« ニシキギ | トップページ | 首筋と雲 »

2014年10月25日 (土)

夢の向こうから

Img_0384


Img_0385


Img_0386

忍び寄る 紅葉の影
ぽつり ぽつりと 話し始める
呟きのようだ

一つは雨粒と化して
一つは涙と別れ
一つは空に還る

嗚呼 だけれども
葉が揺れるたび
切ないよ

どうにも出来ぬ物事が
この世には多すぎて
世知辛い

どんな辛さなのかって
薬味の全てを遣っても
表現できやしない

小口ネギでも 生姜でも 茗荷にもない痛み
キリキリと 這うような存在とも ちょっと違う
ほろ苦さ

第三のビールが
もう 当たり前になっている
横行している
蛇行している
匍匐前進など出来ぬ 横断歩道の上で
二人は 千鳥足

抱こうとしたら
引っ叩かれる
そんな 当たり前の摂理を
当たり前の生理加減で
整理 できない

拒絶できたら 楽なのにと
拍手の途中で
掌に
バタークリーム たっぷりと塗って

咀嚼した
パラリと落ちた葉の先に
巣食う テッポウムシ

紅葉も 感動も
台無しにしてしまう 虫

無視できぬ 存在だから
蹴散らすことも 出来なくて

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

詩の発表場所あります
自慢の絵・写真を披露したい方にもおすすめ!

ワタクシすずこが編集している手作り詩誌
ポエムサークル「みゅう」

仲間になり購読いただくと
ボツなしで冊子掲載 & CDトーク → 全国郵送★
見本誌もあります。読みたい方も連絡くださいね。

以下に本誌の写真・詳細を紹介していますので
クリックして御覧くださいませませ~☆

ミュウ 221.222号 完成♪ 

すずこのリンクはこちらから

~いつかの すずザレ~ 藤鈴呼の戯言
過去作も織り交ぜてUPしていきます☆

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

何か、 相手からの 告白を 
待つ っていう 体勢は

とっても 受身な 恋愛かなぁ なんて
思ったりも するんだよね 。

自分から 攻撃性(!) の 有るものって 
ともすれば ストーカー扱い されて しまったり、

私の場合は 昔から
「 愛が 重い 」 って 
男に 言われ続けて来た 節が有るし、

好きだって 認めてしまうと
自分で 勝手に 加速して

燃え上がり 燃え尽きる 可能性も
否めない もので (爆)

出来るだけ 今までは
近付かないように してたんだけどね 、
ホントはさ 。

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★

何だか 逆に
君の方の テンションを
下げてしまったかな、って
少し 反省 しました。

誘う方の 気持ちって あるもんね。 

あたしは いつも
自分から 連絡しないくせに
そのくせ 誘われたい って 思いながらも
いつも 付き合い悪い と 言われ続けてて。

今日も カラオケ合コンの誘い 断ってるし、
何だかだね。

それでも
「 誘って くれる 」 って言う人の
好意に 甘えてて、
何だか自分が タカビー って 言うか、
言葉が違うのかも 知れないけれど
上手く 表現 できないけれど 、

どこかで 待っていて 、
来れば ウザイ 瞬間あって

でも 基本的に 部屋に入ると
デカダンだったり グロだったり
愛人に 埋もれて
パソコンに 埋もれて。

かと思いきや 
ただ 眠ること 出来なくて、
そう 最近はね。

何も しないで
ボー と TV みてたり、 ドラマ みてたり、
何も してないのに 疲れたり。

友は うつ病って 診断されたって 
ふさぎこんでたの。
そんなの 病院いけば 
あたしだって言われるよ 
なんて 思ってみたり。

ありがたいのに 恣意的で、
毎回 申し訳なく思うのは 私です。

でも、こういうので
恣意的に 成れる 相手、

こうやって
本当は こうだから って
言える相手って 
限られるんだと 思う。


気に成る 相手がいて、
待ってるんだけど 
来ないと 寂しくて
くれば ウザイ とか 思う 瞬間とか 
これと似てるのかな? なんて
ぼんやり 考えてみたり してやんす。

ま、来れば ってのは 
彼になった相手が 部屋に 居る場合
だいたい あたしは 相手もせずに
ミュウ編集とか してるのが
常だったので (爆)

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★
人気ブログランキングへ
↑ポチッとな~☆↑



|

« ニシキギ | トップページ | 首筋と雲 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 夢の向こうから:

« ニシキギ | トップページ | 首筋と雲 »