« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »

2013年5月

2013年5月31日 (金)

ボタンと落ちた瞬間

Img_3136


Img_3137


Img_3143


ボタンと落ちた瞬間
写真は白ボタン 場所はこちら

白ボタン 何が哀しく うなだれる

なんて一句で どうじゃらほ~い
♪(⌒∇⌒)ノ""

糸魚川は雨でござります。

旦那は会社のイベントで 富山宿泊でした。
糸魚川では 神輿をぶつけ合う
「けんか祭り」というイベントが有るのだけれど

富山でも そんな風なお祭りが有るようで
皆で観戦、いや 感染しに 赴いたのダ、とか。
花火も有り、夜のイベントだったみたい。

家族も一緒に行けるイベントなら良かったけど、
今回は参加人数の制限も有り、
旦那一人での参加となったのでした~。

まぁ私も今日は勤務だったので 
丁度良かったですわ。

と言うことで、父からのメール受信をした頃は
せっせ・せっせと働いておりましたとサ。

そのメール、「ヤマトの順番待ちで 暇だぁ~」と
書いておりましてん。

そうか、何ぞ荷物を出しに行ったんやのう~
と思いながら、読んでいた 私。

絵文字が 幾つか 入っていたのだけれど

一つは 自転車マーク
(車で行ったんだよねぇ~?)

一つは 破れハート
(な・なぜじゃあ~。ど~うしてじゃ~あ。)
→間寛平 風で。

カンペーちゃんが そう言うCMが有るんだけど、
何のCMだったかは 覚えておりませぬ(笑)

インパクト勝負って大事だけれど
何のこっちゃか 分からないと 意味のないことって
あ~る~よ~ね~っ(棒)

ヤマトは結構 混むんだねぇ。
順番待ちは 確かに 暇だったろうねぇ。
返信できずに すまないのう~。

と 思っていた 訳ですよ。
母からのメールも受信しつつ読んでいたのね。

出先の「かりそめの宿」で
コンビニ弁当が続いていた様子だったけれど

助六寿司を食べた、と
嬉しそうな(?) 絵文字が届きまして。

廻る持ち帰り寿司なのか コンビニか 分からないけれど
寿司は 良いよねぇ~。
特に サーモンが (個人的趣味)

荷物出しと 外歩きと 打ち合わせと ラジバンダリ
一度に出来ないことが 多すぎて大変だけれど
近くならば 留守番でも 手伝えたのにのう。

そんなことを思いながら 母メールを読んでいたからか
思い切り勘違いを しましてん。

父が行ったヤマト、
すっかり運送屋のヤマトだと思っていたんだが--

ところがどっこいしょ!!
ヤマト違いや!!!!! 

まぁ、流石に私もヤマトって聞いたからって 
宇宙戦艦ヤマトとは思わないけどさ、

「そうか~ 父、何か荷物を出しに
ヤマト運送に行ったんだなぁ~ 

ん? 自転車で? 
で、何で敗れハートで 哀しそうなの???」

と思っていたけれど、
母からのメール返信を読んで 合点!! 

そうですか、ヤマトは 冷麺祭りですか!
(※冷麺店の名前ですわ。)

そっちですか!!! 

余談ですが…
我が家は ぴょんぴょん舎 より ヤマト派らしい
だが旦那は ぴょんぴょん推し… 私は両刃♪)

待ちくたびれて「早く出てこーい」の 
破れハートだったんですか!!!!!!

はーーー。 すっきりした。

キムチも食べてないのに 
ヒーヒーしちゃったわよ。

勿論 カライ方じゃなくって 
ヒーヒー笑っちゃったのよん
~( ̄▽ ̄~)(~ ̄▽ ̄)~


ボタンが 項 垂れているのはね、
頭デッカチなのよね。

何でも 頭デッカチは イケナイわよね。

人間 思い込むと ヤマト=運送屋 の 図式が 
出来上がるからねっっ。

これくらいに 
「花びら 大切に隠してますよ。 アッシ 蕾ざんす」

くらいが 人生丁度良いのよね????
ε=┏(; ̄▽ ̄)┛

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

古ぼけた道のり


ぺたり 貼り付いたのは
ぬらりひょんでも
ぬりかべでも
おばけやしきのこんにゃくでも
ありませんでした

ひやっ とするから
湿布を貼る瞬間のように
あなたは 叫んで
脅えることをも
忘れたかのように 思えた

キムチ むちむち
筋肉の上から
何処が 骨かも 分からないのに
鞭打ち症の首に 差し込んだ 絆

白い歯が 大切過ぎて
ちょっと 両手を上げると
楽になるでしょう?

笑顔の 先生に
否とは 言えまひ
癒えぬ問題 抱きしめて
首までも
真綿で 包まれたまま
苦し紛れに 呟いたのは

夏の 始まり
春の 終わり
秋を 見据えて
冬に 途切れる

ぺたありと 貼り付いた
気持ちの悪い汗は
悪寒よりも 性質が 悪い
オカンよりは 声質が 良い?

麗しい瞳を 
今日は 見据えられなくて
引っ張っても 引っ張っても
伸びぬ縄を
白い 饂飩と 勘違いしたまま
ゴールまで 駆け抜けたかったから

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

紙の本は如何ですか
心を言葉に 紙に認め 眺めよう

平成5年3月1日創刊
みゅう20周年 

詩の同人誌 ポエムサークル MEW
随時 メンバー 大募集

見本誌も有りますので
興味ある方は以下よりどうぞ♪

ミュウ 201.202号 完成♪ 

すずこスペシャル

人気ブログランキングへ
↑ポチッとな~☆↑


生け花です~。

Img_3149


Img_3146


Img_3183

私のおすすめは ミュウメンバー ようさんの
生け花。

お見事! としか言いようの無い爽やかさに包まれました。
眺めた瞳と心の間を 心地よい風が
すうっと 通り抜けていくかのようです。ステキ。

一方 あたくしは…

庭園お茶室の床の間に 
何かしら活花をしているわけですが
はじめて一人で活けてみました~。

まぁ 前に活けてあった山ツツジは
そのまま使用して

咲いてきた白ツツジ、白いシャガの花、モミジを
贅沢に使用したら

若干うざったいくらいの こんもり活花に
なりましたとサ~。

命名 

シャキッとモミジ 純白のシャガ 
覆う・こんもり・山ツツジ

三日程 経過した活花。
基本的には変わっていないのだけれども

ピンクのツツジが咲いたので 
華やかになりました。

だけど 中央あたりの春紅葉が しおれてしまったので
一長一短、相殺です(笑)

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

パワーと言うものは 丁度良いのが 
一番 効くのかも 知れない 

今日び流行りの パワースポットなるものを 
行脚する輩は 多いやも知れぬが 

知らぬ筈のパワーを 吸い込み過ぎると
エキス過多で 肩もカタカタ しちゃったりして?! 

そのまま ガクブルして しまえば
目に見えぬ パワーまで 纏ってしまいそうだから 

やはり 丁度良いくらいの パワーを 補給したら 
とりあえず 部屋に帰るのが
一番なのかも 知れないね。

ほら、充電器だったって、
コンセントに 放置しすぎると

発熱して 発火寸前 危ないじゃあないですか、
同じ ハッカならば すう~っとする 薄荷くらいが 
きっと 丁度 良いよねぇ☆

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

紙の本は如何ですか
心を言葉に 紙に認め 眺めよう

平成5年3月1日創刊
みゅう20周年 

詩の同人誌 ポエムサークル MEW
随時 メンバー 大募集

見本誌も有りますので
興味ある方は以下よりどうぞ♪

ミュウ 201.202号 完成♪ 

すずこスペシャル
人気ブログランキングへ
↑ポチッとな~☆↑


はとホテル

Img_2597


Img_2622


Img_2596

京都 鴨川を散策していた時
橋の欄干に 住んでいるかのように
留まっていたハトが ツボだったので パシャリ☆

「ちょっ! アンタどいてよ! ここ アタシの部屋よ?」
「ぽっぽー」
なんて会話が聞こえるかどうかは 謎であーる。

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

はとホテル


俺の領域に 入って来るな
ぽっぽー

汽笛を鳴らすな 五月蠅いぞと
がなる灯台 睨みつけて 三分停止

自動扉が 開いたら
また 駆け出せる

硝子張り
外からは 丸見え

何を喋っているのかだけが
かろうじて 檻の中

表情で 解る
氷上を 滑る

こんな 季節だから
鳩だって 暑いのでしょう

一時間置きに 能天気に
ポッポーなんて
啼いて られないの

カリッと 小気味良い音で
ポッキー かじるように
折れてしまった 鍵穴を
探す

見つかった羽根は
毟り取られた後では
二度と 戻らないのに

欄干を 震わせて
泪の代わりに 認めた
ハトの 溜息

見えますか
聞こえませんか
知らんぷり してみますか

だって あなたは
悪くないんですもの

ええ わたくしだって
そう 思って いましてよ

今まで 一度たりとも
責め立てたことなど ありませんと
ぽっぽー ぽっぽー

溜息と 汽笛が 
奇妙な具合に混ざる 海沿いの街は
とても 素敵

今度は 何を 待ちましょうか
おとぼけ顔で 考えてます

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

紙の本は如何ですか
心を言葉に 紙に認め 眺めよう

平成5年3月1日創刊
みゅう20周年 

詩の同人誌 ポエムサークル MEW
随時 メンバー 大募集

見本誌も有りますので
興味ある方は以下よりどうぞ♪

ミュウ 201.202号 完成♪ 

すずこスペシャル
人気ブログランキングへ
↑ポチッとな~☆↑


馬酔木の葉花

Img_2965


Img_2963


Img_2964

陽射しが強い時には より映える光景

花のように見えるけれども 新芽の部分です。
紅く色づいているから 可愛らしいでしょう。

あせび、と言う名前の木で 花は白いんだけど、
すでに花の時期は通り過ぎていて
こんな風な新芽が 出て来ているのダ。

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

以下は お食事後に御覧くださいませ~。

美術館では去年の春から 喫茶コーナーを設けていてね。
ドリンクとお菓子セットで 400円なんだよね。

ドリンクは4種類。
コーヒー、紅茶、抹茶、バタバタ茶

(カワラケツメイと言う名前の薬草や 
番茶などが入っている 地元のお茶

抹茶みたいに
茶筅(ちゃせん)でシャカシャカする 振り茶なのです。)

去年初めてやったのだけれど
保健所の検便検査が 有る訳ですよ。

旦那は毎年 会社の健康診断で 検便も項目内だけど、
私の主婦健診は 簡易検査なので
今まで やったことが なくってねえ。

洋式の場合、ちゃぽんとしてしまうから
普通はウンティー
(可愛らしい呼び方が 流行っているんだとか?)を
受け皿にできるような紙が 支給されるんだ そうな。

だが、容器だけ 渡されたのよね。
なので 自力でティッシュを引いて 挑まなければなるまい、
と 予行演習をすることにした訳。

去年 一度 成功しているから
何なく チャレンジ成功 だったんだけど、

いそいそと 持って行ったらば
提出日が 一週間以上 先だったのよね。

だから 提出日近くに採取して来い、と。
保健所に やり直し容器を 取りに行ったのでした。

今朝の会話

私「あ~ 提出日が先すぎて
 やり直しになるかも知れない~ くそっ!」

旦那「くそ!って、検便だけに 掛詞か? 何てお下品な」
⊆|∵|⊇

保健所って 地域振興局の建物内に有ってね。
他の課なんかも 色々あって 

事務所内が「し~ん」としている中で
「あのっ、け・検便の容器を もう一つ~」と
「陽気」に告げ (ここ、韻を踏んだので ヨロシコ!)

更に「あ、あのっ! 何日前までにウンティーを取り出せば~」
→なんて言い方は しなかったけども(笑)

とにかく、ビミョ~な空気でしたとサ
~( ̄▽ ̄~)(~ ̄▽ ̄)~

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

紙の本は如何ですか
心を言葉に 紙に認め 眺めよう

平成5年3月1日創刊
みゅう20周年 

詩の同人誌 ポエムサークル MEW
随時 メンバー 大募集

見本誌も有りますので
興味ある方は以下よりどうぞ♪

ミュウ 201.202号 完成♪ 

すずこスペシャル
人気ブログランキングへ
↑ポチッとな~☆↑


2013年5月30日 (木)

しゃく・なげ子さん

Img_3202


Img_3201


Img_3200

福岡ポエイチ
近ければ私も直接 伺ってみたいイベントです。

詩誌みゅう、会場にて閲覧できます。
6/8(土)、9(日) 是非 足をお運びあれ~。

以下、HPより抜粋します。

第2回福岡ポエイチ開催決定!

世の中には、たくさんの文学系同人誌・詩集・歌集があります。
しかしその多くは、身近な本屋さんには置いておらず、
実際自分の手にとってみてみたり、購入したりすることが困難です。

そこで、そんな詩歌や小説の同人誌・手作り小冊子を販売したり、
詩や小説について話したり情報交換したりできる交流の場があれば、と思い、
2013年6月、「福岡ポエイチ」を開催します。

だれかの書いた詩や文章が、それを必要としている人にわたっていく、
そんな機会になればと願っています。

ご来場は無料です。どうぞお気軽にお立ち寄りください。

【開催日】 2013年6月8日(土)、9日(日)
【開催時間】12:00-17:00
【場所】 リノベーションミュージアム冷泉荘 B棟1F 2コ1多目的スペース
【内容】 文学系同人誌の展示即売会および交流会
【料金】 入場無料
【ゲスト】TOLTA ヤリタミサコ
【主催】 福岡ポエイチ実行委員会
【後援】福岡市、福岡市文化芸術振興財団

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

添付写真 場所はこちら

6/5の誕生花 シャクナゲ(石楠花)
花言葉「威厳、荘厳」
参考ページはこちら

先日 美術館の建物付近に咲いていたものをパシャリ。
躑躅科だけあって、花はツツジにも似ています。

背高のっぽの方がしゃく・なげ子さん、
彩の良い絨毯のように ツツジも映えています。

この写真では背が高いですが 語源の一説には
背丈が低いので尺なし、と呼ぶとも。

陽射しが強すぎる場所だと枯れてしまうので
山の中にひっそりと咲いているものも多いらしいです。

学名:Rhododendron(ロードデンドロン)
ギリシャ語のrhodon(バラ)+ dendron(樹木)

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

しゃく・なげ子さん


杓子定規には行かぬ出来事を吸い込んで
花びらは 大きく開き 空に染まる

微妙な空気感も 四方山話も 飲み込んで
幹は 太く 伸びて行くけれど
もう これ以上は 勘弁して下さいと
一瞬 苦しげな 表情が 浮かんだ

氷上の天使
表情筋の活用が 出来ぬ季節
強張る頬の理由を
冬に かこつけた

私の春は 何時やって来ますかと
白衣の先生に 尋ねれば
もう あなた はるですよ などと
頓珍漢な 回答ばかりが 押し返される

少しずつ 擦り寄る花びらが
おしくらまんじゅうを 繰り返す

間引いて下さい
幹だけじゃあ 足りないのです
わたくしに
もっと 光を

ゼニゴケも 杉苔も
そりゃあもう 愛おしい
最近は 苔玉なんて 可愛らしい姿を 作成するのが
ブームらしい

水門が 閉まる
ゆっくりと 締め出された船が
浮遊を 始める

初めまして
始めました
違いますよ
二度目ですよ
三度目ですか
何度目でしょうね

あなたに出会う度に
もう 何べんだって 悔し台詞を 呟いて
声にならぬ 心模様を
空に 映しながら 眺めた花が
そっと 揺れた

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

紙の本は如何ですか
心を言葉に 紙に認め 眺めよう

平成5年3月1日創刊
みゅう20周年 

詩の同人誌 ポエムサークル MEW
随時 メンバー 大募集

見本誌も有りますので
興味ある方は以下よりどうぞ♪

ミュウ 201.202号 完成♪ 

すずこスペシャル
人気ブログランキングへ
↑ポチッとな~☆↑


明日のイベント

Img_1625


Img_1623


Img_1620

新宿に行く方へおすすめの朗読イベント
みゅうメンバーあおばが出演します

読み物が欲しい方へのおすすめはこちら
みゅうメンバー白井京月ブログより


詩誌みゅうについてはこちらから
ミュウ 201.202号 完成♪ 

北陸で日本画展
私の住む 糸魚川市の美術館にて明日より開催


★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

ある勤務時、着信アリ(懐かしい?)

最近は 黒い上下スーツの制服にしているのだけれど
庭の草むしり中は 動き易い格好をしていてね。

丁度 朝の一仕事を終えて 着替えている最中に 
黒パンツをはいた瞬間

御客様が来たよ音が鳴り響いて 
ベルトもそこそこに 駆けて行き(笑)

まぁ 大丈夫だったので いったん戻ったら
携帯がチカチカして おりましたとサ。

曇りと少々の雨の一日。
先日は霧が多くてね。

関東が暑かった日、海風が陸に向かって吹いて
霧になったそうな。

霧かと思っていたら 
庭園が一瞬 黄色い空気になってねえ。

ここは国内だし PM2.5じゃあ あるめえな? 
と 思ったらば
何と 松の実から出た粉だった様子。

ようやくスギ花粉の舞い散る季節が
終わったと思ったらば
山は 何時だって 賑やかなのでした(笑)

写真は GWに参上した
京都 護国神社付近を散策していた時の風景。

青空と白い雲と 
向こうに見える 五重塔みたいなものと 
手前の揃っている家(?)みたいなものが
良い色合いで 撮影できた時でした~。

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

スッキリイミテーション


くっきりと分かれた空に
あの日の私を垣間見る

別れて しまったか
白と黒は
もう 二度と
交じり合う ことは ないのか

グレーゾーンの狭間で
うふふと笑う若者を
横目で見やり

何処か 似たような思いを
抱えて来た筈だと
過ぎ去った時を 思う

なあ 違うか
灰色は 美しいのと 違うのか
白と黒
スッキリ出来ぬ問題を
碁盤状で
決着付けようってのが
そもそもの 間違い

ハッキリと 聳えたつ
そそり立つ 姿に
威厳を覚え
何時からか 憧れた

なあ 違うか
切っ先は 短いか
どんなに 背伸びしても
隙間から 垣間見れぬ 心を
どう 処理したら 良い

間延びした空が
嘲るよ
微妙な空気感を
称えるかのような 角度で

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

紙の本は如何ですか
心を言葉に 紙に認め 眺めよう

平成5年3月1日創刊
みゅう20周年 

詩の同人誌 ポエムサークル MEW
随時 メンバー 大募集

見本誌も有りますので
興味ある方は以下よりどうぞ♪

ミュウ 201.202号 完成♪ 

すずこスペシャル
人気ブログランキングへ
↑ポチッとな~☆↑


2013年5月29日 (水)

2013.5.26 マルシェ

毎週日曜日 10~15時
マルシェ会場はこちらでした

お嫁に行ったのは こちら


53 めりーごーらんど 
53_2
縞10ミリ 透明オーロラ6ミリ
腕周り約15.5センチ


129 CAUTION!ブレス(18センチ) 
129caution
ブレスに見とれて転ばないように注意して(?)
ロンデル5ミリ2つ クラッシュ黄12ミリ 樹脂風10ミリ 透明黄10ミリ


170 恋ももブレス(15.7センチ)
170
桃ブレスよりも濃い色合いなので「恋」にしました 
桃12ミリ


171 むらさき(16.8センチ)
171
ちょっと艶やかで怪しげなイメージ?
紫12ミリ


180 ぶどう粒ぶれす(18.5センチ) 
180
秋まで待ちきれない味わいを表現してみました
薄紫10ミリ


193 四角波ブレス(17.6センチ) 
193
岩肌に打ち付けて四角に象られた瞬間
水色、青8ミリ


すずこブース

Img_3307
Img_3308
今回も太陽の光を受けて 
キラリン☆耀く☆ブレスレッド

会場の様子

Img_3309
いつものように マフィンを始めとする良いかまりに誘われて
お腹もぐ~っ 
Img_3314
実際にほおばったら勿論GOO!!

Img_3317
たまごサンドも美味~
(フィルム外してから撮影しろ??)

帰りに衝動買いしたのは
越後姫シュー☆
Img_3319
まぁ 何事もなかったかのように すまし顔で(?) 映っておりみやんすが
終了後 自宅階段を登る途中で バッグがぶっ壊れやがりましてねぇ

箱ごと ドカーン! と 落ちている訳ですよ。
気分も落ちる訳には行かぬ!! と
ドッキドキで開けたれば 

片方は ち~ん、でしたが
残りは健在(?) でしたのでそちらをUPします(笑)

Img_3315

かき氷の看板に目が行く季節と相成りました~

Img_3316


Img_3318
すご~く 気に成っていた 花。
奥様に伺うと アネモネなんですって。

「この色じゃないのを買ったつもりなのに
いつの間にか交配したのか 色合いが変わったのよねぇ~」

と若干アンニュイチックに(?)告げる 奥様でしたが
なになに、その色合いが あたしゃ~大好きで
目が離せなかったんですとよ。

Img_3310
フェルエッグさんのテント風味ブースには
足湯や 冷やしキュウリ入れに使えそうな
美しいシルバー色のバケツがズラリ☆

Img_3311
今回の出展メンバーです

Img_3312

Img_3313

棚に使用している板は 
田圃などで使う 水門の役割をする板だとか。

一つ一つの個性が光る作品が並んでいる中 

「夫婦茶碗みたいにセットだったら
プレゼントにもしやすいのにねぇ~」
なんて呟く声が。

「セットで作成しても個々に売れて行くから 結局バラける」
との回答に 納得。


●支出 1510

出展料 500
たまごサンド 350
クリームチーズマフィン 200
越後姫シュークリーム2つ 460

●売上 700

ブレスレッド 150×2個=300 100×4=400


今回は「髪を結わえるのに使おうかしら」
と言う女性がいらっしゃいました♪

なるほど、それならばサイズが少々小さくても
イケル☆ けど ゴムだから 痛いカモ…(?)

と言うことで 不具合が有った時の為に
みゅう用の名刺をお渡ししましたが

今頃 髪の毛が絡まっていないことを
祈っておりまする☆

今回も 手に取って楽しんでいただいた皆様
本当にありがとうございました
♪(⌒∇⌒)ノ""

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

紙の本は如何ですか
心を言葉に 紙に認め 眺めよう

平成5年3月1日創刊
みゅう20周年 

詩の同人誌 ポエムサークル MEW
随時 メンバー 大募集

見本誌も有りますので
興味ある方は以下よりどうぞ♪

ミュウ 201.202号 完成♪ 

すずこスペシャル

人気ブログランキングへ
↑ポチッとな~☆↑


2013年5月25日 (土)

ガリガリくんコーンスープ味

Img_3078


Img_3079


Img_3080

明日はマルシェ in フェルエッグに出店しますよん☆

展示商品 詩誌みゅう☆ ビーズ作品(ブレスレッド・ストラップ) 

日曜マルシェinフェルエッグ.2013.5.12
先週の様子は こちらからご覧下さい。

今日は涼しくなれるような写真を一枚。
人気爆発で一時期販売停止になっていた かき氷

ガリガリくんのコーンスープ味です。
冷製スープみたいな感じでしたー。

ってか 食べる前のキレイな状態で撮影しろ(爆)
横から眺めると 何だかバナナ味みたいだよねぇ~。

他にも キウイ味・いちごオレ・白いサワー味が
順番待ちをしています。

其処はとても寒い室内でねぇ~(冷凍庫)
他の友達(保冷剤)と共に キンキンなんですよ~。

まぁ かき氷 食べた瞬間に キンキンだよねぇ。
近々 そんな経験 してないけどねぇ~

って 韻を踏みたかっただけでしょ!
粒コーンを撮影したくって 断面ショットを確保したが

説明しないと分からないなんて
写真の腕は まだまだですなぁ~

って 何と戦っちょん?
食べ終わってから袋を見たら 違う事に気付いて
嬉々として 撮影

やはり キーンとするよりも 嬉々とする日々が
理想ですのう

キーンと走る あられちゃん眼鏡の頃も
懐かしいですのう~(遠い目)

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

紙の本は如何ですか
心を言葉に 紙に認め 眺めよう

平成5年3月1日創刊
みゅう20周年 

詩の同人誌 ポエムサークル MEW
随時 メンバー 大募集

見本誌も有りますので
興味ある方は以下よりどうぞ♪

ミュウ 201.202号 完成♪ 

すずこスペシャル
人気ブログランキングへ
↑ポチッとな~☆↑


2013年5月22日 (水)

不死身の藤に会いたいな

Img_2900


Img_2901


Img_2902

福井にある紫式部の名前がついた紫式部公園という場所が
藤がキレイらしいと言うので見にいったのですが、
見頃が終わっており、残念な思いをしました。

期待している分 がっかり感は大きいですが、
さぞやキレイだったんだろうなぁ と
妄想力だけは鍛えられるのかと思いながら
涙しておりまする。

ここ糸魚川でも
藤のキレイな地が有るんですよ。

月不見の池(つきみずのいけ)、と言う場所で
月が見えなくなるくらい藤の花が池に映るという場所でして、
今年もみにいけたら良いなあと 思うちょります。

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

~いつかの すずザレ~ 藤鈴呼の戯言
過去作も織り交ぜてUPしていきます☆

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

あたしは 何も 出来なかった

非力 だったから

だけど 違うの

今では 家出も 出来るんだって

誰も 気付かぬ 逃避行

°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:

面白いと 変は 紙一重だから

どうか 存分に

あたくしを

褒めて やって 下さいませんか

☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:

枯れそうな花を 無理矢理 水を やって 生き長らえさせるなんて

無駄な 行為だと 誓ったから

土に 返して あげる事にした

葉っぱは 喜んで 僕に 言ったよ

「空の世界を 君にも 見せて あげるからね」 って。

☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:

注射器が あたしの血液を 沢山 沢山 吸い込んで逝く

そのまま 貧血で 倒れた僕は 病院の ベッドの上で

もう二度と 縛られないと 思った 手錠に グルグル巻きにされて

パパンも ママンも グルだったんだね

僕を 閉じ込めたかった だけなんじゃない

知ってたんだから

☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:

ケーキを食べようが 眺めようが 溶かそうが

生クリームは 不味い植物だと 知った

☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:

やっぱり 同姓だったら 勘違い されるよねぇ

僕は そのテの趣味は 無いんだけれど

話の種にするには

少し 手強すぎるんじゃあ 無いんですか----

☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:

貝の美しさは 

何から 滲み出るものと 思いますか?

寡黙だから

うつくしいのです

無駄な台詞を

一つも 吐かない
  
嘘も 吐かない    儚い姿

其れこそが 全て。

°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:

だから その諭吉さん

もともと あたしの モノだったんでしょう?

どうして 隠すの?

貴方に 遣われたって

きっと 喜ばないわよ

どうせ 胡散臭い 使用方法しか

貴方の頭の中には 描かれて 無いんでしょうから

☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:

最低

人の金

財布から 抜き取るなんて。

☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:

最悪

人の身体

無理に 奪い取るだなんて。

☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:

紙の本は如何ですか
心を言葉に 紙に認め 眺めよう

平成5年3月1日創刊
みゅう20周年 

詩の同人誌 ポエムサークル MEW
随時 メンバー 大募集

見本誌も有りますので
興味ある方は以下よりどうぞ♪

ミュウ 201.202号 完成♪ 

すずこスペシャル
人気ブログランキングへ
↑ポチッとな~☆↑



2013年5月20日 (月)

天橋立

Dscf3317


Dscf3318


Img_1193

今日の写真は あまのはしだて でございます。
飛龍観とも呼ばれているそう。天橋立ビューランドにて撮影。

股のぞきのベンチが有りまして、
逆側からみると龍に見えるそうな。

具体的に説明しよう!(コナン風?)

1.天橋立に背を向け 股のぞき台に立つ
2.足を肩幅に開く
3.頭をぐう~っと下げて 両足の合間から天橋立を見やる

こうするとですね、頭に血が登り、少々ばかし
ぽ~っ とした感覚にもなるから
余計に龍っぽく見えるらしいよ??(笑)

翌日は 逆側の高台から 眺めてみました~。
(成相寺の展望台)

陸地の部分が ギザギザになっていて 
昔 小さい頃に テレビでみていた
まんが日本むかしばなしの オープニングに出て来る龍を
思い出したのでした~。

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

飛龍館


幾ら 鯉が 飛び跳ねようとも
龍には 見えないと
君は 笑う

あっけらかんとした 無表情な音声が
周囲に響いて
飛沫と 化す

お前はカスだ なんて
言われている ようだ

錯覚の 角度を
折角の 体験を
無碍に したまま

静かに 踊り出す
まるで 人魚だ

注意点を
すっかり 忘れた ままで

問題点など
はじめから 無かった ように

君は また 笑う
股のぞき台から 見定めた龍は
何処まで 飛びあがるのだろう

斜めに伸びた 松も
この 感情ごと
ぶったぎられることだけは
望んでいや しないのに

逆さまの景色を
楽しんで 御覧なさい

ほら
頭に 血が登って
丁度 良いでしょう?

ただの 景色が
まるで 竜に 見えて来る

天に 昇るのサ
点々でしか 表現出来ぬ 問題は
とりあえず 忘れちまって

お前も うふふと 笑うのさ
そうしたら ああ そうしたら
今度は 龍も 恋を するのかな

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

紙の本は如何ですか
心を言葉に 紙に認め 眺めよう

平成5年3月1日創刊
みゅう20周年 

詩の同人誌 ポエムサークル MEW
随時 メンバー 大募集

見本誌も有りますので
興味ある方は以下よりどうぞ♪

ミュウ 201.202号 完成♪ 

すずこスペシャル
人気ブログランキングへ
↑ポチッとな~☆↑


2013年5月18日 (土)

弁慶の洗濯岩

Img_1094


Img_1095


Img_1092

今日は暑い一日だったことでしょう。お疲れ様よ。
私は休みで歯医者・郵便局・近所を回ったけれど
昼近くには車内の温度も急上昇でした。

まぁ 近所を回っている内は幸せよね。
その内 近所が回って見えたり
金魚が回って見えたりして来たら
眩暈だとか累積疲労を拾ってしまった証拠なので
少し休まなければなるますまい。

と言うことで、本日は
ちょっと涼しげになりそうな写真を一枚。

福井に在った 弁慶の洗濯岩です。

海蝕を受けてできた様々な紋様が織り成している奇岩です。
源頼朝の怒りに触れ、追われる身となった弟義経と弁慶主従一行が

この地を通ったとき、旅衣を洗い旅の疲れを癒したと
伝えられています。

とのことで、ちょっと分かりづらいかも知れないけれど 
垂直に立っている岩が海岸線近くに細長く続いていて

成程これならば着物を何枚でも干せただろうなぁ~
って 弁慶だから 矢とか防具を干したのカナ?!

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

~いつかの すずザレ~ 藤鈴呼の戯言
過去作も織り交ぜてUPしていきます☆

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

荒れは 最後の ダイスだった。

サイコロの行方なんて つかめないの。

ラグビーボールと おんなじように。

☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:

どういう感情で 僕が 一言 一言を 紡いで居るか

解って呉れた 人だと 思った

唯一だと あの日 信じた

☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:

懐かしい 日々は 取り戻せないけれど

人は 恐ろしい。

僕は モノには 慣れそうも 無い

☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:

心の込もった手紙を 突き返したんだもんねぇ

そんな行為を する前までは

何時もの笑顔で 少しでも 「良い人」 だと

信じたかったよ 君の事。

☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:

やっぱり 割り込みって イケナイねって 思うんだ。

見てたじゃない? 僕が 必死で 並んでる 姿を。

それなのに 何で 隙間に 入り込もうと するの?

君の神経が 図太いんだと したならば

僕の身体は 君よりも 繊細だったんだよ。

☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:

箸が転がっても ムカつく夜が やって来る

嬉しいことに

恐ろしい ことに。

月の女神が 僕を 襲う。

良心ばかりを 翻弄 してゆく。

☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:

男性だから 女性の気持ちが 解らないだとか

あたしは 見たんだよ

自分の 生まれた 部分を。

それは もう 「モノ」 と 化して 居たのだから。

ボールペンで 突付く 白衣の鬼が

どれだけ 憎らしかった ことか。

あたしの存在 全てを 否定 された ようで。

これは 病気なんだ。 自分じゃ 選べない。

そんな事も 知らない あなた達が。

☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:

貴方 確かに あたしよりも 年上だったけれど

精神年齢は 目に 見えないものね。

そうでなければ 普通 言わないでしょう? あんな事。

あたしは 目の前で 泣いて居たのに

頭を撫でるどころか

傷口に 塩を塗りこんでから 接着剤で付けた瞬間に

剥してから 火炙りにする様な 行為。

あたしが 力強くて 良かったわ ホントに。

☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:

ちょっと 楽しかった。

初めての 合作の 時って

ドキドキ したよね。

大きな ソファーに 寝転んで

二人 何時の間にか 眠ってしまって 居たよね

☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:

唯だ 寒かったね

貴方の中に巣食う 思い出だけが

憎らしかった

☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:

紙の本は如何ですか
心を言葉に 紙に認め 眺めよう

平成5年3月1日創刊
みゅう20周年 

詩の同人誌 ポエムサークル MEW
随時 メンバー 大募集

見本誌も有りますので
興味ある方は以下よりどうぞ♪

ミュウ 201.202号 完成♪ 

すずこスペシャル
人気ブログランキングへ
↑ポチッとな~☆↑


2013年5月17日 (金)

竹藪

2013050213170000


Dscf3644


Dscf3650

今日の一枚は竹でござんす。
天龍寺にて。

こんな風に 我が家の竹たちも豪快だったから
父が チャンチャンバラバラしてバラバラにする必要が
有ったのねぇ~。 

居丈高なんて言葉も もしかしたら竹から来ているのかしら、
なんて思ったら 漢字も違うし 

座った時の座高が高いっていうのが由来みたいだけれど 
今では 威丈高なんて当て字も浸透しているらしいね。

いずれにせよ 座高が低い方が 
モデル体型で 格好良いわよねぇ?

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

~いつかの すずザレ~ 藤鈴呼の戯言
過去作も織り交ぜてUPしていきます☆

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

開き始めたタンポポを 毎日 踏みつけている気がして

申し訳無い想いに 囚われた。

駐車場を覆い尽くす 黄色の絨毯が

何時しか 空を飛ぶ 白いカーテンに 変化して

綺麗だね。。 って 呟いた。

耳に入ると危ないと 怯えるよりも、

その美しさに 今は 見とれて 居たいだけ

☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:

信号待ちの間に現れた妖精は

笑いながら 僕等の頭上を行き過ぎて

生き過ぎて 疲れた魂を 癒すだろう

すぐに風に飛ばされて どの欠片を見詰めて居たのかすら

忘れてしまう程に

           ~ 綿 帽 子 幻 想 ~

☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:

ねぇ 最初に手放したのは どっちだった?

空へ飛ぶ 水素爆弾を眺めながら泣いてたね。

千歳飴の長い白さに甘さを感じながら 

自らの力の甘さ加減に 嫌気も刺して居たかな?

あの日 空へと旅立った うさぎの風船は

今頃 宇宙でも浮遊して生るのだと

今でも 信じて 居たいんだよ

☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:

自分の感情を全て正当化する事と

僕の何時もの自己分析で有る 二つの なるし~ & えごてぃ~ 幻想

どっちも 迷惑千万だって 釘を刺して呉れる?

柔らかな 柔らかな この 足の裏に

°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:

靴が履けるから 僕は歩いて行くのだろうか

足が有るから 道を見据えて生られるのだろうか

もしも耳が聞こえなくなったならば 目が見えなくなってしまったならば

指が動かなかったならば 生きて居る意味など 無いのだと

本気で豪語した 会話も 有った

貴方も言ったね。

「大好きな事が出来ないならば 延命装置なんて 要らないよ。」って。。。

☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:

きっと 認めないね。 何時迄も。

最大の嘘を。

それが 偽りだって 言わないんだね。

嘘が キライって 言ったのにね。

悲しいね。 すごく。

虚しいね とても。

☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:

一つ 言葉の あやで 誤解が生じて

訂正するのが 面倒だったから

そのままに したんだ。

その方が 恨みやすかったのでしょう

妬ましい感情と あさましい魂は

人間 誰しも 持って 居るもの。

☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:

曲がり角は 右側だったのに

クラクションを 鳴らされたから

思わず 飛び込んでしまった 左側の道

底に ガードレールが有って 良かったね。

停滞していた 渋滞の群れも

そろそろ 開放 されるんでしょう?

☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:

やっぱり 何も 通じてなかったんだって 思い知らされたから

思い通りに 物事を動かす方が 良いって 思った。

それで 君が 満足するのなら。

そして 僕が 悪者に なるのなら。

°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:

君は 何時も 自分だけを 責めているようで

何時の間にか 僕を 苦しめている事実に

気付いてないフリばかり していたよね


僕は 解りたいと 思ったよ。

君が 全ての扉を閉ざす 直前までは。

☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:

紙の本は如何ですか
心を言葉に 紙に認め 眺めよう

平成5年3月1日創刊
みゅう20周年 

詩の同人誌 ポエムサークル MEW
随時 メンバー 大募集

見本誌も有りますので
興味ある方は以下よりどうぞ♪

ミュウ 201.202号 完成♪ 

すずこスペシャル
人気ブログランキングへ
↑ポチッとな~☆↑


真向(まむき)の龍

Img_1288


Img_1290


Img_1285

天橋立を綺麗に眺められる成相寺に有る
左甚五郎の作といわれる彫刻です。

普通は横向きの龍が 一般的らしいんだけど
真正面から見据えられると 若干怖いような
何か御利益が有りそうな~。

この部分だけが撮影可能でした。
龍の口から水が出ているショットは
雫の様を美しく表現出来た気がして
お気に入り。

こういう光景に出くわすと必ず思い出すのが
マーライオンのいる温泉だよね(笑)

旅行中、無事で有ると言う報告も兼ねて
日々 両親へメールをしていたのだけれど、
帰宅した後で 福井で撮影した写真を添付して
送信したところ

「え? もしかして また出掛けたの?!」
みたいな返信が有り ちょっと笑ってしまいました。

モチのロンで、帰宅してからもう一度行く元気は
有りませんでした(笑)

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

~いつかの すずザレ~ 藤鈴呼の戯言
過去作も織り交ぜてUPしていきます☆

☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:

例え 会話が出来なくても、 僕は 
パキラったに 水をやることは忘れない。

それは 僕なりの 誠意とも 取れるだろうか。

黄色に変色してゆく葉色を見ながら 
少し切なくなってしまった日

水をやり忘れた事に気付いた 旅行の途中

元気で居てねと 息の続いて生る事を信じた 
僕の金魚

土に返った日。

全てが 絶望へと 変化した日。

☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:

何かが 僕には 必要だったのかも知れない。
それを 考えさせてくれた神様に

今 もう一度 「ありがとう」 の 台詞を 
捧げよう。

僕の  大好きな  この 言葉を。

そして もっと もっと 感情を 反映して 
行けるように。

君とは 別々の道でも あの日々を 恨まないで 
生きられるようにと。

☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:

君と 同じキャラの人間を 見付けたんだ。
僕の事を 「姉さん」 とでも 呼びそうな。

僕は 姉御 予備軍だった。

そう あの頃は 僕の 崇拝する 
「本物の姉御」 が 存在して居て

僕は 刺客 ならぬ 触覚だったんだね。

まるで かたつむりの ように。

☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:

「刺客」 それは 違うよぉ~!

そう 言って 笑って居た。

「ストーカー」 それは 笑えないよぉ~!

あの日の 本心だったのかも 知れない。

僕には 分からないけれど

君は きっと 苦しんだんだろうから。

それが 僕 以上でも 以下だったとしてもね。

☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:

そう言えば 君は 言ったね。 

「 僕と 君とは 付き合えないねぇ 」 って。

笑い たっぷりの ジョークだったっけ?

それが今では とても 懐かしく 感じる。

日々は 感じても 大切にしても  
無駄にしても 過ぎるもの。

そんな 簡単な事に 苦悩するのが

きっと 人間なんだろう

☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:

感傷に浸る夜は とても 切ない ものでしょう。

いきなりの プロポーズに 閉口する 画面の向こう

結婚したい 訳ではなくて プロポーズにこそ 意味が有ると

何だか 良く分からない台詞にも 笑えていた夜

心では 泣いていても 苦しんで居ても

悲しみを フィルター越しに 伝えちゃあ いけない。

シャッターを切る瞬間だけは いつも 笑顔で。

☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・: 

僕を 口説きに来たの? と 言った。

口説かれたかったの? と 返した。

どうも 男女関係が 逆回転するような会話

いつも 常としているのも どうかなって気がする。


だけど 楽しいんだよね。

目に見えない 世界ならば 尚更に。

☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:

流れ始めた有線と 指に 身を任せるように 転がり込んだ

これが 僕の楽園だと 何時だって 豪語していた。

例えば 付き合い始めの恋人を 調教するように

自分のペースに持ち込む人間を 君は どう 思うのだろう

僕は 何時だって 自分本意だった気がするけれど

何時だって 分からない愛に 翻弄されて 生きて来た気がするよ

☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:

何か から 逃げている 自分。

それが 「何」 なのか 分からない 心。

それが 何を 意味するのかも 考えたくは 無くて

脳裏に浮かぶのは 紅い わめき声

うめきから 逃げないで 

今夜の 朧月 

とっても 綺麗だよ。。。

☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:

爪を切らなきゃ いけないだとか

家計簿を つけてないな とか

白い画面が なかなか 埋まらないな とか

何処にも 所属 出来てないな とか

生活が 定まらないな って 

考え過ぎが 良くなくて

自堕落に なって行くだけの 日々へ寄せて。

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

紙の本は如何ですか
心を言葉に 紙に認め 眺めよう

平成5年3月1日創刊
みゅう20周年 

詩の同人誌 ポエムサークル MEW
随時 メンバー 大募集

見本誌も有りますので
興味ある方は以下よりどうぞ♪

ミュウ 201.202号 完成♪ 

すずこスペシャル
人気ブログランキングへ
↑ポチッとな~☆↑



2013年5月12日 (日)

日曜マルシェinフェルエッグ.2013.5.12

Img_3093


Img_3094


Img_3095


Img_3096


本日 お嫁に旅立った子はこちら

158 さみしい微笑ブレス(17.7センチ)
158_2
158
ひっそりと、少し寂しげにロンデルに包まれた部分が
微笑を称えているかのようです☆ 
ロンデル2つ 透明紫・薄水色10ミリ


169 桃ブレス(15.7センチ) 
169
缶詰も果実そのままも美味しいですネ
桃12ミリ


187 トンネルの光(15.2センチ)
187
暗闇でも差す光が希望の印
透明黄・黒8ミリ


208 キラブルー(16.8センチ)
208
なんとかレンジャーの一味みたいな名前ですが
その通りですゾ(?)
水色、青8ミリ


209 隠れ星ブレス(16センチ)
209
水色の☆が隠れているブレスレッドです
水色、透明8ミリ


210 夏の大三角(16.5センチ)
210_1
210_2
透明とマッドの2種類ビーズを使用
夜空に煌めく星座を妄想して命名 
水色8ミリ


214 すももブレス(17.3センチ)
214_2
214
ロンデル2つに囲まれた部分が
一番甘酸っぱいスモモかもネ!
紫、桃8ミリ


217 リボン?!ブレス(18センチ)
217_1
217_2
全体的にリボンを可愛らしく結んだような印象が
広がったので。
濃桃、桃8ミリ 黄緑10ミリ 


218 恋のポイント見逃すなブレス(18.5センチ) 
218
静かな波の中に恋の粒ひとつ、落ちていますヨ
濃桃8ミリ 青10ミリ


220 オクレいちごブレス(19.2センチ) 
220_1
220_2
スーパーで傷んだ苺しか見つからなかった切なさを
回想しつつ涙ながらに(?)作成
濃桃、桃、赤8ミリ


221 金粒ブレス(20センチ)
221_1
221_2
ロンデル2つがキラリと光る様を
素直に表現したネーミングです
紫10ミリ 紫8ミリ


222 にっこりちゃんブレス(15センチ)
222_1
222_2
可愛らしい色合いで
今泣いた少女も
喜んでにっこりちゃんになってしまうような
ブレスレッドです。
透明12ミリ 紫10ミリ 濃桃、桃8ミリ


223 すっきりブレス(14センチ)
223_1
223_2
もやっとした気分が一瞬でクリアになるような
新鮮さを描いてみました 
透明12ミリ 青8ミリ


226 王者のビール(19センチ) 
226_1
226_2
ロンデル2つで王を連想、残りの色合いでビールを妄想
我は王者なり!と言う人に付けて欲しいブレスレッド
透明12ミリ 黄8ミリ 


228 黒髪にリボン(16センチ)こみ
228_1
228_2
おさげ髪をも連想するけれど、おさげの場合は
黒をもう1つずつ足したら良かったかなぁ~と
完成品を眺めながら呟く。
黒12ミリ 濃桃8ミリ


229 オセロ・黒優勢(16センチ)
229_1
229_2
白と黒を一つずつ並べてみてオセロを連想したので
黒優勢を描いてみました。
黒12ミリ 白8ミリ


232 さくらすいブレス(16.5センチ) 
232_1
232_2
ふんわりと浮かべた桜のお茶を連想しました。
茶12ミリ 丸桃8ミリ


233 にぎやかな情熱(15.8センチ) 
233
動きの在る情熱ワールドに賑わう
十人十色の影を想像してみて下さい。
赤12ミリ 丸濃桃、桃8ミリ
赤、透明、オレンジ、黄、緑、水色8ミリ


235 うぐいす餅ブレス(18.5センチ)
235
餡の部分をマッドな黄緑で表現してみました。 
黄12ミリ 黄緑8ミリ

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

4 粒いちごストラップ (6センチ)
4_1
4_2
4_3
中央右に粒苺のような焼留あり。 
透明赤12ミリ 8ミリ 


14 プードルのストラップ (4センチ)
14_1
14_2
14_3
立体的に仕上げました。立つストラップです。
焼留部分と全体を見ていたら名前を思いつきました。 

旦那と母は見た瞬間に
「リスみたいな小動物が胸元で実を抱えているように見える」
と言ったのだが さも有りなむ。

人の想像って面白いネ、なんて
笑顔こぼれたのでしタ☆
透明薄茶10ミリ 桃8ミリ


17 水の花芽ストラップ (10センチ)
17_1
17_2
横にしてみると水色の瞳のようにも思えますが
縦のままにすると黄緑の部分が花芽となった
美しい花びらまでを彷彿とさせる気がして命名しました。
丸青・黄緑・水色8ミリ


18 雫の受け皿ストラップ (7センチ)
18_1
18_2_2
18_3
18_4
眺める方向によって違いますが
空間の開いている方だと青の雫を受け止め易い様が
如実に伝わる気がしますし、立体感の在る方は表面として
受け止めた雫の微笑みまで連想出来るかも知れません。
青12ミリ・10ミリ 丸青・透明8ミリ 


19 黄ドレスの女(ひと) (8.5センチ)
19
緑のストラップ輪の部分を頭に設定すると
頭デッカチになってしまうので
ビーズの一番上部分を頭として眺めてみてネ
あ、でもお腹の部分が大きくなっちゃっタ(笑)
黄12ミリ・8ミリ 丸黄、透明8ミリ


20 ワインのストラップ (6.5センチ)
20_1
20_2
真ん中の黒い部分は熟成して甘い味わいを
楽しめるかも知れませんヨ
黒12ミリ、紫12・8ミリ


21 水色わんころストラップ (6センチ)
21_1
21_2
21_3
下の部分、水色の目と口、黄緑は頬と観ると
いじらしいワンコの姿が浮かび上がって来ます。
透明12ミリ 丸黄緑、水色8ミリ


今までのマルシェの様子は 青空フリマ  にUPしてあります。

マルシェ会場はフェルエッグ


こちらのマルシェは秋以来の出展となり久々感満杯☆
それだけでもテンションUP!

GWに大規模マルシェをした直後なので
お客様がいらっしゃるか若干の不安も有りましたが 

朝から そんな気持ちごと払拭するような良い天気で
楽しく過ぎた一日でした。

お隣ブースには 紙バンド作品のお姉さん。
お互いに作品を褒めあいながら勧めながら(笑)

クリスマスの頃、紙バンドで作ったリースのストラップを
沢山販売してらしたのですが、

今日ご本人が胸元に飾っていたオレンジ色の姿が 
メビウスの輪にも思えて 
とても素敵だね、と 話していたんです。

そうしたら「作品を交換しませんか?」と。

Img_3097


Img_3102


私のブレスレッドの方が安価でしたので、
ブレス2つと交換していただきました~☆

もう1組 参加予定だった方の姿が見えず、
大きな机を目一杯使わせていただきました~。

爽やかな白いテーブルクロスをお借りしたのですが
途中 アスパラ&ベーコンのマフィンやコーヒーで
舌鼓を打っている間に 滴も波打った様子で
帰り際 茶色の染みを発見。

確か最初は無かった気がしたから原因は私だな…と
クリーニングして返します、と言ったのですが

お店の方が「洗いますから大丈夫ですよ」
と仰ってくださいました。

も・も・申し訳なかとです~。 と 
素直に置いて来てしまいました
。。。//δ⌒▽⌒//

お土産にプリンもゲットしたし、
早くデザートの時間にならないかなぁ~
と じゅるっ とヨダレを垂らすまじ! と
只今 気合を入れ直し タイピング中(笑)

Img_3098


Img_3099


Img_3100


Img_3101

みゅう201.202号をひっさげての参加でした。
勿論いつものアクリルブレスレッド・ストラップも。

娘さんの誕生日が近いから、と選んでいた 
お母さん
今日は母の日なのにネ☆

ご自身が誕生日だから、と 幾つも選んでいた 
御嬢さん

貴重なお小遣いの入っているであろう
可愛らしい財布の紐を緩めていたので
思わず一つ分オマケさせていただきましタ☆

頻繁にサーファーとして糸魚川を訪れると仰る
お父さん、一服の合間に花を眺める姿に
優しさを感じました☆

折角 来たから 何か一つ買わないとね~
と独り言の様に呟きながらの女性、

「飲みかけのペットボトルに
ブレスレッドを巻いて印にする」

と素敵なアイディアとともに
手にしていただきましタ☆

そ・そ・その方法、
今度、伝授させていただきます(笑)

日曜日なのに 今日は授業参観だった、と仰る
女子高生のお友達同士、
手にしたブレス以上に その制服と若さが
眩しかったデス☆

ガン見していたらジャマだろうモン、と
下を向いて読書熱を帯びている間に
あっという間に4つのブレスを選んで下さった女性、
我は嬉しゅうござりまする~。

今回から 作品1つ1つに 名前も添付しています。
折角の命名ですから、紹介しようと思ってネ。
そのネーミングがツボだと盛り上がってくれたお店の方、

「あたりめ」ブレス、
ちょっと命名がオヤジ過ぎましたかねぇ~。

お久しぶりの方も いらっしゃいました。
元気な声で 駆けて来た御嬢さんも!

他にも沢山の方々の元にお嫁に行きました~。
お渡しする際に 名前を書いたメモは
はぎ取ってしまうので
1つ1つ説明をして 手渡ししました☆

ストラップは在庫が殆ど残らない程 好評でした。
まぁ、全体的にブレスレッドよりも
総数が圧倒的に少ないので 当然か…。

色合いと大きさと形、全てが好みの子に会えるのは
難しいかも知れませんが 
今回も 皆様 本当にありがとうございました~☆

またの機会に 新しい あなた との出会いも
懐かしい あなた との再会も 楽しみにしております☆

本日の収支 2350-1440=910

●支出 1440

出展料 500

アスパラ&ベーコンマフィン 200
コーヒー 280
プリン2つ 460

●売上 2350

ブレスレッド 100×18個=1800、150円1個
ストラップ 100×7個=700
小計 2650

内、紙バンド作品(リースのストラップ)と
交換したストラップ100×2個=200
バースデーの女の子に1つプレゼント 100

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

紙の本は如何ですか
心を言葉に 紙に認め 眺めよう

平成5年3月1日創刊
みゅう20周年 

詩の同人誌 ポエムサークル MEW
随時 メンバー 大募集

見本誌も有りますので
興味ある方は以下よりどうぞ♪

ミュウ 201.202号 完成♪ 

すずこスペシャル

人気ブログランキングへ
↑ポチッとな~☆↑


母の日マルシェ


マルシェ in フェルエッグに出店しますよん☆

10時〜15時の開催です。お近くの方は是非どうぞ。
母の日に贈りたいアイテム・お菓子が見つかるカモ。

展示商品 詩誌みゅう☆ ポストカード
アクリルビーズ作品(ブレスレッド・ストラップ) 

去年参加した際の様子は青空マルシェに一覧が有ります

紙の本は如何ですか
心を言葉に 紙に認め 眺めよう

平成5年3月1日創刊
みゅう20周年 

詩の同人誌 ポエムサークル MEW
随時 メンバー 大募集

見本誌も有りますので
興味ある方は以下よりどうぞ♪

ミュウ 201.202号 完成♪ 

すずこスペシャル
人気ブログランキングへ
↑ポチッとな~☆↑



2013年5月11日 (土)

見えずにクソッ!と舌打ちモン

Dscf3298


Img_1115


Img_1120


今日も一日が 始まりますネ。
いえ、もしかしたら、これから就寝の方々も…

そんな 全ての あなたへ
お疲れ様でした☆

これからの元気一杯な一日を送るアナタも
疲れが溜まってしまう瞬間が あることでしょう。

そんな疲れを私が支えてあげる~(?)
の 一枚です。

近くには鳥糞岩という
素晴らしいネーミングの岩が有るのだけれど

この門の向こう側で 今は立ち入り禁止となっていて
見ることが出来ませんでした。
残念~。

お食事中だったら ごめんネ(笑)
以下は説明分です。ウィキペディアより。

福井県丹生郡越前町梨子ヶ平にある、
礫岩でできた洞穴である。
高さが約15m、幅は約30mある。

1958年の福井県道6号福井四ヶ浦線開通時に、
当時の羽根盛一知事が「渡り鳥を呼ぶ門」として
「呼鳥門」と名づけた。

以降、1970年の国道305号格上げを経て、
2002年3月の呼鳥門トンネル開通まで、
天然トンネルとして使われた。

トンネル(三国側坑口)
呼鳥門は越前海岸の波風にさらされていることから、
岩の風化とそれに伴う小規模な崩落が頻発していた。

当初は道路にロックシェードをかぶせて対処していたが、
それでもなお崩落の危険があるため、

現地を山側に迂回する呼鳥門トンネル(延長394m)を建設し、
2002年3月23日に開通した。

その後、呼鳥門の北側は道路跡地に環境省と福井県が
「越前加賀海岸国定公園 呼鳥門園地」として遊歩道を整備した。
同時にロックシェードを撤去している。

南側は鳥糞トンネルも含めて道路跡が残っているが、
立ち入り禁止になっている。

なお、呼鳥門直下には
細かな岩が崩落していて大変危険である。
呼鳥門本体にも金網を被せて崩落を防いでいる。

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

~いつかの すずザレ~ 藤鈴呼の戯言
過去作も織り交ぜてUPしていきます☆

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

紙の本は如何ですか
心を言葉に 紙に認め 眺めよう

平成5年3月1日創刊
みゅう20周年 

詩の同人誌 ポエムサークル MEW
随時 メンバー 大募集

見本誌も有りますので
興味ある方は以下よりどうぞ♪

ミュウ 201.202号 完成♪ 

すずこスペシャル


★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

〓 トイレ VS ケータイ 〓

世の中 とんでも無い 瞬間に 《 起こって欲しく 無い事 》 が

切望とは 裏腹に 現実へと 化す瞬間が 多い モノで 、

例えば 厠[カワヤ]の途中の 着信音 。

相手にも 水の流れる 《 じゃ~っ。 》 と言う 、

色気も クソも無い音声が 届く懸念が 有る訳で 、

色気の無い僕は  クソの有る場所で 本気で 閉口する 。

それでも 出なければ 出ないで

《 この人  中で  おっ死んでんじゃ 無いだろ~か 》 などと 、

混雑した外側で 待機している人間に 思われるんじゃ無いかと 心配に成って・・・

は 居ないが 

反射神経の良い僕は 着信して しまうので有る ・・・ 《 合 掌 》

 

           ー トイレ と ケータイ に 寄せて ー


☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:


全ての絶望を かなぐり捨てる 。

風邪クスリは 欲しいところだけれど

精神衛生上 良くないと あの人が 言ったじゃないか 。

それに 何故だか 体調は 悪いのに 遠征ばかり続けてしまった日々と 、

新しく 出来上がった 素敵な メロディーに 

                   メモリーを 感じながら

              時計の メモリィを 合わせるんだ 。

ピントが ズレてる 。

やっぱり 無一文の 唇みたいに 心の奥から 無表情の まま 。


☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:

公共の健康診断が有った。

去年迄は組織に所属して居たから必要無かったのだが 今年は受ける事にした。

午後の部が一時からなので 少し早く着く様に行った。

日によって会場が分かれてるので 予想通りに一度目は間違えた。

やっと本物の建物に到着したのは 開始ギリギリの時刻だった。

別に十分程度の運転の差は さほど気に成らなかったけど。

もともと間違えたのは僕の責任だったんだから。


☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:

優しい自分で有りたいと願う。

どんな困難だったとしても、

愛は間違って居なかったのだと 自己に言い聞かせる事は、

或る意味 浅はかで有るのかも知れないけれど。

失くしたくない気持ちが有るから、

負のパワーだけは 金繰(かなぐ)り捨てよう。

穏やかな感情に成れた日にだけ 想いを伝えられるように。

悲しい気分の日には、暖かかった日差しを 思い起せる夜で有るように。

祈り続けても叶わぬ願い事も 何時かはと信じ続ける事、

たまに意味が無いとしても たまに無情になったとしても 

全てが無常だと 投げ捨てる事だけは 止めようと思ったんだ。。。

☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:
人気ブログランキングへ
↑ポチッとな~☆↑


2013年5月10日 (金)

100% 濃厚スープ

Img_1327


Img_1328


Dscf3346


銀閣寺の近くに有る天下一品総本店に行って
数年振りに堪能したよー。

盛岡時代に食べた味より
スープの色味も濃く、こってり感もない気がした。

個人的には盛岡の味が好きだけど、
中年胃袋にはちょうど良かったわ(笑)

大蒜を入れ過ぎて お腹がゆるくなり
キシリトールガムを沢山食べた跡みたいになる心配も
なかったのダ。

何故ならば 最初から トッピングに入れるかどうか
聞かれて、自分で入れられる状態じゃなかったから
量の調節・挑戦が不可能だったのよね。

ってな感じで ぷは~っ!! 喰った! 喰った!!
を表現した1枚。 左側にクールなベッキーちゃん。
色紙も有ったなあ。3月の日付だった記憶が。

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

100% 濃厚スープ


こってりとしたスープの中に
濃密な時間ばかりが隠れてる

扉を開けるのは蓮華

紅い花びらが 楽しそうに揺れる頃
ブランコは 風に揺られて 遊んでる

砂浜に ゆっくりと 着地して みようか
波が 僕等の軌跡を
全て 洗い流して しまう前に

細い 棒切れで描いた 「愛してる」
もう一度だけ 言って?

ひっそりとした波間に漂うカモメを
ウミネコと 勘違いしている

ボートのヘリを 歩く男性
窓を開けようとして 驚く女性

世の中には 男と女しか いないのだと思っていた

でも 知っている
そうでは ないこと
そうでなくても いいってことも

薬味が有るから 
ドロドロの血液が 波打つのだ

カテーテルの管を通って流れる映像は
今まで眺めた どんな映画よりも 鮮明だろう

ブラウン管って言葉の意味が 
通じなくなるような世界まで
生きて いられるかな

あのね 透明な液体が 流れて行ったよ

点滴の話じゃないの
頬を流れる 温かな 涙の話

ゆっくりと ひっそりと
流れて 云ったのよ

また 明日ね って

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

紙の本は如何ですか
心を言葉に 紙に認め 眺めよう

平成5年3月1日創刊
みゅう20周年 

詩の同人誌 ポエムサークル MEW
随時 メンバー 大募集

見本誌も有りますので
興味ある方は以下よりどうぞ♪

ミュウ 201.202号 完成♪ 

すずこスペシャル
人気ブログランキングへ
↑ポチッとな~☆↑


蒼い鯉

Img_1425


Img_1421

写真は京都駅の大階段ライトアップ時の様子
私が映っている写真は旦那撮影
私が撮影したのは 大分暗くなってからだから
一回りした後だったと記憶しておりまする。

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

蒼い鯉


寂れた公園に浮かぶシーソー
乗る者が居ない夕暮れが
物悲しさを 増長させるようにも思え

長い影が ひっそりと揺れる様は
不吉な予感にも思え
そっと 目を伏せるけれども

静かな影は
もしかしたら
放置して欲しいのだと 望んでる

影踏みの子供達
はしゃぐ声と 踊る身体など 要らないのだと

ひっそりと ゆっくりと
揺れているかのようにも 思える

静かな夕暮れ
大きな階段が 照らされ

子供の日を 祝うかのように
鯉のぼりが 上がった

紅い恋 淡い恋 哀しかった濃い想いまで
全て 忘れてしまするかのような 色合いで

今しがた 消えてしまった 
美しき青さを呈した鯉ばかりが 揺れる

人々の 足元で 揺れるよ

そうか 君は
男の子 だったんだね

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

紙の本は如何ですか
心を言葉に 紙に認め 眺めよう

平成5年3月1日創刊
みゅう20周年 

詩の同人誌 ポエムサークル MEW
随時 メンバー 大募集

見本誌も有りますので
興味ある方は以下よりどうぞ♪

ミュウ 201.202号 完成♪ 

すずこスペシャル
人気ブログランキングへ
↑ポチッとな~☆↑


オオクニヌシノミコト

Img_1526


Dscf3472


Img_1523

京都までは ドライビングしたのですが
駅前のホテルに駐車した後は バスで移動していました。

2日券のカードを提示して 乗りまくったのだけれど 
大正解
あすこは バスか徒歩が 移動しやすいと思いますネ。

勿論 土地勘の無い私達、配布された地図を片手に 
うーろうろ。

たまに降られたお天気雨で ウロロンと 
かりそめの涙に埋もれつつも 楽しみました。

地図の端に優待券がくっついていて、
きちんと読んでいれば

清水寺の奥にある地主神社で 何かアイテムを貰えた筈…
って
今、手元に有るので見てみますネ。 
(がさごそ…)

あ、「開運こづち」授与って書いてあるわあ。

これ、清水寺を出て 京阿月とか言うお店まで歩き
抹茶シューを がっつく手前辺りで 旦那が気付き

「チクショー!! 貰い損ねた~!!」と言うも 
引き返す元気の無かった 私達なのでしタ。

大国主命の銅像とも 
キッチリ写真撮影して来ましたよん♪

イナバの白兎が有名なのだけれども、
糸魚川の奴奈川姫とのラブロマンスも 有ったみたいなのでネ。

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

~いつかの すずザレ~ 藤鈴呼の戯言
過去作も織り交ぜてUPしていきます☆

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

紙の本は如何ですか
心を言葉に 紙に認め 眺めよう

平成5年3月1日創刊
みゅう20周年 

詩の同人誌 ポエムサークル MEW
随時 メンバー 大募集

見本誌も有りますので
興味ある方は以下よりどうぞ♪

ミュウ 201.202号 完成♪ 

すずこスペシャル


〇 桜 遺 書 〇

あちらこちらに 鯉幟(コイノボリ) 僕も 天へ 昇りたい

道先ゲートは 開かない  口裂けオンナは 笑わない

こんな大地を 踏み締めて  浅はかに生る 僕なんか

彼女の視界に 入らないから 死海で泳いだ 方がマシ

幌のジープじゃ 剣も ホロホロ  研究なんて 出来やしない

クローンなんて 見付からないし 冷たい春を 通り越え

最期の桜を 眺めます 来春なんて 僕には無いから

貴方へ寄せた 手紙だけ 出せなかった 想いだけ

しためたペンは 捨てました 付いてた羽根を 毟(むし)り取り

空へ向かって 投げました それでは皆サン さようなら

桜の樹の中 生きて 息ます × × ×


°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:


∴ リ フ レ イ ン ・ メ モ リ ー ∴


アイツが 消えた 交差点  何処でも 見れる 光景だから

違 う街角 捜し抜く為 走り続けた 町並みに

静かに揺れた 信号機   次々 変わる 三色の

明かりは 終に 爆発し 夜の 乱視が 非道く成る

誰も知らない 歩道橋  突き落としたの 僕じゃ無い

死にたがったと 言ったんだ  僕が 殺した 訳じゃ無い

僕は 首吊り ロープに 成れない

言葉も吐くし 人間だから

あの日 酒だけ 吐いたけど  残りの 胃液 見付からなくて

アイツが あの世に 持ってった  悲しい気分は 僕に 預けて

オルゴールだけ 鳴って居る  あの日も 静かに 鳴って居た

アイツの 大好き オルゴール  あいつに貰った リフレイン


☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:

走行 2000キロ 超 過 御 礼 ♪ 

《 って 何に!? (笑) 》

あたしの金魚は 目を離した一週間[スキ]に

天界へ 召されました・・・  合掌

丁度  前回の 日曜の午後から 一回り

壊れたメールの 相手を 有り難う  (謎)

グレイ中毒から カーステは ペニシリンを飲み

終焉は 離婚万歳 [?] シャズナだらば~蟹で閉める模様 ♪

金魚よ 永遠なれ (泣)

オービス キライ 。

マックは [ かつて アイスだった ] ぬるま湯に浸かりたひ コーヒーストーリー 。

しゃばだばだ (謎)     混み過ぎ!    

☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:

東風 って ヤツだな ?

やはり 工場付近の 風って 向上心が無くって キライ 。

布巾で 拭い切れぬ イカつひ 臭ヒ 、

ど~にか ならんモンか 

[ ならん だろ~なァ ]

よっぽど 投書して やろ~かと思った

[ ーって 何処に!? (謎) ]

あ ~着くぞ~ 

《 突っ付くわよ~ん 》 

ばい ウノ ばいばい ウノ 首相・・・

殊勝だった アタシの 金魚ちゃ~ん (泣)

せめて 後 一 目   愛たかったよ~ぉ

うぉ~ん (涙)

先刻 パパンが 宣告したのぉ

《 お前が 居なくなるから 三日前に 死んだぁ 》

あ~ん 殺生な~ (号泣)

☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:

失ってしまった 紙風船 

誰かが 飛ばしたんだろう

素敵な色合いに 包まれた時刻の

空が 美しかったこと

 《 此処で  ずっと  観て行くよ 》

あの日の虹は  輝いて見えた

空から 落ちて来る 贈り物の代わりが

額縁の中で 揺れて 居る

木漏れ日の 向日に 巻き返された 陽が

夕凪に 映えて 見えた ことだけ

忘れないよ

もし 朽ち果てる 瞬間が来ても

全ての 一瞬が 幸せだったと

何時でも 思いたいから

今は 信じたいから

☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:

天に消えたのは 生身の肉体(カラダ) だったかも 知れない 。

魂を 包む 想いは  永遠に 消えないのだから 。

何も 信じられなく成った 瞬間に  自分しか 見えなく成って 、

生気の失せた [ 無 気 力 ] な 自分を 何時だって 励まし続けたね 。

事実は 不変なんだから  元の 姿には 戻れっこ 無いんだろう 。

例え 生まれ 変わっても  傷が 癒えないのと おんなじで 。

悲しがる 仕種(フリ)ならば 何時だって 得意だったんだ 。

勘違いばかり 重ねながら 確かめられない 墓前の上に

手向けたかった 花が 春を 越えて 

儚く 散って ゆくように 。 。 。

☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:

駅の バーガー ・ ショップ 。

余りにも [ ありきたり ] だと 、 人は 嘆くかも 知れない 。

ともかく 、 そんな [ ありふれた 場所 ] にて カフェを 楽しんで居る 。

中途半端な アポなんて するモンじゃ 無い 。

《 ほら 、 又  騙されただろう? 》

心の奥に 住み憑くアクマを 追い払うコトだけに 必死だったんだ 。

何度も 素通りした 構内 、 

学校の 先生は 《 この先に 素敵な夢が 詰まってる 》 なんて

教えちゃ 呉れなかった 。

ふと 斜め向かいの老人と 目が合う 。

出来るだけ 反らす方角に 視線を歪めながら 謗[そし]らぬ 格好[フリ]をした 。

つかつかと 歩み寄って来る 白髪の 男 。

[ 何か 、 怪しげだな ]

脳裏の モールス信号が 発動する 。

[ 相手を しちゃ イケナイ 、 相手を しちゃ イケナイ 、

  まして 笑顔なんて 向けては ××× ]

次の瞬間 、 ニッコリ と 微笑んで居る 自分 。

[ ほら 、 言わんこっちゃ 無い ・・・ そのオトコ 、 下心 アリアリだぞ! ]

どうせ アリならば 貝塚の底にでも ブチ込んでやろうかーーー   

否 。 僕は 無力だった 。

《 あの・・・ 》 

それ見ろ! 思った通りだ! 老人が 話し掛けて来た 。

《 お一人ですか? 》 

僕は ミナシゴじゃ無いが 瑞子に 憑かれる 覚えも無いぞ!

《 いえ・・・ 》  

不思議そうな 顔 。

《 ワタクシには 大切な 家族が おりますし ・・・

  それに 、 今  待ち合わせをして居る 最中ですの 》

嘘なんか 吐いて無い 。 

両親は 大事だし 、 これから 誰を 呼び付けて オケろうかと

本気で 思案して 居たのだから 。

《 それに ワタクシ ・・・   今日で 百三拾四歳ですの 》

これも 以下同文 。

単に ゼロを 抜くかどうかの 問題だけだ 。

訴えられる素質すら感じさせぬ 素直な発言と 理解して欲しい 。

老人は 目を細めた 。

《 貴女は・・・ 変わった 女(ヒト)だね 》

[ お褒めに預かり 光栄です ]

光栄なんて 思わぬが 、 公園にでも 行きたい気分は 事実 。

天気も 晴天と きている 。


老人は 益々 目を細めた 。

[ このまんま 会話を 続行して行ったら ホントに 消えちゃうんじゃ無いか!? ]

結構 本気で 心配したーーー   

蛇足だった様だ 。

カッ と 閃光が瞬き 、 老人は 水晶の中に 飲み込まれて逝った 。

いや 、 埋め込まれた 、 と 言った方が 臨場感 溢れる表現で 有るだろう 。

ともかく僕は 未だ カフェで 佇んで居る 。

ぬるい コーヒー ・ 冷たい ポテト 。

そろそろ [ 本物の ] 男が 現れるだろう 。

どうか 姿 ・ 形 だけは [ 人間 ] で 有って欲しい 。

そうで無いと 又  狂い出して しまいそうだから ×××

          ー 有る 昼下がりの お話し ー  より   


☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:

人気ブログランキングへ
↑ポチッとな~☆↑


2013年5月 9日 (木)

千手尊「元気」お守り

Img_2951


Img_2949


Img_2950

こんな感じの木でできているようなお守りです。
名前が元気の御守だから良いかなあと思って☆

糸魚川にも千手観音と言う名前では有りませんが
きらびやかな仏像の有る場所がありますよ。
場所はこちら

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

紙の本は如何ですか
心を言葉に 紙に認め 眺めよう

平成5年3月1日創刊
みゅう20周年 

詩の同人誌 ポエムサークル MEW
随時 メンバー 大募集

見本誌も有りますので
興味ある方は以下よりどうぞ♪

ミュウ 201.202号 完成♪ 

すずこスペシャル


ここで みゅうメンバー あおばの告知を一つ紹介します。

みゅう公開版コミュニティー 2013年05月03日 01:39宣伝板[24]より。

5月末に次のようなイベントに出演の機会が与えられました。
オート三輪ものなので、快調に走りたいと思っております。
ご都合がつく方は是非おいでください。
場所は、東京都新宿のカフェ・ラバンデリアです。
地下鉄新宿三丁目C8出口より徒歩1分! 
(JR新宿駅東口からだと8分くらい。) 
 
TEAM STEAM STREAM PRESENTS

   POETRY BOAT 

新宿2丁目”カフェ・ラバンデリア”では毎月最終金曜日の夜
 詩とJAZZのコラボが楽しめるボートが出航します。
      汽笛と潮風があなたを待っています。


■5月31日(金)
─────────────
昭和へのミニトリップ
オート三輪アンソロジー
─────────────
あおば(詩人)
浦歌無子(詩人)
金子雄生(トランペット奏者)
栗明美生(ヴァイオリン奏者)

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

続いて みゅうメンバー きょうちゃんからの告知を一つ紹介します。

みゅうメンバー限定コミュより。
[537] 2013年05月02日 17:20

「MEW」で紹介していただきました。「実録・躁うつ病」の製本版1冊。
いま現在、欲しいと言う方がおられません。

勝手ながら、5月10日締切とさせていただきます。
欲しいという方はメッセージをください。価格は送料込みで千円です。
よろしくお願い致します。

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

連休は海外で長居するって輩も多いのかも知れないけれど
空港でのスーツケース ごろごろ姿よりも
自宅でゴロゴロが 近い私(笑)

とは言え 今回ばかりは 
久々にロング・ドライビングと相成った訳ですが
何処も渋滞だねぇ~。

トンネル内で事故が有り、火災も発生したと知ったのは
後の話でしたが

インターにも行けぬまま 京都から敦賀を目指した夜は
二時間ほどで着く距離が 
結局 8時間半程かかってしまいまして
辟易しました。

とは言え 幾ら時間が掛かっても 
永久に辿り着けぬよりは良いと思いながら

苛立ちを ぬるい茶とともに 流し込み 
ハンドルを握り
タイヤにも 言い聞かせるのですね。

苛立ちを アスファルトに 挟み込んでしまえ!
命名 これぞ 苛立ち サンドイッチ★ (違うか)


実際の生活が充実している事を
いつの頃からか「リア充」と呼ぶのでしたよね。

未だに三銃士みたいな戦士が出て来るアニメを
妄想してしまいそうな言葉だなぁ
と言う事を妄想しております(爆)

木の柔らかさ・温かさを感じると
人間って小さいなって思います。

リアルで疲れた時に自然に癒しを求める気持ちって
「自分の悩みなんて こんなにちっぽけなんだ!」って

改めて認識したいからする
自然な感情なのかも知れませんね。

そんな感情に従って行動すると
どんどんと山奥に行ってしまって
果ては仙人のような生活…は出来ないなぁ。

やっぱり腱鞘炎勃発しまくっていたって
どこかでカチャカチャ キーボードを打ちまくっていたいし
いつもチャカチャカ 笑っていたいんだもの。って

別にパソコンがなくったって笑うことは出来るよねぇ~と
韻を踏みたいだけのカキコは続くのでしタ。

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

春のさくらんぼ


何処までも くっついている
あなたと わたし

撓(たわ)んだ 蔦でもって
繋がり続けるから
離れることが 出来ない

放されることが なくって
倖せよね って
いつまでも 想って生られる事が
一番の しあわせ

ねえ って 横顔を 見つめてみる
なあに って 返事が 聞こえる

だけど あなたの 左側だけは
どうしたって 見つめられないの

わたしたちは 一心同体
さくらの子だから
ちぇりいって 呼ばれてる

どうしたって あなたの 向こう側を
見つけられないから
想像力が 働いちゃったんだわ

とても痛い 三角定規なんかよりも
切っ先鋭い 葉よりも まるい
あたたかな わたしたち
このまま まあるく 
甘い蜜を背負って
生きて いこうね

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°
人気ブログランキングへ
↑ポチッとな~☆↑


三十三間堂

Img_2574


Img_2566


Img_2572

一つ前の記事でUPしたツツジ写真は 
こちらで撮影したものでした。

長旅で写真をデジカメに保存しっぱなしだと
帰宅してからパソコンに写しても

何処から場所が変わったんだ?! って成ることも 
しばしば。

それが予見できたので、出来る限り看板なども
一緒に撮影したつもりでしたが

土地勘の無い京都写真UPの際は 
記述が間違ってしまうかも知れませぬ~
と今の内に予防線を張っておりまする。

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

夏になれば 緑のカーテンとして
ゴーヤが有名になりますが
今の季節は 淡い藤色が 見事ですよね。

そんな色の氷柱が有ったら 
素敵だろうなあ。

人工的に、は いかないかも知れないけれど
冬場のライトアップならば 可能なんだろうか、

なんて
真夏にもなっていないのに 

今 過ぎたばかりの冬を
早くも懐かしんでみたりもしてネ。

とは言え 本日 糸魚川でも ぽっかぽか陽気。
全国的にも 温かな一日だった みたいですネ。

私は 布団干しのみならず 
座椅子の下に敷いているタオルまで干せたので 
ニッコニコ

ぽっかぽか の にっこにこ で 
もう夕方だと言うのに

今日も良いこと有りそうな♪ なんて
唱えたくもなりそうな 感じだな☆

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

九州は大分の地に
花の大好きな義母さんが住んでいます。

毎年 藤棚の季節になると 
綺麗な写メを送ってくれたりして
羨ましいなあと思っていたのだけれど 

ここ最近は自分でも
藤の在る地に赴く事が出来ていて 
満足だったの。

いつも眺める庭園の山側にも
藤の蔓が見事に絡まる木が有ってね

色んな木に絡まる藤の蔦ちゃんってば
もしかしたら ちょっと さみしがり屋サン?
それとも とってもお茶目な 女の子? 
な~んて妄想も 広がるのでしタ☆

藤と山藤の違いも
今イチ分かっていない私だけれど
蔦が右巻と左巻が有るだなんて知らなかった!!

どちら側の横顔を見せるかで悩む 
乙女のようだワ♪

って やっぱり私の中で 
藤は女性のようです(笑)

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

紙の本は如何ですか
心を言葉に 紙に認め 眺めよう

平成5年3月1日創刊
みゅう20周年 

詩の同人誌 ポエムサークル MEW
随時 メンバー 大募集

見本誌も有りますので
興味ある方は以下よりどうぞ♪

ミュウ 201.202号 完成♪ 

すずこスペシャル


人気ブログランキングへ
↑ポチッとな~☆↑


躑躅と蝶

Img_2561


Img_2576


Img_2559


* 良く見ると マダラに咲くは ツツジかな

* 庭団子 草の餡子に トッピング

* 危険より 甘い御蜜に 夢中です


私は生まれて初めて京都に初上陸してきたよ。

普通 修学旅行で行きそうなのに 高校の時の修学旅行は
ディズニーランドだったしねぇ~(遠い目)

糸魚川でも チラホラみられるようになったのは
クルメツツジ。 サツキは未だかなあ。

まるんと刈られた姿が 庭に転がる 御団子みたい♪
(やっぱり花より団子カナ。笑)

トッピングは 桃色のシロップかなぁ~
なあんて気分で眺めてみると 本物のトッピングが
ヒラヒラと舞い降りたじゃあ ないですか☆

蜜を吸うのに必死で カメラが超近いのに
逃げようともしない娘が一羽♪

これ、アゲハ蝶かなぁ? 蝶の種類は良く分からない…
花だけで言うならば ツツジとサツキも見分けられない…
日々 庭園を眺めていると言うのに(爆)

そして、躑躅と言う漢字が ツツジではなくて
未だに ロウソクと認識したくなる。
ロウソク、は 蝋燭だから 余り似ていないのに、ねぇ。

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

~いつかの すずザレ~ 藤鈴呼の戯言
過去作も織り交ぜてUPしていきます☆

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

紙の本は如何ですか
心を言葉に 紙に認め 眺めよう

平成5年3月1日創刊
みゅう20周年 

詩の同人誌 ポエムサークル MEW
随時 メンバー 大募集

見本誌も有りますので
興味ある方は以下よりどうぞ♪

ミュウ 201.202号 完成♪ 

すずこスペシャル


▼ 曝 走 聖 地 ▼ [ メ ッ カ ]

余り 遭遇 したく 無い 、 眺めるダケなら 何時も 楽しい

サツと ゾクとの 攻防戦   今度は 国道 制覇ですか?

昨日は 峠の 手前でしたね  何処でも 集合 場所と生る

ナルナル 君達 ボクと おんなじ

鳴る鳴る パラリラ  赤灯 ・ 白熱

茶パツと 棍(コン)棒 ・ ついでに 鉄パイ

《 何かが 足らんと ちゃいますん? 》

オンナが 居ないヨ 、 女だよ!

オレなら 此処で 走ってる  お前等 見下げ 恨めしそうに

車は 四輪   単車は 二輪

《 やっぱり 足らんと ちゃいますん? 》

メビウスの輪が 宇宙 行脚が  今日 最大の 計画が

《 反故に 成るんと ちゃいますん? 》

さも 蟻んこ 物語(ストーリー) 。


°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:


〇 ハ ワ イ !? 〇


ヤシの樹が 覆い茂って居て  ビーチには パラソル 。

そんな 情景と 情事が 結び付きそうな 。

車から漏れる 一時の 安らかな音が ペニシリンを 刺す 。

インストだと 誰も 知るまじろ 。

インスピだけに 頼る者には 聞こえぬ 唄 。

インスタントの 恋が 愛だと カンチガイ 甚だ 花は 見えない 。

インターホンに 響く 《 こちらが 入口です 》

ふ~ん そうか 。  行って みようかな 。  やっぱ 止めた 。

[ カネの 掛かるコトは ダ イ キ ラ イ ]

キミも 其う 言ったんだ 。

果てが 無くたって 、 何も 感じ無くたって 、 ホテルのドアは 閉まる 。

《 此処を モーテルと カ ン チ ガ イ しないで 下さい 》


°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:

◆ ズ ダ ボ ロ ◆


トランペットの音色が こんな気分に させるんだ 。

さっきまで 空腹だったのに 満たされた 今となっては

苛立ちも 静かに消えたかと思ったのに

要らないボタンを ダブルクリック したセイで

大切な画面は 白紙へと 早変わり

《 一体 イマまでの苦労は 何だったの? 》

それは 苦労だよ ・・・

いや 、 徒労と描いて 灯籠にでも 浮かべて置くかい?

《 何ですってえ!? 》

おや 聞こえなかったのかい?    だからー

《 たわけ!  ボケ! 》  

オレの感情を 逆撫ですんなー!  肴で十分!

魚釣りなんて 大っ嫌い!

引っ絡まる ツタなんて 唇で ズタズタに 切り裂いてやるわ!

       ビリっ!  ぐしゃっ!    バキっ


☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:

● 暮 れ た 夢 ●

高温栽培の 果実は 枯れ果て

ツタが伸びた日々の 優しい言葉を 無理に 忘れさせた 。

高音の 美味く伸びる 声の人を 必死で捜せば

きっと 愛せる

ハミング 入れる様に 心の隙間を 無理に 埋めたら

楽に生るのと 今は 信じて

重ねた 想い

思い出の ラブソングばかり 聞かない

持って無い  これ以外には

捨ててしまいたい  窓から ポイ捨て

タバコよりも 目立つ 金色

雪の日に 揺れた 銀色

円盤の奥に 何時でも

口ずさむのは 何時の間にやら 子守歌

無防備だって 抱いて 呉れた

後ろから そっと

あたしの 大好きな 角度の キスで

何時も 潤して 暮れたね  愛は 。


°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:


▽ 偽 り の ・・・ △


もう おべっかを 遣う 必要も 無いんだ  

相手が 居ないから

誰とも 喋らなくて イイんだ

笑顔も 昔に 置いて 来たから

悩む 理由も 何も 無い

気力も 失せて 体力 無くして

残した筈の 前向きな   気持ちも 何処かに 消えちゃった

必要無いもの オービスなんて  心の 速度も 止まって 居るから

向ける方角 あなたの面影   アイシャドーにも 生らないの

唇はキレ  頭はコワレ   唯だ 不完全 燃焼だった 気楽な旅も 終わるもの

だから アナタは 忘れてね  鳴った音など 恋心など

全て 偽り だったのだから ーーーーー


☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:


● 思い出の 心が 鳴りました ●


全て 消去して しまった

最初 アナタが 泣いて居るのが 解って

僕から 告げた 一言に

きっと 安心 した風で

即効 レスには 笑ったけれど

目頭 熱く 涙 零れた

隣の 貴方は 安らかに

あの日の 私も 朗らかに

演じ 続けて 生られたね

夜更けに 活きる 不眠症

理由 なんて 付けなくたってね

普通の 時刻  《 ヤレば 起きれる 》

孤独も 何時か 慣れるなら

風鈴の音が 聞こえる頃に

二人にだって きっと 慣れる

関わらないと 言い切れないし

関係 既に 持ってしまって

素手で 痛みを 掴んだみたいに

あたしの全てを サラケた様に

灯 消した 最期の夜に

思い 起こした トキメキに


°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:
人気ブログランキングへ
↑ポチッとな~☆↑


じぬしでなくてじしゅとな

Img_2954


Img_2955


Img_2953

勿論 自首では 有りませんで
自主的に 何かをしようってんでも 有りません。
清水寺の奥に有る 地主神社のお話。
場所はこちら
縁結びの神様で、
縄文時代の遺物「恋占いの石」が有りました。
修学旅行の女子高生が多かったな。

一方の石からもう一方の石へ、目を閉じたまま歩いて
無事にたどり着くことができれば恋がかなう。
誰かの助けを借りれば、
人のアドバイスを受けて恋愛が成就する。

なんて書いてあるけれども
石をも飛び越えて
自らの信念を貫いて欲しいものですね(?)

京都るるぶに掲載されていた二人の愛お守りを
ゲットして来ました。

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

綺麗にくるまれた布団の中で
ぬくぬくと眠っている 恋の神様

想いが濃ければ 薄着をしている間に
願いを唱えなければ いけません

人肌抜いて 誰かの助けに ならんとす
逆に ジャマをしてしまうことだって 有ろうもん

余計な親切 大きなお世話になる前に
身を引くのも 大切だから

杉に絡まる御御縄に 祈りを込めた
どうか 注連縄の如く 
きつく きつく 絡まりますようにと
そして 二度と
離れることの 有りませんように、と。

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

~いつかの すずザレ~ 藤鈴呼の戯言
過去作も織り交ぜてUPしていきます☆

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

紙の本は如何ですか
心を言葉に 紙に認め 眺めよう

平成5年3月1日創刊
みゅう20周年 

詩の同人誌 ポエムサークル MEW
随時 メンバー 大募集

見本誌も有りますので
興味ある方は以下よりどうぞ♪

ミュウ 201.202号 完成♪ 

すずこスペシャル

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

▲ 膿 モ ノ ガ タ リ ▼


《 あ 、 桜が 咲いてるよ 》

[ そうだよ 僕等 、 北に 向かって るんだから ]

《 ここって どの辺 ? 》

[ さあ ・・・ 仙台 辺りじゃ 無いのか ? ]

《 当 た り ♪ 》

[ ホ ン ト に ! ? ]

《 うん xxx  後 ちょっとで ネ ☆ 》

[ なぁんか 久し振りだなぁ   桜なんて 観るのって ]

《 あらぁ 約束したじゃ 無い 》

[ え ・・・ 何だっけ ? ]

《 ヤダあ! 忘れたのぉ? 》

[ ごめん オレ 、 記憶力 無くって ]

《 ほら! 離れずに 一生 一緒だヨ って!! 》

オレは 手首を 物凄いチカラで 捕まれた 。

其のまま ゆっくりと 引き込まれる ーーー

既に 彼女の消えた  深い 深い 其処 へ × × ×


☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:

海沿いなのは 知ってるケドね 、 

こうも ギョウギョウしく カニの看板ってのは ちょっと×××

別に イイんだけどね 、

ボク  蟹に 色気を 感じないし 。

晴天なのは イイんだけどね 、 右足だけ 照らすの 止してくんない?

痒くて 生姜 じゃ 無くって [ 食べられる トウモロコシ ] は 当たり前か 。

いや 、 トウガラシだよ 全く!

購入したケド 毒味前に 暑さに 溶けないと イイなあ~あ 、

お馴染みの道に 突入しちったよ 。

この辺から 僕のドライビングは [ つまらなさ ] を 更に 増すよね 。

景色も 真新しくなんて無いし 全国行脚も ジモティ~にとっちゃ

スイ~ティ~ に 成らんっしょ 。

°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:

■ 一 文 戯 言 ■


何か 此処迄 辿り着いてしまうと 

アノ人を あんなに 求めてた 気持ちも 

嘘の様に 消え ー たりは しないけど

楽に成って 行く風な 不思議な 希望を

大地に降る 太陽に掛けて 持って見たいなんて

何時だって 本気だったのに

ピエロは 厚い ドーランを 洗い流す行為に

難しさを 覚えて しまったんだから 諦めなさいって

神様の声なんて 聞こえないんだから 

せめて 肥えなさいって 腹に 詰めただけの 食事は

腸の奥で 絡まって 動けなく成っちまったのは

浅はかな 魂の 囁きかも知れないと 

分からず屋の 心を 持続する為に 選んだ 方法が

ひたすらに 身を任せる 事 だけだった なんて 。

☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:

人気ブログランキングへ
↑ポチッとな~☆↑


藤棚の頃

Dscf3321


Img_1202


Img_1219

写真 天橋立ビューランドの藤棚

藤の花が紫だと知ったのは
藤鈴呼のネーミングをつけた ずっと後の事でしたが

何故だか 大好きな 淡い紫の色合いと 甘い香りに
誘われるかのように ビビビッと来た(死語?)ので有ります。

そして 最近になって 藤の花には 白い色合いも有るのだと
各地の藤棚を 行脚(だなんて大袈裟ですが…)する内に
感じております。

白味を帯びた花は 若干ふんわり感が 大きい気がしますが
一緒の種類なのでしょうね。

と 言いながら
やはり気分は白身魚、花より団子な私なのでした☆


食事と感情と外見って 連動して行くから
楽しいダイエットになっているような時は 良いのだけれども

不摂生が祟ってしまったりすると
シマッター! って気分になるね。

最近は お腹をつままれて「なかなか産まれないのう~」
だなんて 言われる始末…( ̄□ ̄;)
脂肪を宿して どうするんや~って言う、ねぇ…。

神奈川時代は週2の4時間バイト生活だったけれど、
一番「油断」して中年真っ盛り道を爆走し始めた頃かなぁと
今頃になって 振り返っても 遅いか?!

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

藤の夢


ぷくぷくと あんこをつめて
ゆっくり 水に 浮かべる

ふーわ ふわ
華麗なジャンプは 出来なくて

ふーる ふる
ちょっと さぶいぼ 立っちゃっタ

サブイボって なに?
うん。 鳥肌の、こと。

何だか いけすかないねぇ
もっと 色気 だして 頂戴よ

リクエストと ともに
紅い舌を 出す

違う、もっと、下。
眺めれば エサと 間違えてる

違うよ
あんなにキレイな 花びらだから
気持ちは分かるけど ね~え

それ 食べたら
喉が 詰まっちゃいますヨ

聴こえない
分からないわよね~え
金魚には

近所には 沢山の仲間が 待ちかまえ
目の前で 炭酸を飲みながら 待ち侘びている

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

紙の本は如何ですか
心を言葉に 紙に認め 眺めよう

平成5年3月1日創刊
みゅう20周年 

詩の同人誌 ポエムサークル MEW
随時 メンバー 大募集

見本誌も有りますので
興味ある方は以下よりどうぞ♪

ミュウ 201.202号 完成♪ 

すずこスペシャル
人気ブログランキングへ
↑ポチッとな~☆↑


2013年5月 8日 (水)

笑顔の糸

2013050109310000


2013050109380000


2013050109420000

ここで問題です。写真の場所は何処でしょうか。
正解は・・・ 下に書きますね。

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

楽しい瞬間に 適度に笑えることが 目標だった頃も
有った気がします。

楽しくもないのに 笑う癖がついていたと思う 営業時代は
逆に 笑い過ぎて 頬が痛む日々でした。

そして たとえば 大切な人と別れた翌日に
「今日は 最高に笑顔だね!」 なんて 言われた瞬間に
微妙な気持ちに なったりも しました。

でも 笑えることって 良いことなのかな
きっと そうだよね
いや、 絶対に。

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

今日び 話題の B級グルメ


私の住んでいる 糸魚川では ブラック焼きそばというのが
B級グルメになっていますよん。
イカスミを使った焼きそばだから 真っ黒なの(笑)

糸魚川に来る前は お隣の富山県に 半年ばかり住んでいたけど
富山では 富山ブラックというラーメンが B級グルメでした。
こちらは 黒いんだけど 醤油の黒さなのね。

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

GW前半は 京都に初上陸してきました~。
ドライブだったから 数日かけてね。
途中の福井で宿泊しながらの旅でした。

滞在中は ちょうど低気圧の影響か 日々 寒さとの戦い、
なんて言うと 大げさかも 知れないのだけれど、
カーディガンや 薄手のコートが 手離せぬ有様。

予想最高気温は 19度くらいの日もあったと言うのに! 
強風などで 体感温度が低く 感じられたのでしょうね。
お寺巡りもしたので 心身共に 癒された旅でした。

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

ターメリック なんて 言葉の響きで
何だか 王道を 極めたような気に 
なっちゃっているけれども 

炭水化物に 炭水化物なんて!! って 
小馬鹿にしたような 茶化し笑顔が 
何時の間にやら 仲間入り 

そう言う事も 有るよっ てぇなモンで 
麺に麺 果ては 汁に汁で 
重複しまくりだと がなられた 

もう 怒ったぞ~ なんて言いながら 
文句と共に 炭酸飲料 押し流す

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

私の紡ぐ糸は 笑顔の意図ですか
細く 永く 棚引きますか

補足しないと いけないくらいの笑顔ならば 
要らないと

手の甲と 掌を 等間隔で 
チラチラさせては イケマセン

そのポーズから 出て来る音は シッシッ
そんな音の 笑顔だって 有りますけれども
楽しくは 有りますまい

それならば シィーッ と 
人差し指を 突き立てて
あなたに あなたに あなたにあげる

そんな意図など 要らないと
あなたに あなたに あなたに言えぬ

その一言が 心の奥に 降り積もり続ける限り
ワタクシの ココロは 癒えぬ


夕方の雲が 文字通りに 細く 永く 棚引く頃
踏切で 立ち止まる

行く手を 阻まれたから 
仕方が無く 留まるのだ

ここが 線路ではなく 
箱型のロボットでも 横行する 
未来基地だったならば

どんなにか 良いだろうと 妄想しても
点滅ランプは 消え去らず イライラも 募る

ワイパーに 絡まった 蜘蛛の糸が
幼心の誘惑を攫った 綿あめと 同化してる
どうかしてる

そんな瞬間の恐怖を 抱きしめながらも
もう一度だけ 笑う
あと 一度だけは 笑うのだ

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

写真の場所は 清水寺でした。
勿論 舞台からは 飛び降りませんでしたとサ。

紙の本は如何ですか
心を言葉に 紙に認め 眺めよう

平成5年3月1日創刊
みゅう20周年 

詩の同人誌 ポエムサークル MEW
随時 メンバー 大募集

見本誌も有りますので
興味ある方は以下よりどうぞ♪

ミュウ 201.202号 完成♪ 

すずこスペシャル
人気ブログランキングへ
↑ポチッとな~☆↑


« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »