« 風が流れると | トップページ | 墓石 »

2014年9月26日 (金)

猫のような雲

Img_9642


Img_9641


Img_9643

秋晴れの庭園 左側に翡翠の原石
雲の向こうに にゃおんと鳴く猫を見た

銀杏並木とは言えぬ たった一本の存在感に
デクノボウなんて癒えなかった傷を塗り込む仕草

後ろを眺めて前を向いて 
トンチンカンな繰り返し

電車の名前は〃々〃ゞ
恥じらいを捨てたレール

滑車とトロッコの隙間に挟まった泥を落とすには
乾かさなければならないよ

未だ太陽が天に一番近いから
もう少しだけ我慢してね

影を待つんだ
自分の影は自分じゃ踏めないんだって
知っているだろう

逃げ水ならばどうだ
反射角度を利用して 順繰りに逃げて行くんだ

大理石に映る 金色の影が 細く棚引く時間帯
上を見上げたら 同じ場所なのに ライトが2本見えるよ

片方は青 片方は黄色
どちらから 夕陽が差しこんだのかを 
よくよく考えてみよう
くよくよ悩むんじゃなくて 熟考するんだ 
それが一番 大事だからね

銀杏だって 熟した頃が 一番美味しいんだよ
例えばレンジでチンしてさ
巷じゃそれを レンチンなんて 呼ぶらしいのだけれども
どこかしら レッチリを思い出してしまうから

あの映画 良かったよね 
うん 良かった って
いつまでも 語り継ぐために
忘れちゃ いけないんだよ 
感動した あの物語を

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

詩の発表場所あります
自慢の絵・写真を披露したい方にもおすすめ!

ワタクシすずこが編集している手作り詩誌
ポエムサークル「みゅう」

仲間になり購読いただくと
ボツなしで冊子掲載 & CDトーク → 全国郵送★
見本誌もあります。読みたい方も連絡くださいね。

以下に本誌の写真・詳細を紹介していますので
クリックして御覧くださいませませ〜☆

ミュウ 221.222号 完成♪ 

すずこのリンクはこちらから

〜いつかの すずザレ〜 藤鈴呼の戯言
過去作も織り交ぜてUPしていきます☆

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

■ ハ ト の 涙 ■


昨日 頑張り過ぎました。  僕は 足が 痛いんです。

私よりも アクティブに 映るかも 知れぬ アナタだって  本当は 億劫癖が 抜けなくて

それでも 週末には いつも 友人と 遊びに出てしまって 貯金も 重ねてしまって

アタシにも あと もうちょっと 甲斐性が有れば 良かったのだけれど

そもそも 甲斐性っていうのは 女が 男に向かって 言う 余り 良くは無い 台詞で

とにも かくにも いつにも増して NO MONEYな 私達は

ノープロブレム! と じゃれ合う心の余裕さえも無く  ボーリング場へ 行きました。

貴方の持っているカードが しばらく前のモノで  使えるかどうかが不明で

最初の申込用紙と見比べながら 一向に動く気配を見せぬアナタに

でしゃばった アタシがまた 係員に 質問を 投げかけている。

あんなに混んで いなかったなら もう少し ゆっくり 時を過ごしても 良かったのだけれど

いかんせん あの女店員が “今すぐ” になら 入れます なんて言うから 気が早(せ)いてしまって、

2GAMEしたけど 賞味 1時間も 消化しなかったよね

時間が余れば また 財布の中身も 減ってゆくから

それで アナタが ゆっくりと行動していたのかなと  思ってしまう あたしも

どうやら 余裕を 失くしてる  翼を 落とした ハトのよう

目の前に 豆は有るのに  ポッポ ポッポと バタつかせながら

小さな身体を 震わせながら  夜の心まで  泣いているようだ。

*

また こうやって 時が 刻一刻と 満ち溢れもせず 行き過ぎてゆく。

今日 あなたが 自由に成れるのは あと何分後なのかな それとも 数時間後?

慣れない 時計を眺めながら 一時間おきに 表に出没する あの 鼓笛隊の

小人達と 会話が出来たならば 楽しい空間が 広がるだろうに

妖精に成れるならば きっと アナタ専属の ティンカーベル

羽根は 小粋に 薄ピンクで 染め上げたなら  振り返って もらえるかしら

そりゃあカラスは好きだけど 小さな黒い肢体は ハエを 想像させるから

あの大きな手で 振り払われてしまったら もともこも 無いもんね だから

出来るだけ 可愛く 少しだけ 音の鳴る鈴を 耳元に付けて.

アナタの耳にしか 聴こえないのよ ねえ コウモリの囁きは どうして私達の

耳に入って来ないのか アナタ知って居る?

それはね 夜ばかりに飛び立つ彼等が ドラキュラの化身と 勘違いされて

嘆きの叫びが涙に代わって 空気に触れて 響くからなんだって.

だから 満たされて生る 私達には 聞こえないのよ あの 浮老者だって

瞳で社会を 見詰めて居るでしょう?   彼等には 瞳が 無いのよ

だから彼等は 真っ直ぐには 飛べなくて  夜の中を 彷徨うんだって。

*

■ HOT DRINK ■


あのさ・・・  時計ってサxxx

眺めれば 眺める程

時の経つのは 遅いよね・・・

貴方も 今頃

時計を 眺めて 溜息付いてたり すんのかな・・・

あたし さっきから 目の前に有る からくり時計

何度も 見ちゃって しまってるんだ・・・

何度 見つめたところで・・・

時の進む スピードは 早めらんないのにね・・・

あたしを 待たせてるなって  思い出して 呉れて居るかな・・・

そっか 忙しいから そんな妄想(ヒマ)  無いよね・・・

あたしが 勝手に 待ってんだもんね・・・   帰るって 言ったのに・・・

早く会いたいな。  って 思ってくれてたらイイな。   あなたも・・・

寒くなってきちゃったんだ・・・  あのね、 HOT DRINK・・・ないの・・・

みぃんな 青い色 してるんだよ?   寒くなっちゃう・・・

温かいモノが 食べたいな。  温かいアナタに 包まれたいな・・・

昨日は 食べちゃったけど  今日は お腹 ペコペコなんだ・・・

一緒に 美味しいモノ  食べようねぇ・・・

びっくりドンキーの エッグカリーがいいな。  テンイツの ラーメンでも いいな。

・・・ お金 無いけど ・・・

とにかく    あたたかく なりたい・・・

あなたから くすねた グレーのセーター・・・      あたたかいよ。

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°
人気ブログランキングへ
↑ポチッとな~☆↑


|

« 風が流れると | トップページ | 墓石 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 猫のような雲:

« 風が流れると | トップページ | 墓石 »