« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »

2014年7月

2014年7月31日 (木)

リード

Img_4602


Img_6103_1


Img_6103_2

擦れ違った何かを探しましょう
ココナツの似合う丘
飲み物に入れることに飽きたから
ヤシの実を探すことにしたの
葉が護ってくれるのは陽射し
落葉の頃に落としておけば良かった枝が
細かく重なり合って 行方不明になる
薪みたいに
そう 例えば キャンプファイヤーみたいに
組み込んでみたら
何かが 変わるかしら

滴るのは汗ではなくて 昨夜のアルコール
オカシイわね 塩と果実の記載しかないのに
私は何に酔ってしまったんだろう
えげつないコマーシャルを眺めながら首を捻れば
いつかの肩凝りを 思い起こす風
そよと哭けば もっと可愛らしい蝉が
ゆっくりと転寝をした

目覚めないの
ちょっと違うの
私が思っている音が
何時まで待っても 聴こえてこないもんだから
調子を崩したわ
例えば 柔らかなタオルならば
この違和感を 拭えるかしら

擦れ違った何かが
首筋に絡み付いて 離れない
まるで ロープで 縛られた風
そよと笑えば とても可愛らしい犬が
リードを外して やって来る
噛み付かないように
噛み付かれても 構わないように
指先を そっと 出すんだわ
そう ゆっくりと

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

写真 みゅうメンバーになると貰える「虹の欠片」略して「アレ」
プラバンに色付けをしてレンジでチン♪

マンマーローザ マンゴー味は みゅうメンバー砂名プレゼンツ
夏はマンゴー味が人気だよね

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

●8月24日 土曜楽市へ すずこが い~く~! 

10時~15時 糸魚川街なか 
クラフト・コレクション市・野菜・うまいもん市 開催★

場所:本町通り(雁木通り)
糸魚川駅を背に海方向へ歩く・・・で、この辺り(笑)

展示予定 詩誌みゅう・かご・ブレスレッド・ゆびわ・ストラップ 全て手作り!
プラス 最近読んだ本(笑) こちらは中古でございます~♪

土曜楽市 詳細はこちらから

当日は歩行者天国ではありません
アーケード下にいるすずこを探してね♪

詩の発表場所あります
自慢の絵・写真を披露したい方にもおすすめ!

ワタクシすずこが編集している手作り詩誌
ポエムサークル「みゅう」

仲間になり購読いただくと
ボツなしで冊子掲載 & CDトーク → 全国郵送★
見本誌もあります。読みたい方も連絡くださいね。

以下に本誌の写真・詳細を紹介していますので
クリックして御覧くださいませませ~☆

ミュウ 221.222号 完成♪ 

すずこのリンクはこちらから


~いつかの すずザレ~ 藤鈴呼の戯言
過去作も織り交ぜてUPしていきます☆

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

久々に パスタを 食べたくなった日
最近 きのこが 常備してある 冷蔵庫から
まいたけ しめじ えりんぎ あたりを 取り出して
鶏肉や おくらだったか パプリカだったか
何かしらを入れて
昔 購入してあった 缶のミートソースで 味付けし
完了☆

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

コロッケや ハンバーグ
一つ 手をかけるのが 面倒で
余り 自炊では やらないメニュー。

思い立って 実家で 何時も 食べていた
俵コロッケを 作成。

普通 惣菜コロッケなんてものは
平たいのだけれど
実家では 何時も 俵型で ゴロンとしてたんだ。

そして 和風ハンバーグにも 挑戦。
大根おろしや 生姜を擦ってから
醤油風味で 少し 味醂(みりん)を足して ソースにして
絡めたら 美味でつた☆

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

石には 不思議な力が 有ると思う
ナイナイかな テレビで見たんだけれど
好きな人を 思い浮かべて撫でてから持つと 軽く感じ
嫌いな人を 思い浮かべて叩いてから持つと 重く感じる
そんな石が 有ったり
触ると 腹痛を起こす石が 有ったり。

石にも 意思は 存在するのか?!

そんな私は 腹痛と 戦いながら テレビを眺めて居た・・・
もしや ピロリ菌? なんて
日本人は 常備している菌なのだとか?

中々 良く成らず 胃炎は 最高潮で
久々に 薬漬けの日々を 送って居たり・・・

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

駆り出される風に
わざわざ 出掛けなくっても

此処に 小さな 倖せの種
一つ 一つ

芽吹く様に
慈しむ如く

大切に 育て られたなら

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

妹の 誕生日プレゼントに
何が 欲しい? と リサーチした バースデー当日から
恙無(つつがな)く 日々は 流れ・・・

ようやっと 昨夜 宅配便にて 無事に 届いたらしい。。。
グラタン皿が 欲しいのだと言う 彼女。

そっか・・・ 昔から お前
グラタン 好きだったよなぁ・・・ などと 思う。

実家では 少し 深めの
小さな船の様な形の皿 (伝わるかしら・・・) が
グラタン皿の 定番として 使用されて居たのだけれども
東京インテリアで 漁って見たところ
そんな形のものは 一つしか在庫が無く
しかも 白い皿の下裏が 黒く汚れて居た為 却下。

仕方なく 良く レストランや デリバリーで 出てくる
平円薄皿風のものを 二種類チョイス。

まぁ 二組ずつ 四皿 有れば
一度にチンしても良いし
翌日に 回すコトも 可能だしねぇ・・・

そんな訳で 私も 久々に 
グラタンも 良いなぁ。。。 なんて 思ったりして

嗚呼 自分の分も
購入しておけば 良かった・・・

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

かもめのたまご 夏バージョンの 桃味を お土産に
久々に 麻衣に 逢いに行きたいな と 思い
メールを してみたのだが
恐らく 二階に ケータイを 置いて 居るのだろう・・・
音沙汰が無いのは
パソコンから 送信したメールが
麻衣の ケータイに 届いて無いからでは 無いと 思うし・・・

宅電も かけて みたのだけれども
途中から 転送の音に 成った風で

嗚呼 この番号で 合ってるよな? なんて
思いながらの 昼下がり。。。

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°
人気ブログランキングへ
↑ポチッとな~☆↑



2014年7月30日 (水)

SummerBlue

Img_7163


Img_7164


Img_7165


何処まで進めば「遠く」なのかを考える

1.あの道は通ったことがある
2.角の公園は行ったことがある
3.1キロ先の家から散歩中の犬に吠えられた

逃げ込む先は固い建物が良いと考える

学校か
家族の勤める会社か
買い物に出かけたショッピングセンターか

未だ「遠く」じゃない

自分を知らぬ誰かの住む場所
誰かも住まぬ土地
土地でもない何処か

この町に求めるものは何もない
ならば隣の町か 県境か 国境か
何処まで進めば自由になれる

命題は続く

十字路を過ぎた先に見えた雑草がやけに気になって
その先に進めない
タイヤはパンクしている
自転車を押す手が震える

怖いんじゃない
汗だと信じた粒が 赤い発疹だったから
ほんの少し 魂を 抜かれただけ
直ぐに 戻るから
ねえ 待ってて

低い声が アスファルトに乱反射して
自らの耳に戻る
手の震えは止まらない
何故 何故
留まらない

最近は誰のお葬式も出してはいないのに
目の前に鴉の群れが見えているみたい
声だけが不思議に響くのね

地に足を付ける感覚を忘れたから
今夜は ウォーターベッドで 寝てみようか
パンパンに干したシーツが熱くて
きっと 夢に 誘われは しないんだわ

ゴムに貼り付けた 間に合わせのボンド
小指を繋ぎ合わせるみたいに
カラメルの代わりにつけた マニキュア
応急処置 これで 合っているかしら

呟きが 煌めきと 交わり
ゆっくりと 進み始める

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

写真 場所はこちら

●8月24日 土曜楽市へ すずこが い~く~! 

10時~15時 糸魚川街なか 
クラフト・コレクション市・野菜・うまいもん市 開催★

場所:本町通り(雁木通り)
糸魚川駅を背に海方向へ歩く・・・で、この辺り(笑)

展示予定 詩誌みゅう・かご・ブレスレッド・ゆびわ・ストラップ 全て手作り!
プラス 最近読んだ本(笑) こちらは中古でございます~♪

土曜楽市 詳細はこちらから

当日は歩行者天国ではありません
アーケード下にいるすずこを探してね♪

詩の発表場所あります
自慢の絵・写真を披露したい方にもおすすめ!

ワタクシすずこが編集している手作り詩誌
ポエムサークル「みゅう」

仲間になり購読いただくと
ボツなしで冊子掲載 & CDトーク → 全国郵送★
見本誌もあります。読みたい方も連絡くださいね。

以下に本誌の写真・詳細を紹介していますので
クリックして御覧くださいませませ~☆

ミュウ 221.222号 完成♪ 

すずこのリンクはこちらから

~いつかの すずザレ~ 藤鈴呼の戯言
過去作も織り交ぜてUPしていきます☆

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

ずっと未来のコトばかり

心配しても 仕方無いけれど

昨日の 特集を見ながら

年金について 

何も 知らないんだなぁって

ちょっと 反省した

ちゃんと 解って無ければ

イケナイ世界に 居た癖に

知った気に 成る事実が

多過ぎたんだね

★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

1度 聞きに 行こうと 思う

今日の 電話じゃあ

ちゃんと 手帳を 持って行かないと

解らないって 言われたし

何よりも 職歴が 変わっていると

面倒なんだなって

実感したから

★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

星空を

本気で 綺麗だと 

実感した 君へ


都会 暮らしだから

暗い 瞳で 呟いた

満天の 星空なら

見えないだけで

ビルの陰に

隠れて 居るのにね

★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

かまどうまの 出現も

たまには 嬉しく 成るでしょうか



やはり 蛙の 鳴き声くらいで

勘弁して 下さいよ


目の前の 牧場で

牛が もーもーと 鳴く

あの頃 冬は 寒くて

      夏は 暑かった



とうもろこしが 夏に生え

冬には 枯れて しまったからね

°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

煩いなって

全てを シャットアウトしてた自分

そんな 皮肉な 過去を 思い出しては

物語の 主人公に

同情して みたりして

★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

一つは はちゃめちゃな ストーリー

若いからこその 発想?

組み込まれてく 雰囲気は

否めない

大人の世界だって

冷たい視線で 生きられるのは

しなびた 子供だって

一緒なのかも 知れないよ

°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

自分の 言葉ばかりに 埋もれて

どんな 返しにも

本気で 怒ったり 嘆いたり しなかった自分

自分の モードばかりを上げて

嗚呼 今日も 終わったなって

スッキリとする 気分が有った

モノ書きは 他人の言葉を 読まないの?

其れは パクって しまうから?

★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

妄想の世界から 脱出できぬ人間は

物悲しいのだろうか

現実逃避だと 茶化す瞳に

真実は 見えて 居るのだろうか

★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★
人気ブログランキングへ
↑ポチッとな~☆↑


ジャストフィット

Img_7007


Img_7180


Img_7183


別にお店の名前と掛けている訳ですからね!?

ってことで、フェルエッグ大感謝祭 一日目が終了し
超汗だくで帰宅していた時のこと

お店の前に群がる人達を眺めながら軽く頭を下げて
走り出した刹那、何か違和感があったんだよね。

明らかに埋没凸凹道を走っている感覚~♪ とか
余裕ぶっこく暇もなくってよ

え゛、あ゛、これ、イッちゃってるわ。って
嫌でも気付いたって言う。

仕方ないから信号待ちから旦那に連絡して
そのままGOスバルン♪ とか
謳っている余裕もね゛ぐっでよ゛!

ガラララン グラララン 言いながら走ること数分
漸く辿り着いた訳

ディーラーって土曜休日だっけか? と
軽くドキドキしながら乗り込んだら
いつもいる綺麗な受付女性が
丁度 入口近くにいて 目が合った

以前 修理なんかでお世話になった男性も
車で戻って来たところだった

え゛、あ゛、な・何でこんなクソ暑い日に
パンクなんかすんのよな! とか
誰にキレたら良いのか分からぬ表情のままで
修理を乞う

釘なんか踏んずけっと 円状の穴になると思うんだけど
内側が見事なまでに裂傷している印象なのよね

こりゃ、何か 金属片 踏んだべや?
絡めたまんま 走行しちまったね
なんてことで 取りあえずスペアタイヤへ変更

マルシェ後だから トランク内には 通常荷物の他
手作りグッズが しこたま入っている
ヒーヒー言いながら 掻き出して タイヤを取り出す

そのスペースに裂けたタイヤを入れて 閉じるんだが
当然 通常タイヤの方が スペアより大きいモンだから
上手くハマらないのね

微妙に浮いた車内を ビミョーな気分で眺めて帰宅
旦那は「何を踏んだんだよ」 とか 超不機嫌だし
しっちゃかめっちゃか

このタイヤ、四本組で取り寄せたのよね
旦那が必死こいて ネットで探してサ
だけん、拘っていた上に 買ったの去年だからサ
約一年でお役御免になった訳よ

タイヤには矢印も付いて居て 左右も決まっている
普通はどれ履いても良い位のイメージなんですがねえ
駆動タイプと溝の減り具合で
「今回は何処にする?」 って感じで(笑)

同タイプのタイヤは 既に古いので 製造年重視で
番号が新しくなっている同系統のタイヤにするのか
一本だけ新しくって性能が違っても仕方ないから
三年以内であれば良しとして 同タイプのタイヤにするか
暫し悩む

んで 色々あーだこーだ検索して いよいよタイヤゲット!
届いたんですよ
配送の男性も「盗られんようにね 危ないそい」とか
丁寧に言ってくれたりなんかしてね

扉の前まで持って来てくれたのを 
一度 レガ子の近くまで移動してもらって
さてトランクに乗せっぞーっ! って
気合入れて持ち上げたら 超軽いの何のって
肩抜けっかと思ったわ(抜けませんて)

ホイルの有無って大きいのねー。
ってんで 件の「タイトルと見紛うネーミングのお店」へ赴き
まずは組替してもろた
初めて見たわあ。 

ただのゴム輪になった裂傷タイヤを持ち上げたら
トナーみたいに黒い粉が ドバーッと落ちて・・・
と思ったら 超細かくなったゴムやったわ(笑)

このお店の男性、レガ子から降りた瞬間の第一声が
「あれ、前にも来たよね?」
うん、一昨年かな、今日で二回目。

私って何か顔 覚えられ易いんだよねぇ~
なんて思う。 悪い事 出来ませんがな(笑)

ホイルを留めるのに 接着剤とかではなくって
鉛の重り? みたいなので挟むようなイメージなのよね
タイヤの側面に可愛らしい銀歯が並んでるイメージだわ
ちゃんと一つ一つの四角い断面に 10g とか 5g とか
重さが書いてあんの(笑)

一番端の5g重りを木の先のようなもので押し込みながら
「くっついたかな~? 暑いからな~?」 なんて言っていたな
その後は自力でタイヤ交換

以前さ、矢印方向を間違えていたからね
パンクしたのが助手席リアタイヤだったんだが
運転席側と一度交換してからの作業でしたので
二度 楽しめタ。

タイヤ交換分は代金サービスしていただいて ラッキーっ★
皆さん タイヤ交換は ジャストでヨロシコ★(回し者か!)

そりゃ、勝手にジャッキアップしてくれたり
押すだけでボルト締めてくれるのは大変便利だけれども
やっぱね、十字レンチと自力ジャッキアップせな
タイヤ交換した気にならんやろ?

帰り道、そんなん力説しとったけど ぐったりしてた旦那からの
相槌は よう聞けんかったわあ~。

って言う写真があるから クリックして眺めてみそ♪

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

詩の発表場所あります
自慢の絵・写真を披露したい方にもおすすめ!

ワタクシすずこが編集している手作り詩誌
ポエムサークル「みゅう」

仲間になり購読いただくと
ボツなしで冊子掲載 & CDトーク → 全国郵送★
見本誌もあります。読みたい方も連絡くださいね。

以下に本誌の写真・詳細を紹介していますので
クリックして御覧くださいませませ~☆

ミュウ 221.222号 完成♪ 

すずこのリンクはこちらから

~いつかの すずザレ~ 藤鈴呼の戯言
過去作も織り交ぜてUPしていきます☆

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

傷付く為に 産まれた訳じゃ無い と 

歌う けれども


傷付かないこと が 最高だって 

訳じゃ 無い



他人の 痛みを 知れば

思い遣れる 心が 育つと 言うけれど


果たして

分かち合う 必然性は 存在するのか

と 問われれば

首を 捻るしか

術は 無いのでしょう



たまに 青い空を 見付けると

嬉しく 成る


たまに 白い雲を 眺めると

不安に 成るように



ビルの 窓に向けて

ホースを 高く 持ち上げて居る

看板に 放水しても

綺麗に成る 筈は 無い


濡らせば 一瞬 ダケ

汚れが 取れた気が する


全て 錯覚 なんだよね

★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

聞き分けの 良いのが

正しい事とは 限らない


たまには 反抗 しなければ

成長期の 子供ならば

不安に 成るんですよ



ずっと抑えて居たから

爆発して しまったんだね


何時だって 責められて

可哀想だった


風船 だって サ

中身の水素が 多過ぎたなら


泡 吹いて

下がっちまうんだってね

★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

私ならば

同じ 立場に 立った瞬間


言われた 相手の気持ちを

少しでも 考えられる

少なくとも 貴方よりは

★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

完全に 八つ当たり してたんじゃあ 無いかと思う

確かに 私に 非は 有ったけれども

°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

マシーンに NON と 言われれば

諦めて クリックを 押すのだけれど

★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

人間だからね

ミスは するのよ


ミスを した時に

謝ったらば

謝るなと 逆ギレされ


反抗の 台詞

幾らでも 吐けるけれど


思うんだ

人に 対してしか

言葉は 遣いたく 無いよなぁって

★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

今回の 件は

100パーセント

私だけ が 悪いのですか


貴方は 今まで

一つも ミスを

犯さなかったのですか


一番 困る人は

私でも 貴方でも 無い

その 商品を 使用する

患者さん なんだって こと


だから

怒る電話の 時間よりも

手配する為の 電話の為に

即刻 切るな

私だったならば


そして 後から

自分も 気を付けて 無かったけれど

入荷した 商品は

逐一 報告して 欲しいって

言うんだろうな

★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★
人気ブログランキングへ
↑ポチッとな~☆↑


斬新ダンシング

Img_7167_1


Img_7167_2


Img_7167_3


ペラペラと捲る領収書
最後のペイジで立ち止まる
余白に非ず
白い紙が もう 残ってはいないのだ

束が揺れる
ボールペンの先
華麗な花びらでも 付属されていたなら
暇つぶしに 視線を泳がせることも
なかっただろうに

言い合いが筒抜けの町
従量制だから イケナイ
鞄だって そうだろう
マチが少なきゃ 物は 入らないんだ

多かれ少なかれ
片手が塞がってしまうならば
大きい方が良い
小さなお前の心ごと詰め込んで
いっそ 踊れ


ざんしん だんしんぐ
ザンシン ダンシング
ZANSHIN DANSING
きっと たのしいぜ

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

写真一句 
丑の日に マックスバリュで 買いました

以前 旦那がゲットしたと言う スーパーの前で
特別コーナーが 設けられていたので 早速ゲット。
白焼は 残り少なかった! 

そして 準絶滅危惧種の報道があった後からは
値段が上がったのかしらん、なんてことも思う。

帰宅した旦那に「これ、お幾らだったと思う?」と質問したら
半額ほどの数字が出て来たからね 

特設コーナーでは
「まずはニオイから客ゲットン法則」で
その場で鰻を焼いており、昔話を思い出す。

これなら ニオイだけで 
白米をも 食べられるかもしれないな、なんて 思いながらね。

身は柔らかく ほろりと食べられました。
他の鰻との差を 歴然と述べられる程
ウナちゃんに 精通しては おりませんけれども
美味しかったのは事実! 

幸せを閉じ込めて 眠った布団をひっぺがし
洗濯機で ぐぅるぐる、これから干そうとしてる朝

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

実家時代、近所のオジサマが
早朝・夕方マラソンしている姿を良く見かけたなあと
思い出しているけれども、
暑い時に走るのは 命の危険も伴いますよね。

何故 暑いのに 走るのか!? 
天邪鬼なのか、暑い時には熱い茶を理論なのか、
理解に苦しみます。

ならば 夜ならば良いかと言えば
それも危険な気がするのは 男女差も あるのでしょうか。

雷に向かって行きたいような 求心力を 感じたりして
皆が怖がる中で 見とれていた思い出が ありますが、
まさか 花火に向かって 走るのか!?


隅田花火は 無事にリベンジを 果たしたそうですね。
去年は まあさアナの 雨に濡れる良い女リポートが
話題になったそうで。私は見ていなかったのですが・・

ポエケットと同時期だったら
スカイツリーとともに 堪能できたのだろうか、なんて
妄想を重ねて見る夏。


花火当日は 必死でデジカメを構えて
「どうして撮影方法も角度も同じなのに 映り具合が違うんだろう」
などと 訝しがりながらも
目の前の美しさに見とれることは 忘れませんでしたが、

改めて動画チェックして見ると
打上場所が違うのかな、と 感じられてみたりしてね。

ちょっと ピンぼけの姿も 
幻想的なドラマの背景にも 似合いそう!?
なんて思うのだけれども、

いかんせん私は 両目が乱視なので
毎度 夜の運転で 信号が爆発して見えるんだった。
嗚呼 それと同じ(爆)

長岡花火、結局一度も見なかった 
なんてことに ならないように
今年は行けるのかなあ、と ぼんやり考えているけれども
旦那次第かなあ~

昨日 丁度 そんな会話をしていてね、
信濃川は大きいから 川を挟んだ対岸は
何処からでも綺麗に見えるよ、と 言われたのでした。

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

ウォッシュアウト


朝から暑いなあと思いながら 
ゴミ捨てを 完了した朝 
出掛けに 炭酸水を手持ちする癖は 
最近のもの 

神奈川時代から培ったのは 
ペットボトルを 持ち歩く仕草 
電車生活が 始まったから 
何か有った時には 水がなけりゃあ大変などと 
大義名分を 振りかざしてみるとともに 
咳き込む瞬間が 唯だ 怖いからなんだ 

乾燥した朝 会議中の喉を潤すのは 
何時だって 緑色の飴玉なのだけれどもね 
温暖化の影響もあるのかしら なんてことも思う 
日焼け止めチューブを 初めて購入したのも
この地に来てからだったなあ、と 

それでも一瞬で 汗とともに 滴り落ちてしまうから
意味ないじゃん なんて言わない 
やらないよりも やったほうがいい 
そう思わなければ 
全ての事象が 色褪せてしまいそうだったから 

ウォッシュアウトする手前で留める 砂粒のように 
ザラリとした感覚だけを 抱きしめて 
今日も 塩一粒 こそげ落とすんだ

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

詩の発表場所あります
自慢の絵・写真を披露したい方にもおすすめ!

ワタクシすずこが編集している手作り詩誌
ポエムサークル「みゅう」

仲間になり購読いただくと
ボツなしで冊子掲載 & CDトーク → 全国郵送★
見本誌もあります。読みたい方も連絡くださいね。

以下に本誌の写真・詳細を紹介していますので
クリックして御覧くださいませませ~☆

ミュウ 221.222号 完成♪ 

すずこのリンクはこちらから

~いつかの すずザレ~ 藤鈴呼の戯言
過去作も織り交ぜてUPしていきます☆

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

誰かの 恋話を 聞くうちに

段々と 自分の過去を 語り出して みたりして


それが 笑い 話でも

悲しかった 苦しみでも


全てが 事実だから

繕いも せず

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

ヒーター 全開にして

思い切り 汗を 掻いてる


熱いから 空気の 入れ替え なんだって

無理に クーラー 同時 進行


下げれば良いのは 悲しい空気

上げたい思いの 心の温度を

斜め 手前の 角度に寄せてく

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

きっと 約束をするから 辛くなる

何も 期待 しなければ

夢を 見られる

自己満足な 夢を


潜在意識の 奥で

未だ 眠れぬと 呟く素振りは

布団の中に 鎮めて 鎮めて

朝日を 浴びて 立ち上がるんだ

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

インスタントの コーヒーだけど

小さい 瓶だけれども

モカ味を 開けた


彼女が 今日 予告通りに

パック牛乳持参で 出社して来て

それ見て 僕は 大笑い

そして 埋もれた コーヒー乳牛♪

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

何故か 社長が スキーに行く為に

休んでるのだと 誰もが 知ってて

メーカーの 人とかに

聞かれて 応えに 窮した 朝


言って いいものか

でも 営業の人も 言ってるし

やっぱ 良いよねぇー


それにしても 今日は良い

スキー日和に 成ったんだろうな

会社で 外を 眺めたら

暖かいよな 気がしたけれど

どっこい 外は 寒いんだよね

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

夢の中でも

貴方に 会いたかった日


実際の シーンなど

遠すぎて

連想できない


だから

自分で 連想し過ぎて

益々 眠れなくなって しまったんだ

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

あたしも 緊張してた気がする

彼女が来て 少しだけ空気が 和らいだ

告げた 言の葉は 本当

だって お姐さんには 成れないけれど

あたし 彼女に 似てるんだって

話だらけで しってる 姉ちゃん

あたしの 妹は 元気だろうか

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

何処かで フォローする 癖が 付いた

いつでも 笑顔 絶やさぬ風に 心掛けた

明るいねって 言われる度に

ダークネスな 部分を 隠して

其れは 自動的に

七変化した

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

何時も 僕の 口にするセリフに

わかりますよ って 相槌を 打って 呉れてる

其れが とても 嬉しくて

振り返れば 馬鹿なコト だらけで

おちゃらけて ばかりで

そんな 私 だったっけ

今も 過去も 昔も 全て

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★
人気ブログランキングへ
↑ポチッとな~☆↑


2014年7月29日 (火)

青海花火 雨天決行 2014.7.27

45_1


45_2


45_3


青海花火 雨天決行 2014 7 27
動画です。上記をクリックして御覧くだされ~☆

面白いのがね、同じ場所で同じ角度で構えちょんのに
ぼやけてみたり クッキリ花火が映ってみたり。

んもうっ♪ デジ・カメ子ちゃんったら 気・ま・ぐ・れ・さんっ♪
って言うね。

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

●2014.7.26 フェルエッグ大感謝祭●

<かご>

藤鈴呼の手作り倖せ籠・フリマ出没時に会いましょう♪

参考レシピ★蛙屋 レシピ了承済★
材料は紙バンド 

カゴのサイズ目安 長さ14.5 幅8 高さ6センチ
すずこのアレンジ★持ち手★しあわせのクローバー★うさぎバージョンも♪


1 すずこのしあわせカゴ・クリーム1号 
これを作っちまったがために 紙バンドの取り寄せライフが始まった(笑)

14 すずこのしあわせかご・お抹茶いかが 
お茶は詳しくないけれど 玉露はやはり美味しいと思うのね~♪

16 すずこのしあわせかご さくらんぼ 
幸せの四葉がサクランボ色にほんのり染まりス・テ・キ☆

45 すずかごキャッツ・黒猫のワルツ 
同タイトルのブログ著者 ルカさんをイメージして!? 
黒猫はみゅうイメージキャラクターでもあります♪

46 すずかごキャッツ・ラブキャッツ 
可愛らしい色合いでまとめてみましタ☆ 
ピーンと張った尻尾が自慢♪


かご写真
他のかごショットは上記クリックで見てちょうだいましっ!
取りあえず、初日お嫁に行った すずカゴを ご紹介しました~っ。

土曜日、糸魚川は36度だったらしい。
何でも富山は38度越えだったとか!?
そして私はアクエリアスの飲み過ぎで肥えた

かと思いきや 何となく腹の浮き輪が減ったような気がするんですけどね?
腹も減るってんで 再び元通りですが、何か(爆)

フェーン現象の地ですから仕方あるめぇ なんて
口笛ふけるようなほどであれば 何とか耐えられそうなのですが♪ 

ブレスレッド作成しながらのマルシェでは、ゴムをつかむ手も汗だくで 
結ぶのに四苦八苦(爆)

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

詩の発表場所あります
自慢の絵・写真を披露したい方にもおすすめ!

ワタクシすずこが編集している手作り詩誌
ポエムサークル「みゅう」

仲間になり購読いただくと
ボツなしで冊子掲載 & CDトーク → 全国郵送★
見本誌もあります。読みたい方も連絡くださいね。

以下に本誌の写真・詳細を紹介していますので
クリックして御覧くださいませませ~☆

ミュウ 221.222号 完成♪ 

すずこのリンクはこちらから

~いつかの すずザレ~ 藤鈴呼の戯言
過去作も織り交ぜてUPしていきます☆

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

● 夜の雨 四十万(しじま)に響く 哀愁に 全ての過去を 洗い流す火

解説 : 台風の近づく この夜半、

      眠れぬ深夜に響くのは、夜の雨音だけでしょうか。

     そんな時には 好きな音楽を聞きながら

     灯火(ともしび)と化した過去を洗い流したい程の哀愁さえ 

     感じさせられます。


●雨音も 消してくれない 空腹は 食材にしか 癒されはせず

by わかりやすいバージョン

●詩人とて 「何時か死人に成るのヨ (-_-)゛」 と 嘆くばかりが 人生で無し

by 前向きでしょ?(●⌒∇⌒●)


★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★


○ 何時 見える? 薔薇の花びらバラバラに 思考回路も もはやズダボロ?!


○ ギター弦 最近 触って無い様な 酔いも そぞろに なりにけるかな


○ レスかなぁ? 楽しみにして紐解くは 最後の詰め迄 見覚えが有り


○ 質よりも 量と豪語し 過ごしつは 過酷 極まり 無き 閉じた世に


○ 久々の 三日 連チャン 予定入(い)り 嬉しいんだか 悲しいんだか

         by だって 面接予定だから。。。爆死


○ 努力だと 信じない事 ひたすらに 自然に行を 成せる神業

         by それが なかなか 難しいんだってね。。


○ 借り物は きちんと返す必要が 有るよ 盗みは イケナイのヨ! と。

         by 財布から札抜かれた苦い過去が。。。


★。・::・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★

台風が来たね

僕の町では 洪水だったよ

気づかずに モーターボート状態だったんだ

朝に ゴミ出しを したんだけどね?

車が 波を 運んで行ったんだよ ――

★。・::・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★

○ 仕上がった? 他人(ヒト)の心配してるより 就職 早く 決めなきゃと焦ふ

★。・::・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★

○ 成りたいと 焦ふ虫 それは キリギリス? 

         我が家に巣食う 其れは蜘蛛サン(-_-)゛


  by クモもカマドウマも でぇっ嫌ぇ だぁぁああ~~~ (絶叫)

★。・::・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★

人も 物に 成るでしょうか

昨今の 感情の無い 笑顔や

慌しさの中に

どれ程の 安らぎが

隠されて 居るのでしょうね。。。

★。・::・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★
人気ブログランキングへ
↑ポチッとな~☆↑


遠くへ

Img_7145


Img_7146


Img_7148


百日紅が咲き始めた地上は非常に暑く
閉口することも許されぬほどに膨らむ
ペットボトルを握りしめて 叫ぶ
薄く気化した炭酸を 追い駆けては
呟きの友と語らう 夢の中

背繋げに啼く鴉の群れが
まるで 白鳥の如く V字に広がる
坊や 大きくなったら 何処へ行きたい
問いかけた台詞が 湖の奥へ 沈んだ

忘られるなら 遠く 空の向こうへ
あの 飛行機雲を 追い越せるくらいまで
舞い上がって 踊れ
白鷺の花のように 象られた花が浮かぶ
水面に口づけるのは 干からびた 鳥の嘴

憂いの刃よ
切っ先を掠めたのは 緑の葉たち
大きすぎて 傘の花をも 包み込むくらい
そのまま 静かに 影を閉ざして
見えなくなるくらいまで

夕餉の時刻が近付けば 聴こえ始める
蜩の かなかなかなかな
タイピングの音と 何処か 似通っている
唇の端を歪めながら 自嘲気味に微笑う 
あなたの表情にも 似ている

照り付ける 焦れた灰色から零れだす光
歩いてみても 足跡を探しても
全てが 繋がって行くことが 滑稽で
抜け出せない トンネルの向こう側
爆破する程の勇気は ない癖に
朝焼けまでは 待てないのだから
月の女神に 少しだけ 心 救われる

一枚 二枚 数え始めれば キリがない
遠くへ 行きたいけれど
船が 見つからないの
壊れたオールを抱えながら
唯だ 泣いている
とても 静かな声が 聴こえる

かなかなかなかな
変換できぬ程の 高速で認めた文字の向こうに
隠れてしまうくらいの
小さな つぶやき

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

写真の場所はこちら

詩の発表場所あります
自慢の絵・写真を披露したい方にもおすすめ!

ワタクシすずこが編集している手作り詩誌
ポエムサークル「みゅう」

仲間になり購読いただくと
ボツなしで冊子掲載 & CDトーク → 全国郵送★
見本誌もあります。読みたい方も連絡くださいね。

以下に本誌の写真・詳細を紹介していますので
クリックして御覧くださいませませ~☆

ミュウ 221.222号 完成♪ 

すずこのリンクはこちらから

~いつかの すずザレ~ 藤鈴呼の戯言
過去作も織り交ぜてUPしていきます☆

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

幾らの大金を手にしても 生きてる間に 使えない位の

お金だったら。


    ~ それなら要らないと アナタはいえますか・・・~

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:

大金持ちになっても 1つの愛も 感じられない人生だったなら。

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:

何か 楽しい事があったのか 思い出す ヒマも ないほど。

「おめでとう」の たった一言

それは 私に告げられた モノでしたか・・・?

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:

ごめん 読み方が 分からなかったんだ。

君が 僕に分からない言葉を使う度に

此の 脳細胞は 活性化を 繰り返す

そして 原子のように 分裂を始めて

僕という クローンが 出来上がるんだ。

そろそろ 時間だね DNAに 薬をやろうか

白い粉を混ぜて ガムと一緒に 飲み込むんだよ。

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:

あの人は 元気かい? よろしく伝えといてって

自分で 電話をかければ 良いのにね。

ケータイ料金がかさむとか

そんな みみっちいハナシを してるようだけどさ

現実問題 そういう瞬間だって 有るんだろう・・・?

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:

「もう 体年齢は 60歳です・・・」 と 暗い声で言ったら

普通は 笑われて コケに されるのに

あの人は 真剣な顔で ボクに 言いました。

「そっか・・・オレと おんなじなんだねxxx」 って。

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:

あたしが やめる理由を 知りたい?

今 さっき 気付いた 事。

例えば シャワーを浴びようと思って 裸になっている時に

五月蝿く鳴り響く ケータイ電話は

一瞬 眺めてから 投げ捨てるよね(笑)

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:

あの人の番号を チェックしたけれど

どこに メモしたのかも 忘れてしまったし

出来れば二度と 出たくは無いのだけれど

なんか 良い方法 思い付かないかな・・・

大切な あの人からの 待ちわびたコールが

なかなか鳴らないのは バチが当たったのかな。

どうして機種変って こんなに高いんだろうね。

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:

僕は今 インターネット喫茶に来ている

こんな試みは始めてで 少々緊張している様な気分も否めない

だって いつものお星様のマークが

ここでは出て 来ないんだよ

ねぇ それって

とっても寂しい事だと 思わないかい?

ついでに言うと ちょっと キーボードなんかの勝手も違って

正直言って 戸惑っているのかも知れないんだよ

いつもの様に プリンタ用の メールも開けないし

ここは やっと 見つけられたのだけれど

そうだねぇ・・・ 僕宛てのメールなんかが届いていたら どうしようか?

ついでにここは 24時間営業みたいだ。

あの人から電話が来るといけないから

僕は こうやって 目の前に携帯電話を置いている

そろそろだよって 脳が告げる

僕の脳細胞は 本当にどうかしていて

そうだね君は 取り替えない方が 良いのかも知れないよ

それは おすすめ出来ない 何故って・・・

それは 君が一番良く 知っているだろう

僕のミトコンドリアの中身を栽培出来るならば

あの鉢植えの中の花びらに 語り掛けてごらんよ

きっと 芽の生える時期まで待てなくて

根っこから 這い上がって来るのかも知れないんだよ

だから・・・如雨露を持って来て 爽やかな水を撒いておくれ

そう・・・今 すぐにだよ・・・・

******************************************

手紙を見る 暇が無いんだ

あの人には 叱咤激励をされながら

いつでも僕は 言い訳を 繰り返す

いつまで待っても返信の来ないメールや

僕の 言葉に埋もれる毎日を

一体 何人の人間が 許して呉れると言うのだろう

それより何より 茶色の請求書は 見たくないよ

払えないだなんて言わないけれど

借金地獄は もう 沢山なんだ

それで 夢の世界まで 追いやられた人達を かなり沢山 知っているからね

僕は 夢現つの幻想の中で いつまでも生きて見たいけれど

神様は 僕の命を

あと どのくらい 永らえて 呉れるんだろうねぇ・・・キミ。

******************************************
人気ブログランキングへ
↑ポチッとな~☆↑


デンカウナギ

Img_5901_1


Img_5901_4


Img_5901_6


電気うなぎ、ではありませぬ。デンカ、の、ウナギ

丑の日ですね。 と言うことで!
糸魚川で有名な養殖ウナギを堪能した時のお話を ひとつ。

糸魚川に住んで三年が経過した訳ですが
ご当地うなぎを食べたことがないなあ、と思っていたんですよ。

季節は遡りまして、父の日に何を贈ろうかと 悩んで居たら
旦那が「デンカウナギにしよう!」と 思いついた。

ついでに我が家の分もゲットして初試食せん! と
一同色めき立つ。
早速ホームページで検索をし 問い合わせてみた。

注文方法はFAXだと言う。サイズも幾つかあるようだ。
電話口の女性に質問を重ねる
どうやら、うなぎには 幾つか種類があるようだ。

聞けば 「輝き」とな!

寿司なんかでも 「松竹梅」とか「彩り」とか
セット商品に名前がついているもんネ。
流石デンカのうなぎ!

でも どんな感じなんだろう、と詳細を訪ねてみる

私「ほお~っ! 輝きですか! それはどういうものですか?」
女性「タレがついております。」

私「どういうタレですか?」
女性「甘辛い味です」

みたいな会話だったと記憶しているんですけどね?
女性の声色が明らかに怪訝そうなんだよ

"お前そんな事も知らんのか" テイストなのね。
そりゃそーだ。 

女性は「カガヤキ」なんて一言もいっちょらんもん。
「カバヤキ」言うてますがな。

会話している時点で私は全く気付いてないからね

(妄想) そうか! タレがついてキラッキラして輝いているねんな!
そりゃあ さぞかし うんまいんだろうなぁ~っ

とか ヨダレ出る寸前だからね(笑)
そのままのテンションで 更に質問を重ねた

私「もう一つは どんなものですか?」
女性「シラヤキです」

私「シラヤキですか! それはどういうものですか?」
女性「・・・タレをつけずに焼いたものです」

若干 呆れ気味? の女性の声にも気付かずに
シラヤキのイントネーションも曲解していた私。

普通に言えば 横棒イントネーションなんだろうが
私は シ「ラ」ヤキ、って 「ラ」を若干アゲ気味で
復唱しよったもんね。

何かオシャレなネーミングやなぁ~ なんて妄想しながら。
漢字変換を思えば 一発だったのにねぇ~(呟)

散々聞いた挙句に電話を切った後で、
お店から注文書ファックスが届いた

一覧表を見ると・・・
「蒲焼」 隣に 「白焼」

・・・一人で大爆笑しちまっただよ

ここで終われば良かったんだがな、
店頭受け取り&支払に赴かないといけんやろ~っ!

どぼじよ゛ヴ~っ! 行きたくねえよ~っ!
と思ったけれども 背に腹は代えられぬ。
アタシャうなぎが喰いたいのだよ (食い気か!)

かくて いそいそと 店頭へ。
よっぽど 迷ったよね、 言い訳しようかどうか

(妄想)「電話口では 聞き間違えまして~ 云々」

なんて言葉を脳味噌で押しとどめたよね。
ええい、ままよ! (こいつ、馬鹿やな)扱いで良いわ!

なんつーことで、ゲットしたのは冷凍パック
(真空パックと勘違いしていた私)

味? 勿論 美味しかったわよ~ん♪ わおーん!


別名 ヒスイ鰻 
白焼きは わさび醤油が おすすめデス☆

菜箸の長さで大きさを比較してみてちょうだいナ!

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

詩の発表場所あります
自慢の絵・写真を披露したい方にもおすすめ!

ワタクシすずこが編集している手作り詩誌
ポエムサークル「みゅう」

仲間になり購読いただくと
ボツなしで冊子掲載 & CDトーク → 全国郵送★
見本誌もあります。読みたい方も連絡くださいね。

以下に本誌の写真・詳細を紹介していますので
クリックして御覧くださいませませ~☆

ミュウ 221.222号 完成♪ 

すずこのリンクはこちらから

~いつかの すずザレ~ 藤鈴呼の戯言
過去作も織り交ぜてUPしていきます☆

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

自宅に あったのか 
たまたま どこかで 眺めたのか

その 記憶は ないんだけど
懐かしい 漫画って 確かに 存在する

トムとジェリーは ネコとネズミ
テーマソングの ♪仲良く喧嘩しな♪

トームトムトム ニャーゴ
ジェリージェリージェリーチュウ★

フレーズも 曲調も 独特で 
脳裏に 焼き付いてんだ

*

自宅の 本棚に 並んでた 漫画は
サザエさん 

長谷川町子さんの名前が 横一列に
何十回も 並んで居て

本は 色あせて 彩りも 豊かで
そんな記憶が 一瞬に 蘇ったのは

彼女の訃報を 知った 瞬間だった
今でも テレビで やってるよね サザエさん

*

今朝 はしょっちまったんだ
鏡を 眺めて 終了しちまったから

ドライヤーに 逢えない君は 
少し 拗ねて 僕を 困らせた

アナタは そんなアタシを 眺めて
何か 言いたげに?

相手をする 時間は 無さげな表情?
出勤前の ひとこま

自分から 告げた
どうもー♪ サザエさんです。

「 分かってんじゃん (笑) 」
すれ違いざま 声が 響いた

*

チッチ と サリー も 定番だよね
タッパの違い ったって

弁当の 残りを入れる 容器
の問題じゃあ 無いんだよ

小ちゃい 女の子が チッチ
背の高い 
今で言うところの イケメンが サリー

ところで 何故か 私は
イケメン って言うと 

爽やかさ よりも 濃~い~ イメージが
浮かんでしまうんだよ なぁ・・・

*

最近 人気の 有るらしい 
カピバラさん

何故か サン付け
したくなってしまう キャラ

もこもこ と ふわふわ で
もふもふ する★ が

定番の 表現らしい?!
想像しやすいわよネ♪

トイプーも もふもふ してるのかな
トリマーさんに キレイにされて

誇らしげに 歩く
アウトレット内

我が物顔で 人気者だと
自覚しているよう

ショッピング・カートを 占領する
双子っぽい トイ・プードルを 見かけると

自然に 笑顔が こぼれんだ
幸せを 運ぶ ワンコだよね

*

TSUTAYA のメンバーに なった
初めてだ

以前 彼が 会員だったのだが
更新してないし 越してから 
レンタルも してなかった

ようやく DVDでも 観るかぁ
なんて コトに 成り メンバー登録

先ずは ホラー★ と 言うので
着信アリ 最終章を レンタル

想像よりも 怖くなくって
二人して 少し ブーイング気味

其の癖 観終わった深夜
独りで シャワー浴びる 瞬間

唇から 墜ちる 飴の
ポン♪ って音が 脳裏に 浮かんで
少し 身震いxxx

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

強く 太い 一本の縄

一筋縄では 行かない
これは 褒め言葉では 無い気がする

真実を 見極める 瞳と
揺るがない意見を 伝える 唇

真っ直ぐな 心
柔軟な 感情

一瞬で 破けてしまう ティッシュだって
こよりにすれば こんなにも 強い

とっても強い こよりなのに
水に濡れれば 千切れてしまう

巡り 廻って
一番 最後に 落ち着く 場所

今 居る場所が そうであったも
未だ 見つけられぬと 
心が 叫んで 居ても

目指す力を 持ち続けて 生きれば 良い
そんなことを 考えた夜

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

恵方巻なんて言葉を知ったのは
つい 最近だ

吉方 こんな漢字も 有るんだって
今 知った

ずっと 絵と書くのだと 信じて来た
存在も 知らなかった 癖に
何 言ってんだ? なんて 
怒らないでね

太巻きって 可愛い絵が
描かれたり するでしょう?

たまに 職人が テレビで
金太郎飴みたいに 可愛い絵を
披露したり するじゃない?

だから 太巻きからの イメージで
絵方巻だと 信じて来たの。

今まで 一度も 恵方巻を
食べたコトは 無いんだけどね

節分に お決まりなのは 豆まき
これも 落花生が 定番だった

大人になって 大豆が 一般的だと知り
カルチャーショック

先日 テレビで 理由を明かして居た
寒い地方では 雪に埋もれても
分かりやすい様にと 
落花生が 使用される頻度が 多いのだ、とか。

納得!_( ̄▽ ̄)ノ彡!

*

本当は 一瞬 迷った
降灰 懸念が 有るならば
今日 布団は 干さない方が 良いんだって。

でも 何故だかな
試験前に ボーリング場へ 行った
ハイ・スクール・ストゥーデントだった アタシの
悪い 癖

あれから 数日
未だ 洗車は してなくって
細かい模様が 散りばめられた様に 成っている
愛車だけれど。

今日は 天気が 良かったので
シーツも洗ったし 枕カバーも 干したので
ご機嫌 (●⌒∇⌒●)

・・・でもね。
隣で 悪い笑いをする人が 約1名・・・

先刻 スズこタクシー内での 会話

今日は 沢山 飲んだし 酒臭いし
汗もいっぱい かいたよ 

・・・(δ ̄_ ̄") ・・・風呂 入って
キレイ キレイして ください Σ( ̄□ ̄)!

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°
人気ブログランキングへ
↑ポチッとな~☆↑


2014年7月28日 (月)

フェルエッグ大感謝祭

Img_6973


Img_6974


Img_6975


7/26(土)・27(日) フェルエッグ大感謝祭☆
 
土日、お会いした全ての皆様、ありがとうございました!
全てのとりまとめに時間が掛かりそうなので
取りあえず 写真を少しずつ紹介していこうと思います(笑)

まずは初日。長机を2つ与えられ、
テントの半分スペースが すずこブースとなった訳ですが、

さて どう配置したもんだか かなり悩む。 
で、結局 いつもの感じに。

今回は「体験型マルシェ」ということで
「ビーズブレスレッド作成体験」と銘打ってはみたものの

さて、こんなに広げちゃって 一体どこで体験すんの?
みたいな状態に(爆)

んで、手持ちしたロール型のゴザでござい♪(韻)
こちらが粒ビーズ。

結局 長テーブルの下に組み込んでしまったんで
体験時、クソ暑い中で女性お二人には狭苦しい思いを
させてしまいました。(汗) 文字通り、汗ビッシリ!

ブレスレッドはこんな風に引き出し形式にしましてん♪
すずこのかごうさぎ、本日二匹ともお嫁に行きましたとも!

で、この値札らしき「¥100~」の文字ね、
二枚の紙をくっつけているの。「¥10」「0~」とね。

0と0が微妙に重なってしまうと
「¥10~」になってしまいますからっ!

たまに手が当たったりして 10円~に見えてしまうと
焦る焦る。
それじゃ流石に原価割れでしょうようおう。

あたしが割れたいのは腹筋♪って
努力もせずに胡坐欠く(爆)

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

ゼリー


こんにゃくゼリーを丸ごと飲みこむと 危ないからと
クラッシュタイプに変化してから 暫く経つが
めんこちゃんゼリーも 懐かしいよね、なんて思う
今日この頃

最近は アイスクリームではなくて
飲むゼリータイプの クーリッシュに ハマっているのだが
メロンソーダ味を再発見して
ニヤニヤしながら 衝動買いしてしまった。
しかも まとめ買い(笑)

そろそろ かき氷しゃくしゃく作成する季節だし♪ 
自宅レイコーもしたいし♪ と
めっちゃ 氷ばっか 作り溜めしているんだけど、

肝心の かき氷シロップを
いつも 買い忘れてしまうんだ(爆)

昔っから ダントツで好きなのは イチゴなんだけど、
最近レモンも良いなぁって思う。

(さっきまで 散々 メロンソーダ談義しているのに
 メロン味は 出ないのかよ!)

ブルーハワイはね、あの人工的な色合いと
舌が青くなるのが ちょっとねぇ~。
一番涼しげな色合いなんだけどね。

練乳は 中年太りが加速するので
自発的に 自虐的にならない為に
風林火山ではなくて 封印するかも(断言しろ~っ!)

今回の大感謝祭でもね、かき氷が振る舞われたんですヨ♪
じゃんけんで勝つとプレゼントされるという有り難さ!

流石に何度もじゃんけんする訳にはいかないだろう~、と
生唾飲みこみたくても喉がカラカラで
開始早々 列の途切れる隙間を狙って速攻ゲット(笑)

真夏の洗礼を受けたかのような陽射しの中
本当に 疲れたクラゲのような状態だったので
ふにゃあ~っとした脳裏が シャキッとしたのよ!

で、また暑さに侵されている頃、体験ビーズ制作中の女性お二人と
新しいかき氷に埋もれる。 味は勿論 二杯とも い・ち・ご♪

かき氷は 文句なしの一等賞で 冷たさを運んでくれるけれど
見た目が涼やかなのは 水羊羹かな

昔は良く水ようかんが届いたような思い出がある お中元 
夏だから ちょっとひんやり 心地良い 
なんて一句も紡ぎたくなるような 

色とりどりの カンテン固めも 最高だけれど 
最近になって 漸く 水羊羹もオツだよねぇ などと 
遅ればせながらのコメントを 残してみたりもする 

あんこが入っているとね ついつい喉が渇いてしまうから 
どうしたって 炭酸水が 欲しくなるのよ

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

詩の発表場所あります
自慢の絵・写真を披露したい方にもおすすめ!

ワタクシすずこが編集している手作り詩誌
ポエムサークル「みゅう」

仲間になり購読いただくと
ボツなしで冊子掲載 & CDトーク → 全国郵送★
見本誌もあります。読みたい方も連絡くださいね。

以下に本誌の写真・詳細を紹介していますので
クリックして御覧くださいませませ~☆

ミュウ 221.222号 完成♪ 

すずこのリンクはこちらから

~いつかの すずザレ~ 藤鈴呼の戯言
過去作も織り交ぜてUPしていきます☆

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

素敵な 絵に 包まれて

新しい風を 感じたい

部屋の 奥迄 取り入れたいよ

クーラーの 成す   踊りに 任せて

巻かせた 心   吸い込んだなら

春風のよに ふわふわ と

浮かぶ 月 降る  夜道の中も

迷わず 歩ける  そんな 気がして



画像と成った 君は

以前の 記憶より 大人びて 見えた

見えたんじゃ 無いね 本当に

ゆっくり 歩み   進めて 行くんだ



愛車と 寿司との ショット見て

似た 車 見て   寿司 食べながら

元気かな って  思い 出すよに

互いに 生きて  語り 合いたい

電話 何時でも ブッチ する ケド (-.-)

★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

ハクロだ と アナウンサーが 告げた 。

思わず 浮かぶ 脳裏には

歯黒 の 文字 。


いいや 、 違うよ   白露 なんだよ

未だ 草木には 露は 降らねど

季節は 確実な迄に 潤滑に

冬へと 移行を 

重ね 続けて 行くんだね

★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

著者の 名前は わきまえて いた 。

これ迄に 

同姓 別人 の 文庫 なら

幾つか 読んだが

自宅に 有るのは 知っていた

ぶ厚い ハード カバーの 

三部作 に 手を 出した 。


昨日 読み終えた 単作は 

彼女の 名に

そして 描写に 親近感を 覚えた 。


何故 もっと早くに

読派 しなかったのだろう とも 思う 。


謎めいた 終演に

少し 納得いかぬ様な

だけども

『 らしい 』 ラストの様な

不思議な 感覚も 憶えた 。

   〓 春樹 ワールドに 埋もれて 〓

         ~スプートニク~ 〓 序 章 〓 

例えば 陽の差す様 を 

木影を 中心に 描写する シーン


こんな風に 描けた世界は

空っぽの ココロ をも 満たすのだろう 、 と 。

★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

ねじまき鳥 より 抜粋


『 いやにくっきりとした初夏の日差しが、

 頭上にはりだした樹木の枝の影を

 路地の地面にまだらに散らせていた。 』


こんな 素敵な 描写が

ボクには 出来るだろうか ( 未来 推測 願望形 )


ここでは

路地に広がる 筋状の光を 連想したが 、

そうでは無い と 

慌てて 二度も 読み返す 。


乱反射する 光よりも

篭る 影の 美しさを 微妙に 捉えながらも

心は 闇を 求め 、

直後に 開かずの扉が 脳味噌を 捕らえつつも

影踏みしてた 平和な時代を 回想する 。


連結された 言語は

反復する ゴム跳びの 足元に 広がる

妄想的 な 反芻 精神 なのかも 知れない 。

★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★
人気ブログランキングへ
↑ポチッとな~☆↑


2014年7月25日 (金)

土日はフェルエッグ大感謝祭へ★

Img_6086


Img_8772


Img_8773


7/26(土)・27(日) フェルエッグ大感謝祭☆
夏のマルシェ♪ 両日とも参加予定です♪ 

すずこブースのイメージはこちら♪

今回の栞は、既にお嫁に行ったもの
ブレスレッドは 三色並べてみましたん♪
五色なら オリンピックチックだったのにねっ!?

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

栞の美しさ


しおり、それは、見えない御洒落

本を読む時、カバーをかけると安心する私
別にタイトルを見られても良いんだろうけれど

例えば電車の中で
(最近はめっきり乗る機会なんざないけどよ)

例えば食事待ちで 

読書中の私を見た人から
「あ・アイツ、今頃こんな本 読んでんねんなー」
って思われるのが 軽くシャクだって言う
尺取虫位の気持ちね。シャクだけに。(は?)
え?まだシャクある? 

こんな戯言いつまでだって続けられっけど どうするの? 
みたいな。

だが栞になると話は別だ。
用も無いのに 机の上とかに デデーンと置いといて

「今アタシ、こんな御洒落な栞使っちょん♪
 ねぇ良いでしょ? 見てミテ♪」って感じ(笑)

ブックカバーはね 一番オシャレなのは
カレンダーの写真仕立てですが、何か??
~( ̄▽ ̄~)(~ ̄▽ ̄)~

先日は初のブックオフへ。
いつも出掛ける時は本の手持ちを欠かさないのだが
たまたま忘れましてね

その たまたま の タイミングで 読み終えた本を
初めて持って行ったって言う。

「本の旅」をしても余りあるって言うね。
で、カウンターで一覧表を広げて聞いてみる

「どの本を幾らで買い取りしてくれるか知りたい」
うわー 迷惑な客ー と 自分でも思う(爆)

ちょっとした興味本位でね。
まあ以前 中古本の買い取りしていたし
雀の涙ほどってのは知っていたんですけれども
見事に 5円♪ とかね。

最近になって 中古本の割合も増えて来たのだが
母からの新刊(が 時を経て時期的には古くなったもの)も
大分ありまして。

状態が綺麗ですから これは70円です♪ とか
さも高価そうに言われて 
こ、これは 「あざ~すっ!」 とか
感謝の言葉を口にしなければならん場面なんか!?
と 暫しポカーン。

そんなもんですね。
そんなもんですよ。

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

詩の発表場所あります
自慢の絵・写真を披露したい方にもおすすめ!

ワタクシすずこが編集している手作り詩誌
ポエムサークル「みゅう」

仲間になり購読いただくと
ボツなしで冊子掲載 & CDトーク → 全国郵送★
見本誌もあります。読みたい方も連絡くださいね。

以下に本誌の写真・詳細を紹介していますので
クリックして御覧くださいませませ~☆

ミュウ 221.222号 完成♪ 

すずこのリンクはこちらから

~いつかの すずザレ~ 藤鈴呼の戯言
過去作も織り交ぜてUPしていきます☆

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

明け方

もう少し そっち
行って くれないかなあ
と 言った トキ

よく アタシが 
起きてる って わかったね
すごぉい

布団が なだれてて
壁には
二つおりの 厚い 布団が
かたまってました

寝場所 なかったんだね
ごめんね

いつも 蹴って
ごめんようおう

そして 見目 麗しい
アタクシの 放つ 鼻声(ビセイ)が
お気に 召しませんでした 様で×××

本日の 格言 一句

あのさあで 始まる会話 覚悟しろ

午前中は 
銀行  郵便局  
ホーマック ケーズデンキ まわり

金庫に 残金 未確認 封筒 放置の 昼

奥の 指定 座席が 
珍しく 埋まってるので

久々の 四人掛け 椅子を 独占
しびれるコトも 無い

座敷は 楽だし
テキスト 広げ られるし

座布団 三枚 使えるし 
便利なんだよね

でも 胡座 かけないので
何時も 足が 
しびれたり するのさあ

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

昨夜 見た テレビが
そのまま 潜在意識に 追加 されて
夢の 内容が 歪んだ と
朝に 成って 思い出した

不思議だな
実際に 体験も していない ストーリーに
翻弄されて
あたふたして しまった
アタシが 居たんだ

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

君の 言葉を 読んでから
早速 開始した 亀レスだけど
亀よりも のろのろ運転は
アスファルトの上よりも 安全だった様で
積もった 雪も もう
溶けて しまって 居るんだよ

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

鶏や 牛の 危険性を 知ってから
スーパーに 行って
手に取る 肉が 変わった
豚は 大丈夫かな
この 表示は 本当なのかな

生きて 居れば
色んな コトが 有る

この人の 言うコトは 本当なのかな
今の 感情は 本当なのかな

沢山の 犠牲を 目の当たりにして
自分を 犠牲と 思って しまえば

全てが 猜疑心と 共に
クルクルと 蠢き始める

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

あれから 四ヶ月
早いようで
長いようで

あの頃の ボクは
もう 本当に
地の底に 落ちた様な
感情で 過ごしてた

とても 楽しい
イベントだった 筈なのに

何故だろう
目の前には
大好きな人が
居る 筈なのに

積もり 積もった 雪が 原因
募り 募った 思いも 要因

全てが 殺伐として
あの 雪の 中に
埋もれて しまいたいと 思ったけれど

とにかく 掻き出さないと
外にも 出られないのと
知ったんだ

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

称えられてる 人が 居た
外国の 恵まれない 地域に
学校を 設立したり
収入を 寄付したり。

だけど 考えて 欲しい
先ずは 自分の 足元を
良く 見て 御覧って

確かに 平等な 世界の
沢山の 人間達

優しさを 何処に 持って行くかは
その人 次第 だけれども

表向き 良い 人間でも
腹ん中 黒かったなら 適わない

だからね
先ずは 足元を 綺麗にして

さっぱりとした 気分で
地に 足を つけて さ


   『 足 』

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

あなたの居ない部屋で
一人 テレビを 見ている
たまたま 点けた 画面から
恋愛ものの 小さな物語が 
進み 始める

恐らく 再放送 なのだろう
ココリコ ミラクルタイプの メンバーが
織り成す 小さな 物語に
涙 零れた

幾つかの 物語を 選定して
流して居る らしい
スーパーで 買った ピザと
牛蒡サラダを かっこみながら
一話目は 何となく 眺めて
少し 眠くなって
パソコンで ぷよぷよをして
眠く 成ったので
布団を 敷き直したのだけれども
吸い込まれて しまった 画面

二話目の内容は 夫婦ものだった
結婚して10年目の 結婚記念日に
旦那からの 贈り物が 届くのだ
就職が決まった時に
彼は 男友達と 二人で訪れて
いきなり プロポーズする
その頃から 事有る毎に
この友人が 一緒に現れて
二人の記念ショットを
カメラに 収めて居た

10年目の生活の中では
女は日々 口うるさく
口喧嘩したまま 出勤途中に
旦那は事故で 死んでしまう
葬式も終わり 部屋で一人で居ると
結婚記念日の 届け物として
その友人が 封筒を持って 現れた

10年前の プロポーズの 方法
女は ベタねぇ と 言いながら
家宅捜索をする
封筒に 「冷蔵庫の下!」 などと
場所が 指定されており
最後に ベッドの下から
指輪を 発見する と 言うものだ

今回も 同じ 方法で
手紙を辿り スイートテンダイヤモンドを
発見した妻
共に 添えられた 手紙には

何時も 喧嘩になってしまって
中々 言えないけれど ありがとう

好きな シチューを すすりながら
涙ぐむ 妻の姿を 眺めて居る
自分の姿が 連想される
と 書いてある

テーブルの上に 食べる人の居ない
もう一つの シチュー皿を置き
涙ぐむ 妻だった



次の話は 恋愛の始まりストーリー
暗い女が ビデオショップの店員と出会う
何時も 恋愛ビデオを レンタルする 女
男に誘われ 一緒に映画を見に行く処から
恋愛が 始まる

次のデートは ドライブしたい
そんなメールを 女は知人に勝手に送られ
二回目の デートとなった
男は 金に 困っており 
車など 持っては居ない
自転車で 現れて 二人で散策する道
自分と居て 楽しいと言って呉れる人と
初めて 出会ったのだと 感激する女

帰り道 会話の途中で 彼女は言う
「 わたしなんて・・・ 」
男が たしなめる
「 私なんて なんて 言うなよ  
  それなら 俺だって に なるじゃないか
  そうしたら 俺等って 駄目カップル? 」
「 ・・・カップル?! 」

デートしたから カップルになった 訳じゃ無い
付き合いましょうの 言葉が無くても
キスを したら 恋人と 呼ぶのか どうか
そんな話をした日々を 思い出しながら。

彼女の言葉に 彼は 言う
「 じゃあ クリスマス しましょう。
  誰もが 羨む 倖せな カップル しましょう。」

結局 知人と店を 開く予定だったのに
騙されて 夜逃げをした彼と
彼女は クリスマスに 会う事は 無かった
彼女は その夜
久々に 恋愛ビデオを 眺めた

現実の恋は 苦しくて 痛くて
色鮮やかだった

そんな 彼女の 言葉に 静かに 頷く 私が居た




次の話は 結婚話
四年 同棲している 32男と 29女
女は結婚したくて 男に何時も 詰め寄るが
男は 考えると 言ったまま 首を 縦に 振らない

そのうちに 女は 死んでやる と 
事有る毎に 言う様に 成る
自殺騒ぎ 23回目は 
マンション二階からの 飛び降り。

結局 彼女の狂言によって
男は 結婚を 決意する と 言うもの。



この 幾つかを 眺めながら 過ごす 
土曜の 午後

彼は ボードに 行って居る
もうすぐ 帰って 来るのだろう

私も 結局 昼寝を しないまま
こうして タイピングを 重ねて 居るんだ・・・

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°
人気ブログランキングへ
↑ポチッとな~☆↑


2014年7月23日 (水)

オーソドックス

Img_6082


Img_6786


Img_6787


少し前の記事 「恩を仇で返す女」
で撃墜されてから すずこ号が浮上した朝のお話

朝の挨拶がてら押印していると、
件の上司の足音が近づいて来た

「すずこサン、やっぱり もう一度
きちんと指導しないといかんなぁ~」

ま・また何かやらかしてましたか!?
と言っている間にも注意箇所へと進んで行く上司に倣い、
歩を進めた私。

「こっちの電気やガスの元栓や~」、と
前回の消し忘れを再度指摘された後の台詞がこちら

「まあ… すずこサン、オーソドックスだから」
言われた瞬間 宇多田ヒカルの♪オートマチック♪が
脳内リフレインし始めながらも残りの味噌をかき回す作業に勤しむ

ん?! オーソドックスって どういう意味だっけ?
本日の脳味噌は凝り固まっている様子だ

ウィキってみることにしよう

「オーソドックス」
オーソドックス(英: Orthodox)は、
正統派のこと。

複数の宗教において正統派を名乗る宗派。
キリスト教において「正しく神を讃美する」の意

スポーツ
ボクシング、総合格闘技等の格闘技における、左利き・左構えであるサウスポーに対する
右利き・右構えの概念。

*

ふーん・・

台詞を回想するとですね?
「すずこサン、オーソドックスだからなあ~仕方ないな~大雑把だし」

お お ざ っ ぱ ! 
な・なぜ暴露(バレ)た!? (其処っ?)

あー オーザック食べたーい(違)

いやね? 人間の悪習慣って中々抜けきらんものでして。
遅番の人が全てチェックしろ、とは言われていたんだが

キッチン作業をしない日は ホール掃除のみで
キッチン覗いて最終チェックする癖がなかったり

トイレ掃除をした後に 誰かが入って電気つけていることにも気づかず
時間になって とっとと帰ってしまったり するんですね~

ダブルチェックの大切さ、今までも学んで来た筈なのにねぇ
いかんですねえ。。。

まあそれ以外にも単純に消し忘れも多々あるので
最近じゃ 「こんな筈じゃない!」が多いとですよ。

予定外のポカが大発生やんな。
右構えしても 繰り出すパンチが弱いと お話になりませんよって話。

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

キリの先に埋め込まれた真実を探してみるかい?


妖艶なほどに美しい花びらを翻す仕草を
ゆっくりと見詰めてみる

そこには シロツメクサの首飾りが
良く似合うだろう

知っているかい? 露を吸った時の甘味を
朝や雨明けの空にも 負けぬ程に 映えるよ

茎の息吹を感じられるのは きっと そんな瞬間
茶変色しても 簡単には 離れられない

まるで あなたと わたしのよう
なんて言ったら 笑うかな

少なくとも 怒ったりはしないって 解ってる
そんなことは 起こらないから

今 こうして 一粒ずつのビーズを
ゆっくりと 編み込んでいる

昔 三つ編みを編んだ指で
今はもう 切ってしまった 髪の毛の先に抱いた
夢の続きを

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

写真

前回 紹介しそびれた マルシェのお土産スイーツ &
すずこ手作りリング

7/26(土)・27(日) フェルエッグ大感謝祭☆
夏のマルシェ♪ 両日とも参加予定です♪ 

すずこブースのイメージはこちら♪

詩の発表場所あります
自慢の絵・写真を披露したい方にもおすすめ!

ワタクシすずこが編集している手作り詩誌
ポエムサークル「みゅう」

仲間になり購読いただくと
ボツなしで冊子掲載 & CDトーク → 全国郵送★
見本誌もあります。読みたい方も連絡くださいね。

以下に本誌の写真・詳細を紹介していますので
クリックして御覧くださいませませ~☆

ミュウ 221.222号 完成♪ 

すずこのリンクはこちらから

~いつかの すずザレ~ 藤鈴呼の戯言
過去作も織り交ぜてUPしていきます☆

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

● 雨 ●


ひさびさの モーニング メールでやんす。

きょうは、雨。もよう、外は、渋滞!ってんで、

夜は、ボーリンク°! あたしも、やりたひ。

最近は、ビリヤードに、ハマってんねん!

タマをポケットにいれるのも楽しいけど、

金が財布に入る方が、うれしーネ(?)

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:

● チャーハン ●


朝の渋滞の中で気付いた新事実 / 

出掛けに大切な チャーハンを / 

コンロの上に 置き去りに して来てしまった / 

昨夜の ガス警報機 / 

ピーチク パーチク / 

いつまでも うるさかった / 

きっと ミリンを こぼしちゃったから / 

フタを 中途半端に 閉めていたの / 

外の ガス栓 いじるため / 

わざわざ パジャマの ズボンを履いて / 

スイッチ押したのに 又 ピイピイ / 

何が そんなに 悲しいの / 

何を それ程 わめいているの //

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:

もう すっかり レスというものを 忘れてしまっていて

自分勝手なカキコばっかりしていて

・・・みんな・・・ ごめんね。。。

反省しながら 手紙の山を 整理していたら

ちょっと パソコンの方まで起動する余裕が・・・

ってんで とりあえず ミュウ87号にも移らずに

放ったらかしのままで レス今から即興バージョン

行くぜ! 気合入れて読めよ おらぁ~~~zzz>>

°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:

紙一重っていう言葉はもともと

紙一枚の薄さを競争する為にではなくて

紙の表と裏 所謂

表裏一体を唱えた 物語だったのですね。。。

どうしても 足の裏って 見えないから。。。

それでも 軽石で毎日 コリコリ カリカリxxx

なぁんて マメな性格じゃあ 無かったでしょうよ(爆)

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:

参考書を ペラペラと めくる。

そこに 一つの応えが 

記載されている事 焦ひながら。


脈は無い。

まるで 死んだ魂のようだ。


所謂

「死人に梔子」 って 色合いだよね

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:

気まぐれな いつもの仕草。

あんまり しつこくすると いけないのかな?

なんて 思いつつ。

でも、 

「あの時のアナは

  私に優しく 接してくれたもの。」

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:

何故か 悔しくなってしまうから

アナタに 電話も しないでいた。

どうしても 悔しくなって しまうから。

私の事を それ程 考えては呉れていない

アナタの 能天気な声ばかりが

受話器の奥で 笑いかけているようで。

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:

消えかけた ノー天気なTV番組の中で

アイツは何時でも 笑っている。

今日のあたしは 百点満点だったよ。

最後まで ハイ・テンションで 居られたんだもの。

それは アナタの方が

惜し気も無く Low tensionを

あたしに ぶつけてくれた おかげでもあるの。

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:

コンコンと 咳込んでしまう 受話器口。

アナタの耳には どう届いているのでしょうか。

あの時に 口ずさんだ 

下手っぴな ギターのサウンドに寄せて。

あたしの、 うるさすぎる 

この 声よ 届いて

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:
人気ブログランキングへ
↑ポチッとな~☆↑


2014年7月21日 (月)

●2014.7.20. 朝マルシェ●

Img_6757


Img_6761


Img_6762


他の写真は以下をクリックして御覧ください★
●2014.7.20. 朝マルシェ●

三連休の中日、マルシェに参加してきました☆
マルシェ in フェルエッグ

7/26(土)・27(日) フェルエッグ大感謝祭☆ 
夏のマルシェ♪ 両日とも参加予定です♪ 

今回お嫁に行った子供達をご紹介~♪


<クラフトかご> 

藤鈴呼の手作り倖せ籠・フリマ出没時に会いましょう♪

参考レシピ★蛙屋 レシピ了承済★
材料は紙バンド 持ち手のあるカゴについて。飾り取手ですので重い物を入れると取れます。注意!

カゴのサイズ目安 長さ14.5 幅8 高さ6センチ
すずこのアレンジ★持ち手★しあわせのクローバー★うさぎなど、アニマルバージョンも♪

4 すずこのしあわせカゴ・ココット風グラタン・持ち手つき 何かさ、見た瞬間にひらめいたのさ。

33 すずこのしあわせかご 梅雨ですね 真夏の蒼よりも若干くすんだ色合いの雨をイメージ


<ポストカード> 

<しおり> 

<アクリルゆびわ> 

31 水っ子(6.2センチ) アクリル陶器風・水色10ミリ ロンデル波オーロラ2つ アクリル白パール4ミリ
陶器風の水色が柔らかな空の色を彷彿とさせます


<ガラスゆびわ> 

2 レモンパール(5.5センチ) 檸檬色の波ロンデルで包みました☆ 硝子パール レモン8ミリ ロンデル2つ パール4ミリ

34 ウミホタテ(4.8センチ) 海に浮かぶホタテのまろやかさをイメージ
ヒビガラス・ブルー&イエロー7ミリ ロンデル波ブルー2つ ガラスパール水色4ミリ

68 ディテール(4.5センチ)  ガラス8ミリ・紫 ロンデル波ピンク2つ ガラス透明濃桃4ミリ
細部にまで可愛らしさが浸み込んでいるでしょう♪

73 サマーグレープ(6.1センチ)  ガラス8ミリ・紫 ロンデル波レモン2つ ガラス透明黄緑4ミリ
初西瓜も購入しない内にスーパーで見つけたのは葡萄 季節の移ろいは早いものですネ。

98 メロンの果肉(5.5センチ)  ガラス8ミリ・オレンジ ロンデル波イエロー2つ ガラス透明オレンジ4ミリ
きいろメロンで検索したらエリザベスメロンというものを見つけました。少し薄い色合いだけど食べてみたいなあ♪


<アクリルブレスレッド> 

277 水の流れ(17センチ) 水流を思わせる 水色のくるくる具合に乾杯☆ 縞水色10ミリ7 薄水色12ミリ

324 ドンパッチ(14.8センチ) 口の中でパチパチ弾けるあの菓子を思い出してくれたら 私と同年代以上でしょっ!?
ミラーボール青10ミリ 樹脂風黄緑丸10ミリ 透明10ミリ 青8ミリ

378 透明なブルーの雫(24センチ) 黒・青12ミリ 見たままを忠実に表現したら こうなった(笑)

389 ハッとしてGOOD(21.5センチ) ラインビーズ青・水色11ミリ 透明水色12ミリ 透明青10ミリ 透明緑8ミリ 
某曲のことではありません、何となく思い浮かんだので♪

416 バタバタ焦げ茶(24センチ) 黒・透明茶12ミリ 焦げているのではなく香ばしい色合いと言う意味ですからネ★

420 銀河の流れ(23.3センチ) ラインビーズ青・水色11ミリ 透明10ミリ 透明青8ミリ 
そろそろ七夕。天の川を期待する幾つもの祈りが叶いますようにと願う瞬間☆


<ガラスブレスレッド> 

10 青玉(20.3センチ) 美しい碧き玉に宿る力は如何に?! ガラス青8ミリ 青12ミリ・8ミリ

37 三種キャンディ(14センチ)  味わい深い三粒の飴は如何☆
キャンディーポップ・メロン10ミリ 硝子パール8ミリブラウン パール8ミリ

39 秋コロン(15センチ) お菓子のコロンみたいな可愛らしいイメージですが 意外とズッシリした存在感です☆
硝子パール8ミリピンク・パープル パール6ミリ


<陶器・陶土ブレスレッド> 
1 小龍包(14.2センチ) -陶器-白・青10ミリ ウッドビーズ・チェコ白8ミリ 
中から肉汁あふれるかどうかは不明です(笑)

12 あおらめん(26センチ)   -陶器-白・青10ミリ アクリル薄青・青12ミリ
青々と光るラーメンの装い。前回のマルシェで腕が逞しい男性に
「大き目のないの?」と言われ作成したが・・・やり過ぎ!?

15 翁の茶(22.7センチ) -陶器-白・青10ミリ アクリル薄緑12ミリ 8ミリ 
渋い茶の色と長年の英知を備えた翁の彩りに敬意を表して命名しました。

18 凸凹コンビ(22.6センチ) 陶土12ミリ -陶器-白・青10ミリ・緑8ミリ 薄茶10ミリ・8ミリ
陶土・陶器・アクリルと色々なビーズのコンビネーションをお楽しみください!

21 昔やんちゃでした (24センチ)  -陶器-白・緑8ミリ ウッド7*8ミリ青・白 
タイトル通りの一言を少し恥ずかしがって言うような「今は優しきパパ」のイメージ?!

*

●旅立ちのコイン 4332

*カフェオレ&クロワッサンセット 500

アイスコーヒーをチョイス♪ 久々にタマゴサンドを食べたいな♪ と思っていたら、
間違って クロワッサンオンリーでオーダーしてもうたΣ( ̄□ ̄)!
そして、次回の楽しみが出来てしまった(笑)

*キッシュ(ズッキーニ・いんげん・たまご) 280

※ベーコン・ホウレンソウ・しめじのキッシュ大、欠けてしまったとのことで、
味見させていただきました♪ とても美味しかった! 
マルシェの隙間でもつもつ食べてたもん(笑)

*自動販売機アイスコーヒー 110

まあさ、いつもの炭酸は常備しちょんけど、
時としてコーヒー党の心が目覚める夏の昼♪

*お・み・や・げ♪ 3442

自宅用のコーヒーゼリー 
いつも食べようとして箱を開けると 上のゼリーが幾つか零れているのダ(爆)
持ち帰る時、気を付けている「つもり」なんだがなぁ~(呟)

イチゴとベリーは細い容器が欲しかったから♪ と、大好きな苺&ベリーの
美しさにも惹かれてしまったってのは言わずもがな♪

この容器、次回のマルシェで指輪立てにしようかなぁ~?
もう既に コーヒーゼリー・和三盆プリンなんかの容器は活躍中♪

ブルーベリーケーキなんかも惹かれたんだけど、今回は容器が欲しいと言う
第一欲求に素直に従ったスイーツセレクトと相成りましたん☆

他、クロワッサン キッシュなんかは差し入れ用に♪
駆け付けた時には業務終了で扉も閉じていたんだが、デカイ声で呼ぶ(笑)

「すずこサン、そんな気を遣わんで良いんだよ~」
と言われたので思わず

「いえ、気なんか漬かってませんヨ、金を浸かったダケで♪」
なんて台詞が舌滑り台から落ちる処だったワ。キケン・キケン(笑)


●お出迎えのコイン 3100

<クラフトかご> 300×2つ=600

<ポストカード> 50×1まい=50
<しおり> 50×1まい=50

<アクリルゆびわ> 100×1つ=100
<ガラスゆびわ> 100×5つ=500

<アクリルブレスレッド> 100×5つ=500 150×1つ=150 計650
<ガラスブレスレッド> 100×2つ=200 150×1つ=150 計350
<陶器・陶土ブレスレッド>150×4つ=600 200×1つ=200 計800


● と言うことで、まいなす1232・・
あ、惜しい! ラスト4なら良かった(其処っ?!)
勿論 材料分なんかは入っちょらせ~ん~( ̄▽ ̄~)(~ ̄▽ ̄)~

前日、富山に行ってたんですが 夜に超土砂降り&雷の中でのドライビングで
お天気が心配だったんですよ。 運転してたの旦那だけど(笑)

見事に晴れ渡ってくれて嬉しい一日となりましタ。
るんるん♪と準備していて何かコ足りないなぁ~ と気付く。

げ・玄関先にカゴ一式 置いて来たべ??
ってんで 開始直前に舞い戻って 無駄にガソリンを使いました(爆)
まあレガコも暑かったから 風当ててやったんだわよ(笑)

今回は編集・詩の話が出来て楽しかった! 
しかもお三人様☆

昔、同級会の冊子を手掛けていらっしゃったという男性が仰るには
「こんなに良い編集じゃなかったけど私も発行していたんですよ」

そ・そんな 御謙遜を~♪ なんて言いながらも ニンマリしていたってのは
内緒だよっ?(笑)

会誌における投稿作品を収集する難しさという点で話が合い 
暫し盛り上がりました。

昔、詩を書いていたなあ~と懐かしむ会話や どんな作風だったか語る笑顔
とても良い空間を共有できました。

昔の作品でもOK☆ 投稿作品はボツなしで全て掲載する詩誌です☆
みゅうを手に帰られた方、ご連絡お待ちしております~♪

誌面での自由空間を演出してくださるアナタ!
迷っているなら 是非いちど 詩誌「みゅう」に参加してみては☆

・・・と確り宣伝(笑)

手持ちのカゴ、漸くお嫁に行きました。可愛らしい少女の手に握られて
ココット風グラタンかごも、嬉しそうでしたね~☆

帰りしな大声で 「さようなら~」 と手を振りました。
普段はね、「またね」が好きな私。サヨナラって言葉がイヤでね。

だけど、あまりの可愛らしさに つい私も大声で叫んでいました(笑)
今回お会いした全ての皆様へ 本当にありがとうございました!

そして♪ 今週末(来週初め!?) 夏マルシェで「またね」♪

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

詩の発表場所あります
自慢の絵・写真を披露したい方にもおすすめ!

ワタクシすずこが編集している手作り詩誌
ポエムサークル「みゅう」

仲間になり購読いただくと
ボツなしで冊子掲載 & CDトーク → 全国郵送★
見本誌もあります。読みたい方も連絡くださいね。

以下に本誌の写真・詳細を紹介していますので
クリックして御覧くださいませませ~☆

ミュウ 221.222号 完成♪ 

すずこのリンクはこちらから

~いつかの すずザレ~ 藤鈴呼の戯言
過去作も織り交ぜてUPしていきます☆

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

昨夜は 思いがけず 夜桜見物
休日前ってことで ---って 

平日でも最近は
帰宅が遅いのを待ってから 

食事→風呂のミッションを完了すると
午前様になることも 多いのだけれども

休日前ってことで (ここに戻る…笑)
深夜TVを眺めていた 金曜夜

いや 金曜夜 か 土曜なりたてだから
土曜夜か どちらなんだろう?

表現に 迷ったので 考えてみた
これは 初夢は 元旦の夜か 二日夜か
と 同じ理論かも 知れないxxx

そんな 金曜夜 (ここに戻る…)
Mステ特集だったのか 
番組名は チェックしなかったけど

お台場からの生放送で
懐かしい曲が 幾つも流れて 

アーティスト コラボ シーンを 
眺めて居たら
無性に オケりたくなったので
土曜は カラオケだ♪ と 計画

(この時点で 土曜に突入していたケド
-って 突っ込みを しつつ。)

朝 (と言う名の 昼-- 爆) 覚醒したら
何と アウトレットに行きたいと言う
提案が有り

結局 午後から アウトレット散策
欲しいモノが 結構 有った様子で
私も パンツ2本 ベルト1本 ゲットしたので
満足だったけど
買い物しまくって 会場(笑)を後に。

--てか 先週行けば 決算セールだったのに
一足 遅すぎて
何だか 何時もより 閑散としてね?
み~た~い~な~ぁ。

その後に カラオケ予定だったが
移動に案外と 時間がかかり
夕食時になったので サンマルク ディナー

毎度の如く パン食べ放題なので
そうしたら 満腹→オケ挫折 の 図は
目に見えていたが 致し方あるめぇ~

帰路に着くが 道すがら 
桜を愛でたくって

来る時に気づいた 
桜トンネル ロードが
凄かったよぉ♪ 

と 呟いたら
前を向いてたハンドルが 
チコっと 曲がった(笑)
ラッキー★ てんで クルリと行脚

ちょっと脱線するけど
--って 特筆しなくっても
最初っから レール上なんて 走ってないケド

捨て左折は ご存知だろうか
私は 少し前に 番組で眺めて
知った言葉なんだよね

常に渋滞する交差点で
自分が右折したかった場合
素直に右折レーンに並ぶと
信号5回待ち程の時間が 掛かるとする

逆に 一度 左折してから
右折、右折、右折を 繰り返して
最後に左折をすると

最初に行きたかった右折後の道に
無事に 辿り着ける筈だけど
( 私、間違ってない? 笑 )

このルートだと
信号3回待ちで 行けたりする

最初 右折したいのに
左折を捨てるが
正規ルートより 早く行ける
だから 捨て左折 と 呼ぶようで。

その 捨て左折 (も…戻った。笑)
をしながら 何時の間にか
駅2つ程の距離を 移動して
大きな 桜ロードに 自ら 迷い込んだ。

毎年 にぎわっているらしく
多分 歩行者天国にも なるのかな
夜は 車でも突入出来たけど
物凄い 渋滞

見上げたら 両側に
桜・桜。さくら~(*⌒▽⌒*)

大きめの歩道--路側帯も広い感じ--
で 机・椅子を出して BBQ状態の彼等

デジカメの光は あちこちから桜を照らし
ライトアップされているが ますます幻想的

昼間 いろんなにほひが出てたであろう
出店も 屋根を落として
翌日に備えている模様

露天のテント(って言うの?)って
四角いじゃない?
骨組みを少し 外して
道路側に傾けているんだよね

お好み焼き屋だとすると
屋根があって 
お好み焼き 焼いてる鉄板があるけど

その鉄板に 埃が入らないようにかな?
両側の骨組みを外して
屋根を 鉄板の上に被せるようにして

横から見ると 全体が
四角ではなくて 三角になってる

■|ど|■
■|う|■
■|ろ|■

昼間はこんな感じだった予測が

\|ど|/
\|う|/
\|ろ|/

こんな雰囲気に変わってる--って
伝わるかしら。

路側帯に 屋根が被さってるイメージ。

これが 数10個!!
大きな道路の両側にあって。
こっちの方が 圧巻だったかも。

桜愛で 歌の代わりに 上機嫌

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

田舎を捨てるって表現は
仰々しいと思う私は
ご存知の通り 単純なので

実際 たった二年だけれども
生まれて初めて
田舎以外の土地で 生活をして

事実としては
身体は田舎を捨てているのだが

はて 心は どうなのだろうかと
自問自答を 重ねてみる

田舎 と セットで 出て来るフレーズが
親 なんだよね
そして 続くのが 地元の友人

考え始めた時
さて 何処からが 浮気か
と言う問題と 
類似しているな と 感じたんだ

心の中で 好きになったら 浮気?
実際 行動しなきゃ 大丈夫なの?

それと同じで
身体が離れたら 捨ててるの?
毎日 電話かけたりしたら 捨ててないの?

ここから始まる妄想が
果てなく続く問題な気がして。

他に勿論 仕事として の フレーズが
存在する筈なのだけれど

地元を離れてからは バイトで
仕事としても 責任感とは別の問題で
この土地でなければ
この仕事でなければ と言う

自分の存在そのものを 突き動かす
何か を 求めて 異動 が
今までなかったんだなぁ 私
と 振り返ってみる

男尊女卑って言葉
昔っから 嫌いだったけど

染みるように 
じわりじわり と 感じて

落ち込んだことも 今は
水に流している気がして。

勿論 私は女なので
さげすまれて 云々とか
結婚非願望の理由だとか
色んな感情が どわっと 蘇りはするものの

多分 今 
安定して のほほん生活しているお陰で
全ては みのむしと共に
冬のコタツ内で ぬくたまっているのだしょうね

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

欝になる気分、時間帯は夕方、
これは一般的に
当たり前とも言われるみたいだけど
春はやっぱりそうなんだね。。

って最近ずっと思ってたけど 
やっぱり 良いことと悪いことは
帳尻あわせの世の中のようで

(と かこつけて断定するのも
アレかと思うが)

春だなーって 
のほほんとしている一方で 
心身ともに優れぬ輩も
確かに多いのでせふ。

うつなう。
なんてツイッターはしてないのだけどね。

でも私の場合は ちょっと
やる気スイッチ パチパチ押しすぎた模様?(笑)

みゅう一挙に出しすぎ?
とか思いながらも

「ちょっと休みなよー」という
心遣いメールなんぞが届くと躍起になる辺り、
天邪鬼健在チック?(笑)

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

転勤は「夏あたりかも」言う旦那

あら一句できちゃった(笑)
盛岡時代は 

動くかも~ 動くかも~と
二年くらい 聞き続けたような
♪気がする~ぅ♪

なんて言ったら
お前 大袈裟なんだよ!!
と 怒られそうでは 有りまつ。

動くかも~。。
・・・って 狼少年かひっ。

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

今日から いいとも オープニング曲を歌う
二人組が 変わった

今までは 女二人で 
ビヨンセものまねする なおみ と もう一人だた

今日 テロップみて 判明したのが
男子2名なんだが

ネーミングが
いいともAD隊

・・・嗚呼 不況チック

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°
人気ブログランキングへ
↑ポチッとな~☆↑


2014年7月19日 (土)

明日は朝マルシェ

36can


Img_8770


Img_8771


マルシェの場所は☆フェルエッグ☆

展示予定商品 詩誌みゅう☆ 
ポストカード 栞 かご
ビーズ作品(ブレスレッド・ストラップ)
全て手作り!

●2014.6.22 朝マルシェ●
前回の様子はこちらから☆

写真は既にお嫁に行った子供達
藤鈴呼オリジナル栞 

ガラスブレスレッド36 Canメロン(19.3センチ) 
果実と光の融合?
キャンディーポップ・メロン10ミリ玉
ヒビガラス・ブルー&イエロー7ミリ 緑10ミリ

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

空気清浄器/藤鈴呼

きれいな空気を吸った時に
きれいな言葉が出て来る、

それって
自然ではないのかもしれないですね。

美しい、の価値観が 十人十色であるように
見たままの綺麗さを 美しく表現することの
難しさも 感じています

意識せずに 流れるように
心とともに 綺麗にありたい、かな。

幸せの絶頂に住む心が
少しずつ ささくれだってしまうことだって
あるのだろうか

隣の芝生じゃあ ないけれども
自らと違う存在を 求めたい気持ちだとか
人の心は 時に天邪鬼チックだなぁ

この季節はじめじめしているから
心も然りだけれども 空気ごと交換したい
そんな気分にもなってくる

漸く梅雨本番な感覚でね
湿度があると カラ暑いよりも不愉快だ
元々 東北の人間なんでね
九州の旦那が平気でも あたしゃ暑いんですよ

昔は 空気清浄器が部屋にあったなあ~
今はもう ないんですけれども。

空気清浄器はフィルター交換が必要なタイプだと
小まめに面倒みてあげないと いけませんよね

放置しておくと
逆に空気が淀んでしまったりしますよね。

以前 どびっくらこいたことが
ありましたもの(笑)

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

求めるものが多いっていうのは
嬉しい悲鳴でもあるのカモ。

手を伸ばして
色々とかき集めたい欲求がなければ
前を向くパワーも
しなびてしまいそうだから。

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

詩の発表場所あります
自慢の絵・写真を披露したい方にもおすすめ!

ワタクシすずこが編集している手作り詩誌
ポエムサークル「みゅう」

仲間になり購読いただくと
ボツなしで冊子掲載 & CDトーク → 全国郵送★
見本誌もあります。読みたい方も連絡くださいね。

以下に本誌の写真・詳細を紹介していますので
クリックして御覧くださいませませ~☆

ミュウ 221.222号 完成♪ 

すずこのリンクはこちらから

~いつかの すずザレ~ 藤鈴呼の戯言
過去作も織り交ぜてUPしていきます☆

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

ビーチグラス
こんな メルヘンな 命名なんだと
今日 知ったよ

文房具屋の レジの前に 並んでたのを
綺麗だなぁ なんて 眺めたのが
アレを 見た 最後だったな

しかし 海で 砕かれて 丸く成るって 言うコトは
例えば 青の ビーチグラスが 欲しいなって
青の瓶を 不法投棄する 輩も
居るんじゃあ 無いかって

ちょっと 心配xxx

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

何でも アイディアが 大事だね
無いものは 買えば 済む
それは きっと
短絡的 発想

自ら 創り出す
其れが 出来れば
苦の無い 生活
待って 居るかな

僕は 今
舞って 生るカナ?

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

言葉を 交わせる 人間同士は
気持ちも 交わせる モノだと 思う

植物にも 意識は 有ると言う 実験は
されて居た らしいけれど。

物ならば 汚して 良いとは 言えないんだよね
八つ当たりも 然りだねって 反省するよ

何時もの様に
愛車に 声を 掛けて

今日も 無事に 走って呉れよ

言葉には 出さなくっても
ハンドルを 握る 度に 思うように

もっと 色んなものに
思いやりを 持てる
人間に 成りたいと 思ったんだ

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

昔は パーカーを着るのが
何となく お洒落な気が してたんだ

それで パーカーってのは
夏の海に 似合う風な 薄手のヤツで

色は 白とか 青系統とか
当時 持ってたのは そんな感じのだったんだけど

彼と お出掛けするのは
結構 珍しかったりも するんだよね

何故かっちゅうと アタシは 出不精で
そのうち デブ症には 成らない風に
一応 気を遣ってるような

だけど こうして 彼が 出張なんかに 行ってまうと
途端に デリバリーピザだとか 宅配寿司だとか
僕にとっては 多少ゴージャスな夕食で
簡単に 済ませちゃって

やっぱり 気遣いの 欠片ぐらいしか
見当たらないんだけれども

出掛けると 言ったらば
やっぱり カラオケにでも 行こうか
なんつーコトに 落ち着いて
・・・っちゅうか
二人の 共通の 趣味ってヤツが
全くもって ソレなんだけれども

途中 スポーツ用品店に 寄っても良い? なんて
彼は 私に 聞くんだよね

でも ハンドルを 握ってるのは 彼で
アタシは 決して
嫌だ なんて 言わないんだけれどもね

それで テクテク 付いて行くと
彼は ボードを 少し やるんだけれど
最近は ファンスキーってヤツを 見たい症候群で
ブーツだとか 板だとかを ぐるりと 見るんだよ

アタシは スノボセットを 揃えて購入し
初のボードで 右手 三箇所
複雑に 骨折して以来

これは 神様の 思し召しなんだなぁ
もう 二度と 冬山に 登るなって コトだんべぇ
だなんて 勝手な 解釈を して
こうして 出逢った彼と
ラブラブの ゲレンデ ライフ ってヤツを
堪能する予定なんて
これっぽっちも 無いんだけれども

幾度か 通った その店で
ぐるりと 店内を ひやかす 彼だけれども
きっと 購入する 予定は
無いんだなぁ なんて 思うのは
彼は オークションが 結構 好きだから
だいたいの 値段を
チェックしてるんだろうなぁ なんて
予測 してるんだよね

母に 言わせれば
インターネットっちゅうモンは 怖いから
そんなの アウト オブ 眼中
なんだろうけれどもね

あたしも こないだ
魅由宇の プリンタで
ことごとく 減って行く インクを
安く 手に入れて 貰ったんだけれどもね

雪が降る前には バドミントンに ハマってて
やっぱり 年齢的にも 
・・・と 言う訳では 無く
若い頃から 運動不足だったし

バドミントンセットや シューズも 購入したから
今度は 少し 寒い季節に 突入するトキに
スポーツ施設で 金払って バドミントンするのも
風が 無くて 良いのだけれども

近くに 運動公園が 有るから
外で バドミントンするトキに 良いんじゃ無いかって
パーカーを 購入するコトに したんだよ

まぁ 半分は 部屋着 = パジャマ仕様で
結局 一度しか バドミントン してないんだけれどね

彼は オレンジが 似合うんだよね
好きな色は 青らしいんだけれども

アタシは 有る色の中から
グレイを 選んだんだ

何か アタシは 昔っから 服は 黒が 多くて
紫も 大好きなんだけど
余り 紫の服 着て 外出するのも
どうかなぁ なんて 思ったりして
グレイって 良いなぁって 思って
購入したんだよ

それ以来 お気に入りなんだけれども
余り 着て 無いんだぁ

アスファルトの 灰色も
本当は 止めた方が 良いと知ってる 
灰を出す 細長い 巻物も
昔 良く唄った アーチストの グレイも
僕は 結構 好きなんだよ・・・

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

ふわふわの グレイの パーカーは HOT
心も 身体も 温めて 呉れるんだ

そんな 恋よ 来い なんて
手招いて居た 瞬間は
なかなか やって来ては 呉れなかったし

着たくも無い と
袖も 通さずに
冬空の下 孤独に 歩いて居る

そんな 瞬間には
一人が とても 楽しかった

そして 君が やって来た
僕は やっぱり
ふわふわの パーカーは
暖かいなって
もう一度 感謝 したんだ

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

自分の格好や 考えが
流行に 乗っかって来た

そう 考えると
少し 嬉しく 成る

僕は 流行には 鈍感だ
人の 気持ちには
敏感に 反応したいとは
思うのだけれど

目を 付けて居た 人間が
段々と 有名に 成って行くと

何だか
自分が 応援した お陰じゃん?
だなんて
思いたく成る 気持ちと

良く 似て居る

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

昔は ロング ヘア だった
切るのが 勿体無く成る位
長く 腰まで 伸ばして居た

段々と カットして 行って
今では ショートか ボブだ

パーマなんかも かけたけれど
やっぱり そのままが
一番 楽だ

ドライアーも 部屋には 無い
カーラーも 捨てて しまった
クシも ブラシも
遣わないから 持って無い

そのままが 一番なんだよ
なんて 言い訳

最近は ふわふわっと 
頭の上で おっ立てて
短めの髪が 流行してるらしいよ
なんて 言われても

自分にとって 
これが 一番 似合うと
自他共に 認めた日から

僕の スタイルは
変わって 無い気が している

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

毛糸の帽子は
昔 ママンが 編んで 呉れた

当時は スケート教室で
学校が 裏手に 有ったから
スキーとは 無縁だった

手袋と 帽子が 必需品で
携帯して無いと 滑れなかった

一見 泥棒猫の 様にも 見える
顎の下を 通して 
逆側の 耳まで 持って行き
止めるような 帽子だった

少し 恥ずかしかったけれど
ママンは
此れが 一番 安全だから
そう 言った

今なら その意味も 解るし
感謝も 出来る

とても 懐かしいな
アタシは 編み物なんて
出来ないのだけれど・・・

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

良いものを パクって
自分流に 仕立てる

言葉も そうだろう?
あいうえお を 僕等は
考えた 訳じゃあ 無い

著作権や 特許権
世の中には
色んな権利が 存在してて

持ち主は 主張を
重ねるけれど

本当の 自分らしさ
個性を 生かせるのが
一番なんだけれども

最近では 個性を 我儘と
勘違いする 風潮が
有る様にも 感じるんだ

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

黄色い帽子で 思い出すのは
妹の 姿

三つ半 離れてる 妹は
やっと 結婚した

倖せな 髪には
黄色の 花が
散りばめられて居た

ウエディング ドレスは
勿論 純白だったけれど
絹っぽい 薔薇みたいな感じが
沢山 ついている スカートの部分は
少し 黄色っぽい 白だった

僕は 思い出した
昔は 青が 好きだったこと
そして 彼女は
黄色が 大好きだったこと

母が パンに付ける バターナイフの色を
その 二色で 分けて 呉れた コトを・・・

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°
人気ブログランキングへ
↑ポチッとな~☆↑


2014年7月18日 (金)

ガストで結婚式

190_2


194


236

他の写真はこちらからどうぞ

私が手作りしている「子供達」が「お嫁に行く」と言う儀式
を「結婚式」と言う表現にしてみました☆ って話です

いつもはマルシェ・フリーマーケット・ポエケットなんかで
お目見えする 詩誌みゅう・アクセサリー・かご・ストラップ

今回は ポエケット当日にお電話をいただきました☆
東京は両国で地下にこもって詩誌みゅう宣伝に勤しんでおり
携帯の留守電に気付いたのは夕方でした

いつもお世話になっているフェルエッグのお店の方が
取り次いでくださいまして、後日お会いできることに。

待ち合わせ場所をどうしようか迷った挙句にガストに決定
お子様もご一緒にいらっしゃいました~。

と言うことで、まずはお嫁に行った子供達をご紹介!

●アクリルブレスレッド

190 水辺ラズベリー(18.4センチ) 
一粒もぎとって唇に運びたいくらい
水色・濃桃8ミリ

194 モクレンの頃(18.5センチ)
花びらの周辺も含めたイメージ色を集めました 
茶10ミリ 濃桃・薄桃8ミリ

236 夏あんみつブレス(16.3センチ)
真夏に食べたい一皿ですネ。マッドな白が
あんみつっぽさを描いていると思えました。
透明10ミリ 丸桃8ミリ
赤、緑、黄、オレンジ、白、茶8ミリ

251 太陽の子(19センチ) 
通常 一つしかない太陽が 双子でまどろむ水平線を
イメージ
青・水色・赤10ミリ

254 かき氷・イチゴ(練乳入り)(18センチ)
練乳が甘さを増長させるんですよ♪ 
赤12ミリ 白8ミリ

331 空色の地球(15.4センチ) 
瑠璃色の~♪ではないですが
見たままを素直に表現し命名しました☆
ミラーボール空色10ミリ 黒10ミリ

375 桃キラリ(20.7センチ) 濃桃8ミリ パール桃6ミリ 
桃色のパール風ビーズが溶けあうような色合いに乾杯☆

376 キラぶどう(20.7センチ) 紫8ミリ パール桃6ミリ 
桃色のパール風ビーズが紫ビーズのお蔭で惹き立っています♪
 
403 もころん(19.3センチ) 透明桃・黄12ミリ 黄・透明桃8ミリ 
桃色がコロンと入ったお楽しみ

●ガラスブレスレッド●

22 イイチゴパール(16.3センチ)
粒揃いの良い苺、いい・いちご、の略?! 
硝子パール8ミリピンク・ブラウン 赤10ミリ

●アクリルゆびわ●

17 石蕗(5.3センチ) 
つわぶきの花びらが開く季節に作成
クラッシュイエロー12ミリ ロンデル2つ パール4ミリ

19 ブドー(5.8センチ) 
あなたは どちら色の 粒が お・好・き?
陶器風黄緑10ミリ ロンデル2つ パール紫4ミリ

23 桃っち(5.3センチ) 
風邪を引いても桃缶はキミの味方ダ!
と回復を祈りつつ作成☆
桃透明10ミリ ロンデル2つ 透明桃4ミリ

25 ゆりっち(6.7センチ) 
たゆたう水の流れに冬を感じて★
小寒・寒四郎を越えた夜に作成。
クラッシュ水色12ミリ ロンデル2つ パール4ミリ

30 桃っ子(5.9センチ) 
アクリル陶器風・紫10ミリ ロンデル波オーロラ2つ アクリル白パール4ミリ
例えば「桃子ちゃん」なんて名前の女の子に似合いそうなイメージかも

●ガラスゆびわ●

36 ラブホタテ(6.5センチ) 
帆立の淡い恋心を表現してみました
ヒビガラス・ブルー&イエロー7ミリ ロンデル平クリア2つ ガラスパール青4ミリ

41 水いろいろ(5.7センチ) 
リング部分の水色が二種類あることにアナタは気付けるか!?
ヒビガラス・ブルー&イエロー7ミリ ロンデル波イエロー2つ ガラスパール水色4ミリ

46 あおコロン(5.7センチ) 
ガラス8ミリ・青 ロンデル波ブルー2つ ガラスパール青4ミリ
ころんとしたガラスパールがポ・イ・ン・ト☆

47 ももコロン(5.9センチ) 
ガラス8ミリ・青 ロンデル平シルバー2つ ガラスパール桃4ミリ
可愛らしい色合いを繋ぐシルバーロンデルがポ・イ・ン・ト☆

51 きゅうり草(5.9センチ) 
ガラス8ミリ・赤 ロンデル波ブルー2つ ガラスパール青・桃4ミリ 
ツツジ園の生垣に映えていた可愛らしい花びらの名前でした。

53 太平の卵 (6.3センチ) 
ガラス8ミリ・紫 ロンデル平ゴールド2つ ガラスパール黄4ミリ  
平和を祈る卵。小さなコトをコツコツと。

●アクリルブレスレッド100×9=900輪
●ガラスブレスレッド100×1=100輪
●アクリルゆびわ100×5=500リング
●ガラスゆびわ100×6=600リング

ということで 2100コインのお出迎えでした~感謝☆

大人でもサイズは十人十色、成長途中のお子様なら尚のこと
好みも然り、色々な会話を耳にして楽しいひと時でした♪

お母様が選ぶものをお子様が気に入るとは限らない、とかね(笑)
えー、これ、オシャレだと思うんだけどなぁ~、なんて
私も一緒になって顔を見合わせて ほよよ顔になったりなんかして(笑)

テーブルが足りなくて、最初に案内されたテーブルの隣から
引き寄せたり、大きなバッグを引きずるように持っていたり
お店の人にも迷惑かな? とも思ったのですが 

帰りしな
「大丈夫ですか? 一つ持ちましょうか?」 なんて
何て気遣いの素敵な店員さんなのか・し・ら♪ と 感動!

ドリンクバーしか頼んでなかったのに!
あ・違うわ。 皆さんを見送ってから 確りと
ポテトオーダーして かっくらったんだった(爆)

ガストのポテトってば 量が多いけん
結構 満腹よ~ん♪

ってな感じで 今週の日曜日・・って明後日だわね、
マルシェに登場予定でーす♪
明日になったら 出展申し込みするよ・て・い♪

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

詩の発表場所あります
自慢の絵・写真を披露したい方にもおすすめ!

ワタクシすずこが編集している手作り詩誌
ポエムサークル「みゅう」

仲間になり購読いただくと
ボツなしで冊子掲載 & CDトーク → 全国郵送★
見本誌もあります。読みたい方も連絡くださいね。

以下に本誌の写真・詳細を紹介していますので
クリックして御覧くださいませませ~☆

ミュウ 221.222号 完成♪ 

すずこのリンクはこちらから

~いつかの すずザレ~ 藤鈴呼の戯言
過去作も織り交ぜてUPしていきます☆

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

何時もの様に 有線を 流し始める朝
僕にとっては そんな言葉で 締めくくりたかったけれど
まだまだ 今日の 始まり
そんな 今は 
一般的には 昼 と言う単語で
呼ばれて居る らしいのだけれど

★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

片割れだけの 自作曲だね
最近じゃあ 曲も 自分で 付けるのだけれど
あの頃は ギターを握るだけで
精一杯だったような

そんな かの曲を 録音すべく
ギターを 取り出したいのだけれど
上の 住人の 足音が 響くから
ちょっと 止めようかなって
そんな 言い訳

★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

目薬を 入れても 入れても
洗顔しても
瞳が 曇って 代わらないんだ

見詰める 白い 画面の様に
此の 心も
かつて 流した 音符の波も

今は 透明に
彩られて 生るのでしょうか-―

★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

透明に 成って しまわないように
会話を 求めた 夜

沢山の 言の葉を 集めたけれど
結局 何も 
集められなかった時の 面持ち

貴方は 常に 輝いて居て
見上げた 空の 鳴き声だけが
響き渡る アスファルト

ずぼらだった 僕は
歩く 仕草にも 疲れ
逆さまの 空を
思い 描きながら

鉄棒に 引っ掛かった
両足の 重みに
耐え兼ねて 居た


  『 逆 さ ま 』

★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

起き出したくも 無いのに
無理矢理に 目覚めた朝は
素敵な 怠惰感を 連れて来る

其の 景色に 心 奪われて
一睡も 出来なかった 夜を
思い 浮かべながら

華麗な 場面ばかりを
連想する 昼間の様に

★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

まだ 元気なのだと
思い込ませたくて

必死で 瞳を
こじ開けたけれど

見えて 居るのは
如何に 披露が 累積して居るのかと言う
自らの 表情ばかりで


  『 鏡 』

★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

沢山の 会話を 重ねたら
見えなかった その人の 生き様が
垣間見えて

見たく無かった その人の 癖が
見出される

そして 乱された 身体は
フラフラと 揺れ
時に 流れ
時に 眠る


   『 へ べ れ け 』

★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★ 

調教が とても上手い あの人だった
どんな 言葉で 僕が 心底 落ち込んで
どんな 台詞が 僕を 心底 舞い上がらせるのか
熟知 している様な

手綱を 握り
今日も 僕は
走り 続けるのだけれど

本当は 走らされて 行くんだって
今日も 実感 したんだよ


   『 牝 馬 』 

★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

緑の 喉飴は 何時も 欠かしません
かれこれ 10年以上に 成るでしょうか
こんなに 長い間
パッケージは 代わっても
商品は 永らえて居ると言う事実に
心から 感謝を 重ねながら

色んな 人に 分け与えた 
一粒 一粒が
その人の 一時の 安らぎと
代わって 来て 居たならば
此れ程 嬉しい事は 有りません

時に 何時も 持ってるよね なんて
囁かれると
ハッと するんですよ


    『 薄 荷 』

★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

少しの 憂鬱が
少しの 怠惰を 連れてくる

そんな 風にして
すっかり 眠れなくなって しまった貴方は

安らかな 寝顔を 浮かべてる
素敵な 夢は
見れたのでしょうか


   『 穏やかな日 』

★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

杉花粉が 舞い昇る様は
本当に 山火事の様に 見えるらしい

通報を 受けた 署員は
半信半疑で 現場に向かい

其の 途中で
敏感な 花粉症 署員に寄り

其れが 悲惨な 事実では 無く
此れは 飛散な 事実なのだと
知るそうなのですよ

★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

人気ブログランキングへ
↑ポチッとな~☆↑


2014年7月17日 (木)

タモトユリ

Img_6690


Img_6722_1


Img_6722_2

名前の由来には幾つか説があるそうです。

・自生地が断崖絶壁で、袂に入れないと
 持ち帰ることができないという説
・自生地が「袖ヶ浦」に近いので名付けられたという説

有名な品種としては「カサブランカ」が有名、
高額な球根とのことです

香り高く、大きな白い花は高貴な雰囲気を
演出しています。

タモトユリを眺められるのは今だけ!

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

タモトユリ


白い刻みの中で震える存在
颯爽と走る湿気の中に巣食う種は
一粒ずつ 欠片となって降り注ぐ 雨のよう

時に雹となり 我等を脅かすけれど 心配ないよと
優しく広がる両手の如く 柔らかな花弁が 
胸に痛むのは何故

言い聞かせても 馨しさには叶わない
願いを込めようとして 
何を祈るべきか 忘れてしまう夜のように

静かに 美しさを称えようとも 
共に見る相手がいないのは
とても寂しいのだ

目の前で揺れる花びらが 何時からか高貴に満ちて
楽しげな歌声は 何時からか疑惑に墜ちて

不協和音だと信じたくない位に
耳障りではない音列だったから 気付かなかった
そこに 一輪の星が 瞬いて いたこと

百合の花粉は 白いシャツに染み付いたら離れない
二度と手を離さないと誓う 恋人達のように
イラナイ口紅の後よりも もっと 厄介なのだ

袖の下に隠した金貨 いちまい にまい
三枚目が必要なのに いちまい にまい

断崖絶壁の光景など 想像するだに 御免だ
足を伸ばして にじり寄ってみても
この身を 支えられるとは 限らないだろう

その足先に埋め込まれた石粒が 
今直ぐ砕けぬと 何故言える
何故癒えぬ 

居住まいを正して 少し痛む腰を引きずって
白い湿布を貼り直して 少し歩いた
追い駆けて来るのは 百合の優しさ
馨しさだけ そのままにして

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

詩の発表場所あります
自慢の絵・写真を披露したい方にもおすすめ!

ワタクシすずこが編集している手作り詩誌
ポエムサークル「みゅう」

仲間になり購読いただくと
ボツなしで冊子掲載 & CDトーク → 全国郵送★
見本誌もあります。読みたい方も連絡くださいね。

以下に本誌の写真・詳細を紹介していますので
クリックして御覧くださいませませ~☆

ミュウ 221.222号 完成♪ 

すずこのリンクはこちらから

~いつかの すずザレ~ 藤鈴呼の戯言
過去作も織り交ぜてUPしていきます☆

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

● 今 一度

     小さくも 咲く  花びらに

  心 委ねて 

         休息の日を


● 秋空に

     揺れる稲穂の 香の如く

   伸びやかで有れ

       二人 幸あれ ♪


● 寄り添った

     二つの稲の 穂の様に

   秋空に映え

      爽やか日を・・・  ♪


● 夢 心 地

   宇宙の果てに 届く迄

  造園の 様

     失わず 生て

★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:

〓 爆 走 開 始 〓


見慣れた形に 電話 かけてみれば

やっぱり 君の 轟だったね

無理に 車線 変更をして

近くの ラーメンショップに なだれ込んだ

大切な 手帳だから

三ヵ月 みっちり 活用しておくれよ

文字が 分からなく なっちまう位に

真っ黒に 染め上げて

くれたって イイから

僕の 姿も 忘れてしまう程の

愛を 散りばめて頂戴

影に 隠れた 魂が

悲鳴 上げる程の

キスも 頂戴

又 出会う日迄の 

安心を 頂戴

望まざる 悪戯なら 要らないよ

そこら辺は 理解して 呉れて居るよね?

安息だけを 求め続けた

僕の 本当の気分に

全て 委ねて 行くよ・・・

イイだろう?

構わないよね・・・ 

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:

あの日 空が 泣いたのは

何を 諦め かけてかな

悲しい涙 落ちるのは

明日の幸せ 願うから?

確信出来ぬ 切なさに

貴方の笑顔 見えなくて

手にしたダイス 引っ繰り返す

コインが 表で 止まる様に

祈るけれども 神様は

一度のみしか 笑って呉れず

泣き泣き帰る 一人 孤独に

独りの方が ラクだから?

悲しみ隠す 必要も無く

浅い眠りに 誘われるから?

それ程ツライ 思い出も

持ち合わせては 居ないもの

貴方に告げた あのウソは

キレイな虹が 消してゆくもの

笑える気持ち 灰色の雲が

さらって逝ったもの

覆う ワタシの 苦しみなんて

大した事は 無いんだもんね・・・ 

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:

近付けば 反比例してく 心の距離

どうやって 縮めようかと 悩んだ挙句

何も 解決 せぬままに

冷たく光る 風を 見て居た

暗く 彩られた 空が

明るくなる迄  待てないの?

外から乾いた 声がする

一度目は 振り返った

次の月は 見えなかった

三度目のデザートは

神様の 贈り物

開封する前に 腐り切ってく

冷蔵庫の 中味とおんなじ

意味の無い メールとも同じ

電源 切られちゃ 繋がらぬ言葉に

いくら 期待 かけてみたって

仕方 無いよネ

今日は そろそろ 諦めようヨ

彼も きっとね 疲れて居るから

だって 明日が 有るじゃない? と

呟き 続けた xxx 

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:

数年来だって

香りなんかで 胡麻化される

君じゃあ 無い事

良く 知って 居たのに

やはり言われた あのセリフ

ちょっと香水 コイんじゃない?

そうだねいつも 思ってる

香りじゃ なんにも 隠せないコト

良く分かってる ツモリだよ

そりゃあ鼻も バカだけど

君の脳ミソ ほどじゃあない

なんて言ったら 怒るかな

いつもの様に ギザギザにして

自慢の大目を サンカクにして

二度とオマエと 会わないと

言うのかどうか 掛けてみようか

出来れば賭けは 面白く

なんていつでも 思うけれども

結果の見えぬ 賭け布団

温もり今は 得られるのですか・・・ 

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:

最初は 凄く 寒かった

しばらくして 気付いたのは

窓が 開いて いると言う事実

電話 掛ける時は 停車した癖に

メール 打つトキには

絶対 停まらないんだね

なんて 笑いながら喋った 其の直後

ああ 何処へ 行こうかなんて

未だ 迷った フリなんてした

僕は 右車線を 走っているのに

右側に 光る存在が 一つ 揺れていて

対抗車も 見えていたから

思わず 目を 凝らして見たよ

幻覚か お化けなんじゃないかと 思ってサ

其れは 幻なんかじゃ 無かったんだねぇ

レッキとした 列車だったんだよ

ボクも 未だ この世界内に 生る風で

本当に 良かったヨ

本当に ヨカッタの・・・?

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:

車線減少の 際の 鉄則 =

ギリギリ迄 とにかく 粘りまくる!

スキを 見計らい

例え 好きに 慣れなくて

振られそーで有っても

空きに 付け込む!!

ミトコンドリア程の オブラート状態に

いかにして 乱入の喜劇を演じるかが

異常に 重大だ ・ 以上!

・・・と、 締めくくりたい処だが

最大の ポイントを 忘却していた!

要は 隣接する ドライバーに

リボルバーを ブッ掛けて

決め手に リゲインを 飲み干しながら

クルクル回り ハイポーズ♪

可愛い笑顔と ハザードで

切り抜け御免! の 

切り捨て二十歳なのサ♪

いや・・・ 可愛ければ・・・ のハナシだな (爆)


  〓 横向き ドライバーへ 寄せて 〓

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:

エネオスって 最近とみに 見掛けるよネ!

最初 なんだか 怪しい物体に 思えてまってサ

寄り付く気も 起きひんわぁ  思ってはったら

年費が ナカナカ 良いらしーやんかぁ! と

思いながらも 未だに一度も 入れてひんわぁ

いやぁ 入札する 暇が 無くってねぇ・・・

まぁ 余裕も 無いんやけど!  (爆)

しっかし 暑いねぇ!

まだまだ 夏 真っ盛り?

盛りの付いた 犬じゃあ 無いヨォ? 僕はっっ!

コレ ほんまモンの 事実やけえ

君の 脳ー天に 保存しといてなぁ!

頼んまっせ ホンマに!

夢メッセ? それぇ 何でしたっけぇ?

毛? けぇっ! ケッケッケーぇ!

あなた ドコ人どすん?

あたしゃ 勿論・・・・・!!!

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:

いま ケータイからなんだけど

とりあえず 後で パソコンに 送信するかどうかは

帰ってからの 受信量を

チェックしてから 考えるヨ なんて

勝手な事を 言っている

必要ならば タイプすれば イイ話なのにネ!

ためらいながら 君からの

キスを待ってた あの頃とおんなじ

僕はなんにも 変わってないんじゃ無いかと

さっき 思い知らされたのはね?

朝になってから この グチャグチャな髪を まとめ上げた瞬間に

目の下 のクマ迄は 隠せないんだって 

実感させられたんだ  そして

こうやって 年輪を 重ねてゆく

樹の 悲しみも 天の神様から 授かったんだヨ・・・ 

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:

昨日  閉店する前に  慌てて入った ドライブスルー

今朝の暑さに 目覚めて見れば

すっかりヌルク 成り下がってた

冷たい筈 のコーヒーも

満タンだった ガソリンも

段々 少なく なってゆく

なのに 距離だけ 縮まらない

停轟している ヒマは無い

僕にゃあ  そうそう 時間も無い

首都高 目指し ひとっ飛び

メザシは 釣れんず テンテコ舞ひなんサ! 

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:
人気ブログランキングへ
↑ポチッとな~☆↑


2014年7月16日 (水)

共食いみずほさん

Img_6667


Img_6666


Img_6665


写真は「みずほさん」が食べたとしたら
共食いになると思われる光景(笑)

ばかうけイタリアンは以前から気になっていたんだけどね
今回 満を持して購入してしまいましたよっと♪
そして 一気に間食してしまった。スナワチ、完食(爆)

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

一年前の今頃は涙に暮れていた
朝イチで岩手に駆け付けるべく、シフト変更してもらい 
大分 迷惑も掛けたなあと思い起こす

今日は おばあちゃんの日

先日 連絡が入りましてね
おじいちゃんの妹が旅立った、と。
これで兄弟は全て 空の上で微笑むことに相成りました

祖父母は従兄弟同志だし 今頃は雲の隙間で
皆で踊っているのかも知れないなあ などと思う

去年の今頃 母は 二週間の内に
弟と母親を見送って 随分と疲弊した
今は少し元気になった--- と言うか
何時だって忙しいから 元気、よりも 累積疲労って
感じでしょうか

昨今 色々と多忙な母が訃報を受けたのは 
火葬場からの連絡だった

駆け付けることが出来なかったので
後日 贈り物をすることになったらしい

同時期に、私の旦那がバースデーだってんで
同じ店から発送することにしたらしいんですよ

片方は 不祝儀 
片方は お祝い って言うね

母から、発送連絡メールが届きまして。
こちらへ贈った方にはリボンかけてもらったよ、と。

見たら何の変哲もない包装紙じゃないですか!
え゛、もしかして あちらがわに
リボンかかって発送されちゃったんぢゃ・・・!

と 軽くびっくらこいて電話をした

私「あのさ、リボン、掛かってなかったけど?」
母「え゛。 赤いリボンかけときますね~って言われたんだよー」

私「げ。もしかして 間違えた?!
  お悔やみなのに赤いリボンとか ありえないざー」

母「大丈夫! あちらには熨斗かけてもらったし」

私「えー でもさー 何も知らないバイトっ娘だったら どうするん?」
母「まさかーぁ、黒白熨斗に赤リボンかけるバカいないだろ」

みたいな会話を大爆笑モードでしていたって言うね(笑)

開口一番は「今日は おばあちゃんの日だねぇ~」
と 「一瞬だけ」 しんみりとはじまってみたんだけど

「でさ、リボンがさ。」と 直ぐ本題に入る私(笑)
電話切った後、気に成って 店に電話かけたら
リボンかけ忘れただけだと判明し 胸を撫でおろしたワ。

不祝儀赤リボンなんぞ、シャレにならんからのう。
しかし、注文前に「悲喜こもごもの贈り物ですけん」って事を
わざわざ告げて

「それならアルバイトではなく社員のいる時間帯にいらして下さい」
と言われて
何度も念を押したらしいんだけどねー。

結局 忘れられるなら 誰でも良かったやんな(笑)
まあさ、色気より食い気の我が夫婦は リボンなんざ
あってもなくても中身が大事だからさ!

そんで 中身はぶっちゃけると ゼリーなんだが
かっくらいすぎて 
中身(贅肉)が大事(大変なこと)になるんだべ?
そりゃーてーへんだー(棒)

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

詩の発表場所あります
自慢の絵・写真を披露したい方にもおすすめ!

ワタクシすずこが編集している手作り詩誌
ポエムサークル「みゅう」

仲間になり購読いただくと
ボツなしで冊子掲載 & CDトーク → 全国郵送★
見本誌もあります。読みたい方も連絡くださいね。

以下に本誌の写真・詳細を紹介していますので
クリックして御覧くださいませませ~☆
ミュウ 221.222号 完成♪ 

すずこのリンクはこちらから

~いつかの すずザレ~ 藤鈴呼の戯言
過去作も織り交ぜてUPしていきます☆

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

うわあっ! びっくりしたよ!

こんな処に 深夜徘徊するのは

どこの 悪い子だろうって(笑)

君だったんだねぇ!

僕も 何だか 眠れなくなってしまって

色んな部屋を 徘徊していた ところだったんだ!

そうしたら

そうしたらね?

ちょっと 静かなんだけど 

田舎の風情って言うのかな?

何となく あったかいような 雰囲気の音が

今も 流れているんだけど・・・

この音は 止まるんだよね?

時間は 止まらないけれど

僕の命も いつか 止まってしまうけれど

僕が たった一度 クリックしただけで

止まってしまうんだねぇ 

この音は。。。

°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:

何処かで聞いたような音楽は

きっと 小学生の頃

ピアノの音に合わせて

あの 女性の指が

高らかな音を出すのを

眺めて居た

あの 真っ黒い ピカピカの玩具を

かやふに 操れる事にも

感銘を 受けていたね

あんなに 自由を感じていた頃の

どんな曲だったのか

名前すら 思い出せない

僕は 不真面目な 生徒だったかな。。。?

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:

もしかして 消えてしまったんだねxxx

君のトピが もう 

随分と下に 下がっているって言うのは

僕の気力と共に 感じては 居たのだけれど

僕は 救って あげられなかったんだねぇ。。

いつも 前向きな 君を。。。

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:

だって そうだよねぇ・・

普通 自分のトピを 上げてから

僕のところに 遊びに来る筈なのに

そんな君の 言葉が

どこを探しても 見当たらない

「よもや 僕の 探し違い?」

僕 よく 見落とす癖が有るから。。。

そう 早とちりだってね。。。

それならばって 何度も 探したよ

この 素敵な のほほーんとした

音の中で。

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:

何故か消せないで居る この音

そして オンラインで 繋がって居る 僕達

君も 何か ツライ事が 有ったんだねぇ。。。

僕は 明日は 眠っていられる 状態なんだ

まだ 残務整理とか 色々 有ってサ

本当は 昨日付けの つもりだったんだけれども

色々と 有るみたいでさ

相手の気持ちになって 物事を考えろって

僕に教えて呉れた あの人は

今は もう 居ないけれど

僕は 今でも 繋がって 居るんだって 

信じながら

何時か あの人に 届くんじゃないかって

何度も 見上げてる 空を。

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:

こんな 深夜だから 軽いのかな? って 思えば

そうでも無い 場所も 有る

君が教えて呉れた みんなに優しい チャットルームは

今日は メンテナンス中みたい

だから 覗けなかったんだ

いくら 覗き込んでみたところで

君は もう 居ないのに。

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:

本当に 消えてしまった 君を

思い起こす 瞬間

空の上で 元気だろうか

そうだ 言っていたよね

あの人は 自分が殺したような もんだって。。。

そして あの人は 手術を したんだねぇ。。

そして きっと あの人は

自分を自分で 殺めるしか

方法が 無かったんだねぇ

本当に そうだったのかなって

真意の程が

怖くて 怖くて

どうにも こうにも

聞けない まんまだったんだxxx

°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:

この音って

一体 何の 音なんだろう

何度も リフレイン している

何故だか 

見捨てられた 僕と 同じような気がして

どうしても 閉じる事が 出来ぬまま

このまま 強制終了を 迎えなければ

あと 三時間半は

鳴り続ける羽目に

なるのだろうか。。。

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:

星になった 貴方へ 伝えたい

私も とっておきの星座を 見つけました 、 と。

そして その 星座は

どんな 望遠鏡でも 捜し当てられない

小さな 小さな

焔も 見えないくらいの 星なのだけれど

懸命に 瞬いて 居るのですよ 、 とxxx

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:

この 七年間

色んな 人生勉強を させてもらいました

昨日は 

貴方って 本当に 正直な 人ねって 言われて

うちの家系は みんな 真っ正直だから

所謂 世渡り上手な 人はねぇxxxって

僕を 勇気付けて 呉れるような言葉を

もらいました

僕は とっても とっても 嬉しかったんです。

その人は

最近の若い人は 先ず 自分が優先で

まぁ。。我儘よねぇ。。。 なんて 言いながらも

今度こそ 本当に 本当に 頑張りなさいと

何度も 元気付けて 呉れました

それなのに 今日の僕は

こんな 表情で

今日は 色んな人に ごめんなさいの

気分なんです。

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:
人気ブログランキングへ
↑ポチッとな~☆↑


2014年7月15日 (火)

徹底している

Img_6621


Img_6615_4


Img_6615_5


だいたいどこの地区にも一人はいるんだと思う
何処から何処までを「地区」と認識するかにもよるとは
思うんですけどね?

出会ったことなんて ないよーだっ! って言うアナタは
多分とてもラッキーだ
そんな存在 

名付けて ゴミステーション女神
ここに越して来てから出会うのは 私よりだいぶ年上の
「お姉さん」だ

冬の寒い朝でも ホースの水で
ステーション内を綺麗に掃除し

分別されていないゴミを発見すれば 
各自の袋から取り出し
ステーション外にくくりつけ

たまに注意書きを貼りつけたり
段ボールに添付されている送り状を
ガン見していたり

ペットボトルの仕分けを始める為に
勢い良く 道路の方に ぽーん・ぽーんと投げ始めて

思い余ったフタ部分が 
歩いて来た私のサンダルに直撃したこともあったなあと
懐かしく 思い起こす

そういう作業中に ゴミ捨てに行くとね?
何も悪いものなんか 入れてないのに
つい ゴミ袋を隠したくなってしまったりしてね(笑)

ほら、ゴミってば、
生活の「皮」みたいなモンじゃあないですか

人体で表現するならば 毎晩こすぎ落とす「垢」みたいな?
(そうなのか?!)

越して来た当初はこまめに挨拶しかけてたんですよ
挨拶ってえモンは「仕掛ける」モンじゃあ ない

自然に「流れ出る」モンじゃあないの?
(なんて書いていたら 思い出した。もんじゃ 食べたいの♪)
とは思うんですけどね

この「自称・ばかデカイ声」の私が 何度挨拶ぶっこいても
チラ見するだけで む~し~だった「お姉さん」に

ある時 話し掛けなきゃいけない事態が
発生した

ゴミ置き場の施錠用錠前鍵(なんやややこしいな!)を
なくしちまったんですよ

なもんで、仕方なく(?)話し掛けてみたら
会話が成立しましてね?(笑)

で、コピーキー作成の為に
鍵を借りたんですよ

そんな経緯があってか その後お会いする際には
挨拶を返して貰えるようになった

何も特別なことをしている訳じゃあない
単純な挨拶が こんなに嬉しいのは何故だろう?(笑)
と思っていたんですよ

あの「お姉さん」
最近しばらく会ってないなあ~と思っていた矢先のこと
月に一度の不燃ごみの日が訪れた

あ~気付いて良かったあ♪ と るんる・らんら♪向かってみると
何やら錠前の色が銀色になっちょん。

ずっとね、古びた金色だったんですよ
(錆びてる、とも言う)

しかも「デカくなってね゜?」
勿論 手持ちした鍵で開く筈もない

え? 鍵交換なんて聞いてないよ?
どうすんの? これ。

頑丈なゴミ箱 もとひ 「ゴミ捨て場となっている箱」は
網目状の金属製(だと思われる)

錠前を閉める人も多いから
毎回 開いているとは限らないんだよね

別に 「鍵がないから目の前に置きましたー」
でも良いんだけど

燃えるゴミを毎回そんな置き方していたら
鴉がぶっ散らかすこと請け合い

近くにはカラスも多くてね
幾ら私が「かあちゃん大好き症候群」でも
そればっかりは いただけない

なんて事を一瞬の内に夢想していると
目の前に添付されているゴミ捨て表が目に入り、
気付いたね。

あ゜、私、一日、間違えとるわ。
昨日だったわ。

そこで ピーンと来たね
え゛、もしかして、鍵を持っている我等住人であっても
ゴミ捨て以外の日には出せないように 
錠前 取り替えてるのか?

その次の「ごみの日」に確認しよう~ と
間違って手持ちしたゴミ袋を持ち帰った

-次のゴミの日- 

錠前は 鈍色でしたよ。
「やっぱり そうか!」

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

写真 前回の続き「めばる」

「調理している」の意味がね
「食べやすくしている」というダケで
きちんと焼いていた訳では なかったのか?
と言う疑惑を抱きながら 旦那に報告した

食べている内に 白身の部分を眺めて
「これ、生焼け?」と言っていたからね

てっきり焼いてあるのかと思い込んで
レンジでチンしただけだったからね

今頃 腹の中で寄生虫うじゃうじゃ~ と思ったら
いても立ってもいられなかったので 座りながら尋ねた

・・・って そんな訳ないか
一応 温めているんだし(ほんとか!?)

ほんなら旦那が言いましたとサ
「ちゃんと焼き目ついちょったわあ~」

ほっと一息、うえのじゅりちゃんばりで
「あ~んしん♪」って言うところだったわ

危うく写真みたいに白目むくところだったわ!!

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

詩の発表場所あります
自慢の絵・写真を披露したい方にもおすすめ!

ワタクシすずこが編集している手作り詩誌
ポエムサークル「みゅう」

仲間になり購読いただくと
ボツなしで冊子掲載 & CDトーク → 全国郵送★
見本誌もあります。読みたい方も連絡くださいね。

以下に本誌の写真・詳細を紹介していますので
クリックして御覧くださいませませ~☆

ミュウ 221.222号 完成♪ 

すずこのリンクはこちらから

~いつかの すずザレ~ 藤鈴呼の戯言
過去作も織り交ぜてUPしていきます☆

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

住む場所が 違えば
違う感情も 見えて来る
環境が 違って
分かり合えぬ 双子みたいに
DNAが 何なんだ
誰を 責めれば 良いものか
鱗の裏は ザラザラとする
砂の感触 それと 同じだ
キレイな 波だけ 待ち侘びる
統てを 流して 呉れますように
嫌な ものだけ 流れるように
風を ひたすら 待ち望んでく

°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

一人が 気に食わないからと言って
その土地を 攻める事は 出来ない
あなたは 一刻の 主でも 無ければ
今は 戦争も 起こらないから
いえ 起こしては いけないのですね

★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

都会の町は 冷たいと 誰かが言った
水も 冷たいと 私は 思った
あの 冬の日
氷柱を 舐めた その日
キレイだと 信じ切って居た
だから 解らなかったよ
犬の オシッコが 掛かってたとしても
キレイと 信じる 子供の心は
何時までも 純情だと
今でも 信じたい 私が 居るんだね

°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

悪いコトを 考えてしまえば
人は 幾らでも 鬱に 成れるのだから

病院に 赴いて しまえば
何かしらの 診断を
されてしまう 真実と ともに

★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

元気かな? って 心配しあえる 相手

言葉には しなくっても

元気だよって 便りが無くても

其れが 元気の 知らせなのだと

故人は 何て 聡明だったのでしょうね

★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

知り合いの 話を してしまえば

確かに 

男性の方が 引きずるのでしょう

思い出は 常に 美しく

恨みは 徐々に 薄れ行くのと

記憶の 其処を まさぐって

今も 前だけ 観て 歩いてる

★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

夕食は 数日振りの 自炊でしたね

最近 ずっと 怠惰してて

何か 体重が 増えてるなぁ~ なんて 嘆いてみても

そりゃあ そうでしょう

最近 煎餅でガマンしてたのに

スナック菓子を 日々 購入して

ベビースターラーメンのデカイスナックに ハマってみたり

日々 カラ袋が 増えてる 状態じゃあxxx


反省して アロエ・ヨーグルトも 購入し

ずっと 試してみたかった

金平牛蒡 大根入りバージョンを

してみましたねぃ

あんかけ中華だしモードにしたら

薄味で 米粒は 要らなかったですねぃ


炭水化物は 夕食に 摂らない方が 

ダイエットには効果的ってのは

最近 知った 話なのでつけれども。

意識して ダイエットとは 無縁でつけども

今日は 珍しく 炊飯器 丸ごと

昼の おむすび用として 投入してもうて

米粒 摂取量は 多いのかな? と

勝手に 判断(藁)


それと言うのも 昨夜の夕食用に 炊き上げて居た 米粒を

摂取せずに 終わっちまったのは

スーパーで 衝動買いした カツパンの 責任(セイ) なのぢゃ (爆)

で、今日こそは 黄色くなる前に 米を捨てない様に! ・・・と

おむすびが デカクなったが為に

折角 昨夜 購入した ヨーグルトも 手持ちせずに

デカイおむすびを 昼から がっついて居たのでし。


サラダも 食わにゃ~ アカンでしょ! ・・・てんで

キャベツ ・ キュウリ ・ ハム・・・ 嗚呼 豪華!
( いや、我が家のサラダに しては。。。 笑 )

最近 ハマってんのは

マヨ & コショー の

コンビネーションですね♪

★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

緊張は 体調を 悪く するのは 否めないのかも 知れないね

出社拒否 症候群には

どうやら 成らずに 済んで居るけど

愛人 行脚 此れダケは

日々 止められぬ 状況なのです

★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

たまたま 来た 電話で

何時も 元気に 私に声を掛けて呉れて居た方が

三ヶ月程前に 癌で亡くなったのだと 初めて 知りました

近所の トラックが 無いのも 気に掛かっては いましたが

登りの仕事が 多いのだろうと

勝手に 思って 居たのです

何も 出来なかったけれど

切ない 気分で 一杯でした

★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

お世話に なりっぱなしでも いいよ

其れが 当たり前だって 思わなければ

ありがとうの 一言が

何時でも 素直に 出てくる心を

何時までも 持ち続けて 歩きたいんだ

札束が 世の中を 巡るみたいに

親切な 気持ちも クルクルと 巡るんだよって

ありきたりだけれど 本心で いたいよね

★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★
人気ブログランキングへ
↑ポチッとな~☆↑



2014年7月14日 (月)

目張らない生活

Img_6615_3


Img_6615_2


Img_6615_1

遠くの金魚
見つめれば 尾鰭のついた噂話も
御姫様のドレス内に 包まれてしまって
只管 忘れられるかのような 産物

白濁した水面に浮かぶ目玉がとても白くて
青空と一緒に映り込む雲の欠片と勘違いしている
ねえ坊や そう思うでしょう?
乳母車を今にも手放しそうな老婆が静かに咆える

キイ カタタタ
横から縦に編み続ける織物
反物なんて言葉から離れて数年経つ
ミシンやボビンなんて必要のない生活
カタカタと回るのは 南部曲家の横で動く水車のみ
その水を飲んでいた馬も 死んでしまった

鯛よりは重宝される代物
調理済みと言うから醤油一滴 垂らすのも
何だか失礼である気がして 縮こまる
茹であがったタコのような雰囲気に唇の形を持って行けば
非難と愚痴の鬩ぎ合い

聴く方だって こんなに辛いのだから
話すアナタは よもや唇を外してしまいたくなるのではないですか
と言う言葉ごと飲み下す
泡の出るビールと一緒に
そんな季節だ

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

ポエムサークル「みゅう」
正式名称は何ですか?
ポエケットの打上にて質問され 思わず口ごもる
ああ何だっけ?

表記とすれば昔から 
MEW -ミュウ- 
だったんですね

タイトル サブタイトルじゃあないけれど
必ず -  - この中に ミュウの文字が入るの。

最初は地元の新聞や 全然関係のないロック雑誌などで
只管 仲間募集して(笑)

一番お世話になったと言えるのは
公募ガイドの仲間募集コーナーでしょうね
今では もう コーナー消滅しました

色々と書いている内に 平仮名の方が柔らかい印象かな? と
みゅう表記にしてみたり 漢字の当て字が欲しいなっ♪と言うことで
魅由宇 なんて表紙を作成して悦に入ってみたり。

そんな感じですねー♪

そんな「みゅう」最新号222号(にゃん・にゃん・にゃ~ん♪)
で登場した ウスメバル(せいかい)

写真はスーパーのパックまんま撮影してますが、何か?(笑)
ポエケットで売れた12冊分だけ増量製本した「つもり」が
何のプリンターエラーか 10冊近く余計に製本しちましタ(爆)

これを読んでいる そこのアナタ!
みゅうを初めて読むアナタに 無料プレゼントしちゃうで~♪
読んでみたい方は 連絡ちょうだいませませ~♪

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

詩の発表場所あります
自慢の絵・写真を披露したい方にもおすすめ!

ワタクシすずこが編集している手作り詩誌
ポエムサークル「みゅう」

仲間になり購読いただくと
ボツなしで冊子掲載 & CDトーク → 全国郵送★
見本誌もあります。読みたい方も連絡くださいね。

以下に本誌の写真・詳細を紹介していますので
クリックして御覧くださいませませ~☆
ミュウ 221.222号 完成♪ 

すずこのリンクはこちらから

~いつかの すずザレ~ 藤鈴呼の戯言
過去作も織り交ぜてUPしていきます☆

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

捨ててしまいたい想い

果てしなく広がる宇宙の果てに

チリのように 埋もれた心を

置き去りに出来たのならば

どんなにか 楽だろう


★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:


貪欲な味がする

いつもの苦いコーヒーも

すすり泣くように 飲み干せば

全てを 忘れ られるのか・・・


★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:


愛ではない

きっと そうなんじゃないかと

恋している気分に ひたるだけで

連なる想いを 書きなぐるために

星は 美しく輝くのだし

雲は つかめやしない

通り過ぎてしまうもの

伝わらない こころ

こんなものに 溺れたって

どうにもならないって

解ってる

マンホールのような穴に

はまったままの落ち葉

それが私かとでも言うように・・・


★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:


● Indian Summer ●  ~小春日和~


まだ眠たい 子猫の尻尾

少しくびれた 丸みを帯びて

ボクの手の平 くすぐっている

「ねぇ・・・くすぐったいよ?」

君に 話し掛けてみても

応答する 筈もなく

みじめになった ボクは

目の前の机を

思い切り ぶっ叩いた


°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:


無: 無理難題ばかり押し付ける君には

臭: 臭いものに フタをするような感覚で

性: 性教育でもしてい方が てっとり早いだろう


★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:

シ: 支離滅裂な事ばかり言わないで

ソ: そんなんじゃ 壊れてしまうから

ギ: 仰天する姿 想像出来るんだ

ョ: 黄泉の国へ移動する瞬間までには

ウ: うたた寝を止めて 辿り着きたい

ザ: 懺悔ばかりは 悲しすぎるから

・・・・・・・・何か意味不明(爆死)


°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:


● 左下がりの空 ●


眺めると 歪んでいる空は

少し 小さい

ボクの心が 大きくなったのか

君が 儚くなってしまったのか

どちらでもいいや

ただ 今は

この星空に

抱かれていたい


★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:


すずこの声・・・


藤鈴呼の歌声があなたの元に(笑) 
60分テープを送ってくれればダビングして送ります♪ 
今のとこ二本作成した なるしーすずこ(別名 えごてぃーすずこ) 
でもって、左側の「 」が、すずこの作った詞の題名っす♪
ちょっと ラジオ調にしてみたくて、曲の合間等にMC(謎)が入っているぞと!

編詞ミレニアム Ⅰ ジャンヌダルクversion

1  カラオケ EDEN 原曲

2  EDEN編詞 「MOON CHERRY」

3  Heaven's Place編詞 「こもれび」

4  桜編詞 「散華」 =YOZAKURA=

5  RED ZONE編詞 「Refrigerator」

6  Lunatic Gate編詞 「朧月夜」

7  ring編詞 「MONEY」

8  …song編詞 「CATS」

9  Vanity編詞 「Virgin」

10 child vision編詞 「MOTHERS LIFE」~倖せに溺れた儚き魔女~

11 ファントム編詞 「FRIDAY」

12 Stranger編詞 「炊飯ジャー」

編詞ミレニアム Ⅱ ジャンヌ・ダルク & ラルク version

1  カラオケ ラルクwhat is love原曲

2  Stranger編詞 「炊飯ジャー」

3  Junky Waker編詞 「July Water」

4  Desparate編詞 「Dead Finally」

5  -R-TYPE「瞳の色」編詞 SPECIAL BLOOD「魂の囁き」

6  Psycho Dance編詞 「Sadistic’Sex」

7  FAKE編詞 「FIRST」

8  So Blew編詞 「SADNESS」

9  闇の月をあなたに…編詞 「凍り付いた憂鬱…」

10 Judgement 死神のKiss編詞 「ICE TEA」 炎天下のミルクティー 

11 Speed編詞 「Little Bird」

12 what is love編詞 「めでゅーさ」


★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:


心ではなく身体で繋がれた二人

刻印は 其の KISSマーク

乱れ合った あの日々に

求められぬ恋

何も考えられぬ瞬間には

想いも 夢も

消え去ってしまうだろう

だから今日から

君の病(こころ)

かき集めながら

ぼくは 生きよう


★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:
人気ブログランキングへ
↑ポチッとな~☆↑



2014年7月13日 (日)

恩を仇で返す女

Img_6568_1


Img_6568_2


Img_6568_3

写真は季節の野菜♪ 上司からのいただきモノ
無農薬のトマトは甘いねぇ~!
昔は実家の庭でも成っていたなあと懐かしく思い出す

ポキッと採ってエプロンなんかでキュキュッと拭いてガブリ
そんなイメージが浮かぶんですよね

写真のものは薄く ゆずおろしドレッシング風味になっていて
旦那に突っ込まれました

「お前、こういう自然のものは 塩かけるだけで
充分甘味を感じられるんだから 勿体ないだろ!」

ごもっとも。
で、次の食卓には 塩とともに♪

キュウリも非常に大きくて 皮もキレイ
大きけりゃ良いってモンでもなくってね

スーパーなんかのキュウリを選ぶ時は
皮がキレイかどうかって 気にしてしまったりして

だからダメなんだよねぇ~
自然のものって 形バラバラが当たり前なのにね

今回はデパートの自然食品コーナーに並べられるんじゃね?
くらいの美しさで驚きました

皮をランダムにピーラーで削ぐ癖は
旦那の真似なんだけど

これは彩り的にやっているような感じで
粒々もなかったし そのままでもいけたなあ、と。

でね? 皮の味わいがちょっと濃厚で。
何て表現したら伝わるんだろう~

良い意味での青くさいって感覚かなぁ
綺麗な庭園の緑 とか 一瞬シソ風味にも思えたりして。
最近きゅうり大好きだから嬉しかとです~

トマトスープも作成~ 
引き立て役は、ほうれん草 コンソメ仕立て
塩味はベーコンが醸し出してくれました♪

そもそも何でこないにいただいたかって言うとですね
(写真は ほんの一部で じゃがいも も たんまりと♪)
スカイツリー土産で ご当地ビール瓶をお渡ししたんすよ

今回ポエケット参戦に辺り 休んだからね、お土産に。
女性陣スタッフには ご当地の菓子なんだけど
上司は甘いものが苦手、とのコトでね。

いつも迷惑かけてるし・・・

「ミスの多いすずこさん~」 なんて突っ込まれ続けて
本当に申し訳ないなあというお詫びも込めて♪

と思ったら こないにいただき エビで鯛を釣ったった☆

んですけどね?
その日の夕方、また迷惑をかけてしまった(爆)

最近レジスターが新しくなりまして。
初めてのロール紙交換をしていたんですよ。三人掛かりで(笑)

で、気を利かせたフリをして 取り出したロール紙を
ゴミ箱に捨てたんだけど
それ、保管が必要だったみたいでしてね。

ティッシュなんかでも そうだけど
レジ紙がなくなる時って 紙が桃色に染まるじゃないですか

その状態で 最後の部分がくるくると巻き付いているだけだと
思い込んで

その辺りにある切れ端なんかを 一気に捨てたら
その中に 保管用ロールも含まれていた、と。

この日は約束がありまして。急いで帰宅してガストっていたら
上司から電話が。

ロール紙がなくて慌てて探している様子
丁重に謝って「冷蔵庫の前にあるゴミ袋に入れた」と
伝言したんですよ

暫く待って折り返しがなかったので 
見つかったもんだと安心していたら
再びの着信

「すずこさん、コーヒー塗れになって探したよ!」
んぬっ!?

キッチンにはゴミ箱が一つ
こちらは使用後のドリップコーヒーなんかも入っているから
そちらを探したってコトだわ。。

私が入れたのは 後ろ側の冷蔵庫前にあったゴミ袋
いつも集めているから入れたんだけど
これ、分別用だったんですと!(爆)
良くみなかったもんなぁ・・ (ちゃんと見ろよ!)

かくて 恩を仇で返してしまったのでした

んで、けちょーん、と謝罪しまくる私に
フォローまでしてくださった

「まあ、今回は良いから、トマト美味しく食べてよ」

はいっ! いただきましたとも! とても美味しく
~( ̄▽ ̄~)(~ ̄▽ ̄)~

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

詩の発表場所あります
自慢の絵・写真を披露したい方にもおすすめ!

ワタクシすずこが編集している手作り詩誌
ポエムサークル「みゅう」

仲間になり購読いただくと
ボツなしで冊子掲載 & CDトーク → 全国郵送★
見本誌もあります。読みたい方も連絡くださいね。

以下に本誌の写真・詳細を紹介していますので
クリックして御覧くださいませませ~☆

ミュウ 221.222号 完成♪ 

すずこのリンクはこちらから

~いつかの すずザレ~ 藤鈴呼の戯言
過去作も織り交ぜてUPしていきます☆

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

三階建ての 建物
上から 続く 排水菅

灰色の 筒から 
流れ 出る 雨水

ドクドク と
心臓から 流れる 血液 を
連想 させる

先日の 美容院で
聞いた 話を 
思い 出した

ヘア ・ カットも 
終盤に 差し 掛かった 時

美容師の 彼が
ハサミで 指を 
傷付けて しまったのを
鏡越しに 見た

あっ・・・ !

小さく 叫ぶ アタシ

今 指 切りませんでした?

恐らく
私が 気付いて 無い
と 思ったの だろう

何事も 無かった 風に
カットを 続けようと した 
彼 だったが

やはり 血が 
出て 来た らしい

ちょっと すみません

作業の 手を 止めて
カットバンを 貼った

良く 分かり ました ね

ええ・・・ 

見つめる 表情が 
歪み がちなのが
自分でも 分かる

カットに 戻った 彼

ハサミを 持つ 手が 
痛そう に 見える

やっぱり
手を 切っちゃったり する コトって
有りますか・・・ ?

良く 有りますよ

そう 言えば 
ちょっと グロイ 話 なんです ケド ね・・・ 

語り 出そうと する 話を
連想 出来ぬ まま

アタシは 少し 
眉を 潜めて
耳を 澄ました

手首 なんかを 切った トキ って
良く ドラマ なんか では
血が 勢い 良く 
ピュ~ って 
吹き出す じゃぁ 無いですか

でも アレ 
違うんですよ

ホントは
どんな 風に 出るか
知ってます?

え。。。//δ⌒▽⌒//

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

今朝の 雨は 特別だ

やっと 梅雨らしい
と 喜ぶ べきか

外を 歩く 人々が
惨めに 映る

シグナル 待ちの 車内で
思い 起こした 会話も 全て

透明な 雨粒に
ひっそり と 流されて

大地に 
埋め 込まれて 行く みたいだ

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

茜色の 野原に
舞い 降りた 
モンシロ蝶

焦茶に 染まる 羽根は
誰に 焼かれた

夕闇の 手前
漆黒の 心   抉(えぐ)る 様に
時は 流れた

雨が 降れば 
良い だろう

混濁の 膿も 
海へ 流れ 付ける から

朝が 来れば
代わる だろう

爛(ただ)れた 肌も
美しく 光るから

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

「 言いたい コトが 
  分かんないん です ケド 」

「 明言 するのは
    嫌い ですから 」

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

「 カモフラージュ と 
  鴨が ネギ 背負う は 

  或る 意味 
  同じ です な 、

  どちらも
  ネタが 無いと
  始まら 無い  」

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

「 喉飴 は 辛い から キライ
  って 言う ケド

  舐めた 後に
  塩 ラーメン の スープ
  すすって 御覧なさい。

  飴の 甘さが
  身に 染みる から  」

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

「 お前は 甘い! 」 
って 吠えんなよ 、

アンタ だって
俺 以上に 甘いよ・・・ 

自分に。

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

土鍋 って 漢字を 
思い 出すと

茶系 以外の 
色鍋 に 

食欲 を 
見出せ ないんだ なあ

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

謝った から 
反省 してる と 
言い 切るん ですか?

なら
あの 目付きは
一体 何だ!

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

言い訳 して
呉れた 方が
未だ
救い ようが 有る

黙って たん じゃあ
分かんねえ

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・

人気ブログランキングへ
↑ポチッとな~☆↑


2014年7月12日 (土)

明日のマルシェはお休みでーす

32


33


67


明日のマルシェはお休み一句
旦那がさ、車を使う らしいのよ

と言うことで
またの機会にお会いしましょう♪ 

写真のゆびわはミュウメンバーはんちょうのところへ
お嫁に行きました~♪


32 なついき(6.3センチ) 
アクリルクラッシュ赤8ミリ ロンデル波ピンク2つアクリル白パール4ミリ

夏の休息を略して「夏・息」→「なついき」
若しくは「夏に活きる!」のイメージでどうぞ☆


33 天使のレッグ(7センチ) 
アクリルオーロラ8ミリ ロンデル波オーロラ2つ アクリルオーロラ4ミリ

天使の梯子が見られる空は思わず見とれてしまいますが 
すっと伸びた美しさをオーロラで表現しました☆


67 水際マーメイド(7センチ) 
アクリルクラッシュ水色12ミリ ロンデル波ブルー2つ ガラスパール水色4ミリ

不揃いのガラスパールが人魚の纏うドレスと
波の揺らめきのように思えて命名しました☆ 
大きなクラッシュビーズは宛ら美女の顔でしょうか☆

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

魔法瓶


錆び付いた 何てことないポットのイメージも強いけれど
何処か神聖な銀色の存在って印象も拭えない

真鍮なんて言葉も浮かんでくると
指輪が浮かぶ

まあ金属アレルギーの私ですから
リングなんて一つも持っておりやせんから
チマチマとビーズ細工を作成するとですよ(笑)

水筒のイメージも有るなあ
アウトドアグッズの置いて在る店で
ランニング用の水筒を見つけましてね

腕に巻き付ける部分も付いて居たりする優れもの
ただ、これ、すっげー小さいから足りねえべ?って言うね

私なんざ一瞬で空っカラになって
喉のカラきも拭えないこと請け合いだわさ
あ、そもそもランニングなんてしないんだったわ?(爆)

上越インターの近くにバッティングセンターが在ると言うので
初上陸してみたら卓球台も有る♪

久々に別の意味でピンポンダッシュしましたよ
なんて書くと犯罪チックだけど違いますからね?

バッティングは網の隙間からデジ・カメ子ちゃんを構えて
只管動画撮影に勤しみました(笑)

ゴルフの打ちっぱなし、若い頃 一度だけ体験したけど
アレと同じでスカしまくったら肩が痛くなるからね

きっとそうだから! と
推測から強めの断定系にシフトする。

テーブルゲームの貸し出しもしていて 
ジェンガ トランプ UNO オセロ 将棋なんかが
自由に出来るみたいなんだけど

テーブルゲームってキーワードを見た瞬間に
パソコンゲーム画面のソリティアだとか大富豪 上海が浮かぶ辺り
私もきわどいな(爆)

ってかウノって超懐かしいんですけど! 
家族でやって以来だから
今なんざ 思い切り ルールごと 忘れてるワ。

この季節になっても鶯の声が響く事って 
多いのよね

「あ、ウグイスだ♪」と言う変わりに
「あ、ほーほけきょだ!」と言ってしまうんですよ。

ホームセンター内のペットコーナーに寄り道したりしてね。
用も無いのにソレ目当てで入るんですよ

んで、オウム インコ なんかが狂ったように哭き出すモンだから
怯んだりしてね(笑)
え゛、私、何かした? みたいな。

この辺りで有名な珍しい鳥と言えば佐渡の朱鷺だけど
トキセンターで見たっきり
自然のトキに出会うトキなんてないんですよっ
トキに出会ってドキドキしたいねー

♪むねきゅんでるぜっ♪ってCMは
ここだけなんだろうか

パチンコ店のCMって毛嫌い気味の旦那も
「良く見ればウケるよね」と
ヤラれているCMなんですよね~。

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

詩の発表場所あります
自慢の絵・写真を披露したい方にもおすすめ!

ワタクシすずこが編集している手作り詩誌
ポエムサークル「みゅう」

仲間になり購読いただくと
ボツなしで冊子掲載 & CDトーク → 全国郵送★
見本誌もあります。読みたい方も連絡くださいね。

以下に本誌の写真・詳細を紹介していますので
クリックして御覧くださいませませ~☆

ミュウ 221.222号 完成♪ 

すずこのリンクはこちらから

~いつかの すずザレ~ 藤鈴呼の戯言
過去作も織り交ぜてUPしていきます☆

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

お互いに 大爆笑する メールならば
幾ら 有っても 良いよね。

読んで 楽しく なるような 言葉を
沢山 拾い 集めたら 

その分だけ 
笑顔も 広がって 
楽しい 気分が 山積みに なってく 

層の 断面図は
きっと いちごショート みたいに 
綺麗で 美味しそうな 彩に 
包まれて 居るんだろうな

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

歯磨きを していれば 大丈夫なんだ 
その 思いに
囚われ過ぎて しまった みたいだ 

ちゃんと 磨くこと と 
強く 歯ブラシを 当てる コト は 別物なのに 
ちゃんと その意味も 分からなくなって 

良く コマーシャルの 画面で 
歯茎を 林檎の皮に 喩えた 画面を 出して 
警告 しているだろう? 

そうだ 歯槽膿漏 だよ 
一生懸命過ぎることが 
必ずしも 褒められた 結果のみを 生み出す
と 
勘違いを して いたんだね 

歯ブラシが 強すぎると 
歯茎は ビックリしちゃって 

長年かかって いじけちゃって 
やわらかーく なっちゃうんだよ 

同じ やわらかいなら 心ならば 良かったのに 
和む 気持ちならば 幾らだって 大歓迎なのにね 

それから もう一つの事実に 僕は 気付いた 
ヤニが 歯の表面を 黄色く すること 

それから ユビのツメも 
少しずつ 黄色くなって いくこと 

マニュキアで 誤魔化せば良いって 
問題じゃあ 無いんだ 

やっぱり 生まれたままの姿が 一番なんだから 
だったら 裸が 一番なんじゃないかなって 
誤解しないでおくれ 

そうだよ 洋服は 必要なんだ 
裸じゃあ 普段 寒風摩擦もしてない 僕のこと
 
風邪引いて 寝込んでしまうこと
請け合いだからね 

そして 禁煙したからって言って 
全ての要因から 逃げられた 訳じゃあ ないんだ 

歯磨き粉の コマーシャルで 知った 
ステイン って 言う 言葉が 有る 

お茶 コーヒー ワインなんかで 
着色して しまうんだってね 

だから 禁煙しない方が 良かったのかな
って 思うのも それも 違~う 

今日から 首都圏の 全面禁煙ホームが 増えたらしい 
残る 砦は 何線だったかな 

もう そこいらで プカプカしている 煙と 
ハイタッチする 必要も 無いみたいだけれど 
個室は 残される みたいだね ・・・ 

そう ちょっと 躊躇したみたいに 
転々とする 煙について 
点々と 考えてみる 

どうして 何時も 三つ 点々を 繋ぐんだろうね 
四つだと 何だか 数合わせ的に 悪いし・・・・ 

ほら これよりは 三つの方が 見栄えもする・・・ 
なんて 思ったところで 
先日の会話を 思い出した 
くろよんホテルに 泊まった時の ことだよ 

四号室は 避けられたけど 
もし 四号室だったら 嫌だねぇ って言ったら 
彼は そんなに気にしてないよ だなんて 言う 

人それぞれ 重きを置く数字は 違うんだけどね 
彼にとって 四は 大した恐怖じゃあ 無いらしい 

四と九が 二つ有ったら 気に成るけどね 
って 言われたんだ 

僕は それほど 迷信を 信じてる方じゃあ 無いし 
枕だって 北を 向いてるかも 知れないし 

我が家には 方位磁石が 無いから 
確かめる 術が 無いんだよ ねぇ・・・。

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

欲しいモノを 最初っから求めて 入店すれば
余計なモノを 購入しないで 済むでしょうか

それとも
財布の中に 余りお金を 入れなかったらば
無駄使いしないで 済むでしょうか

人は 本気で 成し得ようとした 瞬間に
試行錯誤を 重ねて 
術 を 編み出す 生き物

どんなに 壁を 作っても
ハードルが 高くっても

棒高跳びみたいに 棒が有れば
乗り越えられるのですネ

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

面接をした翌日 ウォーキングを していた時
体育館まで 着いて 其処から 駅まで 歩いてみた

面接官の 男性の 話だと 
10分程だと 言う コトだけど

きっと アタシは 
コンパスが 足りなかったのだろう

私より ずっと 背が 高かったから 
彼の コンパスが 長かったのかな?
セレクトする 道を 間違えたのかな? 

踏み切りで 引っかかったことも 有ったけど
倍以上の時間 掛かって しまったんだよ

人混みに 紛れた 昼食時 
高鳴る 胸の 鼓動 ならぬ 
空腹の 音 は 聴こえなかったけれど

そろそろ 胃袋でも 満たしてみようかと
迷いながら 

両側に 乱立する 店並みを 眺めて
ポケーッ と 歩いていた からだろう 

気付かなかった

ふと 痛みを 感じた 
右手の甲 

ザックリと 割れて居る 
赤い線

なんて
大袈裟な モノでは 無いけれど 
やっぱり チクチクと 痛み出した

果て 何時ぞや ホームに 出没 したような
カッターを 手にした 誰かと 
擦れ違いでも したろうかと
急に 身を 固くする

不可解で 不機嫌な 表情を しつつも
人波から 逃れられる 筈も 無く

両手を 体の中央に 置き 
被害を 最小限に 留めようと しながら 歩く
交番の 前

思い切って 入ろうか 躊躇した ものの 
浅い傷 この位で
わめく 私じゃあ 無い

いや 違う 
問題は 傷の 浅さではなく 
傷の 作り方が 問題なのだ と

天使と 悪魔が 脳裏で 葛藤しつつも 
首を 傾げつつ 電車に 乗り込む

間違っても 後ろから 押されない ように 
黄色い線の ずっと 内側で 震える チキン野郎

帰宅して いいくらいの時間が 経過して 
腰に巻いた ポーチを 外した時に ハッとした。

嗚呼 これだ
途中 駅のトイレで 

ポーチを 固定している 安全ピンが
外れて 居ることに 気付いた 時に

此れが 元凶だと
気付くべき だったのに 

今頃になって のんびりと 気付いた 私だよ
尖った ナイフで 無くって 良かった 

たかが 安全ピン 
されど 安全ピン 

安全なんかじゃ なかったね 
案外 威力が 有るんだネxxx

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

セロハン って いうのは
カラー セロファンの ことですがな。

多分 文房具屋に 置いてあると
思うのだけれどね。

最近は 何に 使うんだろうかなぁ・・・。

カラーだけど 透明セロファンなのね。
意味 わかるかなぁ・・・
説明が 悪くて ごめんよぉ。。。

セロファンを 自分で 好きに 小さく きって 
万華鏡の 模様に するのだ。

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°
人気ブログランキングへ
↑ポチッとな~☆↑


2014年7月11日 (金)

ポエケット参戦

Dsc01359


Dsc01369


Img_6291


写真撮影 みゅうメンバー あおば
手作り詩誌「みゅう」 詩誌即売会に出展します!
ブース番号は「G1」 ステージの真向かい、壁際です。

●第18回ポエケット

日時:2014年7月6日(日)
午前10時から午後4時半まで
(開催時間を大幅変更)
出展者は午前9時半集合
料金:入場無料(出展料2,000円)
場所:江戸東京博物館1階会議室
ゲスト:三角みづ紀、腐乱ちゃんと恨乱ちゃん    
                       
ミクシーポエケットコミュ

ポエケットホームページ

・・・と言うイベントに行って来ました!
私の拙い計算によると、「みゅう」は12冊お嫁に行った模様です♪
過去最高かも知れないなぁ~ と ニヤニヤしておりまする。

私は去年ドタキャンしてしまったので二年振りの参戦
懐かしい顔・初対面に笑顔の連続でした。

みゅうブースを一緒に護ってくれたのはメンバーあおば
毎年ブースを護ってくれています♪
私の作風について有り難い言葉を頂戴し、豊齢線が濃くなりました(爆)

今年は並四ラジオ こと なみちゃん は お留守番だった様子
たこ煎餅を手持ちして下さいまして、一同 食欲の夏!(笑)

そして去年から売り子としてブースにいてくれたのは
ぷよつま 初対面でした
その可愛らしい姿・声に魅了された午前中でした☆

あおば・ぷよつま お二人の個人誌も無事に旅立ったようで
ほっと胸をなでおろしましタ☆

立ち寄ってくださったのは ようさん&ゆりの
お二人とは久々の再会となりました♪

お隣ブースから「狼23号」
更にお隣で「ファントム」をゲットし・・・
これから読みます(笑)

満身創痍で駆け付けてくださった ようさん
美しいラインと笑顔に密かに見とれていた ゆりの
お二人の家族 えくりゅ姉さん不在にて
沢山の心労の中での再会でした

そして二度目のゲスト朗読後に現れたのは リック☆
・・・と未だに呼んでしまいたくなるのだが、改名したから
りんた、ですなっ。

声をかけるタイミングを見計らっていたそうな(笑)
人見知りだから~なんて言っていたけど
慣れたら 色々と突っ込み上手な一面も垣間見えたりして!?

打上は みゅうメンバーオンリーで カラオケに。
会場が両国駅前だったので、その界隈で。

例年ポエケット参加メンバー全員での打上が開催され
何度か参加していたのですが
今年は会場のビルが被ってしまいまして。

私達がカラオケに行こうとしたら、他のブースの皆様は
階違いで同じビルに集合していらっしゃいました(笑)

エレベータ付近で「何階だっけ?」と言っていると
御丁寧に教えて下さった方もいたのですが
「すみません… 我等 内輪打上なんス」状態(汗)

カラオケでは只管 喋る! モチのロンで 傍らには
「おしゃべりすずこCD」用に 録音機を設置(笑)

ラストん分になってから 思い出したようにマイクを握る
ようさん&ゆりの お二人のハモリン♪が 印象的でした。

現代詩フォーラムサイト繋がりの方々や
メールをくださると仰っていただいた方
「メンバーになってみようかなぁ~」 なんて有り難い御言葉

「メールくださる際には~と書いてくださいネ☆」
なんて暗号めいた会話とともに手を振った方
全ての皆様 本当にありがとうございました!

みゅうを読んでみたい方・メンバーになりたい方
いつでも ご連絡くださいませませ~( ̄ー ̄)

メンバーの皆様、売上た分、増刷作業中でございます~
しばしお待ちくださいませませ~♪(⌒∇⌒)ノ""

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

詩の発表場所あります
自慢の絵・写真を披露したい方にもおすすめ!

ワタクシすずこが編集している手作り詩誌
ポエムサークル「みゅう」

仲間になり購読いただくと
ボツなしで冊子掲載 & CDトーク → 全国郵送★
見本誌もあります。読みたい方も連絡くださいね。

以下に本誌の写真・詳細を紹介していますので
クリックして御覧くださいませませ~☆

ミュウ 221.222号 完成♪ 

すずこのリンクはこちらから

~いつかの すずザレ~ 藤鈴呼の戯言
過去作も織り交ぜてUPしていきます☆

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

おかげさまで 土曜日には、
いた天ファミリーと 会い、

昨夜、 無事に 
スキーから 帰宅 したよ。

ふらふらと 車から スキーを おろし、
とりあえず 洗濯物を 洗濯機に 突っ込み、

流石に 夜も 遅いので 
洗濯は 出来ないけど

何時もの 二倍 以上で
洗濯機の中に 入りきらない 洗濯物を
洗濯機の上に 思い切り 重ねて 
閉口 しながら

ヨロヨロと 風呂に 入り
ヨチヨチと 歩き
ヨタヨタと 髪の毛を ドライヤーで 乾かしたら 

もう メールチェックする 暇も 無くって
バタンキューして しまった。

もう 日付変更線を 越える 頃だった
浅い 記憶が・・・。

寝つきは 良かった 筈なのに
寝起きは 悪く、

今朝は 夢現に 
幻想モード 入り ながらも

大量の 洗濯物に
押しつぶされる 夢を 見そうなので
午前の おやつの 時間には 起き上がり

ペタペタと 歩き
ジャブジャブと 洗濯をし
パンパンと 干した。

バッグや ポケットから 小物を 取り出し 
干しっぱなしで 出掛けた 洗濯物を 
畳んでから 収納し

何となく TVの スイッチを 押したまま 
いいとも増刊号を 聞いてたら
何時の間にか マラソンに 代わってるんだ。

曇天だけれども 
外に 干さないと 乾かないよなぁ と 思い 

ようやく パソコンの 前へ。

ネットで 眺める 天気予報、
昔では 考えられなかった 事実。

新聞の 天気欄や 
テレビの 天気予報の 時刻に 合わせて
チェックする 癖も 無くなった。

近所の ベランダを 偵察し、
皆 今日は 室内干し なのかなぁ 
と 思い ながらも

雨の 予報は 無かったので
思い切って 外に 干して

パタン と 窓を 閉めたら
少し スッキリ した。

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

初恋の人からすずさんへお手紙が届きました。

--------------------------------------

すず、元気?
もう自分のことを「ボク」とかは言わなくなったかな?
あのころのすずをなつかしく思います。

別れたくないおれに、すずが
「別れても連絡するから大丈夫だよ」と言いつつ
パッタリ連絡が来なくなったあの日から、もう19年が経ったんだね。
月日が流れるのは早いものです。

手紙を書いたのは、とくに用事があるわけではないんです。
ただふと思い出して懐かしかったので、
思いつくままに手紙に書こうと思って。ふふ。驚いたかな?

今あのころの付き合いをあらためて考えてみると、
ひどい恋愛をしていたなぁと思います。
基本的にモテたし人気者だったすずに対し、
おれは地味で日陰の存在だったから、
いつもジトジトして迷惑をかけていましたね。
おれに「堂々としてよ。いいところもたくさんあるんだから」
と勇気付けながら、だんだんと距離を置いていったすずが
今でも忘れられません。

そういえばすずにとって初恋の相手がおれだったのかな?
最初のころのすずは、なんだかプライドだけは高いわりに、
緊張気味だったような気がします。そろそろ男慣れしたころでしょうか?

付き合い始めのラブラブのころは、すずが「時間が止まればいいな」
って言ってくれたのを覚えています。
あのすずの幸せそうな顔は今でも忘れません。
思えば最初はかわいかったなぁ。

恋愛を総括して言えば、きっとおれはすずと付き合うことができて
よかったのだと思います。
いつもどこかにいってしまいそうなすずと付き合って、
最終的には自分との戦いだということを学びました。

いろいろ書いたけど、おれはすずのことがそれでも好きでした。
これからもすずらしさを失わないよう、
あと、そろそろノーブラで出歩くのはやめて(笑)、
誰かと幸せになってください。

またいつか会いましょう。では。

P.S. すずが誕生日にくれた日本人形、だいぶ髪が伸びました。

初恋の手紙

*

すずさんについての分析結果は以下の通り。

-----------------------------------------

【短評】
しっかり者で、男性を守る側になることも。
相手の気持ちに配慮もできて精神的にタフ。
弱味を見せないところがある。

【あなたの恋愛事情を考察】
すずさんは、よく「付き合った男性がみんな弱っていく」
などと感じませんか?
または、長く付き合ううちに「私はあなたの母親じゃない」
と言いたくなることはありませんか?
逆に、すずさん自身が甘える場面というのは
少ないのではないでしょうか。

基本的にはすずさんは、わりと恋愛では「強い」ほうだと思います。
周りの人からは、悩み事がないかのように思われる可能性もあります。
確かに精神的には比較的タフだとは思われますが、
一方で、そういう役割にばかり追われると、
もっと子供のように甘えたい気持ちが内側に蓄積するものです。

素直さや隙がないために、相手がすずさんをどう愛していいのか、
どこをとっかかりとして幸せにしていいのか、
よく分からないことでしょう。
そして相手男性が弱くなっていくか、逆に針が振れて、
自分に振り向かないほどの男性(彼女持ちとか)をいつのまにか
選んでしまう可能性もあります。

ここから言える、すずさんにありそうな問題点を列挙します。

◆自由人でしっかり者だが、男性からしてみると近寄りがたい。
◆なぜか少し弱々しい男性に好かれる。そしてドキドキできない。
◆素直に甘えられる(ドキドキできる)男性を求めると、しんどい恋愛に変わる。

【もっと上手な恋愛のために】
そういうタイプになったのはなぜなのか、
もっとモテるためにはどうすればいいのか、
もっと恋愛上手になるためにはどうすればいいのか、
どう考えればいいのか。恋愛の疑問は尽きないと思います。

恋愛を深くまで知るのと知らないのでは、
その後の人生の豊かさに大きな差があると思っています。
なんとなく恋愛をしているだけでは、同じことを繰り返すなど、
成長速度に限界があります。
そして、恋愛できる時間は、実質的に限られています。
経験を積み重ねているだけではあっというまに時間は過ぎるのです。

我々はいつも恋愛を研究しています。
もしよければ、一緒に恋愛を学習しませんか?
スタートが早ければ早いほど、
きっとあなたの恋愛人生に大きな影響を与え、役立つと思いますから。

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

たまに がんばれって 
思い切り叫びたい 瞬間が有る

普段は がんばれ なんて 言ったって 
何だか 

何を がんばれ なんだよ って 
自問自答を して しまいそうで 

何だか 無責任な 気がして 

嫌いだよ って 豪語 してから
数年 経つのだけれども 

それでも 

がんばれ って 言う 言葉は 好きだよ 
励みに なるよ 

なんて 言葉に 触れる度に 
思いを 浅く して みたりして 

最近では 
たまに 使う 台詞だ。

心を 込められる 瞬間でも 有る
明日の アナタに 幸あれ!

V I V A ・ G A M B A !

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

最近の 徒競走では 
順位を 決めないらしい

運動会で 3位 以内だと 
赤い リボンを もらえた

胸元に 安全ピンで 着けるのが 
お決まりだった

あの 赤いリボンは 
赤い羽根運動をも 
思い 起こす けれど

安全ピンで 胸元を 飾るのは 
名札の 毎日 だった けれど

とにかく 
一生に 一度の 晴れ舞台 よろしく
僕は 頑張っちゃったんだ

それなのに 今では 
みんなで お手々 繋いで 
仲良く ゴール・イン♪ だって?

協調性が 育つのか? 
競争心を 煽らずに

何だか 
すっとぼけた 
ダシの無い 味噌汁の様な 
味わいだよね

それだったら 
いっそのこと 

徒競走や リレーなんて 止めて
皆で 仲良く 
玉入れゲームを しよう

全てが 最後に 還る 場所 
土に 抱きついてる 玉も

誰かの 温もりが 愛しくって 
掌の 中で 和んでる 玉も

涙と 一緒に 零れ 落ちちゃって 
震えて 生る 玉も

みぃんな 集めて カゴに 入れたら 
仲良く おしくらまんじゅう

きっと みぃんな 
笑顔に 成れるから

*

不思議な 空間を 
知って 居ますか

一枚の 鏡では 見えない
自らの 後ろ姿

ちょっと お洒落な 
化粧室

斜めの角度で 向かい合った 
キラキラの 透明な 板に

わたくしの 猫背と 後れ毛が
映り 込むのです

他の 何も 要らないから
スッと 背伸びした 綺麗な姿勢で

見えぬ 心をも 
写して 欲しいのです

*

外側だけ 飾っても 
仕方 無いけれど

やはり 第一印象は 外見なんだって
教わって 嘘ぶいて 実感した日

やはり 視線は 避けられない
フィルター越しに 見つめる瞳

隠れたフリで 
尻尾が ピョン

ある程度で 良いんだ
小綺麗で 清潔感 溢れる様に

髪の毛 結わえて 
キュッ と 気合 入れる みたいに

唇は ギュッと 結んで
余計な 一言だけは
胸の内に 留めて 置いてね

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

ミュウの 編集を していて 
眠気に 誘われて 
お昼ねして おきて 
夕食 つくったよ。

今夜は シャケと 肉ジャガと 
アボガドサラダと ご飯。 

卵焼きも 作りたい 気分だったけど 
ちょっと 多いかな? 
と 思って 止めた。

味噌汁は どうしようか 迷ったけど 
久々の 肉じゃがを 作るのに 
最近 出て来た 新じゃがを 5個も 入れて
大きな鍋で 料理 したから
今日は 味噌汁 抜きだよ。

肉じゃがって 翌日になると
丁度 良く 汁が 染み込むけど、

作った 当日は 
具 ひたひたで 
水を 入れた つもりでも
ちょっと 汁っぽく なるんだよね。

前に 味噌汁も 一緒に 作ったら、

「 汁物 (肉じゃが) に 
  汁物 (味噌汁) ・・・ 」

と 彼が 呟いたから
今日は カット してみた。

そんな 彼は 大阪 出張。
今日は 何時もより 早くって
何と 19時前には 帰宅するんだとか!

駅まで 迎えに 行くのだけれど、
普段と 違って 残業が 無いから
早い帰宅 なんだよね。

会社だと 必ず 残業で
最近は 特に 忙しい みたいで
深夜に なることも しばしば。

春が 近付いたら
少し 楽に なって くれるかな? 
って 思ってるよ。

そんな訳で 朝も 早かったんだよね。
7時には 自宅を 出発して 
駅まで 送った。

それから スーパーで 買い物をして

( 早朝の 品出しは 勿論 未だの 時間帯だから
  残り物 って ところが 切ないんだけれど

  今日は 曇り空だから 
  自転車で もう一度 
  スーパーへ 行く予定も 無かったし、
  冷蔵庫は 空っぽ だったし

  折角 車で 行く 時には 
  食材を 沢山 買い込まないと、

  何時もの 自転車の カゴに 
  入り切る 量は 決まってるからね )

自宅に 戻り、
出掛ける前に スイッチを押して居た 洗濯機から
洗濯物を 出して 
外に 干してから 

掃除をして トイレに行って
ふと 時間を見たら 

未だ 朝の 八時半 だったよ!!

以前は 会社に 八時頃 出勤して 居たから
その頃には 

主婦の 午前の仕事が 終わって居た 
って 訳で ルンルン気分 だった。

それから 写真プリンタや 
ミュウの編集に 取り掛かって
昼ご飯 食べて・・・ 

最初の文章に 戻るよ (笑)

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

笑う 気力も 
言葉を 生み出す 気力も 
考える 気力も ない時

朦朧とした 気分で 
時には 
心身共に 朦朧として しまう時

白い 画面を 見詰めて 
呆けて しまいそうな
自分との 葛藤

元気に 成れば 
時間を 無駄にしたな 
と 思えることが 幸せ

*

オープンな 性格と 
余計なコトまで 言うコトは
別だよね

自分が 肴に 成る会話
推奨委員会 会長
会員募集中 だけれど

誰かのネタでしか 笑いを取れない
芸人さんは 大嫌い

*

笑いで 病を 克服する
そんな 奇跡の ダイジェスト番組

を 観た 記憶が 有ったり
本だったり 映画だったり

ホントかよ?! って ハピネスが
訪れて 居る 人が 
確かに 居る

世界中 探したら
確かに 存在 するんだよね

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

きびだんご って 聞くと
勿論 思い出すのが 桃太郎

先日 テレビで 
眺めた 記憶が 有るんだけど

そもそも 江戸時代以前・・・ 
だったかなぁ

桃太郎は 桃から生まれたんじゃ 
なかったんだってっ\(◎o◎)/!

それを 観て ビックリした癖に
じゃあ 以前の内容が どうだったんだ?! 

と 思い出そうとしたけど 無理だった
Σ( ̄□ ̄)!

きびだんご って
ちょっと かたくって

色は きなこ餅 みたいな 感じで
ごまだんご みたいな イメージで
でも 素朴な 味わい

の イメージなんだけど
イメージばっかりで 良く 解らないのが
残念だなぁ・・・

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

さて 出発しよう ・・・ と
ネットで 場所を 確認していたら

この時期は 混雑しますから
お車での お越しは ご遠慮ください
みたいなことが 書いてあったから

仕方ないな。。。 
晴れた日に サイクリングするか
と 思ってた癖に 

結局 車で 駆けつけた 私だけれど

ちゃぁんと 混雑 解消 するように 
警備員が 数名 居て

普段は 他の駐車場らしい場所に 
誘導して くれたので
安心したよ

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°
人気ブログランキングへ
↑ポチッとな~☆↑


2014年7月 5日 (土)

チャチャッと茶

Img_6004


Img_6005


Img_6006


抹茶って言うと振り茶
最近になって そんな言葉が飛来する
日本には振り茶文化が三つ残っているのだと言う
富山の朝日町が発祥だと言うバタバタ茶
現在 一番身近なお茶かな
カワラケツメイと言う薬草や番茶なんかを使っているの

振り茶
調べてみたら 三つではなかったわ

バタバタ茶 富山県 朝日町
ボテボテ茶 島根県 出雲
ブクブク茶 沖縄県 那覇市

ボテ茶   香川県

振り茶って漢字で書くと 茶筅で振る場面が浮かぶでしょう?
「ふりちゃ」って平仮名にすると
何だか可愛らしい女の子が浮かんで来るのは私だけかしら
赤い水玉スカートがヒラヒラしているような勝手なイメージ(笑)

ここに来て少ししてからバタバタ茶を知ったんだけど
巷で販売しているペットボトルは塩が入っていないからね
私はやっぱり泡立てたものが好きかなぁ~

いや、ペットボトル仕立ても考えていてね
ラベルに横線が入っているんですよ
横線まで飲んだらペットボトルを振るのね
そうすると泡立つっていう仕掛けなんサ

糸魚川では飲食店でバタバタ茶が出て来ることもあって
ポットに入れて飲み放題だと嬉々とする私(笑)
勿論 自分で煮出して作成できるものも
こちらのショップで販売しているのよん♪

煮出すのに沸騰後30分くらい 弱火でクツクツと待つと
とろ~んと眠たそうな少女みたいな仕上がりになるのね(笑)
そうすると塩いれずに自宅カップで飲んでも美味しい。
この季節ならば氷をいれてアイスにするのもオツですよん♪

抹茶って今でこそ庶民的な印象も強くなったかな ってのは
生茶とかペットボトルの影響も大きいけれど(笑)

あとは旅館に行くとね、スティックサイズの粉茶が
サービスで置いてあったりするじゃない?
あの 途方もなく粉っぽい感覚も否めない(笑)

茶器や茶筅があれば自宅でシャカシャカも夢ですがな~
まぁ 置く場所も気力もなけりゃあ 夢見がちな脳裏に
留めときましょ~ なんてトドメの一言で
お後がよろしいようで♪

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

文芸誌「狼」23号
著者について
新人・若手からベテランまで各雑誌、各書籍に詩・短歌・評論の作品を発表しています。各賞受賞歴のある詩人複数も参加。

みゅうメンバーの ようさん&ゆりの 御夫婦同時掲載中☆

浦世耀一朗「パノラマの時」は14、15ページ
麻生有里「東へ」は12、13ページ、
に載っています。
600円+税

ポエケットでは きっと、みゅうブースの近くに・・・♪

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

郵送詩誌 活動中☆
ネットのみならず、作品を形にしたい方 必見です☆

手作り詩誌「みゅう」 詩誌即売会に出展します!
ブース番号「G1」へGO☆

●第18回ポエケット

日時:2014年7月6日(日)
午前10時から午後4時半まで
(開催時間を大幅変更)
出展者は午前9時半集合
料金:入場無料(出展料2,000円)
場所:江戸東京博物館1階会議室
ゲスト:三角みづ紀、腐乱ちゃんと恨乱ちゃん    
                       
ミクシーポエケットコミュ

ポエケットホームページ

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

詩の発表場所あります
自慢の絵・写真を披露したい方にもおすすめ!

ワタクシすずこが編集している手作り詩誌
ポエムサークル「みゅう」

仲間になり購読いただくと
ボツなしで冊子掲載 & CDトーク → 全国郵送★
見本誌もあります。読みたい方も連絡くださいね。

以下に本誌の写真・詳細を紹介していますので
クリックして御覧くださいませませ~☆

ミュウ 221.222号 完成♪ 

すずこのリンクはこちらから

~いつかの すずザレ~ 藤鈴呼の戯言
過去作も織り交ぜてUPしていきます☆

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

正月は ずっと 眠ってたかな~。
もう 寝すぎで 体が 痛いったら(笑)

大雪の日に、 昼前あたりに
キュルキュル。。 って 嫌な音が してね、

アパートの 住人が 
車 出せない 嫌な 音。。

で、 皆で 協力して 雪かきしたら
左掌 中指 下 に 久々に 水ぶくれ ・・・

で、 今日 潰れたのら (涙)

大晦日は 実家で 眠ってたら
除夜の鐘 聞き逃して

ママンに 「 早く 帰り 」 
と 言われるし (爆)

元旦は 家族で 蟹なぞ 食ってたから、
一年分の贅沢 しちまった かしらん。

結局 ミュウを やろうと 思いながら
年賀状の 整理も ままならない 現在 (爆)

°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

何か JIJIは 記憶が 少し 戻ってたのか
家族 皆で 年末 おしかけた トキは

何となく 解ってくれてた気も するんだけど、
父方の方の JIJIが

こないだから 見舞いに 行く度に
「 いつ 結婚すんだ? 」 って 五月蝿いんだよね (-_-)゛ 

便乗して パパも 言うしさ。
「 すりゃあ イイって モンでも 無いんと ちゃう? 」

って 言ってやったら
「 そりゃそーだ 」 だって。

そりゃ そうなんだよっ!! 
( キレ かかってます。。 笑 )

★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

道は ズルズルと 滑って おります (-_-)゛
の 買い物で 久々に 外の光を 浴び (?)

珍しく 「 肉 入 り 」 → 超 POINT (爆)
ビーフ ・ スットロガノフ に 埋もれ ☆

ドラマの ラストを 観る の 巻♪

今日から 仕事始め って コトで、
新聞スクラップ が 唯一の 仕事 (?) の 私は

正月 たまりまくった 切抜き で 
午後まで 突入し、

本来 10時半まで に 
切り張り FAX ステープラ 配布 箇所 迄

総て 終了すべきモノが 
とうとう 終わらず (笑)

何や かんや と 
「 パシリ仕事 」 が 入る日 でしたん (汗)

°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

静かな 雨が 降る

こんな 雪の季節に降る雨は

少し 温かいだろうか

冷たさを 肌で 感じながら

昔 パパが 出勤するトキに

毎朝 チュッて してたコトを 

思い出したり してる

パラパラと 小奇麗に 降り注いだ

雪の 結晶が

キレイに 掌に 乗った瞬間

其の カタチばかりが

今でも 心の奥に

残って 居るようで

★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

美しいと 誰かに 褒められて

ヒトは キレイに 成るのでしょう

写真映りが 良いワタシ

其れは 何時もの コトだけど

褒められた日は 嬉しくて

少し 鏡の 前 一人

うふふ と 笑って みたりする

その後 我に 返っては

無機質な音 刻んでる

目覚し時計 セットして

今夜も 早く 眠りに 陥る・・・

°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

幾つもの人格が 存在していて

人生を 演じるんだって 豪語 している

其の瞬間が ひたすら 面白く

可笑しな迄に 巡り続けるよ

声しか 知らない あのヒトや

ケータイよりも 宅電が

色っぽいよね そう言った

恋人の声 反芻をして

思い出す夜は 限り無く

続くよな気も して生れど

時は 留まる コト知らず

静かに 流れる 運命(サダメ)かな

★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

金持ちに成ると
神経が 歪む
人間性が
少しずつ
少しずつ
冷たく成って 行くものだと
本気で 信じて 居るのでしょうか


其れは
もしかしたら
自分への 唯一の
言い訳で


優しく有りたい
願いなのかも
知れません

★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

あの頃は ずっと

一人暮らしばかり 夢を観て

追いかけた先の 部屋には

ガラスのテーブルが 存在して

下には 大きな 壺に入った

キレイなバラの・・・

其れは 仮想の 花びらだけど

毎日 心を 潤して呉れる

そんな 夢も 観て居たよ

実際に 親達と 離れて見たら

具合の悪い時に 切なくなったり

これは・・ 都合の良い 寂しさだけれど

ふと 思い出す 家族の姿が

元気で有るのが 当然で有るかのような

何時も 笑っている 奥の

悩みのオーラが 漂って来ないのは

幸せなんじゃ 無いかって

一瞬 思って しまったり

それでも 心配に 成って しまうんだよね

いい年こいて 借金をして

親から 電話が 有ったんだ

アンタの 借金が 帳尻に なったよって

車の分 だけだけれど

それは こんな年に なってまで

お年玉で もらってみたり

米を もらって 帰ってみたり

出来上がった すき焼きを 持ち帰ったり

甘えまくった からなんだよね

だから 本当に 独立するまでは

逆に 帰れや しないんじゃ 無いかって

そんなコトも 思ったり したよ

「 良い 報告が 有る 」

そんな 留守電の メッセージに

思わず 

就職の 斡旋なんじゃ 無いか とか

ホント 自分勝手な 妄想ばかりで

思いやる心なんて

想っているだけじゃあ

どうにもならないのに

「 その分 介護 するよ 」 なんて

今は 口先 ばっかりで

だけど 絶対に

「 この世で イチバンの 親不孝娘 」 

には 成らないから

それだけは 誓うから

ちゃんと アナタ達を 看取るから

少し 我侭 させてね

そんな 日々が 年月となって

あたしは 又 年老いて 生く

★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

友人が 帰省した

二年前から 結婚の約束を してたなんて

知らなかったよ

だけど おめでとう

少し はにかみながら

本当の おめでとう じゃ 無いんだ

これから まだまだ 道則は 

長いんだもんね

修羅場に 成るなって

恋人も 連れこんで 

親との 相談会議?

そんな途中に 遊ぼうの メールだなんて

出来なかったよ

彼女が 行った

「 アンタは 結婚式 出席 確実だから! 」

考えてみたら アタシ

トモダチ 少なかったんだよね~

そう言う キミは

イチバン モテて 居たよ

僕は そう 思っているんだ

あれから 「 どうなったの? 」 なんて

干渉する メールの一つも してないけれど

こういうのも イイよね

別れた恋人みたく

二度と 連絡が

取れなくなる 訳じゃあ 無いんだ

何時 会ったって

そのまんまの関係で

居られるんだから 

★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

走り去る 人波

何時 眺めて みても

とても キレイだね

筋肉が 汗が

キラキラって 光ってる

一生懸命 だからだね

毎年の 駅伝

最後迄 観ないまま

眠って しまったけれど

最初の スターターカットは

とても 緊張するもの

中距離ならば 

経験が 有るよ

あの 素晴らしい

ランナーズ・ハイを

生まれて初めて 味わった日

景色が 揺れた

身は 軽く

心まで 

開放されそうだった 瞬間

もう一度

味わいたいけれど

今は バス停までの

日々の マラソンすら

ままならない ままなんだ

°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★
人気ブログランキングへ
↑ポチッとな~☆↑


2014年7月 3日 (木)

みゅう221.222号 完成♪

Img_6041


Img_6048


Img_20140703_0001_new1


ポエケット、近付いてまいりました。
当日お会いできる方、おまちしています。
みゅうブースは「G1」 ステージの真向かい、壁際です。

最新号221・222号を手持ちします。
発送はポエケット後に増刷製本してからになるので
お時間かかりますがお待ちくださいませ。


●第18回ポエケット 

日時:2014年7月6日(日)
午前10時から午後4時半まで
(開催時間を大幅変更)
出展者は午前9時半集合
料金:入場無料(出展料2,000円)
場所:江戸東京博物館1階会議室
ゲスト:三角みづ紀、腐乱ちゃんと恨乱ちゃん    
                       
ミクシーポエケットコミュ

ポエケットホームページ

タイムテーブルです
9:30 ~ 集合、集金と名札をお渡し。
(ブースはこちらで配置しておりますのでお店作りお願いします)

10:00 ~ 開場、交流、回遊

死紺亭柳竹
12:00 ~ 20ゲスト・リーディング  腐乱ちゃんと恨乱ちゃん

交流・回遊


ヤリタミサコ
14:30 ~ 50 ゲスト・リーディング 三角みづ紀
 
交流・回遊

16:30 終了 後片付け
有志の方、お手伝いよろしくお願いします。


ミュウ 221.222号 完成♪ 

●2冊先払多謝★ 括弧内は繰越分です。
麻斗維(222)
花水仙(222余8)
星亭エグゼ(231)
あおば(223+余140)
Jiiji_oyaji(230+余70)
宮也千夜(223余100)
耀一朗・有里乃(222)
紫夜朔羅(221余460)
白井京月(228+余68)
ハンスの恋人(228)
伊織(224)
まっつん(223余360)

●上記以外で繰越のある方
白鳥ちえり(余4)
ぷよつま(余4)
ロト(余4)
ひなたん(4冊分)
奥津強(余40)
鈴木夏子(1冊分)

2冊以上購読でCD添付します。

*バックナンバーは
 最新号から遡り10号分まで受け付けます。

*誌代支払時、欲しい号を記載くだるよう
 お願いします。

*購読者優先で 作品掲載しています。
 皆の購読で成り立って居ます。

自身の投稿作品が 掲載された号は
やはり手元に届けたいと言う気持ちも有ります。

投稿だけで 購読しない場合 
人気投票コメントが有っても 著者本人に届かないと言う
ジレンマも有りますし購読メンバーの作品を出来るだけ沢山
掲載したいと言う思いからです。

購読が難しい時期の掲載見送り等、自由に対応しますので
よろしくお願いします。

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

●掲載・録音メンバー
吉田優子・吉田絹子/スケッチ/ペポパンプ/
麻斗維/星亭エグゼ/あおば/jiiji_oyaji/宮也千夜/
耀一朗/有里乃/砂名/まっつん/紫夜朔羅/ぷよつま/白井京月/
ハンスの恋人/生田皐/伊織/ロト/上下凛太/鈴木夏子/花水仙/
水野沙羅/若杉禎宏/山本哲/白鳥ちえり/とうてつ/ひなたん/
藤鈴呼/

以上の方、作品掲載やCD録音しました☆
購読まってます☆ 

■発行日■ 2013.7.6 SUN

1冊CDナシ  500小為替+80切手 各1枚
2冊+CD    1000小為替、切手2枚

口座振込可

<受賞者・人気投票者>  
アレ(虹の欠片)進呈

優秀賞(巻頭詩権)
憂愁賞(裏表紙権)
カラスの勝手で賞(表紙権)
気に入ったで賞(フリーページ権)
ミュウ賞(ラスト・ポエム権)

*権利使用と明記し投稿ください

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

221号
<受賞者・人気投票者>  アレ(虹の欠片)進呈

●表紙  水野沙羅
●裏表紙 ハンスの恋人
●巻頭詩 白井京月 写真:紫夜朔羅
●ラストポエム 鈴木夏子
 
●優秀賞(巻頭詩権) 生田皐 7P 操りの赤い糸

●憂愁賞(裏表紙権) ひなたん 14P 『あたし』

●カラスの勝手で賞(表紙権) 伊織 15P 「江戸川、雨、16時」

●気に入ったで賞(フリーページ権)ハンスの恋人 16P あたたかい やわらかい光~

●MEW賞(ラスト・ポエム権)耀一朗 5P 見えないゴミの日


222号
<受賞者・人気投票者>  アレ(虹の欠片)進呈

●表紙  麻斗維
●裏表紙 紫夜朔羅
●巻頭詩 上下凛太
●ラストポエム あおば
 
●優秀賞(巻頭詩権) 有里乃 15P 「ヘンシン」

●憂愁賞(裏表紙権) jiiji_oyaji 4P 怖いもの。。。

●カラスの勝手で賞(表紙権) 紫夜朔羅 6P 出会った頃から~

●気に入ったで賞(フリーページ権)あおば 22P 短題

●MEW賞(ラスト・ポエム権) 上下凛太 19P 10両編成の扉が~


●人気投票してくれた人 伊織・藤鈴呼・水野沙羅・白井京月
221号 P3・8・20   222号 P12

●投票された人 
まっつん・あおば・有里乃・水野沙羅・宮也千夜
上下凛太・白鳥ちえり

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

おしゃべりすずこ第58弾CD 2014.5.22.Thu.REC ミュウ221.222.VER

フリートーク

すずこ
砂名
白鳥ちえり
ロト
リック
有里乃
白井京月

ハンスの恋人

ハンスの恋人
吉田絹子
リック
水野沙羅

まっつん
鈴木夏子
紫夜朔羅
白井京月

あおば
星亭エグゼ

BGM

有線チャンネル 
A-26 週間 USEN HIT J-POPランキング

16位) oh my love / 稲葉浩志

(17位) こっちを向いてよ / WEAVER
(18位) BRAND NEW STORY / 東京パフォーマンスドール
(19位) ぶっちゃけRock’n はっちゃけRoll / ベイビーレイズ
(20位) 幸せをみつけられるように / クリス・ハート
(推薦曲) Super Hero / フェアリーズ
(推薦曲) ジーザスフレンド / N’夙川BOYS


(推薦曲) 恋する夏! / X21

(推薦曲) 明日の歌 / aiko
(推薦曲) いちぬけた / 竹友あつき
(推薦曲) カラフル / Salley
(推薦曲) 蛍 / 一青窈
(1位) にじいろ / 絢香
(2位) 太陽と花 / 高橋優


You Tube アンジェラ・アキ 『手紙~拝啓 十五の君へ~』
(6位) 時空を超え 宇宙を超え / モーニング娘。’14
(7位) LIFE / スガシカオ
(8位) Reality~愛のファンタジー~ / DEEN
(9位) Nobody / CREAM
(10位) 陽だまりの道 / コブクロ

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

■発行■ 藤鈴呼 FUJISUZUKO

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

ミュウについて


創刊:平成5年3月1日
会員随時大募集中

B5(ノートサイズ) 30P
カラーコピー詩誌

手作り編集の郵送誌
パソコンカラー印刷し
2枚の紙を 貼り合せ
1枚にして製本。

価格は1冊あたり 
500円小為替+80円切手、各1枚
口座振込可能

2冊ずつ発行、2冊同時購読の方へ
「おしゃべりすずこCD」プレゼント

私が選ぶ受賞者5名と
会員からの人気投票者には
虹の欠片(プラバンカード)か
手作りポストカードをプレゼント☆

会員になる方法

1.私へ「会員希望」と書いてメッセージを送る
2.簡単なアンケートに答える
3.会員登録完了 ξ・。-☆

ミュウについての詳細を知りたい方も
メッセージください。

参加も脱退も自由。
好きな号だけの参加も可♪

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

人気ブログランキングへ
↑ポチッとな~☆↑


« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »