« 芙蓉 | トップページ | 浮き球 »

2014年10月11日 (土)

親不知

Img_2052


Img_2053


Img_2054


薄紅の空を見上げて
朝焼けなのか
夕暮れなのかを決めるゲーム
喩え 100人の玄人が
これは太陽に非ずと叫んだところで
貴方が認めれば
それは 陽の光となる

クラリネットの音だろう
錆び付いた色合いを連想する
金属臭い息の向こうに
吐き出された空気感
KYは 空気が読めないだけじゃない
汚い私
そう変換してしまえば
何者にも代えがたい悪寒ばかりに
足元を掬われてしまいそうで

佇んだ突起物の下に
吐瀉物が混ざり合う
その泡の向こうに見える雄大な海に
何を翳そうか

七色に輝く 美しい虹の代わりに

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

写真 国道八号線 新潟の最南端 糸魚川市から
右手に日本海を望む景色

路の先に見える 海っ端の山のような部分が 親不知
つうか、解説はこちらを見てくれる?

親不知(おやしらず)・子不知(こしらず)

 天下の険として有名な親不知、子不知海岸。
北陸本線親不知駅を中心とする青海駅、市振駅間約15kmの総称で、

親不知駅・市振駅の間が親不知、
親不知駅・青海駅の間が子不知と呼ばれています。

 地名の由来はいくつかあり、

1.北陸道最大の難所で、断崖絶壁と荒波が旅人の行く手を阻み、
波打ち際を駆け抜ける際に親は子を忘れ、
子は親を顧みる暇がなかったことから
親知らず・子知らずと呼ばれるようになった。

2.平清盛の弟、頼盛の夫人が
夫の後を慕って親不知を通りかかった折、

2才の愛児をふところから取り落とし、
波にさらわれてしまった際に悲しみのあまり詠んだ

「親知らず 子はこの浦の波まくら 越路の磯の あわと消えゆく」
という歌が由来になった。

などという説があります。

 現在はJR北陸本線、国道8号、北陸自動車道が通り、
通行に支障は無くなりましたが、

親不知記念広場の展望台から海岸線を眺めれば、
当時の苦難が想像できることでしょう。

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

詩の発表場所あります
自慢の絵・写真を披露したい方にもおすすめ!

ワタクシすずこが編集している手作り詩誌
ポエムサークル「みゅう」

仲間になり購読いただくと
ボツなしで冊子掲載 & CDトーク → 全国郵送★
見本誌もあります。読みたい方も連絡くださいね。

以下に本誌の写真・詳細を紹介していますので
クリックして御覧くださいませませ~☆

ミュウ 221.222号 完成♪ 

すずこのリンクはこちらから

~いつかの すずザレ~ 藤鈴呼の戯言
過去作も織り交ぜてUPしていきます☆

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

序文


三百字小説の本を読んだ。

面白い試みなので
挑戦してみようと思った。

基本的に長文が好きな私。
要点をまとめられないのだ。

携帯メールを打つ時には
四苦八苦する。

最低250文字ならば、
どの機種でも受信可能だ。

携帯なら絵文字、
パソコンなら顔文字を駆使して収め
送信する。

しかし、小説と成ると
「起承転結」を
考えなければ成らない。

ほら、もう
文字数一杯!

・・・と思ったら
未だ先程の時点で
百五十文字程だった。

携帯で打ち込みながら、
文字数カウントして居たのだが、

半角数で表示される為、
一文字入力すると
2カウントと成るようだ。

厄介だなぁ・・・などと
ブツブツ言いながら
ピコピコとボタンを押す。

其の姿こそが
ケッタイなんだろうなぁ~!

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

むしろ 心 キレイで 有りたい 願望  
強いかなあ 

愚痴りたく なる 時ほどにね



そんな 時は 
逆転の 発想で ザレ しますが

その 言葉の 何パーセントを 
本気で 
自分自身の 心に 発送 出来るか が 
課題 なんですね~

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

今回ボーカル したことで
カラオケ マイク では 無い
エコー 無し
バンド音に 負けずに 歌う 難しさを
知りました

彼に 其の話を した時
言われたのが

やっぱ プロは 上手いんだよね
コブクロと あやかは 
両方 上手いよね



丁度 音楽番組を 観てて

この人は 声が 出てない とか
口パクだ とかの 会話 してたのよ

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

歯がゆい涙



彼に質問をした。

「結婚しなければならないとしたら
どちらを選ぶ?」

彼が言う。

「ん~、どちらもファンじゃ無いけど、
愛嬌ある來未かな。

顔ダケで選ぶならエリカだけど、
その時に寄って、彼女、全然違うもんな。

あのドラマみたいに、
スッピンに毛が生えた様なのなら良いけれど。

何だっけ?
1万リットルの涙だっけ?」

爆笑しながら、

「1リットルですからっ!
そんなに出ませんて!」

と、ツッコミを入れ、
同時に思う。

「1リットルだって、一度には出ないよな、
苦しんだ期間が長ければ、1万も有りかも?」

そうだ、芸能人は歯が命!
購入したての電動歯ブラシを開けると説明書。

「24時間充電してからお使い下さい」

涙も白い歯も
一日にして成らず!

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°




外は 大雪で

車なんて 出せない!


出勤するのに
竹馬みたいに 長い筒 みたいので
反動 つけて 立つの

イメージは
棒高飛びの
棒が 筒で

手に 持つ 代わりに
足に つけたまま 踏ん張り
立ち上がるって トコロかなぁ・・・ 

筒は
空き缶を 長くしたの みたいで
立ち上がったら 体重で
カン カン~ って
少し 短く 成った (-。-;)

家の 場所は 
小さな 原っぱの 中に有る
軽い 住宅街みたい

出勤先は 元 職場で
上司が 何故か 松下ゆきで
歩く 姿を 見てもらう

アタシの 服装は
寒い 冬なのに
ミニスカ スーツで

バランス 保つ為
片足が 開いてる

それじゃあ 下から 
パンツ 見えるから
と 駄目出し される

面白いのが その後で
自分の 筒乗り姿を
下から見てる シーンに成り

確かに 見えるなぁ・・・ 
みたいな(笑)

場面 展開

クローゼットから
揃いの パンツ スーツを
出そうと するが

自分では
セットに 成ったのを
見つけ られない

色が バラバラに 吊されて
何着か 有り

クローゼットは
ジッパーで 締めるタイプの ものだが

横幅は 広く
今の 部屋位

探せずに 諦めかけたら
ゆきさんに

ほら ここに 有るじゃん!
と 言われた

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

ネイム


優しさ紡ぎ
子へ繋ぐ



たちまちに
ろ路肩を埋める
う嬉しさよ



孤独を感じた時に
思い描いて欲しい情景
一人ぼっちで歩いて居ると
後ろから
自分を呼ぶ声がする

あっと言う間に
路肩を埋め尽くす人数に成り

楽しい時間が
広がって行く

人間 一人じゃ無いよ

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°
人気ブログランキングへ
↑ポチッとな~☆↑


|

« 芙蓉 | トップページ | 浮き球 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 親不知:

« 芙蓉 | トップページ | 浮き球 »