« 2014年10月 | トップページ | 2014年12月 »

2014年11月

2014年11月26日 (水)

ボジョレヌーボー

Img_0812


Img_0813


Img_0814


珍しく衝動買いした赤ワイン
電動オープナーの使い勝手が掴めなくて 
旦那に丸投げ

最初 コルクが上手く取り出せなくて 
四苦八苦

ボタンを押し続けて 
最後まで一度 押し上げる必要があるのね
と気付いて 問題解決

新し物好きだから
問題が起きるのね

喰わず嫌いのままならば
新鮮さは 感じられない

いつまでも 昔の杵柄 気にしてサ
木に成らぬ実の行方を 目で追ってる

どんなミキサーで撹拌しても
絞り立てのジュースには 叶わないのに

さも斬新な味わいで あるかのように
心まで 楽しませる 気泡の奥に

一粒の夢 閉じ込めた
扉の外には フォークが待っている

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

ボジョレーワイン

ボジョレーワイン (フランス語: Vignoble du Beaujolais)とは、
フランスワインの1つ。

ローヌ県北部、ソーヌ=エ=ロワール県の数箇所のコミューンで
生産されている。
ブルゴーニュワインの1種類とされている。

生産地域は、マコンとリヨンの間、
ボジョレー地方の山のふもとである。

毎年11月第3木曜日に解禁される、特産品の新酒を
ボジョレー・ヌヴォー (Beaujolais nouveau) という。

以前はその年のブドウの出来栄えをチェックすることを
主な目的としたもので、ワイン業者が主な顧客であったが、

その後、解禁日をイベントとして、新酒として
大々的に売るやり方が確立され、現在はフランスでも、
日本と同じ目的で一般の消費者向けに売られている

ヌヴォーはそもそも当地の農民が収穫を祝ったのが
始まりとされる。
本格的な輸出が始まったのは1968年である。

当初の解禁日は11月15日であったが、1984年から
11月の第3木曜日に改められた。

解禁日が設けられた理由として、
各メーカーがどこよりも早くヌヴォーを出荷し
セールスを稼ごうと競い合っていたものが
だんだんエスカレートしていき、

ついにはワインとして十分出来上がっていないにもかかわらず
出回るようになってしまったからである。


キャッチコピー問題

2003年のワインは100年に1度の出来、
2009年のワインは50年に1度の出来と報道されるなど、
毎年のように最高級の評価がなされることが
ある種の通例にまでなっており、

こういった「○○年に一度」のような評価は
専ら大手輸入業者や居酒屋店長、ソムリエのコメントであり、
地元の「ボージョレワイン委員会」の控えめな品質予想とは
だいぶ異なる。

販売業者らの評価

1983年「これまでで一番強くかつ攻撃的な味」
1985年「近年にない上物」
1992年「過去2年のものよりフルーティーで、軽い」
1995年「ここ数年で一番出来が良い」
1996年「10年に1度の逸品」
1997年「まろやかで濃厚。近年まれにみるワインの出来で過去10年間でトップクラス」
1998年「例年のようにおいしく、フレッシュな口当たり」
1999年「1000年代最後の新酒ワインは近年にない出来」
2000年「今世紀最後の新酒ワインは色鮮やか、甘みがある味」
2001年「ここ10年で最もいい出来栄え」
2002年「過去10年で最高と言われた01年を上回る出来栄えで1995年以来の出来」
2003年「110年ぶりの当たり年」
2004年「香りが強く中々の出来栄え」
2005年「タフな03年とはまた違い、本来の軽さを備え、これぞ『ザ・ヌーボー』」
2006年「今も語り継がれる76年や05年に近い出来」
2007年「柔らかく果実味豊かで上質な味わい」
2008年「豊かな果実味と程よい酸味が調和した味」
2009年「過去最高と言われた05年に匹敵する50年に一度の出来」
2010年「2009年と同等の出来」
2011年「100年に1度の出来とされた03年を超す21世紀最高の出来栄え」
2012年「偉大な繊細さと複雑な香りを持ち合わせ、心地よく、よく熟すことができて健全」
2013年「みずみずしさが感じられる素晴らしい品質」

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

詩の発表場所あります
自慢の絵・写真を披露したい方にもおすすめ!

ワタクシすずこが編集している手作り詩誌
ポエムサークル「みゅう」

仲間になり購読いただくと
ボツなしで冊子掲載 & CDトーク → 全国郵送★
見本誌もあります。読みたい方も連絡くださいね。

以下に本誌の写真・詳細を紹介していますので
クリックして御覧くださいませませ~☆

ミュウ 223.224号 完成♪ 

すずこのリンクはこちらから

~いつかの すずザレ~ 藤鈴呼の戯言
過去作も織り交ぜてUPしていきます☆

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

うれしい とき。

そんな ときは

心の 奥底から

笑います。

もう

舌が 途切れて

飛んで行って しまうんじゃないかと

いうほどに。

★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:

あの 恋は

あたくしの

宝物でした。

だから

この 愛は

あたくしの

全てなんです。

★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:

胸が 痛いのは

あなたが いるから

どんなに 離れていても いいよね?

あなたに 会えるのを

待って いられる 今が

とても シアワセなの。

★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:

いらないものなんてないと

おもえたならば さいこうですよね

そして

なにも なくしてしまったままで

はかなく きえゆくまで

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:

私はアスファルトのような冷たい心で

こんな風にあなたに

自業自得のセリフを。

声は掠れ 勢いに任せたままの時間

ピカチュウのカミナリは発射された

ピノキオの鼻は伸びすぎた

ロケットなんかじゃ飛ばせやしない

私はアスファルトで 冷たくなっていく

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:

逢えないのは承知の上で

付き合う前から

遠い距離を

解り切ってた

淋しくなってしまう夜

乗り越える勇気も 湧いてこなかった

電話をしても 留守電で

かけ直しても こなかったんだよ

次にいつ逢える? の言葉にも

会いたいとは 言ってもらえない程に

あの人のテンションを

下げて

二人の心は

凍って

冷たくなって いくだけで

今までで 一番大好きだと思えたから

私の全てを ぶつけようと したけれど

死にたいと貴方に告げる度に

拒絶されたから

もう 笑わないと 決めたんだ

楽しいセリフだけの会話で

この一週間は 過ぎ去って いるけれど

さっき あの人に 言われたよ

本当に 楽しいのか? って

それで お前は 辛くないのか? って

そりゃあ テンションが 上がる瞬間には

私だって 誤解しそうに なるけれど

本当は 下がったままの心

どうやったら 上がるんだろうね?

あの人と 離れれば

また

付き合う前の気持ちに 戻れるのかな?って

純情な気持ちを 取り戻せるのかな? って

でも

あの人の心は もう

戻って来ないのかも 知れないね

そんな 危険な賭けにさえも 出られずに

あの人は 今夜は

眠ってしまったんだ

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:

貴方に 逢えない理由

いくらでも 思い付くね

浮気をしたならば

きっと 楽に なれるの?

男と女の考え方は 違うから・・・

男の身体が 女は心で

それを 楽に するためだったなら

私は どんな男に抱かれたって

構わないんだよ・・・

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:

凍り付いたままの心で

あの人に 抱かれたならば

何が見える?

あの人 意外の 何か

楽しかった時間の中の 全て

垣間見る事は 不可能?

「あの頃 楽しかったね」だとか

「また 楽しく 笑い合えるよ。」とか

自分を 騙すばかりの 毎日で。

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:
人気ブログランキングへ
↑ポチッとな~☆↑


包装の楽しみ

Img_0954


Img_0769


Img_0770


一つ前の記事で 
黄色の薔薇が入ったプリザーブドフラワーを紹介しました

この花達が隠れん坊していたのは 黒い紙袋
上にふわりと被せられた 御洒落な包装紙

素敵な演出に心はんなり、そんな瞬間ですね
今日び、100均でも包装セット 置いてますよね

私の中で 包装するシチュエーション第一位は
バレンタインだったりする

営業時代 ファミリーパックのチョコ菓子を 幾種類も
やたら買い込んでは 小分けにし 包装する

その作業が何やら楽しかったんですよね~♪
この場合は 
「ニッセイレディーのすずこからですよ」、
と 主張せなアカンので 全て包まず。

透明袋に 明らかに中身がチョコと分かるようにして
自分の名前入りのフライヤーも 目立つように添える
ここ、ポイント☆ 次のテストに出ま~す(笑)

貰う方にしてみたら 細長い箱のような感じだと
「何なにナニ? 中身は何じゃろほいっ♪」
ってな感じで テンション上がりますよね~っ

まあ 包装紙の運命なんて 開けるまでの話で
後は良くてブックカバーになる位かしらん?
と思うと悲しい結末なんですがね(笑)

っつうか 中身写真も一緒にUPしてますが、何か??
~( ̄▽ ̄~)(~ ̄▽ ̄)~

嗚呼 ワイン好きな私の姿を連想して 
選んで下さったんだろうか
とか 色々 妄想しますよね

でも 日本酒ばっか呑んでる親父で ごめんなさい
みーたーいーなーっ★

電動のワインオープナーって 楽しそう♪
でも ちょっと手元が狂ったら 怖そうっ
決して 酔ったまま 近付くな、状態?!

いただいた方に聞いた話によると お人形さんみたいな
可愛らしい両手がついたようなタイプもあって
本当はそちらにしたかったが 品切れだったらしく。

思わず くるみ割り人形を連想しちまいました♪
いや、名前のイメージだけで 殆ど知らないんですけどねっ。

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

詩の発表場所あります
自慢の絵・写真を披露したい方にもおすすめ!

ワタクシすずこが編集している手作り詩誌
ポエムサークル「みゅう」

仲間になり購読いただくと
ボツなしで冊子掲載 & CDトーク → 全国郵送★
見本誌もあります。読みたい方も連絡くださいね。

以下に本誌の写真・詳細を紹介していますので
クリックして御覧くださいませませ~☆

ミュウ 223.224号 完成♪ 

すずこのリンクはこちらから

~いつかの すずザレ~ 藤鈴呼の戯言
過去作も織り交ぜてUPしていきます☆

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

世の中 色んな人間が 居るからね
ネットの世界は 本当に怖いよ、 だなんて
改めて 実感して みたりなんかして。

加えて 色んな 記念日が 存在したりして。
発見してしまった 事実も 有ったりなんかして。
それでも 十二月を 迎えて しまったよ。
もう 師走だね。

改めて 案内状を ひもといて
結婚式に 備えてる。

珍しく、ファッション・ショー☆ なんかに
埋もれて みたり?

指に 挟んだ煙草を
今 おもむろに シガーBOXに
戻してみたり なんかして。

やっぱり 歯磨きして 
水降ろしも 完了してしまったならば
もう 煎茶に 埋もれようかな?
なんて 思ったのは
何時だって ヤニと COFFEEに埋もれた
舌帯が 気に成るからで?

そして ポットの中身が 少なくなったかな?
なんて 気に掛けながらも
水降ろしした時に ヤカンに汲んだ水を
コンロに掛けるのを 億劫がってる。

今度は 急須の ミニVersionでも
購入しようかな?

良く 有るじゃない?
湯呑み茶碗に 入れたままで
使用出来る 優れモノ☆

これが なかなか 便利でネ!
だが、しかし、パーハップス!!
すずの カップは デカ・マグ だ~か~ら~~ぁxxx

ストンっ!・・・と 
茶碗の中に ホール・IN・ワンワン犬するコト
曲がり無い事実の請け合い~~ん (。-_-。)

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★

緑の ドレスに してみました。
初めて ソフランを 洗濯機に ぶち込んで

とっても 嬉しくなった。
洗い上がりの フローラルの 香りってば

「 ホント、CM、通りじゃん!(藁) 」

。。。いや、違う場合は
詐欺罪で 起訴される (わきゃない) 、 が。

午前中は 歯医者に行こう! ・・・と
昨夜から 気合入れて居たにも拘らず

何と寝坊。。。! 。。は、 しなかってんケド、
「 閉まってるやん!! 」 (激爆死) & 号泣 (。-_-。)

仕方無いから 実家に寄って
ママンに 傘を プレゼント。

職場の 地下で 売って居た
一本 500 - YEN の カサ。

ゼブラの モノクロ ママン用
豹柄 勿論 すずこ用 ξ・。-☆  

シルバー ・ GOLD 両方有って
迷い切れずの 日本人

だから 二本も 買っちゃっタ ☆
お揃い シャツも 丁度 有りゅ♪

何だか 雨が 待ち遠しいな~~~ (●⌒∇⌒●)

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★

ヒーターって 灯油が 途切れかかってて来ると
自己主張を 始めるんだよね (-_-)゛

” おぃ 姉ちゃん 早よ 入れてくんろ~~ ”
などと ヒーターは 喋らんけんど。

過熱を 繰り返して
足元は 低温火傷 状態だとか (。-_-。)

やけぇ バキラったも 枯れちまうやんか! (泪)
。。。と 茶色だらけの 太いゴボウの如き
彼の上から 水ちゅるちゅる。

どうか 来春 又 見れますように
君の 素敵な 緑の 葉っぱをxxx

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★
人気ブログランキングへ
↑ポチッとな~☆↑


2014年11月25日 (火)

黄色の薔薇

Img_0955


Img_0956


Img_0957


夢を見るなら
楽しいのが良い

将来の夢も
眠る時の夢も
両方とも
微笑みが
返って来るような角度で
見上げてみたい

夢を観るなら
叶えられるくらいの
現実味も 欲しい

夢を抱くなら
両手いっぱい
はちきれんばかりに覆う
大木のような存在であって欲しい

そのまま両手を
空の方向まで立ち上げたら
虹の輪が 出来上がるから

例えば 叶わなかった
悔し涙で
誰よりも 素敵な虹を

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

花言葉にも色々ありて

黄色
友情・献身・可憐・美・さわやか・あなたを恋します

ゴールドに近い黄色の薔薇 
【何をしても可愛らしい、希望】

イエロードットの薔薇 
【君を忘れない】

黄色い小輪の薔薇 
【笑って別れましょう】

とのことで、
何となく黄色の薔薇=嫉妬のイメージがあった

初めて花言葉を知った時以降、
黄色の薔薇を見る度に
とあるBGMが脳裏をリフレインする

エックスの サイレントジェラシーだ♪
嗚呼 カラオケ行きたい!_( ̄▽ ̄)ノ彡!

写真はプリザーブドフラワーでんがな。
ミーティングの後に 
今月末でスタッフを卒業する二人に
贈られたもの

お約束の台詞(?) 
「これ、何て言うっけ・・・ブリザード?」
と言った人には

「それじゃ吹雪いてしまうからっ!」
と 突っ込んだった
( ̄ー ̄)

普通の花束の比ではない位に 長持ちさんですから
嬉しいですなっ♪

プロポーズとともに もらった
プリザーブドフラワーは

四角い硝子に囲まれて 
今も綺麗な彩りを 呈しておるのじゃ☆

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

幻想石


キラキラ光り出す存在
空に瞬く星
オリオンや北斗七星
カシオペアに ホッとする

一息ついた後で飲む
温かなココア

マシュマロみたいな甘い泡に
カラフルなチップが 散らしてあって

遊び心満載の ティーカップの中で
メリーゴーランドで観たような馬が
今にも飛び出しそうな勢いで 吠える
その声が 響きそうな頃合い

闇が訪れ
気温は低くなる

雨上がりの路は 艶やか
枝先で揺れる雫と
どちらが美しいかと 競い始める

ストローで
冷たい苺ジュースを飲む瞬間

色合いのまろやかさに気付けば
ミルクを思い出せる

メニューにはない隠し味も
こうして 穏やかに流れる心に触れて
更に溶け出す
綺麗なモニュメントとなるから

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

足元が代わると進む路も新たに見えて来る不思議

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

詩の発表場所あります
自慢の絵・写真を披露したい方にもおすすめ!

ワタクシすずこが編集している手作り詩誌
ポエムサークル「みゅう」

仲間になり購読いただくと
ボツなしで冊子掲載 & CDトーク → 全国郵送★
見本誌もあります。読みたい方も連絡くださいね。

以下に本誌の写真・詳細を紹介していますので
クリックして御覧くださいませませ~☆

ミュウ 223.224号 完成♪ 

すずこのリンクはこちらから

~いつかの すずザレ~ 藤鈴呼の戯言
過去作も織り交ぜてUPしていきます☆

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

二人乗りは 危ないから 止めなさい

うん 知ってるよ

だけど 試してみなければ

失敗には 気付けないって

それ 本当?

★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

目覚めると アラームが 鳴った

心の 奥で


あれ? オカシイな

設定は 間違ってない 筈なのに


クリックした 心の扉

太陽の光が

優しく 包んで くれる

★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

真っ直ぐ アナタを 見詰めると

少し 息苦しいから

片側から 見詰めても 良いですか?

アナタの 影が

私を 包む 其の日まで

★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

もう 温もりも 思い出せなくなって

哀しみに 呉れたのは 一月

時が 経て

あたしは

苦しみさえも

感じられなく なってしまった

°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

数え上げる事が 億劫に成って

止めて しまった

今まで 何人 愛したのか

そもそも 愛は 何なのか

思考を 停止 してしまえば

こんなに 楽に 成れるのと

一人の夜の 寂しさに

慣れて 呟く 枕もと

★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★
人気ブログランキングへ
↑ポチッとな~☆↑


2014年11月24日 (月)

金魚の悩み

Img_0818


Img_0819


Img_0820

惜しみなく埋める
余白に乾杯 

赤とか白とか 
少し墨のついた
筆を垂らした文字とか
 
幾何学模様から流れる
音符のような階段の先に
咲く未来 

それが
来年と言う名の
時間帯なのですね

うねる 鱗
ロコモコ丼の上から
黄色のソースが
ゆっくりと漏れる

ちーたらたら
流行の金管楽器
小脇に抱えて
甚振っても良いよ
弦は短く張ったまま

小さく降る頭
ヘッドヴァンの小刻みさ
繊細な精神
バイオレット色の
バイオレンス
パインの混じった
オレンジジュース

どれも 撹拌した
巻き返さない
巻き戻らない

何度 薪を代えても
焔は 小さなまま
だから
冷たい心を
色濃く 映すのね

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

-assma-水-required-さん
の世界から 即興戯言してみました☆
いつも イイネ! くださる方です。ありがとう。

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

黄緑の球体を見ると 
沢山のガスが詰まってるって思うよね

あの中は意外と 五月蠅いんですって
耳が難聴になっても 
きっと文句は言えないわ
爆発なんてさせないわ

あの螺旋階段は 見る目以上に クネクネとしていて
あの女狐以上に 訳の分からない言い訳ばかりを繰り返すから

おてんとうさまが シャキッと立つことを
許さなかったんですって 知ってた?

昇る時は 下を見たらアカン
怖いって思ったら 降りて来られんことなる

窓吹きのゴンドラが たまに風に吹かれて留まるだろ
あんな風にガクブルしたって 誰も助けになんて 来ないよ

だから 中身を信じて 
心だけでも 温めるしか ないんだってサ

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

♪すずがたり♪2014.11.18.中島みゆき 時代

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

詩の発表場所あります
自慢の絵・写真を披露したい方にもおすすめ!

ワタクシすずこが編集している手作り詩誌
ポエムサークル「みゅう」

仲間になり購読いただくと
ボツなしで冊子掲載 & CDトーク → 全国郵送★
見本誌もあります。読みたい方も連絡くださいね。

以下に本誌の写真・詳細を紹介していますので
クリックして御覧くださいませませ~☆

ミュウ 223.224号 完成♪ 

すずこのリンクはこちらから

~いつかの すずザレ~ 藤鈴呼の戯言
過去作も織り交ぜてUPしていきます☆

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

金 朝 夢


幾つかの シーンが 重なる 夢を 見た

ウェディング ・ ドレスを 着た
大量の 女達

昔 テレビで 眺めた
合同 結婚式の 様な 写真を 眺めてた

写真が 出来立て なのか
何故か 私と 妹が
女達の 中に 居るのだけれど

私は 其の 結婚式の 会場を
ウロウロ してる 様な 感覚

昔 喧嘩した 友達が 出て来て
私の 手を 
両手で 握り 締めながら
こんな コトを 言った

ねぇ どうしても あっち側に 行くの?
こっちに おいでよ

どうしても あっちが 良いって 行くの ならば
止めない ケド 

其の 代わり 
離れた 手は 二度と 繋がないよ

どうやら 妹の 仲間と 彼女の 仲間とで
二つに 割れて 居て

私は どちらかを 
選ばなければ ならない 設定だった

握られた 手の 温かさを 感じ ながらも
既に 妹側 と 決めて 居る 心を 感じ ながら

私は あのね・・・ と 
説明を 始めようと した

其此で 目覚めた

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

どうやら 
同じ 場所を
グルグル 回って 居る ようだ

又 
同じ 岐路に 佇み
悩む 心

最初から
似た様な 世界しか
見て 来なかったから

今更
逆転 ホームラン など
打つ 気力が
湧いて 来ないんだ

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

金曜日の 夕方から
右耳の 後方が 痛んだ

未だ 微かに 痛む 
火曜日の 朝

下を 向くと
ズシリ と した
痛みを 感じる

落とした 物を 
取る トキ なんかは 
最悪だ

少しずつ
良く 成って 居るので

普段は 
忘れ られるのだ けれど・・・ 

2日間程は
常に

筋肉痛の 様な 痛みが
伴った

日曜日

ミュウの 発送 準備を 
完了 した

暑い 一日で

彼は 誕生日だが
試験日 だった

部屋の クーラーは 使わずに
扇風機で 乗り切った

直接 当てると
紙が 飛んで しまうので

小さな 風が
間接的に 
掛かる 程度だ

製本 作業の トキ
膝を 浮かせて
体重を 掛けながら
ホッチキス 止めを した

合計 40冊分

一冊 3箇所 だから
120回の 作業だ

月曜日の 仕事中

太腿の 筋肉痛を 感じた

嗚呼 遥かなる
運動不足よ。。。//δ⌒▽⌒//

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°
人気ブログランキングへ
↑ポチッとな~☆↑



柿が生る

Img_0815


Img_0816


Img_0817


本日はレガ子と遊んだ一日でした。
先ずは 冬タイヤ交換をば。

新タイヤ購入時には 
ホイルのバランス調整をお願いしつつ
レンタル車庫に赴くのだが 
今回は借宿の車庫にて作業をす。

押せば回るボルト締めの「機械」は画期的だし
手にする「機会」も中々ないんだけれども

矢張り 自ら持つ十字レンチの愛おしさに
勝るものなどあろうか(反語) ってところでして。

唯だねー ワタクシ不惑、
まだまだイケてないとイケナイ

齢だなんて口が裂け「たら」
言えないんですけれどね?

ジャッキアップがキツイ!(爆) 
どっこらせ、みたいに
思わず声が出そうになるのを
必死でこらえたわよ(笑)

ここだけ旦那に丸投げしようとしたら 
ニヤッとして
「お前、体力なくなったなー」

ぬわに~っ!(怒) と 奮闘しようとしたら
レンチ奪われましたわよ(笑)

その他の作業は大好きなんでね、恙なく進行~。
まあ腕力は落ちてない(?)っつーことで

最後のボルト締め、(一本締めみたいやな。笑)
ここで いつもは旦那チェックが入るんだが

「お前の力なら大丈夫だろ」
うん、この太鼓判は 喜ぶべきところよね!?

で、ガソスタへGO~っ♪ 空気圧チェキ
我が子は220なんですよ

チンチン列車を彷彿とさせる状況に
「空気 抜け過ぎだろ!」とぼやきつつ。

目の前にある住宅の 玄関先にある柿が
目に入りましてん

「あ゛っ♪ 柿がなるなり法隆寺♪」と言ったら
突っ込まれましてん

「柿はならんだろ。」
嗚呼そうか 柿食へば鐘がなるなり法隆寺:子規

しかし、果物の場合の「なる」は「成る」なのか?
と会話していたんですなっ♪

♪すずがたり♪2014.11.18.サザン 真夏の果実

動画写真 ラストが おっぱいパンで すんません(笑)
途中で 缶入りクッキーが出て来ます。これ、白すぎね??

昔っから良くあるタイプだと思うんだけど 
あまりの白さと味気なさに 思い切りヒキ入りました。 
まあ 全て食べたけどよ(笑)

今回の写真は 糸魚川駅 南口方面 工事中の風景
こうして見上げていると 足長おじさんだよね~。

高架って意外と長いんだなあと思う。
最近は夜の仄かな灯りが美しいなあと思うちょります。

木に「生る」鴉たち。 かあちゃん すんげえよ!
姫川沿いの橋にも めっちゃ留まってるしな。
上から小魚 狙ってんだろーね。 夕食か!?

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

詩の発表場所あります
自慢の絵・写真を披露したい方にもおすすめ!

ワタクシすずこが編集している手作り詩誌
ポエムサークル「みゅう」

仲間になり購読いただくと
ボツなしで冊子掲載 & CDトーク → 全国郵送★
見本誌もあります。読みたい方も連絡くださいね。

以下に本誌の写真・詳細を紹介していますので
クリックして御覧くださいませませ~☆

ミュウ 223.224号 完成♪ 

すずこのリンクはこちらから

~いつかの すずザレ~ 藤鈴呼の戯言
過去作も織り交ぜてUPしていきます☆

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

指 差して 確認すれば 其の心

     脳の 隙間に 広げ行くのみ

★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

やはり 忘れ難き 

そして 忘れ 形見


思い出が 存在する 理由なら

此処に有る アルバムを 開きなさい

総ての 理由が 解らずは

全ての 価値を 測り兼ねて


そうだよ 人は

何時だって

忘れることも お仕事なのさ

★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

きっと セクハラと 同じなんだね

どれだけ 自分の心を 騙せるか

其れが 「 ツライ 」 の 

サイン なのでしょう


だから バロメーターは 各々で

誰にも 決定 されないんだね

★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

慰める コトを 忘れた

貴方が どれ程の想いを

心に 詰め込んで 来たのか

あたしは 知らないから


慰められる 言葉 恐れた

あたしの 全てを 象徴す

この ノートの 増殖を

止められぬから

★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

上手いね 

そう 言われて

誰かの 褒め言葉には

素直に 「 ありがとう 」


それが 本音でも

喩え 厭味でも

例え 嫌味でも


後味の悪い 会話に

意味は 無いから

★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

知ってるでしょう? あたしの ナルシスト

そう言って 笑いながら

あたしは 新しい曲を

優しく 口ずさむ為

又 マイク 片手に

★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

もしも 君が

いじめられたと 思うなら

其れは 心の 弱さだと

一体 誰に 決められる?


痛みが 身体が 精神が

どれ程 キリキリ 鳴ってるか

耳を 澄ませど 聴こえないのに

°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

自分が 優位に 立った トキ

そう 豪語 するのは

一種の 思い込みで 有るのでしょう


ともすれば

会話の中で

双方が そう 思いながら

会話を 終了する 刹那


その 言葉には 意味は 有る?

その 心には 刺は 見えない?

★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★
人気ブログランキングへ
↑ポチッとな~☆↑


以下、無用のことながら

Img_0807


Img_0808

司馬遼太郎 著
そんな本を読んだことが無かったので衝動買い

いや~、時間かかりましたね!
何故って 歴史ものに疎いんだってば 私。

懐かしの ワープロ検定 タイピングスピードを測るにも
歴史上の人物が出て来ただけで タイム落ちてたかんね
どんだけーっっ! って言うね。

私が初めて手にしたワープロは
パナソニック製だったのですが

当時の主流キーボードは
「手触りツルツルタイプ」でした。

検定を取り進めていく上で スピードを速くするってんで
「指に吸い付くぞタイプ」に変更しましてね

これが滑らかで心地良いの何のって!
事務処理している時なんか良く感じたんですけれど

これぞ親の仇! みたいに ダンダン打ちまくる人
必ずいますよね、アレ 大っ嫌い(笑)

唯だ五月蠅いダケで ストレス放散しているだけっちゅうね。
少し静かに作業できねーのかよっ! となる。

まあ~ 自分も苛立って行くと なりがちなんで
自制しますが(笑)

苛立ってなくてもね、急いでいたり ヒートアップしていくと
どうしてもキーと指の空洞が 広くなっていくのが分かるのよねー
(遠い目)

空洞が あれば あるほど
一つのキーを叩く迄の時間って 長くなる訳ですから

その分 打ち込み速度も 遅くなるって
どうして解んないかなーっ みーたーいーなーっ。

今の職場も個人的に佳境に入って来ていた昨今
期日までに打ち込みたい企画書やらマニュアルやらの他に
ブログやチラシ作成方法の引き継ぎなんかもありまして。

年中パソコンには遊ばれてる私が 何故か
パソコンに詳しいと思われているから厄介だ。 
だって、「思われているだけ」、なんだもんよ(爆)

実力が伴いませんからね、
あーだこーだ質問されても解らねーよ
みーたーいー(以下略)

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

♪すずがたり♪2014.11.18.サザン TSUNAMI

動画写真 
月不見池 イソヒヨドリ 高台から海に近い駅を臨む

最新号みゅうが到着したと連絡いただいている昨今
みゅうメンバー えぐぜっちが 金沢に行っていたらしい☆
羨ましいっ。

以前 おしゃべりすずこCDのインデックスにも使用したが
珠洲市にいって「すず」という響きに

親近感を持ったたのが 懐かしいですなー 
それだけで余計に車 走らせたもん(笑)

和倉温泉は有名だよね 
あれは石川だけど 金沢からは近いのかな?

旦那に場所を聞きながらタイピングしているけど
あそこは能登半島の付け根でしょ? と言ってる。(笑)

金沢駅のイメージは 
「凄く ゴージャス」

え゛? 名前に「金」が入っているからだろって?
何となくの印象って 
そういう処からも来るものなのかしらん?

駅ビルから夜景を観たりしたけど
やはり都会って感じがした。
今いる糸魚川も 駅が大きく生まれ変わりまして。

線路越しには良く分からないかも知れないけれど、
前にエグゼっちが通過した時より より素敵になった!

今度の春、新幹線が開業すると
東京から金沢に一気に行けるみたいなんだけど
そうしたら 金沢は もっと賑わうんだろうなぁ~。

途中の糸魚川に降りる人も増えてくれると
地元も潤うだろうなあ~。と思うちょります。

糸魚川はジオパークということでね、
ゆるキャラでは「ジオまる」っていう可愛らしい丸い姿が
目に入る機会が多かったり

駅も「糸魚川-静岡構造線」 
通称フォッサマグナの断層をイメージして
デザインされているみたいなんだけれども

今回みたいな被害があると 
「断層」ということを全面に出すのも
微妙な雰囲気になってくるよね

地元として発信できる、商品化したいような存在が
沢山ある地であれば良いんだろうけれども

糸魚川の場合 翡翠は有名だけど 
形にしようとすると 難しいだろうしなあ・・・と
思うのでした。

個人的に我等がイチオシ 「ブラック番長」

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

詩の発表場所あります
自慢の絵・写真を披露したい方にもおすすめ!

ワタクシすずこが編集している手作り詩誌
ポエムサークル「みゅう」

仲間になり購読いただくと
ボツなしで冊子掲載 & CDトーク → 全国郵送★
見本誌もあります。読みたい方も連絡くださいね。

以下に本誌の写真・詳細を紹介していますので
クリックして御覧くださいませませ~☆

ミュウ 223.224号 完成♪ 

すずこのリンクはこちらから

~いつかの すずザレ~ 藤鈴呼の戯言
過去作も織り交ぜてUPしていきます☆

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

そーなんす(≧▽≦)ゞ っていう
キャラクターが あったなぁ・・・
ポケモンだったなぁ・・・

名前は 覚えて ないけど 
ソーナンス って 名前 なのかなぁ・・

と タイピング していて 
ソーナンス って カタカナで 表現したら
ヤキソバが 食べたく なっちゃったよ (笑) 

最近 ソース 使ってないなぁ、なんて
思ったり してね。

おたふくソースが 冷蔵庫の中で
寂しそうに してるんだよ ねぇ。

昔っから ブルドッグソースが
お決まり だったんだけど 

ある時 たまたま スーパーで
思いついて 手にした おたふくソース・・・

いや、 誰かが 美味しい って 言ったのが
キッカケ だったかなぁ?

忘れちゃったけれど 一度 購入したら
結構 あのソースって トロッと してるじゃない?

生活習慣病 まっしぐらの
ドロドロが 好みな アタクシは
即決だよねぇ ( ̄ー ̄)

あれ以来 ずっと おたふくソース万歳☆
なんだけど

彼は 余り 好きじゃないみたいで
普通の ソースにしてくれ って 言うから

なくなったら 変えるねー なんて 言ったまんま
なかなか 減らないんだよ。。。//δ⌒▽⌒//

ウスターソース や オイスターソース は
一度くらい 買ったこと あるんだけど

如何せん 何時も 
塩 コショー パッパ の 醤油くらいの 味付けな
私のこと、

中々 出番が ないままに
固まって しまいそうで
購入してないので 有りまつ。

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

気が向く場所に 寝っ転がる
あたしは ネコ

アナタは 
そんな アタシを 見て

猫みたいだ って 言ったけれど
最近じゃあ ブゥブゥ 言って
からかうんだ 

ほら、 ブゥって 言ってみろ 
なんて 

両腕を つかんで 
揺らすような 雰囲気 

例えば 
おもちゃを 買って 欲しくて
駄々こねる 子供が
地団太を 踏む って 有るよねぇ 

あれよりも 少し マシな
子供だったと する。

子供は あれが欲しい! って
指差した まま
その場を 動こうと しない 

そんな時 
大人は 先ず しゃがみこむんだ 
子供と 同じ目線に なるって ことだね 

それから 子供の 両手を 包み込むように
しっかりと 掴みながら 
言い 含める 

その場合 両手を 包む 温度も 
気持ちも 温かいけれど 

前述の 
両腕を 掴んで揺らす の 場合は 
ちょっと 違うかも 知れないね 

何でなのよぅ! って 
彼女が 彼に 駄々こねる様な 雰囲気を
想像して もらったら 
丁度 良いのかも 知れないな

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

何も アタシは 
他人より とても デリケートだった 訳では
無いと 思うんです 

ただ 許せなかったのは 
何でもないことの ように 

アナタが 
アタシの 生まれた 聖地を 
ボールペンで 突いたからなんです 

タッパーに 入った
母の 子宮 

筋腫の状態を 説明しようとした 医者 

オペ後で 土色の肌をした 母が
ベッドで 休んでいるのを
確認した 直後 
別室で 聞いた 説明 

私の 気持ちも
敏感に なっていたのでしょう 

父と 並んで 座った 椅子 
いや 立って いたのかも 知れない 

そういう 細かいことは
一切 覚えて 居ないのに 

あの医者が 
ボールペンで 突いた 瞬間だけが 

鮮やかに 
脳裏に 焼き付いて しまっていて 

もう 私は 
高校生くらいだった 記憶が ある 

自分の 年齢も 
あやふやなくらいの 記憶なのに
 
その 部分だけが 
許せない 焔となって 

思い 出す度 
メラリ メラリと 燃え上がるのです

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

あなたへ 作る お弁当
愛情の味 たっぷりと

短い時間で 味わって
満腹 笑顔 広がるように

彩りの花 春モード
桜に 負けない くらいにネ♪

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

コンタクトライフが 当たり前だった頃
日々 パソコンの前から 離れられずに

会社でも 自宅でも
画面を 埋める文字を 追い掛けて居た

自宅ならば ちょっと 居眠りも 出来るけれど
なんて それは 今の お話

当時は プライベートタイムが
とっても 大切な 時間で
幾ら有っても 足りないから

余計に タイピングスピードは 加速
目を休める時間など 殆ど 皆無

会社では 昼食を摂ると
午後には 必ず 眠くなる

ウロロン ウロロン な 時間帯
パッチリ と 目を 開けたくって
余計に 開いた 我がマナコ

お陰で 加速したのは ドライ 愛
そんなことにも 気付かなかった

今は 思い出す度に 目薬 ポトン
少しずつでも
潤いを 取り戻せますようにって。

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°
人気ブログランキングへ
↑ポチッとな~☆↑



2014年11月23日 (日)

あつみ豚

Img_7959


Img_7967


Img_7955


マイブームのぶたたんは恙なく進行中♪
当初より熱は冷めたかと思いきや

こんな光景を見ると
思わず構えてしまうデジ・カメ子は健在☆

お盆に酒田くんだりまで行く途中に
発見したのでしタ。

糸魚川にも親不知パーキングがありまして
その近くに写真のようなトンネルがあります

勿論 昔は稼働していたのでしょうが
今は国道沿いに眺めるダケ
何だか旅情を感じさせるのですな~

ここに みゅうメンバーの泥ちゃんが来たんだな~
歩いている姿は眺めていないけれども
そんな様子を連想しながらの旅

いつかのテレビ番組で 石のバランスを取りながら
幾つも積み重ねる名人が映っていましたが

そんな姿を彷彿とさせる。このバランス感!!
驚きでした。

♪すずがたり♪2014.11.18.福山雅治 家族になろうよ
他の写真は こちらにあります

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

詩の発表場所あります
自慢の絵・写真を披露したい方にもおすすめ!

ワタクシすずこが編集している手作り詩誌
ポエムサークル「みゅう」

仲間になり購読いただくと
ボツなしで冊子掲載 & CDトーク → 全国郵送★
見本誌もあります。読みたい方も連絡くださいね。

以下に本誌の写真・詳細を紹介していますので
クリックして御覧くださいませませ~☆

ミュウ 223.224号 完成♪ 

すずこのリンクはこちらから

~いつかの すずザレ~ 藤鈴呼の戯言
過去作も織り交ぜてUPしていきます☆

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

アナタと 向かい合う 瞬間の アタシを
我侭だと 攻めないで

時が 経つ毎に
見せる 表情は 増えて 行く

例えば 苛立ちの 表情
最初は 愛しいだらけで
解らなかった 筈の
思い出したくなかった 筈の

同時に 減って行く 表情
嬉しい 楽しい 大好き は 有れど

一番最初の キラキラとした 上目遣いの瞳は
もう 今は 無いのでしょう

だから きっと トータルして プラマイゼロ かな
そんな 気が している

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

知らなかった あなたの世界を 眺める時
本当の あなたは 知らないのだけれど

でも 少しだけ 知った気に なって居て
良く知った 映画よりは リアリティーが 有って
ちょっと 心が 解きほぐされる 瞬間

何時も 癒されたり 励まされたりして来た 私だから
新しい 発見に 心 ときめいて しまう夜

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

簡単なことのようで 普段 意識 してなければ
通り過ぎて しまいそうな 感情

大切に 抱きしめて 
ぎゅっと しすぎると 潰れてしまうから
そっと 卵のように・・・

卵のような においに 誘われて
ついつい 入れてしまう 塩が 有る

彼が 塩風呂に ハマってから
ネット購入している ヒマラヤ岩塩

二種類 購入していて

片方は ピンク さらさらの塩
片方は 黒で 硫黄の におい

こちらを入れると 
自宅で 温泉のような気分を
味わえるんだ

気分だけだって 突っ込まないでね
先ずは 気分が 肝心なんだよね

癒される フリ
癒される こころ

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

ミニトマトに ハマって しばらく 経つ
サラダ フェチと 気付いてからも。

ミニトマトは 普通のトマトよりも
プリッ と してる気が する

何より 使いやすい
大きなトマトは 数年 食べてないかも 知れないな

たまに モスに行けば 薄っぺらい トマト
口に するけどネ

今日は ミニトマト と 普通のトマト の
中間くらいの 大きさのトマトを 買って来た

綺麗な球体じゃなくて ほんの少し 楕円みたいな
不思議なトマトの名前は・・・・

冷蔵庫 開けたら 今度 見てみるネ
。。。//δ⌒▽⌒//

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

誰かの 生き方を見て
旅人だと 感じたら

自分が 此処に居る 幸せを 
先ず 考える

旅は もともと 好きじゃない
なんて
強がって みたりも する

それでも ほんの少し
現実逃避の夢を
追いかけたく なったら

布団かぶって 眠ってみる
そうしたら
鳥になって 羽ばたく夢を
見れるのかも 知れない

この夢の 意味は
知ってるね・・・?
You See ?
I See !

そう 現実逃避 なんだよ ネ

*

アイシーって 知ってる?
知らない 何それ

昔ね ダイエーに あったの
セブンとかって名前の
ファーストフード コーナーでね

カキ氷 みたいなんだけど
カップに入ってて

ストローが ついてるんだけど
片方は 先っぽを 斜めに カット していて

氷と アイスの あいのこ みたいな 感じで
呑めるけど かじれる みたいで

アイシーって ネーミングが ピッタリだな★
って
子供心に 思ってたんだ

それって 要するに スムージー・・?
あ・・・そうかも知れないね。

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

私は 素敵な 磁石に 成りたい

アナタ と 言う S極に 触れて
ワタシ は N極と 信じて
一緒に なった

同じ S極でも
これほどまでに 惹きつけられる人は
他には 居ないと

例えば N極でも
思い切り 身を反らす 必要は
無いのかも 知れない

幼い頃に 見た
砂の中には 妖精が 住んで居た

公園の 砂場で
キラキラ 輝いてた

買ってもらったばかりの
新しい U字磁石で

砂を さらったら
キラキラが くっついて来た

それが とても 嬉しくて
砂粒や キラキラが 
へばりついて

ちょっと 汚くなった 磁石が
少し 切なくて 
哀しくて

でも 誇らしげに 笑えてた

少し 大きくなって
磁石の周りに
ビニールを 被せる術を 覚えた

こうすれば
ひっついてしまうことは 無い
一つの 知恵だ

私自身の 吸引力は どうだろう

会話は フィルター越しに
なって ないだろうか

想いは 透明な 硝子のように
解りやすく 
伝えられて いるだろうか

そんなことを 考えながら

とっときの 磁石は 
どんな カタチを しているのだろうか
思いを 巡らせてる

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°
人気ブログランキングへ
↑ポチッとな~☆↑


10年後の姿

Img_6194


Img_6175


Img_6146


猫も杓子も地鶏が好きとは限らない
自撮りは得意な世代が増えた

手鏡を 机上に置いて 自らの
乱れチェックを したオケ部屋に
響く音量 大きな苦情

あの頃から 口紅なんて 忘れてサ
持ち歩くのは 色つきリップ

リップサービス忘れない
ディップサービスしたくない

笑顔 引き連れ 引き攣らず
意図は持たずに 横に弾く

邪さえも ハシタナク
歩く隙間に コーン揺れ
化かされキツネ 思い出す

灯りは左斜め上から照らして
視線は斜め45度でキメてパシャリ

一番若く見える方法なのよって
誰でも知ってる

遣い忘れた手鏡を 
床と平行に置いて
覗きこんだら分かるわよ
これが10年後の私

思わず閉口しても平気
確かめる頃には そんなこと
きっと 忘れちゃってるわ

ポップコーンとはまた違う
四角いクランチチョコレートを連想するの

空色のホワイト味は スッキリビター
味わっていると 森のくまさんも
一緒に踊ってくれそうな雰囲気

冬眠前に 仲直りして
楽しく笑い合いましょうよ

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

♪すずがたり♪2014.11.18.斉藤和義 歌うたいのバラッド

他のスカイツリーショットは こちらにあります
いやぁ、適当な角度でパシャリ☆ してみるんだが

角度的に 自分とツリーの先頭を入れるのが
こんなに難しいとは!

その辺 歩いている人に 頼んでも良かったんだけど
どうしても自分でチャレンジしたくなっちゃっちゃって(笑)
レッツ・トライ♪ 状態でした

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

詩の発表場所あります
自慢の絵・写真を披露したい方にもおすすめ!

ワタクシすずこが編集している手作り詩誌
ポエムサークル「みゅう」

仲間になり購読いただくと
ボツなしで冊子掲載 & CDトーク → 全国郵送★
見本誌もあります。読みたい方も連絡くださいね。

以下に本誌の写真・詳細を紹介していますので
クリックして御覧くださいませませ~☆

ミュウ 223.224号 完成♪ 

すずこのリンクはこちらから

~いつかの すずザレ~ 藤鈴呼の戯言
過去作も織り交ぜてUPしていきます☆

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

君が倖せを掴む予感 

僕も後から生きたい不安 

抱えられた過去に 

遠き日の記憶に 

全て 投げ掛けて 

新しい 光を想う 

日差しの増す 天国へ昇る瞬間まで 

時流は永く 叶えられるよ―― 

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★

あたしは相変わらず孤独な日々 

『 最近は 一人の時間が 当たり前で・・・ 』 

寂しさを 跳ね除ける様に、
自分に 言い聞かせてみるよ。

あの日 舞った 白いボール 、 
寄り添った あたし達の輪 

誰もが楽しめていたメビウス 
笑う シルバー イヤリング 

問い詰めた君 
諦めた僕 

離れた二人 解り合えた時間 

感じ ・ 解かれた跡の 憂鬱 

本気で信じた たった一つの恋を。 

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★

全然メールもしなかった 一人の友人から届いた 結婚報告。 

僕は とっても 嬉しくて 思わず 長電話で 報告をする。 

笑いながら 愛おしみながら語る友人は とっても気楽。 

とても身近に感じてた人達が 病に倒れ 

息絶え絶えになりながらも 必死で生きてる。 

見守るくらいしか出来ないけれど 
今は これだけで。 

三連休も お見舞い行脚。 
それでも微笑えるよ。 

あの日 落としかけた 僕の滴を 

雨が 流して呉れたから――

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★

明日は妹が来て 日曜は 病院行脚 (-_-)゛ 

タイムマシーンに乗って、
彼女がやって来る。

この前 会った ばっかりなのに、
JI-JIに会いに やって来る。

二人の大切な彼は、
今は病に倒れ、

タイムマシーンの様な 
時を生きてる。

はやての開通する前に 
新幹線で やって来る彼女。 

扉を開けたら、もしかしたら 
一面の 銀世界? 

未だ冷え込みは 
少ないみたい? 

灯油の減る時のマージンが 
少しずつ短くなって 
僕のタバコも短くなって 

彼の命の灯火も 
もしかしたら 
短くなっているみたい・・・ とは 

思い込ませ 「 たくは ない 」 ね。

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★

何と無く アタシは 
あの時の 君の言葉が 
頭から 離れなくて、 

彼とも 話してた記憶が 有ったんだ。 

『 彼女は きっと 
  彼を 成長させるために 

  自分から離したような 
  そんな 気がする。 

  時が経って、必ず二人は 
  幸せに成るような予感と 

  ” そうで有ったら 最高だな ” って 願望が 
    両方 有るんだ 』  って 

熱く語っていた日が 
とっても 懐かしいんだ―― 

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★

何て、不躾な言葉を、
低俗な台詞を 
渡してしまったんだろうと 
今更ながらに後悔しても 
送信マークは 消せや しないね。 

それと似たような思いに 囚われて 

懐かしいような 刹那を 
思い起こして しまったんだ・・・

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★

星の滴が 彗星の欠片と成って
大きな天空を 流れ逝く様に 

恋は 必ず 
一つ処に留まって居るコトなど 
出来なくて。 

愛に 替わってしまえば 
織姫と 彦星の様に 
成るだろうか。 

そんな 儚さを 払拭するのは 
披露宴の会場。 

君は 今夜の 主人公。 

片時も離れない 
純白の ウエディング ・ ドレス。 

指を咥えて眺める僕は 
空の上の お月様に 

又 
笑われて しまうのかも 
知れないxxx

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★
人気ブログランキングへ
↑ポチッとな~☆↑


裏微笑し

Img_0805


Img_0806

前回のミュウはポエケットの頃でしたから
七夕の発行でした

あれからンカ月、久々に時間が掛かりましたが
一つ前の記事で紹介した最新号が完成し

先払いのメンバーの元へは そろそろ届く頃かなぁと
思うちょります☆

今回の写真は裏表紙、と言うつもりで
タイトルを打ち込んだら

裏が微笑しちゃったもんでから
何となく面白いのでそのまま更新しちゃろ♪

てな感じでですね
第二弾の発送まで もう少し時間が掛かるかも
しれませぬ~っ。

手作りの世界観が大好き・書くことが趣味
そんなアナタは 一度 読んでみて下さいな☆
連絡お待ちしておりまする~。

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

♪すずがたり♪2014.11.18.ミスチル HANABI

動画フォト 藤鈴呼オリジナル アクリルストラップ
嗚呼 今シーズンのマルシェが終わる頃合い…

結局 夏あたりがラストの参加だったような。。。
月日の速さに愕然とする瞬間なのでした。

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

詩の発表場所あります
自慢の絵・写真を披露したい方にもおすすめ!

ワタクシすずこが編集している手作り詩誌
ポエムサークル「みゅう」

仲間になり購読いただくと
ボツなしで冊子掲載 & CDトーク → 全国郵送★
見本誌もあります。読みたい方も連絡くださいね。

以下に本誌の写真・詳細を紹介していますので
クリックして御覧くださいませませ~☆

ミュウ 223.224号 完成♪ 

すずこのリンクはこちらから


ミュウについて


創刊:平成5年3月1日
会員随時大募集中

B5(ノートサイズ) 30P
カラーコピー詩誌

手作り編集の郵送誌
パソコンカラー印刷し
2枚の紙を 貼り合せ
1枚にして製本。

価格は1冊あたり 
500円小為替+80円切手、各1枚
口座振込可能

2冊ずつ発行、2冊同時購読の方へ
「おしゃべりすずこCD」プレゼント

私が選ぶ受賞者5名と
会員からの人気投票者には
虹の欠片(プラバンカード)か
手作りポストカードをプレゼント☆

会員になる方法

1.私へ「会員希望」と書いてメッセージを送る
2.簡単なアンケートに答える
3.会員登録完了 ξ・。-☆

ミュウについての詳細を知りたい方も
メッセージください。

参加も脱退も自由。
好きな号だけの参加も可♪

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

~いつかの すずザレ~ 藤鈴呼の戯言
過去作も織り交ぜてUPしていきます☆

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

翌日 彼は 仙台で仕事後 帰宅。
アタシは 仕事が無いので 盛岡へ(笑)

地元のバスなんて 乗った記憶は 
高校生の時だったなぁ~
なんて 回想しながら 乗り込んだのは
前の職場へ顔出しする為で。

かつてドライブしまくった道則
なんて書くと 格好良いか?
唯だの 通勤ロードって書くよりも オツじゃない?

一抹の 慕情感も 連れ 
車窓越しの 風景を 道連れに
・・・何かの歌詞みたいねぇ。

到着したのは 昼時間。
給湯室で かつての仲間達を 驚かそう
と スタンバイ

何時もの 彼女達が 登場し
驚いてる。

・・・でも 思った程の サプライズには
ならなかったんかなぁ・・・?

ビックリの度合いが 少なくね? 
なんて 言うと

昨日 バースデーメールを くれた
彼女 曰く

「 昨日 メールの やり取りしてたし 
 あんま 久々感が なかったのかも? 」

ほーぉ ( ̄ー ̄)

そして事務所へ 乱入
この時間帯は 営業陣は 殆ど居ない

社長 居たら 挨拶しようかな と 思ったが
居なかったΣ( ̄□ ̄)!
部長には 挨拶

手元の お土産と一緒に
最近 ハマってる 手作りポストカードを
無理矢理 配り 退散

ポストカードと言えば・・・
今度 11/9 秋葉原にて 文学フリマに乱入するので
沢山 作成して 売り子しようと思ってるのダ♪

勿論 最新号の みゅうも そろそろ発行せんと。。。
前回は 即売会のポエケットの開催日に 発行したから
そう 7/13だった。。。 かれこれ二ヶ月 過ぎてもうた。。

電車を レールに 戻しますがね?
( 伝わるわよね・・
 脱線を元に戻すって特筆しなくても・・・ )

会社を退散しようとしたら ゲリラ土砂降り

いやぁ アタシ 
盛岡に歓迎されまくってるじゃん
。。。//δ⌒▽⌒//

営業事務の彼女に 実家まで 送ってもらい 
一息つく。

ここから三泊するんだけど
実家じゃなくて ホテルに(笑)

そのうち 片付けが終わったら 泊まれる様にしたい
と 母は言うが
本が沢山 有るし 膝も心配だし
無理しないでね ママン・・・

何やら 私が知らぬ間に 事件が有ったらしい
二階の 物置部屋に ネズミが出たんでチュー。

もともと居間は 屋根まで突っ切る程 
高さが有ったのだが
途中で仕切って 二階にしたのだ。

屋根裏部屋みたいに 
三角の部屋が 出来たんですな。

  /\
/    \
   ①   \
         \ ←③
--------------
          |
   ②     |
--------------

諸事情により 図がド下手なのは
勘弁して 貰うコトに して・・・

うちの屋根って 左右の長さが均等じゃないんですね。
普通、家を書く時って

△が屋根で
□が下の部屋で 二階建て

みたいに書くじゃないですか。
うちは 片方の屋根が やたら長いタイプ。
道路側に雪が落ちやすい設計なんですけどね。

一般的には ①と②で 1階と2階に
仕切られてるのが多いかと思うのだけれど
うちは 居間の部分だけ 
屋根まで 筒抜け(って表現で合っているのかしら・・)
だったんですな。

だから 部屋が分かれてなかったのね。昔は。
それを ①と②の間を仕切って
屋根裏部屋を 作成した訳なんですね。
当然 ③の部分は 屋根が斜めなので
少しずつ 狭くなって行く 構造な訳で。

屋根裏部屋も 最初は立てるんだけど
③のあたりは 屈んで物置にするのが 精一杯。
ここに 母は あるものを 置いて居た らしい。

祖母が 昔 手作りしていた お手玉を。
これは 中身が 本物の小豆。 
外側は 古い布か洋服の切れ端? 
私も 幼い頃 随分 遊んだ 玩具だった。

お手玉の 少し 手前には
頂き物として 大量に有った 新しいタオルを
そのうち使う分として 何枚か出して
積み重ねて 置いていたそうな。

これらが すべて 
ギリギリ の ジャリジャリ の スッテンコロリン
・・・じゃなくて 
チリヂリにされて 散らばっていたそうで。

屋根裏だから 毎日 見る場所でも無く
今回 ちょっと 整理しようとしてたから

手前から少しずつ 掃除しながら 片付けていたら
数日後に 発見したらしい。

即座に チューチュー出現 Σ( ̄□ ̄)!
と分かったそうで。。。
フンも一緒に 散らばって居たから 分かったんだとか。

敵の姿は 見えないけれど
③の 屋根と部屋との隙間になっている部分
1階と 2階の 隙間の 板の部分・・・
少し 端が めくれていたそう。

とっても小さな 隙間だが 
出入り口は ここしか無い!

と 駆除剤を わらわら と 巻き
ワナワナと 震えながら 
残りの片付けに 没頭したそうな

ああ ご愁傷様でした・・・。

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

実家での夜は更け---
初日は 大好きな 回転寿司
二日目は 大好きな 焼肉 ディナー☆
と 相成りまして。

二日目の夜は 風呂も実家で入り
広いぞー♪ と 満足。
家族とは ここで お別れ。

三日目は 朝から 銀河鉄道スリーナイン
だったら夢が有るんだろうが

IGR 岩手銀河鉄道だったかな
これに乗り 渋民駅へ。

車では何度も通った町だが
この小さな駅は 初めて。

啄木の唄が ホームを繋ぐ階段に
幾つも 掲げられて居て 
情緒を感じつつ 友人宅へ。  

デカイ家だ ってのは 前回 来たから
知って 居たけれど
改めて 大きくなった 息子や
部屋を 駆け回る ワンコに ヤラレつつ
楽しい時間を 堪能。

夕方は 大通り近辺で
別の友人と 午前様まで 騒ぐ。
その翌日は 仙台へ。

ここでは 元上司なんだけど
殆ど友人と化してする彼女とデート。
年が9つ離れているけど とても若く
姉さんって感じなのダ (*⌒▽⌒*)

同じホテルに 一泊し
翌日は 彼女宅へ 乱入。
新婚の頃から 突然 ドライブついでに
乱入してた私。

転勤で 引越しを重ねて居たので
今回 お邪魔する お宅は 初だった。

ちょっと ここで 疑問が生まれた。
二階建てのアパートなんだけれど
普通は 二階の部屋の玄関は
階段上がって 二階に有るタイプが
多いじゃない?

でも ここは 全ての玄関が
1階に 集中してるタイプ。
これだと 表から見ると
1階に 玄関の扉が ズラーっと 並ぶことになる。

彼女達の部屋は 二階。
扉を開けると 靴置き場くらいの 狭いスペース
その先に 階段のみ。
階段を上がると 普通に2DKとかの部屋になる。

これって
1階の部屋の場合は
どんな作りになってるんだろう?
階段の部分は 斜めになってるのかな?
1階と 2階では 部屋の作りが どう違うのかな?
家賃も違うのかな?

はてなマークが たっくさん出て来て
暫し ポカーン。

一般的な 2階の玄関が2階に存在するアパートならば
1階も2階も 部屋の位置は同じだって 想像出来る。

けど この場合は どうなってんだろー。
考えてたら 面白くなってしまったのは
ワタシダケ--------???

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

仙台に滞在したのは 合計3日。
火曜日に 彼と二人で宿泊したホテルと

土曜日に 部屋は違うけど
彼女と宿泊したホテルは 同一だった。

何時もは彼に 頼りっぱなし。
二人でドライブしてる時は
あんだけ ロング・ドライビングが 大好きだった 私だけれど

今では ハンドルは 殆ど渡して居るので
私は 特等席 と言う名の 助手席で
のんびり過ごすのが 常。

するってぇと やっぱり
初めて行く道の ナビは
当然 私に なるじゃない?

地図を 逆さまに 持って
小馬鹿にされるのも シャクだなぁ と
何喰わぬフェイスで 涼しく 通り抜けようとするも
あっちゃこっちゃの ナビ模様 (。-_-。)

もう 信号手前で 早口で
「 右? 左? 」 なんて聞かれると
余計 焦っちゃって
当たる矢も 打つ手前で 折れちゃうってなもんだい

なんて話を 笑顔でしながら
彼女と 散歩をしてた。
そう 土曜日の夜に。

彼女も 私も 方向音痴。

「 だけど、二人共 方向音痴の場合って
 何だかんだ言って どっちかが しっかりするモノだよネ♪ 」

彼女の台詞に 元気付けられ
無事に 一発で ホテルに 辿り着きましたとサ~♪

流石 私!! やれば 出来る!!

※ 今日で 来るの 二回目だし
  駅から 徒歩 五分だろ?!

と言う 突っ込みは 聞こえましぇーん
。。。//δ⌒▽⌒//

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

昼間 彼女の リクエストで
アンティークの アクセサリーショップへと 赴いた。

どれも これも 高価な感じ。
本場の スワロフスキーものも 有ったり。

全て 商品は 一点もの。
年季の入った コアなものも 珍しくない。

店内は アロマっぽい香りがしてる。
彼女は 色々 悩んだ挙句
一つの指輪を お買い上げ。

夜は 沖縄料理の 飲み屋サンで 食事をし
帰り道 仙台と言えば 国分町でしょー

と 言うよりも
彼女のダーリンの兄弟が ラーメン屋で 働いている
と 言うので 顔出しに 行った

当然 アポ無しだったので 保証は 無かったが
居るかな? と 期待したが
居なかったよう

仕方なく フラフラと 繁華街を 二人で散歩
31カップアイスを 食べながら。

閉店した通り沿いの シャッター前で
賑やかな 宴会モードの 音が 響く

ギター片手の 弾き語り少年

少し 歩けば 今度は
太鼓みたいなモノも響かせた 数人組

こちらは アコギだけれど ツイン・ギターみたいで
音も 華やかだ

「 凄いねぇ、こんなに お祭り騒ぎだと
  聞いてるだけで 楽しくなっちゃうネ!
  見た? 今の、ギター2つだったヨ♪ 」

と 彼女に言うと

「 あれ? 凄い! ギター2つ有るって
  音 聞き分けられるの?? 」

。。。//δ⌒▽⌒//

違いますがな。 
目視したんでっせ♪

色んなサウンドに巻かれ 気分良く 通過
一人 通りが終わろうとするあたりの 隅っこで
音も 鳴らさず ギター抱えた 少年発見

「 あんな ジャカジャカしたのが 近くに居たら
  雰囲気だけでも 呑み込まれちゃうよネ。 」

ポツリと 彼女が 呟いた。
少し 寂しそうな 夜風が 頬を撫でて行った。

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°
人気ブログランキングへ
↑ポチッとな~☆↑



ミュウ 223.224号 完成♪ 

Img_0802


Img_0804


Img_0803

●掲載・録音メンバー
吉田優子・吉田絹子/スケッチ・陽子さん/ペポパンプ/
麻斗維/星亭エグゼ/あおば/jiiji_oyaji/宮也千夜/
耀一朗/有里乃/砂名/まっつん/紫夜朔羅/ぷよつま/
白井京月/ハンスの恋人/ロト/上下凛太/鈴木夏子/
花水仙/あおい/水野沙羅/若杉禎宏/川十青空/
白鳥ちえり/とうてつ/ひなたん/深町光盛/
藤鈴呼/

以上の方、作品掲載やCD録音しました☆
購読まってます☆ 

■発行日■ 2013.12.1 MON

1冊CDナシ  500小為替+80切手 各1枚
2冊+CD    1000小為替、切手2枚

口座振込可

<受賞者・人気投票者>  
アレ(虹の欠片)進呈

優秀賞(巻頭詩権)
憂愁賞(裏表紙権)
カラスの勝手で賞(表紙権)
気に入ったで賞(フリーページ権)
ミュウ賞(ラスト・ポエム権)

*権利使用と明記し投稿ください

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

223号
<受賞者・人気投票者>  アレ(虹の欠片)進呈

●表紙  麻斗維
●裏表紙 紫夜朔羅
●巻頭詩 あおば  写真 藤鈴呼
●ラストポエム ハンスの恋人  画 若杉禎宏
 
●優秀賞(巻頭詩権) ロト 14P 「血を見る羽虫」

●憂愁賞(裏表紙権) 上下凛太 27P さみしい戦車

●カラスの勝手で賞(表紙権)花水仙 23P 山岸~

●気に入ったで賞(フリーページ権)白井京月 26P 入口

●MEW賞(ラスト・ポエム権)ハンスの恋人 10P 自分をみつめて~


224号
<受賞者・人気投票者>  アレ(虹の欠片)進呈

●表紙  ハンスの恋人
●裏表紙 若杉禎宏
●巻頭詩 ロト 写真 紫夜朔羅
●ラストポエム 白井京月
 
●優秀賞(巻頭詩権) あおば 3P 空爆

●憂愁賞(裏表紙権) 紫夜朔羅 19P 僕はいい人~

●カラスの勝手で賞(表紙権)jiiji_oyaji 5P 琥珀

●気に入ったで賞(フリーページ権)宮也千夜 10P 画廊へようこそ

●MEW賞(ラスト・ポエム権)まっつん 13P 「縁日の恋」視点を変えて


★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

おしゃべりすずこ第59弾CD 2014.9.9.Thu.REC ミュウ223.224.VER

フリートーク

ハンスの恋人

ポエケット音源 その1 2014.7.6

陽子さん
ロト
あおば
白井京月
ひなたん
上下凛太
砂名

深町光盛
まっつん
ぷよつま
あおば
ロト
鈴木夏子

ハンスの恋人
上下凛太
Jiiji_oyaji
あおば

宮也千夜
Jiiji_oyaji
砂名

ハンスの恋人


BGM

有線チャンネル 

C11 ラヴバラード 洋楽
Handle With Care / Sun’dra
Three Times A Lady / Lionel Richie
Have You Ever Been In Love / Celine Dion
Pretty Girl / Maurice Starr

ポエケット カラオケ
10 雪国 耀一朗
11 おさかな天国 有里乃

J-07 どんぐりの森のメロディ
いのちの名前 / 齋藤純一
ハルのおもいで / スタジオUSEN
竜 / 手嶌葵

エンゲルス・ツィマー(天使の部屋) / 野見祐二
いつでも誰かが (オルゴール) / 大森秀則
耳をすませば / 高嶋ちさ子

さみしい さみしい / ムッシュかまやつ
明日に向って走れ / 武部聡志

風の伝説 / 心花
たぬきはいま・・・(エピローグ) / 八草楽団

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

ミュウについて


創刊:平成5年3月1日
会員随時大募集中

B5(ノートサイズ) 30P
カラーコピー詩誌

手作り編集の郵送誌
パソコンカラー印刷し
2枚の紙を 貼り合せ
1枚にして製本。

価格は1冊あたり 
500円小為替+80円切手、各1枚
口座振込可能

2冊ずつ発行、2冊同時購読の方へ
「おしゃべりすずこCD」プレゼント

私が選ぶ受賞者5名と
会員からの人気投票者には
虹の欠片(プラバンカード)か
手作りポストカードをプレゼント☆

会員になる方法

1.私へ「会員希望」と書いてメッセージを送る
2.簡単なアンケートに答える
3.会員登録完了 ξ・。-☆

ミュウについての詳細を知りたい方も
メッセージください。

参加も脱退も自由。
好きな号だけの参加も可♪

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

本日は小雨の糸魚川、
昨夜の揺れから少し落ち着きを取り戻し、
サイレン音も少なくなって来ました。

何やかんやと中途半端に寝たり起きたりしていますが、
そろそろ冬になるのでタイヤ交換をしなければ、
と言う頃合いです。

周囲で流行しているウイルス君が
少し遊びに来ているようで、
必死に隠れん坊しています(笑)

風邪っぴきで勇んで(?)乗った 
体脂肪も図れるオニューの体重計、
期待に反する結果でした(爆)
くっそ、そう簡単に減ってはくれぬ 体脂肪メ!

お昼の地元ニュースで映った様子

寺町の魚がし ブロック塀が崩れた跡
蓮台寺 竹林の下部分が崩れた跡

大糸線も不通区域が あるようです。

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

詩の発表場所あります
自慢の絵・写真を披露したい方にもおすすめ!

ワタクシすずこが編集している手作り詩誌
ポエムサークル「みゅう」

仲間になり購読いただくと
ボツなしで冊子掲載 & CDトーク → 全国郵送★
見本誌もあります。読みたい方も連絡くださいね。

以下に本誌の写真・詳細を紹介していますので
クリックして御覧くださいませませ~☆

ミュウ 221.222号 完成♪ 

すずこのリンクはこちらから

~いつかの すずザレ~ 藤鈴呼の戯言
過去作も織り交ぜてUPしていきます☆

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

沢山の人から 年賀状が 届いた


元旦 

「 まだ 間に合うぞ・・・ 」


そうこうしてる間に

あっと言う間に 続々と 届く 賀状


明らかに 自分の出したものへのレス

そうだね もう 七日も 過ぎる


結局 出しそびれた相手から届いた賀状に関しては

レスしない まんまに


レス・・・ だなんてね

ほら ここにも ネットの世界が

氾濫して いるよ

★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

自分のコトを 覚えていてくれるのは 有り難い

其れが 日本人流の 律儀な葉書

一枚っきりで 有っても


そして たった一言の

殴り書きで 有ったとしても・・・・(?)

★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

ガサガサして来たのは

最近の 足の裏


ニベア・クリームを

ぺたぺた


「 ねぇ これって

    手 専門なんじゃあ。。。(-_-)゛ 」

★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

パキパキの ジグソー・パズル

昔っから 僕の 向こう脛は

弁慶の 泣き所


ねぇ 僕が 鳴きたいんだよ

だけど 鳥には 成れないね


ねぇ 少し 羽ばたきたいよ

けれど 羽根が 見当たらなくて

★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

気付いて呉れる人が 

一体 何人 居るのカナ? って


少し 実験をして

糊の 香りに 

満たされた 部屋


広告の 紙も

有効活用出来て 良かったねって


新聞も 余り 読んで無くって

捨てる だけだったんだ


だから 一枚 一枚に

祈りを 込めて


早速 活用 してみたよ

★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

残り香が 色褪せぬよう

必死に 張り合わせた 

思い出の 糸


手繰る 想いは 意図的に

操られた火は 目の上に


紅々と燃え行く 太陽に

暮れ暮れに散る 薔薇の花びら

★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

人気ブログランキングへ
↑ポチッとな~☆↑


やまがら

Img_0695


Img_0696


Img_0697


ヤマガラ

山雀の チュンチュクチュンと 近付きたるも いと愛し


竹を集めた細長箒で蜘蛛の巣取りをしようかと
少しずつ 近付いて行くと
可愛らしい音が響く
どうやら鳥らしい

以前は その頬の色から 
ホオジロかとも勘違いをしたが
ヤマガラと言う名の鳥である様子

何羽もいる
我が近付いていることを察知せず
唯だ 餌を求めて ついばんでいる大地には
枯葉の残りや 小石が 散らばっている

静かな恋が生まれそうなほどの ときめき
山の一部になってしまいたいような雰囲気

足を止める
ポケットからデジカメを取り出す

少しずつ 近付く鳥に
逃げるなよ と 静かに祈る
やわらかな時を求めて

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

♪すずがたり♪2014.11.18.スキマスイッチ 奏
曲が中途半端で終わっとります

庭園の情報はこちらから
現在 美術館の方が臨時休館中

糸魚川市内の状況はこちらから
私が感じたのは震度4だったようです

揺れた瞬間に 旦那が言ったんですよ
この場所でこの揺れ、こりゃ大きいぞ、
震度4くらいかな? って。
体感震度は ドンピシャだったらしいです。

彼は阪神淡路を経験しており、
その時は部屋が平行四辺形に揺れたそう。
公園非難生活をしたと聞きました。

昨夜、市役所や ライフライン系の建物は
明かりが点いて稼働していました
流石 対応も素早いのだな、と感じました。

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

詩の発表場所あります
自慢の絵・写真を披露したい方にもおすすめ!

ワタクシすずこが編集している手作り詩誌
ポエムサークル「みゅう」

仲間になり購読いただくと
ボツなしで冊子掲載 & CDトーク → 全国郵送★
見本誌もあります。読みたい方も連絡くださいね。

以下に本誌の写真・詳細を紹介していますので
クリックして御覧くださいませませ~☆

ミュウ 221.222号 完成♪ 

すずこのリンクはこちらから

~いつかの すずザレ~ 藤鈴呼の戯言
過去作も織り交ぜてUPしていきます☆

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

花びらが 6つ 有ると
安心するのは 何故だろう

四葉の クローバーや
五つ星の 人手も
それは ステキ なのだけれど

5つ花の 絵を 描く時
例えば 桜や コスモス
バランスが 取りやすいから
描き易いなって 思うのだけれど

何故だか 花びらが 6つ
この 響きに 安堵 するんだ

*

最近 生姜を 刻みます
ニンニクも セロリも 加えて
フライパンで 肉と 野菜と 炒めると
風味 豊かな 味に 成るんだ

*

アリと キリギリス
兎と カメ

小さな動物が 活躍する
物語を 思い出す

彼等の 
必死で 生きて
報われる姿が 

僕等に 勇気を
与えて くれるんだろう

芋虫を 連想すると
そんな 気持ちを 
思い出す

一歩 一歩 ゆっくりでも
カタツムリみたいに
ゆっくりでも

確実に 
着実に
進んで 行けるんだ

先日 テレビで 初めて
カタツムリの 水飲み姿
拝んだよ

とっても 愛らしくって
その 角の 感覚が
リアルに 浮かんだ

指に 触れた 気がした
臨場感 溢れる
ワン・シーン だったんだ

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

何に因るかで 
結果は変化する

イメージに 偏れば 
本質を 見失い

ダメージを 飲めば
確執を 消失す

ほぉらね
いたちごっこ

どちらが 先かなんて
関係 ないよ

キミが 僕に 酔ったって
僕が キミに 寄ったってね

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

あの日 救われたと思った足元が
冷たい水と共に 流された ラフティング

飛び込め!って 叫ぶ 隊長
体調不良のボク 

不良はボクシングに夢中
夢の中まで青みどろ

緑なのか 青なのか 
どちらかにしてくれと叫ぶ

アオミドロは美しいのか知らないが
生物教師のあだ名か ミトコンドリア

ミトコンドリア程も 
気にしてないよって笑う

あの日から 
ずっと 死ぬまで 笑って生きよう

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°
人気ブログランキングへ
↑ポチッとな~☆↑


サドッキーと私

Img_1058


Img_1068


Img_1082


♪すずがたり♪2014.11.18.スピッツ チェリー
他の写真はこちらにあります

佐渡と言えば 朱鷺
サドッキーを見つけて ハイ・ポーズ☆

朱鷺は白と朱色なのかと思いきや 
黒ずんだ羽根の子もいて

衝撃を受けたんが 懐かしい 
GWのお話。

そして亀たんに見える島を背に 
高台からのショット

海岸沿いまで降りて行き、
見知らぬ女性軍団に近付き

「撮りましょうか?」と 提案したのは良いけれど
上手く亀まで入り切らんと 難しかった記憶が。

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

詩の発表場所あります
自慢の絵・写真を披露したい方にもおすすめ!

ワタクシすずこが編集している手作り詩誌
ポエムサークル「みゅう」

仲間になり購読いただくと
ボツなしで冊子掲載 & CDトーク → 全国郵送★
見本誌もあります。読みたい方も連絡くださいね。

以下に本誌の写真・詳細を紹介していますので
クリックして御覧くださいませませ~☆

ミュウ 221.222号 完成♪ 

すずこのリンクはこちらから

~いつかの すずザレ~ 藤鈴呼の戯言
過去作も織り交ぜてUPしていきます☆

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

なんかね 枝豆チーズって かいてりゅ♪

あたし ディズニーランドで
はじめて ちゅろすたべたとき
とっても かんどう したんだけどさ

そんな ほそながい。。。。 パン。

イオンでかったんだけど
たべきれなくって
いま おなかすいて たべてりゅの。

菓子よりいいもーん。。
でも 脂肪に 「貸し」できて 「仮死」 しそうだ。。。

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

散りばめられる 季節の
一時 一時が

一片の 花びらに 思えた

凝縮して 華と 成るなら
紫陽花 かな って 感じたんだ

ある町で おばあさんが 何十年もかけて
紫陽花を 寄贈し続けて
その辺りは 今では
紫陽花が 咲き乱れて 居るそうだ

そんな 素敵な 優しさと
可憐な 花びらに 酔いしれる 世界
癒される 一瞬を
肌で 感じてみたい

そう 思った

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

優柔不断を 告げる様な音
あからさまに 避けて行く 歩行者

血まみれの 若者
崩れた タイヤ

白い 車が 到着するまで
あと どの位?

時の流れが 異様に 遅い
人だかりは 異様な光を 放ってる

他人の 不幸は
外から 眺めて 

何も せぬまま
通り過ぎる モノなのですか。。。

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

みんな もう 寝てるかな?
こんな 真夜中は

そう 思えるのは
真夜中に 普段 眠れる
生活を して 居るから

世の中には
昼夜 逆転してる 職業の人も 居る

夜中に成ると
眠れなくなって しまって
朝方に 眠ろうと しても
たたき起こされる 人だって 
居るんだろう

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

ヘアカット したんだけれど
もう 少し 伸ばして
止めた 方が
お財布は 喜ぶかな
そんな 事を 思う

本当に 伸ばして
結わえる程には
出来ないって 思う

何故ならば
あの人は ショートが 好きだから

そして そんな ボクも
最近 ショートに
ハマって しまって 居るから

そして 何よりも
そこまで ウザイ 髪の毛を
伸ばして 置くことが
出来ないからなんだと 思うんだ

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

電気風呂が 大好きだ
ちょっと ピリピリした感覚が
とてつも無く 良い

なんて 思う 僕は
マゾだろうか

とにかく 最近
銭湯にも 温泉にも
行って ない

普段は シャワーだし
湯を 張った方が
心身共に
リラックス 出来るんだって

知っては 居るのだけれども

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

天高く 昇る 龍
見たことが 無いと 人は 言う
日本昔話の テーマソングでしか
眺めた事が 無いのだと

じゃあ 俺が 作ってやろう

希望を 込めて
すくすくと 育つように
木々の芽が 集まる 樹にも
負けぬ 勢いで
羽ばたけますように と。

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

本当は きちんと ラップをして
保存しなければ いけない 野菜も
透明ビニール袋に ぶっこんで
冷蔵庫に 入れてたら
干からびて しまったり

ジップロックも
ママンに 貰った気が するのだけれど
日の目を 見ぬまま
引越しと 共に
ゴミ捨て山に 置き去りにされて しまったり

もっと 巧く
冷蔵庫 整理 しないとな。。。

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

変わった事に 気付きたく無い 自分
着実に 進んでる 時間
色濃く移る 景色が
二度とは もう 見られない 事

何時の 星空も 綺麗だけれど
一度も 同じ 光は 無いんだ

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

人気ブログランキングへ
↑ポチッとな~☆↑


良い夫婦の日

Img_0797


Img_0673


Img_0672


と言うことで、ふーふーしながら食べたのは 
すき焼き
これは夕食にして本日初の食事だった訳ですな

朝から調子が悪かったので 寝て曜日だった私と
自宅に残っていたパンを持って行きそびれた
兼 多忙にて
昼食どころじゃなかった旦那の空腹を 
満たしてくれたメニュー

最近 岩手から届いた肉がね すき焼き用だったので
二度目の舌鼓をポンと打ち ゴロゴロしていた頃に
腹がゴロゴロ鳴り始め おぉヤベェ… 
って頃合いでしたね

イキナリの揺れ の後に 
緊急地震速報の携帯音が鳴り始めた。

おせぇよ! と 後から突っ込む私に 
旦那が一言

「それだけ震源から近かったって事だよ」
さも有りなむ。

糸魚川は震度5弱でしたが、我家は無事でした。
完成したミュウも先払いの方々へ発送後だったので一安心
心配メール下さった皆様 ありがとうございました。

管内放送や消防ライト、ヘリコプターかと思われる音も止み
漸く静寂の夜が訪れているような感じです

海沿いなのでね、真っ先に津波心配をしましたが
今回は震源が内陸だったので 大丈夫かな、

と思っているところに
ニューステロップが出たりして 確認作業をしながらでした。

旦那は職場に出動すると言うので ついていきながら
自分の職場関係の連絡をしてました 

思いましたね
こういう時の連絡系統 きちんとしとかんとね。

いつもお世話になっている市の方からの指示で
スタッフ全員に連絡する形となったのですが

思えば私、パートなんでね、こういう時は上から下に
順番に連絡すべきじゃね? と。

旦那にも突っ込まれ。
さも有りなむ(二回目)

「何でお前が全員に連絡取らなきゃならんの?パートでしょ?
しかもお前 今月一杯で辞めんだろ? おかしいんじゃないの?」

え゛ーあ゜ー そうーですねー とか言いつつさ
頭痛酷くなるから止めてくれ~(病み上がり)

って言いながら 旦那自身も 色々と動きながらの
突っ込みだった訳なんですが。

今回はパソコンに連絡下さった方が多く
非常にありがたかったです。

帰宅してから真夜中返信になった方には
申し訳なかとです。

私の持論
大丈夫な状態なら 身内など必要箇所には
その内 連絡が来る
連絡がないっつーことは それどこじゃないっつーこと

そこに「大丈夫?」とか「無事ですか?」とか
あちこちから矢継早に来ても 返信できねーぞっ
携帯電池も減るばかりで 勘弁してーっ
と なりますよね。

自分が逆の立場だったらー、とか気持ちは分かるだけに
これも難しい問題ですけど、ね。

以前も書きましたが、有事の時って
携帯電池も大事よね。

今回は直ぐに帰宅できる状態でしたが 
そうではない場合

お互いに心配メールすると 本当の連絡が出来なくなる。
有効に連絡する必要はありますよね。

あとは 危険個所には むやみに近付くな、
と言うことですかね

今回は夜だった訳で 
倒壊等、二次災害の危険があるのでね

行ってもどうにも出来ない場所のことは
明るくなってからでも 対処は間に合うと思うんですよ

実際 修理出来る業者さんが手助けするとかなら
話は別だと思うんですけれども

何も出来ない状態で あーだこーだ言うだけなら
埒があかん訳ですな。

なんて風なことを色々 考えている 夜

残りの写真は 野菜担担麺
いつかのオーダー みそ道楽にて。

最近 ピリ辛が好きなんですよ
寒くなってきたからかなー パンチが効いて良い感じ♪

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

ツリーの魅力


空を見上げると 光達が
一番星に向かって 集約されている
だからかな 三角形が 煌めく理由は

そう 云いながらも
輪になって踊る
噴水の周りに集う影たちが
一瞬にして 立ち止まる

わらわらと 一つ跳ぶ粒
はじけるシャワーのような葉が
色を失っていく
次にそまる 雪色に寄せて
希望だけを 蓄えている

艶のある瞳に映る 逆さまの景色を
これほどまでに 美しいと感じられるのは
今が 冷たい夜だからでしょうか

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

ブラックライトの儚さに


名前を付ける前に
白さを失ったニキビ
まるで 産まれた瞬間から
そこに 佇んでいたかのような自然さに
節々が きしみをあげながらも
叫ぶことだけ 出来ないでいる

足元を見ると
いつかのゼリーを 思い起こす
ぬるま湯に 浸かった分だけ
まるで 宝石のような色合いで
若干 綺麗にも思えてくるから
不思議だ

金属をつけた瞬間の
ケロイド状に 剥けた肌に
猫を抱きしめ眠った夜の
裂けた鮮血を閉じ込めた肘に
ブラックアウト

ねえ 知ってる?
暗闇の中で飲む ソーダ水
ジントニックの向こう側に光る
白いセーター
こぼれた八重歯の角度で
今日の気分が 分かるんですって

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

♪すずがたり♪2014.11.18.中島みゆき 糸

いつかの すずごはん 初めてのフレンチトースト
サムネイルは うどんでございまーす♪

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

詩の発表場所あります
自慢の絵・写真を披露したい方にもおすすめ!

ワタクシすずこが編集している手作り詩誌
ポエムサークル「みゅう」

仲間になり購読いただくと
ボツなしで冊子掲載 & CDトーク → 全国郵送★
見本誌もあります。読みたい方も連絡くださいね。

以下に本誌の写真・詳細を紹介していますので
クリックして御覧くださいませませ~☆

ミュウ 221.222号 完成♪ 

すずこのリンクはこちらから

~いつかの すずザレ~ 藤鈴呼の戯言
過去作も織り交ぜてUPしていきます☆

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

● この曲で 君の瞳を 思い出す

   街並みの中 思い出の跡


● 太ったら もう逢わないよ と 釘刺され

  本気で我慢 重ねてた菓子


● 真夜中に 蝋燭 見詰め 聴く有線

   涙 止まらず ティッシュ片手に

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★

昨日  キミに  触れた指 、

今  カラダから  離れる心


〓  どうしようも無いね 、 

   それだって 

    迷っちゃうんだよ   〓


ゴール ・ テープは  見えますか

ヤニは 何処まで  付き纏う もの?


〓  あの人が  そう  言っていた様に

   今は  海のモノとも 山のモノとも

   成らないみたいなんです

           あたしの 人生     〓


語り掛けつに  笑って居ました

切迫した空気を  忘れたいのの  

        其の為だけに・・・


〓  ただ今 即興 ・ 仕事は 臨職 ・ 

   給与 半減 ・ ボーナスは 無し ・

   恋も 無けりゃあ  平穏 無事の

   健康だけを  噛み締めて生く

   昼食も 喰わずに×××       〓 

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★

蛭間の窓の咲には

医大が  偉大に 聳えたっており・・・

こんちゃ☆

珠洲の 昼の放送の  お時間です

月日は 伯太居の 家 《きゃく》 にして

行き交う人込みには 紛れたく 無く ー

売店行脚は 先延ばしの

コインロッカー 上巻により

三十年が 経過して

《 るワキャ ね~だろ~ だりぃ [推測] 午後 》

です

毒は 酒に 交わり

いずれ 素敵な鼻は 紅に 暮れるでせふ。

何にせよ、 お大事に。

復活カラオケを 楽しみにして 

居りまするマッスル あの筋肉は

既に キモコ悪いの 域に 居りましゅ・・

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★

○ た ば こ ○


良く   紫煙   と 言うけれど 、

其れは 違う 。

どちらかと言うと

蒼く 輝く 靄の先に 、

フィルターに 囲まれた 世界を 観てる 。

今日の景色が 透明に映るのは 、

久々にかけた 眼鏡のせいだろう 。

僕の脳裏を 通り過ぎて行く

鮮やかな 月の 満ち欠けは 、

日々  微妙に  変わってゆくのに 。

暖かな風を感じながら  午後を迎える 。

その前に  思い出して欲しい 。

昨夜 見た  夢の 中身を ・ 登場者を ・ 

そして  その  続きを ・・・

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★
人気ブログランキングへ
↑ポチッとな~☆↑


2014年11月20日 (木)

象の背中

Img_0481


Img_0482

表紙を見ると 映画かドラマになったんだなぁと
一瞬で分かる光景

私が手にしたのは ブックオフでしてね
背表紙の名前を見て 興味津々で購入しました

あとがき部分が対談形式になっていてね
本のタイトルが出て来るんだけど

「ふーん、そんなタイトルの本も出してるんだぁ」
と トンチンカンな想像を働かせました

と言うのも ブックカバーして暫く放置後に
読んでいるのでね、

読み終えた頃には タイトルなんて忘れてら(爆)

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

♪すずがたり♪2014.11.18.Janne Da Arc Rainy ~愛の調べ~
動画フォト紹介 糸魚川市 能生の冬… 

多分 その辺りの景色なんじゃないかなぁと
思うちょります(爆)

何で この曲が浮かんだか、翌朝 車に乗り込んだ瞬間
思い出したワ

カーステで流れてるのが この曲だった。
そんなんばっか(笑)

しかし、こんなにもコード忘れているとは 思わなんだ
ついでに 進行もたどたどし過ぎて

とてもじゃないけど 愛の調べらしくない歌い口に
自ら閉口したいが 唇開けな歌えんわ~っ♪

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

生きるのです/藤鈴呼

想像力の逞しい人間は 独創的でも在ります。
斬新な発想があればこそ、利便性が図られて来た訳で、

私達は こうして 会ったこともないけれど 
言の葉を飛ばし合うことも 出来ますものね。

突飛な考えと 邪険にされようが
負けん気の強く 実行力のあった 先達様様と
両手を合わせたい気持ちです。

将棋の世界に喩えられますが
一手を打つ前に 結論を考え過ぎて ゲームが進まない
なんて場合もありましょうか。

良い方向に進む想像力ならば
かき集めて ばら撒きたいような 気分ですね。

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

詩の発表場所あります
自慢の絵・写真を披露したい方にもおすすめ!

ワタクシすずこが編集している手作り詩誌
ポエムサークル「みゅう」

仲間になり購読いただくと
ボツなしで冊子掲載 & CDトーク → 全国郵送★
見本誌もあります。読みたい方も連絡くださいね。

以下に本誌の写真・詳細を紹介していますので
クリックして御覧くださいませませ~☆

ミュウ 221.222号 完成♪ 

すずこのリンクはこちらから

~いつかの すずザレ~ 藤鈴呼の戯言
過去作も織り交ぜてUPしていきます☆

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

優しく 見守られてる 気に 成れる

今宵の 月は 実に キレイだ

キミを 感じると
少し スッキリ した 気分に 成れる

もう 長い こと
何時も 僕を 潤して 呉れた から

有難みを 忘れ がちにも 成る けれど

" 其れじゃあ イケナイ "

空から 声が 降りて 来る よう

そうだ 忘れてた

忘れて イイ のは 
イヤな 記憶 ダケ だったね と 

ハッ と した 表情で 
辺りを 見渡す けれど

勿論
声の 主に 会える 訳では 無い

僕は
何とか その声 を 再現 しようと して

また キミに 頼るんだ

僕の 喉を 癒して 呉れる
素敵な キミ だから

多分 手放せないんだ と 思うんだ


    『 喉 飴 』 

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

気持ち悪い と 声が した
後ろを 歩く 彼だ

アタシは 別の 方角を 見て 居た

此処は ショッピング ・ モール
色んな 店舗が 
ひしめき 合って 居る

こう 言うのは
消費者に とっては 
非常に 嬉しい

店舗の オーナー と しても
張り合いが 有るの かも 知れないが
生存 競争は 大変 そうだ

モールの 管理人は
左うちわ だろう

売上の 何パーセント と 
店舗 家賃を 吸い 上げれば

後は
敷地の 借金 を 返して 終了~

なんて 感じが する

さて 
此処は 洋服 コーナー

何処にでも 置いて 有る マネキンも
ひしめき 有ってる

ジーンズ コーナー には 
片足 ダケ の マネキン(?) が 

三本 斜めに 並べられて おり
気持ち 悪い

そもそも
こんなに 細い ジーンズ 
履ける 人 なんて 居るのか?!

なんて 彼の セリフ

こちらは レディースだ
肌に ピタリ と つく ジーンズ タイプ だ

どっちに しても
アタシ には 無理 だぁ
~( ̄▽ ̄~)(~ ̄▽ ̄)~

と 言いながら 進む

彼が 
気持ち悪い と 叫んだ 
其れ とは―

事件は
ランドセル ・ コーナー で 起きたっ
\(◎o◎)/! 

ってか 「 其れ 」 は 
「 有った 」 ダケ だが
。。。//δ⌒▽⌒//

何で 外国人の 子供 マネキンが
背負って るんだ よぉ
~( ̄▽ ̄~)(~ ̄▽ ̄)~

いや 外国人 差別 と 
捉え 無いで 頂戴よ?

昔っからの

♪ ピッカピカ の~ ♪ 一年生!


黄色の イメージ が 
強かった モン だから

ほんの ちょっと
面喰らった ダケ なんだってばっ
。。。//δ⌒▽⌒//

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

薪や コタツ
そして ミカンの 季節だ

冬の イメージ が 
変わり つつ 有る

シュン シュン と 
音を 立てながら 沸く 
ヤカンの 湯

ストーブは 
縦長の 黒い タイプで

燃え 盛る 焔に くべる
木々の
パチパチ と 言う 乾いた 音と 
混ざり 合う

コタツに 足を 入れると
すっかり ぬくたく なった にゃんこが
アクビを してたり する

剥いた ミカンの 皮が
机に 有る・・・ 

のどかな 冬の イメージ が 
懐かしく 響く

もう直ぐ 暖かく 成る・・・ 

待ち 焦がれる 思いも
薄れる 程
温かな 冬 でしたね・・・ 

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°
人気ブログランキングへ
↑ポチッとな~☆↑


2014年11月19日 (水)

なんでもパスタ

Img_0763


Img_0479


Img_0480

色んな物を スライスしたら
小さな畑が 出来上がる

稲穂の実る この季節
小降りの霰 振り切って

たわわな笑顔 
生み出しました

温かな湯気 転がり始め
シルバー達も 仲良しで

チャリン チャリンと 
鳴りました

満腹サイン 成りました
大きな私 作られましタ

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

本日の昼ご飯 残り物を集めたゾパスタ

茄子 ピーマン 
玉ねぎ入り揚げ 焼きタラコ

味付けには 最近 衝動買いした 
オイスターソースも チビッと投入♪

そういうふうにできあがりましタっ 
つーことで

そういうふうにできている 
さくらももこ著

言わずもがな 連想するは 
ちびまる子ちゃんですよネ

産みの苦しみ なんてフレーズが 
脳内を駆け巡りつも

何処か くすっ♪と出来る 
そんな一冊。

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

スライスした 小さな言葉/藤鈴呼

口語体と文語体って
理解力に差が出るものだと思います。

圧倒的に得意な分野によって、
文系・理系、どちらか進む道を決める、なんてのも
アリかなあ? 

物を覚える時にも 
読んで読んで覚える人と 書いて書いて覚える人、
タイプが分かれますよね。

ここを間違えると
覚えられる筈のものも 頭に残らなくて
大変なことになります(笑) 

客観的な自己分析力が 
必要なのかも知れませんネ。

そして、理解出来ている事象を
如何に上手く他人に伝えるかってのは 
もっと上等な手段で、

もう一歩 階段を昇らなければ 
極められません。

自分だけが 理解出来ている天才は
研究分野を極めると
ノーベル賞が 近いのかも 知れませんし、

説明が上手な人間は
師として仰がれる存在に
近付くのでしょうね。

頭が良すぎると、
特に 専門用語を駆使して説明されると、

単細胞の脳味噌は ヒートアップして
脳内ランプが点灯します。

エクスクラメーションマークとクエスチョンマークの
大乱舞です(笑)

その点、誰にでも分かるように説明できる人は
尊敬します。

そうありたいなあと思う瞬間も
多々ありて。

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

詩の発表場所あります
自慢の絵・写真を披露したい方にもおすすめ!

ワタクシすずこが編集している手作り詩誌
ポエムサークル「みゅう」

仲間になり購読いただくと
ボツなしで冊子掲載 & CDトーク → 全国郵送★
見本誌もあります。読みたい方も連絡くださいね。

以下に本誌の写真・詳細を紹介していますので
クリックして御覧くださいませませ~☆

ミュウ 221.222号 完成♪ 

すずこのリンクはこちらから

~いつかの すずザレ~ 藤鈴呼の戯言
過去作も織り交ぜてUPしていきます☆

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

人妻と 呼ぶが真逆の 熟語ナニ?



ふと 気に成って しまったの でした
人夫って 書くと するならば
読み方は 妻に 対抗して ひとおっと?!
じんぷって 読み方は
何となく 家畜 みたいな 感じだなあ などと
一人 辞書も 引かずに 思いながら・・・

★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

久々に 暖気もせずに 出勤だ
   何故なら雨が 降って居たから

〓 

元々 冬だからと 言って
朝の 三十分程の 暖気は
多過ぎ ですからぁっ!

エンジン 無駄遣い 斬りっ!

★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

プリンタが 壊れて叫び たく成るヨ
        埃払って  詰め込む座席



二日掛けて ミュウの プリンタ作業を してた 翌日
帰宅後 用紙補給を したら
アラビア数字と 絵文字の 
重なった様な 文字が 出力され 驚きっ!

直前に 誤って
一瞬 スキャナの スキャンボタンを クリックし
慌てて ストップボタンを 押した セイか!?

°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

ギリギリと 苦しいようと  嘆く紙
    しわくちゃにされ 可哀想だよ

★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

〓 インクだけ 大量購入 したからね
        買い換えダケは 避けたいんだよ 〓

入院して 早く 元気に なあれ♪

★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

〓 処置ナシと 医者の台詞が  容赦無く
      静かに響く  反響の音 〓


〓 医者にでも 治せぬ病  其れは何?
      悪い性だよ  性の格だよ 〓

★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

雪が お休みして 居たのでしょうか 
ここ 数日 良い天気が 続き 
真冬日からも 遠去かり 
啓蟄も 過ぎたし 
そろそろ 春だなぁ と 
タカを くくって おりましたところ 

昨日は 休んでた 
暖気を しようかと 
車の フロント硝子を 見たら 雪がっ! 

やはり 未だ 
春では 無いみたいです・・・

★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★
人気ブログランキングへ
↑ポチッとな~☆↑



紅葉花

Img_0760


Img_0761


Img_0762


手首茎からパラアリと広がる
指の先に光る マニキュアの花

染まる色なら 勿論 紅
エキスをくれない?

首を傾げて聞きかじった枝が
ボンタンの先にポタンと落ちる

滴るのは霰 
アレ 今日は寒いから アラレが見えたの?

大きな眼鏡が丸いから
可愛らしいような気がしたけれど 垂れ目なの

その方が可愛らしいわよと パンダの溜息
黒か白か灰色か グレイの雲か

空を見上げる度 
もみじの朱さが目に染みる

色合いの空虚さを感じるのは
こんな瞬間

冷たい朝 ぬくい昼 
夜の温度は急上昇

風呂上りに加工する体温
布団でくるめば 幸せな気分に包まれる

少し 守られて いるような
錯覚を 抱きながら
紅葉の鼻先に 眉を顰める

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

2014.11.18 すずがたり

1 Janne Da Arc Rainy ~愛の調べ~
2 中島みゆき 糸
3 スピッツ チェリー
4 スキマスイッチ 奏
5 ミスチル HANABI
6 斉藤和義 歌うたいのバラッド
7 福山雅治 家族になろうよ
8 サザン TSUNAMI
9 中島みゆき 時代
10 サザン 真夏の果実

帰宅した瞬間 無性にギター弾きたくなりましてね~
超久々だわ。

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

同じ人間の作った作品でも
見方によって 全く異なる存在感を醸し出すことって
多いよね

逆に 同じ作品でも 見る人間の心境によって 
真逆の感じ方をするものがあったりもするから
興味深いなあと思うよ

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

詩の発表場所あります
自慢の絵・写真を披露したい方にもおすすめ!

ワタクシすずこが編集している手作り詩誌
ポエムサークル「みゅう」

仲間になり購読いただくと
ボツなしで冊子掲載 & CDトーク → 全国郵送★
見本誌もあります。読みたい方も連絡くださいね。

以下に本誌の写真・詳細を紹介していますので
クリックして御覧くださいませませ~☆

ミュウ 221.222号 完成♪ 

すずこのリンクはこちらから

~いつかの すずザレ~ 藤鈴呼の戯言
過去作も織り交ぜてUPしていきます☆

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

壊れる 友情ならば 

最初から 友情では 無かったのだと 


裏切られたり 

過疎化の進む 瞬間には 

自らに 言い聞かせて居て 


連絡が 途絶えても 

昔と 一緒に 戻るのならば 


其れは 楽な 関係に 

成れるものだと 信じたいから

★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

醤油ちゅるちゅるから流れ出した スカスカの 空気

其れは カスカスの 音を鳴らして 耳をつんざく 偽りのノイズ

もう良いだろう 甘えたテレビに 隠すのは 止して

流れ出る 液体は この容器では 覆い切れない

こんな風に 満ち足りて居たんだ 君と 僕との 関係も

★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

ただ 点灯し続ける ランプには 意味を持たぬ妄想が 立ちはだかり

一人ぼっちを気取る僕は 何時しか孤独感に 苛まれる夜

何時の間にか 周りの喧噪も 安らぎへとは 変化して呉れずに

もう1度だけ 仲間の意味を 深く 浅く 考えながら 眠れぬ夜ばかり

過ごした 過ごしてた 過ごしてく

★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

この先もずっと 行方知れずの炎は 僕を覆い尽くして

さっきから 点滅している 給油ランプは 消えては呉れなくて

もう夏だろう もう良いよ 今日は彼女の バースデー

僕の 見知らぬ町の片隅 きっと一人で こうして聞いてる

きっと 僕と おんなじ曲を

今でも それだけ 信じて居たくて

★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

この雨を 君に送るコトが出来れば

今 本当に 楽に成れるのだろうと

昨夜 君の言ってた様に 眠りに陥るコトが出来たのは

身体が 疲れ切ってたセイだけじゃない

君が 教えて 呉れたから

眠れば 総てが 忘られるのと

連打の指も 安眠するのと

★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

連続して行くのは 頭の中身

神経回路は 見えないけれど 留まるコトだけ 知らず

何時までも 紡いで行けるの このモードならば 快晴には

成らないね 何時も曇りだよ あの日は 嵐の 真っ最中

今は 竜巻 焦がれてる 台風一過を 待ち侘びて居る

★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★
人気ブログランキングへ
↑ポチッとな~☆↑


2014年11月17日 (月)

炭水化物パレード

Img_0709


Img_0710


Img_0711


米粒たちが 踊る街
クリスマスソングが
もうそろそろ 響き始めても
良い頃だよねと 笑う

嗤われるのでは ない
あくまでも 主人公は 口角なのだ
広角レンズを 目一杯に構えて
シャッターチャンスを狙うと
米粒に描いた文字が
ゆっくりと 浮き上がって来る

一文字に思えた 象形文字
一見しただけでは
意味の判別が 付かぬような彩
言葉のアヤを見つけながら 思う

半べそ交じりに作った 東京タワー
一人では繋げなかった 毛糸の束
回しても 回しても
胴体が隠れなかった
手編みのセーター

チクチクする カーディガン
ふわふわの アイツ
指網で 何処まで行けるか
競争してみよう

よーい どん!
チャンスとともに 閉じたドアを
いつまでも 眺めながら

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

いただきエビでピラフを作った… 旦那が(またかよ!)
いや、ちゃんと剝きましたよ? 下準備は私(笑)

そんなメニューが残っているにも拘わらず、だ!
何だか外食モードに目覚めて 一作へ。

オーダーしたのは 明太釜玉うどん&ミニたれカツ丼
そんな名前だったような気がするけど
両方共 炭水化物やんけ! 主役ばっかだっつーの(笑)

流石にね、満腹ですよ(そりゃそーだ)
余は満足~ 世は歌につれ~♪ って感覚で(は?)
その後 カラオケ大会に 雪崩れ込みましてん。

久々でしたねー。 二人で三時間
昔の半分くらいの時間になったなー。
一人で六時間とか 平気だったのになー。(遠い目)

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

2014.11.16 ふう3時間 セットリスト♪

☆旦那が歌ったもの +消費カロリー(笑)

☆1 福山雅治 Squall 8カロリー
 2 ルクプル ひだまりの詩 

☆3 福山雅治 IT'S ONLY LOVE 10カロリー
 4 L'Arc~en~Ciel winter fall 11.9カロリー

☆5 BREATHE この夜を止めてよ 10.4カロリー
 6 X FOREVER LOVE 17.9カロリー

☆7 尾崎豊 太陽の破片 8.2カロリー
 8 鬼束ちひろ 茨の海 12.1カロリー

☆9 尾崎豊 僕が僕であるために 9カロリー
 10 馬場俊英 スタートライン 9.1カロリー

☆11 T-BOLAN マリア 10.6カロリー
 12 GLAY カーテンコール 9.9カロリー

☆13 ミスチル 君がいた夏 12カロリー
 14 ミスチル CROSS ROAD 10.5カロリー

☆15 ミスチル Tomorrow never knows 10カロリー
 16 コブクロ 流星 11.6カロリー

☆17 河島英五 酒と泪と男と女 9.2カロリー
 18 ブルーハーツ 青空 9.2カロリー
 19 19 あの紙ヒコーキくもりぞらわって 9.2カロリー

☆20 中島みゆき 糸 7.5カロリー
 21 シャムシェイド 誰かの気持ちを考えたことがありますか 14カロリー

☆22 フィルハーモユニーク みちしるべ 12カロリー
 23 ジャンヌダルク Shining ray 7.4カロリー

☆24 藤原誠 マクロス 6.2カロリー
 25 レベッカ フレンズ 9.4カロリー

☆26 スマップ 青いイナズマ 9.3カロリー
 27 エレファントカシマシ 今宵の月のように 11カロリー

☆28 斉藤和義 やさしくなりたい 8.6カロリー
 29 スマップ シャレオツ 8.8カロリー

☆30 ユニコーン シュガーボーイ 8カロリー
 31 ソフィア 街 12.2カロリー

☆32 君は何かができる 「キャプテン」 主題歌 6.6カロリー
☆33 ユニコーン ファイナリー 9.3カロリー

 34 TOKIO 宙船 8.9カロリー
☆35 EXILE song for you

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

詩の発表場所あります
自慢の絵・写真を披露したい方にもおすすめ!

ワタクシすずこが編集している手作り詩誌
ポエムサークル「みゅう」

仲間になり購読いただくと
ボツなしで冊子掲載 & CDトーク → 全国郵送★
見本誌もあります。読みたい方も連絡くださいね。

以下に本誌の写真・詳細を紹介していますので
クリックして御覧くださいませませ~☆

ミュウ 221.222号 完成♪ 

すずこのリンクはこちらから

~いつかの すずザレ~ 藤鈴呼の戯言
過去作も織り交ぜてUPしていきます☆

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

なんみょうほうれんげきょと唱えたら 悪魔は退散してくれますか?

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:

● ねぇ・・・ ●


ねぇ・・・

あなたからじゃ なかったの。

今夜の 留守録は。


ねぇ・・・

あなたからだと 期待したの。

今夜の 留守録に。


ねぇ・・・

あなたの声 聞かせて欲しいの。

今夜の 留守録で


ねぇ・・・

どうして あなたは

今夜も 電話を 呉れないの?

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:

アイツからの ラブ・コールなんて

わたし

いらない いらない いらない いらない

いらないんだってばっっ!!


ただ あなたの ことだけを

こんなに 待ちわびているのに。


待ちくたびれちゃいそうだよ?

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:

背中が痛い

足が痛い

関節が痛い

心が重い

心が痛い

ガラガラと 崩れてゆく音

君にも 聞こえているんだろう?


そっぽ 向いてないで

話しかけて きてみてよ

冷たい女だけれど

無視したりなんか

できないんだからね

アンタからの Callには。

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:

当てずっぽうが キライ

なんとなく いいかげんに 思えるから

とばっちりが キライ

なんとなく 悲しくなって しまうから

八つ当たりが キライ

こっちまで 気分 害してしまうから

嘘が    キライ

もう何も 信じられなくなって しまうのだから xxx

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:

ガサッ と音がして

あなたが

生きていた 事実(コト)を知る

そうか あなたは

死んでは 居なかったんだね

もう一度 この僕と

口づけを 交わすためだけに

あの世から

甦って 来たんだよね


だったらば    僕も

君の  期待に

応えて あげなくっちゃ ならないね・・・

°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:

食べ物を 汚らわしいと思う

弁当を   投げ捨てたくなってしまう

ジュースの缶を ぶっつぶしてやりたい

ストローを ぐにゃぐにゃに 曲げてやりたい

壁を叩き割って その中から

ヘドロのような物体を

引きずり出してやる

°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:

小さな 小さな 思い出たちが

淡い  滴となって

波間へ 消える瞬間

あなたは

波紋を   見たのですか・・・?


小さな 小さな 心のドアを

そっと こじ開けた瞬間

あなたは    見たのですか?

ゆっくりと 舞い戻る

愛の 滴の カケラを・・・

°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:
人気ブログランキングへ
↑ポチッとな~☆↑


近付けば

Img_0704


Img_0705


Img_0706

ぼんやりと浮かぶ
緑 黄 赤
原色までは 近付けず
柔らかな 芝の上を 思い出したり
仄かな 頬の温もりを 感じたりもする

このあたりに
四手が あったよなあ
アカシデだったかいやあ
街路樹になるヤツ 
あれ 何て言ったっけなあ
そうだ ケヤキだ

なんて会話に包まれながら
近付いたら もみじ
いや カエデ
一体 どちらが本当なの?と 繰り返す
裏も表も 彩り豊かで
空を見上げて 美しい溜息を吐く

赤子の掌を 触りたくもなるような
秋の気配を ゆっくりと 振り返る

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

ワンモア


もう一つ
次への欲深さが 増す度に
表面張力を 試したくなる夜

〼酒に似合う一合を探す
今夜は熱燗
立冬も過ぎて 寒い頃合い

温もりが欲しくて 手を繋ぐ恋人達
はしゃぎながら 笑いながら
通り抜ける イルミネーション

クリスマスが近い
年末になれば
何かを捨てて
始まりの合図とともに
新たに 生まれ変われるような
予感とともに

まやかしの希望でも
なんでも良いから
はちきれそうな心を
繋ぎ止める糸を
ゆっくりと 引っ張る

ワンモア

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

一つ前の記事で ホタルと言う曲のリンクを貼りましたが
この時に初めてRioさんの存在を知ったんですよね
PVを眺めていたらリンクしたのが

山崎まさよし
One more time,One more chance,  この歌でした
その流れで 二次会の時に歌った訳なんですが

自分で選曲しておきながら
「私、何でこの曲を唐突に歌いたくなったんやろ?」って
思い出せなかったんですよねー

で、帰宅してから ブログ更新時に
「嗚呼そうや!」 と 一人合点状態だったのでしタ♪

しかし、曲名が長い場合、思い出すのが困難だったりする
最近はデンモクを手にする機会もめっきり減ってのう~

「何だっけ? ワンモア・・・」って感じで
必死こいて探していたっていうね(笑)

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

詩の発表場所あります
自慢の絵・写真を披露したい方にもおすすめ!

ワタクシすずこが編集している手作り詩誌
ポエムサークル「みゅう」

仲間になり購読いただくと
ボツなしで冊子掲載 & CDトーク → 全国郵送★
見本誌もあります。読みたい方も連絡くださいね。

以下に本誌の写真・詳細を紹介していますので
クリックして御覧くださいませませ~☆

ミュウ 221.222号 完成♪ 

すずこのリンクはこちらから

~いつかの すずザレ~ 藤鈴呼の戯言
過去作も織り交ぜてUPしていきます☆

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

有線の曲が ワン・クールした

もう 二時間も 連打してるんだ。。。


いや 、 まだまだサ

何時もの 僕にしたならば

こんなの ちょろい ちょろい。。。?

**************************************

僕も 後悔 しないように

公開は 一時期だけと

決めたかった 写真の世界

だけど 未だ 息有るみたいだから

しばらく このまんまに しておこうかな。。。


危ないよって 忠告も 聞かずに。

************************************

行脚と 連打を 続けて居ると

大切な 人間に 必ず 会えるね

そんな風に 愛しい人間と

信じて 信じて 裏切られ

愛して 愛して 殺されて

好きで 好きで たまらない

誰も 要らない 呟いた

最後に 残る 僕 一人。。。

**************************************

世の中が こんなにも狭いと感じる 瞬間

偶然の 逢瀬ならば

やはり 今一番に 逢いたい 人と。

**************************************

僕は 悪運は とても 

強いらしいんだけど

タイミングだけには

恵まれない みたいなんだよね

**************************************
人気ブログランキングへ
↑ポチッとな~☆↑



2014年11月16日 (日)

脂っこい夜

Img_0677


Img_0678


Img_0708


お前の存在そのものが 脂っこいんだよ!
なんて暴言を吐かれるようになっちゃあ お終ぇだ!
と 思うちょりますが

寄る年波には勝てず 飲み会の翌日は
自らの酒臭さに 閉口しそうになる
そうね、平行な歩幅を保つのが 難しい朝よね!?

以前いただいた カレイじゃなくて 恐らくヒラメを
油塗れの刑に処した写真を 御覧くださ~い♪

上に 若干 色味の違う白身らしき物体が 乗っかっちょん。
これはですねぇ~ ゲンゲだぜよ。

何を隠そう ベランダ干ししていたら カァちゃんが来たので
慌てて隠したと言う 体たらく

ガサッ! って音がしましてねぇ~
ぷるりんちょ♪の ゲンゲさんを 今にも咥えんとす。

ガサッ! 負けずに窓を開けたったわぁ
奴さん 近くの黒電線に留まったまんま、

ほ~う、マンマが欲しいのでちゅね~っ と 思いながらも
ゲンゲを救出し、窓を ピシャッ! 閉めたった~っ
!_( ̄▽ ̄)ノ彡!

そんな訳でですね、当初は 炙る予定だったんですが
干すことも叶わず 油塗れの刑なのでしタ☆

今夜は すき焼きアルネ。 肉届いたアルネ。嬉しいでR~♪
並べたのは旦那。 私がやったら こんな綺麗にならねー(爆)

ついでに 旦那は春菊家系だけんね。
あたしゃ キャベツ家系なんよ。 割下は祖父のモンだったわあ
(遠い目)

最近 エビスが美味しいと聞いたモンでね
普段は飲まないBEERに 舌鼓を打ったりして。ポンっ☆
(柏手か!)

色んなラベルがあるみたいだが スーパーで売っとったんが
オーソドックスと思われるゴールドだったけんねー

で、最近CMでも 良く見かけるからねー
飲んでる最中も流れとったわ(笑)

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

眠れぬ夜には 


無理に布団から這い出ると
危険ですよと 独り言
猫のポーズがお決まりの
病を避ける 良き仕草

昔隣のおばちゃんが
倒れていなくなりました
その時知った病名が
大っ嫌いな蜘蛛に似て
恐怖イメージ 植えつけられた

白いシーツ
固いベッド
小さな願い事
震える声

それら全てに
否と応えることが 出来たなら
それでも世界は 変わらないけれど

笑顔の数だけは
増やせるような気がして
あがき続ける

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

冬ほたる


ゆっくりと流した涙を
重ねて作る 水たまり

溜まり過ぎて 川になって
何れ海へと 向かうから

塩辛い理由を
そんな風に 
考えることにした

海の中に浮かぶ 二つの島を
結ぶ存在
海ホタル

何て 可愛らしい ネーミング
辿り着いた 土産ショップ
木馬のようなオブジェに跨る

ポニーテールも水に浸かると
重くなるよ
長かった髪と 同じ位に伸びた記憶が
そっと囁く

街角で見つけた灯り
真っ先に思い出すラジウム
こんな処で 君が
移ろいでいる訳は無いと
決め付けていた

彼等は
水の綺麗な場所に
集まるからね
カメムシも そうだなんて
夢を 壊さないで

弦を弾く後の
余韻が全て
光の尾と 同じくらいに
妖艶

捕まえてはダメ
掴んでもダメ
そっと 眺めるくらいが
丁度良い

アスファルトジャングルには
似合わぬ光だからこそ
求めるのね

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

Rio「ホタル」

ちーたん
の記事を見ながら検索した曲です

蛍と言う曲で 一番に思い浮かぶのは 
鬼束ちひろ ソング

弾き語りしたくて コード抑えていた日々が 
懐かしい

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

詩の発表場所あります
自慢の絵・写真を披露したい方にもおすすめ!

ワタクシすずこが編集している手作り詩誌
ポエムサークル「みゅう」

仲間になり購読いただくと
ボツなしで冊子掲載 & CDトーク → 全国郵送★
見本誌もあります。読みたい方も連絡くださいね。

以下に本誌の写真・詳細を紹介していますので
クリックして御覧くださいませませ~☆

ミュウ 221.222号 完成♪ 

すずこのリンクはこちらから

~いつかの すずザレ~ 藤鈴呼の戯言
過去作も織り交ぜてUPしていきます☆

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

何か 左腕が 軽い 朝
時計は 部屋に 置き去りのまま

戻ろうか
一瞬 迷うけれど

戻れば 道は 渋滞するヨ

心の 叫びに 従って
時計の 無い日を 連想して 居た


  『 腕 時 計 』

★,。・::・°☆。

腕時計が 無いと 困る コト
一体 どれダケ 有るだろう

ケータイは 常に
持ち歩いて 居るし

ザレ紡ぎの 途中でも
画面表示は されるから

実際的に 本気で 困る 場面は
考え 難い

昼休みには
一旦 腕時計を 外して
机上に 置く

残り時間の カウント・ダウンを しながら
一服をして ご飯を食べて
一服をして 歯磨きをして
一服を する・・・


 『 歯磨きの意味 無いやんけ~(-。-;) 』

★,。・::・°☆。

唯だ 腕が 
軽いダケ

そして 少し 
不安 其れダケ

人間が 
本気で ツライ と 
感じる 瞬間は

きっと 限られて 
居るから・・・

★,。・::・°☆。

すっかり 忘れて来たと 思ってた 時計が
申し訳 無さげに
スーパー袋の 下に
転がって 居た

朝 会社で 配ろうと 思って 詰めた
ココナツ・サブレの 下に 落としてたのを
気付かなかった ダケ だった らしい

嗚呼 早まって
家に 戻らなくて 良かった×××

★,。・::・°☆。
人気ブログランキングへ
↑ポチッとな~☆↑


2014年11月14日 (金)

虹の欠片

Img_0674


Img_0675


Img_0676


私が編集している詩誌「みゅう」では
参加メンバーが 各々の作品に投票する
「人気投票」というものがあります。

その他に、毎回 私の恣意的な判断で贈られる
5つの賞もあります。

メンバーカードも同じ素材です。
その名は「プラバン」 プラスチック版、の略ですね。

プラモデル作りが趣味! なんて方は プラバンと言うと
直ぐ通じたりもする

後は マンガ本の好きなページを開いて 
その上にプラバンを置き 

油性ペンでなぞり レンチン(レンジでチン)する、
なんてのも
中学時代 小さく流行りました(笑)

この素材で作ったカードのことを 個人的に
「アレ」と呼んでおります

別名は「虹の欠片」 命名してくれたのは
みゅうメンバー 星亭エグゼ(通称 えぐぜっち)

今回はね 最新号に 時間が掛かっておりまする
漸く「アレ」が 完成したんだが

ほやほやしている今も 
石焼芋の似合う季節になってもうて

どう考えても 立冬過ぎてるし、
栗より芋だよね!?
ってツッコミは 聴こえません(笑)

レンチン後、辞書で挟んで伸ばすんだが
この作業によって 
毎回 ふやふやしたり するんだよなー

今回は みゅうメンバー あおばが 
踊り出した(笑)

「キャーッ あおばさーん! 踊り過ぎっ。」
と 思いながら トースター救出作戦!

普段 呼び捨てにしている癖に 
何故 敬語!?(謎)

色取り取りの落ち葉が 風に吹かれて踊る様を 
連想しながらでした。

ボールペンと比べると こんな大きさですね
チンすると縮むのよ。 

Ⅳ分の一くらいになるかも
(その表現ナニ)

ちょっと ベタ塗りし過ぎて 訳分からないから
あおばのアレ第二弾は 塗り方を変えてみた

あー こっちの方が 良いかも~♪ と 思ったけど
後の祭り。 

これがラスト1枚だったのです
他の皆さんへのアレは ベタ塗り仕様~。

絵心の無い ワタクシのこと
無料イラスト 栗、で検索して 
ヒントをいただきました♪

最近さ、仕事関係のチラシ作成するのに
ワードでクリップアート検索したり 
ネットで 無料イラスト検索する頻度が多くって

そうだ! そのテがあったか!
って いつもの事だけど(笑)

このボールペン、営業時代のモンだから
かれこれ20年近く 経ってるカモ
いやーん、長持ちさーん♪

ってな感じで、只今 せこせこと印刷中
キャ・のん子ちゃん、頑張っておりまする。

発行日は来月一日の予定よーん。
先払いの皆様へは 完成次第 発送しまーす♪

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

光の帯


北風の音で 眠れぬ季節がやって来た
夜の唱は 愉しいかい?
話し掛けようにも 勢いの強い風は
留まること知らず
対流しながら 我の心を 鷲掴んで
空に 飛ばしてしまいそうだと 身構える

布団にくるまり
風よ、お前なんかとは 絶交だ!
鼻息荒く 見た夢は
哀しげな気配

どんな朝にも 青空がくっついている
見えぬのは 雲の悪戯
相手をしようにも すり抜けてしまう
ここが 空の上でも
絨毯みたいに 胡坐を欠いて
会話する訳には 行くまいぞ

天使の梯子が見えた夕刻
不思議な一団が 昇り始めたのかと
目を凝らして気付く
薄い雲に 覆われぬ部分のみ
光が見えているだけだ
その路は 思う以上に遠く
簡単には 踏み出せぬ 一歩を思う

写真や記憶や幻想でしか出会えぬ虹
久方振りに掛かる 幾重もの筋に感動し
ふとアクセルを緩めると同時に
心が ほぐれ始める
きつく巻いた紐が ぷるぷるの幻魚を
羽交い絞めに しませんように

生臭さの残る ベランダから見上げる空
青の術 未だ 見えるよ

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

詩の発表場所あります
自慢の絵・写真を披露したい方にもおすすめ!

ワタクシすずこが編集している手作り詩誌
ポエムサークル「みゅう」

仲間になり購読いただくと
ボツなしで冊子掲載 & CDトーク → 全国郵送★
見本誌もあります。読みたい方も連絡くださいね。

以下に本誌の写真・詳細を紹介していますので
クリックして御覧くださいませませ~☆

ミュウ 221.222号 完成♪ 

すずこのリンクはこちらから

~いつかの すずザレ~ 藤鈴呼の戯言
過去作も織り交ぜてUPしていきます☆

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

あの日 初めての岬

あの陽 薄明かり 溶けて

舞い踊る 新しい時を

ゆっくりと 刻む 微笑み


紅 景色 眺めながら

一生懸命 走ったね

やっと シャッター 切って見たけど

辺りは もう 薄明かり


岩藻に揺れる 海水の冷たさ

水飛沫の向日に

終わらぬ地球の息吹が

今日も又 昇るんだね

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:

ちょっと 気取ってるね

少し 乱れてるね

なんか 刹那げ だね 

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:

あの人に似た表情が

楽しげに  画面の奥で 微笑う

あたしの内の 感性は

未だ  固まって  無かったみたい

だけど  違う    内面の  強さに

魅かれたコトも  有ったよね

今は  忘れた  置いてけぼりの

机の上の  引き出しに  埋めた

流れる悲しい涙ごと

堪(コラ)えた切ない心ごと

夕暮れは まだ   明るい 日差し

胸に  愛に  溺れてゆくよ

君も  知らないうちに

願いだけ  込めたんだ

ひっそりと 揺れた  

春の 花びらのように

剥き出しにされた 午後も 忘れて

★。・::・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。
人気ブログランキングへ
↑ポチッとな~☆↑


業火

Img_0273


Img_0274

ブックオフで衝動買いして読んだシリーズ
映画にもなったらしいですね。私は本のみで堪能しました。

登場人物名が英語なんで、
人物像を想像したり、覚えながら読み進める迄に
若干時間を要しました。

それでも
最初の方に登場人物と簡単な説明が載っていたので
助かりました。

何度もパラパラめくりながら 戻りながら進む。
そういう読み方って 先ずしないので 
久々に時間が掛かったなあ~って 感覚でしたね

読みながら思い出した世界観は
ビリーミリガン グリーンレクイエム(素子さん版)
ソフィーの世界、だったかな

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

痛みは


目に見えないから
余計に 酷くなる

痛い 痛いと
必要以上に 騒ぐ人

ジッと堪える人
的確に 表現する人

それぞれの傷の大きさは
測れないから

比べることなんて
出来ないもの

傷を 舐め合えば
一瞬は 楽になる

乾いた瞬間
ピリリと音がする

痛みスパイスが
静かに弾け始める

良薬なんかじゃない
ジワリと滲み出す汗が

全ての結末を
描き出して行く

分け合えば 何時か
自らに 降りかかる痛みに

想像力を 働かせて
身を固くする

何処まで 持つかな
幾つ 持つかな

両手を広げて
材料を 計っている

音と 同じだ
不協和音は いけない

虹と 似ている
隣には 美しい色を

この傷が 一番に
映える姿を 考えて

それまでは じっと
蹲って 生きる

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

抗いの唱


あなたが いなくなった時
静かに 呟いた 一言が
忘れられない

あの人ならば 世の中を
変えてくれるような気が
していた

ただ 奇抜なダケじゃなくて
何か 凄いことを してくれる
そんな人だなって 見ていた

だけど 結局 人間だものね
こうやって いなくなって
しまうんだね

抗えぬ 大きな力に
閉じ込められそうになる
一瞬だった

貴女の青春時代
どんな楽曲が 幾つの痛みを癒して
心を やわらかく して来たのだろう

私には
想像することしか
出来ないけれど

これから生まれる 美しい世界を
出来る限り 共に
見定めて 生きたいと

強く 願う
心は 同じ
そう 信じて 行かなければね

耳の中で 踊る
良く知らぬ バラードが
胸を打つ度に

ことん と 一つずつの傷が
零れ落ちてくれれば
良いなあと 願う

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

すずこのアメブロ

こちらにコメントいただいたので 
即興戯言を2つ投下してみました

久々に ちーたんとザレってみた夜、
というか 朝でしたね

アメブロは得に 宣伝コメントが多くってね
殆ど削除していますよっと。

きちんと内容を読んでくれたんだな
と感じたコメントに対しては返信している筈です。

管理画面でアクセス数なんかを見ることが出来まして。
自分のブログに辿り着いた人間が
一体どんな検索ワードで来たのか 調べて見ると…

順位 検索語句

1 糸魚川在住の40才の女性のブログ
2 翡翠
3 ストッキング
4 かき氷
5 ラーメン 糸魚川
6 セリアの緑色のビビガラス
7 感動
8 ディズニーランド
9 明太子ラーメン 博多
10 辛い
11 苦しい
12 楽しい
13 タイムライン 消えた
14 鈴子 ビーズ 糸魚川市
15 長瀞
16 予防
17 病院
18 アルク めがね

ふーん。 と毎回 面白がっている訳ですな。

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

詩の発表場所あります
自慢の絵・写真を披露したい方にもおすすめ!

ワタクシすずこが編集している手作り詩誌
ポエムサークル「みゅう」

仲間になり購読いただくと
ボツなしで冊子掲載 & CDトーク → 全国郵送★
見本誌もあります。読みたい方も連絡くださいね。

以下に本誌の写真・詳細を紹介していますので
クリックして御覧くださいませませ~☆

ミュウ 221.222号 完成♪ 

すずこのリンクはこちらから

~いつかの すずザレ~ 藤鈴呼の戯言
過去作も織り交ぜてUPしていきます☆

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

素敵な贈り物は
無事に届いたらしい。

そして
彼宅には
素敵な親子が
出現したらしー。

ヤモリは 腹が白くて
イモリは 腹が赤いんだって
教わったよ。

何か良いこと有れば良いずら
!_( ̄▽ ̄)ノ彡!

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

いやー
バースデーは
嬉しいねーい

先日
手作りの チーズケーキを
彼女に もらったずら
!_( ̄▽ ̄)ノ彡!

・・・包みしか 見えてないけど
。。。//δ⌒▽⌒//

あとは
お洋服♪

るん♪

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

練習風景

DVDから パシャリしたから
わけわからんが。。。

動画UPする勇気は無いずら
。。。//δ⌒▽⌒//

でもって 素敵な白ステージが
見えるだろうか。。。

年季の入った 錆びれ具合が
良い趣を 醸し出して居るはず?"

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

鈴子広場

拡大してみますた。
ふふ。

真ん中の
何か
掲示板か何かみたいだけれど
何となーく
黒板を連想してまうのは・・・

アタシだけ~~~~~・・・♪
by パクりました あい すいませーん


そして 右は
ガス灯らしき 感覚なんだけど。。。
違うだろうな。。。

電気
なんだろうな
!_( ̄▽ ̄)ノ彡!

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

ケータイなんでね
偵察ドライブ行ったは イイが
ロクなショツトが撮れんかってん。。。

まぁ こんな感じで
色々と

魚が 泳いでたり???

ン~~~。

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

タワーオブバベルの
イメージの様な 塔?"

ちょっと 赤錆系が お気に入り。
これが 広場内に有った モチーフ。

当日のステージは 2つ有り、
左側が Aステージ
右側が Bステージ。

写真は 準備中の風景。
アタシは Aステージでした。

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

アロハシャツじゃ 寒いと
おっしゃっていた 男性。

前のイベントでは 笑いが取れたネタが
ウケなかった と MCしながらでしたー。

中央は ライトと花の
コラボレーションが 素敵で
人をいれずに 撮影したかったのだけど
上手くいきませんでしたー。
この左下の男性
一生懸命 歌ってましたねー。

右側の 女性は 煌びやか★
紫の衣装も素敵で
声が高く 伸びやかでした。

右側の彼女は 女優さんなんだとか?
でも 内緒らしいです。。。
ってUPしてんじゃん 爆

とても 素敵な 男性。
沢山の人数が居るバンドで
ホント にぎやかでしたー

最高
の 年齢なんだとか。。。
サックスの男性の右側の方。。。

元気で良いですなっっ♪

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

後ろ手に ギター持って
すばらしい プレイ。。。

個人的に
後ろで 覗いてる
可愛い おじょうちゃんに
目が入ってしまった。。。

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

ボーカルの 彼女。
とても 好きな 歌声で
上手いと 感じた。

司会の方が
脱力系が 良かった
なんて 言ってたなぁ。

服装も 何か 良いですね。
若いからこそ できる?!
ベースだったかな
を しながら
ボーカルも こなしていた。

3人の バンドで
オリジナル曲 オンリーだった。

ほんと かっこよかったっっ

そして 右側のバンド

右の方は 今みると
ぴーずの いなばさんみたいにみえる
左側の方は
長渕を 上手に 歌い上げていましたねー。

これは アッパレでした★
観客席なんだけど
右側で ギターひいてるのは
即興なんですねー

本物のギターの方が
色々と 観客席 行脚して
ギターを渡して ソロを 弾かせるという
面白い試みで
盛り上がりました。

右の写真。
左で引いてるのは お客様
右側で佇んでるのが
本来のギタリスト★
白い屋根の 錆び具合は 素敵なんだけれども。。。
この屋根は ステージに ならなかったけれども。。。

よつやバンドの皆様は
のっけから 大に 盛り上げステージを
してくれましたー。

キーボードの女性が
暑そうでした。

日差しが かなり 強くってね。
前日の雨が 嘘の様でした。

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°


の中に 佇む 男性が
印象的かな。

ステージの 裏側
駐車場から
準備中の ショット。
女性の銅像も
広場には
ありましたとさー

トラックの左側に
小さいけれど
鈴子広場ってあるのが
見えるかなぁ。。。
高速 つかって 駆けつけたんだけれど
実際問題
下道が 目的地まで 斜めなのに 対して
高速は △の 回り道するような 感じだったから
時間的には 変わりなかったような。。。
(この説明で 意味わかるだろうか。。。)


受付時間よりも 二時間半も 早くついたので
色々と パシャリ★ してましたー

前回の 偵察では
携帯しか 持っていってなかったから
魚の泳ぐ姿も
上手く撮影できなかったもんなー

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°
人気ブログランキングへ
↑ポチッとな~☆↑



2014年11月13日 (木)

石狩風雑炊

Img_0662


Img_0663


Img_0664


そんな名前のメニューがあるかどうかも知らないが
石狩風鍋の残りに水と卵を足して作ったものだ。旦那が(笑)

味付けは絶妙だったので問題なく咀嚼したのであった♪るんっ
七味パラリで ちょっとパンチの効いた味に早変わり~。

ってのは昨夜のお話。今日は休みだったのでね
昼間に残りを平らげますた。

雑炊鍋にしたまま放置すっと 勿論 半殺しになんのよね。
え゛、通じますよね? この表現。

米粒の形が少し残った「きりたんぽ」でも 想像していただけると
近いんじゃないかなあと 思うちょります。

宅の主人 キリタンポが大っ嫌いなんですよ。
岩手時代は実家で何度も堪能したんじゃが 懐かしいなあ。

しかし 雑炊って見事なまでに どの写真も似てるよな~
中身がカニでも七味でもシャケでも同じに見えんじゃね゛?

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

詩の発表場所あります
自慢の絵・写真を披露したい方にもおすすめ!

ワタクシすずこが編集している手作り詩誌
ポエムサークル「みゅう」

仲間になり購読いただくと
ボツなしで冊子掲載 & CDトーク → 全国郵送★
見本誌もあります。読みたい方も連絡くださいね。

以下に本誌の写真・詳細を紹介していますので
クリックして御覧くださいませませ~☆

ミュウ 221.222号 完成♪ 

すずこのリンクはこちらから

~いつかの すずザレ~ 藤鈴呼の戯言
過去作も織り交ぜてUPしていきます☆

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

外での お花見なんて
数年来 してないな
この 数年来の 使い方は
間違って 居ないかな
又 君に 突っ込まれたら
悔しいからさ・・・


『 捻りすぎた 言葉 』

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

即効で 髪を 洗ったよ
そして 今 乾かしながら
ストッキングだけで
ジーンズは 未だ 履いてない

だって 皺に 成るからね
ギリギリまで 我慢 するんだ

何を? って?
そう ちょっと
クーラーの風が
冷たい みたいなの・・・


 『 待ち合わせ 40分前 』

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

君の 助手席の ポケットに
温泉ガイドが 有ったよね なんて
思い出したのは
今 テレビで 特集を しているから

たまには ゆったりと
温かい湯に 漬かるのは
疲れを 癒す 方法の
一つなんだと 知って 居るけど


『 普段 毛嫌い 温泉三昧 』

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

非道な 運転手が 居たよ
高そうな 車に 乗って居て
降りて来て 女性 ドライバーに
もっと 前に行け
オレが 入るんだからって
手で 示しながら
キレた 感じで
無理矢理 割り込んで
仕舞いには
割り込んだ 左折斜線から
赤信号で 止まってる
中央斜線の 一番前に
割り込んだ ものだから
横断歩道も 真っ青だったのさ

その頃 ボクも
苛立ちが ヒート状態で
とんでも無い 表情で
そんな姿を 眺めて 居たんだけれど
急に クール・ダウンを したよ

君の 言葉を 
思い出したんだ

行こうとすれば 行けないことは 無いけれど
帰り道が 心配だし
安全 第一だから

そう 行ったよね
やっぱり 無理は イケナイ 事なんだ--


  『 酷 い 男 』

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

アトピー傾向の 肌が
悲鳴を 上げた 昨夜

何だか 右足の 横側ばかり
かっちゃいて 居たよ

そうすれば
蚯蚓(みみず)腫れが 
完成する事
請け合いなのに


『 長いミミズ 』

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

ボクが 質問を したら
それから 先は
隠すように
して居たね

唯だ ちょっと
傷には 疎くて
だけど ちょっと
敏感で

直ぐに
口にしてしまう 僕だから
君を
傷つけて しまったかなって

反省してるんだ

だけど 人の心は
見えないよって
何時だって
言ってる


『 実ゆる傷・見えぬ傷 』

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

何だか クラクラしたのは
立ち上がった 瞬間

其処に 血流が
存在するのかさえ
忘れそうに成って
しまったんだ


『 低音予報 』

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°
人気ブログランキングへ
↑ポチッとな~☆↑


笹川流れ

Img_7876


Img_7877


Img_7879


ネーミングだけだと
七夕シーズンに似合いそう★

笹の葉を浮かべて川に流すイメージが浮かびました
同時に懐かしくなったのは 白線流しのドラマかな

ここで食べたのが 鮭親子丼でした
お盆のお話。 酒田へ行く途中にね。立ち寄ったのよ。

いやぁ、夏シーズンとあって 海岸沿いに停車しているんが
多いこと! マナーもクソもねぇ状態でしたね。

親子丼と聞いて
真っ先に思い浮かぶ素材は何でしょうねえ

一般的には卵と鶏肉ですかね~
個人的には鮭とイクラが好きじゃろうもん♪

実家では豚肉が食卓に上る割合が非常に多く
こんな会話も良くあったな~。

「今夜のご飯なに?」
「親子丼! もとひ 他人丼!」

子供が好きなメニューとしては
カレー ハンバーグ 肉系は好きだったよね

一方 父は刺身系がお気に入り 
勿論 傍らには鮭…いやいや、酒は避けたいお年頃♪
ってなモンで。

バラバラなメニューが食卓に並ぶので
「藤家食堂だね」なんつって。

食べ終えた後は「藤家温泉」に入るやろ?
温泉も愛しい季節になって来ましたねぇ~。

親子ネタ 会話バージョン
とかくデリカシーの欠片もない輩って 多いですよね

早くに結婚した友人が良く言ってた

「独身の頃は 結婚、結婚!ってせっついて
やっと落ち着いたかと思えば 子供は?って。

産んでホッとした後には 二人目は?
もう 嫌んなるよね。」

まあ私も 言われましたものね

「女は子供産んで 一人前だからな」
「男は結婚して一人前」

とは良く聞くけど
その女バージョンかい。

そして 不思議なことに しつこく聞いて来るのは
男性の割合が多いんですよね

「え? 子供いないの?
 産まないの? それとも産めないの? ハハハ」

とか絡まれた時は
その男を引っ張って去る奥さんとか(笑)

子供の体調の悪さを心配している女性に
心配の言葉一つもなく 鍛え方が足りない、と
説教を始めるとかね。

その台詞を聞いた相手が どんな心境か、とか
想像力に欠ける話ですよね

そんな奴等は みんな纏めて 豆腐の角に頭を…
もとひ、翡翠にドタマぶつけてみりゃあ いいんだ(笑)

翡翠 固いで~っ?
きっと 痛いでぇ~っ ザマアミロ(てへぺろ)

え゛? 死語?!
だから私が 活かすのさぁ~っ(違)

呼ばれ方で微妙になることも しばしば。

独身の時に「奥さん!」と言われたり
旦那の事を「お父さん」と呼ばれたり

逆なら嬉しいのかも 知れないけどね
奥さんって、ふ、老けてるって意味!?
みたいな気分になったりもしたもんだ

名前も知らなかったりすると
相手も 呼びようが ないんでしょうね

まさか「御嬢さん」と
呼べる年齢ではなかったし(笑)

呼ばれ方として 結婚当初 こだわったのは
旦那が他人に対して私の事を表現する場合

「うちの嫁が」は止めてくれ、と。
妻、という表現にしてくれ、と
頼んだりしましたが 今は 嫁も結構好き(笑)

旦那のことも 彼と表現していましたしね
主人とか旦那って何か違うな~って
これは 私自身の感覚の問題ですな

一人称も年齢とともに 変化しますよね
自分の名前にちゃん付けするのは 幼いイメージかな

戯言や歌詞にするなら あたし は結構好きだったけど
オレ 僕 も 昔は多用していた気がするなあ

あえて ワタクシ と表現することも ありましたね
私 だと ワタシに読めてしまうからね

そして 未だに 藤鈴呼の表記を 間違われる私ですが
まあね、分かり難いけん、仕方ないかなあ~。

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

詩の発表場所あります
自慢の絵・写真を披露したい方にもおすすめ!

ワタクシすずこが編集している手作り詩誌
ポエムサークル「みゅう」

仲間になり購読いただくと
ボツなしで冊子掲載 & CDトーク → 全国郵送★
見本誌もあります。読みたい方も連絡くださいね。

以下に本誌の写真・詳細を紹介していますので
クリックして御覧くださいませませ~☆

ミュウ 221.222号 完成♪ 

すずこのリンクはこちらから

~いつかの すずザレ~ 藤鈴呼の戯言
過去作も織り交ぜてUPしていきます☆

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

さびしくて

さびしくて

もう

どうしようも ならない よる

すくってくれる あなたは どこ?

*

せつなくて

せつなくて

もう

どうしようもない

アナタが 

別の人の 名前を 呼んだ

私ではない

誰かの 名前を。

*

悲しみの夜には

雪が 降り注ぐでしょう

眠られぬ 朝には

きっと 月の光が 瞬いて いるの。

*

心の表では アナタを思ってる

裏っかわでは あの人が揺らめいて

もう どうしようもない気分に

残り香を かき集める度に 切なくなってゆく思い出は

雪へ向かう季節へと告げて

さらに大きく膨れ上がるんだろう

慣れとは恐ろしいと あの人が言ったんだ

僕に ついてこいと

僕は ついていくと

君に ついていくと・・・

*

どうでも良いことで 

すぐに

苛立ちが収まらなくなってしまったりして

思う

ああ・・・

やつが・・・やって来る・・・

必ず 月に一度 訪れる女神は

こんなにも わたくしを

憂鬱な気分に させてくれる

たった一つの薬さえ

今は もう

君に

預けてしまった。

*

空が 洗えるのならば

君は 一体

どんな洗剤を セットするのだろう

その 洗濯機は

グルグルと 巡る

永遠に。

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°
人気ブログランキングへ
↑ポチッとな~☆↑


鮭親子丼

Img_7880


Img_7881


Img_7882


笹川流れで頼む昼食
海岸に沿い 歩んで来た二人は
親になること 叶わなかったけれど
ここに 美味しそうな シャケとイクラが
仲良く座っているからね
慰め合うような米粒に敷かれた
彩り豊かな紅葉みたい
少し掬って 救われて
此処にスプーンは 無いけれど
すくいあげて行こうね
哀しみも 痛さも
個々に居たさも かなぐり捨てて
晩酌に目覚める親子みたいに
素敵な瞬間を

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

詩の発表場所あります
自慢の絵・写真を披露したい方にもおすすめ!

ワタクシすずこが編集している手作り詩誌
ポエムサークル「みゅう」

仲間になり購読いただくと
ボツなしで冊子掲載 & CDトーク → 全国郵送★
見本誌もあります。読みたい方も連絡くださいね。

以下に本誌の写真・詳細を紹介していますので
クリックして御覧くださいませませ~☆

ミュウ 221.222号 完成♪ 

すずこのリンクはこちらから

~いつかの すずザレ~ 藤鈴呼の戯言
過去作も織り交ぜてUPしていきます☆

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

ケチな 人間は  直ぐに 解るね

表情が 歪んで居るもの


笑顔の 瞬間で さへ

唇が 均衡に

開かないんだよ

★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

土曜日に 半ドンだったから

その帰りに 会社の人 三人で

近くの やまなか屋に 行ったんだ


こないだ 個展で来てた彼等も

冷麺か わんこそばか 迷って居たけれど

色々 有名な店はあって

あたしは ヤマト 好きだけど

他には ぴょんぴょん舎だとかね

わんこそばなら 東家

好みによって 違うみたいなんだよね


調子に乗って 半冷麺と

黒豚カルビ・カルビ セットで

思い切り 生にんにく 堪能したら

喰い終わって 喋っているうちに

だんだん お腹が ゆるくなりそうになっちまって

やべぇ! なんて 思ったならば

一層 酷く なっちまって


翌日まで 飲まず 喰わずで

眠りまくったら 日曜日

パパンの電話で 夕方 起こされて

近くの花火に 行くって言うので

近場だと 混みまくりだからと

逆側の 山側に昇って 見たのだけれども

音が 一向に 聞こえない・・・


それでも BABA や ママンは

久々の 花火だよって

楽しそうだったから よしとするか~~☆ミ

★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

どんどん 日焼けして 行くんだよ

アクティブな 会社の人は

見る度 真っ赤になってたりも するけれども

あたしも 負けてなんか いられないぞー

なんて 思いながら


あるあるを 見てて

腰筋? だかを 鍛えなければ

下っ腹が 出てしまうっていうので

壁に 頭から 踵まで ピッタリつけて

利き腕と 逆側の腿を 直角に上げて

その下で 両手を五回 叩ければ 大丈夫

そんなシーンを見ながら

ママンが 一言

「 だから そういう問題じゃあ 無いんだって!

  関節が 痛くって!! 」


肩に 湿布を 貼りまくって

「 動けなくなってから 言われてもねー 」


そりゃあ そうだ

動けるうちに 好きなこと しときなさい

最近 良く聞く 言の葉なんだよ

★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★
人気ブログランキングへ
↑ポチッとな~☆↑


お経に聞こえる

Img_0661


Img_0652


Img_0644

仕事中 何だか目が痒いなぁ~ と感じた
ドライアイ気味で目薬を欠かせぬ事務時代には
コンタクトライフだったが

引っ越し前の掃除中、上を向いて埃を叩いていたら
若干角膜を傷つけてしまい(馬鹿)
以降、殆ど眼鏡生活の私にとって、この痒みは久々だ

何ぞ変な粉でも飛んでおるのじゃろうか?と訝しんだが
同時に眠気の在るコトに気付いた
そうか、私、睡眠不足だわ~。

一昨日 丑三つ時に 目覚めましてん。
何か妙な音が聞こえましてね?
すっっっごい小声で歌っている旦那だったわ(…)

もう目が点! っちゅーか、寝てるから目は線よ。
栓と言ったら 耳栓でもしたかったんだが
朝の目覚ましが聞こえないと困るしのう~

「五月蠅い!」と伝える程迄には 覚醒しておらず
プール用の耳栓を取りに行く気力なんて 
在る筈も無し秋の夕暮れ もとひ 深夜過ぎだっちゅーの。

ちゃんと歌になっていれば 歌詞や音程を頭で追って
益々 眠れなくなってしまうんだろうけれども
非常に中途半端な呻きみたいに聞こえるんだよね

所々 声が漏れ聞こえるって体たらく。
だけん、妙な節回しの怪しい化け物か!?状態で。(失礼な)
布団被ってみたんだが、二間続き部屋だし意味は無し。

結局 ウダウダと半覚醒時間が長引き、昨夜ですよ
中途半端に飲んだ焼酎(炭酸アップルジュース割り)が効いて
座椅子で転寝てもうた為、途中で覚醒

深夜にブログ更新しまくってから 又寝たもんでから
もう 朝からヘロヘロですよ(自業自得)

しかし、あの音声、旦那の声だと解っているから良いけれど
何も知らされず耳に入って来たら 悪夢モンだわあ
どうしても お経に聞こえてしまうのであった。

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

三角


膨らむ形に埋め込まれた視覚
影と道に挟まれた新たな縁
機械的な背景に
人道的見地を携えて
脇腹を抑えて走る
痛みも笑いもごた混ぜの
フラフープがくるりと巡る時
思い出すのはメリーゴーランド
たまには コーヒーカップでもい い
切っ先の鋭さばかりを
必死で隠し続けるように
ギザギザの メタメタの恐怖を
三角形で 覆い尽くした

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

紅葉を観に行こうよう♪

つうかさ? メタメタの雨なんですけど?(爆)
風雨も酷くてよ

子供達の声が聞こえて「あられ~」
と響いた気がしたから

慌てて布団はぐってカーテン開けたっけば
カラフルな傘の花しか見えなかったわ?

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

詩の発表場所あります
自慢の絵・写真を披露したい方にもおすすめ!

ワタクシすずこが編集している手作り詩誌
ポエムサークル「みゅう」

仲間になり購読いただくと
ボツなしで冊子掲載 & CDトーク → 全国郵送★
見本誌もあります。読みたい方も連絡くださいね。

以下に本誌の写真・詳細を紹介していますので
クリックして御覧くださいませませ~☆

ミュウ 221.222号 完成♪ 

すずこのリンクはこちらから

~いつかの すずザレ~ 藤鈴呼の戯言
過去作も織り交ぜてUPしていきます☆

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

動物の死骸を見た瞬間に

「可哀相だ」と思える心を

失ってしまったのは

もしかしたら

猫の死骸を車のバックミラー越しに見ると

猫のタマシイを 引きずってしまうという

あの伝説を

知ってしまったからなのかも 知れない。。。

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:

昔のように 純粋には 成れない

キミが 鳴いている

一筆ごとに 増えてゆく あのあぶくを

抱き締める瞬間に

ボクは 

何か 物足りなかった この幻想(ボク)が

色づいてゆく音を 聞く羽目に陥る

されど その色が 儚くなってしまった瞬間

ボクは モノクロに 染まってゆくのか・・・

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:

そんなこんなの瞬間に

キミの吐息が 聞こえてきて

きっと キミも 苦しいの?

したためられた手紙を見詰め

キミが 本当にしたためたかった

想いを ふりほどいてみる。

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:

ほどなく

キミの 躊躇いが

笑顔に 代わって

もう 会話を交わしてしまっていた僕達は

互いに

笑い合っていた

人は それを

本物の笑顔と

呼ぷのかも 知れない・・・

*

すごいね・・・

たった一言の

キミのセリフの次に

どんな言葉が

待っているんだろうと

楽しみにしながら

ボクは また

この

マシロな画面に

文字を 連ねて ゆくんだ・・・

*

どうやらキミは

この

せっかちなボクのことを

待って居て くれるらしい。

一つ目の質問は

一体 何だろう

ぴろり~ん♪

また あの懐かしい音が 奏でられる

今日 唄った 彼との思い出の楽曲を

一瞬 思い出す ボクは

何て 浅はかなんだろう・・・

せめてもの 救いは キミの・・・

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°
人気ブログランキングへ
↑ポチッとな~☆↑


2014年11月12日 (水)

藤色の空

Img_0628


Img_0626


Img_0625

淡い空の色は
何時の時も
同じ色合いに非ず

暮れゆく紅色も
始まりの藍色も
揺れる程に 美しい

喩えるように
流れる雲に
我の思いを乗せて

割れた空の隙間に
埋め込むのは
永遠の 夢

儚い声色が響く
雷鳴が轟く上に
重なって 溶ける

飛沫の上がる海は
冷たいけれど
身も引き締まる

遠い空気感に
膨張した心を
ゆっくりと 預ける

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

イメージページはこちら

沢山あるワタクシのミラーサイトの中で
今回はヤフーブログに コメントをいただきました

コメント下さった方の頁へと飛んで
即興してみますた☆

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

写真 翡翠鉱物展の後、上越くんだりまで行きましてん。
今回は下道を走るの巻♪

ドライバーだと構えられぬデジ・カメ子を片手に
貴重な一瞬をゲット♪

かぁちゃんが 向かい合って留まっちょん♪
まるで置物のようで 凄く好きだなぁ~。

ひすい王国館の駐車場に停めて 鉱物展を見たんだが
今回はやはり混雑しており 屋上に停めたんですね

丁度 私の大好きな普通列車 青色タイプが来たので
嬉々として パシャリ☆ あざ~っす♪

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

詩の発表場所あります
自慢の絵・写真を披露したい方にもおすすめ!

ワタクシすずこが編集している手作り詩誌
ポエムサークル「みゅう」

仲間になり購読いただくと
ボツなしで冊子掲載 & CDトーク → 全国郵送★
見本誌もあります。読みたい方も連絡くださいね。

以下に本誌の写真・詳細を紹介していますので
クリックして御覧くださいませませ~☆

ミュウ 221.222号 完成♪ 

すずこのリンクはこちらから

~いつかの すずザレ~ 藤鈴呼の戯言
過去作も織り交ぜてUPしていきます☆

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

カメラには 詳しくは 無いけれど

景色を 撮るのは 好きかな


ドライビング していれば

自分の画像って

余り 取らずに


だけど どうしても 撮りたい 瞬間には

車の上に デジカメ セットして

オートモードで 撮影したり するけれど


だいたいにして

ドライビングする事も

最近 無くなって 来てるんだよね~

★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

あの山が 鳥を 二匹も 飼って居たなんて

僕は 知らなかったよ

南部片富士と 呼ばれて居るのは 知ってた

蝦夷富士の 羊蹄山にも

北の 大地では 感動した ものだったけれど

雪解けの 右肩 眺めれば

其処には 鷲が 一匹

そして 左下方には 雉(キジ)が 一匹

だからね? ガンシュウザンって

呼ばれるらしいんだ

°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

渋滞って 勘弁して欲しいなって

本当に 思う


だけど こうして

部屋の中では

渋滞も 懐かしく 感じられたりも する


テレビの 渋滞情報で

唯一 慰められるよ


嗚呼 行かなくて

良かったじゃん? って。

★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

眠る 瞬間にも

僕等は 何か 考えている


其等 全てが 潜在意識として

夢として

僕等の 脳裏を 覆うのだろう


目覚めた時 忘れて 居られるのは

其れが ツライ 夢だったから


そう 思い込ませるコトで

僕等は

朝日を 浴びて

現実へと 戻る

準備を するのかも 知れない

★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

起きて居る 瞬間

其れが 嘘なんだろうと 思えたら

夢の 世界に

現実を 逃避させつつ 考える


眠りの奥で

レム睡眠が

ノンレム睡眠が

嗚呼 どっちが 安らいだ

状態なんだっけ?


そんな 常識も かなぐり捨てて

熟睡出来る 瞬間が

真実の 安眠の 刻 なんだよね

★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

振り返れば 何時でも

リズム感に 溢れてる

ビート 刻んでる


マイクを 握り締め

離さない


弦を握る 左手が

こんなにも 固く 成るのは


大好きな マイクへ

向かえない からなのさ

★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

人気ブログランキングへ
↑ポチッとな~☆↑


糸魚川翡翠鉱物展

Img_0637


Img_0638


Img_0627


地元の翡翠を扱っているブースでゲットしたのは
黒ヒスイと青ヒスイの値付け…もとひ、根付ストラップ

そんな今は丑三つ時・・・寝付けよ私!
以上、韻三連発でした♪

最近 仕事関係でお世話になっている方から
蛍石を見せられ、以降「魅せられ」ている私

会場には色々な宝石が処狭しと並べられ
そりゃあ もう 神々しいの何のって☆

その中に 蛍石も幾つか並んでいましてね
別名フローライトっちゅうんですってね

ここまでは知っていたんだけれども
やはり実物を幾つも眺めたら ヨダレ流れるわ(汚っ!)

香水入れ…何て言うんだっけ、アトマイザー
うーん、それとは違うな、ボトルタイプみたいになっていて

実際に液体を入れて香水として使用できるタイプのものも
ありましてん。

色合いも 私の大好きな色、紫のみならず
淡い黄緑、虹色のような感覚、多岐に渡るんですねー。

紫ならばアメジストが真っ先に浮かぶな。
鉱物は詳しくないが好物さ(一句) ってなモンで。

写真の翡翠は一つ漱石未満でして「買い~♪」じゃね?
ってんで殆ど衝動買いでした

黒が欲しくて買って良いか強請ったら
旦那は青にしたそうな。 (青ヒスイで合ってるかなあ。)

この青いのってば 絵にも見えませんか?
白い背景に松が描かれているような雰囲気で。

以前 薬石の加工されている方から
絵のように見える石→ピクチャーストーンという言葉を
教わった瞬間を 思い出しました

早速ね、付けましたよ。
何に? そう、USBに着けたのサっ♪るんっ♪

これがまた 真っ黒のボディーなんで「合う~」
すずこ ご満悦( ̄ー ̄)

土日開催された今回のイベントなんですが
私が行ったのは日曜日

土曜は仕事だったんでね。 
で、お客様が やたら聞くのよ

「今日、お祭り あるんだって?」

最初、祭りってフレーズから「おまんた祭り」が浮かび
(あれは夏だし…) と否定していたんだが

良く考えたら このイベントのことを
「お祭り」と表現しているダケだったのねっ!(爆)

一つの言葉から色々なシーンを取り出せる引き出し
常に開放しながら 頭は柔らかく解放してあげないと
いずれ介抱される羽目に!? と、反省しきりでした。

会場で、久し振りの再会もありました。
雨飾温泉が最高だよ、と写真を見せてもらいましたが

冬は閉まると言うので 残念だけど行く機会がなさそう(涙)
蓮華温泉も 三年越しの夢を 漸く叶えた位だからなぁ~。

心身ともに ぽかぽかしたい季節になってきましたので
今夜は石狩「風」鍋にしてみたのですじゃ。

まぁ シャケと野菜をぶっこんで甘系の味噌風味にした
ダケですけれど♪

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

詩の発表場所あります
自慢の絵・写真を披露したい方にもおすすめ!

ワタクシすずこが編集している手作り詩誌
ポエムサークル「みゅう」

仲間になり購読いただくと
ボツなしで冊子掲載 & CDトーク → 全国郵送★
見本誌もあります。読みたい方も連絡くださいね。

以下に本誌の写真・詳細を紹介していますので
クリックして御覧くださいませませ~☆

ミュウ 221.222号 完成♪ 

すずこのリンクはこちらから

~いつかの すずザレ~ 藤鈴呼の戯言
過去作も織り交ぜてUPしていきます☆

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

〓 可 憐 華 〓


散らない 花を見た

風に 揺れてた

竜巻に 襲われた

凌いでた

今も 耐えて生る

息してる  生物なんだ

貴方も言った  人間なんだ

心は消せず  明かり閉ざす

気にも成らないように

輝く花びら  瞳に映る

目を閉じても

夢の奥で  笑えてる

水を毎日くれる  愛しの如雨露

真冬の寒さに  少し凍えた

朝に成り  解凍した

回答は簡単

又  水を注ごう

周りが 砂漠でも

次の太陽 昇る迄

貴方の光に  照らされる日を

楽しみに待つ  其の 瞬間に

どの華より  素敵に咲くと

約束するよ

だから 見て居て

永遠に

これが  始まりの

種の私を

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:

〓 び り い ぶ 〓


今日からは  自らに送ろうと思う

困らせた分  出来る事は  其れ位だろう

甘いチョコの 季節

直接に 渡したい 気持ち

逢いたい 欲望

世の中で  辛い恋愛に悩む  全ての仲間へ

希望を 未来を 信じたい 時を

沢山  抱えられますように  祈る

最期の恋が  成就するかは

     心   次   第

何処迄も 信ずる愛が  崩れたかの判断は

決して 周りの 状況では無く

繋がって行くと 信じる想い

寂しくて 寝れない夜は

クッションを 温もり代わりに

残り香が 消えても

胸の奥に 刻んだ熱

優しさ持てず 傷付く日々も

永遠じゃ 無いのだと

伝えたい 二人の愛へ

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:

〓 十 字 の ネ ッ ク レ ス 〓


絶望過ぎて  浅く 微笑った

無線の様な 音

ラジオも 今朝は 付け無い

静かな 立た住まい

此の町で 良かった

貴方が 凍えずに済むから

壊れそうな心を 包み込む 雪は

何時もの様に 優しく

宥めた 貴方の台詞に

途中から 流れた涙も

凍らせて 呉れるから

銀の粒を 下さい

透明な 水晶を

焦がれ続けて 良いですか

貴方の 残した 面影が

水色の 箱の中で

天使も 合歓って居ます

ハンモックに 揺られて

次に 逢える迄  

開けぬと誓えば

叶えて 呉れますか

二度と逢えぬと  其れでも云いますか

突き離されても

汚れられない感情に

釘を 刺さないで ・ ・ ・

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:゜

〓 今 も 未 来 も 〓 


本心を 明かさぬと 豪語しても

いずれ 解って しまうだろう

勘の 鋭い 人だから

何時まで経てど  追い付けないし

考えてる事  穴だらけ

甘いと嘲笑 それで 御 仕 舞

私は 貴方を 傷付けて居る

他に 悩みは 一杯 有るのに

私の中で 一番に

大切に焦ふ 気持ち だから

投げ出す事が 出来なくて

諦める気も 今は 無い

心労重ねた あの人が

我より 先に 旅立ったなら

何と お詫びを すれば良い ?

だから 私は 捨てられ無いの ?

何が イチバン 大事なの

自問しなくて 解るでしょ

今の 本心 此れだけが

歪められない 事実なの

失くしたなんて 思いたく 無いよ

  今 も    未 来 も

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:

〓 郡 唇 心 情 〓


文房具屋に行けば 売って 居るだろう

書類に 何の 意味が有るのか

君に レッテル なんて付ける

権利は 存在 するのだろうか

見極めるのは 自身だと  大切な人  教えて呉れた

歩き出した光は 雲が掛かり

虹に 覆われぬ空を

無表情で眺めて 生きて 来たね

辛い 感情に成っても

言葉を 紡いで居れば

少し 楽に 慣れる 気がして

全然 コトバを 大切にして無いじゃないか

きちんと 相手に 伝わらなければ

そうだね 全く 君の 言う通りなんだ

何だったか 君の告げた 四字熟語が

今は 浮かばないよ

悔しいけど 従わざるを得ない 現実に

唇は 郡り突きそうで

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:
人気ブログランキングへ
↑ポチッとな~☆↑


奴奈川姫の手にキャップ

Img_9268


Img_9046


Img_9045

先日 糸魚川駅前を通過する瞬間 目に入った光景
写真の銅像は普段の奴奈川姫の姿なんですけどね
その日は手に野球帽らしきものが 引っ掛かっていた

落とし主に気付かせようとする配慮なんでしょうが
笑っちまいました!_( ̄▽ ̄)ノ彡!

駅からナルスに向かう途中にあるマンホール
いつもは車で通る道だけれど 駅前で飲み会があると
歩く機会もありましてね

つい足を止めて 撮影したくなる スポットなのです

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

ジオラマを囲む大人達


幼い頃 自転車で潜り抜けたのは
大きな世界

低い位置から見上げた大人達は
もっと偉大に思えた

今 こうして 眼下に広がる世界を 眺めるにつけ
登頂した 全ての山と 尾根の流れを 
回想できる倖せを得たような 不思議な面持ちで 
一服をする

錆び付いたボディーに張り巡らされた
幾つものアンテナ

海風に やられているけど
助け声は 必ず受信するから 大丈夫

大きな手で 頭を撫ぜられるような感覚
少し 歯がゆくもあり 不快感も持ちながら
見据えた空

抜けるような雲は 何処までも白く
何を 卓越したら良いものか
ピンポン玉を 頭に 描きながら
もう一度 考えて見る

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

詩の発表場所あります
自慢の絵・写真を披露したい方にもおすすめ!

ワタクシすずこが編集している手作り詩誌
ポエムサークル「みゅう」

仲間になり購読いただくと
ボツなしで冊子掲載 & CDトーク → 全国郵送★
見本誌もあります。読みたい方も連絡くださいね。

以下に本誌の写真・詳細を紹介していますので
クリックして御覧くださいませませ~☆

ミュウ 221.222号 完成♪ 

すずこのリンクはこちらから

~いつかの すずザレ~ 藤鈴呼の戯言
過去作も織り交ぜてUPしていきます☆

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

今夜の 夕食 
鉄火丼 

マグロ たたき 
かつお 切り立て と 聞いた ので 
購入 したら 

完全に 解凍 されて おらず 
何だか 冷たい モード 

ガソスタで 
黄砂を 払拭 すべく 

洗車と 灯油と 
ガソリンを 入れるのに 

小一時間も 掛かって しまったので 
ちょいと 手抜き モード。 

ダーリンは 昨日から 
喉が痛い が 続行中。 
今日は 会社を 休んだ らしい。

机の 上には 喉飴。 
どうやら 治って ない らしい。

インフルエンザ 予防 接種は 
アタシは 会社で 受けた けれど 
彼は 受けて ないん じゃあ・・・? 

二、三日 して  続く 様なら 
病院 行ったら? 
と 言う 予定 です。

そんな アタクシは 
二日 連続 
全ての 家事を こなし 
ちょっと お疲れ モード。 

睡眠 不足も 有るんだ
と 思うんだけど・・・ ね。 

そんな 訳で 
帰宅後 直ぐに 
風呂に 入ろう と 思った。 
何時もは シャワー なんだけど ね。 

彼は 三時頃に 
予告 通り 
おかゆを 食べた らしい。 

んな モンで 
アタクシは 
ちょっと 先に 風呂に 入り 

夕食 作成 の 前に 
洗濯 畳み 干し 
食器 洗い 完了~♪ 

ようやっと 
プライベート タイムだ けれども 

連打 してると 
腱鞘炎が 続いて 居る 様で・・・ 

それも これも 
洗車 待ち が 長かった 間 

新しい 戯言を 
製作 する 気力も 無かった から 

今まで 受信した メールを 
一件ずつ 削除 して みる 
なんて 
暴挙に 出た 結果 だろう・・・。 

総数 400 以上の メール 
一括 削除 すれば 
簡単 なのに 
何と なく  読み 返してた・・・ 

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

ドキリとす  其の 一言が   命 取り



うっ うめく  刺された 訳じゃ  無い 癖に



図星だ と   言うの 悔しい  プライドが



アンジェラの  桜ソングは   もしかして

 今の 気持ちも  表して 居る !?



気持ちなど   言葉ダケでは   掴め無い

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

冗談の つもりが何時も 現実に



からかって   ボケた つもりが  傷を 生む



楽しめぬ   ブラック・ジョークは   大嫌い



デジカメが   無いと 残念   撮りたいな



美しき   景色や 猫を   見て 思う



撮りたいが 運転中は 我慢しよ

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

文字数を 合わせ川柳 気取りなの



短文で まとめる為の 練習サ



文字足りず 我の川柳 長歌風



スペースを 多く入れるの 癖なんだ



改行を すると画面で 見やすいヨ

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

無理矢理に   嘘を吐く必要は無し

 四月一日  何故か 気に成る



来年の  楽しみだから  取っとこう

  未来幻想  其れも 楽しみ

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

看板が 唯一無二の 案内人



進む位置   方位磁石で  確かめる

  包囲されては  前に 進めず



星座盤 北極星と にらめっこ



レコードの 針跡が有る サビの位置

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°
人気ブログランキングへ
↑ポチッとな~☆↑



2014年11月10日 (月)

鰻-うなぎ-

Img_0639


Img_0640


Img_0641


冷凍していると すっかり忘れる存在
熱い鍋の中 洒落た食材達が乱舞する

冷たい豆腐の中に 
隠れたウナギの論争

足先が熱い お前ちょっと出て行け
指先が冷たい お前もう少し こっちゃさ来い

田舎風の溜息が流れる町に 綺麗なランプが灯る
街が クリスマスカラーに染まるまで あと少し

気の早いサンタは クルクルと回りながら トナカイを調教中
早く タイヤ交換をしないと 轍に乗せられて ソリがはげるよ

塗装じゃあるまいし 
剥げるもんかいと独り言

意思で固めた錫 チャリンと鳴るのはコイン
石で作った鈴 小気味良さは超一流品

温かい地で カヌーの姿を眺めながら 見つめる水面に
三つの輪が重なった 虹と希望と夢 憧れのスリーセブンだ

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

憧れの地


遠足で行ってみたい場所の定番がありました。松島です。
当時私は岩手でしたから
一つ南下して宮城に入ると言う新鮮さも
相まっていたような気がしますが、
私の小学校では岩手一周だったんだなぁ(笑)

それでも今では
貴重な場所を巡れたなあと
感謝しているくらいです。

それは 大人になってから
松島へ行ったからカナ?

そんな 小学校の修学旅行で訪れた地は
釜石大観音、三陸鉄道、
昔はラグビーで有名だったと言う釜石製鉄所
(稼働している様子を眺めました)

中学や高校時代では 他の学校は
奈良、京都に修学旅行するのが定番(?)でしたが、
私は両方ともディズニーランドでして。

とても楽しく騒いでいたけれど 
やはり行ってみたい地は増えた気がします。
そして未だに 奈良は憧れの町です。

未踏の地でも本や番組で眺め続けていると、
訪れた記憶が蘇ったりするのでしょうね。

それが紛い物の記憶であるのに
五感を持っていたりもしてネ。

今ではネットもあるし、グーグル地図なんかリアル過ぎて、
勘違いすることもあります。

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

ドラマのセリフ /藤鈴呼

以前、会話の中で、車同士で擦れ違う事を
「スライドした」と表現した人がいて、
その斬新さが面白いなあと思ったんです。

スライドショーのイメージが
即座に浮かびました。

人と人も擦れ違うことが多かったり、
自分自身の中でも 擦れ違いの人生を歩み続けたりすることって
ありますよね。

それでも 擦れ違いの軌跡を残せていれば
存在感は失せないで済むのかなあ、なんて思います。
袖振り合うも多生の縁、ですものネ。

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

詩の発表場所あります
自慢の絵・写真を披露したい方にもおすすめ!

ワタクシすずこが編集している手作り詩誌
ポエムサークル「みゅう」

仲間になり購読いただくと
ボツなしで冊子掲載 & CDトーク → 全国郵送★
見本誌もあります。読みたい方も連絡くださいね。

以下に本誌の写真・詳細を紹介していますので
クリックして御覧くださいませませ~☆

ミュウ 221.222号 完成♪ 

すずこのリンクはこちらから

~いつかの すずザレ~ 藤鈴呼の戯言
過去作も織り交ぜてUPしていきます☆

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

想い 乱れ過ぎた表情 過激な絶叫ばかりは 聴かせられない

何故 うつむいたまま見えるエデンを 信じられないの?

あの頃には 存在しなかった 便利な遊戯ばかり 身につけて

止まらない 迷走 本当に GORLに 近付いていくと云えるの?

出発点は 僕じゃない ここに生まれた 君が 作動スイッチ

ONのレベルを上げて すぐさま僕は Uターンを 繰り返す

こんな丁寧な セリフは君だけ コンビニのレシートの様に 捨てられる

勿体無い 自己破壊ばかり 何度も 楽しんで居る

昔ならば 共に来れた? こっけい過ぎる 言い訳 耳に入れれば

「それでも 僕と 違うじゃない」 言葉 飲み込む為の 空回り

アザラシは死んだ このサーカスは 昔の感動 与えられない

揺れるイルカは いつだって 気持ち良さげに 泳いで居るのに

苦し紛れの表情 下手な言い訳 今夜もまた

昼から口に して居ない 夕食が 胃袋に 染み尽きるだけ

終わるばかりになった夜は 二人 共に 越えられぬまま

いつもの様に 線香花火に 見えたシグナル 幾度も越える

行ったり来たりの オンパレード 玉乗り少女も やつれ果ててる

身体を平衡に保てずに  転がり落ちる 綱渡りの騎士も。


「 貴方の家の近く――の、セブンイレブン――の近くの、 スパーに居ま――す。

  だから―― 電話 ちょーだいね ―――。  」


*


■ FRA-ME-N ■


昨日よりは 暇は もて余さない―― か どうかは やって見なけりゃ

解らない―― けれど、 ひとつだけ言える事は 「もう一度 会いたい」

昨夜は私も グロッキーで 勿論アナタは 更に 酷地で

逢った瞬間 一瞬だけ 爽やかな風 左側から 染み込んで来た――

けれど 右側から 覗く アナタの表情 疲れ果て 二人交互に 競争するよに

次々 欠伸の 連発大会

流石に ラーメン屋の中で 少し気取って 両手で隠す  その両手からも

はみ出しそうな 唇の先 「疲れているね」

両隣の机上には 美味しそうな ウーロンの器 ここは食券 もしかしたら

「ウーロン茶も 食券だったりするの?!」 「そんな訳 無いよ、これは。」

思った通りの 彼の台詞 右テーブルの客 入れ替わり メニューと同時に

あのウーロン茶 コップだけじゃ あれは飲めない 「何故ここだけ 来ないの?」

言葉も無いまま 首の横振り 彼も どうやら いぶかし気のまま

オーダーをした後で 彼女が きびすを返す その瞬間に 「すみません」

回れ左をした彼女に ぶっきらぼうに 「お冷や!!」 と たたみかけた彼。

「怖いよぉ・・・」 と 呟くアタシ 「だって持って来ねえんだもん!!」 そうだよね。

こんな時に 男らしさを感じる 疲労困パイが 彼の人格を変えた?

この人は キレたら 何するか 解んないから 今日は大人しく しておこう。

一見とても 優しいのだけれど 空腹時には 刺激しないでおこう。

ネギたっぷりの ショウユラーメン ピリ辛なのに 更に入れたミソで 味が 変わった。

そのままの方が 美味かった。 彼に差し出す あたしの どんぶり。

「もう食べれないよ・・・ツユ 飲んでみろって?」 首振る アタシに言った彼の

声が 普通に 戻ってる。  ああ 良かったね、 いつもの アナタだ・・・。


*


■ 空に近い 一番星 ■


只今 9時の針を 経過 致しました。 あと どの位 綴れるでしょう?

たった100K 渋滞で 爆叫しながら 戻って来た街

あの山が 高いのは あたしのプライド 映してるよで

最も残念だったのは アナタが見えたら 影と化して いた事で。

もう少し早く Uターンしていれば 日暮れに もしや 間に合ったかと

地元の山より やっぱり高い 山を見上げる。

この景色を ゆっくり観たくて あともう一日 居る事にしたの。

そんな気持ちと 会いたい欲求 途切れ途切れに 交互に浮かぶ。

浮かび上がって 消えるのは 山の上 咲く 雲だけで良い

容姿端麗な アナタだから もっとゆっくり 身体を預けて

抱き締めて 包み込むよに アナタの美貌 感じていたいの

空を駆け行く ゼブラなら 散歩の途中で 寄り道 出来るね.

月のブランコ 乗れるなら 鬼になって 揺れて落ちるね

星の光に 導かれれば 虹のたもとに 巻き上がる

竜巻と共に 君より高く 空に近付き ウインクをする

日差し差し込む窓辺から 綺麗な湖面 眺め観るよに

静かに踊る ハミングを 口笛の中 探し出すよに

オーロラの果てで 戸惑いながら 逃げ水 隠れる キミを捜すよ

星屑の中 揺れながら 今宵 最初の キミを探すよ

一番星に 魅せられて 明日の朝陽を 待ちわび 眠るよ.

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°
人気ブログランキングへ
↑ポチッとな~☆↑


2014年11月 9日 (日)

サクラ臀部

2011100521260000


Img_1471


Img_9315


産まれた瞬間から刻まれる印
私で在る証拠
存在感が透明感
薄くなっても
クリスタルは 美しい

煌めくガラス細工
素材が儚げに見えて
軽く観てた
直ぐに 壊れるのだろうと

厚みを増して 見え方が代わる
牛乳瓶の底眼鏡みたいだ

其処には 真実のみが 映し出される
美しさも 汚さも
儚さも 力強さも 全て
ミキサーがけした ミックスジュース
とろりとした 夢の味わい

色合いも 可愛らしいのよ
例えば そう
あの 庭園みたいにね
春になると ツツジやサツキが咲き乱れ
桃色一面に 生まれ変わるんです

この時期 色付く ドウダンツツジ
色気づいた頬が
陽射し浴びながら 通り過ぎる
葉のシャワー
夕方までは 未だ早い
本物のシャワーには 未だ遠い

春になれば 桃色に染まる
チェリーブラッサムズ
ほんのりと描いた
大好きな香り
鼻先を掠めながら
通り過ぎて行く

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

桜でんぶのお弁当 2011バージョン
当時は携帯ショットですので写真が縦長だね
今もミュウ投稿で 携帯ショットは細長い特徴がありますね
昨今の私は デジ・カメ子ちゃんが お気に入り

緑の桜でんぶが在るって知ってました?
九州地方だけなのかも知れないけど by旦那
私は初めて聞きました。
何となーく 色合い的に 微妙な気がするけれど
着色料の違いなのかなあ

緑と茶のそぼろ風味に見える弁当
これは 茶色部分が そぼろじゃのうて、炊き込み飯でんな。
紅く細かい桜でんぶ? と 間違えそうなのは(間違えないか)
梅紫蘇ふりかけ スッキリ風味で好きですね

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

田麩(でんぶ)

は、魚肉または畜肉加工品のひとつ。佃煮の一種。
日本では魚肉を使うことが多く、
江戸前寿司の店ではおぼろと称するほか、
一部では力煮(ちからに)ともいう。

中国や台湾では豚肉を使うことが多いが、
鶏肉、牛肉を使うものもある。

日本の田麩は魚肉を使うことが多い。
三枚におろした魚をゆで、骨や皮を取り除いた後、

圧搾して水気をしぼってから焙炉にかけてもみくだき、
擂り鉢で軽くすりほぐす。

その後、鍋に移して、酒・みりん・砂糖・塩で調味し
煎りあげる。

鯛などの白身魚を使用したものに食紅を加えて
薄紅色に色付けすることもある。

薄紅色のものは、その色から「桜でんぶ」と呼ばれる。
日本では魚肉田麩をご飯に振りかけるほか、
ちらし寿司や巻き寿司の具とする。

伝説によれば、京のあたりの貞婦が、
病気で食の進まない夫のために、
産土神の諭しにしたがって、

土佐節を粉にして、
酒と醤油とで味をととのえ供したところ、
夫の食欲は進んで病気もなおった。

そして自分でも試み、人にもわけたのが
初めであるという。

もしこれが事実となんらかの関係があるとすれば、
おそらく田麩のおこりはカツオであろうという。

北海道の一部の地域などでは、
単に そぼろ と呼ぶ場合がある。

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

桜でんぶ/藤鈴呼

幼少時は漢字が分からず、
さくらでん「ぷ」と呼んでいましたので

より一層 可愛らしさの妄想だけは
増していたような気がします。

ふっと息をふきかけると舞い散る桃色の花びらには
程遠い季節、今日は立冬ですね

紅葉シーズン真っ盛りの場所もありましょうが、
葉が色づくには気温が低くなることも肝心ですから
これからが見頃ですね


私は昔から「さくらでんぶ」と教わって来たのですが
ある時「三色そぼろ」の一つでしょう? と言われ、
戸惑った記憶があります。
そうか、「そぼろ」って表現があったのか! と。

私の中でのそぼろは茶色一色だったのですよね。
考えて見れば 卵を使った黄そぼろもあり

お弁当の彩りを考えるならば
インゲンの細切りなんかを添えても良いんだなあ~。

インゲン単品では
味気のない気はするけれど(笑)

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

シャリなんて シャレこきやがって
誰かの舌打ちが聞こえる町

待つことに疲れて
食欲に憑かれて
そっと唇に運ぶ食材

シャリに載せると トロミを増すの
サーモン

そうだ サーモンピンクって色もあったね
言葉を耳に乗せる度

美味しいシャケのニホヒを鼻に乗せ
ヒクヒクとヨダレを垂らす

嗚呼やっぱり私 
食いしん坊みたいだ

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

詩の発表場所あります
自慢の絵・写真を披露したい方にもおすすめ!

ワタクシすずこが編集している手作り詩誌
ポエムサークル「みゅう」

仲間になり購読いただくと
ボツなしで冊子掲載 & CDトーク → 全国郵送★
見本誌もあります。読みたい方も連絡くださいね。

以下に本誌の写真・詳細を紹介していますので
クリックして御覧くださいませませ~☆

ミュウ 221.222号 完成♪ 

すずこのリンクはこちらから

~いつかの すずザレ~ 藤鈴呼の戯言
過去作も織り交ぜてUPしていきます☆

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

『 明日から 八月 ですね~ 』


朝の 何時もの 会話の 中

思わず

『 早いなあ・・・ もう 一週間か 。 』 なんて

筋違えな 呟きを 残して しまった


月末は 棚卸しだから 立ちっぱだしな と

其ればかりに 意識 集中して 居たけれど

考えてー  見なくても

今日は 月末 イコール 明日から 月始は 

知れた 事実 なんだよね




ハッ と したんだ

会話は 自然と 流れ

胸の 奥だけ 安堵感

静かに 揺れて 蠢いてくよ

キミの 時流を 止めた まんまで



呑まずには 居らんない

其れ程 酷な 精神 状況?

いやあ 違うね 繰り返し

自分の 脳に 閉じ込めた コト

★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

何時もより 多く 炊いた ご飯

はりきって 棚卸しへと 向かう 為

朝から ヨーグルトまで かっ込んで

気合いを 入れて 望んだ 昼に

ふと 訪れた 哀しい 事実

鞄を 引っくり 返しても

車に 行って 眺めても

デカい おじぎり 無いじゃないっ!

折角 ビッグに 作ったのに サっ

結局 階下の 商店で

大きな サンド を 購入し

腹と ココロに 潤いを

与え イマから 出陣 モード

眠気 払拭 目指すのは

唯だ ベル ・ サッサ 其ればかり なの (謎)



腰が 痛くて

マッサージも 行きたかった けれど

棚卸し作業の 前に

歯だけ 治して 自宅に 戻り

あえて 久々 風呂を 入れたよ

ラベンダー 香 に 埋もれて 居たんだ

★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

本音だから 迷惑に 成るものか

隠してるから 罪に 見えるのか

どちらにしても 心の声は

脳髄までは 届かない

闇の 奥だから 置き去りで

奥まってしまうから

障子に目が有る 日々も 然りで。

★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

天空 = ラピュタ でも 無く

ゼブラ に 僕は 逢った 事 無く

そうだ 明日は 喪服だからと

黒い JIJIを 眺めて 居たよ

魔女の ほうきも 懐かしかった

アナタの 祭壇 今日だけは

裁断したいと 糸を 片手に

意図を 込めつつ 心 歪めて

★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★
人気ブログランキングへ
↑ポチッとな~☆↑



クラムチャウダー

Img_0575


Img_0571


Img_0505


寒さに打ち震える なんてのは
きっと 大袈裟だけれども
何らかの 驚き話を 耳にした瞬間
サブイボが立つみたいに
自然に鳥肌めいた空気感を得る季節

コトコトと 煮込みたいの
箱の外には キャベツと書いてあるが
本日の主役は ホイコーロー
キャベツは そちらに 摂られるからね
じゃあ どうしよう
そうだ 白菜が あったよね
残り物だけれど

きっと福があると信じて
服を目一杯 着込んで
もう寒くないと 吹きかけた息が
白く凍る
未だ氷柱には 出会えない
この地は 氷点下になることが
珍しいのさ

オタマと人参が 小刻みに揺れる
シメジとジャガイモは 小躍りをして
あれ アサリが ないよ
同じキノコだからって 馬鹿にして
忘れたなんて 言わせないから

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

写真 昨夜の そして 本日の すずスープ
クラムチャウダーでございますの♪

昼は パンにスープの スープヅクシ
ツクシの姿も 忘れる時間帯

一枚 仲間外れがいますねー 液体の色は 似ているけれど
コーヒーは カプリチョーザ in ファボーレ
ここは 富山のショッピングモール内にある
イタリアンレストランなんですよ

結婚式記念日の前夜祭をした時のもの
入籍と式が春と秋にあるので年に二回お祝いをする我等
( ̄ー ̄) 二倍お得でにばいにば~い♪ってCMが
懐かしいですじゃ。

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

詩の発表場所あります
自慢の絵・写真を披露したい方にもおすすめ!

ワタクシすずこが編集している手作り詩誌
ポエムサークル「みゅう」

仲間になり購読いただくと
ボツなしで冊子掲載 & CDトーク → 全国郵送★
見本誌もあります。読みたい方も連絡くださいね。

以下に本誌の写真・詳細を紹介していますので
クリックして御覧くださいませませ~☆

ミュウ 221.222号 完成♪ 

すずこのリンクはこちらから

~いつかの すずザレ~ 藤鈴呼の戯言
過去作も織り交ぜてUPしていきます☆

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

□ ケチな バスが いたよ □


長い 信号待ちのセイで

目の前に 乗りたいバスは 見えたのに

辿り着くコトが 出来なかった

横断歩道を 渡りながら

気付いたのサ

行き先が 帰り道だと

バスは 赤信号の 一番手前で 止まって居てね?

僕が 渡り終えて 降り口の ドアを 叩くと

運転手は 前を 見据えたまま

音を 無視してた

左目の隅に 僕の姿も 写る 筈 なのにね

しつこく叩くと マイク声で

《 信号待ちです 》

運転手の 声

その次に 

《 バックして下さい 》 と 言われた気がして

一瞬ばかりは 期待もしたよ?

乗せて 呉れるんじゃあ 無いかってサ

だけど 乗り口で 信号の代わる迄 

待っては みたケド

一向に 扉は 開かなくてね

此処の信号は 長い間隔だし

乗せて 呉れる 気さえ有れば

充分 可能 だったのに

ケチな アイツは 通り過ぎ

ボクの カラダに 風 そして

排気ガスだけ 残された

なんて 非道な 男だろう

昔のバスは 親切で

安善 運転 だったのに

昔のバスなら 絶対に

取り残される コトも無く

絶対 ぜったい 乗れたのに!

どケチ 最悪 運転手!

災厄 最低 あのオトコ!

少し 親切心ってもんを

小学校から 学び直せよ

人の気持ちの 人徳を

備え 改め 生まれ 変われよ

優しさ ・ 安全 ・ 其の均衡

平均台 乗り 計りに 掛けたし

ケチは 早死に するんだからなぁ~

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★

~ 続 ・ バスに寄せて ~


踏切を 通過する時の  吊革の 揺れ加減で

運転 技量と  運転手の 器量と

バス会社の 裁量が 計れるモノだとは 思いませんか?

文字も 運転も

その人間の 状態を

ツブサに 写し出して しまうのだから

最近は 車内 アナウンスが 付け加えられた風で

最初は 驚いたよ

何時もの テープ 音声と

運転手との 両案内サ

だから 女性の 運転手にも

気付き 易くは 成ったんだねぇ

今まで ずっと 男だけだと

勘違いを していたよ

男尊 女卑は イケナイね

平等 エゴは キタナイね

クソっくらえの 世に 落ちるため

そろそろ バスの 降り時刻だよーーーーーー

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★

● 河 と 油 ●


いつもと違う停留所で バスを降りた 帰り道の 事です

たった 数分の 距離と言えども

手ぶらで 歩くのが 気分的に 寂しくて

わざわざ 自宅と 逆方向に歩き

コンビニで スナック菓子を 買いました

うちに 戻ってから食べようと

心に キツク 言い聞かせては みましたが

既に レジを 通過する手前で

歩きながら スナックを

ポリポリ ・ バリバリ と ほおばる 私の姿を

別の自分は 予測して おりました

コンビニを出た 瞬間の

信号の 紅色が 憎らしい程に 

アタシの欲求は

スナック一点に 絞られました

やっと お待たせ GOサイン

早速 袋を 開けました


爽やかな 音とともに

食欲を 余計にそそる チーズの香りが 

鼻先に 届き

昔 よく食べた チーズビットみたいね と 

懐かしい思いに 駆られました

それだけでは 有りません

降りたのは 母校の前の バス停でしたから

過去へと向かう アタシの奥の タイムマシーンが

一気に 加速を 始めたみたいです

少し歩くと 牛乳屋があり

小学生の時分  給食の 牛乳瓶の蓋を

メンコ替わりに 遊んだな と

すっかり 記憶 再現シーンの映像が

脳裏上の スクリーンと 成りました

校庭では 体操着姿の子供達が 

円陣を組み 旗を持って 踊ってます

いつも 下校する時 ブラスバンド部の友達が 

懸命に 練習するのを 

眺めながら 居たものです

あの頃 とても長く感じた 一本道も

あっと言う間に 歩き切って 思うのは

幾分 コンパスも 長く伸びた 事実でしょうか

当時は 其の 長い筈の時を

退屈する 暇も無く

石コロ 蹴りに 費やして おりました

大きな 石は ジャガイモちゃん

赤の 石には 梅ボシちゃん と 

毎日 名前を付けて 可愛がるのは 

楽しいものでした

蹴る途中 道に 石が 飛び出したり

脇の ドブに 落っこちたら ゲーム ・ オーバー

などと

独自の ルールを 取り決めて

同じ 帰宅部の 近所の まぁちゃんと

良く 競い合ったものです

運良く 30分強の 通学路を

一度も 石を 落とさずに 帰宅出来た 暁には

” 今日は 良いコトが 有るゾ! ” と

本気で 信じていた ものでした。

その頃の 半日は とても永く 感じられ

その後 、 良いコトが 有ろうと 無かろうと

外で過ごす 「学生」 の 時間は

とっくに 終わって 居たのですけれど

それでも 嬉しかった 記憶だけ

色濃く 残って 居るのです。。。

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★
人気ブログランキングへ
↑ポチッとな~☆↑


2014年11月 6日 (木)

長瀞

Dscf2956


Dscf2957


Dscf2961


とろとろの眠気を抱いて通り過ぎた芝桜
一枚一枚の花びらが妙に奥ゆかしくて
ふわりと笑えるくらいには近づけぬ
頃合いを見計らい オール片手に君が
ゆっくりと瞳を合わせるように
擦れ違う 揺れ惑う 紛うことなき愛しさに
言葉が詰まる

擦りおろし林檎のように薫り立つ丘の上
ハミングを重ねたら不思議な穴から流れる音色
乾いた陶器のような楽器
見た事も 聞いた事も無い筈なのに
心に響くのは何故だろう

固いミルフィーユを岩畳と呼ぶ地域
風化せぬ堆積岩は何処の国へと飛び立った
見付けられた嬉しさに
見付かってしまった やるせなさに
口笛ひとつ

今夜のお供が決まる
一つ目は とろろ芋
二つ目は 蓮根
最後の一つが決まらない
今 種を植えるから
来春まで ゆっくり待って 頂戴よ

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

写真は 2009年の長瀞渓谷

長瀞渓谷(ながとろけいこく)は、
埼玉県秩父郡長瀞町に位置する、荒川上流部の渓谷。

1878年(明治11年)、地質学者ナウマン博士の調査によって
再発見される。
埼玉県立自然の博物館前には「日本地質学発祥の地」の石碑がある。

ライン下りと岩畳(特別天然記念物)が有名で、
カヌーやラフティング、キャンプが出来る。

名物は豚のみそ漬け(秩父名物)と天然氷のかき氷。
秋には近くでりんご狩りが出来る。


岩畳
三波川変成帯と呼ばれる変成岩帯が地表に露出しているところ。
なめらかな壁面は、南北方向にのびる垂直の割れ目(節理や断層)にそって、
岩がはがれ落ちて形成されたと言われている。

ハインリッヒ・エドムント・ナウマン

(Heinrich Edmund Naumann、1854年9月11日 - 1927年2月1日)は、
ドイツの地質学者。
いわゆるお雇い外国人の一人で、

日本における近代地質学の基礎を築くとともに、
日本初の本格的な地質図を作成。
またフォッサマグナを発見したことや、
ナウマンゾウに名を残すことで知られる。

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

詩の発表場所あります
自慢の絵・写真を披露したい方にもおすすめ!

ワタクシすずこが編集している手作り詩誌
ポエムサークル「みゅう」

仲間になり購読いただくと
ボツなしで冊子掲載 & CDトーク → 全国郵送★
見本誌もあります。読みたい方も連絡くださいね。

以下に本誌の写真・詳細を紹介していますので
クリックして御覧くださいませませ~☆

ミュウ 221.222号 完成♪ 

すずこのリンクはこちらから

~いつかの すずザレ~ 藤鈴呼の戯言
過去作も織り交ぜてUPしていきます☆

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

相手に 何か 言えるのは

絆の 深さが 有るのでしょう


受け止める 器を

云われた心を

観る力が

互いに 有れば こそ

★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

何故だろう ウザイと信じた 其の曲が

    昨日から揺れ 又 リフレイン

★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

キライだよ 豪語したのは 恋の道

 嗚呼 其れなのに 囚われて行く

★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

止めようか 何かの拍子に 思っては

 ふと手を伸ばし 又 着火する

★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

ふらありと 入ろうかって 感覚に

  車体が揺れて 一度 ブレーキ

★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

来るのなら入れてあげると親切が

   仇と成り果てサンキュー事故か

°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

来るのなら 入れてあげるよ 親切が

 仇と代わった サンキュー後事故



xxxに 成らぬようになのか

無理な 割り込みも せず


中途半端な位置で 停まってしまった

左側の 君へ 寄せてxxx



久々に 眺める

金曜の 夕暮れ


此の位置から 見やる事

最近は 無かった


夜風を 避ける様に

時間から 逃げる風に


ベルが 鳴れば

温かな

其れで居て

少しばかり 満ち足りると 信じた

自堕落の 溢れ返る 喧騒へと

身を 委ねてた 毎日だったね


風が 舞い

木の葉の揺れる 景色は


窓の 遥か 下で

暗がりに 追い込まれてく

国道の 音

浅く 聴いてる

★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★
人気ブログランキングへ
↑ポチッとな~☆↑


センブリの目線から

Img_0562


Img_0561


Img_0553

誰かの悪口を言う人は嫌い
唇が歪んで
涙で滲む視界よりも
もっと酷い景色を
雨樋越しに
押し付けられるかのような
不快感が あるから

愚痴っぽく火照った頬に
スコールの粒ひとつ
直ぐに止むから
傘を取りに行かなくったって
平気

上機嫌なままで振り返れば
見たこともない景色
背が低いと嘆く勿れ
誰にも見付けられず
足蹴にされてきた金貨に
気付ける 美しさ

シミッタレタ心のままで
染みっ垂れた雫を眺めると
太陽が 乱反射して
止まらない 笑顔
もっと続けば 良かったね

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

詩の発表場所あります
自慢の絵・写真を披露したい方にもおすすめ!

ワタクシすずこが編集している手作り詩誌
ポエムサークル「みゅう」

仲間になり購読いただくと
ボツなしで冊子掲載 & CDトーク → 全国郵送★
見本誌もあります。読みたい方も連絡くださいね。

以下に本誌の写真・詳細を紹介していますので
クリックして御覧くださいませませ~☆

ミュウ 221.222号 完成♪ 

すずこのリンクはこちらから

~いつかの すずザレ~ 藤鈴呼の戯言
過去作も織り交ぜてUPしていきます☆

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

唄い続ける為に 君が呉れた 優しさは 何?

車の前後 窓には 白化粧 まるで 文様

死に装束は 棺の中  水なら 昨夜 含ませた

あの人は微笑って  ありがとう  

呟く 唇 閉ざされて 急に止まった 貴女の時間

あたしは此処で 立往生 やっと停まるは 車の流れ

STOP  SPACE 毎日 一緒  調子悪きは AIR  BAG ?

ウォンと唸りを 挙げるアクセル 力 加減が 分からない

読めない 命も 繰り返す ? 信じ続けて 待てど 夕暮れ

あたしは 此れに 包まれて 景色は 闇に 覆われた 

病みに 終われた あの人の 表情(かお) も 知らずに 立ち止まる

もう一度だけ 願い込め 祈りに代えた 両手 合わせて

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:

大洋の 花びらは 見えない

太陽にすら  背を 向けられて

捜してた モノは 何?

夕立は 今日は 来ないよ

待ちわびても  侘しき 町を

通り 抜けれず 此処に 生る

明るい 笑顔  向ける 相手

無口な 眼差し 

気付かない ままで 良い?

暮れる 景色  鳴呼  其の前に

せめて ・ 灰 ・ チリ ・ 落ちゆく前に

そして ・ 幸 ・ 雪 ・ 観れぬ 悲しみ

困った 表情で 善いよ

どうぞ コドクな ボクと 会話を

異端児で 構わない

ヘンな ヤツだと 笑っておくれ

君より 素敵に 微笑うから

真の 笑顔を 探すから

テール ランプは 小刻みに

震えた 角度で  見下ろすよ

愚かな 僕を 。

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:

世の中が 暗闇に 包まれた

鳥に成りたかった  あたしの 記憶ごと

払拭する様な 空の 青

黒に カラスに 成り代わる

街灯の下  細かな文字も見えずに 涙する 時

光が 一瞬  輝いた

瞬いた 瞳の先に  人見知りの キミが 居た

咲き乱れぬ 今宵の 星は

逆側(べつ) の 空を 指刺す 光(かがやき)

射抜く 想い  たしなめられた

あの日の ママンは 天国(そら) の 扉(うえ)  。

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:

間違っても  空の女神に 近付くなよと  貴女(キミ) は 云う

橙(おれんぢ) の 月  此処には 三つ  あちらに 五つ

並びに 並んで  揺らめくけれど 

其処に 兎(アナタ) は 活ないのね

此処で  虎(アタシ) は 生きて 要るのか

解らないけど 十字架(カミサマ) が

優しい声で 故意に 伝える

歌なら  きっと 恋の唄  しゃがれた 舌で 口づけた

皮膚の 爛(タダ) れた 唇で  愛の 花咲く 陸の上

低非行する ヒコーキ 眺め  ジェット気流も 立ち昇る

真っ暗闇の 中に生て  未だ 死ねなくて 生きて居て

又  死なないと  誓った  あの日が

遠くに 、 近くで 。

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:

目覚めたのは 昼だった

いつもは うだるような暑さに 眠りを 妨げられる 常も

何故だか 心地良く 感じられたのは

適度な  冷たさ と 云う名の 気温が

ボクを 包んで呉れた 御陰で

暮れた空 もう 眺めない  気分が 沈んでしまうから

僕の部屋 もう 帰らない  居場所ならば 落ち着く 車内

暖かくて 寂しくて  煙草くさくて 埃 粉れ

だけど 何故だか 離れぬ場所で  衣食住なら 完璧だろう

排泄ならば 目の前に有る  大声だって 歌えるし

大好きだった 思い出も  今 ハマってる 曲も 積み

リフレインする メモリーと  弾き語りする ギタレレで・・・

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:
人気ブログランキングへ
↑ポチッとな~☆↑



2014年11月 5日 (水)

食堂かたつむり

Img_3209


Img_3210

小川糸さんとは同世代です
この作品は映画化されたようですが
私は 小説のみで堪能しました

最近 久々に映画を観に行きました
イコライザー

イコライザー (音響機器)

元々は こちらの意味のようですが 旦那が調べたところ
意味の中に「銃」というものが あったそうな

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

イコライザー


右か左か迷う道
看板が 曲がってはいないか
平衡感覚は 失われては いないか
自問自答する瞬間は 
何時だって 閉口するだろう

奥歯を噛み締めて
次の弾が来るのを待つ
弾けた姿は好きかい?
はじけ飛ぶような風船に乗って
何処まで大きくなれるのだろう

心の重み
身体が増えても 変わらなずに
齢を重ねても 何も増えない
大人びた仕草 その中に
弾丸を 隠し持っていてね

チコチコと動く 少女の足元
時に光る 素敵なミュール
彼女の中心部に住むミューズ
今は姿を見せない
きっと 大人になれば きっとと
待ち望んでいる

今わの際のジャッジメント
未だ間違ってはいないか 迷いながらも
放つ一言に 重みを乗せて
ブレないように 真正面を見据えた
際立つ空気 真空寄りの美しさに
瞳に光る 涙

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

ポリ子ちゃん


ぽり身ちゃんもいたなあ~って すり身か!
ようやっと ヨダレ垂れ流し日が やって参りまして
久々の胃カメラだった訳なんだが

可愛らしいポリ子は つまみたいほどだったが
何か平たくて 貰うと嬉しい二重丸みたいな
不思議な形の子もいたなぁ~ 

旦那との会話
「で、ポリープはあったんや?」
うん
「良性だったん?」
うん。 若い人に良くあるタイプらしいよ
「わ・か・い?!」

って 飲み会で半分寝ているような車内で
目ぇ見開いて 突っ込むな~⊆|∵|⊇

き、綺麗な胃ですネ!って 言われたもんっ!

検査の時はですねー まず小さな紙コップに入った
何だか分からない液体を飲む

「暫く口の中に残しておいてねー」、と言われ 我慢した後
ごっくん

ほんのりピーチ味のような感覚(笑)

次にルゴールみたいな、いや違う のどぬーるみたいな
…え゛? 成分同じだろ?

「そーですねっ♪」 →いいとも風に…って感覚も
その内 通じなくなっていくんだろうなの寂寥感

スプレーをね される訳ですよ
声出しながら 噴射されるのね

私「あ゜~~っ」 ぷしゅっ
あ゜ーーーっ ぷしゅっ。 みたいな(笑)

ここで女医さん登場っ!
黒い管の先が 七色に煌めいているっ☆ミ

近付いて来るっ! ♪近付いてく~♪ って
ドリカムSONGじゃないよ

ずっと眺めていると眩しくて 
ハウリング起こしそうだってので(ナニ
視線を下に~ 下に~ お代官様~(違)

舌に~ ヨダレ~ 垂れる~
画像をずっと眺めていたんですよ、最初はね

だけん エヅイテしまってん
やっぱりダメだねぇ~

「若いから エヅクねぇ~ 大丈夫?」
う゜え゜っ。(声にならぬ呟き)

つーか (若いのっ!? うふっ♪) とか思いながら
何とか意識を蚊帳の外へ。

どっちかっつうと 「餌付け」されたい感じ?
何故か 昼前にパスタが食べたくなりましてね

初上陸のお店で オーダーしようか迷ったが
買い物していたら 
3分で茹で上がるタイプのパスタを発見!

これは試さなでしょーっ! で、帰宅して棚見たら
7分タイプが残っていたから使用(何で買ったん?)

明太子クリームが 喉を潤してくれたのでしタ☆
カルボナーラが一番 好きだけどね♪

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

詩の発表場所あります
自慢の絵・写真を披露したい方にもおすすめ!

ワタクシすずこが編集している手作り詩誌
ポエムサークル「みゅう」

仲間になり購読いただくと
ボツなしで冊子掲載 & CDトーク → 全国郵送★
見本誌もあります。読みたい方も連絡くださいね。

以下に本誌の写真・詳細を紹介していますので
クリックして御覧くださいませませ~☆

ミュウ 221.222号 完成♪ 

すずこのリンクはこちらから

~いつかの すずザレ~ 藤鈴呼の戯言
過去作も織り交ぜてUPしていきます☆

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

こういうニンゲンって 良く 存在(い)るんだよネ

        の    象徴。

だけど 悪態だけは つかないよ。

悪口は 言われ慣れて しまったけどね

°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★

少しずつ 音を 小さくしてゆく。

鼓動も 安らぎも

一つの道に したためて

踏絵のように 続くもの。

虹の如く

      消えて ゆくもの

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★

平日の 三杯目のワインは 自業自得の明日を 生み出すものでしょうか

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★

心地良い バラ色

誰かが 言ってた

バラ色って どんな色? って

あれは

日曜・朝の 

バラエティー 番組だった

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★

あんな風な大人に 成りたいな

そんな 目標は 有りましたか――


近付けて いますか

過去ばかりを 追っても

報われは しないのに


本当は あの瞬間に 

言いたかったんだ


「 あたしは 信じないのよ

  努力は 報われる って 台詞を。 」

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★
人気ブログランキングへ
↑ポチッとな~☆↑



2014年11月 3日 (月)

望郷の一冊

Img_0485


Img_0486


Img_2244

見知らぬ土地に来て 同郷人に出会うと
無性に親近感だったりする

帰省の度に 車窓から岩手山を撮影したり
「街」もりおか冊子を眺めたりするのも

岩手脱出後が頻度的にも感覚的にも
大きくなっているもんなあ

紅葉シーズン真っ盛りの地域も多いですが
こう「葉のシャワー」やら「tree絨毯」が増えると

十把一絡げ ならぬ
拾葉人唐揚げ したくなりますよね

え? ならない?
大葉の天婦羅みたいな感覚で良いじゃん。

最近じゃあ 天婦羅 フリッターに
わざわざ卵ポンすることも 減って来たなあ~

毎年 大分帰省すると (大抵は正月)
義母さんが 「とり天」 作ってくれるんですよね

あれは 丁寧に ニンニク&生姜でつけた醤油やら
氷やら 卵なんかで 衣作成するんだけれども

自宅だと 端折ってしまうのよね
唐揚げの素 だとか。 味付きで楽だし。

最近 こっちでも良く見かけるのよね
中津の唐揚げ

大分の中津市で作られた 鶏のフリッター
(と呼んで過言ではないんだろうな?) のこと。

義母さんバージョンはね 凄く 美味しいの
どんな店舗よりも 最高だわ♪

調味料でも ゆず胡椒とか あるけんね
ゆず見ると 焼酎飲みたくなる私ですけど(笑)

で、「街」冊子の話に戻りますけれど
これ、横開きの薄い冊子なんですよね

毎月 色んな著者が 各々のテーマで書いていて
続きが気になるシリーズも多い

こういう感覚って 新聞の続編ものとか
少女コミックとか思い出しますよねー

映像編で行くならば 毎週のドラマ
月9ドラマが流行った時代は 
帰宅時間に翻弄されたりもしたけれど

今は便利ですものね
ガーッと録画して CMブッ飛ばして観覧できる♪

まあ 若い内は 色々と情熱もありますから
続きが気になって ヤキモキしたもんだけれども

今は 別の意味で 早く観ないと困るのよ
海馬ちゃんも古くなりますのでね

余り引っ張られると 前回の内容 すっかり忘れて
全て 脳みそから ブッ飛ばして しまうからさっ!?
~( ̄▽ ̄~)(~ ̄▽ ̄)~

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

詩の発表場所あります
自慢の絵・写真を披露したい方にもおすすめ!

ワタクシすずこが編集している手作り詩誌
ポエムサークル「みゅう」

仲間になり購読いただくと
ボツなしで冊子掲載 & CDトーク → 全国郵送★
見本誌もあります。読みたい方も連絡くださいね。

以下に本誌の写真・詳細を紹介していますので
クリックして御覧くださいませませ~☆

ミュウ 221.222号 完成♪ 

すずこのリンクはこちらから

~いつかの すずザレ~ 藤鈴呼の戯言
過去作も織り交ぜてUPしていきます☆

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

木漏れ日の光さえも どうでも良くなってゆく

午後の日差しは このボクを 包んでゆく

包まれたカーテンが焦げ目を残し

ボクは その上に 横たわった

上を見ても 太陽は 笑ってくれなくなり

ボクは 月と 口づけを交わしたけれど

クチビル ガ サケテイル

ただ それだけのことに

涙が 止まらなかったこと

★。・::・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°

涙を下さい

キミに したためられてきた あの 紙の中の文字は

実は本当で   実は 嘘です。

そんな事も分からない お馬鹿さんな 貴方には

今すぐ 天罰が 下ることでしょう。

そう あの日の あなたたちの様に 妖艶にきらめいていた光は

今は どす黒く 染まってしまっているのです

ほら 見てごらんなさい あんなに雲が 下がってきている

キミを 呑み込もうとして・・・ほらね・・・

★。・::・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°

無邪気だった頃のKISSってば 恋の味。

恋なんて 知らない癖に

あたし、恋をしているの なんて

お友達と 盛り上がったりなんか している

鏡をスカートの下に セットするのは反則です! の 掃除時間。

口ずさむ歌は いつだってラブソングで

だけど 意味の分からない英単語ばかり続く中

適当にラリパってばかりいる 体育館倉庫の裏手。

先公が来るから早よ逃げな! なんて 言ってあげない

怒られている姿も 大好きだったから

ボンタンはいてたって 

あんたは いつでも 格好良かったんだよ。

★。・::・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°

電話ってば めんどくさい。

いちいち留守電にしている中で

メールなんて届いた日にゃあ

レスしたら 居留守なんて バレバレじゃん?

そう言えば MJだって 相手しないよって

それじゃあ 登録している意味無いじゃん? なんて

そんなに あたいを 攻めないで頂戴よ

責めるのは 夜のBedの上だけにして

ねっ ねっ?

★。・::・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°

他人(ヒト)との 雰囲気創りって

結構 難しいんだよね

自己中の多い人波の中で

自分の言いたい事ばかり暴露していっても

受け入れられる場所

煙たがられる人間 色々いる

生きていたって 死んでしまったって

それは 続くのかな?

祭壇でまでも 悪口なんて

言われたくは 無いんだよね・・・

★。・::・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°

ふたつの色

忘却と過去の中で 蠢いている

ボクは 嘘を   キミに 嘘を

キミは 真実と  それが 本物と 

知った 信じた そして 離れた このボクから

ボクは 笑った

まだ 口角が 上がるような気分がしたから

そして 今も 笑っている

笑顔は 貴方へと 向けて 愛は あのヒトへと向けて

自分を愛せないと呟く彼等を 虜にしながら

いつまでも 笑って居る

いつまでも 笑って逝くよ・・・

★。・::・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°

来年も 再来年も 貴方と一緒に居たいから

今年のバースデーは 貴方色に 染め上げられてしまったようで

だけど 私自身のバースデーは どんな色にも 染まらない

貴方色に 染まってしまったならば 私の一部は 私では

無くなってしまうような そんな気分で

今日の途切れた電話で 「だから」のその続き

本当に私が 言いたかった事

それは 今すぐに 叶う事が多分無いと知っているからこそ憧れて

本当に叶ってしまったならば つまらないかも知れないという希望も有って

だけど ずっと 一緒に居たいなって思うのは

最近の自分が とてつもなく悲しく思えてしまうのは

自分が本当には頑張っているって人前で大見得切れないで

いるからでしょうか

とにかく 毎日の生活の中に 貴方が居てくれたならば

それだけで私は 幸せ  なんだろうなって・・・

★。・::・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°
人気ブログランキングへ
↑ポチッとな~☆↑



2014年11月 1日 (土)

ハロウィンって事に気付いたのが夜だった夜

Img_0261


Img_0260


Img_0259


子供時代も 誰ぞの家にお菓子強請りに行くだとか
大人になってからも、実際に行動したことが無い気がしますよね、
って会話をしていたのは 翌日の話。

カボチャのお化けグッズは見たことがあるんですけれども
実際 販売しているグッズを持ち帰ったこともなければ 
仮面舞踏会の記憶もない(笑)

何だろう、仮面舞踏会って書くと どうしても
少年隊が思い浮かんでしまうのと 同時に 
「幾つになっても少年かぁ…」と、昨今の「少女時代」とか
ドキュンネームとともに 溜息交じりになってしまう心。

実際、溜息が出た瞬間って言うのはさ、雑炊作りで
白菜切るつもりが 包丁の先が 爪切りしやがって
しかも ど下手なの(爆) 

こういう時は 
爪切りの「シャカシャカ」の方が大活躍するって 
相場は決まってんでしょ?
普段 使わないモンね。

でも、指の力を試したくなっちゃって(端折ったダケ)
毟り取ったら そりゃあ上手く行くモンも
少し早い「冬のササガキ」状態になるでしょうよー棒-

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

上司の気持ち


何事にも「雰囲気作り」って大事だし
影響力抜群ですよね。

「上司」と言う立場になって考えた場合、
本人は本気で楽しくて参加していても、

それが若手の二次会であった場合は
微妙な雰囲気にもなりましょうし、

部下の出来ない仕事を手伝って 頑張っているつもりでも
部下にしてみれば 早く帰宅し難い雰囲気になったりもします。

両手を広げて カモーン♪ 状態される上司像には
若干 軽く見られてる感も 漂うものなのだろうか

敬意を払いながら 全て受け入れられる人物には
勿論 憧れます

それが 金や権力の力を一切使わずに培われた者ならば
最高のシチュエーションでしょうね

上司って嫌われ役かも知れませんね
誰かが嫌われ役になっている内は 僕は安泰だったりしますし。

あ、「ぼく」じゃないですよ? 「しもべ」ですよ?
下僕は勘弁してください(笑)

面白いのが 次々と出て来る筍理論ね
一人 嫌われ役がいなくなると
必ず 次が出て来たりもする

これは 実験の結果も出ているらしいですよね
方向音痴の軍団が 旅行しようとしたら
必ず 率先して 道案内する人が 出て来るし(笑)

集団の何パーセントは必ず○○、みたいなね。
そういうの あるんだろうな。

何だかんだ 愚痴っている間は
或る意味 平和なのかも 知れません

愚痴る暇もない程 疲弊してしまったら
気付かぬ内に ヤラレて しまいますからのう~(遠い目)

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

詩の発表場所あります
自慢の絵・写真を披露したい方にもおすすめ!

ワタクシすずこが編集している手作り詩誌
ポエムサークル「みゅう」

仲間になり購読いただくと
ボツなしで冊子掲載 & CDトーク → 全国郵送★
見本誌もあります。読みたい方も連絡くださいね。

以下に本誌の写真・詳細を紹介していますので
クリックして御覧くださいませませ~☆

ミュウ 221.222号 完成♪ 

すずこのリンクはこちらから

~いつかの すずザレ~ 藤鈴呼の戯言
過去作も織り交ぜてUPしていきます☆

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

ぬめぬめと
その舌 熱く
締め上げる
闇に 紛れて
布団の奥で

-妖怪ゆたんぽぅ-

★,。・::・°☆。・:*:・°★,
人気ブログランキングへ
↑ポチッとな~☆↑


雑炊

Img_0478


Img_0477


Img_0476


冷や飯が残っていたので
本日のブランチは雑炊じゃ。
いや、おじやか? 

「おまえはオヤジやな」、と
暗がりで座椅子から転げそうな姿勢で
パソコン開いてる旦那に 言ったった~
( ̄ー ̄)

卵をポンと割り入れて~と思ったが
混ぜてから投入~。 
肉や魚はナシの シンプルバージョン

何もないコンロを眺めて問う旦那
「で、汁は何処にあるん?」
は? ないよ。 これから作るんじゃ。

「え、昨日の鍋を利用するんかと思った」
いつもいつも端折ると思うなよ~っ!
ってなモンで。

昨夜はガストったんですよねー
丁度 旦那の列車時刻と私が駅前に辿り着くのが
同時だったって言うね

20時ギリギリに ゆうパック箱を持ち込む私
一度に持ちきれないっつーの! は 初めてでした。

月末なんでね、残業代もまとめなイカンっちゅーことで
今回から10分単位なんでね

20分なら0.3時間 50分なら0.8時間
みたいな表記をしていたら

「これは どう計算した良いですか?」と聞かれて
うーん、と悩んだりしてね。

結局 その後も 二時間くらいかかったんで
せめて 一時間はつけさせてもらおうと追加。

もうさ、働いてんのに
申し訳なくて残業代つけらんない雰囲気が
解せないですよね

自宅仕事しているスタッフも多いようですし
やっぱり欲しいねタイムカード状態。

皆が真面目に残業代つけたら
もう一人 雇えるくらいになるんじゃね?(笑)

いや、むしろ、その方が良いなぁ~
時は金なりですから☆ キラーン☆ミ

最近 正職の方と一緒に事務所を出るパターンが
何度かありまして。

真っ暗になっていると 前が見えねえ。
腕力には自信ありと云えども
流石に持ち切れねー

っちゅうんで
一度 車を持って来ることにして

まずは 二箱だけ 手持ちした
勿論 両腕には自分の荷物を引っ提げて。

昔っから万屋呼ばわりされてますからね
「愛と金以外なら何でも出すで? 例えば愚痴とか」
と言わんばかりのボストンバック状態で。

ほんで見えない敷石を踏もうと思ったっけば
何か膝が痛痒いんですよね

何故かアブちっくな虫が
ブンブン五月蠅かった夜で

「なんぞ居るんか!?」と身構えたが
何かが違う

んぬ!? と 記憶を辿った
嗚呼、ここに植木あったよなー

築山にあっておかしくないような
♪まるん♪とした植木が邪魔をして

右に行っても左に行っても 
前に進めん(笑)

なんてことをしながら 漸く出家もとひ出社もとひ
退社してですね、選んだのはハンバーグ

なーんか食べたかったんだよねー
チーズがとろ~り入ってるバージョン

さっき ふきいしかずえさんが食べていた
チーズも美味しそうだったなぁ・・じゅるっ♪

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

伸びたマニキュア/藤鈴呼
http://po-m.com/forum/showdoc.php?did=298416&from=showdoc.php%3Fdid%3D298416

マニキュア最後につけたのって何時だろう~
もう 思い出せない(笑)

旦那の足先が 天然マニキュアみたいになっちょん
いじめた記憶もないのに 赤黒くなってましてね
しかも両方の親指ときたもんだ

少しずつ新しい爪が伸びて来るんで
今はツートンカラーのトレノみたい(笑)

いや、ツートンが美しいのはマークツーか?
いやいや最近じゃ マークエックスの響きが好き

ってのは
名前だけでしょ?って 突っ込まれそうですが、何か??
~( ̄▽ ̄~)(~ ̄▽ ̄)~

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

薄皮饅頭


空気の膨張する季節には 
おしくらまんじゅうの息苦しさよりも 
少し 穴あきの 心たちの方が 
自由発想を 発送できるのかも

呟いたままで ぎゅうと詰めた餡
本当は 粒揃いの方が お好み
知っているけれど 今日の濃さは
粒餡じゃあ 表現できないんです
どうか 諦めて くださいませんでしょうか

丁寧な口調で ノーと告げる悪魔
それは素直な真実だから
イエスマンの笑顔よりも きっと晴れやか
明かり取りが 上手く行かぬのは 冬の所為
雪で埋まってしまって
間接照明が 言うことを 効かないの

上皮餡から透ける腕が見えない
鍋を振るう度に重なる重石
増えるばかりの苦痛を練り込んだら
納豆のように糸を引いてきた
あなたとわたしの台詞
一体 何処からが 笑える真実?

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

詩の発表場所あります
自慢の絵・写真を披露したい方にもおすすめ!

ワタクシすずこが編集している手作り詩誌
ポエムサークル「みゅう」

仲間になり購読いただくと
ボツなしで冊子掲載 & CDトーク → 全国郵送★
見本誌もあります。読みたい方も連絡くださいね。

以下に本誌の写真・詳細を紹介していますので
クリックして御覧くださいませませ~☆

ミュウ 221.222号 完成♪ 

すずこのリンクはこちらから

~いつかの すずザレ~ 藤鈴呼の戯言
過去作も織り交ぜてUPしていきます☆

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

出れる気分の時が 異常に少ないね って

いっつも 言われる 電話 なんだよね、


何だかな どうしても

LOWテンションに なって しまうのは

孤独な部屋の 鉄則なんだけれども、


外で 異様に明るい 爆声の

けたたましい 笑い声を

日々 朝から 発してるからかなぁ。。。


何だか 自宅だと

こんなモードが 当たり前で 


そうだよね 

だって 一人で 会話してたら 

それこそ 妖しいやん?


なんて 言い訳まがいに

自分を 正当化して

周りを 巻き込む 材料に すんなよ?! なんて

突っ込ませない様に

皆に 周知の事実に させてると 


たまに 電話 出ると

「 どうしたの? 」 なんて 言われて、

その 一言に

本気で 笑えてしまったりも するんだよね (笑)

★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

夕食は スーパーの あじの寿司 四貫でしたかね

何だか 以前に 遊びに行って、

妹の借りた レンタカーで 岬まで 行って、

そこの先に有る 

巷では 有名だと言われる 寿司屋で食べた 

鯵の 味が

( ここ、 韻を 踏んでるから 宜しくね! ) 

微妙に 美味 だったんだよね!

( ここ、 韻を 踏み損ねたから 流してね! ) 


そんな訳で、 久々に 

しゃきっとコーン の 缶詰を 買ってみたり して。


消費税も 総額表示に なってたけど

100YEN に 惹かれるのは

庶民の 性さぁ~

°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★ 

今日 半ドンだったんだけれども 

一緒に出た 彼女に 


「 すずこサンの 家って 

  金持ちって 感じが しますよー 」 


なんて 言われて 

何でかな? って 思いながらも 

「 ヒーター と クーラー 併用するからですか? 」

なんて 言いながら 笑ってた様な。。


そしたら 

「 ボールペンの フタを 開けたままで

 引き出しに 入れてる

 何時もの 真実とかでは 無くて! 」


なんて風に 逆 突っ込みを されてもうて、

経費節減なんだか

唯だの 怠惰なのか ( 勿論 後者 だろうよ )


何なんだか 笑えてしまったけれども

細かいコトを 一切 気にしないって言う 性の 格が

日々 暴露 されて行く 

今日 このごろ なのでし ┌┤・0・├┘ 

★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★
人気ブログランキングへ
↑ポチッとな~☆↑


エーデルワイス

Img_0455


Img_0456


Img_0457

旦那の居ない夜 酒を酌み交わす
相手は自分の頭脳と心と身体と精神

五人に誤認 両手に華を携えて走る
へべれけの道

その先に 千鳥足でしか渡れぬ橋がある
踏み出してみるかい?
渡り切れるとは 限らないけれど

近所に 諸葛川ってあったろう?
あの語源を 知っているかい?

諸々の葛湯を集めて 風邪を治す方法より
難しいかも知れない事実が 認められているのさ

くたくたになった茄子とピーマン
彩りが全てだから 赤い唐辛子を加えなさいと
口を酸っぱくして云っていたのに
早速酔っぱらっちゃって
もう何言ってんのか分かんない

何を言いたかったのかも分かんないからいっかって
押し流そうとしている支流の先に燕が止まる

両側に飛び出した翼と 切っ先の鋭さ
クラウチングスタートの見事さに目を奪われる

物が二重に見えるのは 
ボクが酔っぱらっているからダケじゃなく

近頃 近眼なんだ この痛み
キミならきっと 理解してくれるって 信じてる

薩摩色した汁に 小口ネギを浮かべて
ついでのように取り出した 鶏ひとつ

本当の主人公は かんずりなんだ
頬ずりしながら 落ちそうな頬 ひとつまみ
御馳走様って言う前に もう一度だけ 笑ってね

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

岩手県盛岡市の「諸葛川」は、「もろくずがわ」と呼びます。

前九年の役(1051~1062)の時、
安倍貞任が大量のモミ殻を川にまいて、
討伐軍の大将だった源義家の軍勢の目をくらまし、
多くの兵を水死させたところから、
「モミくず川」と呼ばれ、
やがて「もろくず川」と呼ばれるに至ったといわれます。

*

「街」もりおか冊子でも上記の内容を読みました。


私はワインの味も良く分からないのですが、
葡萄の栽培地が温暖化の影響で北上してきた、と
「街」もりおか冊子に書いてありました。
そうか~ ワインも楽しめる地になったんねぇ~と
望郷の思いとともに。

*

エーデルワインは、岩手県花巻市大迫町で造られているワイン。

醸造元は花巻市の第三セクターである
株式会社エーデルワイン。

商品名の由来は、早池峰山に咲く高山植物
ハヤチネウスユキソウと
アルプスのエーデルワイス(セイヨウウスユキソウ)
が姉妹花ということに因んでつけられた。

1965年(昭和40年)には、これが取り持つ縁で、
大迫町はオーストリアのベルンドルフ市と
友好姉妹都市の締結をする。

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

写真 昨夜のすずごはん

旦那が出張だったんでね、
思わず一人で開けちまった一升瓶

いや、既に「開いて」いたからよ、
「相手」はわたし
「空いて」はいませんから、ご安心を~♪

ってな感じで 最近の「かんずり」汁と
茄子炒めの残りを「アテ」に 堪能しますた。

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

詩の発表場所あります
自慢の絵・写真を披露したい方にもおすすめ!

ワタクシすずこが編集している手作り詩誌
ポエムサークル「みゅう」

仲間になり購読いただくと
ボツなしで冊子掲載 & CDトーク → 全国郵送★
見本誌もあります。読みたい方も連絡くださいね。

以下に本誌の写真・詳細を紹介していますので
クリックして御覧くださいませませ~☆

ミュウ 221.222号 完成♪ 

すずこのリンクはこちらから

~いつかの すずザレ~ 藤鈴呼の戯言
過去作も織り交ぜてUPしていきます☆

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

●  K A Z Z ●


ここで描いた 幻想 / 

悪いけど、貴方が全て 持って行って 呉れませんか。。。? 

僕には 身が 重過ぎて 支える 気力すら 残されぬ ままに 

けれど 愛の意味を 考えるにつけ 

僕は 分からなく なってしまう / 

僕が 生まれた 本当の意味を / 

本来の 姿を / 

真実の 意味合いを / 

思い出して みたい / 

少しだけでも 心の 闇の 向こう側に / 

留めて置きたい ただ それだけだからxxx //

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:

● 今。。。 ●


今 / 思い出の / 場所で / 一人 / 

久々の / カクテルに / 埋もれて 生ます。 / 

誰にも / 誘惑も されず / 

代わりに / 相手に / される 事も / 無く。。。/ 

それが / 全然 / 寂しく無いの? と 聞かれたら / 

嘘になる ばかりの / 私の / 台詞 / 

細やかな / 愛情も / 

今は 遠く / 過ぎ去って ゆくね / 

安らぎの / 中で / 感じた / 涙も。。。 //

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:

● 溜 め 息 ●


ためいきが / 零れたら / 

いつもより / 多くの涙 / 崩れ落ちる / 

思い出の / アルバムを / 

二人 ゆっくり めくってく / 

旅に向かう 小鳥 / 

いつもの 羽根を / 忘れてしまっていて / 

空が とても 蒼いのに / 

引きちぎられた / 羽根が / 

白く / 炎となって / 燃え上がる / 

術すら知らず / 

せめて あの 透明に / 

巻き上がる世界の / 

遥か / 彼方でxxx //

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:
人気ブログランキングへ
↑ポチッとな~☆↑



« 2014年10月 | トップページ | 2014年12月 »