時だって
同じ 
光のように 見えて

今の 光は
永遠に
見えないこと

思い知らされるから

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

幾つも 幾つも
伝えたい 気持ちが有って
言葉に 成らない

明日の事 考えて
眠ろうと するのだけれど
止まって呉れない 指先は

アナタの眠る
方角へと 向かって

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

羽ばたいた 鳥
今頃 白鳥は
どんな 湖面で
休んで居る
事でしょうか――

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

加齢と共に
華麗に 生きて 行くんだって
最近じゃあ 豪語しているけれど

十八の バースデーを 迎えた日
嗚呼 ババアに なっちまったなぁって
そう 思った

二十歳で 成人式を 迎えた日
これで 堂々と
酒と 煙草を たしなめるんだなぁって
実感した

今は アナタの 半分くらいの 年齢だけれど
いつか 追い付いて
きっと 追い越して 行くのかなぁって
天国に向けて 呟いて見る

三十路の 醍醐味は
とりあえず 魅由宇100号 
達成祈願かな・・・

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

照り付ける 汗
芳しい 香り
・・・だなんて
ちょっと 美的表現が
過ぎるじゃない?

夕刻に 成り
珍しく 残業をして
時刻は 19時を周り
隣の彼女が 帰ると言うので
あたふたと 接続してるパソコンの電源を切り
あたしも 戻って 来たのでした

汗臭いなぁ なんて 思いながら
冬だって 室内は 温かいからね

大好きな ドライブにでも 繰り出したいけれど
ちょっと 肩から 腕にかけての 関節が
ギクシャク 言ってる

マッサージにも 行こうかなって
悩んだのだけれど
いかんせん 今日は
マザー & ラバー を
観なければ ならないじゃなぁ~い♪

此れって 短縮形は
マザラバ なんだろうか・・・なんて
リゾラバ SONGなんかを
思い起こしながら。。。

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

「 もう こんなん成るなんて 痛くて 痛くて
  居ても 立っても 居られないから
  ずっと 座ってました! 」

・・・ここで 患者と 仲の良い医者ならば

「 じゃあ ずっと 座ってろ~~ 」 なんて
茶化すのかも 知れないね

その後で

「 いやぁ そんだけ 肝っ玉 据わってたら
  そんじょ そこらの病じゃあ
  儚くは 成りゃあ しないさ~~ 」

なんつって。

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

今夜の 星空は
雨に 打たれて
更に 輝くのでしょうか

其の 煌きも
見つけられぬ
カーテン越しから
連想しながら

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★
人気ブログランキングへ
↑ポチッとな~☆↑



音の懐

Img_3003


Img_3005


Img_3006

ゆっくりと振り返る
前なのか 後ろなのか

右のような気もするし
耳が詰まっているだけの話で
本当は左側かな

とても近いかも知れないけれど
案外と小さいから 遠いのかも

鳴っていることは 分かるのに
出所が 分からない

虹みたいに 生えている訳でも
ないしなあ 

なんて 考えている内に
一瞬訪れるは 静寂

シーン

しーーーーーん、と言う音が
つーんと響き
鼻の奥で 水たまりが破裂する

瞳が腫れて
ポインセチアの色になる

ゆっくりと 染まるから
境界線が 分からないのね

それでも 自分の中で響く
心のお話だけは
失くしたく ないな

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

猩猩木(しょうじょうぼく)

ポインセチア(Poinsettia)

・灯台草(とうだいぐさ)科。
・学名
  Euphorbia pulcherrima
   Euphorbia :
      ユーフォルビア属
   pulcherrima :
      非常に美しい

 Euphorbia(ユーフォルビア)は、
 ローマ時代のアフリカの
 モーリタニア王の侍医
 「Euphorbus さん」の名に
 ちなんだもの。  
 「Euphorbus さん」が、
 これらの植物の乳液を
 初めて薬に使ったところから。


・11月から12月頃
 よく見かける。まっ赤。
 (ほんとうは
  まんなかの黄色い部分が花)。
 なんとなく
 ”クリスマス近し”という感じ。
 赤と緑の組み合わせがいい。

・アメリカの駐メキシコ大使の
 ポインセット氏が
 メキシコで発見し、
 アメリカ帰国後に紹介して
 広まったことから
 「ポインセチア」になった。
・マダガスカルの国花。

・別名
 「猩猩木」(しょうじょうぼく)

  ”猩猩”は中国の想像上の怪獣で
   猿のような顔をもち、
   毛は紅色。
   赤い花なので
   この猩猩にたとえられたと
   思われる。
   (猩猩=オランウータン、
          の説あり)

・12月22日の
 誕生花(ポインセチア)
・花言葉は
 「聖なる願い」(ポインセチア)

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

みゅうメンバー有里乃にヒントをいただいて調べました。

ポインセチアには
花びらがないそうですね

葉の色は上が赤 下が緑なので
パッと見、赤い薔薇のようなイメージで

紅い花なのかな、と
思いたくもなりますが

真ん中に こちゃこちゃっ♪ と 集まっている
黄色の部分が花なんだそうです。

紅い葉、の表現で思い出したのが

紅要黐 (べにかなめもち)
別名 レッドロビン ですね。

こちらは みゅうメンバー じぃじに教わりました。

・薔薇(ばら)科。
・学名
  Photinia glabra(要黐)
   Photinia : カナメモチ属
   glabra : やや無毛の

 Photinia(フォティニア)は、
 ギリシャ語の
 「photeinos(輝く)」が語源。
 新葉が紅色で
 光沢があることから。
 学名 P へ


・開花時期は、 4/20 ~ 5/15頃。
・要黐のひとつ。
 3月から4月頃に伸びてくる葉が
 ひときわ赤いため、
 この名前になった。
 しばらくすると
 緑色に変わっていく。

・若葉が赤いのは、
 まだ柔らかくて葉緑素も十分に
 形成されていない若葉を
 紫外線から守る、
 「アントシアニン」という
 赤い色素が用意されており、
 これが若葉を
 日差しから守るサングラスの
 ような働きをすることから。


・花は白色。泡を吹いたようだ。
・生け垣としてよく植えられる。


・よく似たものに
 以下のものがあるようですが、
 なかなか区別がつきません。
 当ページは「紅要黐」に
 させていただきました。
(写真も全て、たぶん「紅要黐」)

 【紅要黐(べにかなめもち)】
   新葉は、とても赤い。
   花期は4月~5月。

 【要黐(かなめもち)】
   新葉は、紅要黐ほどは
   赤くはない。
   花期は少し遅く、5~6月。
   別名
   「赤芽黐(あかめもち)」。

 【レッドロビン】
   新葉は、紅要黐と
   同じくらいに赤い。
   紅要黐と
   大要黐(おおかなめもち)の
   交雑種。
   葉っぱは、要黐や紅要黐より
   大きく柔らかい。
   別名
   「西洋紅要黐」。


*

ええとね、この「レッドロビン」の名前が 
ちょっと 思い出せなくってサ。

検索しようとしたのよ
何を血迷ったのか「レッドバロン」って打ち込んだら

各地の名前と オートバイの名前と
砂漠を背景にした赤仮面ライダーみたいなマークが

一緒に出て来たワ
~( ̄▽ ̄~)(~ ̄▽ ̄)~

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

みゅうメンバー きょうちゃんからは、
ポストカードが到着!

きょうちゃんからの待望の一枚が届いたよ☆
ほのぼのしました。

せっかくカラーを活かして
言葉を書いてくれているので

真ん中でキリトリせずに 全て掲載できるよう 
工夫してみたいと思っていまーす。

でも 宛先かいてある部分は
きちんとカットして

要するに 宛先の隣の文字の部分はコピーして 
裏表の きょうちゃんワールドを活かすように編集できないかな?
ということを やってみたいなあ~

とニヤニヤしつつ、編集にのぞむ日は 
もう少し先になるかも??
~( ̄▽ ̄~)(~ ̄▽ ̄)~
楽しみにしているね。

そして、きょうちゃんからの「返信」に依ると
「変身」要らず、とのことなので 

当初の「意志」を固く尊重することに。
「石」だけに。

*

そちらで 最高1度となると 
ここはどうなるのかや。。と思うちょります。

まあ 消雪パイプのおかげで
道路の雪は上手いこと溶けてくれるんだけどね。

先日は夜中 ガラガラと
道ならぬものをひきずっているような音がして
眠れんかったのだけど

何のこたぁない、グレーダーの
チェーンの音でしょうね

音って不思議でね、目の前のような感じがしても 
遠かったりするんだよね

今日も工事音がうるさかったよー。

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

写真はクリスマスイブの
糸魚川駅アルプス口

丁度 車窓に雨粒が舞い降りてですね

謀らずも幻想的な雰囲気に
(一句☆)

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

詩の発表場所あります
自慢の絵・写真を披露したい方にもおすすめ!

ワタクシすずこが編集している手作り詩誌
ポエムサークル「みゅう」

仲間になり購読いただくと
ボツなしで冊子掲載 & CDトーク → 全国郵送★
見本誌もあります。読みたい方も連絡くださいね。

以下に本誌の写真・詳細を紹介していますので
クリックして御覧くださいませませ~☆

ミュウ 223.224号 完成♪ 

すずこのリンクはこちらから

~いつかの すずザレ~ 藤鈴呼の戯言
過去作も織り交ぜてUPしていきます☆

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

* 乳白の まろやかさ持つ 翡翠かな

透き通る色合いか綺麗なものは 
宝石だけでは有りません

月だって 空だって 空気だって そう。

だけど、ちょっと 
まろやかさ加減を プラスすると

ブラックコーヒーが喉を流れる瞬間よりも
まろやかさが 得られる気が するのですネ

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

* 家計簿を つけ始めたら 無駄が出る

不思議なモンで 目に見えない存在ってのは
スルーしがちだったり 
心がスルーしたくなったり するじゃない?(笑)

いかんせ~ん、目の前にハイと 差し出されたら
拒むことも出来ねぇモノも 色々と有る訳で(?)

無駄と思わず使い込んでた 小遣いも
必要経費と信じ込ませた 脳内エンジェル係数も

一覧表に してみやれば あぁら 不思議♪
ってなモンですわよ♪

うん。だからね、
いつも 言われるの。

「アナタ、一覧にして 
ニヤニヤしてるダケじゃなくって

ドレが無駄か考えて 
収支をちゃんと 云々かんぬん~」

って どっちが経理経験者なんでしょ~ね?
あははっ(空笑い)

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

いつか のせるよ
ウエハースの上に
しっとりと 乗っかった
白い 思い出

冷たい頬を 伝う
しょっぱい液体が

絡まっても
大丈夫

バニラ風味で
心をも溶かす
幸せの 固形物

いつか 二人で

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

* 新潟も 山形寄りの だだ茶豆

縦長の県内は 気象条件のみならず
色んなコトが 違って 来るもので。

出身地で有る 岩手は 
ずんぐりむっくりな 図体(?) だけれども、

こちらは 方言が 色々有ったなぁ~ なんて 
懐かしみながらの タイピング。

んで、懐かしい記憶から 記録から
交友が広がる、復活するコトに 感動した
昨夜だったのだケド、

懐かしい声を 続けて 聞いたり
メールしてみたりしてね。

新潟って言えば… と リクエストされたのが 
だだ茶豆。

要するに 枝豆なんだけれども、
茶豆と呼ぶと 印象が 随分と 変わって来るね。

スーパーでも 茶豆として 
売っているんだけれども、

出来るならば 産直のもの、と
JAひすいの産直コーナーに 夕方駆け込んで 
レジの姉さんに 聞くも、首を 捻ってる。

駅前の ひすい王国館では
土産コーナーなんかも 有るんだが、

こちらの姉さん曰く、新潟は新潟でも
村上とか(北の方) 黒崎ですねぇ~ なんて言う。 

新潟市までも 高速で
二時間半くらい かかるんだし、

明日は車検だが ナンバー変更で
長岡まで 高速ドライビングする
県内だからねぇ(笑) 

そうそう簡単に 見付からないとですよ。

仕方ないので ご要望に応えるべく 
ネット検索して みたんだが、

どうやら だだ茶豆と言うものは
山形鶴岡が 産地なのだとか(?) 

で、庄内産の 有機栽培なんてぇのを
見付けて 手配したんだぁ。

黒崎の茶豆と 迷ったんだけど、
やはり 名前は 大事でしょ?

肩書きは どうでも 良いけど
(ここ、矛盾してるから ヨロシコ★)

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

私の元パート先は
翡翠園・谷村美術館・玉翠園
ここなんです。

最初の翡翠園は 坂の上の 日本庭園
ここでの仕事は 草むしり(笑)

お客様がいらしたら チケットさばき。
庭園内を ゆっくり散策してもらいながら
癒されて もらいます(笑) 

混んでなければ 
途中まで 一緒に歩きながら

庭木等の 説明したり、
写真撮影 してみたり。

庭園の中に ひすい美術館が有り、
加工品の香炉、彫刻品が有るので 説明
そんな感じですね。

坂を下りると 以下の2施設。

谷村美術館には 仏像10体が有り、
同じ敷地内に 
玉翠園と言う 日本庭園が 有ります。

こちらは 主に 室内から鑑賞していただく
庭園です。

それぞれ 説明しながら
廻ったりも します。

翡翠アクセサリー、糸魚川産のおかき、
ジュースなどの ショップ販売も 有り。

3箇所有るけど、2施設は併設なので、
どちらかに 出勤してます。

私は 平日は週3~4日 シフト出勤、
たまに 土日出勤。

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

* 忘れます 思った傍から 次々に

今日は美術館勤務の日。

朝から窓拭きしている輪に加わって、
いい位 汗だくになった後で

彼女に言われ、
発覚したんだよね~。

「今日、私は、休みだ」
ってコトが(爆) 

いやぁ、今月から
新しく パート仲間が 増えたモンだから

シフト調整して 出勤から休日になったのを 
すっかり忘れてたわぁ~ 

やっぱり 一つ年を重ねると
脳味噌も 風化してしまう様ねぇ~
(言い訳) 

確認しようとしたコトも
鼻から 口に 抜けてくし
(…は?)

挙句の果てに、帽子忘れて
帰宅しちゃったモンだから
引き返したわぁ~。

自宅駐車場で気付いたから 
通勤ルートを
無駄に まるんとドライビングした
計算になるわね~。

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

* 未知月の力強さに照らされて

昨夜の満月→満ち月ってコトで
語呂合わせ句★

旦那 曰く
やはり満月ダケあって
光が力強いわぁ~と しきりでしタ。

私はと言えば、生返事ならぬ
生相槌を打ちながら 写メしきり(笑)

今週は シフトの関係で 
今日から四連休~

土曜日の東京出発前に
腹の上のポニョを減らそう計画で(?)
久々のプールへ。

でも 久々過ぎて 
1キロ ノンストップどころか

100メートル毎の 息継ぎモードで
前半から クタクタに(爆)

やっぱ 慣れって素晴らしい~
動いてないと出来なくなるのね~

とか思いながら 帰宅途中
紅い月に 癒されたヨ

未だ 昇り切って居ないので
随分と近くに有る気がして
車停めて 写メしてみたケド

昨日みたいな 力強い光線は無く
ズームもハンパな我が携帯では
美しさ半減で ちょっと残念

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

生姜パン男ネ☆
よっしゃぁ 覚えた!

あれぇ? アンタ
そんなんでぇ 
大丈夫かい?

そんな 声が
響いて来るよ

♪で~ぇじょ~ぶだ~ぁ~♪

このフレーズが 分かる世代も
減って来てるんだろうなぁ~

バカ殿様スペシャルは
たまにテレビで 見かけるケドね

ジンジャーブレッドマン
粘土の 塊

固まりは いつだって 美しい
今にも 歩き出しそうな
粘土男

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

昨日は雨で 美術館の午前の入館者は 0人
かと思ったら 閉館ギリギリに 3人来た--

美術館のオーナーが
谷村建設の 初代社長なんだ。
今も所有者は 谷村建設なの。

その会社をやめてから
こっちで仕事してる 男性が
瑪瑙を 見つけてくれた。

いまい地区と言う辺りに
普通に 石ころが 転がってるそうな

中心が少し ラベンダー色っぽい
ステキな石じゃ

長野で登山したときに 拾った
黒曜石と言うのも 貰った

こちらは 黒い硝子みたいな
透明度も高いもので

昔 矢じりとしても 使用されたんだそうな

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

* 飲会議 本音・人脈 宝庫哉

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

なめらかな
 かわで にわかに 
   のぼりたつ

そっとみあげた 
 らむいろのゆめ

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°
人気ブログランキングへ
↑ポチッとな~☆↑



ジンジャーはちみつレモンティー

Img_2937


Img_2938


Img_3010


煌びやかなネオン通りや 
切なすぎるメロディーよりも

心潤す存在があるとすれば 
喉を潤す生姜紅茶だろう

君は何時も
何かを勘違いしていて 

ジンジャーティーと言えば
ブレッドマンと続けたり

甘ったるいクッキーの味を連想して 
にやけてみたりもする

そういう処が可愛らしいのだけれど、
とは思うが

刺激を含んだドリンクのように 
一瞬 詰まったりする

会話の中で 
二の句を継げなくなったりすることは

有り難いことに 最近では 
ほぼ 無くなった

昔は 
「沈黙の時間が苦じゃない相手が理想」 
なんて言っては

長かった髪をかき上げて 頬杖ついたりも 
したもんだ

君が勘違いしている「何か」が
「なに」で在るのか

説明しようとすれば 
上手く言葉が出て来ない

要らぬ台詞ならば 
ゴマンと出ては離れないのに

もしくは君の心を 
閉じ込めてしまえるものならば
もっと 良かったのにね

喉の奥に 小骨が刺さったような… 否
今日の気分は洋食に決まりだ

だって クリスマスなんだもの

魚の小骨じゃあ なくったってね
本当は 自分が肴になる位が 丁度良かった

食事の最中 
君は何度も繰り返した

窓の外を駆け抜ける 大型トラックを眺めては
「かわいそうにね、今日は クリスマスなのに」

宅配トラックを眺めては
「仕事だろうけど、大変だね、クリスマスなのに」

少しの同情と憐み 
ともすれば優越感や安息をも
表現された 一言だったのだろうか

振り返った 僕の瞳には 
涙雨が伝う 硝子が見えた

僕が 泣いていたんじゃない 
空が 代わりに 哭いてくれたんだ

そんな 洒落たことは
言わないけれど

ちょっと 
代弁してくれているような気がして

ホッと一息ついてしまったのは
否めない

たった一言が 衝撃派となって
何度も押し寄せて来る

そんなコトってあるだろう

丁度 テレビ画面で誰かが喋っていた
「心が風邪を引いて云々…」

嗚呼、そうなんだ! 
そんな感覚なのかも知れない

ほんのちょっと ガサガサした
喉みたいに

小骨の代わりに 生姜の欠片が挟まった
歯の隙間から

苦しいよって言う代わりに 
呻き声が 漏れるみたいに

聴き様に寄っては 鳥の囀りに似てなくもない
勘違いするならば 聖なる鐘の音だとも思いたい

そんな錯覚が 許されぬ程 
破壊力のある 一言がある

あの日 少し 風邪気味だったので
何時もはしない料理を 君がしてくれた

メニューは何かのパスタだったと思う
そうだ 君の好きな ミートソースパスタ

その後で 年賀状を書かないと… 
と パソコンに向かって

私はテレビに向かって 閉じそうな瞼を
こじ開けていた

あの音に関しては 
今更 驚くべきことじゃあ ない

君の言う通り 
もう 何千回も 放った音

くしゃみが ハックション! と 表現されるとして
おならが ぷ~う! と 放たれるとして

しゃっくりは 人それぞれだろう
ひいっ 引き笑いのようになってみたり 
アレンジが入ってみたり

何度か続いた後で 一言 ぼそっと呟いた
「きたない」

汚い
キタナイ
き た な い

出会って十年程になるが このタイミングで
ワタクシは キタナイソンザイとして ニンシキされたのだ

アナタはワタシの方を チラリとも見やることなく
視線は画面に釘付けで その後のフォローもなかった

たった それだけのこと

何の気なしに 放った一言は 放屁よりも馨しく
我が心を打ち破ったから こりゃ一大事

寝ても覚めても 私は
汚い者として生きることを余儀なくされた

枕が濡れるのに不思議を感じたのは 
何故だろう

そうだ
涙が 上に流れて行ったからだ

ドラマのように 格好良くは いかない
耳の穴に入って行く水滴は 結構えげつない

ぞくっとする
そんな自分に ゾクッとする

身震いがする
熱が上がる

朝が来る 昼になる 夜になる 二人になる
朝が来る 一人になる 私は眠る 夜になる 私は眠る
ワタシハネムル

何かが スウッと引いて行くのを感じた
清々しいミント味のキャンディーならば
思い切り 深呼吸 出来るだろうに

あなたは 薄荷が キライでしたね
思い出の中で そう呟けば キシリトールが呟く
歯の健康は命です

芸能人じゃないから 今更
歯の黄ばみなんて 気にしないとか言いながら
血が出るまで 電動歯ブラシを動かしてみたりもする

ほんの とお 数えた頃
それくらい昔の ある夜

私達は 冷えた身体を 
ジンジャーティーで 温めた

あの頃 二つの心は 
同じような角度で 綻んでいた
結ばれた紐が 解けるのは 道理

それぞれの 旅立ちへ向けて 準備を始める頃
素敵なジングルベルが 鳴り響く

同じ湯船に浸かっても 何だか生温い それは
なまぬるいカンケイ なのではなくって
ココロがササクレダッテイルだけのお話

お箸を取り直して 
取り零したものを 一つまみして

それは そう 例えば 
この季節なら 年越し蕎麦

かしわ汁を作って
柏手を打つ頃

私達は 空の上
南の空へ 飛び立つのね

あのね、あなたいつも まちがえているんだけれど
あのひ のんだのは はちみつジンジャーティーなのよ

檸檬なんて ひとっかけらも 入っていないの

うん だけど
何となく 合うような妄想も してきたわ

どんな味が するのかしらね

お店のお姉さんに 質問された
クリーム系の味って 飽きない?

私はドロドロ系が大好きなので 飽きないけれど
誰か他のお客さんに 言われたんですか?

ううん、違うの。わたしがね、飽きるから。
「ワタシガネ、アキルカラ」

褒め千切った翌朝の胃もたれは 
二人 おんなじ

あれ あんなに おいしかったのに おかしいねって
笑い合ってる

大きなカップの中で 生姜の欠片が ぶつかり合って
その内 喉の中に 共に 吸い込まれて行く

胃袋の中で はちみつと 紅茶と 同化して
どうかしていた過去なんて
どうでも良い位に
笑える位の おとぎ話に 代わっていくから

だから どっちかって言うと
生姜は 
磨り潰してない方が 好きだな

喉に刺さった 小骨の代わりを 見つけた
言いたかった 台詞の渦だ

渦潮に遭遇した記憶はないが
船の上から眺めると 
きっとこんな感じなんだろう

自分だけ ずぶ濡れ回避しておいて
水滴の一つ一つを 綺麗だね、なんて言いながら
眺めて居る

それこそが 汚さ だったんだな

例えば他人の車のワイパーの動きや
イコライザーから
眼が離せなくなったりする夜に

目の前のシグナルが
青から赤に代わろうとも
関係ない と 言うみたいに

黄色、だったなら
何か 代わっていたのかも知れない

中途半端な 今の自分と 
同じくらいの 色合いだったなら

ちょっとは気にして
立ち止まったりも したんだろうって 思う

私は 一連の出来事を 小さなカードに認めて
彼に渡した

二人 とびきりの笑顔で
満腹になった その後で

「・・・なんで ここに こんなこと 書くかなあ」

そんな言葉が凝縮された 
第一声

「そうですか」

そうですか
そうなんです
躁ですか?
ソウかも知れません

楽しい時の波が 引ける時の早さ
小波が 溶ける瞬間の 儚さを見た気がした

立体型のカードの方を
開いてくれたなら 良かった

そこには きっと こう書いてあった筈だ
「あなたに ずっと 着いていきます」

だから 連れていってね
どこへ?

小波の向こう側へ
ワクワクする出来事を乗せて

ちょっと違う
一緒に行こうね
愉しい日々を探して

穴だらけのヒビの深みにはハマらないで
そう祈るだけのクリスマスがあっても いいよね

湯気が消える
流石の生姜力も 何時間もは 続くまい

そう 知っているから
早めにカップを持ち上げて

わたしは また 
はちみつジンジャーティーを
飲み干そうと している

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

ピーナッツ珈琲

今回のヒントとなった記事です。
じーーーん。 こういうのが書きたいんだよ! 

と 思ってから

とりあえず昼寝して 起きて 食べて 寝て
年賀状を書き上げて ようやっと書きました 

が 叶わん

いや、最初っから 対抗しようとは 思っていませんが
コメントの最初にある ルカさんと同じ感想で 
秀逸ですねー。

私は ルカさんのブログも大層好きでね
ちょくちょく見ているんですよ

そもそも 今回の著者 そーすけさんを知ったのは
ルカさんのブログだったなー。

写真は サントモック
 ハチミツジンジャーティー
ティーカップがとても大きくて 飲み応え抜群です☆

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

詩の発表場所あります
自慢の絵・写真を披露したい方にもおすすめ!

ワタクシすずこが編集している手作り詩誌
ポエムサークル「みゅう」

仲間になり購読いただくと
ボツなしで冊子掲載 & CDトーク → 全国郵送★
見本誌もあります。読みたい方も連絡くださいね。

以下に本誌の写真・詳細を紹介していますので
クリックして御覧くださいませませ~☆

ミュウ 223.224号 完成♪ 

すずこのリンクはこちらから

~いつかの すずザレ~ 藤鈴呼の戯言
過去作も織り交ぜてUPしていきます☆

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

宥められると
本当は 違うんだよ って
反抗したく 成る

解るよって 頷かれると
もっと もっと って
語り出したく 成る

何れに せよ
物語が 終わらぬ内は
延々と 語り 継がれる
人生の ストーリー

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

あの人って 「くんどく」 なるからなぁ~
誰かが 誰かの 酔い潰れた 姿
想像 してる

自分は 酒になんて 負けないよって
豪語 してる

シラフの 僕からは
どっちも どっちに
見えて しまうんだ


 『 酔っ払いの たわごと 』

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

禁煙に チャレンジ したらね?
何か 口が さみしくなって
飴を 舐める 回数が 増えて
糖尿病に 成らないかって
そんな 心配は 要らない

だって 僕は 何時だって
のど飴を 舐め続けて 来たから

そして 口にする アルコールも
ほんの 少しで

良く 言うじゃない?

百害有って 一理 無しの 煙より
小量ならば 百薬の長だって


  『 適宜に 酔っ払い 』

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

最初はね 悪戯されてるって
感じたんだ

君は 何時だって
僕の スカートを
めくろうと してたから

だけど 気付いたんだよ
周りの 噂で

どうやら 恋らしいって コト

そして 断言 出来る様に 成ったのは
あの バレンタインデー

普通は 女の子から
チョコレートを あげる らしいけれども

セプテンバー バレンタインは
別なんだってね

だけど チョコレートが 良かったな あたし
やっぱり 下着って
選ぶ方も 貰う方も
恥ずかしいんじゃあ 無くって?


 『 セプテンバー・バレンタイン 』

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

冬には 咲かない コスモスを
一輪 添えて

お互いに プレゼントを
交換する日でも 有るらしい
九月の 告白は
上手く 行くのでしょうか

誰しも 寂しい 心を持つ
こんな 季節 だからこそ

舞い散る 花びらに
想い 一滴 添えて

羽ばたく 恋も
きっと 有るのでしょうね


「 セプテンバー・バレンタイン Ⅱ 」

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

ホワイト・デーから 半年後の その日
女性から 別れ話を 切り出しても よい日

紫色の 物を 身につけ
指には 白い マニキュアを 塗り
緑色の インクで 書いた
「 サヨナラ 」 の 手紙を
手渡し するのが ルール なのだとか。

色んな 意味合いを 持つ この日に
本当に そんな 格好で
別れを 切り出す 女性なんて
存在 するのだろうか・・・

私なら
紫は 大好きだよ
白い マニキュアは 今は 捨てたよ
緑色の インクって
キライな人に 宛てた 手紙に 使うって
聞いたコト 有ったような・・・


 『 9/14 セプテンバー・バレンタイン 』

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

バレンタイン ベリーという 苺が 有るらしい

冬には ルビーのような 実を つけ
ハート型の 葉を 持つ 苺なのだとか

食べられるらしく 味は 恋の 甘酸っぱい カンジで
日かげに 強いらしい

絶たれても 又 目覚める
人の 心 みたいだね

冬でも 常緑だと 言うから
何時までも 枯れぬ 恋の心を
投影 している ような

ビタミンCも 豊富 らしいし
最近 果物が 酸っぱいと 感じる 私には
もってこいの 苺 なのかも・・・

そんな ハート 一杯の 暖かさを
その 文章から 感じました

何処かで 見守って 呉れて 居る
そして 拒絶は しない って
あたたかな 言葉を 呉れる

そんな あなたに
どうも ありがとう

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

おじいちゃんってね
わざと 意地悪な 物言いをする
人だったんだ

小さい頃は その中に 隠されてる
愛情に 気付けなくって

どうして この人は
こんな 物言いを するんだろうなって
本気で 悩んだ ものだったけれど

幾つか 年を 重ねて
似たような 人と 会話し始めて
ようやっと 解ったんだ

その 言葉の 隅に 隠された
はにかみの 笑顔とか
あたたかな 心にね

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

今まで 育てて 貰って
ようやっと 退職を 迎えるのだから
このくらい なんともないさと
キミは 言う

羽ばたいた 自分は
親元を 離れて 久しいから
この時に と ばかり
一ヶ月分くらいの 給料 つぎこんで
温泉にでも 招待 しようかって
策略を 練りながら

感謝の 気持ちってね
金なんかでは 表現 出来ないけれど

そう言えば 毎年
お年玉を 貰う 度に
感謝 してた
自分も
否めなかったりして。。。

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

あの人には 何時も 言われるんだ
結婚なんて しなくったって 良いから
旦那なんて 煩い だけなんだから
だけど 子供だけは 作っときな って

其れも 一つの 考え方だね
何時も 逆らえなかった あの人の 言葉に
心底 頷くコトしか 出来なかった 私が
ほんの 少しだけ
抵抗 できること

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°
人気ブログランキングへ
↑ポチッとな~☆↑


2014年12月18日 (木)

三日月の光

Img_2904


Img_2905


Img_2906


12月14日 糸魚川駅 キャンドル点灯してました☆
写真はアルプス口

つい先日まで 北口側からばかり撮影していましたが
最近は こちら側も脚光を浴びる機会が増えて来たような
気がします

北口は在来線側なのですね
新幹線は南口だそうで。

って今更気付いて「へぇ~っ」とか言ってる始末(笑)
キャンドルの周りに筒状の紙を巻いていました

手作りの言葉を添えて 祈りを込めて そんな夜
旦那が書いた言葉は 確か

「糸魚川が沢山人が集まる駅になりますように!」
こんな感じだった

それを横目で眺めつつ 私が書いたのは
こんなニュアンスだった
「糸魚川に笑顔が溢れ雪が溶けますように!」

直後に言われた台詞
「相変わらずズレてるねー」

んだか? 雪が溶けるほどの笑顔が生まれるには
活気と熱気が必要だけん
それほどの人で賑わうようにという祈りだろうよ☆

伝わらんですかいのう~(? ̄。 ̄?)
ハート型のキャンドルもステキでした

アルプス口へ降りて行く階段の窓には
クリスマスチックな イルミネーション

年賀の図柄を選んでいて、ここの写真を使いたかったが
明らかにクリスマスだしなー、と断念

緑の勾玉も映っていますね
先日 折角 出雲大社に行ったのに
勾玉を拝み忘れてしまっただ
…il||li_| ̄|○il||li

寒い季節にはキャンドルの光が癒されますよネ。 
以前 アロマキャンドルにハマった時期がありましたけど、

心地良く うつらうつらと眠るのが危険なので(?)
最近は 点けていません★

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

詩の発表場所あります
自慢の絵・写真を披露したい方にもおすすめ!

ワタクシすずこが編集している手作り詩誌
ポエムサークル「みゅう」

仲間になり購読いただくと
ボツなしで冊子掲載 & CDトーク → 全国郵送★
見本誌もあります。読みたい方も連絡くださいね。

以下に本誌の写真・詳細を紹介していますので
クリックして御覧くださいませませ~☆

ミュウ 223.224号 完成♪ 

すずこのリンクはこちらから

~いつかの すずザレ~ 藤鈴呼の戯言
過去作も織り交ぜてUPしていきます☆

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

ひとりじゃ 出来ないもの

確かに 其れは 結婚でしょう

でも 恋ならば

何時だって 出来るんですよ

愛ならば 生まれながらに

持ち続けて 来られた みたいに

*

大切な 人たちは

何時までも 永らえて呉れるコトを 祈ります

例え 失って しまっても

思い出が 沢山

色褪せぬ ように

あたしは 綴り 続けて居ます

*

優柔不断が 頭に来る 瞬間 の 定番

これは やっぱり

二人で 食事に 行って

自分が ひたすら 空腹で

相手が メニューを

なかなか 決められず

ボーイさん なんかが

困って 立ち尽くしてる ・・ の 図

*

カラオケ だったならば

相手が 曲を 決められなければ

あたしは 何時までだって

唄いつづけ ますけど・・・・ ネ ♪

★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

行楽地は やはり

何処も 混んで居る らしい

それに かこつけて

部屋の 中で

クーラーに 埋もれてる

*

三十度 近くに なったって

ニュース が 「 聞こえた 」

そう ボクならば 何時だって

愛人と 戯れながら

「 聞いて 」 居るんだからっ!!

*

頭痛が した

ちょっと

戯れ 過ぎたかな? って

反省 した (-_-)゛

*

払拭するために

するコトならば

やっぱり シャワー か マッサージ

*

温泉にも 惹かれてて

ドライブを しながら

近くの マースみたいに

極楽湯 みたいに

まぁ その辺の 河原でも

可能でつけど・・・ (ウソ)

*

ガソリン代は 

最近 あまり 給油してないし

会社の 往復ぐらいだし

だけど 灯油代は

少し 高くなってるかな? って

こないだ 実感 したんだよ

タイヤの 空気圧だって

未だ 替えて ないにょ~~(-_-)゛

°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

変わるならば それは
自分の 心次第だと
前向きに 信じてる 
ボクが 居る


そうだよ 誰も
メッセージは ひもとけても
アルバムに 映るのは
自分の 笑顔 だけなのだから


そう 言って
ナルシ~ の
抜け切れぬ 僕だね


例えば この 休日みたいに
外出だけが 統てじゃ 無いんだ
楽しめるならば
何処に 居たって

★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★
人気ブログランキングへ
↑ポチッとな~☆↑


自宅弁当

Img_0642


Img_0809


Img_0898


写真は いつかのすず弁ですが
昨日、今日と 旦那の代わりに弁当を食べることに。

昨日は急きょ 昼食が外食になったとのことで
帰宅後 旦那に「夜は弁当を食べる!」と言われたのだが
流石に そんな訳には・・・ と 咀嚼した

今朝は 私の勘違いで作ってしまったので
これから弁当ターイム、なのでアール。

寒さと怠惰にかまけて 先月なんて殆どスープ&パン
みたいな感じだったから 弁当が新鮮だ(笑)

ワイルドカットしてある葱、こういうのも 
たまに良いよね
ちゃんと焼かないと甘味が出ないケド。

ザク切りサラダは何時ものことですじゃ
葉物は早めに処理しないと 
くたっと元気なくなってしまうけん
購入したら直ぐ咀嚼・・・を心掛けちょります

私が一回りも二回りも大きくなったのは
きっとその所為だからねっ!?

サラダなら安心ダ! とかてんこもりの「皿だ」
アボガド&シーザードレッシングとか 
カロリー度外視ですから♪

うほっ♪

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

携帯が鳴った。久々のシンキング・タイムだ。

父「あー もしもし。今 大丈夫?」

今度はどうしたんだろうと思っていたら 
インターネットエクスプローラーをクリックしても
ネットに繋がらん、
とのこと。

どうやら昨日ネット行脚している内に
ネット回線をオフにしちまった様子。

「どこも押した覚えがない!
 俺は変なコトなどしておらん!」

以前なら こう言い張る傾向が強かったんだが、
何度かやり取りを重ねる内に低姿勢になったとみえて

「うん、もしかしたら 押すつもりじゃなくても
 どこか押したのかもしれん」

最近では そんな台詞がお決まり(笑)

結局 ノートパソコン全面のスイッチに気付いた様子。

私「あの、昔で言うところのさ、カセットテープのツメみたいに
 オン・オフって左右に動かすようなスイッチ どこかにねえ?」

父「あ゛あ゛~ これか、これか」
ってなモンて解決♪

そのボタンに辿り着く前に

私「パソコンの型番教えて?」
父「なんちゃら かんちゃら・・・」
私「ああ、それで良いわ」

何とか取説にアクセスして 仕様確認したかったんだけど

父「いや、それじゃねえかな? うんたらかんたら・・・」
私「いや、それで良いから、ちょっと待ってねー(検索中)」

父「あん? かんちゃらうんたら・・・」
私(気が散る・・・ちょっと黙っててくんねーかな)

なんてこともありて。

私「取説ないの?」

父「そーゆーものはね、おかーさんであれば得意分野なんですけどね、
今ちょっと歯医者に行ってるんだよねー。
だからその隙にチャチャッと接続してやろうとして
電話しているんだけど~」

私(検索中)

父「うんたらかんたら・・・」以下略
エラー窓の内容をしつこく読み聞かせてくれている(笑)

父「あっ!」
私 んっ!?

父「歯医者が帰って来た!」
私「母は歯医者かい!」

ってことで、その瞬間に ボタンが見付かって 
かいけつーっ。


母談 「(しょっぱなから略。笑)・・・で、
年賀状をするのに筆ぐるめが うんたらかんたらで~」

私「うんうん。」

「今の内に言っとくけど~」と
ここから ちょっと大事な話に突入。

相続について

自宅がある場合 更地にしてしまうと
相続税が6倍くらい多くなるそうな。

最近話題になっている崩れそうな自宅は、
相続税対策の場合も多いそうな。

順番としては

1.準確定申告をする(亡くなった人の確定申告)4カ月以内

2.相続税を片付ける(10カ月以内)

3.自宅を残したままで土地と一緒に処分する(3年以内)


売る場合は 自宅の処分費用は売価から引くでも良いし
とにかく書類が多いので 司法書士などを頼んだ方が楽 
とのこと

自宅を売る場合、確定申告が終わるまでは売らない方が
良いらしい
(計算が面倒になるため)

母「まあ我家は二束三文にもならないからね、
土地ぐらいだけど

どうせ建物が売り物にならないからって 
先に壊しちゃうと

相続税が6倍くらい高くなるから
注意した方が良いよ」

なーるーほーどー。 それは 知りませんでした。

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

詩の発表場所あります
自慢の絵・写真を披露したい方にもおすすめ!

ワタクシすずこが編集している手作り詩誌
ポエムサークル「みゅう」

仲間になり購読いただくと
ボツなしで冊子掲載 & CDトーク → 全国郵送★
見本誌もあります。読みたい方も連絡くださいね。

以下に本誌の写真・詳細を紹介していますので
クリックして御覧くださいませませ~☆

ミュウ 223.224号 完成♪ 

すずこのリンクはこちらから

~いつかの すずザレ~ 藤鈴呼の戯言
過去作も織り交ぜてUPしていきます☆

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

君は いつも明るいけれど

どこか 同じようなニオイを 俺は感じる

そう 君は 言ったね。

久々に 語り尽くそうと思いながら

自らの想いを 吐き出した この日に

君からのコールが

とても タイミング良く 掛かって来たんだ

いつもはブッチする携帯電話も

さっき充電完了させておいて良かったなんて

戯言 想いながら 君と 話してた

塞いでいる僕が 僕らしく無いという

そんなイメージ

カラっきし無駄だった 深夜の電話

全てを思い起こせば 人生が代わるだろう

僕の精神も性格も 正確に歪んでいきそうだ

いつまでも コンパスの描く円に なりきれない僕は

もう 白い紙を ハサミで真っ直ぐに刻めなくってもイイ

このままで

僕のままで。

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:

あの時 つくった ゆでたまご

何故だか 上手く 半熟で

賞味期限は 三日前

だけど 一個は 冷蔵庫

嗚呼 どうしたもんかな コンビニ生活

懐かしい 赤いきつねが笑ってる

君の百面相より可笑しくて

僕はまた 浅く 微笑った。

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:

ジャーの中身の 白い米粒

黄色がかって きたならば

それは 信号中断の合図

まだまだ止まって歩きなさい

躊躇いながらも 進みなさい

そんなブルーのライトさえ

蹴散らすような 憂鬱模様

僕もホントは 知ってたんだ

君には 何も 伝わらぬ事

だけど 言わずに おれなくて

どうしても 言の葉を 紡いだだけさ。

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:

ほおら また 例の悪魔が襲ってくる刻だ

俺は 最近 順調万端

早寝 早起き 毎日寝太郎

ほーら また 例の睡魔に蹴落とされそうだ

まだまだ終わらぬ 俺の夜が

あっという間に 夢魔に 犯されそうなのさ

おとついの夜は 宗教改革の夢

きのうの夜は 思い出せない

何故か ストーリー性の夢を

何故か くだらぬ 夢物語を

追い続けるだけ? 本当に 君は後悔 していない?

眠り続ければ これからの朝 ホントに快適に 目覚められると言うの?

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:

詳しくは 僕の心を 覗いておくれ

いくら繋いでも 伝わらぬ

感情の奥の 伝達手段

傷ついた羽を 癒せずに来たよね

今まで 生きてこられた事

もう それだけで 充分と

毎日 僕を 慰めて 呉れたよね・・・

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:

僕が真面目に考えた結果を 君は ギャグと 受け止めた

それなら それで いいだろう

「それもあり」ばかりの 世の中だから。

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:

寒さに固まる君を 

今すぐ 抱き締めてあげたいと

想うのは 俺の 勘違いなのだろうか

家の中で 匿(かくま)われたヤモリより

コタツの中で 眠る 蓑虫(ミノムシ)に なりたい

永遠に 目醒める必要が 皆無だと言うのならば。

°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:
人気ブログランキングへ
↑ポチッとな~☆↑


こもごも

Img_0231


Img_0232


Img_0233

枝に張り付いた雪が
まるで 昔から私は こんな風だったのよ
そう 云わんばかりに
胸を張っているから
なんにも言えなくなって
佇んだ まま

アメリカンドッグと
フランクフルトの違いで
何時だって 言い合いをした
あんな風な 感覚
ふわふわの意識が
衣にも似て
空を 見上げた

インスピレーション
氷柱のように 突き刺さるから
痛みよりも 先に
美しい氷で象られた
水溜りの行方を乞う

願いは雪にとけ
祈りは雪と融け
解け合う前に解決できぬ物語が
枝の隙間から顔を出す光に
彩られる

スッと刺した頬紅の色が
暁を思い出すようで
睫毛の下に浮かぶ影は
きっと 夕暮れ
繰り返したら 一日が終わる
繰り返せたら 一日が
また 始まる

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

写真は 今年初めの光景
白馬方面 スキー場へ行く途中だった記憶があります

全国各地 酷い天気の様子
勿論 晴れている処も在るのでしょうが
耳鳴りのように続く風の音が
窓の外に 響きます

市内でも 週末にかけてオープンするスキー場が
あるようですね。
今年は旦那もはりきってまして、先週辺りから
「嗚呼 滑りてぇ~!」が口癖になっている様子

されど 土日は ミュージカルと駅イベントを観に行って
結局 叶わなかったんですよね。

もふもふの非圧雪と言えば シャルマン火打。
何度か滑ったことがあります。 

でも下手なので スキー板より お尻で滑ることが
多かったかもしれません(笑) 

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

LINE ・・ガラケー族の私には未知の画面です。
スタンプって言われても 未だに判子が浮かぶ始末

絵心があったらね 自分でスタンプ開発して配信して?
なんて妄想も広がりますが。。って どうせやらないくせに(笑)

年賀状の図柄も面倒で 写真を組み合わせて終了の予感
賀詞はワードアートの簡単なヤツで エクセルでチョチョットな~

うん、でも こう雪模様だと お天気写真が撮影出来ず
構図は決まった感があれど 写真が完成しない

先に宛先書くにも 筆書きだから 最後にしたいしなー
通信面を一挙に印刷してからにしたいんだよなー

とか言ってる内に あっという間に 年末の予感。

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

アンティークって響きは 
何か 

移ろい行く良い景色を
閉じ込めた世界観を

代弁しているようで 
好きです☆

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

我家の壁に吸い付くように
謎の棒があります

かつて旦那が言いました
「これに乗って ういーんってしてみそ」

私「・・・?」
「あなたの猫背が きっと治るから」

いや、私のんは脊椎側弯症ですから~ぁ
~( ̄▽ ̄~)(~ ̄▽ ̄)~

ってな感じで 本当は背もたれ代わりにして 
そのまま寝そべって 
ごーろごろすれば 良いんですよねっ

しかもこの棒、我家では扉の裏に隠れているので 
普段は見えません(笑)

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・° 

詩の発表場所あります
自慢の絵・写真を披露したい方にもおすすめ!

ワタクシすずこが編集している手作り詩誌
ポエムサークル「みゅう」

仲間になり購読いただくと
ボツなしで冊子掲載 & CDトーク → 全国郵送★
見本誌もあります。読みたい方も連絡くださいね。

以下に本誌の写真・詳細を紹介していますので
クリックして御覧くださいませませ~☆

ミュウ 223.224号 完成♪ 

すずこのリンクはこちらから

~いつかの すずザレ~ 藤鈴呼の戯言
過去作も織り交ぜてUPしていきます☆

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

今年 プールで 泳ぐまで
数年間 泳ぐ と言う 行為を して 居なかった

のみならず

水着 も 出して なかったし
海にも 行って なかった

海は 泳ぐ 場所では なく 眺める もの
ドライブが 好きだった 時期は
そんな風にも 思って 居たのだけれども

ドライブ自体も 
気軽には 出来なくなって しまうような

値上げに 
根をあげて 

ヒイヒイ フウフウ
ヒイ フウ ミイ ヨォ イツ ムウ ナァ と

幾つ 数えたら 財布の中身は 
楽に 成るのだろう

繰り返す

ラクに 成るのだろう 
と言う 問い掛けで 有って

決して

カラに 成るのだろう 
と言う 未来推測には
したく 無いのだ・・・

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

最近は 簡単に 注意 出来ない
そんな 雰囲気が 有る 世の中

注意する方は
全うな 意見を 述べて 居るけれど

告げた 台詞による 甚大な 被害が
肥大 し過ぎる 傾向に 有る

だから 口を 噤めば
調子に乗った 罪は 加速 するんだ

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

体の中では 飽き足らず
体の外まで
そう ニオウ クライ に
アルコールに 喰らい浸かれて
あっちゅう間に 暗い 疲れに
苛まれてる

そんな 妄想を 抱いたけれど
体外 酔っ払ってる は
大概 の 変換 違いなんだよねって
気付いたんだ

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

深夜の電話の法則
知って居たから
余り 驚かなかった

一つの 哀しみを 聞いた夜
電話口の あなたは

今頃 バスを 降りて
涙雨の 街を 彷徨って 居るのだろう

電話を 切ってから
さぁ 寝ようと 思ったら

雷が 本当に 酷くって
驚いた

閃光を 確認しようと
色んな方向の カーテンを開けたけれど

どうやら 丁度
建物の 真上に 稲光が 有るものなのか

光を浴びてから 
音を鳴るまでの時間を 数えたら
少し 離れている みたいだから

そもそも ギザギザの光を 拝むコトは
叶わないのか

そんなコトを 思いながら
眠れなかったので
暫く 窓の外を 眺めて居た

パソコンは 繋がらなかった

雷の時には ネットを繋げると
回線がショートする恐れも 有りそうだ

なんて 思いながら

やっぱり 繋がらないな と
確認しながら

部屋を 暗くしたまま

パソコンの 画面の 明かりが
ぽおっと 光る

カーテンと 床の 隙間から
雷が 光る

光の 二重奏

空が 少し 
桃色に 染まった

光が ピンクに 見えた 気がした
不思議な 夜

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

羽根の シャワー音が
暑い日差しの中で
ひと時の 涼を 運んでくれる

そんな風に 思ってた
鈴の様な 鳴き声も
薄れて来た頃

以前 その中で 一つだけ
ダミ声の ミンミンちゃんに
思わず 笑って しまったけれど

今度は ミンミン・ワールドに
突入して来た みたいだ

綺麗な音の中に
一つだけ ダミ声は 
とても 目立って 居たけれど

今度は 逆に なって
ミンミンちゃんが
主役に 成ってる

昨夜は 鈴虫の声が 聞こえて
嗚呼 秋も やって来たのか・・・
と 
情緒 溢れる 夜だった

そう・・・ 途中までは。

その後は
久々に 友人からの 電話で
一つの 訃報を聞き
雷に 睡魔を 奪われたんだっけ

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

人気ブログランキングへ
↑ポチッとな~☆↑


2014年12月17日 (水)

ピンクのセーター

Img_2948


Img_2955


Img_1012


大正10年の今日、おばあちゃんが生まれた
生前 色んなものを貰った
今来ているセーターも その中の一つだ

本当は スカートもついていたのだが
元々パンツルックばかりの私のこと
早々にサヨナラしてしまった

これね オーダーメイドなんだよ
少し恥ずかしそうに
でも少し 誇らしげに告げた笑顔が残っている

そろそろ断捨離を始めないとな・・・
服についても そんなことを考えている

スタッフ時代のユニフォームも捨てて
このピンクのセーターも そろそろ・・・

そんなコトを思っていた今朝 
旦那に言われた
「何かそれ、小さくなったんじゃない?」

いつも 私の後姿を見て 
ドラえもんだと茶化すあなたが
真面目な顔で そんなことを言う

スーツだって何だって 
一度着れば 洗濯機で
グルグル洗う私のこと

もしかして 縮んだのカナ?!
それとも 私が肥えた・・・のは 事実として
なんて思いながら 旦那を送り 
帰宅して ハッと気付く

そうか、今日は 
おばあちゃんの誕生日だ

通した袖から はみだした腕
元々 七分袖チックだった

一度取れて 付け替えた 大きなボタン
失くしたら 似たようなものは 売っていないかも

何だか 捨てるのが 
ちょっと惜しくなった

たまたまだけど
たまたまなんだけど

今日 この服を 
久々に着てしまったからかな

まだ おばあちゃんの温もりを
もう一度 感じたいような 気になっている

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

写真 

そんな言葉を紡いだら
どんなセーターか 記憶に残しておきたくて

いや、記録にも残して置きたくなって
温もりを残したセーターを脱いで パシャリ☆

喰っちゃ寝、を繰り返しているから
牛みたいになってしまったじゃないか、の光景(爆)

母はね、丑年なんです
で、写真の牛は 塩の道の看板と一緒に見つけました
いつかの信号待ちで撮影したもの

道沿いに分かるように寝そべっているんじゃなくって
ちょっとダケ奥まったところに鎮座しているのが
何とも目を惹くんですよねー

そして結局 ピンクのセーターは ネットに入れられて
洗濯機の中へ。
ついでに内部もちょっと綺麗にしてみたりして。

ローズのバスタイム。
いつも塩風呂が最近は定番なんですが

美肌に効果がありそうな塩を止めて
香りに走ってみた 夜

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

詩の発表場所あります
自慢の絵・写真を披露したい方にもおすすめ!

ワタクシすずこが編集している手作り詩誌
ポエムサークル「みゅう」

仲間になり購読いただくと
ボツなしで冊子掲載 & CDトーク → 全国郵送★
見本誌もあります。読みたい方も連絡くださいね。

以下に本誌の写真・詳細を紹介していますので
クリックして御覧くださいませませ~☆

ミュウ 223.224号 完成♪ 

すずこのリンクはこちらから

~いつかの すずザレ~ 藤鈴呼の戯言
過去作も織り交ぜてUPしていきます☆

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

ステージ上で 君が 熱唱してる頃

僕は 飲み会で 疲れた身体を

癒して居るに 違い無い・・・


それにしても 隣の感謝に

心から 感謝したい 今日の 気持ち


指が 中々 言う事を 聞かなくて

高熱に 悩まされてる


昨日 素直に 病院に行って 良かったな なんて

改めて 思うのは

症状が 非道く成って 来たからで


朝から 何となく 元気なフリもして

高笑いも だんだんと ガラ声に成って来て しまって


風邪かな? なんて 思いながら

久々に 五種類も 薬を貰い

あ、 もう一つ 有ったかな・・・


ともかく 薬中の 状態でも

こんなに 酷いなんて

季節の 変わり目に ヤラれたものか

病院なんて 行脚するから

どこかで 細菌と

友達になって しまったものか・・・

★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

あたしって 

具合の 悪い時と

機嫌の 悪い時と

余り 上手く 判断されずに


逆に 解釈される事も

多々 有ったり するのだけれど


彼女は 解って呉れて

何だか 凄いなぁ・・・ なんて

思って しまった


昔は もっと 高熱で

体調 悪くっても

お客さんに 突っ込まれたりも したけれど

思い出したのは


具合 悪い時に 営業しても 駄目なんだから

そう言う時は 休みなさい


なんて 営業先で 言われてしまったり なんかして・・・

そんな 瞬間も

感謝の気持ちが 生まれたんだなって

思い出したんだ

°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

ママンが おかまを 掘られて

しばらく 鞭打ちで コルセット してたんだけど

湿布に 負けてしまったらしく

先日は してなかった


相手は 信号が 青に成った瞬間

ママンの車が 走り出したと 勘違いして

思い切り アクセルを 踏んだらしい


停まってたママンが

すぐ後ろの車に おかま掘られて

凄い 鞭打ちに 成るくらいって

どんな スピードだい・・・


ついでに 相手は 保険外交員だったらしく

「 大丈夫♪ 私に お任せ下さい! 」 なんつって

ママンには 上機嫌に 見えたらしいから

契約でも取った 直後だったのか


損保サポートセンターに 電話した時も

「 今 お客サンが 此処に 居るんですけど・・ 」

みたいに 云いながら 居たらしい。

「 お客さんじゃ 無いだろ!! 」

あたしなら 怒鳴ってるな・・・

★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

妹は 韓国に 出発しました

飛行機が 無事に 飛んで

落ちない事を 祈りながら


怖がって居ては

何も 出来ないけれど

心配する 気持ちだけは

隠せないよね

★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

心を 純白に するために

マスクを 着用 してるんですよ


そんな 言い回ししか 思いつかず

久々の マスク星人に 成り果てた朝


営業の 人に 云われたのは

「 すずこサン、 どうしたんですか?

  口が 裂けて しまったんですか? 」


なんて 云われて

「 や・ら・れ・た・ぁ~~~ ・・・ 負けた! 」


思わず 爆笑して しまって

喉が 痛いxxx

★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

僕は 純粋です

一途です

優しいです


そう云う 人間は

常に 逆で 有ること


そうは

言い切れないけれど


たまに

思うこと

★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

誰かに 認められること と

誰かを 信じること


自分が 他人を 認めること


どれも むつかしくって

なかなか ままならないもの


心底の 気持ちを 汲み出してみたら

水が 濁り行く様

連想 出来るのでしょう

★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★
人気ブログランキングへ
↑ポチッとな~☆↑


虹の影踏み

Img_4963


Img_4964


Img_4965


綺麗な七色に癒されますね
虹を見ると何だかハッピーな気分になります

先日 高速走行中、目の前に虹が見えて 
丁度 アスファルトから虹が生えているように見えて 
そう、映えて観えたんですよね

感動して撮影したかったのですが
ドライバーだったので グッと堪えました(笑)

その後で 助手席で仮眠中の旦那に
「綺麗な虹だよー」と言ったら

「撮れってことか!?」
ええ、そうですとも!_( ̄▽ ̄)ノ彡! 

ってんで撮影してもらいましたが 
こういう瞬間って 一瞬を切り取らなければ 
情景は変わってしまうんですよねー。 

うーん残念! みたいに涙を飲むのでありました。
そして夜に呑むのは日本酒なのでした~


♪すずがたり♪2013.6.15.虹の影踏み/藤鈴呼オリジナル

歌詞はこちら 

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

詩の発表場所あります
自慢の絵・写真を披露したい方にもおすすめ!

ワタクシすずこが編集している手作り詩誌
ポエムサークル「みゅう」

仲間になり購読いただくと
ボツなしで冊子掲載 & CDトーク → 全国郵送★
見本誌もあります。読みたい方も連絡くださいね。

以下に本誌の写真・詳細を紹介していますので
クリックして御覧くださいませませ~☆

ミュウ 223.224号 完成♪ 

すずこのリンクはこちらから

~いつかの すずザレ~ 藤鈴呼の戯言
過去作も織り交ぜてUPしていきます☆

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

わざとらしく? しとやかに?
早く 帰ろう って 呟く アナタに

じゃあ 一緒に 帰りましょうか
なんて 言えない

男同士の会話には
女を 意識している 節が 有る

逆も 然りかな

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★

最近 雪かきは してますか? って
質問を された。

してないよ。
だって 車は 動かさないもの

その 必要が 無いんだ
何でも そうだね

不可欠なモノには
誰しも 意地に 成るものサ

そして 維持を 続ける モノさ
意固地と 言われ ようがってネ!

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★

僕が 初めて 国道ドライビングをして
24時間 ノンストップで 走り続けた土地に
君は 住んで居た

あの頃は 君を 信頼していたから
こんな 結末に 成るだなんて
思いも しなかった

人間関係の 欠落は
殆どが 金銭感覚の ズレに よるもの

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★

校庭っていう 短編小説を 作り続けて居たよ。
長編作の 灰は 
合作相手の電話を 悉(ことごと)く ブッチ しまくっていたならば
最近 音沙汰が 無いのだけれども (-_-)゛

そんな訳で メールのやり取りから始まる
幾つもの 物語が 存在するのです

それが 架空で有ったり
本物の 恋愛に成った後で 消えてしまったり
本当 色々ですね

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★

雪祭りには あの人と 行きました
こんな土地柄 雪は見慣れてますと言うのに
ついぞ 訪れたコトが 無かったので 有ります。

カマクラの中で きりたんぽみたいに
カリカリの美味しい餅なんかを 食べてみたいし
こたつの中での みかんだとか
冬は 寒しと言えども
楽しみは 沢山 有るのですね

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★

氷の石造に
凍りそうだった心が
ぬかるんだ水溜りを溶かす
春のような色合いで
ゆっくりと 届きます

その中で
わたしは 
大切なものを 三つ
掻き集めます

一つが家族
一つが友情
もう一つの愛情
これが 久しく
感じられないのでは
ありますが

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★

今は 左指
こないだは 中指でした
カッターが刻む皮膚は
真一文字の赤塗りに

黒塗りの車を
一度も怖いと感じなかったのは
これ所以?

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★

わざとではないし
自殺未遂でも無いのだけれど
勘違いする友がいて
その友からの着信も
ブッチしまくっているから
あの人は未だ
勘違いした ままなのだね

甘いものが好きな私を知っていて
わざわざ呼んで 呉れたのに
いつも読んで 呉れて居るのに
何も出来ない 私が一人

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★

愛人との夜に 埋もれていると

小さな子機が ピロリロphone

ママンだ 出ないと 損するぞ?

外では雪かき シャコシャコの音

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★

どうして いつも そうなんですかぁ?

あっ! と 小さく 声を上げた瞬間に

君は 言ったね。

すー。。。っと 血の気の引く

思いが したよ

でも 傷が浅くて 何よりでした


★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★
人気ブログランキングへ
↑ポチッとな~☆↑


薄いのが好き

Img_0088


Img_0089


Img_0090


紅茶か珈琲 好みの差って色々ありますよね。 
犬派か猫派か ショーユ顔かソース顔か・・・って 
話がズレてますね(笑) 

以前 喫煙してまして、その頃は 
コーヒー&タバコが定番だった気がします。 

ドリップコーヒーをいれてみたり 
夏はアイスコーヒーだったり。

(アイスコーヒーのことをレイコーって呼ぶと知った時は
衝撃でした!) 

紅茶は口の中に残る感じが少ない気がしますので
スッキリしたい時なんかに飲みます。

何故か私の場合 朝イチの空腹時に飲むと 
胃がキュッとなってしまって 
若干 吐き気をもよおしてしまうので 

紅茶と一緒にクッキーなんかを食べてしまったり。。。
ぷくぷく、お肉が踊ります(笑)

写真はデリバリーピザ
ピザの場合は 生地を選べますよね

昔はパン生地が好きでした。
何故か。 量が多くて満腹感を得られたから(単純)

今はクリスピ―が好きだなあ
そして やっぱり窯焼きの方がイイ!

独身時代はね、三連休なんてあろうものなら
Lサイズのピザを頼みまくって そのまま引き籠り

パズル完成させたり 読書したり パソコンしたり
いや、殆ど みゅう編集していたかも知れない(笑)

ポテト、マックではSサイズのみ販売になったようですね
アメリカ西海岸って単語がチラッと耳に入って

何事かと思ったら
労使交渉により安定供給が難しいのだ、とか?

ポテト、究極に食べたくなる瞬間があります
ハッシュドポテトとはまた違うハマリ感があるんだよなあ

オーロラソースって言うんでしたかね
ケチャップ&マヨのディップも好きだなあ~。

とどのつまり、ワタクシは
珈琲派で猫派でソース味が好き。。。あれ、食欲になってる(笑)

するってえと タイトル「薄いのが好き」ってのはアレだな
クリスピ―「生地」のことを書いたんだが「記事」的にはアレか。

感情は薄いより熱い方が良いに決まっとるし
味も濃ゆいのが好きな気がする~♪

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

詩の発表場所あります
自慢の絵・写真を披露したい方にもおすすめ!

ワタクシすずこが編集している手作り詩誌
ポエムサークル「みゅう」

仲間になり購読いただくと
ボツなしで冊子掲載 & CDトーク → 全国郵送★
見本誌もあります。読みたい方も連絡くださいね。

以下に本誌の写真・詳細を紹介していますので
クリックして御覧くださいませませ~☆

ミュウ 223.224号 完成♪ 

すずこのリンクはこちらから

~いつかの すずザレ~ 藤鈴呼の戯言
過去作も織り交ぜてUPしていきます☆

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

遺 言


何時かは書かないといけないな
そう 思ったことは 無いだろうか

●最後に 呼びたい人のリスト

・・・実際 自分は 居なくなっているので
分からない と 言えば それまでだが・・・

または 

●居なくなった今だからこそ 
   あの人に言える本音

・・・良くも 悪くも
色々な事実が 想定されるな・・・

●相続問題

・・・特に 金絡みで
人間は 如何様にでも 豹変するのだとか・・・

アナオソロシヤxxx

*

大金持ちなら 問題ないのよ?
世の中にゃ~

" 相続税が 沢山 捕られる! " って
お怒りのマダムも いるだろうが

元々 沢山 有るならば
取られたって
生活に 支障は 無いじゃない?

" 今までの 生活レベル " を
維持するか 否か の
問題かも 知れないけどね

でも 元々 少ない 現金と
例えば 持ち家が 有ったとして

相続税が 払えなくって
住処を 奪われた

そんな 話を 良く 聞く

億万長者ならば 困らないんだ
保険だって そうだろう? 

大金持ちならば 病気になったって
支払い能力が 有るんだし

お金が 無いからこそ
保険に 入るんですよ!!

・・・かつての セールストーク・・・ 

*

そう言えば 先日 テレビで
森を持つ姉妹の 番組 してたな

千葉県の 関さんの森 と 呼ばれる
大きな私有地が 有るらしくって
其処は 先祖から続く 広大な土地

一般に 一部 寄付の形で 開放してるが
数十年前から 国道を通す話があり
そのルートを巡って 紛争してるとか

母屋や 樹齢の長い大木を 残し
出来る限り 森の外側を 通すように 
要望してるらしい

まぁ この場合は 
土地と言う名の 資産が有り
これは 憶測に 過ぎないけれど
固定資産税も 高い筈なのに
土地を 寄付で 賄えてるのだから
お金には 困ってないのかも 知れない

*

億万長者ではないからこそ
自分の手元に 残るように
しなきゃ いけないんだろうな

そんな ことを 母に教わって以来
考えてた

母は言った
先が 長いからこそ 大変なのよ
今 若くて ラブラブな内だからこそ
二人で 話し合える 問題なのよ

父の実家は 農家だ
父の両親が 亡くなった後で
父は 兄弟と 遺産について
話し合ったらしい

兄弟は 数人おり
皆が 相続すれば 
農家 継続が 難しく
自宅も 売却しなければ
兄弟で 財産を 分割できないかも 知れない

と 言うことで
遺産放棄 と言う 方法を
父は 提案 したんだとか

悲喜こもごも・・・って
この場所に 相応しくない?! 

*

母の話を元に
彼に 話したところ
夫婦相互遺言を 書こうか という話に
まとまった ・・・ のが 去年ぐらいかな

何でも 私も 詳しく覚えて無かったし
普段は 意識 しないことだけど

私の記憶が 確かならば・・・
子供のいない夫婦だと

片方が 死亡した場合
配偶者 2/3
両親が 1/3

両親が既に 亡くなって居る場合
配偶者 3/4
兄弟が 1/4
           らしい。

遺言には 2種類あり
自筆の遺言 と 公正証書の遺言

自筆は 自分で書けば良いから
割と簡単だが

正式には 遺言を開封する際に
裁判所に 届出が 必要なので

文書の形式から 外れた書き方をしてると
遺言として 認められず
効力が なくなる場合も 多い

公正証書の場合は
公証人に依頼することと
証人2名の同行が 不可欠
勿論 費用も 発生する

こんな感じだったと思うけど
間違ってないかしら。。。//δ⌒▽⌒//

*

遺言ってね
余計な争いを
誘発する 場合も
有るんだろうけど

残された人達が 納得して
円満に 送り出せる システムでも
有ると 信じたいんだ

勿論 私の周りの 人達は
とっても 良い 人達だよ

争うことだって 無いって 思ってる

何だろうか
万が一の 時の
保険と 一緒なのかも 知れないな

*

何れにせよ 本格的に 考え始めたのは
去年辺りだったけれど

身に染み始めたのは
やはり 越して来てからかな

自分が先に 居なくなっても
彼は 仕事が有るから
私ほどは 困らない気が するけれど

私は 今のところ 定職に 就いてないし
年を 重ねる毎に 正社員の 就職で
自力で 生活を して行くのは
困難に なるだろうな、 と。

勿論 彼も 自分も 元気で
ある程度 貯金も 出来ている時期ならば
心配は 少ないだろうが

互いに 病を 抱えたりなんかして
出費が かさんだり
今後 税金も どんどん上がるだろうし
云々・・・。 

人生 何が 有るか 解らんしなぁ
とか 色々 考えていた矢先・・・


市町村発行の広報は
それぞれ 有ると 思うけど
こんな情報が 掲載されていた


公証人 遺言・相談等の無料相談

○月○日 午後○時~○時
会場:市民相談課
※希望者は直接会場へ
問:○○地方法務局 (電話番号)


よし!_( ̄▽ ̄)ノ彡! これだ!!
何か 本格的なこととか 聞ければ良いし
取り合えず 下書きしていって
間違いないか 見てもらお♪

決定~( ̄▽ ̄~)(~ ̄▽ ̄)~

*

当日 すずこは 朝から テキパキ(?)
家事を 済ませた

♪いそいそ♪いそいそ♪

天気は曇りがちで 午後は雨の予報が
出ていた

( 何か 軽く だっりぃな~ )

・・・Zzz・・・仮眠中・・・zzZ・・・

♪でっ♪でぇ~♪でっ♪

  ※ いいともオープニング音

( やっべぇっ\(◎o◎)/! 行かんと”! ) 

すずこは いそいそと 出掛けた

♪いそいそ♪いそいそ♪

何時もの様に チャリンコで 颯爽と
駆け抜ける すずこ
今日も 元気だ

。○ ふわ~り ○。

ん? (☆。☆)
すずこの鼻先を掠める 甘美な香り

( こりゃ 何だ?! )

ローズ風味だな・・・。
辛苦の、もとひ、深紅の薔薇やなくて
ピンク色の まろやかな香りに 似てるかも?!

でも ちょっと 違うな・・・
もしかして これが かの 有名な
キンモクセイでっかっ\(◎o◎)/!???

※ すずこは かの花の香りが 解らぬ

ん~ 今まで 感じたコト 無かったもんなー
トイレの芳香剤で 良く 有るみたいだけど
それが 本物と どれ位 似てるのかも
解らないし・・・

見ると 目の前に 大きな木。
オレンジと金色の 混ざったような
小さな花びらが くっついた花から
その香りが漂っていることを 発見!

思わず チャリを止めて
鼻一杯に ステキな空気を 取り入れて
に・ん・ま・り・( ̄ー ̄)

さて⊆|∵|⊇ ツカミはOK?!
出陣だ!_( ̄▽ ̄)ノ彡!

♪ガタン・ゴトン・パタン・ポトン♪

本を閉じる音と 傘から落ちる雫を加味

駅までは かろうじて小雨手前。
法務局の最寄り駅で降りた頃には
土砂降り ( - _ - メ ;)

手持ちの 折り畳み傘を 広げ
大股闊歩

♪傘がキノコ♪傘がキノコ♪

すずこのイライラ・レベルが
1ポイント 上がった

風が結構 強く 何度もキノコ傘と 格闘し
ようやく 法務局に 到着

♪キン・コン・カン・コン♪

とは 聞こえなかったけれど 案内嬢に尋ねる
「 市民相談課は どこですか? 」

--市民相談課は 市役所では ないですか?

ぬわに~ぃ?? (-ヘ-メ)
という気持ちを 心の引き出しに そっと仕舞い

「 相続等の無料相談会の案内を見て来たのですが 」
--それでしたら--○○へ・・・

場所を聞き その部署へ到着
一抹の不安も 引き出しに 閉まっとこう・・・。

グルリと見回すと 普通の営業中のようだし
相談会の雰囲気では無いなぁ。。。

案内に出て来てくれた女性と 似た様な やり取りを
繰り返すが 女性の表情を 見ると
ハテナマーク ポカーン。 

持って来た 広報を 手渡す

暫く待つ間 
女性は 奥の方で 別の女性と 会話後
電話を 掛けている 様子

ようやく戻って来た女性 曰く
-- あの、こちら
 お住まいの地域の役所が会場のようです・・・

\(◎o◎)/ \(◎o◎)/ \(◎o◎)/

すずこの 機嫌は 
3ポイント 悪化した ( ̄へ ̄♯)

心穏やかな女性が バツの悪そうな表情を浮かべて
言ってくれた。

-- すみませんね 折角 こちらまで
電車賃かけて お越し いただいたのに・・・

な・・・何て優しい お言葉 (。-_-。)
あ、貴女の責任(セイ)じゃ ないです (┬__┬)

*

楽しい 遠足の 前日
ワクワクして 止まらない

皆で 広げる お弁当
美味しくって 仕方ない

お喋りしながら 山登り
キャッキャッはねて 川下り

行きはよいよい 帰りは疲れ
家に着くなり バタンQ~~

帰り道は 行きと違って
楽しみも 薄れたけれど

今日 一日 
とっても ステキ だったから

満足して 
良い夢 見れる 気がするね

*

出掛けるからには 
何か 理由が 有る訳で

トンボ帰りを するなんざー 
アウト・オブ・眼中

・・・って言葉を 使用すると 
年が暴露(バレ)るって

新聞だかに 書いてた記憶が 有るが
スルーして おこう ┌| ∵|┘

楽しくも 美味しくも 無ければ
収穫も ナッシング

帰り際の 風雨
何か 行きよりも 激しくね?

すずこの 怒りは
中レベルに 上昇した (-ヘ-メ)

♪ボク・きのこ♪傘太郎♪

能天気な骨組みを 分解してやろうか
と ♪揺れる~想い~♪ を
かろうじて 抑えながら 格闘する私を
怪訝な目で見る 若者・・・。 くっそ。

相談会の時間を 眺めて
一瞬 迷ったが

駄目モトで 舞い戻って みようか!
と 決断したので

ショッピングも 何もせずに
漱石さんは 飛んで行きましたとサ。

いや、なぁに! 電車窓越の風景を 堪能する
のどかな午後旅サ♪って思えば・・・

♪イライラっ♪カリカリっ♪ライライッ♪゛

電車内で 脳内一休ランプ 全開☆ 
で 計測した処に 寄ると・・・

駅から チャリで 自宅に 戻り
再度 車で 役所まで 行ったのでは
間に合わぬやも 知れぬ

順調に 行けば 間に合いそうだが
窓越しを 楽しく 叩く
この 雨粒を 見よ!!(・・・ダレ。。。)

彼等が 我の身を 激しく 打ちつけたら
駅から 手押し自転車に なるぞ!

しかも 役所の 駐車場も
この時間帯なら 混んで 居ようゾ!

♪か~くなる上は~~ぁ♪ 
( 少し(←何時ものコト?爆) 可笑しくなってる)

自宅の 最寄り駅ではなく
役所近くで 降りて 歩くか?!

って 距離 どんだけやね~ん 
♪(〃゜▽゜)ノ□☆□ヽ(゜▽゜*)♪.

携帯で チマチマと地図検索してる内に
時間は 過ぎ---

たまたま 快速に乗れた為 
少し 時間を 稼げたので

ええい! ままよ! と チャリで役所へ 行くことを
決断し 決行。

♪チャリン・チャリ~~ン♪ギギ・・・

ブレーキの アブラ 足りんなぁ。。。
アタシも カルシウム 足りんかも 知れんがなっ!!

ようやく 役所に 到着。
粘り強い A型成分を 
唇に ベットリ 粘着させつ
相談課にて 女性に 愚痴る 

「・・・という訳で 法務局まで行き 戻って来たんですよ」

あら それは 申し訳ありません とか 言いながら
女性の説明を 聞くと

法律相談は 国の主催だから 問い合わせ先として
法務局の電話番号を 記載したのだと 言う

良く考えれば 役所の広報なんだから
役所が 会場だって言うのは

・・・冷静に 考えれば 解る筈かね・・・

相談後の 帰り際にも この女性は 謝ってくれて
今後の記載を検討する と 言ってくれたのだが

「いえ・・・勘違いするの 私だけかも 知れませんし
 かえってすみません♪」

なんて 作り笑いで 出て来た ア・タ・シ。
そう この頃には 腸が 煮えくり返って
味噌汁も 不味くなるわっ てな感じだったんだけどね。

それも これも 相談した甲斐が 無かったからで。

専門家が 数名いたらしく、それぞれ個室になっていて
番号札を渡されて 一つの部屋に 通されて
質問をする 格好だったのだが

まず 家族構成を 説明し 
相続の基本を 確認しようとしたら

--それは 税務署へ 行ってください
そもそも 何が聞きたいんですか?

( だから今から説明すんだろうが!!” )

聞きたいのは 遺言の確認だ と
手書きの書類を 差し出したら

--責任取れないから 何も言えません

言い訳としては 裁判所の確認が入ることと
公正証書であれば 対応する とのことで。

「 では 内容に関しては 基本的なことも
  一切 教えていただけないって言うことですか? 」

--申し訳ないが そうですね。 
不案内だと おっしゃるなら
甘んじて その言葉を 受け止めます

( 広報を 出しながら )

「 ここにあるように 遺言・相続等の無料相談
  と 書いてあるから 伺ったのですが、それでは逆に、
  何であれば 教えて いただけるのですか? 」

--それは、ですから、公正証書という形であれば---

・・・と、必要書類なんかが書いてあるビラを 取り出し 
証人が必要であることなどは 説明して くれた・・・

ま、要するに 私が 聞きたい 中身の問題は
答えられない オンリーの 回答だった訳ですな。

ここで思った。
何だ、専門家の営業か?! ここは。

--他の部屋の方は 教えてくれるのかも 知れませんが
  基本的に 責任 持てないから
  私は お答え 出来ないんですよ。

なんて 言われたし。
帰り道 土砂降りで 眼鏡から滴る雫で ずぶ濡れだし。

踏んだり 蹴ったり ラジバンダリ~♪ 

(-ヘ-メ) (`ヘ´メ) ( - _ - メ ;)  ( ̄へ ̄♯)

すずこの 経験値は 1ポイント 上がった
収穫は マイナス 5ポイントな 一日で 有った

夜 彼に 報告すると 
何処にも寄らずに 電車賃かけて 何してたんだ
と 呆れ顔 。。。//δ⌒▽⌒//

・・・ アナタハ ユイゴン カイテ  イマスカ ? ・・・

♪ ちゃん・ちゃん ♪

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°
人気ブログランキングへ
↑ポチッとな~☆↑


ヨシアシ

Img_9227


Img_9228


Img_9229


葦の穂綿という言葉を知りました。
葦の穂の、綿のように見える細毛。綿の代用にした。

ヨシまたはアシ(葦、芦、蘆、葭、学名: Phragmites australis)
イネ科ヨシ属の多年草。 正しくは「アシ」
(葦原中ツ国をヨシハラノナカツクニとは云わない)。

「ヨシ」という和名は、
「アシ」が「悪し」に通じるのを忌んで(忌み言葉)、
逆の意味の「良し」と言い替えたのが定着したものであるが、
関東では「アシ」、関西では「ヨシ」が一般的である。

標準和名としては、ヨシが用いられる。
これらの名はよく似た姿のイネ科にも流用され、
クサヨシ、アイアシなど和名にも使われている。

*

「良し悪し」と書く代わりに「葦葦」でもイケる!?
なんて思ったのでした。

ネット行脚中
綺麗な写真だなぁ~ すすきかなぁ~ という
短絡的発想でクリックしたら 一つ勉強になりました

今回の私の写真は 秋の上高地で見つけた光景
一瞬「穂」のようにも見えなくもない!?

虎の尾か? とも思いましたが ちょっと違うかなあ
華のようでもあり 尾のようでもあり。何だろうね

ススキとアシの違いが分からない私
検索画像ページでも色々あるものね

「これって何だろう?」って検索するじゃない?
画像を眺めて「ふ~ん」って覚えた気になっても
そもそもの情報が間違っていることって ある

まるで カラオケで覚えた歌みたいだ(笑)
第一印象って こういう場合も大事なのね(違)

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

暗がりの中で揺れる存在感に
やわらかさを ふわり足して
葦の穂と知る

呻くような叫びも
穏やかな笑顔も
ここに 光 あればこそ
美しく 魅せるのでしょう

されば 明順応の手前で
視界が悪いことにも脅えず
進みたくも なるものかな

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

詩の発表場所あります
自慢の絵・写真を披露したい方にもおすすめ!

ワタクシすずこが編集している手作り詩誌
ポエムサークル「みゅう」

仲間になり購読いただくと
ボツなしで冊子掲載 & CDトーク → 全国郵送★
見本誌もあります。読みたい方も連絡くださいね。

以下に本誌の写真・詳細を紹介していますので
クリックして御覧くださいませませ~☆

ミュウ 223.224号 完成♪ 

すずこのリンクはこちらから

~いつかの すずザレ~ 藤鈴呼の戯言
過去作も織り交ぜてUPしていきます☆

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

近いかな

遠いかな

二人の距離は


心のスピードだけ

図れないんだね

°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:

あたしが 独りきりで 寂しかったから

自分の足で 歩く事を 決断した

それだから みんな あたしの周りに 集まって来て

少しずつ 

遅々として

人気者なんだって

勘違いして行く この世界に

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:

生徒で有った時代を 悲しく通り過ぎて

何も 学ばなかったと 後悔する大人になって

夜間学校の存在を聞いて見たって

やる気を起こせなければ

その中に はまるビーズに なれないの


先生じゃ 無くたって

あたしにとって 大切な コト

沢山 教えて くれたよね

今迄 回り逢った 全ての 愛しき 者達へ――

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:

何処にも出かけず

部屋の中で もん もん もん

そんな 中でだって

幾らでも 旅立てるよ

心の奥の 空想世界へ ――

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:

走りたくなった瞬間

じっと 目を閉じて見る

この部屋で見る 未来への旅

心に 抱き止めながら

★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:

夢の中でも 逃避行は出来るけれど

実在の景色よりも 美しい山並みに

心は 光を 受けたくて

うずうずしているよう

★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:

痩せたいと言う君に

少し 太った方が良いと 何時も言われる僕が

あるあるTVを見ながら

水を飲めば 良いんじゃないかとか

シャワー浴びて 空腹感を閉じろとか

何より 自転車操業してみなさいとか 

掛詞で 何を言っても

君が やる気を 起こさない事には。。。


      ― Diet 幻想 ―

★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:

とても 良い言葉が 有ったよ。

こないだの アンビリーバボーで

感動して 涙を誘った台詞。

世の中の 何を失っても 一つだけ なくせない もの

それが 心の中の 物語で 有るのだと。。。

★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:

私に とっての おやつは 言葉

やはり 止められないの

紡ぐ 事だけは 。。。

★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:

昨日 カラオケで 

ずっと 男のアーティストの曲ばかり 歌う途中で

あたしは 本当に 男勝りだな なんて

再確認 してたりして。。

★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:
人気ブログランキングへ
↑ポチッとな~☆↑


2014年12月16日 (火)

緑の宝石

473_2_2


477_1


479_1

写真は藤鈴呼オリジナル・ブレスレッド
マルシェ中に制作したものは メモ書きが付いていますが 御愛嬌(汗)

473 マッドグリーン(19.4センチ) 黒12ミリ ST緑8ミリ 
プラスチック感ハンパないんですけれども
意外と素敵でしょ?

477 秋の一房(22センチ) 透明紫12ミリ 透明紫8ミリ 
葡萄の季節、そっと包み込まれた秋の一房をどうぞ

479 抹茶あんみつ(19.3センチ) 透明茶・緑・黒8ミリ 
抹茶のほろ苦さと甘い味わいを連想して命名


オリジナル・アクリルブレスレッド
他の作品は上記に紹介しています♪ 

みゅうと一緒の場合はプレゼントしちゃいます☆
クリスマスにも如何ですか♪ 欲しい方は連絡くだされ~。


土曜日、初ミュージカルを体感しました。
今も♪マジカルジェイド パワフルジェイド♪ ソングが
脳内駆け巡る~ 

オデュッセイア と言う名前のミュージカル
糸魚川の皆さんも沢山出演されていましたヨ☆

青海きららホールが会場だったんですが
ここに入ったのも初めてでした。

相馬御風や石川啄木が一緒に出て来る創作ストーリー
盛岡弁と称して会話していたシーンでは
思わず吹き出しそうになる。

いや、全てに濁点つけりゃ~良いってもんじゃあ ないべ?
んだんだ。 ってところですな!_( ̄▽ ̄)ノ彡!

ファンタジーのような雰囲気もあり 
愛おしさ溢れる場面もありでした。

マイコミ平の辺りに、地底王国がある、と言う
奇想天外なお話が広がって
悪い蝉 ブラッキーと言う集団が出て来るんだけれども

この登場シーンで私は何処かしら思い出したね
あの 郷ひろみさんの ゴーゴージェットCMを(笑)

あとねぇ、皆で一斉に「ズコッ!」とずっこけるシーンは
昔懐かしいドリフターズを彷彿とさせました。

地底の奴奈川姫と巫女たちVSブラッキーが
前後入り乱れるシーンでは AKB48を思い出してしまった。

土日の二日間公演だったのですが、初日を見たんですよね
最初は観客も出演者の皆さんも 緊張感漂う雰囲気でした

途中で空気が温まったのを感じました
確か お弁当を見ながら 
二人が客席の方に移動するシーンで

「どこのお弁当かなぁ?」 あさひ楼かなぁ?
なんて部分で 笑いが生まれたんですよね

ヒロイン女性の 小さく呟くような台詞が余計にリアルで。
ちょっとセクシーボイスなんだよなぁ~。

あとは早稲田大学の構内が出て来たりもしたんだが
二人組の男性が 今で言うと ちょっとチャライ設定? で

盛り上げようと校歌斉唱して手を振る辺りなんかは
当時の様子を再現しているというよりは
その時代に紛れ込んでしまったかのような錯覚も
おぼえました。

全体で盛り上がるシーンでは 
件のジェイドソングを唱和するんだが
観客も一体となって作り上げたい! という思いが
どどーん と 伝わって来ました。

旦那「あなた、思ったより 声小さかったな。」
もっと大声で歌うと思っていたそうな(笑)

私「あなた、凄い 盛り上がっちょったやん
 手を挙げて拍手したりして♪」

旦那「そう? 良かったよ、って伝えないと!」

全身で表現したかったそうな。
そうですね、こういうのって 見ている側の空気感も
とっても大事だと思うんですよね♪

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

詩の発表場所あります
自慢の絵・写真を披露したい方にもおすすめ!

ワタクシすずこが編集している手作り詩誌
ポエムサークル「みゅう」

仲間になり購読いただくと
ボツなしで冊子掲載 & CDトーク → 全国郵送★
見本誌もあります。読みたい方も連絡くださいね。

以下に本誌の写真・詳細を紹介していますので
クリックして御覧くださいませませ~☆

ミュウ 223.224号 完成♪ 

すずこのリンクはこちらから

~いつかの すずザレ~ 藤鈴呼の戯言
過去作も織り交ぜてUPしていきます☆

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

● 最後だと 告げつつ眩く光るのは

     宵の明星 その前の陽


● 暮れ下がる 垂れ下がるキミ 見詰めたら

    灰色の雲 鈍く微笑うの


● フワフワの 入道雲に 祈り込め

     手にしたソフトクリーム舐めては

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:

● 暇だから 色んな事に 挑戦し

    眠れぬ夜に ピリオド打ちたく


● 温かい キミの笑顔が 増える部屋

     乱入しては 笑い求めて


● 照れ屋だと 自分の事を 言うけれど

     少しずつでも 開花するのね

☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:

● 家出する 「家」が有るなら 大丈夫

     帰る場所 無い 僕よりシアワセ


● 立ちくらみ 立ち尽くし過ぎ 夕闇を

    待てず 太陽 真下 クラクラ


● 毎日の 日記帳さえ つけないが

     家計簿だけは 欠かさず記入し

°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:

● 見えぬ場所 そこに本音が 詰まってる

     例えば鏡 その又 向こうに


● 雲の上 昇りながらに 見る虹が

    輪っかとなって キラキラ光った


● 映された 水溜りの奥 輝いた

     誰かの残す 素敵な思い出

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:

● 動物の気分に戻り 言葉無く

     意思疎通 無く 生きて行けたら


● せっかくの 喋り言葉が 有るのなら

    伝えてみたい 一言が有る


● 愉しんで ばかりではない言葉でも

     癒されるのも 有ると知った日

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:

● 乳酸が たまる痛みを 癒すのは

     毎朝 呑んだ ビフィズス菌かな


● マッサージ 行けば 身体が 軽くなる

    翌朝 目覚め 「もみ返し」 なる。。。


● 肉 食べる 気は さらさらに 無いけれど

    いつもマックで 食べてしまうわ

☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:

● 身動きも出来ない程に 奪われた

     心と傷が うやむやになる


● 見過ごした 貴方の欠片 それだけが

      夜空に溶けて 星と代わった


● 溢れ出た 想い全てを 見詰めたら

      風に流れて ふわり途絶えた

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:
人気ブログランキングへ
↑ポチッとな~☆↑



オリジナル・アクリルブレスレッド

すずビーズ ブレスレッド

ポエムサークル「みゅう」案内を込めて
藤鈴呼からのプレゼント☆すずプレ☆

みゅう見本誌 読んでみたい方は連絡ください
メールはこちらから☆

購読して下さった方、お好きなものを
プレゼントします☆

現時点で手元に有るものをフォト一覧にしてみました☆
早い者勝ち・ガチです。
あ、でも みゅうメンバー・購読者・優先です(笑)

すずビーズ ブレスレッド

素人ですので 
出来は今イチかも知れませんが
ココロ込めてまーす☆

※パワーストーンでは有りません
素材はアクリル・プラです。
パール・樹脂風…に見えるモノも有り。
気軽に着けようブレス☆

ゴムテグス使用なので 伸びます☆
壊れても大丈夫!!
ミサンガ代わりに(?)願いを込めておけば(笑)

長さはゴムにビーズを入れた時点で計測しています。
大粒ビーズの場合、内径により
膨らんでいる可能性があります
お嫁に行った仔も多数。

みゅう購読者へプレゼント企画
詩誌みゅうをお届けする際に同封します☆
詳細は以下からどうぞ

ミュウ 223.224号 完成♪ 


163 熱発ブレス(18.5センチ)
163
熱発と言うと病気で熱を出す時にも使いますが
今回は情熱の赤をイメージして命名しました。 
赤12ミリ


164 紅茶ブレス(15.7センチ)
164
のどかな春に香って来て欲しい一杯を妄想しつつ
チマチマと繋ぎ合わせました。 
薄茶12ミリ


165 ブレス・クリスタル(16.8センチ)
165
毒づいた溜息は吐かないように、透明な色合いで 
ブレス一つ、どうぞ 
透明12ミリ


167 なりかけヤマブキ(16.8センチ)
167
本格的に咲き乱れたら もっと濃い色合いになるカモ
 薄黄12ミリ


168 玉露ブレス(15.7センチ)
168
疲れた身体に玉露で一服いかがですか
薄茶12ミリ

175 デガラシぶれす(16.8センチ) 
175_2
でがらしってこんな色合いかなって思って(笑)
薄茶12ミリ


176 春の土ブレス(16.8センチ) 
176
雪解けの色合いかなぁ。
茶12ミリ


177 黒ブレス(15.7センチ) 
177
真っ黒じゃあないんですが マッドな感覚です。
黒12ミリ


178 イカ釣りブレス(18.5センチ) 
178
釣った直後は赤いらしいけど、まあ良いか。
薄茶10ミリ


179 あたりめブレス(15.5センチ) 
179
くいっとビールも欲しくなるかも?
薄茶10ミリ


182 ビア泡ブレス(17.5センチ) 
182
飲みたくなったら ちょっとつけてみて
我慢できるかどうかは アナタ次第!
黄・透明・薄茶10ミリ


184 朝の薄灯り(16.8センチ) 
184
少し光が足りない時間帯のブレスです。
薄黄8ミリ


185 朝夕の景色(16.3センチ) 
185
両方が同時に見られる奇跡の光景
水色12ミリ 薄茶10ミリ


192 サンライズ・ブレス(16センチ) 
192
日の出を待ちわびたくなるかも
赤・薄黄8ミリ


198 大地ブレス(16センチ) 
198
母なる大地はしっかりと根付いていて欲しいものです
茶・薄茶8ミリ


199 浮かび紫(17.6センチ) 
199
水面に浮かぶ紫の正体は如何に?
透明・紫8ミリ


200 水鳥の雛ブレス(16.3センチ) 
200
大きくなったら もっと素敵に変身するのかも
水色10ミリ


201 見て夏さくら(18.5センチ) 
201
夏のように暑い日に大きく咲く花びらを表現
桃10ミリ


204 こけももブレス(16.5センチ) 
204
何となく色合いを眺めていてタイトルが浮かびました
薄茶10ミリ 桃10ミリ 茶8ミリ


207 どうだんツツジ(16.3) 
207
花がつく前のキレイな色合いを描きました。
二色あることに気付いたかなあ。
黄色、黄緑10ミリ


227 やまぶきブレス(17.7センチ)
227_1
227_2
227
素敵な花びらの色合いに負けない程の陽光が
やわらかく降り注いだら きっと こんな感じだろうな
濃黄・黄12ミリ 黄8ミリ


238 桃色グラデーション(17センチ) 
238
濃く染まる桃色が美しく染まるブレスです。
濃桃、桃、紫、透明12ミリ


245 はだけたTシャツ(17センチ)
245t
涼しげなシャツが 
青い風で ひらり舞い踊った瞬間
肌が一瞬 見える様を 表現してみました
黄色の部分は 汗染み、なんて連想すると
色気がないから 止めてネ
黄12ミリ 青・水色8ミリ


246 すももの季節(17センチ)
246
スーパーで見かけた 
すももの色合いを連想して。 
色合い的には未だ熟しきれてない感じに
なっちゃったカモ。
茶・黄・桃12ミリ


250 乙姫様(22センチ)
250
ちょっと大きめの輪に包まれた
おとひめさま、なんて オツでしょう(?) 
その実、大切にされすぎて
美味しいものを食べすぎて
横に間延びした 御姫様だったりして(?)
青12ミリ 赤10ミリ


257 ガリガリ君・コーンポタージュ味(16センチ)
257
大粒12ミリの黄色、実は2種類の色合いだと
気付いてくれた か・し・ら♪
黄12・8ミリ


258 姫ちゃんのリボン(15センチ) 
258
そんな名前のマンガ本が有った気がするんですよ
妹が持っていた記憶が蘇ったんですよ
主人公の少女みたいに 元気で可愛らしくなれるアイテムかも(?)
黒12ミリ 赤・桃8ミリ


260 大糸線(18センチ)
260
列車の色合いで紡いでみましたが
オレンジがちょっと薄みがかっているのが残念!! 
赤・黄・オレンジ風12ミリ


261 ジオまる(16センチ) 
261
色合いだけのイメージですが許してちょーだい
つぶらな瞳は黒で表現したのだけれど
頭の上のヒスイは端折っておりまする(爆)
緑・黄12ミリ 黒8ミリ


262 ぬ~な?!(15.8センチ) 
262
茶色の髪の中央は翡翠色、ドレスの桃色、そして
手持ちの翡翠に黒い御目目のイメージより。
緑・桃・茶12ミリ 緑10ミリ 黒8ミリ


269 わかめちゃん(19.2センチ)
269
海に浮かぶ色とりどりのワカメを如実に表現(?) 
縞みどり10ミリ 緑12ミリ・ 8ミリ


270 いちごちゃん(19.2センチ)
270
可愛らしいけど美味しそう~と
思わずショートケーキを連想しちゃう私です☆ 
縞赤10ミリ 赤12ミリ・ 8ミリ


287 栗ご飯の素(16.8センチ) 
287
出汁の効いた秋のスペシャル・ディナーかな♪
マッド黄10ミリ 茶・薄茶12ミリ 黄8ミリ


289 レモン天然水(15.5センチ) 
289
桃の天然水に対抗したネーミング(笑)
マッド黄10ミリ 縞黄10ミリ 薄茶10ミリ


290 あまちゃんワカメ(14.8センチ) 
290
ドラマは終わっても海のワカメは漂い続ける♪
緑・薄黄12ミリ


291 あまちゃんリボン(14.8センチ) 
291
元気な女の子を連想して。
緑・桃12ミリ


292 瀬戸の花嫁(14.8センチ) 
292
何色に染まるかが見所の新婦に寄せて☆
緑・赤・紫・茶12ミリ


293 子ブルー(14.8センチ) 
293
小さいけれどブルーになる出来事は払拭せん!
青12ミリ


294 波紋の煌めき(14.8センチ) 
294
太陽光線によって白味を帯びた色合いになる。
青・水色12ミリ


295 海豚の飛沫(14.8センチ) 
295
偶然見つけたイルカの群れのような賑やかさを連想して。
青・紫・桃12ミリ


296 プール(15.5センチ)
296
色合いは水色のプールを彷彿とさせますが
制作時期には枯葉プールがあちらこちらに! 
青・水色10ミリ


298 亀たん(16.3センチ) 
298_3
全体が亀のように見えるでしょうか。足はないケド・・・
ロンデル2つ 緑12ミリ 10ミリ


300 金のスプーン(16.3センチ) 
300_2
チョコレートドリンクに似合いそうなタイトルは
ロンデル2つで表現してみましタ☆
茶12ミリ 10ミリ


302 スノーサッカー(16.3センチ) 
302
寒い時期こそ身体を動かしたい!
そんな元気な姿を描いた一品☆
キラキラボール白10ミリ 透明12ミリ パール10ミリ


303 しろキラ(14.5センチ) 
303
全体を柔らかな雪玉になぞらえて制作☆
キラキラボール白10ミリ 白8ミリ パール8ミリ


307 キラぶどう(16センチ) 
307
忘れかけた晩秋の隙間に落とされた
葡萄の実 ひとつ。
ミラーボール紫10ミリ クラッシュ紫12ミリ 紫8ミリ


311 Qりん(16.5センチ) 
311q
キュウリ色だと感じたので
語呂合わせで名前っぽくしてみましタ☆
布緑14ミリ 薄黄12ミリ 陶器風黄緑10ミリ 蛍光黄緑8ミリ


321 民生山(18.8センチ)
321
たみおさんのジャケフォトになった山が雫石に在るそうな。
奥田民生が「股旅」というCDのジャケットに使用した雫石の「生森山」なんですって!
(知らなかった もぐりの滝沢産すずこ。
2014年元旦からは滝沢市なのヨ!)
ミラーボール黒色10ミリ 緑10ミリ 黒8ミリ


322 月と雫(15.2センチ) 
322
色々な模様を感じられる月面だけれど 
こんな可愛らしい隕石 いつか 見つからないだろうか☆
こんぺいとう透明10ミリ 黄10ミリ


323 神無粒(16.5センチ) 
323
神無月に作った葡萄粒色ブレス☆
ミラーボール紫10ミリ 樹脂風白丸10ミリ 濃桃12ミリ 紫8ミリ


332 黒地球・桃水(15.4センチ) 
332
真逆の色合い、そんな水面に浮かぶ地球
その中の人間の想いを表現☆
ミラーボール黒10ミリ 桃10ミリ


333 浮かぶ島(13.2センチ) 
333
ひっそりと誰にも知られず佇む
夕方の人影のような存在と ともに。
ミラーボール黒10ミリ 緑10ミリ


334 南町の人魚(19.4センチ) 
334
南「国」ではないところがポイントなんです☆
濃桃12ミリ 緑10ミリ キラ緑8ミリ


337 薄ハチミツ(17センチ) 
337
もう少し熟すと甘さも増すのかも?
黄12ミリ 10ミリ キラ黄8ミリ


341 グラコロ(14.6センチ) 
341
グラタンが美味しい季節になりました☆
茶・薄茶・黄12ミリ


343 たまごサンド(19.6センチ) 
343
潰した卵のグラデーションと新鮮なレタスの色合い☆
薄黄・薄黄緑12ミリ キラ緑・黄8ミリ


351 黄味ちゃん(15.2センチ) 
351
生卵を割った時の濃い黄味を連想☆
縞黄10ミリ キラ黄8ミリ 黄12ミリ


352 シャンペン(15.7センチ) 
352
一日の疲れを癒す泡の色(一句)
黄・水色10ミリ


354 ドンペリニョロン(17.5センチ) 
354
高級感とアザトサの共演(笑)
黒・薄茶10ミリ パール6ミリ


357 成金主義(18.3センチ) 
357
色合いだけで決定するのは失礼かな?!
金丸8ミリ・6ミリ 黄8ミリ


360 可愛い冬(15センチ) 
360
もこもこセーターの少女イメージ☆
布赤15ミリ 紫・桃12ミリ


365 緑のこし(13.5センチ) 
365
少しだけ緑の残る庭園風味でどうぞ☆
陶器風緑10ミリ 緑・青10ミリ


366 秋こけし(14.8センチ) 
366
縞部分が表情を隠すコケシに
見えて来ましたので☆
縞オレンジ10ミリ キラオレンジ8ミリ 茶・薄茶10ミリ


370 かえった☆(17.5センチ) 
370
午前三時の乱ならぬ 漸く帰宅した旦那の姿に
安堵感を覚えつつ命名。
ほっと一息の瞬間にどうぞ♪
布赤15ミリ クラッシュ赤12ミリ 丸金8・6ミリ 
透明12ミリ 赤10ミリ


371 ころね~ぜ(14.4センチ) 
371
すっかり疲れた身体を横たえるべく
可愛らしい粒と色合いで納めました☆
丸黄緑 緑8ミリ


377 ピカぶどう(22.2センチ) 
377_2
濃桃・薄桃12ミリ 濃桃8ミリ パール桃6ミリ 
光の加減で揺れる葡萄の房を連想して。


379 茶渋ごっこ(21.7センチ) 黒・黄12ミリ 
379
茶色ではなく薄い黄色なのですが、
器に残るお茶っ葉が見えるような季節柄ですので命名☆


383 あおもんじゅ(20.2センチ) 
383
黒10ミリ 青8ミリ 
青い小粒たちが「三人寄れば文殊の…」の
「もんじゅ」ですよ。


384 可愛いでしょ(20センチ) 
384
ラインビーズ桃11ミリ 透明赤10ミリ 
タイトルで念を押さなくっても見るからに可愛らしいと思うのです♪


386 君はラインに気付けるか(21.5センチ)
386 
ラインビーズ赤11ミリ 透明赤10ミリ 
全て同じビーズ・・・では ないんですヨ


392 すずやかし(22.5センチ) 
392
ラインビーズ青・水色11ミリ 透明緑12ミリ 薄黄緑10ミリ 
涼しげな色合いの欲しくなる季節、今日は梅雨入り


393 みもあかし (21.5 こセンチ) 
393
ラインビーズ透明11ミリ 透明薄黄緑12ミリ 透明緑10ミリ 
緑が恥ずかしがりながら もじもじと寄り添う様を
眺めて命名


398 クキギリ(19.5センチ) 
398
黄緑 透明薄緑・薄茶8ミリ 
茎を切るのは花にとっては大切なこと、そんなトキもありますよネ


400 かりんとうの恨み(18.9センチ) 
400
花5色黄8ミリ 透明黄8ミリ 
気付いたら一袋全て食べられてしまっていたので
その哀しさを込めて?!


405 あかロング(22.5センチ)
405
透明赤12ミリ パール8ミリ 
ロングと呼ぶに相応しい長さかもしれません


407 アコロン(20.5センチ) 
407
透明赤12ミリ パール6ミリ 
赤ちゃん、でもなく 赤いコロンちゃん、
そんな雰囲気かなあ


415 薄デジカメ(20.4センチ) 
415
黒12ミリ 透明薄紫10ミリ 
手元の紫デジカメが使われて色褪せていく様を
悲哀とともに表現しました?!


417 黒チョコ苺(20.4センチ) 
417
黒12ミリ 透明赤10ミリ 
真夏は溶けて良い口どけになります?!


423 沖縄の海(24センチ) 
423
青・緑12ミリ 
大きな海だから向こう側の緑もキッチリと見えるのよ☆


424 ケムシチック(21.6センチ) 
424
青・緑12ミリ 
この季節、多いんですよね ケムシさん(一句) 
なんてネーミングなんだ!(爆)


425 夏のあおみどろ(21.6センチ) 
425
青・緑12ミリ 
ちょっと青が入って爽やかチックだけども
アオミドロだっつうね・・・


426 くりあきてぃ(16.3センチ) 
426
透明12ミリ キラ8ミリ桃 
かき氷に映えそうなキティーちゃんを連想して命名☆


427 キティー紅(16.3センチ) 
427
透明12ミリ キラ8ミリ赤 
美しい紅を引いた艶やかキティーちゃんのような
少女に憧れた時代を思い出します♪


428 うすきてぃー(19.2センチ) 
428
透明薄桃12ミリ 透明桃8ミリ 
キティー三連発、ちょっと大人になりかけの輪ですネ。


429 きらりっぷ(16.3センチ) 
429
透明赤12ミリ 透明赤8ミリ 
キラキラとしたグロス、ではなくて可愛らしいリップのイメージです☆


431 夏自棄(16.7センチ) 
431
黒12ミリ 透明赤10ミリ 
夏は肌焼けの季節。
「自棄(やけ)」にならずに駆け抜けましょう!


432 淡雪氷(15.7センチ) 
432
透明12ミリ パール8ミリ 
そんな名前のかき氷がありそうだなぁ~と浮かんだのでしタ。


439 みやび(20.4センチ) 
439
クラッシュ12ミリイエロー イエロー8ミリ 透明茶12ミリ 透明黄10ミリ 
今どきのGTOを眺めていたら 久々に みやびちゃんの孤独に触れたので。
煌めく笑顔、取り戻して欲しい願いを込めて


440 花つばた(18.8センチ) 
440
フラワーブルー・クリア6ミリ 透明薄水色12ミリ 透明桃・薄水色8ミリ 
カキツバタ+花ビーズの造語です 
涼しい彩りの欲しい季節に作成しました☆


444 鉄分染み出しました(20.2センチ) 
444
クラッシュ紫12ミリ 透明紫・赤12ミリ 透明薄紫・赤10ミリ 透明8ミリ パール桃6ミリ 
赤い色合いの水は大抵タイトルのようなことになっているのカモ!?


445 しまむら透かすと綺麗です(22.5センチ) 
445
縞紺・紫12ミリ 透明青・紫12ミリ 透明紫10ミリ 透明青8ミリ 
縞の紫、名づけて「しまむら」紺はマッドですが紫は透かすと綺麗なんです


446 水突出(18センチ) 
446
クラッシュ水色・紫12ミリ 透明紫・水色10ミリ 
クラッシュビーズが二種類ありますが、水色が目立っているので。


447 硫黄島(21センチ) 
447
クラッシュ水色12ミリ 透明青10ミリ 透明黄8ミリ 
ゆっくりと温泉につかりながら 
ゆで卵を食べたくなるような色合いカモ


448 良くある可愛らしさ(20.7センチ) 
448
クラッシュ紫12ミリ 透明・透明濃桃10ミリ 透明・透明濃桃8ミリ 
色合い的にプリティーですよネ 透明感あふれる可愛らしさをどうぞ


449 良くあるミニィ(18センチ) 
449
クラッシュ紫12ミリ 透明・透明濃桃10ミリ 透明・透明紫8ミリ 
小さな、と ミニーマウスを掛けて。
良く見る可愛らしい色合いとともに。


450 ももゆり(18.9センチ) 
450
縞オレンジ12ミリ 透明濃桃12ミリ 透明濃桃10ミリ 透明桃・薄茶8ミリ 
馨しい百合の香りと可愛らしい桃の色合い、
そのコンビネーションを眺めてみたい☆


451 ヤブカンゾウ(20センチ) 
451
縞オレンジ12ミリ 透明赤12ミリ 透明薄黄8ミリ 
糸魚川では7月中旬に咲く花です 
全体的にオレンジの印象が強いかな☆


454 狭山茶(20センチ) 
454
縞黄緑12ミリ 透明薄黄12ミリ 透明緑8ミリ 
さやまのおちゃ、を 初めて飲んでいる夜 初めて知りました
→「色は静岡、香りは宇治よ、味は狭山でとどめさす」


455 夏の入間茶(22.5センチ) 
455
縞黄緑12ミリ 透明緑12ミリ 透明薄青10ミリ 透明薄桃8ミリ 
埼玉の入間で思い出すのは 
1 煎餅(それは草加や!) 
2 アウトレット(いつか行きたい) 
3 狭山茶(今この瞬間から!)


456 まるんこ(19センチ) 
456
透明薄桃12ミリ 透明桃10ミリ 透明薄桃8ミリ 
まるんとした小さな輪 薄い桃が連なる可愛らしさをどうぞ


458 ぽわりん(23.5センチ) 
458
ラインビーズ11ミリ 透明桃12ミリ 透明桃10ミリ 透明薄桃8ミリ 
ラインビーズでぽわんとした夢の続きをどうぞ


459 ぷわん(22.4センチ) 
459
クラック赤8ミリ 透明桃10ミリ 
赤いクラックビーズで夏の飛沫をぷわんと演出!


460 ほのか(21.5センチ) 
460
ロンデル8ミリピンク 透明桃12ミリ 透明桃10ミリ 透明薄桃8ミリ 
仄かな光を演出するロンデルがポイント☆


463 金砂芝(24.5センチ) 
463
丸金6ミリ 透明緑12ミリ 
雨で濡れた芝の上にひっそりと転がる金色の砂、
それはゴージャスさよりも安らぎがあるかもしれませんね


464 緑目(23.2センチ) 
464
ロンデル平イエロー8ミリ 薄黄6ミリ 
透明薄黄緑 じぃ~っと見つめる緑の目、猫のようでもあります


465 薄鷹(22.5センチ) 
465
透明薄黄8ミリ透明緑10ミリ 
鷹のように高く舞い踊るほどの草木を連想して。
薄い色合いは光の道しるべ・・・


467 マスカラゴールド(22.2センチ) 
467
丸金・薄黄8ミリ 透明緑10ミリ 
マスカラが光り輝いていたとしたら、
何処に視線を送って良いのか迷いそうです


468 うすもも(16.2センチ) 
468_2
透明薄桃12ミリ 透明桃8ミリ 
真夏にヒンヤリとした桃を食べた時の感激を忘れられなくて。


471 涼風(18.5センチ) 
471_2
透明薄青12ミリ ST青8ミリ 
読み方は「すずかぜ」
命名した瞬間に宝塚が浮かんでしまいましたが、
こちらは夏の涼しさをイメージしたんです


473 マッドグリーン(19.4センチ) 
473_2
黒12ミリ ST緑8ミリ 
プラスチック感ハンパないんですけれども意外と素敵でしょ?


476 桃包み(18センチ) 
476
黒・薄桃12ミリ 
優しい果実をそっと包みこむのは
強い力を持った夜の闇でした


477 秋の一房(22センチ) 
477_2
477_3
透明紫12ミリ 透明紫8ミリ 葡萄の季節、そっと包み込まれた秋の一房をどうぞ


479 抹茶あんみつ(19.3センチ) 
479_2
透明茶・緑・黒8ミリ 抹茶のほろ苦さと甘い味わいを連想して命名


人気ブログランキングへ
↑ポチッとな~☆↑



和食

Img_2896


Img_2895


Img_2894

和食の定番って何だろう・・・
旅館の朝食のイメージだとさ

冷奴 納豆 鮭 海苔 肉じゃが ひじき
朝からそんなに食べられないわ(笑)

見た目も「和」らぎ、「食」欲の湧く そんな和食は
身体にも良さそうですネ☆

写真は先日のすずごはん
ブリ大根はやったんですが、生姜を切らしてまして
チューブで代用する始末(汗)

サバとブリ、いっつも間違うのよね~
正月の帰省で いつもブリの塩焼が出て来るんだが
あの こんがりと焼けた色合いが 好きなんですな♪
我家は鯖、久しくやってないなあ~。

心のこもった食事は
何時でも笑顔を連れて来ますね。

小口ネギ、一挙にカットして 凍らかせておくんですけど
何故か何時も繋がってしまう(爆)

・・・って 表現をすると 「こおらかせて?」と言われますね
普通に言うと 「こおらせて」ですよねー(棒)

今回は大根を薄切りにしたもんで タレが浸み込んだら
くたっとなって 何か良い感じになりますた

汁はね(この表現 止めいっ! と 何時も突っ込まれるケド。笑)
ゆばーば。 湯葉ですよ。 久々の京都でゲットん。

折角ね 巻き巻きしたり 象られていたのに
煮込みすぎて 全てバラバラになった感が否めませんけど、何か??
~( ̄▽ ̄~)(~ ̄▽ ̄)~

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

詩の発表場所あります
自慢の絵・写真を披露したい方にもおすすめ!

ワタクシすずこが編集している手作り詩誌
ポエムサークル「みゅう」

仲間になり購読いただくと
ボツなしで冊子掲載 & CDトーク → 全国郵送★
見本誌もあります。読みたい方も連絡くださいね。

以下に本誌の写真・詳細を紹介していますので
クリックして御覧くださいませませ~☆

ミュウ 223.224号 完成♪ 

すずこのリンクはこちらから

~いつかの すずザレ~ 藤鈴呼の戯言
過去作も織り交ぜてUPしていきます☆

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

涙の出るような世界を

演出し 続けたのだろうか。。。

あの日 君の 言葉に触れて

開いた 僕の 世界の中で

僕は 悲しみに 暮れて居ただろうか。。。


ふと思い出す 夕闇に

美しさと 哀愁を 感じてしまった様に

僕の 心の奥底

誰かが 解って 呉れるのかな

いつか ラクに 成れるのかな


いつでも 待ち 望んでいた 心の行方は

いつか 思い出に 代わるのだろう

「ボク」 という 魂を

置き去りに したままで

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:

◇◆◇ 今朝の わたし ◇◆◇


今朝の わたしの 記憶

当然 無かった 眠りの中


温かい 毛布の中で まどろみ続けて

寒風に 触れる事も 無い部屋の奥

優しい? 愛しい・・・?


ひたすら 眠った後で


二つの シグナルを 通り過ぎて

近くの 眼鏡屋で 治してもらう

ひび割れた 心も・・・?


甘さを 欲していたから


クルリ 一周をさせた

車は 走り出す

ケーキ屋も 開いて 居たね


実家の 家族の温もりは

私の 欲していた 甘さ


今の わたしの 記憶だった

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:

歯がゆい想い 重ねたのは

歯が 痛かったから・・・?


貴方の予定を 聞く事を

拒否したままで


最悪の結末を 予想しながらも

最高の シチュエーション

画面の奥の 情景が

いやに 切なくて


家族ものの ドラマに

涙を 止められなかったよ

少し 時間が 過ぎて居たなら

見られなかったんだよね


一人で 見詰めていて 良かった

ラスト・シーンの 狭間で

もしかして 現われた 貴方だったなら


私は こう言うの?

「貴方に 会いたくて 泣いていたの。」


仮面夫婦よりも 嬉しいよ

そう 思って 繋ぎ止めた

幾つもの 想いも


眠りすぎて 抜けた クマを

鏡の中で 見詰めながら

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:
人気ブログランキングへ
↑ポチッとな~☆↑



ピアノバッグ

Img_0967


Img_0966


Img_0965

退職の記念にといただきました。
包装も確りしてくださり、リボンまで♪
細やかな紙バンド製、眺めるだけで音が弾けそうです♪

ショップに置いてあったんですけどね
たまたま お客様が手にして

「良いんだけど 取っ手部分が云々~」と
口にしていたのを聞いたんですよ。

その「云々」が一番大事なのに
よお聴こえんかってん(爆)

そのことをチラッとお伝えしたところ 
金具変更することにされたそうで。

ずっと「良いなぁ~」とヨダレ垂らしていたのが
伝わったらしい(笑)

ひと手間プラスしたバッグを私にもくださいました♪
う~れ~し~いっ♪

ニヤニヤしている私に向かって 旦那が一言
「こりゃあ 勿体なくって使えんな!」

うん、だけど 使わないと それも勿体ないような~
ショップには 白バージョンもあるんです☆

のだめカンタービレなんかが流行った頃から
布製のピアノバッグ系を
良く見かけるように なりましたよね

これはですね、紙バンドと言っても ニスが施してあり
何重にも守られているんですよん♪

思いの外 ガッチリとした触り心地です
マチも大きいし 色々と活躍してくれそうで 
感謝☆ なのでした。

ショップの場所は こちら

ピクニックでサンドイッチを入れたくなるようなバッグも♪
春が待ち遠しくなるよ~

え゛? 冬、始まったばっかりですが、何か??
~( ̄▽ ̄~)(~ ̄▽ ̄)~

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

詩の発表場所あります
自慢の絵・写真を披露したい方にもおすすめ!

ワタクシすずこが編集している手作り詩誌
ポエムサークル「みゅう」

仲間になり購読いただくと
ボツなしで冊子掲載 & CDトーク → 全国郵送★
見本誌もあります。読みたい方も連絡くださいね。

以下に本誌の写真・詳細を紹介していますので
クリックして御覧くださいませませ~☆

ミュウ 223.224号 完成♪ 

すずこのリンクはこちらから

~いつかの すずザレ~ 藤鈴呼の戯言
過去作も織り交ぜてUPしていきます☆

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

五月に 成らないと

例の 病は やって来ない?

注射器の 廃棄物だとか

医療器具って 捨てるのが 大変なんだなぁって

実感した日

「 持って 帰っても イイですヨ☆ 」 って

笑顔で 彼女に 言われても

アタシ ヤク中や 無いねんから。。。 (笑)

★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

なまけもの と 言う 動物は

実際に 見たコトは 有りませんけれども

手足が 異様に 長かった 記憶が 有ります

そして あたしが 日々 演じて居るのは

夢の カメレオン 状態なのかっ?! (核謎)

★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

ちょっとした 視線の 隙間に

性格が 滲み出て しまうコト

日本酒を 飲んだ 瞬間より

もしかしたら 顕著だったりも して?!

★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

凄い 炒め物を 作成して しまったよーな(-_-)゛

賞味期限を 考えて フライパンに 投入した 具はと言えば

黒コンニャク・しめじ・小松菜・油揚げ・人参・キャベツ・・・

どないやんっ!


でも 肉は 無いんだよね~ (-_-)゛

味噌汁も 同じ風な 具モード なんでつ (。-_-。)

★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

これで 三度目の 質問

なかなか 返答は 得られない

もともと 言葉の 多い僕は

成れない 削除 作業に 手間取って居る

短気な 僕の コト

そのうちに キミに 八つ当たりして しまいそうな

言の葉を 呑み込んだ

★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

クラシックで 好きな曲は

それ程 多くは 有りません

激昂 ならぬ 月光と

今 懐かしい LONGING LOVE


だけど 雨だれ も 好きです

そして 飴なら ロッテの 緑なの

★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

僕は 譜面を 読めない

そして 書けない

其れでも 曲だけは

創り続けてる

★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

イメージが 総てだから

遺された 感覚が

夢の隙間に

陥らぬ様

祈る

★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

忘れてしまった メロディーを

必死に 思い起こそうとする行為は

ともすると

過去から 抜け出せない

あの日の 恋に 似てる

★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

気付けば 成長した 君達の 姿

懐かしむ 暇も 無く

イマ を 今 をと

綴り 続ける

★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★
人気ブログランキングへ
↑ポチッとな~☆↑



鳥取砂丘 明日になるかも!?

2014120516310000


2014120515380000


2014120515300000


いま 鳥取手前です

余部鉄橋
という場所を通過する列車待ち中

山陰の漁港町で
地上41メートルの鉄橋です

*

と言うメールを両親に送信したとですよ
「あまるぺ」 これを始め「よべ」と読んでしまいまして。

旦那はこの鉄橋について知っていたようで
「ここのことか!」と感極まっていました。

私も旦那も両親もガラケー族ですからね
今回の写真は久々の携帯ショットでお送りしております

まず 鉄橋を見上げているショットは
余部駅付近の海岸沿いです

そして夕陽が当たる頃、鳥取砂丘に辿り着いたんですね
明日になるかも!? と思ったけれど 間に合って感慨も一入

初上陸したのは12月5日のことでした
丁度 寒波云々で 心配していたんですよね

砂丘を見に行ったのに 雪山だったらどうすんべ?
結果は 写真のような美しさ

で、感動のままに夕陽ショットを送信したら
母からの返信が 以下のものでした

日に輝く、紫色の列車、暖かそうね~〓〓
額に入れて飾ったら、飽きずに眺めていられそうな構図です〓〓

・・・うん。 そうか、砂丘にね、ベンチがあるのよね
砂丘をバックに記念写真を撮影しようというベンチ。

これがね、夕陽に染まって紫色になって見えたのね
で、余部駅のショットの次に 写真だけ送ったもんだから

ベンチが紫色の列車に見えたらしい(笑)
「鳥取砂丘に着いたよ!」と文章も入れたら良かったんだけどね
なんせ手がかじかんでよ~(遠い目)

うん、でも 夕陽ショットって 一瞬が勝負だけん
これは携帯ショットなのが勿体ないくらいの お気に入りだ☆

私の携帯ショットだと
1枚の容量は 50メガが良いところ。

まあ デジ・カメ子ちゃんショットも 幾つか撮ったけど
画素数下げて枚数欲しい私のこと

デジ・カメ子だとしても 
100メガくらいのショットだけどネ☆

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

詩の発表場所あります
自慢の絵・写真を披露したい方にもおすすめ!

ワタクシすずこが編集している手作り詩誌
ポエムサークル「みゅう」

仲間になり購読いただくと
ボツなしで冊子掲載 & CDトーク → 全国郵送★
見本誌もあります。読みたい方も連絡くださいね。

以下に本誌の写真・詳細を紹介していますので
クリックして御覧くださいませませ~☆

ミュウ 223.224号 完成♪ 

すずこのリンクはこちらから

~いつかの すずザレ~ 藤鈴呼の戯言
過去作も織り交ぜてUPしていきます☆

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

やばい! って イマ 思い出したよ

今日は 支払い日 だった と

今週末は 出勤だ~

そんな コトだけ 考えてたら

すっかり 忘れて 居たんだよ

月始め には 常備して置く

べき 一枚 の 用紙 記入を

今から 忘れず して 置かなくっちゃっ\(◎o◎)/!



ハートの 絵文字を 使用するのは

一番 出し易いから なのだ と

言い訳まがいに 繰り返しては

勘違い ダケ 水に 流した

心の行方 見ずに 流した



ラジオ出演 するのと知って

録音を して 届けたいな と

クリックしたら サウンドが

上手く 入らず 四苦八苦

結局 放映 終わってからも

長い 時間の パソコン 格闘ヽ(^^ゞ。。。。  

★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

目の前を 歩くのが

もしも 貴方 だったなら

あたしは 従順な 犬と成って

首 振りながら ついて 行くのに


尻尾は わざと 見せなかったの

悪魔に 見えると 困るから

連れて行っては 呉れなかったの


随分 先を 歩んで 生たのね

コース 違えて 戸惑う みたいに

割り込まれては 遠く 成るもの

何処まで 何時まで ついて 行っても

あれは 貴方じゃ 無かったのだから


かきむしっても 拭い 切れない

心の傷を 埋め尽くすまで

出来るならばと 追い掛けて生た


あたしの恋が 夢に 成ったの

あたしの濃いが 酷に 成ったの

あたしの鯉が 刻に 消えたの

★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

誰でも 自分が欲する瞬間の言葉は

嬉しいものだから

其れが 欲する存在で 有ればこそ

否応なしに 吹き出る嵐は 苛立ちの波

如何様にも 紡ぎ返せぬは 過去の 荒波

★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

ノーマルのスイッチは つまらない

少し ひねくれてる部分が 

ボクの 脳味噌には 丁度 良いんだ

そんな 哀しい コトばかり言って

寡黙に 成っては イケナイね

だけど どうだろう

不思議な程に 連なって行く

デカダンな セリフならば

届けたくは 無いって言うのに・・・

★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

あたしは あたしの ままだから

何時だって 言い訳ばかり 繰り返して

正当化 するために

一つの言葉を 用いて

又 誤魔化す為の

逆説の 表現方法を 学んだ

僕等は 一体

何の為の 勉学を

積み重ねて来たと 言えるのだろうね

★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

生み出した 幻影と 君が表現するのなら

内に 巣食った 膿の束を

海の 彼方へ 葬るが為に

又 次の波を 待ち焦がれてる

そんな 風船の 柔らかさを

もう1度 感じるコトが 出来るのならば

優しい気分も 広がって 行くんだって

何時までも 信じて生きたい だけなんだよ

★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

此の風に 吹かれたままで

大地の 暖かさを

未だ 感じて 居たいのと

痛いんだって 冷風を 浴びながら

君は 言う

違うんだ 

暖かいのは 身体の方で

温める 必然性が 有るのは

殻の方なんだってさ

★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

スコップで 雪を 掻き出す代わりに

何も無い画面を 文字で 埋めて行く

書き出した焔は 又 苛立ちの方向へ

彷徨しながら 嫌な 芳香ばかりを 放った

何故 こんなにも 普通のテンションで 生きられたのか

苦しみが 上に立つ場面では

何時でも 思う コトなんだよね

★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★
人気ブログランキングへ
↑ポチッとな~☆↑


うみねこたち

Img_1387


Img_1388


Img_1389

だらだらと流れる水が
ダダ漏れするならば こんな瞬間
水滴が躍るのは
イルミネーションの内側だけ
例えば 光に重なった
偽りの 文字の分だけ
想いは 重りに量られて
謀られた分だけ
透明に 近付く

角度が不明だ
反響した壁の向こう側に
たわわに実る房がある
ぽよんぽよんと音がすれば
どんなテクニカルボールよりも
乗りこなせるバランスを
生み出せるのに

だらだらと流れる粒は
今 固まって
小雨に代わった

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

ノンストップより

クリスマス特集をやっていました 
聞きながらメモしたので ウロ覚えですが☆

飾り付けをする時期は
12月24日の4週間前の日曜日
今年は11月30日だそう。

片付けるのは1月に入ってから
そう言えば 外国では メッセージカードに
メリークリスマス&ハッピーニューイヤーとあるもんなあ

ツリーについて
オーナメントには それぞれ意味があるそうな

星 イエスが誕生した時に出た大きな星のこと

丸いものは林檎 
アダムとイブが食べた禁断の果実 
食べてはいけないと言われたのに食べたことで
人類に罪が生まれた

モミの木は針葉樹であり 永遠の命の象徴

ベルは誕生を知らせるベル

杖 迷える子羊を導くもの 
逆さまにするとJ ジーザスのJ 
と言っていたら、横にすると「つ」だ、と(笑)

電飾 世を照らす光

ツリーに掲げるメッセージについて
願い事よりお祈りをするものだとか

プレゼントを入れる靴下は何故靴下なのか?
干してあった靴下に たまたま贈り物が入ったという話が
由来になっているらしい

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

詩の発表場所あります
自慢の絵・写真を披露したい方にもおすすめ!

ワタクシすずこが編集している手作り詩誌
ポエムサークル「みゅう」

仲間になり購読いただくと
ボツなしで冊子掲載 & CDトーク → 全国郵送★
見本誌もあります。読みたい方も連絡くださいね。

以下に本誌の写真・詳細を紹介していますので
クリックして御覧くださいませませ~☆

ミュウ 223.224号 完成♪ 

すずこのリンクはこちらから

~いつかの すずザレ~ 藤鈴呼の戯言
過去作も織り交ぜてUPしていきます☆

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

世の中には 思い違いが 多く 存在する。
読書をしてた ボクは
食事のシーンを 読み進めながら
思わず コケそうに 成って しまった。

パスタを 運んで来た マスターが
「 何か、 かけますか? 」 と 言う。

二人が 会話の中で
確信を 付きそうな、 
勿体ぶった 物言いをしてる 途中だから

一瞬
( 賭けをして 暴露するか 否か
  決定する 為の 台詞か!? ) と 思うが

此れは 気を効かせた マスターが
パスタの上に かける モノを
二人に 聞いたのだな、 と 即刻 却下。

そうしたら・・・
次の 行で 
何と 店内に 音楽が 流れー


  『 そっちかいっ! 』  

         xxx カケルの 悲劇 xxx

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

ピリカラの ウインナア 万歳
朝 食材 切り込んで
タッパに 詰め込んで
冷蔵庫に 投入済みだから

帰って 炒めて 
食べる 寸前に
もぉもぉサンを 
柔らかく 
焼いて あげれば

即席 牛丼 の 出来上がり 予定 ☆

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

メンバーは
バトルを 決行するか 協議中 らしひ。

軽く 寂しいなぁ なんて 思うのは
今回 誘いの言葉が 掛からなかったコト。

きっと デートで 忙しいんでしょう と
思って 居るのか。。
まぁ 今日は 夕食の予定は 入って 居たけれど。。。

最近 胃の調子が 悪かったり
機嫌が 悪かったりして
自分から 滅多に 会話に 入らなかったし

キツキツした 感情が 
露出して 来たのだろうか・・・ と
少し 反省。。。

週末には BBQの 予定も 立ちかかって 居るようで
これは 誘われた。。。
と 言うことは
よもや 人数制限か?!

メンバーを 聞いて居ると
男女 二名ずつだし
二人ずつが
一番 愉しいからなぁ・・・ と
前向きな 感情は
長生きの 秘訣サ ☆

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

昼休み前に 新しく 入社した 彼女に
発送の手順を 教えるコトを 任された。

修理 代替 機械を 
借りた メーカーに 返却 するのだ。

通常 営業の 人が
商品を 持ち出す 時は
機械出力した 納品書と共に 持って行く。

今回は 返却の為
手書きの 赤伝を 切る。

本当は 赤伝を 書いて 貰えば 良かったのだが
既に 自分で
書き終えて しまった 私。

その後 梱包作業を しようかと 思った処で
隣の彼女に 「 新しい人に 教えてね 」 と 言われ
挑戦 したんだ。

挑戦・・・ だなんて言うと
大袈裟に 聞こえるかも 知れないが
この 文章の如く
要点を 簡潔にまとめるコトが 苦手な私は
四苦八苦。

ダンボールで 梱包する時に
中に入れる パッキンのコトや
三種類の 宅配業者を 使用していて
送り先の種類ごとに 違うコト
送る時は 届いた時に 付着してた 送り状を
キレイに 剥がすコト等を
説明しなければ ならなかったのに
前述の 書いても居ない 伝票の話を
延々と 始めてしまった私。

嗚呼 いかんせん・・・
駄目なんだよねぇ・・・

そして 昼休み。
二階の 給湯室に行く 直前に
隣の彼女に 言いました

「 私 幼い頃の夢が 学校の先生に 成ることだったんですよ。
  でも 成らなくて 正解でした。。。 」

直後 彼女に 大爆笑 されたケド
笑い事じゃ 無いんだってば・・・・

勿論 優しい彼女は
一生懸命 私を
慰めて 呉れたんだケド・・・ ねぇ・・・

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

社長に 「 調子は? 」 と 問われ 
即座に 
禁煙の 調子 も 聞かれるコトが 判明してる
昨今の 問い掛けに 

もはや 笑う コトも
許されなく 成って居る 模様・・・

先日 出先から 帰って来た社長が
給湯室で 手洗いしている時に
丁度 トイレに 行こうとした 私。

あっ 何か 言われそう。。。 と
身を 固く して居たのは
数日前に ニコレットを プレゼント されて 居たからで。

そして 案の定 問われた台詞。
「 調子は? 」

もう トイレ前の 壁に 擦り寄ったまま
イジイジ状態 勃発。。。

そうしたら 「 え? どうした? 何も 聞こえないなぁ~ 」 
なんて
まるで テレビの 体操の お兄さんよろしく
耳に 手をあて状態で
からかう風な 表情で
見られて しまいましたぁ。。。。。

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

純白と言えば ウエディング・ドレス
成田離婚なんて 今は 既に
死語なのかも 知れないけれど
凝った ドレスを 身に 纏いたいが為に
結婚式を したい女性も 居るのかしら・・・

純情は ある意味
罪なのかも 知れないのだね

何も 知らない 無垢な 子供ほど
残酷な 台詞を
大人に 向けると 思うから。。

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

最近 会社で 聞いて居る FMラジオで
スキマスイッチの 雨待ち風 が 流れてる

此れ 結構 好きだなぁ って 思いながら
タイトルの 待ち が
町だって 
勝手に 思い込んで 居たよ

雨を 待って 風が 吹いたら
次は いよいよ
晴れ間が 来るんだね――

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

トーンと言えば
漫画家が 良く 遣うであろう
背景を 切り張りする紙を
連想する

グラデーションの 空
ふと 
そんな 言葉が
思い 浮かぶよ

ぽっかりと 浮かぶ 雲
雲は 気体だから
実体では 無いのだけれど

ぽつかりと 開いた 穴
哀しい 穴ならば
幾らでも
塞いで 歩くよ

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

魔法使いに 成れるなら
どんな 魔法を 使いたいかな

空を 飛びたい
透明人間に成って
好きな人の
ずっと 傍に 居る

そんな 発想って
ありきたりかも 知れないけれど

空飛ぶ箒は
見たコトないし
絨毯だって
重たいけれど

考えて見れば
昔は
四角い箱が
道路を 次々 走るコトや
鉄の 塊が
空を 飛んだり
海に 浮かんだりするのも

ある意味
魔法だって 感覚だったんだものね

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

人は 贈り物に 弱い 生き物
プレゼントだよって
キレイに ラッピング されて
笑顔で 手渡されたならば
例え 嫌いな 相手からでも
受け取って しまえる モノなの・・・?

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°
人気ブログランキングへ
↑ポチッとな~☆↑



2014年12月12日 (金)

みるくてぃー

Img_0937


Img_0938


Img_1025

ミルクが甘いのは
優しさが 詰まっているからかな
ちょっと 胃が キリキリと痛む日も
何となく 柔らかなイメージで
喉を 潤して くれるから

赤ん坊を抱くと
いつだって ミルクのにおい
そう 代弁されるけれど
実際に 感じる機会は
意外と少ない

いつも 毛嫌いしている 
泣き声も 叫び声も
心の声を 上手く伝えられぬ
その 代わりなのかも 知れない

そう 云えなかった頃
私達は どうやって
濡れた頬を 乾かして いたのだろう
今は 想像することしか 出来ないけれど

大人になったから ではなく
目の前に ティッシュがあって
拭うと 涙が消えると 知ったから
活用できること

そんな風に
一つ一つ
重ねて行けば 良いんだね

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

写真 ミルクのある光景

青海街道沿いにある メモリーハウスのドリンク
一つはイチゴミルク 一つはココア
さて、私が選んだのは どちらでしょうかっ♪

実は初上陸した時は 食事せず ココアを飲みまして
このトッピングの可愛らしさにヤラレましたんで
再度チャレンジしたわけですわ

勿論 食事の後にね。
で、旦那に向かって「でもイチゴも捨て難い…」と呟いたら
この2つが運ばれて来たんだよっ?(笑)

残りの一つは 上手く描けていないのだけれど
シチューにハート型をトッピング。 せおゆ。

いや、最初ハートになる予定なかったんだけど
タチタチ垂らしている内に こうなった(笑)

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

詩の発表場所あります
自慢の絵・写真を披露したい方にもおすすめ!

ワタクシすずこが編集している手作り詩誌
ポエムサークル「みゅう」

仲間になり購読いただくと
ボツなしで冊子掲載 & CDトーク → 全国郵送★
見本誌もあります。読みたい方も連絡くださいね。

以下に本誌の写真・詳細を紹介していますので
クリックして御覧くださいませませ~☆

ミュウ 223.224号 完成♪ 

すずこのリンクはこちらから

~いつかの すずザレ~ 藤鈴呼の戯言
過去作も織り交ぜてUPしていきます☆

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

もう 今年の 12分の1が 経過して しまいましたねぇ~

そう 言われて 

「 これ 貰った♪ 」 って 思っちゃった


未だに あけおめー ことよろー とか

言う台詞を 向けられると

「 だーから 喪中だからxx 」 なんて

ダークな回答をする 気力も 失せまつね (-_-)゛

★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

君は もしかして

ジャック ダニエル と

ジャンヌ ダルク を

読み違えて しまったのだろうか


ボクは バーボンは 飲まないよ

と 言うよりも

酒なんて 殆ど 呑まないんだ


其れでも 週末には

珍しく タクって 呑んだけれどもね

その帰りに

仕事帰りで 車でシラフの彼女に

送って貰って しまって

何だか 申し訳 無かったなって

★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

雪が照らす 眩しさと

指輪の 光沢

ハートが 一杯 付いてる

シルバー リング


爽やかに 愛おしさを抱く

表情が とても 柔らかくて

綺麗だなって 思った


研ぎ澄まされた 情熱

何時から 

喪って しまったのだろうね


そう 自分に 問い掛けながら

★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

無口な人間と 付き合ってた頃

何もかも 自分色に 染められる

信じて 疑わなかった

自分の カラーさえも

統一されて 居ない世界で


朦朧とした月 眺めながら

暗がりの中 手探りで

沈黙を かざす


どんな 瞬間にも

心は 通じ合って 居たものと

当時は 信じてた

★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

シュレッダーをしている人に

人生の シュレッダーは 出来ませんよね?


言おうとして 呑み込んだ 台詞

★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★
人気ブログランキングへ
↑ポチッとな~☆↑



バッドタイミング&グッドラック?!

Img_2879


Img_2883


Img_2884


以前から タイミングの悪い女であった私だが
久々に三連発と相成った感アリアリて。


その一 

小旅行を計画していた時期と寒波が重なった
一番 残念だったのは 
鳴き砂を体感できなかったこと~。

暫く振りに帰宅してみたら のっこり雪が積もってて
ほえ? って 浦島タロ子でしたとサ☆

まあでも 雨のドライブで済んだのかな
大雪ではなかったけん ラッキーでしたね

旦那「おかしいなぁ~ 俺 晴れ男なのに」
あんまり言われるんで

「え゜、私が雨女ですか?」って
思わず 云いそうになったじゃないか!


その二

先日クッキーをいただいた友人に 
ご当地ヤキソバを贈ったら
ニュースでヤキソバに虫混入の話題が連発した

まあ ブラック焼きそばなんですけどね
一緒に イタリアンバージョンも。
こちらは 未知の味。
実は自分が食べてみたいって言うね(笑)

ブラック焼きそばも大好きな私ですが
やはり ゆるキャラの ブラック番長が
ハンパなく好きだわ(はあと)

だってこんなに可愛いんだよ!
もう語尾とか真似したくなるゼ!(▼3▼)♪


その三

一つ前の記事で紹介した感想文を手持ちして
鍋焼きうどんに舌鼓を打とうとしたら イベント中だった

ギャーーッ と叫んだまま
思わず 権現荘で温泉つかろうかと思ったが
素直に帰宅(笑)

鍋焼きうどん食べて~ぇ♪ 温泉つかって~♪
とか 妄想していたから バチが当たったんだな

旦那の心の声が聞こえる
「俺が必死に仕事している時に!」

ふむ。そういう事か。
ならば 次回 一緒に行こうぜ~(▼3▼)b

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

写真 誰が何と言っても煮物!

旦那「へーっ 汁じゃないんだあ~?」
そうだもんっ! 汁ぬけば 煮物やん?

旦那「・・・・」
~( ̄▽ ̄~)(~ ̄▽ ̄)~

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

プチポエム


小さな、と言う表現は
縮こまってしまいそうな印象も受けるけれど
リトルマーメイド そう書けば
何だか 可愛らしさまで 浮かぶ

ぷちっ と 可愛らしい透明模様を描いた円を
少しずつ 潰していくように
緩衝材よりは プチプチと呼んだ方が
可愛らしいね

プリティー ちょっと 洒落たイメージ
可愛らしい 可哀相
色んな言葉を鏤めて
私なりの 世界を探す

プッと 吹き出してしまいそうな 斬新さと
ふっと 息を吐き出しながらの 安心感
双方がシーソーゲーム
ゆれる めぐる また まわる
ゆがむ は ごめんだ

プールサイドで 佇む
傷に染みるから
本当は 濡らしたくなかった、と
裸足の爪先を見つめる

伸び放題で
どんなペディキュアも ハシタナク映る頃
血豆が消えた

伸び過ぎて 良いこともあるね
例えば 猫のように
思い切り 両手伸ばしてみたら
ちょっとは 楽に なれるのかもね

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

詩の発表場所あります
自慢の絵・写真を披露したい方にもおすすめ!

ワタクシすずこが編集している手作り詩誌
ポエムサークル「みゅう」

仲間になり購読いただくと
ボツなしで冊子掲載 & CDトーク → 全国郵送★
見本誌もあります。読みたい方も連絡くださいね。

以下に本誌の写真・詳細を紹介していますので
クリックして御覧くださいませませ~☆

ミュウ 223.224号 完成♪ 

すずこのリンクはこちらから

~いつかの すずザレ~ 藤鈴呼の戯言
過去作も織り交ぜてUPしていきます☆

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

ドラマは 最近 見てなくて

有線も 余り 聞いて 無いけれど


今日 久々に 弦を握ったならば

やはり 一週間か それ以上?

ブランクが 開いたダケで

ど下手モードは 増してしまってる・・・


弾き語り 当日までに

何とか 耳に入れる 不協和音の幅を

狭めないと?!

★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

久々に テンイツのラーメンを 食べた

こう 暑いと

わざわざ ラーメンを 喰う客も

少なかろうと 判断しての

五時 ベル・サッサの のちに


客は 一人の 男性客

その後で 二人組みの 男性客

最初に 入った時は

一人ダケ だった


帰りがけに

モス・チーズバーガーの 話をしてて

ドライブスルーしようか 迷ったけれど

久々に 麺が 欲しかったんでし

°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

言葉を 抑える 勇気

其れは 勇気 なのだろうか


語る 必要が 無いほどに

落ちぶれた 人間


貴方の 周りには

何人 居ますか


両手で 数え切れる 位ですか

そればっかり ですか

°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

頑張ってても

焦ってる様に 見えないだとか


鉄火面って 言うのは

良い意味での 仮面ならば イイけれど


むつかしいですな

★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★
人気ブログランキングへ
↑ポチッとな~☆↑


続 希望は失敗に終ることはない

Img_2885


Img_2886


Img_2887


希望は失敗に終ることはない
写真は「続」です。

オデュッセイア ~幻の翡翠王国への旅~[ 演劇・映画,糸魚川市 ]
明日のミュージカル。楽しみにしているところです☆

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

小林マツ子さま


「続 希望は失敗に終ることはない」拝読しました。
もしかすると、冊子小包で到着してから
大分時間が経過したでしょうか、

少し不在にしておりましたのでポストを開いた瞬間 
沢山の郵便物が傾れてきました。
その中に マツ子さんからの待望の一冊が入っておりました。

先ずタイトルですが、「続」とつけるか、
同タイトルの後に「二」と掲示するかで
少し印象が変わって来る気がします。

今回の「続」の文字はタイプされた文字で小さく
「題字」の手書きが「大事」にされている気がします。

丁度 「寒気」とともに
心なしか寂しい気分になりがちな昨今ですが
イラストによって「歓喜」の温もりを思い出せるような気分が
広がりました。

一冊目はマツ子さんご自身の文章が沢山ありましたが
今回は皆様からの感想文も多かったことで
「鳥が届けてくれる嬉しい言葉たち」の印象も
表現されているように感じます。

色合いから「赤毛のアン」を彷彿とさせるからか
明るさが映えるイラストですね。

皆様からの絵手紙、直筆の掲載も楽しみました。
綺麗なお花の写真も沢山ありましたね。

今回は マツ子さんのお仲間との写真も多く
色々な表情や御姿を拝見することが出来ました。
髪型もその時々で変化があり おしゃれですネ。

在職中お世話になった方の姿も誌面で拝見しました。
私事ですが、先月末で退職をいたしました。
御報告が遅くなりました。

マツ子さんとの出会いのキッカケとなったコンサートが
在職時ラストのイベントとなりました。

今回も私の不手際で 皆様にご迷惑をおかけしてしまい
反省しきりですが、これからは いちファンとして
遠くから見守っていきたいと思っております。

マツ子さんにも大変お世話になりました。
ありがとうございました。

私は転勤族の妻ですので、
次の春までには引っ越しの予定です。

寂しい反面、それがなければ
糸魚川に来ることもなかったでしょうし
貴重な時間だったなと思えます。

「ネコがつないだ不思議な縁」を読んでいたら
親近感が湧きました。
私も以前 一時期ネコを飼っていました。

活動中のポエムサークル名と同じ
「みゅう」と名付けていましたが 

私の場合は成人になってからのアトピーと引っ越しが原因で
手放すことになりました。

元々 農場の方からいただきましたので 
農場へ戻ることに。

みゅうにとってはその方が幸せだったのかも
知れません。

昨今ネコがブームとなり、
ご自慢のにゃんこちゃん写真の投稿が増えて来たのも
嬉しいところです。

「ミント」の一句を読んでいたら、
清々しさが広がりました。
私、ミントが大好きなんです。

在職中、スタッフ仲間の女性が
自宅栽培したミントを千切って
ミントティーを淹れてくれました。

何て美味しいんだろう! と 感動したことを
思い出しました。

アイスクリームの上に乗っていることも多いですよね。
私は食べる派です。

残す「派」である主人の『白』い眼を気にもせず
ニタニタと『白』かった「歯」を出して笑います!

白かった筈なのに・・・ この黄ばみは何でしょう
喫煙時代の置き土産か はたまた 身から出た錆!?

嗚呼でも マツ子さんのお店でいただく 
アイスコーヒーの思い出だとするならば
それも一興、なんて☆

「奇跡の一枚」、その貴重さに瞳が潤む想いがしました。
マツ子さんの「お孫さんたちに読んで欲しい」と言う心が
「軌跡」となっていくような気がします。

今でなければ届けられない言葉ってあると思います。
少し 気恥ずかしくても 言いたいことは伝えよう、
常々 そう心掛けていますが 
改めて身に染みる思いで読みました。

あとがきを読んでいたら、先月の地震のことも思い出しました。
私は海岸沿いで 家具等の被害もありませんでしたが
そちらの店内には皆様の心のこもった手作り作品も
沢山置いてあったなあ…と。
糸魚川市内よりも能生方面の揺れが大きかったようですものね。

揺れた瞬間 主人が「震度4くらいかな」と申しました。
主人は阪神・淡路の震災を体験しているのですが
その時は 部屋が揺れて平行四辺形に見えたそうです。

私は故郷が岩手ですが 糸魚川に来たのが
丁度 東日本大震災の直後でした。
まさか この地に来てから 地震に遭遇するとは思いませんでした。

そう言えば、先日 五重塔で有名な京都の東寺に行きましたが
震災鎮魂の文言が大きく掲げてありました。

そちらのお店で開催されたオータムコンサートの頃は
勤務が入っており お邪魔すること叶いませんでしたが、
盛り上がったのだろうなあと想像していた矢先の地震でしたので 
本当に驚きました。

コンサートは大盛況だったようですね。
こうして誌面で眺めているだけなのですけれど
活気と音が響くような気がしてなりません。

色々と不安は尽きぬ世の中でしょうが 寒さに負けず
お店の「鍋焼きうどん」を食べて 心身ともに温まる皆様の姿が
目に浮かぶようです!

私も 残り少ない糸魚川生活を楽しみながら過ごしたいと思います。
退職して時間が出来、久方振りに詩誌「みゅう」を発行しましたので
同封します。

いつもは手作り冊子を編集するのみでしたが、
今回は自分の書いた言葉が掲載される楽しみを
改めて感じることが出来ました。

どうも文章をまとめるのが苦手な性分で
いつも長文になってしまいます。
とりとめのない文章を掲載してくださったことに感謝申し上げます。

お一人お一人の心に感謝して 
私も詩誌活動を広げていきたいなあと思っています。
本当にありがとうございました。

待ち侘びた、ウィンタースポーツシーズン到来!
シャルマン火打スキー場で滑走後が 
お店に伺うチャンスかもしれません。

その為には 夕方前にリフトとお別れして 大量の雪をお土産に
お持ちせねば、ですネ!? 

いつも時間を忘れてグロッキーになっても滑っている私のこと
筋肉痛でヨタヨタしているかも知れませんが
お邪魔できる機会があればなあと思っております。

マツ子さんも 風邪などお召しになりませんように・・。
取り急ぎ お礼まで。


2014年 12月

                      藤鈴呼

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

詩の発表場所あります
自慢の絵・写真を披露したい方にもおすすめ!

ワタクシすずこが編集している手作り詩誌
ポエムサークル「みゅう」

仲間になり購読いただくと
ボツなしで冊子掲載 & CDトーク → 全国郵送★
見本誌もあります。読みたい方も連絡くださいね。

以下に本誌の写真・詳細を紹介していますので
クリックして御覧くださいませませ~☆

ミュウ 223.224号 完成♪ 

すずこのリンクはこちらから

~いつかの すずザレ~ 藤鈴呼の戯言
過去作も織り交ぜてUPしていきます☆

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

三日前のBEER

最後のスーパードライは

キミが 口に するのだろうか

マグナムドライも もらったよね

新年だからって デカブリオの フォトケースも。

ワインにしようか悩んだけれど

昨日のカルビと ウインナ―・キャベツ炒めが

まだ机上で 固まったまま

そして キムチと うどん・・・ もう飽きたよね

おでんだって 三日続けば 飽きるんだものね

そうだよね キミは 残り物って そんなに好きじゃないんだろう?

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:

帰ってしまうのかな? キミは。

時は 刻々と過ぎて行って。

今日は 親戚に呼ばれているから

夜までには 帰らなきゃ いけないんだね?

せっかく 餅つきが終わったから

一緒に居れるかと思ったのに

キミに甘えてみようかな? そうBedの中でxxx

そう思いながら忘れてしまったから

キミが目覚めたならば 甘えてみよう

さっきは トイレに行きたかったんだけれど

まだ寝ぼけているキミの大きな手が

僕の腕に 絡み付いていて

何だか取るのが勿体なくって

中々 動けなかったんだよ・・・ ボク。

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:

あなたが帰ってしまって

とっても 淋しくなってしまった この部屋の中で

とってもまぶたは閉じそうなのに

眠られないでいる

他の人の生み出した心にはまることも出来ないままで

また カセットテープを聞いている

何度も聞き返してゆけば

カセットテープは 伸び切ってしまう

ねぇ それで 丁度良いの?

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:

この曲を聴いていると

どうして こんなにも

悲しくなって しまうのだろう

アナタの目の前で 泣いてしまった

Bedから 崩れ落ちるように

「スーパーマンっ♪」って

おちゃらけようかって思ったのだけれど

いつまでも 涙が 止まらなかったから。

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:

ねぇ はもろうよって

女性ヴォーカリストの曲なのに

あたしが 彼に

だだを こねている。

彼は 一度 「は?!」 と言ったその後で

「何でやねん!」

「・・・けち。。。」

この会話 他人が聞いたら

ほほ笑ましい 恋人の図に 映るかな

映って欲しいな。。。

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:
人気ブログランキングへ
↑ポチッとな~☆↑


こんにゃく

Img_2880


Img_2881


Img_2882


郷の茶店えほん&おやき工房
オーナー小林マツ子さんからの いただきモノ♪

つい今しがた いただきました♪
残りは夕方に♪

自叙伝第二弾の感想を引っ提げて
鍋焼きうどんでも・・・と赴いたらば

駐車場から 食み出る車がΣ( ̄□ ̄)!
何と本日は クリスマスパーティーだったとのこと。

何てタイミングが悪いんでしょう~っ と言う私に
「タイミング良いわよ」と笑顔で渡して下さった蒟蒻

ぷるりんとして 美味しそうです。
「生姜やワサビと一緒に食べて~」

嗚呼そういうの大好きです~、と 実践せんとす。
何だか しょうゆも垂らしたら 人の顔みたいだ(笑)

刺身蒟蒻 初めて頂いたのは営業時代でした
男性のお客様の手作り蒟蒻だったなぁ~懐かしい。

とろりと溶けるようで 確りと存在感も残っています
うーん 蒟蒻食べたいなって 丁度思っていた処でした。

今朝 蒟蒻購入したところで タイムリーっ♪
カロリーオフでラッキーっ☆

うん、でも その分 もつもつお菓子も食べそうだわっ!?
はっはっは(乾いた笑い)

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

誰のお蔭で飯を食えると思ってるんだ!


そ、そ、その台詞は許せませんね! 
心の中での最高返答がこちら。

母の実話
「私が作ってやってるからじゃね?」

ちなみに私自身は結婚前に
「その台詞だけは言ってくれるな」と念押し済です。

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

詩の発表場所あります
自慢の絵・写真を披露したい方にもおすすめ!

ワタクシすずこが編集している手作り詩誌
ポエムサークル「みゅう」

仲間になり購読いただくと
ボツなしで冊子掲載 & CDトーク → 全国郵送★
見本誌もあります。読みたい方も連絡くださいね。

以下に本誌の写真・詳細を紹介していますので
クリックして御覧くださいませませ~☆

ミュウ 223.224号 完成♪ 

すずこのリンクはこちらから

~いつかの すずザレ~ 藤鈴呼の戯言
過去作も織り交ぜてUPしていきます☆

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

巧く 滑り込んだ  渋滞の 道

こんな風に  君も 優しく

ボクを 受け入れて 呉れれば 良かったのに



紅の 代わりに  日々は 暮れるよ

苦しみの 種  君は 呉れたよ

悲しみの 性   ボクは 忘れて

憂い 花びら  心 抱きて



此処迄 来れば 大丈夫だと

嗚呼 何時の日も  信じ 続けて

跡に残った 不安ばかりを

見ない フリして  生きて 来たもの



ブラインド 下げても  とても 眩しくて

どうしようか と  瞼 閉じては



奏で始めた あの曲に 

過去のフレーズ 浮かんで 消えて

懐かしさだけ 感じた夜も

必ず明ける 宿命と 知る



雪の方が 暖かいのと

何時でも 思う


だから 今日は 髪も 結ったし

平日よりも 薄着 選んだ

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★
人気ブログランキングへ
↑ポチッとな~☆↑


2014年12月11日 (木)

新潟の感じ

Img_1029


Img_1030


Img_1031

今朝のラジオで
「新潟を漢字一文字で表すと」と言う話題を聞いた

事前アンケートの結果によると 
トップ3は以下の通り

 米  雪  白 
うん、大抵 似たようなイメージなんですよね 

って 違うだろっ!

私が真っ先に思い浮かぶんは「長」
なあ? これしかないだろ??

イタリアは「靴」だしさ
春夏秋冬 これなら 変化ないじゃろうが♪ 
と思うんですけどねー

糸魚川ならば どうなるかなあ、考えてみた。

「緑」 ヒスイのイメージ
「黒」 ブラック焼きそば
「黄」 海沿いなんで チャリも車も錆びるのよ(涙)

全部 色じゃん(笑)

この時期からは 消雪パイプが稼働するけん
道沿いに雪が積もると 真っ先に黄色に染まりますからね

まあ 錆びや鉄の成分は 茶色の方が近いかなあ
道も茶変色していたりして 閉口する

が 何よりも閉口するのは 
アーチ状になった消雪パイプの水じゃ

運転してて ワイパー付近まで上がってくるって 
どんなんよ!?

ちょっと ハリキリスギデスヨネー

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

レガ子とともに 小旅行

出発直後 トンネルの中で 妙な音がする
なしたん!? と 驚愕するも 
高速だけん 直ぐ停まられん

最初 運転席の上の方で 
バタバタ音が聞こえてたんだわ

ん? 鳥の羽根でも絡み付いて 
車体にバタバタ打ち付けちょん?!
と思うも さにあらず

今度は 下か? よもやパンクか?
と 戦々恐々

トンネル途中の待避所に停車するも スペースが足りず
なかなかチェックが出来ん

真横をデッカイトラックが駆け抜けて行く中 
旦那が覗きこんだ

写真の状態になっていた訳ですな
で、次のパーキングでカットしましてん

当日は 寒波到来で
大分酷い雨もありまして

ただでさえ外は五月蠅い上に 
トンネル内は騒音だべ?

そんな中で これ程の音が響くとは・・・
と 焦ったけれど 一安心

面白いのがね 音の聞こえる場所
いつも思うのは 緊急車両が通り過ぎた後
聴こえ方って変わりますよね

方向も然り。 
真逆から聴こえているように感じたりもする

あ、痛みもそうだったな。 

歯医者行った時に
「下の歯が痛むんです」と言ったら 
上だったりしたっけ(笑)

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

詩の発表場所あります
自慢の絵・写真を披露したい方にもおすすめ!

ワタクシすずこが編集している手作り詩誌
ポエムサークル「みゅう」

仲間になり購読いただくと
ボツなしで冊子掲載 & CDトーク → 全国郵送★
見本誌もあります。読みたい方も連絡くださいね。

以下に本誌の写真・詳細を紹介していますので
クリックして御覧くださいませませ~☆

ミュウ 223.224号 完成♪ 

すずこのリンクはこちらから

~いつかの すずザレ~ 藤鈴呼の戯言
過去作も織り交ぜてUPしていきます☆

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

― 悲しいこと ―


1. 固まった氷が 溶ける瞬間

    その下に住む 水溜り


2. 悪戦苦闘の ホームページ

   削除された 翌日


3. 失った メールアドレス

   復旧 不可能 (-_-)゛

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★

暑い 暑い と うだるより

台風の目に 飛ばされて しまおうか。。。?

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★

あたしも いつも カキカキに埋もれてた ニンゲンだケド

最近 新しい部屋を作成するに当たっては

オフラインで 一人 出来上がりページを 連想しては

ニヤけたり(?) つまづいたり(?) → 人生に?!(爆)

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★

華が咲いて

僕は笑って

君も少し 

はにかんだ


そよ風の 運ぶ歌

少しだけ 届けてみたい

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★

冬の訪れを 待ち遠しく感じながら

心は何時だって 真冬だよって

財布の中身を 覗き込んで みたり。

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★

嫌だねぇ あの黒い物体

ゴキブリも テカテカしてて

見たコトなんて 無いけれど

出来れば 出会いたくは 無いんだよ

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★

涼しい顔して

「少しも辛くなんて 無いよ」 だなんて

その笑顔の隙間から

又 汗が 吸い落ちるね

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★

勇気と 真実と

どちらも 選べないから

偽りの道を 選んだ日々


ときめきを 忘れて

思い出した瞳に

涙が 光った

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★

疲れた体を支えながら
君の待つ部屋へと 辿り着いた

カーテンは 閉めっぱなし
僕は 火照りっぱなし

そんなカラダを 自分の両手で 抱き締めて


今日も眠る
明後日迄は
予定が 
詰まって居るから

「珍しいね」 と
君は まるで
愚痴でも 零すかの様に


僕等の永遠は
こんな風にして
少しずつ 遠去かるけれど


君の言うところの寿命だけが
ニンゲンの イノチじゃ 無いね

もっと 楽しもうって
何時だって 思えた 筈だね

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★

人気ブログランキングへ
↑ポチッとな~☆↑


哭かない砂 

Img_4429


Img_4430


Img_4431


鳴き砂

鳴き砂(なきすな)とは、砂の上を歩くとキュッと鳴る砂をいう。
地域により「なりすな」とも呼ばれ、鳴り砂、泣き砂とも表記される。

鳴き砂に音を出させるためには、
砂の間で表面摩擦を起こさせる必要がある。

鳴き砂の砂浜の乾いた表面を手のひらで強く擦ると良く鳴り、
また下駄を履いて摺り足で歩くと良く鳴ることが知られている。

日本に存在する鳴き砂を持つ海岸は約200ヶ所におよび、
そのうち現在でも音を発する地域は、程度の差はあるものの
150ヶ所以上存在する。

その数は次第に増えてきているが、
これは各地で地元の鳴き砂研究家が増え、
発見につながっているからである。

*

琴引浜は、京都府京丹後市(旧網野町)にある砂浜。

読み方は「ことびきはま」や「ことひきばま」・「ことびきばま」
などと読まれることが多いが、正しくは「ことひきはま」である。

鳴き砂で有名な白砂青松の景勝地で、全長は1.8キロメートル。
国指定の天然記念物・名勝(2007年指定)。
地元では鳴り砂と呼ぶ人も多い。

若狭湾国定公園に含まれ、琴引浜は
日本の白砂青松100選・日本の渚百選・日本の音風景100選に
選ばれている。
また、丹後天橋立大江山国定公園にもなっている。

世界初の禁煙ビーチにもなっている。
また琴引浜の鳴り砂を守る会がゴミなどの清掃活動を行っている。

琴引浜鳴き砂文化館では琴引浜の展示物が展示されており、
韓国からのゴミや過去のナホトカ号重油の被害で
鳴かなくなった鳴き砂を取り戻す作業風景の写真などが展示されている。

鳴き砂体験コーナーもある。
イベントとしては、「はだしのコンサート」が行なわれており
「拾ったゴミが入場券」になるとして書籍・TVなどで知られている。

「はだしのコンサート」では、ビーチマラソンやコンサート(
過去にはムッシュかまやつなど)のイベントが行われている。

*

そんな訳で 鳴き砂の名勝 琴引浜でポーズを取りました
写真も撮りました 旦那が。

雨の浜じゃあ 鳴るもんも生らねえよ! でしたが
ハイテンションの人が 約一名 映っております

傘は詩誌即売会「東京ポエケット」に行った時、
東京の東急ハンズで買ったもの。
この色合い、最近好きなのよね~♪

雨風で寒かった為、鼻が真っ赤
まるで一足先にトナカイ演じているみたいだわっ

馴鹿、これで トナカイと読むんですってね。
今日 テレビで知ったわ。

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

手が凍えると
少しでも 温めようとして
両手をこすりあわせる

身体が凍えた時に
おしくらまんじゅうをした
子供時代を思い出す

足が震えたら
地団駄を踏んでみる
足元の氷が割れて
道が顔を出す

これが進行方向
そう信じて歩行する
芳香 大好きな曲
その全てが
楽しく リフレインし始めて

終に 笑顔が隠せぬ程
幸せな気分に包まれる
そんな季節感が イイ

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

少しずつ 近付いて来る
大切な季節は
楽しみに しているのは
雪でもなく
撒き散らされた 愛でもなく
あなたでした

ふらふらと彷徨う町に
イルミネーション
色合いが青いからと
ブルーな心の言い訳を
重ねて 重ねて
この雪のように
どっかりと 積もった
哀しい気持ちを
払拭して くれるかのような
仄かな 桃色が差した頬が
一番 綺麗ね

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

詩の発表場所あります
自慢の絵・写真を披露したい方にもおすすめ!

ワタクシすずこが編集している手作り詩誌
ポエムサークル「みゅう」

仲間になり購読いただくと
ボツなしで冊子掲載 & CDトーク → 全国郵送★
見本誌もあります。読みたい方も連絡くださいね。

以下に本誌の写真・詳細を紹介していますので
クリックして御覧くださいませませ~☆

ミュウ 223.224号 完成♪ 

すずこのリンクはこちらから

~いつかの すずザレ~ 藤鈴呼の戯言
過去作も織り交ぜてUPしていきます☆

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

彼女(携帯)が 水浴び(WCポチャ)したって 話でつ
無事に 携帯は 復旧しますた( ̄ー ̄)
記憶も 取り戻せた みたいでつ。

水濡れの場合は 復旧しない場合も あるようで
ドコモショップで 何度かデータを移そうとして 
ようやく 成功したよ。

んでもって昨日 四年振りの 機種変更を
無事に 終えたので
デコ絵文字が 使用できるように なったので あった。
めでたし、めでたし(笑)

携帯の 機種変更に 伴って、
プラン変更も 完了したので 

今後は 通話も メールも 
出来るだけ 携帯からだと 良いのかな、と 思うちょります。

今までも 母とは ファミリー割引があったから
通話無料だったんだよねー。
でも 自宅電話 つかってたけど(笑)

一応 ショップでも 確認してもらったんで
間違いないはずだけど、

今までは 私と母の携帯で
通話、メール あまりしてなかったから アレだけど、
これからは 携帯を 使おうかと思ってるので

次回の請求明細が来るときに、
確かに無料になっているかどうかを 確認しようかと。

いつ、誰に通話したかの 個人明細は
毎月100円で 頼めるけど、

今は ネットでも見れるようで、
私は今まで アナログに 100円で 取り寄せていたが、
この機会に ネットに移行しますた。

勿論 セキュリティーはバッチリで 
通話した相手の番号、メールアドレス、日時が
閲覧できることから、

毎回 携帯に 新しいパスワードが 発行され 
その場で 携帯を 確認し
パソコン入力する 必要があり、
不正アクセスを 防ぐ仕組みに なっているそう。

パソコン用の パスワードも 勿論あり、
毎回発行される 携帯へのパスワードは
本人でなければ 見れないだろうって わけだね。

因みに 私の 今回選んだプランは 
780円プラン、メール使いホーダイと いうもの。
これで 私は 誰とメールしても 無料なのだ。
はっはっは。

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

今回 免許証の 更新年の私。
昔よりも 手続き期限が 長くなったから
楽に なったよね。

以前はバースデー 一ヶ月前だけ だったんだっけ?
既に 忘れた(笑)

更新の お知らせ葉書に 書いてあったんだが
何やら 免許証の IC化だかに伴い 
暗証番号を 準備して来い とのこと。

しかも 4桁の番号を 1つではなくて
「2つ準備しろ」と。
めんどくさーっ。

しかーし! 何と 私も
今じゃ 免許証の色は ブルーだし
(え? その上の ゴールドも有るの? 笑)

優良運転者講習 30分で 更新できるなんて
夢のようだねぇ
( ̄ー ̄)

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

バースデープレゼントに
バイト先の彼女から 古着とボディークリームを
いただくの巻♪

二ヶ月ほど前の 彼女のバースデーに
メールすらしなかった 私なのに

帰省時など 一口サイズの お菓子を
お土産で 差し上げていたから、
その御礼だ、なぁんて

何だか 海老で鯛を釣った気分。。。//δ⌒▽⌒//

素敵な サプライズ プレゼント
紙袋から 出るわ 出るわ

「まだ有る」 と 感動しながら
テンション ハイ

色合いも 素敵で 好きな感じなので 
とても 嬉しい 

クリームを 肌に ぬりぬりしながら
着ながら 楽しみたいな♪

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

ちやっちから 100均で揃えたと言う
バースデープレゼントが 届く♪

心遣いに感激しながら 楽しんで開いたよ
送付状の「雑貨」 って言うのを見て、
嗚呼、そういうテが 有ったか~って
"今更?!"って ヤツだけど、

何時も 宅配をする時に
馬鹿正直に 内容を 書いてしまって、

「サプライズなのに 開ける前に 中身がわかっちゃあ
 ツマラネェよなぁ~」 なんて 思っていたのだが、

私も今度から 雑貨に し~よおっと
てか、感想 其処?! Σ( ̄□ ̄)!

丁度 バイト日だったので
再配達されるのが 夜だったのね。

そんで ニヤニヤしながら 開けようとした処に
旦那が 帰宅したので
夕食終わってから いそいそと 開いたんだよね。

で、あーだこーだ 喜んでいたら
旦那の視線は 勿論 ゼリー(笑)

食べて良いよ、とか 言う暇も無く
♪いただきま~す♪ と 言うので 私も負けずに
♪いただきま~す♪ と 輪唱してやったわよ(笑) 

ホント、100均 侮る無かれ、
こういう アイディアの詰まった サプライズは
大好物でつ

因みに 我が家の居間に有る テレビ台には
セイントセイヤや ショッカーなんかの フィギュアが
乗っかって 居るんだが、

お洒落な木で 丁度良く 収まったので
彼等の 住処にして見まつた★ 

透明シートで 囲っているから 埃避けにもなるし、
ホント、アイディアだよね~!

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

大分の母さん&姉ちゃんが選んで呉れた
バースデープレゼントが 届く♪

色合いも良いし、可愛いのに アクティブ感もある
重ね着タイプの シャツ、

こういうの 実は 欲しかったんだけど
今まで 買ったことが なかったので
本当に 凄く 嬉しくて ニヤニヤ中( ̄ー ̄)

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

今夜はバースデーなのでっ

豪華にディナー
…と言いたいところですが

餃子
金平牛蒡
冷奴

いつも通りじゃん Σ( ̄□ ̄)!

そんな夏→秋

富山に遊びに来てくださいね

辞令も出てないのに
もう気分は北陸、笑

しかも何が有るのか今イチ解ってないけど
きっと良い処です

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°
人気ブログランキングへ
↑ポチッとな~☆↑


マテ茶クッキー

Img_2861_6


Img_2861_5


Img_2861_4


東京の友人手作りの味☆ ブランド名は「嫁印」
店頭販売はしていない幻のクッキーです♪

プレーン・マテ茶・ココア、
三種類の味わいを堪能しましタ☆

丁度 発送いただいた時、不在にしてまして
心配メールもありましたが 無事に到着☆

*

改めまして 御報告です。

先程 郵便局でお歳暮を受け取りました。
余談ですが、受け取りに行く際、

ゆりのメールにあった
「シリカゲル」て何だっけ? 

嗚呼そうだよね、考えるまでもないわい 
乾燥剤のことだわね、とか

脳内ブツブツ唱え言状態でした。
おかげで湿気は全くありませんでした☆

まあ何て完璧なんでしょう! と言うのが 
一度目の感激です。

一欠片も離れていない完璧な形、
見事なまでの美しさです☆

で、とりあえず三つ味があるゾ! ってんで 
食べる順番を考える・・・一瞬だけ(笑)

まあ 我慢出来ずに
写真の通り、陶器皿の下に
新聞が映り込んだりしているのも御愛嬌!?

食べる順番としてはですね、
先ず視覚的に惹かれるのは
ココアなんですけど、

ここで騙されちゃあイケナイ
(何のこっちゃ)

多分 一番 味が「濃ゆい」ですかんね。
食べてないのに名言しちゃるわ! ってんで
先ずはプレーンですよ。

帰宅して直ぐだったんでね 
身体が凍えておりまして。
コーヒーでも淹れたりしちゃったり。。。と 

暫くぶりのポット活用に
思わずクエン酸洗浄なんかを
しちゃったりして♪ 

ええーい、脱線している場合ではないわっ! 
ってんで

徐に口に運・・・ぶ前に
先ずは記念撮影パシャリ☆

して、プレーンの味や如何に! 
勿論、コーヒーを口に含まずに
一口目ですヨ。

コーヒーの味で全ての風味が帳消しされたら
泣ききれませんからネ☆

とゅーびーふらんくうぃずゆー率直に申し上げまして
一瞬 ほんのりとしたシンプルさの後に

仄かな苦みのような深さが
追い駆けて来ました。

私はお菓子作りをしないので
良く分かりませぬが 

自宅たこ焼きをしようとして 
粉とともに
旦那が重層を入れた夜のことを
思い出しました。

これは、あれかな、ふくらし粉とか、そういう
膨らませる系の粉の成分なのかな、

なんて
妄想タイムとともに
クッキーは食道を通過♪

うん、これで順番は間違っていない筈だ! 
ってんで 
一番 気になっているのが マテ茶味ですよ!

お二人がマテ茶が好きだと言うのを
以前ネット上で拝見した気がしますが、
これですね! 

私もスーパーで激安マテ茶を買ったけども、
そうそう、こんな風味・・・

と思っている内に口の中からなくなって
胃袋に移動です。

ここで不思議だったのが、先程のプレーンで
ほろ苦さを感じたおかげか、
ちょっと甘さが勝った感じだったんですよね。

コクのあるお茶、と言うよりかは
甘いクッキーの方が大勝利です。


ラストはココア。
これ、冬になると飲みたくなる味なんですよネ! 

こうしてクッキーになってくれると
甘さ控えめで丁度良い♪ 

あ、プレーンを食べた時から これは感じていました。
前回もそうでしたけれども 
甘すぎると食べ続けることかないませんから・・・

って一気に食べるつもりなのかしら? 
いや、でも 旦那が帰宅するまでは 残しておきます。
ちょっとは(笑)

以上 冬の嫁印クッキー試食会場より
お送りしましたっ♪

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

真夏は
シャーベットが
ありがたかった

ザクザクの路面で
そんな日々を
思い出す

ギザギザの心は
まるで
氷柱みたいに
心を 射抜くから

少し 温まる頃
陽光に充てて
安らいだ 時間

力を抜くのは夜と
決まっていた筈の
勝手に思い込んでいた
ワタクシの心臓が

トクン
ゆるやかに 揺れた
カタン
誰かの足音に
ビクン
もう 振り返る事も
忘れて

ヤプミー登録感謝の即興

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

詩の発表場所あります
自慢の絵・写真を披露したい方にもおすすめ!

ワタクシすずこが編集している手作り詩誌
ポエムサークル「みゅう」

仲間になり購読いただくと
ボツなしで冊子掲載 & CDトーク → 全国郵送★
見本誌もあります。読みたい方も連絡くださいね。

以下に本誌の写真・詳細を紹介していますので
クリックして御覧くださいませませ~☆

ミュウ 223.224号 完成♪ 

すずこのリンクはこちらから

~いつかの すずザレ~ 藤鈴呼の戯言
過去作も織り交ぜてUPしていきます☆

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

唯だ 真っ直ぐに
浪漫 抱いて
生み出す 未来

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

沢山の会話が
路地裏の奥に
埋もれて居るよ

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

何だかねぇ
三連休だぁー
なんて
喜んだのも つかの間

土曜日は
半ドンであることを
思い出した 訳ですよー

でもって 気付けば
もう へいへいへい みる
時間帯じゃあない?

かんじゃにえいと
が ゲストだったりしてねぇ
うん たのしいねぇ
なんて 笑ったりも してみるんだけどねぇ

これ
いつも せきじゃにむげんだい
と よみそうになって

絶句すんのよね

嗚呼もう わかくない。。。

そんな うららかな 小春日和
ばかりとはいかず
雨模様な 一日でしたわね。

しょんぼり 匂い に 300点。

こばら すいたかと 思ってねぇ
かっぱえびせん あけたけど
何か  吐き気がするねぇ
喉と 頭が 痛いねえ

・・・そっか。
秋風邪か。

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

あたしも
最近 あまり
連打してませんねぇ

そうそう
ドラマってね
何でも ありみたいな 世界なんだけど
それが 逆に
怖いですねぇ

どっちにしても
狂言ってのは
相手にしてみれば
恐怖につながりますからね

恐怖の味噌汁って知ってる?
今日、フの味噌汁!!
ちゃんちゃん♪

なんてな訳には
いかないのだからして。。。

あたくしは
基本的に
カマかける、ためす、だます、
こういうの
キライなんだわねぇ

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

テレビでは
幸せそうに
アランドロンという方が
豪華な 晩餐をしているらしい

今夜は ラーメンだったのねぇ
とんこつ。

世界が滅びる前に
最後の晩餐を 食べられるとしたら
何がいい?

なんて よく 言うけれど
何が 良いんだろうねぇ

あたしは
今 一番 食べたいものは
と 言われても
今なんだか ムカムカしてるから
明日 聞かれたら
そりゃあ 思いつくかも 知れないし
明日も 似たような こと
言ってるのかも 知れないし

そうだ

世界が というよりは
地球が 滅びない為に
ってことに なるんだろうけれども

世の中が スーパーで マイバッグを 
推奨するようになってたりですね?

でもって
環境問題をですね?
考えろ、と。

そんな会話になった訳ですよ。

で、ゴミ箱の中に スーパーの袋を
今は 入れているんだけれども
生ごみとか 汁ものってのは
どうしても そのまま 捨てるんだけれども
そのほかの ゴミ箱は
できるだけ
毎回 袋を 捨てずに
袋の中身だけを
大きな ゴミ袋に 入れて
捨てるように してる 訳なんすよ。

そうしたらね
その ゴミ箱の中の 袋は
生ゴミ用の ゴミ箱 以外は
いらないんじゃないか、

かやふな 提案をですね 
されましてですね?

でも 思ったんだよね
ミュウの編集で ノリを吹いた ティッシュやら
こぼれた アイスコーヒーを ふいた ティッシュやら
もしも ゴミ袋が なかったら
ゴミ箱が 汚くなるからって
ティッシュを 余計に 一枚 ひっこぬいて
また くるんで 捨てる
そんな作業になってしまう 可能性も
否めないわけですよ

ってぇと
ゴミ袋の 削減は できても
ティッシュは 無駄に 環境破壊に 繋げてしまう

のではないか、と。
うんうん。

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°
人気ブログランキングへ
↑ポチッとな~☆↑


2014年12月10日 (水)

ざくろ・・・ 

Img_0737


Img_0738


Img_0739


大きな音がしてみたら 
ザクロが丁度落ちるところでした。
そんな日々を懐かしく思っています。

全国的に雪模様みたいですね。
枝に貼り付いている実も
白くお化粧してしまうのでしょうか☆

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

ツリーのように


月が真っ二つに割れた夜
空を仰いで
これが下弦の月なんだよねと
呟いた

会話の中の匙加減は案外と難しく
ヤベエ!と思った瞬間に
間違ってイイネ!ボタンを
クリックしてしまったりする
シマッタ!の冷や汗も凍る季節
寒気団が少しずつ踊り始める

山が在るから
吹きおろしの風が溜まり
濡れているから
着込んだレザーのジャケットも
意味を為さない

ポツンと離れた星ひとつ
何て名前だっけえな
星座表をくるり動かすことが出来れば
確認できるのに
今 出来ることはと言えば
正座するくらい

膝の裏が しっとりと濡れて
痛いよと呟くから
組んだ足を 一度解いてやり直し
見上げたツリーのように
上手く編み込めたなら
最高なのにな

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

涙ってしょっぱいんだって 
ふいに気付く瞬間ってあるよね

ふいに、じゃあないね
そう気付けるのは
涙が流れている時だものね

まさに号泣と呼べるような瞬間には
涙の味も感じられないほど
息を吐く暇もないくらいに哭けてしまう

そんなことも。

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

波とオコジョ/藤鈴呼

スパイス そう表現すると 香辛料と書くよりも
何だかシャレたイメージ。

御洒落な印象、こう書くよりも
何だか

未知なる感触に
舌鼓を打ってしまいそうにもなります。

刺激が強すぎると
呑み込まれてしまいますから、

ちょっと舌が痺れる程度に、
少し心がシビレル角度で。

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

詩の発表場所あります
自慢の絵・写真を披露したい方にもおすすめ!

ワタクシすずこが編集している手作り詩誌
ポエムサークル「みゅう」

仲間になり購読いただくと
ボツなしで冊子掲載 & CDトーク → 全国郵送★
見本誌もあります。読みたい方も連絡くださいね。

以下に本誌の写真・詳細を紹介していますので
クリックして御覧くださいませませ~☆

ミュウ 223.224号 完成♪ 

すずこのリンクはこちらから

~いつかの すずザレ~ 藤鈴呼の戯言
過去作も織り交ぜてUPしていきます☆

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

世の中に 理由が必要な事は 沢山 存在 するけれど

僕は 戯言が 好きだから

唯だ 其れだけの 理由で

★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

昔 告白された 相手に 向けて

「 あたしの 何処が 好きなの? 」 なんて

愚かな言葉を 口にしてしまった事を

思い出しながら

★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

生理的に 受け付けない 人間も 居るのでしょう

別に 自分が 不愉快な仕打ちを 受けた訳でも 無く

そんな風に

僕は 唯だ ツラツラと 普通の言葉を 綴るよりも

五感を 働かせたいだけ


そして そんな 総ての 戯言を 受け止めて

レスしてくれる 相手を 探して居るだけ なのだから

★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

嘘を 吐けないのは あたしも 同じ

いや 1度も 吐いた事が 無いとは 言えないね

排他的な 言の葉は 履いてしまえず 癒えないね

★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

出来る事ならば 悪寒を 感じずに

唯だ 眠りに 陥りたかった日

何も したくは無くって

唯だ ぼぉーっと して

それでも 厭き足らず

ずっと 寝て居た 月曜日

★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

禁煙でも しようかと思って

社長は 何度でも

僕が 止めるまで

喫煙本を 僕に 呉れるのだろうから


いや それだけが 理由では 無いのだけれども

僕は 僕の 健康の 為に


其れでも 何だか 駄目だねぇ

一日に 五本に しなさい

そう 言われたのだけれども

こう 何本も 口に 咥えては

折角 カーコロンも 新しく したってのに

意味 無いじゃん・・・ねぇ

★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

ふと くわえタバコを しなかった 実家での 時間

ママンは 目ざとく 見つけて

「 今日は 吸わないの? 」

前回は そう 言ったのだけれども

今回は 僕に 質問は しなかった


僕は つつがなく タイヤ交換を 終え

前回は 家族の皆の分まで 手伝ったけれども

ヤニと言う名の 凶器が  僕の 侠気を

元気まで 奪い去って しまっただなんて

甚だ 誤解 なんだよね

★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

空想と 妄想

悪い 意味でならば

一人で 病んで 下さい

今日は 本当に そう 思った


誰かに かみそりの刃 入りの 手紙を 送るとか

死ねだなんて 言葉

僕は その 痛みばかりは 解るから

今 キミに 心から 同情するんだ

★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★
人気ブログランキングへ
↑ポチッとな~☆↑


黒糖梅酒

Img_0619


Img_0620


Img_0508


もう ネーミングに惹かれてゲットでしょっ♪
写真は夫婦湯呑かな、旦那が昔いただいたもので
こうして酒を入れてやると喜んだものです

え゛? 一番ニタニタしているのは お前だろ!?
んふふふふ。御名答♪

今夜はですねえ、件の酒を空けまして
ゆず焼酎に舌鼓を打っているのですが

写真の湯呑ね 黒が旦那 赤が私なんですが
旦那ったら 黒を割りやがっちゃいましてん

だけん もう 
御揃いでは なくなって しまいましてん

同じ素材のようにも見えるんだけど
どっちかって言うと 黒の方が 触り心地がザラついていて
個人的には大好きだったのよね
私のんは ツルッとした感じ

それから 液体が白いのは 牛乳割りにしているからよん♪
ミルクで思い出すのは 他に カルーアミルクよね
暫く飲んでないけど。

あとは 居酒屋なんかじゃ イチゴミルクとか
果実系で色々あるけど 大抵うっすいよね(笑)

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

笑いジワ


口角を上げると
今がたとえ 悲しい瞬間であっても
脳が 楽しかった時の気分を思い出してくれる
と聞いた時から

出来るだけ 笑顔でいたいなって
思うように なりました

ただ 豊齢線が気になることも しばしばありて
そんな時には マッサージなんかしてあげて

また 新しい笑い皺が増えて
そんな風に 笑顔を沢山つくりながら

楽しい角度の笑いジワの残る
おばあちゃんに なりたいな

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

アカシデという木で シデの名前を初めて知りました
四手と書くのだ、と記憶しています

スズムシ、個人的に呼び名から親近感なのですが 
あのリーンという透明感 
この秋は感じなかったなあ~

ただ、格好だけ見ると 
どうしても思い出してしまうんですよね 
私の天敵 カマドウマを(笑)

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

牛乳って書くと
何だかお腹も壊れやすくなっちゃいそうな印象を
持つ場合あるなあ 

ミルクって書くと
小さな頃は飲んでいたんだろうなぁって思うから 
表現方法によっても違うのかも知れないネ。

昔 コーヒー牛乳を飲むと 
カフェインで牛乳の成分が破壊されるから 
背を伸ばしたいとか 牛乳の成分を活かしたいならば 
別々に飲みなさいとか聞いたことがあったけれど

数時間経て 胃袋の中で一緒に吸収されたら
同じじゃね? なんてことも思ったりしてね(笑)

食べてから消化するまでの時間は32時間だったかな? 
ウロ覚えだけれど そんな記憶があるなあ。

だから食べてすぐにお手洗いに行っても 
それは今のものじゃない・・・って 

何だか夜空の星を眺めて
「今の光じゃない」って言っているのと似てるネ、
なんて 無理にキレイに終らせてみる☆

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

戯言と称して紡ぐ日々が多く、量産しておりまして、
質より量の私なんです(笑)

言葉というものは短くするのが難しいですね
31文字の世界 それ以下の川柳など 色々ありますが
私は自由紡ぎが心地良いです
別名 まとめられないとも呼びます(笑)

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

詩の発表場所あります
自慢の絵・写真を披露したい方にもおすすめ!

ワタクシすずこが編集している手作り詩誌
ポエムサークル「みゅう」

仲間になり購読いただくと
ボツなしで冊子掲載 & CDトーク → 全国郵送★
見本誌もあります。読みたい方も連絡くださいね。

以下に本誌の写真・詳細を紹介していますので
クリックして御覧くださいませませ~☆

ミュウ 223.224号 完成♪ 

すずこのリンクはこちらから

~いつかの すずザレ~ 藤鈴呼の戯言
過去作も織り交ぜてUPしていきます☆

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

ドライブが 大好き
途中で 道に 迷って
適当に 走るのが 私流

彼は 何時も
地図を 眺めて
確認するのが 当たり前

必然的に
アタシは 大きな地図を
お腹に当てて

閉じたり
開いたり

まるで 此の
瞼の よう

時折 面白いコトを 思いついては
くふふ と 笑える 瞬間

彼が ナンバーを 眺めて
語呂合わせを するんだ

お茶目な 台詞に
本気で 笑える 瞬間も 有れば

寒い 親父ギャグ よろしく
閉口して
クール・アイズ 向けるコトも有る

何時だったか 彼が 言った

アナタねぇ そうやって
冷たい視線で 僕を 見るけど
アナタが オヤジ・ギャグが 
好きなように
僕は 語呂合わせが
好きなダケって 話ですからぁ~♪

語呂合わせ・・・ねぇ・・・

その瞬間 思い出した
元素記号 や 歴史年号 は
そうやって 覚えるんだったよな って。

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

くすんだ玉は
決して
くす玉なんかじゃ ないよって
君は 笑う
くすっ と 笑う

もしかして
原石なの? って
私は 問う

・・・原石?
そう。 原石。
ダイヤモンドに なる前の 石は
未だ 輝けないから
くすんで 居るじゃない?

うん。 確かに そうだねぇ
でも くす玉でも 良いんじゃない?

あの 不思議な玉の中には
幾つもの 短冊が
散りばめられて 居るんでしょう?

しかも 其れは
キラキラと
輝いて 居るじゃ ない

中央の 帯には
夢や 希望が 描かれて 居て

おめでとう の 言葉だったり
祝いの文字だったり するから

眺めるだけで
心が あったまるんだよ 

そう 言いながら 歪む 唇が
全然 嫌味じゃあ なくって

また アタシは
くすっ と 笑えて しまったんだ

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

正しいのか と 問われて
間違っているよ と たしなめられる

否定されること は 好まない
そういう意味じゃ マゾじゃない

それでも
何も 言われないよりは マシ

それより
何か 言ってもらえる 相手が 居ないのは
最も 悲しいから

マリー・ローランサン だったかな
美術館で 目が 釘付けになった
忘れられた女の 一節を 思い出した

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

分別の無い 子供だったつもりは 無いのだけれど
あなたは 口を 酸っぱくして 
アタシを 教育する

ゴミは キチンと 分別しなさい
ペットボトルと 燃えるゴミと 瓶・缶 は
一緒くたに するモンじゃ ありません

その上 牛乳パックは カッターで 切り裂いて
中身を洗って 乾かしてから 出せ と ホザク

あの人は 言ってたよ
幾ら エコだ エコだ なんつったって 
そうやって 手ぇ かけたって
再生するのに とんでもなく
銭が かかるんだから

アタシは 聞いたよ
牛乳パックを きちんと洗って 出すよりも
生魚を 切る時に 敷く
まな板 代わりに 使用して
ちゃんと 使ってあげてから
普通のゴミとして 出せば 良いじゃない? って。

似て非なるもの 交わらず
されど 隣の芝生は 青からず
調和と 輪の 境界線が 輪廻?
頭をかしげた 僕を
メビウスの輪が 駆け抜けて行く

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

ガラス玉 と 言う 言葉から
イメージするもの
ビー玉 おはじき 
とにかく キレイな 存在

どこかで 見た
吹き硝子 工房の 風景

トンボ玉
捻じ曲げられた 透明の向こうに
映る 美しいまでの 彩り

硝子は 固い イメージ
少し 柔らかいのが しゃぼん玉

冬 氷点下の 空気に触れたら
奇跡的に 氷るらしい
ある 一定条件下で 美に染まる

特別な 存在

全ての煌きを 乗せたまま
消えないで 
何時までも 楽しませてくれたら
最高なのにね

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°
人気ブログランキングへ
↑ポチッとな~☆↑


天下一品 総本店

Img_2738


Img_2737


Img_2736


少し前に おじゃまっぷでも紹介されていましたね
二回目の上陸でした♪

総本店は京都にあるんですね 

銀閣寺 八坂神社など
地図を見ながら交差点店も告げる旦那の言う通り
四苦八苦して走行 
あ~んど 充血眼で探す私(笑)

一本道をズレたまま 必死に探していた挙句
漸く辿り着いたので喜びも一入

車内での会話

旦那「こっさり、って言ってみようかな~」
・・・?

「こってり」と「あっさり」の中間
ああ~っ。なるほどね

そんな旦那が選んだのは 屋台の味でした
私は勿論 こってり♪
二人とも煮卵トッピング


ラーメン食べたいね

めしのキャノンボール

寄る年波には勝てず、ここ数年来
こってりを食べると胃もたれがする私

空腹時 上のブログを読んだんですよ
たまに眺めている メグさんのサイトです。

あれは朝イチだったな。 で、読んでもたれました(笑)
しかし凄いね! 食欲って素晴らしい♪

読みながら思った
ダイエットしたい人は これ読んで もたれちまえば良いんだ!
あ、でも、逆に触発されたら駄目か~(笑)

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

イルカ
冬の季語なんですよね、大人になってから知りました。

このあたりには 幻魚と書いてゲンゲと呼ぶ 
コラーゲンたっぷりの魚があります

幻と嘆く涙も
ぶるんぷるんのゲンゲに包まれて固まってしまえば
流れずに 済むのでしょうか

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

湯豆腐


冷たい豆腐が鍋の温もりで
中和するような姿を思い出す冬ですね

我家の冷蔵庫には長方形の小さな豆腐が
2パック眠っています

そろそろ消化しないとなぁ~ と 
昨夜の石狩「風」鍋を眺めては呟く夕刻です☆

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

ちょっと塞ぎこんでしまいそうな時に
思い出すのは

眠る場所があって 食べるものがあって 
大切な存在があることは しあわせだ ということです

しあわせって しあわせな瞬間には 
実感しづらいものかも知れないし

失くして気付くものって意外と大きくて
通り過ぎてからでは後の祭りになりかねないけれど

今の私に出来ることは 目の前の人に 精一杯 
伝えたいことを恥ずかしがらずに贈ることなんだな

そんなことを思い出しながら
これからも 進んで行けたら良いな

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

某CMを眺めると 豚肉と白菜を一緒に煮込んで 
ほんだし活用術したくなってしまいます♪

実際は
シャケが残っていたので 石狩「風」鍋に大変身♪

昔は白菜に向かって「お前、水臭いヤツやなぁ~」なんて
呟きたいくらい その ミズクササが苦手だったのですが、

今じゃ 鍋の鉄板素材になっています♪ 
漸く世間に追いついた感!?

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

詩の発表場所あります
自慢の絵・写真を披露したい方にもおすすめ!

ワタクシすずこが編集している手作り詩誌
ポエムサークル「みゅう」

仲間になり購読いただくと
ボツなしで冊子掲載 & CDトーク → 全国郵送★
見本誌もあります。読みたい方も連絡くださいね。

以下に本誌の写真・詳細を紹介していますので
クリックして御覧くださいませませ~☆

ミュウ 223.224号 完成♪ 

すずこのリンクはこちらから

~いつかの すずザレ~ 藤鈴呼の戯言
過去作も織り交ぜてUPしていきます☆

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

そう 我が侭は いつでも得意の競技

あのハードルを 越えられない足の短さを

諦めるのが悔しいから 僕は 走り続けた

闇に犯された 校庭の上 

昼間は あんなに生徒達の笑い声で 溢れていたのに

今では 月の女神が 優しく微笑んで居るだけ

それでも 何にも無いよりはマシだよと

自分自身を 慰める

この月明かりが 失くなってしまえば

本当に僕が たった一人になってしまって

明日の朝日も待てずに

このまま土の中に 

埋もれてしまいそうに なってしまうから。

**************************************

ある程度の秘密を漏らしたその後で

僕の事なんか 忘れて下さいって

こんなに脳裏に 焼き付いてしまった君の事

一体どうやって 忘れろと言うの?

巡り合う時間が無かったならば

初めから 知らなかったならば。

だけど 僕は 知ってしまった

君が 苦しんで しまっていること

そして 僕は 聞いてしまった

君の悲しみの理由を 全て。

放っておくことは 無謀だろう

そりゃあ いつだって 無茶苦茶だけれど

まだ ピリオドを打てない この人生の中で

やっぱり 君の存在を 心から消し去ってしまうだなんて

僕には 出来そうにも 無いんだよxxx

**************************************

おなかが空くという事は

今日も あなたが 生きてきた証拠です

その全てに 感謝をする事

今は 出来ないのかも 知れません けれど

今日 生きてきた 貴方の全ては

例え 貴方が 今日で 死んでしまったとしても

永遠に 消去は されないのですから

やっぱり 出来れば 前向きに。

なんて 他人には 言える事

自分自身に もう一度だけ 

問い掛けてみてる。

**************************************

さて 何を 食べましょう

貴方と 夕食を 共に摂ろうと思って

貴方は 他の人と 食事を済ませてしまっていて

結局 私は

あの時 一人キリで マックのドライブスルーに 駆け込みましたね

とっても悲しかったから

貴方へ向けて 笑顔を作る事が 出来なかった

そう 笑顔っていうものは 

作るものではなくて

自然に 出て来なければ

意味が 無いん だったよね。

**************************************

貴方には 大切な人が

どの位の 人数

存在 しますか?

私には 大切な 人は

たった 一人です。

そう 自分自身です。

私は 自分以外の誰も

愛した事が 有りません。

いつの日だったか 恋人へ向けて

愛してると 告げた事が

あった様に 思います。

あやふやな 記憶ですから

もしかしたら 夢の中での

戯言だったのかも 知れません。

それ程までに ナルシストに固執する

この ボクの 執着心は

例えば 三人で 行動をしようと思って

二人は 余り 乗り気では なさそうで

しかも 初対面で ありますのに

僕が カラオケをしたいがために

無理矢理 カラオケ屋を 探し当てて

道も 良く 解りませんのに

一方通行の路地を 何度も抜けて

グルグルと 頭の中まで ヒートしながらも

やっと 駐車場を 見付けてしまう

執着心にも 似ているのでしょうか。

**************************************
人気ブログランキングへ
↑ポチッとな~☆↑


ぽっと

Img_2867


Img_2868


Img_2869


陽だまりだなんて心地良さも
少なくなって行く季節
黒く映る大木に
ラジウム色の蝶が留まる
わずかに広げた羽根が
首を傾げる仕草にも似て
向こう側を照らす光は
希望と夢を詰め合わせた
少し早めの クリスマスケーキ
朱かった紅葉が
少しずつ黄褐色に変化する頃
思い出したのは 紅茶
突然に 飲みたくなって
ポットの湯を ゆっくりと注ぐ
ほんのりと浮き上がる香りは
愛おしさの シルシなのかもね

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

写真 本日のディナー

ジョージさんのパスタが美味しいの♪

本日のパスタは 酒…もとひ、鮭&白菜でした☆
クリーム風味 やわらかな色合いと味

在職中 お世話になった女性がいらして
和やかな時間を過ごしました☆

ベージュの装い、あたたかそうな雰囲気で
壁際のお菓子を選んでいたところに 我等突入♪

店内はクリスマス・オーナメントに彩られ
心身ともに癒されたのでしタ☆

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

一点もの


パソコンの詩集と聞くと増刷できそうな印象もありますが、
こちらの作品は一点しか残っていない貴重なものなのですね☆ 
そういうのって余計 愛おしくなりますよね。

綴られている言葉、当時の記憶 そのままに 
読み返しながら また新たに紡ぐ作業、
日々の私の作業でもあります☆

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

淡い色が美しく文字を彩る不思議な感覚ですね☆
文字って上手なだけじゃなく
気持ちがこもっているかどうかで伝わり方が変化するから
不思議ですね。

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

広がりのある空を演出するのは雲
一つ一つの流れが急で
視界が追い付かぬ瞬間も
心ばかりはゆっくりと携えて進む

あと一歩で冬景色
その前に 踏み締めた足跡を
刻んでいきたいね

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

詩の発表場所あります
自慢の絵・写真を披露したい方にもおすすめ!

ワタクシすずこが編集している手作り詩誌
ポエムサークル「みゅう」

仲間になり購読いただくと
ボツなしで冊子掲載 & CDトーク → 全国郵送★
見本誌もあります。読みたい方も連絡くださいね。

以下に本誌の写真・詳細を紹介していますので
クリックして御覧くださいませませ~☆

ミュウ 223.224号 完成♪ 

すずこのリンクはこちらから

~いつかの すずザレ~ 藤鈴呼の戯言
過去作も織り交ぜてUPしていきます☆

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

   花  見



未だ 顔を 出さない 花びら
外側の 蕾   少し 嬉しそう

こんな 日は 
冷たい 思いを せずに 済むからネ って

だけど 心は 少し 淋しそう
早く 日の目を 浴びて
鮮やかに 咲き乱れたい と 
懇願すれば こそ

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

朝から 生憎の 雨
フロント硝子に 映る 粒が
少し 霙 混じりの 様だ

未だ 春には 遠い?

そんなに 悲観して
僕の 視界を 
狭め 無いで おくれよ

仲間と 寄り添う ボタン雪には
もう 成れ無い 季節かも 
知れないけれどーさっ


   『 粒へ 寄せて 』

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

二週間ほど 鼻水が 止まらず
とうとう 花粉症 デビューか?!

病院で パッチ テストを 受けた 彼女

結果は 否

めでたい ケド 
喜んで 良い モノか 微妙だ と 言う

「 じゃあ 別の 原因だって コトでしょう?
  そっちの方が 気に 成るヨ!

  それなら いっそ 
  花粉症だ って 診断された 方が マシだ! 」


さも 有りなむ×××

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

何だか 一人で 盛り上がって 居たみたい
大切な 話を して居たら
寒いと 言いながら 布団を 引き寄せ始めたから
ヒーターの向きを 変えて 良いよ と 言った
そうしたら 少しの間でも
話が 出来るのかと 思った

だけど 自分の考えを 告げた時点で
眠りに 入りそうだったから
疲れてるの? と 聞いた
眠い と 一言 言われた
それ以来 会話を して 居ない

一人 盛り上がった アタシの 気持ちは
一体 何処に 行くんだろう
勝手に 盛り上がったんだし
当初の 予定が 
オジャンに なった までの お話
そうなんだね



以前も そんなコトが 有った
大事な 話だと
私ダケが 思う 話題だったのだろうか
二人で 話を するトキは
向かい合って 会話を したいもの

疲れて居るのも とても 良く 解るし
私の 言い分が 強い 内容だったならば
相槌を 打つのも 嫌な 時も 有るだろう
それでも たった 一言で 良い

今 疲れて居るから ごめん 後で

そう たった 一言 言われただけで
取り残された 私の気分は
随分と 違う だろうのに

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

最近 謝れない 人間が
増えて 居る様に 思う

電機メーカーに 
問い合わせの 電話を 掛けた時の こと。

携帯の情報を パソコンに 移すコードを
探して居て
持っている 機種に合う 商品は 有るかと
尋ねたら
置いてある と 回答された

不安になり 後日
二度目の 電話を したら
今度は 置いて無いと 言われた

電話口の 担当者は 違えども
これが もし 電話では無く
私が 店より 遠い場所に 住んで居て
一度目の 有る の 回答を聞いて
店に 赴いた ところで
無い と 言われたら 憤慨するだろう

一度目の 電話では 有ると 言われた
と 告げると
有りません の 一点ばり。

どうして こういう時に
申し訳 ありません の たった 一言が
たった 一言なのに
言えないんだろう と
憤慨を 通り越して 情け無く なった

店の 看板を 背負う 人間が
たった 一人 こんな 対応を する事で
私の その店に 対するイメージは
こんなにも 悪く成るのだし
二度と 使いたく 無い とも 思うし。

しかも 電話口の 対応は
両方とも 横柄で
開いた口が 塞がらなかった

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°
人気ブログランキングへ
↑ポチッとな~☆↑


グラスホッパー

Img_9790


Img_9791


Img_9792


いつものバーのカウンター

そう聞いて 思い浮かべる色は
何時だって ブラックライト

もう呑めなくなった ブラックルシアンと
たまに見かける ホワイトルシアン

見付けたら テンションが上がるバッタ
別名 グラスホッパー

自分で作れば良いじゃないの ミントミルク
いいや まだまだだ

ウイスキーの甘さには 100年早い
ウイスキーコークも10年位 飲んでいない?

唇を潤すのと 肺をゆっくり通過するのは
ちょっとダケ 違うのかい?

猪突猛進
色んな臓器を突き抜けて
酔っ払いの向こう側へと走る

その先には何が見えるか

夕闇
朝焼け
酔いどれの唱

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

グラスホッパー
そんな名の映画が公開されるのは 2015年だそうですね

どおりで知らなかった訳だ
なんて言い訳は 通用しませんな
何てったって ツウじゃあ ありませんから

で、この、「どおり」ですが
漢字にすると「通り」と 変換されます

たまに「どうり」と打つ人がいますが
変換しようとすると「道理」となってしまうが為

ああ、間違ってないんだ、と
誤解の原因にも なってりして?

原因には結果がつきもの

付き物ならば 未だ 可愛らしいが
憑き物に なってしまえば

一目散に 駆け回る 枯葉と おんなど角度で
逃げ回るしか 脳が無いと 揶揄もする

ヤユの次はなんだ「よ」
ナンが食べたくなったとしても

誰も私を責められまい
世間は 朝食タイムだ

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

カクテルの方

グラスホッパーとは、リキュールをベースとする
カクテルである。

新しい作り方によって作られたグラスホッパーは、
ショートドリンク(ショートカクテル)に分類される。

カクテル名のグラスホッパーとは、
「バッタ」または「キリギリス」のこと。

昔と今とでは、作り方が変わったカクテルとして
知られる。

新しい作り方によるグラスポッパーは、
不透明な淡い緑色に仕上げるが、

この緑色は
グリーン・ペパーミント・リキュールの緑色に由来し、
生クリームと混ざることで淡い色彩となる。

なお、カカオ・リキュールは、ホワイト使用しないと、
淡い緑色が綺麗に出ない。

このため、カカオ・リキュールは、
アレクサンダーを作る時などにしばしば使用される
茶色のものではなく、

無色透明のホワイト・カカオ・リキュールが
指定されている。

なお、新旧どちらのグラスポッパーも、基本的には食後酒
(アフター・デイナー・カクテル)に分類され、
その中でもとりわけ代表的なカクテルとされる。

しかし、別に食後に飲まなければならないと
決まっているわけではない。

*

嗚呼、このページの画像を見ると
色の変遷もわかりるわけね。

そうそう、アレキサンダーも大好きなんだよね
思い出した。ヒスイカクテルは6色くらいあったけれど

その中の エクリュが そんな味わいだったわ。
ただ、ベースは新潟酒ですけどネ☆

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

写真 バッタショットを探したんですけどね?
途中で 発掘するのが面倒になりましてん(爆)

10月前半の光景 命名「緑色の虫性質」
かま・きり子ちゃんは 壁にひっついていました

こういう時 ちょっと近付こうとすると
ひいっ! て 後ずさりすることになる

こう レンズを上向きにしてね 近付いたんですよ
こっち 飛んで来るかんね

うわっ! ってなる
それは ヘクサもおんなじ

ヘクサって何かって? かめ・むし子ちゃんのことですよ
この呼び名は ここに来て初めて知りました

子供達がね 茶室縁側に座った瞬間に
「うわっ! ヘクサ!」 とか叫ぶんですよね

喩え どんなに可愛らしいお子ちゃまでも
その一言で 一気に帳消しに。

そんなコトって 在ります。
皆さん 言動には注意しましょう(笑)

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

詩の発表場所あります
自慢の絵・写真を披露したい方にもおすすめ!

ワタクシすずこが編集している手作り詩誌
ポエムサークル「みゅう」

仲間になり購読いただくと
ボツなしで冊子掲載 & CDトーク → 全国郵送★
見本誌もあります。読みたい方も連絡くださいね。

以下に本誌の写真・詳細を紹介していますので
クリックして御覧くださいませませ~☆

ミュウ 223.224号 完成♪ 

すずこのリンクはこちらから

~いつかの すずザレ~ 藤鈴呼の戯言
過去作も織り交ぜてUPしていきます☆

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

彼女と 此の 話題を するのは 二回目だ
夕方に 言われたのは こんな 台詞 だった

「 最近 どうしても 許せ無い 曲が 有る 」

聞けば スマップの 新曲の コトだった
彼等には 合わない 曲だと 私も 思う

聞いて居て バラバラな 感じが するのだ
別の アーティストが 歌えば
しっくり 来るのかも 知れ無い

軽く 練習不足の イメージも 抜け無い
別に 彼等の コトは 
好きでも 嫌いでも 無いが―

翌日の 午後 ラジオで
彼等の 新しい アルバムの 中から
バラード風の 曲が 流れたが
これは 違和感 無かったし
大人の 男性の ハーモニーが
上手く 出た 曲だ と 素直に 聞けた

個々の 音量を 上手く 調節 出来る 
CDだから かも 知れ無い

違和感を 抱いた 新曲は
テレビでの 生声を 聞いたのが 最初だった

そんな 話を しながら
明日は 彼女が 隣県へ 出張なのだと 思い 出した

何時も ベル ・ サッサで 帰る 前に
彼女に 金庫の 鍵を 預けるのだが

もし 明日の 朝から 
彼女が 直行するので 有れば
鍵を 自分で 管理 しなければ 成らない
と 思い 聞いた

「 明日は 一度 来るんですか? 」
どうやら 来る 様だ

そして 時間は 飛ぶ
翌日の 朝の トイレで

「 今日は 昼ご飯を 
  コンビニで 買ってから 行かないと! 」 と 思った

昼は 何時も 
会社の 向かいの店で 寛ぐのが 常だが

誰かが 居ない 日は
電話番の 人数が 減るので
事務所で 食べる様に して 居るのだ

その後で ピカリン♪ と 
脳内電球が 光り 閃いた ☆

名前は ウロ覚えだが 
確か タカ&トシの ネタで 良かった だろうか

昨日の夕方 彼女との 会話が ヒントだ


〓 上司と 部下の 会話 〓


課長 明日 出張前に 一度 出社します?
「 いや 直行するよ 」

ええ~ そうなんですかぁ~
一度 顔 見せて 下さいよ~
「 親戚かっ! 」

かお みせて くださいよ~
「 両親かっ! 」

顔 店で 下さいよ~
「 商品かっ! 」


・・・ コレに 身振り 手振りを 添えて
コントする 姿が
如実に 描き 出されたの ダ☆

最初の
「 顔 見せて 下さい 」 の 時は

「顔」 と 言いながら
相手の 顔を 手で 差し

「見せて」 の 時は
片手を 敬礼風に 添え
相手を 眺める ポーズを する

「店で」 の 時には
店の 形を 両手で 表現する

△の下に □の着いた 
典型的な 家の形を 作るのだ

先ず 三角屋根を 作る
両手の先を 合わせ 「へ」の形に する

直後に 下の □部分の 左右縦線に 添って
両手を 垂直に 降ろし
底辺は 真ん中で 閉じる

そんな イメージが 浮かんだのだが
忘年会の 二人 コントで 
使え 無いだろうか・・・ 

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

立ち 止まりたく なる 瞬間に
本当の 孤独を 
感じて 居たならば

動け 無く 成って しまいそうで

そんな 時
傍に 貴方の 生る 
有難さ 暖かさ 
優しさや 嬉しさを

まとめて 全て
伝えたいのだけれど

何処か 慣れに 甘えて
負の 感情を 
現に して しまう 自分は

未だ 未だ 子供なんだ 
と 振り 返る

貴方が 大変な 時だからこそ
支えられる 存在で 有りたい と
思った 筈 なのに・・・

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・

一つの 方法しか 知らずに
一つの 夢 ダケを 
追い 求めて 行った ならば

何れ 壁に ブチ当たって しまうだろうから
試行錯誤も 良いけれど
思考錯誤も 必要なんだろう

普段の 生活の 中で
色んな シミュレーションを 設定して
妄想する 癖を 
忘れ 無ければ

どんな 状況にも 
対処 出来る 
自分に 成れるんだ ヨ って 

ママンが 教えて 呉れたんだ

唯だ 
気を 付け無くては 成らないのは

想像の 世界が 総て 
と 成らぬ やふに って
唯だ 其れ ダケ×××

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°
人気ブログランキングへ
↑ポチッとな~☆↑



2014年12月 9日 (火)

これがホントの濡れ落ち葉

Img_0717


Img_0718


Img_0723


空の色と地に広がる緑、
人の姿を同じ明るさに収めている一枚、
心惹かれました。

庭園から空を見上げて
雲の素敵さに デジ・カメ子ちゃんを構えること
しばしばありて、

オートモードで挑むだけが日課の 私のこと、
空の色をくっきり入れたら 
地が光で包まれてみたり、逆も然り。
その度 無言の独り言☆

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

ホント 綺麗やわぁ~ 
思わず見とれてしまう瞬間の落ち葉 

濡れ落ち葉って言葉は
良い意味では使われないみたいですが、

苔の上にある紅葉の彩りは
濡れる程に鮮やかさを増すんですよね 

石段の上に貼り付いているのは 
傍目には美しいのですが
歩くと滑って危険です 

特に階段になっている場合は
降りる瞬間 ツルッと滑ると
後頭部を打ち兼ねないので・・・と 
何度かヒヤッとした経験もあるのでした。

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

本物の小判を眺めたことがないので
重さも想像するだけなのですが

重量箱からザラザラと落ちる様は
宛ら宝物感を彷彿とさせているのでしょうか 

いよいよ師走、タイミングを合わせたように
雪予報も出ている新潟、

山側の庭園ではアラレも眺めましたけれども 
何時降っても良いように 
タイヤ交換は済ませましたので 

半分楽しみにしながら待っている感じです。
それにしても糸魚川は アラレが多い気がします。

そして冬のモチーフは 狐のふわっとした尻尾、
このキーホルダーとか良く土産屋で見かけましたけど
必ず触ってしまうのね、

実際に買ったためしはないのだけれど
皆の手垢がついて 
きっとゴワゴワなんだろうなあ(笑)

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

DIYとかいうのですっけね
Do It Yourself の略だと記憶していますが

それを知った瞬間は
ほお! と 目が丸くなりました(笑)

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

詩の発表場所あります
自慢の絵・写真を披露したい方にもおすすめ!

ワタクシすずこが編集している手作り詩誌
ポエムサークル「みゅう」

仲間になり購読いただくと
ボツなしで冊子掲載 & CDトーク → 全国郵送★
見本誌もあります。読みたい方も連絡くださいね。

以下に本誌の写真・詳細を紹介していますので
クリックして御覧くださいませませ~☆

ミュウ 223.224号 完成♪ 

すずこのリンクはこちらから

~いつかの すずザレ~ 藤鈴呼の戯言
過去作も織り交ぜてUPしていきます☆

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

明日は 10度以上 気温が上がるのだと

テレビが 告げたよ


違うんだ

テレビは 喋ったりなんて しないだろう?


そんな 突っ込みならば

幾らでも 入れれるよ


もしも キミが 此処に 居たのなら

楽しい会話が 出来たのかも 知れないのにね

★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

今日は 温かいなって

朝に 思ったんだ


出勤して 給湯室で

掃除の オバチャンに 会った


彼女も そんな台詞に

頷いて 居たよ


今 帰宅して 

夕方のニュースで 知ったんだ


嗚呼 本当に 

最低気温が

高かったんだな って。

★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

キミのように

優しい気持ちを 持ちたくて


愛しい 感情など

何処かに 置き去りに


置き忘れて しまったならば

取りに行けば 良いじゃない?


酔っ払いながら キミが

まるで 何でも無いのよって言う風に

僕に 告げたよ


だけど 僕は 笑えぬまんま

心の 奥から 楽に 成れずに

★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

結婚したんだって

幸せそうな笑顔が

ブラウン管から 流れてる


そうだね 昔は 

思って居たんだ


苗字と 名前を 組み合わせて

ふふふ って 

連想して みたりなんか して。


だけど そういう話じゃ 無かったんだねぇ

相手 次第と 言うものでしょうよ

★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

「 何だか 最近・・・ 」

その後に 続く 言葉は


連想すると 楽しいね

優しい気分が 広がるかもね

★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

もし 僕が

本当に 

もう1度だけ

故意的に

恋と言うもの

出来るのならば

鯉のようにね

泳げるならば


踊って見せるよ

精一杯

笑ってあげるよ

愛しの君へ

★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★
人気ブログランキングへ
↑ポチッとな~☆↑


2014年12月 3日 (水)

まどれ~ぬ

Img_0992


Img_1005


Img_1006


FNS歌謡祭を眺めながら打ち込んでいますが
アップテンポな曲を聴いたり 甘いものを食べたりすると
自然と頬が緩みますよネ☆

緩むのは それだけにして いただきたい
決して ベルトが緩み続けるのは・・・

あ、それじゃ 変質者か(爆)
ベルトの穴は広がり続けるのよね~っ。

あ、脱線しますけどね? 
昨日 テレビを見ていた旦那が
突如 話し掛けて来ましてん。

「----だって、分かった?」
な、ナニガダヨ、聞いてねーよ

ベルトって 痴漢撃退グッズになる、と
紹介していた様子

「覚えとけよ、何かあったらベルトで殴るんぞ?」
と言われたんで、今はムーリーと思った

普段はね、ロッカー風って言うの?
金属めっちゃ入ってるベルトしてるんだけど

最近・・・寒いじゃないの~? 
だけん、端折ってるんですよね

こないだユニクロで 
裏起毛の もっこもこパンツを見つけまして

これだと ヒモがついてるけん
ベルト通しもないし つけられないのよねー♪

旦那はいつも居間の座椅子にドカッと座り
目の前のテレビを眺めているけれど

私は隣室の隅から 居間の端にあるテレビを
眺めてますからね

ちと距離があるし 
何てったって 集中力のない女なんで
いつも「ながら観」が癖でして。

パソコン打ち「ながら」とかね、
そーゆー感じで

あ、これじゃデカダン発想よねぇ~ 
それは発送してまって

集中力云々ってよりも
「時間を無駄にしたくない女」

うん、こっちの方が より格好良ぐね゛?
(勝手にして~ん♪)

今回 初試食と相成ったのが
写真のまどれ~ぬ☆ いただきものです。

私の退職日は先月末で日曜だった。
休日だったのに
わざわざ来て下さったんですよ。

前日 大分迷惑かけたと言うのに・・・
もう感涙です。

でも食べる時は にやけてしまった事を 
どうかお許しください(笑)

シールに描かれている 糸魚川ゆるキャラは
「ぬ~な」と「ジオまる」

ゆるキャラで思い出したけど 
今日「こばやっし~」とか見たゾ。

ふなっし~を若干パクリがちなネーミングですが
小林幸子さんのキャラだそうで。

ふなっし~に直撃した時の第一声が
「色が多すぎて テーマ色が決まらないのでは」
と言う台詞

インタビュアーも
「流石 見方が違いますね~」
と 言うちょりましたが 
ホントそうだよね。

仕事していても 良かれと思う目線で実行した事が
経営側から見るとツッコミ処満載だったりすることって
良くありましたもん。

あーそーゆー目線なのねー と 
遠い目で眺めていたような(笑)

まあ色々な立場で十人十色の企画力を以てしても
盛り上がらん場合もあれど、
発想の転換って大事ですよねー。

ゆるキャラ・・・私が作るなら 
「みゅう」か「すずこ」モチーフになるだろう? と
考えてみた

みゅうたん・・・うーん 可愛らしすぎ?
すずまる・・・うーん 名前勝ち(?)して
丸くなっていきそうだから止めとこう(笑)

*

アメショー風の雑種ちゃん、みゅうと名付けて
半年ほど 岩手時代に飼っていました☆ 

だからかな 何となくアメショーが一番好き。
飼うなら それが良いなぁ~と。

でも旦那はスコティッシュでしたか 
耳たれているんが好き派なんですよねぇ♪

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

カレーはハズレがないと思っていますが
中身やルーをかえると

幾通りもバリエーションがあって
奥深いなあと思います☆

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

詩の発表場所あります
自慢の絵・写真を披露したい方にもおすすめ!

ワタクシすずこが編集している手作り詩誌
ポエムサークル「みゅう」

仲間になり購読いただくと
ボツなしで冊子掲載 & CDトーク → 全国郵送★
見本誌もあります。読みたい方も連絡くださいね。

以下に本誌の写真・詳細を紹介していますので
クリックして御覧くださいませませ~☆

ミュウ 223.224号 完成♪ 

すずこのリンクはこちらから

~いつかの すずザレ~ 藤鈴呼の戯言
過去作も織り交ぜてUPしていきます☆

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

解り切っては 居たけれど

少し ボケてあげた方が 良かっただろうか

速攻で 同じ時間帯を 眠らずに起きている君へと

一つの言葉を 送りつける。

問題ならば もっと 難しく

恋愛ならば もっと 激しく

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:

ここで 明かしてしまっても良いのかな?

キミの想像に 任せるよ

その方が 楽しいんだろう?

まだまだ 機が熟してないからね。

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:

心地良い愛撫って

一体 どういうのだろう

もう 想像だに つかなくて

キミに 身を 任せている

「どうにでもして」 って

恥じらいながら

告げた日も 有ったね

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:

笑いながら 目が 死んでしまっていた日々

怒りながらも キミを 許してしまう 醜い自分も

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:

知らしめられた恐怖に身を焦がすよりも

出来る事ならば 火傷程度で 済ませたいよね

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:

失敗するから人間は

生きていられるのかも 知れない

最高の一言が 出来上がってしまえば

私の生きる術を 失ってしまう事と おんなじで。

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:

絶対と言う言葉は無いけれど

キミには 三年後と告げた

その三年の時間の経過は

思ったよりも 永いのかも知れない

永遠と言う時間の中で

キミから 与えられた事が 多すぎて

目を覆いたくなってしまう事実も

身の焦がされる程の 愛しい時間も

終焉のチャイムを 待ってゆく

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:
人気ブログランキングへ
↑ポチッとな~☆↑


あれよぶす

Img_1022


Img_1023


Img_1024


12月に入り 来年のカレンダーに目が行く人も
多くなって来たのではないでしょうか。

カレンダーってアレですよね 
どの企業のものを使っているかで

愛用の金融機関や保険会社、
家族の職種、取引先なんかを
容易に想像できちゃう。
それでも私も「用意」しますけど、何か??

え゛? 穿った見方ですか?
そんな責めずに「味方」して下さいよ、なんつって。

個人情報ダダ漏れだよなーって毎度 思うんですよね。
ここまで二箇所「韻」踏みましたんで
ヨロシクね(ナニ)

今使っている卓上カレンダーは
本屋でゲットしたモノ。

来年のもちゃあんと用意してまっせ。
ダイソー製☆

で、卓上は先月迄 シフト表記用に
大活躍してました。

勤務如何で
自分なりにマークを決めましてん。

一つは「ヒ」
一つは「玉」
ミーティングが「ミ」
ブログ当番の時は「ブ」
スライド勤務は「ス」

・・・アレ?って
気付いたんですよね。

ブログ当番 且つ スライド勤務の日のメモを見ると
見事に「ブス」じゃん⊆|∵|⊇

ブログ且つ「ヒ」の時なんて
「ブヒッ」って豚が浮かぶ始末(笑)

まあ マイブームの「ぶたたん」は健在ですから
個人的にはニンマリ状態なんですけどねっ♪

惜しいなぁ・・・
何かのマークで「デ」があったならば
「ひでぶ」とかの日も在ったんだろうに・・・(違)

ミーティング&スライドは「ミス」かぁ…
まあ私に相応しいなんて からかわれそうだなぁ(爆)

いや、そっちの変換が真っ先に来るって 
どうかしてるぜ!
なんて自己ツッコミは事故になりかねない!?

まあ半笑いで吹き出しそうになりながら
「今日はブスかぁ~」とか言って
出勤してたって言うね

今日「は」ですよ? これ毎日ブスだと困るわよね
何がって「心は清く美しく!」がモットーですわ
(ホントか!?)

あとはですねー みゅう発送に関する一覧表ですよ。
毎回エクセル管理しているんですけどね

縦にメンバー名をズラッと並べて
横にみゅう号数をズラッと並べて 
マス目に記号を入れる。

発送済の過去号は「*緑」
先払状態の時は「*桃色」
最新号の発送済は「黒棒線」

ここにですね、みゅう本体は発送していないけれど
完成告知をした場合は「アレ」と入れます。

「アレ」ってのはメンバーカードと同じなんですが
受賞者、人気投票者に送られる「虹の欠片」
別名プラバンのことです

この記載するのは 郵送告知の場合です。
とりあえず完成したらメールできるメンバー全員に
メール告知するんですが

その時に「購読予約」の返信メールを受ける場合が
あるんですね
この場合は「ヨ」

郵送後に予約メールを受けると
「アレヨ」となるんですよねー

そんな訳で
あれよ あれよ と きゃ・のん子ちゃんと格闘し
製本するんです♪

読みたい方は 連絡ちょんまげ~っ(死語)
問合メールも随時お待ちしています~。

とか書いておきながら ちょっと不在にしますので
返信は時間が掛かりますが よしなに~⊆|∵|⊇

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

写真 石狩風鍋 その後の風景
遠目に眺めると 牛蒡に見えなくもない(?)が

具は 白菜 人参 大根 シャケ
シンプル イズ ザ ベスト☆

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

詩の発表場所あります
自慢の絵・写真を披露したい方にもおすすめ!

ワタクシすずこが編集している手作り詩誌
ポエムサークル「みゅう」

仲間になり購読いただくと
ボツなしで冊子掲載 & CDトーク → 全国郵送★
見本誌もあります。読みたい方も連絡くださいね。

以下に本誌の写真・詳細を紹介していますので
クリックして御覧くださいませませ~☆

ミュウ 223.224号 完成♪ 

すずこのリンクはこちらから

~いつかの すずザレ~ 藤鈴呼の戯言
過去作も織り交ぜてUPしていきます☆

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

本当は 伝えたい事が 山程 有る

そんな 瞬間だけに 

必死で 呼吸して

新しい 空気など 

もう 入らない

開かずの 窓も クーラー 風で 

胡麻化しながら

一度で良いから 風の 向日へ

水平線の 夢の 彼方へ



重たい 話題を 心底から 受け止めるには

自らが 空気のココロで 無ければ イケナイ

空虚に 冷たい 氷 でも 無く

空洞 詰めたし 重み でも 無く



その 素性が 、

    要素が 、

    企みが 、

全て 、 企てられたし 

我の 明日 をも

創造 ・ 連想 させて 行くから

★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

● 記念日に 寄せて ●

名月の如く 照らされた 

素敵な 産まれ日和と 成ってますか 


こちらは 

ススキも 団子も 無い代わりに 

上手く  組み立てられぬ 

目の前の 棚用 板 の 散らばる様を 

醒め覚め と 

冷め 鮫 と 

苛立ちの 募る 夜です 


不思議な 世の中ですが 

お互い 生き延びましょう

°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

ようやっと 棚の 枠組み

( 左右の 壁と 底だけなので 

  何とも ならない 状態 ) が完成 (笑)


私の方は

何か 訳の 分からない 自炊して

食べて 寝てた様な。。。


取り立てて 何も 無く 、

会社の人は 知らないので

直接 おめでとう を 聞いたのは

母親の 声 , と 

アパートに 届いた 

父親 の 手紙 (笑)

★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

打つのは 確かに

早いのかも 知れない 


気ならば 今は

短いの かも 知れない 


だけれども 

現時点 では プリンタ を 

ぶっ壊す 極限まで は 来て 居ないから 

何とか 敬老の日 を 目の前に 

永い目で 人生を 

見れるように なったのかも 

知れないんだよ。。。


★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

今 パパに 頼まれた 書類を 

プリンタしよう と していた ところだったんだ 


珍しく 部屋に 

縦長 の 多目的棚 と 

パソコン デスク まで 設置する 程 

「 整理 」 に 凝って しまってちゃって 

「 生理 」 も つつがなく 訪れて 居て 

僕は さながら 

「 三連休は 一歩も 外出 しないぞ! 」 状態?!


しかぁし 

修理に 出すことに なれば 

時間が 掛かるし 

金は 掛かるし 

散々なんだよぉ。。。

★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★
人気ブログランキングへ
↑ポチッとな~☆↑


2014年12月 2日 (火)

石狩風鍋

Img_1007


Img_1010


Img_1019


まあ「いしかりなべ」では ないですからね
あくまでも石狩「風」鍋ですから 
以後 お見知りおきを(ナニ)

メグさんの日記
を読んでいたら 何だったっけかな、
石狩の走る弾丸だったかな

めっちゃウロ覚えだからテキトーだな、
もっと違う表現だったよな

うーん 思い出せないな、
間違って海馬ごと煮込んじゃったのかな

そんな筈ないよな
ってことで 

メグさんには 
そんな風な呼び名もあったそうですが

適当な鍋を 石狩鍋とかって嘯くと 
メグさんのトラックに惹かれちゃうヨ♪

え゛、何か変ですか? 漢字が変ですか? 
そーですか

ってことで 最近は 良く眺めて居る
楽しいブログです

後半の物言いは 少し前の ルカさん
のブログ記事から パクッております

何だろうか 最近良く 言われるのよね
「次、北海道なんでしょ?」 っつって。

行けたら良いけど今はやだ(笑)
あーでもスキーするなら今だよなー

と その地であれば 旦那は仕事上
今同様 大変になりそうなんですが
付属品の私は 観光気分マンマンなんで(笑)

引っ越しは春になる! その地は~云々
と勝手に思っていますが

妄想は自由ですもんねー(棒)
なモンで 個人的に上記お二人ブログを見る回数が
増えてくるにつれ 

親近感わっくわくな日々を
過ごしております

まあ ホッカイドーハデッカイドーは
私の周囲の皆さんのモーソーなんで
さて どうなりますか♪

今回の写真はですね、
私の退職日に旦那が作ってくれた
えびカレー 二日目です

二日目はね ちと 味わいが変化しました
シーフード系 カレーは作ったことがない気がするが

アレかね? 
すっげー美味しい甲殻類をムシャムシャ食べて
翌日がゴミの日でなかったら 悲しくなるような気分と
似ているのかね

一般的に カレーや煮物は
二日目の方が♪うんまい♪と思い込んでいたんだが
そうでもないんですねー

シャケと野菜をぶっこんだのが
石狩風鍋でござんす。

先日 ドリア風レシピを伝授されましてね?
味噌汁の残りに牛乳と冷や飯を入れてチーズぱらり
そんな感じで実践してみたとですよ

ただ、ちょっと 洗濯物を干しながらトライしてたら
やべー ちょっと豆乳を彷彿とさせてやがるっ

私、豆乳にはトラウマがありまして。

ヤクルトで豆乳ドリンクあったけど
シンプルなのは飲んだことがないなあ~って頃の話

祖母が入院中、見舞い先で
パック豆乳もらったのね。

「おばあちゃんは自由に飲めないから
すずちゃんに あげるよ。 豆乳って知ってる?
脱脂粉乳みたいな味なんだけどね
嫌いだったら残して良いからね」

って その場で飲んで うげってなった
真夏だったかんね 冷蔵庫に入ってなかったし

でもって 引き攣った笑顔を隠しながら退室(笑)
以来 どうも豆乳って受け付けんのですわ

とか言いながら 
いやよいやよもすきのうち なんつってね

鍋の素を「つい」衝動買いしてさ
ごま豆乳味とか そーゆーヤツ。

毎回 後悔すんのな(爆)
ついに 旦那にも言われてしまいましたのよ
豆乳系は一切 買うな!

はあ。
美味しい豆乳は イケルんだと思うんだがなー
何か食わず嫌い感アリアリで 悔しいよね(違)

昔っから 栄養があると言えども
牛乳あたためた時の膜は好きになれんかったし
でも湯葉は好きなんだけど(めんどくせー)

素材について詳しくは知らないが
だいたい似たようなもんでしょ? え? 違う?

まあ 姿変われば気に喰わないとか 良くあるよね
旦那は固形チーズがダメだが
ピザとかの とろけるチーズならオッケーだし

人もそうかね?
今日のお前は大っ嫌いだ! っつって喧嘩したとしてもさ
仲直りすりゃあ 良いんだよ
そうすれば みんな平和だよね きっと

え゛? モーソーですか?
そーですか。

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

詩の発表場所あります
自慢の絵・写真を披露したい方にもおすすめ!

ワタクシすずこが編集している手作り詩誌
ポエムサークル「みゅう」

仲間になり購読いただくと
ボツなしで冊子掲載 & CDトーク → 全国郵送★
見本誌もあります。読みたい方も連絡くださいね。

以下に本誌の写真・詳細を紹介していますので
クリックして御覧くださいませませ~☆

ミュウ 223.224号 完成♪ 

すずこのリンクはこちらから

~いつかの すずザレ~ 藤鈴呼の戯言
過去作も織り交ぜてUPしていきます☆

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

ある日 バイト仲間の彼女が
時間ギリギリで いざ出陣!って時に

あ゛あ゛っ\(◎o◎)/!って叫ぶから
どうしたのかと 一同 彼女を眺めたら

メガネが 真っ二つに Σ( ̄□ ̄)!

--□-  -□--

もう こんな 状態でつよ!!
真ん中が折れるって
有り得なぐね゛?” って 大爆笑後

いやいや、笑ってる場合じゃない!と
瞬間接着剤で 凌いで居る姿を見て
明日は我が身 (ゾゾーッ) 。。。

てか アタシの場合は
これから 多感な時期に-- もとひ
多汗な時期に突入するから
これ以上 ズリ落ちないやふに
( ̄o ̄")δ

まぁ 年中 新陳代謝が激しいのか
汗っかきなんだよねぇ~。

昔は 自分が 汗っかきだって
思ってもみなかったんだがねぇ。。

あたしの現在の視力は 
どのくらいだったかなぁ。。。

両方乱視ってのは分かってるけど・・・
プールではかろうじて外していて
今日も 1キロ泳いで 時間みて
だいたい 35分経過-- みたいな。

ここ 重要でね。
てか""" 今日!!!

何か じじぃに胸 つかまれたんだけど!!

>-●  ○-<

まぁ こんな風に泳いでて
出会いがしらに。。。ね?

って この図で 通じるのか?!

んで、お互い 下ばっか向いて
泳いでっから

♪頭と~頭が~ こっつんこ☆
とか言うことも しばしばなんだけどねぇ

今回は 相手の伸ばした腕が
丁度良い処に フィットしたらしく

---はぁ こないだ
乳搾り(マンモ) やったばっかで
また つかまれんのかよぉ""

みたいなぁ。
まぁ今回も 去年と 余り変わらず
5×7×4ミリの 良性ちゃんと
幾つかの ヨーヨーが。

ヨーヨー。って スケバン刑事じゃあ
あーりませんことよぉ。

要するに 袋に水が溜まったものが
幾つか 浮遊してるイメージで
シストとか 呼ばれるモノらしひ。

余り大きくなり過ぎたら
中の水を抜くことも有るらしいけど

特段 悪さをするモンでもないので
放置プレイかと。

てか!!!
今春からでしたっけ?
診断報酬代が上がったとか?

行った病院では 初診料が3150円!!
何もしてないのに これだけ取られるのねぇ。。

アタシがヨボヨボになった頃は
どんだけ跳ね上がっていることやら
今から恐ろしいわぁ~

(既に ヨボヨボやん、とか 言わないで♪)

支払いも エコにして欲しいモンだわ
(意味不明)

エコと言えば 
雨の夜 駅から旦那を乗せて帰宅する時
会話してたんだけどね

ハイブリッドカーが多くなってきて
音がしない車も出てるけど

あれって逆に 危ないよね、って話。
目で判断出来ないから
耳で車が来たと判断していた人にとっては
音がしないことで 事故にも繋がるだろうし。

今は アイポッド聞いてる人も多いしね
緊急車両も通せないじゃんね、

だから あえて低音を出すように工夫する
というような意見もあるんだってね

それに対して反対する人も居るらしく。
折角の技術を退行させる必要はない、と。

うーん。難しい問題ですな、と
雨の交差点で 無謀な横断をする人を見た後での
会話でつた。

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

さっき チーズカレーヌードル 
はじめて 食べたんだけど
微妙に まずかった。

やっぱり シーフードヌードルよねぇ~
ってか この時期のカップラってば 汗だくー

もう今日は 20度くらい あったもん。
でも昨日は 最高で 6度とかって 
おかしすぎるよねー。

新入社員が頑張って行く この時期。

あたしがヌードラー
(そんな言葉ないってば)になっている理由は

今日 新人歓迎会で
飲み会だと聞いたんで
楽してるっていう。

先日の土曜日は 来春採用の
面接試験管 やったみたいだし
何だか 休み ないよねー。

新人が入ればまた次の採用。。って
当たり前なんだけど

何だか 忌まわしき ノルマ生活を
思い出して しまう
(連想しすぎ)

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

初恋の イメージって どうだろう

甘酸っぱいって 言う人も 多いだろうか
それならば イチゴか

思い出すと 胸が キュンって
きゅん って 言うのは
女子特有の 表現なのかなぁ。。

でも 昨日の 夜のいいとも では
きゅん とする瞬間 として
男子からも アンケート取ってたなぁ。。

笑っていいとも の 夜バージョンで
今クールの ドラマ出演者 出しまくって
トークだけで 数時間 生放送してたけど

良く 時間持ったよね~ とか思いながら
気づいたら ガン見している自分に気付く。

三夜連続で 三谷幸喜ドラマ
わが家の歴史 も 見倒してしまったな。

通常のドラマって 一週間待ちだけど
週末で 連続でされると
外出も渋りながら 見てしまう・・・と。

まぁ 外出。。したんだけど、ね。
調子が悪かったパソコン 

修理にしようか 迷いながら 電機店に行き
結局 旦那が購入しましたとサ。

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°
人気ブログランキングへ
↑ポチッとな~☆↑


2014年12月 1日 (月)

コルクのときめき

Img_0872


Img_0823


Img_0824


温もりを下さい
体内に流れる血を感じたくて
赤ワインを空ける
表面張力の隙間から
記憶達が零れ始めて
切ない

カーテンを開けたら
レースの向こうに
やわらかな日差しが広がる
そんな連想とともに
微笑 称えた

揺れるブランコは
いつまでも一人風
仲良く伝わる 横向きの丸太を
切ってしまったら
シーソーみたいに
二人いないと 楽しめないなどと
決め付けないで

ロゼ 夕闇を迎える少し前
虚ろな気分で飲み干す味に似て
嗚呼 その為に
存在するかのような
潮騒が 遠く 浅く
揺れた

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

写真解説 ときめきの光景

晩秋の不動滝と私・・・の方に
ときめいて欲しいモンだが

旦那が色めき立つのは
滝を見つけた瞬間なんだな(笑)

あのヒト ドライブ途中に水モノ見つけっと
奇声あげっからよ☆

んでもって このヒト(私)は 
サンズイのモノを見かけっと
ニヤニヤするんや

え゛? サンズイのモノって言うのはですね、
父の表現でして
酒のコトだわっはっは。
(シラフですよって念のため)

私がときめく光景はですね、高速の柱に絡まる蔦
ツタ系が大好きなのよね 

この時期は紅葉しちょん
色付いた姿も可愛らしいっ♪ ゾクゾクするわ。

あとは海沿いの景色も良いよね
もう すっかり慣れちまって

「海までドライブするぞ~☆」
って言いたい気持ちもなくなったけど 
(昔は良く言ってた台詞)

だが 近いからと言って 
いつも見ているとも限らんところが
不思議なんだよねー(遠い目)

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

詩の発表場所あります
自慢の絵・写真を披露したい方にもおすすめ!

ワタクシすずこが編集している手作り詩誌
ポエムサークル「みゅう」

仲間になり購読いただくと
ボツなしで冊子掲載 & CDトーク → 全国郵送★
見本誌もあります。読みたい方も連絡くださいね。

以下に本誌の写真・詳細を紹介していますので
クリックして御覧くださいませませ~☆

ミュウ 223.224号 完成♪ 

すずこのリンクはこちらから

~いつかの すずザレ~ 藤鈴呼の戯言
過去作も織り交ぜてUPしていきます☆

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

一ヶ月に 一度
本社の人間達が 監査に訪れる

あの日は 午後になって
イキナリ 彼女が 言ったんだ

社長が 来るんだって
ちょっと トイレ キレイにして来てくれない?

他人を 見るならば 足元
店を 見るならば トイレ

しもじものものたちは よねんがない
きれいに ぴかぴかに みがきあげて
ほら 完成

それで 一生懸命 
デッキブラシ ゴシゴシ

男子トイレから 出た瞬間
大きな声が 響いた

おはよう!

瞬時に 
いらっしゃいませ♪ と 応えたボクだけど
あれが 社長 だったんだろうか・・・

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

パソコンの画面と 目の高さは
同じ位置に有るのが 理想だとか。

ワープロ教室に 通い始めた頃に 
そんなコトを 覚えた

キーを見ずに タイピングするコトを 
ブラインドタッチと 呼ぶのだとか

私の知らない世界の用語が
沢山 散りばめられて居て

一つ 覚える度に 
何となく 賢くなった 気がしたモンさ

自分しか知らない 言葉ばかりを 連ねるのは
意味が無いと 分かって居て

少し 上級の自分に 
成りたい 慣れたい自分を 演じて見れば

当たり前に 相手が理解してくれるとも
限らないから

鍵盤の上限は ドの音なのか ドの音なのかが
分からない

半音が 黒い理由や
シャープの隙間に 彩られた音が 分からない

コキコキ鳴る 理由が 分からない 
此れは 肩の話だ

四十肩には 未だ早いだろうと 思いながらも
始終肩に 悩まされそうな現状には
辟易してしまうから

コーヒーが 落ちる間に
少し 腕を 回して見たよ
目を回して 倒れこんでしまう 一歩 手前でね

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

朝から キレイな花びらに 癒される日々だから
何となく 早起きをして しまうのでしょうか

いえ 違います
理由は 至極 簡単で
今日は ゴミの日なのです

そんな言い訳を 思いついて居ると

テレビの向こうで 
お天気キャスターが 告げました

今日は 曇り空で 
夕方から 雨が降る場所も 有るでしょう

嗚呼 折角の 早起きが 台無しに なっちゃった 

少しだけ 不貞寝気味

でも 今 起きたばかりだから
又 布団に入る訳には いかないわ

だって 折角 干したんだもの
せめて 午前中は 
太陽と 会話させて あげましょうね

だって 今日は あなたが 帰って来るから
一週間ぶりに ふかふかの夢を 
見せて あげないと♪

窓から 外を 眺めたら 
小学生が 通学途中

行き交うのは ゴミ袋を持つ 
近所の おじさん

にこやかに笑う おばさまの 心の中は 複雑で
チリトリの中に 隠し持っているのは 闇か 正義か

ブタの 貯金箱ダケが 知っている
キョロンとした 目の奥に 
大切な 思いだけを 飼っている

視線を落とせば もう 赤くしぼんだ 
朝顔が 眠ってる

まだ 起きている 青色の花びらも 
元気なく しおれそうな刻

っと カーテンを閉めて 
明かりをつけて しまおうか
ボクは 本気で 迷っている

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

あさがおに いやされてますよぉ。
今年は お隣の庭から 遠征してきたみたいで
首を伸ばして 覗きこまなくっても 見れるのが 
ラッキーポイントなの★

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

沢山の名前を 使い分ける楽しさ
今日は どの衣装を 纏おうか
そんな 気分に 似ている

本当は 裸の自分で 居られるのが
一番だろうに
そう 思いながら 
矛盾を 感じる 瞬間が 有るね

じゃあ 裸で 歩けますか?
答えは 否

法に 触れるから とか
寒いから とか
恥ずかしいから とか
言い訳を 考えるけれど
どれも 違う 気がしてる

素のままの 自分 と 言いながら
何処か
オブラートのかかった世界を
見詰めてる

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

値札って 剥がれ難い イメージが ある
中古商品を 販売する際に 頼まれた

包んでください
良く 耳にする 言葉だ

どんな状況で 耳に するかってぇと
誰かが 告げている 状況では なく

贈り物として 買う場合に
店員さんに 言う 
自分の 声だ

今回は ゲームソフト 販売時に
お客様から 言われた

生憎 プレゼント用の 包装は 行っておらず
適当な袋が 見当たらない

唯一 有る袋は 
閉じる部分に リボンが埋め込まれていて

リボンを結んで 閉じれるタイプの
紙のような 布のような 袋だったのだが

ソフトが 大きすぎて 入らない
Σ( ̄□ ̄)!

値札シールも 剥がす必要が 有る
自分で 加工する時に やり直したりして
簡単に 剥がせること 体験してたのに

会話の中で テンパっちゃって
もしかしたらキレイに剥がせないかも 云々
と 告げた

曰く
ドライヤーあれば 大丈夫でしょ?

ど・・ ドライヤー・・ 
店内に 無いでしょ。。。//δ⌒▽⌒//

恐る恐る 剥がして
キレイに ペリっと 剥がれて
気分爽快 (*⌒▽⌒*)

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

ブラインドタッチを 覚えるのは
しょっぱなに 限る
私の場合は ワープロ教室で 実践した

今日び、わーぷろて!!!
なんて 思わないで 欲しい
当時 30万円も したんだ

おじいちゃんが 援助してくれて
買って もらえたんだ

今や 液晶タイプが 多いけど
昔のテレビみたいに 
奥行きが すんごく有るから

ワープロ用のデスクを 購入したけれど
本体を でんっ♪ と 置くと
手前に 何にも おけなくなって
しまうような(笑)

先日 パソコンで 
メール文書を タイピングしながら
彼女が 呟いた

あ~もう 今日は 色々と
打ち込むことが 多くって
KEYの場所も 何となく 覚えたけれども

もともと 見ないで打つのが 出来ないから
こう 量が多いと 疲れるんだよねぇ~。

レジ業務をしていた 私は 咄嗟に
タイピングなら得意ですから 代わりましょうか
と 提案したくなったのだが

そう言えば 腱鞘炎だった
って言う前に このパソコン 

ローマ字入力から
動かしては イケナイんだから 

私が打ち込んでも
そんなに早くは ならないってば・・・
と 自爆したまま 

喉元まで出た台詞を
引っ込めたんだ---- (┬__┬)

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

ブラインドタッチに 慣れるため
アーティスト入力をするって 上手い練習方法だよねぇ、
綴りも両方 覚えられるっていう♪
アタシの場合だけ?
うーん 洋楽に疎いからなぁ。。
ならば 邦楽は得意なの? なんて 聞かないでね♪

腱鞘炎、固定したけりゃ ギブスしろ(┬__┬)

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

看板を掲げたら
嗚呼 そうなんだって

言葉一つから
妄想が広がり

偏見が生まれる
偏見は育つ
偏見は広がる

広める口が有る
聞く耳を持つ
誰かが居る

襖の穴なんて関係ないと
ブラインド越しに
呟いたところで
意味が無いから

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°
人気ブログランキングへ
↑ポチッとな~☆↑


一足お先に卒業式

Img_0764


Img_0765

朝から天気が悪い今日、
時間が過ぎる毎に風雨が酷くなってきて、
ちょっと地が揺れている!?なんて錯覚を持ちつつ
部屋にベッタリ座っている(笑)

昨日付で退職をしたので
午前中は挨拶周りをして 少し買い出し、
帰り際には雨粒が大きくなってきて
ヤバイ!と帰宅

丁度 更新時期を迎えていたのだけれど 
次回の更新まで転勤にならないとは限らない、

いや、多分 恐らく パー八ップス
春まではこの地に在住予定だけれども
引っ越し準備なんかもあるし、の退職なのでした。

しかし最後の最後に
イベントチケットの日付を間違えてしまったことと
翌日は過不足と、ご迷惑をかけてしまいました。

終わりの挨拶をしながらも
気分良くスカッと笑えていないような気がしましたが
これは自業自得

終わり良ければ全て良し、立つ鳥跡を濁さず
なんて言葉があるけれども 
ラストって大事だよねと改めて実感しました。

その関係で挨拶した翌朝も
元職場をウロウロしてしまう始末。

環境が変わるには 雇用の書類一枚なんだなぁと
妙に実感してしまったのは 
昨夜と今朝で職場に入る時の自分の中での
空気感の違いでした。

昨夜まではスタッフ、
今朝からは何処かしら外部の人間なんだなあ~と
感じたりして、

そんな朝に限って 北風ピューピュー吹いて
木々や小枝が揺れているのが 
少し寂しげでしたけれど、

まだ近くにいる限り、顔出しなんかは出来るから 
まだまだ実感的には 少ないのかも知れないけれど。

昨日の夕方までは 全く実感がなくて。
今朝になっても ウロついていたせいも
あるのだろうけど、

何処かしら緊張感が続いていたような
不思議な感覚でした。

こうして一つずつの職場から卒業して
次の地へ踏み出す、
先ずはその一歩の一日だったのでした。

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

詩の発表場所あります
自慢の絵・写真を披露したい方にもおすすめ!

ワタクシすずこが編集している手作り詩誌
ポエムサークル「みゅう」

仲間になり購読いただくと
ボツなしで冊子掲載 & CDトーク → 全国郵送★
見本誌もあります。読みたい方も連絡くださいね。

以下に本誌の写真・詳細を紹介していますので
クリックして御覧くださいませませ~☆

ミュウ 223.224号 完成♪ 

すずこのリンクはこちらから

~いつかの すずザレ~ 藤鈴呼の戯言
過去作も織り交ぜてUPしていきます☆

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

編集後記を残したままで 魅由宇を放置しながら
何時もの如く 数日が 経過した気がする 今日この頃
如何 お過ごしでしょうか。。。爆

久々の雪掻きに 腰を軽く痛めつつ有り・・・
只今 真夜中と云うのに 何やら音がしてるのは
グレーダーなのかも 知れませんな。。。

願わくば 明朝 もう一度 スコップを握るなどという
悲劇を受けんコトばかりを 祈りつつ
眠りたいと 思いながら

久々に 戯言を整理したので 添付してから 眠りますxxx

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

うどんより 太く成るのが 宿命か
 腕に スコップ  雪掻き戦争


・・・彼が食べた うどんに掛けての 短歌遊び・・・



もともと 太いケドさ うどんより×××

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

もう 大変です

朝は グレーダーの 残した
真夜中の
欲しくも無い プレゼントが
のっこり×××

駐車場から 道に 出たくても 無理で
デカイ 氷を よっこらしょ 状態

渋滞も 気に成るので
出口 3分の1のみ 片して 出動

会社でも 掻き 一度 終わるが
入れぬ車に 加勢

もう 手も 腰も グタグタ

帰るのが 嫌だ
気温 上がって
道は ドロドロだし×××

家も 会社も 手伝わぬ 輩が
多過ぎる×××

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

輝き始めた 星の欠片が
一つずつ 瞬いて 居る

幾つモノ 小さな 煌きが
寄り添い 星座を 創り出す

本当は 離れて 居るのに
瞳の 中では 一緒なんだ

写真の フレームの 様だね
どんなに 大きな 世界でも
一つの 枠に 収まるんだ

そうしてみると. 
こんなに 小さな 紙切れを
抱きしめたく なって しまうよ

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

何となく 生かされて 居るんだなぁ
そう 感じられるのは
自分が 健康で 有る 時

のほほんと 空を 眺めて
一服なんて して居られぬ 状況に 
出逢う 冬の 雪掻き

思わず キレそうにも 成るけれども
我慢して 生きよう

此処に 僕の 魂が 浮遊して居て
未だ 浮かんで無いのは
とても とても 
倖せな コトだからーー

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

太古の 昔より
尊敬される 人物像に
共通している 面は
どんな 処 なのだろう

憧れの 存在と
認めた 人間に 対して
敬語を 遣う

嫌味と してでは 無く
本当の 謙譲語だ
真実の 丁寧語だ

尊敬語も 乱れて居る
ラジオを 聞いて居て
二重敬語に 気付いた 夕刻

思わず 突っ込みを 入れたくても
電波の 外まで 届かない

思えば 電波と云うモノは
とても 不思議だ

建物に 挟まれた 区間では
空気が 歪むのか
一瞬 聞こえ辛くも 成る

今朝の 国道での
一こまだ

ある時 女性パーソナリティーが
ある 悩み相談の 投稿に対して
パクリコメントを して居た

こういう時
私は 上手い言葉を 
思い付かないのですが
ある時 ○○さんが
こんな風な コメントを してました

そして その コメントを 発表

私は この 台詞が
とても 上手いなぁ と
思いました

そんな 台詞だった

おのれは ラジオで
読書感想文状態やんかーー

なんて
再度 突っ込みたく成る気持ちを
抑えた 帰り道で 有ったxxx

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°
人気ブログランキングへ
↑ポチッとな~☆↑



おしどりミルクケーキ

Img_0768


Img_0767


Img_0766

色んな味があれど、オーソドックスなのは黄色の袋よん♪
これ、スーパーで見かけて、みゅうに同封できるんじゃね?
と試しに購入

そのまま職場に持っていったら 
普段 甘い物を余り食べないと言う年上男性にも
好評でした

最初、しかめっ面をされていた件の男性も 
食べた瞬間
「あ、意外とおいしいね。ごめん」って(笑)

私も ここまで人気が出るとは思わなんだ
(失礼)

で、大人買いして 一部は
最新号みゅうと一緒に発送~。

期限は結構長そうな勢いなんで 
次号をとっとと作れば
味違いで皆様にお届けできるカモ~って位に
大人買い☆

皆様への挨拶方々 机の隅に置いて来たのでした♪
カルシウム入りだしね、意外と固いんだよ、コレ。

これでイライラした時 「くそっ!」とか言いながら
皆でかじれば良いんだわ、だって(笑)

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

家出


甘えた時代に
少し 気に喰わないことがあって
一度 飛び出す玄関と
覚悟の上での旅立ちは
随分と 意味合いが 違うね

門出の言葉を思い起こせば
何時の日も 正月飾りが浮かぶけれど
約束された未来など 何もないこと
部屋の隅では飽き足らなくて
押入れの隅で 蹲るのか
街角で吠えるのか
新たな住処を探すのかによっても
代わって来るから

変えられる人生と
還られぬ想い
植えつけた種が 幾歳を経て
大木に育ったとて
花は咲くまい

ひらり
舞い落ちた胡蝶蘭は
とても優雅で
一枚だけ 置き去りにされた鉢の上
少し 涙の染みを残して
彷徨っている

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

詩の発表場所あります
自慢の絵・写真を披露したい方にもおすすめ!

ワタクシすずこが編集している手作り詩誌
ポエムサークル「みゅう」

仲間になり購読いただくと
ボツなしで冊子掲載 & CDトーク → 全国郵送★
見本誌もあります。読みたい方も連絡くださいね。

以下に本誌の写真・詳細を紹介していますので
クリックして御覧くださいませませ~☆

ミュウ 223.224号 完成♪ 

すずこのリンクはこちらから

~いつかの すずザレ~ 藤鈴呼の戯言
過去作も織り交ぜてUPしていきます☆

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

相手が 困ってる風な 表情を 浮かべる
とても へヴィーな 過去の 話に
笑顔は
不釣合い だったでしょうか

そんな 事実は 解り切って居て
其れでも 空ろな 瞳を
振り切るのは

此の 上向きに 歪む
唇 ばかりで

☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

泳ぎながら
素敵な波を 待ち焦がれ
優しい風に
飛び乗ってみる

『 鯉 』 

☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

何だか 目が しばしばするんだけれども
続行作業により
ようやっと ミュウ107号の
貼り付け作業まで 完了♪

にへら~( ̄ー ̄) と 笑ってる余裕は 有るのか?!
一時 中断して  タイプしてる模様★

勿論 BGMは 有線ヒットチャートざます♪
いやぁ この御蔭で 最新のオケを
楽しめたんだけどもっ

最近 お気に入りの アンダーグラフ 君の声
未だ 配信に 成ってなくて 残念っ!
ツバサも ロングヒットを 重ねてるようなー
先日 FMラジオに メンバーが出て
御礼の台詞を 言ってたな

☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

恋カラと エンタは 見逃したまま
ずっと 唄ってた サタデーナイト
いやあ やっぱり 老化を感じるのは
喉の お話。

一人で 六時間なんて
もう 無理っぽ・・

でも やっぱり 叫ぶことは
ストレス解消にゃ もってこい♪

やはり 朝方の 就寝が まずかったのか
頭痛が 治らないから
普段ならば 此処で
コンタクトを 外すんだけれども

入れた ばっかだってばっっ

☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

そろそろ ウザイかもー
なんて処を 我慢すれば
此の髪も 
伸びるのでしょうが・・・

昔から
忍耐とかって
無縁だったような・・・

そんな訳で
先を 越されたのは
何時も
隣の彼女で

そろそろ 切りたいかもっ の
ベスト・タイミングで
ヘア・カットをする 彼女に
羨ましそうな視線を
寄せる すずなのでし★

☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

「 お前も 行ったら どうだ? 」
喧嘩の 最中。

「 行って 拾って貰って来れば イイ! 」


   『 今日は 廃品回収 』

°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

銀行に 行く途中の 車内でのこと
彼女が 言った

この辺りで 水槽に入った魚の中から
食べたいものを選んで
料理して貰える店が 有るそうですよ

相槌を 打ちながら

でも 鯵が 食べたいと思ったのに
間違って 鯛とか 釣り上げて しまったら
大変ですよね

なんて 彼女の言葉に

え? 私 鮪と 鮭の 区別が
付かないんですけど・・・

なんて 自爆してみる

その後で
会話は弾み

えーっ 普通 解りますよぉ!
( 私は 解りませんて・・・ )

言い訳に
此の肴が マグロで有れ シャケで有れ
どちらかが 解らなくとも
私の 人生上 何も 困らない

なんて 言ったならば
彼女に 言われた

すずこサンって ホント
自分の興味の無いことって
知らないですよねー

ふむ。 ごもっとも・・・

そんな事 言ったら
全ての 物事に 言えますよ!

なんて 突っ込まれつつ
話は 進み

何かの拍子に 彼女が
外見じゃなくて 中身が大事なんです!

と 豪語したから
やっと 此処で 突っ込めたんだ

其れって 魚ダケの話じゃ 有りませんよねーぇ?
( きっと ダーリンの事に 違い無いっ♪ )
などと 憶測を 重ねつつ・・・

そして 今日も
そんな 四方山話を 肴にする
私が 居る・・・


   『 FISH FOR WISH 』

★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

もっと 白い肌だったならな とか
鼻が 高かったらな とか
色んな事 思ったことも あるけどね

華の有る 人生に
自分ですりゃあ 良いじゃないかと。
地黒で 染みが 目立たなくて
日焼けも 非道くならなくて
良かったじゃ ないか、と。

そんな風にして 総てを 前向きに 捉える日々の中に
少しの デカダン戯言が 存在し
私は 丁度良く
美しく 生きられて 居るじゃないか、と。

°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

本当に 怖いものなど 無かった時代。
男だろうが
女だろうが

相手に 問うことも無く
呼捨てで 呼んで 居たよ

そして 決裂するならば それまで
決裂って 大袈裟だけどね

★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

加齢を 重ね
華麗に成ったと 信じたい心は
少しだけ
相手の反応を待つ
余裕が 持てたように 思える

其れは もしかしたら
受身の性格
そのものなのかも 知れない

★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★
人気ブログランキングへ
↑ポチッとな~☆↑



紅葉ブランケット

Img_0911


Img_0910


Img_0912


本日の糸魚川は風が強くてね
雨模様なのだけれども 粒が大きい

ともすれば
アラレにも見えそうな雰囲気だけど
まだ透明

山側の庭園を出る瞬間に
ふと息の白さに気付くみたいに

晩秋は穏やかな時の流れを
作り始める

枯葉は遊ぶ くるくる回る
もう何度も そんな季節を通り過ぎた

秋に産まれた私は
何時までもオータムを抱きしめる

どんなストールよりも愛おしい
ブランケット代わりになるシートはやはり透明
流行りの模様は一切ついていないシンプル

看板がお辞儀をしているような車内
違うの 姿見なんです、と君

くるり振り返り ふわり残り香のよう

降り始めた粒を これ以上 振り払わずに済むように
傘も持たぬ両手を差し出して ここでお別れ

後ろから見送っているから サヨナラは言わない
キラキラの光越しに いつかのワタクシが映る

湖面に描いた逆さまの枝よりも伸びた心で
次の春をも 包み込んで 生きるのでしょうね

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

写真の庭園

詩の発表場所あります
自慢の絵・写真を披露したい方にもおすすめ!

ワタクシすずこが編集している手作り詩誌
ポエムサークル「みゅう」

仲間になり購読いただくと
ボツなしで冊子掲載 & CDトーク → 全国郵送★
見本誌もあります。読みたい方も連絡くださいね。

以下に本誌の写真・詳細を紹介していますので
クリックして御覧くださいませませ~☆

ミュウ 223.224号 完成♪ 

すずこのリンクはこちらから

~いつかの すずザレ~ 藤鈴呼の戯言
過去作も織り交ぜてUPしていきます☆

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

過ぎし日の ジャック ・ オ ・ ランタン

奇妙に 揺れ動く 芽が
キミに 観えるかひ?

尋常な迄に 非 現実の ままで

目の前の 全ての景色を
覆い去って 行くんだ

〓  懐かしいね  全ての 良し悪し事が

   或の日  霧に  包まれたまんま

   思い出の パズルなら
   
   空 一面の ブルーに染まる 部分だけ

   健やかに  艶やかに  未完成 して 生るんだよーーーー 〓


ともしびを 揺らせば

あなたとの 走馬灯に 襲われて

こんなにも 眠りが 浅く 鳴ると
知っていて

されど
ねむれずに

最初から 夢を観る予定など
無かったのでしょう・・・?

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★

誰かを 思い返せば

こんなにも  切なくなる 気持ち

あの日から  封印したままで

限界まで  覚醒する

玄海な迄  隔世すれば

もう  慈しみなど  訪れぬものと

本気で 信じ 続けてた

〓 あわよくば  どうにかなって くれだなんて 事実は

   必ずしも 天国へ召されるとは 限らないのだと  〓

幾ら 自分に 言い聞かせてみた処で

着飾った ルージュも

悲しみの マリアと ともに

ハンモックに 揺られながら

朝日ばかりを 待ち侘びて逝く  〓


★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★

何をしたら 良いだろう

何を 考えたら 良いのかさえ 
分からずに

一人  立ち竦む

痩せ細った 骨
角ばった 頬

冷たく成った  腕
固まった 指は

小さな 数珠で  飾られた

黄色く  白く  揺れる時

解き放たれた  瞬間に

涙が 頬を 染めて

歪む声は  壁の中

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★

僕は 何をすれば 良いですか

何処へ行けば 良いですか

何を 目指せば 報われますか

確かな未来は 有りますか

非力な ボクの 出来るコト

たった一つは 見つかって

みんなに お茶を 入れました

出涸らしですが  ハイ どうぞ

座布団だって 出しますよ

裏返したりは しないけど

少しは 楽に 成るでしょう

良ければ 少し  休んで下さい

避ければ  なみだ  こぼれますから ×××

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★
人気ブログランキングへ
↑ポチッとな~☆↑


葉小判

Img_0914


Img_0915


Img_0913


零れ落ちそうな笑顔が光る瞬間はと言えば
心地良い香りが漏れ聞こえるような湯気と
煌めく想いが触れ合う瞬間
少しでも重さが増せば
支えきれずに 落ちるのでしょう

ねえ 知ってる? 雪吊の方法
太い枝は 自ら雪を 支える力が在るからね
小枝こそ 吊らなければ イケナイのに
美しさに釣られて
本来の目的を 忘れてしまっちゃイケナイよ

放射線状に蠢くロープを 
何度 手繰り寄せても
真実には届かないって 知ってる

あの頂上までは 
どうやったって 昇れやしない
安全ロープも 下で支えてくれる綿もなく
ましてや 雨に濡れたもんでから
ぺしゃんこになって しまうんだから
憶えておいてね 小判の活用方法

狐が相手ならば 何とかなるかも知れない
狸が寝ていたら 無賃乗車 出来るかもよ

そのまま 終点まで 固いベンチに座ってさ
ホームの端にある 白い椅子と 同じ角度で

うっつら うっつら 居眠りしていたら
夢の先まで 辿りつけるのかもね

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

これ小判たった一ト晩居てくれろ

写真を眺めた瞬間に 上記の言葉が蘇る脳内
はらり はらりと 舞い散る瞬間には
必ずや 風が 吹いているから

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

詩の発表場所あります
自慢の絵・写真を披露したい方にもおすすめ!

ワタクシすずこが編集している手作り詩誌
ポエムサークル「みゅう」

仲間になり購読いただくと
ボツなしで冊子掲載 & CDトーク → 全国郵送★
見本誌もあります。読みたい方も連絡くださいね。

以下に本誌の写真・詳細を紹介していますので
クリックして御覧くださいませませ~☆

ミュウ 223.224号 完成♪ 

すずこのリンクはこちらから

~いつかの すずザレ~ 藤鈴呼の戯言
過去作も織り交ぜてUPしていきます☆

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

思えば 此の 手法は
キミが 教えて 呉れた モノだった

少しずつ 文章の 癖が
変化して 行くのは
当たり前の コトだ けれど

誰かに 感化 されて
其の 描き方が 悦に 入って
暫く 続いて

自分の 世界と 同化 させながら
胎内に 取り込んで 行く

まるで 赤子が 
成長する 如きに 


    『 筆 渥 』

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

木曜組曲 と 言う 本を 読破した

木曜の 夜  
主人公の 時子も
其の 曜日を 愛して 居た

亡き 彼女の 死因を 巡って
繰り広げられる ストーリーは
読みごたえが 有り過ぎて

何時もは 流し読みする
誰かの 後書きも

一挙に 終えて
深夜 二時半


 『 時 子 』

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

そう言えば 明日は 健康診断だ

交差点から 坂を 昇り
先の 方に 有る 病院へ
朝 八時半位に 
直行すると 思う
だから 今夜は
去年 みたいに

夜 遅くまで
食べない ように しないと

また コレステロールが
1次的に 上がったら
嫌だからね

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

月曜の 朝
非道い 夢を 見て 目覚めたら

時刻は 既に
出発 10分 前

ヤバイ と 跳ね起きて
急いで 現実の 世界に
引き戻された

夢の 中で
未だ 私は 学生だった

授業を する場所は
講堂の様にも 思えたし

競技場の グラウンドを 眺める
芝生の様にも 思えた

とにかく 椅子と 机は
普通の 学校に有る タイプの モノで

三人分が 不揃いに
横並びに 成って居たコトを
記憶して 居る

見渡せば その 両隣にも
机は 有った 様だ

其処には 人が 座って居たり
空席が チラホラ 見えたりして 居た

私は 三つ 並んだ机の 中央に
座って 居た
既に 左側には 誰かが 居た

私は 孤独な 少女だった
要するに
他人の グループと
ワイワイ ・ ガヤガヤ しておらず

もっと 言えば
心理的に ツライ 場面だった

私達は
此れで 良いじゃ無い と 言う様な
会話を して居たのも 覚えてる

その会話を してた 時は
お弁当を 食べる 時間だった ようだ

校庭を 取り囲む
フェンス ギリギリの 地点で

地面は 微かに 
雑草が 生えており

私達は 
皆に そっぽを向けて 居たのだと 思う

恐らく 後ろ側は 校庭で
楽しい 会話が
雑音として 響いて 居た

其処から
先刻の 授業前の シーンに
切り替わる

先程の 孤独な メンバーは
私を含めて 三人 居たらしい

私と 会話をして居た方の 彼女が
左側の 席に

そして
私が 其の 右隣の
真ん中の 席に 座って居た時

もう一人の 彼女が
左側から やって来た

此の 彼女は
私達 以上に 孤独な 存在で

二人が 会話して 居た時も
自分から 寄って 来なかった

そんな 彼女が
左側に 座ってる 彼女の 席の
少し 左側で 立ち止まり
ボソリ と 呟いた

「 私 何処に 座ったら 良いのかなぁ・・・ 」

どうやら 自由な 席だった らしい
即座に 私は
未だ 空いて居る 右の 机を
バンバンと 叩きながら 大声で 言った

「 此処で 良いじゃんっ! 」

何故か 其の瞬間の 私は
孤独一徹の 彼女を

自分の 同士で 有り
且つ
何時も 仲良く 喋って居る 存在として
捉えて 居た

次の 瞬間
左の 彼女が 言った

「 此処に 座りなよ 」

良く 見ると
立ち止まってる 彼女の 少し 左後ろ側に
もう一つ 空席が 有った

しかも 良く 見ると
三つ 仲良く 等間隔で 並んでた筈の
机の 感覚が 微妙に おかしい

立ち止まった 彼女が 其処に 座ると
丁度 左側の 彼女と
立ち止まった 彼女が ワン・セット

私と 右隣の 空席が ワン・セット に
成るでは 無いか!

更に 驚いたのは
私の 知らぬ 間に
二人が 仲良く成って 居た 事実だ

私の 中では
二人は
喋ったコトの 無い 存在で 有ったし

逆に 私の 方が
二人 とは 
それぞれ 会話を して居たと
認識して 居たのだ

「 えっ  何時の間に・・・ 」 

と 言う 気持ちが 
大きく成った 辺りで

記憶の 断片は 途切れ
場面が 又 展開した

今度の 出演者は 親類だった
おばさんが 病気か 何かで
命が 危ないのだ と 言う 設定だった

しかし 何故か おばさんの 子供達は
本来の 従兄弟では 無く
別の 従兄弟だった

何か 会話を して居る 場面で
内容までは 思い 出せ無いが

此れも 又
不可思議な 夢で 有った

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°
人気ブログランキングへ
↑ポチッとな~☆↑


CATS

Img_8839


Img_8836


Img_8830


沢山の猫たちが集まるカフェテラス
我が部屋では 時代遅れのラジカセや
パソコン置き場になっているパイプ棚が
時に彼等の遊び場となる

引くと点いたり消えたりする電気コードも
座ると心地良いのだろう合皮製バッグも
みんなみんな 絡めても飽きぬ最高の玩具

弄ぶことと 弄ばれることの違いを知ってか知らずか
鳥居のような漢字の意味など 感じる必要は無いのだと
にゃあと鳴いてお終いなのか
とにかく伸び過ぎた爪と毛の処理だけは確りと
抜かりないのは擦り寄る頬ばかり

放心状態でも
眠くても
お腹が空いても
ウザくても
相手をしてくれる人間は
きっと 都合が良いのでしょう

段々と解って来るよね
尻尾を向けられる瞬間
ビー玉のような視線から
一体 何を感じろと

お喋りは続く
くっちゃべって ですからね
べちゃくって では ないのです
会話は 食べられない
喰われることは あっても
魚には なれないから
肴になるのが 一番良いですよ

いつかの誰かの続きを
いつまでも 反芻している

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

小さな猫のおはなし/藤鈴呼

臆病な筈の猫が 長閑に見える理由は 
その 可愛らしさの所以でしょうか 

ギャッとなった瞬間の 総毛逆立つ瞬間には 
見えぬ雷をも 感じそうです 

虎の威を借る狐 それとは少し 違うけれども
猫被りの酷い状態のことを
自分なりに表現してみました

虎被ってるんですよ
猫じゃ 足りないんですよ、って。

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

詩の発表場所あります
自慢の絵・写真を披露したい方にもおすすめ!

ワタクシすずこが編集している手作り詩誌
ポエムサークル「みゅう」

仲間になり購読いただくと
ボツなしで冊子掲載 & CDトーク → 全国郵送★
見本誌もあります。読みたい方も連絡くださいね。

以下に本誌の写真・詳細を紹介していますので
クリックして御覧くださいませませ~☆

ミュウ 223.224号 完成♪ 

すずこのリンクはこちらから

~いつかの すずザレ~ 藤鈴呼の戯言
過去作も織り交ぜてUPしていきます☆

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

アンディーって言うのはね?

あたしの小説に出て来る 

犬の名前 なんだよ♪

君の中では 海豚 だったんだね♪

イルカと言えば。。。 

彼が 言っていた様な。。。

飼えないんだよねって!

そして 彼を 忘れられないままに

無理に 恋人を 作ったアタシは

未来の アタシは

きっと そんな彼を 思い出して

涙するんだろうな

そんな事 思っているうちは

この闇から 

抜け出せや しないんだろうなってxxx

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:

君が 大好きだと 告げた曲の歌詞も

とても 短い言葉で

今の あたしの テーマソングに なっているけれども

あたしの カラオケを聞いて

あの曲ではない 他の曲で

あの人は 涙を流して 呉れたんだよ

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:

想いって いつか 消え失せて しまうんだろうか

本物の愛を 探す為に

誰もが 浮遊を 重ねて居るんだよねxxx

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:

貴方に送ろうとした カセットのダビングが

途中で止まってしまったままで

始めて あたしの カセットを

聞きたいって メールが 迷い込んで来て

とても 嬉しかった その日は

ミュウの バースデーで

同時に 入会希望も 来て

嗚呼 そろそろ 放ったらかしの

この 半年越しの ポエムサークルも

始動しなければ ならないな なんて 思いながら

良くも 悪くも テレホも解約したし

ADSLは しばらく かかりそうだしなxxx(怒)

°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:

連打するのって とっても 楽しいね

さっきの会話で ボーリングの話題が 出たんだけれども

この イライラする気分を

本物の ボーリングで

土の中にでも 埋め込みたい 気分なんだよねーーーー

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:

恋をするのは とても 幸せな 事です

そんな自分を感じられる瞬間

自分の背中は 見詰められないから

後ろに そっと

鏡を置いては みませんか。。。?

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:

昔 アンパンって 大好きだったようなxxx

この間 あれは 何だったっけなぁ。。。

忘れてしまったけれど 誰に言われたのかも・・・

最近 甘いもの 食べなくなったと思ったら

また 復活したの? って

言われたんだよねぇ。。。

そうそう パンだったらば

あんバターが 大好きなんだけどね?

ロングドライブの時には 差し入れの他に

アップルティーと レモンティーが

あの頃は 定番だったなぁ。。。

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:
人気ブログランキングへ
↑ポチッとな~☆↑


えびカレー

Img_1002


Img_1003


Img_1004


旦那作のディナー

最後の最後まで 
迷惑と言う名の置き土産を残しつつ
後ろ髪を引かれて来た夜

不思議なスパイスを絡めたようなカレーの香りが
鼻先をかすめた

一仕事を終え 帰宅したならば
エビの殻むきと 幻魚の下処理に翻弄される覚悟で
玄関を開けたから 余計に広がる有り難さ

口当たり良く まろやかな甘さは
箱に記載されている 中辛とは異なるようで

不思議な角度で頬を染めた感動も一入
天ぷら粉を散らしたゲンゲに一塩ふりかけて

涙の代わりに呑み込むは 小骨
途中で見つけた小さな吸盤

これ・・・ イカ? いや タコだよ
ちょっと漏れた笑顔以上に頬が歪む

唇が歪むのは もう御免だ
心が凍てつくのは もっと御免だと

何度も運んだシルバーが 舌先の火照りを
ゆっくりと 癒して往く

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

苦いトラブル/藤鈴呼

糸魚川から上越に向かう途中にある道の駅
マリンドリーム能生

海沿いなんですが
何時行っても 駐車場ギッシリ。

きっと 特産品の蟹の殻の中にも 
身がギッシリ詰まっているに 違いない!? 

最近 漸く 蟹の美味しさに目覚めたという体たらくが
お送りしました(笑) 

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

詩の発表場所あります
自慢の絵・写真を披露したい方にもおすすめ!

ワタクシすずこが編集している手作り詩誌
ポエムサークル「みゅう」

仲間になり購読いただくと
ボツなしで冊子掲載 & CDトーク → 全国郵送★
見本誌もあります。読みたい方も連絡くださいね。

以下に本誌の写真・詳細を紹介していますので
クリックして御覧くださいませませ~☆

ミュウ 223.224号 完成♪ 

すずこのリンクはこちらから

~いつかの すずザレ~ 藤鈴呼の戯言
過去作も織り交ぜてUPしていきます☆

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

〓 な み だ 〓 


ナミダも流れない替わりに

虚しさも 逝ては 呉れずに

のんべんだらりん 記念日を

迎える その筈だったのに

一本の電話が 気分を変えた

気力体力 無い癖に

言い訳にして 滑り込む

まるで 我が家の 部屋状態

この空間が 心地イイ

何も 応えは 見付からず

それは 未だに 変わらない

けれど 失くした 此の台詞

一言ずつでも 紡ぐ度

何時でも あたしは 思い出す

この世で イチバン したいコト

忘れないよに 記録しつ

記憶の隅に 埋めてゆくコト

語り続ける その意味も

意義も なかなか 掴めないけど

あたしが 生きて ゆくために

一人で 大地に 立てるよに

泣かずに 眠りに 就けるまで・・・  〓

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:

〓 元 カ レ 〓 


昔の カレシには 会わない方が 良いヨと

分かり切った 忠告なら 要らない

男だから 下ゴコロ

全く 無いなんて それは ウソだよ

唯だ 安心感を 与える為の

おびき出す迄の 小細工に 過ぎない事や

絶対 流されない 強気な キモチ

下唇を ギュッと噛んで

例え 赤き血 流れようとも

後悔しない そんな気持ち

きちんと 持ちつ 操れる 状態でなきゃ

会ったりしない 

柔らかなキス せがむ様じゃ

メンタル的に アブナイんだよ

優しい 口説き 文句にも

素敵な 夜景の 明かりにも

NO! と 交わせる 精神力を

何時でも 携帯 して居るよ

過去の 楽しい 記憶と共にね

だから 笑って 報告出来るんだって

知って居る?

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:

〓 マ ン シ ョ ン 〓


大きな 大きな 国道沿いに

大きな 大きな 建物が有る

扉が 一杯 付いていて

外側からじゃあ 見えないが

きっと 色んな 人間模様

繰り返されてる 部屋の中

小さな 小さな ユアルーム

大きな 夢を 描く子供に

大人に 慣れない 男の子

夫婦不仲の 食卓に

ヒステリックな 皿が飛ぶ

身構えたまま 震えてる

産まれたばかりの 乳飲み子の

皮膚は 爛れて アザだらけ

ケロイド状の 傷 目立つ

父の 玩具の ライターが

キミは 怖くて たまらない

助け 求めた 母親も

般若の 仮面 被ってた

姉は 汚ギャルで 帰って来ない

行く末 不安な 家族ゲームに

口を 開いて 閻魔は待ってる

早く おいでと 手招いて生るxxx  〓

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:

此処迄 走り続けて来て

高速 乗ろうかどうか 迷って居る

少しは カラダを 休めてあげないと

又 いい加減 時が 経過した時点で

ヤツが 悲鳴を 上げるんだろう なんて

想像しながらも

勝手に 吠えさせときゃ エエやんなんても

考えたりなんかしてね?

とにかく 四苦八苦 なんて

人生は 疲労が募る ばかりだし

もっと キラクに 行こうヨ♪

必死じゃ無くて ヒッツミの 毎日をサ♪

必ず 死ぬのは 尤もだけれど

ヒッ四(ひっし) じゃ無くて

ヒッ二三(ひっつみ) 位の イキオイでサ♪

ねっ! これって 久々の

ヒット商品だと 思わない?

近々 売り出し予定だから 

どうぞヨロヨロねっ♪

盗んじゃダメだぞーん!?  〓

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:

トイレに行きたくなってしまうと

思考能力は 著しく 欠如するだなんて

そんなの 常識

思い切りの良いと 例えたい位に

高速は 渋滞模様だった

統て 高速にする 予定だったんだよ 本当は

この間は 実況中継を 散々メールで していたよね

今 丁度 その地点に 居るんだヨ

さっき 高速は 降りたって言うのにね

スピードの 変化しない 深夜のドライブ

貴方は 家に 居るみたい

電話 掛けたら イイのかな

それとも このまま ずっと 一人で?

迷って居るけど せっかく来たし

一応 掛けて みたらイイかな?

貴方と 私の テンションが

今は 同時に 動いて生ると

推測ばかり するのだけれど・・・ 〓

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:

午前中に購入した マックのポテトが

袋の中で 寂しそうに 呟いた

誰か あたしを 食べて下さい

まさに そんな 雰囲気の中

余りの ハナシの内容に

ほんの 少しだけ 

カウントダウンから 離れられた 私の感情 

泣く事すら 許されず

あの日 アナタに 告げた気分が

この あたしを 覆い尽くしてゆく

帰って来いの 断定的な 台詞にも

あやふやな 「そうねぇ・・・」 でしか 返せなかった

大切な 存在は 失くした時に 気付くと言うのなら

私は アナタの屍を

拝まなければ ならないだろうか

それすらも 出来ない癖に

これで もう二度と サヨナラだなんて

シコリが残って 仕方無いよ

期待も 掛けれないけれど

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:

会った

カレーが 食べたかったから 付き合わせた

少しでも 笑顔で  を

心掛けた つもりだった

いつも通りの 浅い笑い声の  アナタだった

笑う時には 本気の大声で

軽快に行かなくっちゃ! って

笑いながら 軽く アナタの太股を  はたきながら

言おうとした あたしの笑顔は

アナタの元迄 届く直前に 凍り付き

そのまま 塊と化した

ワタクシと言う名の 固まりが

結晶となって 醜い姿で 微笑んで居た

それでも私は 未だ 生きて居た

此処に揺らめく あたしの魂

一体 誰に 見えるんだろう

もしかして 誰にも 伝わらぬまま

朽ちてしまうのかな

揺れた 炎だけを 残して 〓

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:
人気ブログランキングへ
↑ポチッとな~☆↑



« 2014年11月 | トップページ | 2015年1月 »