« ビブリア | トップページ | ヒラメ »

2014年9月30日 (火)

はい、裏(笑)

Img_1550


Img_1880


Img_2240

まぁ・・・何の裏なのかは
一つ前の記事を見て???

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

メンコ


人の裏を掻くマゴノテ
孫の手が育つ迄には
あと二十年位必要ですからと
ニジュウボシテントウが
黒目の代わりに玉のような背中を
こちらに見せて呟いたけれど
信憑性はどのくらい

太陽とニジュウボシテントウの背中の色を
見せあいっこしながら徒競走
百足レースは苦手だから無理をしないで無駄足ふまないでと
独り言

引っくり返る蛙
泥の中から飛び出した茶色の
カメレオンみたいだなお前って
話し掛ける手前でピョーンと小気味よく飛んだ

何処までも跳躍
躍起になって追い駆ける視線
互い違いの長い葦のような葉が切っ先を掠めて
思わず手を引っ込めたふう

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

詩の発表場所あります
自慢の絵・写真を披露したい方にもおすすめ!

ワタクシすずこが編集している手作り詩誌
ポエムサークル「みゅう」

仲間になり購読いただくと
ボツなしで冊子掲載 & CDトーク → 全国郵送★
見本誌もあります。読みたい方も連絡くださいね。

以下に本誌の写真・詳細を紹介していますので
クリックして御覧くださいませませ~☆

ミュウ 221.222号 完成♪ 

すずこのリンクはこちらから

~いつかの すずザレ~ 藤鈴呼の戯言
過去作も織り交ぜてUPしていきます☆

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

北国だから 必然的に スキーの話題が 上がったんだ

僕は ミニ ・ スキーで 近所の坂を

転がり落ちる事だけは 

得意だったよ 幼少時代

★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

ボードは 骨折 したからね

もう 二度と しないのでしょう

良く 趣味の 欄では

賑わっている 此の 言葉だね

★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

ピアノは 弾けないから 憧れる

絵だって 然り 描けぬのだから

そして プロの 女性ギタリストを 思い起す

ブラウン管の向こう 斜めにギターを 担ぎ上げてて

だけども 少しも 重たそうでも 無くって

きっと 僕の持って居る ギタレレよりも

少し 大きな 女性用の ギターだったのかも 知れないな

その楽器は ピアノみたいに 聞こえるんだ

いや CDで ピアノ曲を 聴いた時に

弦を 弾く シーンを 

回想して しまいそうに なるんだよね

★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

サワーの イメージって どんなんかな

プリングルスの サワー味?

オニオンみたいに 舌に 残る 感覚も 有るね

飛行機の中では 一時間位だったから

ジュースの サービスは 無かったんだ

帰り道 新婦の妹さんと おばさまかな? と

三人席でね?

あたしは 通路側 だったのだけれども

サンドイッチを ご馳走して貰った御礼に

口をつけてない ペットボトルを あげたんだ

少し 喉が 渇いていたから 飲みたいかなとも 思ったけれど

心は スッキリ したんだよ

それから サービスの ラムネの飴も

気分を リフレッシュされて 呉れたんだよね

★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

折角 UPしてた モーニング・コールの 楽曲

自分で ダウン ・ ロードばかり 重ねてしまえば

アクセス数が 解らなくなるかな? なんて

普段は しないのだけれども

UPした時にだけ 確認していた つもりだったのに

旅行から 帰ってきたら サーバー ・ エラーで

曲が 掛からなくなって しまってた

どうりで イチバン 新曲なのに

ダウン ・ ロード回数 ゼロの 筈だよxxx

°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

結婚祝に なんて 成らないかも 知れないけれど

あの時 部屋で 弾き語りした時よりは

少し 上達してるんだよねって

ナルシストを 君に 送った

★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

夜の 会話の中で

「 自分の為の曲なんて 作られたら 引くよね~ 」

なんて 会話が チラチラと 聞こえたから

自分の 曲ばかりで 良かったなって 思った

わざわざ 結婚おめでとうの曲なんて 作成していたら

今頃 どう 茶化されて 居たコトか・・・?!

★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

失っても 失わなくても 

最初から 友情では無いならば 

分かり合えぬ 者同士 


そして 本物の 

友情と 愛情は 

自らの 信ずる気持ちの 

持続 作用 


其れが 何処迄 続くのか 

此れは 何処迄 伝わるものか 


自分だけでは 描けない 

総ての 人生 ゲームの様に

★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

人気ブログランキングへ
↑ポチッとな~☆↑


|

« ビブリア | トップページ | ヒラメ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: はい、裏(笑):

« ビブリア | トップページ | ヒラメ »