« 墓石 | トップページ | 里に下りて »

2014年9月27日 (土)

栃の実

Img_7650


Img_7651


Img_7652


とちのみ、かも知れない写真(笑)
歩いていたら発見したんですの。 何だろう?と呟いたら
近くにいた女性が とちのみじゃない? と教えてくれました。
1枚は葉らしきものが ぷらりんと垂れ下がっていますね

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

栃の実


垂れ下がる実の向こうに
今年の豊作を祈る

今回の方策は如何でしたかと
進言する若者

拒絶する重たい実が
ごろりと横になる葉は
意外と頑丈

枝に掛けられた ハンモック
大きなリュックを背負ったまま
横たわっている

太いロープが 身体に喰い込んで
ちょっと 痛いね

もっと こう
安眠できるような気が
していたのに

飛び降りた瞬間に 足首を捻り
ウッと溜息

声にならぬ声を絞り出す心臓
静脈瘤の言う通り
掛け声と共に飛び出すハトの群れ
少し小さい 豆鉄砲の色が
薄茶色だった

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

詩の発表場所あります
自慢の絵・写真を披露したい方にもおすすめ!

ワタクシすずこが編集している手作り詩誌
ポエムサークル「みゅう」

仲間になり購読いただくと
ボツなしで冊子掲載 & CDトーク → 全国郵送★
見本誌もあります。読みたい方も連絡くださいね。

以下に本誌の写真・詳細を紹介していますので
クリックして御覧くださいませませ~☆

ミュウ 221.222号 完成♪ 

すずこのリンクはこちらから

~いつかの すずザレ~ 藤鈴呼の戯言
過去作も織り交ぜてUPしていきます☆

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

悲しみは じわじわと 押し寄せて 来るもの

何度目か など 数えたく 無い

涙も 流さぬ 痛みに 寄せて



其の 瞬間 

固まり 付いた 心

満たない風に 花瓶に 華を

道 迷ふたら 隙間に 風を



何も 出来なかった

見詰めた 現実 再 直視して

痛みと 向き合う 光の奥で

又 影ばかりが 小さく 揺れて

震えた 自分を 抱き締めた だけ

平気な フリした 胸の 底から

隠れた炎が 飛び出して

魂の上 乗っかった

寄り掛かる 船 見当たらなくて

唯だ うめく

そして 泣いたよ



夜に 成る 刻

一人に 成る コト

何時も 気楽な 筈 だったのに

こんな 日々には 辛い 思いで

★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

予定では パパが来ると 言って 居たから

部屋も 必死で 整理した

覗かれたって 構わない ケド

時間も 無くって そんな 言い訳

戯言 ファイルも そのままに して



帰宅したら 明かりも消えた 窓ガラス

来て 無いのかな? 単純に

其れとも 何か 有ったかな

蓋を 開ければ 風呂に 行ってた

電話で やっと 安心 出来たの



昼の 会食で 酒が出て

そのまま お開きに 成るかと 勘違い し

わざわざ タクって 行ったのに

唯だの 弁当 食わされて

部屋に 避難も 無用 だったと

ブゼンと したまま キッチリと

夜まで 仕事を したらしい

パパンの 今日に 笑えた 自分

★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★
人気ブログランキングへ
↑ポチッとな~☆↑


|

« 墓石 | トップページ | 里に下りて »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 栃の実:

« 墓石 | トップページ | 里に下りて »