« 藤鈴呼の動画・言葉・音声一覧 | トップページ | 今がその時 »

2013年2月23日 (土)

手動性みゅう工場

3_4


3_3


3_2

3 くるみ焼留ストラップ (6センチ)
焼留の部分が
桃色の"だま"みたいに見えていますが

この"まるん"とした感じからのイメージで
周りがくるみに思えて来ました。 

クラフト透明薄くるみ色・薄オレンジ12ミリ、
薄オレンジ10ミリ 薄茶8ミリ


藤鈴呼よりプレゼント☆すずプレ☆
ポエム誌みゅう・ブレスレッド・ポストカード・ストラップ

すずプレ☆ビーズ作品

すずプレ☆アクリル・ストラップ

藤鈴呼の動画・言葉・音声一覧はこちらから
他のプレゼント作品はこちらからどうぞ


オートマチック・ウインドウならぬ 
工場性手ウィンドウだ!_( ̄▽ ̄)ノ彡!
ウケケケケキョケキョ☆
って そういう言葉 あったなって。 
何だっけ まにゅふぁくちゅあ とかいう。

マニュファクチュア(英語:manufacture)は、製造業の形態のひとつ。
日本語では、工場制手工業と訳される。

地主や商人が工場を設け、そこに賃金労働者を集め、
数次にわたる製造工程を1人が行うのではなく、

それぞれの工程を分業や協業をおこない、多くの人員を集めて
より効率的に生産を行う方式のこと。

分業であるために作業効率が向上し、生産能力が飛躍的に上がるが、
技術水準は前近代的なものにとどまる。

経済史では、農民の副業として発展した
問屋制家内工業の次段階とされる。

さらに産業革命以降は、工場内で機械を用いて製品を大量に生産する
工場制機械工業が工場制手工業の次の段階として登場する。

イギリスにおけるマニュファクチュアの発達 [編集]

イギリスにおけるマニュファクチュアの発達は、
中世末期の15世紀にさかのぼり、毛織物業が
その中心であったとされる。

イギリスでは、その原料獲得のために、農地を牧羊地に転換させる
囲い込み(第一次)が、15世紀末から17世紀にかけて起こり、
各地に農村工業都市が出現しているが、
同時にギルドが解体していく原因のひとつともなった。

なお、18世紀にアダム・スミスは『諸国民の富』のなかで
ピン・マニュファクチュアの事例によって自由放任主義の
経済思想を展開している。

日本におけるマニュファクチュアの開始 [編集]

マニュファクチュアが日本において何時頃始まったかと
いうことについては、諸説あるが、天保年間
(1830年(天保元年) - 1843年(天保14年))には、

大坂周辺や尾張の綿織物業、桐生など北関東の絹織物業において、
既におこなわれていたと考えられる。

工場制機械工業(こうじょうせいきかいこうぎょう)とは、
産業革命以後の主流となった工業の一形態である。
「工場制大工業」とも称する。

概要 [編集]

一般的に工業の発展は、原始的な形態である
「家内制手工業」に始まり、問屋からの発注により
各家庭で製品を生産する「問屋制家内工業」、

工場に労働力を集結させ手作業で製品を生産する
「工場制手工業(マニュファクチュア)」への過程をたどり、

その次の段階が、工場において機械により製品を生産する
「工場制機械工業」である。

機械で製品を生産するようになった最大の理由としては、
ワットが蒸気機関の改良に成功し、
一度に大量の製品を手間をかけず生産できるように
なったことがあげられる。

18世紀後半、世界で最も早く工場制機械工業を導入した
イギリスでは、その後「世界の工場」と称されるまでに至った。

日本での工場制機械工業の本格的な開始は、
日清戦争前後(19世紀末)である。

より詳細な説明は産業革命を参照のこと。

*

そうそう。ここまで読めば思い出せるわ。
公民か何かの授業で産業革命を習った時に出て来たのね。

あたし地理選択者だったから、高校一年くらいだったかしら。
もしかして中学の社会科?

そんな私は手動性(主導性?)みゅう工場だな。
受注制作のミュウ冊子
詩誌みゅう199.200号完成
人気ブログランキングへ
↑ポチッとな~☆↑


|

« 藤鈴呼の動画・言葉・音声一覧 | トップページ | 今がその時 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 手動性みゅう工場:

« 藤鈴呼の動画・言葉・音声一覧 | トップページ | 今がその時 »