« 2014年9月 | トップページ | 2014年11月 »

2014年10月

2014年10月29日 (水)

コーンスープラーメンって美味しいよね

Img_9354_4


Img_9354_3


Img_9354_1


初めて食べたのは どさんこ
表記はこれで合っているだろうか
当時 花巻在住だった友人に教わり 行ったんだよね

花巻と云えば 宮沢賢治の聖地ですよ
私も一度 弾き語ったことがあります 花巻文化村
ここは 懐かしい風合いが広がっていて おすすめ

当時は みゅうメンバー若杉禎宏さんの個展がありまして
その片隅で ギター掻き散らしたって言うね♪

私の出身地は滝沢でして、そろそろ市制一年になるんかいの
確か 今回の正月から 滝沢市になったんだよね

滝沢村って金持ちーみたいなイメージと共に育ちましたが
物心ついた頃には 既に三万人突破していた気がするし
人口だけは当時から多かったもんな

遠く離れたこの地で、出身地を説明するのに役立ったのは
最近の話で言うと あまちゃん でしょー
と言われるけど あれは沿岸ですからね

どっちかって言うと どんと晴れ、を観ている人の方が
話が通じやすかったりする
「ほら、あの 一本桜のある場所!」 みたいなね

それでも駄目なら「小岩井農場」これで落ちる(笑)
「あー、あの 甘いコーヒー牛乳ねー」 となる(笑)

少し離れた 玉山村、これも今は 盛岡市玉山区みたいですが
ここは 冬になると ニュースで有名になるべ?

藪川(ヤブカワ)って場所があってね
たまに ダイヤモンドダストにも出会えるらしいのよ
私は見たことないけどよ

岩洞湖では わかさぎ釣りも体験できるんですわ
冬の名物ですなっ♪

渋民には石川啄木の聖地もありますがな
空に座れし十五の心じゃ ないですからね!(笑)
空には座れんだろ。 吸われ、ですの。

「街」もりおか冊子を眺めていると 望郷の念が増す
(念かいっ!)

7月号にはね 観光地に対する対談がありまして
高橋克彦さん 内館牧子さんが 語ってらっしゃるから
先般の暴言吐いた輩に 読ませてやりたい位だわ♪

で、何の話でしたっけ? あ、そうそう、ラーメンね(笑)
花巻空港からほど近い「どさん子」 この表記だったかなぁ?(謎)

に、件のコーンスープラーメンなるものがあるから
一度 行ってみたら? きっと すずこの好みだよ♪
と教えられて ブーン(当時の相棒は コルサだったかしら)

以来、どっかで見かけると つい食べてしまうメニューの一つ。
今回の写真は 麺家みそ道楽

最近ハマっている野菜ラーメン系も 捨て難い
もう一つの写真は 旦那が選んだ 野菜系。
んーっ♪ 温かいものが染みる季節 再来♪

かんずり、も紹介しましたが、
あれ、去年の冬くらいの画像かも知れん(爆)

自分で自分のUPした記事にほだされて
昨夜から かんずり汁なんですよ
~( ̄▽ ̄~)(~ ̄▽ ̄)~

今回は さつまいも 玉ねぎの甘さも相まって
甘辛い 良い感じに仕上げてありまする♪

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

コーンスープラーメン


昔懐かしい味がやって来る
フライパンの上で踊るポップコーンを
彷彿とさせる

沸騰した湯に 取り出した黄味を入れる
気味の悪さを払拭した闇の中で
何杯も堪能した熱さ

気持ちばかりが急いて
薄着なのに 気合ばかりで乗り切った冬
あの頃の何倍も 粒揃いの倖せを得たと
豪語できますか

箸の持ち方が なっていないと
豆を掴むのが難しい
何かのゲームみたいに
一つまみずつ 確かめていく
その感触が とてつもなく苦痛だった

ミックスベジタブル
色合いだけは 素敵なんです
何となく人参の風味を残した紅色と
少し カスカスになった玉蜀黍
グリーンピースは嫌いだから
チキンライスには入れないでねってキミ

茹で卵の中に
全てを封じ込め グラングラン
厚手のガウンを羽織っては 武者震い
もう直ぐ 出来るから 待っていてね
少し太めの麺に 絡むスープが
良い風味を 連れて来てくれるから

少し 漬け置きした方が良い
でも 伸びる前に 取り出して
はふはふと 食べる
唇が ふやけぬように 気を付けながら
舌が 腫れぬように 気遣いながらね

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

詩の発表場所あります
自慢の絵・写真を披露したい方にもおすすめ!

ワタクシすずこが編集している手作り詩誌
ポエムサークル「みゅう」

仲間になり購読いただくと
ボツなしで冊子掲載 & CDトーク → 全国郵送★
見本誌もあります。読みたい方も連絡くださいね。

以下に本誌の写真・詳細を紹介していますので
クリックして御覧くださいませませ~☆

ミュウ 221.222号 完成♪ 

すずこのリンクはこちらから

~いつかの すずザレ~ 藤鈴呼の戯言
過去作も織り交ぜてUPしていきます☆

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

近所に 卓球も出来るらしい
市民体育館が 有るんだケド

一度も 開いている時に
行った 試しが 無いんだ

やっぱり 予約が 必要なのかな
空いてる 時間に

相手だって
必要なんだよネ

エア・ホッケーは
空気が有れば 出来るもの
そう 思うのは 間違い
電力が 無ければ 出来ないの

その点 卓球は
卓球台が 有れば
可能なんだよねぇ

ゲームなのに
ゲームだからこそ

人格の出る
人生ゲーム

あの デカ盤に
幾つモノ 人生を

勝手に 詰め込んで
漬物石 摘んで

ツンデレ嬢と
愛想 笑いで

遠い場所だから
旅行気分に 成るのカナ

近所だったら
何時でも 行けるからって

其れを 言い訳に
結局 足跡 汚さずに

スルーしちゃったりも
するのでしょうか

するってえと
やっぱり ピンポン パンポン
何度か 扉を バンバン叩いて
相手の反応 見やりながら

ピンポン玉を
跳ね返す力が
必要なのかも 知れないネ

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

* 叶う時 指折り数えて 楽しんで

夢が叶わぬと 嘆いていても 日は経つから
どんな風に 叶えようかと 楽しめることが
余裕にも 繋がるのかも 知れませんネ

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

* 秋風が優しく入り込む祝い

涼しげな風が吹く季節は
寂しさも 感じられがちです
そんな時に 嬉しい報告ひとつ 響けば
自然と 笑顔も こぼれ行くもの

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

* 秋風鈴 コイン一つで 涼を得る

ちりん♪ 風流な音で 体感温度は
幾らか下がるコトでしょう

かれこれ 10日ほどになる
我が家のクーラーなし生活も

そんなステキな存在で
少しばかり 癒されるかなぁ

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

* 青い鳥 空・海・夜に 惑いけり

惑いけり、の表現は
可笑しくないだろうか
などと 思いながら
思い付いたのだから、と
タイプする 今も、夜。

青意外の背景の中でなら
容易く(?)見つけられる
青き 鳥の 羽根 も
同化する 景色の下では
どうか してる

どうか してるのは
瞳の方なのか
見付からぬ 姿に
地団太 踏んだ 頃を
思い出して みる

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°
人気ブログランキングへ
↑ポチッとな~☆↑


ななこのスケート靴

37_1


37_2


37_3


写真 藤鈴呼オリジナル アクリル・ストラップ
既に御嫁入しました☆

37 ななこのスケート靴(4センチ)
冬のスポーツ楽しみましょ♪
青12ミリ 紫・水色10ミリ

これを並べていた時に 手に取った女性が
「なによこれ、全然スケート靴じゃないね 肴じゃん」
だったか何か豪語しとったわ(笑)

「は? 魚?」 とは言いませんよ、大人ですから(笑)
書きましたけど、何か??
~( ̄▽ ̄~)(~ ̄▽ ̄)~

そういう自由発想は自由発送してくれた方が良いんです
そういうの、好きですから♪

マルシェ、今シーズン もう行けないんじゃないかしら
どうしよう 糸魚川ライフ 終わっちまうっつうのに!

とにかく作品を作成している時間がないとですよ
みゅうが三ヵ月以上 滞るのも ン年振りですな。

先日ようやっと 過去号の依頼発送を完了したところで
届いた連絡くれた方あざ~っす♪
今回 発送連絡 忘れている気がするけど
未だの方も その内 届きますので お楽しみに☆

で、新号は 何時になるか未定です(涙)
え゛? 何? 戯言(ザレ)ってる隙に 編集しろ!?

(思い切り耳かっぽじって聞くジェスチャー。
 そう、体操のお兄さん風味でヨロシコ。 笑)

何ですかねー 仕事後の一服の気分ですよ
とりあえず車に乗ったらヤニ咥える、みーたーいーなー(懐)

スケート、暫く行ってないなぁ~
暫く、って 最後に行ったのは何時かや?!
もう20年以上 行ってないんじゃね゛??
とか思う瞬間に 年を重ねたなぁ~ と 実感するの図。

岩手の小学校では スキー教室も多かったのでしょうね
私は たまたま 学校の裏手でスケートしてましたんで
スキーを覚えぬまま 大人になってしまいましてん

今はスキーライフを楽しむ冬だけん、真逆だけれど
当時は思ってましたねぇ~

「あんなクソ吹雪く山の上でリフトに乗るなんざ
 正気の沙汰とは思えん」だって(笑)

スキー好きの輩に言わせると こうなります

「なによ、同じ景色ばっか ぐるぐる眺めて
 何処が楽しいんさ?」

うーん、わーかーるーぅ♪ ってなモンで(笑)

実際 スケートリングはリング状だけどよ、
景色なんか関係ねーっつうね(笑)

フィギュアでペンギン歩きを覚えたのが七歳でしょ
未だにスピード靴は 履いたことがないけど
あの切っ先の鋭さには憧れる(怖)

ただ、幾ら リンクが好きだっつったってな
国分通りのアイスバーンには 毎度 泣かされたっちゅーの。

あと、砂利道より酷い轍ね
何の競技かと 毎回 楽しかったなー(は?)

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

彼女の髪はキューティクル


すべすべの肌に憧れる
色白の美しさは 
太陽光線に ちょっと弱いんです

カモシカのようだけど
食パンをカリリと焼いた時の
耳のような足首を眺めながら
下を向いた日々
舌を巻いたヒビ

あのマンホールに
今更 何を 突っ込もうかと
考えましたが
フィッシュボーンに してみました

ツルツル過ぎて
編み込んでも 直ぐに
無かったことに なってしまう
三つ編みよりは 少し
形が 残るくらいの

四つ編みと言う 表現では
何処となく 不安だから
あなたの
ファンでいても いいですか

揺れる 扇風機
エアコンの温度は 急上昇
カラカラと 音が鳴るには
理由があるんです

金具がね
一生懸命
絡み付いているの

マフラーの先に
笑顔が 括り付けられていること
早く 気付けば 良いのだけれど

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

詩の発表場所あります
自慢の絵・写真を披露したい方にもおすすめ!

ワタクシすずこが編集している手作り詩誌
ポエムサークル「みゅう」

仲間になり購読いただくと
ボツなしで冊子掲載 & CDトーク → 全国郵送★
見本誌もあります。読みたい方も連絡くださいね。

以下に本誌の写真・詳細を紹介していますので
クリックして御覧くださいませませ~☆

ミュウ 221.222号 完成♪ 

すずこのリンクはこちらから

~いつかの すずザレ~ 藤鈴呼の戯言
過去作も織り交ぜてUPしていきます☆

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

彼女に 言われる迄
悩んで 居たんだ

小さい頃は デザートの 果物が
大好きだった

今では 意識して
摂る様には してるんだ ケド

自発的に 楽しめない
自分が 居るのさ

だって すっぱいんだもん

そしたら 彼女が 言ったんだ
ビタミンが 不足してるんじゃあ ないですか って

それまでは 逆に
妊婦さんは すっぱいのが
平気に成る とは 聞いた コトが 有るけれど

もしかしたら 何か 悪い
病気なんじゃあ 無いかって
本気で 悩んで しまって いたから さ


 『 フルーツ嫌いの 理由 』

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

見知らぬ名前
君が 教えて呉れた この場所

暖かな 日差し
季節は 移ろう 秋の 夕暮れ

まだまだ
寂しいだなんて 言わせない

僕の 心は
未だ 君のもの

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

久々に キミと 会って
色んな話を 聞いて 語った

暫くぶりに 語る 表情は
別人の ものに 思えた

自分の 話を してた時の キミを
多く 見つめて 来たから だろうか

母なる 大地の様な 強さを
称えて 居た

キミの 強い 瞳

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

ミルキィーウェイで オムライスを 食べました

ボクが 頼んだのは オーソドックスな 
デミグラス・ソースの かかった タイプ

キミが オーダー したのは
大きな エビが ついた あんかけ風味の タイプ

どちらも ふわふわの たまごに くるまれて
しあわせそうに 輝いてたね


 『 二つの オムライス 』

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

私の 大好きな カラスには
二種類 有ると 知りました

カラスと 言えば
全身 真っ黒けっけの イメージが 有ったから

嘴が 黄色いタイプも 居るなんて
知りませんでした

この 黄色の嘴を 持つ タイプは 強暴で
人間を 襲ったりする そうなんです

ボクが カラスを 眺めて居ても
襲われずに 済んだ 理由が
判明 しました

今も 黒い カラスが
頭上で 鳴いて 居るんですよ。。。

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

鏡を 見て
老けて 来たなあ と
感じる 瞬間

最近 増えて来た様に
思います

そして
6時間は 眠った 筈なのに

消えて 呉れない 累積疲労も
重なり 続けてる 気が
するんですよ。。。

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°
人気ブログランキングへ
↑ポチッとな~☆↑


こだわり

Img_9699


Img_9700


Img_9704


人間誰しも譲れぬ境界線がある
懐かしい歌詞談議を眺めていたら 
そんな事を思った

同じ世界観を表現するのにも
この言葉でなくちゃいけない!みたいな
当時の私なりの「こだわり」だったんだろうなあと思う

元々は細かい方じゃないんですよ?(多分)
先般「すずこサンは大雑把だから~」とか言われたし

な・なんで暴露(バレ)たんや~っ! 
って 突っ込みたかったけど
上司だったんで 
グッと言葉に詰まってもうたやんか(笑)
ってことも有りましてね(遠い目)

この「有り」の表現も昔から多用するんだけど
「在り」じゃないの? と 突っ込まれたりもした
そういうのって あります

昨夜は茄子炒めでしてん。 当初の予定では。
旦那を迎えに行ったら 車中で 麻婆茄子の話が出たので
帰宅後に変更

たまたま 買い置きの素があったんで
使用したんですね
ほんなら とろみ成分等の水分量が適当だったらしく
「なんミリリットルって書いてるやんけ!」 と
隣で呟かれる

こういう処ね、テキトーなんですよね
料理の調味料は手分量の私
対して旦那はキッチリ派

そんな私でも 細かい部分はある・・・か?(自問自答)

こだわり云々 言うてみても 要するに
その時の気分と合致するか否か って部分はあるかも!?
譲れねーっ と思ったら 不機嫌になるし
直ぐ顔に出るんでね(分かり易い女)

何度か記事にもしたけれど、「時間」は細かいな。
待つのは良いけど 待たせるのは嫌

勤務時間もカッチリいきたい
出来るならばベルサッサが理想でパート選んでますからね。
と言うか
仕事上で残業するなら きちんとつけたい。

時間が大事な性分なんでしょうね。
こういう価値観が大幅に相違すると
色々な関係性の崩れる要因となりますよねー

写真は結婚腕輪
少し前に重曹漬けにした写真を紹介しましたが
その前後ですな

長い方が私のもの。
「遊び」部分が多い方が好みなんですよ。
旦那のは既に 着ける金具が馬鹿になっちゃって
使用せず 持ち歩いている状態なんですけどね

ブランドなんて全く興味の無い私が
珍しく選んだのは グッチさんでして。
当時は岩手だったのに 仙台くんだりまで繰り出して
ゲットした代物でしたん

素材はシルバー
時とともに身から出た錆を纏って良い感じ♪
このシンプルな柄も飽きの来ない感覚ですがな。

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

首飾り


この素材は シルバー? プラチナ?
ゴールドじゃあ ないことは 一目瞭然
色合いを眺めるならば
先ずは 着古した洋服が吊るされている ハンガーの奥まで
一気に回想してみな
その後で 夏に何度 海水浴をしたか
肌の色に 聞いてみな

錆びても朽ちても 金具が外れても 失くせない存在
胸元のブローチは ダイヤモンド
どんな鉱物よりも固いのですと呟いて
真鍮製の財布を ゆっくりと開けば
世にも不思議なコインが踊り始める
どんなドレスよりも 軽やかな周り節で
シンバルを叩くよりも 小気味良いハミングで

お遊戯会の輪のように
ロンデルを組み合わせて作る 首輪の部分
犬のジョンを眺めてみれば 直ぐに分かる
冬でも蜜柑を踏み越えて 元気に走り出すだろう
最早 素材なんて関係ないと 豪語してみな
いっそ シロツメクサの群生地
少女の姿に変身して 夢の首飾りを作りたいくらい

時を巻き戻して
カセットテープを くるくると回すみたいに
ダイヤル電話を イライラと眺めるみたいに
時を巻き戻して

何よりも 素敵なブローチを 首に巻く
その素材は アクリルだって 良いんだよ

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

詩の発表場所あります
自慢の絵・写真を披露したい方にもおすすめ!

ワタクシすずこが編集している手作り詩誌
ポエムサークル「みゅう」

仲間になり購読いただくと
ボツなしで冊子掲載 & CDトーク → 全国郵送★
見本誌もあります。読みたい方も連絡くださいね。

以下に本誌の写真・詳細を紹介していますので
クリックして御覧くださいませませ~☆

ミュウ 221.222号 完成♪ 

すずこのリンクはこちらから

~いつかの すずザレ~ 藤鈴呼の戯言
過去作も織り交ぜてUPしていきます☆

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

デスクトップの 画面設定を

桜の 拡大画面に してみました

世の中は もう

葉桜だって 言うのにね


*


桃色の 大きな 花びらが

とっても キレイ だったから

1度は 設定 して みたかったの


*


もう 無くなってしまった ものに

心 奪われる こと

世の中に 沢山 有るのでしょうか


*


昔の 留守電を 聴いて

心が 躍らない メッセージならば

哀しくなる だけならば

いっそ 削除して しまおうって


*


あの日 思ったんだ

辞書を 引いていて

とっても ステキな 格言を

英和の 辞書から 見つけたからさ

今度は 曲を 作ろうって

そう 言いながら

この 指は 弦では 無くて

キーを 叩き 続けてる


*


水の 精かな? って 思ったんだ

見た事も無い 小人 みたいに

心が ドキドキ したみたい?

水道の 蛇口から

少し 透明な 液体が

注がれて 居る気が したからさ


★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

命が どれだけ 続くのか

統計で 説明を 続けてる

もともと 100パーセント だなんて

病で 無くても 得られないから


*


自分の 子供が 此処に 居て

本当に 切ない 気持ち

本当の 実感なんて

未だ 得た 事は 無いけれど


*


星空が どんなに ステキに 輝いて居ても

込める 祈りが 無かったら

窓を 開ける 勇気が

出ない みたいに


*


満点の 輝きを 求めて

ドライブを したい 瞬間

昨日は 有線で

大好きな アーチストの 新曲を 見つけて

とっても ハマって しまってた


*


雨の 曲

彼の 声は とっても 透明だから

やっぱり ラストの アカペラ部分が

聞かせて 呉れる と

そう 思いながら


★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★


シャワーを 浴びて 一段落 しました

これって 「 ひとだんらく 」 で 無くて

「 いちだんらく 」 で 変換しながら

果たして どっちが 正当だっけ? なんて

アホ な コトを xxx 爆


*


シャワーを 浴びながら 思い出したんだ

さっきの コマーシャルでは

桜の 香りの ビオレ が

新発売 されたと 言う

思わず 手を 画面に向けて 伸ばしてみたって



取れないからっ!!


*


笑い の マークだとか 絵文字だとか

昔の人は

エクス ・ クラメーション ・ マーク や

クエスチュォン ・ マァク すらも

使用せずに

短冊に

想い したためて 居たって 言うのにネ


*


懐かしい 楽曲が 流れるのは

有線の A1 チャンネル

そう リクエスト だから・・・


*


今 歌い上げている 曲

昔 カラオケで 良く 唄ってたな~ とか

こんな 部屋の 中では

がなれや しないね


*


G.W. は 何処かに 行くんですか?

これって お決まりの 質問だよね

そうね イキナリ の ドライブ 幻想 だとか

カラオケの 誘いだとか

・・・ 来ないから 今は タイプ ξ・。-☆  


*


わざわざ 購入したく なってしまうのは

勿論 トレペ (爆)

途切れて しまったならば

そう 否応なしにxxx


*


手元に 有るのは バス ・ ソォプ

ラベンダー と サクラ の 香り

そう ビオレと おんなじモノが

ここには 有るのに

やっぱり シャワーで 済ませた日


*


そうだね やっぱり

初夏の 潤いが

得られて 居たんだね!

・・・ どーりで 暑いと 思ったんだよ。。。


*


とある アーチストの 

マネージャーの方が

よっぽど 芸能人 っ ぽくって

思わず 間違えて 語り掛けてしまったって

笑い話を 思い出しました


*


こんな風に ブラウン管を

華やかに染める アーチスト軍団

だけど 楽曲を 作成する 時は

きっと あたし みたいに 孤独なの?


*


部屋の 中で

例えば 暗かったり して

隣の 恋人も

無視 しまくってたり なんかして・・・?


*


あなたの家に 行きたいと

ずっと 思って 居るんです

きっと 冷凍庫の中の 鶏肉も

凍りまくって 居るのでしょうね


*


そう あたしの 心 みたいに?

いえ 痛むのは

ガチガチの

此の 肩 なのですよ。。。


*


マッサージ ・ チェア を

座椅子 と BED

行ったり 来たり させながら

外出が 面倒だから

自力で 直そうと


*


だけど やっぱり もみ返し

こればっかりは 何度 マッサージしても

抜けては 呉れないんだね


★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★
人気ブログランキングへ
↑ポチッとな~☆↑


あきのゆうぐれ

Img_0405


Img_0406


Img_0407

紅葉ツアーのバスに乗ると
初冠雪の地に 連れて行ってくれる

最近じゃあ
いつからが秋なのかが 分からない

飽き飽きするほど 考えたでしょうよ
薄手の長袖の活用法

ゴム手袋で 凌げるような気もして来た
アームカバーでも 物足りるカナ

回廊の手前では 案内役
ショップに立つと 売り子に大変身

庭では ホッカムリして 草とりババア
どれが一番 お好みですか?と 思案中

三日月の光る季節には
夜空の星も 綺麗です

逆さまの だぶりゅう
ひしゃげた柄杓は北斗七星

昔のように 指幅では
探し出せない 北極星

圧倒的に 空が足りない
絶対値は 何時だって 同じなのに

相対評価が 良いものか
赤ペン先生と一緒に 考えましょうよ

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

高飛車な男達


私は昔から肩書きを背負い過ぎて威張る輩が大嫌いだ
器がデカ過ぎて泣いてんだよ! 
と 突っ込みたくなる人間に限って
威張り散らす傾向があるかんね

人格者には自然と心が寄り添うもんだ
無理に群がる人の影とは 何かが違うんだよね
そこんとこ 解っていないんだろうなあ、と思う

それでも ある一定以上の存在ならば 
敬意を払う必然性も あろうもん

大人の仮面被ったお子ちゃまは 始末に負えないよね
正に反面教師ですよ


この時期は 紅葉ツアーも多いのでしょうね
ニュースを見ていたら 札幌の紅葉ツアーで
バスから降りた人が 一面の雪の中 インタビューされていたな

お花見ツアーもそうだけど 季節が相手じゃあ
半分しか文句が言えないってことも ありそうだなあ


駄目って言ってる場所で カメラ構える添乗員
案内を止めて 注意する私

お土産コーナーに移動したところで
こんな台詞を告げる

「皆さん お財布持って お買物してくださいね!」

笑いの起きる中で 
一つの台詞が返って来る

「良く恥ずかしげもなく そんな事 言えるよな!」

ええ。羞恥心全開で 大声出せるかいな(反語)
それとも何かい? 営業全開モードが お気に召しませんで?

その文句は我等に言われてもねー。
毎月 数字の事を細かく言われて来れば そうなるでしょうよ

あれっ? ここって ノルマのキツイ 営業でしたっけ?
みたいな雰囲気も回想するようなミーティングが
続いたもんねー。

元来 優雅な施設の筈なんだがな。
上手く伝わると最高なんだけどね

スタッフにも余裕が必要よね-丸太棒-

ワタクシ6連荘1休み8連荘で疲弊してましたし
元々 短気なんですの♪ 

件の台詞を吐いたのは
多分 案内も聞かず くっちゃべっていた人だろう

私、結構 声はデカイ方だと思うんですけどね
見事に案内ヴォイス 消されたけん、よっぽどですわ

別に 聞きたくないなら それでも良いけど
邪魔はしないでいただきたいわ♪

あ、良い事もありましたの♪
今まで殆ど出せなかった残業代がね
ようやっと10分単位で 出せるようになりましてん♪

で、一時間単位だから 切り捨て御免らしいんだけどね
要するに 50分やっても カウントはゼロになるっちゅうね

何だろうねー このモヤっと感
色々と有り得ないことが多すぎて笑えるわー

ここで一句 
欲しいのは タイムカードと 組合よ

それに加えて 
パソコンの共有フォルダは上手く繋がらないわ
お蔭で印刷関係もショートする日々でよ

デスクトップも無駄に重たいし
まるで私の体積みたいじゃねえか(爆)

オノレ、もうちょっと素直になれよ!
みーたーいーなー(棒)

何よりも無駄なのは 再起動なんかに費やす時間だよね
効率の悪さは今までの職場で天下一品だわ

嗚呼 懐かしかりけり てんいつラーメン
あの こってり加減で全てドロドロに(違)

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

詩の発表場所あります
自慢の絵・写真を披露したい方にもおすすめ!

ワタクシすずこが編集している手作り詩誌
ポエムサークル「みゅう」

仲間になり購読いただくと
ボツなしで冊子掲載 & CDトーク → 全国郵送★
見本誌もあります。読みたい方も連絡くださいね。

以下に本誌の写真・詳細を紹介していますので
クリックして御覧くださいませませ~☆

ミュウ 221.222号 完成♪ 

すずこのリンクはこちらから

~いつかの すずザレ~ 藤鈴呼の戯言
過去作も織り交ぜてUPしていきます☆

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

すずこ原詞

         ★  A L O N E  ★

気付けばいつも 一人きりの部屋 星空は 愛を奏でるメロディー

あの日出会った事が 嘘じゃなかったと 断言できる時に 私は幸せになれる

oh,I’m longing your love baby

二人して星屑の欠片を拾い集める様に いつまでも 笑い合えたなら

oh,I’m longing your love baby

貴方に会えた事も 笑い合えた事も 決して無駄じゃなかったね・・・

幸せは 何処にあるの? その破片さえ 見付からずに いつも

夢だけを追い求める時代は どうやら とうの昔に過ぎ去った様だね

oh,I’m longing your love baby

たとえ会話が続かなくても 貴方の心を追い続けて走っていたなら

oh,I’m longing your love baby

今頃二人は 同じ現時という夢の中で 語り合えただろうね・・・

Good-by So long forever far away

夢を見れなくなった あの瞬間から 二人 いつまでも動けなかったけど

Good-by So long forever far away

走り出す瞬間を お互いが待っているのなら 今 それぞれの夢へ走ろう

暗黙の空間よりも 未知の彼方へ 道は続いているのさ どこまでも・・・

悩む必要なんてないのさ ただ 歩く距離が短すぎたと感じるだけさ

又 もう一度生まれ変わった時 巡り会えたら それは運命だけど

もしかしたら 今ここで愛し合えた時間が 前世からの 延長線かもね

だから 笑ってさよならしよう 涙が頬からこらえきれず こぼれる前に・・・

会えばいつも喧嘩ばかり 思ってる事と裏腹の言葉に 傷つき 傷つけられ

お前なんかいなくたって 生きていけるさ 生きてやるさと 叫んでいた

oh,I’m longing your love baby

本当は あの時の方が幸せだったのかも知れないけれど 時間は 戻らないね

oh,I’m longing your love baby

せめて 鼓動だけでも聞かせてよ もう一度だけでも この胸の奥に・・・

つらい事や 悲しい事に 自分が押しつぶされそうになっても

耐えて こらえて 貴方の笑顔の下(もと)へ走って行ってた いつも

oh,I’m longing your love baby

頼るものが何もない 今夜もただ一人 ビール片手に 泣きつぶれるだけで

oh,I’m longing your love baby

切なくて 悲しくて 情けない思い 何処へも 癒す 場所さえもない・・・

Good-by So long forever far away

心変わりなんかしない いつまでも脳裏に焼き付いているのは あの笑顔

Good-by So long forever far away

だけど 心を入れ替えて 明日へ向かって走り出すより仕方ないから

夢を あきらめる訳じゃないけど 望みを 捨てる訳じゃないけれど・・・

いつか 道のど真ん中で出会って お互い 戸惑う事が あるかも知れないね

だけど その時は 赤の他人のフリをしてあげるよ 二人の為に

も一度 生まれ変わった時に 又 こんな過ちを犯さない様にしようね

だから 永遠に さよならしようね 二度と 顔も 姿も 見れない様に・・・

Good-by So long forever far away

いつまでも どこまでも・・・

Good-by So long forever far away

永遠に 出会わない・・・   Oh, Good-by・・・

:・°★。・::・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:

みっちー編詞

title: 『 A L O N E 』

                 作詞 藤鈴呼・Michie.K 作曲 Michie.K 


気付けばいつも 一人だけの部屋 星空は愛を 奏でるメロディー

二人で星屑の 欠片を拾い集め いつまでたっても 笑い合えたなら

あの日出会った事が 嘘じゃなかったと 言えるその時に 幸せになれたわ

貴方に会えた 笑い合った そんな事も 無駄じゃないはず


Good-by So long forever far away

Good-by So long forever far away


今さら悩む 必要もないのさ ただ歩く距離が 短かかっただけ

も一度生まれて 巡り会えても 貴方の心を 追い続けるはずさ

幸せは何処に 何処にあるの? その破片でさえ いつも見つからずに

あるだけの愛と 持てるだけの恋を 貴方にだけと 降り注いだけど


Good-by So long forever far away

Good-by So long forever far away


いつか街のどこかで出会っても お互い戸惑う事なく他人のフリをするわ

もうこんな過ちを犯さない様にしよう

だから 永遠に さよならしよう

辛い悲しい事に 押しつぶされそうでも 耐えて こらえて 追い続けていた

そんな気持ちですら 貴方の心には とても届く事 すらなかったんだわ


Good-by So long forever far away

Good-by So long forever far away

Good-by ・・・・・・・・・・・  (Repeat F.O.)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
これはね、とてもきれいな曲、とても悲しい曲なんです。
レコードにして売るんで、よろしくね!
えっ!収入は?
もち、みっちーの独り占めーーーーーー!
ははは!

:・°★。・::・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:

先ずは、ありがとう♪の御礼を込めて・・・曲 聴いてみたいところだが・・

ここでナルシストすずこ爆発(笑) 

すずこ原詞でみっちー編詞してくれたのを合わせて検証するぜ!

title: 『 A L O N E 』

                 作詞 藤鈴呼・Michie.K 作曲 Michie.K 

先ず、タイトルという文字は要らない(笑)そして、すずこは↓


         ★  A L O N E  ★

のように表現したんだけど、これはそのままにして欲しいところ・・・

作詞 藤鈴呼・Michie.K 

ここは、あくまでも すずこが原点になっているので

作詞 藤鈴呼 編詞 Michie.K にすることを強制(笑)

すずこも この曲には思い入れが有るからね・・・

って単にバンド組んでいた時にワープロで即興で作っただけなんだけど

自分でも気に入っているもので(笑)

初めて詞っぽくしたのは 「STOP MY LOVE」なんだけど、同じ日に

上の曲を作った直後に 「ALONE」も即興でタイピングしたんだけどさ。

で、STOPの方は女の子女の子しているんだけど、ALONEの方はそうでも

ないかな?ってところもあって、どちらとも取れるようなイメージなんだよね。

だけど、やっぱり主人公の少女・・・なんだけど、これがちょっと男の子っぽい

ようなイメージで自分の中にある「男の子」を少し出している・・・というような

イメージに創り上げられたのかも知れない。

今回、みっちーの編詞してくれたの、これは 「みっちーの世界」としては

もの凄く良く作られていると思うし、曲をつけるならば、この方が良いのかも

知れない。

だけど ナルシスト戯言星人すずことしては(笑) やっぱり詞と思って作って

いたものであっても、「言葉」重視だから、自分の造った言葉は例え曲に

乗せられない文字数であったとしても、代えたくはないっていうのがあって。

それは、すずこが戯言を「子供」と呼んでいるからだね。

確かに、自分の髪型が気に食わないとかで美容院に行ったりはするよね。

だけど、今回のみっちーのを読んでいて、とてもむかついてしまった一面が

あったりする(笑)ごめんね。これは、ナルシストすずこだからなんだけど。

すずこは、しまさんと合作小説「灰」を現在進行形で続けているけれど、

この時も同じような感情になってしまったんだよね。

それは、すずこと しまさんとで それぞれ好きな分だけ文章を作ってUPして

いくという作り方なんだけれども、一度すずこがUPしたものを しまさんが

代えてしまった事があったんだよ。

それは、ストーリー性として、しまさんが付け加えたい部分があったり、

長編だから、つじつまの合わない部分があったりして調整してくれたっていう

親切な行為で、すずことしても、そんなしまさんの気持ちはよぉっく解ったんだ

けれども。。。で、「ありがとう」の気持ちと同時に「むかつく。」(笑)

どうして そうなるのか。

すずこはね、授業中に小さな紙切れに書いた たった一言でも

捨てられない人間なの。

同時に、誰かに手紙を送る際にも、どんなに変な文章になってしまっていても

「これはまずいな。」と読み返して思っても、決して捨てたりしないの。

それは 戯言でも おんなじで。

全て その時の素直な感情だと認識しているから。だから捨てないし

絶対に推敲しないっていうのが基本的なものなんだよね。

ま、絶対と言うには語弊が有るかも知れないが・・・

それでね、今回は、イキナリ曲も出来上がった状態でUPされてすずこのBBS

に届いてしまったという面で、ナルシストすずこはぶち切れてしまった面が

あったりして(笑)

もしも、誰かに紹介する際には、すずこの原詞も添付で御願い出来ればいいな

というのもあるなっ♪

出来るなら すずこの原詞のままで曲になれば最高なんだけれど・・・

byわがまますずこ

という すずこの思いを踏まえた上で(笑)

下に みっちーの編詞を( )にして、すずこの思いを綴っていくので

覚悟しておくれ(笑)

って ここまででも 大分凄い事言ってるけどね(笑)

:・°★。・::・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・: 

気付けばいつも 一人きりの部屋 星空は愛を 奏でるメロディー
             (だけ)

●ここは。。。一人きり・・・なんだよな(笑) 孤独という言葉の表現方法で

受け取り方はそんなに代わらないとは思うんだけど「きり」でないと

駄目なんだよね●

あの日出会った事が 嘘じゃなかったと 断言できる時に 私は幸せになれる

oh,I’m longing your love baby

二人して星屑の欠片を拾い集める様に いつまでも 笑い合えたなら

oh,I’m longing your love baby

貴方に会えた事も 笑い合えた事も 決して無駄じゃなかったね・・・

↓        ↓        ↓         ↓

二人で星屑の 欠片を拾い集め いつまでたっても 笑い合えたなら

あの日出会った事が 嘘じゃなかったと 言えるその時に 幸せになれたわ

貴方に会えた 笑い合った そんな事も 無駄じゃないはず


Good-by So long forever far away

Good-by So long forever far away

●こういう風になっているんだけど、すずこ的には英語と日本語を混ぜ合わせて

表現したかったんだよね。確かに英語は可笑しいかも知れないけど(笑)

すずこも So longという表現もforeverという表現も好きだけど

oh,I’m longing your love baby

にしたのは、ohは「おー」でも「うー」でも良いけど(笑)これは

入れたいし、 最初から グッバイを入れてしまうのもすずこ的には

違うんだなぁ・・・

ここでは、「未だに貴方の愛は続いてる(自己的断言系)」

「続いてる?(委託的願望系)」の、両方を込めたいところ。

加えて 直訳的言い方をすれば「オレの愛は永遠だぜ」的

男の子の感情を少し組み込み的で自分的にも断言・・

一番上と類似してるけど・・・全てを表現したくて

で ラストのbabyも 必要(笑)

Keep on keeping on的発想もあるかも。●

二人して星屑の欠片を拾い集める様に いつまでも 笑い合えたなら

二人で星屑の 欠片を拾い集め いつまでたっても 笑い合えたなら

●ここは、二人「して」の表現が すずこ的にはお気に入りなので

文法的には変かも知れないけど「して」ではないと不可(笑)

何故かと言うと 「二人で」よりも より濃い感情で 「二人で共に」という

感情もあるし、その中には 「迷いながら」という感情や

星屑を眺めながら どこか醒めた瞳をしている少女の感情も組み込まれた

「して」なので、この表現でなれればいけない(笑)

ここで少し 「女の子」に戻った的 「して」で有る事を理解してね♪

「拾い集め」は断定的ではなくて 星屑は本当には拾い集める事は

不可能なのだけれども、「そんな風に」という乙女心?

メルヘンチック&ロマンチスト的少女の発想も組み込みたい部分だから

ここも 「拾い集めるように」ではなくてはならない(笑)

拾い集めるような「恋」・・・または「愛」を願う 少女の心という

複雑な部分も組み込まれている♪

そんな「風に」笑い合いたいということで 「拾い集めるように」なのでR.

「いつまでたっても」ここも、「いつまでも」でなければNG.

↑これだと、「未来が経過した」という 過去回想的発想が少し想像されて

しまう。。。とすずこは感じた。

少女的表現としては「いつまでも」なんだな。。。(笑)

ここも、「夢見る乙女系」的発想ね♪

同時に 淋しげな感情も組み込んでいるけどxxx●

二人で星屑の 欠片を拾い集め いつまでたっても 笑い合えたなら

あの日出会った事が 嘘じゃなかったと 言えるその時に 幸せになれたわ
                        


●「言えるその時に」は「断言できる時に」じゃないといけないのは。。。

あくまでも「もしかしたらそう言えたならいいな・・・言えるかな?」という

少し不安な言葉が前者からは感じられたんだけど・・・

すずこ的には「断言するんだ!」という思いを より深く込めたい部分だから。

「幸せになれたわ」は、前述の「男の子的発想」からすると、語尾を「わ」にして

しまうと世界が変わってしまうので不可。●

あの日出会った事が 嘘じゃなかったと 断言できる時に 私は幸せになれる

●すずこはこう表現したけど、

みっちーのは 「幸せになれたのに私はなれなかったのよ」とすずこは

感じたんだけれど、「さよならしたけどもし出逢った事がウソじゃ

なかったと そう言えたなら、二人は幸せになれたのね・・・」と

過去回想しながら涙ぐむ少女のイメージに感じたのね。

すずこはそうではなくて、

ここでは、その恋人と別れたか続いているかはとりあえず大きな問題では

無くて(実際歌詞からは別れたのねっていうのは分かるじゃない?)

「今は悲しみに暮れていて幸せなんて思い出せないけれど もしも

あなたと出逢った事実がウソじゃないと、本心から あたしが思える日

が来たならば(もしも来るならば・・の思いもあるけど)

あたしは 幸せに「成れるんだろう」なぁxxx」

という感じで・・・うーん。。。似てはいるんだけどね、感覚が

すずこ的には違うんだなぁ・・・●

ここは、一行目の

気付けばいつも 一人きりの部屋 星空は 愛を奏でるメロディー

ここから続いて

あの日出会った事が 嘘じゃなかったと 断言できる時に 私は幸せになれる

としたいところ。 あくまでも、一人孤独な部屋の中のシーンから

自分の思いを整理するという気持ちがあって

その後で


二人して星屑の欠片を拾い集める様に いつまでも 笑い合えたなら

こう続けたい。そして

貴方に会えた事も 笑い合えた事も 決して無駄じゃなかったね・・・

こうなるんだよ まるで物語のワンシーンが展開し続けて画面の代わる

というのが もうすずこの中で固まっているから(笑)

だから、上の二行の順番が逆になってしまう事は許されないのだ♪

:・°★。・::・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:

という事で二番へ(笑)

幸せは 何処にあるの? その破片さえ 見付からずに いつも

夢だけを追い求める時代は どうやら とうの昔に過ぎ去った様だね

oh,I’m longing your love baby

たとえ会話が続かなくても 貴方の心を追い続けて走っていたなら

oh,I’m longing your love baby

今頃二人は 同じ現時という夢の中で 語り合えただろうね・・・

            ↓

ごめんここタイプミス!(笑)「現実」なんだよね。。(今気付いた。。。)

ここから先がかなり抜粋されてるねぇ(怒)→笑

↓        ↓        ↓          ↓

今さら悩む 必要もないのさ ただ歩く距離が 短かかっただけ

も一度生まれて 巡り会えても 貴方の心を 追い続けるはずさ

幸せは何処に 何処にあるの? その破片でさえ いつも見つからずに

あるだけの愛と 持てるだけの恋を 貴方にだけと 降り注いだけど


●まずはここの四行について、抜粋されてるけど、すずこの言葉の部分を

捜しながら検証(笑)●

今さら悩む 必要もないのさ ただ歩く距離が 短かかっただけ

ここは、すずこで言うところの

悩む必要なんてないのさ ただ 歩く距離が短すぎたと感じるだけさ

だね。

●ここの部分の語尾に「さ」は「あえて」入れたんだよね(笑)

少し 空っ風の吹いているような雰囲気で流してしまおう!的感情も

組み込みたかった。

「ただ」は今回は強調したいので「歩く」の前には是非スペースが欲しい♪

「今さら」というのは後悔の念をすずこは感じたけれど、すずこは後悔的

言葉は余り好きではない(笑)でも良く使うけど(笑)今さらっていう言葉はね。

でも、今回は 「悩むことなんてないよ♪」って、自分に言い聞かせている

シーンだから、「今さら」は要らないし。。。

「短かった」は「短すぎた」にしたいんだよね(笑)

言い切りの過去を受け入れる形としては一緒なんだと思うんだけれど

自分はもっと「あなた」と一緒にいたかったのに 

「あなたと居られる時間は、私にとって、すごく短すぎたんだよね。。。」

と呟く少女のイメージでよろしく(笑)●

も一度生まれて 巡り会えても 貴方の心を 追い続けるはずさ

これは、すずこでいうところの

又 もう一度生まれ変わった時 巡り会えたら それは運命だけど

ここだね。

●「も一度」という表現も可愛いイメージも少し有って、嫌いじゃないんだけど

自分も使うけど ここでは嫌い(笑)

「又」と最初に入れたのは、輪廻の気持ちを信じたい「生まれ変わり願望」

とでも理解してくれればOKかな?(謎)

みっちーのでは「貴方を必ず追い続けるわ、私!」的イメージが湧いたけど

すずこ的には「私、今度生まれ変わった時に、あなたとまた 巡り会いたいわ。

今はそれを信じてみたいの。それって運命じゃない・・・?」的発想に

したかったのよぉっ♪●

幸せは何処に 何処にあるの? その破片でさえ いつも見つからずに

これは、すずこのところでは

幸せは 何処にあるの? その破片さえ 見付からずに いつも

だけど。

●みっちーは「何処に」を繰り返したのね。 繰り返すことで錯乱の感情が

良く現れているけど、すずこは一回で良い(笑)

「いつも」をラストに持ってきたのは、ここでは倒置的表現で感情をコントロール

しながらなんだけど「見付からない」という悲しさ、無常さ、絶望感が

あくまでも先に来るんだよね。

あと「破片でさえ」の「で」も 要らない。 「で」を入れることで

「じゃあ 他のものは見付かったの?」というような憶測は広がるのだけれど

でも 「破片さえも見付からないんだ」という言葉にしたいんだよね。。。

ここは、すずこでいうところの二番の最初に戻ってるね(笑)

すずこは、悩む必要はないと自分で気付く前に この 混沌の感情を

先にもってきたかったんだよね。。。だけど、根本的に二番からは

大分 割愛されているし、世界がみっちーになってしまっているからな。。

確かに、あの大量のすずこの言葉を、この四行に収束されてしまうので

あれば順番的にはこの方がしっくりくる(みっちー的世界的には)のかも

知れないけどね。。。あくまでも 「すずこ的には」だから♪●

:・°★。・::・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:

あるだけの愛と 持てるだけの恋を 貴方にだけと 降り注いだけど


●ここは とりあえず みっちー独自の世界だね(笑)

すずこ的には ラストの「降り注いだけど」と締めくくっているところあたり

凄く好きだよ♪ だけど ナルシストすずこ的に言わせると

あくまで すずこの言葉の中に これは入ってはいけない(笑)●

いつか街のどこかで出会っても お互い戸惑う事なく他人のフリをするわ

これは すずこでいえば

いつか 道のど真ん中で出会って お互い 戸惑う事が あるかも知れないね

ここだね。

●ラストの「するわ」も「知れないね」も女の子のイメージに大差は

無いかも知れないけど ここでは「戸惑うのかなぁ? どうかな?」

というものと「オレは戸惑うぜ」的 男・男的部分の気持ちとか

両方を組み込ませて あえて「ね」で表現したいところなんだよ。

出逢うのも、街の「どこか」ではなくて「ど真ん中」でなければ

ならない(笑) まるで スクランブル交差点の中央でも可であるし

横断歩道もない道路を渡るイメージでも構わないし、とにかく目立つ

シチュエーションを推測して欲しいところ(笑)

さらに、他人のフリをしてしまっては 「カンケイ」的には終わりに

なってしまうから「もしかしたら戸惑うかも知れないけれど」

二人の間には 視線が合うだとか、会話があるだとか

何かしら接点がなければならない。ので 「他人のフリ」は不可(笑)

・・・と言いながらも その後 すずこは

だけど その時は 赤の他人のフリをしてあげるよ 二人の為に

こう持ってきてるから「すずこ矛盾してるぞ!」と、今 一瞬

思ったでしょ?(笑)

ちーがうんだなーぁ・・・

一行目では まだ 「他人のフリ」はしてないんだよ。

ここにきて やっと 私のほうが 「他人のフリ」を「してあげる」

なんだよ(笑) この微妙なニュアンス、伝わればイイなぁ・・・

by すずこの呟き

そして それは「二人のためだよ。」と思い込ませながら「他人のフリ」

をしてしまう「私」が居るんだよ。。。嗚呼 何て健気なんだろうxxx

by 自画自賛(笑)→だから絵は描けないんだってばっ!!

しかし いきなり こう話がすっ飛んでしまうのね(怒)ははは。。

すずこ的には あんな風に長い展開でもっていきたかったんだよね。

曲をつけたら 10分じゃあ到底おさまりきれないくらい

XのART OF LIFEは30分のオーケストラ入りの楽曲だけど

まぁ そこまでは。。。望まないけど せめて半分くらいは。。

すずこの言葉全部入れて間奏組み込めば余裕で?(謎)●

:・°★。・::・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:

もうこんな過ちを犯さない様にしよう

だから 永遠に さよならしよう

ここは すずこでいうところの

も一度 生まれ変わった時に 又 こんな過ちを犯さない様にしようね

だから 永遠に さよならしようね 二度と 顔も 姿も 見れない様に・・・

こうなるんだけど。

●ここでやっと前述の「も」一度が出てくる(笑) こっちが「もう」

ではなくて「も」なんだってばっ!!

ラストの「しようね」の「ね」も前述の通り。「ね」なんだよ♪

あなたの顔も見られない「程に」という部分も入れたいから

やはり言葉は多くなってしまうけれど こうならなければならないっ

また、一行目の「又」も 前述と同じで、「再度」という意味合いが

込められていることから、ここでも「又」の「たった一文字」も

欠かしてはならないのダ!

:・°★。・::・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:

辛い悲しい事に 押しつぶされそうでも 耐えて こらえて 追い続けていた

そんな気持ちですら 貴方の心には とても届く事 すらなかったんだわ


ここは すずこでいうところの

つらい事や 悲しい事に 自分が押しつぶされそうになっても

耐えて こらえて 貴方の笑顔の下(もと)へ走って行ってた いつも

だけど。

●「辛い」と「悲しい」を同一化してはいけない(笑)

あくまでも別々で♪ 押し潰されるのが「自分」であるのも強調したいし

「つぶされそうに」の「に」もすずこ的表現には必要(笑)

「つぶされそうでも」と 「になっても」・・まぁ ニュアンスの話に

なってしまうんだけど。。 by いちいち細かいすずこ→さっきからじゃん

二行目は 「私の気持ち、あなたに届かなかったのね。。」という意味的には

同じなんだけど、「こらえながら笑顔を求めて走る少女の図」を描く表現としては

すずこ的にはこれでなければならない(笑)

みっちーの読んで、「諦めかけた少女の気持ち」がちょっと想像されたんだけど

「そんな気持ちを押し込めながらあなたへ走るの図」でなければならない(笑)

あくまでも 健気でなければならないのだっ♪

:・°★。・::・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:

そして。。。ここまで すずこの長いストーリーが展開されたあとでやっと

Good-by So long forever far away


この言葉が出てくるんだよ(笑)

ま、みっちーの世界の中では割愛部分が多いんだけど、すずこ的には

あの長いものがあって やっと ここで グッバイと認識した少女の感情に

辿り着く訳なんだよね。。。by ちょっとうだうだしてた?これまでxxx

すずこ的には うだうだより 悲しみに打ちひしがれる少女を素直にイメージ

してもらえればバン万歳なんだけどね。。。

ということで 大分長くなったけど、今まですずこが戯言でこんなに長く

解説をし、掘り下げたことが 果たしてあったろうか(反語)

ああ疲れた・・・

決して みっちーの世界を批判している訳でなはくて

全ては すずこのナルシスト故であることを理解下さいね♪

ということで・・・(え? 同じだって?? まぁまぁ・・)

この言葉が 最初から合作で二人で作っているものならば すずこはこんなに

ならなかっただろうし、最初からみっちーの世界で作られていたならば

すずこの感想はもっと違うものになったのかも知れない。

だけど すずこにとっても これは 思い入れのあるもので

故に こういうカキコになった事を お許し下さいませ・・・

いや、許すまじきカジキマグロぉぉぉぉぉぉぉっ!!(は?)

許せこらぁっ(怒りマーク付き)・・・は?何故?

とっ・・・とにかく。。。 誰か 読んだ人とか みっちー本人とかからの

レスが楽しみっ♪ ふっふっふ。


:・°★。・::・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:


ここで再度みっちーの詞を検証してみよう(笑)いや、さっきまで大分愚痴って

しまったからね(笑) みっちーの むくれる顔が目に浮かぶのでっ♪

ALONEでさんざん 「すずこ的」という言葉を使用したけどさ

とりあえず、 みっちーのこの曲、「すずこ的」には どうなるかを

逆に やってやろーじゃないかぁっ!!(いきなり如月に燃えるすずこ)

:・°★。・::・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:

昔の夢は消えてしまった 時代をいつも見失ってた
旅の出会いに涙を流し 輝く星に明日を誓った

風の音に気を紛らせた 昨年と比べて生きてきた
運命の影から扉を開く そんな支えがどこかにあった

☆ Coco a co   Coco a co
   Coco a co   Now she is two thousand miles away

枯れ木を毎日集め続けた 同じ街の姿に飽きた
世界が同じ広さに見えた そんな昔も今は忘れた

煌く水辺の寂しさを眺て 心に映る汚れを洗った
冷たい水に震える両手は 自分の大きさを教えてくれた

☆くりかえす


これが原曲だね♪ 

1611より

時代をいつも、、、は「いま」をいつも
にする。

●これは、みっちーの「感性」の問題じゃないかな?すずこが「すずこ的」と

いうように、みっちーも「みっちー的」がある訳だから(笑)

「いま」は「時代」よりも詞人に対するイメージとしては「幼い」または「夢」とか

「女の子」とか「やわらかめ」という言葉がすずこの中では広がる感じだね。

逆に「時代」だと「男の人」「勉強してる」「まじめ」「過去回想」「年を重ねた」

というような単語が浮かんでくる。 このたった一言で、これだけすずこの中では

イメージが違うんだよね。失うものが「いま」なのか「時代」なのか、これは

大きな差だと思うよ。受け取る側にしても、作る側にしても。

あーもう、すずこは他人の批評は大嫌いなんだよぉ!!

じゃあ さっきのALONEは何?と 突っ込んでね(笑)

さっきのは あくまでも。。。前述001-ラストの通りで・・

基本的に これは 「みっちーの世界」なんだからさぁ・・・

だから 今後は こういうレスは求めないでくれ(笑)とか言ってみたりしながら

レスしてる 矛盾すずこは きっと今日だけ(謎)●

昨年と昨日については、感想で意見の多い方にする。

●これも、比べる対象を、みっちー自身が どこに重きを置きたいかが

最重要ポイントになるとは思うんだけど・・・あくまでもすずこはナルシストだから

みっちーには 「自分の言葉は代えんな!」と説教したいとこではあるが(笑)

ま、みねとしても、あえて感想を求められたならという前提でみねなりに賢明に

考えてのことだろうしさぁ、だからその「みねの気持ち」を受けてあえてみっちー

がかえるのならばすずこは何も言わないけど(十分言ってる!)

ま、感想が欲しいみたいだから すずこも感想しとくけど(笑)

すずこは どっちでもいーと思うんだよね(笑)

いや、いい加減にレスしてる訳だけど(は?)

そうじゃなくてxxx

昨年が大分 印象に残る年であったならば そうすりゃいいし

昨日というと 別に 「昨日」に限った事ではなくて

日々、「過去」を抱いて生きているっていうイメージが広がるとは思うんだけどね

じゃあ 昨年でも同様かって? それはちょっと 違うかもね(謎)●


:・°★。・::・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:


支えがどこかにあったは、他の部分に理由を隠してるんで、、このまま

最後に「Coco a co」の解説はデビューしてから一般公開するね。

とのことだけどxxx

●支えの話だけど・・ 輝く星とか風の音が 「彼女」であるとも受け取れるし

「オレにとっての彼女の愛という、または、彼女の存在というもの自体の安らぎ」

が存在してて。。。という方向にイメージを広げるか。

もしくは、

「彼女が遠くへ行ってしまって・・・」これはカンケイ的にも距離的にもどちらとも

とれるけれど、英語の部分を読むと距離的と受け易い部分ではあるね。

旅も、本当に 「彼女を失った俺」がしている旅なのか、人生そのものの比喩

なのか、星も、彼女の比喩なのか本物の夜空を見上げていたのか。。。とか

色々憶測が広がるところではある(笑)

で、その次に「運命の影」という言葉が出てくるあたりから、ありきたりな考え方

をしてしまえば(笑) 例えば

「結婚を誓い合った二人に生じる障害」とも 取れなくはない。

すずこ的には「俺が生まれ出た 存在理由」ごと 「運命の影」になってしまう

かも知れないけどね(笑)

だから、どうイメージするかによって 「支え」が何になるのかは随分と代わって

くるのだと思う。

でも、支え的には「別のところ」に隠しているとの事なので?(笑)


枯れ木を毎日集め続けた 同じ街の姿に飽きた

例えば 二番目の「枯れ木」は「薪」なのか、それとも 自らに憚(はばか)る

所謂「人生のハードル」的発想で それを「壁」という思いを隠しながら

「枯れ木」と表現して、その「壁」に塗るペンキが少しずつ増えてゆく。。。と

表現したいのか、それが イコール支えになってゆくのか。。。

要するに、支えは自分自身である、苦悩の中から生まれるもの。。。という

すずこ的発想からいくと(笑)

世界が同じ広さに見えた そんな昔も今は忘れた

「今は」忘れてしまったけど 「君が」いたから耐えつづけるという 強い男の

意志なのか、「彼女」を支えと持っていきたい感情は 素直に読んでいくと

そう取り易いけどね(笑)

煌く水辺の寂しさを眺て 心に映る汚れを洗った

はたまた、湖に浮かぶボートのオーラに心安らいでいたのか

「汚れ」が一つずつ積み重なっていったけれど、それは過酷な感情ではなくて

自分の支えになったのか(これも前述と類似している感情だねぇ)

冷たい水に震える両手は 自分の大きさを教えてくれた

ここで ふと 「白鳥」をイメージしたんだけど、言葉にはない 何かが

「そこに居て」 支えとなっていたのか。

小さな世界の中で生きる悔しさも 組み込まれているのかどうか。

って感じでさ、色々と 珍しく語ってみたけど(笑)

レスポエムするつもりが こんなんなっちゃったけど(笑)

とりあえず そーゆーことでっ♪

:・°★。・::・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:
人気ブログランキングへ
↑ポチッとな~☆↑


かんずり

Img_1114


Img_1113


Img_1112

汗を掻きたい
恥よりも 先に
端に寄って持つ菜箸の色ほどには
焦がれている肌を持つ
決して怒らずムみあう

揉み合う、の 間違いではないのか
当初は奮闘した
ギザリとした瞳で
世界を斜めに横切ってみたり
綱渡りをする時に カニの真似もした
ものだけれども

無一文になって気付く悪魔
小悪魔なんて生易しさではなく
肌のように生ぬるくもない
熱燗ならば 酔っぱらえるものを
ぐらんぐらんと巡る世界は
今まで一度も 経験がなかった

頬を撫でる北風が
切っ先を鋭くして
目に見える程 痛々しくなる
その前に
何らかの策を講じなければ、と
生ぬるさだけを満たす心で
必死に考えている

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

雪さらし は もうすぐ!

鍋の美味しい季節になってまいりました~
って 一度もやってないけど
朝は手先が しばれる ねぇ~
しばかれたくは ないけどねぇ~♪

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

詩の発表場所あります
自慢の絵・写真を披露したい方にもおすすめ!

ワタクシすずこが編集している手作り詩誌
ポエムサークル「みゅう」

仲間になり購読いただくと
ボツなしで冊子掲載 & CDトーク → 全国郵送★
見本誌もあります。読みたい方も連絡くださいね。

以下に本誌の写真・詳細を紹介していますので
クリックして御覧くださいませませ~☆

ミュウ 221.222号 完成♪ 

すずこのリンクはこちらから

~いつかの すずザレ~ 藤鈴呼の戯言
過去作も織り交ぜてUPしていきます☆

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

お盆前に 富士に 雪が 積もったのだと
君が 言う

見上げる 瞳を 守る 睫が
凍る 季節は 未だ 先だけれど

最近は どうも 涼しい
雨模様が 続いて

懐かしさに 浸りたくは 無い
梅雨時期を 思い出して しまう

雨粒が 細かく 成ると
霧状に 成るから

山頂は 益々 見えなく 成るんだよね
まるで ランドマークの 頂上みたいに

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

父殿から 携帯着信だー
と 思ったら 声は 母でしたねぇ。
何やら 携帯の実験(?)とやらで
貢献できたのでせふか・・・謎。

ちょうど 
じゃがたこ焼き の ネタを まるめてる最中で
手が 大変な状態のトキでした Σ( ̄□ ̄)!

今 第一弾を フライパンで 焼いてるんだけど
どうも 丸めたのに くずれる。。。
ってことは 片栗粉が 足りなかったのかしら。。

残りは 彼を 迎えにいって 帰宅してから
アツアツを食べさせる予定なのだけど

片栗粉 足そうにも
全て まるめて しまってるし 
面倒だから まぁ いっか

ちょっと タコのある
お好み焼き って感覚で 食べてもらおう♪

まぁ ご飯なんだけど
炭水化物が おかずっていうのも 
まぁ 許してもらおう(笑)

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

今日は 3人展の 最終日。
お天気も 晴れて 行ったとしたら
歩き 易かったの では?
でも 結局 ぐだぐだと 過ごして しまった。

午前中は 彼の 自転車の 空気入れを 買いに
ホームセンターへ。
ついでに ミュウ用の 用紙も しこたま 購入して。

何だか 昨夜 眠れなくって
昨日 お昼寝したのが 原因なんだろう と 思いながら
結局 今日も 午後に コテッと 仮眠しちゃって
気付いたら夕方。

来週 サクッと 帰省しようと 思ってるが
その 手続きで コンビニから 入金しなければ ならなくて
彼を 駅まで 迎えに行った 足で ローソンまで ドライブ。

近くにある ローソン
店内が 何だか 閑散と してる。

あれ? と思ったら 入り口の 扉に 
今月末で 閉店 の 張り紙が。

何だか 閉店前の 店内って 
殺風景で 寂しい もの。

以前の 職場の近くの ローソンも 
閉店した 時が あったが
その時の ことを 思い出した。

あの頃は まだ 禁煙 できて なくって
毎朝の ように 寄って 

珈琲と タバコを 買って
車の中で 一服 してた ものだった。

店主の 方からも 
常連さん って 見られていた ようで

閉める 直前 には 
何10個も ライターの 入った 箱ごと 
いただいたり した もの。

支払いも 終わり 夕食は 外食。
シャーロックホームズ
と 言う 名の ハンバーグ屋さん。

ミュウの スケッチ、
この 名前に なる 前は 
シャーロック ホームズ だったな、
と ふと 思い 出し
ミュウへの 活力へと したい 夜と なった。

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°
人気ブログランキングへ
↑ポチッとな~☆↑



2014年10月27日 (月)

首筋と雲

Img_0207


Img_0211


Img_0213

触れてはいけぬ世界の扉をそっと開けると
ブルウに満ちた世界が広がっていて
そっと息を吐いたつもりが
余りにも早い雲の動きに目を奪われて
そのまま 立ち尽くしてしまう
そんな 夢を観た

瞳を開けたら 眩いばかりの赤
沢山の命が乱舞する
ランプ代わりに乱反射する陽射しを観たかい
水面と藻に挟まれて 動けなくなる
金魚のような 細やかな鯉の群れ

彼等もその内 恋をするだろう
それが 愛に代わるのかどうか
見極めるよりも先に 内側に 閉じこもらないでね
何時だって 内輪話は楽しいもの
団扇片手に 右側ばかりを 見定めて 居たいのよ

名も知らぬ芝生の群生地
水芭蕉の花を思い出したら
一面のホワイトアウトを思い出した
もう直ぐだね
初冠雪した山も 多いみたいよ

そこかしこに散らばるトンボの群れが
塵のようにも 埃のようにも感じられ
少しだけ 計算高い瞳が 誇り高き角度で
ひっそりと うなだれる
首筋と 雲の隙間だけが
同じ色合いだった

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

詩の発表場所あります
自慢の絵・写真を披露したい方にもおすすめ!

ワタクシすずこが編集している手作り詩誌
ポエムサークル「みゅう」

仲間になり購読いただくと
ボツなしで冊子掲載 & CDトーク → 全国郵送★
見本誌もあります。読みたい方も連絡くださいね。

以下に本誌の写真・詳細を紹介していますので
クリックして御覧くださいませませ~☆

ミュウ 221.222号 完成♪ 

すずこのリンクはこちらから

~いつかの すずザレ~ 藤鈴呼の戯言
過去作も織り交ぜてUPしていきます☆

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

気付きませんでした

足首が

侵されて しまってた 事実など


隣の 奥様の方が

とても 大変そうで


手を貸す 姿が

余りにも 当たり前に 見えて

感動した と 言えば

表現は 少し

可笑しいのかも 知れませんが


何かにつけて

幸せだ

健康は ありがたい と

連呼も するけれど


本質的に 思う ことと

実感すること

心に 染み入る 瞬間が

多々 有ること


加齢と 共に 増えて 行くのなら

華麗に 生き永らえて 行けるでしょうね

★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

エコーかけただけで マンモグラフィ してないし

細胞診も してないのだが

癌だと ギザギザに なるでしょ?

形的には 丸っぽいが

上の方が 少し ギザギザしてる 気がする と云う

医師の 診断でした。


乳癌なんかの固まりは

二センチになるまで 10年ほどかかり

乳腺症なんかの しこりで 水泡ならば

もっと 黒く 映った部分が 透ける気がするとも

チラり 呟いてたけれど


その位は 本を読んで 勉強したんだけれど

後は 少し 間を置いて 再検査して

場所が 移動してたら 安心なんだけど・・・

水泡ならば 移動して 呉れるとは 思うから と

母より・・


まぁ 乳腺症なんかでも 癌細胞に成らないとは

言い切れないし

確実に 安心出来る 身体など

私達は 一切 持てないのだし

交通事故なんかも 有るのだから

日々 気をつけなければ 成りませんね


他人よりも 早く

身体に 気付け と 言われたと 思い

大事にして 行かないと・・・

★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

昔は 人間にも

乳首が 二つ以上 有ったと云うし

今も 残って居る人が 居ると

先日 聞いたりして


姉が ポツンと 突起物が有り

夏でも 絶対に

ノースリーブは 着ない なんて

聴きながら


世の中には 必要以上に 毛深かったり

色々と 進化の過程を 抱えてる場合が 有ったりして


その姉妹は

「 お前は 進化 しきれて無いんじゃー! 」 なんて

笑ってたらしい┌| ∵|┘

★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★
人気ブログランキングへ
↑ポチッとな~☆↑



2014年10月25日 (土)

夢の向こうから

Img_0384


Img_0385


Img_0386

忍び寄る 紅葉の影
ぽつり ぽつりと 話し始める
呟きのようだ

一つは雨粒と化して
一つは涙と別れ
一つは空に還る

嗚呼 だけれども
葉が揺れるたび
切ないよ

どうにも出来ぬ物事が
この世には多すぎて
世知辛い

どんな辛さなのかって
薬味の全てを遣っても
表現できやしない

小口ネギでも 生姜でも 茗荷にもない痛み
キリキリと 這うような存在とも ちょっと違う
ほろ苦さ

第三のビールが
もう 当たり前になっている
横行している
蛇行している
匍匐前進など出来ぬ 横断歩道の上で
二人は 千鳥足

抱こうとしたら
引っ叩かれる
そんな 当たり前の摂理を
当たり前の生理加減で
整理 できない

拒絶できたら 楽なのにと
拍手の途中で
掌に
バタークリーム たっぷりと塗って

咀嚼した
パラリと落ちた葉の先に
巣食う テッポウムシ

紅葉も 感動も
台無しにしてしまう 虫

無視できぬ 存在だから
蹴散らすことも 出来なくて

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

詩の発表場所あります
自慢の絵・写真を披露したい方にもおすすめ!

ワタクシすずこが編集している手作り詩誌
ポエムサークル「みゅう」

仲間になり購読いただくと
ボツなしで冊子掲載 & CDトーク → 全国郵送★
見本誌もあります。読みたい方も連絡くださいね。

以下に本誌の写真・詳細を紹介していますので
クリックして御覧くださいませませ~☆

ミュウ 221.222号 完成♪ 

すずこのリンクはこちらから

~いつかの すずザレ~ 藤鈴呼の戯言
過去作も織り交ぜてUPしていきます☆

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

何か、 相手からの 告白を 
待つ っていう 体勢は

とっても 受身な 恋愛かなぁ なんて
思ったりも するんだよね 。

自分から 攻撃性(!) の 有るものって 
ともすれば ストーカー扱い されて しまったり、

私の場合は 昔から
「 愛が 重い 」 って 
男に 言われ続けて来た 節が有るし、

好きだって 認めてしまうと
自分で 勝手に 加速して

燃え上がり 燃え尽きる 可能性も
否めない もので (爆)

出来るだけ 今までは
近付かないように してたんだけどね 、
ホントはさ 。

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★

何だか 逆に
君の方の テンションを
下げてしまったかな、って
少し 反省 しました。

誘う方の 気持ちって あるもんね。 

あたしは いつも
自分から 連絡しないくせに
そのくせ 誘われたい って 思いながらも
いつも 付き合い悪い と 言われ続けてて。

今日も カラオケ合コンの誘い 断ってるし、
何だかだね。

それでも
「 誘って くれる 」 って言う人の
好意に 甘えてて、
何だか自分が タカビー って 言うか、
言葉が違うのかも 知れないけれど
上手く 表現 できないけれど 、

どこかで 待っていて 、
来れば ウザイ 瞬間あって

でも 基本的に 部屋に入ると
デカダンだったり グロだったり
愛人に 埋もれて
パソコンに 埋もれて。

かと思いきや 
ただ 眠ること 出来なくて、
そう 最近はね。

何も しないで
ボー と TV みてたり、 ドラマ みてたり、
何も してないのに 疲れたり。

友は うつ病って 診断されたって 
ふさぎこんでたの。
そんなの 病院いけば 
あたしだって言われるよ 
なんて 思ってみたり。

ありがたいのに 恣意的で、
毎回 申し訳なく思うのは 私です。

でも、こういうので
恣意的に 成れる 相手、

こうやって
本当は こうだから って
言える相手って 
限られるんだと 思う。


気に成る 相手がいて、
待ってるんだけど 
来ないと 寂しくて
くれば ウザイ とか 思う 瞬間とか 
これと似てるのかな? なんて
ぼんやり 考えてみたり してやんす。

ま、来れば ってのは 
彼になった相手が 部屋に 居る場合
だいたい あたしは 相手もせずに
ミュウ編集とか してるのが
常だったので (爆)

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★
人気ブログランキングへ
↑ポチッとな~☆↑



ニシキギ

Img_0294


Img_0296


Img_0303


高らかに歌う
昔 ハマったアーティスト達の
ヴォイス ヴォイス ヴォイス

これでもか! と 言わんばかりの大音響で
流れ続ける 店の前
気の振れた角度で 何度もリフレイン

気持ちは分かる
昔の自分を 思い起こすかのようだ
なあ、この楽曲達ったら 最高だろう?
そんな気概めいた狂気も孕んでる

紅い葉で 心模様を象りました
人はそれを ハートと呼びます
ラブ そう訳する方もいると聞きます
お聞き及びかとは思いますが
要するに そういう事です

私たちは 幸せですから
どうか お気に召しませんとも
邪魔などせぬよう 
お気遣いくださいませ

静かな口調で そう呟いたピエロが
秋の最中を突っ走る
大きく口を開けた石像が
葉を呑み込む角度で立ち止まる
そのまま もう 動かない

ここに吹く風と
巷に席捲する風邪と
ビタミン剤の中に隠したウイルスが
競合している

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

いつくしみの丘/藤鈴呼

「パンパカパーン! おめでとうございます★ あなたが受賞者です」
なんつって ファンファーレを鳴らしても 薬玉を割ってみたったって、

「目出度くなんかねぇよ」と言われては お終いです。
「選ばれて嬉しい」とは限らないのが 人生の醍醐味ですネ。

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

詩の発表場所あります
自慢の絵・写真を披露したい方にもおすすめ!

ワタクシすずこが編集している手作り詩誌
ポエムサークル「みゅう」

仲間になり購読いただくと
ボツなしで冊子掲載 & CDトーク → 全国郵送★
見本誌もあります。読みたい方も連絡くださいね。

以下に本誌の写真・詳細を紹介していますので
クリックして御覧くださいませませ~☆

ミュウ 221.222号 完成♪ 

すずこのリンクはこちらから

~いつかの すずザレ~ 藤鈴呼の戯言
過去作も織り交ぜてUPしていきます☆

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

台風も 過ぎ
明日は 晴れる みたいですね。

身の回りの 未来も
晴れて くれる ことを 祈ってますよ☆


みゅう、2冊 発行するうち 
半分の1冊は 殆ど 編集を 終えることが 出来、

おしゃべりCDの 録音も 終了し、
ようやっと 2冊目に 突入して

編集を はじめたら、
ここで 地元の 友人が 出産した 
と 連絡が あった。

とっても 可愛い 女の子の 写真が
メール添付 されて 来て、
私まで 嬉しく なって しまった。

お祝いに 何が 良いか なぁ。。
と 考えて いたら 

たまたま 見つけたのが 
名前入りの 絵本 シリーズ。

これは、 出産 おめでとう の ストーリーで 
何と オリジナルで
名前を 入れて もらえる と いう 代物。

しかも、生まれた 赤ちゃんの
身長 ・ 体重 ・ 場所 、両親の 名前なんかも
 
絵本の 中に 登場する と いうもので、
文字通り 世界に 一つしかない 絵本 と なるらしい。

おお すごいなぁ 
と これに しよう と 思ったけれど 

インターネットでの 注文を しようとして 
ふと 考えた。

「 これって・・・
  両親の 名前、 場所、
  赤ちゃんの 名前や 体重まで 
  暴露して しまうなんて 
  プライバシー 侵害じゃね ? 」 

なんてことが 浮かんだし、
何より そんな 詳細な 情報までは 
友人に 確かめないと 分からない。

私としては 出産祝いは
サプライズで 贈りたいのだから、
事前に こんな 情報を 聞いたら 台無しだ。

絵本のことを 言わずに 聞くのも 不自然だ。
と 考えている うちに

「 ええい! もう、 こうなったら
  自分で 作っちまえ!! 」

てーんで 
ミュウ作成を 一休みして 絵本を 作成。

その他に、 
ガラスの アクセサリー ケースも
別便で 贈ることに した。

これは ☆の形を している もので、
流石に ガラス ケースは
自分で 作れないから
注文 したけれど (笑)

名前を 入れられる シリーズだ。
名前 くらいなら 良いかな?
と これは 注文した。

それぞれ 別送に なるけど 
まだ どちらも 送って ないけれど 

今から 
見た時の 友人の 反応を 思うと
ワクワク なのだ。

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

気温なんて 関係ないのが 男女のマーク
青と赤が 公園の隅で 隣同士に
または 向かい合わせで 立ってる様子を
連想して 下さいな

寒くなって来たら 変わるのが 自動販売機
夏は アイス・コーヒーだったのが
ぬくたままめこじる に 早代わり♪

温かい を ぬっくい と 言う
コーヒー豆の まめ の 汁 で
こう呼ぶのが 小さな仲間内で 流行してから
数年 経つ ( ̄ー ̄)

この 自販機 だけど、 何時 変わるのか
特に 規定は 無いらしいね
その地域の 担当者が そろそろだな って 思ったら
変えるなんて 何て アバウトな ~( ̄▽ ̄~)(~ ̄▽ ̄)~

スイッチ 一つで 済むんだろうかねぇ・・・・

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°
人気ブログランキングへ
↑ポチッとな~☆↑


2014年10月24日 (金)

のりしろ

Img_0339


Img_0340


Img_0341


和紙の向こうに浮かび上がる透かし細工
綿飴を舐めた舌が 二度目に撫でる曲線

比例・反比例・Y字曲線・ねじれの位置
正反対の等比例 バカボンのパパに聞いてみな

これで良いのだ OK牧場 あなたが どんなに 迷っても
進む道なら 一本で 一番★に 憧れている

「貴方の人生を 和紙に描いてみました。 その形は鷲
いいえ、言葉遊びではありません。

存在意義が遊びの角度で染められて
ハンドルと同じなのです 余白がないと 勤まりません」

と独り言
サイン・コサイン・タンジェント・シグマの位置で 立ち止まる

もう 足すことも引くことも出来ないのだから
駆け引きなんてウンザリなんです、と、涙を流し

流し目で見上げた瞳が一番艶やかだったから
もう 息も止まる程の美しさ 雅の意味を 視覚で知った

ここから三分間 目を閉じて見ましょう
その間の空気を 全て集めた容器を眺めながら 祈るのです

折り目正しい着物など 一度も羽織った事が 在りません
足袋を履く旅になど 出掛けなくても 分かります

どの道を進んでも 戻ることは 出来ないけれど 
進み方を変えることは 何時だって 出来ると信じて 

人生には「のりしろ」が きっと ある筈だもの。
今 一杯一杯でも 
余白がなければ 紙切れにしか なれないからね。

形になるには のりしろ 必要☆ 

今 決めた道は 「のりしろ」に なるかもしれないって
少し気楽に 思えたら良いね。

出来れば 自分にとって 後悔ない生き方が 一番だけど 
それも 行ってみなきゃ
イバラがあるのかどうか 見えないんだよなー。
見えれば 楽なのにね!!

流れ星が光る 眩いヒカリに包まれて 
目が眩んだ角度で 睫毛が止まる

パサリ
これからの道を示す 一筋が 影に映った

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

写真 ちょっと摘んだら粉々になった洗濯バサミ
・・・ウケる!_( ̄▽ ̄)ノ彡!

カレイ 今回は何となく形が残って美味しそうな色合いに♪
ラッキー★

只今 六連勤 一回休み 蜂連勤の真っ只中
・・・ウケる!_( ̄▽ ̄)ノ彡!

その前も誤連勤だったけど 合間に三連休あったから
ラッキー★

ってコトで 過去ミュウ送付も追い付かない只中
今年中に次号発酵出来るのかが目下の課題ですが、何か??
~( ̄▽ ̄~)(~ ̄▽ ̄)~

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

詩の発表場所あります
自慢の絵・写真を披露したい方にもおすすめ!

ワタクシすずこが編集している手作り詩誌
ポエムサークル「みゅう」

仲間になり購読いただくと
ボツなしで冊子掲載 & CDトーク → 全国郵送★
見本誌もあります。読みたい方も連絡くださいね。

以下に本誌の写真・詳細を紹介していますので
クリックして御覧くださいませませ~☆

ミュウ 221.222号 完成♪ 

すずこのリンクはこちらから

~いつかの すずザレ~ 藤鈴呼の戯言
過去作も織り交ぜてUPしていきます☆

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

私が聞いた話だから 詳しくは 解らないんだ

ただ 知り合いの 知り合いが

そういう風に オンラインで 扱われて

泣いてたって ハナシなんだよ

だから 危険を はらむ 世界は 嫌だね

そんな 世の中に 生まれて

こんな 世の中で 生きて来て

それでも 希望は 捨てられないのだけれど

☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:

あたし達は 世の中の 全ての人間を

生み出す事の出来る 能力を 備えられて

この世に 送り込まれた 勇者で有るかも 知れない

けれど あたしは 未だ 馬が 見付からなくて

活用 出来ないで 居るの?


母親に ならなければ

本当の 苦しみを

カンジラレナイだなんて きっと ウソだね

今の あたしは こうやって

自分への 言い訳を また 

始めるだけなんだけれど

☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:

本は 全く 読みません

自分の 言葉すら

読み返す 気力の 無い 日々

通り越して 少し 鬱になって

また 活動を 開始して


それでも 思うんだよね

外に出ると

ほんの 少しだけでも

前向きな 自分を

発見 するんだ

☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:

● グリーン リンク ●


君は 感動した瞳を 潤ませて居たね

葉も 嬉しがった風に 見えてたね

深い グリーンの びぃ珠 の

小さな 小さな 丸い世界の中には

広い 二人の 大きな気持ちが

沢山 沢山 詰まって居たね

青空を 見上げながら 話した日々

覗いた スクリーンの奥に 僕等の笑顔

お互いの 目の中に 映る表情

映された びぃ珠だけが

全てを 象徴 していたね

☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:

縁側で 気持ち良さそうに

太陽の光 いっぱい 浴びてる

僕も お昼寝 したいよって

屋根の上で 呟いたなら

おてんとさまが 笑ってた

先ず ハシゴを ゆっくり降りて

お家の中に 入んなさい って

そして ヒカリを 沢山あびた

ぬくたい 布団で 眠りなさい って

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:
人気ブログランキングへ
↑ポチッとな~☆↑


2014年10月21日 (火)

重曹風呂

Img_9701


Img_9702


Img_9703

白い泡が むくむくと湧き上がると
美しい組手が とある型を描き始める

その一撃で倒せるものは 空いてののうみそ
相手の脳みそ 味噌味の醤油ラーメン

細く 長くも思える 縁起物の蛇
ヘビの皮で作った財布から 取り出した コイン

汗をかく度に 旅の恥を思い出し 端に寄る
夜になれば 箸を持ち 粗食をつまむ

高温になった油加減のように 浮き上がる
ぷくり ぷくりとした 透明な縁を眺めていると

妙に心地良い 若しくは 足蹴にしたい
その空間に差し込む夕陽の 切っ先を

闇に染めて 息を止めて 取り出してみる
銀色に見えた ブレスレッド 勿論シルバーの素材

机に置いて パシャリ 老いても 美しさへ駆ける執念だけは
絶対に 譲れないのだ

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

写真は 結婚腕輪 を 重曹風呂に 入れている光景 by旦那
思い付いたら突っ走る! を モットーに(?) 実験中

取り出してから 互いの腕輪を比べっこ
どうだ? 綺麗になってるべか? それとも同じかや?(謎)

まぁ、専属の金属用 キレイにするゾ液体は 常備してるんじゃが
最近 着ける機会も 中々なくってのう~。(呟)

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

くるり くるりと ゆめごこち/藤鈴呼

同じ「静か」ならば「静かな感動」の方が良いですよネ、
かく言う私は「静かなパニック」を迎えることが多いのですが(おーい)

なんて韻を踏んでばかりだと
頁を踏んで貰えなくなりそう!? 

花の美しさに鼻を効かせて生きて活きたい

*

機械ではなく器と称すところに
心の余裕を得た喜びが映るかのような雰囲気☆

そんな機会を沢山持ち続けながら
歩み続けたいなあ。

*

立派な事/藤鈴呼

雫が光る瞬間は沸騰寸前の溜息なのかしら☆ 
南部鉄器の地元で育ち、テーマソングがリフレインする私です♪

南部杜氏の磨いた鉄は~ (以下忘却により歌詞割愛) 
♪心の酒です 岩手川~ ちゃらら~ら~ん♪

 ・・・って アレ? こんなんだったカナ? 
するってぇと これって、酒のテーマソングじゃね?(爆)

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

詩の発表場所あります
自慢の絵・写真を披露したい方にもおすすめ!

ワタクシすずこが編集している手作り詩誌
ポエムサークル「みゅう」

仲間になり購読いただくと
ボツなしで冊子掲載 & CDトーク → 全国郵送★
見本誌もあります。読みたい方も連絡くださいね。

以下に本誌の写真・詳細を紹介していますので
クリックして御覧くださいませませ~☆

ミュウ 221.222号 完成♪ 

すずこのリンクはこちらから

~いつかの すずザレ~ 藤鈴呼の戯言
過去作も織り交ぜてUPしていきます☆

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

● 多忙な日 受信メールも 増えていき

    レスすることも かったるくなり


● 便利だが 一度 壊れりゃ 治らない

    機械音痴の まま再起動


● お気に入り どんどん増えて 探せない

     君の部屋 何処? 僕の 居場所は?

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:

● 珍しくないけど君と趣味 合って

    とても嬉しい 日々が 始まる

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:

● 消えちまう 言葉を思い出そうとし

     頭 かきかき 祈ってみたのに


● 再会の 原点に立ち 君の事

    ずっと待ってた 甲斐が有ったと

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:

● 小遣いが 増えたら きっと 嬉しいが

    使いこなして しまう 絶対!


● 毎日が 夏休みなら 良いけれど

     宿題 増える 「それだけは嫌・・・」

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:
人気ブログランキングへ
↑ポチッとな~☆↑



2014年10月20日 (月)

みんなでケーキを分けました

Img_0310


Img_0320


Img_0321


結婚式に行って来たとですよ 
本膳ではなくて二次会ね。

この「ほんぜん」って表現方法、今まで中々せんかったので
聞いた瞬間「んぬっ!?」と思ってしまった。

帰宅してから旦那に聞いたけど 
「知らないなぁ~」

冠婚葬祭も然りだけれど 生活習慣や呼び名も
地域によって差があるのかも知れませんね

と、コモンセンス・ナンセンスを棚に上げたまま パクリ♪
ん~っ すずこ しあわせ~っ( ̄ー ̄)

ケーキの全体像に映り込んでいるのは新郎サン☆
新郎側の幹事さん達が用意くださった様子でした。

新婦の女性は日に日に綺麗と艶やかさを増して
美しさに拍車が掛かる! 

幸せオーラ全開に包まれて
私まで心地良い夜となったのでしタ☆

♪ど~こかに す~ずこ かくれ~てる~♪
どこかで春が、のメロディーで お楽しみください

因みにですね、相馬御風の作詞は 春よ来い 
ユーミンの方じゃないヨ♪

先日の記事で呟いた 嬉しい贈り物を身に着けて☆
パールのイヤリング&ネックレス

このネックレスね 
後ろ側がサテン風味のリボンになっているの

私が「指輪も一つも持ってないしアクセサリーはナシで行く」
みたいな話をしていた夜 作成して下さったのダ☆

「酔っ払いながら 作ったんだよー。
すずこサン、持ってないって言ってたから~っ」

なんて言葉が嬉しかったなあ。
金属アレルギーの私に気遣いのリボンが何とも素敵で。

当日は ちょっと風味の違う感じで 
おそろいバージョンに♪

しかもですね、私が青系の服にすると知ったので
リボンは紺にしたと言うじゃないですか!!

サムシングブルーっ♪
(って お前が青にして どうするっ!)

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

思い出のカクテル


光の中で 輪になって 踊る人達
喧騒を離れた アスファルトジャングル
照り返しの陽射しも 落ち着きを取り戻す カクテルナイト

ライトアップされた 幻想的な雰囲気に 包まれて
ほんのりと サクライロに 頬を染める
温もりと 愛おしさを いっぱいに抱いて
もう これ以上はない心地良さに 酔いしれる夜

シャリン 時を告げる鐘の音
チャリン 夢を描く 存在感

コイン手にして 裏表
どちらが出ても 大丈夫
きっと あなたと 一緒なら
何が あっても 乗り越えられるよ

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

詩の発表場所あります
自慢の絵・写真を披露したい方にもおすすめ!

ワタクシすずこが編集している手作り詩誌
ポエムサークル「みゅう」

仲間になり購読いただくと
ボツなしで冊子掲載 & CDトーク → 全国郵送★
見本誌もあります。読みたい方も連絡くださいね。

以下に本誌の写真・詳細を紹介していますので
クリックして御覧くださいませませ~☆

ミュウ 221.222号 完成♪ 

すずこのリンクはこちらから

~いつかの すずザレ~ 藤鈴呼の戯言
過去作も織り交ぜてUPしていきます☆

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

温もりに 触れたかった

温かな お湯の中で

夢を 見たかったけれど


何気無く 見詰めた 部屋が

埃に 満ちていて

掃除をしているうちに

忘れてしまった


仕方無く 今夜も

シャワーに 埋もれる

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:

永遠(とこしえ)に 笑顔・真心 持ち合わせ

    羽々たく未来 幸(さち) 多き 夢(あい)

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:

ボンゴレって 一体どういう料理なんだろう・・・

最近は 良く 自炊をしているように

見せかけている この ボクだけれど

洋風のモノっていうのは 

今イチ 解らないんだよねぇ・・・

あ・・ でも アサリも 登場するんだね?

それは アサリの お味噌汁・・・

ボクねぇ・・ 最近 お味噌汁の味が恋しくて

よく ワカメを使って やるんだけど・・・

だし も 昆布だし と ほんだし を 使ったり

赤みそと 白みそ とか 色々と

組み合わせる事も 覚えたんだよね♪

そうそう 気掛かりな事はと言えば・・・

三日前くらいから チルド室で眠っている シャケ。。。

これさぁ、 ムニエルにしたいんだけど

先日 聞いたんだけど

どうやるのか 忘れちゃったんだよねぇxxx

今は G.W.で ケータイの番号も知らないから

料理本はね、和風のおかず百科なんだよねぇ・・・

これじゃあ 役に 立たないじゃん、 ねぇxxx (爆)

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:

先日 オリーブオイルが 懐かしくなって

購入して 来たんだ♪

それでね、 フツーの サラダオイルも

切れていた事に 気付いて・・・

購入して 来たんだよねxxx

揚げ物をするとさぁ 

フライパンに オイル一杯 詰め込んで

絶対に 残るじゃない?

それを 又 使用するんだけどxxx

どうも 以前のものが こってこて♪ になって

油くさかったからさぁxxx

こないだ 一層したんだよねぇ・・・

あと ニンニクと 鷹の爪・・・これって

パスタにすると 何だっけ?

バジルだっけ? (違うって。。。)

えっと。。。 名前 又 忘れちゃったっ♪ (爆)

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:

ホワイトソース・・・ これはxxx

やっぱり 必需品だよねっ♪

だけど あたしの台所には

今 切れていてxxx

ワイン・・・ と言うよりも そもそも

アルコールと言うものが

この家には 存在しないけどね・・・

最近 飲んで 無いんだよね。。。

飲み会だと 車だし。。。

先日の 飲み会ではね

「 歯が痛くて… 」 なんて 言い訳に

周りの 御喋りにも 余り 付き合わなかったんだけど。。。

疲れるんだよね、 ホント。。。

だんだん 悪口になってゆく 会話とかさ。。。

それで 二次会のカラオケで

何故か ヒート していたりね(笑)

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:
人気ブログランキングへ
↑ポチッとな~☆↑


2014年10月19日 (日)

秋蒲公英

Img_0212


Img_0214


Img_0215


あきうらきみひでさんという名前のようにも見えますが
違いますからね?

秋なのにタンポポを見つけたんでカシャリ☆
芝の色も同じ時間帯に撮影したのに 微妙に違う
カメラって奥が深いのね

なーんて ボタン合わせて「デジ・カメ子♪」 と
呪文を唱えるだけで あ~ら不思議☆ 
素敵な写真の出来上がり~♪

ちゃらららら~ん♪
(前記事と同じテーマソング)

呪文で思い出したけれど 何気にテレビ見とったら
おかだまさきくん と あやせはるかさん が
てくまくまやこーん の ドラマやっとったわ

ヒミツのあっこちゃんって リアルで眺めてなかった
漫画バージョンは全く分からん

テーマソングだけは何となく脳内リフレインする
カラオケの恩恵だろう(笑)

設定に無理ある~っ と 若干ヒキ気味で眺めとったが
結局ラストまで堪能する羽目に(笑)

夢や理想を追い駆けると
トドノツマリ 現実に舞い戻るものなのかしら

現状維持ばかりでは 前向き思考は生まれないだろうし
悩ましいところですよね

先ばかりに不安を持ったら 動き出せなくなるし
どうすれば 心豊かに 楽しく活きられるのか

毎日が課題の連続です
そう思える今が 一等倖せ

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

秋蒲公英


根本から抜きとるコトは不可能
地下系が発達している

アカカタバミのように 繋がって仲良く出て来てはくれない
血止め草みたいに 可愛らしい苔を いじめぬきは しない

茎の隙間から ミルクが流れ出す
赤ん坊に飲ませたら 
苦くて吐き出してしまうよ

汚らしい言葉も
愛嬌だけの笑顔も通じない

純真無垢な花嫁に
貴方が言える台詞は たった一つ

ありがとう
そして またね

春になったら また会おう
ギザギザの葉が 可愛らしくも思えるね

ヒイラギの季節だから
指先に触れた 冷たい感触ごと
憶えておいで

きっと
きっとよ

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

只今の寝言聞き

「メール来ているんじゃないの?」
・・・誰からだよ(笑)

「イタチごっこやな」
・・・どんな夢みてんだよ(謎)

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

詩の発表場所あります
自慢の絵・写真を披露したい方にもおすすめ!

ワタクシすずこが編集している手作り詩誌
ポエムサークル「みゅう」

仲間になり購読いただくと
ボツなしで冊子掲載 & CDトーク → 全国郵送★
見本誌もあります。読みたい方も連絡くださいね。

以下に本誌の写真・詳細を紹介していますので
クリックして御覧くださいませませ~☆

ミュウ 221.222号 完成♪ 

すずこのリンクはこちらから

~いつかの すずザレ~ 藤鈴呼の戯言
過去作も織り交ぜてUPしていきます☆

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

食べるモノ

こればかりは

ケチっては イケマセン と

何時も ママンは 言うのだけれど

どうしたって

食欲の 湧かぬ 夜

ヤカンで 湯だけ 

      沸かす 夜

★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

お菓子を しこたま 購入して

夕食が 終わっても

コーヒーを こくこくと 飲んで

何だか 甘いモノが

欲しくなって しまうのだから

★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

本当は 三時の おやつにって

会社に 持って行こうとして

クッキーの箱を 沢山 購入した ハズだったのに

何故に 総て 胃袋の奥?! (爆)

★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

あの子も 大変 みたいなんだ

パソコンは 引越し前の 場所に有るから

そっちに 送信しても 仕方無いし

疲れて ぴこぴこ 打ってる姿

容易に 想像 出来たから

僕の 出来る 限りって

長文 メール 

迷惑 だったカナ (-_-)゛

★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

仕事を しながら

少しずつ 憶えて 行くよ

もう 板書なんて しないけれど

蛍光 黄緑 の ファイルに

少しずつ メモが 増えてく 毎日

★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★
人気ブログランキングへ
↑ポチッとな~☆↑


2014年10月18日 (土)

もすもすもすですか

Img_0013


Img_0014


Img_0012


すもももももももものうち
まあ 見直すの面倒臭いんだけれども「も」の数合ってるかしらん?

つうことで写真はモスバーガー
最近 フォカッチャがおすすめらしくってね
店員さんに勧められた 

「森のフォカッチャはいかがですかー」
「はぁ。でも、モスバーガーで。」とバッサリ気味にオーダー(笑)

イタリアン系の味は飽きが来ないね
先日 話していたんだけどさ

料理特集でこれからの季節は ラーメン系が人気でそうだよね
そして一番バリエーションが豊かな気がするよね、と。

名店ブックやネット検索でも「こんなんあったん!?」と
驚く割合が大きい気がする

イタリアンの場合は パスタやピザの具が
一番バリエーションの豊かさを 感じるかなあ

三陸のおすすめイタリアン店
オーナーが山田さんってわけじゃあないよ(笑)

段々と胃袋も老化してますからね
揚げ物を大量消費できなくなってきている

カリッ サクッ フワッ
そんな茶系衣は大好きなんだが 少量を味わう

昔 祖父母に言われた台詞を思い出す瞬間でも ありますね

「おじいちゃんと おばあちゃんは 年を重ねて来たから
量を食べられない分 おいしい食べ物を少しだけ いただくんだよ」

成程ね! これぞ味わいの真骨頂♪ と 
今ならば しみじみ思える(笑)

モスバーガーのソースは 全て食べるのが億劫だよね
そんな時にはセットのポテトソースに早変わり♪

あら、なんということでしょう♪ ちゃらららら~ん♪ 
と テーマソングが流れて来そうだわ。

昔 モスに入った瞬間に 店員の姉ちゃんに言った台詞
「もすもす モスですか?」 もしもしの進化系ね(笑)

「はぁ?!」って言われたけれども すずこ ひるまないっ(違)
てかさ、営業スマイルしろよ、0円だろ!?

え゛、それは昔のマックでしたっけ?
~( ̄▽ ̄~)(~ ̄▽ ̄)~

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

デリカシーのない男


取材態勢にイラッ(-_- )ノ⌒とした話。

一つ前の記事で写真を掲載しましたが
駅開業前のイベントを 観に行ったんですよね。

時間前に行き、良い場所をゲットして デジカメ片手にしていた。
開始ギリギリになって 目の前にオヤジが割り込んで来たのよね

すみませんの一言も無く 脚立を置きやがって 視界を塞ぐ
なんだテメェ!? と 鼻息荒くしても良かったんだが
(良くないか。笑) 辺りは神妙な空気に包まれていたので
流石にそれは しませんでして。 市長もいらしたし。

ってか、割り込まれた瞬間に思ったよね
嗚呼 この人は周りの一般市民を格下に見ているんだね、って。

自分は毎日なんちゃらって腕章を付けて 堂々と取材出来る身
その他大勢の中に私は居たんですけどね

アイドルのコンサートとかで規制線が貼られていたり
報道席があるスポーツ観戦だとか そういう場ならば分かる

だけど、今回は皆が近くで眺められる感じだったし
係の方も 私達に どうぞ前へ! と 誘導してくれていた。

そんな中で 当たり前のように割り込んで 脚立に乗る
のみならずですね、

式典の最中に 取材対象者を探しているのかは知らねえが
キョロキョロ周りを眺めながら 脚立から降りて後ろへ行ったり
また最前に戻ったり、の繰り返し

その度にガサガサうるせぇんだよ!
もっと周りに気を遣いやがれ! と 感じましたね。

他の取材陣の皆さんは 静かに撮影されていたのにね
そのオヤジだけ突出していて 悪目立ちしていました。

気持ちは分かるんですよ マスコミですからね
良い絵を撮りたいだろうし インタビューも重要でしょう

でも時と場合を考えろっちゅう話です。
自己中心的さ加減が爆発していて 不快だったんだわね。

私達 一般市民だって、眺めたくて来てるんだよ
そりゃ小さなデジカメかも知れないけどさ
構えてるんだから 気付いてよね。

シーンとしている中で ガシャガシャ音さすな!
葬式で大笑いする位 恥ずかしいことなんだぞー
映画館でポップコーン食べる・・・人は 大勢いるか(笑)

例えばこんな風に デリカシーの欠片も無い人間が
私は大嫌いだ。

食事中に堂々と汚い話題をする、然り
他人の代えられない容姿をネタにする、然り

相手を思いやれていない言動の全てを憎みますね。
こういうのって 想像力の欠如もあると思います。

相手がどう感じるか、状態に対するシミュレーションに
気を配る癖をつけられる人間になりたいと 
強く思い返す瞬間でもあります。

豆腐の角に頭を云々とは良く言うけれど
そういう人間達は みんなまとめて 鰻になれば良いんだ

ほら 昔話であるじゃないですか
鍋の中に入れられた 生きたウナギが
冷奴の中に隠れて 命拾いをする

かと思いきや
鍋って結局 高温になりますからね
行先はおんなじなんだっちゅーの。

そして、そういう人間に限って 逆恨みする傾向があるんで
始末に負えないんですよねー。 くわばら、くわばら。

つうか みんなまとめて 麻婆豆腐になっちまえ!
ピリ辛攻撃を全身に浴びて 思い知れば良いんだ(笑)

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

詩の発表場所あります
自慢の絵・写真を披露したい方にもおすすめ!

ワタクシすずこが編集している手作り詩誌
ポエムサークル「みゅう」

仲間になり購読いただくと
ボツなしで冊子掲載 & CDトーク → 全国郵送★
見本誌もあります。読みたい方も連絡くださいね。

以下に本誌の写真・詳細を紹介していますので
クリックして御覧くださいませませ~☆

ミュウ 221.222号 完成♪ 

すずこのリンクはこちらから

~いつかの すずザレ~ 藤鈴呼の戯言
過去作も織り交ぜてUPしていきます☆

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

就業時間が 終了したなら
其所から以降は 私的 時間

行こうか? どこへ? 翼 遣って
飛ぼうか どこへ  二人の 楽園

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

アフター ファイブ なんて台詞が
本気で 横行 する 位

昨今の 日本人は
暇では 無いらしく

故に

働き蜂 なんて 異名を
陰で 囁かれたりも するモンだケド

生憎 アタシは 
幸福な コトに

言葉 通りの ベル・サッサなの

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

間違って

保存すべき 大量戯言を
一挙に 送信して しまいました

流石に
受信文字数の 多い  君の 携帯クンも

『 もう お腹 一杯だよう 』 と
悲鳴を 上げてるんじゃあ 無いかと
推測する 訳でー

かと言って 直後に

『 全て 届いてた? 』 なんて
二度目の 送信を 試みる 行為は
嫌がらせ 以外の 何者でも 無いと
憶測を 重ねる 訳でえ・・・



 『 質より 量の ボクの ザレゴト 』




やっぱり タイヤくんが イカレて 疲れて
背徳の 瞳に 憑かれちまって 居るんだろうなあxxx

そんな 曲も 有ったなあxxx

あの 幻の ユニットは
期待 してた ダケに
幻滅への スピードも 早かった様な 
記憶が 有りxxx

やはり 何かに 長けてる 人は
明らかに 欠落してる 箇所が
存在したり するんだなあ

天は 二物を 与えず なんて
上手い コト 言った モンだよなあ・・・

なあんて 言ったら
彼に 甚だ 失礼では 有るのだけれども・・・

素敵な 楽曲を 想像する チカラと
華麗な 声帯を 駆使し 奏でる チカラは
共存 せぬ モノなのかなあ

それにしても
タイヤが 滑って
坂を 上手く 登れないんだ

此れは きっと
失言の 賜 なんだろうねいxxx


  『 滑ったっ! 』



最近 雨や 疲れに 任せて
怠って 居るんだ

行きたいのは ケータイ ショップ。
電池くん の 持ちも 
悪く成って 来たし

そろそろ 変え時 かなあって。

買いたいのは 眉毛 描き。
アイ・ラインは 
目の上で 
愛 ラインは
二人の 中に。

アイ・ブロウって 名前だったかが
今イチ 定かでは 無くってね?

睫を クリッと 彩る ビューラーも
マスカラも
捨てて しまった まんまだし

たまに
化粧してる って 言われるのは

何時もの リキッド・ファンデーションに
コンビニ仕様の 安物 色付き リップに
珍しく アイ ライナー を 使用した日だったり
するのだけれども

残り少なく 成って 久しい 眉描き ダケは
慎重に 新調せねば 成るまい・・・

だって 人の 表情って
眉で 決まる部分が
大きい と 思うから サxxx

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°
人気ブログランキングへ
↑ポチッとな~☆↑


2014年10月17日 (金)

なんにもない

Img_0191


Img_0192


Img_0193

空間の奥行を描く想像力
創造力には長けていないから

せめてもの思いで
脳味噌フル回転
せめてもの思い出作りに奔走中

ここは何処
コンビニが入るの
何だろう セブンかなあ ローソンかなあ
昔ならばやっぱり サンクスかなぁ とか
言ってたんだろうな 

何処に住むか
行くかで変わる 連想力

怠惰はやだよ
臨場感を持ってさ

それが どんくらい重いのかなんて
分かんない

翡翠の比重を以てしても
追いつかないのかも 知れないけれど

そんなの関係ないやって
笑いながら

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

写真 糸魚川駅の完成見学会 五か月前

改札の機械か何かが入るようなスペース
穴の中に広がる 向こう側の壁だとか

まだがらんどうの室内が 妙にリアルで
瞳 釘付け・・・ したいんだけれども

ずっと此処には 留まって いらんないっ! と
個々に撮影した ショットたち。

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

詩の発表場所あります
自慢の絵・写真を披露したい方にもおすすめ!

ワタクシすずこが編集している手作り詩誌
ポエムサークル「みゅう」

仲間になり購読いただくと
ボツなしで冊子掲載 & CDトーク → 全国郵送★
見本誌もあります。読みたい方も連絡くださいね。

以下に本誌の写真・詳細を紹介していますので
クリックして御覧くださいませませ~☆

ミュウ 221.222号 完成♪ 

すずこのリンクはこちらから

~いつかの すずザレ~ 藤鈴呼の戯言
過去作も織り交ぜてUPしていきます☆

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

そう云えば 誕生日には

パパンから 手紙を 貰ったんだよね

そう 思って

お返しに テープにでも 声を

吹き込んだら 良いだろうか

伸び伸びに 成る頃

互いに 健在だったならば

笑い話に 成るだろうか

「 耳も 悪くなって 聞こえやしないよ! 」 って。

★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

お前は 三番目の 親不孝娘だ!

そんな こんなで 両側で 泣いた 両親

両手には 針が刺され

あたしは 床に 新聞紙を 引かれ

その上で 朦朧状態

そうだね 

一番目は 親より 先立つコト

二番目は 警察の世話・・に もう 成ってたから

三番目の 親不幸者だ!

そんな 台詞

もう 言わせないよって

あの時 誓ったんだっけ

★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

錦鯉が 泳ぐ様を

五月の 日差しの 下で無くとも

戦ぐ 尾ひれを

おいかけたいと 欲するのです

風が 無くたって

自力で 泳げますようにって

★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

ひがみ妄想を 抱くのは 簡単

統てを 良く 解釈するのも

自分の心を 騙すのなら

今もって 得意ごと なんだから

★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

人生の センパイなんだから

そんな 台詞に

猛ダッシュで 飛び越えたかった ハードル

自分より 年上だから

唯だ 其れだけで

ボクを 言い包められずに

唯だ 叫んでた

アイツに

★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★
人気ブログランキングへ
↑ポチッとな~☆↑



2014年10月16日 (木)

秋苺

36_1


36_2


342

甘酸っぱさを 切なさの渦に埋め込んで
形を当てるゲーム
流行りの流木に載せた ラブソング
エンディングだけ 見つからない
どんな打楽器よりも 心地良い音を見つけた
それは潮騒 打ち寄せては戻り 戻っては飛び越える
岸壁の導

岩の間に藻が蹲っては 寒いと嘆く
風が強いからね こんな日は 身に纏うコートが必要でしょう
今度 小枝を編んで 造ってあげる
そんな約束も 思い出した

塩漬けにされた胡瓜が 少しずつ色を失い
若木の萌える季節を 思い出しそうになる頃
空に虹が掛かる
何だか楽しそうな雰囲気だと 首を突っ込んでくれば
ミストシャワー
首元が やはり ひんやりとする
寒い、寒いよと また 嘆いている

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

写真 藤鈴呼オリジナル アクセサリー
既に御嫁入した子供達を紹介☆

アクリル ストラップ

36 キットカットイチゴ(4.5センチ)
甘酸っぱい色合いを散りばめて☆
桃・透明12ミリ 赤8ミリ


アクリル・ブレスレッド

342 いちごショート(17センチ) 
ケーキの鉄板、唐突に食べたくなる味!
薄茶・薄桃12ミリ キラ赤8ミリ

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

手作り作品って好きなんですよね☆
今日は もんの凄く嬉しいプレゼントがあってん♪
すずこカンゲキー!_( ̄▽ ̄)ノ彡!

ちょっとね、アクセサリーを いただいたんですよ
今度 身に着けて お出掛けしようと思うちょります☆
中々 洒落こく機会も ないんだけどネ(笑)

しかも、シャレこいたつもりでも オーソドックスだったり
そもそも組み合わせ自由(デスクか!) ばりに
微妙なバランスだったりするかもしれないんだけれども

間違いないのは そのアクセはステキだってコト!
上手いこと写真に出来たら その内 公開するカモ!?
ふっふっふっふっふ… (永遠に続く 含み笑い)

元々 金属アレルギーとアトピー併発してますからね
ユビワなんて一個も持ってないしさ
ネックレスとか金属部分で首がヤラレるんだわ

ステロイド系の強い薬を旦那から「くすねて」
ようやっと治ったりする体たらく
そんな日々ですからねぇ

でも リボンがついてるネックレスで
最近 流行っているんですってヨ、奥さん!!
これなら首元も荒れずに♪あ~んしん♪ byじゅりちゃん

んで、仕事中に「すずこさん」って呼ばれたのにも
驚いた一日
ちょっと電話問合がありましてね
これも 手作りに関することだったんだけど
何だか 重なることってあるよね

暫く連絡を取っていない友人から連絡がある日が重なる、とか
嬉しい・楽しい出来事が重なるなら なんぼでも来い!
なんだけどネ。

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

詩の発表場所あります
自慢の絵・写真を披露したい方にもおすすめ!

ワタクシすずこが編集している手作り詩誌
ポエムサークル「みゅう」

仲間になり購読いただくと
ボツなしで冊子掲載 & CDトーク → 全国郵送★
見本誌もあります。読みたい方も連絡くださいね。

以下に本誌の写真・詳細を紹介していますので
クリックして御覧くださいませませ~☆

ミュウ 221.222号 完成♪ 

すずこのリンクはこちらから

~いつかの すずザレ~ 藤鈴呼の戯言
過去作も織り交ぜてUPしていきます☆

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

短気な 人間は

言葉を 押し留める 術を 知らない


呑気な 人間は

心から 笑ってる 訳じゃ 無いんだよ

★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

人として

あたしは

貴方よりも

上の位置に



生きて 居ますか

★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

貴方は 神様ですか

総て 正しいですか

間違いは 有りませんか


誰かに 指摘 されたトキ

そんな 人ほど

言い訳を 多用する

★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

人を 責める事しか 知らぬ 人間は

自分が ミスを 犯した 瞬間


案外

あ、ごめん ごめん

なんて

笑って 済まそうと する


そして 逆の立場に 立った 瞬間

逆上して


必要以上に 相手を 責めるんだ

★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

心の底から

嗚呼 困ってるな

助けに 成りたいな

そんな人に

憧れる

★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

言われた 憶えの 無いこと

自分の 責任では 無いこと

そればかりに 頭を下げる こと

世の中 沢山 存在するよね

★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

あたしは 決して

気の長い 人間では 無い


誰かが そう 思って居たならば

バン万歳

★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

反論するなら

相手を 見る


聞いた後に

逆切れする


そもそも

最期まで 聞かずに

その場を 離れそうな人には


はなから 会話する 必然性を

感じないのだから

★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★
人気ブログランキングへ
↑ポチッとな~☆↑



2014年10月15日 (水)

Img_9995


Img_9996


Img_9997

広い草原を 横切るキツネ
お前の尻尾には
昔っから 馬鹿されて来た

ちょっと白くて
または茶々くて
フサフサで
可愛らしいからと言って

オレはもう
騙されないぜ

素手で触る危険は 熟知している
やつれた表情で やるせなさを
目一杯に描いて
芝に埋めた

碁盤の目ならば 黒か白
置く石は 決まっているから
奥行の長さも高さも
関係無いのでしょうに

事細かに 指示を出す
次の一手はこう
まるで将棋戦

闘う前から 結果が分かっているかのような
痩せこけた狐
お前は 女狐か
雄々しく化かすのか

草原の向こうには 沢山の牛
モー沢山 藻色をした草を食む姿が
夕暮れの隙間に 色濃く映った

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

詩の発表場所あります
自慢の絵・写真を披露したい方にもおすすめ!

ワタクシすずこが編集している手作り詩誌
ポエムサークル「みゅう」

仲間になり購読いただくと
ボツなしで冊子掲載 & CDトーク → 全国郵送★
見本誌もあります。読みたい方も連絡くださいね。

以下に本誌の写真・詳細を紹介していますので
クリックして御覧くださいませませ~☆

ミュウ 221.222号 完成♪ 

すずこのリンクはこちらから

~いつかの すずザレ~ 藤鈴呼の戯言
過去作も織り交ぜてUPしていきます☆

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

キミが眠っている瞬間に

こうやって タイピングしてしまうクセ

止めようとは思いながらも

こんなに沢山の みんなからの文字を眺めていると

僕の欲望は 果てしなくヒートしてしまうように

昨日 行ったばかりのカラオケのカセットを

こうやって ダビングしながら

チビマルコちゃんを TVで観ている

もう 十二年も 経ったんだね

あの頃は アマバンで 

♪ピーヒャラ ピーヒャラ 楽しんでいたような気がするよ

そして僕は 今 幸せで。

キミが黄昏ていたのは 晦日だったのかな?

何だか 懐かしいような

そう やっと キミと出会って 一年が経過したんだね

これからも ずっと

そう 感じられるように きつく 抱き締められた瞬間に

あたしも きつく 抱き締める

ふと 口に しかけた 「愛してる」

未だ 言えないまんまだけれど。

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:

アイツとの思い出の曲

いつまで経っても 何度歌っても。

だけど 隣には 君が居る

君が歌ってくれた アイツとのラブソング

君が 其れを 塗り替えるかのように

僕の目の前で 歌っている

僕は あの頃を 少しも思い返さない?

心の奥でだけ 流れているメモリーに

もう心は 痛まない

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:

眠っているフリをした。

いびきが凄くて眠れないから 俺より早く眠らないでと

君は 一人言のように。

僕は 聞こえていた。

言葉にならないような 声だけの頷きでならば

返せるような元気は 未だ残って居たのだけれど

何も言わなかったならば君が

僕をいじめ始めた

僕はいじめられたかった

僕はやっぱりマゾだった

君はやはり 愛しかった

一番愛しい人のために・・・

あいのりのテーマソングの歌詞が 画面に流れる

君は知っていただろうか

あの瞬間 僕が

何を思って居たのかっていう事を。。。

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:

届いていますか?

何度も席を外すキミに。

最近では 大絶叫は 出来るだけ抑える様に しているんだ。

去年はアイツと 年越しをカラオケで迎えたから

キミとは ゆっくりと新年を 迎えたかった

キミが カラオケを嫌がる理由は

そういう所にも有る? 違うね

二人だと三時間迄の 時間制限に阻まれて

だけど 部屋が空いていたから すかさず延長を

「9時までだってよ。」 キミの嫌な顔

僕は一人で 楽しんでいた?

キミは 嫌々 だけど 無理矢理帰ろうともせずに

僕・・・キミの そんな所が 大好きなんだよね

あと ・・・大好きって言えば 耐えないけれど

キミが あんなに汚い ヘドロのような僕ん家の風呂を

一緒に掃除してくれた

今まで 居なかったよ

あんなに 親切な男。

「何で自分家の大掃除してきたのに ここも洗わなきゃ なんねぇんだよ!!」

「そんな~ぁ・・ 可愛い彼女の為だと思ってっ♪」

「可愛かったらね・・・」

音もなく 睨む私。

でも 本当に 憎かった訳じゃない

キミが隣で眠っていて

僕は 見つめているつもりで

キミは 「何で睨むの・・・?」と言ったけれど

僕は 睨んだ 訳じゃない

キミの白目が充血していて 辛そうだったから

今日は 付き合わせてばっかりだったから

申し訳なくなって 「本当にありがとうね。」って

心の中で 呟いていたのに

あの頃よりも 丸くなったと言われた僕の瞳は

未だ 突き刺さるような色合いに

包まれてるとでも 言うのだろうか

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:

キミが 寝返りを打った

マルコは 書初めをしている

懐かしい 書初め。

「おとしだま」のつもりが 「おとし」になっている

頬には墨が くっついている

ダビングは終わらない

カセット三本も あるからね

キミの声も 録音してしまったんだよ

何故か 欲しかったから

本当に 欲しかったから

当たり前だよね ナルシストな僕だもの?

とにかくキミは ダビングの音量が五月蝿いらしく

布団の中に 今も もぐりこんでいる

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:
人気ブログランキングへ
↑ポチッとな~☆↑



苗名滝

Img_9827


Img_9828


Img_9829


ほんのちょっと 寒そうな色合いを連れて
風がやって来た

パブロフの犬の代わりに
パブロンをゴクリ

喉を伝う ソフトクリームの滑らかさに
舌鼓を打つ頃

意思を持った石を包む
水流の隙間が見えた

空気の層は はるか透明で
ちょっと見には 分からなそうではあったが

目を凝らしてみると
存在感を 増すのであった

そのまま
そのまま

テイクアウト
テイクオフ

大縄跳びを 飛び越える瞬間のように
ゴム跳びをした 少女時代を 連想する

ここで ジャンプをすれば
越えられる筈だった

はす向かいの蓮の花
蓮華色に 微笑む夕べ

灯りを探す
出口は どっちだ

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

詩の発表場所あります
自慢の絵・写真を披露したい方にもおすすめ!

ワタクシすずこが編集している手作り詩誌
ポエムサークル「みゅう」

仲間になり購読いただくと
ボツなしで冊子掲載 & CDトーク → 全国郵送★
見本誌もあります。読みたい方も連絡くださいね。

以下に本誌の写真・詳細を紹介していますので
クリックして御覧くださいませませ~☆

ミュウ 221.222号 完成♪ 

すずこのリンクはこちらから

~いつかの すずザレ~ 藤鈴呼の戯言
過去作も織り交ぜてUPしていきます☆

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

朝っぱらから ハザードを 炊く

一度目は ボク ゴミ捨ての為

二度目 パトカー 事故処理の 為



ガンガンと 掛けるカーステ 下げるのは

信号の 時  パトを 見た刻



薄れた灰色 雲の向日に

輝く 白い 太陽を見た

オレンジ光が 綺麗だったの



明日の光を 探し出すよに

今日の喜び 垣間見るよに

華麗に瞬く 月の 光が

消えた側から 現れた 君



吹き荒ぶ 十字架

危ない 交差点


工作したのは 此の ココロだよ

交錯したのも 此の 心だよ



ちょっと 『 ヤられた カナ? 』 って 思う

甘く 見られて 居たのカナ?

言わんばかりに 粉雪が

車窓の外から 私を 撫でる

静かに 頬の 温度 下げてた

★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★
人気ブログランキングへ
↑ポチッとな~☆↑


宇宙の色

Img_0198


Img_9808


Img_9809


宇宙の色って何なんだろうと考えて見た 
ブラックホールのイメージが強いからね 

アンドロメダ星雲とか浮かんで来ると 
どうしても
黒 紺 青 そんな印象が付きまとう 
果たしてどうなんだろう 

地球は青かった なんて名言もあるけれども 
ぽわんと包み込む灯りの色と
「そのもの」の存在感は違うのが
日常なのかも知れないね 

* 

ツインテール


昔良くやっていたなぁ 
ヒキダテンコウさんだとか 
タオパイパイだとか
言われていたけれど 

髪がある程度長くないと出来ないよねぇ 
なんて思っていたら 
最近じゃあエクステなんて
便利なものもあるのよねっ

* 

ミルキーとかキャラメルは
歯にくっつくから食べられないと
母が嘆いていて 

その頃 健康優良児だった私は 
どうも意味が分からなかったのだけれど 

今になって ようやく分かる 
その切なさ

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

写真 いつかのすずごはん

初めて茹で蛸に挑戦したら 
頭を引っくり返して内臓を取る場面で
二等分してしまったの巻⊆|∵|⊇

カレイの煮つけ
本日も カレイの煮つけ
今回は 野菜は入れなかったので
シンプルバージョンです

カニ
越前ガニ と ずわい蟹
違いの分からない女ですが、何か??
~( ̄▽ ̄~)(~ ̄▽ ̄)~

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

詩の発表場所あります
自慢の絵・写真を披露したい方にもおすすめ!

ワタクシすずこが編集している手作り詩誌
ポエムサークル「みゅう」

仲間になり購読いただくと
ボツなしで冊子掲載 & CDトーク → 全国郵送★
見本誌もあります。読みたい方も連絡くださいね。

以下に本誌の写真・詳細を紹介していますので
クリックして御覧くださいませませ~☆

ミュウ 221.222号 完成♪ 

すずこのリンクはこちらから

~いつかの すずザレ~ 藤鈴呼の戯言
過去作も織り交ぜてUPしていきます☆

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

それで やっと 手に入れたソフトは

必ず壊れるだなんて 思わないで

保存して置いても

必ず 安心だとは 信じないで


何にせよ スピードを

このまま とめないで。。。

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★

素直じゃないから

何か 方法が有るんだと 思った


例えば 適当に

調味料を 追加して行くように


目分量で

手分量で


君の お好みの味に

出来上がったかな。。。?

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★

色々と 苦労して 作り上げたのに 削除されるもの


 1. 人間関係

 2. 無料HP

 3. あと。。。何でしょうかね。。(-_-)゛

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★

わからないもの。。。


 1. タグ

 2. 規約。。。(理解できない。。)

 3. 自分

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★

行きたいところ → 外国 → でも危険 → 金が無い


。。。幻想は抱かないコトに しておこう。。。 (爆)

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★

優しい色合いは薄桃の

華の隙間に 眠って居るの

幾々とせも 通り行き

息吐きながら 耳に入(い)る

オルゴールの音(ね) 穏やかに

何時 何時迄も たおやかに

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★
人気ブログランキングへ
↑ポチッとな~☆↑


2014年10月11日 (土)

浮き球

15


33


35

ポーンと投げる小気味良さに
小気味悪さをミックスして
ジュースを作る

コーラみたいに
シュワッと弾けないところが
丁度良いんだ

弦を弾く楽器は
指先も痛めてしまうから
爪切りをしてから出掛けよう

厚着じゃないかい?
未だジャケットは早いよ
海っ端の風が
肌を切り裂く程に 
冷たくなる季節には
きっと 遠いから

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

浮き玉

網アミみたいな綱に包まれたガラスのことを何て言うのか
名前をすっかり忘れちまったのだがな 

海っ端で出会ったモンでから、
ちょっとウキみたいだなって思い出したのさ。

まあ浮き輪とかウキの色合いは 海の中で
「ここから外側に行ったら
 戻って来れなくなるカモ知れませんよー」的存在だから 

私の中のイメージではカラフルだよね。
オレンジだとかイエローだとか♪

と言うことで調べたら上記のリンクに辿り着いたんだが
ビン玉とも呼ぶんだねぇ☆

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

写真 藤鈴呼オリジナル アクリルゆびわ

15 りぼん(6.2センチ) 
少女のバイブル りぼん雑誌のイメージ
クラッシュ桃12ミリ ロンデル2つ 透明桃4ミリ

すずオリジナル
ガラス・アクリル混合ブレス

硝子・ガラスと表記してあるものがガラスビーズ
その他は アクリルビーズです

たまにフリマ出没しますので お楽しみに(笑) 
既に お嫁に行った子も多数★

*

33 ジュリエッタ(18.2センチ) 
ソフラン アロマリッチでそんな名前の香りが有り
そのイメージでした。二種類の硝子ビーズを贅沢使用で☆
ロンデル4つはオーロラカラーでキラッキラ☆
硝子パール8ミリパープル 
ヒビガラス・ブルー&パープル7ミリ 紫10ミリ

34 Canオレンジ(15.5センチ) 
キャンディーポップ・オレンジ10ミリ玉で
キュートな柑橘系を演出☆
硝子パール8ミリブラウン

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

詩の発表場所あります
自慢の絵・写真を披露したい方にもおすすめ!

ワタクシすずこが編集している手作り詩誌
ポエムサークル「みゅう」

仲間になり購読いただくと
ボツなしで冊子掲載 & CDトーク → 全国郵送★
見本誌もあります。読みたい方も連絡くださいね。

以下に本誌の写真・詳細を紹介していますので
クリックして御覧くださいませませ~☆

ミュウ 221.222号 完成♪ 

すずこのリンクはこちらから

~いつかの すずザレ~ 藤鈴呼の戯言
過去作も織り交ぜてUPしていきます☆

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

彼女(携帯)が 水浴び(WCポチャ)したって 話でつ
無事に 携帯は 復旧しますた( ̄ー ̄)
記憶も 取り戻せた みたいでつ。

水濡れの場合は 復旧しない場合も あるようで
ドコモショップで 何度かデータを移そうとして 
ようやく 成功したよ。

んでもって昨日 四年振りの 機種変更を
無事に 終えたので
デコ絵文字が 使用できるように なったので あった。
めでたし、めでたし(笑)

携帯の 機種変更に 伴って、
プラン変更も 完了したので 

今後は 通話も メールも 
出来るだけ 携帯からだと 良いのかな、と 思うちょります。

今までも 母とは ファミリー割引があったから
通話無料だったんだよねー。
でも 自宅電話 つかってたけど(笑)

一応 ショップでも 確認してもらったんで
間違いないはずだけど、

今までは 私と母の携帯で
通話、メール あまりしてなかったから アレだけど、
これからは 携帯を 使おうかと思ってるので

次回の請求明細が来るときに、
確かに無料になっているかどうかを 確認しようかと。

いつ、誰に通話したかの 個人明細は
毎月100円で 頼めるけど、

今は ネットでも見れるようで、
私は今まで アナログに 100円で 取り寄せていたが、
この機会に ネットに移行しますた。

勿論 セキュリティーはバッチリで 
通話した相手の番号、メールアドレス、日時が
閲覧できることから、

毎回 携帯に 新しいパスワードが 発行され 
その場で 携帯を 確認し
パソコン入力する 必要があり、
不正アクセスを 防ぐ仕組みに なっているそう。

パソコン用の パスワードも 勿論あり、
毎回発行される 携帯へのパスワードは
本人でなければ 見れないだろうって わけだね。

因みに 私の 今回選んだプランは 
780円プラン、メール使いホーダイと いうもの。
これで 私は 誰とメールしても 無料なのだ。
はっはっは。

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

今回 免許証の 更新年の私。
昔よりも 手続き期限が 長くなったから
楽に なったよね。

以前はバースデー 一ヶ月前だけ だったんだっけ?
既に 忘れた(笑)

更新の お知らせ葉書に 書いてあったんだが
何やら 免許証の IC化だかに伴い 
暗証番号を 準備して来い とのこと。

しかも 4桁の番号を 1つではなくて
「2つ準備しろ」と。
めんどくさーっ。

しかーし! 何と 私も
今じゃ 免許証の色は ブルーだし
(え? その上の ゴールドも有るの? 笑)

優良運転者講習 30分で 更新できるなんて
夢のようだねぇ
( ̄ー ̄)

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

バースデープレゼントに
バイト先の彼女から 古着とボディークリームを
いただくの巻♪

二ヶ月ほど前の 彼女のバースデーに
メールすらしなかった 私なのに

帰省時など 一口サイズの お菓子を
お土産で 差し上げていたから、
その御礼だ、なぁんて

何だか 海老で鯛を釣った気分。。。//δ⌒▽⌒//

素敵な サプライズ プレゼント
紙袋から 出るわ 出るわ

「まだ有る」 と 感動しながら
テンション ハイ

色合いも 素敵で 好きな感じなので 
とても 嬉しい 

クリームを 肌に ぬりぬりしながら
着ながら 楽しみたいな♪

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

ちやっちから 100均で揃えたと言う
バースデープレゼントが 届く♪

心遣いに感激しながら 楽しんで開いたよ
送付状の「雑貨」 って言うのを見て、
嗚呼、そういうテが 有ったか~って
"今更?!"って ヤツだけど、

何時も 宅配をする時に
馬鹿正直に 内容を 書いてしまって、

「サプライズなのに 開ける前に 中身がわかっちゃあ
 ツマラネェよなぁ~」 なんて 思っていたのだが、

私も今度から 雑貨に し~よおっと
てか、感想 其処?! Σ( ̄□ ̄)!

丁度 バイト日だったので
再配達されるのが 夜だったのね。

そんで ニヤニヤしながら 開けようとした処に
旦那が 帰宅したので
夕食終わってから いそいそと 開いたんだよね。

で、あーだこーだ 喜んでいたら
旦那の視線は 勿論 ゼリー(笑)

食べて良いよ、とか 言う暇も無く
♪いただきま~す♪ と 言うので 私も負けずに
♪いただきま~す♪ と 輪唱してやったわよ(笑) 

ホント、100均 侮る無かれ、
こういう アイディアの詰まった サプライズは
大好物でつ

因みに 我が家の居間に有る テレビ台には
セイントセイヤや ショッカーなんかの フィギュアが
乗っかって 居るんだが、

お洒落な木で 丁度良く 収まったので
彼等の 住処にして見まつた★ 

透明シートで 囲っているから 埃避けにもなるし、
ホント、アイディアだよね~!

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

大分の母さん&姉ちゃんが選んで呉れた
バースデープレゼントが 届く♪

色合いも良いし、可愛いのに アクティブ感もある
重ね着タイプの シャツ、

こういうの 実は 欲しかったんだけど
今まで 買ったことが なかったので
本当に 凄く 嬉しくて ニヤニヤ中( ̄ー ̄)

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

今夜はバースデーなのでっ

豪華にディナー
…と言いたいところですが

餃子
金平牛蒡
冷奴

いつも通りじゃん Σ( ̄□ ̄)!

そんな夏→秋

富山に遊びに来てくださいね

辞令も出てないのに
もう気分は北陸、笑

しかも何が有るのか今イチ解ってないけど
きっと良い処です

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

猛暑だから
霧雨を受けると
気分が 良くなるの

微笑いながら
爽やかに
わたくしの 目の前を
通り過ぎて行った
あなたが
風邪を引いた

こんなに蒸し暑いのに
敢えて
蒸し風呂に
入ろうなんて している

汗を 出しつくしたら
きっと 楽になる
そう 言い残して

尽くして 尽くされて
そんな スパイラルには
飽きは 来ないけど

秋は やって来る
そう 確実に

アナタには 少し早い
冬が 訪れたんだね

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°
人気ブログランキングへ
↑ポチッとな~☆↑



親不知

Img_2052


Img_2053


Img_2054


薄紅の空を見上げて
朝焼けなのか
夕暮れなのかを決めるゲーム
喩え 100人の玄人が
これは太陽に非ずと叫んだところで
貴方が認めれば
それは 陽の光となる

クラリネットの音だろう
錆び付いた色合いを連想する
金属臭い息の向こうに
吐き出された空気感
KYは 空気が読めないだけじゃない
汚い私
そう変換してしまえば
何者にも代えがたい悪寒ばかりに
足元を掬われてしまいそうで

佇んだ突起物の下に
吐瀉物が混ざり合う
その泡の向こうに見える雄大な海に
何を翳そうか

七色に輝く 美しい虹の代わりに

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

写真 国道八号線 新潟の最南端 糸魚川市から
右手に日本海を望む景色

路の先に見える 海っ端の山のような部分が 親不知
つうか、解説はこちらを見てくれる?

親不知(おやしらず)・子不知(こしらず)

 天下の険として有名な親不知、子不知海岸。
北陸本線親不知駅を中心とする青海駅、市振駅間約15kmの総称で、

親不知駅・市振駅の間が親不知、
親不知駅・青海駅の間が子不知と呼ばれています。

 地名の由来はいくつかあり、

1.北陸道最大の難所で、断崖絶壁と荒波が旅人の行く手を阻み、
波打ち際を駆け抜ける際に親は子を忘れ、
子は親を顧みる暇がなかったことから
親知らず・子知らずと呼ばれるようになった。

2.平清盛の弟、頼盛の夫人が
夫の後を慕って親不知を通りかかった折、

2才の愛児をふところから取り落とし、
波にさらわれてしまった際に悲しみのあまり詠んだ

「親知らず 子はこの浦の波まくら 越路の磯の あわと消えゆく」
という歌が由来になった。

などという説があります。

 現在はJR北陸本線、国道8号、北陸自動車道が通り、
通行に支障は無くなりましたが、

親不知記念広場の展望台から海岸線を眺めれば、
当時の苦難が想像できることでしょう。

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

詩の発表場所あります
自慢の絵・写真を披露したい方にもおすすめ!

ワタクシすずこが編集している手作り詩誌
ポエムサークル「みゅう」

仲間になり購読いただくと
ボツなしで冊子掲載 & CDトーク → 全国郵送★
見本誌もあります。読みたい方も連絡くださいね。

以下に本誌の写真・詳細を紹介していますので
クリックして御覧くださいませませ~☆

ミュウ 221.222号 完成♪ 

すずこのリンクはこちらから

~いつかの すずザレ~ 藤鈴呼の戯言
過去作も織り交ぜてUPしていきます☆

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

序文


三百字小説の本を読んだ。

面白い試みなので
挑戦してみようと思った。

基本的に長文が好きな私。
要点をまとめられないのだ。

携帯メールを打つ時には
四苦八苦する。

最低250文字ならば、
どの機種でも受信可能だ。

携帯なら絵文字、
パソコンなら顔文字を駆使して収め
送信する。

しかし、小説と成ると
「起承転結」を
考えなければ成らない。

ほら、もう
文字数一杯!

・・・と思ったら
未だ先程の時点で
百五十文字程だった。

携帯で打ち込みながら、
文字数カウントして居たのだが、

半角数で表示される為、
一文字入力すると
2カウントと成るようだ。

厄介だなぁ・・・などと
ブツブツ言いながら
ピコピコとボタンを押す。

其の姿こそが
ケッタイなんだろうなぁ~!

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

むしろ 心 キレイで 有りたい 願望  
強いかなあ 

愚痴りたく なる 時ほどにね



そんな 時は 
逆転の 発想で ザレ しますが

その 言葉の 何パーセントを 
本気で 
自分自身の 心に 発送 出来るか が 
課題 なんですね~

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

今回ボーカル したことで
カラオケ マイク では 無い
エコー 無し
バンド音に 負けずに 歌う 難しさを
知りました

彼に 其の話を した時
言われたのが

やっぱ プロは 上手いんだよね
コブクロと あやかは 
両方 上手いよね



丁度 音楽番組を 観てて

この人は 声が 出てない とか
口パクだ とかの 会話 してたのよ

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

歯がゆい涙



彼に質問をした。

「結婚しなければならないとしたら
どちらを選ぶ?」

彼が言う。

「ん~、どちらもファンじゃ無いけど、
愛嬌ある來未かな。

顔ダケで選ぶならエリカだけど、
その時に寄って、彼女、全然違うもんな。

あのドラマみたいに、
スッピンに毛が生えた様なのなら良いけれど。

何だっけ?
1万リットルの涙だっけ?」

爆笑しながら、

「1リットルですからっ!
そんなに出ませんて!」

と、ツッコミを入れ、
同時に思う。

「1リットルだって、一度には出ないよな、
苦しんだ期間が長ければ、1万も有りかも?」

そうだ、芸能人は歯が命!
購入したての電動歯ブラシを開けると説明書。

「24時間充電してからお使い下さい」

涙も白い歯も
一日にして成らず!

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°




外は 大雪で

車なんて 出せない!


出勤するのに
竹馬みたいに 長い筒 みたいので
反動 つけて 立つの

イメージは
棒高飛びの
棒が 筒で

手に 持つ 代わりに
足に つけたまま 踏ん張り
立ち上がるって トコロかなぁ・・・ 

筒は
空き缶を 長くしたの みたいで
立ち上がったら 体重で
カン カン~ って
少し 短く 成った (-。-;)

家の 場所は 
小さな 原っぱの 中に有る
軽い 住宅街みたい

出勤先は 元 職場で
上司が 何故か 松下ゆきで
歩く 姿を 見てもらう

アタシの 服装は
寒い 冬なのに
ミニスカ スーツで

バランス 保つ為
片足が 開いてる

それじゃあ 下から 
パンツ 見えるから
と 駄目出し される

面白いのが その後で
自分の 筒乗り姿を
下から見てる シーンに成り

確かに 見えるなぁ・・・ 
みたいな(笑)

場面 展開

クローゼットから
揃いの パンツ スーツを
出そうと するが

自分では
セットに 成ったのを
見つけ られない

色が バラバラに 吊されて
何着か 有り

クローゼットは
ジッパーで 締めるタイプの ものだが

横幅は 広く
今の 部屋位

探せずに 諦めかけたら
ゆきさんに

ほら ここに 有るじゃん!
と 言われた

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

ネイム


優しさ紡ぎ
子へ繋ぐ



たちまちに
ろ路肩を埋める
う嬉しさよ



孤独を感じた時に
思い描いて欲しい情景
一人ぼっちで歩いて居ると
後ろから
自分を呼ぶ声がする

あっと言う間に
路肩を埋め尽くす人数に成り

楽しい時間が
広がって行く

人間 一人じゃ無いよ

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°
人気ブログランキングへ
↑ポチッとな~☆↑


芙蓉

Img_9757


Img_9758


Img_9759

陽射しに照らされた横顔
月明かりに包まれた素顔
どちらがどれだけ哀しいか

朝になれば
コケコッコ―の声が 高らかに響き
この世の邪悪はナンセンスであると
信じられる?

夜がくれば
アンドロイドの姿が 賑やかに観え
あの世の天使はコモンセンスかもと
歌い始める

刈り取られた稲穂の代わりに
田の色合いを鮮やかなまでに
七変化させる存在

道端の彼岸花には 毒があって
ネズミを追い払う意味が あったのだと知る

あれは 鶏の華
コケコッコ―の花だねって 昔 呼んでた
楽しそうに唇から放たれた音も
今は遠い

少し明るくなった左頬
未だ暗いまんまの右胸
ホロスコープで描く予定の胃袋
笑い袋は幾らでも膨らませてあげる

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

詩の発表場所あります
自慢の絵・写真を披露したい方にもおすすめ!

ワタクシすずこが編集している手作り詩誌
ポエムサークル「みゅう」

仲間になり購読いただくと
ボツなしで冊子掲載 & CDトーク → 全国郵送★
見本誌もあります。読みたい方も連絡くださいね。

以下に本誌の写真・詳細を紹介していますので
クリックして御覧くださいませませ~☆

ミュウ 221.222号 完成♪ 

すずこのリンクはこちらから

~いつかの すずザレ~ 藤鈴呼の戯言
過去作も織り交ぜてUPしていきます☆

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

緑の 空間
ふわふわの タオルに 包まれる
肌は 幸せ
髪も きっと 癒される

全体の基調は
赤茶色な 雰囲気
昔っから
大好きな 色

車 走らせて
初めての 街へ 行く
そんな 妄想と 共に
睡魔に 襲われ お昼寝

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

本当は
値段など 
つけられぬのに
付けたがる

値札を付けたら
ペラッペラの
紙切れに
成り果てるのに

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

最も 好きなものの 一つ
って
凄ぇ 嫌な 表現だ

逃げ の 気がして ならない
ダントツ 一位 
二重敬語 よりも
イラッ と する

だって
最も ならば 
一つしか
存在しないんじゃねぇの?

そう 思ってしまうのは
ひねくれてるの?

因みに 母が 大嫌いな 表現は

「 なんとかと言うと
  嘘になって しまいますけれど・・・」

確か この
言い回しだった 気がする

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

アイツが やって来る
足音も 立てずに ゆっくりと

ゆっくり 過ぎて
聞き逃した ダケかも 知れない

時の 流れ で 時流
それは 違うと 知った

だけども 大好きな 言葉
好きに 理由なんて 無いもの

理由なんて 尋ねる方が
野暮だもの・・・ネ

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

今朝 彼を 送って行った
何か 寒いねぇ 
そんな 台詞は
昨夜から 出て 居たんだ

ハンドルを 握りながら
尋ねた

今 何度?
車に付いている 温度計を
チェックした 彼の 答えは
4℃

ふぇえ~~。
随分と 寒く 感じるモンだねぇ!!

前は 氷点下 いかなかったら
実際に 温かい訳じゃ ないけど
あったかい! って 感じてたし
そう 言ってたもんね!

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

ミュウ会員 じぃじの
プロフが 変わって居たりして・・・

眺めたら 
美容室 オープンですとっ\(◎o◎)/!
おめでとうですね(●⌒∇⌒●)

もしや 御身内の お店ですか・・・ね?
じぃじ オーナーしゃん?! 
質問が どんどん 出てくるよぉ♪

因みに アタクシが 突然 登場して
みゅうで お世話になっていまーす♪

なんつっても
店内が 凍りつくんだろうかなぁ・・・とか

考えていたら
冷や汗が Σ( ̄□ ̄)!

いや、実は 
最近 ショートにしたばっかで・・・
知ってたら 遅らせるんだった!!

なんて 申し訳無さげに 告げるけれども
アタシは 

切りたくなったら 即座に 切らないと
気が済まない 性質(タチ)なので

此れは 完っ全っなる
言い訳なんでつけれども・・・(笑)

だって ♪高校三年生~♪

(って 唄えてしまうアナタは 
 私と 同年代以上 確定・・・笑)

の 時にですね

思い切り ヘア・カット した時
因みに約40センチ カットだった・・・ 

あのトキは 大多数の美容室が 月曜休み
と 言う中で 田舎の自宅から 街中まで
サイクリングして

何が 何でも 今日! と カットしたのが
マンデー でしたのよ マンダム♪
( 意味不明 )

大丈夫
髪は 直ぐに 伸びますからネ★

因みに 男性の場合は
直ぐに 髪が 伸びる輩は 助兵衛だとか

「迷信」されてる やふですけれども
女性の場合は 正反対だと・・・?

何にしても おめでとうございます★
そして そして

ミュウ内で 次回 宣伝OKなやふでしたら
いたします♪

詳細 「このメニューと地図と写真を載せて」
とかありましたら
承りますでつ~( ̄▽ ̄~)(~ ̄▽ ̄)~

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

少し 上がったの
・・・気分が?
ううん。

アタシは 一枚の 紙切れを 見せた
それが 幸せの 一滴 ならば
嬉し涙で 

喩え 紙が 破けようとも
気に病む 必要は 無かった

ちょっと 上がったのは
γ-GTP だった

アタシは 思い出した
同じ 状態だった 母の ことを

そんな 母が
今日で 還暦を 迎える ことを

世界が 明るくなったら
母に 電話しよう

アタシの 気分は
暗闇の ままかも 知れないけれど

おめでとう って 
心 込めて 笑ったら

少しは 気分も
晴れるのかも 知れないから

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・° 

何時だったか
飽和状態と言う 言葉を 知った
不思議な 四字熟語
理科の 時間を 思い出す

自動的に 脳裏に 浮かぶのは
フラスコ と 
アルコールランプ

もう 二度と
見ることは 無いだろうと 誓った
試験管

今じゃ 机上で 寒そうにしてる
唯一の おもちゃ
アルコールランプ
無駄に 佇んで居る 
訳じゃ 無いんだ

ちゃんと サイフォンと
恋人に 成れたんだよね

だから 
たまにしか 焔を 点さなくっても
君は 小気味 良い程に
堂々と している

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

瞳 奪われる
七色の 虹

モノクロの 世界は
地味な イメージ

ずっと そう
信じて来た

だけどね?
シンプル イズ ザ ベスト
そんな 言葉も 有るんだ

全ての色を 
混ぜ合わせたら
黒く 成るんだし

白だって
立派な 色なんだよって
アタシは 知ってる

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

七面倒臭い 表現しか 出来なくて
無理矢理に 比喩だけ 総動員した

結果的に 導き出された 
意味不明な 文字列に

心 投影 出来たのかどうか
分からぬままに 

満足してた 
あの頃の アタシ

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°
人気ブログランキングへ
↑ポチッとな~☆↑


エッセンシャル

Img_8832


Img_8833


Img_4964


のボトルって 最近変わりましたよね
セーラー服とか着ていた頃は 良く使っていたなぁ~
当時 あと50センチくらい 髪が長かったモンだから
大量消費していたような記憶が。

ピンクとオレンジで言えば オレンジ派でねぇ
今 病み上がり(違) 風呂上り風味の風具合としては
ぷわぁん、と 懐かしいカマリに巻かれていると
蟷螂が飛んで来る瞬間みたいな驚きを 感じるんですよ

今日さ、茶色の室内で(要するに 小屋みたいな雰囲気だ)
茶色い蟷螂を発見したのね
カマキリって 夏は緑だけど この季節は茶色のものも多い
まるでカメレオンの如きに。

んで、ちょっくらパソコンを覗きながら
あーだこーだ作業しとった訳
ほんなら私めがけて ブーン! って飛んで来るから
思わず「うわっ!」って 声上げたら
「うわっ!」って驚かれちゃったワ

予告成しに飛ぶなよーっ! って 突っ込みたいけど
ヤツ、言葉 通じないからねー
意味の通じない言葉と 心の通じない関係性と
どちらを選ぶ? みーたーいーなー(棒)

あ、今日のデザートは梨に決定だな。
そろそろ食べとかんと♪

栞は藤鈴呼オリジナル お嫁に旅立ちましたが
これ 生地あたりのショットだったかなぁ~
デザート シュークリーム プリンが
懐かしいくらいだなー
マルシェ関係も 暫く行ってない(呟)

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

詩の発表場所あります
自慢の絵・写真を披露したい方にもおすすめ!

ワタクシすずこが編集している手作り詩誌
ポエムサークル「みゅう」

仲間になり購読いただくと
ボツなしで冊子掲載 & CDトーク → 全国郵送★
見本誌もあります。読みたい方も連絡くださいね。

以下に本誌の写真・詳細を紹介していますので
クリックして御覧くださいませませ~☆

ミュウ 221.222号 完成♪ 

すずこのリンクはこちらから

~いつかの すずザレ~ 藤鈴呼の戯言
過去作も織り交ぜてUPしていきます☆

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

アップルティーがなくなりそうだ

僕は 久々にドリンクバーをハシゴしている

そうだね 何度でも継ぎ足しの効く

このシステムを最高と呼ばずして

何を最低と呼ぶんだろうなんて

一体 僕は 何を感じているの?

君と共に この先 何を 感じて生きていったならいいの?

妄想に揺られながら 淡いKISSに 揺れながら

惑う太陽は 今頃 西側に 沈んでゆくんだろう

その 日の入りを見詰められない僕が 可哀相だなんて

きっと 誰も 思っては 居ないよね。

**************************************

君の言うところのヘンな奴って言うのは

もしかしたならば ボクの事かい?

いつでも「可笑しい」と 言われ続けて来て

「普通」の意味が 分からなくなってしまいそうな日々の中で

台所の隅で いじけているゴキブリでイイ

土禁の助手席に 灰を零すような 迷惑ばかり

君には かけているようだけれど

気を張るのは疲れるから 少し まともに考えてみよう

と すればするほどに

可笑しくなっていく 僕の周りの空気は

この僕までも 覆い尽くしてしまっていて

もう どうしようもないフィルターの中身が

空に解けて 舞い上がる炎になる

**************************************

星屑の上で まどろんでいる 小猫なのかと思ったよ

君が あんまり さみしそうだったから

声をかけてあげようか 迷ったのだけれど

僕は 君の国の言葉を 知らなかったんだ だから

可哀相な君は 可哀相なままに

ブルブルと震えて 寒そうな眼差しを 僕に向けたままで

だけど 僕も 心は 冷たかったんだ

君の心を 暖めてあげられる程に 回復するのと

僕が 君の国の言葉を 覚えられるのと

どちらが 先なのかな

出来れば 両方同時進行だなんて 格好良く キメてみたいけれど

どうやら僕は 不器用のようだから 

それも ままならないようで

君の尻尾が揺れる度 可哀相な僕の心も 揺れ惑う

そう 僕だって 可哀相なんだって 

大声で叫んでみたところで 君には届かないよね

僕が 君の国の言葉を知らないように

君にも 僕の微笑みの意味を 理解出来る脳みそが 備わって 居ないのだから

だけど これだけは 覚えておいて欲しい

あの日 僕は 知ったんだ

本当に 優しい気持ちに成れた日には

微笑みが 暖かい太陽の日差しに溶ける事

雪の夜の一人歩きは とても 心細いけれりど

あの人の楽曲に 埋もれてしまえば

そんな寂しさも どうでも良く 感じられてしまう事

それらが全て 誤解であったとしたって

僕は 構わない

大切なのは 何かを感じられる事だって

キレイ事かも知れないけれど

今の僕には それしか 言えや しないのだから・・・・

**************************************

HELP ME! 僕の知らない誰かが叫んでた

ブロンドの美女で 僕と目が合うと 慌てて逸らした

僕は 何かを言いかけた唇を そのままつぐんだまま

君に 何も 言えないまま

君には 何も 伝わらないまま

このままでいいのか 誰かが叫んでいる

それは 僕の中の 誰か

未だ 会った事さえもない 知らない誰かで

その誰かと境遇してしまえば 僕の人格は崩れてしまうから

このまま僕は 一人きりのまま

たった一つの僕を

いつまでも 握り締めてる

**************************************

2014年10月10日 (金)

檸檬玉

32_1


32_2


32_3


甘酸っぱい何かを
めくるめく味わいに替えるために
必要な甘露

葉脈に吸い込まれた
小さく白い卵
底から何が 産まれ出るか
分からないのに

怖くは無いのか
逃げたくはならないか
語りかける時間が 見つからない
ただ 見守ることしか
出来ぬ夕べに

川岸に 黄色の浮き輪が見えた
浮かんでは沈み
沈んでは浮かんで来るかに思えた
いや
そう 信じたかっただけだ

思いは夢の中に溶け
コロコロと 舌の上を転がす
飴玉の雫

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

写真 藤鈴呼オリジナル アクリルストラップ

32 れも玉(4.5センチ)
檸檬玉が連なっている網の中は美味しそうでしょっ☆
黄12ミリ 8ミリ

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

詩の発表場所あります
自慢の絵・写真を披露したい方にもおすすめ!

ワタクシすずこが編集している手作り詩誌
ポエムサークル「みゅう」

仲間になり購読いただくと
ボツなしで冊子掲載 & CDトーク → 全国郵送★
見本誌もあります。読みたい方も連絡くださいね。

以下に本誌の写真・詳細を紹介していますので
クリックして御覧くださいませませ~☆

ミュウ 221.222号 完成♪ 

すずこのリンクはこちらから

~いつかの すずザレ~ 藤鈴呼の戯言
過去作も織り交ぜてUPしていきます☆

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

ラジオを 聞いて 居たら
プレゼントと して

カレンダー付き ボールペンの 
紹介を して居た

文字を 書きながら 手元を 眺めると
今日が 何日か 分かるから 便利だ と
パーソナリティーは 告げた

思わず
ペンの 頭部に 
旗 みたいに 
小さな カレンダーが ひっついて 居る 姿を
連想して しまって 笑えた

一年分の カレンダーが
マイクロ文字で 連なって 居るから
目の 運動にも 最適ですよ なんて

そんな 訳は 無いだろうが

そもそも 
日付 のみならば
ポッチを 押すと 
1 から 30 までの 数字が 
順番に 出て 来るの だろうが

毎日 押さなければ 成らないんだったら
忘れて しまったり
二回 押したり して
ズレる 可能性が 有る

これで 間違って 無いかな? と 
別の カレンダーで チェック するならば
意味が 無い

電池式か 何かで
自動的に 更新 されるなら

それだけ 重く 成るから
持ち難いんだろう

そんな コトを 
あれこれ 考えながらの
楽しい ドライブ だった

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

まだ 僕を 忘れ 無いでと
冬が 言ってる

チラチラと 舞う 白の 粒は
忘れてた 風景を 
思い 起こさせた

ようやく 灰色に 戻った アスファルトも
緑の 木々も 
人も 車も 

渦高い 雪で 埋まった
忌まわしい 程の 
恨めしい 程の 
あの 光景をー

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

今では 受け入れ体制が 整って 居る

華麗に 舞う 君に
未だ 溶けるのは 早いんじゃ 無い?

可愛いね って
思わず 声を 掛けたく 成るような

久方振りの 小雪に 出逢えた

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

担ぐのは 縁起
緑と 縁って とても 似てるね

縁を 起こして 担ぐんだから
無理矢理的な 意味合いも
有るのだろうか

担いだら どうか 其のまま
落とさ無いで 欲しいんだよー

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

ぬかげんを 買った
父から 聞いたのだ

敏感肌にも 良く 効く らしい

粉のものも 有ったが
錠剤にした

錠剤だと 薬感が 募る

加えて 毎食後 10粒ずつだかを 飲むらしく
面倒だ

食材に 混ぜる方法は 有るのだろうか
目下の 謎 なので 有る

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

ハタ迷惑な 車が 居た

私は 信号で 左折しようと した

対抗側の 其の 車は
前から 来て 
私と ほぼ 同時に 右折して来た

譲るのは 向こうの方か と 思ったが
何と そいつは
無理矢理 私の前に なだれ込んだ

ムカついて 見ると オヤジだった

似合わない 白の ファンカーゴ
に 乗って 居たのは まだ 良いとして

走行中 ずっと 
屋根からの 雪を 
こまめに 落として 呉れた

あの 車の リア ・ ウインドーは デカい

見通しが 良いなあ と 眺める うちに
フロント ・ ワイパーが 
ひっきりなしに 動いて 居る コトに 気付いた

あの・・・ 今 何も 降って 無いし
滴も 前に 落ちて 無いんじゃあ・・・

軽く うざいんです ケド×××

そして ボディーにも 傷が 有り
目立って 居た

お前 みたいな 自分勝手な 運転手に 
操られてる 車は 
本当に 可哀相だよっ!

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

闇の 氷柱が 弾けた

ぽーん ぽーん
何処かで 毬の 音がする

此処は 何処だろう

見渡そうと しても
闇なので 何も 見えない

暗闇に 慣れて 来ると
何かしら 見えて 来るだろう と 
期待は したのだが

一向に 
其の 気配さえ  感じられ無い

たつん たつん と 
水滴の 滴る 音と 
毬の 音が 重なり 始めた

怖い 筈の 其処の 世界で
何故か 癒される 心を 感じた


   『 闇の 二重奏 』

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°
人気ブログランキングへ
↑ポチッとな~☆↑


薩摩芋の天婦羅

Img_9420


Img_9421


Img_9422

の写真を前記事で紹介しましたが
その他に 何を揚げていたか 全て挙げられる人 手ぇ挙げて~
足下げないで 手え下げて~(違)

舞茸が大好きなんですよね 天婦羅の中で いっちばん★
あとは 茄子は自分で買ったけど 殆ど頂きもの
海老たんもいたような記憶がある

枝豆もね 好きなんですよね
この時は ビアがなかったんでぇ~っい
っつうか 普段 呑まないけどね
飲むなら ポン酒 (分かったから・・・)

流石に 揚げるだけじゃあ 捌けない
じゃあなくって 干すだけじゃあ 駄目だなぁ~
ゲンゲたくさん いただきましてん
あとは カニ エビ タコ カレイ
さて どうする?(笑)

とりあえず 久々に カレイのヤロウは煮付けてやるコトに。
甘辛く 野菜一杯で ついでに汁にしちゃろうもん♪
という夕食予定なんですよ。

最近 安田ヨーグルトにハマっちょん(今更)
スーパーでたまたま見つけた飲むヨーグルトバージョンとかね
さっきは 三個パックの安くて小さなヨーグルトを
食前腫として食べましたが。

整腸剤にもなりますからねん♪
整えて~ 息吸って~ 吐いて~っ ハイ留めて!
え゛、何時まで!?
バリウム検査って だいたいそんな感じですよねーっ
つうか 逆さまにし過ぎだろ!
アトラクションか! みーたーいーなー(棒)

今 迷っているのはですね
鼻から入れるタイプにしようか 口にしようか
久々の胃カメラ予約をせんとす
何時になるかは分からないが
鼻からって ちょっと アレよね?(笑)

今回の写真は 腰の丸なっす(違) 越の丸茄子ね
あとは・・・汁(簡単な説明だなオイ!)

汁に白菜を入れるのって 水くさくってキライだったが
最近は好きなのよねー
人の好みって コロコロ変わるわよねー(私だけ?)

思えば 温泉に行くヤツの気が知れねぇ~ とか
ほざいていた癖によ
昨日 届いたもんね 風呂用の硫黄塩たっぷり(笑)

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

詩の発表場所あります
自慢の絵・写真を披露したい方にもおすすめ!

ワタクシすずこが編集している手作り詩誌
ポエムサークル「みゅう」

仲間になり購読いただくと
ボツなしで冊子掲載 & CDトーク → 全国郵送★
見本誌もあります。読みたい方も連絡くださいね。

以下に本誌の写真・詳細を紹介していますので
クリックして御覧くださいませませ~☆

ミュウ 221.222号 完成♪ 

すずこのリンクはこちらから

~いつかの すずザレ~ 藤鈴呼の戯言
過去作も織り交ぜてUPしていきます☆

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

衣替えだから
一番 お気に入りの
茶色 スーツを 着ようと 思ったら
かなり しわくちゃ だった・・・ 

仕方 無いから
一度 洗濯して みようか なぁ・・・ 

クリーニングに 出すと
時間 掛かるし な×××



衣替え 勇んで着たら しわくちゃだ

今日は着れない 一度洗おう



パンツ ・ スーツも 二種類に 増えたので
ベルトも 二つ 必要 なのだが

黒パンツ用の ベルトが 
見付け 出せずに 四苦八苦

仕方 無いので
グレイ ・ パンツに 付けてた ベルトを
差し替えて 来た



図らずも 朝からかなり ファッション・ショー

時間無いのよ 焦り出すのよ

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

前車から ピンク下敷き 見え隠れ

パタパタと振る 姿健気で



後部座席から 運転手を 扇ぐ 様子が 見えた
運転手は 女性 らしい

ウェーブのかかった 髪の毛が 見える

恐らく 朝シャン後
乾かす 時間が 無かったのだろう

コンビニで 降りた 
後部座席の 女子高生らしき 姿から 察するに

運転手は 母親で
学校迄 送る 途中だったの カナ?

だとすると
送って貰う お礼に 扇いで あげてたのか・・・ 

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

背を向けて 絡まる髪の 愛おしさ

  繋がる想い 距離が縮まる

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

ラジオで 交通情報を 告げる 
女性の 声が 流れてた

「 高速道路は 順調に 流れて います 」

思わず
道路が 流されて居る 様子が
脳裏を 染めた×××

流れにも 色々 有るが
先日の テレビでは こんな シーンが 有った

パーフェクトマンを 決める コーナーだ

ユースケ ・ サンタマリアと 
ソヒィア ・ ボーカル 松岡と
スマップ ・ 草剪の 三人が

突然 起こる 緊急事態に
どう 対処するかを 競う モノで

ゲストを 含めた 女性陣の 手元ボタン
合計 100点中 何点かで 判断される

小さな ドラマ風の 設定に 成っており
三人は どんな 事件が 起きるのかは 分からない

それぞれに 違う シチュエーションが
設定 されるのだ

大まかな 設定と して
レストランでの トラブル編 ・
電車での トラブル編 と 言う様に
状況を 告げられ

三人が それぞれ
別の ストーリーに 挑む

何パターンか 有り
三人の 順番も バラバラだ

さて 家庭での トラブル編での 時
草剪君を 覗く 二人の 場合は
父親と言う 設定で 役を こなして居た

トップ ・ バッターは 松岡くん
リーマンとして 帰宅後
子供の 顔面に 青痣 発見

理由は 昼間の 喧嘩
クラス ・ メートに 消しゴムを 借りたのだが

消しゴムを 折って しまい
謝ったが 殴り合いの 喧嘩へと 発展したと 言う

松岡は
「 きっと その子に とって 消しゴムは
  大事な モノ だったん だろうね 」 と 言う

其処で トラブル ・ シーンへ 突入する
赤ランプ 点灯 ☆

何と!
相手の 子供の 親が
自宅に 乗り込んで キタ~ ( x _ x ; )

相手の 子供は 病院に 居る と 言われた 松岡は
先ず 低姿勢に 謝り
病院へ 行きます と 告げる

此処で 終了♪
90点 以上を 叩き 出した!

点を 入れなかった ゲストの 意見として
こんな コメントが 有った

子供同士の 喧嘩に
親が 出て行くのは 可笑しい と 言うモノだった

見て居た 私は 思った

病院に 行く  と 
自分ダケ 行くんじゃ 無くて
子供も 連れて 行く べきだ

間に 親が 入るのは ナンセンス だが
今回は 怪我も して 居るし まぁ 仕方 無い

更に 怪我を 増やさぬ 様に
子供同士を 話し合い させる場に 親も 居て

手を 上げぬ様 見守りながら
自分達は 意見せず の スタンスが 良い と 思った

彼の 意見は

親が 話し合いを すれば 良い
と 言う 感じだった様に 記憶して 居る

二人目は ユースケ

今日は 娘の ピアノ 発表会
妻が 手作りの ピンク ・ ドレスを 見せながら
盛り上がって 居ると

其処へ ピンポン の 音

何と 彼の 母親が
赤ドレスを 持って 駆け付けタ!
さぁ どうする?

ユースケの 点数は
松岡には 及ばぬが 高め

妻の 肩を持ち
今回は こちらを 着せる 代わりに
次回は 赤ドレスを 着せるよ と 収めた

ゲストの 意見は こうだ

妻の 味方を したのは 良いが
母親を 宥める 言い訳として

娘が ピンクが 好きだから と 言うのが 駄目
俺が この色を 着せたいんだ と 言って 欲しかった

他人の セイに してる 感じが した 
と 言う モノ

此れを 聞いて
さも 有りなむ と 納得して しまった

彼は 電車編の 時にも
他人の セイにして 切り抜けたのダ!

設定は 携帯メールをしてる 母親の 隣で
子供が 窓の方に 体を向け
足を ブラブラさせる と 言う モノ

吊革に 捕まる 女性に 
足が 当たるじゃ 無いか  とか

大声で
「 皆さんも 迷惑 ですよね? 」 と 叫んだ ユースケは
顰蹙(ヒンシュク) のコメントを 受けて居た

因みに 電車編での 松岡は
隣で座る 美人女性が 眠かけをして 
肩に 頭が 乗って しまう と言う 設定だった

自分の 降りる駅になって ドアが 開いたが
女性が 起きない
女性の肩を 叩くが 起きないので 焦った 彼

何とか 立ち上がり ビジネス・バッグで
女性の 頭を 支えるが
思い直して 又 座る

降りるのを 諦めて 
今夜は タクシーで 帰るしか無い と 判断しました
そう言う彼は 高得点だった

さて 自宅編での ラストを飾った 草剪
彼は 二人と違う 設定だった
父親では無く 彼女と 同棲してる 設定

朝食が 出来上がった処で 
醤油切れに 気付いた 彼女が
買出しに 行ってる 間に
彼の 父親が 訪れる と 言う モノ

サシで 向かい合って 質問攻撃を 受けた 彼
結婚する気は 無いとか
流れで 同棲する様に 成ったとか
とんでもないコトを 言い出す 始末

勿論 点数は 災厄xxx

そう ここにも 流れ が 出たので 有る・・・

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°
人気ブログランキングへ
↑ポチッとな~☆↑



もつもつ

Img_9735


Img_9736


Img_9737

のっこりと言う表現が相応しいかどうか
私には分からない けれど
てんこ盛りにされた皿の中身は
どう見積もっても もつもつしている

モツやハツはハラミには 慣れてない
プニプニのコラーゲンを 持て余す若者時代も
とうに過ぎた

それが哀しいとか 悲しがった過去とか
涙を流したかった思いだとかを 
重くのしかかる雲の上に さらりと乗せれば

タルタルソースをかけるよりも 
シンプルに仕上がるのだろう

指でつまんだ人匙の塩加減が絶妙で
もう 何にもイラナイって 満腹の笑顔で言われる瞬間だけを
心待ちにしているように

串刺しにされたミートボールよりも
大きさが明らかに異なるネギマの方が肝心

美味しさとデリカシーの隙間風が吹く回廊
ぽろんと響く琴の弦は月の端まで飛ばされて
黒猫がにゃおんと鳴く

心底 楽しそうに
上唇を 目一杯 拓いて

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

過去の栄光/藤鈴呼

同じ言葉でも表現方法が変わると 
全く違う世界観になることで
楽しんでみたり 驚いてしまったり。

アルファベットの羅列は 意味が分からなくなると 
ただの記号配列になってしまいがちです

何故ならば ワタクシ、英語は好きだけど 
得意ではないからです(笑)

一つの音を響かせて そこから始まる余韻が 
鐘のように広がると

良い空気感染に繋がるのかなぁと
連想します

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

詩の発表場所あります
自慢の絵・写真を披露したい方にもおすすめ!

ワタクシすずこが編集している手作り詩誌
ポエムサークル「みゅう」

仲間になり購読いただくと
ボツなしで冊子掲載 & CDトーク → 全国郵送★
見本誌もあります。読みたい方も連絡くださいね。

以下に本誌の写真・詳細を紹介していますので
クリックして御覧くださいませませ~☆

ミュウ 221.222号 完成♪ 

すずこのリンクはこちらから

~いつかの すずザレ~ 藤鈴呼の戯言
過去作も織り交ぜてUPしていきます☆

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

挟まれた場所は 何処ですか?

微かに刻む 胸の奥

玉ねぎの みじん切りは

ステキなカレールーへと

生まれ変わりますか?

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:

点滅を繰り返す テイルランプに

恋をしていた 時代も有った

今では ゆるやかな トキの流れに

身を委ね 続けている

静かな星屑の下で

ゆっくりと 生きている

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:

● 珍しく キリ良い言葉を 刻むキミ

     歌詞作りでは 何時もの事かな?


● 短さで 表現 全て 伝えるの

      難しいよと あの日 教わり


● ワタクシに 一つの術を 告げたまま

      空の藻屑と 散った アナタに


● 毎日を いつも通りに 過ごしてく

      何も変わらず 成長もせず

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:

心に すきま風が 吹いた

吹きぬけようとする勇気を

別の風が ゆっくりと 洗い流した

ボクは 洗濯機の中

いつまでもグルグルと らせん状に

この クスリと共に 生き長らえている

何処迄 続くのだろう キミとの やり取りは

もう 終わりを告げる 春の鳥も

この暑さと 梅雨に流れて行って

しまいそうなのに

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:

もしかしたらキミが

新しい部屋を構えて

ボクの大好きだった

白いレースのカーテンを

引いているのかも知れないと

網目からは覗けないから

ファインダー越しに 

シャッターを切った

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:

忘れる筈は無いの 君の事

一度 愛した人間を

心の底から 憎めないのと

同じように

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:

例え 見えなくっても

キミの吐息を感じて

ゆっくりと 深呼吸すれば

その時の季節に応じた

ステキな風が

駆け抜けて ゆくのだろう

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:
人気ブログランキングへ
↑ポチッとな~☆↑



警笛ドライブ

Img_9527


Img_9528


Img_9529


蓮華温泉までの道のりは山路ですからね
運転に気合が入る訳ですよ

別に喜んでドリドリなんてしませんよ
別に喜んでドロドロのドラマは眺めたりするけど(?)

途中に観音開きみたいな木製(だっけかな?)
のゲートがあるんだが

11月辺りで 冬仕舞いしてしまうらしいんだよ、
と聞いたので
さっさか出掛けよう計画を始動した

まぁ… 行くまでに
三年くらい掛かった気がすっけどよ(爆)

前回は 途中で霧に揉まれてキリキリマイで
舞い戻って来たんだった

あー 胃のキリキリぽり子ちゃんもどうにかしたいんだが
今月の平日休みは あと二回なんだよなー

貴重な休日をどう使うか 優先順位を考えてみた(笑)
しつこく紙入れられてるガス点検の連絡もしなくちゃだし

いい加減 みゅう最新号も発行したいしなー
でも発酵しても困るしなー

よし! 寝よう!(決定)

で、山路ズンズン走ってたっけばよ

「警笛 鳴らさんと危ない」と言われ
プーパープーピー鳴らしたっけばよ

「ちょっと 鳴らし過ぎじゃない?」って
どっちなんだボケ! みーたーいーなー(棒)

元来 短気なもんでね
頭の中で プチって聞こえて ブーンってアクセル踏んだら
「また 大袈裟な・・・」との ぼやっきーが耳に残る(笑)

つうか、ヤッホー平って何よ
思わず素直に叫んじゃったじゃねえか(笑)

一番 警笛鳴らされなきゃならんのは
自分だったってか!?

*

野天風呂と露天風呂
野天風呂(野風呂)といった場合、
野湯のように自然に湧き出てそのままの状態ではないが、

露天風呂程は壁や屋根などが整備されていない状態を
指す場合もある。

「いい感じのお風呂」のことを独自に「野天風呂」と称している

*

幻の魚

北陸に来てから出会ったお魚 ゲンゲは幻の魚と書くそうで 
ちょっと幻想的な雰囲気 

コラーゲンがたっぷりみたいで ぷるんぷるんなのね 
だけれども小骨も多いかな 

味噌汁や唐揚げ調理もしてみたけれど 
ベランダ干しを数日して 
そうだなぁ 言うなれば

スルメを炙るみたいな感じにしてから食べると 
合うんだよねぇ~ 日本酒に(そっちか!) 

*

ヌタウナギ

メクラアナゴ 他の名前も有るみたいなんだけれど 
このネーミングで覚えてしまった これもポン酒に♪合う~♪ って 
昔のノリカCMか!

あたりめと あぶりものは 
おつまみに最適ですもの(はあと) 

最近はカボスがあるので 
秋刀魚食べないとー と思うと思うなぁ~っ!(は?) 
焼酎割りの方が希望に近い形なのサ☆キラーン☆

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

詩の発表場所あります
自慢の絵・写真を披露したい方にもおすすめ!

ワタクシすずこが編集している手作り詩誌
ポエムサークル「みゅう」

仲間になり購読いただくと
ボツなしで冊子掲載 & CDトーク → 全国郵送★
見本誌もあります。読みたい方も連絡くださいね。

以下に本誌の写真・詳細を紹介していますので
クリックして御覧くださいませませ~☆

ミュウ 221.222号 完成♪ 

すずこのリンクはこちらから

~いつかの すずザレ~ 藤鈴呼の戯言
過去作も織り交ぜてUPしていきます☆

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

今 『 ごめんね 』 の 電話を 掛けても

アナタは きっと 仕事中かと

思い直した 朝の 渋滞

突然 鳴らす 昼飯 後

やはり 留守電 もしや 切ってる ?

メッセも 残せぬ 何時もの ケータイ



唯だ

『 何も 無いの 』   





唯だ

『 元気 かも 』  




そして


『 又もや 出ない かもね 』  



まとめて アナタに 伝えたくって



こうして 日差しを 受けて 行く

何かに 拘束された 時間帯

『 それ 』 は 高速 に 駆け抜けて

ハイウェイ上 の 過去の 調べを

如実に リフレイン させて 逝くから



珍しく 読書から 離れて

ちょっと前の 昔 みたいに

連打を 重ねる 此の 指は

復活の 日を 待ち詫びて 居る

★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★
人気ブログランキングへ
↑ポチッとな~☆↑


上杉謙信の隠し湯

Img_9534


Img_9535


Img_9536


野天風呂
山の中に脱衣所すらない湯船だけこしらえた
自然のままの野天風呂

混浴だっちゅうのは聞いていた
女性は水着姿だったりする中で

旦那にタオル目隠ししてもらいながら
じゃっぽ~ん♪ してきましたよ

何だかんだ話し掛けられてね
気さくなオッサンだったんだけど

話は良いから とっとと退いてくれ(笑)
なんて言えないからねーっ

いなくなったと思って脱いでる時に
「あ、写真 撮り忘れた!」とか 戻って来んな!

みーたーいーなー
そういう醍醐味の場所でした

結構 熱い湯に入っていて
多分 一番大きく 硫黄臭のする 景色の良い場所ね

さて上がるべぇか♪ と 思った瞬間に
ドヤドヤと人が 押し寄せて来ると言う

しかも 山の中腹なんでね
上からも下からも 来る訳ですよ

さてタオル どっち向けたモンか(爆)
そんな楽しさ(?) に 酔いしれました

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

詩の発表場所あります
自慢の絵・写真を披露したい方にもおすすめ!

ワタクシすずこが編集している手作り詩誌
ポエムサークル「みゅう」

仲間になり購読いただくと
ボツなしで冊子掲載 & CDトーク → 全国郵送★
見本誌もあります。読みたい方も連絡くださいね。

以下に本誌の写真・詳細を紹介していますので
クリックして御覧くださいませませ~☆

ミュウ 221.222号 完成♪ 

すずこのリンクはこちらから

~いつかの すずザレ~ 藤鈴呼の戯言
過去作も織り交ぜてUPしていきます☆

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

土曜日は 面接試験で 出勤だった 彼
就職氷河期を 通り越して 二度と溶けない氷--

それは 氷ではなく プラスチックだった--
ってな位 就職活動は 大変なんだろうなぁ

でも 面接する方も 大変らしく
午前中を終えた時点で 

すでに疲れた と
メールが あったりなんか してね

この時期は 
花粉飛散の 悲惨時期で Rからして

なるべく 洗濯物は 部屋干しに しつつ
布団も 以前みたいに 頻繁には 干さず

---でも 耐え切れず 
こそっと 干す(笑)日々だ

朝に 掃除機をかける前に
今日は 久々に 掃除の間だけでも・・・ と

ビーズクッションや 座布団を 外に干そうと
窓を 開けた

私の大好きな 南国チックな 庭木が
何時も 癒してくれるのだが

掌を 広げたような形の葉が 数枚
ハラリ ヒラリ
布団干し付近に 落ちて居る

あれ? 昨夜は 強風でもなかった筈だし--
視線を上にして 唖然

茎の部分が 剥き出しになって居る
状況が分からず しばし フリーズ

以前 数日空けた後で 帰宅したら
根元から なくなっていたことが有る

あの時は 大家さんが 手を回して
害虫発生の懸念から? 
業者に 庭木狩りを させていたんだっけ

今回は あんな風な切り方ではない
まるで 誰かが 悪戯をした様な感じ

悪意に満ちた 見知らぬ誰かの表情を
妄想しつつ 身震いと 怒りが こみ上げる

数日前の 強風で ベランダ部分に置いていた
タイヤカバーも 外れて居たので

嗚呼 冬タイヤ 交換しないとな・・・
GWに帰省する前までには・・・

と 思いながら ついでに 直そうと
サンダルを持って来て 外に出た

幾つもの葉っぱを拾うと
スーパーの袋いっぱいになった

溜息を吐きながら 最後の葉を取る時に
ハッとした

何と 庭木を切るハサミが 落ちている!
しかも かなり 錆びて居る

丁度 前日のバイトで
こんな話を 耳にしたところだ

春になると 変質者が 出回るから
気をつけるように

バイト仲間の ママさんも
ママ ネットワークの メールがあるそうで

子供を付け狙う 変質者が出ると
地域の公安部隊(?めいたもの?)から
ママ達に 一斉メールが 送信されるのだと言う

良く ニュースでも
花壇の花だけ ハサミで切られた・・・とか
ありがちだよな。。。

色々なことを考えて 憂鬱になりつつも
犯人は どうやって去ったのか、と考えてみた

目の前は 道路だ
フェンスは低い

恐らく 自分の要らなくなったハサミ
若しくは 恨まれる覚えはないけれども
この犯行の為に準備したハサミを持って接近

フェンス越しから 何度も チョキチョキ切り
最後に ハサミを 投げ入れた---

考えて居ても 仕方無いので
都合良く 忘れるフリに徹した

そんな日に限って 正体不明の電話が
かかって来たり するモンだ

二度目で 出てみると 間違い電話だが
何だか妙で 

何かが 繋がっているのでは 無いかと
考えたくなる

彼のパソコンも 調子が悪く
電源を入れても 起動しなくなっているし・・・

いや、 いや! 
被りを振りながら 何とか耐える

こんな日に限って 一人なんだよねぇ・・・
取り合えず-- と 無残な姿を
写真に収めたりなんかしてね

翌日 パソコンを電機店に持ち込もうと
駐車場まで運んだ時

隣の奥さんとバッタリ
久しぶり~ とか言いながら 聞いて見る

「 あの、ちょっと聞きたいんだけど
 庭木を切るハサミ 失くしたりしてない? 」

--柄の白いヤツ?

「 ううん、違うの。 超 錆びてるヤツ!
 何かね、うちのフェンスのところの庭木
 葉っぱが切られてて--- 」

--あーそれ うちの!
足元の坊やを指差す彼女

--庭の雑草取りやっててね~

えええっ\(◎o◎)/!
は。。。犯人は坊ちゃんでしたかぁ~。

確かに お隣さんとの垣根の木は
前述の 大家さん指示の時に 狩られているから
行き来 自由だもんネ~

「 そうか、君だったのか~!! 」

一挙に気が抜けて 安心したぁ~
葉は惜しいけど 

気づかぬ内に
見知らぬ 嫌がらせ 受けてた訳じゃなくって
本当に 良かっただよぉ(┬__┬)

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°
人気ブログランキングへ
↑ポチッとな~☆↑


蓮華温泉

Img_9544


Img_9543


Img_9545


散策コースの奥にある 硫黄温泉
一度 行ってみよう!って 云おうと思ってた
追い駆けて来るように フツフツと湯が描かれ
周りの景色と ゆっくり 同化していくようだ

足元に広がる 四角い箱
思わず手を差し伸べた貴方が ヒヤッと叫ぶ
ヒヤッとしながら見つめると ひゃっこいよって アナタ
思わず笑う余裕なんて 当時の私には なかった

車に置き去りの 買ったばかりの登山靴
なんて大袈裟なモンじゃあないけれど
本当に一張羅
サンダル履きでも大丈夫だって 言ったじゃない
坂道は 吐きそうな程 石がゴロついて
空を眺める代わりに 貴方の後姿を 所在哭く見詰めた

ここで待っててと言われた後で シーンとした山の奥
周りの葉は 早くも紅さに包まれていて
誰の足音も聞こえない
ガサリと音がしたら 熊かも知れないと 横に遊ぶ
リュックが揺れる度 ワタクシの存在を示す鈴が
チャリンと嘆く

落とした小銭の色と 運のツキを掛けて
夜空を見上げる頃までには
どんなに良い香りの温泉も 成りを潜めて夢の奥
桃源郷に行けなかった分
少しだけ 叫んでみようかな

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

詩の発表場所あります
自慢の絵・写真を披露したい方にもおすすめ!

ワタクシすずこが編集している手作り詩誌
ポエムサークル「みゅう」

仲間になり購読いただくと
ボツなしで冊子掲載 & CDトーク → 全国郵送★
見本誌もあります。読みたい方も連絡くださいね。

以下に本誌の写真・詳細を紹介していますので
クリックして御覧くださいませませ~☆

ミュウ 221.222号 完成♪ 

すずこのリンクはこちらから

~いつかの すずザレ~ 藤鈴呼の戯言
過去作も織り交ぜてUPしていきます☆

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

PCが重たいなぁ と思ってた矢先
ノートンの 更新時期を 迎えた

2005年版 以降
更新キーの入手をしていた 
数年間だったが

今回は バージョンアップした
2009年版 製品を
購入することにした

2005年版の 更新日は まだ先だが
パソコンを 起動させる度に
エラーメッセージが 出る様になり
電話サポートで 問い合わせをした

出たのは女性
イントネーションから
恐らく シマンテック社の 電話に出るのは
大抵 日本以外の国の女性なのかしらん?
と思う

最初は 慣れなくって
一瞬 立ち止まって
今 何て 言ったのか 考える
なんてことも 有ったが
何度か 聞いていると 癖になりそうな♪

そんな彼女には 大変 感謝している

結論から言うと パソコンが重たい理由は
CPUの メモリー不足ではないか
とのことだった

私は メモリー増設を
思いつかなかったのだ

一代目の パソコンを 購入した時は
直後に 増設していたのだが
今回の パソコンを 購入した時には
すっかり 忘れてたまま
今に 至って 居たのでR.

起動の度に出てくる 
エラー窓を消去するには

一度 2005年版を 削除して
2009年版を インストールすれば 
完了なのだが

今回の 2009年版を インストールするには
最低 512Mは 必要らしい

そうしないと 
パソコンが 機能しなくなる 恐れが有る
との言葉に 危機感を 覚えた

アタシの パソコンには
もともと 256Mの メモリーが
搭載されていた

メモリーは 2つまで 入れられる
256Mを もう1つ 入れれば 
512Mに なる

近くの量販店を 行脚して 価格調査
どうやら 256は ニゴロ と 呼ぶらしいねぇ。
・・・ジゴロみたい (違

今ある256M を 大きいメモリーに
入れ替えることも 可能だ

迷ったけど インストール後も
サクサク動いて欲しかったから
今の 256M は そのままにして

もう一つ上の 1G を入れた
これで 合計 1.2ギガを ゲット

結果 現時点で サクサク風味で
とても良い気分(*⌒▽⌒*)

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

今日は アナタを 飾りましょう
明日は あなたを 見てみましょう
毎日 楽しい 壁紙選び

嗚呼 だけど
一番 最初に セットアップされた 写真が
どれも ステキで

大きな 果物だとか
大自然だとか

雄大で 壮大で 
心の中が スカッと するような

癒されて 居たのだけれど

ノートンの サービスで
遠隔操作を 頼んだら

画面上で 
勝手に マウスが 動いたよ

チャット窓が 開いて

「 今から これこれ こういう作業をします 」
と 
凄く 高速メッセージが 流れ続けて

流石に タイピング・ジャンキー(?) の ボクでさえ
追っつかない 程だったのサ

其れで 終了して ホッと 一息ついて
再起動 してみたらば

あらら。。。//δ⌒▽⌒//

今までの 壁紙ちゃんが
キレイ さっぱり
隠れん坊して しまったんですケド・・・

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

他人様の 創り上げた
仮想現実の 世界だから

ボクには 分からない 数列が
沢山 配置されて 居るんだろう

無料 唯だ 其れだけを 糸口に
沢山の 蜘蛛達は 集められる

吐き出す意図は 透明で
オブラートに 包まれた 会話の奥から
真実を 探り出すみたいだ

それで 
飽きたら ポイで はい お終い
理由は 経営困難でも 同じこと

結局 ボクは
自分の言葉達を
カラオケBOXに 終い込むことにした
何時でも 取り出して 唄える様に

メロディーは 忘れても
コード表だけ 明記しておけば
何となく 思い出せるんだろう

今までの 外付けHDは 37G
これでも 充分だったんだ

最近の 新しい住人は 500G
今は テラの 時代なんだってサ

テラの星には きっと双子が 住んでるんだろう
あの人が そう 教えてくれたからさ

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°
人気ブログランキングへ
↑ポチッとな~☆↑


つるりんちょ

Img_9734


Img_9635


Img_9634

お前の美しさに業を煮やす
少し下界の風に晒されると良い
パタンと閉じることの出来ぬ雑誌の
下世話なコーナーに佇む
昔ながらの 電話ボックスに告ぐ
悪夢と灰汁湯を 一緒くたにするな
図らずも 鴉が追って来るだろう
翼を捥ぎ取られぬよう
確りと 準備だけは 怠るな

ぷるんとしたプリンのような艶やかさ
瞼の裏に 何時迄も残る幻影
光の奥で犇めき続ける漆黒と漆
指先が どちらで被れるか
今宵 試してみようか

お前のシナヤカサとツヤヤカサ
鼻歌の向こうで
何処までも 歌い続けると良い
輪を乱すような不協和音も
不思議な笛の音に気圧されて
蹴落とされてお終い

ぷっくりと腫れた 金の十字架
火傷の痕よりも 少し大きめな愛
ハート型のクッキーよりも
少し 砕け易いけれど 大丈夫
バニラエッセンスを垂らしたら
世界一 微妙なニュアンスのコードが出来上がる
どんな和音も 黙らせるような
新しい コードが

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

写真 ゲンゲ干しの前 あーんど メクラアナゴ
いただきフィッシュ★

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

雪列車/藤鈴呼

物理的に重くなったのみならず
思考回路が豊かになっていたり
人生の実となる部分が増えたと言える自分に
気付けた瞬間は

きっと誇り高い気持ちに近付けるのだろうと
推測します

*

今 住んでいる場所には 
大糸線と言う列車が走っていまして

桜や海や紅葉や雪を背景にすると 
素敵な写真が撮影出来そうだなあ、だとか

新緑や冷風を感じながら
車窓の景色に埋もれて見るのも
オツだよなぁ、だとか

妄想ばかりは広がるのですけれども 
住み始めて四年、

終ぞ乗らぬままにサヨナラしそうな季節に
なって参りまして

それだけはすまい! と 
心にキツク誓っているところなのでした

*

言葉も曲も どんなにスパイスを入れても 
その味が苦手な方には届きませんよね

上手い具合にクリックした瞬間と心のタイミングが
ピタリと合った時の安堵感と言いますか
充足感を得るために 
言葉紡ぎを続けているのかも知れません

*

風の最中に立つ状況ならば
壁を探したり
穴を見付けたり 

はたまた風そのものを愉しめたりも
するのでしょうね

自然界と隔絶された空間、
例えばガラス張りの室内から眺めると

葉の動きを
視界に収めることは叶っても

風のくすぐったさを
肌で感じることは
出来ませんものね

されど
心で感じる風の存在に
ホッと一息吐く瞬間が
あるのでしょう


風の目の前に立つ場合
両目を閉じても 
さわさわと流れる滝の音で
風の存在を感じてしまえますが

硝子張りの空間から眺める風の場合は 
両目を閉じてしまったら 
存在ごと消去できそうな錯覚に
捉われそうです

それは決して 
妄想を逸脱しないのですけれど・・・

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

愛のポスティング/藤鈴呼

解き放つ、と書くと 
何処かしら清々しい雰囲気が広がりますが

朱鷺放て、と書いてしまうと 
翼が欲しくなりますね

時が経たなければ 
開放できぬ事象に 

翼ならぬ
唾吐きかけても 何も変わらず、と

冷めた瞳で眺めるだけの心は 
寂しすぎるから

熱い一歩を踏み出してみようかな、と 
空を翔る翡翠に 
問い掛けてみる夜

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

詩の発表場所あります
自慢の絵・写真を披露したい方にもおすすめ!

ワタクシすずこが編集している手作り詩誌
ポエムサークル「みゅう」

仲間になり購読いただくと
ボツなしで冊子掲載 & CDトーク → 全国郵送★
見本誌もあります。読みたい方も連絡くださいね。

以下に本誌の写真・詳細を紹介していますので
クリックして御覧くださいませませ~☆

ミュウ 221.222号 完成♪ 

すずこのリンクはこちらから

~いつかの すずザレ~ 藤鈴呼の戯言
過去作も織り交ぜてUPしていきます☆

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

両面テープは 安いのは 使えない
台所の カーペットは
一番下が ピンクだったのだが
しょうゆなんかが こぼれたりして
もう 汚くなって しまったから
ママンが 新しいのを 買って
上から 敷いて 呉れたんだ

一番 下の カーペットを
きちんと 外せば 良いのだれれど
冷蔵庫や 米びつなんかの下に
敷いて しまって居るから

歩く 処ダケ
新しいのを 引いて
両面テープで つけて くれた

だけど 歩くと やっぱり
外れて しまうんだ

ママンが 手持ちした 両面テープは
余り 強力では 無かったらしく
そのうち 買おうと 思いながら
結局 そのまま 引っ張りながら
過ごして 居るので 有るxxx

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

ピンク色の 帽子を 彼が プレゼント してくれた
最近は 帽子は 余り かぶらない

昔 良く 一緒に行動してた子が
キャスケットが とても 似合ってて

髪を 束ねて 入れたりなんかして
少し こぼれる姿が セクシーだったりして

綺麗さは 全くもって かなわないんだけれど
当時は 少し 憧れて 居て

だけど 帽子を かぶると むれるし
髪が ぺったんこに なっちゃうから
今では 余り 被らないんだよ・・・

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

洋服や 靴の 買い方について
会話して居たトキに

気に入ったものを 二つ 買って
片方は しまって置く人が
知人に 居ると 聞いた

まるで CDの ようだな
なんて 思いながら 聞いて居た

もし 気に入ったものが 二種類 有ったら
二着 買うんだろうけれども

僕は 結構
同じ柄の 色違いを 揃える頻度が
高い 気が してるんだ

価格も 安いものを 沢山 派で
彼は 良いものを 高くても 買って
長く 遣う 派 なのだけれど

当時の ストールは 一枚 千円だったし
パンプスも そのくらいのものから
安いのを 履き替えて 居たし
まぁ 外回りで 直ぐに こなれるって言うコトも
確かに 理由の 一つでは
有ったのだけれどもね・・・

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

白いコートは お洒落だとは 思うけれど
気を遣って 羽織るのが とても 嫌だから
一度も 買った コトが 無い

そして ロングが やっぱり お気に入り
朝 暖気する前に
パジャマの上に 羽織ったままで
外に 出られるし

中が 短い スカートでも 暖かいし
やっぱり 隠したい 症候群
なのかしら・・・ねぇ・・・

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

人気ブログランキングへ
↑ポチッとな~☆↑


2014年10月 9日 (木)

6_1


6_2


6_3


開けたり
閉じたり

叩いたり
抓ったり

もっと
面白いこと

ないのかと
探す

長く 細い 指先を
引っ張るように

力を込めたら
瞳 外れた

睫毛の方が
強かったんだ

遠慮した 御目目は
二つとも ぺろんと

舌を出した
下に着いた

鼻に付く歌声
口笛の隙間風

閉じたり
開けたり

摘んだり
叫んだり

今日も している

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

写真 御嫁入した 藤鈴呼オリジナル 硝子ストラップ

6 丸レモン (紐下約6.8センチ)
焼留部分がカタツムリの目にも、全体像がミノムシにも思える
不思議な仕上がりに満足☆
硝子パール8ミリホワイト 薄黄12ミリ

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

詩の発表場所あります
自慢の絵・写真を披露したい方にもおすすめ!

ワタクシすずこが編集している手作り詩誌
ポエムサークル「みゅう」

仲間になり購読いただくと
ボツなしで冊子掲載 & CDトーク → 全国郵送★
見本誌もあります。読みたい方も連絡くださいね。

以下に本誌の写真・詳細を紹介していますので
クリックして御覧くださいませませ~☆

ミュウ 221.222号 完成♪ 

すずこのリンクはこちらから

~いつかの すずザレ~ 藤鈴呼の戯言
過去作も織り交ぜてUPしていきます☆

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

座りっぱなしの 仕事だから
やはり 午後に 成って来ると
腰が ヤラレる。

ポンポン と 叩きながら
痛いんだよ この辺が なんて
語り掛けた 時の 事。

もともと 背骨は 歪んで居るので
ここが 背骨で
骨が 痛いなんて 有り得ないよねぇ?
でも ここが 痛いんだけど
背中の 中心じゃ 無いでしょ?

そう 言ったなら

ヘルニアなんじゃ 無いですか?

・・・ショックな 一言だった・・・・

★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

小歩危 大歩危 一人突っ込み
ボケて 突っ込んで 貰える内が
とっても 楽しい 会話 なんだよ
その内 冷めた 視線に 遣られる
其れでも 笑顔 絶やさぬけれど

★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

触れないで 欲しかった
そんな 痛手に
土足で 踏み入られた時の 嫌悪感を
重ね 合わせた

それから 寡黙に揺れ行く 表情は
頷く 瞳は
凍りと 化した

★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

大事な 瞬間って 言うのは
人によって 様々だから

タイミングを 図ることが
大事だって 

解ってた つもり なのだけど
知って居た つもり だったのに

解った フリ ダケだったんだ

★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

勇気が 損気に 代わる気が して居た
その 一言で
何かが 変わるかも 知れないと
望みを 持ち続けた
あの日の 灯火

★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

芸人なんかいっ!
そんな 突っ込みを 受ける言葉を
わざわざ 探してた

お茶らけた 仕草の中に
どんな 真面目さが
くるめられて 居るってサ

いや いつの 瞬間も
精一杯 だったんだよって

最後に 言い訳とも とれぬ
本音を残して 眠りたいんだ

★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

素直に 考えたんだ
そして 素直に 実行 したんだ

本当は こう 呼んだなら
君は どんな反応 するんだろうって

そして 解ったんだ
君の 台詞で

やっぱり 僕と
同じ 考え だったんだね


   『 呼 捨 て 』

,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

何時までも
名前を 呼ばない 貴方だった

あの頃の 二人は
普通の 時を 過ごして 居て

其れは 一般的に
恋人と 呼ばれるヤツで

一度だけ
聞いた事が 有ったんだ

ねぇ 貴方は
どうして 私の名前を
呼んで 呉れないの?って。

★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

フィルターと オブラートの
大好きな 貴方なら

其れが 本当に
丁寧なんだと 信じてる


  『 敬 称 』

★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★ 

笑う 癖が ついたのは
本当に ツライ 瞬間で

食べれなく 成っても
眠れなく 成っても

笑顔だけは 
絶やさぬように しようって

其れを
望んでた 筈だったね

★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★
人気ブログランキングへ
↑ポチッとな~☆↑


2014年10月 8日 (水)

枯葉の先に

Img_8824


Img_8825

動き出す為に必要な何かと
語り始める為に必要な何かを掛け合わせて
世界に一つぽっきりの 暗号を作った
その言葉は 丸太に描かれて
ポッキリとは割れない
小枝のようには崩れないと言う
声ばかりが 闇に響くふう

半鐘 反響 半和音
すばしこい犬が 三回廻って吠える瞬間を
きっと 捉えよ
タンバリンを手にしても良い
カスタネットに指を挟まれたって良い
ただ 太鼓を鳴らせ
空腹に胃薬だけは 御免だと振り向いたら
影が見えた

造影剤と言うのは 影を作る為に在るのですから
たまには 上手い角度を証明する必要に駆られるのでしょう
狩られるのは焦燥感に非ず
絡めるのは甘いソースアラモード

目覚まし時計を留めると 遅刻スレスレだった
そんな悪夢を 何度 観ただろう
階段を昇る度に 飛び降りたいと欲した夜も
必ず光が 救ってくれたように
この世は 明るい

Turn to Born
色鮮やかに 生え変わる 葉のブラウン
アクトレス 鮮やかに 認め始めたラブレター
空に 届きますか

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

写真 藤鈴呼オリジナル栞

多分 小判草じゃないかと思うちょります

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

詩の発表場所あります
自慢の絵・写真を披露したい方にもおすすめ!

ワタクシすずこが編集している手作り詩誌
ポエムサークル「みゅう」

仲間になり購読いただくと
ボツなしで冊子掲載 & CDトーク → 全国郵送★
見本誌もあります。読みたい方も連絡くださいね。

以下に本誌の写真・詳細を紹介していますので
クリックして御覧くださいませませ~☆

ミュウ 221.222号 完成♪ 

すずこのリンクはこちらから

~いつかの すずザレ~ 藤鈴呼の戯言
過去作も織り交ぜてUPしていきます☆

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

なぁんにも してないよ
その言葉が 言い訳に成る 場合

冷蔵庫から 食べ物が
消えて居た時 家族が

悪戯を された相手が
怒った時 犯人が

感謝されて 照れくさい時
微笑と 共に

そんな 瞬間ならば
良いのだけれど・・・

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

定規の形は 三角でした
最初は 正三角形

夏の 夜空を 眺めながら
キレイだね と 呟きました

次第に 丸みを 帯びて
穏やかな 時間が 訪れました

そう 身体だけは
丸みを 帯びませんように・・・


 『 恋の 二等辺三角形 』

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

少しずつ 連なって 行く 
二つの 時間

絡まり 熔けて
余計に 輝き 益して 逝く

微かな 流れを  見逃さぬ 様
今 必死で   息を して生る・・・


    『 時 流 』

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

葉先が 静かに 下を 向き
くたびれた 茎は
直立する コトを 恐れた

恐らく
自らの 儚さを
熟知して 居ただろう

笑みを 称えた 花びらも
今は 萎れ

枯れた 一つの 根元が
代わりに 微笑んで 
生る みたいだ


   『 天 華 』

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°


地元の 橋に
集結する 話しも 
出たと 言う

今年も 逮捕者が
五人 出たのだと 言う

おめでたい 席だから
緩和される 訳では 無いね

緑色の 臭いの 酷い
ヘドロ 満載の 液体に

生身の 人間を 晒せば
何かを 曝せ と
誰かに 脅されるより

大変な 事態に
発展 しそうだ


 『 優 勝 夜 』

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

そろそろ 寝たかなあ
幾度も 考えた

おやすみ と 心の 中で
何度も 呟いた

帰宅後の 言葉は
必死で 抑えたんだ

邪魔を しては イケナイ って
自分に 言い 聞かせ ながら・・・


 『 君の 居ぬ 二日目の 夜 』

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

最近 あの 作品達から 感じる
不吉な 予感

僕等が 恋に 落ちる 時も
温かな 言葉を

夜空に 舞う 星屑の 様に
散りばめては
感動を 与えて 呉れた

キミからの
ワン ・ シーン ずつの 企み

最近 雲行きが 怪しいんだ
悲しい 物語が 続いて 居て

嗚呼 キミも
疲れて 生るのかな って

本当は 心配なんだよ


『 口に 出さぬ 本音 』

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°
人気ブログランキングへ
↑ポチッとな~☆↑



2014年10月 7日 (火)

太陽の実

Img_2070


Img_2071


Img_2075


枝の隙間を埋める
幾つもの とろけそうな太陽

光が集まると
何か 楽しいことが やって来る

子供心に わくわくしたことを
今 こうして 思い出してる

ねえ 見て?
お正月に お餅を挿すでしょう

赤い南天の実は 未だ
今の季節は 緑か茶なの
そんな風にね

紅白の お餅を 枝に差して
美しいねと 呟くでしょう

水を差す 台詞なんか 一切なくって
唯だ 楽しんでいれば 酔える夕陽が
この世に 幾つ 在るのかな

とろけそうな太陽の実を
一粒 くださいな

出来れば ぬくたまる風味の
心地良い角度の

美味しい雰囲気の広がる蔦が良いな
灰色の壁面を 愉しく着飾って

空まで 舞い上がるような
太陽の実を

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

ポリープできました


上部消化管 胃穹窿部ポリープっちゅうことでね
細い茶色の封筒に「胃がん健診」って書いてあるんだけど

妖精さ、違った要精査って言われてもなあ、
行けるような休みが暫くねぇんだわよ! 

チックショー by 小梅太夫は何処へ?(笑)
あの方 凄まじいダンシングなさるみたいよネ♪

なんかさー 最近さー 食欲がねぇと思ってったっけばよ
そういうことーっ(違)

まあさ、健診結果って 三年分が連なって来るのよね
三年日記かよ! みたいな感じでさ

ええとーーー 三年前と比べますよ?
(すずこ比)

腹囲は3センチ減っちょん(ラッキー☆)
体重2キロ増えちょん(アンラッキー★)

って 何処で重くなったのよ!?(笑)
そうか~ 胸囲だな~(ニヤリ)

測ってないから そういうコトにしとけ♪
キャーッ 脅威~っ(違)

っつうか 
コレステロール引っ掛かってるしね(爆)

で、他には?
「視力が低値です」・・・分かっとるわ!

見えにくい等の症状でお困りでしたら、
・・・心が見えないわ!(違)

眼科受信をおすすめします。
・・・視野検査も全てしたってばよ♪

何かさ、中性脂肪って文字 引っ掛かってんねんけど
中年脂肪って変換してもうて 若干や~な気分だわ(笑)

ポリープって久々に聞いたけど 
オペ中 ビミョーな気分だったのを 思い出した
一度 カットオフしたことが ありましてん
(英語 合っちょん?)

執刀医と研修医がタッグ組んでやって来てよ
しか~も♪ 局部麻酔やってん。

内視鏡の器具音だけ
カチャカチャしてっかと思ったっけばよ
二人の会話 丸聞こえなのな。

「あー そっちじゃない! もっと左! あっっ・・・」
とか言われたもんでからよ?

え゛? あっ ちょっっ!!! ・・・って
突っ込めないやんけ(笑)

頼むぜセンセー~( ̄▽ ̄~)(~ ̄▽ ̄)~

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

詩の発表場所あります
自慢の絵・写真を披露したい方にもおすすめ!

ワタクシすずこが編集している手作り詩誌
ポエムサークル「みゅう」

仲間になり購読いただくと
ボツなしで冊子掲載 & CDトーク → 全国郵送★
見本誌もあります。読みたい方も連絡くださいね。

以下に本誌の写真・詳細を紹介していますので
クリックして御覧くださいませませ~☆

ミュウ 221.222号 完成♪ 

すずこのリンクはこちらから

~いつかの すずザレ~ 藤鈴呼の戯言
過去作も織り交ぜてUPしていきます☆

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

ファーストフードは 確かに身体には悪いけど

コンビに生活だってサ 自炊の方が イイけれど

僕の知ってる限り  店員は 良い人が 多い

たまに 問題外にも 巡り会うのだけれど

パーセンテージ的に 言わせてもらえるならば

遥かに カラオケボックスの方が 性質が ワルイ

特に バイトであろう 学生軍団には

怒りを通り越した 溜め息すら 出ない

たまたま 当たり確立の問題も 有るとは思うが

愛想云々に 仮に ギュッと キツク 目を 閉じたとしたって

間違えた案内に 訂正も謝罪も 存在しないのは

もはや ニンゲンとして どうかと 

首をひねる気力も 残らないけれど 〓

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:

前が 見えずに 

視界が 塞がれれば

それだけ 苛々も

絶頂に 行くのでしょう

何故 僕が

現在進行推測形で

物事を語ったかの理由は

例えば 約束の時間に

遅れそうな 渋滞中から

遅刻の連絡を 入れた瞬間に

道が 拓け始めて

余裕のよっちゃんイカの 酸っぱさで

到着出来る 時の如きに

此の世の中は 推測が 付かないからです

後 もう一つ 、

絶対なんて事象も 存在しません。

この二つを 日々の精神として 組み込んで置けば

貴方の人生は 更に 有意義に 輝くでしょう

あっ! これも 勿論 憶測ですから

死の直前に ワタクシを責められても

一切の責任は・・・ 転嫁  天下に 点火っしょ♪  〓

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:

〓 長 柄 毎 〓    ながらごと・・・


ああ ボクは

運転しながら 色んなコトが 出来る様に なったなって

一つのメールを 送信し終わって

先刻 購入した ガムの包み紙に 手を伸ばし

開けようとした まさに その瞬間に

ふと 思って しまったんだヨ!

教習代こそ 最低ランクだったけれども

その後が 大分 ひどかったモンねぇ

海へ ダイブするかの勢いで

親の足首迄 カジリ取った過去も

やっとこ 笑い話に出来る程の 時が流れて

ようやく 産まれて初めての 車検だなんて

エバッて居たら 聞いた 誰しも

口を ホの字に ポカンと開けたヨ?

いやぁ アングリの方が 

表現的には もってコイかな?

今となっては どっちだって イイよ♪ 〓

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:

〓 ゆ び 〓


指が 疲れ果てて来て

少し 休ませてあげないとと 思いながら

ハンドルの上 にそっと預けた両手に

ふと思い出したのは

利き手の方が ユビが長いと 言うコト

思わず 両手を合わす 仕草

メールに 埋もれ始めたら

水かき部分が 肥大するかなと

馬鹿なコトも 同時に考えた

挙句に 迷走 繰り返すーーー

かと思いきや 瞑想中途で

元サヤに 収まったから 

これで ヨシかな?

超レアCAR迄 発見したしネ!

セドリックかと 思いきや

名前忘れた 何だっけ?

カーペンターズじゃ ないんだよ?

ジャンヌダルクは 好きだけど

カーニバルでも 無かったな

あー どうしても 思い出せない!  〓

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:

〓 ガ ソ ス タ 〓 


ふぅん 今日は

洗車キャンペーン なのねん?

ここの ガソスタだけど お水は 要らないの。

キレイキレイは 今日の夜まで

一人 とっておくわ♪

それは 私の 方だけれどネ

心が 疼いて 病まないの

ホスピタルなら 通り過ぎたワ

あたし ビタミン 足りないの

アナタの 目の前 イチゴをちょうだい?

かわいく しゃぶって あげるから

アナタの 胸の 高さまで

一生懸命 上げるから

軽く 受け止めて 頂戴ネ!

スポリと 片手で 隙間の余る

小さな 小さな 苺だけれども

どうか 可愛がって ゆっくり舐めてね

林檎の季節を 待ちながら

ゆっくり熟成 してくから

伸びた枝だけ カットして

枯らさないでネ♪♪♪  〓

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:

〓 バ ー ス デ ー 〓


その瞬間を刻む  時計の針にだけ  統てを  委ねてみたい

不思議な気持ち 抱き締めながら

夜の途中の 恋人に遭う  到着予告も 無いままに

一日過ぎて ようやっと 向き合えて行く 貴方への想い

どれだけ届くか 確かめる為 四つのタイヤを 走らせて来た

大好きな地の 夕暮れに 今宵もきっと 間に合わない

暑さの引いてく 車の中で ヒーターだけを 消せないの

CDさえも 替えられないの この前だって 同じ曲

二日続けて 聴いて居た 何だかこれは レクイエム?

君と僕との 葬送曲? なんて 考えるのがイヤで 限界寸前

眠りは取っとく 悲しい気分も 共に預けて 夢の奥側 閉まって置くよ・・・ 〓

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:
人気ブログランキングへ
↑ポチッとな~☆↑


2014年10月 6日 (月)

橋に映る景色

Img_9738


Img_9739


Img_9740

イ草の匂ヒは昔から
得意ではなかったの、と
小さく呟いた蟻ん子が
畳の隙間で隠れん坊

絶景からも 借景からも 隔離された
清き空間に 注ぐ液体 それは 透明な水
真ん中に甲羅があって 二つに分かれ 降り注ぐ
今日の雨は きっと白糸
ファインダー越しには 気付けぬ隙間も
色濃く映し出すから デジカメの好意的な視線は素敵

パタンと本を閉じるように
窓枠を 折り畳んだら どうなるかしら
一枚 二枚 
取り出す旅に 違う景色を切り取って
あなただけの 絵本を作るのね

笑顔も泣き顔も苦しみも全て飲みこんだ葦が
来年には生えるのでしょう
きっと 映えるから
今は 這える指の先に
そっと 力を込めて 栄えある日を 待つのみ

暗がりの中で
向こう側の光を眺める
緑が色濃く映るのは
今日が 雨だからだよ

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

詩の発表場所あります
自慢の絵・写真を披露したい方にもおすすめ!

ワタクシすずこが編集している手作り詩誌
ポエムサークル「みゅう」

仲間になり購読いただくと
ボツなしで冊子掲載 & CDトーク → 全国郵送★
見本誌もあります。読みたい方も連絡くださいね。

以下に本誌の写真・詳細を紹介していますので
クリックして御覧くださいませませ~☆

ミュウ 221.222号 完成♪ 

すずこのリンクはこちらから

~いつかの すずザレ~ 藤鈴呼の戯言
過去作も織り交ぜてUPしていきます☆

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

仲間内の 新年会が

もう一度 訪れると言う

きっと アイツが 提案したのは

あの子に 会いたい その為なんだね

そして アイツは

同じ部屋の中で 恋愛を していると言う

身近な恋人って どんな モンかな?

大好きな あの場所で 弾き語りをする為に

練習も 放ったらかしで タイプに埋もれて居る アタシは

昔の恋人を 思い出して居る

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:

引きずられて居るのかも知れない

貴方の 言葉に

誰かに 提案して もらわなければ

自分の気持ちが 解らなくなるだなんて

とても 愚かな こと。

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:

カルシウムが 足りないのかも 知れない

こんなに イライラする 夜は

あたしは あの人達のようには なりたく無いんだって

いつも 心に したためて来た

気分次第の お天気屋サン

たった さっきの 電話のように。

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:

人が 低姿勢に 出ているからって

良い気に 成るんじゃ 無いよって

あたしは 言いたい

年齢なんて 関係無いんだよって

今夜の あたしは

魂の ぶちまけ処を 知らぬままに

何処まで 浮遊を 続けるんだろう

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:

誕生日を 忘れて居たんだと 言ったね

そうだね 電報なんて 意味が無いのかも 知れない

それよりも

本当に 大切だと 思っている 相手ならば

葉書一枚の方が

こんなにも 嬉しいんだよって

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:

赤い 小さな 箱が

いっぱい いっぱい いっぱい いっぱい

たぁっっっくさん 残っている

その中には チョコレートが 入っていて。

そうだ 何を飲んでいたかな?

喉飴だったって 思い出した。

舌の中の香りが 消えぬままに

口にした チョコレートは

とっても 苦かったの。

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:

きちんと 10分間を

小さな 小さな 紙切れに

カキコしていた筈だったのに

連続投稿不可の メッセージが 流れる

こんなにも ムカつく あたしの感情を

更に 逆撫でする

この ムカつく 機械!!

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:

ヒーターは 消せば 暑いし

身体も 何だか 火照って来ているし

こうなったらば

冷水シャワーでも

浴びて来ようか?!

なんて。。。

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:
人気ブログランキングへ
↑ポチッとな~☆↑



2014年10月 5日 (日)

限りなくグレイな空に

Img_9729


Img_9730


Img_9731

ぼんやりと浮かぶ
黄を載せた雲が
ゆるやかに流れ始める時間帯
風は切なく
冷たさを予感させながら動く

訥々と語り出す恐怖に慄いて
切っ先の鋭さを誇示する風
流れた先に 淡く歪む月が
見事に閉ざした 前と言う名の路すがら
唯だ アクセルを踏み続ける深夜

綴じようとする書類と
閉じ始めた睫毛の角度が
やや同じ方角に傾いては蠢く
光 明 陽
そんな言葉ばかりを追い駆けた
昼間と言う名の 浅はかさ

砂利を踏むと 足の裏の感じた 存在感
確かに 何かを 越えて行くようだと
信じなければ
前に 進めは しないだろう
雲の隙間に見える
空の向こう側を 眺めては
溜息を 吐く

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

詩の発表場所あります
自慢の絵・写真を披露したい方にもおすすめ!

ワタクシすずこが編集している手作り詩誌
ポエムサークル「みゅう」

仲間になり購読いただくと
ボツなしで冊子掲載 & CDトーク → 全国郵送★
見本誌もあります。読みたい方も連絡くださいね。

以下に本誌の写真・詳細を紹介していますので
クリックして御覧くださいませませ~☆

ミュウ 221.222号 完成♪ 

すずこのリンクはこちらから

~いつかの すずザレ~ 藤鈴呼の戯言
過去作も織り交ぜてUPしていきます☆

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

とても 逢いたかった

方法が 無かった


ほんとは 有ったんだよ

実行しなかった

それだけで

★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

巡り逢ってしまえば

元には戻れぬ 関係と


ズルズルと 引きずられた糸

自ら 断ち切ったのでしょう

★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

一つのグチを聞いて

自分は まだまだ 平気だと

「 それは 自分に 

  言い聞かせて いるの? 」


あの頃と 変わった口調は

誰が アナタを

こんな風に したのだろう


会話の途中で

発覚した 事実


そうね アナタ 幸せなのね

そうよ 私も 一緒だもの


そう 言い聞かせてる

今夜も 昨日も 

明後日も

★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

くらくらと するように

風に 身を 任せた


視界が どんどん 狭まって

少し 息が 苦しくなった


其れでも 景色は 広がって

永遠の 海を 見た


あの 夢の 狭間に 君が居た

華麗な音が 流れ出て生た

★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★
人気ブログランキングへ
↑ポチッとな~☆↑



味噌汁

Img_9697


Img_9732


Img_9733


を上手に撮影したい場合は汁を少なくしないと
何が埋まっているんだか闇鍋みたいな雰囲気になる(笑)

義母さんは 具たっぷり派
それだけで おかずになるように バランスを考えている

私は多くても 三種類くらいしか入れないなあ~
で、汁じゃっぷりないと 味噌汁って気がしないってのも
あるかな

小さい頃 食事時には 机の隅にコップ水があった
いつも飲みながら食べていたのが 懐かしい

給食時代も 牛乳瓶があったよねー
あれ、喉が詰まらないようにって配慮なの?

何の疑いもなく いただきますの第一声とともに
一気飲み競争する図は 全国統一なの?(笑)


まいたけ天丼 ミニギョーザは 七福の湯 

そして今夜は いただきモノの えび&さつまいもで
天丼続きになる予定(笑)

サックサクの まいたけ天ぷらが 食べたい…
昨日は久々の上越だったような?

最近 諸事情により 以前より休日が少なくてね
みゅうも全く 進んでないんだが

え゛? 
それは ブログばっか 更新してっからだろ?
はい、半分正解(笑)

眼鏡がズリ落ちて ふざけたおっさんみたい(?)だから
調整に出掛けたんですよ

なんて書くと
まるでその為に上越くんだりに繰り出した風ですが
たまたま思い出したって言うね(笑)

二万遠藤(違) 遠藤サン 二万円ちゃうわ(笑)
弐萬圓堂・・・アラ、何か違うわ

間違った 私の行ったんは 眼鏡市場やった(爆)
看板があってサ A LOOK って文字が目に入ってん。

アルクって読むのね?(今 検索した)
買収したのかしらね、なんて話していたんだけどね。

で、前回 直してもらったが キツすぎて
私の表情もキツくなってしまった姉ちゃんが
担当してくれまして。

すげーよ、人間って進化すんのねっ♪ って
感動したもんよ(上から目線)

いや、何度かやり直しながら ビタッと合わせてくれて
すずこ ご満悦~♪
この低い鼻にフィットする アウトドアめがねたん♪

気を抜いて 何度 調整しようとも
私の骨格は 難度が 高いと 思われます!?

なんで、すっげぇ 嬉しかったのサ
ついでに 七福の湯マッサージも堪能して 良い心地♪

三回くらいはお世話になっている Oさんが
もう 絶妙な指使いでさ~(恍惚)

一瞬 ストレッチみたいなことも するんだけど
身体やわらかいですね~♪ なんて褒められて にんやり

にんまり、ではないところが ポイント☆
心も や~らかく ありたいですなっ♪

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

ワオン/藤鈴呼
http://po-m.com/forum/showdoc.php?did=297175&from=showdoc.php%3Fdid%3D297175

和音って表現すると
何となく心地良く、輪を乱さぬ存在という印象が強い気がしますが 

ワオンと鳴く表現は
何処かしら哀しさも連れて来るような気がしてなりません

ちょっと イオン系のレジでカード通すと鳴る音も
連想しちゃうんだけど(笑)

あの音に惹かれて ついカード作成しようか 毎回悩むのだが
「その手には乗ら~ん!」 

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

詩の発表場所あります
自慢の絵・写真を披露したい方にもおすすめ!

ワタクシすずこが編集している手作り詩誌
ポエムサークル「みゅう」

仲間になり購読いただくと
ボツなしで冊子掲載 & CDトーク → 全国郵送★
見本誌もあります。読みたい方も連絡くださいね。

以下に本誌の写真・詳細を紹介していますので
クリックして御覧くださいませませ~☆

ミュウ 221.222号 完成♪ 

すずこのリンクはこちらから

~いつかの すずザレ~ 藤鈴呼の戯言
過去作も織り交ぜてUPしていきます☆

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

なにかを 感じなければ

わたしは 今すぐにでも

壊れてしまいそうで・・・

それが

怖くて 怖くて

わたしは

言葉から 離れられないでいる。

★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:

帯が 長く 連なった

銀河系の 遥か彼方から

届く・・・ 光。

目を細めれば・・・ ほら

君の瞳にも

映ることでしょう。

★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:

ビックリたまご。

目玉焼きのことを

きみは こう 呼んだよね。

その命名が あんまりにも可愛くて

僕は 思わず

とろ~り とした キミを なめながら

         「君」を 抱き締めた・・・

★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:

気力が無くなってしまえば

ボクは 消えて しまうから・・・

今日 君も そんな気分の時が有ったんだって

改めて 思い知らされたんだ・・・

だけど 今日までボクは

君の心を 覗く事が 出来なかった だから・・・

★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:

胸が痛い・・・

それはきっと

恋の病

さもなくば

刃でもって

切り取っておしまい。。。

★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:

キャッシュカードを手にしたままで

「心を引き出せない」と 泣いている

こころの保険は ありませんか?

失恋保険は ありませんか?

★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:

熱のある時

世界が回るような 感覚

空を飛ぶ楽しさを 感じられるような。

君にも 有るだろう?

まるで 夢の中で

階段から ダイブしたような

そんな 感覚が・・・・

★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:

幻の 空中遊泳

水がなくたって 平気

あぶくがなくたって

息が 出来るんだよ

だって 今日から ボクは

マーメイドの

仲間入り なんだからね♪

★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:

その行方を 感じられれば

追いかけることが 出来るのに

行き先も告げずに 出発するなんて

君は ほんとうに

ひどい 人だね

★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:

かなしい とき。

そんな ときは

お空の お上の

お月様を 眺めます

すこしでも あの

やわらかな 光に 

照らされて しまえば

楽に

なれるよな

気が するから。

★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:
人気ブログランキングへ
↑ポチッとな~☆↑


野菜味噌ラーメン

Img_9727


Img_9728


Img_9614

何か寒いとですよ
最近 炒め野菜がのっかったラーメンにハマっていまして。

昔良く食べていたのがね 盛岡時代の野菜ラーメン
夕顔瀬からアイスアリーナ方面に繋がっていく路の下あたり

城西町方面に進むと 右側が
その路の高架下みたいになっていてね、奥にラーメン屋さんが
あったんですよ 

そこのラーメン 好きだったんだよなー
まあ 営業先でもあったんだが
毎回 仕事終わる辺りに狙って行って 夕食にする(笑)
本気で楽しみだったもんなー(懐)

今回のラーメンは 糸魚川のお店 みそ道楽
野菜ラーメンは 一旦炒めるに限る!

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

詩の発表場所あります
自慢の絵・写真を披露したい方にもおすすめ!

ワタクシすずこが編集している手作り詩誌
ポエムサークル「みゅう」

仲間になり購読いただくと
ボツなしで冊子掲載 & CDトーク → 全国郵送★
見本誌もあります。読みたい方も連絡くださいね。

以下に本誌の写真・詳細を紹介していますので
クリックして御覧くださいませませ~☆

ミュウ 221.222号 完成♪ 

すずこのリンクはこちらから

~いつかの すずザレ~ 藤鈴呼の戯言
過去作も織り交ぜてUPしていきます☆

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

聞いた 言葉を
脳内 変換 
してみる コトに した

突っ込み を 入れながら
会話調で 進むと

ツマラナイ ニュースも
面白く 記憶 される

海馬の 小箱に
突っ込んだ 知識は

たまに 
掻き 混ぜて

忘れ 無い
様に ね

詰め込み 過ぎたら
固まらない 様に 
ほぐし ながら ね

埋め 込んだ ならば
二度と 

芽が 出なく 成って
しまう から サ×××

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

ジメジメ した 空気を
二人の 笑い 声で
カラリ と 
乾かして 生く 様に

ジトジト ・ ネチネチ は
勘弁 です ヨ


『 7月10日は 納豆の 日 』

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

コウモリが 
何故 真っ黒いのか
知ってる かい?

彼等は
右や 左に
おべっかを 遣い 過ぎて

腹黒さ が 
全身に 広がり

いたたまれなく 成って
飛び立ったの サ

そして
仲間 ダケで

もっと 黒い 暗闇に
逃げ込んだんだ ねぇ~

え?
ゴキブリ?

彼等は
コウモリ の 代わりに

残された 足跡を
踏み 締め ながら
生きて 居るの サ

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

眠り 続けた 七夕
夢見る コトも 忘れて

太陽の 光を
避ける 様に

浅い 寝返り
繰り 返す

今頃
彦星 と 織姫 は

年に 一度の
貴重な 逢瀬に 向けて

必死で
駆け 巡ってる だろうに

いいや 違うね

今頃 二人は
倖せの 涙を

拭い 合ってるに
決まってる

そう 言えば
七夕の 伝説 には

色んな 説が
有る らしいね

元々 働き者だった 男が
結婚した 途端 
ラブラブ 過ぎて
怠け者に 成って しまい

怒った 神様が
天の川を 隔てて
二人を 引き 離した

と 言う 話は
初めて ラジオで 聞いたよ

別の 話の 方が
ロマンチック だよね

天女が 空から 舞い 降りて
余りの 美しさに
彼女を 返したく 無い 
と 

羽衣を 木の 枝に
隠すんだっけ?

アタシは
ゆっくりと
空を 眺める 
余裕も 無く

夕食に 出掛ける 時に
車窓から チラ見 した 
程度 だったが

思えば
天の川 って 
星 なんだから

七夕の 夜 ダケに
出現する 訳じゃあ
無いよ ねぇ・・・ 

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

赤ライター


ちょっと 可愛い 赤 ライター を
ローソンで 貰った

タバコの カートン 買いに 
付いて 来た タダ物 だから

文句を 言う 筋合い は
無いの だろうが―

此の ライター
“ タダモノ ” じゃあ 
無かったの ダ!

貰った 日の 昼に
使おう と したら・・・ 

最初の 二回 程で

もう 火が 点かなく
なっちまったい Σ( ̄□ ̄)!

本体も 小さく
周りは お洒落で
お気に入り の タイプ だった のに×××

装飾に 気を 遣い 過ぎて
中味を ケチッた モノか・・・ 

やはり
物も 人も

外見 じゃあ
判断 出来ない モノよ のう・・・ 

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

朝の 出勤時
テイル ランプの 部分が 
洒落た 感じの 車が
前に 停まった

信号 待ちで
ゆっくり と 眺めた

車種は
『 バス ・ あらっ? 』 

・・・ と
読め無く も ない

BUSSARA  と 
書いて 有る

― バサラ だろうか ―

ニッサンの 丸い マークが
中央に 有った

今じゃあ
マークが 主流だ ケド

昔は
ボディに 会社名を
デカデカ と 
書いて 有ったよ ねぇ・・・ 

今でも たまに
TOYOTA なんて
大きく 書いてる 車を 見る ケド

違和感と 懐かしさが
交錯 するんだよ

何時頃から 
マークが 出始めたん だっけね

各社 
示し 合わせた 様に
一斉に 代わった 気が する

きっと 
マークを 普及 させようとした 
時期 だったんだ ねぇ・・・ 

と 彼は 言ってたな・・・ 

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

昨夜の夢


何故か リスと 会話 してた

外と 建物 の 
行ったり 来たりを
繰り 返してる 感じ

リスが 
クルミみたいな 実を 両手で 抱えて

お腹の 処で 
持ってる 様な イメージ

親子 みたいで
私が 話してるのは 母親 らしい

隣の リスは 小さくて
お兄ちゃん と 弟 みたいな 感じだ

その シーンが 外

建物は イオンの ボスが 
経営してる らしき 
ペンション風の 室内

アタシは トイレの中で
彼女と 会話 してた

一度 出て 
河辺で リスと 再会

リスは リンゴ みたいな
赤い 実を 持ってる みたい?

次の シーンは 
再び 室内

ボスが 何かを つまみ あげて
ヒステリック風に 叫んでる

「 誰? こんな 処に
  うん○ 落とした ままに してるのは!? 」

床に 緑の 苔が 生えた 様な 
固そうな 物体

さっ きトイレに 居て
お腹を 壊してた と 
思い 出した アタシは 一瞬 焦るが

其此で 近くから
誰かの 声

「 未だ 温かいよ 」

なんだ 
じゃあ アタシじゃ 無いや

さっき 一度 
外に 出掛けた アタシは 一安心

又 リスと 会う

リスが カチカチ と 
音を させてるのが 聞こえた

アタシは 目を 閉じてた

リスが 
電卓で 計算 してるのだ
と 何故か 分かった

カチカチカチ×××
カチカチカチ×××

ええいっ!
五月蝿いっ!

目を 開けると・・・ 


彼が 
携帯 打ち込み中 でした
~( ̄▽ ̄~)(~ ̄▽ ̄)~

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

表には 出さないけれど 僕ならば

 アナタ 以上に  イライラ してる

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

待てぬのと 減った車で 渋滞は

短く成れど  踏切 開かず

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

人 ・ 車 ・ 自転車までも ひしめいて

テレビで 知った   中国の よう

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

次々と 吸い込まれてく 車波

まるで 踏切   ブラック ・ ホール

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°
人気ブログランキングへ
↑ポチッとな~☆↑



2014年10月 4日 (土)

あたる

Img_2241


Img_2242


Img_2243


劇場版ATARU THE FIRST LOVE & THE LAST KILL
脚本:櫻井武晴・ノベライズ/百瀬しのぶ

平等院鳳凰堂4コインで御嫁入(笑)
嫁ぎ先はブックオフ

映画やドラマでも話題になった本の場合
どうしても登場人物の顔を思い浮かべながら
ストーリー展開してしまうのね

だけん 早々にブックカバーを引っ掛けて
何なら酒でも「ひっかけ」ながら読む(笑)

丁度 九月のカレンダーを「はぐった」ところだから
新しいブックカバーも作成できるし♪

※はぐる  捲る、と言う意味らしい
この地に来てから知った方言だ。

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

あたる


辺りは暗がり
今宵どうしても
太陽に会いたいのだけれど
おてんとうさまは ゆるしてくれない
代わりに
お月様が微笑んだ
不思議な夜

すうと音がして
棚引いているのは雲

明日の朝になれば
緑色の隙間に
蜘蛛の糸が ぶら下がる

天使の梯子みたいな美しさを称えて
得意になっている笑顔が
浮かぶ

ボートの上で
オールはないかと
必死に探した

そもそもの理論を間違っている
底を御覧
穴から水が浸み込んでいる
素材は木
もう 其処からが 違ってた

即席麺の待ち時間は
三分かと思っていたら
その瞬間に鐘が鳴る
「おめでとうございます!
 一等賞です!」

目の前に 美味しそうなスープが
湯気を昇らせて
今にも伸びそうなのに
食べるまでの時間だけが
儚く延びそうだ

深く伸びをして
深呼吸とともに
今は 我慢の時と
言い聞かせる

当たりは何処だ
クジを引かないと
アタリに惹かれることは
決してありません

アナタのツキまで
消してしまうのに

何故 そこのところに
気付かぬまま
傷付いて しまうのでしょうか

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

詩の発表場所あります
自慢の絵・写真を披露したい方にもおすすめ!

ワタクシすずこが編集している手作り詩誌
ポエムサークル「みゅう」

仲間になり購読いただくと
ボツなしで冊子掲載 & CDトーク → 全国郵送★
見本誌もあります。読みたい方も連絡くださいね。

以下に本誌の写真・詳細を紹介していますので
クリックして御覧くださいませませ~☆

ミュウ 221.222号 完成♪ 

すずこのリンクはこちらから

~いつかの すずザレ~ 藤鈴呼の戯言
過去作も織り交ぜてUPしていきます☆

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

最近 変化した コトと 言えば 

ゆっくり 読書に 埋もれる 幸せに 

浸る 時間が 多い って コト ですかね 。 


以前から 読書は してたけれども 

先日は 珍しく

三連休 を 三連刊 に 費やし まぴた ☆


何時も 昼休みや

マッサージ後 の 外食 なんかで 読んで 居まつが


まるっきり 自室での 

睡眠 以外の 時間を 

全て

[ 或いは   文字 通り 

     寝る間 も 惜しみたく 成る程 に ]


費やしたの は 

初の 試み でちたんで

自分でも 驚いたのだぁ~ の 巻 ☆


一度 泥の 如くに

『 ねじまき鳥 』 の 世界に 埋もれるコト を 

お奨め しましゅ ξ・。-☆

★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

タダ 程 怖い モノは 無い

そうだよね って 納得する 故事ならば

世の中 幾らも 存在するよ


そしてね?

誇示ならば

幾らも 可能なんだよって コト

★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

以前 カラオケに 行ったトキの コト。

若い 女の子の 格好が

ジーンズの上に 

スカートという

出で立ちだったんだ。


だけど 彼女は 

高らかな美声で

演歌を 歌い 上げて居た。


其れに 感動 しながらも

何か 歯痒く なりながら

自分の 年齢を 

今ひとつ

ひもとかなければ ならないかな? って

思った日のコトを

たった今 手繰り寄せながら

★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

思い切り 泣くなんて云うのは

哀しいトキの為に

取って おきなさい


そう あの人は 言ったよ


僕ならば 最近じゃあ

ホーム ドラマで 泣けて 来るんだ


年を 重ねた 証拠 なのかな

★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

本当に 悲しみに 明け暮れた 瞬間

本当に 日の出と 月は

満ち欠けを 繰り返し

今日が 日蝕だとか

月食だとかを 忘れてる


本当に 笑いたい 瞬間の 引き攣り

頬が 痙攣するのは

きっと 心の 悲鳴 なのでしょう


出来るコトならば 何時も 楽しみ

日々 幸せを 感じて居たい


たまに 痛みを 抱えては

広げるコトだけ 恐れては


抱え行く 安らぎは

きっと 伝承 されゆく ものと


今は 信じて 生きたい と

°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★
人気ブログランキングへ
↑ポチッとな~☆↑


2014年10月 3日 (金)

夕陽珊瑚

1


4


16

すずオリジナル
ガラス・アクリル混合ブレス

硝子・ガラスと表記してあるものがガラスビーズ
その他は アクリルビーズです

たまにフリマ出没しますので お楽しみに(笑) 
既に お嫁に行った子も多数★

1 水辺(18センチ) 
水辺に煌めく硝子模様を表現してみました☆
ヒビガラス・ブルー・黄色7ミリ 透明8ミリ

4 夕陽珊瑚(21.2センチ) 
太陽が沈む瞬間に輝くサンゴを連想しました。
ヒビガラス・ブルー・黄色7ミリ1 紫12ミリ

16 赤毛のアン(18.8センチ) 
大きな緑毛を三つ編みしているイメージ。
染色失敗で緑髪に染まったのよネ。
緑12ミリ 硝子パール・ホワイト8ミリ

郵送詩誌みゅう購読メンバーになった方には 
特別プレゼント☆

見本誌もありますので 
興味のある方は 連絡くださいネ☆

以下に本誌の写真・詳細を紹介していますので
クリックして御覧くださいませませ~☆

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

詩の発表場所あります
自慢の絵・写真を披露したい方にもおすすめ!

ワタクシすずこが編集している手作り詩誌
ポエムサークル「みゅう」

仲間になり購読いただくと
ボツなしで冊子掲載 & CDトーク → 全国郵送★
見本誌もあります。読みたい方も連絡くださいね。

以下に本誌の写真・詳細を紹介していますので
クリックして御覧くださいませませ~☆

ミュウ 221.222号 完成♪ 

すずこのリンクはこちらから

~いつかの すずザレ~ 藤鈴呼の戯言
過去作も織り交ぜてUPしていきます☆

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

LEDの名前は とっても ステキですよね。
と 書きながら

何の 短縮形かも
分かって ないのだけれど。。。//δ⌒▽⌒//

そう
先日 彼との会話にて

TDKって 何の略か 知ってる ? と 言われ
回答が 確か
東京電気工業 ? だか 

ちょっと 違うかも 知れないけど
そんな 名前でした

NHKも 日本放送教会の略だ って 
言われてみれば 確かに その通りで
納得!_( ̄▽ ̄)ノ彡!

何故か 大爆笑してしまう 瞬間なのでした

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

この 白い花
チラチラと 舞う姿が 美しいけれど

アスファルトに 落ちて しまうと 
物悲しいのです。

ちょっと 茶色くなって しまうのも 
切ないですね。

大きい 花びらや 
ちょっと違う 種類なんじゃないかな?

首を かしげながらの 散歩道

シャッターを 切る なんて
格好の 良いことは 言えないけれど

手元の デジカメで
パシャリ☆ と する 瞬間が
たまらなく 楽しいのです

嗚呼 書いていたら 
良い天気に 誘われて

昨日 歩いた道に 咲いていた 花びらが 
脳裏に 浮かんで 来たので

明日の パンも 買いたい ことだし 
ちょっくら お散歩して 来ようかしらん♪

歩くと 重たいものを 買いたくないから 
自動的に 衝動買いも
出来なくなって しまうのです。

でも 明日の 朝は きっと 彼は 
食パンを 欲しがる だろうから

あとは 冷蔵庫にある 食材で 
今夜は シチューでも 作って・・・

何だか 春なのに 
冬のような メニュー だけれども (笑)

あとは 昨夜 机上に出てから 
もう一度 
冷蔵庫 と言う名の 寝袋で 寝込んでいる
納豆くんを 出して 

終了~ に して しまっても
良いでしょうか・・・ ねぇ ( ̄ー ̄)

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

午前中 起きずに 
うだうだ と 布団の中で 
ヌクヌク するのは 
久し振りだ なーぁ

なんて 
幸せ モードに 浸って居たら 
短い 夢を 幾つか 見た

営業してる 夢だった
アタシは 保険屋だから ね~ぇ 
なんて 言いながら

中学生くらいの 女子と
会話しているような 夢だった

何か 言い含めているような
会話でも あり
詳細は 思い出せないのだけれど

最後に 雨が 降って居て 
一旦 傘を 
表の 傘立てに 置いて
食堂っぽいところに 入ったらしく

さて 出よう と 思ったら 
紺色の傘に
違和感を 感じたんだよ ねぇ

で 良く みたら 
自分の傘と 違う!

誰かが 間違えて
持って行って しまったんだよ

これは アタシのじゃ ないんだよ
この マークのところが 違うんだよ

とか
目の前の おっちゃんに 言いながら

本気で 泣きそうになって 
胸が きゅいーん とした 瞬間だったよ
目覚めたのは・・・

ふるふる 心が 震える 春だねぇ。

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

ちやっちから もろた マシュマロ♪
美味しいねぇ。

どちらかと 言われたら
チョコよりも コーヒーが 美味しいな♪
甘いものって 元気になれて 好き♪

ブラックコーヒーに 合いそうなので、
明日にでも 試してみる♪

いや、 今夜、 「夜のおやつ」 に 
サイフォン 起動 させよかな☆

ちょっと 冷蔵庫で 冷やしてみたら
これも また イケル ねぇ。

でも 中身が かたまって しまうから
常温の ほうが 
とろける感 は あるかなぁ・・・
と 試して いるので あった♪

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

明日は 夢庵の 面接なのじゃー。
前回の スポーツクラブ トレーナー には
なりそこねたので
今度は ウェイトレス狙いじゃー。

上手く いったら 働くぞ (笑)

朝10時半からの 面接で
家から 徒歩で 5分 と 言う
私にとっては 好条件で セレクト。
週2回くらいでも 働けそうな ところも ポイント☆

履歴書 いっしょーけんめい 書いてから
電話アポ とったら

何と 面接に 持って いくのは
ボールペンと 写真と 免許証だけで 良いらしい。

折角 書いた 履歴書、
別の面接で 出すことが 無いように
祈りたい ところ・・・

今回ばかりは

「 履歴書よ、 どうか無駄に なっとくれ 」

字足らず。 ってな ところで

運も 「足らず」 なんて ことが 
ありませんよーに (祈)

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

面接 してきたー。
4/10までに 結果 くるらしい。

平日 2.3日で 1日 4時間で
土日 祝祭日 以外で、 と 希望 出して

其れに 関しては
特に 何も 言われなかったので
OKらしい。

ホールは 1~3人で 回している らしい。
昼時間なんか 混雑すると
店内 一杯に なるそうな。

帰りは グルリと 歩いて
グルメシティーを 右に 見ながら 歩き
自宅の方向に 曲がり 

川沿いを 歩いて
ミニストップの あたりから出て 帰宅した。

そうそう、 ガすスタ 潰れたみたい ねぇ。
丁度 通り過ぎるとき 
男が乗った 一台のセダンが 出て行って 
作業着の 男が 手を振ってる 場面に
出くわしたよ。

もう 入れないように ロープ はってたし
スタンド内の 建物にも 何も なかったから
潰れたんだ ねぇ

*

面接 いってきたずら♪
ウォーキングもして 帰宅したぁ。
結果・・・ 交 互 期 待 ? "
こうごきたい 変換したら 
こない でました けどぉ・・

写真は 近所の桜。
今日、夢庵の 面接の 帰り道、
逆方向に 歩いて パシャリ☆

何時も通る グルメシティーの前の
道なんだけどね。

こっち来た あたりかな、
前は ダイエーだったけど、
グルメ・・・ に 名前が 変わってて、

あ、そうか、なんて 思ったんだっけな。
携帯からだと 上手く 撮影できない、
なんて 
機材の セイに して、
腕が ないんだっけ ? (爆)

同じように 空へ 向けて
携帯を 向けている 
散歩途中の 人とか 居たんだけど、

私が 撮影しようとした 瞬間に
別の道から 出て来た 
自転車の おばちゃんが
不審者みたいな 目で こっち 見るから
焦りながらの ショットなのだ
。。。//δ⌒▽⌒//

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

カタクリの蕩けるやふな肉団子

*

現在進行形で 
初の 肉団子スープに 挑戦している。

何故って?

昨夜、 食べたそうに
何度も 呟く声を 聴いたから♪

お陰で(?) 夜中じゅう 
グゥの音と 格闘 だったよ☆

カタクリの 花は 
そろそろ 季節終い だろうけど、

片栗粉を 奮発し過ぎたのか
グニャリ団子の 完成サ。。。//δ⌒▽⌒//

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

人に 慣れ過ぎた 鳩が
豆鉄砲 くらったよと 嘆く

驚く 直前で 
鼓動を 重ねる 心臓は

爆弾の 如く
ドクドク ・ バクバク

血液を 送り出す コトも 忘れて
始終 ひっきりなく 

止まる ことの ない
シャックリの よう

それじゃあ 疲れて しまうでしょう
五感を 得る コトも 
無くなって しまいそうで
心配なのさ

一度 ゆっくり 休めて しまったら
復旧 不可能だから

じっくりと 動かす 必要がある
私の 胸元の 愛しい 臓器

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

トゥルルル・・・

「 はい 夢庵です 」
店長の **様 いらっしゃいますか?

取次ぎ

「はい!店長の**と 申します!」

・・・先日 面接していただいた すずこです。
昨日までに 電話いただける 
と いうことでしたが---

「あっ そっ ・・手違いが ありまして
 お電話できなくて すみません!」

・・・気に成って 電話 差し上げました。

「あのですね、検討の結果-- 
 意識も高くて 凄く 良かったんですケド--
 ちょっと
 時間帯の部分で-- 申し訳ないんですが-」

・・・そうですか、で、どのあたりが?

( だから 時間帯って言ってんだろーっ て
   自己突っ込みの一瞬の後に。   )
      ↓                  

  一日あたりの時間帯ですか?

「 いえ、--長期的に 働ける方が
      欲しかった ものですから 」

( 嗚呼 そっちか。。 確かに 面接で
  一年くらいで 転勤だと思う 
             って話 したなぁ。)

・・・では 仕方ありませんね。 分かりました。

「 あのっ そのっ 
  本当に 電話しないで 申し訳ありませんでしたっ
 今度-- ぜひ---    (小休止)    お食事でも 」

・・・はい。 ありがとうございました。

いや、 笑いは 堪えますた!_( ̄▽ ̄)ノ彡!
最後 何か 新種の難破(古風な?笑)的
台詞だった けれども ( ̄ー ̄)

ま、 そんな感じで 
結果の 電話待ちの期限は 昨日。

夜中1時まで 営業だが 流石に もう 来ないだろう

22時半過ぎに 妹に メール報告した。

〓→絵文字

タイトル 〓(ブタ)・〓(爆弾)・〓(グゥ)
本文 〓(携帯着信) 来ないので落ちたらしい~
次はホームピック近くのサガミか
駅前にオープンした すき家か
はたまた町田にするか・・・
夢は 広がりゅっ♪

返信が 来た。

Sent: Friday, April 10, 2009 10:45 PM
Subject: Fw:結果電話くれないなんて〓(怒)


> ヤな感じっ〓(怒)
> ひどいねっ〓〓(!!)
>
>
> バイトって、先方が求めてる勤務曜日・
週あたり日数とか時間帯とかイロイロ条件が
お互いに合わないと厳しいから、
簡単には見つからないかなぁ~
>
> 気長に探してくださいな。
絶対いいとこに決まりますって〓(♪)

*

私の分まで怒って(-ヘ-メ)(`ヘ´メ) 
励ましてくれてるなぁ と 思いつつ
深夜に帰宅した 彼にも 報告し

一晩 寝て 土曜出勤の彼を 駅まで送り
布団シーツを洗ってたら
軽く イラッとして来た

何か 洗濯機に 詰め込み過ぎたのか
何度も 途中で止まって
流しをやり直すから 

流水ばかりで 反エコじゃないかーい
♪(〃゜▽゜)ノ□☆□ヽ(゜▽゜*)♪.

で、三度目くらいの 洗濯スイッチを
ポチッとなー♪ して 電話をしたのであった。

イラッとするのに 一晩 かかったのかって?
うーん。 あんま 考えないように してたのかねぇ

電話が来ない = 桜散る
って スルーしてたのかも 知れんわなぁ

あ、でも 桜だったって
咲いてないのに 散らないから
葉桜 って 表現したい処だわねぇ

*

外の 桜を 見て 思う
今日は カメラを 持ってないから
次 晴れたら 散歩に 来よう

そうこうしている 間に
あっと言う間に 葉桜さ

桜の 命は 短いんだ
あたしの やる気は
一体 何処まで 続くやら・・・

*

合格 ・ 不合格
桜 咲く ・ 桜 散る
この表現は 定番だけれど

風に吹かれた 緑の葉を 眺めるにつけ
思うのです

未だ 咲いても居ない内から
散る と言う 表現は
どうなのだろう? と。

さながら 私は
葉桜よろしく の 運命を 辿る

そう 今の 処は。

*

最初はね、怒りモードで
こんな妄想も してたりしてね。

「 昨日までに 電話いただける
  と おっしゃったので
  携帯 握り締めて ずっと待ってたんですけど

  落ちた場合は 
  連絡も いただけないって ことですか?

  お客様に 最高のおもてなしを 提供すると
  昨日 お話されていた方の 対応か と思うと
  本当に 残念です。  」

若しくは 勤務可能時間帯の 問題ならば

「 私の希望は 面接前に 申し上げましたよね?
  それで 面接までしていただいて
  落ちた理由が 時間帯 と 言うことは

  最初から 受かる可能性は ゼロなのに
  面接をした と 言うことでしょうか。

  それで更に 結果の連絡も いただけないとは
  どういうことですか?

  落ちた場合は 連絡しないと言うことで有れば
  最初に 知らせて いただきたかったです。 」

なーんて どうせ 実際には

♪ 言えないの~ぉ ♪

実際、前回は 「受かった場合は連絡します」
と ちゃんと言ってくれて

その場合 履歴書を 
先方で破棄するか 送り返すか
どちらが良いか も 聞かれたからなぁ

あ、その時点で もう 決着は 付いてたってコト?
Σ( ̄□ ̄)!
いや、二人で面接だったし そうじゃないって

♪ 信じた~ぃ ♪

一念発起してから そろそろ一ヶ月
月に2箇所の 受験ペースかぁ

正社員狙いでは無いと言う意味では
選ぶのは気楽な方だと思うんだけど

侮れませんわぁ⊆|∵|⊇

*

面接してくれた時ねぇ
着てるジャケットを ヒラッと開けて
(そう、まるで ひろみ GO~ の如く)
ネームプレートを見せてくれた 店長さん。

面接アポを取る電話で
名前を 聞き返したんだよねぇ~ 私。

最初 野球少年と 可愛い女の子が見えて
脳裏に 焼き付いて 離れなかったんだけど。

だって、 みなみ って 聴こえたからサ。
本当は ミナイ で
何と 漢字は ヤクブクロ・・・
いやいや 失礼。。薬に袋って書くのね。
初めてだったし 知らなかったので 驚いたわぁ。

面接から帰宅して 先ずしたコトって
パソコンで 名前入力して 変換で出て来たのを
確認だったもん ~( ̄▽ ̄~)(~ ̄▽ ̄)~

ま、そんなコトしてるから 落ちるんかねぇ
Σ( ̄□ ̄)!

連絡待ちの 最終日 
10時半に ミュウの孝良さんから 着信。

何と 私の住む方面まで 電車で来ていると言うので
一時間かけて 落ち合う。

初お目見えの駅から 二人で移動して
上野で 陽子さんとも 落ち合う。

ファーストキッチンで ランチしてから カラオケ♪
二人とも とても優しくって 楽しかった。

お土産に 人形焼まで 頂いて 嬉しかった☆
帰り道 スーパーで 夕ご飯の食材を購入し

そうだ 今のうちに 桜餅 食べないと♪ と
「 道明寺 」 を 購入 ( ̄ー ̄)

珍しく 入り口で おやき販売もしていて
思わず 近寄りそうになったけど

人形焼も有るし・・・ と 断念 (-┬-___-┬-)
さて 今日は あんころころ♪ と 微笑みますか♪

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°
人気ブログランキングへ
↑ポチッとな~☆↑



サギ

Img_9717


Img_9718


Img_9719


庭園で金魚を狙う白鷺
いや、本当に金魚がいる訳でなくてよ(笑)

一か月に一度 池掃除をするんですけれども
最近 仲間入りした300匹近くの 小さな鯉たちが
まるで金魚のように見えたのか

「すずこサン、ちょっと 金魚掬い 手伝ってくれ」
みたいな話があったんですよ

トンボなんかを捕まえる網のことを
ここいらでは「たも」と呼ぶらしいんだが

色々な方法で 鯉を一箇所に集めるのよね
結局 手伝わずに終了してしまいましたが。

そんな鯉、サギにとっては餌に他ならないようで
最近 良く見かけるんですよねー

詐欺はイヤよね
何時だって 心に正直でありたい
そう豪語できる生き様って 格好良いよな

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

飛び立ちのとき


音も無く忍び寄るシロサギの
バササと言う翼ばかりを連想しては立ち止まる
後ろを振り返り 松の実が溶けるまで待つ
全て重ねて煮出したら
どんなお茶よりも馨しいスープが出来上がるんだってサ

淡い朱色にも思える一部分で思い出すのは朱鷺
朱き鷺なのだから さも有りなむと一服をする
カチャカチャと打ちまくるキーボードに
たった今 コーヒーが零れた
キーの色が 黒で良かった
白かったなら トキと同じ窪みに入り込んで
立ち上がれぬところだった

雨の降る 秋の一日は 苔の色とともに濡れて
眼鏡の隙間から落ちる雫に
全てを預けたふう
ゆっくりと 確実に近付く ツバサの哀しみを
紐解きながら 見上げながら 歩む日々に

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

詩の発表場所あります
自慢の絵・写真を披露したい方にもおすすめ!

ワタクシすずこが編集している手作り詩誌
ポエムサークル「みゅう」

仲間になり購読いただくと
ボツなしで冊子掲載 & CDトーク → 全国郵送★
見本誌もあります。読みたい方も連絡くださいね。

以下に本誌の写真・詳細を紹介していますので
クリックして御覧くださいませませ~☆

ミュウ 221.222号 完成♪ 

すずこのリンクはこちらから

~いつかの すずザレ~ 藤鈴呼の戯言
過去作も織り交ぜてUPしていきます☆

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

こないだ あめゆ で 間違ってないっけ?
大阪の 商品を 集めた ショップで
生姜湯 販売 しててね 
紙コップで 試飲 したけど

感想は・・・ 熱かった!!
て 温度だけかーい ♪(〃゜▽゜)ノ□☆□ヽ(゜▽゜*)♪.

いや 美味でした
触発されて 100均で 生姜飴も 購入 したけど

普段 のど飴 オンリーの 私のこと
なかなか なくならなくって

パソコンの下に 空になった 
お菓子ケースを 置いて

何時でも 舐めれる様に 置いてるんだけど
丁度 其処って ヒーターの熱も 
吸収する 場所らしくてね Σ( ̄□ ̄)!

包み紙が 微妙に 
くっついて おりますです。。。//δ⌒▽⌒//

*

面白い 話題なんかじゃ 無くっても
普段の 生活 だらけでも

日々 紡いで 居ることが
元気な アタシの 証明

*

犬は 孤独が 苦手なの?

アタシが 知ってる
寂しがり屋サン の 代名詞は
うさぎさん

これも 良く
放置すると 寂しくて 死んじゃう
なんて 言うけれど

それは 嘘だよって 説も 
あるみたいだし

どうなんだろう

仔犬の傍には 母犬
これが 当たり前の 姿でしょうが

例えば
ペットショップに 行けば

とっても 可愛くて 小さい 犬コロが
透明ケースの中で
眠って居たり するよね

そのまま 引き取って来て
室内では 無くて
外の 犬小屋で 放置して居たら

仔犬の心は へし折れて しまうのだろうか

何だか 
犬は 外で 駆け回る 
の 歌じゃあ 無いけれど

放置してても 
元気に ワンワン♪ と

一人でも 平気な イメージが 
有ったので

ホントは 一人ぼっちが 苦手だなんて
意外だったな

*

ワンコロは 早く
サークルから 出たい

外の空気を 吸いたくて
それでも 一人は さみしくて

誰か 傍に 居て欲しいなって
願う

私は サークルを 作る
仲間を 集めて
皆が 外に 出ないように
祈る

格子状の サークル内は
外敵から 身を守るようで
安心

外で おいたを しないように
逆防御にも なるんだね

そう言えば 友人宅には
室内犬が 居るんだけど

やっぱり おいた すると
彼女は 怖い顔して 怒ってたな

人なつっこくって
何時もと違う 私が 居たから

飛びついて 舐めて
はふはふ してたんだよね

そのとき 彼女が 言った
「HOME! ホームするよ!」

ワンコロは 解るんだねぇ
きゅいーん。。。って
明らかに 縮こまって
大人しく なりましたとサ♪

*

叩かないで 言葉だけで 分かり合える 関係
対 動物ならば 少しずつ 根気の入る 作業

人間ならば 解りそうな ものなのに
何時の 時代も 分からせるために 暴力は 続く

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

知らないことに 踏み出す時
情報を得る方法は 沢山 有る

ペットを 飼うなら 飼育本
子供を 育てるなら 育児本

でも どんな本を 読んでも
人それぞれ だから

臨機応変 って 言葉が
深く 染みる 瞬間が 有るのでしょう

*

怒るだけでは 成長しない
躾って そんなモン
飴と鞭とは 良く言ったモノ

目標を 高く 掲げて
叱咤激励されて
モチベーションが 上がる

そんな 人間も
確かに 居るでしょう

私の場合は 真逆で
褒められて育つ子 

教育する側が 判断を誤って
育てようとして 叱っても

育たない 場合も
確かに 有るのです

*

硝子戸の向こうを 眺めたら
青い 小さな ビート版みたいなものが
幾つか 並んでた

普通の 床かと 思ったけれど
ちょっと 高く 成ってる

目を 凝らして見たら
張り紙を 見つけた

冬季は 露天風呂は 営業しておりません
嗚呼 だから 蓋を してたのね

残念だったけれど
誰も居ない 広い風呂で リラックス

流石に 本気で 泳ぎは しないけれども
うつぶせの 角度で
ふわーっ と 身体を 湯に 任せたら

水の中で
鳥になったような 気がした

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°
人気ブログランキングへ
↑ポチッとな~☆↑


31文字の世界

Img_6579_1


Img_6579_2


Img_7393_1


私は昔っから言葉を紡ぐのが好きだ
紡ぎ過ぎて絡まる日々も否めないが仕方無い

そして昔っから 縛られるのが嫌いだったような気がする
なもんで 文字数も自由に紡ぎたかったのね

以前に紡いだ言葉を載せたら
当時からの友人が反応してくれた

懐かしさが広がる瞬間ダ☆

アタクシのは季語がないので
一句とは言っても俳句ではなしに川柳だし 

短歌ではなくて単価(違) 
短歌遊びになっちまうんだのう~(遠い目)

縛られるのはキライと言いながらも
営業時代はガッチリとノルマと言う名の縄に縛られて

絡め取られてアップアップしただけでは飽き足らず
ギブアップしてしまいましたが、何か??
~( ̄▽ ̄~)(~ ̄▽ ̄)~

紡いだ文字を表現する場が欲しくて始めた
ポエムサークル「みゅう」ですけれども

詩に限っていないのよね
紙で表現できるものならば基本何でもオッケー

受付不可なのは 犯罪予告(笑)
あとは読者が不快と感ずるもの---とか
主催者が不適切と判断したもの---とか

何かさ、フリマ出展時の注意書きを
思い出しちまうんですけど??

短い言葉で表現するのって 難しいんですよね
私は昔っから長文が好きだけどよ

年齢と共に増えて行くんでしょ?
贅肉も 言葉も 人生観も 優しさも ならば
言うことは 無いのにね!?

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

写真 みゅうメンバー砂名からの いただき本 &
心地良いフレグランス・カード★

本のタイトルは 植物図鑑 有川浩

図書館戦争の著者だと知ったのは少し前のこと
これも読んだことないんだよなー(呟)

今、軽くウィッキーさん違った ウィキッてみたら
衝撃でした

そうかー 女性だったのかー(笑)
随分と繊細な女心を描くなぁ~ と 感動していたのよ(笑)

「本の旅」を続けていると 知らない著者に出会える
っつーか私が知らないだけだけど(爆)

タイムリーに 雪の下を料理したくなった一冊
そんな季節に読みました

道草をしてしまいたくなる世界観
人生の道草も 楽しみ方によっては
心の幅を 良い方向に 膨張させて くれますよね

今思えばさ、しんどいと思っていた営業末期時代も
今の糧になっている(筈)だし

人数が足りなくなって しんどそうな秋も
過ぎてしまえば懐かしく感じる筈(多分)だから

とりあえず 前進あるのみ!
そして 全身は癒すのみ! ギブミーマッサージ(笑)

上記は植物を主体とした物語ですがね
果物も良いですよね

秋ならばやはり梨が好きな私だが 
葡萄も巨乳---違った、巨峰ならば 受け付けます(偉そう)

理由? そんなん決まってらぁ~♪ 
種がないから 食べるの楽だろ~ぉ?

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

詩の発表場所あります
自慢の絵・写真を披露したい方にもおすすめ!

ワタクシすずこが編集している手作り詩誌
ポエムサークル「みゅう」

仲間になり購読いただくと
ボツなしで冊子掲載 & CDトーク → 全国郵送★
見本誌もあります。読みたい方も連絡くださいね。

以下に本誌の写真・詳細を紹介していますので
クリックして御覧くださいませませ~☆

ミュウ 221.222号 完成♪ 

すずこのリンクはこちらから

~いつかの すずザレ~ 藤鈴呼の戯言
過去作も織り交ぜてUPしていきます☆

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

最近 イラッと すること。

某トレペ
 「フィット イン」 と 書いてるんだが

( どこが 某や?! って お決まりの突っ込みは
 心の中で 留めて いただきたい )

これが カラカラと 逃げまくるんですわ
ε=┏(; ̄▽ ̄)┛

普通 トイレットペーパーの 規格って
決まってる モンじゃあ ないの?!

トレペ差しには 種類が 有るよね
家の あやつは
新しいトレペを 入れる時に
ロールの中央の空洞に 
トレペ差しの両側から伸びる器具を
パカリ☆ と 入れるタイプ

取り出すのも 入れるのも
トレペロールを 上下させるだけで 
楽なタイプですな。

両側から伸びた取っ手が
芯の中央を挟み込むタイプ。
これで 伝わったかなぁ?

それが 使う度に トレペの横の長さ
・・・芯の長さですな。 

これが足りない為
カラカラっとすると
床に ポトン と 落ちてしまう Σ( ̄□ ̄)!

今まで こんなん なかったわ。
もしかして 昨今の情勢を鑑みると・・・
両端の長さを短縮して 実質的 値上げ?!

今回 このトレペ 初で購入したんだけど
二度と買えんわ。

まだ11ロールもあんのに。 
不便で しゃーないわ。

カラカラする度に 片手で トレペが 落ちない様に
抑えながらなんて
面倒で しゃーないわ!!!

トレペが ちょっとでも横に動くと 落ちるなんて
有り得ない!
どんだけ節約やん?
やるなら ロールの長さにしろっての。

でもロールの長さをケチると 巻く回数が減り
見た目 貧相になるから

トレペの見かけは まるまると太った子豚ちゃんのままで
横の・・・芯の長さを短縮なんて。。。!!

それとも 以前から この規格なんか?
だとしたら 良く苦情が来ないモンだわ。。。

どっちにしても 怒り心頭
スッキリしない日々は続く。。。

*

後日談

フィットという 名前やのに
すぐ 床に 転がりやがって~~

この 怠け者がぁー!” 
たわけっ! しっかりせんかーぃ
カチーン☆ by 髭男爵風

とか 悪い A型成分を 発酵させて
ネチネチと タイピング してる間に
彼は きちんと 策を講じておりましたとサ。

ちょっとクルクル回しても
落ちなくなったやーん♪
と思って見ると・・・

片方の触手(笑)を
テープで 固定してたんですな。
成る程、やってくれるねーぇ ダーリン(≧▽≦)ゞ

ちょっと機嫌の直った目で
トレペの包みを眺め見やるとxxx

こんな文言が。

” ヨーロッパで 広く使われて居るサイズで
 環境に配慮した エコタイプです。 105mm ”

だとか何とか 書いてやがる。
ああそうか。。。そうですか・・・

そーだったのねーん
~( ̄▽ ̄~)(~ ̄▽ ̄)~

by 使い勝手が良くなった途端に現金な♀(メス)

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

今回の誕生日は とても楽しかった。
無事に34歳に なりました(≧▽≦)ゞ

彼からの プレゼントは おねだりしてた フラフープ。
普通の 細い円のではなくって
一部分に水を入れて 重りにして 遠心力で 回し易くする
と言う 優れモノ。
ダイエット用に 効果が有るらしい。

形も 円ではなくて ウエストのくびれみたいな感じで
二箇所ほど くびれた部分が あったりする。

うーん。 これで アタシも かつてのくびれを
取り戻さんと 必死の形相・・・。

丁度 彼が 出張だったことも有り
バースデー当日の 9/2 

彼は 普通に出勤
私は 午後に家を出て

途中で待ち合わせて 
新幹線に乗り込み 仙台へ。

バースデーディナーは 駅裏のビブレだっけ?
ビルの中の イタメシ屋へ (死語)

驚いたのは 
パスタセットが 990円だったので
安い! と 入ったのに 
会計で 3700円超 だったこと。

バースデーなのに 
こんな 安くて 良いの? と彼。

金額は 取り合えず 関係無いし 
イタリアン好きだし
ニコニコだった 私

何より プレゼントは 目の前に 
元気にこうして 居るじゃん♪
( フラフープ 強請った癖に・・・ )

そのセットは パスタと サラダと デザート
だったかな

まぁ 普段 ノン・アルコールで 平気な 二人だが
車でもないし 記念日だから と
一杯ずつ カクテルか何か 注文した

にしても 3700円!?
理由は お通しに 有りましたね~。
何か 出て来たもんねー 小皿で。

ふっ やってくれるぜ 
千円以内 と 客引きしときながら

確か チャージ料 360円だったか 
取られた記憶が。

皆さん 目の前の ”美味しい言葉” には
くれぐれも 気をつけましょうね☆

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°
人気ブログランキングへ
↑ポチッとな~☆↑


2014年10月 2日 (木)

世界三大

Img_9710


Img_9711


Img_9712


なんちゃらってのは何気にエラそうな響きだよな(笑)
こちらは 何てったって綺麗な映像
ニシキギと言うらしいんす。

世界三大広葉樹の一つらしい
この「三大」ってのも 色々と説があるらしく「切」ねーが。

本当は枝がところどころ剥がれるような感覚で
プロペラ状になるように記憶しているんだけど

今日の時点では つるりんちょ♪ ・・・って 何か
ぱっくんちょ♪ を 思い出してしまうのは ワタシダケー

ニシキギ スズラン ニッサボク 三大はこう記憶しています
ドウダンツツジ とか モミジ とか カエデ とか
そういうのを想像するんだけどねぇ~

ケヤキ でも良いケド。
最近 葉が元気一杯乱舞してんだけどよ
頼むから余所でやってくれ(笑)

毎日 竹箒 禿げ散らかすの 可哀相なんだよ(笑)
道路っ端に落ちるからよー シャッシャッって
小気味よく履くべ? 

そんなら竹箒から
♪いちま~い、にま~い♪ ならぬ 

いっぽーん・にほーんって
竹が落ちるべ? それこそ 吐くべ?(何)

ってことで このペラペラズイ葉の美しさも
いとをかしかりけり
なんですよ。

今年は紅葉早いんでね?? と思うちょりますが
いかがでっしゃろ♪

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

詩の発表場所あります
自慢の絵・写真を披露したい方にもおすすめ!

ワタクシすずこが編集している手作り詩誌
ポエムサークル「みゅう」

仲間になり購読いただくと
ボツなしで冊子掲載 & CDトーク → 全国郵送★
見本誌もあります。読みたい方も連絡くださいね。

以下に本誌の写真・詳細を紹介していますので
クリックして御覧くださいませませ~☆

ミュウ 221.222号 完成♪ 

すずこのリンクはこちらから

~いつかの すずザレ~ 藤鈴呼の戯言
過去作も織り交ぜてUPしていきます☆

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

青と 白の ストライプって

とっても 爽やかな カンジ


だから 笑って 過ごしてみたい

何故なら 今は 冬だから


何故なら 夏の イメージだから

★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

スーパーに行って 食パンを探した

何時も 100円で 売っているのが

もう 売ってない 時間帯

「 流石 安いと 売れるんだね! 」

なんて 

少し 哀しく なってみたり。


仕方無いから 

140円の 新食感感覚だか 何だか

もう 凍らせてしまったけれど

タバコで言うならば 100s? 

ちょっと 微妙に Longestパンを

購入したんだ。


棚の上には

マーマレード や イチゴ・ジャム。

思わず 懐かしくなって

手にしたく なったけれど

「 要らない 誘惑は ガマン、我慢・・ 」


最近は パンを 凍らかすコトを

覚えたからね

もう 半分以上 凍ったパンを

無理矢理 解凍するみたく

オーブン INするコトなんか

無くなったんだよ


其れでも 一斤100円パンが

僕の 大の お気に入りだけれど


あわよくば 財布の・・・ ネ!

★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

イチゴならば ケーキ

ケーキならば チョコ


どっちも 美味しいよネ!

一度 行ってみたいのは

ケーキ たらふく 食い放題☆


近くの ホテルの バイキングで

ケーキ・バイキングを やってるって

ずう~っと 前から 知ってるけれど

行ったコトが 無いからね


あま~ぃ あまぁい 誘惑に

僕の 体も ぷよよん☆ ・・・なぁんて

・・・それは 困るのだ けれど。

★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

オレンジ・ジュースと

アップル・ジュース


あなたは どちらが

好きですか?


僕は 100パーセントの

ORANGE JUICE


・・・と

言いたい ところだけれど


昔っから 何故か

APPLE フェチ なんだよね


そう リンゴってば

冷凍庫 IN して

シャーベットみたく

カッチン・コッチン☆ に してから


少し 解凍しかかったところを

ムキムキして 

シャクシャクっ て 食べると


とぉっても

美味しいんだヨ (●⌒∇⌒●)

★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★
人気ブログランキングへ
↑ポチッとな~☆↑


ごようだごようだ!

Img_9706


Img_9707


Img_9708


遠くから見たら大きな木野子に見える光景
(結局いつも食い気)

だがしかぁし! これは見た覚えが在るゾ!
ヒマラヤスギだろう~♪

と鼻穴大きくしていたら 五葉松らしいんですよねー(棒)
しかも 松脂がついてっから 触らないように、との指令が。

まつやにブーン!
昔作ったよね、紙コップで糸電話

紙コップに穴あけて タコ糸通してサ 松脂塗るの
輪にしたタコ糸に重りとしてコップつける感じね
そんで割りばしとかで輪にしたタコ糸ごと 振り回すと
音がするんだよ

ぶーん♪
この夏 あまり蜂さんに会わんかったけん
このあたりで 懐かしい音に 埋もれてみて??

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

まつやにブーン


剥がれ落ちた欠片が
今日のアナタの証

一つ哀しさ
一つ嬉しさ
憂いまでをも詰め込んで
飲みこんで
飲み下す

ミキサージュースにして
葉で掬う
スプーンの代わりに
松脂固めた
プラスティック

透明に瞬いたなら
眼帯なんか なくったって
大丈夫
真っ直ぐ 歩けるよ

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

詩の発表場所あります
自慢の絵・写真を披露したい方にもおすすめ!

ワタクシすずこが編集している手作り詩誌
ポエムサークル「みゅう」

仲間になり購読いただくと
ボツなしで冊子掲載 & CDトーク → 全国郵送★
見本誌もあります。読みたい方も連絡くださいね。

以下に本誌の写真・詳細を紹介していますので
クリックして御覧くださいませませ~☆

ミュウ 221.222号 完成♪ 

すずこのリンクはこちらから

~いつかの すずザレ~ 藤鈴呼の戯言
過去作も織り交ぜてUPしていきます☆

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

三白眼


その場を
楽しませようとした
ギャグに 

ジロリ
突き刺さる
白き 瞳

空気が
読めぬから
KY と

今 流行りの言葉で
片付けるけれど

其の 瞳は
空気を 読めて
居ないんだろう

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

何か 忘れかけてる 気がするよねって
幾つも 幾つも 問い掛けた
自分の 心に 問い掛けた
答えは 一つ
言い訳の 台詞
浮かぶのも 一つ
自分を 困らせ ない 様に
擁護 してた
援護 してた
自分を 自分で 守ってた
そんな 自分に 諦め モード

金曜日
送別会が 有った
未だ 未だ 実感は 沸かないけれど
一つの ミスを 思い出した
なぁんだ こんな ことか
そう 思えば 気が 楽に 成るけれど
顔を 洗って みても
顔に 付いた 滴を
タオルで 拭き取って 見ても
何だか 気になる
さっき 見た 夢の 続きを
考えてる 時と
同じ 気分

そして
思い出したんだ
僕の 原点
ついでに もう一つ
思い出したのは
思い付いたのに
終ぞ 披露 叶わず
疲労と 徒労に 終わって しまった
夢の 一雫

送別会は
フランス? イタリア?
とにかく 
洒落た料理や ワインの有る店
2F 全てを 貸切で
中央に 向かい合わせの テーブル
16名分
カウンター席は 後ろ向き
窓際の 喫煙ルールも 有った

喫煙ルームは 区切られて居る為
出入り口 付近に 人一人が立つと
後ろが 見えなくなる

皆の挨拶を する時
喫煙ルームに居る 人達が
出て来ようと していたが
出ようとして 並んでいる 様子

酔っ払って 自分達の 人数を
カウントし 始めた
「いち!」 「にぃ!」 そして 3人目が
なべあつよろしくヴォイスで 「さぁーん!!」
嗚呼 あのギャグじゃーん
と 分かった 目の前の 女性陣は 
苦笑モード 

その日は 予報通り
朝から 生憎の 雨だった
夕方には 路面も 乾く程度の 雨だったが
ふと 仕事中
こんな台詞が 思い浮かんだ

ギャグに なるのか 分からないけれど

「 今日は 私の代わりに 空が 泣いて居ます・・・
 ゲーマー トリマー 僕 ポエマー なんつって♪」

ええ・・・ あの 僕 イケメン♪ バージョンですがな。。

冷たく 白く 光る 空気を 覚悟して
大声で いえないようじゃあ
あたしも 芸人として 失格ですわな。。。
( 誰が 芸人なんだか。。。 )

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

サクサクの 天麩羅が 好き
天婦羅 とも 書くんだね
てんぷら って 平仮名で 書くと
しなっとした 惣菜コーナーの アレを
思い出す
テンプラって カタカナを 使うと
シャキッとした レンコンが 欲しく成る
たらぼ の テンプラが 大好きだよ
さつまいも は 昔 定番だったけれど
もつっ とした 感覚が 重たいね
カボチャも そうだね。

天丼や 天ざるには
エビフライが ついて 来る
キミは フライだから
テンプラじゃあ ないだろう?
ふと 思う
でも 揚げているのは おんなじだよね
テンプラと フライの 違いって 何だっけ?
どちらも 自分では
余り 作らないから 分かんないよ なんて
言い訳してる

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

不思議な程に
胸の 高鳴る 
此の 季節

心の ドアが
トントン 響く

理性の 箍は
ガチャリ なんて
外れないでね

*

花びらを 見ると
どうしても
思い出して
しまうんだ

いったい
何を・・・?

*

懐かしい 笑顔に
会いたいようで
会えないようで
ここは
静かに しなければ
いけない 場所
だから
ドキリ と したけれど
聞き返す コトなんて
許されない

*

花びらの 過ちは
風に 流されるの

花びらの 憂いは
消えること 叶わないの

*

こうして
ステキだった 筈の 時間を
カウント しながら
時を 越えた 心を
鏡に 映すのね

花は 緑に 覆われて
桃は 木々に 隠されて
嗚呼 それでも
何故に 次の 春を
待って しまうのだろう

*

叶わぬから 夢
叶って しまえば 現実
現実に なって しまっても
夢物語は 終わらない
ストーリーを 作るのは
あなた自身
わたし詩人
・・・なんてね

*

一呼吸 置いたら
扉が 開くでしょうか
ガチャリと 音がして
カタリと 立ち上がる音
聞き逃さないでね

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

バサバサと 音がする
見上げた空と 木の合間に
烏が 一羽

宝物を 見付けたかの様に
微笑む
きっと 僕くらいだろう?

羽根の 擦れる
あの音を 
思い起こしたんだ

キミの
幾重にも 連なる
マスカラの 下の 瞳に

何枚 使えば 良いの?
今の 一塗り
幾つの 毛穴を 潰した?

何枚 遣えば 良いの?
今の 一言
何枚目の 舌の先から
出た 音だった?

そうやって 我を 忘れて
素顔を 忘れた

曝け出した 肌も 胸も
アナタのタメだ と 言い放つ

又 バタバタと 過ぎて行く
黒い影が
意識の 片隅で
視界の 片隅で
ゆっくりと 消えて 行くんだ

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

家を 建て替える
一行で 済む

簡単な 事では 無い

一行で 住むには
土地が 必要

*

基礎が 有るから
そんな ステキな コトが
出来るのでしょうね

響きに よって
皮肉に 響く
注意が 必要

*

以前の 夢だった
大きな 花束を
貰う 事

初めて 叶ったのは
何かの 賞状を
貰った 時 だったかな

父親が
お世話になってる方から
頂いた

それは 私 個人に
と いうよりも
父へ という 意味合いが
強い 花

それでも 私は
鼻 高々
だったかな

いつか アナタに
本物の 花束を
貰いたいのだけれど

アナタの お母さんは
お花が 大好きで
何時も 母の日や 誕生日に
お花を 贈るのが
定番に 成って 居る

お母さんへ 何を 贈ろうか
その 話題が 出る度に
「 花、って 決まってるから
  簡単で 良いな 」
アナタは 言う

その度に
感嘆にも 似た
静かな 空気を 吐き出す
私の 存在に
きっと アナタは
気付いて 居ない

アタシ 
一度で 良いから
アナタに
花束を 貰って みたいんだ

でも これは
自分から おねだりしたら
意味が 無いから
それが 何時に なるのか
ずっと ずっと
待って みようと 思う

良い 香りを
待ちわびて
生きようと 思うんだ

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°
人気ブログランキングへ
↑ポチッとな~☆↑



情熱クローバー

4_1


4_2


4_3


写真 藤鈴呼オリジナルストラップ
硝子ビーズも入っておりまする☆

4 情熱クローバー (紐下約8センチ)
形と色合いで良いことが起こりそうな予感を得ました☆
硝子パール8ミリホワイト 赤12ミリ

情熱って言葉は何となく青臭いよなー
なんて語っている今が青臭かったよなー
なんて思うのは何十年後なんだろうね
その頃私はいるんだろうか(謎)

今の情熱ってば何じゃらほいって考えてみたら
目の前に梅飴があったので
例えばこんなことかなって考えて見た

梅飴を舐めるでしょ?
酸っぱいでしょ?
ツバが出るでしょ?
この瞬間に電話が掛かって来たとして
如何に飴の存在を気付かれぬように会話するかって
そういう事に神経を注ぐ時点で疲れるよね

若い頃の情熱ってば単純だったんだ
ボーリング行って ストライクとりたい
真っ直ぐ投げた
カーブなんて 投げる技術が無かったからね
例えばそんな感じで

年ばっか無駄に喰っちまうと
色々 頭ばっかり使っちまうから
素直さがなくなったりも するんだな
本当は 真っ直ぐな球で 良い筈なのにね

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

詩の発表場所あります
自慢の絵・写真を披露したい方にもおすすめ!

ワタクシすずこが編集している手作り詩誌
ポエムサークル「みゅう」

仲間になり購読いただくと
ボツなしで冊子掲載 & CDトーク → 全国郵送★
見本誌もあります。読みたい方も連絡くださいね。

以下に本誌の写真・詳細を紹介していますので
クリックして御覧くださいませませ~☆

ミュウ 221.222号 完成♪ 

すずこのリンクはこちらから

~いつかの すずザレ~ 藤鈴呼の戯言
過去作も織り交ぜてUPしていきます☆

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

一つの羽が 必然さを 物語った
偶然 舞い降りた 一片

花びらの ようでも 有り
命の 焔の ようでも 有り

ヒラヒラと 舞う 姿と
共に 踊りたいと 切望した

フラフラと 引き寄せられた 刹那
グッと 胸を 押さえ付けられる

不思議な 感覚
一瞬 息が 出来なく 成る

お前は 未だ 早い
地底から 響く 断末魔の 声

そんな 表現を してみても
断末魔の 声なんて
聞いた 事が 無いから 分からない

鬱積した 身体を
何とか 振り解き
もう 一度 空を 見つめる

淡い 光が 
一筋の 線と 成って
空に 溶けた

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

君が 骨に 成った

その 事実だけは 分かった

目の前に 有るのは
骨だろうか

バラバラに 溶ける なんて
綺麗な 表現など したく 無い

細かな 砂
白い 砂の 様だった

ところどころ
赤茶けて 居るのが
とても 切なくて

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

役者達を 動かすのは 劇作家では 無い
彼等は 其々に 意志を 持ち合わせており
その 情熱は 石の如く 固いのだ

ここに 一つの メッセージが 有る
所謂 プロットとか 台詞だとか 呼ばれる 部分だ

彼等は 必ずしも 従順には 従わない
人によって 表現方法や 声質 仕草が
十人十色だからだ。

故に 劇作家の 思惑通りの ストーリーなど
この世の 一つも 無いに 等しいので 有る

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

最近 意味が 分からないと 言われると
無性に 悲しく 成る

自分の 言いたい言葉を
巧く 伝えられない 人間だったのだと
認めたくは 無かったのだけれど
実際問題
そう 言われる 頻度が 増えて
少し 自信喪失 して居るからだ

だから 口を噤む事も 多く成った

どうせ 言っても 伝わらない
そんな 悪循環から 抜け出そうと
必死なので 有る

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

八月二日
ラジオでは 何時も テーマを決めて
メッセージを 募集してる

今日は ハニーの日 と 設定したのだそうだ。
ハニーと言うと
彼が 彼女に向けて言う イメージだが
逆に 彼女が 彼のことを ハニーと言っても良いし
親が 子に向かって 言うのも アリだろう と。

要するに
蜂蜜の様に 甘い 存在
と 定義した らしいのだが
とても 頷けた

勿論 メッセージは 甘い 恋の話が 有り
こんな コメントも 有った

ハニーとは 何時も 一緒で
何をするのにも 身体から 離れぬ存在だけど
もうすぐ お別れする時が きそうです

そう 赤ん坊が 飛び立つ 寸前なのだ

とても 感慨深い メッセージだった

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

良かれと思った事が 裏目に出る場合って 有る
当たり障りの無い コメントをして
相槌を打って 頷くばかりの会話で
満足しない 相手も 居るだろう

自分なりの 意見を告げれば
煩わしい
黙って 聞いて呉れれば 気が済むのに
と 思われる 場合も 有るだろう

臨機応変と タイミングは
今も 図れぬ まんまなんだ

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

自分の求める 理想の言葉を
常に 返して 呉れるからと 言って

本当に 自分が
その人に 理解されて 居るんだって言う
連想
妄想 
錯覚

ねじれの位置から 世界を 見上げれば
夏も 又 涼しい?!

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

僕だけの プレミアム商品
幾つもの ポッチは
とても 可愛らしい

余り 強く 叩かないで と
懇願する 彼等を
優しく 扱う 事にも 成れた

だから 職場では 静かに
KEY を 打つ

自宅で 連打する音は
格別に 良いもんだ

そう 職場で 食べる
煎餅の音と
似て居るのかも 
知れないね

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

入院してた時
マニキュアが 10本くらい 増えた

来る人 来る人
お見舞いの品が かぶったのだ

どうせ 暇だろうから と 
置かれた マニキュアを
せっせこ せっせこ 塗り上げて

太陽の 形 とか
海 とか
華 とか。

看護婦さんには
爪の色が 分からないと
健康状態が 分からないでしょっ

なんて 言われた

じゃあ。。。 仕方ないから 足みせてっ

・・・足も 塗ってんすケドxxx

そんな 白衣の人たちも
退院する頃には
「今日は何?」 と 
見に来てくれた
( ̄ー ̄)

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

少女は 傘を 落とした

「 あたし 水も滴る 良い女なの♪ 」

笑顔が 眩しい

僕は ヤレヤレ・・・ と 思いながら
重い腰を 下ろして 「ソレ」 を 拾った

重い腰を 上げて・・ では 無いところが
ボクらしいだろう・・?

彼女は ずんずん 歩いて行く
何時の間にか 雨は 上がって居た

ほらっ。 もう 傘なんて 必要ないでしょう?
うん・・でも 次の雨の時に
捨ててったら 困るんじゃ 無いかなぁ。。

大丈夫よっ。

彼女は ボクから 傘を 奪い取ると
パッ と 広げた

・・・ね? こうして 日傘にすれば
良いじゃないっ♪

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°
人気ブログランキングへ
↑ポチッとな~☆↑


佐渡汽船フェリーの旅

Img_1037


Img_1036


Img_1035

をした時の写真だ いん ごーるでんういーく
朱鷺を初めてみた「トキ」でもある
自然のトキが飛んでいるのを一度眺めてみたいモンだ

船旅って酔うイメージがあるのよね
ならば陸が良いかと言うと そうでもない
山路のウネウネなんか最低だ(笑)

空を優雅に飛ぶ羽根を眺めていると癒されますね
跳んでみたいけれども
ハングライダーや気球やあと一つ何だっけ
そういうのあったよね それ こわいよね

一度 群馬の水上温泉近くのラフティング体験で
たった3メートルダイブしたら「大分」怖かったもんな~

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

詩の発表場所あります
自慢の絵・写真を披露したい方にもおすすめ!

ワタクシすずこが編集している手作り詩誌
ポエムサークル「みゅう」

仲間になり購読いただくと
ボツなしで冊子掲載 & CDトーク → 全国郵送★
見本誌もあります。読みたい方も連絡くださいね。

以下に本誌の写真・詳細を紹介していますので
クリックして御覧くださいませませ~☆

ミュウ 221.222号 完成♪ 

すずこのリンクはこちらから

~いつかの すずザレ~ 藤鈴呼の戯言
過去作も織り交ぜてUPしていきます☆

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

只今 満腹中にて お送りしてましゅ♪ 

そもそも歯痛が始まったのは
昨日なんだけれど、

ヤク中(ノーシン服用)は
昨夜でSTOPして、

今朝から一日 痛みに耐え忍んで
おりやした(-_-)゛ 

普段はレモンシュガーに最近ハマっていて
(袋ものの砂糖で甘いんだけど
仄かにレモンの香りがGoo~♪) 

だけど今日は甘いものはイカン! 

と、

同僚に貰ったチョコを
喰いまくり悪戦苦闘(アホやん!) 

そして喉飴と一服は否めない~★ 
明日こそ夜にかけて根こそぎ(?!)
歯穴を塞いでやるのダ~~(謎)

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★

三連休の合間にカラオケの予定が入り、
午後に目覚めてみましたぁ♪

ちょっとタイピングに気を遣っているのは
現在マニキュアを乾かしながら
有線録音を同時進行してたりして♪

CDに落としたら
何時でもドライブモード完了♪

なのに相棒(車)に餌をやれないアチキは
大人しいドラキュラ生活(-_-)゛

だからオケれるように
二時間クールの曲を全て覚えてやるっ!(笑)

気合入れに豹柄のシャツでも纏って行ったら
良いかなぁ?

ねぇ、どう思う?
え?
勝手にしろって?(爆)

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★

どうしても 言わせて欲しい 「おめでとう」

 空に向かひて 呟いてみる


     by 旅立った あなたへ―― 2002.9.27

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★

● 時に揺れ 恋の心を忘れたり

  鯉の泳ぎに 焦がれてみたり


● ゆで卵 割れば中身は固まって
 
   冷め切る前の 頃 懐かしむ


● 音だけが 響く脳裏の 奥底に

   忘れてみたい ハミングの声


1. 恋をしてない瞬間の句

2. 今 鍋の中の卵と恋にかけて。。。

3. カラオケの声を思い出す瞬間の句
   
★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★

● 通じ合い 会話せずとも 其の心

   分かり合えたら 幸せと言い


● たまに来る 喧嘩の時は お互いに

   決して譲らず エキサイティング


● 仲直り したい気持ちは 有るけれど

   涙流れて 台詞にならず


● 「 結局は 貴方だけなの 」 キスをして

   元の莢にて 温もりを得る


    ― 恋短歌 ・ 喜怒哀楽バージョン ―

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★

● 木の下に 思い出 総て 埋めたもの

   桜の花の 様に 散らない


● 白波の 向日 沖合い ヨットの帆

   耀いて生た あの日の空は


● 細かくて 粒粒の外 バラバラに

   揺れる二人を 空気が包む


● 凍えても ギアを握った 貴方の手

   此の手の上を 覆って逃げた


    ― 春夏秋冬 恋の唄 ―

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★

● ねぇ貴方 誰を見てるの? 私なの?

   言いたいけれど そっと 呑み込む


● 裏切りや 浮気だなんて そんなもの

   気のセイねって 言い聞かせては


● 褒められて 素直に言えぬ 「有難う」

   その裏に有る 心、観たから


   ― 疑惑の恋に寄せて ―

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★

● 片思い ・ 両想いより 嬉しいの

   重くなったら ストーカーなの


● 触れ合いも せずに会話を 重ねてた

   心が飛んだ ふわふわの音


● 遠いけど 心は近く 居ようねと

   約束をした しなきゃ 良かった


● 1度でも 「愛してるよ」 と 言った人

   別れた後に 告げられた 「死ね」

● 眠れずに 言葉 綴って みたけれど

   更に 眠れず 睡眠不足

     ― 辛かった恋 ―

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★

● 叶わぬと 言うなら君の 猫になる

   尻尾 丸めて 蹲ってる


● 閉ざされた 扉の前で ピンポンと

   声を出してた 鳴らぬ返信


● 難しい 心の中は 見えないの

   見えたら きっと ツマラナイけど


    ― 片思い の とき ―

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★

● 微熱なら 続いて行くの 恋の月

   ツキ離れても 眺めて生くよ


● 体温計 水銀のよに 揺れながら

   透明になる 二つの滴


● 風邪なんて こうすりゃ すぐに 直るよと

   接吻けをした 温かなヒト


      ― 風邪と恋 ―

°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★
人気ブログランキングへ
↑ポチッとな~☆↑



夜はカレー

Img_9713


Img_9411


Img_9410


なんて台詞を聞くと喜ぶのは子供だと思ったら大間違いだ!
突然カレーを食べたくなって作るメスもいるもんだ!
ってなカンジでカレイを食べた翌日はカレーですよん♪

あじむのぶどうはおいしいねぇ~ 
大分から大量に到着したんですよ
少しずつ食べていたんだがね、そういう時に限って
葡萄の差し入れとか重なるもんでねー(棒)

旦那「マスカットまだある?」
私「あと一個。紺色のヤツが冷蔵庫に入っちょん。」
旦那「それブドウやん。」

あっそ(笑)

写真のように黄緑なのがマスカットなのね?
要するにブドウだべや(笑)

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

マスカッツ


粒揃いの中に 大きさ違いが三つ
一つは大きすぎて
一つは小さ過ぎて
一つは太過ぎた

太巻きの中身ならば 多い方が喜ばれるんだもの
あとはカラフル模様に散りばめられて
たまに絵なんか描かれていたら
どこぞの金太郎飴よりも高く売れますよと呟いて
マッチをシュッと擦ってみた

今日は雨だからね
何度擦っても 火など点きませんよと
煙草吸いながら 呟く真似ばかりをする
明日も雨だからね
タイヤ鳴らしながら走り抜けたら
壁にぶつかるかも知れませんから
気を点けなさいよ

何処に着けたら良いのだろう
何処を突けたら良いのだろう
何処へ漬けたら良いのだろう

歯車の付かぬ滑車を滑りに任せて滑川

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

詩の発表場所あります
自慢の絵・写真を披露したい方にもおすすめ!

ワタクシすずこが編集している手作り詩誌
ポエムサークル「みゅう」

仲間になり購読いただくと
ボツなしで冊子掲載 & CDトーク → 全国郵送★
見本誌もあります。読みたい方も連絡くださいね。

以下に本誌の写真・詳細を紹介していますので
クリックして御覧くださいませませ~☆

ミュウ 221.222号 完成♪ 

すずこのリンクはこちらから

~いつかの すずザレ~ 藤鈴呼の戯言
過去作も織り交ぜてUPしていきます☆

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

アゴ が カクカク と 
音を 立てる

歯医者 では 
出来る ダケ

大口 を 
開けよう と する

治療中
何度か

開けたり 閉じたり を 
繰り 返して 居る 内 に

骨が 変な 角度で 
歪む みたいで

今度は

小さく 開ける のも
痛んで しまう 事態に 

Σ( ̄□ ̄)!

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

スキー ウェア の チャック が 
壊れて しまった
と 彼

ならば 買い 替え たら?
と 提案 した

元々 ボーダー だったし
3 シーズン は 
着たん じゃ 無いか と 
思ったの だ

ところが 彼は 言う

此れ・・・ 
高かったんだよ・・・ 

金額を 聞いて ビックリ!

何と アタシの
数倍 じゃあ 無いです かぁ
っ\(◎o◎)/! 

アタシは
全ての ジャンルに 於いて
ブランド には 無頓着 だから

彼の ウェアを 見ても
普通の ウェア との 違い が 
解らない ケド

其れ ダケ 高いんだ モン

きっと 有名な
スキー メーカー の 
ウェア なんだよ ねぇ×××

どうせ
聞いても 解らない から

其の 台詞 ダケ
飲み 込んで みた ε=┏(; ̄▽ ̄)┛

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

校庭の 周り には
色んな 遊具が 有った

危険な 遊具や
古い 遊具の 
悲しい 事故は 多い

アタシが
一番 大好き だった のは
ブランコ だった

何処の 公園 にも
遊具が 有る と したら

先ずは ブランコ だ 
と 思う

次に 滑り台
そして 鉄棒 だろうか

全く もって
ありきたりな 遊具 では 有るが
アタシは 大好き だった

ユラユラ と 揺れながら

宇宙の 無重力 は 
きっと こんな 感じ なんだろう
とか 妄想 するのは
大分 後の ハナシ だが×××

そんな アタシは
小学校の 校庭で
次なる 遊具に 出会った

カイセントウ だったか
名前は うろ覚え だが・・・ 

クルクル 回る 遊具 だから
カイテントウ だったの カナ?

開いた 傘を 
連想 して 頂きたい

真ん中の 支柱― 
傘で 言えば 持つ 部分 だな・・・ 
が 
地中に 埋め 込まれて おり

テッペン から △ に 
各方向 に 棒が 伸びてるんだ

△の 底辺の 部分―
まぁ 円錐 みたい なんだ ケド

此処に 捕まり
皆で 左右 どちらかに 周り 

足を 上げると 
身体が フワリと 浮く―

とても 楽しい 遊具 なんだな

低学年用 と 高学年用 では
高さが 違うんだ

其れも
古く 成って 危険だ
との 理由で

使用 禁止に 成ったり して・・・ 
悲しかった なぁ (。-_-。) 

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

成程ね

疲れた とか 
具合 悪い と 言ってる 内は

未だ 余裕が 有る ってぇ
コト だよ ね

ホントに 疲れたり
具合 悪 過ぎたら

言えなく 成る モノ ね

まぁ
社会 生活に 於いては

少し 早めに 言わないと
迷惑 掛ける コトに 
成る と 思うが ね

もう 本当に ダメだぁ
の 一歩 手前で 申告 して
休みを 貰わないと ね

通勤 若しくは
帰宅 途中で 倒れても

個人 のみ の 話 では
済まなく 成って しまう から・・・ 

済まない と 思っても
半歩 手前 じゃ 
間に 合わない 場合 だって
有るんでしょうよ・・・ 

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

繋がって 居る と 信じても
容易く 途切れる ネットの 波

目には 見え無い から
自由な 発想 と 妄想 に 
包まれる 世界 だから

仮想 現実 だなんて 
呼ばれるんだ ね

実際
現実に してる 人達 も 多いし

結婚式 なんか では
今 流行の ネット 恋愛 です
なんて 言葉で 紹介 されても

羞恥心に 頬を 赤らめる 割合も
減って 来たんじゃ 無いか と 思う

でも 
偏見 は 多い から

出会い サイト なん て言われると
ドン引き される 場合も 有るんだろう

要は キッカケで 無くって
持続力の 問題 なのだ と 
思うんだ ケド ね

知人 でも 
ナンパ から 始まって

幸せに 暮らしてる 夫婦も 居るし なぁ~

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

あはは (●⌒∇⌒●)
まともに 読みながら
なんか 昔 読んだ 風 なのに
ストーリーを すっかり 忘れてる 自分に
気付いた よ

強力な 武器 って 処が 良いね
!_( ̄▽ ̄)ノ彡!

この 部分に 乾杯
(^^)/▽☆▽\(^^)

完敗 です じゃあ
~( ̄▽ ̄~)(~ ̄▽ ̄)~

今朝は 身体の 痛み では 
有りません でした

なぁに 腱鞘炎 なら
スキー 大会 の 前から
ずっと 続いて 居る 様で

其れでも

ハラワタ の 煮えくり 返る 有り様 
ならぬ

脳味噌 の 茹で 上がる 音 
を 聞きながら

アタクシ は 
詰まらぬ 妄想 を 吐き 出す 
機械の 様に

チコチコ と 
此の 小さな 機械の 上で
指を 動かすので 有ります

本来 ならば
両方の 指を 駆使して 挑めば

痛みも 半減 せずとも
少しは 緩和 されるの でしょうが

左指 には 
ヤツが 挟まって おります ので
適わないの です

なぁに いずれ
臭い 煙が 空中に 溶ければ
無くなる ブツ なのです が

此れの ナニが 良いんで しょう


何時だって 
自問 自答を 重ね ながらも

サヨナラ 出来ぬ 
浅はかな アタクシ なので 有り―

朝 何時もの 様に トイレに 行くと
ヤツが
こんにちは~ と 挨拶を し

昨夜は 睡眠 不足で
何と 七時半 には 
就寝 して しまったの ですが

そう 言えば 
最近 食欲が 
妙に 増してた モン なぁ~ 

などと 振り 返るの で 有ります

そんな 訳で
嫌な 夢の 内容 まで
微かに 思い 出して しまい

若干 ブルゥな 感覚の まま
此れから 徐々に 
訪れるで 有ろう 
痛み 待ち なので 有ります (。-_-。) 

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

休日は 寝て 過ごすのが 常 でした

天気が 悪い のは 悲しい と 
思って 来ました

何時から 変わったんで しょう

子供 時代は 
スノトレ なんて 
素敵な アイテムが 有って

膝丈 まで 積もった 雪と 戯れ ながら
通学 した モノ だった

今じゃあ

雪だぁ (●⌒∇⌒●)   
の 感激 の 後に

雪掻き だぁ ε=┏(; ̄▽ ̄)┛ 
の 悲劇が 

まとめて 付いて 来るん ダ Σ( ̄□ ̄)!

でも 今年は
そんな 憂鬱な 朝も 
数える 程度 だった ケド・・・ 

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°
人気ブログランキングへ
↑ポチッとな~☆↑


辛夷

Img_9689


Img_9690


Img_9691

風邪を引いたら桃缶と相場が決まっている家庭で
炬燵に蜜柑を乗せる程のステータスには包まれなくて

冷風を待ち侘びながら真夏に食べた冷風麺は
かの土地で「冷やし中華」と呼ばれた風

素材も見た目も同じなのに 味が違うのはどうしてと
幼子のきょろんとした目に見詰められた時のような歯がゆさ

上手く説明出来ないのだ 目の前に御玉がないから
救おうとした桃の実も 腐ってしまう季節だからね

一体 旬は 何時なのだろうと独り言

全国各地のスーパーで 何時でも売ってる桃缶を
パクリ 口に入れたが最後 ウッと呻いてしまいそうで

吐き出すのは桃ではなくて 咳とか痰の筈なのに
間違って 要らない言葉が飛び出しちゃったりして

お茶目な笑顔を向ける相手も見つからぬまま
ゆっくりと木を見上げたら
淡い桃色の辛夷が目に入ったよ

ふうん こぶしの実って 可愛らしいんだねぇ
桃みたいに やわらかいようなイメージだけれども
きっと 触ったら 固いんだろうねぇ

拳握り締めながら 誓った約束だとか
コブシキカセテ歌い上げた楽曲だとかを
色濃く 思い起こす夜に

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

詩の発表場所あります
自慢の絵・写真を披露したい方にもおすすめ!

ワタクシすずこが編集している手作り詩誌
ポエムサークル「みゅう」

仲間になり購読いただくと
ボツなしで冊子掲載 & CDトーク → 全国郵送★
見本誌もあります。読みたい方も連絡くださいね。

以下に本誌の写真・詳細を紹介していますので
クリックして御覧くださいませませ~☆

ミュウ 221.222号 完成♪ 

すずこのリンクはこちらから

~いつかの すずザレ~ 藤鈴呼の戯言
過去作も織り交ぜてUPしていきます☆

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

大阪の 道明寺で 作られた 桜餅みたいな お菓子を
どうみょうじ と 呼ぶらしいです
おはぎみたいに つぶつぶなのが 特徴で
普通の 桜餅は ペタリとした 感覚なんですよ
おじいちゃんの 大好物でした

何時だったか 桜餅が 食べたいと 漏らしたところ
母親が おじいちゃんが 大好きだったのだと
教えて 呉れたんです

成人病も 今では 生活習慣病と 呼ぶみたいに
家族での 嗜好は 似通って 来るのでしょうかね

★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

今 私が
一体 どんな 感情に 苛まれてて 居るのか
貴方には 解らない
貴方は 私では
無いのですから

其れでも 分かり合おうと言う 気持ちが
生まれて 育ち始めてた頃
二人は 恋人でした

どちらかが 歪んで
相手を 蔑んで みたり
歯車が かち合わなく 成って しまえば

踏んだ アクセルも
スピードを
緩める ばかりで

★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

連打する 戯言の奥
本音 妄想 物語が 隠されて 居る
埋め込まれた 感情は
時に 消え
又 勃発し
振り返る 事を 知らない

★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

自らの 正当性の 所以
誰にも 解って 貰えぬのだと
痛み 抱えて 嘆くよりは
自らを ポジティブに 持って 行ける
一番 良い 方法

★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

独 白


茎の 長さを 数えてる

時の 流れを 数えてる

哀に 触れた 芽吹きの 葉っぱ

いつも いつでも 風に 吹かれて

★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

思わず 口ずさみたく成るような フレーズ
あなたが 気に入ったよって 呟いた

同じような 口調の 繰り返し
同じような ナンバーの リフレイン

巷では 同数字の 四桁ナンバーが
目立って 居るよ

「 ねぇ あんな 感じなんでしょう? 」
思わず 指差して 呟いてみた

★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

小さなメダルを 集めると
何故だか お金持ちに 成った様な
錯覚を 覚えます

幼い 子供が
パチンコ屋で 
集める玉にも
似ている でしょぅか

★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

そう云えば あの町で
ゲーセンや カラオケに行って
楽しみましたね

ドライビングも 全くして居ない
ここ 数年では
とても 懐かしい 思い出と
化して 居るんですよ――

°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

ゲーセンで 一番 ハマったのは
今は 多分ない Type or Dead
キータイプの スピードを 競うもので
ランキングに 名前を 残しながら
長い道を ドライブしながら
色んな町の ゲーセンで
探しまくった日々を
思い出して 居ます

★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★
人気ブログランキングへ
↑ポチッとな~☆↑



2014年10月 1日 (水)

ヒラメ

Img_9694


Img_9695


Img_9696

ってのは高級魚なんですよねぇ~
こちらは いただきものの 多分カレイです♪

で、初挑戦したんですよね
我が家には カレイの煮つけ系が余り得意ではない人が
約一名いるんで こんな感じで♪

そして いただきものの茗荷は 以前に教わったレシピで
酒のアテにもなりそうな勢いだ!

それは良いんですけど、一つショッキング事件勃発★
三日程でしょうか、干していたんですよね ゲンゲ
ほんなら一匹もいないんですけどっ\(◎o◎)/!

一匹は旦那が待避させてくれたらしく
帰宅したら流しの上に鎮座していた
通りで帰宅した瞬間 肴臭ぇと思ったゼ・・・

は~あ 今夜あたり 
火炙りの刑に処する予定だったんだがなぁ・・・
仕方ないからカレーにするか!?

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

鮃  ひらめ


ヒラリヒラリと舞う花も
雨に濡れて くったり萎む時間帯

朝顔 昼顔 夕顔と
ずっと眺めていられないから 美人は得なのね
印象的だから
すっと視界に入ったまま
脳裏の奥深くに蠢いたまま 離れない
そんな華

はらりゆらりと舞う花粉
白粉のような甘い香りは天花粉
天の花の粉だなんて何て馨しさ
もう一匙ちょうだいなと手を伸ばす
妖艶な指先に 全ての方向を定めてもらうように

指示器が壊れたら分度器も歪む
直角三角形の定規の切っ先で
皮膚をも切り刻めるかも知れなくて
ただ 突き刺さる玩具は コンパスだから
必ず 容器に仕舞っておくようにと指示したばかりで
その先の 直立不動の定規に叩かれる可能性は示さない

何者にも代え難いリボン
昔の体操選手のようなシナヤカサ
はためく穂のような重さで
全てを吹き飛ばしてしまうかのような感覚

サクリ 歯の隙間で揺れる
少し磯臭い身の焦がし方が
何よりも 素敵だった

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

詩の発表場所あります
自慢の絵・写真を披露したい方にもおすすめ!

ワタクシすずこが編集している手作り詩誌
ポエムサークル「みゅう」

仲間になり購読いただくと
ボツなしで冊子掲載 & CDトーク → 全国郵送★
見本誌もあります。読みたい方も連絡くださいね。

以下に本誌の写真・詳細を紹介していますので
クリックして御覧くださいませませ~☆

ミュウ 221.222号 完成♪ 

すずこのリンクはこちらから

~いつかの すずザレ~ 藤鈴呼の戯言
過去作も織り交ぜてUPしていきます☆

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

有線を 聴いて居ると 

何時だって 思う

最近は 特に 思う

懐かしい A1チャンネルから流れる

昔の曲を 聴くにつけ

更に 思うのは

最近 癒され隊が

やけに 多いんだなって

そして 灯りを 全て消して

揺らめく 小さな 炎を眺め

チューハイ かっくらいながら

涙ながらに 聴く僕だって

その 一員なんだって コト

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★

デジカメを 購入してから

緑が 気になり 始めました

何てコト無く 咲く花よりも

道ばたで 踏み潰されそな雑草たちを

四角の中に 収めるのです

視覚の隅に 捉えるのです

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★

少しずつ  少しずつね  輝きを 増していくんだ

そう思って 止まなかったけれど

ちょっと どうやら 違ったみたい

誰かに 語りかけるみたいに

こうやって 一人きりの タワゴトばかり 

繰り返して みたりね

外は とても 暑いよ

生温い風が  体温の全てを 奪ってくんだ

まるで 雪オンナに なったみたいにね

なんにも要らないよ

なんにも 

欲しいモノなら 君が 持ち逃げしちゃったからサ

だから ご飯も 要らないの

今は そ~ゆ~ 気分なんだ

笑わないでね

明日 もしも 

近場で 乾涸[ヒカラ]びて 逝たとしても・・・

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★

僕の 奥の 凶器ならば 

そう 今でも 蠢いて 生るよ

何かが 足りない 気がしてサ

振り返っては 溜め息を

付いて ばかり 居たんだよ

そんな ツマラナイ筈の 生活を

潤す キミが 現れて

僕の 心も 洗われた

見透かされてた 洗濯機

ぐぅる ぐうると 何時からか

脳裏で 巡り 始めたよ

例えば 箱の 中の 泡 

これは 二人の 青春だよね

クサイ 言葉は キライだけれど

波打ち際の 約束が

胸に 夕陽に 響くから

岸壁までも 届けば イイと

祈りは ヨットの 帆に紛れ

願いは 海の 底に落ち

堕ちた モンだと 微笑ってる

ビショップの輪を 観たいのサ

メビウスの和に 飽きたから

歪み 落として 拾ってみるよーーーーーーー

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★

段々と 人の 増えてゆく 喫煙室

みんな 昼飯 食べたのかな

余計な お世話と 言われるね

僕と おんなし スモーカー

留まる コトなど 知らないの

HEAVY モードに 汚されて

蛇の トグロも 尾を巻いて

首の 根本も 掴むかな

君の 魂 包むかな

我の 想いは 割れるかな

パチン 乾いた 音も するかな

鳴り響くなら 耳 澄まし

静かな 場所で 聴いてみたいよ

叶わぬのなら カケラだけ

波の 向日に 捨てた フリして

浮遊に埋もれる 浮き輪だけ

手を差し伸べて 待って 居たいの

痛い気持ちは 儚すぎて

蘇すには 辛過ぎるから×××

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★

人気ブログランキングへ
↑ポチッとな~☆↑


« 2014年9月 | トップページ | 2014年11月 »