« 2014年8月 | トップページ | 2014年10月 »

2014年9月

2014年9月30日 (火)

はい、裏(笑)

Img_1550


Img_1880


Img_2240

まぁ・・・何の裏なのかは
一つ前の記事を見て???

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

メンコ


人の裏を掻くマゴノテ
孫の手が育つ迄には
あと二十年位必要ですからと
ニジュウボシテントウが
黒目の代わりに玉のような背中を
こちらに見せて呟いたけれど
信憑性はどのくらい

太陽とニジュウボシテントウの背中の色を
見せあいっこしながら徒競走
百足レースは苦手だから無理をしないで無駄足ふまないでと
独り言

引っくり返る蛙
泥の中から飛び出した茶色の
カメレオンみたいだなお前って
話し掛ける手前でピョーンと小気味よく飛んだ

何処までも跳躍
躍起になって追い駆ける視線
互い違いの長い葦のような葉が切っ先を掠めて
思わず手を引っ込めたふう

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

詩の発表場所あります
自慢の絵・写真を披露したい方にもおすすめ!

ワタクシすずこが編集している手作り詩誌
ポエムサークル「みゅう」

仲間になり購読いただくと
ボツなしで冊子掲載 & CDトーク → 全国郵送★
見本誌もあります。読みたい方も連絡くださいね。

以下に本誌の写真・詳細を紹介していますので
クリックして御覧くださいませませ~☆

ミュウ 221.222号 完成♪ 

すずこのリンクはこちらから

~いつかの すずザレ~ 藤鈴呼の戯言
過去作も織り交ぜてUPしていきます☆

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

北国だから 必然的に スキーの話題が 上がったんだ

僕は ミニ ・ スキーで 近所の坂を

転がり落ちる事だけは 

得意だったよ 幼少時代

★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

ボードは 骨折 したからね

もう 二度と しないのでしょう

良く 趣味の 欄では

賑わっている 此の 言葉だね

★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

ピアノは 弾けないから 憧れる

絵だって 然り 描けぬのだから

そして プロの 女性ギタリストを 思い起す

ブラウン管の向こう 斜めにギターを 担ぎ上げてて

だけども 少しも 重たそうでも 無くって

きっと 僕の持って居る ギタレレよりも

少し 大きな 女性用の ギターだったのかも 知れないな

その楽器は ピアノみたいに 聞こえるんだ

いや CDで ピアノ曲を 聴いた時に

弦を 弾く シーンを 

回想して しまいそうに なるんだよね

★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

サワーの イメージって どんなんかな

プリングルスの サワー味?

オニオンみたいに 舌に 残る 感覚も 有るね

飛行機の中では 一時間位だったから

ジュースの サービスは 無かったんだ

帰り道 新婦の妹さんと おばさまかな? と

三人席でね?

あたしは 通路側 だったのだけれども

サンドイッチを ご馳走して貰った御礼に

口をつけてない ペットボトルを あげたんだ

少し 喉が 渇いていたから 飲みたいかなとも 思ったけれど

心は スッキリ したんだよ

それから サービスの ラムネの飴も

気分を リフレッシュされて 呉れたんだよね

★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

折角 UPしてた モーニング・コールの 楽曲

自分で ダウン ・ ロードばかり 重ねてしまえば

アクセス数が 解らなくなるかな? なんて

普段は しないのだけれども

UPした時にだけ 確認していた つもりだったのに

旅行から 帰ってきたら サーバー ・ エラーで

曲が 掛からなくなって しまってた

どうりで イチバン 新曲なのに

ダウン ・ ロード回数 ゼロの 筈だよxxx

°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

結婚祝に なんて 成らないかも 知れないけれど

あの時 部屋で 弾き語りした時よりは

少し 上達してるんだよねって

ナルシストを 君に 送った

★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

夜の 会話の中で

「 自分の為の曲なんて 作られたら 引くよね~ 」

なんて 会話が チラチラと 聞こえたから

自分の 曲ばかりで 良かったなって 思った

わざわざ 結婚おめでとうの曲なんて 作成していたら

今頃 どう 茶化されて 居たコトか・・・?!

★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

失っても 失わなくても 

最初から 友情では無いならば 

分かり合えぬ 者同士 


そして 本物の 

友情と 愛情は 

自らの 信ずる気持ちの 

持続 作用 


其れが 何処迄 続くのか 

此れは 何処迄 伝わるものか 


自分だけでは 描けない 

総ての 人生 ゲームの様に

★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

人気ブログランキングへ
↑ポチッとな~☆↑


ビブリア

Img_1549


Img_1879


Img_2239


結構前に読んだ本ですな 
現在5巻迄 出てるんかいな

私は4巻まで読んだ気がする 
書店で5巻を見かけたような

淡い記憶が在るけれども 
気の所為だと思い込ませて
手に取るのを躊躇ったまま 帰宅

多分その内 
実家から送られて来ると思うんだよね
何時になるかは不明ですが。

本を眺めると、ごうりきあやめちゃんが
浮かびますね
まぁ ドラマの方ですけどね

昨夜も出てましたねぇ 
あけちこごろうときんだいちシリーズで。

探偵って何か色々と詮索されそうな
怖い気もするけれども
心理学講座って興味津々だったりする

物の考え方とか心の危険回避方法とか
身に着けられそうで。

書店勤務って受付でのんびり読書している印象
なんつったら
ほっぺた両側からひっぱたかれんだろうな(笑)

まぁ力仕事ですよね。
花屋もそうらしいですもんね。

何だかんだ言って紙とか水ってば
手が荒れるんだ。

昨日ヘアカット行ったんだが 
店員さんの指にハッとした

眼鏡とってくれた瞬間にね 
目に入りまして。

そういう瞬間って 何とも癒えぬ雰囲気に 
包まれちまうんだな。

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

たまごあえ


物を知らないと言うことは
恥ずかしいことだと思いなさい
人の心を思いやると言うことよりも
重大な過失だと信じなさい

十代の頃
硝子のハートを抱えた僕は
そんな台詞に
一喜一憂したもんだ

お父さんの言うことは絶対です
お母さんの言うことは最もです
じゃあ 一体どちらが 豪いんですか

ほんわか雲に包まれて
何処までも昇ろうか
底が天国だったなら
鍋の蓋を 御玉で綴じて 卵和え

出汁が効いていないとね
美味しくないみたいなんです
昔あったでしょう?
色は味噌汁なのに 
味わいがコ足りないの
何か 親近感が湧くのは
何でなんでしょうね

枠に囲まれて 船は行く
ここから先は 落ちる危険性がありますから
ぎゅっと抱き合ってくださいと
卵たちに告げる
ゆで卵だった過去のたまごも
卵焼きだった過去のたまごも
みんな 一斉に 空洞を通る

御玉の真ん中を
一斉に通り抜けて
楽しげな たまごとじと なる

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

詩の発表場所あります
自慢の絵・写真を披露したい方にもおすすめ!

ワタクシすずこが編集している手作り詩誌
ポエムサークル「みゅう」

仲間になり購読いただくと
ボツなしで冊子掲載 & CDトーク → 全国郵送★
見本誌もあります。読みたい方も連絡くださいね。

以下に本誌の写真・詳細を紹介していますので
クリックして御覧くださいませませ~☆

ミュウ 221.222号 完成♪ 

すずこのリンクはこちらから

~いつかの すずザレ~ 藤鈴呼の戯言
過去作も織り交ぜてUPしていきます☆

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

ねぇ 最近の私ってば

タバコの 数が 減ったでしょ

あなたに 注意されてから

少しずつ 減らすように しているんだ


パチンコだって 今は もう しないし

髪も 真っ黒く なったし

パーマを落とせば

あなたが好みの女の子に 変身できるのかな?

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:

思い出したくない場所を

イチイチ 通過する事は ないよね

思い出したくない事柄を

イチイチ 説明する必要は ないよね

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:

あなたの 晴れ舞台

私  見に行けないかも知れない

でも これは 仕事だからって

自分に 言い聞かせて いるんだけれども

じゃあ どうして こんな会社 選んだのって

自問自答してみても

応えが 見つからないじゃない

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:

最近 何故か

あなたの事を

よく思い出して しまうんです

辛いばかりの愛人だったけれど

しかも 楽しい場面ばかり

わたし

泣いていた 夜の方が

多かったと 思うのですけれど

あなたの 腕に 包まれて

優しく 眠れる 瞬間ばかり

今でも 捜し求めて いるんです

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:

再会したのが

それ程までに 驚くべき事実だったって事は

あなた あの晩

私に 恋していたのね きっと


それとも 明かされるのが 怖くて?

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:
人気ブログランキングへ
↑ポチッとな~☆↑


意味が分からない

Img_8837


Img_8843


Img_8848


一つ前の記事に載せた写真で癒された♪
久々に黒猫ちゃんに再会したような雰囲気が広がり
自分で自分を癒す夜(笑)

いやぁ~ 猫ちゃんの のんびり加減には
本当に癒されるよね!
まったり感 溢れる 猫カフェ万歳!
VIVA★ね・こ・か・ふぇ♪

そんな訳で。 今日は猫の手も借りたかったのは
杉っ葉運び。
片方の庭園から 片方の庭園の更に上の山まで
デカイ袋に入れた杉っ葉を運ぶんだが
これが重いの何のって

出血大サービスの身としては 
何で今日やねん! と 逆切れしそうにもなるが
まあ、仕事ですからね
そして、力持ちですからね
足場さえ 踏み外さなきゃあ 何とかなるべ! と
さっさかさっさか 運んでいたんだが

これ、若干 危険ですからね
片方は崖、じゃあないけれど
石段の細い部分がありまして
足 踏み外せば 墜落すっからね
袋デカイしよ。

にゃんとも重たい袋もんずら抱えながら
猫の手も借りたいニャンなどと言う暇もなき秋の夕暮れ
そう、午前 午後 と 三回も運んだのよ!
この三回ってのは トラックの荷台にたんまり乗せた杉っ葉が
到着した回数だかんね!
運んだ回数なぞ 覚えてねーよ

もう 黙って座ってたったって
視界がぼやけて くらくらしてんのにさ
半分 何してるか 分からないままに
やっちまいましたよ、今日「も」ポカ

月末だからさ、棚卸があるんですよ
先ず 自販機ね
これ リモコン使ってやるの 初めてでして。
まあ ドリンクを取り出して 数と期限と金チェックして
戻す作業なんだがよ

途中までやったら どうもおかしいの。
いやね? 先ずは各々のドリンクを全て外に出して
機嫌チェック もとひ
期限チェック すんだけどさ

全てのドリンクを出すから その項目は
赤色の売り切れランプが点く筈なんですよ
なのに 点かねーっ! と 束の間悩んで連絡

業者さんに見てもらったっけばよ
違うドリンクが入ってるっちゅーじゃなぁ~い♪

入れ間違えたんか!? って 当初は思った
記憶を手繰り寄せたけど いや違うよ~

ちゃんと 項目名 書いてある処に 
突っ込んだのにさ、って思っていたら

後から聞いた話

「ちゃんとした棚に入れても 違うところに 転がり落ちて
 機械内で詰まる事件が 続発している」 そうじゃない??

何でやねん! 意味が分からん
おむすびころりんより性質が悪いドリンクの話(笑)

ふらっふらで事務所に戻ったら 
数日後までに チケットを大量制作しろとの指令!

早速 厚手用紙を注文せねば! と 前回の注文内容を知るべく
商品掲載冊子&納品書などを 引っくり返して注文

その他に 明日の準備
結局 一時間半の残業代は勿論 出ませんよね~♪
何でやねん!

朝は三十分前に出動して準備しているんですけどねー(棒)
こういうの疑問に思わない人って 慣れているんだろうね。

私は営業時代で懲りたから
今じゃ時間カッキリ ベルさっさ女を気取りたいんですの
(はあと)

その後、帰宅してから「着信アリ」 
ブログ訂正の指示が三箇所

一つは私のポカで、日付訂正もあったので 
即座に対応

最近ねー ポカする度、言われるんですよ

「すずこサン、なんとかほど なんとか~って言うじゃない?」
「え? バカですか?」
「そこまで言ってないよー」
「嗚呼、出来の悪い子ほど~ ですね」

いつもフォローしてもらうんですよね~
「すずこサンは完璧じゃないところがいい」

まぁ抜けてるってことですね。注意散漫でスミマセンと
毎回肩身が狭いんですが。魂抜けるより良いだろう、と。

出来の悪いと言ったら 親に申し訳が立たないワ♪
(おやおや・・・)

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

写真 今度は白ネコとアメショー
どうも私のバッグ 居心地が良いらしい!?
合皮だから か・し・ら♪

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

詩の発表場所あります
自慢の絵・写真を披露したい方にもおすすめ!

ワタクシすずこが編集している手作り詩誌
ポエムサークル「みゅう」

仲間になり購読いただくと
ボツなしで冊子掲載 & CDトーク → 全国郵送★
見本誌もあります。読みたい方も連絡くださいね。

以下に本誌の写真・詳細を紹介していますので
クリックして御覧くださいませませ~☆

ミュウ 221.222号 完成♪ 

すずこのリンクはこちらから

~いつかの すずザレ~ 藤鈴呼の戯言
過去作も織り交ぜてUPしていきます☆

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

意味深々も 然りだけど

叱られるのは 不得意さ

パパは 言ったさ 三日目に

俺は 部下をぉ 誉めれない

褒め殺しなんて 出来ないと

おべっかなんて 使えんと

爆笑しながら 聞いていた

パパンを語る ママンの声に

受話器の向こうで 笑ってた

************************************

しんしんと 降り積もる 雪

こんなにも 愛しく思えてしまうのは

今は 見られなく なったから

思い出が 美しいのと

おんなじなんだね

*************************************

心身ともに 疲れ果てて

眠りたいのに 眠れない

不眠症なら 大得意

不快な気分で 明日も覚醒

タイム・アップで 後に するのさ

真夜中 入った ネット喫茶を

**************************************

信頼ばかりが 能じゃ無い

裏切るよって 告げといて

信じさせるの 勇気が 大事

逆だったなら 此れは 惨事!!

*************************************

賛辞にも 成らぬ様な

三時の おやつも 食えぬ様な

三児が 僕に 言いました

ジェリー・ビーンズ 舐めたいと

舌を 出し出し 云いました

***************************************

女子トイレの筈なのに

便座が 上がっているのは

何故だろう。。。


きっと 清掃直後だったのね。。。

そう思わなければ。。。


そんなWC(愛人)の元から

珍しく 小時間で帰宅した僕は

咳払いを 一つ。

向かい側では 溜息が 一つ。


二つの息は

微妙なまでに

重なり合わずに。

************************************

人種差別を 差別するのならば

男尊女卑も 卑下しなければ ならないと

髭を こすりながら あの人は 呟く。

そうだね 女々しい 男どもへ

そうよね 男勝りの あたしも。

************************************

男が エプロン してたって

女が ジーンズ はいたって

当たり前の 世の中

悪くなったのは 

不況

それこそが 全て。 (実感)

*************************************
人気ブログランキングへ
↑ポチッとな~☆↑


くろねこ

Img_8838


Img_8842


Img_8846

射水の猫カフェで出会った黒猫ちゃん
ちょっと ぽてっとした かわいらしさ

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

詩の発表場所あります
自慢の絵・写真を披露したい方にもおすすめ!

ワタクシすずこが編集している手作り詩誌
ポエムサークル「みゅう」

仲間になり購読いただくと
ボツなしで冊子掲載 & CDトーク → 全国郵送★
見本誌もあります。読みたい方も連絡くださいね。

以下に本誌の写真・詳細を紹介していますので
クリックして御覧くださいませませ~☆

ミュウ 221.222号 完成♪ 

すずこのリンクはこちらから

~いつかの すずザレ~ 藤鈴呼の戯言
過去作も織り交ぜてUPしていきます☆

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

スポーツ大会に 埋もれた
土曜の 午後

隣町を 越えて
一時間強の ドライブを したら

時刻は 既に
夕暮れを 迎える 刻

更に
天気予報が 当たり

到着する 頃には
雨も 本降りに 成り出した

室内に 入り
先ずは 一時間の バドミントン

天井から 大きな 音が 
して居た

時折 激しく 打ち付ける様で
外は 土砂降りの 様だった

続いて 20分の トランポリン
短いと 初めは 感じたが
侮る なかれ

実際
連続で 飛び跳ねられる
代物じゃ 無い

直ぐに 息切れが 訪れ
トランポリンの 上に
汗だくの まま
寝転がる 羽目に 陥る

コーラの ペットボトルも
底を 付いたが
まだまだ 此れからが 本命

軽く ゲームの
トラック運転 と ピンボール に ハマり
あえなく ゲーム・オーバー

続いて 一服の 後には
バッティングが 待って居る

3ゲーム用の カードを 買い込み
私は 1ゲームに トライ

西武 松坂ピッチャーの 打席で
送球スピードは 80キロに 設定

恐らく 20球ほどが
飛んで来たと 思うが

中々 バットにすら 当てられず
四苦八苦

空振りは 肩を 痛める の 図 (-。-;)

昔 一度ダケ
近所の 屋外 打ちっぱなしゴルフに
出向いた時が 有るが

翌日の 肩の 痛みは
酷い モノだった と 
淡い 回想シーンを 終えた 処で
ショッピング・タイム

香水コーナーの 前で 立ち止まり
其のまま 居座り

結局 三つの瓶で
財布を 軽くするも ご満悦 (*⌒▽⌒*)

少し 遅めの ディナー・タイム
テレビでも 紹介してた店は
少し 暗めの お洒落な 内装

ちょっと カップルには
最高の シチュエーションじゃあ なぁい?

なぁんて
語る 二人の 恰好は
勿論 ジャージ風だから

折角の レストランには
ミス・マッチ

めげずに 頼んだ メニューは 美味で
思わず 写メ・パシャリ☆

ケータイ・ムービー に 初 トライ★

楽しんだ分
余計に 累積疲労が 溜まる
かと 思いきや

想像以下の 筋肉痛で 済み
最高に 良い気分  持続中~!_( ̄▽ ̄)ノ彡!

★,。・::・°☆。

共有 出来たら イイナ では 無く
共有 したいな って 表現が
とても   嬉しかったんだよー

★,。・::・°☆。

何時だって アタシの 言葉は 解り 難くて
何時も アナタの 台詞は ストレートなの

アタシの 心が 歪まない 様に って
きっと 調整して 呉れてるんだ ネ

★,。・::・°☆。

眠る 直前に
少し 反省を しました

何だか アタシは
何時も
大事な 言葉を 忘れたまま
アナタに メールしてるんじゃ 無いかって
振り返って しまったから

例えば アナタに 会える 手前で
買い込む 食材の リストばかり 羅列して
肝心の
いつも ありがとう おつかれさま
気をつけて 来てね なんて 台詞が 無いコトを
送信した 後で 気付いて しまうから・・・

だけど アナタは 何時だって
受け取る 私が
思わず クスリ と
嬉しい笑顔の 浮かぶ 台詞を
いっぱい いっぱい くれるの

★,。・::・°☆。

とりあえず
何か 夢は 見たのだけれども
内容が 思い出せない

目覚めた 直後は
微かに 浮かんだ 情景が

起き上がり
布団を 剥いだ 瞬間に

消えて
小さくなって しまった


 『 残 り 火 』

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°
人気ブログランキングへ
↑ポチッとな~☆↑


目玉

1_1


Img_8814


Img_8815


写真は 藤鈴呼オリジナル しおり &
ガラスストラップ 秋のさくらんぼ

*

目玉のように見えるアクセサリーで自分の中でダントツなのは
目玉リング。

昔エックスのヒデちゃんがつけていたのがキッカケで
自分でも集めていたなあと懐かしく思い出します。  

*

ルイジアナがアメリカ南部であることが直ぐ出て来ない私です。
何か美味しそうな料理の名前みたいだなぁ~なんて風に 
いつの日も食い気たっぷりでお送りします(笑) 

最近 読んでいるのは翻訳してある本なんですが
カタカナだけが続くと頭がショートしてしまいそうになり、
何度も登場人物の一覧ページに戻る作業を最近繰り返しています。

*

黒猫からは忌み嫌われる空気感が立ち昇るのが
今までの常でしたけれども、

ここに来て猫ブーム、黒猫ちゃんも人気のある様子ですから
夢を以て
にゃんとも可愛らしい仕草を爆発させて欲しいものです☆

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

目玉


ぐうるりと動かして ぎょろりと留める
黒玉の部分は どうやったって動くから
白い部分が 均一になることはないと独り言

画面の余白に従って カーソルと動かすと
カースト制度に促される
三角形の頂点に突き刺さるマツゲに
似合うマスカラを 今すぐください

カウンターでは 小気味良い話は聞かれない
小声で語る 良し悪し毎にプラスして
硝子をドンドンと叩く音がする

ここに ゲンゲを 干してあるんです
鴉避けに ディスクをおしくらまんじゅうして
背面と 背面が ぺったんこ
羽根がキラリ耀く面に 貼り付いてくれたらめっけもの
その先は どうしますか

パタンパタンと せせこましいばかりで
優雅な休息が得られない
そうでしょうとも 万年睡眠不足なんです
万年から千年を引けば
今の齢と違わぬ弱さ 導き出せますか

シグマもマグマも分からない
計算式の向こうで 割り算をする
手元の札束と 何を足してから引けば良いのかが
分からないままで

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

詩の発表場所あります
自慢の絵・写真を披露したい方にもおすすめ!

ワタクシすずこが編集している手作り詩誌
ポエムサークル「みゅう」

仲間になり購読いただくと
ボツなしで冊子掲載 & CDトーク → 全国郵送★
見本誌もあります。読みたい方も連絡くださいね。

以下に本誌の写真・詳細を紹介していますので
クリックして御覧くださいませませ~☆

ミュウ 221.222号 完成♪ 

すずこのリンクはこちらから

~いつかの すずザレ~ 藤鈴呼の戯言
過去作も織り交ぜてUPしていきます☆

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

中学 あたり から
「 どんな 人が 好き? 」
と 言われた 時

「 目の 綺麗な 人 」
と 答えてた 様な 気が する

その内に
「 沈黙 してて 楽な 人 」

追加 されたかな…

目は 口程に とは
良く 言う けれど

表情を 創る のは
眉 だったの ね、


気付いた 時は
新鮮 だった

への字眉 で 笑顔を
逆なら 怒 を 、

同じ 目と 口でも
眉 一つ だから
面白いな って

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

人の 観察は 楽しめる
自分も 誰かに
観察 されてるの かも

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

苺はね
真っ赤で 小ちゃくて
とっても 可愛いんだ

赤ちゃんは
ミルクの におい

苺は そのままじゃ
ちょっと すっぱいけれど
コンデンス ミルクを かければ
甘ぁい デザートに 大変身

大きく成った時
しかめ面 してる人を
優しく 包む
ミルクの様な 人に
成りますように・・・

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

悲しい時には
空を 見上げてみて
キラキラ星が
何時までも
見守って くれるから

あなたは 私の
とっておきの スターだもん
涙は 流れ星と 混ぜて 流して
笑っていてね

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°
人気ブログランキングへ
↑ポチッとな~☆↑


2014年9月29日 (月)

ルイジアナ

9


10


13


ルイジアナって何処!?
ここらしい(笑)

写真 既に御嫁入した 藤鈴呼オリジナル
アクリルゆびわ

9 ルイジアナ(5.2センチ) 
食わず嫌い王決定戦に
えいちゃんが出ているシーンを眺めつつ
異国に想いを馳せました。
トラベリン・バスの歌詞なんですね。
ミラービーズ水色10ミリ ロンデル2つ 透明水色4ミリ

10 ルイジアナの塩(6センチ) 
アメリカの塩はどのくらいしょっぱいんだろうと想像。
ミラービーズ水色10ミリ ロンデル2つ パール4ミリ

13 房(4.7センチ) 
小さな柔らかい存在のイメージ☆
ミラービーズ紫10ミリ ロンデル2つ パール紫

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

算盤/藤鈴呼

珠算は習ってみたい教室の一つでした。
他はピアノ。

算盤を手にしてジャラジャラと掌を転がすと
意外と痛いんですよね。

引っくり返してスケボーにしたことはありませんが、
板間の泣く瞬間ならば何度か経験しました。

祖父母の家にダルマ落としが在りまして… 
借家なのに何てことをしてしまったのだろうと
今更の懺悔心と共に。

*

パチパチ、こうして書いてみると
口の中でシュワッと弾けるようなお菓子を思い出します。

ソーダ味の香りが脳裏を掠め、
一瞬は爽やかテイストなのですが、
舌は軽く痛むと言う。

脳裏に蠢く何者かを解除したい時に有効なのは、
やはり睡眠でしょうか。

ぼおとしたままでは思考もまとまらず、
眠り続けては歯垢が溜まり、
試行するまで時間が掛かる、なんて事にもなりかねない…

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

詩の発表場所あります
自慢の絵・写真を披露したい方にもおすすめ!

ワタクシすずこが編集している手作り詩誌
ポエムサークル「みゅう」

仲間になり購読いただくと
ボツなしで冊子掲載 & CDトーク → 全国郵送★
見本誌もあります。読みたい方も連絡くださいね。

以下に本誌の写真・詳細を紹介していますので
クリックして御覧くださいませませ~☆

ミュウ 221.222号 完成♪ 

すずこのリンクはこちらから

~いつかの すずザレ~ 藤鈴呼の戯言
過去作も織り交ぜてUPしていきます☆

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

フライだとか コロッケ
普段ならば ヨダレ 垂らしながら
真っ先に 食いつく 処だったのに

ボクは 何だか
あったりとした 
あの 冷やしナメコおろしそばの味が
忘れられなくて

汁も 多い ラーメンが
好きだった 筈なのに
何故だか
胃もたれする 明日を
連想して しまったんだ


  『 残された 半分は 何時 食べるのですか 』

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

そもそも 真夏でも 無いのに
こんなに 熱いだなんて・・

そう 思う度に
腕まくりを しても
今日は パンツ・スーツだったから
どうにも こうにも
暑さを 拭い 切れなくて


 『 ヒーターの 設定温度は 18℃ 』

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

ふわふわの 雪を 思い出したくて
君と 初めて 会った時に 着ていた
白い ふわふわの 
きらきらの セーターを チョイスした

だけど 半袖 なんだよね
二次会の カラオケでは
どうせ 絶叫する 予定だから
丁度良いんだろうかとか
言ってみる・・・


 『 サマー・セーター?! 』

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

硝子ケースの中に 隠された
認証システム

人の 表情を 読み取ろうだなんて
贅沢 過ぎるんじゃ 無くて?

そう 人の 心はね
読めないから
丁度 良いのよ


『 丁度良い 思いが 一杯 』

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

テレビは 一切 見て無かったのだけれども
聞き覚えの有る音に
ふと 画面に 釘付けに成る

イントロが 流れれば
覚醒してた あの頃のように


 『 音の 聞き分け 』

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

八十八夜の 新茶を
堪能する 予定も 無いけれど

今は 水道水から 
氷も無しで
水を 飲んでいる

これから 繰り出すんだ
ドンキーで 食べるんだ

あの日から 気に成ってた
おろしハンバーグにする
予定なんだよ--


 『 大根に夢中 』

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

パソコン画面の 前に 座ると
自分の 顔を 認証して 呉れる システムが
マンションなんかでも 稼動する らしいけれど
アナウンサーが 笑ったり
頬を 膨らませたりすると
エラー・メッセージが 出るようで・・・


 『 意味無いじゃん 』

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

君から 貰った 小さな 四角の中で
死角に 挟まった 花びらが
緑と 溶け合って
先走る 夏を 堪能 したいのか
少し 儚げなのか いぶかった日

そして 今日
銀行行脚の 途中で
池の 周りを 探索して 貰ったよ

未だ しっかりと
桜を 堪能して 居ないのだと 告げたなら
優しい 彼女が
クルリ 一周して 呉れたんだ

もう 桜の シャワー 状態で
スワンも 泳いで 居たんだ
勿論 小さな ボートだよ

小学生は お弁当を 持って
遊びに 来てる みたいだったけれど
カレンダー通りなんだなって 思いながら
少し 羨ましかった


 『 好き空きの池 』

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°
人気ブログランキングへ
↑ポチッとな~☆↑


鉄壁の笑顔

Img_9655_3


Img_9655_5


Img_9655_6


青空を海に見立てて
中央の粒を見やる

角度によって 黄色っぽくも 見えますし 
周りの色合も それぞれなので 
オリジナル感覚が 広がる

鯉を突く 鷺の姿を
直接 眺めた訳では ありません

半分になった 魚の 尻尾部分を
眺めながら 言う

可哀相 でもあり 
弱肉強食 でもある 
総合すると 食物連鎖 となる光景

春の海豚は跳ねる
冬の季語だそうな

あの人が 教えてくれた 善し悪し事を
今宵 四方山話に替えて

白い画面に 入力していく時
流れ星が キラリと見えた

飛蚊症と言うのですよ
白衣の天使の笑顔

鉄壁のガードだ
紺碧の空に浮かぶ

晴天の霹靂
どんな壁画よりも美しい

何色の絵具を以てしても
描き切れぬ 透明模様

底に模様が 存在するのか
いくら透明に近い海の底でも

ババアサザエくらいの大きさになれば
隠れる隙間がありません

潮溜まりの中で
ジッと身を潜めて
その時を待つ

泡が少しずつ流れ始めて
重曹の効果を知る瞬間

やけに重たいぬめりが
鱗から剥がれて行くのを
感じながら

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

写真 黒猫 in 新宿食堂
何匹か いたなぁ~

耳のてっぺんあたりが 少し引き千切れているのが
可哀相でした

ワクチン接種してない? みたいなので
触るのは止めました

やはり私は黒猫が好きっ!

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

昔、地元にバイキング店がありました。
その頃 成長期だった私は嬉しくて

アイスクリームばかり頬張って
腹を下した 苦い記憶がありますが 

その店が潰れた後、同じ場所に出来たのが
ラーメン店だったかな、

その名も「若い力」
うーん、パワフルさを感じましたね。

今回の新宿食堂は 量で言うと
二玉は入っていたんじゃないかと思います。   

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

チューブと言う響きで思い出すのが 
何時でも歯磨き粉の私でも 

たまには庭で泥だらけになっているイメージの
青いゴムチューブだったり 

懐かしい歌声の響くマイクだったりも
するんですよね~♪ 

教会と言えばパイプオルガンが浮かびます。
あれはチューブではなくて管なんですよね。

チューブの中に水をたっぷり入れて音を出す
面白楽器なんてないだろうかと独り言♪

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

詩の発表場所あります
自慢の絵・写真を披露したい方にもおすすめ!

ワタクシすずこが編集している手作り詩誌
ポエムサークル「みゅう」

仲間になり購読いただくと
ボツなしで冊子掲載 & CDトーク → 全国郵送★
見本誌もあります。読みたい方も連絡くださいね。

以下に本誌の写真・詳細を紹介していますので
クリックして御覧くださいませませ~☆

ミュウ 221.222号 完成♪ 

すずこのリンクはこちらから

~いつかの すずザレ~ 藤鈴呼の戯言
過去作も織り交ぜてUPしていきます☆

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

とんでもない言葉ばかりを 
貴方へと向けて
そうアイツには 言えなかった
自分自身の心も 身体も全て
貴方に 預けた

*

「きっと あの頃は 丁度良かったんだねぇ。」
いつでも 思い起こす 感情
そして 紡ぎ返す 過去過去があるから 今がある
あの時の あたしがあるから
貴方を 好きになったのよって
今まで 何度 伝えたんだっけ・・・?

*

思い切り 楽に なろうとしている。
紡いでも 紡いでも 終わらない言葉を
貴方に 届けるだけでは あきたらなくて
また 誰かを 捜そうと している
決して 見付からない その 誰か
貴方は 言ったよね
俺に釣り合う人間なんて いないと
それは 私でもだと
私は どうなんだろう

*

貴方は きっと 安心するね。
私が こうやって 文字に埋もれていたならば。
だって 紡ぐ言葉が なくなってしまったならば
私は 死んで しまうもの。

*

忘れては ならない感情を思い起こすために
今 私は 貴方を 思い出している
そして 貴方は 私を 思い出している?

*

駄目になってしまう
貴方に 呆れられたらと
言わなくても いい言葉を
いつまでも 紡ぎつづける 
私が 居た。

*

狂ったような 感情を
貴方に 抱き締められながら
「そんなことばっか 言ってたよね♪」って
笑い合える
そんな日が いつか訪れますように・・・

*

シアワセな眠りを 妨げられて
いつも 思い起こすのは
彼の言葉
「一日 眠っていれば 忘れられる。」
私も そうなりたくて
ただ ひたすらに
眠って いたかったもの。

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°
人気ブログランキングへ
↑ポチッとな~☆↑


2014年9月28日 (日)

新宿食堂

Img_9655_1


Img_9655_4


Img_9661


糸魚川(いといがわ)と読めないアナタも知っている?!
フォッサマグナの文字

別名 糸魚川-静岡構造線 ですけれども
そんな糸魚川にも「新宿」が在る!!

と言うことで ずっと前から気にはなっていたんだよね
噂によると 超大量だっちゅうじゃない

こりゃあ めっちゃお腹空かせて挑まないと
潰されるで~(何に)
と 気合を入れて挑んだ---訳もなく

休日の転寝から起きたら鶴の一声
「新宿行くぞ!」

おおっ! とうとうその時が来たか~っ! 
ってんで

若干眠かけしながら参戦したのが 
ワカメそば

見た目はそんなに大きな器じゃない 
だが しかし

人間「見た目」に騙されてはならぬ! と 
実感するのだった

一口目は爽やかテイスト 
すりおろし生姜が入っているのね

勿論 冷たいそばですよ♪ 
そば一本一本の色も均一ではなく
「何か不思議だねぇ~」 と呟いた

旦那「ああこれ、きっと蕎麦殻も練り込んでるんじゃない?」
な・成程っ! 流石 麺類大好き男っ! 勉強になりまするっ!

と主婦の風上には置けないので 風下発言をしながら 
すする麺

だが しかぁ~し! 
私の目論見は激甘だった

このクソアマとか呼ばれても 反論できない位に膨らんだ
我の腹は

最早風船 風船爆弾 ん~ そんな歌があったなぁ~と
一人ゴチる

だってね? 初めてだったもん 
器の中で 麺が蜷局(トグロ)巻いてんの

ゲゲゲ~っ ど~ゆ~こっちゃのゴッチャの玉手箱! 
みたいな

んまあ、完食しましたけどね? 
感触としては~そうだなぁ~

汁も飲みたかったけど
物理的に無理だった感じ?

心情的には行きたかったんだけどねぇ~ 
良い味だったし♪

えびチャーハンは旦那作成 
一所懸命 剥きましたる小エビちゃん

本日 また半分を頑張って剥き剥きしちゃったら
腕がムキムキする前に 久々の腱鞘炎チック~♪

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

詩の発表場所あります
自慢の絵・写真を披露したい方にもおすすめ!

ワタクシすずこが編集している手作り詩誌
ポエムサークル「みゅう」

仲間になり購読いただくと
ボツなしで冊子掲載 & CDトーク → 全国郵送★
見本誌もあります。読みたい方も連絡くださいね。

以下に本誌の写真・詳細を紹介していますので
クリックして御覧くださいませませ~☆

ミュウ 221.222号 完成♪ 

すずこのリンクはこちらから

~いつかの すずザレ~ 藤鈴呼の戯言
過去作も織り交ぜてUPしていきます☆

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

火傷したのか 蚊にでも 食われたか

左薬指の 節に

急なり 出現した 水膨れ


ほんの ちょこっと 

触れた と 感じた瞬間に 弾けて


まるで 

命なんて あっと言う間なんだ って

誰かに 宣告 されてるみたい


小さな 定規を 取り出して

此の位かな って 

指で 摘み取る 様に


君の 腫瘍も  僕の 鼓動も

孤独の 奥側で

溶けちゃえば いい



ふと 未来の僕を 予測する時

一人ぽっちで ぽつねんとする姿を

連想して しまうんだ


だぁれも 側には 居なくって

大切な 人も 友人も

居なくなって しまって居たり

亡くなって しまって居たりね


其う 語りながら

アナタの表情が 曇る 直前

笑い話に 移行 させたよ

★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

此の時間帯は いっつも渋滞なんだ

諦めた様に 呟くのは

ココロの 中ダケ


カーステレオは チューブ

真空管の チューブの中身 さへ

あめて行きそな 季節なんだよー

★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

彼女の バースデーに

丁度 今月の 

アーチスト ・ セレクション と 相成った

チューブを 円盤化して 渡してみたんだ


スキマ ・ スイッチが 好きで

ゆずっ子な 趣味からは

少し 外れて しまうけれども


最新の 曲よりも

夏なら やっぱ チューブでしょっ! って

アタシの気分が 告げたからさー


手書きの コメントには こう 書いたんだ


《 夏だ! BEERだ! サザンだ!ー ってコトで

  海の季節の 海賊版 チューブ CDです

  ( サザンじゃ 無いんかいっ! ) 》

★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

ママンにも プレゼントしようか と 思い付いて

二度目の 円盤作成に 取り掛かったよ


パソコンが 最近 富に 重たくって

同時進行で

ネットや メールや プリンタや スキャナ

そして 録音も したいのだけれど 我慢して

ひとおっつずつ こなして居るんだ

★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★
人気ブログランキングへ
↑ポチッとな~☆↑


2014年9月27日 (土)

ロールシャッハ

Img_9426


Img_9427


Img_9430


という名前だったと思うんですけどね
美術の教科書に白黒の絵が出ていた記憶が鮮やかに残っています

魔女に見えたり女の人に見えたりする
見え方が変わるってことですね

この場合は 平面なので
同じ角度から眺めて居る訳です

今回の写真は 一つの石を別の角度から眺めた時のもの
入口付近から見上げると 観音様に見えるが
建物の中から眺めると ゴリラの横顔みたいに思える

そんな庭園なんですねー

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

詩の発表場所あります
自慢の絵・写真を披露したい方にもおすすめ!

ワタクシすずこが編集している手作り詩誌
ポエムサークル「みゅう」

仲間になり購読いただくと
ボツなしで冊子掲載 & CDトーク → 全国郵送★
見本誌もあります。読みたい方も連絡くださいね。

以下に本誌の写真・詳細を紹介していますので
クリックして御覧くださいませませ~☆

ミュウ 221.222号 完成♪ 

すずこのリンクはこちらから

~いつかの すずザレ~ 藤鈴呼の戯言
過去作も織り交ぜてUPしていきます☆

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

TVの奥では

若者たちが

楽曲に合わせて

腰を振ったり 首を振ったりして

踊りまくっている。

今日 ボクは

そんな キミ達と 同じように

狂ったように 身体をゆすりながら

思い切り 絶叫して 来たんだ。

あれは・・・懐かしの

GLAY オンパレード だったよね♪

*

それは キミの 栗ジャムの味のように 浅はかな色合い。

ボクは ブルーに 包まれたままで。

学校の先生が 教えて呉れたんだ。

国語の時間に 詩という時間があって

自分の気持ちを 何でも良いから 言葉にしてみなさい。

そんな 一人勉強から始まった ボクの戯言は

イマまでで 140冊以上の 文字を連ね続けている。

去年の今頃は96冊目だったのに。

きっと ボクが 生きている限り

この 戯言は 続いてゆくんだよね。。。

*

キミに 抱き締められる そんな夢

「小さい君が 大好きだよ。」

背いたかノッポの貴方は

低く流れるようなボイスで

ボクに そう 呟きました。

ボクは 上目使いに キミを見上げ

「それなら キスしてちょうだい」って。。。

*

何でも良いから 思った事を 言葉にする。

あいうえお かきくけこ 何でもいいんだ

あいうえおの中には

あいしてるが詰まってる

かきくけこの中には

キミの言葉をきくっていう想いが詰まっている

ねぇ そうやっていけば

さしすせそは・・・?

人間 いつかは 死すものだと。。。。

*

ボクの考えている事 どうして解ったの?

純粋な瞳で 見詰められたなら ボクは・・・

必要以上に生きてしまった事実(こと)

痛感させられる毎日

されど 毎日を これ以上に 面白おかしく生きる諸行(こと)

この 非力なボクに 可能だとでも・・・

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:
人気ブログランキングへ
↑ポチッとな~☆↑


あおビーム

27_1


27_2


Img_0157


写真は藤鈴呼オリジナルガラスリング
お嫁に旅立った「あおビーム」

27 あおビーム(5.6センチ) 
リング部分が透明感あるので
夏の涼しさが似合うかも知れません。
ヒビガラス・ブルー&イエロー7ミリ 
ロンデル2つ パール4ミリ

5匹の可愛い子ブタちゃんは
また別の時に記念撮影したものじゃ♪


何ちゃらビーム! とか言われると
真っ先に連想するのは ウルトラマン

まあ 仮面ライダー世代でもあるんだけれども
皆が呪文のように呟いていたのは 
月光仮面の格好良さ?

いずれどれについても疎い私

ガッチャマンのテーマソングをもじったものは
良く耳にしていたけどねー

♪地球は一つ 割れたら3つ♪・・・って
割るんかい! とかね

当時 流行ったのは 王道(?)の
「お前の母ちゃんデーベソ」

出臍の由来は雷様の話にも在るんでしたか
腹を出してると 雷神様におへそ持っていかれるよ! 的な?

まあ何につけてもチクりたい世代ってありますよね
小学生なんか特に

「せんせーい、なんとかくんが 廊下走ってましたー」
帰りの会での報告会とか

「なんとかちゃんが 掃除しなかったので 悪いとおもいまーす」
とか

互いに責めるパターンだと 囃子節になる

「みーちゃった みーちゃった わーるいんだ 悪いんだ
せーんせいに いったーろー おまえのかーちゃん でーべそ」

うん。その繋がりが良く分からない(笑)

どちらにしようかなソングもありましたよね

「どちらにしようかな 神様の言う通り
赤とんぼ 青トンボ 羽黒トンボ
 あかさたな はまやらわ いきしちに」

みたいな感じの 永遠に終わらないヤツ(笑)

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

詩の発表場所あります
自慢の絵・写真を披露したい方にもおすすめ!

ワタクシすずこが編集している手作り詩誌
ポエムサークル「みゅう」

仲間になり購読いただくと
ボツなしで冊子掲載 & CDトーク → 全国郵送★
見本誌もあります。読みたい方も連絡くださいね。

以下に本誌の写真・詳細を紹介していますので
クリックして御覧くださいませませ~☆

ミュウ 221.222号 完成♪ 

すずこのリンクはこちらから

~いつかの すずザレ~ 藤鈴呼の戯言
過去作も織り交ぜてUPしていきます☆

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

語りかける ペットも無く

あの頃

掌の上で 転がり続けた

ハムスターを 思い出す


あの人の 掌で

転がされてた と

感じた


あの人を 上手く

調教出来ると

信じた


その 全ての掌が

汗ばんで行く

夏へ 向かって

★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

いつも あたしの後ろを 付いて来た あの子が

今度は 一人 飛び立つ刻


飛行機は 危ないから 気を付けなさい


昨日のニュースも 知らないだろう

あの子は 明日 帰って来るよ


僕の 知らない 友人達を乗せた

ジェット機に 揺られながら

★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

誰かと お茶するって

何となく 

和風なイメージが 漂うのは

私だけでしょうか


呑もうよ

そんな 誘いには

一切 乗らない あたしだけれど


オケろうよ♪

こればっかりに

イキオイ良く

反応 するから

★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

女性ドライバーは

タクシーの運ちゃんに

嫌われる の

ナンバーワンなのかも 知れない


だけど バスの運転手だって

タクシーだったって

行儀悪い人間は

仰山おんねんなー

★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★
人気ブログランキングへ
↑ポチッとな~☆↑


目のように 見える硝子の 指輪かな

1


3


4


タイトル一句が決まった(?)ところで
お嫁に旅立った 藤鈴呼オリジナル ガラスリングを紹介!

1 ピンクパール(5.5センチ) 
桃色の波ロンデルで包みました☆
硝子パール ピンク8ミリ ロンデル2つ パール4ミリ


3 パープル~(5.5センチ) 
ブルー波ロンデルが主張しています☆
硝子パール パープル8ミリ ロンデル2つ パール4ミリ


4 オーロラピンク(6センチ) 
オーロラ色の波ロンデルが惹き立てる桃☆
硝子パール ピンク8ミリ ロンデル2つ オーロラ4ミリ

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

どの色すきなの?


クリア オーロラ レインボー
あなたは どれが すきですか
わたしは ホワイト 忘れ得ぬ
幽霊みたいな 美しさ
重ねて行けば ブラックに
代わる不思議も あるでしょう
戻る戸惑い 感じつつ
パレットの上 並べたら
絵具チューブは 踊り出す
ポンポンポンと 空気出し
泡に塗れて ジャンプする

海と空を司るブルー
暁と夕を染めるパープル
情熱の薔薇のレッド
太陽光線のイエロー
冬は蜜柑だオレンジ
茎の優しさグリーン
大地に立つのブラウン
ちょっと痛いのブレイン

ねえ 引っ掻き傷が出来ちゃって
ちょっと治らないの
どうしたら良いと思う?
それなら 埋めちゃえば いいんだよ
太い筆に 好きな色を含ませて
トントントンと 叩いてごらん
それで 浸み込んで行くよ
ゆっくりと
じっくりと

ホログラムの行方を考える時
マジックミラーの不思議を鑑みる時
あれは 完璧な美しさではない
作られた 世界の闇なんです
夜になり 灯りを点ければ
どうしたって 見えてしまうから
例えばミラースモーク張ったったって
中で寝ていたら 直ぐに見つかりますよ

くわえ煙草で ゲーム画面を見つめるサラリーマン
銀色の球を 見つめている
吸い込まれる杯は金色
ピカピカと鳴る音とジョークはショッキングピンク
勝てば家族にお土産欲しいのショッピングピンク
の服が欲しいと強請る女の子 髪飾りは桃色
スカートは梅色 シャツはサーモンピンク
ねえ 大体同じ色だけど、と言いながら
吐き出す息が 灰色だった

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

詩の発表場所あります
自慢の絵・写真を披露したい方にもおすすめ!

ワタクシすずこが編集している手作り詩誌
ポエムサークル「みゅう」

仲間になり購読いただくと
ボツなしで冊子掲載 & CDトーク → 全国郵送★
見本誌もあります。読みたい方も連絡くださいね。

以下に本誌の写真・詳細を紹介していますので
クリックして御覧くださいませませ~☆

ミュウ 221.222号 完成♪ 

すずこのリンクはこちらから

~いつかの すずザレ~ 藤鈴呼の戯言
過去作も織り交ぜてUPしていきます☆

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

家を 出て  見た CAR ミラー  化粧 ムラ



自分をも 誤魔化せるのは 部屋の内



濃い化粧   紫外線 気に してる セイ

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

コンビニの  兄ちゃん 代わり   此処も 春



ゴミ袋 目当て タバコの まとめ買い



ジュース買い 「 シールだけでも 良いですか? 」
  
   イヤ と 言えずに   頷いた 朝

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

朗報が  転がり込んだ  ロウ な 夜



テンションは 低い と 言うと  「 分かってる 」



話す内 徐々に上昇 我の声



携帯を 遠ざける程 大音量



何時もより  早口な キミ  聞き取れず



嬉しさを   共有しよう と  相槌の

  タイミングだけ   図って居たよ

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

胸 ブルル   昼に 携帯   鳴りました

  夕方 見ると   画面に 「 R 」



メッセージ  問い合わせやら   電源を

  切ったりしたが  消えない 「 R 」



翌朝に   i モードから  アクセスし

 やっと画面は  通常 モード



怪しげな  言葉の並ぶ  メール見て

  アクセスするの  控えて 消した

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

喉 痛い   彼は休みの  火曜日だ



炊飯器  夕方に向け  セットした



起きるなら  ご飯を炊いて   行こうか? と

  尋ねたならば  「 おかゆ 食べるよ 」

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

「 無風だ ヨ♪ 」  窓 開けた キミ  呟いた



無臭だ の  CMみたい と  からかった



月が開け   慌てて捲る  カレンダー



瞬いた   星の向こうに  願う夢



ライターを  カチリ点けると  ママみたい?



歯磨きが  面倒だから  我慢する



寝る前の   チューハイ缶は  幸せ ダ



親切に  されると客の 気分だな



北は 雪  南は 花見   真逆だな

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

ガソスタの  オニオン・スープ  お気に入り



洗車! でも   明日は黄砂で   元通り?!



人の群れ  車も並ぶ  洗車 待ち



大画面  テレビの奥に   キャラクター



今 人気   有る マンガ など  分からない



何服を  すれば 車が  出来る カナ

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°
人気ブログランキングへ
↑ポチッとな~☆↑


里に下りて

Img_7539


Img_7538


Img_7537


哭きながら 栃の実を探す熊
今年は身入りが少ないのと嘆く

貴重な食料源を探し求めて山の中を歩くと
苔生した石が見えて来る

古びた南部曲家の奥に眠っていた馬たちを
ゆっくりと回想する

あの尻尾達に群がっていた蠅は
今頃どこへ行ったろう

ジョバンニに聞いてみたい衝動にも駆られるけれど
銀河鉄道は未だ遠い

淵野辺駅の到着音が
銀河鉄道999になったそうだと驚く

それはどうしてなのか

若者の多い街だから
未来へ向かうと創造するのだろうか

そんな想像を引っ提げては立ち止まる

大きな公園の程近くに ジャクサが在っただろう
イトカワの時には 大騒ぎもしたもんだ

駅前には鹿沼公園もあったろう
栃木を思い出す
同時に思い出すのは土地の実
それが きっと 本物の 栃の実

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

一つ前の記事でも紹介した 「栃の実」写真

八月上旬の写真でして、場所は山の上、結構登った地点で
高山植物が沢山ある場所でした。

今回は バスから降りてすぐの地点で撮影した 
栃の実らしきもの

見上げた景色はこんな感じでした。
白い花の名前は不明

私も栃の木という響きだけは何となく好きだったのですが、
こうして眺めてみると不思議な感触に包まれるのでした。

お相撲さんとも関係のある「栃」だと言うことも
知りませんでした!

春日野部屋は部屋を創立した横綱・栃木山に因んで
四股名に“栃”の字が付けられた力士が多い。
それを見て「この部屋は“栃”が付くんだなぁ」と、漠然と思ったという。

・・そう言われてみれば 相撲音痴の私でも 
「栃」の字がつく力士がいるなぁと思うくらいですものね。

以前、面白い四股名を考えて投稿されていたのを思い出して 
ちょっと和んでいます(笑) 

こういうネットの世界でもハンドルネームがありますけれど、
二つ目の名前へのこだわりも 人それぞれあるのだろうなあと
妄想する夜です。

芸名じゃあないけれど 「何か好きな漢字を一つだけ使って」
後は命名して貰えるとしたら 私は何を選ぶだろう? と。

まあ そんな流れで 好きな漢字を繋ぎ合わせて 詩名にしたのが
最初の経緯なんですけどね

あ、でもあの時は 高校文芸集に投稿するので
短編小説も書いていたような。家庭科の時間に内職で(笑)

で、プリプリの名曲「M」の序盤を4行ほどパクッていたので
「このままじゃ応募できん!」と 慌てて書き替えたら

気合が入り過ぎて 何故か倍くらいの量になったって言う
懐かしい思い出です。

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

詩の発表場所あります
自慢の絵・写真を披露したい方にもおすすめ!

ワタクシすずこが編集している手作り詩誌
ポエムサークル「みゅう」

仲間になり購読いただくと
ボツなしで冊子掲載 & CDトーク → 全国郵送★
見本誌もあります。読みたい方も連絡くださいね。

以下に本誌の写真・詳細を紹介していますので
クリックして御覧くださいませませ~☆

ミュウ 221.222号 完成♪ 

すずこのリンクはこちらから

~いつかの すずザレ~ 藤鈴呼の戯言
過去作も織り交ぜてUPしていきます☆

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

アイツが読めば
彼だと 分かってしまうような事ばかり
告げているそうだ 
貴方が彼女に声をかけたのは
きっと 彼女が
あの時の私と類似していたからだねでも 
もう 心配しなくていいよ
私は 一人で大丈夫だから
もしも 貴方が私の存在が 
重苦しいのであれば・・・
なんて悲しい 
悲しいことばかりしか考えられない
もしも 今 ここにあなたが 居てくれれば
たった一つの 温もりだけで
地獄から天国へと代わってしまえるような 事実

*

母親が ぼおーーっと 突っ立っていて
土曜日から シャワーも浴びていなかった私は
覚醒することが 出来ずに。
別に 鍵なんて 壊れていたっていいんだよ 
なんて彼女に 笑顔を 向けることすら 出来なかった
隠すものなんて 何も ないもの。

*

盗まれては 困るもの。
そんなものが 有ると するならば。
それは 貴方を愛しいと思う
自らのこの気持ちでしょうか。

*

雨が降ってくれば いいのになぁと 思う
この 醜い心ごと消し去ってくれるような 嵐
もう 数年
感じて いないよね。

*

私に 憧れていると言ってくれた彼女が
昨日は 「ありがとう。 勉強になった。」
たった それだけを 言い残して
私の言葉から 去っていった
。今日 また 心配をして 話しかけてくれる あの人は
とても 優しい。
それに 応じられない この私は
とても 醜い。

*

今 この瞬間に
貴方からの 電話であっても
語り掛けであっても
何でも 言いから
この 戯言を
止めてくれる 
何か。

*

「眠りすぎなんだよ。」
きっと 彼は こう 言うだろう。
本当は 彼の 温もりの 中で。
そうすればこんな 大量の 醜い言葉
吐き出す 必要も 無かった。

*

私が 始めて 結婚したいなぁと思ったのは
ほんの 半年前の 話なんだよ。
それ迄は そんな気持ち 分からなかったから
と言う私に
彼女も 同感なのだと。
今が 半年前でなくて良かったなあと 思ってしまう。
きっと 私は最低の 結末を
迎えてしまっていたんだろうから。

*

私が 自分自身のために
あの景色を 迎えることが 出来るのは
笑って あの景色に 抱かれることが 出来るのは
いつに なる 事でしょうか

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°
人気ブログランキングへ
↑ポチッとな~☆↑


栃の実

Img_7650


Img_7651


Img_7652


とちのみ、かも知れない写真(笑)
歩いていたら発見したんですの。 何だろう?と呟いたら
近くにいた女性が とちのみじゃない? と教えてくれました。
1枚は葉らしきものが ぷらりんと垂れ下がっていますね

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

栃の実


垂れ下がる実の向こうに
今年の豊作を祈る

今回の方策は如何でしたかと
進言する若者

拒絶する重たい実が
ごろりと横になる葉は
意外と頑丈

枝に掛けられた ハンモック
大きなリュックを背負ったまま
横たわっている

太いロープが 身体に喰い込んで
ちょっと 痛いね

もっと こう
安眠できるような気が
していたのに

飛び降りた瞬間に 足首を捻り
ウッと溜息

声にならぬ声を絞り出す心臓
静脈瘤の言う通り
掛け声と共に飛び出すハトの群れ
少し小さい 豆鉄砲の色が
薄茶色だった

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

詩の発表場所あります
自慢の絵・写真を披露したい方にもおすすめ!

ワタクシすずこが編集している手作り詩誌
ポエムサークル「みゅう」

仲間になり購読いただくと
ボツなしで冊子掲載 & CDトーク → 全国郵送★
見本誌もあります。読みたい方も連絡くださいね。

以下に本誌の写真・詳細を紹介していますので
クリックして御覧くださいませませ~☆

ミュウ 221.222号 完成♪ 

すずこのリンクはこちらから

~いつかの すずザレ~ 藤鈴呼の戯言
過去作も織り交ぜてUPしていきます☆

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

悲しみは じわじわと 押し寄せて 来るもの

何度目か など 数えたく 無い

涙も 流さぬ 痛みに 寄せて



其の 瞬間 

固まり 付いた 心

満たない風に 花瓶に 華を

道 迷ふたら 隙間に 風を



何も 出来なかった

見詰めた 現実 再 直視して

痛みと 向き合う 光の奥で

又 影ばかりが 小さく 揺れて

震えた 自分を 抱き締めた だけ

平気な フリした 胸の 底から

隠れた炎が 飛び出して

魂の上 乗っかった

寄り掛かる 船 見当たらなくて

唯だ うめく

そして 泣いたよ



夜に 成る 刻

一人に 成る コト

何時も 気楽な 筈 だったのに

こんな 日々には 辛い 思いで

★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

予定では パパが来ると 言って 居たから

部屋も 必死で 整理した

覗かれたって 構わない ケド

時間も 無くって そんな 言い訳

戯言 ファイルも そのままに して



帰宅したら 明かりも消えた 窓ガラス

来て 無いのかな? 単純に

其れとも 何か 有ったかな

蓋を 開ければ 風呂に 行ってた

電話で やっと 安心 出来たの



昼の 会食で 酒が出て

そのまま お開きに 成るかと 勘違い し

わざわざ タクって 行ったのに

唯だの 弁当 食わされて

部屋に 避難も 無用 だったと

ブゼンと したまま キッチリと

夜まで 仕事を したらしい

パパンの 今日に 笑えた 自分

★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★
人気ブログランキングへ
↑ポチッとな~☆↑


2014年9月26日 (金)

墓石

6_2


6


生前葬ってありますよね。
祭壇の前で棺に入る体験をするのだろうか
と思ったら、入棺体験の番組してるわ~。

墓石は最初に作っておいたりするのだろうか
場所だけ決めて 使用する時に立てるのが常なんだろうか

以前 父が壮大な計画(?)を語ってくれた
家族全員の干支を墓石に掘るんだ!
(変換しようとして「破壊し」になったのはどういう事!?)

結局 諦めたらしいんですけどね
昔ながらの御影石は長方形の印象ですが
今は形も色々ですよね
楽器・本・動物なんかも あるのかしら・・・?

マンションタイプや庭園タイプもあるようで。
団塊世代・我等第二次ベビーブーム世代
どんどんと量は増えて 土地が足りなくなるものか

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

写真 藤鈴呼オリジナル陶器ブレスレッド 
お嫁に行きました~♪

6 白龍ワイルド(25センチ) 
-陶器-白・青10ミリ アクリル透明12ミリ

大きさもワイルドだぜぇ~♪ 
ガテン系の男性をイメージして。

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

詩の発表場所あります
自慢の絵・写真を披露したい方にもおすすめ!

ワタクシすずこが編集している手作り詩誌
ポエムサークル「みゅう」

仲間になり購読いただくと
ボツなしで冊子掲載 & CDトーク → 全国郵送★
見本誌もあります。読みたい方も連絡くださいね。

以下に本誌の写真・詳細を紹介していますので
クリックして御覧くださいませませ~☆

ミュウ 221.222号 完成♪ 

すずこのリンクはこちらから

~いつかの すずザレ~ 藤鈴呼の戯言
過去作も織り交ぜてUPしていきます☆

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

余り 時間をかけず

指の 赴くままに

タイピングする 瞬間は

幸せです


そうして 出来上がるから

詩と 云うよりは

戯言なんだと

思います

たまに

意味不明だと

自分自身で 思っても

訳の 解らない 感情でも

そのまま UPして

自らの 気持ちを

何時か 読み返した時に

思い返せるように

そう 思いながら

かれこれ しばらく

ノート 貼り付け作業も 

怠って 居るのですけれども・・・

★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

机に座って

転寝 したかった 昨日


今から スポーツ するんだって

長い 時間を かけて

ドライブしたような 感覚


仕事後で 疲れてたし

相手は 皆 若いから


ばばあ は ちょっと

体力 温存しないと って


結局 車の中で

転寝 して しまったんだよ


★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

お前は 使い物に ならない!

そう 豪語した事は 有りません


自分が 優位に 立ちたい気持ちは

人間 誰しも

持ち合わせて 居るのかも 知れません


自分は 其れだけの 器が

有るのだろう


そう 信じた瞬間に


ボールだと 思ってた 器が

実は

ストレッチャーだったとしたら


野菜だと 思ってた 具が

実は 水滴だったとしたら


流れ去って しまうのですから

★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

こんなに 努力 した

頑張った って

自ら 思い込ませる気持ちを

余り 持たないで

生活してる 気がする


日々 笑って

楽しむ 気持ちだけ

忘れたくは 無いから

★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★
人気ブログランキングへ
↑ポチッとな~☆↑


猫のような雲

Img_9642


Img_9641


Img_9643

秋晴れの庭園 左側に翡翠の原石
雲の向こうに にゃおんと鳴く猫を見た

銀杏並木とは言えぬ たった一本の存在感に
デクノボウなんて癒えなかった傷を塗り込む仕草

後ろを眺めて前を向いて 
トンチンカンな繰り返し

電車の名前は〃々〃ゞ
恥じらいを捨てたレール

滑車とトロッコの隙間に挟まった泥を落とすには
乾かさなければならないよ

未だ太陽が天に一番近いから
もう少しだけ我慢してね

影を待つんだ
自分の影は自分じゃ踏めないんだって
知っているだろう

逃げ水ならばどうだ
反射角度を利用して 順繰りに逃げて行くんだ

大理石に映る 金色の影が 細く棚引く時間帯
上を見上げたら 同じ場所なのに ライトが2本見えるよ

片方は青 片方は黄色
どちらから 夕陽が差しこんだのかを 
よくよく考えてみよう
くよくよ悩むんじゃなくて 熟考するんだ 
それが一番 大事だからね

銀杏だって 熟した頃が 一番美味しいんだよ
例えばレンジでチンしてさ
巷じゃそれを レンチンなんて 呼ぶらしいのだけれども
どこかしら レッチリを思い出してしまうから

あの映画 良かったよね 
うん 良かった って
いつまでも 語り継ぐために
忘れちゃ いけないんだよ 
感動した あの物語を

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

詩の発表場所あります
自慢の絵・写真を披露したい方にもおすすめ!

ワタクシすずこが編集している手作り詩誌
ポエムサークル「みゅう」

仲間になり購読いただくと
ボツなしで冊子掲載 & CDトーク → 全国郵送★
見本誌もあります。読みたい方も連絡くださいね。

以下に本誌の写真・詳細を紹介していますので
クリックして御覧くださいませませ〜☆

ミュウ 221.222号 完成♪ 

すずこのリンクはこちらから

〜いつかの すずザレ〜 藤鈴呼の戯言
過去作も織り交ぜてUPしていきます☆

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

■ ハ ト の 涙 ■


昨日 頑張り過ぎました。  僕は 足が 痛いんです。

私よりも アクティブに 映るかも 知れぬ アナタだって  本当は 億劫癖が 抜けなくて

それでも 週末には いつも 友人と 遊びに出てしまって 貯金も 重ねてしまって

アタシにも あと もうちょっと 甲斐性が有れば 良かったのだけれど

そもそも 甲斐性っていうのは 女が 男に向かって 言う 余り 良くは無い 台詞で

とにも かくにも いつにも増して NO MONEYな 私達は

ノープロブレム! と じゃれ合う心の余裕さえも無く  ボーリング場へ 行きました。

貴方の持っているカードが しばらく前のモノで  使えるかどうかが不明で

最初の申込用紙と見比べながら 一向に動く気配を見せぬアナタに

でしゃばった アタシがまた 係員に 質問を 投げかけている。

あんなに混んで いなかったなら もう少し ゆっくり 時を過ごしても 良かったのだけれど

いかんせん あの女店員が “今すぐ” になら 入れます なんて言うから 気が早(せ)いてしまって、

2GAMEしたけど 賞味 1時間も 消化しなかったよね

時間が余れば また 財布の中身も 減ってゆくから

それで アナタが ゆっくりと行動していたのかなと  思ってしまう あたしも

どうやら 余裕を 失くしてる  翼を 落とした ハトのよう

目の前に 豆は有るのに  ポッポ ポッポと バタつかせながら

小さな身体を 震わせながら  夜の心まで  泣いているようだ。

*

また こうやって 時が 刻一刻と 満ち溢れもせず 行き過ぎてゆく。

今日 あなたが 自由に成れるのは あと何分後なのかな それとも 数時間後?

慣れない 時計を眺めながら 一時間おきに 表に出没する あの 鼓笛隊の

小人達と 会話が出来たならば 楽しい空間が 広がるだろうに

妖精に成れるならば きっと アナタ専属の ティンカーベル

羽根は 小粋に 薄ピンクで 染め上げたなら  振り返って もらえるかしら

そりゃあカラスは好きだけど 小さな黒い肢体は ハエを 想像させるから

あの大きな手で 振り払われてしまったら もともこも 無いもんね だから

出来るだけ 可愛く 少しだけ 音の鳴る鈴を 耳元に付けて.

アナタの耳にしか 聴こえないのよ ねえ コウモリの囁きは どうして私達の

耳に入って来ないのか アナタ知って居る?

それはね 夜ばかりに飛び立つ彼等が ドラキュラの化身と 勘違いされて

嘆きの叫びが涙に代わって 空気に触れて 響くからなんだって.

だから 満たされて生る 私達には 聞こえないのよ あの 浮老者だって

瞳で社会を 見詰めて居るでしょう?   彼等には 瞳が 無いのよ

だから彼等は 真っ直ぐには 飛べなくて  夜の中を 彷徨うんだって。

*

■ HOT DRINK ■


あのさ・・・  時計ってサxxx

眺めれば 眺める程

時の経つのは 遅いよね・・・

貴方も 今頃

時計を 眺めて 溜息付いてたり すんのかな・・・

あたし さっきから 目の前に有る からくり時計

何度も 見ちゃって しまってるんだ・・・

何度 見つめたところで・・・

時の進む スピードは 早めらんないのにね・・・

あたしを 待たせてるなって  思い出して 呉れて居るかな・・・

そっか 忙しいから そんな妄想(ヒマ)  無いよね・・・

あたしが 勝手に 待ってんだもんね・・・   帰るって 言ったのに・・・

早く会いたいな。  って 思ってくれてたらイイな。   あなたも・・・

寒くなってきちゃったんだ・・・  あのね、 HOT DRINK・・・ないの・・・

みぃんな 青い色 してるんだよ?   寒くなっちゃう・・・

温かいモノが 食べたいな。  温かいアナタに 包まれたいな・・・

昨日は 食べちゃったけど  今日は お腹 ペコペコなんだ・・・

一緒に 美味しいモノ  食べようねぇ・・・

びっくりドンキーの エッグカリーがいいな。  テンイツの ラーメンでも いいな。

・・・ お金 無いけど ・・・

とにかく    あたたかく なりたい・・・

あなたから くすねた グレーのセーター・・・      あたたかいよ。

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°
人気ブログランキングへ
↑ポチッとな~☆↑


風が流れると

Img_9646


Img_9645


Img_9644


芋虫の行進
葉の隙間を ウネルように
まるで 空が我等の大地であるとでも
言わんばかりに

バカンスを楽しむ
バカはカバだなどと言う格言は
唯だの言い間違いだと信じなさい

尺取虫と毛虫と蛹の違いを30字で表現しなさい
そんな名言すっ飛ばして転がる絨毯

車が引き殺す銀杏たち
放つ悪臭は想像するだけで鼻がひん曲がると呟いて
アスファルトに埋め込むことにした

だけどどうだろう 
ちょっとつらくないか

箒で集めた実の欠片達に
只今即刻放棄されて 言葉をも見失う

杯に注ぐ 雲と言う名の毒
恐怖は青空に埋めてしまいたかったから
ほんの少し縮れた空気感に しっとりさを足す

裂かれた葉の先は 
太い枝から伸びた小枝が
薔薇の棘に見えたのと
同じくらいの憂鬱加減

ふうと隙間風に夢を託す
吸い込んだ石の中に意思はあるのと囁いて
ゆっくりと歩き出す

あの山も川も谷も海も越えてしまったから
もう見えるのは天ばかりですと
点目で可愛らしく呟く
ビーズ玉のぬいぐるみに
今度 話し掛けて みようかな

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

銀杏の木と青空の映える時間帯

朝は土砂ったんですけどね 
直ぐに雨上がりと照り返しの太陽

暑いくらいだわ! 夏は終わったんかい!
と ブツブツ言いながら闊歩する

雨樋の上にある杯みたいな形が 
とても御洒落で思わずパシャリ

丁度 アラジンと魔法のランプばりに 
雲が吸い込まれていくような角度感

太い枝から 薔薇の棘が伸びているように
見えてしまいましたの

それは小枝で 
その先に葉がついているだけなんですけどね

高い木なので下から見上げると 
空の背景に銀杏が映り

淡い黄緑の葉たちの中に 
ころころと黄色の実

そして茶色いのが 
トゲの出る太い枝に見える訳だ!

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

詩の発表場所あります
自慢の絵・写真を披露したい方にもおすすめ!

ワタクシすずこが編集している手作り詩誌
ポエムサークル「みゅう」

仲間になり購読いただくと
ボツなしで冊子掲載 & CDトーク → 全国郵送★
見本誌もあります。読みたい方も連絡くださいね。

以下に本誌の写真・詳細を紹介していますので
クリックして御覧くださいませませ~☆

ミュウ 221.222号 完成♪ 

すずこのリンクはこちらから

~いつかの すずザレ~ 藤鈴呼の戯言
過去作も織り交ぜてUPしていきます☆

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

あなたでなければ駄目なコトが 世の中に幾つ 存在するだろうか

ヒトリきりの夜は 何時までならば 耐えられるだろうか

珍しく 受話器を握る 其の刻に

タイミングが 合わないねって 

笑いあった 夕方過ぎの 刻に。

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★

寂しさを 埋めるだけの夜には

何も 残らなくて

痛みばかり 感じている風で

本当は 別の次元で 感じている表情だらけ

それだけを 隠した

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★

一つの ささやきが

とぉ の 星屑に なるのなら

この夜空は

光だらけに 成るのでしょう

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★

小さな花を 見つけたかったの。

誰も 知らないままに

踏んづけて しまうような

そんな 花びらの 一枚 いちまいを

大切に したかった。

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★

脳裏の奥で 物語が 続くように

人生は ストーリー なんだから。

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★

目が腫れる 明日も

いなくなる ヒトたちの波も 忘れて

岸壁に 腰掛けて

ゆっくり 海を 

      眺めて 生きたい

°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★
人気ブログランキングへ
↑ポチッとな~☆↑


2014年9月25日 (木)

夕陽を眺めると

Img_8800


Img_8801

とろけそうな地の色に
流れ出す血の色が 映えている

生え際の隙間から
飛び出した 白い眼も

焼いた魚のように
静かになる夜

痺れるのは これが
電気ウナギだからだよ

ひつまぶしでも いいや
ひまつぶしでも いいやあ

小さな掛け声が
何処までも 響いて 響いて

遠ざかる 波間に隠れて
鈴虫が リーンと啼いた

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

詩の発表場所あります
自慢の絵・写真を披露したい方にもおすすめ!

ワタクシすずこが編集している手作り詩誌
ポエムサークル「みゅう」

仲間になり購読いただくと
ボツなしで冊子掲載 & CDトーク → 全国郵送★
見本誌もあります。読みたい方も連絡くださいね。

以下に本誌の写真・詳細を紹介していますので
クリックして御覧くださいませませ~☆

ミュウ 221.222号 完成♪ 

すずこのリンクはこちらから

~いつかの すずザレ~ 藤鈴呼の戯言
過去作も織り交ぜてUPしていきます☆

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

一番 大切な物を 気付けない程

呑んで 呑んで 酔っ払って

危険な醜態で ホント ご免ね

誰かに 分かって欲しかったんだ

でもね. 気付いたよ

自分を 大好きに 成れる方法.

他の 誰かじゃ きっと 駄目なんだ.

**************************

私から 貴方への 最後のプレゼント

どんな愛の 言葉より

たった 一吹きの   パフュームを 君に.

:・°★。・::・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°

幻影の中に

全てのボクの姿を

置いてきたのだね

そして それはもう二度と

戻りは しないのだね

そんなことばかりを 考えては

さっきまでの 大爆笑の渦の中に

隠れたがっている


君が 一寸法師ならば 良かった

そうしたら ボクは お椀と 一緒になって


君という名の海を

渡る事が 出来たのにね・・・

★。・::・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°

また 落ちてゆく

貴方の柔らかな台詞(ことば)を感じた その後で

ずぅっと前から 知っていたかのような

ここは 奈落の底

誰もが 知っている

黄泉の国を見たくて イキテイル

生きるのが辛くなった瞬間には

黄泉の国の光が 黄色ではなかった事実(こと)を

思い起こすんだ

そうすれば 赤い太陽が微笑っていて。

このボクを 見下ろしたまま

嘲笑を 繰り返していて。

★。・::・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°
人気ブログランキングへ
↑ポチッとな~☆↑



棒切れ

Img_9632


Img_9637


Img_9639

一般的に棒切れのことを
木刀と呼ぶ

新聞紙に広げられた棒切れのような物体は
かつて生きていた魚である

その名も メクラアナゴ
こうしてみると 何か ひどく固い存在に思えて仕方ない

ところがどっこいしょ!
めくるめく や~らかさ♪ や~らし~ぃっ(違)

炒めましたるは白菜ニンジンえりんぎサン
煮込みましたるはベーコンかぼちゃスープでござい♪

コクのある穀物をゴクリと飲みこみニヤリと笑う

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

詩の発表場所あります
自慢の絵・写真を披露したい方にもおすすめ!

ワタクシすずこが編集している手作り詩誌
ポエムサークル「みゅう」

仲間になり購読いただくと
ボツなしで冊子掲載 & CDトーク → 全国郵送★
見本誌もあります。読みたい方も連絡くださいね。

以下に本誌の写真・詳細を紹介していますので
クリックして御覧くださいませませ~☆

ミュウ 221.222号 完成♪ 

すずこのリンクはこちらから

~いつかの すずザレ~ 藤鈴呼の戯言
過去作も織り交ぜてUPしていきます☆

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

命ばかりではなく
消えてしまったものには
誰もかなわない
そんなことを思う夜

儚いうちならば
微かな影を追いながら
次の朝をも待てましょう

夕方の影法師が切ないのは
迫る闇により
消えてしまうことを
知っているから

それでも
流れた涙を
止められるのは
次の朝が 必ず来ることを
知っているから

堂々巡りの考え方を
一回転させてみれば
世界は明るく
輝く筈だと

何時の暗闇の日も
何時の暗闇の心も
宥めながら
生きていきたい

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

煮こぼれた 湯気の 行方

かつて まな板は 木片だった
板 だから
落し蓋も 木製だった

中学の頃 習った 扇形の 地名
何故か シラス台地と 一緒に
脳内リフレインする 扇状地

キッチン売り場と言う名の 戦場では
木より キラキラの 
シルバー色した 扇子が お洒落
クルリと 回して 入れる

まるで 
親子丼の 卵を
穴の開いた お玉で
回し入れるみたいに
クルリと 開いて 投入する

ステンレス製の 落し蓋

此れが 如何にも 大活躍しそうで
今日び 100均でも 販売していて

見た目も お洒落で
カビも 生えずに いいカンジ

嗚呼 だけど 最近
煮物を していない

そして 
殆ど 落し蓋を 使用して 居ないんだった

心の中の言い訳を
何かと一緒に 封じ込める

今度は 煮こぼれない様に と
祈りを 絡めながら

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

あんなに
キレイだ キレイだ と
見とれながら
通り過ぎた 並木道を

どうして
忘れて しまったのだろう

振り落ちる 影法師も
降りしきる 雨粒達も
嘲り笑うようだ

無垢な 瞳で
僕を 見上げる
ベビーカーの中の
二つの 宝石が
哀しく 光った

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°
人気ブログランキングへ
↑ポチッとな~☆↑



メクラアナゴ

Img_9633


Img_9636


Img_9638

ずっと凍っていたんですよ
いただいた時には 
新聞紙で ぐるぐる巻きにされていましてね?

ゲンゲだ♪ なんて喜ぶ声も響く中
漸く日の目を見た訳なんだけれども

ちょっと違うよね、
これ、メクラアナゴだわ(はあと)

以前 炙りを入れて日本酒のツマミにして
ほくそ笑んだ時の気分が一挙に蘇って
ヨダレに押し潰されそうになる♪

まあ旦那は得意じゃない系みたいでね
前回は 日本酒と醤油で少し漬け込んでから
フライパンで炙ったのだが

今回は解凍している内に帰るコールがあり、
帰宅してそのままフライパンにIN♪

ぶつ切りにするのに ゲンゲばりに ぬるっぬる。
ゲンゲの場合はコラーゲンらしいが ハテ?

上から鮮度長持ちタイプのせおゆをたらり。
これぞ鍋肌っ♪よっ(ここで日の丸扇子をパッと開く)

炙っている内に 白い軟骨(?)が 
にゅろっと出て来るも いとキモし(爆)

にゅるって感じじゃあ ないんだよ
どう表現しようか迷ったが やはり にゅろっ(笑)

美味しくいただき 残りは明日のアテかなぁ~
酒を飲むアテはあるのか アテになろ(一句)

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

均一の支点からでも
数々の妄想が飛び出すように設定されているのは
脳の螺子でしょうか、

頭を固定しても
同じ景色ばかり見えるとは
限りませんものね。

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

詩の発表場所あります
自慢の絵・写真を披露したい方にもおすすめ!

ワタクシすずこが編集している手作り詩誌
ポエムサークル「みゅう」

仲間になり購読いただくと
ボツなしで冊子掲載 & CDトーク → 全国郵送★
見本誌もあります。読みたい方も連絡くださいね。

以下に本誌の写真・詳細を紹介していますので
クリックして御覧くださいませませ~☆

ミュウ 221.222号 完成♪ 

すずこのリンクはこちらから

~いつかの すずザレ~ 藤鈴呼の戯言
過去作も織り交ぜてUPしていきます☆

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

君から電話が有った時

懐かしい 映画のシーンを 眺めてた

鳴り続ける電話に 億劫さの心が 飛び出して

咳き込む 辛そうな 息に

すっかり 出るタイミングを 失って しまったまま

★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

元気では無い人に

元気を 分け与えるコトも

笑顔が 本気で出なかった 瞬間も

螺旋状に 繋がって

君の心まで

侵してしまっては ならないから

通常モードから 離れられなくて

中々 受話器を 持ち上げられずに

★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

お大事に

唯だ そんな

ありふれた 言葉だけが

心の中に 広がり


違う

そんなんじゃ無い

言いたい事はって

飲み込む台詞ほど

非道なものは

無いんだろう

★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

症状が 非道くなって行く度に

逝くまでの 時間は 短く成って言って

君は 言ったよね

本当に 天使に成るとは

思わなかったんだよって


そう 呟く 君の瞳の方が

妙に 緑色を 称えて居て

近くの 草花を 見詰めながら

あの頃は 本当に

美しいなどとは

感じられなかったこと

★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

犬神家を 見ながら

何か ケータイが 鳴ってるなぁ~ 

なんて 思いながらも

そのまま 放置 (笑)


最近じゃあ 

「 放置 プレイ ですか? 」 なんて 台詞が

普通の朝の 職場内で

「 普通の 意味合いとして 」


そして 「普通」に 会話に 昇り、

誰も 突っ込まない 女性陣

( 勿論 その中の 一人の私は

 言わないけれど 聴いている。。

 あ、 たまに 発言権も あったりして? 笑 )

何だかな。。 なんて 思いながら 

あの 金田一 シリーズは 殆ど 知らないけれど 

確か どーもと君が 

前に テレビで やってた様な?

なんて 思いながらも

一体 この ストーリーってば

ノンフィクなんだろうか と 気になって

( それだったら よっぽど 怖いのだけれども )


本編中に よこみぞせいし

( の 漢字も 書けない位 知らない 作家・・ ) 

の名前も 出て来てるなー 

なんて 思いながらの エンディングで

ようやく 「 フィクションです 」

の フレーズを 眺めて 

一安心して もうた ( 何の こっちゃ )

きっと 電話してきた 奴等は

若いから 今頃 皆で 

ぱあ~っ と 

ドライビング か オケか 呑みに

明け暮れている ことだろう ( 三者 択一 論 )


そんな訳で

久々に チャットと言うものにも 埋もれたのだけれども

何だか やっぱり あたしには 合わないなぁと

( ならすんなっ! )。。。

★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

人気ブログランキングへ
↑ポチッとな~☆↑


2014年9月23日 (火)

ホウレンソウぱすた

Img_9620


1


2


素材はソバパスタというものらしい 山形土産でございます
他にベーコンとえのきさんをくわえて作りました、旦那が(笑)

食べてみたら素朴な味わいで要するに味気が欲しくなったので
上から色々とぶっかけて工夫しました 塩コショー粉チーズっと♪

ラーメンは「誠や」の しょうゆワンタン
ワンタンって時折無償に食べたくなるんですよねー
でもって 必ず思い出してしまうのが 一旦木綿(笑)
あ、違うわ、一旦木綿なら次は絹豆腐になっちまうわ
一反木綿ね。え゛、木綿ってこの漢字?

(検索) ああそうか、これで良いのよね。

一反木綿(いったんもめん)

鹿児島県肝属郡高山町(現・肝付町)に伝わる妖怪。
伝承地では「いったんもんめ」「いったんもんめん」とも呼ばれる。

地元出身の教育者・野村伝四と民俗学者の柳田國男との共著による
『大隈肝属郡方言集』にあるもので、

約一反(長さ約10.6メートル、幅約30センチメートル)の
木綿のようなものが夕暮れ時にヒラヒラと飛んで、人を襲うものとされる。

首に巻きついたり顔を覆ったりして窒息死させるともいい、
巻かれた反物のような状態でくるくる回りながら素早く飛来し、
人を体に巻き込んで空へ飛び去ってしまうともいう。

ある男が夜に家路を急いでいたところ、
白い布が飛んで来て首に巻きつき、

脇差しで布を切りつけたところ、布は消え、
男の手には血が残っていたという話もある。

出没の伝えられる地方では、子供が遅くなるまで遊んでいると
「一反木綿が出るよ」と言って戒める風習もあったそうである。

また、肝付町では一反木綿がよく現れるといわれる神社
(四十九所神社など)があり、

子供たちがその神社の前を通るときには、
上空を舞う一反木綿が最後尾の子供を襲うと信じられていたため、
子供たちは誰よりも先に走って通り抜けたという。

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

目に見えるものだけとは限りませんから
感性も養われるかな、と修行中です 

完成されたらツマラナイので
歩く度に何かを吸収して・・・

それは新鮮な空気だけでは飽き足らず 
この身に降り積もっていくのですが(笑)

*

キバナコスモスとか言う名前だったと
記憶していますが 

この時期は 桃色や白のみならず
オレンジ色の花びらも 目に入ります。

どちらかというと 
桃色や白は 定番だと思っているので

キバナコスモスらしきものを見付けた瞬間には
目が釘付けになります。

あとはススキかなあ。
淡い色合いのが主流? と言うか
良く見かけるんですけどね
最近 赤い穂に見えるススキがスキなんっすよ

心身ともに余裕を持って
町中の小さな変化だけではなくて

星空の瞬き具合なんかにも気を配れる日々が
最高だなあ。

*

プラスチックとガラスとでは
屈折率が違うのでしょうか。

同じようにライトや太陽に充てて
同じような角度で撮影したと思っていても 

何処か美しさが
異なっているのかも知れません。

サクランボテイストは
どうしても惹かれてしまうんです。

きっと珍しいということもあるのでしょうね。
でも最近はコケモモも。。

*

ブログなんかでもタイトルに惹かれて
クリックしたりしますから
ネーミングって大事ですよね。

同時にネットニュースでは
ヤラレタ!の連続だったりもしてね(笑)

*

ルリビタキと言う名前の鳥も
何やら青いようだなぁ~と

何となく名前ばかりは
心に残っているんです。

まずはカワセミに逢わないと
お話にならないのだけれども 
いつか会えるかなぁ・・

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

からめるにからめとられてからまる
からのまるをだきしめる
めるもだんすをおどる
るんるららとさけんでみる

もるという単位を思い起こしてみれば
何だか小難しい計算式も脳裏を蠢いて
もう読み方すら忘れた さいんこさいんたんじぇんとの続きとか
しむろっくって言葉の意味だとか
社会の教科書を 窓の隙間に埋め込んで
昔ながらの座席で飲んだ
蓋付きの 透明なお茶を 思い出す

もるもっとの話ならば もう少し簡単だ
毛むくじゃらの姿が 可愛らしいらしい
同じ毛むくじゃらでも 人と場所によっては毛嫌いするくせに
お前だから大丈夫だなどと言う
アルパカやキリンやコアラが本当は臭いと知っているくせに
絵や写真や動画や妄想の
離れた地点から歪めた角度で眺めているから
きっと どうってことは ないんだ

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

詩の発表場所あります
自慢の絵・写真を披露したい方にもおすすめ!

ワタクシすずこが編集している手作り詩誌
ポエムサークル「みゅう」

仲間になり購読いただくと
ボツなしで冊子掲載 & CDトーク → 全国郵送★
見本誌もあります。読みたい方も連絡くださいね。

以下に本誌の写真・詳細を紹介していますので
クリックして御覧くださいませませ~☆

ミュウ 221.222号 完成♪ 

すずこのリンクはこちらから

~いつかの すずザレ~ 藤鈴呼の戯言
過去作も織り交ぜてUPしていきます☆

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

冊子と葉書、同時に届きました。どうもありがとう。
葉書、シンプルなんだけれども、確実に涼を届けてくれました。
あおば編集の光る一枚です★
貼り付けられた写真も とてもキレイな状態です。
緑の深みを感じられます。
きっと以前の私より緑に注目しているのだと思います。
仕事柄カナ。

冊子も折り目なくキレイに届けてもらって嬉しいです。
最初に あおば掲載頁を探そうか迷いましたが
順番に読み進めました。

右上だったので確かに目立つ!
キレイどころの女性に囲まれる形で格好良さも光ってますネ。
詩以外の自己紹介、解説はご本人の言葉なのでしょうね。
みゅうの名前を出して貰ったことも、有難う。
出来たら 忌憚のないゾンビの素晴らしい締めくくりまで
一ページ丸ごと掲載して欲しかった~!! と言うのは 私の我侭(笑)

白文字は皆、編集部が書いているのか本人直筆のものが有るのか
目立つものも幾つかありましたね。

あおばのお陰で何人か見たことの有る方、お名前だけ何となく
知ってたような方の紹介部分で、へぇボタン連発したりしながら
楽しめました。
15ページ 次やったら殴る、は写真も詩もインパクト有りました。

最初はシンガーが勢ぞろいしている風なので歌関係の雑誌かと
勘違いしそうになり
段々と詩の朗読、の世界が垣間見えるようであり、
特集が終わった後は 最近の若者のパワー炸裂しているようになり、
成る程、読者層に合わせた編集方法なのかな、と思いました。

価格も安価で、掲載された読者は こぞって手に入れるでしょうから
みゅうと比べると その点 非常に恨めしいな、と(笑)
まぁ楽しめるのが ミュウ一番の収穫と信じて これからも のんびり編集を
して行こうかな、とテンションUPした次第です

取り急ぎ お礼まで★

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

うつせみ、と読むんだ、と知ったキッカケは
やっぱり そうちゃんだったような 気がする

解説を読んでいても
何だか 虚脱感に 覆われそうな イメージだった

何処か 楽しく 思えたのは
実際に 出会えたから

これって 大きいよね

連想するダケも
夢の中だけも
確かに 楽しいんだけれども

やっぱり
実際に 会えることで
世界は 180度 変わるから

その内に 360度 回転 するから

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

今日は 誕生日
浮き浮き気分で 草を抜く

誰ですか?
おばちゃんチックだって
笑うのは

耳元に 響くは
ツクツク ファイヤー

あなたが 言ったんだ

どうしたって
つくつくぼうし の後に
ファイヤ~♪って
聞こえるんダ!って。

あの日から どうしても
燃え上がる 笑みを
止められなくて

忘れられなくて

私は 繰り返す
脳裏で
声に出さずに 呟くの

ツクツクふぁいや~
ふぁいやぁ♪
ふぁいっ やぁ~ あ゛あ゛~っ♪

しゅぼっ

着火マンが
側に居るやふな
妄想と ともに

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

* 朝起きて 気分も冴える 誕生日

昨夜は 途中まで
微妙な気分だったから
尚更 爽快な 
朝だったんです

少し 早い出勤だと
アナタが 話し掛ける

未だ 行かないの?

うん、なんて 云いながら
お見送りをして
お出掛け前の
パソコンチェック

嗚呼 今回は
バースデーを 
オープンにしているからかな

例年より お祝いメッセージが
とても 多くって
朝から ニンマリ

帰宅して ニンマリ

コツ・コツ・コツ

階段を 昇る音
ピンポンが 響けば
おめでとう、の 合図

北の母からの 冷麺と
南の母からの 大分セット

今さっき もう一度
コツ・コツ と 響いたケド
今度は 住人(笑)

未だ 帰るコールが 響かないから
今日 撮った 蛙フォトでも 眺めながら
もう少し タイピングして いようかしら♪

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

あの人が
私に 言ったの

あれは 未だ
出会ったばかりの頃

だったかな
一緒に歩もうと
決めた後 だったかな

もう どっちだったって
良いんだけれども

アナタの名前
いつも 笑っているから
笑美、だったらば
ピッタリなのにね
って

そう 言われて
ハッとした

いつも
いつまでも
笑ってたいなって
そう 感じた
瞬間だったから

丸い 茄子みたいにね
越の丸茄子って
言うんだってサ

本当は 掛詞 一つ
絡めたかったんだけど
なっかなか
適わなくって

でもね
フライパンで 炒るより
焼くか 煮るのが
一番 美味しい らしいのヨ

茄子の皮は
とっても 柔らかいけれど
中の身は
や~らかいからネ

油も いっぱい 吸い込んで
や~らかく なるんだからネ

アタシも まだまだ
脂肪以外のモノならば
いっくらだって
吸収できるような
気がしてるんダ

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°
人気ブログランキングへ
↑ポチッとな~☆↑


水準点

Img_9494


Img_9495


Img_9496


水準点(すいじゅんてん、benchmark)

水準測量に用いる際に標高の基準となる点のことである。
測量法で定められている測量標の一つであり、
永久標識に分類される。

水準点には国土地理院が基本測量として設置・管理する「~等水準点」と、
地方公共団体が公共測量として設置・管理する「~級水準点」とがある。

水準点は海の潮位や河川の水位を知る水準基標又は水準拠標なども意味し、
これらの意味が転じてコンピュータにおけるベンチマークという言葉遣い
として使われるようになった。

*

つうことで。何かの基準になれると言うのは
きっと素晴らしいことですよね

礎 なんて言葉が浮かんで来たのだが これは 
学校碑なんかに刻まれているイメージですな。
背筋がシャキッとするような感覚だ

背筋が歪んでしまうのはね
私みたいに背骨がS状結腸(え゛)になっている場合も然り

あとは 座椅子の問題も大きいらしくってね。
そんなにお高い座椅子は買えないんですよ。
だが 定期的に「替えない」とイケナイ瞬間が出て来る

金属の野郎が突出する時期だ。
贅肉は「や~らかい」ですからね
刺激されると弱いんですよ。ええ、ホント。

眠れぬ夜にコーヒーを飲む、なんてのは
頭をシャキッとする方法でもありましたがな

あとはレタスを食べると 眠くなくなる?
あれ? 逆だったっけ?
逆ならギャグに なっちまうべな??

学生時代はテスト直前になって
コーヒーのテイストを味わう
な~んてコトもなかったなぁ~

「明日テストだからボーリング行くべ~♪」
なんつって!_( ̄▽ ̄)ノ彡!

ピン倒す前に 
そういう思考回路からブッ倒しておいた方が良いと
気付いた時には後の祭りサ♪

今日 座椅子を欲しい人が約一名
ホームセンターで出会った尻敷き子を眺めて
惑いに暮れてましたワ。

大抵 座椅子の角度って 三段締めが多い?
平たくなるタイプは寝てしまうから駄目なのね

食べて直ぐ横になると 牛になるとは良く言ったモノ
実際 逆流性食道炎になりますからね

だもんで 言ってやったさ。

「あ~た、何時も食べて直ぐ横になる姿勢がいけんのよ。
物理的に倒しにくい座椅子にしたら良くなるべえよ」

今回 眺めていた やや子はね 画期的
まず 床からの断面が厚い
だもんで横になったら 足がまず浮くベ?

あとは 真っ平らまで倒せないんだよね
も~う、こうなったら
はらたいらさんに一万点だわよ(笑)

稼いだ点を現ナマに換えてナマひとつ~なんて飲んだ来れば
あっちゅー間に テンデンバラバラでんがな
何がって 贅肉ですがな!_( ̄▽ ̄)ノ彡!

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

電車の写真を連想したら

撮るたびフォトコンテスト
を思い出したんですよね。

道路っ端から大断層見学地へ向かう途中
金網の向こうに線路が見えた

何と時刻表まで貼ってあるじゃあないかいっ♪
撮り鉄に優しい場所だねぇ~っ と
口笛吹きたくもなったモンだ

え? 私?

そんな 春なんざ 桜ヒラヒラ綺麗に舞っている中で
酒も飲まずにシャッターチャンスを「待って」られっかぁっ!

もとひ

冬なんざ 雪がのんのこ積もっている中で
身震いしながら 息詰めてられっかぁっ!

と言う 意気地無しなので デジ・カメ子ちゃんを片手に
ふらふら浮遊しながら 

シャッターチャンスは ほんの数秒の毎日ですが、何か
~( ̄▽ ̄~)(~ ̄▽ ̄)~

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

詩の発表場所あります
自慢の絵・写真を披露したい方にもおすすめ!

ワタクシすずこが編集している手作り詩誌
ポエムサークル「みゅう」

仲間になり購読いただくと
ボツなしで冊子掲載 & CDトーク → 全国郵送★
見本誌もあります。読みたい方も連絡くださいね。

以下に本誌の写真・詳細を紹介していますので
クリックして御覧くださいませませ~☆

ミュウ 221.222号 完成♪ 

すずこのリンクはこちらから

~いつかの すずザレ~ 藤鈴呼の戯言
過去作も織り交ぜてUPしていきます☆

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

君が 帰って 来る 前に
曲を 完成 させよう と
思ったんだ

全て ホントの オリジナルだよ 
なんて

おこがましい セリフ
吐く つもりなんて 無いのさ

だって そうだろう?

音は 僕が 作った モンじゃあ 無いんだし
作る 直前に
何処かで 聞いた フレーズに
似てないよ だなんて 言い切れないよ

それでも
記憶の 片隅から
覚えた コードを 手繰り 寄せては

あいうえおを 作った 人に 感謝して
色んな 言葉 かき集めんだ

全てが パクリじゃ 無いけれど
何処かで 誰かが 知った 言葉と
何処かで 流れた 風な メロディー

組み合わせたら 出来上がるのさ
今の ボクの 精一杯の
君への 想いが

ほら こうして 歌になる


 『 作曲 活動 』

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

キミと 逢わなかった 日々
欲望は 朽ち果て

世界は
闇の 如く 
暗く 煌めいていた

全ては キミと 
巡り 逢えた からこそ
思う コト

繰り返す 記憶は
夢と 成りて 毎夜 現れ

苦しみ 続けてく 情景
憤りさえ 覚えた 太陽

朝にも 夜にも
居場所など 見付からないと
嘆き 続けては

響く 涙の 音ばかりに
哀愁を 織り込んで

真紅に 染まった 心は 綺麗?

嫌い キナイ きな臭い
着ない Dress など

揺れた 愁(うれ)い
触れた 頬に

冷たい 悪魔
詰めた 苦悩


『 其の 日々 』

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°


昔 流行った ドラキュラ・アイス
食べると 舌が 黒く 成るんだ

アッカンベエ して キショイ って
今の 人なら 言うのかな

こないだ 種なし 葡萄を 食べたら
とても すっぱく 感じたんだよ

煙草 ばっかり ふかしてっから
ビタミン シイも 欠落 なのさ

その後 堪え切れ なくなって
ベロを 出したら キミは 言ったさ

「 舌が 紫に 成ってるよ 」

あの日は 黒の ドラキュラで
今度は 好きな パープルで
お次は イチゴで レッドに 染まる

カメレオンだね ボクの 舌
コロコロ 代わる 指令など
出した 覚えは 無いのにな

ココロ 代わりは しないよ と
いつも 本気で 言えたら イイな

カメレオンなら 浮気など
お手の モノだぜ レッド カードさ


 『 イエロー カード 』

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°
人気ブログランキングへ
↑ポチッとな~☆↑


2014年9月22日 (月)

西と東で

Img_9512


Img_9511


Img_9510

フォッサマグナパーク 大断層見学地

っつうことで、フォッサマグナってのは糸魚川静岡構造線よね
ここまでは社会だっけ?の時間に 習った気がする

想像したのはロールケーキだったんですよ
断層っちゅうからね
色の違う大地のグラデーションが横縞で連なる様もいとをかし
とか妄想していたら全然違うじゃないですか~ぁっ

石垣の隙間にコンクリートの補修後 みたいな(笑)
ちょっと啞然としてしまいましたが
西と東の岩素材の違いが展示してありました

道路っ端の駐車場から 断層展示の場所まで暫し歩くんだけどね
まぁ 400メートル位なんだが
その間にミニクイズみたいなのが書いてあってね

餅の形 西は丸い 東は?
呼び方 西はおむすび 東は?
灯油缶の色 西は青 東は?
出汁 西は昆布 東は?

みたいな感じなんですけどね、何処を見渡しても
回答がねぇでやんす! と大爆笑

爆笑ついでに腹の贅肉が大断層になりそうだったわ!?
ここがね ジオパーク発祥の地みたいなので

皆様 是非 この爆笑を、違った 感動を得にいらして♪
そして絵にしてみて!?

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

詩の発表場所あります
自慢の絵・写真を披露したい方にもおすすめ!

ワタクシすずこが編集している手作り詩誌
ポエムサークル「みゅう」

仲間になり購読いただくと
ボツなしで冊子掲載 & CDトーク → 全国郵送★
見本誌もあります。読みたい方も連絡くださいね。

以下に本誌の写真・詳細を紹介していますので
クリックして御覧くださいませませ~☆

ミュウ 221.222号 完成♪ 

すずこのリンクはこちらから

~いつかの すずザレ~ 藤鈴呼の戯言
過去作も織り交ぜてUPしていきます☆

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

彼女は すぐ 近くへ 行くと言って
結局 乗り込まなかったけれど
何だか 少しだけでも
笑顔が 見れて 良かったなって 思うよ
こんな 再会も 有るもんだよ ね

*

開運橋を 通るトキ
あの娘の 存在を 思い出した
大きな お腹を 抱えながら
もし 君が 歩いて居たならば
送って 行こうかな って 悩みながら
メールを しようか 迷いながら

*

駅まで 行って 居たならば
電車に 乗った方が 早いもんね
それに 万歩計を 付けている 君の事
健康面を 考えれば
こんな お天気には
歩いた方が 彼女の 為かな? って
思いながら

*

歯医者にも 行こうかと 思ってね
混んで居るかは 解らなかったし
痛み って 言う程は 気に成らなかった けれど
治療は しておいた方が
イイなって 思ったんだ

*

結局 ギリギリに 成って
メールを しようかなって
ケータイを 眺めたならば
何と 電源 切れてるじゃんっ!

*

何度か 再起動を 繰り返した
イキナリ 変換が 上手く 行かなく なって
顔文字 を 捻出するのに
いつも 「 かお 」 って 入力 するんだよ
顔 の 文字は 顔文字を 登録し過ぎて しまったからね
「 かお 」 の 変換では もう 消えて しまっていて (-_-)゛
それで 「 がんめん 」 って 入れて
「 顔面 」 の 字を 出してから
「 面 」 の 一字 を 削除するの
・・って 文章を 打つために
何度も 推敲を 繰り返して 居る。。。

*

シフト ・ キー で 上手く いきました

何も パソコンだけの 問題じゃあ 無かったんだね

これだから 付け焼刃 の パソコン 遊戯者は・・・

*

ケータイだと 絵文字 なんだよね

パソコンだと 見えないのだ けれども

第二水準の 漢字も

なかなか 出て 来なかったり するんだよね

*

たとえば しあわせ って 表現を

幸福 ( しあわせ ) とか

倖せ とか

表現したい 瞬間 ( とき )

ケータイだと 面倒なのでつ (-_-)゛

*

灰が 舞い上がって

キラキラと オレンジの 光を 称えながら

ボクの 真っ赤な 足元に

転がり込もう と する

直接 手で 受け止める訳には 行かないし

迷っている 間に

彼は 灰色の 面持ちで

ボクの 膝元に

甘えながら ふわふわ と

落ちて 来たので 有りんしタ ☆

*

多分 再放送の ドラマ

子宮頚部 の 癌 の 

妊婦さんの ドラマ

ママならば やや子 の やぁや って

呼んで 居たよね

そう ボクが そう 浸透 させたから ?

でも 彼女は たまご の たぁ ちゃん って

呼んでる みたい なんだよ

*

ママンの 土色の 表情を 思い出す

ボクの 産まれて来た場所が

無くなって しまった 瞬間だった

*

透明の タッパーに 入った

その中に 昔 むかし の ボクが

だけど 記憶なんて 無いんだよ

それに 下界なんて 知らなかった

*

医者は ボールペンで 突付く

ここがですね~~ と

適当な 説明を してる風に 見えた

あの 哀しみは

何時までも 癒えや しない

*

そんな どーでもイイって カンジに

突付かないで! って

ホントは 号泣 したかったよ

隣に パパが 居なかったなら

*

だから もう

ボクには 還る 場所は 有りません

そう 物質的には

*

コマーシャルでは

総てを 破壊する ガス爆発 って

何も 其れだけじゃ 無いよって

病の ドラマを 見ながら 思う日

★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

人気ブログランキングへ
↑ポチッとな~☆↑


道沿いのコスモス

Img_9522


Img_9523


Img_9521

昨日は秋晴れの良い一日でした~♪
以前から行きたいと思っていた場所で見つけたコスモス
この秋 初だなぁ~

花って美しいからサ、主人公になりがちなんだけれども
葉や茎の特徴も 見捨てられないモノがあるよね

コスモスの場合は細く連なる黄緑の部分が
まるで フィッシュボーン編みのような・・・笑

普段 目を向けない場所で リラックス出来るのも
季節が巡って行くからなのでしょうね

クソ暑い夏なんざ、「景色が何だってぇ!?」みたいに
八つ当たり しかねない!?

と思っていたら 何だか暑いと感じる日々ですのう。
もう少しすれば 程良い小春日和がやって来ますかねぇ~。

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

道沿いのコスモスが歌う
妖艶な触手を張り巡らせて
おいでおいでと手招いていく

こちらには 海と山と谷と渓谷がありまして---
ちょっと待ってくださいよ
谷と渓谷は どう違うんですかいのう

谷は谷折りの谷
良く使うでしょう?

あなたの腰のように ひん曲がってしまっては
性格形成も困難になるわあなんて言っちゃって
あははと笑う

そんなら渓谷は どうなんですかいのう
山の隙間に走る 川のことですわいのう

そんなら峡谷は どうなんですかいのう
谷の壁が連なる部分と言ったところですかいのう

するってぇと 素肌じゃあ いけませんもんのう
藪蚊が寄って来るんですよ
誘っても いないのにね
にゃあにゃあと絡み付く 猫のようですわ

ふわりふわりと流れる香りで
桜の木を連想する頃
ゆっくりと 霧が 晴れて行く

キリの無い 鉄砲水の隙間に
丸太を押しとどめて 橋を渡すみたいに
足は泥濘に 捉えられる寸前

サンダル履きでは キツイ階段
ふと香る彩りに揺られながら
硫黄色の 温泉を目指す

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

詩の発表場所あります
自慢の絵・写真を披露したい方にもおすすめ!

ワタクシすずこが編集している手作り詩誌
ポエムサークル「みゅう」

仲間になり購読いただくと
ボツなしで冊子掲載 & CDトーク → 全国郵送★
見本誌もあります。読みたい方も連絡くださいね。

以下に本誌の写真・詳細を紹介していますので
クリックして御覧くださいませませ~☆

ミュウ 221.222号 完成♪ 

すずこのリンクはこちらから

~いつかの すずザレ~ 藤鈴呼の戯言
過去作も織り交ぜてUPしていきます☆

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

今朝も 駅まで 彼を 車で送ってから
24時間 営業してる スーパーへ 行った

最近は 24時間 営業も 
当たり前に なってるのかな

でも やっぱり 良い 食材を 求めるのなら
狙う 時間帯は 有るのでしょう

恐らく 通常のスーパーが 開店する
午前10時 前後

それから 夕方の タイムサービスは
午後5時から 開始だったりする

そして 閉店直前

この3つのポイントが
安くて 良い食材を ゲット出来る
時間帯 なのかも 知れない

24時間だから 便利 とは 言っても
やっぱり 朝イチから 商品を 並べ始めるから
朝 行くとすれば 8時半頃の 私だけれど

見渡すと 店内は
食材よりも
食材を乗せたワゴンの方が 多い

何よりも カゴを カートに乗せて 移動する時に
あちこちに ワゴンが 有って
非常に 邪魔だ

最近 朝に バナナを食べて行くようになった 彼
栄養を 短時間で 身体に吸収させて
朝の活力とするのに とても良い バナナ

と 思って 頻繁に 買って 居るのだけれど
冷蔵庫保管してるから 長持ちしない

常温でも すぐ 黒くなるのは 同じだと 思うケド・・・
朝イチだと バナナが 並んで無い

と 言うコトは 
欲しいなら 前日の 売れ残りを 買うしか 無い
これが ちょっと 切なかったり・・・

まぁ 一度 帰宅して 
丁度良い 時間帯に
再度 出て来れば 良い話じゃん?
って ハナシだよな・・・

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

今朝のスーパーで
ちょっと イヤな思いをした

朝イチだと レジが 一つしか 
空いてなかったり する

これは 人件費の問題が 
有るのかも 知れない

客の数も 少ないから
一つ 開けて 置けば 十分だ

店側の こんな判断も
解る 気は する

それでも たまたま 客が 
沢山 並んでしまう 瞬間だって 有る

私だって そんな 瞬間は
確かに イラッと して しまうけれども

今朝の 中年夫婦は
明らかに 文句を 言って 居た

私も カゴ一杯に 食材や 飲料を 詰めて
レジしてたから 時間は かかってたけど

その後ろで 先ずは 旦那が
落ち着かない 様子

カゴを持って 私の後ろに並んでる 
奥さんを 置いて

自分は レジを 通り過ぎて
早くしろ! と 言わんばかりに
小刻みに 立ったままで 貧乏ゆすり

奥さんは 旦那に向かって
大きな声で

しょうがないでしょ! 
待つしか無いんだから!

・・・え・・・ 何このヒト。

やっと レジが終わって
レジの先の棚で 商品を 詰めてた私

後ろから 自分の番になって
もう レジのピッピッて音が 聞こえてるのに

追い討ちをかけるように 
その女が ぼやく

ほんと、迷惑しちゃうわよね!
レジが いっこしか ないんだから!
あー もう イライラするっっ!!

イライラするのは お前だ ボケが。
あんた等が待ったのは レジ一人分だろうが、
その時間を 短縮しないと 死ぬのか?!
何かに 遅刻でも すんのか?

遅刻するってんなら 
その分 時間に 余裕を持って
来やがれってんだ。

レジが 終わって
二人は 明らかに 
僕等 急いでます!! 風に
早足で 去って行った
ああ言う 嫌味な人間には 成りたくない

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

簡単レシピって 世の中 多いと 思うけれど
私が 衝動買いして しまいたくなるのは
午前中の テレビ番組の 
料理コーナーを 眺めた 直後
だったりする

昨日の 午前中に 眺めた レシピを
どうしても 作りたいな、 と 思って
今朝 食材を 購入した

その名も 「じゃがたこ焼」

レンジに 水と じゃがいもを 入れて チン
潰して 紅しょうが 長ネギ 白ネギ 
と 合わせて 生地にする
水溶き片栗粉も 入れる

茹蛸は 一口に切り フライパンで 軽く あぶる
タコを中心にして 生地を 丸くして
少し 大目の油で 揚げる

付け合せの サラダ
みょうが細切り しょうが 酢 マヨネーズ

こんな感じだったな。
テレビ見ながら ケータイで 打ち込んだの。
まだ 実践してないけれど
美味に完成したら 嬉しいな

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°
人気ブログランキングへ
↑ポチッとな~☆↑



秋のさくらんぼ

1_2


1_3


1_4


1 秋のさくらんぼ (紐下約9センチ)
庭園で見つけた黄色のさくらんぼを連想しながら作りました☆
ヒビガラス・ピンク・イエロー7ミリ キラ8ミリ 桃12ミリ

素材はガラスビーズ
既に御嫁入した 藤鈴呼オリジナルストラップでございます☆

小ぶりなんだけれども 玉状に集めると
見た目以上にズシリとした存在感がありまする♪

まぁ 重いってったって ヒスイには叶わないけどねん。
!_( ̄▽ ̄)ノ彡!

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

秋のさくらんぼ


ぷらりんと
垂れ下がるヒミツ

重力に従い
反抗することもなく
垂れるは贅肉

何て可愛げのないお話で
爆笑を捥ぎ取るより
果実の美しさを
追及してみましょうよ

皺の形成は
きっと その後で
ゆっくり じっくりと
上目使いで作成するのが
オツですヨと独り言

ふわふわの花びらが
揺れる季節に
愛しく下がる 桜ん坊
春の馨しさ
ほんの少しばかり
思い出せましたか

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

詩の発表場所あります
自慢の絵・写真を披露したい方にもおすすめ!

ワタクシすずこが編集している手作り詩誌
ポエムサークル「みゅう」

仲間になり購読いただくと
ボツなしで冊子掲載 & CDトーク → 全国郵送★
見本誌もあります。読みたい方も連絡くださいね。

以下に本誌の写真・詳細を紹介していますので
クリックして御覧くださいませませ~☆

ミュウ 221.222号 完成♪ 

すずこのリンクはこちらから

~いつかの すずザレ~ 藤鈴呼の戯言
過去作も織り交ぜてUPしていきます☆

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

午後 三時 辺りから

急に 鼻水が 垂れ流し状態に成り

ティッシュ 要 の 状態が

数度 続き


隣の 彼女に

風邪だったら 困るから

病院に 行って来いと 云われ

素直に 行こうと 実感し


只今 薬中の 夜xxx


そんな 夜に限って

飲み会の 予定の電話なども 入り

嗚呼 ママンに 感謝 などと

昨夜 実家より くすねて来た

ちらし寿司 と すき焼き セットを

かっ込んでから 慌てて 電話


こちらから 掛けるなんて 珍しいけど

たまには・・・ね

★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

向かいの彼女と 久々に 会えると 思ったらば

月 火 休みを取って

土日も 会わなかったけど

水曜日 出勤したら

彼女は 体調を崩し

お休みだったから

今日 久々に 会いました


病院に 行くって

チラっとしか 行って 無かったけど

開口 一番で

自分の方が 辛い 筈なのに

聞いて 呉れて

何だか 嬉しかった


結果は 嬉しいものでは 無かったけれど

妹だって そうだし

やっぱり 家計 なんだなって

そう 思いながら


腫瘍 って 漢字

書けるように しとかないと なんて 思う

そろそろ 会社の 健康診断だから

個人 問診表に

記入 出来る様に・・・


それも これも

パソコンに ハマり

益々 漢字を 

「 読めるけど 書けないぞ 症候群 」 に

陥った からなんだよね

°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

久々の 連打は 腱鞘炎気味

全て 落ちゲーの 齎(もたら)す 結果なのだと。。。


嗚呼  こう 書くんだねぇ。。。。

又 勝手に 出力された むつかしい漢字に

頭を 捻って 居るんだよ

★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

昨日 タイピングを そのまま 見逃してたけど

八ミリなのは 妹の 方だった

そう 云いながら

「 アンタより あたしは 一回り 小さかったんだってよ 」


なんて 笑ってる


そうだ あたしは

ラッキーセブン だったよ


だから きっと

大丈夫だよね


マンモグラフィーまで受けた 妹は

八ミリだっけ? あたし 0.8かと 思ってた! なんて

他人毎かひ・・・・


嗚呼

曖昧仕舞い 万歳 ┌| ∵|┘


終いにならんよーに せんとなっ

°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★
人気ブログランキングへ
↑ポチッとな~☆↑


2014年9月21日 (日)

三原色

Img_9077


Img_9078


Img_9079


三原色は 赤 青 黄 でしたか、
まあでも 外側が緑のかぼちゃも 青野菜のイメージで 
青っぽい色合いの野菜という立ち位置でいてもらうとか 
信号の色は 青だけれど緑にも見えるとか考えると 

野菜の三原色ってパンチが効いているなぁ~ なんて
思いたくもなります♪ 
赤のパプリカはあるのにねぇ・・

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

いつも笑ってた


夏には 黄色い向日葵
昼には 大きな 太陽

光の色合いは
凡そ そんな イメージ

歪んだ心を もっと傾げて
肩凝りが する位に 曲げた首を
何とか 支えたいと
頬杖を付く

ツクツクホウシの鳴き声が
ツクツクファイヤーに聞こえた瞬間

真一文字に結んだ唇が
ふっと上気する

ファイヤー 夕焼けの色
これから 沈んで行くから
もう 会えないのだと 嘆く

今宵の月を
連想する暇も ない程に
疲れ果て 眠る

訪れた闇が この世の全てと絶望し
這い上がる術が 見出せないなら
月明かりに 照らされた身も
哀しいままだから

一条の光でもって
今度は 星に 祈りを込める

流星群の季節には
未だ 遠いけれど

そっと重ねた影が
わたくしの 両腕

まだ 丸を 描けるから
きっと 大丈夫だと
呪文を 唱える

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

写真 場所はこちら

詩の発表場所あります
自慢の絵・写真を披露したい方にもおすすめ!

ワタクシすずこが編集している手作り詩誌
ポエムサークル「みゅう」

仲間になり購読いただくと
ボツなしで冊子掲載 & CDトーク → 全国郵送★
見本誌もあります。読みたい方も連絡くださいね。

以下に本誌の写真・詳細を紹介していますので
クリックして御覧くださいませませ~☆

ミュウ 221.222号 完成♪ 

すずこのリンクはこちらから

~いつかの すずザレ~ 藤鈴呼の戯言
過去作も織り交ぜてUPしていきます☆

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

今朝の 『やられたっ!』 は・・・

朝 開けた 炊飯機 。

おやすみ タイマーなど 
要らぬ 生活だけれど 、
目覚しは 三つ 必要 。

丁度 良く 
炊き上がる 予定 だったのに 、

歯磨きし 、 洗顔し 、
コンロに 火を乗せ 海苔 炙[アブ]り 、

ようやく お握り 作ろうと
スイッチ見たら 光 無し 、

【 なぁんか 嫌ぁな 予感が するなぁ 】

開ければ やはり 予感 的中 。

水に フヨフヨ 浮く 米に 、
大きな 溜め息 吐いたで しょうよ !

珍しく ロング ・ スカート に
お気に の 豹柄 銀シャツ に 
ふわふわ コートで 玄関 出れば
白粒 コンコン 待って居て 、

思わず 手にした 燃えないゴミ の
袋 もんずら 置き去りに
来週まで と 舞いながら
バス停 迄の お散歩 でした

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★

こ ち ら こ そ ・ ・ ・

『 ごめんなさい 』 と 君から 届いた。

『 ありがとう 』 と 僕は 言いたい。

何時だって 気遣いの 大きい 
優しい 心に。

迷惑なのでは 決して 無くて 、

怠惰 ばかりを 重ねてるケド 、

其れでも 懲りずに 誘って 呉れる

温かい家庭を 感じる 時に 、

染み入る程の 心の 隙間に 、

糧を 呉れた 色んな 言葉に 、

沢山の 笑顔に 、

母で有る 君の 愛に 。

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★

〓 感謝を 込めて 〓


凍える様な 曇天が

何故だか 晴天に 見えました 。

今朝は 何服も 重ねて しまいました 。

楽しい筈の 絵文字が 使えませんでした 。

呼び交う 鳥達の 隠れ家は

とうとう 見付かり ませんでした 。

だけど 明るく 笑えました 。

譬え 此れしか 能が 無くても

私は 此れで 良いんです 。

【 でも 何処かで 

  絶対に フラストレーション 溜まってるんだよ 】

貴方の 言葉に 心底 うなづきました 。

癒されました 。

楽に 成れました 。

明るい 自分に 慣れました 。

腹が 砕ける程 笑えました 。

愛しく 成りました 。

だから ありがとう 。

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★
人気ブログランキングへ
↑ポチッとな~☆↑


ソーダ翠

344


361


369


写真 既に御嫁入した
すずビーズ ブレスレッド

※パワーストーンでは有りません
素材はアクリル・プラです。
パール・樹脂風…に見えるモノも有り。
気軽に着けようブレス☆

ゴムテグス使用なので 伸びます☆
壊れても大丈夫!!
ミサンガ代わりに(?)願いを込めておけば(笑)

長さはゴムにビーズを入れた時点で計測しています。
大粒ビーズの場合、内径により膨らんでいる可能性があります
お嫁に行った仔も多数。

みゅう購読者へプレゼント企画
詩誌みゅうをお届けする際に同封します☆


344 ソーダ翠(16.5センチ) 
爽やかなソーダ水が懐かしい晩秋に寄せて☆
水色10ミリ キラ青・水色8ミリ

361 可愛いネ☆冬(18センチ) 
思春期の恥じらい的な☆
布赤15ミリ 桃透明10ミリ キラ赤・透明8ミリ 桃12ミリ 紫10ミリ


369 かえってきてネ(18.7センチ) 
丑三つ時を過ぎても帰宅せぬ旦那を
心配しつつ色合いは可愛らしく作成☆

何かを心待ちにしたい瞬間にどうぞ♪
桃12ミリ キラ透明8ミリ パール6ミリ

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

私はアーティストの曲を聴くのに 
あまりユーチューブは使わない派だけれども

(そう言えば 最近は有線も余り聞いてなくって 
おしゃべり録音のBGMの時だけ
 スイッチオンしているような気がするよ)

いつだったか 結構前に ユーチューブの著作権の問題だかで 
アーティストの曲などを配信できないように一斉に取り締まる、
みたいなネットニュースを見た気がするけど 

それ以降 曲は減ったんだろうか、
ユーザー数はどうなんだろうか、と思い出した

私も弾き語り・朗読音源なんかも更新したりするけれど、
動画も便利だよね。

夏はもう終わりだけれども
花火大会の様子なんかを動画で眺めると
一瞬の美しさを何度でも楽しめて満足するよ

本当は暗闇の中に溢れる一条の光 
その一つ一つの瞬間は二度とないからこそ
美しいのかも知れないけれどね。
今年は糸魚川の花火大会、雨天ばっかりだったよ

車の中から眺めたりもした
長岡や山形で花火を見たりもした
今までの中で 花火鑑賞数はダントツかも知れないなあ

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

子供達に人気のイメージと言えばアナ雪。
略し方ぐらいは知っているし、
テーマソングも何度かテレビで聴いているからっ♪

と早速オケろうと思ったが、
サビぐらいしか歌えずに

旦那に「出た!歌えないのに入れるシリーズ!」と
岡田バリのツッコミと白い眼で見られる始末。

思わず「閉店ガラガラ」と言いたかったが
本当にガラガラだったのは喉仏。

そんな私を巣食ってくれるホトケは
マイクに決定サ。

るんら・るんら♪
どっちかって言うとルンバの欲しい今日この頃だけれど、

アタシ、気付いたよね。
「ルンバ買っても床がねぇ」

いや、今はフローリングなんだけれども
殆ど居場所がないからさ、

ルンバが三回廻ってワン♪ばかりの日々になること
請け合いだからね。

やっぱりチマチマと
掃除機あーんどクルクルじゃなかった
クイックルで凌ぐしかないんですよねー。

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

詩の発表場所あります
自慢の絵・写真を披露したい方にもおすすめ!

ワタクシすずこが編集している手作り詩誌
ポエムサークル「みゅう」

仲間になり購読いただくと
ボツなしで冊子掲載 & CDトーク → 全国郵送★
見本誌もあります。読みたい方も連絡くださいね。

以下に本誌の写真・詳細を紹介していますので
クリックして御覧くださいませませ~☆

ミュウ 221.222号 完成♪ 

すずこのリンクはこちらから

~いつかの すずザレ~ 藤鈴呼の戯言
過去作も織り交ぜてUPしていきます☆

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

捏造と 想像の違いは 何だろう

ふと そんな事を 考える

何を 失って しまっても

たった 一つ なくせないもの

それは 人間の 頭の中の 出来事だと

TVで 教えられました

改めて 涙を 浮かべた

私の 瞳なので 有りました

☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:

大きな 叫び声は

アナタの元まで 届くでしょうか

画面を見た瞬間に

大きな文字は 確かに興味を 魅きますが

隅の方で 小さくしている

鍵っ子だって 

同時に 寂しく 泣いている 筈なんです

☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:

今日は お好み焼に 挑戦して みました

先日 スーパーに行った時

100均に セットが売って 居たんです

唯一の 失態は

豚肉の代わりに

ハムを使用して しまった事でしょうか

☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:

忘れたくなかった 愛しさが

憎悪に代わって しまった瞬間

優しさを 失って しまいそうになった心

それでも 私は 自らへの言い訳に

思いやりを 持とうとする

そんな 必死な姿を

アナタに 見せないために

自ら 秘境に 佇んで

卑怯な アナタに 立ち向かうので 有りました

☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:

何を おいても

家族は 代えられないから

幾度 愛する人間を 代えても

あたしの 周囲は

何も 変わらないのだから

☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:

見定めて 生きたいね

最近の あたしが

こんな 感情だったんだって

あの 大切な 宝物が

もしも 戻って 来なかったと しても。

☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:

裸の感情を 曝け出して 生きて来て

其れが 間違って 居ないんだと 実感した

それでも 死ぬのは 嫌だから

僕は 生きる為に 秘密の基地で マドロンデ居る

アナタの 手の届かない場所まで

行く事なんて きっと 不可能かも 知れないけれど

☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:
人気ブログランキングへ
↑ポチッとな~☆↑


ビーナスはお好き?

Img_8957


Img_8953


Img_8952


郷の茶店えほん&おやき工房

店内には手作り作品が沢山ならんでいますよん♪
売り切れ必至のマドレーヌ。その名も美茄子(ビーナス)マドレ☆
素材は越の丸茄子じゃ~!

そんなお店で舌鼓を打った後で帰宅し、読んだ冊子の感想です。
「希望は失望に終ることはない」拝読しました。

表紙は空白を存分に活かしており、タイトルの言葉とイラストを
大切にそっと心に仕舞うような感覚に覆われました。

「希」は「こいねがう」の一文字でもありますよね。
その筆先の描く温かな未来を連想できそうな気もしました。

イラスト解説が最後にありましたが、蝶の周りに描かれた光の形、
その全体が花びらのようにも思えて

少女の夢を後押しするべく
堂々と咲いているような思いに捉われました。

初めてゆっくりと会話をした後に渡された、この一冊。
掲載の年代もランダムになっていますので、

読み進める毎に
「この方はどういう年代をどのように生きていらしたのだろう」
と想像を膨らませることも出来ました。

もし直接お会いしてなければ、
その思いはもっと強くなったことでしょう。

普段の生活の中でも
発想の転換を考える機会が良くあります。

何かしらの出来事で 気持ちが後ろ向きになった時には
特に強く思います。

この一冊を読み進めて行くと、
希望を持ち続けること・前向きであり続けることの大切さ、を
改めて感じました。

育った環境・郷土愛も去ることながら、
嫁ぎ先の現在の生活、家族への愛、地域へのさりげない貢献、
子供達からの尊敬の眼差しまでが
スッと見えて気そうな瞬間が幾つもありました。

ところどころ、写真も散りばめてありますので、
文字が苦手な方にも
サクサクと読める内容だと思います。

新聞「窓」の欄は
住人の十人十色(韻を踏みました)を感じられる
素晴らしい枠ですよね。

たまに総集編も出ており、
自他ともに本の虫と認める私の母も
好んで読んでいるようです。

気に入った記事のスクラップなんかも好きなようで、
整理しきれないわあ、と語っている姿を思い出しました。

父は定年後、自分史を完成させるべく
日々パソコンに向かっており、

写真と文字のレイアウト・印刷方法など不具合があると
電話レクチャー依頼があります。

私もパソコンには遊ばれる状態で
全く詳しくないのですが、

必死でインターネット検索して
解決策を探したりする瞬間が楽しいです。

離れた場所ですので、直接パソコン画面を見ながら
一緒に作業は出来ません。

受話器の向こうで
一生懸命、エラー状況を説明しようとする父の会話に、
毎回吹き出してしまいます。

「ほれ、この画面の、アレがこうなって・・・だべ?」
私には全く状況が掴めないのです(笑)
アレとは何ぞや?

とは言っても家族ですから「アレ」ですが、
相手の言わんとすることを察する能力は
会話から生まれるのだなぁと
実感する瞬間でもあります。

分かり合えぬ人間同士と言うのは
「聞こうとする心」が浅いのかも知れないなあ
とも思います。

言葉が違えど「分かろうとする気持ち」さえあれば
通じ合う、繋がるものって必ずありますものね。

頁を繰り始めると、真っ先に交通事故の話題に
眉が歪みました。

若い頃と言うのはスピードを出したくもなったなぁと
自らを振り返りながら読みました。

去年の夏、母方の叔父・祖母が
カッキリ二週間の時間を空けて旅立ちました。

弟と母親を相次いで亡くした母は
気丈に振る舞ってはいましたが、
何とも言えぬ寂寥感に包まれました。

その叔父は若い頃、友人の車に同乗し、
事故に遭ったそうで、それ以来

「僕は一切、車には乗らない」と豪語し、
有言実行してきた人です。

東京で暮らしていましたが、地元の岩手に帰省した時には
盛岡市内全域を闊歩する程でした。

私は車派ですが、歩くと言う行為は
色々な贈り物を届けてくれますよね。

美しい景色・爽やかな空気・町の喧騒・・・
五感を研ぎ澄ますことの出来る手段でもあります。

季節を感じやすい日々には余裕も必要、
足腰のみならず心の余裕も生まれるから
最近はウォーキングブームなのかしら、
なんてことも思います。

先日いただいた、早川の米粉とココナツのパウンドケーキ、
大変美味しくいただきました。

あんなに大きなケーキは誰かの結婚式以来です! 
結婚式のケーキは入刀シーンを眺めるくらいで
勿論手に持つことは叶いませんが、

ズッシリと重たいケーキを切り分けて
口に運んだ瞬間の あの柔らかさ、
思わず笑顔が広がりました。

シフォンケーキのような しっとりしている中にも
空気の層を感じられ、

少ししてから追い駆けて来るココナツの風味に
癒されました。ココナツ、大好きなんです! 

学生時代、盛岡でミスタードーナツの
販売アルバイトをしていましたが、

休憩時間にココナツドーナツが残っていれば
ニヤニヤしながら頬張ったものでした。

夏休み中、そんな生活を続けた所為か、
気付けば体重メモリが5つも増えて
冷や汗ものでした。

どんなホラーよりもゾッとした
懐かしい思い出です(笑)

越の丸茄子は糸魚川に住んでから知りました。
茄子は本当に色々な形が在りますね。

旦那の故郷は大分、帰省すると義母さんが
「いただきモノの茄子なのよ~」と、
とんでもなく細長い茄子を出してくれます。
ギャーッと叫びたくなるほどに。

実家の畑で葉に埋もれて発見できなかったキュウリが
ヘチマ状になっていたのを眺めた幼少時代を
思い出しました。

越の丸茄子を自分で作っている女性からいただいて
食べた時の感動は忘れられません。
簡単調理も伝授して貰いました。

「先ずフォークで穴を開け、半分に切る
、断面をフライパンで軽く焼き、麺つゆで煮込む」

別に玉ねぎを炒めて甘辛い味付けで絡めて
上に大根卸や小口ネギを乗せれば それだけで 
どんなステーキよりもステキ・・・。(韻)

実は越の丸茄子マドレーヌ、一度お土産でいただき、
食べたことがあります。

何て不思議な感覚なんだろうと思いましたが、
パッケージを眺めた瞬間の感想を
ド正直に申し上げますと
「野菜マドレーヌって・・・」でした(ゴメンナサイ)

新たな挑戦には戸惑いも付き物、
喰わず嫌いでは美味しい存在を知らずに
自ら遠ざかってしまいますもの、
食べる機会に恵まれて本当に良かった! 

そばサブレ、見かけはコロンと小さな三粒だったのですが、
これが何とも確りとした存在感! 
旦那はソバ大好きなので笑顔で食べてました。

いただいたキュウリの漬物、この手作り感と歯ごたえ、
ねぶた漬け、でしたか、
粘りがあったら似たような感じですよね。

もっと酸っぱいのかと覚悟しましたが
丁度良い酸味で本当に美味しかったです。

昔っからどうも酸っぱいものが苦手なようで、
義母にも「やさしいお酢」なる商品を贈られる始末(汗)

以前 喫煙していた弊害もありそうです。
ビタミンCが欠如するらしいですものね。

同じ果物、例えば大好きな苺を食べている時でも 
周り全員が甘いと言う中、
酸っぱい・スッパイ!と唇をすぼめていた私。

「違うよ、これ、梅干しじゃないよ!イチゴだよ!」と
自ら突っ込みたくなる程でした。

目で、舌で、心で楽しんだ一冊にお菓子、お店の雰囲気、
最高の空間をありがとうございました。

同封いたしましたのは、詩誌「みゅう」最新号です。
ポエムサークルと銘打っていますが、

パラパラと捲って御覧いただくと分かるように
写真・皆からの手紙・メール・詩以外の言葉、
多岐に渡る内容です。

アットホームな場所を自ら作りたくて始めました
。当時の私は18歳。

詩を紡ぐ人は他人に隠れて個人活動している場合も多いと
感じておりました。

また、自分でお金を得る以前に本を購入するには
お小遣いを一生懸命貯める必要があるでしょう。

商業誌は精度も求められますから
投稿が全て掲載される訳ではありません。

個人的に

「例えばテスト用紙の裏に書いたような言葉でも 
その人の心が反映された投稿は全て無駄がない」
と考えるようになりました。

捨てるものなどない、と。

市販本でボツになって落ち込むこともあるでしょう、
同じような言葉紡ぎの仲間を探したい思いもありました。

「ならば私がその場所を作ろう」と思い立ち、
投稿されたものは言葉でも写真でも
全て掲載するスタンスを継続しております。

勿論 ノートサイズ1冊30頁と枠はありますから、
投稿の多い場合は溜まってはいきますが、

私が元気で活動できる限り、絶対に捨てない!
の思いで、

日々 仲間の投稿が詰まった段ボールを眺めながら
次の号を編集しております。

紙で表現できる全ての思いを詰め込んただけでは
飽き足らず、

作者の背景にあるトークも紹介したい気持ちで、
100号を過ぎたあたりから、
2冊セットで発行するようになりました。

郵送活動ですから全国の仲間に発送する訳ですが、
2冊の間に1枚のCDを入れます。

その中身は皆からのメッセージを私が読む
「おしゃべりすずこ」
詩名が藤鈴呼(ふじすずこ)です。

所謂アマチュア同人誌ではありますが、
学級新聞の続きのような楽しい感覚で編集しています。

発行も不定期、締切も決めず、
気が向いた時に読んでもらえるように、

会員登録・投稿料は一切ナシ、
ただ、読みたい時に1冊500円小為替と80円切手を
各一枚 郵送または口座振込でみゅうを発送します、
と言うことを続けています。

創刊が平成5年3月1日、
みゅうは英和辞典で引いた「mew」がキッカケで
命名しました。

意味が猫の鳴き声でしたので
可愛らしいイメージとともに、

メンバーの飼い猫ちゃんなどが表紙になることも
多いです。

手作り作品も好きで
ビーズのブレスレッド・ストラップ・ユビワ・
紙バンドのカゴなども引っ提げて 
各地のフリーマーケットに参加しています。

本来「みゅう」の仲間を探したいのが
メインなのですけれど、

最近では「おまけ」の筈の手作り作品が増えて来て、
しがないアパート暮らしの身としては、

旦那の白い視線を受けながら、
狭い部屋で肩を竦めております(笑)

そんな訳で、みゅうを送付する際に、
伊藤詩織里さんのポストカードを使おうと思い、
手に取りました。

絵も言葉も好みがあると思いますが、
イラスト的にも何だか好きだなぁ~と思ったので♪
ぜひよろしくお伝えください。

長くなりましたが 
(後半、詩誌の宣伝みたいにもなりましたが) 

素敵な出会いに感謝いたします。
本当にありがとうございました。

    藤鈴呼

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

詩の発表場所あります
自慢の絵・写真を披露したい方にもおすすめ!

ワタクシすずこが編集している手作り詩誌
ポエムサークル「みゅう」

仲間になり購読いただくと
ボツなしで冊子掲載 & CDトーク → 全国郵送★
見本誌もあります。読みたい方も連絡くださいね。

以下に本誌の写真・詳細を紹介していますので
クリックして御覧くださいませませ~☆

ミュウ 221.222号 完成♪ 

すずこのリンクはこちらから

~いつかの すずザレ~ 藤鈴呼の戯言
過去作も織り交ぜてUPしていきます☆

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

● 馬鹿笑い 自分する時 楽しくて

     周りの冷笑 気になりはせぬ


● 仮面だけ 被ってゆくの 永遠に

     化粧をしたり 着飾ったりして


● バカバカしい 思っていても 止まらない

    オヤジギャグと ウケねらう言

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:

● 嗚呼 まさに 前回よりも グロッキー

     置いてけぼりに された この部屋


● 君 いなく なった瞬間 寂しさに

    飲み込まれては うだる夏の夜


● この世って 一体 何の 為に有る?

    考える時 精神薄弱

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・: 

● 喉痛み せっかくにある休日も

    カラオケ行けず 部屋で 寝る日々

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:
人気ブログランキングへ
↑ポチッとな~☆↑


哀しみの天丼

Img_9443


Img_9444


Img_9445

糸魚川の総合体育館でアルビレックスのバスケ試合を観戦せんと
朝も早よから出陣する予定だった

早いと言っても 九時に現地到着の予定を立てていたんですよ
ほんなら いつも通り ほんのちょっと 寝過ごしましてね?

ミニバスの試合を見たいと言っていた旦那のピロートーク

「女子の試合は間に合わないけれど 男子には間に合わせるか
 そんなら もう少し眠れるぞ。 あと30分!」

さんじゅっぷんか~いっ! と 思わず突っ込んだのは
脳裏に響く心の声ぞなもし~

実際は ねむかけしているから 声にはならない(爆)
で、10時半に自宅を出発

本戦は14時開始でした。
審判のゼスチャーをみて
「あれ何? ふーん、トラベリング?」
相変わらずの音痴っぷりを発揮しつつも

二度目の観戦なんでね
何となく 応援音声も耳に残っていたのでした

地元の選手も活躍していたし ひすいレディーや
ジオまる ぬ~な の 着ぐるみも出ていたな

チアリーディングも色々と見られたし
迫力ある太鼓もあった

結果は 77-91 で 残念だったんですが
富山チームって 強いらしいんですね

夕食に 川合さんの トンカツを食べたいなぁ~ 
と思ったら しばらく定休だそうで

ツバを飲みこみながら カツカレーを連想し 銭形~
を通り過ぎ(笑) オダジマへ向かいました

揚げ物とご飯のコラボレーションを妄想したままだったので
チョイスしたのは 天丼

レガ子の下には にゃんちゃんが陣取っていたのですが
ここで聞いた 哀しい真実

今朝 仔猫ちゃんが 旅立ったそうなんです
目の前は道路なので 飛び出したのでしょうね 
可哀相なことです。

猫ちゃんって 一度 飛び出したら 後ろに戻れない
と聞いた気がします。

ワンチャンは 後戻りできるけれども・・・ と。
親猫ちゃんも 所在なさげに 佇んでいました

大人の猫ちゃんは 車の下にいても
エンジン音とともに すぐ逃げ出すそうなのですが
仔猫ちゃんは まだ そういうことが
分からなかったのかも知れない・・・と。

御主人が 親猫ちゃんに
「ちゃんと見ていてやらなかったんか」と言ったら
にゃあん と ないた なんてお話を伺い
胸がぎゅっと 締め付けられました。

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

詩の発表場所あります
自慢の絵・写真を披露したい方にもおすすめ!

ワタクシすずこが編集している手作り詩誌
ポエムサークル「みゅう」

仲間になり購読いただくと
ボツなしで冊子掲載 & CDトーク → 全国郵送★
見本誌もあります。読みたい方も連絡くださいね。

以下に本誌の写真・詳細を紹介していますので
クリックして御覧くださいませませ~☆

ミュウ 221.222号 完成♪ 

すずこのリンクはこちらから

~いつかの すずザレ~ 藤鈴呼の戯言
過去作も織り交ぜてUPしていきます☆

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

熱いお茶で 舌が 絡め取られてしまった様な 感覚

本当は 君の想いを 絡め取って しまいたかったよ


開かない 鍵なんて 無いんだ

心のKey 

何処で 掛け違えて 閉まって 行ったのかな

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:

いつものように

しどろもどろの口調では

君に 届かずに


見詰めて居た風景が

色が 違った様な 記憶


このままでは 駄目なのかなって

君に 言えなかったんだ


新しい 安らぎを

何処かで


楽しみにしているような

壊して欲しくないような


不思議な感覚の中で

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:

解りにくい 私の言葉

不幸中の 幸いは

私の ボルテージが

下がってしまって居た事と

散らばった 一つの 袋の中身と

繋がった 貴方からの 電話に

私が 気付いた事だと

今は 思おう

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:
人気ブログランキングへ
↑ポチッとな~☆↑



2014年9月20日 (土)

幸せの青い鳥

Img_4583


Img_4586


Img_4588


正体は イソヒヨドリ
 ではないかと思うちょります

糸魚川市内から
現在休館中のフォッサマグナミュージアムへ向かう路

蓮台寺パーキングの方向に
ぐるぐるとまわりながら登るんですけどね
途中で ラーメンとん太の看板なんかを眺めながら(笑)

一瞬 カワセミかと思って 超喜んだのも束の間
何となくお腹側はオレンジがかっているし、
でも違うなぁ~

道路の上を優雅に歩いているので 
暫し停車しつつ

放心しそうな魂をギュッと握り締め、違った、
デジ・カメ子ちゃんをギュッと握り締め撮影しまくっていたら

手がジンジンしてきたわ??
(気合入れ過ぎ)

撮影日は5月半ば
この季節の羽根色は どうなっているんだろうか

雷鳥は冬に真白くなるけれど
夏場は茶色っぽい色合いなんだよね~。

白い鳥も綺麗だけれども
やはり幸せの青い鳥ってのが
言葉の響きも好きだなぁ。

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

詩の発表場所あります
自慢の絵・写真を披露したい方にもおすすめ!

ワタクシすずこが編集している手作り詩誌
ポエムサークル「みゅう」

仲間になり購読いただくと
ボツなしで冊子掲載 & CDトーク → 全国郵送★
見本誌もあります。読みたい方も連絡くださいね。

以下に本誌の写真・詳細を紹介していますので
クリックして御覧くださいませませ~☆

ミュウ 221.222号 完成♪ 

すずこのリンクはこちらから

~いつかの すずザレ~ 藤鈴呼の戯言
過去作も織り交ぜてUPしていきます☆

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

昔は ケータイメールなんて

とんでも無いって 思ってた

何時からかな

こんな画面に

侵されて 日々

過ごす様に 成ったのはxxx

★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

たまたまに 訪れた土地に

思い出は 募り行く

目の前の 山並みに

あの日の 灯火 映し出すのでした

★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

少しだけ 給料が 入って

だけど 年払の 保険料の為に

せっせこ せっせこ 溜めている

すぐに 流れ出す 

この お財布 なのだけれど (-_-)゛

★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

走り出したくなる欲望が

週末には 必ず 訪れるから

こうやって ドラマを見ながら

明日の分まで おかずを炒めて

此処で 過ごそう そう 決めたんだ

★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

人気ブログランキングへ
↑ポチッとな~☆↑


カラメルソース

Img_1881


Img_3618


Img_3619


私を敵に回すと怖いわよ
蔑んだような口調が
渡り廊下に響く
吸収素材ではあるが
温泉の如く 生暖かいような記憶
ぼこりと湧き出る雫は
不可思議に折れ曲がり
光の十字路を生み出した刹那
ゆっくりと 剥がれ始めた

屈折した心の奥に
闇の刃が佇んでいて
今斬ろうか 今切ろうかと
唇を開いて待っている
大きな断ち切りバサミが
布の手前にあって
包まれるのが先か
視界を閉ざすのが懸命か
悩んでいるふう

ここに楕円形の米粒が一つあって
さあ食べて御覧なさいと言われたら
一体どうするだろう
瞬時に感じる空腹感
我慢できぬ程の痛みを
炊飯器にブッ混んで 
タイマーを押す

プツリ途絶えた回線
物理的に円縄の方が楽だと知る
海に出れば
綺麗なホタルイカでも掬えるだろう
けれども
これから冬になって行くのだ
はみ出した汗を拭く隙間も
きっと残されていないに違いない

多分の隙間で
多聞に悩む
目耳にした物事の全てを
どう消化してしまおうかと
スプーン片手に
プリンに乗ったカラメルを
ゆっくりと 眺めている

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

写真 からめるの方向性を考えたバージョン

カラメルソースと言うよりかは
絡めているソースの風景(笑)

メニューを忠実に転写してみますと

モッツァレラチーズのトマトソースオムライス
サルシッチャとキノコのクリームソースオムライス

うーん、正に舌鼓の前に舌を噛みそうな気がする(笑)
オムライスって唐突に食べたくなるのよね

お店のオムライスって卵幾つ入っているんだろう~?
と気になるんだけど 三つくらいかな?

お店によっては生クリーム系が入っているんじゃね?
これ、どう鑑みても純粋卵のみじゃあないよね的オムライスも
いとをかし いと多し、だよね!

残り一枚は ミートソースを絡めましたよパスタ
粉チーズふっかける荒業とか多分 旦那作成のものだな

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

ハッピーバニラはカレルチャペックの紅茶です。
甘いバニラの香りが漂ってくる気がしましたヨ。

あれね、もこもこの癒されるような動物 ひつじかな? 
それとも あるぱかかな? なんてふうに思う 
パッケージの白い動物と背景の水色

そして甘い香りに何よりもネーミングのセンスに
惹かれてしまってね。大人買いしたの(笑)
私の家族も気に入っているものですわ♪

夏はアイスコーヒーが美味しい季節なのだけれども
ずっと昔に買っていた
ペットボトルのお茶の賞味期限の問題があるので、
それを織り交ぜて(笑)

冷たいものばかり食べている
と胃袋がビックリしてしまうから
壊れないように休み休み、大事にしてあげないと~ と
思いつつ。

夏バテで倒れることはなく何だか頭痛がするなぁ~
と思った日には
確りと休むようにしているけれど

気づいた時には起き上がれなくなってしまったりすると
遅いだろうから
その前に日陰を選んで移動したり 
室内や車でも気を付けないとですネ。

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

拡大写真はお好き?

景色でも建物でも
全体像もそりゃあ美しいのだけれど

一つ気になった素材があると
ズームしたくなったり するかな。

何もないところから生み出されるのが希望だとしたら 
満たされた状態から剥がれる皮の一枚一枚が
痛みに繋がりそうで 

簡単に覗けぬ場所だからこそ
余計にそう思う

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

詩の発表場所あります
自慢の絵・写真を披露したい方にもおすすめ!

ワタクシすずこが編集している手作り詩誌
ポエムサークル「みゅう」

仲間になり購読いただくと
ボツなしで冊子掲載 & CDトーク → 全国郵送★
見本誌もあります。読みたい方も連絡くださいね。

以下に本誌の写真・詳細を紹介していますので
クリックして御覧くださいませませ~☆

ミュウ 221.222号 完成♪ 

すずこのリンクはこちらから

~いつかの すずザレ~ 藤鈴呼の戯言
過去作も織り交ぜてUPしていきます☆

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

機織り機・・・ ハタオリって こう書くのかぁ。。
なんて 鶴の恩返しの 物語でしか 知らない

小さなミシンならば 昔 母親が 使用してたり
家庭科の時間に 習ったり していたけれど
その昔は 大きな足踏みミシンが 有ったのだろう
これも 実際に 眺めたコトは 無い気がする

もしかして 良く見なければ
多分 オルガンと 間違えそうな 感じなのかも
そんな事を 思う

裂き織りと言う 織物方法が 存在するらしい。
古い 木綿の布団などを 一センチ幅に 裂いてから
色とりどりの糸を絡めて 織り込んで行くと
素敵な 錦模様が 出来上がるのだとか

そんな風に 人の心も
少し 傷付いても 
又 救われる 出来事を 求めて
浮遊して 行くのだろうなぁ。。。

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

緑の 木々の 合間から
黒い 鴉達の 鳴き声が 聞こえる

其れは 喚いて居る 様にも
     会話してる 風にも 聞こえるのです

ガアガアと 言うのは 家鴨(アヒル)だけれど
嗚呼嗚呼 と 表現するのは
嘆いて 生る様にも 聴こえて しまいそうで

何故だか 悲しい 気分に成って
しまうのですよ



本物の 涙の 代わりに
雨が さめざめと 
降り落ちて 呉れたなら 良いものを

中途半端な 曇天だから
苛立ちに 巻かせた心に

憂鬱の波が 広がって逝くxxx

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

まるで 贅沢な 悩みなのと お思いでしょう
重たい荷物は 時に
二倍の重力と 成りて
我の 分身を 割るかのよう

目の前には 
スクラップ場へ向かう 二台の廃車を
荷台に積んだ トラック

既に ボロボロの ボディーは
敗者の姿を 雨に さらしてる・・・

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

雨に 打たれた 豚サン
寒そうに 身を 寄せ合った
狭い 車内

「 此処で 会える 筈だったのに 」

悲しみに 打ち震える 豚サンと
冷蔵庫の中に 置き去りの 豚サンと
弁当として デビューした 後に
胃袋に 既に 収まって逝った 豚サンは
三姉妹 だったのかも 知れないんだよ

「 又 巡り会える 迄
  今は 別々の  夢を 見ようよー 」

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

夕方に成っても 降り止まぬ 雨
今日の プランニングは どうしようか

取り合えず
キミが 寒さに 震えない様に
早めに 辿り着いて

それから先の コトは
温かい 車の中で
暖かい 会話しながら

ゆっくり 二人で 考えようかー


『 アフターファイブの 恋人達 』

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°
人気ブログランキングへ
↑ポチッとな~☆↑


米百俵の群像

Img_8524


Img_8525


Img_8526

「米百俵の群像」

山本有三の戯曲「米百俵」を歌舞伎座で上演した時の一場面を、
ブロンズの像で再現したものです。

 原型を制作したのは
長岡市美術協会(米百俵群像制作委員)の6名で、

群像は全部で12体あり、立像は高さ2メートル余り、
重さは平均1トンもあります。
背景には刀をイメージした石柱が立てられています。

 -米百俵と小林虎三郎-

 慶応4年(1868)5月に新政府軍との戦いは
長岡の敗北で終結しました。

 まちは焦土と化し、禄高は三分の二に減らされ、
人々は極貧の生活を強いられていました。

 こうした貧困と混乱の中、敗戦の翌年、明治2年(1869)5月に、
小林虎三郎らによって、焼け残った四郎丸の昌福寺本堂を借りて
国漢学校が開校されました。

 翌3年春、長岡の窮状を見かねた分家の三根山藩から
米百俵が届きました。

ところが小林虎三郎は、
「早く米を分けろ!」といきり立つ藩士たちに向かって

「この米を、一日か二日で食いつぶして何が残る。
国がおこるのも、まちが栄えるのも、ことごとく人にある。
食えないからこそ、学校を建て人物を養成するのだ」
と論じました。

 こうして米百俵は国漢学校の建設の資金に充てられ、
明治3年6月15日坂之上町(現大手通2丁目)に開校し、
長岡の近代教育の土台が築かれました。

 -戯曲「米百俵」-

 国漢学校創立時の故事をもとに、山本有三氏が
戯曲として書き下ろしたのが「米百俵」で昭和18年(1943)、

小林虎三郎に関する詳細な研究とあわせて
一冊の本にまとめられ、新潮社から出版されました。

 しかし時代は軍部の支配下にあり、
教育と反戦の思想で裏打ちされた「米百俵」は

反戦戯曲だと強い弾圧を受けて絶版となり、
自由回収の憂き目を見ました。

 それから約30年後の昭和50年(1975)長岡市が
「米百俵小林虎三郎の思想」を復刻出版すると
たいへんな反響をよびました。

 そして昭和54年(1979)には歌舞伎座で上演され、
多くの人々に感銘を与えました。

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

詩の発表場所あります
自慢の絵・写真を披露したい方にもおすすめ!

ワタクシすずこが編集している手作り詩誌
ポエムサークル「みゅう」

仲間になり購読いただくと
ボツなしで冊子掲載 & CDトーク → 全国郵送★
見本誌もあります。読みたい方も連絡くださいね。

以下に本誌の写真・詳細を紹介していますので
クリックして御覧くださいませませ~☆

ミュウ 221.222号 完成♪ 

すずこのリンクはこちらから

~いつかの すずザレ~ 藤鈴呼の戯言
過去作も織り交ぜてUPしていきます☆

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°


スマスマに突入しているみたいなんだけれども

テレビ画面は 殆ど見てない様な・・・


まぁ 小一時間後に開始される あいのりでも

飛び飛びでは有るが 眺めてみましょうかね?


その前に この乱打を終了モードで

週末から引き続いた 読書モードに埋もれちまったらば

あいのりにも気付かずに 深夜を迎え

明日の朝は 上がらぬ肩で 昔 懐かし 鞭打ちの酷

を 思い起すコトだけは 避けたいの~ぉっ

季節柄 唇も 「裂けたいの~ぉっ!」

冷蔵庫には 「酒 無いの~ぉっ!」


・・・てんで、夕食は 餃子でしたね。 勿論 出来合いの。

しかも コンビニの ゴボウサラダと セットで。

炊飯器の御飯を かっこんで みやした。

もう ネギ汁を 作る気力も 無いわひ。

( そのメニューも どうかと思うぞ? 笑 )


こないだ ダイエーに行ったらば

バレンタインコーナーが 有ったけれども

あちきは 無縁でつかね?

チョコ好きだった JIJIの仏壇と パパぐらいかしら。

それも はしょって しまいそうな 気配xxx

★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

蛇にピアス 蹴りたい背中

この二冊が 送られて来た 本でした

何だか 懐かしい様な 雰囲気や

どぎついストーリーに ハマってしまいながら

愉しく 深夜まで 読み耽って しまったやふな。


何だか 読書モードに入ってしまうと

通常モードから

一挙に 現実逃避モードに成るのは 否めませんな。

まぁ 何時もの戯言も 然りなんだけどねん。

★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

ぐってぐて っていう台詞が

一時期 流行した 過去が 有るんだよね


あの時は 二つ年上の 男のセンパイと

腕立て伏せの 競争を していた様な。


昔は 壁つたいにでは 有るけれども

逆立ちしながら 腕立てだとか


それも これも 

体重が 少なかったからに

他 成りませんわい


そんな訳で 防具を外した状態を

ぐってぐて と 表現した センパイの言葉を

思い出すような

雪かき後の コートから下xxx


手袋も セーターも ゴワゴワ の ゴテゴテ で

今 日干しは 適わぬ夜なので

ヒーターの前で ひっかけてますけどね?

えもんかけに・・・

嗚呼 こーゆー表現するあたりが

もはや 若くは 無いんだいっっ!

★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★
人気ブログランキングへ
↑ポチッとな~☆↑



冊子紹介

Img_9441


Img_9442


Img_9440


一つ前の記事で紹介した 「風の散歩道 第九号」

ポエケット戦利品 
みゅうメンバーあおば 個人詩集 「TITLE」

「狼」23号 「ファントム」 ようさん&ゆりの作品掲載

次世代文明の誕生(銀河版)
白井京月(次世代文明研究所 顧問)

表紙の黄色は誕生を待ち侘びる光のよう!?
写真の本棚とぬいぐるみがリアルな生活に潜む
「次世代への罠(?)」を示唆しているような気もしました。

全体的に文字が大きく読みやすかったです。
三部に大別される、かな?

前半のロバート空間は、きょうちゃんブログや
詩誌みゅう上で
きょうちゃんワールドを堪能している方にとっては
「そうそう!」という内容だったと思います。

中盤のエッセイ集は 
きょうちゃんの世界観や持論が書かれています。
惑わされるな、というメッセージ性の強さも感じられました。

後半はショートショート。
また一風違う きょうちゃんワールドへ誘われます。
個人的にスパイは印象的でした。
運を良くする薬、なんて
喰い付きたくなるワードなんかもありました。

2014.8.18 アマゾンで販売開始予定 定価1800
ご本人に直接メール連絡・送付の方は 2000だそうです。

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

夢だと解っていながら


脱出できずに苦しんでいた時もありました
声を出して 逃げ出した朝もありました

何時だって 
起き出して 打ち震えた瞬間に
支えてくれる腕に 
安堵の溜息を
漏らしていた気がしています

眠ることは逃げること
眠られることは 忘れられること
忘れられぬ夜は 忘却の彼方へ飛ばすこと

ジェット気流に任せて
今宵のヴォイス
ゆっくりと
強かに
乗せて 運べ

ハコベの空へ

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

詩の発表場所あります
自慢の絵・写真を披露したい方にもおすすめ!

ワタクシすずこが編集している手作り詩誌
ポエムサークル「みゅう」

仲間になり購読いただくと
ボツなしで冊子掲載 & CDトーク → 全国郵送★
見本誌もあります。読みたい方も連絡くださいね。

以下に本誌の写真・詳細を紹介していますので
クリックして御覧くださいませませ~☆

ミュウ 221.222号 完成♪ 

すずこのリンクはこちらから

~いつかの すずザレ~ 藤鈴呼の戯言
過去作も織り交ぜてUPしていきます☆

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

たった 一言を

付け加える 力が

あの人には

足りないと 感じた

★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

大人気の 無い

そう 言うのは 簡単だけれども


性格を 読めば

更に ヒートするだろうから

止めて

留めて


心の中に 閉まって置くのが

一等 良いんだね

★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

自分よりも 立場の 低い人間を

唯だ やみくもに 責める 言葉は

吐きたくは 無い

★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

誰かに 突き刺した 言の葉

嫌な モードで 有れば 尚更

倍に成って

いずれ 自分に 戻って来ると

知って 居ますか

★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

責任転嫁と

自分は 絶対に 正しい の ナルシスト

エスカレート すれば するほど

エスカレーターは 歪み

足を くじく 羽目に 成るから

★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

可哀想な 人を 見ました

残念な 思いを しました

★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★
人気ブログランキングへ
↑ポチッとな~☆↑


ホワイト・モヘア・セーター

Img_4691


Img_4693


Img_4701


永遠のみゅうメンバー 吉田優子 享年26 (2000.11.10)
彼女とは同い年でしたから、存命であれば 
今年 二度目の成人式を共に迎える筈でした

写真は その母上 絹子さん 手作りセーター
撮影したのは五月下旬、赤ら顔なので暑かったんだろう(笑)
どうやらスッピンのようなのでシャワー直後だったのかも

届きましたよー 着てみましたよー 嬉しいですよー
を表現したくて撮影していたんですけどね
セルフタイマーって 距離感 難しいねーっ

余りの難しさに!?
怪しい操り人形みたいなショットやら
最早 意味不明なポージングになっていますわ。

以下、絹子さんも参加している冊子
風の散歩道 第九号 の感想です

* 

ピサの斜塔と一緒に撮影されている写真が何とも堂々としていて
モノクロなのに鮮やかさすら感じられます。

ドラムキャット、聞いてみたいなあ~。
女性のセクシーさは特に求めません(笑)

ハングル文字は記号のような印象です。
日本の(昔の?)女子には「丸文字」なるものが流行しましたが、
ハングルが丸文字になったら暗号にもなりそう?と連想。

ユーチューブなど活用して発信するのは楽しいですよね。
自らの奇跡がネットの波に組み込まれて行く音が聞こえて来そうです。

*

曾祖父母、この存在、私にも確かに感じられるのですが、
実感はないのです。

今では祖父母4人とも鬼籍に入ってしまいました故、
自分・親の代を色濃く感じることはあっても
普段は離れているのですね。

自分のルーツ探しをしたいと言う思い、
大人になれば感じられるのでしょうか、と言うのも
私の両親とも、興味を持って色々調べているような話を
聞きましたので・・

「私がいなくなればそれで終わりだ。それで良い」
この一文に潔さを感じました。

*

事実は小説よりも奇なりとは良く言ったものですが、
牧師になった級友(旧友)さんの生い立ち・そして体験談は
凄まじいですね。

日々の占いの信じ方にも似たようなことが言えるのでしょうが、
一つの事実から自分の気持ちをどう転化させていくかで、
生き様は良くも悪くも変わっていく・いけるのだと信じています。

「エンジニアにこそなり損ねたが---」

どんな人生でもカセットテープのように
巻き戻しもダビングも出来ないのが人生の醍醐味、
もしも、は楽しい妄想だけに留めながら
力強く歩んで行きたいです。

*

タイトルを素敵家族に変更したいような笑みが広がる内容でした。
道端の雑草や夜空の星に気付けるかどうか、
それは慌ただしさと比例していくのかも知れませんけれども、

動物との同居も
自らにある程度の余裕がないと叶わないような気もしています。

私は猫を一時期飼ったことがありますが、
とても癒された点を鑑みると、

「オレが飼われてやったんだニャー」なんて声が
聞こえて来そうです。

シジュウカラの写真、一瞬キビタキかと思いました
(とても声のキレイな黒・黄色の鳥です) 

縦長の円柱のような巣箱は
森の中の信号機のようにも、
踏切のようにも見えるのでした。

*

長く福を齎してくれるお寺・・
何とハイセンスな命名でしょう。
何ぞあやかりたいと人が集まって来そうです。

鰯雲のぼこぼこした白と背景の空色の隙間に
刹那を込めたような一句が印象的です。

今治の名前で思い出すのは白く柔らかいタオル。
白い雲も柔らかなタオルも
優しく降り注ぐような笑顔となって
安泰の世を照らして欲しいと
願わずにはいられません。

「新しがって飛びつくと」
何でも立ち止まる勇気って必要だと思います。

この言葉で思い出したのが
何故かレーシック手術・コンタクト(笑) 
使用後ン10年経過した人が未だいない
不安感からでしょうか。

*

糸魚川在住の私に馴染み深い単語がコロコロと出て来て
目を奪われました。

越の国を堪能できるのも次の春まで、
翡翠はこの手で触りました、
あとは翡翠(かわせみ)に会いたいなあと希う夏です。

あの碧さを瞳に焼き付けたら、焼け付くアスファルトも
幾分涼しげに感じられるだろうか、なんて妄想とともに。

熱い湯、私も好きですが、
旦那の故郷 大分の地獄池近くの温泉では
ヒイーッとなりました。何と50度!

ぬるま湯派の旦那は指先しか入れられない位。
何でもほどほどが良いですネ。

諏訪パンフよりも観光情報盛り沢山の文章には
くすっとしてしまいました。
来年は観光大使として活躍されていたりして!?

*

救急車に乗ったら後は安心だ、そんな錯覚があるように思います。
たらい回しにされた話は絹子さんの文章にもありましたが、
乗ってからが問題なんですよね。

患者・家族が安心できるかどうかは、
救急隊員の皆さんの人間力にも拘わってくると思います。

何気ない一言で良いんですけどね。
そう実感する場面は少ないに越したことはありませんね。

花の行列バンザイ、他の文章よりも短いのですが、
笑顔の花が生まれるような
ギュッと実のつまった花を思い浮かべて
笑顔になりました。タイトルもとても良かった!

*

私自身、人呼んで「壊れた魚」、自称マーメイドですから、
お気持ちが凄く伝わりました。

魚になれたような瞬間、その一瞬が続いたら
心地良いだろうなあと妄想するクチです。

最近さぼっていたプール通いを再開したタイミングで読んだので
タイムリーでした。

クロール、私も右ばかりで息継ぎしています。
いつか両方出来たら良いなあ、ターンもしたいなあ、
でも鼻に水が入るから、と言い訳ばかりで
練習しようともしなければ上達の道は閉ざされてしまいますよと
反省しました。

この夏はお互いに魚を目指しましょう♪ 
そう、キラリと美しいタチウオなんて如何でしょうか☆

*

露の美しさ、現在のパート先である雨上がりの庭園を歩いていると
蜘蛛の糸とともに見とれてしまいます。

南天のような実の先についているのを落とさぬように
写真に収めようと必死です(笑)

つゆ、と言う響きも、露草の色合いも素敵ですよね。
太陽と月・小さなしあわせでは
ご家族への愛情がいっぱい感じられました。

そして第九、声を出すのはストレス解消にもなりますね。
クラシックコンサートは眠らずに
興味を持って最後まで聞くのが命題、なんて言ったら
怒られそうです(笑)

*

うしちゃん・さくらちゃんとの出会いの頃、
その興奮が今になって改めて感じられました。

家族のみんなが「今度はいつ会えるかなあ」と
心待ちにしている様子が目に浮かびます。

おしかける訳にもいかないし・・でも会いたいし・・
の気持ちも伝わります。
写真も動画も随分と溜まったのでしょうネ。

いつでも当時の姿に会える、
とても便利な時代になったなあと思います。

一人目・二人目、その接し方を相談している様子も
良いなあと思いました。
今頃はうしちゃんも大きなお兄ちゃんに
なったのでしょうね!

*

スペイン、ただの観光ではなく目的があったのですね。
特別なガイドさんがついて聞く内容は
心に残ったことでしょうね。

私もパート先で美術館や庭園の案内をする機会が多いのですが、
その人に合った内容でおもてなしが出来ればなあと
振り返りました。

その土地にしかない絵画・花を感じられるのも
旅先ならではですね。

普段の生活下では馴れ合いになってしまうような場面でも、
ちょっと違う地に降り立つだけで
神経ごとシャキッと立てるような気がしてなりません。

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

詩の発表場所あります
自慢の絵・写真を披露したい方にもおすすめ!

ワタクシすずこが編集している手作り詩誌
ポエムサークル「みゅう」

仲間になり購読いただくと
ボツなしで冊子掲載 & CDトーク → 全国郵送★
見本誌もあります。読みたい方も連絡くださいね。

以下に本誌の写真・詳細を紹介していますので
クリックして御覧くださいませませ~☆

ミュウ 221.222号 完成♪ 

すずこのリンクはこちらから

~いつかの すずザレ~ 藤鈴呼の戯言
過去作も織り交ぜてUPしていきます☆

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

地震も こわいけど

自信を持てなく成る 

その 瞬間が

何よりも 地雷なのだと 思う

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

大好きな山を 眺めに

走りたい 気持ちは 時々


以前よりも 頻繁では無くなって 来ているけれど

たまに 思い出すんだ

そして 震えるんだよ

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

今日は シナモン ティーを 飲みました

ドーナツも 久しく 食べて無いけど

この 二つの コンビネーションって

余り ないかな

いつも コーヒーだった 気がするよ

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

優しいは 曲解なのかも 知れないよ

何時も そう 言いながらも 笑ってるんだ

こんな人ならば 良いのになって

君が ぼそっと 呟いて

未だ 君は

僕の 半身も

覗いては 居ないのにねって

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

先ず 誰かの話を 全て ゆっくり 聞いて

思う存分 愚痴でも何でも 語らせて

それから 自分だったら こーするなー とか

冷たい 反応だけだったり

何も 言えなかったり

それでも 昔から

悩み相談が 多いのは 

何故なんだろう

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★
人気ブログランキングへ
↑ポチッとな~☆↑


2014年9月19日 (金)

スカイツリー三連発

2014070518390000


2014070519380000


2014070515540000

今年も七月に開催された詩誌即売会 名称は東京ポエケット。
今回からは目印がスカイツリーになったそうな(笑) 
あ、でも 両国国技館と言った方が近いかなー。 

見上げるだけで 登る気には ならなかったんだけれどもね。
いつの頃からか 高所恐怖症。。と言う言葉は 使いたくないんだけど
尻込みよりも 腰が引けるようになってしまいまして。

それにスカイツリーって一部 透明になっていて
下を見下ろせるって♪言うじゃなぁ~い♪ 
そんなんムリムリ! 

いずれにせよ チャレンジするチャンスが 訪れるとしたら
多分 一年後、
その頃 私が 何処に住んでいるかにも よるかなぁ~。

久々の携帯ショット 理由はメール送信の為にね。
自宅留守番組がいたもんですから。証拠写真をば(笑)

曇天だと塔そのものが影のようで 仰々しい!?
ビルの窓面(っつうの?)に映る影が 最高でした。
結局 陽が落ちてもライトアップを撮り続けていたそうな♪

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

花火のように/藤鈴呼

最近、花火を見逃して、今年初の花を愛でる機会を
探しているところです。

形で言うと色々ありますよね。
丸いだけが能じゃないのでしょうが、

やはり大きく丸い形が決まると
ガッツポーズをしたくなるような
スカッとした気分になるのは
私が単純だからでしょうか。

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

夢見石/藤鈴呼

夢見石の言葉ごと教えていただき
響きもろとも その魅力に取りつかれてしまったようです。

昨日は沖縄でも珍しいという「すずいし」なるものを
初めて見ました。
石を振るとカラカラと音がするんですよ。
何だか親近感でした(笑)

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

リボン色のゆううつ


すぅと伸びる愛おしさに 
戸惑い ひとおっつ

ダービー馬の 尻ぬぐいだけしている
ポニィテェル ふたあっつ

リボンは垂れるから バレッタを
パサリと触れた 涼の手を
ゆっくりと 振り払った

次の日揺れた 蜩の音 みぃっつ
みにっつめいど 舌の間に挟んで 露知らず

よっつめの隙間に埋め込んだ言の葉 いつうっつ
もう それ以上は 数えられない

ダンスホールの床面で煌めく ダイヤモンド
六角形の水晶と 見紛う程の美しさに

溜息ななつ
夕闇と 同じ色の カラスが啼いたよ

八つ裂きの刃 
九重で生まれた牛の乳を啜る

ガンジーの丘に 敷き詰められた 
コスモス絨毯

黄色も白もピンクも ごったまぜで 御挨拶
こんにちは こんばんはだけ 
言い返せない

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

詩の発表場所あります
自慢の絵・写真を披露したい方にもおすすめ!

ワタクシすずこが編集している手作り詩誌
ポエムサークル「みゅう」

仲間になり購読いただくと
ボツなしで冊子掲載 & CDトーク → 全国郵送★
見本誌もあります。読みたい方も連絡くださいね。

以下に本誌の写真・詳細を紹介していますので
クリックして御覧くださいませませ~☆

ミュウ 221.222号 完成♪ 

すずこのリンクはこちらから

~いつかの すずザレ~ 藤鈴呼の戯言
過去作も織り交ぜてUPしていきます☆

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

○ らしきモノ まがいラシサと 自己マンで 形成される 我のペイジが


○ 逆回転 スピード押され 気圧されて 削除されても 又 立ち上がる


○ ムカデより 嫌と豪語は 出来ないが 空中を舞う クモに閉口


     by そしてティッシュで 挟み撃ち。。。 (笑)

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★

恥ずかしいと プライドを捨てる程

僕は 欲深い 人間だったろうか

或いは 其れ程の 感情を

誰かに ぶつけて しまったろうか


ふと 反省する 夜も 有るね

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★

ゆったりと したい 気分の時に バラードを聞くとね

必ず 安らげるって言う魔法が 働くんだ

それでも 忙しい感情だらけの 愚かな僕の脳ミソは

たまに 反抗して 困ったチャン なんだけどネ(-_-)゛

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★

最近ね 涙する回数が 増えたよ

だけど 隣に 人が居る瞬間の

ドラマの ラスト・シーンでなんか

泣けないよねっ! (笑)

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★

君が 星空の不思議を語るから

子供の頃に眺めた 偽りの夜空を

心底 愛しく 感じてしまった


七夕の夜は 白い画面に埋もれて

戸惑いばかり 感じながらも


少しだけ 笑えてたかな・・?

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★

人気ブログランキングへ
↑ポチッとな~☆↑


暗渠 ankyo

Img_9047


Img_9048


Img_9049


流された夜に
静かに呻く唄は
仄暗い水路に
ゆるやかに隠され
存在すらも
不確かな 憂鬱

トドメは 鈍色の刃で
煌めく 星の瞬きより
深く 突き刺さるよう
凍る季節を待ち侘びて
鍵を待つ
扉は 占めたまま

マヤカシ柄のトランプを弾く
ゆっくりと 永遠に続く合いの手
パチリと置かれる碁石の色より不確かな間

閉ざされた石の隙間に
蠢く 深緑の苔
うるるの季節は もう過ぎた
白い飛沫の影だけが
ゆっくりと 笑う

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

暗渠(あんきょ)とは、

地中に埋設された河川や水路のことであり、
開渠に相対する概念である。
目的により、いくつかに分類することができる。

都市部における暗渠化は、戦前より例はあったとはいえ、
特に高度経済成長期以降、都市化・宅地化の進行に合わせて
一斉に進められたが、
その多くは地域住民の強い要請を踏まえたものであった。

背景には、宅地化の進行に対して下水道の整備が
まったく追いついていなかったという当時の事情がある。

行き場を失った大量の生活排水により、かつての小川はドブと化し、
猛烈な悪臭を放つようになっていた。

堪えかねた住民たちは暗渠化を願い、行政に働きかけることも
多かったのである。
また、特に東京では、1964年東京オリンピックの開催に合わせて、
都市の体面を整える目的で暗渠化された“ドブ川”が少なくなかった。

*

写真 糸魚川駅前 奴奈川姫の銅像&翡翠

駅の北口と南口を繋ぐ自由通路の開通イベントの日に撮影

地元ではないと思われる御夫婦と思しき二人の会話が
漏れ聞こえてきた

「これ、手に持っているのはヒスイかなぁ?」
「そうでないか? 糸魚川だもの」

駅を背にして日本海までは400メートル
かつての写真が自由通路の壁面に展示されていた。
眺めていたら 現在道路の部分が 全て川になっていたのね
正に暗渠化なのでした。

たまに凄く綺麗な道路を歩いていても 悪臭に悩むことってあるけれど
暗渠化が原因の一つなのかも知れないなあと思ったのでした。

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

一度 ローカル線の旅に出かけたいと思いながら 
あっという間に時間が経過してしまいました。
大糸線で長野まで どんぶらこっこ~♪と車窓の旅をしてみたい、と
妄想だけは元気なんですがねぇ~。

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

詩の発表場所あります
自慢の絵・写真を披露したい方にもおすすめ!

ワタクシすずこが編集している手作り詩誌
ポエムサークル「みゅう」

仲間になり購読いただくと
ボツなしで冊子掲載 & CDトーク → 全国郵送★
見本誌もあります。読みたい方も連絡くださいね。

以下に本誌の写真・詳細を紹介していますので
クリックして御覧くださいませませ~☆

ミュウ 221.222号 完成♪ 

すずこのリンクはこちらから

~いつかの すずザレ~ 藤鈴呼の戯言
過去作も織り交ぜてUPしていきます☆

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

むくむくと 湧き出るのは 入道雲と
相場は 決まっている

真夏なんだ
スコールなんぞ 当たり前なんだと 吠える声は

真っ暗闇に近い 雲の隙間と 
アスファルトに 吸い込まれて

宙に 浮くことを 知らないから
イヤんなる

たまに ツクツクホーシを 見つけると
幸せな気分に 包まれるんです

此の眼で 確認できる訳じゃあ
有りませんけれども

可愛らしい 鳴き声で 
ラストに ♪ファイヤ~ぁ゛あ゛~
なんて イメージして 御覧なさい

何とも言えぬ 寂寥感や 
お茶目さが 漂って

すじ雲よりも 小気味良いスピードで
流れるのでしょう

飛行機雲みたいに 
消えたりは しないから 安心しなさいと 
椋鳥が 鳴いている

仮宿の暮らしは如何? とでも言うように 
菓子折り抱えた 人間が 行き過ぎる
街中に近い 駅前で

今夜は こっちの葉が
ちょっと 涼しそうだと
寝床を 決めるんだ

好き放題に 選べない
特別な事情も 存在していて

勝手 気ままな 人間たちが
網なんか 常備する もんだから

意思とは 関係ナシに 
否応ナシに あっちゃこっちゃへ
浮遊させられる

むくむくと 起き出したなら
網が 掛かってた
なんてコトが 無いように

ちょっと 片目を 薄目にしつつ
上目遣いに 世の中を
眺めているのです

*

即興ゴルコンダ
タイトル 椋鳥?  
by  aoba_3K さん

投稿7作品(対象外1含まず)、投票6票
1位 得票2

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

絶え間ない 食欲の湧く 深夜には 摂った甘味が 垂れ下がりゆく

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

透明な 碧い水面に映りゆく 底・其処迄は 容易に行けず

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°
人気ブログランキングへ
↑ポチッとな~☆↑


2014年9月18日 (木)

ピザが食べたかった

Img_9264


Img_9263


Img_9262


初の上高地くんだりでウォーキングをした後に訪れた場所
湯けむり館

硫黄たっぷりの湯でぬくたまって良い心地
夕食は何にすんべえか? と 悩んでいた

スキーの季節に行った八方尾根の近くにあるグリルのお店に
久々に行ってみようかな、と思っていたんだけれどね

食堂コーナーを眺めてみたら何とも美味しそうだ
ってんで とりあえず食べてみることに。

私、最近 ピザが食べたくて仕方なかったんでね
定期的にそんな波が訪れるんですけれども。

生パスタと窯ピザの本格派に舌鼓を打ちました
入湯受付をしていた男性も駆り出されていた様子

何しろ厨房と配膳含めて三人しかいない
件の男性が手伝って尚余りある人出の少なさ
正にヒトデもビックリ(違)

我等がオーダーした頃は 絶好調の人波で
どう見ても てんやわんやしていた

そんな中でも「熱いから気を付けてね」と
外国人の女の子に話し掛けながら料理を出す女性

味も絶品だし 温泉も最高だし 言う事なし!
こんな妄想も生まれたそうな

旦那「すっげ~美味しいんだけど、
以前 東京の有名料理店でコックやっていた人が
地元に戻ってます的な?」

ん~ ほだかもしんねぇなぁ~っ♪
なんて言う暇もなく もぐもぐしてました。

食べた後に ちゃぽ~ん♪ と もう一度入る温泉も
いとをかし。

その所為かしら~?
硫黄臭いのって数日 引きずるのよね(笑)

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

詩の発表場所あります
自慢の絵・写真を披露したい方にもおすすめ!

ワタクシすずこが編集している手作り詩誌
ポエムサークル「みゅう」

仲間になり購読いただくと
ボツなしで冊子掲載 & CDトーク → 全国郵送★
見本誌もあります。読みたい方も連絡くださいね。

以下に本誌の写真・詳細を紹介していますので
クリックして御覧くださいませませ~☆

ミュウ 221.222号 完成♪ 

すずこのリンクはこちらから

~いつかの すずザレ~ 藤鈴呼の戯言
過去作も織り交ぜてUPしていきます☆

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

身を斬る

斬る に なって しまうと 
刃物でグサリ を 連想してしまう

切る の 場合は 
寒い時にも 使われる

散在する 意味合いの 
表現でも 有る

例えば 身を切った内容です 
なんて 言う場合

言われた 相手は 
一体 どんな暴露談に 出合えるのだろう

と 
ドキドキ ワクワク するだろう

此の台詞を 語る 人間は 
自ら ハードルを
上げて 居るのかも 知れない

逆に 中身が 伴わない場合には 
揶揄され兼ねない

身を切ったからと言って 
相手に 満足して 貰えるとは
限らないからだ

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

叶わない は 哀しい 結末
てもね
最初から 諦めるのは
どうかと 思うの

もう 駄目だ
そう 思う 瞬間って
誰しも マイナス・オーラで
いっぱい いっぱい

だから
前向きな モードになんて
成れっこ ない
慣れっこ 無い

最初から
そう
決め付けては 居ませんか?

*

かなわない って
希望が 叶うか否か ではなくて
どうしようも なく せつない さま
の 表現でも 有るよね

せつない って
恋愛感情 のみならず
どうしようもない って ときにも
あたしは つかうよ

するってぇと
どうしようもない は
どう 表現したら 良いのだろうね

そう 考えて 行くと
英語では 伝え切れない 良さが
含まれて 居るんだねぇ
日本語って。

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

失恋って
恋を 失うって 書くけれど

喩え 相手が 背を向けても
自分の心を 失うこと 無く

未だ 好きだな って
恋は 続いてるなって 思ったら

失恋したって 言いたくない
そんなこと 思った

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

あなたに 出会えたこと
出会えた じゃ 足りなくて
出逢えたって 表現したい 気持ち

心が きゅん と 鳴ること
実際には 響かないけれど
心の中での 音を 
胸の 奥で 聞くこと

ドキリとする 仕草
アナタが 何時か
離れて 行くんじゃ 無いかって
怖がる ココロ

人生の シミュレーションは
確かに 大事だけれど
出来るならば
恐ろしい 妄想ダケは
永遠に 仕舞って

ラッピングして
チョコレートと 共に
甘い ココロの 奥に
留めて しまいたいね

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°
人気ブログランキングへ
↑ポチッとな~☆↑


2014年9月17日 (水)

ウバユリ

Img_7731


Img_7730


Img_7729


ウバユリ(姥百合、学名:Cardiocrinum cordatum)

ユリ科ウバユリ属の多年草。山地の森林に多く自生する。
ユリに似た花をつけるが、葉は大きく異なる。

地下には、葉柄の下部がふくらんだ鱗茎(球根)をもつ。
根は、茎の下部から多数出る。輪生状に5-6枚の葉をつける。

葉は、長さ15-25cmで、網状の脈があり、
縦に巻いているものが次第に開き、
ハート形のような卵状心形になる。

*

綺麗ですよね。百合は美しく遠いイメージでしたけれど、
頻繁に眺められるようになってからは
一層美しさも増しているように感じられるのです。

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

病院フィーバー


我が家は緑内障の家系だ
四十になったら検査すべし、と
若い頃から言われてきた

先日 重い腰を上げた訳ですよ
(よっこらせっと♪)

検査自体は懐かしい感触でしたね
コンタクトの更新時と同じものがありました

顕微鏡みたいなのを覗き込むと
シュッ と 風が出て来る

これ、眼圧なんだろうね
いつも「来るゾ!」って分かっちゃいるけど
ビクンとしてしまうのも 止められない(笑)

で、「大丈夫ですか?」と言われる羽目に。
今回は 言われなかったケド。

その後は 同じような機械を覗き込むと
綺麗な景色が出て来る
大草原の中の小さな家 みたいなモチーフでさ

焦点を調べる感じなのかしらね
絵をじっと見つめるんだけど
焦点が合わなくなるモンだからモヤッとすんの。

私は両目乱視な筈だから
数値的にもよろしくなかろうもん、と思う

そうこうしている内に 視力検査だ
この時の結果は
裸眼 左0.2 右0.5 
眼鏡 左1.2 右1.2

で、診察ターイムッ
女医「少し白いんだけどね、乱視が原因かも知れないし
次回 改めて 検査してみましょう」

はい。っつったんだけどね
どうしても 突っ込みたかったよね
「白いって ナニガ??」

うーん 気になって仕方無い
角膜が白いんなら 緑内障よりも白内障だべや?
と妄想しながら 次回の予約

「次回は14時で大丈夫ですか?」
「16時からは予定があるんですが…」

「検査は一時間もかからないですが?」とピシャリ。
ですがナニカ? みたいな話しっぷりは冷酷

いやさ、今回も待たされたしよ
聞いてみただけなの~ん♪

あ、もう一つ 検査受けたな
暗黒画面を覗き込んで 点滅する緑十字マークを
目で追うってヤツ

緑内障ってのは視界が狭まるって言うからね
このマーク、左右ギリギリを移動していたから
視界の境界線みたいな検査だったんだろうか

今日は健康診断でしてね
眼鏡で視力検査したんだが
左0.9 右1.5 だった

顕微鏡みたいなのを覗き込むんだけど
「あいているほうは?」のアナウンスが流れて
十字レバーを「あいているほう」に倒すというものだった

このアナウンスが機械的音声で
(当たり前だ、機械なんだから)
若干 耳に残ってしまいそうだった

今 思い出したんだけど
十字レバーで 上下左右を選択するんだが
その下に「×」ボタンもあったなぁ~
活用するのを忘れちょった。
分からない時、適当な方角に倒してたんだよね(笑)

簡易結果はねぇ~ 
「総コレステロールと悪玉が高いですねぇ~」

げ。

「あっ でもキツメに設定してあるんで。
AとBは 大丈夫ですヨ
このままの状態を維持してくださいね」

直後のフォローも素晴らしい(笑)
昨夜20時から飲食してないから 喉カラッカラだし

昼食 何にしようかなぁ~♪ って
若干るんるんだったんですけどね!?

それ聞いたモンだから ジャンキーはマズイかなぁ…と
生魚にしましたよ

昨日の高菜飯が残っていたんでね
アジのタタキと大好きなサーモンをね!

サーモンで思い出した 先日の会話

「秋になってきましたねぇ~ 蝉もいなくなってきたかな
今年は蜂も蝉もあまりいなかったような?
夏は短かったかな~ 蜩の声もあまり聞かなかった~」

なんて話の流れで

私「蝉って交尾すんの?」
え、何故 そう繋がるかって? 
私にも分からん(笑) 疑問が湧き出たんだってば。

あ、そうだ
蝉について語っていたんだよね

土の中で何年も過ごして 地上じゃ数日の命なんだよね
「蝉って何処で生まれるの? 自分で土に入るの?」
なんて疑問から 交尾に辿り着いたんだったわ。

私「蟷螂やヘクサは交尾してるけど蝉って見ないよね」
※ヘクサ=カメムシのことだ

「ヘクサを見ると "これ以上増えないで~!" って
二匹くっついてるのを ひっぺがしたくなる」
なんつって(笑)

私「アレ、何だっけ? メスがうんうん言いながら卵産んで
オスがシャーッとかけるタイプあったよね。
ああいうんかなぁ?」

言いながら それって何だっけ? と 記憶を辿る
私「えーっと 亀じゃないし・・・」

「それ… シャケじゃないですか?」
私「あ、そうだ! シャケだわっ!」

ってんで サーモンの成りたちは分かったが
蝉は調べんと、と思ってたんだった。

セミ(蟬・蝉)
カメムシ目(半翅目)・頸吻亜目・セミ上科(Cicadoidea)に
分類される昆虫の総称。「鳴く昆虫」の一つとして知られる。

セミは、卵→幼虫→成虫という不完全変態をする虫である。
成虫期間は1-2週間ほどと言われていたが、
これは成虫の飼育が困難ですぐ死んでしまうことからきた俗説で、
野外では1か月ほどとも言われている。

さらに、幼虫として地下生活する期間は3-17年(アブラゼミは6年)
に達し、短命どころか昆虫類でも上位に入る寿命の長さをもつ。

交尾が終わったメスは枯れ木に産卵管をさし込んで産卵する。
ニイニイゼミなど早めに出現するセミの卵はその年の秋に孵化するが、
多くのセミは翌年の梅雨の頃に孵化する。

孵化した幼虫は半透明の白色で、薄い皮をかぶっている。
枯れ木の表面まで出た後に最初の脱皮をおこなった幼虫は土の中にもぐりこみ、
長い地下生活に入る。

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

詩の発表場所あります
自慢の絵・写真を披露したい方にもおすすめ!

ワタクシすずこが編集している手作り詩誌
ポエムサークル「みゅう」

仲間になり購読いただくと
ボツなしで冊子掲載 & CDトーク → 全国郵送★
見本誌もあります。読みたい方も連絡くださいね。

以下に本誌の写真・詳細を紹介していますので
クリックして御覧くださいませませ~☆

ミュウ 221.222号 完成♪ 

すずこのリンクはこちらから

~いつかの すずザレ~ 藤鈴呼の戯言
過去作も織り交ぜてUPしていきます☆

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

僕の思いと 君の思いが 相反している事 僕は 知っているよ

初めから 解って居たんだ だけど

君が 余りにも素敵だったから

もう僕は 何にも言えなくなってしまって

君の元に訪れるおじさんは

僕の後ろを通り過ぎる

あの人よりも 優しい笑顔を 残しているの

赤いバラの中に 埋め込められた一つの血液が

流れ出すには どんな如雨露を用意したなら良いの

良く分からないから 僕に教えておくれ

ホースが長すぎて 君の姿ごと 包み込んでしまいそうなんだ だから

雨の後には虹が見えるって 今でも信じて居るのかい?

教会のチャペルは 聞こえないけれど 素敵な街を 二人で歩いてみよう

きっと 思いがけない宝物を

見つけられる その筈だから。

*******************************************

○ 放 課 後 の 課 題 ○


1.夜に見詰めた君の表情が 朝になったなら七変化していた理由(わけ)


2.朝もやの中に光る憂鬱を 抱き留められた瞬間の夢


3.もうこれ以上 信じられないのに貴方に魅かれていく刹那


4.カモメにやろうとした餌を海に落としてしまった時の気持ち


5.闇夜の月の形は どうして三日月なのか


6.紅の月よりも赤いルージュが鮮血に近い色合いだった


7.細かな霧の中に映るのは 鏡の中の僕の欲情


8.ふかした煙草の煙よりもアクセルが重い理由(わけ)


9.僕が一番星を見付けられたなら 何と言う星座名を付けようか


10.満たされないのは財布の中身か心の行方か


11.インターネット喫茶に果たしてプライバシーは存在するのか


12.星と月と空の微笑み


13.よんどころならない偽りの言葉


14.システムエラーの人生


15.伝説の魔女のオーラに包まれた瞬間


よく分からないけれど 以上のような題名で創作すべし(核謎)

**************************************

君の微笑みで満たされたならば もう疲れも吹っ飛びそうで

ふいに途切れた電話 それは僕がスイッチを押したからで

かかって来るかなの期待通り 爆音の中で 又 携帯が鳴る

もしかして 僕の電話料金を気にして 君が掛け直して呉れたのかしら?

声にはならない「ありがとう」の台詞 君も僕も 馬鹿じゃない

薄っぺらなアスファルトの上に 車を止めれば

目の前を 赤いランプを点しながら 消防車が 行き過ぎる

僕は放火なんか しちゃいない そんなに僕をニラまないで

君も 道連れにしてしまった深夜の爆笑

本当は もっと 笑い合えたね

君のテンションが絶好調だったのか 今は解らないけれど

この次 巡り合った瞬間 それがハッキリするんだろう

何故だか気になって 君の扉を叩いてみたよ

今はまだ 入れない 秘密の部屋の中で 温もりに埋もれてる

そうだね もしかしたら 僕の方が 楽なのかも知れない

素敵な土地で 素敵な食料を 無理矢理に突っ込む

最近ヘルスメーターが減ってばかりなんだ

このままだと 僕の身体がもたないからと

そう 無理矢理だね 頼んだオムライスは

全て 冷めてしまった。

食べている最中に トイレに立つヤツなんて きっと僕くらいだよね

それでも良いんだ ここには 僕を知る人なんて居ないから

好き勝手な生活を送る ほんの少しの時間だけれど

その「少し」の時間の中にだけでも

幸せを感じて居たいだなんて

随分と迷惑な話だよねって

君もホントは 思って居るんだろう・・・?

**************************************
人気ブログランキングへ
↑ポチッとな~☆↑


2014年9月16日 (火)

ヤマユリの季節に

Img_6650


Img_6651


Img_6652


写真は七月中旬の光景
ヤマユリが咲いている庭園

山の景色を借りて奥行を持たせて
借景として魅せているんだけどね、

少し小高い部分に上がると、更にその奥に
写真のように百合軍団が出てくるの。

その香しさに思わずニッコリしてしまうので、
写真だけですが、おすそわけ♪

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

カラス

いつもは車で通る路を散歩していたら
ある家の前に 大きな鴉が二羽

随分と見事な雄姿だなぁと 見とれながら
つい撮影したくもなったけれども 我慢 我慢

他人様のお宅に向けて レンズ構えたら
思い切り 不審者やけん(爆)

*

朝からカラスがうるさくて、
いろんなバリエーションの啼き方を
暫く聞いていたよ。

少し話し掛けられているかのような声もしていてね、
仲間に呼びかけているような感覚って言うのかなあ、

よく鴉って赤ん坊の声と似ているなんて言われるけれど、
訴えかけているかのような感じだったよ。
今の時期はカラスの子供が沢山いる時期らしい。

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

エプロンのおばちゃん

親戚同士で呼び合う場合に 地名が入ることって多い
大分の義父母に連絡するときに「岩手のすずこです」なんて風に。

苗字が同じになってくると 住んでいる地名で区別しないとね
あとは 思い出で呼び名が決定する場合がある

幼い頃、手仕事の得意な親戚が エプロンを作ってくれた
その後 「エプロンのおばちゃん」になったとサ

後は、貰った物で決まる呼び名もあるねぇ
お中元のCMじゃないけど 「ハムの人」ばりの呼び方だと
「お菓子のおばちゃん」 「お酒のおじちゃん」みたいな?

私? 私はやっぱり 「みゅうのすずこ」ですから
皆様よろしくね~~( ̄▽ ̄~)(~ ̄▽ ̄)~

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

詩の発表場所あります
自慢の絵・写真を披露したい方にもおすすめ!

ワタクシすずこが編集している手作り詩誌
ポエムサークル「みゅう」

仲間になり購読いただくと
ボツなしで冊子掲載 & CDトーク → 全国郵送★
見本誌もあります。読みたい方も連絡くださいね。

以下に本誌の写真・詳細を紹介していますので
クリックして御覧くださいませませ~☆

ミュウ 221.222号 完成♪ 

すずこのリンクはこちらから

~いつかの すずザレ~ 藤鈴呼の戯言
過去作も織り交ぜてUPしていきます☆

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

最近は 携帯を 開けば
同じ コト ばかり 
やって 居るんだ

すっかり 落ちゲー に 
ハマッて しまった ボク

彼女の 子供に
此の 携帯には ゲーム 入って 無いの?
と 問い掛けられたのが 始まりだった

男の子は 二人

お兄ちゃんは 今春から 幼稚園デビュー
そんな 幼い
だけれども 
油断 出来ないのが 子供 なのだ

両親の 機種変更で 要らなく成った 携帯を
一台ずつ 与えられてる みたいで
専ら おもちゃと 化して 居た

ゲームも 上手く こなして 居る

彼女みたいに
携帯ゲームの ダウンロードも して無いし

入って 居ないのかも 解らないよ
と 告げると

彼女が 
私の携帯を いじくり
ゲームの画面を 開いて 呉れた

へ~え 最初から 入って 居るんだなぁ
と 思いながら 

初めて 触る 私の 携帯から
いとも 簡単に 
ゲーム画面を 捜し 当てた 彼女に
感動 しながら

その時は 気にも 留めなかったけれど
帰宅後に 
どれどれ なんて 開いてみたのが
いけなかった みたいだ

最初から 入って居る ゲームは 二種類で
片方は パズルのような もの
片方は ぷよぷよの ような もの 
だったのだが

こちらの方に すっかり ハマッて しまった

電池の予備を もってしても 
追い付かない 位に 連打 し続けて
腱鞘炎 勃発 状態

かれこれ 数週間は 経つのだが
此れが 飽きなくて
今も 戯言 そっちのけ の 
ゲーム 三昧な 日々 なので 有る×××

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

丁度 仕事に 入るべぇか~
と 言う 辺りに

ポケットが ブルったんだ

一時間 前には
何時も 会社に 着いては 居るんだけどね

仕事中に 控えて 居るのは
携帯を 出す コトと 煙草

朝は 思わず
取り出して しまったんだ

理由は・・・

こちょがったかったから !_( ̄▽ ̄)ノ彡!

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

うぐいすも 梅も
あんまり 堪能 せぬままに
春は 勝手に やって 来るけれど

ノックする 足音を
勝手に 聞き そびれたのは

実は 私の 方だったんだよ ね

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

荒らされて行く 風景を 眺めながら
溜息を 付いたのは 昔の こと

小まめに 覗いては 居たのだけれど
大きな波が 訪れてからと 言うもの

飛沫を 浴びると 冷たくて
思わず 目を つむって しまったんだ

暫くして そおっと 窓を 開けて 見ると
ふわり 舞い踊る  桜の 花びら

嗚呼 とっても 綺麗だねー

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

  階 段


一段目は 花畑
色鮮やかな 花びらを
踏み付けて 進む

二段目は 畠
地に 足を 付け
其処から 進む

三段目は 空気
移ろう 景色を 思い出す

四段目は 緑
木ならば 登れる ものを

五段目が 波
雲を 見上げて 夢心地

六段目は 空
上には 未だ 早いので 戻る

五段目で 一つの 誤解
溜息 吐いて 二歩 下がる

三段目で 奇跡の 三段 跳び
一挙に 六段目へと ワープ

七段目には
何か 良い コト 
待って 居るだろうか

残り 三段は
後の 楽しみに
取って 置く 事に するよー

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°
人気ブログランキングへ
↑ポチッとな~☆↑


2014年9月14日 (日)

かまぼこメンチ

Img_9293


Img_9294


Img_9291

イベントのたびに遭遇する美味しさ かまぼこメンチ

いつぞやのマルシェで お店の女性の元へ
すずオリジナル栞が 
まとめて7枚ほど 御嫁入したのよねぇ~

「かまぼこ買いに来てね!」 と言われたんで
以来、ちょいちょい 胃袋を満たしてまんがな!
(お店に行けって? 笑)

本日の初「舌」品は ブラック味
買う時に まちがって 片方は通常のさつま揚げ(笑)

アツアツだと美味しいよねぇ~
弁当で食べる厚揚げの ン10倍 うんまいのダ!

南口の喫煙所お隣にテントがあったので 座って食べました~
他に写真撮り忘れたんだが ポテト&唐揚げも。

最初 ポテトに惹かれ 立ち止まり 購入せんとしたら
「唐揚げとセットで500YENでいかがですか?」 
を 繰り返されたので ついセットでゲット(笑)

あー どうしましょう こんなジャンキーで
あたし、来週 健康診断なのにっ♪

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

ワクチン

夏に みずぼうそうワクチンの話をしていたんですよ
大人になってから罹患すると 症状が重くなる、とは良く聞くよね。
ワクチンの効果が二十年ほどで薄れる、とは初耳でした。

水疱瘡(みずぼうそう)~大人の症状と予防接種のすすめ~

平成26年10月1日から、水痘ワクチンが定期接種となります。

みずぼうそうワクチンは1万×2回だ、とか
肺炎球菌ワクチンは 五千円程度らしく
生ワクチンだから前日に持ってくるので予約要 
5年くらい有効? とか 聞いていました

ワクチンって小さい頃に接種するイメージだよね
腕をまくれば ビーシージーのあと、だとか
懐かしい記憶は ツベルクリンのぷくっとした反応だとか。

御注射って最近する機会がないんだけど
一番 痛かったのは やはり筋肉注射かなぁ~・・・

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・° 

詩の発表場所あります
自慢の絵・写真を披露したい方にもおすすめ!

ワタクシすずこが編集している手作り詩誌
ポエムサークル「みゅう」

仲間になり購読いただくと
ボツなしで冊子掲載 & CDトーク → 全国郵送★
見本誌もあります。読みたい方も連絡くださいね。

以下に本誌の写真・詳細を紹介していますので
クリックして御覧くださいませませ~☆

ミュウ 221.222号 完成♪ 

すずこのリンクはこちらから

~いつかの すずザレ~ 藤鈴呼の戯言
過去作も織り交ぜてUPしていきます☆

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

ここ 一ヶ月   そう 丁度

二人目の祖父の 訃報を 受けた頃から

奮起して居る コトが 有る


祖父は 何を 予感 してをか

箪笥の表に メモを 残した

彼の 財産 書いて 遺した



手書きされた 祖父の字は

その辺に有る メモのよで

だけど 二度とは 添削されぬ

そして 永却 整頓 不要か



一体 何が 入って 居るのか

分からないよね ガラクタの 奥

彼の 手書きの 文字を見て

部屋の 整理を 始めたんだ

もう かれこれ と 一月が

経過を 重ねつ 終わらない

パソコン ・ デスクは 買った ケド

収まらないのね ポエム ・ ノート は

膨大な 量  背高の

書棚 必要 買いたい 日々なの

★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

何度も 電話の 鳴った 夜

ケータイ 実は 充電中で

何時もの 如く ブッチ して

テレビも 付けっぱ 半 睡眠

『 へぇ~ 』 の 途中で リモコン 探し

其のまま ずっと 夢の 中

朝に メールを チェック して

昼に 留守電 メッセに 気付く

慌てて 朝に 抜いた 電源

メッセは 無い と 画面は 告げて

其れを 信じて 居たのにね

隠された とも 気付かずに

何で ボクから 電話 するのか

キミの メッセを 聞いてから

ようやく 理解を したんだよ

だけど 電話は 掛けられなくて



不機嫌な 夜には

電線 越し に 伝染 するから

何にも 無い ケド 眠たくて

会話の 気力 無くて 後免ね

★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

何度も 掛け治して 来る キミからの 電話は

『 どうしても イマ 語り合いたい 事実 』 を 込めた

キミの 無言の メッセージ


その音 が 長くても

ボクの 気が 短くても


『 気分の 乗らない 』 言い訳は


ここ 数年 で 肥大した

古代化 された 象徴の

スフィンクス さえ 笑わない

今日迄 ボクは 平和 だったと

今後も 多分

 『 其う 有りたい 』 と 。



中秋の 名月 ですね

拝む 時間を 惜しんでしまいたい程

やりたいコトに 溢れる日々は

幾らの 多忙も 照らして行くよ

女神も 夜空を 埋め尽くすなら

次の 朝には 目覚め られるね

★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★
人気ブログランキングへ
↑ポチッとな~☆↑



南北つながる

Img_9295


Img_9296


Img_9297

平成26年9月14日 北陸新幹線開業6か月前カウントダウンイベントin糸魚川

写真は糸魚川駅 南口の様子
お散歩がてら 貫通した自由通路を眺めてきました☆

開通式の瞬間は人でごった返したみたいですが
私が行ったのは昼過ぎで、人のいない瞬間を見計らった写真が
撮影できる位に スカスカになっていた(笑)

出店付近の人は多かった! 
天気も良く 暑いんでね
歩いている人も スタッフの皆さんも しんどそうでした

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

マイコミ平ツアー 2014.8.9
動画でございます~☆

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

ジョルダン 路線図

首都圏に行くことも まず ないんだけどさ(笑)
たま~に 出没するよね

もう ン年前のスイカチャージが なくなってるんでね?
くらいの うらしまタロイモ姉ちゃんだなんて呼べないお年頃ですが
何か??

我がスイカは黄緑カードだった気がするけれど
パスモっちゅうんは 桃色なんでしたっけね
女の子らし~い♪ イメージなんでしょうか

で、たま~に使いたい 路線図
これまたン年前の見開きカラー厚紙を手持ちして
恥ずかしがるフリをしながら 電車で広げていたのは
ポエケット時の おはなし。

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

詩の発表場所あります
自慢の絵・写真を披露したい方にもおすすめ!

ワタクシすずこが編集している手作り詩誌
ポエムサークル「みゅう」

仲間になり購読いただくと
ボツなしで冊子掲載 & CDトーク → 全国郵送★
見本誌もあります。読みたい方も連絡くださいね。

以下に本誌の写真・詳細を紹介していますので
クリックして御覧くださいませませ~☆

ミュウ 221.222号 完成♪ 

すずこのリンクはこちらから

~いつかの すずザレ~ 藤鈴呼の戯言
過去作も織り交ぜてUPしていきます☆

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

懐かしい言葉を 耳にした。

今はもう 居なくなってしまったかな?

昔は 不良と呼ばれ続けた

今は ヤンキーとは もう 呼ばないのかな?

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:

しかし、 朝っぱらから 大変だねぇ・・・なんて思いながら

カウントダウンTVを見ている 24時間ノンストップ

あの時は ずっと ドライブをしていた

身体は痛かったけれど

ひたすらに 走っていたよね。

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:

一つの道を 制覇しようと思った

それは 不可能かと 思われた

幾つもの 県境を越える

あの時 君の後ろを くっついて行った

小気味良い爆音で すり抜けてゆく君に

なかなか 追いつけずに

あの時は 軽だったし

君は バイクだったし

僕は 必死だったんだよね。。。

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:

ものすごく 深い音がある

僕にとっては 思い出の曲

君は あの頃 聴きもしなかったのに

今頃になって 三枚組のCDをかける

僕の一番 大好きな車の 助手席で

外した後は 恋人とのプリクラ?

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:

どちらにしても 懐かしい想い

あの頃は 君に 恋をしていたけれど

今では 普通の 友達カンケイ

君にも僕にも 「大切な人」が 存在していて

「普通の付き合いの出来るボク」

羨ましいと 君は言った

律儀なキミが 受話器の 向こう側で

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:

キミが 一体 どこの住人なのかを捜そうと

クリックを繰り返すけれど 何処かで見かけた

ボクはすぐに すり抜けてしまうから

キミの心の奥まで この言葉は 届かない?

アリコ・ジャパンのイメージが 抜けない

あれは 何だったっけ? 

昔々の お話だったよね。。

僕等が 語り合ったのはサxxx

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:

トゲのある性格をしている癖に

わざと 刺の有る言葉を選んで

遣わなくったって イイじゃない

確かにバラは キレイだけれど

これ以上

キミの唇に 刺されたくは無い

昨日 コンビニの本棚の奥に

クルクルと周り飛びながら

儚く入ってゆくハチを

見掛けた ばっかりなんだxxx

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:

もう少し 永い寿命を刻んで欲しかった

ピンク色した ツタ薔薇も

そろそろ終わりを 告げようとしている

とてもキレイな空の 夕暮れ時に

少し枯れ気味の小麦色を称える

キミに 恋をしていた

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:
人気ブログランキングへ
↑ポチッとな~☆↑



マイコミ平

Img_7467


Img_7468


Img_7470


幻のジオサイト「マイコミ平」を散策するツアー

「マイコミ平」には、日本で一番深い洞穴「白蓮洞」(深度513m)
があるほか、その独特な地形により、

標高が1000m以下にもかかわらず、
標高2500m級の高山植物の群生が見られる
珍しいスポットです。

 また、ツアーでは、マイコミ平に詳しい地域の方々がガイドに付き、
分かりやすく解説しながらご案内します。

*

つうことで 洞穴くんだりに初上陸した際の写真だ。
ツアー料金はおひとり様6500と安くないが
他のジオサイトと違い、自力で侵入出来ない場所ってんで
希少価値はあります。

体験後の感想を一言で告げるなれば
「イッツ アドベンチャー!」 に尽きる

ちょいちょい甘く見てたよね
凄かったもん。ロープ伝いに崖っぽい箇所を降りたり
当日は雨で泥濘んでいたからね
長靴とアウトドア用の合羽っ葉で参加したにも拘わらず
下半身泥だらけの人もいたし(笑)

ちょっとよろけて手をついたら 軍手べと色
み~た~い~な~♪
泥をベトと呼ぶのは この地に来てから知ったわ。

景色は絶品 どんなスパイスも要らぬ 自然の姿に乾杯
この時は 未だ夏でしたがな。

しっとりと降る雫ならば
「秋らしい一雨ですなぁ」なんて風流な台詞も出ましょうが、

こう激しい雨音ばかりにさらされると
心配にもなりますね。

最近はオニヤンマや赤とんぼを見かける機会も
増えてきました。

先日 感動したのはね
たまたまなんだけど 左手にオニ・ヤンマ君が留まったの♪

ゴムテ越しだったのが ♪ざ~んね~ん♪
右手でそっと デジ・カメコちゃんを
取り出そうとしたれば サッと逃げ足ばかりは早いのね
♪ざ~んね~ん♪

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

詩の発表場所あります
自慢の絵・写真を披露したい方にもおすすめ!

ワタクシすずこが編集している手作り詩誌
ポエムサークル「みゅう」

仲間になり購読いただくと
ボツなしで冊子掲載 & CDトーク → 全国郵送★
見本誌もあります。読みたい方も連絡くださいね。

以下に本誌の写真・詳細を紹介していますので
クリックして御覧くださいませませ~☆

ミュウ 221.222号 完成♪ 

すずこのリンクはこちらから

~いつかの すずザレ~ 藤鈴呼の戯言
過去作も織り交ぜてUPしていきます☆

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

家庭に 仕事を持ち込まない
日本男児の 姿

これって 私の中では
昔堅気とか 頑固親父っていう言葉と
セットになっている 感覚かな~。

仕事人としての 男
そして 家庭には 愚痴をも 持ち込まないのが 
美徳 という 感覚かなぁ。

そりゃあ 毎日のように 愚痴愚痴されるのは
人間 誰も 好まないと 思うよ

逆に 帰宅するなり 愚痴の妻 って言う図は 
確かに 美しくないと 思う。

けれど、 たまに 弱いところも 見せてよ♪
って心も 有るんだ ねぇ(笑)

それが 上記の 日本男児で在れば 有る程に 
「メンドクサイ女」って 
言われるのかも 知れないけど、ね。

そんな女が 「たまには」
可愛かったりも するんでしょ?

とか 書いて行くと 段々と 
何処ぞの恋愛術とか ギャップ萌えとかにも
繋がりそうな 気配?

個人的には 苦ではないね。
むしろ、 自分と 一緒に居る時間は
見られない 姿な訳で

ある程度 どんな仕事をしているんだろう 
とか 知って居ても

具体的に 「今日 こういうことがあって」 
から 始まって

「こんなことで イラッとした」 とか 聞くと 
ああ この人は 
こういう物の 考え方を するんだな、
っていうのが 分かり易いと 思う。

まぁ ニュースに向かって ブツブツ言う
って行程でも
充分 理解は 出来るケドね(笑)

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

自分が テンパっている 時に 
のほほんオーラ 全開にされると イラッとする

ケイベツという 感情と 
もしかして 似ているのかな? なんて 思いながら。

私は 常に のほほんオーラ 全開で
生きている 気がするから
( たまに まやかし? 笑 )

あくせく パタクタしている 人の
逆鱗に 触れることも ♪あろうよ~♪

とか、もう この ♪マーク 全開のところから
違うでしょうよ、ってね(爆)

深刻なことを 深刻に 考えない癖が
いつの間にか ついて しまったのか

何時からなんだろうね

営業しまくって 日々 笑顔で
哀しいことがあった 翌日が 
一番 晴れやかに 笑ってる 気がして

他人からも 今日は元気だね! って 
言われるように なって

何処からか そんな私に なったんだねぇ。

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

庭木 

布団干しの 近くにある
背の 低いほう

葉が 庭木バサミで 
切り落とされてる

錆びた ハサミが

布団干しの下あたりに
おちてた

ひどいこと するね

たぶん
道路から切って

さいごに ハサミ
投げ入れたんだろうね

落ちた葉
スーパーの袋 
いっぱいに なったよ

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°
人気ブログランキングへ
↑ポチッとな~☆↑


2014年9月12日 (金)

蝉の色は

Img_8748


Img_8749


Img_8751


透明な羽根に感動したことも忘れて
思い出す春巻

カリカリの茶色めいたクッキー
忘れかけた ツクツクホウシの音色

明け方の轟音 
眠れぬ枕元に立つ人形
誰が動かすシャレコウベ

雲の流れに合わせて浮かぶ 色梨月
シャクッとした瑞々しさを垂れ流す

透明な頬の向こうに流れる液体を
唯だ 抱き留めて 側溝へと埋めた

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

つくつくほうし 


そう言えば 最近聴こえないなぁ~と思ったら 
もう九月だものねぇ~ 

晴れた一日だったけれども 
夜は明け方あたりに豪雨の音がすさまじかったよ。
それで朝になったら各地で大変だって言うじゃない

もう最近 本当に変だよね。
100ミリを超える雨が 
あっちでも こっちでも猛威を振るうのだから
油断が出来ないね

そう言えば ヒマワリ、
今年はゆっくりと眺める機会も少なかったなあ。 

すごく大きな花びらを眺めると 
ザ・サマー って感じがするんだけれどもね、

ちょっと自宅の横に
申し訳程度に頭を垂れている小さな花だったり 

葉が黄色くなって
可哀相だったりもしてね。

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

封筒


自宅に戻ったら
ポストに大きな封筒が入っていた 

日本カワイイ博というのがあるらしく、
会場内で行われる「カワイイ手作り&体験マーケット」の
参加申込書なんかが入っていたよ

関連業者へアピールしたり、体験コーナーを通じて
販売に繋げるコンセプトらしくてね

以前は大手百貨店に納入できた方もいる、と
書かれてあった

イベント自体には可愛らしいモデルさんも
多数参加するみたい

んー だけどね 
地元の素朴なフリマで良いの

そういう感じではないんだよねー と 
思い出すのは いつだって 

小さな女の子の笑う顔だったり 
お母さんと「こっちが良い!」って はしゃぐ姿だったり 
カップルの頬を赤らめる仕草だったりするもんなー

出会いたいのは業者じゃなくって
人なんだよね

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

写真 
露草 伸びるはツバキ!? ススキのある風景

場所はこちら

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

詩の発表場所あります
自慢の絵・写真を披露したい方にもおすすめ!

ワタクシすずこが編集している手作り詩誌
ポエムサークル「みゅう」

仲間になり購読いただくと
ボツなしで冊子掲載 & CDトーク → 全国郵送★
見本誌もあります。読みたい方も連絡くださいね。

以下に本誌の写真・詳細を紹介していますので
クリックして御覧くださいませませ~☆

ミュウ 221.222号 完成♪ 

すずこのリンクはこちらから

~いつかの すずザレ~ 藤鈴呼の戯言
過去作も織り交ぜてUPしていきます☆

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

腱鞘炎につき とりあえず
「節制」 は してみたんだけど ねぇ~。
仕事しない訳にゃぁ イカンし ねぇ~。

精神の 開放の場で有る 戯言を
放置しすぎるわけにも イカンし ねぇ~。

てか 快方してくれよっ
いや 介抱かっ?

なんてことで 
無理矢理に 韻を踏んでみた 今日この頃
いかがお過ごしでしょうか けんじょうみえこです。
的なっ!! by 某芸人風

色んなものも 重力に したがって
したたって しまう 今日このごろ みなさまいかが

以下略

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

しばらく 連絡してなかった 友人に
帰省ついでに 開いた 飲み会の最中に
丁度 バースデーだったんで 電話してみた

皆の声も 聞かせようかと 思ってね
出なかったから メールしようか とも 迷ったけど
どっちにしても 飲み会で しゃべくってるし
まぁ良いかっ なんて 思ってたら
暫くして 着信があってね

あの瞬間は 嬉しかったな。

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

ブランコを
90度まで ゆらしつづけたら

それはもう
別の乗り物みたいだよね。

きゃーーー(むんく)

あの 座れるタイプの ブランコで

二人 向かい合わせに 座らせておいて
残りの二人が 背中のあたりに 
足をおいて のっかって
からだで 揺らすってやつ
やらなかった?
こわいね。

怖さを知らない時代の チャレンジほど
無謀なものは ないにょ。

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

朝から ニュースキャスターは 告げる
嗚呼 違った
彼は コメンテーター・・・ でも無かった
司会者は 英語で 何て表現するんだっけ?
僕は 日本人だから 解らない

分からないなんて 言い訳を 多用すれば
ハテナマークばかりが 脳内に ひしめくこと
十二分に 分かり切っている

「それでも」

ハテナマークは クエスチョンマークだよ
♪は 音符マークでなくって 
四分音符って 呼ぶんだっけ?
あれ、八分音符が こっちだよねぇ

じゃあ ビックリマークは
何故 エクスクラメーションマーク なんだろう

知って居る カタカナを 連ねて
何だか格好良い、なんて 悦に入ってる

自分だけが 描ける世界の 内側で
誰も知らない 新型のウイルスの 変わりに
新しい色を 見つけたよ、って
軽く 微笑んでる

彼は 言ったんだ
冬物商戦の 解説タイム
女性の インナーアイテムが
目白押し なんだってサ

最近じゃあ 筋肉を鍛えるのは
男性のみならず

ダイエットの為に 
インナーマッスルを鍛えるグッズ なんてぇものが
横行しているが こっちの話じゃないぜ

あれも ボタン押すだけで 贅肉とおさらばさ 
なんて
何て都合の良い アイテムなんだろうって 
批判 GOGO気味なのは

勿論 手に入れて 無いから 
ヨダレ垂らして 指を咥えて 眺めてみるダケ

保温性の高い インナーを開発した 
という 紹介を した癖に
最後に彼は こう言った

身体 全てを 顔だと思えば 良いんだよ

ふむ。 アッパレですな。
顔は 年中 さらされているもんネ

外気に 熱気に 寒気に サ
それで 喚起に湧いた 空気に触れて
熱くなって見りゃあ
寒さなんて 喉元過ぎた「ら」
忘れられるのカモ 知れないよね

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°
人気ブログランキングへ
↑ポチッとな~☆↑


2014年9月11日 (木)

独り言で笑ってしまう瞬間 

Img_9054


Img_9053


Img_9055


相槌を求められたと思って
「ん? なに?」と聞き返すと 

返事の代わりにイビキが聞こえることって
良くあります(笑) 
私自身もイビキで返事することがあるそうで(爆) 

それとは別に 本当に起きていて独り言だった場合は
「いや… ひとりごと。」と返ってきます(笑) 

無自覚の独り言は怖いですね。
「え? 何も言ってないよ」なんて言い返されると
口を噤んでしまったりして。

言い聞かせる系の前向きなものは良いですよね
ステージに上がる前に 掌に人と書いて 飲みこむ
みたいな雰囲気のやつ

「大丈夫・・・大丈夫・・・」
自分で自分を鼓舞するって言うね

「だいじょばない」って たまに見かける
口語体としては 聞いたことが ないんだけどね

会話してて言われたら 度胆を抜かれそうな気もする
が、多分 「だよねー! だいじょばないよねーっ♪」
なんて、即座に呼応してそうな 予感もする(笑)

「・・・」 これは 独り言にもならない心を
如実に映し出す表現ですよね

おしゃべりすずこの録音を 
ンカ月振りに した訳なんですけれども
これを毎度「てんてんてん」と読んでいる自分に
たまに 笑えそうになってしまう。

(笑)を「かっこわらい」 とか 読んでるからね!
なのに、(爆)は「ばく」だけだしね!

そんな おしゃべりCDを乗せたミュウ発行は・・・
未だだヨ★

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

かぼちゃの季節ですねぇ~
てのひらサイズのかぼちゃん♪ いただきました

放射線状に延びる薄色の線をジッと眺めていると
アシカか何かが弄ぶ 毬に思えて仕方が無いの

まあ オーソドックスに煮つけたんだけれども 
残りは 翌日 コンソメスープになりましたとサ★

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

詩の発表場所あります
自慢の絵・写真を披露したい方にもおすすめ!

ワタクシすずこが編集している手作り詩誌
ポエムサークル「みゅう」

仲間になり購読いただくと
ボツなしで冊子掲載 & CDトーク → 全国郵送★
見本誌もあります。読みたい方も連絡くださいね。

以下に本誌の写真・詳細を紹介していますので
クリックして御覧くださいませませ~☆

ミュウ 221.222号 完成♪ 

すずこのリンクはこちらから

~いつかの すずザレ~ 藤鈴呼の戯言
過去作も織り交ぜてUPしていきます☆

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

あの頃の 私は
自我が 強かった
意地悪だった

お姉ちゃんって
何時だって ついて来る 妹が
逆らえないのを 知って居て

近所の 子供たちと
氷鬼を する時も
みそっかすに して

自分が 彼女よりも
強い 存在で 有るコトを
事有るごとに 誇示して

本当に
いじめて 居たんだと 思う

それでも こうして
今 仲良く 関係を 続けられるのは
妹の 精神年齢が
高かった からだろうか--

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

妹が 小学校に 入学して
一番 最初に 登校する時

近所の 同級生の家に
何時もの様に 行った

違うのは
何時も 私 一人だったのが
後ろに 小さな妹を
連れて 居たことだ

其処の お母さんは
まぁ 素敵ねぇ
黄色い お帽子

そんなコトを 言ってた
記憶が 有る

だから 黄色い 帽子は
妹の イメージなんだよ

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

そう言えば
キラキラした 灰色だった

シルバーとも 言うのかな
彼が 買って 呉れた

きっと 高かった 洋服を
疲れた夜 着たまま 眠って しまったら

翌日の メールで
悲しそうに

パジャマとして あげたんじゃ 無いよ・・・って
言われたんだっけ。

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

格好を 優先する 時代が 有った
今ならば 寒いから
冬に ミニ・スカート なんて
愚かな 真似は しないのだけれど

当時は 何と無く 高い パンプスで
ヒールは 持って 無かったけれども
営業してた頃は ビルの中を 歩く時
カツッ カツッ って 自分の 歩く音を 聞くのが
何か 妙に ステイタスだったとか

ブラウスは 今だに 多用 しているけれど
スーツの中は やっぱり ブラウスだし
だけど 休日は ブラウスに スカートだったり
ジーンズだったり したもんだ

今回 小旅行に 行く時に
ママンが 言ったんだ

スカートにしようか パンツにしようか
両方 並べて 悩んで 居る と。

だから 僕は 言って やったんだよ
悪いコト 言わないから パンツに しなさい
どうせ 寒いんだから って。

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

洋服の 名前が 解らない
洋服 ダケじゃ 無い
芸能人も 映画も
自分が 興味の無い スポーツも
政治も ニュースも
解らない

ブルゾンを ジャンバーと 言ったり
ハンガーも えもんかけ と 言ったり
ベストを チョッキと 言ったりして
昔っから 笑われて 居た

ローファーとか 言われても
当時は ピンと 来なかったし
こうして 書こうとしても
思いつかない 位だ

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

マフラーは 危険な イメージ
何時だったか 二人で巻ける 長いマフラーが
流行った時期が 有った 気が するが
有れは コートに マフラーで
ゆっくり 二人で 歩くならば
問題は 無いだろうが
やはり どちらかが 転んだり したら 危険だし
チャリに 乗って 引っかかって 死亡事故なんて
ニュースも 眺めた 記憶が 有る

昔 お客様に 手編みマフラーを
プレゼント された
モヘアチックの ワイン色で キラキラしてて
とても 嬉しくて
コートの中に きっちり しまう感じで
首元だけ 出して していた

後は ストールが お気に入りの時代が 続いた
会社の先輩に ストール巻いて だるそうに 歩く姿を
忘年会で 真似された 程だ

そして 私と言えば 鈴 だったらしい。
鍵に 何時でも 鈴を 付けて
チャリチャリ言わせて 歩いて来るから
足音も 五月蝿かったから ペタペタ音も 重なって
私が 帰社するのが
直ぐに 解ったのだと 言う

そんな ストールは 
憧れの 先生が 肩に お洒落に 巻いて
出勤する姿や 後姿を 眺めて
憧れて 購入したのが 始まりだった

その先生は 柄物の 素敵な ストールで
高そうな 感じのもので
シャナシャナと 歩いて 居たのだが

僕はと言えば 寒いから
ロングコートなのに バッグの上から ストール巻いて
まるで 赤子でも 背負ってる風だったろう

其れでも 僕は ストールが 大好きで
普通の ストールより 大分 大きなサイズを
まとめ買いして 無地で 各色 揃えて
未だに 持ち歩いては
今では 事務職なので
膝掛けに して居るので 有るxxx

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

中綿の 入って 居る
ふわふわ した 感触

思い出すのは クッション
昔 作ったのを
こないだ 捨てるまで
ずっと 枕の横に 置いて居た

当時から 黒猫が 好きで
砂時計も 思い浮かんで デザインして
小学校の 宿題で
周りを チクチク 縫うのを
母に 手伝って 貰ったのを 覚えてる

当時は 絵が 好きだった 気がするが
今では 全く 描けない

動物を 可愛く描いた ノートを
母が 褒めて 呉れたから
だったのかも 知れない

単純だから 褒められれば
木に 昇る 性格は
父 譲り なのかも 知れない

デザインしてから チャコペンシルとか
懐かしい器具を 遣って
実際の 布に フェルトを 貼り付けて・・・

カットしたり するトキ
絵を 移す トキも
手伝って 貰ったから
僕の 絵とは
微妙に 違う クッションが
完成 したんだっけ・・・

砂時計の 砂は 緑だった
綺麗な エメラルドと 黒猫
首元の 赤い リボン
クッションの 色は 茶色

今でも 脳裏に
焼き付いて 居る。。。

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°
人気ブログランキングへ
↑ポチッとな~☆↑


2014年9月10日 (水)

きりこについて

Img_9051


Img_9052


Img_8936_5

写真は みゅうメンバー砂名からのプレゼンツ☆ 
本&カドフェスのブックカバー&ストラップ


きりこについて/西加奈子

表紙の感覚からだと
桃色の可愛らしい猫ちゃんの幸せストーリーが
ほのぼのとはじまるのカナ!?と思いきや、

猫の立ち位置の崇高さに、
そして「きりこ」と言うのは人間の名であるのだと言う勘違いに
自分で苦笑しながら読み進めたよ。

あとがきの「前半・後半」に分けた解説が
言い得て妙だった。

悪口と言うのは必ず言った本人に返って来るからね。
輪廻の理論だよね。お金もそうだと有り難いよね(笑)

本の旅をしていると
本も周りながら人の心を打つ存在として有効なのかなぁ~♪

価値観についても考えさせられた。
全員がAだ!と言っても本人がBだと信じ続けていたら、
それが自分にとっての真実になるんだものね。
勘違いと洗脳は恐ろしいなぁ。

自分のコンプレックスばかりが目に入れば、
良い部分を自分で見殺しにしてしまいかねないよね。

最初は(あくまでも一般論として)絶望的とも言える
「きりこ」の状態なのだけれども、
それを本人は上手く勘違いしたまま過ごしていける、

途中で「気付き」が入って絶望的になるのかと思いきや、
自分で自分の人生を開拓していく、そんな姿は
自信を持つことは強さに繋がるのだな、と
勇気を持たせてくれる作品でもあるのかも!

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

昨夜はスーパームーンでしたね。
と 気付いたのは、夕方のニュースでした。

ガラッと窓を開けたら 
外を歩いている学生らしき男子と目が合って
思わず閉めた(笑) そして 少しして そっと開けた(笑)

眺めた月の角度はまだ低く、近かったんだけど
いかんせん雲のたなびきたるも いとをかし状態でしてね
デジカメ子ちゃんを出動させることなく
窓を閉めまして(笑)

パソコン画面で眺めた月は神々しき光ですね。 
こちらは雲がすっと入っていましたが 
何となく大きいかな? と 
ぼんやり眺めた夜だったのでしタ

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

詩の発表場所あります
自慢の絵・写真を披露したい方にもおすすめ!

ワタクシすずこが編集している手作り詩誌
ポエムサークル「みゅう」

仲間になり購読いただくと
ボツなしで冊子掲載 & CDトーク → 全国郵送★
見本誌もあります。読みたい方も連絡くださいね。

以下に本誌の写真・詳細を紹介していますので
クリックして御覧くださいませませ~☆

ミュウ 221.222号 完成♪ 

すずこのリンクはこちらから

~いつかの すずザレ~ 藤鈴呼の戯言
過去作も織り交ぜてUPしていきます☆

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

星が 美しいと言う 錯覚
見上げた サンルーフは 紅に 染まり

そんな 余裕など 得られなかった
けれど 記念撮影だけは
ちゃんと したんだ

飛び散った 破片が
赤い テールランプが
何とも 哀しかった事

赤い ボディーも 傷付いて
出所を 見つけられなかった 僕等が
必死で 這い出したのは
サンルーフの 僅かな 隙間


   『 事 故 責 任 』

★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

静かで 穏やかな 時間が好きだと 豪語しながら
こんなにも 沢山 笑えた自分に
未だ 残されて居た 表情に
驚いた

驚く 暇も 無い程に 繰り広げられる 四方山話
酒も 呑んで 居ないのに
翌日 襲われた 
微かな 頭痛

痛んだ 心の 隙間に
僅かに 入り込んだ
一時の 憂鬱が
一時の 安らぎが

グルグルと 白に 溶けて
巡り行く

水滴と 共に


  『 洗濯機の奥の タオル 』

★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

あの日 塵と 説けた 思い出だった
大きな 塵取りだから
全て 吸い取れるのだと 思って 止まなかった
だけど 箒が 無かったし
何より 此れは 掃除機では 無かったから
吸い込む事は 不可能だった


   『 雑 巾 』 

★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

人に よって
イメージも 雰囲気も 
代わって行く

言葉も
仕草も
とても 大切なんだ


 『 会 話 』

★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

今年の 10連休は
楽しめる人も 増えるのでしょう

カレンダー 通りだから
合間が ぽつぽつと 入り
三日ごとの 休みと 成りそうだし

丁度 良い 機会だから
この際 パソコンを
代えて みようかな・・・

★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

新幹線の 旅って
久しく して 居ないんだ

以前に 新幹線の旅が
大好きだって 彼女は
読書を したり
窓の外の景色を 眺めながら
毎週のように 
短い 距離だけど
新幹線に 乗って
大好きな人の 住む街へ
出掛けるんだって
嬉しそうに 語って 居たのだけれど

其れは 僕に してみれば
当時の ドライブと
同じなんだって
そんな事を 思いながら
聞いて 居たんだよ

★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

お前も 随分と
色んな場所に
連れてって 呉れたよな・・・

ゼブラの ハンドルカバーを
優しく 撫でながら
語り掛ける

まるで 先日
会社で ポットに 湯を 入れながら
一人 ぶつぶつと 会話していて

「 誰に 話し掛けて 居るんですか?! 」
なんて
突っ込まれた時のような 気持ち

・・・いやぁね?
ちゃんと 側に 彼女が居て
段ボール 梱包しながら
話し掛けて 来たから
それに対して 呟いて みたんだけれども

そんな 突っ込みを して呉れる
彼女達は 素敵だっっ

・・・だからね?
こう 応えたんだ

「 いや 今 ポットが うんうんっ♪って 頷くの
  見えなかった? 」

なんつって 笑いながら

★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★
人気ブログランキングへ
↑ポチッとな~☆↑



2014年9月 9日 (火)

幸せの青い亀

41_2


41_3


Img_9021

41 すずかご・幸せの青い亀 

ブルーな気分になった時には… 
ここで一句★ 

「かめたんが きっと しあわせ つれてくる」

*

藤鈴呼の手作り倖せ籠・フリマ出没時に会いましょう♪

手にしたアナタのしあわせを希う すずかごシリーズ
作っている私は もっと し・あ・わ・せ♪

参考レシピ★蛙屋レシピ了承済★
材料は紙バンド・ニス仕上げで彩りキレイ

カゴのサイズ目安 長さ14.5 幅8 高さ6センチ
すずこのアレンジ★しあわせのクローバー★動物バージョンも♪

*

我が家には 現在 すずかご材料のみが
鎮座しておりまする。

当初から やはり 
人気と 御嫁入のスピードは 凄まじかったので
見立ては間違っていなかったのだな、と
クルクルの材料を眺めながら

手首を休めたいような 動かしたいような
両方の衝動に 駆られております(笑) 

小物とセットで安くなる! も
マイヒットの条件だったような気がしてなりません。

マルシェでは ブレスレッドや ゆびわを 
カゴの中に入れて チョィスする風景が 多々 見受けられ、
図らずも 買い物カゴ状態でした。

そして 何よりも「気持ちが大事」、ですね。
「幸せを詰め込みたい」カゴを編む 私の気持ちが
楽しく・幸せ・なのですから★

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

詩の発表場所あります
自慢の絵・写真を披露したい方にもおすすめ!

ワタクシすずこが編集している手作り詩誌
ポエムサークル「みゅう」

仲間になり購読いただくと
ボツなしで冊子掲載 & CDトーク → 全国郵送★
見本誌もあります。読みたい方も連絡くださいね。

以下に本誌の写真・詳細を紹介していますので
クリックして御覧くださいませませ~☆

ミュウ 221.222号 完成♪ 

すずこのリンクはこちらから

~いつかの すずザレ~ 藤鈴呼の戯言
過去作も織り交ぜてUPしていきます☆

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

国道沿いで 悩む事が しばしば有る

今さっき 中身がタップリンの ペットボルトが

カランと 散財してるのを見付けて 思い出したんだ

たまぁに 片方だけの クックだとか

ロクブテも 落ちて 居るよネ?

六回 殴られるべき 失態だと 感ずるんだヨ?

今さっきって コトバも ヘンだ!

今 なのか 先刻 なのか 

ハッキリせにゃあ なるまい!

目が チカチカして来た!

この日差しは 暑すぎるっ!

誰か 太陽 止めて呉れ!

やっぱ 困るから やめとくれ!

一体 どっちだ 判断しとくれ!

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:

ドライブモードに埋もれてしまえば

マッタリ気分に成るのは必然

休日の 真っ昼間なら

渋滞も また 然り

足腰 機能 イカレゆく程

走りまくって 得られるのはナニ?

ケータイ玩具に 溺れてみても

むしり取られる 其れは金だけ

たった一つの 僕の救いは

空がこんなに 晴れている

泣いているのと 悲しがった

あの日の君は まるで お子ちゃま

カミナリ恐いと 泣いている

少女となんにも 変わらないもの

マッチをすって 愛を唱えた

あの静けさに 誰か戻って

誰か彼女に 教えてあげて

儚き恋の  その行く末を

明りの灯る 其の前に

どうぞ真実 伝えてあげて・・・ 〓

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:

〓 コ ス モ ス ピ ン ク 〓 


誰かが僕の 言葉を読んで

少しでも 心 安らぐ様な 真夏

でも 暖まる位  癒される言葉を

ずっと 探して 居る

そして それは 自らの為へと寄せた

愛の台詞

貴方に捧ぐ 藍のメロディー

誰かに伝えた 時の誘い

他人は知らぬ 扉への夢

語り尽くせぬ 哀の象徴

終わり文句は 永遠に無く

僕は 微かに 永らえる迄

此処で こうして 生きて居くだけ

最期の光  降り注ぐなら

灰に 成り果て 踊るのでしょう

急ブレーキで 後ろから

クラクションを 鳴らされようとも

一つ 信じた 前を 見詰めて

ひたすら  走り 続けるのでしょう

貴方の姿  見えなくなるまで

例え 此の瞳に 映らなくても 〓

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:

〓 コ ス モ ス ピ ン ク   2  〓


世の中には イイヒトが 沢山存る

普段 お目に 掛かれなかったりすると

ウッカリ 忘れちまいそーに 

なったりも するモンだ

例えば マックの ドライブスルー

僕が お釣りの小銭 落とした 

車の下迄 おむすびコロリン 

元気な彼女は 現金に

僕は 諦め お財布に

残りの ジャラ銭 突っ込んだ

気にした 彼女は 諦めず

百円ですか? 五十円玉ですか?

しまっちゃったゼ 分からない

だけど 彼女は 懸命に

僕は 愛車を 前進し

ようやく はい出た 百円に

彼女な ニッコリ 高級の

笑みを 贈って 呉れたのサ

僕も 笑顔で アリガトウ

素直な 笑みで イイ気分

一つ 忘れた 後続車

バック させちゃい ゴメンナサイ 〓

°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:

〓 コ ス モ ス ピ ン ク   3  〓


小さな出来事で シアワセを

ほんの 少しずつだって

感じられる  私で居たいと 願います

横断歩道 無い箇所で

可愛く挙げた 二つの掌

ああ それよりも  お揃いの服

薄きピンクが 昼の日差しに 映えて居て

思わずブレーキ パッシング

二人の少女は 同時に礼を

手も下げぬまま ペコリと揺れた

君達の背が 折れた様

まるで新春 コスモスのよう

首を垂れたら まさしく秋の

イナホにだって なりましょう

だからアナタは 春のコスモス

又は 夜に咲く 秋のイナヅマ

左に浮かぶ 秋桜の里

それは町の 小さな病院

こすもすの住む 愛しの我が家  〓

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:
人気ブログランキングへ
↑ポチッとな~☆↑



楕円の月 

Img_8968_10


Img_8968_9


Img_8968_6

ふと見上げた夜空に
月が浮かぶ様も

眺められぬ
日常下にて 

ツキを探すことばかりに
かまければ 

星空と見紛うこと 
いと哀し

つきはまるいと
だれが きめた

護ってくれる筈の 女神
杖を失くして 立ち竦む

池の中に 大切な存在を
隠してしまったんです

どうか 探しては
くれませんでしょうか

細く繋がる美声に
ゆっくりと 耳 傾ける

聴いているからと言って
効いている 訳ではないと

知っていたのにね
カラン と 音がする

アイスティーのグラス内で
重なる氷が ふたあっつ

ああ ほんの すこし
月の色 みたいだね

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

写真 サントモックのドリンク

カフェオレとウインナーコーヒー 
どちらかな? 

拡大写真が カフェオレ
しかし 逆に持って来られても
分からない自信がある(笑)

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

詩の発表場所あります
自慢の絵・写真を披露したい方にもおすすめ!

ワタクシすずこが編集している手作り詩誌
ポエムサークル「みゅう」

仲間になり購読いただくと
ボツなしで冊子掲載 & CDトーク → 全国郵送★
見本誌もあります。読みたい方も連絡くださいね。

以下に本誌の写真・詳細を紹介していますので
クリックして御覧くださいませませ~☆

ミュウ 221.222号 完成♪ 

すずこのリンクはこちらから

~いつかの すずザレ~ 藤鈴呼の戯言
過去作も織り交ぜてUPしていきます☆

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

● 幸せのコンパス ●


揺らめいて行く僕達

時代と言う しがらみに 誘われて

小石を蹴りながら 田舎道を歩いた

そこに 希望の光の太陽が笑い

僕等は 小石をドブに落としたけれど

それでも 笑って 居たよ

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:

今 ちひろを聞いています。

さっきの電話で とても良いよね♪ なんて 話をしていて

ダビングしようと思いながらも

たった一人で 聞いています。

あたしって。。。 意地悪かなぁ。。。 笑

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:

自分の事を 棚に上げるのは

とても 簡単かも 知れない

誰かに 忠告を重ねる唇は

とても 軽いのかも 知れない

真実味を 帯びているかどうかが

大問題 なんだよね♪

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:

疼くものが 沢山あれば

夢が 広がる

その キャンパス 一杯に

自らのカラーを 散りばめたならば

本当の 幸せ

感じられるかな

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:

全てが ムカつく 夜

たった今 貴方に 八つ当たりをしてしまった

もう 接続が 出来なくなるからと 言って

今は あたしの言葉を見れない貴方に向かって

八つ当たりを してしまった

本当は ツライ 貴方でしょうに

昨日 あの後 どうなったの? って

あたしは 聞けずに。

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:

ごめんね。

優しく あやまって居ただろうか

貴方が

目の前に 存在 したならば。

それとも 貴方が 言う様に

もっと 甘えられる誰かを

探した方が 良いのだろうか

恋に 効率なんて

存在しないんだよね?

きっと 貴方は そう言うだろうに。

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:

この間

カラオケで 上手く歌えなかった曲が

ゆっくりと 流れて居る

こんなに 大好きだから

あたしの 早とちり気味な気持ちも

ゆっくりと 平たく

落ち着いて 呉れれば 良いのに。

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:

明日は 二次会が 有るから

夜は パソコンに 打ち込めない

そして アクセスポイントの 統廃合が訪れる

あと 一度しか あたしは ゆっくりと 出来ない

あとは 電話料金が かかるから

そして あたしは

とっても お金持ち ・・・ だからサ (自爆)

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:

栄光の空に どんな風が 吹くの?

又 寒気団が やって来ると 言う

お出掛けの日に限って

大好きな 花吹雪が 舞うのだろうか

白い花の季節は

あと少しで 終わってしまうのに。。。

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:

誰かを 好きで たまらない瞬間だとか

苦しくて 何も 出来なくなったり

考え事を 止めたい瞬間の

指の流れは 異常に 速い

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:
人気ブログランキングへ
↑ポチッとな~☆↑



2014年9月 7日 (日)

レイアウト

Img_8978


Img_8979


Img_8980


写真 久々に参上したマルシェの風景
すずこブース側から眺めると こんな感じですかネ★

ブレスレッドを入れたプラスチックタワーが聳え過ぎると
お子様が覗くこと叶わないな、と思ったので
今回は 少し低めに設定してみました☆

お嫁に旅立った すずこ手作りの子供達は
少しずつ紹介していきまする♪

今日は「オリジナルブレスレッドを作成したい!」
とのことで 人が途切れた時間帯でもあったので
特別に作っていただきました☆

以前の夏マルシェ大感謝祭の時にも
作ってくれた女の子でしタ!

お母さんには
「土曜楽市でも見かけた
 用事を済ませて次に通りかかった時には
 既に終了していた」 と言われました~

見られて~ら!_( ̄▽ ̄)ノ彡!

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

●お出迎えのコイン● 3805

<かご> 300×5=1500
<しおり> 50×2=100

<アクリルゆびわ> 100×1=100
<ガラス・アクリル・ゆびわ> 100×4=400

<陶器ブレスレッド> 200×1=200
<ウッド・ブレスレッド> 150×3=450

<アクリル・ブレスレッド> 
150×1=150 100×8=800 小計 950

<オリジナルブレスレッド作成> 
5×9粒=45 10×6粒=60 小計105

●お見送りのコイン 2843

ベーコン&ウインナー キッシュ小 280
サンドイッチ・マスタード 420→400
自販機コーヒー 120×2=240
お土産 
ブルーベリーケーキ2つ・タルトケーキ2つ 1923

●962ぷらす
材料・交通費は含みません。

本日も沢山の皆様にお越しいただき
ありがとうございました♪

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

上手に飛ぶ秘訣に思考回路が絡んでいるのだとは
興味深いですね。

実際は空を見上げて
「鳥のように舞い上がってみたいなぁ」と思うことはあっても

大人になってから足のすくむことも多々ありて、
そんな状態じゃあ難しいわねぇ、なんて言っている有様でした。

真空管を身近に感じたことは余りなく、重
力のない宇宙船での生活はどんなだろうと夢想している、

こちらも ふわふわ感を追い求める点では
同じなのかも知れませんね。

いずれ地に足をつけて歩かなければ! なんて
自分に喝かしら♪

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

お店の中は保冷コーナーでなくても
一定温度に保たれているのでしょう、

パンの放置場所が悪かったのだと指摘されて
納得したのでした。

せめてクーラーの目の前だとか冷蔵庫の中ならば
一番安全だったのに、と。

くわえてパンの中身がコーヒークリームだったこともあって、
クリームやミルク系だから
余計にあめやすかったのかも知れません。

冷凍庫が一番、は残り飯の場合も一緒ですものね、
それが一番良いのでしょうネ★

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

詩の発表場所あります
自慢の絵・写真を披露したい方にもおすすめ!

ワタクシすずこが編集している手作り詩誌
ポエムサークル「みゅう」

仲間になり購読いただくと
ボツなしで冊子掲載 & CDトーク → 全国郵送★
見本誌もあります。読みたい方も連絡くださいね。

以下に本誌の写真・詳細を紹介していますので
クリックして御覧くださいませませ~☆

ミュウ 221.222号 完成♪ 

すずこのリンクはこちらから

~いつかの すずザレ~ 藤鈴呼の戯言
過去作も織り交ぜてUPしていきます☆

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

桃は 薄い ピンク色

そんな イメージが 有りました

初めて 桃缶を 食べた時

とても 甘くて 驚きました

黄色の 色した 桃だとか

白い 桃など 有りますが

サワーも とっても 美味ですね

水も 美味しく 飲みました

甘い 気分に 成れました

★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

テロメアとは

DNAの 長さでしょうか

良く テレビ画面では

くねくねと メビウス状に似た

楕円形の 連なりを 目にします

何故か 思い出すのは

ミトコンドリア や アオミドロ

毒々しい 血の色も

カサカサする 肌それも

これから 形成 されたのですね

★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

片道切符にも 似てる

命の 回数券 とは

上手い事を 言ったものだ

感心しながらも

ペースメーカー 見詰めてる

ネクタイに 刻まれた

不思議な形 眺めてた

社長が 手にした

裏側に 密かに ネーミングの有る

真っ赤な タイの 其の奥に

何が 秘められて 居るのでしょうか

★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

誰しも 自分が 一番 大切なんだろ

そう 言ったよね

そして ボクは 思った

帰宅途中で 突然に 思いついたんだ

もしも タイタニック状態にも似た

一人しか 乗れぬボートが 有ったならば

自らは 助からないと 解っても

譲りたい相手が 居るのだろうかと

ねぇ アナタには 有りますか

それは ホントの 優しさですか

私には 解りません

今から ナルシスト 脱却生活に

計画性も 見出せない ままだから・・・

★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

キレイな髪の 欠片を 感じた

ボクの 髪は ツルツル テカテカには 成り切れない

久々に 電話してた アイツも

最近 薄くなったと 気にしてた

男性は 髪の毛に 敏感なのかな

女性よりも きっと 敏感なんだよね

だからって 今年中に 結婚しなきゃ! って

バロメーターにするのも どうかと。。。

★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

解ったら 愉しい?

解らないな

それじゃあ 応えに ならないよ!

応えは 必要なの?

分からない

そうだ 分からないよ 君の台詞は

★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

笑いあった夜

空の星が 瞬いて居て

つられた二人も 繰り返す

目頭 パチパチ 開けたり 閉めたり

ねぇ ちょっと 眠たいからだよ

もう 午前様に 成ってるね

ねぇ 帰ろうか どうしよか

でも もう少し 語りたいよね

★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★
人気ブログランキングへ
↑ポチッとな~☆↑


2014年9月 6日 (土)

絞めナンバー

Dscf0145


Dscf0146


Dscf0147


注連縄つけたナンバーの略(嘘)
明日はクラシックカーのイベントがあるらしいですね

シーサイドランの前後に皆フェルエッグに来るなりよ♪
私がマルシェに参加してっから!(笑)

ただね? この写真は七年前だから
「・・・若かったんだね」って
哀しそうに呟くのはナシでお願いします(爆)

そんな沖縄。新婚旅行先だったんですよ(懐)
宿泊先の駐車場で多分右側のんが、銀色レンタカー
何処か集合住宅チックにも見えるけど 気にしないで??

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

もしかしたら 笑えるかもと
楚々とした 風に乗せて
あなたが笑うから
馨しさのみが 心に残り
私はもう
何も 癒えなくなって しまうのでした


藤鈴呼

*

珍しくネーム入れてるのは何故かっちゅうと
みゅう編集中に即興戯言したから★

そして、それを、コピペしているから(笑)
次号は何時?!(口笛)

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

マルシェの場所は☆フェルエッグ☆

展示予定商品 詩誌みゅう☆ 
ポストカード 栞 かご
ビーズ作品(ブレスレッド・ストラップ・ゆびわ)
全て手作り!

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

詩の発表場所あります
自慢の絵・写真を披露したい方にもおすすめ!

ワタクシすずこが編集している手作り詩誌
ポエムサークル「みゅう」

仲間になり購読いただくと
ボツなしで冊子掲載 & CDトーク → 全国郵送★
見本誌もあります。読みたい方も連絡くださいね。

以下に本誌の写真・詳細を紹介していますので
クリックして御覧くださいませませ~☆

ミュウ 221.222号 完成♪ 

すずこのリンクはこちらから

~いつかの すずザレ~ 藤鈴呼の戯言
過去作も織り交ぜてUPしていきます☆

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

悪あがき

知ってはいるが

止められず

☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:

あなたとは

さよならした

そのはずだった

それなのに まだ

ねむれなくて

ねむれなくって・・・

°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:

ちかづいてくる

あの 足音に

あなたとの

おもいでを

かざしてみた。

☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:

はなになろう

ねぇ・・・・ 二人で。

だぁれも 見たことのない

素敵なつぼみから 生まれる

可憐な香り

あなたも 嗅いで

みたいでしょう・・・・?

☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:

たった 二人で

夢を 見るの。

ひとりきりじゃあ

さみしすぎるから

きっと・・・ 二人でね♪

☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:
人気ブログランキングへ
↑ポチッとな~☆↑


明日はマルシェ!

313


316


335

夏マルシェ以来、久々の登場です★ 
先月は行けんかっかもんのう~。

マルシェの場所は☆フェルエッグ☆

展示予定商品 詩誌みゅう☆ 
ポストカード 栞 かご
ビーズ作品(ブレスレッド・ストラップ・ゆびわ)
全て手作り!


写真 既に御嫁入した子供達

313 紫式部(17センチ) 
実の成る季節に作成したので☆
ミラーボール紫10ミリ 濃桃12ミリ

316 オチョちょ(16.5センチ) 
ダイエット用に腰をくねらせ
「オチョ!」と叫ぶ
踊りのようなシーンを見ながら作成
ミラーボール青・水色10ミリ 青・水色12ミリ 青・水色

335 オーロラの里(16.8センチ) 
色合いは少ないですがパールのような耀きが
空に映えたら素敵だなぁと思って☆
桃10ミリ キラ青8ミリ パール6ミリ


すずビーズ ブレスレッド

※パワーストーンでは有りません
素材はアクリル・プラです。
パール・樹脂風…に見えるモノも有り。
気軽に着けようブレス☆

ゴムテグス使用なので 伸びます☆
壊れても大丈夫!!
ミサンガ代わりに(?)願いを込めておけば(笑)

長さはゴムにビーズを入れた時点で計測しています。
大粒ビーズの場合、内径により膨らんでいる可能性があります

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

詩の発表場所あります
自慢の絵・写真を披露したい方にもおすすめ!

ワタクシすずこが編集している手作り詩誌
ポエムサークル「みゅう」

仲間になり購読いただくと
ボツなしで冊子掲載 & CDトーク → 全国郵送★
見本誌もあります。読みたい方も連絡くださいね。

以下に本誌の写真・詳細を紹介していますので
クリックして御覧くださいませませ~☆

ミュウ 221.222号 完成♪ 

すずこのリンクはこちらから

~いつかの すずザレ~ 藤鈴呼の戯言
過去作も織り交ぜてUPしていきます☆

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

枠組み から
外れた ピースを

排除 する しか
出来ぬのか ねえ?

ちょっと 枠を
大きく すりゃあ

余裕で 入る だろうに

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

「 バカじゃ ないの? 」 

「 はい、
  馬鹿 じゃあ 有りません 」

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

「 少なく とも 
  アナタ よりは
  マシ だと 思います 」

だってさ。

なら
多かったら
どうなんだよ?!

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°°

遠吠え ってのは
距離が 有り 
見え 無い から
美しく 響くんだ

目の前で
凄え 表情で
泣かれて みろ?

こりゃ もう
適わねえぜ

★,。・::・°☆ 。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

穴の 開いた 心は 
見えませんが

胃袋 ならば
容易に 感じる
コトが 出来ます

なんせ
キリキリ 
痛み ます から

誤魔化し ようが
無いんです ね

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

あら 又 
引っくり 返ったの?

ホント アナタ って
ヘラ みたい

コロコロ 気分が
変わるの ね

温かい 
ご飯の 間に 入っても

冷たい まま 
なんだから

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

爽やかな 
風よ 

吹け 、 吹け!


天空 を 睨む

風は
吹いて 
いるんだよ なぁ~

其れを
感じ られぬ 位の

陽射し と 
苛立ち が 

問題 なんだよ
要は。

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

九十九折


ツヅラオリ
何故に 悲しき
音色かな

女豹の 瞳
行く手を 阻む



旅すれど
見えぬ 景色に
魅入られて

歩を 進めては
絶望に 揺れ



天真爛漫な 頃の 少女
沢山の 塀に 囲まれて

揺るぎ 無き
焔に 包まれて
護られて 来た

足りぬ ピースに
気付いた 途端

世界は
大きな パズルと 化した

行けども 埋まらぬ 感情を
圧し 留めては
焔を 揺らす

怒り と 言う 名の
炎を 焦がす

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°
人気ブログランキングへ
↑ポチッとな~☆↑



白い液体

Img_0058


Img_0062


Img_0203


米焼酎の銘柄で「しろ」と言うものがあるらしいと知ったのは
最近 父が大好きだ、と 話題に上ったからであった

「父」の好みを知った時期は
「遅々」としており 液体の色合いは
「乳」モード

どぶろく
マッコリ
泡盛

何となく白い酒、で思いつくのは こんくらいかしら。
何れ、個人的には 苦手系(爆)


先日 BBQに参加したんですよ。
いつまで経っても「びーびーきゅー」って読みたくなるのは
私だけ?(笑)

酒を差し入れしたんですが
自分等は車で駆け付けたんで 呑まない

と 思っていたら 旦那が言った
「嫁が呑みますんで!」

あ゛。 そ、そうなの~っ!?
どこかで眺めたキャラが脳裏を駆け巡る~♪

いや、酔っぱらっている訳じゃなくってよ。
最近CMで眺める 緑系の色した缶ビール

名前 ベルギーだか ベネッセだか
そんな雰囲気のさぁ~ 飲みましたがな。

手持ちしたのは サングリア
結構 人気でした

って 殆ど二人で開ける手前だったけど(笑)
洒落た細瓶って「あっちゅ~間」ですからね

持ち帰ったのは シンルーチュ
漢字にすると杏露酒。 これなら分かるべ?(笑)

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

土砂降りの多い街


雨樋から伝わる 激しい水が
白く染まる

そもそも液体は 透明であるのに
疑問が浮かぶ

しとしとと そんな音など
一度も聞いたことが 無かった

耳を掠めるのは 何時だって
誰かの愚痴だった筈だろう

霧雨に覆われるのは 山路
ヘッドライトに映る 幽霊

存在感のない 冷たい言葉に
翻弄されたまま 進む

心の物語 静かに 深く 浸透し
目の前の 細やかな粒が 煌めく

雨だと主張されれば
濡れるアスファルトにも
納得がいく

飴のように反発する霙(みぞれ)は
カラリンと 不可思議な音を称え
静かに転がる

笑いながら
踊りながら
哭くことを 許されぬまま

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

詩の発表場所あります
自慢の絵・写真を披露したい方にもおすすめ!

ワタクシすずこが編集している手作り詩誌
ポエムサークル「みゅう」

仲間になり購読いただくと
ボツなしで冊子掲載 & CDトーク → 全国郵送★
見本誌もあります。読みたい方も連絡くださいね。

以下に本誌の写真・詳細を紹介していますので
クリックして御覧くださいませませ~☆

ミュウ 221.222号 完成♪ 

すずこのリンクはこちらから

~いつかの すずザレ~ 藤鈴呼の戯言
過去作も織り交ぜてUPしていきます☆

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

段々と 温かく なって来て、
気分だけなら のほほん と 
春気分を 楽しんで 居たら 良いけれど
外出先では 気をつけないと いけないね。

水分補給して 脱水症状や 熱射病に 
ならないように (祈) ・・って 

夏じゃ ないから 熱射病は ないか?
とか 思い ながらも 
油断は できないよね。

日差しが ないから 安心って 訳じゃあ
ないものね、

まだ 春だけれど
UVケアの 話だって 

太陽 カンカンの 真昼間よりは
曇り空の 日の方が 
紫外線が 降り注ぐ らしいから

余計に ケアしなきゃ 
ならないんだろうからな~。

*

怒鳴られるのは 大変だなぁ。

アタシは 営業時代
どなられた ことは あった なぁ。
そう 言えば・・・

保険屋は 昼休みが 勝負だから
午前中の 仕事を終えて 

ようやく 昼食タイム♪ 
の お客様の 処へ 行く 訳だけど、

大きな フロアで 
テレビが 点いてる職場を 
行脚して居た 時は

「 姉ちゃん 邪魔だから 退け! 」
みたいに
ウザがられた モンだよ ねぇ・・・

*

昨日の夕方 営業時代の 上司から
携帯着信が 有った。

珍しいなぁ と 思いながらも
私が 取り扱った お客様の件で
何か 有ったのかなぁ って 思いつつ
電話に 出た。

開口 一番 
「 桜、 咲いてる? 」 と 聞かれ、

咄嗟に 応えた 回答。

「 いやぁ、 咲かそう と 思ったんだけど
  昨日 散った ばっかりです よぉ。
  又 履歴書 書かなくっちゃあ 」

直後に

「 それは ア・ナ・タ の 桜でしょ!
  そっちじゃ なくて ホントの 桜の方! 」

嗚呼 そっか Σ( ̄□ ̄)!( ̄□ ̄)!
。。。//δ⌒▽⌒//

少し長目の 世間話を してから 
本題に 入った。

私に 契約して 下さった お客様が
10年 経ち 満期を 迎えた らしい。

10年 一昔って 言うけれども
ホント、 唖然と してしまった。
      愕然と してしまった?

とにかく しみじみとして しまったのは
確かかな。

電話を呉れた 彼女の
更に上司(ボス)が 居るんだけど、

この お客様は
ボスからの 紹介だったのだ。

先方に 迷惑が あっては ならないから、
私と お客様の関係を 聞きたくて
電話して来た らしい。

ボスの 息子さんが 
骨折してしまった 話を 聞いて、

お見舞い方々 何か 贈ろうかな?
と 一瞬 思ったのだ 
けれど・・・ と 思い出した。

そう言えば 昔 ボスが 私の誕生日に
贈り物を くれたので

「 お気遣い 有難うございます。 」 

お礼を 言ったところ

「 あらぁ 気なんて 遣って ないわよぉ~、
  金 使った ダケよぉ~♪ 」

なんて お茶目な 返答を くれたんだっけ。

引越して 来る時も
挨拶がてらに 菓子折りを 渡したら、

引越した 後で ボス&上司から
シャツや 靴下を 彼の分まで
贈って くれたんだっけ。

こりゃあ 何か 贈ったら 
逆に 気遣い ( 金使い?笑 ) させてまうなぁ~
と 思い、

気持ちだけで 完治しますように、
と 祈るので 有った。

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°
人気ブログランキングへ
↑ポチッとな~☆↑


2014年9月 5日 (金)

ハングライダー

Img_8649


Img_8750


Img_8798

最近 コウモリばかり眺めていたら 
ハングライダーに乗ってみたいと言う欲望が再燃した(笑)

そう言えば 先日 「気球に乗ってみたい!」と
豪語していた女性がいたけれども

考えて見たら 飛行物体って 
落ちる可能性があるんだよなぁ・・・
何て後ろ向きな事を!(爆)

黒く柔らかな物体、のようなコウモリを眺めていたら
コウモリ傘は言い得て妙だな、などと思い出しました。

ムササビにも逢ってみたいなぁ、なんて
連想と、ともに。

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

訓練には
同じ作業を繰り返し練習して精度を高めるものと 
本番を想定する体験型と、二種類ありますが、

どちらも ひやかし半分では
いけませんよね。

練習だから、の精神では
本番に強くなれません。

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

魅惑のムール貝/藤鈴呼

空気の振動そのものは音にはならず
「存在感」でしかないのでしょうね 
真空管の場合はさにあらず、

密着した隙間から漏れるならば
何らかの思惑に彩られた声なき声、なんて風に
もなりましょうか

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

2014.8.18 ふう 二時間半 二人オケ セットリスト♪

旦那編 *数字は消費カロリー

1 尾崎豊 Driving All Night *8.4
3 チェッカーズ 夜明けのブレス *11.5
5 ユニコーン メイビーブルー *9.0
7 つるの剛士 糸 *8.1
9 ユニコーン SHI SAID *6.9
11 吉川晃司 - せつなさを殺せない
13 COMPLEX - NO MORE LIES *5.9
15 福山雅治/It's only love *10.2
17 宮本浩次 タイトでキュートなヒップがシュールなジョークとムードでテレフォンナンバー
19 コブクロ 手紙 *11.0
21 藤井フミヤ TRUE LOVE *5.9
24 EXILE We Will~あの場所で~ *9.8
26 フィルハーモユニーク みちしるべ *11.8
チューブ あー夏休み *9.8

すずこ編
2 JUDY AND MARY そばかす *8.4
4 中山美穂 ツイてるねノッてるね *7.3
6 X JAPAN DAHLIA *13.6
8 美空ひばり 愛燦燦 *10.6
10 オヨネーズ 麦畑 *11.0
12 Mr.Children youthful days *8.4
14 L'Arc~en~Ciel the Fourth Avenue Café *9.8
16 長渕剛 JEEP 
18 中森明菜 十戒 *7.1
20 秦 基博 Girl *10.3
22 NANA starring MIKA NAKASHIMA GLAMOROUS SKY *9.6
23 篠原涼子 恋しさとせつなさと心強さと 8.4
25 尾崎豊  OH MY LITTLE GIRL *8.3
27 TUBE シーズン・イン・ザ・サン  
28 ボンジョビ イッツマイライフ *8

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

詩の発表場所あります
自慢の絵・写真を披露したい方にもおすすめ!

ワタクシすずこが編集している手作り詩誌
ポエムサークル「みゅう」

仲間になり購読いただくと
ボツなしで冊子掲載 & CDトーク → 全国郵送★
見本誌もあります。読みたい方も連絡くださいね。

以下に本誌の写真・詳細を紹介していますので
クリックして御覧くださいませませ~☆

ミュウ 221.222号 完成♪ 

すずこのリンクはこちらから

~いつかの すずザレ~ 藤鈴呼の戯言
過去作も織り交ぜてUPしていきます☆

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

遅咲きで 感じる春の 紅白美

*

梅が 梅が・・・と 聞いてから かなり 経つ
梅だ 梅だ!!と 眺めてから すこし 経つ

初め 聞いたトキよりは 遅咲きだった 近所の梅
私が 感じた春は 遅咲き よろしく

正月の 愛でた気分も 抜け切った頃に
道端の 紅白 花模様に 癒されて 居るんだよ

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

雲雀とは 
何て 幻想的な 表現なのでしょう

ピーチク パーチク 
と 称される 歌声も

多分 あちらこちらで 
必ずや 聞いている 筈なのですが

今いち これぞ ヒバリ!
VIVA ヒバリ! 

と 分かる耳は 
持ち合わせて おりません

雲海 と 言う 言葉を 
思い出しました

今日は 曇天

どんてん と 表現すると
洗濯物も 乾かないような

ちょっと アンニュイな イメージも 
沸きますけれど

同じ わく なら 
湧き水が 綺麗ですね

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°
人気ブログランキングへ
↑ポチッとな~☆↑



ハウスミカン

Img_8965


Img_8966


Img_8967

建物の中は小さいけれど
太陽の恵みを
甘さへと変換している

空いっぱいに広がる明るさをくれたのは
あの太陽

だから
ハウスミカンの味は
チイサナシアワセ

甘いと感じられる心は
大きな幸せ

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

食パンっつうのは 賞味期限が一日くらいズレこんだって
腐ったりしねぇもんだべ?

と思って 弁当にしたんですよ
本当はね、キッチリ賞味期限内の昨日
ランチにする予定だったんですがね

一昨日の米粒が 予定外に余ったもんでね
弁当の中身は 通常モードになったって話です

クソ暑い最中に 食欲なんて出ないべ?
パンなら コーンスープとともに
何となく「かっこめる」からよっと♪

そんな癖が抜けない九月上旬
良くスーパーで売っている コッペパンね

中身は ジャムだったり ピーナツクリームだったりする
定番はね

今回は コーヒークリームっちゅうんを
見つけたんザマスのよ

ひゃっほー おもしれぇ♪ ってんでゲットしてサ
確り喰いっぱぐれていた訳ですが

本日 いそいそと取り出し 一口目をパクッ
「・・・・・」

何かさ、尋常じゃねーニオイがした訳よ
喩えるなら何かなぁ~ 失敗した糠漬けがアメた感覚?

どう逆立ちしたって コーヒークリームじゃない
パカッと開けてみたら 

壊れた味噌を塗りたくって カピカピになったような状態で
うっ と きた

チキショーめ アタシのユイイツの炭水化物があ゛あ゛~っ
と怒りに震えながら食べたわよ

まぁ 小さい器に おかずちょこっとありまして
コーンスープもすすりながら 凌いだんですがね

その後の ハウスミカンの旨いこと この上なし
その後の ハウスミカンの旨いこと いとをかし

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

詩の発表場所あります
自慢の絵・写真を披露したい方にもおすすめ!

ワタクシすずこが編集している手作り詩誌
ポエムサークル「みゅう」

仲間になり購読いただくと
ボツなしで冊子掲載 & CDトーク → 全国郵送★
見本誌もあります。読みたい方も連絡くださいね。

以下に本誌の写真・詳細を紹介していますので
クリックして御覧くださいませませ~☆

ミュウ 221.222号 完成♪ 

すずこのリンクはこちらから

~いつかの すずザレ~ 藤鈴呼の戯言
過去作も織り交ぜてUPしていきます☆

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

今日は 良い 天気です。
さっき 歩いていた ときは 曇りがちで
パラパラ 小雨が 降り出したかな ?
と 思ったけれど

帰宅したら 太陽が
カンカンと 照って きました。

ようやく 保険証が 出来たので
今日 眼科に 行って 来ました。
手続きが 終わって
保険証が 出来たのは
退職日の 5/31から 
三ヶ月以上も かかって しまいました。

ずっと メガネ だったんだけど 
そろそろ コンタクトに したいと 
思って いたんです。

ところが 診察結果は
" メガネの方が 良いでしょう " 、 
との こと。

どうやら 目が ドライアイで
充血も してる との ことで、

目薬を 2種類 もらって 
使い 終わる 頃に 
もう一度 診察して 貰うことに なりました。

目は 大事 ですからね。
大切に 使わないと、 と 
改めて 思いました。

メガネで 鼻の上が 赤くなって 痛かったり
少し 邪魔だから
コンタクトの方が ラクかな ? と
思う ことも ありますが 
暫くは メガネ生活で 行こうと 思ってます。

あられちゃん みたいな
大きな メガネだから
視界は 広くって ラクです。

このあいだ 車に 乗り込んだら 
ミラーのところに 
てんとうむしが いたのを 思い出しました。

久しぶりに 見たのは 
ななほしてんとう では なくて 
もっと 黒い点が 多かったから 
多分 にじゅうぼしてんとう かな。 

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

つつましく 流れた
一滴の なみだ

少し 遠慮がちに
恥ずかしそうに

何かに 感じ入ることは
自然な ことなのに

ふと 視線を 逸らした
凝視すること 避けるみたいに

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

今日は 原宿まで 散歩して 来ました。
お目当ては 美しき月の世界 と言う 
写真展を 観る 為。

16人の プロ・アマ 写真家の 皆さんが 織り成す
月の有る風景 には 癒されました。

ギャラリーの 場所は 
竹下通りから
少し 路地を 入った位置に 有ったのですが

えー? こんなところに 静かな場所が!!
という 感じでした。

三連休の 半ばと 言うこともあり(?) 
若者で ごった返して 居たのですが

一歩 はみ出した 処では 
月夜の世界を 静観出来ると言う
不思議な 感覚でした。

インターネットを 介してしか 知らなかった方と
初に お会い 出来たのも 収穫でした。

電車に 興味が 有る方で
話を 聞くことが 出来て 楽しかったです。

私は 先日 妹から 招待され
箱根湯元まで 行って来たのですが
帰りの ロマンスカーで
何と 景色が 展望 出来る 
真ん前の 特等席を 予約して くれていて
素敵な サプライズに 感極まったんですよね。

その時 手持ちの デジカメで
少しの時間 動画 撮影 したのですが
それを 無理矢理 披露して みたり。

ええ、レンズも 大きい 
本格的な カメラを 持つ 写真家達の 目の前で

私に してみりゃ 高価だけれども 
小さな デジカメ動画を 披露した 訳です (笑)

聞けば 
わざわざ 動画に 保存 しなくっても 
DVD販売 されていたり する様です。

帰り道 
ゆっくり ショッピング & ランチ・・・ と 思って
フラフラ したのですが

結局 新宿付近を 一周した 程度で 
歩き 疲れて 帰宅。

写真も 文字も 
記憶を 記録として 残す 一つの方法だなぁ と
改めて しみじみとした 夜でした。

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°
人気ブログランキングへ
↑ポチッとな~☆↑



2014年9月 3日 (水)

花開くもの

Img_4870


Img_8798


Img_8799

すずこのしあわせカゴ シリーズ 手裏剣と銘打った子が
旅立った時の お話

名前が手裏剣なのですが、
お客様に気に入ってもらう時には相応しくない台詞なのか 

戸惑った挙句に 暑さにかまけて
「風車みたいな形です♪」と言い続けて、
漸くお嫁に旅立ちました(笑)

同じ形なんだけれども 一見 花開くようにも思えて
今の時期ならば コスモス?

うーん、でも 切っ先は鋭いから
それは無理があるかも!?

*

ちょっとアレ

件の手裏剣カゴの写真は上記をクリックすると出て来ます。
今回の写真は 幸せのクローバータイプですね。

既にお嫁に旅立ちました☆
栞、こちらも今頃は嫁入り先の本に挟まっている筈★

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

詩の発表場所あります
自慢の絵・写真を披露したい方にもおすすめ!

ワタクシすずこが編集している手作り詩誌
ポエムサークル「みゅう」

仲間になり購読いただくと
ボツなしで冊子掲載 & CDトーク → 全国郵送★
見本誌もあります。読みたい方も連絡くださいね。

以下に本誌の写真・詳細を紹介していますので
クリックして御覧くださいませませ~☆

ミュウ 221.222号 完成♪ 

すずこのリンクはこちらから

~いつかの すずザレ~ 藤鈴呼の戯言
過去作も織り交ぜてUPしていきます☆

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

素敵な景色を

何時迄も 抱き締めて


走って 生きたいね

ゴールなんて

見えないもんさ


見えて しまったならば

そこでは 天使が

微笑って 居るのかな


でも イイよね

見えないままで

このまま

ひたすらに


歩んで みたいんだ――

★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

赤く 染まる 

華麗な 景色


夕暮れの ビル

テール・ランプ


とても 鮮やかな日々

色濃く 落ちた日


落とされた日

陥った 罠


煙だらけの 嘘だって

信じられた


温かく 懐かしい

季節毎の 思い出が


静かに 揺れて逝く

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

今は

大好きな 景色を

眺められないんだ


行きたい処に

走る ガソリン代さえ

目の前に 無く


それでもね

掻き揚げに ソースをかけて

カツなんだって

思い込ませたみたいに


どんな 場所だって

素敵な日々は

輝けるよね


素敵な日々なら

楽しい 筈だよね

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

新しい 年の 始まり

ニュー イヤ~ イヴ


この 言葉が

本当に 存在するのだと


アナタに

教えられた


何故だか

嬉しくて


クルクルと 狭い部屋で

回りたく なったくらい


その前の クリスマスは

友人宅に 乱入してみたり


記念日の 正月の瞬間は

眠ったままで


見逃してしまった朝陽も

初日の出じゃ無くても


あたし 自身の

バースデー・イヴまでに


楽しいコトを 沢山 たくさん

感じられますように

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°
人気ブログランキングへ
↑ポチッとな~☆↑



なすアイス

Img_8955


Img_8954


Img_8956

郷の茶店えほん&おやき工房
権現荘の少し手前 左側にあるお店です。

本日のランチ セレクトしたのは 天ぷらうどん
カボチャは オリジナルの品種だそうで
あー 名前を失念! る、の付く名前だったような淡い記憶。
ラグビーボールみたいな形なんですって★

天婦羅は 茄子やピーマン・えび・ししとうかな、
分厚い素材が たっぷり感を演出してくれました

そして何よりも 手打ちうどんが絶品!
機械仕立てと違うのは 一本の饂飩で細い部分と太い部分が
絡み合っているということですな

もっちり存在感のある中に 捻りの入った形なのにも拘わらず
喉ごしは ツルリとした食感

良い具合に身体が温まったところで いただいたのが
越の丸茄子で作ったアイスクリーム

その名も 美茄子(ビーナス)アイス★
帰りしな、目に入った栞もゲットん(*⌒▽⌒*)

私自身もフリマでは すずオリジナル栞を出していますが
本物の押し花&筆書きの一言に 圧倒されました!

好き勝手な妄想で 
冷たい饂飩が出て来ると決めてかかっていた私(笑)

旦那が いつも 冷たい派、で
お店でオーダーする時にも 冷たい麺を頼む割合が多いので
感覚が麻痺していたらしい

そんな旦那は 冷たい麺も好きですが
冷麺も大好きです(笑)

こちらの饂飩は温かいものが主流で
ざるうどんのみ 冷たいものが オーダーでするそうですヨ★

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

詩の発表場所あります
自慢の絵・写真を披露したい方にもおすすめ!

ワタクシすずこが編集している手作り詩誌
ポエムサークル「みゅう」

仲間になり購読いただくと
ボツなしで冊子掲載 & CDトーク → 全国郵送★
見本誌もあります。読みたい方も連絡くださいね。

以下に本誌の写真・詳細を紹介していますので
クリックして御覧くださいませませ~☆

ミュウ 221.222号 完成♪ 

すずこのリンクはこちらから

~いつかの すずザレ~ 藤鈴呼の戯言
過去作も織り交ぜてUPしていきます☆

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

ようやっと 一段落だよ。

たまたま BSか 何かで ? 
エックスの 3連続ライブ の時の 放送したらしくって

以前の 会社の 上司が
DVDに 録画してくれて 送って くれたんだよね。

それを パソコンで 眺めて 
久しぶりに 懐かしさに 浸っていたら

ヨシキの 不調の ニュースが 
パソコン上を 出回ってたからさ。
バッドに タイムリーで ビックリして しまって。。。

大丈夫かなぁ。。。無理しすぎだよねぇ。

だって ファンの 私だって 
もう 若くないな って 思ってるのに

私より 年上なんだもんさぁ 
よっちゃんったら 相変わらず 無理 しすぎだよー
とか 思って しまった。

さてさて こちらの生活は 自転車が 主だよお。
ガソリン 上がってしまってるし ねぇ。

でも ナンバー 変更 しなければ ならないから 
陸運支局まで ドライブしなければ ならないので あった。。。

あと 日本橋に 
一度 行かなければ ならないので あった。

ついでに 7/13の 日曜日に 
東京江戸博物館で 
詩の 即売会イベント 「東京ポエケット」 が 開催されて、
それに 参加するので 
プラリと 見に行って みようかな と 思ってるんだ。

どっちにしても 
今まで 地下鉄には 殆ど 乗って なかったし 

ホームは どっちだ とか 
券だって スイカ ないから いちいち 購入だし 
わけわかめー な日々だけど 

楽しい
「初めての おつかい気分」を
日々 堪能しているのでしたー。

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

ここに 来てからは
自転車で ソロ活動です♪

休日には ソロ活動を 脱して
デート気分♪ なんて 言えれば
良いのでしょう けれど、

彼も 彼で 
疲れが 溜まって いる様で

二人して 眠て曜日な 休日 ばかりです。
いけませんね。
やっぱり もっと 動かないと!!

*

西門・・・ 
警察署の 交差点から 伸びてる
街路樹の キレイな 通り

市役所に 行こうと して 
駅を 踏切 手前から まわって しまい

米軍 基地を 一周する 羽目に 。。。//δ⌒▽⌒//
国道沿いに 行けば 直ぐなのに。。。

*

今日、 ようやっと 運輸支局まで 出向き
車の ナンバーを 変更しました!!

慣れるまでは 
何処を ドライブ しても
サイクリング しても

アウェイ 気分が
抜けないの です けれど。

でも これで 何とはなしに 
県民に 成れた 様な。

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

引越しの 時に
黒目に 傷を つけて しまった らしく、

眼科に 通って
目薬を 貰って 使用して 居るんだ。

五月 後半に 目薬を 貰って 来て、
本当は 一週間後に 病院に行って 

点眼した 結果が どうだったのか、
診察して 貰った方が 良いらしいんだけれど、

今回の 引越しで 会社を 辞めて しまい、
丁度 退職日が 到来して しまって、
今 現在、 保険証が 無い 状態で。

扶養に 入る 予定なので
旦那の 会社で 認定 されれば

無事に 新しい 保険証が 手元に 来るんだけれど、
ちょっと 手続きに 時間が 掛かりそうで・・・。

今の ところは 目薬も まだ 有るし、
診察した 時にも

「 コンタクト さえ 入れなければ 
  目薬を 差して 様子を 見て居て 良いのでは? 」


言われたんだ けれど。

「 でも 本当に 調子が 悪かったらば、
 保険証が 無いから 云々 なんて 言って られないでしょ! 」

と 女医さんに 言われて しまった。
そりゃあ そうだよね。

健康と 引き換えに ならば
散在も 惜しむ べきじゃあ 無いですな、 と 思った 訳で。

今まで 給料から 健康保険料が かかってたが
扶養に入ると 保険料が かからないから 良いよね。

その代わり 年収が 130万を 超えると 
扶養から 外されて しまうから

仕事する 場合は
気を つけないと いけないんだよね。

私の場合、 5月までの 給料が あるから 
とりあえず 年内は 仕事せずに いないと
扶養から 外されて しまうんですな。

ってのは 言い訳で 
ほんとは ゆっくりしたい だけ なんだけどね (笑)

まぁ 今まで 毎日 
昼食は 二人とも 外食だったから 

今は 弁当 つくって 
少しでも 節約?! ですね。

*

健康保険。
国民保険に 切り替えしなければ ならないので しょうね。
厳密に 言うと (笑)

5月末が 退職日 だったので、
それまでは 健康保険でしょう?
今は 扶養申請まち。

今月末 あたりまでに 源泉徴収票が 揃えば 
旦那の 会社に 申請 できる。

旦那の 会社の 扶養認定が おりるまでは 
病院に 行ったら とりあえず 全額 支払いして 
後で 戻して もらう。
ってこと みたい なんですけどね。

ただ 扶養に なる日が 
ちゃんと 6/1に 遡って 認定 されるのか 
手続き 完了した時点 以降なのか が
問題 らしくって。
多分 前者だろう と いう 話なんですけどね。

私は 以前の 会社では 
健康保険が 社会保険事務所の 管轄だったのね。
でも 旦那の会社は 
独自で 健康保険組合が あるらしい。
だから システムが 独自 らしいんですねー。

以前 
「 退職日 以降 旦那の 扶養に なるまでの間 
  国民保険 かけるべきか 」
と 質問を した。

市役所では
「 勿論。 国民皆保険は 原則 」 と。 

社会保険事務所に 問い合わせた時は
「 ぶっちゃけ 保険 かけてなくても 
  病院 いかないなら 大丈夫 」 との ことだった (爆)
この 回答差って 何なんだろう。

私の場合 住民票は 5/5で 異動したが 
その時点で まだ 前職を 退職して おらず 
有給 扱いで
退職日を 5月末まで 引っ張ったから 
その時点で 国民保険に 移行は できなかった って ことですな。

市役所で 言われたのは
本来 国民保険へ 移行するのは 
退職日から 14日 以内だ。
必要書類が 揃わず 時間が 掛かる 場合も 有るので 
遅くなっても 構わないが・・・ 
とのこと。

ま、何だかんだ 言っても 必要で あれば 病院 いきますー。
とりあえず 手続きって 面倒だね って カンジ。。

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

6/14 土 朝8時43分 地震


実家は 無事だった。
横揺れ だったが 物は 落ちず
「 まわるような 感じだった 」 との こと…。

祖母は
「 あら 揺れてる ねぇ 」 と 
ポケっと しながら 食事 してる と (笑)。

一度目の 電話が 混んで 繋がらず。
掛け直し 確認 ・ 安堵 したら

テレビで
「 被災地への 電話 控えろ 」 と (汗)。

私が 母と 宅電 してる 最中、
父の 携帯の 着信音が しまして。

母 曰く 
「 (私の) 妹から みたいよ 」 と。

姉妹 揃って 
電話 しまくってました。

電話中も 余震 有ったらしい と 
後で テレビ 見て 気付き (汗)。

考えて みれば
「 大丈夫? 」 っていう 確認の 電話や メールに
反応できる 状態ならば 無事なんだし、
大丈夫で ない 場合は
返信なんて 出来ないんですもんね。

それに 毎回 ニュースなんかでも 
緊急連絡を 優先にしろ って 言ってるしな。。。

心情的に
「 でも 心配だから 電話 かけちゃう 」 とか
「 メール しちゃう 」ってことなんだろうけど。

とか ぐだぐだ タイプ しながらも
心配は 心配 なんですけどね。

逆に 自分が 震源地側に 居て
誰かから 心配メールを 貰ったり する 時にも
似た様な ことを
毎回 考えて しまう。

実家は 地盤が 固いので
何時も 実際の 震度より 体感 震度は
一つ 軽い 位 なんですが

「 今回は 其れでも
  何時もに 無いくらい 揺れた 」 との こと。

ここも 揺れた みたい。

実は 私、 のんびり WCに 入ってた。
台所の トースターが カタカタ 鳴る 音が 聞こえ、
トイレの ヒーターが 動き 出した 瞬間に

「 地震?! 」 と 気付き 慌てて 出て、
蛍光灯の 紐 見たら 揺れてたので テレビ 点けた。

関東の 地震だ と 思い 込んで 
テレビ つけて 待機 してたら 東北だ、 と 。

驚き。
因みに 「地震?!」 と 言いながら 寝室に行ったが
彼は 寝てた Zzz。

干そうとした 洗濯物を カゴに 放置したまま
テレビに 釘付け。

ニュース ずっと 流れてて 
テレビ 眺めながら パソコン 眺めながら。
 
地震に 驚いた 60歳の 男性が
慌てて 道路に 飛び出して
車に 轢かれて 亡くなったって ニュースが。。。
何とも 哀しい。

*

実は昨日 日本橋まで行きまして。
銀行に行ったんですが、
両国も 近かったので
ポエケット開催の 江戸博を 下見して きた。

山本カンサイさんの 個展(?)を してたり 賑わってた。
会議室や学習室、 チラ見しようと 思ったが 使用中で
入り口にも 案内の人が 机並べて 居たりして、
近づいたら 会釈 されたので
「ヤバイ!」 と スルーして 帰って 来た。。。//δ⌒▽⌒//

*

若い頃・・・ 20代までは 
「 腰が 痛い 感覚 」 ってのが
今イチ 分からなかった。

30代に 入るか 入らないかって 辺りから ですか ねぇ 
腰の 痛みを 「哀しくも」
理解 出来る様に なって しまいましてね。

私は ちょっと 痛いな 程度ですが・・・
ヘルニア診断 されて しまった知人・・・。

腰の 注射 とか・・・ 怖い。。
小さい頃、 風邪ひいた時に
 あの 痛い 筋肉注射を 腕に する 代わりに
尻に 打たれた 時を 思い 出して しまった。

でも あれは 尻だと 肉厚だから
痛みが 軽減する (?) って ことから
場所を 選んでるんでしょうね。

局部の 腰に ダイレクト 注射 なんて
考えるだけで 寒い。。。

ヘルニアって
骨が ズレたり 削れたりするのが 原因? 
詳しくないので 良く 分からない。。。

ギックリ腰だと 「 急に 立ち上がった 」 とか
「その時」 の 何らかの原因 が あって
成るみたいですよね。

ヘルニアの 場合は
徐々に 痛みが 近づいて来て
気付いたら 後戻り 出来ない・・・ って 
イメージが あって 恐ろしい・・・。

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°
人気ブログランキングへ
↑ポチッとな~☆↑



レガコの受難

Img_8827


Img_8828


Img_8829


写真 猫カフェ初上陸♪
射水市 大閣山ランド近く 9号線沿い パウ
曜日限定で猫カフェになるんですな。

ドリンクはアイスコーヒー
ここまでセットで 2時間だと1600円ニャ

犬派と猫派に分かれると思うんですけどね
私は勿論 猫派

旦那も当初は飼うなら犬! と 豪語していたが
永年に渡るマインドコントロールにより!?
猫カフェに行くぞ! と言い出した(笑)

相模原時代にさ、横浜線で新宿方面へ行こうとすると
必ず町田ホームで 猫カフェが目に入ってね

行こうと思いながらも たまたま行ったら定休日とかで
欲望叶わぬまま移動になって 早や4年(長えよ!)

ところで犬と猫、どちらが賢いと思います?
店員サン談 「猫は頭が良い」 そうな

体験談を幾つか聞いたんですけどね?
猫ちゃんの目の前で悪口を言ったら ご飯食べなくなって
ごめん、ごめんと謝ったら 食べるようになった、とか。

植物もそうだが 「可愛く育てよ~♪」と水遣りすると
良いんですよね。

そんな話に「不思議だねぇ~」と相槌打ちつつ
店を後にして 翌日の帰り道

高速走行中 運転手は私

私「レガコ 可愛いもんなぁ♪ 買い替えようとは思わないモン♪
 だけん、後姿はイマイチやけどなぁ~」

旦那「そんなこと言ったら レガコ拗ねるで?
   事故ったら どうするん!?」

私「んだんだ。ごめんよ~ レガコ、大好きよ~ん♪」

なんつっから 翌日ですよ!
職場の壁に後ろから激突よ
Σ( ̄□ ̄)!

素材は石だけん、壁は元気なんですけどね
レガコの美しい紺色が 剥がれた
(┬__┬)

不穏なバースデー前日のお話なのでしタ
で、翌朝は 着信アリだった、っと。

カレンダー見たらさ、昨日、仏滅だもんね
そういう事か。(違)

レガコの受難 以前に こうなったら
スズコの受難だわ!?

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

詩の発表場所あります
自慢の絵・写真を披露したい方にもおすすめ!

ワタクシすずこが編集している手作り詩誌
ポエムサークル「みゅう」

仲間になり購読いただくと
ボツなしで冊子掲載 & CDトーク → 全国郵送★
見本誌もあります。読みたい方も連絡くださいね。

以下に本誌の写真・詳細を紹介していますので
クリックして御覧くださいませませ~☆

ミュウ 221.222号 完成♪ 

すずこのリンクはこちらから

~いつかの すずザレ~ 藤鈴呼の戯言
過去作も織り交ぜてUPしていきます☆

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

一つの仮面は 直ぐに 崩れる
だから 幾つもの フィルターを通して
世の中を 眺めるんだ

鉄仮面が 一つ切り だったならば
盾が 甘くて 
矢で 射抜かれた 瞬間に
生身の 肌が
露出して しまうだろう

幾つもの フィルターを
網目状に くぐらせて
迷路に して おけば

どの道を 選ぼうかって
迷わせる 時間を 稼げる

そうして 稼げた 時間を
決して 有効に 使って来たとは
言えないけれど

だって

誰かが 四苦八苦 してる 瞬間
僕は
お昼寝中なのかも
知れないんだからね

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

頭に 口が 有ったなら

両効きの 人間よりも
沢山 モノを
食べられるのかも 知れない

けれど その分
脳味噌は 使い切れなくて

人より 先に 突っ走って
先走りの 人生に
なっちゃうのかも 知れないな

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

変わって無いのが 自分自身なのか
周りの 景色なのか
周りの 人間達なのか

逆も 然り

変わったから 悲しいと 嘆くのか
成長したと 誉めるのか

時代と 時間帯と 場面によって
変化する 心は

今 何処で 漂って 居る?

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

大人しい 駒ならば 良い
サイコロを 振って
出た目の 通りに
動いて 行くから

息吹を 感じられぬ 駒は 冷たい
勢いの ついた 駒は 飛び跳ねて
碁盤目状では 飽き足らず
空へと 向けて
飛び立って 行く

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

見上げたら 満天の星 明日も晴れ?

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

ジリジリと 追い詰められる 夏とセミ

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

喉痛に イチバン効くは ミルクティー

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

戸惑いの 表情さへも 愛しくて

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

霞むのは 目玉? 意識か 妄想か

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

其の痛み 恋では無くて 頭痛です

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

白い雲 流れ無いで!と カメラ手に

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°
人気ブログランキングへ
↑ポチッとな~☆↑


フェイスブックってメンドクサイ

Img_8944


Img_8943


Img_8719


今回はですねぇ、誕生日の嬉しい実感がそんなになくってね。
大台突入だからか!? とも思ったが
そんな空気感の時には 必ず何かが あるモンだ

写真は バースデーケーキ
勿論 自分で買いに行きましたよ(笑)

何となく セットで飲んだドリンク風味の1枚があるが
これ、以前のショットですわ

昨日はねぇ~ さくらんぼリキュールを飲みますた。
器は同じだったがな。

良い気分で眠っていたんだが 何か身体が重たいなぁ~
一歳分 重くなったべぇか?(違)

と ゴロゴロしていたら 着信アリ
朝から怒られた訳ですな

フェイスブックには 友達申請がありますよね
職場のフェイスブックにきた 友達申請を受理していたら
削除しろ、とストップが入った訳です。

法人としての登録なのに 友達申請は相応しくない、と。
誰の許可を得て受理したんだ?! 、 と。
私、独断で受理してましたからね。

ブログ隊長に任命されて早や半年くらいでしょうか
アクセス数を増やさなアカンと言うので
フェイスブックも登録し、毎回シェアしていた。

記事を読んでくれた人が イイネ! ボタンをクリックすると
その友達のタイムラインにも情報が共有されるんですよね

と言うことは、ブログを知らない人にも
少しずつ拡散していく、と言う意味で
普及にはもってこいだと思ったんですけどね

友達、と言う響きがイケナイのかな? と感じたので
システムを再度 説明したんですが、不可と言うことでしたので
指示通り 削除しました。上司の指示は絶対ですからね。

覚醒しきらん脳味噌に怒鳴り声が響くとアレですね
記憶を探る引き出しがスッと開いてくれない

あれだべ? 四十歳は「不惑」ですけどね
記憶が惑って仕方なかった訳よ(爆)

削除しました、と連絡した後で 
そう言えば、これが最初じゃなく、一番目の方からの申請時に
確認したったんだが・・・と思い出しました。 今更(笑)

確かあの時も システムの話をして 「良いじゃないですか♪」
なんて言われてたような気がしたんだが・・・まぁ良いか。

記憶が戻る前のことを 思い出してみました。
申し訳ありませんでした! ばかりの気持ちが上乗せされて
自分だけ悪い、の気持ちになるのね。

なんてことを後から考えていたら 
洗脳や、モラハラの怖さまで連想してしまいました。

今回は 私が受理した時のこと、聞いていただいた上での判断で
削除した訳ですけれどね

怒鳴るだけで自分の主張を通すパワハラチックな人間が上司だと
色々と大変だろうなあ、と。

主張を聞いてもらえない、聞く気がない、
従わせるしか能がない
こういう人間が上司だと 困りますよね。

私は上司には恵まれているので有り難い♪
飴と鞭をね、上手に使い分けてくれるんですよ(笑)

才能
最近ハマっているメグさんの記事

人件費の部分に激しく同意しました。
ファミレスで「あと一人いれば 楽に働けるだろうに」
とウェイトレスに同情することも 多々ありて。

最近 話題のトピックスも多いですよね。
時間はカッキリ守ろうよ委員会としては
開店時間と始業時間が一緒なのは微妙ですよね(笑)

じゃあ 何時準備すんだ?!
必然的に 朝のサービス始業時間が負荷されるでしょ。

帰りも然り。残業までの時間が書類上 空白30分って
どういう意味だ!? とかね。

サービス残業が当たり前の業種も多いでしょうけれど
サービスしたいなら ボランティアするっつうの(笑)

東京オリンピックに向けて おもてなしの心、が
取り沙汰されていますけどね
おもてなし、心からするには 余裕も必要よね。

と、脱線したので レールをガッチャンコして
フェイスブックに戻すわよ。

しかしアレですね、
自分のタイムラインに勝手に上がってくる他人の情報は
若干ウザい時も ありますよね(笑)

へぇ~ **さんって そういうことしたんだ~ っつうか
**さんって誰よ!? みたいなことになる(笑)

友達の誰かが「イイネ!」した記事も 
問答無用で出て来ますからね

まぁ だから 良い意味で繋がりたい場合には有効ですが
本当に必要な人の情報だけが欲しい場合には

久々にフェイスブック開いたら 要らない(失礼)情報ばかりで
辿り着けない、なんて事態に。なったりするから。

個人的には ウェルカムですよん。
いつもの リア充の皆さんからの イイネ! も
ありがたく思っておりまする♪

ただ、私は イイネ! のシステム自体がキライなんで
いつも 「アクセスするならコメントで」派ですけどネ★

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

詩の発表場所あります
自慢の絵・写真を披露したい方にもおすすめ!

ワタクシすずこが編集している手作り詩誌
ポエムサークル「みゅう」

仲間になり購読いただくと
ボツなしで冊子掲載 & CDトーク → 全国郵送★
見本誌もあります。読みたい方も連絡くださいね。

以下に本誌の写真・詳細を紹介していますので
クリックして御覧くださいませませ~☆

ミュウ 221.222号 完成♪ 

すずこのリンクはこちらから

~いつかの すずザレ~ 藤鈴呼の戯言
過去作も織り交ぜてUPしていきます☆

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

白い 彼女の 名は レイ
こう 書くと
霊 を 連想 して 
しまう かひ?

いいや 違うんだ

可愛い ワンコロ なんだよ ネ♪

霊の 様に 消え ちまった のは
今朝の 此の 
文章 な の サ (。-_-。) 

さぁ 送信 しよう! って
意気 込んだ 処で

ボタンを 間違えた モン だから
そっくり 其のまま 消えちゃった

覆水 盆に 返らず
死人も 還らぬ 人 なんだよ ね

消えた モノ も ヒト も 
元には 戻らない

似た様な 何か では 有っても
すっかり 同じ じゃあ 無いんだ

だから アタシが
何処かの シャム風 ニャンコを 見て
ミュウだ って 思っても 
違うんだよ って ね

ところで 犬 と 言えば
昔 妹が 小学生 位の 頃
帰りに 連れて 帰った コトが 有った

友人宅で 産まれたん だったか
捨て犬を 発見 したん だったか
忘れた けれど・・・ 

軽い 家族 会議の 後で
やっぱり 飼えない と 言う
結論に 達した

犬が 何処へ 行ったのか
アタシの 記憶 には 無いんだよ なぁ・・・ 

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:* :・°

● 鶯 谷 ●


ウグイス は 決して
呆けてる 訳じゃあ 無いんだよ

人より 早く
めでたき 春を 発見 して
喜びを 歌ってる ダケ なんだ

今朝はね
部長の 子供さんが 合格した って
朗報が 舞い込んだんだよ

地元を 離れて しまう から
少し 寂しい だろう けど

こんな 話題が 出て 来ると
早く 蕾が 開花 しない カナ? って

浮足 立った 気分が 広がるんだ―

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°
人気ブログランキングへ
↑ポチッとな~☆↑


アラフォーバースデー

Img_8808


Img_8941


Img_8942

アラウンドではなくて台風の目さながら ど真ん中だった昨日
夕食は 旦那作成の ミートソースパスタ 青海苔掛け(笑)

麺類の茹で加減は 麺大好き旦那に 敵いませんからね
わたしゃ大人しく ソース絡める準備をしていたんじゃが

ちぃと フライパンに水分を入れすぎてのう~(遠い目)
しかも 旦那ったら 絡めずに皿にそのまま麺を乗せたべ?

半分かかる じゃっぽりルゥは 遠目から見たら
まるでカレーみたいだわっ!?

そんなテイストで美味しくいただきました♪
最近「モリコ」フィーバーでねぇ~

あんまり嬉しいモンだから お祝いメッセージの返信で
添付写真にしてみたら 「怖い」と返信がキターッ(爆)

そりゃあ そうだわねっと♪
も~う 私ったら 相変わらず
こんなんばっか 好きなんだから~ぁ♪

週末に 「少し前だけれど…」と お祝いしてもらいました。
富山ANAクラウンプラザホテルのチケットがありましたので 
初上陸

何かの肉の上にフォアグラが乗っている、と言うのを
初めて食べたけれども、「まったり」ずいね~。

「これ、初めてだし、肉と別々に食べてみるべ」
試食中

「うーん、やっぱ肉と絡めた方が塩梅いいべ?」
「んだんだ」

そんな会話が ひっそりと 交わされたそうな(笑)

夜景を眺めながら かつての我が家はどっちだんべ? と
神通川を探しながら。

翌日 予定があったモンで 宿泊しましてね
お蔭で酒が飲めた(やはり呑兵衛かっ!)

途中 香害に遭ったことは口外しないでおこうかとも思ったが
書いてしまっただよ~

駄目だよねぇ、食事を楽しむ場所で キツイ香水は。
自らの香りは慣れてしまって鼻が馬鹿になるとは言うけれど

鼻の役目と一緒に常識までぶっ飛ばしてしまっちゃあ
その内 ぶっ飛ばされるわよ!?

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

詩の発表場所あります
自慢の絵・写真を披露したい方にもおすすめ!

ワタクシすずこが編集している手作り詩誌
ポエムサークル「みゅう」

仲間になり購読いただくと
ボツなしで冊子掲載 & CDトーク → 全国郵送★
見本誌もあります。読みたい方も連絡くださいね。

以下に本誌の写真・詳細を紹介していますので
クリックして御覧くださいませませ~☆

ミュウ 221.222号 完成♪ 

すずこのリンクはこちらから

~いつかの すずザレ~ 藤鈴呼の戯言
過去作も織り交ぜてUPしていきます☆

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

揚げ玉は 心が フワフワするから 好きだよ
テンションも 上げる一歩が 肝心なんだよ

★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

カリカリの 揚げは
とても 温かくって
ふーふー 言いながら 食べるよ

だけど 後で
胃が 凭れて しまうんだっけ

★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

マインド・コントロールと 言うと
何だか 病を 治す方に
連想 しがちだけれど

良い 方向に 転がって行くと 思えば
病は 気から
そのものなのですね

★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

イメージングが 足りない夜は
悪夢に 魘(うな)され 目覚めるよ

最近 夢を 少しだけ 覚えてる
内容では 無くって

「 夢を 今 見てた 」 って
そんな 事実を

目覚めてから 必死で
思い起こそうとは しない

何だか 嫌な 感覚だったけど
現実で 無くて 良かったよね

きっと 今から 楽しく
一日を 過ごすための
お薬 だったんだよね

そう 思いたいから

★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

枕カバーは 二日に 一辺くらい
スーツも一緒に
洗濯機で ガラガラと 回すんだ

少し 破けて しまったのは
干す時 力を 入れ過ぎたんだ

そんな 思い出の 枕カバーは
両親が 結婚した時に
贈られた ものなんだ

それを まとった 枕で
あたしは 今宵
どんな 夢と
巡り合えるのでしょうか

★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

コンプレックスは 誰にでも 有る
此れが 哀しい 結末なのと
心に 思い 込ませて しまえば
誰かに 語る時も
笑顔を 失くして しまうものなの

自分が 肴に 成るよ 何時でも
笑い話は 誰かの 愚痴や 悪口よりも
上等だったと 信じて 居てね
今でも 未来の 自分にも
よおっく 言い 聞かせて 生きたい

★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

事実は小説よりも奇なりとは言いますね
あの頃は
何が 事実なのか
自分の気持ちが どう歪んでしまっているのか
解らない 日々でした

今は 穏やかな 波の中で
生きて 居ます

恋と言う 気持ち
愛ということが 解らないのは
昔からですが
きっと これが そうなんだと
感じていた頃の 私は
過去の中に 有ります

どれだけ 好きだったか
愛情を 与えられたのか
愛されて 生たのか

それは 御互いの 心の中に
巣食って行く ものですね

何時か 苦しみの中から
其れ等の感情に
救われる瞬間が 有ったり
するのでしょう

二度と 会えない人間 同様です
生きて居るうちに
愛情を 沢山 注ぎたい
其れは 異性に
限ったことでは 有りません

その 観点から すると
私は 精一杯でした

今も 昔も
それだけは 代わらぬ ポリシーです

ですから 誰が 投げ掛けた 言葉なのか
事実が どうだったのか よりも
揺れ動く 自らの 感情を
そのまま タイプする 日々が
続いて 来たのだと 思います

未だに 心臓が 震えて
眠れる夜が 有ります
悪夢を 見ます
木刀 抱き締めて 眠ってました

今は 自分を 信じて 生きて居ます

★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★
人気ブログランキングへ
↑ポチッとな~☆↑


« 2014年8月 | トップページ | 2014年10月 »