« りんごバスクリン | トップページ | リンゴ風味のバスキング »

2013年2月20日 (水)

いつくしみの丘

1_1


1_2


1_3


●アクリル(プラスティック)ビーズ・
ブレス型・スティック型ストラップ ●

ストラップ紐にはマイクロマクラメコードを使用した手作りと
既製品のものと有ります。

ブレス型のストラップは
紐を長くしないとストラップとして活用出来ないので
全体のバランスは悪いですが、
紐をきちんとセットすると見栄えも良くなると思います。

大きさはビーズ部分の上下目安です。
輪の場合は自然に置いた時点で計測しました。

焼留め処理している部分が飛び出しているものも有ります。
ご了承ください。

1 緑子ストラップ (2.5センチ)
試作品でも良い感じですが初の焼き止めをしてみました。
紐に余裕を持たせましたのでビーズがコロコロ動く様も
いとをかし。
透明・透明緑8ミリ 透明緑10ミリ

藤鈴呼の動画・言葉・音声一覧はこちらから
他の作品プレゼント企画もこちらからどうぞ

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

みゅうメンバー じぃじの本が出版となりましたので
お知らせです☆

我ハ、しゃくじん(石神)デアル (わがまち) [Kindle版]
志茂井真泉 (著)
Kindle 価格: ¥ 300

内容紹介
魂だけで存在する種族がおよそ6000年前に天から降臨し、東京都北区のある下町地域の高台にあった青い石に宿り、当時の縄文人に石神(しゃくじん)として祀られた。それ以来、石神は約1000年ごとに新しい石神に交代しながら今に至っている。
1985年、北区堀船町に住む三人の高校生(アスナ、雄一、仁)と、アスナの従妹の祥子は、1000年ぶりに行われる石神の交代にまつわる騒動に巻き込まれた。
それから、失われた10年を経た1999年、四人はそれぞれの運命に翻弄されていたが、千年杉の中に閉じ込められた石神の恋人を救い出す騒動に再び巻き込まれる。
東京の下町で巻き起こったファンタジー・ロマンス・ほのぼの系騒動記であり、以下に目次を示す。
第1章 魂だけで存在する種族の降臨
  6000年前
  1000年前
第2章 1985年
  3人の一人っ子
  町内の人たち
  4人目の一人っ子
  石神
  帰還の儀式
第3章 1999年
  天界の女性
  失われた10年
  再会
  女神
  対決
  乱入
  エクソダス(脱出)

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

いつくしみの丘


いつか ボクだけの とっときの場所へ
連れて行って あげる

そこには コスモスみたいな
もしかしたら チューリップのような
はたまた スミレみたいな
可愛らしい花が 咲いていてね

ちょうちょでもなく 鳥でもない
不思議な羽根の 持ち主が
水浴びしているんだ

芝生の色は 白
雪が 降っているからじゃあ ないよ
とっても あたたかな 
じゅうたんを 思い出せる
ぽっかぽかの 丘なんだ

そこで きみと
語り合うんだ

人間が どうして 出来上がったのかとか
未来は どんな風に 続いて行くのかとか
そんなこと

そんなとこ

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

心を言葉に 紙に認め 眺めよう
H5創刊みゅう20周年 

随時 メンバー 大募集
見本誌も有りますので
興味ある方は以下よりどうぞ♪

詩誌みゅう199.200号完成
人気ブログランキングへ
↑ポチッとな~☆↑


|

« りんごバスクリン | トップページ | リンゴ風味のバスキング »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: いつくしみの丘:

« りんごバスクリン | トップページ | リンゴ風味のバスキング »