« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »

2014年3月

2014年3月30日 (日)

デスクトップ画面

365


364


363


デスクトップ画面

私のは現在22型ほどだった気がしますが
当初に比べたら「大きくなったなぁ♪」と
頭でも撫でてあげたい気分です(笑)

やはりOSは7が使いやすいですね。
8は職場で触っていますけれども 
どうも慣れなくて。

パソコンはパーソナルコンピューターですが
職場ではパブリックコンピューターになっていて。

事務所のパソコン場所も散在しているから
ちょっと作業場所を交換する度に
今まで作成していた書類フォルダを出し直したり
USBを持ち歩いたり とにかく効率が悪い

接客とかしている合間にね
ちゃちゃっと出来そうな作業にね
やたら時間が かかる

そんな作業を何度もしている間に
書類、完成すると思うんですが致し方ありません

マイパソコンを所有できた職場は
今思えば 有り難かったという事ですね

数人で作業していると
ファイルを保存する時に
皆 デスクトップに入れたりするんですよね

これが続くと 重くなって仕方ない
業を煮やして 一つのパソコン内のデータを
デスクトップじゃなくて せめてCドライブ内に…
と思い立ちました

まあ でも 分かりやすい場所じゃないとアレなんで
結局 マイドキュ内に したんですけどね。
ただ、これ OSが7のパソコンなんで。
8の場合 マイドキュの位置って どこ? ってのが
今イチ 分からない

私 パソコン 詳しくないんでね
今度 聞いてみよう♪

他にも デスクトップには
ショートカットのアイコンも多すぎる
軽くイラッとしますね

何か スッキリしないんですよね
汚い。 見た目も汚い感じ。

さあ~ これから作業すっぞ! って
テンション上げたいですものね

開いた瞬間に 「げ、何これ。うぜぇ」
これは 避けたい

そう言えば 先日 聞かれたんだった
「ショートカットって何ですか?」

きちんとした説明が 出来んかった
「アクセスする為の道標」みたいな事ですよね

プログラムから 一一 開いてたんじゃあ
時間が かかるから
普段 良く使用するアイコンを
デスクトップに出しておくって 作業

数台のパソコンから 共有フォルダにアクセス出来る
そんな方法を とっていると
必要な書類に辿り着くまでに
何度クリックせなあかんのやボケ!
となる。

毎回 なる(笑)
しかも 開き方によっちゃあ
上書き保存でエラーが出たりする

そうすっと 
コピー保存したり
名前を変えて保存してから 

原本削除して
コピー保存したファイル名を また変更したり
とにかく ややこしい

しかも 前述の通り パソコンで作業していて
開いたまま
御客様対応なんかしている内に

そのパソコンに誰かが座ってたりすると
別のパソコンに移動しての作業になるんですが

その際 
共有フォルダを中途半端に開いた状態だと
またエラーになったりもする

メール受信はね 良いんですよ
どのパソコンでも 受信できる

ただ 送信済みメールを 確認するのは
送信したパソコンでないと 出来ないんですよね

だから 作業中に
「先日送ったメール どうだっけ?」
この確認がね 出来ない場合が 在るんですよね

何しろ シンプルが 良いですよね
何で簡単にいかんのやろ。と 思う。

簡単な方法はさ、PCにすれば良いんですよ
パブリックじゃない方ね
文字通り パーソナルコンピュータにしてさ

自分色にカスタマイズして 
それぞれ作業すりゃあ ええ
それで もーまんたい、でんがな。

ほんなら 
デスクトップにショートカットがあろうと
作成済みの書類が放り込んであろうと
自分のだから 一目瞭然ですやん

あ… でも これ 無理だわ
先日 御達しがあったばっかだった

「印刷時は 今までカラー設定にしていましたが
今後はモノクロ設定(トナーもエコモード)にする」

あ゛~っ。(頭を抱える仕草)
切ないようおうおう。

何かさ、昼休みになると真っ暗になる
お役所なんかを 思い出したりしてね

一歩間違えると 感覚が みみっちくなる
けど 節約は大事なんですよね

アレですかね 苛立つと掃除したくなる癖って
ありますかね
昨夜は 旦那が掃除してくれました

真夜中過ぎに 色々とまとめてくれた
ビニール袋を ガンガン捨てる音だけが
賑やかだった 夜

ってかさ、捨てたいのは
みみっちいと思う心 なんですけど?
~( ̄▽ ̄~)(~ ̄▽ ̄)~

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

緑色のライター


ケーキのように生きるには
どうすれば 良い?

先ずは 甘いクリームを
塗りたくること

言いたい事も 飲みこんで
ふわふわとした 笑顔で

一瞬で 溶けてしまうような
夢見心地で 繋いだ心

でも ちょっと 違った
ケーキの横には 何時だって
ライターが あった

昔は マッチ だったのに
今は カチッと鳴る
緑色の 便利道具

嗚呼 そうか
自然と おんなじ色だから
ちょっと 優しいんだね

幾ら 世の中が
動きやすく なったとて

変われない 存在も ある
逆らえない 人間も いる

だけど
このままで 良いんだ

しゅぼっ と 灯るたび
一つずつ 重ねて行く
笑顔の花が
見えた 気がした

*

今回の戯言「きっかけびと」はこの方★

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

写真 すずオリジナル アクリルブレスレッド

363 空と雲(15.7センチ) 
ちょっと曇天に近い雲の色合い☆
青12ミリ キラ水色8ミリ パール6ミリ

364 あかつきあき(16.5センチ) 
暁・秋ですネ☆ 夕焼けの時間帯は貴重です。
ミラーボール紫10ミリ 紫12ミリ 10ミリ キラ桃8ミリ

365 緑のこし(13.5センチ) 
少しだけ緑の残る庭園風味でどうぞ☆
陶器風緑10ミリ 緑・青10ミリ

アクリル・ブレスレッド 在庫

他の作品を眺めてみたい方は 上をクリックすると
動画で見られますヨ☆

さらに欲しい方は・・・
たまにフリマ出没しますので お楽しみに(笑) 
既に お嫁に行った子も多数★

郵送詩誌みゅう購読メンバーになった方には 
特別プレゼント☆

見本誌もありますので 
興味のある方は 連絡くださいネ☆

以下に本誌の写真・詳細を紹介していますので
クリックして御覧くださいませませ~☆

ミュウ 217.218号 完成♪ 

すずこのリンクはこちらから

~いつかの すずザレ~ 藤鈴呼の戯言
過去作も織り交ぜてUPしていきます☆

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

夜中 眠って居ると
彼が ようやく 寝室に来た

やおら 懇願するかのように
「実家に帰らないで・・・」 の台詞を
連発する

私が 眠って居るのを 知っても
止められぬ台詞に

どうしたんだろう? と 思いながら
一瞬の 記憶は 途切れ 夢の中

翌日 起きて そんなコトも忘れ
寝室で ゴロゴロしてる 彼と
会話してる時
理由が 判明した

何でも 私が 実家に 帰る 夢を
見たのだそうだ
成る程 納得・・・ 其の 夢とは・・・?

私は 中華鍋で 料理を作って居た
料理の数は 10種類程
何と コンロも 同じ数 有ったよう

食べ終えた 私は 大量の 中華鍋を 洗った後
少しでも 早く 乾かそう と

コンロの火を 全開にして 
その上に 
鍋を 置いていたのだと言う

激昂した 彼は 
今までに 無い程の 勢いで
私を 怒った

すると私は 
泣きながら 出て 行ったのだ
と。

聞きながら 大爆笑。

丁度 実家に帰ろう
と 計画してる 最中だった だけに

計画を 変更して 
と 言われてるのか と思って

真夜中 半分 覚醒しながら
考えて しまったじゃあ ないの・・・

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

あたしが 好きな 餃子は
シソ餃子

昔 母が 購入して来てくれたのに
ハマったのが キッカケ

ギョゥザは 手作りしない 家だから
買うのが 当たり前 だった

シソの 香りが フワリ と 鼻先を かすめ
食欲増進に 一役 買うんですわ

先日 永遠の ミュウ会員 吉田優子の 母
絹子さんと 一緒に 横浜ローザを 観に行った

帰り道 彼が 寄り道を 提案した
ビルの中を 入って行くと デパ地下の 雰囲気

目の前に 点天・・・ だったかな
餃子の 試食コーナー

生ヤツハシを 小さくしたような 形で
薄っぺらい 面白い餃子

ちょっと高かったけれど 購入♪
これは 有名みたい??

賞味期限は 三日くらいあるから
二日に分けて 食べようと したけれど

翌日の夜 フライパンで 
「とりあえず」 全部 焼いたら
我慢 出来なくて

少し 弁当用に 取って置こうかな? 
とか 思ってた癖に
全て 胃の中に 納まりましたとサ~~~

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・° 

最近 CMで 伊藤英明さんが
頭皮を ブラッシングしてるの 見ると
ガシガシっ て 気持ち良さそうだな って
思う

トニックシャンプーは メンソール入り なんだね
シープリーズ シャンプーは スースーしそうで
気持ち良さそうだな って 思いながらも
使った コトが 無い

美容院に よっては マッサージして くれたり
するじゃない?

幾つかの美容院では 頭皮のマッサージ前に
スースーする シープリーズみたいな 香りのする モノを
頭皮に スプレーして くれるんだよね

これが 香りも 感覚も 心地良く
癒されるんですな

だけど ここ数年 ずっと ダブを使ってるから
スースーとは 無縁

液体 って いうよりも 沼って感じで
ドロドロしてるから 

ちゃんと 洗い流さないと
ベタベタ して しまうんだな

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・° 

指の綺麗な人に 憧れる
爪の綺麗な女性も 好きだ

ゴテゴテと 絵画のように
もはや アートな マニキュア
最近は 流行してるけれど

清楚な爪が 好きだ
キラキラなんて してなくて 良い

塗るならば 最低限で
それが 一番
素材を 引き立たせる

きっと 料理と おんなじだと 思うから

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

良く有るなって思うのは
誰かが何かミスをして
それを防止するために

ちゃんとしてる人たちが
借り出される 切なさ

言い聞かせるのは
確かに大切だって 思うけれど

コトを起こした 本人は
既に その場には 居ないのだから

防止策は もっと 早めにしなければ
意味ないよね

意味ないってことは
ないかも 知れないけれど・・・

そんなコト 思って
更に 切なくなって しまうんだ

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

花の笑顔に 癒される
陽の光 一杯に 浴びて
舞う瞬間を
少しでも 遅らそうと
必死な 彩りに
胸を ぎゅっと 締め付けられる

愛でた アナタが
居なくなっても

同じ 場所から
新しい 息吹を 
絶やさずに 魅せて呉れる

いつまでも
終わるコトなく
この 美しさが 続きますように

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°
人気ブログランキングへ
↑ポチッとな~☆↑


キクザキイチゲの生た丘に

Img_2226


Img_2225


Img_2224


キクザキイチゲの生た丘に


花は太陽が好き
夕方になると萎んでしまう理由
それは 闇が 怖いから

昼間になると
そりゃあ 天敵も 多いけれども
朝露も 温かくなって
笑顔のように 耀いている

冬の 落し物
隣の丘から 運ばれて来た
赤い花びら

あれは 山茶花って言うんだよ
椿の花が 教えてくれた
君は白く
ぽつんと転がっている
低く 項垂れた首が
ちょっと 哀しげに 歪んだ

光に包まれて
薄紫の 細長い花びらを
風に 漂わせる 三人娘
花びらの寂しさを 汲んで
慰めても いるようだ
両手を広げて
護っても いるみたいだ

一陣の風
思ったより 強力で
花びらは 放たれた
虚空へと飛ぶ 逃避行

居なくなった地は
いつまでも 土色に非ず
次の春を 運んで来る
新たな芽が 直ぐ 其処に
新たな目が 直ぐ 其処に

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

写真の場所はこちら

雨降りにも花びらを閉じる様子は
寒さに震えているようにも 思えます

赤い花びらの椿も あるんですよね
花びら一枚ずつ ハラハラ落ちる山茶花と違い
椿はポタリと落ちるので
お見舞いには相応しくないと言います

色々な種類が在りますから
椿でも ひらひら落ちるのも あるんですよね

動かなくなった ヤモリを
少し 持ち上げようと してみました
昨日 旦那が確認した時点では
尻尾が くっついてしまっていたようでした

スポイトで与えた水分が 消えていましたので
飲んだのだろうか とも思いましたが
昨日は20度近くもあり
室内で半袖でも 暑いくらいでした

「蒸発しただけじゃない?」
確かに 窓際からの西日は強烈だったでしょうし
もしかしたら そうかも知れません

眠る前になり 尻尾がくっついた理由を
考えてみました

私が与えた水分が 何らかの形で
身体の下に敷き詰められて
傷口と くっついて しまったのかも知れないなあと。

今日になり 改めて持ち上げた時は
黒ずんでいた尻尾と片足部分が 赤くなっていました

そうか あの時は 壊死したかと思ったけれど
どうやら 内出血だったようです

外は涙雨
明日になったら 土のあるところに
連れていきたいな

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

詩の発表場所あります
自慢の絵・写真を披露したい方にもおすすめ!

ワタクシすずこが編集している手作り詩誌
ポエムサークル「みゅう」

仲間になり購読いただくと
ボツなしで冊子掲載 & CDトーク → 全国郵送★
見本誌もあります。読みたい方も連絡くださいね。

以下に本誌の写真・詳細を紹介していますので
クリックして御覧くださいませませ~☆

ミュウ 217.218号 完成♪ 

すずこのリンクはこちらから

~いつかの すずザレ~ 藤鈴呼の戯言
過去作も織り交ぜてUPしていきます☆

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

やっぱり 久々に 
包丁でも握ってみようかと

出来合いの けんちん汁の具材を
投入してみたり

タイムサービスで 
『 安かったから 』 の 
K’s.CMよろしく

ベーコンとか野菜を 
炒めてみたり

久々に活躍した 炊飯器なんかを 
眺めて見る夜なんかは

それだけで お腹 一杯になる事 
否めないのですな・・・


コラーゲン云々の手前に 

先ずは日々の自炊を完成させる事が 
先決だったり・・・?

鍋とか 久々に 
モノ入れてるようじゃあ

鍋が 風邪 引いちまうだろ?

°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

朝からラジオで 
地震情報なんかを聞いてたけれど

他人事では無く 夜半辺りから 
台風の襲撃を受けるらしいと知り

一足先に 雨の音を 
聞きながらの 夜

火曜サスペンスは 
見ないけれど

サスペンスよりも おどろおどろしい 
外は 見ないよ

°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

最近 ハマッてるのは 
月曜の 夜かな

やはり 東京湾景に 
ハマってしまっていたりして

今は ミズキありさ ドラマ 
観てるけれども

この人ってば 
ナースキャラの方が

やっぱり あわてんぼうぶりが 
可愛い感じだったのかな?

少し 老けたのかな? なんて
他人のこたぁ 言えません

沢山 眠った筈なのに 
目の下の隈なんかを

改めて ミュウを見た会員なんかに 
指摘されると

嗚呼 そうだよなぁ なんて 
一人 納得。

プリンタのセイには しきれない 
責任転嫁不能っ。

☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

今夜は 何を 食べようか って
自炊 しなくなって 久しいのは

弾き語りの 練習を
一刻も 早く したかったから

そんな 言い訳を 重ねながら
昼は 事務所の下の店で 買い食いし

夜は 近くの コンビニ か スーパーで 
買い込みしてた。

そんな 怠惰な 生活を 
払拭しなければ と

ハッと させられたのは
仕事中の 会話にて

『 どの位の頻度で お茶を 購入してます? 』 
と 聞かれ

『 ほぼ 毎日です。
 場合に よっては 朝と 午後に 二回とかー 』 

と 報告してた 時の事。

『 毎日かあ~ 何とかしないとね。
 下の店だと 高くついて 勿体無いから

  銀行に 行く時なんかに スーパーで 買い溜めした方が
  安上がりで 良いよね 』

そう 言われて ハッとしたんだ

☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

目の 冴えるような ブルー。
群青色は 大好き。

ナンバーは 湘南。
嗚呼 海を 連想させるよ ネ!

目を 閉じて  耳を 済ませば
きっと 潮騒の 音がー

そして 鼻を かすめる 浅の 香り xxx
( 今、 出勤中だろっ! )

夏も 終わったし
波の代わりに 流れる様な 渋滞じゃあ
今イチ 酔えないよなあ xxx

( その前に 『夏嫌い』 の 癖してっ! )
さも 有りなむxxx


    〓 朝 国道の ぼやっきー 〓

★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

風が びゅんびゅん 凄いです
窓を 開けると 突風が xxx

それでも 煙草 
舞わせて 出勤 xxx

☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

この時間帯に メルってると
必ず 電話が 掛かって来て

自動的に 出てしまう状況に 陥るんだ。

そうさ 出たく無い 相手と 迷惑メルだけは
何時だって タイミングが 良いと きている。

まるで ボクとは 反比例なんだよー



タイミングの 悪い相手と
ウマの合わない 相手

性格じゃ 無いよ
相性じゃあ 無いよ

何時だって 自分に 
言い聞かせるけれど

とにかく キミとは
駄目なんだっけね

★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★
人気ブログランキングへ
↑ポチッとな~☆↑


2014年3月29日 (土)

アンソロジー3分作

Img_2612_2


Img_2603_2


Img_2604_2


Img_2605_2


Img_2606_2


Img_2607_2


Img_2608_2


Img_2609_2


Img_2610_2


Img_2611_2


アンソロジー3分作


キューピー3分クッキングで作れる料理の話では
ありませんで 

アンソロジー本 3冊読破したっちゅー話ですわ。

三人の人気作家が、いちばん読みたいテーマを、
いちばん読みたい作家に「お願い」してできあがった、
完全新作アンソロジー!
運命の出会いを探しに来てください。。本とも、人とも。

大崎梢リクエスト! 本屋さんのアンソロジー
[単行本(ソフトカバー)]¥ 1,680

飛鳥井千砂、有栖川有栖、乾ルカ、門井慶喜、坂木司、
似鳥鶏、誉田哲也、宮下奈都、吉野万理子の各氏。
大崎さんの新作ももちろん収録


近藤史恵リクエスト! ペットのアンソロジー
[単行本(ソフトカバー)]¥ 1,680

我孫子武丸、井上夢人、大倉崇裕、大崎梢、太田忠司、
柄刀一、汀こるもの、皆川博子、森奈津子の各氏。
近藤さんの新作ももちろん収録。


坂木司リクエスト! 和菓子のアンソロジー
[単行本(ソフトカバー)]¥ 1,680

小川一水、木地雅映子、北村薫、近藤史恵、柴田よしき、
日明恩、恒川光太郎、畠中恵、牧野修の各氏。
坂木さんの新作ももちろん収録。


レンタルショップでバイトしていた頃
中古本の買い取りもあったんだよね
アンソロジーは 基本 不可なんだけれども
この3冊の場合は OKなんだろうなあ。

いつものブックカバー カレンダーバージョンで
覆っているからサ
読み始めて 3部作だってコトを思い出したのは
3冊目に入る頃だった(爆)

これを詩誌で再現するとあらば 
お題を出し合う形になるんだろうけれども

みゅう号外 みたいな発行にしたくても
アレですな、通常号でさえ発行遅延で
季節感 台無しなのに どうしようか、

あ、そうか
今から募集するのだとしたら
「バレンタイン特集」とかに すれば良いんだ!

こないだ終わったばっかやん!
でも、これが一番 確実な気がする(笑)

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

詩の発表場所あります
自慢の絵・写真を披露したい方にもおすすめ!

ワタクシすずこが編集している手作り詩誌
ポエムサークル「みゅう」

仲間になり購読いただくと
ボツなしで冊子掲載 & CDトーク → 全国郵送★
見本誌もあります。読みたい方も連絡くださいね。

以下に本誌の写真・詳細を紹介していますので
クリックして御覧くださいませませ~☆

ミュウ 217.218号 完成♪ 

すずこのリンクはこちらから

~いつかの すずザレ~ 藤鈴呼の戯言
過去作も織り交ぜてUPしていきます☆

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

〓 宇 摩 の 島 へ 〓

軽い  恐れにも似た 動機を 感じた

静かな白が 舞い落ちるなら 自然

細かな 雨後    隠れた 陽刺し

差し込むは 月 

明かり は 黄色から オレンジ ?

違う

人工的に 造られた   唯一の 装飾品

止めど無く 溢れる   魂の 音

チラチラの 音は 沈み  

黙り込んだ 蛇口が

浅く 攻め立てる 時 

還りを 望んでた   硬直が 放け

解毒剤を 一錠    飲み干すは 冷水

滝汗の 蛭間    流れた 灯籠

注ぎは 昇る

大地の女神に 気推されて

踊りを 憶えた

優雅で 生きた

隔絶ならぬ    隔世の 時

真の 勇者が 騎士と 成って

調教 出来なかった  馬の メリーを

宇摩の 冥土へ 贈る 時

☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★

〓 幸 せ 歩 き 〓


もう少しで 居なく成って 終う 貴方へ

伝えたかった 一つの 言葉

の 筈だったのに

頭の 奥で

これでもか と 思える程

色んな 台詞が 

浮かんでは 消え   

落ちては 昇る

鼓動だけ は 深まるのに

孤独は どんどん 高鳴って

寝付けない 言い訳と成る

靴音が 響くと

近付いて来るな と 懇願する

次に 去って しまうなら

最初から 出会わなければと 

幾度も 感じた

見えぬ 誰かに 片方で 祈り

逆の 耳だけ そば立てて

ビルの 隙間の 風ばかり

浴びて 鋭気を 養った

何処かで 捜し   また 脅え

はちきれそうだと 感じつつ

隠した 心の 隙間だけ

今も 抱えて 歩いてる

☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★

―― 火 燵  ――  《 こたつ 》


受信 トレイには

貴重な メールが ひとおっつ

素敵な 音を 忍ばせて

小箱の 中で 眠ってる

おんりぃ ・ アナタ ・ 記念日を

祝う タメだけ 存在してる

非道く 冬枯れた 記憶

酷[ヒド]く 崩れ去った 過去

醜[ミニク]く 歪んだ ナミダだけ

頭の 隅に 置いて来た

頬が ゆっくり 悲しく 見えた

鏡は 無くとも 唇が

ヘの字に 曲がるの 解ったの

気遣い 気味に 声 掛けて

呉れた アナタの 優しさを

ゆっくり 今日は 抱き留めて

静かに 午後の ティー ・ タイム

クッキー 焼いて 正座して

コタツの 中で 貴方 待つ

鎮かな ココロ 持てる 迄 ーーーーー

°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★

傷 付けるのは 何時だって 可能

行方不明を 装う 仕種

咲かぬ 花なら 抜けば 良い

朝の 水やり 諦め なさい

焦げ付く 鍋でも 洗って なさい

荒れた 肌だけ 手入れ して

くりいむ 塗って ベタ ついた

脳味噌の 奥 かち 割って

煙に 巻かれて 其の 豆腐

脳髄 上から 爆破して

スピード メーター 睨んでる

両極端の 砂の 上

どちらに 転ぶか 解らない

此処が 砂漠と 信じてた

個々が 裁くと 知るのなら

審判 ならば 波の 中

海に 埋もれて 眠ってる

竜巻 起こす 瞬間に

ゆるり 上体 興しつつ

状態 だけを 見極めて

岸壁の 奥 夕暮れの

灯台 明かりに 照らされるでしょう

°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★

〓 旅 〓


昨日 何が 有ったのか

思い出せない 様では  イ ケ マ セ ン

喉の 痛みと  心の 乾きは

飢えた 象徴では 無いのですから

ゆっくり と 眠れば

夢が 貴方を 

記憶の 底へと 導いて

何か 一つの

大切な ヒントだって 呉れましょう

体の 動きが 鈍るのは

壽の セイでは 有りません

幾ら グロでも  ハ ッ ピ イ  な

日常 ならば  謳歌 出来ます

追うか 逃げるか 

救われる 精神 ならば

必ずや  鬱 と 診断 されるでしょう

打つは 球体 丸くなり

蒼の 上にも 立つでしょう

願わくば  

おみくじ カードの 大吉と

亡くなりそうな 既知 抱え

基地の 中にて 佇んで

壁を 叩いて 河辺の 下

放浪 してく 夢 物語 ーーー

°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★

〓 発 射 台 〓


伝わらなかったのは

聞く 耳を 
持たなかったから

或いは

機能 出来ない
形 ばかりの 耳の セイ

人喰い ザメは 
打ち上げられて

スペース シャトル 
見上げてた

空と 真逆に 瞳を 向けて
天の 上から 点状 に

クルリ 地上を 見渡せば
真新しくも 何も 無い
惨状だけが 映るでしょう

乾いた 唇   樹の 枝に
喰い付いたまま 絡ませて

悔いを 残して 居ようとも
私達 には 解らない

何も 見えない 雲 眺め
苦も 不可も無く 生きて 要るから

雲間の 虹も 浮かばない
曇天の 中  喘いで 行くから

☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★

〓 雪 音 〓


空中で
雪が 自由な ように

妄想の 奥では
私達は 何時だって
時遊 なのだから

鮮やかな きらめきと
細かな 結晶の 焔

忘れずに 行きたい

譬え 晴れの 日にも
簡単に 思い 起こせる

綺麗で 素敵な
丸みを帯びた 形を

瞳の 上に
散らしながら

歩む 
木々の 下には

ゆるやかな
ハンモックが 咲くから

揺れる 果肉の 美味しさを
味わえる 舌を 永遠に

純粋だった  幼身の 魂が
受け継がれます 様に ・・・

☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★

〓 琴 音 〓


少しだけ 待ち侘びて 居たのでしょう

もう 幾日も 眠りこけて

此の 自堕落な 生活が
続くのか と 感じた

浮き上がる ボールは
今朝の 雪粒と 成った

ゆっくりと 舞い上がり
昨夜の 苦痛を 濡らした

鮮やかに 溶けて
翌日の 雲 と 成るでしょう

其の 頃には
苦み 抱えた 心の 内も

急速に 冷やされて 逝く 事を

昔に 聴いた
琴の 調べの如くに
誰よりも 知らされて 生た ーーーー

°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★


只今 ようやっと
雪まみれの バスが 到着した 模様 (-_-)゛

何も こんな日に 職安に 行かなくても!
と 思いつつも 

二件の 紹介状を もらい、
昼休みに 封筒 詰め する予定 が

筆書き 途中で 時間 切れ、
少々 の 残業(?) に キレ (?)

雪 に コケそうに なり、
無事に 帰宅 の 巻 ♪

これから 
真っ白く 成り果てた 愛車を
動かす 気力も 体力も 無いので

ゆるりと 封筒を 完成させ、
以降は ミュウ 92号 発行 までの
編集作業 が 滞・・り 
眠る 予測と 共に 。。

やっぱり プリンタ状況で
文字が 小さくなって

カラーミュウに なってからは
ちょっと 読みづらい頁が 出てきてるなぁ。。。
と 昨夜 編集しながら 反省 。。。

それでも コンビニ COPY 地獄 から
脱却した! と 
自らに 言い訳を 重ねてる 状況 M(。-_-。)M


今日みたいな 雪を 見るに つけ 。。。

あたしも 営業 時代 、
車が 事故って

その時は 頑張って
チャリンコ生活 エンジョイ (?) したよなー? とか

色んな コトを 思い返したり して、
昨夜は 少し  眠れない夜 だったり。
うん。

それでも、 今回 受験 するのは
その 流通センター内 に あるから
すず宅からは ちょっと 距離が ありんす。

それで、 電話口で、
職安の女性が 色々 話し してて

「 ちょっと 遠い ですねー 」 
とか 言われた。。。

別件の方は
「 経理事務 経験ないと
   難しいかも 知れませんねー 」 とか 言われながらも

これから コンコンと 封詰め作業 に 勤しむ
前向き(?) SUZ なのさっ♪
( 無理矢理 自己 精神 上げ (-_-)゛ )


今朝 、 始発の バスに 乗り 遅れたのは

最近 サラダを 手持ちしていて、

うで卵 を 作り 終えてから
せこせこ と キャベツを 千切り してたから。。 笑 

でも 、 結局 
朝当番 なんて 言っても

八時まで に 出勤 していれば 良い って
ハナシなのだけれど、

どうしても 込み合う車内で 
見知らぬ ( 特に オヤジ ) なんかの
体臭やら 何やら を かがされたり、

ガムを くちゃるヤツ なんて
最悪 最低 ( 夕方に 多いが ) なので、

始発の 気分良い 爽やかさに
埋もれてたりなんか するんだけど
明日は どうかなぁ。。

雪が 積もって グレーダー 
( でしたっけ?
  あの 雪かきトラック → どんな 表現じゃい 笑 ) で

ツルツルの 路面を 走って 行くのは
身体は 温まるけれど
青 字  を 一つ 作ってしまう 要因にも 
成りそうな ・・・ ?

☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★

〓 活 き つ 日 々 〓


少しずつ 空が
赤く 成って行く様な 感じ 。

昨日の 夜は
何を 見てたかな

思い出せなかった
眠れぬ 理由も

夢の 中味も 飛び越えて

手にした 
一ずくの 夢 が

今朝の 一滴の 
氷と成って

凍て付く 心 
射抜いて 逝くよう 。

鏡だらけの 窓ガラスにも
久方 振りに 雪花 咲いて

恨めしがった 霊の 灯
冷 と 代わりて 吹き荒ぶ

孤独の 果てに 太陽を見て
鼓動の音に 生を 感じた

生き抜く 手段は 雲の 上
苦も 不可も無く 孵化 出来ないね

星空 寄せて 想い 語った
二人の 日々は 戻らないから ・・・

☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★
人気ブログランキングへ
↑ポチッとな~☆↑


いもねぇちゃん

Img_2615


Img_2614


Img_2613


いもねぇちゃん
と言う名前の店があることは 最近知った
糸魚川総合病院 略してイトビョーの目の前にある

一見 喫茶店とは分からない 普通の民家風だが
味は絶品! ハンバーグ最高!

ソースは こってりデミではなくて
ちょっと酸味が効いた味 バルサミコか何かかなぁ。

元々 ミートソースパスタがあるお店を探していた
今日は ミートソースは品切れだった(笑)

写真は ハンバーグ&パスタ定食

本当はランチ定食なのだが メニューに挟まっていて
初めての我等は あーだこーだ言いながら眺め

「あ、ランチだ」と呟いた声が 聴こえたらしく
「そちらでも大丈夫ですよ」と言っていただいた

出て来た皿には こんもりとパスタが乗っている
このボリューム! 小鉢には肉じゃが

パスタとハンバーグの間には
茄子炒めの一口サイズ
味付けが濃い目の茄子は 酒のアテにもなりそうだ

そして ニヤニヤしながら食べているところへ
御主人「ホタルイカいかがですか?」

先客の皆さんは常連っぽくてね 既に飲んでいた様子
どなたかが釣ったホタルイカなのかな

スーパーで買う刺身よりぷりっとしていてデカイ!
そして美味!

ボイルしたものをそのまま食べてみた

旦那「味 ついちょん?」
うーん、そのままでもイケルよ

旦那がパクリ。
「味 ついてないやん!」

あ、そーですかっ と 思っている処に奥様の声
「ワサビつけましょうか?」

きゃーっ。
何て至れり尽くせりなのかしらん♪

常連さんらしき皆さんとの語り口も糸魚川弁で
ちょっと井戸端会議を横から聞いているような
私が求める大好きな雰囲気になっておーる

その内に 奥様が電話をし始める
「ホタルイカ釣りに行くよ!」と聞こえる

そうか、今が旬か!
先日 上司も言ってたもんなー

丑三つ時あたりに起きて海を見ると
薄紫の光が一杯見える時がある

その時は
ホタルイカや!と起き出して漁に出るのだ、と。

で、朝っぱらから親戚中に配るらしい(笑)

そうか、朝の5時なんかにピンポーン♪って鳴って
外に出ると

上司がのっこりホタルイカ持って立ってて
「ザルないか?」とか言うんですねー 

なんて言いながら
盛り上がっていたんだけどサ(笑)

ホタルイカは当日食べないとね、刺身は要注意よね
寄生虫もいるからね お腹キリキリ痛むと脂汗が出て
大変なんですってヨ! 奥さん!

食後のコーヒーは シュガースティックが2袋♪
何か得した気分だゾ。と思っていたら

旦那がスティックを机の横に置きながら

「横に置かないと
 コーヒーこぼしたら使い物にならなくなるゾ
 ほら もう零れてる」

・・・あ。 袋が茶色の染みになってる…
すんません。

とか言いながらも 
春らしいイチゴの器に にっこり。

汚すの汚さないのと話した直後に 
ぼちゃん!

何かが跳ねたと思ったら 
旦那のカップにコーヒーフレッシュが~!

「容器ごと」溺れているじゃあないですか!
もう大爆笑よ。

旦那「…まぁ… こういうコトも ありますがな」
んだんだ!_( ̄▽ ̄)ノ彡!

もうね すっごいボリュームよ
ホタルイカはサービスだが これで漱石1名ですよ。

おら びっくらこいたべよ。

ところでね、パスタメニューは3つありまして。

1. ミートソース
2. イタリアン
3. インディアン

1は本日お会いできなかった旦那の好物でしょ
2は何だ? と思ったら ナポリタンのことらしい
そして

インディアンスパゲッティ
そうか、カレーのことだったんね!

おら びっくらこいたべよ!(二回目)

ドリンクメニューには シェイクもありまして。
バニラ ストロベリー チョコ メロン だったかな?
四種類ほどあったべよ

おら のみたくなったべよ(おら活用)

座敷に座ったので 待ち時間 読書が進んだ
最初 横座りをしていたのだが 足が痛むので
ちょっと失礼して 伸ばしてみた

旦那は最初から 伸ばしていたので 真似っ子さん
旦那の背には壁があるから おっかかれるけど
(これって 「寄りかかる」の方言だべか?)

私の方には 無いので 背筋を伸ばすと
若干 腹筋に ♪く~る~♪

そんなこんなで体勢を直す度 思わず膝をついてしまい
段々と痛みが増してくる

美味しく食事をして 小上がり座敷を降りる時には
机に手を置いて 
「よっこらしょっと♪」状態だったもんね

帰り際 カウンターに座っていた方に
「おやすみなさーい」と声をかけてもらう
こういう温かさって 良いよねぇ。

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

詩の発表場所あります
自慢の絵・写真を披露したい方にもおすすめ!

ワタクシすずこが編集している手作り詩誌
ポエムサークル「みゅう」

仲間になり購読いただくと
ボツなしで冊子掲載 & CDトーク → 全国郵送★
見本誌もあります。読みたい方も連絡くださいね。

以下に本誌の写真・詳細を紹介していますので
クリックして御覧くださいませませ~☆

ミュウ 217.218号 完成♪ 

すずこのリンクはこちらから

~いつかの すずザレ~ 藤鈴呼の戯言
過去作も織り交ぜてUPしていきます☆

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

凄く深刻な顔をしたニュースキャスターが

国内四頭目の 狂牛病の話題を伝えて居る

だけど この人だって 家に帰れば

そんな事は 忘れて居るのかも知れない。

それ以前に 何も考えずに

唯だ 原稿を 読みふけって居るだけなのかも知れない。

そう あの日の 僕のように。

たとえば 悩みを告白された瞬間の 最初の台詞。

それから 続く愚問に対する 適当な相槌。

ついでに 更なる苦悩に向けての 慰めの会話だとか。

☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:

世の中には 沢山の資格試験が溢れて居るけれど

戦略以外の何者でも無いと感じてしまう僕には

受験資格など 無いんだろうね。

本当に活用出来るものなんて

一体 幾つ 存在するのだろう

幾ら 履歴書が 真っ黒に染まったとて

面接にも 赴けない様じゃあ

全然 役割を 果たしやしないじゃ無いか

☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:

せっかく 午前中から 覚醒して 朝のゴミ捨ても完了して

出掛けようと気合を入れて 歯磨きや 顔洗いは未だなのに

こうして 荒い言葉だけを削ってしまう理由。

何時もの如く 目の前で愛人が手招いて居て

その時間が とても幸せに感じられて 時間を費やしてしまった。

何かから逃げたい気持ちは 誰しも 同じなのかも 知れない。

☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:

裸足だと 少し 寒いのかと思って

何時もの様に ジーンズの下に ストッキングでも履こうかと

思ったけれど結局 上だけの 完全防備

これね 、 アムロちゃんがTVで着て居たセーターなんだよ。

そう言われれば そんな気もする。。。

で あの時 購入した 確か 四枚の 漱石サマ。

勿論 知り合いから 安くしてもらったんだけどね。

何処の世界も 権力って 功を成す モノだったりして・・・?


そうしたら やっぱり 暑かったよ。

少し 恥ずかしかったのかなぁ。。。 僕は。

目の前で 母親が見ている。

僕は 僕の 唄を。

歌う ママの 歌を。

☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:

昨日は 僕の部屋に 現れなかったねぇ。

知って居たんでしょう? 僕が 居ない事。

代わりに 電話を 寄越したね。

レスも しないのに 眠る直前にまで続くメールと。


マメな人には 少し安心する瞬間も有るけれど

逆に 自分がローテンションだと

とても 疲れて しまうんだ。


だから タイミングって 掴めないんだって思うよ。

人の心なんて 見えないんだもの。

どんなに愛してるって 言ったってね。

あっと言う間に 憎悪に変化して しまうように。


それで 信じられ無いって 最初から閉口するの?

決断は君に任せるけれど 去る者は 追わないよ。

適当に排除する以外は 来る者は 拒まないし

基本的に 受身な人間に 出来上がって しまったんだしサ。

°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:

そろそろ コンタクトが切れてしまう気がする。

最近は ずっと 眼鏡なんだ。

あの時 眼鏡フェチだと言った君は 元気だろうか

コンビニの隣の屋台で 語り合った日。

とても酔っ払って居た 楽しそうな君が

心底 羨ましかった日。

☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:

へぇ。。。 未だ 石割桜が存在するんだ。

中心部だけかと思って居たんだよ。

日本中に 色んな呼び名の富士山まがいが有るように

ここにも 美しい花びらが 存在したんだね

地続きだったならば 蝦夷富士を もう一度

見慣れた 南部片富士を通り越して 眺めた逆側に

姫神が美しく 僕は 高速の上

時計台まで持続させられた好奇心

あのディスコは 未だ 顕在なんだろうか

思い出した瞬間に 君が言った

「もう なくなって しまったよ。」

☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:
人気ブログランキングへ
↑ポチッとな~☆↑


やもたん蜘蛛の巣に絡まる

Img_2598


Img_2592


Img_2580


やもたん蜘蛛の巣に絡まる
写真一覧はこちらから

二度目の救出ですね
楊枝を使って 絡まる糸をほぐしてくれました
…旦那が。

私は隣でその様子を撮影せん!としたのですが
どうも立ち位置も微妙なモンでね

階段の踊り場から上の窓枠に手を伸ばしている状況
上手く爪先立ちして 漸く届く感じですよ

前回 救出はしたけれども 
ヤモリの餌は蜘蛛だと知り

「もしかして自ら巣に絡まったフリして蜘蛛を待っているのか?!
余計なお世話をしてしまったのではないか」
と 反省していたんですよね

でも 何かオカシイ
餌を喰らふ動画を見つけて眺めたけれども
飛びついてパクリ が 本当のところ

そんなら本気で迷える子羊になっちゃったんじゃあ
ないかって思いましてね?

蜘蛛の巣って強力やけん 振り払うには
「協力」してやらないと!

・・・と、尻尾と後ろ足が若干 黒いな…
もしかして 壊死しているのかな
ちょっと 可哀相な瞬間でした

治療後(?)はスポイトの水をポタリ
水ぶっかける荒治療は体温を下げるので
よろしくない風ですゾ。

ペットショップでミルワーム購入すれば
与えられそうだけれども
其処までは… 飼う気ではないので

「この仔の生命力に任せよう」
と 相成りました。

そして…

つい今しがた判明した事実
やもたんが 小さくしぼんでしまっていました

尻尾が貼り付いた状態で 動かなくなっていた
もっと早めに助けてあげたら良かったな

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

詩の発表場所あります
自慢の絵・写真を披露したい方にもおすすめ!

ワタクシすずこが編集している手作り詩誌
ポエムサークル「みゅう」

仲間になり購読いただくと
ボツなしで冊子掲載 & CDトーク → 全国郵送★
見本誌もあります。読みたい方も連絡くださいね。

以下に本誌の写真・詳細を紹介していますので
クリックして御覧くださいませませ~☆

ミュウ 217.218号 完成♪ 

すずこのリンクはこちらから

~いつかの すずザレ~ 藤鈴呼の戯言
過去作も織り交ぜてUPしていきます☆

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

凄く グロッキーだった 朝
計算 ミスの 連発で
電卓に 嫌われまくった 午前中

五回の トライ 、 バッター アウト ! 

誤解を 生み出す 領収書 、
孤独に 飽きた 昼休み

タバコの 量も 今日は 少なく
舞い戻りしの 部屋の 隅

過去の 入院 暴露 談
会話で 元気 取り戻し

気が付きゃ 帰路の 車内 居る
明日は ようやく 休みだと

週休 二日の アリガタミ
今更 気付く 金曜日 



しばらくは 隔週だから

今週 くらいは ゆっくりと

風呂に 入って 休もうか

其れとも 此のまま ドライブに!?

☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

自分の名前が 気に食わないからじゃあ 有りません

何故だか 他の人格を 形成したく 成った日は

未だ 戯言モードを 人様に 公表 出来なかった

少しだけ 鬱な? そして 気弱な あたしが 居たから

★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

たまごっち みたいに

あたしも そんな風に

呼ばれた 日が 有った

何故だか 仇名ってのは

何処へ 行っても 似通って居る

小学校の 友達と

中学校に 上がっても

高校生を 過ごしても

何処か 似通って居るから

笑えて しまうんだよ

☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

例えば 手紙を開けなくったって

其の 筆跡で 「 あの人からだ! 」 って 解るみたいに

呼ばれた 名前の 語尾で

何だか 懐かしくなってしまう イメージ

アナタには 有りませんか・・・?

°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

コーヒーを 落とすのが 面倒に 成ってね?

それならば インスタントに すりゃあ イイお話 なんだけれど

どうも 湯を ヤカンで沸かすのも めんどくさいんだよっ! 

そんな訳で 何時もの アイス ・ コーヒー は

ミルクが 多くって しかも 氷が 溶け切れなくて ぬるいモード

☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

会社では ちょっと濃い目の インスタント ・ コーヒー

人によって お茶か コーヒーか 

ドリップか インスタントか が 決まって居るんだよね

最初の当たり、 間違って 客陣用の煎茶を 使用して居たり (笑)

そうしたら 土曜出勤をした時に

「 何時もと 違う 高い お茶 ですよね? 」 なんて

突っ込まれて しまったりして (-_-)゛

★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

ドリップの ヒトは 

クリープも 砂糖も 要らない ヒト

所謂 ブラックって ヤツなんだな

インスタント 軍団と言えば

両方 欲しい ヒト達なんだな

°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

夢の モーターボート状態は 去年の 夏だった

台風 万来 状態で 車を 走らせて ゴミ捨てをした僕に

雫が 一杯 降り注いで来て・・・

嗚呼 、 我が 愛車が 

くたばらなくって 本当に 良かったよ (笑)

★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

実は アトム ・ ストーリーは 

余り 詳しくは 知らないのです

最近じゃあ テレビよりも

有線に 埋もれてしまう 毎日だったり (-_-)゛

しかし、 漫画の 主人公が

年を 重ねて行ったら 怖いよねっ!

おじーちゃんの カツオくんだなんて

想像 絶世。。。。

★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

トラックの 運ちゃんに 聞いた話 なんだけど。

信号で 止まった瞬間

もしも アタシが ミニ ・ スカ を

履いてる日なら 気を付けなさい って 。

どうも 横からだと 微妙な角度で

見える らしいんだな (-_-)゛

★,。・:*:・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★
人気ブログランキングへ
↑ポチッとな~☆↑


春スキー日和

Img_1435


Img_2584


Img_2585


今日みたいな晴れた休日は 春スキー日和ですよね
ただ、まぁ 私 写真のような状態でして。

昨日の夕方 聞かれたんですよね

「すずこさん、明日スキー行くの?」
どうしましょっかねぇ~。

「スキー行くかどうかって 何時決めるの?」
当日の朝ってことも 多いですよ

なんて返答しながらも まず 痛ぇよ!! みたいな。
午前中にね、ぶつかった訳

この日は 工事業者さんが忙しなく行き来してましてね。
受付入口を通過する度に チャイムが鳴る

するってぇと 駆け付けるじゃないですか。
でも 業者サンだ

戻って デスクのパソコンを触りかけた頃に
♪ピンポ~ン♪

こんな状態が続くとですよ?
気が「長い」私としては 聴こえる訳ですよ

脳内の ♪ぷち~ん♪ って音が。

まあ仕事なんでね、それでも行き来する訳です
その何度目かの往復で ガツッ! と

石にぶつけた訳ですな。

昔、冬場にアパートの木が歩いて来て
我が相棒コルサ号をべっこぼこにしやがった時は
流石に殺意を覚えたけれども

いや、相手、木だし。
通じないしね。

いや… 待てよ?
植物だって 可愛がれば
人間の心が届くと言うじゃないか!

ここは ひとつ…
石に向かって 話し掛けるしか ないべ?(違)

「あんな、お前、人間の膝っちゅうんは
デリケートな生き物なんや。

ちょっと不具合を起こしたダケで
水が溜まったりも するんで?

その点 お前は アレやな
ゴツゴツしよんけど 雨が降れば
その穴の中に 自動的に 水分が入るんやし

なんも 面倒なことして 水分補給せんと
大人しくしとけや♪」

って。 ラストに♪つけたくらいにして
ご機嫌とっとかんと いかん訳ですな。

なもんで 春スキーには行ってないとですよ

あ、そんで この血に気付いたのは暫く後でして。
パンツに穴は開かんかったし 大したことないや~

それにしては ひょこひょこ歩かざるを得ないから
さっきまでみたいに チャイム鳴っても走れずに
悶々としていたんだけどさ

デスクに戻って パソコン作業してたらさ
やっぱり痛い訳ですよ

ほんで ちょっとパンツめくってみたら
こんなんですよ
若干腫れとる

今日は晴れとるのに
膝が腫れとるから コブ責めれない

折角 コルチナで 良いコブ見つけたのに。
アタシは 本物のコブ飼ってしまってる

なんてコトですよ
ま、大したことないんですけどね

何なら コブ責めてやるよ!
とか思ったけど

やっぱ休んでいる 
だって 今日は 休日だもの。

こんな記事を見つけまして。

丁度 過渡期ですからね 
誰も頼んでないのに(?)
来月から 税率変わりますしね
残業する方も多いのでしょうね

私はと言うと~
営業時代はノルマ如何で手取りを上げることが可能でした
と言っても相手のお客様も人間なので
どんなに頑張ったって報われないことも多かった気がする

その月によって手取りが四倍近くも違うってのは
どうなんだろう? と 思ったりしたし

家賃払って御仕舞 みたいなね
どうやって 食えと?
そもそも 光熱費は? 

ガソリンないと 御客様のところに 
行けないんですけど?
そりゃ「イケナイ」

あ、でも 相棒ぶっ壊しまくったからナ
真冬に毎日転びまくりながら チャリ営業したなー

あの頃の趣味は「今日のたんこぶを増やす事」
だった気がする

旦那は多忙ですね
こないだなんて帰るコールあったのが丑三つ時前って
どないやねん!

サービス残業なんて当たり前
そういうの嫌いです

まあ私は楽している方ですね
現在パートタイマー
その名の如く 「時間をくれ!」が モットー

まあ でも ミーティングなんかあって
先日 定時から二時間以上過ぎたけど
書面にしたのは 半分だったりね

そういうの当たり前ですよね
いっそ タイムカードにしたら良いんじゃないかと思う

まあ でも アレですね
残業時間ギリギリ貰いたいから云々ってつもりは
毛頭ない

事務時代は福利厚生ついて土日祭日 盆正月が休日
そう考えるとね 稼ぐ気になら就職しますよね

時間を自由にしたくてパートしているんだからサ
定時になったら わしゃ帰る!
それが イイ

手取りは
事務時代の三分の一ですからね
でも勤務時間は三分の一にはならない(笑)
あ、半分にもなってないわー

まあ どこも大変ですよね
最初 事務用品を持ち寄っていた時に
「ここ、言うなれば同好会だよね」って台詞が
言い得て妙でツボったけど

初期にはなかったシュレッダーも入ったし♪ってか
顧客データ破り捨てるってナンセンスですよね(棒)
あたしゃ自宅でシュレ使用しとるわ。

入れ替わりも凄いありますよね
10人位の職場で この3年 色々な理由はあれど
7人程 入れ替わってる
すげぇ… すげえよ!

人数が減って やる事は増えてますからね
新しい仲間 早く来ないかなぁ~と
切望する日々なんす☆

スキーウェアだったって 使い過ぎれば
写真の如く 擦れて摩耗するのさね

人間だって こき使われ過ぎたら
拗ねて 魔王になっちゃうかも知れねぇぜ?!

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

詩の発表場所あります
自慢の絵・写真を披露したい方にもおすすめ!

ワタクシすずこが編集している手作り詩誌
ポエムサークル「みゅう」

仲間になり購読いただくと
ボツなしで冊子掲載 & CDトーク → 全国郵送★
見本誌もあります。読みたい方も連絡くださいね。

以下に本誌の写真・詳細を紹介していますので
クリックして御覧くださいませませ~☆

ミュウ 217.218号 完成♪ 

すずこのリンクはこちらから

~いつかの すずザレ~ 藤鈴呼の戯言
過去作も織り交ぜてUPしていきます☆

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

露骨過ぎる 君の態度に

今の 君とは

会話を 重ねる 必要性も

感じられぬものと

嫌ぁな気分に 成りながら

ボクにとっては 嫌な

一言メールと 同位置に

枯れ果てた 君へ

☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

ちゃんと ママンの言う事を

聞いておけば 良かったなって

後悔する 瞬間は

もう 遅いもの



何か 痒いなって 思う肌を

引っ掻き過ぎて

血が出てしまった後で

溜息 吐くように

☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

毒 吐いてるかどうかの 判断材料として

受け取った側の 気持ちも確かに 有るけれど

周りの空気が 一瞬 詰まったなら

嗚呼 良い事 言うねぇ なんて

思ったんだ

☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

さっきの電話

何か 擬音語が

妙だったよねぇ


何しろ 寝起きで

ハイモードの声に

何だか 嬉しくなってしまった

だからかな

二度目のベルが

必要以上にウザク

感じられたのは

°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

○ 冬 の 花 瓶 ○

移ろい続ける華

枯れ果てた 冬の道

何時でも 花は 

咲き乱れるね


硝子の破片は 何処かしら

冷たいイメージが 有る存在と

感じて

冬の 花瓶ならば

水も 凍て付いて しまうから


それでも 

温度の高い 花びらが

情熱を持つ 心が

開花したならば

冬の花瓶も 美しく 光るものと

感じて生たくて

°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

難しい 何時も言われるよ 戯言妄想 何時もの現実

☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

きっと 普通の言葉に 厭きたんだよね の 言い訳を

☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

何本 吸っても 次の煙草を 咥える刹那

☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

吐き出した ヤニの向日に 病の扉 開いて見える

☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

招からざる客 例えば命 そして心を 犯す 存在

°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★
人気ブログランキングへ
↑ポチッとな~☆↑


きび・たき子ちゃん

Img_2576


Img_2572


Img_2571

まあ 恐らく そうなんじゃないかと思われる
鳥でんがな
ここに居るでよ

みゅうメンバーようさんの嬉しいお知らせ★
詩と思想

一つ前の記事を読むにつけ 悲喜こもごもだなぁ
なんてことも思います

私の場合はパケット代 毎月一定額プランなんだけど
読んだ後で 思わず料金明細を確認してしまったもん(笑)

まあ でも 毎月の支払が自動引落になるパターンや
銀行なんかの残高は きちんと確認していても

え゜? 何でこの額なん? ってことも ある
気付かぬ内に ヤラレないように 自衛せんといかんなあ
と思うのでした

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

詩の発表場所あります
自慢の絵・写真を披露したい方にもおすすめ!

ワタクシすずこが編集している手作り詩誌
ポエムサークル「みゅう」

仲間になり購読いただくと
ボツなしで冊子掲載 & CDトーク → 全国郵送★
見本誌もあります。読みたい方も連絡くださいね。

以下に本誌の写真・詳細を紹介していますので
クリックして御覧くださいませませ~☆

ミュウ 217.218号 完成♪ 

すずこのリンクはこちらから

~いつかの すずザレ~ 藤鈴呼の戯言
過去作も織り交ぜてUPしていきます☆

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

君の呉れた世界を 今更ながらに なぞってみる。

僕の目に映った ジェリービーンズは三つ

そうだね あの時は 二つしか無かった微笑み。

まどろみの中で灯りを消したならば 真実に 近付くのかな

それとも 退廃の中で 僕はまた

鈍痛に 悩まされながら・・・?

☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:

君は 間違ってなんか、 ないよ。

いつでも 誰かに 教えて欲しかった 言葉。

本当に欲しい物

いつでも 手に入らない事など

とうに 確認済みなのに。

☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:

舞い上がる火の粉を モノともせずに

ひたすら 悠長に続くアスファルトの中

窓を開けなければ 眠ってしまうかと思った。

永遠の眠りが 目の前に存在していて

僕の入れる ブラックホールが 口を開いているのならば

今すぐに 入っていきたいと

思う日々の中で。

☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:

歯止めの効かないストップモーション

ローションを塗りたくった素肌は 最悪

誤解コールは五回で途切れ

君の 息遣いを 唯だ唯だ 想像していただけの 朝焼けの後

☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:

迷子になったけれど 僕は悪者だから

おまわりさんに 手を上げて

助けを 求められないの。

☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:

命と想いと血を引きずった。

どこまで共にしていても

僕という人格形成の

何の 役にも立たぬものか。

☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:

誰かの心に宿ったままで 

例えば 一ミリも 動けない程の 欲情を。

いつか 貴方以外の心の奥に

心底 埋め込んでやりたかった。

☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:

いつまでも 繰り返す 「どうして?」の 言葉ばかり。

そんなものに 意味は無いって

どうして その一言を 教えて くれなかったの?

☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:
人気ブログランキングへ
↑ポチッとな~☆↑



2014年3月27日 (木)

紫の雪割草

Img_2397


Img_2396


Img_2395

岩手に産まれた
自らのスペックを 現在進行形で形にするとあらば
岩手産 メス 感謝し続けていると言うことに なろう

勿論 見上げた山の頂にも 感動した記憶は古いが
脳裏に浮かぶ カルデラのような穴は
何時までも 鮮やかに 染み付いている

デジタル・タトゥーとして
いや ちょっと 使ってみたかったダケだ

そんな風に見上げた山が 南部片富士と呼ばれることや
女形のように ひっそりと構える姫神と
同じ名前の音楽が存在することも 後年知った

石割桜はどうだ
先ずは花より団子の私であるからして
あの 薄っぺらいけれども 各種クリームが詰まっている
いや サンドされている の方が 
表現としては 的確だろうか

とにかく 大きな大きな 柔らかい 煎餅クリームサンドは
一般的に ゴーフルと呼ばれるらしいことも
大きくなってから 知ったんだ

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

庭園池掃除の日
受付小屋の前で ひっそりと咲いていた
雪割草

ハート型の葉っぱの形から、
英語で「Liver leaf(肝臓の葉)」とも呼ばれる。

場所はこちら

*

まあ、今年は「割る」くらいの雪も降らなかったけどねー。
正に「割り切れない感じ」か・し・ら(謎)

色合いは薄紫が多いらしいが、今回の写真では
同じ株から二色の花びらが出て居て

まるでグラデーションかかっているかのような綺麗さに
目を奪われます

山側の庭園で、本物の山が後ろ手にあり
山の景色を借りて庭園を大きく魅せる
「借景」の庭園なんだけどね

この時期は受付入口からの石段時点で
手すりが黄色の粉でして。

黄粉まぶした記憶はないし 
蝶も蛾も大量には飛んでないから鱗粉である筈もなし
スギ花粉か黄砂だよねー

スギッパ(杉の葉)もパラパラ落ちてるから
拾う日々

夕方に山の入り口まで登って捨てに行くんだが、
かなり大きな窪みがありまして。

土の色も濃くなっているから
誰かが掘っくり返した様子

「こりゃ、イノシシだべな」
な・ぬわんですと~ぉ!

その日以来 捨てに行く時 
無駄にキョロキョロしているのは
言うまでもない。

日本海に沿って国道8号線が走っているんだけどね
一か月程前 男性が車を運転していたら 
ぶつかって来たらしいよ。イノシシ。


大分では桜の開花宣言があったようですね!!
こらちでも春らしいお天気が続き、

このあたりでもチラホラと咲き始めている
早咲きの桜もあります

一方 山側の庭園は梅真っ盛り!! 
そして今回の写真は雪割草です。
季節が色々混ざっている感じです。

この季節、旦那は
何かに反応してくしゃみをすることも多いです。

私も去年はなかった鼻水・目のかゆみが出ています。
嫌な予感です。

でも軽症だし絶対に花粉症なんかじゃない!!! 
と言い聞かせています(笑)

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

『入社年度別新入社員タイプ一覧』

我等 平成7年度(1995年)

■四コママンガ型
理解に時間がかからず傑作もある一方で
市場にあふれているので安く調達できる。

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

詩の発表場所あります
自慢の絵・写真を披露したい方にもおすすめ!

ワタクシすずこが編集している手作り詩誌
ポエムサークル「みゅう」

仲間になり購読いただくと
ボツなしで冊子掲載 & CDトーク → 全国郵送★
見本誌もあります。読みたい方も連絡くださいね。

以下に本誌の写真・詳細を紹介していますので
クリックして御覧くださいませませ~☆

ミュウ 217.218号 完成♪ 

すずこのリンクはこちらから

~いつかの すずザレ~ 藤鈴呼の戯言
過去作も織り交ぜてUPしていきます☆

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

恋に関する アンケート結果が
掲載されている ニュース サイト

時事問題よりも 興味深々で 
ついつい 覗いては

嗚呼 今時の若者の 
嗜好は 
思考回路は こうなのか

もう 既に 付いて行けない と 
わざわざ 暴露なんて しなくっても

若者だ なんて台詞を 
口にした 瞬間に

自ら 負けを 認めてるような モンだ 
と 苦笑する

いまどきのこども って 漫画本が 有ったなぁ 
オバタリアンの本も あったなぁ と

おぼろげな 記憶を 辿りながら 
眠くはない 深夜を 迎えてる

*

昔 ドキドキ した筈の 
ドラマ内の ラブ・シーン

誰かの コメント 
恋愛に ついての 会話

何時からか 
遠い 存在に なった

其んな 経験は 
今までも あった けれど

何かに 絶望して 
もう要らないと 嘆くんじゃ なくって

ちょっと 温かいのは 
隣の アナタと 生きられて いるから

*

割り勘が 当たり前だと 思ってた
男に 頼るなんて 生活は
信じられなかった頃

結婚なんて 言葉
自分には 関係無かった
非婚主義者を 貫いて来たから

可愛い笑顔を 振りまいて
贈り物を されたと 嬉しがる表情に
本気で 羨ましいと 感じたことは
一度も 無かった

*

さつまいも 買って ないなぁ
ほくほく の おいも の 季節

焚き火の 似合う 冬だから
石焼きいも~ぉ♪ の 声に
自然と 笑み こぼれる

もっとも 最近は 軽トラックが 定番で
昔に 比べたら
情緒が 無いねぇ なんて

そう 豪語 出来る程
昔ながらの 石焼き芋の おっちゃんと
仲良かった 訳でも 無いのだけれど、ね。

*

いも と 言えば
じゃがいも 

最近の お気に入りは
人参と 一緒に 炒めること

きんぴらごぼう みたいにね
細く切って ニンニク・しょうが なんかで

中華風味で 味付けすると
結構 イケルんだよネ

*

米粉 ドーナツ

一度 食べてみたいねぇ 
なんて 言いながら

一番 近い店が
駅 一つ 向こう側に 有るのだけれど

出掛けるにしても 
わざわざ 降りる駅では 無いが為に

今まで 一度も
そのミスドには 
行ったコトが 無いんだよね

駅前なんだけど ロータリーで
駐車場も 無いから
車で 行くことも 出来ないし

サイクリングついでに 行けば 良いんだけど
結局 行って ないんだよね

クリスピー・クリーム・ドーナツは
秋頃に 初めて 堪能した

もう めっちゃ 甘くって 
閉口しちゃったんだよね

アタシが 営業したいなって 思ったのは
ミスドで 接客してたのが キッカケかなぁ

酔っ払いの おっちゃんが
手土産 持って 帰ろうとする 時間帯

姉ちゃん どのドーナツが 美味しいの?
そんな会話が 楽しかったからネ★

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

先生と言う響き
昔よりは 威厳の無くなった
父親 と言う 存在と 似ている

思春期の女子は 
父親を 嫌う 時期が有る

私も 酷い台詞を 
浴びせかけた時も あった
と 反省する 

今では 父のことが 大好きだ

思春期の頃は 
大嫌い までは 行かないけれども

人並みに 反抗期も有ったなぁ
と 振り返る

父は 子供に対して 甘いので

ある程度 何を言っても 
絶対に 怒らないだろう

と 心の奥で 信じて 
発言してしまってた 気がする

色々と 傷付けるコトも 言ったけれど
タバコや 酒に 関しては

健康を 気遣って って
意味合いが 大きいから

ごめんね だけど 気をつけてね が
今も 本当の 気持ち かな

*

先生と 呼ばれる 職業の 一つに
弁護士が 有る

守って もらえるのが 当たり前
そう 信じて 委ねた癖に

費用も 時間も 無駄になった と
後から 恨みがましく 藁人形 作るのは

ちょっと お門違いでは 無いでしょうか
そんな 経験 私には ありませんけれども・・・

*

青い鳥 信じるんじゃ 無くて
白い雲 見上げてた

暑いから ソフトクリームを
食べた気分に なりたくって

青い鳥 を 心に 飼いながら
青い空 を 眺めて 生たんだ

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

エコだ エコだ と
呪文の様に 唱える 輩

印籠を 振り翳すコトで
羽が生えた 天使になった 気分なのか

シュレッダーの紙は
再生紙には なれないみたいだね

僕も 良く使う シュレッダー
仕方ないから ゴミ袋の下に 敷き詰める

生ゴミなんかを 受け止めて
水分を 吸収してもらう 為だ

新聞紙を 数枚 敷いても 良いのだけれど
再生紙に した方が 「えこ」 ですからネ★

シュレッダーする 理由は
個人情報の漏洩を 防ぐ が
第一目的

最近は 消しポン なるものが 流行している
シュレハサミも出ていて 初めて見た時は
おののいた

ハサミの刃が 幾重にも 重なって居て
出遭った 瞬間に 

間違って 指を挟んだら・・・ と
妄想して 脂汗を 垂らしてしまった
(δ ̄_ ̄") 

今 欲しいのは ピンキング・バサミ
文房具店では 売っているのだろうけど

普段行く スーパーや ホームセンターでは
見つけられないんだよね

ピンキング は カット面が 波線になるから
ちょっと お洒落に 使えて 好きなんだよね♪

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

パーカー と 言う 言葉が 
お洒落だと 信じてた頃
未だ 私は 若かった

巷では トレンディードラマが 大流行し
ネコが 杓子を持って 
ワンレン・ボディコンだった
・・・よりも 少し後の お話かな。

夏 海 白・・・  
から パーカーを 連想する

最近は フリースを 着ることが 多い私。
私の中で フリースは 
最近 着始めた 格好なので
平気で ジャケットとして 着たいのだが

彼は 
フリースは 部屋着だから
外出するのに フリースだけは 有り得ない! 
と 言う

だから アタシは 彼の居ない時
独りで サイクリングする時なんか限定で

ささッ と 着込んで 
チャチャッ と 出掛けるんだなぁ

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°
人気ブログランキングへ
↑ポチッとな~☆↑



2014年3月26日 (水)

キビタキ・ホオジロ・きびだんご

Img_2408


Img_2403


Img_2366


語呂が良かったってダケで
黍団子なんぞ一切出て来ないけれども
許してくんろ。

アレかね、今読んでいる本が和菓子関係だから
甘い雰囲気が脳内に漂っていたのカモ。

写真 場所はこちら

色褪せぬ本気をください
でUPした鳥は恐らく

キビタキ
じゃないかなぁ~と思うちょります。

ホオジロ
そして今回は頬白(変換ではこの漢字、出て来なかったが)
ではないかな? と。

もしゃもしゃの野菜に見える緑の葉は 水仙ですよ
去年もかやふに蕾は膨らんだのだが

終ぞ花びらを見ることなく真夏になったことだよ
今年は如何に~

って 取り立てて花を咲かせる為の対処してないから
同じかのう~。

そして 大きなぴよこたんみたいに見えるのは
池掃除で水を抜いた状態だから。

普段は水被っているから 
ここまでリアルなぴよこちゃんには
なれないの♪

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

爆発/藤鈴呼

元気を出していただけて光栄です♪って、
出すべき元気を温存しているから 元気が出る訳で

最初から 持ち合わせていなければ
手品師でもない限り 捻り出せない元気玉かな

ってなことを書くと、ほんのちょこっと
ドラゴンボールを思い出すんですけれども、
間違ってないべか?

元気を取りこぼしてしまった場合は
元気を出す代わりに 激を飛ばして貰ったら

案外と 身近に落とした元気に気付いて
ひょいっ♪と救い上げてしまえるのかも知れません。

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

べたべた愚痴口イライラするな


ぐちぐちの口は 掻い摘んでしまえ

痒い処に手が届くアンテナごと 
ぶった斬ってしまえば
幾ら足が長くとも 跨げぬのがマンホール

腿を組んで手首を回して目が回る
組み敷かれた下敷きに映るワタクシの
若いフォトグラフ
まるで別人のよう

ワタクシではないのですから
素知らぬフリをしてみましょうか

何時までも続く
何度も奏でる

もう弦を断ち切ってしまおうかと思って
木の枠だけを残した

新しい旋律が ドレだけ湧き上がろうとも
美空の下で吹く口笛に 叶う筈もない

鍵盤のモノクロを
無理にカラフルにする仕草

勿体無いけれど検眼が必要でしょう

黄色い粉が頭上から降り注いで来る
一挙に苛々の波が押し寄せるけど大丈夫

昔 この杉っ葉で お相撲さん遊びをしたっけ
V時部分の首根っこを捕まえて 
お互いに弾いたでしょう?

何も仲良くなんかないのに
飲み会でベタベタするな
お前に気を許した覚えはないと絵空事

額縁の内側で曇った声を漏らせば
明日は晴天になると信じてる

終らぬ歌など無かったろう?
100時間ライブは不可能なんだ

聴く方だったって きっと 厄介なんだぜ

そう呟きながら 話は続く
新しい春が来ても きっと 永遠に

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

詩の発表場所あります
自慢の絵・写真を披露したい方にもおすすめ!

ワタクシすずこが編集している手作り詩誌
ポエムサークル「みゅう」

仲間になり購読いただくと
ボツなしで冊子掲載 & CDトーク → 全国郵送★
見本誌もあります。読みたい方も連絡くださいね。

以下に本誌の写真・詳細を紹介していますので
クリックして御覧くださいませませ~☆

ミュウ 217.218号 完成♪ 

すずこのリンクはこちらから

~いつかの すずザレ~ 藤鈴呼の戯言
過去作も織り交ぜてUPしていきます☆

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

ほんの 少しだけれど

昨日よりは スッキリした と 信じたい

部屋の 開拓 未だ これからサ

渋滞 回避と おんなじなのサ (-.-)



とっても 可愛い 図柄の 送迎バスなのに

そんな 辛辣そうな 表情を して

運転する モンじゃ 有りません コトよ?

未来に 夢 乗せた 園児の 笑顔

エンジ に 演じ に 変えないで 居て



くっつくのは 寂しいから

いえ 其れ以上 寒いからだ と

言い逃れして 繰り乱す

栗の実 転がる 秋の 果実に



たった 五分の 重要さに 気付く

遅れ 気味の 朝の様に

後悔 したなら 思い出す

唯だ 一言の 重大 語録

☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

夜の 電話は 決まって タイミングが 悪く

何時だって 僕を 苦しめる

そう 信じては 疑わず

無視を 決め込む 日々の 中

一つの テンション 上がるのは

待ち詫びて居た お誘いに

ならば 自分で 言やぁ イイのに

忙しさ だけ 言い訳に して

行って無かった あの場所で

心底 安らぎ 見出した 時

発散 された ストレスに

少しの 感謝を 祈るのは

有り難さ だけ 忘れずに

何時の 時をも 行きたい からで



ゆっくりと 歩んで行ける 嬉しさを

幸福だよ と 言い聞かせ

心に 脳に 洗脳 してく

同じ ヤクなら こう 有りたいと

ヤニを 眺めつ 溜め息を 吐く

☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

落ち着いた 場所で

もう一度だけ 考えて みる

寂しさ 其れが 何なのか

虚無感 此れが 全て なのか と



数字の 揃う 時計を 見ると

あの頃の 君   思い 起こすよ

三つの ボタン 目押し ながらに

間接的に 楽しんだ 箱

動く 関節 視界に留め

フィーバーの 音  期待 したコト



又 ワンクール して

幾度も 記憶に 止めた言葉の

流れる 様を 耳に 残した

過去の 残像 捨てて しまった



まるで 人生の シュレッダー

そんな コトなど 不可能 なのに

千切れた 紙に 想い 託して



様々な 情景が 流れ 去る

情熱が 立ち去った 後ろ世界が

哀し過ぎた と 口ずさんでく

絶叫しては 景色 眺めて

☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★
人気ブログランキングへ
↑ポチッとな~☆↑


2014年3月25日 (火)

色褪せぬ本気をください

Img_2294


Img_2290


Img_2289


風邪を引いた時
キコキコと 缶切りの音がして
ぷるんとした 大きな
桃が出て来た

なんて言うお話は
きっと ホームドラマの見過ぎで
実際問題 そんなトキには
味わう余裕も 無いくらい

だけど
幻想ばかりは 確りしているから
妄想するのは 自由なのだと独り言
滑り台を 軽やかに降りて来る

シーソーは 相手がいないと 出来ないのだから
今日は ブランコで 我慢してしまおう
公園内を ざっと見まわして
他に 遊べるものはないかと 画策する
一人遊びも たまにはいいもんだ

そこには
今日も 昨日も 一昨日も一人だった
と言う事実は 含まれておらず
きっと 明日や 明後日や 明々後日は
友人達に 囲まれているのだろうと言う
我儘な 願望ばかりが
この身を支配するのだ

なあ坊や
手にした誰かのコインを
決して放さんと 
指が折れそうな程 握り締める 掌に向かって
放たれた合図
白い髭と犬とフリスビー
これで三人の巴が完成した
あと二人くらいで この身は包まれる

公園の端で
いつも 脇役のように佇む大木を
皆で手繋ぎ 囲むような
幸せな瞬間
そのトキになったら 本気で追いかけよう

手繋ぎ鬼でも 缶蹴りでも
氷鬼でも 何でも来い
公園を 飛び出したら 住宅街があるから
いっそ 高鬼だって
出来ちゃうかも 知れないんだヨ

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

写真 場所はこちら

一瞬 カワセミかと思ったんですよねー
息と足を必死こいて忍ばせて 近付いて
ズームでパシャリ☆ したら 黒と黄と白
ううむ 良く見る鳥じゃが 名前が分からん…

今週は晴れ続きになりそうなので
梅の開花も進むのでは★

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

詩の発表場所あります
自慢の絵・写真を披露したい方にもおすすめ!

ワタクシすずこが編集している手作り詩誌
ポエムサークル「みゅう」

仲間になり購読いただくと
ボツなしで冊子掲載 & CDトーク → 全国郵送★
見本誌もあります。読みたい方も連絡くださいね。

以下に本誌の写真・詳細を紹介していますので
クリックして御覧くださいませませ~☆

ミュウ 217.218号 完成♪ 

すずこのリンクはこちらから

~いつかの すずザレ~ 藤鈴呼の戯言
過去作も織り交ぜてUPしていきます☆

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

あーあ 人間だな
三日前に 決めた
自分との 約束

都合の 良い 解釈を 捜して
破って しまった

ゴミ袋を 開けて
濡らして 居ない 箱を
わざわざ 取り出して

火を 点けて しまったんだ

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

禁じるから イケナイのかも 知れない と
止めた と 宣言して
自ら 首を 締めたって
叶わなかった 禁煙 だから

あの人の 言う様に
何時でも 吸える 状況を 作り出して

今から 又 
改めて

カウント・ダウンを 始めよう

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・

昨夜 後ろから ギュッと された トキ
半分 寝ぼけて 居たけれど
とても 嬉しかったんだ

でも
取り敢えず トイレに 行こう
と 思ったから

振りほどいて 立ち上がって しまったよ

戻って 来たら 
キミも 立ち上がって
トイレに 行った

中々 戻って来ない 気がして

もしかして
トイレの 中で 
眠って しまったんじゃあ 無いか って
心配しながら 待ってた

戻って来た キミは
何やら 唸りながら
具合 悪そうで

座椅子に ドカッと 座り
ヒーターの スイッチを 入れる
ピッ と 言う 
音が 聞こえた

マウスを いじる 音の 中で
ボクは 再び
夢の 中へ
移動して しまったんだ

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・

明け方 5時頃
ボクの 出した 音を
からかった キミと
少し 会話を した

眠くて 目を 
閉じた まま だった けれど

「 そうだよね? ねっ? 」 と

幾度も 尋ねる キミの 口調に
背を 向けた まま
浅く 笑いながら
頷き続けた ボク

きっと 少し 上目がちに
覗き込む様な 瞳をして
居たんだろうな

もし キミが
完全に 
起きて 居たならばー

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

ギュッ と して 呉れたのが
とっても 嬉しくて
温かかったんだ

軽い 布団の方が 良い
と 言う キミ

重くないと 
寝た気の しない ボク

根っからの 貧乏性
羽毛と 呼ばれる ダケに

何だか
宙に 浮いた 感覚が して
落ち着かないんだよね

確かに 重た 過ぎると
肩は 凝る けれども

関節も
痛むのだ けれども・・・

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・

♪明かりをつけたら捕まった~
( ドライブ中の 携帯画面 )

♪お花をあげたら怒られた~
( 教壇に 仏花 )

♪五人寄ったら臭かったア~
( 真夏の 悲劇 )

♪お~なかいっぱい ハヤシライス~

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

ドカ喰ひで 「あの日」が来る と 思い知る

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

女神の 襲来前には
苛立ちも 募る が 常。

追加の 未成功 禁煙生活の 
挙げ句の 果てに 残るは
自己嫌悪 のみ×××

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・

キミが 言った

一週間 禁煙 頑張ったから
一本 吸って みようか なぁ×××

切羽 詰まって 苛立つ コトも
無い日々 だった らしい

依存度は やはり
私の 方が 酷いのだ

三日 坊主じゃぁ・・・ ねぇ×××

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

ママンの 手料理を 食べた 雛祭り
メニューは ビーフ・スットロガノフ

私は 何時も
ハッシュド・ポーク 止まり なので
久々に 牛ちゃんとの 対面と 相成った

テレビで ちらし寿司の 番組を 見たので
もしかして・・・ と 
期待を して みたりも したが

どうやら 実家の 前日の メニューは
鉄火丼 だった らしく

私も 最近 回転寿司に 行った 話を
して 居たので
この メニューに 成った らしい

台所で 目に したのは
二種類の ルー

母は カレーを 作る 時も
何時も 二種類の ルーを 使用して 居たなぁ
と 思い 出しながら 懐かしく 眺めた

カレーの場合は 辛口鍋と 甘口鍋と
わざわざ 二つに 分けて 居たんだっけ

私達は 辛口が 好きで
ママンは 辛いのは 苦手 だったので・・・

今回は 
半熟トマトの ハヤシライス・ソース と
ハッシュド・ビーフの 素 だった

両方とも 私も 使う ルーだけれど
トマトの 方は 若干 酸っぱい

二つを 混ぜると
丁度 良い 感じに 成るのだ と
食べながら 感じた

何時も コレ系の メニューは 
好まない パパンも
美味しいよ なんて 言いながら
食べて 居た

もっと 母に 感謝しなきゃ 駄目だよ
と 告げてから
色々と 改心し始めて 居る様で
何だか 嬉しかった

食べ終わり 
本日 メインの イベントに 取り掛かった

唯だ 夕食を たかる ダケの 為に
やって 来たの では 無いのだ

そりゃあ 彼は 
泊まりの 出張で 不在だし

夕食 作るのが 面倒だなぁ 
と 言うのも 有って

この日を 指定 したのは 
否め 無い けれど×××

メインは ママンへの パソコン教室だ

妹の 結婚式の 写真を
一枚ずつ ファイル 保存して

わざわざ 買った L版の 写真用紙に
プリンタ して
CD-Rに 収める 迄の 工程だ

道程は 意外と 長かった

出掛ける 父を 見送ってから
開始 したのが 
7時半 頃 だった ろうか

翌日 午前中に
久々に 友人と会う 予定を 
入れて 居た 私は

9時 過ぎには 
出掛け なければ ならなかったの だが

この 時点では
まぁ 父が 帰宅する 頃には
余裕で 終わって 居るだろう と
タカを くくって 居た

いざ やってみると
午前 2時 近くまで 掛かり
帰宅した 父も 寝て しまった

でも 上手く 頭に 入って 呉れてれば
良いのだが

きっと 今頃 
頭を 捻って 居るのだろう・・・ なぁ×××

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・

風に 曝され  空気 揺らめき
息吹 身近に  冬の 溜息

風に 諭され   想い 揺らめき
生きる 間に間に   春の 訪れ

落とされた葉も 凍り 逝き過ぎ
溶けかけた 夢   腐り 泥土に

恋も 淡く 散り行く 季節
最後の 雪で 洗い 流す

その前に その前に その前に・・・



切吹の 時  飛沫の シャワー
浴びた 瞳に   冬の 溜息

人型の 影  聳え 立つ 壁
新たな 憂い   春の 訪れ

曇り 始めた 空の 隙間に
透明な 虹   丸い 輪郭

曖昧 無垢な 笑顔 広げ
最後の 滴 飲み干し 進む

その先を その先へ その先に・・・


愛も 甘く 咲き出す 季節
はかない 命   実らせながら

結晶に 又 出逢える 日まで・・・



  『 冬 の 錆 』

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・

朝 窓を 開けたら
車が 真っ白 だったので

大変だ! と 
彼に 何通か メールを 打ち 始めた

何時もの モーニング・メールだ

1時間 経過して 
送信する 頃

日差しを 浴びて 
溶けて 居る 
コトに 気付いた が

折角 準備したし と 送信した

何が たいへんなの?
雪 降って ないし・・・ と 戻って 来た

はぁ? みたいな 感じに 読めて
カッチーン と きた

メール しない 方が 良かったかしら
と 思った 
逆切れの 瞬間 だった

確かに 車の 雪も 
暖気 したら 大した コトは 無かったし

今頃の 時間 ならば
溶け始めて 居る 

道に 出たら 普通だった

雨も 降ったのか 
みぞれ混じりの 雪だったので 
重たかったが

落とせば 直ぐに 
走り出せそうだ

私も 件名に 雪 と 書いて
のんのこ と 表現したのは
いけなかった と 思う

窓から 見て 
大変だ! と 思った まま
連打した 時は 

本当に のんのこ 積もって居る様に
見えたのだ

雪の日は 車も 渋滞するし
少しでも 早く 
起こして あげたい の 
一心 だったの だが
逆効果 だった ようだ

彼から すれば
起き立てで 
大変だ と 言われて 覗いたら
雪は 降って 無いし
一体 何やねん! と 
感じたのかも 知れないし

降ってない じゃーん の 
軽い 突っ込み的 
表現だったのかも 知れないが

とにかく 受信した メールを 眺めて
思い切り テンションが
下がって しまったのは 事実だ

小さな コトで キレ易い 時期は
続いて 居るなぁ と 感じながら
出勤する 私なので 有った・・・

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・
人気ブログランキングへ
↑ポチッとな~☆↑


ショートケーキ

Img_2298


Img_2299


Img_2300

日付変更線を越えた直後に
写真のケーキを食べている中年夫婦
キケーン!!

夕食は ちゃんぽん「もどき」
どの辺りが「もどってる」かと言うと~
って表現は ちょっとアレですな(爆)

取りあえず冷蔵庫の中を漁り残り物なんかを炒めた
ベーコン キャベツ しめじ 人参
で、ちゃんぽんスープの素(粉)で味付け
麺は別売りで太くちゃんぽん「らしい」ものを
チョイス!

これで完成~♪
ちょっと汁がしょっぱいかな? なんて言いながら
舌鼓を打ち
残り物の煮物までは食べられぬ・・・と
別腹は残して 桜抹茶を淹れる

お茶のおともに
(いや、どっちが「御伴」か怪しいが)
取り出しましたるケーキ!

ミーティングの後にね
バースデー祝いだと言うケーキを
にんまりしながら食べたのにね
本日二つ目のケーキですよ

一つのケーキを半分個
ジョリーじゃないけど半分個♪
ってな感じで パクついていた旦那が
ぼそっと呟いた

「これ食べてると ショートケーキが欲しくなるな」

・・・・え゛?! 食べてるやん!!

「ん? ショートケーキってイチゴじゃないの?」

違うよ~! いちごショートって言うけどサ、
ショートは小さいからショートケーキじゃん!
大きいのはデコレーションケーキ!!

・・・と、自信満々に言い放った後で
(んぬ?!) と 不安が胸を擡げる

もたげるって こう書くのねぇ…

で、調べてみた。

なるほど
土台がスポンジでホイップクリーム・イチゴ乗せ
のイメージな訳ね!

そうか、デコレーションケーキは単純に
デコレーションしてあるだけだし

そもそも 大きいケーキのことは  
ホールケーキ、と呼ぶんでしたわね。ふふ。

と、一つ賢くなった私のお祝いに
イチゴショート 持ってこ~い!!(違)

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

菜の花が見えない


カモフラージュされてしまうほどのオレンジ
大抵の人間が「夕陽」と呼ぶ現象が訪れる頃
少し冷たくなった風が そよと吹きかければ
花びらは ゆっくりと お辞儀をし始める

隣に似合うのは かすみ草くらいだが
あろうことか ここに自生するは ネコヤナギ
昔 防波堤が出来る手前で
土に映えていた 必死の形相が 愛しくもある

もふもふとした毛並は 能面のよう
小さな枝の中に刻まれた年輪が
誰かの表情のようにも思え 身震いがした
未だ強い北風から 逃げるように走った帰り道
世界が夕暮れに包まれる寸前

黄色の元気一杯さが 憎らしかった頃
春の倖せそうな色合いが 大嫌いだった
梅も桜も 似たような香りに思えた
桃色のチュチュを着た娘が 格好の標的
握り締めたダーツの矢 虚空に放たれた

芝の色が 美味しそうな黄緑に染まっても
菜の花が 見えないんです
あれは 何時の時代の花でしたか
昔から 在るのですか
牛に問いかけても 応えはモウ
NOW NOW 溜息ばかりの 牧草地

カモフラージュだらけだった筈のオレンジ
例えば 高速の上 
夕闇が合図
アイスクリームがとろけるような季節に
汗ばむ肌を 唯一冷やすことが出来る存在

見付からぬ菜の花を おひたしにして
此の際 食べてしまおう
辛子和えにしてみても 良いかも知れない
パクリ
何も考えずに 頬張ったら
もしかして 失くした菜の花が
微笑んでくれるかも しれないから

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

詩の発表場所あります
自慢の絵・写真を披露したい方にもおすすめ!

ワタクシすずこが編集している手作り詩誌
ポエムサークル「みゅう」

仲間になり購読いただくと
ボツなしで冊子掲載 & CDトーク → 全国郵送★
見本誌もあります。読みたい方も連絡くださいね。

以下に本誌の写真・詳細を紹介していますので
クリックして御覧くださいませませ~☆

ミュウ 217.218号 完成♪ 

すずこのリンクはこちらから

~いつかの すずザレ~ 藤鈴呼の戯言
過去作も織り交ぜてUPしていきます☆

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°


朝食は 和洋 取り揃えた バイキング

パパンは 当初
俺は 勝手に 一人で
何か 買って来て 食べる と 言って 居た

ホテルを出て 直ぐの 階段を 下りれば
スーパーが 有るから

弁当でも おにぎりでも
勿論 パパン 大好きな お目当ての 酒類も
たぁっくさん 有る

夜にも 買い込んで 部屋に 戻った

珍しく 此処の ホテルには
煙草以外の 自販機が 置いて 無いのだ

だから 異常とも 言える 値段の
冷蔵庫内の 飲み物を 飲むよりは

スーパーの 方が
明らかに 賢い選択と 言えるだろう

昨夜は 戻って来て
スーパーに 転がり込んだのが
午後9時 手前 辺りだった

昼間に店員に 聞いた トキには
9時半迄の 営業だ と 
言われたらしいのだが

9時に 近付くと
店内が 徐々に 薄暗く なり始め
陳列棚にも 透明カバーが かかり 始めた

棚の 近くには
午後9時まで の
札の様な モノが 有り

ハナシが 違うぢゃ ねぇかひ? なんて
キレる 暇も 無く

何とか 籠に 商品を ブチ込むコトで
忙しかった

スーパーの 奥側は
デパートの 地下食品売場 みたいな感じに
続いて 居たのだが

目を 見張るばかりの 光景だった

売り切る為に 閉店間際に 安く 成るのは
良く 有ると 思うが

殆どの店の 陳列棚が
空っぽに近い 状態だったのだっ\(◎o◎)/!

決して 狭くは無い 店内なのに
これ程迄に 気分 良く 売り切る モノか
と 寒気が した

残って居た 寿司コーナーの セットを
まるで バーゲンよろしく 状態で

人混みの中から 手を伸ばして ゲットして居た
母は 強しー と 感じた 一コマで 有った×××

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

~( ̄▽ ̄~)(~ ̄▽ ̄)~

ゴンタの寿司たー゛べたっん

あふ。

はふ。

2000円以上で宅配だっちゅうから

寒ブリ
トロサーモン
炙りえんがわ
鮮あじ
生サーモン
焼きサーモン
中トロ
びんちょう
うなぎ

一皿二巻ずつ♪

それもこれも
コインランドリー覚悟で
スイッチ押したら
動いて呉れた
洗濯機クンの
お陰なのらーーー♪

彼等の新居のゴージャスさに
少し びんちょう・・・ではなくて
便乗したくって
奮発してみまちたっ
暴発したのはぽんぽんでつ☆

ふー ま・ん・ぷ・く♪

そうそう。
卵オムレツみたいにするときも
マーガリンしくと
うまく くるっと まとまるにゃ。

へいへいで
安藤裕子って新人らしいけど

あたしは駄目人間です とか言ってて
ゴミ出しに夜中だけ外出します とか

有名なCMソングで 聞いたことある独特の唄だよ。
なぁんか のほほんとした子だなぁ。

笑うと 苦しいんだって。

おもしろい子だ。。。

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

さむいよー

今日は 朝から ポンポコポーンな 日でさあ
暖気の為に 途中で 愛し疲れたのが
悪かった モノか

張って 張って 仕方が 無い×××

なモンで 仕方が 無いから 書類を

貼って 貼って ×××

這って 這って けぇりてぇ(帰りたひ)気持ちも
山々なれど マボラメン 来た(  ̄ー ̄)

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

久々に 昔の写真を 眺めて 居た
丁度 五年程 前の デジカメ ショットだ

当時は デジカメを 買いたての 頃で
出掛けるっちゃあ 持ち  部屋でも 撮り
自己満の 世界に 浸って 生た

暫くぶりに 眺めると
随分と 表情が 違う様に 感じた

要するに 若いのだ

と 言う コトは 
やはり 今は 老けて 居るのダ×××

当たり前だ ケド、 ね ×××

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

三日程 地元を 離れて
旅行モードで 楽しんで 居た 頃

全国ニュースで
地元の 雪の様子が 出たらしい

金曜よりも 土曜に 降ったの だったろうか

丁度 出勤だった 皆が
雪掻きして 呉れたの だろうか

月曜の朝に 出勤して見ると
駐車場の 雪が 
キレイに 積み上げられて 居た

朝イチで 彼女に 報告話をするのに 夢中で
すっかり 聞くのを 忘れてたコトに 気付いたのは

その 彼女の後に 帰社して
もぬけの殻に 成った 彼女の 車の跡を 眺めた
瞬間だったのだ・・・

木曜日の 朝にも 
軽く 雪は 積もって居た

其の 朝は  何故か 皆
出勤が 早かった

雪掻きを しようと 覚悟の上での
出勤だったのかも 知れない

私の後から 出勤して来た 彼女が
茶碗洗い途中の 私に 言った

「 雪掻き・・・ するんですか・・・ ねぇ・・・?」
「 ・・・んっ!? サイキン 耳が
  聞こえ 辛くてねぇ~っ\(◎o◎)/! 」

なぁんて 笑いながら 返し
結局 その朝は 
雪掻きしない ままだったのだ

一度 溶けて 改めて 積もった
初日だった コトも 有るが

何とか タイヤで 潰せる
範囲だったと 思う

放置したまま 翌日にも 降られると
固まった 雪は 勿論 重く 成る

朝 時間が 無くて
自宅 駐車場の タイヤ潰しを 怠ると

夕方 帰宅して 
目に合う コトも 有る

四駆では無い 小振りの 相棒は
案外 デリケートな 生き物なのだ

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°
人気ブログランキングへ
↑ポチッとな~☆↑



2014年3月24日 (月)

ハーゲンダッツさくら味

Img_2269


Img_2266


Img_2268


衝動買いした剥げ脱
ン年振りと言っても過言ではない程
久々の口融け

桜ソースがちょっと濃ゆいので
ソース部分だけを一気に喉に入れると
咳き込みそうにもなる

そして 若干 味が濃いソース部分で
早い桜を色濃く感じる

ほんのり香るサクラも良いですよネ☆

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

らヴ・ちょこれいと


行ったり来たりの場面展開
ブランデーに似合うホワイト
真っ黒な猫に 似合う
根っこが確りしてる味
寝っ転がって 認めた
唯一の 甘さ

消しゴムの絞りカスや
カレーに入れる 最後の調味料として
強力なスポイトで
喉に 流し込む瞬間ばかりを夢見た

時に 咳き込んで
飲みこめぬような期待だ
赤い風船のように
何処までも膨らめば 此れ幸いと
願い続けたけれど

この甘さは 中途半端
綱渡りする曲芸師
体重移動はお手の物
バランスが取れなくなったら
ダイエットをすれば良い
そんな簡単なチョコレイト

一口 齧る度に
板に描かれた文様が 溶ける
春の雪解け水のようだ
つい この間まで
幻想的な雪像を 描いていた
冬のキャンパスを 忘れた

湯煎して かき混ぜて
ブランデーに垂らして 固めた
外側は カリカリに コーティングして
まだ足らない
まだ足りないと
呟くの

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

詩の発表場所あります
自慢の絵・写真を披露したい方にもおすすめ!

ワタクシすずこが編集している手作り詩誌
ポエムサークル「みゅう」

仲間になり購読いただくと
ボツなしで冊子掲載 & CDトーク → 全国郵送★
見本誌もあります。読みたい方も連絡くださいね。

以下に本誌の写真・詳細を紹介していますので
クリックして御覧くださいませませ~☆

ミュウ 217.218号 完成♪ 

すずこのリンクはこちらから

~いつかの すずザレ~ 藤鈴呼の戯言
過去作も織り交ぜてUPしていきます☆

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

ぽかぽかの春に 誘われて
風船は 大きく 舞い上がりました

あの日 兎の形をした 風船は
水素爆弾と 成って

破裂こそ しなかったものの
千歳飴を 持ちながら
空中に消える 兎の姿を

唯だ 唖然と 眺めて 居ました

☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

物足りなかったからか?
問い詰めるように 言ったね

全くもって プラトニックだった 二人には
お別れのキスが ファースト・キスに
なりそうだった

そう 君の 予定では
だけど パワー・ウインドウを
ゆっくりと 閉じたよ

顔を 背けながら・・・

☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

初めて 君の 怒る姿を 間近で 見たのは
二人が 分かれる 直前だった

何も 手を 出さなかった からじゃ無い
そんな 理由を 提示する位に
僕は 落ちぶれては 居なかった 筈だよ

°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

何時だって 要らない 報告ばかり して居た
相手が ともすれば 嫉妬するような
逆上心を 煽る 事実に
恐がっている訳でも
悲しんでる訳でも
笑える状況でも 無かったのだけれど

ただ 一つだけ 言えるのは
其れは 事実で
其の 時間が 有って
今の 私が 有ると 言うこと

だから 他人の 過去を
詮索なんて しないけれど
聞かされれば 相槌を打つし
聞かれれば 回答して来た

それで 秘密の話が
沢山 舞い込むようにも なったかな


  『 相談された時の面持ち 』

☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

何も 出来ない日々が 
続いて 居るよ

此処は 冷たい 雨
窓からでも
曇った 空の姿が 
眺められるような

無機質に 邪魔な 色だね
気に 障って
眠れや しないんだー


『 病室の 白い ベット 』



薔薇に しようか どうか って
悩んでる

微かに 懐かしさの 響く 場所で
紅の 素敵さ加減を
競わせるのも どうかとは
思うんだけど ね?

それで 加減は 如何かな


『 和室の 赤い 花瓶 』

☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

何かを 慰める 様でも 有り
要らない 感情を
まぶす 場所の 様でも 有る。

キミは、 雨。

静かな時間が 嫌に 成ったら
雨垂れと云う 滴と成って
仲間達と 楽しんで居る。

気まずく成って 其所に 溶けたら
喜怒哀楽も ごた混ぜの世界ー


  『 水 溜 り 』

°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

本当は アナタに 見て 欲しかったんだ。
そして 似合うね って 
云って 貰いたかった ダケなんだよ♪

だとか言ってる
世の中の オンナどもっ! (まじゃ風)

そんなの 始めから
買って呉れ の オーラが
見え見えなんだよっ!

隠したって 無駄なんだからな コノヤローっ!
( 此処で マイクが 飛ぶ )

嗚呼 こんな バージョンならば
ネタ 尽きなさそうだあxxx


   『 お ね だ り 』



ほかほかの 其れでいて パリパリの
アナタに くるまれ 温かいのよ

次の 朝は
誰と 目覚めようか なあ~


  『 お に ぎ り 』

☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

愛人[wc]は 我慢するのが イケナイね
   だから何時でも 膀胱炎サ

*

暴行は 力掛けずに 行われ
  閉口するは 画面の上で


 『 言葉だって 立派な刃 』

*

放課後 始めて
キミと 一緒に成った。

帰り 一緒に 成れたのに
結局 何も 伝えられずに

*

僕等の 歩んで来た道は
少しずつの 歩み寄りにより 
親近感を 増し

重なる歩幅の 
組合わさる 
楽しさに 踊り

蹴り合いの 哀へと 
歪んで 逝ったんだ


   『 恋 路 』

*

歩幅を 競うなら
ほら もっと 楽しそうに

此の 雑然とした 世の中を
スタスタ 早足で 進もうとする
キミへ 寄せてー

*

空咳が 
しいんと成った ビル内に 
響き渡り
見も知らぬ人の 体調を
心配する 気持ちが
広まった 夜

*

彼女とは 気分の トーンが
同じ 速度で 流れてる 気がした

朝は だるく
だけど
日暮れまでには 
お笑いモードで 絞めくくれた今日も

貴女には 沢山のコトを
教わりました

*

月の 力 なのかも 知れない
色んな 意味で

周期も 一緒 なんだよネ って
月の 兎も 微笑って 生るよ


 『 ムーン ・ パワー 』

☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★
人気ブログランキングへ
↑ポチッとな~☆↑


2014年3月23日 (日)

三連休が終わる

Img_2245


Img_2246


Img_2247

なんてタイトルを書いたら
「おら全然 休んでねーよ!!」って
四方八方から 座布団が飛んで来る気がする

昨日 久々に眺めた 相撲中継みたいな図
んで 図に乗って手裏剣したら 
骨折するって言う。

何故 図に乗るかって言えば
座布団には 乗れないからね

正確に言えば 飛んでる座布団に乗ったら
瞬時に落ちて 怪我するから。

そんな趣味は ないから!
ってなる。

木曜日の夕方に こんな会話があった

「すずこさん、明日から三連休?」
「あ… はい。」

若干 申し訳なさそうなトーンだったと思う。

「いや、嫌味じゃなくってね、良いねー!!」
「あ~… はい。」

「どっか行くの?」
「スキーに行こうかなぁ~なんて思ってるんですよ~」

なんて豪語したのにね

初日は大雪だったり 
スキー客がらみのニュースなんかを眺めながら
溜息吐いたりもしたんだけど

昨日からはピーカンですよ
ほぼ ピーカン

「スキーのスの字も出なかったなぁ~」
なんて会話しながら
布団干すくらいの 素敵な休日

三連休… 何処も行かんかったなぁ~
なんて 残念そうに呟きながらも
分かってるんですよ

休日はね、休むモンだ。
これが最高の連休の過ごし方や!って。

明日からは五連勤 週末一休みの 再度五連勤
に なるらしいっすよ?

何か 正社員で働いていた時のような感覚だわー
有り難く働きますとも!(棒)

そんな時に限ってね、ヤボ用こなしたくなったりも
するもんでね。

「スライド出勤で30分遅れだから
 この日の朝に用事して~」

とか目論んでいたけれども、そんな時に限って
勤務変更になったりもする。

そんならアレか、振込とか止めっか!(違)
基本 休日にするんですけどね。

だって 持ち歩きたくないじゃないですか、
通帳系。

嫌だね! アタシャ絶対イヤだね! 
みたいな。

テレビの向こうでは
球児達の青春シーンが炸裂中ですね。

ブランチも終え ぼんやりと眺めていたんですよ
ほんなら居間から声がする

「ごはん どうするー?」

え゛、いま、なんて言いましたんのん? と
耳かっぽじってみても おんなじ答え。

「さっき食べたばっかりじゃあ…」

「でも ごはん、大事やろ?
 人の身体はご飯で出来てんで! 知っちょんやろ?」

まあ 大抵こんな会話なんですけどね

例えば 冬は リフトに乗ってる訳ですよ
午前中のんびり起きて 10滑走くらいできれば御の字

ランチしてリフトに乗って二回目くらいで
件の台詞が吐き出される。

今日のランチは パンでして。
大抵 そうなんだけど。

瓶入りのハチミツが殆どなくなって
最後の一滴までをも 勿体無いから、と
紅茶に入れようとしながらの会話

「どうするー?」って言いながら
ハチミツ瓶の中に 紅茶を入れて かき回している姿を
点目で眺めながら 絶句、みたいなね。

テレビでは野球中継
「ピンチを断ち切って 云々~」

んぬっ!?って 耳を疑った
「今、ふにゅらら、って言わんかったん?!」
たまらず旦那に話し掛ける

途端に旦那 大爆笑
「お前、その聞き間違い、今すぐ誰かに報告したいわー!」
次の飲み会が待ちきれぬ様子で喜ぶなっ!

私も自分でビックリしているとですよ

まさかの聞き間違い
ピンチ の ラストに「ん」をつけて
「ぴ」の代わりに「ち」をいれて
さぁ続けて呼んでみると 素晴らしい名言に!(爆)

嗚呼~ 私としたことが~。
「ってか 痛そうだべ?」
「んだんだ」

そうですね、の意なんですけどね、
あまちゃんブームになった辺りから
「じぇじぇっ!」は有名になりましたが

こちとら内陸の出なモンでね
「ジャジャジャ!」なんですよね
場合によっては三回じゃ効かなかったりする

「おめはん こったなこと してくさったってばよー」
「んだっでが!」
「ジャジャジャ、なってもなんねー」

一行目は誰かが悪さした報告
二行目は「そんなことしたの!」の相槌
三行目は「どうしようもないねぇ」って意味合いかな。

ピンポーン。
「これ、うちの畑で撮れたから~」
「じゃじゃじゃじゃじゃじゃじゃ。。。」
と恐縮している感じの場合も使えるかなー。

こんばんは、の場合。
「おばんでがんすー」

ちょっとさ、これ、リアルおばさん世代だと
余計に笑っちゃうんだけどね。

「んだば、まず」

何時だったか 冬タイヤを調達せん!と
カーショップをウロついていた時のこと

店員さんと知人の会話が耳に入ってきた

「…で、次回…だから。」
「じゃあ **日にね。 んだば、まず」
「んだばね~!」

隣を見ると旦那がニヤニヤしよん
どうしたの? と 思っていたら
大爆笑しながら 理由を語り始めた

「んだば、まず」って何やん!

普通「先ず」ってのは、
これから話が始まるよ!の合図やろ?
話が広がりもせず 去って行く二人、みたいな。

それを聞いて「さもありなむ」と頷いたよね。
「そんじゃあ またね」の意味合いで
普通に使っていたんだけど

旦那からしたら 
「おかしな日本語」だったみたいなんだよね。

この機会に! と 旦那の話は続く

「電話でもいつも思ってた。
誰かを呼んで欲しい時に 必ずと言って良いほど
**さん いらっしゃいました? って 聞くじゃない?

「ました」ってのは過去形な訳だけど
「今 そこに居ますか?」って聞いている訳だよね。

それで どう答えれば良いのかっ
て何時も答えに窮する

**さんが居る場合は引き継ぐけど 
いない場合ね

「**は先程までおりましたが
 現在は席を外しておりました」

みたいに言えば良いのかよ~って。

もっと シンプルに
**さん お願いします。 って言えば良いのにね。
これ、もやっとするんだよね。」

なるほどねー。
無駄な過去形、良く遣っていたかも。

一方 私がもやっとするのは 
ニュースなんかの締め括りで

「それでは また」 もしくは
「それでは また明日」 で終わる場合が多いなあと。

「また」何なの? 

「明日」お会いしましょうなのか
「明日」は違う番組ですよ、なのか

(まあ この場合は前者だってのは分かるけどよ)
突っ込みたくなるんだよね

んだば、まず、と同じ心理
「また」で終わるなよ! って言うね。

日本語って 難しい~。
受け取り方によっては真逆の意味になりますものね。

そんな訳で
んだば、まず!!

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

詩の発表場所あります
自慢の絵・写真を披露したい方にもおすすめ!

ワタクシすずこが編集している手作り詩誌
ポエムサークル「みゅう」

仲間になり購読いただくと
ボツなしで冊子掲載 & CDトーク → 全国郵送★
見本誌もあります。読みたい方も連絡くださいね。

以下に本誌の写真・詳細を紹介していますので
クリックして御覧くださいませませ~☆

ミュウ 217.218号 完成♪ 

すずこのリンクはこちらから

~いつかの すずザレ~ 藤鈴呼の戯言
過去作も織り交ぜてUPしていきます☆

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

〓 ゆ う ぐ れ 〓


夕暮れに 染まる 其の前に

麗しの 我が家へ帰ろう

楽しかった 太陽は

ゆっくりと 沈んでゆくね

斜めだった 君の気分は

揺れる影に 比例して

小さくなってく

戸惑わなくても 平気なんだね

明日に 又

新しく昇る幸せを 感じられる様

少し ゆっくり休んでみても 構わないかな

のんびり生きようって  君が教えて呉れたから

心が 開放されてくようだよ

宇宙の果て迄  飛ばしたい程

舞い上がる炎  

どうか 消して しまわないでね

優しい瞳で 見つめてあげたら

次の光は 柔らかくなるよ

綺麗な水辺に 輝いてくよ

だから もう一度 笑ってね・・・

°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:

〓 昨 日 の 電 話 〓 


51分の 会話に

付き合って呉れて  ありがとう

729円分の 

大切な  アナタとの 会話でした

渋滞の 途中で

たった今  道を譲ってもらったのに

逆側から 入ろうとしている人に

私は 道を 譲れなくて

目も 合ったのに

何て 優しさが 足りないんだろうと

自分を 責めている

こんな風に  アナタへの 思いやりも  

足りないのでしょう

無理矢理  飾り付けた  ハイテンションで

アナタの 気分が

本当に 上がる筈など 無いのに

それでも 笑いたかった

アナタの声は 苦笑でも

私だけは 心からって 思いたくて

自らの 乱気流を 跳ね上げました  〓

☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:

〓 目 覚 し 〓


毎日 あなたの 

目覚しに なれないかな

今は 片思いと 変わらぬ状態で

少しだけでも 私の事  

思い出して 欲しいなって 切望する日々

この  フロントガラスを覆う  細かな雨の様に

私の 感情も 

行ったり来たりの 繰り返し

大粒の 滴となって 

貴方を包んだ その後は

闇の彼方へと 消えてゆくのです

その前に 出来れば

七色の キレイな虹となって

あなたの 目の奥に 残るような

優しい私で 有りたいのに

なかなか叶わぬ  そのままに

いつも 迷惑ばかり  かけているようで

本当に ごめんね

目覚しは  もう  ストップさせたのかな・・・  〓

☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:

〓 辛 抱 〓


あと 少しの 辛抱だからネ!

小さな子に 言い聞かせた セリフの後で

振り向く母親と

バッチリ 目が合う 瞬間に

何も 悪い事など していないのに

何処か  後ろめたい風な 感覚に

苛まれてしまって

苛立たしくも  恥ずかしくもある

隠す程のモノも 存在しないけれど

棚の上の クッキーが

欲しくて 欲しくて たまらなくて

手を伸ばしたら 段ボールごと 落ちて来て

泣きながら 母親に謝った

幼き 昼下がりを 回想している

あの時も  私は悪く 無かったよねって

自分で自分を 慰めている

そんな 雰囲気ばかりを 噛み締め続けた

小さな 国道上の 物語・・・

☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:
人気ブログランキングへ
↑ポチッとな~☆↑



釜玉うどんと釜揚げうどん

Img_2253


Img_2252


Img_2251


かまたまうどんとかまあげうどん
と言う話ですよ
昨夜の夕食なんですけどね

旦那は釜揚げうどんが大好きでね
「あ~ かまあげ喰いてぇな~」の台詞に
私が思い浮かべた映像
それは 混ぜるだけ、の釜玉パスタCM(笑)

私と同じように混同しているアナタの為に
説明するとですね?

釜揚げ、は 湯に浸した状態で出て来るの
隣の器が だし汁ね
一方 海苔が見えてる方が 釜玉うどん

これは 味付けもしてあって
卵がとろ~り♪ 
…じゃない部分もあったけど(笑)
入ってるんですよ。

かくて 旦那コックは
二食分 作ってくれたのじゃ

ここは すずこ食堂
あ、違うか、料理したのは旦那だから
すずこ食道か。 
うどんを食道に通過させたダケって言うね。

味付けも丁度良くって もふもふ食べて
最後に蕎麦湯をば~ 
って、コレ、うどんだったよ!!
なんて思いながらですね、

旦那の器から
ちょっと茹で汁を 拝借した訳。
ほんなら しょっぱいの!!

饂飩って結構塩分多いんですのね(驚)

食後はチューハイ2杯
春限定 桃とさくらんぼ
サングリアオレンジ

両方とも大好きな味ですよ!!
春がキターっ!(私の頬に)と
赤ら顔のまま ニタクタしていた、夜☆

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

詩の発表場所あります
自慢の絵・写真を披露したい方にもおすすめ!

ワタクシすずこが編集している手作り詩誌
ポエムサークル「みゅう」

仲間になり購読いただくと
ボツなしで冊子掲載 & CDトーク → 全国郵送★
見本誌もあります。読みたい方も連絡くださいね。

以下に本誌の写真・詳細を紹介していますので
クリックして御覧くださいませませ~☆

ミュウ 217.218号 完成♪ 

すずこのリンクはこちらから

~いつかの すずザレ~ 藤鈴呼の戯言
過去作も織り交ぜてUPしていきます☆

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

これから 
カウントダウンが始まるね。

今日の あたしは 
何をしていたんだろう。。。

夢現に 目覚めたのは 
貴方からの 電話でした。

昨日は 駐車場から 
あのビルまで 歩いている時に

あの ユラハートが 
沢山の文字を見つけて

何だか 心が 
温かくなって

それなのに 
今日は 何故か 沈んで居て。

貴方は 言ったね。
「思った通り、想像通りだ。」 って。

一体 何を 創造して 居たのかな?
其の 心の中で。

°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:

頭が ガンガン 痛みます。

昨日は オーシャンズ11だかと言う
映画を見ました。

映画館なんて 
本当に 久し振りで。

相手が 貴方だったならば
この 痛む肩を 
貴方の肩にでも乗せて。。

あ。。。 でも 
貴方の方が 高いのかな?

あたし 足が 長いからネ♪
なんて 
笑って言って みたいのだけれど。

☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:

春が そこまで 来ているかのように
私の心も 少しずつ 柔らかくなって

貴方は 
私の言葉が 冷たいと 言いましたね

寝起きの私は 本当に
頭が ガンガンしていて
何も 考えられなく なっていた?

その後で 一生懸命 準備をして
やっと 走り出してから
貴方に 再度 電話を 掛けました。

貴方の 隠れ家では
貴方の 大切な人と
私の大好きな ナンバーが 流れていて

私の車では
貴方の 大好きな

そして 私も 少しずつ 覚え始めている
曲が 次々と 溢れ出して来ていて

貴方は 馬鹿な事を していたみたい?

私は やはり 何も 言葉を 
持って いなかったみたいxxx

☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:

私の 気持ちが 解らないと 言った。
私も 貴方の 気持ちが 解らなくなるほど

貴方は 早く 恋人を 作れと
私に 言い聞かせて 居る。

色んな人に 少しずつ 話をしながら
どうしても 私も
下向きの 気持ちに なってしまって

でも 昨日みたいな
優しいメールが 届くと
途端に 嬉しくなって しまう

でも もう それも
終わりなんだね

次に 貴方からの アクセスが 有るまで

どれだけの 優しい気持ちに
何度 成れるのだろうかと

祈り 込めながら・・・

☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:

頑張ったもんね って 
あの子に 言われた。

あたしは 本当に 頑張ったのかな? って
心の中で 自分に 問い掛けてみた。

ただの 我儘なのかも 知れないって
昨日 言われた言葉を 思い出しながら。

自分の 好きな事をしながら 生きてゆくのは
とても むつかしいのだと 
思い続けて

又 あたしの 頭痛は ひどくなる。

☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:

一杯の 言葉を 重ね尽くして
最後の ギリギリの 瞬間に
一気に 送信を しようと 計画をして。

だけれども 変な 責任感だとか
行くと 言ったから・・・と

夕方 近くになって 覚醒を 始めてから
さっきまで ドタバタしてしまって

ゆっくりと 紡ぐ時間が 
無くなって しまった。

頭痛が ひどい。

でも まだ 大丈夫だって
自分に 言い聞かせながら。

貴方も 言ったじゃない?
私よりも クラクラ しているんだよって。。。

☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:

私が送る言葉は
貴方に とっては
贈る言葉には
ならないのかも 知れない

貴方の欲しい台詞を
何時までも 吐けない私で
それでも

私を好きだと 言ってくれた
あの 優しい 貴方の言葉に
段々と 刺が 出て来るように

私は 薔薇に 成れずに
緑の 葉っぱのままで
生きているの

☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:

貴方を 忘れられない私は
どうしたら良いのか 解らない

好きで居ては イケナイのかと
別の心が 釘を刺すみたいで

貴方を 本当に
苦しめてしまっているのかと

私は 本当に
苦しんで いるのかと
自問自答しながら

どうしたら良いのかが
解らなくなった日から

優しい言葉 一つも
吐けない私に なってしまっていた

☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:

例えば 連絡が 取れなくなって しまっても
私は 何時までも 信じ続けるから

少し 気持ちが 落胆した日には
こんな日も 有るのだと 笑いながら
貴方の 笑顔を 思い出しながら

私が 嘘でも 笑って居れば
貴方も 笑顔を 作り出して呉れるのだと
信じながら

°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:

誰かに 返せる想いが無ければ
人は 愛せないのかも 知れない

こんなに こんなに を
幾つも もらった 貴方に
何も 返せない 私は

ここに 居ては
イケナイのかも 知れない

貴方を 見詰めては
イケナイと 言われたから

心の奥に
仕舞ってみようか

何度も 思った 戯言でした

°☆人気ブログランキングへ
↑ポチッとな~☆↑


。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:

2014年3月22日 (土)

フィッシュボーン

Img_2260


Img_2259


Img_2258

良く見かける 昔ながらの三つ編み
黒く伸びる髪の毛の先に 
赤いリボンが はためいている
拘束された カラフル
誰しもが 似たような意見で 
流されて行く 世の中に
吐き気をもよおした

自宅に帰ると
壊れかけの冷蔵庫の扉の前で
あなたが つぶやいた
「この魚は 足が 早いからね」
その頃 運動会を控えて
日夜 もう特訓中だった わたしには
トラックと 土煙しか 浮かばなかった

修学旅行で訪れた 海の街
周りの友達は 魚介類に夢中
眺めるではなく 食べるのだ
成長期 真っ只中
景色の美しさよりも 胃袋を満たすことに
明け暮れていた
満腹の後 星空に気付ける時刻には
もう 布団の中 そんな日々

若布に昆布 そして海苔
磯の香りの象徴たちが 出迎える
この先は海
何となく 鼻先をかすめる空気感
気付けるか どうか
いつも同じ香りの中じゃあ 分からない
あの人の 強い匂ひ玉と おんなじ理論

足の速さにも 色々あって
逃げ足にばかり 定評があった友人達とは
縁を切った
切られたのか 苦い縁を 着られたものか
暫くは 思案したけれど
大丈夫 そんな慰めばかりが
我が心を 支配した風

腐りやすさにも 色々あって
サバ ブリ ゲンギョ ホッケも然り
この地を踏むまで知らなかった幻の魚は
ベランダで干すのが 旨いんです
少しずつ カタカナに埋もれた文字が
増えて行く
英字の連なる看板も 多くなった

あの魚が 塩辛いのは
下ごしらえなど 本当は 関係なく
あなたの涙が 詰まっているから
きっと そう
だから今日は 味醂に醤油で仕上げました
わたしの人生にも 彩りを
これで 少しの照りを 加えつつ
照れずに伝えられますようにと
願いを込めて

一つ 増やしてみましょうか
三つ編みの代わりに 四つ編み風に
フィッシュボーン編みと 呼ぶんです
一時期流行った 御洒落な編み方
その為に また 少しずつ
髪を伸ばして みましょうか

*

藤鈴呼の戯言 「きっかけびと」はこの方★

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

本日のすずごはん 夕食バージョン

少し前にリニューアルした洗濯機の棚を
組立設置してくれました~! 旦那が。

その間 視線に入った番組では 
肉じゃが作成シーンが流れてる

カレーにしようかな、と思っていた具と
そろそろ使いたいな、と思っていた蓮根まで入れて
煮物風味にしてみました~。

あとは 上記のホッケ記事を眺めていたら
魚も欲しくなったので ブリの照り焼きをば。
サラダには 和風ドレッシングの上に
パラリチーズで もつもつ食べていたら

「危ねぇ危ねぇ! 全部お前に取られるところや~」
と 箸が伸びて来ましたね。
いや、肉じゃが(風味)おかわりしよんから
私はサラダを片付けようと思ったんですよっと♪

あ、ちなみに煮物写真は鍋まんまです(笑)
ちゃんと皿に盛りつけたのも有るんだけど
人参が映らんかったから 彩り優先でセレクト。
いんげん等の緑モノがなかったんで 
小口ネギで代用~。

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

詩の発表場所あります
自慢の絵・写真を披露したい方にもおすすめ!

ワタクシすずこが編集している手作り詩誌
ポエムサークル「みゅう」

仲間になり購読いただくと
ボツなしで冊子掲載 & CDトーク → 全国郵送★
見本誌もあります。読みたい方も連絡くださいね。

以下に本誌の写真・詳細を紹介していますので
クリックして御覧くださいませませ~☆

ミュウ 217.218号 完成♪ 

すずこのリンクはこちらから

~いつかの すずザレ~ 藤鈴呼の戯言
過去作も織り交ぜてUPしていきます☆

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

貴方は きっと
時間に 余裕を 
持ち合わせてる 人なのでしょう

こぼれそうな その笑顔だけ
失わないで 生きて 下さい

優しさばかり 持てぬ その日も
敵対心は 忘れた顔で

出来る事なら ずっと 笑顔で



どうしても 低姿勢の 自分を 崩せないのは

アタシが どんなに 態度が デカイか

重々 自覚してる からだよ



言葉尻と 全てを写す
鏡の奥の 表情で

愛など無いと 思い知ったね
屈み 込むしか 術は 無かった



良くは 無くても
悪くは 思われたく 無かった

例え それが 
貴方を 彩る
性 [サガ] の 性だと 

承知した日を 重ねて 居ても
幾度 心を 通わせようと

話し 掛けても
貴方は 無口で

☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

木曜の夜は やっぱ ミリオネラだね~ぃ♪ 
だなどと思う。 

天気記号って 普通に 知ってる モノじゃ ないの? 
なんて 思いながらも

◎ が 快晴で  ○が 晴れだと 
信じ切ってた アタシは 
流石だろう (爆)

そう、 ◎は 曇 だったのだねぃ。
そして 快晴が ○ってのが 正解なんでつけどねぃ。

○の中に 縦線 一つ くっつけたのが 晴れで
●が 雨かぁ。

( 確か・・ タイピング してるうちに 画面から 正解が消え 、
  現在 次の問題へ 以降しとる。。。 笑 )

☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

職場の 先輩の 携帯が 
数年前の モノだった らしいのだが 、

どうやら バッテリーも 接続不可で
とうとう イカレて しまった らしひ。

アタシの ケータイは 
とうに 電池パックが イカレ ポンチ で
ようやっと 購入 したのだが

ケータイって 安く 出来る人 ってのが 居るじゃない?
何処でも (謎) 

てんで、 知り合いを 紹介して
今頃 カメラ付き の ケータイを 
手に入れてるか どうかが 気になる トコロ ♪

嗚呼 アタシも カメラ付にすれば 良かったかな?
などと 今更 遅いのでし ⊆|∵|⊇

°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

自分から 電話を 掛けると 料金が かさむからって
携帯業者をしてた 知人に メールをした。

知人は とうに 営業を 辞めて 
食堂の店長を してるのだが 、

とうやら ドメイン設定の 御蔭で
アタシ宛の メールが 叶わず
昼休みに 電話を 掛けて来て 呉れた。

所謂

「 自分の 願い事の 為に
  他人の 電話料金を 利用する 悪道 野郎 」 

に 成ってしまった 訳だねぃ (爆)

でも 自分の 購入意欲が 有った日は
流石に 自分から 掛けたんでぃっ!
( 今更 言い訳 ・ ・ 笑 )

☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

隣の席の 彼女は 
最近 黒系の アイシャドーを してるんだ。

「 姉御♪ 」 って 呼びたい風な 
格好 良い カンヂ なのでし┌┤・0・├┘

やっぱり シャドーならば ブルー系・・・ 
だなんて 思ってた
昔を 思い出して みたり 、

化粧の 「 け 」 の字も 知らない風な 
学生時代 、

用も無いのに 
「 街に 行く♪ 」 って 

「 チャリンコ 」 で 
駅辺りを ウロついてた 日々が
懐かしかったりも する (笑)


しかも 「 まっちろけ ★ 」 
の ファンデ(?) に 

真っ赤の 口紅 ・ 紫 シャドーは 
どうかと。。。 爆

☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

向かいの 彼女とは 

マッサージ行脚を する 予定を 
組み立てておる 状況 ┌| ∵|┘

バスケをしてる 彼女は
足が太い って 今日 言ってたけど 、

アタシから観れば 十分 キレイなんだよぉ★
とっても プリチィ なのでし。


んで、

「 すず みたく マッサージに 通い詰めたら
 足 細く 成りますかね? 」 

なんて お世辞を貰い 、

ウキウキしながら 帰宅した
単純 ミトコンドリア (笑)


だが スネの 辺りは 荒れ荒れで
ストッキング 脱げば
必殺 ジグソーパズル 状態 だったり する。。 笑

°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

梅雨も 終わるか 夏に 向かうかって 
こんな 時期ってば 誰しも
人恋しく 

寂しさ 募る 季節 なのかな? 
なんて 思うのは

たまたま 久々の 面々から
電話が 掛かって来たり するから。

と 言うのも
ず~っと前の 元彼から
今 同棲してる 彼女との愚痴を 
聞かされて みたり (笑)

結婚したいが 借金有る 云々 と 
グチグチ したら 楽に 成ったらしく 、

さながら アタシは ストレス箱 かい?! 
状態 (-_-#)

まぁ 良いんですが ね?
誰かに 話すと 自分の考えが
まとまったりも するんじゃん? (謎)

☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

営業時代の 友人からは
夏の 祭りで 太鼓 叩かないか と 
勧誘されてたり する。

毎年 出てた 祭りだけれど 、
退社 してからは すっかりだったなぁ

( そう、 他人を 勧誘する事も
 今は 無いのだよ。。笑 )

てんで、 着付けは どうなるか 不明だが 、
太鼓も 着物も 用意して 呉れてるし、
土曜だと 言うので

恐らく 出る羽目に 
成りそうな 勢い ┌| ∵|┘


「 練習が ウザイ 」 
とも 思う けれども、

何故だか 運送系 の 仲間に 加わって 
踊る すず は
間近なのでし (笑)

☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

隣の 彼女は 来月 バースデー らしい。
花の日だ って 言うから
一発で 憶えてしまって 居るのだぁ~!

職場では 三時の おやつ を 
朝っぱらから 配ったり してんねんけど (笑)

花言葉の本 を 渡した 彼女は
其の本を マウスシートの下に 潜ませて居る 模様★

朝の 机拭きで 発見する の 巻 なのでし♪

段々と 枯れて行く 机上の 花が
「 もう少し 生きさせて・・ 」 って

懇願してる様で 切ないねぃ。。 
なんて 思いつつ。


あー アタシも
鼻でも かんだら 良いねんか? (笑)

☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

しかし、 テレビを 見ながら  一人で 
声に出して 笑っちまう 瞬間 って 
一抹の 空しさも 感じるんだけど、

「 なかとみの かまたり 」 を
「 ナマゴミ の カタマリ 」 だなんて 憶えて

連呼 されちゃあ 
可笑しくも なろうよ (笑)

歴史 って 今イチ 苦手やねんけど、
所謂 語呂合わせ って ヤツですわな。


無理くり 掻き集めた 言の葉は
現在の 戯言へも 反映され

繁栄 されまくって 言葉 いじくり過ぎて
意味不明も 否めない日々は

この先も ずっと 続くので せふ。。。 笑

°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★
人気ブログランキングへ
↑ポチッとな~☆↑



金色のブレスレッド

358


357


356

を作ってみたいのだけれども
本物の金色は無理なので
何とな~く 黄色チックだったり
ちょっとマッドな色で塗られたビーズで作成したり
と言うことにも なる。

そんな すずオリジナルブレスレッドたちですが
写真の3つは タイトルを見ると
作成した季節が分かるにょ。

356 晩秋(19.2センチ) 
枯葉が落ちて太陽に照らされた瞬間☆
丸黄緑8ミリ 黒8ミリ

357 成金主義(18.3センチ) 
色合いだけで決定するのは失礼かな?!
金丸8ミリ・6ミリ 黄8ミリ

358 栗の殻(14.7センチ) 
腐敗する直前の土と同化した頃
縞黄10ミリ 茶・黄12ミリ キラ黄8ミリ 薄黄6ミリ

アクリル・ブレスレッド 在庫
他の作品を眺めてみたい方は 上をクリックすると
動画で見られますヨ☆

さらに欲しい方は・・・
たまにフリマ出没しますので お楽しみに(笑) 
既に お嫁に行った子も多数★

郵送詩誌みゅう購読メンバーになった方には 
特別プレゼント☆

見本誌もありますので 
興味のある方は 連絡くださいネ☆

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

やもたん ごめんね


やもたんが浮く
こちらで発見した ヤモリ

蜘蛛の巣に絡まって身動きが取れないのだと思い込み
車の鍵先で 尻尾に絡まる糸を丁寧に剥がしてみたら
ヤモリが尻尾を動かして元気になったので一安心した

やもたん臨戦態勢
その後、プールから帰宅すると この写真のような状態で
瞳がギラギラしているようにも見えた

と言う流れでした。
飼っているのか・餌は何か のコメントで
ハッとする。

やもたんの正体はヤモリだから
小さい虫なんかを食べているのかな? 
特に餌付けはしてないのダ。

しかも先日までほとんど動かなかったから 
たぶん 冬眠してたんじゃない? 
と 話していたんだけど 
どうなんだろう・・・

そして、調べた 
もしかしたら クモの糸に自ら絡まって 
クモ食べていたのかも
Σ( ̄□ ̄)!

クモが自陣の巣に絡めて餌にしようと言う魂胆で
やもたんが狙われていたのではなく 

ヤモリの方が
捕食して狙っていた方だったのね

するってぇと、私ったら
お食事前のお楽しみを 奪っちまった訳だ。

やもたん、、、す・すまねぇっ!

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

詩の発表場所あります
自慢の絵・写真を披露したい方にもおすすめ!

ワタクシすずこが編集している手作り詩誌
ポエムサークル「みゅう」

仲間になり購読いただくと
ボツなしで冊子掲載 & CDトーク → 全国郵送★
見本誌もあります。読みたい方も連絡くださいね。

以下に本誌の写真・詳細を紹介していますので
クリックして御覧くださいませませ~☆

ミュウ 217.218号 完成♪ 

すずこのリンクはこちらから

~いつかの すずザレ~ 藤鈴呼の戯言
過去作も織り交ぜてUPしていきます☆

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

まだちょっと 風邪はつらいような感じです。

ずっと 一週間くらいかな?

喉が痛くなって、次にくしゃみと鼻水に 苦しめられるようになり・・・

さらにさらに ぼーっと 熱? の出るような気分になり

今日は ブレーキを踏もうとしているのに

突然に足が離れてしまったり。。。

やばいやばいと思いながら

気力だけで生きているような気分(笑)

それでも メンタル的に 少しだけ 前向きになっていられるので

安心なのかな? と自分的には 思ってしまいます。

°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:

●お祈り●


星空が綺麗に映るように

僕のこの目に 良く見えるように

夜空を眺めて

神様に お祈りをしてみた。

そっぽを向いていた神様が

微笑んで 呉れるようにと

精一杯の

祈りを 込めた・・・・

☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:

●解散●


いつも この言葉に 悲しみを覚える僕は

グループ活動なんて するもんかと思い

いつまでも 孤独を 抱き締めていたのだけれど

少しだけ 淋しくなってしまい

やっぱり 社会生活に 溶け込まないと

未来は 拓けないのかな? なんて

思ったりも するんだよ・・・

☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:

魔法仕掛けの トワイライトムーン

見上げた夜空に 浅く光る

微笑み忘れた 魔女の微笑

映す安らぎ 誰にも見えず

彼女は 微笑い 羽衣を

風に揺らめかせたまま 舞い降りる

大地の微笑み 受け止めて

益々もって 妖艶に

微笑む魔女に トワイライトムーン

今宵を映した トワイライトムーン

☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:

感情だけに 突き動かされた日々

繋いだ温もりも 消え果て

冷たい氷ばかりが 転がる皿の上

飲み干す一杯の水が

こんなにも歯に 染みてくるなんて

悲しくて 悲しくて

泣いてばかりいる 日曜日

☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:

考え過ぎは身体に毒だと

なんにも 考えないように

思考回路を 凍結させる手段

まずは 水を下ろしてからの

始まり 始まり

☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:

あなたを好きになっても

あなたは 振り向いてくれない

やっと 想いが通じて

あたしたちは 付き合うように なったけれど

楽しい時間は 一時だけって ホントだね

あなたは 離れて 行ってしまった

また いつものように 私は泣き崩れ

そして 喪服と お友達になるの。。。

誰が素敵な恋だと 言ったんだっけ?

窓を開けたら 涼しい風が

上を見上げたら もっと冷たい炎のように

舞い上がっても 舞い上がっても

竜巻には 届かないみたい

ねぇ どうしたら 素直になれるの?

後悔しないように 生きられるの?

あたしには わかんないから

どうか 貴方 教えてよ

☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:

過去に戻るのが 悔しくて

精一杯の笑顔を

貴方へ向かって 飛ばしてみた

どうやら 勢いが つき過ぎたみたいなの。

私の笑顔

貴方を 突き抜けて

どこか とおくへ 飛んで行っちゃった・・・

☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:


進歩が 無い・・・

そう言われれば

あたしも そうなのかも 知れないね

いつも たった一人の 「あなた」を 愛するけれど

それは 何時の間にか 「哀」に 代わってゆくから。

一つのことしか 出来ないの。

一人の人間(あなた)しか 見えないの。

だから あたしは

世界で たった一つの 「あなた」を

こうやって 苦しめてゆく。

☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:

● 正露丸 ●


正: 正しく生きられれば それで良い

露: 露地の狭間で 迷いながら思うのは

丸: 丸い まぁるい シグナルの行方だけ・・・

°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:

あたしは 貴方に全てを見せるために

ブルーな自分も 悲しい自分も 貴方へと伝えたけれど

それが かえって いけなかったみたいなの

だから 私は これから 笑うようにするわ。

「無理に笑ってもらっても・・・」

そう 貴方は 言ったけれど

ウソ笑いでも この際 いいやって・・・・

☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:

● コスタモール ●


こ: この世の中で

す: 素敵な出来事

た: 沢山有りますように

も: もっと もっと

―: ―って 感じられること

る: ルンルンできますように♪

☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:

大笑いして アゴが外れてしまう程に

毎日 爆笑の渦の中で 生きられたならば 良い

そんな 不可能な夢を

いつまでも 抱いていく

貴方の前で 笑える わたしに

わたしとともに 笑える あなたに・・・

°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:

声を聴くだけで 嬉しい瞬間

また 貴方の笑顔が 近くなる・・・

そう 感じられる 瞬間(トキ)

受話器越しに 微笑む 自分の姿

鏡で 見なくても 解るんだよね・・・

°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:


「忘れ時」だと

貴方が 言った。

悲しい 微笑なんて

もう 要らないから

強く 抱き締めて 欲しいと

願った

☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:

切った後で 思い出せるような関係

恋人間では 通用するのだろうか?

友情だけでは 足りないけれど

関係謝絶は ちと 淋しすぎる

☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:

淋しいのは・・・

「アナタ ガ イナイ カラ ・・・」

そんな 簡単な理由を 

見つける自分が 悲しくて

また あたしは 目を閉じた。

☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:

● 禁断症状 ●


禁: 禁じられた遊び

断: 断られた台詞

症: 症状は こりゃもう サイアク

状: 情熱の炎なんて クソクラエ


by うわぁ ジョウの漢字がぁぁぁぁっ!!(爆死)

°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:

毎日の電話よりも アナタに会いに行きたいの

「逢えば 全てが 救われる」    それって 本当?

疑い越しの 君の足元に そっと 口付ける

君の足が 僕の元へと 向くように 祈りを込めて・・・

☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:

● 味噌煮込み ●


み: 見果てぬ夢

そ: 空に飛ばした

に: 虹に掛けた

こ: 今宵の星空

み: 見下す君の瞳が 冷たくて・・・

°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:
人気ブログランキングへ
↑ポチッとな~☆↑



2014年3月21日 (金)

洗車フェチに贈る動画

Img_2047


Img_2237


Img_2238


昔っから 洗車シーンが大好きなんですよね
自宅前では手洗いするのが定番でしたけど
洗車機に入れる瞬間が とてつもなく好きだった

あの バタバタバタ…って言う音が
デジ・カメ子ちゃんでは正確に再現できず

ちょっと音がくぐもっているような気も
しないでもないが

全ての洗車フェチに贈る!!

洗車動画 2014.2.8
まぁ… 夜なんですけどね。

海沿いだから 下回り洗浄を小まめにするように
心掛けているんですよね

アクセルの踏み加減によって 洗浄時間を長くせん! 
と 毎回挑むの巻

まあ ある一定時間が経過したら
自動的に終わるような気もするが
どうなんだろう

これ オートマだから出来るんですよね
マニュアルだったら 途中でエンストしそうだ

なんて危惧する必要は もうないか
レガ子 オートマだし

昔はさ、実家の車もマニュアルでさ
あれ? 今も そうだっけかな? 
まぁいいや

とにかく 信号で止まる度に 
ギアがブルブル震えるのよね

そんで車も震えるモンだから 
眠くなって仕方無かった(笑)

ってか 止まる度に 
「ねぇ、ギア触って良い?」 って
握りしめて楽しんでいたもんな~(懐)

オートマだとさ、停車する時は
ギアをパーキングに入れるじゃないですか

信号待ちくらいなら
イチイチしないんだろうけど
でもクリープ現象 怖いですよね

ちょっと足元の気を抜いたら 
炭酸ぷしゅーっ(その「キ」ではない)

あ、クリープならマリーヌ
(って言うのあった気がするんですけど、
そのクリープでもない)

坂道発進は凄くラクになった気がする
半クラとか必要ないけんね

でも あの ちょっとずつ両足を動かす感覚
ドラミングみたいで 好きだったんだけどな

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

写真は本日のすずごはん
と 書いておきながら ご飯じゃないって言うね

パンって何か好きなんだよねー
いつも衝動買いしちゃう

でも毎食パンなら何か気合足りない気になるから
やっぱり同じ炭水化物でも 米粒も必需品。

アボカド 好きなんだよねー
わさびドレッシングでトロ味を再現

コロコロしちょんは 梅ワイン作成後
しぼんだ梅の実たちを取り出してみました(笑)
これ 食べるって選択肢も あるんだろうけどね

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

積雪

三月後半にして岩手じゃ豪雪らしいですね
沿岸でも5~60センチの積雪量だとか

これ累積ならばアレですけど
24時間降雪量で64センチとかあったらしいです

と、ネットニュースを眺めた旦那が
言うちょりました。

寒いと節々が痛みますよね

肩を竦めて歩くモンだから
肩凝りしちゃったりも、する。

空気も感想する季節なのに
骨・関節もパキパキ言うてるんじゃないかって位に。
寧ろ小枝か? と 突っ込みたくもなる程に。

そんな時にはですね
痛みを緩和する方法が一つあります

自宅から目的地まで全て土!!
って場合はアレですけど

大抵 途中段階で 踏み締めるじゃないですか、
アスファルト

あれをね、本気でいじめぬいてみれば
良いんですよ

具体的には 全速力で走るのね
そうすると 路面はカタイ 節々もカタイ

走る内に筋肉の中から温まって
かどうかは知らんけれども
ぽかぽかしてくる

筋肉だけがね 温まるんですよ
そうするとね 止まった瞬間に 
ちょっと ジンジンする

霜焼の完成です
もう そうなったら 
歓声上げて喜んじゃってください
きっと 痛みと中和できる筈だから

ただ… これ
運動不足の兆候とも言いますし
何しろ 走ったことで 耳たぶなんかが痛くなる

一度 中和した痛み箇所が
異動したダケだったりもしますが
お試しあれ♪


この記事の「きっかけびと」は この方!

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

詩の発表場所あります
自慢の絵・写真を披露したい方にもおすすめ!

ワタクシすずこが編集している手作り詩誌
ポエムサークル「みゅう」

仲間になり購読いただくと
ボツなしで冊子掲載 & CDトーク → 全国郵送★
見本誌もあります。読みたい方も連絡くださいね。

以下に本誌の写真・詳細を紹介していますので
クリックして御覧くださいませませ~☆

ミュウ 217.218号 完成♪ 

すずこのリンクはこちらから

~いつかの すずザレ~ 藤鈴呼の戯言
過去作も織り交ぜてUPしていきます☆

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

活動しなければ !! と 意気込んで 
何とか かんとか 税務署 初上陸。

いや、この土地では って 話だけどね。
そぉそ、 確定申告 ですよ、

今回は 初の 
医療費控除 なんつーものも 必要でして、

領収書を 返却して もらいたかったので 
余計に 1階と 2階を 往復し、並んだ、の巻♪

本当は 先週 サイクリングする 予定だったのに
一週間以上 ダラダラ しやがって!

もう 天気の ヤツ、 タダじゃ おかないぞー!
100円 払ってやる!(嘘) 

予報が 外れる 度に ゼロ 3つくらい つけて 
もらいたい くらいだ (笑) 

なんて 言ったら 
予報士の 倍率は 減るだろうか (命題)

*

こんな 寒い ひな祭り・・・ なんて 
北国生活よりは 温かい 筈なのに (爆) 

彼は 北海道へ 出張。
まさに 今 飛び立たんとす、 で、

空港行きの 電車内で 停まる 度に

「 ここは 優先席だから 
  携帯 使う人は 来ちゃ ダメ! 」 

と 威嚇する 60代くらいの 「女性」 を 
眺めてた らしい。

何時の 世界も 「お*たりあん」 は 強しですね。
いやはや。

優先席の話で 笑った夜を 思い出した。
あるブログを 見てたときの こと。

その男性は 優先席で
携帯で話す若者を 注意して 
言い合いっぽく なった らしい。

「 ペースメーカー つけてたりしたら どうするんだ ! 」
と 
相手に 説教している 目の前で

優先席の じぃちゃんの携帯が 高らかと鳴り、
高らかに 喋る じいちゃん。
気まずい 雰囲気 だった とか (笑)

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

ひな祭りの レシピで 定番なのは 散らし寿司
テレビの 料理コーナーで 披露された

具は 蛤と 菜の花を 使用
ハマグリって 読めるように なったのが 

何時だったか
必死で 思い出そうと してみる

菜の花は 眺める以外に 
胃と 仲良くさせるものだ って 知ったのも 

何時だったか
必死に 思い出そうと する

かつての 夢物語に 溺れ 
どうしても 思い出せない

ハマグリも 菜の花も 
スーパーで 買った ことは ない

スーパー以外なら 有るのか と 問われても 
否と 応えるしか 術はない

貝の 砂抜きも 経験が 無い
夏の 海からの 帰り道 

砂が ザラザラして 気持ち悪い 
車内なら 知ってる

ハマグリの 酒蒸しをする フライパン
あぶくが ぶくぶく 出て来て 
まるで 泡吹いた 人のようだと 思う

きっと 不完全燃焼の 占い師が 掛けた
腹話術代わりの 催眠術に かかった男が
眠った フリを したのだろう

蒸し終わった 汁は 捨てずに 
菜の花を つけて 風味を 映すのだと 言う

少し 苦い 菜の花の味が 緩和 されるのだと
ほろ苦い 恋の 味より よっぽど 美味なんだろう

そんな チラシ寿司の 具には 
やっぱり 色取り取りの 桜デンブが 欲しい

本当は うずらの卵も 欲しいけど 
鳥インフルエンザが 横行しているから 
今は 遠慮して おこう

金網色した チェック状の ザルで 裏漉しした
白身と 黄味 それぞれの そぼろを 
菜の花に 見立てる 術は 

お茶の時間に 出て来た 
甘ったるい 和菓子の 造形美に
匹敵するかも 知れない


金網の 向こう側で 事件は 起こった
怒った 二人の男 メイちゃんの執事 ドラマだ

兄弟喧嘩は よろしくない 
素直で ないのは もっと よろしくない 

平たく 言えば いけない 
そう ナンセンス なんだから 
喧嘩 両成敗

瞳から 流れる涙が 塩っ辛い 
今夜 札幌に 居る彼は 
無事に 眠っただろうか と 思いながら

物語の世界に 没頭する 夜は 明け 
扉を 開ければ 一面の 銀世界 
なんて風には 格好良く 始まらなくて 

車が うっすら白く 染まった様は 
先日の 降灰をも
連想させて しまうけれど 
素直に 喜んで おこう 

久方振りの 再会に 
そして サマー・タイム 
もとひ ウィンター・スポーツ 

今週末こそ スキーに 勤しむのだ!!

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

そのヒグラシは ステキに 鳴くのでしょう
その日暮らしが 過激に 嘆く ように

世の中は クルクルクルと 回るけれども
同じように フラフープの 内側の肉も 
遠心分離 して欲しい

切に 願うのは 嫌いじゃ ないけれど
説に 解く 輩は 好きじゃない

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

さっき おてまみを 書いたよ。
もしかしたら 
行き違いになるかも 知れないけれど 
行き倒れ よりは 良いよね 

( 何か 今日の 文字は 
  こんなモード ばっかな 気が する 

 って 今日 に 限定する 謂れは
        無いのだ けれども ね )

いざ ゆかん ! 郵便局へ !! 
・・・そのうち 行くよ (笑)

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

大切な 電話番号

忘れないように
見落とさないように

しっかり しまっておいた 筈なのに
何処に 行ったのか 分からなくて

一生懸命 探したのに 
見つからなくて

涙ながらに 尋ねたら
あなた 間違って 捨てたんだって

そりゃあ もう 哀しくって

もう 二回目だから
流石に 相手には 聞けないし

もう いっそのこと 
諦めちゃおうかなって 
思うのだけれども

それも 何だか 悲しくて

嗚呼 空虚な 気持ち

そうだね 人間
本当に かなしい 瞬間には

涙なんて こぼれないんだって
あたしは 知ってる

*

とりあえず 埋めるって 大事だと 思う
自らの 思いを 確認する 意味合いも 有る

活字にすることで 整理できる 心の奥
片付け出来ない部屋が 案外 落ち着く
とか そういう問題じゃあ なくってね。

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

つるつる しこしこ
きしめん の 平べったさが 好き

彼が 好きと 言ったから
サラダ記念日ばりの 言い訳を してみる

言い訳なんかじゃ ない

何だか 物足りない様な 気がしてた 
若い頃

空腹を 満たすには ドンベエも 良いけれど
やっぱり 米粒の方が 良いじゃないか

直ぐに 空腹に なってしまっても
デリバリーピザの方が 楽しいじゃないか

美味しいし 楽だし 
カロリーと 価格は 高いけれど

そんなコトを 思ってたけれど
寄る年波に 勝てず (?)

何故だか 最近 
カボスなんかが ついた
すっきりした 冷えた うどんが 
大好きなんだ

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

お金が無い って 言い訳は 
嫌いだった

例えば 
遊びの 誘いに 対する 
断りの 文句

それって 何だか 失礼じゃない? 
って 感じてた

自宅 住まいで アルバイトをして 
お小遣いが 有って

そんな 時代の アタシには 
本当の 苦しみなんて 
分からなかったんだ

何処からが 底辺か 
なんて 話に なれば

本当の なんて 
今の 私に 豪語する 資格は
無いのかも 知れない

それでも 
何となく 暮らして

好きなものを ある程度 食べられて
眠いトキに 布団が有って 
ゆっくりと 夢を見られる

そんな 環境が 
本当に 有り難い ことなのだ と
幸せの中で 感じる瞬間が 有った

お金が無いと 言う 瞬間
割ける 場所が 十人十色だな と 
思うことが 有る

アナタの誘いに乗る お金は 無いけれど
好きな何とかを 買う お金は 有るだとか 
そういう コトだ

割きたくは 無くても 
必要不可欠な 金額も 有る

冠婚葬祭は 対・相手が 有るもの
自分自身で 言うならば 
先ずは 食料だろう

母が 食費だけは ケチらない人で

贅沢は しないけれども 
栄養は しっかりと 取る

が モットーで 育てられた

もう一つ 
学費は ケチらず 何でも買い与える 
と 言うのも あった

自分の健康も 大切だから 
医療費も 必要費だ

体調が 悪かったら 
我慢せずに 病院に 行くべきだ と 思ってる

そう言えば 夕方の テレビで 
節約できない 主婦の 特集を していた

60代の お母さんが 
娘家族を入れた 7人家族のために
肉 大好きな 孫の ために 

一ヶ月 食費に 30万ほど かけるのだと 言う
これには 驚いた

何でも ほどほどが 
きっと 丁度 良いんだよね

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

こんぺいとう の やさしさ に
ふわふわ と 雪が 舞う

桃色の 雪かと 見まごう程の
かけら 欠片 カケラ

はちきれた 風船が 
行方知らずの 愛に
戸惑って いるかの ように

雨粒が あられに 変わる
桃色の 光を 浴びた
あの日の 雷を 思い出した

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

なぁんも ない ときに
のほほぉん と いきて いくのも

とっても きもちが 
ほわぁん として
よいのだけれど

ともすれば

ほわぁん の まま
ほうけて しまうから

あぶないね

*

其処に 苦しみの 掃き溜めが 存在(あ)ること
底に 悲しみの 破棄場所が ある存在(こと)

辛くなったら 捨てりゃあ イイよ
楽しい ことは 分けりゃあ イイよ

基本 全てを 共有できたら ステキだけれど
何かしらの 解消方法を 見つけ出すって

とっても 大切なんだ

幾つも 愚痴って 
幾つか 泣いて

涙が 全て 渇く 瞬間(トキ)
ドライ・アイだ なんて 強がらないで

今度は 感動の 涙を
流せるんだろうから

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°
人気ブログランキングへ
↑ポチッとな~☆↑


やもたん臨戦態勢

Img_0176


Img_0177


Img_2233

そんなタイトルをつけたくなる一枚
自らの尾に絡み付いていた何某の物体が
「尾も白くない」と見えて ニラんでいるのかは謎。

ダンシングフラワーシリーズは今日も元気
いつも青だるまだけ元気
あとは動きがスローリー
冬眠覚めやらぬ状況なのでしょうか(謎)

謎で締めくくる最後の一枚は なぞなぞシリーズ
ぶたたんを挟み込んでいる足のように見えるのは
何でしょ~うか?

正解 U字クッション
色違いで二つ届きましてね。実家から。
一つは旦那が会社で昼寝用にしているらしいよ?

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

名前


なまえって書くと
おまえって連想する

名前って見ると
名札って思い出す

小学生の頃 胸元に付けてたなぁ
皆 胸元だと嫌がって 
上着の裾に付けたりしてね
それが格好良かったって言うね

だから 腰あたりでプラプラしよん
これ 運悪い角度でコケたら 

ピンが大事なところに
ブッ刺さるんじゃね?? と 
今ならば 思う

新品の服なのに 胸元にピンが刺さる
不愉快さ

「あるあるあるある!! でーれーれーれーれ~♪」
クイズ! すずさんに効きました!(何が?)

って関口宏さんネタですけど 伝わるかなぁ~
ヒロシです、ヒロシです…ヒロシ違いです

嗚呼 ピロシキ食べたい(違)

ネーミングの大切さってありますよね
ブログのタイトルも そう

アクセス数が増えたり しますからね って
そんなん 一一 確認しませんけど

以前 写真から連想したタイトルをつけたら
ある曲名と同じだったらしいんですよね

だけど その曲のことなんか 
記事に一つもない

生地に練り込まれてない訳なんですよ
そんなパン 膨らむ訳 ない。

で 怒りのコメントを受けたことが ありました

うん、でも 無理なんですよね
私 その曲の 存在を 知らないので

そんな風な悲劇を生まないために
考えたんでしょうね、きっと。

ナニガ? って
良く あるじゃあ ないですか
めっちゃ面白いネーミング
の くすり

ガスピタン とか
さかむけあ とか

「あー このシチュエーションで使うんだろうな~」
って 

解説も何も知らなくてもオッケー! みたいな
そんなの カッケー!(脚気ではない。)

ね、のどぬ~る を 間違って 
シリに塗る人なんて いない訳ですよ
多分ですけど。

ビバ!!! スペシャル ネーミング!!!


この記事の「きっかけびと」は この方!

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・° 

詩の発表場所あります
自慢の絵・写真を披露したい方にもおすすめ!

ワタクシすずこが編集している手作り詩誌
ポエムサークル「みゅう」

仲間になり購読いただくと
ボツなしで冊子掲載 & CDトーク → 全国郵送★
見本誌もあります。読みたい方も連絡くださいね。

以下に本誌の写真・詳細を紹介していますので
クリックして御覧くださいませませ~☆

ミュウ 217.218号 完成♪ 

すずこのリンクはこちらから

~いつかの すずザレ~ 藤鈴呼の戯言
過去作も織り交ぜてUPしていきます☆

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

コモンセンスの 無い 生活は
今に 始まった お話じゃ 無く。。

珍しい カラオケの 誘いに
相手を 間違って レスしてみたり

やっぱり 正月ボケよりも
人生 ボケに 突入しそう?!

☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★ 

空クジで 膨れる財布も
今の ワタシにとっては 無縁で

そもそも 宝くじなんて
購入した 記憶など 無く

其れでも 財布の中身を チェックする
観れど 触れど 増えないけれど

☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

スタバに 一度 行ってみたい
これが 最近の 願望だったり

折角 店に 行くならば
美味しい ケーキも 欲しいところ

そんな 夢を 正夢に
したくても 観ぬ 初夢に

せめて と 眠りに 誘われて
今夜も ゆっくり 眠ります

☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

● 新しく 始める日々が 有るのなら

       感じられるが 幸せと言い

°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

New Year Eve
こんな 呼び方は
本当に 存在 するのかな

そんなコトを 考えながら
クリスマス・イブは とても
楽しかったなって
懐かしみながら

見上げた 星空が
とても キレイで

初日の出なんて
眺める余裕は
皆無だったけれど

新年 初の 星空に
オリオンに

本気で 感動 していたよ――

☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

誰なのか 相手が 解らなくなるのは
年賀状の メールを 貰って
相手が アドレス変更を
していた 瞬間

其れでも 自分を 思い起こして呉れる
バースデー ・ メール の 如く

嬉しかったりも
するんだよね――

☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

未来など 解ってしまえば つまらない

☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

この世に 一人っきりだと
思う 瞬間は 

確かに 怖いかも 知れない。 

凄く 久々の 
友人からの 連絡が 
入った日には 

誰かが 自分のコトを 
思い出して 呉れて いると言う 
有り難さに 浸ります。 

そのまま 眠る日々が 
少し 忙しく 思えた 瞬間には 

ゆっくり 生きて行こうと 
思って 居るのです――

☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

星の 王子様は 
何にでも 興味を 持ち続けました。 

赤ちゃんが 何にでも 
興味を示すのは 

これからの 人生を 
如何に 楽しく 過ごそうかって 

未来に 希望を 
持ち続けている からなのでしょう。 

どうでも いいや って 
時に 流されてしまう 大人の姿が 

そんな 無垢な 瞳には 
歪んで 映るのかも 知れませんね

☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

ティンカーベルは 
何時も 

気付いて 欲しいと 
夢の 奥で 

ベルを 
鳴らし続けて 
居るのです。 

ピーターパンが 
風邪の 日には 

少し 哀しいと 
嘆きながら 

窓際で 
それでも 

ふわふわと 浮かぶ 
彼女の 姿だけ 

きっと アナタに 
見えるでしょう 

心の 瞳に 
映るのでしょう

☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★
人気ブログランキングへ
↑ポチッとな~☆↑



おじやかな

Img_2236


Img_2235


Img_2234


おやじじゃないよ うまかっちゃん
と、タイトルから繋げて一句にしたところで

見た感じ、おじやみたいですよね
旦那作の うまかっちゃん

みゅうメンバー まっつんプレゼンツ
恙なく いただきましたー

ごちでした♪

昨夜 帰って来なかったんですよね。
宅の主人。

って表現を 
何とはなしに使いたくて書いてみたが

宅じゃない主人って何なんだろう
そもそも 宅ってナニ? と思ったら

家庭、なんですね
まあ~ でも ちょっと もやっと。

解説欄が二重敬語御礼で
万歳三唱状態ですよ

昨夜は飲み過ぎたらしい旦那。 
今日は早く帰宅する、と、夕方にメールがあった

珍しい。凄いよ。本当に早かった!
マーメイドになってるヒマなんてなかった!

ってかね? マーメイドの件で 前述のまっつんが
コメントくれて吹いたんだけど

マーメイドって上半身が魚? って
あはははははは。 

と 脳内メモリーにインプット済
只今アウトプット中♪ みたいなね。

下半身が魚なら かろうじてスズコでいられるけど
そうでなけりゃー もはや鈴呼ではイラレナイ
うひゃっ。

そんで、うまかっちゃん、何となく
豚骨風味が強調されているような気がした
以前よりも。

鼻に「かまる」感覚がね。
味わいは意外とあっさり風味に感じたんだけれど♪

「久留米なんかで本当にクサイラーメンは凄いからなー」
なんて言ってる旦那

うーん 私 豚骨とか濃ゆいヤツは好きな筈なんだけど
キョーレツすぎたら無理かも?

と思いながら 一度 そんなんも食べてみたいなー と
喰わず嫌いの妄想は募るのでした。

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

健康診断


学校では当たり前のように受けさせられていた
健康診断

会社勤め時代も当たり前のように巡って来た
一年に一度のお決まりコース

主婦になった途端、
市町村の管理する健診カーなんかに乗り込まないと
いけないコトになるんですよね

自分にカンケーないDMだろうと
封書をスルーすると
折角のタダ健診を逃す羽目にもなる

以前あったんですよ
今年は**年生まれの女性は健診無料ですよー。
みたいなヤツ。

女性特有の健診は忌み嫌われがちですからね。
受けるのにガチで気力が必要! みたいな。
なんて事は思ったことありませんけど。

「…ああ、そう?」みたいなノリで
毎回乗り切っておりまする。

まあ~だけどアレですね
健康体だからこそ健診カーで済むって話で
一度「何ちゃら診断」されちゃうと

「どうせエラー表示されるんだから、
最初っから本気で予約するよ」
ってなる。

時間と金の無駄遣いは趣味じゃないんでね。

健康診断って響きは何となく
「とりあえず診ておきますねー」って風。

人間ドッグってなると
「ちょっと本気出しますよー」って体。

そんなイメージを持ってます。

人間ドッグ・脳ドッグ
一度も体験ないんですけどね
以前 聞いた話

人間ドッグで全て異常ナシだった人間が
二週間後にお花畑の住人になっちゃった

って言うことも
あるらしいんですよね。

脳ドッグで何かしらの「しこり」が見付かったけれども
治療すべき大きさには非ず 

されとて放置も出来ず
結果「定期的に診察しましょうね」となる場合も。

これって生殺し状態ですやんね。
そんなら知らずに笑って過ごしたいわ!!! 

って台詞が
忘れられませぬ。

営業していた頃 ある会社に行ったら 
男衆がニヤニヤしよん。

手には揃って紙コップ。中身はコーヒー。
「どうしたんですか?」って聞いてみた。

「アイツが前回の健康診断直前にコーヒー飲んだら
コレコレの診断が出たので
今回皆でホントかどうか検証するんだ」

と息巻いていた

健診をおもちゃにしてしまう男衆
恐るべし

簡易検査だと心電図なんかが
なかったりするんですよね
たまにあると何故か嬉しくなっちゃう(笑)

あのスポイトチックな感じの
ゴム製の検査器具

ぷにぷにしているし 何か冷たいし 
笑っちゃいそうになる

最後 コードを一気に引き抜くと 
すぽぽぽーーーん!! って
なるじゃないですか

あれさ、少しずつリズム替えたら
何かの曲に なんないかな♪ なんて思う

あの、長いトンネルの途中で
運転手が眠くならないように
道路に溝があって タイヤが踏むと曲になる、
みたいな感じの。

そしたらサ 面白いから
きっと 心電図 乱れちゃうだろうな


この記事の「きっかけびと」はこの方!

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

詩の発表場所あります
自慢の絵・写真を披露したい方にもおすすめ!

ワタクシすずこが編集している手作り詩誌
ポエムサークル「みゅう」

仲間になり購読いただくと
ボツなしで冊子掲載 & CDトーク → 全国郵送★
見本誌もあります。読みたい方も連絡くださいね。

以下に本誌の写真・詳細を紹介していますので
クリックして御覧くださいませませ~☆

ミュウ 217.218号 完成♪ 

すずこのリンクはこちらから

~いつかの すずザレ~ 藤鈴呼の戯言
過去作も織り交ぜてUPしていきます☆

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

ファミレスの ハンバーグは
使えぬ 部分の 肉を
ミンチに してから
機械で 固め 直して 居るから
余り お勧め 出来無い と 聞いた

ミルキーの スープ バー にて
コーン スープ を 
たらふく 飲みたい 時には
つい ハンバーグ を 
オーダーして しまったり する

だけど 生焼けの 状態で
皿の 脇に 添えられた
小さな
鉄板みたいな 役割を 果たす
丸い 皿が 付いて 来る タイプは
余り 好きでは 無い

フェレット だか フィレット だか
名前は ウロ 覚え だが

丸い 皿の 上で
生焼けの 肉を
好きな位 焼いて 食べるので 有る

ところが 此れは
正式な 鉄板では 無いので

食べながら 焼いてる うちに
温度が 低く 成る

そうすると 残りの 肉は
生焼けの まま 
食べなく ては イケナイ

アタシは 焼肉でも
きちんと 焼くのが 好きなので

此れは 合わない なぁ
と 感じたんだ

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

期待が 大き 過ぎると
結果が 惨敗 だった 時に
立ち 上がれぬ 程の 
ショックを 味わう

だから って 
期待 する 心を 失くす のも
軽く 寂しい だろう

最近 何だか 
機械 関係に 嫌われて 居る

特に パソコンの 調子が
思わしく 無い

勝手に 再起動を
数回 繰り 返すのだ

最後には
電源を 一度 落として
もう一度 立ち上げる

そうすると
暫くは ちゃんと 動いて 呉れる
数日 前から
何か 予兆の 様な モノは 有った

ネットを 見てると
エラー表示 の 窓が 出る
エラー報告 しますか?
と 言う メッセージが 出るのだ

此れは 以前から
出る トキは 有ったが

最近 頻繁に 成って 来たなぁ~
なんて 思う 矢先

前述の 再起動 事件
そして
彼の ノート ・ パソコンの 方も
おかしく なって 来たので

取りあえず ノートの 方を 見ようか
と 言う コトに 成り
外出を した

先ず 向かったのは ホーマック
此処で 
ミュウ用に コピー 用紙や ノリや
戯言用 ノート を たんまり と 買う

ガラガラ カゴ を 押して
会計を 済ませたら
彼の 姿が 無い

店を 行脚 しても 居ないので
もしかして
表に 車を 回して 呉れてるの カナ?
なんて 期待 しながら 外へ 出た―

が どうやら 違う らしい
再度 ガラガラ しながら 店内へ

奥の 方まで グルリ と 一巡 した
最後の 辺りに 
彼は 居ました ガナ×××

ネジ コーナー

多分 外れた と 言ってた
ボード用 だろう

昨日の スキーで
午後は ボードを したかった 様だが

ネジが 外れてる から
無理 だったの ダ

何時も 店内で
アタシが フラフラ と 行脚 して 居ると

勝手に 居なく 成ったら
解らない でしょ! と 言われるの だが
今日は 逆 だった

予告 ナシに 居なく 成るので
かなり 探して しまった

トイレにも 行きたかったの だが
車の キーは 彼が 持ってるし
ガラガラ したまま 
トイレは 無理だし×××

かなり キレてた アタシ

ネジを 探した 後で
彼は レジに 向かって 歩き 出す

最初 アタシが 先に 
ガラガラ 歩いて 居たが

後ろを 見ると
彼は 
逆側に 向かって 歩いてく (-_-;)

ガラガラを 反転 させ
付いて 行く

今度は 車椅子の 方が 居た
彼は ズンズン 歩いてく

又 見失う (-_-;)

陳列棚も 多い 店内を
只管 行脚 した (-_-;)

最悪の 気分の まま
何とか 
気分を 正常に 戻し
電機店へ

彼が ノート パソコンを 
見てる 間に
プリンタ インクを 購入 しよう
と インク コーナーへ 行った

今度は 普通に 
手持ち カゴに 
インクを 入れた 処で
白髪 混じりの 男性に
突然 こう 言われた

「 やっぱり デジカメ ですか? 」

咄嗟に
「 いえ パソコン です 」
と 返答 したら

「 え? パソコンで 無くて
       プリンタ でしょ? 」 

突っ込まれ タっ\(◎o◎)/! 

っつうか 
アタシャ アナタが

「 此処 何売場 ですのん? 」
的な ノリで 
話し 掛けて 来た と 
思った わい×××

だから 其の 台詞の 後で

「 あ・・・ そうです
  パソコン プリンタ の 
  インク リボン です 」

なんて
言っちまったじゃ なぃか よぅ おぅ

でも
彼が 手持ち してる
カゴの 中身を 見ると

アタシ とは 違う
インク リボンが
たんまり と 
入ってる じゃあ 無いです かぁ
~( ̄▽ ̄~)(~ ̄▽ ̄)~

なぁんだ
ちゃんと 解ってたの ネ
。。。//δ⌒▽⌒//

彼の 言葉は 続く

いやあ 6000円 近くも するなんて
高い ですよ ねぇ~

でも この ポイントを 使うと
安く 成るんですよ ね?
云々×××

一度 彼に 背を 向け
レジへ 行こうと して 居たが

話し 掛けられてる感 が 続く ので
振り向いた

彼は インクの 陳列棚の 方を 見て
話して 居る・・・ 

でも
独り言 では 無い 口調 だし・・・ 

と 思った 瞬間
彼が こちらを 向いた

・・・だよねぇ×××

ポイント 云々の ハナシを されても
解らない アタシは

適当に 
そうなんですか 的 発言を しながら
逃げて 来た ε=┏(; ̄▽ ̄)┛

其れに しても
アタシの インクは
4色 セットで 4200円 なのに

お主
随分 高い インク リボン
使っとる な・・・ 
なんて 思い ながら×××

さて・・・ と
一旦 パソコン コーナーに 戻り
彼に
レジに 行く と 告げてから
レジへ 行った

レジ係 らしき 女性が 見えたが
バタバタ 忙しい 風で
奥へ 行って しまった

胸元に 
見習い の 名札を 掲げた 彼に

ポイントカードは お持ち ですか?
と 聞かれ
首を 横に 振った

其此からが 長かった!

レジ係の 女は 別に 居たが
レジ カウンター に 
アタシが カゴを 置いてる 時に
後ろから 男が 来て
レジ係の 女に 質問して 居た

コンパクト ディスクって 此れですか?

聞かれた 女は
男の 差し出した 小箱を 受け取り

少々 お待ち 下さい と 奥へ

見習いクン は 直立 不動
たまに キョロキョロ してる

奥から 女が 出て来て
男の 会計を 始めた××× (-_-#)

オイ こっちのが 先だろ!?

明らかに 自分の 表情が
不機嫌に 成って 行くのが 判る

そして ようやく アタシの 番

其の 間に 
前述の インクの 男性も 隣に 来た
後ろも 数名 並んで 来た

レジ女は 会計後に ようやっと
お待たせして すみません 的 
発言を したが

ムナクソ 悪い 気分 だった

其の後 パソコン コーナーに 戻り
彼と 一緒に
店員を 呼び 説明を 受けた

こちらは 商品 説明も 的確で
満足 した

地デジ 対応の 
ノート パソコンを 見て 居たが

FMV 春モデル が 安かったので
説明を 聞いた

プロバイダーを YAHOO BBに すると
11万程 らしい

地デジ では 無く ワンセグ らしい
此の 二つの 違いも 聞いた

今週が 安売り キャンペーン 期間 なので
悩んで 居るので 有る×××

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

  ネ ス ケ ?!


彼は 実家に 居た。
二階の 部屋で 眠ろうと して 居た。

ふと 窓の 外を 見た。
向かいの お宅が 
何故か バーに 改装 されて おり
彼の 母が 働いて 居た。

どうやら フロアの 責任者 らしい。
耳に イヤホンを 付け、
調理場で 作業を しながら
トランシーバーで 
従業員に 指示を 出してる 様だ。

おかしいなぁ? と 感じた 。
時計を 見ると
深夜 0時 だったのが
何時の 間にか 丑三つ時 と なり
やがて 夜が 明けた。

彼は 向かいの お宅 改め 
其の バーへ 行った。
母は 「 寝ないとね 」 
と 言う様な コトを 言って 居た。

調理場 には 
可愛い 子猫が 10匹 ほど 居る。

「 これ どうするんですか? 」
と 言いながら 見ると

何と 
鍋の 中で 一匹の 子猫が 
茹でられて 居る。

嗚呼 可哀想・・・ 
と 鍋から 出して 見た ものの
もう ダメな 様だった ので 
ポイっ と 捨てた。

一足先に バーを 出た 彼。
小道を 挟んだ 向かいの 自宅へ
帰る つもり だった。

ところが 外に 出て 見ると
何故か 景色が ガラリと 変化して 居る。

どうやら 商店街の 様だ。
小雨も 降って 居る。

一歩 足を 踏み出した 彼は
有ろうことか イチゴを 踏んづけて しまった。

目の前が 八百屋 みたいで
道に 其のまま 
イチゴ パックを 置いて 居た らしい。
ヤバイ! と 思ったが 
取り敢えず 逃げた。

ほんの 数歩の 筈の 自宅が 遠い。
歩いて 行くと 公園が 有った。

見ると 数人が
わざと 外車に ぶつかって
遊んでる 様に 見える。

向こうから 
速水もこみち風の 若い 男が
10人程 歩いて 来た。
彼は 捕まえられた。

「 君も あの 車に 乗ろう よぉ~。
  良い薬が 有るから さぁ~。   」

そんな コトを 言われながら
車内に 連れ込まれて しまった。
逃げようと 思ったが 無理だった。

そこに 仲間らしい 男が
三人 寄って 来た。
中央が 草彅くんだ。
どうやら ボス  らしい。

「 この薬は 何とか と 言う 
   効能が 有るんだよ。
 ・・・ですよねぇ? 草彅さん。 」

「 それは。。。ネスケだよ。 」

ネスケ って 何だ?! 
と 思って 居る 処で
目覚めた。


by  彼の夢 070218 SUN 
          AM3:30Ver.

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

● 夢 ●


結婚式を やる 前に
彼の 親戚 と
私の 家族 と 
私達 二人 が
会場 に 集まる シーン

彼の 親戚は
年末に 共に 食事した メンバーだった

デパートの エスカレーター 
みたいな とこを 上がると

そこに 皆さん 集まって居る
その先で 披露宴 
みたいな ことを する らしい

下がる 方の エスカレーター に
知人の 男の子 と 
知らない 男の子 が 居た

彼は アタシを 指差して 言った
あれ? 結婚 すんの?

アタシは 白ドレスで 応えた

うん
未だ 言って なかったよ ね

実際に 彼等には
未だ 言って ない。。。//δ⌒▽⌒//

つか メール とか 
してないし な (笑)

ドレスに つける 首輪を
アタシは 忘れて 来た らしい

母 曰く
やっぱり そうでしょ~ って

自分が 持って 来たのを
出して 呉れた

どうやら お見通し だった らしい
。。。//δ⌒▽⌒//

有り難く ちょっと イメージとは 違う
と 思いつつも 付けた

会場に 行くと
何故か もう 始まってて

皆さんが うちら二人の ビデオ
観てる らしい

みたいな 夢 (笑)

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

二つの 音を 録音 して
一つの 音を 作り 上げる 場合

当たり前だ ケド
マイクに 近い 方の 音が
大きく 成る

だけど

アタシが 弾き語り する トキは
ギターに 近い 方に
録音機を 置くんだ

だって アタシ
声が デカイ から Σ( ̄□ ̄)!

おしゃべり すずこも
録音機 を 使用 してる から

パソコン マイクは
使用 して 無い けれど

機械 越しの
自分の 声は

どうやら
他人 行儀に 
響く らしいんだ

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

愉快だ って 言われる のは 嬉しい

少し でも 笑える 気分 を
感じて 貰えたんだ な 
って 想像 すると

こちら まで 
ほんわか した 気分に 成れる から

ほんのり と 
茜色 に 染まる 
空の 一瞬 に 出会えた トキの 
気分 にも 似て 居る

其此に
蓮の 葉が 無いか って
ドキドキ しながら

イチイチ 確認 する 
必要 は 無いね

自分の 息が 
暖かい コトに

幸せ 感じて
歩いて 行こうか―

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°
人気ブログランキングへ
↑ポチッとな~☆↑


2014年3月20日 (木)

やもたんが浮く

Img_2231


Img_2230


Img_2229


どうも~。マーメイドすずこで~す。
勿論 そんな図々しいことをノタマウのは
自称であるからでして

不承不承 真実をノベライズするなれば
曰く 壊れた魚。 ふんっ。

てな感じで本当に久々に泳いで来たとですよ。
毎回1キロと決めてるんですけどね。

大抵35~40分で終わるんですよ。
しかぁし! 昨日は違った。

泳ぎ始めの時点で プール再度にある
デカイ時計の黒い針を眺めたら 12分

ミッションクリアでヒーハーしながら
ずぶ濡れの瞳で睨んだ針は 53分

何と41分… 
あ。ならいつもとおんなじか。

昨日さ、「今日おっせぇ~! 身体なまっちょん!」
と 若干ショックだったんだよね。
(暫く水着放置していた癖に よぉ言うわ)

最近泳いでないな
→そろそろ泳ごうかな
→久々だから遅いに違いない
→(時計の針を曲解) ほら、やっぱり!!!

と言う 好き勝手な思い込みが炸裂した訳ですな。
やはり人間 分析してみるって大事
(大袈裟)

書き出す作業は
恥も掻き出す可能性をも否定できぬが
自分をより知る楽しい時間でも有るのよね。
(多分ですけど)

ホントはさ、帰りの車内で 思い返してた。
25Mプールだからさ

行って帰って来て1クールで50Mじゃないですか
だから毎回 50Mずつカウントしてるのね

最初の1クールは「50・50・・・」と唱え
次は「100・100・・・」と唱える。

で、850を二回カウントした気がするのよね
何となく、なんだけど。

すっげー集中してカウントするんだけど
泳ぐことしかしてないからさ
脳はヒマな訳ですよ

余計な妄想しないように 気を付けるんだけど
たまに あれ? ってなる。

アレ? いま ドレ? ってなる。
そんな言い訳で締めようかと思ったのにね。

まさかの いつも通りトライアルに脱帽ですよ
もう 脱帽

いつまでも 被ってらんないからね 
水泳帽

昨日 髪の毛濡らしたまま 帰っちゃった
もう 自宅で速攻シャワーするから いいや 的な。

暗いし スーパー寄らんし
何度も髪にドライヤーしたら
可哀相じゃない?

若い頃ほど元気一杯じゃない毛髪に
何の罪もない毛髪に
罰ゲームしてるみたいに
なっちゃうじゃあないですかっ!!!(切実)

だもんで 流石に髪から雫ぽたぽたはマズイから
何となく「濡れてます?」くらいまでには
バスタオルで擦りまくってから 帰宅した

うん。その方が いじめてるみたいだよね
イジメの定義ってむつかしい。

本人はその気がなくったって
ヤラレた方は恨むんだかんね。

その辺 相手の立場になって
物事を考える癖をつけるって
本当に大事だと思う。

と思いながら(かどうかは謎として)帰宅したら
やもたんが浮いてる

最近 眺めるのが癖になってたんだけど
とうとうヤラレタカ!!! と。

あ。違った。
浮いてたのは 出掛ける前だったんだ。

でも ここで書き直すとさ
今まで必死こいて打ち込んだ マーメイドの件
全て なかったこと に なっちゃうから
このまま 残させて??

とにかく 絡み付いていたんだよね
白い糸が たくさん
何らかの「意図」を感じましたよ
なんて韻を踏みながらも すずこ考えた

この 弱肉強食の世の中で
自然の摂理を自分勝手な好き嫌いによって
断ち切って良いものか? って。

だって そうじゃない?
ここで 糸を切ってやったらだね?

やもたんを助けることにはなるけれど
獲物を捕らえたクモ野郎を陥れることにも
なりかねない

そりゃあヤツのことは嫌いだが
今は そんなでもないし

昔は 机の上を歩いている小さな蜘蛛を
発見したダケで 奇声をあげていた私も

指で蜘蛛の糸を断ち切れる位には
成長したつもりだ

そうだ…ここは… 思い切って!
きってやった!!
切って!! ヤッタ!_( ̄▽ ̄)ノ彡!

・・・レガ子の鍵先で
~( ̄▽ ̄~)(~ ̄▽ ̄)~

ほんなら やもたん 激しく動き出したよね~
こりゃ助かる♪ と希望を持ったんだろうね
何事も 希望は大事だ★

結果 蜘蛛は絡み付いておらず
やもたんの尻尾に絡んで
噛み付いていたと思われた物体は
蜘蛛の亡骸(推定 足先)にも見えなくもないが
とりあえず 何でも良いや~

オチは ないよ?
代わりに 床に「落ち」た やもたんに
乾杯ξ・。-☆

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

やもたんが浮く


ぷうらりと 垂れる蜘蛛糸 手繰り寄せ
 宇宙感じる 時の間に間に


浮き上がる瞬間の
ふうわりと揺れる肢体を
思い出したかい

魂の浮遊物
大気圏の向こう側に巣食う残骸を握り締め
固く誓った言葉を砂粒に替えて 押し殺す

厚みを増す 真夜中の空気層
トンデモナイ位に 有り得ない夢の中で
咳き込んでいた

此処も 小宇宙
自転を体感することは出来ぬけれど
潜在意識の果て位には 理解できる

息苦しさの先には白百合
貼り付いたら取れぬ花弁の色合い
黄味次第

モガクもアキラメルも
すべて ジユウだ

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

詩の発表場所あります
自慢の絵・写真を披露したい方にもおすすめ!

ワタクシすずこが編集している手作り詩誌
ポエムサークル「みゅう」

仲間になり購読いただくと
ボツなしで冊子掲載 & CDトーク → 全国郵送★
見本誌もあります。読みたい方も連絡くださいね。

以下に本誌の写真・詳細を紹介していますので
クリックして御覧くださいませませ~☆

ミュウ 217.218号 完成♪ 

すずこのリンクはこちらから

~いつかの すずザレ~ 藤鈴呼の戯言
過去作も織り交ぜてUPしていきます☆

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

〓 見上げた陽 今日が何故だか 嬉しくて 〓

哀しい日 星を見上げて こんばんは

〓 こんにちは 間違えるなヨ 《わ》 じゃ無いゼ! 〓

横風が ちょこっと痛む ウォーキング

〓 体力は 下がる一方 老化かな 〓

細やかな 雪が塵にも 見えて来る

〓 霞目も まとめ拭きたい 眼鏡かな 〓

☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

寒いよ。
最高気温 マイナスとか 
最低は マイナス 7 から 10くらいが
続いてる 日々。

あたしも まだ
風邪が 一週間 ひきずり
インフルエンザ かも。

ちょっと 今日は
かみ きってた からね。

ようやく 夕食 おわり
洗濯 ほしたり 愛人=WC したり してる。

☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

〓 事故の跡!? 道路キラキラ 輝くね
        雪溶けの日の 結晶に似て 〓

晴れた日と ヘア・カットした 翌日は
   気分爽快 出陣モード★

〓 懐かしい 記憶 幾つも 重ねつつ
        歩み出る街 初めの一歩 〓

楽園は 一体何処に 有るのかと
  探さ無くても 此処に存在

〓 見渡して 納得いかぬ そんな日は
       布団被って 眠ってしまおう 〓

ネタバレの オチの無いのが 笑い草
      芸人モード 返却予測

☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

給湯室で 何時もの 昼飯 購入前の
一服を して居ると

これまた 何時もの様に
バッグを抱えた彼女が やって来て

《 すずこサンxxx 》 と 呟いた。

何時もとは 違う 開口一番に
「 んっ? 」 と 反応すると

《 入り口前の 水溜まり 二つほど
  拭き切れて ませんでしたよ。
  あやうく すっ転んで しまいそうに 成り
  此れは 罠かと・・・

  そんなコト する人だって
  分かってましたケドね~ 》

思わず 大爆笑の 平謝り。

そう さっき
ヤカンの湯を 溢して
拭いた 『つもり』 だったのにxxx

°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

月曜日 夜七時から テレビっ子
  ほん怖越えて あいのりの道

火曜日は ヘア・カットにて 大満足
  朝ハネるのが たまにキズだね

水曜日 雪の街中 埋もれそう
  知人送って 帰り道モス

木曜日 優しい時間 楽しみに
  アンビリ越えて 又 テレビっ子

☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

滞納し 二ヵ月後には 督促が
  大家大変 逃げる住人

壁薄く 色んな音が 聴こえては
  ドキドキしたり バクバクしたり

この上も 隣も誰か 居るのかな?
  明かり何時でも 消えて居るケドxxx

☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

電気風呂 久しく入って 居ないなぁ
  ジリリ痛むが 此れが快感?!

実家では 新しくした 風呂入る
  自宅で何時も シャワーだからね

銭湯も 風呂も嫌いじゃ 無いけれど
  休日温泉 其れは嫌いだ

☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

寒い朝 目覚まし占い 眺めつつ
  タイプしながら 暖気の手前

折角に 眺めたけれど 最下位
  まぁ気にせずに 早く出勤!

開運の ポイント札を 揃えよと
  財布確認 してみようかな

☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

カラフルな虹を 散りばめた風な
心地良い 気分が
この 一週間 続いて 居る

ある日は 真夏の 太陽で
ある日は 真冬の 雪だった

秋の 壁は
優しい 風と 解け

春の 明かりは
心の 拠り所と 成るのだろう

☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

ぼんぼりを かざす
そんな 女の子の 象徴の日

ひなあられは ついぞ 目には
しなかった ものの

ママンが おいなりさんと
オカズを 詰めて
プレゼント して呉れた

嗚呼 何だか 僕って
お子ちゃま みたいじゃ なぁ~ぃ?

☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

誰かと 語る事
相変わらず 五月蝿いなって
思うことも 有る

だけど 最近は
ちょっと 気分が 上昇気流で

CDを 作成して
感想なんかが 届いたり すると

何だか メールよりも
会話してる気分が
広がって しまうんだ

珍しく 電話でも
良い テンションで 話して みたり

今日は 新しい ミュウ会員と
はじめまして~ なんて
昼休み ちょこっと
電話かけて みたりね

☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

国民的 美少女アイドル
そんな 言葉が 昔 流行った

その頃 二人で ドラマを 仕立てた
独りは かの 有名な カーレースの選手と 結婚し
今は ヨーロッパでの 生活を
謳歌 している らしい

そして もう 一人も その彼女も
どちらも 最近 CMで 見かけるんだ

余り ブレイク しなかったのは
美しすぎた 
整いすぎた
顔立ちだったからなのかも 知れないね

☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

人には 好き 嫌いが 存在する
相手を 気に入って居る 場合
例えば 恋人の 短所も
許せるなどと 言う事は
もう 恋に 溺れて居るからだよ
妄想だね なんて
言われ兼ねない

そして 夫婦になって しまってからは
愚痴が 沢山
零れるように成って しまったり

あたしには 誰かと 毎日
日々を 共にする 楽しさが
今いち 解らないから
未だに 独り身 なのだけれども

そうだね こうして
ちょっと タイプして
貰った 夕飯を かっこんで
週末は 編集モードで
好き勝手に 生きて居る
言い訳なのさ

☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

音声にも 好き嫌いが 有るのだろう
音楽も 然りだけれども

自分の声を 録音して
驚いた 憶えは
誰しも 有るのだろう

私の場合は 学生時代
放送委員会に 所属していて
初めて カセットテープに 録音した
自らの 声を 聞いた時の事が
忘れられないので 有るが

元来 ナルシストで 有るが為
今では CDとして 残しており
当時の声は
やはり 子供じみた 音だったなぁ などと
振り返るので 有る

ミュウ プレゼントの CDの 感想でも
思ったより 声が 低いとか
高いとか
人によって 感想が 違うから
とても 楽しいんだよね

☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

自分のイメージの 一つに
髪が うざかったから
毎回 メールで
ヘア・カットしたいと 
話題にしていたところ

良く 美容院に 行く人間 と
評されて しまって居た

其れを 読んだり
何時も行く 銀行員が
ショート・ヘアに してたのを
眺めたり

とうとう 我慢 ならなくなって
月曜日は 定休日だから
火曜日 ガッツリ カット したのさ

°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★
人気ブログランキングへ
↑ポチッとな~☆↑



2014年3月19日 (水)

ぷしゅっ

Img_2049


Img_2048


Img_2165

みゅうメンバーまっつんからのいただきモノ
ホワイトデーのお返しならぬ仕返しだそうな(笑)

タイトルは「光陰矢の如し」もとひ、
矢文をご所望でしたので音付きでお伝えしたく候。
(届いたら 矢文で知らせて、とメールが来ていた。笑)

「やぶみ」とタイピングしたら
「屋踏み」と出て来てしまったので
バビッたのは内緒だよ??

と言うコトで久々の「うまかっちゃん」は
食べなくっても「うんまい」こと確実だぁな~!!
とニタニタしておりまする。

何よりも旦那と二人で喧嘩しないように
2袋も入れてくれている まっつんの心遣いに
すずこ感激!
(その世代ではない。と、一応強調させてくれ。)

そして伊右衛門のCMは良く見かけるけれども
何やらこのティーパックは抹茶入りの玄米茶ってことで
高級感が漂うじゃあないですか!!

*

ティーバッグ
曖昧さ回避 「Tバック」とは異なります。

ティーバッグ (Tea bag) は、
紅茶の葉か抽出物を含む小さな袋である。
紅茶を抽出した後に茶こしを使うことなく
お茶を飲むことができるようになっている。

なお「ティー・パック」ではない。
これは和製英語の範疇である。
「ティー・バック」と表記される場合もあるが、
bag・pack・backの音の近似によって生じた誤用である。

*

あ、間違えちゃった。バッグ、なんだね。
カバンと覚えておけば良いね。
って 以前もウィキった気がするが
幾ら検索しても 身にならん頭。
実になるのは脂肪ばかりって どないやねーん♪

そして お茶は旦那からのホワイトデー。
桜風味の紅茶シリーズ 
これは 先日焼酎割りにしたった♪

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

詩の発表場所あります
自慢の絵・写真を披露したい方にもおすすめ!

ワタクシすずこが編集している手作り詩誌
ポエムサークル「みゅう」

仲間になり購読いただくと
ボツなしで冊子掲載 & CDトーク → 全国郵送★
見本誌もあります。読みたい方も連絡くださいね。

以下に本誌の写真・詳細を紹介していますので
クリックして御覧くださいませませ~☆

ミュウ 217.218号 完成♪ 

すずこのリンクはこちらから

~いつかの すずザレ~ 藤鈴呼の戯言
過去作も織り交ぜてUPしていきます☆

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

□ ば す □


バス停の 有る道へと通じる T字路を 歩いてた。

横向きの車体を 発見した 瞬間、

《 しまった! 》 と 心の奥で 呟いてみたところで

もう 後の祭り。

あんまり焦って 声を出しそうに成りながらも 

ふと 思う。

[ 後 ] が 存在 するのならば

[ 先 ] が 有っても 良いんじゃ無いかって

故事に 愚問だって ふっかけたくも 成る。

その 祭り ってば とても 楽しいんだろうな、 などと、

本当に [ 後先 ] 考えない 

[ お祭り ] ヤロウだよ ボクは!

そんな事を考えて居たら

心の底から 笑いが 込み上げて来て

思わず 噴き出してしまった。

慌てて キョロキョロと 辺りを 見渡す。

大丈夫! 誰も 居ない。

僕の 身の安善は かろうじて 保たれたみたいだ。

もし 近所の 口煩い主婦にでも見られてたモンなら

たちまち 僕は 

《 挙動不審者 第一号 》 として

明日の 町内新聞の トップを飾るんだろう。

そもそも そんな 新聞[モノ] 存在 すんのか!?

其れとも 業界に 身を 馳せとくか!?

そうこうしているうちに 彼女の横顔は 消えてしまった。

あと 一分 早かったなら

あの 長い髪の香りに 有り付けたかも 知れないのに!

まあ 彼女の 後部座席が 空で有る事が 条件ではあるが・・・

今日も やっぱり ミニ・スカート だったのかな?

それとも デニムの パンツ?

想像は 留まる事を知らない。

どちらにしても スタイルの良い 彼女のコトだ、

似合ってるに 違いない。

僕としては スニーカーに パンツも

ラフな感じがして 良いけれど、

やっぱり 少しだけ 

カジュアルさを 残しながらも 女の子さしらを 失わぬ程度の

ブラウスに フレア・スカート なんて格好が 好きかな。

足元は ハイ・ヒールまでは 行かなくても イイけれど

この季節だから サンダルチックな ヤツ。

足首は 見えてた方が 素敵かな。

逆に カチッとした スーツなんかで 決められてしまうと

声を 掛けられないオーラが 漂ってしまうから 

これは 不可。

眼鏡の似合う アタマよしタイプも イイけど

やっぱ可愛いのが イチバン☆

一度も 笑顔を 見た事が無いのが 非常に 残念で ならない。

これが バスの中で無く 合コンの場だったならば

いの一番に 彼女の笑顔を ゲットする 自信 マンマンさ!

だけど・・・ いかんせん・・・

肝心の 誘い文句を 口にする 勇気が 持てないんじゃあ

始まりも しないよな。

目の前に 暗い扉が見える。

心持ち 重たい感情を 更に 重たくしてしまいそうな トビラ。

結局 また 部屋に 逆戻りだよ!

もう 今日は いちんち 寝て 過ごそう。

だって あのバスに 乗れなかったんだし

もう 外になんか 用は 無いからね。

そして 明日こそは 

絶対に 早起きして 乗り過ごさずに バスを 待つぞ!


★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★


朝から ムカついてしまった。

何時もの コトだケド 

折角 打ち込み途中だった メール文が

電池切れと同時に 消去されたんだ。

生憎 バス内だし と 

慌てて ホールドボタンを クリックしたのが 運のツキ。

面倒だから 送りたかった文章は

言の葉に乗せて 直接 伝えるコトにした。

それにしても どうやら今日は

僕にとっての 仏滅に成りそうな 予感がする。

先ずは 朝イチで来た 黒ナイロン系スーツの 

パンツ丈が 合わなかった。

此れは いただきモノだから 仕方の無い コトだけれど。

其れにしても 肌寒い風が 体内に 舞い込んで来る。

早く 暖まりたいな!


★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★


久々に顔を合わせたキミに 
告げる言葉が 無い

何故
どうしてなのか

駆り立てられた心が
浮遊するだけで

何も無いから
なにか 探した

僕の 心の奥の全て


何も
見付からなかったよ

キミとの 思い出の他には
なんにも


★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★


知りたくないのならば
それでも いいの

求め合える仕合わせだけ
奪われて

其れが 
幸せだったのだと

今頃になって
思い返して みるよ


ねぇ 過去には
戻れないのにね


★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★


明るい扉を開けようと
思い切り 必死のチカラで

こんなに 非力だったんだ
思い知らされた頃

でも 悲しくは 無かったの
最初から 知って居たから

僕は 無力 なんだってね


★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★
人気ブログランキングへ
↑ポチッとな~☆↑



2014年3月18日 (火)

いちごクッキー

Img_2163


Img_2162


Img_2161


全体が桃色の丸い形をしたクッキーは
イチゴ風味満開だけど
後は違うのかな? と

箱の裏にある説明もちゃんと見らんと 
パクリ♪

口に入れた瞬間に 甘い苺の香り広がる
すずこ にっこり(*⌒▽⌒*)

ってことで 断面図を何時ものように
中途半端な齧りかけでお送りいたします(笑)

え? 見えない? そんなら斜めでパシャリ☆
で もう一枚!

ドン!! (小麦粉が胃袋に溜まる音)

まあ みゅう編集中なんで 紙とかボールペンとか
映り込んでますが

目に見えてはイケナイものが映り込むより
良いべ??(謎)

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

すっぱい


基本的に 酸っぱいのは
顔をしかめたくなりますよね

胃酸が食道にまで上がってくることを 
CMによれば どんさん と 呼ぶのでしたか

呑酸、酸を呑むと書くのですから
微妙な気分になるのも 頷けます。

俗に言う 胸やけのする状態、が逆流性食道炎に
繋がるのでしょうね

我が家はフローリングに座椅子
真冬でも灯油ファンヒーター一台を愛し

ヒーターの前には競い合うように
四本の四肢が 投げ出されます。

あ、二名分だから八本か。
何だか何かの材料みたいですね。
何? って たこ焼きの(笑)

座椅子って言うのが難点で レバーを引いちゃうと
斜めになるじゃあ ないですか

食べている最中は 
胃袋が膨らみ続ける作業ですから

前屈みにならないように調整するならば
これはもう 座椅子を倒すしかない(違)

そんな風にして 食べ終わる頃には 
殆ど寝てしまう人も約一名おります(爆)

もう 食べて直ぐ寝ると 逆流性食道炎になるよ! 
とは
口を酸っぱくして言っていた日々ですが
本当に酸っぱくしないと分からないのか変わらないのか

わからないのか
かわらないのか

半ば諦めかけて 
台詞を代えることも しばしば。

「節々も痛くなるだろうし 寝るならベッドで」
と進言するも

「この、中途半端な睡眠が 超気持ち良いんだよねー」
って

お前はMr.KITAJIMAか!!! とも 
突っ込みたくなる有様。

そうか、ベッドを斜めにした状態で
打ち止めにすれば

食道よりも胃袋が下になるから
「逆流」は防げる訳ですね!
と妙に納得したりして。

確かに病院のベッドは
そんな風に留まるものも多いよなぁ~
あれは便利だ。

かくなる上は…アレだな。
枕元に私が横になっていれば良いんだ!

そうしたら上に旦那が乗っかって眠る瞬間 
私にとってはマッサージになって心地良い!(違)

ストレス要因の症状は
気にしすぎるとダメなことってありますよね。

胃がキリキリする、なんて良くありますけど
大抵 原因がハッキリしている場合も多いです。

「こんなん気にしてなーい! キリキリ」
って

思い込みに痛みが負ける瞬間には 
「クソ! 負けた!!」って

一体 何とゲームしてるんだって 
自分の身体かぁ。

瞬間的に、例えば
嫌な話を聞きながらキリル場合は

話を終了させればスッとするので
楽なんですけどね。

お腹が空いた時、
ゴロゴロ鳴ったりするじゃあないですか
アレも似たような感覚かなあ。

授業中を思い返すと 御昼前に
「鳴るな、鳴るな…」と
念じれば念じる程 逆効果ってことも 
ありますよね。

「腸がぜん動運動しよん! あたしって健康♪」
くらいの感覚で居られれば
楽なんでしょうけれども 

いかんせん青少年ってヤツは
感情もモロくてイケん。

だから おばたりあんになると
怖いものナンセンスで
図体だけデカくなって

別の意味で肩で風切って歩くようになり 
図々しさ満開の鼻となるんでしょうなぁ。

いつぞやは可憐な乙女だった花も 
いつの間にか鼻息荒くなるって言うね。

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

詩の発表場所あります
自慢の絵・写真を披露したい方にもおすすめ!

ワタクシすずこが編集している手作り詩誌
ポエムサークル「みゅう」

仲間になり購読いただくと
ボツなしで冊子掲載 & CDトーク → 全国郵送★
見本誌もあります。読みたい方も連絡くださいね。

以下に本誌の写真・詳細を紹介していますので
クリックして御覧くださいませませ~☆

ミュウ 217.218号 完成♪ 

すずこのリンクはこちらから

~いつかの すずザレ~ 藤鈴呼の戯言
過去作も織り交ぜてUPしていきます☆

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

何かを 犠牲に する事

とても 空しい 事

少し 哀しみが 染み渡る 事

虚無に 流され 死に 誘われ

虹の 畦道 捜し生く 事

探し物 見当たれば

笑顔 零れる 事

何れ 落ち揺れた 十字の カタチ

きらめく 文様 光る クロスの 果てに

立ってて かざして 蔭も 陰影も

明るい 絵画へ 変わる 様に

後始末は めんどくさい

散らかった まんまの 外出

いつの間にか 周囲の ざわめきも 消え

此処は 部屋より 賑やかで

音の 溢れる 世界で 在る 筈 なのに

朽ち果てた 抱いた

自分を 

誰よりも 強く

他人の 腕より 傷を 残せば

キスも アナタも 

忘れられると 思ったの

★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

幻想 幻覚 妄想 幻惑 厳格 玄関 厳寒の 空

外は 白陽の 光 

満ちる迄 紅 忘れた

暮れない 世界 宇宙の 青

葵の 緑 黄緑色に 染まる

焦がれ 翠 蒼さ 抱いた 

アオイの 陸の 上



爆 音 白 昼 夢

昼間から 五月蝿くて

耳 塞げずに 入り込んで 来る

入れ知恵を された 無言の 沈黙

黙秘権など 最初から 得られ無かった 

必要とも せず

モノクロームの 口先が 事実を告げた 

口パクの指が 仇討ちと 成る

奇麗な 木漏れ日 受けながら

呟いた 一人言

艶やかで 妖艶な 魔女

妖怪じゃ 無い 

多分 だから 誤解しないで

         溶解 しないで

火が 熱い

いや 唯だの お湯

そう 思えば 赤い 輪っかも

怖く 見えない

今から ゆっくり 渡って 行くよーーー

°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

蝋燭が 微笑する

滴り 落つる ロウの 白さ

動かなかった アナタの 姿

固く 固まり 唯だの 固まり

頑なに 拒んだ

そうだ 似て 居るね

塊は 魂の 文字と

とても 良く 似て 居るんだね

同じ姿勢で 過ごす事には

もう 疲れた

此れからは 新しい アタシを 

演じて 行くの

今までも そう 

これからも・・・

震えたのは エアコンの 効き過ぎ

アナタの セイじゃ 無い

勿論 ワタシの ココロでも

無いよ



布巾は 中々 和らいで 呉れ無い

日々の 茶碗拭きにも 

ヒビが 入りそうな 程

エモンカケも 驚いて

帰りたいよ と 嘆くんだ

愛し 麗し 故郷の

生まれた 場所の クリーニング屋に・・・?

☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★
人気ブログランキングへ
↑ポチッとな~☆↑



苺が好き

Img_2158


Img_2159


Img_2160


何時の頃からか 生まれ月の果実 
梨が大好きと豪語していた筈のワタクシ
いちご大好きちゃんに なりまして。

まあ ドリンクならば
昔っから好きだったんですけどね。

ジョージアの細缶くらいの大きさで 
昔ながらの自販機にあったのが
いちごみるく

四角い紙パックバージョンならば
今も温泉なんかで見かけるけれど
缶となると なかなか ないじゃあないですか

しかも当時 私は幼稚園くらい。
自販機の高さには 手が届かない

場所は 車高。って略し方すると 
車の高さが浮かぶけれども
自動車学校ね。 

あ、そうすると 
車校と書かないとイケナイのか。

ここで 母を待っている間 
上手くすると飲めたのが イチゴミルク缶
この辺りから大好きだったんだな

だけど 果物の中で 一番好きなのは
梨だったんだし

オレンジジュースとアップルジュース 
どっち飲む? と 言われれば
アップルと応えていたけれども

イチゴとミカンどっちにする? 
なんて シチュエーションは
余りなかったような気がするなぁ

どっちかってぇと 
リンゴとミカンどっちにする? だよねぇ

例えば 冬のある夜 こたつでまどろんでいると 
そんな声をかけられることもあったなあ。

最近じゃあ チョコでもイチゴ入りが好きだし 
ケーキだって苺ショートに興奮するし 
何かと イチゴ入りに反応してしまう私

コンビニで 
キシリトール飴のいちごみるく(だっけ?)
を見つけた時には狂喜乱舞したもんだ。

そんな感じで
可愛らしい桃色の箱は 
ステラおばさんの苺クッキー
ホワイトデー用に購入したんですけどね

みゅうメンバーさなに 
バレンタインの友チョコお返しとして
贈ろうと思って。

いつも 苺の可愛らしい紙袋や 
ガムテープも桃色の布製を使ってくれて
ラッピングから乙女チックな気分にさせてくれるから 

今回は私が可愛らしい箱を! と 
見た瞬間に決定したの。

勿論 自分用にも毒味をば♪ と 
るんるん気分で購入したまま 
何だか勿体無くって放置してた(笑)

ほんなら先日 見つけたんですよ!! 
ローソンで!!

もうホワイトデーもめっちゃ過ぎてるし、
叩き売り状態? とも思ったけれども

違うよ!! 
アタシはちゃんと コンビニ以外で買ったんだよ!!!

と棚に並ぶ桃色箱を見た瞬間に
冷や汗が流れたのでした。

*

回鍋肉 

これ ホイコーローと入力すると
ちゃ~んと変換されるし読めるんだけど
きっと書けない。

今回は クックどぅーの箱で
味付けしちゃいました。

いつも ホイチックにしたいなぁと味付けるんだけど
何かが違うのよね。

しょう油 みりん 砂糖あたりで 
甘辛くなるから近づけるんじゃね? 
と思っていたんだけど 何か違うんだろうなぁ。
検索すれば出て来るんだろうけれども。

昨日はにんにくんな味でしたね。
旦那を迎えに行って帰宅した瞬間に
玄関に香る にんに君。キョーレツーっう。

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

詩の発表場所あります
自慢の絵・写真を披露したい方にもおすすめ!

ワタクシすずこが編集している手作り詩誌
ポエムサークル「みゅう」

仲間になり購読いただくと
ボツなしで冊子掲載 & CDトーク → 全国郵送★
見本誌もあります。読みたい方も連絡くださいね。

以下に本誌の写真・詳細を紹介していますので
クリックして御覧くださいませませ~☆

ミュウ 217.218号 完成♪ 

すずこのリンクはこちらから

~いつかの すずザレ~ 藤鈴呼の戯言
過去作も織り交ぜてUPしていきます☆

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

今日の ミス。

昼間に ギター 録音 したのを 
パソコンで 聞いてたのね。

そしたら ピンポン が 鳴った。

慌てて インターホンで 二回
「 どちらさま ですか? 」 と 言ったけど
応答 なし。
のぞき穴も カラ。

・・・で、 思い 出した。
録音の 途中に 宅急便が 届いてた とき
それも 録音 してたんだよね (笑)

ああ、 パソコンから ピンポンが 聞こえてたんだー
。。。//δ⌒▽⌒//

そして たった 今
メール 打ちながら ピンポンが 聞こえた
こんな時間に。。。と 思ったが 
三回も 鳴るので 「 はい 」 と 出たが
応答 なし。。。

テレビ・・・ みてるんだけど・・・
CM・・・ みたい
。。。//δ⌒▽⌒//

あーあ。  いっちゃってるわ、 アタシ。。。
何か 一人だと 
余計 どきどき するわー。

今まで ずっと 
ダーリンと 会う 前は 
一人 だったのに ね。
ふふ。
一人 ほくそ笑んでいる 夜でしたー。

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

一番 欲しい 物を 貰えたヨ♪
とても 嬉しい!!
開いて 見て 感激!

青の シンプル傘が
蝶の 華麗な 景色に 大変身! なーんて、
なかなか GOODチョイスじゃ ないですかー♪

これなら 外側から 見て、
ちょっと 拝借ー の 営業の 人も
ビックリして 返して 呉れるヨ (笑)

持ち手の 茶色い フサフサが 気になる・・・
買わなくて 良かったあ♪ ありがとう!!

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

月・火と 休みます
昼休みに 何時もの給湯室で
彼女に  告げた

知ってます。
彼女は 言った

パソコンの予定表に
有給休暇と 入力したのを
既に 見て居た らしい

そして 
差し出された 紙袋

何と!!
バースデー プレゼントを
用意して 呉れたのダ
(*⌒▽⌒*)

アタシは あげて 無かったのに
貰ってしまって
凄く 嬉しい
!_( ̄▽ ̄)ノ彡!

開けて 見ると
アタシが 今 欲しいモノが
入ってた

・・・香水 ξ・。-☆

アタシは 常に 20本くらい
キープして おきたいんだよねぇ

でも 彼は 逆で
せいぜい 二つ という 考え

アタシは 日々
違う香りで 
違う気分を 楽しみたいのだけれど

彼は
色んな瓶に
中途半端な 量の 香水が
少しずつ 入ってるのは
許せない らしい
。。。//δ⌒▽⌒//

だから 最近は
新しい 香水を 買うの
秘かに 躊躇 してた アタシ。

だから 余計に 
嬉しかったのダ
(●⌒∇⌒●)

彼女 曰く
わざわざ買った 訳じゃ無く
試供品で 貰ったモノですから。。。
だそうだけれど

覚えて居て
プレゼントを渡して呉れたって 処が
ニクイじゃないですか
(≧▽≦)ゞ

因みに 彼女も
使用する 香水は
一つ と 決めてる らしい・・・

先日の 暑気払いでは
帰り 送迎して 貰ったのだけれど
私の住処は
彼女にとって アウェイで 有り
細い路地の先の 踏切にて
止まってた 彼女は
前の車が 突然 バックして来たトキに
攻撃されてまひ
バンパー交換の 悲劇と成ったらしい
(。-_-。)

タクシーで 帰れば
そんなコトには ならなかっただろうに
と 思うと
申し訳ない 気持ちが
広がる 訳で・・・

気にしないで とは
言って くれたけれど
やっぱり。。。 ねぇ・・・

そんな こんなの 日々を 越えて
お詫びに 似た 思いと ともに
彼女の テーマグッズと 成っている
タートルズ ストラップ と キーホルダーを
先日 渡したの ですわ。

で、 休み前に
予期せぬ サプラーイズ♪ を
いただいた アチキ。。。

嗚呼 幸せ者だなぁ
( ̄ー ̄)

ありがとう!! ともきち★

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

何時も 起こして 居るのに 
二日 連続で 
起こされて しまったね。
反省、 反省。

眠ったのは 2時でした。
ドラマ 見てから
何時もの ように 
少し どよーんとした 気分に
成って しまったのが
バースデーの 時刻 だった (爆)

さっきの 電話で
何だか 喉が 痛い なぁ 
と 思いながら 起きて、

ちょっと だるい なぁ
と 思い ながらも

「 起きなくちゃ! 」 と
トランクへ 行きました。

そう言えば、 と 思い 出した こと

先日の 
ホテル バイキング ディナーの 帰り、
先に 帰宅して
パソコン部屋に 居たら

車を 開ける
「 ピッ 」 って 音と
「 バタン 」 と 音が して
彼かな? と 思ったん だっけ。

その 後で
彼が 部屋に 入って 来たんだっけ。

「 明日の 出張 準備の ために
  何か 物を 取ったんだな 」 

と 思ってたん だあー。

アタシへの プレゼントを
隠す 音 だったんだねぇ
(≧▽≦)ゞ

トランクを 開けると
細長い 青の 箱が 見えた

もしかして 傘かな??

一挙に 嬉しく なっちゃって
ようやく 目が 覚めたヨ
( ̄ー ̄)

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

昨夕の 寿司で、
おばあちゃんから
素敵な 贈り物を されたよ。

食べ 終わって
薬を 飲んだ おばあちゃん。

バッグ から 
ハンカチ 取り出して
開いて 
丁寧に 畳み 始めたの。

それを 私に くれた。

パリッ と アイロン かけてる 訳でも なく、
普通に
今日 自分が 使う 為に 持ち歩いてる 風な 
ハンカチを ね。

感動した 台詞が こちら

この ハンカチは
とても 気に入って 使って 居るもの。
大好きな ハンカチ だから こそ あげるんだよ。
私は 自分が 好きじゃない モノは あげません。
鈴ちゃん だから、 この ハンカチを あげます。

だって。 感動だよ。

その ハンカチは
白地に 
ブルーと 薄い 緑系で 
素敵な 花模様が 散りばめられてる。

白は ホント、 隙間 だけで、
全体的に
空色と 黄緑っぽく 見えるのね。

それで ちょっと 薄く 
茶色い 染みが 見えたり して。
使い 込んでる ハンカチ。

余計に 嬉しく 成っちゃった。

おばあちゃんが 着てた ブラウスね、
これも 
ハンカチと 似た風な 色合いで、

下地は 白 なんだけど
全体的に
紺の 模様が 散らばってて、
黄緑の 鳥模様が 
チラチラ 見えるのね。

可愛いね って 褒めたら

この ブラウスは とても お気に入りで
大切な 時に 着る コトに してるんだよ。
今日は 鈴ちゃんの 誕生日で 来たから
着て 来たんだよ。
どうでも 良い 時には 着ません。
もう 何十年も 着て 居るけど、
大切な 時に しか 着ないから 
長持ち してるんだよ。

だって。

これで またまた 感動した
夜だったのでしたー。

最近 おばあちゃん
記憶 錯綜が 激しい らしいんだ。

昨夕は 普通に 会話 出来たけど、
おじいちゃんの 弟の ことが
分からなく なった みたいなの。

「 その名前は 聞いた こと あるけど、
  おじいちゃんに 弟なんて 居たっけ ねぇ? 」

とか、

おばあちゃんには 
姉が 一人 居るんだけど、

その 姉との 思い出話と 一緒に
私が 出演 してたり、

人と 時間が
混ざって しまうん だって。

味噌汁も 持てなくて
零す ことが あったり、

体力も なくなってる みたい。

母から その 話を 聞いて、
人間は 何時か 必ず
弱って 行くんだな って 
改めて 切なく なったよ。

彼も 折角 里帰り してるし、
存分に 家族と 語り 合って
楽しんで 来れます 様に♪

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°
人気ブログランキングへ
↑ポチッとな~☆↑


キリ

Img_2091


Img_2090


Img_2089

冬を越えた枝たちが腐る手前の物語
固い嘴が 何かを探して突きまくる音が
リズミカルに響く森の奥で
ピアノの鍵盤にも似た色合いの葉先たちが
くすぐったいような角度で触れ合えば
愛が生まれる

ピィと鳴くは 新たな命
薄れゆく源泉を絶やすまいと
影から見守る瞳

一輪の花が そよと風に流されて
ひっそりと 種を落とす
常に見守られて来たから
突き放されてしまうことには
慣れて居ないのですと独り言

どうか 見つめていて 下さいな
見つけてくださいまでは 望みません
ただ 瞳だけは 閉じぬようにと
祈ったじゃあ ないですか
唱えたじゃあ ないですか

啄木鳥の合唱が始まると
湖面が小波の如く 揺れるのです
激しさも 歪んだ愛も
全て 全て 忘れ去ったかのような嘴が
ただ 鋭くて
ただ ただ 痛かった

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

胃痛持ちの アナタ

人間同士の「しこり」も物質的な「しこり」も
存在感は「何となく感じる程度」が
丁度良いのかも知れません。

固くなってしまえば
解くのが難しくなってしまいますし、

笑って堪えて(そんな番組あったような。。)
乗り越えられる内が 華なのかなぁ、なんて。

あー 思い出しちゃった。
そろそろ恒例の 乳搾りだわ?と思っていたら
先生が学会で 予約日を変更したんですよね。

そのこと すっかり 忘れちゃって
シフト出す時に 予約日に × 入れなかったんで
後で訂正し、迷惑かけちゃいました~。

まぁ でも 今回は 絞りはなくて
エコーだけなんですけけど♪

*

終わり良ければ全て良しと 言いますから
食べ物も 食後の胃痛に繋がるようでは
いけませんよね。

美味しく食べ「過ぎず」堪能して
にっこり眠るくらいが 丁度良いのでしょう。

食べて直ぐに寝ると牛になるとは
良く言ったものですけれども

逆流性食道炎の懸念があるから言われるのかな?
と感じたことも。

うーん、でも、先日聞いたんですけどね? 
食べてすぐ眠るのは良いらしいよ、って。

どっちなんだろう(悩)
と悩むフリをしながら 食後の焼酎に埋もれる夜。

今夜はですねぇ
緑茶と桜のハーモニー(一応 部類は紅茶です)
の焼酎割り!

日本酒もそうですけど
冷酒ならば スッと気分良く飲み下してしまうのが

熱燗とかお湯割りだと
酔っぱらっちゃっチャッチャっ…Zzz..

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

私が住んでいるのは 新潟でも一番南側
糸魚川市。

ここから走っていくと 
黒部までは1時間くらい? かな。 

黒部ダムが有名だね。
海沿いの国道8号線を走っていくと
黒部川を渡ることになるんだ。
黒部は富山県だよ~。

今回の写真は 拡大し過ぎたのと 
走行中に撮影したので かなりブレているけれど
名水の里・黒部 の 看板
勿論 私は助手席から撮影してますからねっ!!

そして これは高速かな?
丁度 高架に乗っかっているような角度で
黒部の太陽(しつこい。笑)
こんな感じで何枚も撮影してましたがな。

広大な空き地(?)に佇むのは新しい駅らしい
ここに新幹線が通るようになるんだねー。
糸魚川の駅ってば 外観に翡翠をイメージした
緑の▲の模様が見受けられるんだけれども
こちらは意外とシンプルだよね。

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・° 


ふくろう、と読むんだけれども
苦労知らずの 不苦労、の方が 何となく好き。
これ、最初 知った時には「上手い!!」と
思ったモンだ。

フクロウ、何故か好きでね。
色々な場所で見かけるけど つい衝動買いしてしまう事も
多かったりする。
 
昔 西根の道の駅だかで 
可愛らしい小さなフクロウちゃん置物を
見つけてさぁ~ 沢山衝動買いした記憶が♪ 

ブレーメンの音楽隊じゃあないんだけれども 
それぞれ違う楽器を持っているフクロウたちでね、
茶色と薄い紫のフクロウちゃんたちなの。

そりゃあもう可愛らしくってねぇ~ 
でも 岩手を出る時に実家に置いて来たけど(爆) 

ちょっと可愛らしい置物ってヤツは
中々置き場所が見つからんと
どうにもならんかったりする。

今も 玄関の下駄箱上スペースは
いただきものの置物で 埋め尽くされておーる。

まぁ風水的(?)には 
玄関にごちゃごちゃ置物をするのは良くないとか 

TVでやっていたような気がするけれど、
物理的に置く場所ないから しゃーないやんねー(棒)  

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

きびだんご
 
何となく「桃太郎の中に出て来るんだよなー」
って思っていたけど 
実際 食べたことって余りない気がするー。 

しかも「岡山名物きびだんご」 って
包装紙を眺めた時に

「あ、そうか、きびだんごの聖地って岡山か!」
と気付く始末(爆) 

私の勝手な妄想では 小粒の球体で
色合いは黄粉風味なんだけれども
上記のウィキった頁に貼ってある写真は
まるで大福。 うーんビミョーですー(笑)

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

昨夜 糸魚川駅を通過する瞬間
緑色の大きな看板が目に入った

モスグリーンの背景に 文字は赤 青
そんなイメージだったかしら

カラオケの文字に 即座に反応する私(笑)
やはり駅前が一新される訳ですな。

嬉しかったので 早速旦那に報告した

「おおっ!」→看板に気付いた旦那の雄叫び
「ねぇ~ カラオケ らんらんだってよー♪」

「・・・ ばんばんって 書いてあるケド?」

んぬ?!

よ~く見ると 私は RanRan と 勘違いしたが
正解は BanBan だった。

文字が重なって可愛らしく寄り添っていたし
何せ夜だからねぇ~(言い訳)

さあ、バンバン 歌いまくりたいから
はよ 開店しておくんなまし~♪

らんらん でも ばんばん でも
じゃんじゃん 歌ってやるんだ~(謎)

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

詩の発表場所あります
自慢の絵・写真を披露したい方にもおすすめ!

ワタクシすずこが編集している手作り詩誌
ポエムサークル「みゅう」

仲間になり購読いただくと
ボツなしで冊子掲載 & CDトーク → 全国郵送★
見本誌もあります。読みたい方も連絡くださいね。

以下に本誌の写真・詳細を紹介していますので
クリックして御覧くださいませませ~☆

ミュウ 217.218号 完成♪ 

すずこのリンクはこちらから

~いつかの すずザレ~ 藤鈴呼の戯言
過去作も織り交ぜてUPしていきます☆

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

嗚呼 こんな風に 恋をして居たんだ

何時だって 思い出す気持ち

その 瞬間には

貴方に 又

迷惑を 掛けてしまいそうに 成りそうで

そう 成らないための 自分で 居られるように

鍵を掛けて 凍らせた

恋の 魂を

☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

幾度も 一人きりで 訪れた
貴方との 思い出の地

大切に 思って居るのは
私の方だけなのかも 知れなくて

それでも
私にとっては

最高の
岬だったから

°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

カルスト地形みたいに
シラス台地みたいに

どんな風な フィヨルドだったか
波の色は 純白だったか

ウェディング ドレスに
憧れた頃は 有ったのか

みんな みんな
忘れてしまった

☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

あの頃と 同じ風に
二日間
覚醒して みたいのだけれども

休日は 長く 続かないから
そうも いかないね

☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

欲しい言葉だらけを
呉れた 貴方 だったならば

もっと 早くに
幻滅して しまっていたのかも 知れない

だからこそ
こんなにも遠い
キレイな貴方を 思い出す

ステキな 場面 ばかりが
胸の 狭間で

☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

あの頃と 同じ
赤いパジャマを 着ている

あの頃は キレイだった
貴方 専用の 青い パジャマも
段々と 毛玉が 増えて行く

それ以上に
あたしの 赤は

紅の夕陽に
染められて 行くようで

°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

あたしが あたしを 傷付けないように
あなたは 護って 呉れました

本当に 私にとっては
大切な
ナイトメアでした

☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

ノートの 貼り付け作業をして
昨夜も 結局

深夜の一時過ぎに
ベッドの中に 入って しまいました

何だか 懐かしくなる瞬間に
昔のノートを 読み返すんです

200冊は ゆうに越えるね と
豪語していた 僕の 戯言も
未だ 194冊目だから

去年の分だけで 突破は
出来ないのでしょうね

°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

昨夜 君に 送ったメール
二通ほど 戻って 来たのだけれども

一挙に 連打を 重ねたからかな

きっと 全て 
届いているんだろうなって 思いながらも
言い訳まがいに 唱えて見るよ

機嫌が 悪かったのは 何故か 帰り間際で

それでも
愉しそうな 雰囲気を
自ら 出してみて
会話に 埋もれてみて

その前に ベルと同時に
階段 上がって 煙草を吸った

何故だか 待てなくて
別に 残業する気も 無かったんだし

さっさと タイム カードを押して
車の中で 吸えば 良かったのにね

だけれども
車内の空気も 異常に成るし

何故だか
夜の町を 見詰めながらの
一服ならば 最高なんだよ

☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★

幸福を 求める気持ちは
誰しも 一緒 なのでしょう

それでも 人間だから
落ち込んでしまう 夜も有る

そんな 日々たちの 為に
あたしは 長く
紡ぎ 続けたかな

°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°★
人気ブログランキングへ
↑ポチッとな~☆↑



2014年3月17日 (月)

スイッチ

Img_2059


Img_2058


Img_2057

軍手もないのに
ベタベタの柱を触る作業は
非常に不愉快で

遠くを眺めると
さも気持ち良さげに飛んでいる姿が
一瞬で目に入ってしまったので
非常にムカツイタ

打ち付けるだけの雫が何度も割れて
輪になって踊った日々をも忘れた日

遠くに見える漁火が全ての合図
夕暮れのスイッチを探し始める時間帯

鳥は高いか
羽根は白いか
浪は花びらと化するのか

一生懸命 考えたのだけれど
終ぞ 答えなぞ 出ぬままに
溜息ばかりを 繰り返す

緩やかなカーブの底に
幾つもの哀しみが詰まっている

耀き始めた刹那
そは緑に
本来は 透明であるべき存在をも
凌駕した

帆が見えるから きっとあれは 船
穂が実るから きっとこれは 米
歩を進めれば きっと行ける 道

みちのりにつけるのりが見当たらなくて
ベタベタの手のままで 探す
軍手は もう 必要なくなった

北風がつぅと吹く内は
大分重宝されたものです
今では 汗を拭くくらいが関の山

その内 見向きもされなく なるんでしょう
そんなこと 分かり切った 事実ですね

五隻の漁火から
そんな話し声が響く代わりに
ポオと嘆く音が 聴こえた気がした
遠すぎて ちょっと 分からないのが残念

もう一度 夕闇のスイッチを押したら
彼等も 海の中に 隠れてしまうから
今の内に お喋りをしよう

たわいもないこと
山登りをした時の おはなし
見上げた太陽の 美しさ
そして

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

写真の1枚は今回のプロフ画像に設定したものです
撮影日は昨日 右側は日本海
国道八号線を南下しているところですね。

糸魚川から黒部に向かう途中
ここは 未だ 糸魚川かな

高架橋が見えるけれども これは高速
この高速の真下が海なんですね
高架橋の柱が立っている場所が海って言うのは
ここだけなんじゃないかな?

そもそも カラオケに行かんとす、の夕刻だったんですよ
少し前に気付いたんだけど 駅前のカラオケは
改装中なのか ずっと閉まってましてね。
だから きっと 混んでいるんだと思うんだよね
ヴィラオレッタ内の ふぅには
確か4部屋しかなかった気がするしなぁ~

二回ほど チャレンジしたんだけれども
「~時まで埋まってますよ」の看板ばかりで諦めて
じゃ、ドライブすっか♪となった訳ですな。

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

詩の発表場所あります
自慢の絵・写真を披露したい方にもおすすめ!

ワタクシすずこが編集している手作り詩誌
ポエムサークル「みゅう」

仲間になり購読いただくと
ボツなしで冊子掲載 & CDトーク → 全国郵送★
見本誌もあります。読みたい方も連絡くださいね。

以下に本誌の写真・詳細を紹介していますので
クリックして御覧くださいませませ~☆

ミュウ 217.218号 完成♪ 

すずこのリンクはこちらから
人気ブログランキングへ
↑ポチッとな~☆↑



★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

黒部の太陽

Img_2121


Img_2106


Img_2084_2


「これがホントの黒部の太陽や!!!」
と盛り上がった写真の中からピックアップ(笑)

田に映る二重取りの太陽なんて
何てお得なんでしょう♪(謎)

ついでに 黒部の月も添付
あ、でも 実質 糸魚川に帰る途中だったけん
黒部 通過していたかも(爆)

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

薬の話/藤鈴呼
コメントより


オブラートって 
薬を飲む為の魔法のフィルム ってイメージが
ありますけれど、

実際に使ったことって
余り無いような気がしています。

薬は苦いもの、そんなイメージも
同時に持ち合わせていましたから、

「それも含めて薬」と
思い込ませていたのでしょうね。

昔は 近所のお医者さんに行くのが 定番でした。
例えば 風邪薬。

その時の 症状によって
処方箋も 違うのでしょう、

昔は 医院内で 調合してくれて
受け付けで 薬も受け取り帰宅が 定番でした。

白く 薄く 透ける薬袋は
紙のようで
ちょっと ツルツルとした手触りだったような
記憶も。

その中の色合いが 毎回違うので
ちょっと 楽しみだったような
不思議な 記憶。

淡い 桃色だったり 黄色だったり、
これが お薬でなければ
どんなにか甘い粉なんだろう、なんてネ。

勿論、妄想は 妄想のままに
苦い味わいに
一瞬だけ 唇をも しかめる訳ですけれど、

如何に 薬を 舌で味わうことなく 飲み下すか、が、
幼いながらの 命題だような気も しています。

そうですね、出来るだけ沢山の水を
喉元で我慢して キープしている内に

粉を ふんわりと乗せて
「さぁ行くぞ!」と 気合を入れたら ごっくん。

なんて 大袈裟なモノじゃあ
ありませんけれど。

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

フライング・ムーン


夕暮れの町並みには グレイが似合う
赤でも青でもない
喧騒を忘れた美しい光が 交錯する瞬間

それは シグナルだったり 
少し早い 月の女神だったり
今 落ちんとす 太陽光線だったりもする

まやかしのように
響く トランペットの音

今 練習中だから
もう少し 経てば 上手くなるから

上手にハイハイできぬ 赤子のような笑顔を
ゆっくりと称えた少女が
三つ編みを ほどく瞬間

青白い雲が 横に流れた

大切な言葉を 耳から話す瞬間
ツツーッと流れる 雫の如く
振り返ってはイケナイ 瞬間がある

あの 消えそうな音の中に
どれだけの真実が
巣食っていると 言うのか

ふわふわのシュシュも
手触りの良い サテンのリボンも
美しい黒髪には 叶わない

何故 無理に 染めようとするのか
それだけが 分からなかった

遠目に眺めた 建設中の建物
完成すれば 賑やかに なるのだろう

今日の喧騒と 一体何が 違うのか
何も 違わない

互い違いのパズルを 組み立てる作業
薄い 鉄骨の下を
鳥のように 行き来する人達
その先に流れる 三つ編みの文様

一本だけ触れる 頬の先に 感じたのは
少女の髪の毛 それとも
鳥の羽根でしょうか

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

詩の発表場所あります
自慢の絵・写真を披露したい方にもおすすめ!

ワタクシすずこが編集している手作り詩誌
ポエムサークル「みゅう」

仲間になり購読いただくと
ボツなしで冊子掲載 & CDトーク → 全国郵送★
見本誌もあります。読みたい方も連絡くださいね。

以下に本誌の写真・詳細を紹介していますので
クリックして御覧くださいませませ~☆

ミュウ 217.218号 完成♪ 

すずこのリンクはこちらから
人気ブログランキングへ
↑ポチッとな~☆↑



★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

2014年3月16日 (日)

言い包める方法

Img_8876


Img_9688


Img_9687


写真は前回UPしきらんかった一冊
白石さんの愛情あふれる回答に笑顔が広がります

毎回ウィット感にも溢れていそうな一言だから
学生さんに期待されて

ネタを探す芸人さんみたいな気分にも
なりそうだよなー なんて

白石さんの感情サイトで妄想してみたり
するんだよね(笑)

一枚は 朱鷺メッセフリマ時のもの 

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

けんか/藤鈴呼
藤鈴呼の戯言(すずザレ)コメント欄より

*

口喧嘩のリズミカルさは 関係性を悪化させるだけ、
なんて場合もあるのかも? 

ツウと言えばカア そんな関係ならば 
喧嘩まで発展しない?

いや、親しいからこそ 言いたいことが言える? 
人によって まちまちでしょうね。

売り言葉に買い言葉とは 言い得て妙。
やはり 引き下がれぬのが性、なんて場合は

語るように 始まることもせず 
最初っから 喧嘩っ早い場合だって あるのでしょうね。

反対意見を 相手に伝える場合でも
相手の言い分を聞いてから
静かに唇を 開きたいものです。

叫ぶばかりが 脅すばかりが 
言い包める方法じゃないと 知って 生きたい。

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

ほうれんそう


胡麻和え、最近は電子レンジでやってます。
旦那が ホウレンソウ大好きなんですよね

だけど 
一生懸命アピールしていたのに 中々出てこない!! 


業を煮やして リクエストしたらしいんです。

そう言われてみれば この8年、
小松菜や青梗菜は 沢山使って来たのに

何故か ホウレンソウは
余り調理してなかったなぁ~と
ハッとしたのでした。

緑黄色野菜は元気の源! 
そんなイメージです。

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

わりかん/藤鈴呼
コメント欄より


増えて嬉しい笑いだけを
伝染させて生 きたいですよね。

電線の上で 楽しく戯れる すずちゅん達も 
一度 性質が悪くなってしまえば

悪しき嘲笑や冷笑に 
電気ショックを受けてしまうやも 
知れませんから・・・

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

言葉に起こしてみて 初めて
気持ちを 客観的に 感じる作業にも 
繋がるのかな、
なんて思うこともあります。

表現が 心にも繋がって
キレイな生き方が 出来れば良いな。

世の中は きれいごとだけじゃあ 
ままならないけれど

キレイな場所だけに 足を踏み入れるのも
難しいだろうけれども 

活き方を クリアにすることは
出来そうな 気がする。

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

タンバリンは リズミカルに叩くと
意外と 手が腫れることに気付いた
昔のカラオケ談(笑) 

あ、そうか、曲に夢中になりすぎて
枠の部分を ぶっ叩いていたからだな? 
きっと(爆) 

ドラミングは 楽しかったなあ。
手と足を バラバラに動かす作業は
難しいのだろうけれども 

何となく楽しんで 出来たような 気がする。

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

カシロンとシップ


整形外科は 意外と混んでいるようです。
みなさん 通いの人が 多いんですね。

近所に何かしら「カシロンとシップ♪」
って指示する外科があって 

懇意にしていたんですけれども
先生、いなくなっちゃったんですよね。

母は バネ指もあるようなんですけれど、
その治療が 手術しないとダメで、

大病院への紹介状を書いてもらう 確約をした
矢先のことだったみたいで
振り出しに戻る、です。

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

最近UPしているものは最近の制作 と
豪語したいところですが

実は 結構以前のものだったりして
季節感が 剥奪されたりするのが

案外と 良いスパイスになっていたり~
なんてことはないか(笑)

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

詩の発表場所あります
自慢の絵・写真を披露したい方にもおすすめ!

ワタクシすずこが編集している手作り詩誌
ポエムサークル「みゅう」

仲間になり購読いただくと
ボツなしで冊子掲載 & CDトーク → 全国郵送★
見本誌もあります。読みたい方も連絡くださいね。

以下に本誌の写真・詳細を紹介していますので
クリックして御覧くださいませませ~☆

ミュウ 217.218号 完成♪ 

すずこのリンクはこちらから
人気ブログランキングへ
↑ポチッとな~☆↑



★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

正に哀愁

Img_0033


Img_7324


Img_7323


推理小説はお好きだろうか
母は本の虫、実家はこんな状態ですが

彼女は 赤川次郎の中でも三毛猫ホームズシリーズは
持ち合わせていないらしい

何故か集めないでしまってねー。 
などと言う

今、ホームズ、と打ち込もうとして
(確か ホームズって言ってたなぁ~) と
確認の意味もこめて 検索したら

シャーロックホームズが出て来て
思わず 間違えて打ち込むところだったわ??

この本は みゅうメンバーちやっちの元へ
旅立ちました~。

他にも同封したんだけどね。
赤川次郎は母の本だから大分古いかな。

アート少女 根岸節子とゆかいな仲間たち/花形みつる
はみゅうメンバー砂名からいただいたもの。

生協の白石さん 学びと成長/白石昌則
実家からきた本だけれど これは くすっと出来るよね
大分前にフィーバーした(死語? 笑)けど、
改めて読むとイイ。

前回のミュウをバレンタイン号にしたので 
次号はホワイトデー号~に
どうやらならないなあ。

だって今日は13日の木曜日だもの(笑)
出来る気がしない(コラ!)
まぁ無理は禁物♪

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

我が家は洗濯機が新しくなりました。
今日で二日目♪

今までは糸くず部分が昔ながらの(?) 
白い布網タイプっての? で

取り外しも面倒だし 
汚い感じがして嫌だったんだけど

新しいのは
プラスティックの細長いタイプでさ。

何だろう 例えるならば
虫コナーズみたいな感じ?
(どんな比喩だよ!!)

たった一回 始めの一歩♪ と 
少量だけ洗濯物を入れて
(チキンか!)

初回ししただけでも 布屑が確り吸着していて 
だけん容器はプラだから
ゴミ箱の上でブラブラさせたら

ハイ スポーン!
(埃が落ちた音)

正に誇り溢れる一品ですの。
うふ。

我が家はアトピー夫婦だから 
粉モンは使わないのよね。
いや、洗剤の話。 

お好み焼きは大好き
(そっちの粉モンか!)

液体洗剤、今までは洗濯物の上に
給水しはじめると同時に回し入れていたんだけど

これからはちゃんと
「洗剤入れ」に入れようかと思う!
(何の宣誓だよ!)

そ・し・て!! 
柔軟剤入れとかもあるんだよ!! 

スゲー!!
世の中って画期的―! って 
以前購入したの8年前ですが 何か??

洗濯機 冷蔵庫 エアコンって 
白物家電って言うのよね

対して オーディオ テレビが 
黒物家電と呼ぶんだとか

これ 少し前まで知らなかったのよねー。
皆が普通に会話しているのを聞きながら
耳ダンボにしてたっていう(爆)

ついでに言うと 

ホワイトカラーは
白いシャツ着るサラリーマンで

ブルーカラーが作業着の色だから
現場作業のイメージでしょう?

なんて会話をしていた時に 旦那が一言
「Yシャツの意味って知っちょん?」

時刻は深夜のピロートーク。
半分以上閉じかけた意識(瞼は落ちてる)の中で
応えを聞く前に就寝(笑)

余りにもあっさり夢に誘われたの
が気に喰わなかったと見えて

翌日になって改めて
「で、知りたくないの?」と
向こうから聞いてきた。

「Yの形で~ 首元と胴体現わしちょん?」 
とか言うも
「違う。」と。

形でないとすると何だ?? と 
考えるのが面倒になつたので あっさり降参(笑)

何でも 「ホワイト」が語源なんですと。
奥さん! 知ってました?(笑)

え? ホワイトって Whiteやけん 
ダブリューやんな。

と思ったら うちらはホワイトと言うけど 
きちんとした発音だと

「ホ」がないから
耳で聞くと「ワイト」に聞こえるんだってさ。

だから 
ホワイト・シャツ→ワイトシャツ→Yシャツ
なんですねー。

へーーー。
(今回はヘェボタン3つでした!)

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

写真は 哀愁漂う3枚(?)
風呂横のカバーを外した旦那が
排水管付近を眺めながら 説明してくれた。

クソ寒い冬のお話。
配管達だったって 暗い場所に隠れん坊していた処
イキナリの露出。 バビッてるんじゃね??
と思ったら 何だか これぞ哀愁! な雰囲気を
沸々と感じてしまったことですよ。

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

詩の発表場所あります
自慢の絵・写真を披露したい方にもおすすめ!

ワタクシすずこが編集している手作り詩誌
ポエムサークル「みゅう」

仲間になり購読いただくと
ボツなしで冊子掲載 & CDトーク → 全国郵送★
見本誌もあります。読みたい方も連絡くださいね。

以下に本誌の写真・詳細を紹介していますので
クリックして御覧くださいませませ~☆

ミュウ 217.218号 完成♪ 

すずこのリンクはこちらから
人気ブログランキングへ
↑ポチッとな~☆↑



★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

2014年3月15日 (土)

奴奈川姫の冬マフラー

Img_1567


Img_1566


Img_1564


こちらの記事でも書いたんですけれどね

冬のある日 いつも通る糸魚川駅前を通過しようとして
ハッとした

奴奈川姫の銅像が マフラーしちょん!
近付いて良く見たら 足元に石も増えちょん!
何らかの「意思」を感じる
と、韻を踏んだ後に 雪を踏み締めた跡が残る
そんな冬

が 過ぎまして、ですね?
ひな祭り辺りには 
マフラーが撤去されていたんですよねー

丁度 写真撮影した夕刻に
駅前で飲み会がありまして。

この日は大雪。
三月上旬にして 大雪。
高速も渋滞していて 遅れる人も。

私は いつものように 一番乗り(笑)
いや、待つの良いけど 時間ギリギリって
ホントダメな性質でね。

金と時間にルーズな人間が 許せないの。
で、入口に背を向けて座っていたんですよ

メンバーは内輪の人達だから 一人以外は
全て女性~ と思っていたら
男性の声で 「お疲れ様で~す」

真後ろで響くけん 振り向いたら 
男性やった。
一瞬 泡くったよね

いやぁ 目が点になった 一瞬でした
それならそうと教えておくれ~♪
まぁ 別に何も変わりませんけれど(笑)

行ったのは 駅前しらふじ
二回目でしたね
ここの ザクロサワーが好きでねぇ

のみほ(飲み放題のことですがな)で
やっすい居酒屋(特にチェーン店)なんかの場合
下手すると 出て来るよね
うっすい酒!!

これ、ナニ? アレか? 色つき水か?
みたいなヤツ。
二次会の水割りなんかでも 良くありがちだけど。
まぁ 酔っぱらって 味判別が出来ない場合も
ありそうですが、何か??
~( ̄▽ ̄~)(~ ̄▽ ̄)~

ここのはね、濃ゆいんですよ
ちゃんと ザクロ色と甘酸っぱさを堪能できるの。
だから 大好きですね。

そして翌日 ブログ当番だったのでね
駅前で一時停止して 朝の様子も撮影

三枚も駅前の写真をUPしている意味が分からない
との声がありましたので
ここで弁明させていただくとですね

駅前衛 もとひ 全体の遠景でしょ
奴奈川姫の話題を引く為に 銅像入りでしょ
この二枚までは この時期の夕方を伝えたかった

で 残り一枚 この朝はね 雪の予報でして
でも 歩く分には問題ないよ、と
遠くから来る方に対しての 駅前アピールですよね
道路状況を伝えたかった

と 一一書くと 
ただでさえ長い癖のある私の文章が
ダレてしまいそうだから 写真で示した訳。

*

みゅうメンバー えぐぜっちは
大雪の日 バス移動をする羽目になったらしい。

何でも「トウチク」によるものだったとか。
倒れる竹かあ。
私のパソコンでは変換されなかったけれど
意味は伝わるね。

糸魚川では3/13いや、12かな?に
春一番が吹いたようで
いよいよ春だよ!!

と書いたそばから 
雪のんのこしている日々で
梅が雪に埋もれて可哀相ですよ。

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

夕方のニュースで

「来月から消費税が上がるけれども
レジでの支払いは何時から変更になる?」 

という話題を報道していた。

あるタクシー会社では 
タクシーが会社を出発した時間で
区分けするらしいし

ガストでは 注文時間で区分けして
レシートを別々に出すらしい

もしかしたら 3/31の終わる瞬間は 
カウントダウンみたいなことに なるのかなあ

嬉しいことではないのだけれど 
報道陣とかが ニュースにしようとして

カメラを向けたり 
インタビューしていたりする場所もありそうだな
なんて想像した

集団心理じゃあないけれども
支払金額が これから増える瞬間であるのに

あたかも
今から楽しい出来事が起こりそうな興奮
に包まれるような 感覚ね。

我が家は増税前に洗濯機を購入した
ずっと 騙しだまし
使いこなしてきたつもりだったけど
こなせなくなってしまったから(笑)

全自動洗濯機を 使用しているのだけれど
ロック機能があるタイプでね

通常は スタートボタンを一度押すと
洗濯-すすぎ-脱水の行程を

恙なく ミッションコンプリートして
くれるべきものが

反抗期なのか ストライキなのか ストライクなのか
(何処に?)

途中で ピーピーと 泣いたと思ったら
ロックボタンが点滅している、と言う現象が
毎度 起こるようになっておりまして。

ロックでも聞かせたら治るんか?! とか
毎度「怒る」ようにしたら動くんか?! とか

韻を踏んで居る場合でもなくなって来ましてね
購入した訳ですよ

今までは6キロタイプだったけど 
少し奮発して
7キロタイプに嵩上げしてみた。

設置して貰うのに
購入店の配送の方が見えた

狭いアパートで 足場も悪いのに
流石プロだね

引っ越し作業なんかでも そうだけれど
床を 傷めないように
大きな布を敷いてからの作業

二人がかりで軽々と持ち上げて 
狭い隙間に 綺麗に収納してくれた

ところで
洗濯機だから 水が必要だよね

通常 壁から蛇口が出て居て 
洗濯機のホースを繋いでいる

この蛇口のタイプが
色々あるみたいなんだ

今までのタイプは
万能ホーム水栓というもの。
これを ホースのノズルに繋いでいた。

新しい洗濯機は 基本的に 
万能ホーム水栓+ノズルの使用は
ダメなタイプ

代わりに
ワンタッチ給水栓と言う 
ジョイントがあるものに
交換する必要があった

現時点で 蛇口を眺めた方 曰く
錆びているのと 水漏れが 見受けられる

何度かビスで打つ と穴が開いて
水漏れがする場合がある
とのこと

大家さんに替えて貰ったら? と勧められて 
連絡をしてみた

「錆と水漏れもあるので
 交換して欲しいんですけど…」

「それはね、あなたの方で実費交換して下さい」

とのことで 改めて購入店に連絡。

とりあえず
ニップル代 2100円を支払った。

これで安心! と思ったら 
作業の方、渋い顔してる。

どうしたんだろう と思っていたら

蛇口の捻る部分にある しんごま が
ダメになっていて

やはり 水漏れしているようだ

作業の方が 蛇口を指でそっとなぞると
濡れてるもんな。

「やっぱり 大家さんに連絡した方が 良いですよ」
かくて 二回目の連絡を することに。

「やはり 水漏れしているようですが…」

大家さんに 言われました

「だから! あなたが自分で直してください!!
それパッキンでしょ?! 消耗品だからね。

みんな自分でやっているよ。
あなただけだよ? そんなこと言ってくるの!!」

引っ越して来て 三年
いつも優しくて 親切だった 大家さんがあ~。

今まで やってくれていたモンだから
お願いしたんですが
分かりました~ 自分でやります~。

この時期はね、大家さんも多忙ですよね
いやあ 申し訳なかった!!

新しい洗濯機は 音が静か。
運転音で思い出したのが 電車音

「はい 次の駅まいります~ パッキン~ パッキン~
罰金とられぬように お気を付けくださいませ~」

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

詩の発表場所あります
自慢の絵・写真を披露したい方にもおすすめ!

ワタクシすずこが編集している手作り詩誌
ポエムサークル「みゅう」

仲間になり購読いただくと
ボツなしで冊子掲載 & CDトーク → 全国郵送★
見本誌もあります。読みたい方も連絡くださいね。

以下に本誌の写真・詳細を紹介していますので
クリックして御覧くださいませませ~☆

ミュウ 217.218号 完成♪ 

すずこのリンクはこちらから
人気ブログランキングへ
↑ポチッとな~☆↑



★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

煌めく枝の先に

Img_1923


Img_1922


Img_1921

依存/藤鈴呼
藤鈴呼の戯言 通称すずザレ コメント欄より

*

依存の対象が どんなことであっても
自分自身で
「あ、依存しているな」と気付ける内は

「依存し過ぎること」から脱却できる可能性が
あるのかも知れません。

往々にして 
気付かぬ内に ズブズブと 入り込んでいて

アリ地獄のように抜け出せない、
悪しき依存体質

を表現するとすれば
そんなイメージでしょうか

依りかかって存在する、
相手に対して頼りとなる存在となれるならば 

これほど良いものはないのかも知れないな、
なんて思ったり。

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

枝の先に咲く朝露玉は
透明で 特別な実のようにも見えますが

蜘蛛の糸についている場合は 
空間を切り取る手伝いをしているようにも
思えます

雫がなければ 
見落としてしまいそうな境界線の
内と外に

どんな違いが 巣食っているのかと
考えてしまう瞬間です

*

今回の写真 リアルすずこ出没地帯
場所はこちら

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

肋間神経痛?


母の話。
2/17から10日くらい
原因不明の全身痛で 苦しんだらしい

いきなり 左側の胸あたりが痛くなり
息を吐くと痛む。

痛みの症状を例えるならば
ズキッと筋肉痛のような感じ

腹筋の強い痛みのような感じ
風邪の熱発時の節々の痛みを強くした感じ

以上の感覚だったそう。

食欲はあり 吐き気はない
ただ痛みの箇所が
2~3日ごとに移動していったそうな

左胸-右側-胃-肝臓?(背中側)-
背骨-骨盤-最後はももだった。

今は平気なんだって。

腰が痛い時は曲げるのもしんどくて
息吐くとつらいから

思い切り 息を吸って 息を止めた状態で
急いで顔洗ってたらしい。
息止めている間は 腰も曲がったんだって。

症状は落ち着いているみたいだが
痛みの最中も 何科に行けば良いのか分からない
だとか

そもそも 待合室でジッと座っていられる気がしない
とのことで さも有りなむ

何となれば 救急車が一番確実でしょうが
取りあえず そこまででも無く
堪えて終了となった由

最近はね 足が無いから移動手段代わりに
救急車 呼ぶ輩も多いみたいですしね
話し相手欲しさに病院行く輩も然り

そんなんで医療費と消費税の値上げに
歯止めは効かない世の中なのでしょうね

どうせなら一気に上げろ消費税
そんな一句を言の葉に乗せている人も
いるようです

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

アクトレス

女優は色々な役所を演じるけれど、
ある役のイメージが強すぎたら
その次に演じる時には
違う自分を演じる努力を するんだと思う。

世間に染みついた
「自分のイメージと言う名のお化け」を
払拭する為に。

紡ぐと言う作業も同じで
「リアル自分」の知人が 仰天するような世界観を
自然に描き出せたなら 素敵だなあと 思う。

「あの人だからこそ書けた」と言うものも
二種類あって、

手放しで尊敬される人物である場合と、
ギャップ萌えのような魅力に繋がる場合が
あるのかなって。

だから
「ぱっと見の私のイメージ」とは真逆の世界を
表現するのも楽しみたいなあ。

表現者あつまれ
詩の発表場所あります
自慢の絵・写真を披露したい方にもおすすめ!

ワタクシすずこが編集している手作り詩誌
ポエムサークル「みゅう」

仲間になり購読いただくと
ボツなしで冊子掲載 & CDトーク → 全国郵送★
見本誌もあります。読みたい方も連絡くださいね。

以下に本誌の写真・詳細を紹介していますので
クリックして御覧くださいませませ~☆

ミュウ 217.218号 完成♪ 

すずこのリンクはこちらから
人気ブログランキングへ
↑ポチッとな~☆↑



★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

いもむし妄想

Img_1583


Dscf7367


Img_8889

ウッディ―な生活
コメントを受けての雑感

うさぎ畑のウッドブレスを見た友人から
「イモムシちっくでかわいい」とコメントがあり
すずこ・よろこぶ(●⌒∇⌒●)

命名イモムシ、で作成したら可愛いっ!!
って思うのは もしかしたら うちらだけで、
誰も買ってくれなかったりしてね(笑)

作ってみようかなぁ~ 
やもりたん、とか へびたん、とか命名して(笑) 

かわとく!!! なつかしいぞっっ!! 
かわとくに置いてもらえたらサイコー!! 
実際は地元のフリマに出没するくらいよん♪

なんてやり取りをしていたのですが。
川徳ってのは盛岡人なら知っているだろう
老舗デパートなんザンス

昔は隣に中三があったなぁ~
中学三年生じゃないっすよ。「なかさん」っす。
それがwithとか言うシャレこいた店名になった時は
おらびっくらこいたべよ。

やもたんがね、ずっと冬眠しちょん
いつも階段を上がるついでに 眺めてる
尻尾の向きが変わっていたり
若干 壁際に寄り添っていたりして
風雨を凌いでると見える

ので 窓は開け放てない
まぁ寒いんで 開ける気さらさらないですけれど。

目がね 眠たそうだったり
ガラス玉のように 白濁していたりして
「おまえ 白内障か?」 なんて
話し掛けたいけれど
多分 私の言葉 通じないよねー。

で、ウッドブレスに限らずブログ時には
写真3枚をUPするのが
定番のようになっているのですけれど

これはね、数ある すずこブログで
だいたい どのブログでも3枚ならば
問題なくUP出来るから、なんですね。

一度の記事でン10枚UP可能なサイトも
勿論あるんだけれども
ミラーサイトを一挙にUPしている日々なので
これだと問題なかろうもん♪ と。

そんな中
3色セットでのフリマ価格に
質問が及んだ。

おおっ♪ 
何て嬉しいコメントなんざんしょっ。 

欲しい時には声かけてくださいまし♪ 
この3つは各150にしようと思っていました。
(フリマで) 

そうか~ セットで450だよ!! 
とか言うと 

「そうか~ 3つセットも可愛いな~」って 
一気に出たりするのかも知れないな~

ってヒントになった!! ありがとう♪
セット販売って 穴場かも知れないですね

今回の写真は 去年の秋
朱鷺メッセ内でフリマしたトキのもの
って韻を踏んだところでですね?

大体 100~のフリマ価格なんですが
ウッディ―だと 150はくだらない
そんな下らない事実!! なんて
♪言わないで~♪ 

今のところ
私は万年ガラケーの予定なんですけれど
スマホの世界では メルカリってサイトが
あるらしいと知りました

フリマアプリで 
金銭授受も運営者が管理してくれる
便利サイトなのだとか。

そんな話を聞いていて その方に
この冬の売り上げを聞いてたら
凄いなーと思ったよ。

まあ私は 上記のフリマでも マイナス8000って
赤字かよ!!!

大体さぁ~ 出展料 漱石3人とか
高速かかってんのに 販売100とか
無理ありすぎー

因みにコレに 材料費もかかります故
もう はなから 設ける気がない(爆)

まあ~ 何だろうね
休日に 手作り品を披露して 楽しむ
って感覚だよねー(棒)

きちんとネット販売を開始するには 
オークションや フリマサイトに
登録しなきゃなんだけど
今のところ 予定はありませぬ。

そんな訳で UPしている手作り品について
気に入ったので欲しい♪
なんて場合は 声かけてくださいね~

まあ メインは みゅうメンバー発掘
なんですけどね。

詩誌即売会の質問なんかもされて
喫茶朗読(リーディング)の世界の話をしていたら
関東時代が 懐かしくなっただよ

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

ウッドビーズのこと

透明感を払拭したウッドビーズは
カラフルな数珠の印象もありますよね。

素材が木なので
色合いも自然に濃淡が発生していて
心地良いのかも知れません。

色づけはどうやるんだろう、とか 
こうやって一粒ずつ穴を開ける作業の途中で

何かしらの幼虫なんかが
挟まっていたりしないのだろうか、

そもそも手作業なのだろうか、などと
妄想は広がるのでした☆

*

ウッドビーズ3つ、写真の手首は私(笑)
結局 上記の友人の元へ お嫁に行きました~♪

3色セットを考えてなかったから
色合いも輪の大きさも マチマチなんだけど
チマチマつけてもらえば良いかな♪ って
ソレ書きたかったダケでしょ??(笑)

送り先なんかの連絡していた時に
オリジナル格言が2つ 織り交ぜてあって
思わず吹いた。

それが
「豚肉に真珠」と「猫じゃらしに小判」

実は 一瞬スルーしそうになったんだけどね(笑)
そして リアルに想像した

豚肉ってサ 放置していると
二週間くらい後に白い虫が湧くって
聞いたことあるんだけど、

その虫たちが 白い真珠と同化して 
どっちがどっちだか 分からなくなってしまう姿を
連想してみたり。

あ、そろそろランチタイムだわ??
食事中だったら御免!(今頃?爆)

猫じゃらしと小判が 
猫の前で ゆらゆら揺れてて 

猫飛びついて 引っ掻き回して
小判がヨダレと傷でぐっだぐだになっている
光景だとか。

うわ。ありそう(ないから!!)

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

携帯ゲーム好きですか


ソリティアのないパソコンを
買ったことがあってさ

その頃 保険屋だったから 
昼になると営業するんだけど

昼休みを利用して
ソリティア楽しんでるお客さんを
「馬ヤラシー」目で見てたわあ。

私はゲーム始めると
腱鞘炎になってもやり続けるから
危険なのよね。

ブログとかメールの
こういうタイピングでも
止まらないからさ

あまりハマらないように
心掛けているんだけど
(そうは見えませんけど?笑)

携帯でハマったのは ズーキーパー
同じ動物を3つずつ消していくシリーズ

ぷよぷよ テトリスなんかと似た感覚かね
上海あたりは 眠れぬ夜にクリック攻撃(笑)

牧場系の育てるやつや アメブロのピグも
一時期ハマっていたけど キリがなくてね

始めると ただでさえ季節遅延のミュウ発行が
いつになるか 分からなくなるから(笑)自制中

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

詩の発表場所あります
自慢の絵・写真を披露したい方にもおすすめ!

ワタクシすずこが編集している手作り詩誌
ポエムサークル「みゅう」

仲間になり購読いただくと
ボツなしで冊子掲載 & CDトーク → 全国郵送★
見本誌もあります。読みたい方も連絡くださいね。

以下に本誌の写真・詳細を紹介していますので
クリックして御覧くださいませませ~☆

ミュウ 217.218号 完成♪ 

すずこのリンクはこちらから
人気ブログランキングへ
↑ポチッとな~☆↑


えしゃろっと

350


349


348


無言のプレッシャー
藤鈴呼の戯言(すずザレ)コメント欄より

*

球根そのものは 何度眺めても
ちょっと芽を出し過ぎた 小さな玉ねぎに
見えてしまい、

エシャロットって名前の 
そばに合う薬味もあったよなぁと
思いを馳せてしまいます。

何かを眺めた瞬間、
どんどん連想が広がって

軌道修正出来ない話題を
脱線と呼びますが

欲深さを全て消した読み物には
魅力があるのかどうかと 
ふと考えてしまいました。

土に埋める時には 土色の球根も
花が咲けば 華やかになる訳ですから 

淡々とした書物の中にも
隠されている情熱が あるのでしょうね。

秘めたる姫に 気付けるか否かが
ポイントとなりそうです。

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

播磨カキ
コメントを受けての雑感

*

好きなのに体質的に受け付けない場合も
ありますよね。

カキに合わせる調味料としての
ポン酢

ツウなのか邪道なのかが分からないんだけどね。
何となく 酢、ってイメージだけで突っ走ってみた。
わはは。

*

縁と中身の色合いが微妙に違う絵文字を見て。

拡大したら ちゃんと縁と中身で色分けされるなんて
ス・テ・キ☆ 

なんかさ、口紅塗る時の紅筆を思い出しちゃっタ。
縁は赤くて 唇の内側と ビミョーに違う。みたいな。

今 つかうひといるのか 分からないけど、
私はリップオンリーだから 使わない(笑)

タバコのフィルターや 白いコーヒーカップの紅跡って
今イチ好きになれないんだよね~。
って好きな人いないかもだけど。

サベックス、はじめて知った!
検索したら 色々なの出てきたけど 

外側の色が青と黒っぽいのがあって、
「これ、スティックのりを思い出す!」と
ツボった♪ 

私はニベアウォーターリングリップの
チェリーレッドばっか。
数年になるなぁ~ 

うるおいも質感も丁度良いんだよネ。

回し者ではない(笑)

そして、友人おすすめのサペックスなるものを
検索ししてみた。

…最初 サビオを思い出した
(似てるの 響きだけだろ!)

一般的には カットバンね
和訳するなら 絆創膏
旦那に言わせると リバテープ らしい。

この春に一度ためしてみたい 
イチゴを発見! 

でも 間違って 食べてしまいそう~。 
歯磨き粉 とか 幼児用の風邪薬シロップとかも
そうですよね。
まあ シロップは飲むためのモンだから良いとして。

歯磨き粉。まあ 粉じゃなくてチューブですよね
しかも固形。
でろ~んって出て来る三色の… アクアフレッシュだっけ?
アレを最初に試した頃は 何だか大人になった気がした(違)

父はザクトオンリーだったな。こちらは めっちゃ粉。
喫煙用だからね。研磨剤とか入ってんねか(推測)

今ならばこう思う一句
歯ブラシに粉つける様 怪しいよ

…ねぇ?
タバコにも粉つけたよねー 
何だっけ、名前忘れた
甘くなるヤツ。 

ニコチンタール減らすとか何とか言うさ
ならやめろって話なんだけど 当時ハマったよねー
(遠い目)

で、今 ハマってるのが デンターシステマ(だっけ?)
だっけ? とか聞かれても 知らないよ! って
感じですよねー(棒)

歯周病菌だけに効くタイプはチューブもろ見え
知覚過敏にも効くタイプは更に箱入り見栄(ナニ)
なんですよ

で アタシは歯医者で治療して以来 染みるので
後者を使っちょん。
旦那には前者を置いていたのだが ある時

「お前… 一人だけ 美味しいの使っちょん!!」
えらいご立腹のようで。

最近じゃあ 二人とも箱入り夫婦、なんザンス(違)
ってか 旦那に 突っ込んだよね 

歯磨き粉 味わってるのかよ!!!
~( ̄▽ ̄~)(~ ̄▽ ̄)~

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

写真 すずこ作成 アクリルビーズ・ブレスレッド

348 パープル玉(16センチ) 
透明玉の合間に光るツルリとした柔らかな感触が
ポイント☆
陶器風薄紫8ミリ 桃系3色8ミリ

349 あおソーダー(16.4センチ) 
クリームソーダは緑色ですが、色を青にした
爽やかなイメージで作成☆
陶器風水色8ミリ 青10ミリ

350 桜ん坊(16.5センチ) 
見たくれがサクランボみたいな可愛らしい仕上がりに☆
布緑14ミリ キラ緑8ミリ 薄桃12ミリ

アクリル・ブレスレッド 在庫

他の作品を眺めてみたい方は 上をクリックすると
見られますヨ☆

さらに欲しい方は・・・
たまにフリマ出没しますので お楽しみに(笑) 
既に お嫁に行った子も多数★

郵送詩誌みゅう購読メンバーになった方には 
特別プレゼント☆

見本誌もありますので 
興味のある方は 連絡くださいネ☆

以下に本誌の写真・詳細を紹介していますので
クリックして御覧くださいませませ~☆

ミュウ 217.218号 完成♪ 

すずこのリンクはこちらから
人気ブログランキングへ
↑ポチッとな~☆↑



★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

2014年3月14日 (金)

潤いをください

Img_1638


Img_1631


Img_1633


写真は糸魚川市の風景
ヒスイ海岸の看板モチーフとなっているのは勾玉

直流・交流地点の看板も珍しいべ?
昔は列車内が一瞬停電したらしいにょ。

*

潤いをください
コメントを受けての雑感

ここは 見開き1ページ ならぬ 2部屋ぶち抜きで 
居住空間がここしかないから 

加湿器を置く = 寝室 になってしまうわけで、
そうすると カビと共存は否めない訳ですな。。

カビと言えば 最近になって 
♪おでかけシュッシュッ 24時間 ウイルスよせつけないっ♪ 
ってCM。。。は 違うのか? 

あの 可愛らしい男の子が 
♪原因菌は降ってくる~♪ のCMだな 

ルックお風呂の防カビくーれんざい(?) 

あ、すごいね、
CMって やっぱり覚えられるためにあるんだー 

って そうじゃなくって、 
そのCMで知ったんですけどね 

風呂場のカビの原因は天井にあるってこと。

そう言われると 
どこぞのドラマのセクシーシーンみたいに 

シャワー上から垂らして 
目を閉じて上向いて口開けて鼻で息とか・・・したら 

しずくが入って来てムセそうだから 
そんなことはしないけどさ(爆) 

とにかく そういうこと したくなくなる
っちゅー話ですよねー。

今日は カビキラーDAY♪ だったので・し・た!!

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

この冬は 東京でも白い道が
もうあたりまえのようになりつつあって
珍しくもないのでしょうか

でも 雪道を歩くのには なかなかなれないですよね
また 気温が下がる週末となりそうですね。

梅、私のパート先の庭園で 
そろそろ蕾が大きくなる頃かなあと思っています

白 桃色 濃いピンク 
色々な彩りを楽しめる花ですよね

まあどうしても 梅昆布茶を連想してしまう私は 
やはり花より団子派かしら?(笑)

この春 早速 道明寺タイプは
衝動買いしたのですけれども
これは おはぎのような感覚ですね

平たい円をパタンと二つに閉じたような 
お餅型の桜餅を食べたいですね

こちらは本当に 
大福とか そういう感覚なんですよね
ちょっと味わいが 違う気がする

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

コンピューターと ヒューマン
どちらが一体 まともなんだろう と
考えたくも なりますね

故障する前に 自ら気付いてくれたら
修理する必要 ありませんけど

それは きっと アレですね
酔っ払いの定義と一緒で

オレは未だ 酔ってなんきゃいなバウア~
とか言いながら アッカンベーしゃう感じ

オレは まだまだ イケル! って
勘違いしちゃうんでしょうねぇ

アッカンペーで思い出しました
はないちもんめ って ありますよね

勝って嬉しいはないちもんめ
負けてくやしい はないちもんめ

あの子が欲しい
相談しよう そうしよう
アッカンペー

・・・って 最後につくんですって 
BY 旦那

その アッカンペーの言い方も
何か凝縮してて 笑っちゃう感じで(失礼な)

まあ だから
パソコンが バグったりしたら
脅してやれば 良いんですよ

買ってやろうか 新パソコン
相談しよう そうしよう
アッカンベー

ダメかなあ。

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

桃色の雪


何時だって 
哀しい雪だね

子供たちが まとわりついて
皆で固めた おしくらまんじゅう

本物の大福は 美味しすぎて
もう 食べちゃったけれど

もっと大きな 世界一の大福を 作り上げた
誰かが 人より大きな かまくらだって
叫んだよ

みっともないくらいに
吹雪いたのは こころ

コロコロと 雪玉が転がる道
踏み締めて 歩く 人達

ねえ 何に 縛られて 生るんだろうね
眩いばかりの光の色で 霞んだ夜景

何時だって
寂しい雪だね

桜の季節がやって来ると はしゃいでいる子供達
あんなに楽しかった冬の日々 すっかり忘れちゃって

はらはら 雪の結晶を 眺める代わりに
はらはら 舞い落ちる 花びらに笑う
そんな姿に はらはらするよ

何時か 
楽しい雪に なるのかな

溶ける 手前で 見つけた
雪兎 みたいに

可愛らしい耳を ピョンと立てたら
桃色の雪に
辿り着けるかな

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

詩の発表場所あります
自慢の絵・写真を披露したい方にもおすすめ!

ワタクシすずこが編集している手作り詩誌
ポエムサークル「みゅう」

仲間になり購読いただくと
ボツなしで冊子掲載 & CDトーク → 全国郵送★
見本誌もあります。読みたい方も連絡くださいね。

以下に本誌の写真・詳細を紹介していますので
クリックして御覧くださいませませ~☆

ミュウ 217.218号 完成♪ 

すずこのリンクはこちらから
人気ブログランキングへ
↑ポチッとな~☆↑



★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

逃さずキャッチ

Img_1822


Img_1821


Img_1820


ドラマを継続的に見るかどうかのキッカケは
人それぞれだと思いますが 

登場人物が好きだから、と言う場合も
勿論あるでしょうね。

私の場合は 第一話を見てしまったら 
何となく続きが気に成って 

たまたまテレビを点けて 
ドラマの続きに遭遇してしまうと 

こうやってタイピングしながらであろうとも 
ながら見る場合も多いです。

反対に 途中で見なくなってしまう理由としては 
興味が失せてしまう、と言うよりも 

自分の時間の使い方に 変化が生じたりして 
テレビを眺めていない、と言う事実に基づく場合が
多い気がしています。

ドラマでも小説でも 架空の世界でも 
実在の人物からでも 

得られるもの 勉強になることは
沢山ありますね。

ぼんやりと眺めていて ハッと気付く瞬間の
大切さもあります。

自分にとって 吸収できるべきタイミングを
逃さずキャッチできる態勢を 
出来るだけ多く取って 歩みたいですね。

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

写真は納豆 味はカレー
先日UPした レルヒさんのカレーですよ

味わい的にはですね
スパイシーな感覚ですね

ちょっと コンソメも彷彿とさせるね
なんて意見で一致しました。

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

ハート型のたまごやき


卵焼き 美味しそう~♪
と思う色合いは 限られているかも知れませんね

甘い卵焼きが 実家の定番でした
中学の家庭科の時間に
初めてプレーンオムレツを作って
その 丁度良い塩加減に感動したのが懐かしいです

お寿司屋さんでは 腕の良さを見るのに
先ずは卵を頼んでみれば分かりやすい と
聞いたことがありますね

お弁当でも 黄色の彩りとして 大活躍の卵焼き
たまに端折って 茹で卵にしてしまいます

断面を 可愛らしく ギザギザカットに出来るグッズは
持ち合わせていないので
つまらない切り口ですけれどネ

卵焼きならば 斜め切りしたら
ハート型にすることが出来るけど

半分で切れてしまうから 
失恋ハートみたいでシャレにならない、と

以前旦那に突っ込まれたのでした
~( ̄▽ ̄~)(~ ̄▽ ̄)~

*

この記事の「きっかけびと」はこちら!

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

枝豆に プシュッとビール ぐび・ぐびび

*

実際問題 
枝豆には ビールが一番 似合うのでしょうか

日本酒やウイスキーのアテでも
良いような気がするのですが
相性は どうなんだろう などと 考える夜

アテがチョコレートならば 
ウイスキーまたはワインのイメージが浮かびますが

先程は ドリンクが先にありまして 
日本酒でした

と言うことは 只今 ワタクシ 
酔っ払いなのであります!_( ̄▽ ̄)ノ彡!

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

冬季休園
藤鈴呼の戯言(すずザレ) コメント欄より

*

コメントを 受けて企画の 意図を知る

ひな祭り 昔の雛は 何処消えた

雛じゃない 姫かそれでは 図々しい

ズズズイと 甘酒じゃなく 飲むポン酒

ポン酒なら ちょっと甘いの 良い感じ

あらばしり 辛さ仄かに 利いてくる

段々と 呑兵衛のよう 今は昼

夕刻に 楽しみなのは 晩酌か

やはり俺 呑兵衛なのか そうなのか

こうなれば 呑兵衛でイイ そうしよう

雛は待つ 酒が貰える ひな祭り

*

輪を浮かべ 笑う天使か 孫悟空

如意棒が 伸びる理由は ソーセージ

魚肉なら 今直ぐ潰せ 蒲鉾に

笹かまを 炙りパクッと 舌火傷

火傷して ピリリ辛さも 思い出す

思い出す 今日はどうやら 雛祭り

パフュームか? 違う三人官女だよ

三色の パルファム揺れる ひし餅に

ひし餅に 尻もちついて 笑われた

春の雪 降ってるような 金平糖

*

煌めきの 粒を舐めては 千鳥足

ひたひたと 夜空の下を 歩いてる

扉開け 叫びたいのよ 只今と

囁きは 呂律回らず 呑み込んだ

共に飲む 星の涙と アルコール

*

海沿いを 見つめ戸惑う モアイかな

西日射し 追い駆けっこよ 赤き頬

崩された 兎の耳も ピョンと立ち

跳ねまわる 縦横無尽 芝の上

常夏の 飛沫が浮かぶ 白兎

消えそうな 道路に立つは 雪兎

イースター 身近なものは トースター

チンと鳴り 香ばしさだけ 昇る朝

太陽に 負けじ笑顔も 耀いて

楽しげな 声が今にも 響きそう

*

ぼんぼりが 照らすアナタの 唇を

飛び出した 思い出話 揺れている

三層の 岩場に仕舞う 雛人形

大地には 涙の雫 染みて逝く

見てみたい 大人になった 雛人形

*

「テーゼとは なあに?」 定立 「ありがとう」

倒立の 隙間で生きる 逆さまを

逆立ちを しても戻れぬ あの頃に

ポケットで 砕く 現在・過去・未来

秒速で 駆け抜けて行く 音紬

*

まスのなか シーラカンスが おさまり〼

魚拓には 決して乗らない 墨つけない

輝くは 鱗煌めく 回転軸

軸足を 固定したまま 振り返る

ムッツリと シーラカンスは 笑わない

シカのツノ カクノシカジカ 言い訳を

言い訳の 代償にする 象牙かな

牙を剝く 鏡で顔を 御覧なさい

バナナ持ち 説教をする 鱗かな

*

紫は 絶妙な味 青と赤

飾り物 手で引っ掻いて 削りたい

アメジスト ヒヨワなツメじゃ ケズレナイ

削れるは 「満たされない」の 心だけ

胸元に ブローチ飾り 満たされる

身ばかりで 重宝するの 宝石は

その内に 心も浄化 されるかも

*

黒板に 思い出描く チョークかな

消させない 黒板消しは 隠します

増やさない 瞬時に避ける チョーク投げ

バケツ持ち 廊下の隅で 画策し

この水を かけてやるゾ! と 狙ってる

良くみてよ 水じゃないのよ 熱湯よ

思い出で 水も沸騰 雛祭り

*

浮き輪揺れ これがホントの 玉の腰

受け継ぐわ 緑内障と 白内障

描きたい 顔が分からぬ お雛様

サマなんて エラそうだけど ホントなの?

ごっこなら 学校ごっこが 好きだった

しあわせを ゆだねられても こまるもの

流し目で 涼しい心 揺れる夜

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

詩の発表場所あります
自慢の絵・写真を披露したい方にもおすすめ!

ワタクシすずこが編集している手作り詩誌
ポエムサークル「みゅう」

仲間になり購読いただくと
ボツなしで冊子掲載 & CDトーク → 全国郵送★
見本誌もあります。読みたい方も連絡くださいね。

以下に本誌の写真・詳細を紹介していますので
クリックして御覧くださいませませ~☆

ミュウ 217.218号 完成♪ 

すずこのリンクはこちらから
人気ブログランキングへ
↑ポチッとな~☆↑



★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

ホワイトデーにホワイト庭園

Img_1997


Img_1978


Img_1976


すずこの出没地帯その① 北陸の庭園
場所はこちら

朝から雨模様だったんですけれどね
午後から雪に変わりました。

今回ピックアップした3枚は

恋梅蕾…濃い桃色の花びらは八重の梅

白梅雪…咲き誇った途端に雪のベールに包まれる儚さ

空木心…箱根空木ですかね。うつぎの花は移り気かな

そして、本日の写真・動画は以下に全てUPしちょん♪

ホワイトデーにホワイト庭園 2014.3.14

ホワイトになる手前 北陸の庭園 2014.3.14

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

入れ違い


最初 ベタつくベ*きに座れるなんて
ある意味 凄い… と思いながら

何故 ベタつくトイレの話なのに
いきなり食事のシーンが出て来るんだろう

…正気?? と 思いました
あ、正気? ってのは
この シチュエーションに対して、なんですけどね

食べながら そういう話題を平気でするってのが
結構 許せない性質でして。

なのに 妄想はしてるって言う
自由妄想!! ブラボー!!!(違)

と 思ったら
ベタベタなのは トレイなんですね。

イとレの入れ違いでした
これぞ「イ」「レ」ちがい。

レイ でも 良いんですけどね
この場合 礼をしなくちゃ ならなくなる

そうすると
何に向かって 頭下げたら良いのか
まるっきし 分からない訳ですね

よもや *んきに向かって…
それは 酔っ払い過ぎた時の過ちとして
出来たら 封印しておきたいんですよ

だから・・・
許してください(ナニ)

この地に来た時
とあるおすすめのラーメン屋さんの注意事項として

「あそこは 机も椅子も 触らないでください!!
 べったべた してますから!!」

と言われて
実践してみて 吹いた
覚えがあります

実際に吹くのは 器の中身ですよね
ちょっとどころじゃなく 熱いですから。

まあ 美味しいので
ちょいちょい 行くんですけどね

だから 大丈夫!!
トレイが ベッタベタでも
触らなければ 何とかなる!!!

かも 知れませんけれども
入れ違いの方は 勘弁願いたいものですね
~( ̄▽ ̄~)(~ ̄▽ ̄)~


この記事の「きっかけびと」はこの方!

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

なにか惹かれるもの


それはカレーライスのかおりかなぁ、と思います。 
うどん屋さんで 誰かが カレーうどんを頼んでいて 
店内にカレーの良い香りが充満していると 

自分は あんかけ焼きそばにしようと思っていたのに 
ついつい カレーうどんに流されてしまう、みたいな。

あ、でも うどん屋さんに 
あんかけ焼き「そば」のメニューがあるかどうかは 
甚だ謎であります。


カレーライス
藤鈴呼の戯言(すずザレ) コメント欄より。

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

きゅい~ん


長いブランコって
苦手な人にとっては 

罰ゲーム以外の
何者でも ないですよね

横に揺れるバンジーさながらのブランコは
三半規管が可笑しくなって しまいそう

たまに運転中 坂道を下っていると
身体が一瞬浮くような感覚がして

必ずと言って良い程
お腹の辺りが 「きゅうい~ん」 って

ヒンヤリとも違う 妙な感覚に
苛まれるんですけれども

あの 不快感にも 似てる
そう 結論のない 不可思議な現象は
いつだって 深いですよね

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

最近のコメント事情に思うこと
コメントを受けての雑感


そうそうそう!!!!!
・・・ねぇ、ありますよね。

「・・・なにが?」
「・・・どこが?」

と、思わず 突っ込んでしまいたくなるんですよね(笑)

そして 最新記事ではなくて 
ある一定期間「昔」の記事にコメントする輩
も 結構いるんですよね

しかも 私の記事に 同じコメントが数度来たりして(笑)
数度 削除するわけですよ。

別に放置でも 良いんですけど
そこは何でしょう

私のページに こんなコメントは許せない!!!
と言う 何に対抗したいのか分からない理由によって、
なんですけどネ。

そして 一番もやっとしてしまうのは
そんなコメントが 一瞬で判別できるようになった 
自分に対して、です
o(+_+。)(。+_+)o

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

私の大好きなサイト「あの女」
のブロガーさんが良く書いているんですけれど

「考えすぎず、よく考えて」
まさに その通りだよなあって思います。

自分で繋がりごと削除する、事前に拒否する、
これも一つの方法ですよね。

何の? って 
「自分の気持ちを楽にするため」の。

仕事でブログUPする場合は 又 違って来ますけれど
私事の場合はね 
「愉しくがモットー!」 じゃないですけど

これは一貫して意識したいところかなって 
思います。

上記は 一見 恋愛指南ブログ なんです
恋愛に迷う読者からの相談メールを
痛快にぶった斬っていく

だけど 読んで行くと 
それだけじゃあ ないんですね

切り返しの中に 
相手への気遣いが溢れていて

恋愛のみならず 
生きていく上で役立ちそうな考え方や
男女の考え方の違いを実感することが出来る
興味深いサイトです

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

テーブルタグ、で良いかな、これね 
縁は何色にしようか 太さは 色合いは~
なんて考えていると
意外と楽しくて

言うなれば ワードの飾り文字を
作成する気分ですけれど 

私なんぞ 
トホホのHP作成のサイトから タグをコピペして 
テーブル、と入力すると 
そのタグが出て来るように仕向けて… 

ってくらいで 何も分かっていない(笑)
でも それなりに 楽しかったです

キリ番はプレゼント強制されるんですね。
その経験はなかったから
良かった、と喜ぶべきかしら♪

あ、そうか 私、自分のキリ番を
気にしたことがなかっただけか
o(+_+。)(。+_+)o


色々なサイトを渡り歩いて
ここまで来たような気がしています。

かつて みゅう掲示板を作成してくれたのは 
メンバーの じゃんりぃ じゅんいぇん でしたものね。 

自分でレンタルサーバーして とか 
そう言う事も 全く分からなかったし 

HP自体も 「持っている」と言っても 
借りたお部屋、の感覚で、
何でしょう 

自宅にいるんだけど 
これは建物はアパートだから 借り物なの、ってな
雰囲気なんですよね。

自己主張と荒らしの境界線も難しいですよね。
相手の捉え方によっては
ストーカーや痴漢扱いされる世の中ですから 

そんなつもりはなかった!なんて言い訳も
スルーされてしまう 
鉄の心を以てして裁かれる時代とも
言えましょうか。

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

みゅう消費税。。。 

とりあえず4月からすぐにupは考えてませんよ、
と言うことで

ううむ、どんどん じゃんじゃん 
税金が上がる時代にドロップキック

BYミスチル風??

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

何時だって 穴の先は 暗いから
抜けた瞬間に 広がるのは
青い空だと 決めていた

白い 浪の花ばかりが 目下の課題
ふわふわ 浮いて居て くれたなら

カモメか ウミネコか
迷うことは あっても
惑うことなど ないのでしょうに

見分けが つかないのです

ふわふわ と 瞬き続ける羽根が
両腕を 伸ばしても
届く距離には 
存在して いないのですから

ここに 物差しが あったとて
地上から 何センチ と 測ってみたところで
きっと 意味は ない

シュッと ユビの腹を 切り裂きそうな
ステンレスのような 切っ先の鋭いタイプ

巻尺と 一つの丸いボタンで 稼働する
アイツでなければ
何事も 図れやしない

長靴を 履いた
何度目かの 正直
棘は 抜けると 信じてた

ここに 毛抜きは なかったけれど
ちょっと つまんだら
魚の骨くらいに 簡単に 抜けたわ

問題はね
三枚卸なの
未だに 出来ないんだわ

チャレンジ精神なくして
技術の上達なんて 有り得ないわね
肝に銘じておくわ

そう 言い含めたまま
パシャッと 唾を吐いて
彼女は 立ち去る

水際のマーメイド

追い駆けようにも
この岩場は 固すぎて

跳び上がったら 怪我をしそうだったから
爪先立ちで 指先を伸ばした

軽く触れた 唇が
一瞬で 離れた

世界は 冷たく 耀いていた

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

詩の発表場所あります
自慢の絵・写真を披露したい方にもおすすめ!

ワタクシすずこが編集している手作り詩誌
ポエムサークル「みゅう」

仲間になり購読いただくと
ボツなしで冊子掲載 & CDトーク → 全国郵送★
見本誌もあります。読みたい方も連絡くださいね。

以下に本誌の写真・詳細を紹介していますので
クリックして御覧くださいませませ~☆

ミュウ 217.218号 完成♪ 

すずこのリンクはこちらから
人気ブログランキングへ
↑ポチッとな~☆↑



★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

盲腸って・・・

Img_1819


Img_1818


Img_1817


医療系ドラマ、と聞いて
あなたは 何を 思い出すだろうか

私の場合 今は 螺鈿迷宮が印象深い。
今クール 医龍は余り見たことないですが
たまたま目に入った時、螺鈿は見ています
母はギバちゃんファンなんです

唐沢さんバージョンの白い巨塔や
挿入歌ではドリカムの何度でも、も思い出しますね
あとはミスチルの花火、これは ドクターヘリか。
ななこさん 江口さんの 救命救急24時も見てたな。

ついさっき センマイやハチノス(胃袋らしいです)
の写真を眺めてきたところでして。

その後で とあるブログで
盲腸の件を読んだらば
脳内混乱してしまって

「も、盲腸って切ったら不要になるけれど
 焼肉の場合 食べられる部位なんか?」

なんてことを考え出す始末
何てことを!!!

お食事どきに失礼しました
~( ̄▽ ̄~)(~ ̄▽ ̄)~

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

カチャガチャーン


カチャカチャタイピングしていたらよ?
ガチャーーーン!! って もの凄い音がしてん。

え゛。 またですか?
ここいらは よぉ車がぶつかるのよね

旦那と二人で
「あなた救急車に電話! 私 警察!」 とか言いながら
携帯手に走ったこともあったし。

今回は どうやら怪我なく 事無きを得た様子… って
え゛、警察 呼ばないんですか?

これ 私的には 有り得ない
事故証明 取らないと 揉めたりしますよ?
損害保険の請求時とか 面倒ですよ?

私、経験あるもん。
改めて 警察に出頭~ とか 嬉しくないし。
過失割合も決定してないのに 雁首揃えて~なんて
イラッとするし(笑)

もしかして、誰も携帯を持ってないのかな? 
と 思って

余計なお世話だけれども
連絡先 交換してるっぽいところに
乱入して 話し掛けた。

持ってる、って言うんで
ああ これから警察を呼ぶのね? と思っていたら
来たの レッカー車だけやった

暫く見ていたら 箒やバケツ 借りて来て
道路のお掃除とか… 
それは素晴らしいことかも知れないけれど

その前に 現場保存しないのかなぁ
あ、バンパーとか 片付けちゃってる

まあ 私が口出すことじゃい ないか~
皆さん 車から降りて ピンピンしてたし
良しと しましょうか。
と思いつつ もやっと感が残るのでした

物損なら 呼ばないことも あるけどね
あの車の衝撃じゃあ 明朝あたり
鞭打ち確実だと 思うんだけどなぁ…

すごい若い方々では なさそうだし…

まあ私 何度も車ブッ壊したり
もらい事故したりしてるんで
ピーーンと 来るんですよね
ピーンと。

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

みどりのアイツ


アボカドは メキシコ産なんかを見ると
大きいなぁ~と感動

通常よりちょっとお高いけど~と
奮発したつもりでゲットして

その夜 夕食用に… と切ると
既に真っ黒ってこともあり
残念感が否めません

前回は 側に さりげなく置いてあった
アボカド用ドレッシングまで
衝動買いしてしまったのにぃ~っ

くう~っ(涙)
まぁ 自宅のわさび醤油でも
十分 堪能できますけどネ

あとは カリカリしたヤツ(笑)
オニオン ガーリック ? なんかが
パラパラっ♪ と ふりかけてあると

いつものサラダが 若干ゴージャスに
感じたりも。

たま~に ミニトマトのヘタを 
V字に切って ハート型にしてみたりすると
気分も上がるのかも
(*⌒▽⌒*)

カキも好きです
先日 兵庫 播磨産だったかな?
生食用を衝動買い

久々に購入した ぽん酢を垂らして
美味しく いただきましタ

生食は 若干 緊張も しますけど、ネ
岩ガキは 殻が やたらデカイのに
中身が少なかったりすると
ガッカリ感がハンパないですね

出先の海沿い店なんかで
以前 そういう事が ありました。

まあ、でも、アレか、
小ちゃかったら
沢山 食べりゃ~ 良いのかっ!!

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

写真は 兵庫県 相生産
食べようとする迄に 若干時間がかかっちまい
良く見たら 賞味加減が一日ズレちょん。

「カキのナマはマズイだろ!!」と
出来ればナマはお店以外で食べたくない旦那が
酒蒸しにしてくれた。

一緒に買っていたホタテはバターソテーにしてくれた。
私? 隣でニコニコしながら 見守ってましたが、何か??
~( ̄▽ ̄~)(~ ̄▽ ̄)~

レルヒさんのカレーはねぇ~ 衝動買いよ!!
納豆コーナーで目立つの何のって!_( ̄▽ ̄)ノ彡!

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

優しさの理由


下心が隠れている場合も
勿論あるでしょう

もしかしたら 無関心な場合もあるかな?
なんて思う

対話のシチュエーションを連想した
相手が何か主張してて 
普段、優しく受け流せる事柄でも

どうしても許せない領域に話が入り込んだら
反抗せざるを得ないよね
そういう雰囲気で言うと

「まあ この位なら 好きにさせちゃれ♪」
みたいな

まあ 感情論ですけど

その出来事に反抗するまでもない→無関心
その場合は 優しい自分で居られる
という感じですかねー

性別・年齢・立場の差によって
随分と変わったりもしますよね
切ないことに

同じ境遇で ブレぬ自分を作ることって
案外と 難しいのかも 知れない

「絶対にブレない自分」が あるとしたら
やはり

「ここは譲らねえ!」って言う
信念なのかも 知れないですね

表情で物を言うと 笑顔?
優しそうな表情をしているけれど
頭の中では 険しかったりも してね

色々な判断を 妄想していると
人間観察に 繋がりますよね

「あー 私ってば 他人の優しさを
 素直に受け取れないなんて 不幸!!!」
と嘆くよりかは

危機管理的には

「十人十色だし
 色々なシミュレーションが出来る
 私、賢い♪」

くらいの方が 長生き出来そう~。
ってか ただ長生きじゃなくて
生き方ですよねー。

あ、でも 素直に受け取ることに してますよ
たまに、褒められる瞬間には

ありがとう って
言うように しています

誰かの行為には 謎を持つ癖に
好意的台詞だけは 素直に受け取る女(笑)

ふふっ。 長生きするに 違いない
…え? 憎まれっ子 余に幅があるけど 何か??
~( ̄▽ ̄~)(~ ̄▽ ̄)~

贈り物するときも 
「大したものじゃなくて~」
この台詞が 大嫌いでね

「あなたの為に 一生懸命 選んだの」
そう 言うように 心掛けている

昔ながらの わび・さび が
出来て居ないだけかも 知れない

ここで 身から出た「錆」を落としながら
「詫び」ておくことにするっっ!!!(謎)

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

詩の発表場所あります
自慢の絵・写真を披露したい方にもおすすめ!

ワタクシすずこが編集している手作り詩誌
ポエムサークル「みゅう」

仲間になり購読いただくと
ボツなしで冊子掲載 & CDトーク → 全国郵送★
見本誌もあります。読みたい方も連絡くださいね。

以下に本誌の写真・詳細を紹介していますので
クリックして御覧くださいませませ~☆

ミュウ 217.218号 完成♪ 

すずこのリンクはこちらから
人気ブログランキングへ
↑ポチッとな~☆↑



★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

2014年3月12日 (水)

どんな色の春にしようか

Img_1447


Img_1446


Img_1445


写真の本 
桜の色/乙部信吾
写真の本についての記事です。

カレンダーをブックカバーにして読みました。
なもんで、読み終えてから著者が盛岡出身だと知り
同郷かぁ… と しみじみ。
しかも同世代でした。

ほんのりとメルヘン風味が漂う表紙絵に
癒されました。
物語は時系列で進んで行きます。

描かれている季節は夏なのに 
どこか寒々しいような風を感じた理由が
上記の記事を読んで分かった気がしました。

文字も大きく読みやすく 一気に読破出来ました。
いえ、物理的には空き時間の読書ゆえ
数日経過していますけれども。

読んでいる季節が冬だったので
描かれている時間とのアンバランスさを
登場人物の心に乗せてしまえるかのような
錯覚も憶えながら。

続きが読みたくなる一冊ですね。
何となくの方向性を指し示しつつ終わる物語は
終わらぬ人生を彷彿とさせるようでした。

折しも桜の季節は きっと もうすぐ。
どんな色の春が咲くのか 楽しみです。

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

妖艶な虫かご

上記は藤鈴呼の戯言(すずザレ)。 コメント欄より。

*

セロファンを透かした景色って
何処かシュールだなあ なんて思います。

たとえば 水溜りに落ちた 油の雫みたいに 
一見 七色で煌めいているのだけれども
その実 指で掬おうとしてみたら 
べたべたして しまうような。

真夏ならば 逃げ水と言う名の幻想を 思い描いて
キラキラ光る汗を なだめることも 必要でしょうが 

この季節は さながら 解けてしまう雪一粒が 
ちょっと 愛おしくも 思える風です。

*

シュール
語源は芸術運動の一つであるシュルレアリスムから。
シュルレアリスムは超現実主義、
すなわち「現実を超越した現実感」を表現したものであり
「非現実的」という意味合いは持たない。

だがシュルレアリスムの作品が持つ独特の雰囲気が
多くの人にとって非現実的で奇抜なものに見えたことから、
その表層のイメージだけを拾ってきて
俗にこのような作品を「シュール」と呼ぶようになったのだと
思われる。

よって「シュール」は「シュルレアリスム」の略語ではあるが、
すでに別の意味を指している言葉だと考えるべきである。

なお、シュル(超)リアル(現実)イスム(主義)のシュールだけでは
本来、「超」の意味しか持たないため
外国でシュールと言ってもシュルレアリスムの略語にはならない。
「非現実的」などの意味で伝わるのは日本においてのみである。

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

炬燵布団の活用方法


冬は寒いですよね
ゆたぽんが欲しいですよね

でも 何か私
発熱するらしいんですよ

だけん、朝 起きたら
履いていた靴下 なかったりする

すぽーーーんっ!! って
気持ち良く
飛ばしていたり する

寝室で 飛ばすのは
枕だけじゃあ なかったらしい

だけん、ゆたぽん
ベッドの下(の段ボール内)に
仕舞ったマンマです。 うふ。

元々 ビンボー症だったらしく
めったくそ重ね着ならぬ 
重ね寝していた頃が あります

タオルケット+タオルケット+
薄い毛布+厚い毛布+
薄い掛布団+暑い掛布団+
炬燵布団+炬燵カバー=熱い私

みたいなね

岩手時代の お話です
夏でも これで イケますよ?

布と布の間にね
順番に 足を突っ込むんです

ちょっと ヒンヤリするんですよね
あ、毛布より上の部分じゃないと 
駄目ですよ???

スルッと感が 大事ですからネ
んで、自分の体温を感じて
若干イラっとしてきたら

次の空間に 足を埋める訳です
此れで 一晩ヒンヤリ快適サン♪

ね、これで 真夏でも 
炬燵布団を活用出来る!!

仕舞わなくっても イイっ☆
あ~ 便利っ♪

…現在 我が家に 炬燵ありませんけどね
お・た・め・し・あ~れ~
~( ̄▽ ̄~)(~ ̄▽ ̄)~


今回の記事を書く「きっかけびと」は こちら!

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

擦れ違った空気の分だけ


寒い冬だから
おしくらまんじゅうをして
楽しんだ

外を舞う 雪の代わりに
笑顔 沢山 舞い踊り

迷っている 暇なんて
まるでない くらいに

服と服が 触れ合うと
摩擦力が 生まれて
ちょっと 温かい

ただ 手を 繋ぐだけでは
足りない 温もりに
身を 委ねて
また 笑う

あなたと わたしの あいだには
空気の層が 生まれる

目に見えなかった 透明な空間が
ほこっとした

存在感を 増して
当たり前のように
ありきたりのように

おざなりみたいに
置き去りになった

二つの 空気

空気砲の音とともに
すぽーん と
何かが 弾けた

跳んで行った
真冬の兎は 雪に埋もれると
見つけるのが 難しいのよ

涙で染みた 白いマフラーが
赤い耳を 哀しく 染めた

あなたと わたしの あいだには
この間まで あたたかかった筈の空気が
歪んで 取り残されていた

だからね
思い切り 息を 吸いこんで
吐き出してみた

白いばかりの 吐息が
ちょっとだけ 桃色に 染まった

もう直ぐ 雛祭りだから
仲直り しようか


今回の記事を書く「きっかけびと」は こちら!

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

詩の発表場所あります
自慢の絵・写真を披露したい方にもおすすめ!

ワタクシすずこが編集している手作り詩誌
ポエムサークル「みゅう」

仲間になり購読いただくと
ボツなしで冊子掲載 & CDトーク → 全国郵送★
見本誌もあります。読みたい方も連絡くださいね。

以下に本誌の写真・詳細を紹介していますので
クリックして御覧くださいませませ~☆

ミュウ 217.218号 完成♪ 

すずこのリンクはこちらから
人気ブログランキングへ
↑ポチッとな~☆↑



★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

2014年3月 9日 (日)

氷の足跡

Img_1664


Img_1667


Img_1670


昨日オープンした北陸の庭園にて

朝 散策路の道に沿って 竹箒を動かしていた時
目の前に 白い足跡を発見しました

これは 早朝に一度 履いた痕ですね
姿は見えぬのに 作業の痕は垣間見える

ちょっと 透明人間だなぁ
なんて くすっとした 瞬間だったのでした

松の上に 柔らかく積もる雪も
もう少しで結晶が見えるかのような瞬間が
妙に愛おしくもあります

結晶型の想像力 愛たけなわ そんな光景かな
池は薄氷 午後には鯉も顔を覗かせて
餌にありついていましたね

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

氷の足跡

ふっと舌打ちをして 
音を耳にする瞬間までに
つま先を 膝から上まで飛びあげる作業
骨がパキキと鳴ったり
粒がキリリと噛んだりするのも
承知の上

ふっと横目で見やる世界
はっけよいの声は聞こえぬ
打てば響く鐘のような理不尽さ
抱えきれぬ洗濯物だから
もう一度 脱水かけても いいですか

そんなふうに走る
そんなふうに 生きて来た
これは 私の 方法論ですから
あなた方に ガタガタ言われる筋合いはない
ないのですけれども
ほんの少し 痛んだ両親

良心の解釈如何によっては
正攻法とも言えるし
正誤法とも癒えぬでしょうと おままごと
ここに 泥団子があれば
あとは 完璧なのですが
平たいしゃもじが みつからないの
あれがないと
もじゃもじゃの輪郭が
キレイにならない

透明人間に
ずっと 憧れてきた
長靴のサイズだけは 定位置
どの軌跡を歩んだのか
彼にしか 分からぬ方向を指し示す
氷の足跡が 含みを持たせた笑顔を
連想させるのです

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

ホットチョコレート


ホットって言葉は 何となく 
ホッとしたような気分になるから 不思議だ

って言葉の綾じゃないんだから~♪ とか言いながら 
飲みたくなる 冬の味

チョコと ココアと ミロの違いが
今イチ分かりませぬ
と言うことで 調べてみた

ネスレ・ミロ(Nestlé Milo)
は、ネスレ社が製造、発売する
ココア味の粉末麦芽飲料のブランド。
日本では1973年よりネスレ日本が販売している。

蛋白質や鉄分などの栄養素を、
麦芽にココア、脱脂粉乳、各種ミネラル、ビタミンを加え、
機能性飲料として商品化したもの。

通常、粉末の製品を
冷たい牛乳か温かい牛乳で溶いて飲む。

*

そうか、ココアだったんですね。
何か こう、

「そうじゃないかな」とは
思っていたんだけれども

そう断言されると 
ちょっと残念なような。

ミロは あくまでも ココアはなくって 
ミロであって 欲しいんですよねー

かつて み*たーどー*つ でバイトしていた頃
ドリンクメニューに ホットチョコレートが
あったような記憶が。

「ホッチョコ 入りまーす」 なんて 
短縮形を使っていたような気が。

あ、短縮で思い出しました。
お手洗いに行きたい時はね
「2番 行ってきまーす」って言うの

一応 食べ物が目の前にあるからね
御客様に聴こえちゃあいけん! って 
気遣いですよね

それにしても 
何で2番だったんだろ

確か 札幌の大通公園付近を 
ぷらぷら歩いていた時
スタバか何かに入ったんですよね

旦那が仕事中で 時間潰しに
ソロ活動していたんですよ

んで 冬だったから寒くって
温かいミルク 飲みたいな って思ったところに

ホワイトチョコレートドリンク
を もうちょっと 御洒落にしたような
ネーミングのものがあって
頼んだんですけどね

真白で 甘くて 女の子っぽい飲み物が 
登場しましたよ

でも アレですね
甘すぎるって 喉が 痛くなる!!

言葉もね、甘すぎるってか キザすぎると
全身かきむしりたく なりますしね
やっぱり 適度に調整したいですよねー。


今回の 「きっかけびと」は この方!

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

詩の発表場所あります
自慢の絵・写真を披露したい方にもおすすめ!

ワタクシすずこが編集している手作り詩誌
ポエムサークル「みゅう」

仲間になり購読いただくと
ボツなしで冊子掲載 & CDトーク → 全国郵送★
見本誌もあります。読みたい方も連絡くださいね。

以下に本誌の写真・詳細を紹介していますので
クリックして御覧くださいませませ~☆

ミュウ 217.218号 完成♪ 

すずこのリンクはこちらから
人気ブログランキングへ
↑ポチッとな~☆↑



★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

うめえぐあいに

Img_1681


Img_1684


Img_1683


梅の開花を 上手ぇ具合に撮影するのが
まんず むずがしぐっでよ!!

場所はこちら

うんめぇもんは た~んとくいてぇが
なんて言うと 言葉が悪いと怒られそうですが。

どんどん開いていくんだべな~ と
今から楽しみなんざんす。


消しゴムのカス 蹉跌(これ読める?)
さて問題です これは何かの比喩ですが
何のことでしょう♪

正解は~(書くのはやっ!!)
ヒゲですよ。髭。または髯。はたまた鬚。
いやだよ卑下

ってな感じでさ。

かつて自分の一部分であった
ひげを眺めていた旦那がね
ポツリと 呟いたんですよ

あ・・・これ 消しゴムのカスみたいや。
もしくは サテツ。

その瞬間 U字磁石にガーーッと集まる
小さな小さなサテツ君さてつちゃんが
浮かんだよね。

U字と言えば カマキリ
これは ハンドルの お話。


ハンドル


ハンドルはハンドルでも
車のステアリングならぬ

自転車のT字になったヤツを
握っていた頃は

車の軌跡たるものが
分かっていなかったような
気がしています

後ろから向かって来る 車のスピードを逆過信して
車の目前 斜め横断とか 無謀なことしてました

今更だけど ドライバーの皆さん ごめんなさい
って 思います

ちゃんと 習いましたよ
道路を横断する時は~

右見て~ 左見て~
もう一度 右見て~

すずこがいないのを確認してから
渡りましょう♪って(違

まあ 声かけて 避けてくれるだけ
まだ マシなのかな?!

なんて 思っちゃうのは
先日 市内で 猪轢いた話を 新聞で読んだから。

海沿いの国道を 文字通り
猪突猛進して来た らしいんですよ

くわばら、くわばら
避けたら海やん! みたいな。

まぁ そんなことあったら へこみますよね
車もへこんだみたいですがね。

猪と言えば 一度 食べてみたい ぼたん鍋♪(違)
あ、うりぼう も 会ってみたいなぁ~

会う=遠くから見守る、ですけどね(笑)


冬の時期はね 白ネコにも注意ですわ
「でかい雪の塊」と思って 危うく・・・の経験
ありますもの。

あとは 時期限定で 何故だか
燕が大量に 低空飛行していたり

結局 アレですね
動物かよ!!! って言う。


一度 チャリ通学途中に 
オカマ掘られたことが あります

ぶつかられて恥ずかしいから 
直ぐ逃げたい思考回路 以前の問題で

ぐっちゃり潰れて 
チャリ立たなくなっちゃったんで
止む無く留まりましたけれども

「姉ちゃんのケツ見てたら ぶつかっちゃった♪」
とか意味不明な言い訳をされた挙句

「俺 実は近所の~会社の社長でさ」
と仰る男性は

その後 バイト先のドーナツを 
日々たんまり買ってくれましたとサ

売上貢献したから
ヨシとしようか(謎)


今回の「きっかけびと」は この方!

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

詩の発表場所あります
自慢の絵・写真を披露したい方にもおすすめ!

ワタクシすずこが編集している手作り詩誌
ポエムサークル「みゅう」

仲間になり購読いただくと
ボツなしで冊子掲載 & CDトーク → 全国郵送★
見本誌もあります。読みたい方も連絡くださいね。

以下に本誌の写真・詳細を紹介していますので
クリックして御覧くださいませませ~☆

ミュウ 217.218号 完成♪ 

すずこのリンクはこちらから
人気ブログランキングへ
↑ポチッとな~☆↑



★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

2014年3月 8日 (土)

オカキたべたい

6


4


2


木ですから オカキじゃないよ 柿じゃない
なんて一句が浮かびそうな今日このごろ(は?)

すずビーズ オリジナル
前回に引き続き ウッド・ブレスざんす。


2 小粒おかき(15.5センチ) 
美味しそうで あっという間になくなる 真夏の夢
絵柄11*12ミリ ベージュ7*8ミリ 小粒ベージュ3*4ミリ


4 みよちゃんの鼻緒(15.5センチ) 
昔なつかしい小路で遊んでいる少女のイメージ
絵柄11*12ミリ 赤7*8ミリ 小粒ピンク3*4ミリ


6 チャチャッとしろ!( 18センチ) 
急かされそうな毎日を皮肉りたい時にどうぞ♪
絵柄11*12ミリ 黄7*8ミリ小粒茶3*4ミリ


一つ前の記事でUPした3匹は
お嫁に行く準備をしている最中です~☆

たまにフリマ出没しますので お楽しみに(笑) 
既に お嫁に行った子も多数★

郵送詩誌みゅう購読メンバーになった方には 
特別プレゼント☆

見本誌もありますので 
興味のある方は 連絡くださいネ☆

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

「あん」なら・・・


ブレスレッド作成時には 先ず色合いで
楽しく悩みます。

手元にある黒はマッドなので 全てを漆黒に染めると
一見 数珠のようにもなってしまいがち? 
と 自問自答も重ねながら。

他の色は透明色が多いんですが、
その中に黒粒が入り込むと 途端に全体的に
締まりがあるようになるんですよね

思い切り大爆笑している瞬間を 冷たい瞳で見られて 
ハッと唇をすぼめた瞬間のような 感覚でしょうか

グレー色は手元にないのですが もしも手元にあったら 
白 黒 グレーの三色ブレスなんてのも良いなあ

あ、三食パン って 好きだったなぁ
ジャム チョコ クリーム だったかな? 
どこかに 餡も入っていたかな? 
暗ならやっぱり黒色ですネ!!

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

しぇあ


分け前は 微々たる存在なのですけれども 
全部 独り占め、よりは 
何となく 気分的には 充実してしまうのが 
不思議です 

「仲良く 分けましょうね」 なんて訳ばかりでは 
ないのでしょうね 

教科書を開けば 異彩を放つ 
何かに秀でる人間は 

どの路 独占禁止法違反に 引っ掛かるような事実だって 
あるのでしょう 

されど 割れた煎餅の話を 
思い出してしまうのですね

力を入れて 割り切れば 
分け前は 少し 
割り切れぬ 思い 広がる

相手に 沢山 あげようと 焦へば 
意外と 手元に 沢山残り 
得のみならず 
徳も 広がる

なんて風に


物事には理由がありますから 
力加減で分け前が変わる、と表現した方が
分かりやすいですネ!! 

世の中、力づくでは奪えぬものも 
多いのでしょう。

例えば 握手なんかの場合は 
その力加減で気持ちが伝わる、なんてことも 
ありそうですけれど。


シェア なんて言葉を 知らなかった頃 
お誕生日には 「レストラン」へ
行ける訳ですけれども

皆 同じオーダーをして 
同じように 味わうのも 一つ

皆で 違うメニューを選び 
少しずつ シェアすると 

その分だけ 味わいは広がるので 
沢山の味を 楽しめるのです

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

スキー場の斜度は
下から眺めるものと 実際に上から覗き込むものと
全然違うんですよね

モーグルなんて ふわふわと浮くような感覚が
楽しそうだなぁと 思いますけれども

練習している誰かの姿を見て 
「ああ イケそうじゃん!!」
と コブ斜面に行ったとしても
見るとやるとじゃ大違い!(笑) 

そりゃそうですね、簡単に出来るなら
努力なんて要りませんもの。

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

汁の継ぎ足しで 一等先に思い出すのが
デミグラスソース

って言うのは
どこかのドラマの影響でしょうか(笑) 

それか ハヤシライス・カレーあたりかな。

でも おでんの味だって 煮込むほどに
笑顔も深くなるのでしょう♪

私は煮詰めすぎて しょっぱくしてしまった
苦い思い出がありますが

塩辛くもなく 苦くもなく 甘い笑顔が浮かぶ 
おでんが恋しいですよね!!

しかし 世の中 立春をとうに過ぎて 
温かくなっていく矢先に

冬の寒さをも彷彿とさせる世界観に
埋もれるって言うのは。。。

何故だか バブ風呂が
妙に癒されたりなんかする、そんな夜です☆
(今、風呂上がりなので。 笑)

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

起きたつもりが夢だった。
あ、それ、ホラーですね。

ハッとして ん? ってなって 
再度 目覚めて 時計見て ギクッとする感じ。
↑何だか何かの歌にあったような気が
していますけれども(笑)

倖せと危険を孕んだ 二度寝みたいな感覚で。
遅刻の言い訳が波乱だ!! みたいな。

一度 遅刻の面白い言い訳 って言うのを
真顔で言ってみたいなぁとも思うんですけれども
中々 機会が訪れず、
わざわざ作ろうとも思えず。

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

詩の発表場所あります
自慢の絵・写真を披露したい方にもおすすめ!

ワタクシすずこが編集している手作り詩誌
ポエムサークル「みゅう」

仲間になり購読いただくと
ボツなしで冊子掲載 & CDトーク → 全国郵送★
見本誌もあります。読みたい方も連絡くださいね。

以下に本誌の写真・詳細を紹介していますので
クリックして御覧くださいませませ~☆

ミュウ 217.218号 完成♪ 

すずこのリンクはこちらから
人気ブログランキングへ
↑ポチッとな~☆↑


★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

2014年3月 7日 (金)

ウッディ―な生活

5


3


1


なんて言葉があるかどうかは知らないが
そんな気分なんですよね

今年は ウッディ―に活きてやるっ!
なんて気合を入れて集め始めたのが 
ウッドビーズ

ちょっとマッドに キラキラずい感覚を抜けて
落ち着いた雰囲気に仕上げたいなら
冬がピッタリ★

なんて思いをupしていますが 
昨日は啓蟄でしたねー

1 ウッドブルー(20.2センチ) 
ターコイズの海に浮かべた 流木のイメージ
ブルー9.5*8.5ミリ ブルー7*8ミリ 小粒ブルー3*4ミリ


3 うさぎ畑(17.6センチ) 
可愛らしい兎が跳び回る姿の 背景色にピッタリかも?!
黄緑9.5*8.5ミリ 黄緑7*8ミリ 小粒緑3*4ミリ


5 紫木御免だ(18センチ) 
シキごめんだ!なんて台詞が 時代劇に有りそう?!
チェコ紫8ミリ 紫・黒7*8ミリ 小粒紫3*4ミリ

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

次の展開を予測できるばかりが
映画の良し悪しではないのかもしれません。

創造力と想像力の境界線で 丸まって眠るネコが
安心できる炬燵も

春になれば 撤去されてしまいますから
今の内に 喉を鳴らして 甘えている、

その居住まいを 空の色だけで表現できるような瞬間、
それが快感なのかも?

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

団地サイズの妻たち


土地の広さは変わりないのに
建物が三倍になると言うことは

平屋であれば 居場所が狭まり
窮屈極まりない不快感に 苛まれそうですが

上に伸びる分には問題なし…と
豪語するわけにもいかぬようで

「毎日見えていた 太陽越しの山が
半分しか見えなくなったの!」

な~んて苦情にも 繋がりかねませんね。

我が実家は 建売購入したのが
ワタクシが二歳の頃、

当時は一軒家と言えども 豪邸でなし、
何と 区画がアパートサイズのようだ と
最近になって 気付いた様子。

区画と言っても 
現在は 建て増しした庭部分も ありますので
外観の話ではありませんで、内部の話です。

何でも 腐食した風呂の取り換えや 
流し台の設置に当たり、

カタログから ルンルン気分で選んだどれもが
サイズ外。

何故?! 何故なの~お!!と 
雄叫びをあげながら 質問したれば

「お宅のサイズは アパート版な・の・よ♪」と
嬉しくもない御達しが あった由。

叔父亡き後、設置しようとした洗濯機は
ドラム式で、

扉からも 窓からも入らず 買い替える始末。
くわばら、くわばら、なのでした。

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

セクシー大根 

寄り添う二匹の白猫よろしく 
スノーホワイトの景色を 
余り堪能できなかった今冬をも 懐かしんでいるようです、

なんて言ったら
「随分 降ったわよっ!!」なんて声も
降って来そうですけれども。

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

人間統一


おお!! してヤラレタ!!
…して 何を?

会話が成立するような背表紙
物語の終焉は

決まっているようで
整ってはいない

定められている感覚で
変更は 可能なのです

似たような大地に生まれる
幾つもの芽が

とても 同じような 色合いなのに
咲く花は 全く違って 見えるように

髪型 洋服 声 表情 仕草
その どれを取っても

全て 同じ人間なんて いないのに
全て 違って 見えるのですね

ですから
タイトル決めが ややこしくて

「にんげん」で
統一することに しました

ソレラ達の性質は 一様ではなく
怒鳴ったり 笑ったり ややこしい

今度は 怒鳴った後で 笑ったり
一面性は 一過性

同じような空から こぼれる
天使の梯子みたいに

見え隠れするアレは何かと問えば
感情だ と言う

もう少し 温情に なりませんかね?
時に なります

処によっては 激しく だなんて
天気予報みたいな ことを 言うから

目が回ってしまった
人間たちの 人いきれで

今日も スクランブル交差点は
混雑している

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

詩の発表場所あります
自慢の絵・写真を披露したい方にもおすすめ!

ワタクシすずこが編集している手作り詩誌
ポエムサークル「みゅう」

仲間になり購読いただくと
ボツなしで冊子掲載 & CDトーク → 全国郵送★
見本誌もあります。読みたい方も連絡くださいね。

以下に本誌の写真・詳細を紹介していますので
クリックして御覧くださいませませ~☆

ミュウ 217.218号 完成♪ 

すずこのリンクはこちらから
人気ブログランキングへ
↑ポチッとな~☆↑



★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

2014年3月 6日 (木)

眠気との戦い

Img_1559_323


Img_1559_223


Img_1559_123

夕方って 眠くなりますよねー。
これから 出かけるんで 寝ているヒマはないのだ
だからブログでもUPすることに するっ。

*

ねむいですよ しんやだもの。  すずこ

みつをさんの ぱくりでは ありますよ。

*

眠いか 眠くないかと 問われたら
今 眠いです
そして クサイ

そんなこと言うなんて 水くさい なんて
自分で突っ込んで しまいたいくらい
鼻が もんぎゅー って なってる

スキーにね 行こうとしていて。
ワックス かけてるんですよね

私は 隣の部屋で こうして のほほ~ん♪ と
タイピング してますけどね
気分は 直滑降ですよ(謎)


缶の中で つっかかったビー玉が
泣いているような 音がする

くちゃくちゃくちゃ…
(それじゃガムやろ)

んぷしゅーっ 
ワッフルの上に乗っかるような
ふわふわの生クリームみたいな

まっちろくって ぷにぷにしてる 
ワックスが

でろ~ん って 出て来て
長いスキー板の上を 滑る
画面は オリンピック

こんな風に 滑られたら
きっと すんごく
気持ち 良いんだろうな


ってことを妄想しても余りある程 くっさいな
と思っていたら

「換気して イイ?」

ええ、ええ。
そりゃあもう 歓喜ですよ。
寒気ですよ。冬・真夜中・窓全開。みたいな。

そんならさ、さっき 台所の換気扇 止めたけど
アレ 復活させたほう よぐね゛??

と言う台詞は 
コーヒーと一緒に 飲みこんで。

何か 変なスプレーのにおいごと 
喉に入ってくるような気がして

眠い んだけど
目が 痛い んだけど
鼻が いずいから
眠られない。


そして 目の前には ヒーター
この 省エネの時代に

海沿いで必死こいて動いている
風車さん ごめんなさい


さっき、「何 にやけちょん?」と言われたので
「最近 ブログが面白くて♪」と応えといた

きっと
「また くだらない戯言 打ち込んでいるんだろう」と
勘違いしているに 違いない

「書く」じゃなくて
「読む」なんだけれども。

と言うことを 書いていますけど、何か??
~( ̄▽ ̄~)(~ ̄▽ ̄)~


眠いと とりあえず 寝ようとします
自宅の場合は

眠れない場合は そうですねえ
座りっぱなしだったら
取りあえず 息 止めてみる

…んはっ …んはっっ! …っっく!!
と言う呼吸の音を 一切出さないゲームをする

参加者一名ですけど。

それでもダメなら
ミゾ 作ってみる

たとえば ユビのハラ とか テノヒラ とか
フトモモ とかに ツメで。

受験勉強時代 まことしやかに囁かれた 
眠気撃退方法が

まぶたの下に メンソレータムリップを塗る
でしたが

そんなんしたら 涙ちょちょ切れて
泣いちゃうじゃんって 思った

そうか
泣いちゃうから
眠っちゃわなくって いいのか

みんな あたま いいな☆

*

この記事の「きっかけびと」はこの方!

眠気に耐えて(?) 闇の中で存在感を増す
糸魚川駅前の奴奈川姫

何故か 冬期間 マフラーしてたんだよねぇ
最初「何じゃこりゃ?」と思った
色合いがね 銅像は一色なんだけど
このマフラーがあることによって 目立つ感じで。

凄く固いように見えたから 後から付け足した?
元々あった? と 車窓越しに色々考えた挙句

近くを通りかかってみたら 
普通の柔らかいマフラーだった(笑)

ひな祭りあたりには もう無かったから
春だと言うことで 脱いだのでしょうね。

それにしても どなたが付けていたのか
気になるところ。

って言う写真なんですけど、ね。
え? 暗すぎて 見えない???

そんなアナタは こちらを見てね

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

みゅうメンバー砂名プレゼンツ 
アート少女 根岸節子とゆかいな仲間たち


サブタイトルの ゆかいな仲間たち、の表現で 
読み始める前から何となく楽しい気分が広がったよ。

美術部のメンバーが主人公ということで、
先日読んだ本と少し繋がりがあるような感覚で
読み進めた。

絵が好き アートを基調とする世界、
色の持つ力が随所に溢れ出ていて 

読んでいる文庫本は白黒なのに
カラフルな映像が
浮かび上がってくるようだった

身近な全てがキャンバスになりそうだな、と
思わず見渡してしまったよ

捨てる神あれば拾う神あり、じゃないけれども 
世の中は敵ばかりじゃない、

行き詰まった時に 味方が助けてくれる、
例え 始めは 非協力的だと思われる時にでも
生まれる団結力があるんだなあと 
しみじみした瞬間でした。

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

詩の発表場所あります
自慢の絵・写真を披露したい方にもおすすめ!

ワタクシすずこが編集している手作り詩誌
ポエムサークル「みゅう」

仲間になり購読いただくと
ボツなしで冊子掲載 & CDトーク → 全国郵送★
見本誌もあります。読みたい方も連絡くださいね。

以下に本誌の写真・詳細を紹介していますので
クリックして御覧くださいませませ~☆

ミュウ 217.218号 完成♪ 

すずこのリンクはこちらから
人気ブログランキングへ
↑ポチッとな~☆↑



★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

雇用保険と休日

Img_1180


Img_1433


Img_1444

福利厚生の話です
正社員として働いていた頃は 
当たり前に天引きされていた

厚生年金 健康保険 雇用保険 なども
パート主婦の現在は 所得税くらいだ

まあ 勤務日の上限もあるため
金額も低いからね

会議や研修なんかは 日勤扱いではなく
時給換算されるしね

そうすると どんなに頑張っても 私の月給ってば
旦那の残業代にすら ならない訳ですよ

いや 良いんですよ。 程度問題ですけれど
どっちかって言うと 時間が欲しい女なのでね
その名の通り パートタイマーだから。

旦那の意向もあり 平日勤務可能な仕事を
探したんだし

まあ 昔みたいに 完全週休二日とはいかないのが
切ないところですけどね 

そんな中 春から雇用保険を導入する話が出た
個人的に可否希望を聞かせて欲しいとのことで
正直に言った

私は要りません。ただ皆が導入意志あるならば
勿論 天引き了承します。 と。

結果 導入らしいんですけどね
この金額は 収入によって違うみたいなんですね
まあ 保険 年金も そうだよね。
所得税もそうだ。

「すずこさん、
あと一年以内で引っ越しになったとしても
その後の移動先の状況によっては
失業保険もらうように手続きすることも云々」

とか何とか丁寧に説明していただいた
手続きに当たり 過去の雇用保険番号も必要らしくて
昔の書類を引っ掻き回していたんだけどね

いずれ私は扶養範囲内パートを続けて来たし
同条件ならば 旦那の扶養と重複請求は
出来ないからね 
天引きされるだけになるかも知れない

そう言えば、と思い出した
昔 財形していたなって。
給与天引きで自動的に貯蓄が出来る
画期的システムですな

それなのに なーーぜーーー 
一銭も 残ってないなんてっっ!!

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

写真 冬靴

山賊もとひ
三足並んでいるものは いずれも長靴タイプ

左側は内側にもこもこが付いているブーツ
折り返すともこもこがアクセントになる
可愛らしいもの

右側が池掃除用に購入したんだけど
所謂 作業用長靴
雪掻きには意外と便利ですのよ

中央は 所謂 普通の長靴
実はラメ入りでリボンもついているんだけどね
ちょっと 可愛らしいでしょ

見た目的には左のブーツが一番オシャレなんだけど
霙チックで路面ズルズルになると
防水スプレーの効力なんて何のその
ジトーッと 濡れるのよね
だけん どちらかを履くように している

そして 短い長靴 って 
短いのか長いのか どっちなんだよ!!
って話ですけどね、これも重宝します

積雪量が少ないけれど 足元ぐちゃぐちゃの場合
水の浸入を防いでくれる 優れもの♪

電車は 大糸線
雪深いと 止まることもあるんだけど
今年はそんなことも なかったのかな?

いつか これに乗って 白馬くんだりまで
ガタンゴトン 揺られてみたいものですな

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

田舎のサービス


鮮やかにサドルを漕いで 通り過ぎて行く
サドルは焦げぬ
尻にかかる重圧が なんぼのもんじゃい

ジュウジュウと焼き色を付ける もんじゃの湯気が
眼鏡を曇らす

元々 ピーカンばかりを連想するから 
曇天で暗くなるのだ

最初から「雨が好きだ」と豪語していれば
こんな微妙な気分で新聞を広げる必要なんぞ 
なかろうに

少し 屈託のない笑顔の裏で
寂しそうに呟くと
彼は そっと 跨った

そのチェーンが 独りでに 回り始める
タイヤとタイヤの隙間を縫うように 進み出す

ここは校庭

地面の高低差は有りませんが
華麗なジャンプをキメるには
少々テクニックが必要ですと先生

雲梯やブランコが 行く手を邪魔する
滑り台の頃は良かった

大抵 坂道の終わり 
半径10メートル以内に近付かなければ
怪我をする必要なんて なかった

ところが今じゃあ どうだ
ブランコは 前後に動くばかりではない

左右にだって
時折 宙を舞う大ジャンプなんかで魅せる
さながら田舎のサービス

チケットはお安くしておきますよ
今日はお休みなんですか
なんて語りかけている間に

雲梯から飛び降りた誰かの足型が
頭上でハミングを続けるのだ

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

詩の発表場所あります
自慢の絵・写真を披露したい方にもおすすめ!

ワタクシすずこが編集している手作り詩誌
ポエムサークル「みゅう」

仲間になり購読いただくと
ボツなしで冊子掲載 & CDトーク → 全国郵送★
見本誌もあります。読みたい方も連絡くださいね。

以下に本誌の写真・詳細を紹介していますので
クリックして御覧くださいませませ~☆

ミュウ 217.218号 完成♪ 

すずこのリンクはこちらから
人気ブログランキングへ
↑ポチッとな~☆↑



★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

ジョージの鏡

Img_1556


Img_1555


Img_1554


あれは 雛祭りのことじゃった
朝イチで 旦那に言われたミッション
「少し この辺 整理しろ」 とのことで
大小の段ボール10箱ほどを潰して 
購入した白ケースに収納したんですよね

って写真なんですけど
今 パソコンを打ちながら眺めている目線の写真が
奥にTVが見えているもの

2間しかない貴重な部屋の境目をブチ抜いてますからね
写真の左側にパソコンがあるんですよ
こんな風な視界ですよ いつも

だからTVの音量が自動的に大きくなる
別の部屋から眺めているからね
旦那が帰宅すると 「うるさいっ」と言われることも
しばしば。

リモコンも持って来ているからね
「リモコンどこだっっ?」 とも 言われる

まあ テレビもレコーダーも同じメーカーですから
リモコン互換性あるし
レコーダーのリモコンは居間に置きっぱだから
そっち使って~ って感じなんですけどね

本棚の奥には戯言ノートが詰まってますよ
みゅうやこれから読む本もある
ホームパイの袋が見えるけど この箱2つは
お菓子ボックス(笑)

お菓子の上にある3つの白ケースが
新入りなんですけれども
赤い枠の鏡が見えますよね
これ、ジョージの贈り物

え? ジョージって ダレ? って
元上司なんですけどね(笑)
しかも私が居たエリアで一番偉い支部長
を 皆ジョージと呼んでいた。

当時 みんなで 1000円くらいの資金で
クリスマスプレゼントの交換会をしたのよね
私の手元に転がり込んだのが ジョージの包み

未だに大活躍してますがな
元気かなぁ~ ジョージ。

タクシー読んでジョージのところまで行かせる歌
ありましたねえ
ジョージの家が近所ならば良いけれども
遠いなら 私は無理だな。ムリ。

他人の運転で眠るコトが出来なかったりする
旦那の運転中も 目ギラッギラさせてる
信用できんのか!! みたいな(爆)

あ、別に ジョージの家まで 起きて行けば良いのか
何となく 移動中は眠る、みたいなイメージで
物を言いましたけど。

タクシーの吐き出すニオイが好きだなぁって。
あれ ガスなんでしたっけ? 天然がす?

近所の子供達と隠れん坊していたとき
タクシーの後ろ側で 
クンクンしながら隠れたこともありますが
危険だよね

で 今度は自宅の車後ろで ニオイかいでたが
何かが違ーう!! と。
当時 車を動かす原料に種類があるとは
夢にも思わなんだ

タクシーのヤツ、何か魔法めいた乗り物だなぁ
と 子供心に 憧れていたのでした

藤鈴呼の戯言 すずこのザレゴト 通称すずザレ
このノートは 整理しているだけで 255冊くらい
最近 切貼を端折ろうかと思って
印刷方法を変えてみたんだけど 整理できちょらん

昔は勿論 手書きばかりだったんですよね
最近やってませんけれども たまに気が向くと
リーディングもUPしていたりする

42-7
黒インクの裏映りについて語っているんですけれど 
ノートの裏が黄色く染みているんですよね

何か ノートがお漏らしした? みたいなイメージに
なっちゃってる

元々 黒いペンで書いている筈なのにね。
と思っていたら たまたまテレビで 
インクの色合いについて語っていた

黒インクって 元々 黒だけじゃないんですって
何層かになっていて 黄色も入っている場合がある

だから 一見 どれも黒い文字であっても
使うペンが どう違っているのか 
調べてみれば分かるらしいんですよ
興味深いですのう

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

墨が離れた


パラリと言う音が 今にも聞こえそうな程
距離感は 遠くもなく 近いとも呼べない

厚みは ゴムほどではないが 
紙ほどは 薄くない

一本の髪の毛が すっと風に攫われる瞬間のような
美しさを称えて
光が笑う

こんにちは
その表現 間違っていますよ 

と 問いかけようとして
口を噤む

最近のパソコンは御洒落だ
外観のみならず 自らの打ち間違いをも 
自動的に訂正してくれる
そんな機能を持つ

昨日は 選ぶことに 夢中だった
間違えたつもりの変換を 楽しむ余裕さえあった
その変化に 自ら 戸惑っている ふりをする

大きく振りかぶる ストライド 
指の先に コンパス
トドメを刺されないように

同時に できるのならば 
後ろ指だって 御免蒙りたい

コブラツイストって技が あったでしょう
アレ 一度で良いから かけてみたいんだ
君が言った

一度だけだよ

念を押した筈だったのに 傘は破れ
穴という穴から 水滴が溢れて来る

ずぶ濡れになるのを隠すための長靴も
真上からの攻撃には避けきれない

キレない器が欲しいね

とっておきの陶器よりも 真っ白い心の中に
また パラリ

昆布のような 墨短冊が 落ちた世

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

詩の発表場所あります
自慢の絵・写真を披露したい方にもおすすめ!

ワタクシすずこが編集している手作り詩誌
ポエムサークル「みゅう」

仲間になり購読いただくと
ボツなしで冊子掲載 & CDトーク → 全国郵送★
見本誌もあります。読みたい方も連絡くださいね。

以下に本誌の写真・詳細を紹介していますので
クリックして御覧くださいませませ~☆

ミュウ 217.218号 完成♪ 

すずこのリンクはこちらから
人気ブログランキングへ
↑ポチッとな~☆↑



★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

扉を開けたら・・・

Img_1457


Img_1557


Img_1558


昨夜 雪だるまオンリーだった 天気予報マークが
今朝 雨傘仕様 散りばめられる状態になっていた

しかし 昨夜から恐怖の強風ぴゅーびゅーいっちゃって
また色んなものが飛んでいったらどうしよう~とか
札束を握りしめている(違)

ぴゅーぴゅー でもなくて
びゅーびゅー でもなくて
(前者が○ 後者が濁点 ついちょります)
組み合わさった感じなのよね

階段前の共有スペースに どこぞの網戸が転がり込んで
暫く放置されていた時は
埋め立てゴミの日が 待ち遠しかったよ…

今朝 旦那を送りに行く途中 信号待ちをしていたら
何かがヒラヒラしているのが 目に入った

この強風&クソ寒い(まではいかないな)中
窓開けて カーテンはためかせるなんざ
なんて画期的! と思って良く見たら 
どうやら網戸のようだ

下と横が枠から外れて 上部分だけで支えているから
正にカーテンのように見えたんだよね
鈍色のカーテン(笑)

「ほら見て! 網戸カーテンやん」
と 話し掛けた

「こんだけ風が強いとさ カタイ網戸が
窓にガッツガッツ当たって 五月蠅いだろうなあ~」

「網戸って 柔らかいよ?」
「え゛? そうなの?」

「うん。ピーンと張っているから固そうに見えるけど
何だろう 布みたいな感じ?」

ぬ・布はないじゃろ~と思ったけど
ちょっと納得しながら帰宅した足で

共用スペースを ちこっと履き掃除したんですけどね
他人の扉の前は 流石に長居 出来ないからね

そもそも 気になっていたのが
やもたん♪(写真参照)

私の階じゃあないのだけれど 
出窓付近に チーンといるのよね
観察していたら 三日くらい 動かない

こりゃあ本格的に可哀相な結末かな? って
ちょっと涙目になっていた

だって守宮もしくはヤモリはたまた家守たんだよ?
護ってもらえなくなっちゃう~(其処?)

昔 神奈川時代だったっけなぁ?
洗濯機で初めてGを目撃した衝撃も大きかったけど
小さなヤモたんが迷っていたのを思い出したわ

まあ庭園でも良く見かけるんですけどね。
ヤモたんより トカゲの方が多いかなあ。
可愛いですよね~。 

で、同じように三日くらい動かなかった鱗粉が
扉の前に居たんですよ。

最初見た瞬間、ルカさん逃げて!
って思ったんだけど(笑)

結構デカい蛾だったのよね
で、放置しておくのも何だなぁ~と思って
そんならついでに この辺も掃除しちゃるか!
と 決行したんですよ

先ずはこのガをですね~ と箒でチョン!としたら
跳ぶんですよ。げ。生きてる。

まあ でも こうなると 
ゴミ袋に入れる訳にもいかんのでね

騙し騙し塵取りに乗せて 微妙なバランスを保ちつつ
外へ連れて行こうと階段を下りながら
件のやもたんのいる場所へ到着

ちょっと高い場所なんだけど箒伸ばしてーーー
あら、尻尾が動くじゃないのっ♪
と 嬉々として パシャリ☆

ちょっと周囲が汚くて可哀相だから
お掃除してあげたかったけれど 
刺激するのも可哀相だから また放置中♪

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

カレンダー


写真は今月のカレンダー
メモ解説を していきますよー

秋あたりから ブログ当番が入るようになった
そのマークが「ブ」

最近 イベント打ち合わせが入るようになった
そのマークが「イ」

毎月あるミーティングが「ミ」
スライド勤務日が「ス」

「ブ」ログで「ス」ライドの日が 「ブス」
なんて風に メモっていくとですね

カレンダーが こんな風な文字で埋まる
ブス  ヒイ  ブヒ  ブヒイ  ヒミ

そこはかとなくビミョーな空気が広がる
けれど 眺めるのは私だけだし ま・いっか!

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

石橋の唄


間違いを犯した
誰かが和えた カルボナーラ

いつもの 生クリーム
しっとりとした 蜜の味

他人の秘密

人間と言う 大きな括りの中で
カテゴライズを してみる

履歴書にも 肩書きにも
組み込まれない

これは 秘密の味なのです

茫然自失
正に そう呼ぶに相応しい

状況としては 否定的
さも有り南無
そんな言い訳ばかりが

バラバラと 降って来る
バラバラに 振って来る

団扇か 扇子か
どちらを選ぶかは
君のセンスに 委ねられ
私は 結果論を 待つばかり

論調は 優しいが
反論は 許されぬ
下されるだけの 運命

和えるものを 間違えたのだ
漸く 気付いた
傷付いただけでは
恐らく 足りなかったのだ

惧れを成す 必要悪まで
茄子炒めにしてしまったから

ピーマンの代わりに
パプリカを添えても
結果は 同じなのだと

今度は どうしましょう
ホウレンソウが キライなのですね

されば 胡麻は 黒く 塗りたくりますか?

二度と 逢えぬように
二重線で 消した言葉だけが
宙ぶらりんで ぶら下がる

二本の箸で作られた
レール状の 空間が 笑う

日本の橋は そんなに高くない
一度 登ってみると 良いですよ
商人が 呟いた瞬間

高いの意味を 勘違いしていたと
高笑い

金ピカの コイン 幾つ 積んでも
石橋は 完成されない

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

詩の発表場所あります
自慢の絵・写真を披露したい方にもおすすめ!

ワタクシすずこが編集している手作り詩誌
ポエムサークル「みゅう」

仲間になり購読いただくと
ボツなしで冊子掲載 & CDトーク → 全国郵送★
見本誌もあります。読みたい方も連絡くださいね。

以下に本誌の写真・詳細を紹介していますので
クリックして御覧くださいませませ~☆

ミュウ 217.218号 完成♪ 

すずこのリンクはこちらから
人気ブログランキングへ
↑ポチッとな~☆↑



★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

黒い色

Img_1159


Img_1229


Img_1228


温泉宿の宣伝を見ながら 
打ち込んでいるのだけれど 

黒い色、で想像してしまうのは 黴。
これはいただけない。

凄く良い 木の香りに包まれる 桧風呂なのに
隅が黒いとか 

景色がめっちゃ最高な 露天風呂なのに
足元(と言うか、座る瞬間は尻元になるのだろうか)が
ぬるっ♪ちゃったりしちゃったりしたもんでから

「うぎゃーーっ!!」と 声にもならぬ声で、
でも一見

「何でもないっすよ!寧ろ気持ちいっすねー!」
位の

晴れやかな表情で入っていますが、何か??
~( ̄▽ ̄~)(~ ̄▽ ̄)~

雪見風呂とか最高だろうな、と思うけれども、
岩手と秋田の境目くらいにあったと記憶している
有名な温泉宿では

雪の重さで 死傷者が出た過去もあるから
楽しんでばかりも いられないのかなって。

地域でものを言う時にも 一概には言えないけれど
関東圏で大雪の時 腰まで雪だった地域も あるらしい

出勤するのに ン時間歩く人も
当たり前だった様子

私は海沿いだけど 10分も走れば
雪深い箇所になるんだしな。

たまに救急車も走っているけれど
雪道だと 赤い回転灯は 
色合いとしては 目立つのだけれど

擦れ違う瞬間にならないと ピーポーの音が
響かないような気もして、

これは
雪って 消音効果もあるのだろうか? と
ちょっと怖くなったのでした。

雪に埋もれた時の体験談も 
実際に 実験していた番組が あったけれども

上に 1メートルも積もると どんなに叫んでも
外に声が 届かないらしいですもの。

万が一 雪崩に遭遇する瞬間には 
空気の層を作るのに 

手を丸めるくらいが 精一杯かも知れないけれど、
これで随分と違うらしいです。

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

見たい競技


冬季オリンピックを眺めながらの会話より

野球に疎いから分からないのだけれども
各球団から代表選手を集めて 
チームジャパンとして戦うことを
ワールドベースボールって言うんだっけ?

それとはちょっと違うのだけれども
競技をとっぱらったバラエティーピックとして
(ピックの意味って何なんだ? 略し方 変かも)

国別に大会を催したら 楽しそうだね と
話していた

旦那が言い出したのが
「カーリングはボーリング。 どう? 上手ぐね゛?」

ええ。上手く韻、踏めてますよん。
私好みな感じでねぇ~♪

どうやら 
カーリング選手に ボーリングをさせたいらしい

「練習でも やっているかも 知れないけどね」
「いや それはないだろ~」

「エアホッケーなら あるかもよ?」

一方 私が見たいのは モーグル選手の 普通スキー
コブ滑走 スピード 眺めるとやるじゃあ
全く違うからサ
練習なんかも違うんじゃないかな、と思ってね

あ、逆の方が面白そうだなぁ
コブを攻める練習をしていない スキー選手に
モーグルをしてもらう、とか。

スキー選手がフィギュア履いて
丸リンク一周タイム計測、とかも 面白そう

何故 スピード靴でなくて フィギュア靴かと言うと
スピードは刃先が鋭利で細いから
直ぐに履きこなすのが 難しいんだそう

小学校の裏手がスケート場だった私達は
冬になると体育の時間が スケート実習だったけれど
フィギュアならば 歩けるのよね

最初 両手を広げて 踵をつけてV字を作りながら
少しずつ進む練習から 始めるんだけど
これを「ペンギン歩き」と呼んでいたな。
懐かしい~。

今回はLIVE映像を眺めたい場合は
深夜に起きていないとダメだった

女子フィギュア フリー演技前のこと
オンタイムで見るつもりなのか と思って
昼寝をしてみたのだが 

帰宅した旦那の様子を見ていたら
どうやら眠る方向らしいので ちょっとホッとして 
とりあえず風呂に入ってみたら 本気で眠くなった 

瞼半分 閉じかけて~Zzz..  ハッ と
結局 何となく眺めてから眠ったのでした

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

鉄クサイ男 水臭い女


口の中に広がる 錆びのような味
毎回 思い出す 鉄棒のシーン

Tシャツの裾を 括りつけて
何度も後ろ手に 回り続ける

逆手にするのが 邪道だった
順手のままで 十手を持つ構え

帯はラム色 新しい名札を もうすぐ貰えるの
ニコリと笑う唇に スッと引く紅と 同じ色

伸びきったシャツが 斜めに垂れ下がり
あの人の 目尻のようだと思ったら 吐き気がした

にやけ顔の似合う 頬の線と同じ角度
笑顔の線を想像する時 何となく仏に見える曲線が
良い人に見えた

あなたは何も言わない
ただ しんみりと 思い出話をするように
語り始める

一つの物語なのだと 読み込む前にスルーして
読後感を認める
スタンプなんて 作成出来ないの
絵心が ないから

いや 違うね 必要なのは スマホケース
ちょっと 布のような 角ばったヤツ
矛盾するボタンで そっと留めたら
全てのアナウンスを 拒否できそうだった

鉄棒を持つ手が 冷たくなり始める
体温を 奪われたのだ
あの時 順手に 持ち替えていたら
この 血液を 送り込むことに
成功したのでしょうか

鉄棒の内側に流れる 脈々とした回路を
今でも 感じるのです
逆さまの空を 思い出す旅に
朝から 出掛けます

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

写真

ロスジェネの逆襲/池井戸 潤
これは 裏表紙です(笑)

カラフル/森絵都
こちらは みゅうメンバー さなプレゼンツ

途中から 次々ポタポタ涙が出て来て
中断しながらも 一気に読んだ。

最初の設定で コバルト文庫の世界観を
連想しながらも 
何処かリアルで 不思議な感覚だったな。

主人公の男の子が探しているのは 結局・・・
と言う結論、

途中で「もしかして」と思う通りの結末で、
所々「あれ? 私これ一度 読んだことあったっけ?」と
錯覚してしまったくらい。

表紙の黄色も目を惹くから 
二度目ならば 忘れないとは 思うのだけれど、
これは 映画にも なっているんだね。と 
あとがきで 知りました。

「ガイド」の口調が秀逸。

ラストの種明かしシーンで
丁寧な口調なのに 突然口調が変更する場面では
思わず 泣き笑いしちゃうほど。

何て言うのか
スリッパで 頭をパンっ!と叩かれるようなシーン
を連想しちゃいました。

全体的に 自分探しの旅を続けるような印象で、
本の隙間から「助けて」と染み出てくるような
気がしました。

口に出さなくても伝わる思い、感じることの大切さを
考えさせられたかな。

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

体力の限界 知力はないけど腱鞘炎 by すずこフジ

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

詩の発表場所あります
自慢の絵・写真を披露したい方にもおすすめ!

ワタクシすずこが編集している手作り詩誌
ポエムサークル「みゅう」

仲間になり購読いただくと
ボツなしで冊子掲載 & CDトーク → 全国郵送★
見本誌もあります。読みたい方も連絡くださいね。

以下に本誌の写真・詳細を紹介していますので
クリックして御覧くださいませませ~☆

ミュウ 217.218号 完成♪ 

すずこのリンクはこちらから
人気ブログランキングへ
↑ポチッとな~☆↑



★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

2014年3月 5日 (水)

餅はモチモチ持ちがイイ

Img_1441


Img_1440


Img_1439


正月には幾らか食べたお餅
凍らかしておけばOKかと思いきや
冷凍庫も二週間ぐらいが限度でカビるよ~
なんて旦那に脅され(?)た日々が 懐かしい

今日は朝から雨でね
ほんでも気温は低めかな?と思っていたら
甲府じゃ朝から雪が降り続いているらしい
ここよりも冬モードじゃあないですか!!

甲府に岩手時代からの友人がいるのですが、
前回の積雪で 近所の方々に
雪掻きとはこのようにやるのだ、と
指南するような場面もあったようです。

そうだよね 慣れてないんだもんね、と納得
雪掻き用の長靴を 探していた時のこと
ホームセンターで見つけたのが写真の黒長靴

何か内側に青いの巻いていて温かそうだし♪
と思ってサイズを見たら 27とか26って
男性用じゃねえかっ! 

しかも 畑の畝も云々~って 農作業用か(笑)
やはり餅は餅屋と言うもんよ~と
その後で靴屋へ行ったんですけれども
ここでハタと考える

餅は餅屋、靴は靴屋。うん。それはイイ。
ほんなら ホームセンターって定義は?
何となく便利なグッズが色々置いてあるよねー
位のイメージなんですけど??

ホームセンター(Home Center, HC)
主として日用雑貨や住宅設備に関する商品を販売する
小売店の業態である。

和製英語であり、日本国外では通用しない。
なるほど。すずこにも通用しなかった訳だ(違)

DIY(Do It Yourself):
家庭の設備機器などの小修理や改造などを
使用者自身が行うこと。

この他にも BIY SIY と 
あるみたいなんですけれども

普段 何となくのイメージで捉えている言葉って
多いな

雰囲気で理解しているから 
細かい処で問題が生じたりするのね(笑)

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

読み応えありますよ
ミッドナイトプレスウェブマガジンNo.9
投稿欄「詩の教室」

全39頁 pdfで眺めることが出来ます
30頁以降に みゅうメンバーゆりの登場
続いて ようさん登場 御夫婦で掲載です!!

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

どこもパソコンなのね


この時期は 
XPのサポートが本格的に終了するということで
駆け込み需要も多いでしょう

新しいパソコンの操作方法も
親切に教えてくれるサポートがあれば良いですね。

慣れた機械のように直ぐ作業できるものばかりでは
ないのでしょう

私もパート先のパソコンが Windows8になってから
戸惑うことが多いです。

いや、新PCオネダリしたの、私だけどサ(爆)
OSのことまで考えてなかったんだよねー(棒)

まあ お蔭さまで 初タブレット生活も堪能し
何たるものか、くらいは 解ったような。

スマホも持ってないからね 
ユビでタップ(でしたっけ?)の感覚も 
全く分からなかったから。

先日 ガソスタに行った
灯油コーナーに進むんだけど

スタジャンを来た男性が 避けてくれない
あの、そこに立っていると。。。 ジャマ!!

と思った瞬間に サッと避けてくれて
(一体何のゲームなんだ)と思いながらも
無事に停車

車を降りても 避けないんだよね
で、話し掛けられた

「ちょっと 反応が悪くって
 起動するまで 1分くらい いただくんですよ」

嗚呼 そういう事ね。 なら仕方ない
良く 暗い画面をタッチすると 操作画面が出るけど
今回は 時間がかかっている

…と 見慣れた画面が。
♪ちゃら~ん♪ げ。 XP起動音じゃね??

そして 懐かしい起動画面
思わず 笑いそうになっちゃった

暫くして 
いつもの灯油画面に切り替わったんだけどね

こんな小さな画面で 外にあって
図体がガソスタの機械なモンだから
イメージと現実が 私の中で一致しなかったの(笑)

とか呑気に考えていたけど、あの~ 
サポート終了するみたいですが、大丈夫ですか???

次回が ちょっと 楽しみ
でも 灯油缶18ℓ 2つあるし
次に入れる機会は 来年かもしんねぇ♪

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

白いベッドの上で


お見舞いに行く機会は
少ない方が良いのでしょうけれども、

実際 患者さんが 時間が余っている方の場合は 
話し相手にもなるし 喜ばれることでしょうね。

この季節は 窓を開けても雪景色で
視線を戻しても 病室は 真っ白だったりして

眩しいのか 寂しいのか 
色合いに対するイメージは
人それぞれでしょうけれども

そう言えば お医者さんのイメージも
白衣でしたよね

看護婦さんは 薄い桃色や水色の服も
印象的ですね

同じ入院生活でも 好きなことが出来ず
痛みと格闘して過ごす日々は
辛いものでしょう

インドアの趣味で 時間を過ごせる場合は
読書も良いですね

読書目線で言うと 普段の生活だと
私の場合 目の前に テレビやパソコンがあって
じつくり読もう! と思っても
ついつい脱線しちゃいますけれど

目の前に 本しかなかったら
読書 進むんだろうな、なんて。

私は 一度しか 入院経験ないですが
アレだな、マニキュア塗って 遊んでたら
看護婦さんに

「爪の色が分からないから
 健康状態が測れないでしょ!!」

と怒られた記憶が あります(笑)

それでも 日々 
黒字に赤で 「今日は太陽♪」 とか
青と水色で 「波♪」とか やってたら

その内 「今日は何?」って
楽しんでくれるように なりましたけど

方向性が絶対的に間違っている 
患者でスマン

そして 点滴 引きずって 
何階も下の喫煙コーナーに 巣食ってましたねー

何をしてたかって言ったら 小さなメモ帳に
言葉ばっか書いていた。

「何 書いてんの?」
「詩です」

「・・・死? 縁起でもないなあ」
「それ 演技ですよねぇ、ポエムの方ですよ」

なんつって くゆらす紫煙の向こうに
沢山の支援があった ことですね

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

貝殻の記憶


ザプンと飛沫が上がる度
痛みが 一つ 弾けます

空は 真っ新なほどに 青くて 白くて
耀く太陽が 全てを覆い尽くす程に
ツライのですが

その言葉を 発する手前で
光が 消して しまいます

砂に書いた言葉が
いけなかったのでしょうか


きっと

手にした棒に 描いても
同じだったのだと 信じて
前を 見つめると

ザプン
さっきよりも 少し大きな波が
何かを 弾き出しました

あれは 珊瑚
岩場に貼り付く 貝殻みたいに
無言では ないの

いや 違うね
本当は ホタテみたいに
中身は 面白いのだけれども

普段は 脳を 閉じているから
見えない だけなの

右か左か
あなたは
揺れながら 歩くのが 癖だから
分からないけれど

とにかく 私が 眺めているのは
一部分だから

・・・ね?
カプン

貝殻が 食べた
わたくしの 指が
ちょっと 痛い

でも 大丈夫
もう一度 口を開けば
取り出せるから

*

今回の記事の「きっかけびと」は この方!

詩の発表場所あります
自慢の絵・写真を披露したい方にもおすすめ!

ワタクシすずこが編集している手作り詩誌
ポエムサークル「みゅう」

仲間になり購読いただくと
ボツなしで冊子掲載 & CDトーク → 全国郵送★
見本誌もあります。読みたい方も連絡くださいね。

以下に本誌の写真・詳細を紹介していますので
クリックして御覧くださいませませ~☆

ミュウ 217.218号 完成♪ 

すずこのリンクはこちらから
人気ブログランキングへ
↑ポチッとな~☆↑



★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

播磨カキ

Img_1466


Img_1437


Img_1438


牡蠣は大好きだ
タルタルソースたっぷりの カキフライもオツだけれども
やはり生食にはかなわない

スーパーで衝動買いしたのが 写真の播磨産。
兵庫ですから日本海産ということにも なるのかな

林檎・焼菓子・具・作成
上記事で書いてある ポン酢ぶっかけて いただきました
マイウ~

一枚は 苺ヨーグルト 自家製プレザーブ乗せ
苺好きなので 最近 苺商品が増えて来て 嬉しいところ

岩手時代に良く食べていたのは 
三陸産が多かったんだろうな、と振り返ります

昨夜テレビで 
岩手 陸前高田 広田湾のカキを眺めていました

牡蠣ができるまで

牡蠣の実は白くぷるぷる
ひっついているのが ホタテの貝殻だそうです

種ガキ と呼ばれる カキの赤ちゃんは
そばにあるものに ひっつくのだとか

ここで一句
目の前に ホタテがあれば 家にする

ヤドカリのようなイメージとともに
初めて目にした相手を親だと信じると言う
ひよこちゃんも 思い出しました
(確か そうだったよな)

間引きしたり 風呂(湯)に入れたり
手間暇かけて 数年かかる様子

間引き、は木々もそうですよね
密集していると 光合成が確り行き届かないのでね。

カキの場合は 
海のミネラルを十分に与える為だそうです。

身ぶりが未だ プリップリにならない頃は
水っぽくて 塩からいことも あるそうな

三陸カキ料理の写真 ヨダレが出ます
カキ以外も美味しいお店ですよん♪

あ、先日 話していたんですけどね
塩が多い状態、の表現として

しょっぱい、と 良く言いますけど
大分の義母さんは からい と 表現することが
多いのよね

塩辛い、なんだろうね
前に帰省中 ウインナー・ピーマン炒めを作ってて。
フライパンで味付けして、と言われて
渡されたのを入れ「過ぎた」ら

味見した義母さんに「こりゃ からいわぁ~」
と 言われたのでした。

あと かしわ汁の時とかね
どうも私 手加減が出来ない女らしいですよ?(爆)

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

言い間違い


東証トピックスのコーナーを聞いていたら
「値を上げました」で終わったんだけど

直後に浮かんだのが

え? 根を上げた? 一体どうした?! 根性ナシか!
と 突っ込んでいるシーン (ダメだこりゃ)

忘れるくらい 言い間違えて来ましたけれども
覚えているのが 2つ


その1

レンタル中古販売店でバイトしていた頃の話
DVDコーナーで 若いカップルに質問された

「あの、外国の映画コーナーは どちらですか?」
ああ、洋モノですね? こちらへ~♪

無事に案内を終え
一仕事終えた! と スタスタ歩いていたら
上司がやって来た

「す・すずこさん!! この場合は洋画コーナーです。
 あの、洋モノって言うのはですね? ~で~で。。」

と説明してくれたんだけど
そ・そうだったのか!!!

道理で 若干 赤い顔して にやけちょんと思ったわ
Σ( ̄□ ̄)!


その2

神奈川を離れる直前のこと。 

引っ越し手続きもして 手ぶらになり
後は 富山まで ドライビング!! の頃になり

最後の晩餐をしよう! と転がり込んだのが 
カツ屋さん

久々に さくっさくのカツだぁ~♪ と
ニンマリしながら メニューを選んでた

若い男性店員さんがやって来た

旦那 「○○定食。」
私 「じゃあ、私は~ レディースコミック!!」

店員さん 「・・・」

一瞬 呆けた後に 大爆笑
肩を揺らしたまんま 暫く起き上がれんかったわ
⊆|∵|⊇

メニューにはね レディース御膳 と
書いてありましたがな

旦那 「おまっ… そりゃあバイト先に 中古本が
沢山あるからと言って それは ないんじゃね゛?」

と言いながら 笑っちょん。
けっちょーん…il||li_| ̄|○il||li

「お前 絶対 有名人やで? この店のバイト連中内で。」
「あ、やっぱり 店員さんやなくて バイト君なのかなぁ?」

そーゆーもんだいじゃーないだろーーーー(吠)

ここまでだと思っていたんだが
先日 その思い出話をしている内に
思い違いが発覚した

旦那 「しかし レディースコミックはないよな」
私「んだんだ」

「せめて 少女漫画とかなら 救いあったのに」

「・・・? え? そのことじゃないの?
 あの、リボンとか マーガレットとかに 
 掲載されているような 女の子の読む漫画でしょ?」

「・・・・・。調べてみ。」

そして 調べましたよ
ちーん。o(+_+。)(。+_+)o

ねぇ、 私・・・
ホントにバイトやってたの???

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

詩の発表場所あります
自慢の絵・写真を披露したい方にもおすすめ!

ワタクシすずこが編集している手作り詩誌
ポエムサークル「みゅう」

仲間になり購読いただくと
ボツなしで冊子掲載 & CDトーク → 全国郵送★
見本誌もあります。読みたい方も連絡くださいね。

以下に本誌の写真・詳細を紹介していますので
クリックして御覧くださいませませ~☆

ミュウ 217.218号 完成♪ 

すずこのリンクはこちらから
人気ブログランキングへ
↑ポチッとな~☆↑


★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

とったどーっ!!

Img_1542


Img_1543


Img_1548


取った ではありません
撮った ですね

写真 昨日の黒姫山

白一面の氷山みたいに見えた時 
撮影しそびれたので

今回は 良い撮影地点をも探さん! と 
ドライブ決行 そりゃ結構!

ってな訳で 通ったことのない道で曲がったりして
唯だ山の見える方向へ 進む私

まるでアレだね 道に迷った夜 北極星を眺めながら
「母さん! 北は あっちだよ!!」と
温かい我が家を求めるかのよう

あ 違うね
路に迷っているんだったならば
待ち人も 探しに来てくれているかも 知れないんだし
自宅が 温かいとは 限らないのか

まあ 撮影ポイント、なんて 格好良いこと言っても
結局 スーパーの駐車場に落ち着くなんざ
良くある話

電柱や 看板なんかの 人工物に阻まれて
自然観 台無し、なんて ぼやけませんよね
それがなければ 無いで 困ったもんだ、ですもの。

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

天使の梯子


ゴミ捨て場に群がるカラス
性質の悪い笑みを浮かべる人間よりは 美しい

羽根が 七色に染まる度 描く曲線は
一度 空へと舞いあがり
再び 地上に 降り注ぐ
天使の梯子のよう

細やかな気遣いを 霧雨が覆う
コールタールの仲間たち

水溜りに映る 青空

カーキ色に染めたTシャツ
インディゴブルーのジーンズ

羽織るのは真白なコート
唯だ 何色にも 染まれるように

透明人間には 成れないから
仕方ないのだと 呟くの

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

染物体験は したことが ありませんが
自然の中から 色々と 素材探しをして

天然染めをしたストールを 身に纏うなんていうのも
お洒落で良いですよね。

あと 思い出したのが 和紙。
作る工程を 初めて画面で眺めた時には

何故だか 昔ながらの 豆腐屋さんを 思い出しました。
茶色の木枠のイメージと 液体の白い感覚からの
連想だったのかも知れません。

夜に信号が爆発するのは 乱視になってからですね。
イルミネーションの美しい ぼやけるシーンが

苦労しなくても 素のままで 眺められるのは
特権なのか? いやはや。

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

線維筋痛症(せんいきんつうしょう)
全身に激しい痛みが生じる病気である。

目に見えないというのは 大きいのでしょうね。
見えない分、猜疑心で見られる場合には
症状も 悪化するのでしょう。

付随する症状だけでも 多岐に渡り、
本当に 一口では説明しきれない難解さも あるんですね。

身近な方の症状をみて
「こういう病気なんだ」と 理解したつもりでも

別の方からしてみれば
「全然違う」ということも 多いのではないでしょうか、

それが全て ストレスに直結すると思うので
皮肉ですよね・・

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

私の紡ぐものは 気分次第の戯言でして
詩だ!! と 大声で言えないものも 多いです

詩が好きだ というのは
大声で豪語しましょうヨ♪
と思います(笑)

意味不明も 多いです。
脱線している内に
言いたい事も 忘れちゃうっていうね(爆)

*

北は何処から


自分が拠点となることって 多いです
年齢 住処 然り。

私は岩手生まれの 新潟在住

例えば 九州育ちの旦那に言わせれば
新潟も 北国ですが

私にしてみれば 岩手の基準で考えると
新潟は 雪国とは思うけれど 

岩手よりは南だな、と言う 物理的事実が
感覚にも作用している気が しています

そして 北海道を考える時は
「これぞ北国!」と思います

北へ行くのね ここも北なのに
と あまちゃんソングを思い出してみたりして♪

あのフレーズが 上記のような感覚とともに
妙に存在感を増して 迫ってくるようでした

そんな北国。
いつか 私も
一度 暮らしてみたいなぁと思う地の
一つです

自宅で引き取る前まで 
母方の祖父母が住んでいたのが
小樽

オルゴール・ガラス館がある 御洒落な港町
そんなイメージでした 

初めて飛行機に乗ったのは
花巻空港→千歳空港 
祖父母に会いに行く フライトでした

窓から空を見下ろしたらね
(見下ろせる位置って言うのも 貴重ですよね)

眼下に七色の円が笑ってるの
へぇ、虹ってこんな風に見えることもあるんだ!
と 幼心に 興奮したのを 覚えています

大人になってから 相棒の白アルト号を連れて
岩手から青森までドライブした後に
フェリーで北国上陸、遊びに行ったこともある

丁度 オルゴール館でまったりしていたら
携帯が鳴ってね
「アンタ知ってる? HIDEが亡くなったよ」
あれはGW 緑の季節でしたね

まあ その後 速攻で車に戻り
NHKラジオを聞くんだけれども
予定を切り上げて岩手に戻り その後出勤したら

「アンタ、何でここにいるの?」
と 上司が驚いている。 

えっと、仕事だから-- なんです~けど?
「てっきり 築地に行ったかと思ってた!」

と どんだけ エックス熱だったんだと言う
懐かしいエピソードです

解説しますと
Xのhideが5月2日に亡くなり
築地本願寺で葬儀だったんですね。

ドライブした時はね 小樽-札幌あたりを
走った記憶があります

羊蹄山に惹かれたなあ 綺麗な山だった
道路から横を見ると 緑の中に馬がいて
「おお!! 馬や!」 と 興奮したな

父方の実家は農家なので 幼い頃から
牛は見慣れていたんだけどね

母が丑年なので 何となく牛を見ると
母のイメージ(笑)
あ、妹が馬なんですよねー。私が虎。

さ・流石に虎は 動物園でしか会ったことないな。
ひきだてんこうさんは飼っているんでしたよね
良いなぁ。

まあ 営業時代、農場にも通っていたから
羊 ヤギ たまに出没するタヌキなんかも
楽しく眺めていたけれど

たまに いますよね
山の中 ドライブしていると
こっちを見つめる ヤギ

何となく ヨーロッパのイメージが抜けない
何故だろう

白いからか?
ブルガリア? (それはヨーグルト)

先日 ゴミ捨てに行く時 ヤギや!!
と思ったら 白い犬でした
そうだよな、ヤギ、散歩しないよな。(多分)

未だ私が 幼稚園あたりの頃だったと思う
祖父母宅に 遊びに行き 帰り道

列車移動する というので 
駅のホームへ 行ったのよね

線路をまたいで向こう側のホームにいる私達
祖父母は線路の真上 陸橋ならぬ 
この場合は鉄橋と呼ぶのか?
そこから 私達を見ていた

両親に手を引かれながら 祖父母に向かって
振り返りながら 手を振り 歩きながら

「ばいば~い♪ ばいば~   ガツッ

と思い切り ホーム柱に 体当たりしましてね
直後 うえ~ん って泣いていたって言う

その様子を 祖父母は 
あらあら…と言う 哀れな表情で眺めつつ
しっかり手を振ることは 続けていた(笑)

まあ だから 北海道の思い出は 痛い!(違)

天狗山のロープウェイをのぼり 夜景を眺めたのも
良い思い出です

その後 絵に描いたような気がする
あれ? するってえと 小学生だったんかな?

旭山動物園かな? 
白熊を眺めたのも懐かしい

結婚後は 旦那と行ったモエレ沼のイメージも
強烈に残ってますね

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

詩の発表場所あります
自慢の絵・写真を披露したい方にもおすすめ!

ワタクシすずこが編集している手作り詩誌
ポエムサークル「みゅう」

仲間になり購読いただくと
ボツなしで冊子掲載 & CDトーク → 全国郵送★
見本誌もあります。読みたい方も連絡くださいね。

以下に本誌の写真・詳細を紹介していますので
クリックして御覧くださいませませ~☆

ミュウ 217.218号 完成♪ 

すずこのリンクはこちらから
人気ブログランキングへ
↑ポチッとな~☆↑



★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

2014年3月 4日 (火)

潤いをください

Img_1479


Img_1482


Img_1485


皆さん、潤ってますか?
はたまた 潤滑油として活躍してますか?

心は潤っていたいですよね
目元はカラカラの場合が多い私

加湿器…必要だなあと思う瞬間が増える
冬ですね。

眠って 起きて 喉がカラカラ状態だと 
特に思います

何となく 炭酸水マイブームが訪れてからは 
喉を潤す頻度も多く
忘れかけては いるのですけれども

いかんせん 瞳の潤いは 
足りてないようで

たまに 目薬を眺めながら 
加湿器 アロマのヤツでも買おうかな 

などと
迷ったフリもするのですけれども 

置き場所もないし 香りは飽きそうだから
どうせ楽しむならば バスタイムで丁度良かろうもん、

などと呟きながら
目を閉じて 次の夢へと 誘われるのです

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

写真 残雪の庭園

白い絨毯に寝そべる 紅葉の
しなっとした姿を 見つける度に
胸が ぎゅっと しめつけられる

お前、良く越冬したね
そう 声をかけたくも なるんだ

大きな敷石の向こうに雪吊が広がる1枚
敷石の後ろ側 一段高いところに
いつもは 糸魚川真柏が 君臨しちょん

だけん こういう下なめの景色は
今だけの特権なんですよね

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

お好み焼きに ライス
イケルくち ですか?

私は アリだな
何だったら ごはん+パンでも
何とか 食べている

ごはんのおかずに サラダも
全然いける

パンの時に 味噌汁しかなくても
仕方ないなって 思う

王道の組み合わせはね そうじゃないって
知ってますよ

知ってますけれど 
それでも食べられるって話です

ラーメンライスなんてオーダー
一度 してみたいけれど
中々 頼んだことが ない

何かね、とある実話を読んでいましたら
カツ丼とラーメンをオーダーしたのに
ラーメンではなく ライスが出て来たらしいんです

あれですね
炭水化物に 炭水化物

あ、でも それだと
カツ丼とラーメンも同じか

きっと あれですよ
カツ丼とライス

上のカツを端折って
ライス二杯分で食べろと言うミッション

昔 母の作るハヤシライスが大好きで
一杯 食べたいんだけど 鍋は一つ

三日目くらいになってしまうと
あと少ししか 残ってない
(あれ? そんなにモチ良くなかったかな?)

で 苦肉の策として
おかわりする前に ルーを避けて
ライスだけ盛る

食べる時は スプーンにライスのっこり載せて
先っちょに ちょこっとルーを
みたいな食べ方をして

「出来るだけ長く!! この米粒 一粒分でも多く!」
と思っていた日々のことを 思い出しました

ハヤシライスへの執着って すさまじい
カレーの場合は 普通に食べていたのにね(笑)

あ、もう一つ 思い出しました

手作り味噌ラーメンが大好きで
実家のやつは 挽肉 若芽が
のっこり乗ってたんですよ

ラー油もかけると 何だかお店の味みたい!
(自宅でラー油ってのが 多分 珍しかったんですね)


褒めた

すごく美味しいよ! これ 最高だよ!!

結構 頻繁に出て来「過ぎ」て
嫌いになりました
…il||li_| ̄|○il||li

そういうことも ありますよね
だから きっと 良かったんですよ

ラーメンは次回に期待ですね(え゛)

この記事の「きっかけびと」はこの方!

カツ丼の衣ってば サックサク♪
あなたの言葉に衣をつけて サクッと読める冊子に!!

詩の発表場所あります
自慢の絵・写真を披露したい方にもおすすめ!

ワタクシすずこが編集している手作り詩誌
ポエムサークル「みゅう」

仲間になり購読いただくと
ボツなしで冊子掲載 & CDトーク → 全国郵送★
見本誌もあります。読みたい方も連絡くださいね。

以下に本誌の写真・詳細を紹介していますので
クリックして御覧くださいませませ~☆

ミュウ 217.218号 完成♪ 

すずこのリンクはこちらから
人気ブログランキングへ
↑ポチッとな~☆↑



★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

2014年3月 3日 (月)

私だけじゃなかった

Img_1525


Img_1526


Img_1527

失恋ショコラティエ
毎回 欠かさず見ているかもしれない

これ 月9だったんですね
華金同様 バブル時代の言葉? 通じるかしらん

毎回 手元のチョコレートをつまんで ぱくり♪
しながら 眺めちゃうんですよねー

そういう瞬間だけ 同化させちゃいますよね
今 わたしも 食べてるの!! みたいな

違うのは チョコレートをもらった相手が
同性だってことぐらいでしょ!

今日も 食べ過ぎそうになり 危険・危険! と
本棚にチョコを置いて 慌てて席に戻る私(笑)

福家警部補の挨拶 キャスト
今の今まで 知りませんでした

スマスマに出ている だんれいさんじゃなくって
きたがわけいこさんだと 思ってた

皆 思ってるんですねー と 一安心

部屋が ほんの少しだけ スッキリしたので
カレンダーで ブックカバーを作ってみた

ゴミ捨て 2回も行っちゃったよ
朝イチで 出すんですけどね
掃除したら ゴミが出るじゃない?

この地域は 燃えるゴミを
13時までに出せば 回収してくれるので
昼ごろ ぽたぽたと 歩いていたら

後ろから ぱぁ~っ☆ と音がした
振り返った姿を認めて 手を振る瞬間が 
何か 清々しい

先日 何も知らずに
白馬くんだりで グロッキーしてたら
この方からメールが来ましてね

え? 私、新聞に載ってるの?! 
と 知ったのでした

インタビューされた時
一切の ためらいもなく 年齢を応えたので
確り表示されていた サンキュー! (洒落か!)

*

邪道だと思っていること


1. 高速オートマ ドライビング

レガ子に出会う前の お話ですな
国道マニュアルだろ!! と 思ってましたねー

2. ミラーサイト 自動投稿

複数ブログを持っていますが 
コピペはしても 毎回きちんと 
クリックして投稿する、を 心掛けています

良く 登録しておくと Aのブログにupしたら
自動的に BのブログにもUPされる機能 
ありますよね。 アレが何かイヤでね。

3. 矯正下着・ダイエットグッズの使用

一度も経験ありませんけれど
素のまま が モットーですね

あ、でも 化粧はしますよ
ファンデーションと リップと 眉サッサ

若い頃の写真見たら 
「アンタ何で そんなに眉毛 長いん?」
と 自分で突っ込んじゃいました

ミスドバイト中の時代ですけれど 来店した知人に
そんなこと 言われたっけなあ~

一度 バッサ~っ!! って程の ツケマを
してみたい。 

100均に行けば 手に入るんだろうれど
何か キライで したことが ないんですよね

マスカラ ビューラー 口紅 グロス アイシャドー
そんなものも 一切 ないなあ

久々に 本気で化粧したら 楽しそうだよね
あ、でも これから暑い季節になったら
黒い汗 流れそうだし 駄目だわ(笑)

*

質問をしてみた


庭付き一軒家に住むとしたら 何を置く?

「芝生」
全部 芝生?

「うん」
私は 灯篭が好きなんだよねー

「芝生に灯篭は 合わないな」
ガス灯とか 石灯篭とかー

「それじゃあ 砂利にしなきゃ ならないよ」
そうかー 合わないか― 残念っ!!

じゃあさー 何か植えるとしたら?
「パンジー」

なるほど。 パンジーって顔みたいだよね
眺めていると 笑えそうな 気がする

私は薔薇かなあ。
育てるの 大変そうだけど。

育てるとしたら?
「茄子」

茄子とか トマトって 放置してて良いのかな
そんなこと 聞いたことあるような

キュウリ ジャガイモなんかも
植えて 水と日光があれば

ある程度 いける気がする~♪

*

写真 

ダースベイダー(?)になる前の 
大盛サラダ(笑)

シシャモ イカ焼き(たまに良いよねー)
かしわ汁(鶏肉・ゴボウ)

前回 かしわった時に
「次回は ピーラー使用してみる!」

と 宣言したのだが
人参シリシリ用のものより

一段 細かい穴で 実験したら
一段と 存在感が 薄れてもうた(爆)

やはり ささがきを 端折ったら
美味しい食感が 損なわれるのだな。

料理は 新鮮さが肝心ですが
言葉は どうだろう

眺めるだけで フレッシュさを感じられる
そんな言葉も お待ちしていますヨ☆

詩の発表場所あります
自慢の絵・写真を披露したい方にもおすすめ!

ワタクシすずこが編集している手作り詩誌
ポエムサークル「みゅう」

仲間になり購読いただくと
ボツなしで冊子掲載 & CDトーク → 全国郵送★
見本誌もあります。読みたい方も連絡くださいね。

以下に本誌の写真・詳細を紹介していますので
クリックして御覧くださいませませ~☆

ミュウ 217.218号 完成♪ 

すずこのリンクはこちらから
人気ブログランキングへ
↑ポチッとな~☆↑


★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

純米吟醸・白馬

Img_1528


Img_1530


Img_1529

前回の記事で酒のアテに菓子を喰らふ話を書きました
こちらが その サケ でございます

ちなみに 今夜のメニュー予定も サケ
世の中 ひな祭りだから ここは ちらし寿司じゃね?

と 気付いた時 私は埃まみれだった
朝からミッション追加になりましてね

みゅう編集部屋(兼 寝室)の段ボールの多さには
若干 閉口していたんだが

まあ スルーしていたら 流石に 片付けろ、と。
で、ホームセンターへ行った訳だ

片付けの基本は捨てること
ファイリングの基本 確か マナー本には 
そう書いてあったなぁ~ と

専門学校OA秘書科時代のことを
思い出しながら

何一つ 身になってないんじゃね? と 
自己ツッコミ。

幾つもあった段ボールの中から とりあえず出して
新しく購入したケースに入れたのよ。 ビーズを。

最近 色々と ビーズも増えてしまってねぇ~
(遠い目)

早く フリマシーズン やって来ないかなぁ~
まあ でも 土日も出番の日だと 出展できねえし
ほんと残念!!

なんですけどね
冬も 勤務は少ないとは言え 休日には
泣く泣く諦めているんですよ。 スキーを

そんな毎日 好き? と 聞かれたら
リフトに乗って 飛んで行きたいわ♪(何処)

これを買う時にも 前記事で登場した 
件の店員さんが

「これ、おすすめですよ!!」 と 
地元のお酒を すすめてくれた

しかぁし!! 今回は 甘いのが良いのよね
先日 飲み終えた ゆめあかりチックなのが 
良かったの。

そもそも 日本酒を買うのも 
衝動的だったんですけどねー。

「オレは心配だ…
 お前が段々 呑兵衛の父親に 近付いて行く…」

なんて言われながら 笑顔で呑んだくれて 
にっこにこ。

あ、白いケースを買った時の話ですけどね
ホームセンターのレジに 箱3個 手持ちしたわけ

カゴにも入れずに 片手で持って行ったら
レジのお姉さん 「袋に入れますか?」

え゛、入るんですか?
「はい ありますよ♪」

凄いね。押入れサイズよりは小さ目だけど
こんな全て包め・・・・てるわ!!!

何か 渡された時 思い出したわ アレ
納骨

正に そんな感じ だったんですよ
風呂敷でそっと包んで 軽く二重に結んだ風

まぁ 色合いは ベージュでしたけどね
そして こんなに大きい箱が 納骨だとするならば

私は 恐竜の骨でも 捕獲したのかって
話ですけれど

三角皿に入っているのは サラダ
(いえ オヤジギャグでは・・・)

大皿に盛りつけていたのを 自分用に取り分けて
アボカドドレッシングぶっかけるんですけれども

何か 横顔に見えるな
トマトの赤が 目玉でさ

♪赤い目玉のサソリ~♪ みたいだねぇ
宮沢賢治 星めぐりの歌  これ 結構好き

レタスが鼻とか口先でさぁ~
遠目だと 龍か何かのようにも見える

ハッΣ( ̄□ ̄)!
やはり、恐竜なのかっっ!! (んな馬鹿な)

中身は全く知らないんだけれど
ちょっと ダースベイダーにも見えてしまった。

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

リズミカルに弾けている理由
雫は 丸いからね

どの方向にも 飛んで行けるのと
笑っているようで

少しだけ 泣いている
ころころ

坂道になれば
転がって しまうから

だけど 時折
受け口のキツネが
手招きしているの

おいで おいで
その声に 誘われて

大きな尻尾に 包まれて
赤いポストを 見下ろせば

どこまでも 続く
ハート模様が 見えるのね

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

赤の概念
の記事で おめめのことを書きました

白内障
緑内障

この他に
飛蚊症(ひぶんしょう) も あるんですよね

母 曰く 
「ある日 視界の中で イキナリ虫が飛んでいた」
らしい

その話を聞く以前に 
旦那が飛蚊症の診断を下されていたので
知っていたんですけどね

ただ、素人判断は 危険なんだそうで
飛蚊症って言うのは 目の動きに合わせて

「同じ場所に」 虫が飛んでいるかのような
違和感がある症状なんだそう

一方 視線を動かさない状態で
黙っていてもピカーッと左右に光るのは
網膜剥離の可能性も あるんだとか

こういう症状も 逐一 覚えていられませんけれど
何か不調を感じたら 判断は先生に任せるのが
肝心なのでしょうね

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

タバコの呼称


呼称を考えているくらいなら良いですけどね
喫煙しすぎると 故障しますよね

例えば 眠っていても 
咳が止まらなかったりする症状は

CPOD と呼ばれるらしいです
慢性閉塞性肺疾患

今でも自分の咳で起きることが ある
睡眠不足の夜だったりすると 
自分に苛立つ けれど どうしようもない

喫煙時代は 何時でも片手にタバコ と言えば
語弊があるけれども

朝起きたらタバコ
ハンドル持ったらタバコ
一曲歌ったらタバコ♪ だった(笑)

あ、呼称の話でしたね
セブンスターのことを 何と呼ぶか

私はセッタ派でしたが ブンタ派もいましたね
マイルドセブンは マイセンかなあ

マルボロメンソールは
マルメンって言うらしい

うーん、どうやって 覚えよう。。。
そうか、マルメロみたいな
香しい黄色い。。。

あれ? 箱 赤かったよなぁ。

あ、違った
メン だから 緑の方ですね。

見たくれは マルメンよりも
KOOLの方が
COOLな気がして
好きだったんですけれども

実際の メンソール具合は
マルメンの方が
スースーしたような 覚えが。。。

ああ
発火雨(違うよ!!)
薄荷飴、食べたくなってきた♪

よし、これだけ乱打すれば
マルメン
・・・覚えたよ!!!
(*⌒▽⌒*)

*

本日の記事 「きっかけびと」はこの方!

紫煙って表現に色気を感じます
美しく漂う言の葉を求めて

詩の発表場所あります
自慢の絵・写真を披露したい方にもおすすめ!

ワタクシすずこが編集している手作り詩誌
ポエムサークル「みゅう」

仲間になり購読いただくと
ボツなしで冊子掲載 & CDトーク → 全国郵送★
見本誌もあります。読みたい方も連絡くださいね。

以下に本誌の写真・詳細を紹介していますので
クリックして御覧くださいませませ~☆

ミュウ 217.218号 完成♪ 

すずこのリンクはこちらから
人気ブログランキングへ
↑ポチッとな~☆↑


★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

りんごバームクーヘン

Img_1531


Img_1532


Img_1533


白馬コルチナで滑走後 
風呂に入るのが定番だ

空いていれば マッサージもする我等は
もはや ジジ・ババの気がして ならない

最近じゃあ 
「おい じいさん」と呼んだり

「ばあさんや」 
「なんだい じいさんや」と会話する違和感も 

徐々に 払拭されてきた様子
嗚呼 慣れって恐ろしい

テクニックもないまま がむしゃらに コブを攻めた時
どうやら スコップじゃない いや なんだ

(ここで 暫し考える… 私の脳味噌 世も末だ)
ストックだよ。 

を、思い切り 握りしめていたらしく
腱鞘炎が激しい状態が 続いている

こうして 日々 数件のブログUPするだけでも 
しんどいのに

(それは コメント乱入とか しまくってるから? 謎)

こうなってしまうと 常にシビレている訳ですよ

どうしよう そろそろ山側の庭園で 
草むしりも始まるってぇのに…

で、あちらこちらがガッチガチと言われながら
マッサージも無事に終えて 売店へ行ったとですよ

買い物かごを持って レジに行ったら 
こう言われた

「あと1200円くらい買うと クジが出ますよ♪」

ちょっと離れた処で商品を見ている旦那に言ったら
何か買うか、ということに。

「1200円くらいですね?」と確認し 
店内行脚しようと--

する前に 店員さん スタスタ進んで 
ある棚の前で止まった

「こちら おすすめですよ
 先日も若い人達に売れまくって 云々~」

旦那「騙されたと思って これ買ってみるか?」
私「んだな。」

え? お店の人いるのに 若干失礼な会話?(爆)
と言うことで 購入したとですよ

まるごと デデーンと入っている姿は 
圧巻ですな

これを8等分にして 皿に盛り付けたところ
「…全部 切ったの? これ 全て 食べるつもり?」

時刻は深夜 たーんと夕食いただいた後
日本酒の「アテ」には多すぎる??

まぁ 結局 半分は平らげましたがな。 

バームクーヘンって 
パッサパサのタイプも多いじゃない?

これは しっとりとしていて 
先日のアップルパイを引きずっている訳だけれども
プレザーブも味わうことが出来て 大満足♪ 
だったのでした。

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

ともだち/藤鈴呼

藤鈴呼の戯言 通称すずザレ コメント欄より抜粋

本気で謙虚な人間は
言いたいことを 何パーセント隠し持ってしまうのかって
考えることがあります。

言いたことを 言いあえる = 好き勝手に ホザク、
ではないし、

相手が黙っているから 
自分の言いたいことを 疎外されず 心地良い関係、
が友達でもないだろうと。

結婚というシステムを 考える時、
男女の間での 紙切れによる 契約により
「あなただけを愛する」と 誓うわけですけれども
友情には 紙切れって 存在しませんものね。

約束を 反故にされたら
「裏切られた」と呟きますけど、

何故、反故になったのか、深く考えようとしない、
そんな姿勢にも 問題があるのかな、とか
色々と 考えは尽きぬのです。

それらは全て 
自らの 心の内に 戻って来る 想いでもあります。

*

私、友達 一人もいないの、
なんて台詞を 目耳にする度に 
色々と考えてしまう瞬間が あるのでした。

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

ポエムサークルみゅう 平成5年3月1日 創刊
今回 みゅうちゃん 晴れて21歳になりました!!

参加してくださっている皆様 ありがとうございます
これから投稿したいというアナタ! お待ちしております


仲良しの秘訣

コメントを受けての雑感


今まで ミュウメンバーへの思いを
こうして言葉にしたことって 
なかったような気がしています。

現代詩という言葉すら 知らなかった頃に
ミュウを立ち上げて、

当時は私も十代。
多感な時期だったように 思っています。

今も 色々な気持ちが生まれているのに
代わりはないけれども、

当時は、編集一つにしても 徹夜で仕上げてみたり、
パワーという意味では 今よりも あったかも?

私自身の考え方、みゅうに対しての気持ちは
立ち上げた頃から 変わりなく続いている
と 思っているけれども、

メンバーや誌面、中身については
その時代ごとの空気感が 確かにあったなあと。

年代的にも 私と同じ位のメンバーで 賑わっていた時期と
ネットデビューしてからの時期、

ホームページから入って来る風も 感じながら
進んで来たように思います。

辞めたくなる空気、が存在するかどうか、
数学の応えみたいに パチッとパズルが合う問題では
ないと思うけど、

その一端を 私自身が作り出してしまっているのであれば
反省しなければ ならないですね。

何か 新しい意見が 生まれた時には
「とりあえず やってみよう」というスタンスで

皆の意見を聞きながら 取り入れる姿勢を
取っていたつもりです。

作品については ごった煮、もちろん歓迎です。
投稿に 制限をつけるつもりはありません。

作品の長さも、長くても短くても、
その投稿一つ一つが メンバーの作品だから。

イラストだって 写真だって
「こういうのはやめて」と 強制するつもりもないし
今までも そうしてきたつもりです。

一人 メンバーが 増えるたびに
そして 一人 メンバーが去るたびに

今までも これからも 
色々な気持ちを抱えながら 
編集していくのでしょうけれど

メンバーの皆が それぞれ楽しめるような
空間でありたいし、

何より 私自身が 楽しんで編集し続けたい、
その気持ちは 強くありますね。

さみしくないはずは ないじゃない? 
ってね。

皆さんの 貴重な意見を聞かせてもらえるのは
有り難いことだと思っています。

静かに 掲載される中で 
作品から出る エネルギーで
みゅうが 燃えてしまうくらいの情熱を 期待して。

(一度 変換が 萌えになって
 密かにくすっとしてしまう、夜)


作品投稿する時に、良い意味で 触発される方が
一人でも増えることは とても嬉しいことです。

紙面を飾る 
表紙・裏表紙・巻頭詩・ラストポエム・フリーページ

各権利は 私が決める 受賞者の皆さんで
占められてしまいますので

それだと 私一人の偏見になるかな、と
ハッとしたことも 思い出しています。

皆さんのコメントも フリートークも 
色々な作品を織り交ぜて
発表したくなる場でありたいです。

皆が良い、ばかりでは 
方向性が 一つになってしまいますけれど

良い刺激を受けられるのも 
色々な意見があるかなかな、と言うふうに
受け止めながら 編集していきたいです。

詩の発表場所あります
自慢の絵・写真を披露したい方にもおすすめ!

ワタクシすずこが編集している手作り詩誌
ポエムサークル「みゅう」

仲間になり購読いただくと
ボツなしで冊子掲載 & CDトーク → 全国郵送★
見本誌もあります。読みたい方も連絡くださいね。

以下に本誌の写真・詳細を紹介していますので
クリックして御覧くださいませませ~☆

ミュウ 217.218号 完成♪ 

すずこのリンクはこちらから
人気ブログランキングへ
↑ポチッとな~☆↑



★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

2014年3月 2日 (日)

最近のコメント事情に思うこと

20


19


17


事情は それぞれですよ
そりゃあ ブログやっているからにはね

誰かに見て欲しい と言う気持ちは
否めない訳で。

いや! 100% 自分のメモのためだ!!
なんつー場合は

UPしないで 保管庫にでも 
突っ込んでおきゃー いい。

聖人君子には なれないです
先に 言っておきます

そりゃあね 宣伝 したいですよ、みゅう(笑)
だから 毎回 リンク貼っているんだし

ど下手な世界観だろうと
言葉だったり 音だったり 写真だったり
表現すること を 楽しみながらも

プロフとして 最初に 
あたしは こういうメスです って
主張しているんだし

ブログとして 最後に
あたしは こういう活動しているんです って
カキコするんだし。

そんな中でね
ミラーサイトだって ありますよ

ミラーサイトって言うのはね
内容が同じだけれども
色んなサイトにUPしていますよ、

ってことで
ミラーだから 鏡なのよね。
中身が一緒だって ことでね。

只今 稼働しているブログは
すずこのリンクから 飛べますけれども
最近登録したものも ありますかね

隠していませんよ
沢山ありますよ

順番に UPする日々ですから
時間帯を見ると UPする順番まで
バレちまうかも しれない(笑)

ガイアックス時代には 腐る程UPしていたなー
とか

言葉と曲と写真の総合サイト 立ち上げて
分からんタグまで勉強して

テーブルとか作って
その中に 写真 織り込んで

音符マークをクリックしたら 曲が流れるように だとか
歌詞に飛ぶように、だとか

色々と楽しんでいたのは
当時 就活中だったから(笑)

まぁ そんな時代には 就活 なんて言葉は
なかったわい。

そんな苦労も水の泡
サイトごと サーバーごと 消失したものも 数知れず
うらしま鼻水流れますよね(・・・は?)

そんな私

コメントしようと思って
いや、コメントに 限らないな

メールしようとしても
たまに手書きで手紙しようとしても・・・

うん。昔は ペンフレンド 多かったしな
良く ペン 動かして いたんだけれども

今じゃ キーボード 叩くんだものな
叩くのは ドラムだけだと 思っていたよ。

で。

色々と 書き込みしようとしても
いつの間にか 戯言モードになってしまうことは
否めない

これは もう 申し訳ないけど 止められない

そして 自分が残した言葉として
ブログUPして
ラストに みゅう宣伝して。。。とかするけれども。

でもね? でもね?
それでも 最低限

「あなたの このブログを読んで 思ったことなの」
と言う内容である(つもり)

そりゃあ この記事だって そうだけれども
脱線している内に

何が言いたいのか 全く分からなくなることは
茶飯事だけれども。

最近、コメント欄を見ると
どう考えても 

自分のサイトの宣伝文言だけを
コピペして終了、と言うものが 多い

それも 異常に多い。

何かの宣伝だったり
今流行りの? コーチングサイトだったり
自営業で頑張ってます! だったり

良いんですよ
お互い頑張りましょうね って言うスタンスは
嫌いじゃない

ただね

「人のブログ見るのは勉強になります」
「次の更新がんばってください」
「私は~をしています。見に来てくれたら嬉しいです」

うん。もやっとするよね。
はたまた イラッとする。

で、申し訳ありませんが、即刻削除です。

恐らく 検索すると 私以外のサイトへも
ダダ漏れしている様子ですし

削除されたことも 御存知ないのでしょう。

ちゃんと 私のブログに対して
コメントくださっている方の言葉は
勿論 残しております。

何かね、思い出すんです。
気持ちは 分かるんです。

私も、パソコン始めた頃 そうだったから。

みゅうを知って欲しくて
詩を書いている人のところに乱入しては
相手にとって 訳わからない 戯言を投下した。

ついでに 一番最後に 
こういうことしています、って文章を
残して来た。

それでも きちんと その人 その人の頁
一つずつ 
言葉は 変えていましたけどね。

後から 自分のブログにコピペして
UPすることはあっても

書き込む時は 自分の指を炒めて、あ、違った(笑)
痛めて 打つ訳ですよ。

ある意味 自分で再度UPしたい内容を
書き込みできた時は
とても 気分が 良いんです。

え? 誰も 頼んでない???
うん。 そうですねぇーー(棒)

まあ とにかく そういう訳で
苦虫噛みつぶしたいような表情で
削除しているって話なんです。

もっと やるせない気持ちになるのは
たまに 

「同じコメントもらった 他の方々は
 どう反応しているんだろう?」 

って
眺めることが あるんですけど

律儀に 返信している方
これも 結構 多いんですよね

なんか もう やりきれない

そんな思い 抱いているのって
私だけ なのかなあ?

人として 繋がろうと してないよね
そう感じる瞬間

ハッとするんです
自分は どう生きているかな ってね。

少なくとも いくら 仮想現実の世界だったって
生身具合を ちょっとでも 感じたいよ!

そんな叫びが 藤鈴呼の戯言 通称 すずザレの
原動力に なっているのかも 知れません

と、最後に 確り 宣伝ね(笑)

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

写真 すずビーズ ガラスリング

17 恋村(5センチ) 
濃い紫をちりばめた、そのロジック。
ガラス8ミリ・濃紫 ロンデル2つ オーロラ4ミリ

19 オーロラの虹(5.5センチ) 
そっとかかる虹は幾重にもカラフルになる☆
ガラス8ミリ・透明 ロンデル2つ オーロラ4ミリ

20 オーロラの河(7センチ) 
虹よりは長く続く波飛沫の白さのイメージ☆
ガラス8ミリ・透明 ロンデル2つ パール4ミリ

ゆびわ在庫
他の作品を眺めてみたい方は 上をクリックすると
見られますヨ☆

さらに欲しい方は・・・
たまにフリマ出没しますので お楽しみに(笑) 
既に お嫁に行った子も多数★

郵送詩誌みゅう購読メンバーになった方には 
特別プレゼント☆

見本誌もありますので 
興味のある方は 連絡くださいネ☆

以下に本誌の写真・詳細を紹介していますので
クリックして御覧くださいませませ~☆

ミュウ 217.218号 完成♪ 

すずこのリンクはこちらから
人気ブログランキングへ
↑ポチッとな~☆↑



★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

おNEWウェア

Img_1519


Img_1521


Img_1520


NEWに「お」を付けるだとか
「ウェア」だけカタカナ表記だとか

そもそも これは 死語なんじゃないか とか
色々と言いたいことはありますので 書いています

そんな訳でね、VIVA・筋肉痛
もう どうしようもない

すずこが滑り〼 IN 白馬コルチナスキー場 2014.3.1
クリックすると動画が流れます

今回は ストック使ってみようかな~と思って
ぽん・ぽんっ♪ と 小気味良く ついていたんだけど

何だろう~ アレだね
ちょっと棒の部分が長い チュッパチャップスが
風に揺れてるみたいだよね

まあ 自己流でスキー初めて8年くらい?
この程度の仕上がりでね 無謀なんですよ
コブ責めるとか(爆)

でも 我慢できなくってね
だって 愉しいんだもん♪

コブショット 客観的に見たかったんだが
撮影してないのが残念~

本気のコブじゃないですよ
そりゃ タンコブ作成もんだわ。(確定)

リフトに乗っていたら 右側に 
リフトの軌跡に沿って
なみなみが描かれていたんですよ

誰かが 作りかけている コブ
これがね 私くらいのドヘタスキーヤーには
もってこいなの

斜度も適度だしね
んで 感極まって コブばっか責めて
ランチして 午後になったら

本気のコブに なりかけていた
Σ( ̄□ ̄)!

しかも、「こりゃイケる!」の
本気の人達が増えて
コブ斜面の上で 待ち時間発生の悲劇

それでも リフト止まるまで 巣食ってたって
どんだけ好きなんだ、私。

お蔭で 慣れない筋肉が悲鳴上げて
途中で足攣りそうになり

リフト上で い・一旦 靴脱ぐわ!! 状態
でも 愉しかったな~。

グリルこうや
夕食は 今回も こちら♪

本日の限定パスタ二種類をいただきました~♪

トマトとチキンのガーリックパスタ と
きのこ入り味噌バターガーリックパスタ

名前テキトーですまん(爆)
ウェイトレスの女性は シェフの奥様なのかな
と想像しつつ

その美しい接客に ハートマーク続出
(いえ、そういう気では…)

こちらのパスタは 全て スープパスタなんですよね
で、アツアツのパスタ すすってたら
鼻水が。

で、鼻をかんでいる時に 
女性がこちらに来ようとして 引き返す姿が
横目に見えた

鼻をかみ終えたら 静々と 
コーヒー用のティースプーンセットを
運んでくれた

こういうの じぃ~ん と しちゃう
なかなか 出来ない人も 多いんですよね
(って 上から目線かよ。笑)

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

大切な相手と 自分
どちらの方が大切? 

なんて聞くことは ナンセンス
なんて思いって あるよね

例えば 男性に対して
仕事と私、どっちが大事なの? 

なんて質問はするな
みたいな感覚で

あなた と わたし
どっちか一人しか 助からないとしたら
あなたは どうする? だとか

明日 世界が 滅びるとしたら
誰と 過ごす? または 何をする?
そんな質問

結構 色んな人と 出会うと
その相手ごとに

一度は この質問を してみたいな
って 思う時期が 
確かに あったけれど(笑)

二兎追うものは 一兎も得ず
なんて言葉もありますが

何だろう、人間 欲張りな生き物でねぇ~
そりゃあ 両方 欲しいですよ!!

と 鼻息 荒くしたくなる 瞬間も ある
鼻息が 粗かったならば

残りの空気が
別の想いが

下手に流れ出してしまって 危険だ!!
なんてことも あるのかなぁ~

と 
ぼんやり 考えちゃったり なんかしてね。

それで
どちらにしたい? の 究極が

見送りたいか
見送られたいか

なんだと思う

残す方が ツライのか
残される方が ツライのか

これはさ、生きている限り
後者しか 体験したことが ないわけですよ

だから、大切な人を残して逝くと言う気持ちは
想像するしか ない

出来れば 想像したくは ないのだけれども
人間である以上

世の中に 不死の薬がない以上
致し方ない

だからこそ
限りあるからこそ

今をどう生きるか
なんて命題にも 行きつくわけで。

深いですよね
でも 不快には したくない

本当の 本当の 最期の瞬間に
出来るだけ 後悔を 残さないように

相手に対しても 自分に対しても
精一杯で ありたいなって 気持ち

普段から 
全ての生活100パーセントで生きるのって

不可能だろうし
生き抜きだって 必要なんだけどね

気持ち として
忘れずに
歩みたいよね

*

本日の記事を書く「きっかけびと」はこの方!

詩の発表場所あります
自慢の絵・写真を披露したい方にもおすすめ!

ワタクシすずこが編集している手作り詩誌
ポエムサークル「みゅう」

仲間になり購読いただくと
ボツなしで冊子掲載 & CDトーク → 全国郵送★
見本誌もあります。読みたい方も連絡くださいね。

以下に本誌の写真・詳細を紹介していますので
クリックして御覧くださいませませ~☆

ミュウ 217.218号 完成♪ 

すずこのリンクはこちらから
人気ブログランキングへ
↑ポチッとな~☆↑


★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

まんが日本むかしばなし

Img_0065


Img_0064


Img_0063


幼い頃 夜になると
画面の中で 

龍に乗った子供が出て来る漫画に
遭遇する確率が高かった

♪坊や良い子だ ねんねしな~♪
オープニング・テーマソングが流れ始める

まんが日本むかしばなし、ですよね。
これ、我が家では何故か「ムカばなし」と呼んでいた

「ほら、もう ムカばなし が始まるよ!!」
あ、家族に責任を押し付けちゃあ イカンな

そんな表現しているの私だけだったわ
別にムカついていた訳じゃあ ないんだけどね

最近 この話を収録したDVDかな?のCMを
良く目にする

眺めていた旦那が 言う

「そう言えば、この 龍に乗って 
デンデン太鼓を叩いている子供が主人公の話って
 あるのかなぁ」

ふむ。それは 考えたことが ないぞ。
ついでに この子供 女の子なのか?

余り 注視してないと
そんなことも スルーしがちな私。

考えながら 丁度 洗濯物を干していたので
テーマソングの替え歌を口ずさんでいた

旦那「!!!」 それって何??
オレ、金出しな~までしか 知らないんですけど!!

と言うことで 私が知っている替え歌を
大公開~

坊や良い子だ金だしな~
金がないなら札だしな~
さ~つが な・い・な・ら ケツだしな~♪

さて 続きを知っている方は
コメント欄に書くべしよ♪

*

捨てられない


昔っから 取って置く派だったような気がする
小さな紙切れも 捨てられず

テスト用紙の裏の戯言も 保管していた私だから
物が多いと言われるのは 日常茶飯事

引っ越しの度に 少しずつ 処分しようとは してる。
ただ、眺めて居る内に 時間が経つ(笑)

字によって その時の気分を思い出してしまうと
一時中断して 当時の気分に 浸ってしまうからね。

それぞれが 一瞬でも
あっという間に 時間が 流れるのよね。

*

私は転勤族なので
あと一年ほどで この地を去るんじゃないかと
予測しています。

糸魚川暮らしは 今度の春で 丸三年、
長いような、早いような。

今回の写真は 天津神社
裏門から入ろうとした お正月
もう 三が日になろうしている頃ですな

木の上に 鳥たん発見!
嬉々として パシャリ☆
種類は不明

こんな風な灯篭も 好きなんですよね
ガス灯も 石灯篭も 好き
風情があるじゃない?

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

蕾のような薔薇は
これから咲き誇る美しさを秘めているようで
ちょっと わくわくする

華拓いた瞬間
見詰める瞳の煌めきを
全身に 浴びること

互いに
前進して 行くことをも
知っているような

誇りに 満ちている
そんな 表情

埃は 避けて
アスファルトに映える色も
多いのだけれど

出来るならば
土色の大地に
咲かせたい

棘の角度は
内向きに
外側に 出し過ぎると

観客席に
悲鳴が 響いちゃうから
堪忍ね

内弁慶の子供が
思わず 大笑いしちゃうような曲

まるで 楽しい
踊り出すような 瞬間を
想像しながら  眺めてる

*

藤鈴呼の戯言 通称すずザレ、今回の記事を書く
「きっかけびと」はこの方!

詩の発表場所あります
自慢の絵・写真を披露したい方にもおすすめ!

ワタクシすずこが編集している手作り詩誌
ポエムサークル「みゅう」

仲間になり購読いただくと
ボツなしで冊子掲載 & CDトーク → 全国郵送★
見本誌もあります。読みたい方も連絡くださいね。

以下に本誌の写真・詳細を紹介していますので
クリックして御覧くださいませませ~☆

ミュウ 217.218号 完成♪ 

すずこのリンクはこちらから
人気ブログランキングへ
↑ポチッとな~☆↑



★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

透けて見える

Photo


Img_1453


Img_1455


これが 真夏の投稿だったならば
白いシャツから透ける何ちゃら、だとか
シースルーのうんちゃら、だとか言う話に
なりそうですけれども

透けるは透けるでも 写真の話ですよ
いや 違うな 正確には ブレているんですな
ついでに ダブってる

え? ブレてるのはアンタの性格だろって?
と韻踏み無理強いしたところで 写真解説

一枚だけ かつてのすずこがおりまする

時代背景は~ 
20代前半ってところですかねえ

多分ですけど 
十代ではないと思うんだけれども

先日 重複請求して 無事に届いた
刺し子
Tシャツを着ているのは 先日の私

何とか後姿の刺し子イメージ 装着感を伝えん!
と 四苦八苦したんですが ムーリー

って 四苦八苦どころか テスト撮影の2枚を
そのままUPしていると言う 体たらく

昔 こんな風に 
パソコンの写真と 自分の顔が 透けて合体したような 

不思議なショットが出来まして
首を傾げた記憶があります

当時 フィルム現像するまで 
分からなかったからね

あれ、もうデジカメデビューしてたんだっけかな?
まあ その位 昔の話ですわ

どのくらい昔かって言うと・・・ 

私が一号デジカメを手にしたのは
20代だったような記憶がありますね。
当時3万5千くらいしたなあ。

それで 若かりし日の私ですが
手に何か 持っているんですよね

別に 骸骨の鼻に指入れたかった訳じゃないのに
結果的に そんな悪戯したような角度で

指がっつり入っちゃってる
と 気付きました。

ジッポオイルの予備が並んでるって言う事は
当時 喫煙全開だったんですな。

まぁ 禁煙したのって 岩手脱出の頃なんで
まだ最近の話ですけれど

それでも 四捨五入したら10年
10年一昔ですわ。

時が経つのは ほんに早いものですね。

そんなことより、棚の中 全開じゃんかよ
ちゃんと隠せよ私、みたいなね。

現在のショットは ブレブレですが
これ セルフタイマー仕様ですの。

…今さ、セルフタイマー が出て来なくて
目の前のデジカメ 用も無いのに起動させた(爆)

オート機能… いや違う
自撮り… もっと 違う と思った挙句

じどり、と変換しようとして
地鶏が出て来て ハチャメチャですよ。

ガイコツってスカルなんですよね
(調べましたが、何か??)

って書いた瞬間に とある御婦人も
浮かんでしまったんですけどね
名前の響きが似ているダケだったわ

一瞬 スカイプって浮かんだけれど
それ、多分 PCで会話できるヤツだし
(持ってないから 良く分かりませんが)

スカルプって浮かんだ瞬間に
シャンプーしているCM思い出したし
(同時にキノコたんのヘア・スタイルも)

スケルトンが浮かぶのは何故だろう?
って浮かんだ瞬間に
何故か ホログラムまで浮かんでくる始末

スケルトン(Skeleton)
きわめて簡易な構造の小さなソリで滑走し、
全長1300から1500mのコースの速さを競う競技。

滑走2回または4回の合計タイムで争う。
ウィンタースポーツのひとつ。

スケルトン(Skeleton)
元来、動物や人間の全体的骨格を指す。
近代ラテン語(近世以降、新たに作られた学術的ラテン語)
の英語風音訳。

英語では、骨組みだけのような簡素な構造物や、
電力設備の系統図(配線図)の意味でも用いられる。

「透明」や「透けてみえる」の意味合いで
使われる場合は和製英語。

透明を指す英語は
see-through(シースルー)。

*

って 一一調べているから進まないんですねー
そして長文になるんだ!!

あ。関係ないけど
一一
これって 白い目に見えません?
文字の書体によって 違うんだろうけど

あ、それで ガイコツの話でしたね。
私、中学も高校も
修学旅行がディズニーランドでして。

当時 お土産買おう♪ って思って
目に入ったのが ガイコツの置物♪

で、無事 差し上げた瞬間に
「これ、壊してイイ?」 って言われて

う。うん。
思わず認めてしまったら 目の前で破壊されました。

きゃーーー
何てクレイジーな会話なのぉっ!!

と言う 思い出が あります(了)

*

食事中は アレですね
排泄関係の話題を平気でする方は
デリカシーないなぁって 思います
そこはね、そこは!!

何故 平気なんだろう? って
思うんですよー棒

今回の記事を書くキッカケとなった「きっかけびと」は この方!

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

詩の発表場所あります
自慢の絵・写真を披露したい方にもおすすめ!

ワタクシすずこが編集している手作り詩誌
ポエムサークル「みゅう」

仲間になり購読いただくと
ボツなしで冊子掲載 & CDトーク → 全国郵送★
見本誌もあります。読みたい方も連絡くださいね。

以下に本誌の写真・詳細を紹介していますので
クリックして御覧くださいませませ~☆

ミュウ 217.218号 完成♪ 

すずこのリンクはこちらから
人気ブログランキングへ
↑ポチッとな~☆↑



★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

葉が花に見える現象

2012614_3


2012614_2


2012614_1


バッケ・パーティー♪ 
※私の地元では 蕗の薹のことを 
バッケ、と呼ぶ人がいました。

by岩手

三月に入り 春めいて来ましたねえ

ここで一句
雪よりも 雨の景色が 身近かな

ふきのとう、いつも 見かけるんですけれど
調理したことって ない気がする

大地の恵みなんですけどね
ぜんまいは 煮込んだこと ありますが

フキは 昔 父が山菜取りに出かけて
よお太い蕗を持ち帰って来たなあ

それを 母が ぐらぐらと鍋で煮て
酢味噌、なんて 定番でしたが

何故だか私 酢味噌が
余り 好きには なれなかった

バッケって ちょっと上から見ると
かわいらしい黄緑の花 みたいですよね

黄緑、色合いからすると
花よりも 茎の色に近いので

どうしても そんな連想を してしまう
茎か 葉であって 花ではないでしょう? って。

そういう偏見 
そこかしこに 溢れているのでしょうね

バッケみたいに いくつもの小さな花が
細かくひっついたような白い花が好き

よく 山に多いんだけど
何だろう かすみそうとも違うし
ゆきんこのようでも あるけれども
アジサイみたいな感覚とも 少し 違うような。

幾つも種類が あるんですけどね
これが 大好きなんですよ。

写真一句
藤ツルの 花に見えては 風に揺れ
場所はこちら

山際の庭園に行くと 
借景となる山が見渡せます

見上げた山の木々の中で
白い花が 咲いているように見えたのですが

写真の通り 拡大してみると 
葉 そのもののよう

表は緑 裏は白
これだけ色合いの違いがあると
遠目に眺めた時に

葉の中に 白い花が 咲いているように
見える訳ですね

嗚呼 遠近の不思議って 素晴らしい

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・° 

本日のブランチは 米粉パン
形は こっぺパン もしくは フランスパン

食感は もっちもち
見た目以上に お腹に溜まる一品

前回 衝動買いした時 旦那がハマったので
今回も 衝動買いしてみました♪

もう一つは ほうれん草のフロマージュ
フロマージュって 
フランス語でチーズのことらしいです

見た目は グラニュー糖でも かかっている
甘い感覚がしたんだけど
フレンチトーストじゃあるまいし

ほうれん草が そのまま入っているんだから
そんな訳ないか。
と、今 納得したわ。

最近 言葉が思い出せないことも増えてきて
脳味噌ぶっ叩きたいもやっと感を
頻繁に感じる始末

上記の フレンチトースト
この名前が 出て来なくってね

だけど、最近のネットって とっても便利!
「ショクパンに牛乳 砂糖 焼く」
で 検索したら

一番上に
クックパットの フレンチトーストレシピ
この文字が出て来て 叫びそうになっただよ

でかしたっ!! みたいな。
食パンを 急ぎ過ぎて
ショクパンにしても
きちんと 検索してくれるだなんて ブラボー!!

*

がんもどき、と聞いて、思い出したのが
雁月 (がんづき)

がんづきは、岩手県、気仙地方を代表する
郷土料理の一つです。

冠婚葬祭の引き出物や、おやつとして
受け継がれてきたものです。

「がんづき」は雁(がん)の肉に似ているので
その名が付いたという説と、

丸いがんづきにM字にゴマをふりかけたのが、
まるで満月を背に飛んでいる雁(ガン)のようだという事から

「ガン・月」、「がんづき」になったと言う説が
あるようです。

*

全国的には 黒糖蒸しパンと呼んだ方が
通じるのでしょうねえ

がんもどき、は おでんなんかに入っている アレですよね
これは呼び方、このままだなぁ~♪

昨日 食事をしている時
お店にあった 白馬の本を眺めていた

雪山が少しずつ 景色を変えていく季節
積もる雪の白い形が ○○に見える、なんてことが
山名の由来になることも ありますよね

現在在住の新潟にも故郷岩手にも
素敵な山並みがあります

妙高跳ね馬

魚沼と言えば 南魚沼コシヒカリが有名なんですよね
魚津と混同しそうになってしまうけれど、
こちらは蜃気楼の町でしたね

新潟も縦に長いけれど 地図の形を眺めると
何となく日本地図を一回り小さくしたような錯覚に
囚われます

岩手山=厳鷲山
がんしゅうざん、と思い違いをしていました
がんしゅ ざん みたいなんですね。

*

重曹+酢で 炭酸になるのは知っていたけれど 
お菓子作りで その能力を発揮するとは 
「おぬし なかなか やるよのう~」 と 
ぶくぶく泡立つ姿に ぶつぶつ唱えたくもなる程。

重曹単品で たこ焼きのタネを膨らませようと
四苦八苦していた旦那が 苦い顔をしていたのが 
懐かしい
入れ過ぎて 味わいまで 苦く仕上がった そうな。

我が家では 一時期 炭酸風呂の原料として 
重曹+クエン酸を大量購入しましたが 

旦那が直ぐに飽きて
結局 クエン酸は ポット洗浄用として大活躍中(笑)

クエン酸は「喰えん」事はないんだろうね、
でも やっぱり酸っぱいから 
ポット洗浄後は 良く洗うけれど♪

*

プレザーブ作成後、生地に初挑戦するか否かの
書き込みをしましたら

麺棒がなくてみ 擂粉木棒で充分!! と
教えていただきました~
(すりこぎ、って こう書くのか~)

嫁印講座 感謝(*⌒▽⌒*)
By みゅうメンバー ゆりの

何しろ名前が 出て来ない私ですから。
あ、それです、それ!!!

と、めん棒。の言葉にばかり 
反応したりして。(笑)  

すりこぎ、を思い出すのに 必死で

「あの、永平寺にあった デカイ棒、
ほら、ブラ下がってたじゃん!!」

と 視覚に訴えた私(爆) 

そうですね、代用できますよね、
ただ、すりこぎって だんだんと
太くなっていくじゃないですか~

だから もしかしたら 駄目なのかな??? って 
やらずに妄想してました~。

さらに、生地をこねなくっても
冷凍パイシートなるものが あるんだと!!! 
何か 画期的!!

ああ、 それなのに、どうしよう。。。 
さっき ヨーグルトにも乗せてしまったから 

もう残りがぁ~っっ
Σ( ̄□ ̄)!

と、言うことで、後日 スーパーフラついていた時に
あっぷるパイ版の四角いパンを
衝動買いしてしまったのは 言うまでもない
から書いた

あなたは何を書きますか 
恥も時には良いでしょう

中二病時代の~なんて自嘲気味に眠っている
押入れの中のノートから取り出して 
参加してみませんか

詩の発表場所あります
自慢の絵・写真を披露したい方にもおすすめ!

ワタクシすずこが編集している手作り詩誌
ポエムサークル「みゅう」

仲間になり購読いただくと
ボツなしで冊子掲載 & CDトーク → 全国郵送★
見本誌もあります。読みたい方も連絡くださいね。

以下に本誌の写真・詳細を紹介していますので
クリックして御覧くださいませませ~☆

ミュウ 217.218号 完成♪ 

すずこのリンクはこちらから
人気ブログランキングへ
↑ポチッとな~☆↑



★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »