« 立秋の赤とんぼ | トップページ | 夢のパンプキン »

2014年8月 7日 (木)

シシリアンライス

2014070517130000


2014070517370000


2014070517370001


久々に 携帯フォトを UPせん
と言うことで、写真はスカイツリーくんだりに行った時のもの。
ポエケット前日のおのぼりすずこが食べたのでした。

九州の各地で有名なメニューが並んでいると見えて
大分の文字が目に入ったので店に入った・・・のに
佐賀のメニューをチョイスする「性」
どうにかならんもんか♪

シシリアンライス

シシリアンライスは、佐賀市のご当地グルメ。
ご飯の上に甘辛いタレで炒めた薄切り肉(牛肉が多い)と玉ねぎを乗せ、
その上にレタスやトマト、きゅうりなどの生野菜を盛り付け、
仕上げにマヨネーズを網かけした料理である。
調理法が簡単なため佐賀では家庭料理としても人気がある。

メニューには 福岡 おきうと と言うものも見えて
気に成ったので店員さんに聞いてみた

と言うのも この時 夕方だったんだけど 未だ夕食には早いと見えて
店内にいたの私だけでね(笑)

要するに えご だっちゅー話で決着。
なんだー そんなら新潟に来てから 何度か食べたワ♪

大分 りゅうきゅう もあったので聞いてみよう!
と思ったが その頃には店内も混んできたので 聞けずじまい

なのでウィキってみましたことよん♪

福岡 おきうと

おきゅうとまたはおきうととは、
福岡県福岡市を中心に食べられている海藻加工食品。
「お救人」、「浮太」、「沖独活」とも表記される。

成分の内訳は96.5%が水分、残りのうちタンパク質が0.4%、
炭水化物が3%、灰分が0.2%である。
すなわち栄養は高くないが、独特の食感などが評価されている。

伝来は諸説あるが、「佐渡の『いごねり(えごねり)』が、博多に伝わった」
とする説がある。
江戸時代の『筑前国産物帳』では「うけうと」という名で紹介されている。

もともとは福岡市の博多地区で食べられていたようだが、
その後福岡市全体に広がり、さらには九州各地に広がりつつある。
福岡市内では、毎朝行商人が売り歩いていた。
福岡市内を中心に、おきゅうと専門の製造卸は1997年ごろでも約10店あった。

一方、1990年代から福岡県内では原料のエゴノリの不漁が続いており、
2000年代では石川県の輪島市などから仕入れている。
また、主食が米飯からパンなどに移っていることから
かつてに比べて消費が低迷している。

皿に盛られたおきゅうと
作り方は、原料のエゴノリ
(「えご草」、「おきゅうと草」、博多では「真草」とも呼ばれる)と
沖天(イギス、博多ではケボとも呼ばれる)を
それぞれ水洗いして天日干しする(状態を見ながら1~3回繰り返す)。

この時の歩留まりは7割ぐらいになるが、この工程を省くと味が悪くなり
黒っぽい色のおきゅうとができるため、手間を惜しまない事が重要である。

次に天日干ししたえご草と天日干しした沖天をおおよそ7:3の割合で
酢を加え煮溶かしたものを裏ごしして小判型に成型し常温で固まらせる。
博多では、小判型のおきゅうとをくるくると丸めたものが売られている。

おきゅうとの良し悪しの見分け方として、あめ色をして、ひきがあるものは良く、
逆に悪いものは、黒っぽいあめ色をしている。

また、みどり色をしたものは、「おきゅうと」として売られているが
まったくえご草が使われていないものもあり、
天草が主原料の場合は「ところてん」であり「おきゅうと」ではない。

新潟県や長野県では、えご草のみを原料としたほとんどおきゅうとと製法が同じ
「えご(いご)」「いごねり(えごねり)」が食べられている。
おきゅうととの製法上の相違点は、えご草を天日干しせず、
沖天を使用しないところである。

食べ方は、5ミリから1センチの短冊状に切り、鰹節のうえに薬味として
おろし生姜またはきざみねぎをのせ生醤油で食べるか、
または芥子醤油やポン酢醤油やゴマ醤油などで食べるのが一般的である。
もっぱら朝食の際に食べる。

大分 りゅうきゅう

漁師の知恵から生まれた魚料理
口の中でとろける食感と味わい

刺身とはひと味違う趣のトロリとした食感。
ほどよく染み込んだ醤油の味わいと旨味。

香ばしいゴマの香り…。『りゅうきゅう』は
アジ、サバ、ブリ、カンパチといった新鮮な魚の切身を、
醤油、酒、ミリン、ショウガ、ゴマ他を合わせたタレに漬け込んでから
いただく大分の郷土料理だ。

薬味にはネギやワサビが添えられることが多いが、
作り手によっても、ずい分と異なる。

元々は、漁師たちが獲れた魚を保存するために作っていた料理。
また、刺身にした残りを美味しく食べるためにも作られていた。

今でも、飲食店では刺身の残りを使った『りゅうきゅう』が、
まかない飯としてもよく食されている。

もちろん、現在飲食店でメニューとして出されている『りゅうきゅう』は、
刺身にもなる切り身を使ったものだ。

名前の由来は、この調理法が“琉球”の漁師から伝わったためとも、
ゴマを和える調理法である“利休和え(りきゅうあえ)”から
名付けられたためとも言われている。

焼酎のつまみとしても最適の料理だが、
『りゅうきゅう』を熱々のごはんの上にのせた『りゅうきゅう丼』
(『あつめし』と呼んでいる地域もある)や、
『りゅうきゅう茶漬け』にすればごはんもすすむ。

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

モロヘイヤかぁ~。と言われて ほうれん草が浮かんでいる脳裏は
どうなっとんじゃ!!

あ、そうか、冷蔵庫の中に入っていて はやく片付けないと! 
と思っているから自動的に出て来たのかしらん♪

トラクターも大変だよね。
車道をゆっくり走行しているのに出くわすと
後続の車はのろのろ運転になるから
キレるドライバーもいそうだし、
道を譲れないような場所だと特に。

人って自分の方にしか意識がいかない瞬間って
少なからずあるから、
逆の立場に立ってみて初めて気付くことって多いんだろうね。

この辺でトラクターに出くわす確率は少ないけれども 
車椅子は多いかな。

電動で後ろを見られる
ミラーもちゃんとついたタイプもあるんだよね。

そうすると おばあちゃんがチラチラ鏡越しに
こちらの様子を伺っていて
とても狭い道なのに
無理矢理脇に逸れて譲ってくれたりする。

「え、あ、なんか、こちらこそ、申し訳ないっ!」
って気持ちになるんだあ。

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

●8月24日 土曜楽市へ すずこが い~く~! 

10時~15時 糸魚川街なか 
クラフト・コレクション市・野菜・うまいもん市 開催★

場所:本町通り(雁木通り)
糸魚川駅を背に海方向へ歩く・・・で、この辺り(笑)

展示予定 詩誌みゅう・かご・ブレスレッド・ゆびわ・ストラップ 全て手作り!
プラス 最近読んだ本(笑) こちらは中古でございます~♪

土曜楽市 詳細はこちらから

当日は歩行者天国ではありません
アーケード下にいるすずこを探してね♪

詩の発表場所あります
自慢の絵・写真を披露したい方にもおすすめ!

ワタクシすずこが編集している手作り詩誌
ポエムサークル「みゅう」

仲間になり購読いただくと
ボツなしで冊子掲載 & CDトーク → 全国郵送★
見本誌もあります。読みたい方も連絡くださいね。

以下に本誌の写真・詳細を紹介していますので
クリックして御覧くださいませませ~☆

ミュウ 221.222号 完成♪ 

すずこのリンクはこちらから

~いつかの すずザレ~ 藤鈴呼の戯言
過去作も織り交ぜてUPしていきます☆

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

ピーマンの肉詰め
美味しそうだな
と 言うよりも

恐らく 食べたことは あるのだけれど
自分で 作った記憶は 一度も無くって

自宅でも 余り 好きじゃない
みたいな ことを
かつて 発言したのだろう

出て来た記憶が 殆ど ない

殆ど と 言うコトは
少しは 有ったのだろうか

うーん・・・

首を傾げて 考えてしまう位に

食卓から
私の 心の中から
遠去かって しまった メニュー

椎茸の 肉詰めも 有るんだね
美味しそう・・・

こちらは 正真正銘
記憶が 無い

断言できたり するのだけれど

いかんせーん
ダーリンは 椎茸が
あまり好きでは 無い様で

先日も 
珍しく 焼肉♪

机上の電気コンロに フライパン乗せて
一度 下焼きした 具材を
乗せながら 温めて 食べたのだが

椎茸 
彼は 絶対に
口にしようと しなかったんだねぃ・・・

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

優子の知人が カフェのギャラリーにて
3人展をしてるらしい。

手作りの ビーズアクセサリーや
「ピンシリーズ」の ドローイングや
コラージュ・ミックスメディアの 作品展
との ことなんだけど

名前 聞いて ピンと 来るのは
ビーズのみ。。。//δ⌒▽⌒//

優子の母 絹子さんは
最終日の 水曜日に カフェに 行かれるとか。

私は どうしようかな、と思いながら 
雨空を 見上げて みたり。

今日 ずっと どんより してた。
昨日も。

部屋干しの 洗濯物の 臭うのが イヤで 
慌てて
除湿機の スイッチを 入れて みたり して。

でも 最初から 入れて ないと 
遅いかなぁ。。。なんて。

週末あたりに ドカンと 暑さが 戻って 来るよ
なんて 
午前中の テレビ番組にて。

週末で もう 8月が 終わってしまう。 
早いね。

小学生は 夏休みの 宿題に
追われて いるのだろうか
と 思って みたり。

そう言えば、午前の テレビで 聞いた話。
今 流行の モンスター ペアレンツ。

私は ドラマ、見てないけれど、
とんでもない 主張をする 保護者がいた、
という 投稿を
番組の 終わりに 読んでいた。

子供が カブトムシを 触る 体験を
しようと していた トキに

ある 子供の 親が
「 この カブトムシは 汚いから 洗わないと! 」

と、何と 台所洗剤だかで 洗い 始めたのだ とか。
カブトムシは 動かなく なった そうで・・・。

この投稿を 聞きながら 
何とも 言えない 気分に なってしまい
彼に 報告しよう! と。

夕方、駅まで 車で 迎えに行き、
車中で この話を すると

「 ありえないよ、 ネタだろう? 」 と、本気に せず。
うん、私も 本気に したく ないよ。。。と 思った 瞬間。

普段は 家から 駅まで
自転車で 10分程度 なのだが

先週 あたりに 2.3日に 渡り、
道路と 歩道を 埋め 尽くす
緑の 割れた 瓶が 散乱 してて。

タイヤで 踏んで しまったのか 
金曜日 帰宅 途中で
自転車が パンクして しまった みたい。

土、日で 直そうと したけれど 
雨模様 だったので・・・ 断念。

「 へーえ、 自分で 直せるんだぁ? 」 と 言ったら
男なら その位 自分で 出来るの 普通だよ、 
と 言われた。

最近 映画の 宣伝CMで 
チラリと 聞いた ことの あった
鬼束ちひろ の 蛍 という 曲。

映画 『ラストゲーム 最後の早慶戦』 の 主題歌だ とか。
映画の ほうには 興味 ないの だが、

ちひろさんは 以前から
好きだった。

しばらく 姿を 見ない なぁ と 思いながら 
声は 覚えてたので
CMで 聞いて 懐かしいな、 って 思ってた。

しばらく 聞いて なかった 有線を
珍しく 聴いてると
この曲が 流れて 来た。

それで 時が 止まって しまって。
要するに ツボ だったんね。 ハマって しまって。

その時も こんな 風に
パソコン タイプして いたんだけど
指が 思わず 止まって しまった。

で、 何故だか
午前中から リフレインして 仕方 無くって。

引越してから カラオケも ロクに 行って ないし
何だか 歌いたい なぁ、 なんて 思って

パソコンから 曲を 引っ張って 来て 
歌詞を 見ながら 
お昼時に 歌ってた。

何度か 歌って 飽き足らず、
今度は ギター 出して 来て
色んな 曲を 弾いてるうちに 夕方。

本当は 次回の おしゃべりCDの 録音を しようかな
って 言う テンション だったのに やれやれ。

夜は テレビで 映画 ディープインパクトを 堪能。
最初の方は 夕食の 片付けで 見逃したが

私も 彼も 見たことが 無い 映画だったので 
チャンネルを 代える ことなく そのままに して。

オリンピックも 終わったしね。
期間中は 彼の チャンネル代えが 
やたら めったら
はちゃめちゃ でしたが。

途中で 
「 あ、これ・・・ 見たこと あるかも・・・ 」 と 思ったら
「 アルマゲドンと 勘違い してるんじゃ ない? 」 と、 彼。

ああ、 そうだ、 そうだ、
確かに 話が 似てる なぁ。。。 と 言いながら 

最後まで 見て
彼が 一言。

「 おもしろかった? 」
うーん。。。と 言ってると

「 そうか・・・ おもしろかったのか・・・  価値観が 違うな。 」
どうやら 彼は 全く 面白く なかったよう。

私は 面白い って 言う 表現は 語弊が 有るけれど
以前 これも テレビで見た
アルマゲドンと 似た 展開だな、と 思って 見てた

それなりに ドップリ・・・ までは 行かなくっても
とっぷり くらいは 世界に のめりこんで 見てた。

ふと 現実に かえり、
こうして いられることは 幸せだな、 と
改めて 思った 夜。

木下 ゆきな ちゃん。 
漢字 調べるの めんどくさいから このままで
さん よりも ちゃん の イメージだけど 良いっかな?

深夜番組で 嵐のメンバーがいて 
ハバネロの料理 食べながら
ヒーヒー 言ってる。
彼女は ハバネロ 平気なんだなぁ・・・

辛い = 高血圧 って 病気方向に 考える頭が ひとつ。
辛い = 新陳代謝で ダイエットに吉 が もうひとつ。

しかし 納豆に 酢とハバネロは 試食 したく ないな・・・
と 思いながら 傍らに 小倉さんが居る・・・

小倉さん → 北京オリンピックに行ってたな → 北島
あ゛あ゛!!!

ここで 瞬時に 思い出した。
映画見てたから スマスマに 北島選手が 出てたの 
見逃したよ
。。。//δ⌒▽⌒//

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

一週間程前に なるかなぁ。
夜 寝てて・・・
朝方かなぁ? 時間帯は 忘れたんだけれど・・・

夢を見た。

拓ちゃんが 出て来た。
会ったこと 無いのにね、スケッチも 出て来た。

場所は 私の地元
母校の 小学校の 近くに コンビニが 有ったんだけど
そこの 店員さんが 二人の 立ち位置で (笑)

スケッチが 朝イチで おにぎりの 棚出しを してるの。
惣菜とかって 朝に コンビニのトラックが来て
運び入れてたり するじゃない?

棚に 出す 前の ブラスチックの 浅い 箱が 
コンビニ内に 積み上げられて居て
それを 取り出して 並べてた。

拓ちゃんは レジの辺りに 居たんだったと 思うな。
私が 店内に 入ると スケッチが 開口一番

「 あ・・・お早うございます、もう 朝ご飯 食べました? 」
って。

私は何故だか それには 答えずに
別の 話題を 振って 会話 してた。

「 まだ 朝食を 食べてない 」 って言ったら 
きっと スケッチは
まだ 棚に 出してない おにぎりを くれるんだろう 

って言うのが
解った

でも それは 売り上げが 下がることだから ダメだ!
って そう思ったんだよね。

で 会話 してる うちに 
スケッチの 悩みを 聞いてる 雰囲気に なって

そこら辺で 夢の 記憶は 途切れた。
不思議な夢 だったな。

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°
人気ブログランキングへ
↑ポチッとな~☆↑


|

« 立秋の赤とんぼ | トップページ | 夢のパンプキン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: シシリアンライス:

« 立秋の赤とんぼ | トップページ | 夢のパンプキン »