« スカイツリー三連発 | トップページ | 冊子紹介 »

2014年9月20日 (土)

ホワイト・モヘア・セーター

Img_4691


Img_4693


Img_4701


永遠のみゅうメンバー 吉田優子 享年26 (2000.11.10)
彼女とは同い年でしたから、存命であれば 
今年 二度目の成人式を共に迎える筈でした

写真は その母上 絹子さん 手作りセーター
撮影したのは五月下旬、赤ら顔なので暑かったんだろう(笑)
どうやらスッピンのようなのでシャワー直後だったのかも

届きましたよー 着てみましたよー 嬉しいですよー
を表現したくて撮影していたんですけどね
セルフタイマーって 距離感 難しいねーっ

余りの難しさに!?
怪しい操り人形みたいなショットやら
最早 意味不明なポージングになっていますわ。

以下、絹子さんも参加している冊子
風の散歩道 第九号 の感想です

* 

ピサの斜塔と一緒に撮影されている写真が何とも堂々としていて
モノクロなのに鮮やかさすら感じられます。

ドラムキャット、聞いてみたいなあ~。
女性のセクシーさは特に求めません(笑)

ハングル文字は記号のような印象です。
日本の(昔の?)女子には「丸文字」なるものが流行しましたが、
ハングルが丸文字になったら暗号にもなりそう?と連想。

ユーチューブなど活用して発信するのは楽しいですよね。
自らの奇跡がネットの波に組み込まれて行く音が聞こえて来そうです。

*

曾祖父母、この存在、私にも確かに感じられるのですが、
実感はないのです。

今では祖父母4人とも鬼籍に入ってしまいました故、
自分・親の代を色濃く感じることはあっても
普段は離れているのですね。

自分のルーツ探しをしたいと言う思い、
大人になれば感じられるのでしょうか、と言うのも
私の両親とも、興味を持って色々調べているような話を
聞きましたので・・

「私がいなくなればそれで終わりだ。それで良い」
この一文に潔さを感じました。

*

事実は小説よりも奇なりとは良く言ったものですが、
牧師になった級友(旧友)さんの生い立ち・そして体験談は
凄まじいですね。

日々の占いの信じ方にも似たようなことが言えるのでしょうが、
一つの事実から自分の気持ちをどう転化させていくかで、
生き様は良くも悪くも変わっていく・いけるのだと信じています。

「エンジニアにこそなり損ねたが---」

どんな人生でもカセットテープのように
巻き戻しもダビングも出来ないのが人生の醍醐味、
もしも、は楽しい妄想だけに留めながら
力強く歩んで行きたいです。

*

タイトルを素敵家族に変更したいような笑みが広がる内容でした。
道端の雑草や夜空の星に気付けるかどうか、
それは慌ただしさと比例していくのかも知れませんけれども、

動物との同居も
自らにある程度の余裕がないと叶わないような気もしています。

私は猫を一時期飼ったことがありますが、
とても癒された点を鑑みると、

「オレが飼われてやったんだニャー」なんて声が
聞こえて来そうです。

シジュウカラの写真、一瞬キビタキかと思いました
(とても声のキレイな黒・黄色の鳥です) 

縦長の円柱のような巣箱は
森の中の信号機のようにも、
踏切のようにも見えるのでした。

*

長く福を齎してくれるお寺・・
何とハイセンスな命名でしょう。
何ぞあやかりたいと人が集まって来そうです。

鰯雲のぼこぼこした白と背景の空色の隙間に
刹那を込めたような一句が印象的です。

今治の名前で思い出すのは白く柔らかいタオル。
白い雲も柔らかなタオルも
優しく降り注ぐような笑顔となって
安泰の世を照らして欲しいと
願わずにはいられません。

「新しがって飛びつくと」
何でも立ち止まる勇気って必要だと思います。

この言葉で思い出したのが
何故かレーシック手術・コンタクト(笑) 
使用後ン10年経過した人が未だいない
不安感からでしょうか。

*

糸魚川在住の私に馴染み深い単語がコロコロと出て来て
目を奪われました。

越の国を堪能できるのも次の春まで、
翡翠はこの手で触りました、
あとは翡翠(かわせみ)に会いたいなあと希う夏です。

あの碧さを瞳に焼き付けたら、焼け付くアスファルトも
幾分涼しげに感じられるだろうか、なんて妄想とともに。

熱い湯、私も好きですが、
旦那の故郷 大分の地獄池近くの温泉では
ヒイーッとなりました。何と50度!

ぬるま湯派の旦那は指先しか入れられない位。
何でもほどほどが良いですネ。

諏訪パンフよりも観光情報盛り沢山の文章には
くすっとしてしまいました。
来年は観光大使として活躍されていたりして!?

*

救急車に乗ったら後は安心だ、そんな錯覚があるように思います。
たらい回しにされた話は絹子さんの文章にもありましたが、
乗ってからが問題なんですよね。

患者・家族が安心できるかどうかは、
救急隊員の皆さんの人間力にも拘わってくると思います。

何気ない一言で良いんですけどね。
そう実感する場面は少ないに越したことはありませんね。

花の行列バンザイ、他の文章よりも短いのですが、
笑顔の花が生まれるような
ギュッと実のつまった花を思い浮かべて
笑顔になりました。タイトルもとても良かった!

*

私自身、人呼んで「壊れた魚」、自称マーメイドですから、
お気持ちが凄く伝わりました。

魚になれたような瞬間、その一瞬が続いたら
心地良いだろうなあと妄想するクチです。

最近さぼっていたプール通いを再開したタイミングで読んだので
タイムリーでした。

クロール、私も右ばかりで息継ぎしています。
いつか両方出来たら良いなあ、ターンもしたいなあ、
でも鼻に水が入るから、と言い訳ばかりで
練習しようともしなければ上達の道は閉ざされてしまいますよと
反省しました。

この夏はお互いに魚を目指しましょう♪ 
そう、キラリと美しいタチウオなんて如何でしょうか☆

*

露の美しさ、現在のパート先である雨上がりの庭園を歩いていると
蜘蛛の糸とともに見とれてしまいます。

南天のような実の先についているのを落とさぬように
写真に収めようと必死です(笑)

つゆ、と言う響きも、露草の色合いも素敵ですよね。
太陽と月・小さなしあわせでは
ご家族への愛情がいっぱい感じられました。

そして第九、声を出すのはストレス解消にもなりますね。
クラシックコンサートは眠らずに
興味を持って最後まで聞くのが命題、なんて言ったら
怒られそうです(笑)

*

うしちゃん・さくらちゃんとの出会いの頃、
その興奮が今になって改めて感じられました。

家族のみんなが「今度はいつ会えるかなあ」と
心待ちにしている様子が目に浮かびます。

おしかける訳にもいかないし・・でも会いたいし・・
の気持ちも伝わります。
写真も動画も随分と溜まったのでしょうネ。

いつでも当時の姿に会える、
とても便利な時代になったなあと思います。

一人目・二人目、その接し方を相談している様子も
良いなあと思いました。
今頃はうしちゃんも大きなお兄ちゃんに
なったのでしょうね!

*

スペイン、ただの観光ではなく目的があったのですね。
特別なガイドさんがついて聞く内容は
心に残ったことでしょうね。

私もパート先で美術館や庭園の案内をする機会が多いのですが、
その人に合った内容でおもてなしが出来ればなあと
振り返りました。

その土地にしかない絵画・花を感じられるのも
旅先ならではですね。

普段の生活下では馴れ合いになってしまうような場面でも、
ちょっと違う地に降り立つだけで
神経ごとシャキッと立てるような気がしてなりません。

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

詩の発表場所あります
自慢の絵・写真を披露したい方にもおすすめ!

ワタクシすずこが編集している手作り詩誌
ポエムサークル「みゅう」

仲間になり購読いただくと
ボツなしで冊子掲載 & CDトーク → 全国郵送★
見本誌もあります。読みたい方も連絡くださいね。

以下に本誌の写真・詳細を紹介していますので
クリックして御覧くださいませませ~☆

ミュウ 221.222号 完成♪ 

すずこのリンクはこちらから

~いつかの すずザレ~ 藤鈴呼の戯言
過去作も織り交ぜてUPしていきます☆

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

地震も こわいけど

自信を持てなく成る 

その 瞬間が

何よりも 地雷なのだと 思う

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

大好きな山を 眺めに

走りたい 気持ちは 時々


以前よりも 頻繁では無くなって 来ているけれど

たまに 思い出すんだ

そして 震えるんだよ

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

今日は シナモン ティーを 飲みました

ドーナツも 久しく 食べて無いけど

この 二つの コンビネーションって

余り ないかな

いつも コーヒーだった 気がするよ

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

優しいは 曲解なのかも 知れないよ

何時も そう 言いながらも 笑ってるんだ

こんな人ならば 良いのになって

君が ぼそっと 呟いて

未だ 君は

僕の 半身も

覗いては 居ないのにねって

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

先ず 誰かの話を 全て ゆっくり 聞いて

思う存分 愚痴でも何でも 語らせて

それから 自分だったら こーするなー とか

冷たい 反応だけだったり

何も 言えなかったり

それでも 昔から

悩み相談が 多いのは 

何故なんだろう

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★
人気ブログランキングへ
↑ポチッとな~☆↑


|

« スカイツリー三連発 | トップページ | 冊子紹介 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ホワイト・モヘア・セーター:

« スカイツリー三連発 | トップページ | 冊子紹介 »