« 味噌汁 | トップページ | 橋に映る景色 »

2014年10月 5日 (日)

限りなくグレイな空に

Img_9729


Img_9730


Img_9731

ぼんやりと浮かぶ
黄を載せた雲が
ゆるやかに流れ始める時間帯
風は切なく
冷たさを予感させながら動く

訥々と語り出す恐怖に慄いて
切っ先の鋭さを誇示する風
流れた先に 淡く歪む月が
見事に閉ざした 前と言う名の路すがら
唯だ アクセルを踏み続ける深夜

綴じようとする書類と
閉じ始めた睫毛の角度が
やや同じ方角に傾いては蠢く
光 明 陽
そんな言葉ばかりを追い駆けた
昼間と言う名の 浅はかさ

砂利を踏むと 足の裏の感じた 存在感
確かに 何かを 越えて行くようだと
信じなければ
前に 進めは しないだろう
雲の隙間に見える
空の向こう側を 眺めては
溜息を 吐く

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

詩の発表場所あります
自慢の絵・写真を披露したい方にもおすすめ!

ワタクシすずこが編集している手作り詩誌
ポエムサークル「みゅう」

仲間になり購読いただくと
ボツなしで冊子掲載 & CDトーク → 全国郵送★
見本誌もあります。読みたい方も連絡くださいね。

以下に本誌の写真・詳細を紹介していますので
クリックして御覧くださいませませ~☆

ミュウ 221.222号 完成♪ 

すずこのリンクはこちらから

~いつかの すずザレ~ 藤鈴呼の戯言
過去作も織り交ぜてUPしていきます☆

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

とても 逢いたかった

方法が 無かった


ほんとは 有ったんだよ

実行しなかった

それだけで

★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

巡り逢ってしまえば

元には戻れぬ 関係と


ズルズルと 引きずられた糸

自ら 断ち切ったのでしょう

★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

一つのグチを聞いて

自分は まだまだ 平気だと

「 それは 自分に 

  言い聞かせて いるの? 」


あの頃と 変わった口調は

誰が アナタを

こんな風に したのだろう


会話の途中で

発覚した 事実


そうね アナタ 幸せなのね

そうよ 私も 一緒だもの


そう 言い聞かせてる

今夜も 昨日も 

明後日も

★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

くらくらと するように

風に 身を 任せた


視界が どんどん 狭まって

少し 息が 苦しくなった


其れでも 景色は 広がって

永遠の 海を 見た


あの 夢の 狭間に 君が居た

華麗な音が 流れ出て生た

★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★
人気ブログランキングへ
↑ポチッとな~☆↑



|

« 味噌汁 | トップページ | 橋に映る景色 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 限りなくグレイな空に:

« 味噌汁 | トップページ | 橋に映る景色 »