« 弁慶の洗濯岩 | トップページ | 不死身の藤に会いたいな »

2013年5月20日 (月)

天橋立

Dscf3317


Dscf3318


Img_1193

今日の写真は あまのはしだて でございます。
飛龍観とも呼ばれているそう。天橋立ビューランドにて撮影。

股のぞきのベンチが有りまして、
逆側からみると龍に見えるそうな。

具体的に説明しよう!(コナン風?)

1.天橋立に背を向け 股のぞき台に立つ
2.足を肩幅に開く
3.頭をぐう~っと下げて 両足の合間から天橋立を見やる

こうするとですね、頭に血が登り、少々ばかし
ぽ~っ とした感覚にもなるから
余計に龍っぽく見えるらしいよ??(笑)

翌日は 逆側の高台から 眺めてみました~。
(成相寺の展望台)

陸地の部分が ギザギザになっていて 
昔 小さい頃に テレビでみていた
まんが日本むかしばなしの オープニングに出て来る龍を
思い出したのでした~。

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

飛龍館


幾ら 鯉が 飛び跳ねようとも
龍には 見えないと
君は 笑う

あっけらかんとした 無表情な音声が
周囲に響いて
飛沫と 化す

お前はカスだ なんて
言われている ようだ

錯覚の 角度を
折角の 体験を
無碍に したまま

静かに 踊り出す
まるで 人魚だ

注意点を
すっかり 忘れた ままで

問題点など
はじめから 無かった ように

君は また 笑う
股のぞき台から 見定めた龍は
何処まで 飛びあがるのだろう

斜めに伸びた 松も
この 感情ごと
ぶったぎられることだけは
望んでいや しないのに

逆さまの景色を
楽しんで 御覧なさい

ほら
頭に 血が登って
丁度 良いでしょう?

ただの 景色が
まるで 竜に 見えて来る

天に 昇るのサ
点々でしか 表現出来ぬ 問題は
とりあえず 忘れちまって

お前も うふふと 笑うのさ
そうしたら ああ そうしたら
今度は 龍も 恋を するのかな

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

紙の本は如何ですか
心を言葉に 紙に認め 眺めよう

平成5年3月1日創刊
みゅう20周年 

詩の同人誌 ポエムサークル MEW
随時 メンバー 大募集

見本誌も有りますので
興味ある方は以下よりどうぞ♪

ミュウ 201.202号 完成♪ 

すずこスペシャル
人気ブログランキングへ
↑ポチッとな~☆↑


|

« 弁慶の洗濯岩 | トップページ | 不死身の藤に会いたいな »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 天橋立:

« 弁慶の洗濯岩 | トップページ | 不死身の藤に会いたいな »