« 2014年3月 | トップページ | 2014年5月 »

2014年4月

2014年4月28日 (月)

写真用紙に悩む

Img_2847


Img_2846


Img_2845

写真用紙に悩む


L判ならば 箱入りの400枚が安いと思っていた
今まではプリンターもエプソンだったから 
迷わず純正エプソン または 安いメーカー(笑)
ホームセンターなんかで 安いなぁと思うと購入していた

今は A4判で印刷することも結構ある
光沢紙は髪質がツルツル
もとひ紙質のお話ですけれども

マット紙っていうのも あるんだよね
こちらは写真用紙の分類だけれども 
ピカピカしていないの
普通紙よりは綺麗な仕上がり

そして今日 衝動買いして使用しましたのが 
コート紙
俗に言う 高品位専用紙ってヤツですね

印刷設定で 
写真用紙「光沢」「マット」とか
普通用紙 とか選ぶ画面であるんだよ

今まで何も分からず 
適当にチョイスしたことがあったが
L判を印刷する時には
「用紙設定エラー」が出ていた

そうか、この紙のことか! と
独り悦に入った午前中だったことは否めない

それで あくまでも本日のホームセンター情報
すずこ調べ、なんですけどね

マット紙よりは光沢紙の方が安く それ以上に
高品位専用紙が一番 安かったんだよね

ただ 印刷時間は 
高品位専用紙 長かったような気がする

いつも 「ながら作業」する私のこと
8枚ばかり印刷かけながら タイピングしていたんだが

ん? まだ終わんねぇのかよっ! って
プリンター相手に話しかけるところだったもん(爆)

さっき夕食後に別のホームセンターに立ち寄り
今度は 中厚口のマット紙を買ってみた

キャノンになってからは 黒インクのみ顔料だから
染料と 両方対応タイプを求めてるのね

写真のみならば 黒インクも染料の方が出るみたいだが
たまに 写真と文字コラボで印刷かけたりするからなぁ

あと 手元にあるのが スーパー共用紙
これは 高品位・普通紙 の記載があるんだが

さっきのホームセンターでも 印刷設定のところを見ると
普通紙 または 上質紙 の部類なんだよね

インクのランニングコスト 紙の単価
色々と悩みながらなんですねぇ~

みゅう編集時には 完成版は普通紙ですから
そのまま普通紙編集することが 殆ど

最近じゃあ 印刷前にPDF保存かけているけど
やはり 表紙なんかの大きな写真は
そのままパソコンにデータ化したのをスキャンした方が
画質が良いよね

写真投稿なんかは 良い紙で印刷してから
切り貼り編集した方が そりゃあキレイだ

そして 完成版も良い紙にすりゃあ 
そりゃ綺麗だろうが
今日び 色々 値上がりしているからね

出来るだけ 詩誌購読に上乗せしないためには・・・
てんてんてん、なのだ。

*

スパムはスパッと断ち切って
そう 煎餅の如く 
割り切れぬ思いまるごと
バリバリと噛み砕き
歩くのダ

*

みゅうメンバーの皆様へ(一斉送信)

●第18回ポエケット決定!!          
                       
日時:2014年7月6日(日)
午前10時から午後4時半
(出展者は9時半から10時までに集合)
料金:入場無料(出展料2000円)   
場所:両国江戸東京博物館1階会議室
ゲスト:お楽しみに

ミクシーポエケットコミュ

ポエケットホームページ

*

ミクシーサイトに内容がUPされていたものを添付しました。
現在 本家のポエケットホームページ 掲示板サイトは
エラー表示のようです。

去年は参加直前で岩手帰省し
参加した方にご迷惑をおかけしました。
改めて申し訳ありませんでした。

今年の募集もそろそろはじまりそうです。
ドタキャンすることがないように祈りながら
参加の方向で考えています。
参加希望の方は連絡ください★

申込時にパンフレット記載用として
展示作品を連絡します。
展示したい個人詩集名などあれば お知らせください。

ご自身の作品は当日手持ちくださいませ。
私も遠方からの参加となりますので
参加できる方のみ受け付けます。

●打上について

去年 ポエケット参加者全員の打上 or 
みゅうメンバーだけの打上で
意見が割れました。

ポエケット参加者打上については 事前連絡が必要ですので
それまでに皆様から希望を集めたいと思います。

1.ポエケット打上希望
2.みゅうメンバーだけの打上希望
3.どちらの打上でも参加

希望をお報せくださいませ。

ポエケット申込み詳細は
5月初旬にお知らせがあるようですので
参加希望の第一締切を5月10日にします。
よろしくお願いします。

●みゅう購読代金について

四月から切手代が変わりました。
今までは みゅう1冊につき
500円小為替+80円切手を郵送 
または 580円の振込いただいていました。

切手代が 80円→82円に変更になったことで
皆様には ご迷惑をおかけしています。
申し訳ありません。

今のところ 端数は追加せず発行します。
今回 端数までいただいた方には
余2円 4円 など 次回繰越にしますので
よろしくお願いします。

*

そんな訳でさ、写真は「アレ」こと虹の欠片
受賞メンバー 人気投票の方へ贈られるもの

え? 裏ですよ?って
わかってるわよ(笑) これでも伝わるべ?
え? ムリ?

まあ アレですね 鳥らしいな、って言うところまでは
恐らく 伝わってくれたかいなぁと
ほくそ笑んでいる訳ですけれども。

これね、きびたき をイメージしてますから
ふふ。

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

ポエケット参加、早速反応ありて

現時点で 

ぷよつま ポエケット参加 打上なし
あおば  ポエケット + みゅう打上参加

こんな感じです


ぷよつま情報!
与謝野晶子短歌文学賞に入選内定しました
本発表は5月15日です。ホームページに載るそうです

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

近くの路を歩いていたら 
すみっこに 淡い桃色の花びらを発見し、

ヒメジョオンか ハルシオン系のようだな、
と思いながら 通り過ぎました。

まあ スノーフレークの街角
なんて感じでしたっけ?

これは歌の名前か何かかねぇ
フレーズだけ残っているんですが

場所は ゴミ捨て場に向かうために毎日歩くところで
スノーフレークは もう しぼみかけている

なるほど もう 連休前だし 暑いものなあ なんて
雪のあった季節を 懐かしんでみる

さっき話していたんですけどね
春スキーの活気は どんなモンなんだろうね?って。

去年は 春パス購入したんで 
もったいながって(表現変?)
行ったんですけど 

今年は結局 三月中旬あたりで 
打ち止めだったような。

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

詩の発表場所あります
自慢の絵・写真を披露したい方にもおすすめ!

ワタクシすずこが編集している手作り詩誌
ポエムサークル「みゅう」

仲間になり購読いただくと
ボツなしで冊子掲載 & CDトーク → 全国郵送★
見本誌もあります。読みたい方も連絡くださいね。

以下に本誌の写真・詳細を紹介していますので
クリックして御覧くださいませませ~☆

ミュウ 219.220号 完成♪ 

すずこのリンクはこちらから

~いつかの すずザレ~ 藤鈴呼の戯言
過去作も織り交ぜてUPしていきます☆

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

大人になってから 改めて 読書すると
違ったこと 感じたり するもんだ

コインロッカーベイビーズ 読んだとき 
そう おもった

限りなく透明に近いブルーも 
読み返そうか と 思ったけど

思い出した

あれは プレゼントしたから
もう 手元には ないんだった と。

そして わざわざ 再度 購入してまで 
読む気は ないかな。
とも。

上野に絵本図書館が あるんだあ!!!
いってみたいなぁ・・・

最近さ、イモあらいざかかかりちょうさん
でしたか

テレビで 絵本だしたい って いってるのを 
みたんだけど
無事に だせた みたいで

サンタクロースの話を 番組で やってたけど
あれは 感動した。

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

ちょっと おば~ちゃん!!

即座に 手を掴んで 話しても 良かった
掴んだ手が 憎かったから 離しても 良かった

だけど 思い直して
一瞬ダケ 冷静になろうって 思ったんだ

人間 ブチ切れてしまうと

相手に 向かって ツカツカと 歩み寄り
相手の 心に  ズカズカと 入り込み
要らぬ 言葉を ペタペタと 貼り付けて しまう

そんな 懸念が 有ると 思うんだ

それにしても ちょっと 酷いなぁ
非道過ぎるよなぁ

スーパーでの お話。

野菜コーナーで むき出しの野菜を
引っ張り出して とっくり返して 
こねくりまわしそうなイキオイの
オバタリアンは 多いと思う

アタシだって 賞味期限は 
出来る限り 長い商品を買いたい
それは 誰だって 同じだ

だけど ある程度の マナーって 
有ると 思うんだ

又 マナーかよ Σ( ̄□ ̄)! 
なんて

自分で タイプしながら 
哀しくなって しまうけれどもね

だけど 惣菜コーナーの フライを
何度も手に取って 
目の位置で 翳してから 戻して・・・ を

五回以上 繰り返して居た 彼女には 
もはや

誤解です! なんて 言い訳は
通用しないと 思うんだよねぇ 
(-ヘ-メ)(`ヘ´メ)

朝っぱからから カートを引いて 
店内行脚をしていた私

ちょっとどころではない
苛立ちを感じていた 前日に
月の女神が やって来た

嗚呼 その責任(セイ)かぁ 
(≧▽≦)ゞ なんて

悠長な コト 言ってらんない
雄大な 笑顔など 
見せらんないんだよって

品出しの 時間帯 
デカイ ワゴンで スルーするには 邪魔な

もっと 大きな ワゴンには
新しい食材なんかが たっくさん 詰まってる

今日は 安売りの日だよ♪ って
入り口には バラ売りの タマネギ

無造作に 投げ入れたのか 皮が 
散乱してる 周辺の床

タマネギおばさんが 
産卵したんですか? なんて

したり顔で 嫌味たっぷりに 
質問攻撃も したくなるのを
グッと堪えて 食材 選び

おばあちゃんの 奇行に出会った 瞬間
苛立ちは 最高潮

丁度 彼女より 
一回りほど 若いと思われる女性が
同じフロアで 品出しをしていた

おばあちゃんを 振り返りもせず
その女性の耳元で 囁いた

あの・・・ 向こうで 惣菜 選んでる お客様・・・
直接 手に取ってますから。

即座に 女性店員は 
彼女の方へ 向かって行った

こういう時の 反応って 大事よね

ほんの 一瞬の 出来事なんだし
。。。まぁ 一瞬どころじゃあ なかったけどよ
 ( - _ - メ ;)

即座に対応してくれないと 
シラ切られる可能性 ありまつからね

私に ありがとうございます って言って 
おばあちゃんの元へ行った店員が 

どう言ったのか
確かめる気も 起きなかったから 
私はレジへ 向かったけれど
誓った

どんなに面倒でも 
剥き出しの惣菜は 買うまい!!!
と (δ ̄_ ̄") 

*

常識って 大事

どこから 何処迄が
コモンセンス?

独自の団扇を 振り翳したら
内輪 揉め しますヨ

やはり センスが
大事 なんですからネ

*

嗚呼 恥ずかしいこと してる・・・

例えば 身内を 恥じて
他人に 向かって
ごめんなさい と 謝る 瞬間

きっと 何で 謝るんだよ? って
アナタは 思ってる

そう 謝る 人間は 
申し訳なさ 100倍だけれど

非常識だと 思われている 
当の 本人は 

苛立ち 爆発状態 なのでしょうね

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°
人気ブログランキングへ
↑ポチッとな~☆↑



南部の薫り

13


Img_3544


Img_3545

南部の薫り


南部せんべい店は幾つかあるが こちらは二戸のほう
みゅうメンバーたかきくんから届き
ニヤニヤしながら食べたところ♪

まず大好きなのが たまねぎ畑 これを食べました
上にはガーリックフライみたいにパリッとしたオニオンが
フンダンに敷き詰められている
ベースは黒胡麻煎餅風味

あとねぇ いかせんべいも 好きなのよねぇ
何てったって 昔ながらの 醤油煎餅はオツですが
このタイプは 多分 更に美味しいパターンだっ!

こんな風な 変わり種タイプが沢山あってですね?
冷麺だとか ココアだとか
本当に 盛岡駅前に行くと 地下に潜ったまま
試食して満腹で歩けなくなるんじゃないかと思う位
(いや、そんな大量な試食はないけどよ)

林檎は 青森のリンゴチップスも彷彿とさせる
ちょっと甘酸っぱいパリッと感なんですねえ
ラッカセイは昔懐かしいバージョン
柿の種を思い出すけれど 
新潟に来てからは頻繁に食べ「過ぎ」ているので
最早 懐かしむというレベルではない(笑)

かぼちゃの種ってこんなんね~♪ と
懐かしくなるけれど これは もつっ♪と
やわらかいクッキータイプですな

かように 一枚しか食べてないのにレポート出来る
ただ、記憶を頼りになので 間違っていたらすまん(爆)

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

すずオリジナル ウッドビーズ

素材は天然の木です
着色をしてあるので色落ちする場合もあるようです。

ゴムテグスを使用しています。
ビーズ内部にささくれ部分があれば
アクリルブレスレッドよりゴム寿命は短いと思います。
ウッドオンリーのものは 軽い着用感です。

13 おかきとか? (18.3センチ)

6袋のファミリーパックシリーズおかきを
彷彿とさせる

絵柄11*12ミリ オレンジ9.5*8.5ミリ 
オレンジ・ベージュ7*8ミリ・6*4ミリ

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

黒蜜


満たされる
埋める
覆いかぶさる生クリームとの
戦い

何度 上に登っても
叩きのめされる
可愛らしい苺には
勝てないのだ

毒々しさに気圧されて
嗚呼 だけど 知ってるよ
僕は 黄粉との相性が
めっちゃ 良いんだ
だから とろ~り きみのことを
包んであげる

そう言って 浅く 笑った

スーパーの前
見慣れたワゴン
あの中には ホットプレートがある
あすこなら 僕等 仲良く
生まれ変われる

包まれてあげる
包んであげるなんて 言われなくても
包まれて揚げられる

クレープに なるんだ

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

綿花


あなたのつくる わたげのはなび 
さいた ひらいた ほころんだ 
はるのすきまで たのしげに 
ねえねえ わらって?って 
首をかしげるみたいに

借景になるつもりはないの
大きな山のように どっしりと構えられない
黄色の細い花びらを 怒りで揺らしながら
隣には ヒメオドリコソウ
引っくり返してみて?
ハートマークが たくさん 咲くから

そんなこと 知っていたでしょう?
そんなこと かまわないでしょう?
ねえ もう私に かまわないで?
幾つの 疑問符を散りばめたら
綿毛を飛ばそうか
本気で 考えている

緑の芝だから 映えるの
白い 花火も
あなたの 心模様も
同じように 美しかったのに
白髪は老人の象徴だから
ちょっと 哀しいのね なんて
言わないでいて

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

可能性を歪める大人が多すぎるから
傷付ける言葉も 横行するのでしょうね

見たまま ふわふわで かわいらしい と
それが 唯一の 褒め言葉で あるかの如くに

教わったでしょう
あなたが褒めたつもりでも
わたしは蔑まれている気持ちになるの

春は花が咲く
必ずしも 美しいとは限らない
馨しい花びらを 
蹴散らしながら 歩く人だって いるんだわ

そういう事に 気付けなかったから
私の笑顔が 引きつっていることにも
きっと 一生 気付けないのでしょうね
あなたは

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

みゅうメンバー ようさんが登場しています!

ゆりの作品  (5月号情報)
入選「現在地」----浜江順子選
佳作「前触れ」----中村不二夫選

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

詩の発表場所あります
自慢の絵・写真を披露したい方にもおすすめ!

ワタクシすずこが編集している手作り詩誌
ポエムサークル「みゅう」

仲間になり購読いただくと
ボツなしで冊子掲載 & CDトーク → 全国郵送★
見本誌もあります。読みたい方も連絡くださいね。

以下に本誌の写真・詳細を紹介していますので
クリックして御覧くださいませませ~☆

ミュウ 219.220号 完成♪ 

すずこのリンクはこちらから

~いつかの すずザレ~ 藤鈴呼の戯言
過去作も織り交ぜてUPしていきます☆

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

何かに 依存して居た と

自覚を 重ねる むつかしさ

後悔の 上に 

疑惑が 降り 積もる なら

止める コトなど 簡単なのに

春に 成り 

当たり前の様に 溶けて行く 

雪 一粒 に 

あたしは 成れない まんま





何度も 触って 確かめた 感触

アナタの 言う 通り なのだと

素直に 信じれば こそ

組み交わされて行く 景色を なぞる

山並みが 又も 広がる




つっかえた 何も無い 床

慌てて コケた 苔むすの 上 

ぬるぬる感 に 覆われた トキ

ドロドロの 血は 流れるけれど

鼓動は ドクドク 鳴らないで

孤独よ どんどん 欺かないで

弱く 為りたし 心の波に

耳を 傾け 呟かないで

★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

御 祝 返 詩~!  _( ̄▽ ̄)ノ彡




又  一つ  大人に成った と

本気で 喜ぶ 少女を 越えて

粋も 甘いも 語り 尽くした

『 処女でも 無い 』 と  溜め息を 吐く

老化に 繋がる 廊下には

身体と 心の 累積 疲労

拾う 神ありゃ 披露宴

開く 頃には 夜募夜募 の 刻

★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

こんな 晴れた日は

腫れちまった 心の 靄 (もや) を

払拭 したく 成る



代替品として 活用すべきは

中途半端 な 長さ 呈した

我が 髪の糸 意図的 に

断ち切る 仕草 其れこそ 全て



されとて 如何にも 象徴し難く

短髪や とも 単発に

表現 出来ずに 長髪と

挑発的に 豪語 とも

云えじ 中途の 自身の 如くに

°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★
人気ブログランキングへ
↑ポチッとな~☆↑



2014年4月27日 (日)

硝子ブレス在庫

すずオリジナル
ガラス・アクリル混合ブレス

硝子・ガラスと表記してあるものがガラスビーズ
その他は アクリルビーズです

たまにフリマ出没しますので お楽しみに(笑) 
既に お嫁に行った子も多数★

郵送詩誌みゅう購読メンバーになった方には 
特別プレゼント☆

見本誌もありますので 
興味のある方は 連絡くださいネ☆

以下に本誌の写真・詳細を紹介していますので
クリックして御覧くださいませませ~☆

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

1 水辺(18センチ) 
1
水辺に煌めく硝子模様を表現してみました☆
ヒビガラス・ブルー・黄色7ミリ 透明8ミリ


2 蛇の目(18センチ)
2_2
中央に睨みを効かせた黄色の瞳を見つけたので命名。 
ヒビガラス・ブルー・黄色7ミリ 薄水色12ミリ


3 キリリひかる(19.3センチ) 
3
光の奥にキリッとした笑顔が見えた気がして。
ヒビガラス・ブルー・黄色7ミリ 薄黄12ミリ・8ミリ


4 夕陽珊瑚(21.2センチ) 
4_2
太陽が沈む瞬間に輝くサンゴを連想しました。
ヒビガラス・ブルー・黄色7ミリ1 紫12ミリ


5 芝時々ニガナ(19.2センチ) 
5
翠の芝生に咲いたニガナの花が素敵でしょ?
ヒビガラス・ブルー・黄色7ミリ 緑8ミリ


6 夕顔(18.8センチ) 
6_2
控えめな夕顔の横顔が見える気がして。
ヒビガラス紫7ミリ 紫12ミリ


7 コーヒーブレイク(21.3センチ) 
7_2
色とりどりのコーヒー豆があったら
面白いだろうなぁ~♪
ヒビガラス紫7ミリ 茶12ミリ 黒8ミリ


8 カボススカッシュ(19.8センチ)
8_2
素材も量もシュパッと奮発☆ 
ガラス透明8ミリ 縞黄緑・黄色10ミリ


9 UFO(19.5センチ) 
9ufo
往年の名曲、ピンクレディーのポージングを
彷彿とさせる桃色ビーズの形なのでした♪
ヒビガラス・桃色・黄色7ミリ 茶12ミリ・8ミリ


10 青玉(20.3センチ)
10_2
美しい碧き玉に宿る力は如何に?! 
ガラス青8ミリ 青12ミリ・8ミリ


12 ゆうこ(18.8センチ) 
12_2
抱きしめたいバージョン
ヒビガラス・桃色・黄色7ミリ 紫8ミリ 


13 あつこ(18.8センチ) 
13_2
抱きしめたいバージョン
ヒビガラス・桃色・黄色7ミリ 桃8ミリ


14 ゆうこパール(19.3センチ) 
14_2
抱きしめたいForever 大人の女バージョン
硝子パール・ホワイト8ミリ 紫8ミリ 


15 あつこパール(19.3センチ) 
15_2
抱きしめたいForever 大人の女バージョン
硝子パール・ホワイト8ミリ 桃8ミリ


16 赤毛のアン(18.8センチ) 
16_2
大きな緑毛を三つ編みしているイメージ。
染色失敗で緑髪に染まったのよネ。
緑12ミリ 硝子パール・ホワイト8ミリ


17 夢オリーブ(16.2センチ)
17_3
オリーブは黒ですが何となく薄くスライスすると
こんな風味になる気がしたので。 
紫12ミリ 硝子パール・ホワイト8ミリ


18 大振り波(19.4センチ) 
18
打ち寄せては打ち震える心のよう?
青12ミリ 8ミリ 硝子パール・ホワイト8ミリ


19 薄着(19.3センチ) 
19_2_2
透明ビーズでひんやり感が残る中に
暖色系のガラスパールを入れてみました☆
硝子パール8ミリピンク 透明8ミリ


20 厚着(19.3センチ) 
20_2
暖炉の中でぬくたまる様なイメージで作成☆
硝子パール8ミリブラウン 薄茶8ミリ


21 愛着(19.3センチ) 
21_2
パールの方が色合いが濃いですが 
何処か愛着の湧く感じです☆
硝子パール8ミリパープル 桃8ミリ


22 イイチゴパール(16.3センチ)
22
粒揃いの良い苺、いい・いちご、の略?! 
硝子パール8ミリピンク・ブラウン 赤10ミリ


23 ブルーヘンドリックス(16.3センチ) 
23
ブルースでも聞こえそうな気がするなぁ
→音、で何故か後半を連想したのでした。
硝子パール8ミリパープル 青8ミリ


24 チタン風味(18.3センチ) 
24
ラベンダーヒスイにはチタンが入っているそうな。
硝子パール8ミリパープル5 紫10ミリ


25 ミニクラウン(17.5センチ) 
25
小さな王女様を思い浮かべて☆
ロンデル2つ 硝子パール8ミリブラウン 薄黄12ミリ 薄茶8ミリ

26 ザ・メルヘン(17.8センチ) 
26
全体の色合いが可愛らしいでしょ♪
硝子パール8ミリパープル・ピンク 薄桃12ミリ


28 雪上のアリア(17.5センチ)
28
白い雪の上に乗る音符ダンスを眺めてみては☆
硝子パール8ミリパープル 白8ミリ


30 かごめかごめ(17.3センチ) 
30
楽しく遊ぶ少女たちの姿が見えるようでした。
硝子パール8ミリブラウン 薄桃・薄紫10ミリ 茶8ミリ


31 赤味噌の素(17.5センチ) 
31
こねくり回したらさぞや美味しいに違いない?!
ロンデル8つ・末広がりチックの味わい。 
硝子パール8ミリピンク・ブラウン 赤8ミリ


32 クリスマスキャロル(17.4センチ) 
32
未透過の緑はモミの木の繁るイメージ。
ロンデル8つはレモン色。 
硝子パール8ミリブラウン 緑・透明赤8ミリ


33 ジュリエッタ(18.2センチ) 
33
ソフラン アロマリッチでそんな名前の香りが有り
そのイメージでした。二種類の硝子ビーズを贅沢使用で☆
ロンデル4つはオーロラカラーでキラッキラ☆
硝子パール8ミリパープル ヒビガラス・ブルー&パープル7ミリ 紫10ミリ


34 Canオレンジ(15.5センチ) 
34can
キャンディーポップ・オレンジ10ミリ玉で
キュートな柑橘系を演出☆
硝子パール8ミリブラウン


35 ももきゃん(18.5センチ) 
35
ロンデルピンクをちりばめた 
キャンディーポップ・桃10ミリ玉が光る☆
硝子パール8ミリピンク


36 Canメロン(19.3センチ) 
36can
果実と光の融合?
キャンディーポップ・メロン10ミリ玉
ヒビガラス・ブルー&イエロー7ミリ 緑10ミリ


37 三種キャンディ(14センチ) 
37
味わい深い三粒の飴は如何☆
キャンディーポップ・メロン10ミリ 
硝子パール8ミリブラウン パール8ミリ


38 レモネード(15.5センチ) 
38
はちみつと混ざり合う瞬間を
クラッシュビーズで表現してみました☆
硝子パール8ミリブラウン クラッシュ黄12ミリ 
バール8ミリ 6ミリ


39 秋コロン(15センチ) 
39
お菓子のコロンみたいな可愛らしいイメージですが
意外とズッシリした存在感です☆
硝子パール8ミリピンク・パープル パール6ミリ


40 雪上サッカー(16.3センチ) 
40
凍結したジャリジャリの雪を硝子ビーズで表現☆
ガラス8ミリ透明 キラキラボール白10ミリ パール6ミリ

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°
人気ブログランキングへ
↑ポチッとな~☆↑


ゆびわ在庫

たまにフリマ出没しますので お楽しみに(笑) 
既に お嫁に行った子も多数★

郵送詩誌みゅう購読メンバーになった方には 
特別プレゼント☆

見本誌もありますので 
興味のある方は 連絡くださいネ☆

以下に本誌の写真・詳細を紹介していますので
クリックして御覧くださいませませ~☆

ミュウ 219.220号 完成♪ 


★ガラス・アクリル・リング★

トップのビーズがガラス製、
リング部分がアクリル(プラスティック)製です。

1 ピンクパール(5.5センチ) 
1
桃色の波ロンデルで包みました☆
硝子パール ピンク8ミリ ロンデル2つ パール4ミリ

2 レモンパール(5.5センチ) 
2
檸檬色の波ロンデルで包みました☆
硝子パール レモン8ミリ ロンデル2つ パール4ミリ

3 パープル~(5.5センチ) 
3
ブルー波ロンデルが主張しています☆
硝子パール パープル8ミリ ロンデル2つ パール4ミリ

4 オーロラピンク(6センチ) 
4
オーロラ色の波ロンデルが惹き立てる桃☆
硝子パール ピンク8ミリ ロンデル2つ オーロラ4ミリ

6 オーロラパープル(6センチ) 
6
豪勢なロンデルは角張った雰囲気?!
硝子パール パープル8ミリ ロンデル2つ オーロラ4ミリ

11 紫パール(6.5センチ) 
11
神秘の紫が岩場でまどろむ印象☆
ガラス8ミリ・パープル ロンデル2つ パール4ミリ

13 ルビーゴールド(6.7センチ) 
13
イミテーションゴールドが浮かんでしまった(笑)
ガラス8ミリ・赤 ロンデル2つ オーロラ4ミリ

14 ルビーパール(4.6センチ) 
14
ロンデルは薄桃、ピンキーリングにも?
ガラス8ミリ・赤 ロンデル2つ パール4ミリ

15 柿パール(5.5センチ) 
15
未だ食べていない秋の味に寄せて☆
ガラス8ミリ・オレンジ ロンデル2つ パール4ミリ

16 平柿(7センチ) 
16
持った感じが平たい柿だったんですヨ。
ガラス8ミリ・オレンジ ロンデル2つオーロラ4ミリ

18 恋パール(6.5センチ) 
18
恋村よりも大き目のパールで包みました。
ガラス8ミリ・濃紫 ロンデル2つ パール4ミリ

21 秋ブルー(6センチ) 
21
ブルーな季節も乗り越えられるかも?
ガラス8ミリ・青 ロンデル2つ パール4ミリ

22 朱鷺ブルー(7.7センチ) 
22
時の狭間に飛ぶ鳥の羽根をイメージ☆
ガラス8ミリ・青 ロンデル2つ オーロラ4ミリ

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

★アクリル・オンリー・リング★


1 OHレンチ(5センチ) 
1oh
オレンジ、のパロディー。中心が大きく映えます☆
キャンディーポップ・オレンジ10ミリ ロンデル2つ パール4ミリ

2 OHレンジ(5.8センチ) 
2oh
ロンデルを波型にしたので少し控えめカモ☆ 
レンチより大き目なのでレンジで。
キャンディーポップ・オレンジ10ミリ ロンデル2つ オーロラ4ミリ

3 メロンボール(7センチ) 
3_2
大きなマスクメロンのイメージ☆
キャンディーポップ・メロン10ミリ ロンデル2つ オーロラ4ミリ

4 まりメロン(5.3センチ) 
4_2
ボールよりは小さい毬のイメージ☆
キャンディーポップ・メロン10ミリ ロンデル2つ パール4ミリ

6 桃ポロ(4.7センチ) 
6_2
小さ目の桃ぽーろ、の印象でした☆゜
キャンディーポップ・桃10ミリ ロンデル2つ アクリル4ミリ

7 白雪(4.8センチ) 
7
親切の上に煌めくリング一つ。さあ誰に贈る?
キラキラボール白10ミリ ロンデル2つ パール4ミリ

8 白雪姫(6.5センチ) 
8
真夜中のシンデレラになれる瞬間を
オーロラピーズで先取り★
キラキラボール白10ミリ ロンデル2つ オーロラ4ミリ

9 ルイジアナ(5.2センチ) 
9
食わず嫌い王決定戦に
えいちゃんが出ているシーンを眺めつつ
異国に想いを馳せました。
トラベリン・バスの歌詞なんですね。
ミラービーズ水色10ミリ ロンデル2つ 透明水色4ミリ

10 ルイジアナの塩(6センチ) 
10_2
アメリカの塩はどのくらいしょっぱいんだろうと想像。
ミラービーズ水色10ミリ ロンデル2つ パール4ミリ

12 黄昏(6.8センチ)
12
海岸線に光る夕陽を眺めて居るイメージで☆
ミラービーズ青10ミリ ロンデル2つ オーロラ4ミリ

13 房(4.7センチ) 
13_2
小さな柔らかい存在のイメージ☆
ミラービーズ紫10ミリ ロンデル2つ パール紫

14 白房(7センチ) 
14_2
季節外れの藤棚に咲く白い房☆
ミラービーズ紫10ミリ ロンデル2つ パール

15 りぼん(6.2センチ) 
15_2
少女のバイブル りぼん雑誌のイメージ
クラッシュ桃12ミリ ロンデル2つ 透明桃4ミリ

16 マーガレット(6.7センチ) 
16_2
別冊マーガレットだと「ベツマ」と呼んだんですよね~。
クラッシュオレンジ12ミリ ロンデル2つ 透明桃4ミリ

17 石蕗(5.3センチ) 
17
つわぶきの花びらが開く季節に作成
クラッシュイエロー12ミリ ロンデル2つ パール4ミリ

18 苺みるく(6.1センチ) 
18_2
混ぜ合わせて一番美味しい色合い☆
クラッシュ赤12ミリ ロンデル2つ パール桃4ミリ

19 ブドー(5.8センチ) 
19
あなたは どちら色の 粒が お・好・き?
陶器風黄緑10ミリ ロンデル2つ パール紫4ミリ

20 コトー(6センチ) 
20
タイトルの前にDr.をつけたくなるような
白衣と薬剤香のイメージ(笑)
陶器風白10ミリ ロンデル2つ
オーロラ4ミリ 透明水色4ミリ

22 パール&パール(7センチ) 
22_2
純白な想いを乗せて☆
パール10ミリ ロンデル2つ パール4ミリ

23 桃っち(5.3センチ) 
23
風邪を引いても桃缶はキミの味方ダ!
と回復を祈りつつ作成☆
桃透明10ミリ ロンデル2つ  透明桃4ミリ

24 海っち(6.8センチ) 
24
嫌な事を全て青い海に流してしまえ!
と念じながら作成☆
青丸10ミリ ロンデル2つ 透明水色4ミリ


25 ゆりっち(6.7センチ)
25_1
25_2
たゆたう水の流れに冬を感じて★
小寒・寒四郎を越えた夜に作成。

クラッシュ水色12ミリ ロンデル2つ 
パール4ミリ

人気ブログランキングへ
↑ポチッとな~☆↑


アクリル・ブレスレッド 在庫

すずビーズ ブレスレッド

ポエムサークル「みゅう」案内を込めて
藤鈴呼からのプレゼント☆すずプレ☆

みゅう見本誌 読んでみたい方は連絡ください
メールはこちらから☆

購読して下さった方、お好きなものを
プレゼントします☆

現時点で手元に有るものをフォト一覧にしてみました☆
早い者勝ち・ガチです。
あ、でも みゅうメンバー・購読者・優先です(笑)

すずビーズ ブレスレッド

素人ですので 
出来は今イチかも知れませんが
ココロ込めてまーす☆

※パワーストーンでは有りません
素材はアクリル・プラです。
パール・樹脂風…に見えるモノも有り。
気軽に着けようブレス☆

ゴムテグス使用なので 伸びます☆
壊れても大丈夫!!
ミサンガ代わりに(?)願いを込めておけば(笑)

長さはゴムにビーズを入れた時点で計測しています。
大粒ビーズの場合、内径により
膨らんでいる可能性があります
お嫁に行った仔も多数。

みゅう購読者へプレゼント企画
詩誌みゅうをお届けする際に同封します☆
詳細は以下からどうぞ

ミュウ 219.220号 完成♪ 


68 クリア・ブレス 
68
布もこ灰色14ミリ 薄水色12ミリ オーロラ透明10ミリ
腕周り約17.5センチ


81 柿おくれ(17.5センチ) 
81
「おくれ~♪」って懇願する程
美味しそうな色ではないけれども
そう、作成日にスーパーで今秋初柿を購入したのサ☆
勿論「購入」は初でも「いただきモノ」は
既に堪能してまんがな~☆
縞柿色10ミリ 透明柿色12ミリ・8ミリ


87 じゃじゃじゃブレス(18センチ) 
87
来年の干支だって言うからねぇ~
観た瞬間のイメージで決定★
布もこ黄緑14ミリ パール10ミリ 樹脂風10ミリ 緑8ミリ


96 水玉涙ブレス(18.5センチ) 
96_2
96_1
水色部分が目玉のようにも見えて来たら
寂しげな滴ひとつ見えた気がして・・・
布もこ水色14ミリ 透明水色・緑10ミリ 透明8ミリ


163 熱発ブレス(18.5センチ)
163
熱発と言うと病気で熱を出す時にも使いますが
今回は情熱の赤をイメージして命名しました。 
赤12ミリ


164 紅茶ブレス(15.7センチ)
164
のどかな春に香って来て欲しい一杯を妄想しつつ
チマチマと繋ぎ合わせました。 
薄茶12ミリ


165 ブレス・クリスタル(16.8センチ)
165
毒づいた溜息は吐かないように、透明な色合いで 
ブレス一つ、どうぞ 
透明12ミリ


167 なりかけヤマブキ(16.8センチ)
167
本格的に咲き乱れたら もっと濃い色合いになるカモ
 薄黄12ミリ


168 玉露ブレス(15.7センチ)
168
疲れた身体に玉露で一服いかがですか
薄茶12ミリ


172 水の色ブレス(16.8センチ)
172
水がゆっくりと流れる様を想像してみて下さい 
水色12ミリ


173 金運願いブレス(18.5センチ)
173
つけても効かない!の文句はお受けしかねます(爆) 
薄黄12ミリ


175 デガラシぶれす(16.8センチ) 
175_2
でがらしってこんな色合いかなって思って(笑)
薄茶12ミリ


176 春の土ブレス(16.8センチ) 
176
雪解けの色合いかなぁ。
茶12ミリ


177 黒ブレス(15.7センチ) 
177
真っ黒じゃあないんですが マッドな感覚です。
黒12ミリ


178 イカ釣りブレス(18.5センチ) 
178
釣った直後は赤いらしいけど、まあ良いか。
薄茶10ミリ


179 あたりめブレス(15.5センチ) 
179
くいっとビールも欲しくなるかも?
薄茶10ミリ


182 ビア泡ブレス(17.5センチ) 
182
飲みたくなったら ちょっとつけてみて
我慢できるかどうかは アナタ次第!
黄・透明・薄茶10ミリ


183 木蓮の夢(16センチ) 
183
濃い色合いに憧れるモクレンの花びらをイメージして。
赤・木蓮色8ミリ


184 朝の薄灯り(16.8センチ) 
184
少し光が足りない時間帯のブレスです。
薄黄8ミリ


185 朝夕の景色(16.3センチ) 
185
両方が同時に見られる奇跡の光景
水色12ミリ 薄茶10ミリ


188 常夏のワイナリー(17.6センチ) 
188
チーズが欲しくなるようなブレスレッド
濃ワイン色・薄ワイン色


190 水辺ラズベリー(18.4センチ) 
190
一粒もぎとって唇に運びたいくらい
水色・濃桃8ミリ


192 サンライズ・ブレス(16センチ) 
192
日の出を待ちわびたくなるかも
赤・薄黄8ミリ


194 モクレンの頃(18.5センチ)
194
花びらの周辺も含めたイメージ色を集めました 
茶10ミリ 濃桃・薄桃8ミリ


197 色々木の実(19.5センチ) 
197
美味しそうな実が転がっていそうな光景を再現したつもり
薄茶・透明・濃桃・桃8ミリ


198 大地ブレス(16センチ) 
198
母なる大地はしっかりと根付いていて欲しいものです
茶・薄茶8ミリ


199 浮かび紫(17.6センチ) 
199
水面に浮かぶ紫の正体は如何に?
透明・紫8ミリ


200 水鳥の雛ブレス(16.3センチ) 
200
大きくなったら もっと素敵に変身するのかも
水色10ミリ


201 見て夏さくら(18.5センチ) 
201
夏のように暑い日に大きく咲く花びらを表現
桃10ミリ


204 こけももブレス(16.5センチ) 
204
何となく色合いを眺めていてタイトルが浮かびました
薄茶10ミリ 桃10ミリ 茶8ミリ


205 ミニぶどう(15.7センチ) 
205
小さいけど きっと存在感は抜群ですヨ
紫10ミリ 桃8ミリ


207 どうだんツツジ(16.3) 
207
花がつく前のキレイな色合いを描きました。
二色あることに気付いたかなあ。
黄色、黄緑10ミリ


215 キラももブレス(18.7センチ) 
215_1
215_2
ロンデル2つでキラキラ感を演出してみました。
色合いは薄い桃色
紫10ミリ 桃8ミリ


227 やまぶきブレス(17.7センチ)
227_1
227_2
227
素敵な花びらの色合いに負けない程の陽光が
やわらかく降り注いだら きっと こんな感じだろうな
濃黄・黄12ミリ 黄8ミリ


234 爽やかにカラフル(17.5センチ) 
234
薄い水色に浮かべたカラフルビーズが
活きています。
水色12ミリ 丸濃桃、桃、水色8ミリ
赤、透明、オレンジ、黄、緑、水色8ミリ


234 和やかにミラクル(17.5センチ)
234_2
安心感ただよう薄い黄色の周りに
ミラクルを散りばめてみました
黄12ミリ丸濃桃、桃、水色8ミリ
赤、透明、オレンジ、黄、緑、水色8ミリ


236 夏あんみつブレス(16.3センチ)
236
真夏に食べたい一皿ですネ。マッドな白が
あんみつっぽさを描いていると思えました。
透明10ミリ 丸桃8ミリ
赤、緑、黄、オレンジ、白、茶8ミリ


237 ワインレッドと心(17センチ) 
237
名曲の「てにをは」をもじった作品てずが
そんな心を込めたいブレスレッド
黒・赤12ミリ


238 桃色グラデーション(17センチ) 
238
濃く染まる桃色が美しく染まるブレスです。
濃桃、桃、紫、透明12ミリ


239 ブラボー・ブレス(17センチ) 
239
思わずそう叫びたくなるような色合い
一見バラけているようにも思えますが
ちょっと良いでしょう?
赤、紫、透明、桃、薄桃、濃桃、黄、茶12ミリ


245 はだけたTシャツ(17センチ)
245t
涼しげなシャツが 
青い風で ひらり舞い踊った瞬間
肌が一瞬 見える様を 表現してみました
黄色の部分は 汗染み、なんて連想すると
色気がないから 止めてネ
黄12ミリ 青・水色8ミリ


246 すももの季節(17センチ)
246
スーパーで見かけた 
すももの色合いを連想して。 
色合い的には未だ熟しきれてない感じに
なっちゃったカモ。
茶・黄・桃12ミリ


249 彦星の夢(18センチ)
249
七夕に叶わなかった想い、今ここで
もう一度 願ってみませんか--- 
青・紫12ミリ


250 乙姫様(22センチ)
250
ちょっと大きめの輪に包まれた
おとひめさま、なんて オツでしょう(?) 
その実、大切にされすぎて
美味しいものを食べすぎて
横に間延びした 御姫様だったりして(?)
青12ミリ 赤10ミリ


251 太陽の子(19センチ) 
251
通常 一つしかない太陽が 双子でまどろむ水平線をイメージ
青・水色・赤10ミリ


254 かき氷・イチゴ(練乳入り)(18センチ)
254
練乳が甘さを増長させるんですよ♪ 
赤12ミリ 白8ミリ


257 ガリガリ君・コーンポタージュ味(16センチ)
257
大粒12ミリの黄色、実は2種類の色合いだと
気付いてくれた か・し・ら♪
黄12・8ミリ


258 姫ちゃんのリボン(15センチ) 
258
そんな名前のマンガ本が有った気がするんですよ
妹が持っていた記憶が蘇ったんですよ
主人公の少女みたいに 元気で可愛らしくなれるアイテムかも(?)
黒12ミリ 赤・桃8ミリ


260 大糸線(18センチ)
260
列車の色合いで紡いでみましたが
オレンジがちょっと薄みがかっているのが残念!! 
赤・黄・オレンジ風12ミリ


261 ジオまる(16センチ) 
261
色合いだけのイメージですが許してちょーだい
つぶらな瞳は黒で表現したのだけれど
頭の上のヒスイは端折っておりまする(爆)
緑・黄12ミリ 黒8ミリ


262 ぬ~な?!(15.8センチ) 
262
茶色の髪の中央は翡翠色、ドレスの桃色、そして
手持ちの翡翠に黒い御目目のイメージより。
緑・桃・茶12ミリ 緑10ミリ 黒8ミリ


264 柿すももブレス(21.2センチ)
264
木に成るすもも色を加えて
少し早めの秋も演出してみました☆ 
縞オレンジ10ミリクラッシュオレンジ12ミリ
薄茶・薄桃8ミリ


265 輪切りレモン(21.3センチ)
265
実際の檸檬断面図がこうなるかどうか
作者は一切の責任を放棄します(笑) 
縞黄色10ミリ 薄黄色・薄茶12ミリ


267 柿栗デート(17.7センチ)
267
秋の大地に似合う恋人達をイメージしました☆
縞オレンジ10ミリ 茶12ミリ


269 わかめちゃん(19.2センチ)
269
海に浮かぶ色とりどりのワカメを如実に表現(?) 
縞みどり10ミリ 緑12ミリ・ 8ミリ


270 いちごちゃん(19.2センチ)
270
可愛らしいけど美味しそう~と
思わずショートケーキを連想しちゃう私です☆ 
縞赤10ミリ 赤12ミリ・ 8ミリ


271 ももこちゃん(20.3センチ) 
271
濃い桃は可愛らしさを幾重にも散りばめた様子を
表現したものですヨ☆
縞濃桃10ミリ 桃・薄桃8ミリ


272 コスモス(19.2センチ)
272
秋桜と書いてコスモス。濃い色合いも素敵ですネ☆ 
縞桃10ミリ 桃12ミリ・8ミリ


274 デガラシれもん(19.2センチ)
274
例えばレモンティ―で大活躍したスライスの
その後の姿(笑)
縞黄色10ミリ 薄黄色12ミリ 薄黄色8ミリ


275 蛍イカ(20.8センチ)
275
作成時 TVでイカカレーの特番をしていた為
青いブレスを上から眺めた瞬間
夜みたいやなぁ~→蛍みたいやなぁ~
→ほたるイカ!! と 脳内連想ゲームが完結☆ 
縞青10ミリ 青8ミリ


276 涼しい残暑(19.5センチ) 
276
残暑を涼しく乗り切るザンショ!! と
親父ギャグで暑い日もひんやり(?)
縞水色10ミリ 水色8ミリ 透明12ミリ


277 水の流れ(17センチ) 
277
水流を思わせる 水色のくるくる具合に乾杯☆
縞水色10ミリ7 薄水色12ミリ


278 しまふくろう(21センチ)
278
神秘的な紫の色合いと 縞模様を眺めていたら
不思議と浮かんだんですよ、シマフクロウが。 
縞紫10ミリ 黒12ミリ 紫8ミリ


280 倍返しだ!(19.2センチ) 
280
半沢直樹ドラマ最終回を観ながら作成
その強き心に感銘を受けつつ、念を込めました♪
黒12ミリ 薄黄8ミリ


282 ももミルク(17.8センチ) 
282
缶詰の中から桃の香りとともに新鮮さが飛び出そう♪
マッド桃色10ミリ 薄桃色8ミリ


285 蛍の光(17.2センチ) 
285
窓の雪~♪の季節には未だ遠いけれど
淡い光が見えて来そうな気分でした
マッド白10ミリ 青・緑・黄8ミリ


287 栗ご飯の素(16.8センチ) 
287
出汁の効いた秋のスペシャル・ディナーかな♪
マッド黄10ミリ 茶・薄茶12ミリ 黄8ミリ


288 しあわせのたまご(17.8センチ)
288
初めて食べた しあわせの味を思い出したので♪ 
マッド黄10ミリ 縞桃10ミリ 桃10ミリ


289 レモン天然水(15.5センチ) 
289
桃の天然水に対抗したネーミング(笑)
マッド黄10ミリ 縞黄10ミリ 薄茶10ミリ


290 あまちゃんワカメ(14.8センチ) 
290
ドラマは終わっても海のワカメは漂い続ける♪
緑・薄黄12ミリ


291 あまちゃんリボン(14.8センチ) 
291
元気な女の子を連想して。
緑・桃12ミリ


292 瀬戸の花嫁(14.8センチ) 
292
何色に染まるかが見所の新婦に寄せて☆
緑・赤・紫・茶12ミリ


293 子ブルー(14.8センチ) 
293
小さいけれどブルーになる出来事は払拭せん!
青12ミリ


294 波紋の煌めき(14.8センチ) 
294
太陽光線によって白味を帯びた色合いになる。
青・水色12ミリ


295 海豚の飛沫(14.8センチ) 
295
偶然見つけたイルカの群れのような賑やかさを連想して。
青・紫・桃12ミリ


296 プール(15.5センチ)
296
色合いは水色のプールを彷彿とさせますが
制作時期には枯葉プールがあちらこちらに! 
青・水色10ミリ


297 紅茶の染み(15.5センチ)
297
可愛らしい桃色ドレスに染みをつけて
泣いている女の子がいたら
そっと腕にはめてほしい一品☆ 
桃・茶10ミリ


298 亀たん(16.3センチ) 
298_3
全体が亀のように見えるでしょうか。足はないケド・・・
ロンデル2つ 緑12ミリ 10ミリ


299 百合美(16センチ) 
299_3
ゆりみ、と読んでくださいな☆ そんなイメージなんですヨ☆
薄桃・薄紫10ミリ


300 金のスプーン(16.3センチ) 
300_2
チョコレートドリンクに似合いそうなタイトルは
ロンデル2つで表現してみましタ☆
茶12ミリ 10ミリ


301 肌に溶けて(15.5センチ) 
301
吸いつくような色合いに。同化しそうでしょう?
薄茶・茶10ミリ


302 スノーサッカー(16.3センチ) 
302
寒い時期こそ身体を動かしたい!
そんな元気な姿を描いた一品☆
キラキラボール白10ミリ 透明12ミリ パール10ミリ


303 しろキラ(14.5センチ) 
303
全体を柔らかな雪玉になぞらえて制作☆
キラキラボール白10ミリ 白8ミリ パール8ミリ


304 オロオロ玉(21.5センチ) 
304
オーロラチックな耀きの中に光る玉に寄せて☆
キラキラボール白10ミリ 透明12ミリ オーロラ10ミリ


305 水門の関(14.3センチ) 
305
たおやかな流を堰き止めてくれる存在も
時には必要ですネ☆
ミラーボール水色10ミリ 水色8ミリ


306 数珠つなぎ(17.8センチ) 
306
皆で祈りを重ねる瞬間にどうぞ☆
ミラーボール黒10ミリ 黒8ミリ


307 キラぶどう(16センチ) 
307
忘れかけた晩秋の隙間に落とされた
葡萄の実 ひとつ。
ミラーボール紫10ミリ クラッシュ紫12ミリ 紫8ミリ


309 ももこんミニ(16センチ) 
309
桃色こんぺいとう・ミニサイズ☆
布桃15ミリ こんぺいとう桃10ミリ 桃12ミリ 8ミリ


311 Qりん(16.5センチ) 
311q
キュウリ色だと感じたので
語呂合わせで名前っぽくしてみましタ☆
布緑14ミリ 薄黄12ミリ 陶器風黄緑10ミリ 蛍光黄緑8ミリ


312 あおこ(16.5センチ) 
312
可愛らしい青色ミラーボールを
演出するようなネーミング☆
ミラーボール青10ミリ 青12ミリ


313 紫式部(17センチ) 
313
実の成る季節に作成したので☆
ミラーボール紫10ミリ 濃桃12ミリ


314 黒バラ(15.3センチ) 
314
美しいバラの棘と永遠の憧れ黒い花びらを
融合させた印象で作成☆
こんぺいとう赤10ミリ 黒12ミリ


315 神宮球場(14.5センチ) 
315
高校球児の夢を乗せ
くるくる回るメリーゴーランド風の縞模様
縞緑10ミリ 緑12ミリ 緑・薄黄8ミリ


316 オチョちょ(16.5センチ) 
316
ダイエット用に腰をくねらせ
「オチョ!」と叫ぶ
踊りのようなシーンを見ながら作成
ミラーボール青・水色10ミリ 青・水色12ミリ 青・水色6ミリ


317 琴座の夢(17センチ) 
317
琴座のオルフェウスとスピカの恋に寄せて
こんぺいとう赤10ミリ・透明 陶器風8ミリ 桃12ミリ 赤8ミリ


318 さくら節(15.3センチ) 
318
さくらまやちゃんが浮かんだので☆
こんぺいとう桃10ミリ 桃丸10ミリ  透明10ミリ


319 桃カッパ(18.3センチ) 
319
白い部分で何故か皿が浮かんだんですよねぇ~☆
こんぺいとう桃10ミリ 陶器風8ミリ 茶12ミリ 濃桃8ミリ


320 神梨水(14.8センチ) 
320
神無月に作成した水色ブレス。
梨は黄色のイメージですが語呂合わせで夜露死苦!
なんてヤンチャな時代を水に流したい方にもおすすめカモ?
ミラーボール水色10ミリ 樹脂風水色丸10ミリ 
薄水色10ミリ 青8ミリ


321 民生山(18.8センチ)
321
たみおさんのジャケフォトになった山が雫石に在るそうな。
奥田民生が「股旅」というCDのジャケットに使用した雫石の「生森山」なんですって!
(知らなかった もぐりの滝沢産すずこ。
2014年元旦からは滝沢市なのヨ!)
ミラーボール黒色10ミリ 緑10ミリ 黒8ミリ


322 月と雫(15.2センチ) 
322
色々な模様を感じられる月面だけれど 
こんな可愛らしい隕石 いつか 見つからないだろうか☆
こんぺいとう透明10ミリ 黄10ミリ


323 神無粒(16.5センチ) 
323
神無月に作った葡萄粒色ブレス☆
ミラーボール紫10ミリ 樹脂風白丸10ミリ 濃桃12ミリ 紫8ミリ


324 ドンパッチ(14.8センチ) 
324
口の中でパチパチ弾けるあの菓子を
思い出してくれたら
私と同年代以上でしょっ!?
ミラーボール青10ミリ 樹脂風黄緑丸10ミリ 透明10ミリ 青8ミリ


325 立冬またぎ(17.4センチ) 
325
少々 温かみのある色合いを投入したくなったのは
立冬前夜と翌朝をまたいで制作したからに違いない!?
縞赤10ミリ 薄桃12ミリ 濃桃8ミリ


326 真っ黒な心(17.2センチ) 
326
黒く重い思いに囚われそうになった瞬間に
身に付けて そんな心ごと浄化して欲しい☆
ミラーボール黒10ミリ 黒12ミリ 8ミリ


327 真っ黒か?心(20.2センチ) 
327
この気持ちは黒か白かと訝りながら
迷えるアナタに贈りたい一品☆
黒12ミリ 透明8ミリ


328 真っ黒に闇(18.2センチ) 
328
闇の中では実際問題 青色は見えませんが
キラリ光る存在を 見落としたくないな
そんな思いを込めて作成☆
黒・青12ミリ


329 ボージョレー作成中(16.2センチ) 
329
解禁日が何時なのか分からぬままですが
そろそろじゃね? ってことで 作成☆
濃桃12ミリ 黒8ミリ


331 空色の地球(15.4センチ) 
331
瑠璃色の~♪ではないですが
見たままを素直に表現し命名しました☆
ミラーボール空色10ミリ 黒10ミリ


332 黒地球・桃水(15.4センチ) 
332
真逆の色合い、そんな水面に浮かぶ地球
その中の人間の想いを表現☆
ミラーボール黒10ミリ 桃10ミリ


333 浮かぶ島(13.2センチ) 
333
ひっそりと誰にも知られず佇む
夕方の人影のような存在と ともに。
ミラーボール黒10ミリ 緑10ミリ


334 南町の人魚(19.4センチ) 
334
南「国」ではないところがポイントなんです☆
濃桃12ミリ 緑10ミリ キラ緑8ミリ


335 オーロラの里(16.8センチ) 
335
色合いは少ないですがパールのような耀きが
空に映えたら素敵だなぁと思って☆
桃10ミリ キラ青8ミリ パール6ミリ


336 赤蜜(17.2センチ) 
336
どちらかと言うとオレンジ色の蜜の方が
主人公なんです☆
青10ミリ キラオレンジ8ミリ


337 薄ハチミツ(17センチ) 
337
もう少し熟すと甘さも増すのかも?
黄12ミリ 10ミリ キラ黄8ミリ


338 柿みつ(17.2センチ) 
338
固い実の中に甘い蜜が詰まっている
そんな秋の果実を表現してみました☆
キラオレンジ・透明8ミリ 黄8ミリ


339 オズの魔法使い(19.4センチ) 
339
色合いのイメージから浮かんだタイトル☆
キラ青8ミリ 茶・青8ミリ


340 ももころ(17.8センチ) 
340
小さな桃がコロコロと転がる様を連想して☆
桃・濃桃12ミリ キラ桃8ミリ


341 グラコロ(14.6センチ) 
341
グラタンが美味しい季節になりました☆
茶・薄茶・黄12ミリ


342 いちごショート(17センチ) 
342
ケーキの鉄板、唐突に食べたくなる味!
薄茶・薄桃12ミリ キラ赤8ミリ


343 たまごサンド(19.6センチ) 
343
潰した卵のグラデーションと新鮮なレタスの色合い☆
薄黄・薄黄緑12ミリ キラ緑・黄8ミリ


344 ソーダ翠(16.5センチ) 
344
爽やかなソーダ水が懐かしい晩秋に寄せて☆
水色10ミリ キラ青・水色8ミリ


345 宝石の比(17.1センチ) 
345
ジュエリーデー(宝石の日)に作成☆
色んな石の色合いを表現してみました☆
赤・透明10ミリ キラ赤8ミリ


346 生クリーム(16.5センチ) 
346
甘い倖せ生クリームが乗るは
ショートケーキ? それとも…
パール10ミリ 桃12ミリ 透明10ミリ


349 あおソーダー(16.4センチ) 
349
クリームソーダは緑色ですが、色を青にした
爽やかなイメージで作成☆
陶器風水色8ミリ 青10ミリ


350 桜ん坊(16.5センチ) 
350
見たくれがサクランボみたいな可愛らしい仕上がりに☆
布緑14ミリ キラ緑8ミリ 薄桃12ミリ


351 黄味ちゃん(15.2センチ) 
351
生卵を割った時の濃い黄味を連想☆
縞黄10ミリ キラ黄8ミリ 黄12ミリ


352 シャンペン(15.7センチ) 
352
一日の疲れを癒す泡の色(一句)
黄・水色10ミリ


353 スパーク!リング(15.4センチ) 
353
一度ビックリマークをつけたくなるような
鮮やかな一口はいかが☆
赤・桃10ミリ


354 ドンペリニョロン(17.5センチ) 
354
高級感とアザトサの共演(笑)
黒・薄茶10ミリ パール6ミリ


355 からめる(19.2センチ) 
355
ぷりんの上に垂らしたくなる色合い!
薄茶2種10ミリ 茶8ミリ


356 晩秋(19.2センチ) 
356
枯葉が落ちて太陽に照らされた瞬間☆
丸黄緑8ミリ 黒8ミリ


357 成金主義(18.3センチ) 
357
色合いだけで決定するのは失礼かな?!
金丸8ミリ・6ミリ 黄8ミリ


359 プリキュア(15.7センチ) 
359
乙女のアイドル的なイメージ☆
桃12ミリ キラ透明8ミリ パール6ミリ


360 可愛い冬(15センチ) 
360
もこもこセーターの少女イメージ☆
布赤15ミリ 紫・桃12ミリ


361 可愛いネ☆冬(18センチ) 
361
思春期の恥じらい的な☆
布赤15ミリ 桃透明10ミリ キラ赤・透明8ミリ 
桃12ミリ 紫10ミリ


362 すっと冬(15.7センチ) 
362
クリアな空気感と季節感をミックスしました☆
青・紫10ミリ


365 緑のこし(13.5センチ) 
365
少しだけ緑の残る庭園風味でどうぞ☆
陶器風緑10ミリ 緑・青10ミリ


366 秋こけし(14.8センチ) 
366
縞部分が表情を隠すコケシに
見えて来ましたので☆
縞オレンジ10ミリ キラオレンジ8ミリ 茶・薄茶10ミリ


367 つぶつぶの(18.5センチ) 
367
粒揃いの秋の味覚を連想して命名☆
クラッシュ桃12ミリ こんべいとう透明10ミリ キラ■10ミリ 緑・紫12ミリ


368 帰って来いよ(18.2センチ) 
368
深夜に旦那の帰宅を待ちつつ作成☆
夜の帳に似合う一品カモ。
布緑14ミリ 黒・青12ミリ 薄黄10ミリ


369 かえってきてネ(18.7センチ) 
369
丑三つ時を過ぎても帰宅せぬ旦那を
心配しつつ色合いは可愛らしく作成☆
何かを心待ちにしたい瞬間にどうぞ♪
桃12ミリ キラ透明8ミリ パール6ミリ


370 かえった☆(17.5センチ) 
370
午前三時の乱ならぬ 漸く帰宅した旦那の姿に
安堵感を覚えつつ命名。
ほっと一息の瞬間にどうぞ♪
布赤15ミリ クラッシュ赤12ミリ 丸金8・6ミリ 
透明12ミリ 赤10ミリ


371 ころね~ぜ(14.4センチ) 
371
すっかり疲れた身体を横たえるべく
可愛らしい粒と色合いで納めました☆
丸黄緑 緑8ミリ

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

人気ブログランキングへ
↑ポチッとな~☆↑


すずオリジナル ウッドビーズ

すずオリジナル ウッドビーズ

素材は天然の木です。
着色をしてあるので色落ちする場合もあるようです。
ご注意くださいませ。

ゴムテグスを使用しています。
ビーズ内部にささくれ部分があれば
アクリルブレスレッドよりゴム寿命は短いと思います。
壊れても大丈夫!!
ミサンガ代わりに(?)願いを込めておけば(笑)

長さはゴムにビーズを入れた時点で計測しています。
大粒ビーズの場合、内径により膨らんでいる可能性があります

他の素材と混合タイプは 存在感がありますが
ウッドオンリーのものは 軽い着用感です。

たまにフリマ出没しますので お楽しみに(笑) 
既に お嫁に行った子も多数★

郵送詩誌みゅう購読メンバーになった方には 
特別プレゼント☆

見本誌もありますので 
興味のある方は 連絡くださいネ☆

以下に本誌の写真・詳細を紹介していますので
クリックして御覧くださいませませ~☆

ミュウ 219.220号 完成♪ 

すずこのリンクはこちらから

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

2 小粒おかき(15.5センチ) 
2
美味しそうで あっという間になくなる 真夏の夢
絵柄11*12ミリ ベージュ7*8ミリ 小粒ベージュ3*4ミリ


4 みよちゃんの鼻緒(15.5センチ) 
4
昔なつかしい小路で遊んでいる少女のイメージ
絵柄11*12ミリ 赤7*8ミリ 小粒ピンク3*4ミリ


6 チャチャッとしろ!( 18センチ) 
6
急かされそうな毎日を皮肉りたい時にどうぞ♪
絵柄11*12ミリ 黄7*8ミリ小粒茶3*4ミリ


7 冬みかん(19.5センチ) 
7
ほんのり赤らんだ桜顔のミカンです。
オレンジ・桃7*8ミリ


8 豆柴(21センチ) 
8
まめしばという種類の犬は存在しないそうですが
豆柴のリードにピッタリな感覚で☆
緑・黄8*5ミリ


9 芝珊瑚(18.7センチ) 
9
陸に咲くサンゴの束を連想しました
青8*5ミリ緑6*4ミリ


10 子苺(15センチ) 
10
ちいさなイチゴ畑に咲く可愛らしい花
チェコ桃8ミリ 桃7*8ミリ 小粒白3*4ミリ


11 どんぐりの年越し (17.5センチ) 
11
コロコロ寄り添って新たな年の倖せを
願っているかのようです
チェコオレンジ8ミリ 赤・茶8*5ミリ
小粒オレンジ3*4ミリ


12 ブルーベリーヨーグルト(22.5センチ) 
12
朝イチの爽やかとろ~りデザートはいかがですか
白・紫7*8ミリ


13 おかきとか? (18.3センチ)
13
6袋のファミリーパックシリーズおかきを
彷彿とさせる
絵柄11*12ミリ オレンジ9.5*8.5ミリ 
オレンジ・ベージュ7*8ミリ・6*4ミリ


14 ヒゲの実 (19.8センチ) 
14
龍の髭と言う名前の良く見る草には
こんな色合いの実が生るんです
蛍光青7*8ミリ 青10*8ミリ


15 テニスの憂鬱 (17センチ)
15
色合いで思い出したのがテニスボール
くすんだ色合いは校庭の隅に飛んで行ったまま
忘れ去られた存在の象徴に思えました 
蛍光黄7*8ミリ ウッドビーズ・チェコイエロー8ミリ


16 初物スイカ (19センチ) 
16
木皿泉さんの「すいか」を読んだ記憶が新しいのと
見た感じで思い出した果物からネーミング
蛍光黄緑7*8ミリ 緑・赤10*8ミリ


17 みどりらいす(20.7センチ) 
17_2
17
自然いっぱいの米粒をイメージ
ライス型青・緑8*15ミリ 蛍光青・黄緑7*8ミリ


18 俵の小判(19.2センチ) 
18_1
18_2
たわらコロッケの中に隠れた卵のイメージ
ライス型オレンジ・黄8*15ミリ 蛍光オレンジ・黄7*8ミリ


19 まどんな(20.5センチ) 
19_1
19_2
御洒落で美しい女性の象徴
ライス型ピンク・紫8*15ミリ


20 血眼(21センチ) 
20
充血しながら大事なものを探し続けるあなたに
ライス型赤8*15ミリ 赤・桃6*4ミリ


21 となりの芝生(17.3センチ) アクリル混合
21
ピカピカ光っているアクリルビーズで
隣の芝生の華やかさ、
じぃと見つめる嫉妬心を植え付ける
そんなイメージで作りました。
ウッド黄緑9.5*8.5ミリ ウッド黄緑7*8ミリ 
アクリル金・透明黄緑8ミリ

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°
人気ブログランキングへ
↑ポチッとな~☆↑



鏡月アセロラ旨し!

Img_3536


Img_3540


Img_3214


鏡月アセロラ旨し!


と言う話は聞いていたんだけれども
最近になって漸くゲットしてみました
確かに美味しいでおじゃりまする~

自分で購入した後日 
お店の水割りをいただいたが

思わず「うっす!」と 
叫んでしまうところじゃったわい
勿論 薄いの意味であって 挨拶ではない。

職場でも使っている人 いそうだな
自分の部下に 「なんとかっす!」とか言われたら
ビミョーだな

いや 部下 いないけどよ
そもそも 部にもなってないって
そういう話じゃなくってさ

すみません じゃなく サーセン
左遷かよ!

すみません ならば 未だ「マシ」なんかねぇ
すいません とか すんません とか
嗚呼… と 思っちまう私は 
年取ったんだろうなあ

と 愚痴りながら飲むのにも ピッタリ?!
ふんわりCMの印象も強かですよ

小瓶にしたら 一晩でなくなったので
今 大瓶が冷蔵庫で涼んでるの♪ うふ。
…もう数日前から(爆)

愚痴とか武勇談ってウザイですよね
同じ話を何度も繰り返されるのって 特に

言ってる方は気分良いんだろうけれど
聞いてる方は たまんないっつーの

ってことを さっき やっちまったらしい
ランチしながらテレビ見てたらさ
今話題の銀座の寿司関係の話題になって
そう言えば、と昔話をしようとした訳

ほんなら 核心に触れるのも許されず
「それ前 聞いた」 バッサリ!

いや、「前聞いたけど ~なんだよね~」
くらいのオブラートはないのかよ~!
みたいなね(笑) 

で、どんな話だったかってぇと~
以前もネットUPしたに違い無いのだが
何度でも書くぜ(?)
すずザレ かこザレ UP中だしなっ
うひょっ♪

銀座には何店舗お寿司屋さんがあるものやら
私には分かりませぬが
その昔 とある銀座のお店に入った時のこと

我等家族は明らかなる御上りさん
外見・言動からして「間違いない!」
ってヒト いましたよねぇ~(遠い目)

まず 店内ガラガラなのに
出入り口付近の 隅の小さな席に通された私達

オーダー時の余りの対応も悪い
その後も足元を見られているような雰囲気

そう言うの、感じたのよね 
そこにいた 家族全員が。

そこで 銀座でお寿司だから♪ と
奮発して手持ちのあった叔父が
札束を団扇状に広げて

「ほら~ お小遣いだよぉ~」と
私達に向かって 微笑んだ

私達は嬉しくて
「お兄ちゃん いつも ありがとう♪」
なんつって はしゃいでいたんだけど

その後 明らかに 店員の応対 変わったのよね
あれは驚いたな

お前等 食い逃げせんだろうな?!
みたいな目線と口調から
本当に丁寧な仕草と口調に 早変わり

当然 味なんか不味いですよね
まず気持ち的に不味い

実際問題 地元の回転寿司より
シャリもネタもパサついてたし

これが 接客する心のパサつきにも通じるのかいね~
なんて 冷静に考えてしまった 一コマなのでした

罪を憎んで人を憎まず じゃあないけれど
御客様は神様です ばかりとも 言い切れぬけれど
得手不得手 ウマの合うか否かも
人間関係 色々と ありますけどね?

依怙贔屓のない対応の難しさ
だけど そんな対応の必要さ を 感じますね

しそギョーザは 昨夜 食べました
パリッとしているのが 良いよね

羽根つきが 良いよね
スーパーガードも(違)

昨日のランチだが 残り物を混ぜて出したら
ごった混ぜみたいなことになってますが

週末に 米粉パンを買うのが癖になっていたから
久々に食パン食べて 新鮮だった♪ 

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

どんな世の中でも
特殊な才能や境遇と言うものは
「異質」と捉えられてしまえば
認められず 苦悩を強いられる原因にも
なりそうですよね。

「そんなの当たり前だよ」と
周囲が包み込んでくれる、

そんな優しさが大事な局面って
多いのだろうと思います。

「あの人は特別」と言う文字は平たいですが、
その上に どんな感情を乗せるかが
重要なのでしょうね。

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

マス埋め遊び


ライカのカメラと言われても
手にとったこともなければ
大きなカメラと三脚を手にしている人は
全員 カメラマンだと信じてもいないから
どうもよく 解らない

透明な箱の向こう側に
どんな素敵な景色が舞っているのだろう
気色ばんだ肌の色が 桜の花びらと同化する頃
咲き出した躑躅

クルメツツジで検索したけれど
花びらの模様までは 解らない
八重の蕾の合間を 悠々と渡る
小さな虫の楽しさばかりを
ゆっくりと連想しては目を瞑る

陽光が眩しすぎたのだ
フラッシュにご注意くださいの看板も 光で透ける
スケルトンが美しかった映画のタイトルは忘れた

骨張った顎と格式ばった頑固な脳味噌を
ぐちゃぐちゃに溶かすと
甘い汁が出て来た

いつか 花びらの根元から吸ったニオイと 
おんなじだ

不快感ではなく もっと先のほう
優越感などなく もっと奥のほう
翻る旗が 出航の合図

風が吹き荒れなくっても
今は エンジンで 前へ 前へと 進むから
あなたは 安心して
乗っていて ください

アナウンスが流れて
濡れた座布団に
腰を下ろした

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

詩の発表場所あります
自慢の絵・写真を披露したい方にもおすすめ!

ワタクシすずこが編集している手作り詩誌
ポエムサークル「みゅう」

仲間になり購読いただくと
ボツなしで冊子掲載 & CDトーク → 全国郵送★
見本誌もあります。読みたい方も連絡くださいね。

以下に本誌の写真・詳細を紹介していますので
クリックして御覧くださいませませ~☆

ミュウ 219.220号 完成♪ 

すずこのリンクはこちらから

~いつかの すずザレ~ 藤鈴呼の戯言
過去作も織り交ぜてUPしていきます☆

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

苛立つ 瞬間が 増えて 行くのは
慣れて 来た  証拠 なのだろう

言葉に トゲを 感じる のは
疲れて 居るの だろう

予想と 反対の 台詞に
いちいち 反論 すれば
喧嘩に 成るの だろう

言わずに 溜め 込めば
何時の 日か 必ず 爆発する モノと
相場は 決まって 居るの だろう

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・

日が 慌ただしく 過ぎると
何を かっこんだのか
食事の 内容も 
覚えて 無かったり する

かと言って
のんべん だらりん と 
暮らして しまえば
ボケて しまったり する

一体 どちらが 
記憶を 長持ち させるのに
効率的か と 

考え込む 頭は 
既に 動いて おり
時間は 止まっては 呉れず

すべからくして
腹時計が カコーン と 鳴れば
グウ と 音が 聞こえるから

次の 食事に 
ありついて 居るんだなあ


 『 活 性 化 』

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・*:・°

疲れて 居る 人に
顔が 能面の 様だよ
と 思わず 言ったら

私は 元から
表情に 乏しい 女なのよ
と 怒られた

昔 美人 と 定義された
女性の 姿は

思えば 能面の 様だった なあ
と 思い 返した

要するに 
喜怒 哀楽を 表に 出さず
慎ましやかに 
大人しい 姿が 良い 
と されて 来たんだ なあ

ところが 現代では
個性が 無い と 
けなされたり する

無表情 無反応 無感動 
なんて 言葉も 有った

しかしながら
個性を 出し 過ぎると

自由と 我が儘を 
勘違い するな 
などと 罵られ

社会 追放の 憂き目に
立たされる 場合も 少なく 無い

嗚呼 世の中 って
何て 世知辛い ものなのだろう

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

予測 通りに 物事が 動いた 日は
気分が 良い ものだ

狙って無い 場面で ウケたり すると
嬉しい モノだし

本当に 疲れて どうしようも ない時の
労いの 台詞は
思う 以上に 心に 染みる

そんな 風に
何かが 嬉しい とか
誰かが 温かい とか 言う 気持ちを
忘れないように
生きて 行きたいんだよ
僕は

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

凍りついた 駐車場
車に 乗り込む 直前

運転席 前の 足元に
何かが 有るのに 気付いた

二ヶ月 前に 出した 筈の
封筒だった

本人には 届かずに
こんな 処で
凍えて 居たんだ ねえ

何通か 出そうと した日に
袋から 飛び出した モノなのか

バッグの 中から
落ちた モノなのか

とにかく
次々と 雪が 積もってた
季節の コト

夕方には
既に 埋まってしまって
居たのだろうか

夜の 暗さと 疲れに 塗れて
君を 見付けられ なかった 僕が

無情にも 此の 足で
踏みつけて しまった モノ なのか

今と 成っては
全て 
想像の 域を 越えられない けれど

長い 長い 冬眠 だったね
本当に ごめんなさいね・・・

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・
人気ブログランキングへ
↑ポチッとな~☆↑


桜ぽぷり

Img_3151_5


Img_3151_3


Img_3151_1

桜ぽぷり


ぽぷりって響きが先ず乙女チックですよね
自転車で近所の唯一のぽぷり屋さんに行き
バースデープレゼント用にしていたような記憶が

あの ちょっと鼻がツンとするような
甘酸っぱいような薔薇のポプリだとか
たまらなくセーラー服の香りがする(は?)

みゅうメンバー ちやっちからの いただきポプリ
レガ子も喜んでますね
運転席と助手席の間にあるドリンクフォルダー的
小物入れに 丁度良く2つ入る大きさでね

この春を 素敵に演出してくれている
感謝☆

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

作り隊


でぃあごすてぃ~にっ♪ と 空で歌いたくなる程 
耳慣れたフレーズのCMを眺めていると 

たまに プラモデルみたいなヤツとか 
ミニチュアガーデンとか 
何かしらの工作をしてみたいような気にもなる

と 盛って零して戻したような
モヤっとした物言いですけどね?

今日び レコーダーさえあれば 
オンタイムでCM眺めなくっても
済む訳ですよ

すっとばしバビューン! みたいなことが出来る

だけど オンタイムで観たい場合は
さっきの我等みたいに 

半笑いを浮かべながら 
テルマエロマエを眺めることに なるんですな

その内に 嗚呼 温かい風呂に入りてぇなぁ~ 
などと妄想するフリをしながら 

何時の間にやら大爆笑して
ぐったりすると言うね

紙バンドかごを眺めていたら 
何だか自分でも取り寄せて
作ってみたい熱を帯びて来て 
冷えピタシートとか必要っぽいんですけどね

仕方ないんで
ウッディ―なブレスレッドをチマチマ制作しながら
自分の気分を宥めています(笑)

だって これでまた 
大量の紙バンド発注とかしたらサ、
届く前から旦那のツノに刺されそうだもの(謎)

「オンドリャー
 どんだけ荷物 増やすつもりなんだゴルァーっ」
って
どんな扱いだ(爆)

そもそも 大量じゃないと単価が安くならないしね。
しかし フリマ販売とか考えると 

まずは定期的な場所やら気力やら
保管庫やらを確保しなきゃ
アリエナイザーなんだろうなぁ~。

さあ 地下に穴でも掘ってみるか!
あ、自分の土地じゃなかった。

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

ドミニカ共和国のサリーナス村とその周辺。

あなたを変身させる細胞が出す魔法の薬 2014.04.05

生まれ変われたら やはり女が良いな
そんな会話をしたことはあるけれども
上記の皆さんは 身体ごと変化するのが当たり前、と
戸惑うこともなく受け入れている
そんな地域が存在することに 驚いた番組でした。

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

ビリーミリガンで思い出す
ソフィーの世界

ハードカヴァー本を友人に借りて 
読破した記憶があります

同時に思い出すのが 
コインロッカーベイビーズや
グリーンレクイエム

そして アルジャーノンに花束をのヒムロックは
最近になって
一番ハマっているような気がするんですけどネ
当時は余り曲を知らなかったんだよなあ

新井素子さんと同時に思い出す作家さんが
宗田理さん
そこまで来ると 若き日のりえちゃんが主演した映画
ぼくらの七日間戦争まで記憶が舞い戻り
TMNの歌声も胸の中を駆け巡ります

するってぇと 連想ゲームで
風に吹かれた TMレボリューションの姿も浮かび
やっぱり歌いたくなってしまうのでR♪

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

詩の発表場所あります
自慢の絵・写真を披露したい方にもおすすめ!

ワタクシすずこが編集している手作り詩誌
ポエムサークル「みゅう」

仲間になり購読いただくと
ボツなしで冊子掲載 & CDトーク → 全国郵送★
見本誌もあります。読みたい方も連絡くださいね。

以下に本誌の写真・詳細を紹介していますので
クリックして御覧くださいませませ~☆

ミュウ 219.220号 完成♪ 

すずこのリンクはこちらから

~いつかの すずザレ~ 藤鈴呼の戯言
過去作も織り交ぜてUPしていきます☆

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

自分の背丈よりも伸びる茎を
憎らしいと思った

あの日

太陽よりも 光り輝く 君を
憎らしいと思った

あの日

両手を広げても 追いつけぬ程
笑顔の 向日葵は

自分自身だった

なんてね
なんてね

♪なんてね

そんな フレーズばかりが
脳内を 駆け巡って

いつかの 紳士同盟
もう一度 結ぼうか

小指 絡めて
囁きながら

今度は 笑顔で
向日葵を 眺めるの。

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

UP量

以前は 文字制限 なかったような気が
したんだけどなぁ・・・
もしかして 気のセイかなぁ。。。
気のセイ が 立て続けに 起こるようになったら
御仕舞ですが・・・何か…il||li_| ̄|○il||li 

UPしようとして エラーになると
イラッとすんですよね
(-_-#)
まぁ 仕方ないかな、と思ってまつ。

ついでに 100Mでしたっけ、
全体の公開容量も 決まっている 世界でつから
100%に なった時点で 

ズズイッと 削除クリック 
しまくらなくては イケナイってのも 何だかなー。

昔 (ガイアックス時代) は 良かったなぁ・・
(遠い目)

何故かしら 今まで HP 沢山UP してきたけど
サーバーが なくなってしまうのって
予想外でしたもん !!

当時は こんな風に 
背景が白って アリエナイザーでしたねん。

ええ、背景が 真っ黒で 文字が 真っ白 (笑)
それこそが すずザレ ワールド でしたから
(聞いてないって。)

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

まかない って 響き 好きですね。
いかにも 料理人 てな雰囲気が 広がっていて。

まかなえる 人間は 
頭の中に メニューが 入ってるんでしょうね。

この食材と コラボさせたら 
こんなテイスト★・・・って

憧れですわぁ 
(遠い目・・・コラコラ)

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

はいはい と 通ります 
の 勝手なイメージから

そこのけ そこのけ おうまが ぱっぱか・・・が
突如 浮かびましたが

こんな風に 自分の脳内で 
反射的に 浮かぶフレーズって
あります(*⌒▽⌒*)

てな感じで 
コモンセンス ナンセンスな アタクシ

予測どおり(?) ウィキって しまいました。
それで ひな壇芸人の 意味を 知りました (遅)

ひな壇みたいに 座って笑いを取るって
意味なんですね。。。

さながら アタクシは
酒の肴になる 人間でつ Σ( ̄□ ̄)!

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

自分のことって
客観的に見れないことが 多い気がします。

難しいんでしょうね、
客観的に 眺めている つもりなのに

何処か 自分可愛い♪ って
スリスリ eyesな 部分が有って。

ナルシストであれば ある程に 
むつかしいんじゃ ないかな? って。

*

彼の会社の上司が 亡くなったそうで
通夜に 行くことに なった時
手元の 香典袋を 用意した

中袋が有れば 良かったが
金額的にも 大きくないし

手元に有るのは 中袋無しの 不祝儀袋。
これで良いか、と 薄墨筆で 文字を 描いた私。

完璧だ! と 豪語したけど
隣を見ると 表情が 冴えない

「 前から 思ってたんだけど さぁ・・・
 アナタ 何段とか 持ってた 筈だよ ねぇ・・?

 こう言っちゃあ 何だけど、
  確かに 俺よりは 上手なのは 認めるけど、
  そんなに 上手く ないよね。 」

Σ( ̄□ ̄)! 何て 衝撃的な 一言。

カクカクッとした 文字、
楷書で キチッとした文字が 上手い文字 らしい。

私は 確かに 丸文字チックで
筆なのに 何処か 
キチッと しきれて ないかも・・

「 もっと 心込めて 書いてよ。
  スピードも 早すぎるじゃん 。」
の台詞に

珍しく 躍起になり
数枚 書き直して ようやく 完成。

かくの如く ナルシー はぁとは
時として 砕け散るので あった。

ついでに。
表書き は 御香典 等に 名前
封筒をひっくり返して 金額を書く場合

---円 と 有ったら
数字? 漢数字? これで迷った

今まで 数字で書いて来た 私。
彼 曰く

良く 考えて見てよ。 
西洋数字を使う訳ないじゃん。漢数字だよ。

と。
そう言われれば さも有りなむ・・って訳で

ネット検索するも
中袋の場合は 縦書きで漢数字 と
写真見本まで付いているが

表の封筒については
詳しく書かれていない

それでも 調べて行く内に
漢数字かな? と 思った。

結局 彼の言う通り 漢数字で 持たせたが
横文字だと アラビア数字 の 
私の勝手な法則で 解せない夜だった。。

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

4月から 政令指定都市になったので
郵便番号が変更になり 区 の 記載も増えた

母にメールをしたが
メールする前に 郵便局に 確認していたらしい

そこで 驚くべき 事実

県も違うし 民営化してから 
以前みたいに 連絡が行き届かなくなり
まだ 分からない と 言われたそう。

必要なら ネットで調べたら? と 言われ
ネットのない人は? と 尋ねたら

暫くは 以前の住所でも届くし
必要なら 本人に聞けば? と 言われたらしい。

おーどーろーきーぃ。

それが 窓口に行った人間に対する
応対なんだ・・・

もし私ならば 少し待たせても
自分がネットで調べて 教えるけどね。。。

そう言えば あの時も。。。と
思い出した

キャッシュカードの暗証番号 誤入力して
カードがロックされた時の話

自分のカードと
彼の口座の家族カード 
2枚とも ロック解除したかったので
窓口に 問い合わせをした

自分のは 自分が手続き可能だったが
彼のは 彼にお願いしないと いけなかった

ATMで 暗証番号を 誤入力すると
ロックが かかる

これは 当たり前のことかも 知れないけど
普段 私は 通帳から引き落とすので
カードを使うことは なかった

その時は たまたま 通帳を持ち合わせてなくて
急遽 現金を引き出したかったので
カードを使用したのだ

普段 カードは 使用してないので
暗証番号を 忘れていた

出先のATM で 閉鎖時刻ギリギリの操作
間違って エラーになったこともあり
慌てていた私

結局 自分のカード 彼のカードを
数回ずつ試した結果
どちらも操作不能になった挙句
閉鎖時刻になり 引き出し適わなかった

その後 自宅付近のATM 何箇所かで
数度 カード操作を試みたが
ロックがかかっている為 作動しない

その時点では ロックだということに
気づきもしなかった

最初に向かったのは 近所の窓口

「暗証番号が 分からなくなった」 
と思ったので

「暗証番号を お知らせしてくれる」
申請書類を受け取り 帰宅

後日 記入済の書類を提出
彼にも 提出してもらった

暫くして 書類が 届く
暗証番号は 私が思った通りの番号だった

その書類を見ながら 入力するも
ロック解除してないので
当然 操作不能

ここで 別の窓口に行き (県外)
最初から ロック解除の話をしてくれれば
日にちも手間もかからなかったのに、と
文句を言った

その窓口の所長らしき人物 曰く

「ここは 県が違うので 
 そんなこと 言われても 云々」

って 

すーごーいーねーぇ。
そういう問題なのか?

何だか すっごく がっかりした 瞬間だった。

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°
人気ブログランキングへ
↑ポチッとな~☆↑



香ばしい野菜

Img_3537


Img_3539


Img_3538

香ばしい野菜


写真は みそ膳
私が食べたのは 糸魚川味噌らーめん

旦那が頼んだ野菜たっぷり味噌ラーメンは
一度 炒めてあるのが汁に凄く良く染み出ていて
絶品でしたね

岩手時代 良く食べていた味を思い出しました。
そちらはしょうゆ風味でしたけれども
営業時代 良く行ってたんだよなあ~

まあ 御客様でも あったんだけどね
「アンタ 良く笑ってごまかすところが
彼女そっくりだわ~あ」 と 良く言われたっけ(笑)

彼女ってのは 当時の上司でね
そのラーメン店を担当していたんだよね

今回の付け合わせは 紫蘇ギョーザ
大葉たっぷりで 青臭さも感じるような味わいでした
珍しく 旦那が譲ってくれた

と言うのも 大抵餃子って1皿5つなんでね
いつもは旦那3つ 私2つなんだけど
私が異常にしそギョーザファンなので♪

タイヤ交換後 ちょっと気温が下がっていたところに
熱いラーメンかっこみたい欲求が高鳴りましてね

昼間は暑かったんだよなぁ
日が落ちて 出掛ける時の車内温度計で
18度だったもん

それで ちょっと ひんやり感があったからね。

「放射冷却現象の所為だろうな。」
「ん? それってどういう現象でしたっけ?」

こういう現象みたいですな

で、美味しくラーメン食べて
最後 器を持って汁すすっていたら
「はしたない」と言われました

れんげでも掬い切れない最後の一口
今回みたいな木の平たいタイプなら猶更
最後まで美味しくいただきたかったダケなんですが
はしたないんですね

ラーメン屋だった経験はないけどよ
自分が作り手だったら 

ラスト一滴まで 残らず飲んでくれたら
「おいしかったよの合図」じゃあないけれども 
嬉しいんじゃないかなぁと 思うんですけどね

まあ何だろう
美味しく楽しく食べられたら 良いんでないの?
って私は アバウトなんだろうね

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

黄色いスープ


塩味の効いたオツな味わい
マラソン選手が息を切らして駆け付けると
馨しさに舌も眩みそうになる 黄色いスープを
差し出されると言う

月桂樹はクスノキ科だと言う
箪笥にゴンゴン ナフタリン臭
漂う大人は御存知ですか
などと言っては ニヤリと笑う唇が 
薄く紅を引いて 福神漬けと化した

あとは米粒
白く 艶のあるヤツがイイ
雪の季節は とうに過ぎ去ったし

照りを出すなら ローリエがおすすめですが
一度も肉とのデートを 楽しんだことがない

鍋の中で 
ぐらぐらと煮込むシーンばかりを夢見ては
毎夜 魘されるばかりで

結論は 早い方が良い
その冠 被らさして もらえるんですか
雌雄異株ですから 
どちらの瞳が真実なのか 解らない

語れない正解のマークが
まるで オムライス上のケチャップみたいに
自己主張をはじめた

黄色いスープだから
スパイスが 思い切り効いているってことぐらい
直ぐに 連想できるのでしょう
本当は 脇役だって 構わないのに

うっすい味わいの方が
印象に残るようなことも
あるのでしょう?

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

きゃぴきゃぴ出来た時代って言うのは
案外と限られていて 

三つ編みや パッツン前髪の
似合わぬ世代になってから思い起こす
青春なんて二文字にも
象徴されましょうか

別におどけても構わぬ年代には 
何処か大人びた仕草にも憧れ 

わざと乙女ぶった振る舞いから
遠ざかってしまいたい欲求にも
かられた日々でしたが

年を重ねるにつれ 
そんなシーンに遭遇することも少なくなり 

たまに見かけても アウェイ感がハンパない、
だなんて言葉で若さを演じてみても 
気付くんですよね、

トーンが違う 
圧倒的に女性的にも 
低温化していますから(笑)

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

詩の発表場所あります
自慢の絵・写真を披露したい方にもおすすめ!

ワタクシすずこが編集している手作り詩誌
ポエムサークル「みゅう」

仲間になり購読いただくと
ボツなしで冊子掲載 & CDトーク → 全国郵送★
見本誌もあります。読みたい方も連絡くださいね。

以下に本誌の写真・詳細を紹介していますので
クリックして御覧くださいませませ~☆

ミュウ 219.220号 完成♪ 

すずこのリンクはこちらから

~いつかの すずザレ~ 藤鈴呼の戯言
過去作も織り交ぜてUPしていきます☆

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

やっぱり 店員って 言うモノは
お客に 気を遣って なんぼの 世界だと 思う

中々 むつかしい コトでは 有ると
思うのだけれど ね

今は 警察官や 教師などの
所謂 聖職者も 

事件を 起こして 新聞紙上を 賑わす頻度が
高く成って 居るし

皆 人間なんだなって 思うのは
幼い子供が
サンタは 居ないって 知ってしまう 瞬間と
似通って 居るのだろう けれどもね

居酒屋で 酔っ払っては 居るけれども
大切な 会話を して居るのかも 知れないし

幾ら 呑み放題の 店で
グラスの 絶対数が 足りないとは 言えど

やはり 頻繁に 下げに 来るのは
どうかと 思うよ

しかも 一度 断って居るにも 関わらず
直ぐに お下げします と 来られたら
キレるのは 当たり前だと 思う

先日 言った 居酒屋の 兄ちゃんは
とっても 良い 人だったよ

宴もたけなわ
終焉に 差し掛かった 時に
温かい ウーロン茶を オーダーしたら

普通の お茶で よろしければ
無料で お持ち 出来ます と
ちゃんと 言って 呉れたりね

他にも 色々と 気遣いが 良かったよ

店に してみれば
黙って オーダーを 受けとけば
利益に 成るし

だけど 人間として
彼は 客の身に 立って
助言して 呉れたんだねぇ・・・

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

買物した合計金額を 算出してみたら
1953円だった

ゴミに行くのか・・・ 夢の島かぁ。。
違うね

夢に 向かう 為に
不可欠な 買物 だったんだよ・・・

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

カラオケで 生まれた年の 曲を 歌った
TMネットワークの 1974だ。
サブタイトルは 忘れたけど
孤独な訪問者だったか 
そんな感じだったと 思う

妙に 思い入れの有る曲に 成ってしまったのは
不思議なモノで
この 曲名が 全く 違うモノだったならば
興味を 示さなかったかも 知れないのに

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

アクティブな 日曜日を 過ごした
魅由宇は 完成して
プリンタを そのままにして 外出した

取り合えず ボーリングを しようとしたが
意外と 混んで居たので
待ち時間 ビリヤードを 少しした

余り したコトは 無かったのだが
キューと 球が
私に してみれば
それなりに 仲良く成って 呉れたので
少々 満足した

以前 一度だけ 
打ちっぱなしゴルフに 赴いた コトが 有るが
肩スカシ ばっかりで
透かされて しまって
肩の 痛みに 耐え抜く日々が 続いたんだっけ

そんなコトを 思い出しながら。
前回は 何時やったのか 忘れたけれど
空振りばっか してた 記憶が 有るから
キューに 当たって 呉れた ダケでも
相当に 嬉しいモンだ

そして ようやく ボーリング。
しょっぱなから ストライク。
相当 調子が 良かった。
四ゲームの スコアを 並べると
137 119 133 98
ストライク 9発
うち 一発は サービスタイムにつき
オロナミンC ゲット
スペアは 8発だった

段々と 悪く成って来たし
体力も 限界だったので
これで 終了した

のは 正解だっただろう

因みに ボールは 10ポンド
スピードは 24~26キロだった。
結構 パワフルなんでは 無いかなぁ・・・

その後で モルトンの カレーを食べて
カラオケを 三時間したら
もう 日付変更線を
超えて しまった

珍しく 翌日の 月曜日
・・・ 今日の 筋肉痛を 迎え

身体は 異常に キッツイのに
何時も 三日後に 訪れる 痛みを
早めに 感じられたコトが
微妙に 嬉しい
のが 微妙な 感覚だ。

何故か 土踏まず や 足の付け根が 痛み
座るのも 立つのも
よっこらしょー 状態なので R xxx

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

ABSと 聞くと
即効で 思い浮かべるのは
車に 付いている エアバック
・・・じゃ 無かった
凍った 路面で
タイヤが ロック しないように
聖堂・・・ではなくて
制動させる 装置(?) ですな。

ネット検索 してみたら
樹脂なんて 言葉が 出て来た。

ふむふむ 
短縮形には
色んな 意味が
有るらしい。。。

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

テキストの 使用目的

あたしは ヤギでは 無い つもりだから
勿論 食べたりは しませぬ

昼休みに ご飯を 待つ 間
たまに 食べつつ
食後の 一服しつつ
眺めて 居るのですよ

そのうちに
取得した級までの 復習が 完璧に成り
新たに 頭が 働いて 呉れた トキにでも
上の 検定を 取って みようかな なんてね

本当は 漢字検定の方が
面白そうだとは 思うのだけれど・・・

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

ゲーラカイト


三角凧の コトだったんだね
目玉が グルンと してる
アメリカから 来たと
一時期 話題に 成った・・・

凧揚げの 記憶は 無いな
羽子板も 駒も
正月は 何時でも
コタツに みかんに
餅 だったカナxxx

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

児童文学の 意味は
児童が 読む為の 書物だと 言う

だけど
児童の事を 描いた 作品も
児童が 執筆 したモノも

有る意味
児童文学とは
云えないだろうか・・・ ネェ?


『 憂いの ゲーラカイト 』

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

二等辺三角形の 秘密
二辺は 寄り添っては 居られないんだ
踏み台の 短い 一辺も
二辺の 重みに 耐え抜いて 居る

正三角形ならば
お互いが 仲良いかだって?

アリエナイザー

だって 彼等は
それぞれ 別の 方角へ
駒を 進めて 居るじゃあ 無いか


   『 ゲーラカイト 3 』

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°
人気ブログランキングへ
↑ポチッとな~☆↑



2014年4月26日 (土)

春紅葉 

Img_3522


Img_3520


Img_3518


春紅葉 


場所はこちら

春もみじ
色とりどりに行く人ぞ
行方知れずの
姫と語らん

*

シルクロードをイメージし
白い石灰石を敷き詰めた前庭
糸魚川って石灰質な大地なんですよね~

春もみじと表現はしたけれども
これは 日の出もみじと言われる種類みたいですね
手前にある黄緑色の葉は むらさきしきぶ
時期になると 可愛らしい紫色の実が映える

地に映る影の愛おしさかな

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

専門用語は何時だって難しいから


ころころと色を変える
春もみじを見つめながら
明日の天気を占えば

必ずしも晴れるとは 限らぬのに
自信満々のトーンが響く
派手な演出で 笑顔のあなた

まるで 怖いものなど
何一つ
知らぬかのように

イカラセタ肩で
風を切る代わりに
断ち切りバサミを手にすれば

擦れ違う 美しかった関係ごと
ばさり

たまに松の上に現れる
アオサギの羽根よりも
きっと 大きな音がした

この時期が 一番 美しいのです、と
ガイドの女性が告げた

どんな都会の鴉よりも
まるまると肥えた姿が
青天井の虚空を照らす

照明の方法など 関係なく
常に 光り続けていた
幻想的な闇が
瞬いている

それで 明日は必ず 晴れるのですか
問いかけたが 応えはない

明日のことなど
誰にも 解らぬのだ
希望的観測で 物を言えば
笑顔の花が 咲き乱れるのに

余計な一言で
この空間をも 断ち切ろうとする
それが 迷惑だったと見えて
鋏の音が 余計に響く

カシャン カシャン
三度目は 落下した音

何時か見た ピーナツの欠片より
大きな音
小気味良くは 響かず
向こう側までは 届かず

ただ 私に 出来ることはと言えば
酒のつまみとして
主役には なれぬ代わりに
噛み下すことしか なかった

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

詩の発表場所あります
自慢の絵・写真を披露したい方にもおすすめ!

ワタクシすずこが編集している手作り詩誌
ポエムサークル「みゅう」

仲間になり購読いただくと
ボツなしで冊子掲載 & CDトーク → 全国郵送★
見本誌もあります。読みたい方も連絡くださいね。

以下に本誌の写真・詳細を紹介していますので
クリックして御覧くださいませませ~☆

ミュウ 219.220号 完成♪ 

すずこのリンクはこちらから

~いつかの すずザレ~ 藤鈴呼の戯言
過去作も織り交ぜてUPしていきます☆

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

朝から 大家さんの 姿が 見えた。
会社の ビルの 管理人さん なのだが
小さい ビルの 為
大家さん と 呼んで 居るんだ。

別に ”小さい” って
馬鹿に して居る 訳じゃあ 無いよ?

個人で 老舗を 抱えながら
長年の 間
永らえて来た 実績は
頭が 下がる思いで 一杯なんだ。

一階が 店舗に 成って居て
両親の 時代から 有ったらしいんだ。

そんな 大家さんは
数代に 渡り
家族で ビル 賃貸業を 
営んで居る みたいなんだ。

会社の 場所も
覚えるのには 最適。

何せ 道沿い だし
看板も 大きいから
解り易いんだ。

面接の 時に
迷う 必要も 無いしね。

但し 朝の 一定 時間帯は
一方通行に 成って しまうから
逆側からは
車で 入れないのだけれど。

そんな 大家サンは
給湯室に 置いて有る 
ゴミ箱や チリトリ 雑巾なんかに
油性ペンで ビル名を 書いて居る。

此れは 普通なのかも 知れない。
盗っ人が 出たら 困るからね。

ここからが ちぃと 驚いた 話。
何時も 給湯室で 
昼飯を 食べて 居るんだけれど
冬は 寒いから 
事務所から 小さなヒーターを
持ち込んで 居たんだ。

最近じゃあ あたしは 専ら
昼食前の 一服と
昼食後の 一服 
アーンド 歯磨きタイムのみで
ずったり 給湯室に居る メンバーよりは
事務所で 食べる時間が 有るから
温かい 冬模様 だったのだけれどもね。

ある日 
黒い 電気ヒーターの 上側に
大きく 白いペンで 
ビル名が 書かれて居るのを
発見したんだ。

当然 驚いたのだけれども
一人の彼女が 買い物がてらに
大家さんに 一言 言ってみたらしい。

そうしたら うちの ヒーターだって
言い張ったそうで・・・(ΘoΘ;)

それを聞いて ドビックリ の 
瞬間なのでした。。。

まぁ 給湯室の電源は 
大家さんの 支払いだし
文句 言えないよねぇ・・・ 
なんて会話を 聞きながら

それで その ヒーターはね?
何時の間にやら 
大家さんが 片付けて しまったらしくて
今も 未だ 寒い時が 有るし

パンツ・スーツで無く 
スカートだと 寒いし
まだまだ 欲しいのだけれど
隠れて しまったのだよ・・・

因みに トイレのヒーターも
電気代 払いますから 設置したいと
社長が 言って呉れて
温かい 快適ライフ(?) 
だったのだけれども

まだ 雪の残るあたりから
トイレの隅っこに 
片付けられて しまってて。。。

電気代は 大家さん持ちで 良いですよって
快く 承諾して呉れたって 
話だったんだけど・・・ね・・・

,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

産まれて 初めて 食べた
こんなに 間延びした
トマト ・ チリ ・ ヌードル

BIG サイズに ハマってて
最近は 梅昆布 おにぎりにも 
ハマってたんだ。

梅干は 普通
オニギリの 中央に 
ポン★ って 鎮座しているものが 
多いのだけれど

ゴマや 細切りの 昆布と 
刻んだ 梅干が 散りばめられていて
まるで 具の大きい ふりかけを
固めたような オニギリだし

梅も カリカリ タイプで
余り 酸っぱくなくて 気に入ってたんだ。

そんな 昼休み
電話が 掛かって来て 対応している内に
20分程 経過して しまったんだ

おにぎりの 残り半分を食べて
ヌードルを 覗いて見ると・・・

汁っ気が 全く 無かったんだ
対応についても 
失敗した点を 指摘された直後で
極度に 落ち込み
珍しく 半分 給湯室の ▽コーナーに
棄てて しまったんだ

其れで 二階の 給湯室で 一服してた時
何時もの様に 彼女達は 
談笑してたんだけれども

加わる気力が 持てなくて
何時もは 歯磨きまでしてから 
事務所に戻るのに
一階の 給湯室で シャコシャコと
寂しく 一人 歯磨き したのでした~ 
(。-_-。)

麺も 異常に 膨張しており
何かの ギャグか ×ゲームかって
テンションを 上げる方向に
感情を 持って行こうと したんだけど
駄目だったぁ~~~

まぁ 会話に 加わらないのは
結構 何時もの 話だったりも するんだけどね

恋愛モード 絶好調で 盛り上がってる
若い 彼女達の オーラが 眩しくて
一人 読書をしつつ 隅っこで
たまに 笑う・・・の 図 ⊆|∵|⊇

★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

タイムリーな 質問に
色濃く 憂いを 残したままで
唯だ 呟いた 一言が
金浅 感覚 狂わせて行く



桜が 綺麗だと 愛でた 台詞に
キミは 急なり 膨れ面サ

違うんだ

キミは 綺麗だね って
待ち合わせの 叶った 瞬間に
言いそびれて しまったからサ

何とか 花見に 誘い出して
伝えようかと 思ったのに

そんな キミは

昨日 ウインドウ・ショッピングで
たまたま 見付けた
桜色した 星型のアクセを 見付けた 
なんて
楽しそうに 話して 居て

良かったね って 
浅く 微笑う ボクに 向かって
こう 言い放ったんだ

あなたは 私の コト
ちいとも 誉めて 呉れないし
なぁんにも プレゼントしちゃ くれないのね

一体 今日が 何の日か
憶えて 居るの?

私達が 初めて出会った 
記念日なのよ?

違うんだ
分かってるんだ

唯だ 少し 照れ屋な ダケなんだ

ほら 此の ポケットには
君に 贈ろうと 思って 買った
其の 桜色の アクセと 新しい 指輪が

此の ココロには
君に 告げたい 素敵な 言葉が

嗚呼 こんなにも
詰まって 居るのに・・・

君は 又
云わせては 呉れ無いんだね
次の 言葉をー


 〓 桜 道 〓

★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

桜並木の中を
二人で 歩いてる

思わず 呟いた ボクの ロマンを
頼むから ブチ壊さないで 呉れよ

あ~ら 並木の 中なんて
歩け無いじゃ 無い? 

なんて
簡単な 台詞で

だけど
小首を 傾けた 君の
斜めに 輝く 視線に 殺られて

何にも 云い 返せなかった 
此の ボクは

黙って 君の 
唇に 触れた


 『 桜並木の 下で 』

★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

遠くの ビルを 眺めながら
余計な コトばかり 考えて 居る。

一つだけ 明かりの見える 窓に
あの人が 居るんじゃ 無いかとか

紅白の レールで
まるで
ビル自体が
釣られてる みたいだとか。

もし そうだと するならば
由々しき 事態 なのだ けれども

とりとめの 無い

要は そう云う コトをー

★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★
人気ブログランキングへ
↑ポチッとな~☆↑


自宅焼肉が熱い

Img_3524


Img_3523


Img_3377


自宅焼肉が熱い


焼肉なんてモンは
ぬるきゃ~食べられたモンじゃないけん
自宅だろうがお店だろうが
熱いんだわよ(笑)

部屋の空調と 体温と 自らの口調が
熱くなるって話よねえ
扇風機かき回しながら 堪能しますた。

元々 数日前から 呪文のように唱えられていた
(いつもの)旦那の呟きから 物語は始まるのよ。

「嗚呼~ 焼肉 喰いてぇ~ 
今度 昌京苑にでも 行ってみるか?」

地元の焼肉屋さんですよ。 牛角もあるんだけどね
こっちはどこにでもあるべ? ってことでね

そんなん言われたら アタシだって迷いますよね
写真のコゴミみたいに くるくるクルクル頭回転させて
悩みますよね

結局 自宅開店しちまった訳だ。
タンやホルモンセットもゲットして帰宅を待ち構え
ホットプレートのスイッチオン!

って、今この名前が出て来なくってよ
自宅 焼肉 鉄板 で 検索しちまったべよ(爆)
ほんなら焼肉プレートってのも出て来たよ?
それって便利なの? ママンっ! みたいな。

黒毛和牛って言葉に惹かれて購入したのが
一番の赤身だったんだが 眺めた旦那が一言
「これ、焼肉用じゃないよ?」 バッサリ!
すずこグッタリ!

なぬっ?! ただの切り落としか?
「部位は何処?」とか聞かれてさ
一度捨てたシール開いて見たらよ、
肩だっちゅうべぇ? これぞホントの肩透かし(違)

さてさて、コゴミを見て思い出した
昨日の朝 上司が山菜取りアゲインの旅から帰還し
ドサッと袋もんずら置いて行ったのだ、と聞き
ニヤニヤしたまま 

おこぼれにあずかるのを すっかり忘れていた事に(涙)
あ、袋もんずら、の訳は 袋ごと、ですよん。

写真は軽く湯通しした状態
これに 胡麻和えの素をぱらり、で 完成~♪
と 歓声を上げちょったら 袋を見た旦那が一言
「な~んだ、素かぁ。作ってくれてるんだと思ってた」

うん。前回は 旦那の大好き胡麻を入れたんですがね
黒ゴマで しかも粒じゃあないので
見栄え的には今回の方が良いかなぁ~

この週末唯一のミッション タイヤ交換も
恙なく終了し
調子こいて シートに泡スプレーだとか
マットに掃除機だとかかけたら もう暗くなりかかっとる。

夜ですねぇ~
サタデーナイトフィーバー?!

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

蛙の夢


鉄臭さの先まで 浸み込んだ憂鬱
鉢の奥まで 逃げ込んだ金魚が
沈み続ける恐怖を 時に描く

鰭で語る四方山話 
弧の角度如何によって 結末の代わる運命
シナリオを書いたのは誰?

誇りっぽい町並みを走るケーブルカー
すっかり観光化してしまった応対
巻き上げるタイヤの隙間に 涙が映る

湖面の白鳥を 思い出さないかい?
彼等の羽根 一つ一つを
摘み上げて 放り投げて 笑ってる

オールを漕ぐのは 意外と力が要るんです
例えば ジャッキアップと同じで

片方が順手だったか 逆手だったか
両方とも同じ角度が良かったものか

説明を受けた時には 覚えていたコツを
すっかり 忘れてしまっている

波間に埋め込んだ 魂 一つ一つみたいに
揺らりと浮かべた葉の 流れる先に
願いを込めた 
遠い過去の ワンシーンのように
不確かな 想いなのです

ふわりと香る桃の花
向こうの山際を 彩っている
もう少しすると 藤が咲きますね
蕾のような 八重の桃色を
ゆっくりと 眺めながら 集う
井戸端会議が
ただただ 懐かしかった

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

詩の発表場所あります
自慢の絵・写真を披露したい方にもおすすめ!

ワタクシすずこが編集している手作り詩誌
ポエムサークル「みゅう」

仲間になり購読いただくと
ボツなしで冊子掲載 & CDトーク → 全国郵送★
見本誌もあります。読みたい方も連絡くださいね。

以下に本誌の写真・詳細を紹介していますので
クリックして御覧くださいませませ~☆

ミュウ 219.220号 完成♪ 

すずこのリンクはこちらから

~いつかの すずザレ~ 藤鈴呼の戯言
過去作も織り交ぜてUPしていきます☆

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

〓 電池切れ 〓


カラフルの筈の画面が
濃い 黒色に 変化していく

決断を 仰がねば ならないもようだ

只今 即刻  
充電機と 婚約をさせるのか

孤独な  NEVER  DIE  を 
演じさせるのか

それが 問題なんだよね?

別に  どっちでもイイよって
キミは 言うんだろう?

選ぶ こっちの気持ちなど
全く介さぬ笑顔を
作り立てたくらいに しちゃってサ。

これだから 
嫌んなっちゃうんだよねぇ
ボクはサ。

何だか 頭ン中まで パワー不足

バリバリ 錯綜しちゃってんだよ 
全くもう!

イライラと モヤモヤが 
終わんなくなっちまうよ!

ダラダラした 生活も  
そのままなのさ!

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:

〓 赤い轟 〓


そりゃあ  楽しいのは  
とても良く 分かるんだけれども

ニヤニヤしながらの運転は
どうかな? って 思うんだよね

手に持ち慣れた ケータイが
チラリとも 見えなかったと したならば

変態扱いされても
文句  言えないんじゃ 無いかってサ

ホント 余計な お世話だとは
熟知して 居るんだけれど

キミに 一つだけ 
忠告したかったのは

ニンゲン 時には ポーカーフェイスも
必要なんじゃあ ないかってコト。

別に 僕は イイんだけどね?

キミが 世間様から  どう思われようと
一切 カンケー 無いからさ?

好きな顔してれば? って
思うけれど・・・ サ!! 

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:


〓 てる 〓


何だか 良く 分からないけれど

ずっと 音沙汰も 無く
もともと 仲 睦まじいとも 言えない
君から 突然の 電話

企みは 何なのか
勧誘事じゃあ ないのぉ?
なんて 思いつつも

流される 癖は 変わらずに
ただ 毎日を 消化しているだろう

世の中は グルグルと 回り続ける
いつもおんなじ

小指  からめた 約束も忘れた
踊り続ける事だけ 忘れない

楽しみを 探して行くんだ
例え 明日の朝は 笑えなくても

今日 泣いた空が 
明日には 晴れる様に 祈りながら

笑える自分に なれます様に
幾つも 願いを 重ねてゆく

新しい生活を 夢見て
ほがらかな まんまで 生きよう 

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:
人気ブログランキングへ
↑ポチッとな~☆↑


消えた時間

9


8


7


消えた時間


写真は すずオリジナル ウッドブレス

7 冬みかん(19.5センチ) 
ほんのり赤らんだ桜顔のミカンです。
オレンジ・桃7*8ミリ

8 豆柴(21センチ) 
まめしばという種類の犬は存在しないそうですが
豆柴のリードにピッタリな感覚で☆
緑・黄8*5ミリ

9 芝珊瑚(18.7センチ) 
陸に咲くサンゴの束を連想しました
青8*5ミリ緑6*4ミリ

今回の3匹はフリマ価格100でいく予定☆
ウッドビーズブレスひっさげて出陣するのは
次回が初なんだけど、次回って何時だ?!(謎)

初ウッド作品が御嫁入りしたのは友人のところ。
定期的にレポートをしてくれるありがたさ♪
で、判明した事実
アクリル系と違って色落ちする場合があるようです。

特に濃い色だとね。
青 黄緑 紫 こんな系統の3本の内
やはり紫が 色落ち具合が目立つ様子

人工的なプラスティックと違って 
息遣いが届きそうな素材だけん
色合いも滲み出てしまうのかしらん。

さっきまでボラボラ島でしたっけ、タヒチ近くの
美しすぎる青い海を眺めて溜息ついていたんだけどね

パラオとエメラルドの入ったアイドルソングが
あったような気がするが

何層にも分かれる色味を眺めていたら
そんな歌詞が生まれる境遇って羨ましすぎるゾ!
って思った。

世界に羽ばたき生活している日本人妻たちを
レポートする番組だったんだけどね

ドバイも映っていたなあ。こっちは金オンパレード
ゴージャスなイメージの他にゴールドって存在は
成金の見栄的な印象も否めない(笑)

メイドのいる世帯が当たり前の土地柄で
在住者が全員お金持ちらしいんですけどね
メイドも雇わず 家事をこなす偉い主婦! 的
紹介をされていたんだが

まあ、普通ですからね、家事するのって
と、被害妄想でも負け惜しみでもありませんよ(多分)

あとは… 物価が高い地域だと物資が届く日も限られていて
全ての商品が「たかっっ!」という感想でしたね

ネギ一本800円とか どんなんよ!? ってね。
離島の苦労としては 荒波を越えて7000円かけて
一日一便の船で買い物に行くだとか

ショッピングモールが広すぎて モール内のスーパーまで
1キロ以上歩き靴擦れするだとか もう壮絶~う。

朝五時半にスーパーで始まる争奪戦
フランスパンだけが低価格で守られている
なんて興味津々で眺めていました

取材スタッフが 朝イチの買い物風景を撮影しようと
アポを取ったようで

取材する女性に「朝五時半に自宅に来い」と言われたのに
三十分も遅刻し「遅い!」と怒られてましたが
有り得ないですね。

個人的に いつも思いますが
時間と金銭的にルーズな輩や環境は許せないですね。

そうそう 最近 残業時間の話題もニュースになってますが
思わず突っ込みそうになったことが有りました。

定時16時で上がれず 
18時半に終了した時のこと

通常であれば、超過勤務は 16時~18時半ですから
二時間半の残業になりますね。

これがさ、書類を見たら 
17時半~18時半の残業になってる
思わず吹きそうになりますよね~

え? じゃあアレか?! 
あたしゃ 16時~17時半までの一時間半 
何してたの?? 
消えた時間か!?

一度 家に帰って寝て来たとか そういう扱いなの?!
みたいなねー(棒)

時間帯的にも 心情的にも 有り得ないですね。
組合ないし泣き寝入り~みたいな過剰勤務は
多いのでしょうね。

ま、過剰反応チックになりますわね
時間厳守できない苛立ちは深いわ。

人相手で無理な場合は 
その分 対価をいただきたーい♪
ってか やっぱり
パートタイマーの希望としては
やはり「時間」キッチリで帰りたいのでね~

ま、そんな感じで あまり夜になるとさ
行く気なくなるんだよねー って事で 
昨日は漸く行きましたよ!

ヒト呼んで「壊れた魚」 
自称「マーメイド・すずこ」が行く!

上記の内容なんかを
何か割に合わな゛ぐね゛? 
みんな 文句も言わないけど、私が変なの?

とか思いながら ガーガー泳いでいたら
タイム縮んだわ(笑)

35分切ったと思う♪ プラボ~っ。
毎回1キロ泳派と決めちょるんですけどね

最近 自分でも仏頂面なのが分かる瞬間も多くってね
ちょっとリフレッシュできましたことですよ

さぁ~ あとは~・・・ タイヤ交換だ
この週末の 第一ミッションですわっ。

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

詩の発表場所あります
自慢の絵・写真を披露したい方にもおすすめ!

ワタクシすずこが編集している手作り詩誌
ポエムサークル「みゅう」

仲間になり購読いただくと
ボツなしで冊子掲載 & CDトーク → 全国郵送★
見本誌もあります。読みたい方も連絡くださいね。

以下に本誌の写真・詳細を紹介していますので
クリックして御覧くださいませませ~☆

ミュウ 219.220号 完成♪ 

すずこのリンクはこちらから

~いつかの すずザレ~ 藤鈴呼の戯言
過去作も織り交ぜてUPしていきます☆

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

マリッジ・ブルーになっている 友人が居た

今夜の コーヒーは
素敵な指輪に 挟まれて居た。

その 夫婦は
これから 夫婦になる 二人の為に
準備を 進めて居た。

指輪が キラキラ 輝いて居た。

そんな 二次会の 予定の場所で
私は これからの生活の 保証も無いのだと
暗い話ばかりをして
それでも 話を聞いてくれた 二人が

とても 暖かくて
とても 羨ましかったよ

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:

誰も 来ない 部屋だから
こんなに 汚くても

自分が 我慢さえすれば
良いのだと 思った

たった 2ヵ月しか
経過して 無いのに

あの頃は 頑張って
二人分の スペースを
確保していた 部屋なのに

もう 
独りぼっちだから。。。

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:

笑えたり
泣けなくなったり

最近は
とても可笑しな人生が
クルクルと 蠢いている

そして
大好きな 貴方に
大好きと 告げれば

そんな事 全然 思ってない癖にと
言われ

あたしは 悲しくなって
とうとう

涙すら 出ない程に
頭痛に 犯されて しまっていた

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:

もう 届かないかも知れない
受信も しないかも 知れない
読んで もらえないかも 知れない

片思いの 頃って
だけれども 幸せなんだねって

友達に向かって
笑顔で 語って居た自分を
思い出しました

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:

日付変更線を
こんなにも 恨んだ日が
存在したでしょうか?

貴方の名前が
もう 無くなって しまうようで

こうやって 付かないランプを
見詰めて居るよりも

思って居る事 全てを
語る私が
大好きだと 言ってくれた 貴方へ

終わらないメッセージが
届かない メッセージが

これからも 続くのですね

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:

戻って来ないと言う事は
貴方の 大きな機械の中へ
組み込まれて居るのだろうか

くだらない あたしの 言葉
こんな 台詞は

貴方すらも
受け取れない
私の 想いが

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:

もう 解らない
記憶が 無くなって行くような 波の中

きっと 私は
貴方の事を 考えながら
朽ち果てるのでしょう

でも その前に
やらなければ ならない事が
山積みで

こんな 汚い想いが
薄くなって 行く事を 祈りながら

私は 何とか
生き長らえて 行けるでしょうか

°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:

出発した後で
貴方が 電話を 呉れたみたい。

あたしの 宅電は
メッセージを 残されても

何月何日の 何時なのかが
解らない設定の まんま。

だから 数日 家を空けると
もう 大混乱

それが 貴方で有れば
確かめる術も 有るのだけれど

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:

とうとう 恐れていた メール返却

もう あたしの言葉は 届かない
携帯メールへは もう 贈らない

あたしの言葉は 長いから
こうやって 白い画面で 眺めても
意味不明だと 言われ続けて

懸命に 紡ぎ続けても
相手には 必ず 伝わる訳では 無いのだと
知った 瞬間
あたしは 空虚な心で 眺めていた

あたしが 貴方を知った
あたしが 愛した
貴方の アドレスが

たった今 消えてしまった瞬間を
抱き締めながら

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:

最後に 貴方が 呉れたのは
とても 前向きな 言葉でした

今の 私では
貴方を 元気付けるところか

闇に 落としそうな 台詞でしか
応対が出来ない事に 気付いて
涙も 出せない 

空白の時間を かみしめて
そして 頭痛は ひどくなるけれど

指が 勝手に 動いて呉れるから
まだ 平気。。。

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:
人気ブログランキングへ
↑ポチッとな~☆↑


2014年4月25日 (金)

うさぎちゃんかご

Img_3494


Img_3492


Img_3493


うさぎちゃんかご


蛙屋・兎屋さんレシピ了解済★

耳と尻尾と髭をつけるアイディアは 
すずこオリジナル

もう大分昔の話になるんだけれども 
レシピの使用お伺いをするにあたり
何かアレンジを加えよう! ということに。

クラフトかご作りに精通しているスタッフさんが
猫バージョンを思いつき

そんなら私はうさぎでドン! ならぬ
うさぎだぴょん♪となった訳。
(若干痛い表現ではあるが辛抱してくれたまえ→何様)

まあ みゅうだけにネコ担当でしょ! と
自分で突っ込んじまったけんども。
件の彼女も 家族にゃんこがいるらしくってニャー。

布ビーズは すずオリジナルブレス用から
そっとくすねてみた(笑)

猫バージョンもね 凄く可愛らしいんですよ。
見たい方は・・・

置いてある場所はこちら★
大コイン1枚♪

こちらは在庫一点限り!! なので
スタッフにそっと声をかけてゲットしてネ。

かごの中に入っているバタバタ茶は150円
振るとまろやかな味になる優れもの
おすすめですよん。

山側の庭園内では シンプルなカゴを
現在3つ置いてありますよん。

シンプルなんだけどね、裏側には
すずこオリジナルのワンポイントがあったりする。

クローバーやハートをちりばめて
可愛さ満点ですゾ!_( ̄▽ ̄)ノ彡!

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

隙間愛


北キツネに憧れて
電動のこぎりを動かした
三角の耳が 上手く切り取れずに
円みを帯びた思い出

指先は白く爛れ
ラッカーの跡が 哀しく光った
網紐で括られた世界
挟まった一通のラブレターが
全てを掬った

ザルのように酒をあおる毎日でも
隙間から零れる心が有るだろう
八重の桜と空の隙間に
陽光が差すように
私達は
限り無く 自由だ

擦り切れたスニーカーで
何処までも走ろう
唇の先が歪んだなら
もう一度 縫い合わせて
秘密のおとぎ話は
胸の内に 仕舞って

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

詩の発表場所あります
自慢の絵・写真を披露したい方にもおすすめ!

ワタクシすずこが編集している手作り詩誌
ポエムサークル「みゅう」

仲間になり購読いただくと
ボツなしで冊子掲載 & CDトーク → 全国郵送★
見本誌もあります。読みたい方も連絡くださいね。

以下に本誌の写真・詳細を紹介していますので
クリックして御覧くださいませませ~☆

ミュウ 219.220号 完成♪ 

すずこのリンクはこちらから

~いつかの すずザレ~ 藤鈴呼の戯言
過去作も織り交ぜてUPしていきます☆

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

蛸釣りって面白そうだ
だけど タコって 黒い液体を 吐き出すのでは・・・? 
水に素潜りして ヤリみたいなヤツで 

一発 ブスリと

( この表現って 殺人ドラマを 連想させるケド )
ぶっ刺した瞬間に まっくろくろすけみたく まっくろけっけに
なるのだけは 御免なんだよ~

★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

自分の本音を 総て吐き出すって行為は
前向きならば 問題は 無いのでしょう
そして 前向きに 成れない日には
ひっそりと 指を 休ませるのです
明日 又 電卓連打を する為に
されど 連打したからと言って
計算ミスは 否めないので 有りんす。。。

★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

やっぱり 毎日 会う 人間だと
少しは 気を 遣ってしまう モノでしょうか


「 ここは 社内なんだから 気を遣わなくて 良いんだよ 」
社長に 言われて しまった アタシは
やっぱり そう 観られて 居るんだよね
今のところ。。。

★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

昔は こんなに オープンじゃ 無かった
カリカリに 焼いた
オーブンの中の トーストみたいに
コチコチに 凝り固まった 心を
少しずつだが 溶かしたよ
美味しいスープが 見付からなくて
喉が 渇いて 苦しくて
其れでも ボクは 繋いだよ
蛇口を ひねって 水を 飲んだよ
そしたら 楽に 声が 出たんだ
今の 心は こうして 生きてく

★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

昔は 隠して 居たんだ
詩を 書いて 居る 事
今よりも 当時の方が
ポエム ポエム していたのかも 知れないと


最近じゃあ 言葉遊びに 埋もれて居るから
尚更に 思うんだよね
其れでも 少しずつ 増えてゆく
脳味噌に 這いつくばる 熟語の数と
反比例 しないように
心は 優しく 有れますように
荒れぬように 祈り続けてる

★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★
人気ブログランキングへ
↑ポチッとな~☆↑


2014年4月22日 (火)

うどのきんぴら

Img_3379


Img_3218


Img_3217


うどのきんぴら


皮ごと全て捨てるところがないと言われる
ウドをいただき

早速 きんぴらにせん!と思っている内に
何故か 茄子炒めになった風景(笑)

一度ぐらい衝動買いせん! と 計画的に購入した
かんずり風味で ピリ辛にしてみますたの♪

天婦羅にすれば山菜おなじかな

さて ここで問題です
どちらが ウドで
どちらが コゴミでしょ~かっ♪

まあ 中央に くるりん♪と君臨しているのが
こごみん♪ よネ

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

斑鳩

ミュウメンバーえぐぜっちからのメールで 
いつも覚えられない地名
いかるが、いかるが、と呟いているんだけど 

元々 頭に入って居ないことを 
脳みそ細胞が壊れ始める 二十歳以降に
留まらせようとすると

何気に必死こいて
輪唱しないといけないよね(笑)

ひばりロードとは 素敵なネーミング
ひばり、で思い出すのは
美空ひばりさんなんだけど

本物のヒバリ、
どこかで声は 聴いている筈なんだけどね

鳥って沢山種類がいて すばしっこいから 
中々覚えられない
あ 地名もそうか(笑)

面白い当て字も多いよね
今じゃ 人の名前も
当て字フィーバーだったり するんだろうな

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

オカキは茶菓子


さながら
抹茶と炬燵が浮かぶ

冬のイメージくぐりぬけ
桜のトンネルすぐそこに

はらり きらりと美しく
ビーズ戯れ フリマ模様に

そろそろ マルシェシーズン
早速 連休の案内葉書が届く

だが サディスティックに生きたいと
思うんですよ

あ、間違った 
サドですよ 佐渡
一度 行っておきたいんですよねー
あとは合掌造り

手を合わせてから箸を取る
端にも棒にも掛からぬ架け橋
あなたとわたしを繋ぐもの

それは
言葉であったり
雫であったりする

見つめる心
何処までも 伸びる
夕暮れの影
降り注ぐ 爽やかな風
そんな季節は もうすぐそこ

そう思っている内に
通り過ぎて しまいそうで

芽吹きの葉を眺めると
派閥なんて 関係なくて
ただ そこに 太陽が笑いかけ
花が開いて行くのだと
思い知らされる風

頬を殴る 誰かの平手打ちよりも
柔らかく くすぐる
優しい風が好き

黄色の蒲公英を 眺めていると
そんな時代のことを
ゆっくりと 思い出すのです

宇宙と言う存在は
消して 届かないと思いがちだから
憧れるのね

乗れば頂上まで運んでくれる
ケーブルカーみたいに

四次元をも彩る
不思議な形のゴンドラが 
存在したのなら

こんなにも 瞳を輝かせること
なかったのかも 知れなくて

簡単に 虹の向こう側を覗く旅行だ
などと
言わないでください

思いあぐねた挙句の台詞だと
解っては おりますけれども
まるで 足を置けるみたいな物言いに
ふっと笑みが 零れては 揺れる
遠い日の ぶらんこみたいだ

大地の鼓動を感じるために
手を合わせてみた

耳を澄ませる
鼓動が響く

それは 木々の溜息であったり
自らの活きる力であったりもする

ウッドビーズは 色落ちするらしいんです
だからね
あまり ふっかける訳にも いかなくって

ひすいパウダーを使った ジェルネイルみたいに
もっと キラキラするアクリルビーズは
腕で光って 欲しいもの

どうしてかな
100円玉から
離れられないんです

握りしめて向かう 自販機が
夜でも 煌々と 待っていること
寂しい青年の 戯言も
哀しい少女の 悲哀をも
飲みこみながら 吐き出すから

ガチャン 音がして
転がり始めた容器の中で
揺れる 炭酸水
陽気な季節を 通り抜けたら
葉桜は 食べちゃいましょうか

そう 例えば
桜餅にして

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

詩の発表場所あります
自慢の絵・写真を披露したい方にもおすすめ!

ワタクシすずこが編集している手作り詩誌
ポエムサークル「みゅう」

仲間になり購読いただくと
ボツなしで冊子掲載 & CDトーク → 全国郵送★
見本誌もあります。読みたい方も連絡くださいね。

以下に本誌の写真・詳細を紹介していますので
クリックして御覧くださいませませ~☆

ミュウ 219.220号 完成♪ 

すずこのリンクはこちらから

~いつかの すずザレ~ 藤鈴呼の戯言
過去作も織り交ぜてUPしていきます☆

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

「夢」


追いかけた先に見えたもの
足元さえもおぼつかないのに

走り続ける  恐怖
止まることの恐怖

見えない 明日への 不安も
走ることによって忘れ去るように
全てを 風に 任せた

頬をなでる風が心地よく後ろに駆け抜け
少しだけ 嬉しくなった僕は
さらに走るスピードを上げていく

まだまだ 行けるのか
すでに身体には限界がきてるが
今更 後戻りなんて 出来ないだろう

軽快なのは心だけ
爽快なのは あの風で

ゴールの紐をかっきること
テープの綱をかっさらうこと

周りにはもう誰も見えない
辺りはもう 暗くなってく

僕を照らす街頭だけが便り
君を映す鏡だけが憂鬱

それでも見えない夢を追いかけるように
いつまでも 走り続ける わたしが居た 


by meck tk and fujisuzukomew

カンファレンスにて つきと こびとが観客で 只今即興の作♪

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:

「ここにいないあなたへ」


消え去ってゆく 思い出

落ちてゆく記憶の果てに
懐かしい想いを 感じた

あたたかいような冷たいような
ぬるま湯につかったような感覚の奥で

何かが…       はじけた

かすかに感じるにぶい痛み
行方知らずになった  鈍角の街角

悲しみの街角と呼ばれた
路地裏で 一息をつく

煙が 揺らめいている

風が煙を揺らし おもいでが心を揺らす
哀が私を照らし、こころが愛を濁らす

濁っていないのは 君を見つめる瞳だけ
凍って欲しいのは 愛しすぎた 過ちで

過ちを償うことさえ許されない
悲しみを打ち砕く 術も知らない

喜びを見出す 技も無い
笑い合える 自信も忘れた

かといって 電話で語り合う勇気もなく
直接 出逢える 時間帯でも無かったから
うらめしそうに踵を引き返す

振り返った涙    誰のものでもない

ポケットのコインを握り締めて
あの何枚の愛を 救えるだろうなどと 呟く

コンビニで買った カップめんを
空しい箸で すする夜更けには

ここへいないあなたを思い浮かべて
長く続く夜に 終止符(ピリオド)を 打ちたいと願う

そして 朝日が昇ってきた


by meck tk and fujisuzukomew

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:

『出会い』


夢であったのが最初の出会い
嘘であったのが最期の救い

次はいつ逢えるのかさえも判らない運命の中で
「明日なんて 要らない」 と 思っていた

今日の夕日がやけに眩しく
突き刺さるような 快感の中で
ぼんやりと 眺める 空

ゆったりと浮かぶ雲
ゆっくりと過ぎる 時間も

いまは ただただもどかしいほどに
そして とても はらだたしいくらい

見えない明日 
いらないとさえ思っていた明日

必ずやって来る朝日  
待ち焦がれる余裕なんて無い

そして 今日も 何かから逃げるように

夕陽に焦がれる ボクが居る
君の向こうに ボクが居る

朝日の向こうに君がいる
夕闇 眺める 君がいる

そして 出会いを求めて 闇に繰り出すボクがいる


by meck tk and fujisuzukomew

題名は こびとでした♪

★。・:*人気ブログランキングへ
↑ポチッとな~☆↑


:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:

高い小言民

Img_3375


Img_3376


Img_3378


高い小言民


お小言と表現すると 
ちょっと拗ねた風味で聞く童を 
想像してしまう

小言の全てを くるりと巻いて 
からりと揚げたら 出来上がり

その前に ちょっとばかし ぬめっとした茶こ民を
洗い流すこと 忘れずにネ
なんて 手伝いもしなかったクセに 良く言うよ

夜中に飛び起きたのは 久方振り
何だか「もよおして」きたんですな

「こりゃヤバイ」と思って 駆けこんだまま
二時間半の逢瀬でしたよ 愛人と

まあ 昔 ポリープ時代にね
こう表現していた個室ですがね
別に固執していた訳じゃあ ありますまい

恋人よりも 過ごす時間が多い を もじっての
ことですたい

民は小言を告げるものですけどね
チクリと告げるは別物ですわね

告げるの印象は 恋に繋げたい
濃い悪口ばかりは 勘弁なんです

上からも下からもの大応戦で負けまくり
マイッタ! と 叫びたいが声も出ず

これはノロか?! なんてビクビクしながらも
ソロソロと歩きベッドに横たわり
朝になって のろのろと起き出したことですよ

フラフラと進みたれば ジャージ姿の上司
「あれ? 今日は大掃除か?」

んな訳ない 何のことはない
こごみんを ずっしりブラ下げて来てくださった

去年も沢山いただいたけれども
これ 好きなんだよねぇ~♪

上司のオススメは 胡麻和え
早速 ゴマをっと… こまごまと探しますたれば
見付かりましたのは ヘソのごま(違)

黒いのしかないやぁ~ と
旦那のドリンク用を くすねた後で
胡麻和えの素を 見つけました

ここで 合体! シャキーン
(トランスフォーマーのテーマソングでも
流れて欲しいところだ)

でも 借金はイヤ (何のこっちゃ)

固めに湯通しして冷凍したれば 
モチも良いらしくってよ♪

残りは天婦羅♪ 
あとは マヨディップでも美味しそうだな~

相変わらず深夜食の我等
一口 二口で 見事にもたれましてねぇ…
(遠い目)

すかさず 塩を取りやめて
ポン酢を 取り出しました
(そこまでして食うか!)

旦那ったら その後 梅酒まで飲んでたわ
去年 漬けたのがね そろそろなくなりそうで
そろそろと呑んでいる風

ったって 瓶は4リットル
底が見えたって そこそこ早く飲み干せる
代物じゃあ ありますまい

ちびり ちびりと嗜む我等のこと
応戦しようと思いましたが
昨日の今日なんて 止めました

めずらしく 正露丸 飲んだ一日だったかんね
昔はさ 黒●で 見るからに臭う薬だったが
最近は 白い錠剤に産まれ変わりましたよね

黒から白! しかも一回に四錠!
とか思いながら 口に含んで水探してる内に
いつもの「かまり」が してきました

コーティングされている部分が溶け出せば
中身は同じ

人の笑顔の内に隠された
真実も 然りかな

この日は パソコン作業が主でしたね
日本語のパンフレットを
英語 中国語 韓国語に変換する作業

なんて書くと 大層 頭良さそうだけれども
全て グーグル翻訳サイトですから~ぁ(笑)

しかも下地は全て 上司が作成してくれたので
私は レイアウトと印刷形式を調節するだけ

なのに 出来上がって確認いただいた時
「流石 すずこさん~♪」 とか
褒めてもらったかんね(笑)

いや、いま、擦ったでしょう? ゴマ!
そんな 胡麻和え大好きだからって…(違)

その場合の胡麻は 白ゴマなのか 黒ゴマなのか
今度 聞いてみよう(?)

いつも 気遣いいただくとですよ
冬場は弁当のお伴 みそ・しるこちゃんを
常備してくださったり

皆のバースデーもチェックして 
ケーキを食べてみたりね

夕方からは ミーティング
新しい仲間も増え 新年度にもなり
色々と変更事項も ある訳だ

まあ こんなご時世ですから
厳しいことも 多いよね

ありがたいことに 繁忙期を迎える昨今
出勤頻度も増える訳ですよ

ある意味 いただけるのは
減るみたいなんだけど(笑)

仕事をする上での心づもりも 確認ね
始業時間に仕事開始できるように
少し早く来い と言う内容

新入社員のような感覚だよね
これ 染みついてなきゃ 遅刻するけど
時間は守らんと いかんでしょう!

終業後の直帰は認めん
起点となる事務所に一度 戻るべし
なんてミッションも 加わったりしてね

その日あった出来事は 互いに確認して
ミスがあれば 再発防止に努める
そんな雰囲気だよね

うんうん… って あれ?

行きは「時間」から働けるように早出して
帰りは「時間」で終わってから事務所で報告?

ここ、「時間」で終われるように
少し早めに事務所に戻る とか
できませんもんねー(棒)

はたまた 早出+報告の分
30分超過勤務なんて♪
いただけませんよねー(笑)

嗚呼 タイムカードが欲しい♪
まあ あったって 意味ないと思うけんども。

「何か思うことがあれば言ってください」
ってコトだったんで

え゜え゜え゜~♪ あたい
ベルサッサ主義なのにぃ~♪

なんてことで ツッコミたかったけど
こごみん いただいたしな~(笑)

おいしかったしな~♪
(この時点でまだ食べてなかったけど。笑)

嗚呼、何て高い こごみんなのかすら~♪
ってな タイトルだったんですよ
(今頃の説明!?)

あ、でもさ、残業代が出るだけで
ありがたいですよね

つうか、あたしゃ「時間」が欲しいんでね
残業代とか くすねる趣味はないですけども。

パート生活になってから ボーナスとは無縁じゃが
世の中 サービス残業も横行しているらしいしね

尊敬するのがね 件の上司
休日も殆ど日参で職場に顔を出しているんですよ
その責任感も凄いよなあ 

私、休日は自分のことしてるもんなー
(無責任か!)

私達は職場にしてみりゃ独楽なんでね
嫌なら辞めろってことですもんね

会社の経営方針に口を出したいなら社長になれ
ってのは昔から良く見聞きした格言(?)

まあ だけど 社長ったったって
好き勝手な横暴経営してりゃあ
社員に愛想尽かれるのがオチですよね

よしっ! こうなったら!
株式会社みゅうだ☆

あ、でもさ? 株式会社だけに
資本金1000万は必要だよね
ってのは昔の話ですけどねー(棒)

ついでに株式だとさ、株主総会で
悉(ことごと)く 否認されるんでしょ?(爆)

だって、それが明暗ならいざしも
妙案に 他ならぬだろうからねっ?!

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

喜怒哀楽を失くしてしまったら
ツマラナイなぁと思う一方

激しすぎる感情は
自らをも台無しにしてしまうのだろうと言う
危惧もあります

上手いこと調節してくれる器具が
あったならば

毎度の食事どきに使う 箸の代わりに 
たまにはフォークをカチャカチャさせて 
みたいものですけれど

デザートのスプーンで掬い上げるのは
甘い菓子が一番だから

足元を掬われることだけは
回避せなアカン

そう思うばかりに 
自らの感情を ストップさせてしまうこと
これが一番 危険なのかも 知れませんね

歯止めを利かせて ニラミは効かせず 
暴走し過ぎず 歩めるように
万歩計で 毎日測る 進路かな

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

華達が 空から降ってくる
柔らかな ソバ草に覆われて
側にいるよ
言い聞かされて いるかのように

真逆から 眺めた笠は
垂れ下がる ハートマーク

グラデーションしながら
今日の心模様を 描き続ける

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

詩の発表場所あります
自慢の絵・写真を披露したい方にもおすすめ!

ワタクシすずこが編集している手作り詩誌
ポエムサークル「みゅう」

仲間になり購読いただくと
ボツなしで冊子掲載 & CDトーク → 全国郵送★
見本誌もあります。読みたい方も連絡くださいね。

以下に本誌の写真・詳細を紹介していますので
クリックして御覧くださいませませ~☆

ミュウ 219.220号 完成♪ 

すずこのリンクはこちらから

~いつかの すずザレ~ 藤鈴呼の戯言
過去作も織り交ぜてUPしていきます☆

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

YAHOOゆうパックを 出そうと 思い
ローソンへ 行った。

甥っ子への プレゼントを 発送する為だ。
彼が 心を込めて 描いた

進級・入学おめでとう♪ の 手書き メッセージが
余りにも ステキ だったので

折り曲げるのが 可哀相で、
先ずは 厚手の B5 クリアファイルを 購入し、
駐車場へ。

購入したのは 100均だけど、
真心は 100倍サ♪

駐車場で 出庫待ちの 車が
渋滞を 作って 居たので、

2枚の クリアファイル それぞれに
メッセージ紙を 入れ、

プレゼントの 紙袋を テープで 閉じて
セッティングするのを 諦め、
ローソンの 駐車場へ 移動。

此処で 作業を していると
思いの外、 時間が 掛かったらしく、

出来上がった 紙袋を 片手に
車を 降りた 処で、

店内から 覗き込む様に こちらを 見てる
パートらしき 中年女性と
パチリ 目が 合う。

二人 にこやかに 微笑み合い、
禁断の 恋へ・・・

と 言うのは 嘘、
と 言う、

有っても 無くても 良い様な
エイプリールフールを 絡ませつつ
物語(?)は 先へ 進む。

そう、 彼女と 視線を 合わせても
恋は 起きませんってば! (当たり前)

彼女が こちらを 覗いた理由は

「 もしかして、 最近 良く有る
  練炭 何ちゃか を 
  やらかそうと してるんじゃ ないか?! 」

と 思ったからか? (妄想過ぎ)

無事に 梱包した 紙袋を 片手に
いよいよ 店内に 潜入。 (んな大袈裟な)

ロッピィなる 機械で 発送作業をせんと
クリック(?)を していると
何やら メッセージが。

ん? 

YAHOOゆうパックの サービスって
6月末日をもって 終了と なるのか?

そんなコトが 書いてあるゾ。

そう言えば 今朝の ニュースじゃあ
今日から 郵便局と 日通の トラックが
一緒になるって 話題に してたなあ。

新しく ペイントされた 軽トラック(?)の 色合いは
灰色と 赤な イメージだった 気がするが
チラ見なので 自信は 無い・・・。

発送ミッションを 終了し、ドラッグストアへ。
上陸 直後に 店員が 寄って 来る。

「 何だ? 逮捕 されんのか? 」 (何故)

どうやら ポイントカードが 電子化になるから
登録し直せ との 勧誘らしい。

「 電子化 って キャッシングは
  関係ないですよね? 」 

そりゃ そうだ。

今までは スタンプカード だったのが
レジにて バーコードに 通し、
ポイントを 電子化するって 話だ。

クリアファイルを 買う 辺りから
トイレに 行きたくて

軽く イラッとしていた アタシだが
何とか 記入をし、 
プライバシーを 流出させた。

「 で、 この以前の カードのポイントは
  どうなるんですか? 」

店員が 正に 今 説明せんとす、

( 携 帯 ブ ル ッ ) 

あ・・・ もしかして

「 昨夜 電話 掛け忘れてしまって
  申し訳 ございません、
  実は 面接結果の ご連絡でして・・・ 」

なんて 都合良い 着信では あるまいな?!

茎から もげた 桜の 花びらを
無理に くっつけんとす、 を 妄想しつつ、

店員の 目の前で 携帯を 取り出し 
画面を 見ると
孝良さんからじゃあ ないですかっ。

おお、 どうしよう、
今 ちょっと 説明 中断させて 出ようかしらん
とか 思いつつ

携帯画面を 見ながら アタフタ しているが
店員の 口調は 止まらない。

画面を見ながら 考えながら だったので
何となく だが

「 現在のポイントは レジで 清算します 」
と 
言うコトを 説明して くれてる 気がする。

生返事で 頷いた フリを している内に
携帯が 止まる。

あー スケッチ ごめんよぉ・・・

今日 届く筈(?)の エクスパックは
未だ 届いて ないんだよ ねぇ・・・

もしかして 
カラオケ カセット 聞いた? って 話だったか
今日 MRI検査 行った 結果 だったかなぁ・・・

なんて 思いながらも、 同時に 思う。

こんな時、 携帯を 出して 
うろたえて(?)居る 人間を 目の前に

自分の説明を 全うせんと 
ズラズラと 説明しまくる 彼は 
如何なものかなぁ・・・ と。

それは 私の 勝手な 解釈なのかなぁ・・・?
イライラして いるから そう 思うのかな、

もし 一言 ここで
「 ちょっと 待って下さい! 」 って

携帯を 持って 
私が サッと 立ち上がれば 
其れで 済んだのか?

なんて コトも 思っている 内に
説明が 終了した らしい。

あ、 ヤベェ、
ちゃんと 聞いて なかったけど

「 ・・・で、 この ポイントは
  レジに 持ってけば 良いんでしたっけ? 」

たった今 説明してくれた 店員に
聞いてみる (笑) 

しかし、 私が 用紙記入を 終えて、
店員が カード登録をして 戻って来るまでの
短時間に

カード変更コーナー
( 机と椅子が 配置されており 座って記入した。 )
の 隣の席(?)の女性に 説明をしてた

別の店員の 話を うっすら 聞いて居たが、
カードの内容について こと細かく 
説明して 居たぞ?

アタシには
「 こちらに 内容は 書いて 有りますので 」
の 
一言だったぞ?

一応、 携帯のこと 気にして くれたのかな?
なんてことも 思いつつ。

新しい カードを 手に 
カートを押して 店内 行脚・・・ しようと 思ったら

角を 曲がろうとした 瞬間 
目の前に 大きな 段ボールなんかが
塗り壁の 如く 立ち往生。

普通は カートが 通れる位の スペース
開ける モンじゃね? 

と イラッ度 プラスα。
嗚呼 カルシウム不足だ ねぇ・・・。

午後は ゆったりとした気分を 取り戻して
履歴書 書きますか!!

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

心を 落ち着けようと 思って
昼食を 摂ることに した。

とりあえず 
片付けなければ ならない 食パンを 1枚
トースターで チン♪

納豆に 細ネギを 入れて
美味しく 頂く。

何だか 足りない なぁ と 思い、
味噌うどんの 存在を 
思い 出した。

確か 出張土産の ものだ。
3食入りで
以前 2食を 片付けて いたのだが

残りは 昼にでも 食べて、
と 言われたのを
すっかり 忘れてたのだ。

片付ける・・・って 表現は
余り 良くないな

仕方なく 食べた とか
残り物 という イメージを 
払拭しきれぬ 表現だろう・・・ 反省。

細ネギは 買ったら 全て 
みじん切りにして タッパーに 入れて
保存 して居る。

もっと 昔から こうすれば
すぐに 痛むのを 防げたのに、
と 最近に なって 思う。

うどんを しよう と 思い ついたので
さっき ビニールで
二重に ぐるぐる巻きに した タッパーから

もう一度 細ネギを
取り出して みたり する。

以前 鍋にでも 使おう と 思って
ニラを 買った時、

数日 使わずに
冷蔵庫の 野菜室に 
入れっぱなしに していたら

凄い 臭いがして 
閉口した 時が あった。

ニンニク なんかも 放置していると
臭いが 出るよね。

ネギは みじん切りしてから 二日くらいは
タッパーの 上に 
何枚もの ビニールで ぐるぐる巻きに しようとも、

冷蔵庫を 開けると
「 アタシ、ネギ♪ 」 と 自己主張 するんだ。

本当は いっそのこと
冷凍したら 良いんじゃないか?
とも 思うのだ けれども 

どうだろうね、
こうやって うどんに 投入したり
みそ汁の 上に 散らしたり するならば

湯が 有るから
有る程度 平気 なんだろうけど

納豆と 一緒に 混ぜるならば
一旦 解凍しないと 使えないもん ねぇ・・・。

納豆と ネギの コンビネーション味の
半分 シャーベット なんて
食べたく ないし (笑)

*

うどんの 心臓 は 卵 

そう言えば 
買ったまま 開けてないや って
卵パックを 取り出した。

何時も 綺麗に 割れない アタシ。
昨日の 味噌汁に 使った お椀を
取り出して 
卵を 割る。

パカン☆

ほぉらね やっぱり そうだ 
殻が
細かく 千切れて 
落ちて しまってる 

何時だったろう 
目玉焼きを 作ろう と 

フライパンに
直接 片手で 卵を 割り入れ 

成功した とか
コンロに 落とした とか

ブツブツ 小言を 言いながらも
笑顔だったのは 

あの頃は
料理も 得意じゃなくって 

じゃあ 今は 得意なの? って 聞かれたら
否 と 応えるしか 無いんだろうけれども

あの頃よりは 嫌いじゃ 無いんだ 

心臓は 割っちゃ イケナイのだけれど 
鍋の 中に 
ポトンと 入れたまま 放置しておくと
必ず 底で 固まって しまうんだよね 

回避策として 
一旦 ぬるま湯に つけてからが 良いとか 
水のうちから
一緒に 入れておくのも 良いとか 聞くけど 

今回は 
先に うどんを 煮込んでから
味付けスープを 入れて
その次に ポトン♪ と したから
そういう訳にも 行かない。

ゆっくりと おたまを 投入し
中央に居る 彼女を 傷付けないように
周りを 浮遊させる。

そう 遠心力が 勝負だ。

出来上がった うどんを 
どんぶりに入れて 味わう 瞬間

レンゲで 卵を つつく瞬間が
一番 緊張 するんだよネ。

今日は 半熟 
トローリ と 
ラーメンの 心臓から
流れ出した 君は、 気味は、
きっと、 血液。

流れ出す度に 食べられる・・・
って 
恐怖と 痛みが 伴うけれども
腐ってしまうよりは ずっと イイもの。

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

何時も 通る 道 
スーパーの 前の 桜並木に 
最近 気付いた

貴重だねぇ と 眺める 私 
フロント硝子の 向こう 
少し 濃い目に 桃色 光る

嗚呼 ここ 桜だったんだ ねぇ 
アナタも 気付いた様に 呟く

この間 夕暮れ時に 通り過ぎた 
別方向の 桜並木を 
アナタに ちゃんと 見せられなかったから

今度こそは ちゃんと 確認してもらおう 
なんて 意気込む必要も 無いくらい

視線を 上げれば 
ちゃあんと キラキラ 光ってる

咲き誇るには 未だ もう少し 先だけれど
もう 充分に 存在を 証明 している

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

桜 咲いたのか 散ったのか 眺めてる 
ブラウン管の向こう 
華のような 彼女等が 踊る

涙が 光る 頬 
きつく 組まれた 両手の 先に 
花びらは 光るのだろうか

引きこもごも 綺麗な花が 有れば 
靴跡の 残る 葉もあろう

全て 同時期に 映す 
穢れ無き 透明レンズ

其を 見詰める 我の瞳の 
透明度は 幾つなのだろう

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°
人気ブログランキングへ
↑ポチッとな~☆↑


2014年4月21日 (月)

メール便の旅行

Img_3200


Img_3201


Img_3202


Img_3203


Img_3204


Img_3205


Img_3206


Img_3207


Img_3208


メール便の旅行

昔っから文字を紡ぐのは好きだった。
一時期は文通が楽しかった。
その次に大きな玩具PCを手に入れた。
その前に楽しい玩具WPも通過したな。

ポストに投函されている誰かからの手紙
これって何気に嬉しい
宛名の文字で「あの人からだ」って分かる自分にも
ほくそ笑みたくなるほどに。

何時からか メール便を多用するようになった
みゅう送付なんかでも 便利なんだよね
ただ、切手を楽しく貼る作業がないんだよね
封筒だと 色に合わせて切手選びをしていたんだが
みゅうだと毎回 ノートサイズの茶封筒なんだなあ。

手紙を投函して直ぐなのに
返事は未だかってポストを覗く気持ち
そういうのって大切にしたい

手渡し便だと そうはいかないよね
ピンポーンって 必ず直接届けて「くれちゃう」んだ。

そんなメール便が 戻って来た
差出日から 約一か月半
出したことも すっかり忘れた頃に(笑)


荷物状況経過

発送 02/27
持戻(転居) 03/04
持戻(ポスト投函不可)03/08
持戻(転居)03/10
返品03/10
投函完了04/16


なもんで、ちょっと聞いてみることにした。

*

いつもお世話になっております。

伝票番号 ****

上記のメール便につきまして 
受取人の方の転居につき返品いただきました。
お手数をおかけしました。ありがとうございます。


メール便が返送される場合について、質問です。

発送日 2/27
返品  4/16

http:/****
上記の履歴によりますと、
3/10に返品となってから差出人の私へ戻るまで
一か月以上が経過しています。

発送日から起算すると
一か月半後に返送されたことになります。

季節柄、転居も多いことでしょうが
返品の場合はこのくらい
時間がかかるものなのでしょうか。

また、本日 返送された封筒が
非常に不愉快な状態で届きました。

封筒は折れ曲がり しわくちゃで波打ち 
文字は水滴で滲み
封筒の上部一箇所、横三箇所が裂けております。

御社の配送センターを幾つか経由したようで
大変ご迷惑をおかけして申し訳なく思っておりますが
このことお伝えいたしたく連絡いたしました。

以前にも 受取人の方から封筒が破けていると連絡があり
その旨 お伝えした記憶があります。

日々の配送は大変なことでしょうが、
今後の配送時には
ほんの少し心遣いをいただきたく存じます。

今後もお世話になるかと思いますので
何卒よろしくお願い申し上げます。

*                  

平素は御利用頂き誠にありがとうございます。

この度はメール便の返品に際し、大変日数が掛かりました事
お詫び申しあげます。原因につきまして担当のセンター
より、確認しましてご連絡を差し上げるよう手配いたします。
併せてメール便の損傷におきましてもお詫び申し上げます。

*

サービスセンター
 御担当者 様


返信いただきまして ありがとうございます。

メール便の返品日数については 通常に於いても
このくらいの日数がかかるものなのかどうかをお伺いしたく
連絡いたしました。

後日 ご連絡いただけるとのこと、
御面倒をおかけして申し訳ありません。

尚、前回わざわざ来宅いただきましたが センターの皆様のみの原因ではないと
思っております。

来宅のお気遣いなきよう、メールでの返信をお願い申し上げます。

*

お問い合わせのメール便返品日数についてですが、通常、転居
されており転居先等が不明の場合は、遅滞無く返品の手続きを
おこない、配達まで3・4日いただきますので発送から10日前後
(送り先により変わります)位の予定です。

また、不在等(大きくてポストに入らない等)でメール便連絡
票を投函した場合は、その後7日間連絡が入らない場合は返品
いたします。その際は発送から2週間位の予定となります。

この度は、ご迷惑をお掛けいたしましたこと、重ねてお詫び申
し上げます。
何卒よろしくお願い致します。

*

まあさ、取扱便は腐る程あるんだろうし
各所経由した上で 片道運賃のみで返却いただいたのは
ありがたいことなんだよね

もし このままの状態で先方に届いていたら
私がボロ封筒で出したのか? と 思われかねない
そう思うと微妙ではありますが

時期的にも事情的にもこういう場合もあるんだな、と
勉強になりました。

何らかの事情で封筒が擦れて破けることだって
あると思う

転居通知って 郵便局には出すイメージだけど
いちいちメール便を想定して手続きしないものね。

こういうタイミングで思い出すのは
一期一会の世界観かな

今回は封筒だったけれども
これが 観光地の案内だって然りだよね

食事だって 買い物だって そう
対応する側はその他大勢の扱いをしたとて
される側にとっては「特別」なことって
多いんですよね

ヤマタノオロチならぬ
アマタノオロチの大蛇
その鱗 一つ一つが 煌めいてこそ
蠢く蜷局も本物の締まりを見せるものかな

なんてことを 思うのでした

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

ラブレターの行方


送り届けた後で キスをする
お決まりのワンシーンを見つめて
月が哂う

今日も お前達を
照らさねば なるまいか
路に長く伸びた影の分だけ
不満も積もる

其れが はらり落ちる 花びらならば
春の嵐とともに 吹き去るだろうに

ウエディングケーキの上に重ねた蝋燭よろしく
吐息では 許されぬ問題もあるのだ

一つ年を重ねたならば増える
一本のロウソク

年輪のように 膨らんで行くのは
横幅ばかり
腹に浮き輪を溜めこんで
何処の世界を 泳ごうと しているのか

あなたの愛しさを認めた
それは わたくしの 愛おしさとは
似て非なるもの
あくまでも 「あなたの」 に
他ならないのです

透明な封筒に貼る切手の色が
何時まで待っても 見つからぬのです
消印は 有効ですか
消えてしまっては 
印には なりますまい

リズミカルに響く スタンプ音と
窓に打ち付ける雨の 大合唱
心地良く 揺れる 花びらと ともに
暮れて 生きます

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

詩の発表場所あります
自慢の絵・写真を披露したい方にもおすすめ!

ワタクシすずこが編集している手作り詩誌
ポエムサークル「みゅう」

仲間になり購読いただくと
ボツなしで冊子掲載 & CDトーク → 全国郵送★
見本誌もあります。読みたい方も連絡くださいね。

以下に本誌の写真・詳細を紹介していますので
クリックして御覧くださいませませ~☆

ミュウ 219.220号 完成♪ 

すずこのリンクはこちらから

~いつかの すずザレ~ 藤鈴呼の戯言
過去作も織り交ぜてUPしていきます☆

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

八時 って 言う 時間が 
タイミング 良かった 時代 (ころ)

あたし達は 新入社員で 
顧客 管理 台帳を 小まめに つけて居た

なじみの ドーナツ ショップで
タバコ ふかしながら

残業だ と 管巻いて
本当は 恋愛話に 

花 咲かせて
笑顔 咲かせて 居たりも したもんだ

まだ 八時 イコール 22時だ 
って 感覚が 無かった頃の お話

ヒャクマンエン の コロンを 付けるのに
1,000,000 と するのは 当たり前 だったのに

数字が 先に 出て きたら 
いち・じゅう・ひゃく・せん・まん・・・

って いちいち 数えないと 
ヒャクマンエンだ って 
咄嗟に 分からなかった 時代の

これが 一万円 だったなら 
昔の 癖で

10,000 では なくて 
1,0000 と コロンを 打ちたくなった 癖

コロンの 立ち位置は 何処なんだろう
コロン なんだから 
コロン って 転がって 行くの だろうか

何処に 打っても 良いのだろうか
ルビだって ズレて しまうことが 
多いもんね

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

北国生まれ だからだろうか
冬の方が 好きに なった

昔は 夏の方が 
好きだったのかなぁ

記憶 ひもといて 見るけれど
何処まで 振り返っても

外で 跳ね回る ワンコロの ような
冬の ワクワク感は 否めない
夏の ダラダラ汗は 好まない

けれど 最近は 
汗を かく ことも
厭わなく なって 来た気も する

フラフープ 回して 
汗だくに なるには

やっぱり 
冬の 方が イイけれど

だって 
寒いから と 言う 言い訳で

運動する モチベーションが 
上がるから♪

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

神戸で 過ごした バレンタインから 
もうすぐ 一ヶ月。

ミュウメンバーを 始めとする 
沢山の 知人に

会いたくて、 又は
会って みたくって、

結局 誰にも 連絡を 取らずに
当日を 迎えて しまった。

きっかけは 彼の 出張。
今回は 連れて 行って 貰える
と 言う コトで

一緒に 過ごせるな と 
楽しみに していた。

丁度 バレンタインにかかる 土日で
一泊しよう と いうことに なった。

彼が 仕事中に 誰かと 会おうか、
と 悩んだけれど、

結果的に
皆に 連絡して 皆と 会うのが 良いのか、
誰かに 限定するのが 良いのか

色々と 考えて 居る内に
予定を 立てる 余裕が
段々と 無くなって 来た。

彼が 大学時代を 過ごした 神戸と言う街。
彼に 逢ってから 
私にとっての 神戸は 
神聖な 場所に 代わった。

彼の 母さんに、 出張について行く
と 報告したら、 こんな メールが 届いた。

「 神戸出張の事、命を助けてもらった所です。
  私は 毎年 1月17日の朝、

 「 息子を 助けてくれて ありがとう 」 と
 お参りします。

 慰霊碑でもあったら、お参りして來てね。
  お天気だといいね。 楽しんでおいで。 」

このメールで 改めて ハッとした。

私に とっても 初の 神戸、
確かに 会いたい人は いるけれど、
一番最初は 彼と 一緒に 

踏みしめたい、かみしめたい、
そして
今の二人が あることに
心から 感謝したいって気持ちで 
一杯に なって しまって、
それもあって、 誰にも 連絡 できなかった。

あとは、 時期的に 
バレンタイン前日だった って ことで、

何かしら 予定が あるんじゃないか
と 思って しまったり、

会うとなれば 移動・食事(?) で
散在させちゃうかな とか 

色んなこと 考えてたら 
お腹 一杯に なっちゃった・・・

湯当たりにも 似てるかなぁ・・・
ちょっと 違うかも 知れないんだけど

想像 一杯で 達成感 みたいな、
上手く 言えないんだけど。

連絡する前に
一人で 勝手に 疲れちゃったんだね(笑)

会いたい人も ミュウの中でも
神戸周辺に 結構 いるから、

「 誰に 連絡して 誰は 誘わなかった・・・
  じゃ アレだよな、 じゃあ いっそのこと
  皆で 昼食とか? 」 とか

色々 考えすぎちゃったような 気もする。

彼が 若かりし日を 過ごした地を
案内してくれる ってのも 楽しみに してたし・・・

で、 考え込んでる内に
結局 出発日が 近付いて 

ギリギリで 何と 新幹線は
当日 チケット購入 したんだけど (笑)

神戸では 先ず 市役所まで歩き
市内を一望出来る 展望階で 一休み。

市内の 建物内にも、
歩きながら 訪れた 建物にも

震災の写真が 
パネルとなって 展示されており
見かける度に 胸が 締め付けられた。

一人で 眺めた時も、
隣に 彼が居て 説明して くれた 時も

知らない 街なんだけど 
実際に 歩いて 見ると

ほんの 少しだけ 
知れたような 気分に なって来て

こんなに 綺麗な 街だけど 
こんなに 大変な ところから
ここまで 復興したんだ・・・

と しみじみ 考える 瞬間だった

市役所の 展望台で
携帯で 自分と街を パシャリ★ したけれど

生憎の 曇天と 私の 腕の無さで
良く 解らない ショットに 成って しまった。

トンボ玉や ランプ館の ミニ博物館も 堪能。
蝋燭の 出来る過程は 興味深かった。

実際に 展示されている 太い 蝋燭は
ずっと 眺めて居ても 飽きなかった。

一度 行ってみたかったけど 未知の世界だった
ユザワヤ 初上陸♪

後日 近くの ユザワヤへ行き 気付いたのは
神戸店の方が 私の 欲しいビーズが 
沢山 有った・・・。

流石に 旅行中だし 
少ししか 購入 出来ず、残念。

文房具 ・ 雑貨屋など、自分の 好きな世界は
ずっと 見てても 飽きない。

駅前から ユザワヤ経由で 海方面へ 歩き
帰り道に 再度 寄って ガン見して しまった♪

朝イチからの 移動と ウォーキングで
グロッキーだけど

明日はバレンタイン★ チョコを ゲット しなければ!
と、 駅前の SOGOや Loftを 行脚。

やっぱり メインは 味よネ♪ と 思いつつも
素敵な ラッピングの チョコ・コーナーで 悩んで居ると

青い 円柱箱で
フタの リボンに 銀色の ネコがついた
とっても お洒落な チョコを 発見っ\(◎o◎)/!

これしか 無いでしょう ( ̄ー ̄) と 近付くと
モロゾフ じゃぁ 無いですか♪゛

うん、味も バッチリね (●⌒∇⌒●) 
ってんで 決定★

写真を 撮っておけば 良かったかな、と思ったが
ホテルで 二人で 完食してしまって 

チェックアウト ギリギリで
箱も 置いて来て しまったのが 残念・・・。

泊まった ホテルは
海沿いの ポートアイランドに 有った。

到着した ロビーで 
ホテル・マンの 誘惑

最上階の マッサージ・チェアの 有る 部屋が
一泊、追加料金 千円で 案内 出来ますよ

二泊だから 二人で 4.200 Yen.
迷ったけれど 奮発しちゃおうか♪ と チョイス。

最近 マッサージ・チェアが 欲しいなぁ・・・と
会話している 二人のこと、
すっかり 癒されて しまった。

翌日 先ずは 南京町を 行脚。
横浜の 中華街を コンパクトにした 感じで
とにかく 声掛けが すさまじい。

皆 売ろうと 必死の様で、
道の 真ん中を 歩いて 凌いだ (笑)

昼食を摂り、 メリケンパークへ。
海洋博物館の 辺りでは 
紅白の コントラストに 魅了され
写真を 撮りまくる。 
晴天にも 恵まれ、 良い気分♪

カワサキワールドでは ゼファーなんかを見て
バイクの歴史にも 触れる。

たまたま バレインタイン当日の プレゼントとして
カップル来場者に ハート型の ペア・マグを 渡され
素敵な サプライズに 感涙 (┬__┬)

そのまま 歩いて ハーバーランドへ。
モザイク・ガーデンなんて
ネーミングが ステキよねぇ・・・。

ミニ・コンサートをしている 男性ユニットが 居たり
バレンタイン・イベントコーナーを 見つけて
願い事を 書いて リボンを 結んでみたり。

移動手段は シティー・ループ・バス。
お洒落な バスに 感動!

時間を 見ながら 
大丸の近くの 大きな 交差点で
バスを 追っかけたのが 良い 運動に なった。

バス停までの 道を 間違えて しまって
後ろから バスが 見えたから

「 もう 間に合わない! 」 と 思ったのだが
丁度 目の前の 交差点が 赤信号に。

もしかしたら 間に合うかも?” てんで
歩道橋の 階段を 上り下りし、 
全速力で 走ったら

間に合ったじゃーん
♪(〃゜▽゜)ノ□☆□ヽ(゜▽゜*)♪.

異常な 息切れを させながらの
バスの中 だったけど (笑)

生田神社を 過ぎて 北野方面も 堪能。
異人館 ・ ベンの家 ・ 風見鶏の館などを 散策。
オランダ ・ デンマーク風の イメージが 新鮮だった。

最終日は レンタカーを 予約し
彼の過ごした 大学 ・ アパート ・ 六甲山
などを ドライブ。

六甲山牧場では 羊と たわむれ、
歩き疲れて 足は パンパンだったけど
楽しい 旅行だった。

途中で 寄った 小さな 神社と
夕方に 生田神社でも お参りを したが

生田神社に 到着した時、
丁度 表門が 閉まった Σ( ̄□ ̄)!

仕方なく 檻に 囚われた トラ よろしく 
内側に 向かって
表から 門の向こうを 見詰めて 
手を 合わせた 二人 なのでした
~( ̄▽ ̄~)(~ ̄▽ ̄)~


あれから 約 一ヶ月。

一念発起して 「こりゃイカン!」 と、
初の いた天・ゆり花・姫 に 会わんと 
アポを 取った。

今回も 彼の 出張に 
一緒に ついて行くぜ プラン。

金曜日の 朝、 途中まで
彼を 乗せて ドライブをし、 

大宮駅で 降ろし、彼は 仙台へ。
仕事後、 彼は
那須塩原駅まで 新幹線に 乗って来る。

私は 夕方までに 其処まで ドライブして
彼と 待ち合わせ。

いた天・ゆり花・姫 が住む 栃木を
通過する ルートなので
丁度良い 時間帯に 会えた。

当日は 生憎の 雨、
歩かせて しまったことが、
本当に 申し訳なく・・・。

初めて会えて、 
とても 嬉しかったし、 楽しかった。

沢山の 話を 聞けて、
幸せな 笑顔に 囲まれて、
心が 和む 旅行と なった。

姫は 本当に 可愛い♪
いた天・ゆり花とも 
笑顔が 可愛らしくって、
とっても 若い(!)のが 良く 似てる。

写真も 無事に パソコンに 移動し
プリンタし 送ろうかな、と準備してたら
いた天から メールが。

約束してた ストラップ 送った♪
とのこと。

そう、とってもステキな 蝶のストラップ、
良いな~♪ って 見詰めてたら

もう一つ 色違いが有るから 
あとで 送るよ★ って(≧▽≦)ゞ

優しい いた天に ホロリ。
ホント、嬉しい!_( ̄▽ ̄)ノ彡!

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

日記だと 固有名詞が 出て来やすいのかな
いや そういう訳でも ないかな

振り返ってみて アタシは 
今じゃ 性格が オープンだけど

昔の ザレ・ノートは 
自分だけに 分かる 暗号が ちらほら。

そういうことって ない ?

例えば 香りで あの人を 思い出す ように。
キーワードで 特定の人を 示す みたいにね。

*

きっとね 勉強しなかったから 今のあたしが居る
では ないんだよね

だってね 勉強しなかったから 今のあたしで生る
んだもんネ( ̄ー ̄)

*

ああそうか あたしは 
詩と 呼ばず 
戯言と 表現することは
意識的だけど

活字 というのは 
時々 無意識に 出て来てたのかなぁ と
ハッとしたよ

もの書き・・・ 
うん。良い表現だ!_( ̄▽ ̄)ノ彡!

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

とっても 欲しかったものを 
買った日は ごきげん

大切だからこそ 
壊したくなくって 
新しいまま 保ちたくって

使えない、使いたくない って
心が 告げる

でもね
頭の中で もう一人の 自分の 声がする

物は 壊れるのが 定め って 言うじゃない
家は 住まないと 痛む って 言うじゃない
車だって 乗らないと 錆びちゃうのよ

( 乗っても 錆びるけれど 
 その突っ込みは 今回 置いといてくれ・・笑 )

ふぅー。
溜息と ドキドキが 交互に やって来る

初めて 触れる 
こんにちは♪ の ときめきに。

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

一筋はステキなことだね。
揺らがない気持ち、強く 持ち続けること
やろうと思って できることではないもの
心が 自然に 「そうであること」 だから。

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

人気ブログランキングへ
↑ポチッとな~☆↑



2014年4月19日 (土)

春を見付けた

Img_3152


Img_3154


2014415


春を見付けた


春は 区切りのシーズンですから
忙しい人も 多いのでしょうね。

体力的な忙しなさで 駆け抜けている内に
転寝したくなるような、

今日は そんな晴れに 
なりそうな予感?!


すずオリジナル♪結婚写真♪2009.12.15

音源は冬の録音
写真は春の撮影

待ち侘びるのが夏で 
気分が秋なら

四季網羅?!(違)

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

何時も カメラを 向けては
色んな 人の 
色んな 表情を 
撮り 続けて 来た

写真 嫌いな キミだけど
今日ダケは 
素敵な 笑顔
残して 下さい

写真が 好きな ボクだけど
自分じゃ 自分を 撮れないんだと
解ったんだ

だから 今日は 撮って 下さい
大切な 二人の 旅立ちに

色んな 倖せの 気持ちを
精一杯 幾通りも 表現 しますから

勿論 全て
最高の 笑顔で


 『 結婚 写真 』 

2006.12.15? 作詞・作曲/藤鈴呼

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

乳搾りに行って来たとですよ(牛かっ!)

いや、絞るシーンはなかったねぇ。
今回はエコーだけでした。

いつもさ、診察後には幹部…
あ、間違った。患部(って乳だけどよ)を
ちゃんと濡れタオルで拭くんですけどね? 

吹き残しが必ずあって。
(吹いたらサブイボ立つやん)

いや、さぶいぼ、って表現してみたかっただけで、
いつもはトリハダって言うんですよ。

しかし鳥の肌って
そんなにイボイボしてるんかねぇ?

羽根は美しかとですけんども、
ちょいと鳥に失礼なんとちゃうん?

なんて、語源もロクスッポ知らんままに
勝手こいてますけどね、

診察中に 超モテモテなの。
勿論 私の話じゃなしに 先生がね。

片手でアタイの胸を転がしながら…
あ、違った。

胸の上で エコー器具 転がしながら
片手でピッチで会話してんの。

これ、「ひ」の上に付くのが
半濁点から濁点に変化したら
大変なことに なりますかんね?

その辺 注意してくださいよ?
ってなモンで。

携帯でも色々種類がある時代、
ガラケーでもスマホでもなく
何故ピッチだと分かったかと言うと

先生自ら 携帯での会話中に
「ビッチ鳴らしてって伝えておいて」
と仰っていたから。

その後の説明で ツボったのだけどね。

「いやぁ俺、おっぱい専門なんだけど、
お医者さんも人数が足りなくって
骨折なんかも診るのよ~」

と言う内容をね。
面白おかしく語ってくれたのであった。

そして 次回の診察は 
無事に一年後をゲット!

と思いきや、

恐らく私、もうここには居ないからね(笑) 
直前に診断書を貰うことになるのでせふ。

エコー見ながらの説明もピカイチでねぇ。

「この豹柄の、見えるでしょう? 白いところ。
これが乳腺なんだけどねぇ、

まだまだ活発ですねぇ~ 
胸が若いのも そろそろ落ち着いてもらわないとねぇ」

ここまでだと、
「え?若いって良いことやん?」と
勘違いしそうになるが

「病気になりやすいってことですから」まで聞くと
「さもあり南無」と納得するのでアール。

空気風船は 一杯飼っているんだがな、
今回も 黒い丸となって 画面を彩ってくれましてん。
どんだけあるん! 

まぁシスト的なモノはね。
測り方によって 大きさは毎回違うんだが

今回は6×4くらいらしいですよ。
8×4だったらね、
爽やか少女時代を回想できるのにね?!

って エイトフォーは制汗剤ですから~ぁ。
最近 ロールオンがオススメ(聞いてない)
うふん♪(ナニ)

病院の手前で デジカメ片手に
怪しいメス一匹が 漂流していたと思ったアナタ! 

それが私ダ。

たんぽぽ 

ヒメオドリコソウ
(踊り子の傘を被っているイメージが
名前の由来なんですってヨ♪) 

おおいぬのふぐり
(マクロ撮影失敗したけど) 

そして 少し足を延ばしたれば
川沿いに満開の桜並木。

折角だから 橋を渡って 向こう岸から
手前を川にしたショットも 撮影すりゃあえ゛がっだべよ、
と思ったけれど まぁいいや。

次回…(とオバケは見たことないってば。)

ふわり舞う風に鼻をヒクヒクさせて
「嗚呼 桜餅♪」

やっぱり私、何処までも、食い気らしい!

ちょっと A4写真用紙で印刷かけていたら
気分が乗って来たので 言葉を認めてみたのだが、

光沢紙ってば コーティングされているから
筆が止まるのね。

描きにくっ! 

文字の線が ビビって揺れて
おらビビッちまったけど チビってないべ。

うふん♪

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

詩の発表場所あります
自慢の絵・写真を披露したい方にもおすすめ!

ワタクシすずこが編集している手作り詩誌
ポエムサークル「みゅう」

仲間になり購読いただくと
ボツなしで冊子掲載 & CDトーク → 全国郵送★
見本誌もあります。読みたい方も連絡くださいね。

以下に本誌の写真・詳細を紹介していますので
クリックして御覧くださいませませ~☆

ミュウ 219.220号 完成♪ 

すずこのリンクはこちらから

~いつかの すずザレ~ 藤鈴呼の戯言
過去作も織り交ぜてUPしていきます☆

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

ゆきちくん と トモダチに は 
成れないけれど 

つまんない 思想 ばかり 
抱える 生活よりは マシだな って 

自分を 慰めて 居るんだ 

金持ちに 成れたら 
嬉しいかも 知れないけれど 

必ず 心は 歪むよねって 
信じてる 

今の 自分のままで 
イイんだって 

日々 言い聞かせて いるように

★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

楽しいですか 幸せですか 

誰かに尋ねる そんな夜は 

自分の心が 惨めだから 

そう思っては 止みません。 

だから 何時でも 忘れずに 

笑顔で 生きたい 願望は 

誰の 瞳にも 宿っているもの 

そう思っては 止みません

★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

伝わるか どうか 
解らなくても 

紡がずには 居られない 
感情と 

紡がなければ 生きられない 
欲望が 

存在してて、 

その中に ワタシが 
生きている― 

★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

思っているコトは 言葉にしないと 
伝わらないからね 

折角 人間に 生まれたから 

言葉を 大切に 
使いたかったからね 

たまに 誰かを 
結果的に 傷付ける言葉を 
発して しまっても 

其の 瞬間の 気持ちは 
素直な ものだから 
仕方無いって 思うんだよ

★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

普通の定義って 
人によって 違うんだよね。 

幸せだなって 思う瞬間は 
きっと 何時だって 
感じられる 筈なのに 

ふと 気付いて 
病気になった 瞬間に 
健康だった頃が 幸せだなって 
思うみたいに 

普段は 感じられないのが 
幸せなのかも 知れなくて

°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

嬉しくて 消えないものだけ 
沢山 集めて みたいよね 

心に残る 風景だとか 
記憶に残る 言葉なんかは 

哀しいものよりも 嬉しいものを 
沢山 たくさん。。ってね

★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★
人気ブログランキングへ
↑ポチッとな~☆↑


2014年4月15日 (火)

すずオリジナル♪結婚写真♪歌詞

何時も カメラを 向けては
色んな 人の 
色んな 表情を 
撮り 続けて 来た

写真 嫌いな キミだけど
今日ダケは 
素敵な 笑顔
残して 下さい

写真が 好きな ボクだけど
自分じゃ 自分を 撮れないんだと
解ったんだ

だから 今日は 撮って 下さい
大切な 二人の 旅立ちに

色んな 倖せの 気持ちを
精一杯 幾通りも 表現 しますから

勿論 全て
最高の 笑顔で


 『 結婚 写真 』 

2006.12.15? 作詞・作曲/藤鈴呼

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

詩の発表場所あります
自慢の絵・写真を披露したい方にもおすすめ!

ワタクシすずこが編集している手作り詩誌
ポエムサークル「みゅう」

仲間になり購読いただくと
ボツなしで冊子掲載 & CDトーク → 全国郵送★
見本誌もあります。読みたい方も連絡くださいね。

以下に本誌の写真・詳細を紹介していますので
クリックして御覧くださいませませ~☆

ミュウ 219.220号 完成♪ 

すずこのリンクはこちらから

~いつかの すずザレ~ 藤鈴呼の戯言
過去作も織り交ぜてUPしていきます☆

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°
人気ブログランキングへ
↑ポチッとな~☆↑


2014年4月13日 (日)

見上げれば

Dscf0063


Dscf0073


Dscf0074


見上げれば


空から落ちてくる何かを
咀嚼しようとして
すっと伸ばした舌先を
寸での処で引っ込めたのは
雨粒の不味さを 体感したから

あれは屋根の雪
が 数日を経て象られた 氷柱
美しい刃先のようにも思えて
佇んでいた

ドサッと言う音と重さの全てが 
舌先を直撃し
真白だった雪の国に
要らぬ血液が 流れ始めた

屋根から外れた梯子が
所在なさげに
もう これ以上 
取り繕えないんですと嘆く
夫婦喧嘩のようだった

人は刺されたら 痛むのだろうか
肉片は 煮物を作るみたいに
フォークで穴を開ける訳には 
行かぬもの
ちょっと 息苦しい毎日が 
続いたとて
開けた穴が 塞がる保障も 
ないのですから

窓を開けると きな臭い
さっきまで 五月蠅かった
サイレンが
ひとしきり唸った跡 
気が済んだと見えて
訪れたるは サイレント
そんな 悠長な事 
言っている場合では なかった

回転灯を閉じた車は 
ただの梯子車
もう 屋根から
落ちる必要もない氷柱が
行方不明の太陽を探そうと
必死で 煌めいていた

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

♪すずオケ♪2007.9.8.リンドバーグ/今すぐKISS ME

いやあ 色々なことを思い出しました
ライブ音源を聞いていたらね、
本番でリードギターが音鳴らんかったコト。

これ、歌っている最中は必死だから
気付いてなかったんだよね。

ってか私の前にも男性ボーカルいたから
「気付けよ!」って
当時の自分に一頻り
(ひとしきりってこう書くんですか)
自己ツッコミ入れたりして。

まあでもライブって
観客に向けて音が出るように
設定しているからね

いざ舞台に立っていると
周りの音って
殆ど聴こえないんすよ。

これはやってみて初めて知った
驚愕でしたね。

あとは喉で歌うんじゃなくて
「腹から声出せ~」by TOSHI君
みたいな感覚とか

ビブラートは機械エコーに頼らず
自分で出せってことも当時教わりました。

ただひたすら楽しかったような記憶しか
残っていない私は
能天気なんでしょうねえ。

今回の映像は2007年当時の光景を
拾って来ました。

10月末の岩手ですね。
八幡平に紅葉ドライブ お出かけした時のもので
当時のすずこが ちらほらいますね。
あとは姫神山

それより何より この曲ってば
高校時代に組んでいたバンドでも
歌ったような記憶が。

懐かしいですが
当時は十八番だったんだよねえ。

で、バンドのヘルプで歌えると決まった瞬間に
練習カラオケに行ったんだが、
迷わず入れた一発目の曲。

マキ姉さんのパワフルボーカルを
カセットテープで聞いていた世代ですよ。
ほんとに。

笑っちゃったのがね、
咳き込んでいるんですけど、
当時からこんなんだったよなぁ~ 

歌う度に 一本吸って 
ひと飴なめて ドリンクで、みたいなこと
していたんだけど

私の喉、よお持ったなあと
今更ながらに思う。

まあ ただ叫んでいただけ とも言うが
大声を出すのってば ストレス解消だものねぇ。

で、ラストのサビ付近で 見事に咽て
(むせてってこう書くんだね)いるんですよ。

「ドキドキすること~やめられな~い」
って歌詞に載せて
咳き込むことが止められない私。
ギャーッ。みたいな。

「大好きだから笑ってよー」の前半が言えずに
笑ってよ のみを強調してしまっているのも
ツボですた。

あー若いって素晴らしいっ♪
なんて言葉で 逃げるつもりは 毛頭ありませぬ。
今も昔も変わっていない気が、するから。

途中 枝がぶら下がっているのは
恐らく上田三叉路(くらいだっけ?)交差点付近だと思うし 

かぁちゃん(鴉)や 綺麗な薔薇の花(推定)を
撮り損ねているのは 国道282号線
(通称 にっぱちに・別名 国分通りの先とも言う)
ですから~ぁ♪

一番 笑えないのはね、湯気が出ている付近だわよね。
あの辺りは八幡平ですけどね、
硫黄ガスが充満しすぎていて
本気で立ち入り禁止の区域も多いもんだからね、
危険なんですよ。


♪すずオケ♪2007.9.8.Evely Little Thing/Shapes Of Love

課題曲その① 写真がお年玉小判で始まっているのは 
どうか気にしないで欲しい(笑)

甥っ子にね、お年玉あげようと思いまして
面白そうなポチ袋を探していたって言うね。

これも2007年の景色ですね。
三月末の雪景色なんだけど

停車したと瞬間に フロントガラスの水滴の美しさに
パシャリ☆だとか
目の前の雪かき光景をパシャリ☆だとか
仕掛けているんだけど 撮影しきれていないって言うね(爆)


♪すずオケ♪2007.9.8.Evely Little Thing/Shapes Of Love-002

002の方はですね、いつかのすずごはんですな。
これはウインナー入りの痛め饂飩らしい。
間違えた炒めうどんね。

あとは いただきもののピンクパンサー君。
みゅうメンバーゆり花(で良いのかな?いた天の方かな?)
手作り。こう小さいとマクロ撮影が難しいとですよ。

上手い具合に上目使いのショットを撮影したんだけど
「ねぇ、その音声 大丈夫?」と
心配されているようなショットに感じてしまうの巻。


♪すずオケ♪2007.9.8.相川七瀬/夢見る少女じゃいられない

課題曲その② 写真は2007.正月 
まずは駅構内を抜けて車窓の景色。

大分まで飛行機で移動。現地の風景も少し。
湯布院 由布院 あらまだこの漢字の違いが
理解できない私ですが、ゆふ岳だと思うちょります。

当時のすずこ一匹。
このコート ZARAだなあ。
めっちゃロングコートで重いんですよ。

横浜で強請って買ったんだけどね。殆ど着てないや。
最近じゃあめっきりダウンLOVEですよ。

人間年取るとね、放っといても
色んな重みに耐えかねるモンでしょう? 

この上 コートにまで 
こなきジジイされて たまるかいっ♪ってなモンで。

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

カフェで文字を認めるって
何か良いよね。

そんなこと 暫くやってないやあ。

希望的観測で 物を言うならば
近所のカフェで 読書なぞ オツなもんでないかい?
とも思うんだけどね。

出来ればドリンクバーがある…と 過程すると
ガストるしかないけれど
ケーキ屋さんの一角も良いなぁ、なんてね。

でもドリンクが足りなくなって
すぐお暇しそうだな(笑)

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

詩の発表場所あります
自慢の絵・写真を披露したい方にもおすすめ!

ワタクシすずこが編集している手作り詩誌
ポエムサークル「みゅう」

仲間になり購読いただくと
ボツなしで冊子掲載 & CDトーク → 全国郵送★
見本誌もあります。読みたい方も連絡くださいね。

以下に本誌の写真・詳細を紹介していますので
クリックして御覧くださいませませ~☆

ミュウ 219.220号 完成♪ 

すずこのリンクはこちらから

~いつかの すずザレ~ 藤鈴呼の戯言
過去作も織り交ぜてUPしていきます☆

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

砂粒は 姫の絨毯
見上げる瞳 おマセちゃん
切なげに 恋する乙女
今から 連想 させる 色合い

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

昼に ネット ニュース 見てた
関西 方面 だった かも!?

50年前に 駅が 出来た トキ
植樹した 桜が 有った そうな

毎年  春には
赤い 橋との コラボレーションを 奏でる
人気 地帯だ とか

開発が 進み
駅の 場所が 変わるだかで

桜の 有る 区域も 
なくなる 予定 らしい

当初は 
年明けにでも 桜 伐採の 計画 だったが

地元 住人の
「 せめて 開花まで 待って 」 の 願いに

計画が 延長 される ことに 
成ったのだ とか

トピックス 全体を 読むと
計画 延長した 心 優しさに
癒されそうにも 成るが

ちょっと 待て!

人間って 勝手だよね・・・ 

電車が 赤い 橋を 通る トキ
50年かけて 成長した 桜が
下から 包み込んで くれてる 様で

素敵な 写真
恐らく 去年の が 
画面を 飾って 居た


ホント 人間って・・・ 勝手だ

吹雪が 止んだら
次は 桜 吹雪だ ね

今日は 啓蟄・・・ ♪

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

実は 日曜日に 友人とスキーに行く予定してまして。
私と 彼と 私の友人 3人の予定。

私達は 去年 スキーデビューした。
彼女は 今年デビューした。

先ほど 電話で 連絡してたトキに

私と彼は スパルタで すべりっぱなしだから
と 言ったら

「疲れたら ゲレンデの下の建物で 待ってるよ」
と 言われた

その時に 文庫本 もってきて
暇つぶし してたら?

と 言いたかったが
場所が 場所だけに いえなかった。

だって 滑ってるとき 邪魔じゃん。。。
ポケットには 入らないし。。

そう 思うと
ケータイ小説が 流行してるのも
分かる 気がする。

重くないしね。 携帯だったら。

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

アタシも トイレを 愛人と 表現するほど
通ってるかも
。。。//δ⌒▽⌒//

いや 恋人よりも よく 会ってる
(行ってる??) ってんで
昔っから
「あいされてくる♪」 とか
電話 かかってきて 
「いま 愛人ちゅー♪」 とか

・・・ってか 出るなよ(爆

・・・ブルーレットの 青いのは
やっぱり 色がついてしまうんで
無色を つかっていたり しましたが。。。
無職は たいへんですよね。。。

いや 韻ふんだだけです。。。

赤って。。。こわいなって 思ったのはねぇ
スキーいくとき 赤色のカーテンを みて
部屋の中が 真っ赤だろうなって 連想したら
何だか 入っては成らない あかずのま
みたいな 連想はいって
魔女とか 浮かんできて。。。 怖かった

妄想しすぎ? 思考回路へん?
( ̄ー ̄)

by ブルーベリー色の トイレ洗浄液が 赤色だった
   普通は 一ヶ月持つ洗浄液が すぐ なくなる
  
   という 日記を読んで。
  
★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

変わらずに
ステキな 世界を 
描き続けて くれる 君へ

君から 飛び立とうか
と する様に
羽根は 揺れた

凛として 動かぬ
意志を 称えた瞳が
少し 揺らいだ

暗闇の 液体が
流れた
涙と言うには
軽すぎる
想いを 乗せて

もう 迷うまい
もう 惑うまひ

連ねれば 連ねる程に
長く 伸びる 山際

何処までが 森で
何処からが 地平線へと
繋がるのか

霞の 向こうに
聳え立つ 影に
応え 求めて


  『 道導 』 

  -みちしるべ-

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°
人気ブログランキングへ
↑ポチッとな~☆↑


2014年4月11日 (金)

見渡せば

Img_8888


Img_8890


Img_8896


見渡せば


踏切の向こう側
校庭を囲むように
桜並木が微笑っている

少し進めば
市役所と神社へ向かう道にも
見え隠れしている

活きてはいるけれど
動かぬ枝たちは
見えたり隠れたりする
術を知らない

代わりに
花びらたちが
これでもかと言う程の
シャワーを演出してくれている

未だ 蕾ばかりで
花びらのマクロ撮影には
成功していない
近付かないから猶更
機会など 訪れない

あなたと一緒に観ようと決めた桜だから
わたし 独りきりでは 
楽しめないのと 独り言

呟いた刹那
デキャンタの中で
幾つもの茶葉が
ふよふよと踊る

少し 塩っ辛い位に染めた
サクライロの紅茶は
やや 出涸らし

枯れた肌を 何とはなしに
健康色に 染め抜いて
だから ソメイヨシノ なんてね

笑いながら 振り返るけれど
あなたは いない
今度 一緒に…
そう 決めた

肌の上を伝う涙のように
液体の上を浮遊する茶葉のような
散り散りの心に
一体 誰がした
そして 何時から

絞り込んだ 出涸らしの味
待ち侘びた 一滴が
胸に 痛い

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

写真 去年の秋フリマ
今度のGWにもイベントがあるようで
案内をいただいたのですが
多分 行かないな
ってか フライヤー届いたことも 言ってないやあ

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

詩の発表場所あります
自慢の絵・写真を披露したい方にもおすすめ!

ワタクシすずこが編集している手作り詩誌
ポエムサークル「みゅう」

仲間になり購読いただくと
ボツなしで冊子掲載 & CDトーク → 全国郵送★
見本誌もあります。読みたい方も連絡くださいね。

以下に本誌の写真・詳細を紹介していますので
クリックして御覧くださいませませ~☆

ミュウ 219.220号 完成♪ 

すずこのリンクはこちらから

~いつかの すずザレ~ 藤鈴呼の戯言
過去作も織り交ぜてUPしていきます☆

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

そうかっ\(◎o◎)/! 

単純 に 考えれば
自ずと 回答 を 
導き 出せた 筈 なのに

言葉 ダケ を 追うから
イケナカッタんだ ネ。。。//δ⌒▽⌒//

まるで クイズ みたい
何て 読む? シリーズ を 
テレビで 見ながら

何時も

「 今日は 
  発想の 転換が 出来なかった 」

って

頭の 固さを 
恨んで 見るんだ

人から 受けた 台詞も
そう なのかも 知れない ね

素直に 受け 留める 心を
忘れて しまったら

相手の 人格 をも
悪く 曲解 し兼ね 無いから・・・ 

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

車 より バイクの 方が 
おっかない 気が するよ

スキー より ボードの 方が
デンジャラスな 気が するよ

だから って 乗らないで 
歩いて 出勤は 
骨が 折れるし

ウィンター スポーツ だって
楽しみたい

答えは 一つ

やらない んじゃあ 無くて
常に 危機 回避 の 
心を 持ちながら

ゆっくり と 進む コトだ ネ
(●⌒∇⌒●)

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

踊り 出しそうな 
歌声 に 乾杯

(^^)/▽☆▽\(^^)

グラスを チン と 合わせ たり
風鈴 チリン と 揺れて たり

レンジを チン して
虹の 欠片を 
眺める 瞬間 が 
幸せ なの サ

(●⌒∇⌒●)

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

只今 の 会話

昼休み
何時もの 中華店 にて バージョン

「 雪 降って 来ました ねぇ~ 」

「 あらっ
  今 さっき じゃ 無いです かぁ~

  来た トキ 降って 無かった から・・・ 
  ホント 冬 みたい です ねぇ~ (笑) 」

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

ミュウ 原稿 を 
書いて 呉れてた 時期 と
掲載 される 時期 と

読んで 貰える 迄の 
時間の 経過 を
考えて 見た

以前は
少しでも 空白を 埋めたい と 

古い 作品 から
掲載 して 居た けれど

原稿は 没 ナシ だし
編集の 〆切 は 無いし

どんどん 広がる ばかり
。。。//δ⌒▽⌒//

だから 最近は
新しい 作品 を 

出来る ダケ 多く 
載せよう と 

購読者 も 優先 しよう と
編集 してるんだ

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

時間は 無い程 作れる 

錯覚 したんだ

スキー と 
睡眠 不足 な 筈 なのに

テンション ばかし 
急 上 昇 
だった けん ね

突っ 走った ら
ガタン と 落ちた みたい

夜の 早寝 や 
パソコン ゲーム で 

しばし 休息 の 
トキ なの じゃあ
~( ̄▽ ̄~)(~ ̄▽ ̄)~

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

手紙が 無事に 届いた よ 

ペンの 色が
途中 から 違う コト や

インクの カスレ 具合 で 

書いた トキの 気分 を 
妄想 して 見る

うぅむ
一人 の 文字 が 
連呼 されつつ 
有る 様 だけれど

きっと
周りの 愉快な 仲間達 は 

見守って 呉れてる 筈サ♪
と 

夢想 しながら―

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

別れる のは 自分 から

そんな ポリシー を 
掲げる にも

理由 如何 に 寄るよ ね

どうしたって
非の 打ち処の 無い 人間

なんて 
居ない だろう から

何かと 相手に 
理由を 付ける コト は 
可能な 気が する

例えば
良い人 過ぎて 物足りない
などと

長所を 逆手に 取る 台詞も
有る だろう

ところが

自分は 相手を 大好き なのに
突如 相手に 
好きな 人が 出現 して しまったら
そうは いかない

自分から・・・ の ポリシー の 下に
予兆が 見えれば

自分から
サヨナラ 出来る かも 知れない が

急に 言われ たら
回避 出来ない モン ね (。-_-。) 

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

随分 簡単 に 考えられる 
風潮 に 有る

と 言っても
過言 では 無い かも 知れない

あちこちで 殺戮 が 
繰り 返される 時代

昼の ラジオ での 
心理 テスト を 思い 出した

朝 起きる 直前 に 観る 
夢の 中で
一番 嫌 なのは? の 三択だ

アタシの 選んだ 回答は

後悔 する 夢 でも
怖い 夢 でも 無く

寂しい 夢 だった

此の テスト では
今 一番 不安に 思う コト
が 解る らしい

アタシの 場合は

今 現在 愛する 人が 居て
又は 愛されて 居て

その 家族 なり 恋人 なり を 
失う コト だけは

何と しても 避けたい
と 思って 居る

と 言う モノ だった

病気 ならば 
未だ 諦めも 付く だろう けれども

悲惨な 事故 なんて
考えたく 無い モン なぁ と

激しく 納得 して しまった

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

今 ぶたぶた シリーズ に ハマってる

矢崎さん だかと 言う 女性の
文庫 なのだが

手持ちの 二冊 と 三冊 で 
出版社が 違うの ダ っ\(◎o◎)/! 

な モンで
最初の 二冊 を 読み 終えて
三冊目 を 
ブック カバーに 入れよう と したら

微妙に 本が 大きくて
入らなかった (。-_-。) 

仕方 ないので
紙 バージョン の カバーを 
調整 して 使う コトに した

此の カバーは
ママンに 貰ったの ダ !_( ̄▽ ̄)ノ彡!

100均 らしい ケド
とても 重宝 して 居る

だから
今度の ホワイトデー には

100均 で 
各サイズ の ブック カバー 数個 ずつ

って 
オネダリ して みよう かしらん
~( ̄▽ ̄~)(~ ̄▽ ̄)~

でも 
今年の バレンタイン は 
ゴディバ の チョコ と 奮発 したから

割に 合わない じゃん
とか
言われる かしらん
~( ̄▽ ̄~)(~ ̄▽ ̄)~

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°
人気ブログランキングへ
↑ポチッとな~☆↑


ロールケーキの里

Img_20140411_0001


Img_20140411_0002


Img_20140411_0003


ロールケーキの里


のどかな季節の始まり
桃色の花びらが舞う合図
風と時めきが苛立つ庭には
慰めが必要

まぶされた砂糖は かつて真白だった
黄砂の季節だけに 少し黄ばみ始めた
それが汚いと連想するな
少しの期待を 決して忘れるな

蹴り上げたいサッカーボールは胃袋に収めた
白いごはんに ゆかりを乗せて
互い違いの海苔を貼り付けたら ラブボール
世界一の口づけを交わす
あちら側と こちら側から ぱくり
二口で 食べ切れる大きさの おにぎり

朗らかな陽気に包まれ
体温ごと上昇し始めた
店員だって気が滅入る
客の存在に気付かずに 揚げ物トレイの出し入れを
繰り返す
誰が食べるんだ こんな脂っぽい存在
咀嚼する前に サクッと感が なくなってしまいそう

若干の契り絵
弱い缶と描くのです
その中には おもちゃのおまけが入っている筈
幼い頃 必死で集めた蜜の味
ハチミツが恋しくなると スズメバチは飛び交うから
要注意
その前に 舐めきってしまいましょう
流し目で バッサリと 切り捨ててしまえば
それで 御仕舞

能面のような笑顔で得たものは何
小気味良く翳した財布の中身が見え隠れ
コインじゃない札束だって知ってる
誰かの顔がデコレーションしてあるの
色合いが苺味なら大成功
ぽたりと垂れた唾液も いずれ乾くから

庭にまとめた生クリーム
舌の上にそっと乗せて味わえば
ささくれた心ごと すっと溶け合える
デザートは紅茶 桜味 人匙くださいな
それで 全て スッキリ忘れて あげられるから

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

詩の発表場所あります
自慢の絵・写真を披露したい方にもおすすめ!

ワタクシすずこが編集している手作り詩誌
ポエムサークル「みゅう」

仲間になり購読いただくと
ボツなしで冊子掲載 & CDトーク → 全国郵送★
見本誌もあります。読みたい方も連絡くださいね。

以下に本誌の写真・詳細を紹介していますので
クリックして御覧くださいませませ~☆

ミュウ 219.220号 完成♪ 

すずこのリンクはこちらから

~いつかの すずザレ~ 藤鈴呼の戯言
過去作も織り交ぜてUPしていきます☆

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

少し 余裕が 有る 瞬間は
誰かの 優しさ 心地良い

自分 独りで 居たい 夜には
受信 トレイを 見たくも 無くって

★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

ガンバレって 台詞は
キライ なのだと
何時だって
豪語 して居る

だから 自分が 相手に
その 言葉を
発する時は
とても 少ない

けれど 逆に
言われてみれば
暖かさが
広がって いくこと

★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

大福は しばらく 食べて 居ません 
道明寺が 桜餅の おはぎバージョンだと 
此処 数年で 知りました 

何時も 昼飯を 購入する 
会社の下の お店で 

一つ 一つ 
可愛く 袋詰めされた 
道明寺は 100YEN 

買いたかったけど 
グッと 堪えて 
我慢して みました

★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

首都圏では 雪が 凄いのだと 言う
10センチ 20センチでも 大騒ぎ

雪に 慣れて居る 田舎の 住民は
そんな 姿を テレビで 眺めながら
小馬鹿モードで 夕飯 たかる

そんな 姿を 連想 するけれど
あたしだって 真夏の ミンミン蝉の
タヒチ状態は

どうしたって 苦手だもんなぁ・・・

★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

此処最近 イラストレーターが
増えつつ有る ミュウの 仲間

大きいものを 表紙にしようって
ずっと 待ってる 紙の 中で

もっと 大きく 載せてよって
呟いて居る 声が 聴こえる

★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

最初は 自分の為に
綴り始めた 言葉でした

そのうちに
誰かに 読んで 欲しく成って

だけど 恥ずかしかったから
学生の頃は
最初 隠して 居ました

当時の方が
詩 と 呼べる
代物だったのかも 知れません

今では 戯言と 呼びながらも
一言でも 推敲せずに
遂行するのは 何時もの タイピング

そんな 日々が 楽しくて
仲間を 創りたくって
始めた ミュウも 12歳

三月 一日
そんな 感慨に 耽りながら
邁進しようと 誓ったのでした

★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

自分でも 編集の テンションが 上がり
モチベーション 開花 しまくりの 魅由宇

理由の 一つとして
CD作成を 始めたことも 有るだろう

今は 風邪が 本調子に 戻って 居ないから
新しく 弦も 張り替えて居ないギターも
部屋の 隅で
眠って 居るのだけどね

CD 第四弾が 既に 完成し
次回の 105号 106号の 編集に
早く 入りたい 刹那

会員からの 手紙が 届いたり
製本作業は 受注発注だから
独り 忙しい
この 楽園は 狭い 小部屋で

★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

パソコンが イカレてしまうと 困るから
少しずつだけれど
投稿メールの 整理を して居ます
量が 多いから 
なかなか 難航を 極めてますが
此れが なかなか
楽しい 作業 なのですよ

★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

代行の 自転車操業 有るらしい
   知らなかったよ 冬は大変!



通常は 社員二人が
待機所から 営車で 駆け付け
客を 送り後 戻るのだが

待機所まで 営車に乗せられ
自転車で行き 

客の車に 折り畳んで
自転車を乗せ 客を送り

帰り道も 自転車というものが
存在する らしい・・・

この方法だと 営車の維持費等も
人員も 削減可能

但し 客を送った地点から
待機所までの帰り道を
営車で もう一人が 迎えに行き
乗せてあげて しまうと
違反と 成るらしく
新聞に 載って 居たんだけどね


★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★
人気ブログランキングへ
↑ポチッとな~☆↑


2014年4月10日 (木)

原作と違う

Img_1184


Img_1186


Img_1226

原作と違う

他の写真はこちらから

ってことは良くあると思うんですよね
逆に 映画後にノベライズ本になる場合も然り

曲もそうですよね
カヴァー曲が当たり前に横行する世の中ですが
元々 知らなかったら
新しいアーティストのファンだったら
もうその曲は 昔の曲としてではなくて
そのアーティストの新曲として 浸透するのでしょう

今 読んでいるのは違う本ですけど
映画 見ていないので 新鮮に読み進めています
ただね、お腹空くんですよね
料理関係のシーンが良く出て来る本は

深夜に読むのは結構危険だ(笑)

で、ちょっと午後三時のおやつタイムに
どうしても我慢できなくって
近所のケーキ屋さんに直行したくなったので
とりあえず我慢しながら

オレオさんど
イチゴ味のソースが入っているタイプ3袋
アーモンドチョコレート3袋
チーズクッキー2袋
で とりあえず 留めました

が  ね

その後で 昼寝しているんですよ
きゃーーーっ。 危険すぎる。

起き出してから 今度は 手をつけてなかった
ばかうけ 期間限定
抹茶ミルク味とか

夕食前の光景とは思えない(爆)

で、写真の本はね 付箋紙ついた状態で
郵送されて来ましたね。母から。

その内 旦那が読み終えたら
本の旅に 出掛けるんだろうなぁ~

詩の発表場所あります
自慢の絵・写真を披露したい方にもおすすめ!

ワタクシすずこが編集している手作り詩誌
ポエムサークル「みゅう」

仲間になり購読いただくと
ボツなしで冊子掲載 & CDトーク → 全国郵送★
見本誌もあります。読みたい方も連絡くださいね。

以下に本誌の写真・詳細を紹介していますので
クリックして御覧くださいませませ~☆

ミュウ 219.220号 完成♪ 

すずこのリンクはこちらから

~いつかの すずザレ~ 藤鈴呼の戯言
過去作も織り交ぜてUPしていきます☆

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

マニキュアも ペディキュアも 塗ったのに
寂しいよって キミが 言うから

じゃあ 僕のところに おいでって
そう 言ったけど

二人の糸は
縫い上げられずに


きっと 糸が ほつれて居たのね


二人の意図は
尚更に

解らなく なってゆく


歪んで行くよ――

°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★

出て行くのが怖いのならば
此処に 居れば イイ

そのうち 迎えに 行くから
そう 約束 したのでしょう?

だから 私は 必要無いよね
あの頃 思い込ませた台詞

☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★

再起動しなければ
動かなかった パソコン

紛失した アドレス
もう 必要は 無いから

☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★

盛り上がった後で
盛り下がってく

其れが 性なのでしょう

アナタは 素面(シラフ)だから
あたしも 知らん振り

つまらないなら
イッキしてもいいよ

あと 一杯だけ 飲み干したなら
直ぐに 帰ろうね

☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★

火照り過ぎたのは
太陽の 暑さだけ?

ゆっくり眠ったから
元気だったのでしょう

イメージの歪みが
二つのメビウスを
八の字に 変えたもの

鉢に植えた パキラも
枯れてしまったの

蜂の巣には
入りたくなど 無いんだわ

☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★

全て 相手に 委ねてる
そんな あたしは 優柔不断?

°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★


あたしの告げた 理想現況は

何時か 元凶と 成るのでしょうか

☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★

ちょっとだけ
孤独(ヒトリ)きりでは
無いような 気がして

嬉しかった

「みんなが あたしを 待っている」

そう 
思い込ませたら

寂しい気分が
吹っ飛んで居た

本当は 無理矢理
自分自身に
言い聞かせて来た だけのこと

忘れようと していた

そのうちに
本当に
忘れられたよ

☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★

何度 
やり直しをしてみたところで

罫線が 残るね
この プリンタ

パソコンが 古くても
手書きの時代も

何時だって
楽しめて来たの


それは
私の

強さなのですか


それとも
弱さを 隠すための

玩具だったのですか

☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★
人気ブログランキングへ
↑ポチッとな~☆↑



ちり紙絡まる

Img_2803


Img_2900


Img_2909


ちり紙絡まる


山歩きが大好きだと君は言う
途中で鼻をかみたくなる程に
激しい花粉症を煩い続けても
登り続けるのが正義なのだと

中腹まで上り詰めたところで
一息いれようと振り返ったら
太い幹に揺れているチリガミ
ふわり風に乗って舞い踊る

チリシカラマルちりしからまる
ちり紙絡まるよ
面白くなって 三回唱えたら
君も肩を激しく揺らしながら 笑った

だって そうだろう?
近付けば 蝶の戸惑い
遠ざかれば ちり紙舞う光景など
そうそう あるもんじゃない
こんなに楽しい瞬間を 君と共有できたこと
それが全てだと 言い放つ

いつまでも 主張した
あれは ちり紙なのだと
その内に 鼻をかみたくなって来たのだが
目の前に花が沢山 咲き乱れていたから
笑いながら 君が言う
いっそ 鼻でも 噛んでみるかい?

味も分からないのに
毒があるかも知れないのに
そんな事には無頓着で
ただ綺麗だからと 突っ走る様子を見て
嗚呼 若いなと 呟いたんだ

君の向こうに絡まり続けるのは
ちり紙の亡霊なんじゃなく
レッキとした美しい女性なんだろう
そう思った瞬間
シャツの下にはみだしたフリルを眺め
ハテ 君は 女性が好きだったのかどうかと
更なる問題を 抱えこんでしまっていた

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

庭園で咲き始めた こぶしの花
花びらが開くと
本当に可愛らしい形をしています。

こちらはようやく桜も咲き始めていますよ。
隣の上越市には
地元では有名な 高田城という桜の見どころがあります

今週末あたりが
観桜会のピークかなあ

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

隠れた季節/藤鈴呼

カメレオン契約を反故にしたら
輪郭くらいは見えてくるかしら♪

安野光雅さんの絵本を眺めて育ちました

自然の中に動物が隠れています、の
保護色をモチーフにしたクイズも
楽しんでいたような気がします。

トリックアートミュージアムを初めて体感したのは 
三年前くらいかな

十二分に興奮しながらも 
幼かった頃の自分を回想したのでした

目や脳には必ず錯覚があるし死角も存在する
見える・感じるものだけが全てではないんですよね

そんなこと 普段ちょっと忘れてしまいそうになるから
ハッとする瞬間が あるんですね。

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

どぶろくの話をしていた気がする


父と電話で話しながら 内容を聞いてメモしたのだが
時間が経過しすぎて 忘れてしまった
記憶を頼りに 何となく書いてみると

もろみ を使う
こっぱがす と呼ばれるもの
茶色・のしいかのような形・木っ端+水が入っているもの

どべっこ と呼んでいた 
アルコール分が少し入ってる それに砂糖を入れて作る

こんな感じかなぁ(ウロ覚え)

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

花粉症ね、庭園内で「私は絶対に花粉症と違う!」
と豪語しながら
鼻をかんだり目薬刺していたら

「残念だけど、その症状は花粉症だと思うよ」
なんて言われましてねぇ~(遠い目)

まあ 診断はされてないので
自称 花粉症と屈するのも悔しいので
(何と対抗してるんデスカ?)

ちょっとした鼻づまりと
目がいがいがずいってところで。
(どんな表現じゃい)

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

ネット上の生放送って
楽しそうだなあと思うのだけれども、
録音作業をする方が 時間自由になるんだよね。

途中で咳き込んだら 一時停止できるしさ。
生放送だったら やっぱり聞いて欲しいし、
するってえと 告知が必要になるじゃない? 

っていう面倒さに 屈することが出来ない
(やはり 勝ち負けに こだわるらしい?!)

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

詩集好きなアナタ必見!
みゅうメンバーようさんが詩集を出すそうです

詩の発表場所あります
自慢の絵・写真を披露したい方にもおすすめ!

ワタクシすずこが編集している手作り詩誌
ポエムサークル「みゅう」

仲間になり購読いただくと
ボツなしで冊子掲載 & CDトーク → 全国郵送★
見本誌もあります。読みたい方も連絡くださいね。

以下に本誌の写真・詳細を紹介していますので
クリックして御覧くださいませませ~☆

ミュウ 219.220号 完成♪ 

すずこのリンクはこちらから

~いつかの すずザレ~ 藤鈴呼の戯言
過去作も織り交ぜてUPしていきます☆

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

あんなに 頑張ったのに

何故 君は

僕に 逆らって ばかり なのですか

プライベートの 時間も

大半 君に 費やして

共に 歩んで来たと 言いますのに

何故に 静かに して居て 呉れないの

自己主張だけ キツ 過ぎるもの

忘れて しまい たくたって

心が 自然に 向かって しまうよ





煙の 中に 生る

静かな 香を 炊くのなら

誰かに 抱かれる 為の もの

貯め込んだ フラストレイションは

時に アタシを 苦しめて 行く


★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

キライな アタシの まんまで いいよ

アナタの 瞳 映らないなら

モーションなんて 移らない

鬱な あたしの ままで 良いから

撃ち 付けたのは 記憶だけ

落ち着いたのは 心 それだけ・・・





小刻みに 浅く 

震えた ドリル音



響く 部屋

光る カーテン



今は そよいで

部屋にて アタシを

待って 居る





その 気遣いは

アタシに 向けられた モノでは 無いもの



知ってるよ

アナタが 何て 思って 居るか





口に 出せぬから

弦に 預ける 歌が 在る

マイク 越しなら

フィルター みたく 

隠された アナタの 心も

垣間 見れると 信じたの


★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

知らない 番号

慌てて 出る 私



悪戯じゃ 無くて 良かったね

今の 貴方は 裁けないもの





キュイ~ン と 揺れる 悪い歯を

根こそぎ 絶やさず 失ってくの



神経も 良心も

此の 傷すらも

凍え 削られ 逝く様に





こうして とめどなく 時は 流れるけれど

どうかな 本来の 夢の 奥に

研ぎ澄まされた 閑静のみを 置き去りにして 

生きて来て しまった気が するんだよね

ボクは





明るいね と 言う キミは

永遠の ボクを 

知って居る 訳じゃ 無い

一瞬の 安らぎだけを

求めた 時間 だったから


★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★
人気ブログランキングへ
↑ポチッとな~☆↑


魚がくわえていたのは・・・

Dscn2075


1397061320


1_2


魚がくわえていたのは・・・


写真は2007年の秋
一つ前の記事 ライブ時のもの

ライブしたのが何時だったかとのコメントに
「そういや 何時だったかのう?」と紐解くの巻

近年もライヴあった様子

魚がくわえているのは街灯なんだと思うけれども
何のモチーフなのか
そもそも何の魚なのかも分からない私なのでした。

2ステージあって向かって左側に立ったような
淡い記憶があります

黄色いタオル持っているのは 振り回し用ですな
この曲はリードボーカルではなく
えいちゃんの HA~ HA 部分のコーラスのみ
楽しかったなぁ~。

ろくすっぽ練習していないのに 目立つの大好きと言う
救われない生態は現在も続いておりまして。

先日 スイスの方とお話する機会があってね。
にこにこしながら HELLO~と言ったが
後が続かない(笑)

もう「センキュー バイバーイ♪」って
手を振ろうかとも思ったが
そういう訳にも行かない

必死こいて単語を並べるのにも 限界がありまして。
元々 知らない単語は どう頭を捻ったって
思い出せる筈が ないんですよねー(棒)

池に鯉が泳いでる と 言いたいのに
ウォーター♪ フィッシュ♪ WE SAY KOI♪
とか言ってみたら

OH~ KOI FISH!
すげぇ… 通じてるらしい(爆)

滝の中央に亀の形をした石がある
これは撃沈でしたね
ストーン♪ タートル♪ とか言ってもダメやんな。

お茶室はね、THIS ROOM IS...
グリーンティー♪

あとはゼスチャーね 

シャカシャカ♪ 言いながら振り茶の真似
ずずっ♪ と飲む真似 で乗り切ったと言うね

うん、でも、英語、喋れないけど 好きさっ
会話している方がいると
用も無いのに寄って行きたくなるのであった。

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

目の前の機械は 未だ動くのに
危険に晒される脅威と 不愉快さだけが
増大していく

こんな機会は滅多にないのだから
十二分に楽しんでおかなきゃ損・ソン!と
君は背中を押すけれど 瞳は白んでいる

泡立ててしまえば ミキサーなどなくったって
不安な心持ちごと
撹拌されるものでしょうか

夢現の狭間で 小さな光を感じ
トンネルを抜けたのだと 喜んだのも束の間
覚束ない足跡だけが響くから
眠りの続きを 堪能できない

異国情緒あふれる雰囲気 
それだけで 光が華麗に歪んで行く

固まっているから
普段 一粒一粒には 意識が届かないけれど 

ふとした瞬間に 
その存在が 愛おしくなるのは 
砂糖の粒も 雪の結晶も 
きっと おなじ

小さな粒が 紛れ込んだら
キーを押せなくなってしまうんです
小人は言う

あなたにとっては 踏み潰せる問題
わたしにとっては 乗り越えられぬ大きな岩

取り除くには 何が必要?
スコップじゃ足りない ダンプは見えない
もう春だから グレーダーも隠れてしまった

ここに 大型のミキサーがあれば良かったのに
鋼のような歯車と螺子と鋸で
どうにか乗り切るにはは
ちょっと 固すぎるから

*

砂糖粒/藤鈴呼

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

春の桜も堪能しない内に暑い日があった糸魚川も
今日は曇天

毎年4月10日は神輿をぶつけ合う
「けんか祭り」の日です。

このまま雨が降らないと良いなあと思いながら
空を見上げています。


みゅう届いたよ♪ の 連絡メール
音符マークに癒されて 

何らかのハミングが聞こえて来そうだなあと
のほほんとしておりみやんしたれば

電気ドリルのような不自然な音がしておりまして。
そうだそうだ ご近所さんが引っ越して来たんだった
などと思いながら

まさか借宿にメスを入れることもあるまい、と
何かを引きずったような音だったのかいな? などと
妄想だけを膨らませておりまする。

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

詩の発表場所あります
自慢の絵・写真を披露したい方にもおすすめ!

ワタクシすずこが編集している手作り詩誌
ポエムサークル「みゅう」

仲間になり購読いただくと
ボツなしで冊子掲載 & CDトーク → 全国郵送★
見本誌もあります。読みたい方も連絡くださいね。

以下に本誌の写真・詳細を紹介していますので
クリックして御覧くださいませませ~☆

ミュウ 219.220号 完成♪ 

すずこのリンクはこちらから

~いつかの すずザレ~ 藤鈴呼の戯言
過去作も織り交ぜてUPしていきます☆

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

君の描いた 緑の世界が 好きだった

だから 今夜は
カラフルな 場面を 
忘れたかっただけ

*

ダメダメ Girl を 
象徴するかの如くに
腰が 痛んで キシキシ 云ってる

そろそろ 潮時かな?
バイクの 爆音が聞こえる
真夜中の ネット喫茶で

マッサージ・チェアが
ボクを 手招いて居る---

*

自己嫌悪に 成った瞬間
あたしは 何時も

もっと あたしを 虐める為に
もっと デンジャラスな 歌詞の曲を

選んでは 聞いて行く
楽しい気持ちが 消えて 逝く

*

ボクは もう 
遅刻する 必要なんて 無いの。
だって 行く場所が
見付からないんだもの。。。

だからって
人生に 遅刻しまくらないように
気を付けなくっちゃ 。。。 ネ♪

*

やはり ガーデニングが 
流行して 居るのかな?
花の種の 話題
他にも 有ったんだよネ♪

*

そう ボクは 寒い所に 住んでいるよ
しかも。。。財布が。。。(爆)

ついでに 云うと 今も 寒いんだよね。。
ネット喫茶で ストール かけてるよぉ。。。

東京より 南なのに。。。ねぇ。。。


*

そうだ
プラン変更 しなくっちゃな。。。

もう Lプランだか X人生だか
訳解んなく なっちゃってて

確実に 損をしてると思うのは
携帯の利用明細書を見たしゅんかん

「あと○時間 使用出来ました。」
な。。。何~~ぃ?! (撃沈)

*

そう・・・
しばらくは ネットに 埋もれてた

そろそろ 一周忌。。じゃなくて
一周年 記念に なるんだな。。

お盆だけど。。。
携帯メールの 記念に
ボクは 誰に メールしようか。。。

そういや さっきの 銭湯も
五周年 記念だって 垂れ幕あったな。。

*

近ければ 近い程
電話の回数が 増えて しまうのは

今度 会う時間帯を 決めたい
君の気持ちの 現れ

それで ボクは 逃げて来たかも 知れない
君の 届かない こんな 遠くまで

*

きっと 今日は 予告通りに
温泉に 埋もれている 君なんだろう

ならば ボクは どうしようか

また あの 空の下で
好きな唄を 思い切り
泣き叫んでは 楽しんで みようかな

*

仕事も 止めて
恋人とも 別れて
めっきり 遣わなくなった メール

そして 増えるのは
ADSLの お陰で

相手の携帯へも パソコンから メール
だから 絵文字は 見えないんだってばっ!!

*

いつも 同じ事を言うのは

あたし自身が
そうして居たいからだと 思うんです

だから あの時 言いました

一日 一回 笑えれば
それで 幸せだと 思うんです。
それは あたしの 本心でした

紛れも無く 日々の 願いでも 有りました----

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°
人気ブログランキングへ
↑ポチッとな~☆↑


2014年4月 8日 (火)

5年ライオン

Img_2887


Img_2888


Img_2889_2


Img_2890


Img_2891


Img_2892_2


Img_2893


Img_2894


5年ライオン


浮かんだのは たてがみ色の雲
何処に と 聞かれれば 迷う事なく空と応える
けれど 否 ここは海 そういう表現だってあると
教えてくれた 一房のたてがみ色をした髪を持つ少女

一年目は全てが柔和だった
ミルク色に包まれて胃痛に悩まされる事なく
何なら胃袋を掴まれて嬉しいと悲鳴を上げたくらいだ
乳白色の世界に佇む 恍惚とした表情も
浮かべたことだろう

根っこのような絡まり具合で
時に噛み合うこともあった
甘噛みだから怪我はしないだろうと信じていたが
案外と強力な刃となった犬歯
犬と名が付く位だからとバカにしていたのがいけなかった

外側はミルク
母親の体温がぬるま湯のような角度で降り注ぐから
抱きしめられた刹那 ちょっとだけ安心したんだ
外見は未だ猫のような感覚
たてがみの「た」の字も未だ描かない
つるんとした肌触りは触れやすくもあったろう

草原の色はこんなにも鮮やかだったか
カーテンの色合いと何だかおんなじだ
太陽光線に包まれた瞬間の 光合成を思い出す
緑内障が原因だと思っていた
左目ばかりが目に鮮やかで 眩んでしまいそうだった
転んでしまいそうだった

原因は白内障
どちらかと言うと右側が落ち着いて見えるのです
今年は必要ありませんが 数年の内には手術が必要
そんなありふれたオペでは誰も驚きませんが
未だ胸がドキドキしている
目の前にライオンが現れたらお終いだと知っている
そのカウントダウンを始める頃合いか

夕暮れがくぐもっている
空にかかる たてがみの角度が悪いのだろうか
すっかり伸びた髭のように 愛惜しさを感じながら
そっと撫ぜる
今度は自分の指で
これが 五年目

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

写真 カルボナーラ IN ライズカフェ

サラダバーとばたばた茶に舌鼓を打ち
大盛りパスタを喰らった後で またサラダ♪
そして ばたばた飲み干して
食後のコーヒー飲みますた。 ふ~っ満腹っ。

前日の夜にさ、さかいまちゃあきコックさんが
テレビで作っていたんだよね。
ほんで超 食べたくなっちまった訳。
卵黄3つ 生クリーム 豚肉と胡椒があれば
作れるんだろうけれども~っ。

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

みゅうメンバー ようさん&ゆりの夫妻の作品が
紹介されています!
31頁辺りから読み進めてみてネ☆

詩の発表場所あります
自慢の絵・写真を披露したい方にもおすすめ!

ワタクシすずこが編集している手作り詩誌
ポエムサークル「みゅう」

仲間になり購読いただくと
ボツなしで冊子掲載 & CDトーク → 全国郵送★
見本誌もあります。読みたい方も連絡くださいね。

以下に本誌の写真・詳細を紹介していますので
クリックして御覧くださいませませ~☆

ミュウ 219.220号 完成♪ 

すずこのリンクはこちらから

~いつかの すずザレ~ 藤鈴呼の戯言
過去作も織り交ぜてUPしていきます☆

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

ほんと、最近 パソメールも無断欠勤が続いており
ミュウもままならぬまま
来週は 岩手の沿岸にて ライブのボーカルをすることになり
楽しみたいながらも 練習をして落ち込んだりしております。

雨は 地区によって差があったようで
私の住んでいるところは たいしたことなくすみました。
以前 住んでいたアパート付近では
近くの川の増水により 避難勧告が出されたらしく
今 引越ししていなかったらならば
あたふたしていたかも。

ほんの15分の距離なのですが。
やはり 川が近いと 恐ろしさも 数倍のよう。

こないだは 台風が首都圏直撃したようだし
たまたまテレビをみていたら
今後の温暖化で このような豪雨や台風も
大きく 多くなっていく予測があったので
心配な日々は 多くなっていくのでしょうね。

てなことで
あたくしは 9/23の日曜日に
ボーカルしてきますわー。


会社の人からの紹介でね、取引先のメーカーさんが メンバーで
本当のボーカルは 看護婦さんのバンドなんだけど
看護婦だけに 都合つかなくなったらしく 急遽ヘルプのボーカルなのだ。
釜石駅近くの 何と 「鈴子広場」という素敵なネーミングの場所で。

第三回 鈴子ミュージックジャンボリー
なんて イベント名も 素敵すぎる。。。
鈴子町ってのが あるらしい。。

4曲 歌うのだー。

夢見る少女じゃいられない
ELT の Dear My Friend と Shapes Of Love
ざーど 負けないで

他のボーカルも歌うんだけどねー。チェンジしながら。
15バンド出るみたいでねー。1000人の観客見込みって 楽しみだわー。
ふっふ。

他の曲は男性ギタリストがボーカルに成ったり
居酒屋のマスターが えいちゃんをシャウトしたりする予定

この機会に禁煙だなんて考えてるだけで
今タバコ片手にメールしてる様じゃあ
。。。//δ⌒▽⌒//

他バンドは上手いらしくプレッシャー

最初で最後と思われる舞台
恥さらしステージかも


独特のハスキーボイスには 憧れるが。。。

(・・・ よりも「シャガレ・ボイス」なぁんて呼んだ方が格好良い響きかも
なんて思ったりして×××)

人は皺が増える度に
苦悩のみならず
人徳をも
積み上げて行くもの

声も然り

潰れる度に鮮度を増す様な感覚?
(*⌒▽⌒*)

映画は余り分からずだが
まさに ナナの映画を お手本にしている ボーカル練習??

最近デスノート観た程度だが・・・
ドラマはライフにハマりますた
デカピーはタイタニックで知りますた
そんな アタシが レンタルするのは怖い系が多いなぁ

アズミとNANAは観たんだけどね
( ̄ー ̄)

上戸彩でしたか 彼が好きらしくてね
2もレンタルして ハマりますた

NANAも2まで観た
あれは1の松田くんでしたか?
NANAの彼役のイメージついてしまい
2では何か違うモード感じつつ…
内容はホント良かった
777号室\(^O^)/
恋愛のドロドロはもう私には関係無いけれど
あの奇抜な輝きをライブへの糧にしたい処
(*⌒▽⌒*)
伊藤ゆなはアレでブレイクしたのか


中村中の
友達の詩良いですよ
彼女(あたる)は彼なんだって
Dの劇場で知り涙
知ってるかなあ
良い曲です

ビーズは25人がお嫁に行きまつた

亭主関白にせぬ様 褒めつつ
家事分担してるあちき。
大分からカボスもろたんで秋刀魚しましたよ!_( ̄▽ ̄)ノ彡!
大根卸とね

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

最近 ビーズにハマってて 
ミュウも パソコンも 余りしとらんのですわい。。。

思い出した話を一つ。
とある雑誌が有るそうな。
彼が 寄稿するコトに成ったそうな。

寄稿する内容を 彼は パソコン作成したそうな。
チェックは 本社の人間がしたそうな。
メールでファイル添付して 添削して貰う形になったそうで。
フタを開けて見れば 届いた雑誌の内容は 
原文と違う部分が沢山有ったそうで。

A4雑誌の3,4ページを飾る 長い文章。
写真や図も取り入れて レイアウトも彼なりに考えた渾身の作は
ものの見事に 変わり果てた姿と成ったそう。

この件に関する 彼からのメール 
一部 訂正版を 以下に添付しよう。

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

昨日の雑誌の文章だけど。
改めて原文と読み比べてみると。。
いやいやいや、笑っちゃったよ。思わず。
最後の締めの言葉の言い回しまで変わってるわ。
気に入っていたのに。
あれほど、
「おわりに」のところは、唯一自分の主観を述べるところですので、
なるべく変えてほしくないって伝えてたのに。
おそらく、修正の主犯は本社の課長で、
仲介役の若手の先輩は、俺の意見を課長に伝えずに、
印刷したものを
そのまま渡しただけだな。
そして、手書きで修正されたものをFさんが打ち直し、
揚句の果てに打ち間違えている。。。
○を■にしているところとかもまた見つかった。
そのように修正することで何がどう良くなったのか?
意味不明。

昨日の飲み会で、不平を言ったら、
上司が今朝本社に連絡してくれたらしく、
先輩からお詫びのメールが来ました。
ていうか、お詫びなんだから、電話で直接しろ!って感じだが。。。
やけに丁寧な文だったので、
逆に「本心とは違うだろうな」って直感したよ。
なので、こっちも
「そんなに気にしてないですよ」的なメールを返しました。
ひとこと、皮肉めいた言葉は入れましたが、、、気づくかなぁ。。。。

それにしても、上司が本社に文句を言ってくれたのには、感激し、
早速お礼を言いました。
やはり、上司は部下の意見を尊重してくれないとね~。

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

ごもっとも。
雑誌が届いた夜、一通り 愚痴モードの彼に同調しながら
さて眠ろうと 布団に入った私。

言い足りないらしく、寝室まで 追っ掛けて来た彼。
話をしながら 電気を付けて 深夜に 再度 話してた。
よっぽど 悔しかったんだろう。

そんな彼から 後日 こんなメールが。

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

さっき
課長に
二年間ご迷惑おかけしましたと言おうとしたら
間違えて
二年間ご苦労様
と言いかけて、、、

周りの人に
突っ込まれました

恥ず(>_<)

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

お茶目な彼で有るが、私は 笑えない。
理由は・・・

先日 カボスが沢山 届いた。
お礼の電話をした 日曜日の夕方。
電話を最初に掛けたのは 彼。 
お母さんとの会話らしい。

台詞から
今日 彼のお姉さんの子供の 
運動会が有ったことが分かった。
「なに? 内弁慶?」 と 聞こえて来た。

電話を代わった アタシ。
「こんばんわー」 と お礼を言った後で

「運動会だったんですか? 
何か 内弁慶とか言ってましたけど 大丈夫ですか?」

お母さん 
「そうなのよー 今朝も 泣いちゃってねえー」

此処で私は 気付くべきだった。

「あらあら そうですかー」 
と 会話しながら

「でも 次の機会には 怪我しなければ 良いですよねー」

横で聞いていた 彼が 
すかさず 突っ込む。

「ちょっと アナタ!!
 内弁慶の意味 履き違えてるよ!!」

ここで 受話器を持ったまま 
「ええーっっ!!」 と 絶叫しつつ
お母さん そっちのけで やんや、やんや。

その後で お母さんは 
ご丁寧に 説明してくれましたとサ。

電話の時 丁度 夕食時だったらしいから
話題に昇ってるだろうなー。 

なんて 
切った後に 散々 茶化されて
赤面しまくりの 夜でした。。。

そう・・・
弁慶のなきどころ は スネの ことだから
スネの裏側でも 怪我したのか・・・・ 
と 勘違いしてしまったけれど

内弁慶ってのは
家の中じゃあ 元気なのに 外じゃ猫かぶり 
の 意味だったのよね。。。

そう言われてみれば 聞いたコト有る様な・・・
でも 自分で使ったことが 無かった為に 
理解して無かったのねん。。。

その翌日。
恥ずかしい気持ちを 少し 引きずりながらも 仕事をこなし
昼休み後 給湯室での 茶碗洗いをしてた 私。

会社では 夏場に ドリップコーヒーを 容器で冷やして
アイスコーヒーを 作ってる。
この容器は 手作りで麦茶を作る時に 使う様な タイプね。

フタの内側に ゴムが付いてる。。。
お弁当の内側のゴムを 想像して貰えれば 良いかなぁ。

普段 茶碗洗いは 
私以外の人たちが 洗ってるので
私が この容器を洗うことって 余り 無いのよね。

でも この日は 休みの人が いて
丁度 アイスコーヒーが なくなって
私が 容器を洗うことになった。

一緒に 洗ってた彼女が 
フタのゴムをはずして 渡して呉れた。
洗い終わった私は ゴムを戻した。

フタでは なくて 
液体の入る 本体の上部の
「外側」に・・・

何か おかしいなぁ。。。と 思いながらも セットしたら
隣の彼女が 大爆笑した。 

あちゃーーーっ。 と 私も大爆笑しながら
気を取り直して 事務所に戻った。

午後のコーヒーを ドリップしようと 
コーヒーフィルターを セットして
更に 「違和感」

嗚呼 フィルターの下に有るべき 器具
給湯室から まだ 持って来て なかったじゃん。。。
危なく 何も無い空間に 
ドリップする ところじゃった。。。

そんな訳で 三度目の ヘマで 更に 撃沈。
「だーめだ こりゃーーー」 ってな 二日間でした。

先日は イベントに 参加して 来ましたよ。
1000人の観客 と 言われたけれど 
100人も 居なかったような。。。
ベンチャーズのコピーバンドの
おじさまバンドが3つ有り。
15バンド 出演してて 1バンド5人としても 75人。

その肉親らしき おじいさま おばあさま 的 観客で
まるで 「○○ちゃんの ピアノ発表会」 を 連想させる 
雰囲気でしたがな。。。
でも 楽しかったよぉ。




広場名が すずこ ってのが 嬉しいじゃなーい。
衣装は 茶色の皮風パンツ ロックバージョンに
母に もろた キラキラの ラメ タンクトップに 黄色シャツ。
外灯らしき上に 魚が何か咥えて 泳いでる姿も 
面白いショットでしょ。

でもって この日の為に イヤリングを 作ったのだけれど
彼に ドン引きされたのが こちら。



イチゴ 大好きだからさー。
これなら 遠くからだと 分からないと 思ったんだけど。。。

「年齢を 考えなさい!! そんなの付けたら 外に出さーん」
と 言われ、撃沈。
(ちなみに お母さんと 電話する前、昼間の出来事。)

イチゴじゃ 駄目かぁ。。。 と
左下の ブドウも 作って 耳にぶらさげて
ニコニコしながら 

彼が勉強してる側を 行ったり来たりしてみたら
これまた 無言。

仕方無く 右下の 何でもない 
普通のイヤリングにしたけれど
余り バッと しない様子。

結局 耳は 何もナシで 出陣したのでしたー。

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°
人気ブログランキングへ
↑ポチッとな~☆↑



2014年4月 6日 (日)

豆乳パン

Img_2836


Img_2839


Img_2842


豆乳パン


写真は小娘のおっぱいパン&豆乳パン
付け合わせもありますた。
豆乳なんてさー ちゃんと乳出てるんで~♪

この「とろ~り」具合
最初 上手く演出できず 撮り直しましたが、何か??
~( ̄▽ ̄~)(~ ̄▽ ̄)~

*

ボクはショクパン/藤鈴呼

朝食(と言うか起きたのは昼近くなので
既にブランチの時間帯ですが)はパンでしたが
ショクパンではありませんで 
もっちもちの豆乳パンでした。

よもや豆乳が入っていたらどないしよ~、と
戦々恐々としたのは昨日のお話で

今日は残り物ですから
そんな心配もなかったんですけどネ。

と言うのも
鍋物の季節に 豆乳スープの素を買ったところ
異常に不味かったのが原因です(爆)

元々豆乳が 苦手までは行かないけれども
好きとも言えねぇ!くらいの
生ぬるいテンションだったんですよねー。(棒)

以前トラウマになった経験が
大きいかも知れない。

あれは未だ若かりし頃のお話。
祖母が入院しまして、見舞った時のこと。

「おばあちゃんは食べられないから
その飲み物あげる」と言われ 差し出されたのが
小さな四角いパック。

長細いタイプのドリンク、あるじゃないですか。
コーヒー牛乳かと思いきや
豆乳コーヒーか何かだったらしいんですよね。

「もし豆乳が苦手だったら無理して飲まなくていいよ」
と言われたんですけど、飲んだんですよ。

おばあちゃんの好意だしね。
笑顔でありがとう、って言いながら、
飲んだ。

瞬間吐きそうになった。
季節は夏。
ちょっとアレしてたんですよね。

冷蔵庫にも入ってなかった。
しかも豆乳自体初めてだった気がする。

昔は給食の飲み物は牛乳ではなくて
豆乳だったらしいですよね。

しかも「不味い」
聞く人 聞く人 皆そう言う。

どれどれ♪ってなテイスティングも兼ねて~
なあんて悠長な事言ってられるような状態では
なかったんですけどね、

そこはまぁ 目の前に おばあちゃんいますから。
笑顔で「美味しいヨ♪」か何か言って

時間ないフリして その場を後にしましたけどね。
あれはしんどかったー。
というトラウマ。

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

有難迷惑/藤鈴呼

他人の心を読めないのは 当たり前のことで
家族だったって 違う人間なのですから
致し方のないこと、

ただね、デリカシーがないのとは別だし
読む気もない、汲む気もないとなると
また違って来ますよね。

自分に余裕があるか否かにも
繋がって来そうな気がします。

社会に出れば
全ての人間と合う訳じゃあないですよね、

そんな時に
「アタイ、コイツ苦手アンテナ」
ピンピンに張り巡らせる人、

口撃する人、交わす人、拘わらない人、
様々ですけどね、

鬼太郎アンテナみたいに見える訳じゃあ
ありませんもの。
これが難しいんですよね。

良く同じ話をしつこくする人っていますよね。
「一度聞きゃ~分かるわ!」
と叫びたくもなりますが、

そうもいかないことも
多いじゃないですか(笑)

アレかね?
ケアレスミスが多い私のこと、
記憶力もないと思われているのかね?なんて
考えを逸らそうともしますけれども

それでもイラつくのは
カルシウムが足りてないのだろうか。

くだらない話をぐちゃぐちゃだらだらと
長話されるのも 時にうんざりですよね。

くだらない、と思ってしまう
自分の心情に問題があるのだろうかと
振り返るんですけど、

やはり自分の余裕ランプが
どれだけ点滅しているかで
対応に差が出て来るのかも知れません。

考え方も十人十色なら 有難迷惑度も然り、
常に気遣いばかりでは
乗り切れぬ世の中でしょうけれども

鑑みる心を 全て失くさずに
歩んで行きたいものです。

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

詩の発表場所あります
自慢の絵・写真を披露したい方にもおすすめ!

ワタクシすずこが編集している手作り詩誌
ポエムサークル「みゅう」

仲間になり購読いただくと
ボツなしで冊子掲載 & CDトーク → 全国郵送★
見本誌もあります。読みたい方も連絡くださいね。

以下に本誌の写真・詳細を紹介していますので
クリックして御覧くださいませませ~☆

ミュウ 219.220号 完成♪ 

すずこのリンクはこちらから

~いつかの すずザレ~ 藤鈴呼の戯言
過去作も織り交ぜてUPしていきます☆

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

住民税は 

やっぱり 支払わなければならない みたい

そんなの 当たり前だけれども

今日は 前職の給料から

確定申告を卒業して

初めて

年末調整の書類を 少しだけ 見たんだ

だけど 算出したのは 税理士だし

申告してた頃の方が

深刻に 僕は

計算機と ニラめっ子

重ねてたんだっけ

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

ボーナスからも 所得税が

引かれるように 成ったんだよね

だから うちの会社では

ボーナスを 月々の給料に 分割して

支払われる方法を 取ってるみたい

まぁ 営業の方々のみで

あちきには カンケー無い

お話しなんですけどね~~ 

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

窓に映る景色を ずっと 観ていた

ブタを 何頭も 乗せた トラック

手をつなぐ 高校生の カップル

制服のスカートは やはり 短くて

ルーズソックス 今も 流行ってんだぁ~

しみじみしながら 車窓の中の 表情を ウォッチング

ぼぉーっとしていた 午後の 一瞬

久々に のほほんとして しまったよ

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

卵の 賞味期限が 短いから

やばいなぁ 10個入りだなんて

一人で 食派 しきれないよ

ママンは 言った

生で 食べられる 賞味期限だから 大丈夫だよ

消費期限じゃ 無いからね

じゃあ あたしの心の 滅菌期限は・・?

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

昔の言葉を ひもといてみると

自分の 言葉なのに

自分の心では 無いような気がして来て


こんなコトを 感じて居たんだ

異端児の 気持ちに 成ってみたり

月日の流れに

溜息 吐いたり

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

久方振りに 人間を見た

嗚呼 昨日 君に言ったセリフ

思い出して見る


今は 少し 機嫌が良いから

電話 掛けて来ても 平気だよ

本当は 少しでも

そんな 気持ちを 持てたなら


指だけが 何時も元気で ごめんね

指すらも 白い画面の 奥側で

固まって しまったのなら

僕は 僕で なくなってしまう


そんな 気がして

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

前向きな 曲が 流れて

君が あいのりを 見てると 言ったんだ

今度の 名曲は

スピッツ みたいだよ


一枚だけ アルバムが 手元に有るんだ

なかなか 聞かなかった 古いCD

露に 濡れて

少し 聞きにくい


結露してしまう 季節だからね

今日は とても 寒かったよ

今冬 一番の 寒さなんだって

誰かの 言葉で 知りました

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

こんな 子供時代

何故だか 自分と リンクして

いや それは 違うね


あたしは こんなにも 

愛情を 注がれて 生きて 来たんだ


だから 苦しい人の 気持ちには

成れないのかも 知れないけれど


何故だか 心から 離れなくって

泪すら 流れなかったのだけれども

ドラマだって 知っているのに

とても 空しい気分に

苛まれて しまっていた

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

攻め立てる様な 大声ならば

きっと 誰だって 知ってる


誰かの 悪口ならば

皆 わきまえてる


そう 信じたくて 生きて 居ます

今は 少しずつでも

耳の 穴から   嫌な 空気を

吐き出せる 風にと


そして 唇から  不穏な 温度を

温めて 行ける ようにと

★,。・::・人気ブログランキングへ
↑ポチッとな~☆↑


°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

桜のトンネル

Img_8898


Img_2872


Img_2870


桜のトンネル


写真は今回のみゅう裏表紙&昨年秋のフリマ風景
桜並木を愛でるのは専ら画面上になっている気がする
しかも東京の桜は見納めって言うじゃないですか!

写真の桜並木奥に君臨するのは給水塔らしい
これを見て思い出したのが米内浄水場跡
ここが両親のデートスポットだったらしくてね
桜シーズンには家族で行った思い出もありまする

こちとら朝から雨ですよ
小学校や市役所前を通ったら若干桃色だなあと
感じたけれども物足りないチック

市役所前の桜は老朽化で切る話が出ていたし
激減している様子だなあ
今週は地元の祭りがあるんだよね

二年続けて見に行ったから今年は良いかなー
と思っているところへ上司から
「すずこさん、当日は休みだからブログUP用に
撮影行く?」とか言われる始末

行きませんがな~!
こういう祭りってのはサ、行くなら個人で
楽しむべきよね

パンフ配ったりするなら
ちゃんと仕事扱いにして欲しい。
前回あんこう祭りでやった時は、出勤日でしたもの。

あ、でも 竹のからかいの時には
プライベート扱いで行ったんだけどね、結局。
トンカツおごりだから、に騙されて?(笑)

まあ誘われる内が花なんでしょうけど
休日は自分の時間ですからねっ♪

そうでなくても当初より仕事と出勤度数が増え
残業は出ない部分も多いのでね。
暇よりは嬉しい悲鳴なのでしょうけど。

あれ? 
「すずこさん、ブログやパソコンも出来るし、
こき使いたいんですよ」って言われたけど
それって こーゆーこと?

出来ませんがなー。
何時もパソコンに遊ばれてるっちゅうの。

だから
自宅エプソンプリンタのインストールしたいが
CD失くした
ネットで検索してどうにかして欲しい
と言われても無理なんですの。

その日 私 プリンタ本体と
ネット環境ない方に勤務だったから(爆)

以前 キャノンプリンターの場合は
OSが2000のものにインストールしていて
それを7でも使えるように、ってことで
ネット検索して接続したことは あるけどさ~。

何かさ、DVDインデックス印刷用らしくてね
これも私物なんだけどね。
そう言うのが当たり前になってくると
切ないですよね

大卒初任給の平均は19万8千円だったかな?
さっきテレビで見たんだけど 凄いねぇ
大卒だった記憶が一度もないから
そんな恩恵に預かれないわあ

会社によっては30万以上のところも幾つかあり
どびっくらこいたけれども。
金ばかりじゃないですからねー(負け惜しみ)
私はやっぱり「時間くれ派」だわあ。(ここは本気)

いやあ 何はともあれ
5連勤の2週間が開けて ようやっとミュウ発行!
一安心しましたがな~。

おしゃべりCD録音も平日昼間が
一番色々気にせず決行できるしねっ♪

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

詩の発表場所あります
自慢の絵・写真を披露したい方にもおすすめ!

ワタクシすずこが編集している手作り詩誌
ポエムサークル「みゅう」

仲間になり購読いただくと
ボツなしで冊子掲載 & CDトーク → 全国郵送★
見本誌もあります。読みたい方も連絡くださいね。

以下に本誌の写真・詳細を紹介していますので
クリックして御覧くださいませませ~☆

ミュウ 219.220号 完成♪ 

すずこのリンクはこちらから

~いつかの すずザレ~ 藤鈴呼の戯言
過去作も織り交ぜてUPしていきます☆

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

ポインセチアが街並みに揺れる 赤と緑に囲まれた植木鉢は茶色

 この肢体がどこまで伸びるのか試してみたくて背伸びをした

  この腕がどこまで届くのか見定めたくて 空を見上げた

   或いは 大空の下で鳴いている 小鳥になったって

    空中を 自由に飛びまわれるとは限らないだろ

     僕は 小さな羽根を 空虚に揺り動かして

      駆け回っている 一つの小さな動物さ

       何も 代わり映えのしない昨日と

        変化に期待する明日を夢見て

         少しだけ背伸びしている

          悲しげに声を立てて
        
           今は そう唯だ

            この羽根が
   
             風の中

              に


*


この 果てしない宇宙の中

たった一人の君 求め

彷徨う旅人のように

水を 求めた

僕の求めたのは

この

涙では なかった。

いつからだろう

流れ出る自然な滴を

拾い集めるかのように

君に 見せないように

隠す僕に なってしまったのは

いつからだろう

本物の笑顔の意味が

解らなくなって しまったのは。。。

*

今夜もまた 眠れないの・・・

一時の安らぎを越えて

夢の中で 貴方に会える夢

現と夢の狭間に

苦しめられてゆく

今頃の貴方は夢の中

それは解っているけれど

どうか私も連れていって

呟いても届かない

君の耳は閉じている

開いているのは唇だけ

うなされた君の横で

今夜もそっと眠りなと

最後の口づけ届けよう

幼い君の唇に

最後のキスを 届けよう

*

縦と横の位置を間違えたように

盾と矛の法則を忘れて

僕は 立ち止まった

紅い月を見上げたら

真白な灰が 立ち昇った

あの日の夕焼け雲

すじ雲が流れてゆく

見知らぬ単車が通り過ぎる

僕は一人

あの人も一人

二人の見上げる空は

いつでも同じ

二人の見上げる月は

いつまでも 微笑っている。。。。

*

● ゆめものがたり ●


この瞬間を過ぎると ボクは 楽になる

何も 考えなくて いい

夢物語に 埋もれているだけでいい

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°
人気ブログランキングへ
↑ポチッとな~☆↑


2014年4月 5日 (土)

小娘のおっぱい

Img_2834


Img_2833


Img_2837


小娘のおっぱい


真夏が似合いそうなシースルー
英字新聞のような洒落っ気も忘れず
透明感に包まれた肌

演出するのは若い監督
そこ もうちょっと 寄せて上げて

何時だって実物は黴嫌いだ
より美しく 魅せようとする

私はあの方に憧れているんです
なんてウソウソ

したり顔で呟いた視線が
斜め下に隠されていること

とうに知っているでしょう
とお 数える 必要性もなく
じゅう 唱える 必然性もなかった

そんなことは重々承知の助と はしゃいでから
振り返った瞳に映る小娘は

ちょっと しわしわで
ぷっと笑いそうになる

きっと 皮肉めいた唇の角度だと
鏡を見なくても 解っているから
こちらを見ないでもらえますか

その衝立
マジックミラーになって いるんでしょう?

知っていますよ
こないだ 聞いちゃったんです

酔っぱらって 
あなた達が 喋っていた事

性質の悪い イタズラ心だと
指摘したなら 
咄嗟に笑うのでしょうね

だけれども
むちむち感ならば
きっと 負けては いないんです

胸を張る
論理的な解明など されていない謎々を

我が解き明かした風な 颯爽とした肩口に
切り傷が 見えた

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

まあネーミングを初めて見た時にゃ~
吹いたよね

前回は
撮影せん!と鼻息荒くしていたのに
うっかり眠ってしまい 

翌日になったら
先に半分 旦那が食べた後だった、
がーん。(死語)

まあさ、寄せて上げるワコールブラCM(だっけ?)をも
彷彿とさせるんだけれども

これ、要するに、小娘だからサ
垂れてないべ? って ことなんだろうね

そんなら いっそ
梅干しの唇 とか言うパンも
開発して欲しくね゛?

な、な、そう思うでしょ?

きっと 商品的に パンだから 
しわっしわに なっちまったんだろうけれども

(むっちむちのパンなのよねー。)

仮に プリンだったら
もっと 弾力のある~♪

あ、でも、このパンも 弾力あるわよっ
何だろうか。 例えるならば。。。

低反発!!

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

詩の発表場所あります
自慢の絵・写真を披露したい方にもおすすめ!

ワタクシすずこが編集している手作り詩誌
ポエムサークル「みゅう」

仲間になり購読いただくと
ボツなしで冊子掲載 & CDトーク → 全国郵送★
見本誌もあります。読みたい方も連絡くださいね。

以下に本誌の写真・詳細を紹介していますので
クリックして御覧くださいませませ~☆

ミュウ 219.220号 完成♪ 

すずこのリンクはこちらから

~いつかの すずザレ~ 藤鈴呼の戯言
過去作も織り交ぜてUPしていきます☆

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

今年の 初詣
何年振り だったんだろう・・・

今日は 今シーズン ラストの ゲレンデ
道沿いの 墓石屋さん なのかな?

石で 作られた
サッカーポールが 有ったヨ
!_( ̄▽ ̄)ノ彡!

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

アタシも
テレビの スポーツを
楽しそうに 眺める
彼を 尻目に

ルールも 分からず
チャチャ 入れる モンだから

其れは 違う とか
言われて 撃沈
。。。//δ⌒▽⌒//

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

朝 停めた  向かいの店で  夕食ダ!



てんいつで  粘り 爆笑   重ねた ヨ



恋バナも   他人(ヒト) の 噂も   しみじみと

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

春山は  黄砂 混じりの   雪 模様



雪の色  茶色っぽくて  「此れ 泥か!?」



今週も  雪 降ったしな   オカシイな



滑りつつ  後ろから声  振り返る



「もしかして… 黄砂じゃ無いの?」 おお 其れダ!



今冬の  ラスト ゲレンデ  繰り出す日



もう春ダ   四月に入り  重き雪



滑らない   板を必死で  動かすの



緩斜面  直ぐに停止で  ツマラナイ



急斜面  コブに成り果て  デンジャラス



圧雪車  早く来い ヨ と   願う昼



夕方に   やっと繰り出す  圧雪車



イジイジと   横目で眺め  帰路の時



外に出て   雪面 踏むが  足ハマル



なぁんだ! と  妙に安心  笑顔 揺れ



堂々と   足跡 残し  帰った サ

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

エイプリル・フールだ 何の 嘘吐こう?



ゲレンデに  行く車内から  悩んで タ



午後に成り   ゴンドラ降りて   一休み



嗚呼 コレだ! 一服しつつ   言ってみた



指差して   「○○サンだ!」  言う アタシ



振り向いた   彼の仕草で  嘘 成功!



○○サン   転勤に成り  居ない ハズ



嘘 バラし  彼は一言  「ムカツク」 と



リベンジで  夜に騙され  大笑い



パソ見つつ   「アムロ 再婚!」  彼の嘘



仕返しの  成功 納め  彼 ニヤリ



「 もう少し 欲しかったよ 」 の  リアクション

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°
人気ブログランキングへ
↑ポチッとな~☆↑


ミュウ 219.220号 完成♪

Img_2873


Img_2871


Img_2869


みゅう 219.220号 完成♪

ポエムサークル「みゅう」 公開版 コミュ

●掲載・録音メンバー
吉田優子・吉田絹子/スケッチ/ペポパンプ/
麻斗維/星亭エグゼ/あおば/jiiji_oyaji/宮也千夜/
耀一朗/有里乃/砂名/まっつん/ぷよつま/白井京月/
ハンスの恋人/伊織/ロト/上下凛太/花水仙/あおい/
水野沙羅/愛香/若杉禎宏/川十青空/山本哲/白鳥ちえり/
奥津強/水穏/藤鈴呼/

■発行日■ 2013.4.15 TUE

1冊CDナシ  500小為替+80切手 各1枚
2冊+CD    1000小為替、切手2枚
口座振込可

<受賞者・人気投票者>  
アレ(虹の欠片)進呈

優秀賞(巻頭詩権)
憂愁賞(裏表紙権)
カラスの勝手で賞(表紙権)
気に入ったで賞(フリーページ権)
ミュウ賞(ラスト・ポエム権)

*権利使用と明記し投稿ください

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

219号
<受賞者・人気投票者>  アレ(虹の欠片)進呈

●表紙  耀一朗・有里乃
●裏表紙 伊織
●巻頭詩    ハンスの恋人
●ラストポエム 有里乃
 
●優秀賞(巻頭詩権) 
上下凛太 18P 真夜中に書く詩

●憂愁賞(裏表紙権) 
宮也千夜 3P ロールキャベツに完敗

●カラスの勝手で賞(表紙権) 
水野沙羅 10P 雪

●気に入ったで賞(フリーページ権)
ぷよつま 12P 独り夜に~

●MEW賞(ラスト・ポエム権)
ロト 15P 「坂道」


220号
<受賞者・人気投票者>  アレ(虹の欠片)進呈

●表紙  耀一朗・有里乃
●裏表紙 スケッチ
●巻頭詩    白井京月
●ラストポエム あおば
 
●優秀賞(巻頭詩権) 
まっつん 25P 『画家は~

●憂愁賞(裏表紙権) 
耀一朗 22P 光彩と発色

●カラスの勝手で賞(表紙権) 
ハンスの恋人 7P 愛のペテン師

●気に入ったで賞(フリーページ権)
あおば 26P 郵便局

●MEW賞(ラスト・ポエム権)
白井京月 23P 「奪われた言葉」


●人気投票してくれた人 
219号 P8 jiiji_oyaji P23 藤鈴呼
220号 P3・8 by 藤鈴呼
P14 まっつん P9 宮也千夜

●投票された人 
あおば/ペポパンプ/有里乃/jiiji_oyaji/若杉禎宏/
鴉/紫夜朔羅/白井京月

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

おしゃべりすずこ第57弾CD 
2014.3.4.Tue.REC ミュウ219.220.VER

フリートーク

まっつん

砂名
宮也千夜
はんちょう

砂名
まっつん
奥津強
Jiiji_oyaji
白井京月
あおば

星亭エグゼ


BGM

You Tube 「月の光」ドビュッシー

有線チャンネル 
C-03 SOFT ROCK

There Stands The Door (Single)
/ We Five

Walk In The Park
/ Claudine Longet

You Don’t Know Like I Know
/ Paul & Barry Ryan

All Cried Out
/ Lesley Gore

There’s Gotta Be A Way
/ Tandyn Almer

I’m Coming Home
/ S.S.T.

Can’t Play A Part Of Me
/ Alzo


A-26 週間 USEN HIT J-POPランキング

(推薦曲) Welcome to the Shuffle!!
/ BEE SHUFFLE

(推薦曲) Regret feat. LGYankees HIRO
/ Noa×ユンジ

.(1位) Wake me up / 倉木麻衣
.(2位) チョコレート / 家入レオ
.(3位) I LOVE YOU / クリス・ハート
.(4位) Door / JUJU
.(5位) めぐり逢えた(USEN EDIT) / KG
.(6位) あなたがいればOK! / Serena
.(7位) One / androp
.(8位) 日々 / 吉田山田
.(9位) AXIS
/ STEREO DIVE FOUNDATION

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

■発行■ 藤鈴呼 FUJISUZUKO

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

ミュウについて


創刊:平成5年3月1日
会員随時大募集中

B5(ノートサイズ) 30P
カラーコピー詩誌

手作り編集の郵送誌
パソコンカラー印刷し
2枚の紙を 貼り合せ
1枚にして製本。

価格は1冊あたり 
500円小為替+80円切手、各1枚
口座振込可能

2冊ずつ発行、2冊同時購読の方へ
「おしゃべりすずこCD」プレゼント

私が選ぶ受賞者5名と
会員からの人気投票者には
虹の欠片(プラバンカード)か
手作りポストカードをプレゼント☆

会員になる方法

1.私へ「会員希望」と書いてメッセージを送る
2.簡単なアンケートに答える
3.会員登録完了 ξ・。-☆

ミュウについての詳細を知りたい方・
とりあえず見本誌が欲しい方
メッセージください。

参加も脱退も自由。
好きな号だけの参加も可♪


*バックナンバーは
 最新号から遡り10号分まで受け付けます。

*誌代支払時、欲しい号を記載くだるよう
 お願いします。

*購読者優先で 作品掲載しています。
 皆の購読で成り立って居ます。

自身の投稿作品が 掲載された号は
やはり手元に届けたいと言う気持ちも有ります。

投稿だけで 購読しない場合 
人気投票コメントが有っても 著者本人に届かないと言う
ジレンマも有りますし購読メンバーの作品を出来るだけ沢山
掲載したいと言う思いからです。

購読が難しい時期の掲載見送り等、自由に対応しますので
よろしくお願いします。

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°
人気ブログランキングへ
↑ポチッとな~☆↑


春紅葉セクシィ

Img_2827


Img_2832


Img_2828


春紅葉セクシィ


この角度の立ち位置が
妙にセクシーさを醸し出している
(と思う)今日この頃
こちら 春もみじでございますの♪

場所はこちら

春が一番綺麗なのね。
お天気が良いとね
黄・黄緑・桃と三色に染まる時もあり
そらもう美しかとですよ。

雨に濡れる姿も いとをかし
葉の美しさを撮影したかったんだけどね

何故かデジ・カメ子ちゃんってば
毎回マクロ撮影が上手くいかなくってサ

アンタ、まぐろちゃうのん?(違)って
突っ込みたくも なるんですけれども。

活花してみました☆
春もみじは背景として君臨していただきまして。
あとは回廊入口に咲く水仙をゲット

山茶花(だよなぁ…)の蕾も添えて

(何かのメニューみたいなネーミング
 止めてくれる? 爆)

久々にお抹茶を点てまして。
器は三つ、同時にシャカシャカ
これ、一歩間違うと腱鞘炎よねー

あ、でも私、草取りしても腱鞘炎だし
最近富みに散る梅の花びらを箒で掃いていても
いっそ「放棄」したい程に腱鞘炎だし

原因究明なんてしなくっても
日常「茶」飯事だったんだったわ。

お見送りした後 言われた台詞

「あのお茶は表千家ですか? 裏千家ですか?
って尋ねられちゃったよー。

だから
"あの先生は裏です" って言っといたからー」

ってウラとか言われると
気分的にビミョーですけれども(笑)
違いはこんな感じですかな。

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

詩の発表場所あります
自慢の絵・写真を披露したい方にもおすすめ!

ワタクシすずこが編集している手作り詩誌
ポエムサークル「みゅう」

仲間になり購読いただくと
ボツなしで冊子掲載 & CDトーク → 全国郵送★
見本誌もあります。読みたい方も連絡くださいね。

以下に本誌の写真・詳細を紹介していますので
クリックして御覧くださいませませ~☆

ミュウ 217.218号 完成♪ 

すずこのリンクはこちらから

~いつかの すずザレ~ 藤鈴呼の戯言
過去作も織り交ぜてUPしていきます☆

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

ごめん なんて云って
君は 謝るけれど

僕こそ ごめん って
怠惰な 生活に

何時だって 終止符を
打った つもりに なるよ

そう こうして
連打している
最中なんかは
特に 、 ね

☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

誰かに
心配 されること

自分が
憶えて居て
貰えて 居ること

総てが
有難うの
一言だけじゃあ

余りにも
簡単 過ぎるかな

☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

どんな 職業だって
プライドを 持てれば
素敵な 人生を
歩める ものでしょう

かの国では 風俗嬢が
性売特別法が 施行されるに当り
職業として 認めろと
デモを 起こしたらしい

ニュース画面では
素顔 晒さぬ 覆面モード

一方 此の国では
総ての感情を
洗い流して しまう程の
大型 台風が
咲き乱れてる

今は 晴れ間
そうだ
台風の 目は
晴れて しまうのだっけ?

先日の 会話から
応えは
得られなかったけれど

どうだったっけ?
今 又
ふっ と 思い出して
考え込んで みる

☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

復活 したよって
今 この場に
挨拶に 来なければ
いけないんじゃ 無いかって

先ずは
汚い 自分の部屋を
見定めてから

おもむろに
重い カーテンを
開いて 観たよ

少しだけ 
視界は 拓けて

未だ 晴れ間は
見える みたいだ

そろそろ と
膨大な 力が
押し寄せて 来る

この 小さな 国の中で
小さな首を すくめながら

必ず来るべき 君を
こうして
待ち構えて 居るように

雨粒は 好きだし
風は 気持ち 良いのに

彼等が 結束すると
どうして
苦しめられて しまうんだろうね

☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

今日の あたしは 決行モード
飛行機は 欠航を 決め込んで
血行の悪い 手首は
昨日の バドミントンの 打ち過ぎ

ばばあ 疲れたよー
なんて 云いながら
10歳も 若い 男の子に
反撃 開始

周りで 観てた 彼女達も
疲れを 癒しながら
はやし立てる

会社の 健康診断では
レントゲンに 異常無し

しこりが 見付かったのに
これは どういう 事なんだろう

・・・もしや やぶ?
なんて 思いながら
一応 告知は してみたのだけれども

過去の 入院の 状況も
一言 云って みたりして

戻って来て
行きたかった 連休ドライブを
無理矢理に 諦めたから

雨脚は 逆に
去って しまったような

隣町までの
一時間半の ドライブだけして

スポーツも 久々にして
トランポリンで 浮遊して

ふわふわに なりながら
ふらふらに なりながら

戻って来る時は
雨が 降り出して居たからさ

ニュースで 聞いた台詞が
心の中で リフレイン したんだよ

台風は 唯一
待ち構える事の出来る 災害です

ソレ に 向かって
自ら 赴こうだなんて
浅はかだなって
ママンならば 嘆くだろうなって

無事に 戻って来られれば 幸い
何か 有った時の事を
色濃く 連想してしまう年にも
成り果てたのでしょうか

☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★
人気ブログランキングへ
↑ポチッとな~☆↑


2014年4月 4日 (金)

惑星の先に

Img_2816


Img_2815


Img_2813


惑星の先に


丁度良い角度で群がっている星達を
遥か彼方から見つめる夜
濃いガスの絨毯を乗り越えて
箒星の小言にもメゲズ
辿り着いた 一番星
自らが瞬く理由づけとしては
最高の雰囲気

カクテル ワイン シャンパン
何となく 泡の出る飲み物ならば
実は何でも良かった
それが 味気の無い
炭酸水で あろうとも
にこやかに 振り返ることが
出来た筈だった

誰かが呼ぶ私の名前に 少しの違和感
覚えたてのハミングが 半音階ズレる
指摘できる程 音には詳しくない
反吐が出る程の 不快感でもないので
放置しておいたら
星達が 文句を言い始めた

彼等は秒速よりも早いスピードで移動するので
絶対音感が必要らしい
少しの気温の変動や 太陽の角度によって
生き死にが 変わるのだ
それは 微妙な問題で
次の世は 約束されていないのですから
不安も 当然のこと

ビールに発泡酒
泡の出る液体としては 
見た目にも 判断しづらく 押し黙る
そんな瞬間を 期待していた
或いは 飲んだくれて 酔っぱらってしまえば
降り注ぐ痛みも 半減する予測
現実には困難を極めた
先ずもって 酔いの感覚が 掴めない星達

彼等を酔わせるには
どれだけのアルコールを積めば良いのだろう
はて 何処に?
宇宙船は 非常食で一杯だ
ミジンコ一匹たりとも 追加出来ない
重量の問題です! と 船長
逆らうには 荷が重すぎた

謎解きの術も知らずに
チカチカと瞳を動かすばかりで
潤う方法が 分からなかったから
ここには 天の川が あるのに
目薬よりは ちょっと加湿出来るだろうに
乾いたままの 充血したままの眼が
何時までも 何時までも 痛かった

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

雲/藤鈴呼

曇天の鱗雲は 何処か
おどろおどろしい感覚に 満ちていると 思います。

そう考えると 景色が映えるのも
引き立て役がいるから、なのでしょうね。

それが 背景となる 空であったり
借景である 山であったり、

見つめる視線の持ち主、心の余裕だったりも
するのでしょう。

安らぎを得るためには
気付ける時間も必要ですね。

*

写真 サンシュユのある風景

山茱萸 (さんしゅゆ)
春黄金花(はるこがねばな)

赤い毛氈のあるホール内で撮影したら
色とりどりで黄色の花びらが映えてますね
花瓶の色合いも存在感あるある

次にガラス越しに庭園を背景にしてみたら
これもまた ステキ
左側の奥に うっすら見える黄色い木が
本体です

更にドン! はらたいらさんに10000点(違)
これもガラス越しなんで
ちょっとクリアさには欠けるのと
今日は雨模様だったんでね
こんな感じですよっと♪

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

詩の発表場所あります
自慢の絵・写真を披露したい方にもおすすめ!

ワタクシすずこが編集している手作り詩誌
ポエムサークル「みゅう」

仲間になり購読いただくと
ボツなしで冊子掲載 & CDトーク → 全国郵送★
見本誌もあります。読みたい方も連絡くださいね。

以下に本誌の写真・詳細を紹介していますので
クリックして御覧くださいませませ~☆

ミュウ 217.218号 完成♪ 

すずこのリンクはこちらから

~いつかの すずザレ~ 藤鈴呼の戯言
過去作も織り交ぜてUPしていきます☆

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

あなたから渡された 
オレンジ色のファイル

何だか とても気に入って 
返せずに 自分で 使ってた

透明な クリアファイルの束に埋もれても  
カラーファイルと 隠れんぼしても

あなたの オレンジ ひとつだけ  
あたしの大好き お気に入り

例えば 一般国道から 
高速の 更に上を 眺めたら

最も あたしの 大好きな  
オレンジの世界が いつも 広がっている

ある夜 寒さに耐えかねて  
鞄の中身 かきむしった

お目当ての あなた 見付け出し  
そおっと手に取れば 良かったのに

思わず 引きちぎる掌に  
片方 避けた 嫌な音

ピリピリ ピリピリ 剥がれてく  
まるで あたしの 神経のよう

そっと 優しく 扱いたいの  
どうせ 壊れる 運命だもの

あなたの 消える 瞬間に  
あたしも 儚く 散りたいの.

伸びた 茎は 切って 切って  
根元が 何処か 解らなくなるまで

あなたの 命が 縮むなら  
少し のんびりとした あたしの いのち

要らないかも 知れないけれど  
あなたへ向けて 発して あげる


■ オレンジファイル ■


*


そう 僕は かなり重症な 
エイプリル患者

それは 春の訪れと共に 現れて
僕を苦しめる

あの花びらが 
どんなに綺麗だったのかすら

騙され過ぎて 
忘れてしまった

その後での お決まりのギャグに 
キミは笑い

キミを 
笑わせるためだけに 

毎日を 笑顔で 
過ごして来たかのような僕が

また キミの笑顔を 
想像しながら

キミとの関係を 創造してゆく 
だけど

一つの電波が 
途切れて

僕らの関係は 
まだ 途切れずに

キミは 本当に 
騙されかけながら

今いち 納得のいかない眠りに 
つくのだろう

僕からの メッセージが 
まだまだ残されて居る事も

知らないままで。


*


満たされなかったんだ  僕
は ずっと

或いは  君に  
抱かれて生た 時の方が

もしかすると  
倖せだったのかも  知れない。

それだけを 唯だ  
確かめて 見たくて

揺れる ライトに  
全て 預けた

君に 全てを 捧げた あの日。


君は 唯だ  笑いながら
僕の向こう岸を  通り過ぎて逝く

対岸の    微笑み。


揺れた  蜃気楼が
       未だ

              
胸に      痛くて。


凍えるような   瞳         
抱き止められない。

君が  僕の瞳を         
包み込めなかった様に。      


*

あなたの 見てくれなかった
あなたに 見えていなかった 私の部分が

私が 消えてしまった その後から
わたくし自身の 遺書となり
貴方の上に 覆い被さるのでしょう。

その時 貴方は
私の言葉を

どれ程の思いを持って
眺めて呉れて 居るのでしょうか。


出来るならば 生きているうちに 解り合いたいと
何度も 言葉を 重ねながらも

心の隙間  埋め尽くし切れない毎日が

いつまでも 続くようで
いつまでもは 続かないこと。


*


心が 疲れ切って しまって
もう 何も 出来なくなってしまった瞬間に

あなたの様に 何もせずに
ただ 生きる そのために

食事をして 風呂に入って ベッドに入る。
そんな唄も あったかな

二人の寂しさ 埋めるような
たった一つの言葉って
一体 何だろう


*

泡の中の  君を 見付けた。
儚く 通り 過ぎて逝く。

僕の 向こうで  君は 微笑った。
もう一度だけ  共に 飛たいと  哀願した。

― それでも 欲情は  叶えられずに ―


僕は 一人きりだった。

あの日 眺めた  
たった1つの  オレンジの光の様に

寂し気な 心  打ち明ける 術も  
知らぬままで。


また 君が 笑った。

どうして そう   
何度も 何度も  創られるのだろう。

輝きを 失った  偽りの 笑顔を。


久々の あの人の名前を  
聞いた瞬間(トキ).

やっぱり あの人だったのねと  
さっきの会話で 確信する。

恐らく  僕の笑顔形成には  
何一つ 貢献しないまでの

頑なな  笑顔の  腹の底での  
おねだりタイム。


受け入れる 僕は   
最も 淫らに。

交わされる JOKE も  
闇の狭間に   閉じ込めてみる。


*


そっちも 寒いんだろうね。。。
温かくして 休んでおくれよ

僕の あの人は
今頃 あたたかいお風呂の中で
ゆっくりと している頃だよね

何だか 今日は
ゆっくり 休めそうなのに

この僕も まだ
眠れずに いるようだ。。。

*


お早う 御座居ます?!  
こんなに 暗くなったのに・・・?

4時間半目の 大浴場の のれんを 
逆側から くぐり抜ければ

湯冷めもしない 熱く 溶けそうな意識の中に  
あの人の 声が重なる。

手に持った 小さな 風呂桶  
僕の家に 出張させて 欲しい位。

その中には ボディーソープらしき 
ポンプ状の 入れ物が 2つ。

私の目の前を 通り過ぎた後で 
近くの誰かに 「いらっしゃいませ!!」

あぁ その台詞 
僕も さっき 階段の上で 
言われたんだったよね。

男湯と 女湯の 入り口の処に  
黒い 長椅子が 置いてあって

中では 絶対に 吸えなかった タバコの香り 
少しは感じて居たけれど

椅子の小脇に 鎮座してる 
銀色の灰皿を 見付けたら

遠足の前日の気分よりも  
小躍りしたい 感覚に  包まれて

まるで 恋人を待つかの様に 
君には 映った 事だろうね

本当は あの人は ここには居ないし  
電話の相手も 違うのに

とにかく一服 したくなって  
大きな荷物も  濡れたままの髪も

そのままの状態で  占領した  
僕だけの為の 空間

これから温まる人も  
ホカホカ 湯気を 立てている人も

僕を通り過ぎて  
家路へと  向かって ゆくんだね。

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°
人気ブログランキングへ
↑ポチッとな~☆↑


春の覚醒

Img_2777_2


Img_2777_1


Img_2776


春の覚醒


実も心も引き締まるような
しばれる風が 空気を切り裂く

雲が割れる理由は
大抵そんなことろだ

皆が転寝したくなる陽気に
瞳を見開いて

ヒラ 平 片と繋がる花びらと
雛と惑う親心を掌に乗せたら
警笛が響いた

それは 何処までも平衡な レールの代わりに
そして 何時までも均衡な 関係の終わりに

指が痛むほどの花びら
小さく解けた 赤い糸のように
花びらの形としては
もはや 存在しない

例えば ハート型だったりした夜は
若干の期待を寄せた
温もりの外では シーツが弾けた

それが 一つ目の合図

風船は認められて 飛ばされる夢を見る
未だ空気の準備も 整ってはいないのに
或いは 穴が 開いたままだと
知っていて

葡萄のような黄色い実が
黍団子に思えて 仕方なかったのは
最近 良く見た キビタキの所為なのでしょう

名前が覚えられなかったから
そうしたのです

脳裏に浮かべた団子と滝が
幻想的にフラッシュバックされた
上目使いに記憶を弄ると
それは パチ・パチ と
暖炉の中を思わせた

軽く跨いだ薪も
もう 必要ないのです
メラメラと燃え続ける焔は
さにあらず
何時かのワタクシめの
嫉妬だったのでしょうか

目覚めよと 唱える代わりに啼く鳥を
地上に近い場所で 見つめている
空を
見上げても
空は
何処までも 遠く
何時までも 青かったから

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

写真 場所はこちら

庭園の右側に赤い花たちが見えて
その上にある枝を追っていくと見えるのが

キブシ(木五倍子)
果実に含まれるタンニンが、
黒色染料の五倍子(ぶし)の
代用になるところから命名

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

詩の発表場所あります
自慢の絵・写真を披露したい方にもおすすめ!

ワタクシすずこが編集している手作り詩誌
ポエムサークル「みゅう」

仲間になり購読いただくと
ボツなしで冊子掲載 & CDトーク → 全国郵送★
見本誌もあります。読みたい方も連絡くださいね。

以下に本誌の写真・詳細を紹介していますので
クリックして御覧くださいませませ~☆

ミュウ 217.218号 完成♪ 

すずこのリンクはこちらから

~いつかの すずザレ~ 藤鈴呼の戯言
過去作も織り交ぜてUPしていきます☆

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

忘れないよ 忘れないよと 言いながら
少しずつ 忘却していく 
心と 身体と アナタと ワタシ

どれも バラバラに 
散りばめられた 言葉たち

如何様にして 繋ぎ合わせようかと

有る者は 赤い糸を使い
或る者は 透明な糸を操る 蜘蛛を使者に任命する

死者の魂 100まで 覚えて 居られるだろうか
応えは否

何故にと 問うのならば 答え 唯だ 一つ
我が御霊が 永らえられる年輪を 超えて 居るから

確定では無い出来事に 翻弄される刹那
色んな脇道を 通り過ぎながら

左右の芒野に癒され 日々を 過ごす
雲隠れしたのは私 

アナタの脳味噌には 叶わぬコト
知って 居ながら

むんずと掴まれた襟元が どうにもこうにも悔しくて
歯を食いしばって 首を 伸ばしてみたダケで

気付いたんだ 
どうやったって キリンには なれない

言葉を操れる 人間だからこその 苦しみも
心を読めぬからこそ 生まれる 不安の種も

目の前に 導き出せたならば
土中に 埋め込むコトも 可能なのに

歯がゆいだらけのマントを もう一度 翻せは
今日の夕闇は 既に堕ち

眩い夕暮れを 見逃したことのみ 
残念に思う

新しい朝陽は 絶対に眺められないと
決め付ける自分が
唯だ 唯だ 歯がゆいばかりで。

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

みゅうメンバーの みおんから 
メッセージ★

ゆめちゃん→ ちゃん なので
女子かと思ってたらしく
。。。//δ⌒▽⌒//

そう、CDでも敬称について
語ってるけど

最近のマイブームが
「ちゃん」なので(笑)

何てーか 「くん」を出してしまうと
必ず男子ってのが
暴露されてしまうから

この際 皆 ちゃんにしてしまえば
妄想が広がって良きかな、との
アタシの勝手な判断により(笑)

まぁ~ でも
マイ・ブームの期限が
どれだけかによって
変化して 行くんだろうねぇ~。

最近の マイ・ブーム
ぶたちゃん かめちゃん は
暫く 続いているけど なっ♪

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

みおんからメールが来て、その優しさにホロリ。
みゅうの委託の話を読んで
著作権の心配など 色々と細かく書いてくれていて
本気で考えてくれていて、とても嬉しかった。

委託については、結局 
今のところは見合わせるということで、
話をいただいた つよちゃんへ伝えた。

著作権については、忘れてはならないよね。
確かに現時点で
赤字見え隠れ状態とはいえ
仲間内とはいえ
料金が発生しているから

全てのことに対して
気をつけなければならないのが
本当だよね。

CDをプレゼントにしているのは
そこが大きくってね。

皆の声、カラオケなんかを流している時点で
販売はまずいだろうと思ってて。
確かに便箋やデコメも著作権なんだよねー。

何て言うか、みゅうには
大きくなってもらいたい気もするんだけれども

何しろワタシ一人の手作りでは
掲載できる人数も限られてくると思うし、

現在は 2冊同時発行にしているけど、
これ以上 一度に編集する量を増やしては
自分ひとりでこなせる自信もないもので、

現状がちょうど良いかな、って
気持ちも有ってね。

あとは やっぱり
自分でやりたい!って気持ちが
強いのかなぁ?アタシ、と
今回改めて思いましたの巻(笑)

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

最近の三日坊主+αなマイ・ブームと化しつつある
プールへGO!の土曜日

居間では
昨夜から座椅子に倒れたままの彼

両足を伸ばし
仰向けで
両手を腹上で組む格好で

・・・まるで・・・ と、何かを思い出しながら(爆) 
ゆっくりと跨ぎ、出動
⊆|∵|⊇

本日の成果 クロールオンリーにて
600M

流石 休日陣が多いのか じゃがいも状態で 
ぶつかるは、ぶつかるわ!

水中眼鏡と帽子で
意識しないと
下ばかり見て泳いでしまうからかしらん

下のタイル模様は 格子状で
何だか 無機質な感覚を 受けるけれども

ぷくん♪という 水中での音や
丸い泡を眺めて居ると

人魚にでも成った風な
錯覚を得られるから

出来る限り 四肢をしっかり伸ばして
優雅に見える様に と心掛けつつも

重力には逆らえず
浮力から 開放された刹那 

下がる脂肪に 辟易 Σ( ̄□ ̄)!

昨日のバイト後、
来週には異動する店長へと
色紙を書いた

一番最初の自己紹介の時から
何故か詩人と呼ばれている私なりに

何か気の効いた台詞でも--
なんてコトが脳裏を掠めるけれども

数人が書いた文章を見ていると 
どれも「そつなく」こなしている、
そんな雰囲気。

自分ダケ突出するのも 
昔はそういう意味では好きだったんだけれども 

とりあえず「無難に」モードに
スイッチを切り替え。

良く100均で眺める様な カラフルペンが
袋に入って居て、

未だ使って無い色・・・と目に付いたのは
紫だったんだが、
ダイスキな色だったんだが・・・

書こうとしたスペースの隣人が
青を使用して居たので
ピンクに変更。

注意書きとして 

色紙は書き終えたら
ロッカーに隠して置くこと、

暗い色は使用不可!・・・って、
じゃあ何で
黒・灰とか入れてんのぉ
~( ̄▽ ̄~)(~ ̄▽ ̄)~  
と 軽く突っ込みながら。

嗚呼、ラストに真ん中に
「店長ありがとう!」とか
書く為(?)

2階のバックルームには
勤務前後や休憩中の人間が出入りするんだが、

中途半端な時間に
見たコトの無い
可愛らしい女性が登場。

どうやら
最近のシフトに入ってないケド
名前を聞いたら
昔っからいらっしゃる方のようで、

色紙を書きに来たらしく
挨拶を交わす。

1階に下り 帰りがてら
別の彼女へ
贈り物用の金額300円を渡す前に
少し会話をして居た。

皆から集金した6000円程で
店長に贈り物をする 買い物係らしく

店長に何をあげたら良いかなー
と聞かれる。

裏で一休みしていた彼女が
レジに出ている間、
一生懸命考えたケド、
思いつかないねぇ~。

私が退職する時は
サイフォンセットいただいた、とか
結婚の時は 自分からリクエストしたから
欲しい物で貰えて嬉しかった
とか言いながら。

日曜日辺りにハンズで偵察しつつ
決定するみたいだけれど、
果たして何になりますかー。

オーソドックス(?)なネクタイは
社員として差し上げるみたいだし、
男性への贈り物って
思いつかないだよー。

会話の途中で
詩の朗読会 最近行ってんの?
とか聞かれたケド

考えて見たら
ベンズで(下から→小声)一等賞だった時
以来じゃーん Σ( ̄□ ̄)! 

今月末は予定入りだしなぁ。
次回の朗読は 何時になりますか。。

今日は演奏会の案内を頂いて居たが
プール後 満腹で
昼寝してしまい行かず終い
。。。//δ⌒▽⌒//

昨夜は彼が飲み会だったので
夕食をはしょろうと
惣菜に頼ったのが イケナカッタのか

夜中なのに
おつまみを食べまくったのが ガンだったのか

朝から 胃もたれが 激しくって (┬__┬) 
もう 若く ないのね~ん 

何とかゆるり泳法で
胃袋を 振るいに掛けようとしたケド

帰りに寄ったスーパーで きしめんを購入し、
昼食は あっさり派に 決定。

初の ぶっかけうどんを 思いついて
にんまり ( ̄ー ̄)

大分の両親から貰った
カボスが たっぷりあるし、
大根・生姜卸と カイワレ ドン★

昨夜 食べ切れなかった ヒレカツと
残りご飯で

一口ずつ 付け合せを出したら
「つ・・けあわせ?」とか 突っ込まれつつ。

って あっさりじゃ ないじゃーん。
未だ もたれてるのは そのセイね。。

スーパーで 舞茸を 発見した瞬間には
先日眺めた サクッサクの テンプラが
脳裏を 過ぎったが、

購入もしたが、ワンパックだし、
テンプラ粉 なかった気が するしぃ、

ってか テンプラって
何の粉 はたくんだっけねー とか

朦朧と 考えている内に
手にした ワンパックで
スルーして もうた。。。

その内、その内!!

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

可愛らしい声の響く列車
ことん ことん と 揺られてる

普通 は
ごとん ごとん でしょう?

うん ちょっと 可愛いのよ
そして 軽いの

少女のような 感覚でね
だって あの列車には
はぁとが 沢山
散りばめられて いるから

ゆっくりと
想い かみしめながら

じっくりと
景色 たのしみながら

走るのよ

息切れしない 程度にね
止まらない 程度にね

ゆっくりと じっくりと
はぁと を 大きく させながら
走り続けるの。

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

忘れた曲を
釣り上げる

吊り上げた
ピアノ線

普段は見えぬが
丁度 良い

チロチロと
舌を出す 蛇も

モジモジと
身体 こすらせ

独特の 音階を
奏でる

チラチラと
品定めする

瞳の隣には
耳朶

聴こえる旋律は
戦慄じゃあ ない

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°
人気ブログランキングへ
↑ポチッとな~☆↑


2014年4月 3日 (木)

北陸春の鯉鳥梅 2014.4

Img_2756


Img_2754


Img_2737


北陸春の鯉鳥梅 2014.4
動画はこちらから

四月に入りいよいよ桜前線も近付いて来たかな?
と思う日々
山側の庭園では梅真っ盛り

淡い桃色の花びらが
庭園の広さに負けじと花開いている様を見ると
元気付けられます

そして梅なのに
桜のような気もしてきたりしてねー。


ここ数日 お天気が続いているからね 
お花見にはもって来いだわね

私は先週から平日は5連勤が続いていて、
ちょっと昼間にサイクリング花見~♪
ってわけにも行かないんですけどね
(する気もねえけどよっ)

だって、桜より梅なんですもの(笑)

写真
緑のは メジロだわよねぇ
もう一羽が何だろうか 分からないけれど
良いショットが撮れたのでは★
(絵は描けないけど自画自賛)

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

アイロン、普段かけないんだよねー(棒)
旦那は普段作業着だから
やたらめったらシャツにアイロンってこともなく
楽しておりまして。。。//δ⌒▽⌒//

基本 形状記憶シャツが大好き夫婦なのよね(笑)
でもさー こないだ 何故か
洗ったらしわくちゃになり「やがって」

「あれ? オレ、何で形状記憶じゃないヤツ
買ったんだろうね?」って
しらないよー、みたいなね。

我が家のアイロン台ね、本棚の一番上の
箱の上にありますの♪
天井からきっと10センチくらい(笑)

ほ・ほら、あれよ! 
気付かぬ内に建物が傾いていて

床にビー玉置いたら
たたたーっ♪って転がる場合があるじゃない?

そんなことが起きないように、ね、
天井とアイロン台が平行かどうか
毎日 確認しているの(4月1日)

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

白くあるべきシャツやら紙やらが
黄ばんでいると
基盤から作り直さなければならない と

開発業者さんは 四苦八苦するのでしょうか
って

「キバン」で 韻を踏みたかっただけのような
気もしますが
気にしないでください。

再生紙が出始めた頃は
トイレットペーパーなんざザラッザラで
非常に不愉快なものでしたが

最近は精度が上がったんでしょうね
制度も変わったんでしょうかね。

紙の場合は 写真印刷できるような光沢紙だと
白さが増すのと
キラキラ&ツルツルしているような印象です。

職場の印刷機は レーザープリンタなのですが
今まで写真印刷するのに
インクジェット用の光沢紙を使用していたんです

そうしたらローラー部分の(?)定着機?
で良いんでしょうか、

そこに 光沢紙に塗ってある成分が
少しずつ溶け出して
印刷にスジが出るように なってしまいまして。

結果 メーカーさんに交換してもらったんですが、
その時に インクジェット用の光沢紙なんざナンセンスだ
と言われまして。

ついでに 裏紙使用する時も
カラー出力した用紙は使うなと。
故障の元だそうなんですね。

沢山ある光沢紙、そんなら
家庭用インクジェットで印刷してみようか、とも
思うんですけどね、

個人で使うものではないが故に、
例えば 優待券を作成するのに
使ってしまったとしましょうよ、

お客様の手元に配られ、その方が雨に濡れた瞬間に
手からドロドロですよ。
染料インクですものね。おー怖っ!ですよ。

そうしてみると いっそ 
蛍光剤入りの高級紙もどきで印刷して 

ちょっと青白いけれども

「あら、何か
 ブラックライトみたいでキレイだわ☆」

なんて風味が
丁度良いのかも知れません(謎)

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

詩の発表場所あります
自慢の絵・写真を披露したい方にもおすすめ!

ワタクシすずこが編集している手作り詩誌
ポエムサークル「みゅう」

仲間になり購読いただくと
ボツなしで冊子掲載 & CDトーク → 全国郵送★
見本誌もあります。読みたい方も連絡くださいね。

以下に本誌の写真・詳細を紹介していますので
クリックして御覧くださいませませ~☆

ミュウ 217.218号 完成♪ 

すずこのリンクはこちらから

~いつかの すずザレ~ 藤鈴呼の戯言
過去作も織り交ぜてUPしていきます☆

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

ヒーターの調子が ずっと悪い

Eセブンスの エラー表示

治らないんだな・・・

☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

出勤しようと 玄関を 開けたら
斜め向かいの 女性が
敷地周辺の 草刈りを していた。

もう 春 真っ只中だし
虫も 這い出て 来るからかな って
考える 暇も無く

鍵を 掛け終えた 瞬間に
『 オハヨウ ございます 』 と 
声を 掛けた。

振り向いた 彼女から 
聞かされた 真実

彼女の 指差す 方向に
真っ赤な 車が 座ってた。

ボヤで 済んだ らしいのだケド
丁度 ボクが
マッサージと 
久々の ドライブに 埋もれてた頃の
出来事だったのだと
知らされたんだー



雪の 白に 感動してる 頃

外観からは 分からない

赤が 焔が 部屋を 染めてた

°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

冷たい ピザを チン して
また
冷たくなったのを 口に しながら。。

かみきれない。。 歯が痛い・・・
でも あごは 丈夫に なる。

そう
歯が 相手だと するならば
あごは 自分自身の
気持ち なのかも 知れませんな。。

そんでもって
ピザは 恋 ってな もんでしょうか。。。

°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

連絡が こなかったら 覚悟する

この 一文を 読んで 思ったのは

やはり 何か 理由をつけて 

自分の心を 動かしたいっていう

迷いの心が 読み取れて しまいます

☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

何しろ 忘れたくても 心は見えませんから
忘れられないことも あるんですね、
なんてことも 思いますが。

確かに 日々 逢う関係より
時と間合いを置くと言うことは
相手自身を見なくてすむのだから

「見えなくてなお 募る想い」

乗り越えた場合は 忘れられる方向に 
味方して くれることで せふ。

それ以前に
逢えない分だけ思い出す
の方式は
なかなか 否めないかも 知れませんが。。

逆に 見えて 
嫌なところも 見えて
わすれようかな って 決定付ける 気持ちに
心が動く場合も 然り

見えないと 良かった部分だけ 残るのは
思い出と言う名の 
鉄則かも 知れませんから。。。

°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

気分が乗らないと何もせぬ日々が続いて

復活するとメール一番でレス戯言に埋もれるから

なかなかミュウも他の作業も進まないのだけれど

何とか布団の落ちた部分を 元に戻して

洗濯機も回して 掃除機は こないだ 台所に掛けたけど

部屋の中は 新聞が転がってて

家計簿も 付けてないのだけれども

あいのりでも観ながら

忘れかけた 恋の欠片でも 眺めることと しようかな。。。


急に 髪を切りたくなってしまってね

さっき 切って来たんだけれども

何か 久々に  誰かに髪を触られたような。。 爆

心地良かったなー

眠くなりますねー なんて お兄ちゃんに言ったりして

ショートっぽく バラバラカットに まとめて貰って 満足☆

☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

きゃはは。。。
むこうは 猛スピードなんだけれども
こっちは レス形式で上げてるから。。
でも むこうのほうも
滞ることは あるんだけど
やっぱ カキコがあると
レスするまでは
更新が 途絶えてしまうからのぅ。。

°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

宇宙との 交信

僕等は 行進

何処まで 歩いてみたって

後進する恐怖と 戦い続ける

°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★
人気ブログランキングへ
↑ポチッとな~☆↑


2014年4月 1日 (火)

後光が差した

Img_0061


Img_0060


Img_0059


後光が差した

写真 2014.1.2  

黒姫山を撮影したくて
助手席からデジ・カメ子ちゃんを構えていたら

後光が差したかのような美しさに 思わずパシャリ☆
する瞬間が 多かったことですよっと♪

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

花丸が欲しい


私が紡ぎ続ける生活を趣味にするキッカケとなった人は
小学校2~4年あたりの担任だった 村上玲子先生

この辺りはガリ版なんかもギリギリあったような気がする
印刷室なるものでインクの臭いがしていたような。

業者作成のテスト用紙は真っ白だけど
保護者に配られるプリントや簡単なテスト用紙なんかは
薄汚れたような色合いだった(笑)

当時 一人勉強ノートなるものが存在していた
帰宅後 宿題や自己勉強する内容を書くノートだ

テストでもそうだけれども 提出して出来が良いと
花丸や「たいへんよくできました判子」が押されていた

これが妙に嬉しかったんだよね。
何かさ、「でかしたぞ私!」の証と言うかさ。

…まあ、大抵の皆のノートに描かれていた筈だが
余り深くは追及しないことにしよう(笑)

段階はあるんだよね。ちゃんと。
一重丸 二重丸 花丸 みたいにね。

大人の階段のぼる~♪ って歌で
ドキドキするような感覚?(違)

夏休みになれば ラジオ体操カードがあって
シールを溜めていくのも楽しかった!

だが同じシールでも 
営業時代のノルマ達成グラフなんぞは
苦痛でしかなかったぞ!

今は運動会の徒競走でも順位を決めないだとか
テスト結果のランキングを貼らないだとか
そんな感じなんでしょうね

まあ、ランクにもよるけどさ
個人としての勝負ならば 幾らでも良いけど
ノルマ達成の場合 グループ分けされて
連帯責任みたいになるのも 嫌でしたね

私、球技とかダメなんですよ
独り黙々と走る 中距離選手でしたから(笑)

褒められても その気になっても
天狗になっちゃあ イケマセンよね

ある程度の自信と適度な謙虚さが必要な
世の中なんでしょう

まあ 自分の事は好きだけれども、何か?
(やっぱ ナルかっ!)

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

目と言うのは


口ほどに物を言うらしいですから
瞳の写真は意思の強さをも
映し出しているのでしょう

アイプチ(でしたっけ?)なるものも
今ほどメジャーではなかった学生時代、
(って今はメジャーなの? 測るの? 違) 

「二重で良いね」なんて言われることも
ありました。

人間、ないもの強請りをする生き物ですものね。
寧ろ私は「切れ長の瞳」に
憧れたりしましたけれども。

私の妹はね、奥二重なんですよ。
あーヤバイ、二重、二重って連打していると
羽二重餅が恋しくなってしまう
(やはり食い気)

お互いに実家を出て暫くぶりに会った時
二重になっていたので 聞いてみました

「何かしたの?」
「うん」

「・・・え゛っ」
「いや、あの、洗濯バサミ?」

「はあ゛っ?!」

「あ、違った。それは鼻だった
 瞼はね 二重になぁれ~♪って唱えながら
 毎日 クリップみたいなので欲しい線の位置を
 なぞっていたら いつの間にか」

「なぞって出来るんだ。。。謎だ。」

で、鼻はね、我等 団子っ鼻なんでね
気持ちは分からなくはないですよ

ただね、腫れて膨張したらしく
諦めたんですって。(ちーん)

二重もねぇ、どんぐりまなこで
コンプレックスになっていて
嫌いって人もいるし
人それぞれですよね。感覚って。

しかし、カラスは大好きな私だけれども
目の横に居るカラスには
未だ出会っておりませぬ。

…そりゃそーだ、鏡見る時
目ぇ 見開いてっからっ!

年を重ねるごとに現れる
指標(?)の一つでもありまするなっ♪

あとはアレね、充血しているかどうか
って言う問題以前ですよ。

以前、「この白い目の青い目は永く続かん」
と思って
自らの瞳を撮影した時があったんですけどね、

その後 見事に青く白い目は
幻と相成りまして。

若い頃は特にね、白目が青味を帯びていて
美しいったらありゃしないですよねー

良く飲み過ぎなんかで肝臓にクルと
白目は黄味を帯びるじゃあないですか、
「君の目は黄味だね」なんつって
(其処イラナイ)

お孫さんを目に入れても痛くないない♪
なんて台詞もありみやんすけどね

充血の場合はアレですね、
目の中に 大槻ケンジさん登場ですよ!
本物は、目の中には入らないですよ!

ってかピキピキ雷マーク(勝手に命名)は
目の中じゃなくて横に描くものですからね、
場所が違うんですけれども 

充血したら白目に
血管が浮き出るじゃないですか、

それよりショックなのはね、
内出血ぽっち、ですよ。

これ、疲れが取れても
ポッチは取れませんからね!
撮れるけれども消えませんからぁ~
あ゛あ゛~(号泣)

という年の重ね方も
中々良きものかな。

寝不足で三重とか 良くやりましたけれども
年を重ねると
もっと上の部分が窪んで来たりしますよね

以前 母がぼそっと呟いた台詞がリアルでした

「人間ねぇ、年取ると 瞼の上が落ちて
 鼻の横頬が出て 骨格部分が張って来るのよ
 そうするとアレよね、骸骨に 近付いて行くのね」

骨~ ぼ~ん ぼ~ん…♪
あ、時間だわε=┏(; ̄▽ ̄)┛

*

今回の「きっかけびと」はこの方★

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

詩の発表場所あります
自慢の絵・写真を披露したい方にもおすすめ!

ワタクシすずこが編集している手作り詩誌
ポエムサークル「みゅう」

仲間になり購読いただくと
ボツなしで冊子掲載 & CDトーク → 全国郵送★
見本誌もあります。読みたい方も連絡くださいね。

以下に本誌の写真・詳細を紹介していますので
クリックして御覧くださいませませ~☆

ミュウ 217.218号 完成♪ 

すずこのリンクはこちらから

~いつかの すずザレ~ 藤鈴呼の戯言
過去作も織り交ぜてUPしていきます☆

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

いちじくは 雄の木と 雌の木が 有るらしい
ところさんの 目が天の 番組を
ぼおっと しながら 見てた

蜘蛛の 世界では
確か
雄は 小さくて
雌は 雄を 食べてしまうとか
そんな 記憶が 有るけれど
魚の 世界でも
雄が 大きな雌の 身体に ひっついて
いずれ 同化していく種類が
有ると 知ったのは
昔 深海魚の テレビか何かを
眺めてた 時だった

日本に有る イチジクの木は
全て 雌で 有ると 言う
どうやって 受粉するのかって
話題に 成って 居た

受粉用の イチジクバチだかという
小さな 虫が 居るらしい

そのハエが
イチジクの 実の中に 入って
受粉 させるのだと 言う

そもそも イチジクに
花びらは 無い
実の中に 花びらが 組み込まれてる
品種なんだそうだ

実の 入り口は とても 狭くて
一度 入った 蜂は
実から 二度と 外に
出られないのだと 言う

花には オシベと メシベが 存在する
イチジクの場合
雄の実にも 雌の実にも
中に メシベが 有るのだと 言う

雄の実の場合は
メシベは 退化して居て
短いのだと 言う
入り口には オシベが 有るのだ

例えば イチジクバチが
たまたま入った実が
雌の実だった 場合
雄の実より 長い メシベに
ハチは 身体の花粉を くっつけてあげて
受粉完了と 成る

この イチジクバチは
反映する為に
イチジクの 実の中で
産卵を するらしいのだが
雌の実で イチジク本体に 受粉させた場合
自分は 産卵 出来ないらしい
何故ならば ハチが 産卵する為の 卵管は
メシベの 奥の方に 有り
雌の実の メシベは 長いので
卵管まで 届かないのだそうだ

イチジクバチが 産卵 可能なのは
雄の実の中の メシベで 有るそうだ
だから イチジクバチに とっては
雄の実の中に 入れば
自分は 産卵 出来るのだと 言うコトらしい

イチジクバチが 雄の実に 入れば
イチジクは 受粉 出来ないけれど
ハチの 子孫は 反映する
イチジクバチが 雌の実に 入れば
イチジクは 受粉して 貰えるけれど
ハチは そのまま 実の中で
息絶えて しまうのだそうだ

さて イチジクバチが 雄の実の中で
子孫を 残せた場合
イチジクの 実の中では
ハチの 子孫が 沢山 生まれる
彼等は イチジクの 実の中で
それぞれが 交尾して
又 子孫を 残して 行くのだと 言う

イチジクバチが
雄の実と 雌の実に 入る 確立は
半々で
もう 数千年も その体系が
営まれて 居ると 言う
これを イチジクと イチジクバチが
共に 進化して来たと 言う意味で
共進化 と 呼ぶらしい

イチジクの 雄の実の中で
ハチは 目覚める
雄のハチ と 雌のハチが
数匹ずつ 居るらしい
ハチは 単体では
イチジクからは 出られない
イチジクの実は
内側に 食い込むような ヒダに成っており
一度 入り込んだら
出られない構造に
成って 居るらしい

だから ハチ達は 協力して
雌の ハチだけを
外の 世界に 出すのだそうだ
雄が イチジクの 花弁を 押し上げて
雌を 必死で 出して あげるらしい
雄は 雌を 外に出してあげると
実の中で 息絶えるらしい
だから 産まれた 雄のハチは
一生 実の中で 過ごすらしい
それだけに 羽根は 無い形なのだそうだ

外に出た イチジクバチは
又 雄か雌の 実の中に 入り
自らの 反映か
イチジクの受粉
どちらかを して 息絶える・・・

切ない イチジク ストーリーだね

私達は 二人 同じ 角度で
同じ 景色を 眺めて
同じ 感動を 共にしながら
歩んで 行けたなら 良いのにな

キレイな 外の 世界も
二人で 堪能して
苦しい 時間も
二人で 乗り越えられる ように


   『 無 花 果 』


すずオリジナル♪共進化♪2007.5.21

歌詞はこちら

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°
人気ブログランキングへ
↑ポチッとな~☆↑


« 2014年3月 | トップページ | 2014年5月 »