« 藤棚の頃 | トップページ | 躑躅と蝶 »

2013年5月 9日 (木)

じぬしでなくてじしゅとな

Img_2954


Img_2955


Img_2953

勿論 自首では 有りませんで
自主的に 何かをしようってんでも 有りません。
清水寺の奥に有る 地主神社のお話。
場所はこちら
縁結びの神様で、
縄文時代の遺物「恋占いの石」が有りました。
修学旅行の女子高生が多かったな。

一方の石からもう一方の石へ、目を閉じたまま歩いて
無事にたどり着くことができれば恋がかなう。
誰かの助けを借りれば、
人のアドバイスを受けて恋愛が成就する。

なんて書いてあるけれども
石をも飛び越えて
自らの信念を貫いて欲しいものですね(?)

京都るるぶに掲載されていた二人の愛お守りを
ゲットして来ました。

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

綺麗にくるまれた布団の中で
ぬくぬくと眠っている 恋の神様

想いが濃ければ 薄着をしている間に
願いを唱えなければ いけません

人肌抜いて 誰かの助けに ならんとす
逆に ジャマをしてしまうことだって 有ろうもん

余計な親切 大きなお世話になる前に
身を引くのも 大切だから

杉に絡まる御御縄に 祈りを込めた
どうか 注連縄の如く 
きつく きつく 絡まりますようにと
そして 二度と
離れることの 有りませんように、と。

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

~いつかの すずザレ~ 藤鈴呼の戯言
過去作も織り交ぜてUPしていきます☆

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

紙の本は如何ですか
心を言葉に 紙に認め 眺めよう

平成5年3月1日創刊
みゅう20周年 

詩の同人誌 ポエムサークル MEW
随時 メンバー 大募集

見本誌も有りますので
興味ある方は以下よりどうぞ♪

ミュウ 201.202号 完成♪ 

すずこスペシャル

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

▲ 膿 モ ノ ガ タ リ ▼


《 あ 、 桜が 咲いてるよ 》

[ そうだよ 僕等 、 北に 向かって るんだから ]

《 ここって どの辺 ? 》

[ さあ ・・・ 仙台 辺りじゃ 無いのか ? ]

《 当 た り ♪ 》

[ ホ ン ト に ! ? ]

《 うん xxx  後 ちょっとで ネ ☆ 》

[ なぁんか 久し振りだなぁ   桜なんて 観るのって ]

《 あらぁ 約束したじゃ 無い 》

[ え ・・・ 何だっけ ? ]

《 ヤダあ! 忘れたのぉ? 》

[ ごめん オレ 、 記憶力 無くって ]

《 ほら! 離れずに 一生 一緒だヨ って!! 》

オレは 手首を 物凄いチカラで 捕まれた 。

其のまま ゆっくりと 引き込まれる ーーー

既に 彼女の消えた  深い 深い 其処 へ × × ×


☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:

海沿いなのは 知ってるケドね 、 

こうも ギョウギョウしく カニの看板ってのは ちょっと×××

別に イイんだけどね 、

ボク  蟹に 色気を 感じないし 。

晴天なのは イイんだけどね 、 右足だけ 照らすの 止してくんない?

痒くて 生姜 じゃ 無くって [ 食べられる トウモロコシ ] は 当たり前か 。

いや 、 トウガラシだよ 全く!

購入したケド 毒味前に 暑さに 溶けないと イイなあ~あ 、

お馴染みの道に 突入しちったよ 。

この辺から 僕のドライビングは [ つまらなさ ] を 更に 増すよね 。

景色も 真新しくなんて無いし 全国行脚も ジモティ~にとっちゃ

スイ~ティ~ に 成らんっしょ 。

°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:

■ 一 文 戯 言 ■


何か 此処迄 辿り着いてしまうと 

アノ人を あんなに 求めてた 気持ちも 

嘘の様に 消え ー たりは しないけど

楽に成って 行く風な 不思議な 希望を

大地に降る 太陽に掛けて 持って見たいなんて

何時だって 本気だったのに

ピエロは 厚い ドーランを 洗い流す行為に

難しさを 覚えて しまったんだから 諦めなさいって

神様の声なんて 聞こえないんだから 

せめて 肥えなさいって 腹に 詰めただけの 食事は

腸の奥で 絡まって 動けなく成っちまったのは

浅はかな 魂の 囁きかも知れないと 

分からず屋の 心を 持続する為に 選んだ 方法が

ひたすらに 身を任せる 事 だけだった なんて 。

☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:

人気ブログランキングへ
↑ポチッとな~☆↑


|

« 藤棚の頃 | トップページ | 躑躅と蝶 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: じぬしでなくてじしゅとな:

« 藤棚の頃 | トップページ | 躑躅と蝶 »