« 道沿いのコスモス | トップページ | 水準点 »

2014年9月22日 (月)

西と東で

Img_9512


Img_9511


Img_9510

フォッサマグナパーク 大断層見学地

っつうことで、フォッサマグナってのは糸魚川静岡構造線よね
ここまでは社会だっけ?の時間に 習った気がする

想像したのはロールケーキだったんですよ
断層っちゅうからね
色の違う大地のグラデーションが横縞で連なる様もいとをかし
とか妄想していたら全然違うじゃないですか~ぁっ

石垣の隙間にコンクリートの補修後 みたいな(笑)
ちょっと啞然としてしまいましたが
西と東の岩素材の違いが展示してありました

道路っ端の駐車場から 断層展示の場所まで暫し歩くんだけどね
まぁ 400メートル位なんだが
その間にミニクイズみたいなのが書いてあってね

餅の形 西は丸い 東は?
呼び方 西はおむすび 東は?
灯油缶の色 西は青 東は?
出汁 西は昆布 東は?

みたいな感じなんですけどね、何処を見渡しても
回答がねぇでやんす! と大爆笑

爆笑ついでに腹の贅肉が大断層になりそうだったわ!?
ここがね ジオパーク発祥の地みたいなので

皆様 是非 この爆笑を、違った 感動を得にいらして♪
そして絵にしてみて!?

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

詩の発表場所あります
自慢の絵・写真を披露したい方にもおすすめ!

ワタクシすずこが編集している手作り詩誌
ポエムサークル「みゅう」

仲間になり購読いただくと
ボツなしで冊子掲載 & CDトーク → 全国郵送★
見本誌もあります。読みたい方も連絡くださいね。

以下に本誌の写真・詳細を紹介していますので
クリックして御覧くださいませませ~☆

ミュウ 221.222号 完成♪ 

すずこのリンクはこちらから

~いつかの すずザレ~ 藤鈴呼の戯言
過去作も織り交ぜてUPしていきます☆

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

彼女は すぐ 近くへ 行くと言って
結局 乗り込まなかったけれど
何だか 少しだけでも
笑顔が 見れて 良かったなって 思うよ
こんな 再会も 有るもんだよ ね

*

開運橋を 通るトキ
あの娘の 存在を 思い出した
大きな お腹を 抱えながら
もし 君が 歩いて居たならば
送って 行こうかな って 悩みながら
メールを しようか 迷いながら

*

駅まで 行って 居たならば
電車に 乗った方が 早いもんね
それに 万歩計を 付けている 君の事
健康面を 考えれば
こんな お天気には
歩いた方が 彼女の 為かな? って
思いながら

*

歯医者にも 行こうかと 思ってね
混んで居るかは 解らなかったし
痛み って 言う程は 気に成らなかった けれど
治療は しておいた方が
イイなって 思ったんだ

*

結局 ギリギリに 成って
メールを しようかなって
ケータイを 眺めたならば
何と 電源 切れてるじゃんっ!

*

何度か 再起動を 繰り返した
イキナリ 変換が 上手く 行かなく なって
顔文字 を 捻出するのに
いつも 「 かお 」 って 入力 するんだよ
顔 の 文字は 顔文字を 登録し過ぎて しまったからね
「 かお 」 の 変換では もう 消えて しまっていて (-_-)゛
それで 「 がんめん 」 って 入れて
「 顔面 」 の 字を 出してから
「 面 」 の 一字 を 削除するの
・・って 文章を 打つために
何度も 推敲を 繰り返して 居る。。。

*

シフト ・ キー で 上手く いきました

何も パソコンだけの 問題じゃあ 無かったんだね

これだから 付け焼刃 の パソコン 遊戯者は・・・

*

ケータイだと 絵文字 なんだよね

パソコンだと 見えないのだ けれども

第二水準の 漢字も

なかなか 出て 来なかったり するんだよね

*

たとえば しあわせ って 表現を

幸福 ( しあわせ ) とか

倖せ とか

表現したい 瞬間 ( とき )

ケータイだと 面倒なのでつ (-_-)゛

*

灰が 舞い上がって

キラキラと オレンジの 光を 称えながら

ボクの 真っ赤な 足元に

転がり込もう と する

直接 手で 受け止める訳には 行かないし

迷っている 間に

彼は 灰色の 面持ちで

ボクの 膝元に

甘えながら ふわふわ と

落ちて 来たので 有りんしタ ☆

*

多分 再放送の ドラマ

子宮頚部 の 癌 の 

妊婦さんの ドラマ

ママならば やや子 の やぁや って

呼んで 居たよね

そう ボクが そう 浸透 させたから ?

でも 彼女は たまご の たぁ ちゃん って

呼んでる みたい なんだよ

*

ママンの 土色の 表情を 思い出す

ボクの 産まれて来た場所が

無くなって しまった 瞬間だった

*

透明の タッパーに 入った

その中に 昔 むかし の ボクが

だけど 記憶なんて 無いんだよ

それに 下界なんて 知らなかった

*

医者は ボールペンで 突付く

ここがですね~~ と

適当な 説明を してる風に 見えた

あの 哀しみは

何時までも 癒えや しない

*

そんな どーでもイイって カンジに

突付かないで! って

ホントは 号泣 したかったよ

隣に パパが 居なかったなら

*

だから もう

ボクには 還る 場所は 有りません

そう 物質的には

*

コマーシャルでは

総てを 破壊する ガス爆発 って

何も 其れだけじゃ 無いよって

病の ドラマを 見ながら 思う日

★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

人気ブログランキングへ
↑ポチッとな~☆↑


|

« 道沿いのコスモス | トップページ | 水準点 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 西と東で:

« 道沿いのコスモス | トップページ | 水準点 »